萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

隣の女

2・3年前の話だけど、投稿します。
俺男(当時33歳)
隣女(20歳位で俺男の隣に住む女)
隣彼(多分30代後半位で隣女の彼!?)
俺女(当時33歳で俺男の彼女、遠距離恋愛で半年ほど経つ)

その日は、確か11月か12月位で出張で福岡へ行き帰ったのが22時位だったと思う。
部屋に入りエアコンとテレビの電源を入れ上着を脱ぎベットに座ると、マンションの廊下から非常ベルの音が聞こえて来た。
火事か?と思い廊下へ出てみるともの凄い音だった。
俺が住んでる階は3部屋しかなく他の部屋の様子を伺って見たが特に
変わった様子も無かった。
(この時は自分の住んでいる階だけ鳴ってると何故か思った。)
部屋に戻り、大家さんに電話をしてすぐに来てくれる事になった。
連絡を入れた責任もあるので廊下で様子を伺っていると隣の部屋のドアが開き女の子(隣女)が出てきた。
このマンションに住んでから1年半位で一度か二度すれ違いに挨拶をする程度の関係だった。
不安そうな顔をしていたので取り合えず現状を話し
俺男「多分、誤動作だから心配ないよ」
と話すが、まだ不安気な様子だったので
俺男「大丈夫??」
と聞くと
隣女「あんまり大丈夫じゃ…」
と言うので
俺男「じゃー下に行って状況聞いて来るから部屋の中で待ってなよ」
と言って1階に行くと2、30人位の人が出ていてその中に大家さんと業者らしき人が見えたので状況を聞いて見ると他の部屋のクローゼット内の火災探知機!?がエアコンの熱で誤作動したとの事でした。
早速、9階へ戻り隣女のインターホンを鳴らすと隣女が出てきた。

結果を報告して
俺男「これで安心して眠れるね?」というと
隣女「…」
俺男「大丈夫?」
隣女「まだドキドキしていて…」
と言うので
俺男「そっか、じゃー落ち着くまでちょっと話しでもしよっか?」
と言うことで廊下で15分位、世間話をしていた。
詳しくは覚えてない。
しばらくすると二人で「寒いねー」と言いだし彼女の部屋で話す事になった。
ちなみに部屋の様子は以外と殺風景な感じで奥の部屋にベット、テレビ、ステレオなどが置いてあり、その部屋で座るスペースもあまり無く、ベットに腰掛けて話す形となった。
今度はお互いの仕事の話なんかもして彼女はキャバクラで働いているとの事でした。
しばらくテレビの音をBGMに話しをしていたが、初めての相手という事、更に歳の差もあり会話のネタが尽き沈黙な流れ彼女の顔を改めて見ると眠かったのか?ちょっと目がウルウルしていてドキッとした。
一旦は目をそらしたが、再度見直して見ると可愛いなと思ってしまい。
そのままキスをして見た。
隣女はちょっと顔を赤らめうつむいていたが、照れ笑いの様にちょっと微笑んでいた。

そして何度かキスを重ねた後、首筋、胸へと唇を移動させて行きそのまま事に及んだ。
そんな感じが何度かあり夜中になり俺は部屋に帰って寝た。
それからまた日常の生活に戻り彼女に会う事もなかった。
が、2、3週間位経ったある日の事、夜寝ているとインターホンが鳴り時計を確認すると夜中の3時を過ぎた頃だった。
何だよと思いインターフォンを取ると
隣彼「隣の○○ですが…」と男の声だった。
俺男「何のご用でしょうか?」と言うと
隣彼「隣女の事で話しがある」とちょっと怒った感じだった。
服を着替え玄関に出ると
隣彼「部屋で隣女も含めて話しがしたい」と言うことだったが、
俺男「でも今、何時だと思っているのですか?話しなら昼間にして下さい。」と言うと、不機嫌そうな顔で
隣彼「人の女に手を出しておいて何時もくそもあるか!!」と
言われ、ため息を付きながら隣女の部屋へ行くと隣女がうつむいたまま座っていた。
隣彼はテーブルを片付け、隣彼と隣女が並んで座り向かって俺が座る形となった。
隣彼「隣女からは状況は聞いている。どういうつもりだ!!」
と始まった。
俺は深いため息をつきながら「どうもこうも自然の流れからそうなっただけですが、何か?」と言うと
隣彼「はぁ何だその態度は人の女手を出しておいて!!」と言って来たが、俺男「人の女も何も俺はあなたの事は知らないし彼女も何も言ってないし、別に無理にした訳でもないから!!」と言うと隣彼は怒りを堪えている様子で更に隣女は深くうつむいてしまった。
隣彼「じゃーこれからどうするつもりだ!!」と冷静に話した。
俺男「まぁ俺も知らないとは言え人の彼女に手を出したのは申し訳ないと思う。
でも、隣女はあなたの彼女ですし俺にも彼女居るので正直どうするもこうするもありません。」
とこっちも冷静に言った。
隣彼「じゃーその彼女も含めて話しをしたい」みたいな事を言って来た。
俺男「まぁあんまり関係無いと思うけど別に構いませんよ!!」
と吐き捨てるように言ってスタスタ他の二人を無視し、部屋を出た。
もう何だかんだで4時を過ぎていたと思う。
また来たら来たでいいやとさっさと寝てしまった。

紫煙

修羅場というか、自業自得・・・

連続投稿j規制に引っかかりました。

その日はそれで終わり、俺女は週末に何度か泊まりに来たが何も音沙汰も無く2ヶ月が過ぎた。
ある日の事、俺が代休で平日に休みを取れる事になり休みを合わせて、泊まりに来る事になった。
いつものように俺の仕事終わりに時間を合わせてやって来てそのまま外食し部屋に帰り、ゆっくり二人の時間を楽しみ寝ていると、どこからかギコギコという音が微かに聞こえて来た。
耳を澄ましてみると、隣女の部屋からで俺女はちょっと恥ずかしそうに笑っていた。
しばらくすると音も止み静かになったので寝ていると俺女が抱きついて来た。オヤスミとキスをすると俺女もキスを返して来た。
そんなやり取りが何度か続きまた二人の時間が始まった。
しばらくすると二人の時間をぶち壊すようにインターホンが鳴った。
あー来たなと思い彼女に
俺男「ごめんね。少し待ってて」と言ってインターホンも出ずに玄関を開けた。
案の定、隣彼が立って居て更に後ろには隣女も居た。
俺は廊下に促しドアを閉めた。
隣彼「彼女さんが来ているそうですね。前に話した通り4人できちんと話したいのですが」と言った。
俺男「話しをするのは構わないけど、もう遅いから明日の朝にしよう」と言うと
隣彼「それは困る朝までに帰らないと行けないから」と言い始めた。
俺男「はぁ?じゃーまた別の日の昼間にしよう」と話すと
隣彼「昼間は仕事で無理」というような話しになり、じゃー週末の昼間にしようと提案をしたがそれも都合が悪いらしい。
俺男「あんたはどんな仕事してるの?土日も都合悪いって」と言うと
ただのサラリーマン(何か営業とか言ってた)らしい更に休みも土日・祝日と言う事でそれなら週末は大丈夫じゃないかと言うとだんだん都合悪そうな顔になった。

俺男「あんた土日も隣女と一緒なんだろ?だったらその時間を話しする時間に何時間か都合付ければいいじゃん?」
更に「別にこっちは無理に話しなんかしなくてもいいんだよ。ふざけんな!!」
とキレ始めるとちょっと考えた後に実は隣彼には家庭があり子供も2人いるらしく
要は隣女とはキャバクラで知り合い家には仕事で泊まりだと言って月に何回か隣女の部屋に来て朝方、家に帰るらしいという事
が分かった。
その時、ふと隣女の顔を見ると少し呆れた顔で目を丸くしていたのが
印象的だった。
俺男「なにそれ…ふざけんな!!」と言うと
隣彼「それでもちゃんと離婚も考えて隣女とは真剣に結婚も考えているんだ!!だからきちんと話しをしたいんだ!!」と訳も分からない事を言い始めたので
俺男「はぁ?なめてんじゃねぇよ!!」と言い更に呆れて「だったら話しでも何でもしてやるよ。ちょっと待ってろ!!」と彼女を呼ぼうとドアを開けた瞬間、俺女が飛び出して来た!!

そのまま、ちょうどランニングキックのような
形で隣彼に蹴りを入れた。
更によろっよろっと倒れそうになる隣彼を
突き倒すように顔にパンチを何発か入れ
倒れた隣彼の体を何度も蹴り付けていた。
そこでようやく事態を把握した俺は俺女の両腕を掴み何とか蹴りは収まった。
俺女「自分の身の回りもきちんと出来ない
癖に人の男にガタガタ言ってんじゃねぇよ。」更に「文句があるならきっちり離婚してから私に言って来いよ!!」と言うと同時に俺の腕をふりほどき隣彼の顔面に蹴りを一発入れ、隣女、隣彼の順に睨み付け少しため息をして俺の腕を掴み部屋へ連れて行かれた。
ちなみに彼女は話しをドア越しに聞いていたらしく事態を把握したが、俺がドアを開けようとした時に一度、部屋の方へ走って行ったがドアが開いた瞬間にキレてしまったらしくそのまま走って蹴りになったそうです。
その時に一言「もう二度としないでね!!」と言われ俺も謝って事は済んだ。

後日談としてその次の晩に隣女が菓子折りを持って来てくれて、お詫びとその日の内に彼と別れたと報告がありました。
何でもただの良いお客さんだったという事で家庭持ちの事は知っていたが、結婚だの離婚などの話しはあの時に初めて聞いたらしくありえないと言ってました。
その後は隣女とは非常ベルが鳴る以前の関係に戻り、時々隣から聞こえるベットの音に俺女と苦笑しています。

以上長文でしたが、ご拝読ありがとう御座いました。

素敵な”べべ”

8月の11日から15日まで、石川県の小松市に帰省してきました。
高校までは小松市で育ち、大学から東京のR大学に入り、次女ということもあって、東京のデパートに就職しました。33歳です。
新宿のデパートで、紳士服の担当でした。

かなりお高い商品が多いところでしたが、やはり東京は凄い値段のブランド洋服が平気で売れるのです。
20万や30万の紳士服なんて、田舎では考えられぬお値段です。それがボーナス時期や、VIPの人に売れるんです。女性物ならあるでしょうが。

毎月来てくれるお客さんにデートを申し込まれて、それが発展して25歳の時に結婚したのです。
でもこの人は二人の子供が生まれると、ほとんど家には寄り付かなくなり、お姑さんにいじめられて仕方ありません。

元の職場に相談したところ、派遣社員ならと良いといわれてまた勤め出しました。
子供は5歳と3歳ですが、両親に預けて仕事をすると、昔の仲間もおり毎日が充実しています。

この歳でも時々はお誘いを受けます。子供が二人いても、日頃はセックスレスですから時々は、トキメク人とお付合いをしてセックスも楽しんでいます。
でもお互いに深入りしたくないので、結婚している人でSEXだけを楽しむ人とだけ付き合います。
でも2、3回以上はお付き合いしません。情が移ると怖いですから。

ところで田舎の両親も61歳と、65歳になり、お墓参りもあるので小松市に帰省しました。
たまたま高校の同窓会が14日に開かれて、田舎の料亭で行われました。
お昼の食事でしたがかなり高級で、独り5千円の会費でした。
お酒は男性が持ち、日本酒の大吟醸「手取川」が出ました。
夏の冷や酒は美味しく、あまり飲めない私も小さなグラスに5杯ぐらいは飲みました。

夕方になり、私は実家に泊まる積りで、男性陣の方に美川から、小松市内まで車で送ってもらいました。
「僕は君のことが高校時代は物凄く惚れていて、お正月には年賀状で一度デートしてくださいと、書いたのを覚えていませんか」と言われました。
康介君は、確かに生徒会長で物凄く女の子には人気があり、私なんかはとてもその時はそばにもよれない心境でした。
「あの時の康介君は学校一の人気者で、私なんかは相手にしてもらえぬと思い泣く泣く諦めたのに、本当に私が好きだったの?」と聞き返しました。

「そうだよ、あの頃の渚は最高にカッコよくて、どうしてもデートしたかったのに連絡が来なく、俺も泣いて我慢したんだよ。今は結婚しているけど、お前の親友の紗智子に今度の同窓会に出ると聞いて、会いたくて忙しいのに出てきたんだよ、今夜は金沢に行ってデート出来ないかなあ」
と言います。
確か康介は頭もよくて、金沢大学の医学部を出て、金沢市内で産婦人科医をして成功していると紗智子に聞いたばかりでした。

実家の母親に携帯で連絡を入れて「もしかしたら今から金沢に行くから、今夜は帰らないかも知れないよ」といいました。

金沢では片町の高級クラブに行き、お酒を飲みました。常連らしくママも最高級のお持て成しです。
夜の10時ころに「これからどうしようか?」と聞かれました。
「康介のしたいようにしていいよ、私は結婚しているけど、セックスレスだから何でもお付き合いするよ」とかなり際どく説明しました。
まあ早い話が今夜は君とセックスできるよという意味でした。

金沢は文化都市(古い説明で恥ずかしいです)なのでラブホが無く、まあ温泉にでも行けば良いのですが。
湯湧温泉の素敵な旅館があるよと聞き、そこに行く決心をしました。
かなり古びた温泉街ですが、そこはかなり奥に面していて、いかにも秘湯で隠れ宿の雰囲気でした。

彼は日ごろから使っているようで、女将さんが出てきて直ぐに、誰も来ないような8畳間の和室と、8畳間のベッドルーム、それに内湯で露天風呂まで着いていました。
浴槽の横には、黒い濡れても使えるようなマットが敷いてあり、そこでの性行為を暗示していました。

もう夕食も終えているし、冷たい飲み物だけを用意してもらい、チップを渡すとお手伝いさんは朝まで顔を出さないようでした。
早速、全裸になりすぐお風呂場に直行です。
彼は産婦人科医師でもありますが、スポーツ万能でゴルフもシングル、水泳も全国的な選手でした。
ですから178?の裸体も、ローマの彫像のように見事で胸筋が三段に着いていますし、陰茎の見事さは想像以上で、その逸物は松こぶしのように逞しく赤銅色に艶光っていました。
茎根は脈打ち、亀頭は横から見ると、細長い茄子の形をしています。

最初私は横に背を向けて顔を羞恥にしかめ面をしていましたが、康介の陰茎にオモチャされ、硬直したつるつるした部分で、捏ねるようにじらされると、私のぬめらかな部分が活き鮑のようにくねり、ひきつくような淫猥さでした。

「奇麗だよ、渚のチャンペは」こちらでは女性器はチャンペと言います。
セックスのことは”ベベをする”と言います。

久しぶりの淫猥な言葉にもう濡れ濡れにアソコがなって「早く入れてチョウダイ」とせがみました。
「まだまだだよ、少しは前戯をしないと」と言いながら、お豆の所を吸いつきます。
膣の中に指を入れていわゆるGスポットを捏ね上げます。

息が止まりそうになりました。物凄い快感で今までにした性交の中で一番の素敵な前戯です。
「奥まで見えるの、見てるのかしら」と聞きますが、見る勇気はありません。
「渚のアソコはとても奇麗だよ、本当に子供を産んでいるとは思えないね、俺は毎日5、6人の女性器を触って見ているけど、こんなに奇麗なチャンペは見たことないね、まるで18歳の処女みたいだよ」まあお世辞だとは思いますが気分は最高です。

彼は両手でアソコを左右に開いて肉唇を、舌を転がします。
じゅる、じゅる・・・じゅうる?、喉の渇きを癒す様に愛液を吸います。

私も負けじと彼の肉剣の先端に唇を当て、カウパー液を飲み込みました。

「私、上になりたいよ?」と甘えると「どうぞお好きなように」その希望を受け入れて仰向けになってくれました。
彼の上に両脚を広げて跨ります。
濡れそぼった彼の抜き身を手で掴み、その上に腰を下ろしました。
ぐにゅぐにゅとそれは膣を分けて挿入されます。まあ子供を二人産んでいますから、どんな剛刀でも簡単に入り、根元まで貫きます。

子宮口に大きな亀頭がぶつかって、突然呻き声が漏れます。
下からマンコ目掛けてペニスがピストンされます。やはり運動選手だけあって筋力は物凄く私を乗せたまで腰を使っています。

「はあ?っ、逝っちゃうよ?、ああイクよ?、イクイクイクイク?ッ」
もう我慢できません。
ペニスの雄々しい鼓動とともに、すぐにエクスタシーに達してしまい、「あ?ん、いいよ?」と
腰が震え出しました。

絶頂で震える私を見ていた彼も、男根を埋め込んでぶるぶると震えるのに、下腹部が波打って爆発するように、射精感が襲い、尿道を駆け抜けて、亀頭の先端から栗の花の匂いを飛び出させました。

二人のクライマックスが同時に来たようで、肉と肉の合わせ目からじゅくじゅくと、愛液と精液の混合汁が蜜壺から溢れ出てきました。

「本当に康介のスケベオトコが。時々相手を変えてしているのでしょう」と睨みました。
「普段は妻としているので、浮気はあまり経験が無いんだよ、渚だからしたので、普段の俺は真面目なものだよ」と言います。
まあ本当には出来ませんが、嘘でもなさそうで、とても嬉しく思いました。

ところで昨夜は、1回戦で後は書けませんでしたが、今夜は続きを書きます。
金沢市の郊外の湯涌温泉は市内から30分で行けます。

その間に彼の奥さまとの、馴れ初めを聞きました。
彼女は年齢は一つ下で、同じ金沢大学の医学部の学生でした。
市内の武蔵ヶ辻のそばに、大きな病院があり、祖父夫妻、両親ともにお医者さんでした。
そこの長女に生まれ、彼とは大学生の時に知り合ったのです。彼女は21歳の時に、アメリカのシカゴの大学に編入して、外科に行き、物凄く手術を勉強したそうです。
3年で帰国するまでに100例は手術に立ち会ったそうです。

金沢に帰り、両親の経営する病院に勤務、外科の専門医でした。
彼女は大学時代に、ミスコンクールがあり、ミス金沢に選ばれるほどの美貌と才媛でした。

彼女が25歳の時に、この彼と知り合いすぐに結婚したそうです。
2児の男と女の母親になり、お手伝いさんに任せて自分は毎日外科の手術をしたそうです。
手術をした夜は、物凄く興奮して、その夜はいつも旦那さんとの性交を希望したとか。
生で出して欲しいというので、主人の性器のパイプカットの手術までしたようです。

性格としては淫乱ですが、ほかの誰かと浮気してもあまり関心は無いようです。

165?、51?、バスト86、ウエスト58、ヒップは90です。
ものすごくセックス好きで、アメリカでも狂ったように性行為をしたみたいです。
旦那さんが浮気しても、説明がつけば許すらしく、私とのことも話をするようでした。

夜中の1時に、大吟醸の「菊姫」を飲み、泥鰌の蒲焼きを食べながら、和室で2回戦に入りました。
さっきは騎乗位だったので、今度はバックから攻めてもらいました。
頭の耳の横を舐め、脇の下、背中、膝を甘咬みし、両脚の指を丁寧に舐めさせ、あとはアナル、それに続く蟻の門渡りを舐め、最後に膣と陰核を舐めます。

これをしてから、後ろ向きでオッパイを握り締めて、膣に陰茎を突き刺します。
一度性交をしているだけに、陰唇は厚く膨れてはれぼったくなっていました。

康介の性器は前より感度がよく、クリトリスを擦りながら、膣前庭のGスポットを丁寧に突きます。
私の身体は腰骨が蕩けそうになり、彼はぐいぐいと両手をお腹に当てて、腰をピストンさせます。
パンパンと隠微な音が、部屋中に響きます。仄かな行灯の明かりが私の裸身を奇麗に見せています。

私は首を絞められた時に出すような、妙な声が迸りました。
全身が激しくわななき、粒々の膣の壁に亀頭が当たり、我慢も限界です。

私の泥濘の海はどろどろで、ますます呻き、喘ぎ、股を開いて、潤んだ膣の壁が彼を桃源郷に連れ込みます。
「あああ?んん、あああ?んん」部屋中に官能の響きが流れ、痴肉が一層しまって、彼も堪え切れないようにペニスがピクピクと膣の中で跳ねます。

「ひ、ひいっ?、こ、これはダメかもしれないわ?、いっ、イっちゃうよ?」
一条の光が総身を駆け抜け、物凄いエクスタシーに達しました。

炎のような快感に包まれて、一瞬の閃光の後で、激しく痙攣が始まり、彼の陰茎からの精液を奥深くで受け止めました。

二人は異口同音にアクメの声を揚げ、彼の熱いラブジュースを私の中に放出していました。

またも露天風呂でぬるぬるのあそこを洗ってくれて、”ちゃんぺ”の奥の精液を掻き出して掃除までしてくれました。

翌日も朝から交わりました。まるで狂った犬の交尾みたいに・・・・・。

前日は真夜中の3時まで性交に狂いました。
彼がなんでそんなにセックスのテクが上手なのか、理由が解りました。
今は33歳ですが、小松市では彼の家は子供に人気の玩具店でした。
私も子供のころは、そのお店で買い物するのが夢で、何に数回はそこで買い物をしています。

彼は金沢大学医学部に入学するのですが、電車通学では時間もかかるので、両親が知人を紹介してくれて大学のそばの、小立野に住む53歳のオバちゃんの家に下宿しました。

この人は花街育ちで、16歳の若いころから芸者さんをして、能登の実家に仕送りをしていました。
18歳の時に、紡績会社の60歳の社長に水揚げされて、2百万円で身体を売り破瓜しました。

すごく素敵な旦那で、小立野に1軒の住処をくれて、そこで週一回の夜は旦那さんと性行為、その前は東の郭でお仕事をしていました。
まあ芸者ですから、踊りや都都逸、長唄、小唄、三味線も何でもできました。

10年ぐらいすると、旦那との性行為中に、脳梗塞で腹上死をして、その家だけは遺産でもらいました。金沢でも高級住宅地120坪に、80坪の家は高価です。
今なら一億円位でしょう。

次の旦那は地方新聞社の社主で、この人も67歳で、月に2、3回は性交をするだけで、月のお手当は100万円でした。この方も腹上死ではありませんが、77歳で亡くなりました。

彼女もその頃は39歳で女盛り、三度目も地方デパートの59歳の社長のお妾さんになりました。
この人との性交はかなり激しい人で週に2、3回は交わっていました。

彼女が45歳の時に、またもやゴルフ中に脳卒中で倒れ、帰らぬ人になったのです。日頃のセックスの疲れが出たのかもしれません。

愛人生活を30年もしていていて財産は、3億円位は貯めたようです。
一人でのんびりと世界一周の旅行に出かけたり、ハワイに別荘を買ってのんびり生活していたそうです。
53歳で金沢の高級住宅地でのんびり生活していると、暇なので大学生を下宿させたのです。

それが彼と彼女の出会いで、3月下旬に下宿して、18歳の4月にはオバちゃんに誘惑されて、童貞を捧げたのです。
最初の性交は5分しか持たなかったのに、毎日して3ヶ月後には30分、半年後には1時間は持ち、セックステクを十分に教わったそうです。

「一麩、二雁、三反」という言葉があり、一番に良いマラはただ単に堅いものではなく、どんなヴァギナにも合う、柔軟なペニスがナンバーワンなのです。
二番目の「雁」は、ペニスの亀頭の部分が高く張り出していると、女性に強い刺激を与えるということなのです。
三番目の「反」は、一物が反り返り、見栄えもよいし、膣の中でGスポットを刺激するマラなのです。
「八太九長」とあり、長いのと太いのは昔から意外に評価が低いのです。
現在でもソープランドの泡姫にも人気がないのは、勃起したときにデカマラが最低なのです。
彼の陰茎はそれがすべて当てはまり、そのオバちゃんは彼と毎日のように性交したみたいです。

この人と年間に300回の性行為を続け、花街で教わる性交テクを彼に教え込んだそうです。
どこを舐めると、すぐに気持ちが良くなるか、必ずイケる場所とテクを4年間も教えたのだそうです。

これが人生で一番役に立ったそうで、女性でイかなかった人を何人も救ってあげたそうです。
産婦人科医になったのもその時の体験が役に立ったようです。

その自信のあるセックステクで私の身体はもうメロメロ状態で、あの夜だけで、数十回はイカされました。
朝も食事前に、露天風呂のマットで4回目の性交をされて、お食事を運んできた女性にばれそうでした。

朝食後は近所をタクシーで観光をして、小松市内の実家に送ってもらいました。
あんなに素敵な”べべ”は生まれて初めての体験でした。

5年後の同窓会は東京です。その時にもぜひお願いしますが、毎年墓参りには帰省するので、連絡することにしました。
お互いの携帯には、二人の交接している性器のアップや、射精している彼の陰茎、私のチャンペのアップも彼に提供しました。

家に帰り、パソコンに移し替えて見ていると、いつもアソコがじゅんと濡れてくるのでした。

30目前で

今までROMっていた者ですが、先ほど卒業して参りました。
諸兄にご報告のほどを。

Part59の910氏のテンプレを拝借させていただきます。
一応淡々と書いたつもりですが、わかりにくければご容赦下さい。

[経緯]
当方29歳。見た目はメタボ。
正式に女の人とつきあったことなし。
ただ、付き合う前段に、なんとなくいいムードになって、DKとかまでなら
何人かとあります(そこまで行っておきながらセクロスできないほどのヘタレでしたが)

あとは、先日思い立ってピンサロ(初風俗)に行きましたが、射精に至らず
気持ちいいというよりくすぐったさが先に出てしまいました。
火星&床オナ歴15年のせいだと思われます(実は、速攻出てしまっては
もったいないと思いまして、行く6時間くらい前にオナってしまったり)

脱童を決めたのは、やっぱ30にもなって・・・ってところが大きいです。
今を逃すと、もうほんとチャンスない可能性もあるし。今思えば、昔いい感じ
だった女の人とも、いくらでもセクロスするチャンスあった気がするのに、
童貞故のビビリで出来なかったので。

[前日]
お店は65kの高級店。
2?3週間くらい前からいろんなお店のサイトや2chチェックして、
性格よさそうで、顔も自分好みの子を見つけておきました。
で、もともとあがり症なのでかなり緊張しつつも、声色落として声が
上ずらないよう注意しつつTEL。やや無愛想な店員に予約の旨を伝え

・・・ようとしたらハプニングが。

なんと、本日限りで退店とのこと。
予想外すぎてパニック。2週間くらい前から延々と、寝る前にその子とセクロス
することを妄想してオナってたというのに!
やや声が上ずるものの、なんとか落ち着き直して、タイプの違う別の子を指名。
予定してた子は恋人っぽい感じでしたが、新しい子はお仕事っぽい感じの子でした。
心臓でそうなほど緊張した、ってことはなかったけど、これでついに
童貞卒業列車に乗ったんだなあと考えるとドキドキしました。
そして猛烈にオナりたくなりましたが、先述のピンサロの件もありなんとか自粛

[?入店前]
いつも通り起床。
とりあえず、おさらいを兼ねて、このスレの過去ログを眺める。
あとは、急遽指名を変えたので、最中にうっかり名前間違えたりしないよう
イメトレ。
そして、この日の昼頃と、入店する1:30に確認のTEL。さすがに2?3回目は
あんまり緊張しなかったな。
家を出る前にシャワーあびて、全身石鹸ごしごし、皮もむいてよーく洗い
精一杯オシャレな(つもりの)服を着て出撃。
家を出てから電車を乗ってる間、さらに最寄りの駅からの送迎車の中では
緊張しすぎてかナニが縮み上がり、ちゃんと勃つのかという不安に駆られたり。
運転手さんも終始無言でした

[入店?案内]
店員「**様、おまちしておりました」
と丁寧な感じで待合室に通される。
おおここが・・・とキョロキョロすること多々。
まあ、他にお客さんいませんでしたが。
その間に、店員が来て代金(総額)を支払いました。
ここで15分くらい待たされました。相当落ち着かないw

そしてしばらくしてから案内され、嬢とご対面。
写真で見た感じとあまり変わらない・・・というか、写真よりも
かわいく見えました。背も小柄で、胸はあまりなし。スレンダー。

[ベッド(前半戦)]
嬢に案内され部屋へ。
そこで服を脱いだあと、童貞であることを告白。
嬢「あ、そうなんだ?」と笑顔で対応。一山越えて(?)少し安心。

今日は反応悪かった愚息も、それでリラックスできたせいか反応開始
ぎこちない感じでしたが、こちらからも嬢の美しさをほめてみる。
俺「ネットで見たときにこの人しかないと思った」
俺「だけど実際はもっとかわいいし、肌も綺麗でびっくりした」

嬢「え?、ありがとうー」
とまあかわいく返してくれたのですが、やや事務的な感じがしてしまいましたorz

で、服を脱いだあとは即DKでベッド。
なんかいろいろやってくれるのかなあと思いましたが、どうぞお好きにという
感じだったので、胸をもんだり、アソコをみせてもらったりと。
程なくしてフェラ。
よく、知らないうちにコンドーム付けられてるとか聞きましたが、それを知っていた
せいか、ああつけてるなーとか思ってみてしまいました。

そしてついに脱童の瞬間!正常位でした。
挿入感は、まあこちらでも多くの方がレポートされている感じで、なんかティムコ全体が
なんとなく締め付けられてるなあという感じでした。
というか、もっと根本まですっぽりと入る感じだと思ってたんですが、もう少し
手前のところでしまってる感じでした。思ってたほど奥まで入ってる感がない。
で、動いてみましたが、気持ちいいことはいいのですが、うーんこれはいけないな
という感じでした。
騎乗位、バックも試しましたが結局いけず、少し休憩することに。

嬢「どうしても最初だと緊張しちゃうからねー」

うーん、ピンサロの時ほど緊張はしてないとは思ってたんですが。
というか、果たして今日発射できるのか激しく不安に・・・

[マット(後半戦)]
休憩中にいろいろと雑談。
・・・何話したかだいぶ忘れましたが、ほんとよくある話題というか。
話し上手の嬢と言うことだったのですが、実際いろいろと話題振ってくれたり
して、まあ自分としても楽しい時間にしたいわけでして、しばし歓談。
程なくして
嬢「そろそろ緊張とけたかな?」

ああ、おかげさまでとけました(多分)
この言葉にすごく心が暖かくなりました。

そのあとはマットプレイ。
手際よく準備する嬢。
俺はじーっとその姿を注視。やや無言気味。
こんなモンなのだろうか?
なにかすごく真剣に準備してるように見えたので、俺はおとなしくしてることに

そしてマットプレイ開始。
うーん、気持ちええ・・・
ぬるぬるで身体ふれあわせることがこんな気持ちいいとは!
うつぶせの時に、ナニをさわさわされるのが極楽ですね。
くすぐったがりなので、背中はかなりくすぐったくて、嬢が動くたびに
ぴくっぴくっとしてしまいましたが。
そして仰向けになって、ナニをしごかれました。やっぱりかなりくすぐったい
そのあとフェラ。フェラはそれほどくすぐったくなくて、さらにマットプレイで
かなり興奮してたせいか、本日一番のフル勃起状態。
この状態で嬢が上から乗っかってきて挿入(S着)。ベッドでやったときよりも
かなり感度アップ。
嬢も頑張って動いてくれたので、かなりいきそうな感じになるものの
あと一押しという感じ。
ここで、このスレのことを思いだし、「精神的な面が大事」という話が
あったなあということで、自分が興奮することを思いだしてみました。
まあ個人的な性癖として「中田氏」モノが好きですので(といいつつ、
病気が怖いのでS着嬢にしてるのですが)「こんなかわいい子とセクロスまでして、
さらにその奥に自分の精液を中出し!」とか延々と考えていたとたら
射精感がやってきて、無事発射できました(無論S着です)

[事後?帰宅]
終わって身体流したりしたら、もう終了5分前。
なんか気恥ずかしくなってあまり会話できませんでした。
そして、慌てて着替えてお見送りと。
名刺もらいたいなと思ってたんですが、結局もらえませんでした・・・
うーん、どこかで地雷認定されたんでしょうか。単に慌ただしかったから
ならいいんですが。日頃女性に縁がないだけに、かるく凹む

そして、送迎車で最寄り駅まで送ってもらいました。
行きは無言だったドライバの人も、帰りは色々とお店のことを教えてくれました。

[感想]
まあ総括すればいい思い出だったのですが、最後に名刺をもらえなかったことが
意外とショックでしたorz
そしてなにより、火星&床オナニーの弊害をまざまざと実感してしまいました・・・

○得たもの
・素敵な想い出
・最高のズリネタ
・自信(シモネタトークするときに知ったかしなくてよくなったこと)
・モチベーション(世の中には楽しいことがあるモンだ!)

○失ったもの
・童貞
・65k円
・自信(床オナニー性遅漏という事実・・・)
・自信(やっぱり女の人に好かれない点があるんだろうか・・・とか)

まあなんか最後しょっぱくてすいません。
ついでにだらだら長くてすいません。

○迷ってるみなさんへ一言
最初緊張するのは事実ですが、童貞のままでいたっていいことなんて
何一つないし、女の人と遊ぶことで癒され、またいろいろな活力が
湧いてきたりもするので、とっとと電話かけていかれることを
お薦めしたいと思います。
俺は、今回失った自信をなんとか克服したいと思います!
(脱メタボ、オナニー法改善etc)

淫尿姉…ふしだらすぎる夏の思い出

先日、姉と僕とで登山へ行った時のことです。
僕たちは道に迷ってしまい、日も暮れてきまいました。
ついに持っている水も無くなり、僕たちの喉はもうカラカラでした。
「ねぇ、○○。
 私、もう喉渇いて死にそう…」
「俺だってだよ」
乾きは限界に達していました。
「このままだと、本当にヤバイわ。
 どんなモノでも水分を口にしないと…」
「わかってるけど、何かあるかな? 
 … 姉さん、何もないよ…」
「そうだわ、本で読んだことあるの…
 オシッコ…。オシッコを飲むのよ」
「えっ、姉さん!マジかよ?」
「こうなったら仕方無いのよ。
 でもコップも何も無いから、自分のオシッコを飲めないわね。
 そうね、こうするしかないかしら。
 ○○、アンタのオシッコをお姉ちゃんが飲むのよ。」
「えっ!?
 俺のオシッコを姉さんが?」
「仕方無いでしょう?」
「う、うん。 だけど…」
「つべこべ言わずに用意しなさい」
「わ、わかったよ。で、でも姉さん…
 俺のオシッコを姉さんが飲むってことは、
 俺が飲むのは、そ、その…、ね、姉さんの…」
「何よ、グズグズ…。
 そうよ、私がアンタのオシッコ飲んであげるから、
 私のオシッコ、アンタ飲みなさいよね!」
「わ、わかったよ、姉さん。
 緊急事態なんだよね…」
「そうよ、わかったら早くズボン下ろしなさい」
「こ、こうでいいかな?」
僕はズボンを下ろして、ブリーフの間からチンポを出しました。
姉の前にチンポを差し出すなんて、普通だったら考えられない状況です。
「ほらっ、もっとこっちに来て。
 こぼしちゃったら、勿体無いでしょう?
 アンタのオシッコ、今となっては貴重品なんだから。」
「う、うん…」
僕はチンポを、美しい姉の口元に差出しました。
「さぁ、○○。
 出してっ。あなたのオシッコ!」
「うぅ、ん?っ…。
 中々出ないよぅ、姉さん…」
「何よッ!早く出すモン出して、
 それ、しまってよネ!」
「そ、そう言われても、急には無理だよ…」
何とか、オシッコをしようと思うものの、出てきません。
そのうち、僕のチンポに変化が起りました。
勃起し始めてしまったのです。
当たり前です。僕のチンポの前に美しい姉の顔があり、
「早く出してッ」なんて言っているんですから
興奮しないはずがありません。
僕のチンポの変化に、姉も気付いてしまいました。
「ちょ、ちょっとォ。
 ○○ッ。何で、ココこんなにしちゃてるのぉ?」
「えっ、そ、それは…」
僕はしどろもどろになっていました。
「ははあぁん。
 この状況下で、このドスケベ弟め…。
 ね。○○…。今はね、そんな風になってる場合じゃないの。
 一刻も早く、姉さんにあなたのオシッコ飲ませて欲しいのよ。
 ね、解って…」
「わ、解ってるよ。僕だって…
 でも、でもコレが勝手に…」
「そっかー。
 仕方無いか?。
 ○○クン、童貞だもんネェ。
 そんな童貞クンのチンポの目の前で
 綺麗な女の子がオクチ空けてたら、
 いくらそれがお姉さんだからと言っても、興奮しちゃうよね。
 ゴメンね。気が利かなくて…。
 でもサ、今はそうも言ってられないんだよね。
 よし、じゃあ、ひとまずオシッコは後回しにして
 ○○のソコに溜まっている白い膿みを先に出しちゃおうか!」
そう言うと、姉は僕のチンポを咥えてしまったのです。
「あっ、あぉうぅんっ!」
僕は思わず動物のような声を出してしまいました。
それほど、姉の口使いは上手だったのです。
「くちゅぅッ、くちゅうぅ」
いやらしい音が、僕の興奮をさらに駆り立てます。
僕は思わず、姉の頭を押さえつけます。
童貞の僕にとって、もう我慢などできませんでした。
「あぁぁっ、姉ちゃんっ。
 ぼ、僕ぅー、い、イッちゃう???」
その瞬間、姉のバキュームが一層激しくなりました。
僕は思い切り、姉の口腔奥深く射精しました。
ドクンッ、ドクンッと音を立ててザーメンが姉の喉に打ちつけられます。
姉はそれを嫌がる風もなく、ゴクゴクと飲んでいます。
僕は腰を姉の顔に押し付けました。
姉は僕のザーメンを最後の一滴まで飲み干してくれました。
「ふっうぅ。
 もう、すごかったわ、○○の…。
 終わりかな、って思ってからも何度も何度もドクドクッて来るのよ。
 ビックリしちゃったわ。」
「ね、姉ちゃんッ。
 僕も、すごく気持ち良かった…」
「さ、○○。
 じゃ、肝心のオシッコ、飲ませてッ。」
そう言うと、姉はもう一度僕のチンポを咥えました。
「あぅ、ま、待ってよ。
 くすぐったいよぅ」
射精したばっかりのチンポに刺激を与えられて堪らなくなったのですが
僕のことなどお構いなしで、姉はチンポを咥えています。
「そ、そんなにされると、また起っちゃうよ」
「ん?んくふぅう」
姉は僕のチンポを咥えたまま僕のことを見上げています。
その姉の顔を見て、僕はまた興奮してきてしまいました。
「ね、姉ちゃんっ。
 姉ちゃんの喉、俺のザーメンで潤してあげるよ」
「もっとよ、もっと○○の濃いィの頂戴ッ!」

女孔明

中学生の時の体験を投下。
修羅と言う程の激しさがあった訳ではないし、恋愛要素も極めて低いのでかなり物足りないかもしれないが、14才で幼かった当時としては衝撃的な出来事という事で許して下さい。

私代・・・14才
女美・・・14才・私代とは違うクラス、T先輩が好き
T先輩・・15才・イケメン
友子・・・14才・私代の友人で女美と同じクラス

私代は当時、一つ上の学年のT先輩が好きだった。
それは恋愛感情という訳ではなくただ単純にカッコイイ先輩に憧れていただけで、実際T先輩とは顔見知り程度の仲でしかなかったし、私代には別に片思いしている相手がいた。

ある日小学校の時の同級生で同じ中学(クラスは別)の友子と久しぶりに話す機会があり、話題は当然のようにお互いの近況から恋話へ。
片思いの事はあまり話したくなかったので、好きな相手を聞かれた時に冗談でT先輩と答えておいた。

そこから友子のクラスにもT先輩を好きな女美という子がいるという話になり、友子は嬉しそうに
「私代と女美は恋のライバルなんだねっ★」
と発言。
いや、私は恋してねぇし。と思いつつも天寧寺な友子に合わせる形でその場は笑ってスルー。

だが後日、下校中に友達と帰る友子と遭遇。
やはり嬉しそうに駆け寄ってくる友子に紹介されたのは、前に話題に上がったT先輩を好きな女美。
何故か女美に握手を求められる私代。
強く握られた手、睨みつけてくる鋭い目。
もしかしなくても、すごい敵対心を持たれている情況に小心者な私代は冷や汗。
「私代さん、私もT先輩の事好き。絶対負けないから。」
馬鹿にしたように鼻で笑って去って行く女美に、私代は「自分は女美と同じ意味で好きなのではない」と言うタイミングを逃してしまう。

その後も女美と廊下等ですれ違う度に威嚇もとい見下される日々がしばらく続き、更に『私代が女美に自信満々でライバル宣言!』みたいな誤った噂が流れ、女美の友人には睨まれる。
ビビりな私代も我慢の限界に達し、友子を通して誤解を解いてもらう事にした。

その時友子に伝えるように頼んだ内容は、「私代は好きな人がいて、T先輩の事はただ憧れているだけなので、女美ちゃんはどうか気にしないで下さい。」というもの。
友子も「うん、わかった伝えるね★」と言ってくれたので、これでやっと誤解が解ける・・・と安心していた

しかし後日友子と話した時、

私代「この間の事言ってくれた?」
友子「もちろん伝えたよ★」
私代「何か女美ちゃん言ってたかな。」
友子「うん、『それでも絶対諦めないから』って言ってたよ?」

・・・は?
諦めないって何を?
会話の流れがおかしいぞ。
訳が分からないまま友子に聞く。

私代「・・・ちなみに友子は女美ちゃんに何て伝えてくれたの?」
友子「えっ?私代とT先輩が付き合ってるって事でしょ?」

それを聞いた瞬間、頭の中が真っ白になる。
何をどう間違えたらそうなるんだ!?
付き合ってる訳がない。

とりあえず一刻も早く誤解を解かなければと思い、女美がいる教室に全速力で走る私代。

厄介な友達を持ってしまったな?。
ドキドキ支援!

友子はあれだ
友達面して嘘吐きまくって、相手が慌てふためくのを見て楽しむような人種だ
学年に一人はいる厄介なタイプ

教室には放課後のため女美とその友達と見られる女子二人しかいない。
目茶苦茶睨まれる私代。
ビビりながらも何とか話かけようとするが、突如女美が
「なんでお前みたいなブスがぁっ*+?@、-#$%!?」
と叫びながら殴り掛かってくる。
平手を顔に喰らったものの、条件反射で素早く女美の首に腕をかけてその場に勢いよく引き倒してしまう私代。

まさかの反撃にやった私代も含め一同沈黙。
まさに(・_・)な顔。

その後正気に戻った私代は倒れた状態で未だ(・_・)なままの女美に謝り倒し、何とか無事誤解を解き、一方的に和解する事が出来た。

とまあ、ここまでが厨二だった頃の修羅場の話です。

後日談としては私代は見事失恋し、女美はT先輩のストーカー化して気持ち悪がられて失恋。
そして友子はしばらくたってからT先輩と付き合い始めたそうです。

この事件の後友子と話していないため、私は陥れられたのか未だに真相は分かりません。

思った以上にまとまらず長くなってしまいました。
読みにくい駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

乙!
孔明の罠だったのか…
こえ?
なんという漁夫の利

いやまぁ私代は先輩が好きじゃなかったんだが、それにしても乙
友達は選ばないとね…

策士友子!!!!!

友子にはめられたな。
最初からわかって嘘吹き込んだんじゃねえか。

あーそういうオチか
女孔明だったのか


すごい!こえー。
策略だったとしたら、厨二とは思えない知能犯。
そしてもしかして私代が失恋したのも、T先輩とどうのって噂のせいかな?なんて思ってみたり。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード