萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

彼女の横で巨尻の生倉裕子ちゃんとセックス

僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。今は保育園の先生をしている。

身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。
顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。

彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。
里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。
結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。

夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。
僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」
「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」

「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」
「えっ、どうやって?」
「ふふっ」
いきなり里香と僕のベットの布団に手を入れてきて
アソコを触り始めました。
「だめだよ。里香いるし・・・。」
「しーっ!里香ちゃん向こう向いてるから・・・。こっち(の布団)来て。」

ローファーベットなので高さがほとんどなく、1メーター以上離れているが高さ的には、真横に里香がいる感じ。
僕も裕子ちゃんも私服のまま寝ているので、僕はジーンズを脱がされてフェラされてしまいました。
「まっくんの、おっきい・・・。期待しちゃうよ」
「こんなことダメだよ・・・裕子ちゃん、あっ・・・」
チュボッ、チュボッと勢い良くフェラされて
「音が大きいよ、里香が起きちゃうよ」
「このほうが興奮するじゃん」
里香にもしてもらったことのないような激しいフェラ・・・。お尻の穴をイジられながらのフェラは初めてで何回もイキそうになりました。

「裕子も気持ち良くしてー。」自分からジーンズと
パンティを脱いで四つんばいに。
裕子ちゃんは普段まじめなのに自分から脱ぐなんて
意外でした。
彼女の里香はスレンダーでAカップ。対照的に裕子ちゃんはお尻がデカくてオッパイもCかDくらいありそうなカラダ・・・。正直ひとりHで何度も裕子ちゃんのカラダを想像して抜いていました。

目の前にその裕子ちゃんの巨尻がナマで見れるなんて・・・。
色白なのでお尻は真っ白という印象。明かりは間接照明が点いているだけでしたが、窓から月明かりが明るく、裕子ちゃんの白いおしりと具もしっかり見えました。

手で掴めないくらいの大きな柔らかいお尻にむしゃぶりつき、ビロビロを舐めまくりました。

お風呂に2人とも入ってなかったので「女の香り」がすごくしました。

四つんばいということで、丸見えになっていた肛門も舐めてあげました。

「まっくん、気持ちいいよ。すごぉい、お尻の穴までしてくれるなんて・・・。感じちゃうよ。イっちゃうよ。里香ちゃんよりして、激しくしてぇ。」

裕子ちゃんのポロシャツ・ブラを脱がして愛撫。
オッパイも、とにかくデカい。
ロケパイでいい形していて乳首の色もきれいな感じ(月明かりで見た感じでは)。
裕子ちゃんは自分で乳首をコリコリしながら「クリがワタシ感じるからして・・・。」

僕がクリの位置を確認してジュジュジュッと吸ったり嘗め回してやると、裕子ちゃんはロケパイを掴み自分で乳首をいじくりながら、カラダをのけ反らして「あぁっ、イっちゃうよ、仕事の事とか忘れさせてっ、すごいいいのっ、まっくん・・・っく・・んっ・・んぁ・・・」カラダをビクンッビクンさせて裕子ちゃんはイってしまいました。

裕子ちゃんは僕の乳首を舐めてきて、手コキ・・・。

「まっくんの、欲しいの・・・入れてぇ。」
「今日ゴム持ってきてない・・・。」
「いいよ、ナマでさ・・・。」
「えっ、でも・・・。」

掛け布団を敷いてローファーベットと高さを同じにして裕子ちゃんが自分で頭とカラダをを里香のベットに直角に乗せる。
裕子ちゃんの頭の先は、距離は少し離れているが、すぐに里香の脇腹くらいだ。
「こんなとこじゃ、里香にバレるよ」
「大丈夫、スリルがないとストレス解消になんないじゃん(笑)刺激が欲しいの・・・。来て」
裕子ちゃんは自分で大きく股を開いて、抱っこしてのポーズ・・・。
僕はそのまま正常位で迎え入れられ、深くナマで挿入。
「んぁっ!まっくんの、おっきいから気持ちいいよっ、里香ちゃんの横でいっぱいしてっ!いっぱい裕子を愛して!!」
里香とはいつもゴムをつけてHしてるのですごく気持ちよかったです。
しばらく突いたところで「後ろからガンガン突いて」と指示が裕子ちゃんから出た。
バックで挿入、やっぱり尻がデカい。ポワンポワンっと突くたびに裕子ちゃんの巨尻が揺れる。
右の親指でお尻の穴も愛撫しながらガンガン突いた。
「してっ、もっとしてぇ。里香ちゃんよりも強くお奥まで突いてっ」
もう里香の腕をつかまんとするくらい裕子ちゃんは里香に近づく。
「(裕子ちゃんにこんな性癖があったなんて・・・。)」
バックでついていると上から見ているので、里香が壁を向いて寝ているのがすぐそこに見える・・・。
里香の友達の裕子ちゃんと裸でこんなことすぐ横でしてるなんて・・・。
「(ごめん、里香・・・。でも裕子ちゃんのカラダはスゲエよ。夜、ひとりHで想像してたのよりずっと。)」
裕子ちゃんの膝は下の布団だが、腕は里香のベットに置いてバックをしているので突く度にベットが揺れた。

また正常位に戻る。ロケパイを揉みながら、里香では決して味わえないその感触に感動・・・。
裕子ちゃんは自分の手でクリトリスを愛撫してオッパイは僕の係(ほとんどオナニーじゃん)・・・。二度目の絶頂を裕子ちゃんは味わったようだ。

挿入を深くしてお互い抱きしめ合う。
「私のこと好き?」
「うん、好きだよ・・・」
裕子ちゃんは少しぽっちゃりしてるので抱き心地がいい。
「あっ、オレもう、イクよ」
「そのまま出して。里香ちゃんのそばで。興奮するよ、バレちゃいそうなこのスリルがたまんない。
こんな興奮ってないよ、まっくん。」

こっちまで興奮してきて腰を動かすたびに里香のベットが揺れたが、もうすぐそこで寝ている里香のことはおかまいなしに腰を振りまくった。
お互い、「はぁ、はぁ」と息遣いが荒くなる・・・。
正直、早めに抜いておなかに出そうと思ったが、裕子ちゃんは、気づいたら僕の腰に足を巻きつけていた。だからペニスを抜こうとしても抜けない・・・。
「いっぱい出してっ。まっくんをいっぱい出して!!里香ちゃんよりたくさん出してっ、ワタシ興奮しちゃうよぅっ、まっくん、里香ちゃんのすぐそばだから興奮しちゃうっ、またイっちゃう!!・・・んぁっ・・・ぁん・・・い・・く・・・ぁ・・」
僕はそのまま裕子ちゃんの膣の中に射精。僕が射精したと同時に裕子ちゃんはイッてしまいました。
「まっくんに中に出されたって分かった瞬間に(女としての)本能的に感じちゃったよ。
だから今までで一番の深い絶頂だったよ。
まっくんにカラダを奪われた、ってね。
オスとしてのまっくんがワタシの子宮で自分の子供を受精させて産んで育てて欲しいって感じたの。」
お互いイって抱きしめ合いながら、里香がすぐそばで寝ている横でこんなこと言われたが、もしデキちゃったらこの子と・・・。

俺のいとこ

僕のいとこは今23歳です。ちなみに僕は29歳です。8月3日僕といとこでラブホテルに行った。いとこは女。僕は、29でありながら、SEXは一度もしたことがない。だから、いとこに無理いってやってもらった。
いとこは、SEXが上手くフェらで、りーどしてくれた。初めて口の中でいった。すごいでた。
それにびっくりしてたけど、ぜんぶのんでくれた。
これで終わりです。短くてすみません。初めてなのでこういう経験があったらまた書きます。

混浴温泉

某温泉に行ったときのこと。
そこの温泉の露天は混浴。受付で料金を払って、さぁ、露天風呂へ。
ふと見ると中年のカップルがやってきていて受付をしていた。
もしかして混浴風呂にくるかもと期待しつつ、風呂へ向かった。
ここの露天は2つあり、どちらも混浴、
上下2段になっていて上の風呂からは生垣の隙間から下の風呂が少し見えた。
上の露天風呂に入っていると下の風呂に先ほどのカップルが・・・・
生垣の隙間から女性の裸が見えた
おいら「やった!」心の中で絶叫(こんなもんで喜んでいるようではダメなのだが)
ちろちろ除いていると
男性「上の方にもいってみるか?」
女性「え?さっき人がいたよ」
男性「いいじゃないか。行くぞ」
おいおい、こちらはありがたいが、いいんかぁ。
ほどなくカップルが。。。。
男性「一緒にいいですか?」
おいら「あ、お邪魔でなければ」
男性「それじゃ。おい早く来いよ」
女性も入って来たのだが、きたそうそう
男性「いまさら隠す必要もないだろ」と巻いていたタオルを剥ぎ取った。
おーーーー。30代後半と思われるが、なかなかのスタイル
おいら「素敵ですね」とお世辞まじりにみていた。
女性は隠すように後ろ向きになった。ふと男性の股間をみると銀色のものが。
なんと、袋にピアスをしていた。
おいら「えっ?それピアスですか?」
男性「そうですよ。やっぱ目立ちますかね」
おいら「下がっていればわからないかもしれませんが、今はちょっと上向いてようなので」
男性「あ、なるほど。でもこっちもしてますよ。おい見せてやれよ」
え、見せてやれよって?
女性「みせるんですか?」と言いつつ、M開脚。
股間にはピアスが2個。片方の小陰唇とクリトリスの皮の部分に。
しかも綺麗に陰毛は剃ってあるから形状まではっきり。
男性「口では嫌がってますけど、結構見せたがっているんですよ」
よく見ると、白濁の液が滲んでいる。
男性「じっくり見てやってください」笑いながら言うので観察させてもらった。
女性は顔を赤らめながらも、恍惚しているよな目。
その様子をカメラにとってよろこんでいる男性。
「あなたの顔はとってませんから安心してください」(一応映ってないことを後で確認した)
おいら「触ってみてもいいですか?」(こうなりゃいけいけ)
女性「あ、それはちょっと」(そりゃそうだ)
男性「カメラもっていれば撮ってもいいですよ」
しまった!!携帯は車の中。
おいら「もってきてないので」
男性「そうですか。惜しかったですね」
普通、風呂にもってこないし、こんな状況想定の範囲外!!!
これ以上の進展もなさそうだし、のぼせてきたので
最後にカップルの写真を撮ってあげて風呂をでた。
こんなこともあるんだな。でもそこまでやるなら、抜いてくれればいいのにと思った。

痔の検査

俺の彼女が痔になって病院にいったんじゃなあ。そこはちょっと太ったおっちゃんの先生と若くてきれいな看護婦が一人、おばちゃんが一人だったんだな。彼女はまず「じゃあズボン脱いでベッドに横になってください。」と言われカーテンを引いたベッドに横になったんだな。そしたら看護婦が「あ、下着も脱いでください」と言ったのだよ。時期は夏。彼女は上はTシャツ一枚だったので完璧にけつ丸出し。横になったら一応看護婦が毛布みたいなのをかけてくれたらしい。そして待つ事3分。その間に次の人の診察をしていたらしい。そして先生がマスクと手袋をはめて登場。毛布をめくられいよいよ診察開始。

まず片方の手でぐっと左側に穴を引き寄せられそしてどっちの指かわからないが違う指で右側にぐっと思い切り穴を広げられた。すでにその時かなりの痛みがあったとさ。そしてその状態で指を「ぐりゅっ!!」とねじ込まれた。瞬間体が痛みでかたまってしまった。声がでなかった。それを三回やられてその診察は終了。「あー血がつきますね。念のためもうちょっと調べてみましょう。」と言われて今度はまんPをぐっと広げられて少し見られたあと指で入り口あたりをなでまわされた。ひんやりして何か塗られている感じだったらしい。そして「ぐりゅっ」と指を突っ込まれてピストン。奥の方まで指を入れてくるのでびっくりしたと言っていたが恐らく気持ちよかったのだろう。しばらくして「こちらのほうは問題ないみたいだから恐らく痔でしょう。薬を塗っておきますね。」と言ってけつの穴に薬を塗られた。

その話を聞いて俺はそんな馬鹿な話があるかと思ってその医者にいく事にした。早速行ったのだがそこには聞いたとおりの太ったおっちゃんととてもかわいい看護婦さんがいた。この看護婦さんはまじでかわいかった。誰似というわけではないがとにかくかわいい。俺は「最近痛い時があるんです。」と嘘を言って診察してもらった。「じゃあ脱いで横になってください」と言われたのでベッドで脱ごうとしたがその時看護婦が毛布を持って待っていたのでなんとでかくなってしまった。俺は「すいません」と言いながらでかくなったものを見せつけながらトランクスを脱いだ。上はTシャツだったのでその姿は想像してくれ。看護婦は笑いながら「いえ。生理現象ですから」と言ってくれた。俺はそのまま横になると看護婦が毛布をかけてくれた。その後彼女が言ったとおりの診察が始まったが俺のちんPの診察はなかった。その後俺が起き上がると看護婦が毛布を取ってくれた。

しかしまだ俺はでかくなっていたので看護婦は「すごいね」と小声で言って手こきしてくれた。時間的には20秒くらいで終わったがまじびびった。あまりにかわいい人が突然思いもかけないことを始めたので緊張して出るものも出なかった。看護婦は笑いながら「またね」と小声でささやいていった。そして一週間後また俺はその病院に行った。俺は「まだ血が出るときがあるんですが」と嘘を言うと「じゃあ大腸検査をしたほうがいいかもしれませんね。」と言われたので俺は「それってすぐできるんですか?」と聞くと「大腸検査っていっても30センチくらい見るだけだからすぐだよ」といわれた。俺は「じゃあお願いします」と言った。すると看護婦に「用意して」と言ってとりあえず廊下に出された。そして看護婦に呼ばれて違う診察室に入った。

看護婦は「ズボンを脱いで横になってください」と言った。俺は何をされるのかわからず横になったが変なことを期待しているうちにまたでかくなった。そしてそのまま座って待っていたら看護婦が注射器のでかいものを持ってきた。俺は「なんですかそれ」と聞くと「館長です」と言われた。そして「また大きくなってるね。ほんと元気だねえ」と笑っていた。俺は「いや看護婦さんがかわいいからまじやばいっす」と言ってみた。すると「これじゃだめね」といってまた手こきを始めてくれた。前回はカーテンでしきられた部屋だったが今回は壁で仕切られているので前よりは人が来る心配はない。と思う。

今回は少し期待していったので前ほど緊張はなかったがかなりどきどきした。1分くらい続けられたところで俺はおもむろに胸に触ろうとした。看護婦は立ち上がって「だめ」と耳元でささやいた。俺は顔がすごい近づいたので緊張しまくりだった。するとなんとキスをしてきた。これにはもうびっくりで固まった。俺はその後何もできずただ手こきされ「もうだめぽ」と言うと口に含んでくれた。そのひんやりしたような熱いような感覚にもう大爆発だ。看護婦はそれを流し台に流して帰ってきた。そして「じゃあ館長ね」と言って横になりぶすっと挿入された。俺はその後検査され特に以上なしだった。しかし看護婦とはそれっきりで大航海時代の幕開けとなった。

ヤリ友がいます

わたしには彼とセフレ、いわゆるヤリ友がいます。
どちらが好きかって聞かれたら、当然彼の方です。

でもヤリ友の彼だって、友だちとして大切な人です。
当然、お金のやり取りもないです。
ホテル代は払ってもらっているけれど。
でもあちらにお金のないときは、
わたしが払ったり催促ナシで貸したりもします。

彼とはもう、3年付き合っています。
友だちの紹介で付き合い始めて、ずっとですね。

1年半前に、彼が転勤になって。
それほど遠くはないんですが、
会うのに電車で片道3時間ぐらいかかるんです。
だからそれほど、頻繁にはあえなくなりました。

デートはいつも、買い物をしたり部屋でビデオをみたり。
とりたてて、特別なことはしないことが多いです。

で、あっちの友だちの方とは去年、数合わせの合コンで知り合いました。
帰り道、そのままホテルへ行っちゃったんです。
自分でも、びっくりしました。

ヤリ友とは、別にそれほど変わったことはしていません。
いわゆる普通のえっちだと思います。
どんなっていわれると、困りますね。毎回違いますから。

彼女じゃないから乱暴とか、自分勝手とか。
そんな人じゃありません。なら二度目はないですよ。
おたがい、相手の反応はちゃんと見ます。
ヤなことはしない。スキンはつける。これは最低限のルールです。
あとは、夢中だからおぼえていません。

その友だちにも、当然彼女はいます。
でも彼女は、えっちが好きじゃないそうです。
ちらっと聞いた話では、
彼女はアダルトビデオのイメージが強いみたいで。
ああいうことは、したくないのだそうです。

その気持ちは、わからなくもないです。
イメージって大事ですから。
一度抱いたら、そこから抜け出すのはむずかしい気がします。

わたしは、ホテルのベッドのピンッと張ったシーツのイメージですね。
そこへ閉めたカーテンの隙間から光がさして、
埃がキラキラしている感じ。
あ、親がうるさいので、夜はあまり遊べないんです。
だから、昼間ばっかりで。

ヤリ友との関係は、彼には当然秘密です。
彼のことは、傷つけたくありません。

彼との関係は、一生続いてほしいです。
結婚もしたいし、子どもも欲しいんです。

あっちの友だちとは、微妙ですね。
このテンションがずっと続くとは思えません。
いつかフェイドアウトして、それでおしまいになるんでしょう。
じゃなきゃ、本当のただの友だちになるか。
それでおたがい、傷つくこともないと思います。

彼にもそういう友だちがいたら、ですか。
ちょっと悲しいけど、それもアリかなと思います。
でもできれば、知りたくはありませんね。
ふたりの間の、今のちょうどいいバランスを崩したくないんです。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード