萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

Mの刻印 [姉、ミユキ編]

俺はいわゆるロリコンだが、成人女性とも関係はある。
俺にはアユミ(33歳)というセフレがいる。
最初は普通にSEXしていたが、次第にアナルやスカトロといったアブノーマルなプレイをするようになった。
アユミは今ではすっかり俺のM奴隷となっている。
俺は成人女性に対してはアブノーマルでなくては興奮しない。
幼女、少女に対してはその限りではないが…。
彼女にはミユキ(13歳、中1)とメグミ(9歳、小4)という娘がいる。
ミユキはスレンダーで控えめ。
メグミはややポッチャリなお転婆。
タイプは違うが2人とも母親に似てかなりの美少女だ。
幸いなことにアユミの家庭は母子家庭でミユキとメグミは俺にとても懐いている。
俺はミユキとメグミとも関係を持ち、今では母娘3人でスカトロやアナルプレイを楽しんでいる。
フィクションかどうかはご想像にお任せしよう。

先ずは姉のミユキ。
彼女と普通に関係を持つのは簡単であった。
処女も俺が頂いた。
今日も学校帰りで制服姿のまま俺のマンションに遊びにやって来た。
普段だとシャワーを浴びてからのSEXなのだが、この日はいきなりベッドに押し倒しスカートを剥ぎ取った。
「やだ。お兄ちゃん…どうしたの?」
俺は無言でパンツ越しにミユキのオマンコに顔を埋めた。
今日は体育も部活もあったらしく汗のニオイと残尿のニオイがする。
「お兄ちゃん、ダメ…。汚いよ…。」
俺は無言でミユキのパンツを剥ぎ取った。
土手の部分にほんの少しだけ産毛が生えている以外は中身が飛び出していることもなく、ツルンとしたワレメだ。
俺はミユキの足をM字に広げた。
ワレメがほんの少しだけ開いている。
俺は親指でグッと広げ、鼻を近付けた。まず、アンモニア臭が鼻をくすぐる。
それに混じって汗のニオイとミユキ自身の体臭がする。
白いカスは恥垢だろう。
当然パンツ越しの時よりもニオイはキツい。
「お兄ちゃん、シャワー浴びてからにしようよ…。」
「何で?」
「…だって、今日は体育も部活もあったし…汗かいたから…。」
「それにオシッコ臭いしね?」
「…エッ…?」
元来、控えめで大人しい性格のミユキは顔を真っ赤にして俯いてしまった。
以前から母親と同じでMの血が流れていると俺は思っていた。
そこで、わざとミユキの羞恥心を煽ってみた。
「ミユキのオマンコ、すごく臭いよ。トイレでちゃんと拭いてるの?」
「……。」
ミユキは黙り込んでしまった。
「今日は俺が舐めてキレイにしてやるよ。」
「…エッ?ダ、ダメだよ…。」
ミユキは慌てて足を閉じようとするが、押さえ付けてミユキの秘部に舌を伸ばした。
「あ…お兄ちゃん…ダメ…。」
最初はワレメの表面を舐めた。
オシッコのしょっぱい味がし、舌がピリピリとする。
「ミユキのオマンコ、オシッコの味がするよ。汚ねェな…。」
俺は更にミユキの羞恥心を煽った。
「…ダメだってば…汚いよ…。」
とか言いつつ少しずつ濡れてきている。
「ションベン臭いオマンコ舐められて感じちゃってるんだ?」
「そ…そんなこと…。」
ミユキはまだもがくが、強引に足を開き、ワレメの奥の方まで舐め回した。
舌を丸めピストンしてやる。
やがて、オシッコの味は無くなり、愛液の味になっていた。
「汚いよ…。ダメだよ…。…ダメだってば…。」
この頃になると、言葉ばかりでミユキの抵抗は弱々しくなっていた。
クリトリスの包皮を剥くと恥垢が溜まっている。
それも舐め取るように舌で転がし、時々前歯で軽く噛んでやる。
その度にミユキの腰が「ピクン!」と跳ね上がる。
指でピストンしてやりながらクリを舌で責め続ける。
「ア!アン…!お、お兄ちゃん〜!」
可愛らしい声をあげながらミユキはイッてしまったようだ。
ハアハアと肩で息をするミユキを今度は俯せにした。
陸上部に所属しているミユキのヒップは丸みを帯びながらも引き締まった美しいラインを描いている。
俺はミユキの尻に顔を埋めてみた。
「…お兄ちゃん、恥ずかしいよ…。」
俺はミユキの尻に頬摺りし、舐め回した。
尻肉を押し広げると可愛らしい蕾がある。
俺はミユキのアナルを観察してみた。
そして顔を近付けニオイを嗅いでみた。
汗のニオイに交じって学校には当然ウォシュレットなどないはずだ。
生々しいニオイもする。
よく見ると白いティッシ
ュのカスの他にウンチの拭き残しらしきものまで付着している。
「ヤダ!お兄ちゃん、そこは…。」
鼻息をアナルに感じたのか今まで朦朧としていたミユキはハッと我に帰った。
恐らく今まで人目に曝されたことの無い部分だろう。
違和感にかミユキは腰をよじる。
「ミユキはオマンコだけじゃなくて尻の穴も臭いなあ。」
「…エッ?…や、やだ…そ、そこは…。」
「トイレ行ってちゃんと拭いたの?尻にウンチ付いてるよ。」
「…お兄ちゃん、そこはダメ。…本当に汚いから…。シャワー浴びさせて…。」
そう言って足を閉じようとするミユキ。
しかし、俺はわざと息を吹き掛けながらゾクゾクするニオイを嗅いでいた。
「…お兄ちゃん…お願い…。シャワーを…。」
そう言ってミユキは涙ぐんだ。
「…わかったよ。じゃあ、いつ頃トイレに行ったのかだけ教えて。」
「…部活終わってから…お兄ちゃんの家に来るちょっと前。…友達が早くって急かすから…そ
れで…。」
「それで急いでたからオシッコもウンチもしたのにちゃんと拭かなかったんだ?」
「……。」
ミユキは真っ赤な顔をして小さく頷いた。
「そっか…。じゃあ、キレイにしないとな。」
そう言って俺はミユキのアナルにキスした。
「キャッ!お、お兄ちゃん!」
俺はお構いなしに舌を伸ばしアナルの表面をペロペロと舐め回す。
甘いような苦いような不思議な味がする。初めての感触に戸惑いもあるのだろう、ミユキは腰をモジモジさせている。
「…お、お兄ちゃん…。ダメ…ダメだよ…。汚いよ…。」
俺は舌を尖らせ、アナルに舌を挿入した。
「ヒッ!」
ミユキは息を呑んだ。
俺はミユキの直腸粘膜まで味わった。
腰を少し浮かせオマンコに指をやると大洪水だった。
「あれ?ミユキ?何でケツの穴舐められてここが濡れてるの?」
「……。」
「ミユキって尻の穴でも感じちゃうんだ?」
「…そ、そんな…。」
俯せのミユキを今度は仰向けにし、両足を持ち上げオシメスタイルにさせた。
「…あ、あの…お、お兄ちゃん…」
ミユキは何だかモジモジしている。
「…お、おトイレ…行かせて…。」
「どっちがしたいの?」
「…エッ?…オ、オシッコ…。」
「良いよ。ここでしちゃいな。」
「…エェ?…そ、そんなの…出来ないよ…。」
「ねえ、どこが感じる?」俺はお構いなしにオマンコとクリとアナルを舌で攻めながら聞いた

「ダメ!お兄ちゃん!」
俺はクリの下の尿道口を特に執拗に舌で突く。
「…ハア…ア!ダ、ダメ!…で、出ちゃう…出ちゃう!…アアア…!」
「プシャアアア!」
オシメスタイルという恥ずかしい格好のままミユキはお漏らししてしまった。
「イ、イヤー!お、お願い!見ないで!」
水流をオマンコから流しながらミユキは叫んだ。
俺はミユキのワレメに口を持っていく。
「…ヤ、ヤダ!…な、何やってるの?お、お兄ちゃん?ダ、ダメ!」
しかし、流れは止まらない。俺はゴクゴクと喉を鳴らして飲み干してしまった。
「あれ?ミユキは感じちゃうとお漏らししちゃうんだ?」
「……。」
ミユキはとうとうしゃくり上げながら泣きだしてしまった。しかし、俺ははだけたブラウスに
紺のハイソックス、踵には丸まったパンティー、オシッコ塗れのオマンコといった美少女中学
生、ミユキのそんな姿に改めて欲情した。
「…可愛いよ。ミユキ。」
俺はミユキのオシッコ塗れのワレメを音を立てながら舐め回す。
「…や、止めて…お願い…。…汚いよ…。」
泣きながらミユキは訴える。
「どう?ミユキ?ションベン塗れのオマンコ舐められて感じてるの?」
なおもしゃくり上げるミユキをマングリ返しにし、オマンコといわず、アナルといわずに音を立てて舐め回した。
「どう?ミユキ?どこが気持ち良いの?言ってごらん。」
「…ハア…ア…アン……わ、わからない…わからないよお…。」
もう我慢の限界だった。
俺はいきり立ったモノをミユキのワレメに突き刺した。
いつもはミユキの様子を見つつ、ミユキも気持ち良いようにと考えていたが今日はそんな余裕は無い。
いつも以上に腰を叩きつける。
「ア!ア!アン!お、お兄ちゃん!お兄ちゃん…。」
ミユキは俺にしがみ付いてくる。
俺は中指を唾で濡らしミユキのアナルに突き立てた。
すんなりと指を飲み込んだ。
指でピストンしつつ、腰を振り続ける。
「ア…!アア…!お、お兄ちゃん!」
「ミユキ!アナルとオマンコどっちが良い?」
指と腰を更にスピードアップさせる。俺も爆発寸前だ。
「…ア!…り、両方!…気持ち良い…!…ア…!」 ミユキは狂ったように乱れる。
「行くぞ!ミユキ!」
俺はミユキの膣内で果てた。同時にミユキも糸の切れた人形のようにグッタリとなった。
こんなに乱れたミユキを見たのは初めてだった。
…しばらくすると「ドロッ」と俺の精子が出てきた。
「プシャアアア…」
驚くことにミユキは無意識にか、またオシッコを漏らしていた。
俺は口を付けてその水流を口に受けた。
「ミユキ…。」
呼び掛けてみたが反応は無い。
俺はミユキのオシッコ塗れのワレメをいつまでも舐め続けて
いた。
とりあえず次のターゲットはミユキの妹のメグミだ。

衝撃のロリDVD−1

30歳の酒屋をやっている男です。
麻雀仲間の男から、今では絶対に合法的に見ることが出来なくなったロリDVDを借りました。
「15年ほど前に撮られたビデオをDVDに焼きなおしてあるんだ。可愛い中学生が出てるぞ。」
彼がそう言うので私は家に帰るなり、DVDをプレーヤーにセットして、わくわくしながら鑑賞を始めました。
しかし画像にセーラー服の女の子が表れた瞬間、私はハンマーで頭をぶん殴られたような衝撃を受けました。
なんと出演していたのは私の中学、高校の同級生のY田孝子だったのです。
しかも私は孝子のことをずっと「可愛いな」と思っていたのです。
中学2年の時に一度だけ同じクラスになりましたが、あまり親しく話すことも無く、単なんる私の憧れだけで中学、高校を過ぎていったのです。
撮影場所はなんと彼女の家の彼女の部屋のようです。
しかも彼女は本名の孝子の名前で紹介されていました。
映像の右下に日付と時間が出ており、それが合っているとすると、中学2年の夏に撮られたものらしいということがわかりました。
孝子は自分のベッドに腰掛けており、撮影者なのか他に誰かいたのかは分かりませんが、誰か男が彼女と他愛もない話をしています。
学校のこと、クラブのこと、男の子のこと・・・・・。
僕は「ウソだろ。これはきっとロリDVDなんかじゃない。僕はだまされたんだ。」そう思っていました。
いや、そう思いたかったのです。
しかし話が話がだんだんエッチな方向に行き始めたのです。
彼女の体の話や、ブラジャーのサイズの話などになってきたのです。
カメラの視線も最初は彼女の顔だけを映していたのですが、下半身から舐めるように撮ったり、胸をアップで撮ったり・・・・・。
彼女の表情もだんだんこわばってきました。
「じゃあ、孝子ちゃんのオッパイ見せてもらおうかな。」
男の声がそう言った時、僕は絶えられなくなって一旦DVDを停止しました。
緊張感から喉はカラカラです。
水を一杯飲んだ後、続きを見るべきかどうか迷いました。
見てしまえば自分の青春時代の淡い思い出が壊されてしまいそうで・・・・・。
しかしやはり性欲の方が勝ってしまいました。
僕はウイスキーのボトルを片手に続きを見ることにしました。
シラフでは見れそうもなかったのです。
DVDの再び再生状態にすると、ベッドに座ったままセーラー服を脱ぎ始めました。
セーラー服を脱ぎ終えると可愛らしいブラジャーが露わになります。
胸の膨らみはまだ十分でなく、どう見てもまだAカップという感じの胸です。
孝子の表情がだんだん恥ずかしげな表情になっていくのがわかります。
次に男が
「孝子ちゃん、今日のパンツ何色?」
そう言って孝子に羞恥の質問をします。
「えっ! 今日は・・・・白・・・・・。」
「ちょっとスカートまくって見せてよ。」
孝子はベッドから立ちあがり、セーラー服のスカートをまくって見せました。
言ったとおり白のパンティです。
しばらくそのまま撮影された後、彼女はスカートを脱いで、ブラジャーとパンティだけの姿になりました。
高校の時まで憧れだった孝子。
その間彼女のパンチラさえ見ることが出来ず、中学2年の運動会の時に一度だけ間近で見た彼女のブルマ−姿。
その時の股間のモッコリした膨らみとヒップの形を眼に焼き付けていつまでもオナニーのネタに使っていたのに・・・・。
その孝子がカメラの前で裸になろうとしている・・・・・・。
下着だけの姿になった孝子に男はイヤらしい質問を投げかけます。
持っている下着の数や色、胸はいつぐらいから膨らみ始めたのか、ブラジャーをいつ付けはじめたのか、アソコにいつ毛が生えてきたのか、生理はいつ始まったのか、オナニーはしているか、など。
孝子がオナニーをしていると告白したのは衝撃的でした。
やがて男は孝子に下着も脱いで素っ裸になるように言いました。
孝子は恥ずかしがりながらもまずブラジャーをはずしました。
まだ膨らみきらない乳房が露わになります。
乳首は小さく、きれいなピンク色をしていました。
次にパンティを脱ぎます。
恥毛はワレメの上の方に申し訳程度に生えているだけで、ワレメは見えてしまっています。
憧れ続けた孝子のオールヌードです。
僕のペニスはもうビンビンになっていました。
カメラは彼女の乳房やアソコをアップで撮りつづけました。
やがて男が
「じゃあ孝子ちゃん、シャワー浴びようか。」
そう言うと、カメラがシャワーシーンに切り替わっていました。
しばらくシャワーを浴びていると男が孝子に
「ねえ孝子ちゃん、オシッコするとこ見せてよ。」
「えっ!ここで?」
孝子は恥ずかしがりながらもシャワーを止めると浴槽の縁に座り、足を大きく広げました。
「ねえ、してもいい?」「いいよ。」
男がそう言うと孝子は「シャーッ」という音とともに豪快に放尿を始めたのです。
「ビチャビチャビチャ」オシッコが洗い場にたたきつけられ、はしたない音が響きます。
僕は信じられない気持ちでした。
中学校の頃あんなに清楚だった孝子がカメラの前でストリップしたあげく、風呂場で放尿まで演じて見せるとは・・・・・。
しかしこれはプロローグに過ぎず、これから先、もっと衝撃のシーンが残されていたのです。

続雷 ロスタイム

S「ハハハ・・やっぱり恥かしいなぁ」
俺「バンザイして・・・誰も居ないから下も良いよね」
S「Sばっかり裸じゃない?」
俺「罰ゲームだから・・・俺も脱ぐよ2人共裸ならいいでしょ」
俺はSちゃんの服を脱がすのを止めて上着を脱いでズボンとパンツはまとめて一気に下ろすと今までに無く巨大化したナニが上を向き剥き出しになった。
S「やだぁ・・ちょっと隠してよー」
俺「脱いだんだから、言う事聞いてよ、終わらないよ」
S「わかってるけど・・・そっち見れない」
俺「いいから、ここに座って ほら 見て」
S「近ずきすぎ」
俺「ここ持って、ここ Sちゃんいい加減に」
S「ごめん、ここ?握ればいいの」
俺「あぁーそーぅ動かないで、次に先端の所にキスしてみて」
S「やだよー」
俺「いいから早く、うあぁー、いいよもう一回、ああぁー出そう」
S「もういい、やっぱり汚いよ」
俺「うぅぅーでちゃうーあぁぁー」
S「大丈夫」
俺「あー我慢できない、」限界に来た俺はSちゃんの足を持ち上げて倒すとスカートの中に手を入れてパンツを毟り取りました。
S「痛い—止めて、なにするのー」
俺「お尻、お尻」
S「出すから手を離してもーう」
手を離すとSちゃんはスカートを脱いで小さいお尻を突き出しました。
腰を押さえてナニを押し付け腰を振ること数回昨日と同じ様にSちゃんのお尻の割れ目に精液が流れました。

続雷 釈明

俺の顔の平手打ちが決まると興奮は消えて「バレた」と言う現実に体中の血が引きました。
怒髪天を衝くほどに怒ってる姉もSちゃんの必死の制止に落ち着きを取り戻して
俺に服を着るように言うとSちゃんのお尻についた精子を拭き取り体中を確認するように見てから「Sも服着な・・・お母さん達には言うから、説明して」
服を着たSちゃんは泣きながら、昨日の事、今日の事を説明して最後に
「お姉ちゃんお願い誰にも言わないで、おーねーがーいー」と大泣きになりました
姉は理解不能と言った顔をしながらも「わかった、昨日はSが、今日は昨日の事に興奮して・・・また君が来た、」と言うと顔を俺のほうに近づけて聞きました。
「妹・・犯してないでしょうね」
俺「えっ」
姉「君、自分で妹のお尻に出したんでしょ、お尻の穴に挿れたの?」
俺「いいえ、そこまでは・・・」
姉「ホント?後で嘘だったら警察だからね、帰りな」
俺は逃げるように帰りました。
家にいても電話が鳴るたびに「Sちゃんの親かも」と不安でした。
夜中になって「もう平気だろ」と安心すると頭の中にはSちゃんが出てきて自然とナニは勃起しました。
翌日、学校から帰ってくると俺は受話器を取って電話をかけました。
「あっ Sちゃん?あの後どうだった」
S「大丈夫だった」
俺「よかった、お姉ちゃん居るの」
S「いる、あっ呼んでる待ってて」
「お姉ちゃんなーにー」「電話誰」「友達から遊びに行く約束してるの」
S「ごめんね」
俺「嘘付いていいの?」
S「遊びに行くて言ちゃったから、出るしかないかも」
俺「ウチ来たら」
S「うん」
不安から電話をしたのに呼び出せるとは思っても無かった、暫くすると玄関からSちゃんの「あーそーぼー」と声が聞こえた。
俺は急いで玄関にSちゃんを迎えに行き自分の部屋へ案内するとスカート姿のSちゃんに興奮してきました。
S「昨日はお姉ちゃんが帰ってくるとは思わなかった」
俺「ビックリしたよ、ホント」
俺「Sちゃん、昨日お姉ちゃんが来て、罰ゲーム途中だったから続きしない?」
S「怒られたばかりだよ、お姉ちゃん家にいるし・・・」
俺「ここなら来ないよ、大丈夫」
S「でも」
俺「はい、始めるよ」
続く

続 雷 露見

翌日学校から帰ってきて着替えると俺はSちゃんの家に向いました、
呼び鈴を鳴らすとSちゃんが出てきてビックリした顔で部屋に通してくれました。
部屋に入って腰を下ろすとSちゃんは「昨日は・・・どうも」と言ってきました。
俺も「昨日は面白かったよ、また、トランプやろうと思って」
Sちゃん「トランプの続き?」
俺「そう、ルールは昨日と同じで・・負けるごとに罰ゲームいいでしょ」
S「うん・・いいけど」
Sちゃんは「昨日と同じルール」を気にしていましたが、これを了解してトランプは始まりました。
始めの数回はエッチな事言わずにいました、そしてトランプを見て「これなら勝てる」と思い「Sちゃん、これに負けた方が勝った人の命令を一日聞く事にしよう」
と勝手にルール変更をして当然俺が勝ちました。
俺「S こっちに来なさい」
S「はい」
俺「ジーンズの下は何を履いてますか?」
S「え、」
俺「答えなさい」
S「ブルマだけど」
俺「その下は」
S「パンツに決まってるじゃん」
俺「確認しますから、転がりなさい」
S「確認って?脱がすの?ホントだよ」
俺「早く」
Sちゃんは嫌々ながら言う事を聞きうつ伏せになりました。
俺「まず、ブルマから」俺はSちゃんのジーンズを膝まで下ろして「ちゃんと履いてるね、次パンツ確認します」ブルマも脱がします。
S「もういいでしょ、見たんだから」
俺「まだ、パンツの下はなんですか?」
S「しつこいな、お尻」
俺「はい、じゃー確認の為にズボンとブルマは邪魔だから脱がして・・・よし、ここに置いとくね、靴下も要らないから取る、じゃー脱がすよ、ゴメンね罰ゲームだから」
パンツを脱がすと昨日見たお尻が現れました。
S「あー昨日より恥かしい」
おれ「恥かしい?ごめんね」俺はSちゃんが限界と見てSちゃんの上に跨ってズボンとパンツを脱ぐとSちゃんを立たせて上着も脱がし立ったまま腰を落として
ナニをお尻に押し当て腰を振りました。
「うおーあーいいーSちゃんキモチイー」と射精しました。
お尻にナニを押し当てたまま余韻二浸っていると部屋のドアが開いてSちゃんの歳の離れた高校生の姉が「きゃっ、ちょっとなにしてるの」と入ってきました。
姉は俺のところまで来て「離れなさいよ」と俺を押して「S大丈夫、」といいました、現場を見られて言いわけの仕様も無かったがSちゃんは「お姉ちゃん、ちがうの」姉「いいから」と取り合わず俺の方を見て「あんた、無理矢理妹を脱がしたんでしょ、Sお尻見せてごらん・・・」おしりの割れ目にはさっき出した物が付いていてそれを見た姉は「ちょっと・・・あんた妹を性処理に使ったの、犯罪だよ
いい加減にしなよ」と同時に俺の顔に平手打ちが飛んできました。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード