萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

情けなく恥ずかしい体験

ヘルニヤの手術をした時の話

場所が場所だけにあそこを剃られるのは予想していた  さて俺は男としてシンボルは隆々とそびえさせて

看護婦の反応を楽しむつもり   その時間になり期待どうり若い看護婦が俺の個室に入ってきた

ところが肝心のわがシンボルはふにゃとしたまま  なんとか勃起させて男の威厳をみせたい  精神一統

チンポがたたざらんと力んでみても 亀ちゃんは頭をさげたまま

看護婦はなにも言わなかったが俺は本当に情けなくかつ恥ずかしかった    ?才の年齢のせいではあるが

こういう場合多分間違いなくピンピン勃起するだろう中高生がうらやましかった

パンツ売りの少女を・・・

いつも閲覧させてもらっています。恒星 32歳独身男です。
先日私にもいい体験がありましたので投稿します。

ある携帯サイトで「パンツ買ってください」とありメールにて内容を確認すると、
「今は生理中だから、後日お願いしたいのですが・・」と返ってきた。
それなら、顔合わせということで会わない?って聞いたところ、
「少しでもお金をくれるなら・・」ということなので、数千円の約束で会うことになった。

会って色々と話を聞くと、○学3年 ア○コ お金をくれるなら何でもする。
○学生じゃバイトできないから・・・ってことなので、
お金上乗せしてお触りOKをもらった。

最初はキス→Dキス 徐々に冷静さが無くなったのか服を脱がしても文句を言わない。
生理とのことで、パンツはNGだったが、可愛いBカップの胸をあらわにしている。

キスからそのまま俺の唇が首筋→乳首へと下がって行き、
俺の手は同じように胸からパンツの中へ・・・
はじめは「血がつくよ」ってイヤがっていたが、構わないよって言ったら
そこもお触りOKしてくれた。

触り続けながら話を聞くと、一才年上の彼氏と経験済みだけど
痛いだけで感じないと言っていた。
そこでクリを中心に触ってあげると、必死で声を殺している。
こうなったらと思いパンツを脱がせ、クリを集中攻撃!

ア○コの方から「入れてほしい」と言って来た。
意地悪して、何処に何を入れてほしいの?って聞き返したら
「恒星さんのチ○コをア○コの穴に入れてぇ〜」とお願いしてきた。
早速入れようとしたら「ゴムつけて」と言われ渋々つけてから挿入!

はじめは痛がっていたけど奥まで入れるうちによがり始めた。
前戯を念入りにしていたのもあり、入れてちょっとしたらア○コはイッてしまった。

どうだったのって聞くと彼氏なんかより気持ちよくてイイだって。
また会ってして欲しいって言われまた会う約束をして、数千円を渡してあげた。

その後毎日のようにメールをして、お互い次に会う日を楽しみに盛り上がってます。

彼がいるのに

同棲中の彼氏K君は仕事をしようとせずに遊んでばかりいるので、K君と別れてMさんと付き合おうとアルバイトが終わってから、アパートに荷物を取りに行きました。

 アパートでK君に止められて、部屋でお酒を飲むことに・・・。
 別れる、別れないの話になって、K君に「別れないでくれ、オレ、お前がいないとだめなんだ・・・」と涙を流しながら必死で泣きついてくるので、かわいそうになり抱きしめてあげました。

 私はお酒のたっぷり入っていて、手を上げるとストンっと下ろしてしまうくらい酔っていました。
 カラダが言うことを聞かない状態で、抱きしめられながら床に押し倒されて、私はMさんのことを想い、涙が出て横を向きました・・・。
 涙が私の耳のほうまで流れてきました・・・。力が入らず抵抗できませんでした・・・。
「もう・・私達、だめだよ・・・できない・・・だめ・・・やめて・・・」

 K君はいつものように私のTシャツ、ブラを脱がしてきて・・・
 私は仰向けの状態で自分の胸を見ると、すでにK君がうれしそうに私の乳首を転がすように愛撫し、胸を揉んでいました・・・
 K君と別れようと思ってここに来たのに・・・K君の顔がかこんな近くに・・こんな簡単にカラダを許しちゃうなんて・・・。

 ふと見ると、もうパンツを脱がして私のアソコをクンニし始めていました・・・。K君の頭を手でつかんでグッと力を入れるとK君と目が合いました。私のアソコの毛を舐めて口に含んでくれたりしてくれました・・。
 さらに下の方に愛撫が進み、おしりの穴に(Mさんは、おしりは全く愛撫してくれない)・・・。
 両手でおしりの肉を引っ張り、おしりの穴を開いてベロッと舐めたり、舌をすぼめてグリグリしてきました。

 おしりの穴にK君の舌がくっつく時は穴が暖かくなり、K君の鼻からの息がかかると唾液が冷えてスーッとしました。その温度差が何とも気持ち良かったのを覚えています。
「仕事帰りでお風呂入ってないから(アパート、アルバイト先のトイレは和式でウォシュレットないので)・・・そんな汚いところ、くさいよ・・・」
「いいよ・・・くさくないよ・・・お前のなら・・・」

 K君はたまにアルバイト先の店まで車で乗せて行ってくれるので、K君とMさんはお互い面識があります。
「あの男と、もう寝たのか・・・?」
「・・ごめん・・寝た・・・」
「何回くらい?」
「・・ごめん・・・何回も・・・寝た・・・」
 それを聞くとK君は嫉妬したのか、私のアソコを普段よりさらに激しく愛撫してきました。私も押し倒されて興奮していたのでアエギ声を大きくあげて感じて久しぶりに(K君のクンニだけで)イッてしまいました・・・。

 私のアソコが濡れてきたらオチンチンをナマで挿入してきました。
 すごく濡れていたのでツルンッと入ってしまい、K君のモノの熱さが伝わってきました・・・
「あっ・・・入れちゃだめだよ・・・・入れるのはだめだよ・・・口でガマンして・・・」
「ここまでして口なんて・・・中途半端だろ・・・」
 私はMさんがいるのにK君の愛撫に感じ、股を開いてK君のオチンチンを膣に受け入れてしまったのです。

 このH(正常位)の最中、Mさんからケータイに電話が入りました。私は畳に押し倒されていて、テーブルの上のケータイをK君にとってもらいました。
 K君に挿入されながら(動きは止めてくれてましたが)電話に出たら、K君は正常位でカラダを密着して私の耳元に顔をくっつけてきました(明らかに盗み聞きしようとしていた)。
「メールしても返信来なかったから、心配になってさ・・・。どうしたの・・・? 今、何してる・・・?」
「えっ、そう?・・・あ、ホント、メール来てた・・・ごめん・・・友達と飲んで盛り上がってたから気づかなかった・・・」
「飲み会か・・・友達と・・?・・・これからまだどっか遊びに行くの?」
「うん、これからフリータイムで友達とカラオケ・・・・だから・・しばらくメールとか電話、出れないと思う・・・」

 宮田さんから電話があったときは私のケータイに、K君は耳を密着していたで電話の内容は丸聞こえでした。
「カラオケか・・・メールくらい気づくだろ? 今いる中に男はいるの?」
「えっ・・・ううん、・・・女の子達だけでカラオケに来てるから大丈夫だよ・・・心配しないで・・・」
「あんまり遅くなるなよ。ナンパされたり浮気するなよ。じゃあ、おやすみ。愛してるよ。」
「うん、私も愛してる・・・。おやすみ。」
 こんなやり取りだったと思うのですが、その会話の最中はK君にすでにナマで挿入されてままの状態でした・・・。

 だからK君は「今みたいウソ、平気でついちゃうんだな・・・別の男にオチンチン入れられながら愛してるよっ、てよく言えるな・・・。お前をアイツに渡したくない・・・おまえが欲しいんだ・・・」
「だめだよ・・外に出してよっ・・・」といつもより激しく腰を振ってきました。
 K君は私の腰の下に腕を入れてきてガッチリ組みました・・。私はされるがままで逃げることもできませんでした・・・。

「すげー気持ちいい・・・あっオレ・・・出していい?・・・あっ、もう・・出るよっ!」
 K君は精液を私の中で出して、興奮しているのか私の膣の中でオチンチンはいつもより長い時間、ビクンビクンしていました。
 私は「ああ、この人は出したいだけなんだな・・・。私を性欲処理の道具にしか思ってない・・・。(私は妊娠しづらい体質だけど、)できちゃったらどうしよう・・・。」
 K君はイッた後、満足そうな表情でグッタリと体重を私にかけてきました・・・。

友達のカレ

OL、29才です。

友達の彼氏が・・私に「相談したいことがある」・・そう言って電話してきたの。もう家のすぐそばにいる、と。
 車に乗り込むと、人気の少ない海の見える駐車場で泊めて、後部座席をフラットにして寝転んだ彼が「隣に来て」と。
 戸惑いながらも彼の隣に移動・・・彼に優しく抱きしめられてキスされちゃいました。

「ごめん」
 彼はそう言ってすぐに私を家まで送ってくれました。私はそれ以来、彼のことが頭から離れなくなっちゃった。

 その1週間後、また電話が来て、今度ゆっくり会いたい・・と。キスの続きがしたい・・そう思っていたので会いに行きました。そして、即効ラブホへ。

 彼の力強いキス。 服をお互い脱がしあって・・・
 下着の上からお互い愛撫・・・
 自分ですごく濡れてるのがわかりました。

 早く欲しい・・口にしなくても伝わったみたい。パンティをはぎとってバックで大きいのを奥まで一気に入れてくれた。
 私はすごく気持ちよくてすぐにイっちゃいしまいました。
 それを見た彼は引き抜いて私の口に「なめて」と。
 久し振りのエッチであそこがヒクヒクしてるんだけど、彼のを一生懸命フェラしました。
 フェラしてる最中も彼が私を愛撫・・・69
「音、聞こえる?」
 恥ずかしい位、感じていました。

「お風呂入ろうか」
 彼に促されて移動・・・
 彼はお風呂でも私のあそこをクチョクチョいじるんです。たまらなくなった私は彼を浴槽のふちに座らせて彼にまたがりました。
「中に出して」とお願いしたらいっぱい出してくれました。
 お風呂からあがってからも、何時間も・・・。

 彼女が同じ職場なのですが、私は休暇をとって彼と・・・。
 あと3日でまた彼に会えます。

 メールしても返信がありません・・・
 今日は彼女といるのかな? でもそんな嫉妬も楽しい。
 彼が喜んでくれそうな下着を選んで、彼に抱かれてる自分を想像しながらオナニーしちゃいます・・・
 早く彼に会いたい・・・

晒され妹

175 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:43:00 ID:/WDSJAPK0
半年以上前の話。俺の妹は俺の4歳下でM大の3年生でテニス同好会(体同連?)に所属している。
妹は、1個学年が上の先輩と付き合っているが、先輩は2浪してるので年は3つ上だ。
一応、練習もシーズン中は週に4回とまじめにテニスもしているようだ。
部内の上下関係も厳しく、部内恋愛も原則禁止らしいので、一応内緒ということらしい。
(妹の話を聞くとこんな感じの部のようだ。実際はどうだか?)

176 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:43:44 ID:/WDSJAPK0
妹の彼氏(先輩)の話をもう少しすると、部の副部中の次くらいにえらいらしく、総務・会計という役職がついているらしい。
とにかく、おもしろてテニスが上手いとのことらしい。
一応、付き合っていることは表向き秘密にしているようなので、部活中は気軽に話しもできないらしく、それが結構不満のようだ。
ある日、そんな彼氏のパソコンが立ち上がらなくなり、部内でまとめている会計のデータが見れなくなってしまった。
バックアップもペーパー出力もしてなかったようで、妹の彼氏はひどく困ったようだ。
(大学に正規に登録されている部活は補助金の申請ができるらしいが、会計報告を最終的に提出しなくてはいけないらしい)

177 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:44:27 ID:/WDSJAPK0
というわけで、困っていた彼氏に妹はパソコンなら兄貴が詳しいといってPSをもって帰ってきてしまった。
ちなみに自分はシステム関連企業に勤めてはいるが、パソコンに詳しいわけでもなんでもない。
とりあえず会計データ(データといっても単なるエクセルだが)だけでも、というので渋々みてやることにした。

178 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:45:04 ID:/WDSJAPK0
実際は、確かにOSが立ち上がらなかったが、なんてことはない、ハードディスクを自分のパソコンのセカンダリーに設定したら容易にデータは取り出せた。
ものの30分で解決してしまい、何気なく彼氏のパソコンを眺めていたら、部活の写真をまとめたフォルダが見つかった。
合宿や大会の写真がメインで「大学生っていいなぁ」など呑気に思っていたら、その中に妹の名前がアルファベットで書かれたフォルダが見つかった。
そのフォルダになんとなく嫌な予感?を感じ、開いてみたところ、二人でUSJに行ったときの写真や、部活で妹だけ写っている写真があった。
そして、同じ階層にある名称が数値だけのフォルダを開いたところ、嫌な予感?は的中した。

180 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:52:01 ID:/WDSJAPK0
ここまで書くとほとんどの人がわかったと思う。そう、ハメ撮り写真である。
正直、見た瞬間心臓が一瞬、ビクッとなったのがわかった。
妹は、身長が150cm前半でで小柄なため、モデルのような美人タイプではないが、明るく、いつも笑っている。
普通、この位の年齢になると、兄妹で会話はあまりないのかも知れないが、うちの場合は妹から色々話を振ってくれるため、正直兄妹の仲は良好である。
おそらく、一般的にも、かなり”かわいい”部類に入るのではないだろうか。

181 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:53:03 ID:/WDSJAPK0
ハメ撮り写真は100枚以上あり、その内容は驚くほど過激だった。
ノーマルからアブノーマルまで多種多様だが、ファイルの日付が新しいものほどアブノーマルだった。
妹自らアソコを広げているもの、肛門にバイブを突っ込まれてやられているもの、、、
最近のものに至っては、風呂場で脱糞シーンや肛門を器具で拡張されて中まで見えているものまでだ。

182 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:54:05 ID:/WDSJAPK0
人にはそれぞれ趣味や趣向があり、カップルなんて二人きりの時には何をしてもいいと思う。
それはわかる。
でも、妹がこうしたことに感じる人間だとは正直驚きだった。
それと、妹の彼氏が、ひどいS思考で、お尻、特に肛門に異常に執着する人間だとも思った。
とにかく、どうしても我慢できず、わけもわからない内に俺は激しくヌイていた。

183 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:55:39 ID:/WDSJAPK0
しばらく時間がたってようやく冷静になりつつあり、よくよくフォルダの中身を眺めてみた。
落ち着いてみてみると、少し変なことに気が付いた。
大量にある写真のなかに、妹とは違う人間の写真もあるのである。
それも、よくよく見ると、結構な枚数があり、全体の4分の1位は別の人間のものだった。
そこに写っている人間は、妹の他に大体5人位で、最初は妹の彼氏が他にも女がいるのかと思った。

184 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 16:56:21 ID:/WDSJAPK0
しかし、それが妹の彼氏の写真でないことはすぐにわかった。
プレイの内容が比較的普通であり、何よりたまに写っている男の姿が別人である。
ネットからダウンロードするにしても、こいつがこんなノーマルな写真をわざわざダウンロードするのも不自然に思えた。
そこで、更に嫌な予感がし(今度は本当に嫌な予感)、パソコンを更に詳しく調べてみることにした。
そして、このことで想像を絶することを目の当たりにすることとなる。

185 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 17:00:27 ID:/WDSJAPK0
妹の彼氏の異常さは、メールの履歴ですぐにわかった。
こいつは、妹の痴態を複数の人間に送信していた。そして、その大半は、部活動の同僚や後輩達だった。
メールの日付の古いものは、特定の個人に送っていたが、途中から人数が増え、最近のものについては一度に20人位に送りつけているのだ。
この時点で、興奮は冷め、恐怖と怒りと、その状況が信じられない気持ちでいっぱいになった。

186 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 17:02:48 ID:/WDSJAPK0
メールは、こいつが送信して、その感想が送られてくる場合と、相手がプレイをリクエストしてそれに答える場合とがあった。
部活は連絡に決まりがあるらしく、文章の冒頭に「○年の何々です。いつもお世話になります。」から始まっており、先輩、同期、後輩の違いがすぐにわかった。
2年の後輩からは「○○先輩(妹の名前)に浣腸してください」とあり、そのあとに、例の脱糞シーンの写真が添付ファイルで送り返されていた。
こいつの同期らしいヤツからは「全部見せろ」とあり、アソコと肛門を器具で広げられた写真と、合宿で楽しそうに笑っている妹の写真が一枚にまとめられて20人位に送信されていた。
とにかく、かなりの数の人間が、妹の写真を見ていることになる。

187 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 17:03:55 ID:/WDSJAPK0
いつも部活で楽しそうにしている妹は、本人が知らないだけで、相当な陵辱を受けている。
おそらく、仲良く部活をやっている同期のや先輩、後輩の男達は、明るく気さくな妹に表向きやさしくし、裏では格好のオナネタとして扱われているのである。
妹以外の写真は、後輩や同期が、こいつの写真の”お礼”に自分の彼女のハメ撮りを送っていたのだ。

188 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 17:04:47 ID:/WDSJAPK0
ここまで判ると、妹がかわいそうでならなくなった。
正直に、真実を話し、警察に連絡するのがいいのか、知らないままにして、とにかく今の彼氏と分かれさせるか・・
しかし、妹を傷つけずに、現状を打開する方法がどうしても思いつかなかった。
そして、何より、わけもわからなかったとはいえ、こんな状況で興奮してしまった自分が、許せなかった。

189 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 17:06:07 ID:/WDSJAPK0
妹は、中学、高校とテニスをやり、進学校に通っていたため、毎日一生懸命勉強もしていた。
特に高校時代は、県大会でベスト8まで残り、とにかくまじめで人一倍一生懸命だった。
そのおかげで、高校までは彼氏がいなかった。(と思う。)
妹が、初めて彼氏の話をしてくれたのが今の彼氏なので、恐らくはじめても今の彼氏だろう。
純情なだけに、彼氏ができてうれしくて、信じて、彼氏の言いなりになったんだと思う。

190 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 17:07:01 ID:/WDSJAPK0
結局、どうしていいのか判らず、妹には、何とか会計データだけは取出せたと嘘をいって、データのCDとHDをフォーマットしたPCを渡した。
妹は「お兄ちゃんありがとう!」と何度もいい、うれしそうに彼氏の所に向かっていった。
そんな妹を見て、かわいそうに思い、解決策の見つからない申し訳なさと、彼氏に対する憎しみで、とても冷静ではいられなかった。
半年たった今、妹の彼氏は卒業なり、部活からは引退している。

191 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 17:07:47 ID:/WDSJAPK0
しかし、妹はいまだにそいつと付き合っている。楽しそうに。
そして妹は、部活でも全員投票で女子代表副部長になっている。
男子部員のほとんどが妹に投票したらしい。
「嫌だなー」と笑いながら話す妹は、そいつらのオナネタにされていることをまったく知らない。

192 :えっちな21禁さん :2006/10/07(土) 17:10:41 ID:/WDSJAPK0
妹の彼氏は4月から就職する。メールの中で、就職内定がなかなか決まらない同期に、「○○(妹の名前)見て、元気出せ」と励ましのメールを送っている。
そのメールには、妹の脱糞シーンとアナルセックスの動画が添付されていた。
いつかこいつに死ぬほど辛い社会的制裁を与えたい。
そして、いつか妹にふさわしい相手と、本当に幸せになってもらいたいと思っている。
今は、妹が真実を知ってしまうのが何より怖い・・・・・・・・・・・



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード