萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

最後までは出来なかったなぁ

あれは土曜日の朝の出来事。前日の夜に会社の同僚と飲んで朝帰りした時の
ことだった。
六本木から某私鉄の始発に乗って、到着したキーステーションで次のJRで
爆睡状態の彼女がいた。俺も朝帰りだからフラフラだけど、すかさず彼女の
横をキープ。周囲の状況を確かめると、既にそこそこの時間になっていたこ
ともあって、疎らに乗客がいて大胆なことは出来ない。様子を伺いながら乗
っていたけど、こっちも睡眠不足の為にあえなく撃沈。気づいたときには地
元駅をすっとばして終点だった。

終点のアナウンスで目が覚めた俺は、周囲の乗客が降りていく中を横目でみ
ると、まだ彼女はそこに居た。相変わらず爆睡中のようだ。どうやら彼女も
朝帰り、かなり飲んで帰ってきた様子だった。
いい人を演じつつ彼女を起こし、終点に着いたことを告げると、ゆっくりと
立ち上がりフラフラと車両を降りていく。後ろから見守りながら様子を見て
いると、更に下る電車の前に立ち次の電車を待っているように見える。しか
し、体は直立していることも出来ず、時折バランスを崩して危なっかしい。
見かねて声をかける。そう、怪しい雰囲気を出さずソフトに、何処まで帰る
の?と尋ねた。
ゆらゆらと揺れながら答える彼女。彼女が口にした駅は俺の地元駅。既にす
っ飛ばして終点だから、今度は上り電車に乗らなければならない。
こっちは逆だよ。連れてってあげるね。
そう言って俺は彼女の腰に手を回し、反対側のホームに誘導する。ここで初
めて気づいたが、この時節というのにかなりの薄着。ブラウスに薄手のカー
ディガンという姿は寒々しく見え、思わず自分の着ていたジャケットを彼女
の肩にかけてあげる。

上りの電車はまだ来ていない。一度ベンチに座らせて、彼女の様子を確認す
る。既に俺の片手は彼女の胸を支える振りして揉んでいる。そうとう酔った
らしい彼女は、大した反応も見せず、されるがままだ。調子にのった俺は、
彼女の片足を俺の膝の上に乗せてみる。ここでもされるがままの彼女。少し
開き気味な太ももに手を乗せて、ゆっくりと撫ぜてみる。撫ぜられることが
気持ちいいのか、それとも安心したのか、ここで体を俺に預けてきた。
ここで俺は周りが見えてないことに気づいた。目の前を朝の通勤らしいおば
ちゃんが通りすぎる。怪訝そうな顔で見ながら。
それもそうだ、なんせ俺の右手は彼女の背中から手を回し、体を支えるフリ
をしながら彼女の胸を揉んでいる。そして左手は、彼女の太ももをゆっくり
と撫でているのだ。彼女のスカートの中で。
少し冷静になった丁度その頃に、ようやく上り電車が到着。ゆっくりと彼女
を立たせ電車に誘導。残念ながらBOX席はこの車両に無いので、一番端の
優先席に彼女と座る。もちろん彼女が壁側だ。そこで優しい俺は、彼女の肩
にかけていたジャケットをいかにも寒さ対策のように、今度は前からジャケ
ットに包まるようにかけ直す。そう、前からの視線を隠すように。
そして、かけなおした瞬間からジャケットの下では、俺の指が彼女の乳首を
服の上から捉え始める。見た目よりも大きな胸を人差し指と親指を器用に操
り、ピンポイントで攻め立てる。しかし体制が悪いこともあり、ここでも大
胆には動かせない。前に座った学生が、時折こっちを見ている。君はこっち
を気にせずDSに集中しなさい。もう少しで声に出して言う所だった。
今度は下に手を伸ばしてみる。うまいことに俺のジャケットは彼女のタイト
スカートの膝上を十分に隠しきっていた。ゆっくりと彼女のスカートをたく
し上げる。もちろん座っているからすぐに限界がくる。だが、それで十分
だ。少し手を伸ばせば、俺の指は彼女の秘部に届かせることができる。後は
もう少し脚を開かせるだけ。
完全に体を俺に預けている彼女。太ももに手をかけ少し開くように力を入れ
ると、いとも簡単に彼女を脚を開いた。無意識でここまでしてくれるんだ。
本当にいい子だ。
パンスト越しだけど彼女の秘部は汗ばんでいるのか、少し湿り気があるよう
に感じられる。
既に酔いのふっとんだ俺は、指先に神経を集中させてパンストを破りに掛か
るが、残念ながら体制の悪さゆえ、思うようにいかない。というか途中で諦
めた。あきらかに不審な動きに見えそうだったから。俺は素直にパンスト越
しに感触を楽しむことにした。

そうこうしている内に地元駅に到着。
彼女をゆっくりと起こしホームに誘導する。他人から見れば、もう恋人同士
にしか見えないだろう。泥酔した彼女を優しく介抱する彼氏。だが時間はも
う朝の8時を回っている。始発に乗ったのに、もうこんな時間。土曜日だけ
あって人は疎らだが、決して閑散としている状況ではない。
確かこの駅には障害者用のトイレがあったはずだ。そのことを思い出した俺
は、彼女を支えながらトイレに向かう。あった!中に入ると、ご丁寧にベン
チまで付いていた。

俺は、彼女を横に寝かせ、ここで初めてじっくりと観察することが出来た。
年は20代半ばぐらい、かなり地味目の服装だ。インテリ系のメガネをかけて
いるが、外してみると綺麗な顔立ちだった。唇がふっくらとしていて男心を
くすぐる、そんな顔立ちだった。少しお腹はぽっこり気味だが、むっちりと
した体型は俺の好みそのものだ。
完全密室の個室の中で、俺はゆっくりと彼女のブラウスの胸のボタンを外し
た。万が一を考えて、一つしか外さない辺りが俺のチキンな所だ。
ブラの隙間からはその大きな胸が見える。ブラを少し下にずらすと、存在感
のある乳首が顔を出した。そっと口をつけ、起こさない程度に俺は吸い付い
た。舌先で転がしながら、じっくりと感触と味を楽しんだ。
少し満足した俺は、いよいよスカートに手をかける。だが、脱がすことはし
ない。先ほど、俺の指の侵入を拒んだパンストだけを脱がすために少しずり
上げるだけだ。
黒のパンティーを晒した彼女の姿が眼下に見える。スカートの中に手を突っ
込み、腰まで手を伸ばすと一気にパンストを下にずり下ろしていく。完全に
脱がし終わると、ようやく彼女の生足を拝むことができた。きちんと手入れ
してある綺麗な脚だ。むちむちした感じと、もっちりした肌触りがたまらな
い。だからといって黒のパンツは脱がさない。

俺は、ゆっくりとパンツの上からマンすじをなぞってみる。さっき思った感
覚は間違いじゃなかった、やっぱり濡れている。酔っていると濡れやすい女
がいるが、彼女もその一人だと確信した。こうなれば遠慮はいらない。
パンツの横からゆっくりと指を入れていく。程よい肉厚が俺の指に絡みつ
く。入り口は、かなりいい。いわゆる数の子。だが、それも入り口まで。残
念だが奥までは続かない。だが、程よい締りは俺の指を押し返す弾力があ
り、指だけにも関わらずかなり気持ちがいい。

俺は指姦を続けた。人差し指、中指と、時折、俺の舌を這わせながら。彼女
も朦朧としながらも感じているのか少し声が出始めた。声の質からして感じ
ているのだろう。しかし俺はやりすぎてしまった。そう、彼女が意識を取り
戻し始めたのだ。

ゆっくりと彼女の目が開く。
どうやら絶体絶命な状況が俺を襲う。慌てて指を抜き、平静を装った。しか
し、ここで俺はほっ胸を撫で下ろすことができた。彼女はまだ酔っていたの
だ。いったい何時まで飲んでいたのだろう。そう思いつつも彼女に、大丈
夫?と声をかける。
キョトンとしながら、誰ですか?と酔いが覚めないながらも状況を確認しよ
うとする様子が伺える。ただの通りすがりの者ですよ。俺はそう答えなが
ら、このサイトの見過ぎだなと少し反省した。いつから一緒にいるの?と続
く彼女。終点からだよ、と嘘吹きながら簡単に説明し彼女を安心させる。
少しは酔いが覚めたようだが、まだまだ完全な様子ではない。少し横に座っ
たり、手に触れたりしてスキンシップを図りながら、すこしずつ大胆な行動
に出てみる。

横に座り、彼女を支える仕草をしながら、その大きな胸に触れみる。が、抵
抗する様子もない。なすがままだ。ならばと前に移動し、顔を見ながら様子
を伺い、あらわになった太ももを撫でるも反応はない。よし、もう少しと決
断し、奥まで手を伸ばし、パンツの上からだが指先で圧を加えてみる。
少し鼻にかかる声をかすかに発した。感じているようにも見える。もう少
し・・・と思った矢先に、ココ何処ですか?と触られながら言葉を発する彼
女。地元駅だよ、答えながらも頭をフル回転。さすがにココまでか。

案の定、彼女は家に帰って寝たいと言い始めた。時間を確認し少し驚いた様
子の彼女だが、自分のあられもない姿には少しも驚く様子はない。まるで普
通なことに俺は驚いた。じゃぁ家まで送るよ。そう言って、どうするかと思
って次の言葉を待ったが、ほとんど考えずに、すみません。と。全く拍子抜
けだ。さすがにここで完全に気が抜けた。

胸元の開いたブラウスを直そうとする彼女。だが、うまくボタンが閉められ
ない。なぜ開いているだろう?とは考えないのだろうかと思いつつ、俺は彼
女のボタンを優しく留めてあげる。まるで優しい人だ。
ふらつく彼女を支えながら起こしてあげる。もちろん偽善者な俺は、そこで
彼女の体を支えつつ、体に触れることは忘れない。この時も、ここぞとばか
りにバックの体制のように腰を密着させるように押し付け、後ろから彼女の
胸に手をやり支える素振り。本当に、自分の鬼畜さには呆れてしまう。そこ
でゲーム終了。
彼女を支えながら個室を出た。

彼女の家に送る途中、少しだけ話が出来た。
どうやら彼女は一人暮らしらしい。このまま送り狼になることも考えたが、
既に心の折れてしまった俺は、そこまではできなかった。
駅の改札を出て彼女の家の方角を確認すると、驚くことに俺の家と同じ方
向、しかもすぐそばらしいことも分かった。

台風の影響で雨が降っている。
歩道橋を渡りおえたところで一人で帰れるか確認し、俺は左へ、彼女は右
へ、そこで別れた。
彼女がココを見ることはないだろうけど、もし見ていたら一言いっておきた
い。ありがとう。
そして、無駄に長くなってしまったこと、読んでくれた皆にはお詫びしてお
きたい。

一階の奥さん

私は東北のアパート2階に住んでる42歳の独身です。

この間職場の飲み会があり11時頃にアパートに戻ると駐車場のすぐ近くに
横になっている人を発見。

大丈夫?と声かけるとかなり酔っ払ってるのか無反応。

携帯で照らすと一階に住んでる奥さんでした。

歳は24・5歳で童顔でかわいらしい顔してます。

肩を貸し自分のアパートへ。そして奥さんの携帯から旦那へ友達の家に泊
まるね!とメールをし、悪戯開始!

上着を脱がしてみると真っ赤のレースたっぷりのブラが、ブラのサイズは
Aカップ。

ブラと胸の隙間からピンクの乳首が見えたので指で触ってみたらピクッと
反応。

今度は下を脱がしたらブラとお揃いの真っ赤のパンツ。

あそこに鼻を押し付けると少しオシッコ臭い。

たくさん写メを撮り、ブラとパンツを脱がし、胸を揉みながら乳首を吸う
と、ヤメテヨーと言いながらあそこを触って来た。

69のような感じになりあそこを舐めると奥さんも舐めはじめてきた。

音をジュポジュポとたてながら舌を絡ませそのまま一回目をいかされた。

奥さんは口の横から唾液と一緒にザーメンを垂らしてパパ入れてと言って
来たので生で挿入中は凄くヌルヌルして気持ちが良く乳首と栗をつねると
あそこをキュッと締め付ける。

あまりの気持ち良さに中出しをしてしまいそのまま二人とも裸で布団に寝
てしまった。

朝になり起きて隣を見ると奥さんは目を開けて天井を見てた。

奥さんにかなりかわいい声で鳴いてましたよ。

まさか奥さんから誘われるとは思いませんでした。しかも中に出してなん
て。と適当に言うと旦那には言わないで下さいと言いそのまま帰っていき
ました。

文章が下手でスイマセン。実話でした。

非常階段

同窓会の二次会でカラオケに行き、トイレに行こうと部屋を出て
向かってると外への非常扉が半開きになってるのに気付き覗くと
B子が外の非常階段でゲロってる。

俺はウーロン片手にB子の元へ行くと「飲めよ」と差出し
上半身、欄干にもたれ掛かってる背中を摩ってやった。
B子は空ろな眼で俺を見て、ウーロンを口に含むと
「あ・・りがとう〜もう・・良いよぉ」
「そんな訳ないだろ。一人残して戻れないし」

背中をさすりながら、俺はデニムミニから出る
太腿を眺めると摩る手を背中全体に広げ
たまに横乳に指を触れさせて見るが反応無し。
「ちょっと、胸を楽にして見たら?」
と同時に、俺は器用にワイシャツの上から透けてるブラの
ホックを外して見せた。
B子はピクッと体を震わし、空いてる手を背中に回そうとしたが
それよりも早く俺は両手をワイシャツの中に滑り込ませ
ブラを上にズラすと両乳を揉み回した〜
両手に納まる小ぶりな乳だが、張りがありツンと上向き。
両小指で両乳首をコリコリすると、B子の体がビクビクと波打ち
「・・ちょ、○○くん・・や・やめ!」
B子の口を塞ぐ様にディープするが・・ゲロ直後だけに臭っ!
ガマンしつつ、ワイシャツのボタンを全部外しミニを腰まで
捲り上げるとピンクのパンツを太腿まで荒々しく下げ
湿り気を帯びたアソコへ手を潜り込ませる・・
B子は何やらモゴモゴと口を塞がれながらも言おうとしてるが
分かる訳もなく、泥酔しきった体では抵抗も弱弱しく成されるがまま・・
アソコの穴へ抜き差しされる俺の指が、ヌラヌラと濡れる頃には
キスを止めても喘ぎ声しか聞こえてこない。

フラフラなB子の両腕を欄干に掴ませると、ミニを腹の辺りまで捲り上げ
パンツも脱がせ足を広がせ立ちバックの状態で後ろから俺の棒を
ジュブジュブと入れた。
性器が後ろ向きなせいもあり、スムーズに咥え込むとB子の体が
ブルブルと振るえる。
俺が後ろから乱暴にガンガン突き上げる度に「アン!アン!」
と夜の夜景に向かい声を上げ前屈みによって垂れた両乳が
上下にユサユサ揺れる・・
俺は、その両乳を両手で揉みしだきながら更に突き上げると
B子も髪を振り乱しながら更に腰を押し付け、腰を振り始めた〜
「やっと、その気になったなw」
俺はB子の片足を持ち上げて付きまくると、棒を咥えさせたまま
反転させ抱き上げ駅弁の形に。
そこで初めて正面から見たB子の顔は化粧もすっかり取れ
酔い&気持ち良さで、紅潮しまくっている。

程なく、こみ上げてきた絶頂に負け抜く間もなく
駅弁のままB子の膣内に全放出。
俺が両腕の力を抜くとズルズルと抜け落ちるB子・・

昨日

23時過ぎ、西船橋南口からの帰宅途中、道端にしゃがみ込んだコを発見。
普段からココ見てたので、これは…と思い声をかけるも無反応。
目の前にはマンションの非常階段、と言っても誰でも出入りできるタイプ。
話し掛けながら素早く階段に連れていき、所持品をゴソゴソ。
免許証から名前はユリちゃん20歳と判明、住民票を移してないのか住所は福岡県だった。
服装は黒ハイソにワンピに短めのトレンチコート。開いた胸元から手を入れると暖かい谷間でお出迎え、コートを下に敷いてスカートをめくると薄いピンクの下着、上もお揃いだ。
人通りこそ無いが時間に余裕は無い、歴戦の先輩に報告するため、肉欲を満たすため行動に移る。
階段の明かりを頼りに写メを撮りながらハイソ以外を脱がした。
ブラはDカップだ。
こう寒いと濡れるとも思えないので大量のツバで優しくアソコをこねる。
自分のにも塗り付け挿入。
この裂き入れる感じが興奮を煽る。
10回も出し入れするとスムーズになってきた。
くっ、気持ちいい…
真っ白な裸体を眺めながらたわわなおっぱいをもみしだき寄せる。
マジでたまんねぇ。
依然意識はあやふやで、ンッ!とかハァッ!とかしか言わない。
限界が近づきヒザが擦れるのも構わず高速ピストンし一番奥で中だし…
免許証を濡れた陰毛に張り付け中から溢れ出るザーメンを彼女の携帯でも撮り、恐らく彼氏であろう履歴者に送信し電源を切る。
今日は揉めたんだろーな。ざまぁねーぜ。

泥酔むすめ捕獲

昨日の夜、良い思いをしました。
身内の忘年会のあとかなり酔っ払って終電で駅に着き、家路につくと泥酔し
た女の子発見。
デニムミニにニーハイにロングブーツ、上着はピタピタのカーキ色の
フェイクファーパーカ。茶髪のショートボブで一見キャバ嬢風。
家のアパートの隣、駐車場の車と車の間にうずくまって車に寄りかかって
た。
「チャンスだ!」辺りに人の気配なし。
たまにパトカーが徘徊してるから、完全に車の陰になる裏まで腕を抱えて移
動した。
顔を覗き込むとかなり童顔で可愛い。心の中でガッツポーズ!
顔を叩いても起きる気配なし。車に寄りかかりながら意識朦朧としているの
かフラフラ揺れてた。
手を触り、髪を撫でながら抱きかかえると酒臭いし、少々ゲロ臭もあった。
どうするか考える間もなく胸元から直接、手を入れて生乳を揉みまくる。
推定Cカップくらいの張りのある乳。弾力がすごい。ウエストはくびれ、お尻
はボリュームがある。
B85、W65、H90くらい。背はブーツ履いて165くらい。体重50くらいと予想。
デニムミニの中に手を入れると黒っぽい紐パン。
脇からあそこに指を滑り込ませると穴付近はなぜかすでに濡れ濡れ。
デニムを腰まで捲り上げ、パンツを膝まで下ろし、プリプリの真っ白いお尻
を突き出させた。
車に両手をつかせてバックから遠慮なく生挿入。
病気とか怖いなーと思いながらも一時の快感には勝てずにカチカチに勃起し
たチンポコをズコズコ出し入れしてやった。
若い女が道端で寝てて、即攻バックから嵌めてるシチュエーションに超興
奮!
腰を押さえつけて奥まで突き刺して、首筋を舐めたり、後ろから乳を揉んだ
りとやりたい放題。
意識ないから体重が重かったが、腰を掴んで突き刺し続けた。
少し冷静になってきて誰か来ないか?意識回復するんじゃないか?声出す
な!
など考えてると落ち着かなくてなかなか射精できなかった。
プランを変更してパンツ履かせて、服を整えて、脇の下を抱えて2階の俺の部
屋へ移動。
よく見ると若い。バッグを物色。免許の本籍は埼玉だったが現住所は家の隣
のアパート。
近所だ!ヤバイなー!と思ったが続けて携帯をチェック。職場は中央線の○
○駅のキャバ勤務と判明。
彼氏らしき着信履歴とメールがたくさんあり、こりゃ-行方不明とか騒ぎにな
ったらヤバイから本人に成り済まして「酔ってるけど無事帰宅してるよ。も
う寝るからまた明日連絡するね。」と彼氏らしき相手にメールを返信。すぐ
にレス来て「おやすみ」だって。あっさりアリバイ成立。
ふたたび楽しむことに。こりゃ-最高のエンターテイメントだなーと思いデジ
タルビデオカメラにminiDVテープで撮影した。デニムミニを脱がせて、ファ
ーパーカも脱がせ、白いロンTに紐パン姿でじっくり鑑賞。首の後ろにタトゥ
ーあった。紐パンを脱がせて測位で片足持ち上げて挿入。また生。長くて細
い足をガバって広げてお尻の肉の弾力を楽しみながら奥深く挿入。
それでも起きないからうつ伏せにしてバック、表にして足を広げて正上位と
散々楽しんでから奥深く射精。自分のペースで犯せた。カメラを片付けて横
になり一緒に布団で寝た。
今朝起きたらかなりびっくりしていたが「あれ?ここどこ?」「お客さんじ
ゃないですよ、、、ね?」などまったく覚えてない様子。「昨日、駅前のバ
ーに行ったじゃない?覚えてないの?」とはったりをかまして寝起きの彼女
にデイープキス。あわてて離れて「あたし全く記憶ない」
「私たちアレしたの?」というから「昨日寝る前に燃えたじゃない?」と言
いくるめる。
彼氏にごめんって気持ちなのか終始うつむいてたが「1回も2回も同じじゃな
い?もう一回いーでしょ?」とむりやり身体を開かせ足を広げさせて正上位
で朝起ちしたチンポを生挿入。
「いやー、いやー、いやーーーー、あなた誰?ほんと覚えてないの、いやい
やいや」と泣き出したが構わず挿入。腰を動かし奥まで打ち込まれる度に
「いやぁいやぁだよ」と泣いてた。
もめたくないのでイクときに抜いて腹上射精。ティッシュで拭いてるときも
嗚咽を抑えるように「うぇうぇっ、」と泣き続けてた。すぐに服着て出てっ
ちゃったけど家は隣同士のアパートだし、彼氏と二人で怒鳴り込まれても面
倒だし(そんなことしないかな、和姦だって説明したし)
でももしかしたらご近所にこれが縁で気楽に夜とか遊べるセフレが出来るか
も?そんなにうまく行かないか。まさか病気になったりして。皆さんも年
末、飲み過ぎないように!長文、乱文失礼しました。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード