萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

JD・JK・JC・JS

二十歳の女子大生が潮吹きした話


果歩 「ぁ・・・あの・・・」

椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。

大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」

果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」

大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。

大林 「ヒヒ・・・肌も白くてこんなに綺麗だ・・・あなたの裸を想像してオナニーをした男はいったい何人いるんでしょうねぇ、きっと今までにあなたの事をオカズにして出された男達の精液は相当な量ですよ。」

果歩 「ぁ・・・そんな事・・・ぁ・・・」

大林 「おやおや・・随分と敏感なんですねぇ、脚を触っているだけなのに。こんなに可愛くて敏感だなんて・・・はぁぁ・・・私も早く果歩さんのヒーヒー喘ぐ姿が見てみたいですよ。」

くすぐったいような、気持ちいいような、その間の微妙な感覚。

それに加え、大林の放つ言葉は妙にネットリとイヤらしい。

まるで富田との性交前のようにその言葉に反応し、身体が熱くなっていくのが分かる。

果歩 「ゥ・・・ぁ・・・大林さん・・・私、本当にいいんです・・・マッサージは・・・」

果歩は今脚を触っている大林の手が、いつスカートに入ってくるかと気が気でなかった。

そう、果歩は今、スカートの中に下着をつけていないのだから。

しかしその一方で、今この状況を完全には拒否できない自分がいる事にも果歩は気付いていた。

それは、いつ大林はスカートを捲り上げるのだろうというスリル感に、果歩が性的興奮を覚えていたからだ


言葉では否定していても、果歩は心のどこかで淫らな事を期待してしまっているのだ。

そしてその性的好奇心と興奮に、果歩の身体ははっきりとした反応を示していた。

果歩 「ぁ・・・ダメです大林さん・・・ハァ・・・」

大林 「ヒヒ・・・その言葉は果歩さんの本心ですか?」

果歩の脚を擦る大林の手は、徐々に脚の付け根へと向かっている。

脹脛から膝、そして内腿へと。

果歩 「ァ・・・ダメ・・・イヤ・・・・」

口ではそう言っていても、果歩はイヤらしい動きをする大林の手を顔を赤らめながらジッと見つめているだけで、殆ど抵抗しようとしていない。

富田 「ハハッ、果歩の反応はいつ見ても面白いなぁ。」

山井 「そうっスね。果歩ちゃんって痴漢とかされてもきっとあんな感じなんでしょうね?」

富田 「今度ノーパンでミニスカートでも穿かせて満員電車に乗らせてみるかな。」

山井 「それいいっスねぇ。」

部屋の隅でタバコを吸いながら話す富田と山井。

まるで何かのショーを見るかのように、2人は大林と果歩の様子を眺めていた。

大林 「ヒヒヒ・・・さて果歩さん、そろそろこのスカートの中も拝見させてもらってもいいですかねぇ?」

果歩 「ハァ・・・ダメ・・・です・・・」

大林 「そうだ、まずはこうしましょう。」

大林は余裕の笑みを浮かべながら、椅子についていた赤いボタンを押した。

・・・ウィーーーーン・・・・・

果歩 「え・・・?嫌ッ・・・何これ・・・あぁ・・・ダメェ・・・」

果歩が座らされている特殊な椅子はどうやら電動式で動くようだ。

大林がボタンを押したと同時に、固定された果歩の両足は左右に開かれるようにゆっくりと動きだす。

大林 「ヒヒヒ・・・便利でしょう?電動式ですからね、結構高かったんですよ。まぁ富田さんが買ってくださったんですけどね。」

果歩の両足は大林の目の前で、果歩の意思とは関係なく強制的にM字開脚の格好になっていく。

果歩 「イヤ・・・こんなの・・・」

ヴィーーーー・・・・ガチャ・・・

機械の動きがやっと止まった頃には果歩の股は、限界まで大きく開いてしまっていた。

しかし幸い、股を開く恥ずかしい格好になってもスカートはまだなんとか果歩の股間を隠していた。

大事な秘部の上にぺランと一枚のスカートだけが乗っかったギリギリの状況が、逆に果歩の羞恥心を刺激する。

大林 「ヒヒヒ・・・恥ずかしいですか?こんな格好にさせられて。でも果歩さんはこういうのが好きなんでしょう?顔を見ればわかります。あなた今すごくイヤらしい表情をしてますよ。」

果歩 「・・・ハァ・・・そんな・・・違い・・・ます・・・」

大林 「いいですねぇ、そうやって強がれば強がる程、我慢すればする程、あとで美味しい蜜の味が味わえるんですよ。」

大林はそう言いながら果歩の秘部を隠すスカートの裾を掴む。

大林 「ほ?ら果歩さん、捲ってしまいますよぉ?いいですかぁ?」

果歩 「・・・・ぁぁ・・・」

ゆっくりと大林の手は果歩のスカートを捲り上げていく。

果歩はスカートが捲られていく様子を恥ずかしそうに見つめていたが、口からはそれを拒絶する言葉はもう出てこなかった。

122

ゆっくりとスカートを捲りあげられ、大股を開いた果歩の秘部が徐々に部屋の明かりの下に晒されていく。

果歩の股の中心を息を荒くしながら見つめる大林。

ついに果歩の大事な部分が見れる。

数週間前に富田に果歩の写真を見せてもらってから、この日が来るのをずっと心待ちにしていた。

一年前、秋絵という女子大生を富田が連れて来た時の興奮が蘇るようだ。

いや、今回の果歩に限っては秋絵の時以上の興奮を感じる。

大林は果歩のように、清純なイメージがあればある程その女性を汚したくなる性癖の持ち主なのだ。

大林の場合、富田のようなセックステクニックを持っている訳でもなく、身体的に恵まれているわけでもない。

しかしそれでも異常な程サディストである大林は、その分違った方法で女性の身体を開発する事に執着しているのだ。

大林には富田のように、女性には快感しか与えないという考えはない。

ただ女性の身体を自分好みに、物理的に改造したいだけなのだ。

大林の調教は生易しいものではない、女性の気持ちなど関係なく、容赦ない行為を虐げられる。

大林の調教を受けた女性は皆苦痛や不快感に表情を歪め、泣き叫ぶ。

そんな苦しむ女性の表情を見るのが大林はたまらなく好きなのだ。

そして大林に物理的に身体を調教・改造された女性のそれ以降の性生活は激変する事になる。

それは女を従属させたがる富田にとっても有益な事で、その点で富田と大林は利害が一致しているのである。だから調教に必要な器具、資金、大林の給料は全部富田のポケットマネーから出ていた。

こんな仕事とはいえない様な変態的な事ばかりをしていても、大林の給料は一般のサラリーマンよりもはるかに多いものだった。もっとも、それくらいの金額は富田にとっては痛くも痒くもないのだが。

果歩のスカートを捲り上げた大林は、果歩のソコを見て少し驚いた表情を見せる。

大林 「ん?おやおや・・・果歩さん、どうして下着を穿いていないんですか?」

果歩 「・・・・」

果歩は顔を赤くしたまま俯き、何も言わない。

大林 「ヒヒ・・・富田さんですね?果歩さんは富田さんの言う事はなんでも聞いてしまうんですねぇ。」

大林はそう言いながら手の指を櫛(くし)の様にして果歩の黒い陰毛をサワサワと弄っている。

果歩 「・・・ンゥ・・・・」

大林 「そんなに気持ちイイんですか?富田さんとのSEXは。ヒヒ・・・もう果歩さんは富田さんのあのデカマラの虜なんですね?大人しそうな顔してイヤらしいんですねぇ。」

果歩を辱める大林の言葉。しかしそれは同時に果歩にとっては否定できない事実でもあった。

富田のSEXの虜・・・そう、だから今自分はここにいる。そうじゃなかったら今頃トミタスポーツのアルバイトを辞めて、元の生活に戻っていたはず。そして友哉とももう一度……

・・・友哉・・・

友哉の事を思うと、果歩の目には再び涙が溜まった。

果歩 「・・・ぅ・・・ぅ・・・」

大林はそんな果歩の表情など気にもせずに、果歩の秘裂を2本の指で開いていく。

大林 「おぉぉ!これはすばらしい!綺麗なピンク色だぁ、クリトリスも小粒で可愛らしいオマ○コですねぇ・・・でも、ヒヒ・・・ちょっと濡れすぎですけどねぇ、イヤらしい涎がアナルの方まで垂れそうですよ?」

果歩 「・・・イヤ・・・」

友哉に対する罪悪感を思っているのにどうして感じてしまうのか、果歩はそんな自分自身が今だに理解できなかった。

大林 「ヒヒ・・・ノーパンでいたら興奮しちゃいましたか?果歩さんは露出狂の性質も兼ね備えているんですね?いやぁすばらしい、すばらしいですよ果歩さん。」

果歩 「・・・イヤ・・・そんなの・・・」

確かに下着を着けないで出歩く事に、果歩が恥ずかしさと同時に淫らな気持ちを抱いていたのは事実。しかし、大林に?露出狂?という言葉ではっきり言われてしまうと、果歩は困惑した。
自分が露出狂などと呼ばれるのは、どうしても心の中で受け付けられない。

大林 「もう何回この小さなオマ○コに富田さんの巨根を入れてもらったんですか?ヒヒ・・・でもまだ綺麗なオマ〇コしてますからね、調教のし甲斐はありますよ。」

もうこの時点で、今まで?マッサージ?と表現していた大林の言葉は?調教?へと変化していた。

大林は果歩の秘部から手を離すと、徐(おもむろ)に床に置いてあった黒くて大きなバックの中に手を入れる。

ガサゴソ・・・ガサゴソ・・・

なにやら小芥子(こけし)のような機械をそのバックから取り出した大林は果歩の前に立ち口を開く。

大林 「それじゃね果歩さん、まずはこれで果歩さんがイクところ見せてもらおうかな・・・ヒヒヒ・・・。」

123

ヴィーーーー!

大林がその機械のスイッチを入れると細かい震動音が部屋に響き始めた。

小芥子の様な形の機械は、どうやら先端の丸くなっている頭の方が震動しているようだ。

果歩 「・・・・それって・・・何ですか・・・何するんですか・・・?」

少し怯えたような感じで大林の手が持つその機械を見つめながら、果歩は尋ねた。

大林 「これはね、電気マッサージ器なんですよ。ほら・・・こんな風に肩なんかに当てるんです。」

大林はそう言って、震動する電マを果歩の肩に軽く押し付ける。

ヴーーーー・・・・

大林 「どうです?・・・気持ちいいでしょう?」

果歩 「・・・ん・・・・・ハイ・・でも・・・」

大林 「でも?・・・ヒヒヒ・・・果歩さんだって本当はわかっているのでしょう?私がこれを何処に使うのか・・・」

果歩の肩から電マを離すと、それをゆっくりとM字に開かれた果歩の股の中心に近づけていく大林。

大林に言われた通り、果歩はその電気マッサージ器がこれからどんな風に使用されるのか大体予想がついていた。

それは以前、果歩が秋絵から手渡されたバイブレーターも同じように細かい震動をしていたからだ。

自分の部屋であのバイブレーターを電池がなくなるまで使ってオナニーをし続けた記憶はまだ新しい。

果歩 「・・・ゴク・・・・」

今目の前にある、あのバイブレーターよりも大きな存在感を誇る電気マッサージ器は、自分にどんな快感を与えるのか。それを想像して、果歩は思わず生唾を飲み込んでしまった。

大林 「ヒヒヒ・・・大丈夫ですよ、これでイカない女性は殆どいませんから。」

果歩の剥き出しの秘部に、電マをギリギリ触れない位置でキープする大林。

果歩はそれがいつアソコに触れるのかと、ドキドキしながらジッと見つめている。

大林 「はぁぁ・・・ヒヒ・・・さて、果歩さんはどんな表情するのかなぁ・・・富田さん達にはもう何度も見せているのでしょう?あなたがアクメに達する時の顔を、声を・・・私にもじっくり見させてください、この可愛いお顔が快感で理性をなくしたらどう変化するのか・・・ヒヒ・・・。」

大林のイヤらしいセリフを聞いて、果歩は顔を横に背ける。

絶頂に達する時の自分の表情がどんな事になっているかなんて、考えた事はなかった。

しかし大林にそんな風に言われると、なんだか恥ずかしくて意識してしまう。

果歩 「・・・・・。」

大林 「さぁ・・・いきますよぉ・・・ヒヒヒ・・・」

ヴィーーーー・・・・

ゆっくりと近づいていく電マ。

果歩 「ん・・・・・」

細かい震動が空気を伝ってもうすぐその瞬間がくるという気配を果歩の敏感な部分に感じさせる。

もう逃れようのないこの事態に、果歩は目を閉じてその瞬間を待った。

そして・・・

ヴィーー・・・ヴゥーーーーー!!

果歩 「ぁ・・・ンッーーー!!!アッンーーー!!!」

ガチャンッ!!

電マの大きな先端が触れた瞬間、果歩は椅子の上で背中を大きく仰け反らせた。

想像を超える刺激だった。

バイブレーターよりも広範囲に震動を伝えてくる電マは、果歩の性器全体を包むような刺激を与えてくる。

クリ○リスを中心に感じるその快感は、あっという間に果歩の下腹部を熱くさせる。

その驚くほどの快感に思わず脚を閉じようとするが、しっかりと脚を椅子に固定されているためそれは叶わない。

ヴィーーーーー!!

果歩 「ハァァアッ!ンッーーーアッ・・・ダメ・・・これ・・・ハァンッ!ンッーーー!!」

顔を紅潮させながら身体をビクビクさせて電マからの刺激に反応示す果歩の身体。

大林 「始まった瞬間からこの反応とはねぇ・・・ヒヒヒ・・・相当に敏感体質なんですねぇ果歩さんは。」

大林は快感に悶える果歩を見つめながら、落ち着いた様子で果歩の反応を楽しんでいた。

果歩 「ハァァァアア・・・アッアッアッ・・・これ・・・ちょっともうダメ・・・もうダメです・・・アッアッアッ・・!!!」

大林 「ぇえ!?もしかして果歩さんもうイクんですかぁ?ちょっと敏感すぎでしょう君、まだ1分程しか経ってませんよぉ?」

大林は早くも絶頂の兆しを見せ始める果歩の反応に、少々呆れ気味の笑みを浮かべている。

ビクビクという反応が少しずつ大きくなっていく果歩の身体。

最初は今日初対面である大林の前という恥ずかしさから、我慢し、堪えようとようとしていた声や快感に反応する姿。
しかしどうやら電マの刺激を秘部に受けた瞬間から、そんな事は頭の中からどこかへ飛んでしまったらしい。

果歩 「ンッアッアッアッ・・・・!!ハァア・・・アッ・・・もう・・・アッアッ・・きちゃう・・・アンッ!・・・イッ・・・ンーーーッ!!!!」

ガチャンッ!!!

手足を縛られた黒いベルトを力いっぱい引っ張るように、身体を縮込ませながら背中を大きく反らせた果歩。

ビックンビックンと、痙攣する果歩の身体。

果歩 「・・・ン・・・ン・・・ァ・・・」

大林 「ヒヒヒ・・・これはここに来た女性の中では最短記録じゃないですかねぇ・・・ヒヒ・・・気に入りましたよ果歩さん・・・イク時のお顔も本当に可愛らしい方だ。」

短時間でなんとも呆気なく快感の絶頂に達してしまった果歩の姿に、大林は満足そうに笑っていた。

果歩 「・・・ハァハァ・・・」

しかし目を閉じて絶頂の余韻に浸る果歩の顔を見つめながら、大林の笑顔は一瞬で真顔に変化する。

笑顔の消えた大林のその目は、どこかどす黒いようなサディズムに満ちた目だった。

大林 「でもねぇ果歩さん、まだまだこれからですからね、覚悟してくださいよ、涙と涎が止まらなくなるくらい感じさせてあげます。そうなったらもう、そんな可愛いお顔はしていられませんから・・・ヒヒヒ・・・」

124

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・」

電気マッサージ器によって短い時間で一気に絶頂へと登り詰めた果歩。

その絶頂は富田とのSEXの時に導かれる絶頂とは違うものだった。

富田とのSEXで感じるアクメは、もっと深く大きいものだ。

それに比べ、電気マッサージ器によって強制的に導かれた絶頂は浅いものであった。

人の温もりも、肌と肌を合わせないで達する絶頂は、やはりSEXとは別物。

しかしそれでも、電マによる絶頂は果歩の身体から理性や羞恥心を奪った。

絶頂直後のピンク色のヴァギナはヒクヒクと蠢き、ダラダラとイヤらしい涎を垂らしている。

大林 「ヒヒヒ・・・じゃあそろそろ本格的にいきましょうか。山井さん!果歩さんを裸にするのを手伝ってください。」

山井 「はいはい、女の子を裸にするのは大得意ですからねぇ。」

大林の声で、タバコの火を消してから果歩に近づいてきた山井、早速果歩の服に手をつけ始める。

快感絶頂を向かえ脱力し、グッタリとした果歩を縛っていたベルトを外すと、手早く果歩の服やスカートを脱がせていく山井。

果歩 「ン・・・ハァ・・・山井さん・・・?ハァ・・・」

山井 「うん?気持ちよかったのかい?ほら、腕上げて・・・」

山井は意識が少し朦朧としている果歩に声を掛けながら、服を脱がせる作業を続ける。

大林 「ヒヒヒ・・・おぉ、色白で美肌ですかぁ、それに乳首もこんなにピンクで・・・いやぁすばらしい。」

カチャ・・・カチャ・・・・

全裸になった果歩の手足に、再び黒いベルトを巻きつけていく山井。脚は大きくM字に開いてしっかりと固定した。

作業を終えた山井は、ニヤニヤ笑みを浮かべながら果歩の耳元で小さく囁く。

山井 「果歩ちゃんすっげぇエロい格好だな?大林さんに全部丸見え・・・へへ・・・。」

果歩 「ハァ・・・山井さん・・・。」

全裸になり、大股開きで縛られた女子大生。

恥じらいの表情・・・

黒いベルトが食い込んだ白い柔肌・・・

ふっくらと柔らかな乳房・・・

ピンクの乳首・・・

頼りなく茂る黒い陰毛・・・

濡れたヴァギナ・・・

薄いセピア色のアナル・・・

その全てが卑猥だった。

果歩のような女子大生のこんな姿を見て勃起しない男はいないだろし、理性を保てる男も少ないだろう。

大林 「すばらしい身体だぁ、まさに芸術ですね。へへ・・・でも、今から私がもっと素敵な身体にしてあげますからねぇ・・・ちょっと待っててくださいよ。」

ガサガサ・・・

大林は黒いバックに手を突っ込み、次々と奇妙な形の器具を取り出していく。

そして、その中の1つを手に取り、大林は果歩に近づく。

大林 「果歩さんの乳首の大きさならこれかな・・・」

針の無い注射器を改造してあるようなその器具を果歩の乳首に当てようとする大林。

果歩 「ぁ・・・あの、それ、何するんですか?」

大林 「ヒヒ・・・まぁやってみれば分かりますよ。」

不安そうな果歩の表情。

しかし大林はそんな事は気にしない様子でニヤニヤと笑みを浮かべながら楽しそうに作業を続ける。

そして通常よりも大きくなっている注射器の先端の筒状になった部分を果歩の乳首に押し当てる大林。

大林 「ちょっと痛いですよ。」

そう言って大林は先端を乳首に当てた注射器の押子をゆっくりと引いていく。

果歩 「ぇ・・・あっ!痛っ・・・ん・・・痛いです・・・」

大林が押子を引くと同時に、真空になった筒部分にゆっくりと吸引されていく果歩の乳首。

大林 「大丈夫ですよ、うっ血しない程度ですから。最初は少し痛いかもしれませんが、これからのためですからね。」

大林はそう言いながら、果歩のもう片方の乳首にも同様の物を取り付ける。

果歩 「痛っ!ン・・・イヤ・・・こんなの・・・外してください・・・」

大林 「ヒヒ・・・そんなに嫌がらなくても、その内に良くなってきますよ。それにこの道具はこれだけじゃありませんから。」

果歩の痛がる表情に、大林は興奮した様子で今度はバックから出したローターを手に取る。

そして、そのローターを果歩の乳首に付けた注射器の改造した部分にはめ込んだ。

・・・カチャ・・・

乳首を吸引する注射器とローターが一体となった器具。これは大林が1人で製作した物だ。

山井 「うっわ?大林さんあんな面白いもんよく作りましたねぇ。」

富田 「別に大した発明じゃないだろ。でもまぁあれがアイツの仕事だからな。」

部屋の隅からタバコを吸いながら見物している富田と山井。

大林の性に対する探究心に関心しながらも、苦笑いの表情の2人であった。

125

果歩 「ン・・・・ハァ・・・ぅ・・・イヤこれ・・・」

特殊な器具を取り付けれれた乳首がジンジンして熱い。

なんだかずっと乳首を引っ張られているような感覚。

・・・こんなの付けてたらここがどうにかなっちゃう・・・

大林はうっ血はしないと言っていたが、乳首に感じる痛みを考えるとただでは済まないような気がして不安がる果歩。

果歩 「大林さん・・・お願いです・・・こんなの外してください・・・。」

大林 「心配しなくても大丈夫ですよ果歩さん。ただ今までより感じやすい乳首になるだけですから・・・ヒヒ・・・まぁ少し乳首が大きくなっちゃうかもしれませんけど、気持ち良くなれるんだからそれくらい良いですよね?」

果歩 「・・・そ、そんな・・・」

大林は心配そうな果歩の様子を意に介する事なく、新たに別の器具を準備する。

ジャラジャラ・・・

次に大林が手にしたのは、一つ一つにコードが付き、束になっている大量の小型ローターだった。

通常のローターよりも小さなそのローターは、楕円型の豆粒程度の大きさ。

それを大林は1つずつ、果歩の身体の至る所にテープで貼り付けていく。

脇、腕、わき腹、内腿、脹脛・・・主に擽ったい場所、つまり感度に違いはあるが、性感帯である可能性がある場所すべてに次々とローターを貼り付けていく。

そして特に白い乳房と、股の付け根辺りには入念に何個ものローターを貼り付ける大林。

果歩 「ン・・・こんなの・・・」

まるで心電図でも測るときの様な状態で、果歩の身体に大量のコードが張り付いている。

大林 「ヒヒヒ・・・じゃあ後はここだけですね。」

大林はそう言って、果歩の股の中心に手を伸ばす。

先程の絶頂で濡れたままの秘裂を、大林は2本の指で左右に広げる。

大林の目の先にあるのは果歩のピンク色の陰核だった。

大林 「ヒヒヒ・・・いやいや、果歩さんはクリまで可愛らしいですなぁ・・・ん?・・・ヒヒ・・・皮が被ってますね、私が剥いてあげましょう。」

果歩の陰核を保護していた皮を、大林は指でグリっと剥いてしまう。

果歩 「・・・ぁ・・・ゥンッ!」

剥き出しになった果歩の陰核は真っ赤だった。

見た目にもそこに神経が集まっている事がよくわかる。

果歩 「ぁ・・・ン・・・・」

皮を被った状態でもかなり敏感だった果歩のそこは、空気に触れただけでもヒクヒクと反応していた。

大林 「ほほう、これはすばらしい、かなり敏感そうなクリですねぇ、どれどれ・・・。」

そう言って大林はその敏感な部分にフゥ?っと息を吹きかけた。

果歩 「ぁ・・アンッ!・・・ぁ・・・ダメ・・・ハァ・・・」

たったそれだけの行為でも、果歩の身体はビクンッと反応を示す。

大林 「ヒッヒッヒッ・・・これは相当過敏な反応ですなぁ!今から大変な事になりそうですねぇ。」

大林は怪しい笑みを浮かべながら、続いてバックから真空パックにされた小さな袋を取り出す。

そして大林がその中から取り出したのは、小さなシリコンできた様な物だった。

1センチにも満たない大きさのそれは、真ん中に丸い穴が空いていた。

果歩 「・・・何ですか・・・それ・・・」

大林 「ヒヒヒ・・・これですか?これはですねぇ、ここに装着させるんですよ。ちゃんと除菌されていて清潔ですから安心してください。」

そう言って大林は指で掴んだそれを果歩の秘部へ近づける。

そして皮を剥かれた果歩の陰核にそれをパチンっとはめ込んだ。

果歩 「アンッ!!ァァ・・・ン・・・何これ・・・何したんですか・・・?」

強い刺激を受けた後、秘部に感じる違和感。

果歩は不安な様子で大林に聞いた。

大林 「ヒヒヒ・・・いやなに、果歩さんのクリトリスの皮を戻らないようにしただけですよ。ほら・・・」

果歩 「ァハァッ!!ンッ!」

大林が指でそこを弾くと、ビクンビクンと大きな反応を示す果歩の身体。

特殊なシリコンを取り付けられた果歩の剥き出しの陰核は、シリコンに軽く締め付けられ、その中心の穴から真っ赤な陰核の頭が押し出されていた。

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・こんな・・・イヤ・・・」

大林 「ヒヒヒ・・・嫌と言われてももう私は止められません、こんな興奮するのは久しぶりなんですから。大丈夫です、きっと後悔はさせませんよ。」

そしてやはり大林はその剥き出しになった陰核に当たるように、先程短時間で果歩を快感絶頂に導いた小芥子型の電気マッサージ器をセットし始める。

果歩が暴れても外れないように、入念にテープで巻きつけ固定する大林。

大林 「ヒヒヒ・・・これで完成です。」

果歩 「ハァ・・・こんなのヤダ・・・」

身体の至る所に卑猥なオモチャを取り付けられた果歩。

もうさすがに果歩にも、これらの物がどんな風に動き、刺激を与えてくるか想像がついた。

・・・こんなのダメ・・・絶対おかしくなっちゃう・・・

恐怖にも似た感情を抱く果歩に、大林はバックから取り出し手に持ったリモコンを見せつける。

大林 「ヒヒヒ・・・果歩さん、これスイッチです。もう分かるでしょう?私がこれを押したら、忽ちに果歩さんは快楽の世界に堕ちていくことになります・・・ヒヒヒ・・・。」

果歩 「・・・イヤ・・・やめて・・・やめてください・・・」

大林 「ヒヒヒ・・・大丈夫です、もう果歩さんは富田さんとのSEXを経験なさったんですから、快楽の世界がどんなに気持ち良くて幸せな気分になれる処かご存知なのでしょう?だったら躊躇う事なんてないじゃないですか。」

果歩 「・・・それは・・・」

大林の言葉に、口を噤んで(つぐんで)しまう果歩。

そう、果歩は知っている…

果歩の身体は知っている…

その全身が溶けてしまいそうなくらいの快感を…

頭の中まで蕩けてしまいそうな快楽を…

何にも変えがたいあの世界に溺れる時の全身で感じる気持ちいい感覚を…

そして果歩の身体は今その世界へ行く事を望んでいる…

大林 「ヒヒヒ・・・では・・・いってらっしゃい・・・」

果歩 「・・・ぇ・・・あっ!ダメェッ!!」

そして果歩の声を無視するように、スイッチの上に置かれていた大林の指に力が入った。

126

それはまるで身体の中、奥深くを電流が突き抜けるような快感だった。

果歩 「あああ!ダメダメこんなのっ!ンッ!!ンーーーー!!!ハァァアアアアア・・・・!!!!」

果歩の全身、ありとあらゆる敏感な部分を奇妙なオモチャ達の細かい震動が襲う。

ぐわぁっと体の中心から体温が一気にあがる。

熱い快感が沸騰したように身体の奥深くから溢れ出す。

そしてそれが始まって10秒程で、果歩の中の快感のダムは早くも決壊を迎える。

果歩 「ハァァアアアア・・・アッアッアッアッ・・・ダメダメダメ・・ハッハッハッ・・・アッ!イクッ!イッちゃう!!!ァアアアンッ!!!!!」

ガチャンッ!!

椅子に身体を固定している黒いベルトを引っ張って身体を捩らせ(よじらせ)ながら、絶頂を迎えた果歩。

あまりにも早くアクメへ登り詰めた果歩の姿は、その刺激が果歩にとっていかに強いものかを物語っていた。

大林 「ヒヒ・・・いいですねぇいいですねぇ!ではその調子でどんどんイキましょうか。」

果歩 「えっ!?え?アッアッアッアッ・・・!!ウソ・・・アッアッアッアッ!!止めてっ!イヤイヤ止めてぇ!!」

一度絶頂を迎えれば終ると思っていたオモチャ攻めは、果歩の願いを無残に裏切り、止まる事はなかった。

果歩 「アッアッアッアッ・・・ホントにアッアッ・・・ンーーーアッアッ・・・イクッ!またイッちゃうぅっ!!!!」

ビクンビクンビクン・・・!!!

1度目の絶頂後、すぐに訪れた2度目の絶頂。

果歩は固定されれた腰を限界まで天に突き出し、背中を仰け反らせた。

大林 「ヒヒヒ・・・じゃあしばらく見学させてもらいますよ、果歩さん。」

大林はそんな果歩の姿を見て冷酷な笑みを浮かべると、オモチャを操るリモコンをスイッチをオンにしたままズボンのポケットに入れて、近くにあったパイプ椅子に腰掛けてしまう。

果歩 「そんな・・・ハァァァ大林さんっアッアッアッアッ・・・ダメェ止めてぇホントに・・・ハァァアアアアッアッアッ・・・!!」

連続して襲ってくる快感によがり狂う果歩。

しかし無機質なオモチャ達はそんな果歩を容赦なく責め続ける。

果歩 「アッアッアッアッ・・・ハァァ・・・おかしく・・・アッアッ・・・なっちゃう・・・」

もはや痛いのか気持ちいいのか分からない程の刺激を受けている乳首とクリ○リスは、焼ける様に熱く感じ、その他の体中に取り付けられたローターの震動は、絶えず小さな快感の波を果歩の身体に流し続けている。

そのため絶頂に達したすぐ後でも、快感の泉がダムを決壊させるのには時間が掛からなかった。

果歩 「アッアッァァアアまた・・・またきちゃう・・・アッ!ンーーーッ!!!」

ビクビクビクビクビク・・・!!!!

何度も快感絶頂に達し、その度に身体を震わせる果歩を、大林はパイプ椅子に座りズボンの上から自身の股間を擦りながら眺めている。

大林 「ヒヒヒ・・・いいイキッぷりだぁ果歩さん。女性のイク時の姿はやはり何度見ても見飽きないです。」

冷静な口調でそう話す大林とは対照的に、強すぎる快感に次第に追い詰められていく果歩。
果歩自身どこが限界なのか分からないが、とにかくその身体はもう限界を超えようとしていた。

果歩 「ハッハッハッ・・・アア・・・もうダメ・・・もうダメ・・・ア?アッアッアッ・・・!!!もうイヤ・・またイクッ・・・アッ!ハァアアアッ!!」

果歩は身体を再度仰け反らせる。

果歩が必死に電気マッサージ器から逃れようにも、その先端はしっかりと果歩の秘部を捕らえて離さない。

そして次の瞬間、ずっとヴィーーンと響いていた電気マッサージ器の震動音は、違う音を鳴らし始める。

ヴィーーーーー・・・ビチビチビチビチビチ・・・!!!

それはまるで水面に電マを当てているかの様な音だった。

そして・・・

果歩 「アッアッアッ・・・あああああ・・・!」

ビチャビチャビチャッ!!

電気マッサージ器を当てられていた果歩の股の中心から、大量の透明の液体が吹き出し始める。

そう、果歩ヴァギナはクリ○リスへの強い刺激のせいで、ついに潮を吹き始めたのだ。

大林 「おぉぉ・・・潮まで吹きますか、素晴らしいですねぇ果歩さんは。ヒヒヒ・・・遠慮せずに思う存分出しちゃっていいですよ。」

果歩 「あああああ・・・」

ビチビチビチビチビチ・・・!!!

果歩の秘部から吹き出た大量の潮は、震動する電気マッサージ器の先端に当たり、周囲に飛び散る。

パタパタパタパタ・・・

下に敷かれた白いビニールシートは、まるで雨に打たれる時のように音を立てて果歩が出した潮で濡れていく。

潮吹きを続ける身体はもはや果歩自身の意思では止める事ができない。

果歩 「ああああ・・・イヤァ・・・ハァァアアまた・・・アッアッアッ・・・!あああ・・・!!」

終わりが見えない強い快感にもう果歩は、自身の意識を保つのも難しくなってきていた。

しかし、大林はそんな果歩をさらに追い詰めるような行動に出る。

大林 「さて・・・。」

大林はゆっくりとズボンのポケットからリモコンを取り出す。

果歩 「ハァアアア・・・・大林さん・・・」

大林を見つめる果歩の潤んだ瞳。

大林はそんな必死で止めてと訴えてくる果歩の瞳を見つめながら笑みを浮かべる。

大林 「ヒヒヒ・・・まだまだこれからですよ果歩さん、私はあなたが壊れるところが見たいんですから・・・。」

そう呟くと、大林は必死な果歩に構う事なく今まで【弱】だったリモコンのスイッチを一気に【強】に変更した。

ヴィィィィィィィーーーーン!!!!!!

果歩 「そんな・・・アッ!!あああああッ!イヤァァァアアアアア!!!!!」

果歩の大きな悲鳴が部屋中に渡り響いた。

同じ出会い系に登録してた友達同士のJK その9

とある出会い系アプリで3人のJKをゲット。
実はその3人は同じ寮住まい&同じクラスメイトだった。
それぞれのスペックと紹介はその7参照。

?
A子とのカラオケセックスから、1か月半。

A子とはあれから、彼氏の家の近くでカーセックスをしたり、
挿入中に電話をさせたりと、浮気セックスを楽しんでいた。
その甲斐あってか、セックスは格段に上手くなり、
C子ほどではないが、フェラもツボをつくようになってきた。
A子の良いところは、騎乗位でのちぎれるんじゃないかというほどの腰ふり。
自分では意識していないようだが、膣の締め付けに強弱があって気持ちよい。

C子には一度制服を持ってきてもらった。
その制服姿が、清楚なJK!という感じで最高だった。
相変わらずその外見からは想像できない変態C子。
「自分主導で俺さんだけ責めたい♪」と言い出し、
俺を全裸にし、自分はブレザーの制服をきちっと着て、
言葉攻めをしながら全身舐められ、そのままイカされてしまった。
俺もMとして目覚めさせるつもりかもしれないw

B子とは部活の大会&練習のおかげで連絡のみ。
個人的に一番相性のいいB子。1か月半もたつと俺も欲求が溜まる。
あのスレンダーなB子の体が欲しくなり、珍しくオナニーをしてしまうほどだった。
そして今日は、そのB子と1か月半ぶりに会う。

?
久しぶりのB子とのセックス。
B子は久しぶりだから外泊届を出すというので、
俺はガラにもなく、車で1時間ほど離れたリゾートホテルの部屋を予約した。
待ち合わせ時間は昼12時。いつものコンビニに車を入れると、
B子はスマホをいじりながら、すでに店の前に立っていた。

服装はショートパンツに短めのブーツ。
上は胸元が開いたタンクトップで、下からスポブラ?みたいな服の重ね着。
その上に、短めの丈の薄手のパーカーを羽織っている。
B子はパッと顔をあげて車を見つけると、笑顔でいそいそと車に乗り込んできた。

俺「おう。久しぶり」

B子「久しぶりっ!もー忙しくてさあ!w」

俺「そうみたいだな。A子とC子から聞いてたよw」

B子「そうなの!ウチも2人から話聞いてたよw」

俺「どんな話?w」

B子「え?っと…まぁ、アレの話?とか?」

俺「溜まっちゃったかw」

B子「え…う、うん///…」

俺「俺もB子抱けなくてすごい溜まってる」

B子「え…ふふっ…そうなんだ、なんか嬉しい、な///」

今すぐに手を出したい衝動をグッとこらえて車を出す。
まずはランチを食べて軽くドライブ。
車中では特にエロい雰囲気になる事もなく、色々なことを話した。
部活の事、試合の結果、A子とC子の事。

そして途中、ラ○ンドワンに。
さすがB子、体を動かすのはお手の物だった。
ボウリングや卓球など、男女とは思えない接戦で、俺も楽しかった。
なんか、すごい健全に遊んでるなー。と思っている俺をプリクラに誘うB子。
カーテンを閉めた瞬間、B子が潤んだ目でこちらを見つめてくる。
俺はB子の頬に手を当て、指がB子の耳に触れる。

B子「っ…!俺君…もう…ダメかも…」

俺「うん、俺も我慢できない」

B子「うん…」

見つめあったまま徐々に吸い寄せられていく。
鼻先が触れるかどうかというところで、いきなりお互い相手の唇を貪るようなキス。
俺とB子はお互いの頭と体をガッチリ掴みながら、濃厚なキスをした。

B子「クチュ…チュ…はぁ…あむ…クチュ…あぁ…」

カーテンの外に嫌らしい音が聞こえるかと思うほど激しいキスだった。
外に人の気配を感じ、結局プリクラを撮らずに外にでた。
顔を赤く染め、もう決壊寸前という感じのB子の肩を抱いて車へ。

そのままほとんど何もしゃべらず、リゾートホテルへ向かった。
道中B子はうつむいて、両手を太ももで挟み、全身でギュッと何かを抑え込むようにしている。
俺は俺で、すでに痛いくらいの勃起で、運転に集中するのに一苦労。
しばらく走り、ホテルのロータリーに車をつけると、B子はハッと顔を上げた。

B子「えっ…?ここ?」

俺「うん、久しぶりだし、お泊りだからね。特別にw」

B子「え…え…すごー…」

俺「2人には内緒ねw」

そのまま車を預け、チェックイン。
22階の部屋からは、いつもの町が一望できた。遠くには海が見える。時間は夕暮れ時。
部屋に入ると、ダッと窓に駆け寄ったB子。驚いているようだ。

B子「すごーい!いいのー?こんないい部屋!」

俺「いいの。俺もゆっくり楽しみたかったからw」

俺はキングサイズのダブルベッドの端に腰かける。
B子はパーカーを脱ぎ捨て、俺に近づいてくると、
そのまま俺をまたいで、膝の上に座り、首に両手を回した。

B子「もう…ダメだよ…ウチ…」

また潤んだ目でそんなことを言われたら、俺もタガが外れた。
B子の腰を抱き、その綺麗な首筋にかぶりついた。

B子「え、あっ…はぁぁぁん!!」

これだけでB子は身をくねらせて反応する。
久々に聞くB子の喘ぎ声だけで、俺も頭がぼーっとしてしまう。
そのままお互いの体を求めあいながら、服を脱がせあう。
一瞬でも離れるのを嫌がるように、脱がしてはキス、脱がしては舐め、脱がしては吸う。
B子を押し倒すと、こっちが行くより早くB子は上体を軽く上げながらキスしてくる。
この野獣のようなセックスを求めていたんだからもう止まらない。

一緒に倒れこみながら手と足でショートパンツを脱がす。
B子のパンツは、もう全体の半分くらい濡れているんじゃないかと思えるほどだ。
太ももの内側までジットリと湿っている。
その中心を指で軽くひっかいた。

B子「きゃっはああああああっ!」

俺「すごい事になってるぞ…コリコリ」

B子「あああっ!もう!だめぇ!…」

俺「我慢してたんだ?」

B子「うんっ!…あああっ!…いやあああっ!…欲しいのっ!」

ひっかくたびに、B子は全身をビクンビクンと反応させ、
そのたびごとにイっているんじゃないかと思うほど。
我慢ができなくなり、パンツを脱がせ、自分も脱ごうと体を起こすと、
B子は素早く起き上がり、あっという間にベルトを外し、チンポを咥えた。

俺「うおっ…B子…ちょっと」

B子「クチュッ…はぁ…ジュルッジュルッ…あああっ…んむ…グチュッ…」

本当に食われるんじゃないかと思うほどの野獣のようなフェラ。
しかし実際は本当に美味しそうにしゃぶりあげるB子のフェラ。
俺は膝に落ちたパンツとズボンを下ろそうと立ち上がる。
B子はその動きについて、チンポを味わいながら起き上がって来た。
俺はB子の頭をつかみ、そのフェラを堪能した。しかし余裕はない。

強引にB子を引き離すと、B子の口はまた咥えようとする。
それを強引にベッドに押し倒し、B子のアソコにチンポを当てた。

B子「ああ…早く…ああ…早くぅ…早くぅ…」

泣きそうな顔でうわ言のようにつぶやくB子。
俺は今までになく怒張したチンポを一気に奥までねじ込んだ。

B子「ふっあっあぐあああああああっ!!!!」

一刺しで体を弓ぞらせて反応するB子。簡単にイってしまった。
このB子の反応と、美しい体はやっぱり最高だ。
俺もこの挿入だけで、イキそうだ。

俺「あぁ…B子…やべぇ…すげえ…」

B子「はぁぁっ…うん…いいよぉ…いいよぉ…」ビクッビクッ

そのまま腰を両手で掴み、高速ピストン開始。
B子も腰に足を絡ませ、突く動きをアシストするかのように動く。

B子「ああああっ!ああああっ!いいっ!ああはあぁぁあ…!」

B子「ああっ!気持ちいいっ!いいっ!気持ちいいっ!あああっ!」

B子「ああっ!…いい…俺君…ああっ!…セックス…ああっ!あああっ!」

激しく求めあうセックス。
B子は体のどこを触っても、激しく反応し、それは俺も同じだった。
すでに2人は汗だく。部屋は肌がぶつかる音とB子の喘ぎ声と俺の息遣いだけが聞こえる。
B子はすでに数えきれないくらいイっいることだろう。
俺も最初の正常位のまま射精感がこみ上げてくる。
いつもなら少しインターバルを置いて抜いたりするのだが今日は止まらない。
高速ピストンのまま、うめき声と同時にチンポを抜き、勢い余って立ち上がってしまう。

俺「ぐっ…がああっ!」

B子「あああああっ!」

仁王立ちのまま、今までにない勢いで、ビュルビュルと激しい射精だった。
その精子はB子の体全体に点々と落ちている。
B子は放心状態で短く早い呼吸をしていたが、ゆっくり目を開けた。
そして俺と目が合うと、まだ精子を滴らせているチンポめがけて起き上がり、
そのままスイッチが入ったかのようにフェラを始めた。かかった精子など見えていない。

俺はものすごい快感に襲われたが、チンポは一向に収まらない。
むしろ最初よりガチガチに勃起しているんじゃないかと思えるほどだった。
俺はそのまま乱暴にB子を四つん這いにさせ、バックで一気に挿入。
射精してから1?2分しかたっていない。

B子「いやああああっ!ああああああっ!」

俺「ふっ…!っ…!」

B子「すごいっ!いいっ!あああっ!あああっ!いいよおぉぉっ!」

B子「いいのっ!気持ちいいっ!あああっ!セックスっ!…セックスあああああっ!」

B子「イクっ!イクのぉっ!ああっ!イクっ!ああああっ!あああああうっ!」

お互いがお互いの体を貪り、お互いそれに応えあうセックス。
俺は計3回の射精をし、B子は何度イッたかわからないだろう。
チェックインから2時間、俺とB子は延々と求めあい、気づくと外はすでに夜だった。

?
乱れたベッドの周りには服が散乱している。
俺とB子は全力疾走でもしたかのように横たわっていた。
B子はうつぶせでこっちに顔を向け、時折体を震わせている。

俺「はぁ…はぁ…はぁ…」

B子「はぁ…はぁ…んっ…はぁ…」

俺「気持ちよかった…」

B子「うん…気持ち…よかった…」

俺「乱暴にしちゃったな…」

B子「ううん…大丈夫だよ…すっごくよかった…はぁ…」

俺「こっちおいで」

B子「ん…?」

俺が腕を伸ばして促すと、B子はゆっくり寄り添ってきた。

B子「んっ…しょっ…はぁ…腕枕初めてじゃない?…」

俺「そうだっけ?前やったと思うけど」

B子「んーん…たぶん、初めて…はぁ…」

俺「激しすぎて記憶が飛んでるかもw」

B子「あはは…そうだね…はぁ…今までで一番気持ちよかったよ…ふふっ♪」

B子は大の字になった俺の胸の上に顔をのせ、足を絡ませながらニコニコしていた。
そのまま少し休憩していると、お互い空腹に気づき、食事をすることに。
B子はスマホで近くを検索し、一件のお好み焼き屋を指定した。

手を繋ぎながら徒歩でお店にいき、帰りにお菓子とお酒を買い込んだ。
ゴムに手を伸ばすと、B子はその手を抑え、少年のような笑顔で「いいよっ♪」
と言って、そのままゴムを棚に戻した。

部屋に帰ってから2人でお風呂に入りイチャイチャした。
軽く飲みながらまたいろんな話をした。
話は尽きず、お互い上機嫌で笑って話していた。
俺は、なんか本当に仲のいいカップルのようだなあ、と考えていた。

?
夜も更けてきた頃、
軽く酔ったB子が、また少年のような笑顔で後ろに回り込み、
ふざけてヘッドロックをかけてきたかと思ったら、濃厚に耳を舐め始めた。
さっきは少年だったのに、一瞬で淫乱なメスに変わったB子にぞくぞくした。

それを皮切りにまたベッドへ。
しかし今回は、最初のような激しさはさほどなく、
ねっとりゆっくりと、お互いの体を確認するようなセックス。
会話をする余裕もあり、B子は突然意外な事を言い出した。

B子「あっ…うん…いいよ……あのさ…俺君…?」

俺「ん?」

B子「はぁん…うん…あのね…ウチらの中で…誰が一番いい…?」

俺「B子とあの二人の中でってこと?」

B子「あん…あっ…うん…あっ…」

この質問にはちょっと動揺した。
というのも、B子に対してセフレ以上の感情があるかもしれないと思っていたから。
しかし、別に嘘を言う理由はない。

俺「マジな本音言うと…ガチでB子」

B子「あっ…ほんと?…あんっ」

俺「うん。マジ。最初からずっとB子」

B子「ふふっ…あっ…うれし…♪あっ…」

そう言うとB子は、俺の顔にチュッチュッと何度もキスをしてくれた。
そのまままったりとセックスし、お互い力尽きてどちらからともなく寝てしまった。

?
翌朝は割と早くに目が覚め、2人でホテルの朝食バイキングに行った。
B子は和食か洋食か悩んだ挙句、和洋折衷のセットを作ってニコニコと食べていた。

俺「朝からすごい食うなw」

B子「そお?ちゃんと食べないと動けないからねっ」

俺「さすが運動部。激しい運動で消費してるから食っても太らないんだなあ」

B子「そそっ!俺君でも消費してるしねっ♪」

そういうとB子はケタケタと笑って、見事完食。
その後チェックアウトをして、海沿いをドライブし、なぜか遊園地で遊んだ。
セックス三昧になるかと思っていたが、お互い最初のセックスで、身も心も満たされたという感じだった。
途中、車や観覧車など、人目がない場所でキスをしたが、エロいことにはならなかった。
そして夕方、いつものコンビニに車を入れた。

B子「いやー!めっちゃ楽しかった!」

俺「俺もw」

B子「ほんと?よかった!」

俺「B子が喜んでくれてよかったよw」

B子「喜んだよっ!♪……あのさ」

俺「どした?」

B子「ウチ、別に一番じゃなくても良かったんだ」

俺「昨日の話?」

B子「うん…A子もC子も好きだしね」

B子「でも、一番って思ってもらえてうれしかった…」

俺「そっか。でもあれはマジだからね」

B子「ふふっありがと♪でも、この関係はこの関係でいいと思ってるんだ」

俺「どういう事?」

B子「最初はエッチ?だけだったけど、ちょっと俺君の事好きだし」

こうやってサラッと言ってしまえるあたりがB子らしい。
と思って少し笑ってしまった。

B子「だから、A子とC子とも仲良くしたいし、俺君とも仲良くしたいから、このまま!」

B子「よくわかんないかな…うん、でもそういう事だよっ!w」

俺「そっかwありがとな」

B子「こちらこそだよ!w」

俺「これからたまに、こうやって遊ぶか」

そう言うとB子は一瞬ハッとした顔をしたが、
すぐに顔をくしゃくしゃにして、また少年のような笑顔を見せて、

B子「うんっ!!ありがと!」

と元気よく答えた。
そのまま、車から降りたB子を見送った。
B子は寮に向かう坂を少し登って振り返り、俺に気づくと手を振って帰っていった。

翌日A子から、

A子「お泊りうらやましいなぁ?wやりまくりぃ?w」

と茶化した連絡が来たが、まぁまぁとはぐらかした。

?
今回は久々に会ったB子スペシャルでした。
続きは要望があればまた!



同じ出会い系に登録してた友達同士のJK その8

とある出会い系アプリで3人のJKをゲット。
実はその3人は同じ寮住まい&同じクラスメイトだった。
それぞれのスペックと紹介はその7参照。

?
3人との関係が始まってから早3ヶ月。
週に2?3回のペースで3人とセックスしているから、1人あたり約13回ほどヤッている。
しかし、これだけヤッているとさすがに相性が出てくる。

A子はウブな若い子にセックスを教えている感じ。
B子はお互いセックスに没頭できる感じ。
C子は小悪魔ちゃんに俺の方も責められている感じ。
見た目の好みも加わって、一番相性が良いのはB子だった。
?

その日はC子を呼び出した。
C子はその日もかわいいワンピ姿で車に乗り込んできた。

俺「おっすー」

C子「こんばんはっ♪2人に『頑張ってねぇ?w』ってニヤニヤされちゃいました♪」

俺「はははwでもあの2人この前もかわいがってあげたからねw」

C子「ふふっ。ですよねぇ♪」

俺「じゃ、行こっか」

C子「はいっ!」

今夜はC子のリクエスト通り電マ持参。
友達3人同じ電マでイカせることになるとはw
部屋に入ると2人はさっそく下着姿になり、C子はベッドへ。
俺はバッグから電マを取り出した。

C子「わぁ?♪結構おっきいですね♪」

俺「意外だった?A子もB子もお気に入りみたいだよw」

C子「(スイッチを入れ)わわっ…振動も結構強い…」

俺「(あれ?慣れてる?)じゃ、足開いてごらん」

C子「はい///」

C子は後ろに手をついて、従順に足を広げた。
その中心に電マを当て、スイッチオン。

C子「ひっ!…はぁううん…」

そのままC子のアソコに円を描くように、入念に電マを動かす。

C子「はぁ…おっきいと…気持ちいいですぅ…」

俺「(ん?)あれ?他のおもちゃ使ったことあるの?」

C子「あっ…えへへ♪…実は、はい…///」

そう言うとC子はピョンとベッドから降り、
カバンをゴソゴソしたかと思うと、小さい電マを取り出した。

C子「これですっ!」

俺「小さいヤツだねwC子これでオナニーしてるの?」

C子「はい///でも…おっきいのは隠しておけないから…」

俺「なるほどw寮でバレたらまずいもんねw」

C子「そうなんですっ笑」

俺「C子やらしいなあ。んじゃ、おっきいほうでオナニーしてみてよw」

C子「ええ…恥ずかしいですぅ…///」

そう言いながら、C子は俺の手から電マを取った。
ベッドにコロンと横になり、膝を立てて足を広げ、
電マを両手でしっかりと持ち、股間に当ててスイッチを入れた。

C子「はぁぁんっ!…ああ…いい…これ」

C子は腰をくねらせながらオナニーに没頭し始めた。
見た目はまだ中学生くらいに見えるJKが目の前でオナニーをしている。
俺はC子が持ってきた電マを拾ってスイッチを入れてみた。
確かに振動は弱い。これくらいの刺激じゃ、今のほうが気持ちいいだろう。

俺「C子いつもこんなことしてるの?変態w」

C子「はいぃ…はぅんっ!…気持ちいいですぅ…」

俺「こっちよりいいでしょ?」

俺はC子の電マを乳首に当てながら聞いた。
C子はスイッチを強に入れた。

C子「はいっ…うんっ!…良いですぅ…あんっああんっ!」

そのままC子はどんどんオナニーに没頭し、
A子B子と同じように体をビクンビクンと痙攣させ、何度もイッた。
しかし、電マはアソコに直接当てる以外にも使いみちがある。
もう力が抜け始めたC子の手を押さえて、股間に当てなおさせた。
俺はもう一つの電マをC子のへその下辺りの下腹部に押し付けた。
こうすることによって、お腹側から子宮に振動を与えることができる。

C子「ひぃいっ!…はあああああっ!…これっ!これっ!すごいっ!」

C子の手と体は、本能で刺激から逃げようとする。
俺はそれをガッチリ抑え、当てるポイントをズラさないようにした。
それを続けていると、C子はまさにのたうち回るように感じだした。

C子「ああっ!ああっ!…ふぅううっ…あはああああっ!いやっ!いやぁっ!」

C子「ああ…うう…あああっ!だめぇっ!うああああああああっ!」

C子の反応も、B子に負けず劣らずのモノだった。
何度も体を弓なりに反らせながら絶頂を迎え、
同時にC子のかわいいパンツにシミが広がった。
潮を吹きながらC子は動物のような息づかいをしていた。

俺はパンツを脱ぎ、チンポをC子の顔に持って行った。
さすがにテクニックを発揮する余裕はないようだが、
メスの本能とでも言うような動きでフェラを続けた。
俺は意識朦朧としているC子になにも言わずに挿入。

ピストンを続けると、C子は時折動物のような喘ぎ声を上げ、果てる。
そのままC子はイキ続け、精子を口で受け止め続けた。

C子「はぁ…はぁ…すごいです…」

俺「ぜんぜん違う感じ方してたねw」

C子「はいぃ…もう、なんかすごくて…」

俺「あの2人もこんなふうになってたよ」

C子「えぇ…あはっ♪…なっちゃいますよぉ…これ…♪」

俺「今度、これでB子ちゃん責めてあげなよ」

C子「えっ…あっ…うふふ…楽しそうですねっ♪」

その後はC子と何時も通りのセックスを楽しんだ。
次の乱交の話をしながらハメ倒しをし、
C子はその想像をしながら俺のチンポでイッていた。
これで乱交時はC子もこっち側で楽しんでくれるだろう。
そろそろJK3人と4Pを狙っていこうw

?
その数日後はB子と会う。
予定だったが、現れたのはA子だった。
車に乗ろこんできたA子に理由を聞くと、
B子は大会が近いらしく、部活で疲労困憊。
半分寝ているB子から代役を頼まれたとのこと。
あの淫乱B子がセックスできないくらい疲れるって、どんなんだよ…w

A子はミニスカートにパーカーというラフな格好で現れた。
ホテルへ向かおうとエンジンをかけようとした時、A子の携帯が鳴った。

A子「もしもしー」

A子「うん、部屋にいるよーえ、今から…?」

俺はA子に口の動きだけで、(カレシ?)と聞いてみた。
A子はこっちをチラッと見ながら、ウンウンと頷いた。

A子「うーん…今日は無理だよーお風呂入っちゃったし…」

A子「うん、ゴメンね…ばいばい…ピッ」

俺「どうした?」

A子「なんか彼氏がさ、友達とカラオケ行ってるから来いよっ…て」

俺「そういうことか、行かなくていいの?」

A子「うんっ!だって今日は俺君とエッチだしっw」

俺「そっかw彼氏、どこのカラオケ行ってるって?」

A子「え、○○だけど?」

俺「俺らも行こうかw」

A子「えっ」

俺は悪いアイディアが浮かび、彼氏がいるというカラオケ店に向かった。
A子は「本当に行くの…?」と不安そうな表情で少し抗議をしたが、
「大丈夫♪」と明るくスルーし、そのカラオケ店に入店。部屋に入った。

そのカラオケ店は2フロアに分かれており、
それぞれのフロアは一本の廊下の左右に部屋が配置されている。
廊下の奥はトイレで行き止まりになっていて、反対側はフロントと階段とソフトドリンクバー。
奥の客は全員途中の部屋の前を通るということだ。

部屋はドアを入ると、左右に向かい合わせのソファ。その間の奥にカラオケ機。
ドアを入った目の前は、その右側のソファになっている構造。
俺たちの部屋は1F真ん中くらい。その部屋の右側のソファに座り、奥にA子、手前が俺。
ちょうど俺が外から見える位置。A子は俺の影。

A子は外に出たくないと思うので、俺はドリンクバーへ向かう。
俺の部屋とドリンクバーとの間には部屋が左右に3つづつ。
それぞれ数組の客が入っているようだ。奥からも複数の歌声が聞こえる。
この何処かにA子の彼氏がいたら面白い…2Fだったらつまらんな…
なんて事を考えながら、部屋に戻りA子にドリンクを渡したのもつかの間、
俺はA子の後ろから乳を揉みしだいた。

A子「あっ…えぇ…本当にここでするのぉ??w」

俺「たまには気分変えないとなw」

A子「えぇ?…w」

表面上嫌がっているが、まんざらでもないようだ。
そのままパーカーをまくり上げ、ブラを外す。
首筋を舐めながら責めは継続。

俺「彼氏、どこの部屋だろうね?」

A子「ええ…あんっ!…あっ!…わかんないよ…ってかヤバイよぉ…あんっ!」

A子のミニスカートからパンツをなぞると、
すでにジットリと濡れている。
パンツの上からクリを弾いてやると、A子は「あっ!」と身をよじった。

A子「あっ…!…ヤバイ…」

俺「いつもより興奮してるんじゃね?」

A子「ううん…そうかも…だけど…あんっ…今外通った…」

俺「え?」

A子「チラッと見えたの…彼氏の友達…」

俺「奥に行ったの?」

A子「うん…ヤバイ…w」

やった!
同じフロアでしかも奥の部屋にいる。
ということは、奥の数組のどれかがA子の彼氏のグループ。
こんなシチュエーションは二度と味わえない。

そのまま色々アイディアを練りながらA子を責めたが、
さすがにバレるのはまずい。ギリギリを楽しまないと。
そうこうしている間に俺はソファの奥、機械側の壁に背を預け、
ソファの上に正座したA子が俺のチンポを熱心にしゃぶっていた。
廊下側からのぞけば、ミニスカ姿のA子のパンツは丸見えだろう。

俺はA子の頭を撫でながら、ドアを見ていた。
すると廊下の左側、すなわち奥の部屋から一人の男が通りすぎた。
しばらくすると、ドリンクを2つ持って右側から戻ってきた。
その時、チラッと俺たちの部屋を覗き、あっ!という顔になって、そのまま通り過ぎた。
A子は熱心にフェラを続けている。

すると、ほんの数分でまた左側から、今度は女の子が通り過ぎ、今度は完全にこっちを見た。
そしてなにも持たずにすぐに右側から戻ってくる時、口に手を当てながら覗いて行った。
これは多分、さっきの男女は同じグループで、
「おい!ヤッてるヤツいるぞ!」というアレだろう。俺にも経験があるw
あの2人がA子の彼氏のグループだったら最高だな。
なんて考えながら、A子にいつもより念入りなフェラを続けさせた。

A子には「自分でいじりながら舐めろよ」と指示をし、A子は従った。
今まで仕込んできた結果が出ている。
あの後、それぞれさっきと違う男女が、同じように覗いて行った。
俺はA子を立たせパンツを脱がすと、テーブルに手をつかせた。

そのままA子の後ろからバックで挿入し、ピストンを開始。
この体勢なら、ドアから見れば立ちバックの俺たちを横から見る形。
テーブルの奥側はドアからは死角になって、A子の顔は見えない。だろう…w

A子「あああんっ!…いい…」

俺「こういうのも興奮するだろ?w」

A子「はあああんっ!ああん!うんっ…ああんっ!興奮…するぅ…」

俺「フェラしてる時何人も覗いていったぞw」

A子「ええっ!…ああんっ!いやぁっ!…ああっ!ああっ!」

俺「あの中に彼氏いたかな?w」

そう言うとA子の中がぎゅうううっと締まり、
テーブルにしがみつきながらイッてしまった。
少しの間をおいてゆっくりピストンを開始。

ハッと気づくと、ドアには4人の男女がこちらを覗いていた。
しかし、俺が気づいたことには気づいていないようだ。
俺は気づかれないように横目で4人を見ながら、高速ピストンを開始。

A子「あああああっ!!あああんっ!あんっ!いいっ!いいっ!」

俺「はぁ…はぁ…A子…今、見られてるぞ…」

A子「あああんっ!!いやぁ!!あああんっ!!いやっ!いやぁ!ああっ!」

そう言うとA子はテーブルにしがみつき、顔を置くに背けた。
多分4人からはA子の顔は見えてはいないとは思うのだが。
俺はちらっとドアに目を向けると、4人は「おお?」っという顔をしていた。
しかしすぐに、「あっ」という顔に戻り、右側に消えた。
多分時間にして、1分もなかったのではないだろうか。

さすがの俺も4人にセックスを見られるという経験は初めてで、
そのままA子に欲望をぶつけ、2時間たっぷりセックスを楽しんだ。
A子はいつもより敏感になっているようで、ずっとテーブルにしがみついて感じていた。

帰りの車の中で、4人に見られたって話をしたら、
A子はひたすら「どんな人だった!?」と聞いてきた。
A子はわかれるまで「うーん…」と神妙な顔をしていたが、
角度的にA子の顔は見えてないって事を話したら、ある程度は安心したみたいだった。

?
翌日A子から連絡。
その日彼氏と会い、彼氏は「この前のカラオケでヤッてるヤツがいてwww」
という話をしていたそうだ。あれは彼氏のグループだった。

俺「彼氏に俺たちのセックス見られちゃったねw」

A子「もう…やだ…あんなのもうヤダよ?」

俺「感じてたくせにw」

A子「もうっ!」

俺「あはは、ごめんごめん。で、その後彼氏と?」

A子「ううんっ!だって俺君との翌日にエッチしたら、さすがにバレそうじゃない?だからやらせてあげなかった♪w」

と楽しそうな文章が返ってきた。
A子もだんだんビッチとして成長してきたなw

?
部活が忙しいB子の話は今回はなし。
続きは要望があればまた!

同じ出会い系に登録してた友達同士のJK その7

とある出会い系アプリで3人のJKをゲット。
実はその3人は同じ寮住まい&同じクラスメイトだった。
それぞれのスペックと紹介をおさらい。

A子…JK2、彼氏アリ、身長160、普通体型、Cカップ、見た目ギャル。軽い茶髪ロング。
3人の中では一番セックス下手。俺に対して恋愛感情を持っていたようだが、
電マで快楽の世界に落とし、セックスだけでもいい関係に持って行った。
セックスの良さに目覚めたようで、俺意外ともヤりはじめた。

B子…JK2、彼氏ナシ、身長165、スレンダー、Bカップ、運動部少女。ショートカット。
見た目は3人の中で個人的にNo1。バックでハメている時のエロさは最高。
セックスには貪欲で、まさにスポーツ感覚で楽しみ、体力と淫乱さを持ち合わせる。
俺とC子との3P時C子に責められ、ドM開花。

C子…JK2、彼氏ナシ、身長155、普通体型、Dカップ、ロリ巨乳。黒髪ロング。
フェラがダントツに上手い。おっとりした性格だが、こちらからの呼び出しには秒速で応え、
30分後にはハメられて喘いでいることも多々あるほど、セックスには貪欲。
多少のレズっ気があり、B子との3P時にB子を言葉と指で巧みに責めていた。

?
B子C子との初3Pを終え、いつものコンビニで2人と別れたところをA子に目撃されていた。
3Pまでは話していないが、A子はB子C子と俺の関係を薄々理解している。
また3PをやりたがっているB子C子にそのことを話すと、驚くが反応は上々。
これで3人とも、俺と繋がっている事を知った。さて、学校でどんな話をするのか。
前回C子とヤッた翌日、すぐに反応があった。

以下B子からの連絡。

B子「今日A子と話したよ?w」

俺「どうだった?w」

B子「笑っちゃったwクラスメイト3人とも同じ人とヤッてたなんて笑うしかないよw」

俺「そうだよねwC子とも話したの?」

B子「うん、最初うちがA子呼び出して、学校の人気のないところで3人で」

俺「なんか怖いなw」

B子「大丈夫っwみんなで俺さんとのエッチの話してただけw」

俺「それが怖いっつってんだよw」

B子「あは♪で、あのさ、今夜…会いたいな♪」

俺「いいよ。詳しく話聞かせてもらおうか!w」

B子「うん♪あと、A子にしてる、あれうちにもして欲しいw」

俺「(あ、電マの話したんだなw)おっけー」

B子「んじゃっ!後で連絡するね!」

これは、3人で色々話したんだろうな…w
しかし、なかなかの好反応だ。
そしてその晩、いつものホテルでB子は全裸で喘いでいた。
B子はそのスレンダーな体を爪先までピンと伸ばして、
弓なりに反らせながら今日何度目かの絶頂を迎えていた。

B子「んあああああっ!ひっ…はっ…ああ…ふぅう…」

俺「またイっちゃった?電マすごいだろw」

B子「ふうぅ…あぁ…はぁ…す、すごいよぉ…最高ぉ…」

俺「電マだけで満足しちゃいそうだなw」

B子「えぇ…いやぁ…これぇ…これもぉ…ニギニギ」

いつもはフェラをさせるところだが、
挿入前にこれだけイキまくった体に挿入されるとどうなるかB子に味あわせることにした。
もうトロトロになっているB子に、ユックリと挿入していく。

B子「ふあぁあぁああっ!…あああ…あああ…すごい…」

俺「まだ先っぽしか入ってないぞ」ゆっくり進んでいく

B子「はあぁぁぁ・・・・!うああぁ…!」

B子は俺の背中を痛いほどにつかみ、腰に足を絡めて押し込もうとする。
俺はその力に逆らい、じっくりとB子の中に入っていく。

B子「あああ…!早くぅ…!だめっ!…あはあうう…」

6割くらい入っただろうか。
B子はすでに、体をビクビクさせながらイキそうになっている。
そこで、残りをズブッと一気に差し込んだ。

B子「ひっっっっ!!あっはああああ…!あああああああっ!!!」

その瞬間、今までにない反応でB子は達した。
体をビクンビクンと何度も痙攣させ、声にならない声で感じている。
俺はその体を持ち上げ、体面座位の形にした。
B子は全身の力を入れて俺にしがみついている。
さすがに運動部、ものすごい力だった。

俺「いつもよりすごいじゃんw」

B子「ふぅう…ふぅう…はぁ…すご…すごいぃ…ダメ…」

俺「イクの止まらなくなるだろ?」

B子「ふうぅ…はあぁ…コクコク」

ほとんど動いていない。静止していると言ってもいいくらいなのだが、
お互いの微妙な動きだけでB子はイっている。
というか、イくのが止まらなくなっている。
こういうセックスは何度も経験できるものではない。

B子のお尻をもって少し押し込むと、「あああっ!!」と喘いで痙攣。
少し強めに入れると、「んっが…ああああああああっ!!!」と痙攣。
ただつながっているだけで、B子は全身でイク。
B子の中もビクビクと今までにない快感を与えてくる。
そのうち俺にも限界が。

俺「やばいっ…イキそう…」

B子「ああっ…!ふうううう…あああぁぁ…すごいぃぃ…」

B子は声が聞こえていないようだ。完全に快感に身をゆだねている。
俺はもう限界でだったが、B子はガッチリホールドして離れてくれない、
力づくで離そうにも、できるような力ではない。
俺は限界まで耐えたが、こちらも全身を震わせながら射精をしてしまった。
その瞬間、

B子「うあああああっ!!!ああああっ!…ビクビクビクビクッ」

今までにない絶叫をあげた。
俺はドクドクと射精を続け、互いビクビクと抱き合ったままだった。
5分だろうか10分だろうか、俺はB子と一緒にイキ続け、
突然B子からふっと力が抜け、俺も支えきれずに2人でベッドに倒れこんだ。

そのまま気づいたら、30分くらいお互い気を失っていた。
俺が目を覚ました時はB子は体のしたでまだ目覚めておらず、
チンポはまだB子に突き刺さったままだった。精液がその隙間から少し漏れている。
ゆっくりチンポを引き抜くと、B子は目を覚まさなかったが、数回ビクビクと反応した。
そして、B子のアソコからは、ドロッと大量の精液が流れ出した。
そしてまた眠りに落ちた。

次に目覚めたときは午前3時。
ホテルに入った時間から逆算すると、2?3時間は眠ってしまったようだ。
B子は隣で寝息を立てている。そのまま寝てしまったようだ。
顔だけ見ていると少年のようで、さっきまでセックスを楽しんでいたメスには見えなかった。
俺はゆっくりB子をゆすった。

B子「んんんん…ふぁ…ん…あれ…」

俺「起きた?ゴメン俺も寝ちゃってた」

B子「おはよ…」

俺「B子すごかったよ。最高だった」

B子「え…んんっ…うん…わたしもぉ…」

俺「よかった。でもゴメン、中に出しちゃった」

B子「んんんっ…はぁ…」体に力を入れ、少し伸びをするB子

B子「うん…覚えてるよ…俺君イクときすごかったよ…?」

俺「すまん…」

B子「ううん…大丈夫っ…んんっ!…すっごくよかったよ…ふふっ…」

俺「なんかあったら言えよ?」

B子「うん…ありがと…」

そこまで言うと、目を閉じたB子は口をとがらせてキスを求めてきた。
B子にしては珍しい事だった。俺はそれに応えた。

それから目を覚ますために一緒に風呂に入り、5時にB子を寮に送り届けた。
B子は「こんなエッチしちゃったらさすがに朝練休むw」
と楽しそうに言って、別れた。
個人的にも過去最高のセックスだった。

?
その日珍しくC子から連絡がきた。

C子「B子ちゃんと会ってたんですよね?」

俺「うん。そだよ」

C子「なんかありました?すっごく疲れてるみたいでずっと寝てるんですよB子ちゃん」

俺「ああ、昨日ちょっとねw激しかったからw」

C子「あはは♪B子ちゃんに聞いたらニヤニヤして、『よかったよぉ?』って言ってましたよ」

俺「はは…なんか照れるなw」

C子「多分、あれ、ですよね。A子ちゃんの…」

俺「あ、うん。そっか3人話してるんだもんね」

C子「ハイ。あの…今度、私にもしてくださいねっ♪」

俺「おっけーw期待しててね」

C子「はいっ♪」

C子も電マに興味津々のようだ。
さすがにB子に中だしした事は黙っておいた。

?
その数日後、A子とホテルへ。
その日はA子のフェラを鍛えている時、彼氏から電話がきたが、
A子はそっけない対応をしていて、その理由を聞いてみた。

A子「なんか、この前の俺君とのエッチの時から、妙にしつこくてさあ」

俺「ああ、電話しながらヤった時?」

A子「うんそうそう。次の日ヤったんだけど…あんまり気持ちよくないし、その割に毎日やりたがるの」

俺「若いからなあw」

A子「そうだけどさ…ならもっと気持ちよくしてほしいっていうか…」

俺「言うようになったなw」

A子「もぉっ!俺君のせいでもあるんだよっ!ペシペシ」

そんな話をしながらフェラの特訓をするA子。
B子には遠く及ばないが、それなりに上達してきている。
C子の域に達するにはまだまだかかるんだろうな…というか生まれ持ったセンスの問題かもw
しかしセックスに関してはA子もかなり成長した。
その日もA子はセックスを楽しんでいた。騎乗位の腰ふりはなかなかのものだった。

そしてセックス後の会話は、やはりB子C子中心だった。

A子「あれから2人とも仲良くなって、よく3人で話すよ」

俺「それはよかった。もともと仲良くなかったの?」

A子「仲は悪くないけど、ただのクラスメイトって感じ?B子運動部だしC子も趣味違うし」

A子「でも、今は3人で秘密を共有する仲間みたいな?w」

俺「秘密は守り通してくれよーw」

A子「あはっ大丈夫!でもB子もC子も意外だよー。結構やることやってるんだね」

俺「A子からみて二人はどんな感じなの?」

A子「う?ん、B子はバリバリの体育会系。C子はおっとりしてるお嬢様って感じ」

A子「だからね、意外だった。エッチもしてて、しかも相手俺君とかw」

俺「それに関してはすんませんw」

A子「それに、3人でもやったんでしょ変態w」

俺「えっ」

A子「3人でいる所見た話した時、寮に朝まで帰ってこなかったら何してたの??って言ったの」

俺「それで?」

A子「そしたらB子は耳まで赤くして何も話さなかったし、C子は『まぁ…あはは』みたいに濁すし!」

俺「ああ…なんかわかるなそれw」

A子「だからもう確信したの!w実際そうでしょ?w」

俺「まぁ、ここまで来たら隠すこともないか。そう、やったよ、三人でw」

A子「やっぱりー!変態っ!ペシペシ」

俺「興奮したぞーw」

A子「そうなの…?あっでもじゃあ、B子とC子はお互い俺君としてるとこ見てるんだよね」

俺「そうだな」

A子「うわぁ?やらし…どんな感じだった?」

俺「説明難しいな…なんなら今度4人で遊ぼうかw」

A子「えっ」

俺「B子もC子もまた3人で遊びたがってるしw」

A子「うーん…2人と相談してみるねw」

そんな会話をしながらA子と別れた。
4Pに発展させるにはどうしたらいいかと悩むまでもなく、
俺の頭の中にはC子がいる。C子のレズっ気を楔に4Pへ進展させるのがスムーズかもしれない。

?
続きは希望があれば!



同じ出会い系に登録してた友達同士のJK その6

とある出会い系アプリで同じ寮に住む3人のJKを、
それぞれ同じホテルの同じ部屋で食うことに。
念願のJK複数プレイを目指し3P成功。
しかしB子C子と3Pをした日の待ち合わせをA子に目撃されていたw
(※3人のスペックはその3参照)

?
A子「昨日見ちゃった。コンビニで3人でいるとこw」

俺「ん?(全力でしらばっくれw)」

A子「昨日俺君、ウチの友達と会ってたでしょ?」

俺「友達って?」

A子「B子とC子」

俺「あー…」

ABC子3人の寮から最寄りのコンビニが待ち合わせ場所だから、
見られる可能性も大いにあった俺爪甘すぎw
ここまで来たら4Pに向けてどうするかを考えるしかない。
俺は、B子とC子の関係、3Pをしたことなど正直に話した。
A子は手をチンポから離し、横に寝転がって話を聞いていた。
途中「マジで!?」「ありえない!」とかドン引きしていたが
最後まで話を聞いてくれた。

俺「…っと、いうわけ」

A子「ふ?ん、ヤリチンなのは知ってたけどウチの友達にも手だしてたんだw」

俺「すんませんw」

A子「でもウチも他の人とやってるしw」

俺「先輩だっけ?付き合ってるの」

A子「そうだよっ」

俺「俺とその先輩、どっちがいい?w」

A子「それは…そういう問題じゃないから!」

俺はA子の好きな電マを取り出し、
弱めの出力でA子の股間にあてながら話を続けた。

俺「ほら、A子これ好きだろ?」

A子「はうっ…!あぁん…うん…すきぃ…」

俺「先輩とどんな会話してるの?」

A子「あっ…えー…あんっ!どういう…意味?」

俺「携帯見せてみなw」

A子に電マを当てながら、ベッドサイドにあったA子のスマホをゲット。
先輩の名前を聞き出し、会話履歴を読んでみた。
中身はというと、さすが付き合いたての高校生カップルって感じ。
ハートや好きが飛び交う内容だった。
彼氏もまさか、自分の彼女が別の男に電マ当てられて喜んでるとは思うまい。

読んでいると、その彼氏からのメールが入った。

彼氏「今何してる?」

俺「A子、彼氏から連絡きてんぞw」

A子「ああっ!ああっ!…えっ?…ちょ…」

A子は俺からスマホを奪うと、返信を打ち始めた。
俺はその画面をのぞき込む。電マは外さない。
A子は「ゴロゴロしてるっ」と返信。
そりゃ嘘ではないよなw

A子はしばらく喘ぎながらスマホをいじっていたが、
「ちょっと一瞬ごめん」と言い、体を起こしながら、スマホを耳にあてた。
どうやら彼氏とのラブラブ通話らしい。

この状態でイタズラしない男なんていないだろw
俺は座っているA子を後ろから抱きかかえるように座り、
A子が耳にあてているスマホの裏側に耳を当てた。
ちょっと若い感じの男の声が聞こえる。

A子「うん、そうだよー。部屋でごろごろー」

俺はA子の両乳首をギュッとつまんでやった。

A子「はっ…!うん…明日大丈夫!」

会話を続けるA子。しかし抵抗はない。
俺はさらに、片手でA子のクリをつまんでやった。

A子「っっっ!…あはぁ…うん?うん、いいよっ!」

この反応を見て、A子は完全に楽しんでいると認識。
彼氏は明日のデートの打ち合わせが楽しそうだ。

彼氏「んじゃ明日は11時待ち合わせで、ご飯食べようぜ」

A子「うんっ…はっぁ…うん、そうだね!」

彼氏「そのあとホテル行く?w」

A子「ええ?…彼氏君エッチぃ?…っ!っ!」

彼氏「だってA子最高なんだもんw」

A子「ぁっ…!はっ!えー…ちょっとうれしい…w」

彼氏「想像したらたっちゃった…w」

A子「あんっ…えっ?ほんと?…えへへ…ウチもちょっと…興奮しちゃうw」

彼氏「あー…やばい…ビンビン…A子は?」

A子「もう!エッチw…あんっ…ウチも…濡れてる…」

こいつらテレフォンセックス始めやがったw
いや、A子はリアルセックス中なんだけど、男の喘ぎを聞く趣味はないw
俺はすでに自分でオナニーを始めているA子を仰向けに寝かせ、
彼氏と通話しているA子にチンポを突き刺した。

A子「ああああっ!!!」遠慮なく喘ぐA子

A子「うんっ…ああっ!…うん…彼氏君の…欲しい…」もう俺の入っちゃってるけどw

A子「ああっ!ああっ!…うん…超濡れてる…あんっ…」

やっぱり彼氏持ちの女にハメるのは興奮する。
A子もまんざらではないようだ。

A子「彼氏君…あああっ!…いっちゃうの…?ああっ」

A子「うんっ…うんっ…ウチもっ…あああっ…」

A子「あっ!あっ!いくっ…いくうぅっ!!…」

彼氏君は案外早くいっちゃったみたい。
A子もタイミングを合わせてあげたみたいだ。
俺もピストンをいったん中止。ゆっくりとA子の中を味わう。

A子「はぁ…はぁ…」

A子「うん…はぁぁ…いっちゃった…えへへw」

A子「ホント?…はぁ…うれし…」

A子「うんっ…ウチもお風呂…いこっかな」

A子「うん…うん…明日ね…」

A子「うんっ…えっ…うん…好きだよっw」

そういうと、A子は通話を切ってバタっと脱力。

俺「ん?…お風呂行く?」ゆっくり抜きにかかる

A子「えっ!いやっ!…してっ!してえっ!」

俺「でも明日彼氏君にしてもらえるんでしょ?」

A子「いやあっ!俺君の欲しいのぉっ!」

俺「これっ?」高速ピストン開始

A子「あああっ!あああっ!これっ!…うんっあああっ!」

俺「彼氏君とどっちがいい?」

A子「あああっ!…こっちっ!…あああっ!…こっちのがいい!…俺君のっ!」

俺「じゃあ彼氏君に謝んないとね?」

A子「ああっ!ああっ!…ゴメンねっ!彼氏君っ!…気持ちいいっ!…ああっ!ああっ!」

3Pの翌日にもかかわらず、この背徳のセックスは0時まで続いた。
こういうシチュエーションだとがぜん興奮するw

帰り際、
B子とC子の話はまた今度するから、A子からは何も言うな。
と口止めをすると、素直に頷いた。

?
そして数週間。
ABC子三人とも、それぞれ週1か2週に1回のセックスは続けていた。
A子は、B子C子が寮から抜け出した日は俺に抱かれていると思っているようだ。
B子C子は「たまには、また3Pしたい♪」と話しているので、
A子を巻き込むために、2人に探りを入れてみることに。

まずはB子。
この日も相変わらずスレンダーな体をくねらせて喘ぐB子。
ショートカットから伸びるうなじ、そこからお尻までのラインは何度見ても最高だ。
B子の背中に射精し、お掃除フェラ。いつもの流れでフィニッシュした後のまったりタイム。

俺「B子、何度ヤっても飽きないなーw」

B子「はぁ…はぁ…私も…wでもC子にも同じこと言ってるんでしょー?w」

俺「あはは。さてどうかなあ?w」

B子「ふふっ…いいけどねっ!でもよく体力持つねー2人相手してるのにー」

俺「お前ら最高だもんw でも2人だけじゃないかもよ?w」

B子「えー!他にもいるのー?サイテーw」

俺「すんませんw」

B子「またうちの学校の子だったりしてw」

俺「うーん…あのさ、A子って知ってる?」

B子「えっ…知ってるよ。まさかA子とも?」

俺「実はねwこの前の3Pの時、2人と別れるところ見られちゃってたんだよ」

B子「え!マジで?C子との事話しちゃった?」

俺「話してはないけど、俺らこういう関係じゃん。3人で遊んだってどういうことか感づいてると思うよ。」

B子「うわー!ヤバいー!はずっ!っていうかヤりすぎっ!」

俺「ゴメンw他にはもういないから安心してw」

B子「ほんとぉ??w」

俺「本当だってwなんなら今度、4人で遊ぶ?w」

B子「えー!A子とも…?でもA子彼氏いるのに…w」

俺「それはまあいいじゃんw」

B子「うーん…まっ…考えとくねw」

俺「おっけwあ、C子ちゃんには俺から話すから黙っといてね」

B子「おっけーwでも俺君、ホント絶倫だね…ふふっ…シコシコ…」

俺「こらこらw」

この後、B子にせがまれて延長戦をこなした。
さすがスポーツJK、体力もあるし淫乱であるw

?
翌日C子と会った。
C子もあいかわらず巨乳を揺らしながら登場。
C子は3Pを早くしたいらしく、あの時のことをよく話す。
俺はC子を後ろから抱き込みながら、愛撫をしていた。

C子「はぁ…あんっ…俺さん…」

俺「C子のおっぱい、ホントやらしいよねw」

C子「いやぁ…でも、あんっ…いいですよ、好きにしてください…♪」

俺「もうしちゃってるーwけど、C子って俺の前だとMなのに、B子にはSだったよねw」

C子「えへへ…♪私女の子もすきなんですぅ…あんっ…」

俺「レズっぽかったもんね」

C子「はぁ…うん…でもレズっていうか…あんっ…かわいいな、って…」

俺「B子のこと好きなんだもんねw」

C子「えへっ♪あんっ…はい…Bちゃんかわいいです…///」

俺「女の子責めるの好きなの?」

C子「あっ…あぁ…はい…」

俺「B子以外で、クラスの子とかでも?w」

C子「あんっ…Bちゃんとしてから…少し妄想しちゃいます♪…シコシコ」後ろ手でチンポをつかむ

俺「実はさ、B子には話したんだけど、C子とB子のクラスメイトの子」

C子「はぁ…え…?…シコシコ」

俺「もう一人、エッチしちゃってるんだよね」

C子「あんっ…えっ…えっ…シコシコ」

俺「このチンポもう一人クラスメイトにハメちゃってるんだw」

C子「えっ…だれ…ですか…?…シコシコ」

俺「A子」

C子「ええっ!…Aちゃん…あんっ…彼氏いるのに…シコシコ」

俺「黙っててゴメンね?話す機会無くてさ」

C子「あんっ…えへへ♪いいですよっ…俺さん凄いですね…あんっ…シコシコ」

俺「どお?A子もこうして責めてみたい…?」指を二本差し込んだ。C子はもう蕩けている。

C子「ああっ!…俺さぁん…ああんっ!…」

俺「ほら、C子…」

C子「あんっ!あんっ!…してみたい…かも…です…」

俺「じゃあチャンスがあったら今度は4人であそぼっか」

C子「えっ!あんっ!…興奮しちゃいます…あああっ!…」

俺「決まりねw」

C子もロリな外見なわりに変態だ。
この日セックスをしながら、「A子にも入ったチンポだぞ、どうだ?」
などと言葉攻めをすると、いつもより乱れながら、
「あああっ!…すごいですぅ…!Bちゃんにもっ!あああっ!Aちゃんにもおおぉ…あああっ!」
とイキまくっていた。

?
さて、これで関係は全員が知るところとなったわけだ。
明日以降、学校や寮で彼女たちがどんな事になるか楽しみである。
ここまで来たら、彼女たちに任せてしまうつもりだ。

続きは要望があったら書きます!





同じ出会い系に登録してた友達同士のJK その5


とある出会い系アプリで同じ寮に住む3人のJKを、
それぞれ同じホテルの同じ部屋で食うことに成功した。
念願のJK複数プレイを目指し、ついに3P成功中。
A子は今のところ空気w
(※3人のスペックはその3参照)

?
ついにB子&C子との3Pに突入。
B子を泣かせるほど焦らした後、
C子と一緒にB子を責めている時C子が思わぬ発言を。

C子「だからぁ♪B子と俺さんが会うのと同じくらいの時に?私も俺さんとしちゃってたの♪セックス♪」

?
もともとABC子三人とも同時期に釣り上げて、同時期に食ったが、
B子に対しては、C子はB子の紹介で俺と知り合ったということになっていたわけで、
C子のこの発言にはビビったw

B子「えっ?どういう・・・こと?」

チンポを入れられ、快感に身を委ねていたB子はぼんやりと反応した。
ここで計画が台無しになっちゃいけない。
俺はB子へのピストンを早くし、C子に挿した指も激しく動かした。

B子「ふあっ!あっ!いいっ!あああっ!」

C子「あんっ!はげしっ!あんっ!あんっ!」

B子は正常位で腰をくねらせて、C子の手を握っている。
C子はそのB子に寄り添うように寝ころんでB子の手を握っている。
昼下がりのホテルに響く2人のJKの喘ぎ声は最高だ。
本日二回目の射精感が高まってきた。

俺「そろそろ、いくぞっ」

B子「あああっ!いいっ!気持ちいいのっ!」

C子「ああっ!Bちゃん!…俺さん、イクってっ!あんっ!」

B子は全く聞こえていないようだったが、
俺はそのままB子のお腹に射精し、
まだ精子が滴っているチンポをB子の口元に持って行った。

するとC子が先に動き始め、
「ああ…」というため息とも喘ぎ声ともつかない声を出しながら、
B子の顔の上でチンポを舐めだした。

B子の頭を少し傾けてやると、B子は一瞬驚いた顔をしていたが、
C子と一緒に精子まみれのチンポを舐め始めた。
考えて行動しているというより、本能で動いている感じだった。

精子まみれのチンポをお掃除フェラするJK2人。
それを見下ろす俺は、フェラの気持ちよさ+ビジュアルで興奮マックス。
その証拠に出したばかりのチンポはまだギンギンだった。

B子&C子「あむ…クチュ…チュル…ペロペロ…」

俺「ああ…やべえ…お前らエロすぎ…」

C子は口を離し「俺さんとBちゃんのエッチすごかったです…」

B子は竿を握ってチンポを念入りにしゃぶりだす。

俺「B子、ごめんな?どうだった?」

B子「チュパッ…うん…すごい…よかった…」

B子が口を離すと、B子が握るチンポを今度はC子がしゃぶりだす。
俺もさすがに少し疲れたので横になった。
すると俺をまたいでC子が右足の上に移動した。
B子は俺の体に直角に交わるように左に移動した。

二人とも顔は股間の方を向いている。
どんだけエロいんだかこいつらw
しかしJKのWフェラを楽しまないと。

C子「チュパッ…あは♪俺さん元気ですぅ?」

B子「パクッ…ジュルル・・・」

俺「興奮やばいよこれw」

B子「チュパッ…いつもより元気だね、確かにw」

少し余裕が出てきたB子。

C子「パクッ…ジュルル…ジュポッ…」

B子「シコシコ…C子、フェラえっちぃなぁ…w」

C子「んふふ…」

B子「そういえば、さっき言ってたのどういうこと?」

俺「あっえーとw」

C子「チュパッ…あ…あのね、ごめんねBちゃん。実はBちゃんが紹介してくれる前から、俺さんと会ってたの」

B子「(さすがに手を止めて)えっ?」

俺「いや、実はB子と会った時期にC子ちゃんともあのアプリで知り合ってたんだよ」

B子&C子「えっ!?」

2人はお互いが同じ出会い系アプリに登録してた事を知らなかった。
そこで俺はWフェラを少し休憩して、慎重にネタバラシを始めた。
B子と会った後にC子と会ったこと。
C子が俺と会ったときに、B子がC子の恋を応援していた相手は実は俺だったこと。
俺が3Pしたいから、B子にC子を紹介してもらった体にしてもらったこと。

C子は俯きながら、B子は少し神妙な顔をして聞いていた。

俺「…というわけなんだ。ごめん」

C子「ごめんねBちゃん…」

B子「………もー!!!ひっどーい!!!」

俺の左側でいつの間にか正座(w)で聞いていたB子はそう言うと、
俺のチンポを握って、痛いくらい激しくしごきだした。

B子「もーー!!やられたぁー!」

俺「いてっ!B子!ちょ痛い!」

C子「Bちゃん…クスクス…」

B子「シコシコ…………ククク…あはははw」

B子「もう!こんなドッキリされると思わなかったよ?!w」

俺「ごめんってwでもB子、C子に責められて興奮してただろw」

B子「うっ…あー!もう恥ずかしい!」

C子「Bちゃんごめんね…」

B子「C子…ううん、いいよwC子の違う一面も見れたしねっw」

そう言うとB子は、C子の首に手を回し、C子にチュッとキスをした。

C子「///」

B子「もう…この責任は俺君に取ってもらわないとっ!パクッ」

C子「あは♪そうだよねっ!」

C子はそういうと、俺の乳首に吸い付いた。
そのまま2回(正確に言うと3回?)戦はJKの奉仕中心に進んだのだった。

この時点で土曜の午後4時。
8時まで3Pを堪能しチェックアウトした後、
2人が行ってみたいと言う居酒屋で夕食をとった。

酒が入った二人はさらに元気になり、その日は寮に連絡を入れてお泊りになった。
居酒屋を出た後は本日二回目のホテルにチェックインし、3人でセックスを堪能した。
途中C子はグロッキーで寝てしまい、B子と2人で濃厚セックス。
翌朝も先に目を覚ました俺とB子はさらにセックス。
さすがに体育会系のB子は体力があるw
C子はその話を聞いて小悪魔っぽく笑った。

午前中チェックアウトをし、
いつものコンビニで2人と別れた。
2人は相変わらず仲良さそうに、寮に帰って行った。

?
その翌日。
さすがの俺も一日中疲れが取れずにいた。
すると携帯が鳴る。

A子からの連絡だ。
正直今日はセックスはいいや…と思っていたので、断ろうと思った。
文面はを見ると、

A子「ちょっとさー、話があるんだけど会いたいな」

俺「(え、なんか真面目っぽいぞ…)どうした?」

A子「んーん会って話したい!」

俺「んじゃ今夜会おうか」

?

で、会うとやっぱりホテルにw
A子は珍しく、ベッドに入るなりフェラを開始。
しかし、昨日の3Pでグロッキーだったせいかたちが悪いw

A子「チュポッ…あれ?元気ない?w」

俺「あーうん…ちょっと忙しくて疲れてるかもw」

A子「シコシコ…え??誰とヤッたの??w」

俺「まあいろいろとw」

A子「実は話ってのはさー、昨日見ちゃった。コンビニで3人でいるとこw」

俺「!」

?
続きは需要があれば!

同じ出会い系に登録してた友達同士のJK その3

とある出会い系アプリで同じ寮に住む3人のJKを、
それぞれ同じホテルの同じ部屋で食うことに成功した。

3人のスペック。
A子:ギャルっぽい 普通体形 身長160 Cカップ
セックスは3人の中では一番未熟。恋愛感情多めだったが、電マセックスでイカせまくり、
恋愛抜きでもセックスをしたがる女に調教中。

B子:ショートカット 細身 身長165 Bカップ
スポーツ推薦だけあってセックスもスポーツ感覚で激しい。
セフレには一番向いているタイプ。(すでに会っているが)C子を紹介してもらう予定。

C子:ロリ系 普通体形 身長155 Dカップ
こっちの連絡には秒速で反応するが、自分からの連絡はほとんどなし。
俺とB子の関係を知っている。フェラが抜群に上手い。

?
前回から約1ヶ月。
3人ともそれぞれの関係を継続中のある日、珍しくC子から連絡が入る。

C子「あの、Bちゃんから俺さんを紹介してもらっちゃいました笑」

おおB子がやってくれたか。
C子いわく、
B子が内緒で見せてくれた、最近遊んでる男の画像が俺さんだった。(C子は知ってる)
C子が(演技で)興味を示したところ、B子が紹介してくれる事になり、
俺の連絡先を教えてもらった。という事だった。
これでB子とC子の接点ができたわけだ。複数プレイ計画がジワジワと進行している。
その夜はC子を呼び出し、ホテルの一室で楽しむ事に。

俺「もうBちゃん公認で遊べるねw」

C子「ちょっと悪いことしてる気がしますけど笑」

俺「さっきBちゃんから連絡が来たよ。C子かわいがってあげてねwだってw」

C子「もう何回もしてるじゃないですかぁ?♪」

俺「だねwでもBちゃんには今日が初めてって事で、ねw」

C子「私悪い子ですかね♪」

相変わらず小悪魔なC子、いつもどおりの丁寧なフェラをしながら微笑む。
そしてもう何度目か、C子の小さいアソコにバックから突き刺した。

C子「ああんっ!いいっいいっ・・・」

俺「今頃B子ちゃんは俺らのこと想像してるかもねw」

C子「ええっいやぁ・・・興奮しますぅ・・・♪」

そんな会話をしていると、俺の携帯が鳴る。
俺は体位を入れ替えて携帯を確認。C子は俺の上で腰使いを見せてくれている。
連絡はB子からだった。B子「C子どう?もうやっちゃった?」
B子にしては真剣な文面だ。さすがのB子も心配しているのだろうか。
俺はその文面をC子に見せてやった。

C子「あんっ・・・あはは・・・Bちゃん・・・もうやっちゃってるっ♪あんっ!ああんっ!」

C子はまた興奮して腰をくねらせている。
俺はB子に返信。

俺「うんw今騎乗位で腰振ってるよwエロイねC子ちゃんw」

B子「えっ!早くない?wそうなるとは思ってたけどーw」

そこまで連絡して俺はB子に電話をかけてみることにした。
C子は俺のそぶりを見て、「えっ」という顔になったがもう遅いw

B子「はい、もしもし?」

俺「おう、電話の方が早いからかけちゃったw」

C子は口を押さえて、ゆっくりと腰を動かしている。
俺はその動きにあわせて腰を突き上げながら、B子との会話を続けた。

俺「今、まさにヤッてるよw」

B子「ええっ!マジで?途中で電話してくるとか信じられないw」

俺「あぁ・・・C子ちゃんもマジでエロイよwほんと最近のJKはエロイなw」

B子「ええ・・・今C子としてるんだよね・・・?」

俺「してるよっ」

そこで俺は片手でC子の腰をつかみ、下から力強く突き上げた。
肌と肌がぶつかるパンパンという音を聞かせるためだ。
その刺激にC子がたまらず声を漏らし始めた。

C子「っ!ぁっ!・・・いやっ・・・ああっ!っ!」

B子「なんか・・・今のC子・・・?やらしい・・・」

俺「B子だってエロい声出してたじゃん」

C子「あっ!あんっ!だめっ!あああっ!」

B子「そうだけど、C子ってこんな声出すんだ。ちょっと興奮する」

俺「C子と話してみろよ」

俺はC子にも同時に言って携帯をスピーカーにし、
一旦抜いてから、戸惑うC子を四つんばいにさせた。

C子「あ、も、もしもし、Bちゃん?」

B子「あ、あの、C子?今何してるの?」

俺は「セックスに決まってるじゃんw」と思ったが、
黙ってバックで奥まで一気に突き刺してやった。

C子「今、ちょうどエッチしてあああああっ!」

B子「え?どうしたの?大丈夫?C子?」

C子「ゴメン・・・今後ろから・・・急に・・・入れられちゃった・・・ああっ」

B子「そ、そっかw俺さんのエッチ、どお?」

ピストン開始。

C子「あの・・・あっ!ああっ!・・・いい・・・気持ちいいよ・・・ああっ!」

B子「うわぁ・・・超やらしい・・・」

C子「ああっ!ああんっ!・・・Bちゃん・・・これ・・・いいよね・・・ああん!」

B子「うん・・・超キモチイイよね・・・いいなあ・・・C子」

C子「ゴメンっ!ねっ!・・・ああっ!・・・いいっ!いいっ!・・・」

俺「B子どう?興奮してるんだろw」

B子「あっ、うん・・・こんなの初めての経験だもん・・・」

C子「あっ!いいっ!あっあっ!」

俺「B子自分でいじってみろよ」

B子「えっ・・・うん・・・実はもうしてた・・・w」

俺「やっぱりなwんじゃこっちはこのまま続けるから」

B子「えっ!うん・・・わかった・・・」

C子「いいよぉ・・・あああっ!気持ちいいっ!あああっ!あああっ!」

ピッ

思いつきの作戦だったが、思いのほか興奮した。
B子は少し寂しそうな複雑な感覚でいるようだった。
C子は完全に興奮して、あえぎ声をこれ見よがしに聞かせるくらい感じていた。
この日のC子とのセックスは午前3時くらいまで続いた。

ふらふらと帰っていくC子を見つめながら携帯を見ると、B子から、
「ものすごい興奮して一人でイっちゃったよwなんか悔しいから明日会いたい!w」
となかなかいい反応の連絡が入っていたw
B子も少し別の性癖が目覚め始めたかな?

?
翌日は約束どおりB子とホテルへ。
B子は部屋に入るなり俺を押し倒し(さすがスポーツ少女w)、
自分から激しいフェラをはじめた。

俺「激しいなっw昨日のが効いちゃった?w」

B子「ジュルルッ・・・うんっ・・・あんなのずるいっ・・・パクッジュルル」

俺「一日中興奮してたんだろw」

B子「ジュルッ・・・うん・・・何にも手につかなかった…C子と話して、感想聞いたら、さ・・・」

俺「嫉妬?w」

B子「シコシコ・・・嫉妬って言うか・・・なんかすっごいえっちな気分で・・・w・・・パクッ」

俺「そっかwなんかゴメンな。その代わり今日もいっぱいしてやるからw」

B子「ジュパッ・・・うんっ!もうダメ・・・早く!」

そう言うとB子は履いていたショートパンツとパンツを脱ぎ去り、正常位で足を広げてきた。
アソコはすでにトロトロになっている。
そのままB子の奥まで突き刺し、奥に押し当ててやった瞬間。
3・4・5回と背中を反らせてビクッビクッと痙攣してイってしまった。
性欲溜めたJKってほんとにエロイな・・・w

B子「っっっ!はあぁぁっ!・・・ヤバイ・・・入れられただけで・・・」

俺「B子最高。もっとエロくなっていいよw」

B子「ああああっ!!ああああっ!!・・・いいっ!・・・気持ちいいっ!」

1回戦目から全開でセックスを楽しんだ。
途中服を脱がせあいながらも、B子はイキまくった。
そしてお約束、二回戦時にバックでピストン中、C子への電話をお返しすることにw
しかしC子の反応は最初から少し変な感じだった。
B子は完全にセックスを貪っている状態。

俺「もしもし?」

C子「あっ・・・俺さん・・・」

B子「ああああっ!!・・・いいよっ!・・・もっとぉ!ああああっ!!」

俺「今日は逆の立場だねw」

C子「Bちゃん・・・エッチな声・・・ああっ」

俺「C子オナってたんだろw」

B子「ああっいいっあっあっ!」

C子「はいぃ・・・あっ・・・俺さんとBちゃん今頃・・・って・・・あんっ・・・」

俺「ほらB子、C子ちゃんだよ」ピストンを緩めてやる

B子「えっ・・・あっ・・・はぁ・・・ああん・・・C子・・・?」

C子「Bちゃん・・・あっ・・・気持ちいいの?」

B子「うん・・・やっぱりいい・・・はぁ・・・はぁ・・・恥ずかしいな・・・」

C子「Bちゃんの声すごくエッチ・・・」

B子「はぁ・・・は、恥ずかしい・・・よ・・・」

C子「お互い様だよ♪今わたしも自分でしてるの・・・」

B子「そうだね・・・へへっw・・・あんっ!なんか変な感じだね・・・w」

C子「あんっうん・・・でも、俺さんのエッチ、あんっ最高・・・だよね・・・」

ピストン開始。

B子「うんっ!ああっ!最高だよぉぉ・・・あああっ!すごいっ!」

C子「Bちゃんすごい・・・ああっ!興奮しちゃうよ・・・あっ・・・」

ここからは俺は無言でB子を突きまくり、
B子も殆ど会話できないまま、イキまくった。
C子は電話を切るかと思ったが、
延々B子に言葉攻めでもするかの様に話しかけていた。
俺がイクと言って、B子のあえぎ声が絶叫に近くなったとき、

C子「ああっ!・・・Bちゃん・・・Bちゃん・・・俺さん・・・ああっ・・・あああっ!」

というC子の声を聞いた気がしたが、
俺もB子との野獣のようなセックスをしていた余韻で、
B子に覆いかぶさって放心していた。
気づくと電話は切れていた。

B子はその後、30分くらい体をビクビクさせながら放心。
気がついた後も体に力が入らないらしく、しばらく今日のことを話したりしながら、
B子は自分でクリを弄り、最後にかわいくピクピクとイっていた。

?
そしてA子。
A子と会う回数は他の2人と比べて明らかに少なくなっていった。
俺自身が、B子・C子という最高のJKを手に入れてしまったせいで、
A子とのセックスに刺激を感じなくなってきていたのも原因だ。
それはそうだろう、B子C子はセックスを楽しめるパートナーだったが、
A子はこちらが開発している段階なんだからしょうがない。

A子の体を開発する事に専念し、A子もそのギャルっぽい見た目どおりの
エロいJKになってきたな、と思っていた。
その日もA子は失神寸前までイキつづけた休憩中。

A子「実は最近さあ・・・」

俺「ん?なに?」

A子「俺君とのエッチで色々目覚めちゃってw」

俺「それはありがたい事だねw」

A子「うん、それで・・・」

俺「なんかいいたい事でもあるの?w」

A子「うん、あのね。他の人ともやってみたいな、と思って」

俺「ん?うん」

A子「先輩と、サイトの人と、塾の先生としちゃった・・・w」

俺「えっ!いつの間にw」

正直悔しかったが、
A子がエロい女になってくれた事の喜びもあったw
その後も詳しく話を聞いてみると、

俺に開発されたら、他の人とのセックスにも興味が出てきた。
それで頑張って(?w)経験してみたら、やっぱり人によって違った。
でも、こんなにイかせてくれるのは俺さんだけだった。
ということだった。
しかしこの後、A子は驚くべき事を言い出した。

A子「実は、その先輩に告られて、おっけーしちゃったんだ・・・」

俺「えっ?マジ?それはおめでとう!なのか?w」

A子「ありがとうwでもまた俺君とエッチしちゃってるw」

俺「まあ、A子がやめたいならそれでいいよ」

A子「やめるって俺君と会うってこと?やめれるわけないじゃーん♪」

俺「(見た目どおりビッチになってきたなw)ありがたやーw」

そんな会話をしながら、その日はお別れ。
だが、俺の頭にまたひとつ悪知恵が浮かんだわけで。

?
今後の話は需要があったら書いていきます!









同じ出会い系に登録してた友達同士のJK その11

その10→とある出会い系アプリで3人のJKをゲット。
それぞれのスペックはその7参照。
?

3人と出会ってからはや数ヶ月。
性欲処理には事欠かない日々を送っていたが、俺の最終目標は夢の4P。
B子C子との3Pは一泊ヤリまくりだったが、A子が加わったらどんなことになるだろう。
そのA子を複数プレイに引きずり込むためにC子と作戦を練った。
結果は前回B子と寮前カーセックスの翌日。A子と会えばわかる。
?

以前からのA子との約束だったが、会う前に連絡が来ない。
彼女たちの寮は21時に最終点呼があり、それをクリアしてから抜け出してくるので、
いつもは21時半くらいに現れる事が多かったが、A子は現れない。
俺はとりあえずいつものコンビニに車を停め、待つことにした。
携帯をいじっていると突然助手席のドアが開かれ、B子が乗り込んできた。

B子「ちょっとC子に何言ってるの!?」

B子は険しい表情で詰め寄ってきた。
俺はいろいろ察したが、とりあえず車を出した。
ホテルには向かわず、ドライブしながらB子と話した。

結論を先に言うと、C子に託した作戦は失敗に終わった。
その作戦とは、C子がおもちゃを使ってA子を襲い、複数プレイには不可欠の女同士のプレイを経験させて、4Pへの布石を打つというものだった。
しかしB子の話を聞く限りでは、作戦は成功していたようだった。
問題は、A子とC子のプレイを他の生徒(D子としよう)に見つかってしまったのだ。

D子はA子とC子の状況から、A子が虐待されていると見たようだ。
B子いわくそのD子、生徒会副委員長でかなり真面目な生徒らしかった。
寮長に見つかるより、D子に見つかるほうがめんどくさいレベル。

そのD子はC子を叱責し、C子は外出禁止(D子と相部屋にされた)。
A子も本当の事を言えるはずもなく、ショックを受けていると。
B子はA子を慰めていた時に今日会う予定を聞き、A子は凹んでいるので、代わりに来たと言う。
それらの話を1時間半くらいかけて聞いた。

俺「ああー…そういう事か…」

B子「何のんきに言ってんの!C子を炊きつけて原因作ったの俺君でしょ!」

B子は母親が子供を叱るように言いながら、
俺の肩をビシビシとグーで殴った。さすがにちょっと痛いw

俺「いていて。ごめんって」

B子「はぁ?…もう…別に私は怒ってないよ!呆れてるだけ!」

俺「良かったー」

B子「良くないでしょっ!(ビシビシ」

俺「たしかに俺の責任だなあ。どーしようかな。でも寮に入るわけにいかないしな」

B子「2人にちゃんと連絡してあげてっ!」

車は山道に差し掛かっていたので避難帯に車を停め、
その場でA子とC子に連絡を入れた。内容は、謝罪と状況を聞くこと。
二人ともメッセージを読んだことは確認できたが、返答はなかった。

俺「んー、返答来ないなあ二人共怒ってるかな」

B子「怒ってはいないんじゃない?A子はショック受けてるからだと思うし、C子はD子と一緒だろうから返信できないのかもね。」

俺「そっか。それは少し安心だけど、悪い事しちゃったな」

B子「ホントだよっ!」

俺「んじゃ今日はこのまま帰ろっか」

B子「えっ…」

俺「ん?」

B子「帰っちゃう…?」

俺「こんな事あったし、B子もそんな気分じゃないだろ?」

B子「えー…うーん…」

そう言いながらB子の手は股間に…
それとこれとは別なのねw
俺もその刺激に反応し、ベルトを外そうとした時、後方に車のヘッドライトが見えた。
その車から2人の男が降りてきたのが見えたが、正体が見える前にわかった。警官だ。
この時間にJKと出歩いていてはまずい。

B子の耳元で警察が来た。と伝えると、
B子のセックスのスイッチがパチンと切れ、手も戻した。
そして窓がコンコンとノックされた。

K「こんばんはー。どうされました?」

俺「こんばんは。電話が来たから停めてたんですよ」

K「そうですか。免許証見せてもらえますか?」

俺「はい。(ゴソゴソ」

K「そちらの方は?」

俺「え…?(ゴソゴソ」

B子「もー兄貴、免許早く出せよっ」

K「あ、妹さんですか。身分証とか持ってます?」

B子「え…」

俺「はい。これ(俺の)免許どうぞ。」

K「どうも」

K「はいはい。妹さんは持ってます?身分証」

B子「はい…」

俺は(生徒手帳持ってるのかよ…!)と驚いた。
B子はサイフからカードを抜いて警官に渡した。
絶体絶命な状況にもかかわらず、俺は今時は生徒手帳じゃないんだ…と感心していた。

K「高校生がこんな時間に出歩いちゃダメだよ」

B子「すみません…」

俺「妹なんですよ。寮に送ってる最中で」

K「そうでしたか。でも一応声をかけさせてもらってるんですよ」

そこで俺の携帯が鳴る。電話だ。

俺「出ていいですか?」

K「どうぞ」

俺「はいもしもし」

A子「あの、A子…」

俺「母さん何?」

A子「は?」

俺「ああ、うん。B子今送ってるところ」

A子「え?何言ってるの?」

俺「着いてないよ。職質受けちゃって。」

A子「え?何してるの?」

俺「うん、はいはい。送ったら後で連絡入れるって。あいーピッ」

A子すまん。とりあえず今は母ちゃんでいてくれ…!
その間警官はB子に質問をしていた。

K「…もう門限過ぎてるんじゃない?」

B子「でも今日は家に帰るので延長してもらったんで…」

K「家に泊まらないんですか?」

B子「はい、部活の朝練があるんで!」

本当の事は妙にキッパリ言うB子にヒヤヒヤ。

K「そうですか。一応声かけさせてもらっただけなんで」

K「保護者の方がいるなら大丈夫ですね。それではお気をつけて。」

そう言うと警官は敬礼をしてパトカーに戻っていった。
そのまま俺らを追い越して立ち去るパトカー。
俺は、2人の身分証見たのになんで?と混乱。
B子は初めての経験だったのだろう、身分証を両手で持ち、固まっている。

俺はすぐにB子の身分証を奪い取った。
驚くべきことにB子と俺は同じ名字だったのだ。
B子の住所は山を越えた町。俺はその町で一人暮らしをしていた。
その町から寮までは車で2時間ほどかかるだろう。
状況がわかっていないB子に説明をするが、B子は呆然。

B子「え………?どういう、事、なの?」

俺「だから!かくかくしかじか」

B子「え…あ…そっか…うん…そっか」

俺「苗字も町も一緒だからな、信じてもらえたってわけ」

そう言うとやっと理解したらしく、
全身から力が抜けて、ダッシュボードに手をついて崩れ落ちた。

B子「はぁ???ーーー!そういう事か!」

俺「苗字一緒とか、すげえ偶然w」

B子「だよね!ホントだよね!凄くない?」

俺「妹だし?w」

B子「あっ!もうーー!///」

俺「兄貴よりお兄ちゃんがよかったなーw」

B子「う???…///」

俺「ねえねえ、もっかい呼んでよw」

B子「うっさいっ!(ビシ!」

俺はそこでA子の事を思い出し、事情を説明。
俺とB子のありえない偶然の話をケタケタと笑いながら聞き、少し元気を取り戻したようだ。
B子からは鉄拳が飛んできたが。

元気になったA子は、これから出てくると言い出しB子も了承。
俺たちは例のコンビニに向かって出発した。
コンビニが近づいてきた頃にはB子のエロスイッチも再びONになっており、
美味しそうにチンポを味わってきた。そしてコンビニの駐車場に到着。

A子は小走りで現れた。
車を見つけるとそのまま小走りで近づき、助手席のドアを勢い良く開けた。

A子「もー!二人共なにやっt…」

B子「ジュボッ…ジュボッ…チュパッ…あ…A子きたねぇ?…(シコシコ」

俺「お、おう…A子さっきはごめんな」

A子「…っ!」

B子「ん?どうしたのぉ?…パクッ…ジュボッ…レロレロ…」

俺「うっ…A子はやく乗れよ」

A子「…っ!ホントもう何やってんの!」

A子はそのままバーンとドアを閉め、
顔を真赤にしながら後部座席に飛び込んだ。
思わぬ形でA子B子と楽しめそうだ。
車内は俺からA子にさっきの話を説明したり、
C子との一件を聞いたり、
D子の愚痴を聞いたりしていた。
A子は申し訳ないと思っているらしく、しきりにC子の事を心配していた。
B子はその話には加わらず、ホテルに着くまでチンポを離さなかった。
よく我慢できた俺w
?

そしていつものホテル。
部屋に入るとすぐに2人にベッドに押し倒された。
車内でずっとB子のフェラを見せられていたA子は特に積極的だ。
俺が忙しかったせいで、A子にとっても久々のセックスなのだ。

A子「パクッ…!チュル…んぅ…レロレロレロレロ…」

B子「うわぁ…A子こんなエッチいんだ…」

B子はA子の前だというのに、素早く服を全部脱ぎ捨てている。
俺の服を脱がしながら、A子のフェラを観察していた。

B子「ねえ、A子ぉ…美味しい?俺君の…」

A子「チュルッ…チュパッ…はぁ…うん…さいこぉ…あむあむ」

B子はA子に対してはSになるようだ。
力関係はC>B>Aというわけだ。
俺はB子にA子の服を脱がせるように言い、A子はされるがままに全裸に剥かれた。
その間、甲斐甲斐しくフェラを続けていたA子だったが最後の1枚には少し抵抗した。

B子「んん…?A子嫌?」

A子「チュパッ…はあぁ…嫌…じゃないけど…」

B子「けど?」

A子「あの…濡れてる…から…///」

このA子のリアクションに、キュンキュンしたB子の心の音が聞こえた気がした。
事実、俺も萌えた。C子も同じように感じたかもしれない。

俺「じゃあA子、仰向けになれよ」

A子「え…あっ」

その隙に俺は最後の一枚をスルッと抜き取り、そのままA子の後ろに。
A子を抱え込む体勢になった。

B子「さすがっ…俺君上手?(パチパチ」

A子「いやぁっ」

A子は両手で自分のアソコを隠す。
俺はそのままA子の両足を抱え込み、両膝でA子の足を開かせる。
そのまま後ろに倒れこみ、A子の手を強制的に拘束した。

B子「うわぁ…///これ…はずいかもっ…///」

A子「いやぁ!…ヤダっ!…見ないでぇ…!

俺「B子、かわいがってやれよ」

B子はそのままうつ伏せに寝転び、俺とA子の局部に顔を近づけた。
こちらからはB子の行動は見えないが、B子はA子を攻め始めた。

B子「A子ぉ…すごいね…」

A子「やだっ…や…」

B子「すごい濡れてる…」クチュクチュとイヤラシイ音が響く

A子「あはっ…!ひぁっ…!」

B子「ふふっ…ここはぁ…?」

A子「ああんっ!いやっ!ああっ…!」

B子「A子すごぉ…こんな感じ方するんだ…ビクビクしてるよ…?」

A子「ふぅ?…いやぁ…あんっ!ダメぇ…B子…ああっ…!」

B子「俺君のもすごくおっきくなってるよ?♪」

そう言うとB子は玉袋から先までレローっとひと舐め。
そのまま俺のチンポの根本を掴んで、

B子「A子ぉ…ほら…わかる?…これ」

A子「はぁっ…!あっあっ…!」

B子は俺のチンポを使ってA子のアソコをいじりだした。
これは俺も気持ちいい。

B子「どお?これ…欲しいんでしょ…」

A子「ああっ…いやぁ…ああっ!いやっ!いやっ!」

B子「嫌なのぉ…?ウチは欲しいなぁ?…先に入れちゃいたいなぁ…」

A子「あああっ!嫌っ!だめぇっ!」

B子「あぁすごい、チンポ、A子のでヌルッヌル…」

俺「あぁ…B子それヤバイわ…A子に入れてやれよ…」

B子「ええー!?ウチが先に舐めてたのにー…(ブー」

俺「B子昨日もしたじゃん…w」

B子「しょうがないな…ふふっ」

B子は両手で竿をつかみ、
先をA子のアソコにスライドさせながら押し込んでいく。

B子「あぁ…入りそう…エッロぃ…」

A子「あぁぁぁぁぁ…だめぇ…」

チンポの先から入れるわけではないので、多少痛い。
しかし、ぐぐぐ…とB子がチンポを動かすと、半分くらいまでニュルッと入った。

A子「あああああっ!」
B子「ああっ!すごい…」

二人同時にそう言った。
俺はそのままA子の奥に突き刺していく。

A子「あああっ!奥だめっ!あああっ!いい!ダメぇ…!ああっ!」

B子「あぁ…エロいよぉ…A子ぉ…」

そのまま逆向きの騎乗位に以降。
A子は快楽に身を委ねて腰を振りはじめ、B子は膝を立てて起き上がり、
A子を掴みながら耳や首を舐め始めた。耳元で言葉攻めもしているのだろう。

A子「あんっ!あんっ!いいっ!気持ちいいっ!」

B子「ペロッ…ふふっ…A子激しいね…いきそ…?」

A子「うんっ!あんっ!いくっ!いくのっ!あんっあんっ!」

B子「ウチにも…見せてね…?」

A子「いくっ!いくっ!ああっ!あああっ!いっ…あっ…あああぁぁぁぁあぁ…!」

A子は全身を震わせて果てた。
B子はA子の両方を掴んでじっと顔を見ながら、恍惚の表情を浮かべている。
A子のイキっぷりは過去最高だったかもしれない。
そのまま横に倒れこんで、軽く失神してしまった。

俺はA子を心配しているB子を促し、A子の隣に四つん這いにさせ、
B子の大好物を与えることにした。

B子「あああっ!いいのっ!気持ちいい…!」

俺「A子見て興奮してたんだろ?ヌルヌルだぞ」

B子「ああっ!ああっ!うんっ!ああっ!もうっ…たまんないぃ…!あんっ!」

俺「おらっ…また妹になってみろよ」

B子「あっ!えっ!嫌っ…ああっ!」

俺「んじゃもう抜いちゃお…」(ズズズ

B子「いやぁっ!抜いちゃいやぁ…!」

ズ…ズ…ズ…

B子「もうっ!やだっ!…うぅ…///」

俺「ん?」

B子「あ、にk…」

俺「…」ズ…

B子「兄貴ぃ…」

B子「もおやだぁ…あに、兄貴ぃ…入れてぇ…」

ズンッ

B子「あふああああああっ!…いいよぉ…」

俺「俺の気持ち良いか?」

B子「うんっ…!あんっ!いいのっ!あんっ!ああんっ!」

俺「おらっおらっ」

B子「いいっ!兄貴っ!いいのっ!兄貴の気持ち良いのっ!あああっ!」

俺「ん??」

B子「ああ…兄貴ぃ…兄貴のチンポぉ…あんっ!いい…あんっ!」

俺「B子…ほらっ!」

B子「あああっ!いいっ!いいのっ!ああっ!あにっ!あああっ!」

B子は兄妹プレイにハマったようで、
すっかり妹になりきって感じている。
そのまま激しいピストンを繰り返していると、A子が目を覚ました。

A子「ふぅ…ああ…B子…やられてる…」

B子「あああっ!いいっ!あああっ!もっとぉ…!」

A子「すご…B子…エロいぃ…」

俺はA子を促し、そのままディープキス。
A子は俺にまとわりつきながら、B子と俺の結合部分を観察している。
言葉責めをするほどの余裕はないようだが、

A子「あはっ…この目線…B子犯してるみたい…♪」

と、またもいいセリフを言ってくれた。
その直後にB子はいつもの様に体を弓反らせながら果てた。
?

思いがけず始まったA子B子との3Pは始まったばかりである。

続きはまた!

同じ出会い系に登録してた友達同士のJK その10

とある出会い系アプリで3人のJKをゲット。
実はその3人は同じ寮住まい&同じクラスメイトだった。
それぞれのスペックと紹介はその7参照。

?
B子との中出しセックスから俺は用事が重なって忙しくなり、3人と会えずにいた。
A子B子からは、お誘いや雑談の連絡がいつもどおりに来ていた。
そんなやり取りが2週間ほど続いた頃、C子から連絡が入った。
自分からはほとんど連絡してこないC子にしては珍しいことだ。

C子「俺さん、忙しいのは聞いているんですが、明日とか会えませんか?」

俺「ああ、ごめんね。今なんか妙に忙しくて。明日かあ…うーん」

C子「どうしても、ダメですか…?」

従順なC子にしては珍しく食い下がる。
よほど溜まっているに違いないと思い俺は、

俺「どうした?溜まっちゃった?w」

C子「はい…それもありますけど…」

俺「ん?他にも何かあるの?」

C子「はい…会ってお話したい事が…」

これは…もしやデキちゃった?
嫌な予感を抱いたが、そのモヤモヤを抱えたままにして置けるほど俺の精神は強くないw
無理やり予定をこじ開け、2日後の夜にC子と会うことにした。
A子B子にそれを内緒にしておけるはずもないので連絡を入れると、

A子「えー!最初C子なのー?ずーるーいー!」

B子「寂しい…なんてねっ!ウチも今部活忙しいから!でも、ウチも会いたいな…///」

と少々の抗議を受けたが、まあ問題ないレベルで一安心。
そして2日後の夜。久々に会ったC子はプリーツスカートにニーソ+ツインテの鉄板セッティングで現れた。
ロリ好きな俺の好みをよく知っているw
俺は部屋に入るなりC子のパンツを下ろし、着衣セックス。
溜まっていたのは俺もC子も同じで、獣のようにヤリまくった。

C子「あああああっ!いくっ!いくっ!いきますっ!あああああああっ!!」

C子は今夜何度目かの絶頂を迎えた。
ニーソ以外を剥ぎ取られたC子はうつ伏せに横たわり、背中で精子を受け止めていた。
俺は背中を拭いてやってから隣に横たわり、2日前のことを思い出す。
そういえばC子から話があったんだった…妊娠してるかもしれないのにガッツリハメてしまった…。

俺「はぁ…C子今日めっちゃエロかったな…」

C子「はぁ…はぁ…ふふっ…俺さんもすっごかったですぅ…♪」

俺「はは、久しぶりだしなw」

C子「私もですぅ…ふふっ♪」

C子に腕を伸ばすと、C子はツインテの髪をさっと跳ね上げながら頭を載せてきた。
そのまま小さい体を俺の体に押し付け、子猫のようにゴロゴロと懐いてきた。

俺「で?一昨日言ってたのは、なに?」

C子「え…?なんですか?」

俺「え?話したいことがあるって言ってたじゃん」

C子「え?あ!はい!笑」

俺「セックスに集中しすぎて忘れちゃった?」

C子「えへへ…♪」

俺「で?なに?」

C子「あ、えーと、実は…」

俺「うん(ガクブル」

C子「あの…」

俺「う、うん(ガクガクブルブル」

C子「引かないでくださいね…?」

俺「う、うん(ガクガクガクガクブルブルブル」

C子「どうしようかな…」

俺「って!もういいって!言え!今すぐ言え!」

C子「ははいっ!あの実はっ!」

俺「なに!」

C子「…あの…また…したいんです…あの…B子ちゃんと…」

俺「え?」

C子「あの…前みたいに3人で…」

俺「え?」

C子「はい?」

俺「…」

C子「(キョトン」

俺の不安をかき消すように、C子の口から出たのはまたしてもセックスの話だった。
しかもB子とまたやりたい、だと。さすがロリ巨乳ド変態C子であるw
拍子抜けした俺は、

俺「あー!そういうことね!何だー、普通に言ってよー」

C子「ええっ!そんな…簡単に言えるわけないじゃないですかっ!」

俺「C子変態だもんなw」

C子「うぅ…」

俺「んーでもなー…」

C子「俺さんは、嫌ですか…?」

俺「そんなことないけど、今度は4人で。ってどう?」

C子「4人…?ってA子ちゃんも一緒に、ですか?」

俺「うん。A子も仲間に入れてあげようよ」

さすがに察しの良いC子。
そして俺の提案を聞くとパァっと笑顔になったかと思うと、
すぐに今度は小悪魔のような表情で、

C子「はいっ!いいですねっ♪A子ちゃんも…ふふっ♪」

と言ってゴロゴロと甘えてきたのだった。
それから朝までセックスそっちのけで4Pの計画を話し合った。
やはりC子をこちら側に引き込むのが正解だったようだ。
ついに念願の4P計画が動き出した。

?
C子との密談から1週間。
やっと落ち着いてきた俺は、まずB子を呼び出した。
A子へのフォローも忘れず、翌日はA子と会う事にした。

B子は「部活で疲れている」と言いつつ、いつもの様に元気に車に乗り込み、
すぐに耳元で「大丈夫だったよっ♪」と囁いた。
一瞬考えたが、中出ししたんだった。C子よりヤバイのはB子だったw

部屋に入るとB子は俺をドアに押し付け、
膝まづいたかと思うと、秒速でチンポを咥えた。

B子「あむっ…クチュクチュ…んふ…んっ…ジュルッ…ジュルッ…!」

俺「おおぅ…どうしたB子…」

B子「ジュルッ!ジュルッ…!んぅ…あふ…ん…」

B子は問に答えず、フェラを続ける。
今までの快楽を味わうのが目的のフェラとは違う、
それに加えてものすごい愛おしそうにチンポを舐め続ける。
よく見ると、自分の股間にも手を伸ばしている。

B子「あぁ…クチュッ…ああんっ!…パクッ…ジュルッジュルッ…!あふぅ…」

俺はそのままB子にイカされてしまった。
B子がこんなフェラをするとは。C子を超えたかもしれない。
B子はそのまま最後の一滴まで口を離さずに飲み干し、
口元を指で拭って残りの精子も舐め尽くし、勢い良く立ち上がったかと思うと、
そのまま抱きつきながらディープキスをしてきた。

B子「クチュ…あむ…レロレロ…クチュ…はぅ…」

B子「会いたかったよぉ…クチュ…あむ…クチュ…」

C子も相当なものだったが、B子も負けてない。こんなに溜まっていたか。
その気持ちに押されてすぐにビンビンに回復した俺は、
その場にB子を押し倒しズボンをはぎ取った。
心配もしていなかったが案の定アソコはトロットロ。
そのまま玄関で2発目。B子は泣き叫びながらイキつづけ、フィニッシュ。

そしてすぐにバスルームへ。
お互い離れるのを惜しむようにキスをしながら服を脱がしあい、
湯船の中で3発目。B子とは何発でもデキそうな気がしてくる。

結局ベッドに行く前に立て続けに3発。
入り口からバスルームに2人の衣服が点々と脱ぎ捨てられ、
バスルームから駅弁状態でベッドに以降。
そのままお互いの体を貪りあった。

B子「うぐぅぅ…!あいいぃぃっぃいい!!えぐっ…ああああっ!ああああっ!!」

完全に泣きながら絶頂を迎えたB子。
ものすごい感じ方である。我ながらここまで開発されたとは。
最後はB子が床からベッドに上半身をのせる形でバックでハメていたので、
B子は床にへたり込み、ベッドに体を預ける形で方で息をしていた。
それでもB子はすべての精子を飲み込んだ。
俺はベッドに倒れ込み、B子を呼んだ。

B子「ううぅぅう…あああ…はぅっ…ああ…ああんっ…うぅ…」

B子はチンポを抜いてもまだイキ続けているようで、
前身をビクビクさせながら、ゆっくりと隣に横たわった。

俺「はぁ…はぁ…B子大丈夫か…?(ナデナデ」

B子「うぅ…はぁぁ…はうぅ…(ビクッビクッ」

俺「最高だった…」

B子「はぁ…んぅっ!…はぁぁ…はぁぁ…」

そのまましばらくお互い気を失ったが、
目を覚ましてぼんやりと話をした。

俺「…そういうわけで、また皆で遊ぼうよ」

B子「え…ふふっ…うん…楽しかったよねぇ…」

俺「ん?B子わかってるか?」

B子「うぅん…わかってるよぉ…えへへ♪」

俺「本当かよ…w」

B子「ほんとぉ…♪C子とぉ…俺君とぉ…また、しようねっ…」

俺「うんうん、そうそうw(ナデナデ」

B子「えへへぇ…(ゴロゴロ」

そろそろ時間が迫っていたので二人でシャワーを浴び、半ば強制的に目を覚ました。
急いでホテルを出ていつものコンビニに向かう最中、B子はまたフェラを始めた。
時間がなかったので寮の目の前まで送っていったのだが、こうなるともう止まらない。
もう散歩している人もいる時間に、後部座席で繋がった。
傍から見たら明らかにカーセックスとわかるくらい激しいモノだった。

最後のセックスが終わると、B子は名残惜しそうに寮の建物に入っていった。
もちろん最後の精子も美味しそうに飲んで行った。

?
これでB子とC子には、複数プレイの再戦を約束させた。
あとはA子だが、目の前の寮内でC子がうまくやっているはずである。
俺はものすごい眠気と闘いながら、寮を後にした。

?
ついにJK4Pへ!
続きは要望があればまた!

直美 ?仕組まれた脱衣テニス?

ゴールデンウイークの軽井沢。フォーシーズンテニスサークルは貸別荘を借り、3泊4日の新入生歓迎合宿を行っていた。このサークルは東京の有名私大であるK大のサークルであり、男子は3、4年生、女子は1、2年生を中心に構成されている。この合宿には各学年7?8人ずつ参加していた。
 新入生歓迎合宿であるから、普通であれば可愛い1年生を男子がちやほやするものだが、今回は様子が違っていた。2年生の高井直美が人気を独り占めにしているのである。
 直美はアイドル級の愛らしく上品な顔立ちで、大学のミスコンに出れば優勝間違いなしと言われているほどだ。サークルで作っているホームページにも彼女だけ個人的なコーナーが作られており、ホームページで見た彼女を気に入って入会した男子も多い。また、その美貌にも関わらず控えめな性格であったため、男子の間での人気は抜群であった。

 さらに、テニスも上手で、フォームも華麗であり、去年の大学内トーナメントでもサークルの中で唯一ベスト4まで勝ち進んだ。そのため、1年生の女子にも彼女のファンが多い。

 しかし、今回の合宿参加者の中には、そのような直美を快く思わない者たちもいた・・・

 1日目の練習が午後から始まり、3時の中休みの後。
「じゃあ、これから模範試合を見せてもらおう。今度女子のチーフになる高井とサブになる木田、頼む。」
と、チーフの田宮俊之が言った。木田佳子は去年のトーナメントで3回戦まで進んでおり、サークル内では強い方である。しかし、外見はもう一つなので、彼はいない。

「高井さんに勝てる訳ないじゃない。あ?あ」
と言いながら、佳子がコートに向かい始めたとき、
「私たちもやらせて下さぁい!」
と2人の女子の声が響いた。1年生の中山真理と西村恭子である。ともに元気でそこそこ可愛いタイプなので、他のサークルに入っていれば男子が放っておかなかっただろう。ただ、二人はテニスよりも男子目当てで入ったようで、入会以来、飲み会には多く参加しているが、練習に参加したことはほとんど無かった。

 俊之は少し迷ってから言った。
「いいだろう。では2年と1年で組んでダブルスにしよう。ただし、あくまでも模範試合だから、真剣にやってもらう。そこで、一つ条件がある。」
「条件って何ですかぁ?」
2人の1年生が無邪気に尋ねる。
「ゲームを取られたペアのうち、責任が重かった方に1枚ずつ服を脱いでもらおう。どちらの責任が重かったかは、ギャラリーのみんなに決めてもらう。その代わりゲームを取ったペアは2人とも1枚服を着ることができる。」
俊之がきっぱり言った。思いがけない展開に男子は大喜びだ。
「そんなぁ?。それじゃあたしたち1年生が脱がされるに決まってるじゃないですかぁ。」
急におびえた1年生2人が抵抗する。しかし、無責任なギャラリーはすっかり盛り上がっていた。

「甘えるな! ゲームを取ればいいんだ。それにお互いがんばってシーソーゲームになればほとんど脱がないですむじゃないか。」
チーフらしく威厳をこめて俊之が言うと、さっきまで元気だった1年生二人も抵抗できなくなった。真っ赤になる二人を男子達はにやにやしながら眺めている。

 ペアは直美・真理と佳子・恭子に決定した。直美は思いがけない展開に驚き、また、下品な提案をした俊之と無責任なギャラリーに内心怒りつつも、(できるだけ佳子さんたちにもゲームを取らせてやって、恥ずかしい思いをさせないようにしてあげなくちゃ)と考えていた。
 そのような配慮が必要であるほど、直美と佳子の実力差は大きかった。1年生の真理と恭子の実力はよく分からないが、所詮はどんぐりの背比べであろうから、もし直美が本気を出せば6?0で勝ってしまいかねず、その場合恭子がギャラリーの期待どおりの姿になってしまうことは明白であった。

 しかし、その時。恭子は表面的な怯えの表情と裏腹に、内心ではこれから起こることを想像して笑みを殺すのに必死であった・・・

「6ゲームマッチ、プレイ!」
コートに俊之の声が響き、ゲームが始まった。最初は恭子のサーブだ。
恭子のサーブは、何とか入る、という程度であった。しかし、ゲームの方は予想外にもつれた。後衛サイドの真理が必ずレシーブをミスするのだ。前衛サイドの直美がレシーブエースを連発してなんとか追いつくという展開が続き、ジュースが2回も続いていた。

 「先輩、本当にごめんなさい」
と何度も真理が申し訳なさそうに謝るので怒るわけには行かないが、正直、直美も疲れてきていた。(これじゃ、私が気を使わなくてももつれそうね) そう思いつつ打ったレシーブに恭子のラケットがまぐれで当たった。
ひょろっと上がったおあつらえ向きボールを直美がスマッシュしようとしたその時、
「私、打ちます!」
と言って横から真理が割り込んできた。
(何するの!)と直美は内心舌打ちしたが、そのまま真理にスマッシュさせざるを得なかった。案の定、真理のスマッシュはコートを大きく越えていった。

「ゲーム!」
俊之の声がひときわ大きく響く。
「先輩、ごめんなさい。今度こそは役に立てると思ったのに・・・」
と泣きそうに謝る真理を見ながら、直美は(この子も悪気があった訳じゃないんだし。何とかこの子があまり恥ずかしい格好をさせられないようにがんばらなくちゃ)を気を取り直していた。

 「さて、ギャラリーの皆さん、今のゲームで責任が大きいのは直美ちゃんと真理ちゃんのどちらでしょう」
俊之がギャラリーに尋ねる。すると、返ってきたのは直美にとってあまりに意外な答えであった。
「直美がもっと真理をリラックスさせてやれば良かった。」
「直美ちゃんが最後のスマッシュを打つべきだったのよ。」
「レシーブエースばかりじゃなくて、真理にも決めさせてやればリズムに乗れたかもしれないのに」
ギャラリーの声は男女を問わず、一様に責任は直美にあると言っていた。
そんな、馬鹿な・・・と直美は唖然としていたが、俊之は非情にも、
「では、直美。約束どおり1枚脱いでもらおう。」
と告げた。

「そんな・・・」
と言いかけて直美は黙った。自分の正しさを証明することは真理の服を脱がすことになる。それに、第一直美は強行に自分の立場を主張できるタイプではなかった。(仕方ない、1枚脱ぐしかないわ。でも、どうしたら・・・)直美が今着ているのは、上はテニスウェアとブラ、下はスコートとアンスコとパンティだけだ。
「いきなりパンティかぁ」
お調子者の3年生、花岡浩一がはやしてギャラリーを笑わせる。浩一は去年の学園祭のとき直美に交際を申し込んだが、優しく、しかしきっぱりと断られていた。
 直美はしばらく立ちつくしていたが、やがて観念したようにスコートの中に手を入れた。やはりアンダースコートを脱がなければならないと思ったからだ。ゆっくり捲れあがるスコートから覗く白い太ももにギャラリーの視線が集中する。視線を感じたのか、直美の手がアンダースコートに掛かったまま止まった。
「いい加減にしろよ、直美。日が暮れちまうぞ。」
俊之がいらだったようにせかす。俊之も去年直美がサークルに入って来たときにいち早く猛烈にアタックしたのだが、あまりにも強引であったために手厳しく断られ、サークル内で大恥をかかされていた。
 直美は仕方なくアンダースコートをできるだけ素早く脱いだ。しかし、ギャラリーの目には純白のパンティがかすかに見えた。
「やだー、直美。白のパンティだってぇ。ぶりっこ!」
またギャラリーが笑う。直美の頬は恥ずかしさに真っ赤になった。からかったのは同じ2年女子の村田薫だ。彼女もなかなか美人なのだが、やや高慢に見えるところがあり、未だに彼ができずにいた。チーフの俊之のことを好きなのだが、振られてもまだ直美ばかり見ている彼をくやしい思いで見ていた。

 直美を快く思わない数名の者たち?佳子、真理、恭子、俊之、浩一?が仕組んだいたずらは、直美に憧れていたギャラリーの嗜虐心を引き出し、思惑以上にうまくいきそうだった・・・

 第2ゲームは真理のサーブだ。真理は緊張しているためか、ダブルフォルトを2回連続で犯し、あっという間に0?30となった。これでは真理を何とかかばいたいと思っている直美もどうしようもない。
 しかし、次はやっとファーストサーブが入った。恭子が打ち損ね、直美のやや上に絶好のスマッシュボールを上げてきた。直美はジャンプして思い切りボールをたたき、見事にスマッシュを決めた。

 その時、着地の勢いで直美のスコートが大きくまくれあがった。あっ、と思った直美が隠すまでの、ほんの1,2秒ではあったが、その場の全員が直美の白いパンティをはっきりと見ることができた。
「先輩、いつもそんなのはいてるんですかぁ。かーわいいっ」
とからかったのは、なんと、対戦中でしかも後輩の恭子だ。直美は思わずスコートをおさえてしゃがみこむ。(同じ立場にいるのに冷やかすなんて・・・ひどい)直美は唇を噛んだ。
「うひょー、直美ちゃんの大サービス、たまんないねぇ。今度は前も見せてよー」
花岡が素っ頓狂な声をあげる。他の男子も興奮している点では全く同様だ。いつも清楚な雰囲気の直美だけに、よけい興奮するのだ。

「スコートまくれたぐらいでしゃがみこむんじゃねーよ。次行くぞ。」
俊之は徹底的に冷たくゲームを進める気のようだった。(だって、下はパンティなのよ。田宮君まで、いつも優しいくせに、ひどすぎる・・)直美は恨めしい眼で俊之を見たが、俊之はあくまで素知らぬ顔だ。
 そして、続く真理のサーブ2本はまたダブルフォールトで、直美たちのペアはあっさり2ゲームを連取された。

 「ゲーム。さて、今度はどっち?」
俊之がかすかに笑みを浮かべてギャラリーに声をかける。
「しゃがみこんで流れを止めた直美先輩だと思います。せっかくサーブを入れた真理の調子が狂っちゃったわ。」
そう言ったのは、日頃直美を慕っていた水野葉子だ。彼女にも、憧れの裏返しのコンプレックスがあったようだ。他のギャラリーは黙って俊之と直美を見ている。

 「そ、そんな・・」
言いかけた直美の声をさえぎるように、俊之は言った。
「ギャラリーに異論はないようだ。では、直美。」
直美は助けを求めて周囲を見回した。しかし、同じクラスで、いつも直美と仲良し3人組だった赤井美奈子と永田美紀はうつむき、取り巻きのように直美をちやほやしていた4年の男子達も黙って直美を見返す。むしろ内心では直美の痴態を期待しているように見えた。
 (仕方ないわ。次のゲームを取ればその次は私のサービスゲームよ。すぐに元に戻るんだから。)直美は自分に言い聞かせ、観念した。

 しかし、直美の次の選択肢は少ない。スコート、パンティはもちろん脱げない。また、2時間以上練習して汗に濡れているシャツではブラを取ってしまったら、シャツ越しに胸が丸見えだ。シャツを脱ぐしかない。しかし、それでは、上半身はブラジャーだけになってしまう・・

 動けない直美を見かねて、4年生でサブチーフの松井直人が言った。
「時間がもったいないよ。30秒何もしなかったら強制的にパンティを脱がせるルールにしようぜ」
直人はかなりハンサムでセンスも良く、女子に相当人気があった。彼もやはり直美にアタックしていたが、半年もの間適当にかわされていた。直美にしてみれば直人のあまりのしつこさに断りきれなかっただけなのだが、直人は散々じらせて何もさせてくれないと感じ、しびれをきらしていた。
 直人の過激な言葉にも、誰も反論しない。もう雰囲気は一つの方向に向かっていた。

 半分泣きそうになりながら、直美はウェアを脱いでいった。ブラジャーも当然のようにかわいい純白だったが、直美にしては珍しくハーフカップであった。この前仲良し3人組で渋谷に買い物にいったときに、美紀にすすめられて買ったものである。83センチある胸の半ばが露出した。
「やっぱり似合うじゃん。それにしても直美って結構出るとこ出ててエッチな体してるよねー。」
「肌が白いのがまたスケベよね?。」
美奈子と美紀がはしゃぎながら言う。友達なのだからせめてそっとしておいてくれてもよさそうなものだが、この2人も興味津々といった様子を隠さない。

 また、思いもかけず憧れの直美の破廉恥な格好を見ることができ、男子たちは大喜びだ。もはや直美は、上はブラのみ、下はスコートという半裸に剥かれている。うまくいけばあの直美が素っ裸だ・・・そう思うだけで皆勃起を抑えきれないのであった。

第3ゲームは佳子のサーブである。恭子のサーブですらブレイクできなかったのだから、このゲームはあっさり佳子ペアが取り、直美がもう1枚脱がされる・・・というギャラリーの期待は見事に裏切られた。
 真理がさっきとは見違えるように上手くなっているのだ。とりあえずレシーブの失敗はなくなり、ストロークが続くようになった。しかし、直美も佳子からはあっさりレシーブエースを取ることは難しく、こちらもストローク戦になった。

 その結果、ゲームはギャラリーにとって非常に楽しいものとなった。ゲームを落とせば、言いがかりのような理由で自分の責任にされ、また脱がされてしまうと悟った直美は、必死に走り回ってストロークを返し、精一杯ジャンプしてスマッシュを行わなければならない。
 つまり、ギャラリーにとっては、直美の揺れる胸、スコートから覗く太ももの付け根、白いパンティが見放題なのだ。また、真理のカバーで走り回って息の上がりかけた直美の唇は半開きとなってハァハァとせわしなく呼吸しており、それが喘いでいるようで、なんとも色っぽい。

 ゲームの方は接戦が続いたが、やはり真理が肝心な所でミスをしてしまうため、あと一本で直美たちがゲームを取られるところまで来ていた。
 (絶対ここで取られるわけにはいかないわ。もしこれを落としたら、私、どんな格好をさせられるの。)直美はゲームに集中するのに必死だった。しかし、今の彼女は上半身はブラジャーのみ、下半身はパンティと短いスコート、というあまりに破廉恥な格好を衆人環視の中で晒しており、そのことを思うと死にたいくらい恥ずかしかった。

 普段は仲良くしていた同学年の女子や姉のように慕ってくれた1年生、いつも過剰なくらいに優しかった男子たち。今は全員が直美のさらなる痴態を期待するようにじっと直美の体を見ている。女子は羨望と嫉妬のこもったまなざしで直美の体をあれこれ批評し、男子はニヤニヤ笑ってスリーサイズ当てまで始めている。

 そして、問題のポイント。直美は何とか恥ずかしさをこらえて思い切ったストロークを放ち、相手からのチャンスボールをボレーしようとした。その時、
「直美ちゃーん、パンティがスケスケであそこ見えだよん」
絶妙なタイミングで男子のヤジが飛んだ。一瞬だが、直美は羞恥をこらえきれず、手でスコートを押さえようとした。
「!」
直美は何とか体勢を立て直し、ラケットにボールを当てた。しかし、ボールはネットを越えるのがやっとであり、待ちかまえていた佳子にあっさりスマッシュを決められる。直美はうなだれてその場にうずくまった。その様子を見下ろしながら佳子・恭子・真理は無言の笑みを交わしていた。

「ゲーム。このゲームもボレーを外した直美に責任があると思うが。」
俊之がもっともらしく言う。もうギャラリーに意見を聞く手続きも省いてしまったようだ。もちろんギャラリーにも依存はなく、あちこちで賛成の声があがった。
「あとは、ブラとパンティとスコートか。どれにする、直美?」
直人がせかす。本気で直美に惚れていた彼だが、あくまで容赦する気はない。
「私、先輩のおっぱい見たい!ブラ取ってくださいよお」
と、1年生の中では一番人気の山口加奈子が期待に目を光らせた。この時点で、女子の心理も一つの歪んだ方向に固まっていた。サークルのマドンナ的存在であるだけでも迷惑なのに、特定の彼を作らずに男子たちの心を独り占めにし続けている直美はずるい、許せない。ここで立ち直れないほど恥をかかせて、サークルのペットに堕としちゃえ・・・

直美は三たび立ちつくしていた。今度こそ絶対絶命だ。残っているのは、ブラジャー、スコート、パンティ。どれも脱ぐことなんてできないわ・・・
 直美は内心、佳子を恨んだ。自分は手加減をしてお互い恥ずかしい格好をさらさないようにしようと考えていたのに、佳子はどうして負けてくれないの? やや責めるように佳子を見るが、佳子は平然と直美を見返して言った。
「ねえ、松井くん。もう30秒じゃないの? そしたらパンティよね」
「ちょ、ちょっと待ってよ」
あわてて直美が言ったが、直人はさらに酷なことを言った。
「いや、もう2分経ってるから、30秒×4で、4枚じゃないか? 3枚しか脱ぐもん無いから、あとの1枚分は大股開きでもしてもらおうか?」
どっとギャラリーが沸く。さらに男子の中からは、
「オナニーさせろ」
「いやフェラだ」
と勝手な声があがり、女子からは
「えー、何それぇ。高井先輩、やって見せて?」
とカマトトぶった黄色い声が飛ぶ。集団心理のボルテージが急速にあがっており、このままでは収集のつかない事態になりかねなくなっていた。
 さすがに見かねた俊之が言う。
「直美。今すぐならパンティだけでいいから早くしろ。」
興奮したギャラリーからは甘すぎるとブーイングの嵐だ。直美は俊之の提案に乗らないわけにはいかなかった。
 直美が眼をつぶりながら、震える手をスコートの中に入れ、パンティを下ろし出すと、さすがにギャラリーも静かになる。衆人環視の中で短いスコートの中からパンティを取り去ることは想像以上に困難で、かつエロティックだった。

 パンティを完全に脱ぐためには両足首から抜き去らなくてはならない。立ち上がったままそれを行えば、当然、短いスコートから尻がほとんど剥き出しになる。しゃがんで行うと、後ろからは半ケツを見られる恐れがあり、気を抜けば前からはあそこが見えてしまう。片手はパンティを取り去る作業に使うので、もう片方の手で隠すことができるのは前か後ろの一方しかない。

 直美は混乱したが、また待たせたら今度は何をさせられるか分からない。思い切って中腰になり、前を隠しながら、パンティを取った。
「直美のお尻、見?えた!」
「先輩、前も見せてぇ」
「おお、直美の生パンティだぁ」
騒然とするギャラリーを制して、俊之が言った。
「よし。じゃあ次のゲーム行くぞ」

 直美は、脱いでしまったパンティを男子たちが取り合うのを見て、だまされた悔しさに唇を噛んだ。パンティは全く透けてなどいなかった。

 第4ゲームは直美が待ちかねていた自分のサービスゲームだ。普段であれば絶対に近い自信を持っている。ましてや相手は格下の佳子たちだ。
 しかし、今はタイミングが悪すぎた。上半身がブラだけであることもあるが、何より下半身には短いスコートしか穿いていないのだ。外気が直接下半身に触れるのが感じられ、なんとも心許ない気持ちになる。(こんな状況で思い切りサーブを打ったら、お尻が丸見えになってしまう。前だって見えちゃうかも・・・)悩んだ直美はとりあえず、軽めのサーブを打つことにした。

 しかし、そんなサーブでは佳子にはおろか、恭子にも通用しなかった。二人とも直美との勝負は避けて、前衛の真理に向けて厳しいレシーブを集中する。最初から共犯である真理はあっさりそれを見逃してしまう。そして、真理が見逃したボールを、スコートが気になる直美はいつものダッシュで追うことができないのであった。

 カウントはあっという間に0?40になった。
「何やってるんだ直美。これじゃ全然模範試合にならないぞ。ま、早く負けてヌードになりたいんなら何も言わないが。」
相変わらず俊之は冷たい口調だ。俊之がこの状況を楽しんでいることはもはや誰の目にも明白であった。
「そんなにスコートが気になるんなら、さっさとゲーム落としてそれ脱いじゃえよ」
浩一がはやし立てる。
「やっぱりスコートは最後に脱がさなきゃ。私は先輩のおっぱいが見たぁい」
加奈子はもう直美が全裸になると決めつけているように無邪気に言った。

 ヤジを聞いて直美はおびえると同時に決心した。(確かに死ぬほど恥ずかしいけど、このままあと3ゲーム落としたらそれどころじゃないわ。思い切ってやるしかないのよ)
 直美は背筋を伸ばし、高くトスを上げる。そして一番高い打点に向けてジャンプし、渾身のサーブを放った。見事にサーブはノータッチエースとなった。(やったわ!)直美は内心で小さなガッツポーズを取った。
 しかし、スコートは予想どおり大きくまくれあがった。前は何とか両手で押さえたが、尻は完全に丸出しとなる。直美は着地と同時に左手を後ろに回して隠したが、1?2秒の露出は防げなかった。

 ギャラリーは手を叩いて喜んでいる。
「直美、ケツ丸出しにしてよく恥ずかしくないな」
「きゃー、あたしだったら絶対あんな格好できないよぉ! 恥ずかし?っ!」
「あいつ、結構見られて喜んでるんじゃねぇか?」
(もういやっ こんなの!)直美は羞恥に真っ赤になる。

 しかし、気にしてはいられない。直美はその後も全力でサーブを打ち、走り回ってはストロークを決め、初めてゲームを取った。しかし、その間にギャラリーはいやと言うほど直美の尻を堪能していた。前が見えなかったことだけが残念ではあったが。

 「ゲーム。よくやった、直美。1枚着てもいいぞ。」
ギャラリーが露骨にがっかりしているのを見ながら、直美は自分が脱いだパンティを探した。それはコートを挟んで2つある審判台のうち、主審の俊之が座ってない方の上に置いてあった。そこに直美が上ったら、当然その下に座っている男子達にスコートの中が丸見えになってしまう。
「松井くん、お願いだからあの上にある私の、パ、パンティを取って」
直美が小さな声で直人に必死にお願いする。

「甘えないで自分で取れよ。」
しかし、直人があくまで冷たく突き放す。たまたまその審判台の下に座っていた男子達は期待の目を直美に集中する。
「お願い、松井くん」
泣きそうな顔で直美が言うと、直人は意外にもあっさりと台の上に手をのばした。しかし、直人が直美に放り投げたのは、パンティではなく、ウェアのシャツだった。

「これじゃなくて・・・」
言いかけて、直美はあきらめた。サークルのみんなの前で、下半身をさらす屈辱を続けさせる気なのだ。今度こそ秘部を露出させようと思っているのは明白であり、それはギャラリーの総意なのでもあった。

第5ゲーム。恭子のサーブは第1ゲームからは見違えるほど良くなっていた。一方、真理のレシーブはなぜか再び急に下手になり、全然ネットを越えることができない。どうしてもスコートが気になる直美では、真理の意図的なエラーまでカバーするのはやはり困難であり、ゲームを取ることはできなかった。さっき着たばかりのウェアのシャツは再び脱がなければならず、再びブラとスコートだけの姿にされる。
 第6ゲーム。第2ゲームのダブルフォールト連発の再現を恐れた直美は必死に真理をリラックスさせようとした。やさしい口調で真理に話しかける。
「真理ちゃん。強くなくても、入れればいいからね。下から打ってもいいのよ。」
しかし、真理は唇をとがらせながら、反論した。
「大丈夫ですよぉ。調子良くなってきてるんですから。それにしても直美先輩、よくそんな格好してて平気ですねぇ。なんか、フーゾクみたい。あたしだったら恥ずかしくて死にたくなっちゃう。」

 これには、さすがの直美もかちんときた。(誰のおかげでこんな恥ずかしい格好をしてると思ってるのよ)と怒りたくなったが、真理にふてくされられてゲームを落としては困るので、必死に我慢して笑顔を浮かべた。
 実際、真理のサーブはうまくなっていた。サービスエースまで出てゲームは直美達の有利に進み、40?30となった。あと1本でゲームというそのポイントで、直美と真理のちょうど中間にチャンスボールが返ってきた。
「真理ちゃん、下がって!」
と言いながら直美がスマッシュを打とうとジャンプしかけたその時。

「きゃあ、危ない!」
 直美をよけようとした真理の足が直美の足にからみついた。二人はそのままあおむけに倒れ込む。勢いで二人のスコートが捲れてしまった。
 そして、真理のスコートからはアンダースコートと薄黒く灼けた太股が露出した。直美のスコートからは、・・・直美の下半身の前面がすべて露出した。適度に細く形の良い白い脚も、ふっくら丸みを帯びた腰も、その中心の黒々とした秘部も、すべてが青空の下にさらけ出されてしまった。

 「大丈夫?」
と口々に言いながら、その場の全員が駆け寄ってくる。しかし、本心は心配からではなく、直美の最も隠したい部分を少しでもよく見てやろうと思っているのだ。直美は慌てて立ち上がろうとしたが、同時に立ちあがろうとした真理に、再び足をかけられて転んでしまった。真理が意図的に足をかけたようにも見えた。

 再び転んだ直美は横向きに倒れた。今度はスコートが完全にまくれ、横に倒れた不運も重なって、裸の下半身が前後ともサークル全員の前でさらされてしまった。
「直美・・・」
さすがに美紀と美奈子が絶句する。19歳の女の子が人前で見せる姿としてはあまりにも酷い格好であった。直美が動けるようになるまで、時間にすれば10秒程度でしかなかったが、直美にとっては永遠にも感じられた。半径1メートルにサークルの全員が集合し、自分の最も恥ずかしい部分を注視しているのだ。美紀も美奈子も同情の目はしていたが、決して露出した部分を隠してくれようとはしなかった。男子も女子も露骨にスケベな好奇心を剥き出しにしていた。

「すっげー、直美のあそこだぜ・・・」
浩一が生唾をごくりと飲み込む。男子は皆、同じ感慨を味わっていた。夢にまで見ていた直美の秘部が、あまりにも異常な状況で眼前にあるのだ。
「先輩、真っ白でかわいいお尻ね。そんなに見せびらかさないでくださいよ」
加奈子が嬉々として言った。

 やっと起きあがった直美はあまりのことにしばらく茫然としていた。そして、取り返しのつかない事態が起きてしまったことをようやく実感し、見る見る泣き顔になっていった。

 「もう、こんなの、嫌です。帰らせてください。」
 半分泣き顔になって直美は俊之に訴える。2年生としてのプライドからか、これ以上醜態を晒すことだけはさけようと、泣きじゃくりたい気持ちを必死にこらえていた。
 ギャラリーの面々が俊之を見る。しかし皆の表情には直美への同情よりも、もっといたぶってやりたいという嗜虐心ばかりが浮かんでいた。白い肌をほのかに赤らめながら泣きそうな顔をして立ちつくしている直美の姿は、あまりに艶めかしく、見る者の心理をいやが応にも高ぶらせてしまうのであった。

 「だめだ。君には今年から女子のチーフになってもらうんだ。その君が一度始めた試合を投げ出してどうする。さ、続けるぞ」
 俊之は憎らしいばかりの演技力を発揮しながら言った。ギャラリーもここで許してやる気などさらさらないので、
「先輩のテニスに憧れて入ったんですから、もっと見せて下さいよぉ」
と加奈子が底意を丸出しにしてしゃあしゃあと言う。
「直美がそんなに責任感無いとは思わなかったわ。しっかりしなさいよ。」
佳子が呆れたように叱る。羞恥の極限にある直美の心中を分かっていながら、あえてそのことには触れない。

「いいよ、じゃあ帰れよ。」
と言ったのは直人である。直美は意外な顔をしながらも救いを求めるように直人を見つめた。
「だけど、脱いだ服は返さないからな。車でも送ってやんないぞ。勝手に帰るんなら、そのまま帰れよ。」
直人の度重なる意地悪な思いつきに、直美の頬は紅潮する。
「ここなら一番高台にあるコートだから誰も来ないけど、貸別荘まで2キロもその格好でランニングする気か? 下のコートのサークルの連中も大喜びだろうなー。」
 直美は諦めざるを得なかった。

 中断していた第6ゲームが再開された。現在のポイントはジュースだ。直美はさっきのことを忘れてゲームに集中しようと必死になっていた。
「真理、高井先輩のためにも頑張りなさいよ。」
と加奈子から応援の声が飛んだ。振り返った真理に加奈子はウインクをした。素早くウインクを返した真理は、それからあっさりダブルフォールトを連発し、ゲームを落としてしまった。再び加奈子と真理の視線がぶつかり、短い微笑を交わした。

 「ゲーム。今度の責任はどっちだ。」
俊之がおきまりの質問をギャラリーに投げかける。
「あんなに中断が長引いたら真理の集中もきれちゃうよ。」
加奈子の意見に反論の声はない。男子たちは、放っておいても女子達によって直美が剥かれる運命にあることを悟り、余裕で事態を見守っている。

「直美、今度は二つしか選択肢が無いんだから、早く決めてくれよ。」
「1分かかったら即すっぱだかにするからな。」
俊之と直人がコンビで直美を追いつめる。もっとも直美には事実上選択肢が無かった。いくら数秒間見られたとはいえ、秘部を丸出しにしてテニスなどできるはずもない。ブラジャーを脱いで、皆の前に胸を晒すしかない・・・ 直人がわざとらしくストップウォッチを見ている状況では躊躇することも許されなかった。

 直美はうつむきながら後ろに手を回し、ブラジャーのホックを外した。それからところどころ手を止めながらも、ブラを取り去った。片手には脱いだばかりのブラを持ち、もう一方の手では胸を隠して立ちつくす。もはや身にまとっているのは、靴下とシューズの他には、スコートしかなくなってしまった。

 「おっと、これはいただき。」
と言いながら直人がブラを取り上げる。
「片手でもう1ゲームする気か。パンティ取られても知らないぞ。」
両腕で胸を隠す直美に俊之が注意した。

第7ゲームが始まった。今度は佳子のサービスゲームだ。しかし、直美はまだ左腕を胸から離せなかった。直美が身も世もない羞恥に恥じらう姿を横目に見た真理がまたからかう。
「先輩、お願いしますよ?。あたし、ゲーム落としてみんなの前で脱ぐなんて絶対いやですからね。」
「そうですよ?。先輩のせいで負けたら真理ちゃんがかわいそう。しっかり構えて下さいよぉ。それに、ちゃんと気合い入れて走ってボール拾ってくださーい。」
 今度は加奈子だ。他の1年女子たちも夢見心地だ。憧れだった先輩が、サークル全員の前で胸を公開するように後輩から促されているのだ。かわいそうだけど、もっともっと恥ずかしい思いをする姿を見てみたい・・・
 後輩からのプレッシャーにこれ以上逆らうことはできず、直美はいやいやながらも左腕を胸から離して構えに入った。
男子が生唾を飲み込む。
 ついに直美の胸が開陳された。大きすぎず、白くて形のよい乳房の上に可愛らしいピンクの乳首が乗っている。あまりの恥ずかしさに直美は意識が遠くなりそうだった。

「直美ちゃんの乳首、ピンクでかわい?っ!」
「柔らかそうじゃん、揉ませてよ?」
「俺はパイずりがいいっ」
 男子はみんな大喜びだ。直美のこんな格好が見られるなら何万出しても惜しくは無いと思っていたのだから当然だ。彼らの視線は一瞬も無駄にすることなく、直美の乳房やパンティ、太ももに注がれている。

 そんな男子の様子を横目に見て、加奈子達女子は複雑な心境になっていた。直美を羞恥のどん底に突き落とすことには成功したが、その姿があまりにも色っぽく魅惑的であり、男子の心を一層掴んでるからだ。(こうなったら容赦はしないわ。ちょっとかわいそうだけど、徹底的に恥をかいてもらって、サークルのペット、いや奴隷にしてあげるわ・・・)加奈子達は決意を固めていた。

 直美は露出した胸も、短めのスコートがまくれる度に見える尻もかばうことができずに走り回った。しかし、実質的に1人対3人でやっているゲームでは、いかに直美でも勝つことは無理だ。結局このゲームも佳子達が取り、試合は6?1で佳子達の勝利という結果になった。
 直美の全裸公開が実質的に決定した瞬間、コートは静まり返った。

「ゲームセット。さて、最後のゲームの責任だが・・・」
俊之が周囲を見回す。
「直美・・・よね。」
引導を渡したのはなんと、美紀であった。
 表面上は仲良し3人組であったが、美紀は直人に惚れていた。その直人に半年も煮え切らない態度を取り続けていた直美を心の底で恨んでいたのだ。
「ちょうど最後の1枚だ。脱ぐものがなくならなくて良かったな、直美。」
俊之があくまでクールに宣告した。

 「お願い、これ以上恥ずかしい思いをさせないで・・・」
直美がみんなに懇願する。
「美奈子、何とか言ってよ、お願い。」
美紀に裏切られた今となっては、最後に頼る相手となった美奈子にすがるしかなかった。が、美奈子はうつむくばかりだ。直美を恨む理由は無いが、周囲の雰囲気に飲まれ、直美の恥じらう姿をもっと見てみたいという嗜虐心が美奈子にも芽生えていた。

 「もう2分だぞ。あと3枚分はどうしてもらおうかな??」
直人がストップウオッチを見ながらつぶやく。直美にはよく分からないが、うんと卑猥なことをさせろ、というヤジが男子たちのあちこちから聞こえてくる。

 その時、後ろから伸びた手がいきなり直美のスコートのホックを外し、一気に引き下ろした。加奈子だ。
「はい、右足あげて・・・はい、今度は左足あげて。」
有無を言わせず足首から取り去り、直美はサークル全員が見守る中、しかもテニスコート上で、全裸にさせられてしまった。

 一瞬遅れて、直美は右手で秘部を、左腕で胸を慌てて隠した。しかし、直美のオールヌードは全員の目に強烈に焼き付いていた。それに、背後は何も隠せないので、お尻は丸出しのままだ。体中を真っ赤にして恥辱に喘ぐ直美を全員が注視していた。

 (こんなことあるわけないわ。夢よ、夢に違いないわ。)直美は眼をつぶって必死に自分に言い聞かせた。しかし、全身に感じる陽光の暖かさ、肌をなでる風の感触はどう考えても現実そのものだった。しかも、サークルのみんなが自分のどこを見ているか、眼をつぶっていても痛いほど感じる。(こんなことって・・・私、もう終わりだわ)直美は絶望感にとらわれる。

 「これで終わりでしょ。は、早く服を返して。」
直美がうめくように俊之に言った。
「そうだな、じゃあ、そろそろ罰ゲームに入るとするか。」
思いがけない俊之の言葉に、直美が驚く。
「そういえば、去年の模範試合では負けた貴子がコートの周りをうさぎ飛びしたっけ。あれも太ももとアンスコ見えまくりで良かったなー。今年もやるのか? 直美がヌードでうさぎ飛びか、いいねぇ。」
浩一がにやにやしながら言う。直美も昨年スケベ心丸出しの罰ゲームに不快な思いを抱いたことを思い出した。

 しかし、俊之は首を振って言った。
「いや、今回はペアだから、罰を受ける一人をもう1ゲームやって決めよう。罰はついでだからもう1枚脱いでもらうことにしよう。勝った方には服を全部返す。」
 またもやギャラリーは拍手喝采だ。直美が勝つのは明白なので、服を全部着てしまうのは残念だが、そのために直美は、全裸で1ゲームを戦わなければならない。今は体を隠している両腕を外し、全裸でテニスをする直美の姿を堪能できるのだ。

 直美は羞恥がさらに続くことを知ってがっくりしたが、抵抗する事はできなかった。抵抗しても誰も味方をしてはくれず、それならその格好で帰れ、と言われるのは明らかだ。 もうみんなに見られてしまったんだし、真理ちゃん相手ならすぐにゲームを取って服を着られるわ・・・直美は自分を慰めた。

 罰ゲームが始まった。実力差を考慮して、真理がサービスをすることになった。直美は観念して、全裸を隠さずラケットを構えているが、かすかにその体が震えている。

 それはあまりにも異様な光景だった。青空の下のテニスコート。周囲の者は全員が普通のテニスウェア姿で、一見ごくありきたりな大学のテニスサークルの練習風景に見える。しかし、一人だけ、しかもとびきり可愛い女子大生が、テニスシューズと靴下以外は何も身に付けずにコートに立ち、ラケットを構えているのだ。きれいな乳房も秘部も尻も視姦されるに任せている。男子のみならず、女子も淫猥な感情が沸き上がるのをを押さえることができなかった。

 真理は、いやというほど直美をじらし、たっぷり周囲の目を堪能させてからファーストサーブを放った。
 真理のサーブは見違えるように速かった。恥ずかしさで動きの固い直美は一歩も動けず、いきなりサービスエースとなった。
 (どうして真理ちゃんがこんなサーブを? ただのまぐれでよね?)直美は動転した。しかし、今の真理は自信たっぷりの様子であり、まぐれのようには見えない。(まさか、真理ちゃん・・今までわざと失敗して私を裸に? でもそれならどうして自分は脱がされないと確信を持っていたの? まさか・・・みんなで?)直美は罠にはめられたことにようやく気付きかけていた。

 しかし、真理がわざと失敗していたことに気づいたからといって、全裸にされてしまった今となっては、どうすることもできない。もし直美の推測が当たっている場合、佳子や恭子もグルに違いないし、ひょっとしたら、俊之や直人、浩一、そして加奈子も・・・直美はそう思って暗澹とした。みんなで私を辱めるつもりなの・・・どうして?

 考えている間に次のサーブが来ていた。あわててボールを返すが、力がこもらず、あっさりボレーを決められてしまう。
 「せんぱあい、ひょっとしてわざと負けてくれるんですかあ? 私はうれしいけど、あと一枚は何を脱ぐのかなぁ?」
真理はすっかり勝ち誇って嫌みを言う。
 「気合い入れてゲーム取らねえと、どうなっても知らねーぞ。あと一枚分はその場で大股開きの御開帳をしてもらうからな」
浩二はすっかりご機嫌だ。

 3ポイント目以降、直美は気持ちを持ち直して応戦した。しかし、実力はむしろ真理の方が上であった。真理は、さっきとは打って変わって余裕の表情を浮かべ、その気になればいつでもポイントを取れるのに、わざとストローク戦にして直美を前後左右に走らせた。ゲームは表面的にはジュースを繰り返す接戦となった。
 おかげでK大きっての美人女子大生は、素っ裸でテニスをする痴態をギャラリーの前でたっぷり晒さなければならなくなった。その上、最後のポイントでは、ネットにつめたところをロブで越され、あわててバックした直美は足を滑らせ、後方にいたギャラリーの眼の前で再度転倒してしまった。真理のボールは直美をあざ笑うかのようにベースライン際に落ち、高く跳ねていった。

 「ゲーム。しかし、直美が負けるとはな。あと1枚分はどうしようか?」
 俊之は結果を知っていたくせに、意外そうな口振りで、ギャラリーに尋ねる。再び、オナニーさせろ、縛り上げろ、フェラして、などと耳を塞ぎたくなるような要求の大合唱が沸き上がる。さっきまでは半分冗談だったが、今回は実現しそうなので、男子達は必死である。直美は体を隠したまま青ざめて立ちすくんでいる。

 その時、
「みんな、もうやめなよ。先輩が可哀想だよ。」
加奈子が言った。さっきまで直美を辱めるのを一番喜んでいたはずの加奈子の言葉に、ギャラリーはみな、意外な顔をした。さらに、加奈子の目配せを受けた真理が言った。
「今回は真理の貸しってことにしてもいいよ。その代わり、直美先輩、後で先輩みたいに男子の心をつかむ方法を教えて下さいね。」
 ちゃめっけのある真理の言葉に、直美は戸惑いながらも感謝した。(ありがとう、加奈子ちゃん、真理ちゃん。これでやっと許してもらえるのね。本当に恥ずかしかったわ・・・)

 俊之は不満げに何か言いかけたが、加奈子がウインクを送って来たため、その意図を理解したようで、
「じゃあ、服を全部返してやれ。その代わり、直美、貸しはちゃんと返せよ。」
と言った。直美は急いで服を着るのに精一杯で、その言葉の意味を深く考えることは余裕はなかった。そして、彼らがまだまだ許す気はないことを知る由もなかった・・・



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード