萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

めぐみと龍子

これはたしか18のときバイト先の飲み会をしたときの話。
男女6人で飲んでいたがそろそろ帰る時間になった。
そこであまり飲んでいない24のおねぇ様めぐみの車で帰ることに・・・
その娘は18の大学生、龍子のアパートに泊まることになっていたので3人で帰ることになったのだった。

俺は結構飲んでいて酔いも回っていたので自分の車で帰ることができそうになかった。
別の場所に止めていたのだが・・・
そこで龍子のアパートに行くことになったのだ。
そのときは3人だし特別に期待するようなことも無かったのだが・・・

俺には彼女もいたが、やはり女の子の部屋に入るのはドキドキする。
  めぐみ OLをしている24歳、Fカップの巨乳、Hっぽい顔がそそる
  龍子  大学1年、見た目はBカップくらいか?かわいい系
部屋に入って2人に囲まれて寝れるのか?などと少し妄想している俺。
まぁ、3人とも酔ってはいたがめぐみはシャワーを浴びに行った。
めぐみは泊まるつもりで来ていたらしく着替えを持ってきており、
龍子がめぐみのブラをとって『見てよ。大きいよね?Fカップだって!』
と俺に見せつけた。
俺『ほんと、でかいな。めぐみさんの胸に触ってみてーよ。』
龍子『私も着替えるね。』
エロ話も飲み会でしていたし、酒も回っている。
ブラを手にして大きさを確認していると、龍子は着替え始めた。
ブラウスを脱ぎブラだけになった。俺の視線など気にしていない様子。
もちろん、俺の視線は釘付けに・・・ こうしてみるとCカップくらいか?
予想していたよりいい胸をしていた。そしてブラを外し始めたがさすがに背中を向けてパジャマに着替えた。
ほどなくしてシャワーの音が止みめぐみが戻ってくるのだった。。。

明かりが消えると同時にめぐみが折れに抱き付いてきた。
折れは龍子が気になっていたのでそっちに逝きたかったのだが、
めぐみに『龍子は彼氏いるしダメだよぉ。』と小声で言われ、その巨乳を押し付けるように抱きしめてくる。
龍子に変に思われないか気が気ではなくて、実際気づいているはずだが・・・
龍子に助けてよ。と言ってみるものの、龍子『私知らないよぉ。』といって早くも寝ようとしていた。
折れはめぐみの柔らかな胸の感触で息子を半立ちにさせていた。

その頃、折れは付き合っていた彼女しか女というものを知らなかった。
その為罪悪感と息子の反応が反比例していた。
しかし、ヤリタイ盛りの折れにとって罪悪感が勝つことなどありえないのだった。
めぐみの暖かく柔らかい感触を官能していると堪らず自分の腕でめぐみを恐る恐る抱きしめ、
2人の身体はさらに密着した。
もう、それだけで十分折れの息子は戦闘態勢に入っていた。
心臓もはちきれそうなほど高鳴っている。
と、めぐみの唇が折れのうなじあたりをくすぐった。そして、耳を優しく噛んだり・・・
全身がゾクゾクするように感じてしまった。それでも龍子に気づかれはしないかと心配しながら。

もう、この時点で折れの息子の先は濡れまくっていたと思う。
そしてめぐみの唇が遂に折れと重なった。流石に大人の女は凄いと思った。
とにかく折れはめぐみに遊ばれた。舌を使って折れの唇を焦らされ、うなじから首筋まで愛撫されていった。
折れは何もできず固まってしまい、只その快感に身を委ねるのが精一杯だった。

どれくらいこうしていたのか?恐らく30分くらいこうして遊ばれていたと思う。
そのうち折れのほうからめぐみの唇を吸ったり、
吸われたりしながらめぐみのシャツの上からそのFカップの巨乳を揉みしだいた。
そうしていると乳首がしこってくるのがわかった。

『むふっ あっ・・・』と小さく龍子に気付かれないように声をあげるめぐみ・・・
だんだんと折れのペースなり、めぐみのシャツのボタンを少しずつ外していった。
シャツを脱がそうとしているのをめぐみが察したらしく脱がすのに協力してくれた。
めぐみは折れも脱ぐようにうながし、折れはいっきに自分も上半身はだかになる。

めぐみの暖かい肌に直接触れていると夢中でブラのフックを外した。
これでFカップがあらわになるんだ。暗闇の中にうっすら見える乳首にむしゃぶりつく折れ。
一生懸命に舌を使った。めぐみは『うっ・・ あっ・・・ うん。』と声を押し殺すのに必死なようだった。
折れは存分にその両手でも余るような巨乳を味わい。Dキスねだった。
長いキスのあとめぐみ『こんどは○○のこと気持ち良くするね。』
と逝って折れの身体に舌を這わせていく・・・
折れの乳首を舌先でもて遊ぶめぐみ、折れは『ハァハァ・・・』と息をするだけで何も言葉にならない・・・

乳首を吸われながら、完全に勃っている息子をめぐみは優しく握ってきた。
折れは仮性なのがばれないか心配だったので『脱いでイイ?』と言って
自分で脱いでいる間に気筒を完全に露出させておいた。
そして、めぐみは直接折れの息子をしごき始めた。その優しいしごきでさっき以上に我慢知るが出ているはずだ。
しごきながらもめぐみは濃厚なキスをしてきた。
流石にめぐみも折れの汁に気づいたらしく、『すごいぬれてるよぉ。ヌルヌルだね。特別に両手でしてあげるね。』
といって片手で亀頭をさすりながら一層激しくしごきたててきた。。。

これまで味わったことの無い快感で『うっ むっ・・・』と声が漏れてしまう。
亀頭を滑るめぐみの指が生き物のように絡み付いてくる。
と、寝ているとおもっていた龍子が起き上がってきたのだ。
もしかすると始めから気がついていたのか?
龍子『さっきから気づいてたよ。自分たちだけずるいよ〜 私の部屋なのに・・・』
めぐみ『気がついてたでしょ?龍子』
天職『・・・』
龍子『うん。○○、わたしもしてね。』
そう逝ってめぐみに息子を遊ばれている折れの顔に龍子またがって来た。
ヌルヌルになっている龍子を強制的に舐めさせられる折れ・・・
そして、おれの息子も限界が近くなってくる。
上り詰めながら龍子がヒクついているのがわかる。
折れは龍子の乳を揉みながら龍子の秘部を味わい。めぐみの指技を官能した。

画像ファイル

1年ほど前、会社の女の子のパソコンが調子悪いというので、部署の中では
パソコンに詳しい俺が調べてあげることになりました。
どうやらHDDの容量が足りなくなっていて動作が不安定になっていたみたい。
使わなそうなアプリを削除したり、一時ファイルを削除したりして、空き容量を
増やしたら、それなりに安定して動くようになりました。
こんな堂々と女の子のパソコンをあされる機会もないので、興味本位で彼女のパソコンの
中を探索してしまいました。IEの履歴やキャッシュファイルなんかを見てみましたが
特におもしろいものは見つからず「会社のパソコンだから当然か」なんて、もう
やめようかと思ったところ、画像が入っているフォルダを見つけました。

その子は入社3年目の23才(かな?)で、おとなし目の子だけど結構可愛いく、
身長は155くらい?体型は普通より少し細めな感じです。
彼女とは年も近かったのでよく話をしたりしていました。

フォルダ内の画像をこっそりとチェックしてみると、友達と撮ったであろうデジカメ画像
なんかが入っていました。浴衣の写真もあって「やっぱカワイイよな」なんて
思いながら見てたら、突然、彼女がピンクのパンツ一枚だけで座っている写真が出てきて
びっくり!カワイイおっぱいが丸見えです。Bカップくらいかな?
ビューワが自分が使っているものと違ったので、あわてて操作したらフルスクリーン
表示になって、さらに焦りました。幸い、画面が見える位置には人がいなかったので
人に見られずにすみました。モニタの向こう側では上司や同僚達が仕事しています。
彼女はというと、自分のパソコンが使えないから、代わりに俺のパソコンを使って
作業をしています。俺はそんな中俺は股間を膨らませながらコーソリと一枚一枚画像の確認。

写真は彼女の部屋でのもののようで、様子からすると彼氏が撮ったのではないか?
というような感じでした。パンツを脱いだものもありましたが、股間はしっかりと
手で隠していました。一枚だけヘアが少し写っているのもありました。
「やべぇぇぇぇーっ!すげーもん見つけてしまったぁ」

なんにも知らずに仕事をしている彼女を横目で見ながら「こんなもんふつー会社の
パソコンに入れとくかよ!」なんて思いつつ、その画像を自分のパソコンの
共有フォルダにこっそりとコピーしました。
それらはもちろん家に持ち帰り、今でも俺のいちばんのズリネタです。
今でも彼女と話をするたびに、この画像のことを思い出してしまいます。
その後も何度か彼女のパソコンを覗きましたが、あの時の画像はなくなっていて
新しい画像が追加されることもありません。

お母さんと入浴し・・・

お母さんは40代、元実業団バレーの選手で全日本のメンバーでした。
今はリポーターなどをしているN・Mさんの先輩に当たるそうで、現役時代の写真の中に
何枚かチームメンバーとのショットがあり、N・Mさんとの2ショットもあります。
しかし、試合にはなかなかでられず、どんどんと後輩に先を越され、実業団チームから
解雇されたそうで、それが今でも悔しいみたいです。
その後、転職した会社の同僚と結婚し僕が生まれました。
中学校の母親参観では、身長の高いお母さんは人目につきやすく、またそこそこに美人
だったので、同級生からはよく羨ましがられました。
そんなお母さんを僕が女として意識してしまったのは、高校1年の夏休みの事でした。
長期出張が多かった父親が赴任先のOLと不倫関係になり、お母さんとすったもんだの挙
句に離婚した事がきっかけでした。
専業主婦だったお母さんはパートに出るようになり、そこで仲良くなったおばさんの紹
介で、土日のママさんバレーチームに参加するようになりました。
初試合の3週間ほど前にユニフォームができ、それを試着したお母さんを見ました。
Tシャツに黒い短パン姿のお母さんを見た瞬間、僕は勃起してしまい、それ以来オナニー
する時はお母さんが20歳代で現役だった頃の黒いブルマーをはいたユニフォーム姿の
写真を見て、抜いていました。
秋ごろの事です。 その日もお母さんの写真を見ながらオナニーをしていたのですが、
うっかり寝入ってしまい、下半身は裸のまま、机にはお母さんの写真が数枚放置状態で
した。 そこにお母さんが入ってきたので、もう状況は一目瞭然、言い逃れできない気
まずい空気でした。 「洋輔!何してんの!」「お母さんの写真見て、変な事してたの
!?」 怒涛の勢いでしかられましたが、終始お母さんはチラチラと僕のペニスを盗み
見るように視線を走らせていたのでした。
「気まずいなあ」と思う反面、お母さんが好きなことを感じてもらえるチャンスだと思
い、僕は意を決して「お母さんが好きだからこんな事していたんです。」と打ち明けま
した。びっくりしたような表情になったお母さんでしたが、「お母さんもようチャンが
好きだけどこんなことされるとショックよ。」とやさしく諭すように語りかけてきまし
た。 怒られてしぼんでいたペニスもお母さんの表情や服装を見ているうちに元気にな
り、おなかにくっつくまでに立ってしまいました。 目をそらそうとしつつもチラチラ
とみているお母さんがどうしても欲しくなり、「お母さんに気持ちよくさせて欲しい」
と小声でお願いしてみました。 しばらく、沈黙の時間がありましたがお母さんが、
「久々にお風呂に入りましょう」といってきました。 言われるがままにお母さんと入
浴しました。 終始無言でお母さんは僕の身体に石鹸をつけて、汚れを落としてくれま
した。 「お母さんの現役の写真、どうだったの?」沈黙を破りお母さんが語りかけて
きました。「美人だなって思いながら・・・」「それだけ?」「お母さんとHな事して
みたいって思いながら見た・・・」「毎日していたの?」「うん、していた」僕がそう
いうとお母さんは僕のペニスを石鹸で泡だらけにし、シコシコとやさしく、時に激しく
しごいてくれました。「お母さん!いい!気持ちいい!!」そう叫ぶと僕は勢いよく射
精してしまい、それがお母さんのオッパイに飛んで行きました。
「最初だからしかたないのよ」、お母さんはそういうとシャワーで身体を流し、先に出
て行ってしまいました。 「身体を拭いたら、お母さんのお部屋にいらっしゃい」、脱
衣場でそういうと放心状態の僕を残し、お母さんはそそくさと立ち去りました。
数分後にお母さんの寝室に向かい、ドアを開けるとそこには現役時代のユニフォームに
身を包んだお母さんが薄化粧までしてくれてまっていてくれました。
「あんまり見ないで、恥ずかしいから・・・」「お母さん、キレイ・・・」「もう!」
「実業団時代のユニフォームがまだ着れるなんて、お母さんはスタイルがいいんだね。」
「恥ずかしいからやめて、ようチャン・・・」「お母さん、好きっっ!!」
僕は実業団のユニフォームに身を包んだお母さんに飛びつき、ベッドに押し倒しました。
社名入りのTシャツに黒いブルマーとハイソックス、写真と違わぬお母さんに欲情し、僕
のペニスはまたはちきれそうになりました。 ユニフォームからは防虫剤のにおいがして
きましたが、僕はオナニー時に妄想していた「ブルマー責め」を強行しました。
お母さんのはいているブルマーを舐めたり、すそ部分を引っ張ってみたり、食い込ませて
みたりしました。 「変態な事しないのよ」と言いながらもお母さんのアソコは音を立て
ていました。 「アア!アア!お母さん!!」「ようチャン!好きよ!」めくり上げた
ブルマーから飛び出たお母さんのアソコ。僕の生まれたところ。懐かしさとともに初めて
まじまじ見た気色悪い形状。 それでもペニスからは粘つく液がたれて、僕の太腿を濡ら
しています。 「しっかり舐めてからよ!ここを舐めてからよ!」、僕はお母さんに言わ
れた部分をいいといわれるまで舐め続けました。 首筋、耳たぶ、オッパイ、アソコや太
腿、手足の指先にいたるまで、お母さんに命じられるままに。 その間、我慢できずに1
度射精してしまいましたが、お母さんが手でしごいてくれ、すぐに元気になりました。
「早くお母さんとしたいよぉ!!」僕は甘えたようにお母さんにねだりました。
「待ってなさい!」、お母さんはそういうと髪を掻き揚げ、僕のペニスを口の中に入れて
くれました。 「包茎だからやさしく舐めてあげるね」お母さんはペニスの先端の皮をま
ず舌先でチョンチョンと刺激してくれました。 「あふう!気持ちいいよぉ!!」
僕はもう赤ん坊のようにお母さんに身をゆだねて、気持ちよさに泣くばかりでした。
「ママァ!!ママァ!!」 なぜかはわからなかったのですが、お母さんをママと呼んで
僕はお母さんに甘えていました。 「ママとしたかった!ブルマ姿のママとしたかったの!」
「いいのよ、好きにして!ようチャン!!」「アアッッ!!ママーッッ!!」
ブルマーの脇からお母さんに導かれるように挿入し、2,3度腰を打ち付けたとたんに
激しく射精してしまいました。 「初めてなんだからしかたないのよ、ようチャン。」
「ごめんなさい、お母さん、僕だけ気持ちよくなって・・・」「またお母さんとしてくれる?」
「うん」、その後全裸の僕は、Tシャツをたくし上げたお母さんのオッパイをチュウチュウと
吸いながら抱かれるように眠りました。
それから2年、お母さんとのセックスは回数こそ減ってきましたが、1時間は射精せずに
プレイできるようになりました。

3Pも、未遂

先々週、とうとう俺にも奇跡が起こった。

大学の時の先輩から、突然合コンに補欠要員として誘われた。
なんとか仕事を終わらせ遅れて会場にいった。

残念ながら俺の隣と前は、背は高くてスレンダーだけど公家面の洋子ちゃん。
背は低くて顔がでかい草薙系のユキエちゃん。
彼女らは歯科助手で専門学校の同期生だったとのこと。
年齢は俺と1〜2下の27〜28だと思う。

先輩が通っていた歯医者経由でつながった合コンだが、あまりかわいい子はいなかった。
でもちゃんと2次会まで終わって、午後11時ちょっと前になった。
3次会は実現せず、ラーメンチームと帰宅チームに分かれた。

俺も帰宅チームとなり、同じ路線である公家と草薙と途中まで一緒に帰ろうということになった。
草薙とは映画の話で少しだけ打ち解けていた。
大学以来7年間、彼女なしの俺は、俺のマンションに女が入ったことはなかった。

そんなこともあり、勇気を振り絞って俺の家でもう少し話をしようとお願いした。
最初はうんいわなかったが、女二人でくれば安心だということで、家にくることになった。

歯医者の仕事の苦労話をネタに酒とつまみを食いながら、だべっていた。
話題も一巡すると、もう寝ようとなって女から先にシャワーを浴びさせた。Tシャツと短パンは貸してあげた。

俺もシャワーを浴びてさっぱりした。いいことはできなそうだけど、女が俺の部屋にいただけでまっ、よしとするか。
今日はいい一日だった、俺も少しは経験つんだな、と自画自賛し、シャワーを出た。

出てきたらなんと、俺のTVの下のキャビネットにきちんと並べられていた裏DVDが女たちに見つかっていた。
見せろとうるさいため、開き直って見せた。
これを見て何をするのと言う話になり、ここまできたら折角だからリアルなものを見せてあげると、居直った。
俺はいつもやるように座布団の上に膝たてすわりをし、左手にティッシュをふわっと乗せて、オナニーの体制に入った。
しかし、女二人が興味津々でみてるなか、なかなか立ちが悪かった。ユキエちゃんが手でしごいてくれて、何とか起った。

生身の女二人を目の前に、俺は画面にうつる女子高生と同時に左手に準備したティッシュの中に前かがみになりながら果ててビクンビクンしていた。
初めて見るであろう独身男性のこの行為に二人は非常に興味をもったらしく、いろいろ質問を受けた。

俺ばかり見られて不公平、女はどうやるのよ?と反撃したところ、しぶしぶユキエは、服の上から局部と胸をさすり始めた。
それじゃ不公平と、俺は短パンのまたの部分を横にずらし、露出させた。
俺も触らせてと、指でマッサージしていると、ふうんふうん言い始めた。7年ぶりのこの事態に半立ちになった。
しかし、完全にはたたない。なぜなんだ?

洋子はばつが悪そうに、なにやってんの?いいかげんにしてよ。などぶつぶつ言っていたが、このシチュエーションが逆に燃えさせ、ユキエとディープキスを始めた。ユキエは若干タバコくさかった。
ユキエの短パンを脱がせ、お互い局部をいじりあっていた。とうとう我慢できなくなったか、ユキエは俺のものを加えて、顔を上下し始めた。

興奮する二人をよそに、洋子はこちらに背中を向けて、寝転がってしまった。
俺も我慢できなくなり、ユキエと結合した。
なんとか頑張りながらユキエを先にいかし、すぐ後で俺も外だしで果てた。

結局洋子は半分怒っており、誘いには乗らず生まれて初めての3Pは未遂に終わった。

つまらない話ですまんな。後日談はもっとつまらないよ。

電話番号を交換しておいたけど、その後はかかってくるわけはないし、
こちらからかける勇気もない。

貸してあげたTシャツと短パンとスポーツタオルの大きいやつ(2〜3日は女の香りが残っていて気持ちよかった)、どっちが使ったかわからないから
使い捨て歯ブラシ2本、を洗わずに取っておいた。
床に落ちてた髪の毛と陰毛を拾い集めてチャックつきのビニール袋に保管した。

これが先週のずりねた。

今は素人もの(チョイぶす)のAVの方がリアル(身の丈に合った)妄想できるようになり、より興奮度が増した。

わたしのママン

わたしのママンは教育ママンだった。

対面を何よりも重視して、たとえ90点をとっても
「なぜ10点分間違えたのか」
を聞いてくるようなママンだった。

私はそんなママンが嫌いで、あんな大人にだけはなりたくないと思っていた。

10歳のとき、わたしはとあることから、プチ登校拒否を試みた。
何もかもが嫌で、学校になんて絶対行くものかと思っていた。
ママンは激怒した。「対面」「成績」と毎日毎日怒ってわたしを怒鳴りつけた。

根競べが一週間くらい続いたのだが、ある日急に、ママンは怒るのをやめた。

部屋にいる私のところに来てただ、
「買い物行くよ」
とだけ言った。

ママンは私を連れて、近所のスーパーで生活用品の買出しをした。

普段学校以外に出歩かない昼間だったから妙な感じがした。

ママンは、もう怒らなかったし、学校についても何も言わなかった。
ただ無言で手をつないで、大根だのにんじんだのを買った。

今思えば、きっとあれはママンなりの精一杯の愛情だったんだと思う。

二日後、私は学校に行った。

少しだけ、照れくさかった。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード