小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。
家には、小学6年の従姉妹のミキしかいませんでした。
すぐに帰るつもりでしたが、ミキがちょっと上がってと言うのでお邪魔しました。

ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。
ミキは僕の短めのショート半ズボンから出た脚を見ながら
「半ズボンがむかつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがむかつく」というのです。
「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。
ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段は脚を出す事はありません。
その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はちきれそうで僕よりかなり太い事は確かでした。
ミキは怒って
「自慢な訳、私をからかいたくて半ズボン
はいてんの、男が脚が綺麗でうれしい、それより体、貧弱なんじゃないのそんな脚してるし」
と言ってきました。
「確かに僕細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら
「自覚した方がいいよ、させてあげる、私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ勝負する事になりました。
ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。
案の定、勝負したら僕のほうが少しずつ押し気味でした。
もう少しで勝てる位の所で、お互いの腕は止まり膠着状態になりました。
なかなか勝負がつきません、僕は疲れてしまい力が入らなくなりました。
ミキの顔を見ると、余裕の表情でした。
「貧弱所じゃないよ、信じらんない、弱すぎ」と言ってじわじわとミキは腕を返して来ました。
僕はなすすべなくミキにねじ伏せられてしまいました。
それだけでは、済まさずもう片方でも勝負させられ、戦意を失くした僕はミキに弄ばれて、体力を消耗させられるだけでした。
完全に虫の息の僕に、余裕のミキは、
「両手使ってみる」と言い出しました。
結局両手でも、負かされてしまい、自分の貧弱を思い知らされました。

僕の腕に力が残っていないことをいいことに、ミキは僕をおもちゃにし始めました。
そのまま、押し倒されて、押さえつけられ、半ズボンらの裾に手を入れられて、僕のチンコやタマをいじりはじめました。
ミキは怖い声で
「おまえなんか、女にこんな事されても抵抗できないくらい弱いんだよ、ほら、気持ちいいだろ、ガチガチじゃん」
僕のチンコは完全に勃起していました。
僕に出来る事は、ただ泣きながら哀願するだけでした。
「ああん、やめてよ、やめてよ」
ミキは泣き叫ぶ僕の声を聞いてとても満足そうでした。
「あたしを馬鹿にしたんだよ、許さないよ、がまんしないで出しちゃえば」
結局、そのまま射精してしまい、パンツと半ズボンは精子でグチョグチョになってしまいました。
「いっぱい、出たね、洗濯して乾燥機にかけてあげるから、それまで下半身丸出しでいな」
と言われ、しばらくミキの部屋で下半身裸でいさせられした。