萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

主人以外と

46才人妻です。30年ぶりに中学の同窓会がありました。そのとき、ひょんな切っ掛けである人と話が弾みメール交換しました。たわいのないメールのやりとにを数ヶ月したある日、一度逢おうかと。彼は隣県に住んでおり中間地点で待ち合わせ。彼の車で海にドライブ。もう時効だからと彼は中学時代私を好きだったことを告白されました。私は存在すら知らなかったのに、でもメールでのやりとりでその時の私は彼に好意を抱いていたのは事実です、だった逢いにきたんだから。告白で少し動揺はしましたが、そのあとの話はたわいのないものでした。
「何もしないから一緒に行きたい」と指差したのはホテル、初めての男性が主人で浮気経験のない私は強い衝撃を受けましたが何故かついて行っていました。
部屋では車中での続きの話でしたが上の空、彼はお風呂に一人でいきました。私は何が何だかわからなくなってただ彼が出てくるのをまっていました。そのとき、後ろからいきなり抱きしめられました、抵抗したらすぐに「冗談だよ」とやめてくれました。そのとき、私は彼の優しさが嬉しく顔を向かい合わせ目を閉じました。唇を受け入れると彼の手は服の上から胸にきました。「きみもお風呂に入っておいで」、頷き浴室にいきましたがこれからのことを考えると不安とドキドキでした。タオル姿で直ぐにベットに、彼は直ぐに隣にきました。
いきなり彼のペニスが顔の前にきました、「咥えれば」言葉通りしました。主人のモノとは比べ物にならないくらい硬く大きいペニス、それから、「きみの裸、見せて」とタオルを剥ぎ取られました。全身の愛撫、特にクンニは恥ずかしいくらい長い時間、それも音を立ててしてくれました。69も本当に久しぶりにしました。
彼が私の上にきて、「初めは生で入れたい」もう、私はただただ彼がそのときは欲しかった。「うん」
彼のペニスが入ってきました、フェラチオでわかっていたことでしたがとても硬く太いモノでした。散々突かれ女としての喜びを主人以外に求めていました。
「本当はこのままいきたい。でもいくときは抜くから」と彼。「いきそうだよ、抜くよ」私は思わず彼と足を絡め手は腰を押さえました。「心配しないで、中にきて」と同時に子宮の中に射精を受けました。私にとっては久しぶりの生受け、彼が離れた後、太ももに精子が伝わり出てくるのがわかりました。
その後、逢ってはいません、あれはもう一人の私、もう一人の私はもういません、あの日の事は奥深くしまっておきます。本当に愛しているのは主人なのですから。

寝取り

私は病院関係の営業をしております。そこで新しく担当として行き始めた客の中に恵理という既婚女性がいました。彼女は無口でしたが複数の男性と関係が過去にあったと噂を耳にしてました。同じ部署の上司は有名な話で同業のセールスマンやナンパ的な出会いの男性等...しかし、見た目にはそうは見えないのです。そこが私の攻略心に火をつけたと言えます。
たまたま、学会に同行した際に食事をしてホテルに帰りました。時間も早いので部屋でテレビでも見ながら少し飲まないかと誘うと安心しきって私の部屋に入ってきました。最初はテレビを一緒に見ていたのですが彼女のスカートの下のストッキングがセクシーで理性が飛びキスをしてしまいました。
最初は驚いた様子でしたが抵抗は全くなく手を私の後ろに回してきました。
キスをしながら髪をなで首筋から耳へ愛撫を移すと彼女の力が抜け上から、161cm81cm56cm85cmの体は無抵抗にベットで私の攻めを受けるようになりました。すべてを脱がすと35歳とは思えないピンクの乳首がすでに我慢の限界にきています。そこをワザと避けるように乳輪まわりを舐めてやるやるとウッ..アッ...吐息が漏れ始めます。散々じらしたところで固くなった乳首を口に含むと彼女はビクンと体をよじり快感のスイッチが入ったようです。下に手を這わすとそこはかなり濡れて受け入れ態勢でした。
しかし、私は舌をクリトリスへと移動させ愛撫を始めると数分で体を硬直させ逝ったようでした。それでも私は愛撫を止めないでいると『ダメっ..また逝くからお願いやめて...』
『いいから逝ってごらん。逝くときは声にだして逝くんだよ。』
『いやっ...ダメっ...あっ...ほんとにあたし逝くから...』
『逝くーっウッ...』
彼女の体は痙攣しています。それに興奮を覚えた私はそそり立つ肉棒を一気に彼女の秘部に挿入すると彼女は半狂乱のように腰をふりまた嗚咽をあげ逝ったのです。
気持ちのいいセックスとは女性がどれだけ逝くかだとおもうのですが...
逝った彼女を騎上位にすると私の乳首を舐め始め快感の絶頂に達した私がピストンを早めると彼女は色っぽい表情をし、『逝くーっ...』失神し、私の上に倒れ込み私も彼女の髪の香りで果ててしまいました。
それから時々セックスを楽しんでいますが日常とのギャップにいつも興奮をしております。最近では他人に逝かされる彼女を見たいと思うようになってきました。何かいい作戦はないものですかねぇ。プライドが高くなかなかそういったプレイは受け入れようとしないもので...偶然にって出来ればいいのですが...

年末年始(

年末年始は実家に帰らず、学生時代にバイトをしていた屋内プールの支配人に頼まれごとをお願いされていた。
年末年始の休業中に一日一回、施設を見回って欲しいとのことだった。
バイト代は出ないが、プールで泳いでも構わないというから、経費を考えれば、かなり高額のバイトでもあると思った。
早速29日の午前中に部屋の大掃除を済ませてから、午後にプールに行ったが、
さすがに一人でプールにいるのは、寂しくなった。
併設されている小さなジムもやったが、それも虚しく器具のカチャカチャという音が響いて余計に寂しさを感じさせるものになった。
適当に見回って、ボイラーも最後消して施設を出て、引き受けてしまったことを少し後悔した。
誘えるような友達はみんな帰省してしまったか、仕事にはまっていて、帰省すればよかったと後悔した。
ところが、近所の子供で以前転んだところを助けたこともあって、遊んであげるような仲になった子供を
コンビニで見かけた。
母親も知っているが、家庭の事情が複雑そうで、挨拶程度しか話したことはなかった。
と言うのも、子供の父親は浮気相手の家に入り浸っており、母親は酒に溺れてしまった時期もあって、
それが嫌になった子供が突然夜に俺の部屋に泣きながら来た事があった。
子供から聞いたそういう話だから、内容はかいつまんだ感じだろうが、嘘はないと思った。
それを知ってから、母親の存在自体が俺の中で踏み込んじゃいけない領域になったような気がした。
その時、子供は家まで送っていったが、俺に感謝していた母親はすでに泥酔状態だった。
そこで俺は完全に引いてしまっていた。

で、その家庭状況の子供を俺はプールに誘うと、どうやら父親が帰ってこなくなり、どこにも出かける予定はないらしく、誘いに乗ってきた。
翌朝晦日に俺が家まで迎えに行くと、母親までが一緒についてきた。
久しぶりに会った母親であるが、どことなくアルコールの気配を漂わせていた。
しかし、普段話してみると、普通な感じの人で、車を走らせながら3人で盛り上がっていた。
話の中で金槌な親子に俺が水泳を教える事になった。
施設に着くと、駐車場を開けて、車を通してから、また門を閉めて、
車は影の目立たない場所に置いた。
施設の入り口も入ってから、また内鍵を閉めて、俺はボイラー室に向かった。
母親に更衣室の鍵を渡して、先に着替えてもらったが、俺が更衣室に行った時には、
女子更衣室の扉しか開いておらず、俺は躊躇せずに中に入ると、すでに母子の影は無かった。
ついでにロッカーを一つ一つ見て回った。
ロッカーに鍵を掛けなくて良い事はすでに母親には伝えてあったが、それがしっかりと守られていて、
おかげで母親の下着で少し遊ばせてもらった。
更衣室の鍵も回収し、俺もそこで着替えて、プールサイドに出ると、
母親の水着は多分若い頃に買ったと思われる競泳用の水着で、体がぱつんぱつんの状態だった。
ボイラーがまだ利かないと思うから、先に施設を見回ってこようと言う話をして、
子供は唯一空調を利かせておいた事務室にテレビを点けて待たせた。
階段で俺の顔の目の前で母親のケツが揺れていて、さらに水着が徐々に食い込んでいくのを目の当たりにしていた。
併設のジムを見回ったときに、ベンチプレスの台に母親を寝かせると、30キロの重りをつけて俺が支えて持たせてみた。
恥かしさからなのか、力を入れたいからなのか、途中で足を閉じようとするから、
それじゃあ、力が入らないと言って、母親の両足を掴んで開いた状態にした。
さらに足の間に俺が入り、ちょっと前のめりになるような感じで重りを支えていた。
母親はかなり恥かしそうにしていた。
母親がそれでも足を閉じようとするから、否応なく俺の足と触れ合っていた。
俺はベンチプレスの台のちょっと余っている部分に膝を乗せ、そうすると俺の膝小僧と母親の股間が数センチのところに来る上に、
閉じようとする内股が俺の膝に当たっていた。
俺が表情を変えずにいたから、母親は顔を紅潮させながらも、俺の指導通りにバーベルを持ち上げ続けた。
約30分ほどそれを行い、子供の待つ事務室へと向かった。
余程恥かしかったのか、良く見ると母親の上半身が結構赤い感じに見えた。
あえて母親の二の腕を触り、「ここに来ますよね」と言ってから、はにかんでいる母親に「筋肉痛にならないように、後でマッサージしてあげますよ」と言った後、
母親の返事を待たずして、子供の待つ事務室へと俺は先に歩いた。
3人でプールサイドで軽く準備運動をしてから、プールに入ると、子供は結構怖いらしく、ちょっと我慢しているのが表情に出ていた。
母親も同様な感じだった。
プールの壁の角を掴んでもらい、バタ足から始めた。
見本を見せてから行ったが、二人とも沈んでいくので、下から支えてあげた。
二人の腹の位置を抑えていたが、故意ではなく子供を抑えているとどうしても手が母親の胸の辺りに来てしまっていた。
母親は分かっているらしく、あえてそこは咎められなかった。
と言うより、恥かしそうにしていながらも、母親も結構その気だったのかもしれない。
次は腕を伸ばして、自分のタイミングで息継ぎをしながらバタ足をやってみると、
2人とも必死にやっており、こちらも沈んでくる体を支えるのに、どこを触ろうとお構いなしだった。
連続してバタ足を続けていれば、母親の水着は徐々に母親のケツを露わにしていった。
さらにゴーグルを付けて潜ってみると、母親の乳首が立っているのが分かった。
それを終えてから、今度はクロールの手の動きを教えるために、プール内で立たせてみると、
母親の乳首は際立っていた。
子供の前で父親以外の男に向けて、乳首を立たせている母親の姿に少し興奮を覚えつつも、
まずは子供を後ろから抱え込むようにして、手の動きを教えた。
次に母親にも同様に教えると、ほとんど背中は張り付いたような状態で、母親は俺に向けて腰を突き出しているような体勢になった。
そして、次に子供だけまずは指先を持って、息継ぎをしながら俺が引っ張るような感じで泳がせてみた。
最後は手を付けてみると、不恰好ではあるが形にはなりつつあった。
そこで子供を休憩させて、次は母親の番だ。
子供と違って、沈んでしまうから俺は下から手のひらで支えた。
手の動きを付けてもらうと、俺は横に立つしかなく、しかもそれなりに進んでいるわけだから、
母親の胸や下腹部に堂々と触る事が出来た。
子供は休憩に飽きたのか、一人で勝手に泳ぎ始めたから、俺は母親を支えながら、子供を見ていなければならず、
おかげで母親の体を触り捲くれた。
結構、母親は熱心に取り組んでいて、一方の子供のほうは飽きたらしく、上がってプールサイドのビーチチェアの上でタオルを掛けて、外を眺めていた。
俺は子供に風邪引くからと、着替えて事務室で待っているように言うと、子供は素直に頷き先に着替えに行ってしまい、
事務室からプールが見えるのだが、着替え終えた子供は一度こちらに笑顔を見せると、テレビを見始めていた。
その間に母親は一度休憩がてら、子供の様子を見ていたが、10分もすると再びプールに入った。
「ここから本番です・・・」と母親に呟くように言ってから、少し離れた場所に立って、
「ここまで泳いできてください」と言った。母親は不恰好な泳ぎでなんとか俺までたどり着いたが、必死な母親は俺が最後に支える時に体を触り捲くっていることに気付いていない様子だった。
最後にちょっと深いところがあり、俺が立ち泳ぎをしながら、待っていると、
母親はそこは足がつけると思ったらしく、少し溺れかかった。
それを助けながら、母親の水着の食い込みに激しさを増した。
立ち泳ぎがままならない母親は俺に抱きついているしかなく、俺はあえてそこから動かなかったから、母親も必死だった。
「ちょっと俺も恥かしいんですけど、支えるのに楽なので・・・」と言って、
食い込んだ水着を引っ張るようにして持った。
一番遠い壁を指差しながらも、母親を支えている手は、母親の水着をどんどん食い込ませていた。
「あそこまで自力で泳いで、休憩しましょう」と言うと、母親は必死に頷いた。
始めに俺が先導するように母親の手の指先を持ってから、スタートすると、やはり沈んでしまう。
下から支えてやりながら、乳首を指で押してみたり、指をあえて股間のところに入れてみたりとしていた。
時間が掛かって壁のところに行き着くと、母親は俺に抱きつくような感じになり、
耳元で「ダメです」と小声で言った。
「ダメと言われると、そこに触れたくなる性格なんです。」と言って、水面から出ている乳首を触ってみると、
母親はさらに密着するような感じになり、俺は胸を触れなくなり、ケツに手を回した。
「休憩しますか?」と聞くと、「少しだけ」と言ったものの、母親はプール内にとどまっていた。
子供はこちらを見ておらず、どうやら寝ているような感じだった。
水中の俺の手はすでに母親の水着内に入り込んでおり、少し離れた母親の乳首をかなり際立たせていた。
それを触ると、再び母親は密着してきた。
「お子さんが見てるかもしれませんよ」と耳元で言うと、母親は「ええ」と頷きながらも、子供に背を向けるように俺にさらに密着してきた。
「あとで長めのマッサージが必要ですね」と冗談で言うと、母親は一度笑って頷いた。
水中の母親の下半身は水着が完全にずれて毛がわかめのように漂っていた。
それから泳いでいる振りをして愛撫を重ねていると、母親は我慢仕切れなくなった様子の目を俺に向けてきた。
俺はあえて流し続けた。
母親の手は既に俺の海パンの中に入っており、プールじゃなければそのまま咥えていると思われた。
しばらくしてから「上がりましょう」と言った俺の言葉を母親は待っていたらしく、
喜んでいた。
子供が視界から消えた更衣室で内鍵を閉めて、母親を全裸にして、俺も母親に海パンを脱がされて、行為に及んだ。
更衣室の床の上で自分よりも年上の女を凌辱的にやってみると、母親も興奮したようで、
何回か達していたようだった。
それからシャワーを全裸のまま二人して浴びたが、興奮が収まらず、シャワーを流しっぱなしにしながら、再度母親の中に侵入した。
行為が終わると、「この後、このまま遊びに行っても良いですか?」と聞くと、「やっぱり若いわね」と笑われたが、母親は快諾していた。
子供の前ではさすがに母親になるのには感心した。
俺は自分の駐車場に車を止めてから、歩いて行く事にした。
玄関で出迎えてくれたのは、子供だったが、母親は洗濯に取り掛かっていた。
俺のもついでだからと一緒に洗ってくれた。
作ってあった雑煮を食べ、その後ビールが出てくると、子供は母親が酒を飲んでいる姿を見たくないらしく、自分の部屋に上がっていった。
少し子供の様子を俺が見に行って、眠そうにしていた子供を寝かしつけると、
母親のところに行って、乾杯した。
1杯目を一気で飲み干すと、すぐに注いでくれる母親に俺の隣に来るように言うと、
注ぎながら母親は俺の隣に来た。
タイツの上から内モモをなぞりながら、キスをすると、母親からもキスをしてくるようになっていた。
それから寝室に移動した二人は、お互いが壊れると思うくらいに行為をした。
実際に母親の体は痙攣しており、俺も一部感覚がなくなっていた。
子供の部屋で物音がしたのが、きっかけで行為は終わったが、あれ以上続けていたらお互いに壊れていたと思う。
元旦にもしてしまい、3日にも・・・・。

BA

出会い系で出会い、それ以来5年もの間関係を続けた女性が居ました。
私が28歳〜33歳、彼女が32歳〜37歳
身長が153と低くいが細くて巨乳!顔が酒井○子に激似!?子供が居ない
人の妻・・・
お互い仕事が忙しく逢うのは平日の20時〜24時、週一の関係だった。
出会った頃私はまだ独身で、年上で美人で経験豊富なこの人妻に溺れる毎日
しかも基礎体温を測っているから逢う時は必ず中出し

32歳になった時、私に突然お見合いの話が来た。
エエ所のお嬢で向こうはかなり乗り気らしい・・・
何気にそのことを人妻である彼女に話したところ「今晩逢いに行く」と言う
わざわざ私が住む街までくるなんて、付き合って以来初めてのことだ
23時、携帯に「高速を降りた所で待ってる」と連絡
車を飛ばすこと数分、彼女の車に横付けして助手席に乗せた。
助手席に乗った彼女はいつも通り可愛い、でもいつもよりテンションが高
い?
聞くと今日はキャンペーンの打ち上げがあったらしく、飲酒運転で来たらし
い(^^;
髪を撫でながらキスをすると彼女の手が私の股間に伸びファスナーを下ろし
始めた。
汚れた私のPを愛しそうに口に含み、我慢汁を唾液と一緒に吸い込みながら
上下
我慢ならん!彼女を押し倒して制服のタイトスカートを捲り上げると
既に洪水状態!シャツのボタンを2個だけ外して形の良い胸を揉みながら製
上位で挿入
「あ〜!!イイ〜〜!!!」私にしがみ付きながら下から腰を使う彼女
Pを打ち込む度に「クチャ、クチャ」とイヤラシイ音がする
弱点である首筋に舌を這わせ歯を立てた瞬間「うあ〜!!もう駄目、きて
〜!!」
打ち込むスピードを上げフィニッシュ!「ドクドクドク・・・・」
約1週間分の種を彼女の奥底に流し込んだ。
その後イチャイチャしながら指マンしてると、愚息が再び復活!
今度はバックスタイルになってもらい、小さくて形の良い尻肉を掴んで挿入
「ズブズブズブ・・」「ウァ〜!!イイ〜!!奥にキテ〜!!!」と催促
今日はなぜかいつもより感度が良い?子宮口のコリコリをP先で感じながら
2度目の放出!「ドクドクドク・・・」
愚息が小さくなって押し出されるまで胸や尻を揉んだり噛んだりして遊んだ

それから暫くして彼女からメール「子供が出来たから私と結婚して!」
突然のことなので返事に困っていると「あなたの子よ!責任取って!」
「メールでは何なんでとにかく今夜会おう」と返信、会うことになった。
待ち合わせてホテルに直行、脱いでもらって体をチェックしてみると
お腹は少し出てるように見えるが、胸に触れると!?
大きくて柔らかかった胸がパンパンに張って硬くなっていた。
乳首を口に含んで吸ってみると、少し甘い・・・
どうやら妊娠は間違いないようだ
そのまま愛撫を続け挿入、膣内が熱く感じる・・・
無茶はできないので横我位でクリを刺激しながらPを出し入れ
「ア〜!!イク!!」同時に私も固く張りのある胸を握りしめながらフィニ
ッシュ!
暫くぶりの放出でグッタリ、手を見てみると母乳???舐めると甘い
第2ラウンドはソファーに座り、向かい合わせでの座位
ユックリ優しく体を揺らしながら経緯を白状させると
私を誰にも渡したくないから危険日を承知で中に出させたとのこと
「結婚が無理でも旦那の子としてでも産みたい」と気持ち良さに声を震わせ
ながら言った。

それから数ヶ月、お腹の子供の成長を毎週確認しながら関係を続け
「産まれたよ!可愛い女の子だよ!!」とのメールを受け取った日
夜中に病院に侵入、授乳時間で起きてた娘と初対面「可愛い!」
彼女に似て本当に可愛いかった。
「残念ながら戸籍上はあなたの子供じゃ無いんだからね」と彼女
胸が張って痛いって言うので娘と二人で乳首を吸うと
「ちょっと舌を使わないでよ〜感じるじゃない」とクレーム
生殺し状態で病院を後にした。

同じ町内

俺はスポーツジムに通い始め6年になります。
去年の9月にジムで、ナイスボディーでレオタードを着た可愛い30過ぎくらいの女性に声をかけられたのです。
「○○さんですよね、同じ町内の○○聡美です」
「運動不足と体脂肪減らそうと思い、今月から入会したの」
「知らない人ばかりで不安でしたが、よかった〜〜」
俺はまったく知りませんでした。 可愛くてナイスボディな人と話できるだけでジムも楽しくなる程度と思ってました。
週に2回ほどジムで会ったり、プールでも会ったりして、楽しい会話で日々が過ぎた時、偶然に帰りの駐車場で会い、話し込んでると、虫も多く、俺は自分の車に誘い、中で話しました。 それから、メルで連絡を取り合うようになり、帰りを同じにして、週に3日は話すようになりました。
愚痴も聞かされ、アドバイスしてるうちに同情するようになり、12月の始めに、手を肩に回して、抱き寄せると抵抗も無しに、俺の肩に顔を寄せてきたので、手で顔を上げて、キスをしました。
まったく抵抗無し、しばらくして、舌を入れると入れ替えしてきました。
俺は図に乗り、聡美の胸元が開いた所から手を入れて、乳首をいじくると、かすかに喘ぎ声が出てきました。
その後「だめ、だめ」と言い俺を払いのけられ別れました。
しばらくメルしても返事がありませんでしたが、10日も過ぎたころに聡美からメルがきて、ジムに入る前に駐車場で待ってるとのことでした。
その日は、ジムに入らず、ドライブに出かけ、山間の公園で車を止めて聡美を抱き寄せると抵抗もなかったので、シートを倒し覆いかぶさるように抱き、キスしながら、服を脱がして愛撫を続けました。
スカートの中に手を入れ、あそこを触ると、濡れていました。
無言のまま、狭い車の中で下着を脱がし、指を入れると、聡美は腰を上げて体を反らし、喘ぎ声を出して俺の首に手を回して来ました。
俺はズボンを脱ぎ、入れると、あああ〜〜あ  の声と一緒に背中に手を回し抱きついてきたのです。
ピストンを繰り返し、聡美のお腹にザーメンを出すと、聡美は可愛い息を荒々しくしてました。
それから、ジムに戻り、お風呂とシャワーを済まして帰りました。
その後、週に1回はジムに入る前に会い、車でエッチをするよ仲になり、先日は車の中が曇り、お互い全裸で抱き合い、口に出して、聡美が飲み込み舐めるようになりました。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード