萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

YOU!好きならいっちゃいなよ!

私は今23歳で、弟は年子なんですけど生まれた月の関係で
同じ学年です。(珍しいのでここから身元がバレないかちょっと心配)
二人とも去年大学を卒業して就職しました。
もちろん別々の会社なんだけど、お互いの勤務先が近くて
実家からは通勤に1時間半くらいかかるので一緒に部屋を借りて
会社の近くに住むことにしました。
一人暮らしでも良かったんですけど、やっぱり少しでも広い部屋がいいし。
でもルームシェアはちょっと…なんで。
家賃の負担も少ないし、両親も一人より弟が一緒の方が安心だからって
喜んでくれてました。
この時の安心した両親の顔を思い出すと胸が痛くなるんですけどね。

弟は同じ学年ということもあって小さい頃から仲が良かったです。
一緒に勉強したりゲームしたり。音楽や映画なんかも趣味が似ていて、
大人になってからもよく弟の部屋で一緒にDVD見たりしていました。
「姉貴?、オーシャンズ11借りてきたぜ?」
「いやっほう!」
みたいな感じでw
私には兄もいるのですが、いつも弟とばかり遊んでいました。
もちろんケンカも多かったです。いや、今も良くしますw
弟だけど同級生だから、小生意気なこと言ってつっかかってくるし。
小さい頃は学校で忘れ物をすると、廊下から
「姉ちゃん姉ちゃん…筆貸してよぅ」とかって困った顔して頼ってきたり
して可愛かったのにな。
なんか普通の仲のいい姉弟だったのに、急に波乱万丈状態でちょっと鬱。
でも、弟が好き。書いてたら悲しくなってきた。

「うんこ採集できた?」
弟からの最新メールです。健康診断なんでw
ケータイの受信ボックスも送信ボックスも弟ばっかりだ…。

いつから好きになったのかは正直わからないんです。
弟に彼女が出来ても、からかって遊んだりしたけど
嫉妬はなかった。私も彼がいたし。
やっぱり二人きりで暮らすようになってからかな。
弟は実家にいるときから姉ちゃんが好きだったって
言うんですけどね。

弟はねー、家では末っ子で甘えん坊なんだけど外ではしっかり者で通ってます。
兄もなんですけど、お勉強も出来るし面倒見が良くて妹兼姉としては自慢できる
兄弟です。家族にはバレてないと思ってたけど、もしかしたら兄はおかしいと
思っているかも…。

実家に居る時に、弟の部屋でゲームとかして遊んでて眠くなると、
そのままそこで寝ちゃったりすることもあったんです。
で、朝弟の部屋から弟のTシャツ着て出てきたら、兄に
「寝るときは自分の部屋で寝ろ」って怒られたんです。
その時は「へへーい」って普通に返事して、去り際に「お兄うるさい」って捨て台詞でw。
でも弟とこうなってから考えると勘違い、というか疑われても
仕方の無いシチュですよね。
普通に返事したことで、こいつら何も無いなって思ってくれたと
思うんですけど、もしかしたら密かに経過観察中なのかも…。
当時は本当に何も無かったんだけど、最初に気づくのはやっぱり兄かな。

それで、お互いに「なんかちょっとヤバイかも…」みたいな空気の中、
慣れない仕事と勉強(仕事関係の)で忙しい日々を送っていた訳です。
んー、7月の終わりか8月の始めごろかなぁ。二人とも研修なんかが
一区切りついて、ちょっと心の余裕が出てきた頃のことです。

ウチは家族全員が紅茶党で、私も弟も紅茶が大好きなんですね。
で、弟が仕事の帰りにケーキを買ってきてくれたので久々に
紅茶をいれようと思って。でも、ティーポットがシンクの上の棚の
奥のほうにあって届かなかったんです。
そこで私は弟を呼びつけて
「ねー、ちょっとここの奥にポットあると思うんだけどさ、届かないんだよねー」
「俺、ウーロンでいいよ」
「えー、せっかくだから紅茶にしようよー。ポット取ってよー」
ってお願いしました。

「どこだよ、ねえよ。右?左?」
「こっちこっち。たぶんここらへん」
みたいな会話になって一緒に棚を覗いてたんです。
そしたらなんだか、妙に身体が密着してしまってて…。
で、たぶんお互い同時に「やばっ」って思ったと思うんです。

私が「やばっ」て身体を引くより弟の反応の方が少し速くて、
あっという間にぎゅぅって抱きしめられてしまいました。
どっちの心臓か、両方の心臓かわからないけどトクントクンって鼓動が
聞こえるくらいお互いそのまま固まってしまって…。
弟の胸は汗臭いんだけど、なんか懐かしい匂いがして、私は
気持ちよくってこのままずっと抱きしめていて欲しいって思いました。

「俺、○○すげー好き。どうしよう。姉ちゃんなのに…ごめん」
って弟が言いました。なんか突然の告白で私はびっくりして呆然とした顔で
弟を見上げました。
弟はすごい切なそうな顔をしていて、私と目が合うと何度もキスをしたそうに
首をちょっと傾げて顔を少し近づけては躊躇って私をぎゅっと抱きしめました。
私もすっごい動揺したけど、一応姉としてこの場を何とかしなくては、と思い
「お姉ちゃんも○○のこと好きだよ。でも、今は紅茶が飲みたいな」
とヘタクソな小芝居をして弟の胸から離れました。

弟も少し照れくさそうに笑ってダイニングに戻って何事もなかったかのように
ケーキを一緒に食べました。
そのあともいつも通りの弟だったので、私はちょっと安心しました。
ところが、ヤツは次の日その次の日も家には帰ってきませんでした。
「今日は帰れねー」ってメールはあったけど。

弟が出て行ってから、私もすっごく悩みましたよ。
無い頭を、雑巾のようにぎゅうぎゅう絞って一所懸命考えました。

「好き」ってどういうことなんだろう。
いつからそんな風に思っていたんだろう。
私にどうして欲しいんだろう。

いくら考えても答えなんて出ないんですけどいっぱい考えました。
で、出て行ったということは、「姉として好き」ってことじゃなくて
本気の告白だったんだろうなぁと。最近の少しギクシャクした感じは
単に二人きりで住んでるから意識しちゃってただけじゃなかったんだって。

いつからそう想ってくれていたのかわからないけど
辛かっただろうなぁ…。気づかなくてごめんね…。

と、少し自己嫌悪に陥りつつ、一番重要な今後のことを考えました。
私の選択肢は二つ。
弟の気持ちを受け入れるか受け入れないか、ですよね。
でも、弟の気持ちを受け入れるんなら、彼の求めるものは全て与える
覚悟はしなくちゃいけないでしょう?たとえ倫理に反しても。
で、もし受け入れられないのなら、かけがえのない可愛い弟を失うと。
失えば今までのように二人でDVDを見て笑いあったり、
本気で夜中までゲームで戦ったり、一緒にお酒を飲んでじゃれあったり、
そんな楽しい日々はもう過ごせない。
小さい頃からお互いに助け合ってかばい合って(本当にそんな感じなのです)
生きてきた弟を失うのは考えられなくて…。
でもそこに家族愛以上の愛情があるかどうかっていうのは微妙なんですけど。
結局どれだけ考えてもどうすればいいのか、それ以前に弟への
自分の気持ちさえもわかりませんでした。

あー、書いてたら私は弟依存症なのかってちょっと鬱になります。

で、弟は3日後に家に帰ってきました。何事も無かったように
「ただいまー」って。
ご飯を食べてないけど食欲無いって言うので顔を見ると火照っていて
どうやら発熱してる様子。
「○○、熱あるんじゃないの?」
っておでこに触ったら、やっぱり熱くて。弟は
「ごめ…シャワー浴びて寝るわ」
って部屋を出ていきました。
弟はシャワー終わってそのまま自分の部屋に行ってしまったので
私は弟の所に行きました。
「おかゆ作ろうか?」
「ううん。アイス食いたい。ハーゲンダッツのバニラ」
「…う…わかった」

病人なんで、私は珍しく言うことをきいてアイスを買ってきてあげました。
「買って来たよー、ほれ」
「食わせてよ。あーん」
ちっ、この甘ったれめ!と思いつつ食べさせてあげました。
「……姉ちゃん…俺、姉ちゃんのこと好きなんだー」
「うん。この間聞いたよ、それ」
「…すげー好きだよー」
「うん。すげーありがとう」

「…俺、ここ出て行ったほうがいいのかな?」
「なんで?」
「自信ねえ。理性を保てる自信がねえ」
「・・・」
「俺、いつかきっと○○のこと襲っちゃうと思う…」
「・・・」
「…怒ってる?」
「……ここに居ればいいよ。ずっとここに」

「え?俺の話聞いてた?襲っちゃうかもって言ってんだよ?」
「うん。でも○○は私のこと好きなんでしょう?」
「好き。すげー好き。マジで好き。他の誰よりも好き!」
「フフ。ならいいよ」
「襲っても?」
「お前はぁ?姉ちゃんにそこまで言わせるのか!こらっ!」
「あああ?、なんだよ? 俺今すげー幸せだ?」

なんかもう自分でもよくわかりません。
あんなに悩んだのに…っていうか3分前まで悩んでいたのに
気が付けばすんなりOKですよ。なんだかわからないけど
幸せそうに笑う弟を見て、私もありえないくらいの幸せを感じました。
想いを募らせてくれた弟と、一瞬で恋に落ちちゃった姉って感じですかね。
相当キモイですw

そんなキモイ姉弟の生活が始まったわけですけど、拍子抜けするほど
変化がなくて、スキンシップに遠慮がなくなったって程度。
前と明らかに違うのは、やたらと抱きしめられるってことくらいかなぁ。
料理つくってれば後ろからぎゅっ。
歯を磨いてれば後ろからぎゅっ。
TV見てればソファの背もたれのところに割り込んで後ろからぎゅっ。
キスもしないし、胸も触らないんです。ただぎゅってして、くんくん匂いを
嗅いでるだけなんですよ。で、たまに「いい匂いがするー」って。犬っぽいw

遠慮とか葛藤とかなんか諸々の感情が渦巻いていたんでしょうねぇ。
弟は悩んでいたのかもしれないけれど、私はちょっとホッとしてました。
このままプラトニックな関係でいられればその方がいいし。
それに私は弟にぎゅってされるのが凄く気持ちよくて大好きだったんです。
今までに感じたことのない安心感があって穏やかな気持ちになれるんですよ。
まあ、いつもお尻に弟の固いモノが当たってたので、
弟は穏やかではなかったと思うんですけどw

そんな感じで一週間くらい経った頃だと思うんですけど、
私がお風呂から出て洗面所で髪を乾かしていた時です。
いつものように弟が近づいてきて、後ろからぎゅっと私を抱きしめるわけです。
「邪魔だよー。髪の毛乾かせないじゃん」って鏡越しに弟に言いました。
すると弟が「○○…好きだよ」と言って、私も「私も…好きだよ」と言う。
なんかねー、お互い恋愛経験あるのに初めての恋みたいな初々しさで、
私は少し笑ってしまいました。でも、鏡の中の弟は笑ってなかった。

弟はちょっと怒ったような顔をしながら、乱暴に私の肩を掴んで
自分の方に向け、一度強く抱きしめたあと私の顎を持ち上げてキスをしてきました。
これが弟とした初めてのキスです。
始めは唇をそっと挟むような優しいキスで…でも唇が触れるたびに
もっとその感触を確かめたくて、気がつけば二人とも夢中でお互いの
唇を吸っていました。
そして唇だけでは足りなくて、私たちはもう姉弟であることなんて
忘れたみたいに舌を絡ませて激しいえっちなキスをしました。

「とろけるようなキス」って、どこかでよくみかける表現だけど
弟とのキスはまさにそんな感じです。口の中でお互いの舌を
追いかけっこしたり、唇の内側をなぞったり、くねくね絡ませたり…。
それはもう気持ちが良くって、私は弟の腕にしがみつきながら
「んっ…んん…んふっ…」
って合わさった唇の間から吐息を漏らしていました。
弟も鼻息を荒くしながら、私の髪を撫でたり背中に指を這わせたり、
そして今まで触れるのをためらっていた胸にも手を伸ばしてきました。
お風呂あがりだからノーブラで、私はすぐに弟に固くなった乳首を
みつけられて責められました。
乳首の上の弟の指の動きに合わせてピクッピクッって身体が震えて…。
もう耐えきれなくなった私は思わず唇を離して、
「あっんっ…あっ…あっ…」って小さく喘いでしまいました。

この時の気持ちはなんて言ったらいいんだろう。
普通、肉親には絶対に見せない性的な快楽に浸っているところを見られる
恥ずかしさって言えばわかってもらえるかな。
しかもその肉親の手で悦びを与えられてるんですよ。
そんなことを意識してしまったら、気持ちいいのに泣けてしまって…。

嫌なわけじゃなかったし、悲しかったわけでもないです。
…いや、やっぱりちょっと悲しかったかも。胸のずーっと奥の方が…。

で、弟は一度私のTシャツを捲り上げるそぶりを見せたんだけど、泣いている
私を見て急に手を止め、私から身体を離してしまいました。
そして「姉ちゃん、ごめん…」とうつむいて洗面所から出て行きました。

難しいですねー、色々と。

弟の求めるものは全て与えるつもりでいたのに
図らずも拒否したような形になってしまったことに対して
私は信仰心のカケラも持ち合わせていないのに
「これは神様さまの最終警告なのでは…」
などど思ってしまいました。
これが引き返す最後のチャンスですよ、と。
決断したつもりでも心の中では、悪魔と天使が
争ってたりしてたんですねー。
(脳内イメージ)
悪魔「YOU!好きならいっちゃいなよ!(なぜかジャニーさん風)」
天使「ヤバイよヤバイよ?!近親相姦はマジヤバイって?(なぜか出川風)」

実はこの時点で本当にかなり気持ちが揺らいでいたのです。

それでも先へ進もうと決心させたのは弟の言葉です。
微妙に気まずい感じがしなくもなかった二人ですが、夕飯を食べて
いつものようにソファでいちゃいちゃしながらくつろいでいた時です。
「姉ちゃん、耳掃除してよ」
「おう!」
膝枕して耳かきをしてあげました。
「姉ちゃんはさ、どんな時に幸せだと思う?」
「んー……でっかい耳クソが取れたときっ!ほら見てっ!でかっ!」
「あ?そういうんじゃないんだけど…うーわ、でかっ!」

「で、あんたはどうなのよー」
「俺は…姉ちゃんが幸せそうな顔してるのを見た時。
 俺、姉ちゃんの幸せそうな顔見ると脳内麻薬出まくりでさ、気持ちいいんだー」
(弟の直球に動揺しつつも)
「…はぁ?さっすがモテ男くんは言うことが違うよねー」
「いやいやいやいや、マジっすよ?。ずーっと幸せな顔してもらえるように、
 俺、頑張るよ。マジ頑張るよ」

私の幸せそうな顔を見るためにマジ頑張ってくれるんですよ、弟が!
その瞬間、私の心の中では悪魔が大勝利をおさめていました。
私はジャニーさんの高笑いを聞きながら、弟に言いました。
「ねーねー、温泉行こうよ!」
「え?まだ暑くない?」(9月のはじめだったんで)
「いいじゃんいいじゃん!温泉行ったらきっと私、幸せそうな顔できると思うよ?」
「よ、よし!頑張るぞー!」

日常生活から離れないと、またダメそうな気がして温泉行きを提案しました。
早速ネットで探したところ、格安直前予約でけっこういい旅館が予約できて
急だけど、週末に行くことになりました。

こういう時はゆっくり旅情を味わおうと思って、電車の旅にしました。
すっごいドキドキでしたよー。これから最高にイケナイことをしに行くんですから。
車内ではずーっと手を繋いでて、たまにぎゅっぎゅって握りあったりしてw。
長い間一緒に居る人なのにすごい新鮮で、どのデートの時よりドキドキしてました。

途中ローカル線に乗り換えて、やっと旅館に到着です。
で、弟が荷物を持っていたので、私がフロントで名前を書いたんです。
姉弟だから当然同じ苗字で、二人の名前が並んでいるのを見ると
夫婦のようで気恥ずかしかったです。
もちろん旅館の人も、私を「奥様」って呼びますしね。
なんか二人ともちょっとニヤニヤしちゃいました。

部屋は結構広くて、窓からは温泉街が見下ろせました。
夕飯までは時間があったので、二人で温泉街を散歩しました。
温泉饅頭を食べたり、スマートボールで遊んだり…楽しかったー。
知っている人なんかいないから手も繋ぎたい放題です。

ご飯も(゚д゚)ウマーで、ビールを飲みながら美味しくいただきました。
食後はTVをつけて、見たことも無いハイテンションローカル番組に
茶茶いれつつ、お腹がこなれるのを待ちました。
あれ?満腹で温泉入るのってダメでしたよね?

で、その妙にハイテンションなローカル番組が終わるのを
きっかけに温泉に入りにいきました。

女湯はおばさまが一人いただけで、静かでのんびりと入れました。
妙に念入りにあちこち洗って、湯船につかっていると、
おばさまが「お先に」と言って出ていってしまったので貸切状態です。
あー贅沢だなぁーって湯船のなかで身体を伸ばしてのんびり。
で、とうとう今日一線を越えてしまうんだなぁ、後戻りできないなぁって
考えてました。

ちょっと父と母の顔なんか思い出したりして…。

部屋に戻ると、すでに布団が敷いてありました。
先にお風呂からあがった弟は窓から外を見ながらビールを飲んでいます。
そして二人は
「よっ」
「おうっ」
みたいな挨拶をしてお互い恥ずかしさを誤魔化す訳です。
「姉ちゃん、電気消していい?」
「う、うん」
「ここから外見てみ」
暗い部屋から窓の外を見ると、温泉街を散歩する人たちが見えました。
「夫婦とか家族とか…不倫カップルとかは居るかもしれないけど
 姉弟ってのはやっぱ俺たちだけだよね…」
「ふふ。うん…」
なんか緊張しまくりで…。初えっちの時よりドキドキで…。

弟はゆっくり窓の障子を閉めると、私を抱きしめました。
「俺、姉ちゃんのこと本当に好きだから…。大切にするから…」
「わ、わかってるって…」
弟の言葉は直球が多くて照れてしまいます。

私は幸せな気持ちで、弟の胸に顔を埋め心臓の鼓動を聞いていました。
好きな人の鼓動を聞くのっていいですよね。安心します。
弟は大きな手で優しく私の髪や肩や背中を撫でてくれました。
時折おでこにかかる弟の熱い吐息がなんだか凄くいとおしくて。

顔を上げると、弟はちょっと微笑んで「ん?」みたいな顔をするんです。
私は、ああこの人を好きになって良かった…と心の底から思いました。
私は「好き…」と言って弟の頬を両手ではさんでキスをしました。

一度唇を合わせてしまえば、後は恋する二人なので、
お互いの舌を追いかけたり噛んだり絡ませたり…。
それはもう熱烈です。
そして時には頬や首筋や耳なんかにも唇を這わせてみたりして。
私はキスだけで気持ち良くて頭の中がぼーっとしてしまいました。

そしてそのままキスをしながら、どちらからともなくお互いの浴衣を
脱がし始めました。帯を解くのももどかしいくらい性急に。
私たちは下着も取って全裸になると、今まで以上に強く激しく
抱きしめ合いました。

このまま二人の身体が溶け合って、ひとつになってしまえばいいのに…

そんなことを考えながら私は弟を抱きしめていました。

抱き合ってお互いの肌の感触を楽しんだあと、布団の上に
移動しました。
弟は私の上に覆いかぶさって、照れくさいから胸を押さえていた
私の手を掴んで横に広げました。胸が弟の目の前に晒されて、
私は恥ずかしくて急いで目をぎゅっと瞑りました。
「○○のおっぱい、すげー綺麗だよ」
「ね…あんまり見ないで…」

弟の視線を感じながら恥ずかしさに耐えていると、急に乳首が
生暖かいものに包まれました。
目を開けると、弟が夢中で乳首を吸っていました。
その様子が大きな子供のようで可愛くて…。
私は恥ずかしさも忘れて、弟の頭を抱えて髪の毛を撫でました。

でもそんな余裕も、長続きはしませんでした。
弟が乳首を優しく噛んだり舌で弾くようにしたり、指でそっと撫でたりし始めると
そのたびに乳首から足の間へ強い快感が走るのです。
私は呼吸を荒げて身体をピクピク震わせながら、
あそこから熱いものがトロッと溢れてきたのを感じていました。

「んっ、はぁっはぁっ…んっんんっ…」
ここは一応普通の旅館なので、唇を噛んだりして喘ぎ声が出ないよう
必死で我慢している私です。
でも胸を愛撫しながら、弟の手が足の間に差し込まれた時は思わず
「ああっ!」と小さく叫んでしまいました。

「○○、いっぱい濡れてる…気持ちいい?」
「うんっうんっ」
もう、姉としての威厳とか余裕とかそんなものは無くなってたみたいで
そんな弟の問いかけにも素直に返事してしまいました。

弟の指はゆっくりと、何度も割れ目の上を行ったり来たりしました。
濡れた指は滑らかに動いて、くちゅっくちゅってえっちな音がして…。
そして弟の指がクリトリスに触れるたびに私は身体に力が入ってしまって、
ピクッピクッて震えてしまうのです。
その愛撫は執拗に繰り返されて、私は指だけで簡単に限界近くまで
追い込まれてしまいました。

「ね…ね、待って…お願い…」
「やだ、待たない」
「も…だめ、いっちゃ…う…」
「うん。いっていいよ」
「や、やめ…あっあっ…あああっ…や、いくっ」

弟の指の動きが容赦なく速くなって、強い快感が一気に頭にのぼりつめました。
私の頭はもう何も考えられなくなって、弟の肩を掴んで大きく背中を反らせ
いってしまいました。

びくんっびくんっという身体の痙攣が去り、放心状態から戻ると
弟が私の顔をじっと見ていました。
私は恥ずかしいのと気持ちがいいのでポロポロ涙をこぼしてしまいました。
「き、気持ちよくて泣いてるだけだから…。
 気にしないで○○の好きにしていいよ」
そう弟に言うと、弟は少し笑ってキスをしてくれました。
そして弟はちょっと後ろを向いて最重要な装備を済ますと、私の足の間に
入ってきました。
膝を持ち上げられて、足の間に硬くて熱いものがぐぐっと押し当てられます。
弟が私に体重をかけるのと同時に、あそこが弟の形に大きく広げられて、
私は小さな悲鳴をあげてしまいました。
そしてとうとう弟が私の中に…。

その瞬間、ため息とともに
「○○、気持ちいいよ…」と弟が言いました。
私は下腹部に気持ちの良い圧迫感と、足りない部分がぴったりと補われた
充足感を感じて、なんだかすごく満ち足りた思いでした。
弟が全部入ってしまうと、私のお腹の中は弟のモノをぎゅっと包んで、
嬉しくてピクピク動いていました。

しばらくそのまま、弟は私のお腹の中の感触を、
私は弟を包み込んでる感触をゆっくり味わうみたいにじっとしていました。
本当はもっとこのままでいたかったんだけど、
弟は我慢できなくなったみたいで、ゆっくりと腰を動かし始めます。
弟のモノが抜けてしまうくらい腰を引かれ、再び奥まで深々と突き刺されるたびに
頭がおかしくなりそうに気持ちよくて、また涙が…。

弟は私の涙を指で拭いながら
「そんなに気持ちいい?」
「…うんっ…あっ、いいっ…あっ…あっ…」
言葉にならない返事をしながら、私はあっという間にまた強い快感が
身体の奥から押し寄せて来るのを感じました。

弟も限界間近みたいで、腰の動きがだんだん速く強くなっていっていきます。
弟は私の名前を何度も呼びながら、弟の腕を必死でつかんで喘いでいる私に
キスをしてきました。
そしていっそう激しく私に腰を打ちつけると、熱いため息とともに
私の中で一瞬弟のものがさらに大きく硬くなって、ビクビクッと何回も脈をうちました。

私は息を荒くして、私の上でぐったりしている弟がいとおしくてたまりませんでした。

この後もう一回して、翌日の朝もしました。
二回目はすごい濃厚なえっちで、何回もいっちゃいました。

話は変るのですが、私達のことをたぶん兄に気づかれてしまいました。
昨日の日曜日に兄の婚約者とのお食事会があって、その時何気ない言葉に
私が変に反応してしまったからです。
家族と会うからイヤって言ったのに、出かける前に弟にえっちないたずら
されたりしたせいもあるんですけど…。
単に恋愛感情があると思っているのか、関係があることまで気づいたのかは
わかりません。
結婚式まで何回か兄に会うので怖いです(つд`)

みなさま、読んでくれてありがとうございました。
弟とこうなってから何が辛いかというと、他のだれにも言えなくて
常に嘘をついていなければならないことです。
だからこうしてみなさんに聞いていただけるだけで嬉しいのです。

リアルでは一人だけ私達の関係を知っている人が居ます。
弟の行きつけのバーのマスターで、そのお店には仕事終わりに
二人で行ったり、気が向けば一人で行ったりもします。
別に二人のことをあれこれ話す訳ではないのですが、その人の前では
取り繕う必要が無いことにずいぶん心が救われています。













一番恥ずかしかったエチーはね、弟とドライブに行って
急に一泊することになった時です。
交代で運転してたんだけど、すごい疲れちゃって泊まることに。
シーズンオフ気味で空いてた小さなリゾートホテルでした。

弟はえっちしたいみたいだったけど、疲れたから寝ようよって
私は先に寝ちゃったんです。
で翌日の朝、なんかやらしい夢を見て目が覚めたんです。
そしたら、弟が隣にいて私の浴衣の前をはだけて、
胸をモミモミしてました。
もう日が昇って部屋の中も明るいし
「だめだよ、家に帰ってからにしようよ」って言ったんだけど
聞いてくれなくて。

このときの弟はすごくいじわるで…。
なんか前日の夜、えっちしなかったのをちょっと怒ってたみたいなんです。
さんざん乳首をいじられて、ピクピク震えながら喘いでいるのに
ふとももやお尻を撫でるだけで、あそこには全然触ってくれないんです。
足の付け根をぎゅっと押してみたり指でなぞってみたりするだけで…。
私は触って欲しくてクリトリスがキュッて熱くなって、ヌルヌルがお尻のほうにまで
垂れてるのがわかるくらい濡れてしまいました。

そしてようやく苦しそうに喘いでいる私を見ながら弟がやっと
あそこを触ってくれたんですけど、今度は手を動かしてくれないんです。
私はもう我慢できなくなって自分で小さく腰を揺すって弟の指にクリトリスを
擦り付けてしまいました。そうしたら
「なに腰振ってんの?」
ってすごく冷静に弟に言われて…。
自分から動いちゃったのは初めてだし、いやらしい自分が恥ずかしくて
私は涙ぐんでしまいました。

弟はまた冷静な顔をして
「いやらしい姉ちゃんだね」って言いながら
私の足を抱え上げて私の中に入ってきました。
そして私の背中に手を回して身体を起こして対面座位(?)にしました。
その格好だと、弟の顔がすぐ近くにあって恥ずかしかったので、
下を向いたら弟のが私の中に入っているところが見えて…。
すごいいやらしくて気が遠くなりそうでした。
さらに
「姉ちゃんエロいよ…クリがひくひくしてるよ」
って弟が私のあそこをめくり上げるようにしてクリトリスを見るんです。
その時まで、恥ずかしいからクンニは断固拒否してたので
このとき初めて見られてしまいました。しかも部屋明るいし…。
もうすごい恥ずかしかったです。

「自分の好きなように動いていいよ」
私は弟にそう言われたんですけど、動き方もわからないし、
モジモジしていたら、弟が私のお尻を掴んで、ぐいって
自分の方に引き寄せたんです。弟のが全部私の中に埋まって
奥に当たって、私は「あうっ」って声を上げて仰け反ってしまいました。

それをきっかけに私はもっと刺激が欲しくなって、知らないうちに
腰を小さく振り始めていました。
自分から動くのはやっぱりすごい恥ずかしくて、半泣きで
「や、見ないで…お願い…」
って弟に言いながらも、もう自分では腰の動きを止められなくて…。
最初は上手くいかなかったんだけど、だんだん気持ちいいポイントが
わかってきて、
「あ…はぁっ…ん、あ、んふっ…」
って小さく喘ぎながら一生懸命腰を振っていました。

弟も私にキスしながら、私の動きに合わせて腰を打ち付けてきて、
もう気持ちよくてだんだん訳がわからなくなって…。
そして大きな快感の波が押し寄せてきて、私は激しく前後に腰を揺すると、
弟の身体を押し退けるように仰け反って、
「いやぁっ」って泣きながら短く叫んで一人でいってしまいました。

この後正常位に戻って優しくえちしてくれたんですけど、
これが今の所、MAX恥ずかしかったえっちですー。
家でするときはマターリえちなんだけど、
外でするときは色々されちゃうことが多いです。
ヘンタイ姉弟でごめんなさい。

混浴温泉

普段は常識的なのですが、本当はすごく非常識なことをしたい。
よく言う「変身願望」がすごく強いのだと思います。
ただ、普段の私は、言われるような「おしとやかな」タイプではなく、かなり、行動的なタイプだと思います(あくまで、常識的に)。

家もある程度裕福でしたが、「おじょうさま」といった感じでもありません。
普段は、活動的で、少し気の強い私が、知らない人に、裸を見られたり、辱められたりすることに、異常に興奮してしまいます。
かなり変わった性癖かもしれませんが、管理人さんならわかってくれると思ってます。
さて、ポラロイド写真ですが、実は、ほとんど反応を観察したことがありません。すいません。
混浴の話は、男性の友達から聞きました。
一応、生活の大部分はサークルに入ったりして、普通の大学生をしてましたので(笑)。

私が行った混浴温泉ですが、実は、ここが、友達の言っていた場所かどうかはわかりません(確かめようもありませんよね)。
温泉に入っていた男性の年齢ですが、中年ぐらいというだけで、はっきり言ってよく覚えていません。
それと、「露骨に見れないもの」ということですが、これは、私もはじめ、びっくりしましたが、本当に露骨に見られます(管理人さんのような優しい人なら露骨には見ないんでしょうね)。

男性と女性で感じ方が違うのかもしれませんが、だいたいそう思いました。
湯船に入っていると、しばらくすると周りの人が増えてきたり、湯船から出るときも見上げるように顔を動かして見られます。
大きなところに行くと、後から付いてくる人もいます。
大勢ひとがいる時は、声をかけてきたり、さわってきたりすることは決してありませんでしたが、「見るのはタダ」という感じで、ジッと見ます。
普通に見られるのを楽しむには混浴温泉は絶好の場所だと思います。
それから1年余りの間に、5度くらいその温泉に行きました。
番台のおじいさんには、覚えられてしまったようで、3度目くらいからは、何かを片付けるふりをして、番台から降りてきて見たりもしました。
相手が、60過ぎのおじいさんだったこともあり、安心して、私もかなり大胆なことをしたと思います。
わざと全裸で、いすに座って足を開いたり、掻くようなふりで胸を触ったりしました。
お風呂でも、湯船に入るだけでなく、湯船のふちに腰掛けたり、その状態で、少し足を開いたりもしました。
中には、私が洗い場まで戻ると、追いかけて来て、のぞいたりする人もいました。

私もかなり大胆になってきたこともあり、5度目に行った時に、すごくエッチな目にあいました。
よく覚えていませんが、だいたいこんな感じです。
湯船のふちに座っていると、40くらいのおじさんが話しかけてきました。
しばらく普通の話をした後、おじさんが、
「おねえちゃん、裸で入るなんて大胆だね」
と言いました。私は、
「お風呂なんだからどうってことないですよ」
と普通に答えました。
いやな反応をしなかったので、いいと思ったのか、おじさんは急に湯船に入り、私の真正面に来ました。
さっきまで、すごく愛想のいいおじさんが急に、そんなことをしてきたので、びっくりしましたが、おじさんは、
「ほんとにきれいな体だね」
とか言ってじっと見ていました。
私は、なるべく平然と振舞おうとしましたが、足がガクガク震えてきました。
しばらくすると、そのおじさんのお連れの人がやってきました。
最初、びっくりしていましたが、おじさんが何か説明すると納得(?)したように、
「じゃあ、わしも見せてもらおう」
というようなことを言い、横から覗き込むように見てきました。
二人にすぐ近くで見られて、完全にエッチモードに入ってしまいました。
二人の会話から、家族連れの旅行で来ていることがわかり、余り大胆なことはしないだろうと少し安心したこともあって、その後は、されるがままでした。
あそこの上に置いてあったタオルを取られ、足を開かされました。
おじさんたちは、しきりに「きれいだ、きれいだ」と言いながら、胸とあそこをさわってきました。

はじめは、あそこの毛をなでるように上からさわっていましたが、途中からは、足を大きく広げられ、クリトリスや中もさわってきました。
よく考えてみると、他人にあそこを触られたのは、これが初めてで、とにかくすごく快感でした。あそこもものすごく濡れてしまい、
「クチュ、クチュ」という音が水の音に混じって、お風呂に響いていました。
頭の中は、完全にパニックで、何がなんだかわからなくなりました。
両手を湯船のふちに置き、少しのけぞるような格好で、足も自分の意思で大きく開いてしまいました。
声も出していたと思います。
途中で、湯船に一人男の人が入ってきて
遠巻きに私が触られているのを見ていました。
後ろでは、何か話し声も聞こえていたような気がします(気のせいかもしれませんが)。
パニック状態の中、何度か軽くいった後、今度は本当に、いってしまいました。
いく時は、とにかく恥ずかしい所を見られたいと思い(宅配のおじさんに見られた後、ずっとこのような場面を想像してオナニーをしていました)、わざと、
「いくー、いっちゃう」
と声をだしてしまいました。
その後もおじさんたちは、あそこを触ったりしていましたが、私は、立ち上がり、脱衣場に向かいました。
よく覚えていませんが、はやくこの場を離れないといけないと思い(前回お話した体験の時と違い、恥ずかしいという気持ちではありませんでした)、あわてて服を着て、出て行きました。

おじさんたちが追いかけてくるのではないかと思いましたが、そんなこともなく、タクシーを拾って、ホテルに帰りました。
いつもは、ホテルでは、あまり過激なことはしないのですが、食事の後、お酒を飲んでしまったこともあり、興奮してきて、
ノーブラにコットンのセーターという格好で(乳首が浮き出て見えます)、ロビーを歩いたりしました。

男の人の視線が胸にいるのがわかり、すごく興奮してきました。
もうおさまりがつかなくなり、スカートをまくって、パンティ丸見え状態で廊下を歩いたり(これはさすがに見つからないようにしましたが)、
部屋に戻り、全裸になって少しだけ廊下に出たりしました。
そして、部屋に戻って、激しくオナニーをしているうちに、「恥ずかしい体を見て欲しい」という思いが、「恥ずかしい体になりたい」という思いになり、
とうとう、あそこの毛を全部そり落としてしまいました(これは後ですごく後悔しましたが)。

この後、何度も、あの温泉にもう一回行こうと思いましたが、結局、思いとどまり、つるつるのあそこはだれにも見せずじまいでした。
この夜は、かなり不完全燃焼といった感じでしたが、次の朝は、物凄い自己嫌悪と頭痛で最悪でした。

結局、その後、半年くらいの間、混浴温泉での露出もやめて普通の大学生になりました。
この間、男性とも普通にお付き合いをし、俗に言う、初体験(少し変ですが)も経験しました。
でも何故か、この期間のことが一番記憶に薄いんですよね(確か、ポラロイド写真をベンチに置いたのはこの頃だったような)。

姉ちゃんのオッパイ治療

僕の姉はちょっと天然で、不思議ちゃんのケがあります。
こないだはこんなことがありました。
「ちょっと○○、来て。手伝ってくれる?」
隣の部屋から僕を呼ぶ姉。
ゲームを中断して渋々姉の部屋へ足を運びます。
ドアを開けると・・・。
「えぇっ!姉ちゃんっ!何やってんの?」
姉は何とスクール水着を着ていたのです。
それも上半身をはいだ状態で・・・。
「最近さ、乳首が水着の上からでも分かるようになっちゃったから、
 ちょっと工夫しようと思って、こうしてみたんだけど・・・。」
向こう側を向いていた姉がクルリをこっちを振返ります。
同時に、姉のバストがブルルンンッと躍動します。
 
姉のオッパイを見るなんて、久し振りのことです。
最後に見たのは姉が小学生の頃だから、5年ぶり位かなぁ。
随分大っきくなったなぁ・・・
などと感心しながら、姉のバストに見とれていましたが、
どうやら様子がちょっと変です。
目を凝らしてみると、姉のオッパイの中心、つまりは乳首の部分に、
何やら張ってあるみたいなのです。
「ね、姉ちゃん。何それ?ガムテープじゃん?
 何でそんなことしてるの?」
「だから、言ったでしょ。
 乳首が水着に透けちゃうから、工夫したって。」
「姉ちゃんっ。
 そういう場合は、アレだろ?
 確かニップレスってのをするんじゃないの?」

「だって、勿体無いじゃん。
 わざわざお金出して買うの・・・。」
「そ、そりゃ、そうかも知れないけどさ。
 で、何?なんで俺のこと呼んだの?」
「ちゃんとできたかどうか、チェックしてもらおうと思って。」
そう言うと姉はスクール水着の肩紐をバチンッと嵌めました。
「見てっ?どうかしら?
 大丈夫?チクビ透けてない?」
「・・・うん。大丈夫だとは思うけど。
 でも何だか、ガムテープの角ばった感じが分かって変だよ。
 それにさ、ガムテープをジカにそんなとこに貼ったりしていいの?」

「あ。やっぱしヤバイかな。これ?」
そう言って、姉はスクール水着の肩紐を外しました。
「ちょっと、取ってみる・・・。」
姉は乳首に貼り付けたガムテープを剥がそうとします。
「イッ、痛ーーぃっ!」
「ほら、言った通りだろ!
 姉ちゃん、ケチケチしないで、
 ちゃんとした製品買った方がいいぜ。」
「わかったよ・・・。んもう。
 でもコレ、どうしよう。」
「ゆっくり剥がすしか無いだろ。」
「ね。○○も手伝ってよ。」

「ちっ。しょーがねーなー。まったく。」
僕はそう言いながらもドキドキしていました。
(姉ちゃんのオッパイに触れる・・・)
「ちゃんと優しくしてよねっ!
 オンナの子の身体なんだから。」
「分かってるよ、うるせえなあ。
 それが人にモノを頼む態度かよ」
僕はそっと姉のバストに手を伸ばします。
緊張で手が震えます。
「あ。何?○○。
 手、震えてるよ。
 どうしたの?
 分かった!お姉ちゃんのオッパイ見てコーフンしてんでしょ?」
「そ、そんなわけないだろっ!
 誰が、アネキなんかのオッパイで興奮するっていうんだよ!」

言葉とは裏腹に、もう僕の心臓はバックンバックンでした。
振るえる手を、姉の乳首に伸ばし、ガムテープを剥がします。
「ヒッい、・・・イタッ・・・。」
「姉ちゃん、ちょっとだけ我慢して。」
バリバリ・・バリバリバリ・・・。
ぺろっ。
ようやく一枚が外れました。
「大丈夫?姉ちゃん・・・。」
「ッんん??。
 なんとか大丈夫・・・。
 もう片方も頼んだわ。」

ベリ、べりべりべり・・・。ぺこっ。
「ふぅっ。
 取れたぜ、姉ちゃん。」
「ッッーー。
 はぁあ??。アリガト。○○。
 もう懲りたわ。次からはちゃんと買ってくることにするわ。」
「うん。そうした方がいいぜ。
 じゃ、いいかな?僕。ゲームの途中だからもう行くよ。」
もうちょっと姉のオッパイ&スク水姿を堪能したくもありましたが、
いつまでも姉の部屋に居るわけにもいきません。
「あ、ちょっと待って。
 んん・・・。何だか痛いの・・・。
 ここがヒリヒリして・・・。」
姉は、バストを下から抱え込むようにして、オッパイをチェックしています。

「○○。
 ちょっと、アタシのここ、どうなってるか見てくれる?」
そう言って姉はバストを僕の目前に差し出すのですっ!
僕は平静を装って、姉のバストに近づきます。
(うはぁ。姉ちゃんのオッパイに急接近だあ!)
姉の乳首は赤く腫れ上がっているように思えました。
っていうより、姉の普段の乳首がどういう色で、どういう状態なのか、
知る由もない僕にとっては、何とも判断を下すことができません。
「ね、姉ちゃん。
 なんだか赤くなってるみたいだけど、痛いの?」
「うん。ヒリヒリするわ・・・。」
「何かクスリ塗ったほうがいいんじゃないのかな?
 僕もわかんないよ。」

「そう・・・。
 でもクスリ塗るだなんて、なんだか怖い・・・。
 だって、女の子の大事な部分なのよ。」
「よく言うよ。
 その大事な部分によりによってガムテープ直か貼りしたのは、
 他でもない姉ちゃんだろう?」
「うん。失敗だった。
 反省してる・・・。
 でさ、○○・・・。お姉ちゃんからお願いがあるんだけど。」
「またかよ。
 今度は一体何なんだよ。」
「お姉ちゃんの乳首、舐めてくれる?
「ぇええっ!?何言い出すんだよっっ!姉ちゃんッッ!」
「小さい頃、よくやったよね。
 ○○が転んで怪我した時とか、お姉ちゃんが舐めてあげたじゃない?
 それ、して。
 クスリなんかより、ずっと安心だよ。」

「で、でも。本当にいいの?お姉ちゃん?」
「うん。○○だったらいいわ。
 だって、弟だもん。○○は。
 弟だから、お姉ちゃんに対して変なキモチになったりしないよね?」
「変な気持ちになんか、なるわけないだろ。」
「じゃ、お願い。
 はい。やさしく、だよ・・・。」
そう言って、姉はまず片方の乳房を下から持ち上げ、僕の前に差し出しました。
僕はゆっくりと顔を近づけ、姉の乳首に唇を当てます。
「・・・ぁ、・・・っっ、・・・。」
姉の吐息が漏れます。
僕は慌てて口を外して、姉に聞きます。
「あ。姉ちゃん?痛かった?」
「うぅん。大丈夫。続き・・・、して・・。」

今度は乳首だけでなく、乳輪全体も含むようにします。
かぽ。
そして、舌を伸ばします。ちろ。
姉の反応を見て、ゆっくりと舐めます。
「んんっ・・・、んぁ・・・・。」
(痛いのかな?姉ちゃん。)
僕は、姉の乳首を舐めながら上目遣いで姉に確認を取ります。
姉は痛さをこらえている様子でしたが、
僕と眼が合うと、小声で囁きました。
「大丈夫・・・。平気だから、続けて・・・。」
それまでは舌先だけでチロチロ舐めていましたが、姉の要請を受け、
僕は、舌全体で姉の乳首を楽しむ、もとい、治療することにしました。

ちろちろ。ぺろっぺろぺろぉ。
僕の口唇治療は続きます。
5分くらいしたところで、姉が言いました。
「んん。じゃ今度はこっち側、お願い・・・。」
もう片方の乳房を抱えて、僕に懇願します。
姉の目が、気のせいか、潤んでいるように見えます。
もう一方の乳首も丹念に舐め上げます。
ちろっ、ちろちろ。ぺろっぺろぺろぉ。
姉の乳首をもう10分以上舐めている僕・・・。
何だか赤ちゃんになっちゃったみたいな気分になりました。
と、その時、僕は姉の乳首の異変に気が付きました。
(か、固くなってるッッ!
 姉ちゃんの乳首がっ!
 姉ちゃん?もしかして感じてるの?)

「んんっ・・・・、んぁ。」
姉の声は、もはや痛さに耐えるものではなく、喘ぎ声に変わっていました。
僕は姉の乳房から口を外し、姉に聞きます。
「どうしたの?
 お姉ちゃん・・・。痛いの?」
「んん?・・・っっはあぁ、・・・。
 え?・・・ぁぁん、だ、大丈夫。
 痛くないわ・・・。もっと、もっと、続けて・・・。
 お願い、・・・○○・・・。っっ・・・。」
「お姉ちゃん、どうしたの?
 様子が変だよ?」
「っっ、・・・、ど。どうもしてないわ。
 いいから、続けてっ!○○っ!」
「続けてもいいけど。
 お姉ちゃん?
 実は感じてるんじゃない?違う?」

「ばっ、バカ言わないでっ。○○ッ!
 どうしてよ?
 どうして、アタシが感じなきゃいけないの?
 これは治療なんだからっ!
 傷ついたオッパイを舐めて治してもらってるだけなのよ?
 しかもアナタは弟なのよ?
 弟に乳首舐められて、姉であるアタシが感じるワケないじゃない?
 何言ってるのよ、○○!」
「ふぅーん。
 でも姉ちゃん、治療っていうんだったら、もういいんじゃないかな。
 もう10分以上やってるぜ。」
「もうちょっとよ。
 もうちょっとやれば、イケそ・・・。
 ち、違うわ、完全に治りそうなの。
 だから、ね。お願い、○○。」
「ふぅーん、何だか妖しいな。
 正直なところ、どうなの?
感じてんだろ?姉ちゃん?」

「いい加減にしてよ!
 そんなことどっちでもいいから!
 お姉ちゃんの言う通りにしなさいっ!
 早くぅ!早くしてっ!○○!」
まったく・・・。
姉は昔からいつも、自分が不利になると、
無理やり自分を押し通すところがある。
ま、いっか。
僕だって、充分楽しんでるわけだし。
僕は再度、乳首を舐めることにした。
ぴちゅ。ぺろっ。
うは。
さっきより硬くなってるじゃん。
姉ちゃん、待ちきれなかったんだな・・・。
僕は口だけでなく、両手を使って姉のバストを愛撫することにした。

「あぁぁんんっっ!」
僕は姉の左の乳首を吸い、右手で乳房を捏ねくり回します。
空いた左手では、姉の右の乳首を、クニクニといじくります。
「んんんっ!!
 もうぅっっ!もうぅう!
 もっとよおぉおっ!」
完全に性感スイッチの入ってしまった姉。
僕も、それに答えて、ラッシュをかけます。
れろぉおっ!れろれろれろぉおおっ!
「あぁんんんっ!うぅううんんっっ!
 イヤァぁあァっっ!!」
姉の感じようはハンパありません。
姉ちゃん?
姉ちゃん、オッパイだけでイッちまうのかよっ?

「んんーーーーっ!!
 イイッッ!!イイのおぉおっ!
 アタシ!アタシぃぃっ!!
 駄目っ!ダメぇえっ!だめーーーーっ!!」
姉の頂点が近づいて来ました。
僕は、顔を左右に振って、両乳首を連続に舐め回しますっ!
姉の乳首へ、必殺=口唇デンプシー・ロールッッ!!
「イヤアぁっッッ!!
 どこ?どこぉぉおっ?
 あぁあんんっ!イヤぁ!
 ダメ、駄目ぇ、それ、だめーーーっっ!
 弟のくせにィィ!
 そんなこと、ダメなんだからぁあ!
 もうぅっ!イヤぁあ!」

姉の身体がワナワナと震えています。
イクんだ・・・。
姉ちゃん、イクんだ!
僕の愛撫で姉をイかすことができる!
僕はとっても嬉しくなり、さらに激しく舌攻撃します。
「アアッアン!!!
 イクっ!イクゥゥウッ!
 もうっ!!イクんだからぁあ、アタシイぃい!!
 アァーーンッッ!!いやあぁーーーっ!!」
ビクンッビクンッと何度も脈動する姉の身体・・・。
僕は姉の上半身をきつく抱きしめます。
僕の鼻腔に充満する姉の匂いっ!

僕の体にもたれかかってくる姉。
「はぁっ、・・・・、はぁっ、・・・・、」
僕はもう一度思い切り姉のことを抱きしめます。
姉の手も僕の首に回ります。
5分位そうしていたでしょうか。
ようやく僕らは体を離しました。
「???っ。
 はぁあっ!
 ○○の唇、とってもキモチ良かった!
 これで、アタシの乳首の傷、治るねっ!
 ありがとうっ、○○っ!」
 
「ふうっ。姉ちゃん、これに懲りたろ。
 今度からこんな無茶すんなよ。」
「うん。わかったわ。
 でもさ、アタシお肌デリケートみたいだから、
 ニップレス使ったとしても、荒れちゃうかも・・・。
 ねえ、○○。
 その時はまた、○○に治療お願いしてもいいかな?
 ね?どう?」
「ちっ。
 しょーがねーなー。
 ま、他ならぬ姉ちゃんの頼みだったら、別に構わないよ、僕は。」
そう言いながら、僕はチョコンッと姉のオッパイを突っつく。
「アッ!バカぁ。
 何すんだよぉ。今治療が終わったばっかなんだぞっ!
 優しくしてよねっ!」
「ごっ、ゴメン・・・。つい・・・。」
「ウフフッ!大丈夫よっ。
 また、よろしくネッ!○○ッ!!」
ニッコリ微笑む姉。僕も笑顔を返す。

やっぱりうちの姉は、天然で、不思議ちゃんだあ!!!

漫画喫茶での出来事

俺が漫喫に行った時の話だ。
一人でエロマンガを個室で読んでいた所、
隣に若い女性2人組みが個室に無理矢理2人で入ってきた。
俺のよくいく漫喫は、微妙下から隣が覗けるぐらいの隙間があるんだ。
その隙間からつい出来心で覗いたらさ、いきなり暗いの。
ん?と思ってみてると、ケツが目の前にあって暗かったわけ。
やたら興奮してさ。
すると隣の部屋の女が1人トイレに行くって言い出したから、
俺も何気なしに顔を見る目的でトイレに行ったんだよ。
で、顔確認。やべーマジ可愛いって感じでさ。
それからさらに興奮だよ。部屋に戻った俺はまた下から1人で待っている友達を覗いてた。

隣にいる一人の子を覗いてたら、さっきトイレに行った子が帰ってきた。
また俺の目の前に座るもんだから、彼女のお尻が目の前にw
壁というかパーティーション?(区切りの壁ね)は約3?5cmぐらい。
だからほぼ、目の前にある状態でちょっと息が荒くなった俺ガイル_| ̄|○
少ししだすと、トイレに行ってないほうの友達が、「なんか本とってくる」と
いい初めたので、これまたチャンスと思いちょっと顔覗きましたw
この子は可愛いというよりは、綺麗系な感じの人でした。髪も長くて。
顔を確認後すぐさま部屋に戻り、また覗きへw

すると待ってる方の子がパソコンを触りだしたらしく、個室が少し明るくなる。
するといきなり、片足をあげて膝に手を乗せるような状態に。
ご想像の通りパンツ丸見えですw 白のパンツにピンクの模様?を確認。
その距離約、80cmぐらいかな?思わず顔もさらに床にベタ付けで覗くw
※トイレ行った子A 行ってない子Bにするw

しばらく覗いているとBが帰ってきた。
「なにみてるの?」とAのパソコン画面を覗いてる様子。
Bが四つんばいで覗くものだから、これまたバック姿でパンツ丸見えw(黒のレース)
ここで俺は辛抱がきかなくなり、ズボンのチャックを全開モードにw (;´д`)トホホ
しばらくするとBは本を読み始めたらしく、俺の目の前にお尻を置き本を読み始める。
ちなみにマンガはNANAw

束で本を積み上げてたので1冊抜いてやろうかと思うぐらいの近距離w
座った時に、スカートがめくれたままで黒レースのパンツが約4cmぐらいの距離に。
すいません俺クンクンしました_| ̄|○
Aがパソコンに飽きてきたらしく、両足を開いたまま倒れこむ。
(女性同士ってパンツ丸見え余裕なの?)
俗に言うM字開脚のまま倒れこんでるw (*´д`)ハァハァ
目の前には黒レース。少し離れた場所には白パンツ。これはかなりの絶景w

時折、Aがパンツを手で食い込みを直す仕草にさらに萌えw
しばらくすると、Bが「飲み物を取ってくる」と言いだした。
A「私オレンジね」と言うw

Bが部屋を出た後、すばらしいハプニングが起こった。
Aが1人になった瞬間、わずかな時間ではあったがパンツを横にずらしモゾモゾし始めた。
ここでマンマンとご対面。やべぇ・・俺もフルスロットルw
どうもAは蒸れ?痒み?が気になったみたいだけらしい。ほんの数秒だがマンマンは最高。
Bが帰ってきた頃にはAは座り、Bはまたまた俺の顔の前に座り込む。

するとおもむろに、Aがこっちに顔を向ける状態で横になりだした。
一瞬「もしかして、顔みられた?・・」と俺はあせりだす。
(この時チンコは元気を失うw)
しばらく覗きをやめ。どうしようか悩み始める俺_| ̄|○
しかし隣からヒソヒソ話は聞こえるものの、店員や電話をしだすようすがないので、
俺は部屋にとどまる(一瞬怖くて帰ろうかと思ったょ・・・)

様子を見るため、俺は先ほど覗いていた位置とは若干ずらした位置から覗く。
すると、AとBがこっちを覗いてた。
悲鳴があがると思った瞬間、Bが何を言った。(この時聞き取れなかった)
Aが「あはは」と笑った声だけが一瞬聞こえた。
俺かなりテンパる。

状況を理解するのに若干時間はかかったものの、再び俺は覗いた(俺もバカスw)
するとまたまた暗闇になっていた。俺は?と思い、覗場所を変えつつ光を探すw
しかし暗いまま。なにかでふさがれたかな?と思った瞬間。
一瞬光が入ってきた。徐々に明るくなるその場所にあったもの。

おっぱい

俺さらにテンパる。状況理解に苦しみだす。
一瞬顔をあげたが欲情に勝てずさらに覗き込むw
この時点でおっぱいが2つ確認。服から見てBだと思われ。
Aのすすり笑いだけが聞こえる。
Bがオパイをもみ、挑発するような感じになってきた。
ここで状況把握(からかわれてる・・)

しかしチンコだけは再び、この状況を考えず元気を取り戻すw
状況が段々とエスカレートし、Bが座りこみパンツ丸見えの状態で足を開けてきた。
まさしくM字開脚状態w Aはその都度、すすり笑っている。
俺もヤバイと思いながらも、もう右手のマッハは止まらずそのまま覗きこむ。
Aの笑い声が消え、何かをコソコソ言っている。
Bが「あはは やってみるw」とだけ聞こえた。

すると、さっきのM字開脚のままいきなり、
さきほどのAと同様パンツを横にずらした。
Bのマンマンともご対面。さらにAが声を大きくし笑いだす。(俺笑えねぇ・・)
AがさらにBに耳打ちしてる様子。
そこでBが「○○も人事だと思ってw」と笑いながら言った。

AとBはずっと笑ってる。必死に覗いてる俺をバカにしてるみたい・・・。
ここで初めてAが俺に話しかけてきた。小さな声で。
A「なにしてるの?w」若干笑いながらの声だった。
俺「・・・」無言で何も言えず_| ̄|○

Bがマンマンをパンツの奥にしまいだした。
俺はまだイってないのに・・と思った瞬間、次はAのマンマンがきた。
完全にからかわれてるのはわかっていたが、
もうどうでもよかった。Bの笑い声が聞こえる。

Aがマンマンを見せて、Bが笑ってる時にAがまた話しかけてきた(マンマンみせたままw)
A「もしなにかしてるなら、終わったら言ってねw」ここでB爆笑してた・・_| ̄|○
俺も思わず「はい・・」と言ってしまった。で、そのままAのマンマンみたまま発射w

俺「終わりました・・・」 AとBかなり(・∀・)ニヤニヤしてる感じで
A「わかったw」と言ってきた。
マンマンをしまいつつ、俺もフキフキ・・。
ここでBが俺に話しかけてきた「こっちきたら?w」。
俺「あ・・でも・・」とかなり怖い。
(脅迫かもしれないと思ったから・・俺ヨワスw)

Bがまた「いいからおいでよw」と言ってきたので、
俺「はい・・」とズボンを上げ隣に行きました。
簡易ドアをノックすると、Aが「きたきたw」といいながらドアを開けた。
ここでBが「さーどうしよw」とAに話しかけてた。
俺「すいません・・」と平謝り。
Aがここで「黙っとくから、ここの料金払ってくれる?w」と冗談交じりで言ってきた。
Bが「あっそれいいw」と笑いながら言ってきたので、
俺「そんなぐらいでよければ・・」と承諾。

そこでAが「カラオケしよ!」といきなり言い出したので、
Bも「あっいこいこw」と漫喫内のカラオケに移動。
(他にもダーツとかビリヤードもある大きな漫喫)
カラオケに移動後、俺の事とか色々聞かれた
俺の事も色々はなして、AとBの事も色々聞いた。
都内在住の○○大の女子大生らしい。(ちなみに俺は社会人ねw)
カラオケを歌った後、さらに喋りだす。ここでAとBとメアド交換w
ついでに友人のAとBの友人のCも呼ぶ事に。(もちろん料金俺もちね・・)

Cが漫喫到着。AとBとは違う雰囲気だけど、可愛い感じの人。
Cが俺をみるなり「誰?」って言い出す。
AとBが「ここで友達になった人♪ww」って笑いながら紹介・・。
詳細を書くとAとBには彼氏がいるらしく、Cはフリーらしい。
Cを呼んだ理由はCには彼氏がいないから・・。
ここで今後の流れが見えてきたでしょww

結局はCと俺をくっつけようと思ったらしいです。
(なんで覗きの俺なんかを・・勧める・・)
Aが俺に「Cどう?可愛いでしょ?内緒にしといてあげるから、
1度遊んであげてよw」と言ってきた。
Bも「Cはこの人どう?Cの写メみせたら会いたいって言ってたんだよw」とCに言う。
(ちなみに写メなんて見てないし、会いたいとも言ってない・・・)

その後、少しCとも話し料金を払って、一先ずその場は退散。
後日、AとBとはメールでやり取りを何度かした。(Cともね)
AとBが何かにつけて、この事を黙るからといい、
今でもたまにご飯とか奢らされます・・。
ちなみにこの話は約1ヶ月前の話しです。(結局Cとも1度遊ぶ事になって、後日遊んだ)
現在は、この事はCには内緒のまま今はCと付き合ってる状態です。

バイト仲間と乱交(2回戦)

俺と奈緒サン、美里サンは俺がイッてしまった後、しばらくは雑談してたけど、
隣の部屋からはまだ藍子のアエギ声が聞こえてたので、
俺達はバスタオルを巻いて、隣の部屋に乗り込んだ。

秀人と藍子は俺達が部屋に入って来ると、正常位でしてたけど動きを辞めた。藍子は、
「恥ずかしですよ。マジで勘弁して下さい。」
と言ってたけど、奈緒サンがバスタオルを取り秀人の乳首を舐めた。
「やべぇ、気持ちいぃ」
と興奮してた。
藍子は俺達が乱入して来たのでアエギ声を我慢してた。

そして数分後…
「イキそう…あぁ」
秀人はキチンとゴムをしてたので、そのままイッてしまった。

でも乱入した奈緒サンは物足りないみたいで、なんと、藍子の乳首を舐めだした。
俺達もビックリしたけど、1番驚いてたのが藍子で、
「えっ!奈緒サン、ダメですよ。お願い…」
「いいじゃない。藍子チャン前にドMで凄いHな事してみたい。って言ってたよね!?
恥ずかしがらずにお姉さんに任せて…。藍子チャンイッてないでしょ?
私達が来て声も我慢してたでしょ」

その時俺は奈緒サンのそんな小悪魔的でエロい姿を見て興奮した。
奈緒サンは更に乳首を舐めて藍子の股間に手を伸ばした。
必死に股を閉じて抵抗している藍子…。

でも奈緒サンの攻撃の手を緩める様子はなかった。
とうとう、股の間に手が入り、クリを攻撃してた。
藍子は声を出すの我慢してたけど、次第に顔は赤くなり感じてるみたいだった。
その時に奈緒サンは攻撃を辞めて、ある物を見た。

そう、この部屋の壁側の天井からは手錠がぶら下がて、その足元にも手錠が…
「藍子チャン、もっといい事してあげる。」
と、ベットから起こしてキスをして、手錠の方に導いた。
「マジですか?」
藍子は戸惑いながら奈緒サンに聞くと、
「イジメて欲しくないの?気持ちよくして欲しくないの?」
奈緒サンがニヤっと言うと藍子は唾を飲み込み、
「して下さ…ぃ…」、
と微かな声で答え手錠に両手両足を立ったまま繋がれた。
「なんか凄い変な感じ…絶対に他の人には言わないで下さいね。」
と、不安と期待のような表情で俺達に言った。

しばらく俺達4人は藍子の前に座り、眺めて、
「エロいよ。」
「マンコまる見えだよ」
「どんな事されたい」
と、放置プレイした。
「いやっ、こんな姿、見ないで下さい。」
でもその言葉は次第に変わりはじめた。
「お…お願い…します。
もう、どうにかなりそうです。気持ちよくしてください」

俺はふと思い、
「王様ゲームみたいにさっきのボールで藍子に誰が何をするか決めよ。」
と提案すると、秀人が隣の部屋から箱とボールを持ってきた。
そして、藍子イジメの王様ゲーム再開。
最初の王様は秀人で俺と奈緒サンが藍子の乳首を同時に舐める事になった。
俺と奈緒サンは片方づつの乳首を舐めると藍子はさっきまで我慢してたせいか、
「いや?ん。あぁ…気持ちいい…デス…」
体をクネクネしながら感じだした。

俺は藍子がクネクネ動き回るので舐めずらくて、藍子に抱き着いて舐めた。
「あぁっ、ダメ…」
藍子にはもう恥じらいはないみたいだった。

そして次の指令で美里サンが藍子のマンコに指を入れる事になった。
美里サンも少し緊張しながら、そっと指をマンコにいれた。
「うっ…あっあは?ん」
美里サンも、
「ズゴイよ。中、ヌルっとして温かい。」
っ、興奮気味…。

藍子はまたもやクネクネと動き回るので、俺が後ろから抱き着いて動きを止めた。
美里サンはゆっくり指を出したり入れたりする度に藍子の声が部屋中に響きわたる。
奈緒サンがまたもや乱入してきて、藍子と激しくディープキスをした。
これの光景は今まで見た中で1番の衝撃的な瞬間だった。

数十分前に射精したはずの俺のチンコはすでにマックス状態…。
秀人も見ると勃起してた。まぁ、こんな光景見て勃起しない男はいてないと思う。
俺は後ろから抱きながらも藍子のクリに手を回して刺激した。
すごく濡れてて、エロい音をたてた。
美里サンはマンコから指を引き出すと、俺がすかさず指を入れた。

もうマンコの中もグチュグチュで俺の指は2本がスルッと入った。
そして前に回り込むと、秀人が藍子の体を抱き絞めるように支えた。
俺はGスポットを集中的に刺激すると、マンコの中が更に濡れてきた。
次の瞬間、藍子のバカ大きい声と同時に、大量の潮が噴きだした。
「いやぁ?……ハァハァ」
藍子の体のチカラが一気に抜けた。

奈緒サンも美里サンも潮吹きした藍子に向かって、
「藍子すごくない?結構ヤラシイね」
等と言ってたが、当の本人は息を切らして放心状態だった。
秀人がすべての手錠を外して、俺は再びベットに抱き寄せながら寝転がせた。
そしてグタッとしている藍子の股を広げて生のまま正常位で挿入…。

グタッとしてたはずの藍子だったが、俺がチンコ入れたとたんに、またアエギはじめた。
秀人も藍子の胸を揉みながら乳首を舐めてた。
俺は少し激しく腰を降ると、
「ダメっ、イキそう…あぁん…イクっイク…イクぅん…ハァハァ」
藍子の腰がピクッとしてイッちゃったみたいだ。

俺は藍子を四つん這いにしてバックからチンコ突き刺した。
秀人も藍子の顔の前にチンコを持っていき、しゃぶらせてた。
奈緒サンも美里サンもベットの横で見てたけど、
いつの間にか二人は舌を絡ませてキスしていて、奈緒サンが美里サンの胸を揉んでた。
俺はそれを見ながら藍子のマンコの奥まで激しくチンコを突きまくった。

俺はマンコから引き抜くと、そのチンコを奈緒サンにしゃぶってもらった。
美里サンも起きあがり秀人と俺は並んでそれぞれにフェラしてもらった。
そして俺が奈緒サンを寝させると、秀人も同じように奈緒サンの横に美里サンを寝転ばせた。
ベットにマンコが並び次に俺と秀人が並んだマンコにクンニした。
お互いに奈緒サンと美里サンは手を握り合い、気持ちよさそうにアエいでた。

先に美里サンが
「い…イクっ…あぁぁ?、あは?んっ」
とイってしまった。
俺達は並びながらチンコをそれぞれのマンコに詰め込んだ。
俺と秀人は一緒のリズムで腰を振り、奈緒サン達も同時に声を出してた。
そして数分後、俺達はチンコを抜き出すと、俺は美里サンに…秀人は奈緒サンに挿入した。

「あっ…うふ?ん」
再び女二人は声を激しく上げた。
藍子はベットの下で枕を抱きながら俺達のセックスを真剣に見てた。
俺は藍子に、ベットに上がるように命令して、
「またしたいの?俺達を見ながら1人Hしろ」
と、言うと、抵抗もせずに自分で中指をマンコに入れてオナり始めた。

「あんアン…あんっ…気持ちいぃ…」
3人のアエギ声が響きながら、秀人が、
「もうヤバイ。我慢できない…出そう…出すよ?うぅ…うん…ドビュ」

秀人は奈緒サンの、ふとももにザーメンを発射した。
「私もまたイキそう」
と、藍子が自分の指を激しく動かした。

俺も美里サンのマンコに出し入れするスピードを早めて
「ダメ…激しくしたらイクっイッちゃうよ…あぁ…ヤメテ…あぁ?」
美里サンがイッた直後に俺も美里のお腹にザーメンは射精した。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード