萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

中継

その部屋に住もうと決めたのは、都心の駅から近く家賃が安かったからだった。

今年の春に三年目の大学生活を迎えた彼女は、昨年まで親の仕送りに頼って生活していた。
しかし、前回帰郷した際に進路のことで両親と折合いが悪くなり仕送りを止められてしまったのだ。
仕送りを止めればすぐに反省して謝るだろうと両親はタカをくくっていたが、娘は自立の道を選んだ。

二年間住んだ部屋は気に入っていたけれど、仕送りなしで住めるほど安くない家賃。
引越しすることを決めると、女子大生の娘は、すぐにバイトを始めた。
地方都市で良家の箱入り娘として育ってきたため、自立して生活することに憧れを抱いていた。
多少、世事に疎いところはあるけれど、非常に聡明で賢い娘だった。

不動産屋を回っていた娘は、駅から近く他の物件と比較しても格安な賃貸マンションを見つけた。
あまり安いので付近の住人達にそれとなく聞き込みをしてみたが事件が起きた形跡もなかった。
そうして一通りの疑念を払拭した娘は、真新しい雰囲気のワンルームマンションに入居を決めた。

必須科目の殆どは二年生の時に履修済みだった。今は僅かな必須科目と幾つかの選択科目があるだけ。
ゼミを含め大学へ行くのが週に半分程度の娘にとって、バイトをすることに何も支障はなかった。


両親の束縛を離れてのびのびと生活を始めた娘の部屋に、ある日小包が届けられた。
貧相な茶色い包装の中から現れたのは、何も描かれていない真っ黒い縦長の箱だった。
好奇心に駆られた娘が箱のふたを開けると、陰茎を模した紫色の電動バイブが入っていた。
透明なビニールに包まれ密封された電動バイブ。もちろん実物を見たのは初めてだった。
娘は何度も宛名を確認したが、間違いなく自分の名前と住所が書かれている。

…何のために、こんなイタズラを…誰かしら。と、娘は思案したが誰の顔も浮かばない。
それもその筈だった。それは彼女の知り合いから送られたモノではなかった。

この部屋の本当の大家は、彼女が一度挨拶を交わした愛想のいい老人ではなかった。
実際の持ち主はチンピラくずれのゴロツキであり、老人は表の対応をする為に雇われていたのだ。
引っ越してきた彼女の部屋には、室内を覗き見するためのビデオカメラが幾つも隠されていた。

影の大家は、撮影したビデオを使い、インターネットで赤裸々な娘の私生活を配信していた。
無論、バイブを見つめて驚く娘の反応も、匿名の男たちの目前にさらされていた。
真っ白い肢体を無防備に曝す清楚な面差しの娘に、序々にアクセスが集まり始めた。

品の良い小さな顔立ち。いかにも『お嬢さま』的な雰囲気は立ち居振る舞いからも分る。
平均的な身長でほっそりとした肢体。染めている訳ではなく微かに茶色がかった髪は背中に届く長さ。
くびれたウェストと締まった尻の曲線が美しく、黒目がちな瞳と小さな口元が愛らしい。

娘にも微かな好奇心はあったものの、バイブを包むビニールの封は開けなかった。
部屋の片隅に仕舞われままになった箱。が、意外にも早く箱が開けられる日は訪れた。

ある日、影の大家に雇われた男が合鍵を使って娘の留守を狙って部屋に侵入した。
その男は、帰宅した娘がいつも飲むジュースに怪しげなクスリを混入して立ち去った。
男が持ってきたクスリは催淫作用のある媚薬。娘を陥れる罠が大きく口を広げてゆく。

何も知らずにバイト先から帰宅した娘は、いつものようにジュースを飲みくつろいでいた。
だんだんと下腹部の火照り始めた娘の視線が、知らず知らず黒い箱を探していた。
…ちょっとだけ。そうよ…ちょっと触ってみるだけよ。…すぐにしまうから。

箱を開けビニールの封を切ると微かにゴムの匂いがした。
娘は先週、箱に同封されていた説明書を読んでいた。簡単な用意を済ませて電源を入れる。
ヴぅ〜ん…ヴぅヴヴ…ヴヴ…。
低いモーター音がして握った娘の手に振動が伝わってきた。

おそるおそる娘は部屋着の中へバイブを潜り込ませると股間付近にバイブの先端を押し当てた。
娘の手に宿った好奇心がバイブの先端を股間の中心へ向かわせていく。
「…ぁ。」
陰門周囲を移動させるうち敏感な場所を見つけてしまった。白い肢体に快感がはしった。
独りで耽る淫猥な遊びに、娘は時間を忘れていた。気が付いた時には夜も更けていた。
愛液がショーツにシミを作っていた。潤んだ瞳をしたまま、ぼんやりと娘はそれを洗った。


白い顔を火照らせてバイブで遊ぶ娘は、翌週には部屋着を脱ぎ半裸になっていた。
下着を脱いだ股を大きく広げ陰門を広げるようにバイブの先端を這わせていく。
まるで誰かに犯されているような錯覚を感じて、妄想の中で娘は興奮した。
陰門の淵を廻り膨らんだ陰核を刺激した娘は、独りヨガって悶えた。

カメラの向こう側では匿名の男たちが彼女の痴態に股間を膨らませていた。
娘の淫らな姿を克明に映し出すため、影の大家に度々カメラの位置は変えられていた。
紫色のバイブが淡い桜色の陰唇に沈むのを匿名の男たちも待ち望んでいた。
すべてが影の大家の思惑通りになっていた。

理性の一部がバイブの挿入を拒んでいた。超えられない一線を娘は守り続け、数週間が過ぎた。

更にアクセス制限が設けられた娘の部屋だったが、閲覧者が減ることはなかった。
娘の知らないところで、邪悪なテロップが流れ始めていた。
『処女のお嬢さまの白いカラダに一番乗りしませんか?可愛いオ○ンコにぶち込めるチャンス!絶対安全。』
彼女を目当てにオークションの申込みに殺到した匿名の男たちの欲望が露わになった。

やがて、権利を落札した数名の男たちの元へ、影の大家からメールが届けられた。
そのメールには、ツアーに参加するための集合場所と時間だけが記載されていた。。

俺がなぜ精液やフェラに興奮するのか

関東地方と言っても、かなりのど田舎に住んでいた中学時代…放課後の楽しみは、友達ん家でオナる事だった。
親の帰りが遅い友達の家は、イカ臭い童貞オタク少年だった俺たちのたまり場だったのだ。へったくそなマンガを描いたり、ゲームをしたり…女の子の「お」の字も無い青春。「綾波でなら100回ヌケル」とかなんとか話しながら、買いためたエロ漫画でオナるのが日課。なんとも情けない日常だった。
そんな日常が変化したのは、中学2年の春休み。お互いのをフェラし合ったことから。
きっかけは「自分以外の人にしごかれる」快感ってのを味わいたくなり「オナニーの延長だから」なんて言い訳しながらお互いのをしごき合った事から。これがスゴく気持ちよかった!!
こうなれば、後は欲望のまま突き進むのが童貞オタク。しごきあった3日後には、もうしゃぶりあってた。「俺たちは女の子が好き。でも、オナニーの延長でフェラしあう」ってのを言い訳に、キスやアナルはしなかった。
ぶっかけたいと言えば顔射も試す、口内発射は当たり前…。ふたりの関係も普段はなんともないが、フェラしあうときはSとMがはっきり分かれるようになった。友達の親が2泊3日で家族旅行にいった時なんて、居残った友達とほぼ3日まるまる裸で過ごした。ゲームするのも、メシ食うのもみんな裸。気の向いた時にチンポを口元へ持っていきしゃぶってもらう。エロ漫画が100冊も散乱するなか、1日ふたりで10発はヌきあった。ちなみに、これが俺の一番楽しかったセックスの経験かも。
高校に入ってからは、学校も違ったし彼女ができたりと、さすがに回数は減ったけど週1回はしゃぶりあい。お互いに高校のオタク仲間を巻き込んで、3Pも経験。大学でも、定期的に合ってはプレイ。お互いに結婚した今ですら、仲間を増やしながらやってる。
三つ子の魂100までもか、アナルや男同士のキスには興味がないが、チンポやフェラ、精液には異常に興奮する男になってしまった。

悪い先輩

先日の飲み会の後後輩を頂いちゃいました!二次会も終わり同じ方面の人間はタクシーに乗って解散って事に一人降り、二人降り残ったのは俺と後輩だけ…先に俺が降りるんだが、後輩はかなり酔っててなんかヤバイ感じなんで俺が送って行くことにした…この時点では頂こうなんて微塵も思ってなかった!なんせ後輩はデブスなんで…着いてタクシーを降りてもフラフラしてる仕方なく俺も降りて肩を貸して部屋まで…玄関を開けて部屋に入るとワンルームできちんと片付いていた、仕事もきちんとしてるのは普段からきちんとしてるからなんだなって変に感心した!クッションを枕に寝かせてホッと一息!ふと部屋の角に干してある洗濯物を見て驚いた!でかいカップのブラと紐パン!パンティは見たところ全部紐タイプ!こいつ遊びまくってるんだなと思うとイタズラ心が…
苦しくないかって声をかけると苦しいって言うんで横に向けてブラのホックを外してやった!すみませんって恐縮してる…俺も横になり手を回して背中をさすってやる、楽そうだ…顔を近づけるとぼんやりしたままなんで思い切ってキス…ビックリしているが抵抗はしない…これは頂き!ブラウスの上から胸を触る…かなりでかい!「止めて下さい」もがきだしたがブラウスのボタンを外してブラをめくりあげる!遊んでるわりには綺麗なピンクの乳首乳輪も適度の大きさ!「お願いです、止めて下さい!」と小さな声…無視して揉む舐める吸う舌で転がす、喘ぎ出した!スカートのサイドファスナーを下ろし脱がせようとするがさすがに抵抗してくる!口をキスで塞ぐ!うがうが聞こえる、しかし抵抗することで腰を浮かせてもらわなくてもあっさりスカートを脱がせられた!案の定紐パン!足の間に割って入り上から触ると湿っぽい!片方の紐を外して直に触る、のけ反る後輩、しばらくクリを攻め続けた、そうして片手で自分のズボンとパンツを下ろした!もう片方の紐を外す…後輩は小さくすばやく首を振っていやいやを繰り返す、俺のはカチンコチン!入口を探り当て沈めて行く、遊んでる割には締まりが良いのか、入れさせまいと力を入れているのか、かなり潤ってるのになかなか入って行かない!後輩は感度が良いのか騒ぎっぱなしだ!それでもこじ開けるようになんとか奥まで達した…締まりがよいのと時間がかかった事で動き出してすぐにイキそうだった!生理がいつか聞こうと口をはなすと俺の動きに合わせて「痛い!」を繰り返す!エッ?と思って俺のを見たら血まみれ…「すごく痛い…まだ終わらないんですか…?」涙ながらに聞いて来るので生理はいつかを聞いて「じゃあ早く終わるからね!」痛がるのを無視して動きを加速してたっぷり中に放出!つまり処女に生中出し!てっきり遊びまくってると思ったのに処女とは…今まで処女に当たった事がなかったからわからなかった…終わった後後輩は痛みから開放された為かホッとした表情に、俺はレイプじゃない事のフォローのためにそのままの状態で「君が可愛く思えて…」とか「俺達今一つなんだよ!」とか必死で優しく囁いた!その甲斐あって後輩も和んできた…俺もレイプで騒がれる事はなくなったなと一安心…すると男の性の悲しい事、入れたままのが軽く起ってきた!「ゆっくり優しくするからもう一度してもいい?」後輩はこまった顔をしたが頷いてくれた…今度は優しくゆっくりていねいに…後輩も動いてる時はまだまだ痛いようでしがみついて耐えてたけどそれ以外は気持ち良さを感じられたみたいで自然に喘いでた…
次の日何故みんな紐パンかを聞くと、なんと太ってるんでなかなかぴったりなのがなく、たどり着いたのがサイズ調整しやすい紐パンだったとさ!

夜行バス

飲み会で賑わう週末の電車。彼女は、会社帰りに友人と飲んだあとの帰宅途中だった。
車中で娘は、これから乗り換える私鉄電車の終電には間に合わないかも知れないと思っていた
けれど、ターミナル駅まではやってきた。彼女には郊外の自宅へ帰るための当てがあった。

彼女の自宅が在る最寄駅は、ターミナル駅から急行電車に乗っても1時間以上はかかる距離。
郊外の自宅までタクシーを使うなど勿体無い。と、いうか。幾らかかるか想像もできなかった。

しかし、以前残業で終電を逃した時に、娘はターミナル駅から夜行バスが出ている事を偶然知った。
夜行バスの料金は娘の昼食代程度だった。バスの終点からタクシーを使えば初乗り料金だけで済む。
だから、夜行バスの存在を知ってからは、終電車に乗るために必死になって走ることもしなくなった。
たとえ乗り遅れてもなんとかなる。それに、夜行バスは、ちょっとした小旅行のようで楽しかった。

とりあえず駅構内でトイレを済ませてから彼女が外に出ると、タクシーの行列が延々と続いていた。
みんな、深夜バスがある事を知らないのかしら。と、行列を横目に見ながら彼女は足を進めた。
娘は、ロータリーから少し離れたバス乗り場へと歩いた。夜行バスの利用者は意外と少ない。
停留所には、もうすでに夜行バスが停まっていたが、いつもどおり先客はまばらだった。
どうせ終点まで乗ってゆくのだから発車するまでに眠ってしまおう、と娘は思った。

夜行バスは大型で、ゆったりとしており最後尾にトイレ設備もある。長距離用バスのいいところだ。
娘は、比較的空いているトイレの前席に座った。少し寒い。座席に置かれた毛布を膝にかける。
空いていたから2人掛けの椅子に1人でゆったり座った。窓際にもたれると寝息をたて眠り始めた。
少し酔いが廻っていたせいもあり、程なく彼女はぐっすりと寝入ってしまった。

夢うつつに隣りに人の気配を感じた。眠りの中、バスのエンジン音が遠くに聞こえていた。
『…声は出せないよ…君は…わたしの言う通りに…なるんだよ…いい子ちゃん。』

まだ、まぶたを閉じていた娘の顔に、むっとするような生暖かい息がかかっていた。
『…手も足も…オレが言う通りにしか…動かせないよ…言うとおりに…動くんだ…。』
何だろうと薄っすらと目蓋を開いた娘の隣りには、いつの間にかオヤジが座っていた。
その隣りに座ったオヤジは、あろうことか彼女に抱きついて腰に腕を廻していた。

「ちょっと。なにしてんのよ!やめてくださいっ!」 と、言おうとした。
が、声が出ない。何をされた?何で声が出ない?その異常事態に娘は驚いていた。
隣のオヤジを押し退けようと思ったが、手も足もピクリとも動きはしなかった。
まさか…ひょっとして、これ夢なの?どうなってるの?…夢なら早く覚めてっ…お願い。

残念ながら夢ではない。娘の太腿を撫で回していたオヤジの掌が下着の上から恥丘を捉えた。
その気味の悪い湿った触感は、これが現実なのだと娘にわからせていた。

身動き出来ず声も出せない娘の耳には、乗客の寝息だけが聞こえてきた。皆、眠っている。
眠っている間に、尻の下に敷かれていた筈のスカートはオヤジに捲くり上げられていた。
下着で直にシートに座っていた。尻は心持ち拡がっており敏感な部分が座席を感じていた。
やがて、オヤジの指先が娘の小さなショーツを意地悪く、ゆっくりと、ずらし始めた。

娘の両脚の間には、いつの間にかオヤジが持ち込んだらしい大きなカバンが置かれていた。
わたし…脚を開いたまま眠っていたの?ずっと…。娘は、あまりの羞恥に赤面した。
閉じることの出来ない娘の股間で、オヤジの指先が自由自在に蠢き這い回っていた。
眠っている時にもこうして、わたしのアソコをいじっていたの?いやっ。やだ。

娘が想像した通り、オヤジは熟睡していた彼女の股間の感触を存分に愉しんでいた。
無意識の中でじっくりと弄られた娘の下腹部は、温かく柔らかに潤んでいた。
充分に潤んだ娘の陰唇を混ぜるようにオヤジの指先が易々と侵入してきた。

ぁあ…。ぃや…。咽喉に引っ掛かった声が外へ出てゆかない。自分の息が熱いのがわかる。
かぶせられた毛布の下で、オヤジの腕に太腿が更に大きく開かれている。
娘の片足は拡げられた結果オヤジの足の上に乗せられていた。
まるで股間を突き出すような格好で股をひろげた娘は、既にオヤジのオモチャだった。
「…ほら。聞えるかい?」
そう言ったオヤジの指先が陰唇の浅い部分をひくつかせると、ぴちゃぴちゃと陰唇が音を立てた。
「…ふふっ…なんて可愛いんだ…アソコが、びちょびちょだぞ…」

やだっ…ぁ…触らないで…。ソコは…ぃや…ぁひっ…ぁんあっ…あ゛ぁ…。

「…こんなにケツを振って…したいのか?…ひひっ…むんっ!!」
押し殺した唸り声と共に、ぐいっとオヤジは自分の腰の上へ娘を引っ張り上げた。
オヤジの上に座るような格好になった娘の太腿が毛布の下で再び大きく広げられた。
開いた娘の股間の下からは、オヤジの陰茎がむっくりと起き上がってきていた。
「…ふふっ…いけないコだ…お仕置きしなきゃあ…なぁ。」

娘の股間を執拗に捏ねていたオヤジの掌が、起立した陰茎の先端を捉えて包み込んだ。
掌に収めた亀頭を濡れそぼった娘の股間の裂け目へ押しつけると陰唇と亀頭は混ざり合った。
…ぁ・ぃや…ぁあっ…声が…でちゃ…ぅ…ひぁあっ…ィヤ…ぃや…ぁはっ…あ・あぁ…
潤んだ陰唇の奥へとオヤジの陰茎がゆっくりと沈むと、反り返った娘の背中は快感に震えた。。

離島

卒業旅行と称して、女子大生の娘たち3人は離島への旅行を計画した。
半日以上かけての船旅は、大学生活の締め括りに申し分のない思い出になる筈だった。
民宿を予約した。この島の観光シーズンは夏。空いている筈だった。もうすぐ春がくる。

娘の1人が民宿の予約をしたとき「島の秘湯」の話しを女将から聞いていた。
昔から島の鍾乳洞の奥には温泉が滾々と湧いているのだという。ミステリアスではないか。
娘たちは、島での楽しみが増えたことを喜んだ。秘湯は思いがけない旅のオプションだった。

彼女達が島に着いたのは夕刻だった。早朝に港を出た客船は、途中の島で乗り換えていた。
乗り換えた小さな船が着くと、島の漁港には民宿の女将が丁寧に出迎えに来ていた。
「いらっしゃいませ。長旅でお疲れでしょう。ささ。どうぞ」
と、娘たちを案内をしてくれた。

民宿に着いて海を臨む景色のよい部屋に通され、娘たちは一息ついた。
「感じのいいところね」
「親切そうね」
「のんびりくつろげそうで良かったわぁ〜」
部屋に重い荷物を置いた彼女たちは口々に言って足を伸ばした。
程なく「お夕食のご用意ができました」 と、手際よく女将が部屋へ配膳をしてゆく。
「うわぁ〜アタシおなかぺこぺこ〜っ」
「あらぁ。おいしそうね?」
「いっただきま〜っす」
その夕食は娘たちの期待を裏切らなかった。新鮮な海の幸。どれも抜群に美味しかった。

「ごちそうさまでしたぁ」
「こんなに食べたら太っちゃう」
「美味しかったワぁ」
娘たちは空腹を満たす以上に満足していた。
「あのォ〜お電話で伺ってた、温泉ってここから近いんですか?」
「えぇ近くですよ。そうねぇ。お客さんたちだったら歩いてもスグ着いちゃいますよ」
「それじゃあ、これから行ってみる?」
「そんなに近いンなら。ちょっと行ってみましょうか」
「えっと。混浴なんですか?」 と、一人の娘が女将に訊いてみる。
「そうねぇ、今日はたしか『混浴』ですよ。もしナンでしたら明日になされば?」

どうやら日によって入浴形態が変わるらしい。
女将の説明では混浴といってもその温泉では浴衣を着て入るとのことだった。
「空いてる時間帯とかあります?」
「あと2時間ほどしたら、空きますヨ。島では皆、朝早いですから」
娘たちは教えられた通り2時間待ってから着替えなど持って出かけた。
「鍾乳洞の入り口まで行けば、すぐわかりますヨ。灯りも点いてますから」
と言われていた。女将に教えてもらった通り、民宿をでて道なりに歩くとすぐ鍾乳洞が見えた。

『村営洞窟温泉』と立て札がある。そこに『混浴』という札がぶら下がっていた。
風呂上りらしい島の老人が数人で談笑しながら出てきた。人懐っこい笑顔で話しかけてくる。
「こんばんわ」
「いいお湯だよぉ」
「ゆっくりしておゆき」と、にこやかに娘たちと挨拶を交わしてすれ違った。
暖かそうな灯りが洞窟の奥へと点々と燈っている。
「うわぁ。」
「なんか雰囲気あるわね」
「イイわぁ。ナンだか面白そうネ」
ひんやりとした鍾乳洞を娘3人連れ立って歩いてゆくと、奥から温泉の香りが漂ってきた。

細い道から開けた場所に出ると、そこが温泉だった。バランス良くそこかしこに灯りがある。
蝋燭の炎が落ち着いた印象を与え、リラックスした気分にさせてくれる。
「へぇ〜。オシャレねぇ。。」
「すてき!」
「ね。はやく入いろ〜ヨ!」
洞窟の一角にある脱衣所で浴衣に着替えた娘たちは順路に沿ってスノコの上を進む。
もう最初の温泉がそこにある。温泉の奥へと続く鍾乳洞が湯気でけぶっている。
空いていた。と、いうより誰もいない。3人だけでゆったりと温泉を愉しむ。

奥へ長い鍾乳洞には、くびれた境界線を挟んで次々と温泉が続いている。
「ちょっとォ。見てよ。ずっと先まで続いてるわ」
「どぉなってるの?コレって温泉で繋がってるのかしら?」
「ねぇねぇ?どこまであるのか奥まで探検してみよ〜ヨ!」
点々と続く温泉を一つづつ堪能しながら浴衣姿の娘達は奥へ奥へと進んで行った。
一つ一つは大きくはないが、どの湯も個性的な天然の風情で迎えてくれる。
少し浸かっては次の温泉へと進む。滾々と底から湧き出す湯に肌がツルツルしてくる。

「あら?ここでおしまいかしら?」
ずいぶんと奥へきた筈だが誰も疲れた様子もなく遊びに熱中する子供のようにはしゃいでいる。
「ここっ通れないかな?」
「行って見ようよ。ホラ、向こうに明かりがみえる」
折れ曲がった細い洞窟をくぐると再び温泉があった。彼女達は島の秘湯に辿りついたのだった。

「きゃ〜!すご〜い!こんなのがあるんだぁ。」
「へぇ…こんな奥にも温泉があるんだ。」
「ちょっとスゴクない?ね?これぞ秘湯!ってカンジよね〜?」
興奮して湯船に浸かると心地よい香りがした。とても和む匂いが湯から立ち昇っている。
この温泉には特別な効能があった。村では子宝の湯とも言われ、女性の子宮を活性化させた。
子宝の湯でのぼせた3人は、知らぬうちにうっとりと酩酊状態に陥っていった。

「まだ奥に続いてる…ねぇ、もう少し先にいってみようよ。」
ひとりが先へ進むと残りのふたりも続いた。娘たちは浴衣を脱いだらしく皆全裸だった。
欲情し不恰好に尻を広げて移動する娘たちは、膝を合わせていることが困難になっていた。
どこか恥ずかしそうな表情を浮かべていた3人の瞳が、やがて虚ろなものへ変わり始めたころ、
岩陰の其処彼処から娘たちの様子を伺う人影がうごめきだした。人影は、島の男たちだった。

やがて娘たちは最深部へ辿り着いた。円形に広い湯殿だった。娘たちは淫蕩な表情を浮かべて
湯に浸ると白い裸体をくねらせ始めた。股を開き自慰を始めた娘たちに人影が近づいてきた。。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード