萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

セックスフレンド

フェフレ作ろうとした結果www

私が彼女と出会ったのは大阪の夏一大イベント、天神祭の日…

フェフレ掲示板(フェラフレンドって意味ww)で知り合ってから3週間ほどLINEして仲良くなってから遊んだんだけど、最初に会ったときはガードが堅そうに見えたので、ご飯食べて2時間ほどで帰宅しました。

ただ、2回目のデートではそんな訳にはいかないよねww
彼女と初めて会ってから1週間後くらいかな、エッチすることを目標に2回目のデートに誘いました。

出会い系で会った子と待ち合わせ

待ち合わせは20時過ぎに千日前ラウンドワン…
私の方が少し時間に遅れたけど、無事に合流
そのまま予約をしていた鉄板焼きのお店に行きました。

まぁこの子と会うのは2回目なんで飲んでるときはそんなネタっていうネタなかったです。笑

ほどほどにお酒を飲んで喋って、時刻は23時半…
会計を済ませてお店を出た時に

さっ、泊まり行こうぜー!
えー本当に行くのー?
当たり前やんw
何もしない?
しないよー!多分…w
多分ってなによw

はい、そうなんです。
1回目にエッチしようとして失敗したんで前もってお泊まりを約束させておきましたwwww

エッチ目的で女の子とお泊まり

さすがに2回もご飯奢って、何もせず帰るなんてことしたら大赤字ですからね(゚ω゚;)

出会い系で会った子をラブホに連れてきてエッチを試みるも苦戦…

エッチなセフレ画像

ラブホに到着後、テレビを見ながら少し歓談して、別々にシャワーに入りました。
もちろん、ここまで来てもまだエッチをする前提ではないですよ。

ただ、来たからには…ね?(*´∀`)

男と女がラブホに泊まってるのに何もしないなんて有り得ないと彼女も分かってるはず。
私ももちろんエッチする気満々だった。

なのに…

NOぉぉぉぉぉぉ!!!!
シャワーから上がってきた彼女がバスローブを着てねぇ(TωT)

これ私の経験から言えることなんですけど、シャワー上がったときにバスローブを着る子って、めちゃ簡単にエッチできるんですよ。
その逆で、シャワー上がりなのに私服着ちゃう子はかなりガードが堅い。

ラブホに来てんだから、もう股開いちまえよ!クソったれ!

なんて心の声を悟られないように…
自然な形で一緒にベッドで寝ようとするも、それすら拒まれました。

こっち来て寝たら?
私はいーよ、ソファで寝るから
何もせんがな
ヒロくん、顔が笑ってるで?w
バカw

うぬぬ…やはりなかなか手強い
何度かこういった感じで一緒に寝ようと誘ったが全て全滅…
ここで秘密兵器を出すことにした。

“ピッピッピッピッ”

冷房18度、風速最大MAX

これでどうえ?

約3分後…

ベッド来た(*´∀`)爆笑

エッチなセフレ画像

彼女がベッドに来てからも格闘でしたけどね。笑
とりあえずエッチな雰囲気を作らなきゃと思い、手を繋いでみると…これは快くOK(*´∀`)

そこから手をおっぱいに伸ばすと「イヤッ…ダメ…」とか言いながらそんな抵抗しなかったので乳首を舐め舐め
小さくてピンク色の乳首を十分に攻めて、股間に手をやると

あ、めっちゃ濡れてるww

そりゃもう、コップ1杯分の水をぶちまけたような濡れ具合でした。
しかもTバックやったし。笑

でも、一番驚いたのはこの女の子の性癖とテクニックですよ。
フェラのテクニックが本気で風俗嬢の比じゃないレベルで上手かった。
あまりのテクにフェラで悶絶してると、いきなり上の方に上がってきて女の子が一言…

「お願いっ、乳首噛んで!!」

いやもう本当にあっぱれですわw
エピソードは山のようにあるけど、今まで出会い系で会ってきた女の子で一番エッチだったのは言うまでもない。
もちろん風俗嬢よりもテクニックもあるし、容姿もお姉さんタイプで美人(・∀・)

これは絶対にセフレにしなければ…と思い、私も必死に行動しましたよ。

エッチでテクニック抜群の女の子をセフレにしようとするも…

次の日の昼頃にホテルを出て帰宅後、俺はセフレにする方向でLINEをしてたら女の子から

もうエッチは絶対なしだよ!
エッチするなら会わない
友達として無理なら私は無理…

本気でセフレにしたいと思った女が現れた!と思ったらこんなオチwww
一緒にいるときは「今度からは乳首噛んでね」とか「だって性癖言った方が次から楽しめるやん」ってセフレにできそうな素振りまで見せてたのに…
ヤリ逃げされたwww

エッチなセフレ画像エッチなセフレ画像
元々、彼女は「私は軽い女じゃない」という意識が強く、手強かった。

この女の子ほど全てが完璧に揃ってる子はなかなか居ないと思うけど、出会い系にはエッチな子は大勢いるからね。←出会い系を使ったことがない人は想像も付かないと思うけどw
逃した獲物は大きいが、この子に負けないくらい可愛くて、エッチでテクがある子を頑張って探すか(*´∀`)

ビヨ○セの2

物真似をしている渡辺○美とめでたくセフレになったのは、例のカラオケ屋で僕が忘れたカードケースに入っていた名刺がきっかけでした。

仲間とふざけて作った名刺には僕の携帯番号がかかれており、普通なら捨てられてもおかしくないのに、○美は親切にも、届けます、なんて連絡をしてくれて、待ち合わせとして駅裏にある小さな喫茶店を指定してきました。

約束の時間より早く到着した僕ですが、もう○美は先に待っており、この前の一件を思い出したのか照れ臭そうに挨拶をしてくれました。

1時間も話し込んでいると、お互いが身体を欲していることが判ったので、近くの平日昼間フリータイムがあるホテルへ行くことになり、前回同様、デブ専の僕はどストライクの○美のボディをこれでもかと攻めあげ、豚女は落雷に打たれたかのように身体をひくつかせるまで僕の
チンコをおねだりしていました。

それからしばらくはこんな関係が続き、ちょうど忙しくなってきた彼女のスケジュールに空きがあるときは、彼女の汚部屋に呼ばれたりホテルへいったりして、立派な豚女になれるような調教をしてあげていました。

セックスマシーンだった○美でしたが意外にも後ろは処女だったので、基本のアナルを調教しようとしたのですが、浣腸をして直腸のものを出させようとすると、決まって酒の飲み過ぎのせいなのかびちゃびちゃのウンコしか出ないことに本気でムカついたので、栄養士の資格取得寸前までいった僕が考えたスペシャル野菜レシピの食事を一本糞がでるまで強要させていたら、めでたく13日後に長さ太さともに合格点のウンコを捻り出すことに成功しました。

それは色、長さ、太さ、固さ、臭いなど、どの基準値をとってみても最高水準のものだったので、僕たちは歓喜の声をあげながら、直ぐにネットで『ウンコでディルドを作る方法』を調べて、アナル用ディルドを完成させることができました。

毎日それを使って楽しんでいたある日、○美が「先輩で旦那さんとセックスレスになっている人がいるんだけど誰か紹介してくれない?」と僕が中出しした精子を拭きとりながら聞いてきました。

「先輩って誰?」

「ハイ○ールの腿子さん」

「ババアのお相手か」

○美曰く、数年前から旦那とはセクレスになっていた腿子は、養成所の若い子に手を出して欲求を解消していたのですが、他の大御所の方らにバレてしまい、会社からもかなりきつく怒られたのだそうです。もう五十路だというのにいっこうに衰えない性欲を満たすために、後輩の女芸人たちに生け贄を差し出すよう、御触れが出たのだと、○美が三角な目をして言いました。

「正直迷惑してるんだよね、ウチら。宇都宮○きさんなんか、『旦那と子供おれへんから遊びにおいでーや』って彼氏さんと腿子さんの家に招待されてウォッカみたいな酒をガンガン飲まされて潰されて、気が付いた時には彼氏さんは犯された後で、『あんたの彼氏、まあまあやな』としゃあしゃあと言われたってめっちゃ怒ってた」

そう言いながら精子と愛液が染み付いたティッシュを捨てようと○美がゴミ箱へ投げたのですが、大きく外れて床へ落ちました。しかしゴミ屋敷のこの部屋には、さほど影響はありません。

その後も、誰それさんはこうだったとか某ちゃんはああされたなど、腿子の悪行を芸人らしい話術で聞かせてくれました。

いくら縦社会といえども、人道的に許される行為ではありません。正義感に駆られた僕は○美にある提案をしました、

「その妖怪性欲婆を成敗しようか」

普段とは違う僕の表情から危険な空気を察したのか○美は、ちょっと変なことやめてよ、と僕を睨み付けました。一生懸命僕をなだめる言葉を聞いている内に、○美は僕が傷害罪になる的なことを考えているのかと思いました。

「違うよ。腿子さんは性欲を満たされたいんだろ?だからその願いを叶えてあげるのさ」

「だってさっき成敗だって」

「普通より少しハードにってことだよ」

僕は後輩芸人を困らせている腿子を懲らしめるために、知人に連絡を取りました。その人と会うためにホテルのラウンジに行くことになり、○美も連れていきました。

紳士淑女の外国人や億単位の取引をしていそうなビジネスマンらが多く集うラウンジには、僕らは不釣り合いに思われていたことでしょう。しかしそこに来たもう一人の彼は更に不相応な様相をしていました。

色白で小柄な彼はサラサラな黒髪に縁なしのメガネをかけており、その奥は長いまつ毛に青っぽい瞳が潤んでいました。白いカッターシャツに黒いパンツという出で立ちは、授業をサボっている高校生のようでした。

「馬場です。尾奈さんにはいつもお世話になっています」と○美に握手を求めたその手は細くしなやかでした。

ひさびさの割り切り体験

このサイトに入るとポイントが増えるからと
友達に薦められて入会したサイトセフレ交際サポーター。

援助ばっかりという売春の巣窟で
無料ポイント分だけ遊んで辞めようと思った。

そして全くその掲示板に手をつけてなかったのだが
昨日の夜、仕事が終わって、やけにムラムラしてきたので
デリヘル呼ぼうと思ったがお気に入りの子が予約
いっぱいだったので暇つぶしに検索してみた。

最近の相場は高い二万や三万と素人を売りにしているのか
以前は一万?一万五千円が相場だったのに…

そんな中、最新の投稿で
「車内割イチで今から」
という投稿を見つけた。
車で来てもらえば車内でゴム付という内容だ。
年齢が18という時点で怪しいなと思ってたけど
興味本位でメール。

するとすぐに返信が来た。
☆あかりちゃん☆というニックネームの女の子。
素人を売りにしてるがなんかプロっぽい。

「会ってから決めていいよ」と言うので
冗談半分で「俺変態だよ」と送ったら
「変体の方がおもしろいじゃん」・・・と返信が来た。
なんか怪しかったのでメールを停止してみた。

するとくつろぎ始めてからすぐに
「良かったらお願いします」とメールが来た。
俺はシャメが見たい!と言いたい心を抑えて
「家はどの辺り?」とそっけないふりで返す。
「家は○○駅の近くです。」との事。
「写メです。気に入らなければ返信しなくてもいいです」
期待半分でシャメにアクセス。

俺にとってはストライクだった。
人のストライクゾーンは様々だから一概に可愛い!とは言い切れないけど
街中を歩いてる、普通の可愛子ちゃん。
疑心が深まるが、相手の、☆あかりちゃん☆の写メを見てしまった
俺はとっくにその気になってしまった。

「ありがとう!」こんな谷間くっきりな☆あかりちゃん☆はきっと
ふくよかな、イヤ!ぽちゃの可能性が多大に秘められている。
リスクが大きい…しかし、俺はもう決心していた。会おうと。

「じゃあお願いします!何処に行けばいい?」
「えぇ!来てくれるんですね!じゃあ駅にお願いします。」
駅前につく。
ドキドキ感が高まる。

どこから来るのか、何処にいるのか
怖い人と一緒じゃないのか?とかドキドキで喉が渇く。
5分、10分・・・もしかして釣られた?
携帯が震える。
「今駅前の入り口に居ます、どこですか?」

今駅前の入り口に目を向ける。
ミニに近いスカートで髪は肩までのサラサラヘア。
写メのとおり可愛い。胸もでかいぃ!
はち切れんばかりのたわわな胸
男共の視線を捕らえて離しません!というか俺だけだが・・・

まぁスレンダーとは言わない体型だが
むっちり?なんというか幼児体型なのに胸だけでかいみたいな・・・
「目の前の黒色の車です」

相手が携帯を取る…ニコっとする…駆け寄ってくる。
微笑んで近寄ってくる姿が可愛すぎる!胸が揺れすぎる!
助手席に乗せる!しばしドライブ!暗闇探し!
大きな公園の暗い駐車場に止める。

後部座席をフルフラットにしていどうする。

「じゃ!始めましょっか!」といって女は脱ぎ始めた…。
「じゃよろしくお願いします。」
片足からあげて中腰になりするりとお尻にそって下がってくる下着。
太ももで止まるTバック。スカートがめくられた太ももは
暗い車内でも白く眩しい。
「よいしょ」恥ずかしそうに脱ぐ。

谷間に手をいれモミモミ。
柔らかいマシュマロのよう乳首のまわりを
舌でなぞるようにすると「んっ」と声を漏らす。

「アンッ…ア…アンッ」とセクシーな声が漏れる。

完全に添い寝状態になりキスしながら手マン。
片手で胸を揉みながら、もう片方で手マン。
もう完全にマンコはグチョグチョでシートに滴り落ちるぐらい
濡れていた。

そのままシックスナインの体制に…マンコの匂いは少し
臭かったがすべて舐め尽してやった。
フェラもなかなか上手でもう少しでいきそうだった。

車のダッシュボードに入れているゴムを取り出すと
手馴れたようすで俺のカッチカチになったチンコに装着してくれた。
そして、正常位から騎乗位からバックから正常位と
体位を変えて約20分ぐらい腰を振り続けた。

そして最後は正常位でギュっと抱きしめて、キスしたままフィニッシュ!

すぐに着替える訳でもなくダラダラとおしゃべりタイム。
正直俺はこんな時間が終わるのがイヤだった。
はい、お金!って時間がイヤだった。

でも時間的にももう十分にお話したし笑いあったし
エロい事もした。そろそろお別れの時間だ。
運転席にうつる。
俺は一万を支払う。
相場からすれば格安だ。
雑談してメアド交換してお別れの時間。
最後にってキスして可愛い身体をぎゅっと抱きしめて駅でお別れ。
仮にプロで素人ぶってるにしてももう一度会いたい。

バツイチ女性との運命的な出会い

50才のいまだ独身の冴えないおじさんです。

平日休みなのですが、友人もいませんし、趣味もないので・・休みの日はいつも愛人四つ葉で会えそうな女の物色をしています。

休みの日はだいたい朝から勃起しているので、とりあえず話の早い女性を探します。

が、年齢がおじさんだからなのか、こちらからメールしても今一つノリの悪い返信ばかり。

平日の午前中から、こんなおじさんを相手してくれる女性を探すのは難しいものです。

6人目にメールした29才の梨花さんが、『今日は空いてるから会えますよ』と返信してくれた。

じゃあって訳で、こちらもポイントが残り少ないので、直メを教えたらすぐにわたしのアドレスにメールしてくれて、数回のやり取りで会うことに・・。

車で30分の隣街のF市にわたしは向かいました。

梨花さんも番号も教えてくれて待ち合わせの駐車場に到着。

既に彼女は待っていてくれました。

会ってびっくり。

今までセフレ掲示板で会った中でいちばんの美形でした。

そのままわたしの車の助手席に乗せてラブホに向かいました。

ラブホまでの15分ほど色々話してみると、梨花さんはバツイチで小学生の娘さんがいるとのこと。

今はパチンコ屋で働いてるとのことでした。

ホテルに到着し、部屋に入るとお風呂に湯を張ってくれて、備え付けのコーヒーを入れてくれました。

とても気遣いのできる女性でした。

コーヒーを飲んでると、お湯も溜まったみたいで一緒にお風呂に入りました。

梨花さんが私の体を丁寧に洗ってくれたあと手と口でペニスを刺激してくれました。

そのまま浴室で射精までさせてくれるのかと思いましたが、途中でやめ体を拭いてくれてそのままベッドに移動しました。

ベッドに移動してわたしは我慢できずに梨花さんの大きな胸を触り、揉んで、愛撫しました。

梨花さんは私の首に腕を回してキスを求めてきたので、応じると梨花さんの方から舌を入れ絡ませてきました。

舌がいやらしく動き、濃厚なキスでした。

わたしはキスしながらも右手で梨花さんのアソコを刺激し、中指でクリトリスを弄りました。

梨花さんはぎゅっとわたしに体を寄せて、熱い吐息を漏らしながら、さらに濃厚なキスを求めてきました。

梨花さんのアソコからどんどん淫汁が溢れて来ているのがわかりました。

わたしは我慢できなくなり、梨花さんの腕を潜り抜けアソコに顔を近づけると、足を開きクンニしました。

溢れ出る淫汁をジュルジュル音を立てて吸い上げました。

しばらくクンニを続けていると、急に梨花さんの足がピーンと伸び、「あっ、だめ」と言ってイッてしまいました。

そして、わたしに「入れて・・・・入れて・・」と言ってきました。

わたしはただ頷き、勃起して勇ましく反り返ったペニスを梨花さんのアソコにゆっくりと挿入しました。

するとアソコからは淫汁が溢れ出し、さらに生温かい膣奥までペニスをグイっと刺し込みました。

「あぁぁ、うぅぅ・・大きい・・」と梨花さんが言葉を漏らしました。

奥まで突くたびにアソコが締め付けてきます。

いわゆるイソギンチャク型の名器です。

わたしは10分も持たずに、「梨花さん、気持ちよ過ぎて・・俺イッちゃいそうだよ」と伝えると

「うん、いいよ。イッて・・いっぱい中に出して・・」と言って来ました。

一瞬、妊娠は大丈夫か?と気になりましたが、下半身は言うこと聞いてくれるはずもなく、「あぁー、俺イッちゃう・・くぅぅぅ・・梨花さん・・俺イクぅぅぅ」

と彼女の体を抱きしめながら、膣奥に発射していました。

しばらく抱きしめていましたが、ペニスを抜くと、精子が大量に逆流してきました。

ティッシュでそれを拭いてあげて、しばらくベッドに上でお互い休憩しました。

まだ時間もあったので、2回戦目に誘っていいものかどうか思案していたら、梨花さんの方からわたしのペニスを咥え、しゃぶってくれました。

梨花さんのフェラの上手さに年甲斐もなく、またビンビンに勃起してしまいました。

今度は梨花さんを四つん這いにして、真っ白でまん丸なお尻を抱え込みながらバックで膣奥まで突きまくりました。

さっきよりも挿入時間も長く、梨花さんも何度かイッてくれて、最後は「あぁ?ん、一緒にイッて・・あぁ、あぁ?ん、そのまま・・そのまま中に・・ちょうだい・・」

と言われ、またも膣奥に発射しました。

その後、しばらく休んでいるときにセックスの相性も抜群だし、美人だし、わたしは梨花さんを好きになってしまい

「梨花さん、俺梨花さんのこと好きになっちゃったみたいだよ。もしよければ生活の面倒見るから付き合ってもらえないかな?」と告白しました。

すると梨花さんは嬉しそうに、「本気にしていいの?男の人の温もりがないとやっぱり寂しいし、あと正直、生活も苦しいから・・嬉しいです」と言ってくれました。

わたしは「もちろん本気にしていいよ」と言いました。

愛人四つ葉でエッチして以降、毎月、梨花さんにわたしの給料の半分を生活費として渡しています。

その代わり、梨花さんは私の部屋に来て食事を作ってくれたり、掃除洗濯もしてくれます。

そしてもちろん濃厚なセックスも楽しんでいます。

デカチンを妹に生挿入

『「お兄ちゃんってさぁ…デカイよね」と言ってくるので「は?何が?」と聞き返すと「チンポの事だよ(笑)」』と…

そんな会話があったのが去年の夏の終わる頃の事、俺は26歳リーマンやってる…妹23歳フリーター…
で、親父が5年前に転勤で青森勤務になって、お袋も一緒について行って横浜の自宅は俺と妹の二人暮らし…
ま、そのうち帰って来ると思っていたのだが、どうも永転…左遷って言った方が合ってるのか?早期退職を蹴った親父に対する会社からの嫌がらせだな…
で、退職まで残り僅かなのに転勤先が豪く気に入っちまったのか、向こうで安い中古住宅を買っちまって今は退職してお気楽な隠居生活を土いじりしながら楽しんでる…
時々採れた野菜を送ってきたりする…
それで、こっち…横浜の自宅は俺が譲り受ける事になってさぁ…この歳で家持ちになっちまったってワケ?(笑)
だけどそれが色々大変でよ?電気ガスの光熱費やら町内会費やら何やかんや…その殆どが俺の支払よ…
妹は毎月の食費程度しかよこさねぇーから大変だよ…(涙)
ま、フリーターじゃ仕方ないけどな…
で、話戻すと、そんな妹との二人暮らしも4年ともなると結構自由気ままで、家族で暮らしてた時もそうだったけど妹は更に大胆?オープンな振る舞いをするようになって、夏なんか風呂上がりに全裸で自室に戻る事が多々有って、それが俺に見られても平気らしく「お風呂先したよ?」なんて、何処も隠さずに擦れ違い様にタオルで髪を拭きながら言ったりしてさぁ?こっちは目のやり場に困る訳よ…(苦笑)
そうなると俺も真っ裸でウロウロするのに抵抗が無くなり、同じ様に風呂上がりは妹の前でもフニャチンぶらぶらさせてウロウロし出す始末…妹も気にする事無く普通にしてたけどね…(苦笑)
それが夏も終わる頃、夜が若干涼しく感じ始めた週末の事、何時もの様にブラブラさせて部屋に戻ろうと、浴室から居間の横を通って行くと、ソファーに座って携帯を弄っていた妹の姿が見えたから「風呂空いたぞ?」と声を掛けると、こっちを向いて「うん…」と返事をした後「お兄ちゃんってさぁ…デカイよね」と言ってくるので「は?何が?」と聞き返すと「チンポの事だよ(笑)」と恥かしげも無く(まぁ全裸でウロウロする仲だから…)言ってきた(苦笑)
そこで「そうか?」と自分のブラっと垂れ下がってるチンコを見ながら言うと、妹が傍に寄って来て「平常時でこの大きさは私はお目に掛った事無い(笑)」と言うので「それは、凛子が経験少ないからだろ?」と言うと「そうかなぁ…これでも両手両脚指分のチンポは扱って来たけど、ここまでのサイズの人は居なかったよ」と平然と言って来た(苦笑)
20人分のチンポがどの位の確率になるのか分からないけど、たまたまだったんだろうと言ってやると「そうだとしてもコレは興味あるなぁ?♪」と、ニコッ…って言うかニヤッとした表情で見つめてくるので「なんだっ!欲求不満か?(笑)」と聞けば「不満じゃ無いけど…男だってオッパイの大きい娘には興味注ぐでしょ?それと同じ(笑)」なんて言うので「どうしたいんだ?」と聞くと「取り合えず起った状態を見たいよねぇ?♪」と言うので「取り合えずって何だよ?」「まぁまぁ、その後は見てから決めるから♪」と何か主導権を握られてる感があるのが否めなかったが、「だったら起たせてくれよ(笑)ちょうど風呂上がりだしさ」とニヤニヤして言ってやると「それじゃ…」と言って右手でフニャチンを掴むと舌を出してペロッと舐めて来た。
いきなりそうくるとは思わなかった俺は、その一舐めで直ぐに反応してしまい半起ち状態になると今度はパクッと咥え口内で舌を使って転がされると一気にムクムクとチンコを起たせてしまった。
すると咥えながら「んー!しゅごい?♪」と喜んで?暫くジュポジュポした後、口から出しその姿を確認すると「キャ?♪マジ!デカイんですけどぉ?(笑)」とケラケラ手を叩きながら笑うので、馬鹿にされているのかとちょっとカチンときてしまった…
「で、どうですか?凛子ちゃん、兄貴の起ったチンコを見て…」と、ちょっと皮肉っぽく言うと「いや?想像以上ですわよ兄上♪」なんて言いやがった(苦笑)
「それでどうするんだよ!こんなにしちまって…これでハイお終いじゃ俺は悶々とさせられただけで後味悪過ぎだぜっ!」と、責任取れよと言わんばかりに攻めると「分かってるってっ!ちょっとまってて♪」そう言うと着ていた服を脱ぎ全裸になると「これで同じ条件でしょ♪」そう言うと「じゃそこに仰向けになって」とソファーを指差し言ってくるので素直に従うと頭と足を逆にして覆い被さって来た…つまり69の形でフェラを再開したのだ。
俺は目の前に大人になった妹のマンスジを見て20人の経験が有る割に綺麗な事に興奮して夢中でシャブリ付いていた。
妹も俺を逝かせようとしていると思っていたが、どうも真剣さが感じられず気持ちイイのは気持ちイイのだが、射精感を感じる程の気持ち良さが無く20人も相手していたら口で逝かす事は容易な筈だが、全然込み上げて来るモノが無い…それどころか、自分ばかり感じている様で俺の舌技…って程じゃ無いが、舌使いに感じて愛液を溢れさせて満足感さえあるようだった。
『おいおい、どう言うつもりだよ!』と内心ムカついていると「そろそろいいかな♪」とフェラを止めて身体を起こすと向きを変え対面騎上位で繋がって来た。
「あ?スゴーイ♪きっつ!…けどイイかも?♪」と幸せそうな顔で自ら腰を動かし始めた。
その気持ち良さったらハンパねーのっ!俺もそれなりに経験有るけど、ここまで気持ちイイおまんこは初めてだ!
「凛子ヤベー!」そう言うのが精一杯だった…情けない事に動いている妹をガシッと抱きしめて動きを止めると、そのまま思いっきり膣内にぶちまけていた…(苦笑)
「えー!ウソでしょ??」と軽蔑するか如く放心状態の俺に追い打ちをかける様に「マジでぇ?早過ぎぃ?」更にとどめを刺す様に「情けなぁ?い」と…
何も言えない俺はただ「す、すまん…凛子のが余りにも気持ち良過ぎて…」と言い訳にもならない様な言い訳をした…
「って言うか中出ししちまった事には怒らないのか?」と一番気にしている事を聞くと「え?ああ…それは構わないよ…私もそうなる事は承知の上で生で挿入れたんだし、初めてな訳でもないからね」と、随分とあっさり言うのには驚いた…
更に「一度抜くから…」そう言うと俺を押し倒し身体を離すと慣れた感じで股間に手を宛がい膣内の精液を手の平で受け止めた。
その手の平に溜まった精液を見て「うっわ!なにこの量!?」と驚いて俺にも見せて来た…
「こんなに溜めこんでぇ身体に良くないよ(笑)」なんて言ってきやがる…そしてその精液をズズッと音を立てて飲み込んでしまった!
『えっ!』と驚いていると手の平にこびりついている精子まで綺麗に舐め取ると「未だ出来るよね?」と既に…と言うか未だにビンビンのチンコを見て言うので「あ、ああ…今度は今みたいな事にはならないと思うぞ…」と失態を繰り返さない事を約束する様に言うと「ホントぉ??私まだ一回も逝ってないんだからねっ!」と疑いの眼差しで不満を言って来た(苦笑)
それにしても「いいのか?こんな事して…彼氏が知ったらどうするんだ?」と聞いてみると「御心配ありがとう…生憎、今はフリーですから!」と言うので「じゃあやっぱり欲求不満じゃねーか」と言ってやると「そこはちゃんとセフレのお陰で満足してますから!昨日もして来たとこだし(笑)」と…
そして「じゃあ今度は、お兄ちゃんのやりたい格好でさせてあげるから言ってみて」と完全に主導権を握られた情けない兄は「そ、そうか…じゃあ正上位で…」と言うとソファーに仰向けになると自ら脚を広げM字開脚になってくれた(苦笑)
直ぐ様チンコを膣口に宛がい遠慮なく挿し込むと「あ?ん♪気持ちイイ?動いて!ガンガン動いてっ!」と俺に指示して来たから素直に従い腰をパンッパンッ打ち付けた。
チンコが擦れる度大きな声で喘ぐ妹の乱れた姿は凄く興奮した。
一度射精した事でかなり余裕だった俺はガンガン腰を振って妹を逝かせる様がんばった(苦笑)
すると「あっ!あっ!逝くっ!イクッ!逝っちゃう!」と、激しい喘ぎに俺は息も吐かぬ勢いで腰を振り続け最後「あっ!」と大きな声を上げると身体をビクッとさせて仰け反りそれと同時に膣内がキュッと締まるのが分かり、妹が絶頂を向かえた事を確認した。
そんな妹をギュッと抱き締め落ち着くのを待った…耳元で「逝っちゃった?」と聞くと「うん…」と小さな可愛い声でハッキリと答えた。
そんな妹がこの時ばかりは凄く可愛く見えて思わずキスをしていた。
すると妹もそれに答える様にキスを返して舌まで絡ませて何時も間にか口の周りが唾液塗れになっていた(苦笑)
そして一旦離れると「やれば出来るじゃん!(笑)」と何とも人を馬鹿にした言い方をするので「コイツーっ!一回逝けたから、もういいだろ?」と、ちょっとムカついたので意地悪な事を言ってチンコを抜こうとすると「えー!もっとしてよ?未だチンポ硬いじゃん!」と言うので「それならちゃんとお願いしろよっ!」と少しキツイ言い方をすると悲しそうな表情をして「お兄ちゃん、もっとして下さい…」と、流石20人と付き合ってただけあって男の扱いに慣れているのか、そんな表情でお願いされたら断る訳に行かず逆に少し強く言い過ぎたかな…なんて反省もしたりして「わかったよ…ゴメンな強く言ったりして…」なんて言いながら頭をナデナデしている情けない自分が居た…
すると「うん、いいよ気にしないで…私の方こそゴメンね…」って…更にキュン!としてしまった俺は思いっきりキスをして再び腰を振り始めた。
正上位で一回、左右それぞれの横ハメで一回、バックで二回逝かせて、そろそろ俺も限界に近づいたのでバックのまま射精に向けて上り詰めると先に三回目の絶頂を向かえた妹の膣に搾り出されるかの様に精液を注ぎ込んだ。
暫く繋がったまま余韻を楽しみながらオッパイをモミモミしていると「あ?ん逝ったばっかだからあんまり刺激しないでぇ?また逝っちゃうじゃん」と言うので俺は乳首を攻め立てた。
すると直ぐに「はぁ…はぁ…ダメ…あ?ん…ダメッ!だめっ!逝っちゃう…逝っちゃうっ!イクっ!…!!」と腰は一切動かさずに乳首だけに刺激を与えたら妹は、また逝ってしまった。
逝った瞬間の膣が締まるのが堪らなくて、今度はクリトリスを触ってみると「はっ!ダメッ!クッ…!!」ものの数秒で逝ってしまった。
20人もの野郎を相手にして来た割に敏感な身体は開発されたものなのかと「凛子って逝った後スゲー感じ易いんだな(笑)」と言ってやると「はぁ…はぁ…元彼に色々されてね(苦笑)」と…「って言うか何時まで挿入れてるつもりなの?」と言われ、もう少し遊んでやろうと思っていたが渋々チンコを抜く事にした。
するとさっき同様、股間に手を宛がい「抜いていいよ」と指示されチンコを引き抜くと膣内から精液が流れ出し妹の手の平に溜まった。
「2回目もタップリ出たねぇ?♪」と嬉しそうに見つめると、またもやズズッと音を立てて飲み干した。
「凛子、飲むの好きだなぁ…」「まぁ?ねぇ♪良質なタンパク質は美容に良いからね♪」と言うが本当の所は分からない…
「さっ、お風呂入ってこよう♪お兄ちゃんも入る?って言うか入った方が良いよ…汗びっしょりだし(苦笑)」と言われ、確かに涼しくなって来ているとは言えあれだけ激しい運動をすれば汗をかくのも当然…俺は妹と一緒に浴室へ向かった。
お互いの身体を洗いっこしていると妹は俺を再び興奮させる様にチンコを執拗に洗う…と言うよりも刺激を与えて来て、二度の発射で少し萎えていたチンコが息を吹き返し再びビンビンになってしまった。
「お兄ちゃんスゴ?イ♪どの位してなかったの?」と聞かれてバカ正直な俺は「一ヶ月くらいかな…」と答えていた…
「えっ!一ヶ月もオナニーすらしてなかったのっ!?」と驚くと続けて「信じられないっ!私だったら狂って誰かれ構わずやらしてるかもっ!(笑)」と言う始末…
ま、俺とやっている時点で誰かれ構わずって言うのはほぼ当たっているのだが…
その事には触れず「まぁ、そう言う事だから凛子、今夜は存分にやらせてくれないか?」と言うと「え?どうしようかなぁ?明日出掛ける用事があるからなぁ?」と言うので「じゃあ、あと一発でいいや、ここでこのままやらせてくれっ!」と言って泡塗れの身体で妹を半ば強引に立ちバックでハメていた。
ガンガン腰を振って快楽を味わうが、流石に3発目となると中々射精感が込み上げて来なくて気付けば妹ばかり何度も逝ってヘロヘロになっていた(苦笑)
「はっ…はっ…マジ…ちょっと…待って…はっ…」と荒い息で訴える妹が艶めかしくて、立ちバックから何時の間にか四つん這いになっていた体勢から妹の身体を反転させ正上位にさせると再び繋がり腰を振り始めた。
妹は完全にグッタリしていたが構わず射精に向けて腰を振り続け3度目の射精を膣奥深くで実行した。
三発も立て続けに射精したのは何年振りだろうって位久し振りの事で、俺も流石にこれ以上続ける気力が無かった。
グッタリしている妹の身体を起こしてシャワーで身体を洗い流すと「あ?もうダメ?…」と流石の妹も疲れた様子だった(苦笑)
俺は先に風呂を出て時計を見ると、なんと風呂場で1時間以上もやっていた事が分かった…(苦笑)
その後は各自部屋に戻り眠りについた。

翌日妹は言っていた様に出掛けたが2時間もしないうちに帰って来て「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」と叫びながらリビングに居た俺に飛び付いて来た。
そのままソファーに押し倒される様な形で何事かと問いただすと「私ね今関係してるセフレ全員にバイバイしてきたのっ!」とニッコリ爽やかな表情で言うと続けて「それでね、これからはお兄ちゃんをセフレにするからっ!ヨロシクっ!」と言い放つと両手で俺の顔を挟みブチューっとキスをしてきた。
聞けばその日はセフレとの約束があったのでドタキャンしても良かったけど、これで最後にしようと思っていたからケジメをつける?意味でもちゃんと会ってセックスして説明(本当の事は言わずに彼氏が出来たって事にした)して、別れて来たと…
他のセフレにもメールで説明してこれからは俺以外のヤツとはセックスしないと言っている…俺も満更でもないから暫くは妹に付き合おうと思って現在に至る(笑)

セフレ掲示板で性処理に使える人妻を探してみた

愛人ブランコ掲示板に「年上女性の色気が好きです」
とセフレ掲示板に書き込みをしてコメントしてくれた人妻が
近所だという事を知ってメールや写メまで交換する間柄になった。

俺は24歳のフリーターで彼女は31歳の主婦。
夜の11時に駅で待ち合わせして、焼き鳥屋に二人で入った。

セフレ掲示板でお互いのプロフィールを見ていたから
家庭の話しや趣味の話しなど意気投合して会話も盛り上がる。

彼女は芋焼酎をロックで飲みだしアルコールが入った彼女は
顔を赤くして活舌も悪くなっていた。

「今日は何と言って出て来たの?」と聞くと
「高校の友達と」語尾がほとんど聞き取れないほどヘロヘロだった。

日付が変わる頃には目が虚ろになり視線も定まらなくなった。
「送って行こうか?」なんて声をかけても反応は薄い。

「しっかりしないと、ホテルに連れ込んじゃうよ」
って言うと何故か体を寄せて来た。

食事代は俺が負担し、彼女を抱えてタクシーに乗り許可も無くホテルへ向かった。
部屋に入るまでは何とか歩けるくらいだった彼女は
ベッドに寝せると呼びかけにも反応が無い

。顔を軽く叩いたり、体を揺さぶってみたが無反応で
これじゃ何をやっても面白くなかったので
彼女を下着姿にしてそのまま寝せる事にした。

翌日、朝の8時に彼女を起こす。

最初は状況を把握できてなかった彼女も俺の顔と自分の下着姿に気づき
ベッドを出ようとした。

俺は彼女の腕を掴みベッドに引き戻して上に重なった。
うつ伏せで寝ていた彼女に強引なキスをして彼女は必死で口を閉じていたが
キスしながら愛撫を始めると力が抜け、抵抗が緩くなった。

舐めまわすようなキスを続けながら愛撫を続けていると
彼女の体がピクッとなり、そしてグッタリと倒れこんだ。

「イッた?」と聞くと顔を背けた。
「じゃあ、今度は俺をイかせて」
と言って彼女の体を起こし、顔の前に仁王立ち。

最初はずっと顔をそらしていたが
「自分だけ気持ちよくなってずるいね」
と鎌かけると嫌がりながらも咥えだした。

苦しそうに咥える彼女の顔のエロさに興奮しフェラと同時に根元をしごかせ
先っぽは咥えさせたり舌で舐めさせたりした。

射精感が迫ってきたので先っぽを加えさせたまま亀頭を激しくシコシコさせた。
「あっ!イク!」と射精の合図を出すと
「んん!んー!」と首を振ったりして口から離そうとしたが後頭部を掴んで口内射精。

出した後も口に突っ込んだまましばらく余韻に浸っていると
ゴクンと彼女の喉が鳴り、咳き込みだした。

咳が収まると「許して」と懇願する彼女。
「一緒に風呂に入ってくれたらこのまま帰してあげるよ」
と言うとほっとした表情に。

「でも、帰るまで全裸だからね」
と言う言葉に、仕方なく頷いた。

風呂にお湯を張り一緒に入浴。
隅々まで手で洗わせ「綺麗になった?」と聞くとコクンと頷く彼女。

「じゃ、舐めてみなよ」と言うと一気に驚いた表情になった。
「綺麗になったんなら、舐めれるだろ」俺は足を彼女の口の前に差し出した。

仕方なく足に舌を這わす彼女。
「じゃ、次は太股だ」と言うと言われるまま太股を舐める。

「お腹」「胸」「首」と舐めさせ「玉袋」「チンポ」と続いた。
そして最後には、ケツの穴まで舐めさせた。

「じゃ、今度は俺が洗ってやるよ」と言うと
「いいです・・・」と、力ない声。

だが無理矢理立たせ、両手で全身に泡を塗りまくる。
背後に回り両手で胸をすくうように洗うと「ああっ・・・」といい声を洩らし始めた。

オマンコに手を伸ばすと石鹸とは違う成分でヌルヌルしているのが分かる。
クリを露出させ、摘むようにすると「あっ!」と声が大きくなった。

「ダメっ・・・ダメっ」と絶叫した後イッてしまった。
濡れたままの体をベッドへ連れて行く。

半ば放心したような彼女は、何も抵抗しなかった。
そして俺は興奮の絶頂にあった。

足を開かせ、腰を沈める。
挿入れたあと、腰を動かさずに耳元で囁く。

「折角だからさ・・・割り切って楽しもうよ」
箍が外れたように、彼女は何度も逝った。

そして俺は遠慮なく中出し。
萎んだチンポを咥えさせまた挿入。

騎乗位にすると、彼女は自分の胸を揉みながら激しく腰を振る。
彼女がぐったりすると、今度はバックから激しく突く。

最後は洗面所の鏡の前で、駅弁で終了。
ベッドに戻り、彼女に腕枕した手を伸ばし乳首を弄ぶ。

ビクッビクッと反応する彼女。
彼女も負けじとチンポに手を伸ばし俺の胸にキスをする。

だがやがて俺は眠りに落ちた。
目覚めた時、彼女にフェラされていた。

「どうしたの?」と聞いた俺に
「年下に負けっぱなしじゃ悔しいから」

「ん?」と聞き返すと
「今度は私がハァハァ言わす番だよ」

気付くと俺の両手はネクタイで、ベッドに固定されていた。慌てた俺。
「よくも虐めてくれたわね」彼女は顔を近づけ俺の顔をペロンと舐めた。

「たっぷり仕返ししてやるから」
フェラ&乳首責め&アナル責め&寸止めを受けた俺は両手を縛られ為す術なく・・・

俺のチンポを咥えた。
そして程なくして、俺は彼女の口に射精。

俺がイキ果てた姿を彼女は嬉しそうに笑い携帯で撮影。
「ブログに投稿してあげるね」そう言うと、声を出して笑った。

ホテルの前で別れたっきり彼女とは会ってない。
結局は本名も知らぬまま、それっきりとなった。

俺は、更なる人妻を求めて愛人ブランコ掲示板で性処理に使える人妻を探している。

セフレの若妻にアナルの快感を仕込まれた

今年で29歳になるが、ここ2年ほどで、まったく女性に興味を持てなくなってしまった。理由は、アナニーにハマったからだ。
そこそこイケメンだった俺は、10代の頃から結構女とやりまくっていて、二十歳になる前までに色々な経験をした。
何人かいた人妻のセフレが、ほぼ全員アナルセックスが好きだったこともあり、俺もアナルの快感に興味は持っていた。

でも、セフレに舐めてもらったり、アナルに指を入れてもらっても、少しも気持ち良くなれなかった。人妻のセフレの中には、アナル責めが得意な淫乱ビッチもいたけど、なんか大きいのが出そうな感じになるだけで、気持ち良くも何ともなかった。

なので、興味を持っては色々試し、気持ち良くなくてやめる。そんな事を繰り返しながら二十代後半になった。

そんな中、サイトを参考にエネマグラとかいうグッズを試してみた。太さも全然なくて、不思議な形状をしているそれを、サイトのチュートリアルに従って、ある程度お腹の中をスッキリさせてから挿入してみた。

すると、ほぼ抵抗感なくアナルに入っていき、ある程度の所まで行くと、勝手に吸い込まれていった。その時に、一瞬だけどゾクッとした。今まで、なにをしても気持ち良くなれなかったのに、一瞬とは言え快感が走り、テンションが上がった。

だけど、そこからが長かった。一瞬気持ち良くなっても、すぐに何ともなくなる。気持ち良いポイントを探り探り、催眠オナニーなんかも取り入れたりして、なんとか感じるようになってきた。

でも、ネット動画みたいに入れられただけでイク”ところてん”とか、泣き叫ぶほど感じるレベルに行ける気配はなかった。
だけど、ちょっと太めのディルドとかは入るようになっていたし、入れてピストンすると、声が漏れるくらいには感じるようになった。
そのままズコズコしていると、トコロテンではないけど、おしっこは漏れるようになった。

そんな中、人に責めてもらいたいと思うようになった。

そして、新しく出来たセフレの若妻”加奈子”が、アナル調教経験ありの痴女キャラだった。
ナンパでその日のうちにセックスをしたときに、ベッドの上で過去の話を聞いた中で、それを知った。
だけど、最初からアナルを責めてくれとは言えず、1ヶ月くらいは俺が一方的に責める感じだった。

スーパーでパートしている加奈子を、とにかくイカせまくった。人妻で子供もいるとはいえ、俺より年下でまだ25歳の加奈子は、セフレとしてもかなりのレベルだった。

パートが終わる時間に待ち合わせ、自宅のマンションの目の前に車を止めて、そこで生ハメセックスをしたりした。
俺の車(エクストレイル)の後ろの席に移動して、フラットにしたラゲッジと後部座席の上でバックから突いてやると、すぐに潮を吹きながらイキまくった。シートも完全防水のエクストレイルが、こういう時役に立つw

そして、一番濃いスモークを張ってあるとはいえ、中から外はけっこう見える。こんな場所なのに、わざわざ全裸に剥いてバックからハメていると、
『ンふぅっ! ンおぉっ! 声出ちゃう! 出ちゃうって! ンオおぉっ!! あヒィ♡』
と、泣きそうな声であえぐ加奈子。もうすぐ子供も帰ってくる時間だけど、俺はかまわずにガンガンとハメ続ける。
大きな胸がユサユサ揺れて、車も結構揺れている気がする。
「ほら、見られたらどうする? お隣さんとか、そろそろ帰ってくるんじゃねーの?」
俺がイジメながらピストンをすると、
『ングゥッ! ダメぇ、見られちゃうぅっ! バレちゃうよぉっ! パパにバレちゃうぅっ!』
泣きそうな声で叫ぶ加奈子。
「じゃあ、やめるか? 旦那にバレたくないんだろ?」
そう言って、俺が腰を止めると、
『ダメっ! もっとっ! イキそうなんだからっ! もっと突いてッ!』
と、自分から腰をぶつけてくる。
口では旦那にバレたくないとか言いながら、こんな場所で、全裸になって浮気チンポを生ハメされている加奈子を見ると、結婚なんてするもんじゃないと思うw

すると、遠くに幼稚園のバスが見えた。
「ほら、バス来たぜw」
『えぇっ!? もう? アァ、もっと、もう少しだから、あぁっ! もっとぉッ! 強くしてっ!』
「いいのかよw よし、行くぜw」
そう言って、全力でピストンをする。
ちなみに俺の車は、カーセックスするためだけに、ガチガチに固いサスに交換している。それでも、これだけ激しく突くと、揺れているのはわかると思うw

『んおぉぉんっ!! そうっ! おぉっ!! チンポ凄いぃっ!! カズ君チンポ、太いぃっ!!』
「旦那のより気持ち良いか?」
『いいっ! パパのチンポより太いのぉッ! パパのチンポより、固くてぇ、長くてぇ、子宮の壁壊れるぅッ!! ウウうぅァッ!! イ、イキそうっ!!』
もう、幼稚園のバスは目の前だ。
「アア、出るッ!」
『イッてっ! 中にっ! ウゥゥウアッ!! イクっ!! イィくぅっ!!』
全力で痙攣しながらイキまくる加奈子の膣中に、たっぷりと出してやったw
加奈子は、潮を吹き散らかしながらイクと、すぐに慌てて服を着始めた。

もう、バスはマンション前に止まっている。
『ご、ごめんね、またメールするねっ! カズ君、愛してるよっ!!』
そう言って、俺にキスをして出ていった。俺は、あきれて笑いながら送り出す。
加奈子は、バスが止まっている方からは見えない側のドアを開けて車外に出ると、そっと歩き始めた。

そして何食わぬ顔で、出迎えに来ている他のママ達に混ざった。マジで、女は怖いと思う。

息子と手を繋ぎ、マンションに入って行く加奈子。ふと見ると、膝の内側が濡れて光っていた。
アレ? っと思って車内を見ると、パンツを忘れていったみたいだ。クシャクシャッと丸まったパンツを見ながら、俺は苦笑いを浮かべた。

幼い息子を出迎え、その小さな手を握って歩き、他のママさん達とにこやかに話しをしながら、浮気チンポの中出し汁を膝まで垂れ流す加奈子。
旦那が可哀想になってくる。

加奈子は本当に俺の巨根に狂っているようで、時間があると俺とセックスばかりしている。そのくせ旦那のことは凄く好きというか、とても愛してるようで、その心と体のアンバランスっぷりがたまらない。

加奈子のお気に入りのプレイは、夫婦の寝室でのセックスだ。旦那と毎日一緒に寝るベッド……愛し合うベッド……その夫婦の神聖な場所で、他の男にメチャメチャにされるのが、たまらないようだ。

今日は朝の10時に呼び出されていた。旦那を送り出し、子供をバスに乗せたすぐ後の時間だ。もう、少しでも早くやりたくて仕方ないみたいだ。
ちなみに俺は、定職はない。いわゆるブロガーだ。アフィリエイターとも言う。それでも月に200万は稼いでいるので、本当に良い人生だと思う。
と言っても、セフレの女達とのハメ撮り動画で集客しているので、それなりの努力はしているw

いつもみたいに、ネットオークションで買った宅配便の制服を着て、加奈子のマンションに入る。わざわざ、段ボールの箱も手に持っている。その中は、大人のオモチャやコスプレの衣装でぎっしりだw

そして、インターフォンを鳴らして、宅配便のフリをする。そして、オートロックを外してもらい、部屋に行く。
そして部屋に入ると同時に、全裸の加奈子が抱きついてキスをしてくる。舌が口の中で、でたらめに暴れ回る。
つい2日前に自宅前の車の中でしたばかりなのに、加奈子は発情していた。そしてキスをしたまま、俺のズボンの上からチンポをまさぐる。
『あぁ、大っきい……固いし、ホントヤバい……』
うめくように言いながら、俺のチンポをズボンの中から取り出し始める。

そして、ズボンもパンツも膝までしか脱がしていない状態で、俺のチンポをくわえてくる。
『ううあっ! これ、あぁ、美味しいよぉ……おチンポ好きぃ……あぁ、もうダメだよ、入れるっ! 入れちゃうからねっ!』
そう言って、俺を押し倒して上に乗っかってきた。加奈子は、超ロリ顔の人妻だ。数年前の、ピーク時の永作博美っぽい感じだ。

それが、玄関入ってすぐの廊下で、浮気チンポにまたがって腰を振る姿……ギャップが凄すぎる。
加奈子は、ちょっとセックスが好きすぎると思う。依存症とか、色情狂とか、そんな感じなのかも知れない。

『ンアッ! これっ! アッ♡ 好きぃっ! チンポ! チンポォッ! うっウゥあっ! アッ! 奥潰れてるぅッ! ダメ、いいっ!? もうイッちゃうっ! イクっ! イクっ! イクゥッッ!!』
加奈子は、あっという間に果ててしまった。昼間というか、朝からこんな事をして、こんなにあえいで大丈夫か? と、心配になる。隣近所にバレないのか? と思うが、この曜日のこの時間は、上下左右留守だそうだ。ホントかよと思いながらも、俺も容赦なく下から突き上げ始める。

『んンッおぉおぉっ! それぇっ! そう! あぁっ!! もっとぉッ!! んおおぉっん♡ ンオッ! んんオッ! イクっ! イィグゥッ!!』
のけ反りながら、思い切りイク加奈子。ふと下駄箱を見ると、家族三人で笑いながら写る写真がある。遊園地かどこかだと思うが、幸せそうな光景だ。
その写真の前で、狂ったようにイキまくり、騎乗位で繋がったまま潮を吹き散らかす加奈子。
旦那が見たら、気を失うんじゃないかと思う。

そして、フローリングで寝そべっていて背中が痛くなってきたので、立ちバックに切り替えた。アホみたいにつきまくる俺、下駄箱に両手をつき、あえぎ続ける加奈子。
すると、ふと顔を上げた加奈子が、写真に気がつく。
慌てて写真立てを伏せて、
『パパぁっ! ごめんね! ああぁっ! ごめんなさいぃっ! ふおぉおぉっ! イッちゃうッ! パパごめんなさいぃっ! イクっ! パパぁイッちゃウゥッ!!』
と、いつも以上に大声を上げて果てた。

俺は、そんな加奈子の中に思いきり中出しを決めた。

そして、いつものようにお掃除フェラしてくれる加奈子。
『へへw 床、ビチャビチャw 拭いてから行くから、ベッドで回復しててねw』
と言った。
今日は、何発搾り取られるのだろう? と、少し不安になる。

そして、寝室で待っていると、すぐにエロランジェリーを着た加奈子が入ってくる。ピンク色の穴あきショーツに、穴あきブラ、ガーターベルトという、ある意味定番の格好で入ってくる加奈子。

『おまたせ?♡ どれどれ、もう回復したかな?』
と、おどけながら入ってくる加奈子。
まだ半立ちの俺は、ちょっとバツが悪くなった。
『あ?っ! まだ回復してないんだ……もう、飽きちゃったんだ……』
と、泣きそうな顔になる加奈子。慌てて謝ると、ニコッと笑いながら、
『でも、私は飽きてないもんw へへw 大きくしてあげる♡』
そう言って、乳首責めや、巧みなフェラをしてくれる。あっという間にガチガチになると、またセックスが始める。

やはり、夫婦の寝室でのセックスは、たまらないようだ。加奈子は、最初からイキまくっている。獣のような声で叫んだと思うと、急に泣き声で旦那に謝りだす。
「あぁ、イキそう。旦那のまくらにぶっかけてやるよw」
俺が言葉責めをすると、
『ダメぇぇっ!! そ、そんなの! バレちゃぅよぉ……あぁっっ! パパ、ごめんねぇっ! 加奈子またイキますっ! イッちゃうッ! パパ、ダメぇっ!! パパのじゃないチンポでイクっ! パパのより大っきいチンポでイクっ!! ごめんなさいっ!! でも、このチンポの方が良いのぉッ!! イクっ!! パパのまくらにぶっかけてっ!! いい゛い゛い゛ッッグゥゥッッ!!!』

こんな背徳的なセックスを、立て続けに二発した……。

2回戦が終わっても、まだ俺の乳首を舐めたり触ったりして、3回目をねだってくる加奈子。
俺は、頃合いだと思った。そして、
「なぁ、加奈子って、アナル責め上手なんだろ?」
俺は、さほど興味がないフリをして聞いた。
『え? あぁw カズ君、アナル責めして欲しいんでしょ? いいよw してあげる♡』
まだ何も言っていないのに、いきなり俺のアナルを舐め始める加奈子。

『なんだw カズ君、こっちも使ってるんだw』

セフレのおじさんとの出会い

はじめに私のプロフィールを書くと、20歳♀Bカップです。容姿はいいとは言われます。
現在セックスフレンドのおじさんとは、ネットで知り合いました。
きっかけは、半年前に彼氏と別れて、辛い思いをしていたとき、一人暮らしでさみしく、誰でもいいから相談相手が欲しくて、スカイプのIDを、ネットの掲示板に書いておいたら、おじさんが真っ先にメッセージを送ってきてくれたのがはじまりです。
おじさんは42歳で、私の倍以上も歳が上でしたが、とても話しやすくて、親身に相談にのってくれました。
すぐに仲良くなったので、それからしばらくチャットをする日々が続きました。
そのときに、気づいてはなかったけどおじさんに依存しているか、好きになってしまいました。
チャットに慣れてくると、おじさんはえっちな話を振ってくるようになりました。
おじさんの「おっぱい何カップ?w」っていう質問に対して何度か私は「やだーw」と軽く受け流していましたが、しつこく聞いてくるので、正直に「B!」と答えてしまいました。胸が小さいことがコンプレックスだったので(しまったな)と思いました。
すると「え!?マジ!可愛いw」と返してきたので、ちょっといい気分になりました。
そんな感じでチャットしていたのですが、ボイスでの通話はまだしていませんでした。理由は、恥ずかしかったのと、通話しようって話を切り出せなかったからです。
ある日、珍しく缶チューハイを飲んで、軽く酔いながらおじさんとチャットしていました。おじさんも、お酒を飲んで酔っていたらしく、その日はえっちな話題が中心になっていました。質問の内容は、「S?M?」「パンツ何色?」というようなソフトな感じでしたが、少しずつ過激になってきて「ぶっちゃけ、おなにーする?w」と聞いてきました。
私は酔っていたのと、おじさんに精神的に依存していたのもあって「するけど…」と答えました。
すると、しばらく間をおいて、「いましてみよっか?」と返してきました。
私は「いやムリwなんか恥ずかしい」と返しました。
すると、おじさんは「正直になりなよ。どうせ、どこの誰かわかんないんだし、ゆいちゃん(Skypeでの仮名)も体が寂しいだろ?」と返してきたので
「やってみようかな…」と返してしまいました。
すると、音声通話がかかってきました。私はドキドキしながらも、通話にでました。
「もしもーし?」とおじさん
「こ、こんばんはー」と、緊張しながら返事をしました。
「声、可愛いね」
「そんなことないですよーw」
「いやいや、絶対可愛いってw」
「わかったからw」
しばらく間が空きました。
「で、どうするの?性欲解消しちゃう」と聞かれ、「してみる…」と答えました。
「してみるじゃなくてしたいんでしょ?」
「したいです」と正直に答えました。
「いい子だなwおもちゃある?」という質問に「(元彼氏からもらった)バイブがあるけど」と答えました。
「じゃあ、それ使ってみよっか」
私はドキドキしながら、しまってあったバイブを手にとって電源を入れてみました。すると、それはいやらしい音と振動がしました。
「いれちゃうの?」と聞くと
「あたりまえじゃん俺のチンポだと想像してオナニーしてごらん」
それを聞いてなんだかムラムラしてきたので、もうするしかないなって思って、ノートパソコンが置いてあるテーブルの横のベットに腰かけて、スカートを履いたままパンツだけ脱いで、振動するバイブをおまんこに入れました。
気持ちよくて「あんっ」とえっちな声が出てしまいました。
「どうだ?気持ちいいか?」とおじさん
「きもちいいです」と私
「もっと気持ちよくなってごらん?」というのでバイブを気持ちのいい場所に当てたり、ピストンさせると、意識がふわふわとしてきて「あっ…だめぇ…気持ちよすぎる…あんあんっ!」と思いきり甘い声で喘いでしまいました。
それを聞いたおじさんが息を荒くしながら「ゆいちゃん声可愛いしえっちで萌えるね。ほら、おじさんがもっと激しく突いてあげるから、もっと可愛い声聞かせて?」と言ってきました。
私はバイブをもっと激しく動かして、半分わざとおじさんに媚びるように、甘い声で喘ぎました。
すると、自分でもとても興奮してきて、絶頂が近づいてきました。
「はあ…はあっ…もうだめ、いきそう。いっちゃう、いっていい?」というと、おじさんは「いっていいよw」と言ったので、それからしばらくして絶頂してしまいました。
なぜか、しばらくお互いのすこし荒い息だけが聴こえました。
「なんか、えっちしてるみたいでしたねw」って言うと
「実際に会ってみよっか?」と提案されました。
それが、わたしとおじさんの出会いです。

セフレに淫語責めされてメッチャ興奮した

ちょっと変わった性癖がある女の子と出会いました。
梨花ちゃん、24歳OL。

出会い系サイトで見たとき、彼女こんなこと書いてました。

「リカです。24歳。お人形のリカちゃんのようにお上品な女の子でえす」

これ読んで、急に上品な子とセックスしたくなって、アポ取ったんです。
会ってみると、可愛いくて言葉づかいもきれいで、たしかに上品な印象がありました。

セックスもまあ、マグロとまでは言わないけど、恥じらい気味で、
これがお上品な女性のセックスなんだなって、僕なりに納得し、満足でした。

でも彼女、ちょっと変わった性癖があるんです。
そのことを知ったのは3回目のセックスのとき。
その性癖、別に嫌じゃないですけど、とても意外で、いまだに信じられません。
女性にはいろんな側面があるんだってこと、
出会い系使う人には知っておいてほしいから、ちょっと紹介しますね。

横浜は伊勢佐木町のいつものラブホ。

「今日は、なんか刺激的なことをしてみたい」
「シゲキテキなことって、なんですかぁ」

最初に断っとくけど、梨花ちゃんの言葉は、基本的に敬語が多いんです。
僕が5歳年上ってこともあるけど、会社でお客様と接する機会が多いので、
自然とこうなっちゃったらしいです。
くだけた言葉より、敬語の方が使いやすいんだとか。
でもその分、無意識的にストレスをためてる可能性もあるとか。

「そうだね、何がいいかなあ」

セックス前の甘い会話。
二人とも裸でベッドに横になってます。

「何か、いいアイデアないかなあ」

「いんごぜめ、とか」
「いんごぜめ?」

「淫語責めです」

恥ずかしそうに、布団で顔を隠してます。

「そんなこと、梨花ちゃんできんの?」

(布団の中で)
「少しは」

「じゃあ、それやろうか」
どうせ大したものじゃないと思いつつも、他に何もないのでやってもらうことに。

「あのぅ・・・気に障ったらごめんなさい」
「構わないよ」

すると、顔出していきなりこう言ったんです。

「おまえのチ○コ、相変わらず臭い?」
「え?」

動揺・・・・。
とても梨花ちゃんが発した言葉とは思えません。

「チ○コ臭いかどうか、確かめていい?」
「い、いいけど」

梨花ちゃん、布団をめくって僕の勃起前のチ○コをつかみました。

「ぅわあ」
苦笑い。
「かわいそうなチ○コ野郎ね。こんなに小さいわあ。さて匂いはどうかな。
うわあ、臭っさー。ちゃんと洗ってんの?」

梨花ちゃんの表情は平然としてます。
いつもと変わりません。

「私が臭いチ○コ洗ってあげるから感謝してよね」

フェラ開始。
竿をしごきながら、裏筋と亀頭を舐めます。
うぐっちゅっじゅるっ

たちまち勃起。

「うわあ、臭いチ○コでかくなるの巻。めでたしめでたし」
僕がゴムを取りだすと、梨花ちゃんがぱっと取り上げました。
「ゴム着せてあげるよ。ちょろちょろ我慢汁出てんだからね。
我慢汁にも精子がいるって知ってる?ほんとどうしようもないね、おまえのスケベチ○コ」

ゴム装着。

「さあて、お次はそっちの番。私の臭いマ○コを舐めてもらましょ。
おまえ、私の臭いマ○コの匂いかいで失神しないでね」

下半身に顔を寄せます。

「ちょっと待って。脚開いてあげるからそこに正座して」

正座。

梨花ちゃん、ゆっくりと脚を開きます。

「実況中継。スケベ男が私の臭いマ○コを待ちわびてまーす。
ゴムかぶったチ○コびんびんにして、今か今かとマ○コが開くのを待ってまーす」

「臭いマ○コ登場!お毛毛も生えてまーす。ほら、舐めなよ。言っとくけど臭いよ」

ヴァギナを舐めます。

「はぁ・・あン。どう、だ。臭いか」
「臭くないです」
「嘘つけ」
「臭いです」
「はぁ・・ど、んな臭い?」
「ヤギのチーズみたい」
「はぁ・・はぁ・・」

「陰唇を開きなさい」
愛液で滑って開けにくいです。
「ちゃんと開く!」
開きました。ピンクの陰唇の奥に、白っぽい穴があります。
ひくひくしてます。

「臭いチ○コ、臭いマ○コに挿れたい?」
「挿れたいです」
「そこに土下座して、臭いチ○コを臭いマ○コに挿れさせてくださいと言いなさい」

土下座。

「臭いチ○コを臭いマ○コに挿れさせてください」

顔を上げたら、いつもの梨花ちゃんの微笑みが待っていました。

「ごめんさい。悪気はありませんから」
「いえ」
「ここからは、ふつうにしましょ」

梨花ちゃんとの甘いセックスタイムが始まるの巻。めでたしめでたし。

僕にMっ気あるのかもしれないけど、けっこう興奮しちゃいました。
またやってみたいと思ってます。

でも梨花ちゃんに淫語責めの才能があったなんて知りませんでした。
ストレス解消なのでしょうか。

出会い系で梨花ちゃんとセフレになってよかったです。
毎日楽しくて、シゲキテキ。

セックスレスが意味不な程の巨乳の人妻ゲット

既婚者のくせに出会い系好きな女の敵です

あるサイトで知り合った子の話。

どうやらおっぱいが大きいらしい。

おっぱい星人の俺は当然食いつく。

写メではそんな太くなかったので期待大。

写メでは上原さくらにチョイ似。

最初からメールがヤリ目進行だったので、今日は当然ヤリ目。

よければセフレに。

約束の時間には彼女の方が早く着くとの連絡が入り、少しだけ遅れて御対面。

ん?、写の3割増で可愛いですよ。

で、コートに隠れながらも充分過ぎる程アピールしているオッパイも、周囲の目でコッチが恥ずかしくなるくらい。

でも、なるべく見ないように。

時々は気になる素振りもして。

そんなこんなで、腕を組んだりしなくても時々プニュッと触れるオッパイを楽しみながら、個室の居酒屋に到着。

この店は二人並びの個室と対面式の個室とあり、当然横並びで良い展開を目論んでたのに、運悪く案内されたのは対面式…orz 

まぁ、酒入ってガードが薄くなったら横に並んだらいいって事で、とりあえず飲み始める。

ところで、コートを脱いで薄手のシャツから飛び出しているそのブツはなんですか?

机にドッシリと腰を落ち着かせてらっしゃるじゃありませんか?。。

いや、恐らく風俗でも経験した事ないレヴェルです。

もうね、色々話してたけど、何を話していたのか覚えてませんので割愛します。

正直、オッパイの事ばかり考えながら話してましたw

程よくくだけたところで席移動を促し、ようやくお隣にG旋風が吹き荒れました。

いや、ホンマにどんな動作でも揺れるもんなんですね。

さっきより顔が近づいただけで、普通に話していても顔を赤らめる彼女に、当然萌え萌えになり、彼女が話している変なタイミングでキス。

もう全然拒まず、舌を入れ返してこられました。

もうここでオッパイに手が伸びるのを抑えるのが精一杯になり

「と、いうわけでイコか?」と。

京都の人ならココでピーンと来てらっしゃる人もいると思いますが、そのマンマの名前のラブホに向いましたw

入室と共にベッドに雪崩れ込み、敢えてオッパイにはガッつかず、濃厚なキスを5分間ほど。

足を彼女の股の間に入れると、もう挟む挟むw。

で、自分で気持ちの良いところに当たるように、俺の足を持っていき、グリグリと膝に当ててらっしゃいました。

もうこの辺で声が漏れ始めてたので、いよいよGカップとご対面の時がきたようです。

ハイ、脱がれました。

ハイこれ、デカいってかおっそろしく美乳です。

Gあるんかなぁとはチト疑問でしたが、もう何もかもが充分過ぎましたよ。

もう、普段巨乳にしてみたい事を存分にフルコースで楽しませて頂きました。

手を使わなくていいパイズリから、会社の制服のシャツを着てもらい、その上からの乳揉みなどetc…

しかーし、この方感度良過ぎですよ。

自分では普通の事しかしてないつもりなんですが、おもしろい位にイキまくられてますし、もうシーツがビッショビッショです。

結局、手マン→強弱を3セット程→チト指を折り曲げGスポを指腹で引っかくように強。

これだけで2回イカれまして、クリを指の間に軽く挟んで強弱。コレで1回イカれました。

当然その間コッチはオッパイと戯れながら。

で、満を期してin。

ココでも、幅がある俺のチンチンがバッチリだったらしく、そんなに激しくシテないのに、スグ゙いかれました。

で、余韻に浸りたいっぽかったので、ココはハズして抱擁。

当然、コッチは一回もイッテないのでチンチン全部が埋まって見えなくなるパイズリにてフィニッシュ。

谷間に白骨温泉が出来てましたよw

全然、2回戦も可能だったけど、彼女がグッタリだったのと、双方とも次の日、仕事だったので、そこでとりあえず終了。

帰りもやたらハートの多い可愛いメールがバンバン届き、ニヤケながら帰宅しました。

貴重な既婚を理解してくれてる子なんで、大事にしたいと。

それよりなにより、あのスペックにはナカナカ出会えないので。

もう、出会い系ヤメテもいいかなぁと思うくらい気持ち良かったです。

ただ、少しイキ過ぎでは?演技でありませんように・・。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード