俺は姉をなだめるように、ベッドへ寝かして、別の話をしてみた。
俺「姉ちゃん、笛のテストの課題曲ってあれなんだったっけ?」
姉「翼をくださいって曲だよぉ。好きな歌だけど上手く吹けなかったよぉ。」
俺「そっかぁ、何点だったの?」
姉「63点だったの。ダメな点だったの。」
俺「それって追試?」
姉「ううん。ギリギリ合格だったの。よかったぁ。」
俺は姉の頭をポンポン軽く叩きそして撫でながら言った。
俺「姉ちゃん。入れてもいい?」
すると姉は、目を瞑り、人呼吸してコクリと頷いた。
俺は姉の股を広げ、指でマ○コを少し触って、挿入させた。
グチュ。
いやらしい音が姉の中から聞こえたかと思うと、
姉「ん...な、なんか、か、硬い、うっ、痛い..」
俺「姉ちゃん、どうしたの?」
そしてゆっくりと出し入れすると、
姉「あっ..い、いや!なに..ち、違う。」
とっさに、自分のマ○コの中に入ってるモノに手をやり、何かを確かめていた。
姉「や、やだ!なんで、こんなの入れるのよぉ。」
そう、俺は自分のチン○をいれず、なんと笛を姉のマ○コに挿入していた。
俺「ごめん。吹いてもらおうかと思って。」
わざとらしく謝る俺。
姉「吹けるわけないでしょ。」
俺「潮は噴いたのに、笛は吹けないね。」
姉「も、もう、変な冗談言わないでよぉ。」
姉は呆れた笑顔で溜め息をついた。
俺「じゃ、ホントの入れて欲しい?」
姉「もう違うのは嫌だよ..。」
俺「それじゃ、欲しいモノをください。って言ってみて?だったら入れてあげる。」
姉「そ、そんなぁ。言えるわけないよぉ」
俺「じゃ、や?めた!」姉「いじわるぅ。」
姉はプゥーっと頬を膨らませ、ご立腹モードを演出させている。
しかし、恥ずかしさを押さえて、口を開く。
姉「...をくださぃ。」
俺「恥ずかしいね?。もうやめよっか。」
俺は立ち上がり、止める気などこれっぽっちもない癖に意地悪く言ってみた。
すると姉は俺の腕を掴んで、
姉「チ、チ、ンくださぃ..」
俺「は?い、ダメ!」
俺は、姉を見下して、ホントに悪いやつだと思ったが、ついに姉は重い口を開いた。
姉「チ、チ○コをください..チ○コをください!!」
遂に言わしてしまった。
俺は姉にとびかかり、大股を開かせて、強引にチ○コを姉のマ○コに挿入させた。
姉は、細い腕でガッチリと俺を抱いて、足も、ガッチリ、交差させて、しがみついてきた。
姉「あ?、温っかいよぉ。」
姉の中はとても、小さく、キュ、キュッと絡み付いて締め付ける。
『な、なんだよ。これは!』
俺「あっ、ヤバイ、気持良すぎる。出る!」
まだ、挿入して、一分の発っていないのに、イキそうになってしまった。
中出しはさすがに出来ないので、離れようとするが、姉の足が放そうとしない。
俺「あ、足どけて!マジ出る!」
姉「ま、まだ、大丈夫なのぉぉぉ!」
俺が腰を降るのを止めると、姉は激しく動かし始めた。
俺「な、なにしてるん!あっっ!」
ドピュッ!ドピュッ!ドピュ!
イッてしまった。しかも、俺は三擦り半しか腰動かしてないのに..。
さらに姉の中に出してしまった。
恐る恐る姉の顔を見ると、平然な顔をして、こちらを見ていた。
泣くか、怒るか、どっちでくるか。
すると、姉が口を開いた。
姉「チ○コをくださいは何点かなぁ?合格?」
ニッコリ笑い、問掛けてきた。
俺は、泣いても怒ってもいない姉が不思議でたまらなかったが、思わず
俺「あっ、す、すごかった..100点満点。」
と、正直に答えると、姉は姉「やったぁ!」
はしゃぐように俺に抱きついてきた。
俺「姉ちゃん、俺は何点?」
潮も噴かしたし、変態な事もしたし自信があった俺も逆に聞き返した。
姉「えっとね。0点。」
耳を疑ったが、確に0点と言った。
俺「えっ。」
姉「嘘うそ。60点くらいかなぁ。でも、不合格だよ。」
俺「や、やっぱり早くイキ過ぎたから?」
姉「そ、それは仕方ないよぉ。あたしはアレが好きなのぉ。アレをされてみたかったのぉ。」
俺「えっ、アレ?って。」
姉「教えな?いよぉ?だ。」

いったいアレとは何なのか、俺には、いったい何が足りなかったのか。
深刻に考えていると最後に姉が
姉「また今度、追試しようね!」
と軽く、唇にキスをしてきた。