夕べの飲み会で。
トイレ前で先輩(女)が空き待ち中。そこへ俺が並んだ時の事。
「酔った。やりてぇ。お前協力しろ。みんなには黙ってろよ。」
と俺のモノを要求。
先輩は綺麗でスタイルもよく、サバサバしてるけど人妻。俺も所帯持ち。
先輩のプライド守りながらやんわりと断ると「チッ」と舌打ちして
「5分でいいんだよっ、しゃぶらせろよ。悪い様にはしねぇからなっ」
と俺の肩に手をまわして全く周り気にせずトイレに連れ込もうとする。

まずいですよ…と言いかけたところで
「は?お前は何様のつもりだ?逃げようなんて考えてないよな?」
と、既にお怒り口調。もう訳わからない。ただ、とても酒に強い人なので酔っ払いではないことは明らか。
すると急に優しい表情と声で
「大丈夫だよぉ、さぁ空いたよぉ」
と強引にトイレに進む。後ろに人の気配を感じたのでとりあえず従った。
個室に入ると先輩は俺の目の前でジーパンと下着を下ろしておしっこをし始めた。
「ほらっ!お前もっ!」
と俺のズボンに手をかけて慣れた手つきでベルトをゆるめてパンツまで一気に下げた。

しえん

支援thx
この人、おしっこしながら何考えてるんだろ…なんて気がそれたところでチャリリーン??
「え?」
音の方見るとしっかり写メ撮られてる!一体なんなんだよ…
「お前はこれで全開か?」
おしっこ姿を見て半勃ちのモノを強く握りながら怒った表情。
一瞬の沈黙の後で
「あぁ…そっか。悪かったな。そっち(おしっこ)の趣味ないんだ…」
と言いながら片方の脚を脱いで便座の上でM字開脚していきなりまん見せ。

性格問題ありだが容姿は文句なしのその姿を見たらもう全開。
思わす「お願いします」と口走る俺。
「お?やっとわかってきたみたいだな?それでいいんだよ」
M字開脚のまま再び写メ。
「お前も撮れよ。綺麗に撮れよ」と俺にも写メを要求。
「無理っすよ」と断るが、一方的な秘密はただの脅しにしかならないと言う。とりあえず先輩のM字開脚を撮った。その時点で俺は興奮してたが、先輩という立場を使ってすでに脅しているのでは?という疑問もあった。
撮り終わると
「どれ…いただくか」と言っていきなり根元まで咥え込んだ。

え込んだ。
端正な顔立ちのフェラが堪能できるかと思えたが…
下手だった。いや、下手と言うより性欲任せにとにかく激しい。その容姿からは想像できない下品さ。黙っていれば綺麗なお姉さんなのに口を開くと酔ったオヤジ並みのくだらない事しか言わない先輩らしさがよく出てるフェラだった。
左手は俺のモノを握って口で咥えて、右手は自分の股間に当てていた。その指先は動かしていたかどうかはわからなかった。
しばらくその行為が続くと
「ヤベぇ……もういい…」
と急に勢いがなくなり、パンツとジーパンを履いた。俺には
「誰にも言うなよ。わかってるよな?」「この後2次回終わったら消えるぞ。逃げんなよ」「自分で言うのもなんだけど、かなり変態だからな。覚悟しとけよ」
と言い俺を介抱する様に抱えてトイレを後にした。

ここから先はスレチなので書きません。流れから判ると思います。後でわかった事ですが、落ち着いてからのフェラは普通に上手でした。そして、歳下のセフレ未満(自分の性欲が満たされれば相手の気持ちはどうでもいい、自由にできる男)として俺を物色したとの事でした。