萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

歌舞伎町のヘルスで生中出し(続き)

前回の続き…

彼女「お小遣いくれるんやったらセックスしてもええよ。」
「えぇ?大丈夫なの?そんな事しても?」

「うん、構わんよ。」

「でも、お小遣いって幾らくらい?」

「う~ん、一万とか。」

しかし、この日私は飲み会と、このヘルス代で持ち合わせを使い果たしてしまい、帰りの電車賃を残すと3千円しか持っていませんでした。びっくりして若干酔いが醒めたとはいえ、飲み過ぎでペニスもあまり硬くならないし、疲れるからいいやと思い、正直に持ち合わせの金額を話し、お金がないから無理だよと彼女に言いました。

すると、「じゃあそれだけでいいけぇ、しよ。」との言葉が。

そこまで言われて断るのは流石に男が廃ります。
時間もあまりなかったので早速挿入準備を開始です。

話し合いですっかりしぼんでしまった私のペニスを彼女が再び口にし、私もお尻を向けてもらい彼女のアソコを指で攻撃しました。

そして、ある程度お互いに準備が出来、さあ挿入というときに、またしても彼女が驚きの一言。

「コンドーム着ける?それとも生で入れる?」

「え?」

「ピル飲んどるけぇ、生でしてもえぇんよ。」(やはり広島弁)

そこで再びシンキングタイム。「もちろん生で入れたいが、ピルを飲んで客をセックスに誘っているヘルス嬢に生で挿入して、病気は大丈夫なんだろうか?」

、と気の弱い私は瞬時に計算しました。しかしその時の私は物事を熟慮するには酔いすぎていました。

「え~っと、じゃあ一応生で。」
と力弱く答えると、再び萎えつつあるペニスを半ば強引に彼女のアソコに押し込みました。

挿入してみた感覚は、彼女のアソコの中が若干広いのか、私の半勃ちペニスが小さいのか、恐らく両方なのでしょうが、かなりユルユルでした。

必死におっぱいを揉み腰を振りますが、頭の方は酔いが醒め冷静になり、体だけは酔いの後遺症を引きずり、せっかくの生どうしの性器の摩擦にまったく体の反応が追いつかない状態で、なかなか彼女のアソコの中で硬くならない私のペニス。

結局亀頭で子宮を突き上げるあの感覚も味わえず、彼女もイマイチ気持ちよくなさそうな感じのまま何とか射精の時を迎えました。

「あぁ、もうだめだ、出そう。どこに出したらいい?」

彼女「どこでも好きなところに出してええよ。」

「じゃあ中に出すよ、ああっ!」

それは予想通り、いまいち勢いのない射精でしたが、彼女のアソコの中で3回、4回と痙攣するペニスと、彼女のアソコの中に満ち始めたぬめった精液の絡み合う感触は格別に気持ちの良いものでした。
そしてひとしきり精液が出終わった頃にペニスを引き抜きましたが、彼女のアソコからは私が中に出した精液が滴り落ちて来ていました。
ローストビーフの様にヒダの外側が茶色っぽく、内側が急に赤くなっている大陰唇と、赤紫に充血しぱっくり開いた小陰唇、そしてここが穴の入り口ですよとはっきり訴える様に白い液体を滴らせる肛門のすぐ上の膣口。

それを見た瞬間、今さらながらに私の性的興奮はマックスに達しました。

しかし悲しいかな、仕事を終えた私のペニスはすっかりふにゃふにゃ、いつものセックスの時や朝の起き抜けの時の様な赤紫に照り光る亀頭は何処へやら、です。

彼女は彼女で仕事を終えた途端(まだ時間は若干あったようなのにも関わらず)「おまんこの中の精子洗わんといかんけえ、もうシャワー行こう。」(広島弁)
とつれない態度。

かくして、やっと今まで起きた出来事にちゃんと興奮し始めた頃に新宿の街に放り出され、
終電も無くした私は始発が始まるまで新宿駅から中央線をひたすら線路沿いに歩き続けたのでした。

追記

彼女は「お小遣い」をプレイが終わった後にATMで降ろさせて要求する事も出来た筈ですが、そこまで考えなかったのか、はたまた疲れていてフェラチオが面倒で、とにかく勝手に射精して欲しかっのか。

今となってはよく解りませんが、広島弁を全く気にせず、あっけらかんとした彼女との一夜は若き日のとても良い思い出です。

職務質問

僕は一昨年警察に受かり、学校を出て、運良く地元の交番に配属されました。
家賃がかからないのは当たり前で、スナックに飲みに行って、未成年の女の子が働いてたら手帳見せて交渉して半額にしてもらったり、少しのセクハラなら許してくれた。
そんなある日、スナック街から外れたところにあるスナックに行ってみると、気の強そうなおばさんと戸田えりかそっくりの大人しい女の子がいて、いつも通り少し会話したあとに年齢を聞くと14歳!!
話を聞くと、小さい頃に両親が亡くなり、親戚であるママさんが引き取ってくれた代わりに働かされてるというのだ。
僕は少し悪いことを考えて、ママさんにこっそりと身分を明かして、「捕まりたくなかったらあの娘をトイレ連れて来い、来たらお前は店を閉めて一時間どこかに行け」と言って二万円を渡してトイレに向かった。
しばらくすると女の子がうつむきながらトイレに入って来て、鍵を閉めた。
俺は「何するか分かってる?」と聞くと、無言でうなずき俺のズボンを下げた。
フェラをさせ、服を脱がせると形の良いおっぱいが露になり、俺はピンク色の乳首にしゃぶりついた。

クンニをして何回かイカせた後、俺は挿入した。
女の子は「痛い!!」と叫んだが、構わず突きまくった。
中に出して、チンポを綺麗に舐めさせて写メも撮り、今では家に毎日呼んでます。
たまに友人に有料でヤラせてあげます。
その娘の学校の男を捕まえてヤラせたこともあります。
でも、普段は買い物で服とか買ってあげたりしてるんで±0なのか、すごくなついてて「結婚してくださいね」とまで言われてる。
まぁ、お前に出来る子供が女の子だったらしてやるよ。
将来が楽しみだからな…

歌舞伎町のヘルスで生中出し

私が中央線沿線に住んでいた頃ですから、もう5~6年前の話になりますが、勤めていた会社の本社が北区にあり、その日は勉強会に出掛け、その後は他の支店の皆との飲み会に参加して新宿に戻りました。

飲み会で結構な量の酒を飲み、かなり気持ちよく酔っていた私は、ふと思いついて歌舞伎町に向かい、風俗案内所で調べた一件のヘルスへ行ってみました。

そこは個室を持たず、近くのレンタルルームに女の子と一緒に移動して遊ぶシステムのお店でした。
気まぐれで立ち寄った私は指名もせず、店の人と一緒にこれから迎えに来るという女の子を店の外で待っていました。

しばらくしてちょっとぽっちゃりですが可愛らしくて大人しそうな22、23歳の子(だったと思いますが…)がやって来ました。

お店の人と別れた我々は、人で溢れる夜の歌舞伎町の街を歩き、5分程でビルの二階にあるレンタルルームへ到着しました。

そこからは普通のヘルスと一緒で、お互いにシャワーを浴びていよいよプレイ開始となりました。
正直この辺りの記憶は酔っていてあまりありません。女の子が色白でおっぱいが大きめだったことや、私が格好つけて「酒臭いからキスはやめとくね。」 などとのたまい、「優しいんやねぇ。(彼女は広島弁でした)」と言われたのは何となく覚えています。

ところが、この後私の酔いを一気に醒ますような発言が彼女の口から飛び出るのです。

酔いのせいか今一硬くならない私のペニスをしゃぶりながら、彼女が一言。「お小遣いくれるんやったらセックスしてもええよ。」

「えぇ?大丈夫なの?そんな事しても。」「うん、構わんよ。」

すいません。続きはまた後程。

続く…。

工事現場

とある山奥の工事現場でのこと。街からは相当離れ、みんな車通勤です。そこの事務員をレイプです。前々から若い清楚な事務員だったのでいつか犯そうと計画していました。その日は偶然天候も悪く作業員のいない日となっています。工事関係者を打ち合わせという名目で仲間に呼び出させ街にて打ち合わせを実行です。僕ら数人はそのタイミングを見計らい(事務員が一人で執務中)山奥へ出向きました。もちろん顔は知っているので目出し帽着用です。声もばれるといけないので目的のみを実行です。初めて会う奴に会話の担当をさせました。遠目でいるところを確認し、いきなり事務所へ進入です。もちろん目出し帽ですから事務員はあわてて逃げ出そうとしています。むろん山奥ですから誰にも声は届きません。休憩スペースみたいな所へ連れて行き、俺たちが何が目的か言わせました。事務員はお金ですかと言いました。見たらわかるだろと初顔の奴に勃起して膨らんでいるズボンを見させました。私婚約中です助けてくださいとせがまれました。なにもたっぷり気持ちよく射精させてくれたら怪我はしないよと言いました。俺たちは事務員が自ら犯されていく様が見たくて床に座り自分で服を脱ぐよう指示しました。事務員はベストと首のスカーフを取り、ゆっくりブラウスのボタンに手をかけました。徐々にピンク色のブラジャーが見えてきました。もちろん僕のペニスも硬直しズボンを膨らませています。ブラウスを脱ぐと次はスカートのホックに手をかけゆっくりファスナーを降ろしスカートを脚もとまでさげました。パンティストッキング越しに見えるブラとおそろいのパンティに妙に興奮です。なんと真ん中あたりにはヘアが透けるレースのパンティです。僕らはその状態からレイプに入りました。もちろん僕からです。全身の臭いをくまなく嗅ぎディープキスから入りました。舌を無理矢理出させ唾液をたっぷりつけてやりました。ペニスを取り出し少々ちんかすのついた亀頭をしゃぶらせました。ペニスが綺麗になったところで、ブラを外し両乳首が唾液まみれになるようシャブリ片手はスト越しにパンティを愛撫し続けました。もう我慢できなくなりストとパンティを降ろし陰部をまじまじ眺め舌でこじ開けヒダヒダから穴から唾液まみれにしてやりました。すでにでているマン汁と混ざりアナルの方まで唾液がしたたりイヤらしいです。いざ挿入しようとした時待って避妊してとお願いされました。もちろんそれも計画のうちに入ってましたから、しょうがないなと事前準備のスキン使用しました。もちろん事務員がそのことを確認できるよう事務員に穴のあいていない破れていないスキンを自らの手でつけさせました。ありがとうございますとこのごに起きる事の事態を把握せずに喜んでいました。初めのうちはゆっくりピストン運動をしてゴムに絡む白い白濁液を眺め楽しんでいました。若いせいか暖かくしかもヌルヌル感が最高で締まりも抜群です。やっぱレイプは興奮しまくりで射精感が起きてきました。最後に心配そうなのでだめ押しでほらゴムついてるだろと自らの手でゴムの根元やゴム自体を手で確認させました。そこで中に出すからなたっぷりと射精するからなと言いました。もちろんその様子は一部始終会話まで盗撮しています。そこでピストンを初めて途中一度わざとペニスを抜きましたその一瞬数秒で仲間に俺のペニスからゴムを外させすぐさまばれないように中に再び挿入です。もちろん偽精子入りのゴムも用意してあります。激しいピストンの後事務員に中に出すからなと最終確認し事務員もゴムがついていると思いハイと答えました。その言葉も盗撮しパンパンに堅くなったペニスから大量の精子を膣内奥へぶちまけました。引き抜くと同時にあらかじめ作成した偽精子ゴムを仲間から受け取りそれをさも取り外したように見せてほらたっぷりでたよゴムにと言ってやりました。理解していないためありがとうと言ってくれました。もちろん陰部からしたたる精子がばれないようにティッシュで本気汁を拭くふりをしてお掃除してやりました。そんなこんなで次は仲間も同様に犯してやりました。最後に撮影写真を渡し口止めしました。その後退社し結婚したようですが、数ヶ月後に出来た子供は誰の子かは未だに知る余地もありません。

歳の離れた妹にフェラから挿入に至るまで

舞は、現在は後藤真希の顔に安室奈美恵のスタイルをしています。
私が初フェラをしてもらった相手は、私が小6の時、この小1の妹でした。
夕飯の準備が出来たのを知らせにきた舞に、二段ベッドの上から

「ちんちん舐めてみて」

と言うと

「やだよ。汚いもん。」

と言われ、

「大丈夫キレイだから、お願いだから!」

と言うと、渋々舐めてくれました。舞が亀頭をペロペロしていると、

「お兄ちゃん、何か大きくなってきてるよ!」

と口から離したので、

「大丈夫、もっと出し入れして、そう、もっと早く」

と言って、口に出させようとしました。
すると、突然母が部屋に入ってきて「何やってるのあんた達!!」と言われ、

暗闇だったので現場は目撃されませんでしたが、説明を求められ、

「舞にちんちん舐めてもらってた」

と白状するとえらい勢いで怒られました。
その日の夕飯は、2人とも抜きでした。。。
それ以来、子供ながら、父も母も私たちのことを勘ぐっているのではないかという恐怖に何も出来ず時は経ちました。
しかし、6年後に母が死別し、19歳になった私は、たまにマッサージしてもらい、
そのお礼に胸をもんでやると本気で嫌がられましたが、普通にマッサージしてやる素振りで、
ちんちんを舞の寝転んだ状態から股間に押し当てピストンし、パンツの中で射精しました。
でも私がイッタことは当時12歳の舞はわからなかったようです。

しかし、それから私は彼女が出来てしまい、同棲していたので、そういう機会が無くなりましたが、
やはり血のつながりがあるもの同志の方が絶対興奮するはずと疑ってやまない私は、
虎視眈々とその機会を狙っていた私は、2度目の就職をし、28歳の時、関西に転勤になりました。
失敗に終わりましたが、その時私は、富士急ハイランドで妹強姦計画を考えていました。
もちろん、富士急に行く前の計画ですが、行き当たりばったりで車を運転して、
安いラブホに泊まる口実をつくり、酒を飲ませて寝ている所を襲ってやろうと考えていました。
薬も使おうかと考えていましたが、嫌がる舞を見ながら犯したかったので。。。
しかし、舞の休みが取れるのが微妙だったため、断念しました。

その後、舞から連絡がきて、「せっかく休みとったのに・・・。」と言われとてもショックでした。
時は経ち、現在35歳の私は、先日やっと13年越しの夢を叶えました。
父が緊急入院したため、会社を退職、世話をしようと実家に戻ってきました。
舞も半年くらいまでは東北で彼氏と同棲していたのですが別れて実家に戻ってきていました。
風呂上りを狙って携帯で盗撮や、のぞき、ブラやパンティを借りてオナニーもしましたが、
耐え切れず、風呂から上がり、服を着替え、部屋に入ったところを確認して、襲いかかりました。
いきなり押し倒し、キスをする私に、

「何するの、お兄ちゃん!!」

と言われましたが、私は構わず舌を絡めていきました。
Tシャツを捲くりあげ、形のいいおっぱいが出ると、まだピンクの乳首に吸いつきました。

「お兄ちゃん兄妹だよ、なんでこんなことするの!」

と言われ、

「ずっと好きだったけど兄妹だから我慢してたけど、もう我慢したくない」
「お前に今彼氏がいるのもわかっているけど俺のモノにしたい!!」

と言いながらパンティを剥ぎ取りました。

「やだよ、私、ダメだよ!!こんなの!!」

と泣きじゃくる舞のオマンコを舐め捲くりました。

「早く挿入しないと自分のモノにならない」

と思った私は、今までに無く熱く硬い勃起したチンポを無理矢理舞のオマンコに入れました。

「あ~!!ダメ入れちゃイヤー!!と叫ぶ」

舞に構わず

「もう遅いよ、舞、愛してるよ」

と自分勝手な事を口走りながら両手を押さえつけ、舌を絡めながらチンポを出し入れしていました。
夢にまで見た舞のオマンコの締りときたら今までの彼女達には悪いけど、死んでもいいと思うくらい絶品でした。

「お前の処女は、母さんにばれなきゃ俺がもらう予定だった。」
「あれから13年間お前とSEXすることだけを考えてきた。」

と本音をぶちまけました。

「彼氏と別れて、俺と付き合ってくれ!!」

と告白しましたが、

「イヤ、早く抜いてよ!!」

という回答でした。

「兄妹だから、別れることもないし、心配はいらないよ。心配ならオレの子供を作って欲しい」

と言ってる間に、あまりの気持ちよさに射精しそうになった。
先走り液は既に大量に出ていた。

「中に出すよ。舞の中があまりにも気持ちよくてお兄ちゃんもうイキそうだよ」

と言うと、

「中だけははヤメテ!!お願いだから!!」

と言われ益々興奮して、

「イクよ!中に思いっきり出すよ!!」

「ダメーっ!!!」

私はこの一発で妊娠してくれと神様にお願いしながら子宮口の一番奥に6回も精を放ちました。
(自分の1回の射精では新記録)舞はグッタリして泣いていました。
そんな舞に優しくキスをしてオマンコから流れ落ちる大量の精液をにっこり笑いながら見ていました。

「もうヤダ・・・。」

と言われていますが私は舞が妊娠するまでやり続け、中に出し続けるつもりです。
先日、彼氏とは別れさせました。どの道、兄に犯されたことがバレれば別れざるをえないと思いますが・・・。
私の夢は長い年月をかけて、やっと達成しました。
小学生の時にセックスしておけばもっと楽だったと思いますが、抵抗されるのも興奮して嬉しかったです。
これからは、「お兄ちゃん、中に出して。お願い」と言わせる様にさせるぐらい妹を愛してやろうと思います。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード