彼女恵子38歳の独り者てす、

 今年保育所にパートで勤める事に、そこの金持ちのオーナー園長、他の事業もされてて、
資産家、55歳でやや肥満体です、
 奥さん居られ、奥さん公認の彼女も居られ、夜の街に馴染みのママも、
沢山若い保育士居られるのに、何故か?

彼女に何かと親しく話かけられて、「なんか意識します、」て、
 
 私は彼女とは、何年も前からお付き合いしてます、私57歳、
デートは毎週ですが、昔と違い最近セックスはあまりしません、

半年に一度旅行に行った時だけ、解放された気分で、彼女積極的です、

彼女「良い外車入ったので、日帰りドライブ三重県の方へ、行かない?」
て、その園長に誘われたて、   「どうしょー!」て、私に、

私「恵子に興味あるんやろ、恵子お嬢さん育ちやから、園長、若い女に飽きてきて、
ずーと独身の恵子に引かれた、色白いし、歳の割には、スタイル良いからな!お前、
園長の車に乗ったら、園長に乗られるよ、」、て冗談で、
 彼女「園長そんな事されないて、」

私 「車の中は密室、男と女が長く居ると劣情が湧いてきて、
御馳走されたり、プレゼントされたら、恵子もう断れなくなるよ、」

「女の尻の好きな彼の様な男は、1回抱いてセックスしたら、
それでもう気が済むまで、やりまくるタイプやな!」

彼女「どうしょう?」
 私「いいよ、外車でドライブしておいで、でも後で聞かせて
!何があったか?正直に話して、約束やで、」

彼女「 園長さん優しいし、良くしてくれるし、行って良い?、絶対
そんな事にならないから、」
 彼女はファザコンで、昔から、うんと年上のおじさんが好きみたいです、

私行きなさいて、言いましたが、きっと彼女は遣られると妄想します、

恵子はとても良い女です、始めて抱いた時、なんてええ身体や!と
思いました、あそこ、とてもよく締まります、もう、私妄想が、、、、

 ええ女は、必ず世間のスケベ男が言い寄る、
 
 55歳の園長は必ず、38歳の恵子の身体を服の上から視姦するに違いない、

 恵子の裸体、色白、もち肌、158センチと小柄だが、大きな胸、白い腹、
くびれた腰と豊満な男を誘う尻、短距離の選手だった、張った太股、締まった足首 
ピンクの乳首、上品に生えている恥毛、
 
それよりもピンク色の、割れ目淫唇、剥かれた陰核、尿道口、蜜壺
の様な膣穴、そして締まったアナル、まで、

女慣れした園長の 指、口唇、舌、唾液が、弄り回し、舐め回して、
責め、無理やり 恵子のからだに火を点けて、

園長の何人もの女体の陰部を貫き、膣奥に射精した、陰茎を恵
の口に押入れ、フエラを強要するだろう、

 淫の肉欲に負けた恵子は、雌の様に、男の肉棒を蜜壺に導くだろう、

 きっと私とした様に、何度もセックス体位を変えて、園長のからだに
しがみ付き、唇を合わせ、舌を激しく絡めて、豊満な尻を園長の局部
に押し付け、振り、陰茎からの射精を、強要、求める、、、

きっと、 園長のどす黒い陰茎の亀頭は、恵子の淫唇を捲り、陰核を剥き、
膣穴の奥の内襞を裏筋で擦り上げて、白濁の精子を、恵子の子宮口に
種付けするだろう、恵子にきっと善がり声を上げさせる、、
 
ああ、恵子、恵子の体、恥部を想い、園長の顔を想い出して、独り淫茎をシゴキ、妄想、

恵子はいろいろ贅沢されて、きっと園長の欲望を断れない、 恵子は今頃どこかの
ホテルに連れ込まれ、園長に抱かれ、股を拡げさされている、ああ、恵子、

もう夜10時、まだ帰宅したとのメール無し、、、で、夜11時に
「ごめんなさい!、今夜帰れません、明日お話します、」
  
 絶望的メール、やっぱり、そうなってしまった、もう私、悔しさ、被虐心、劣情、
で、独り自らの茎をシゴキました、ここ10数年私しか知らない恵子の肉体を今夜これから凌辱する園長、

 翌日、興奮を押し殺し、最初恵子に、聴きましたが、「何もなかった、」て、
「美味しい食事よばれた、」て、でも何か、様子がおかしかったので、
 
 ホテルに誘ったら、最初は嫌がりましたが、強引に連れ込み、私、歳がいも無く、で「身体を見たい、」て、  恵子も興奮して、抱きついて来て、園長にされた秘め事を、言いたい様でした、
 
 恵子の身体を抱きしめて、恵子のM性癖好みの、全身を舐め回して、昨日園長に責められた、
陰部を愛撫しながら、
  私[怒らないから、正直に言い、抱かれた?」彼女「怒らないで、私断れなかったの。ごめんなさい。」
 「されたのか?キス?お○んこされたのか?」       「うん!された、」
 「何回?、」  「うん、3回、4回、、」  「逝かされた?」  「うん、逝かされた、ごめんなさい、」
 
 私もう愛しい彼女を寝盗られた、悔しさ、被虐性癖、自分で理解出来ない満足感、

 私が先に恵子のすみずみを味わった。園長に対する優越感、M性癖の恵子の体に欲情の
火を付けて、園長から体に受けた淫らで変態淫行を、話させました。
 
  彼女の話「伊勢神宮行って、昼食2時頃になり、園長が予約されてた、志摩の高級ホテルで、
そこでとても高価な真珠のネックレスを買って頂いて、お断り出来ず、、、で、
 
 園長お酒飲まれてしまい、部屋をとられてて、レストランから、上階の部屋に、そこで美味しい
お酒飲まされて、「泊って行こう、」て、私「帰りたい!」て、言ったけど、、だめだった」、、
 で、静かな部屋で、そのまま 抱かれて、                           最初、
 
 1回目のセックスは、シヤワーに入れて貰えず、汗をかいて汚れているのに、そのまま抱かれて、
身体の隅々まで愛されて、園長のをフエラさされて、激しく犯される様に中に出された、て、

 2回目のセックスは、温泉に入り、夕食後、じっくり時間を掛けて、恵子の身体を味あわれて、言葉責めされた、で、恵子のMの性癖を見抜かれ、変態セックスされた、て、
 
 私は恵子の、昨夜園長の反るかえる陰茎を挿入させた、膣孔を激しく責めた、
 「こうされたのか?」 「あああ、うん、された、」  
 
 3回めのセックスは、恵子が積極的に、園長に奉仕さされて、最後恵子が騎上位で、
逝かされて、 
  
  もう私、頭に血が登り、さらに、恵子のアナルに指を当てがい、刺しいれて、
 「ここも犯されたのか?」
 恵子は私の被虐性癖を充分察しており、「うん、された、、、」 「痛かった?」「うん、きつかった、」
 
  ああああ、可愛い恵子、、        最高の屈辱憾、何と言う被虐劣情憾、
 
 もう恵子は園長のサディスティクな言葉に責められて、いろいろ変態プレイを強要されて、
 始めての快感を感じて、もう逝きっぱなしにされたて、  私もう堪らず、恵子の膣内に発射、、
 
 
  それ以来 私らはセックスする回数が増え、セックスする度に、恵子にその話しをさせて、
 セックスを楽しんでおります、