萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

元カレ・元カノ

親友に彼氏寝取られてワロタwwwww

スペック
私1915548黒髪ストレートロング
元彼21178ムキムキ黒髪KAT-TUNの中丸君に似てると言われる
親友19162細いギャルてんちむって子に似てる

元彼とは高1から付き合ってた
親友とは中学からずっと仲良しだった

私は高校入ってすぐ中丸と仲良くなって好きになったので告白した
化粧とかしてる子やだってふられたwww
清純派が好きなようだったので化粧やめて髪も巻くのとかやめてまた告白した
そんなに頑張ってくれたことが嬉しいとokもらえて交際開始
幸せだったし本当に好きだった

親友とは高校離れても週1でお泊り会開いて今週はこんなことがあった、今仲いい子はこんなかんじ、クラスはこんな雰囲気、と全てを話し合った
お金預けたりお互いの携帯見るくらい信頼してた
向こうもそうだと思ってた

大学は私はもともと馬鹿だったけど彼氏と毎日勉強して家庭教師も雇って彼氏と同じ大学に入った
バイトにも迎えに来てくれたり彼氏は昼からの講義でも朝一緒に行ってくれたりで友達から羨ましがられるくらい優しかった
親友は短大に進んだ
しょっちゅううちの学食来て三人でご飯食べたり彼氏の家で飲み会してた

飲み会はほんとに週に数回やる日もあったんだけど家族のように信用してる二人だったから先に寝たりして、その間に二人で買い物もか行ってても何も気にしたことなかった

で、その日もわたしがまた一番に眠くなって寝た
ひそひそ話が聞こえて来た

親友「私ちゃん寝たよーねえ今日はだめー?」←めっちゃ甘えた感じ
彼氏「やー、私ちゃん居るとこは無理だって」
親友「寝てるよー?」
ゴソゴソしたかんじのあとチュッチュ聞こえて来た
もう心臓がバクバクして息ができないくらい苦しかった
何が起こってるかほんとわからないし悲しいとかじゃなくて絶望
すぐ起きてキレたらよかったとか今なら思うけどそのときはただただ辞めて辞めて!って心の中で思うだけで何もできなかった
手とかも震えてほんとに生まれて始めてのショック

なんかチュパチュパ聞こえるけど背中向けてるから何してるかわからないかった
親友はいつもと全然違う声だし彼氏もめっちゃハアハアしてるしもう私はパニック
結局何も出来なくて二人で家から出てったからもう遠く行ったかなって頃を見計らって私は荷物もって逃げたwww

家帰ったら夜中なのにお母さん起きて来て彼氏くんとこじゃなかったん?こんな時間にどうしたん?って言われて我慢出来なくて号泣
嗚咽出るくらい泣いた
お母さんがコーンスープそっと置いて出てったの見てまた泣いた

で、同じ学部の仲いい友達に電話したらこれまたこんな時間なのに出てくれてマジギレしてくれた
彼氏に一言言う!明日授業のこのこ来たら許さん!と
大学の友達は親友みたいに信用出来ないとか親友に愚痴ったことを死ぬほど後悔した
一通り話してさすがに遅いし迷惑だな、と思いおやすみして、また泣いた

あ、電話切ったらメールめっちゃ来てた
どうしたの?
心配だから連絡してよー!
こんな遅くに一人で外歩くなんて心配かけんなよ
等々…
なんか言ってやりたかったのに何も言えず着信受信の度に息が苦しくて寝れなかった次の日は電話した友達といつもより早い時間の電車で大学行った
大学ついて色々話して過呼吸になって過呼吸とか甘えwwとか思ってたけどあれまじだったwwww

で私の講義全部把握してる彼氏が教室の前で待ってたwww
私を見付けて走ってくるwwwww私動けないwwwでもすぐ友達が助けてくれた
友達「悪いけどもう私ちゃんに関わらないでくれる?」
彼氏「は?なに?昨日の今日でなんでいきなりこんなんなってんの?話しもしてないけど」
なんでじゃねーよwww
友達「なんでとかよー言うわ。兎に角近寄らんでくれん?」
「私ちゃんはよ教室入って」
私は走って教室に行った
自分じゃ何も出来ないとかダメだなあと思った
友達には本当に感謝してる

すぐに友達も教室に来て怒られた
友達「まだショックで何も言えんと思うけどメールでもいいから自分で言わないとあいつも納得できんて言ってるし、私ちゃんも文句の一つ言ってやんなきゃだめだよ」
私「はい。すみません…ありがとね。ちゃんと言うよ。私も一言言ってやりたいし。」

その日も何度も親友、彼氏から連絡あったけど全部スルー
帰りは友達がまた一緒に帰るって言ってくれたけど私のほうが終わるの遅いから待たせるのは悪いので全力で断って先に帰って貰った
案の定駅で待ち伏せする彼氏…のとなりに親友www
もう逃げたくなかったし涙目で向かった

で、私きれる
「信じてたのに最低!二度と関わるな糞ビッチ糞野郎」
彼氏焦って縋り付いてくる
「違うよ。本当に違う。話聞いてください好きだからお願い云々」
親友逆ギレ
「信じてたとかきもwwずっと前からやってたしwwwつか彼氏はお前よりあたしが好きなんだよ云々」

二人とも叫ぶし大学最寄り駅で目立つし恥ずかしいしこの二人の話し聞いてたら怒りでどうかなりそうだったから電車乗って逃げようとした
ら、彼氏走って追いかけてきて電子乗ろうとする→親友彼氏に掴みかかる→彼氏電車乗れない→電車出発→親友殴られてる→私帰宅
またずっと連絡あったんだけど無視してた
家に来たりもしたけどお母さんは私が傷付けられたと思ったようでキレて追い返してた

今でも大学では待ち伏せ&授業ついてくるとかあって逃げまくってます
携帯は買えたから連絡は無くなったけど地元では親友に都合良い様に話変えられて噂流されるし色々辛いです

寝ている元彼女に。

二年前に振られた彼女と、あるきっかけでまた連絡を取り合うようになった。
色白で細身でDカップ、顔も体もドストライクで、正直未練タラタラだった。

久しぶりに会って居酒屋行って、元カノの家へ。
少し話した後、お互いシャワーに入って、寝場所が無いからベッドで一緒に寝ることに。
もうこれは復縁のSEXか!と息子を昂らせて待機してたけど、
元カノは一切そんな素振りを見せず、さり気なく体を触ろうとしても、
はね除けられて反対向いてすぐに寝た。

凄い凹んだけど完全にそのつもりだったから諦められなくて、
相手が寝たことを確認してから、さりげなく胸の上に手を置く。
揉むと起きそうな気がして、薄手のTシャツの上からさわさわ静かに乳首を探す。
けど全然見つからない…。ブラの厚みを押し広げながら、爪でコリコリと突起を探す。
はっきり位置が掴めないけど、所々で小さな声が漏れだす。
獲物は近い!と全部の指先動かしてたら、手のガード入りましたorz

一旦撤収して様子見…。多分起きてない。
元カノの性格的に起きてたら我慢なんかせず、
「何してんの?」と汚物を見る目つきで一蹴するはず。

胸はまだ手で守られているけれど、その際こっち向きに寝始めたので次はお尻へ変更。
向かい合って、片手で撫でまわす。全く反応なし。
尻だから鈍いのかと余裕が出て、ジャージの隙間に手を滑り込ませる。
下着がサイズの小さいやつなのか、若干お尻に食い込んでて、手のひらいっぱいに生尻が!
興奮しまくって、ハミ出たお尻を鷲掴み。
どうせなら!と下着もどんどん食い込ませて、もう片方の腕も元カノの下から通して、
抱き合うような体勢になり、股間を擦り付けながら、両手でお尻を揉みまくる。
元カノもまた声が小さく漏れだしてきた。
ヒートアップしてそのままクリトリス側を触った瞬間、「うぅん」と不快を示す唸る声!

手を急いで抜き取り、寝たふり…。起きてたら確実に言い逃れできないけどね。
幸い起きていなかった。
でも寝返りをうって、またもや反対を向いていて、加えて毛布に包まるようになってた。
もう鉄壁の状態だし、これ以上すると本当に起きるから仕方ないけどここまでだなと思い、
自分も就寝した。

でもその後、喉が渇いてぼんやり目が覚めた。
すると自分の手が何かを触ってるのに気づく。寝ぼけながら感触を確かめていると、
なんと元カノの乳首を直接くりくり弄ってる。
寝ながらTシャツに手を入れブラの中にも侵入するとは!
元カノもなんかはぁはぁ言ってる。
その急な状況に再び興奮して、乳首をピンピン弾いたり摘んだりしまくってた。

しばらくは乳首で好き放題遊んでたけど、
このままではまた起きかけて失敗する!と思い、一度手を離して落ち着かせる。

冷静になって考えた結果、やっぱりもう一度クリトリス触りたいって考えに行き着いた。
元カノは中よりクリが感じやすかった。それでどうしても寝てる時に触りたかったんだ。

ただ一番敏感な部分なだけに、不用意に触れば即起きてしまうだろうし、
バレたら言い訳も付かない体勢になるから、手で触るのは諦め足で触ることにした。
それで、どちらも仰向けに寝てる状態で、自分の足を膝を立たせて相手の股に入れ、
股間に密着させた。かかと辺りがクリトリスにあたる感じ。それで上下に擦ってみた。

すると「ふぅんっ」の声と共に思いっきり、体がビクンとした!
まさかの直撃と期待以上の反応に我ながらびっくり。そのまま寝たふりをしながら擦ったり、
小刻みに振動させたりして、足に全神経を集中させる。
元カノは、はぁはぁ息を大きく荒げながら、時折ビクビク震えている。流石に起きてるのか?と思ったけど、
この状態なら何とでも言い逃れできるぜ!と構わず続行。嫌がって股間から足をどけたら、
もうそのまま終了で寝ればいいやと思ってた。

で、続けてたら嫌がるどころか、足を蟹ばさみするようにぎっちり絡み付いてきた。
更に、少しずつ自分で腰を動かして擦り付けてくる。どれだけ効果あるんだよこれ。

ここまできたらもうSEXでも大丈夫だったのだろうけど、
急に元カノとの立場が逆転した気がして、自分のSっ気が発動。
そのまま放置してた。静かな部屋で押さえた声とジャージの擦れる音がして、
足からじんわりとした汗の湿りと股間の柔らかさが伝わってきて凄いエロかった。

それでその後、元カノが泣きそうな声で抱きついてきたので、
襲う様にジャージを脱がせ、正常位のカエルみたいなポーズにさせて、
「ここがどうした?」て問いただしながら下着の上から思いっきりクリトリス弄ってイカせた。で、SEXした。

後で聞いたら、
乳首触ってた辺り(自分が寝ながら触ってた時)から何となく意識はあったらしい。
本当にSEXするつもりは毛頭なかったらしい。ふざけてる。復縁も別にしてない。


私達は仲がいいので、大学では近親相姦姉弟ってからかわれる。
からかっている人達も、まさか本当に私達が近親相姦してるとは
  思ってないんだろうな。
近親相姦姉弟ってからかわれはじめた頃には、まだ近親相姦してなかったしね。
はじめて近親相姦したきっかけは、私が元彼にふられたことだった。
いつまでも泣いていたら弟が、
「あんなやつより、俺の方がお姉ちゃんのこと好きだよ。」
って抱きしめてきて、そのまま、近親相姦しちゃったの。
私は処女だったし、弟も童貞だったから、はじめてのセックスはタイヘンだった。
やっと終わったときには、なんか二人ともへとへとになっちゃってた。
でも、今ではスムーズにセックスできるし、とっても気持ちがいい。
 私達は生活費の節約と称して、姉弟二人で住んでいるから、二人きりになったら
  もうラブラブなの。
近親相姦だってバレないように、人前ではいちゃいちゃしないようにしてるけどね。
この間、実家に帰ったときも、親や友達の前では、以前と変わらない風を装って
  いたけど、夜になったら、こっそりお互いの部屋に忍び込んでた。
声をだしちゃいけないっていうのが、ますます燃えるんだよね。
近親相姦してるのバレたら、絶対に引き離されるし、声も物音も立てないようにっ
  て思うと、ぞくぞくするくらい興奮しちゃう。
弟も私も、いつも以上に興奮して、結局、毎晩ヤってしまったり。
ちゃんと使用済みのコンドームは持ち帰って、捨てたけどね。
 近親相姦してても、日常生活には別に困らないんだけど、近親相姦してるとは誰に
  もいえないから、男を紹介してあげるっていわれるのが、とっても困る。
別にいいっていっても、親切なのかおせっかいなのか、しつこいんだよね。
 友達にしてみれば、元彼が私がまだヤツを忘れられないから一人でいるんだ、
  とか吹いてるのが許せないらしくて。
 元彼のおかげで、近親相姦に踏み切れたんだし、ま、そのくらいのうぬぼれは
  許してあげてもいいんだけど。
あ んまり友達がうるさいので、私は男を紹介してもらうことになった。
弟も一応、納得してくれたけど、遠隔操作のバイブをおまんこに挿入されて、
「怪しい動きがあったら、スイッチ入れるからね。」って脅されちゃった。
バイブをおまんこに入れているだけで、歩き方がぎこちなくなってしまう。
せめて、ローターにしてってお願いしたのに、きいてもらえなかった。
 喫茶店で男と引き合わされたけど、弟ほどかっこよくないし、話も合わない。
友達は何を基準に彼がいいと思ったんだろう。
適当に相槌をうっているうちに、映画を見に行くことになった。
暗がりで男に手を握られたところで、バイブが作動する。
ぐねぐねとおまんこをバイブが責めていて、私は悲鳴をあげそうになった。
男に握られた手をひっこめると、バイブの動きはぴたりと止まる。
男が私の肩にアタマをのせてくると、またバイブがくねりはじめた。
なによぉ・・・私は何もしてないのに・・・。
 私はあわてて、トイレに向かう。
立ち上がった途端、バイブが止まったので、なんとか外に出られた。
女子トイレの入り口で、ふくれっつらの弟が立っている。
「もうひどいよ・・・。」
「ひどいのは、そっちでしょ。」
近親相姦するようになってから、弟は二人きりのときは、お姉ちゃんと呼ばなく
  なった。
人気のない女子トイレに連れ込まれて、個室に二人で閉じこもる。
愛液でどろどろになったバイブを抜いてもらって、便器に座った弟のひざの上に
  のせられる。
「あんな男が彼氏なんて、ありえないでしょ。」
耳元でぼそぼそと囁いてくる弟の低音ボイスが私の背筋をぞくぞくさせて、
  私は弟のちんぽを挿入してほしくなってしまう。
私の考えを見透かしたように、ごそごそとコンドームを装着したちんぽを後ろから
  挿れられた。
ほうっとため息ともあえぎ声ともつかない声がもれてしまう。
おまんこの中のちんぽに意識を集中したとき、友達が探しに来てしまった。
「晴香??いないの?もうどこ行ったのかなあ。」
弟は私の口をふさいで、後ろからずんずん突き上げる。
うっとか、ひっとか声がもれちゃいそうで、私は唇を噛んだ。
ようやく足音が遠ざかったと思ったら、携帯が震えた。
「邪魔。」 弟が勝手にメールを送信して、電源を切った。
「紹介された男にセクハラされたから帰る。」
わざわざこんなトイレでしなくても、おうちでいくらでもセックスできるのに、
  私達姉弟は、近親相姦を緊張するところでするのが好きらしい。
弟ははあはあと私の耳元に息を吐きながら、激しく腰を打ちつけてきた。
奥の方まで突かれて、すっごく気持ちいい。
ここ、トイレなのに・・・そう思いながらも、気持ちよさは止められずに、
  私は必死であえぎ声をこらえた。
やがて、こらえきれない私のあえぎ声とセックス特有のいやらしい音をトイレに
  響かせながら、私達はしびれるような絶頂を迎えた。
友達には呆れられたけど、しばらくは、彼氏なんていらないかな。
弟の方がずっといいんだもん。
近親相姦じゃなければ、もっとよかったんだけど・・・。
それはいっても仕方ないよね。
しっかり避妊はしつつ、今日もセックスしよっと。
近親相姦なんて、若いうちしかできないもんね。

1/2)彼女を目の前で後輩の元彼に寝取らせた

彼女と元カレHが別れてから2ヶ月くらいして、
俺と彼女は付き合うようになりました。
俺の変態クソ野郎性欲の発現のきっかけはこれまた飲み会での出来事です。
彼女の元彼Hと俺と彼女は元々知り合いだったので、3人プラス
その他2・3人で飲む機会がありました。
飲み会の場所は大学の部室で、最初は彼女と元カレHは
離れて座っていて、彼女は俺の隣で飲んでいました。

しばらく飲んでると、彼女がトイレに行くために部室を出て行きました。
その後、俺は気がつきませんでしたがHが彼女を追いかけていったようです。
彼女の帰りが遅いので、酔っ払って倒れてるのでは?と心配になり
トイレのある場所まで探しに行きました。
すると、部室棟をでた木の陰の辺りで彼女とHを発見!
この頃から俺は変態だったのでしょうか?
すぐに彼女とHの間に割って入ることもなく、しばらく様子を伺うことにしました。

その会話の内容はHが彼女に復縁を迫っているものでした。
彼女は俺と付き合っている事を理由に、Hとの復縁を断っていると
Hは信じられない様子で、「もう男を作ったのかよ?」とか
「やっぱり淫乱なんだな?!」などの内容だった気がします。
俺は「淫乱」という言葉と盗み聞きという行為からか、ティムポが半立ち状態でした
既に彼女と肉体関係にあった俺は彼女が淫乱だとは思っていましたが
他の男に言われるとショックでした、しかし同時に彼女を犯しているような
錯覚に陥ったのかひどく興奮した覚えがあります。

彼女はお怒りの様子で「淫乱って何?私は一回も浮気した事ないでしょ?!」の様な事を言っていましたが
Hはそんな事も気にせず、彼女にサッとキスをすると吸い付いて離れませんでしたw
俺は他人の生キスを見たことがなかったのでティムポは半立ちから全開になってたと思います。
すると、Hは彼女をガッチリと抱えるようにすると胸を揉んだりスカートの上からお尻を
触ったりしていました。
流石にこのときは怒りがこみ上げてHをぶっ叩こうと思いましたが
ティムポが全開にボッキしているので深呼吸してから出直す事にしました。
その間にHは彼女のスカートを捲り上げて、彼女のマムコを触っているようでした。

確か、彼女がフレアスカートを履いていたのと、俺の立ち位置が悪くて
パンツの中まで手が入っているのかパンツの上から触っているのかは確認出来ませんでした。
すると、彼女が「あ、あふ、、あん、、あっふん、っ」などと喘ぎ始めたんです。
俺は何故か自分が悪いことをしている様な気がしてしまい、
2人の間に割ってはいることが出来ませんでした。
それどころか、何故かティムポがギンギンになって収まらなくなっていたと思います。
変態な俺がそうこうしている間にも、Hと彼女はディープキスをしながらくっついています。
Hが彼女の唇から口を離すと、彼女は「はぁはぁ」と荒い呼吸をしていた気がします。

Hが彼女に「いいから、早く」とか「早く触れよ」などと言っていた事から
彼女にHのティムポを触らせようと、彼女の手をズボンに導いていたと思います。
彼女は「ヤダ、やめて、、あ、、ああん、ほんとにダメだってば、、」と言いながらも
エッチな声を出していました。
俺は流石にやばいと思いわざとらしく、女子便所に向かって
「Aちゃーん(彼女の名前)?大丈夫?」などと声を出して彼女を呼んでみました。
するとHは彼女からサッと離れたのがわかったので、俺はさり気なく2人のいる方へ歩き出しました。
Hは俺のほうに向かってくると「Aさんが気分悪そうなので介抱してました」と言って来ました。
Hは俺の後輩なので、見つかるとヤバイと思ったのでしょう。
Hはすぐに部室に戻って行きました。

俺はHが部室への階段を上がっていくのを確認すると、彼女の元へ駆け寄りました。
「どうしたの?今キスしてただろ?」「Hとは別れたはずだろ?!」など矢継ぎ早に
質問を繰り返したのは覚えていますが、何を言っていたのかはハッキリと覚えていません。
彼女は「キスされちゃった、、、」と真っ赤な顔をして答えました。
その時の彼女の顔はエッチをして感じ始めたときのものだったので、すぐに
(この女、、濡れてるな!?)と気がつきました。
俺はそのことを彼女に問いたださずにはいられず「お前、濡れてるだろ?」と聞くと、
彼女は「そんなこと無いもん!」と強く反論してきました。

俺は彼女の見え透いたウソが許せず、その場で彼女のスカートを捲り上げ
パンツの中に手を入れて確認しました。
すると、彼女のマムコはグチョグチョに濡れていてクリもボッキしているのがハッキリと分かりました。
(彼女のクリはボッキすると小指の先位あるのですぐに分かりました)
その頃の俺は彼女の体の反応が許せず、「お前とは別れる!」と言い放つと部室に戻ろうとしました。
しかし、彼女は「待って!、お願い、、好きなのはE(俺のこと)だけなの!」とか
「信じて!お願い!」と泣きながら訴えてくるので、俺は「じゃぁ何で濡れた?」みたいな事を聞いた気がします。
すると彼女は「だって、、Hとは2ヶ月前まで付き合ってたし、、、だから体が反応しちゃって、、」
「ごめんなさい、、」と、これまた泣きながら訴えてきて、俺にくっついてきました。

間抜けな俺&彼女の事を好きだった俺は何故だか激しくボッキしてしまいましたw
するとそれに気づいた彼女は「あ、、何、、これ、、」と少し安心したような表情をして俺にキスしてきました。
彼女は俺にキスをしながら「本当にごめんなさい、、いきなりキスされて拒めなかったの、、」
「E(俺のこと)の事、本当に好きだから、別れるなんて言わないで」と泣きながらのキス。。。
普通なら、こんな女のウソに騙されないとは思いますが、俺は敢えて騙される事にしました。
しかし、俺の腹虫は治まらず「俺の言うことを何でも聞くか?」と彼女に尋ねました。
普段からMっ気の多い彼女にはそんな事を言って、変態プレイをしていましたが
このときの俺の頭には(Hとやってる所を見て、もう一度あの興奮を味わいたい!)という考えが
ありました。
もうこのときからと言うか、初めから俺はこの手の変態クソ野郎だったんですねww

とりあえず、彼女を茂みの奥まで連れて行くとフェラで抜いてもらいました。
その後彼女に「Hとセックスしてるところを見せろ!」と強要しました。
しかし彼女は「??なんでそうなるの?」とか「Hの事はもう好きじゃないのに出来ない」とか
「E(俺)以外とはしたくない」と凄くマトモナお返事を頂きましたw
俺はどうしてもHと彼女のセックスを見てみたいと思っていたので
「だからさ!俺だけが好きならその事を証明してよ!」「Hとセックスしても感じなかったら信じてあげる」
「俺とお前のプレイだよ!Hはただのバイブみたいなもんだ!」
などと今考えれば頭がイカレタ屁理屈をこねてた気がします。
状況が状況なだけに、彼女は渋々ながら俺の提案を認めました。

決行の場所は部室にしました。
飲み会のメンバーの2・3人は自宅通いばかりで、終電には帰ってしまいますが
俺と彼女とHは下宿なので部室にお泊りコースにするようにしました。
普段Hは下宿に帰るのですが、彼女からHに、部室に泊まるようにもち掛けさせました。
部室に戻ると、皆の終電までは何事もなく飲み会が開かれました。
終電の時間が近づき、皆は帰っていきます。
すると、打合せどおりに部室には俺と彼女とHの3人だけが残りました。
3人だけの飲み会になると、俺は「今A(彼女)と付合ってるんだ」とHに言うと
Hは「さっき知りました。ちょっとビックリです」と本当に俺と彼女が付合っているのを
知らない様子でした。

俺はHをエロモードに突入させるべく「Aとはどんなセックスをしていたの?」とか
「Aとはどんなプレイしてたの?」とか先輩の権限をフル活用して聞き出しました。
このときはHを詰問する形ではなく、あくまでもエロエロな先輩として楽しい雰囲気でした(俺だけかも)
最初は警戒していたHも俺が怒っている様子が無いと知ると
Hは「Aさんはイク時に白目を剥いたり、潮を吹いたりしますよねーw」と酒を飲みながらの談笑。
既に彼女と肉体関係がある俺は「うん、こいつ顔に似合わず物凄いイキ方するよなーw」
などと当人の彼女を目の前にしてエロトーク炸裂。
彼女は顔を真っ赤にしながらも「恥ずかしいこと言わないでよ?、、、だって気持ちいいと
そうなっちゃうんだもん、、」と少しばかりエロ顔になってきていました。

彼女と初めてセックスしたときは流石にお漏らしはしませんでしたが、
ティムポでマムコの奥を突くと「あああ、、うあああん、、イク、イク!、、おおあああ、いっちゃう!」
と普段の顔からは想像も付かないような、凄い喘ぎ声を出しました。
この時、彼女のイキ顔を見てビックリ!なんと白目を剥いているではありませんか!
何故だか俺はこのイキ顔が気に入ってしまってますw
また、彼女がイク時に「イク」というのは元カレHの仕業だとわかったので、激しく嫉妬したのも覚えています。
ただ、嫉妬と同時に物凄い興奮もしていました。
俺はHにそろそろ本題を切り出しました「Hさ、久しぶりにAのおっぱい見たくない?」と。

続き 2/2)彼女を目の前で後輩の元彼に寝取らせたエッチな体験談

ちん体測定wwからの・・・

男3女3で飲んで酔っぱらってした時の話なんだがAが酔っ払って女3人におまえら巨乳だよなーサイズは?wwとふっかけた(笑

女たちはCカップ、Dカップ、Eカップらしい。CカップのC子は顔は一番、DカップのD子はスタイル一番、EカップのE子はノリが良く性格一番って感じ。

E子が俺達にむかって次は君達がチン長を・・・wwと笑いながら言った。

Bが測ったことないと言うとE子が男ってみんな測るもんでしょと俺に聞いてきたので、たぶんと答えた。

俺を見ながらC子が何センチ?と言ったので忘れたwwと言ったらD子に嘘つけwwと突っ込まれE子が元カレは14センチと暴露。

E子の元カレは同じ大学だったのであいつ14センチかぁとか思った。

D子が14センチって標準より大きい?小さい?とC子に。C子は日本人なら大きい部類じゃない?とか俺達にふってきてAがみんなそんくらいと言った。

E子がニヤニヤしながら3人は14センチ以上ある?と。C子とD子もニヤニヤこっち見てた。

俺はあるあると流すとC子のアパートだったからC子は20cm定規を持ってきて定規見ながらたぶん元カレは10センチくらいとか言って全員爆笑。
ズル剥けなのに小さいからウケたと笑った。D子が包茎ってよくわかんないと言うとE子が俺達に包茎居る?と聞いた。

俺はズル剥けーと言った。Bも俺もと言い、Aは仮性だと思うと言った。

E子はC子に見ればわかるのに強がり言ってると笑った。

D子が定規見ながら彼氏のは14センチないなーと言った。

Bが定規を持って俺20センチ以上あるかもwwと言った。

Aが嘘だろwwと突っ込むとマジマジwwと。顔がマジだったww

E子が20センチとか外人ww見たい見たいwwと言いC子とD子も見たい見たいwwと便乗。

1人は嫌だと言い、俺とAとBでジャンケンして見せる順番はA俺Bになった。

Aがおまえら3人も脱げwwと言い3人は下着にww

俺がもっと脱げwwと言ったらE子がブラ外した。すげーでかかった!少し垂れてるけどww

C子とD子は後で後でwwと誤魔化した。E子がAに早く出せwwと催促しAがガチャガチャとベルト外してボクサーとまとめて下げた。

半勃ちのチンコがボロンww

D子が彼氏のに似てると言った。C子が勃起してないじゃんインポ?wwと言いAがおまえら魅力が・・・wwと俺とBは爆笑。

E子が自分のオッパイを揉んだwwそれ見てすぐにAがフル勃起ww

E子が定規をあてた。

C子が15.5とよんだ。

D子が立派じゃんとニヤニヤしながら触りけっこうかたいと言った。

C子が俺にAより大きい?と聞いてきたから俺は余裕でと言って見せた。

自分で測った時は19センチ以上あったから(強く押し付けてだけどww)

半勃ちを出すとデカっとみんな驚いたwwD子にちゃんと勃起してないのにAよりデカイって触られたww

俺はC子に触ってとお願いし、カリを指でなぞってもらいフル勃起。

E子は測って18.4と言った。

C子はオバケと笑ったwwちょっとショック

D子はAよりでかくてかたいんだけどと笑いながら触ってくれたwww

E子がチンコ負けると凹まないのとかAに聞いたらAが同じくらいだろwwと言ったのでニヤニヤしながらC子が直接比べてみなよwwと。

Aが真正面に来て比べたww

D子が2本持ち比べると俺の圧勝ww

AがD子に固さは同じくらいだろ?と聞いたらD子は俺のが固いと言いE子も触ってきたww

E子は俺とAのチンコ同士を強めに擦りつけた。Aがバカ痛いと離れた。

E子が固さわかったでしょwwとAに言ったらAが確かにとか言ってるけど意味わからなかったww

Bに太くて亀頭デカいなと言われたからおまえもっとデカイだろと言い返した。

Bが脱ぐと長ーいのが出てきたww

E子が定規をあてると足りないww

みんな爆笑!

21センチ以上あったww

E子に釣竿wwと言われてたww

チンコ比べ終わってみんな着替えて少し飲んで解散。

外は少し寒かった。

俺はわざと財布を忘れた。帰る方向はAとD子が左へBとE子が右へ、俺も右なのでAとD子に別れを言いBとE子と3人で少し歩き財布忘れたことに気づいたフリしてBとE子に先帰ってもらいC子のとこに戻った。

ピンポン押すとC子が出てきて忘れ物?と言われた。

財布忘れてと中に入ると飲み会の片付けしてた。

手伝うと言ったら断られたから寒くて暖まるまで居させてと頼みなんとか居座るww

片付け手伝い終わらせ2人で休憩。

お湯割り飲みながらまったり雑談。30分くらいするとC子に帰らないのと聞かれ帰らないwwと言ったら泊まる気かwwと笑われたけど怒ってないから襲わないでねwwと笑いを誘う。

逆逆wwと笑ってくれた。やっぱり襲っていいよwwと言ったらオバケチンコwwと言われたww

C子に俺よりデカイのとシタことあるか聞いたらあるわけねーしwwとなんか爆笑されたww

C子の隣に座り密着するとC子に襲う気?とニコニコしながら言われた。今にも怒りそうなニコニコ。

いい?と聞いたらダメと即答。

無理矢理襲うしwwと軽いノリで言ったら冷たい感じでじゃあ襲えばと言われた。

とりあえずキスしてみよーとしたら頭突きされたww

もう一回しよーとしたらさっきより強く頭突きされたww

次はキスしようとみせかけてこっちから頭突きしてみたww

C子が頭押さえて痛ーいって丸くなったから抱きしめたww

C子にふざけんなよwwと言われたから頭突きの勝負したいのかと思ってwwとか言ったww

C子が負けねーしとか言いだしすることにww

C子の頭を持ち、するよ?と言ったらC子が目を閉じしかめっ面したからキスしたww

C子の目が開いて俺の頭を持ち凄い頭突きされたww

光とか星がめちゃ出た。

C子にこれで許してwwと言ったらたぶんあたしコブできたと涙目で頭押さえながら言われた。

可愛すぎて抱きついたww

首を舐めながら、スウェットとパンツに無理矢理手を入れた。

ちょ!?とか言って抵抗されたけど無理矢理触ったら普通に濡れてて頭突きで濡れるとかwwドMなの?wwと言ったらチンコ掴まれてそっちだって勃ってるって言われた。

イケるとふんだ俺はディープキス。

舌絡めてくれた。

目が合ったらC子は俺の目を目隠ししたww

C子を抱き上げてベッドに運んで服を脱ぎ、C子を脱がそうとしたら電気電気wwと指差した。

電気を消してベッドに戻ると下着でタオルケットかぶって後ろ向いてたww

背中を舐めたらこっち向いたww

抱きながらブラとパンツ脱がせるとC子はチンコを握りオバケwwと言ったww

乳首を強めにつねったww

痛い痛いと笑ってくれた。

フェラしてくれるためにC子は足の方へ。さっきよりデカイwwと擦りながら言った。

亀頭を一回口にいれ、アゴおかしくなるからもういやwwと口に入れるのをやめただ舌で舐めてくれた。

C子を手で一回イカせ、クンニしようとしたら恥ずかしいからと嫌がられて挿入へ。

ゴムしてとゴム渡されたけど入らなかったww

なにこのオバケwwと笑ってもう生でいいけど絶対中ダメと言われた。

最初に挿入で痛い!ゆっくり!と怒られなんとか半分。

狭くて超キツかった。

ゆっくり動いたらC子が声を出すようになったww

15分くらいでお腹に出したww

C子の腹から鼻まで真っ白な線がww

目には入らなかったみたいww

でも、大騒ぎww

処理してもう一回しようとしたら少し切れて血出てたからやめて寝た。

起きてから2回したww

C子にがばがばなったんじゃない?って聞いたらオバケのせいでと可愛く言ったww

抱きついてもう1回シタww

バッグは痛がられて無理だった。

彼女がいたけど他に彼女ができて、さらに他の彼女ができてバレて・・

中学卒業間際の頃の話、当時俺は友達の彼女の事が好きだった
そのカップルはクラスで人気No1男子と人気No2女子だったんだが
そこに人気No2男子が横恋慕してきて男子二人は冷戦状態だった
そしてある日、彼氏以外の男子では1番仲良しだった俺の所に彼女が相談というかグチこぼしに来た時に
「俺も前はお前の事チョット好きだった(実はいまでもすごく)」とか、彼女も「私も和弘の事いいと思った事あるよ」
なんて話をしていたら妙な雰囲気になって、その場でSEXしてしまった
しかしだからと言って俺が二人から奪ってその彼女と付き合う勇気も無く、
その時はその1回だけで卒業を迎えて引越しした俺は彼女とは縁が切れてしまった
しか?しこの話はまだ続く・・・

その後、地元大学を卒業し東京の企業に就職した俺は24歳の夏、二度目の引越しをした実家に初めて帰省した、
短大を卒業して前年就職した妹と仕事の話をしていたら「うちの会社にお兄ちゃんの同級生らしい人がいるよ」
と言う、「え?なんて奴?」と聞いたらなんと件の彼女!しかも今はうちの近くで一人暮らししてるという、
俺「それおもいっきり同級生だよ、うちにも2?3回来た事あるよ」
妹「え?私、裕美さん先輩で1番仲いいんだよ、今から呼ぶ?」
俺「う?ん・・・どうしようかな(微妙に気まずい)」

結局その時、妹が電話で彼女を呼んで気まずいどころか大盛上りでその後正月休みに帰省して会った時
遠距離恋愛しようという事になった、それからしばらく付き合っていてもしかしたらこのまま結婚かな
とも思ったが俺が26歳の時、1番お気に入り後輩女子が同じく後輩の彼氏とうまくいってないらしく、
まだ別れてはいないが俺になびくそぶりを見せてきた

そしてタイミングがいいのか悪いのか異動で元々俺と同じ課だった後輩彼氏が別の課に
別の課だった彼女が同じ課になった、しかしだからといって俺が彼女を奪う勇気はまたしても無かった、
そんな膠着状態が一ヶ月ほど続いた後、退社する先輩の送別会に俺も彼氏も彼女も参加した、
ほとんど全員参加した二次会の後、
彼は彼女を置き去りにして何人かと一緒にラーメン食いに行くと電車に乗って行ってしまった、
彼女が俺の所に来て「和さん今日、何で来たの」、俺「チャリ」、彼女「え?チャリ」
俺「何?送れってかい?その前にお前等どうなってんの?」、彼女「もうずっと口もきいてない」
俺「そういうのは、ちゃんとはっきりさせた方がいいんじゃないの?」、彼女「・・・」
俺「まぁ今日のところは送ってやるよ、チャリでw」、俺「その前に俺もラーメン食う」
彼氏達とは別のすぐ近くのラーメン屋に行った

ラーメンを食い終わった俺達はチャリ2ケツで彼女宅に向かった、
地理的位置関係を説明するとラーメン屋からチャリ10分弱で俺のアパート
更に5分くらいで会社、更に30分程度で彼女宅となる、
そして俺のアパートまであと数十メートルの所で、なんとラーメンを食い終わり車を取りに会社に戻って
車で自宅に向かう彼氏とバッタリ会って2ケツしてる所を見られてしまう、
俺「ヤバイな」、彼女「関係ないよ」、俺「関係無く無いよ、お前等ちゃんと別れた訳じゃ無いんだろ」
彼女「・・・」、俺「でも俺も覚悟決めたよ」、彼女「えっ」、俺「ウチ寄ってけよ」
彼女「あ・あぁ」、俺「嫌ならいいけど」、彼女「嫌じゃない」、俺「よし」

正直俺は彼女の小柄でロリロリだが胸だけは大きい身体に以前からそそられていた、
彼女をオカズにオナニーした事も何度もあった
部屋に入るなり襲いかかる様に彼女をベッドに押し倒し、下だけ脱がしシャツはまくり上げた状態でSEXした、
普段よりもずっと早くイった、勢いで中出ししたが1発では俺のモノが収まらず
そのまま抜かずの2発目に突入、2発目は二人とも全裸になってじっくり時間をかけてイった
俺「もう後には引けないな」、彼女「そうだね」
その時、俺は遠距離恋愛の地元彼女の事などすっかり頭から消えていた
俺の気持ちは完全に由子(書きそびれたが後輩女子の名前)に傾いていた

顔は地元彼女の裕美の方が美しかったが身体は由子の方がずっと魅力的だった、
SEXに対しても由子の方がずっと積極的だった
そうなると裕美とはキチンとケジメを付けなきゃならない
そして次の長期連休の時、一緒に来たがる由子を説き伏せて別れ話をする決意で独り帰省した

しかし結局、裕美に別れ話は出来なかった
やっぱり裕美は綺麗だった、身体は胴長短足貧乳だが顔はアイドルや女優と比較しても劣らない美人だった、
そんな女との繋がりを自ら断ち切るなんて特にモテる訳では無い俺には出来なかった
その時の後ろめたさを持ちつつのSEXは最高の快感だった
果たして俺は地元彼女と会社後輩との二股恋愛を続ける事となった、それは一方に片寄る事なく続き、
あっという間に俺は30歳になる、さすがの俺も結婚を意識する様になり「どうにかしなきゃならないな」
と思い始める、由子とはローターやバイブ使ったりアナルセックスまでしていたが
「アナルまでやった女と結婚していいものか?」とか「家柄は裕美の方が圧倒的に上だな」
とか打算的な考えが頭をもたげてくる
しかしそこに第3の女が現れる

その頃、会社ではある仕事を別の部署と共同で進める話が持ち上がっていた、
担当者顔会わせの日、俺は通常なら全く縁の無い場所の小さな会議室に赴いた、
そこにいたのが入社2年目の有希、
顔もスタイルも俺好みでなんとも言えない少女っぽさを持っていた、
今迄一目惚れは無いと断言出来るが「もしかしてこれが一目惚れって奴?」と心でつぶやいた
話をしてみるとその思いは更に膨らんだ
どちらかと言うと男に媚びたり甘えたりが上手な裕美や由子と違ってクールな有希がとても魅力的だった

出会ったばかりの頃、有希はなかなか俺に心を開いてくれなかったが
同郷人だという事が判明してからは急速に親しくなった
意外な事に社会人になってからは彼氏無し、こっちの暮らしにはイマイチ馴染めないらしい、
それもそのはず彼女の実家は同郷とはいってもはずれもはずれの超ド田舎
私服のセンスもダサかった、おしゃれなデートスポットみたいな所も一度も行った事が無い、
それで同郷人の俺に心を開いた訳だ
風は俺に向かって吹いている、裕美の事も由子の事もすっかり心の中で棚上げして
俺は有希に告白する決意を固めていた

実は俺は女性に「付き合ってくれ」と言うのはこれが初めてだった
由子も大学時代の彼女もまず勢いでSEXで、そのままなし崩し的に付き合う感じだった
裕美と再会して付き合った時も妹にくっつけられた様な物だった
有希をおしゃれなデートスポットに誘い帰りの車の中で告白した、答えはOKだった
これでいよいよ裕美と由子の事をなんとかしなきゃならない
しかしまたしても俺はキチンとケジメをつける事が出来なかった
アナル、バイブ、イマラチオ、なんでも出来る由子とのSEXは気持ち良かったそんな女を手離すのが嫌だった、
裕美に対しては距離の遠さが「まぁそのうち」みたいな甘い考えを俺に抱かせていた
実際この三股生活は充実していた、タイプの違う3人の女とは会話もSEXもいつも新鮮だった、
この生活がずっと続けばいいと思っていた
しかしそうは問屋が卸さない、由子の事が有希にバレたのだ

なぜか有希はSEXの後に話を切り出してきた「向こうとはいつからつきあってるの?」
俺は顔面蒼白になった、頭をフル回転して言い訳をした、有希は全く俺の話を受け付けなかったが
「由子とは同じ職場で別れて気まずくなるのが恐かった」
「由子とは絶対に別れる、今日これから話をしに行ってもいい」
有希は少し納得した様な顔をした
しかし少し時間が欲しいと言う、「一ヶ月」それが有希の要求した時間だった
その間、頭を冷やして考えたいと言う
こうなるともう他の2人は切るしかなかった、俺は有希の事が1番好きだったのだ

由子との別れは最悪だった、どうしてももう1回由子とやりたかった俺はSEXの後に別れ話を切り出した
「毒喰わば皿まで」の心境だ(ちょっと違うか?)
由子は激しく逆上し俺を罵り拳で俺の顔を殴った、小柄な由子の拳は全く痛くなかった
由子は涙で顔をグチャグチャにして出て行った、駐車場の俺の車のドアはベコベコにへこんでいた
へこんだドアの写メと共に有希に報告のメールを出したが有希からの返信は無かった
残るは裕美だが、ここでまた甘い考えが浮かんでくる
「有希が戻ってくれなかったらどうする」「どうせ裕美の事はバレてない」
そんな事を考えているうちに約束の一ヶ月は目前にせまっていた

一ヶ月まであと2?3日という所で有希から電話が来た「小島さんと付き合う事にした」
小島とは関連会社から3年の予定で出向してきている向こうでは出世頭らしい俺の2歳下の男だ
小島とは趣味が同じなのでうちの会社に来て1番最初に親しくなったのが俺だ
小島は俺と有希の事は知らなかったので、以前から「付き合ってくれ」と言われていたらしい
俺は小島に対して一瞬怒りの感情も覚えたが、同時に「小島ならいいか」とも思った
小島はいい奴だった

俺は裕美と別れなくて本当に良かったと思った
もう俺には裕美しかいない、これからは裕美を大事にしていこう
長い付き合いでもうとっくに結婚していてもおかしくない裕美と結婚に踏み切れなかったのは
裕美の父親が創業社長で彼女は3姉妹の長女、
結婚したら父親の会社の跡を継ぐという話が必ず出て来ると思ったからだ
そうこうしているうちに由子や有希が俺の前に現れた
でも今はそんな話が出たら受けてもいいとさえ思っていた
今度の3連休は実家に帰ろう、帰って裕美に会おう
しかしその考えは打ち砕かれる

突然裕美から電話が来た、見合い結婚するという
30歳を過ぎて結婚のケの字もださない俺に父上があいそをつかしているらしい
裕美は多くを語らなかったが、恐らく相手もそれなりの家柄の男だろう
裕美は泣いて謝っていたが、それが俺にはつらかった
俺は最後まで優しい男を演じて電話を切った
落ち込んだのはもちろんだが出て来た言葉は「こりゃ和美(妹)に怒られるなぁ」だった

ついに俺は独りになった

現在38歳、彼女無し、仕事順調趣味充実
でも最近SEXしてないなぁ?w

寝台列車の中で行きずりの・・・

高校時代に付き合い始めた彼氏と別れ、傷を癒すため寝台列車で実家に向かいました。
そのとき19歳で、大きい失恋は初めて。一人暮らしをしていて、
部屋に1人きりではさみしくて耐えられない精神状態でした。

寝台列車は何度も乗ったことあったけど、これまでで1番乗客が少ない気がした。
「さ、財布がない!」自分の部屋に到着してすぐ気づいて、
あ?悪いことって続くんだなぁ、さらに落ち込みながら通路に戻ると、
おじさんが「もしかしてこれ?」と財布を渡してくれた。
よかった?!おじさんに何度もお礼を言った。おじさんは後ろを歩いていた
ところ、私が財布を落とすのを見たらしい。
夕方にトイレから戻るとき、財布を届けてくれたおじさんとばったり会った。
酔っ払ってる様子で「あんたも飲むか?」と言われて、1人でいるのも落ち込むだけだ
と思って、一緒に飲むことにした。

そのおじさんは佐藤さんといって45歳。
リストラにあって無職。家族も去りホームレスも経験していて、
これからは田舎で農業を手伝うつもり。
佐藤さんの部屋に行くと中年の男性が1人いて、この人もおじさんに誘われたらしい。
高木さんといって52歳。過去に過ちを犯して前科があり,それが原因で離婚。
定職に就けず警備員とか建設関係で日雇いの仕事で何とか食べてる。
自分は大学生で、辛いのは失恋くらい。

2人は自分なんかよりずっと辛いのに,ずっと話を聞いて励ましてくれた。
それに比べて私は気のきいたこと1つ言えない・・・
男性2人は「話せば楽になるから」と、私にいっぱい話しをさせてくれた。
ベッドの真ん中に私が座って、右に佐藤さん、左に高木さんが座っていて
それぞれ身の上話をして、涙を流した。
「見知らぬ人だからこんなにさらけ出せるんだよね。ほんとは身近に話せる人が
いたらいいけど。」

佐藤さんが「これも何かの縁だし、3人で傷を舐め合おうよ。」と言うと、
私も高木さんも同意しました。そういう雰囲気になっていたし、
2人の優しさに酔っていた。
その場の雰囲気で同意したものの、私は軽く考えていました。
相手は2人で,彼氏でもない30歳近く上のおじさん。
2人ともあまりお風呂に入らないらしいし、
初対面だし,コンドームだってないのに・・・
高木さんには「まだ10代で未成年でしょ?こんなおじさん2人と
して大丈夫?」と心配されました。

まずふとももを触わられながら、二人と長く濃厚な接吻をしました。
複雑な気持ちもありましたが、人のぬくもりに飢えていた私は、
合意の上で避妊せずに2人と何度も関係を持ちました。
何もかも忘れて夢中でセックスしていると、私の「不安でさみしい」不安定な
気持ちはなくなっていきました。

次の朝目が覚めると、高木さんにおしっこを飲んで欲しいと頼まれました。
優しくしてもらった恩があるので、嫌だったけどOKしました・・・
高木さんの・・を口に入れると、勢いよくのどの奥の方に
おしっこがかかって、すぐ口の中いっぱいに味とにおいが広がりました。
とても我慢できるものではなかったので、すぐ飲み込みました。
朝一番だけあって味も濃いし量も多い。苦しかった・・・
昨日精液を飲んだときよりずっと辛い。
全部飲み干すと、すぐ口の中を洗いに行って念入りに歯磨きをしました。
戻ると、今度は佐藤さんにもお願いされて・・・
断れないので、彼のおしっこも同じように全部飲み干しました。
私のおしっこは飲めるか聞くと「他人の排泄物なんて飲めるわけない」と言われ、
すごく腹がたった。

電車から降りる前に「最後にもう1度子作りさせてほしい」と体を求められました。
昨日と違いすっかり酔いが覚めていたので、これ以上したら危険な
ことはわかっていました。
それなのに、自分でもなぜかわからないけど、
また2人と生で性行為をしてしまいました・・・
二人は辛い現実があると思えないほど明るい表情で見送ってくれた。
ただ最後に「子作りさせてくれてありがとう」と言われたのがすごく
ショックだった・・・

私は実家に引きこもりました。あんなにしたから、絶対妊娠してる・・・
「子作り」って言葉が頭から離れません。
親に見つからないように、検査薬を何度も使いました。
すぐ使ったって反応しないのわかってたけど、使わずにはいられませんでした。
合意の上でしたことなので、2人を責められません。悪いのは自分・・・

後日やっぱり妊娠してることがわかって、一晩中泣きました。
頭の中は元カレのことばかり。元彼に「妊娠した」って言ったら、どうするだろう?
思い切ってメールしてみた。
すると1分もしないうちに返信がきた。「どこにいる?今から行く」
涙があふれてきて、声を上げて泣いてしまった。
でも自分だって幸せになりたい・・・なってもいいでしょ?

その後、彼と結婚して子を産みました。今は幸せな家庭で暮らしています。

吐き出して楽になりたいが為に投下

吐き出して楽になりたいが為に投下、叩かれ要素があると思う
年齢は現在のもの
私子 28歳 24のときに姪っ子と甥っ子を引き取った
元彼1 30歳 交際していたけれど子供産めない自分が嫌で私から別れをお願いして別れてもらった、未だに親交があり色々気にかけてくれてる
       そんなに会うわけではないけど姪も甥もなんだかんだとなついてる
       普段から鈍感鈍感言われてるが私が原因で未だに独身だと言うことを知らずにいた自分が情けなすぎた
元彼2 27歳 会社の後輩、何かと私子にアタックしていてついに押しに負けて付き合うことに
姪 20歳 大学3年、私子と同居
甥 9歳  小学4年、私子と同居、私が本当は母ではないのを知ってるけどお母さんて呼んでくれる
義姉  故人 享年41歳、生きていれば45歳
DQN兄 44歳 子供に関する権利を完全放棄、行方不明

私子だけ誕生日が来ている

6年ほど前に兄夫婦が離婚した。
原因は兄のDV+子育て完全不参加が原因
DQN兄は親権放棄、養育費支払いをしぶってひどかった
近所に住んでいる私を交えて幾度か話し合いをしていたのだけど
DQN兄の主張は、子供の権利全部放棄するんだから養育費払わないのは当然だアホっていう主張
話し合いをするたびに私子か義姉が殴られていた
そのうちに当時の私の恋人の元彼1を挟んで話し合いを行い、彼氏も暴力に反撃して殴り合い(警察が間に入らなかったのは幸いかな)
日本語が通じないので私子の両親が義姉の全面支援をして結局弁護士入れることになって私子と元彼1は話し合いからはフェイドアウト
DQNすぎる兄を両親は完全に見捨て、兄も離婚のときのひどい有様が広まって会社にいられなく、今兄がどこにいるか誰も知りません
養育費、慰謝料は一括で父が払い、義姉が引き取ることになった
幸いにも私子は義姉に気に入られていたため、友人として付き合い続けられたし、両親も孫とちょくちょく会えた。
いいことか悪いことかはわからないけれど円満な関係が続いた
近所に住んでいることもあって、甥と姪をよく預かった
義姉に肉親がいないことにつけこんだ形になるのかもとちょっと未だに自己嫌悪
その間に私子が子供が産めない体になって元彼1と別れて落ち込んでいたときも義姉に支えてもらったりしてました

5年前に義姉が余命宣告を受け4年前に他界。義姉には肉親がいなかった
父は鬼籍に入り、母は老人ホームで子育て不可、DQN兄は音信不通だし二度と関わりたくない
甥は施設か私子が引き取るかに、姪は後見人だけ立てて自活していくか私子が引き取るかに
子供は欲しいけど産めないし既に結婚もする気もなかった私は引き取ることに
姪と甥は母の養子に入った。一応私子が2人の姉ってことになるのかなこれ。
甥にとって私子がお母さんみたいになったほうがっていう姪の願いで甥にはお母さんて呼ばれるようになってる
甥っ子が小さいこともあって引き取るとき問題になって色々グダグダになったけどそこは割愛
姪がいい子で色々家の事をしてくれたのもあって育児は順調に進んだ

1年ほど前に押しに完全に負けて、元彼2と交際が始まった、姪は私子に彼氏ができたのを喜んでくれていた
元彼1が相手ではないのが不満だったみたいだけどね
自分達をひきとったせいで恋愛できなくなったと思い込んでいたらしく事実を説明してやれなかった自分が情けない
元彼2は身内弁慶でDVもあってついていけない部分が多かったので数ヶ月で別れることに
付き合うまで人はわからないって本当ですね、会社でも大学でも評判がいい人だったのに
別れ話を承知しない元彼2が私子のいない間に訪ねてきて姪と口論になり姪に怪我を負わせた
病院に行き、治療させた後、怒り心頭の私子が怒鳴り込みに行こうとしたら姪に泣かれた
「あんな男のところに乗り込んで私子姉さんに何かあったらおばあちゃんとお母さんに顔向けできない」
ちょっと冷静になって考えて取り合えず診断書を取ってもらいに病院へ行き、元彼2を呼び出す場所を公共の場にすれば大丈夫と説得しても姪は首を縦に振らない
元彼1と姪を連れて行くことを条件に了承してくれたけど迷惑をかけたくないので隠れて呼び出そうと思ったけど姪に読まれていて元彼1に連絡を取られてしまった
元彼1と姪を伴って元彼2に会いに行き、元彼2が二度とプライベートで関わらないことと異動願いを出す事を条件に念書を書かせて決着

一連の件で姪が私子が恋人を作りたがらなかったこと、元彼1が独身を続けている原因が自分にあると思って気に病んでいた事などがわかって結果的には良かったのかな
私が恋人を作りたがらなかった原因に姪は関係ないのに申し訳ないことをしていたよ
元彼1が未だに独身なのは私子が原因だって姪のほうが知っていて私が気づけなかったとか本当ひどい人間だ
元彼2と付き合っていたとき元彼1はどんな気持ちだったんだろう
絡まっていた糸がほつれたおかげもあって今は元彼1とよりを戻して結婚予定です
姪と元彼1には感謝と申し訳なさでいっぱいです
2人にはもう頭が上がりません
保護者のつもりがいつの間にか姪に救われていたりして姪の成長が嬉しいやら自分が情けないやら
自分が一番ガキンチョでひどかったというお話

土下座して女友達とセクロス

先週末の武勇伝を書いちゃいます。
事の始まりは高校の同級生と飲んだ日。
集まったのは男が4人に女が2人。
個人個人とは飲んだり連絡取ったりしてたけど、全員が集まるのは1年以上ぶりだった。
全員高1の時のクラスメイト。
互いの恋愛とかも知っている間柄なので、何でも喋りあってると思ってた。

実はこの集まりに来ていた優奈に高1から密かに好意を持っていた俺。
だけど先輩と付き合い出してすぐに手が届かない存在になっていってた。
俺が知る限り高校から今に至るまでに、彼氏は6人と聞いていた。

優奈は周辺の他高にも噂されるぐらい典型的な美形。
シャープな顔立ちで目も大きく、痩せてるのに自称Dカップというスタイル。
頭なんて超ちっちゃくて、大学の時は興味本位で読者モデルもやってた。
だけど性格がかなり男っぽくて、1番最悪なのは言葉遣い。
素直に可愛らしく振る舞えば相当モテるだろうに、態度や言葉遣いで男がドン引きするのがいつものパターン。
見た目と同じように脳ミソも優秀なもんだからタチが悪く、スバスバ言うから喧嘩にもなる。
でも本当は思い遣りもあって優しい性格なんだが、照れと妙な男らしさで表には出さないみたい。

その日も優奈がいるから飲みにも行った俺。
社会人になった者同士、仕事や会社の愚痴がメインで、1番のモテ男の恋愛事情をダラダラと喋ってた。
相変わらず遊んでいるモテ男に優奈は『お前マジ消えろよ』とか言い出して、空気は一触即発。
『まぁーまぁー』といつものように割って入り、気が付けば全員普通に酔い始めてた。
終電間際になり、帰ろうか?なんて言い出したけど、結局ナーナーのまま俺の部屋に行った。

1年ぐらい前に半同棲してた彼女と別れた俺は、そのまま独り暮らししてるんです。
全員が実家暮らしなもんだから、1人だけ帰宅して5人で向かった。
優奈ともう一人の娘は初めての訪問だったから、やたら部屋の中を物色しまくる。
男2人は勝手にシャワーまで浴びた後、スエットに着替えて焼酎を飲んでた。
やっと落ち着いた1時半頃、思い掛けない喧嘩が勃発した。
男の友人が彼女と別れた話がキッカケになり、優奈1人:他全員の口喧嘩。
今思い出しても下らない話なんだけど、あの時は酔ってたからエスカレートしたんだと思う。
最終的になぜか女:男の構図となり、男2人は『帰る!』と出て行ってしまった。

なんやかんや止めて引き戻そうとしたけど、2人はタクシーを拾っちゃって帰宅。
部屋に戻ると女2人がプンプン怒り、なんなの!あの2人は!と俺へ文句を言い始めてた。
もう一人の女の子(夏美)は弱いくせにグビグビ飲むし、優奈は俺に飲めとやたら注いでくる。
だから夏美がテーブルにドバーっと戻しちゃいまして、半分ぐらい優奈にも掛ってしまったという事故発生。
戻した夏美には被害が無いから、トイレに連れて行ってとりま放置。
問題は優奈で、ジーパンやシャツは洗わないと完璧にアウト。
仕方なくシャワーを浴びさせて洗濯機で深夜の洗濯開始です。
さっきまで友達が来てたスエットは着たくないと怒るので、渋々元カノが置いて行ったスエットを渡した。
元カノは155cmぐらいだったから、165cmはある優奈が着るとツンツルテン。
ジャストサイズのピタ気味で着てたヤツだから、胸なんてアピールしてるのかってぐらい盛り上がってた。
しかもお腹も少し出ちゃって、まるでヘソをワザと見せてる服みたい。
優奈は恥ずかしそうに顔をしかめてたりしてたけど、心の中で元カノにお礼を言ったのは言うまでも無いw

もう大丈夫かなと部屋に連れてくると『うぅうぅぅ・・・』となる夏美は、すぐにトイレへ逆戻り。
窓を開けて掃除したもんだから、部屋の中は極寒状態。
優奈が積極的に掃除してくれたから良かったけど、その時は帰ったヤツらを呪った。
ようやく綺麗になって部屋も暖かくなった頃、夏美はトイレで寝てやがった。
動かすと吐きそうだからここにいる!と譲らない。
また吐かれてもね・・・と優奈と相談し、タオルケットとトイレ内に小さいヒーターをおいてやった。
その甲斐あって少しして見に行ったら爆睡。

やっと優奈と2人で落ち着き始め、ゆっくり飲みながら喧嘩の話になった。
最終的にモメてたのは、男の性欲と浮気っていうテーマw
『ただヤリたいだけで気持ち悪い』というのが優奈。
『しょーがねーじゃん』となだめつつ、俺はピチピチスエットで膨らみまくってる胸に目を奪われまくり。
優奈は過去の元彼達の話をし、誰にも言ってないけど浮気された話をし出した。
そうかそうかと聞いてやると、泣きそうな顔をして『お前には色気が無いんだよって言われた』と言った。
『そんな事あるかいな!』とフォローするも、ダウン系に入っていった優奈。
だから『俺なら毎日でもヤッちゃうぜ?』とおどけてみせた。
初めのうちは『はいはい』と流していたが、俺も酔ってたんだろうと思う。

『本当マジだぞ?優奈レベルの女だったら一生に1回ぐらい抱きたいって思うし』
次第に必死になっていった俺に、優奈もちょっとビックリしたんだと思う。
『もういいよ』とか『分かったよ』と流そうとする。
彼女と別れてずっとエッチしてなかったし、ここ2週間ぐらい忙しくてシコっても無かった俺。
ピチピチスエット姿の優奈を前に興奮しちゃったんですw
今でも思い出すと恥ずかしくて堪らんが、何を思ったのか優奈に土下座しちゃってさw
『1回だけ!1回だけスグ終わるから』と懇願しちゃったww

『ちょっとヤメてよ』と相手にしてくれなかったけど、それはもう惨めなぐらい土下座しまくった。
『分かったからもうヤメてよ』と肩を掴まれて体を起こされたけど、『イイっていうまでヤメない』と俺も意地になってた。
『夏美だっているし無理に決まってんじゃん』
当たり前の断り文句を連呼されたが、随分と長い時間土下座してた。
そしたらなんと優奈の口から『1回だけ・・・すぐに終わってよね』という言葉が。
『マジで?』と頭をあげると『ゴムつけてよね』とソッポを向く優奈。
この時心臓はバクバク。
まさか了解してくれるとは思わなかったし、途中から完全に諦めもあったけど引くに引けなかっただけなのに。

久し振りだったし念願だったからブルった。
手なんてプルプル震えちゃってたし、口なんてカラカラに渇いちゃってたし。
それじゃ・・と優奈の手を掴んでベッドへ誘った。
俺の目を見てこない優奈は、横を向いたまま仰向けに寝た。
お茶をゴクゴクと呑んで、震える手のまま優奈に覆い被さった。
キスをしようとしたけど顔を背けたままだったから、俺は待望の胸を恐る恐る揉んだ。
自称Dだという胸は柔らかく、プルンプルンの感触をゆっくり味わった。
スエットを捲るとピンクのブラで、既に乳輪が半分ぐらいハミ出てた。
そのハミ乳を見た瞬間、一気に脳内がスパーク。
むしゃぶりつくようにオッパイを吸いまくり、ホックを外してブラを上にズラしてからはしゃぶりまくった。

夢にまで見た優奈の胸は、端整な顔には似つかず大きめの乳輪。
手で隠そうとするけど小指の先ほどの乳首に吸い付き、片方は指でクリクリとイジりまくった。
嫌がるように体を反らしたりして逃げようとするが、ガッチリと体で押さえて舐めまくった。
乳首はコリコリになってるくせに、優奈は吐息すら漏らさない。
終いには『いつまで舐めてんだよ』とまで言われたw
『ゴメンゴメン』と思わず謝っちゃった俺は、強引にスエットパンツを脱がせた。
軽い抵抗はあったものの、ブラとお揃いのパンツと御対面。

太ももを押さえて足を広げようとすると抵抗するから、そこはもう力任せに足を開いた。
手で隠そうとする前に速攻で顔をくっつけ、パンツの上からグイグイ顔を押し付けた。
『やめてよっ!!!』と小声で怒り気味で言われたが、優奈のパンツが濡れてた事に気が付いた。
『こんなに濡れてるくせに』と俺も強気に言いながら、そのままパンツの上からクンニ開始。
さすがに頭を掴まれたりしたけど、パンツをズラして直に舐めた辺りからは静かになっていった。
コイツ全然陰毛処理してねーじゃんと思いながら、ワッサリと生えたオマンコを舐めまくった。
鉄っぽい味が強くなり、俺の唾液だけじゃない事が段々分かってきた。
まだ俺の頭を掴んではいるものの、手には力が入っていない。

クリトリスを吸ったり舐めたりしながら、中指を挿入してみた。
キツいオマンコに指が吸われるように入っていき、Gスポットを刺激しながらクリ舐め。
かなり濡れてたし腰が時々ピクッと動くくせに、優奈はまったく喘ぎ声すら出さない。
念願のセクロスだしと、俺は今までに覚えてきたクンニと指の動かし方は披露しまくった。
元カノがいつもヨガリまくるポイントに中指の腹を押し付け、微妙に小刻みさせて時々クリを甘噛みする。
指2本にしてからは明らかに汁まみれだったから、わざとグッチョグチョ音が鳴るように指を動かしたりもした。
だけどまったく喘ぎ声を出さない。
これでもかー!と高速で中をホジくるようにして顔をあげた時、優奈が歯を食いしばって耐えてる。
必死に喘ぎ声を出さないように我慢してる姿を見て、心の中でガッツポーズしました。

調子に乗った俺は激しく指を動かし、隠す事を忘れた乳首を吸いまくる。
すると優奈が『うっ・・んっ・・・んっ・・・』と声を堪えている。
溜まんねーと腕が動かなくなるほど指マンを続けました。
そしたらやっとです、やっと優奈の口から『はぁぁんっ!』という声を聞き、体がビクビクビクッッと痙攣しました。
指を抜くと白く泡立った汁が、指の付け根や手の平にベットリ付着。
思わず舐めようとした俺は我に返り、ティッシュで綺麗に拭きましたw
速攻で全裸になってゴムをつけ、まだグッタリしている優奈のパンツを脱がせました。
『ちょっ・・・と・・・まって・・・』と言われてる最中にインサート。
ズブズブに濡れてるから数回の腰振りで奥に到達。
自慢じゃないがモテない俺は、息子だけは少しだけ人並み以上のサイズがある。
根元まで入れる前に余裕で奥に到達するが、残念な事に太さは若干太いだけw

2本の指で激しく指マンしたせいで、息子は難なく入っていった。
目下には優奈が歯を食いしばって横を向き、露わになった胸。
ゆっくりゆっくり出し入れをし、これが優奈のオマンコか・・・と感無量だった。
感覚が気持ち良いっていうより、精神的に気持ちが良いっていう境地を初めて知った。
天にも昇るような感覚に浸ってたのに『早くイッてよ』と優奈に睨まれ現実に引き戻された。
そんな事言わなくてイイのにとちょいイラッとしたから、俺はいきなり急ピッチに腰を振った。
優奈の腰を持って軽く浮かせ、夏美に聞こえるかもしれないぐらいパンパン腰を打ちつけた。
そしたら『はぁっ!はぁっ!あっ!あっ!』と小さく優奈が喘ぎ、横を向くのさえ忘れてる。
まだまだヤメねーぞ!と変に強気になった俺は、元カノに鍛えられたグラインドへと移行した。

子宮に亀頭を押し当てて、揺さぶるように腰をグラインドさせるヤツ。
ポルチオセックスっていうらしいが、あれはかなりヤバい。
元カノはアレをやると狂ったようにイキ始め、最後は激しく痙攣させてイッてたんです。
『初めは痛かったけど、今はアレしてくれないとダメ』
元カノはそう言っていた。
これは優奈にも体験させてやらねばと思い、ゆっくりグラインドさせていった。

初めのうちはそんなに変化は無かったけど、それは角度の問題だったっぽい。
亀頭に神経を集中させてコロンッコロンッと当たる角度を発見すると、優奈が想像以上の反応をしてくれた。
手を左右に広げてシーツを掴み、上半身を少し起こして『なにっ?なに?これ!だめっ!だめっっ!!』と。
やったぜー!と思いながら俺は問答無用で腰を動かした。
逃げようとするから腰をガッチリ掴み、グリングリンとローリング。
腰を少し持ち上げて、思いっ切り振ってやりました。
その頃には完璧恥ずかしさとかもぶっ飛んでたらしく、夏美がいるのも忘れて喘ぎまくる優奈。
捲り上げていたスエットから揺れる巨乳を眺め、亀頭だけに集中して子宮を攻めまくった。

『んやっ!もうだめっ!マジだめっ!んやぁぁーっ!ダメダメダメっっ!!!』
ダメを連呼した後は『んぎゃぁぁぁうんっっ』と、変な悲鳴なのか喘ぎ声なのか分からん声で果ててました。
息継ぎが出来ないようで、激しい息遣いと喘ぎ声が混ざってた。
顔までビクビク痙攣して小刻みに震えてるし、ちょっとヤリ過ぎたかなと心配した。
だけどまだカチカチのチンコを締め付けてくる優奈のオマンコの感触で、思い出したようにゆっくりと出し入れを開始した。
上半身のスエットとブラを取り、全裸にさせて巨乳を揉みながらゆっくりしたストローク。
やっと落ち着き始めたかと思ったけど、子宮に亀頭がコリンと当たる度に『んやんっ』と女の子らしい声。
ストロークとポルチオ攻めを連携させると、また激しく反応し始めた。
ここからが思い出しただけでもゾクゾクする展開に。

優奈は子宮を揺さぶられれば簡単に昇天し始めたんです。
イッた直後には『もうダメだから』や『お願い』と中止を懇願していたが、またスグに『あっ・・あっんっ・・いやぁっ・・だめっんっ』と喘ぎ出し始末。
時間を見てないから分からないけど、数分に1回ペースで昇天してたと思う。
立て続けに昇天し始めて3回目か4回目には、元カノと同じようにまるで発狂してるようなイキっぷり。
グラインドをストップして普通の正常位でゆっくり腰を振ると、それだけでも反応してくる。
あれだけ横を向いて拒絶していたくせに、軽くキスしたらびっくりするぐらい吸い付いてきた。
舌を出すとまさに『むしゃぶりつく』感じで、舌の根元が千切れるかと思ったほど吸われた。

痛くてキスをヤメ、それと同時に腰をグラインド開始。
俺の目を見て『お願いだからもうヤメて』と喘ぎながら懇願してきた。
『そんなに気持ち良いの?』
『気持ちイイの!イイからもうヤメテ!』
『気持ち良いならイイじゃん』
『もうダメ、ホントにダメ、死んじゃう、死んじゃうってば』
『オマンコ気持ち良い?』
『気持ち良い!気持ちイイからお願い!』
『どこが気持ち良いか言ってよ』
『もぉーっ!オマンコ気持ち良いから!』

まぁ?こんな感じw
優奈の口からオマンコなんて聞けるとは思ってもいなかっただけに、武者震いするほど興奮した。
だから腰の動きをヤメるなんて以ての外です。
卑猥な乳輪の大きい胸を両手で掴み、これでもかというほどグラインドさせてやりました。
そしたら事もあろうか気絶しちゃったんですよw気絶っていうか失神というか。
『はぁーうぅんっっっ!!!』と仰け反ったかと思ったら、突然ガクンガクンと激しく痙攣して、最後はピクピク体を震わせてました。
さすがにこれはヤリ過ぎたなーと我に返りました。

とりまチンコを抜いたんですが、ピクピクした震えは止まらず、思わず『おい!おい!』と肩を掴んで揺すりました。
何度目かの問いかけに虚ろな目が開き、鼻の穴を膨らませて顔を小さく左右に振ってた。
射精してないのにこの満足感は何だろうって感じです。
全裸で少し内股で胸を激しく上下に揺らしながらグッタリしている優奈を見て、もう十分だと思いました。
だからゴムを取ってお茶を飲み、優奈にも飲ませてやりました。
感無量だった俺にしばらくして正気を取り戻した優奈が、『マジ最悪』とボソッと言ったんです。
振り返ると顔を両腕で隠していました。

『気持ち良かったんだからいいじゃん。俺イッてないのに』
『うるせー』
『まだ元気じゃん、また入れようかな』
『うそうそ、もう勘弁して・・・』
『じゃー舐めてよ』
『んなのイヤに決まってんじゃん』

そんな会話を無防備な全裸を見ながらしてたもんだから、萎え始めてた息子も元気になり始めるわけです。
ゴム取っちゃったけどまぁ?良いかと、また入れようと動きました。
優奈は足を開こうとしませんでしたが足に力が入らないようで、簡単にガバッと大股開きになりました。
陰毛までもベチョベチョに濡れていたので、ゴムをしていない亀頭を擦りつけると簡単に入っていきました。
『もうマジでやめてってば』と拒否られましたが、入ってしまえばこっちのもんです。
さっきとは違って生の感触は格別で、亀頭が子宮にコリンコリン当たる度に気持ち良さが膨れ上がりました。
でも俺以上に優奈の方が凄かったらしく、すぐにまた喘ぎ出しました。
さっきまでの激しさよりも、今度はゆっくり揺さぶる様動きました。
キスををすると嫌がってたくせにまた自ら舌を絡ませてくれるし、ちゃっかり俺の背中に手を回したりもしていました。

子宮に当たりやすいようヒザの裏から両足を抱え、たっぷりとキスを楽しみながら腰を動かしました。
『またエッチする?』ゆっくり動きながら聞いてみました。
『もう無理!』
いつもの強気な睨み顔で言われましたが、腰の動きを早くすると素直になっていきました。
『またしたい!したいから!だめっっ!!!』
『またイッたの?』
『んはぅっ・・あっ・・・はぁっ・・・』
『また俺とする?』
『するからもうイッて』

それじゃーとグラインド4:インサート6ぐらいの割合で腰を振った。
もう優奈は俺が聞いてないのに『気持ち良い』『凄い』『イッちゃう』『イイっ』を連発。
『俺のチンコ好き?』という問いに名前入りで答えてくれました。
最後は俺とのエッチが1番だと言い出し、『口に出してイイ?』と聞くと『出してっ!』とまで言ってくれた。
『じゃー飲めよ』と言いながら腰を振りまくり、うんうん頷く優奈を見ながら最後は口で果てました。
優奈が何度かグボッと精液を噴き出しながらも、ほとんど飲んだようです。
ぐったりして休憩した後、お茶を飲んでしばらくは2人とも茫然としてました。
それで思い出したように夏美の様子を見に行くと、スヤスヤ寝息をたてて爆睡中。
戻った俺は優奈にキスをすると、もう拒む事も無くまったりと舌を絡めてくれました。

気付けば3時間以上もセクロスしてたらしく、久し振りにバテバテでした。
『初めて飲んだんだからね』『もっと優しくしてよ』『途中でゴム無かったでしょ』と優奈にブツブツ文句を言われつつ、気付かないうちに2人とも寝てしまいました。
ウケたのは昼ちょっと前に夏美に起こされた事。
俺も優奈も服を着てたけど、腕枕して寝てたみたい。
『アンタ達そんな仲だっけ?』と真っ青な顔をした夏美に言われ、優奈が『はぁ?ありえないんだけど』と強気に突っぱねてました。
俺は数時間前までの優奈を知っているので、余裕の態度でしたけどねw

夏美は二日酔いでまだ電車に乗ったらヤバいというので、2人は夕方過ぎまでウチにいました。
優奈とコンビニに行って食べ物や飲み物を買い、夏美にベッドを譲ってTVを見たりしてました。
隙を見て優奈にキスをすると、昔のような生意気な態度もなくキスを返してくれてた。
だから調子に乗って夏美が寝ている時に、見えない場所で激しくキスをして生乳を揉んだ。
やけに素直に応じてくる優奈は、シャワー浴びたくせにキスとパイ揉みだけで濡らしてました。
『まだ身体が反応してるよ』と笑いながら言ったら、いつものように頭を引っ叩かれましたが。
でも『またするんだよね?』と聞いたら『時間があったらね』と不貞腐れたように答えてくれた。

でね、一昨日の夜に優奈と会い、また失神させてやりました。
居酒屋で飲んで『今日イイの?』と聞いたら『アタシ彼氏いるんですけど』なんて言ってたくせに、部屋では狂ったようにイキまくり。
前回体験できなかったあんまり得意じゃないというフェラチオも体験。
主導権が完璧に俺なのを感じ取ってたので、調子ブッコイて『亀頭を舌で転がすように舐めて』とか注文もしてやったw
素直に『こう?』なんて上目遣いで言ってくるもんだから、マジ生きてて良かったと再認識しました。
途中彼氏からの電話でシラけた空気になったけど、初めから生で入れて最後は口内射精だった。

『俺はやっぱり優奈が好きだから、彼氏がいても会って欲しい』
イキまくった後のベッドでそんな恥ずかしい告白もしておいた。
『昔からアタシの事好きだったでしょ?』
ギュッと鼻を摘ままれて、意地悪そうに言われた。
俺の気持ちを知ってたらしく、途中から普通の友達みたいに接してくれて嬉しかったとも言われた。
『アンタとは付き合わないけど、エッチだけなら会ってあげる』
いつもの生意気な口調に戻った優奈にそう言われ、ドMじゃないけど嬉しくなった。

彼氏の監視が割と厳しいので、夜はメール禁止と言われてる。
電話は自宅の電話を使い、夏美や他の同級生にも絶対秘密と約束させられた。
『アンタは彼氏の次だからね』
生意気な事を言うが、『しょーがないからアタシが相手してやる』と照れながら言ってくれている。
土下座なんてマジであり得ないけど、しかも絶対もうしたくないけど、優奈にはして良かったなぁーって思ってる今日この頃。
情けない土下座男の話はこれで終わります。
支援してくれた皆さん、有難うでした。

温泉旅行で目撃

去年の秋、妻に浮気された。

自分たち夫婦は、結婚7年、子供ひとり、お互い仕事を持ち、浮気もなく円満な夫婦だった・・・。あの温泉に行くまでは。

10月末、自分の32の誕生日前に夫婦二人で一泊の旅行に出かける事になった。妻の実家の義母の提案だ。

このところ、お互い仕事が忙しく、妻も帰ったら育児、自分は残業が続き少しの事で喧嘩もしてたのを妻が言っていたのだろうと思う。もしくは、二人目が出来ないのをセックスレスだとでも思っていたのか(・・;)

そんなこんなで温泉旅行だ。遠くに行くつもりがなかったため、車で40分位、宿が10件程の小さな温泉地、場所はお互い知っていたが二人とも行ったことが無いから即決。ネットで宿を探して、せっかくだからちょっと料金が高く雰囲気が良さげな所にした。

当日、妻は黒とグレーのワンピに薄く柄の入った黒のタイツ。年は29歳。身長が167cmでスリーサイズはよくわからないが、胸はCカップ。細身のスタイルで胸が際立っていた。それを見て久々にドキドキしていた。

早目に家を出て宿までのドライブ!意外に車で盛り上がり、宿まですぐに着いた。
早く着いたがチェックイン出来たので、部屋に案内してもらい、風呂でも入りに行くことになった。
館内案内を見ると、女湯の露天風呂が17時まで混浴\(^^)/チョー行きたい・・・!

『かな!露天風呂が混浴だって!ちょっと行こうぜ』
『えー!やだよ!男の人いたらやだもん』
『4時半まで、あと1時間位だから誰もいないよ。いたら入らなければいいじゃん!試しに見るだけでも行こうぜ』
『えー!見るだけね』

やった!心でガッツポーズ。混浴ってなんか夫婦で入るとエロい感じがするから、その時は、どうしても入ってみたかった。

エレベーターで1Fに行き宴会場の前を過ぎ、まず男湯の前を過ぎ、女湯を過ぎ、角を曲がり露天風呂ののれんが目に入ってきた。まだ妻は、嫌がっているのでひとりで見に行った。案の定誰もいない、脱衣場は共同だ。

『かな、誰もいないよ!少しだけ入らない?』
『誰も来ないかな?』
『平日だし、この時間なら来ないよ!』
『・・・・ヒロも一緒だから入ってみようかな』

よっしゃ!心でガッツポーズ。
誰もいないけど、混浴ってだけで無性に興奮\(^^)/

自分が先に服を脱ぎ露天風呂へ妻が少しあとに入って来た。見慣れた妻の裸。しかし、ここは混浴露天風呂。タオルで胸と秘部を隠しながらふたりだけなのに恥ずかしそうに入ってくる妻にドキドキした。

話をしながら15分位かな?過ぎたあたりに脱衣場から人の気配!
『ヒロ!誰か来たんじゃない?』
妻が焦りながら言った。
『来たっぽいな!上がる?』
『でも脱衣場が一緒だから気まずい・・・どうしよう・・・』
『もしかすると女の人かも知れないから、入って来たら変に意識しないで出ようぜ』
『・・・・そうだよね!別に悪い事してる訳じゃないしね・・・』

そうこうしているうちに入って来た。60前後の男だ。妻の顔を見ると、一気に赤くなっていたが、直ぐに奥さんらしき人も入って来た。あちらの方は慣れてるようで堂々としている。湯船からあがるタイミングがつかめずいると、あちらから会釈をされ話かけられた。
社交辞令的な会話。どこから来たんですか?とかおいくつですか?宿泊ですか?など。あちらも夫婦で二人とも62歳。温泉が趣味のふたりは、今日は日帰りで立ち寄ったらしい。
4人で話たが旦那さんの方は、会話の途中、ちょくちょく妻の体を見ている。湯船にタオルを入れていないので、妻の乳首や陰毛は、完全に見えている。
会話が5分程経って、間が空いた。ダメだのぼせる!そう思って、妻を見ると妻も上がりたそうだ。

『そろそろ上がりますね。』
自分が言うと
『そうですか。ゆっくりして下さいね』

簡単に挨拶を済ませ、岩の所に置いておいたタオルを取り、前を隠して湯船を歩き始めた。妻の方をチラッとみると、胸と秘部をタオルで隠して恥ずかしそうに歩いている。後ろからは妻の背中とお尻が丸見え。旦那さんの方を見ると、完全に妻の後ろ姿を目で追っている。自分が見ているのに気付き、軽く会釈をされた。

そそくさと着替えを終え、部屋に向かいながら、妻の裸を他人に見られた事に興奮!!!

『あの旦那さん、スゲーかなの所見てたよ!』
『・・・うん。話ながら、すごい視線感じたもん!でも、あの状況じゃ隠せないし・・・。もう恥ずかしいから絶対に混浴は入んない!』
『でも、あの旦那さんラッキーだな!かなの裸見れて。アソコまで見えたよきっと!』
『もぉ!そんなこと言わないで!』

そんな話をしてる事にまた興奮!!

部屋に着き、玄関でキスした。
濃厚なキス・・・。我慢出来ない・・・。
その場でたったまま妻の乳房を浴衣の上から揉み、乳首へ愛撫した。妻は確実にいつもより感じている。
乳首に触れる度『あっ!んっ!ぁっ!』
そのまま妻の秘部へ。パンツの上からでも分かる!すごい濡れてる!さらに激しく、割れ目に沿って愛撫した。いつもなら、お布団行こう!電気消して!と言うような妻が
『もっと触って!乳首気持ちいい!』と言いながら、パンツをずらして挿入した指の動きに合わせながら、腰を動かし、乳房を舐めている俺の頭を撫でていた。
妻の喘ぎ声が一層激しくなり、腰を激しく動かす、自分も激しく指を動かした。
『あっぁっ!ダメぇ!んっ!』
妻が果ててその場に膝をついた。妻はそのまま、私の固くなった物に、しゃぶりついた。いつも以上に激しく、丁寧に本当に美味しそうに舐められた
ダメだ!もう入れたい!妻を立たせ後ろから挿入。ヌルヌルの妻の秘部は私の物に絡みつく。妻も壁に手をつき一層喘ぎ声をあげている!
『あっぁっ!気持ちいい!んっ!ぁっぁっぁっ!』
『ダメだもう逝きそうだよ!!』
『いいよ、逝っていいよ!ヒロの中にいっぱいちょうだい!』
『んっっ!』
『あっぁっ!んっっ!』

いつも以上に激しく気持ちが良かった。妻も同じだと言っていた。

6時過ぎ、売店にふたりでビールを買いに行った。瓶ビール3本、缶の梅酒を1本、つまみを買った。部屋に戻り、直ぐに部屋の電話がなった。フロントからだ。
『夕食のお時間ですが、お持ちしてよろしいですか?』
『お願いします。』

夕食を食べながら、お互いにお酒を飲みながら夕食を食べた。
8時前に食べ終えた。妻は珍しくビールを飲んでいて、お腹いっぱいだと言い、半分位残していた。
フロントに電話して、食事を下げてもらった。直ぐに仲居さんが来て提げ膳と布団の準備をしてくれた。
仲居さんが帰るとふたりで窓際の椅子に座り、持ち込んだワインのボトルを開け、また飲み始めた。酔った妻が可愛く、夜にまた抱きたくなっていた。その時はもっと乱れてほしいと言う衝動にかられ、混浴の話をした。

『恥ずかしいからやめてよ!』
『でも、見られてスゲー濡れてたじゃん!』
『・・・(照)』
『かなは乳首も敏感だからなぁ!(笑)』
『もぉ!エッチ!!』

夫婦で下ネタも意外にあり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頭が痛い。
いつの間にか寝ていた。テレビをつける。夜中のスポーツニュース。妻がいない?少しボーッとして、ケータイを見ると12時半?!メールを受信している。妻からだ。
[起こしても起きないから、お風呂行ってくるね!飲み過ぎ注意!(笑)]

?????。9時55分に受信!?

はぁ?いつまで風呂入ってんの?妻のケータイに電話した。
『プルルル、プルルル。』
呼び出したが、留守電・・・・。もう一度掛けたが、呼び出し→留守電。
不安がよぎる。
(倒れた?レイプ?)

とりあえず、頭がガンガンするなか、妻を探しにケータイと財布を持って部屋を出た。

部屋を出て真っ直ぐ、風呂へ向かった。旅館の電気も最小限に落とされていて、薄暗いオレンジ色の明かりの中風呂へ向かい歩った。静かな館内、静かな宴会場、男湯の前・・・もう暗い。奥の女湯も灯りが消されているのが目に入ってきた。
(旅館前にあったコンビニでも、行ってるのか?)
来た廊下を戻りフロント前を過ぎ旅館の入り口からコンビニへ向かう。道路を挟んで向かい側だ。・・・客は、誰もいない。何も買わないのは、変かと思いコーラとタバコを買って旅館に戻った。
部屋に戻ってるかも!フロント前を通りエレベーターに乗り部屋の前に・・・・・。鍵が開かない!・・・当たり前だ!鍵は妻が持って出ている。オートロックだから開くわけがない・・・。妻に電話。
『プルルル、プルルル』→留守電。。。
同じだ。

頭が痛い。色々考えてしまい不安が消えない。コーラを一口飲みまた歩きだした。館内にある居酒屋か?今度は居酒屋に向かい今きた逆側のエレベーターに乗り居酒屋へ。
・・・居酒屋の灯りはついていたが入り口の、鍵が閉まっている。奥に人の気配があったが、そのまま売店の方へ歩きだし、またさっきと同じ風景。
入り口→フロント。妻にまた電話したがさっきと同じ。歩きすぎて少し気持ち悪い。もう一度風呂を確認していなかったらフロントに聞こう!
宴会場→男湯。女湯の入り口が見えたがやっぱり灯りは消えている。露天風呂は?と思い女湯の、角を曲がり露天風呂ののれんが見えたが、やはり真っ暗・・・。
ダメだ気持ち悪い!しかしこんな所で吐く訳にはいかない!我慢した。館内の暖かさが余計気持ち悪くさせている。
ふと見ると露天風呂の入り口脇に中庭に出れる非常口が・・・。夜風にあたりたい一心でそっと鍵を開け中庭に出た。
腰を庭石に下ろし、コーラを一口!フロントに行こう!と思った時、微かに声がする。そっと壁に沿って声がする方へ。
どう説明すれば良いのか、非常階段の下の壁と階段の下の所(館内からは見えない所)
そこに女性の後ろ姿。ブロックに片足を上げ股を開き、その股には膝を着きその女性の秘部を舐めるひとりの男性の姿が見えた。女性は喘ぎ声を殺しながら『んっ!んっ!んっ!』静かに感じている。その女性の後ろ姿は確実に妻だ!
本来だったら怒鳴り込んでもおかしくない状況だが100%妻だと思えないし5m先の状況がその時は理解出来ずに、そっと見ることしか出来ずにいた。
会話はほとんど、聞こえない。
女性は頷き、膝を着いた。男が仁王立ちになった。良く見えなかったが口と手を使って舐めている。

今度は男が女性の後ろに周り、後ろから挿入した。女性は壁に手をつき
『アッアッアッアッ』
と男の突くリズムに合わせて喘ぎ声をあげ始めた。
男は女性の片方の肩を自分の方へ向けキスをした。

女性の顔が見えた!・・・・妻だ。
凄く動揺したし、この状況が本当に理解出来ずにただただ、身を隠す事しか考えられなかった。

静な肌寒い夜に声を殺しながらの喘ぎ声が微かに聞こえていた。

『アッアッアッアッ、アッアッアッアッ。』
『んっんっんっんっ。』
『アン、アン、アン、アン、あぁッ。んっっ!』
『パンッパンッパンッパンッパンッ!』
だんだん男が激しく、早く、腰を妻のお尻に当て強く突き始めた。

男は自分の物を抜き妻のアナルの辺りに精子を出した。男はそのまま後ろから妻を抱きしめ、キスをした。
二人が離れ、妻は左足の足首まで下がっていた自分のピンクのパンツを取り男の精子を拭き取り、
妻が『帰ろ。』
と言ったのが聞き取れた。

ふたりは非常階段を登り始め、直ぐに姿が見えなくなった。今考えると、追いかけて男を殴ってやれば良かったと思うが、その時は心臓がバクバクして、自分の物も完全に勃起していて、その場に放心状態になっていた。

ほどなくして、自分も露天風呂の横の非常口から部屋に戻った。戻っている途中、妻からの電話が鳴り、出ると『どこに行ったの?』と聞かれたから『コンビニ』とだけ答えた。

部屋に着き入ると妻は窓際の椅子に座っていた。何事もなかった様に話掛ける妻を問いただすこともせずに、話した。お腹が空いたから居酒屋で温泉地名産のそばを食べに行ってたそうだ・・・。

疲れたから布団に横になると妻が覆い被さり、激しくキスをしてきた。そして、私の固くなった物を触り始めたが、『飲み過ぎて気持ち悪い』と言い何もせず電気を消して寝た。

15分もしい内に妻は寝息をたて始めた。目がさえ、興奮している自分は部屋のトイレに行きオナニーをした。惨めなオナニーだったが気持ち良かった。布団に入ったが眠れず、男は誰だ?ナンパせれて?と考えていた。しかしナンパは考えずらい、理由は妻の親友のアキ(何でもズバズバ言う奴)自分とも仲がいいのだが、昔ふたりで(妻公認)ランチに行った時、
『かなは、ナンパする男が本当に嫌いなんだよね』
と話の流れで聞いたのを思い出していた。
妻のケータイを見たが怪しいメールや通話履歴もない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
いつの間にか寝ていて妻に起こされた。昨日からモヤモヤしていた自分は起きて直ぐに妻を抱きセックスをした。

旅行から一週間、毎晩妻が寝てから妻のケータイ見たが怪しいメールや通話履歴はなかった。
やっぱりナンパされて一晩限りの関係か・・・・(怒)余計に腹が立った!自分も若い時はナンパしたりしていたが、成功してそのままその日にエッチまで行った事などなかったからだ!

次の日、妻は9時まで残業になった。問いただす事にした私は、仕事を終え8時過ぎに妻にメールした。[一緒に帰ろう。迎えに行くよ。]返信は無かったが妻の会社近くまで行きコンビニで時間を潰していると、妻から電話が来た。
『迎えに来てくれるなんて珍しいね!今どの辺?』
『近くのコンビニ!』
『もう少しだから、終わったら行くね!』

9時過ぎに妻がやって来た。車に乗り、少し過ぎて

『少しドライブ行かない?』
『えっ?今から?はるか(娘)大丈夫かな?』
『義母さんに電話してみたら?』
妻が義母に電話した。
『大丈夫そう。お風呂入ったみたい!それよりドライブなんて急にどうしたの?』
『なんとなく少し行きたいなぁって思ったから』
『ふーん。どこ行くのかな(笑)』

15分ほど郊外に車を走らせ、国道沿いの大型パチンコ店の駐車場の端に車を止めた。妻は何でこんな所に止めたんだろう?と不思議な顔で自分を見た。
私は、あの旅行で見たことを妻に話した。妻は動揺の顔をした。そして、ひたすら謝られた。しかし、私は今までのイライラが爆発!怒号が止まらない・・・。妻にあの日あったことを細かく説明させた。内容はこうだ!

{私が酔って寝てしまい、起こしたが起きない。私にお風呂に行くとメールをお風呂へ、妻も酔っていたので軽めに入り直ぐに風呂から出たそうだ。お茶が飲みたく、売店に行ったがもう終わっていたので部屋に戻ろうと思い、居酒屋の前を通った時に蕎麦ののれんを見て凄く食べたくなり中を覗いた。店員がおばあちゃんで客が居なかったので一度部屋に戻り財布とケータイを持って居酒屋へ行き、カウンターの奥に座り蕎麦を注文、食べ始めた。直後に男3、4人が入って来て、奥の座敷の方に座り何か食事をしていたらしい。男達の方が早く会計をして出て帰った。
『私が食べ終わる頃に男の人に話し掛けられたんだ。振り返ったら元カレだったの。』
はぁぁ!ナンパじゃなく元カレ?自分は完全にナンパで一晩限りの関係だと思っていたから、動揺した。そんな自分の動揺に気付く事なく妻は話続けた。
偶然店を覗いたらカナらしいと思い、話掛けたらしい。元カレは〇〇商工会の労い会で、近くのこの旅館で宴会、宿泊をしていたらしい。しかも元カレは仕事の遅れで来たのが遅く、ご飯もろくに食べれなかったから、ひとりで居酒屋を覗いたらしい。それから、元カレが日本酒を飲み、妻にも日本酒を勧め妻も久しぶりに会った元カレに合わせる為に飲んだらしい。妻も結婚して私と来ている事を言い、元カレも結婚した事を言っていたらしい。酔ってきたふたりは部屋に戻る事になり、元カレが私達の部屋の3階に妻を送ると言われ断ったが、階段から行けばもし私が起きて歩いていても会わないよ。と言われ、ふたりで階段から3階に向かったらしい。3階に着き私から妻への電話がないことから、もう少し話そうと言うことになり、非常口から非常階段に出て1階の非常階段の下に行ったらしい。そして妻は元カレと付き合っている事を思い出していたらいきなりキスされて体を許してしまったらしい。終わってからまた3階まで送ってもらったらしい。その間、
連絡先の交換を言われたが、それは断ったらしく部屋に戻り、私が居ない事に気付き動揺していたが直ぐに私が戻り、コンビニ行ってた。と言
、言葉に安心したがそれよりも私に対しての罪悪感が妻を襲っていたみたいだ。
一部始終説明させたが、元カレかよ!という新たな事実を突き付けられ、私は動揺と共になんとも言えない悔しさが込み上げてきて、今考えると意味の分からない事だが、その時私は妻に

『なんだよそれ!お前も俺の惨めさ味わないと、俺の気がはれねぇよ!すぐそこにアダルトショップあるから、お前ひとりで行ってバイブでも買って来いよ!!!』

妻は完全なノーマル。しかもバイブとかには興味がなく、昔ラブホでノリで買って使った時もあまり感じなかった。何よりかなりの恥ずかしがり屋だ。
妻は少し躊躇したが
『それでヒロの気がはれてくれるなら・・・。』
と言いうとつむいた。
車をそのアダルトショップに向かわせ駐車場着いた。
『行って来いよ!』
冷たく言うと、今にも泣きだしそうな顔をして車を出て店に入って行った。自分もすぐに後を追いかけて、店に入った。入ってすぐにフツーの雑誌が並ぶ客が居ない店内をキョロキョロしている妻が目に入った。妻は入ってきた私に気付いた。私は18禁のマークが付いたのれんを顎で指した。妻は何も言わず、そののれんをくぐり中に入った。私も直ぐにのれんをくぐった。まずエロ本が並び、その奥にエロDVD更に奥にバイブなどのグッズがある。中には5、6人の男がエロ本やエロDVDを物色していたが、黒の秋物のコートと少しスリットの入ったタイトスカートにベージュのストッキング、黒のヒールを履いたリアルOLを全員が目で追っていた。妻はキョロキョロしながらも奥のアダルトグッズ売り場に行き、バイブを見始めた。直ぐに小さなバイブを手にDVDコーナー近くのレジに行った。店員も業務的な会話をしているが目線はいやらしく妻を見ていた。妻は会計が終わるとうつむきながら、そそくさと店を出て行った。私も後を追いかけて、店を出た


すでに鍵の開かない車の横に妻が立っていた。鍵を開け、ふたりで車に乗り込むと、妻は黒いバイブの入ったビニール袋を握りしめ、大粒の涙を流し
『本当にごめんね』
とだけ、言った。
私は気を晴らす為にやらせたのに胸が締め付けられる思いをした。

文章力がなく、かなり略しましたが私の実体験のノンフィクションです。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード