萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

アイドル候補生の秘密のレッスン

アイドル候補の女の子には、必ず通っていただくレッスンがある。
昨夜も19歳の奈々が週1回のレッスンにやってきた。
グラビアもこなさなければならない以上、可愛い中にも艶っぽさを感じなければ、男の目には留まらないのだ。

奈々はここで縛られて体を弄ばれ、アクメを迎えるのだが、その様子は密かに撮影される。
十字架の棒に手足を拡げて縛られた奈々・・・初めは泣き叫んで、目隠しされて押さえつけられ、裸に剥かれて縛り上げられて、マンコを蹂躙されてイキまくった。
クリを剥かれて撫でられ続け、過去の性体験などを訊問され、洗いざらい白状させられた奈々の映像も撮影された。

だが、今ではすっかり従順にハリツケになっている。
奈々の足を開かせて左右の足首を足枷に括った。
これで奈々は体の自由を奪われ、足を閉じることができない。
そして正面は鏡になっており、その後ろにはビデオカメラが、斜め上から俯瞰気味、正面、斜め下からあおり気味、と3台仕掛けられていた。
そこに大の字にハリツケにされた奈々が映る。

大の字に縛られた19歳のアイドルは可愛かった。
少しずつ青年誌のグラビアに登場してきたアイドルの清純が牝に変身する。
私は奈々の背後から巨乳を鷲掴みにして揉みほぐす。もう片手で股間をまさぐる。
「うぅ~~うぅん・・・」

虚ろな目をした奈々の股間の亀裂に中指を添えて、前後に動かしていくと滲む牝汁で次第に指がめり込んでゆく。
指先に感じる窪みからはトロトロと牝汁が流れ、それをクリトリスの皮に塗って揉みほぐす。
クリトリスが固くなるほどに奈々は悶え始める。
「あうぅ~うあぁ、ああん・・・」
赤い透明な細いサック・・・そう、クリキャップだ。
これを摘まんで奈々のクリトリスに押し当て、放す・・・キュッと吸い付き、クリを吸引する。

赤いクリキャップを股間から突き出した惨めな格好を、奈々はチラリとみやり、目を伏せる。
そして、イボイボのついたバイブレーターを奈々のマン穴に埋め込みはじめる。
クリを刺激する突起をクリキャップに当てないように捻りながら、15㎝ほど埋め込み、スイッチを入れた。
「あうう~あう~~あぅ~ああ~~~~」
溢れる牝汁がバイブレーターの振動で飛沫になる。
感じて腰が動くとクリキャップもユラユラした。

ついにクリキャップの吸引力が奈々の腰の動きに負けて外れて飛んだ。
外れてもなお、クリトリスは吸われ続けて皮から飛び出て膨らんだままだ。
バイブを回転させ、クリトリスを振動させる突起を当てた。
「うひぃ~~うひうひぃ~~あぅうぁあ~ああ~~」
そのバイブを革バンドで固定して、落ちないように奈々の腰にベルトのように結んだ。
奈々の股間でバイブレーターがマン穴と剥きあげクリトリスを震わせて固定された。
     
大の字に縛られた奈々の恥ずかしい穴に埋め込まれたバイブレーター・・・その快感に身悶えするあられもない姿が鏡に映されて、奈々自身、縛られ姿に見入りながら、更に腰を震わせた。
「うぃうぃぐう~~~おあおあおあ~あぅあぅ~~~」
素っ裸で大の字にハリツケにされた奈々の肌が上気して桃色になり、めくるめくエクスタシーの世界で悶え啼くアイドル候補生の奈々・・・
「うううう~あぐうううううう・・・・ひぐう~ひぃんぐう~ひぃううう~」

奈々の体は、恥ずかしい責めに悦ぶようになっていた。
「ぅうう~ぐう~ぐ^うう~ふぅうう~」
奈々はカメラに記録されているとも知らず、大の字のまま、惨めで淫らな格好でエクスタシーの境地を彷徨っていた。
「ひぃぐう~ひぃうう~ひぃぐぅ~ひぃぐうぅ~ひぃぐうひぅう~あうっあうっあうっ」
奈々の身体が痙攣しだして、悶えて喘ぐ奈々はついに、ガクッと気を失った。

奈々をハリツケから解放し、鏡の前にベッドを移動しそこで奈々を抱く。
19歳のアイドルが中年男のペニスを受け入れ、淫らに喘ぎ、悶えた。
奈々は、狂酔した快楽を駆け巡る境地で意識ではなく、本能だけが反応しているエクスタシーなのだ。

そして翌日から、可愛さの中に艶気を滲ませるアイドル候補生として、細かな仕事に精を出すのだ。
これで奈々が売れれば、後に撮りためた卑猥な画像も高額で売れるのだ。
あの清純アイドルも、あの清楚な女優にまでなったアイドルも、ここでの淫情滴る映像は、高額で売れた。

アイドル候補の枕営業

そんな世界に嫌気がさして、足を洗って田舎へ引っ込んだのは約10年前。
モー娘。など、多人数で身近なアイドルが手に届きそうに感じた子供が続出した頃、俺はある事務所にいた。
金と権力のある大人の男と、幼さと可愛さのある少女が、欲しいものを補うために交わり合っていた。
実力だけではのし上がれないから、股を開く枕営業が成り立つ世界・・・
ランドセルを背負ったまま、ラブホテルへ連れ込まれ、まだ膨らみ切ってないパイオツを揉まれ、まだ毛も生えそろわないワレメを好き放題に弄られていた。

後に売れなくて、純潔を玩ばれた事を訴えられるのは厄介だからと、社長は、絶対に売れると踏んだ少女にしか手を出さなかった。
それだけに少女は極上の美少女ばかりだった。
年端もいかない無毛のワレメに大人の肉棒をブチ込む鬼畜の所業。
しかも初潮前の幼女の子袋に精液を放つ外道。
それでもランドセル少女とはいえ女、次第に肉の快楽を知る。

新しい少女に手を出すと、それまでの少女は俺に回ってくる。
同じランドセル少女でも、既に女になっていて、薄っすら毛も生えてきている。
早い子は初潮を迎えてもおかしくないから、おいそれと中出し出来ない年齢になると社長は手放すのかもしれなかった。
俺の肉棒に奉仕しながらにこやかに微笑むランドセル少女は、ワレメを広げて小さな穴を晒す。
社長の生肉棒で突かれた穴の周りには、若干肉のビラが形成されつつあった。
でもその行為は入れて欲しいのではなく、クンニを要求していた。
ランドセル少女は大人のクンニに悶え、濡らした。

夢を叶えるために俺に跨り腰を振り、飛び切り可愛い顔を虚ろに喘がせた。
利益と欲望の性器が交わり、
「アン、アン、ア、ア、ア、ア、アア~~~ン・・・・・・・」
小学生とは思えぬ淫らな声で啼き、俺の背中に腕をまわして足を絡ませしがみつくが、そこに愛は無かった。
ただ、お互いに有益なだけだった。

そんな淫らな過去を隠して、中学生になるとアイドルデビューした。
小学時代の2~3年間、二人の男に抱かれた美少女は、既に若妻のような性器と性感を持ち、中学生とは思えぬ色気を漂わせた。

まだ蒼い中学生だが、アイドルには少しの性を感じなければ人気が出ない。
清純だけれども、性を期待させなければ男は寄ってこない。
それが社長の持論で、彼女達はそれなりにファンを掴んでいった。
デビューさせたら枕営業はしないしさせない。
そうやって、毎年1~2人ずつ、可愛くて幼い少女を喰い散らかした。

気付けば俺も30歳も半ばに差し掛かっていた。
その時、とても清楚な女の子が俺を訪ねてきた。
「覚えていますか?」
「歩美ちゃん・・・」
初めて社長のお下がりを抱いた美少女だった。
小5で社長に処女を奪われ淫らな作法を仕込まれて、小6で俺のところにやってきた。
清純少女を絵にかいたら、きっとこんな子だろうというほどの美少女で、俺は躊躇した。
赤いランドセルを下ろし、裸になってその未熟で華奢な裸を俺に見せて、
「何でも言う通りにします。お願いします。」
と足をM字にしてワレメを指で広げた。
中学になって、某グループの一員としてデビューし人気も出てきたが、歩美が高1の時、他所の育成事務所出身のメンバーが男とラブホから出てきたところをファンに見られて、解散した。
歩美はそのまま表舞台から消えた。

「私、今コンビニで働いているんです。先日、私がレジにいたの、気づきませんでしたか?」
「ごめん・・・気付かなかった・・・」
「私、あなたを見かけた時、何だか、元彼に再会したみたいにときめいちゃって・・・ああ、昔、この人に抱かれてたことがあったっけって・・・」
「歩美ちゃん、幾つになったっけ?」
「二十歳になりました。両親は、中途半端なアイドルの辞め方した私に辛く当たるから、高校を出た後は一人暮らししてるんです。私、寂しくて・・・それであなたを見かけて・・・」

俺は、歩美を連れて10年くらい前に田舎に引っこんだ。
三十路のバカ息子が、22歳の美少女を連れて戻ってきたからさあ大変。
俺はマネジメント力を買われて商工会で働きだし、歩美は親父とお袋の店を手伝っていたが、やがて歩美のアドバイスでコンビニに改装、今は歩美が親父からオーナーを引き継いで店を回し、親父とお袋が手伝い二回り、普段は孫守りしている。
可愛いママさんオーナーのコンビニは歩美目当ての客もいて、繁盛しているし、歩美は今年、商工会の役員に名を連ね、俺はすっかり「歩美ちゃんの旦那さん」扱いだ。
でも夜は、元アイドルを淫らに喘がせる幸せに酔っている。
そして時々画面で見かける俺が抱いたランドセル少女たちの歌と踊り・・・みんな、綺麗になっている。

アイドルになれなかった浅倉好未18歳の最初で最後の写真集は・・・

35歳の主婦です。
私は中学生になってからとてもモテました。
大人からも可愛いと言われて、将来は芸能人とまで言われました。
私は、高校生になって芸能事務所にスカウトされて、アイドルを目指しました。
芸名を「浅倉好未」と名乗り、制服や水着でモデル活動から始めましたが、なかなか売れず、事務所の社長に泣き言を言っているうちに優しく口説かれて、高1で社長に処女を奪われました。
社長は当時37歳と若く、インテリジェンスのある優しそうな顔をしていましたので、少なからず好意もありました。

その後、社長に体を玩具にされることで小さな仕事をもらうようになっていました。
週2~3日、高校の制服姿で縛られて羞恥に満ちた格好で性的に辱められたり、素っ裸でベランダでバックからセックスされたりしました。
股を開かされて縛られた私は、社長にクリトリスを指で摘まれ、思わず腰を突き上げていやらしい悲鳴を洩らしてしまいました。
社長は、クリトリスの皮を慎重に剥いて、指先に唾をつけてクルクルと淫靡な愛撫をしました。
脳天がしびれるような快感に、身を捩らせて喘ぐ私をニヤニヤしながら見て、更にクリトリスをキュッと摘まんで皮を剥いたり戻したりするように扱かれて、私は仰け反って逝かされてしまいました。

そんな責めを受け続けていたある日、社長は、ゼムクリップを変形させたものを包皮を剥き上げられたクリトリスを挟むように嵌め込みました。
社長が指を放すと、ゼムクリップの変形した環がキュッと締ま理ました。
「ンガアッ!」
鋭敏な突起を剥き上げられて締め付けられる感触に、私は腰を慄わせました。
恐ろしい事に、この環はちょっとでもクリップに触れたらその刺激を直に伝え、淫靡な快感を与えるのです。
クリップを爪でツンツンされて、私はビクビク恥ずかしく反応しました。

そんな状態で社長のペニスを挿入されると、欲情し切った体はやっと与えれたペニスを喜んで受け入れてしまうのは、女子高生の私にとって、たまらなく恥ずかしいことでした。
執拗な体への愛撫で愛液れまみれのアソコは、社長のペニスの侵入を簡単に受け入れて、しかもその快感を私は全く否定出来ないどころか、むしろ歓迎して腰を振っていました。

社長は、私が容易く逝ってしまうとクリトリスからクリップを外しても絞り出されて飛び出たままになったクリトリスにバイブの振動を与えるので、飛び上るように覚醒するのでした。

時には学校を休んで、クリトリスを責められ続けて逝きっ放しにさせられ、発狂する程淫らな姿を披露していました。
夕方になってやっと抱いてもらったときは放心状態で、敏感になり過ぎた体をビクビクさせて再び逝きまくっていました。

それでもなかなかアイドルとして売れなくて、ついに高3の時に裏本モデルをさせられました。
はじめはイメージスナップでアイドル写真集みたいな撮影でしたが、少しずつ脱がされてランジェリー姿に、やがてガーターとストッキングだけになり、そして全裸に・・・
バイブで感じさせられて、フェラ、69、アソコを悪戯されて結局セックスに・・・気づいたら淫らな行為の全てを撮影されてしまいました。
当時、現役の女子高生でしたが、なぜか制服は着せられませんでした。

これが、アイドルになれなかった芸名「浅倉好未」の最初で最後の写真集になったのです。
高校卒業と同時に事務所も愛人も辞めて、髪型も変えて普通の女の子として歩み始めたと同時に、その時の写真が裏本として世に出たようです。
イメチェンをしていたせいで、気づかれなかったのか、気づいても黙っていたのか、指摘されたことはありません。

高校を出て生協に勤め始めたら再びモテ始めました。
愛人をして、ふしだらな悪戯に身を焦がして、淫らな写真を世に無修正で晒した私は、数年男性を遠ざけていました。

就職して4年過ぎた春、生協本部の新入職員のうち大卒の幹部候補が職場体験に来ました。
その男性は、私が中学時代に憧れたサッカー部のキャプテン・・・私はその意味をよく知りませんでしたが、中盤の底から試合を組み立てていく冷静沈着な彼は、必殺のパスを供給する達人と言われていました。
その彼が、職場体験を終えて本部に帰るとき、
「同じ中学だったよね?今度、メシ杭に行こうよ。」
と言って、名刺の裏にメルアドを書いて渡してくれました。
それが今の夫です。

「中学の頃、男子生徒の憧れのアイドルと結婚した俺は、幸せだなあ・・・」
恥辱凌辱、クリトリス苛めに裏本出演、そんな過去に怯えながらも幸せに暮らす私です。

あいつのSOS

高校生の頃、俺の家の隣には同級生が住んでいた。

両親は別に仲良しじゃなかった(ちなみに俺は父親と二人)
ただ、俺もあいつも親が忙しかったからよく家を行き来した。

あいつには弟がいた。
俺は一人っ子だったから遊んでやったりもした。

あいつははっきり言えばかわいかった。

丸顔で奥二重の目が力強かった。
彼女は陸上部のエース。俺と違って人気者だった。


そんなある日、俺の父さんが結婚した。
そしたら同級生の妹がついてきた。

妹はかわいかった。
丸顔で奥二重の目が力強かった。

引越しの時に目が合った。

そして俺は我慢できず歌ってやった。
「そーうぇにゅだーりんきゃーんちゅひあみーとーざえーすおええーす」

すると妹も返す。
「はうきゃなーぃいーぶんとらーぃとーごーぉおーん」


おわり。

ああっ奥さん・・・いくっ、ああ」 という声とともに、ペニスの先から白い液体を噴き出しました。

"

結婚記念日に妻と二人で、長野の温泉に旅行しました。
かなり広い露天風呂で身体がほてった私は岩に登って涼んでいました。
すると、私の岩の裏側から男の声が聞こえてきました。

「おいっ、たまんねーなーすげーいい身体てしるよ。あんな人妻抱けたらいいよな」

「すごいよ、色は白いしおっぱいでかいし・・・ああっ、あの奥さんの中に出したいよな」

向こうを見ると、女湯が丸見えでした。
しかも、そこで惜しげもなく裸体を見せているのは我妻でした。
41歳にしては、まだプロポーションは良いし、ヘアーは薄く、乳首はピンと
上を向いていて、私が見てもゾクゾクする光景でした。

男たちは地元の遊び人風で、一人は40歳くらい、もう一人は50歳を超えているようでした。
二人とも、ピンと上を向いたペニスを手でこすりながら
まず若い方の男が

「ああっ奥さん・・・いくっ、ああ」

という声とともに、ペニスの先から白い液体を噴き出しました。

「俺、今日はバイアグラ持って来てるんだよ・・・あの奥さんをヒーヒー泣かせて
みたいなー・・・あっあっ」

続いてもう一人も岩の上にトロリと白い液をたらしながら、恨めしそうに
妻の裸を見ていました。
私の股間に衝撃が走りました。
この男達のペニスで泣き狂う妻を想像したら、ペニスがはちきれんばかりにボッキ
してきました。

やがて風呂を出て一人ロビーでくつろいでいると、男たち二人が私の前に座り
煙草を吹かし始めました。もちろん何も無かったようにです。

私は 「どちらからですか?」と話し掛け、一時間ばかり世間話をしました。
なんと、二人は私達の隣の部屋に宿泊でした。私の中に悪巧みが生まれました。

「よろしかったら私の部屋で一緒に飲みませんか?妻も一緒ですが、喜ぶと思います。」

何も知らずに男たちは部屋についてきました。
部屋に入り、妻の顔を見た瞬間、二人は顔を見合わせて驚いた様子でした。
妻は妻で、まさか私が二人の男を連れてくるとは知らず、ブラジャーもつけずに
浴衣でくつろいでいました。

私達はすぐに酒の用意をして盛り上がりました。
やがて妻も酔いが回ったようで、動くたびに胸元からはこぼれそうな乳房が
チラチラと見え、50過ぎの男の角度からはおそらく乳首まで見えていたと
思います。
この旅館の浴衣は白く薄い生地で、乳首がくっきりと浮き上がり、
今すぐに私が押し倒したいほど色っぽい妻の光景でした。
膝を崩した妻は、時折脚を組替えるのですが、そのたびに太股があらわになり、
ハンティーが見えそうなほどに浴衣の裾がはだけていました。

「ああー少し酔いが回ってきたようだ・・・」

私がそうつぶやくと、

「ご主人、私達は隣の部屋ですから良かったらそちらで少し眠られたらどうです?」

若い方の男がそう言って、私の肩を抱えてくれました。
私は、シメシメと思いながら酔ったふりを続けました。
酒に強く、酔うとかなり淫乱になる妻だと知っていました。

「あなた、お言葉に甘えて少し休みなさいよ、後で起こしに行くから・・・」

私は隣の部屋に抱えて行かれました。
私はすかさず壁に耳を当てて、隣の話し声を聞きました。
しばらくは世間話をしていましたが、やがて話題はシモネタへと進み
妻は、二人の話に「キャッキャッ」と言いながら乗っていました。
やがて、一人がバイアグラを持っていると言うと、妻は
「見せて見せて」とせがみました。
男が財布からそれを取り出すと
「ねぇーねぇー飲んでみてよ」
と妻は調子に乗って男にそれを飲ませました。

続き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

"


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード