萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

派遣会社のお姉さん

登録した派遣会社のお姉さんとやった。
23日午後位に登録行って、登録後にちょっと雑談してた中で
女「明日のクリスマスはどなたかと盛り上がられるんですか? 」
オレ「いゃ〜、金もあんまないし彼女もいないんで家族とケーキ食ってすごしますよW、
○○さんは彼氏と美味しい物でも食べに行かれるんですか? 」
女「彼氏いないんですよ〜苦笑、それに年末忙しくて、最近毎日残業ばっかりなんで、明日も〜云々」
オレ「へぇ〜、大変っね。じゃあ仕事終わったら、一緒にお祝いしますか?」(100%冗談)
女「えぇ〜、…イイですよ。(超笑顔) でも、仕事終るの9時過ぎとかですよ。」

メルアドと携番交換して、翌日とりあえず、大型パチ屋の駐車場で待ち合わせをした。
遅くなるかもって言葉通り、会えたのは、午後9:45分頃だった。(正直途中でバックレようかとオモタ)が、逆に遅かったのが良かった。
女「お待たせしました(超笑顔)なにか食べましたか?」
オレ「えぇ、ちょっと。」(吟上肉まんとエビチリまん)
女「良かった〜、私も会社で弁当&ケーキ食べちゃったんですよぉ。」(超笑顔)
オレ「じゃー、飲みにいきますか〜 」
女「えぇ?○○さん車じゃないですか、だめですよ飲酒運転は。」
オレ「…じゃー、、、」(どーしろっーんだよ)

女「…落ち着ける所で飲みましょうよ。」(表情が変わる)
で、コンビニで酒とおつまを買ってホテル探し。
ちょっと手間取って、ホテルに入れたのは、午後10:30過ぎ。
最初二人ともギクシャクしてたんだけど、酒飲んだからか、30分もしない内にイチャイチャ開始。
ソファーの上でキス、乳愛撫、でパンツ脱がせたら、もうグショグショでした。
オレ「○○って、こーゆーまんこしてたんだ。」(いつも言います)
M字開脚させてクンニしようとすると、
女「シャワー浴びてないから、ダメですよぉ。」(エロい笑顔)
気にしてるようだったけ、どとりあえず栗から攻めてみた

栗舐めるとかやっぱりマン臭が濃かった…
でもお姉さんはイイ感じになってなので一回逝かせてみようと思って中を指いれてみた。
かなりキテたみたいでぬるぬるだった。
これは吹くんじゃ?とチクビや栗と同時に思いポイントを攻めまくると
女「…んん〜ぅぅぅぅ…、あっ!」

お姉さんはやっぱり吹きました。
ってゆーか、濃いめの汁がドロッって感じで流れ出てきた。
お姉さんは気持ちイイけど、恥ずかしいと言うんで風呂場にに移動。
風呂に入る前、オレもかなりタッテたんで脱衣所で即尺させてみた。
断るかと思ったけど、快くかつ恥ずかしそうにしゃぶってくれた

けど、フェラはイマイチだった…(オキニの風俗嬢と比べたら)
湯船を作る間風俗みたいに会話しながら、ボディーソープで体(後にまんこ中心)を洗ってあげた。
やっぱり気持ちイイけど、恥ずかしいらしい。
その時聞いたんだけど、歳はオレの一ケか二ケ上の27で、夏頃、彼氏と別れてそれ以来やってなかったらしい。
潮(汁?)も、自分では吹いた事は無いって言ってた。
潮の話題が出た所で綺麗になったしって事でまた、クンニ+指マンで吹かせた。
その後、一応フェラさせてから風呂場でハメました。

立ちバック、バック、座位、また立ちバックで初逝き。
その後、二人で湯船に入ってまた会話を交してベッドへ移動。でまた…
結局、風呂場、ベッド、寝起きにもう一回のと、会って二日のお姉さんと一日三発やっちゃいました。
その後も日曜に買い物デート+ホテル、月曜も仕事の紹介と説明するって呼ばれて、会社終わった後にまたやる。
今日仕事納めで明日から休みらしいから、多分年末年始は派遣会社のお姉さんとやりまくると思います。
軽い冗談で言った一言でセフレができなんて、何でも言ったみるもんだと思い書き込んでみました。

クリスマス企画でサンタ衣装

一昨日、倉庫で主任としちゃった。
クリスマス企画でサンタの恰好してたのが、良かったらしいよ。

ありがちなサンタコスプレだったんだけど、多分主任の趣味で、猫耳とか尻尾とかも用意してありました。
私以外にもう一人女の子がいて、そのコとノリノリでフル装備で仕事場に出ました。
お店が混み出したり、衣裳が以外に暑くて、途中、着ていた普段の制服を脱いだりしたので、ミニスカサンタ服の下は、下着だけでした。
お店が一段落して、交代で食事休憩を取る事になったのですが、その休憩を主任と二人で取る事になったんです。

一緒に休憩室に入り、私は友人へのネタメールの為にと、写メの撮影をお願いしました。
主任は引き受けてくれ、ポーズ指導?
今思えば、それもどうか?とは思いますけど、私も舞い上がってポーズを取ったりして。
やけに、褒めてくれるんですよ。
「可愛い」とか、「似合うよ」とか。
「普段、コスプレでエッチとかしてるだろ? 」
って話になり、
「それはないですよ。 」
と笑いながら答えたんです。
「じゃあ試してみよう。」
って急に抱きしめられて…
キスしながら、服の上からゆっくりと体を撫でられて、まずいなぁとは思うモものの、好奇心と性欲は止まらずに流されてしまいました。

休憩室よりも鍵が締まる倉庫に移動して、再開。
簡単に服をはだけて、下着をずらしただけ、胸を揉まれ、乳首にキスをされ…
それだけでもう感じてしまって、「早く入れて。」とお願いしちゃいました。
壁に手を付いて、後ろから立ったまま・・・
すごく興奮してしまい、「主任に声出しちゃダメだよ。」と耳元で言われたりして、恥ずかしさもあってか、しっかりイってしまいました。

時間も無いので、あわただしいエッチでしたが、 かなり、興奮しちゃいました。
ハマりそうで、恐いです。w
あんまりエッチじゃなくてゴメンね。

この間エッチしちゃった主任から、明日の残業を頼まれました。
お店が閉まってからの作業で、私と主任の二人だけでするみたいなんですよね。
もしかしたら〜といつもより長めに入浴したりして。
期待しててもいいんでしょうかねw

リフレクソロジーで感じちゃって

勤めている接骨院は、50代院長と俺を含むスタッフが2人です。
都内でほど良く都心に近い所ですが、住宅街なので患者はほとんど、じいさんばあさんです。
たまに30代より若い女性も来ますが、だいたいが主婦なので、若い女性とはほとんど無縁な職場です。

この辺りには何故か接骨院が多くて、競合しているわけですが、
他院に抜きん出る策を生み出そうということで、院長とスタッフで会議をしました。
今、うちの院でやってるのは、まあごく当たり前の治療やカイロ(整体)なんですが、
最近「リフレクソロジー」というのが若い女性の間で流行っていると相方が提案しました。

患者はじいさんばあさんばかりなので、違う層を呼び込む為にも、この「リフレクソロジー」を取り入れよう
ということになり、我々は通信講座で手技資格を取ることになりました。
お金も時間もかかって結構大変でしたが、三人共無事に資格を得ることが出来ました。
宣伝の為にチラシも作成しました。どんなコピーにしようか?とか、三人で考えて結構楽しめました。
俺と相方には「今後は若い女性が来る!」という期待もあったからです。
それを狙って、「お勤め帰りのOLさん」とか「立ち仕事で疲れた貴女に‥」とか、そんなコピーを考えました。

そして、あの人はやって来ました。
世間はお盆休み真っ最中の8月のことです。

「リフレクソロジーお願いしたいんですけど‥」
受付で言う彼女は、鈴木沙里奈(←こんな字?)を、もっとやわらかくした感じの人だった。
俺と相方は「お!」っという感じになったが、相方はすぐ前の患者のデータの入力作業をしている最中だったので俺が担当することになった。
コースを説明して選んでもらってマッサージを始めた。
その日は特に会話もなく、40分のコースを終えて帰って行った。

相方は「今度はオレに回せよwみたいな事を言って、俺もそのつもりでいた。

2日経った。世間はまだお盆休みの最中だ。
うちの院はお盆に休みをとらずに開院していた。
ただし、相方と俺が交代で休みを取っていた。
この時期患者も少ないので院長と二人でも十分こなしていけた。

その日は相方が休みで院長と俺だけでやっていた。
あと30分で午前の診療が終るという時に、院長が所用で外出した。
「午後の診療までには戻るから、あと少ししたら閉めていいよ」と言い残して。

俺はラッキーと思ってあと30分、誰も来なけりゃいいな!と思った。
ところが患者が現れた。2日前の彼女だ。

「リフレクソロジーお願いします」と彼女。
「この前もいらっしゃいましたよね?」院長も相方も居ない気軽さから俺も軽く言ってみた。
「ええ‥キモチ良かったので、又来ました」
キモチ良かった‥ちょっと興奮した。そう言った彼女本人もテレてるような感じだ。
「コースはこの前のでいいですか?」そう聞くと
「今日は60分で‥あ、でも診療時間過ぎちゃいますか?」
「いいですよ」そう言って俺は入り口を閉めた。【午後の診療は2時半〜です】の札を下げて‥

この可愛い彼女と二人きりか。。入り口まで閉めて密室状態じゃあないか。
俺は仕事だということも忘れて、ドキドキしていた。

リフレクソロジーの前には「フットバス」に足をつけてもらいます。
だいたい10分くらいですが、あの日は5〜6分で上げてしまいました。
モタモタしてると院長が戻ってきてしまいそうな気がして。
いや、正真正銘の患者さんですから何も後ろめたい思いをすることは無いわけですが、何だか焦ってました。

タオルで足を拭いてマッサージを始めるためにペッドに仰向けに寝てもらいました。
俺は彼女の足元にイスを持っていって座り、足裏マッサージを始めました。

有線が流れてはいるものの、俺と彼女以外人の気配が無いわけで、不自然な静けさというか、何か話をした方がスムースに運ぶような感じだ。
「今日はお仕事お休みですか?」
「ええ。お盆で会社は休みです」
「OLさんなんですね?立ち仕事とか?」
「普通の事務職です」
こんな会話をしたが、それ以上はなかなか続かなかった。
「あの‥今日は誰もいないんですか?」と彼女が言ってきた。
「はい。お盆なんでスタッフは交代で休み取ってます」
「もうすぐ昼休みに入るんで、入り口閉めちゃましたよ。もう誰も来ませんよ
そう言うと我ながら何かエロい事言っちまったな‥と少し後悔した。
だけど彼女はちょっと含み笑いをして「いや〜ん」と言うではないか。

リフレクソロジーは、台湾式の足裏マッサージとは違って、元来痛みは感じさせずに行いますが
人によっては痛いツボもあります。
俺は彼女の反応を楽しみたくて、ちょっと強めに押してみたりした。
その度に「あっ‥」「くぅ‥」という声が漏れる。
こんなのは通常の肩もみや腰もみで、おばちゃん達も出す声だが、今日は全く違うモノに聞こえる。
どうしてもエロい‥
しかもこの彼女、わざとか?俺をからかっているのか?という程、声を出す。
この前来た時は、そうでもなかったのに‥
俺は段々おかしな気分になっていった。

足裏を約45分、最後の仕上げはふくらはぎを下から上へ、リンパの流れに沿って膝下までさすり上げます。
その際にはうつぶせに寝てもらうのです。
彼女をうつぶせにして、ふくらはぎのマッサージをはじめました。
これもやや痛いらしく「あっ‥」「いた‥」とか言ってました。
しかも相変わらずエロく。もしかして、これはスキを見せているのか?
俺は誰も居ないのをチャンスと理解して、元来膝下までのマッサージを思い切って太ももの半ばまで上げてみた。

特に無反応‥ そしてもっと上げてみた。ヒップのすぐ下まで。
完全にスカートの中に手が入っている状況だ。

いくら何でもこれはヤリ過ぎだな。文句言われる前にヤメとこう‥と理性が働きかけたその時
「あぁ‥」またもやため息のような声が。

両手で片足をつつむようにさすり上げるのが正しいわけだが、
その声を聞いたとたん俺の理性はぶっ飛んでしまい、
両手で両足をむんずとつかみながら一気にヒップまで持ち上げてしまった。

「ひぃ‥」というような、息を呑む声がした。
そしてもう一度同じようにヒップまで両手をさすり上げる。
そして三回目で彼女の下着を一気に下げてしまった。

すこしの間互いに無言。彼女はうつぶせになってドーナツ枕に顔を埋めているので表情は分からないが
あまりのことに固まっているようだ。
しかし抵抗する様子は無い。それどころか呼吸というか、息づかいがかすかに「ハァハァ」言っていて、 エロさをかもし出している。

このまま俺が治療台に登って、バックからやろうか?と思ったけれど、
華奢で幅の狭いこの台では無理だと思った。
いや、正直その時初めて思ったわけじゃあないです。
常々妄想っていうか、美人の患者が来てこのベット゜の上で‥なんて思ってたんですよ。
ついにそれが現実になったわけです。

彼女の腰の辺りを持って、90度横に動かして、上半身は台の上、下半身は尻を突き出す感じで下におろした。

あらわになった彼女の下半身‥ 尻の割れ目にそっと逆手で手のひらを当てがって
そのままもっと下へ‥気持ち中指を前に出してマソコの割れ目にすべらせてみる。
彼女の割れ目はすでにトロトロになっていた。
いやらしい液があふれている。やっぱり感じてたんだな‥
俺はたまらなく‥勃起してしまった。
そのまま中指を中心に上下にさすった。
中指の先端でクリを捕らえてコネコネすると、今までよりも大きな声で「あぁ‥ん」と言って
かすかにだが腰を左右に振り出した。
彼女の足を大胆に開かせて、クリを中心にやさしくマッサージした。

その後 生で出し入れして(ゴムが無いから迷ったけど、本能に勝てず‥だめな俺)
で、院長が帰って来ちゃって、ここでチョーヤバかった感じ。
でも結局そのコと付き合うことになって、今ではタダでマッサージやらされてるけど、
マッサージ→エチーのパターンで、きっかけが出来てやりやすいってこともあるわな。

ホテル勤務・雪で泊まりこみの夜

何年か前の話。
職場はホテルで、確か正月明けでドカ雪が降った日に
電車は止まるし、車での帰宅も無理っぽくて仕事が終わった。
スタッフは特別に客室に泊まらしてもらえた。
泊組のみんなで小宴会してそろそろ寝ようか と、各自自分が
借りた部屋に散っていった。
俺はその時に部屋を借りそこねていて、仕方なく小宴会場で座布団でも
しいて寝ようかと思ったけど風呂に入りたい!と思い、当時とても
仲の良かった娘の部屋のノックをしたのね。
スペックはA22 T154 B70のC 腹筋割れてたw
で、「シャワーだけ貸してよ」って言ったら
「んん〜・・いいよ。」と。コレキタ!

シャワー借りて、「 ありがと助かったw 」とお礼言って
持ち込んだビール一緒にのんでしばし雑談。
おもむろに、「お前俺のこと信用できる?」 って聞いたら 笑顔で なんで?って。
なんもしないから一緒に寝ようよ。
この時点でかなり下心ありました。
今でこそ言えるけど、かなりこの子の事気に入ってました。
性格良いし、何よりもとっても気が利くのね。
周りに対しても、お客さんに対してもとっても気が効く。
髪型はショートカットでほんのりカラー入ってるだけでけばくないし、とっても髪が綺麗 だった。
で、少し考えてから まぁ、何もしないならいいよ キタヨコレ

それまでも散々飲んでたのもあり、彼女本当に眠くなってきたみたいで
「さぁ、もう寝ましょう! オヤスミ!」と一気にまくし立てて布団をかぶってしまった。
こちとらそれどころじゃない! もうどうやって事を運ぶか思案六法。
一緒の布団の中に入っていて、何気に肌が触れ合うととっても暖かい気分になったのを思い出すよ。

うまく話の糸口が見えないまま、「彼氏とはどうなの?」って聞いたら、
最近は仕事が面白く なってきて、会っても会話が続かなくてマンネリ化してる って。
同じ仕事の人となら、愚痴言ったり相談できるのにねw ときました。
まぁ、こちらは好意を持っているので、フムフムとそれらしく聞いていました。
そのままでは何も進まないので、いきなりキスして
しまいました。
相手は 「!!  なに?なに?」
それからは何も話さず、キスしてじっくりエッチ開始。
徐々に んっ・・ ぁぁあ、ダメ とか言うけど体は反応してますw

下半身に手を進めると・・・
強固に拒みます。
「ダメ、絶対ダメ。まだ彼氏と別れてないから。」
かまいませんw まさかココではやまりません!
そのままスルリと手を入れると 、しっかり濡れています。
エエ、準備OKです。
この場で、俺お前のこと・・・ 云々を言うのはあまりにも在り来たりで嫌だな〜
と、思ってあえて何も言わずに事を進めた記憶があります。
そして・・・

多分、時間にして2時間弱はこんな調子だったと思います。
すでに二人ともマッパですがね。
胸は若いしとっても張りがあり、制服の上からでも充分にその存在感を誇示していました
が、生というか、フレッシュ物もやはりとっても満足のいく丘でした。
若干チクービは色が付いていましたが、遊んで付いたそれとは違い肌の色に合った色でした。
しかもとにかく 形がイイ!!
寝転んでいてもまったく形が崩れない。
デルタゾーンはちょい濃い目のヘアに栗が大きめ。からみつくような感じ。
少し指を入れると 、キュキュキュッって〆る〆るw
コレは!という締め付け。あと、土手も高めで正にモリマンです。
膝に膝を入れて足を開き気味にして栗を執拗にかつ、優しく上下になで続けると・・・

彼氏がとても淡白というのは前に聞いたことがあったのですが、
ごく自然に彼女の腰が 、クイックククイィと動くのですよ。
口からは ハァフウゥッ・・ンン アァアァ・・・ と。
ココで事が始まって、初めて俺が口を開きました。
「入れて良い?」
しばし沈黙・・・
小声で、「ダメ・・・ 」
しかし、ここで彼女の性格が出てしまうのですよ。
「でも、おさまりつかないでしょ? イイヨ・・。でも外に出してね。 」
キタヨコレ!

俺も野獣になっていたし、そのまま生で挿入完了
締りのとてもよいフレッシュマムコで昇天!
なるべく優しく腰を動かしているうちに彼女が、
「逝っていいよ・・・ 私は逝った事無いからわからないの・・・」と あえぎ声を交えながら言うのです。
コレがなんともいじらしくて良かった。
それではと、野獣の俺はラストスパートをかけ、思いっきり彼女の割れた腹筋の上にぶちまけました。
これでもか!ってほどすごい量がでましたw
彼女のマムコを拭いてあげて、そのまま酔いと腰の乳酸の疲労で眠りに付きました。

翌朝・・・

俺は昼ごろの出勤だったと思いますが、彼女は朝早くの出勤で、起きたら彼女の荷物と共に消えていました。
純情でまじめな娘だから会社辞めちゃうかな?と心配しましたが
職場では何も無かったように接していました。

その翌日、彼女は仕事公休で、俺出勤。
彼女、マンネリ化してSEXレスで淡白な彼氏と決別してきましたw
もともと女の匂いもあったらしくて・・。
俺も、「堂々と付き合って欲しい、本当に本当にお前のことがスキ(ハート」って伝えて、OKしてもらいました。
その日からもうやりまくりですよw
猿状態だけど、猿が聞いたら怒るくらい
しまくりましたw チンチソが切れるくらい(実際に切れた)
そして・・・

性格もエチーの相性もよかったのか、彼女は”逝く”事を覚えて目覚めました。
そして、昨年の11月27日見事に夫婦になれました。

みなさま紫煙ありがとうございます。
今嫁さんは仕事やめて主婦してますが、会社辞めるまでそれはそれはいたるところで・・・
もちろん社内でもね!

GJ!
我女房に自信持てるって、本当に良いこっちゃ。
ま、漏れもその一人だけど。

夜の屋外プールで人妻と

夏なので
オレが働いてる屋外プールでのはなしなのだが
警備の巡回は、22時以降は
朝まで来ないことを事前に調べ
2ヶ所の扉の合鍵を用意して、
うちのプールにインストラクターで来てるコと泳いだ。

いやもちろん泳ぐだけではすまなかったのだがw。

ま、人妻さんなのだが
スレンダーな体つきのかなりセクシーな感じ(シャムネコっぽい?)

と、オレも泳ぎ方を習いたくていろいろ話してるうちに仲良くなり
まあいつも水着は着てるけど裸の付き合いだし、てなわけで
「星空の下で、誰もいないプールで泳いで見ない?」
と誘うと、最初はえ〜っと言われてたのだが、
だんだんノってくれてOKってことでww

ところが決行2日前に熱が出やがったオレ(^_^;)

風邪薬とドリンク剤をがぶ飲みし、
とにかくルートを打ち合わせして、
授業が終わった彼女と業務が終わったオレで
合鍵と駆使し、すっごいドキドキしながら…忍び込むことに成功!!

昼間より少しひんやりするプールに入り
ふたりで少し泳いでたんだが、やっぱなあ…

隙を突いてお姫様抱っこし、「や〜やっぱ水の中だと軽いなあ」
などとごまかしつつスキンシップw
星明りと遠い外灯の光だけで、柔らかい肌と水の感触…
まぁキスするよなあ…

…すると彼女もだんだん興奮してきたみたいで
かなりディープになってキターwwてなノリで
「真っ裸で泳いでみない?暗いし見えないからさぁ〜」と聞いてみた。
引かれるかと思ったが、あっさりOK!ふたりで脱ぎあってもう一度水の中。

まぁ泳ぐまもなくもう一度抱き合ってw
水に浮かんだ彼女の、意外にある胸をもんだり潜って乳首舐めたり
はいwもちろん! アソコも舐めちゃいました。
水の中でも違うヌルヌルwww
さすがに苦しくなって、そのままプールサイドまで運んでさらにクンニ。
だんだんあえぎ声が大きくなるのでビビって口を押さえつつ…

興奮して堪らなくなって…
ゴムもつけずにクチュクチュ、マソコにもうズリュッて感じでずっぽり…
スポーツしてるのもあるのか、グチュグチュなのに凄い締め付けで、
もうバチャバチャ水の音がするのも忘れ烈しくピストンw
あっけなくイきそうになったので合体したまま水の中へ。

あの空中では疲れる弁当ファックが楽々ww
でも意外に水が入ってくるんだな〜とwww
で、もう一回プールサイドに上がる前の中段?まで繋がったまま連れて行き
今度は星空の光に照らされた尻を掴みながらバックで烈しく…イッたww

まあ興奮冷めやらず今度はオレがプールサイドに座り、フェラしてもらう。。
冷えたからだとあったかい口の中…
また一人で行きそうになるのをぐっとこらえ、もいちどヌルヌルのままの
マソコにズニュッと…でもう一回しちゃったんだけどね。

終わったあとそのままプールの水で洗ったから、
明日朝の水質検査でヘンな数値が出たらどうしようwとか
(オレのタンパク質2回分w)言いつつ、プールを後にした…。

彼女は週に3回やってくるしこの夏オレめっちゃ痩せるかもw
ちなみにオレ、ピザデブじゃないよ。筋肉デブだwww

だらだらしすぎでしたかね?



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード