萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

近親相姦

広島の姉弟 ヤバー!

今まで犯りたい放題やってきた俺だけどついに姉ちゃんがキレた・・。

今日も親が出かけ、姉ちゃんと二人っきり。
最近溜まってたし、激しいのしちゃおっかなーと思い、裸で姉ちゃんのいるリビングへ。

姉ちゃんはテレビ見てた。

姉「あ、おはよ・・。」

俺「おはよー。」
会話だけ見れば普通だがギンギンのチンコは姉ちゃんの口の中へ。

姉「うっ、ちゅ、じゅっる」

俺「あー姉ちゃん気持ちいいわ。今日はいっぱいするけーね。」

姉「もう、最近してくれんけーね」

俺「今日ゴムないけーそのままするけぇね」

姉「・・・いけんよう、ゴムかって来るけー。」

立ち上がりコンビニへ行こうとする姉ちゃんを押し倒し下着を剥ぎ取り挿入?!

俺「いらんじゃろう?久々なんじゃけー生で。外に出すけーいーじゃろ?」
じゅぶじゅぶ犯す俺。
姉ちゃんも抵抗せず、それどころか両足を絡めるし。

亀頭が姉ちゃんのひだに絡まり最高!もういきなりいきそう!

俺「姉ちゃんイク!抜くよ!」

しかし姉ちゃんは逆に両足をしっかり絡めてきた!!

俺「姉ちゃんマジいくって!」

あせった俺が腰の動きを止めると、逆に姉ちゃんが激しく振ってきた!

俺「バカ!何しよるんじゃ!ヤバイって!!」
ヤバイ!マジいきそう!!
最近してないから濃いのが大量に出ちゃう!!

それでも姉ちゃんはいっそう激しく食いついて!
ヤベー!気持ちよすぎる!!

ドクっつドクードクっ?!!

頭がボーとするくらいの快感で姉ちゃんの中に注いじゃった。
しかも姉ちゃんはザーメンをあそこでグビグビ飲み込む様に腰を振り続ける。

やっと開放されて

俺「マジかよ!すげー出しちゃったじゃんか!」
姉ちゃんの行為に怒りと同時に、今まで無かったような気持ちよさでまた勃起し始めたヌルヌルのチンコ。

恨めしそうに、そしてなにやら妖しい色気でしゃがみこんだまま仁王立ちの俺を見上げる姉ちゃん。

アレ?姉ちゃんこんないやらしい表情始めて見た。

無言でフェラし始める姉ちゃん!

行ったばかりで敏感になってるから気持ちよすぎ!!

姉「・・でしょ?」

俺「え?」

姉「・・・としてるでしょ?!」

俺「!?」

チンコから口を離し、ぐちょぐちょのチンコを乱暴にしごきながら姉ちゃんが言った!

姉「他の子としてるでしょ!」

俺「!?」

姉「絶対許さないから。絶対渡さないから!!」

そう言うと再び俺の股間に顔を埋め激しくしゃぶり始めた!!

やべっ!マジ気が遠くなる位気持ちイイ!!
あまりの気持ちよさに腰が引くと追いすがるように姉ちゃんが吸い付いてくる!

尻餅をつき仰向けになると姉ちゃんが大きな胸を顔に押し付け、片手でペニスを自分の中に入れ狂った様に腰を振った。

姉「あたしだけ、あたしだけ見てよ!何でもするけぇ!ね?!」

俺「バカ!離れろや!」

より強く俺を抱きしめ
姉「気持ちいことするけえ!もっと○○のしたいようにするけえ私だけみてよ!」

ヤベっ気持ちい!!またいきそう!!

姉「んっ!またいきそう?いっていいけえね!」
そう言うと姉ちゃんはガチガチになった俺のチンコを腰でゆっくりと出し入れし味わうように動かした!

いくっ!!

ドクッと出始めると同時に姉ちゃんは腰をゆっくり沈め奥まで飲み込んだ。

あまりの気持ちよさにしばらく抱き合ったまま。
姉ちゃんは耳元でしきりに

姉「好き・・好き・・。」
と言いながら俺の首元に舌を這わしてしきりにキスマークがつくほど吸い付いてる。

俺はあまりの気持ちよさになすがまま・・。

しばらくして落ち着いた姉ちゃんはあの妖しい表情で俺にささやいた。

姉「私、○○の事本気だから・・。赤ちゃん産んであげるね?だから・・ね?」

あの妖しい表情、実の姉ちゃんでは無く、「女」のそれだった・・。

姉「もう一回してあげるね?」

もうろうとする中、女になった姉ちゃんはまた俺に抱きついてきた。

姉「赤ちゃん、産んであげるね?」

後悔してたけどやっちゃった!

姉のエロ日記盗み見して過ごしたけど、ある日いつもの様に勝手に持ち出してるのが姉ちゃんにばれて
俺のマイフィバリットオナニーBOOKは捨てられてしまったようだった。

それからなんとなく気まずい日々が続いたなあ。

あれから数年がたち俺は就職して地元を離れ、最近転勤で戻ってきた。
アレから日々は流れ、俺と姉ちゃんも普通の状態になってたけど。

こないだ両親が旅行に行って、姉ちゃんと二人。
夕食を食べた後、食事も済んでリビングでTV見ながら酒飲んでると洗物を済ませた姉ちゃんが。
二人で飲みながら世間話。

そしたらTVで母親が思春期の息子の部屋を掃除してるとエロ本はっけーんて場面が。
俺はあのことを思い出しちょっと気まずくなったけど、姉ちゃんは普通に飲んでる。
当事の事気にしてるのは俺だけ?

話は学生時代のことに。
次第に酔ってきた姉ちゃんが

姉「そういえばあんた、昔私の日記盗み見してたでしょ?」

やっぱり姉ちゃんさっきのTV気にしてたのか!?
しかしこの話題は近親相姦へもつれ込ますチャンス!
あせる俺だが頭の中V-MAX発動!

俺「っうーん。見てた、かな?」

姉「まじ!あー最低!変態だ?!」

俺「いやいや、たまたま!ホント!」

姉「でも見てたんでしょ?」

俺「やーあん時はホント、そういう時期だったから」

ヤバイ、マイナスの方向にいてる!
カラッと明るい方向へ!!

俺「あの頃はホント、チラシの下着モデルでもやっちゃう位で」

姉「え!?男性の!?」

俺「違う!おばちゃんの下着モデル!!」
  姉ちゃん天然かよ!!

姉「なんだーホントに変態なのかと思った。びっくりしたー。」

俺「酷いよ!でもあの頃は刺激がほしくてさ」

姉「やっぱ変態(笑)。どれ位してた?」

俺「一日3、4回。ついつい見ちゃってさー」

姉「うそ!そんなにできるもんなの?」

俺「だって姉ちゃんがあんなの書いてるから。あの年頃ならそれ位やっちゃうよ」

姉「やっぱ変態じゃん(笑)」
酔ってきたのかだんだんオープンになってきてる!OK!

姉「そんなに溜まってたんなら襲おうかとか思ってたんじゃない?」
酒のせいか顔を赤らめ笑いながら・・姉ちゃん!

俺「誰を?」
 ドキドキ!!

姉「さあ?(笑)」

俺「あん時は正直襲うって発想まで行ってなかったな?(笑)。何でだろ?姉ちゃんはヤ  バッて感じてた?」

姉「う?ん。あんた当時、遅くまで起きてたじゃない?部屋にきたらどうしようかっ   て。」

俺「待ってたんでしょ?(笑)もし行ってたらどうなてたんだろね(笑)」

姉「さあね(笑)でもあの時期って週末、父さん達いなかったじゃない?」
そう、当時田舎の祖母が病気がちで週末は両親が看病に行ってて二人でいる事が多かった。

姉「あん時は・・ね。」
赤い顔で姉ちゃんがクスクス笑ってる。

俺「え?そん時だったらてこと?」

姉「だって、誰もいないんだよ。二人だけでさ。もしあんたが部屋に来たらって・・。 (笑)」

俺「え、何だよ!行っとけばよかったー!」

姉「ずっと寝れなくてさ、あんた部屋で、・・1人でしてたでしょ?(笑)絶対思ってた  もん」

俺「うわ?。行っとけばよかった?。絶対俺サル状態でガンガンやっちゃてた(笑)」

姉「サイテー(笑)よくやるよ!」

俺「でも姉ちゃん、もし俺が犯ったらどうした?」

姉「う?ん・・わかんない」

俺「俺多分止まんなかったと思うわ。」

姉「マジで?」

俺「うん。多分姉ちゃん壊れる位犯ってたと思う。」

姉「マジで?やっぱサイテー(笑)実の姉だよ!」

俺「やっぱそれでも犯っちゃうて。」

姉「もし犯ってたらホントどうなってたんだろね・・。」

酔ってきたのか姉ちゃん机にうつぶせに。

俺「・・朝まで犯ってたかも。」

姉「・・ずっと?」

俺「うん。止まんなかったと思う」

姉「変態だね・・(笑)」
うつぶせたまま姉ちゃんの声がだんだん小さくなってった。
酔いつぶれたのか・・
ココはゆっくり畳みこんどこー。

俺「あの頃姉ちゃんはどんな事考えてしてたの?」

姉「・・・う?ん。」

俺「俺の事とかやっぱ意識してたんでしょ?」

姉「う?ん、まあ・・ね。」

俺「わー。ホントしとけばよかった?!シュチュレーションは?」

姉「・・布団に潜り込まれて・・とか。」

俺「そんで?」

姉「・・無言で犯されちゃって・・朝までずっととか・・」

俺「他には?」

姉「お風呂とか、トイレで・・とか・・」

だんだんうつむいたままの姉ちゃんの呼吸が、ゆっくり、深くなって・・。

姉「・・・(他に男の人)知らなかったし」

うつぶした姉ちゃんの両腿がもじもじと。

もう限界!!

俺はゆっくり姉ちゃんの背後に座り両手でそっと抱きしめると、耳元で

俺「・・・じゃあ、今、しよっか?」

姉ちゃんは酔いのまどろみの中固まってた。

姉「・・・や・・。」
俺「・・キス」

耳元でささやき、ゆっくり唇を重ねた。

ゆっくりと何度も触れ合わせながら次第に舌を。
最初はぎごち無く抵抗してた姉ちゃんも力が抜けて朦朧と受け入れ、舌を・・。

俺「・・舌、出して・・」

俺の声に反応してゆっくり差し出す姉ちゃんの舌に絡めながら、だらりと力の抜けた姉ちゃんの
身体を受け止め、優しく愛撫・・。
そして、力ない姉ちゃんの右手を俺のあそこに導き、握らせると、ゆっくりさすり始めた。

その後は姉ちゃんの部屋に連れ込み、もうろうとした姉ちゃんを布団に座らせ、口に・・。

「ちゅぱ、ちゅぱ」

そして本番。

5回くらい夢中で犯った所で朝を向かえそのまま二人ともそのままの状態で寝ちゃったよ。

起きた時、姉ちゃんが俺の顔覗き込んでた。

俺「・・おはよう、姉ちゃん」

姉ちゃんは恥ずかしいのと困ったような複雑な表情
でも俺のチンコ握って、

姉「・・おはよ。この変態(笑)」

慕っていたお姉さんの裏切り

スレ違いどころか板違いだけど、かまわず投下。

子供の頃父親から軽く虐待(セクハラ含む)を受けていた私は
高校を卒業して家から遠く離れた寮のある会社に就職しました。
寮と言っても、独身寮は男性ばかりなので、
私は家族寮を一人で使わせてもらっていました。

その会社には大きな工場があって、高卒の私は本社の事務所ではなく、
工場の中にいくつかある、現場事務所のうちの1つに配属になりました。
現場事務所とは、工場で働いてる人が事務の仕事をする時に使う部屋で、
自分の机があるのは、私とパートのおばちゃんと係長の3人でした。

説明が長くなりますが、工場のラインを止めるのは長期休暇の時だけで、
普段の休みはその3人で交替でとっていました。

今度はあげちゃったしorz

私は父親と同じ年代に見える係長(ハゲてるだけで実は若かったけど)
が苦手でした。
おばちゃんは良くも悪くも真面目な人で、
仕事中はほとんどしゃべらない人でした。
用もないのに新入社員の私を品定めに来る
工場の若い男の人たちも嫌で嫌で仕方ありませんでした。

工場の社員食堂は当然男の人たちでいっぱいで、
私はお弁当を作って一人で近くの公園で食べるようになりました。
その公園は、工場の一番端っこにある現場事務所からは近かったけど、
本社からはかなり離れていたので、
会社の人に会う事はありませんでした。

小さな公園だったので、大抵私一人でしたが、
たまに綺麗なお姉さんがお弁当を食べてる事がありました。
時々、彼氏らしき男の人と二人で来る事もありました。

私がいつも座るベンチは屋根がついていたので、
雨の日も公園でお弁当を食べていました。
でも、ある雨の日、そのベンチに綺麗なお姉さんが座っていました。
お姉さんは私を見つけると手招きしてきました。

「朝は晴れてたからお弁当作ったんだけど、雨になっちゃって。
 屋根の付いてるベンチはここだけだから、一緒に食べない?」
私専用のベンチと言う訳でもないし、とても感じの良い人だったので
一緒にお弁当を食べました。

お姉さんは近くのマンションに住んでいて、
イラストレーターをしていると言いました。
時々一緒に来る男の人は弟だとも言っていました。
とても綺麗で優しくて、いろんな話題を持ってる人でした。

それからはほとんど毎日お姉さんと一緒にお弁当を食べました。
知らない土地で、会社でもいつも一人で、
帰っても広い家族寮にたった一人で、
お姉さんと過ごす時間は私にとってとても大切な時間でした。

ある日お姉さんが「休みの日にマンションに遊びに来ない?」
と誘ってくれました。
私はもちろん喜んでOKしました。

当日、いつもの公園でお姉さんと待ち合わせしました。
そしておねえさんの住むマンションへ。
そこは本当に公園のすぐ近くでした。

部屋に入ると、ダイニングキッチンを素通りして、
大きなソファのある部屋に通され、
「お茶を入れるから待っててね。」
と言ってお姉さんは部屋を出て行きました。

すぐにドアが開いて、お姉さんが戻って来たのかと思ったら、
入って来たのは、時々公園にお姉さんと一緒に来ていた男の人でした。
そういえば弟だって言ってたな。一緒に住んでるのかな?
とのんきに考えながら「おじゃましてます。」と挨拶しました。
男は無言で近づいて来ると、そのまま私をソファに押し倒しました。

私は何が起こったのか訳がわからず、
「ちょっと待って、ちょっと待って。」と繰り返していました。
その時、開いたままのドアからお姉さんが
無表情でこっちを見ているのに気付きました。
お姉さんは私と目が合うと、そのままその場から立ち去りました。

やっと何が起きたのか理解した時には、上半身は・・・。
そしてすぐにスカートの中にも手が入って来ました。
とにかくパンツだけは守らなければ、
と必死に両手でパンツをつかんでいたのは覚えています。

男も何とかパンツを脱がそうとして、
しばらくパンツの攻防戦が続いたように思います。
私はめちゃくちゃに暴れて、そのうち私の足が何かに当たりました。
どうやら急所にひざ蹴りが入ったようです。

その時は何が何だかわからないけど、男が私から離れたので、
そのまま押しのけて部屋を飛び出しました。
バッグも靴も置いたまま、シャツの前を押さえて胸を隠し、
私が逃げ込んだのは現場事務所でした。

現場事務所には係長とおばちゃん、それに若い男の人が何人かいました。
泣きながら事務所に駆け込んだ私を見た瞬間、
おばちゃんが「男は出て行け!」と怒鳴り、
自分のカーディガンを着せて抱きしめてくれました。

あとで聞いた話ですが、若い男の人たちを連れ出した係長が
堅く口止めをしてくれたらしいです。
でも工場に入る所を何人もの人が見ていたので
すぐに噂はひろがりましたがw

おばちゃんを通して事情を知った係長は激怒し、
仕事を放り投げて一緒にマンションまで行ってくれました。
私を外で待たせて、係長一人で部屋に行って
バッグと靴を持って来てくれました。

「ぼこぼこに殴って来てやったぞ。」
と言っていましたが、事実かどうかは未だに謎ですw

その後しばらく、若い男の人たちが交替で
会社まで送り迎えをしてくれました。
そして、そのうちの一人と付き合い始め、
今はここの住人です。

実はあのお姉さんは、以前本社事務所に勤めていたそうです。
何があってやめたのかは知りませんが、
被害者は私だけではなかったようです。
弟というのも実の弟ではないそうです。

慕っていたお姉さんに裏切られたこと、
処女だったので、男にいろんなところを
見られたり触られたりした事、
しばらくはショックが大きくて、
結局会社も辞めてしまったけど、
事務所の人たちと打ち解けられたし、彼氏も出来たし、
今は笑って話せるようになりました。

途中ちょっと端折ってしまいましたが、これで終わりです。

姉を押し倒してしまった1

マジじゃなかったらこのスレを信じて姉を押し倒した俺の立場は・・・・・orz

姉が先週末こっちに遊びに来るって事で俺の部屋に泊まりに来てたんだ

色々、街を案内したり買い物付き合ったりしたんだけど、ぶっちゃけ彼女がいた頃に彼女とデートしてたより100倍楽しかった
俺、姉ちゃんのことが昔からずっとずっと好きだったけど血の繋がった姉弟だし付き合うなんて無理だし…
そう思って県外の大学選んで一人暮らししたんだ
んでも、このスレ見てからてずっと好きだった俺の気持ちに火がついたのかな
押し倒してしまったよ…

居酒屋でメシ食って酒飲んだ帰り気分が良くなってお互い腕組んでさ
「姉ちゃん、結婚とかしないの?」
「男とかいらなーい  わたし、男きらいだもーん」
「うへっ 一応俺も男なんだけど… じゃあ俺も嫌い?」
「○○は別だよぉ  好きだよー 大好きだよー」
とか言われてさ
ほっぺを俺の腕に押しつけてくるんだ
あまりの可愛さに抱きしめたい思いを必死で押さえつけてた

でも部屋に帰ってから・・・・

あの後、部屋に帰ってからベッドに並んで腰掛けてTV見てたんだよ
姉ちゃんはニコニコして色々、話しかけてくるけどなんか全然頭に入らない
もうその時から俺は姉ちゃんの事意識しすぎてすっごい鼓動早くなって・・・  
酔いもあって思いっきりテンパってたと思う

しばらくしてドラマも終わった頃、そんな俺の様子に気付いてないのか それとも誘ってるのか姉ちゃんは
「疲れたね  せっかく会えたのに明日にはまた離ればなれなんだよね・・・ 寂しいな」
って俺の肩に頭乗せるんですよ

酔ってるせいか、それとも誘ってるのか・・・
鼓動が通常の三倍くらい激しくなってる
マジ、心臓が破裂しそう
   
でもこのスレ見て、俺も勇気出さなきゃ・・・って思ったり
コンドームあったかな、でもゴムなんて無粋だなやっぱ最初は生で中で逝きたいな
ああ姉ちゃんいい香りだな・・ なんて色んな考えが頭をよぎってた

そして・・気付いたら押し倒してた  そしてキスした
姉ちゃんはびっくりした表情で目を見開いて俺を見つめていた
そして俺は今まで貯め込んでた姉ちゃんへの想いを、中学生の頃からずっとずっと好きだったって気持ちを話した

姉ちゃんは何も言わずじっと俺を見つめて最後まで聞いてくれた
俺の告白を聞き終えると「そっか・・・  そうだったんだ・・・」
そういってそっと手を俺の首の後ろに回して抱きしめてくれた
そして俺の耳元で「ごめんね 気付いてあげられなくて・・・」そう囁いた

しばらく無言の時間が流れた

俺はずっとずっと夢見ていた最愛の人を抱きしめる事が出来て幸せを感じてた
でも同時に熱く勃起した物を最愛の姉に突き入れたい、滅茶苦茶にしたいって欲望で頭が一杯だった

そして姉ちゃんが少し距離を取ると俺をじっとみつめて一言
「一度だけなら・・いいよ  何しても」
そう言ったんだ

目の前で優しく微笑む姉からその言葉を聞いた俺は抱きしめてキスしながら足の間に膝を入れてそのまま思いを遂げようとした

でも・・・・

俺、暴走してそのまま姉ちゃんを抱きそうになったんだけど、姉ちゃん男嫌いってか男性恐怖症だった事思い出してさ
いくら弟でも、克服できるはずないんじゃ・・って思って冷静になるとやっぱり姉ちゃん震えてるんだ

震えながらすこし涙ぐんでる姉ちゃんの様子に気付いて俺、すっごい自分に嫌悪感が出てさ
なんか自分の事ばっかり考えてて、世界で一番大事なはずの姉ちゃんの事何にも考えてなかったって…
欲望とか酔った勢いとかそんな事で俺、姉ちゃん傷つけてるって思ったら涙出てきた

それから姉ちゃんにちゃんと謝った
もうあんな事はしないって約束した
でも、姉ちゃんを愛してるってこの気持ちは一時の気の迷いとかじゃなく本気だし姉ちゃんの事、誰よりも大切に思ってる、「一生、姉ちゃんの事を想ってる」
それだけは許して欲しいって伝えた
姉ちゃんも泣き笑いの表情でうなづいてくれた
「好きな子できたらわたしの事なんてすぐ忘れるよ」って言ってたけど無理っぽw

それから二人でベッドに入って手を繋いだまま、小さい頃の思い出話とか色々話した
懐かしい話もあれば赤面するような話もあった  
あの頃から俺は姉ちゃんの事だけ見てたんだなって自分でまた理解した
そのうち俺は寝てしまったみたいでうとうとしてたら唇に柔らかい感触があったけど あれって…

次の日の夜、帰る時に「また遊びに来るから泊めてね   でも次は襲っちゃだめよ」
そういって笑いながら手を振ってくれた姉ちゃんの笑顔が忘れられない

もうこんなに人を好きになる事なんて他にないんだろうな…
いつか誰かが俺の最愛の姉を幸せにするんだろうな…

姉の居なくなった部屋に戻るとそんな事ばかりが頭の中で駆けめぐってベッドに潜り込んだ
泣きそうになり枕に顔を埋めると枕からほのかに姉のいい香りがした……

小学校の時

小説風に書いてみます。
僕の名前は瑞樹(仮名)
今日の放課後の全校運動の時間だった。僕の小学校では、下校の前にみんなで運動をするきまりだった。
6年生で女の子も含めて一番身長が低い僕は、運動が苦手で、なんとかさぼろうと思ったんだけれど、
頭の中まで筋肉でできているような体育教師に見つかって、罰としてゴールキーパーにさせられたんだ。
みんなのシュートを怖がって逃げていた僕を体育教師が捕まえて
「怖がるんだじゃない!男だろ!」
と後ろから腕を捕まえて、動けないようにしてしまった。
次のシュートは絵里の番だ。絵里は6年生の女子のクセに、もう身長が160cmもあって、運動神経もバツグンだった。
「さあ、いくわよ。瑞樹クン泣かないでね!くす!」
「女のクセに生意気だぞ!女のシュートなんかで泣くわけないだろ!」
本当はちょっと怖かったんだけれど、女子なんかに負けていられない。
「え?瑞樹クン、男子だっけ?そんなにちっちゃくて可愛いのに!あはは!」
僕は頭の中が、カーッ!となった。そして・・・
絵里の蹴ったシュートは、うなりをあげてとんできて、僕の・・・僕の・・・あの・・・おち・・・おちんちんに当たってしまった!

思わずうずくまってしまった僕は、学校に出来るだけ近い、「ひとみクリニック」に運ばれた。
院長はまだ若い女医さんのひとみ先生だ。
絵里を始め5人の女子が、おちんちんを押さえて、唸っている僕を笑ったという罰で、下校できずに病院に付き添ってきていた。
ひとみ先生は、僕の目や脳を検査したあとにこう言った。
「それじゃ、ボク、ちょっとおちんちんも見るね」
待合室から診察室が丸見えなので、看護婦の美和さんが、診察室のドアを閉めようとすると、
「あっ・・・男の子だから、閉めなくてもいいわよ」
ひとみ先生が言った。
「そ・・・そんな・・・困ります・・・」
あわてて僕が言うと、ひとみ先生は、
「子供が何恥ずかしがってるのよ。さっさと脱ぎなさい」
と相手にしてくれない。
美和さんまで
「そうですね・・・ボク、男の子でしょ!」
と一緒になって言ってきた。
待合室から、
「くすくす・・・」
と、絵里たちの笑い声が聞こえた。
僕がきっ!と絵里たちを睨んでも
「あらあら、こわぁ?い・・・くすくす」
と笑うのをやめない。
「ほら、いつまでもボク一人の診察をしてるわけにはいかないんだから。ぐずぐずしないの!」
と再びひとみ先生に叱られてしまった。
僕は、仕方なく、待合室の方におしりを向けて、おちんちんが見えないようにして、目をつぶってブリーフを脱いだ。

「見てみて?!可愛いおしり!」
「真っ白ね。女の子みたい?!」
待合室から、絵里たちの囁きが聞こえた。僕は真っ赤になって屈辱に耐えながらも、
(それでも、おちんちんを見られるのが、年上のひとみ先生さんや美和さんだから、今だけ我慢しよう)
と早く終わらせることだけを思っていた。
ひとみ先生は、女の子たちの声を聞くと優しく微笑んでいた。
美和さんが、僕の体操服の裾を掴むと、グッと上にまくり上げた。
ひとみ先生が、どれどれ?と僕のおちんちんを真正面からのぞき込んだ。
「あら、瑞樹クン、可愛いおちんちんしてるのね?!まだ先っぽまでお皮被ってるじゃないの?!」
といきなりひとみ先生が大声をあげた。
一瞬、目を見開いて、静かになった絵里たちは、次の瞬間・・・
「あはははは!」
「ねえ、聞いた、聞いた??瑞樹ったら、おちんちん、まだお皮被ってるんですって!」
「くすくす・・・女医さんに、おちんちん見られちゃったんだ?!」
美和さんにまで、
「本当に可愛いおちんちんですね。まだつるつるできれいなものね!」
と言われた。
待合室の女子は、目をきらきらさせて、ひとみ先生や美和さんの言うことを聞き逃すまいと、一生懸命だ。
「おちんちんの先っぽのお皮まで真っ白ね。長さも・・・う?ん・・・2cmくらいかな?」
「つるつるのお股にチョコンと付いた包茎の可愛いおちんちんだわ!」
遠慮無く、瑞樹のおちんちんの様子を大声でしゃべっている。
全部、絵里たちに聞こえている。
「おちんちん、2cmですって!えっと・・・これくらいかな?きゃはは!」
絵里が、親指と人差し指で長さを示して、他の女子に見せている。
「普段、生意気言ってたクセに、女医さんや看護婦さんの前だと、簡単にブリーフを脱がされて、おちんちんまで見られちゃうんだ?!」
ひとみ先生の目が絵里たちに向いた。
「それは6年生にもなれば、あなたたちは、もう大人のからだになりかけているけれど、男の子なんてまだまだ子供なのよ。」
「同級生の女の子の前だから、強がっているけれど、本当はまだまだ可愛いものよ。こんなおちんちんなんて見てもだれも怖くないから。
 ほら、よく幼稚園の男の子がおちんちん丸出しで遊んでいるでしょ?あれと同じよ!」

僕は耐えられなくなって、
「そんなことありません!もう僕だって大人です!」
と訴えた。
ひとみ先生と美和さんは、顔を見合わせて、それから大声で笑い出した。
「何言ってるのよ。ほら、こんなに可愛いおちんちんして、大人なの?笑っちゃうわよ」
「おちんちんの先っぽで、きゅっ!て、お皮が閉じて、先っぽ尖ってるんじゃないの!」
「きれいなつるつるおちんちんなのに、何見栄はってるのよ!あはは!」
と相手にされない。
同級生の女子が聞いているのに・・・それも一番聞かれたくない絵里たちのグループが・・・。
「瑞樹クンは、まだまだ子供なんだから、恥ずかしがらなくていいわよ」
美和さんが言った。
ひとみ先生は、
「そうよね。こんな可愛いおちんちんして恥ずかしがるなんておかしいわよ。」
と言った。
思わず絵里たちが、
「先生、瑞樹クンのおちんちんって、そんなに可愛いんですか?」
「本当にまだお皮かぶったおちんちんなんですか?」
と聞いてきた。
「そうよ。今あたしの目の前で丸見えになっているから間違いないわよ。」
そういうとひとみ先生はしばらく考えて、
「そうだ!あなたたちも見てみれば?」
と言ったんだ!
僕は、頭をが?んと殴られたくらいのショックを受けた。
よりによって同級生の絵里たちにおちんちんを見られちゃうなんて!
絵里たちも、
「ええ?っ!いいんですか?男子のおちんちんなんて見ちゃって」
と聞いた。
「大丈夫よ。まだまだ子供だって言ったでしょ?子供のおちんちん見たって、なんてことないわよ。
 幼稚園の子は、女の子がいてもおちんちん丸出しにしてるでしょ?あれと同じだって言ったでしょ?」
思わずおちんちんを隠そうとしたが、それよりも一瞬早く、美和さんが僕の腕を後ろで押さえてしまった。
「さあ、こっちに入ってもいいわよ」
最初は、待合室の椅子から少しずつおしりを浮かせつつあった絵里たちも、女医さんが言うのだからというので、
ダーッ!と診察室に入ってきた。

僕は・・・もう・・・真っ赤になって目をつぶった!
しばらくして・・・
「かっわゆ?い!」
「あらあら?・・ほんとにお皮被ってる?!」
「瑞樹クンのおちんちん見ちゃった!かっわいいの?!あはは!」
薄目を開けてみると、瑞樹のおちんちんの前に、さっきまで言い争ったり、いっしょに授業を受けたりしていた5人の女子の顔があり、
目をきらきらさせた笑顔でおちんちんに見入っていた。
中には、瑞樹のおちんちんと顔を交互に見比べていたり、下から覗きあげたりしている女子もいる。
「ほんとだ?・・・男子ってまだこんなに子供なんだ?!」
「あたしたちとは、全然違うね」
「うんうん、少なくても瑞樹は、あたしたちに比べたら、まだまだほんのおこちゃまってことね」
「ふ?ん・・・ねぇ、瑞樹くん、こんなに可愛い、まだまだつるつるの先っぽまでお皮かぶったおちんちんしてるのに、
『女のクセに』とか『男だ』なんて生意気言ってたの??くすくす・・・」
「これからは、あたしたちのこと、お姉様って呼んでね!あはは!」

デリヘルドライバー日記 -準備編-

だんだんと寒くなる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
皆様勃起んこしてすか?
俺はどーも精神的プレッシャーなのか勃起んこに対して
ちょっと不安を感じております。

ななこ嬢の微妙な変化は本物なのか?ニセモノなのか?
はたまたメルヘン子なのか?俺は自分勝手型なクサレだと確信しております!w
いいですね、秋は。 っーか意味不明w

9/10
今日りえちん帰ってくる日だよな?
カップラーメンとか片付けでおかないとなw
エロ本もしまって置かないと・・・
後は・・・あぁ!振り回したTバックもね、綺麗に畳んでとw
よし!OK!

仕事しますかね。
おぃ!おぃ!
あからさまな睨みは辞めろよ!
二人して睨むなよ!
もう乗せない!絶対イヤ!おじちゃんと暗い人に頼もう!

二本目、俺行きますね?
墨田区からのオーダーです。
指名:りかこ嬢
場所:ラブホ
要望:常連さんです。
いやー、今回もびちょびちょ濡らしですな!なんですか?そのパンツは!
水に入っちゃったんじゃないの?という位の濡れ方ですよ!
さては・・・潮吹きですね!わぁお!いいねぇ!
ぴゅ?って飛ぶのww そう言えばりえは出ないな・・・レッツチャレンジ!

感想:「・・・はい」 といいつつパンツ渡さないで!何気にびちょびちょだと
触るのに躊躇するしw 
潮といわれる物の吹き方というのは個人それぞれ違うみたいですね。
ネットを漁ると何処から出るのかは諸説あるみたいですね?
おしっことは違う液体というのは解ってるみたいですが・・・
何メーターも飛ぶんですかね?俺は小吹き位しか経験したことないですねw
よし!機会があったら聞いてみよう!

さぁ、移籍後俺の車に初乗車ですよ!
江東区からオーダー頂きました。
指名:かよ嬢 不在の為、ゆう嬢
場所:ラブホ
要望:オプションでバイブよろ?
いいですね!大人しい人妻!それにバイブとはなんとも淫靡!
やっぱり「いけませんこんなこと!」とか言いながら濡らしちゃったりしてると
思うと、こりゃまた勃起んきんですがな!

感想:「およっ!貴方がきーちゃんね?覚えたよん!」
なんなんでしょ?俺の噂って・・・
「誰から聞いたんですか?w」
「かのんちゃん」
おまえかよ!実況中継女ですね!チクリ魔ですからね!
今日は風邪引いてるし休みでよかった!

さぁ次いきましょう!次!
足立区からのオーダーです。
指名:夢子嬢
場所:アパート
要望:とにかく抜いて!
おぃ!まじで都営とかいやだって言ってんだろ!
いつもより離れて停車。まじで監視カメラとかついてねぇだろうな?
近くのコンビニで待ちますかね?

さぁ帰ろう。
「ううっ・・・」
おぃ!なに泣いてやがる!なんだよ?どした?何があった?
静かにしておきましょう。またきっと何かあったんでしょう・・・きっとね。
「私・・・辞め様と思います・・・」
あぁ?現実知っちゃった?・・・もしかして辛さ身に染みちゃった?

「いいんですよ、自由です。俺は何も言いませんよ」
「ありがとう、うぅぅ、ありが、うぅ、ごふっごふっ」
はいはい!むせ返らない!
「はい、お疲れ様でした、呑みます?お茶、温かい奴ですけど」
「あったかい・・・うぅぅぅぅ・・・」
おぃおぃ!ドラマじゃねぇんだからさ!頼むよあーた!

精神的に弱い子はやはり身体、心ともに疲労します。
特に、優しすぎる子やすぐ信用したりしちゃう子、つまり騙されやすい子という
ことでしょうか?上辺だけの泣きならすぐ解ります。しかし、本泣きと言いますか
何かがぷっつり切れてしまった時の泣きは震えるような泣きです。
声が出てこない、うっと言ったまま動けないくらいの悲しさというか
こみ上げるもの、それに身体中が反応するまでにしばらくの時間がかかります。
背骨の中、骨の髄から来る様なうめきは聞いているこっちまで具合悪くなりますね。

しかし、泣いているという事柄は無下には出来ないのが男の心情でもあります。
ここをどう上手く付き合っていくのか、難しい問題でもあります。
「さぁ、今日はもう帰りましょう、家は何処ですか?」
送る車内はどんよりと湿っぽいムード。
こういう日もあるんです、こういう子もいるんです。それがこの世界なんです。

しおれて帰ると午前二時。
今日はまだまだ忙しいです。

もう何本目か忘れちゃったw俺バカス
板橋区からのオーダーです。
指名:フリー 要望からひとみ嬢
場所:マンション
要望:水着で今年最後の水遊びしたい!
いやぁ?久々通な方ですな!水遊び!水商売だけに水遊び!あんたすごい!
熟手前のひとみ嬢としっかり水遊びしてくださいよ!粘り気のある水出しちゃって
ちょうだいよ!噴水?なんて・・・はぁ・・・

感想:なんだか解りませんが、水着着て触ったらすぐ発射してしまったらしく
まったくもってお仕事してないようです。
「きーちゃんさん?」
「あっはい・・・」
「またフェラする?ww」

「あぁ!それはやばいっす!」
「もぉ?逃げてばっかりww」
ははは・・・本当はそりゃ出したいですが・・・そうもいかない状況なんでw

そろそろ終わりかな?と暗い人に最後を頼みましたが
ここでオーナーが酔っ払ってご帰還。
「お?お?きーちゃん!呑み行こう!呑みくぞ!」
つーか今まで何してやがった!
倒れそうなオーナーを支えて
「オーナー!呑みすぎっすよww」

「おぉ!きーちゃん!エロい顔してるぞ!りえとなんかあったのか?」
おぃおぃ!大声で言うんじゃない!
「お?い、今居る女全員乗せて呑み行くぞ!」
「おいちゃん!おいちゃん!」
おじちゃんを呼んでるみたいです。
おじちゃんのワゴン車に全員乗せろ!とか拉致命令だしてますw

帰りたい子は早く見えないうちに帰りなさいな!と言うと何人かはこそこそ
と帰り始めます。でも、お腹空いたぁ?とか、呑みたい?とかいう子は
ニコニコで待ってる状態。
「きーちゃんよ!俺の車運転しろよ!」
まじであれはイヤ!速過ぎる、踏むとすぐに100キロ越えるし・・・
「何処行くんですか?この時間だと例の焼肉屋しか無いですよ」
「お?!俺の店だ!いいね焼肉!いこういこう!」
お前相当飲んでんだろ!ん?ちょっと待て、熊の店なの?
焼肉屋のオーナーも熊なの???

え?っと鍵、鍵と・・・どこだっけ?
え?っとこのボタンかな?こりゃ違うがな!
おぉ!かかった!かかった!ぶうぉん!
つーか熊五郎置いてどっかいきたいw

ポチッっとな。
おぉ!オープンカーになったじゃん!
うわぁ?すげーなぁ?これ。ほんとすげぇ?
「おいちゃん!焼肉屋集合なぁ?頼んだぞ!おぅ!早く行こうきーちゃん!」
ぶ?ん。ク?これまじ欲しい。

わいわいがやがや。
わいわいがやがや。
わいわいパリーン!誰だよグラス割ってる奴はぁ!

お前らあんまり呑みすぎんなよ!明日も肉体労働ですよお嬢様たち!
ひとみ嬢・ゆう嬢・あいこ嬢・りかこ嬢・あともろもろ
個室で騒ぐんじゃない!おまえら!おぃ熊五郎!脱ぐな!
暗い人!騒げ!もっと騒げ!

お腹いっぱい!なのはいいんですが・・・
熊五郎寝てるし、おじちゃんは帰る女の子をもう車に乗せてるし、
俺は??熊五郎担当なのかよ!勘弁してよ!
「オーナー!帰りますよ!」起きろや!熊!
「ううぅ?ぃ?」
「おぉきーちゃん、俺今日ここ泊まる、先帰れよっzzzzz」
「オーナー!まじ帰りましょうよ!」
ぐぅ?すぴ?ぐぅ?すぴ?

「ニイサン、オケネ!オーナダイジョブ、ワタシウエツレテク、オケヨ!」
ん?何処の国の人ですかな?
上になんかあるの?指でしきりに上指してるけど??
あっ!焼肉屋の人達の部屋ね、OK!初めてじゃ無いみたいだし・・・
オーナー置いていこうww

「きーちゃん!車乗れない!あと一人乗せてって!」
おぃ!おぃ!人数的にあわねぇじゃねぇか!
おかしいだろ?なんでワゴン1台とおベンツで来たのに
帰り人数増えてんだよ!
ん?おまえかよ!おまえら二人いるから人数あわねぇんじゃねぇかよ!
歩きだ!おまえら歩き!あぁムカツク!
なんでワゴン車の一番後ろで二人で踏ん反り返ってんだよ!

「誰のせますかぁ?」
「え?!きーちゃんと二人!やばそうww」
「おぃ!そういう事いうなww」
「誰も居ないなら帰りますよぉ?」
お前は出てくるな!絶対出てくるな!
ななこ嬢がなんとなく出てきそうな予感・・・まじで勘弁

それを察したのか??誰だ!そんなの察した奴は!
「いえ?い!ななこ乗りなよ?!いえ?い!」
おまえら呑みすぎ!

つーかまじで降りてくる気なの?
「だってななこさん横浜でしょ?俺反対方面だよ?」
「○○区方面居ないの?」
誰も居ないみたい・・・というか俺嫌われ者w
「しょうがないじゃん、きーちゃん!ななこお願いね!」

ガーン・・・
まぁドライブがてら無言でいいよね。でもなぁ・・・
ぶぅおぉん?

「・・・・」俺無音。
「・・・・」相手無音。

・・・30分経過・・・

「・・・・」俺まだ無音。
「やっとだよ!チェ!」
てめー!舌打ちすんじゃねぇ!
「あの?時間作れとか言ってましたよね?」

「あぁ」
「んでなんの用ですか?」
「りえと付き合ってんだろ?オーナーに言うから!」
「あぁ・・・それオーナー知ってますよ」

「なんで知ってんだよ!」
「解りませんけど、オーナー知ってて俺ちゃんと謝って許可というか了承もらいましたし」
「ざけんなよ!」
「言う事はそれだけですか?」

「・・・」
「もう揉めるの辞めましょうよ、仲良くいきましょうよ?」
もう俺、懇願。
「なんでななこさんが俺に敵意向けるかわからないんですよ、説明して下さいよ」
「・・・」
「だってですよ、たかが運転手ですよ?ただ運ぶだけの男ですよ?それを相手に
敵意むき出しって、どう考えても変でしょ?ななこさん程の人が俺相手に、このやろう!
っておかしいですよね?」
よいしょ!よいしょ!よっこいしょ!

いけ!畳み掛けろ!
「・・・」
なんか言えよ!
「んじゃさぁ!あたしとはさぁ、ダメってことなのかよ?」
ダメってなに?良いも悪いも始まってないし!ざけんな!
「ダメっていうのはなんですか?」

「あぁ!もういいよ!うぜんだよ!」
じゃ降りろよ!首都高で高速クルージングしてるそのドアから降りろ!
「では、もうこの件で話するのは終わりにしましょう!」
「・・・ったくよぉ!」
おぃおぃ、何が気に入らないんだい?お嬢ちゃん?
話題を変えましょうww

「ななこさんは食べ物は何が好きなんですか?」
「はぁ?」
まったくもって、くされです!
「俺はですね、焼肉とかお寿司好きですねぇ?甘いものはちょっと苦手ですね」
「・・・」
「ななこさんは好きな食べ物無いんですか?」
「・・・い、いちご・・・」
「おぉ!イチゴですか!美味しいですよね!後はなんですか?」
「・・・パスタ。」
「パスタ??スパゲッティですか?俺は区別つかないんですけどねww」
笑えよ!少しは俺の気持ちにもなれ!

「漫画とかよく見ます?」
「・・・」
「映画とかはどうですか?」
「・・・」
「アクションとかホラーとか、サスペンスとかいろいろあるじゃないですか?」
「・・・」
「あぁ?・・・後、小説とか読みます?」
「・・・」
「うんとぉ?え?っと・・・家にパソコンはあるんですか?」
「・・・う、うん」
「お気に入りのHPとか教えて下さいよ?」
「・・・」
「夜ご飯は主に何食べるんですか?」
「・・・パン」
そろそろ到着です。あぁ?疲れた。融和路線は疲れる。
俺、外交官とかなれるかも!うそです。すいません。

「到着で?す」
俺おちゃらけ。早く降りろ!
「あんさぁ・・・」
「はい?」
「気ぃ使ってくれてあんがと・・・」
「あぁー。まぁ揉めないで仲良くいきましょう!」
ふぅ・・・
なんなんでしょ?こいつは!お花畑にでもいるんですかね?

帰ろう!いくぜぃフルスロットル!ってこれずぅ?っと踏んでると
ずぅ?っとスピード出続ける様な気がするw
そだ!今日はりえちんがご帰還だ!
帰ろう帰ろう!
それ?、びゅ?ん♪俺バカス

9/11
ただいま。りえ?
おーい?何処に居るんだ?
シューー
あっ!シャワーね。ん?何でこんな時間に?
「おーい?りえぴょん?」
「あっお帰りきーちゃん!」
「どしたこんな時間に?」
「ん?かのんちゃんと飲んでたwあの子風邪治ったとか言って超ガンガン呑みだもん
私もうヘロヘロww」

「なんだその尻はww」
「もぅ!見ないで!」
「おっ?なんだその二つのお山は!」
「眠いからあっちいってw」
俺変態親父。

「寝ようよきーちゃん」
「うん、寝よう、俺シャワー浴びるね」
ちんぽゴシゴシ!
お尻もゴシゴシ!
OK!

「じゃじゃーん!ww」
「おぉ!」
「見て見て!きーちゃん!」
ゴクリ。
「まだ高校生に見える?」
「う・・・うん!」

「そうやってエロい目でみないの!ww」
「ちょ!ちょ!ちょっとこっちこい!」
「や?だw!」
ブレザーいいじゃん!いいじゃん!なに?そのハイソックスは!
「お願いだからこっちきてw」
「だ?め!w絶対エッチな事するもん!鼻息はぁはぁ言ってるぞエロ小僧!w」
だぁ!悟られてる!
もっとエロオーラを抑えなくてはいけないな。

「はい!終了?w」
「ちょ!まって!wなにそれw」
「えっ?エッチする為に着たんじゃないのwまったくもぉ?」
「うぅ・・・」
「泣かないのw、また着てあげるから!」
「ほんと?ほんと?」
俺・・・自分で書いててこんなに恥ずかしいことは無いw

「はい、はい、約束!寝るよきーちゃん!」
「うん。」
「いじけないの!wまったく単純なんだからぁ?お楽しみは取っておくものよw」
「ガンバル!」
「はいはい、じゃキスして寝ようね?エロ小僧ちゃんww」

グゥ・・・zz
グゥ・・・zzz
グゥ・・・zzzz

重たい!誰だごらぁ!人のお腹に足乗せてるやつは!
どけどけ!いてぇんだよ!
おっ!二つの小山に小さなボタンが!w
ポチっとな・・・「うぅん」
おぉ!んな事して場合か?りえ!起きろ!バイト時間だろ?
「あぁ!遅刻だよ!なんできーちゃん起こしてくんないのよ!」
「おぃww」
「あっ!あっ!間に合わないじゃ?ん」
「りえいつ休み?」
「う?んと・・・13日休みだよ」
「OK!俺も休むよ」
「おっけ?お楽しみはこれからよん?w」

「いってら?しゃい」
「うん、じゃね」

も少し寝ようっと。

グゥ・・・zz
グゥ・・・zzz
グゥ・・・zzzz

だぁ!遅刻だ!遅刻!
そだ!俺オーナーの車なんだ!いけいいけい!
飛ばせ飛ばせぇい!どけぃ愚民ども!
愚民の俺がお通りですよ!

お疲れ様です。おはよう御座います。
んだよ早速お電話。
「はいはい?」
「あの?求人見たんですけど面接って終っちゃいました?」
「あぁ?昼の部の方ですか?夜のほうですか?」
「昼です。」
「あぁ・・・明日でいいですか?」
「かまいません。」
「じゃぁ○○駅の前の○○という喫茶店で午後3時に履歴書をご持参で」
「はい・・おねがいします。」

もう電話かかってきたの?早いな!
この後求人広告のお陰なのか10人以上から電話かかってきまして
中には口の聞き方も知らないような男からも電話がありました。
「はいはい?」
「あんさぁ、求人みたんっすけど!いくらもらえるんすか?」
ガチャ。こんな野郎はこっちから願い下げです。

「はいはい?」
「あの?求人を拝見したんですが、お店番という事で、50過ぎですが宜しいですか?」
という男性。OKです!こういう方に来て欲しかったんです。

「はいはい?」
「年齢42なんですが・・・35位に見られます、一度面接いいですか?」
う?ん。こういうのっていいのかな?
いいんだよな?雇用機会均等法??知るか!!

「はいはい?」
「借金返したいんで、働きたいんですぅ?歳は25ですぅ?」
絶対嘘!25のやつがわざとそんな語尾延ばして話さないもんね!
でも会うだけなら・・・OK!

こんな電話ばっかり受けてたら、午後3時に5人も集まっちまいましてw
これはやばいんじゃないか?と・・・それとですね
初心者は実技講習あり!と言いたい所ですが、さすがにそれは出来ませんので
エロ経験でも聞いてしっかり萌え萌えしたいと思います!

オーナーいきなり現われんなよ!
「きーちゃんひどいなぁ?おいてっちゃうんだもんなぁ?俺のことw」
「いや、いや、焼肉屋のお姉さんがワタシウエツレテク、シンパイナイとか言ってましたよ」
「そうか?俺あの後朝まであそこだったよw」
「そりゃひでぇw」

「それよか、名前決まったか?」
「それが・・・面接申し込みばかりでして、名前のほうはまだぁ」
「店はね、○○区のあの通りの事務所件待機で作っておいたから」
「えっ?早いっすね!」
「名前は・・・よし俺が決めとくな」
「面接は任せたよ、金銭関係の書類はあとで渡すから」
「は?い」
「これ鍵、今行って来いよ、簡単な店というか事務所というかよ、そんな感じだよw」

だいたいですよ?そのビルの貸主の許可を取ることとかしたんですかね?熊ちゃん?
ぶうぉん!キキー!おぃおぃ軽くホイルスピンするなよ!
でも全然怖くないんだねぇ?こういう車はwいや?ドイツ人すごい!

どれどれ、熊が用意してくれた事務所でも見ますかね。
なんだよwビルオーナー熊かよ!金もってんなぁ?
ガチャ
う?ん、しょぼい。
まぁ、文句言えないでしょう、俺金一銭も出してねぇし・・・

一通り見回すと、小さいキッチン、トイレ、シャワー室は後付けの簡易型のものが1つ。
いーのか?こんなのつけて?
受付のカウンターはドア開けた目の前。待機室というか俺の仮眠室みたいな部屋が
8畳程度で1つ、あとは倉庫みたいな小さい部屋が1つ、すべてオートエアコン付きで
とっても環境はGOOD!でも壁紙とか天井とかは張替えしないとタバコのヤニで黄色く
変色。次回はここを面接場所に使おう!

倉庫からテーブルや汚いイスを出してきて一応掃除。
すると電話が・・・「はいはい?」
「お?きーちゃん?事務所どう?」
「いいっす!いいっすよ!オーナー!」
「明日看板つけるから、それと許可証も貼るし、あとHPは暗い人に頼んどいたよ」
「あぁ、有難う御座います」
熊五郎まで暗い人と呼ぶ彼は・・・パソコンの達人なのかいな?

「あと、明日パソコンそこに入れるから、それとカメラね、それと・・・まぁいいや」
「はい、よろしくお願いします」

まずはイスに座って一服してみる。
俺店長?・・・信じられん。話がうますぎないか?でもチャンスだよね?
でも?でも?でも?・・・

プルルルル♪
「はいはい?」
「あの、面接はまだ行ってますか?」
「やってますよ」
「昼の方で、働きたいんですけど・・・」
「いいですよ、では・・・5時に」とこの事務所を告げる。

その後、一日15人から電話ですべてこの事務所へ連れてこさせる。
その前に喫茶店いかなきゃ!やばぁ?

ん?精神的におかしくなってきた。
テーブルに突っ伏してるといつのまにかうとうと・・・
なんかマイクの音で目が覚める!
「ベンツの運転手さん、ここは停車禁止区域です、すみやかに移動してください!」
おぉ!俺のだ!(俺のではないw)

はいはい!今行きますよ!今!
チョーク引くんじゃねぇ!落ちねぇんだよそれ!
ひとまず帰ろう。車では5分?10分位なので、何か忘れ物でも
打ち合わせでも大丈夫だとは思うんですが、一人でやらなきゃ!とか
考えると、肩に重りが乗ったようなそんな気分です。

おこぼれ仕事も見つからず、オーナーとじっくり打ち合わせ。
熊何気に真剣。俺も何気に真剣。こんな二人見たこと無いと
女の子達に言われるほど真剣。

夕暮れ過ぎてお腹がそろそろペコペコになるころにオーナーが
「飯でも食いにいくかな?」
「あぁ?いいですね、でも急にデリ入ると人居なくなるんで俺残ってますよ」
「いいって!3人も居るんだからなんとかなるよw」
「そうっすかぁ?オーナーが良いなら構いませんよ」

洒落たバー。俺にはムリww
「いらっしゃいませ」 おぉ!なんかいい感じじゃんよぉ!
かわいいお姉さんが黒服着てるってとってもGOODじゃんよぉ!
「いつもの」
なにがいつものだよ熊!「あっ、俺・・・クランベリージュースで」
「ん?きーちゃん洒落てんなww」
まて!飯じゃねぇじゃねぇか!

オーナーの年齢は詳しくは知りません。50代もしくは40代後半だと思います。
しかしながらなんとなく背負ってる物といいますか、感じるものは「寂しさ」です。
何か心の中にあるのでしょうか?俺に話したのはその一部なのかもしれません。
しばらく飲んで、すきっ腹に酒がジワリと染みてくる頃・・・

「俺よ、若い頃やっぱり馬鹿でよ、早くに結婚してよぉ?20だぜ20!
まぁ出来ちまったんだけどなww、息子丁度生きてたらきーちゃん位の歳かな?
25.6って感じなんだよ。」
おぃおぃ!重たすぎる過去を俺にいうなよ!勘弁してよ!

「んでな、息子がよ、17.8の頃離婚してな、向こう側に居たんだけどさぁ
夏休みの日によぉバイクで事故っちゃってね・・・死んじまってさ・・・」
つーか、俺息子しらんし!身の上相談はもにもんたにでも任せろよ!

「親が土地もってたし、不動産屋だったからよ、金にはそんなに困らなかったけど
なんか物足りなくてよ、友達にデリやんない?と言われて手を出したわけ、
でもよ、意外にもうからねぇもんなんだよなww」
その儲からない店を俺にやれとあんたは言うのですかいな?

「そんな、こんなでよ、俺、きーちゃんみてると息子みたいな感じがしてよ?
まぁ?思われてるお前のほうは迷惑だと思うだろうけどなww」
えぇ。迷惑ですよwwこっちはシラフだぞ!

「息子と仕事すんの俺の夢でよ、きーちゃんもよ、礼儀正しいやつだしよ
店でもリーダー格でやってるし、俺嬉しいんだよ!わかるか俺の気持ち」
わかりません!まるっきり解りたくないです!
「えぇ・・・わかります」 うは!俺みのもんた!

「要はよ、いいてぇ事はよ、おれぇぁ息子みたいに思ってるってことだよ!」
「こちらこそ、よろしくお願いします。」

この後は、馬鹿話で、デリの女の子と何回エッチしたとか
誰と誰はヤバイとか、あの女は気に入らんとか、あいつは臭いとかww
それ以降この日はその話は出ませんでした。

なんで熊五郎がそんなに俺に関わるのか?それをちょっと垣間見た様な
気がします。かといって車買ってよパパァ?んという訳にも行きませんので
これはこれで一線を引かないと・・・と改めて感じた一日でした。

あっ!俺今日仕事してねぇじゃん!

ただいまん!り?りえちん?
「おかえり?」
「おぃ、こんな時間まで起きてるなよ」
「う?ん、眠れないww」
「なんで?」

「わかんないけどw」
「身体が疼いちゃってるんじゃないのぉ?」
「でた!すぐそれに結びつけるエロ小僧w!」
「俺フロはいるっすよ?」
「一緒にはいろっか?」
「うん、うん!」
「はい、はい!鼻息荒いよw」

狭いんだよ!向こういけ!
泡をつけるんじゃない!
「胸触らない!w」
「えぇ?い?じゃん?」
「お尻もダメ!明日我慢すれば休みでしょ?」
「うん、がまんする!」
「よし、よしw 私だってね・・・それは、したいとおもうけ・・・どぉ」

どうも女の子というのは、きっちり揃っていないとダメなんですかね?w
さぁ寝ましょう。
でもね、仕事ってどの仕事も難しいねぇ?
あまりに考えてたらEDになっちまいますよ!

9/12
おはよう!ドス!ドス!いたたた!
俺の寝顔をデジカメで撮るのはやめなさい!
憶えてろよ?ハメ撮りしてやる!エロい顔接写してやるからなw

いつも通りも少し寝る。
さて、面接日ですよ!緊張しますよ!すごい緊張具合ですよ!
ちんぽなんて立ちませんよ!胃壁が剥がれてるっすよ!

喫茶店。だから俺を見るんじゃない!会釈もしなくて良い!
客だ!俺は!知り合いじゃない!

何件目?。
源氏名:本人希望の源氏名(英語不可!!)フェンディとか抜かす奴は即却下!
年代:自称もしくは推測。履歴書持参の場合は年齢。
容姿:判定基準↓
俺基準値なんて偉そうなこと書いてますがw俺基準値は相当低いです!

この場合は、トーク・スタイル・フェイス・オーラ・エネルギーが俺基準値未満を示す。よって却下。
★★
この場合は上記5つのカテゴリーが俺基準値ライン上を示す。よって保留。
★★★
この場合は同じく俺基準値を軽く上回ってる状態。よって仮採用。様子見。
★★★★
この場合は俺基準値を大幅に上回ってることを示す。よって本採用。
★★★★★
この場合は俺基準値の予測を上回るエロを検知した場合のみ。こちらから来てほしいと思う人物。

メルヘン子・思い込みな子・お花畑とか見えちゃう子。選考外。

志望動機:借金返済・暇つぶし・エッチ好き等の志望理由。

俺流:どういう路線で売り込んで行くかwというか売れるか売れないのか?という俺流判断。

さぁさぁ!いきましょう面接!金ばっかりのやつは即お帰り頂きますw
と言ってもやっぱりお金だもんね、その辺はトータルで!

3時10分。コーシー美味い!エスプレッシ頂戴!ソだよな?w
一件目。
源氏名:みなこ嬢
年代:自称26
容姿:★★★
志望動機:前にも違うお店にいたんでぇ?
俺流:まぁいいでしょう。というか慣れた子をリーダー格として採用するのも良いでしょう。
顔もそれなりですし、少々ケバイですが、男受けする顔だと思います。

二件目。3時50分あぁ?三件目と四件目が来ちゃってるね。急いでやろうね。
源氏名:アロマ嬢
年代:自称22
容姿:★
志望動機:借金返済
俺流:アウト!w まじでデブいらんから!冷たいようだけど俺いま真剣なの!

三件目。4時10分
源氏名:さおり嬢
年代:推定25?
容姿:★★★★
志望動機:新しい車が欲しいんですぅ?
俺流:顔がとにかくエロい。少々厚ぼったい唇はグロスでいいてかり具合。背は小さいが
抱き心地良さそうな感じ。眉毛とかしっかりお手入れしてるんで、今後も期待!

四件目。4時40分
源氏名:かおり嬢
年代:26
容姿★★★
志望動機:夜はスナックで働いてるんで、その合間にでも・・・
俺流:副業としてやってもらうのは大いにかまいません。OKですよ!しかしです、スナックと
同様の酒ついでりゃいいじゃん的な感覚が垣間見えます。まずは仮で・・・きっと辞めるだろうなぁ

五件目。あぁ!やばい事務所行かなきゃ!
すいませんね。ちょっと一緒に来てもらえますかね?

ではでは事務所に移動しまして五件目行きましょう。
ここなら時間気にしなくていいですから。
五件目。
源氏名:なし!おじちゃん
年齢:62 大手食品会社定年退職
容姿:wwおじちゃん
志望動機:家でのんびりもねぇ?
俺流:車の運転は関係ないので店番を頼みたいと思うんですがと聞いたところ
是非やらせて欲しいとの事。会社では営業だったので電話対応は大丈夫と自信を示す。

六件目。
源氏名:なし!お兄さん。
年齢:24 フリーター
容姿:今風w
志望動機:そろそろ働かないと・・・
俺流:今風の彼はカッコイイですね、働かないとという意思を汲んで上げたいのですが
電話対応は?したことないです。との事。面接にヨシノヤの豚丼下げて来られてもねぇ?

七件目。
源氏名:あきな嬢
年代:35
容姿:★★★★
志望動機:家に居てもつまらないw
俺流:結婚後家に居てもつまらなくなりデリ志願。しかし旦那が帰る時間には居ないと
いけないという理由から一度はデリ退職。エロ人妻としての利用価値は高いかも?

八件目。
源氏名:ゆうき嬢
年代:推定40
容姿:★★★
志望動機:暇なんで・・・パチスロしてもするだけだし・・・
俺流:自分では35歳といっているが、手の張りを見ても35には見えない。まぁ嘘つくのは
何処も同じですからねwまぁ・・・仮という事で。

九件目。
源氏名:さとみ嬢
年代:自称36
容姿:★★★
志望動機:借金返済
俺流:まぁ年齢はいいとしましょうw でもね、なんかこう暗いんだよね。もっとこうもう少し
明るい服とか着てくれば良いのに、喪服??いかんよ!

十件目。
源氏名:ふじこ嬢 なめてんのか?おぃ!
年代:自称38
容姿:☆
志望動機:い?っぱいHしたい淫乱女なんですぅ?
俺流:メルヘンいっぱい夢一杯!楽して金貰おうなんざふざけるな!やらせれば勝ち!
みたいな態度は気に入りません!せめて、お客様次第ではあれも・・・もれも・・・とかなら
分りますが、過去自慢と現状とのギャップがありすぎる、何がミス日本だよ!

十一件目。
源氏名:りんか嬢 芸能人の真似は関心しませんなw
年代:28
容姿:★★★★
志望動機:欲しいバッグがあるんです!
俺流:うむ。たしかに芸能人には似ている気がする。それも俺の好きな部類に!
いいかも・・・ 胸はぺちゃんこだけど、背は高く、痩せ型。ジーンズが似合うね!

十二件目。
源氏名:なし!おじちゃん
年代:65
容姿:おじちゃんww
志望動機:まだまだ働けます!前職は大手車両販売会社勤務
俺流:自分を売り込むセールストークはたいしたものでした、俺タジタジだしw
こんな仕事ですよ?と説明すると、いろんな事してみたい!との事。お金関係なく
やらせて欲しい!と熱心なご様子。女の子には触らないように!

十三件目。
源氏名:未定
年代:38
容姿:★★★★★!!きました★5個!!
志望動機:なにかとお金がかかって・・・
俺流:面接時の座る仕草で採用決定!男心をこちょこちょしてくれる人妻です。
得意はフェラ、性感帯は全身というこの方。キスだけで逝った男がいるという武勇伝の
持ち主です。まぁあんまり赤裸々に語られてもねぇ?w俺やるわけじゃねぇし!

あぁ?だんだん疲れてきたww十四件目からは簡単に。
十四件目。★  う?ん、勘違いはいけませんよ!貴方は決してモテル顔では無いし、
素晴しい容姿でもないです。それなのに、150人とやった!とか嘘言わないように!
十五件目。★★  若いです。やる気は買うのですが、すぐ金は?それはいくらなの?
本番は?フェラだといくら?う?ん、辞めときましょう。
十六件目。★  元モデル?嘘も大概にしろや!ごらぁ!どこにそんな丸太みたいな
モデルが居るんだよ!嘘つくな!却下!却下!
十七件目。★★★★  お?ぅ。前四件ぜんぶ化物だったから、思わず綺麗に見えて
しまったじゃないか?w 茶髪の人妻?ヤンママですな。まぁ好きな人もいるでしょう?

・・・
今日は17件。
明後日にしよう!
こんなに反響ってあるもんなんですかね?
面接中にも電話、電話、電話で大変ですよ。
ちょい休憩!寝る!うとうとととととと。

はぁ・・・
プルルルル♪
「あっ?きーちゃん?」
「はい!」
「今人居ないんだよ、一件手伝ってくれる?」
「いいっすよ!今行きます!」

久々のお仕事です。
おぃおぃ!明日まで身体持ちませんよ!
「ここね!」
「はいよ?」

指名:フリー 
場所:ラブホ
要望:おもっきりエッチな事したい!
だぁ!厨房が!なにがエッチなことしたい!だよ!この早漏やろう!
おっとっと。これはお客様にいう言葉ではありませんねw
さて、運ぶのは・・・お前かよ!

いやだ!ななこ嬢いや!もういやなの!俺イジケ気味・・・
だれか嫌がらせしてんだろう!おかしいじゃねぇか!
まぁ仕方ないか・・・

はいはい、行きますかね。
車内無音。
「あぁ?ここです、ここの202号室です」
「うん、ありがと」

ん??
えっ??
ありがと???
何処でそんな言葉覚えたんだ?
背中のフロッピーでも交換したか?「最低限の言葉使い」とかに?w

感想:「あぁ?疲れた、もう眠いな」
なにそれ!なに?なにそのかわいい言い方!おかしいって!
「お疲れ様でした。」
「あの・・・」
「はい?」
「いや、なんでもない」

おぃおぃ!どうしちまったんだ?
一昨日までおかしなやろうだったじゃないか?
なにその仕草??
「あの・・・」
「はい?」
「新しい店って求人募集してんの?」
「えぇ、今のところしてますよ」
「今の店から誰か連れてくの?」
「それはないですね?昼組の人が少ないので新たにこっちに店構えて
完全に分割しちゃおうってのがオーナーの考えです。」

「そう・・・あたし行ってもいいの?」
なにそれ!お前くんな!くされめ!お前来たらうまく行くものも上手くいかなくなる!
「オーナー次第じゃないですか?」
「あと・・・」
「はい?」
「りえに謝っといて・・・」

「ん?自分で謝った方が印象良いですよ。」
「あぁ・・・あたしそういうのわからないから・・・世間というかルールというか・・・」
どうしちゃったのよ?
え?おかしいじゃないの!人は変われるの?それにしてもおかしいよ!
絶対おかしい!人としておかしい!

「あと・・・」
「はい?」
いっぺんに言え!っんだよ!
「甘いものは好き・・・かも・・・」
はぁ?
好きかもだぁ?はっきりしろや!
「あははははぁ?そうですかぁ?俺はプリン好きですよ!」
俺壊れてる。

ったくなにデレってんだよ!お前の怖さはその奥にある!
これで仮にですよ!仮にいっぱいいっぱい根元までずっぽり嵌めたひにゃあーた!
鬼首取子で大騒ぎですよ!子供出来た!とか平気で言いかねません!
到着!到着!はやく降りろ!次載せるから早く降りろ!
「あの・・・」
「はい?」
「仲良く出来るよね?」

ガーン・・・俺仲良くするの?
こいつと?こいつよ?こんなやつよ?人を人と思わないようなやつよ?
むりっしょ!
「まぁ・・・段々と・・・」俺へタレ。

あぁ・・・疲れた。
休憩中!
次行こう!次!

プルルルル♪プルルルル♪
「はいはい?」
「きーちゃん!」
「おぅ!りえちん!」
「なにそれ?えっ?なに?」
「えっ?なにが?なに?」

「なに?なによ!」
「はぁ?なんだ?どしたりえ?」
「ななこから電話あったじゃないよ!」
「しらんよそんなの!」

「仲良くして欲しいって、きーちゃんから和解しようって言われたって!なんで私に電話?」
「なんなんだよそれ!」
「なによもぅ!浮気者!裏切り者!裏でななこと付き合ってんでしょ!もういい!」
「おぃ、ちょっと待て!早まるな!俺の話を聞け!」
「聞かない!もう帰る!きーちゃんの馬鹿!」

「ちょ!」ガチャ・・・
だぁ?!てめー!なんて事しやがる!責任取れ!
なんて電話したんだよ!電話口で何言ったんだ?

かけなきゃ!
「もしも?し!」
「なによ!」
「俺の話を聞いてくれ!」
「もう聞かない!もう帰るんだから!」
「じゃぁ聞かなくていい、聞き流してるだけでただ、電話口に居てくれるだけでいいから!」

「あのね、ななこ嬢とはね、前から揉めてたの。んでね、揉めててみんなの前でも喧嘩売る
事が増えてきてね、これじゃ他の女の子にも悪い影響があるから、仲良くしないとという以前に
なんで揉めてるのか、考えましょうよと言ったの!そしたら、前に俺とりえが一緒に居るのを
知っててりえに夜遅く電話かけたことをね、聞いてるよね?謝りたいと言って来た訳。
それで、俺からいうよりは自分から謝った方がイイですよ!と告げたわけ。それで彼女が
電話したんだと思う。それだけだよ!」

「うん。わかった・・・」
「別に彼女とは何も無いし、りえから言われてるから避けて通ってるの!」
「だってさ、だってさ」泣くなよ頼むからハニー!

「だってね、ななこね、きーちゃんが私の事好きだから仲良くして欲しいとか言ったって
いうんだよ、それでね、それでね、甘いものは何が好きなの?とか親しく聞いてきて
きーちゃんの方からアプローチかけてきたっていうんだもん!」

「ちょwww、おぃ!しっかりしろ!」
「してるもん!」
「そんな事でいじけてると、明日お仕置きだかんなw」
「ふんだ!エロ小僧!やれるものならやってみろ!」
「あっ!言ったな!じゃぁお仕置きする!」
「りえが、して欲しいのぉとか言うと思ってんでしょ?」
「言わせる!」
「けっ!wエロ小僧!返り討ちだね!」

「まて、まて!もう彼女とは関わらないから心配ない、電話あっても出なきゃいい、だから
もう少し待っててくれよ、頼むから」
「うん、まってる・・・グスッ」 泣くな!
「私さ、私・・・すぐさ、やきもち妬いちゃうからさ・・・ごめんきーちゃん。」
「いいって!それより明日何処行くか決めとくんだぞ!」
「うん、選んでる」
「じゃな」
「うん、気をつけてね」

さて、もう一件いこう。
何件目なのか最近全然把握出来てない。バカス
指名:エロイ子二人。3Pしたい
場所:一軒家
要望:3人でエロイ事したい。出来れば若い子で。
おっ!久々3P注文ですよ!それもDQN生産国足立区より。
余ってるのは・・・
あきの嬢とさくらこ嬢ね、新人二人!がんばって!

感想:俺は何も言わんよ!
だっておかしいだろ?二人で行って、なんで一人は本番かまして
一人は泣いて帰って来るんだよ!
なんなんだよお前達は!何を!何をしておるのかね!
貴様らはまったく精神という物がなっとらんよ!

あぁ・・・疲れた。
さて帰ろうかね?
ん?電話?
「きーちゃん?」
「あぁオーナーどうも」
「面接順調?」
「明日休ませて頂いて、明後日14日には決めようと思います。」
「そうか!じゃ16日でいいね」
「はい。お願いします」

「店名決まったww○○○○でどうだ?」
まじかよ!
「え?っあっ・・・」
「イヤか?」
「そんな事ないっす!OKっす!」
「それで看板作ってっからよw」
なんだよ!最初から決まってたんじゃねぇか!

「よろしくです。」
「じゃぁ明後日な!」
「はい」

おぃおぃ!ついにオープンまで来てしまいましたよ!
やばいですよ!やばいですよ!
俺の心にはすごいプレッシャーですよ!
ん?
その前にりえちんにお仕置きしようwさてと、いろいろ道具を持ってとwww
ぐふふふふ♪憶えとけよぉ?あぁ!想像しただけでもう勃起んりんこですよ!

最近プレッシャーのほかにどうも疲れると思ったら
昔に比べて日記の内容が大幅に変わってますねww
それも長くなってる!それだけまわりが見えてるという事でしょうけれど
厳しいですね。明日からは短めにww

精力剤2

姉はいわゆる鮫肌で、オマンコが変な形なのも、きっとそのせいだと思った。
それでも大陰唇を開いてみると、薄ピンク色の小陰唇が現れ、小さなクリトリス
が見えた。
そして膣口に軽く指を当てると、しっとりしていて、姉が一瞬感じたように震えた。
オマンコの形にもいろいろあるのだろうと思うと、俺はますますオマンコが不思議
に思え、興奮し、チンコを激しく擦った。
そして、思い切って姉のオマンコを舐めてみた。というかキスする感触を味わいた
かった。
「イヤ、舐めないで」

姉も感じているようだ。次第に愛液が出てきた。
ここでまた変だと思ったのは、愛液の味というか匂いだ。
妙に酸っぱい感じで、サラサラした水っぽい液だった。
オシッコかとも思った。
いすれにしても俺は興奮して、もうしばらくしたら射精する気がした。
「出るかも」
俺は立ち上がって、姉の口にチンコを近づけた。
姉は脚を降ろして、目を瞑ってチンコを咥えた。
ほどなく射精したくなり、口の中へ2度目の射精をした。

「う、うう」
姉は小さくうなった。
そしてチンコを咥えたまま、尿道を絞るようにして、精液を口に入れた。
チンコから口を離し、精液を飲み込むと、
「ありがとう」
と、姉は言った。
「あ、いや別に…。ん、じゃ、もういいかな。俺、寝るよ」
俺がそう言ってパジャマを上げると、姉もパンティとパジャマを履いた。
「明日もお願いしていい?」
姉が聞いた。翌日は彼女とデートの約束があった。

「明日は彼女とデートでさ…」
たいていは、ラブホでHまでするから、その分を残しておきたいし、帰りも遅い。
「そう。じゃ、仕方ないね」
姉はあっさりと答えた。
「でも、出かける前でいいんなら、OKだけど」
「ホント? じゃ、お願い」
俺は彼女とのHで長持ちさせるため、デートの朝にわざとオナニーする事がある。
だから平気だと思った。むしろ、それより姉が朝起きているか疑問だった。
俺が寝た後も、仕事をしていた様子だったからだ。

「起きて」
目を覚ますと、姉は俺を揺すっていた。時計を見ると9時過ぎだ。
姉が何でわざわざ俺を起こしに来たかは、分かっていた。
だから俺は直ぐに布団をはいだ。
「出るかなぁ……」
そう言いながら、パジャマをめくってチンコを出した。朝勃ちしていた。
「すっごい、おもいっきし勃ってるじゃん」
姉は期待するように、ベッドの横に膝立ちになった。
(女には普通の勃起と朝勃ちの区別はつかないか……)

なんて思いつつ、軽くチンコを擦った。姉はさっそくチンコを咥えた。
最初は朝勃ちだったが、次第に興奮してきた。
姉も手を添えて、手コキをしてくれたが、ちょっと勢いが強く、昨日から何度も
無理にシゴいているので痛かった。
「いい。自分でやる」
姉は頭を上げ、俺がチンコを擦るのを見ていた。
「昨日は遅かったんだ?」
「うん。お陰で…」
「ああ、よく起きれるね。仕事はどう?」

などと、会話をしていたが、気が付くと、チンコがフニャフニャになっていた。
眠かったし、やっぱり朝勃ちだったせいだ。
俺は何とか勃起させようと、チンコの根元を押さえつけたり、股の下
(女のオマンコがあるあたり)のツボを押したりしたが、半勃ちしかしない。
「ダメ? 出ない?」
姉は言った。俺はせっかくだから、何とか射精したかった。
「また、アソコ見たら勃つかも」
俺がそう言うと、姉は立ち上がり、パジャマとパンティを脱いだ。

姉の陰部が現れた。姉は少しがに股になり、両手でオマンコを開いて、俺の顔に
近づけた。
「これでどう?」
俺はベッドに横になりながら、首を横に向けてオマンコを見ながらチンコを擦った。
姉のオマンコはピッタリ閉じていて、大陰唇しか見えないが、それでも興奮してきた。
俺は思わず手を伸ばして、オマンコに触れてみた。
指先で膣口を探そうとした。ちょっとシットリしていた。
「イヤ! 触らないで!」
姉は俺の手を掴んで跳ね除けた。
「ごめん!」

俺は急に姉に拒絶されて戸惑った。姉は俺の手の先を見ながら、
「痛いんだよ…、急に…。爪伸びてない? それに、どうでもいいけど、この姿勢、
 疲れるんだけど」
と言った。確かにがに股の姿勢は疲れそうだ。
「うん。じゃあ、いいよ、もう。出そうだから」
姉は下半身をあらわにしたままかがんで、チンコに顔を近づけた。
昨日は気がつかなかったが、姉の尻には「できもの」がいっぱいあった。
俺と違って姉は小さい頃から偏食が激しい。

アレルギーって程ではないが「食べると腹痛がする」とか言って、食べないものも多い。
逆にザーメンが好きなのも、その延長かも知れない。
「クション! クション! ごめん。もう着ていい?」
寒かったのか、姉は続けざまにくしゃみをした。
「うん」
姉は、鼻水をすすりながらパジャマを履いた。ちょうど射精したくなってきた。
「出そう」
姉はチンコを咥えた。慌てたのか、歯が当たった。
そのせいで萎えかかったが、精神を集中してチンコを擦ると、射精したくなった。

「出る」
いつもだったら我慢できるけど、その時はあっけなく力が抜け、射精してしまった。
1回「ドク」っとしただけの、ほんの少しの射精だった。
ひょっとしたら、出てないかも知れないと思った程だ。
「ごめん。ちょっとしか出なかった。ごめん」
俺はさかんに謝った。姉は首を横に振った。
口をモゴモゴしていたので、少しは精液が出たようだ。
そしてそれをゴクンと飲み込むと、
「ううん。べつにいいよ。ありがと。こっちこそゴメンね」
と言った。

「もう1回、出そうか?」
俺は、もっと出ると思ってたから、姉にすまない気分だった。
それでチンコを擦って勃起させようとした。
「ほんと? じゃ、もう1回だけ。ごめんね」
姉は手を合わせて、すまなそうな顔で頼んだ。彼女とのデート前だけど、
「食欲は食事とともに現れる」ということわざがあって、同じように彼女のオマンコ
を見れば、いくらでも性欲は出ると思った。
それにHはデートの最後だから、時間も開く。
だから今は出せるだけ、姉に出してしまおうと思った。
結局、すぐには無理なので、出かける前に出せれば出す約束をした

俺は出かける準備をした。その頃、姉は部屋で仕事をしていたようだ。
かすかにキーを叩く音が聞こえてきた。気が付くと、出かける時間が迫っていた。
姉との約束を計算に入れてなかったせいだ。
手早く出さないとデートに遅刻してしまう。でも、全然「ヤリたい」という気持ちは
無かったから、射精は時間がかかりそう。
それで俺はパソコンを立ち上げ、保存してあるエロ画像を見て、「準備運動」をした。
適当に勃起したところで、姉の部屋に行った。ノックをしたが返事がない。

そっとドアを開けると、姉はヘッドホンをしながら仕事をしていた。
俺の気配に気づくと、ちらっと時計を見た。
「あ、もう出かけるんだ……。平気? 出る?」
もちろん精液の事だ。
「うん、大丈夫。それより時間が無いから、早く」
俺はチンコを出した。早くも、萎え始めていたから、懸命にチンコを擦った。
姉も指先で亀頭を撫でたり、少し前かがみになって、チンコを咥えて協力してくれた。
勃起はしてきたが、射精は無理そうだ。
時計を見ると、駅へのバスが発車する時刻だ。デートへの遅刻が決定した。

「バス、何分なの?」
俺が時計を見たので姉も気になったようだ。
「たった今、行っちゃった」
「えー! ごめんね。こんなのいいから、早く行きなよ」
姉はそう言ったが、次のバスは20分後だし、どうせ遅刻ならとにかく姉との約束
だけでも果たそうと思った。
「いいよ。とにかく出すよ」
俺はチンコを擦り続けた。
「じゃあ、まずは電話だけでもしときな。ね」
姉に促されて、俺は携帯で彼女に電話をした。
『モシモシ、○○? ちょっとゴメン………』

電話してる間も、下半身では姉はチンコを擦ったり咥えたりしていた。
電話の向こうの彼女は、まさか俺が、姉がこんな事してるとは想像もつかないだろう
と思った。
でも、彼女への後ろめたさは無かった。
今はとにかく、姉に精液を飲ませる事に集中していた。
『………それじゃ、後でね』
俺は電話を切った。右手が使えるようになったので、また自分でチンコを擦った。
「ごめんね。悪いお姉さんがカノジョの分まで、吸い取っちゃって、おまけに遅刻
 までさせて」
「いいよ、どうせ2、3時間すれば、また溜まるから」

姉は、俺の彼女に対して後ろめたさがあったようだ。
それは女同士の感情なんだと思う。
そんなふうにリラックスして会話をしていたら、逆に興奮してきた。
「出そう」
姉はチンコを咥えた。俺はフィニッシュに向けて、小刻みにチンコを擦り、また姉の
口の中で少しだけの射精をした。
「ああ」
快感だったわけじゃないが、声が出た。疲れたからだと思う。
脚の力が抜けて、少しよろけた。
でも姉は元気で、すぐに立ち上がり、
「駅まで送るよ」
と言って着替え始めた。

次のバスには間に合う時間だけど、送ってもらえば早い電車に乗れるかもしれない。
ちなみに、姉の着替えを見るのは初めてだけど、性欲が満たされ過ぎた状態では、
なんとも思わなかった。
姉もそれを知っていたから、遠慮なく着替えたのかもしれない。
姉の運転する車で、駅に向かった。
「仕事、どう?」
俺は話し掛けた。
「うん。進んでる。いっぱい飲ませてもらったおかげ」
「あれって…、おいしい?」
「おいしくはないけど………、薬だよね。一種の」
「ふーん」

そこで一旦話は終わった。しばらくして、今度は姉が話し掛けてきた。
「あのさ、出すのって、加減できないの?」
「え?」
「できればいいのに。男のアソコって、よくわかんないんだけど、
『いっぱい出すゾー』とか、『出すのやめとこー』とかって」
「ハハハ。できたらいいね」
「そうだよねー。避妊しなくて済むしね」
「あー、そうか」
俺は、姉が精液を自由に飲みたいから言ってるんだと思ったが、姉の意見は
女らしく、もっともだと思った。
「うん…。実は、気持ちいいと、自然といっぱい出ちゃうんだよね。だから
 好きな子が相手だと、かえって出るんだよね」
俺は続けた。これには姉が感心した。
「あー、そうか。そうやって、愛する人はゼッタイ妊娠させるわけ。
 よくできてるね、本能って。お姉ちゃんに飲ませるんじゃ、出ないワケだ」
姉の意見に俺はクスクスと笑った。
程なく駅に着き、俺は車を降りた。

大丈夫だと思ってたけど、やはり彼女とのHはあまり興奮せず、射精まで時間が
かかった。
その間、愛撫をしたり、激しいピストン運動をした。
体位もいろいろ変え、彼女にとっては良かったようで、
「なんか、今日、凄くない?」
とか言われて、2回戦の間に、軽いのを含めて5回くらいイッたようだ。
もうひとつ普段と違ったのは、やってる最中、姉の事を考えたことだ。
気乗りしないHで、他の女を考える人は多いと思う。
「姉の膣もこうかな?」などと想像すると、感じてきた。
射精の瞬間も彼女ではなく、姉の事を考えていたから怖い。
そんな事もあって、帰りの電車で姉にメールしてみた。

『帰り中。うまくいった。f(^^;) そっちは・・)どう?』
すぐに返事が来た。
『カンペキ。♪ヽ(^-^) 駅まで迎えに行くよ。』
駅には姉が先に来ていた。
「ありがと」
俺はそう言って車に乗った。
「今日はどうだった? 彼女、怒ってなかった?」
まず、姉が聞いてきた。
「どうして」
「ん? いろんな意味で。遅刻とか…」
俺は、姉が
『ちゃんとHできたか?』を聞いているのはわかっていた。
だから、先回りして答えた。

「大丈夫だよ。2回やっちゃった…」
「ふぅーん。お盛んで!」
姉は俺の言葉をさえぎるように言った。
「お姉ちゃんは、どう?」
「カンペキ。お陰様で完成!」
「そう、良かった。こっちも、もうこれ以上出ないしね…」
俺はこの24時間に射精した回数を指を折って数えた。そしてポツリと言った。
「この1日で7回か……」
「やっぱ、それって、多いの?」
姉が聞いた。
「多いよー! たぶんもう、空っぽ。残ってない」
「ほんと? ごめんね。全部吸い取っちゃったんだ?」
「まあね。別にいいんだけど」
そこで一旦、会話は途切れた。
「これから、焼肉でも食べに行く?」

姉が言った。姉は肉は嫌いなはずだ。
「精のつくもの食べれば、戻ると思ってさ」
「大丈夫だよ。そんなの」
「そう。じゃあ、何か欲しいもは? ゲームとか?」
姉は続けた。きっと、今日の行為へのお礼がしたいんだと思った。
「いいよ、別に」
姉の気持ちはうれしいが断った。
「大した事はしてない」という気持ちとは別に、不快な気持ちが少しだけ起こった。
体を売った気分? 姉との性的な行為が後ろめたい? オナ
ニーした後のむなしさ? その全部かも知れない。

精力剤

姉は企業向けのコンサルタント会社に勤めている。
小さな会社で、忙しそうで、週末は家でも資料を作っていて、納期の前夜は徹夜も
しているようだ。
先々週も、土曜なのに一日中パソコンを叩いて、資料を広げたり、携帯をかけたり
と忙しそうだった。
彼氏はいるが、可愛そうに秋に転勤して、遠距離って程でも無いが、そうめったに
会えないようだ。その分、家での仕事も多くなったようだ。

その晩、俺が寝ていると、姉に起こされた。部屋の電灯もついていた。
いきなり起こされて、何か大変な事でもあったのかと思い、眩しさで目をパチパチ
しながら起き上がると、姉はいきなり、
「ねえ、セイシちょうだい!」
と言ってきた。俺は何を言ってるのか理解できずに聞き返した。
「ユウちゃん(俺)の精子が欲しいのよ!」
「え!? 『精子』って、まさか、これのこと?」
俺は股に手を当てて言った。

「そう」
俺の考えは飛躍し、仕事関係で精子のサンプルが必要なのか、それとも、我が家に
万一の事があった場合に備えて「精子バンク」に登録を薦めているのか、などと考えた。
「な、なんで?」
俺は聞いた。すると、答えは全然違った。
姉によれば、以前、彼氏とHしてザーメン飲んだら、すごい元気が出て、仕事も
はかどったとのこと。
別の機会に精力剤(「リポD」みたいなの)を飲んだけど、気持ち悪くて、激しく
下痢をしてしまい、こりたそうだ。

自分には天然モノがあっていて、以来、「ここぞ」という仕事がある時期は、よく
彼氏のザーメンを飲ませてもらっていたらしい。
今も、ザーメンが必要だが、前後10日くらいは、彼氏に会える見込みは無いから、
代わりに俺ので良いから、ザーメンを飲ましてもらいたい。という要望であった。
「えっ、そんな?」
医学的には怪しいけど、心理的な効果があるかも? その点では筋が通った要望で、
姉は嫌いではないから、助けてやりたい気持ちはあった。

でも、さすがにそれは勘弁して欲しいと思った。
姉妹のいる方ならお分かりと思うが、例えると姉から「ウンコを出して持って来い」
と要求されているのと同じ発想だ。だから、否定的な返答になった。
「お願い!」
姉もやっぱり(性的な恥じらいではなく)恥ずかしい事だと分かっていたから、
必死なようだ。俺はまだ気乗りせず、適当な答えをした。
「そんな事言われても…。そんな、出ないよ…」
「どうして?」
「実は、まだ出せないの、俺」
「うそ?」

俺が自分の彼女とHしてるのを姉は感づいているし、この歳になって「精通がまだ」
とは見え透えた嘘だ。
「うそばっか言って! シコってるでしょ。
パソコン見ながら。あのティッシュは何?」
オナニーで捨て忘れたティッシュの塊が、たまたま机の上に置きっぱなしになっていた。
「22(歳)なら、ほとんど毎日じゃない?」
そこまで男の生理を知ってるなら、それを逆手に取ろうと思った。
「だから、さっき出したばっかだし。もう今日は出ない」
「ウソ!」

俺も知らなかったが、姉によれば男の射精は続けてやると、前回の半分の量が出る
そうで、0には絶対ならないハズらしい。(最初を100とすると、50、25…と続く)
そろそろ断る理由は無くなり、俺も眠くて、早く済ませたかった。
「わかったよ。じゃ、出すよ」
とにかくザーメンやるから「後は勝手にしてくれ」という気分で答えた。
「うん。感謝!」
と姉は言うと、椅子に座った。
「ここで、出るまで待ってる」といった様子だ。
「部屋で待っててくれない? 紙コップか何かに入れて持ってくから」

さすがに俺は、チンコとか、オナッてる現場とかは見られたく無かったから、姉に
退出を要求した。
すると姉は自分がフェラチオしてやる、と言い出した。
その方が、俺が出しやすいだろうし、ザーメンも無駄なく飲めるとのこと。
コップやティッシュを準備する手間も無いから今すぐ出せる。
まあ、もっともなんだが、姉にフェラされてる光景は、ちょっと嫌悪感があった。

また例えると、「姉の前でウンコして見せろ」というのに近かった。
俺がためらってると、姉は言った。
「コップに出すより気持ちいいでしょ。お口の方が。せっかく出すんだったら
 気持ちよく出したいよね」
確かにコップに出したら、急にむなしくなって、またそれを飲む姉の姿を見てると、
きっと気持ち悪くなりそうだ。
だったら、気持ちいい瞬間に、全部終わってくれれば、楽だ。
「わかった。いいよ」

俺はベットに横になり、チンコを出して擦った。既に半勃ちの状態だ。
姉は髪をかき分けながら、チンコ咥えた。
亀頭が喉に当たるくらい奥深くまで挿入し、直ぐに抜いた。
チンコが唾液でベロベロに濡れていた。そして今度は手を当てて、コキ始めた。
「気持ちいいのココよね」
姉はそう言って、「カリ」の部分を指の先で軽く撫でて確認すると、指の腹が
「カリ」の部分に当たるようにチンコを包み込んだ。
そしてシゴキ始めた。

すごい勢いだ。腰まで振動が伝わるくらい。
時々、唇や舌の先をキスするように亀頭に当たった。
「気持ちイイ?」
俺も早く射精をしたかったから、チンコに力を集めてたから、息が詰まったような
返事になった。
「う、うん」
その返事で、姉の手はさらに早まった。本当にあっと言う間に、出したくなってきた。
「あ、出そう」

そう言うと姉は、亀頭の先の部分を咥え、今度は指の先が「カリ」から尿道に
当たるようにチンコを摘み、勢い良く手を上下した。
俺は我慢ができなくなり、射精した。姉の手は止まった。
精液は確実に姉の口に入っているようだ。
射精が終わると、姉はそっと、チンコから口を離した。
ザーメンが亀頭と唇の間で糸を引いた。姉は口をモゴモゴしたあと、ゴクっと
喉を鳴らした。飲み込んだようだ。

そしてまたチンコを擦った。
尿道に残った精液があふれ出て来て、姉はそれも舐めて、口に入れた。
すべてが終わり、俺はパジャマの裾を上げた。
「なんか、すごいテクニック! 手馴れてるっていうか…」
フェラは大したこと無かったが、手コキは自分でやるより気持ち良いくらいだ。
姉は少し微笑むだけで、答えなかった。
きっと彼氏とHしながら、おぼえたんだろうと思った。
「とっても感謝! ねえ、まだ起きてる? あともう1回くらい、欲しいんだけど」

「もう寝るよ。それにもう出ないし」
「うそ!」
その言い訳は、すでに通じなかった。
さっきは「出ない」と言いながら、たった今、射精したし。
結局、俺が回復する30分後くらいに、もう一度来て、またザーメンを飲ませる約束
をした。
姉が出て行くと、俺は早く寝たくなった。
射精した後は、眠くなるタイプだし。夜も遅かったし。
約束どおり姉にザーメン飲まして、さっさと寝ようと考え、俺は姉の部屋に行った。
姉はパソコンを叩いていた。

「すぐ出すから、早く飲んで」
俺はチンコを出して擦ったが、フニャフニャだった。
「それ、無理っぽくない?」
姉にそう指摘されたが、こちらが早く寝たいのも承知していて、姉のベッドで、
仮眠しても良いとの事だ。
やっぱり待つしか無いか、と思い、俺は姉のベッドに座って、チンコを擦った。
姉に激しく擦られたので、チンコは少し赤くなっていて、痛みも少しあった。
姉はまた仕事を始めた。たまに横に座っている俺の方を見た。

「ぜんぜん、勃ちそうにないね。でも、お陰でこっちは、すごい元気!」
姉はそんな事を言いながら、パソコンを叩いた。俺は、ひとつ考えが浮かんだ。
アダルトサイトで、エロ画像を見れば、興奮するんじゃ無いかと考えた。
「ちょっとごめん」
俺は、姉の横に行って、パソコンを自分の方に向け、アダルトサイトを探し始めた。
「何やってるの?」
「何か、画像が無いかと思って」
俺はいろいろURLを打ち込んだり、検索してみたが、なかなかエロ画像は出ない。

しばらく姉は黙って見ていたが、有料サイトのバナーが続けて出てきたので、
口を挟んだ。
「何、エッチな画像探してるの?」
「ちょっと待ってて」
俺は操作をしながら答えた。自分のパソコンなら、直ぐに出るのに。
ちょっとあせった。
出てくるのは雑誌のグラビアとか、わけのわからない写メとかばっかだ。
「探してるの、これ?」
けっこう可愛いんだけど、刺激が少ない。

「いや、だから、あの、ノーカットで、きわどいやつ…。アソコの画像とか…、
 無いかな」
俺はポツリと言った。
姉の前でノーカットの画像を見るのは、すこしためらったけど、1つでもあれば
一気に勃起するので、姉の為にもなると思った。
「え、アソコが見たいの? しょうが無いな……。お姉ちゃんので良ければ、見る?」
姉はそう言うと、腰を浮かせて椅子に座ったままパジャマとパンティを膝まで下げた。
あっという間だ。姉の股が露出した。俺はちょっとだけ興奮した。
「うわ、いい! でも肝心な所が見えねえよ」

俺は遠慮なく姉の太ももの間に手を入れ、股を開こうとした。
けれど、パンティを履いたままなのでできなかった。
すると姉は椅子の上で両膝を立てて、椅子を回転させて俺の方に向き直った。
「ほら、見てみ」
脚の間から、オマンコの割れ目が見えた。
「お、見えた、見えた」
でも、ぴったりと閉じていて大陰唇しか見えなかった。
俺は脚の間へ手を伸ばして、オマンコを触ってみた。
姉は黙っていたので、指を使ってオマンコを開いてみた。紫色っぽい小陰唇が見えた。
もう片手で、チンコを擦っていると勃起してきた。
「勃って来たよ。もっとよく見たいんだけど、いい?」

俺は、オマンコに顔を近づけようと、椅子の上に載った姉の脚を開こうとした。
やはりパジャマとパンティが膝のあたりににあるので、うまく開かない。
無理に顔を押し込もうとしたら、姉はよろけて椅子から落ちそうになった。
「おっと!」
姉は机につかまった。
そして椅子から脚を降ろし、パンティから片脚だけ抜いて、下半身裸になった。
そしてまた椅子に脚を上げた。

M字に開かれた姉の股間に、俺はたまらなくなり、顔を近づけた。
始めて見る姉のオマンコは、ちょっと変わった形をしていた。
これまで5人のオマンコを直に見た事があるが、どれもほとんど同じ形だった。
それと比べて姉のオマンコは、異様に大陰唇が大きく、プックリ膨れ上がっていて、
両方からピッタリ閉じていた。
そしてもっと変だったのは、その中心付近にほとんど毛が無くツルツルしていて、
赤ちゃんの頬みたいな感触だった事だ。

二人の姉

オレにはねーちゃん2人いるんだけど、オレが宙2でねーちゃん宙3(ねーちゃんとオレは年子で1番上のねーちゃんとは3つ違い)
のとき、部活で汗だくになって帰ってきたオレは家について即行で風呂に行った。
脱衣所のドアを開けると、ねーちゃんが風呂上りで体を拭いていた途中でオレもマジで焦った。
謝ってすぐドアを閉めたんだけど、ねーちゃんのマンゲがしっかり生えていたのを見てしまって、
台所で座ってもねーちゃんのマンゲが頭から離れなかった。オレと1歳しか違わないのに、オレはまだ
不揃いに生えていた程度。1歳しか違わないのにあんなにビッシリと生えているんだなーと、
ますます頭から離れなくなって行った。風呂から出てきたねーちゃんが「○○(オレの名前)、許してやるからコンビニ行ってきて」と
言って、事は無事終了したかと思っていた。

晩飯食い終わって宿題をやっていたら、1番上のねーちゃんが部屋に来て、
「○○、お前▲▲(ねーちゃんの名前)の風呂覗いたんだって?」とニヤニヤして話しかけてきた。
オレは「違う、違う、知らなかっただけだ」と相手にしなかったのだけど、
何だか必要以上にしつこく聞いてくる。
「なんで?別に見たくて見たわけじゃないからいいでしょ。ねーちゃんも許してくれたし」と言って、
早く出て行ってほしかった。が・・・・・・・・何を言い出したかというと、
「お前みたんなら、私たちにも見せる義務がある」とか、わけわからんこと言い始めて、
「▲▲?!ちょっときて?」とねーちゃんをオレの部屋に呼んだ。

1番上の姉「ねー、○○が裸になってお詫びするってよ」
ねーちゃん「???」
オレ「な、バカ、なんでオレが裸にならなきゃいけなんだよ」
1番上の姉「あたりまえだろ、早くズボン脱いで▲▲に誤れ」
オレ「なんで脱ぐんだよ、ねーちゃんにはちゃんと謝ったし、許してもらったぞ!」
1番上の姉「そ?かな?、▲▲、許してあげたの?」
オレ「◎◎ねーちゃん(1番上の姉)には関係無いじゃんよ」

そのとき、信じられん言葉がねーちゃんからでてきた。

ねーちゃん「許すわけないじゃん(含み笑い付き)」
オレ「・・・・・・・・ぁあああ?」
1番上のねーちゃん「ほらみろ!さっさと脱いで謝れ」

なんだか、訳わからなくなってきたオレは、脱げば許してもらえるなら
早いとこ脱いで、忘れてもらおうと思い、ズボンを脱いだ。
が・・・ズボンを脱いだ瞬間、さっき見たねーちゃんのマンゲを思い出して、
急にムクムクと大きくなってきた。

まさか、勃起したチンコを出すのも嫌だったので、
「明日でいい?」と言ったら、◎◎ねーちゃんが、
「なに、起ってんだよ、いいから早く脱げ」とオレのパンツをズリっと降ろした。

天井向いてるチンコが姉2人に見られていると思ったとき、
チンコの先から汁がちょろっとでてきた。
それを見た◎◎ねーちゃんが、「お前、オナニーとかしてる?」と聞いてきた。

「そんなの、別にどうだっていいでしょ」と答えると、◎◎ねーちゃんが「出せ」とか鬼のようなことを言い始めた。
▲▲ねーちゃんは、ただ何も言わずオレのチンコを凝視しているだけだった。
1番上の姉「ちょっと、こすってみてよ」
オレ「絶対に嫌。もういいだろ、勘弁してよ」
1番上の姉「どうしようかな・・・▲▲、どうする?」
ねーちゃん「・・・・・・○○の年で、もう精子ってでるの?」
オレ「ちょ、ちょ、ねーちゃんまで、何わけわんねーこと言ってんだよ、もう勘弁してくれよ」
ねーちゃん「ちょっと、見たかったりして(含み笑い付き)」
オレ「(マジで、鬼だ・・・なんでオレがこんな目に合うんだ・・・)」
1番上の姉「見たい、見たい、早く出せ!!!」
でも、ちょっとねーちゃん達に見られているのが嫌じゃなくなってきていたオレは、どうせ後で、今の事思い出してシコるんだろーなーと思い、どうせなら、今抜いちゃうかと、
ねーちゃん達の目の前でオナニーを開始した。

今まで想像も考えもしなかったシチュエーションに、ねーちゃん達の目の前で1分くらいで、
イってしまった。なんか、今まで味わったことがない、スンゴイ量が出たのを覚えている。

1番上のねーちゃんは、それ見て1人で喜んではしゃいでるし、
ねーちゃんは、何も言わずイッたあとのチンコ眺めているし、
イキ終わったオレは、足がガクガク震えてるし、さっさとねーちゃん達に出て行ってほしかった。
その後、ちょっと喋って、1番上のねーちゃんが部屋に戻り、
ねーちゃんがオレに「ゴメンね?、でも、ちょっと面白かったかも」って言って
部屋に帰っていったのを良く覚えてる。

お風呂♪

(萌えた
コピペ)僕が小学生だった時の話です。

記憶では一番最初が小学校3年生くらい(9歳)の時だった。
お姉ちゃんとは3歳の差が離れており、その時は小学校6年生(12歳)だったと思う。
僕は姉からは「たっくん」と呼ばれ、姉のことを「お姉ちゃん」と読んでいた

僕がお風呂に入る時はいつもお姉ちゃんが一緒だった。
小学校入学当初からいっつも一緒だったという記憶がある。

そして小学校3年生の時、いつものようにお風呂に入っていると、

姉「ねぇたっくん、立ってみて」 

浴槽で僕を立たせた。
不思議にも思わず僕はお姉ちゃんの言う事を聞き、その場に立った。

僕「お姉ちゃん、なにするの?」
姉「ちょっと、やってみたい事があるの」

と、言うとお姉ちゃんは僕のモノをチロチロと舐め始めた
その時は変な事だとは思わなかったし、お姉ちゃんに遊んでもらってるって感覚だった。

その日以来、お姉ちゃんはお風呂の時はいつも舐めるようになってきた。
別に気持ちい感覚とか、いけないことしてるという思いも無く、それが当たり前のようになっていた。
ただ、いつもお姉ちゃんが舐め終わった後に、
どう?とか、どうだった?とか聞いてくるのには、なんでだろ?とは思っていたけど、
大抵、ありがと!って言って終わっていた。

僕が小学校4年生になり、まだその事は続いていた。
そして、ある日劇的変化があったのだ。
お姉ちゃんは、最初の頃は下でチロチロするくらいだったけど、いろいろ覚えたのかわからないけど、
皮を剥いたり、咥えて動いたり最初の頃にはしなかった動きもしていた。

そして、いつものように舐めてもらっていると、無意識のうちにアソコが大きくなっちゃったのだ。
それと同時に恥ずかしさという感覚が生まれてきた
お姉ちゃんはビックリした顔をして口を離すと僕に言った

姉「やっと大きくなったね!気持ちいい?」
僕「ごめんね、お姉ちゃん」

僕はいつの間にか泣いていた。
もうしてもらえないのかと思ったし、お姉ちゃんを怒らせたのかと思った。

姉「大丈夫だよ。たっくん悪い事なんかしてないんだから」
僕「ほんとに?」
姉「うん!悪いのはお姉ちゃんのほうなんだから!だから泣かないでぇ。」
僕「泣いてないもん!」
姉「嘘つき?泣いてたくせにぃ」
僕「泣いてないもん!」とまた泣きそうになった。

姉「ねぇ、たっくん。お姉ちゃん悪い事しちゃったから、お姉ちゃんに悪い事していいよ」
僕「悪い事って何すればいいの?」
姉「お姉ちゃんが、たっくんにしたような事だよ」
僕「どこ舐めればいいの?お姉ちゃん」
姉「ここ舐めて」

と言いながら、おねえちゃんのおっぱいに誘導された。

僕「お姉ちゃんのおっぱいも大きくなってきたんだね!」
姉「うん!たっくんのおちんちんと同じだよ」

お姉ちゃんのおっぱいは微妙に膨らんでいるぐらいだったが、かなり綺麗だった。

僕「いいの?ここ舐めて」
姉「良いよ」

僕はベロベロって感じで舐めてみた

姉「ん。。。ん。。」
舌が乳首を通り過ぎるたびにお姉ちゃんの口から漏れる

僕「お姉ちゃんの先っぽも大きくなったよ!」
姉「おっきくなったねぇ!たっくん上手だからだよ」
僕「もう一回やってあげるよ」
姉「じゃぁ、お姉ちゃんのミルク飲んで良いよ」
僕「チュプ、チュプ」
姉「んん。。んん。。」

ミルクを飲むように吸ってあげると、お姉ちゃんはさっきよりも大きな声を出した。

僕「チュプチュプ」
姉「あれ?たっくんも大きくなってる。」
僕「・・・・」

お姉ちゃんがいつの間にか僕のアソコをいじっていた。

姉「もう一回やってあげるね!」
僕「うん」
姉「さっきよりも大きくなったもんね」

というと、大きくなったのを初めて舐め始めた。
僕はお姉ちゃんのの胸に手を伸ばしていた

大きくなったアソコを舐められると、体がかってに動いちゃう。

姉「たっくん!そんなに動いてどうしたの?」
僕「なんかいつもと違うの」
姉「気持ちいいってこと?」
僕「ぅ、、うん」

お姉ちゃんはニコって笑うと、再び口にくわえました。
お風呂にはいやらしい音が響きわたり、
お姉ちゃんの乳首を触っていて、お姉ちゃんもピクッってたまに反応してました

僕「気持ちいよ?お姉ちゃん」

僕の口から、とんでもない言葉が出ていました。

お姉ちゃんの口を動かすスピードが速くなり、僕は変な感覚になりました。

僕「ダメ!お姉ちゃん変だよ」

お姉ちゃんは口から出すと、今度は手でいじり始めました

姉「大丈夫!痛くないでしょ」
僕「痛くないけど、おしっこしたいょ」
姉「気持ちいいでしょ?ねぇ気持ちいい?」

僕「あ!!ダメ!出る!!」

出る瞬間、すごく気持ちいい感覚が体を襲った!
しかし、おしっこは出ず、透明の液だけがちょっと先からでただけでした

姉「あれ?チョットだけ出たね」
僕「うん。。おしっこじゃないみたい、だけど、すごく気持ちよくなったよ」
姉「よかったね!気持ちよくなったのはたっくん初めて?」
僕「うん。。」

これが僕がはじめて逝った瞬間だと思う。
そして、こーゆー事がいけない事なんだという風に思うようになった。

そんな感じの事が、僕が小学校を卒業するまで続いたのだが、
だんだん回数も減っていき、いつの間にかやらなくなっていた。

お姉ちゃんも、さすがに事の重大さに気づいたのかもしれない。
今思えば、その時のもっと知識があれば、それ以上の事ができたと思うと、ちょっと悔しい。
お姉ちゃんと、それ以来その話をした事は無い。。。。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード