萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

3Pのはずが、、、、

こんにちは、愛子です。26歳主婦です。
 私には結婚前から付き合っているセフレS君がいて、結婚後も切れないでいます。高校時代のクラスメイトです。
 彼は水曜日が休みです。だから、私は水曜日になると主人を送り出して、彼のマンションに出かけます。この日は夕方までずっと一緒です。

 エッチはいつも彼のマンションです。
 彼はずっと3Pがしたいと言っていました。愛子が他の男に辱められるのを見ながら、嫉妬心に駆られて、激しいセックスをしたいのだそうです。ずっと断っていましたが、ついにその日がやってきました。

 どうせすぐ脱がされるので、ノーパン・ノーブラです。外へデートに出かける日もありますが、そのときももちろんそうです。おでかけの日はなるべくミニスカートにします。
 この日はおでかけの予定はありませんでしたが、初めての男性とも会うので、刺激的なかっこうをすることにしました。
 おへその少し上からV字に割れたキャミで、編み上げになっています。キャミの丈は短くて、ミニスカもおもいっきり腰ではかないとお尻が見えてしまうほど短いものです。おなかまるだし。

 彼のアパートに着くと、S君の知り合いだと言うHさんが「おお〜」と、歓声を上げました。その喜びように、私は恥ずかしさも消えて、エロエロ愛子ちゃんのスイッチオン。そうなんです。私、エッチがとても好きなんです。
 でも、さすがの私もビビリました。S君とは馴染みまくった身体ですけど、そこにはHさんに加えて、もうひとり男性がいたのです。
 Kさんと紹介を受けました。
「3Pも4Pもかわらないだろ?」
 約束と違うじゃないと文句をいおうと思いましたが、速攻でS君に押し倒されて、唇を奪われました。舌を絡めながら、私は「もうどうにでもして」と心の中で呟きました。

 いつもと違うセックスに期待している私を自覚しました。どうせなら3Pよりも4P。なにかすごいことが起こりそうで、じゅくじゅくとアソコが激しく濡れ始めます。
 キャミとスカートをまくられ、乳首とアソコにも唇が吸い付いてきました。
 いつもなら、S君が順番に味あわせてくれる快感。それが一挙にやってきたのです。

 あたしは感じやすいほうだと思いますが、この日はそれ以上。いきなり、「あ、あ、ああ〜ん!」と声が出てしまいます。
「いや、あ、いやあ〜。いい、うわああ〜」
 わけがわからなくなってきます。

 キスを終えたS君は、「唇は終り!」と宣言します。あらかじめ打ち合わせしてあったのか、KさんもHさんもそれに従います。
「え? なに?」
 感度急上昇で、とりあえずこのまま一度イッてしまえるかなと思っていた私は肩透かし。
 S君と私は、お互いの身体のことは熟知しています。だから、寸止めを繰り返して最高の快感を長時間味わい続ける、なんてことをしたり、逆に短時間で何度もイクなんてことをして楽しみます。
 さすがにS君は短時間で何度もは無理ですが、女の私はそれこそ際限ないんです。

 でも、今日のはそういう楽しみとは違いました。唇と舌攻撃のあと、すぐに両手攻撃が始まりました。3人6本の手がいっせいに責めてくるのです。
 S君は軽く私の首を絞めて、それからその手を顎から耳へ移動させます。ふんわりとなぞるように。
 HさんとKさんは、両乳房と両足の太腿の内側を愛撫。
 私はのけぞるはよがるわ、ラブジュースは溢れるわ、腰がピクンピクンはねるわ、本当にもうわけがわかりません。足にピイ〜ンと力が入って、その力を抜こうにも抜けず、小さな痙攣が始まってしまいました。
 私はただ獣のような雄たけびを上げるだけです。

 このあとのことはもう断片的にしか覚えていません。(ごめんなさい)
 2本のおちんちんを同時に咥えたりとか、ハメながら両手はそれぞれ別のおちんちんをさすっていたりとか、それを交互にしゃぶったりとか。
 気がついたら、仰向けになった私の下にS君がいて、下からアナルに入れています。そして、アソコにも上からかぶさってきたKさんかHさんのどちらかのものが入っています。実は、プレイ中はKさんとHさんの区別がついていませんでした。

 主人のしてくれないアナルセックスをS君はしてくれるので、これも楽しみのひとつでしたが、同時にアソコにも入っている異常さに、私は精神が崩壊しそうになったのを覚えています。
「いや〜。こんなの、いや〜!」
 快感に抗って必死に抵抗するのですが、二人のピストンのペースが違うので、予想できない快感と不快感が突然のようにやってきてはひき、自分の意思で身体を動かすことができないのです。

 そのうち、口にもおちんちんが。
 いえ、手でしごいていたそれを私が引き寄せたんだと思います。

 S君と昼食も忘れて一日中セックスするのと同じくらいの高揚が、わずか1時間ちょっとで私の肉体を支配しています。
 6回までは覚えていますが、その後、何度イッかもうわかりません。
 口でもアソコでも精液を受け入れ、肌にも複数のそれが張り付き、自分のラブジュースもあわさってアソコはどろどろ。

 チャイムが鳴って、出前のお寿司が届いたのをきっかけに(S君はあわてて服を着て受け取っていた)、私はいったんシャワーを浴びることになりました。
 シャワーを終えた後も、まともな昼食になるはずもありません。お寿司を女体盛りにされて、私の肌をみっつの舌が這いずり回ります。私は口移しでしか食べさせてもらえません。

 食事が終わると、今度は順番タイム。
 ひとりが私を責め、あとの二人は見学です。
 3人の男の人はその間に回復して、しかも私と誰かのエッチを見てるものだから、自分の順番になるともうそそり立っています。

 S君は、私がピルを飲んでいるのを知っているので、みんなもう中で出し放題。KさんかHさんが私に挿入しているとき、S君は「舐めてくれ」と目の前に肉棒を突き出してきます。
 セックスの虜になってしまっている私は、むしゃぶりつきました。やっぱり長年馴染んだこのおちんちんが好きです。
 いつもは5回くらいが限界だけど、今日は7回出したよ、とS君はいい、KさんとHさんも4〜5回は出したみたいです。
 同時に何人もに責められるのも、次から次へと男の人が交代してほとんど入りっぱなしになっているのも、ものすごく気持ちよくて、また近いうちにやる予定です。
 あと一人か二人同時でもいいなあとかって思います。

ナンパ

高校2年のときです。
 友だちと2人で渋谷をフラフラしてたら、20歳くらいの男3人にナンパされちゃいました。
 そのうちの1人の男の大きいマンションにみんなで遊びに行ったんですけど、なんか楽しくなってそれぞれ友だちを呼び合って、男5女3で超盛り上がっちゃいました。

 もちろん、王様ゲームとかはじまっちゃって、エッチな命令とかすごかったんだけど(フェラとか・・)もう酔っ払っちゃってなんでもいいやって思っちゃっいました。
 そしたらそのうちあたしの友だちの香奈子(乱交とか結構やってるみたい)が「早抜き大会しようよー」とか言い出して、3組のペアになってフェラで早くイカせるゲームしました。
 まけたら×ゲームです。。。
 超がんばったんだけど、あたしの相手の男がなかなかイカなくて結局まけちゃいました。

 ×ゲームは勝ったペアの男(香奈子の相手)と早抜き大会に参加しなかった2人の男の合計3人と別室での4Pでした。
「えー」とか思ったけど、もういいやってされるがまま。。
 3人の男に超せめられました。
 ダブルフェラとかバックではめられながらフェラしたりとか、定番みたいなことやらされて3人に中だしされちゃいました。

 そのあと、みんながいる部屋に戻ったんだけど、びっくり。
 香奈子のアナルとおまんこにそれぞれおちんちんが入れられてて、もう1人の女の子(マミ)がその2本のおちんちんのタマを舐めてました。それをみてみんな大コーフン。

 あさまで、ずっとみんなで中だしセックスして、あたしもアナルとオマンコ2本入れとかされちゃいました。
 朝までヤってそのあと寝ちゃって昼間に起きて、そこで3回くらいエッチしてから家に帰ったんですけど、そこのマンションのシャワーが壊れてて、精子ベトベトで帰らなきゃいけなかったんで、超はずかしかったです。

 たまに、そのひとんちで乱交してましたけど、香奈子が妊娠しちゃって、やらなくなっちゃいました。

塾の先生

 18歳になったばかりの今年のGW,中学からずっと通ってた塾の先生に犯されました。
 先生は子持ちの中年。私は、肌がきれいってよくいわれるけど、背は低いし、幼児体型、これで18歳?って悲しくなる。周りからはまじめな優等生って思われてると思う(髪を染めたことがまだない)けど、大人からは、性格がひねくれてるって言われることが多い。
 この4年の間、いつ先生を男として好きなったのか、正直分からないけど、そんな私を、初めて理解して、心から受け入れてくれたのが先生だった。

 一番苦手だった科目が、気づけば先生のおかげで一番の得意科目になった。
 今年のGW、個別で補講してやるっていわれて、なんだかいつになくどきどきして、制服じゃなく、お気に入りの私服で行ってしまった。
 2時間勉強して休憩してたら、先生が突然、「M(私の名前)は処女か?」って聞いてきた。普段下ネタとか言わない人だったから、正直引いた。
「なんなん? 何のつもりでそんなこときくん?」ちょっと怒気を含んで言ったのに、先生は平然とした顔で、「お前も18やろ、俺の知らん間に誰かとやってたらいややなあと思って」

「・・・先生、何言うてんの? 頭大丈夫?」
 内心どきどきして来てたけど、出来るだけ冷たく、そういった。ごめんごめん、変なこというて、って、笑ってくれるのかと思ったら、先生真顔で、「どうなんや? やったことあるんか?」って。
 私もつい、まじめに答えてしまった。
「彼氏とかぜんぜん出来てへんの、先生知ってるやん。誰とすんのよ。」

 そしたら、すごくほっとした顔で、「先生の頭、あんまり、大丈夫ちゃうな」って言いながら、斜め後から抱きすくめられた。
 えっーーーーー!!!!!
 男とまともに付き合ったことさえなかった私は、とっさにどうしていいかも分からないでいると、首筋に先生の唇が這わされてきた。電流みたいなくすぐったさが、全身に走る。
「・・・いやっ・・せんせいやめて・・・」
 それだけ言うのがやっとで、声が出せない。あごを斜め後ろに向けられ、そのまま、キスされた。

 もちろん、生まれて初めてのキス。ちろちろって舌が差し入れられてくる。スゴイ、全身に痺れが走る!
 キスって、こんなに感じるものなの?

 私の力が抜けていくと、先生はそのまま唇を首筋から鎖骨、そして、胸ボタンをはず時ながら、胸へ・・・。
「・・・せんせい、あかんよ、そんなん、あかんよ・・・」
 私なりに精一杯抵抗しようとするのだけれど、とにかく力が抜けて、ことばにならない。

 私のたいして大きくもない胸が、先生の目にさらされてしまった。
「すっごいきれいや・・・Mの胸、最高や」って先生言ってくれた。
「・・・ホンマ? 小さいよ・・・」っていったら、「俺はこれくらいが一番好きや」って言って、舌と唇で乳首を・・・。
 すっごい、感じた。
「・・・いやっもうダメ」って感じで、大きな声を出してしまった。

 セックスのシーンで、女が声を出しているのを見て、内心、「ホントにイ? あんな声出るう?」って思ってたけど、実際、胸をなめられただけで、私はスゴイ声を出していた。
 自分の声にびっくりした。
 まさしく、セックスのときの、女の人の声を出している自分。

「M、M、お前がどうしても好きや。どうしても好きや」
 先生が夢中でいいながら、私のスカートをめくり上げ、パンツを脱がす。
「ダメやって、先生、あかんって・・・」
 口で言うのが精一杯で、とうとう、あそこが先生に見られた。
 ものすごい、恥ずかしさ。「いや!先生、見んといて!」って頼んでも、先生は、私の足を持ってゆっくり開かせる。
 ひざを折り曲げる格好で、私のあそこは、先生に見られている。

「ああ・・M・・・」
 先生が血走った目で、私のあそこを見てる。実は、先生に、あそこを舐められることを想像してマスターベーションをしたことがあった私は、先生の息があそこにかかったとたん、ものすごくエッチな気分に、完全に支配されてしまった。

「・・・先生、汚いかも知れへんよ・・・いいの?」
「いいのって、・・・舐めて欲しいんか?」
 私は、うなずいてしまった。先生の舌が、私のあそこをいじる。

 クリトリスを優しく優しく舐められる。全身が、あそこを中心に熱く熱くなって、熔けて行きそう。もう、自分がどうなっているのか、わけが分からなくなってた。
 ずいぶん長く、先生は私のあそこを舐めてくれていたと思う。自分でも後で信じられない。
「先生、お願い、入れて、お願い」って、言ってしまった。

「M,M・・・」って私の名前を言いながら、先生のモノが私の中に入ってきた。一瞬、激痛が走る。「痛い!」っていうと、「力抜いて。もう、お前は俺のモンやぞ」って先生が言った。
 ゆっくりゆっくり先生が動くと、また、さっきの舐められてるときの熱さが、体の芯から沸き起こってきた。
「いや・・せんせい・・どうしょ・・・きもちいい・・・どうしょ」って、私はわけの分からないことを口走っていた。

 どれくらいそうしてたのか、記憶がかなり怪しいけど、先生が、私の中に精子を出したとき、体の芯にものすごく熱いものが広がった。
 しばらく先生は私に何度も何度もキスをして、離れず、抱きしめていてくれた。
 悔しいけど、好きな男にセックスされるのが、こんなに充実感を与えてくれるなんて、知らなかった。不倫なのに、犯されているのに、私の体は、ものすごく感じてしまった。

取引先

私は化粧品メーカーに勤めていて、某百貨店のバイヤーTさん(女性)と金曜の夕方商談に行って「これ終わったら飲みにいきましょうよ」と誘われました。

 付き合いだからしょうがないと思い一緒に飲みにいきました。
 アルコールが久々で私は酔いつぶれてしまいTさんのマンションで介抱されることに・・・
 薄暗いTさんの部屋のソファに寝かされて「水持ってくるからね・・・」と言われ目をつぶって待っているといきなりキスされました。

 私はびっくりして飛び起きそうになると力で押さえつけられ「今度のフェアの商品からあなたのメーカー外すわよ。おとなしくしてなさい。」と言われ抵抗できず、ブラウスとブラを脱がされて乳首を愛撫されました。
 Tさんの好みはおとなしい女の子だそうで、私は内向的でおとなしく、「会社の人に今してること言っちゃだめよ・・・」とTさんの性欲のおもちゃになっていました。

「前からあなたの体が見たかったの・・・夏はブラウスから胸の大きさは分かっていたし、商談が終わって帰るときは毎回あなたの大きなお尻をズボンの上から見てた・・・ずっと服の中が見たくて毎晩あなたのカラダを想像して私一人で・・・ひとりで何回もイッたわ・・・」
「私そんなつもりでここにきたんじゃ・・・あっ、やめてください」

 ベットに連れられて押し倒されてしまいました。
「やっと見れたわ・・・ずっと見たかったのよ・・・想像してたより乳輪大きくて黒いのね。いろんな男と寝てるからこんな乳首も大きく黒くなってるのね・・男より女同士の方がいいよ・・・男と寝ちゃダメ・・・これからは私と・・・」
 パンツを脱がしグチョグチョになった私の割れ目にTさんは顔をうずめ、クリを舌で愛撫してきて私はイカされました。

 女同士がこんなに気持ちいいなんて・・・お尻の穴に舌を入れられ「ずっとあなたのお尻の穴を舐めたかったの・・・かわいい愛子ちゃんの肛門を・・・汚くないよ・・・愛子ちゃんのなら・・いつウンコしたの?・・うんこのニオイがするよ・・・ニガいけど興奮するわ・・・食べちゃいたい・・・」とずっとお尻の穴をかぶりつくように舐められました。

 お尻の穴がほぐれた頃にアナル用のバイブを入れられてお尻の穴とクリをTさんに愛撫されてまたイッしまいました。
 イッてグッタリしていると、足を縛られ、手を後ろ手に縛られていきなり浣腸されました・・・。
「愛子ちゃん、私にあなたのすべてを見せて・・・音とか気にせずにいっぱい出していいのよ・・・」
「恥ずかしい・・・やめて・・・ああっトイレに行かせて・・・」
 私は我慢できずにTさんの用意した洗面器に下痢便を出しました・・・。周りにはすごいニオイが充満しました。

 その後Tさんはペニスバンドを取り出し、「私、あなた以外の化粧品メーカー(S正堂、Sフェーナ)の若い女の子ともこういう事してるのよ・・・新しい子が来たら必ずこういう事させてるの・・・化粧品はかわいい子が多くていいわ・・・」と私はTさんに挿入され正常位で挿入されました。
 後から聞いたら私の会社の(女の)先輩とも寝たそうです。

遠距離不倫

 私の彼は13歳年上です。会社の元上司で、既婚者です。現在は転勤で、遠距離恋愛中です。
 1ヶ月に1回、帰ってくるのですが、先日は私の為にお忍びで帰ってきてくれました。

『今着いたよ。ホテルで待ってるから』とメールが届きました。急いで用意をして、ホテルへ向かいました。
 部屋の前に着いてチャイムを押すと、待ちくたびれた彼の顔が。
『ごめんね〜』と抱きつくと、彼もぎゅっと抱き締めてくれて、そのままベッドへ押し倒されました。

 抱き合ったまま、しばらくキスをしたり、私の耳を舐めたり、体を撫で回されました。耳がすごく感じるのですが、特に彼に舐められるとすぐにエッチモードのスイッチが入ってしまうんです。
 彼ひげがあるのですが、ひげのチクチク感と唇の柔らかさと、舌のねっとり感がたまんないんです。
「ぁぁ・・・たまんないよぉ〜」
「もぅ感じてるの? 夕食どぅする? 食べる前にする? 食べた後ゆっくりする?」
 今すぐしたかったけど、「今夜はずーっと一緒だし、ご飯食べてからゆっくりする・・・」ちょっと不満げに言うと、「ちょっとだけ舐めてあげよぅか?」と、キャミとブラを一気にめくって、乳首をペロペロ舐め始めました。

「あああ・・・」
「はい、おしまい。さっご飯食べに行こう」だって・・・。
 しぶしぶご飯を食べに出掛けたのでした。ちなみに私のおま○こはぬるぬるになってました・・・。

 夕食を終え、部屋に戻るなりそのままベッドへ・・・。キスをしながら体を撫で回され、唇が耳へ・・・「あああ・・・」再度エッチモードのスイッチが入りました。
 ブラのホックを外され、お互い上半身裸になりました。胸を両手で揉みながら、乳首を舐めたり、口に含んで吸ったり・・・
「あぁぁぁん・・・」
「こぅすると感じる?」と言って乳首を摘まれると、「ああああ!!!!」
「気持ちいいの?」
「ぁ...う・・・ん、、、すごく感じる・・・」

 しばらく乳首をいじめられると、次はジーンズのボタンを外し、ジッパーを下ろして、脱がされました。
 ピンクのTバック1枚の姿になると、「今日はピンクだ。かわいい・・・」そぅ言いながら、足やお尻を撫でたり、揉んだり。

 彼の指がパンティの上から割れ目をなぞられ、敏感なクリトリスを触られると「あぁぁぁぁぁぁ・・・・」声が漏れ、息が激しくなってしまいました。
 パンティの横から指を入れて、「すっごく濡れてるよ・・・」と言って、濡れ具合を確かめると、そのまま指を抜いて、パンティを食い込ませたりして遊び始めました。
 四つん這いにさられると、「びらびらがはみ出してるよ。やらしぃな・・・」と言葉で攻めてきます。

「お願いがあるんだ。ひとりエッチ見せて」
「ぇ・・・はずかしいよ・・・」
「お願いだから・・・」
「わかった・・・」

 横になってしぶしぶ胸を揉み始めると「乳首摘んだりするの?」と言って彼に乳首を摘まれました。
「ああああ!!!!! う・・・うん・・・・」
「それからどぅするの?」
「次はクリトリスを触るの」
 パンティの上からクリトリスを触りました。

「指を入れたりするの?」
「うん・・・」
 パンティの横から指を入れて、愛液で指を濡らすとおま○んこに指を1本、2本入れて掻き回しました。
「よく見せて」と言ってパンティを横にずらして、おま○こを覗き込んでました。

「そのままやめないでね。今日はプレゼントがあるんだ」と言って小さくなローターを持ってきました。
「もっと気持ち良くなるよ」と言って、ローターのスイッチを入れてクリトリスに当てました。
「ああっぁぁぁぁあ!!!!」

 小刻みな振動がクリトリスを攻めます。
「気持ちいい?」
「う・・・うん・・・」
 そのまま自分の指とローターでいってしまいました。
「まだいけるだろ?」とローターを直にクリトリスに当て、パンティではさんで固定して、いったばかりのおま○こに指を入れて掻き回し始めました。
「ぁああぁ、いくぅ!!!!」
 いったばかりだったのですぐにいってしまいました。

 次は私が彼を攻める番です。彼のパンツを下ろし、おち○ち○を舌でツーと舐めました。上目使いで彼を見ながら、右手でおち○ち○を握って、軽くしごきながら、たまたまを舐めたり、口に含んで舌で転がしてると、「やらしぃな・・・もっと見せて」と私の長い髪を払いました。

 それから、彼の先っぽを口に含みちろちろ舐めてると、「久し振りだから我慢でない。入れたい」と、私を押し倒しぐっちょり濡れたパンティを脱がして一気におま○んこへ押し込みました。
「あぁっぁぁぁぁあ!!!!! ゆ、ゆっくり動いて・・・」

 ゆっくり彼が突いてきました。時々腰を回して、おま○こを掻き回したり・・・
「後ろ向いて」と言って、四つん這いにさせて上半身をうつ伏せて腰を突き出させ、「やらしい格好だな・・・」と言って、そのまま後ろから一気に突いてきました。

「あんあんあん・・・」
 しばらく突くと、「ぁ、いきそぅ」と言っておち○ち○を抜くと、私を寝せて正常位で入れてきました。
 さっきのローターのスイッチを入れて、クリトリスに当てながら、突いてきました。
「あっ・・・ああああ!!!! いくいく!!!!」

 いったのを見届けると、彼が一気に突いてきました。
「俺もいくよ」
「う・・・ん・・・きて〜ぁああぁっぁ」
 彼と一緒にいってしまいました・・・。

 1ヶ月振りの彼とのエッチ。すっごく気持ち良かったです。
 彼が帰ってくる数日前から、彼とエッチができると思っただけで、濡れてしまって・・・ひとりエッチしっぱなしでした。彼に会う当日の朝までひとりエッチした位。
 彼とはまだたくさんエッチをしたわけじゃないんだけど、だんだん彼がエッチになっていくの。私もエッチにさせられて・・・毎回彼とのエッチが楽しみなのです。

 次の日目が覚めると、寝起きのエッチ・・・
 ん〜気持ち良かったぁぁぁ。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード