「人妻」と言う響きに誘われ美智代との淫靡な生中だしセックスでのエクスタシ-は脳裏深く刻まれている。
安全・安心・ゴムなしで快楽のみを追い求め続けるSF人妻美智代との爛れた生中だしオンリ-の関係は最高に幸せである。
出会いは特養老人ホーム。
母と人妻の義母が部屋を行き来していたことから見舞いに行くと時々見かけ自然と話すようになった。
美智代は私好みの美人で3つ年上、旦那は単身赴任している。
義母が体調を崩した時美智代の旦那と子供たち家族が見舞いに来ていた。
「大変だったですね」と声を掛けると「別の意味でちょっと」と俯き加減になるので「大丈夫ですか」と話を聞くことに。
旦那が浮気しているらしく見舞いの日の夜も夫婦の会話はなくすでに1年以上何もないとのこと。
チャンスと思ったが仕損じてはいけないと「大丈夫ですよ。浮気なんかしてないですよ」と能天気な紳士ぶった言葉をかけてしまった。
年が明け美智代に年始の挨拶もそこそこに「もう姫初めは済みましたか」と小声で尋ねると首を横に振り「ありません」と。
「私で良ければなぁ~んちゃって」
「お願いしちゃおうかしらなぁ~んちゃって」と冗談を交わしこの場を取り繕った。
これを境にホ-ムの喫茶室でお茶するようになりお互いの愚痴を聞きあい連絡先も交換した。
花見の季節になり「一度ランチに行こうか」と誘うとまんざらでもない返事と美智代の笑顔が返ってきた。
「都合のいい時に」とまたまた紳士ぶった内心とは裏腹な言葉をかけてしまった。
美智代から連絡があり待ち合わせ場所に現れた美智代は華やいだ服装と綺麗に化粧していた。
ランチしながら打ち解けた下ネタを交えた会話を楽しんだ。
「今日はとても綺麗ですね お洒落な奥さんを持って旦那さんが羨ましいな」
「ありがとう でも何もでませんよ」
「勿体ないですよね 私だったら・・・」
「どうするの」
「放って置かないね でも既婚者同士だから・・・無理ですよね」
バイパス道路沿いにラブホが見え始めた。
「休んでいこうか」
「えっ 今無理と言ったでしょう」
車をラブホの駐車場に滑り込ませた。
先にシャワ-を済ませると美智代がバスタオルだけでベッドに滑り込んできた。
抱き寄せタオルを剥ぎ取ると豊かなバストが目の前に露わになった。
乳房に吸い付き舐めまわしながら女性器を弄び指を入れる頃には艶声を出し始めた。
足を広げ女性器に顔を近づけると「イヤァッ~」と嬉しそうな声を出したが経産婦にしては女性器は綺麗なピンクで少し大陰唇が大きめであった。
吸い付き舐めまわしそして陰核も舐め始めると「ひッ 久しぶりっ」と女性器を押し出し艶声を出し始めた。
たっぷりと舐め続けたので女性器はグッチョグッチョに濡れ輝いていた。
美智代の手を男性器に導くと握りしめ上体を起こしフェラチオを始めた。
気持ちいい美智代のフェラを堪能しながら腰を引き寄せ69に。
「もうっ 我慢できないわ 入れて」
膣口に硬く輝き反り返っている男性器をあてがうと同時に腰を押し出し生で挿入した。
美智代は大きな艶声を出し足を広げ男性器を生で受け入れた。
すべて奥深く押し込み耳元で「生で奥まで入ってる」と囁き、しがみつく美智代の歓喜の艶声を聞きながら女性器を激しく突き攻め上げた。
騎上位にすると美智代は腰を動かし男性器をしっかりと深く浅く咥え込み大きな艶声を出し女性器を締め付けながらエクスタシ-に達した。
正常位で暴れ続け屈曲位で両足を広げ抱えたまま男性器を美智代の奥深く届くように激しく気持ちよく突きまくった。
「いっしょに いこうっ」
美智代が腰の動きを激しくするとより大きな艶声を出し腰にしがみついてきた。
「イックッゥ~」
美智代が仰け反りながら叫び始め
「中に出す」
頷く美智代の奥深くドビュッドビュッドドドッドビュッと腰が痺れるような快感を堪能しながら精液を勢い良くたっぷりと注ぎ込んだ。
「すっすごいっ~」
部屋に2人の「イクッイクッ」コ-ルが響き渡った。
美智代に覆い被さり感度のいい人妻の奥深く生で射精した快楽を味わっていると
「若いのは硬くてすごくいいッ」
「締まりがいいから すぐにいっちゃうよ」
「奥まで来てるのが分かるし出された時もすごかったわ」
「中に出しちゃったけど・・・」
「今日は大丈夫よ」
美智代が流れ出てきた精液を拭き始める痴態は淫靡な征服感に満足する瞬間である。
美智代がおもむろにフェラチオを。2回戦の始まりである。
「いいでしょう」と言いながら跨ぐと男性器を握りしめ女性器にあてがい腰をゆっくりと沈めすべてを奥深く咥え込んでくれた。
腰の動きを美智代に任せると歓喜の苦痛に耐える顔を見せながら気持ちよさそうに上下左右に咥え込み続けた。
「いっちゃう~」を合図に腰を掴み下から突き上げると女性器を締め付けながら艶声とともに達した。
バック、側位、正常位で美智代の体を味わい艶声に刺激されながら奥深く届くように突きまくった。
何度目かの「いっちゃう~」を聞きながら屈曲位で激しく突き始め
「中に出す」
雌雄の歓喜の声を響かせながら美智代の奥深く2度目の精液注入であった。
肩で息する美智代に
「相性が合うね ときどき会えるかな」
「いいわよ 連絡するわ」
美智代の女性器から2回分の精液が滴り落ちてきた。

SF人妻美智代は最高に美味である。