萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

性欲を満たしてくれる熟女

同じ職場に勤める彼女は50歳手前でもちろん人妻です。普段は仕事熱心で、出しゃばることもなく、かといって
決して美人でもなく、スタイルがいいわけではありません。又、雰囲気も身体付きも肉感的というのはほど遠い。しかし、積極的では決してないけど、キスをすると、向こうからも舌を絡めて来るし、おっぱいを揉んだり、乳首を口に含んだりすると、必至で声を殺そうとするけど喘ぎ声を出している。下半身の裸にして一つになろうとすると、自ら上も脱いで全裸になってくれる。正常位で挿入すると自ら両足をM字に大きく開脚して思いきり脚を顔の方まで待ちあげ、深い挿入が出来るようにしている。それに挿入するときはいつもあそこはもう準備OKでびしょびしょに濡れており、ふとももまで流れている。本当はすごく卑猥な女だと思う。彼女の言葉だと20歳で初体験をしてしばらくその彼と交渉を持った後、5年間位使うことはなく、もっぱらオナニーだけだったそうだ。その後結婚して現在まで今の旦那だけで、月に一度位夫婦の交わりがあるとのこと。
あそこを舐めたり吸ったりするともう悶えっぱなしの彼女。そんな彼女を問い詰めると夫との性交渉は全く臨んでいなくて、むしろ拒絶しているとのこと。だったら身体が疼くだろうと聞くと、「実は、夫に内緒で太くて長いバイブを使っているとのこと。ちんぽの方がいいんではと聞くと夫のちんぽは柔らかく、セックスの時でも半立ち状態でなかなか挿入出来ず、夫自ら手でしごきながら挿入しているが、腰を動かし始めるとすぐ抜けてしまう、すでに避妊手術をしているので中出ししても、全く感じなく、ほんのわずかしか精液は出ていないとのこと。イクなんてことは一度もないと。じゃあ俺とのセックスはどう?と聞くと「硬くて太いから入っているのがよく分かるし、長い時間気持ちよくさせてくれるから・・。フェラも要求すれば、精液もすべて飲んでくれる。
仕事が終わってあるところで待ち合わせをして、車の中でセックスをして1時間位したら別れている。でないとあまり遅くなると旦那に疑われるからとのことだけど週に3回位カーセックスを楽しんでいる。

人妻中田氏

何年か前の話しですが、人妻(当時25)を某掲示板でネットナンパしました。
最初はそのつもりはなかったのですが何度かメールやチャットで話しをしていたら相手からお誘いが。
据え膳喰わぬは恥と即OK。

実際に会ってみたらちょっとぽっちゃりだったがタダマン出来るなら有る程度は我慢と自分に言い聞かせ取り合えずそのままホテルにしけ込む。
部屋に入るなり速攻で脱がして胸とアソコを刺激してやったら
「シャワー浴びてから」と言われ渋々シャワールームへ。
一緒にシャワー浴びている間も各部への刺激を続けていたら我慢出来無くなったらしく、チンポを掴んでくる。
しかし、まだ入れてやらない(笑)

ベッドに戻ってクンニや指で散々弄くり回したら
「入れて〜〜〜」とせがんできたので
「そのままで良い?」と聞くと
「うん」と嬉しい返事が(^^)v
そのまま生で一気に挿入。
ガンガン突いてやったら白目剥いてイキまくってる。
15分ほどして自分もイキそうになったので
「このままで良い?」
と確認したが人妻はそれどころじゃないようで返事無し。
まぁ、生を許容するくらいだから大丈夫かとそのまま膣奥に大量発射。

暫く繋がったまま余韻を楽しんでいたらチンポ復活、そのまま2回戦に突入。
またもや白目剥いてイキまくっていたので今度は断り無く膣奥に発射。

抜いてアソコを見てみたら泡立った精子がだらりと垂れてきて滅茶苦茶エロイ!!
もう一回戦行きたかったが休憩時間の残りも少なくその日は断念。

帰り際に
「また会ってくれる?」といわれたけど
「機会があったらね」と逃げw
後日来たメールで妊娠はしなかったと言う事なのでメアド変えて終了

あの人妻、まだやってるのかな?(爆笑)

真面目な妻はふしだらな妻

妻41歳
私41歳高校の同級生で結婚した。

私たち夫婦はお金を稼ぐ為副業で
朝、新聞配達をしている。

最近、妻の様子が変だ。
本業の仕事は4時には終わるはづなのに
毎日、仕事遅くなると連絡が入り、夜9時ごろ帰ってくるようになった。

妻を疑い始めたのが
2ヶ月位前の新聞店での朝の一言だった。

妻と同地域を配達している男がいる。
名前はF巻。年齢は45位。
あまり、女性にもてるような男性には見えない。
どちらかと言うとオタクっぽい感じ。
私は友達には成りたくないタイプ。

そのF巻が妻の名前を呼び捨てにしている。
それまで、妻とF巻が話などしているのを見た事がなかった。

その数日前、妻の所属している、班で会議があり、そのあと、恒例の飲み会。
それは、どの班でも行われている事であるが。

何時もは、酒が飲めない妻は人より早く飲み会を抜け出し帰って来ていた。
昨日は最後まで飲み会に参加していたと帰りは遅かった。
妻と同じ班の人に、
「家の嫁さんメ面しく最後まで居たみたいですね。」
と話をした。その時、帰ってきた言葉は
「早く帰ったよ。そうそう、F巻さんが具合が悪くなってね。奥さんが家まで送りますって
  二人で先に会場出たよ」と
酒が飲めない妻は飲み会の会場まで車で行っていた。
「そうなんだ。」その時は妻は優しい性格なのでそれ位してあげるかなって思いました。

新聞の配達が終わり家に戻り妻に
 「F巻さん、お前の事名前で呼び捨てにしてたよね」と言うと
  「エッ!気が付かなかった。飲み会で話したから身近に感じるようになったのかな」と
私はその時同じ班の人に聞いた事を妻に言いました。
そしたら、言い訳が始まり
「配達地域の事でわかんない事があったから一緒に車で廻ってもらっていたの。
 その事を言ったら貴方、心配するでしょ。だから、黙っていたの」と言われ妻に不信感を持ちました。

次の日にはF巻は妻を呼び捨てにせづ、●●さんになっていました。
もう連絡したのが丸見えです。

それから、数日後、私は新聞配達が休みでした。
休みでしたが、用があり新聞店に出かけると会社の外でF巻と妻が話をしているのが見え気づかれないように
チョッと離れた所に車を止め、二人の会話が聞こえそうな近くまで行って身を潜めていました。
声は聞こえるのですが、内容まではわかりません。
それから、妻たちは配達へと出発しようとした時
「早く、配り終わって何時もの所でまってる」とF巻は言い残し発車。
妻はうなづき手を振っていました。

心配になり私は、妻が配達を終わる時間を待って、妻が通るであろう道の駐車場で車を
止め待っていました。妻が車の前を通過。妻の後を追いかけました。尾行です。

配達はバイクでしているのですが、ある、プレハブの前でバイクが止まりました。
妻の配達地域は、農部の地域で畑仕事の間に休憩するプレハブでした。

妻はそのプレハブの中に入っていきました。

私は、チョッと離れた所に車を止め、小走りにプレハブにちかづきました。
心臓はドキドキ。足はガクガク。

そっと窓から、中を覗き込むと中にはF巻が缶コーヒーらしきものを妻に手渡していました。
そして、椅子に座り二人は向かい合ってなにやら話をしていました。

F巻が立ち上がり、座っている妻の後ろに立ち妻の肩を触り始めF巻の顔が妻の首筋に
そして、顔と顔とが重なっています。唇を重ねているのでしょう。
それを見たとき怒りと悔しさでその場へ行こうと思いましたが、腰が抜けた感じになり歩けません。

私は、窓の外から中を眺めるので精一杯でした。

そして、F巻は妻の胸へと手が伸び服の上から触っています。
妻は、拒むことなくなすがままになっています。

そして、服を一枚づつ脱がされています。ブラジャー姿の妻を見たとき
凄く女性を感じてしまいました。

妻は一人の女性になっていました。
そんな、妻を止めることが出来ない私自身に腹たちましたが、妻がどのように変貌するかと言う
興味も沸いてきました。

妻のブラジャーが外され、胸があらわになり乳首をF巻はコリコリを撫で回しています。
妻のあえぐ声がチョッと聞こえてきます。

妻はたたされ、下半身も露にされ立ったまま全身を愛撫さてています。
F巻の手が妻の大事な所に行き、触られています。
妻の体が弓なりに仰け反っていきます。

F巻は妻に何や言っています。妻はF巻のズボンを下ろし、トランクスの上からF巻のチ●ポを触り
トランクスを下ろし膝まづいて咥えはじめました。

私が覗いている方向からはフェラチオしている妻の顔が良く見えます。
目をつぶりF巻のチ●ポを口の中に入れたり出したり、時にはカリに下を這わせたり
結婚して長いのですが、私にはした事のないような事をしています。

何か私の中ではアダルトビデオを見ている感覚になってきています。
また、F巻が妻に語りかけ、フェラチオを辞めました。そして、妻を後ろ向きにさせるとバックから
そそり立ったF巻の一物を妻の中へ。
F巻がゆっくりと腰を動かしながら胸を揉んでいます。妻はテーブルに手を書け喘いでいます。
一度一物を抜き、F巻が椅子に腰掛けました。その上に、妻が乗りまた、上下運動が始まりました。
F巻の腰がくねくねと動くのにあわせ、妻の胸が上下します。

動きが早くなり、一瞬、ピクッとすると二人の動きが止まり抱き合ってキスをしています。
濃厚なディープキスが終わると二人は離れ下着を着け始めました。

私は気づかれないようにその場を離れ、車に乗り先に家に戻りました。

しばらくして、妻が帰ってきました。
妻は私に気づかれないようにシャーワーを浴びに浴室へ、私は先ほど見た光景が頭の中を駆け回っています。
怒りを抑えつつ、私も浴室へ向かい何もなかったように装い、妻に話しかけました。
話している間、私は妻のパンティーを手に持て臭いをかいでいました。ソコには透明な液体が付、精子の
臭いが・・・・。私は我慢できなくなりシャワーを浴びている妻の後ろに立ちF巻と同じ事を妻に・・。
妻は何するのって拒んでいます。しかし、そんな声は頭が爆発しそうな私には聞こえません。
妻のマ●コを舐めようとしたときF巻の精子が垂れてきているのが解りました。
何時も以上にそそり立った私のペニスを妻の中へ。

妻が浮気をした事に異常な興奮を覚えている私は変なのでしょうか。

浮気に関して後日妻に見た事を言ってみようと思います。

妻がどんな態度で返してくるかが楽しみです。

その時、また、書き込みます。

高1のとき

テニス部の3年の美佳先輩が2年生の章君に告ったけど、1年生のみどりと付き合ってるからって断られた。
そのことが学校で噂になって、美佳先輩はプライドが傷付いてた。

部活が終わって、美佳先輩達3年生3人と私達1年生3人と2年生3人とで体育館の倉庫に行くと、美佳先輩を振った章君とみどりが抱き合ってキスしてるところだった。

美佳先輩の親友のユキ先輩がめちゃめちゃキレて「あんた達、何してんのっ?!」と怒鳴った。
二人はパッと離れたけど、みどりのブラウスははだけていた。
慌てて出て行こうとした二人を捕まえて「続きを見せてよ」と言って、みんなで笑った。

みどりの制服が、あっという間に脱がされ章君は「やめろ!」って叫んだけど、その章君はみんなに押さえつけられてた。
ユキ先輩は「章も脱がせな」って言うから、みんなで章君のズボンとパンツも脱がせた。

みどりは泣いてたけど、無理矢理見せながらユキ先輩は章君のペニスをしごいた。
章君は「やめろ!やめろ!」って言いながらも、どんどん勃起してきたから激しくペニスをしごいて射精させた。

ユキ先輩は、みどりに章君の射精したばかりのペニスを舐めさせて また勃起させた。
「さあ、みどり、上に跨がって入れな」って言うと、みどりは「嫌です、まだ入れたことないし…」って泣きじゃくった。

それでも章君のペニスはカチンカチンに勃起していた。
面白がって、持っていたベビーオイルをたっぷり塗って、勃起してるペニスをしごいた。
みどりのマンコや乳首もベビーオイルを塗って触ってると、マンコは凄く濡れてきた。

無理矢理みんなで みどりを持ち上げて、章君に跨がせて座らせた。
みどりのマンコにもたっぷりベビーオイルを塗った。

ペニスを持って先をみどりのマンコに差し込んで、みんなで押さえつけて挿入させた。

みどりが痛がり「いや〜〜痛い痛い」って泣いたけど、章君はすぐに出ちゃったようで「みどり、ごめん ごめん」って泣いて言ってた。

あの時の光景を思い出して、あのあと何度もオナニーしたのは私だけじゃないはず。

復讐

35歳の主婦です。去年、バツイチの親友が旦那を寝盗りました。他の友達に酔った勢いでベラベラ喋ったのを教えてもらいました。
それを聞いて私は彼女に復讐する事にしました。彼女の大事な一人息子を誘惑する事を…。

親友の息子、優太は中3で受験を控えていました。学校帰りの優太を待ち伏せ「車で送るわ」と載せ「その前に買い物を降ろすから」と言ってうちに連れて来ました。
荷物を降ろすのを手伝ってくれた優太に「お茶飲んでく?」と誘うと何の疑いも持たずに「じゃぁコーヒー」と笑顔を見せました。

コーヒーを飲みながら優太に質問しました。
「優ちゃんは彼女っているの?」
「いないですよ。受験生だし…」
「じゃぁキスは?」
「まだですよ〜(顔が赤くなる)」
「じゃぁ…童貞なんだ…?」
「えっ?…」
暫し沈黙の後「ま…まぁ…」と顔を背けた。
私は優太の横に座って耳元で「SEX…してみたい?」と囁いた。
驚く優太にキスをし舌を絡ませるとビクッてして固まった。
そのままジッパーをおろし、半立ちのモノを出すと素早くくわえた。
「え?わっ…ちょっ…夏美…さ…」抵抗しようとしましたが小さなモノは直ぐに硬くなりました。そのまま舌で舐め続けると「あぁあっ!」と喘ぎ、口の中で出しました。
それを飲み干すと私は全裸になり「舐めなさい…」と優太の顔を強引に胸に押し付けました。すると優太は戸惑いながらもチュッと乳首にキスをした。
「ほら…もっとよ!もっと舐めなさい!」「夏美さん!」レロ…チュウ…チュパチュパ。優太は夢中で胸を揉み、乳首に吸い付いた。
「ハァ…そうよ…いいわ…ほら…下も舐めるのよ?さぁ…」私はソファに寝転ぶと足を開いて両手でアソコを拡げました。自分でも濡れているのが判りました。
「ほら、ぷっくり膨らんでるのがクリよ」優太は言われるがままにクリや穴を舐めました。
「ね…入れたい?」そう言うと優太はコクリと頷きました。「フフ…可愛い…」私は優太にキスすると優太を寝かせ、ゴムをつけるとゆっくり腰を落としました。
「は…夏美…さん…」まだ幼さの残る優太の顔が産まれて初めての快感に歪みました。
「ね?気持ちいいでしょ?これがSEXよ!」グリグリと腰を動かすと直ぐに「夏美さん!イク!」と私の中で果てました。
こうして優太の童貞を奪いました。

終わった後、自己嫌悪に陥っていた優太でしたが、快楽を忘れられず私との情事を重ね、成績はガタ落ち。受験に失敗しました。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード