萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

28歳人妻と……  

今日の出来事です。暇だったのでテレクラで時間をつぶすことに。
 待つこと数分で電話が。好みではなかったのでパス。次は援助目的だったのでパス。
 3本目にかかったきた電話が28歳人妻のH。暇だったからかけてきたとのこと。

 まずは普通の話から入ることに。よくしゃべる明るくて楽しそうな女性でした。仕事のこと、ダンナのこと。。。
 ダンナの話が出たので話をエッチ方向に。するとダンナは年上で精力減退気味で1ヶ月半ご無沙汰だそうで。
 これはいける! と思い口説きモードに(笑)

「俺のは大きいよって言われてるから試してみる?」の言葉で彼女のオンナ心に火がついたらしく会いたいと。
 もちろん俺はOKし、待合場所へ。
 そこにはちょっと太めだけどかわいらしい女性が。28、しかもとても人妻には見えない。。。
 そそくさとホテルに入りまずはお風呂に
 お風呂でもいろいろ話して楽しめました。
 そして、いざベッドへ。

 俺のものにおもむろに手を伸ばしてくるH。触るなりあえぎ声を上げ「ほんとすごーい」と一言。
「もうすぐこれがHの中に入るんだよ」と言うと「想像しただけで体が熱くなっちゃった」と。
 触ってみるともうすでにトロトロ。
 1ヵ月半のムラムラが一気に爆発!?

 あえてクリを触らず焦らしていると「ねぇ、女のオナニーって見たことある?」と。
 もちろんあるけど、あえてないと答えると案の定「じゃぁ。。。見せてあげる」と激しくクリをいじり始めました。
 痛いんじゃないの? と思うほど激しい。

「おま☆こからいやらしいのがお尻まで垂れてるよ」と言うとおま☆こがヒクヒクし、ますますびしょびしょに。
 一段と声が高くなり体を痙攣させ昇天。そこでも淫乱振りを発揮。

 イッたばかりなのに、「今ならすごく感じるの。」と濃厚フェラ。気持いい・・・
 我慢の限界に達したらしくフェラをやめ、ゴムをつけ「早く!!」と催促。

 でも俺は意地悪だから息子でクリをグリグリやって焦らす。すると息子をつかみ、穴に無理やり入れてくる。
 すごい淫乱ぶりだ。。。
 入ってしまえば突きまくるのみ。

 色々な体位で、時には深く入れ子宮を突き上げ時には浅く、角度をつけておま☆この壁をこすりあげる。Hは枕をぎゅっとつかみ、快感に耐えている様子。
 何度イッても俺は容赦しない。
 6度目か7度目の昇天で俺もHの中に放出。

 Hはしばらく動けない。
 もう一度お風呂に入り2回戦。今度は洗面所で立ちバックから。Hに腰を振らせ「鏡を見てごらん。なんてスケベなんだ」と言うと狂ったように腰を振る。

 片足を上げ横から挿入。こうすると結合部が丸見えになるのです。
 視覚効果もあり、またもHは昇天し、床に崩れ去りました。
 ベッドに戻り正常位でフィニッシュ。散々責めまくり、どっちが年上か分からなかったです(笑)

「抜いたあともまだ感覚が残ってるの」とセックスだけじゃなく会話も楽しめ、とてもよかったです。
 Hもよほど気に入ったらしく、電話番号を教えてもらいました。
 今度はバイブ持参でもっと激しくしようと思います(笑)

ついに

それは一枚のクラス会の案内状がきっかけとなったのです。
 クラス会の案内が届いてから数日経ったある日、高校時代お付き合いをしていたG君から一本の電話が入りました。
 G君とは高校の時交際をしていたのですが、彼は都会の大学に進学した為自然とお付き合いが途絶えていました。

「クラス会へ行くのか? 俺は芙美と会えれば別にクラス会なんてどっちでもいい・・。明日とりあえず帰るから会えないか?」との事。
 車で迎えに行くとの事で再会を約束しました。受験から解放された彼は明るく、今まで離れていたギャップなど微塵も感じませんでした。

 車を降りて彼は私の手を握って来ましたが、自然と手を握って歩きました。高台の所に腰を下ろし「芙美、誰かと付き合っているのか?」と聞いてくるので「残念ながらフリーなの」と答えると「いつでも会うことは出来ないけど、俺、彼として立候補していいかな?」と思いもよらぬことを言ったのでビックリして彼の顔を見つめました。

 すると彼は、私の身体に寄って来て、突然キスをして来ました。恥かしさで為すがままにじっとしているだけでした。
 随分と唇を合わせていたように思います。私にとっては初めてのキスです。

「俺、あれからずーと芙美のことを思っていたんだ。」と言って改めてキスをして来ました。
「二人きりになれる所に行こう」と言って私の手を取り車に乗り込みました。運転しながらも片方の手は私の指と絡ませ力を入れて握ってくれていました。

「いい? 入るよ・・・。」と私の返事も聞かず車ごと道に面したホテルに入って行きました。部屋に入るや彼は私の身体にぶつけるような勢いで私を抱きしめ、今日何度目かのキスをして来ました。
 もう人目を気にすることもないのでお互いに抱き合いました。
 もつれるように大きなベットに倒れこむと私の身体の上に彼は身体を重ねて来ました。もう心臓が飛び出るくらいどきどきしていました。

 私は彼に「部屋の明かりを消して・・・」と頼みました。彼は私の身体から起き上がり電気を消してくれました。
 そして・・・どうやら服を脱いでいるような感じがしました。
 彼は「芙美、服を脱いでくれない?」と言って来ました。どうしていいのか判らず穿いていたジーパンを脱ぎ急いで布団にもぐりこみました。

 彼は追いかけるようにベットに入って来て私のパンティーに手をかけ膝の方へ下げました。もう恥かしくて横を向いて目を閉じていました。
 ずっしりと重い彼の身体が私の上に重なってきました。私の身体に彼の熱いものが押し付けられているのを感じ、ああ・・・初めての体験をするのだなあ、今固く当っているのが男性でこれが私の中に入ってくるのかと思うとすごく怖く、不安になりました。

 私の恥かしいところを見つけるとそこに固くなったものをあてがってきました。つい身体に力が入ってしまいます。
 彼はゆっくりと身体を下ろして来ました。
 すごく痛く歯を食いしばっていましたが、余りに痛いので「痛い・・・出来ないよ。」と言うと「ごめん。でも最初は誰だってそうみたいだから・・・我慢して・・」と言われました。

 彼はそれから一気に腰を下ろして来て私を羽交い絞めにするように抱き3〜4回腰を上下に動かした後、身体をピクピクと動かして「出た・・・出たよ・・・」と全体重を私の身体に乗っけてきました。
 私は、あっ・・・中に出したら・・・赤ちゃんが出来ちゃう・・・と急に不安になってしまいました。
 ベットから飛び降りシャワールームに入ると私の下半身や腿が赤い血がいっぱいついていました。

 日頃は一人エッチするとき触っている程度でしたが脚を拡げシャワーのお湯をいっぱい出して洗いました。今でも中に入っているようで変な気持ちでした。

見られた

男友達二人の前でオナしちゃったんです(苦笑)

 先週の土曜日に私のマンションでA君、B君と私の三人で飲んでました。
 いつものようにH話してたらA君が「ゆみぃもオナとかするの?」さりげな〜く聞かれて思わず、「うん。するよー」て答えちゃったの(後悔)。

「どーやってするの? 見たいなぁ!」
 私は冗談だと思っていたので「A君のオナ見せてくれるんだったら」
 すると最後まで言ってないのに突然立ち上がり私の顔の前におち○ちんを出してオナ始めちゃったんです。
 大きいおちん○んと素早い手の動きに見とれてました。

「ちゃんと見せたから、ゆみぃのオナも見せて!」
 私は必死で誤魔化そうとしたんですが、A君の真剣(!?)なお願いに折れてしまい、1分間だけ見せる事になりました。

 私は恥ずかしさを堪え、いつもしてるようにベットに横になりました。
「それじゃぁ見えないよ! こっちに足出して!」と二人に片方づつ足を持たれ大きく開かされました。

 私は妙な興奮を感じながらも「痛いし、やっぱできないよ〜」と叫びました。
「ごめん。もう痛くしないから、絶対触んないし」
 そう言って膝の辺りを擦ってました。

「もう〜、本当に1分間だけだよ! ちゃんと時間はかってよ」
 でも私の胸はバクバクと段々激しくなっていました。
 B君が腕時計に目をやり「はい、スタート」
 私は渋々(の振りをして)「脱がなくていいでしょ!」とパンティの上から割れ目を触りました。

 触った瞬間(あ、濡れてるゥ)
 こんなイヤラシイ女だと思われたくなくて(オナ見せてる時点でイヤラシイんだけど)、急所とは少しずれた所を触りました。
「もうやめていいでしょ?」
「だめだよ。まだ1分経ってない! 途中でやめたから最初からね!」とA君。
「え〜! なんで〜」
「はやくはやく!」

 私はもう1度さっきと同じ急所とは少しずれた所を触りました。しかし、1分も触っていると本当に感じ始めちゃって。
 A君が「ゆみぃ、感じてるんでしょ?」と私の顔を見ながら言いました。
 私が首を振ると、「パンツ濡れてるし、イケそうだったらイッてもいいよ」
 もう1度首を振ったのですが、私の指は勝手に急所を触ってました。

「ぁぁっ」
 思わず喘ぎ声が…。
「ぅぅっ、いっちゃうぅ! 見ちゃだめぇ」
 恥ずかしながら…本当にイッちゃったんです。見られてのって、感じちゃいます。

飲み会の後で

去年の年の瀬も押し迫ったある日、会社の忘年会でのこと。
 金曜日の夕方より同じ課の忘年会があり、久しぶりに盛り上がり、しこたまアルコールが入り、一次会ニ次回と進み次第にメンバーもちりじりになり、カラオケが終る頃にはもう終電車もなくなっていた。

 俺は地方から大学を卒業してからは電車で片道2時間位のマンションよりから通ってい、サウナホテルにでも泊まろうと考えていた。
 ところが其の日に限り初めから結構盛り上がっていたS子が明日は会社はお休みだし私のマンションでもう一度飲みなおしをしましょうと誘って来た。
 日頃はどちらかと言うと積極的とは縁の遠い彼女であった。

 俺28歳独身。S子は32歳で独身。と言っても彼女はバツ一で4年位前に離婚して今は一人でマンションに住んでいる事くらいは聞いていた。旦那の浮気が原因だそうだ。
 身長も高く160cmはゆうにある。

 進められるままタクシーで彼女のマンションへ行った。途中缶ビールとおつまみも買って行った。さすがに俺の部屋と違い女性らしく綺麗にしてあった。
 飲みなおす前彼女は俺に風呂を進めてくれた。非常に気が付く彼女であった。
 俺と入れ替わりに彼女も風呂に入った。其の間、俺はビデオテープが置いておる箱から一つ抜き去り缶ビールを飲みながら横になって見ていた。
 お風呂から上がった彼女は会社にいる時と違い束ねた髪を時、思いもしなかった色気を感じる一面を発見したような気がした。

 買って来たビールをすっかり飲み干し寝ることにした。間に合わせの寝床を作ってくれそのまま眠りについた。
 どれくらい寝ていたのかトイレに行きたくなり用を済ませ彼女の寝室の傍を通るときドアのノブを触ってみたら、鍵がかかってなかった。
 酒の勢いからかそっとドアを開け覗くとベットで寝ている彼女の姿があった。

 その時風呂上りの彼女の肢体を思い出し、思い切ってしのび足で彼女のベットにちかずいた。
 スースーと寝息をたてて眠っていた。
 ベットサイトにはブラが置いてあった。眠る時はブラはしないんだと思いながら、布団の上から彼女の胸の盛り上がりを見たとき俺は決心した。

 そっと彼女の唇に俺の唇を重ねた。
 少し顔を動かしたが起きる様子はなかった。今度は俺の舌を彼女の口に持って行った。
 ここまで来るともう我慢が出来なくなって、そっと布団を避け彼女の横に身を寄せた。
 寝返りを打って横向きになった彼女に俺は後ろから身体を寄席抱きついた時彼女は目を醒ました。

 ビックリして半身を起こしてきた。お互い向き合って目と目をしばらく合わせた。
「何しているの? どういうつもり?」
「ごめん。風呂上りのSさんが目に焼きついて眠れなくなったんだ。抱かせてほしい。」と言って起きていた上半身に抱きつきベットに倒し上になって唇を重ねた。
 少しの間抵抗をしていたが其のうち力を抜き彼女は俺の身体に両手をかけてきた。

 胸の膨らみが俺の身体に感じ勃起している下半身を彼女の下半身に重ねた。トランクス越ではあったが・・・。
 身体をずらし俺は彼女の胸に口を移し乳首を舐めた。嫌がる様子もなく少しあえぎ声を発していた。
 片手で彼女のパンティーの中に手を入れ陰毛を撫でてみた。彼女は腰を動かせて俺の手を避けようとしていたが構わず布団を剥ぎパンティーを脱がせた。
 急いで俺はトランクスを脱ぎもう一度彼女の下半身に俺の下半身を重ねた。

 彼女は両脚を少し開いたので俺の身体を間に入れ彼女の中に少し俺の下半身の先を当てた。
 気のせいかさらに脚を開いた気がしたので一気に根元まで挿入した。すんなりと全てが収まった。

 彼女はいままで以上に俺の背中に力を入れて抱きついてきた。
 彼女は俺の口から彼女の口を離しよりあえぎ声が頻繁になって来た。
 俺はもう止めることが出来ずヨツンバになって腰を動かし始めた。
 しかし長くは続かず射精してしまった。抜き去ることが出来ず中に出してしまった。

危ない話

3年前の冬、あるイベントがあり、打ち上げの飲み会があった。
 学生時代の仲間数人と飲んでいた。

 やがて打ち上げが終わり、皆と別れた後、私の隣にいた女の子が「この後、空いてる?」と声をかけてきた。
 私は、「空いてるけど何ぞや?」と返す。
「ホテルいかん?」何と大胆な奴だと思った。最も、私が既婚者と分かっていて言うのだから。私も私で、レスになり妻とのHが3ヶ月以上なかったので勢い余ってOKサインを出してしまった。

 その後ホテルに直行し、一服。ふと彼女が「あつさん、結婚する前からやった。結婚したときいてショックやったよ。」と告白されもうドキドキ。
 彼女はうっすら涙を浮かべ、私に抱きついてきた。

 私はそのまま彼女の服をゆっくりと脱がし、ディープキスをする。
 やがて小さな胸に、そしてあそこに手を這わせると、顔をピンクに染めながら、あえぎ声が漏れてくる。

 時が進み、彼女が「お願い、欲しいの。来て・・・」と哀願する。
 さすがに私も、理性が吹っ飛び彼女と体を合わせる事しか頭になかった。
 挿入直前に彼女がゴムをつけてくれ、「私が妊娠したら、あつさん困るでしょ。でもほんとは・・・」と言ったので、私は「そうだね。」と一言いって、挿入する。
 私がゆっくり腰を前後し始めると、彼女からHな吐息が漏れる。

 彼女は、153cmと小柄だったので、少しきつかったのですが、しっかりと濡れていたので痛くなく、よく締まるので最高に気持ちよかったですね。

「あつさんの大きいのが当たってるぅ。もっと、もっと。いっちゃうぅ。」と言うのでゆっくり突いてあげた。
 いつもとは違う背徳感が一層興奮度合いを高めていた。いつもより早く10分ぐらいでイキそうになり私がペニスを抜こうとすると、「抜いちゃいや。抜かないで。」
 彼女の言葉の通り、ゴム付きの中出しをしました。

 ゴムをはずすのに抜こうとすると、「まだ抜かんといて。もっと温かいのを感じたいの。ほんと温かいね。ほんまは、思い切り中に出して・・・」と言おうとしたので、私は「その気持ち、有り難う。うれしかったよ。実は結婚前に気持ち揺らいだことがあった。あんたが頭から離れなかった。かわいらしい子やもんな。」と返事をした。

 すると彼女は「あつさん。今でも、好きやから。」と力無い言葉で呟いた。
 一糸纏わぬ姿で何十分も、お互い熱い抱擁を交わしてました。

 SEXの最初から最後までこんなに愛を感じたのはなかったです。妻とのSEXも気持ちいいですが、いつもとは違う純粋な気持ちをストレートに表現することのすばらしさを感じました。
 心から気持ちのよいSEXができたと思います。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード