姉貴のパンティ・ブラつけて、鏡見てうっとりしてたとこ、姉貴に見つかった。
絶頂を迎えてた俺は見つかった瞬間、イッチまった。
「やだ、○○。私のパンティ汚して・・・
それ、あげるから代わりに新しいの買ってよ」
という話になり、姉と一緒にランジェリーショップへ。
いきつけの店らしく、店員のかた(30過ぎくらいか)と楽しそうに
話してるうちに俺のところに2人が来た。
店員さんに「駄目じゃない。お姉さんのにそんなことしちゃ・・・」
えーっ、姉貴しゃべったのかよ!
それから店員さんに「こっちいらっしゃい」と言われ
試着ルームへ。「○○くんには、こんなの似合うかな?」
といって、いきなり店員さんは穿いてたパンティを脱いで・・・・

「ほら、穿いてごらんなさい。」
黙っていた俺のズボンをいきなり脱がされてしまい、
店員さんのホッカホッカのパンティを穿きました。
「あら。似合ってるじゃない」
高圧的に店員さんに言われ
ちょっとMっ気もある俺のイチモツはムクムクとしてきた。
「ちょっとォ、誰が大きくしていいって言ったのよ!」
俺のティムポはすでに店員さんのパンティからはみ出て
先っちょから透明な汁が先走っていた。

店員さんの頭が近づいてきたかと思うと
あっというまに俺のティムポは
店員さんの口の中に吸い込まれてしまった。
あぁ。気持ち良い。
店員さんんはおっぱいにも触らせてくれました。
俺はもう耐えられなくなって店員さんの
口の中に俺のザーメンをぶちまけてしまいました。

「今度からお姉ちゃんのパンティなんか穿いてないで
困った時はあたしのところへいらっしゃい!」

それからちょくちょく店員さんにお世話になっているのですが、
必ず姉貴のためにパンティも買わされています。
(結構高価なやつ)

店員さんに何度か、手コキでしてもらった俺だが
やっぱり姉貴のパンティも忘れられずに
またオナニーしてしまった。
この間、ショップで買い求めた銀色のパンティ。
それを穿いて、オナニーにふけっていたのだが。
「あっ!○○。懲りずにまた私のでやってるの!
駄目じゃない・・・・△△ちゃんにしてもらってるんじゃないの?」
やっぱり、俺は姉貴の匂いのするパンティが好きだということを伝えた。
「もぅ、○○ったら。いつまで経ってもそんなんじゃ駄目だよ」

そう言うと姉貴は
「一回だけだからね!こんなことしてあげるの・・・・」
言うが早いか、俺のガチガチのものはパクっと咥えられてしまった。
「はぅむっ。しゅぽうっ、ちゅぱぁ」
姉貴の口使いは素晴らしく気持ちよく、
俺は、もう我慢が利かず、姉貴の口腔の奥深く
ザーメンを噴出してしまった。
「今穿いてるそれも、○○にあげるからね。
もうしちゃダメだからね。」

姉貴との約束を守れる自信の無い俺だった。