萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

会社の後輩と

メクとの事は、もう10年位前のことです。
随分前のような気もするし、ついこの間のような気もします。
彼女は当時23歳で彼氏がいました。一方私は29歳で既に結婚してました。
いわゆる不倫です。

メクは会社の後輩で、入社してきた当初はあまり気に留めていませんでした。
胸もどちらかと言えば小さい方でしたし、脚もやや太めでしたし、とくにスタイルが
良いわけでもなく、好みの顔でもありあませんでした。ただ素直でまじめそうでしたので、
悪い印象ではありませんでした。

初めて会ってから半年以上、何もありませんでした。 が、その歳の忘年会、
彼女はかなり酒が好きらしく、良い感じで酔っていました。1次会が終ったあと
5、6人で次に行こうということになりましたが、彼女は結構フラフラで、
次の店に行く余裕はありませんでしたので、とりあえず彼女の家に行こうと
いうことになりました。集まった者は皆結構酔っており、飲みの続きをすることも無く、
雑魚寝状態で寝始めたのでした。私も結構酔っていたので、横になってました。
メグはほとんど寝ている状態でフラフラでしたが、私の隣に来て横になりました。
かなり距離が近いなと思ってましたが、そのままウトウトしていると、
メクがキスしてきたのです。ビックリしました、何の前触れも無くですから。
しかし、ちょっと冷静に考え、彼と間違ったのだろう、と思い何事もなかったように
少し離れました。しかし、またメクがキスしてきたのです。しかも薄目をあけて。
周りに誰も居なかったら、間違いなくしてましたが、会社の同僚がいたので何も
できなかったです。そのとき誰かが、「ちょっとその2人くっつきすぎてないか!?」
と言い出して、皆メクが酔って変なことしてると思ったらしく、別の場所に連れて
行かれました。それから30分くらいして帰ろうということになり、その日は解散となりました。

わたしもメクが酔ってした事で、そのときは特別な感情を持っているとは思いませんでした。
それから何も無く3ヶ月ほど過ぎたある日の飲み会で、事は起きました。
その日は総勢15人くらいいまして、メクと私は少し離れたところに座っていましたが、
メクは酔ってませんでした。何となく様子が違うというか、お互い意識してるというか、
そんな感じで飲み会も終盤に差し掛かった頃、なんとなく4、5人の同じ輪で飲む状況に
なっていました。 キス事件までは私は特別な意識が無かったのですが、
あれ以来少し気になっていたのは事実です。メクの視線も感じるようになっていました。
とは言え周りに居るのは会社の人間ですし、私は結婚してましたので堂々と誘うわけにもいかず、
あまり期待はしていませんでしたが、チャンスを待っていました。
ついに、来ました、チャンスが。
ここを逃したらもう駄目だと思い、思い切って誘ってみました。
「2人でどっか行っちゃおうか?」と。 メグは、
「うん。」
と即答でした。
今日は向こうから来ないから駄目かなと思ってましたが、待っていたようです。
でもそのあと「あぁ、でも、なんて良い訳しよう」
「それは後から考えればいいじゃん。」
「うん、わかった」
そのあとは彼女の車でホテルに直行しました。
車を降りて中に入るときに、彼女が
「なんだか緊張する。」
私も緊張していました。 部屋に入った後はシャワーも浴びずキスして・・・
そのあと、なんだか急に可愛く思えてきたので、夢中でしたのを覚えています。
私は、既に結婚していたので、やっぱりいけないよなぁ、と思いこちらから連絡はしませんでした。
2週間ほど経ち、彼女から電話がありました。 こうなると私も弱い人間ですので、
もう止められません。

2回目以降は彼女が「ゴムつけるの?」と言うので、「じゃあ、ちょっとだけだよ」と言い、
いきそうになったらつけてフィニッシュしてました。

彼女はエッチには割りと興味があり積極的でしたので、ある日「コスプレとかしたことある?」
などと聞いてくるものですから、私はそんなのAVの世界だと思っていたので大歓迎です。
高校時代のセーラー服を持ってきてもらいました。 しかもスカートの丈を短くして持ってきて
くれたのです。 最高でした。

さらに青姦も何度かしました。スリルがたまりませんね。人が来るか心配で集中できない
感じもしますが。ほんとによくしました。多いときには週3回とか4回とか、もうサル状態でしたね。
夜中に彼女が家を脱け出してそのためだけに来るということも何度かありました。

付き合ってみるととても可愛くてエッチで、相性も良くて最高でした。
こうして書いてるときのうの事のようです。今日も会えそうな気がしてきます。

部下と

 私はあるデパートの営業関係の課長で42歳。結婚して18年、妻は同じデパートのエレベーターガールでした。今は39歳です。
 一時期結婚して子供も二人できて休職をしていましたが、私の母親と同居するようになって、子供を預けてまた同じデパートに復帰しました。

 二人の性生活は普通で月に2、3回です。時間にして約30分で妻はかなり感じ易いので、必ずイキマス。
 ところが淡白で私のペニスを舐めたり、アナルSEXは拒否されます。
 一度彼女のお口の中に精液を出したら物凄い勢いで怒られて、それ以来フェラチオはしてもらえません。
 大人のオモチャを入れたときも怒りました。
 でも普段はデパガで、かなり美人でしたから、今でも人気はかなりあります。いわばカツオと昆布の和風味ですね。

 最近私の部下になった人妻がいるのですが、この人はまだ29歳で、かなり濃い、とんこつ味で化粧もけばく、色っぽさは物凄いのです。矢張り結婚して7年目で子供は居ないようです。
 仕事が遅くなり、夜食を二人で、ステーキハウスにつれて行きました。赤ワインが飲みたいと言うので、奮発して5千円のものを頼みました。
 私は余りお酒が飲めず、ワイングラスに2杯だけ呑みましたが真っ赤になりました。
 食事も進み、彼女はグイグイと一人で飲みました。そして日ごろ余り言わない夫の不満を言い出しました。

 それは夜の営みが最近は無くて、僕に「課長は週一ぐらいSEXしていますか」などと聞いてきました。
「そんなにはしていないけど、月に2回ぐらいかな」と返事しました。
「奥様は物凄い美人だから、SEXは楽しいでしょう」というので、「そうでもないよ、かなり淡白で、それこそフェラなんてしてくれないよ」といいますと、「へえ〜、私はお口に出して貰うのが大好きなの、もちろん精液は全部飲むよ」と際どい会話になってきました。

「いいなあ、一度君とSEXしてみたいなあ」というと「今からでもラブホに行ってもいいですよ」と赤い顔をして誘いました。
「本当かよ、だんな様に怒られるんじゃないの」と聞くと「最近は全然相手にしてくれないのよ」とウインクまでされました。
 お店を出て直ぐタクシーを拾い、ラブホに直行しました。

 お互いに洋服を脱ぐのももどかしく、濃厚なキスをして、アソコを触りました。
 彼女の膣はもうすっかりベトベトに濡れ、僕のペニスはお腹に突くぐらいに怒張していました。

 お風呂に入らず、凄い匂いをする性器をお互いにシックスナインのスタイルで舐めまくりました。
 彼女は陰茎を扱き、僕はオサネをこね回し、膣に指を2、3本入れて掻き混ぜました。
 Gスポットに指が当たると、下半身に震えが来て「早く欲しいよ。入れてちょうだい、奥深くついて、お願いだから」とチンポを引っ張ってマンコに入れたがりました。

「最初にスキンを着けておいたほうが良いかなあ」と聞くと「私は子宮が奥過ぎて子供が出来ないのよ、だから中出しをしてもいいよ」と挿入を催促されました。
 いきなりグサット亀頭から思い切り膣に突き刺しました。

「イヤアアア〜、もう最高よ〜、もっと前後に進めて、奥まで突いて〜」と叫びます。
「よし、悲鳴を上げても知らないぞ」と、エロ本で読んだ三深九浅のリズムで攻めました。
「イイ〜、凄いわ〜、モット〜、ヒイイ〜、イクよ〜、イイよ^、イクイクイク」とクリを僕の陰茎に押し当てて、腰に両脚を巻きつけて振り続けました。

 30分も突いていると、彼女のマンコが突然に痙攣して、奥から前に締め付けてきます。本当の三段締めマンコです。これは初めての経験でした。
「それをやったら、男は誰でもイッチャウよ」と亀頭が膨らんで思わず精液を奥深くに出してしまいました。
 彼女も痙攣をしてお互いに身体を震わせてエクスタシーを感じていました。
 もうベッドはお互いの汗と精液と、彼女の愛液でシミが出来ました。

 お絞りを風呂場で作ってきて、彼女の身体を拭いてやりました。
「優しいのね、これじゃ奥さんは感激ね、私の夫はこんな事はしてくれないから」といいます。
「僕も最初の頃はしていたけど、最近は久しぶりだよ」と本音です。

「お風呂でもう1回戦をしようよ、もう夜中までずっと入れていてよ」
 お風呂の助平マットに彼女が上になる騎乗位ではじめて、その後は後背位で攻め、失神させました。

 完全に延びきっているので、大股開きにして写メでバッチリと撮影しました。
 お口に僕の巨砲を差し込んでも撮りました。眼は半分白目を剥いていました。

 真夜中にタクシーを呼んでもらい、彼女のマンションまで送り、一度マンションの前の植え込みの所で激しいキスをして別れました。
「また来週も抱いてね」といいますが、これは続けても良いのでしょうか??

旅行で

彼とは知り合ったのはヨーロッパに旅行する飛行機の中でした。私は30歳です。かなりお高い旅行でしたが、生まれて初めてのヨーロッパだし、思い切って一人旅を決めました。
 ペアや新婚さん、どう考えても不倫と思われるカップルとか色々で総勢19名で、添乗員のオバちゃんがついていました。

 JALの飛行機で約13時間でパリのドゴール空港に到着しました。すっかり疲れました。
 バスが迎えに来ていて、早速市内観光です。
 一人だけの人は私とその男性だけでした。勿論シングルユースです。彼は年齢は多分45、6歳でしょうか? 何となく傷心旅行のような気がしました。
 私は会社をやめて、契約社員で行こうと、退職金の半分ぐらいをこの旅行に掛けました。50万円ぐらいです。ロンドン、パリ、ローマを12日間で回り14日間の豪華旅行です。

 一回ホテルの部屋決めをして荷物を預けて夜はナイトツアーでまた会う予定でした。
 7時頃全員でスタイルをかなり上品に変えて集合しました。

 皆さんペアが多いので、添乗員と彼と私で一つのテーブルでした、フランス料理はそんなに美味しいとは思いませんでしたが、ワインやシャンパンは流石に本場の味でした。
 彼とそのときが初めての会話でした。
 最初は本音が出ず、私と添乗員の話ばかりを聞いていました。

 セーヌ川を船で遊覧しました。その頃には少しずつ打ち解けて、会話も進みました。
 矢張り結婚が上手く行かずに離婚をした、中小企業の社長さんでした。
「まあ殆ど僕が悪いのです。本当に仕事人間で、家にも帰れないぐらいで、彼女は寂しくて他の男と一緒に出かけ家に帰らなくなったのです」という本音でした。
 でもとても可愛くなり、抱きしめて上げたいと思いました。
 16歳ぐらい年上ですが、愛には年齢は関係ありません。その夜から彼の部屋に直行して結ばれました。

 やはり年齢が上だとセックスのテクニックは最高です。
 私も30歳の恋人がいますが、いつも週末になると私のマンションに来て、身体を求め、自分だけ快感を得ると直ぐに自宅に帰る最低男で、最近は会いたくなくなっていました。
 そんなときのSEXですから愛に飢えているし、セックスは本当は大好きなのです。

 私は身長は155cmと小柄で、体重も48キロで、胸もAカップぐらいで小さいのですが、男友達は皆な性器を褒めてくれます。
 物凄く締りが良く「蛸壺マンコ」といわれ膣の入り口をイキだすと締めるようなんです。
 それと小さいオッパイなのに物凄く感度良く吸われただけでイク時もある位です。

 彼との初夜は何回もエクスタシーを感じて身体を仰け反らしてイクために、彼もスキンを着けて何回かは行きました。
「君のアソコは凄いよ、俺も今までに何人かと遊んできたけど、君が生まれて初めてのオンナだよ」と嬉しい事を言ってくれます。
 普段は殆どしゃぶらないのに彼の陰茎を、何時までも、吸って、擦り射精をさせました。
 少し匂いますが、これには私も性格が変わったと思うほどに飲み込みました。

 パリからロンドン、そしてローマとすっかり恋人気分で旅行をしました。
 添乗員のオバちゃんも直ぐに気がついて、それからは値段も高いスイートを用意してもらいました。勿論彼が全額約50万ぐらいを追加して支払いました。
 本当に蜜月旅行で、毎晩抱かれて寝るだけでここに来て良かったと思いました。

 帰国して約1週間ぐらいたち、彼の携帯に連絡を入れましたが、繋がりません。
 メールも音信不通で届かないようです。
 本当に一夜の夢だったのでしょうか。

無理やり

 高1の夏、友達二人と伊豆の海に行った。浜で女の子3人と知り合った。さえないやつらだった(中学卒業して、どっかの工場で働いてるって言ってた)けど、男だけじゃつまんなかったし、3対3だったし、まあ、胸とかけっこうあったし、そんな感じだった。

 偶然、民宿が同じだったんで、やけに盛り上がって、夜、花火やろう、飲もうってことになって。
 オレ達もお酒とかあんまり飲んだことなかったし、女の子もそんな感じで、そのうち、女の子二人は頭イターとかなんとか言って部屋に帰っていった。

 一番飲んでなかった子は、残ってギター弾いてたんだけど、あんまりにも下手くそで、オレがコードとか教えてたんだけど、その内、なんか女臭くて、ミニスカから出た腿とか気になって、Tシャツの下のブラも目について、とうとう抱きついてしまった。
 ギターがガシャンっていうのと彼女が「きゃー」っていうのが聞こえたけどオレは夢中で女を押えつけた。
 ヤスシとジュンも知らないうちに一緒に女を押さえつけていて、「やっちゃえ」とかオレをはやしたてた。

 オレのは、もうギンギンになってて、で、女の力が弱くなったので、ヤスシとジュンに見られるのは恥ずかしかったけど、パンツを脱いだ。
 先走り汁がもう出てて、パンツは濡れちゃってたし、オレのチンポの先はぬるぬる光ってた。

 女のパンツを脱がせて、オレは入れようとしたけど、入らない。お尻の方へオレのチンポは行ってしまう。
 もう1度やっても、なんか、肉の壁にぶつかってチンコが跳ね返されてしまう。
 Tシャツとブラを手で押し上げて、おっぱい揉んで、ビーチク舐めて、オレのチンポはさらに痛いくらいにおっ立ってるのに入らない。

 ヤスシが「なにやってんだよう」って言うから、「足、開かせろ」ってオレは言った。
 そしたら、ヤスシが「ジュン、そっち持ち上げろ」って言って、自分は彼女の足を持って、手の方へ持ち上げた。

 女は、完全にマングリ返しになって、オレの目の前には初めて見るオマンコが。今まで見た写真だと女の毛は前の方に三角にしか生えてなかったのに、その女はオマンコの回りも毛だらけだった。オレは夢中になって舐めた。なんかぬるぬるしてるけど、なんか女の匂いがして。

 前歯がなんかコリッとしたとこにぶつかった時、彼女は「イタい」って言ったけど、オレはそれがクリだと思った。
 だから、吸ったり、舐めたりしたけど、彼女は「イタい、イタい」って。
 なんで気持ちよくならないのか判らなかったけど、オレは穴の方を舐めたり、吸ったりした。口の中に、毛が入ってきたけど、気にしなかった。
 ピンク色のオマンコ、クリと穴の間にポツッてへっこんだところがあった。オレは、おしっこの穴だと思った。

 チンポがドクドクしてきた。入れないと出ちゃう感じだ。
 オレは自分のチンポを右手で持って、女の穴を左手で押さえて、上からギュッて感じで押し込んだ。
 その瞬間、女は「イタい、やめて」とか叫んだ。
 オレは民宿の人とか来たらどうしようって思ったけど、そのまま前後に動かし始めた。

 ヤスシが女を押さえながら、Tシャツを女の口に押し込んだ。女が涙を流しているのが判ったけど、オレはチンポを動かした。
 今まで一人でやってた時と比べられないくらい気持ちが良かった。
 ぺチャぺチャ、クチョクチョって音がして、チンポが中に引きづり込まれる感じがしたとたん、オレは射精してしまった。
 射精してもチンポはなんか硬いまんまで、オレは気持ちよくて動かし続けてた。

 ヤスシが「早く変われ」って言うのに気がついて、オレはチンポを女から抜いた。ヤスシとジュンは知らないうちにパンツをずらしてチンポをしごいていたらしい。
 もう二人のチンポはぬるぬるして、ジュンのは畳の上に糸を垂らしていた。

 それからオレは、女を押さえながら、二人が代わり番こに女とやるのを見ていた。二人のチンポを見るのは初めてだった(ヤスシのは亀頭がピカピカだったけど、ジュンのはまだ皮が被ったままだった)し、チンポが目の前で女の穴に入ったり出たりするのを見るのも初めてだった。
 女はほとんど声を出さなかった。ただシクシク泣いてた感じだった。
 それにオレがヤスシに代わって女を押さえつけ時には、ほとんど抵抗はなかった。

 ジュンが終わってヤスシとオレは女の足を持って押さえつけるのを止めた。
 女はそこにダラッて横たわった。すると、女のオマンコからなんかダラダラと出て来た。オレは匂いで精液だと判った。オレはそれまでHをしたら精液は女の子宮に入っちゃうんだと思っていた。女の身体から終わったら精液が出て来るってことをオレは初めて知った。

 女はシクシク泣きながら自分のパンツでオマンコを拭いて、Tシャツとブラを下に下ろして部屋から出て行った。
 畳はオレ達の汗で濡れ、その上には女の漏らしたオレ達の精液がたまっていた。そして、一箇所、血を擦り付けたような跡があった。

 翌日、浜で先に帰った女の子二人に会った。
「ヨウコは?」って聞くと、薄ら笑いを浮かべながら「部屋で寝てる」って応えた。
 気味が悪いので「何で笑うんだよう」って言ったら、「心配しないでいいよ、ヨウコは前からやりたがってたから」って。
 それでオレは判った、なんで女が大声を出さなかったか、暴れなかったか。
 オレは腹が立った、あんなさえない女とやったことが。それから、なら、もっと焦らずにユックリ楽しんでやればよかったと。

プールの授業

中2の夏、俺は心に一つ決めていたことがあった。それは女子の下着を盗むこと。しかしそれはばれてしまえばとんでもないことになるだが、俺には勝算があった。そして、プールの時間が来た・・・
俺は授業の途中、「腹が痛い」と先生に嘘をつきこっそりと女子更衣室に忍び込んだ。そして俺のクラスで1番の美女、ナナエ(仮名)のロッカーを探した。そしてとうとう見つけた・・・ナナエのロッカー・・・俺の心臓はバクバクしていた。
「この扉の向こうにナナエの下着がある。」
そう思うたびに足が震えた・・・そして・・・俺は扉を開けたそこにはぐちゃぐちゃに積み上げられていたナナエの体操服と下着があった・・・俺は正直涙が出てきた。
そして俺は面倒なことにならないうちに更衣室をあとにし、プールサイドへ向かった。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード