萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

スパゲッティ屋の女の子と

昨夜、日暮里の駅近くで色黒な若い女の子を見掛け、テレクラに電話してきた娘と勘違いして声をかけた。違います。と言われたが夜遅く一人で居たのでナンパした。彼女は愛海と名乗っていたが、亀有にあるスパゲッティ屋のバイトが終わり遊びに来ていたの。と言っていた。年は高校生位にも
見えたがあえて聞かなかった。もしよければ1万位でホテル行く?と誘い
明るい性格の愛海はウン。と頷いてくれた。バイトの帰りで愛海の身体からはスパゲッティの様な匂いが微かにしていた。早速、近くのホテルへ入り
先にシャワーを浴びさせた。愛海が出てきて、おじさんは入らないの?と
聞いてきたが家で風呂に入ってきた。と嘯き、愛海をベットへ促した。
私は彼女の濡れている髪の毛を撫ぜながらキスをした、愛海も舌を絡めてきて暫くはベットでキスをし抱き合った。その後愛海の形のいい弾力のある
乳房を揉み、乳首を吸ってペッティングを味わった。愛海はあぁ。きもちいい。あぁああああ。と喘ぎ仰け反った。再び愛海にキスしながら彼女のクリをマッサージ。あぁーん。あああ。と声が大きくなり身体を浮かせていた。
愛海ちゃん。おじさんの物も気持ちよくして。と彼女の口にチンコを捻じ込んだ。愛海はジュルジュル。レロレロ。チュッパッ。と音を立てながらフェラしてくれ、慣れた手で玉袋を揉んできた。気持ちよくなり、ギンギンになった一物を口から抜いて
愛海の濡れたオマンコへ少しずつインサート。愛海は、あぁああああ。あっ。あああ。と善がりながら私の両手に縋り付いてきた。
私は深くピストンして愛海の膣内を刺激した。愛海は身体を震わせながら
大きく喘ぎ声をあげ、目はきつく閉じていた。バックに体位を変えて
早く激しく抜き差ししながら愛海の尻を強く叩き、彼女の尻を真っ赤に
してしまった。今度は愛海を上にして下から突いていった。彼女は形のいい
バストを揺らしながら自ら腰を上下、前後に動かしてきた。堪らず、イキそうになってきたので元の正常位に戻してからピストン開始。抜き差ししている間、愛海のかわいい口の中へ、私の舌と唾液を交互に挿入していったので
愛海の口からは二人の混ざり合った唾液が溢れてきていて、枕まで流れ落ちていた。私はあまりの気持ちよさに思わず、彼女の膣内へ精液を発射してしまった。40代の男が10代の女の子に中だし出来たなんて信じられなかった。
大体、テレクラでは主婦や20代のOLが多いので本当に嬉しかった。
愛海は中だしされてても自らの快感に身体を震わせていたので、精液挿入を感じることができていなかったらしい。私はそのまま抜かずに愛海の上に
覆い被さったまま、彼女の顔に満遍なくキスしていった。愛海も私に
抱き付いてきて息を整えながら、舌を絡めてきた。暫くすると私の息子も
ギンギンになってきたので再度、抜き差しを開始。あぁあああ。。あっあっあっ。あぁーん。と愛海は喘ぎ声を大きく漏らして善がっていた。
結局、その夜はホテルにお泊りで朝まで5回も愛海のおいしい身体を味わう事が出来た。しかも全て中だしで。彼女に1万を手渡し一緒にシャワーを浴びてから日暮里のホテルを出た。愛海の携帯番号を聞いてから駅で別れた。

コンドームをDSで買った日

DSでコンドーム売場の近くに20代前半のかわいい女性店員がいたのでこんなことをしてみた

俺  「すいません、サイズはここに置いてあるものだけですか?」
店員「はい、ここにあるだけす」
俺  「すぐに抜けてしまうので、小さいサイズが欲しいんですが」

店員さん陳列棚に小さいサイズがあるか探すがみつからず

店員「ないですね、お取り寄せしましょうか?」
俺  「いや〜取り寄せするまでもないから・・・」

店員さんは更に陳列してある商品の箱をひとつひとつみて探してくれる

俺  「この脱落防止リング(イボイボ付)はどうでしょうか?」
店員 「こういうのは男性の方がわかると思うので男性店員を呼びましょうか?」
俺  「別にそこまでしてくれなくてもいいです・・・」

店員さん更に探す

店員「こういう先がギュッと絞ってあるのは使ったことありますか?」
俺  「あ〜ないですね、」

俺は箱をみながらしばし思案中

俺 「じゃこれにしてみます」

店員は色白で頬を少し紅らめて対応してくれて最高でした
俺は足が少しガクガクして射精寸前

家出した人妻

俺が21歳の頃、ビルのメンテナンス管理会社に勤めていた、俺の担当ビルは、
歯科・眼科・旅行代理店と他に5社が入っている5階建ての総合ビルの管理業務でした。
9月末にある夜、帰る前のビル内点検で1階のトイレに居た家出女性を、俺のアパートに
連れていった時の話です。

その日は台風の影響でお昼ごろから雨が降っていました。
トイレから出てきた女性を見た瞬間声を失っていました。
髪はぼさぼさに近く、化粧もしていない様で、手には小さな紙袋を持って、
靴は汚れたスニカーを履いていました。
廊下まで出てきた女性は、ゆっくり俺の方を見ながら、
「すいません」
何か事情がありそうだと感じましたが、
『どこか悪いのですか?』
と聞いてみました。しかし女性は、
20〜30秒ほど沈黙が続きました。
『申し訳ありませんが、閉めますので』
と言いました。すると女性は、
「ごめんなさい」
と言って出て行きました。
俺は、何か気になりながら後姿を見ていました。
全てのドアーを閉めてから、裏口から出ました。
俺は裏口横に止めてある自転車の所まで歩いて行きました。
すると、自転車置き場の横の階段にさっきの女性が両手を体に巻きつけて
座っていました。
女性は近づいていった俺とは気づかず(暗いので)立ち去ろうとしたので、
『先ほどの方ですね・・』と言うと、
確かめるように俺の見てから、
『あっ』
そして、またその階段に座りなおしました。
俺は、その座り方を見てとても疲れているんだと感じたのと同時に、
この人、多分家出かな?と思いました。
その時でした、
『あのーー大変失礼なのですが』
『お金を貸していただけないでしょか』
と、弱弱しく言ってきました。俺は直ぐ返事をしないでいると、
『必ず後で返します』と何度も頭を下げながら言いました。
しかし、俺の財布には4千円しか入っていなかったので、
「今、4千円しか持っていないんだ」
「何処かに泊まる費用なんでしょ?」と聞きました。
『はい!』とうなずきました。

何故かこのまま立ち去ることが出来なくなっていた俺は、
「もし良かったら、俺のアパートに今晩泊まってもいいですよ!」
と言いました、女性は俺を見ながら少し間をおいてから、
『知らない人間を、いいんですか?』
と弱弱しそうに言いました。
「ただし、一晩だけだよ!」と念をおしました。

俺の住んでいるアパートは、ここから自転車で15分ぐらいの所にあります。
女性を乗せて、途中のコンビニで、ビールと夕食の弁当と、明日の朝のパンやおかず類
を買ってから帰りました。
部屋に入って直ぐ風呂を沸かし、やかんにお湯も沸かしました。
15分ほどでお風呂が沸いたので、俺のTシャツと上下のジャージを女性に渡し、
お風呂に入るよう進めました。

30分ほどで出てきて、ドライヤーで髪を乾かしていました。
テーブルのある部屋に戻ってきて、正座してから、
『身も知るない私を親切にしていただいて・・迷惑をかけて』
そう言いながら、涙を流して 『ありがとうございます』
と両手を着いて頭を深々と下げました。
そして、ゆっくり顔を上げました。俺はその女性の顔を見た瞬間、
また声を失いました。
なんて綺麗な人なんだと、先ほどと余りにも違いすぎて声が出ませんでした。
「何も聞かないし、何も話さなくていいよ!」
「今夜はゆっくり寝なよ!」と言うと、
女性はまた涙を流しました。
俺は、何んて言っていいのか分からず、間が開いたので、
「俺も風呂に入ってくるよ・・出たらご飯食べよう」と言って
風呂に行きました。

風呂から上がって、二人でビールを飲んでから弁当を食べました。
その間、二人とも話もしないので重苦しい空気に耐えられなく、TVを点け
ながら食べました。
食べ終わって、コーヒーを飲んでいる時、女性が家出の原因や二日間どこかの
ビルの階段の踊り場で過ごしたと、そして名前は、Y子 と教えてくれました。
4日前に家を飛び出した時、お金は一万五千円しか持っていなかったそうです。
女性を俺の布団で寝かせ、俺は隣の部屋で冬用の掛け布団を敷いて寝ました。

翌日の朝、女性の洋服が乾いたら帰ることになり、合鍵を渡し、掛けたらドアー
の隙間から中に押し込むように言ってから、俺は出かけました。
その日は台風の影響で朝から強めの雨が降っていたので、歩いて行きました。
歩きながら、彼女はこれからどうするんだろう?と気になっていました。

夜、帰ってみると合鍵が中にあり、彼女が着たジャージはきちんとたたんで
ありました。ありがとうの置手紙と一緒に。
風呂から上がって、ビールを飲んでいた時、チャイムが鳴りました。
ドアーを開けると、あの女性が立っていました。
彼女は下を向いたまま、無言でいました。
「だから今朝、帰るお金がないのなら貸すと言ったのに!」
と今朝の会話を言いました。すると、
『もう一晩だけ・・泊めていただけませんか?』
『ずうずうしくて、ご迷惑なことは分かっています』
『お願いします』と頭を下げていた。
時計を見ると、10時を過ぎていた。帰れとも言えなく、
「わかったよ、入ってよ」と言って彼女を部屋に入れました。
やはり食事もしていなく、インスタントラーメンを食べさせました。

昨夜と同じく寝ていると、彼女が俺にしがみついてきました。
彼女は、『本当にありがとう・・・私を抱いてください』
と言いながら、俺の胸に顔をうずめてきました。
俺は一度彼女を離し顔を見ました、その時の表情はとても優しそうで
綺麗だと思いました。
俺は彼女の唇に軽く触れてから、舌を少しづつ入れていきました。
彼女も舌を絡めてきて、だんだん濃厚なディープキッスになっていき、
彼女の柔らかい舌が美味しいと感じて、俺は30分ぐらいしていました。
彼女のジャージを脱がしました、下着はつけていなく、余り大きくはない
胸を軽く揉みました。そして首筋から乳房へと唇を移動させ、乳首を軽く舐めました。
『あっあぁー』
と声を出しました、俺は両方の乳首を交互に舐めたり噛んだりしながら、
『あぁあぁー』彼女の表情を見ていました。
俺は少しずつ下へ移動して行き、彼女の秘部へと
『はずかしいー』
俺はかまわずに、秘部をゆっくり開いていきました。
そこは、結婚しているからと思っていたのとは違って、綺麗なピンク色でした。
俺はむしゃぶりつく!ようにその場所を舌で愛撫しました。
『アーンー ウァーン』
彼女が一回 逝ったところで、今度は指を入れ愛撫をした。
彼女は、体を左右に振り時には弓なりになりながら何回か逝った。
そして、今度は彼女が俺の息子を丁寧に舐めてくれた、余り上手ではなかったが
この綺麗な女性にフェラされているだけで俺は満足だった。
その後、69になりながら彼女はまた逝った、俺も我慢の限界になっていた。
体を入れ替えて、俺はギンギンの息子を彼女の秘部へ奥深く押し込んだ。
『ウゥゥー アァー』
俺はマシーンのように、腰を動かしていた。
『アァー  アァー』
俺はもう逝きそうになったので、
「もうー逝きそう!どこに出す?」
彼女は、『アァー中に出して 大丈夫だから、アーアー』
俺は一瞬ためらったが、気持ち良さに勝てず、彼女の中に出した。
射精は今まで経験がないくらい、長く続いた。

次の朝、俺は彼女が家に帰ると言うので、二万円を渡した。
彼女は、必ず返すね!と言って受け取った。
外はいつの間にか晴れていて、気持ちのいい朝でした。
俺は自転車を押しながら、一緒に駅の近くまで歩いて行った。
『ありがとう この親切は忘れないです』と言って彼女は駅の方へ
歩いて行き、一度振り返って小さく頭を下げでいました。
俺は少し気になりながら、ビルに向かった。

それから、五日後に彼女がまた尋ねてきました。
そして、借りたお金を返しに来たのです。
彼女は、前とは違って気品あふれていて、綺麗できっと良いとこの奥さんなんだな!と
感じました。
手にはおみやげがいっぱい入った手提げ袋を持っていました。
部屋に入ってコーヒーを飲みながら、その後の話をしてくれました。
世間でよく言う、嫁と姑の問題で、旦那は彼女が悪いと一方的に決め付け、
挙句の果て、出て行け!になったようです。
取りあえずは、彼女から誤ってなんとか許してもらったそうです。
綺麗な彼女を見ていると、無性に抱きしめたくなり、気がついたら、
二人ともベットの上にいました。
多分、もう二度と会うことのない彼女を、俺は何度も何度も抱きました。

あれから7年が経ちます。この時期になると思いだします。
不思議な体験でした。

幼なじみと

あれは、十年前、俺が中学二年生の時だった。
夏休みのある日、夏祭りがあった。
その日、俺は隣に住んでいた幼なじみと、祭りに行く予定だった。
その日は、2人とも両親が留守だった。
幼なじみの名前は坂本真由美。現在は同じ中学で同級生。
容姿端麗、成績優秀で、特技は料理や裁縫などと、男にとっては理想的な女の子だった。
男子からの人気も高く、先輩後輩を問わず、何度も告白されているのに全部断っている。
(だけどいつかは真由美も彼氏が出来て、俺から離れちまうのかなぁ)と考えながら、俺は待ち合わせ場所で真由美を待っていた。
「遅くなってごめん。待った?」
ようやく真由美はやってきた。
黄色いTシャツに、赤いミニスカートだった。
髪型は、いつもは結んであるのに、今日は肩まで伸ばしている。
「おせぇよ。何してたんだ?」
俺は文句を言った。
「ごめん。そこで友達に会って話してたの。さっ、行こう。」
真由美は、俺の手を握って歩き出した。
祭りの間中、俺は真由美の事を見つめてばかりだった。
今まで友達のように接していた真由美と、恋人の関係になりたいと始めて思ったのだ。
普段見ない服装が、その気持ちを固めたのだった。
祭りの帰り道、俺は真由美の家の前で、真由美と別れた。
「じゃあな。」
俺は帰ろうとしたが、真由美に呼び止められた。
「ねえ、龍也(俺の名前)ん家は誰もいないんでしょ?家も、両親が朝までは帰ってこないらしいの。良かったらあがらない?ジュースでも飲ませてあげるよ。」
俺は少し戸惑った。
「いいのかよ。女1人っきりの家に、男があがるんだぜ?」
「いいよ。龍也がいた方が、かえって安心するし。」
俺は真由美の家にあがった。
真由美は俺を部屋に案内し、自分はジュースを取りに行った。
真由美の部屋らしく、きちんと整理整とんされている。
真由美が戻って来てからは、学校でのことなどを話し合っていた。
俺は、今まで気になっていた事を、真由美に聞いてみた。
「真由美ってさぁ、何で彼氏作らねぇんだ?聞いたぜ。また昨日告ってきた同学年の男子振ったらしいじゃねぇか。好きな男でもいるのか?」
俺は真由美が答えるのを待った。
真由美は、顔を赤らめていた。
「・・・うん。いるけど・・その人私のことどう思ってるのか・・」
真由美は小声で答えた。
「へぇ・・そう・・」
俺の中で、何かが吹っ切れた。俺は真由美に抱きつき、ベッドに押し倒した。
「きゃぁ・・た、龍也?」
俺は驚く真由美を無視して、Tシャツの上からオッパイを揉んだ。
結構大きくて、柔らかい。
「ちょっ、ちょっと待って・・な、何でこんな事するの?私の事好きなの?それとも・・ただ満足したいだけなの?」
真由美は俺の手を払いのけようとしたが、俺は離さなかった。
「お前の事は、好きだよ・・でも、俺なんかには、興味ないだろ?」
俺は真由美が暴れ出すと思っていた。
ところが真由美は、両手を俺の首の後ろに回して、顔の目の前まで抱き寄せた。
「・・私も・・龍也の事・・好きだよ・・」
真由美は顔を真っ赤にしていた。
「小さい頃から・・ずっと・・好きだったよ・・でも、言えなかった・・私の事、どう思ってるのか・・分からなかったし・・」
俺の体の中は、幸福感だけになった。
俺は真由美のオッパイから手を離し、思いっきり抱き締め、唇を重ねた。
俺が舌を入れると、真由美はすんなりと受け入れた。
唇を離して、俺は真由美のTシャツを脱がせようとした。
「ま、待って・・自分で脱ぐから・・龍也も・・裸になって・・」
真由美はTシャツとスカートを脱いだ。
真っ白なブラジャーとパンティーだった。
俺も服を脱ぎ始めた。
俺が全裸になった頃に、真由美も下着を全て脱いでいた。
俺は真由美を抱き寄せ、オッパイを揉んだ。
「胸でけぇな・・何カップだ?」
「・・Dカップ・・」
俺はオッパイを揉み続けた。
オッパイを吸うと、真由美は
「ぁあ・・ぁん・・」
とくすぐったそうな声を出した。
「・・お前・・初めてだよな?」
俺が聞くと、真由美は小さく
「うん」
と答えた。
「俺が初めての相手でも、いいか?」
「・・龍也じゃなきゃ嫌・・」
俺は自分のチ@ポを真由美のマ@コにつけた。
「愛してるよ、真由美。」
「私もよ。」
俺は一気に挿入した。
「痛い!」真由美は悲鳴をあげた。
マ@コからは鮮血が出ていた。
俺が腰を振ると、真由美は痛そうな表情になったが、必死で我慢していた。
「中に出すぞ。」
俺が言うと、真由美は一瞬迷ったようだが、
「いいよ」
と答えた。
俺は中出しした。
それから数時間は、2人とも抱き合ったまま眠っていた。
目が覚めた時、俺の両親が帰ってくるかもしれないので、俺は服を着始めた。
「ねぇ。」
真由美がベッドの中から話し掛けてきた。
「セックスしたから、私達もう恋人同士だよね?」
「ああ。それが噂になったら、俺は学校中の男子に袋叩きにされるだろうな。」
「一生愛してくれるよね?」
「ああ。」
俺は真由美の家を出た。
家に帰ると、すでに両親は帰っていて、遅くまで出かけていたということでこっぴどく怒られた。
それから高校を卒業するまで、俺たちは両親の目を盗んでは、セックスをしていた。
現在俺には、同い年の妻と2人の子供がいる。
妻は言うまでも無く、高校を卒業してすぐに結婚した、真由美だ。

むかつく女に強制妊娠

俺は東京のある会社に勤めてるサラリーマンだ。毎日、毎日、挨拶回りばっかりでストレスがたまってしょうがない毎日を送っている。

そんな俺のストレス発散法はある出会い系サイトで手頃な女の子を引っ掛けてヤっちまうことだ。この間も美香という女とホテルの前で待ち合わせしていた。

すると、びっくりしたことに、どう考えても中学生にしか見えない女が立っていた。まさかと思いながらも、「美香ちゃんかな?」と、話しかけてみると、「そうだけど、何、おじさん、ボーッとしてんのよ。ヤりたいんでしょ?早くホテル入ろうよ。」なんとまぁ、むかつく女だ。と、内心ムカつきながらも、中学生とヤれるのはおいしいと思い、ここはおとなしく従うことにした。

ホテルの中に入ると、美香はいきなりすっぽんぽんになり、股を広げると、「好きにして良いよ。」と、言い放ち、いかにも不機嫌そうな顔をしていた。いくらなんでも腹が立ったので、俺は隠し持っていたクスリを使うことに決めた。そのクスリは、ある知り合いの医者から分けてもらった「排卵促進剤」というクスリで、むかつく女とヤる時に、これを使って強引に妊娠させていた。

俺は、ルームサービスで注文したビールにクスリを混ぜ、美香に飲ませた。都合の良いことに、このクスリには副作用があり、飲んだ女は猛烈な睡魔に襲われ、Hの最中だろうと、スヤスヤと眠ってしまうというスグレモノだった。しかも、美香はクスリの効果が出やすい体質だったのだろう。俺がシャワーを浴びて、風呂場から出てみると、スヤスヤと眠っていた。

俺は美香の股を強引に広げ、全然濡れていないオマ☆コにチ☆コを突っ込み、強引に膣内を動かしまくった。さすが、中学生。そこら辺の女よりもかなり締まりが良かった。それでも、美香は起きようともしない。これなら大丈夫だと確信した俺は、美香の子宮を突き破る位、勢い良くチ☆コを突っ込み、美香の奥深くに子種を打ち込んだ。

美香の中からチ☆コを抜き取ると、美香のマ☆コから、ドロッとした精子が流れ出てきた。美香が起きるとウザイことになるので、おれはさっさと部屋を出た。

数ヶ月後、美香から電話が来た。「あんたの精子で妊娠した。どうしてくれんのよ?まだ、私、中学生なのに。」

そんなこと言われても、俺の知ったことではない。俺は無言で電話を切った。まぁ、援助交際で荒稼ぎした金で、中絶でもしたのだろう。と思っていたが、この間、腹が膨らんだ美香を見かけた。まぁ、だからどうした。っていうかんじなんだが。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード