定年退職というと何やら寂しい響きだが、在職中の様々な楽しいことも思い出される。
私も、昨年、定年退職し寂しくもあり懐かしくもある気持ちでいました。
私の勤めていた会社は誰でも知っているような大手の企業でそこの社員であることは誇りだった。
そこの社員であることが誇りであるということは私だけではなく他の社員も同様だったと思う。そういう心理的なこともあってなかなか美味しい体験もできるということになります。
私も地方の事務所に勤めていた時、欠勤が多く問題児の10歳くらい年下の女性社員(T)と特別な関係になっていました。
いわば、現地妻です。こういう転勤が多い会社は現地妻になる社員も多くいますし、会社も知っていても知らないふりします。多くの人間が同じようなことをしてきたということでもある、私の場合はちょうどその時には他の社員が大きな問題を起こし、その対応費ということで交際費という名目でいろいろお金を自由にできましたので、いろいろ洋服や宝石類なども買ってやることができ、賃貸マンションを借りて勤務中も夜も休日もセックスにふけっていました。私はそれなりの管理職でもあったので、Tを営業職に配置転し、自由に会えるようにしていました。
Tは私と会った時にはすでに避妊リングを装着しており、生で中出ししてもOKでした。本人はリング装着しているのを知らないようでしたが、母親に連れられて病院に行き、何かわからないままにそういうことをしたことがあるとのことでした。ちょっと信じられない言い訳でしたが、避妊しているのならそれほどいいことはないので大歓迎でした。
Tは言いなりになりました。自分で両脚を腕でつかんで大きく開脚しろというと開脚しました。マンコの毛をすっかり剃ってしまったこともあります。主人には自分から剃っちゃったというのだそうです。変に隠すと怪しまれるからとのことでした。陰毛がすれてお出来ができて化膿するというのだそうです。
体が素晴らしい女というのではありませんでしたが、少しM があって虐めると喜びました。特にアナルが大好きで、ローションをたっぷり塗り込んで特大のチンポを入れてやりました。アナルの中に精液をいっぱい出すと、ぶ~~と空気と白い精液が噴き出します。
いつか私の子供を孕ましてやるぞというと自分からチンポを膣に入れて腰を振りました。
お前は俺の奴隷だと言ってやりました。それも自分の仕事だとも言い、自分にとってメリットのない男とは関係しないともいっていました。
今までも自分の立場を守るために多くの店長や幹部、将来出世しそうな男とそういう関係だったのでしょう。
その支店から転勤するときに、しばらくして一度会いたいと伝えると気持ちよくOKでした
数年してTに会いました。ホテルで彼女とセックスするとき装着されたリングを子宮頚口を押えながら外して中出ししました。彼女が子供がいないのでのそろそろ子供がほしいといったからです。主人とは時々セックスするのでごまかせるということでした。
その後一度会いました。2歳の子供を連れていました。わたくしの長男によく似ていると思いました。