萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

童貞・処女

精液便所記録

開店直後のデパートの最上階、15階男子トイレに駆け込んで、個室に立て篭もってオーガズムに達するまで、15分ぐらいローターを使ってオナニーをしてから誰かに見つかる前にトイレを出ました。でも…その日はいつもと違って…。平日の午前10時台だったし、客もまばらだったから…私は下着を全て外してバッグの中にしまい、アソコにローターを入れたままトイレを後にしました。誰かに見つかるとは思わなかったし、もっと強い刺激が欲しくなったから…。
空っぽのエレベーターに乗り込むとすぐ次の階、14階でエレベーターは止まって4人の男の人達が談笑しながらエレベーターに乗り込んできて、一番奥の壁に寄りかかりました。このエレベーターという密室の中で下着を身に着けずにアソコにローターを入れている事を悟られて輪姦されたら…。そんな事を考えているうちに私のアソコはどんどん愛液を溢れさせて、膝ががくがくと震え始めました。ローターのレベルは最弱に設定してあったから音は響かないけど、膝ががくがくと震え始めているのは私の後ろに立っていた男の人達にも判るようで私を対象にひそひそと話し始め、男の人の一人が私の肩を掴みました。その時です。突然大きな衝撃と共にエレベーターが止まって、私はその衝撃に耐えられるはずもなく短く叫んでその場に座り込んでしまいました。膣の、オーガズムの時の痙攣でローターは外に弾き出されて、座り込んだ私の膝の前に転がりました。私は慌ててそれを仕舞ったけど一足遅かったようで、ニヤニヤと笑った男の人達が座り込んだ私を取り囲みました。緊急放送が流れて、ケーブルの断裂で一時的に止まっている事が判ると男の人達は私を背後から羽交い絞めにして破かないように、けれど荒々しく服を脱がせました。服の下には下着を着けていなくてその上アソコは愛液を溢れさせていて…男の人達は露出狂の私を携帯のカメラで撮影しました。
暫くしてからやっとエレベーターが動いて、デパートからお詫び代わりの商品を受け取ると男の人達の車に乗り込まされました。ボックスカーで、座席を倒した後部で縛り上げられるとバッグが取り上げられ、手帳と財布から住所も氏名も電話番号も全てを調べられて…。一時間近く車を走らせて、人気がない川沿いの廃工場に連れ込まれました。もう誰も使っていないはずなのに廃工場の窓の無い地下室には大きなベッドが置かれていて…私は男の人達に突き倒されてベッドに横にさせられました。男の人達は私を取り囲んで…。着ていた服を、今度は乱暴にびりびりに破かれて、ベッドの上に縛り付けられながら私は泣き叫びました。
「いやっ!やめてっ!」
そうすると今度は男の人の一人が全裸にされた私の上に馬乗りになって…泣き叫ぶ私の顔を続けざまに平手打ちしました。
「痛いっ!!やっ、やめっ…!!」
予想外に強い力でビンタが繰り返されたから私は口の中を切り、口の中いっぱいに血の味が広がりました。
「下着を着けないでマンコにローターを入れて外を歩いているような変態の露出狂が、今更何を言っているんだよ」
私に馬乗りになった人が他の人に向かって、笑いながら言いました。
「この変態は、有罪か無罪か?」
他の人達は一斉に有罪と叫んで、罰として早くアソコにチンポを突っ込め、と囃し立てます。私の上に馬乗りになった人は愛液で十分に濡れたアソコに激しく指を出し入れして…。怖くて泣いているはずなのに私のアソコは男の人の指の動きに合わせて、溢れ出た愛液が濡れたいやらしい音を立てて…。
「これからチンポをぶち込まれるって判っているのに、こんなにマンコを濡らしやがって」「犯し甲斐のあるメス豚だな」
私のアソコに激しく指を出し入れしていた男の人は指を抜いて、私の愛液で汚れた指を今度は私の口に…。仄(ほの)かな抵抗として噛んでやろうかと思ったけど、気が付いたら舌を絡めていて…。気が付くと、他の男の人達はそれぞれにマイクやカメラを構えてベッドの周りを取り囲んでいました。
「今このマンコに本物のチンポの味を教えてやるからな」
男の人はアソコを指で開いて…生のチンポを一気に奥まで突き立てました。アソコの肉を切り裂く痛みと一緒に、私は泣き叫びました。
「あっ…ああああ!」
耳の奥で確かにアソコの肉が引き裂かれる音が聞こえて…。
「ああ…はぁああああ…痛い、いたぁい!!!いやああぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」
男の人は私が泣き叫ぶのを楽しそうに眺めて、腰を激しく動かしました。
「いいマンコだ、チンポに吸い付いてきやがる!!!!!」
「いたぁいっっっ!!いやっ、もういやぁっっっ!!!!!!!!!!」
途端に涙で濡れた顔を続けざまにビンタされて…。
「こんなにマン汁をだらだらたらして悦んでいるくせに、何を言ってやがる。この、メス豚!!!!!」
一人が終わると次、とベッドに縛り付けられたまま4人の男性に連続して犯されて、全員に中出しされて…。ここで全てが終わってくれればまだ諦めがついたでしょう。でも…。
「おい」
男の人の一人が乱暴に私の髪を掴んで頭を持ち上げ、2・3度強くビンタをしてから他の人に言いました。
「こいつを、俺達専用の精液便所にしようぜ」
と。他の人達は一斉に賛同して、私をベッドに縛り付けていたロープが解かれると私は髪を掴まれたままシャワー室に連れて行かれました。シャワー室といってもそこは一般家庭のようなものではなく、室内プールのシャワー室のような広いところでした。私はそこでタイル張りの床の上に仰向けに寝かされて、首から上と20本の指以外は絶対に動かせないようにロープと鎖で固定されて…。男の人の一人が部屋の隅からホースを持ってきました。
「まずは便所掃除からだな」
男の人はホースを折り曲げると蛇口を開いて、十数秒経ってからホースを私のアソコに突っ込んで、折り曲げて水の流れをせき止めていたホースをまっすぐにしました。当然のように冷たい水が勢いよくアソコに流し込まれて…。
「あああああああっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」
男の人は便所掃除と称してそれを何度も繰り返し、その間も他の男の人はカメラを回し続けました。
「痛いっ、いたあぁっい!!!!!!!!!!!!!!」
「ホラ、もっと泣き喚けよメス豚!客はメス豚が泣き喚くほど悦ぶからな!」
肉が引き裂かれて処女を奪われたばかりのアソコが冷たい水に何度も襲われて…私は泣き喚いて何度も許しを請いました。でも当然彼らが私を解放してくれる事は無くて…。アソコの中のザーメンカクテルも洗い流されて、私はタイル張りの床の上でただ泣くだけでした。男の人の一人が私の傍に屈み込んで、綺麗になったアソコに指を3本一気に突き立てました。
「見ろよこのメス豚、こんな扱いされてもこんなにマン汁を流してやがる!」
「こういうメス豚は精液便所以外に使い道は無いな」
次は何をされるんだろうと考えている暇もなく、今度はお尻の穴に細いチューブが突っ込まれました。
「ひうっ!」
「俺達の精液便所になると誓わせないとな」
その言葉が終わる前に何ℓもの浣腸液が私の直腸内に注ぎ込まれて…すぐにでも爆発して便を垂れ流してしまうかと思ったけど、チューブが抜かれるのと同時に大きなバイブが栓代わりに突っ込まれて、その上簡単には抜けないように鍵付きのハーネスが取り付けられて…。出したくても出せない苦痛から私は涙と一緒に脂汗を流しながら懇願しました。
「外して、こんなの外してぇっっ!!!」
私の腹部は妊娠中期の妊婦の腹のように、浣腸液でどろどろになった便で膨れ上がって…。時間を、秒を追うごとに腸が激しく動いて苦しさが増して…。
「俺達の性欲を処理するためだけの精液便所になると誓えばすぐに外してやるよ」
私は反射的に唇を噛み締めて、外して、と懇願するのを止めました。精液便所になる、と誓うのはプライドが邪魔をして…。一人が、苛立ったように少し強く私の腹を踏みつけました。必然的に腹部で便が暴れまわって…。
「ひっ、ひぎぃっ!」
「早く誓えよ。誓えばすぐに楽になれるぞ」
「嫌っ、それはいやっ!!」
「強情なメス豚だな。おい、誰かアレを持って来いよ」
「アレ、か」
「ああ、そうだ。どんなにプライドが高い高慢ちきのメス豚でも、簡単に精液便所に出来るアレだ」
一人が、手に見慣れた赤いビンを持って戻ってきました。
「コレが、なんだか判るか?ん?」
「ひっ…」
便所掃除と称して清められる前までザーメンカクテルが貯蔵されていたアソコの、クリトリスの皮が剥かれて赤いビンの中身…タバスコが剥きだしになったクリトリスに振り掛けられました。
「ぎゃあああぁぁぁっっっ!!!!!!!!!!!!!」
なりふり構わず叫んでシャワー室の壁が震え、男の人達はとても楽しそうに眺め、カメラのシャッターが盛んに下ろされました。火の付いたタバコが押し当てられたようにクリトリスが熱く燃えて、この世の物とは思えない激烈な痛みに私は泣き叫びました。
「痛いっ、いたいぃっ!!」
「精液便所になると誓ったら綺麗に、クリトリスもケツの穴も綺麗に洗い流してやるよ。誓うか?」
もう抵抗の余地なんてありませんでした。精液便所になると誓うしか、この苦痛から逃れる術(すべ)は無いと判ったから…。
「誓う、誓うぅっっっ!!!」
ハーネスと栓のバイブが外されて、耳を塞ぎたくなるような音と一緒にどろどろになった便が垂れ流されて…浴びせられた熱いシャワーでタバスコ付けになったクリトリスを洗って頂いて、それからまた何回も浣腸が繰り返されて、出てくるのが透明な浣腸液だけになるとやっと開放されて、体を綺麗に洗われてからまたベッドに連れて行かれました。でもベッドには寝かせられないで、硬いコンクリートの床の上に正座させられて、精液便所の誓いを読み上げさせられました。
「私は精液便所のメス豚です。私はただチンポをぶち込まれてよがり狂うだけしか存在価値の無い精液便所です」
誓うしかありませんでした。もし誓わなければ、1ℓのラー油をアソコとお尻の穴に流し込んで、24時間以上は確実の放置する、と脅されたから…。もし本当にそんな事をされたら私は死んでしまう、と恐怖に駆られました。
「よく言えました、メス豚」
ベッドの上げられ、四つん這いの体勢で両手を背中側で縛り上げられて、前戯も何も無くお尻の穴にチンポが突っ込まれました。
「ひぐぅっ!」
「マンコとケツマンコ両方の処女を同じ日に無くすなんて、なかなかいないぞ」
「ケツマンコを犯されて気持ちいいか、メス豚!?」
もうどんな抵抗も止めました。抵抗するだけ無駄だし、抵抗すればその分の罰が与えられると判ったから…。
「いいっ…気持ちいいっ!!!」
「メス豚が…っ!チンポで腸をぶち破ってやるぞ!」
「あぐぅっ!!」
一切の情も容赦も無くチンポが直腸の最奥まで突き立てられ、私は喉を詰まらせました。でも、精液便所になると誓った以上ただ黙ってそれを受け入れるしかありませんでした。
「嬉しいか?チンポでケツの穴が犯されて嬉しいか?このメス豚がっ!!!」
「いいっ、いいっ!!!!気持ちいいっ!!」
またお尻の穴を全員に犯されて…いえ…飼い主様方にチンポを突っ込んで頂いて…何度も精液便所の誓いを読み上げさせられた後でこのメス豚にエサを与えて頂きました。私はもう人間ではなく、ただチンポの突っ込まれるだけのメス豚になったので、人間様の食事は与えて頂けませんでした。犬用のエサ皿に砕いたカロリー○イトやバランス▲ップを入れて、その上から飼い主様方の精液と尿が注がれて…一滴残らず全てを胃に収めるまで頭を踏みつけられていました。

私が犯され、精液便所にして頂くまでを全て記録したビデオはまったくの無修正のまま裏ルートで販売されて、月に一回お得意様を招いての歓迎パーティーにメインディッシュとして出席させて頂きました。その時はアソコ…人間様のチンポを突っ込んで頂くためだけのマンコにゆで卵を入れて、ゆで卵のマン汁漬け製造機としてテーブルの上でゆで卵のマン汁漬けを提供させて頂きました。
私は今も精液便所として、飼い主様方にご奉仕させて頂いております。私の体は精液便所のメス豚としての刻印をいくつも頂きました。麻酔無しであけられたピアスが二つ乳首を飾り、この先一生毛が生えなくなったマンコの上の恥丘には『精液便所』と、その下に『↓』の焼印を頂きました。チンポをぶち込まれるだけの下等生物である私には、刺青などという上品なものは頂けるはず無いので、真っ赤に焼いた鉄で刻印を…。私は精液便所です。人間様の性欲を満たすためだけの存在で、マンコにチンポをぶち込まれる以外の価値は無いメス豚です。どうか、一杯チンポをぶち込んで精液まみれにして下さい。

AMIとの初体験

AMIとは10年以上の付き合い。付き合いといってもいわゆる幼馴染。
AMIは活発というより男っぽい。だからどっちかと言えば男同士の友達みたいだった。
幼稚園から高校を出るまでずっと同じだったが、卒業してはじめて違う道に進んだ。
AMIは看護士になるために寮のある看護学校へ。
俺は家から通える大学へ。
15年近く毎日顔を合わせていた俺たちが顔を合わせなくなって4ヶ月ほどして再開。
去年の8月。
アイツは何も言わずに実家に戻ってきていた。
俺はあいつが帰ってきているのを知らなかったが、俺の母親が
「AMIちゃんこっちに帰ってるよ。今日買い物に行ったら向こうから声を掛けてきた」
「ふーん」
それで俺はアイツの携帯にメールをしてみた。
メールを送って5分くらいでアイツは俺の家にまで来た。
「ごめん、ごめんオマエに言うの忘れてた」
相変らずあっけらかんとしたAMIだった。
俺たちは中学校も高校も同じだったが特にお互いを男女というふうに意識したことはなかった。
アイツも俺も違う相手と付き合ったりしてたし。
俺は情けないことに今まで2人の女の子と付き合いながらドーテーだった。
AMIは・・・?アイツは男みたいなヤツだから多分まだ処女の飯まんまだろうと思っていた。
そんなことより今日のAMIは何か違っていた。
「どうしたんだよ。スカートなんかはいてさ」
「悪いかよ。俺だって女だよ。もうすぐ白衣の天使なんだから」
夕方でちょっと涼しくなっていたので、久しぶりに2人でブラブラと歩いた。
中学時代、学校からの帰りによく寄り道した店でアイスを買ってそばの公園でベンチに座って話し込んだ。よく考えたら卒業式の次の日くらいから会っていなかった。AMIは寮に入る仕度で忙しかったから。
俺はふと思った。コイツがスカートはいているの中学と高校の制服しか見たことがない。だいたいジーンズだったから。しかも今日はミニスカートだ。
AMIの脚は思ったよりすらっとしててきれいだ。太ももが妙に色っぽい。
そんなことを思っているうちに、ヤバイ!チン●がムズムズしてきた。俺は初めてAMIを女として意識してしまった。
その日、俺はダボッとした短パンだったが、大きくなったチン●が持ち上げているのがわかった。
AMIに見られたら・・・と思ってい不自然な様子をしていたら、
「おいケン(俺の名前は謙太)、どうしたんだよ。何か変だぞ」
「い、いやっ、別に」
「あっ、オマエ、ボッキしてんじゃないの?俺の脚見て感じてんのか」
しっかりと見られてしまった俺は恥ずかしくなって、
「うるせぇな。ガラにもないスカートはいてるからだよ」
俺が下を向いていると、AMIは急に俺の背中から両腕を巻きつけるように抱きついてきた。
「ケン、俺のこと好きか?」
「ずっと好きだよ」
背中にAMIの胸が当たる。今まで意識してなかったが、結構大きくて柔らかい。
もう俺のチン●は爆発しそうだった。
俺は向きを変えるとAMIを抱き寄せてキスをした。キスは初めてじゃなかった。互いに舌を絡ませているうちにAMIの吐息が甘くなってくる。
そっと胸に手をやった。ゆっくりと揉んでみる。柔らかい!
もっとしたかったが、夕方とは言っても誰かに見られるとまずい。幸いAMIの家は店をやっているのでこの時間は誰もいないことを知っていた。
「オマエんち行ってもいいか?」
「俺とエッチしたくなったんだろ」
「そうだよ」
「ところでオマエ今まで女の子とエッチしたことあんの?」
「ねぇよ。悪いか」
「しようがねぇな。オマエとこうなるなんて思わなかった。だけど俺初めてじゃないぞ」
「そんなこと気にしてねぇよ」
こんな会話をしながらAMIの家に向かう。
2階のAMIの部屋に入ると今度は俺の方からAMIを抱き寄せてキスをした。キスをしながら畳の上にゆっくりと横たわる。スカートの中に手を入れて初めてAMIのあそこに触れた。あの部分はもうしっとりとしていた。
「なんだ、AMIも感じてるじゃないか」
「うるせぇな。恥ずかしいだろ」
今度はAMIが短パンの上からチン●をギュッとつかんだ。そして握った手を上下する。
俺も股に指を当ててほじくるようにした。
「ンッ、ン?ン」
AMIは切なげな声を出す。
もう俺も我慢できなくなって
「AMIしていい?」
「いいよ。して」
俺はAMIのTシャツを脱がせ、スカートのホックをはずす。ブラとショーツだけになったAMIはとても女らしかった。今まで俺の知っていたAMIではなかった。
俺もTシャツと短パンを脱ぎAMIのブラを押し上げて片方の乳首をなめてみる。舌先で乳首を転がすようにしながらもう片方の乳房を揉んだ。そして空いた手でさっきのように股をさするようにする。
「ハアッ、ハアッ」
AMIの息が激しくなる。そして身体をよじるようにし始めた。
「ケン、来て。もっとして」
「うん、するよ」
俺はAMIのショーツを脱がし、俺もトランクスを脱いだ。AMIのあの部分はもうすっかりぬれていた。
チン●の先をAMIのあの部分に当てて入れようとするが、なかなか入らない。
そのうちAMIがそっとチン●を握って誘導してくれた。
そのままぐっと腰を突き出すとヌルヌルッと中に入っていった。AMIの中はツルツルした感じで熱かった。初めての挿入で俺は夢中になって腰を振った。
入れてからほんの2分くらいでもうチン●の先から脳天に駆け上がるような快感に襲われ始めた。
「AMI、俺もうダメ。出そう」
「中はいやだよ。ゼッタイに外に出してよ」
「ああっ、出る!!」
思わず腰を引いてチン●を抜き出した。それと同時にAMIのヘソのあたりから陰毛にかけてビュッビュッと射精した。
「あ?あ、こんなに汚して!毛に付いたら取れないんだよ」
「ごめん」
俺は謝りながらティッシュで拭いてやった。そして自分のチン●もきれいにするともう一度裸のままで抱き合った。
「俺たちこんなふうになるとは思わなかったな」
「だってケンはちっとも男らしくなかったし」
「オマエこそ女らしくなかったぞ」
「うるせぇなコイツ」
AMIは俺のまだ堅いチン●をギュッと握った。
俺も負けずにあそこに指を入れてやった。
「何するんだよ。さっきしたばっかりだろ」
こんなことをしているうちにしたくなった俺たちはもう一度激しく抱き合った。
次の日俺はコンビニでコンドームを買って万全の準備をしていたら
「ごめん、今日突然女の子になっちまった」
なに?ッって感じだったが、その分年末にAMIが戻ってきた時にはその1箱は3日ももたなかった。
俺が大学を卒業して就職するまであと3年。AMIが先に就職することになるが、その後はどうなるのかな。友達みたいな夫婦になれるのかな。俺たち。

息も絶え絶えになりながら

彼とは何度かラブホに行ってたけど、心の準備ができてなくてずっと触るだけだった。

24の秋、思い切って一緒にお風呂に入ってみた。
ラブホのお風呂はシャワーもジャグジーもTVもついててすごかったけど、
そんなこと構ってられないくらいはずかしかった。彼のちんこも見れなかった。
「やっぱむり、いや、でももうがまんできない。でもはずかしい」
とダダをこねていたらひょいっとお姫様だっこでベッドまで運ばれた。

胸を触ってくる手を何故か必死で払って抵抗していたけど、キスしてるうちに
何で抵抗してるんだ?って何も考えられなくなってきた。
気付いたら胸を揉まれてて、「あっ、抵抗しちゃいけない」と思考が変わった。
けど、乳首を吸われたら恥ずかしさがピークに達してしまい、思わず彼をビンタ。
謝りながら訳も分からず「せめて暗くして」とお願いする。
私の頭を飛び越えてパネルをいじる彼の脇毛を見ていると、何でこんなことしてるんだろう……と一瞬我に返った。
ぼけっとしていたら、彼の指が私のあそこを触り始めた。濡れてる、と言われて恥ずかしくて彼を蹴った、ら、その足を掴まれて引き寄せられた。
わっ、と思ってるうちに両手を頭の上でまとめて押さえ付けられて、パニックになってると、視界の端にチェック柄が。
トランクスなんて初めて見た。けど、何で中に何か入ってるの?……あっ、勃起してるんだ!って気付いて、「人体の不思議だ」って呟いてしまった。
せやなーと軽く流されながら、「今日は最後までする?」と訊かれて、まごまごしながら頷いたら、急に体の上から彼が退いた。
パンツ脱いで、何かゴソゴソ破って……ああ、コンドームつけてるんだ、と気付いた途端、
いたたまれなくなって枕に抱きついて何も聞こえない、見えないフリをした。

(携帯から長文ごめんなさい。続きます)

正常位で、あそこに初めて指より太いものがあてがわれた時の素直な感想は「入る訳ない!」だった。
案の定、1mm進んだかその程度で痛い痛い!と逃げてしまった。鼻から500円玉出すくらい!と力説しても「意味分からんw」と彼は苦笑するだけ。
「一気にいった方が痛くないかも」「むりしぬ」「じゃあペペ使ってみる?」「なにそれ」「ローション」
じゃあ、と頷いたら、彼はよいしょっとベッドから降りて部屋の隅の自販機?みたいな所からローションをとってきた。
その光景を見ながら、私何してんだろ……とまた我に返りかけたけど、素になる前に彼が戻ってきた。

私とあそこと彼のものにローションを塗っても、やっぱり入らない。痛い。
何度試しても無理、横からも後ろからも
(よつんばいはお尻にコンプレックスのある私にはとても屈辱的な体勢に思えた)
テンションを維持するためらしい、彼が私のあそこにちんこを擦り付ける、その動きにびっくりしながら、
「もう、お前が自分で入れるしかないで」という呆れの混じった言葉に、その日一番の衝撃を受けた。

いやいやむりむり!とあわてふためいたことまでは覚えているけれど、そこから先のことはあまり記憶にない。
気付いたら彼の下腹部に乗って、初めて触るちんこの弾力にウインナーみたいだな、とか考えてた。
入り口にあてがっても、やっぱり痛い。でも今頑張らないと一生処女だ!と決意を固めてぐっと腰を下ろした。
立てた膝がプルプルしてる。ゆっくり降りてるつもりなのに、まだ先っぽも入ってないらしい。
男の人のってなんでそんな長いの、ひどい。
私がよっぽど酷い顔をしていたのか、彼は腰を撫でたり声をかけて励ましてくれた。
膝が体重を支えきれなくなってきた頃、「全部入ったで。おめでとw」と彼が教えてくれた。
触ってみると確かに隙間が、指1本分もなかった。
やっとだ、でもこれからどうしよう?と考えはじめた矢先、彼が起き上がってあっという間に正常位になってた。
ゆっくり出し入れされて、まず最初に感じたのは「う●こが出そう」だった。痛くはなかった。
出そう、止めてトイレいく!と息絶え絶えに訴えても、ダメと却下されて、突かれた。
恥ずかしいわ、漏らしたらどうしようかと心配だわ、でも初めてを楽しまないと、と混乱して、
正直快感とは程遠かった。でも声は勝手に出る。なにあれこわい。
そのまま彼がいくまで10分くらい(私には1時間くらいに感じた)突かれ続けた。
夢中になってる彼はそれまでで一番可愛くみえた。

結局私はいけなかったけど、今ではいい思い出です。
あれでよかったんだと思う。大して痛くなかったし。
彼とは今も仲良くしてます。
へたくそな長文失礼しました。

風俗版オシム語録


「やることをやってもし負けるなら胸を張って帰れるはずだ」

「フリーを怖がるな。チャンスと思え」

「電話の応対には注意しろ。店も客もだ」

入れるのではない。相手から入れさせるのだ。

これは罰金ではない、チップだ、と思え。

まだ使える穴があるのに新しい穴を掘る必要がありますか?

世界一気持ちよくなりたいんなら別の人間を選んでくれ…

風俗はそもそも、出来ることとやりたいこととのギャップが在り過ぎる。
まずは自分の特徴を生かした攻め方をすべきだ。

良いなと思った嬢にあったら、その日の内にもう一回指名しろ。

「なぜ失望をするのか。それは過度に期待をさせる何かがあるからだ」

「そんなものに耐えられぬなら店長になどならぬほうがいい」

ただ、チ〇ポをしゃぶるだけなら誰にでも出来る。
どう攻めれば効果的かを考えながら、しゃぶらなければNo.1にはなれない。

嬢がどんどん辞めていく時
電話がつながらない時
新聞受けの名前が変わった時

あきらめろ。

お互いのコミュニケーションをアイコンタクトでとりなさい。スムーズにいくからな

真面目なことは、ちんこが立たなくなってから考えれば良い
それまでは、まんこのことだけを考えなさい

金のない人間でも風俗にはいけるが、良客にはなれない

「ガサが入り店は潰れた。それでも人生は続く。」

「地雷嬢にあたることはある。ただあたるにしても自分のセックスをやり抜くのと、
サービスを受けるだけのでは大きな違いだ。」

「素人童貞は哀しい。でも素人童貞の方がいい人生だと思いませんか?」

「わざと早漏にみせた。」

「日本人はシステム論議が好きらしいが、

 システムは保証でしかないことを理解したほうがいい。

 システムの奴隷になってはいけないのだ。」

日本男児の長所は、あくせく、すばやく動き回れる点だ
モノが小さい分、ぴったり厳しいマーク(素股)につくこともできる。
日本人としての特性を、自分たちのやり方で生かさねば、もったいない。
穴の大小や、毛深さなど関係ない。
知恵と工夫次第では、弱点を利点に変えることもできる。
だからヘルスは、おもしろいのだ。

「良いプレーをしたければ、爪を切りなさい」

あなたは風俗嬢の体型ひとつで地雷かオキニか決めますが、
あなた自身の体型が風俗嬢のサービス精神を左右することを理解していますか?
あなたを磨くことが、風俗でのサービスを左右するのです。

「体は休めても、亀頭だけは休めるな」

風俗嬢を口説きたくても、素人女相手に成功した口説き文句は使うな。
ただ、素人女相手に成功しない口説き文句もまた、風俗嬢を落とすことはできない。

初めてで感想が言える様な姫なら、たいした姫ではないという事だ

欧州勢は長くて太い
そういった先入観が攻めを鈍らせてきたのだ。
テクは世界レベルにあるのだら自信を持ってイカせなさい。

AVのプレーを追い求める時代は終わった
風俗らしいプレーをしないと勝てない

「VIPコースを頼んでも地雷に当たるようなら、胸を張って帰れるはずだ」

自分がリピートしたい、と感じたら同じ考えの客は5人はいると考えろ。

彼女がいても風俗に行きたくなる時がある。普段できないあんな事こんな事やりなさい。

どのフェラに対しても、常に満足することはない。なぜなら、満足してしまうと成長が
止まってしまうからだ。

■2003年5月23日 トレーニング後のミーティングで

君たちには口というものがついているだろう。しゃぶれ!もっと!
その口はクンニリングスだってできるんだぞ。

「日本人はイメクラだのアロマエステなど店の種類の論議が好きらしいが、
そうした種類は保証でしかないことを理解したほうがいい。
風俗店の奴隷になってはいけないのだ。」

「無数にある店それ自体を語ることに、いったいどんな意味があるというのか。大切なことは、
まずどういう嬢がいるか把握すること。嬢の個性を生かすサービスでなければ意味がない。
風俗店が客の上に君臨することは許されないのだ。」

システムがあって客がいるのではない。客があってシステムがあるのだ。
ただ与えられたサービスシステムに沿うだけではなく、
自分でシステムの先にある物を考えなさい。

本当にいい風俗嬢とは客に夢を見せるのではなくできることをやる嬢なのです

トリニダードトバコ?
プレイが始まるまではどんなチームかわからないね。
メディアではチン体能力が高いとか右サイドが特にデカいとか
とかくチンコばかりが取り沙汰されているがそんなことはあまり重要な要素ではない。
我が代表には華麗な指テクや舌さばきがある。
ひるむ事は何もない。

セットプレーで、最も注意することは迷わないことだ。
その瞬間、本能を研ぎ澄まして手段を選択し良い結果のみを想像することだ!

セットプレーってなんのことだよ?w

「風俗におけるセットプレーとは何か?ちんぐり返しの状態で考えていただきたい。
それができないなら、私が日本語をマスターし直接指導したい。」

「年齢は疑ってかかれ」

「基板情報は流すな、信じられるのは自分のみ。日々の情報隠蔽はお前を裏切らない」

「長く楽しむためには事前のオナニーは絶対必要。
 でも気持ちよさを味わうためにはオナニーは厳禁。
 難しいものだな(笑)」

「写真は嘘をつく」

「写真指名のときにあなたが戦わなければならないのは、
 風俗嬢ではありません。
 カメラマンと戦い、本質を見抜き、勝たなければならないのです。
 そのためには経験が必要です。
 負けたほうが次の指名の修正点を見つけやすいという点もある。
 “地雷”は最良の教師です」

教訓というものは地雷からでしか得られないものだ。
サービスを買ってるのではない、
自分自身を気付かせるためにお金を出しているのだ

「入店する時になって辺りを見回すのは愚の骨頂だ。
数十メートル手前から、誰かに好奇の目で見られてないか、
常に2手3手先を読め。」

「指名料を払ってまでオキニにこだわりますか?
オキニは既に過去なのです。人生とは旅なのです。」

口が臭い嬢に当たった時の対処方
鼻をつまみながらディープキス…みてくれは悪いがかなり有効だぞ

ただし、うれしい誤算があった。日本の皆さんが本当に
ヘルスが好きなんだなということを、待合室が満員になったのを見て実感した。

後半オシム監督は何度も両手を上げて嘆きながら嬢の入れ替えを5度も次々と繰り返した。

「私にとって気がかりなのは、90分間勃起できない客がいたこと。
90分にしたのは客のほうなのに」

私が孃を選ぶ条件。それは日本人であることだ。

一番客にこだわる間は本物ではない。
ただ、風俗デビューの初日一番客だけは貪欲に狙っていくべきだ。

今日は終始仰向けに寝て、相手に奉仕させろ。
暑い日にはエコノミックでマグロなヘルスが必要だ。

たかが1cmと言うかも知れないが、W59とW60との差は数字以上に大きいだろう。

90分間、しゃぶりきれない嬢がいた。

次回の指名ではサプライズがあるかもしれない。

「私がプレイするわけではないので、プレッシャーは感じない。
プレッシャーを感じるのは嬢の方だろう」

ただ、勘違いしてはいけないのは
嬢がイクのは演技である可能性もあるという事だ
嬢がイッたからといって自分に技術があると思い込むのは
あまりにも短絡的過ぎる

マット上で私の指示を待っているような嬢はこの店には必要ではない。

だいたい来店当日にオナニーしてきてはいけないのか?
もし、この店にそういうしきたりがあるのなら謝りますがね。

嬢からのイエローカードには注意しろ。レッドカード出されてからでは遅いから。

マットで客に襲われて肉離れをおこす嬢がいますか?準備が足りないのです。

枕元にコンドームがあるのに口だけで満足して帰れますか?

13人でも営業は出来る。この13人を信用できないのか?

2人、3人と周りを囲まれ玉を奪いに来られても
慌てることはない。
あくまで玉を操っているのは君達なのだ。
我慢する不自由さが3人抜き、4人抜きを可能にするものだ。

「採用当日に本番講習をしてはいけないというルールでもあるのかね?」

契約を40分から50分に延長する

風俗嬢とすぐプレイをしたいからといって、会話という過程をおろそかにしてはいけません。
会話というボール運びを慎重にしないで、どうしてゴールを狙えるでしょうか?

日本には
残り物には福がある
ということわざがあるそうですが
世の中そんな甘くないものです

公式戦での交代枠は3人だ。

しかし、デリヘルでのチェンジは一人に抑えて
おくべきだ。もし、チェンジを繰り返すようであれば・・・

「にいちゃん、ええかげんにしときや!なめとったらあかんで!」

公式審判員から、注意されるかもしれない。

「風俗であろうが彼女であろうが私にとっては大事な一戦だ。」

今日良かったことは
この店の嬢が全員地雷だと判明したことです

アナルをナメても良いのでしょうか?そこは、ゴールであり、入り口でもあるはずです。
軽く見ると痛い目にあうはずです。あなた方がナメるのは自由ですが…

デリヘルの配達が遅い。各駅停車のようだ

フィニッシュは穴に向かって放ちなさい。簡単なことだ。穴さえ間違えなければ…

「オキニは彼女ではない。しかし、彼女には無いものを持っている」

風俗に行く前に、その2万円をもって思いを巡らせてみるといい。
その2万円で何ができるか一通り考え、それでも風俗を選ぶなら、
その2万円は生きたお金であると言えるのです。

パネルがすべてではない。
嫁を捜しているのですか?

「早くイッてくれたらそれでいいよ」
世の中にこれほどキツイ言葉がありますか?

バストFカップでもGカップでもワールドカップでも何でも良い。
実物と相違が多いのが風俗だ!退場させてくれ!トイレに行く!!

今日は奮発して70分コースにした。しかしロスタイムが20分もあった。

「私の嗜好を短時間で理解させるのは難しい。時間がかかります。
でも延長は時間が限られている。」

若い嬢が少しよいプレーをしたらネットは書きたてる。
でも少し調子が落ちてきたら誹謗・中傷しか書かない。
すると嬢は一気に駄目になっていく。
彼女の人生にはトラウマが残るが、客は責任を取らない。

私は高額店向きの客ではない
AVあがりのナンバー人気嬢を平気でチェンジするからね

「今ヘルスには、今の生活を維持できればいいという

 『年金嬢』が多すぎる。」

ただイカせればいいというものではありません。
如何にアイディアを持って興奮させられるかが大事なのです。
その点において私は多いに不満です。

エレガント過ぎる嬢はどうかと思う。
キス、指入れ、AF、顔射、ごっくんはNGと言うが、
決まりごとが多い試合というものは得てしてツマラナイものだ。

また、閉店間際で早く試合を決めようとする嬢には屁をかます位の事はしてもいいだろう。
特別クッサイやつをお見舞いしてやれ。

記者の皆さんはプロのライターと認識している。

店長に言われた事でなく、自身が感じた事を書いて頂きたい。

30過ぎはベテラン嬢?ベテランとは第2次世界大戦のときにパンパンしていた者を指すのです。

「テコキのビデオボックスで、画面の中のAV嬢より実際に現れたテコキ嬢
の方がカワイイこともある。それが今の日本の現実なのです。」

風俗店を出た直後、若者のグループがジロジロ見てきたから何だと言うのだね?
私は会社というピッチを縦横無尽に走り、そこで得た金を有効に使ったに過ぎない。
嬢との情事があるからこそ、今日も私はピッチを駆け巡る。

オシム「なぜシュートの前になると緊張するのかね?」

選手「・・・・」

オシム「シュートという名前がいけないのか?」

選手「・・・・」

オシム「わかった。シュートをこれから君たちの大好きなセックスと呼ぼう」

選手「なおさら緊張するかもしれません」

オシム「じゃ、オナニーだ。オナニーなら緊張しないだろう。
     観衆の前でのオナニーだ。気持ち良いぞ」

ナンバーワンが一番と決まっているのだったら、ほかの嬢は風俗をやる必要はない。
だから、風俗は面白いんだ。すごいと言われていても、彼女が常に勝つわけではない。

わたしが本番を狙える年齢だとは思わないし少なくともわたしは狙っていなかった。
別に夢を見るのは構わないけどね。どういう形で本番に持ち込めた?
答えは簡単でモチベーションを持ってる嬢を指名するだけだ。
アウエーの西川口まで行かなくてもホームの渋谷で十分狙える。

デリヘルを自分の部屋に招くというのは、
あたかもホームアドバンテージがあるようでも、
人生においては極めて危険なアウェーゲームなのです。
それでも自分のペースで嬢と戯れることができるのは、
自分のベッドだからこそです。
ただし住所をいかがわしい団体に知られることだけは、
覚悟して臨まなければならない。

結果には満足している。
まず、嬢は必要なプレーをしっかりとこなして相手をいかせることができた。
ただ、そのなかで個人プレーをして、自分をみせようとした嬢がいた。
その結果、リズムを失った時間が合った。
セックスはサーカスではない。

今、南米でも欧州でも本番行為が行われてるが昔に比べて非常に危険な状態に
陥ってる。嬢と店長、嬢と客、あるいは嬢同士の争いもおこっている。ヘルスにおいて
生本番行為とは男のロマンだったが今は先にお金が絡んだビジネス化しているのが
原因かも知れない。

嬢は早くイケ、早くイケ、早くイケと言ってくる。
私は嬢にしごけ、しごけ、しごけと言いたい。

日本人はひとりでしごくのは上手いし、テクニックだってある。
オナニーをするのが好きだ。しかし、それが本番において何になりますか?
風俗にいくとひざをたてるときでさえガタガタ震える。
起つことさえままならない。対人プレーの練習が少ないのです。
童貞を捨てるにはまず嬢がおもちゃにおもえるほど通いなさい。
素人と話すのはそれからでも遅くはない。

ヘルスにいくときは八千円は余分に持っていきなさい。
嬢が五千円でどう?と言ってくれば安いと思えばいいし
一万円でどうというと値切ればいいのです。
断られたらねばれ、日本人はねばることがたりない。
値段というのはお嬢のプライドの高さでしかないのです。
しかし安くしてくれたら、できるだけやさしくしてあげなさい。

「やることをやっても逝けないのなら、股間を張って帰れるはずだ。」

早くイカそうと本気で向かってくる嬢に引くことはありませんか?
ホントに早くイカせる気があるなら、
「このペニスをいつまでも食べていたい」という雰囲気を出すべきです。
前掛かりに攻めるだけでも、早漏や童貞には効果的かもしれません。
しかし、わざと攻めさせてからのカウンターなど、
相手に合わせてサービスすることが重要なのです。

私はいつも言っているが、相手をリスペクトする事。
相手があってはじめて戦い方を決めることが出来るのです。
これは風俗だけの話ではありませんよ。

あなたがたがサービスを受けるのは嬢ですか、それとも店ですか。
風俗店は単なる箱です。私が行っている店は、「その子だけ『優良店』、
その子以外に当たると『死ぬ』」とでも言うべき店です。
店はスカウトでその子レベルの子をごろごろ揃えておかなくても看板嬢さえいれば
経営は成り立つのです。だから大切なことは、どういう嬢がいるか把握し、把握したら
その嬢だけを指名する。それが地雷を避ける最速の近道です。
2ちゃんねる情報で箱自体を信頼して入店した?でも裏切られたのでしょう。
嬢を把握せず「箱を信頼」なんて、悪い冗談にも程があります。

記者の皆さんは日本が世界で戦えるレベルではないと思っているようですね。
私にとってはそのような書き物を見るたびに、悪い夢を見ているような気にさせられます。
最近流行の9000円中国エステは、若い本番嬢をゴロゴロ揃えていますが、
あんなところでセックルできるのは、ガサ入れに遭っても
失うものが何も無い人間だと理解していただきたい。
内外価格差による成長分野というのは、いずれ価格差が縮まって縮小していくものです。
我が祖国セルビアの嬢も今スイスで苦戦しているところです。
問題は価格差ではなく、サービスの差です。
あの中国の嬢たちにエウレカやキュアホワイトのコスプレができますか?
ビキニラインも処理していないあの嬢たちに
バドガールのハイレグを着ることができるでしょうか。
よしんば、彼女たちがスーパー銭湯の洗い場で陰毛を処理してきたとしましょう。
それでも日本の嬢が得意とするDキスだけはできないはずです。
私にはそこに日本の選手たちの活路があると思えます。
え、彼女らのたどたどしい日本語に萌える?私には「ご勝手に」以外の言葉は無い。
尤も、わがセルビアの嬢が大挙して日本にやってきたら、
その時は記者の皆さんは「日本の風俗は壊滅した」と書くべきです。
日本の皆さんは、エロ本でしか見たことが無いような
洋ピンの体とピンク色の乳首を目の当たりにして・・・・
ちょっと、ティッシュを借りていいですか、ええ、しばらく一人に・・・・・。

―今回採用された新人嬢がすばらしいパフォーマンスを見せてくれましたが

高卒でいきなりソープで働く嬢を指名することはリスクがある。
謙虚さを失い、若くして消えていった嬢は多い。
忌野清志朗も「若い女じゃ物足りねえぜ、体は良くてもワビサビを知らねえ」と言っている。
そういえば、彼は死んだのか?話が、逸れた。
しかし、今日の嬢にはその心配がない。私が勃ちの悪いジジイであることにすぐ気づいて、
賢明にも肛門から前立腺を穿り返す戦術に切り替えることができた。
今後、ミスシンを含め、なるべく彼女にチャンスが与えられることを望む。
ただ、私の肛門が鮮やかなピンク色だったなんてことは書かないように。

始まりの5分、終いの5分に得点する事が多い。
始まりの得点は嬢のアグレッシブな攻撃によるものだが、
終いの得点はロスタイムに入っても諦めない私の執念である。

シャワーは帰ってからでも浴びれるのだ!

私はこの試合について語る言葉がありません。
なぜなら素人童貞だからです。

新人だからといって若いと思うな
そして経験が浅いとも思わないほうがいい

女にアナルを犯される快感…

この日私はエリーに自分の全てをさらけ出した。

まだ知り合って1ヶ月、会うのは2回目なのにメールであんな大胆なやり取りをして完全に先走り過ぎたことを後悔した。

つくづく彼女は不思議な女性だなと思う。

見た目は少し派手目な今風の若い女だが、時折母親のような男を安心させるオーラを放っていた。

この人には自分のどんな恥ずかしいところを見られてもいい。

そう思うと自分はまるでエリーの子供にでもなった感覚に陥った。

そんなことを冷静に考えながら、私は椅子に座らされ、脚をМ字に開いたまま手すりに固定され後ろ手に縛られるという自分のあられもない姿を再確認した。

「恥ずかしい…?」

エリーは悪そうな笑みを浮かべて挑発するようにささやいた。

「うん…」

まるでこれから処女を捨てる乙女のように力なく私は呟いた。

私の陰茎は既に完璧に勃起しており、先端からは透明な液体が光っていた。

エリーは陰茎には触らない。

少なくとも手で刺激することはまずありえない。

するとエリーは陰茎の下の玉袋のさらに下、肛門の位置に注目した。

突然目付きがウットリとして来たのがはっきりと確認出来た。

「ココ…」

エリーは指先で触れるか触れないかくらいそっと優しく撫でた。

一瞬声が出そうになるのを我慢し、全身には電流のように快感が流れ走った。

大きく肛門が収縮運動するのが自分にも分かった。

ふとエリーの方に目をやると彼女は嬉しそうに一連の動きを見つめていた。

「ヒクヒクしてるね…」

今度は肛門の左右に手を添えて既に十分に開いている尻肉をさらに広げた。

つられて肛門の形も横に変形しているのが自分にも分かった。

自分の恥ずかしいところをこんなにも他人に観察される経験は恐らく大半の人間は無いだろう。

それも異性に、こんなあられもない格好で…

まるで自分が女にでもなったかのように、今は身動き出来ないこの体制さえ興奮の材料だった。

完璧に彼女のなすがままの私に次なる魔の手が下される所だった。

彼女は広げた肛門に向かって息を吹きかけた。

普段閉じており、外気に触れることに慣れていない肛門は過剰に敏感に反応し、またさかんに収縮活動をした。

この時収縮を繰り返すも彼女によって固定されている肛門はむなしくヒクヒクと痙攣するだけであったろう…

そんな様子をマジマジと観察してエリーは歓喜の絶頂であった。

「可愛いね。じゃぁそろそろいいかな…」

そう言って彼女の頭が下に沈んだと思うと、突然肛門に生暖かくて柔らかいものが触れた。

あまりの快感に膝がビクンと動いた。

「それ」が自分の尻の下から肛門を這い回り、上まで行ってまた戻って来る…

その一往復がなされる度に気が狂うほどの快感が押し寄せた。

私の肛門を愛撫しているのは他でもないエリーの舌であった。

肛門を舐められる

これほどの快感とは知らず、安易なメールの返信をしたことを後悔する思いが一瞬頭をよぎった。

丸い肛門の周りをグルグルと回るように舌を何周もさせたり

皺の一本一本まで丁寧にゆっくりと舐めたり

中心部に尖らせた舌を突き刺したり

舌全体を押し当てるようにベロンと舐めたり

そして彼女はそれらの行為を逐一私の臀部に当てた両手で肛門を拡張したり緩めたりしながら行った。

私は段々と肛門周辺の皮膚が柔らかくなって来るのに気付いた。

恐らくエリーのねじ込んだ舌によって私の肛門は幾分か広がり、中心部には少し空間が出来ていたことであろう。

かれこれ10分ほど彼女の柔らかい舌によって肛門を愛撫され、私は気付いたら自分の陰茎の先端から大量の透明な粘液が糸を引いているのに気が付いた。

不思議なことに陰茎はやや勃起状態から萎んでいた。

エリーはゆっくりと顔を離し、舌を私の肛門からどかした。

依然として両手は私の尻に当てられたままだが、次に何をされるかは私は分かっていた。

「じゃぁ、まずはゆっくり入れてみようか」

私は潤んだ目でエリーを見つめながらゆっくりと頷いた。

たかみなとJOY、えんじょーぃ??

朝になって優子は目が覚めた。
ウエンツは仕事のためもういなかった。
優子「はあ、あの後何回ヤッちゃったんだろう?ちょっとウエンツ君をなめてた。さ、帰ろ!」
服を着て部屋を出ようとしたそのとき
友美「優子!何してたの?」
優子「ともちん?」

優子「ともちん?どうしてここに?」
友美「昨日さ、ホテルにいて暇だったから外でぶらぶらしてたの。そしたら優子とウエンツ君がホテルに入っていくのをみちゃったんだ!」
優子「見られちゃってたのか!(あっちゃんじゃなくてよかった)」
友美「それでさ、何してたの?」
優子「え!?いや、それは、その」
友美「優子、服乱れてるよ!分かってるよ!エッチしてたんでしょ!」
優子「これは内緒ね」
友美「いいよ!でも手伝ってほしいことがあるの。」
優子「何?」
友美「じつはね。」

優子「それはあっちゃんに頼んだ方がいいよ。私ウエンツ君とは関わらないことにしたから。」
友美「(何であっちゃん?ま、いっか)わかった。」
そして友美は敦子に電話をした。
敦子「何?ともちん?」
友美「あのね。、、、」
敦子「う、うん健に頼んどく。」
友美「ありがとね!」
プツリ
友美「よかった!あとは時間を待つだけ!楽しみ!」
優子「疲れたから帰る。」

健「大丈夫!あっちゃんの頼みは何でも聞いてあげるよ!」
敦子「よかったら、週末にでも遊びに行かない?」
健「そうだね!それなら2人の後を付けない?」
敦子「面白い!やろ!」
プツリ
健「じゃ、連絡しますか。」
プルル
JOY「はいもしもし?」
健「JOY?健です。突然だけどAKBの板野ちゃんに何か頼みごとしてないかい?」
JOY「え?何で知ってるの!?」
健「ま、まあとりあえず日曜の午後8時に東京ドーム前で待っていな!高橋みなみちゃんが行くからさ!」
JOY「ほ、本当に!板野ちゃん何とかしてくれたんだ!健さん連絡ありがとうございます!」
健「お礼はいいから楽しみなよ!」

少し前
板野はモデルの仕事でJOYと一緒になった。そのときに
JOY「板野ちゃん。ちょっと頼みごとがあるんだけど」
友美「何でしょうか?」
JOY「何とかしてさ、高橋みなみちゃんに会えないかな?」
友美「(ちぇ、とものファンじゃないんだ。)仕方ないですねぇ!一回だけですよ!(面白そうだしね!)」
JOY「ありがとうございます!動きがあったら連絡下さい。」

そんなことがあった。

友美「なんとかたかみなをJOY君に会わせないといけないのか。ウーン…。そうだ!いいこと思いついた!」

数日後
某番組の収録があり友美とみなみは一緒だった。
収録が終わった。
友美「たかみな。ちょっといい?」
みなみ「え?いいけど」

みなみ「どうしたの?」
友美「あのね。とものモデル仲間にさ。たかみなのファンの人がいるの。その人が会いたいっていってるんだ。
お願い。少しでいいから会ってくれない?」
みなみ「う、うーん。急にいわれても。わ、わかった。会うくらいなら大丈夫。」
友美「ありがとう!たかみな好き!(これでOK!)」
みなみは友美が言っているファンというのがJOYだとは知らない。

当日
みなみは友美にいわれたがままで東京ドーム前に来た。
友美「じゃ、お願いね!」
みなみ「う、うん」
友美は人混みの中に紛れている敦子と健と合流した。
もちろんみなみは3人には気づいていない。
その頃みなみは改めて冷静に考えていた。
みなみ「えっと。モデルでともちんと友達で私を推しているということは、あーー、わかった。あの人とずっといないといけないんだ。最悪。」
みなみがぶつぶつ文句を言っているとやってきた。
JOY「やあ、みなみちゃん!こんばんは!」
みなみ「こ、こんばんは、」
JOY「あれ。元気ないなあ。いつものたかみなじゃないよ。どこか悪いの?」
みなみ「心配しなくても私は大丈夫です(そりゃ悪いわ。ともちんのせいでこんなつまらないことにつきあわないといけないんだもの)。」

2人はとりあえず買い物をした。
陰では
友美「何かたかみな機嫌悪そうだな。」
敦子「まあ、たかみなはJOY君を良く思ってないからね。」
健「へえ、そうなんだ。どうして?」
敦子「番組で共演したときにね。JOY君アピールしすぎて逆にたかみな気持ち悪いって言ってたから。」
健「僕はあっちゃんのことだけが好きだよ」
敦子「もーー!健ったら!」
友美「たかみなが心配になってきた。」
一方
JOY「みなみちゃん。ちょっといい?」
みなみ「いいですけど、明日も仕事あるんでこれで最後にして下さい。」
JOY「(見とけよ。めちゃくちゃにしてやるからな)来て」

友美は2人を探した。
敦子と健はのろけてホテルに行ってしまった。

その頃2人は目立たない倉庫にいた。みなみ「早く用を言って下さい。明日も仕事あるんです。」
JOY「率直に言うとみなみちゃんは僕に悪いことをしちゃったんだ」
みなみ「はい?私が何したっていうんですか」
JOY「何だ。分かってないんだ。そんなみなみちゃんには体で罪を償ってもらおうかな!!」
みなみ「え!?ちょ、ちょっと待って。やめてよ。何するのよ」
JOYはみなみを押し倒した。そしてみなみの服を脱がせ始めた。
みなみ「何すんのよ。変態。」
JOY「言ったな。そんなこと言ったってやめないから」
みなみは必死に抵抗する。しかしJOYの力が勝って段々下着姿にされていった。

友美「あっちゃんの話がJOY君に伝わってたらたかみなが危ない。」
友美はJOYが怒ると女子でも襲うことを知っていた。

みなみ「やめて。何か悪いことしたなら謝るからごめんなさい。」
みなみがいうとJOYは動きをとめた。
JOY「何で俺が怒ってるのかは話してやろう。前、番組で共演したあとお前は楽屋で俺の悪口を散々言ってたよな」
みなみ「…」

収録終了後AKB48楽屋
優子「あんなにJOY君にいいよられてたかみな、うらやましいな!」
みなみ「はあ?あの人のどこがいいの?近くによられたときの顔すげーキモかったんだよ。」
敦子「そんなこと言うたかみな初めて」
みなみ「私、ああいう人大嫌いなんだよね」
(この仕事に板野は参加していなかった)

JOY「その言葉を聞いてショックだった。俺はたかみなを一生懸命推してきた。なのにお前にあんな言われ方をされて。」
みなみ「…ともちんは知らないのね。」
JOY「あいつにはお前に会いたいっていったらすぐにこうやってしてくれたよ。」
みなみ「…わかった。私が悪かったよ。ごめんなさい。アイドルとして悪いことをしちゃったんですね。」
みなみは少し泣きながら謝った。
JOY「…本来だったら許してやりたい。でもお前はいくら謝っても許さねえ」
みなみ「そんな…」

その後、みなみは抵抗することなくJOYに全部脱がされてしまった。
JOY「ちっちゃいなあ。まあ、俺のテクニックにはかなわないね。すぐに気持ちよくさせてやるよ!」
みなみ「…」
JOYはみなみの小さい胸を愛撫しはじめた。
みなみはただ受け入れるしかなかった。
JOY「我慢してるだろ?気持ちいいくせに」
みなみ「…(う、うまい。もっとしてほしい!)」
みなみは自分に気づいていなかった。顔が火照っていることを。
JOY「顔が赤いぞ!興奮してんだろ!」
みなみ「(え!?)そ、そんなことありません」
JOY「…」
JOYは無言でやり続けた。
みなみ「(あー!出そう!!)」
それを感じたのかJOYは一旦止めた。
みなみ「(何で!?早く出させてよ)」
JOY「そんなに出したいのなら頼めばいい」
みなみ「(そんなの嫌だよ…。でも…私が悪いんだもん…。もうどうだっていい!)わ、私と一つになりましょう!」
JOY「(ふ…!)よーし。じゃ、横になれ」

みなみ「これでいい?」
JOY「ああ。たっぷりやってやるからな!」
そういうとJOYは自分の物をみなみの中に一気にいれた。
みなみ「!!」
JOY「(すげー濡れてるな!どんだけ我慢してたんだよ)」
JOYは腰をふりはじめた。
みなみ「アッ、アァ…」
JOY「もっと声出してもいいんだぜ!」
みなみ「ひ、久しぶりにやるんだから最初はい、痛いに決まってる。」
JOY「なんだ。処女じゃないのか。まあいい。」
JOYはいきなり振るスピードを速めた。
みなみ「アッ!!この感じ!たまんない!アァン!!」
JOY「いつものたかみなじゃないレアな姿だな!」
みなみ「アァ、ハァ、アン!もう離れられない!」
JOY「よし!そろそろ出すぞ!何をいわれても中に出してやるから」
みなみ「もう、いいです!どうぞ」
JOYが絶頂でみなみの中に出そうとしたそのとき、

ヒューー ズキッ!
JOY「痛ってぇ。誰だよ」
友美「JOY。本当に最低。もうちょっと女の子の気持ちわかってあげたらどうなのよ?」
みなみ「え!?ともちん!?何で」
JOY「おいおいともちん。さきに悪口いったのはこいつだぞ。何で俺がお前にいわれなきゃいけねえんだ?」
友美「自分の気持ちくらい自分で抑えられないの?こうやって仕返しするあんたなんかみんな嫌いよ。自己チュー」
JOY「…」
友美「早くこの場から消えて」
JOY「…」
JOYは何も言わずに服を着て倉庫から出ていった。
みなみは言葉を失った。
友美「たかみな、早く服着て」
みなみ「何で私の邪魔したの?せっかく楽しんでたのに」
服を着ながらみなみは尋ねた。
友美「違う。楽しめようとはしてない。あの後続けてたら動画撮られて脅されてたよ。あいつはそれぐらいのことしか頭にない子供なのよ。」
みなみ「…」
友美「ごめんね。たかみながあいつが嫌いってこと知らないで誘っちゃって。」
みなみ「私も悪口いったことを反省する。そしてもっとファンの人を感謝しながら頑張る!」
友美「うん!」

2人にはそれぞれ考えさせられた出来事だったろう。
その後は前よりも元気な友美とみなみの姿があった。

そんなことも知らす敦子と健はホテルで愛を育んでいた。

[迎夢]

処女喪失の2週間後

 彼女は私の教え方が悪かったのでしょうか。自ら好んでフェラチオをする女ではありません。頼んだときに軽く咥える程度です。家内には30になってもまだ開発の余地があるんです。楽しみです。
 ずいぶん昔のことなんですが、思い出しながらかいてみます。

 最初にフェラチオを教えたのは処女喪失の2週間後、彼女が21歳のときです。
 ラブホテルのベッドがあまりにも柔らかかったので床にバスマットを敷いて教えることにしました。
 彼女はバスローブ姿でマットの上に跪いています。期待しているけれどもちょっと怖いようで、緊張した笑顔です。
 私は前を開いて、目の前に立ちました。
「大きすぎるよ」と、彼女。笑みが消えます。
 私も若かったので、そのときすでにびんびんだったんです(笑)。

 天井を向いているモノをじっと見つめています。そして両手を私の腰にかけて、私の顔を見上げました。私が目で合図をしてうなずくと、彼女は先っぽを口に含みました。
「ぺろぺろキャンディーみたいに、チュバチュバしてみて」というと、唇で包むようにしながら、口から出し入れしています。時々歯にあたります。
「手で袋を包んで。」
「筋を舌でなぞって。」
「先っぽを舐めて。」
 そんな要求に健気に応えています。

「止めていいよ」
「気持ち良くないの」
 そんなことないよ、といいながら抱きしめて、彼女のバスローブを脱がします。
 戸惑いながらも彼女の顔に笑顔が戻りました。全裸になった彼女をもう一度抱きしめてキスをし、バスローブの腰紐を手に取りました。
「なぜ目隠しをするの」
「フェラをするときは、たいてい暗がりの中だろう」
「そっか」
 素直に目隠しをされている間に、私は鞄を手元に寄せました。

「はい、もう一度始めるよ」
 全裸で跪いている彼女の口に、小指を入れました。
「ずいぶんちっちゃくなっちゃたねぇ?」
 笑いながらも、さっき教えたとおりに口を動かしています。その間に鞄を開け、中からロープを取り出しました。
「うまいうまい、もう逝きそうだから抜くね。」
「はあい」
 よっぽど可笑しかったらしく、まだ笑っています。
「はい、本物」
 ペニスを手のひらの上に乗せました。
「やっぱりちっちゃくなってるね。」
 また腰に手を掛けて口に含んでいます。両手が開いたので、ロープを伸ばし半分に折り、結び目を四つ作りました。

 フェラチオにも慣れてきて、チュバチュバといやらしい音を出しながら上体を動かし
 ています。少し興奮しているらしく、顔がピンク色に染まっています。私のほうも先ほどと同じぐらいにまで回復しました。首の動きを牽制するようにうなじに手をやり、口から外しました。
 彼女は少し息を切らしながら「どう?」と訊いてきます。
「とってもいいよ、最高だ。」抱きしめて、耳元で「がんばったね」と言うと、無言でうなずきました。しばらくそのまま抱きしめ、いつもセックスを始める前にそうするように、ディープキスを始めました。激しく絡みつかせる舌使いで、求めてきていることがわかります。
口を外し、頬にもう一度キスをして、ロープの輪を首に通しました。
「何をするの、怖い」
「大丈夫。痛くしないから、心配ないよ」もう一度軽く抱いてロープワークに入ります。
 胸の谷間に結び目が来ないように、首の後ろの輪の長さで調整します。
「ネックレスみたいだよ」と話し掛けましたが、返事はありません。
 彼女はただ、軽くうなずくだけです。それから足を少し広げさせ、股の下からロープを通し、靴の紐を編むように体を縄で包みました。最後の結び目をつけるときにちょっときつめに引いたので、
「うっ、」と言う声を上げています。
「大丈夫?、痛くないでしょう。」やはりうなずくだけです。

 半月前まで処女だった女の子が、亀甲縛り姿で目の前に跪いています。手足は完全に自由ですが、心の中は縛られている気分でいっぱいなのでしょう。紅潮した肌と荒い息遣いが物語っています。

「綺麗だよ」
「ありが、とう」少しうつむきながら応えます。

「もう一度、お願い」
 再び咥えさせると、今度はゆっくりと、丁寧に舐めています。彼女にとってのペニスの存在意義が変わったかのようです。愛しいものを愛撫するように、優しく扱ってくれます。ふわふわとマシュマロの中で圧迫されたあとで、濡れた絵筆で塗られるような感じです。

 危うく逝きそうになる寸前、手をとってペニスを外しました。彼女はすっかり興奮しているようです。肩で息をしています。両手の指を組ませ、手首をもう一本のロープで縛りました。そのとき「ああっ」と言う喘ぎ声が漏れたことを覚えています。

 天井にある吊り下げフックにロープを引っ掛けます。
 彼女に「立っていいよ」と声を掛けます。ちょっとよろめきながらも立ち上がりました。ロープを引っ張ると組んだ両手が上にあがります。ちょうどつり革の高さぐらいでロープを固定しました。縄の間から突き出している形のよい乳房の先端には、すでに硬くなっている乳首があります。
「綺麗だ、この姿が一番綺麗なんだよ」
 そう耳元でささやきながら、両乳首をダイヤルのように回します。口をぎゅっと結んで声を我慢していますが、一瞬背中がぴんと伸びて、確かな反応を感じます。

 股間に手をやると、もうすでにロープが湿っていました。ロープを掻き分けて中に指をやると、ぐっしょりと濡れています。まだ我慢をしているので「声を出していいよ」と言うと、「あ」と、遠慮がちに喘ぎます。
 クリトリスの愛撫に入ると彼女の声はだんだん大きくなりました。体の姿勢も尻を突き出すような形になり、手首を縛っているロープで吊られているような状態です。

 しばらく続けると、彼女は声を出さなくなり、荒い息遣いしか聞こえなくなりました。
 その頃に手首が紫色に変色しているのに気づき、手首のロープを外します。床にへたり込もうとする彼女を何とか支え、ベッドに座らせます。亀甲縛りのロープを外すと、やっぱり縄の跡が出来ていました。
「やっぱり、痛かった?」と聞くとうなずきます。泣き声も聞こえます。目隠しを取った途端、彼女が抱きついてきました。
「私のこと、離さないでね、お願い、離さないでね。」

 それからじっと抱きしめてあげました。今でも抱擁するときは、常にこのときの延長線上のような気がしています。

人妻に脚コキされる童貞

さっそうとホテルの部屋へついたゆらは気づけばまだ彼とまともに口すら聞いていなかったことを思い出した

彼は出会ってからずっとうつむきっぱなしでゆらの顔さえ直視できていなかった

ゆらはちょっと先走りすぎたなぁと反省した

ゆらにとってはごく普通の日常的な非日常のセックスではあるが、彼はこれから一回りも年上の人妻に童貞を奪われてしまうのだ

もう少し彼の緊張を解いてあげなくては彼は今にも逃げ出してしまいそうであった

ただもともと小柄な上、不健康的なまでに痩せた彼の体を見ればゆらにも彼を押さえつけるくらい容易く出来そうであるとも感じた

彼のか細い腕はまるで女性のそれに見まがうかのように貧相で、まだ体毛も全くと言っていいほど生えていなかった

彼はいまだにベッドの上で縮こまっていた

緊張しているのは知っていたが、ゆらは彼が怯えているようにも見えてしまった

急にゆらは彼を犯したい衝動に駆られた

まるで小動物のような童貞に欲情した人妻の目つきは飢えた獣の目そのものであったろう

「服脱いで」

慕っていた姉のように優しく接していたメールの頃とは一変、ゆらは豹変した

急に言われたことに反応しきれなかったのか、それとも内容は理解できたが行動に移せないだけなのか、彼はモジモジと体を動かしただけであった

「ほら、何やってんの。服脱がないとエッチできないでしょ早く脱いで。もしかして脱がして欲しいの?」

そう言っておもむろに彼の方へ近づいて行くと彼は慌てて来ていたシャツに手をかけた

彼がシャツを脱いでその下に着ていた白いTシャツ姿になった

「全部脱ぐの。何手休めてんの。いっとくけど下もだからね?」

彼はついにパンツ一丁になってしまった

初対面の女性に裸体をさらすという羞恥に顔は今にも泣き出しそうなほど赤くなっていた

しかしどうだろう…

服を着ている上からでも凄かったが、改めて直に見ると本当に中学生くらいの少し痩せた少年そのものである

しかし、さっきからその貧相な体に似つかわない圧倒的な存在感のあるものが股間の膨らみにあるのにゆらは気づいていた

彼はゆらの視線が自分の股間に集中しているのを感じると、瞬時に手で覆う素振りを見せた

「だーめ。隠してたら見えないでしょ?今からどうせえっちするのに何恥ずかしがってるの?」

「しょうがないなぁ…。んじゃ手後ろについて」

「そのまま前に足出して広げて」

彼は後ろにもたれかかる体制になり、上体を後ろについた手で支える格好になった

上体を後ろに下げたことで隠すものが無くなった股間はあられもなく立派な膨らみを晒していた

「いい? これからゆらが許可を出すまでその体制から動いたらダメだからね? 動いたら厳しいお仕置きが待ってるからね」

彼は何がなんだか分からないふうな恐怖と困惑が入り混じった顔をしていたが、その表情はまるで虐められっ子のようであった

おもむろにゆらは履いていたブーツを脱いだ

半ば急ぎ足で来たためか背中や脇にはうっすらと汗をかいているのを自分でも気づいたし、なおさらブーツの中は蒸れてほんのりと熱を持っていた

厚手のストッキング越しの脚はさっきまでブーツを履いていたこともあり、ゆらの脚の匂いが全て凝縮されているようであった

ゆらは彼の方へ歩いていき、彼の顔の前に脚を出した

「匂って。」

彼はまた困惑した顔を見せたが、命令されるままゆらの脚を匂った

「裏とか指の間まで鼻くっつけて、よーく匂い嗅ぐのよ」

彼はしばらくの間犬のようにゆらの足の匂いを嗅いだ

「そう。もっと嗅いで… そう。これが大人の女の足の匂いだからね。」

秋とは言え皮のブーツに閉ざされた密室で汗をかき続けた足の匂いは性別など関係のない強烈さである

そのことにはもちろん自身が一番気づいていた

ゆらは手の自由を奪われたまま首を伸ばして健気に匂いを嗅ぎ続ける童貞の姿に欲情し、自らも股間を濡らしていた

まだショーツを汚してはいないようだ…

ふと視線を下へやると、明らかにさっきより彼の股間がいっそう膨らみを増しているのに気づいた

さっきのように漠然とした膨らみでは無く、今度は外からでもはっきりと分かるように先端部が布を持ち上げていた

その先にかすかではあるが染みが出来ているのをゆらは見逃さなかった

「女の臭い脚の匂いなんか嗅いで、○○君は興奮するのね」

童貞が一瞬体を震わせ反応した

「今のあなた、どこから見てもただの変態よ? 記念に写メ撮っといてあげるから」

そういうとゆらはちょうど自分の足が童貞の顔を踏みつけているように見えるアングルから携帯で写真を撮った

部屋にシャッター音が鳴り響くと同時に童貞は小さく「あっ」っと言ったがゆらは何事もなかったかのように無視した

童貞の無残な姿を納めた写真はゆらの携帯にしっかりと保存されてしまった

ゆらはそろそろ脚を上げているのにも疲れたのでいったん脚を下ろした

そのときに気づいた

さっきまでの体制であると童貞の位置からはギリギリでゆらのスカートの中が見えるか見えないかのところであったのだ

「○○君、ゆらのパンツ見ようとしてたでしょ? このスケベ!」

童貞は消え入りそうな声で「すみません」とうつむきながらつぶやいた

「そんなに我慢できないならもうゆらがイかしてあげるから」

そういうとゆらはさっきとは別の脚で童貞の股間を踏みつけた

「はぁっ」

童貞が不意の動作に声を上げてしまった

触ってみて改めて気づいたがやはり童貞のペニスは既にギンギンに勃起していた

「なによ、もうカッチカチじゃない。 童貞なんて脚一本で充分よね?」

そう言うと、ゆらは童貞の股間に乗せた脚をゆっくりと動かし始めた

布と布が擦れ合う音が室内に響き渡る

ゆらは脚の裏のくすぐったい感覚を楽しんでいた

楽しんでいたという意味では同じかも知れないが、擦る方と擦られる方ではその触感に違いが有りすぎた

童貞は裸にされ、下着の上からとは言え女性から脚で局部を刺激され、しかもそれに感じてしまう自分が許せないかのようだった

しかしその快感に耐えるゆがんだ顔はゆらをさらに興奮させ、童貞を虐めようとする心をくすぐった

ゆらは脚の動きを強めた

「あああぁぁっ…」

童貞が声を上げる

「こんなのがいいの? その歳で脚がいいなんてあんた変態ね。いいわ、もっと虐めてあげる。」

ゆらは脚を踏みつける動作でなく、今度は小刻みに振動させた

まるで電気アンマで刺激されているかのように彼は悲鳴を上げながらよがった

ゆらは脚を強めたり急に動きを止めたりして緩急をつけながら童貞を苦しめた

ゆらの脚によって乱暴に刺激された彼のペニスはよりいっそう強度を上げ、今にも破裂寸前であった

ゆらはしばらくは童貞の反応を見たりして楽しんでいたが、やがてそれにも飽きてきた

そろそろ出させてもいいかしらね

ゆらはそう思うと、童貞の両足を手で抱えこんだ

ゆらもベッドに腰を下ろし、そのままグイと童貞の体を引き寄せより直に刺激が股間に集中するようにした

さっきよりも一層脚の動きを強め、乱暴に振動させた

「あああっ! あっ! あっ! あっ! あああぁぁ…!!」

童貞は壊れた人形のようにヨガり出した

「ほら 気持ちいいの? どう? こんなに乱暴にされて!」

「くぅ?…!!」

童貞は歯を食いしばりながら耐えているようであったがさすがに長くは持たなかった

「あっ! ダメあっ! イ、イ…ッ! あぁっ!」

彼の陰茎がビクビクッと痙攣しだした

ついに彼はゆらの脚で股間を刺激されながら絶頂に達してしまった

ゆらは彼の先端から放出された生暖かいものが彼の下着を越えてゆらのストッキングを汚したのを確認した

しかし、ゆらは彼が射精している間にも脚の動きを緩めなかった

「あっあっ!!」

陰茎がビクつくのを脚先の感触で楽しみながらゆらは彼の射精が終わるまで股間を刺激し続けた…

眠れぬ夜は、羊かオナニー

ココイチをバカにするヤツは俺が許さねえ!!
だがこの話とは何の関係もない。
***

 
平太少年の仕事は羊飼いだ。

朝早く、羊たちを引き連れ山へ出かけ、昼過ぎには小屋へ戻る。
これが毎日続く。

ある日、山仕事を終えた平太が小屋に戻ると、何とも言えない不穏な空気が辺りに漂っていた。
もちろん気のせいだろう。
しかし平太の悪い予感はよく当たるのだ。この時も。

いつものように、羊を一頭ずつ数えて確認しながら、小屋の中へ入れる。
羊が迷子になることはめったにないが、一頭でも足りないとなれば、親方にどやされるだけでは済まない。

数えやすいように一列に並べられ、小屋に入っていく羊たち。
そして残り十頭ほどになったとき、列の後ろの方の羊たちが騒ぎ出した。

オオカミだ!
羊を狙って、オオカミが木陰に隠れていたのだ。

山では十分注意しているが、オオカミは夜行性だ。
昼間、しかも人里まで、オオカミが下りてきたのは初めて見た。
よほど食料にありつけない日々が続いたのだろうか。

隠れて狙っていることに気付かれたオオカミは、なりふり構わず飛び出してきた。
予想外の出来事に平太は慌てたが、仕事を忘れることはなかった。

まずい!だがまだ間に合う!
さあお前たち、早く!早く小屋に入るんだ!

一頭一頭羊の尻を叩き、小屋の中へ押し込める。
そして最後の一頭。

間に合った。羊をオオカミに食われることはなかった。
しかし平太は。

…平太だけは、間に合わなかった。
護身用の鉈を振り回す余裕もなかった。
無残にも喉を食いちぎられ絶命し、その場ではらわたを貪り食われた平太。
気付いた村人によってオオカミは追い払われ、ボロ切れのような亡骸だけが残されたのは幸か不幸か。

一部始終を見た者はいなかったが、何が起こったかは一目瞭然だった。
最後まで職務を全うし命を落とした少年を、村人たちは心から憐れんだ。
 
 
いつしかこの事件も人々の記憶から消え去り、こんな言い伝えだけが後世に残った。
『眠れぬ夜は羊を数えるとよい。そうすれば安らかに眠りにつけるだろう』
 
 
それが永遠の眠りを意味していることを、知る者は少ない。
 
 
***
 
俺、毎日カレーがいいな。
さて次の話。
 
***
 
少女ハイ子の仕事はブランコ乗りだ。

朝早く出かけ、夜までブランコに乗り歌い続ける。
これが週5日。

ある日、仕事を終えたハイ子に声をかけた同僚男性の、車で送るよ、というその言葉には、何とも言えない淫靡な空気がまとわりついていた。
もちろん気のせいだろう。
だがハイ子の悪い予感はよく当たるのだ。この時も。

いつもより遅い時間。門限が迫っているのを確認し、車に乗り込む。
男性と二人きりになることはめったにないが、一分でも門限を過ぎたとなれば、おんじに怒鳴られるだけでは済まない。

逃げることを拒否されるかのようにシートベルトの装着を指示され、車は走り始める。
そして家まで残り数百メートルかというとき、突然車が止まり、ハイ子の胸に手が伸びてきた。

送りオオカミだ!
羊を狙って、オオカミはやはり本性を隠していたのだ。

男の性欲は十分承知しているが、彼は一見草食系だ。
こんなに突然、しかも車の中で、オオカミになる男は初めて見た。
よほど女にありつけない日々が続いたのだろうか。

隠していた本性をさらしたオオカミは、なりふり構わず襲い掛かって来た。
予想外の出来事にハイ子は慌てたが、貞操を忘れることはなかった。

やばい!でもまだ大丈夫!
さあ早く、早く車から出ないと!

一秒一秒、オオカミの攻めに反撃し、シートベルトを外す。
そして車外へ脱出。

間に合った。羊はオオカミに食われることはなかった。
しかしオオカミは。

…オオカミは、ハイ子の反撃で死に直面した。
自慢の巨根を振り回す余裕もなかった。
無残にも睾丸を殴りつぶされ悶絶し、目からあごまで何度も引掻かれ流血したオオカミ。
気付いた人々によってオオカミは通報され、ボロ切れのような男根がかろうじて無事だったのは幸か不幸か。

一部始終を見た者はいなかったが、何が起こったかは一目瞭然だった。
最後までハイ子に罵声を浴びせ続けたオオカミを、人々は心から蔑んだ。
 
 
いつしかこの事件も人々の記憶から消え去り、こんな言い伝えだけが後世に残った。
『眠れぬ男はオナニーをするとよい。そうすれば女性問題は起こらないだろう』
 
 
それが永遠の童貞を意味していることを、知る者は多い。
 
 
***
終わり。
***
 
半年間毎日カレー食ったことある。

昔やったことがある女、早希

何故か寝付けなくて困ってるので、暇つぶしがてら自分の体験書いてみる。
まずは自己紹介から。
名前は勝。当然仮名。
歳はまぁ30代前半ということで。
一応普通にサラリーマンやってます。
自分でいうのも何だけど、昔は結構ちゃらかった。
二十歳そこそこの頃は、平気で土下座ナンパとかよくしてた。
勿論今ではそんなことはしない。一見普通の社会人。
セックスに対する意気込みは強かったので、それなりに女性経験は豊富だと思う。

自分で言うのもなんだけど、見た目はイケメンとは程遠い。
まぁいわゆる二枚目半ってキャラ。
下手をすれば三枚目半。
特別話術が優れてるわけでもなく、何となくその場の空気を軽くして、
女の子に罪悪感を持たせずに、ノリでHさせるって感じ。
勿論モテたことなど無い。モテ期なんて生まれて一度も無かった。
それでも女の子を選り好みせず、プライドも捨てればそれなりに美味しい思いは出来てきた。
今は結婚も考えてる彼女がいる。
もうナンパも風俗も、何年もしてない。

ここからが本題。
去年の春、昔やったことがある女が、偶然同じ会社に入社してきた。
名前は早希。
初めて会ったのは早希が中学2年のころ。
きっかけは俺が塾の講師のアルバイトやっててその生徒だった。
で、今はもう立派な社会人。
23歳。
当然化粧も憶えてて、服装もそれなりに大人びる。ずいぶんと大人の女になってた。
見た目だけだと思い出せなかったかも。
名前聞いて、ああそんな娘で昔遊んだなって思い出せた感じ。
そこまでタイプでも無かったし、ただの遊びだったから。
女の子にしては長身で、気が強いというか、上司や先輩にも物怖じせず、はきはきと挨拶したり対応する姿は相変わらずだなぁと感心した。

向こうは俺がすぐにわかったみたいで、勤務中も遠巻きから視線をちらちらと感じてたが、しかし歓迎会でも接触は無かった。
明らかに俺への距離を取ってる感じ。
向こうも気まずいだろうし、俺もそれがわかってたから、あえて放っておいた。
とはいえ別の部署とはいえ、一応一緒の会社なので、いつまでもこのままだと何か気持ち悪いなぁとは思っていた。
そんな時、たまたま休日に街で顔を合わしたんだ。
といっても、向こうが男連れで楽しそうに歩いていて、偶然すれ違っただけ。俺は一人。
向こうもびっくりしたのだろうか。
すれ違いざまに、視線だけで俺を二度見。
すれ違ったあと、なんとなく振り返ってみると早希もこっちを見てた。
俺が手をあげるとシカトして顔を前に戻し、俺に見せびらかすように男にくっついて歩いていった。
なんだかなぁと思いつつも、まぁどうでもいいかって感じだった。
昔はあんなに激しく愛し合ってたのにね。

別の日。残業が終わって帰ろうとすると、駐車場への道で早希の後ろ姿を発見。
たまたま帰る時間が重なったみたい。
おあつらえ向きに一人だったので、軽い調子で背後から声をかけてみる。
「よっす。久しぶり。こないだのは彼氏?」
突然の俺の声に肩をびくっと震わせると、足を止めて振り返る。表情は緊張してるのかやや険しい。
「そうですけど」素っ気無い口調。
「元気だった?」
「関係無いと思うんですけど」
いっそのことシカトしてくれた方がいいってくらい、冷たい表情に口調。
処女を捧げた相手にする態度かね、と心の中で辟易とする。
まぁ結構適当に捨てたから、嫌われてて当然かなと思い直す。
しかし早希だって足を止めたんだから、少なくとも話をするつもりはあるってことだろうと思って言葉を投げ続けた。

「いやぁビックリしたよ」
「そうですね」
「よかったらこれから飲みいかない?」
「あの、ひとつお願いがあるんですけど」
「ん?なに?」
「これからも職場では仕事のこと以外は話し掛けないで欲しいんですけど」
「え?」
「あと昔の知り合いだっていうのも周りには秘密にしてください」
「なんで?」
「嫌だからです」
「え、あ、そう?」
「それじゃ失礼します」
颯爽と踵を返して、カツカツカツと怒気を孕んでいるかのように、音を鳴らして帰っていく早希。
その背中を、溜息まじりに頭を掻きながら、黙って見送る俺。
まぁ仕方ないかと思った。

それから1?2ヶ月は特に何も無かった。
相変わらず俺と早希の間に会話は無し。
特に業務上で関わることも無かったし。
ただそこでも早希は結構もててたみたいで、既に何人かが玉砕していた。
捨てた後の早希がどんな人生を歩んだかは知らないが、どうやら男関係は真面目だったようだ。
たまに漏れ聞こえてくる噂話でも、今の彼氏と順調らしく、同じ課のやり手のイケメンが必死になっても、ちっともなびく素振りがないそうだ。
まぁ元々俺の知っている昔の早希も、とても情に深く、軽い女なんて程遠い印象。

そんな中、早希が研修のため俺のいる課に短期でやってきた。
今更俺もちょっかいを出す気など毛頭無かったので、言われた通り沈黙を守っていた。
が、そこでひと悶着起こる。
早希が仕事上でミスをした。
といっても全然重大なミスでもなければ、取り返しがつかないような事でもない。
新人ともなれば仕方が無い、というよりは、話を聞くとどう考えても教えた側の不手際にしか思えなかった。
その教えた側の人間は、ただでさえ俺が嫌いな同期だった。
自分のミスを棚にあげて、早希を怒鳴り散らす様子は俺を苛立たせた。
早希も早希で、言い訳もせずに、じっと唇を噛み締めて叱責を受けていた。
俺はいい加減見るに耐えなくなってきたので、その間に入って嫌いな同期をなだめた。
お互い少し喧嘩腰になる。
その流れで、俺がそのミスのフォローをすることになった。

その後の休憩時間。早希は俺のところへ謝りとお礼を言いに来た。
俺はこの間のお返しと言わんばかりに、冷たく「別にお前のためじゃない」と言い放ってやった。
直後に、少し大人気ないと反省したが、早希はそんな俺の心情を察したのか、もう一度お礼を言って去っていった。
その日の残業。俺と早希が二人で残った。
俺は帰っていいって言ったのに、早希は頑なに自分も残ると拒否。でも残業中は何の会話も無い。
日付が変わりそうだったので、早希だけ返す。
「そんなわけには行きません」としつこく抵抗してきたが、強引に帰した。
余談だが、後日に別の同期から聞いた話によると、早希のミスの原因になった同期は、休日も早希にしつこく電話をして、何度も誘っても断られるから、早希にむかついていたとの事だった。
しかもその番号も直接本人に聞いたものでもないらしい。

とにかくそんな事があったおかげで、早希の俺への態度は少し軟化した。
といっても、挨拶の時に目を合わすようになったとかその程度だが。
それから夏もそろそろ真っ盛りという頃、早希の俺の課での研修が終わった。
その最後の日、早希からこっそりと紙切れを渡された。
メモ帳の切れ端で色気もへったくれもなく、中も黒のボールペンで粗雑に書かれていた。
内容は、「ちゃんとお礼をしないと気持ち悪いので、御飯だけでも奢らせて下さい。
もし迷惑なら、他に何か考えます。」と書かれており、最後に番号とメルアドが記載されていた。
その時は、どうでも良いと思っていたので、一応番号だけ電話帳にいれといて、こっちから連絡はしなかった。

そっから数週間後。俺が本命の彼女と些細な喧嘩をした。
別に大した事じゃない。ただちょっと苛々したので、気分転換に早希に連絡をすると、とんとん拍子で話は決まり、仕事帰りに二人で、早希のおススメの店に行くことになった。
早希は少し緊張しているみたいで、雰囲気や口調が固く、そわそわしている感じだった。
俺は少しむしゃくしゃしていたので、そんなこともお構いなしで飲み放題だったので浴びるように酒を飲んでいた。
とはいえ俺はザルなので、泥酔するようなことは無かったが。
早希にも何度か酒を勧めたが、「彼氏に悪いから」とのことで断っていた。

でも俺が一度、自分が飲んでたカクテルを
「これお薦め。今度彼氏に教えてあげなよ」と強引に一口だけ飲ませた。
「ん?、じゃあまぁちょっとだけ味見」みたいな流れ。
するとそれを機に、少しだけど早希も飲み始めていった。
とはいえ少し顔が赤くなる程度で、別に酔ってはいなさそうだった。
でもアルコールが入っていくと、お互いにプライベートの話をするようになっていき
「彼氏ってどんな人?」
「ん?年上です」
「名前は?」
「なんでですか?関係無いです。そういう先生は?(会社では普通に苗字にさんづけ)」
「懐かしいな、その呼び方」
早希は頬を赤らめて「あ、う」と顔を伏せてしまった。

「今はいないよ」何故か嘘をついてしまう俺。
会社の同僚に聞かれれば簡単にばれてしまうことなのに。
「ふーん」興味無さそうな素振り。
正直、この時点で俺はもうやる気満々だった。
少し赤くなった顔を手で扇ぎながら「あーもう駄目だ。もう帰ります」と早希。
「いいじゃんもう一軒いこうぜ」
「駄目です。もう駄目です」
「良いとこ知ってるから」
「駄目です。また今度誘ってください」
そんな感じで一旦店を出た。
しつこく誘うのは得意だけど、ただぐだぐだになるのはまた別。
店を出る時、早希はメールを打ってて誰と聞くと
「彼氏です。今から帰るねって」
「同棲してんの?」
「違いますよ。でもほら、ラブラブだから」

そんな会話をしつつ、二人で並んで駅に向かうも、なんか面倒くさくなってきた俺は、もういいやって感じで、唐突に早希の手を握った。
早希は「え?え?」って感じで一瞬戸惑ったけど、俺の手を解こうとはしなかった。
かといって握り返してもこなかったが。
で、俺は無言で握る力を強め、ホテル街の方へ誘導していった。
早希は「冗談でしょ?」といった感じの笑みを浮かべながら、俺に握られていないもう片方の手で俺の腕を軽く掴み
「え?駄目ですよ?絶対駄目ですからね?」と言いながらもついてきた。
というか半ば強引に連れてった。

ホテルの入り口まで来ると、早希は顔を伏せて、足を止めた。
俺が握った手を引っ張ると、腕だけぶらん。
セミロングの髪をかきわけて、伏せた早希の顔にキス。
早希は少し顔を横に逃がして、唇が半分ずつ重なった感じ。
「いいだろ?」
「・・・駄目・・・です」
有無をいわさず強引に手を引っ張りホテルの中へ。
フロントで「部屋どこがいい?」と聞いても無言。
勝手に決めて、エレベーターの前まで連れて行くと、
「・・・やっぱり駄目です。ごめんなさい。帰ります」と震える声を搾り出した。

俺は無言で早希の顎を掴んで持ち上げて、顔を近づけると、早希は諦めたように目を閉じた。
今度はちゃんとキスをした。
エレベーターに入ると、ちゅっちゅと啄ばむように何度もフレンチキス。
ただ早希の両手は、抱き寄せようとする俺と距離を取ろうと、俺の胸を軽く押さえていた。
でもその状態で何度もキスをした。
舌を入れると、早希も恐る恐るそれを受け入れた。

部屋について荷物を置くまで、二人とも無言。
俺の手が離れた早希は、部屋の入り口で固まって立ってた。
泣きそうな顔だった。
俺は無言のまま、キスをしながら早希の服を脱がしていった。
特に抵抗は無かった。
途中消え入りそうな声で
「あの・・・シャワー・・・」とか言っていたが無視。
相変わらずのスレンダーな体型だったが、昔に比べるとやはり多少は女性らしい丸みを帯びた身体になっていた。
すらっとした手足。小振りだが形が良い胸と尻。
立たしたまま乳首を舐める。
早希は「・・・んっ」と声を漏らして、すこし上体を屈まして、俺の肩に手を置いた。
「ちょっとは期待してた?」
「ちが・・・そんな、無いです」

下の方へ手をやると、もうすでにぐっしょり濡れていた。
人差し指と中指の先をくっつけたり離したりすると、糸がいやらしく引くのを、早希の目の前でやると
「や・・・だぁ・・・」と目に涙を浮かべて顔を逸らした。
もちろん耳まで真っ赤。
「ベッドいくぞ」「・・・ん」
ベッドに押し倒すと、俺も服を脱ぎながら、早希の身体を撫でていった。
どこか弱点だったかなんて憶えていなかったけど、どこを触ってもぴくっぴくっと身体を小さく振るわせていた。
一回前戯でいかしとこうと、クリを指と舌で執拗に責めた。
早希は最初は苦しそうに歯を食いしばって我慢してたけど、
「・・・・・・っはぁ!」と息を吐くのと同時に
「う・・・っくぅ・・・あ・・・はぁ・・・だ・・・め・・・」と、早希の股間に埋めていた俺の頭をぎゅっと抑えてきた。
髪痛えと思いながらも無言でクリ責めを続行。
クリはすぐに硬くなり、ピンと勃起した。
「だめ・・・せんせ・・・・・・やばい・・・かも・・・」
「いきそう?」
「ん」

やがて「んーーーっ!」と何かを耐えるような、声にならない声を漏らし続ける早希。
やがて「はぁっ・・・ん!」という声と共に、ビクンビクンと身体を小さく痙攣させた。
肩を小さく上下させながら、はーはー言ってる早希を尻目にゴムをつける俺。
その様子を涙目で見ながら「やだぁ・・・」と甘く呟く早希。
まだぴくぴくしてる早希の膝を持ち、左右に開ける。もう全くの無抵抗。
ちんこを早希の入り口にあてがうと
「・・・せんせ・・・やっぱやめよ?だめだよ・・・」と切なそうな声をあげる。
無視して、もうシーツにシミが出来るくらい濡れていたので、そのまま奥まで挿入。
何の抵抗もなく、早希の中は、俺を奥まで受け入れた。
にゅるんって感じ。
その瞬間「あ・・・っやぁん!」と可愛い声が漏れる。
記憶にある早希の膣内よりは、やや緩くなったような気もする。
ゆっくりピストンを開始すると、早希は手の甲を口に押し当てて、辛そうに目をぎゅっと閉じて、残った手で俺の腕を掴んできた。

ピストンを強めても、口を押さえた手の平から「ん・・・く・・・」と苦しそうに、押し殺した喘ぎ声が聞こえるだけ。
時折意地悪っぽく大きく単発で突くと「あんっ」と可愛い声。
早希はその度に、きっ!と睨んでくるが、また大きくピストンすると、ぎゅっと目を瞑り、「やんっ!」と甲高い声をあげる。
しばらくそれを繰り返していた。
普通にやっててもつまらないので、やりながら世間話。ピストンは緩め。
「彼氏とここ来たことある?」
「・・・ない」
「いつもどこでやってんの?」
「関係無い・・・です」
「彼氏とHの相性良いの?」
「・・・」

ご機嫌を損ねたのかそこから完全にシカト。
頑なに口から手を離さず、目も合わさない。
喘ぎ声も「ふっ・・・くぅっ・・・」と、無理に我慢をしてる様子で、鼻息のようなものばかり。
でも部屋にはグッチャグッチャ音が鳴り響いていた。
「気持ちいい?」
「わ・・・かんない」
「彼氏と比べてどう?」
「やだぁ・・・まだ・・・ですか?」
「なんで?」
「早くいって・・・ください」
「よくない?」
「そんなこ・・・とない・・・けど・・・」
この間、絶対目を合わせてくれないし、キスしようとしても逃げられるか、手を間に入れられる。

そういやバックが好きだったっけかと思い出して、四つん這いにさせる。
最初はゆっくり。
「んっ・・・ん・・・」
少しづつ激しく。
「・・・やっ・・・あん・・・」
やがてヌッチャヌッチャッといった音が部屋に響きわたり、俺のちんこももう真っ白。
早希もはっきりと喘ぎ声をあげるようになった。
「あっあっあっあっ!・・・やだだめ!せんせ!せんせだめ!これだめ・・・これ・・・あっあっあ!」
早希は後ろ手で俺の太ももを触って制止しようとするが、その手に力は既にもう無く、とにかくガンガンに突きまくる。
「・・・や・・・あっ!・・・だ・・・めだっ・・・てぇ・・・」
「ほら、彼氏以外でいけよ」
「やっ!あっあっあっ!せんせ!や!だめ!これだめ!おねがい!あっ・・・あっあっあっあっ!!!」
「彼氏に謝れよ」
「・・・やっ・・・だぁ・・・こんな・・・だめ・・・」

最後に大きく喘ぐと、早希の膣は俺のちんこをまるで雑巾を絞るかのようにぎゅうっと締め付けてきて、早希の小さな尻は目に見えてぷるぷると震えた。
早希の上体を支えていた両腕は突然力を失くしたようで、がたがたっと早希は前に崩れ落ちていき、しかしその間も早希の中は、柔らかくも俺を離したくはないと言わんばかりに締め付けていた。
一度そこでちんこを抜くと、「や・・・」と切なそうな早希の声。
ぐったりしている早希を仰向けにさせて、もう一度正常位。
蕩けきった顔で「も、やめよ?」と小さく言葉を発しいたが、無視して挿入すると「や・・・ぁん」と甘い声が漏れた。
そこからはもう昔に戻ったような、恋人みたく甘く激しいHだった。

早希は自分から俺の首に腕を回し、俺の唇と舌を要求するように自分に引き寄せ、そして激しく唾液を交換しあった。
早希の舌は、俺の舌を愛おしそうに求めてきた。
ゴムをしているとはいえ、早希の両足は俺の腰に巻きつき、爪は俺の背中に痛いほどに食い込んでいた。
「ここ?ここだろ?」
「ん、そこっ!そこだめっ!いい!あっ!いい!せんせ!やっ・・・だぁ!」
「またいく?」
「あっあっあ!んっ!あっ・・・だめ!せんせ!いっちゃ・・・うっ!あっあっ!」
「じゃあ彼氏にごめんなさいしろって!」
「あっあっあっ!・・・そんな・・・いわないで・・・あっあっあ」
「彼氏なんていうの?」
「・・・な・・・・・・んでぇ・・・?」
「名前は?」
「やっあんっ!・・・よ・・・しの・・・くん・・・あっ・・・あっあっあっあ!」
「ほらごめんなさいは?」
「やっ・・・だぁ・・・あ・・・んっんっ・・・あっごめ・・・よ・・し・・・く・・・」
「いい?またいく?」
「ん・・・また・・・きも・・・ちいい・・・かも・・・」
「俺もいくから!な!?いくからな!?」
「やっ!うん!あぁっ・・・あっあっあっ!せんせっ!せんせっ!こんな・・・やぁっ・・・だ!あんっ!せんせ!」
「出すからな!お腹に出すぞ!」
「もうだめ!せんせだして!・・・あっあっあっあっあ!!!」
ゴム外して早希のお腹に大量射精。
早希の細くて綺麗なおへそ周りは、俺の精子でべとべとになった。
そして小振りな胸を大きく上下させながら、息も切れ切れに
「こんな・・・こんなの・・・だめ・・・なのに」と辛そうに言うと、両手で自分の顔を覆って、
「だめ・・・せんせ・・・みないで・・・」と弱弱しく言った。
俺はティッシュで汚れた自分と早希を拭くと、早希の頭を無言で撫で続けた。

早希はシーツをたぐり寄せ、それにくるまると、その中からは鼻水を啜る音が聞こえてきた。
俺はシーツの上から早希の身体を優しく撫でながら
「彼氏好きなんだ?」と尋ねると、シーツの中でコクリと頷いた。
「彼氏以外とって初めて?」
再度シーツの中で、顔が上下に揺れた。
「良くなかったか?」
十秒ほど間を置いて「わか・・・ない」と消え入りそうな声。
シーツ越しに早希の頭をポンポンと軽く叩いて
「俺シャワー行ってくるわ」とだけ言い残し、ベッドから立ち去ると、背後からすすり泣く音が微かに聞こえてきた。
シャワーから出ると、早希は慌てて服を着ていて、その目は真っ赤だった。
「そんな急がなくても」
そんな俺の声を無視して、早希は逃げるように部屋を出て行った。
その後日、早希からメールがあって、
「あの日のことは忘れてください。私も忘れます。やっぱり話したりするのは、もうやめましょう」とだけあった。

今更だけど、改めて早希の紹介。
現在23歳。普通の社会人。
前述したとおり、女の子にしては長身。
その上スレンダーなので、ただ痩せている、という感じではなく、まさにスラっとしている、という表現が当てはまる。
誰もが振り向く美少女という感じではないが、普通の美的感覚を持つ人間であれば、最低でも中の上、もしくは上の下よりは上のランクをつけるだろう。
個人的にはぽっちゃりが好きなので、正直タイプじゃない。

これも前述した通り、初めて会ったのは早希が中二のころ。
いただいたのも中二の終わりくらいと思う。
当然処女だった。血はあまり出てなかったけど、結構痛がってたっけ。
きっかけは早希からある日突然告白してきた。
それまで俺は早希のことなど、全く気にもしてなかったからすごく驚いた。
早希は昔から大人びたしっかりした娘だった。
無理して背伸びしてるわけでもなく、生粋の姉御肌とでもいうのか。
どちらかというと女王様気質と言うべきか。
ガキの女にありがちな、ただ気が強いというだけでなく、
同時に思慮深さを持っている雰囲気が魅力的といえば魅力的。
少し吊り上ったぱっちりした瞳は、彼女の芯の強さをよく表してると思う。
そんな娘が、どうして俺に惚れたのか。
思春期女子にありがちな、年上の男に対する過剰な憧れがあったんだろう。

当時の俺は年下の女なんか全く興味が無かったけど、据え膳食わぬはなんとかという事で、処女を頂いた後は、その後も高校1年の終わりくらいまで、ちょこちょことその未発達の身体を開発しつつは遊んでいた。
とはいえフェラやアナル舐めを仕込んで、中イキが出来るようにしたくらいだったけど。
初めて中イキできるようになるまで結構時間かかったと思う。確か高校入学直前。
そん時はちんこ抜いた瞬間失禁したからビックリした。
じょろじょろってわりと勢い良く。シーツに水たまり出来たし。
俺は正直経験が多いだけで、セックスが上手いなんて思っていない。
だからそこまで感じさせたのは今のところ早希だけ。

高校入ってからも、放課後呼び出してはやりまくってた。
学校では結構モテてたみたいで、毎月のように男子から告られてて、その度にやりながら断りの電話とかさせてた。
対面座位でキスとかしながらね。
電話してる間はちゃんと動かなかった。
学校で淫乱なんてアダ名がつけられたら可哀想だし。
耳まで真っ赤にして、恥ずかしそうな顔で断りの電話してる顔を見たかっただけ。
普段のギャップもあって可愛かったのは何となく憶えてる。

あと憶えてるのが高校の文化祭の時。
前日くらいまで、生徒達が夜遅くまで学校に残って準備とかしてたらしいんだけど、小一時間ほど抜け出させて、夜の公園でやった。
スカート捲って立ちバック。
通りがかりの学生やサラリーマンにも多分見られてた。
早希は気づいて無かっただろうけど。
声を押し殺すのに必死だったみたいだし。
バランスを保とうと片手を木に押し当てて、もう片方の手で必死に口を押さえてた姿は憶えてる。
膝くらいまで本気汁が太ももを伝って垂れてたけどね。
本人は否定してるけど、立ちバックが好きで、やるといつも太ももまでぐしょぐしょになってた。
その時は確か口に出して、そんでそのまま学校に戻らせた。

で、高一の終わりくらいに捨てた。別に理由は無い。飽きたから。
まぁ俺は元々付き合ってるつもりもなかった。本命は別にいたし。
単純にやり目的オンリーだった。
気まぐれで何度かプレゼントしたことくらいはある。
ガチャガチャで取ったようなストラップとか。
大事そうに携帯にいつも付けてたっけ。
ハメ撮りもかなりした。
当時の友人同士で、セフレのハメ撮りを交換して鑑賞しあうなんてことが流行ってたから。
今はもう持ってない。紛失したか、貸したまま忘れてるか。
今の早希なら絶対させてくれないだろう。
当時の早希はそういうことがわかってなかったから、恋人同士はこういうもんって刷り込ませてやってたから。
戸惑いながらも、撮影を受け入れてた。

余談だけど、現在の俺は絶対必ずゴムを着ける。本命の彼女相手でも。
何故なら、昔は俺も若かった。
早希を相手に何度か勢いで生半出しをしまくってたんだ。
当時の少しまだ固い、瑞々しい早希の身体は、ただの俺の欲情の捌け口だった。
その度に早希は本気で怒ってたけど、謝りながらキスすれば
「それ・・・卑怯です」と照れていた姿を思い出す。
で、愛を囁きながら生ちんこつっこんで腰振れば、切なそうに
「このままでも・・・いいですよ」とくる。
大体はちゃんと外に出してたよ。挿入は生ばっかだったけど。
よく制服にかけてた。それには別に怒らなかったな。
男はそういうもんだと思ってたんだろう。
でもそんな中、早希の生理が遅れちゃって、それ以来怖くてちゃんとセフレ相手にもゴムを着けるようになった。皮肉とかじゃなく早希のおかげ。
生理遅れたのは結局ただの不順だった。
捨てた時は適当に振った。その後結構しばらくしつこく付きまとわれたけど。
で、現在に至る。

疲れた。とても全部は一度に書ききれない。規制もあるし。
今も現在進行形で色々とあるから、時間があったらまたそのうち書きに来ます。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード