萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

教えてあげる

僕はまだ高校生だったので
姉には女としてすごく興味があり
普段普通に会話してる時でも、ちょっと意識してました。

あれは姉が飲み会かなにかで、酒に酔って帰宅した時です
母が飲み薬を持って行ってあげてと言うので
薬と水を持って2階の姉の部屋に行きました
姉は帰ってきたままの格好でベットで寝ていました。
「おねぇちゃん薬を持ってきたよ・・」と肩を叩きましたが
まったく反応がありませんでした
下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです
僕はそっとチャックの部分を広げるとパンティが見えました。
白とピンク色のチェックでした・・・

僕はすごくドキドキしながら、少しパンティをさわった
胸も姉を何度も確認しながら軽くさわった
でもそこでなんだか怖くなり自分の部屋に戻りました。

でもその興奮は冷めずに、部屋でソワソワしてました
でもこれは我慢できなくなり、もう1度姉の部屋に行きました
姉はまだ眠っていたので、軽く胸をもんだりニオイをかいでました
そしてパンティのゴムの部分を指でつまみ中を覗いた
薄暗い部屋でしたが黒くモジャモジャした陰毛が見えました
僕はすごく興奮して手の震えを押さえるのに必死でした
ゴムをもう少し強くつまみ上げ、右手をそっと差し込みました
想像してたよりやわらかい陰毛が指に触れました。

でも姉は両足を閉じた状態だったので
それより奥に手を入れることは無理でした
僕はドキドキしながら、しばらく寝ている姉を見ていました。

しばらくすると姉が軽く寝返りをして、右足だけヒザを
曲げた格好になりました・・・そのまま動かなかったので
「おねぇちゃん・・・?」と声をかけましたが無反応
僕はゆっくりと姉の右ヒザを持ち、少しだけ股を広げました
再びパンティに手を差し入れ、奥の方まで指をのばした
アソコはすごくやわらかくて、ぷにぷにした感じです
僕はワレメにそってゆっくり、ゆっくり中指を動かしました。

姉を何度も見ましたが、髪の毛でよく分かりませんでしたが
ぐっすり眠っている様子・・・
当時の僕はクリトリスの場所なんか知りませんでしたが
あまりパンティの奥まで指を入れられなかったので
偶然にもクリトリスを愛撫してたのかもしれません

不意に姉がビクッとなりました
僕は驚いて指の動きを止め、姉の様子をうかがいました
でも大丈夫そうなので、また中指をクイクイと動かしてました
するとまた姉はビクッと震えました
姉の方を見ると・・・姉はこちらを見ていました・・・

「・・・なにしてるの」と言われ
「・・く、薬もってきた」と言うと姉はチラッと
テーブルに置かれた薬を見ました
僕はそのまま中指の動きを止めませんでした

以外にも姉は何も文句を言わなかったので、調子に乗り
もう少し大胆にアソコをさわってました
すると黙っていた姉が「・・・ん・・んっ」とかすかな声を出した
僕は左手で姉のヒザをかかえて、グッと股を開いた
AV男優の手の動きを思い出しながら僕は
指を動かし続けていた・・・

すると濡れてきたのが感触でわかりました
ヌルヌルとしていて、指が動かしやすくなったから・・・
自分の愛撫で感じているのかと思うとうれしかった
姉を見ると目を閉じたまま、眉間にシワをよせている
姉が女になった表情にすごく興奮した

僕は床に両ヒザをついてる格好だったが
姉のベットに上がり、ジーパンをおろそうとしました
でもなかなかうまくできないでいると姉が腰を上げました
ジーパンをおろすと一緒にパンティまで脱げました
僕は無我夢中で姉の両ヒザの裏を持ち上げ
両足を開けると初めて見るアソコがそこにありました・・

姉が「・・お母さんは?」と聞いてきたので
「・・下にいるよ」と答え少し心配になりましたが、もうやめられません

顔を近づけじっくりと観察すると、少しおしっこのニオイがしました
指で開くと濡れていて、すごくやらしくグロかった
僕が指や舌を使って愛撫してると、クチュクチュ、ピチャピチャと
やらしい音がして、姉の呼吸も激しくなり
「はぁ・・はぁ・・はんっ・・んぅん」と完全にあえいでいた

僕はもう我慢できず入れてしまおうと思った
その時、姉は急に両足を閉じて
「ゴム、ゴムつけてよ・・」
「えっ・・もってないよ」
姉がテーブルの上のバックを取ってと言うので
姉に渡すとコンドームを取り出した
慣れた手つきで封をあけるとゴムを取り出した

僕がベットの上にヒザで立つと、姉はおちんちんを握り
ゆっくりと皮を剥いた後ゴムを付けてくれた
それだけで興奮してイキそうになるのを必死にこらえた
そして姉は「初めてが私でいいの?」と言い
僕が「うん、いいよ」って答えると姉はベットに横になった・・

いよいよ正常位の形で挿入しようとしたが
どこに入れたらいいのかわからずに
おちんちんの先をあてがいながら、ゴソゴソしてるうちに
もう我慢できなくなり握ったまま入れる事なくイッてしまった

気持ち良かったのと、うまくできなかったショックで
あたふたしてると、姉が起き上がり
「初めてだからしょうがないよ」
「今後○○○が恥じかかない様に、教えてあげるね」と言いました
へこんでる僕を見て急にやさしくなりました

姉は僕からゴムを外すと結んでティッシュで丸めました
そして、イッたばかりのおちんちんをくわえ込むと
頭を動かしながら新しいゴムを開けました
ビンビンに復活したのを確認するとゴムを再び付けてくれました

僕がベットであお向けになったので女性上位だと思ってると
姉が僕の顔をヒザではさむようになり、69の形になりました
お尻を僕の顔に沈めて来たときはビックリしました
アソコもアナルも丸見えで、僕はしゃぶりつきました

姉が下になり、おちんちんを握りながら導いてくれました
「ここよ・・ここ」そう言われたのでグッと押し込むと
ヌルンと入って行きました
僕は必死で腰を振りましたが、なぜかうまく腰が振れず
ベットがギシギシと音を立てるので、ヤバイと思いやめました

今度は僕が下になり、姉がおちんちんを握ったまま僕にまたがりました
そして姉は自分で挿入しました
姉は僕の頭の横に両手をついて、ゆっくり腰を動かしてます
すごくしまりが良くて、キツイぐらいでした
姉の顔は僕のすぐ上にあり、熱い吐息と
「うんっ・・うんっ」って言う声で我慢できなくなり
「・・・あ〜っ・・イキそう・・・イクッ!!」
僕は姉の両腕を強くつかんだままイッてしまいました

僕は姉に「ありがとう」と言ったまま、2人共ぐったりとしてました
そして置いてあった水を2人で半分づつ飲みました
姉は「誰にも言っちゃダメだよ」と言い、お風呂に行きました
僕は部屋に帰り、とうとう童貞を捨てたと1人で感動してました・・・

いじめられっ子「ユミ」

中三の秋頃の話。放課後に図書室で時間をつぶし、そろそろ帰宅しようと教室に戻ると、教卓の陰に誰かが隠れているのに僕は気付いた。誰だろう、と近づいてみると隣のクラスのユミ(仮名)だった。
驚いた事に、ユミは下はスカートで上は下着(キャミソール)姿だった。
慌てて後ろを向き、理由を聞くと「ちょっと、汚されて」と答える。教卓の上には黒板消しで散々叩かれ、真っ白に汚されたセーラー服があった。女子の間で陰湿ないじめがある事は聞いていたが・・・
「体操服に着替えなよ、持ってきてあげるから」僕がそう言うと、「体操服は真っ先に隠されちゃったから・・」とユミ。あまりに気の毒だったので、僕は詰め襟の学生服を脱いでユミに渡した。
「ありがとう」そう言ってユミは学生服を着、僕らは体操服を一緒に探す事にした。体操服は校舎外に捨てられていた。少々汚れてはいたが、制服程では無かった。
着替えるために教室に戻る。ユミが教室に入り、僕は廊下で待っていようとすると、「一緒に入って」とユミは言った。「お礼がしたいから、見てていいよ。」ユミは僕の目の前で着替えを始めた。

僕はそれをただ見る事しか出来なかった。学生服を脱ぎ、スカートも脱ぎ、キャミソールとショーツ姿になる。「もっと見たい?」ユミが聞いて来た。「うん」と僕。キャミソールも脱ぎ、ブラを晒すユミ。
「少しくらいなら、触ってもいいよ」ユミは赤くなりながらそう言った。僕は近寄り、手を伸ばした。僕は「おさわり」を楽しんだ。
そして僕は次第に自制がきかなくなり、ブラを上にずらしユミのおっぱいをさらけ出した。「あ・・」ユミは小さく声を上げたが、拒否も逃げもしなかった。
僕は乳首にしゃぶりついた。赤ん坊のように吸い付くくらいしか出来なかったが、ユミは甘いあえぎ声を漏らしてくれた。
調子に乗った僕はショーツへ手を伸ばす。「ダメ」さすがにユミは拒否をする。
けど、僕も止まらない「じゃあ、せめて見るだけ」と懇願。ユミ自身もかなり興奮していたのだろう、それを承諾し、僕の目の前でショーツを膝の辺りまで下ろす。
僕はかぶりつくように見入った。ユミの陰毛はまだ薄く、割れ目がくっきりと見えていた。そこから汗ともおしっことも異なる匂いを感じた僕はさらに興奮しする。

「もっと見たい」「でも・・」「お願いだから」
僕は先刻脱いだ学生服を床に敷き、ユミをそこに座らせた。ユミももう立っていられなかったようで、倒れ込むように腰をおろした。開かれた脚の間からユミのおまんこが顔を出した。
「セックスしたい」僕はユミににじり寄った。
「ダメ、ダメだよ・・・」「もうオレたまんないよ」僕はズボンを下ろした。トランクスの前がパンパンに張っていた。
「じ、じゃあ、手でしてあげる」ユミはそう言った。冷静な判断力を失っていた僕はそれで手を打つ事にした。
トランクスを下ろし、屹立したちんちんをユミの前にさらけ出す。僕のモノは見事に剥け上がり、亀頭も真っ赤で艶やかだった。ユミの掌が僕のモノを優しく握り、前後に動かされる。
「ああっ」僕は情けない声を漏らし、直後に射精した。飛び散った精液はユミの指先と身体のあちこちを白く汚した。しかし僕のモノは固く勃起を続けていた。

「もう一回」僕はユミにお願いした。ユミは特に逆らう事も無く、僕のモノを再び握る。
さすがに2回目だけあって、僕も長持ちできた。
「口でもしてよ」またもや調子に乗った僕はユミにそう言った。「うん」ユミは素直に僕のを口に含んでくれた。
そのまま僕はユミの口内へ2回目の射精をした。ユミは教室の床に僕の精液を吐き出し、僕はその場にへたり込んだ。
ユミは手早く体操服を着込み、僕も身なりを整え、校舎を出た。校門の所でユミは「今日の事は誰にも言わないでね」と言い、走り去った。
翌日、ユミは欠席をした。その日だけで無く、一週間近くユミの欠席は続いた。
女子によるいじめが原因だと囁かれたが、僕の行為が原因に思え、しばらく夜も眠れなかった。その一方でユミが売春まがいの事をしていると言う噂も、聞こえて来ていた。
数日後ユミは投稿して来たが、僕はもう彼女に話しかける事は出来なかった。

上の階の同級生

俺が厨房の頃、同じアパートの上の階に住んでいた娘のエロ話。

彼女はものすごく勉強ができる子で、成績はいつもトップクラスだった。
キャンプの時に、森の神様役でキャンプファイヤーの火種を持ってくる役を任されるくらい
先生からも好かれていた。

しかし彼女の姉はヤンキーで、その影響からか彼女もヤンキーと付き合っていた。
夜の10時くらいに俺が塾から帰るときに、彼女が暴走族風の車に乗って出かけるのを目撃したりした。
そして俺が寝てる3時4時くらいに帰ってきて部屋でエッチをしていた。
どうも俺の部屋が彼女の部屋の真下だったらしく、押し殺した喘ぎ声やギシギシというベッドの揺れる音、
パンパンという肉のぶつかる音(当時は何の音か分からずたたかれていると思っていた)が聞こえてきて眠れなかった。

試験で家に帰るのが早い日なんかは親がいないのをいい事にフルボリュームの喘ぎ声を出していた。
しかも相手は1人じゃないらしく「早く代われよ」とか「休ませるなよ」とかいう男の声や、
彼女が「もうつかれた〜」とか言う声が聞こえてきた。

1回だけ彼女がそういう事をした後でヤンキーに囲まれて出て行く彼女と廊下ですれ違った事があるのだが、
顔が学校で見るきりっとした感じじゃなくて、少し上気してトローンとしたメスの顔をしていた。
そして口がザーメン臭かった。

それでも彼女は県で1番の進学校に行きやがった。

ヤンキーと付き合ってても、彼女は髪型、制服ともに違反1つなかった。
他の女子がスカートの長さとかゴムの色とか細かいところでギャアギャア言っている中で
ものすごく落ち着いて感じた。

でも下着だけは他の女子が白一色の中で、白地に青っぽい色で刺繍が入ったブラなんかをしていた。
小学校の頃から乳がでかかった為に、サイズがなかったのかもしれなかったが、
元々の大人っぽい雰囲気と合わせて妙な色気をかもし出していた。

ホースで水撒き

高校の頃、夏休みに部活で学校に行った。
晴天で朝から暑い日でした。
部室に居たら、あまりに暑いので「そうだ!水を撒こう!」と思い立ち、
散水用のホースを掃除用具入れから引っ張りだしてきて、部室の周りの中庭に水を撒きはじめました。
水道をおもいっきり全開にして。
そしたら、撒き始めてすぐにホースの先のシャワーみたいな部分がホースから外れてしまいました。
外れたホースを押さえようと、蛇のように踊るホースをつかもうとしたので、水がかかりびしょ濡れ。
特に前は外れた時にも水がかかったので、ピンクのブラジャーが透けて、クッキリハッキリ見えるぐらいに濡れてしまいました。
少しブルーな気分になったけど、能天気な自分は、
「濡れて涼しくなったし、お日様が乾かしてくれるさ!」と気をとり直し、
ホースにシャワーの先を止め直して散水続行。
下着が透けてるのは、少し気になったけど夏休み中で、ほとんど人がいないから、まあいいかと思ってました。

「あ、虹ができてる!」とか思いながら、濡れたことも忘れてルンルン気分で水を撒いていると、
いつもになく人が通るんですよ。
あんまり通る必要がない体育系のクラブの男子まで何気に通って行く。
少し気になりだしたところに、仲が良い男子がやってきて、
「向こうで、お前のブラが可愛いって話題になってるぞ」だって。
そう、みんな自分の透けブラを見ようとウロウロしてたんですね。
ピンクで花柄の刺繍で、中央とストラップの付け根にリボンが付いてるなんてとこまで、しっかり見られてました。
流石に能天気な自分も、恥ずかしさで顔がカーッと熱くなって、
サッサと ホースを片づけて部室に戻りましたが、その時にはだいぶ乾いてました。

あんまりエロくないけど。若かった頃の思い出にひたりつつ。

初めての浮気

こないだ、浮気をしてしまいました。

友達、親友という関係だった彼に相談にのってほしいといわれて
どうしても!という事で家にお泊りに呼ばれて行きました。

最初は友達のノリで人生の話とかをしていましたが
酒もまわってきて、お腹もいっぱいになった時・・・
私がほんっとに冗談で「よし!Hだね!」と言いました。
そういう事も笑いあえる仲でした。
彼も「アホか!ウケルな!!」と言いました。
そんな感じで、テレビを見ながら談笑しているうちに、もう深夜の3時をまわり
二人とも、まったりモードに・・・
彼「ねみー・・・電気消すわ・・・」私も「ねー。頭ボーとすんわー。寝ヨ!!!」
電気をけして、二人でTVを見ていました。
すると、彼が急に私の上に覆いかぶさり、キスをしてきました。
私が「え!?何!?」と超驚くと
彼が「だってさっきHしようって言ったじゃん。」と言ってきたので
「冗談じゃん!!無理無理!!あたし彼氏いるし!」と断りました。
でも彼は、暴走して、舌まで絡めてきます。
私は「無理無理!違う違う!そうじゃない!無理!彼氏いるから無理!」と抵抗しました。
が、彼はやめそうになく、胸をもみ始めました。
私は、彼の手をとって、目をみて「無理!」と断言したら
彼は、真剣に「大丈夫だから!」と言いました(汗)
彼の目がいつもと違って、獣のようで、私は怖くなってガタガタ震えだしました。
半分泣きながら「無理。怖い。待って。まじ震えてきたから待って。」と中断しました。
彼も動揺して、一時中断し、タバコを吸いました。
そして吸い終えるとまた「大丈夫だから」と私を押し倒しました。
私は、怖いのと、酒で頭がボーとしてたのとで、「・・・うん」とだけ告げました。
彼は暴走し、舌をからめ、胸を揉み、胸を舐め、完全なHモードになりました。
首を舐められて、感じる自分が居ました。
すると、パンツを脱がして、彼はクンニしようとしました。
私は、クンニされるなんて考えてなかったので「え!待って・・・嘘・・・」と思いながら
目をつぶりました。彼は上手にクンニをするので
足がガクガク痙攣し、声が漏れてしまいました・・・。
でも、声が漏れるたび、罪悪感に捉われ、悲しい泣き声も混じりました。
彼は、私の変化に気付いて、行為をやめました。
それからは、何もせず。朝を迎えて、私は帰りました。
メールで「ごめん。でも俺お前が好きだったから後悔してないよ。ごめんな。」と
メールが来ていました。
私は悲しくて、申し訳なくて、彼にも申し訳なくて、どうしようもない気持ちになりました。
家について気付いたのですが、首にキスマークがついていました。
彼に問いただすと「ごめん。俺独占よく強いからさ。俺のものになってよ。」と言われました。
でも、それを断り、それ以来、ギクシャクし、今は連絡をとっていません。

・・・ほろにがい浮気の経験です。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード