萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

私の裸身

告白集のなかに、自宅の窓のレースのカーテン越しにオナニーを見せる話しがありました。
 わたしもやってみることにしました。
 その前にいろいろと確かめてみました。
 ハンガーにTシャツを掛けて、窓際に下げました。
 そして道路の方から見てみました。
 昼間ですとレース越しには、パッと見ただけでは分かりません。
 でも、立ち止まってよく見ると、Tシャツのプリント柄も見えました。
 わたしは、家に入ると服を脱ぎ全裸になりました。
 そして窓辺に立ちました。
 昼間に自分の裸を見ると、肌の色がとても白く見えます。
 肌の色は、夜、お風呂や自分の部屋の蛍光灯の明かりで見る色とは全く違って見えるのです。
 白くて、自分の肌って、こんなに綺麗だったのかしらという気がします。
 それと同時に、お腹や太ももが白くて、あそこのヘアが黒くて一本一本ハッキリと見えるのが、とてもイヤラしい感じがするのです。
 上手く言葉では言い表せない感じです。
 窓際に立っていますと、ときどき人が通ります。
 買い物の行き帰りや、犬の散歩の人がほとんどです。
 女性、とくにおばさんがほとんどです。
 おばさんだと、わたしって何してるんだろって感じがして、なんと言うのか、エッチな気持ちでない恥ずかしさを感じました。
 でも、たまに同年代ぐらいの女性や、男性が通ると、すごくエッチな気持ちになりました。
 なぜ、わたしと同じ年ぐらいの女性だとエッチな気持ちになるのか、分かりませんが、とにかくそういう気持ちがしました。
 家の窓の外の道路には街路樹があります。
 犬の散歩では、街路樹のところで用を足すときがあります。
 飼い主は待って、ふつうは犬を見ています。
 でも、ときどき人の家を覗き込むようにする人がいます。
 植えてある庭の木や草花を見る人がほとんどですが、ときどき窓の方を覗き込むようにする人がいます。
 おばさんだと、先にも言いましたように、なんだか恥ずかしい気持ちになるので、窓から離れた部屋のまん中あたりまで離れました。
 男性や若い女性のときには、窓の近くに立ちました。
 犬の散歩の中年の男性が、窓の方を見てきました。
 向こうから、見えているのではないかという気がしましたが、ハッキリとは見えない筈です。
 Tシャツがあると知っていて、その模様まで知ってる場合は、レース越しでも分かると思いますが、何も知らなければ、何かあるのかなぐらいにしか分からないと思います。
 男性は、40~50才ぐらいの中年の人でした。
 でも、じっと、裸のわたしの方を見ています。
 分かったのかも知れません。
 そう思うと、熱くて電気がビリビリするような感覚が体じゅうを走りました。
 でも、男性は犬に引っ張られるようにして行ってしまいました。
 やはり見えていなかったのかも知れません。
 このように、わたしは、窓辺でオナニーはしませんが、全裸で窓辺に立つことに最近はまってしまっているのです。
 週に2回ぐらい早く帰れるので、家には一人しかいないからです。

私も見ちゃった

あずさは時々NP・NBで出掛けて露出します。
この間も外出帰りに駅のトイレで上下の下着を脱ぎ電車で帰宅。
遅い時間で車内には隣のボックスの向かい側に男の人1人だけ。
私はケータイを弄りながら足を組みかえたりしてガラス越しに男の人の反応を見ると、周りと私を交互にチラチラ。
私は席に膝を曲げて足をのせると、視線はNPのアソコを凝視。
興奮してきて片手で胸を静かに撫でると、男の人はすぐそれに気付きアソコと胸を交互に見ています。
見られてる事に気付いてないふりをして、隠しながら男の人には見えるように胸を揉んだり乳首を摘まみます。
ガラスに目をやると、男の人が股間に手を当てゆっくりズボン越しに撫でてるのがわかりました。
私は足の間に片手を挟みクリを弄ってだんだん感じてくると、男の人の動きが…よく見るとズボンからビンビンに勃起したオチンチンを露出して新聞で隠しながら握った手で上下に擦ってました。
私は驚きながらも知らない男の人のオチンチンとオナニー姿に興奮。
だんだん気持ち良くなってきてしまい、田舎の路線で夜は人がほとんどいないのを良い事に、私は男の人に向け足を大きく開き更に大胆に弄って見せました。
小さく喘ぎながら勃起した剥き出しのクリを弄り、アソコも男の人の視線に濡れ濡れ。
男の人の荒い息と扱く度に濡れたいやらしい音が混じって聞こえてきます。
私はうつ向いてクリを弄りながら中に挿れた指を夢中でクチュクチュ音を立てて激しく出し入れすると、男の人も低い喘ぎ声をもらしながら激しく擦ります。
「んっあぁっ…イクッ」と私がビクビクしながらイッてしまうと
「はぁぁ…うぅイクッ」と男の人も一緒に勢いよく射精しました。
ちょうど下りる駅に着き逃げるように下車。
帰り道歩きながら電車での出来事が頭から離れず公園のトイレへ。
人気がないのを良い事に、電車での出来事を思い出してウズく体を声を出して愛撫。
すると物音が…夜の公衆トイレに来るのはだいたい男性…緊張の中も手が止まらず感じてる息遣いが…。
ふと見た壁に穴が空いてる事に気付きヤバい!と思いながらも誰かに覗かれてると思うと、なぜか余計に興奮して激しくオナニーしちゃいました。
するとやっぱり向こうから荒い息と擦れる音…しばらくして「うぅっ」と聞こえ足音が遠ざかりました。
また誰かに恥ずかしい姿を見られてオカズにまでされた事にショックよりも、快感を覚えた出来事でした。

見せちゃった

それは7月のとある平日の夕方、私は代休で家におりました。そして以前から考えていた計画を
実行する決意をしました。
私はTシャツにスカートの軽装で家を出てコンビニで500mlのお茶を買い、
それを飲みながらある川の河川敷へ向かいました。そこにある遊歩道は通学路にもなっており、
近所の中学生が登下校をする道です。
私はその遊歩道の脇にある休憩所で残りのお茶を飲みながら
その時を待ちました。
ほどなくして2人の男の子が歩いてくるのが見えました。
でも彼らのすぐ後ろに
女の子の2人組がおり、今回は見送りました。少し待つと再び男の子2人組がのんびり歩いて来ます。
その前後にはしばらく誰も歩いてくる様子はありません。
私は彼らに決めました。私のいる休憩所まで
あと30mくらいに来た時、私はスカートをめくりショーツを下ろして排泄をする姿勢になりました。
ホントは正面から見られたかったのですが、それではあまりにも不自然なので遊歩道に背を向けるように
しました。
男の子の話し声が聞こえてきました。私は恥ずかしさと興奮で脚がブルブル震えました。
緊張でおしっこがなかなか出ません。それでも何とか少しづつ出はじめた時、彼らがすぐ近くまで来ました。
男の子の会話と足音がピタッと止みました。私は背を向けているので見えませんが、私を見ているのだと
確信しました。さっき飲んだお茶が効いたのか出はじめるとジョロジョロとたくさん出ます。
おしっこが地面に当たる音が予想外に大きくて顔が真っ赤になりました。おしっこが終わり、ポケットティッシュで
アソコを拭く時興奮で手が震えました。ショーツを履き、スカートを戻して振り向くと彼らと目が合いました。
私は初めて気付いたかのようにビックリしてみせました。
「見ちゃった?」と聞くと彼らは声に出さずに
うなずくだけでした。「誰にも言わないでね?」彼らはまたコクリとうなずきました。
最初の計画では
そのまま誘惑して女の大事な所まで見せようと思っていたのですが、そこまで勇気が出なくてその場から
足早に去りました。

田舎の川で

私は田舎から都会の学校に通う”みな”21才です。半年前、彼にふられました。私みたいな田舎くさい子あきたって!夏休みに入ったらすぐ実家に帰りました。ある日小さいときの夏に女友達と川の上流の秘密の場所で楽しく遊んでました。私は何年ぶりにそこへ行ってみました。川の中ほどに大小の岩が岸に向かって大きな楕円を描くように並んでいました。そして川の水は底が見えるくらい澄んでました。あまり人が来るとこじゃないからみんな裸で川の中ではしゃいでました。岸から川眺めてるとあの頃のこと思い出しました。夏の日差しがきつい日でした。幼い頃の様に川に入ってみることにしました。岸で服脱いで川の中へ・・・。深いと思ってた川も今はへそ位の深さでした。昔と違って身長も伸び、胸も大きくなりました。アソコには毛が生えてます。暑かったから肩まで浸かってるとまるで私を岩だと思ってるのか小魚たちがすぐそばを泳いでました。時々尾びれが私の乳首に当たる時もあるし下の毛の茂みに入ろうとしてる魚もいました。エッチな魚さんだね!私はしばらくじっとしてました。その刺激で乳首立ってくるしアソコが・・・・。魚におかされてるみたいだった。平らな岩に上がり青空の下で初めてオナニーしました。数日後また行きました。前回だれにも見つからなかったから大丈夫と思って服や下着を一枚づつ脱いで左右にほおり投げました。空には入道雲出てました。外で裸になるのこんなにきもちいいなんて!川の中入るとまた小魚たちが・・・・・。また岩の上でオナニーしようとした時男の子数人の話し声が近づいてきました。やばい!と思って岩陰に隠れました。中学の男の子二人が岸に下りてきました。”あれこんなとこにスカートがあるぜ””おいこっちはパンツだよ””誰か女の子がいるのかなぁ?””まさか!もし本当なら変態だよ””誰か盗んで捨てたんじゃないか?”と話してました。”おれこの下着もって帰ってシコシコするよ””僕はミニスカートでいいよ”と言って帰って行きました。やだどうしよう見つからなかったTシャツだけだわ。ザァ~っと急に雨が降ってきました。急いで岸に上がりTシャツだけ着ました。このままじゃ家に帰れない!仕方なく雨の中を見つかりはしないかドキドキしながら歩きました。激しく降ってきたから小さな橋の下に入りました。体はびしょ濡れでしたが火照ってて寒くありませんでした。私はそこでTシャツ脱いで下に敷き横になってオナニーしながら気を失ってたようです。気がつくと実家の布団の中でした。外で裸になってオナニーしたの両親にばれたかなと思いました。なぜか家に駐在さんがいました。私泥だらけで大の字になってたらしく強姦されたらしいと話してました。どんな男だったと聞かれましたが覚えてないと答えました。ほんとうの事など言えるはずありません。こんな事があってから時々アパートから少し離れた公園に夜中でかけ服を脱ぎ散らし裸でオナニーするようになりました。見つかれば強姦されたと言えばいいし!

あまりエッチじゃないけど

私はある町でOLをしているこひろというものです。
私の恥ずかしい体験をはじめて人に話そうと思います。
ここに書き込みするのもエッチな私を知って欲しいからなんです。
恥ずかしいけど、恥ずかしい体験がしたい。
そう思うといてもたってもいられなくなって突っ走ってしまう自分がいるんです。
もう、ここまでかいただけでどきどきしています。
子供のころからそのけはあったのですが、私、本当に恥ずかしいのですが、裸というか
、恥ずかしいところを見られちゃうのが好きみたいなんです。
お酒とかを飲んだりすると、一瞬そんな感情が芽生えるんだけどなんとか踏みとどまったり、
いっぱいの人に自分の恥ずかしい姿を見られてる姿を想像して一人で感じちゃったり、そんな毎日でした。
私、背は150センチないくらいですごくちっちゃいんですが、ちょっとぽっちゃりぎみなせいか、すごくエッチな体なんです。
夏場にはよくちょっと離れた町ににエッチな格好をして行って、視線を集めたりして楽しんでいたんです。
それが、ある事件をきっかけにして、その願望がほんとうの冒険になってしまったんです!
いつもなにかエッチな体験は出来ないかとかんがえているのですが、そんな中でも去年の夏に一人で温泉に行ったときのことを報告したいと思います。
そのころチラッと見せるのに飽き足らなくなっていた私は、一度大胆に見せたい!と意気込んでいたころでした。
金曜日の晩に何気なくインターネットを見ていたら、その露天風呂のことを見つけて、いてもたってもいられなくなって、なんといきなり夜中の1時くらいに出発しちゃいました。
愛車のビータ君を飛ばして、ついたのはなんと朝の4時でした。
我ながらむちゃをしたな~、という感じでしたが、つくまでの間、本当にどきどきしっぱなしであっという間についてしまった感じでした。
まだ真っ暗だったんですが、なんとそんな時間にも何人かの男の人たちが入っていました。
その露天風呂のシチュエーションはほんとにすごくて柵もなんにもなくて、おっきな川の河川敷にいきなりお風呂があって、
橋とか周りの旅館から丸見えって言う、本当にこんなところがあっていいの?っ低う感じのところでした。
真っ暗だし、大丈夫かなっておもったんですが、最初はそのあまりにも開放的な景色に圧倒されてしまって、水着を着て入ることにしてしまいました。
車でしっかり水着に着替えて、その上からTシャツと短パンをはいて湯船に向かいました。
3人いたおじさんたちは私が現れると、いっせいに私の方を注目してきたのがわかります。
ごめんね、水着着ちゃってるんだよ、とおもいながら、水着だけになりざぶんと湯船につかりました。
うっすらと夜が明けてきていわゆるトワイライトな感じのなかでの解放的な露天風呂はほんとに最高です!
のーんびり、ぷくぷく~とつかっていると、おじさんたちが話しかけてきて、温泉談義に花が咲きました。
その時は1時間くらいお風呂にいて、ほのぼのとした気分であがって、車で仮眠をとることにしました。
さすがに疲れていたのか起きるなんと昼の1時になってしまってました。
夜とは違って温泉街は活気があって、人通りも車どおりも多く、うわーこれはあの露天風呂にははいれないぞ、という感じでした。
お腹もすいたしお昼どうしようかなぁーっとぶらついていると、夜にお風呂で一緒になったおじさんたちが川原でバーベキューをやっていて、
それに合流させてもらうことになりました。
その二人が今思えば作戦だったのか、ビールをどんどん薦めてきます。
どこから取り出したのか、バイクからワインまで出てきて、気分よくどんどん飲んじゃいました!
食材もお酒もなくなった頃、おじさん達は
「さあ酔い覚ましにお風呂入ろうっ」
なんて行っちゃいます。
かなり酔ってしまっていた私は
「あーん私も入るー」
なんて言ってついて行っちゃいました。
おじさん達は湯船につくと、どんどん服を脱いでさっとお風呂に入っちゃいます。
「あー、きもちいい!」
なんて私を見ながらわざとらしく言ってくるんです。
おじさん達とお酒を飲みながらかなりエッチな話をしてしまっていたので、もう歯止めがきかなくなっていました。
お風呂には10人くらい、まわりで見ている人が10人くらいいたでしょうか?
「おじさん、タオル貸してよー」
って言っておじさんが置いていった、タオルをつかむとえいって感じでTシャツを脱いじゃいました。
いっせいに私の方に視線を感じます。
いっきに短パンも脱いじゃって、ふと目線をあげると橋の上にも何人かの人が立ち止まって私の方を見ています。
ふふ、私の裸が見たいんでしょ?と思って、いっきにブラとパンティも取っちゃいました。
お昼の明るい中で、何人にも見られながら素っ裸になっちゃいました。
後ろの湯船にいる人たちからは私の背中とおしり、前の橋の人たちからは私の胸が見えちゃったはずです。
ぱっとさっきのタオルで前だけ隠すと、そのままたたたっと湯船につかっちゃいました。
みんなの視線が私の体に突き刺さる感じです。
湯船の中の人たちは見ない振りしながら、ちらちら私を見ています。
橋の方を見ると、さっきよりずっと人が増えています。
湯船の周りに見学する人まで出てきていました。
うわー、これだけの人が私の裸見てるのね・・・・っとおもうと、もっと見て!って思っちゃって、
タオルを前にたらしただけで湯船の端に腰掛けたりして、タオル直す振りしたりして、ちらちらと見せちゃいました。
その間もおじさんたちとエッチな話をずっとしています。
おじさん達も調子に乗ってきたみたいで、
「そんなもので隠さないで、みせちゃいなよ!」
「こひろちゃんのおっぱいみたいなー」
なんて言ってきます。
私もそれにあわせちゃって、
「えー、見たいの?ちらっ」
とかやっちゃって、そのたびにおじさん達はおおげさに
「おおーーー!!」
とか叫んでいます。
そのうちおじさん達は熱くなってきたし、川に入ろうと言い出して、
「こひろちゃんもきなよ」
って言って強引に私の手を引いて連れて行きます。
「もうー、私裸なんだよー」
なんていいながら私もついていっちゃいました。
湯船から川まで20mくらいあったでしょうか?
その中をおじさんに手を引かれて、前にハンドタオルをたらしただけで、うしろはおしり出したままで、何人もの人に見られながら歩いちゃったのです。
おじさん達,川につくと、もうすっぱだかになって私に水をかけたりしてきます。
「もうー、おじさん隠さなきゃー!」
なんていいながら応戦していると、おじさんの一人が
「こひろちゃんもすっぱだかになっちゃえ!」
っていいながら、強引に私のタオルをひっぺがしちゃったんです!
遂に白昼の川原でその頃にはすずなりに橋の上から見られてる中、素っ裸になっちゃいました!
おじさん達がタオルを取ったまま逃げたので、
「もー返してよー!」
って言いながら、おじさん達と川の中での追いかけっこが始まりました。
川はくるぶしくらいしか水かさは無かったのですが、思うように追いかけられません。
おじさん達は追いつかれそうになると逃げて、
「ほーら、こっちだよー」
なんてもう完全にもてあそばれています。
おじさんがタオルをたらして、私の方に向けるので、追いかけるときは両手で胸とあそこを隠しているんですが、
そのたびにどちらかの手を離してタオルを取ろうとしちゃいます。
そのたびに
「あー、こひろちゃんのおっぱい丸出し!!」
とか
「毛まで見えてるよ!」
とかはやし立ててきます。
酔っ払っていたせいか、ぜんぜん追いつけなく、だんだんと隠すのがつらくなってくるし、子供の頃のおっかっけ子を思い出して、
「待てー!」なんて言って、楽しんできちゃってました。
途中から、もういいか!っておもっちゃって、全然隠さなくなってました。
うわー、私、すっぱだかで昼間からはしっちゃってる、と思うと自分でも興奮してくるのがわかります。
見られる快感と開放感があわさって、ものすごく気持ちいいんです!
「ほうら、返してあげるよ!」
ってタオルを渡されたとき気がついたら、湯船の上のグランドまで素っ裸で走ってきちゃっていました。
我に返ってまわりを見渡すと何十人の人が橋の上からもグランドからも私をジーっとみています。
「きゃーっ」
って叫んで湯船に走っていって飛び込んだんですが、
「もうおそいよー」
「みんなこひろちゃんの裸見ちゃったよー」
なんて言われちゃいました。
その後、服を着ようと思ったら下着が無くなっていました。
こんな私ですが、またどんどん報告していくので掲載してください。
途中からぜんぜんエッチな話じゃなくなっちゃいましたね。すいません。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード