萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

性的感覚に障害を持つ妻を持つと言う事 2

子供が1歳になった時です。
もう一人で歩く様になった息子は、とにかく目が離せませんでした。
その日、友人の田中が家に遊びに来ていて、一緒に酒を飲んでいました。
夜21時を回り、子供も眠くなったので妻が風呂に入れると言うんです。
「あなた、ユウ(息子)と先に風呂に入るね」
「ん~どうぞ・・・」
息子の手を引きながら妻は風呂に向かいました。
「ユウちゃん大きくなったなぁ!もう1歳過ぎたんだもんな」
「歩く様になってから目が離せないよ」
「ユウちゃん元気だからなぁ・・・しかし、お前が羨ましいよ」
「何だよ急に・・・」
「奥さん綺麗だし、子供も居て幸せそうだし・・・」
「お前も早く、いい彼女探せよ!」
「そうだな」
田中はいい奴なんですが、押しが弱く中々良い女性に恵まれないんです。
酒も進み、野球中継を2人で見ながらワイワイ騒いでいると
「ユウ、待ってこれ着て・・・」
妻の声が聞えて間もなく、ユウがニコニコしながら裸で走って来たんです。
「ちょっと・・・ユウったら・・・もう」
そう言いながら脱衣場から追いかけて来た妻に愕然としました。
妻は子供と自分の服を持ち、全裸姿だったんです。
「お前!」
「ユウが服着てくれないんだもん・・・」
田中は口を開けたまま、妻の姿に見とれていました。
「あ・・・・ごめん」
「いいよ!お前なぁ・・・田中居るんだからタオル位巻けよ」
「ん~待って、ユウに着せたら直ぐにタオル巻くから・・・」
田中に背中を向けているのが救いだが、立って前かがみになる度に股の間にアナルとマンコが
見えている状態だった。そんな姿に、私の股間も反応を示しムクムクと大きくなるのを必死に堪えていた。
田中もチラチラと妻の陰部を見ている様子で、顔を赤らめながら息を荒らし、股間を大きくしているが
分かった。
「やっと着てくれたわ」
そう言うと、ようやくタオルを体に巻きソファーに座るとユウの歯を磨き始めた。
タオルを巻いたとは言え、胸の谷間が色っぽい。しかもタオルの丈が短く、太腿の半分位まで露出して
居る状態で中には何も履いていないのだ。
向側に座る田中の位置からは妻の股間が見えている様にも思えた。
ユウの歯磨きが終わり口をゆすがせると、ユウは妻に抱かれ眠りについた。
妻にもビールを渡し、一緒に飲み始めた。
酒があまり強くない妻は、子供を抱いたまま横になるとウトウトと眠りについてしまった。
「何だ・・寝たのか?ベットに連れて行かないと・・・その前にトイレ行って来るよ」
そう言うと、私はトイレに向かいました。
トイレから出てリビングに戻ろうとした時、私は足が止まりました。
妻が足を九の字に曲げ、子供を抱きながら横になっていたんですが、田中が妻のお尻に顔を近づけて
アソコを見ている姿が見えたんです。
タオルは捲れ上がり、下半身のほとんどが丸出し状態でした。しかも足を折り曲げているので、マンコは
すっかり見えるんでしょう。
余りの光景に、驚きもありましたが、田中の行為に興奮してしまったんです。
田中は、こっちを確認すると(私に気づいていません)、妻のマンコに指を這わせたんです。
無感症の妻は、全く反応する事は無く田中の行為はエスカレートしていったんです。
田中は、顔をマンコに近づけ匂いを嗅ぐと、遂に舌を出し舐め出したんです。
そんな時、ユウが”ん~あぁぁぁぁ”と愚図ると、田中は慌てて反対側のソファーに戻ったんです。
私も直ぐにリビングに戻ると、子供を抱きかかえたんです。
「先に子供をベットに運んでくるよ」
そう言って、妻と田中を残し2階の寝室に向かいました。
子供をベットに寝かせ、そうっと階段を下りると、田中が妻のマンコに顔を埋めていたんです。
軽く音を立てると田中は、慌てる様にソファーに座っていました。
「田中!メグを運ぶの手伝ってくれよ」
「あ~いいよ」
そう言って、妻を田中と一緒に抱きかかえると、そのまま階段に向かいました。
階段前で、田中に”俺がおんぶするから、ちょっと押えててくれ”と言い、私は妻の前に異動し
たんです。その際、妻のタオルも取れて下に落ちましたが、私は裸の妻をおんぶしたんです。
「田中、タオル拾ってくれ」
「あ~」
そのまま、私は階段を昇ったんですが、直ぐ後ろの田中には、妻の広げられたお尻とマンコが
露わになっている事は言うまでもありません。実はこの時、田中が妻のマンコに指を入れるのが
見えていたんです。
寝室のベットに妻を寝かせると、私と田中は1階に戻りました。
「凄い所、見せっちゃったな・・・内緒に頼むよ」
「もちろん誰にも言わないけど・・・俺も良い物見せて貰って・・・」
「メグさぁ、無防備で困っちゃうよ・・・」
「でも、子供優先で良い奥さんじゃないか!」
「まぁそうなんだけど・・・」
「しかし、本当に羨ましいよ、メグちゃん凄いスタイルも良いから驚いちゃったよ」
「そうか?全部見えっちゃった?」
「悪いなぁ・・・全て見させて貰ったよ!生はやっぱいいよ」
「恥ずかしいなぁ・・・内緒だぞ」
「分かってるって・・・」
田中は満足げな顔で、酒を数杯飲むと家路に着いた。
私は、寝室に向かうとベットの上で全裸で寝る妻を見ながら、田中に舐められている姿を思い出し
また股間を熱くしていました。

私とバイブ

私が中学生の時何か面白いことと思い思いついたことを学校にしていきました。
朝学校行く前にブラを捲り両方の乳首にローターをつけパンツの手を入れマンコにローターを入れた。
学校にはノーパンで行き学校に着くとスイッチを入れた。
私は振動で体が震えていて友達に聞かれたが何とかごまかした。
私はそれで一日を過ごし前より敏感になった。

ウハウハPTA

「誠太、お前の子供、来年
小学校だろ~俺達と一緒に
PTA役員やろうぜ!入ってみれば分かるから・・・凄いから」

そんな誘いを、子供の頃からの悪友、陽一郎と弘司から受けた


俺、誠太は現在28歳、両親と共に自営業をしている
嫁は、ガス会社でOLを・・・
子供は来年、小学校に入学する1人娘

悪友の陽一郎と弘司は、娘より一つ年上の女の子が共にいる


悪友二人の誘いもあり、娘の入学と同時に、PTA役員を引き受ける事になった


まず最初の集まりは、自己紹介をした後、係りと各係りの代表を決めた

一通り決まると、教頭先生とPTA会長の今後、一年間の行事の流れなどを聞き、解散となった

俺が帰ろうと、立ち上がると
悪友二人が、三人の女性を連れてきた

「さあ!挨拶も兼ねてメシでも
行きますか!」

半ば強制的に居酒屋へ

まず、自己紹介

一番、背が高いスレンダー美人が洋子ちゃん

ちょっと、ぽっちゃりしているが爆乳の宏美ちゃん

下を向きながら、恥ずかしそうに話す、小柄で笑顔が可愛い
サツキちゃん

俺以外は、全員子供が二年生で
サツキちゃんと俺以外は去年もPTA役員をやっていたそうだ

最初は、全員でPTAの行事や
学校の事などを話していた

次第に、夫婦生活の事や、昔やったエッチな話などの
エロトークに変わっていった

この居酒屋は、個室になっていて注文を頼まない限り、店員さんが来る事も無い

時間が立つに連れ、俺とサツキちゃん以外は、おかしな事になっていった

陽一郎は洋子ちゃん
弘司は宏美ちゃんとイチャイチャしだした

最初は肩にもたれかかったり
手を絡めたりする程度だったが
次第にエスカレートしていき
耳たぶや首筋を舐めたり
胸を服の上から揉んだり
終いにはキスをしだした

俺とサツキちゃんは、言葉を失いその光景をただ呆然と、見ていた

暫くして、全員で会計を済ませると二組は別々のタクシーに乗り、どこかへ行ってしまった

後で男二人に聞いたら、半年位前から二組は、不倫しているらしく、他にもPTAの中では、沢山の不倫カップルがあるらしい

一番驚いたのは、PTA副会長の女性と教頭先生が・・・


俺だって悪友二人のあんな行為を見て、ムラムラ来ない訳も無く、
サツキちゃんを次の店に誘った

可愛い笑顔で

「変な事、しないなら喜んで
お供しま~す」

今夜イケるかも・・・

オシャレなバーに入り、カクテルを注文してお互いの、今までを話した

俺の平たんな人生に比べ、サツキちゃんの人生は、余りに壮絶だった

幼い頃、両親は離婚し、妹と二人、母親に育てられる

しかし、サツキちゃんが高校生の時、母親が心労で腰を痛め働けなくなる

変わりに彼女が、アルバイトをするが、そこで知り合った5歳年上の男と付き合い、妊娠

高校を卒業後、結婚し出産
男は、彼女の家族と同居するが
酒を飲むと、家族、子供、彼女への暴力が激しくなり離婚

そして、子供を預けながら働ける乳酸飲料の会社で、働きだし
その職場で、子供が同学年という事で、洋子ちゃんと宏美ちゃんと意気投合

気晴らしになるからと、PTAに
誘われ現在に至る

俺は彼女の話を、食い入るように真剣に聞いた

彼女は泣き出し

「男の人で、私の話をこんなに真剣に聞いてくれたのは、はじめて・・・」

俺は、サツキちゃんが愛おしくなり、他の客がいるにも関わらず、彼女を抱きしめた

そして、バーを出て俺は、サツキちゃんの手を引き、タクシーに乗り込んだ

彼女は、なにも言わず着いてき
てくれた

ホテルに入り、部屋に行くまでの間、彼女は震えていた

そして、部屋に入り彼女は、小さな声で

「私は、前の夫から暴力を受けて以来、男の人が怖くて・・・だから・・・その・・・あれ以来・・・してなくて・・・」


なんとサツキちゃんは、五年以上もの間、誰からも抱かれずに
男におびえ生きてきたらしい

俺は胸が苦しくなった

そして、俺はシャワーを浴び
ビールを飲みながら、彼女が
出てくるのを待った

暫くして、サツキちゃんはホテルに備え付けのガウン着て
恥ずかしそうに下を向き出てきた

俺はまず、彼女の緊張をほぐすため、ベッドに座らせ首と肩のマッサージを始めた

次にうつ伏せに寝かせ、腕と背中、腰を揉みほぐした

そして、仰向けに寝かせた

足のつま先から徐々に上がっていき、足の付け根まできた時
サツキちゃんの呼吸は、急に荒くなってきた

俺は彼女を優しく抱きしめ
暫く頭を撫でていた

そして彼女は自らキスをしてきた
二人は抱き合いながら、長い間優しいキスを楽しんだ

そして俺は上に乗り、彼女の口内を舌でかき回した

サツキちゃんもそれに応えるように、舌を絡めてきた
お互いの唾液を吸い上げ、部屋中にジュルジュルと淫靡な音を
響かせた

そして、耳たぶ、首筋、鎖骨を
指先と舌先で優しく愛撫を繰り返した

そして、少しずつガウンを脱がせていった

サツキちゃんは着痩せするタイプだった

小さい身体には不釣り合いな
張りのあるお椀型の、大きな胸の持ち主だった

彼女の手は小刻みに震えていた

俺はその細く小さな震える手を
口に加え、震えが収まるまで
根気よく待った

暫くすると、震えも収まった

「もう、大丈夫!ありがとう」

と、言って抱きついてきた

俺は彼女の、二の腕から脇の下
愛撫し、お椀型の大きな胸を軽くもみほぐした

そして、左右の胸の先端を、
指先と舌先で同時に触れた
瞬間、サツキちゃんは背中を
仰け反らせ、”ハゥ”と声を漏らし
ブルッと震えた

次に足の指を舐め、くるぶし、
ふくらはぎ、膝の後ろ、太もも
と愛撫していった

そして、アソコを舐めようとした時

「そんな所、ダメだよ!汚いよ!」

後で聞いた所、彼女は前の旦那にしか抱かれた事は無く、セックスも手で彼女のアソコを適当にいじり、濡れたら挿入だった
らしい

「サツキちゃんのここは、全然
汚くなんかないよ!全部を口と手で愛撫する事によって、俺は
サツキちゃんを感じたいんだよ」

サツキちゃんは徐々に、足の力を緩めてくれた

サツキちゃんのアソコはすでに
大洪水だった

まだ触れてもいないのに、愛液がどんどん溢れだし、シーツを濡らしていった

俺はクリトリスのまわりを円を描くように舌先で愛撫し、中心部には触れないように焦らした

クリトリスに軽く息を吹きかけるだけで、サツキちゃんは

「あっ!だめ~」

と叫び、ビクッビクッとしている

そして、舌先で優しくクリトリスに触れた瞬間、サツキちゃんは、大声で何かを叫びながら
シーツ一面に大量の潮を撒き散らした
暫く荒い息でハァハァ・・・

彼女は初めてだったらしく

「何?何コレ?私がやったの?
大丈夫なの?」

「大丈夫だよ!
と出るんだよ!」

サツキちゃんは、安心したのか
頷いてくれた

でも、そこからが凄かった

俺はクリトリスを甘噛みしながら、両手で乳首を転がした

彼女は絶叫
して、イキまくり
俺は顔を頭も、愛液まみれになった

俺は彼女に入れても良いか訪ねた
きっと5年ぶりともなると、心の準備が必要かと思い・・・

しかし、サツキちゃんは

「いいよ!早く入れて!誠太君の入れて~!」

一瞬、今までとのキャラの違いに戸惑ったが、持参したコンドームを付け、ゆっくり挿入していった

濡れてグチャグチャになっているにも関わらず、5年ぶりのせいか、なかなか入っていかない

サツキちゃんも不安になり、こっちをチラッと見て、唖然として

「何それ?無理だよ!そんなの!前の旦那の二倍は・・・」

しかし、俺が特別、大きい訳では無い
悪友二人とそれほど変わらないし、今までだって小さいとは言われたことは、ないが特別大きいとも言われたことは無い

多分、前の旦那が相当小さめだったようだ

それをサツキちゃんに説明して
もう一度、チャレンジ・・・

彼女のアソコは、小柄なせいか
相当小さく、それでも時間をかけ、ゆっくり入れていった

最初は苦痛そうだったが、次第に
「あっ!ダメ~!あたる!奥にあたる!イヤ~!」

と言って、何度も絶頂を迎えた

クリトリスをいじりながら
ペニスを出し入れしていると
彼女は、何度も潮を噴き、ペニスを押し出した

そして、俺も限界を迎え射精した

その後も、俺達はPTAがある時も無い時も、愛し合った

そして今、彼女は俺と同じ性を名乗っている

しかし俺と結婚した訳では無く
俺の弟と結婚して、今でも俺とPTA役員をしている

妻を寝取ってもらう2

彼にその後何回か妻を犯してもらい私は最高の興奮を覚えるようになっておりました。今日も夜彼が来ると妻に伝えると、下着から洋服までオシャレして待っておりました。妻も私のこの趣味を理解してくれ、また妻も彼に興味がありお互いに納得の上行っております。妻は今日はレースの綺麗なスリップを着用しておりますが、私もこんな綺麗な妻のスリップ姿を見たことはありませんでした。以前に彼がスリップフェチだと言うことを聞いておりわざわざ買ったそうです。
 彼が何時ものようにやってきてソファーでお酒をみんなで飲んでおりました。やや短い目の妻のタイトスカートから動きにより時々スリップのレースが覗き、彼は意識して見ているようで彼の逸物が大きくなるのがわかりました。妻もわかったようで「スリップが見えたかしら」と彼を挑発し逸物をズボンの上から触っておりました。
彼は妻のスカートを少し上げスリップのレースを触りながら、だんだん逸物が大きくなり妻はズボンのファスナーを下げ逸物を出すと両手で優しく触り始め、用意していたローションをたっぷりつけ優しく手で包み込み動かしているとよほど感じるのか彼は反り返りながら声をあげておりました。
ほんの数分後に逝きそうになり妻が口に優しく咥え中に出してしまいました。
その後バトンタッチしてスカートを脱がしパンティーを降ろし、彼がローションを妻のアソコにいっぱいつけ指先で優しく触り始めました。
初めての事で妻も異常に感じたようで魅力的な声で「最高、逝きそう」と言っておりました。
数分後には一回目の絶叫に達したようで、彼に「お願い、早く中に入れて」とおねだりしておりました。
スリップを腰まで捲り上げられお尻を上げバックから挿入された瞬間、妻は今までに聞いたことのないような声で感じており「当たる、何、これすごい」と言いながら自分からも前後に動き出し「ア~ン、ダメ、イク、もっと」と声が益々激しくなり、
私の股間はもうはじ切れそうで、彼も家内の声に興奮してるようで「奥さん、出そうだけど」と言うと妻は「今日は安全日だからいっぱいちょうだい」息を切らしながら言うと彼と妻はほぼ同時に絶叫に達しておりました。数分後に今度は妻が彼の上に乗り自分の手で彼の逸物を自分のアソコに導きゆっくりと上下に動き出しました。
徐々に動きが速くなり、動きながら妻が髪の毛をかき分ける姿は最高で自分の動きに合わせて「あ~ん、あん、いい、最高」と何ともいえない声で叫び私のアソコは最高なり思わず自己処理をしてしまいました。
妻も絶頂を再び迎え彼になんとスリップで逸物を包み込み優しく触るとなんと彼は直ぐに逝ってしまいました。
彼は「奥さん、私はレースフェチでこれは最高です」と言って妻を抱きしめておりました。
妻は彼とのセックスに大変満足しており、彼が帰った後は必ず優しく愛してくれます。

あー、姉ちゃんもうタマラン

 俺は中2です。お姉ちゃんは高3で、この前俺からふざけて姉ちゃんの大きな胸をさわったら、姉ちゃんもやる気になっちゃって、なりゆきでやっちゃいました。一回年上の人ともやりたかったので結構よかった。

 俺が姉ちゃんのノーブラの胸を冗談で後ろから揉むように触ったら、全然嫌がらずに「揉みたい?」と聞いてきたので、「うん!」と言いました。姉ちゃんはタンクトップとホットパンツを脱ぎ捨て、パンティ1枚になり、「あんたも脱ぎなよ。」と言いました。そしたら、姉ちゃんが俺のあそこをなめてくれて、それだけでもうイっちゃって、やっぱり年上はテクニシャンだと思った。

 俺が、「姉ちゃんの胸結構でかいね。」っていったら、「彼氏がもんで、大きくしてくれたの。Dカップあるよ。でももっと大きくしたいから、直樹もモンでくれる?」とかっていってきたからたくさん揉んであげた。柔らかくて気持ちよかった。後ろから揉んでいたら、姉ちゃんがうっとりしてきて、「したくなっちゃった。」なんていいました。そのまま、姉ちゃんもスッポンポンになって、どこかにあったコンドームを俺の勃起しているものにつけてやっちゃいました。わずか20分くらいで2回も「ドピュドピュ」しちゃいました。

 それから、姉ちゃんとすっぽんぽんのまま、今までのH経験の話とかして、結構盛り上がった。もう中3で経験済みで、相手は先輩だったらしい、それからは10人以上と経験済みで、俺は素直に童貞といったが、オナニーは中1からやっていたと告白し、小6から夢精が始まって、自分で「ドピュドピュ」していたことも言いました。姉ちゃんはそんなこともうすうすわかっていたと言いました
 実の姉ちゃんとこんな話をして、ディープキスしたり、69やクンニまでするなんて思ってもなくてスゲーうれしかった。

 そのあといっしょにお互いの感じる所を言い合って、舐めあったり、触りあったりもした。姉ちゃんはクリトリスを舐められるのが好きとか言ってたら、思い切り舐めてあげたし、体位は正常位が好きと言っていた。俺はバックが好きだなと答えたし、姉ちゃんのフェラチオを最高と褒めてあげた。

 今思えば姉ちゃんのおかげでSexがうまくなったような気がする…。
  それから、俺がHしたいとき、姉ちゃんの部屋に行くといつでもやらせてくれるし、もうH大好きになっちゃった。
 俺はオナニーしなくなって、いっつもセックスで「ドピュドピュ」さしてくれるから最高。
 「姉ちゃんは彼女が見つかるまでの代用品さ。」と俺が言うと、「そんなこというなら、もうやらせてあげない。」なんて言います。俺は「うそだよ。」と言って、スッポンポンで思い切り勃起したアソコを姉ちゃんに見せ付けます。すると、「すごい固いね。毎日やって出しているのに、元気ね。」と言ってそのまま姉ちゃんと嵌めちゃいます。

 この前なんか、姉ちゃんも俺と毎日してるのに、オナニーしてる途中に部屋に入っちゃって、俺が、「俺の体でよければヤる?」って冗談で言ったら、すごく激しくヤってきた。もうお姉ちゃんっていうか、Sexフレンドみたいなもんになっちゃったし…。
 今では、俺も姉ちゃんも家の中ではスッポンポンででもいつでもエッチするって感じです。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード