萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

「ぼっき」

小学校の時、同じ学校に同い年の従姉妹(女)がいました。
俺には一つ年上の姉ちゃんがいて、従姉妹と姉ちゃんが仲良かったので
俺が小3頃までは休みの日にはよくうちに泊まりに来ていました。

従姉妹が泊まりに来ると、いつも姉ちゃんと従姉妹と3人で風呂に入りました。
俺は(たぶん従姉妹も)恥ずかしくて一緒に入りたくなかったけど、親が
一緒に入ってきなさいというので、しょうがなく入っていました。

その頃まではみんな体に変化もなかったのでそれだけで済んでいたのですが、
小5になって、久しぶりに従姉妹がうちに泊まりに来ました。

俺は姉ちゃんとも別々に風呂にはいるようになっていたし、当然、一緒には
入らないと思っていたら、気の利かないうちの親が「一緒に入ってきなさい」と
言いました。さすがに小5になって、クラスは違うといっても同じ学年の女子と
一緒に風呂にはいるのは嫌でした。その頃は裸をみたいとかそんな気持ちは
まったく起きず、ただただ嫌でした。

従姉妹はおとなしかったけど、かわいくて俺の友達には従姉妹のことを好きなやつもいました。
俺は学校ではクラスも別々だし、従姉妹ということを意識してか、ここ数年はまったくと言って
いいほど会話をしたことはありませんでした。

うちの親はけっこう恐くて、一緒に入るのが嫌だとか言える感じではありませんでした。
しょうがなく、俺たちは一緒に風呂に入ることにしました。

脱衣所は狭かったので、先に姉ちゃんと従姉妹が入って、俺が後からはいることにしました。
脱衣所で服を脱ぐと、エッチなことを考えていたわけではないはずなのに、チンコは
半立ち状態になっていました。
前を隠して風呂場にはいると、姉と従姉妹は既に湯船に浸かっていました。
湯船はかろうじて二人が入れるくらいの大きさで、交代で一人ずつ体を洗うことにしました。
最初に俺が体を洗うことになり、姉ちゃん達は俺のことなど気にする様子もなく二人で
喋っていました。

俺が洗い終わったので次は姉ちゃんが体を洗うのに湯船から上がりました。
姉ちゃんと一緒に風呂にはいるのもきっと2年ぶりくらいだったのですが
何気なく見た姉ちゃんの体に驚いてしまいました。知らないうちにおっぱいが
膨らんで下は毛が生えていました。おっぱいが膨らんでいることは気づいて
いましたが、毛が生えているなんて… 毛が生えるのはもっと大人になって
からだと思っていたのでホントにビックリしました。

俺は従姉妹と一緒に湯船に浸かりました。風呂場は湯気がたっているし、お湯には
入浴剤が入っていたので、湯船に浸かっている従姉妹の体は見えませんでした。

姉ちゃんが体を洗い始めると、従姉妹のことを忘れて姉ちゃんの裸に見入って
しまいました。すると、従姉妹が俺に話しかけてきました。

従姉妹「ヒロ君(俺の名前)はユウちゃん(姉の名前)とよく一緒にお風呂はいるの?」
俺「えっ?全然入らないよ」
従姉妹「ふーん。うちはまだ弟と一緒に入るよ」
しばらく会話がとぎれると
従姉妹「このこと絶対学校で言わないでよ」
俺「うん…」

姉ちゃんが洗い終わり、従姉妹と姉ちゃんが交代しました。
従姉妹が立ち上がると、俺の目の前数十センチのところに従姉妹のお尻が…
俺のチンコは完全に立っていました。

洗い場に上がった従姉妹の裸を見ると、ちゃんとおっぱいも膨らんでいます。
むしろ、姉ちゃんよりもちゃんと膨らんでいるようでした。
今思えば二人ともAカップあるか無いかくらいの大きさだったと思います。
俺に見られているせいか、湯船にやや背を向けた不自然な格好で体を
洗っていますが、その角度からでも洗うたびに少しだけ揺れるおっぱいが
見えています。俺はもう従姉妹のおっぱいに釘付けになっていたんだと思います。
すると姉ちゃんが「ヒロ!なに見てんだよー」と従姉妹が見えないように
後ろ向きにさせられてしまいました。

姉ちゃんは俺に従姉妹の裸を見てたのかとか、姉ちゃんのも見てたのかとか
しつこく聞いてきましたが俺は「見てないよ」と言いました。(見てたけど)

すると、姉ちゃんは何を思ったか、湯船の中の俺のチンコを掴んできました。
「ヒロ、勃起してるー!」
体を流していた従姉妹はなんのことかよく分からなかったいようで、姉ちゃんが
「やらしいことを考えるとチンチンが大きくなる」なんてことを従姉妹に
説明していました。姉ちゃんは立ち上がってチンコを見せろと言いました。
俺は抵抗しましたが、無理矢理湯船で立ち上がらされて(姉ちゃんは結構暴力的です)
姉ちゃんと従姉妹に勃起したチンコを見られてしまいました。

従姉妹は洗い場でこっちを向いていて俺の方を見ているので当然俺からも
従姉妹の裸が丸見えです。従姉妹も少しだけ毛が生えているのを見て俺の
チンコはさらに硬くなった気がします。

姉ちゃんと従姉妹はそのまま風呂を上がりましたが、俺はもう一度湯船に
浸かって、チンコの腫れが治まるのを待ってから風呂を出ました。

数日後、学校で従姉妹と仲のよいクラスの女子二人が俺のところに来て
「ぼっき」と言って笑いながら逃げていきました。
「自分が誰にも言うなって言ったくせに」と本気で怒って、しばらくの間
従姉妹のことを嫌いになりました。たぶん、中学卒業するくらいまで
うちに遊びに来てもほとんど口をきかなかったと思います。
でも、中学でオナニーを覚えたときは、あの時の従姉妹の裸を思い浮かべて
していましたが…

高校に入ると従姉妹とも普通に話せるようになって、あの時のことも
話したりもしました。高校生になった従姉妹は、ホントにかわいくなりました。

高校生はスレ違いでした。すみません。このへんで終わります。

同僚の女の子に手コキをしてもらう

同僚になら、手コキしてもらったことが有る。
もちろん女の同僚ね。

残業で社内にはオレと同僚の女の子の2人だけ。
女の子は年齢は入社半年くらいの22歳の子です。

やっと仕事が片付いて、2人で一息ついて
色々な世間話をしていたら徐々に下ネタになっていったんです。
その話の中で「疲れたときはムラムラするよね〜」と言う話題になって
彼女が「じゃぁ、今もムラムラしてますか〜?」なんてきいてきた。
オレは「まぁ、ね〜」なんて適当に返事をしたものの
そんな事を聞いて来るなんて、思いもしてなかったので
妙に興奮して、息子が大きくなってしまい、
足を組む等してバレないように誤魔化していました。

それでも、話は続いていたので、まぁいいか〜なんて軽い気持ちで
「ムラムラしてるから、デカくなってるよ〜。お前ヌイてくれよ〜」
なんて、ふざけて言ってみたんです。

そしたら「え〜、口でするのは好きくない〜」との答え。
「じゃぁ手コキでいいよ〜」と言うと、それならOKとの返事・・・
そんな簡単な事なのか?と思いつつもそのままトイレへ行き
下を全て脱ぎました。
彼女はオレの息子を手にとりコキコキ。
オレは彼女の胸に手を伸ばしモミモミ。
彼女が拒否しなかったのでそのままTシャツを捲り上げて
直で揉み&舐め。彼女も微妙にHな声を出し始めたので
下の方に手を伸ばして、アソコを触ると濡れている。

この間の、微妙な息遣い意外に音のしない
妙な静寂感は今でも忘れる事が出来ません。

指を入れてクチュクチュすると、彼女の手の動きが止まり
アフアフと泣きそうな息が漏れ出した。
「入れてもいい?」と思わずきいたがそれはNGで
そのまま手コキで、お互い果ててしまいました。

その日以来、もう一度手コキはしてもらいましたが
決してHはしないし、求めない関係が続いています。

キャンプの朝

昔、友人達とキャンプに行ったときに、
狭いテントの中で、くっつくようにして、みんなでゴロ寝だった。
寝入りはみんな酔っぱらっていたので、知らない間に寝てしまっていた。
朝、俺がフッと目を覚ますと隣にいたのが当時好きだったF美だった。
おれは、二日酔い状態ではあったが、ちんぽはギンギンに朝立ちしていた。
夏だったので寝袋は中に入らず、掛け布団のように使っていたのだが、はだけた布団を確認しようと見てみるとF美のTシャツに胸のポッチが・・・。
おれは、更に硬くなるチンポをジャージの上から軽くしごきながら、F美のポッチに指を伸ばした。
最初はドキドキしながらそっと触れた。F美はなにも反応がなかった。
こりゃ行けると踏んだ俺は、くりくりと乳首を弄った。

すると、F美は体を「ぴくん」と反応させた。やばいか・・と怯みかけたが、F美はそのまま。
よーし、、と更に思い切った俺は、片手で胸ポッチを弄りながら、片手でジャージを下ろしパンツの穴からチンポをムキッと出した。
手であたりを探るとF美の手があった。俺は、もう暴走列車のごとく止まらない状態になっていた。乳首をくりくりする事でF美は寝ているのか、起きているのか解らないが、明らかに体が反応していた。ぴく、、ぴく、、と体が動く。俺はF美の手を握った。
彼女は握り返すわけでもなく、かといって拒否もなかった。もうどうにでもなれとばかりに、俺はF美の手をチンポにあてがった。
すると・・・

彼女の手が、、、スコスコとおれのチンポをしごきだしたのだ。
「!!!」
俺は驚いた。
驚いたが、このままここでやるわけにも行かず、一瞬悩んだが気持ちイイこともあって、そのまましばらくしごいて貰った。
時折寝返りのまねをして、体勢をかえて、彼女の胸を直に揉んだりしながら、徐々に手を下に移動させた。
彼女のジャージのゴムに手が掛かったとき、一瞬彼女の手コキが止まったが、俺はかまわず手をジャージの中に突っ込んだ。あっさりと下着の中に手が入り、、そこには濡れ濡れのまんこがあった。
俺は、クリを弄ったり、指を入れたりと、更に大胆になってきた。
彼女の息も、寝息とは到底思えないハァハァという感じになってきた。

その時・・・

一人がムクリと起きたのだ。
俺も彼女も手がピタと止まる。
ごそごそと起き出したそいつはトイレに行った。
一人が起きると、他の連中まで起き出しやがった。
結局、その日はそのままなにも出来ず、一瞬のハァハァで終わってしまった。

だが、その数日後セクースしたのは言うまでもない。

包茎を相談して

中2のとき包茎(真性)で悩んでて、
「このままじゃ一生剥けないんじゃないか」
という被害妄想で頭がいっぱいになって、放課後保健室に相談に行った。
うちの学校の保健室には26歳の細身でポニーテールが似合う色っぽいお姉さんがいて、
しかもすごく優しくて男子(一部女子も)はハァハァしていた。
俺が保健室に行くと、お姉さんは薬の空き箱をごみ袋に入れている所だった。
「どうしたの?」
「相談があるんですけど…」
「なに??」
椅子に座って向かいあった。
「あの、まだアソコが剥けなくて悩んでるんですけど…」
「う〜ん、そんなに心配しなくてもそのうち剥けると思うけど」
「でもなんか剥けそうもない感じっていうか、雑誌とかで、手術しないとダメとか書いてあって…」
「手でやっても剥けないの?」
「はい」
「そのとき痛みとかある?」
「痛くはないです」
「痛くないなら大丈夫だとは思うけど…ちょっと見せてくれるかな?」
すごく恥ずかしかったけれど、相談できる人がお姉さんしか居なかったので見てもらう事にした

「そこに仰向けになって」
言われるままにベットに仰向けになった。お姉さんは俺のベルトをはずしズボンとパンツを下ろした。
毛が生え始めのころだったし、女の人に初めてチンポを見られて死ぬほど恥ずかしかった。
お姉さんはしばらく俺のチンポを観察していたが
「ちょっとゴメンね」
と言ってチンポの先っぽをそっと指で摘むと皮の様子を確かめる様にゆっくり剥き始めた。

俺は立たないように必死に我慢していたのだが、そんなことをされては我慢のしようがない。
一気に反り返るほどかちんかちんに勃起してしまった。お姉さんはビックリして手をひっこ
めてしまった。さすがに気不味い…俺は小声で
「すいません」
と言うと
「ううん、男の子だったら当然の事だから気にしないで。」
て言った。お姉さんは勃起してピクンピクンしている俺のチンポを見つめながら…

「見た感じ大丈夫そうだから、私が剥いてあげようか?」
「え?大丈夫なんですか?」
「うん、でもおっきくなったままだと痛いかも…」
「でも触られたら立っちゃうし…」
「うぅん、しょうがないから…出しちゃおっか」
「え?」
お姉さんは細い手で俺のチンポを優しく握るとシコシコしごき始めた。
「出そうになったら言ってね」
お姉さんは上手だった。最初は優しくだんだん早くしごいてくる。
いつもの優しい表情でチンポと俺の顔を見ながら、やわらかい手でチンポを優しく刺激してくる。

恥ずかしくて目を合わせられなかった。
「出そうです…」
お姉さんはティッシュをもった左手をチンポの先にそっと添えてくれた。
俺はお姉さんの手の中に勢いよく射精した。初めて女の人に性器を刺激された興奮からか、
いつもより濃く多量の精液が出た。お姉さんはティッシュで白濁液を拭き取り、
チンポを強めに握ってゆっくりしごいて尿道に残った精液を絞り出すと、きれいにふいてくれた。しかし…
「……。」
射精しても俺のチンポはまだ勃起したままだった。
思春期まっ盛りにあっては、一回手コキでイかされたぐらいでは逆に興奮するばかり。
しかも初体験で色っぽいお姉さんにそんなコトされたのではなおさら。
「あらぁ〜、やっぱ一回じゃだめかぁ…」
「すいません」
「もう一回出したら大丈夫かな?」
「たぶん…」

そんなこんなで結局、手コキ三回目の射精でどうにか俺のチンポは小さくなった。
「じゃあ剥くね」
「はい」
お姉さんは左手でチンポを掴み、右手の指で皮を摘むと注意深く剥いていった。
チンポが皮で締め付けられてすごく痛かったけど、一生包茎は嫌なので我慢した。
しばらくしてお姉さんが顔を上げた。
「はい、大人になったよ!」
見ると皮が剥け、亀頭が露出していた。そして異臭が…。
包茎のままオナニーしていたためか緑色になった恥垢がかなり溜っていた。
「ちょっと汚れてるね」
お姉さんが濡らしたガーゼでで拭いてくれた。

「!」
三回イッたとは言え、剥きたてのチンポにコレは強烈だった。
たちまち硬く…
「痛っ!」
チンポが締め付けられたのと、皮が裂けそうなWの痛みが走った。
「あ、ゴメン。大丈夫?」
「はい」
「そのうち痛くなくなると思うから、しばらくは我慢してね」
「はい。」
「今日のコトはだれにも内緒だよ!」
お礼を言って保健室を出るとき
「お大事にね〜」
と言ってお姉さんは笑っていた。
外に出ると夕焼けの空が広がっていた俺は悩みが解消された嬉しさと、お姉さんの手の中で射精
した恥ずかしさといろいろな感情が入り混じって、妙な気持で家路についた。

それから月日は流れて卒業式の日、見送りに出ていたお姉さんと目があった。お姉さんはニヤニヤして
「お大事に」
と言って笑った。
以上俺の青春の思い出。俺が包茎にならずに済んだのもお姉さんのおかげでつ。
俺はお姉さんに恋心を抱いていたが結局告白できなかった。
今頃どうしてるんだろう?結婚して幸せになってるかな?約束破ってご免なさいw

悪戯された思い出

小六の時、お隣のお姉ちゃん(高校生くらいだったはず)の家に預けられた。(よく覚えてないが、何か用事で遅くなるからだったかな)お姉ちゃんの親は母親しかおらず、しかも仕事で家に帰るのはいつも10時くらいだった。
ご飯を一緒に食べて、テレビゲームをして遊んでいたが、お姉ちゃんがお風呂に入りなさいと言うので自分の家から着替えをとってきた。
何だか不自然な気がしたが、断るのも何なので言われるままに入ることにした。

で、当たり前のようにお姉ちゃんも一緒に入ることに。

やはり恥ずかしいので、前を隠しながら早く済ませようとしたが、お姉ちゃんが黙って後ろから俺の体を洗い始めた。
なでられているみたいで心地よかったが、お姉ちゃんの手が何故か俺の股間に伸びた。
自分で洗うからいいと手をどけようとしたが、優しかった腕に急に力が入り、押さえつけられてしまった。
あまり俺は力の強い方ではなく、お姉ちゃんはバレー部で、体格差はかなりのものだった。

突然無言で押さえつけられて、当時の俺は相当ビビった。

しばらくお姉ちゃんは怖くて何もできなくなった俺のあそこをじっと見つめていたが、やがて飽きたのかもう一度あそこに手を伸ばし、おちんちんを指でつかみ、下に引っ張り、皮をむいた。

亀頭が出ると、お姉ちゃんはもう片方の手でそっとピンク色のそれを撫でた。
腰が浮くような感覚がしてぶるっと体が震えた。

お姉ちゃんはごくりと唾を飲み込んで、亀頭をふにふにと揉んだり、袋の部分を下からやわやわと揉んだり、タマタマをつかんだりした。

おちんちんをいじられているうちにだんだん堅く大きく勃起していくのが自分でもよくわかった。

お姉ちゃんはピンと上を向いたおちんちんをしばらくいじっていたが、なにやら首をかしげ、先端の穴を指先で広げ、なでた。

おちんちんは背中に押しつけられているふよふよしたお姉ちゃんのおっぱいと、おしりのあたりにお姉ちゃんのあそこがあたって、パンパンに膨れていた。

お姉ちゃんはそばにあったシャンプーを手のひらに出した。

それを泡立てて、おちんちんに塗りつけた。

もう終わって、シャンプーをするのだとばかり思っていた俺はさらにビビった。

おねえちゃんはこしこしとおちんちんをしごき始めた。

まだオナニーを覚えたばかりの俺は突然の快感にびっくりした。

ピーンと脚をのばし、快感に耐えた。

やがて根元がビクンビクンと痙攣し、射精した。

少しだけ、先端からにじみでた程度だった。

しばらくビクビクと震えて、お姉ちゃんの胸にもたれかかった。

お姉ちゃんはお湯でシャンプーを洗い流し、もう一度俺の全身を洗い、湯船に浸からせた。自分の体を洗うのもそこそこに、ぐったりしている俺を湯船から上がらせ、体を拭き、服を着せ、べッドに寝かせた。

かなり疲れた俺は、しばらくボーッっとしていたが、すぐに眠ってしまった。

それから一週間はお姉ちゃんとはまともに顔をあわせられなかった。

だけど一週間もしたらうやむやになってまた自然に振る舞えるようになった。

それからも俺が中学卒業するまでお姉ちゃんと呼んで、結構親しかった。

しかし今はもうあのお姉ちゃんも結婚して家庭を持っている。

お姉ちゃんに悪戯されたのは未だに忘れられない思いでです。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード