萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

14歳の少年の患者と

個人病院に勤める看護婦です。
私の大切な患者さんについてお話します。

彼は14歳、生まれつき右足が不自由なうえに、交通事故でその足を
骨折して、うちの病院に運ばれてきました。

外来で時々きていたので、全く知らない訳ではありませんでした。
入院してからしばらくして、傷口の治療のため1階の診察室へ運ぶこと
になりました。

個人病院ですから看護婦も3人しかいないので、彼を運ぶのに2人で
とはいかなく、おんぶして連れて行こうと思い立ちました。

障害があるせいか身長も普通の14歳よりは小さく145cmほどしかない
ので大丈夫だと思ったのです。

治療が終わり病室へ戻るときも当然おんぶでした。

病室へもどる廊下の途中で突然、私の胸をにぎりしめてきました。
あまりに突然のことで、びっくりしましたが、そのまま病室へ戻りました。

そのことがあった日から、なんとなく彼のことが気になってしまうようになりました。

入院経験にある方ならご存知でしょうが、一人でお風呂に入れない患者
さんは、看護婦が体を拭くことになっています。

ギブスがまだ取れない彼もその1人です。
といっても個人病院なのでそんな患者さんは彼だけです。
なぜか、そういう仕事は一番年下の私が一番多くやらされる。

病室へ入ると、学校の先生が持ってきた宿題をやっていました。
「体拭きしようか?」と声をかけると、「はい」と言ってベッドの上を
片付け始めました。「服ぬいでね」、「はい」とても素直な返事です。

この前あんなことをした子とは思えないほどでした。
ふとみると、ほんとに見事にすっぽんぽんです。
なんか、とてもいとおしい感じでした。

オチンチンを洗っていると、やぱり14歳の男の子です。元気です。
半立ち状態なのに大量の精液を出し始めました。

恥ずかしいのか彼は黙ってしまいました。
私も気づかないふりをして洗いつづけていました。

さすがに若い。
さっき出したのにもうギンギンになってて、しかも、大きい。
わざとタマタマを揉んだりチンチンをしごいたりしていました。

そして2回目の発射。さっき出したのに結構な量が出てきました。
それでもまだ大きなままです。
「すごい・・・」、アソコが濡れるのがわかりました。

「まだ出そう?」ときくと、はずかしそうに「はい」と答えました。
しごきつづけてあげました。少し間隔をあけて3回目。
ようやく落ち着きました。

「いっぱい出たね。」
「うん。」
「他の看護婦さんに言ったらだめだよ。」
「はい。」

「この前、わたしのオッパイさわったでしょう?」
「だっておおきいから・・。ねえ、なにカップ?教えて」
「Eの88。すごいでしょう。じゃあね。」

数日後、体拭きの担当がまわってきました。
しかも、彼一人だけしかいない。

「おはよう。体拭きしようか?。」
「はい。」
「今日は何回出すつもり?」
「○○さんがしてくれたら何回でもいいよ。」
「へー、そりゃ楽しみだな」
「じゃ、脱いで」
「今日は、もうたってるじゃん。」

「だって、大好きな看護婦さんに体拭きしてもらえるもん。」
「他の看護婦さんのときは、出してないの?」
「勃つけど、どうにか我慢できる。」
「私のときは我慢しないんだ?」
「あんなにさわられたらできないよ」

そして陰部洗浄へ・・。見事3回爆発。

「もう出ないの?」
「出ると思うけど時間かかると思う。」
「そっか」

私は、彼の乳首をなめながら、手袋をはずし右手でしてあげました。
気持ちいいのか、全身ピクピクしています。

すると、ムクムクと大きく硬くなってきました。
さらに続けると白い液体が流れ出しました。

「記録更新だね」
「次、○○さんの体拭きまでオナニーしないようにしよう。
そしたら、7回くらいできそうな気がする。」
「我慢しなくていいよ。したいときはしないと、私みたいな看護婦さん
ばっかりじゃないんだからね。」

「わかった。ねえ、○○さんのオッパイ見たい、見せてお願い。」
「ギブスがとれて、お風呂に入れるようになったら見せてあげる。」
と冗談で言ったのに、「約束だよ、絶対だよ。」
必死になって言うのでつい約束してしまいました。

そしてついに、ギブスがとれ、お風呂に入る日がきました。
一人でお風呂に入るのが危ない患者さんには、看護婦が介助してあげます。

ナース服の上に魚屋さんがつけているようなエプロンに長靴、
これで、お風呂場に長時間いるのですから汗だくです。

病室の順番で彼が入るのは一番最後でした。
「お待たせ。お風呂いこうね。」「やっと、お風呂に入れる。うれしいよ。」

服をぬがせると、やっぱり勃ってる。
危ないので椅子にに座らせ、シャワーをかけてあげました。

「約束覚えてる?」「忘れてないわよ。ちょっと待ってて。」

誰か入って来ては大変なのでカギをかけ、そして全裸になりました。
ソープランド状態でした。

彼の体を洗ってあげていると、胸をさわってきました。
抵抗する気はありませんでした。
私も彼のチンチンを口にくわえました。

14歳、フェラチオの経験などなかったはずです、とても驚いた表情でした。
刺激が強かったのか、口の中にそのまま出してしまいました。

「気持ちよかった?」「うん、すごくよかった。」

彼を抱きしめ、乳首を吸わせました。
舌先で乳首を転がすようにやさしく舐めてくれました。
私も椅子に座り、チンチンをにぎりアソコへ導きました。

ゆっくりと腰を動かしました。
アソコのなかでも脈打っているのがわかりました。
そして、私の中に出してしまいました。

彼はリハビリの為、来月末までの入院です。

普通、写真撮らせるかなあ〜

同じ大学の友人で金持ちの息子Aが、ウチの大学の女に
金払ってデジカメでパンチラ写真を撮らせてもらったので見せてもらった。
そこには10数人の女の子のパンチラやブラチラが写っていた。
ほとんど知らない女の子だったけど、背景が学校の敷地内なので凄く興奮した。
100枚近くの画像を良く見ると、同じ学科のMちゃんとR子ちゃんもいた。
2人は最初は顔を隠していたが、最後のほうは笑顔で大股開きしたり、
手ブラ・逆さ撮りなどもしていた。
Aに聞くと、Hなしなら余裕でしてくれるよとのこと。

先週の金曜に、他の学科にいる俺の彼女K美(Aは俺の彼女とは知らない)と
彼女の友達のS子がAと話しながら10号館(大学の敷地内のかなり奥の方で
ほとんど学生が行かないところ)の方に歩いていくところを見た。
Aは片手にデジカメを持っていたので、俺は気付かれないように後をつけた。
3人は10号館の中の誰もいない研究室に入っていった。
俺は外の窓から様子をうかがってると、中から3人の話し声とデジカメの
フラッシュの光が漏れてきた。
中を見ると案の定、K美とS子はAの前でスカートをめくり、写真を撮られていた。
AがK美とS子の写真を撮るたびに笑い声が聞こえた。
しばらく見ていると、K美とS子はパンチラの後、パンツとブラだけになり、
写真を撮られ、ブラを外して、手ブラまでいったところで終了した。

その後、Aが2人に何か言って、金を渡していた。
俺は先回りして、3人が出てくるところに偶然を装って出て行こうと待っていたが、
出てきたのはS子だけだった。
俺は心配になり、10号館の中に入ってさっきの研究室に行ったが、2人はいなかった。

俺はS子を追いかけ、見たことを告げると、S子は焦っていたが、「誰にも言わないで」
と言い、K美が女子トイレでAのをフェラしてると教えてくれた。
S子にはK美には内緒にしてと念を押し、俺は急いで10号館に戻った。
しかし、トイレにたどり着く前に入り口の自販機でウーロン茶を買って飲んでいる
彼女(K美)と会った。Aはいなかった。
俺は平静を装いK美に声をかけたが、K美の方はかなり動揺していた。
たわいもない話をしようとすると、K美は「用事がある」とそそくさと行ってしまった。
しばらくするとAが出てきて、いきなり「今の写真を見せてやるよ」と言われ見せられた。
そこにはパンチラから手ブラ、トイレでのフェラ写真があった。
いつもするようなネットリフェラという感じじゃなく咥えているような写真だったが、
口内射精後に口をアングリあけている写真もあった・・・
ちなみに○万円だったそうだ・・・
昨日まではショックだったが、今でK美がAにフェラしてる画像が俺のパソコンの
壁紙になっている。

ザーメンの匂い

中学2年の夏、アフォ友達数名と放課後の教室でダラダラしてたときのこと
なぜか「ザーメンの匂いはイカ臭いのか?栗の花臭いのか?」で
熱いトークを繰り広げていた。

その時たまたま教室にいた女子が
「ザーメンってホントにイカとか栗の花みたいな匂いするの?」
と言ってきたので、冗談まじりに俺が
「うひひ見たいのか?見せようか?」と、からかった。
友達の「アフォか!」の突っ込みで笑ってその場は終了。
陸上部だった俺はそのまま部活へ。

部活終了後トイレへ行ったらさっきの女子に偶然遭遇。
「ホントにザーメン見たいのかよ?(ウヒヒ」
「見せてくれるの?見たい見たい」
「何で見たいんだよ、変な女!」
「イイから見せてよ。さっき見せるって言ったでしょ」

そんなバカ話が数分つづいた。
途中まではお互いに冗談の言い合いをしてただけだった。
「ドコで見せようか?」 「じゃあこっち(女子トイレ)で」 「うん」
女子トイレの個室に2人で入ったときは、もうお互い引くに引けない
そんな雰囲気になっていた。

トイレの個室の両壁に寄りかかった。
「出すからチョット(個室の)外に出ててくんない?(小声)」
「出るトコも見せて(小声)」
「マジ・・・・?」

もう空気に完全に飲まれてた。
部活のままの格好さった俺はランニングパンツの脇からイチモツを出した。
でも緊張しすぎでフニャ珍。
とりあえずオナニーの様に動かしたが勃起しない。
「はは、出ない」
「出ないの?」
「立たないから出ないよ」
「オッパイ見たら立つ?」

俺が頷くと服の上からブラの金具を外して背中制服とTシャツを一緒にたくしあげた。
ビデオやエロ本以外で生乳を見るのは初めてだった。
大きさとかは覚えてないけど、白くてピンクでちっちゃいポッチが2個。
それを見た瞬間勃起した。
俺は夢中でしごいていた。
その距離1mぐらい
便所の個室の両壁に立つオッパイ見せる女とソレみてシコってる男。
㌧だ。
カノジョの制服のスカートに着地した。

もうザーメンとかどうでも良かった。
お互い耳まで真っ赤にしながらキスして告った。

次の日から付き合い始めて1ヶ月ぐらいで初エッチしました。

洋服タンス

幼稚園時代の話ですが書かせてもらいます。
僕には2才上の姉がいるのですが、とても仲良く、
遊ぶのはもちろん、風呂も寝るのも一緒でした。
ある日、両親が揃って外出して留守をしていたとき、
二人で家の中でかくれんぼしていました。
ぼくが鬼で姉は父親の洋服タンスに隠れたのですが、
その中から大量のエロ本を発見しました。
両親は僕らに洋服タンスは決して触ってはいけないと
言っていたのですが、それはそんなものを大量に隠して
いたからだったのです。
エロ漫画を中心にSMのグラビアも多数ありました。
幼かった僕らは最初何だかわからずに眺めていましたが、
次第に何か変な気持ちになってきました。

そのうちに姉は僕にパンツを脱ぐように言ってきました。
ぼくは素直にパンツを脱ぐと、姉は漫画を真似て僕のを
いじり始めました。僕はくすぐったさに暴れているうちに
皮が剥けてしまいました。
激痛!!泣き出した僕に慌てた姉はとっさに口で含みました。
怪我をしたときは唾をつけて置くように母に言われていたからです。
ひりひりする局部を姉の暖かい舌が包んでくれ、安心と
奇妙な興奮でその場は何とか落ち着きました。
姉は僕にこの事は両親に言わないようにきつく口止めし、
まだ痛がる僕にお風呂のときに調べてあげるからと約束しました。
エロ本は元のとおりにしまい込みました。

その晩、いつものように二人一緒に風呂に入りました。
お互い妙に相手の体が気になりだしお互いに洗いあいました。
そのうち僕は日中姉の口に含まれた感触を思い出し、
またひりひりしてきたとウソを言い、舐めてもらいました。
姉は罪悪感からか一生懸命舐めてくれました。
ぼくはもちろん射精はありませんでしたが、その感触が
すっかり気に入ってしまいました。
それからは親の目を盗んでは父親のエロ本を二人で見るようになり、
お互いの性器を舐めあうようになりました。
精通は姉の口の中でした。小学校2年生でした。
この関係は僕が小学校3年位まで続きましたが、そのころから
両親は僕らにお風呂は別々に入るように言うようになりました。
寝室も別々にするように言われ、僕らは突然のことに嫌がりましたが
どうしても駄目だと言って聞いてもらえませんでした。
なんとなく気付かれていたのかもれません。

それからは次第にそのような事も無くなって今は普通に一緒に暮らしています。
その頃の話はタブーと言うか・・・話した事はありません。

剣道部の合宿で

高校の時の話ですが、私は剣道部に入っていました。
一年の時に同じ剣道部のY子と部のみんなには内緒で付き合うように
なりましたが三年のA先輩のおかげで散々な目にあいました。

夏の合宿の時は練習はキツイかもしれないが夜は二人で過せるかも
しれないといって、二人で楽しみにしていました。

初日の夜、二人で決めた時間に教室に行ってみると誰もいません。
(私の高校では学校で合宿をします。)
しばらく待ってみましたが、ぜんぜん来る気配がしないので不安と
苛立ちをごちゃまぜにした気持ちで、とぼとぼと男子部員のいる部屋に
帰りました。

部屋についてすぐぐらいにA先輩がニヤニヤしながらやってきて
「今、一年のY子とセックスをしてきた」と自慢げに言い放ちました。
私はあまりに衝撃的なことを言われたので目の前が真っ暗になりました。
一気に気持ちが悪くなり、吐き気を我慢しているとA先輩が事の顛末を
話はじめました。

A先輩が女子寮の方に遊びに行くと、既にどんちゃん騒ぎでほとんどの
女子のと少数の男子がベロベロに酔っ払っていて騒いでいたそうです。
そこに混じっていると話はだんだんと下ネタになっていってついにチンポ
の大きさの話になったそうです。

A先輩のチンポが馬鹿デカイのを知っている三年の先輩達は
見せろといい始めたそうです。A先輩が半ば大きくなったチンポをパンツから
取り出すとまわりは大盛り上がりで、女子達はチンポの周りに集まってきて
弄くり始めました。A先輩は気持ちがよくなってきたので、近くにいた女子に
「咥えてくれ」といいました。その女子こそがY子だったのです。

Y子は最初こそ躊躇したがすぐに咥えたそうです。まわりは異常な盛り上がり
で大騒ぎだったそうです。

そういえば教室で待っているときに何か、ケンカのような騒ぐ声を聞いたのを
覚えています。今思えばもうそのときにはY子はA先輩のデカマラをしゃぶっ
っていたことになります。

チンポを咥えたY子は上機嫌で周りの人たちに
「チンポおいしい!!」と言ったり、咥えながらVサインをしたりと
彼女が何かをするたびに場が盛り上がっていったそうです。

そして三年の男子の先輩達からオマンココールが出始めました。
「オマンコ!、オマンコ!、オマンコ!、オマンコ!、オマンコ!」

Y子は声援に答えるように立ち上がって何回かうなづくと
着ていたジャージを脱ぎ始め、スポーツブラ以外は全て脱いでしまったそうです。
そして満面の笑みで男子の先輩達にマンコを広げて見せているとついに

「セックス!!、セックス!!、セックス!!、セックス!!、セックス!!」
セックスコールが出始めたのです。

A先輩は仁王立ちで声援を受け、Y子はしゃがんでチンポに仕えるかのように
深く咥えこみ、まわりに笑みをこぼしていたそうです。そして、セックスコー
ルが最高潮に達したとき、A先輩はY子を立ち上がらせて見つめあいディープ
キスをしたのです。

Y子は自らテーブルの上に上がり大股開きになりマンコを最大限に開いたそうです。
A先輩はこの様子をみてヤリマンだと思ったそうですが、Y子は処女だ
ったのです。A先輩がチンポをしごきながらY子のマンコにあてがうと一気に
子宮口まで貫いたのです。

その瞬間、Y子が処女だと知っている女子の先輩達から
「処女喪失おめでとう!!!Y子もヤリマンの仲間入り!!!」
といっせいに言ったので、そこで初めてA先輩はY子の処女をゲット
したことを知ったそうです。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード