萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

かおりの露出

映画館のアイデアを実行してきましたので、報告します。
今日は映画を楽しむのではなく露出を楽しんできました。
人の少なそうな映画を選びました。

今日の服装は指示通り透けるブラウスに股下がギリギリになっちゃうミニスカートを履いて行きました

そこの映画館は一度チケットを見せて中に入った所にトイレがあるので、
上映中にトイレに行って戻っても半券を見せる必要がありません。
上映開始直前に入場しました。
そこは、入口は前側に端にあるので、入ってすぐで割と前列になるところに座ることができました。
後ろの方にはそこそこ人が居たのですが、周りには誰も居なくてやり易い環境だと思いました。
一応、バイブを持って行ってたので映画が始まるとすぐに取り出してオナニーを始めました。
真正面で映画が上映されてるので明るくなったり暗くなったりして、その中でやるオナニーは
時折、スポットライトを浴びてるんじゃないかと勘違いするような感じでした。
だからか、いつもより気持ち良く逝くことが出来ました。

それから、ブラウスとスカートを脱いで下着姿になりました。
そして、周りに注意しながら出口に向かいました。
映画館内の階段になってる所を跨げば、直ぐに誰からも見えなくなるので楽でした。
出口まで来て緊張感が高まって来ました。
館内の音が大きいので外の気配が良く分りませんでした。
それに、誰かがこっちに向かってこないとも限りませんでした。
恐る恐る扉を開いてみると誰も居ませんでした。
何処かのスクリーンの上映が終わったりすると人が流れてくる恐れもあるので、
早めに移動してしまおうと思いました。
思い切って外に出てトイレを目指しました。
10メートルくらいの所にトイレがありました。
私はどうせ誰も居ないだろうから男子トイレに入りました。
案の定、誰も居ませんでした。
個室は普通のデパートとかのトイレよりもいっぱいありました。

でも、一番手前の個室に入りました。
そこで、ブラを外してバイブを使ってオナニーをしました。
音が響いて誰か来たら直ぐに人が居る事が判ってしまうと思いました。
なるべくオナニーに集中してやりました。
ここでは直ぐに逝っちゃいました。
ショーツにも染みが付いていました。

逝った後でブラとショーツを残して個室を出たのですが、
それぞれに持って行ったプリクラを貼って来ました。
あそこの部分と胸が写った物です。
それを便座の上に置いて裸でトイレを出ました。
トイレを出る時も緊張したのですが、今度は静かだったのでやりやすかったです。
だけど、逆に映画館の中に入るのにドキドキしました。
中の様子が全くわからなかったからです。
それに、通路にいつまでも居る訳にはいかず思い切って入りました。
幸い、誰かに会う事はありませんでしたが、無事に席まで戻ることができました。

席に戻ったら、またオナニーをしました。
それぞれやった後に恥かしい格好で移動してるのでオナニーも毎回興奮しました。
上映終了まで、まだ時間があったのでギリギリどこまで粘れるかやってみました。
バイブをあそこに入れたまま時折、弱でスイッチを入れてしまいました。
その後で2回くらい逝っちゃいました。。
時間も終わりに近づいていたので、さすがにこれ以上は無理と思って出る事にしました。
また、裸で荷物を持って出口の方まで行きました。
今度も出口を開けようとしたのですが、人の気配があったので中止しました。
少しだけ開くと人の流れが見えました。。
どこかの上映が終わったのだと思います。。
とても裸で出れるような状況ではありませんでした。

少し、その場で深呼吸したりしてたのですが待ちきれませんでした。
中の映画も終わりそうだったので、そこでブラウスとスカートを履いちゃいました。
そして、外に出てトイレに向かいました。
人が多くて男子トイレには入れず女子トイレに入っちゃいました。
人の流れがおさまるのを待って男子トイレに戻りました。
私が下着を置いてきた個室に入ったのですが、ブラもショーツも無くなっていました。
仕方なく、ノーブラ、ノーパンで帰って来ました。
幸い移動は車を使っていたので、今日はあまり人目にさらされる事はありませんでした。



少し体調を崩しててあまり露出をやる気分じゃなくて時間が空いちゃいました。
でも、今では体調も良くなり一日遅れの連休に入れることになったので、
コンビニ渡りのレベルUPした露出をやってきました。

> 帰りは、スケスケブラウスと股下なしのスカートで電車に乗らざるを得なくなるとか。
> トイレの用具入れに手錠の鍵を隠し、館内で全裸になって後ろ手に手錠を掛けるとか。
確かに私が興奮してしまうパターンかも知れません。。
聞いちゃうと、やりたくなってしまうような内容です。

コンビニ渡りの報告をします。
やったのは夜遅くに出掛けてから知らない街まで行ってきました。
着て行ったのは、ワンピースと下着のみです。
コンビニが2軒近くにあるような所を探すのに苦労しました。
若干距離はあるような気はしましたが、一つはATMが無さそうな所ともう一つはATMありのコンビニがあ
りました。
丁度良いコンビニが無かったら諦めようかなと思ってたところだったのですが、見つかったのでやっち
ゃいました。
最初にATMを置いてないコンビニに入りました。
入った時はお客さんが居なかったので、まっすぐにレジの所に行って宅急便を出したいと伝えました。

袋を出して、これを送りたいと伝えました。
すると送付状?を出してもらえて記入するように言われました。

袋に封をするように言われたので、ちょっとまってくださいと言ってから
ワンピースを脱ぎました。
店員さんはワンピースを脱ぐとさすがにビックリしていました。
でも、嫌な顔はされずに嬉しそうにしていました。
ワンピース脱いで袋に入れてから封をしてくださいってお願いしました。
顔はにやけていましたが、業務的に淡々と受け取ってくれました。
そのちょっと後に車が駐車場に入ってきたかと思うと、すぐに女の子の二人組がお店に入って来ました

私を見るなり、変態だとか言われてジロジロ見られました。
送付状を書く手が恥かしくて震えていました。。
書くのを途中で止めて、店員さんにお金を下ろさないといけないからATMのありそうなコンビニあります
か?
って聞くと、予定通り先ほど前を通った近くのコンビニを教えてくれました。

私がちょっとお金をおろしてきます。って言うと
一瞬意味が判らなかったみたいで、聞き返されてしまいました。
もう一度ちゃんと伝えると、その格好で行くの?とか聞かれます。
後ろに居た女の子たちは爆笑していました。。
私が出口の方に向かっていくと「マジマジ?」とか言いながら見られていました。
コンビニを出るとその子たちも出てきて私が歩いて行くのを暫く見られてしまいました。
追いかけてくるような事はなかったですが、とても緊張しました。
次のコンビニまでは車一台とすれ違ったのですが、上手く電柱の陰に隠れる事が出来たと思います。

次のコンビニにはお客さんが居ました。
でも、時間がかかってしまっても良い事はないので思い切って中に入りました。
店員はビックリした顔を見せましたが、やはりジロジロと見てきます。
中のお客さんはまだ気づいていないようでした。
口早に宅急便を出したいと伝えました。
やる気のなさそうな人だったのか、送付状をもらうまでに時間がかかりました。
その間に下着を脱いじゃいました。。
そして袋にいれて待ちました。
そんな事をしてる間に中に居た男性のお客さんが気づいて何事かとこちらをチラチラ見てるのが判りま
した。
私は早くしなくちゃって思って焦って来ました。
送付状を持ってきた店員は若干引いてる感じがしました。

ここで送付状を書く時に実際の住所を書くのはやばいのかなって思ってきました。
そこで、送付先に「あげる」って大きく書いてしまいました。
店員さんはじゃぁ、貰っておくよと言った感じで受け取ってくれました。
ひとまず、このコンビニではもういいかなって思って、最初のコンビニに戻る事にしました。
戻る時は急ぎ足で行きました。
コンビニに裸で戻ったのですが、先ほど居た女の子たちはまだ居ました。
雑誌コーナーで立ち読みしてました。
私が裸で戻ってくると何やらヒソヒソ話をしたり、笑ったりしていました。
レジの前に戻ると店員さんもニコニコしてATMありましたか?って聞かれました。
元々お金は持ってたので実際にATMは使って無いのですが、とりあえずありましたと伝えました。
そして、送付状の続きを書こうとすると後ろで写真を撮る音が聞こえました。
女の子たちに撮られたのだと判りました。。
なるべく顔を取られない様に俯いていました。

ここでも時間をかけれないと思って、また送付状に「あげる」って書きました。
すると、マジで?って聞かれました。
はい。とだけ答えて私はコンビニをでました。
またまた、帰りは裸で車を運転したのですが、女の子たちにじっくり見られたり変態とか言われたのを
思い出すと
途中で信号で停まるたびにあそこを触ってしまっていました。

次はデパート渡り3って言うのをやってみようと思ってます。



今日はデパート渡り3のアイデアをやってきたので報告します。
ワンピース一枚を着て、水着とコンドームを持って行ってきました。
生地の厚いワンピースを着たので電車とかでは特に何もありませんでした。
デパートというかショッピングセンターに着いてロッカーに行きました。
ここのロッカーはあまり人通りのない所にあって、しかも通路からは直接見えないのです。
私が行った時も人は居ませんでした。
連休中で人通りは多いのですが、そこは異空間って感じがしました。
そこで様子を伺いつつワンピースを脱ぐタイミングを計りました。
人通りが少ないとはいっても公共の場なのでいつ人が来るか判りません。
しかも、そんなところで一枚脱げば全裸になってしまう状況がたまりませんでした。
ワンピースを脱ぐまでに時間がかかってしまいました。

ワンピースを脱いでロッカーに入れると直ぐに水着を着けました。
焦ってしまって着けるのに時間がかかりましたが、人には見られませんでした。
ロッカーの鍵を閉めてコンドームに鍵をしまいました。
それを体の中に入れて準備完了です。
だけど、やっぱり水着だけで人前に出るのは恥ずかしいです。
プールとか海なら自然に出来るのに、他の人が服を着てると全然違う感覚になります。
中々ロッカーのあるスペースから出られないでいると人が通りかかって見られてしまって、
その場に居られずに追い出されるように人ごみの中に歩きだしてしまいました。

ホットパンツとチューブトップが置いてある店は下調べしてたのですが、
歩いてる最中の突き刺さるような視線が今日は半端じゃなかったです。
お店についても店内に居た女性たちに何事かと言うような眼で見られました。
店員さんも変なのが来たと言った感じでヒソヒソ話をしていました。
私は予め調べてたセールになってるホットパンツとチューブトップを持ってレジに行きました。
店員さんは何かの撮影?とか聞いてきたので「はい。」と答えてしまいました。
その後で近くにある100均で鋏を二つ買ったのですが、そこでもやはりジロジロと見られてしまいま
した。
お金を払ってからトイレを目指したのですがトイレの所まで来て、人が途絶えないのが判りました。

そんな中で男子トイレの中に入っていくとジロジロ見られてしまいます。
視線を避けるように個室の中に入りました。
鍵を閉めると心臓の鼓動が聞こえてきました。
今、中に居た人達に何かされるんじゃないかとドキドキしながら個室の中で過ごしました。
5分くらい経って人も出て行ったと思いました。
そして、買ったばかりのホットパンツとチューブトップのタグとかを取りました。
まず、ホットパンツに事前に撮っておいたプリクラを貼りつけました。
次にチューブトップにも同様にプリクラをはりました。
男子トイレの中に人が居なくなるタイミングを待って個室を出ました。
個室2つに、それぞれプリクラを貼ったホットパンツとチューブトップを置いて、
1枚づつ紙を置いて行きました。紙にはこんな感じで書きました。
「おまんこが丸見えになるようにホットパンツを切ってね」
「乳首が丸見えになるようにチューブトップを切ってね」

急いで置いて外に出ようとしたのですが、トイレを出る直前に男性が入って来ました。
入口のあたりですれ違ったのですが、向こうの方が申し訳なさそうにしていました。
周りは見ずにそのまま女子トイレに入りました。
中に居た女性はさすがにビックリしていました。
構わずに個室に入ろうとしたのですが、満室で入るところがありませんでした。
洗面台のところに居た人がジロジロ見てきて焦ってしまいました。
少しして、大丈夫ですか?って声を掛けてきたので、はい。。。と言って自分でやってますと言いまし
た。
それを聞くと声を掛けてきた女性は睨みつけて出て行ってしまいました。
個室が空いて入れ替わるように急いで入りました。
出てきた女性は何が起こってるのか判らないと言った感じでした。
個室の中に入ると早速オナニーをしました。
まだ、外で待ってる人がいるかと思うと悪い気もしましたが、時間を掛けてやりました。

水着も脱いで裸になってやっちゃいました。
色んな事を考えながら何度も気持ちが良くなるまでやりました。
時計を見たら1時間近く経っていました。
流石にやりすぎたと思って男子トイレに向かう事にしました。
恐る恐る個室の扉を開くと待ってる女性は居ませんでしたが、洗面台のところには居ました。
その人の視線を避けるようにトイレを出ました。
外にも人が居て、何事かと言った感じで見られましたが構わずに男子トイレに入りました。
トイレの中には小をしている男性は居ましたが見られずに個室に入ることができました。
個室に入るとチューブトップが置いてありました。
見てみると、乳首のまわりどころが胸全体が見えるほどに切り取られてしまっていました。
シールは持って行かれていました。
もう一つの個室に入ってみるとホットパンツも置いてありました。
こちらも割と多めに切り取られてしまってました。
お尻の割れ目も見えちゃう感じでした。
こんなのじゃ隠せないって思いましたが、ロッカーまでの辛抱だと思って着てみました。
胸は隠すどころか逆に強調するような感じになってしまってました。
ホットパンツも股の部分を隠せませんでした。
水着を鞄に入れてから個室をでました。
鏡の前に行って見てみると凄く厭らしい格好になってしまってました。

そのトイレからロッカーまでは2~3分は掛ります。
私は隠さずに行こうと決めました。
歩いてる最中に指をさして笑われたりもしましたが、陶酔状態になってたような気がします。
どう歩いたか判らないくらい自分の意識がありませんでした。
ロッカーに着いて鍵を開けてワンピースを取り出すとやっと安心する事が出来て座り込んじゃいました

チューブトップとホットパンツの上からワンピースを着ました。
帰りはワンピースを着ていても私の体の私の方を見る人が私の全てを見透かしてるんじゃないかと思い
ました。
そして、そう思いながら我慢できずに電車の中でもワンピースの上からあそこを触っていました。



> 全裸で人に見つからないように歩くのと、水着で人前を堂々と歩くのでは、
> どっちが恥ずかしいのだろうね。
全裸の時は見つからなければ、問題ないのですが見つかってしまうと恥ずかしさは格段に上ですね。
とても言い訳できないですし…
水着の時は見られる目的になっちゃうので恥ずかしさの感覚と言うか別の恥ずかしさになります。

> 男子トイレに戻ったら、個室に入る前に水着を脱いで着れないように鍵を掛けてしまうとかすれば、
もっと緊張したかも。
> 最悪、持って行かれてしまったら、全裸でロッカーまで行かなければならなくなる。
> 今度、何かする時に考えてみてね。
たしかに、こうした方がスリルがありそうです。。
全裸でロッカーまで行こうと思ったら絶対に人に見られちゃいます。
でも、何かの機会にこのアイデアを取り入れてやっちゃう気がします。。


今日はもう一度コインランドリーに行ってきました。
しかも今回は昼間にしなければいけなかったのでいっぱい見られてしまいました。
まず、11時頃に行くように言われてたのですが12時ころに着くように行きました。
せめてお昼時と言う事で、人が居なければ良いなと思ってそうしました。
ですが、そんなのあんまり関係なかったかも知れません。
コインランドリーの中には人が居ました。
とりあえず、その人が出て行くのを待ちました。
その人が出て行くと駐車場を含めて、そこに居るのは私だけになりました。
急いで中に入って着ている物を脱ぎました。
それを洗濯機の中に放り込んで選択を開始しました。
そして、半透明の雨合羽を羽織りました。

半透明なので見られてしまうと、中に何も着て無いのは明白なのですが、
裸でいるよりも全然違う感じでした。
周りを見渡してみると乾燥中のものと洗濯中になってる物がありました。
ということは、何れ人が帰ってくると言う事です。
でも、私も既に洗濯を開始したので後には引けませんでした。
今回は車に戻って、車でコンビニに行くことにしました。
雨合羽一枚でコンビニに行くのには徒歩では厳しかったからです。
コンビニの駐車場に着いてから、なかなか中に入ることが出来ませんでした。
今度は逆にお昼時だったので、弁当を買いに来てる人が多いのか人が沢山いました。。
それでも、一瞬人が少なくなる時がありそうだったのでその隙に中に入りました。
それでもレジの所に人が居ないだけで中には複数の人が居ました。
雑誌を読んでる人や買い物をしてる人をかいくぐるようにソーセージとコンドームを買いました。
それを持ってレジに向かいました。
それまでは急いで行動したのではっきりとばれ無かったような気がしたのですが、
レジのところで立ち止まると、目立ってしまいます。
私が商品を出したときも後ろに人が並んでしまってジロジロと見られました。
「スゲェ」とか言われて一緒に来ている友達を呼ぶ人までいました。
そうなると恥ずかしすぎて、どうやってお金を払ったのかも良く覚えていません。
車に戻って急いで車を出しました。

コインランドリーの駐車場に戻ってから気分を落ち着かせました。
また、中に人も居たのでその人が出て行くのを待ちました。
直ぐに出て行ってくれて私は中に入りました。
私の洗濯物はまだ終わっていませんでした。
ベンチに座ってソーセージとコンドームを準備しました。
誰も来ない事を祈りながら、それを使ってオナニーをしていました。
コンビニで見られた事を思い出しながらやりました。
始めた時からあそこは濡れていて恥ずかしくなりました。
直ぐに一回目を逝くことができました。
そのまま続けてやりました。
車が駐車場に入ってきたので止めようかと思ったのですが、
降りてきたのが大学生くらいの女性だったので続けてやっちゃいました。
その女性は入ってくるなり私を見て、「うわっ」と言って一瞬後ずさりしました。
そして、周りを確認していました。
私は顔を見ない様にオナニーを続けました。
その子は無視して洗濯ものを洗濯機に入れていました。
そして、携帯を取り出して友達に電話を始めました。
話の内容は当然私の事でした。。。

それを聞くと、どうしてもオナニーに集中できませんでした。
そのうち、こっち来たらと言うような感じになってきて、
どんな人が来るのか分からなくて、ちょうど私の選択も終わってたので
洗濯ものを回収してから、その場を逃げ出しちゃいました。
車に戻ってアパートまで戻ってくると雨合羽の中で物凄く汗をかいていました。
サウナスーツみたいな感じになってたんだと思います。
今日はプチダイエットにもなったかなって思います。



> かおりはどんどん課題を実行していってるね。
> 最近は試写室には行ってないのかな。
あの後、1回行ってます。
その時は露出と言うよりエッチ目的で行ったので報告は控えておきました。

今日は会社の飲み会があって遅く帰りました。
まだ、少し酔っ払ってます。
帰ってる最中にちょっと大胆な事を考え着いちゃったので書きます。
ベンジーさんに言われた
> 最悪、持って行かれてしまったら、全裸でロッカーまで行かなければならなくなる。
> 今度、何かする時に考えてみてね。
とこの前のasumaroさんに頂いた命令をミックスさせて後戻りできない状況を・・

・目的地:ショッピングセンター
・服装:ワンピース一枚
・移動手段:電車
・持ち物:往復の電車賃、はさみ、事前に撮ったプリクラ、服を切ってくださいって書いた紙、ハンガ
ー、水着

やる事は
ショッピングセンターの男子トイレの個室にワンピースをハンガーで吊るす
そして、服を切ってくださいって書いた紙と鋏とプリクラをセットで置いておく。
水着で女子トイレに移動してオナニーします。
戻る前に水着を脱いで切り刻むとかして着れなくします。
男子トイレに戻ってワンピースを回収して帰ります。

をやります。
明日は無理なので日曜日かそれ以降で。
これに手錠もプラスさせるって手もあるけど思いつかなったです。


前回メールで送った内容を改めて見ると、すごく大胆な事を書いてしまったなって思ってます。
でも書いちゃった事だし出来るだけちゃんと出来るようにしたいと思います。
そして、その返信をベンジーさんから頂いてたので、昨夜、試写室の方へ行ってきました。

お店に着いてからは駐車場で下着姿になってお店の中に入って行きました。
それと、手錠とアイマスクも持って行きました。
お店に入ると店長さんが出てきて、待ってましたって感じでした。。
今日も厭らしい格好で来たんだねって言われて嬉しかったです。

そして、今日は手錠をして目隠しをして時間までブースに居させてくださいって言ってみました。
主旨を理解されて、一度カウンターの中に入れて貰って目隠しと手錠をしてもらいました。
昨日は普通の形の手錠を準備してそれを持って行きました。
その後で悩んだのですが、身体に「ご自由にお使いください」って書いてもらうようにお願いしました

背中の方に何かを書いてくれてるのが判りました。
そして、ちょっと待っててと言って何処かに行って直ぐに戻って来ました。
今度は口枷のような物をされました。
そのため私が何か言おうとしても上手く喋れませんでした。
そして、さらに体の前の方にも何かを書かれて行きました。

書き終わると、じゃぁ行こうかと言って歩くように言われました。
手をひかれながら歩くと店内の方に向かってるのが判りました。
男性の声が聞こえてきて、他の客の前に居るのだなと判りました。
20分とかどこでやるんだ等と色々と聞こえてきました。
後から見て判ったのですが、私の体には背中に「ご自由にお使いください」と書いてあって
前には20分1000円って書いてありました。
お腹の下の方には中出しOKとも書いてありました。
店長はその時、傷だけは付けない様にしてくださいねと言われていたので、それは救いでした。

その時、私は何が何だかわからないままブースまで引かれて行きました。
順番制にしてたみたいで、代わる代わる男の人が入って来ました。
普通に入れて出して終わる人もいれば、ビデオを見ながらバックから入れてくる人も居ました。
他にも男性はビデオを見てるだけで、私は口だけで奉仕することもありました。
それに、玩具を使って私を逝かせて楽しんでる人たちも居ました。
最初に着けて行ってたブラとショーツは一番最初の人が持って帰ったそうです。
人が入れ替わる時にはたぶん店長さんだと思うのですが、あそこを綺麗にしてくれました。

3時間ちょっとの間に6人以上の人と交わっていました。
帰ってから体の文字を消すのが大変でしたが何度も絶頂を味わえて気持ち良かったです。
ショッピングセンターのをやる時も
「全裸でこれを着て帰ります」とか、「露出狂の私にふさわしい服にしてください」とかを書くように
します。


今日、ショッピングセンターに行ってきました。
ワンピース一枚で出掛けて水着とかハサミなどを持って、お金も帰りの電車代だけ。
そして、男子トイレに入ってワンピースをハンガーに掛けてプリクラとハサミを置いておきました。
私は水着に着替えてばれない様に女子トイレに入る事は出来ました。
迷わないうちに女子トイレの個室に入って、もう一つのハサミで水着を切り刻んじゃいました。
やはり、手元に何もなくなると不安になりますね。
でも、そんな状況でオナニーしちゃうと興奮するんです。
すぐに逝っちゃいました。10分も経ってなかったと思います。
それなのに男子トイレに戻っちゃいました。
その先の不安が勝っちゃったのかなって思います。
ワンピースとかは手つかずで残っていました。
誰も入って来なかったんだと思います。
今日はそのままワンピースを着て帰っちゃいました・・・

今度はもう少し時間を掛けて戻るようにしたいと思います。
それか、ワンピースを置いた隣の個室で誰かが入るまで待つってのもありかなって思いました。



またショッピングセンターに行ってきました。
少し寒くなってきましたが、今日もワンピース一枚で出掛けてきました。
移動は今回も電車にしました。お金も往復の電車賃のみです。
男子トイレに入って個室の中に入りました。
そこで、ワンピースを脱いでハンガーに掛けてプリクラとハサミと紙を置きました。
紙には露出狂にふさわしい服装に切ってください。と書いておきました。
私は誰も居ない間に裸で隣の個室に入りました。
今回は隣の個室で誰かが入って来るまで待とうと決めていました。

今日は隣の様子が判るだけに緊張感がありました。
人が入って来るまでドキドキしながら個室の中にいました。
時々人がトイレに入ってきても個室に入らなかったりでした。
暫く待ってると隣の個室に人が入ってきたのがはっきりと判りました。
緊張感が一気にMAXになりました。
私は息を殺して隣の人がどんな反応をするのか様子を伺いました。
最初は特に変わった様子はないような感じでした。
普通に用を足してるような気がしました。
トイレットペーパーを巻き取る音と水を流す音が聞こえてきました。
このまま、何もしないで出て行っちゃうのかなって思っていたのですが、
少ししても出て行きませんでした。
そのうちハサミの音が聞こえてきました。
とうとう、切られちゃうのかなって思いました。
連続して切る音が聞こえた後で、少し間を置いてまた、ハサミの音が聞こえてきました。
どんな風にされるんだろうって心配になってきました。
ハサミの音が聞こえなくなってからも出て行く気配がありませんでした。

私が気付かないだけで、もう出て行っちゃったのかなと思って私は一度外に出て様子を見てみました。

でも、隣の個室は閉まったままでした。
今、出てきたら大変だと思って再び個室に入りました。
暫くしてようやく、隣の個室が開き出て行くのが判りました。
私の入ってる個室の前に少し居たような気がしましたが、沈黙の後で居なくなりました。
私は人が居なくなったのを確認して隣の個室に入りました。
どんな風にされたのか気にって直ぐにワンピースに目をやりました。
最初に目に着いたのは胸の所が染みになっているのが判りました。
精液を掛けられたのだと判りました。
そのまま、着て帰ると決めていたので、それを拭くことはしませんでした。
他にはワンピースの丈が短くなっていました。
身体に当ててみたら、何とかお尻が隠せるか隠せないかの長さになっていました。
これ以上、短くされていたら着て帰れそうになかったので助かったと思いました。
でも、手に取った時にサイドにも切れ込みがあるのが判りました。
両サイドが切られていました。
当然のようにプリクラも無くなっていました。

切られたワンピースを着てみました。
両サイドが切られてるので、手で押さえてないと簡単に捲れちゃう状態でした。
胸のシミも気になりましたが、服の内側じゃなくて良かったような悪かったような気がしました。
思い切って鏡の前に立ってみると、手で押さえてないとかなり厳しい長さでした。
階段とかエスカレータだと少し後ろに立たれただけで見えちゃう感じの長さでした。
これで帰らなければいけないのかと思いましたが、
家に帰った今では逆に、これで済んで良かったと思うべきだったのかなとも思いました。
その姿でトイレから出て歩いてると凄く注目を浴びてしまいました。。
思わず走ってしまって、ショッピングセンターを出るまで小走りで周りを見ずに走りました。
外に出ると暗くなってるので、あまり目立たなかったと思ってます。
ですが、駅に着くと明るくてまた多くの人に見られました。
切符を買ってホームに出るまでも階段を上らないといけなくて大変でした。
電車に乗っても注目を集めちゃうので生きた心地がしませんでした。
最寄りの駅に着くまでが凄く長い時間に感じられました。
駅に着いたらまた走っちゃいました。
逃げるように改札口に向かっていました。

アパートに戻ってからあそこを触ってみると太ももの方まで濡れていました。
帰ってオナニーをしながら帰りの道を思い出していました。
結構走って、視線を避けてたなっていうのが強い思いでした。
今度は走らない様にしてみようとか思ってしまいました。
それで、、、
勢いあまって、そのままアダルトグッズを売ってるお店に行ってしまいました。
チェーンが付いてる足かせを買ってしまいました。
着けてみたら小股でしかあるけず、今日のように走る事は出来ないです。
鍵とかは付いてないのですが、拘束感はあります。
今度はこれも使ってみたいと思います。



> まだまだ自分を虐めたいのだね。
というよりは、次も同じ事をすると今回よりも得られる興奮は少なくなっちゃうようで。。。

> 小説版「トイレ渡り」のハート2を考えようかな。
パート1でもかなりハードな内容だったのにパート2ですか。
ベンジーさんが書いちゃうと私は実行しないといけないですよね。
1の時は中々ベンジーさんに満足して頂く結果が出せなかったと思います。
でも、次やるとしたら一発で満足してもらえるように頑張ります!

> 今度、試写室に行く機会があったら、帰りの服装を用意して貰うというのはどうだい。
> 全裸でそれだけ来て帰るからって言えば、すごいのを用意してくれるかもしれないぞ。
次に試写室に行く時にはベンジーさんのアイデアをやってみたいです。
問題は車で行かないといけない場所なんですよね。。



> 小説はまだどうなるか、わからないよ。
もし書くのでしたらお手柔らかにお願いします。

> タクシーで行くしかないのかな。
> 帰りは試写室の最寄り駅でタクシーを降りることにして。
確かにタクシーで行けば解決ですね。。
一度行って、次に行く時には帰りに服装を用意してもらうように頼んでみようと思います。
乗ってくれれば良いですけどね。


昨日、映画館渡り2をやって来ましたので報告します。
昨日はレイトショーでやる事にしました。
人は多いかも知れませんが、帰りは暗くなってるので見られる事も少ないかなと思いました。
移動は電車にして、服装も赤の下着上下と透けるブラウスとデニムのミニスカにしました。
あまり、人気のなさそうな映画のチケットを買って上映まで店内をブラブラしてたのですが、
その時にもすれ違う人が振り返って見ているのが判りました。
上はそんなに透けてるとは思わなかったのですが、ミニが短くてショーツがギリギリ隠れるくらいだっ
たからかな。。

映画館には上映直前に入りました。
入口が前よりにあるタイプなので、入口よりも前側の席に座りました。
映画自体は見難いですが人も通らないので私的にはベストポジションです(^^ゞ
映画が始まってからミニスカートを少し捲り上げてオナニーをしました。
既にショーツが濡れているのが判りました。
映画館の薄明かりというか、スクリーンの明かりの中でオナニーするのって結構好きかも知れません。

気持ち良く逝くことができました。
その場でブラウスとミニスカートを脱いで手錠とローターを持って男子トイレに移動しました。
出る時は席から素早く通路に移っちゃえば何とかなりますが、
やはり、映画館の出口を出る時は緊張しました。

トイレの個室に入ってから下着を脱いで裸になりました。
ここでも逝くまでオナニーをしました。
その後で、ローターをあそこに仕舞ってから後ろ手に手錠を掛けました。
後ろ手に掛けたので、映画館の扉を開ける時は体で押すしか無くて焦りました。
席に着く時も体を低くして戻ったつもりですが、後ろの方の人から見られてたんだと思います。
席に戻ってローターのスイッチをONにしてたら横に人が来ちゃったんです。
慌てて気付いた時には手遅れでした。
何とかスイッチは切りましたが、裸の体は隠せませんでした。
横に来た人は男性で一人で来ているようでした。
下着姿で私が出て行ったのも気づいて居たみたいで、裸で帰ってきたからビックリしたと言ってました

隣に来て、体を触って来ました。
パイパンにしてたあそこも隠せなくて「少し伸びてるよ」って言われちゃいました。
後ろ手に手錠をしてたから抵抗も出来なくて、ローターの事もばれちゃいました。
ローターのスイッチを取られて再びスイッチを入れられました。
そして、あそこや、胸を触りながらキスをしてきました。
私はされるがままになってたら、男性はズボンを下ろして私にフェラチオを要求してきました。
目の前に座らせられて顔を近づけて行って咥えさせられました。
最初から大きくなってて喉の奥に先っちょが当たってました。
その姿勢のままで頭を押さえられちゃったので私は常に口の中に咥えてる状態になりました。
結局、男性が逝くまでくわえたままで逝った後も離して貰えずに飲まされてしまいました。
咥えたまま舌を使って舐めとってるとまた大きくなってきちゃいました。

その時に、下着はどうしたのかと聞かれて男子トイレに置いてきたと言ったらさらに興奮していました

手錠の鍵もそこにあるのかと聞かれて、ついスカートのポケットに入ってると答えちゃいました。
そしたら、横に置いてたスカートに手を伸ばして探り当てられました。
するとブラウスとスカートを持って男子トイレで待ってると言われました。
再びローターを入れられてスイッチもONにされて持って行かれました。
裸で映画館の中に取り残されました。
エンドロールが流れたら鍵を外していいとasumaroさんに言われてましたが、それどころではなくなりま
した。
手錠の鍵も持って行かれちゃったので、追いかけるしかありませんでした。
直ぐ後を付いて行きました。
扉を開けてくれて、周りの様子も確認してくれてトイレまで誘導されました。
私が下着を置いてきた個室に入ると、まだ下着は置いてありました。
厭らしいの履いてるねって言われてしまいました。
そこで、エッチさせてくれたら手錠開けてあげるって言われて従うしかありませんでした。
ゴムは持ってなかったので生でやることになりました。

後ろから抱きつかれて体中を触られました。
バックから入れるの初めてだとか言いながら挿入する前から私は手で逝かされました。
その後で、探るようにしながら男性の物が入って来ました。
中々逝ってくれなくて、途中でフェラもさせられました。
また大きくなってくるとバックから挿入されてといった感じでした。
そして、中出ししても良いかって聞かれてOKしちゃいました。
そのまま逝ってしまわれました。
男性が時計を見ると映画も終わってる時間になっていました。

手錠を外して貰ってあそこをトイレットペーパーで拭っていると
良くこんな事してるのって聞かれました。
うんとは言えずにそんな事無いですって答えちゃいました。
男性は気持ち良かったよと言って帰っちゃいそうになったので、下着だけ持ってってをお願いしました

良いの?と言ってポケットに無理やり押し込んでいました。
ブラウスとスカートを履いてトイレから出て、映画館から出ると先ほどの男性が待っていました。
会釈だけして通り過ぎようとしたのですが、乳首立ってるねと言われて知り合いと言った感じで話しか
けてきました。
スカートの下からもあそこを触られて、その格好で帰るの?とか聞かれました。
車で送ってあげようかと言われたのですが、お断りしちゃいました。
エレベーターに乗っても付いてきていました。
外に出ると諦めたのか、携帯の番号を渡されて良かったら電話してと言われました。
私はそのまま駅に向かって電車に乗って帰りました。
そこそこ、人が居たのですが座れるところがあったので、座っていました。
私は寝たふりをして目的の駅まで過ごしたのですが、薄眼を開けると見られてるのが判りました。
電車を降りてからは人目を避けるように帰りました。

今夜、例の試写室に行ってみようと思います。
その時に、次回の帰りの服装を用意してもらうようにお願いしてみようと思います。
タクシーで行くことは伏せておきます!

> 前作を超えるとなると、陵辱シーンも入れたいところだね。
> 実行するには、相手が必要になるけど。
その時には試写室の店長さんにお願いしてみるのも手かなと思ってます。



○○さんから頂いた公園のトイレ渡りを早速やらせて頂きました。
お忙しいところ考えて頂いてありがとうございます。

あらかじめ駐車場の車の中に穴空きのチューブトップとホットパンツを置いておきました。
部屋で裸になり足かせをしてから外に出たのですが、アパートの階段を降りる時に焦りました。
こんなり歩きにくくなってしまうとは思っていませんでした。
慎重に降りないと転んでしまいそうでした。
ゆっくりと降りました。
朝方にやったのですが、だれか来ちゃったら見つかっていましたね。。
車の所まではみつからずに行けました。
車の横で足かせを外してから急いで、チューブトップとホットパンツを着ました。
着たところで、胸は隠せないんですが。。
それでも、手が使えるので何とかなるかなとか思いました。

また、足かせをしてから公園に向かいました。
この時はさすがに誰ともすれ違わないとはいきませんでした。
前から人が来ると立ち止まって胸に手をやって、股にも手をやって横を向いて通り過ぎるのを待ちまし
た。
この時期にする格好では無いだけにジロジロ見られましたが、耐える事が出来ました。
やはり、近所でやる露出は緊張しますね。
3人ほど通り過ぎましたが、一人は同じアパートの男性で凄く焦りました。
特に挨拶とかする仲ではないので見られるだけですみました。

公園のトイレに着いてからは、見られる事がないので安心してしまう自分が変でした。
個室でホットパンツだけ脱いでオナニーをして帰りました。
最近は寒くなってきてたので、公園のトイレ使用はやって無かったので久しぶりに行きました。
時々はやるようにしようかなって思います。

この前の映画館で出会った男性の携帯番号が捨てちゃいました。
勿体なかったですかね?

今夜は例の試着室に行きます。今日までに帰りの服装を用意してもらうようにお願いしています。
どんな服が用意されているのか今からドキドキです。
タクシーで行くことも伝えていません。


今日は試写室に行ってきました。
ワンピース一枚だけ着て近くの駅でタクシーを拾ってから行きました。
試写室についてからお金を払う時にワンピースを脱いで運転手さんに渡しました。
ビックリされていてあたふたしてたようでした。
「これ、持って行ってください。中に彼氏が居るので平気ですから」とお願いしました。
すると納得してくれて、全裸になった私を下ろすとタクシーは居なくなりました。
私は裸で試写室に入る事になりました。
扉を開けて直ぐに店長さんが迎えてくれました。
裸で来るとは思って無かったみたいでしたが、すぐに裏に案内してくれました。
この時、着るものは何もなくなってしまってたので一応確認しておきました。
帰りの服を用意してくれているかだけは気になっていました。
すると、準備してあるから心配要らないよって言われました。
それと今日は23時までにして欲しいと伝えました。
電車の時間があるためにそう言ったのですが、理由は伏せておきました。

それから、体に文字が書かれました。
お腹には決まって中出しOKと書かれます。
それ以外は無かったりするのですが、今日は向こうも興奮されていて、
腰の所に「精液便所」って書いたからって言われました。
そして、顔にも…チンコ大好きって書かれました。
最近はボディーペイント用の物を使ってくれるので、後で落とすのは楽になりました。
その後で、店長にフェラチオをしてあげてから、今日も宜しくねって言われて個室に通されました。
目隠しをされて少しすると一人目が入って来ました。
その人はお口で奉仕した後でバックから入れる事を希望されました。
コンドームも付けていました。
それ以外に二人の相手をしたのですが、二人とも生で入れてきて中出ししていきました。
ベッドが無いからか、大抵の人がバックから入れてきます。
チンコ大好きって書いてあったため、皆さん行為が終わった後は舐めて綺麗にしてあげました。

3人の相手が終わると時間だからと店長さんが来て、レジ裏の部屋に通されました。
そして、用意してるって言われた服を着る事になりました。
正直、どんな服になってるのかこの段階に来て凄く不安になって来ました。
出されたのは、トイレットペーパーのロールでした。。。
私は唖然としてしまいました。
服でも何でもなくてただのトイレットペーパーなんて。
ウソでしょ?って聞いても一度やってみたかったんだって言われました。
前に立たされて胸の周りにトイレットペーパーが巻かれていきました。
何周か巻いて胸が隠れると完成と言われました。
上から見ると包帯を巻かれたような感じでしたが、破れたりしそうで不安でした。
それに、下半身は丸出しのままです。。
下には巻いてくれないのですか?って聞くと車だから下は見えないから良いでしょ?
と言われました。
流石にこのままではダメだと思って、このタイミングで伝えました。
今日は車じゃないって。
するとどうやってここまで来たのかを聞かれました。
当然ですよね。。裸で店に入って来たのですから。
タクシーでのやり取りを伝えると興奮してきたと言われました。

そして、近くの駅まで乗せて行って欲しいと伝えると
下半身にもトイレットペーパーを巻いてくれました。
ホントに大丈夫?とか聞かれましたが大丈夫ですと答えました。
大丈夫かと聞いてくれる割には最小限にしか巻いてくれません。。
お腹の文字も隠れないほどの面積しかカバーできていませんでした。
裾も太ももが殆どむき出しの状態です。
巻き終わるともう一度フェラチオを要求されて、今度は胸のあたりに出されました。
丁度、胸に巻いた紙に掛るように掛けられました。
そのため、拭う事も出来ませんでした。

バイトの人にお店を任せると店長さんの車で送って出ました。
車に乗る時に下に巻いた紙がビリって言って少し破れたのが判りました。
慎重に行動しないといけないなって改めて思わされました。
駅に向かってる途中にコンビニがあり、嫌な予感がしたのですが車が駐車場に入っていきました。
何も言わずに私の方を向いて判ってるよねとでも言うようにお茶買ってきてよって言われました。
駐車場に車を入れた時からある程度覚悟はしてましたが、顔やお腹に書かれた文字はそのままです。
少し躊躇いを見せたら、これから電車に乗るんでしょ?慣らしといたらって言われました。
確かにその通りでした。電車に乗る事を考えると全然ましです。
ペットボトルのお茶を2本買ってきました。
店員さんとかに凄く変な顔をされましたが、私としては平静を保ったつもりです。
車に戻ると直ぐに出発しました。
駅には割と直ぐにつきました。

電車の来る時間を調べて貰って、あと10分位ある事が判りました。
さすがにこの恰好で、長い時間ホームに居ると危険だねと言う話になって少し車で時間をつぶしました

あと数分に迫った時に、背中の文字だけでも消しちゃう?って聞かれました。
私としてはその方が助かると思って、ココで消せるんですか?って聞いちゃいました。
すると、たぶん。。。大丈夫じゃないかなって返事が返って来ました。
ん?って思ったのですが消えた方が嬉しいのでやってもらう事にしました。
すると一旦車から降りるように言われました。
それほど大きくない駅ですし、車の陰で周りの人からは見える事はありません。
後ろを向くように言われて後ろを向くと水が掛った感覚がして慌てて振り返りました。
すると先ほどのお茶を掛けようとしていました。
私がビックリしてるとまぁまぁと言った感じでニヤニヤしていました。
やっぱり良いですと言うと残念そうにしていました。
それでも下半身を隠してるトイレットペーパーにも少し垂れてしまっていました。
危うく、水浸しにされる所でした。

時間も少なくなって私は行くことにしました。
店長は私のハンドバッグに先ほどのペットボトルを入れてきました。
そして、かおりちゃんならきっとどこかでお茶を掛けてみたくなるんじゃないのってからかわれました

切符を買ってホームに行くと人が居ます。
私はなるべく目立たない様にしようとしてもどうしても見られてしまいます。
ホームの端に行きたいのですが、そこに行くには何人もの人の前を通らないといけません。
でも、改札の近くだとそれだけ人が多く通っちゃいます。。
迷った挙句、端の方まで行くことにしました。
恰好があまりにも凄いので、逆に声を掛けてくる人も居ませんでした。
一度見られると、その視線がずっと私を追いかけてるのが判って振り返る事も出来ませんでした。
ホームの端まで行って柱の陰に隠れたのですが、全員の目から逃れる事は出来ませんでした。
すぐに電車が来て降りる人達に見られない様にやりすごしました。
そして、出発前に滑り込むように乗り込みました。
座れる席は空いてたのですが、体勢をあまり変えたくないので、端っこで立ったままにしました。
軽蔑の眼差しで見られて、近くに居た女性のグループは私から遠ざかるように遠くに行ってしまいまし
た。
2駅。私は色んな視線に耐えました。
耐えたと言うよりはずっと壁の方を向いて、なるべく人と顔をあわさなくても良いようにしていました

その間にもあそこが湿ってきてるのが判りました。
店長に「かおりちゃんならきっとどこかでお茶を掛けてみたくなるんじゃないの」って言われた事も思
い出しました。

駅に着いたらやってみようかとか悪魔の囁きが聞こえてきました。
電車降りてから改札を抜けて駅前にきました。
裏の方の道に行って、やっと人目を避ける事が出来ました。
周りに人が居なくなると凄くホットした気持ちになりました。
その格好のまま歩いてアパートの近くまで来ました。
まるで夢でも見てる様な感覚でしたが、やっと実感が湧いてきたという感じでした。
そこまで来ると安心して、いつもの公園に行ってしまいました。
そこで、お茶を掛けてみようと思ったのです。
ホントにお茶を掛けてたらどうなってたんだろうって思うとやってみたくなりました。

トイレに行って掛けてみると紙は濡れて貼りついてきました。
紙が重なって意外と強度増すのかなって思ったのもつかの間、そこから破れてきました。
危ないところでした。
電車に乗る前に全部濡れてたら、大変な事になっていました。
トイレットペーパーはそこで全部はぎ取ってから、そこからアパートまでは全裸で帰りました。
今日は新しい体験をすることが出来た一日だったと思います。



私もまさか紙だけっていう展開は予想してなかったので正直焦りました。
本当にこんなので家まで帰れるのだろうかって不安でした。
お茶を全部掛けられてたらその場で全部無くなってたかも知れませんね。。。

> これからも、いろいろと協力して貰えそうだ。
> また、何か考えてみようかな。
そうですね。何かやる時は協力してくれるかもしれません。
何か考えが浮かんだら仰ってください。
これからも露出は続けて行きたいので。


10日間指定場所オナニーの課題を考えて頂きありがとうございます。
少し纏めての報告になってしまいましたが、3日間実行しましたので報告します。
また、10日間連続という事になると少し難しいので、間隔が開くこともあると思いますがご了承くだ
さい。
以前やった時とは違って、今回は10日分の場所が予めわかってるので、計画が立てやすくて助かりま
した。

まずは通勤途中にやるような事を早めに済ませておきたいと思って実行しました。
初日は「通勤中に通る一番大きな駅(午後8時まで)」を場所に選びました。
その日は朝からローターをパンティーの中に入れておきました。
タイトスカートを履くことは無いので見た目にはばれることは無いと思いました。
ですが、コードとスイッチは見つからないようにするのに気を遣いますね。
仕事中に座ってるときにスカートの上から触ると変な感じです。
仕事帰りに通勤の途中で通る一番大きな駅でいったんおりました。
そこの、ホームでやろうと思ったのですがさすがに降りたホームではやり難くて、
あまり使わないホームに行ってからやることにしました。
まだ、条件が無いのでローターをそのまま挿入してからやりました。
ベンチに腰をおろして人の動きに注意しながらやりました。
割と近くに人が居ましたが、何とかばれないように逝くことが出来たと思います。

2日目は「通勤(出勤)のJRの中」を選びました。
このときは、音が近くの人に聞こえるんじゃないかとドキドキしていました。
電車が動いてる間は良いのですが、止まると静かになって緊張感が増しました。
会社の最寄りの駅に着くまでには逝くことが出来ましたが、ショーツが濡れてしまいました。
出社前に新しいのを買って履き換えようと思ったのですが、やめておきました。
お陰で一日中変な気分でした。

3日目は「通勤帰りのJRの中(午後7時までに帰ること)」を選びました。
早く帰れたし、他の人は残業しそうだったので、この日はチャンスだと思いました。
先に、ショーツを脱いでローターはあそこに入れてからホームに行きました。
電車を待ってる間からローターのスイッチを入れておきました。
ちょっと大胆だったかなと思いましたが、やっちゃいました。
電車がホームに入ってきて扉が開いて乗りました。
座席には着かずに扉のそばに立ちました。
ですが、夕方の帰宅時間帯なので、隣の人とも少し当たる位でした。
手に持ってるショーツを網棚にこっそり投げて置くようにしました。
この動作は近くにいた女性にチラッと見られましたが、余り気にしていなそうでした。
ですが、私のほうが逆に意識してしまっていました。
ローターを動かすと微かに身体を伝って振動が周りの人にも伝わるんじゃないかと心配でした。
でも気付かれてなかったと思います。
なかなか逝けなくて降りる駅の近くでようやく逝くことが出来ました。
周りの人を見る余裕がなくてずっと外を眺めていました。

3日間終えて、全部服を着たままの方を選んじゃいました。。
なるべく、全裸の方も早めにしておかなければと思います。
明日は全裸でやれる場所を選んじゃおうと思います。



今日は10日間指定場所オナニーの4日目をやってきました。
場所は「図書館」を選びました。
ここも場所柄早めに済ませておいた方が良いなと思いました。

休日の図書館は思ってたよりも人がたくさん居ました。
まじめな学生さんが勉強をするために多く集まってる印象がありました。
こういう人たちの中でやっちゃうのも気が引けましたがやっちゃいました。
なるべく、人の少ないところを探してからにしました。
奥の方にある凄く難しそうな専門書が置いてある当たりが狙い目だと思って行ってみました。
しばらく本を選ぶふりをしながらその場にいたのですが、誰も来ませんでした。
ここしかないと思って全裸になることにしました。

やるとなったら一気に脱いだ方がいいと思って着ていた服とコートを脱ぎました。
今日は割と普通の恰好をして行きました。
ショーツを脱いだ時にローターのスイッチが落ちて「カタッ」って音がしたので焦りましたが、
それでも誰も気づかないくらい人通りがありませんでした。
全部を脱ぎ終えてとりあえず、周りの様子を確認してみました。
片方は壁というか本に囲まれた場所で、もう片方は通路になってますが、
机とかがある場所からはかなり見えづらくなってました。
なるべく奥の方に隠れて、コートを下に敷いてからその上に座りました。
ローターのスイッチを入れると静かな空間では気になる音量で動いてました。

頭の中で、勉強してる人達の横を私は裸のまま通り過ぎて行ってると妄想しながらやりました。
女の子からは罵声を浴びて、男の子からは手を出されている事を考えてしまいました。
5分もしないうちに逝っちゃいました。
逝った後も少しだけ、そのままの格好で居ました。
そのあとで、コートだけ着て服をその場に残したまま図書館を一周しちゃいました。
さっき妄想してたことを全裸ではなくてコートを着てからやりました。
当然、だれも気にはしてなかったのですが、私は凄く興奮していました。

アパートに帰ってからもオナニーをしたくなったのですが、我慢しました。
今日の深夜、というか日付が変わってから5日目を考えていて、
マンションの入り口をやろうと思ってます。
それまで我慢して気持ちを高めておこうと思います。
これってマンションと書いてありましたが、自分のアパートって事でやらせていただきます。


10日間指定場所オナニーの5日目をやってきました。
場所は「アパートの入口」を選びました。
今回も裸になる方を選びました。
アパートの入り口なので、部屋から全裸で向かいました。
手にはローターの代わりにバイブを持って行きました。
深夜にやったので、結構寒かったです。
途中で震えながらやっていました。
深夜のアパートの入り口でバイブの音だけが微かに響いていました。
やってるときに誰か来たら見つかっちゃうなとか。
その時はそのまま継続しちゃおうかとか考えてたのですが、
私が逝くまで結局誰も来ませんでした。



10日間指定場所オナニーの6日目、7日目をやったので報告します。
6日目はファーストフードの一階のレジのあるフロアでやってきました。
平日の朝に会社に行く前に寄ってからやりました。
ここでは勿論裸にはなれませんでしたので、服を着てやりました。
一階のボックス席になってる所に一人で座ってやりました。
ブラは外しやすいものを着けて行ってたので、簡単に外せました。
ショーツもスカートから抜くだけなので問題ないのですが、
脱いだ、ブラとショーツをテーブルの目立つ所に置くと言うことだったので、
テーブルの上に置きました。
人が通ると必ず目に着いちゃいます。
でも忙しい朝なら気にする人も少ないだろうと思ってそうしました。
その状態で、ローターのスイッチを入れました。
それでも近くの席なら音が聞こえちゃったかもしれません。
私は本を読むふりをしながら感じちゃっていました。
逝くときには顔を伏せて逝きましたが、座ってる姿勢は少しつらかったですね。。

7日目は女子高の前でやってきました。
時間帯の指定が無かったため夜にしました。
夜だったこともあるので裸になることにしました。
そこの女子高はメインの通りから一本入ったところにあるので人通りはほとんどありません。
近くの植え込みに服を隠して校門の前に行ってやりました。
タオルを持って行ってたのでそれを敷いてその上に座ってやりました。
ただ、凄く寒かったです・・・
始めからバイブを強にしてやりました。
身体が冷えてブルブルしてましたが、バイブの振動でオナニーしてると少し暖かくなってきました。
それでもあまり長い時間は耐えれそうに無かったので我慢せずに一気にやりました。

転送されたメールは7日目をやったあとで読んだので、
後の3日間はなるべく隠れないようにしようと思います。
ただ、そうなると難しいのが残っちゃったなってちょっと後悔・・・
お返事は8日目(今日やる予定です)の報告と一緒にさせていただきます。


10日間指定場所オナニーの8日目をやってきたので報告します。
今日からは出来るだけ隠れないようにというルールを追加されたので厳しくなりました。
残ってる場所は、漫画喫茶、ゲームセンター、おとなのおもちゃ屋なので結構大変です。
今回は漫画喫茶に行ってきました。
残り3日で2日も裸にならないといけないので、今日は裸になってきました。
今日は普通の恰好で行きました。
ブースに入ってから暫くは普通に漫画を読んじゃいました。
そのあとで、一旦ブースの中で裸になりました。
8日目は裸になる場合は5m離れてバイブを使わないといけないので、
服はブースの中に残しておこうと思いました。
服を残して、裸でバイブだけを持って外の様子を確認しました。
私ブースの通路には人が居ませんでした。
なるべく隠れるなということだったので、一旦ブースから出たら逝くまでブースには戻らない!
って事を決めて外に出ました。
人とすれ違った後でオナニーをしようと決めました。
コミック本のコーナーに差し掛かった時に男の子とすれ違いました。
高校生か大学生くらいの男の子でしたが、驚いていて不審そうに私の事を見ていました。
この子は手を出してこないなと思ってその傍で私はバイブを使ってオナニーを始めました。
すると、その子は少し離れた所から私のことを見ていました。
私と目が会うと目をそらしてシャイだなって思いました。
その間にもう一人現れました。
同じくおとなしそうな男の子でした。
私がバイブを出し入れしてるのを見てさっきの子とは逆から見ていました。
結局、私が逝っちゃうまでそこで見られていました。
ブースに戻るときに最初に見てたこの傍を通る時におちんちんの辺りを触ってみました。
するとかなり大きくなってて、ビクッとして後ろに下がっちゃいました。
なんだか不思議な感覚でしたが、今日は大人しく帰ることにしました。
その子はあの後どうしたのかなって想像するととてもちょっとおもしろかったです。


今日は10日間指定場所オナニーの9日目をやってきたので報告します。
今日はおとなのおもちゃ屋に行ってきました。
それほど大きくないところでしたので、ここで裸になる方を選びました。
駐車場には一台、車が停まってましたが私は車の中で裸になってお店に入りました。
お客さんが入り口から見えるところに居ました。
そして、店員さんも居ました。
中に居たのはその二人でした。9日目は昼間限定だったので逆に助かりました。
服から5m離れるのも車に服を置いてきたのでクリアしました。
裸の私が入っていくと呆気にとられたような顔をされていました。

お客さんは会計も済んでて帰るところだったみたいでしたが、
私が入っていくと店内に引き返してきました。。
バイブとローターを使ってオナニーをしないといけなかったので、
持って行ったローターを見せて、ローターじゃなくてバイブってありますか?
と切り出しました。
安いのでも良いのですがと聞くと、まっすぐなやつを見せてくれました。
いろんな色があって、価格もすごく安かったです。
ローターとの違いを比べてみても良いですかと、予め考えていたことを聞きました。
すると、お、良いよって言ってケースから出してくれました。
電池も準備してくれて、ほら、こうやったら動き出すよって渡されました。
前から居たお客さんも興味深そうに見ていました。
私はとりあえず、準備してもらってる間に罰ゲームなんです。。
と苦しい言い訳をしました。
渡されたバイブを入れようとしたら、ちょっと待ってと言って、
充分に湿らせてから入れた方が良いよって言われました。
すかさず、店員の手が伸びてきて私のあそこをいじり始めました。
もうかなり濡れてた筈なのに、まだ足りないよって言ってつづけられました。
お客さんも手伝ってやるよって言って、後ろから胸を掴まれて揉まれました。

店員さんがようやく離してくれてバイブを突っ込んできました。
そのタイミングで、お客さんは私を屈めさせてフェラチオをさせる体勢にさせられました。
私は何をするのか判ったので、素直に応じてズボンをずらした男性のパンツを下ろしました。
そこまでするとおちんちんを私の口の方に押し当ててきました。
私が咥えるとむせるような匂いがしました。
でも我慢して舐めました。
その間にも後ろからバイブを抜き差しされて私の方も限界に近づいていました。
我慢して、男性を先に逝かせたのですが我慢した分私もすごい声を出しちゃいました。
バイブはその男性が私に買ってくれました。
男性はバイブを渡してくれたあと帰って行きました。
店員さんにもサービスしてあげようと思ったのですが、店員さんは遠慮しとくって言われました。

なんとか9日目まで来ました。
後はゲームセンターで10日目なのですが、裸にならないパターンは昼間にやるようになってるので、

週末にやろうと思います。



今日は○○さんの10日間指定場所オナニーの最終日なので、
ゲームセンターに行ってきます。
そこで、最終日ということもあり、ゆーさくさんの課題も合わせて実行させて頂きます。
以前頂いた課題の①番で、落書き掲示板というやつです。
ベンジーさんからもいじめ系の露出もしてみてはと書かれてたので、合わせてみようと思いました。
実行できたら報告させて頂きます。


10日目の指定場所オナニーと落書き掲示板をやってきたので報告します。
場所はゲームセンターで、○○さんから10日目は
「普通のオナニーの時はパンティとブラジャーを脱ぎ目立つところに置きローターも抜いて目立つとこ
ろに置き、バイブを使ってオナニーする。時間は昼間」
それにゆーさくさんの落書き掲示板の課題として頂いた、
「全裸コートに油性マジックを持って外出。(油性マジックでも、3~4日くらいで消えます)コート
に隠れる部分に、「罰ゲームだから…」と説明して落書きをしてもらう。」
を合わせるようにしました。
出かけるときはローターを入れて、下着を上下着けました。
その上に膝くらいまでのコートを着て出かけました。
向かった先はショッピングセンターです。
移動手段は悩んだのですが、今回は車にしました。すみません。
ショッピングセンターのゲームコーナーに着いてから落書きをしてくれる相手を探しました。
ベンジーさんからは女子高生にいじめられてくるようにとあったので、乗りのよさそうな女の子を探し
ました。

そういった感じの子はすぐに見つかりました。
ブランド物のバックを持ってて、いかにも遊んでますって感じでした。
人数も3人だったので丁度良いと思いました。
声をかけるときはやっぱりドキドキします。
少し時間があったら付き合ってもらっても良いか聞いてみました。
なにー?と少し面倒くさそうな感じで答えてきました。
そこで、罰ゲームをしないといけないから…
と言うと少し興味を持ってくれたみたいでした。
そして、なにするの?と聞かれました。
私は持って行ってた油性のマジックを見せて、これで身体に落書きしてくれない?
と答えました。
最初は意味が解らなかったみたいでしたが、コートの一番上のボタンをはずして少し肌を見せるとなん
となくわかったみたいです。
そして、プリクラの中で書いてもらおうと思いました。
あの中でお願いしても良い?と全身映るプリクラを指さしました。
中に入って彼女たちから見えないようにコートのボタンを外しました。
振り向いてコートを少し開いて見せました。
ゆーさくさんの指示とは少し違って下着は着けてますが恥ずかしいです。
それにローターから出てるコードも見つかって何々といった感じで見られました。
マジックを渡すと、ホントに書いて良いの?油性だよ?と聞かれました。
そして、何書けば良いの?なんでも良いの?とかも聞かれました。
私はエッチな言葉を書いてくださいって言いました。
するとホントに罰ゲームなの?普通ここまでやるー?といった感じで笑いながら話してました。

一人の子がお腹に"SEX"と書いたら別の子が続けて"フレンドぼしゅー中"って書かれました。
その時に毛を剃ってることも見抜かれて「すごいすごい」ってはしゃいでいました。
胸元には"Cカップです"って書かれました。
その時にローターのスイッチを入れられてビックリしました。
私がビクッとすると凄く笑われました。
そして、どれくらい書けば良いのかと聞かれました。
これは正直考えていませんでした。
だけど止めるなら今かなと思ってもう大丈夫ですって答えました。
またローターのスイッチを入れられて、今度は中々止めてくれなくて私がスイッチを取り返そうとした
ら、
別の子に身体を押さえられて抵抗できなくなりました。
結局、最後まで止めてくれなくて恥ずかしい姿を見られました。
その後で、その子たちがプリクラ撮ろうかとか話してましたが、結局嫌だって言う子もいて、プリクラ
はなしになりました。
私がお礼を言うと「お姉さんバイバーイ。ほどほどにね」と言って何処かに行きました。
私はこれからオナニーしないといけないのに、その前に逝かされてしまってちょっと休憩をはさみまし
た。

一度トイレに入ってブラとショーツを外してローターも外してポケットに入れました。
先ほどの女の子たちはもう居ませんでした。
なるべく隠れないでバイブを使わないといけないので、どこでやるか迷いました。
同じフロアの中では休憩できるスペースがあったのでそこでやりました。
テーブルもあったので、そこにブラとショーツを丸めて置きました。
その上にローターを置きました。
パッと見には解らないと思いますが、良く見るとそれが何かははっきり解ったと思います。
次にコートからバイブを出してばれないように身体に入れました。
でも周りには人がたくさん通ってるし手の位置も不自然になるのでキョロキョロしながらやりました。

途中で何人かが気付いたみたいで私のことを指さして通り過ぎて行きました。
カップルとかは女性の方が睨みつけるようにして行って、その眼に感じちゃいました。
人が居ない時に逝くことが出来ました。
コートに厭らしい液が着いたのでそれを拭って帰りました。

今日で10日間指定場所オナニーは全部回りました。
予め場所が解ってたりしたので、一応考えながらやりましたがどうでしたでしょうか?
今度やるなら場所だけは一回づつくらいで指定して頂けたらさらに興奮することになるかと思います。

って、自分を追い込むような事書いちゃって後で後悔しそうですが・・・

LaLa

夏休みに家で裸で過ごしてから、どうすればもっと凄い事ができるか考えてたの。
でも、どうしても思い浮かばなくて、このサイトの事を教えてくれた先輩に聞いてみる事にしたの。
夏休みが終わって学校が始まったから、休み時間に先輩のところに行って相談したの。
そしたら、「面白そうだから協力してあげる」って言ってくれたの。
で、先輩と一緒に放課後に実行する事にしたの。
先輩の考えてくれた内容は、特別校舎の裏側にあるトイレに行くことだったの。
昼休みに先輩に「トイレの一番奥の個室に指示が書かれた紙を置いておくから、その内容に従う事。」って言われたの。
指定されたトイレは滅多に人が来ない場所で、私の知っている限りでは文化祭の時に一般用のトイレとして開放されているくらいなの。
先輩が「後で合流しよう」って言ってたから、1人でトイレに行ったの。
1番奥の個室に入ってみると、先輩からの指示の紙があったの。
その紙には、「ここでぜんぶぬいで裸になること! ぬいだ服は置いたままで1番手前のトイレに行ってゆっくりと500数えること!」って書いてあったの。
指示通りに服を脱いで便座のふたの上にたたんで置いたの。
ショーツを脱いでブラと一緒に制服の上に置くと、私が身に着けているのは紺のハイソックスとスニーカーだけになったの。
胸を手で隠しながら、そっとトイレのドアを開けて外の様子を見たの。
誰もいないのを確認して、胸とアソコを手で隠しながら1番手前のトイレに移動して中に入って500数えたの。
数え終わったんだけど、なかなか先輩が来なかったの。
とりあえず、奥のトイレに戻る事にしたの。
さっきと同じようにして奥のトイレに戻ると私の服がなくなっていて、代わりにメモが置いてあったの。
メモには、「裸になったのはほめてあげるけど『ぜんぶぬいで』って書いたよね? クツとくつした残したバツだよ! そのままプールの裏まで来ること!」って書いてあったの。
このトイレから人に見つからないようにプールの裏に行くには、特別校舎の裏を通って体育館裏に回るしかないの。
でも、体育館の裏は植え込みとフェンスを挟んで道路になってるの。
「道路を誰か通ったら、私の裸を見られちゃう」って不安に感じてたんだけど、運よく誰もいなかったの。
体育館の扉は閉まってたけど、中からは部活の人たちの声が聞こえてきたの。
誰にも見つからないように祈りながら、手で胸とアソコを隠して駆け抜けたの。
なんとか私がプールの裏にたどり着くと、先輩が私の服を持って待っていたの。
私は胸とアソコを手で隠したまま先輩の方に歩きながら、「先輩、服持って行くなんてヒドいじゃないですか」って言ったの。
すると先輩は、「私、ずっとあのトイレにいたのよ? 隣の個室に隠れてたんだけど気がつかなかった?」って言ったの。
学校で裸になったドキドキで気がつかなかっただけで、私が500数えてる間に隣の個室から出て私の服と用意してたメモを交換してトイレから出て行ったんだって。
「ちゃんと全部脱いでたら、トイレでオナニーくらいで許したのに。」って言われたの。
先輩は、「裸で校舎や体育館の裏を歩かさせられて、ホントは感じてたんでしょ?」って笑いながら私の後ろに回り込んで左手で私の胸を揉みながら右手を私のアソコに伸ばしてきたの。
実際に私のアソコはビショビショになってたんだけど、先輩はそんな私のアソコを弄りながら「こんなに濡らしちゃって、恥ずかしい目に合わされるのがすきなんじゃないの?」って言ってきたの。
私が返答に困っていると、先輩は私の胸やアソコを弄りながら私にキスしてきたの。
そして私の胸に顔を近づけると、乳首をなめたり甘がみしてきたの。
私はだんだん気持ちよくなっちゃって、そのまま先輩にイかされちゃったの。
イかされた余韻でトイレに行きたくなっちゃって、先輩に「トイレ行きたいから、服返してください。」って言ったの。
そしたら、「裸のまま行くか、このまま私の前ですればいいじゃない」って言われたの。
しばらく服を返してくれるように頼んでたんだけど、がまんの限界で先輩の前でする事になったの。
普通にしゃがんでしようとしたら「それじゃ、私が見えないじゃない」って言われて、腰を突き出すような格好で座らされたの。
先輩の見てる前で、裸のままおしっこさせられたの。
見られて凄く恥ずかしいはずなのに、ドキドキして気持ちよかったの。
おしっこが終わってもそのままの格好でボーッとしてたら、「恥ずかしいことさせられて気持ちよくなっちゃった? もしかして、マゾ?」って言われちゃったの。
私が恥ずかしくなって座り込んでると、「早く服着たら? 裸で帰るなら、それでもいいけどね」って笑われちゃったの。
服を着て先輩と校舎に戻る途中で露出に付き合ってくれたお礼を言ったら、先輩に「これからも、露出したくなったら言ってね。いろいろ考えてあげるから。」って言われたの。
何をさせられるか怖いけど楽しみな気もするの。
また、先輩にお願いしちゃおうかなぁ・・・・


昼間、先輩の家に遊びに行ってきたんだけど、夜になって私の携帯に先輩から電話がかかってきたの。
私はお風呂に入ってたから、手だけタオルで拭いて浴室の外に置いてあった電話に出たの。
「今、何してるの?」って聞かれたから、「お風呂に入ってるんですけど」って答えたの。
そしたら、「家族のみんなは?」って聞かれたの。
私が「家族は、みんな寝ちゃってます」って言ったら、「じゃあ、そのまま裸で家の近所の公園まで来なさい」って言われたの。
私、今まで行ったことあるのは家のすぐ近くの自販機までだったから恥ずかしくなっちゃって、「そんな、裸のままなんてムリですよぉ」って言ったの。
そしたら、「じゃあ、学校でもっと恥ずかしいことさせるけど、それでもいいの?」って言われたの。
この間の学校での露出より恥ずかしいことって想像もつかなくて、怖くなった私は「分かりました、お風呂から出たら行きます」って答えたの。
でも先輩から帰ってきた答えは、「それじゃダメよ、今すぐ携帯を置いて窓から外に出なさい」だったの。
私が「わかりました」って答えたら、「じゃあ、公園に着いたらトイレに来てね」って言われて、そのまま電話は切れたの。
先輩の言った公園は、私の家から大通りに出て交差点を渡って、坂を下った先にある小学校の横を通るの。
そして、その先にある坂を上がると今度は駅からの交差点があって、そこを渡った先の陸橋沿いの線路の向こう側にある団地の一角にあるの。
ルート自体は、外灯も民家も比較的少ないし、交通量も少ないから人に会う確率は少ないの。
でも、誰かに見つかったら隠れられる場所も逃げられる場所もほとんど無いし、携帯も無しじゃ助けを呼ぶこともできないと思ったの。
お風呂場の窓から抜け出した私は、裸のまま塀から外の様子を見たの。
近所の家はみんな真っ暗で、私は塀に張り付くようにして家の前の通りに出たの。
大通りは車も無くて、交差点でも車が来ないから赤のまま信号渡っちゃったの。
真っ暗な坂を下って小学校に向かって歩きながら、「もし、ここで誰かに会って襲われたら・・・」って考えたの。
そしたら、凄く怖いのにドキドキしちゃって、アソコに触ったら少し濡れちゃってたの。
小学校を通り抜けて駅からの交差点に来たとき、遠くから車のライトが近づいてくるのが見えたの。
あわてて電柱の影に隠れたけど、「もし、あの車の人に見られたら・・・」って考えたら、凄く怖くなっちゃったの。
幸い車の人は凄い勢いで飛ばして行っちゃったから、離れてくライトを見てホッとしたよ。
交差点を越えて、陸橋を渡って団地に入ったの。
団地では起きてる人もいるらしく、アパートや家のいくつかの窓から明かりが漏れてたの。
公園の中に入って、人がいないのを確認しながらトイレに向かったの。
トイレの中に人のいる気配は無くて、中に入ると手洗い場の鏡に紙が貼ってあったの。
紙は先輩からの伝言メモで、「外灯の下のベンチで私が行くまでオナニーしてること!」って書かれてたの。
「誰かに見つかっちゃったらどうしよう・・・」って思いながら、紙に書いてあるとおりに外灯の下のベンチに行ってオナニーしたの。
オナニーしてたら、公園の入り口の方からこっちに来る2人の人影が見えたの。
急いでベンチの裏に隠れたら、「隠れなくてもいいよ、私だから」って先輩の声がしたの。
ベンチの後ろから顔だけ出して見ると、先輩が女の人と一緒にいたの。
先輩は「こっちは私のお姉ちゃん、大学生なんだ」って女の人を紹介してくれたの。
昼間は会わなかったから分からなかったから、私は「初めまして」ってベンチの裏から首だけ出した格好で挨拶したの。
すると、お姉さんは私のことを先輩から聞いていたらしくて、「妹から話は聞いてるわ、よろしくね」って笑ったの。
私が恥ずかしくてベンチの後ろに隠れたままでいると、先輩が「ほら、お姉ちゃんがそんなのだから」って言ったの。
すると、お姉さんは「そうね、私もホントのこと言わないとね」って言って、その場で服を脱ぎだしたの。
そして、驚いてる私の前で裸になっちゃったの。
私が裸のお姉さんを見てると、先輩が「お姉ちゃんも、外で裸になるのが好きなんだって」って教えてくれたの。
お姉さんは、ベンチの後ろに来ると私にキスしてきたの。
そして芝生の上に私を押し倒すと、「力を抜いてね」って言って私の胸を揉みながら自分の胸も揉みだしたの。
お姉さんにされるままにしていたら、だんだん気持ちよくなって私はイッちゃったの。
でも、お姉さんは「私がまだイッてないのに、ずるいわよ?」って言って、私の足を開かせて自分のアソコを私のアソコに擦りつけてきたの。
また気持ちよくなって私がイッちゃうと、今度はお姉さんもイッっちゃったみたいだったの。
私は疲れちゃって、そのまま芝生の上で仰向けになったまま寝そべってたの。
そしたら、先輩が「お姉ちゃん、この子疲れちゃったみたいよ?」って言ったの。
お姉さんは「そうね、じゃあ飲み物でも買ってくるわ」って、脱いだ服からお財布だけ取って、裸のまま公園の近くの自販機に行っちゃったの。
しばらくして3人分のジュースを持って戻ってきたお姉さんは、「ごめんなさいね、私の都合で2回もイかせちゃって」って謝ってきたの。
私が「いいんです、凄く気持ちよかったから」って言うと、「それなら、良かった」って笑いながら私にジュースを渡してくれたの。
3人でジュースを飲んだ後、「私たちが来たとき、オナニーやめて隠れた罰」ってことで、私が裸のままゴミ捨てに行かされたの。
帰りは、先輩とお姉さんが車で家まで送ってくれることになったの。
私が、「でも、こんな格好で車に乗ったらシートが汚れちゃうんじゃ・・・」って言ったら、お姉さんが「大丈夫よ、これ使ってね」ってタオルを渡してくれたの。
タオルをお尻の下にすいて、先輩と一緒にお姉さんの車の後部シートに座ったの。
お姉さんは助手席に自分の服を置くと、裸のままタオルをすいて運転席に座ったの。
家の近くに着くまで、私は後部座席で先輩に胸を揉まれたり、裸で公園まで歩いた感想を聞かれたりしたの。
車から降りて「送ってくれて、ありがとうございました」ってお礼を言ったら、「また、遊ぼうね」って言われちゃった。
今度お姉さんに会ったら、露出するようになったきっかけとか聞いてみたいかも・・・


シルバーウィーク最終日ってこともあって、先輩とお姉さんと一緒に遊びに行ってきたの。
お姉さんの車で、映画館に行くことになったの。
先輩の家に行ったら、家の中に入るように言われたの。
案内されるままに、お姉さんの部屋に行ったの。
部屋に入ると、お姉さんが「ねぇ、これ着られるかな?」ってワンピースを渡してきたの。
ワンピースはお姉さんの物で、お姉さんが着ると半袖の膝上だったんだけど、私が着ると袖は肘まで隠れて裾も膝下になったの。
私が「少し大きいですね」って言うと、先輩は「それだけあれば、大丈夫そうね」って笑ったの。
そして、「今日の2人の服は、ワンピースだけだからね」って言われたの。
で、「まずは、全部脱いで裸になってね」って言われたの。
先輩に言われたとおりに、私とお姉さんは部屋で裸になったの。
ワンピースを着ようとしたら、「映画館に着くまでは、2人とも裸だよ」って先輩にワンピースを取られちゃったの。
私とお姉さんは、裸のままポーチだけ持って家から車まで移動させられたの。
運転席と助手席にタオルがすいてあって、私は助手席に乗ることになったの。
この前は深夜だったからあまり怖くは無かったけど、今回は昼間の街中を裸でドライブするから、凄くドキドキしたの。
運転中に「お姉さんは、どうして露出するようになったんですか?」って聞いてみたの。
そしたら、「前にネットで遊んでたら、アダルトサイトにつながっちゃって・・・・」ってって教えてくれたの。
お姉さんの話だと、そのサイトが野外露出系のサイトだったんだって。
で、「外で裸になるのって、どんな感じなんだろう」って思って夜中に庭で裸になったりしてたんだって。
そしたらある日先輩に見られちゃって、「お父さんたちにチクられたくなかったら、その場でオナニーして見せてよ」って言われたんだって。
その時、恥ずかしい事をさせられるとドキドキすることに気づいたんだって。
「お姉ちゃんは、マゾなんだよね」って、後ろの座席で先輩が笑ってたよ。
なんとか無事に映画館の駐車場に着いたの。
先輩にワンピースを渡してもらって、着替えて車から降りたの。
映画館の中では、先輩が「こっちの席にしよう」と言って、後ろの方の周囲に人のいない席になったの。
席は列の中央の辺りで、お姉さん・先輩・私の順で座ったの。
映画が始まって、場内が暗くなってしばらくすると、先輩が「じゃあ、ワンピース脱いで裸になって」ってささやいてきたの。
私が「こんなところでですか?」って聞くと、「お姉ちゃんは、裸になったよ」ってささやき返されたの。
そして「うそだと思うなら、席を交換しよう」って言われて、私と先輩は席を交換することになったの。
スクリーンからの薄暗い映画の光でお姉さんを見たら、ホントに裸になってたの。
先輩は、「ほら、お姉ちゃんも脱いだんだからさ」って私のワンピースを軽く引っ張ったの。
私も覚悟を決めて、ワンピースを脱いで先輩に渡したの。
みんなで始まる前に買ったジュースを飲んでいたんだけど、館内は裸だとさすがに肌寒くて、トイレに行きたくなったの。
先輩に「トイレに行きたいので、服をください」って言ったら、「裸で行っておいでよ」って言われたの。
私が「そんなのムリですよ」って言ったら、「じゃあ、終わるまで我慢するのね」って言われたの。
しばらく我慢してたんだけど我慢の限界になっちゃって困ってたら、「どうしたの?」ってお姉さんが聞いてきたの。
私が事情を話すと、お姉さんは「じゃあ、私が一緒に行ってあげる」って私の手を取って席を立ったの。
ドアを開けると、明るい光が私たちを包んだの。
お姉さんが素早く外を確認して、「今なら大丈夫よ」って一緒にロビーに出てくれたの。
トイレの出入り口はロビーから見える位置にあるんだけど、「もし、中に人がいたら」って考えたら恥ずかしくて動けなくなっちゃったの。
そしたら、お姉さんが「じゃあ、私がトイレの中に人がいるか見てくるから、ダメだったら先に中に戻ってて」って一人で裸のままトイレに歩いて行ったの。
お姉さんはトイレのドアの前で中の様子を見たみたいなんだけど、その後で私に部屋の方を指差したの。
私が中に戻った数秒後にお姉さんが戻ってきて、「今は使ってる人がいるみたい、もうちょっと我慢して」って言われたの。
裸でいるとちょっと寒くて、ドアの傍で私が震えてたら、お姉さんが後ろから抱き付いてきて「こうすれば、寒くないでしょ?」って抱きしめてくれたの。
しばらくして2人でロビーに出て、「じゃあ、もう1度見てくるね」ってお姉さんが様子を見に行ってくれたの。
今度はOKのサインだったから、私は胸とアソコを手で隠してトイレまで小走りで行ったの。
おしっこを済ませて出て行くまで、お姉さんは自分も裸なのにずっと待っていてくれたの。
席に戻ると先輩が「1人で行けるようにならなきゃ、ダメだよ」って言ってきたの。
エンドロールが流れる頃に、やっとワンピースを返して貰えたの。
映画館から出ると、外は薄暗くなっていたの。
先輩に言われて、私とお姉さんは車に乗る前にまた裸にさせられたの。
そして、先輩の家に帰ってお姉さんの部屋に入るまで、ずっと裸でいさせられたの。
帰りがけにお姉さんに「また、みんなで出かけようね」って言われたから、「はい」って微笑んで帰ってきたの。
お姉さんは優しいから、一緒にしてくれるとなんか落ち着くかも。


昼休みに先輩に呼び出されたの。
「放課後に露出してもらうから、特別棟の3階に来てね」って言われたの。
ホームルームが終わったから、1人で特別棟の3階に行ってみたの。
3階は音楽室と美術室と技術室しかないから、授業のとき意外は滅多に人が来ない場所なの。
先輩からの伝言を探してたら、携帯のメールが届いたの。
メールは先輩からで、「非常口の前に行ってごらん」って書いてあったの。
非常口は、廊下の突き当たりにある音楽室のドアの反対側にあるの。
行ってみると、非常口のドアの下の方に、小さく折りたたまれた紙が貼ってあったの。
紙をはがして広げてみると先輩からのメモで、「1、全部ぬいでハダカになる 2、ドアから外に出て下に行く 3、このまえのトイレでまってること!」って書いてあったの。
この間は靴とソックスを脱がなかったから、「全部」の部分には赤でアンダーラインが引いてあったの。
廊下の突き当たりだから誰かが来ても隠れられそうな場所は無くて、私は「誰にも見つかりませんように」って思いながら服を脱いだの。
脱いだ服や靴を消火器の陰に隠して、非常口の鍵を開けて外に出たの。
ひんやりとした風を全身で受けて、「私、裸で外に出たんだ」って改めて実感したの。
非常階段はコンクリートでできているんだけど、足の裏からも冷たいコンクリートの感触を感じて、凄く心細くなったの。
校舎の裏を通り抜けて、この間のトイレに行ったの。
そしたら、トイレの洗面台のところにメモが置いてあったの。
メモには「これ見たってことは中に入ったでしょ? 「トイレで」ってかいたけど「中で」ってかいてないよ? トイレのまえに立っててね」ってって書いてあったの。
人が滅多に来ないトイレだけど、絶対に来ないってわけじゃないから、ドキドキしながら先輩が来るのを待ってたの。
先輩を待ちながら、誰かに見つかったときの最悪のパターンを考えちゃったの。
通りがかった人に見つかった私は、何で裸なのか尋ねられるの。
でも私は答えられなくて、その人は私の服を探すためトイレの中や周囲を見回るの。
そして裸のまま来たのがバレて、「そんなに裸でいたいなら」ってグラウンドに連れて行かれてみんなに見られちゃうの。
そんなことを考えてたら、先輩が袋を持って来たの。
先輩は、「ねぇ、裸になって外で待ってる間はどんな気分だった?」って言いながら、私のアソコに触ってきたの。
私のアソコは、待ってる間の恥ずかしい考えでビショビショになっていたの。
「こんなになるまで、何を考えてたの?」って聞かれて、私は正直に考えたことを話したの。
そしたら、「ホントは見られたかったんじゃないの?」って言われたの。
私が恥ずかしくなって下を向いてると、「正直に言わなきゃ、服返してあげないよ?」って言いながら、私のアソコを弄りながら胸も揉んできたの。
私がイきそうになりながら「見られたかったのかも知れません」って答えると、先輩は突然手を止めたの。
イけなかった私が先輩を見ると、「正直に言ったごほうびだよ? イきたかったら、ここでオナニーしてもいいよ」って言われたの。
私が「トイレの中じゃダメですか?」って聞いたら、「じゃあ、服持って帰っちゃおうかなぁ?」って言われたの。
裸で置き去りにされるわけにはいかないから、その場にしゃがみこんでオナニーしたの。
そしたら、「そんなんじゃダメよ! もっと、恥ずかしい格好でやらなきゃ!」って言われて、足を広げて腰を突き出して左手で体を支えるようにして右手でアソコを弄らせられたの。
オナニーしながら、先輩の言うとおりに「私は学校で素っ裸になってオナニーする変態です」とか「外でアソコを晒すのが大好きです」って言わされたの。
でも、言わされてるはずなのに凄く感じちゃったの。
イった後で、先輩に服を返してもらったの。
服を着ていると、先輩に「今度は、もっと恥ずかしいことさせるからね」って言われたの。
何をするのか、今からドキドキしてるよ。


テストとかインフルエンザでの学級閉鎖とかで、なかなか露出も報告もできなかったの。
3連休で先輩の両親も不在って事もあって、先輩の家に泊まりに行ったの。
夜になって3人でゲームしてたの。
そのうち、ビリの人はトップの人の指定した服を1枚ずつ脱ぐってことになったの。
そして、誰かが全裸になった時点でゲーム終了で、その時に1番服を着てる人が優勝ってことになったの。
勝負の結果は、私がショーツと靴下、先輩が下着とスカート、お姉さんが全裸で先輩の優勝になったの。
そしたら、先輩の優勝者命令で「素っ裸になって2人でコンビニに行って、買い物してくること」って言われたの。
お姉さんは全裸だから変化無しだけど、私は残った服を脱いで裸になったの。
そして、2人で裸のまま買い物に行くことになったの。
罰ゲームを実行したか確認するために、先輩も車の後部座席に乗って国道近くのコンビニに行くことになったの。
コンビニに着くと、私は裸で人前に出るのが怖くなっちゃったの。
先輩は「早く行ってきなよ、罰ゲームでしょ?」って言うけど、知らない人に裸を見られるのはやっぱり恥ずかしかったの。
私が助手席で恥ずかしがっていると、お姉さんは裸のまま車から降りて、私のいる助手席側に回ってきたの。
車の外からお姉さんに「一緒に来てくれないと、私は裸のままここにいなきゃいけないんだよ?」って言われて、私も覚悟を決めて車を降りたの。
裸のまま2人でコンビニに入ると、女の店員さんの他に男のお客さんが2人いたの。
店員さんに「ちょっとお客さん、そんな格好じゃ困ります!」って注意されちゃった。
お姉さんが「罰ゲームなんです、裸で買い物しなきゃいけなくて」って言うと、「じゃあ、さっさと終わらせて帰ってくださいね!」って不機嫌そうに睨まれちゃったの。
私は恥ずかしくて胸とアソコを手で隠してついて行ったんだけど、お姉さんは堂々と隠さずにかごを持って買い物していたよ。
男のお客さんたちは、私たちの事をジロジロと見てきて、凄く恥ずかしくなったの。
ジュースを3本とお菓子とレジで肉マン3個を買ったの。
お姉さんがお金を払ってる間、店員さんは「露出狂だかなんだか知りませんけど、そんな格好で来店されると困るんですよね!」って怒ってたの。
私はお姉さんの後ろで胸とアソコを手で隠してたんだけど、店員さんの罵声を聞いてアソコが濡れちゃったの。
お店を出る時に「そっちの姉ちゃんみたいに、嬢ちゃんも隠さないで見せてみろよ」って男の人に言われたの。
車に戻ったら、お姉さんが私のアソコを触ってきたの。
私のアソコはビショビショになっちゃってて、「感じちゃったんだね 帰ったら気持ちよくしてあげるね」ってお姉さんに言われたの。
先輩の家に戻って、3人でジュースを飲んで肉まんを食べたの。
それから、公園でお姉さんにしてもらうことになったの。
先輩の家から出る時、先輩に「2人は裸のまま四つん這いで移動すること」って言われたの。
靴を履いて玄関を出ようとしたら、「靴もダメ! 何も身に着けるの禁止だよ!」って先輩に言われちゃった。
膝を付けて歩くと怪我をするからってことで、足の裏を地面に付けてお尻を上げるような格好で歩いたの。
お姉さんと並んで四つん這いで歩いてると、先輩が「後ろから見ると、2人のアソコ丸見えね」って言いながらアソコを突いてきたの。
公園に着いて芝生の上に移動して、お姉さんが私の胸を揉もうとしたら先輩が「まだダメだよ!」って言って私に鍵を渡してきたの。
私が「これって、何の鍵ですか?」聞くと、「それは駅のロッカーの鍵だから返してきてね」って言われたの。
公園は線路沿いにあるんだけど、公園の角を曲がって道路を線路に沿って進むと踏切があるの。
その踏み切りは渡らずに道路沿いに行くと駐輪所があって、そこをを抜けて少し行くと2階建ての建物でできた駅があるの。
お姉さんが「じゃあ、私も一緒に」って言うと、「それじゃ、いつまでたってもお姉ちゃんに甘えるでしょ!」って先輩が言ったの。
そして、「コインロッカーだから、ちゃんと100円持って帰って来ること! 途中で戻ってきたら、裸のまま閉め出すからね!」って言われたの。
私は、「でも、ロッカーじゃ2階に上がって改札口の前を通らないといけないんじゃ・・・」って聞いたの。
すると「1階のトイレ脇のロッカーだし、駅の構内に入るんじゃないから気を付ければ大丈夫!」って言われて、1人で行くことになったの。
道路は街灯は少ないんだけど、線路じゃない方の道路沿いにはアパートや民家が並んでるの。
深夜と言うこともあって人に見つかる確率は少ないんだけど、アパートの窓にはカーテンの隙間から明かりが漏れてる部屋とかもあったの。
何とか見つからずに踏切を通り過ぎて、駐輪所まで行ったの。
先輩に言われたロッカーは外にあるんだけど、駐輪所から先は隠れられる場所は無いの。
駐輪所の影から駅の方の様子を見ると、ロッカー前のタクシー乗り場の辺りにおじさんがいたの。
多分仕事帰りなんだろうけど、裸のままおじさんにみつかるとマズいので、駐輪所に隠れて様子を見ることにしたの。
しばらくすると、タクシーが駅に向かって走って行ったの。
おじさんがタクシーに乗って走り去ったのを確認してから、駐輪所を飛び出して階段の横を通り抜けてロッカーまで走ったの。
ロッカーのプレートのナンバーを確認して鍵を開けて、返却された百円玉を回収して走って戻ったの。
無事に公園に戻ると、先輩とお姉さんが待っていてくれたの。
お姉さんは、私が戻ると「良かった、無事に戻って来れたんだね」って抱きしめてキスしてくれたの。
先輩にお金を渡すと、「じゃあ、ご褒美だよ」って言われてお姉さんとの許可が下りたの。
お姉さんの誘導で、お互いにキスしたり胸やアソコを舐め合ったりアソコ同士を擦り合って2人でイったの。
そのまま芝生に寝そべって休憩した後で、先輩の家に戻ってお風呂に入らせてもらったの。
お姉さんも一緒に入ってきて、そのままお風呂でもHしちゃった。
寝る時も、先輩の「変態は変態同士で寝たら?」って一言でお姉さんと一緒に寝ることになって、私は裸のままお姉さんのベッドで一緒に寝ることになったの。
翌日のお昼頃、お姉さんに送ってもらって家に帰ったの。
車の中でお姉さんに聞いたんだけど、先輩はお姉さんの露出趣味に付き合ってるうちに、他人に恥ずかしい事をさせるのが好きになっちゃったんだって。
でも、お姉さんも最初は恥ずかしかったけどそのうちに慣れちゃって、先輩は他の人にも恥ずかしい事をさせたくなったんだって。
私も、露出に慣れる日が来るのかなぁ?

コタツの中

あれは中学生の冬頃。
妹が座敷にあるコタツで寝ていた。
その頃、女の体に興味深深だった俺は妹を女としか見てなかった。
まだ、あそこの毛も生えていない無垢な子だったのに。

手始めに、起きてるかどうかほほをつっつく。
ぷにぷにして心地いい。
そしておもむろにコタツの中へ。

スカートなので当然中は丸見え。
純白のパンティに可愛いキャラクターが乗ってる。
起こさないように起こさないように…。
そっと人差し指をパンティーの淵に引っ掛ける。
こんなにドキドキが止まらないのも、
じっとり汗ばんでるのも、
コタツのヒーターのせいではない筈だ。

そうして慎重にずらしたパンティの中から、
まだ無垢なスジが見えた。
そしてその頂に、ほんの少し突起が見える。
まだ発達していない小陰唇。ピンク色に輝く中。
女としてはまだ幼すぎる、少女の全てがそこにあった。

「んっ…。」
しまった!起こしてしまったか?
慌てて頭を打ち付けてしまった。
外に出てもう一度寝てるか確認する。
うん、大丈夫。静かに寝息をたてている。
今度は人差し指を入れようと、
もう一度唾で濡れたそこをめがけて滑り込ませる。
肉の感触が心地いい。
その一つ一つが指に纏わりついてくるようだ。
そしてそこに辿りつき、ゆっくりと中に入れる。
あっさりと中へ滑り込んだ。
そこは小さかった。
人差し指だけで一杯になってしまう。
そうして第二関節まで入れたところで、ゆっくりと引き抜いた。

膣の中に反応があった。
突然、締め付けられる指。
あわてて全部引き抜くと、布団の外から母の声が。
横になってテレビを見ながら何とか誤魔化す。

最後に残った、引き抜いた時の呻くような声。
それがなかなか頭の中から離れなかった。

お別れ、最後だね

50才の人妻です。彼(30才)と付き合い始めて半年、彼は故郷に帰る事になりました。それまでは肉体関係はもちろんありませんでした。
その日は、お互い会はを休み最後のドライブに行きました。私は少しは覚悟をしてはいましたが…
車を止め海を見ながら
私「今まで私に手を出さないでとの約束守ってくれてありがとう」
彼「だって約束だから。でも本当は…」
私「そう、ありがとう、でももう最後だね。私のこと忘れないでね」
彼「最後のお願い、いい?」
私「何?」
彼「目を閉じて」
彼のいう通り目を閉じると唇と唇が合いました。
私「やっぱりね、今日は許してあげる。好きな所に行っていいよ」
車は走り出しホテルの門をくぐっていました。初めての男性が主人の私にとって衝撃的でしたがそれなりの覚悟はありました。
部屋ではやさしくリードされました。
ブラジャーをはずされショーツも外され生まれたままの姿、彼も同じです。
何が何だかよく分からないうちに彼が私の足を開き間に、と同時に彼のモノが私の敏感な所に触れていました。
「いいよ」いきよいよく侵入してきました。
恥ずかしながら私はいってしまいました
「いきそう」おもわず私は「いって」と。「いいの」私は頷きました
その瞬間、彼の体液は私の中に勢いよく放出されました。
あなた(主人)ごめんなさい。

叶った思い

数ヶ月前、
「これで、乳首いじめて・・・」枕元のポーチの中にある細い鎖の付いた洗濯バサミを初めて彼に見せる。
私も彼も心臓のドキドキがわかる。

嫌われるかもと思ってなかなか言えずにいた。
「Hな所に痛くて酷い拷問をされる。」
SMという言葉すら知らない中学時代からそんなことを考えながら自分を癒していた日々。
小学校時代の養父からの暴力体験がそうさせるのか・・・自分自身でも判らない。
でも、「酷いことをされたい。」抑えようもない感情が行き先のない泉のように湧き出てくる。
高校の頃に女友達とみた雑誌。女性が全裸で、しかも胸が絞られるように根元から縛られて鬱血している。
心の中に稲妻が走る。「SM・・・」いつか自分も・・・。

この数カ月は、いつ、言いだそうか迷っていた。
「痛いのに、いいの・・・」
「私の大事なところ、ねじって、引っ張って・・・滅茶苦茶にして」
彼に思いのたけを話した。知らず知らずのうちに私は泣いていた。
そして、彼の眼にも涙・・・
乳首がいやらしく伸びる。
パチン!
初めて彼にしてもらった洗濯ばさみが音を立てて外れる。乳首の薄皮がむけて軽く出血する。
でも、構わない。思いが一つ叶った。

そして、今、
ポーチの洗濯バサミ達は私の股間にあることが多い。
異常に興奮すると自分から「踏んで、蹴って」と自分でせがんでしまう。
足を開いてバンザイの恰好で床に仰向けに寝かせられる。
両手首は一緒にひもで縛り、近くにあるベットの脚に括りつけられている。
両足はフリーの状態で固定はされない。
そして、股間全体を靴を履いた彼の大きな足で嬲られる。
最初は、軽く踏み付ける程度。徐々に力が入って、踏み付けられ、踵で煙草を消すように滅茶苦茶に嬲られる。
求めていた酷いこと。30分も続けられると陰唇が腫れてくるのが分かる。

最後につま先で蹴りが入る。
堪らず両足を閉じてしまう。けど、すぐに自分自身で開く。再び蹴りが入る。10数回繰り返す。
「もっと、もっと、強くしてほしい。もっと蹴って・・・」
酷いことをされているのに、一生懸命それに耐えている自分に興奮する。
彼が言うには、「眼は美しいほどに潤み、唇は何か物欲しそうに憂いをためている。」らしい。

机の椅子の背もたれが体の前に来る様に脚を開いて座らされる。
座面と背もたれの間の隙間から、細い鎖の付いた洗濯バサミを、腫れあがった大陰唇の左右に2個ずつ付けられる。
腫れて少しブヨブヨになり、はみ出し気味の小陰唇にも左右1個ずつ。
腫れてフードが捲れなくなったクリトリスにも1個。
あまりの苦痛に、呻きながら必死に耐える。
脚は、椅子の背もたれを両端で支えている2本の支柱に邪魔されて閉じることができない。
彼が、ゆっくりと、一つ一つの鎖を引いていく。
大陰唇の洗濯バサミは皮膚を伸ばし、やがて、弾けて外れる。外れた後の皮膚が更に無残に腫れあがる。
腫れてブヨブヨになっている小陰唇は、無残に引き伸ばされる。やがて限界がきて、
私のくぐもった悲鳴とともに弾けとれる。
「クリトリスの洗濯バサミは、意外にも簡単に弾けとれる・・・。」後から彼に聞いた。
このころには意識が飛んでいて、あまり記憶に残らない。ただ、後から鏡で視るとフードは赤黒く内出血している。

小休止の後、椅子に全裸で座らされる。両腕は体の後ろで背もたれと共に縛られ、両足も開いている。
彼に、「Wクリップ」と、「プライヤー」なるペンチのようなものを見せられる。
「どうしてほしい?」彼が聞く。
「それで、おっぱい、いじめて。乳首つまんでねじって引っ張って。壊れてもいいの・・・」
口に、丸めた自分の下着が押し込まれる。
「望み通りしてやるよ」彼は呟くと、
Wクリップを右の乳首の中ほどに挟む。苦痛に口が歪む。
彼はそのクリップを軽く引っ張って、乳首を芯にして右に左にねじる。
そう言うと彼は、Wクリップに単一乾電池3個を紐で結わいてぶら下げた。
彼は、私の前に姿身を持ってきた。乳首が無残にだらしなく下に伸びているのが判る。
「右の乳首、伸ばそうね。左の乳首を虐め終わるまでこのままでいてね。」彼が一言いう。
私は歯を食いしばりながら、頷くしかなかった。

今度はプライヤーで私の左の乳首を挟む。
左右の乳首の余りの痛さに目に涙が浮ぶ。でも、必死に耐える。そして、必死に自分の無残な胸を見る。
待っていたこの痛み。この耐える感覚。これがいいの・・・
彼は、乳首を挟んだままプライヤーをゆっくり回す。乳首から乳輪、乳房に向って肉の皺ができる。
挟んだ乳首と乳房は1回転と1/4で限界になる。そこから、ゆっくりと引っ張られる。
ねじられたまま伸びる乳首、乳輪、そして乳房。
もう、痛みのため、正視できない。歯を食いしばり声にならない声をあげることしかできない。
「ぇぐーーー」
股間が熱くなるとともに、意識が遠のいていく。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード