萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

山の手線

昨年暮の夜、山の手線に乗っていたら、いかにも忘年会帰りのほろ酔いOLを
発見。下車が同じ駅で郊外方面の私鉄は終わってる時間だったので、タクシ
ー乗り場に向かうとその女も同じ方向になった。ちょっと歳はいってそうだ
し、美人というほどではなけど、まあ普通以上かな〜って感じの外見だし、
コートの上からでもわかる巨乳に引かれて、ダメもとで声を掛けると「飲み
足りないの?」って割りとイイ乗り。すんなり30分だけという約束で居酒
屋へ。。。
お互いそれなりに酔ってるから、結構軽いトークで仕事の話やら結婚の話や
らで、そこそこ盛り上がった。歳は35で独身。彼氏アリ。ということが判
明。実は今日も彼氏と飲んでいたとのこと。
若干Hトークを交えて、小1時間ってところで帰ろうと切り出すと、なかな
か腰が重い。でも、こっちも次の日早いし、とりあえず店をいっしょに出
た。もう2時過ぎだったので外は人影ナシ。これは!と思い、寒むー!とか
言いながら、路上で抱きしめると向こうもギューとしてきた。次の瞬間、向
こうからチュっ!としてきたので、この野郎と思いもう1回キスすると、向
こうから舌を入れてきて、ディープになっちゃった。
ベチャベチャ音立てて、キスしながらオッパイを揉みまくったら、鼻息が荒
くなってきて、チョー興奮してる。こっちもこのままじゃ帰れないと思っ
て、ちょうど小さいオフィスビルの入り口が奥まってて、道路から見えない
スペースがあったので、手を引っ張っていくすんなり着いて来る。
もう誰からも見られないから、遠慮なくコートのボタンを外して、シャツの
上から手を入れると、乳首はピンコ立ち状態。ブラを下にずらすとGカップ
乳がむき出し。歳の割りにはオッパイも乳首もキレイでデカイ。
もう頭の中真っ白状態で音立てながら吸いまくってやったら、声出してア
ン、アン感じてる。気づくとズボンのチャックを下ろして、チンポしごいて
る。どんどんエスカレートしてパンツに手入れたら、マ○コびしょ濡れ状
態。ただし、パンツ脱がそうとしたら、手首をつかんでNoサイン。
チキショーと思ってたら、して欲しいなら舐めてあげるよ、とか言い出し
て。こんなこと知らない女と外でしていいのか?って頭の隅っこの方で思っ
たけど、もう理性ゼロ状態で、チンポ出すと当たり前にギンギン状態。
もうシチュエーションの異常さに興奮して、ビクンビクンッてチンポが脈打
ってる。っと思ったら、パクって加えてジュポジュポ言わせて吸ってるき
た。まさに3こすり半状態で大放出!!!端っこに出すのかと思ったら、飲
んじゃったとか言ってしゃべり出した。
イッたせいもあるけど、何かその瞬間にもの凄く引いてしまって我に返っ
た。くれたティッシュでチンポ拭いて、さっさと帰ろうと道路に出た。タク
シー乗せて帰らせようとしたけど、何かノロノロしてて、帰る様子がない。
っ言うか明らかにセックスしたいって顔してる。歩いてすぐのところにホテ
ルがあれば絶対入ってただろうけど、オフィス街だったからそれもなく、割
と大人しめの外見だけど、シモはスゲーんだなーって思うと、何か微妙に気
持ち悪くなった。それにケータイ教えろとか言ってきたけど、妻子持ちの自
分としてはちょっとこの女危険だと思いだした。絶対ハメられるし、このノ
リだと生中だしOKって感じだったけど、くい止まった。
結局、1人で帰れるって言うからそこで分かれた。
あのオッパイは捨てがたかったけど、冷静になるとたぶんあそこでフェラで
出して我に返って良かった。タクシーでホテル行ってたら、人生が変わっち
ゃってたかもって思う。帰って石鹸でチンポ洗いながら思った。
やっぱり東京っていろんな人がいるんだなーって感じた。もちろん、こんな
の初めてだし、2度とないだろうけど。
それにしても、あのブラからボインって出た瞬間の爆乳とピンコ立ちの乳首
が忘れらないよな〜。

ヤリマン

ヤリマンを探すのってかなり難しいです。
デパガ&ナースは運が良かったと言う結論を悪友Aと話だしたあたりのことで
す。
第一情報が中々ないので探しようも無い。
そこで某アダルト系サイトで
「今度♂2vs♀2で乱交パーティー予定 フリーの女性参求む」
と言う感じのメッセージを載せる事にした。
男から参加希望がかなり来たが全て断り、女性を待つ。
すると意外と多く女性からメールが届いた。
丁寧に返事を返してやり、デパガとナースのルックスを基準に、
それと遠く下回る人を削除して4人取り合えずキープできました。
一人づつ都合をあわせて会うつもりで、
この間最初の一人と会ったときの事を書きます。

会ったのは、ジムのインストラクターをしているというD。
俺達の方は、乱交サークル的なノリで会ってる四人という事にして話しをすすめた。
いろいろ話しててルックスは悪くないが、
インストラクターDは筋肉質な身体が女として気にしていると言う感じの子。
待ち合わせは、俺とナースCと待ち合わせる事にした。
いきなり大人数の中で会うのは抵抗があったようだ。
俺の携帯の番号を教え、非通知で一度かけてきたので女という確認は取れているが、
実際どんな感じかは会うまでわからない。
例によってナースCにはノーパンになってもらい、
待ち合わせより随分前に店に入りプチ露出プレイを楽しみながら待った。
待ち合わせ時間より少し前に顔の小さな化粧ッケの少ない女の子が入ってきた。
携帯をいじっていると俺の携帯のベルが鳴った(非通知だけど)
彼女Eは俺達に気が付き、俺も手を上げて呼んだ。
印象は確かに体育会系っぽさはあるが、顔が小さくて元気の良さそうな子。
スタイルはコート姿は太いかな?と思ったがコートを脱ぐと、
肩幅が身長よりあって、見た感じガッチリには見えるが、
意外と線は細そうな感じの子だった。胸はなさそう。
ジムの帰りと言う事で軽く夕食を店で一緒に取りながら、
当たり障りのない話をして(とは言っても、エロ系になるんだけど)
10時くらいにAとBが仕事を上がってくるからと話し、
それまでカラオケでもしながら遊ぼうと提案すると、
打ち解けたようで直ぐに乗ってきた。
話し好きのナースCが
「としおっておちんちん堅いよ。結構長めだから奥まで来ていいしね」
とか勝手にエロ話で盛り上げてくれるので助かった。
おしゃべり&カラオケ好きのCは勝手に盛り上がってきたので、
俺はインストラクターDと話していた。
「Cちゃん今ノーパンなんだよ」
そういうと驚いたDを尻目に、Cを呼んで俺の前に立たせた。
お尻をこちらに向けてる格好、
何をするかわかったCは腰を振りながら歌いだした。
俺はCのスカートを少しづつまくっていく。
Dの目は釘付けだった。
腰までまくるとプリンとしたナースCの尻が出た。
「えーーエッチ」
なんていうDだが、くるっと腰を回してCの森林部を見せてやったときには
絶句してた。
片足を椅子に上げさせて手マンしだすと腰をくねりだしながら歌うC。
声も切なげになり、CはインストラクターDの手を取ると手マンをさせ始め
た。
一気に引くかと心配したが興味深々で探るように指を動かしだした。
あまってるマイクをCのマンコに近づけてやるといやらしい音が部屋にしだ
した。
まぁCが歌ってるからあまり聞こえないんだけど。
そんな感じでCを餌にエロ系に一気に突入してEの身体をタッチした。
抵抗はなく、かなり興奮していた。(アソコも濡れてたし)
そんな感じで遊んでいるとAとBから連絡があり合流。
俺のアパートへと向かった。

で、インストラクターEはと言うと、
乱交は初めてだったので始めは緊張していたが、
打ち合わせ通り、俺達八本の手と四つの舌、二本の息子で
休む暇を与えず責め続けた。
次の日は全員休みと都合をつけていたので、
Eは昼間で感じ続けた。
途中BとCがチンポが欲しいとせがんだので、
Eを休ませようとしたら、
騎乗位でしてる俺の顔面に自らまたがってきて顔面騎乗位をしだした。
腰使いはデパガB&ナースCにはかなわないが、ぎこちない腰使いも刺激的
だった。
そして、俺とAをうならせたのはアソコのシマリ。
小さいわけではないがかなり具合の良い締りをしていた。
小ぶりなお尻だがアソコのしまりは抜群で、濡れ方も半端じゃない。
小ぶりな顔、小ぶりな胸、小ぶりなお尻だが、全身が締まった感じの良い女
でした。
昼間で散々遊んで全員で寝た。
夕方に起きだして話しを聞くと凄い楽しかったという事。
ヤリマンかどうかは知らないが、淫乱な女をゲットできました。
今度は二人で会ってみようと思います。お手軽女になればラッキーです。

ナンパ

俺には彼女がいてラブラブなんだが、
友達と飲みに行くと女の子に声をかけたりしてます
(成功は殆どないんだけど)
数ヶ月前に、たまたまナンパが成功して、
その日の内にゲットできた年上のおしゃれな感じのお姉さん智子とは
相性が良いのか、ちょくちょく会いセフレになった。
まぁ真面目な彼女がいるので頻繁には会えないが、
彼女は彼女でセックスの相性も良く。結構ラッキーな状態になれていた。
智子にも彼はいるらしいし、お互いセックスだけの関係なので心配もない。

智子と会うようになってからひと月くらいたった日、
彼女涼子とマックで遅い昼を食べてたら、涼子の携帯にメールが来た。
涼子が、外に出てくると言うので一人で待っていた。
帰ってきた涼子の後ろにいるのは智子だった!

ハッキリ言って焦った。智子の顔も硬直していた。
『いつ、ばれたんだ・・・しかも智子を連れえくるなんて・・』
心の中で動揺し、全身から汗が出た。
涼子が智子に対して
「座ってよ。早く」
と言う。
そして俺の方を見て、涼子が言った。
「私のお姉ちゃんなの、近くに来てたってメールあったから連れてきたの
いいでしょ?」

涼子がトイレにたったときに、
「姉貴だったの?」
「あんた、妹も縛ったりしてないでしょうね?」
などと、とにかくばれてない事が確認できてホッとした。

それから智子と会うときは
「昨日、涼子のこと縛ってバイブ入れて放置しちゃったよ。する?」
「妹に変なことしないでよぉ」
などと話しながらセックスしてます。
たまに涼子が機嫌がいいときにエッチな写真を撮らせてくれるので、
智子にも同じエッチな格好をさせて写真を撮り、二人で
「涼子の方がくびれてない?」
「私の方が胸大きいよ。お尻も綺麗だし」
「でも、アソコの色は少し黒いよね」
「なによ、良く見てよ」
などと遊んでます。
たまに智子の彼とののろけ話を聞かされる事を覗けば、
かなり楽しい状態になってます。
涼子とは結婚もしたいし、このまま楽しみたいな。

レスを見る 現在 1個のレスがあります レスを書く

人妻に

働いてる会社の元事務員の育美。
五つ上の33歳で、むっちり系で、イイお尻してて堪んなかった。 胸も結構ありそうだし、話はよくしてて辞める事も相談されて居ました。
連絡先は交換済で、辞めた後も時々、お昼食べていたりもしました。
そして休日夜に呼び出されてみたら夫婦喧嘩したらしく「泊めて欲しい」と言われて泊めてあげた。
一応向こうはベットに寝かせて、俺は毛布を掛けて炬燵に寝てたら「風邪引くよ」と言われ「隣りで寝ればいいじゃん」と隣りに寝たけど、寝れるわけが無い。
しかも俺の方に横向きになると腕に胸が当たるしで、堪らなかった時に「寝れないの?」と言われて「やっぱり男だからさぁ」と話すと、「興奮して眠れないの?」と聞かれて頷くと「本当?」と腕にしがみ付くと胸をグイグイ押付けられて「興奮する?」と囁かれて限界。
育美にのし掛かるとおっぱいを掴みそのままセックスしました。 「アンッ!気持ちイイ〜」とハメてると悶えまくり、二回も「イクッ!イクッ!」と身体を痙攣しながら悶え、プルンプルンの胸の揺れに我慢出来ず「中はダメ!」と言われておっぱい辺りに発射しました。
「凄い沢山出たね」と触ってて、その晩はその後二回もやりまくった。
「激しいエッチだね〜しかも硬くて」と抱き付かれました。
その日から不倫を繰り返して、俺の部屋やホテルで肉付きがいい身体に侵入して快楽を貪りました。
けど、ナマで挿入してるけど中出しはなかなか許してくれず、三か月過ぎた、四月末にあった時バックでハメてて「今日は中で出すからね!」と言うと「ダメッ…」と言われたけど、グイグイ侵入すると「アッ!イクイクッ!」と腰をガクガクさせ悶えまくりで、抵抗は無いしそのまま中で射精を果たした。
流し込んでゆっくり抜き取るとダラッとアソコから出て来てた。 「出しちゃったの?」と聞かれて「出した」と言うとなにも言わずに横たわってて、その後の正常位は出してもなにも言われ無かった。 昨日も逢ってセックスしましたが、出しても怒らないし気持ち良さげな顔でした。

ホステス

会社の人に連れていかれた飲み屋。
バーみたいな感じでいながら接客にホステスが二人居ました。
5人で行ってソファの方に座って飲んで、隣りに来た恵美ちゃん。
ほっそりしてて、可愛いし、なり立てみたいで初々しさやぎこちない感じが堪らなかった。
聞いたらやっぱり二週間前に始めたばかりでした。
本当に可愛いしタイプだったから話して「面白〜い♪」と笑ってくれて、店長がトイレに行ったときにメルアドきいたら「本当は駄目なんだけど」と紙にアドレス書いてくれてメールしてました。
その後一回位、店に行った位でメールで話してて食事を一度した。そして「連休暇なんです」と言われて、四日に「映画見に行こう!」と言うと「是非!最近行ってないから」とOKで、ドライブして映画見て来た。
スカートから伸びる綺麗な脚に魅了されながら、帰りが夜で「家は遠いの?」と聞くと「○○町」と言われ、アパートから歩いて10分程度の隣り町。
「じゃあ家で飲もうよ」と誘い、お酒を買い部屋で飲みほぐれて来て抱き付いたら「泊まっていい?」と言われ泊めてあげた。
風呂に入ってて、後から行くと「ちょっと恥ずかしい!」と言うが一緒に入浴し、細い身体でおっぱいは小振りかな…
風呂から上がりベットで。
細い身体は敏感で耳が弱くて、乳首を舐めて下腹から太股を舐め、アソコを舐めて上げると「イャッ…アッ」と感じてくれて酸っぱめな汁を味わって、指で中を撫で回し細い身体に挿入。
中はなかなか締まり、「痛い?」と聞いたら「痛くないよ〜」と言われ、根元まで挿入。
凄い圧力が高くて気持ち良いし、「アッ!アアッ!アアッ!」と喘ぐ声も良かった。
しかも中は敏感で俺がチンポをピクピクさせると連動して、ギュッと締め付けて来て最高でした。
我慢してやってたけど、放出欲に駆られて「恵美ちゃん!イクよ!」と細い脚を掴むとラストスパートを掛けて、「アンッ!アアン!」と恵美ちゃんが甲高い声を張り上げた直後に、中で射精をしました。
搾り取られるような感覚が堪らなくて暫くそのまま。
抜いてよこになると「凄い汗だよ」と笑顔で拭いてくれました。
「凄い良かった」と話すと、別れた彼氏がいきなり入れてくる人で痛かった話などをされました。
そのまま部屋に泊めてあげ朝に一回しました。
帰りに「また来ていい?」と言われもちろん拒否せず。
初々しくて可愛い女は堪らないし、咎めないし堪らない



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード