萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

売春 ・援交・風俗

風俗嬢がセフレになった瞬間を話そう

スペック

おれ:30代中盤
実年齢より若く見られる
175cm64キロ
経験人数は素人130人以上(この辺から数えていない)
プロは20人前後

風俗嬢A:年齢19歳
163cm48キロ
乳首がキレイなピンク色

おれは風俗にはあまり興味が無かった
と言うよりは必要無かった
何故なら彼女も居たし都合よく会えるセフレも居たからだ
自分で言うのも何だがどうやらイケメンに属するらしい

まずは何故風俗に興味…いや触手を伸ばしたのか?
そこから話そう
私は彼女も居てナニ不自由無く生活していた
その時の彼女は某航空会社に勤務する年下の子でセクロスもそれなりに満足していた
ある日その彼女とラブホでスッチーのコスプレ写真を見て

おれ「これって胡散臭いよねぇ」
彼女「うん、こんな短いスカートあり得ないもん」
おれ「このモデルも胡散臭いねぇ」
彼女「髪が茶色すぎー、真っ黒基本なのに…」

なんてたわいも無い会話をしていた
だがこの時に制服着てセクロスした事無くね?となったのだが
この彼女は制服ではイヤだと頑なに断られ続けた
仕事で毎日着ていてプライベートの、しかもセクロスの時にまで仕事がチラつくのはイヤだと言う理由だった

イヤだと言われるとしたくなるのが男と言うもの
この日を境に、私の中にコスプレと言うものが願望として確実に生まれていた
「彼女に着てもらいたい…」
セクロスの時はそればかり考えていた
制服姿は何度も見ていたのだがその時は少しもエロさとか感じず、脱がしたいとも思わなかった
そのうちコスプレをしてくれない彼女にはもう頼んでも無駄だと諦めようとしていた
これ以上言ったらマジで嫌われると…

しかしコスプレがしたい…
その願望だけはどうしても諦められず、モヤモヤと残っていた
年月が経ち、俺は彼女と同棲する事になった
同棲始めてある日、彼女は時間が不規則で早朝4:00に家を出る事も多かった
そういう時いつも彼女がネクタイとシャツを選んで置いてくれるのだがその日はおれの自分のお気に入りのネクタイをクローゼットで探そうとクローゼットを開けた
すると目に飛び込んできたのは、彼女の制服…

「着てみようかな…」
とは、全然思わなかったのだが…
「コスプレしたい…」
と、しばし諦め、俺の脳から抹消され、記憶の片隅からフツフツと湧き上がるものが
再び湧き上がった
まさにその制服を見ただけでエレクトできるのではないかと思う程、前よりも強い願望が湧き出てしまった

そういう時、俺は頭の回転が早い
「彼女が着てくれないなら…着てくれる人に頼めばいいんじゃ…」
幸いその日、彼女はフライトで地方都市に宿泊する日が2日続いていた
俺の頭の中でエロ天使とマジメ天使が議論していた

「カノジョ帰って来ないならさぁ、誰か着てくれる人呼んじゃえよ」
「ダメだ!そんな彼女のものを勝手に人に着せるなんて…それにそんな女身近に居ないもん」
「だったら買えばいいんだよ」
「いや、俺はそんな女を買うなんて事はできない、それにそれは犯罪じゃないか」
「合法だったらいいんだろ?」
「合法??あるのか?」
「あるじゃないかぁ?本番なしの…あれが」
「風俗…か?」

この時、私は何て素晴らしい事に気づいてしまったのだろう
俺の中のエロ天使はかなりのアイデアマンだった

しかし風俗は学生時代のヘルスに二回行っただけだった
それから数十年…
世の中は箱型から派遣型にシフトされていた

しかし派遣型なら自宅に来てくれる
それなら周りの目も耳もない…
着てもらえる…
この時おれの勘三郎はエレクトしていた

その夜、早速行動した
まずはネットで検索…
ここら辺の細かい事は割愛させて頂く

おれはある店の嬢の写真を見て描いているコスプレ像を重ねた
「カンペキすぎる…」
早速電話

「あのーAちゃんお願いしたいんですが…」
「はい、お客様初めてのご利用ですか?」
「あ、はい、お願いします」

ここから店員のシステム説明があり、私はセカセカしたくなかったので120分コースを選んだ

「そうしましたら、30分程で参りますのでお待ちください」

この間の待ち時間はウキウキと緊張と興奮で何がなんだかという状態だった
しかし冷静だったのはクローゼットを開け彼女の制服を出している時だった
この時初めて知ったのだが靴まで指定のモノであった
流石に靴は、いっか…

そうこうしているとドアホンが鳴った
「ピンポーーーん」
「こんばんは?、私で大丈夫ですかぁ?」
Aは正直写真のまんまだった
正直写真は3割、いや5割、いや8割増しだろう
だから6割引きで待とうと決め待っていたのだが実物を見たら
写真と同じ、いや1割増しくらいかわいかった

「いやいや、Aちゃんカワイイよ?、ちょっとビックリした」
「そんなことないですってぇ?」
「いやいや、ホントホント。もっとブーなのが来ると思ってたもん…あ、ゴメンね」
「いえいえ、いいんですよ。それよりそんなに気に入ってもらえたみたいで良かったですよ」
「あはは、おれもおれも」

Aは着くなり店に電話を掛けていた
それをおれはソファに腰掛け見ていた

電話を掛け終わると俺の方をAは見て
「なんか、そんなに見られてると恥ずかしくなるよ?」
「あ…そ、そう?なんか本当に風俗のコって思っちゃうくらいカワイイよ」
「えーそんなに褒めないでくださいよ?、何も出ないですよ?」
そう言いながらAはおれのとなりにチョコンと座り、Aの手がおれのももの上に置かれていた
その手を握ると
「うわぁ、手大きいんですね」
「あーよく言われるよ」
「この手で色んな女の子喜ばしたんですかぁ」
この時のAはいたずらっぽく笑い上目遣いで顔を近づけてきた
「そうだったら、どうする?」
「ええーいいなぁって思っちゃうかも…」
「じゃあ、同じ事してほしい?」
「はい…してほしいです…」

そこからは異常に興奮した
まずはAの口をおれの口で塞いだ
おれの舌をAの口に突っ込むと
「ン、ハンッ」
と吐きながら一生懸命に絡めてくる
お互いの舌を舐め合いこの時すでにおれはフルボッキだった
何か彼女に対する罪悪感が無く、彼女以外のオンナとイヤラシイ事を…
そう考えるだけでも興奮した

するとAは、おれの股間に手を伸ばしてきた
「おれさん、こんなに硬くなっちゃってる…」
「早く見たい?」
「う…ん…」
「じゃあ、シャワー浴びようか?」
「うんっ」

シャワーの中でもお互いの体を洗いあった
Aはスレンダーな感じなのでA曰くDカップらしいがおれにはもっとあるように見えた

「えーもっと大きいでしょー?」
「いや、ほんと測ってもらいましたもん」
「そうなんだぁ、でも俺の彼女もDだけど彼女より大きく感じるよ」
「ホントですかぁ?って言うかカノジョさん居るんですね?って言うか彼女くらい居ますよね?」
「あ、うん、一応ね?でも、Aの方が可愛さは上かもよ?」
「またまたぁー」

そんな事を話しながらおれはAのオッパイを後ろから鷲掴みにし揉みまくった
Aは
「あ、だめ…なんかいつもより感じちゃう…」
「またまたぁー」
「ほんとだもん…何かいつもと感じ違うから…」
「ほんと?それならおれも嬉しいよ」
「いっぱい可愛がってくれる?」
「いやって言うまでいっぱいね」
「ほんと?うれしいかも…」

Aよ、君とこう言う形で出会ってなかったらおれは君に惚れてしまうぞ
そう思った
しかしそこは風俗…相手もプロだ
この時おれは大事な事を思い出した
Aのかわいさにすっかり忘れるとこだった

そこでAにお願いした
「あのさぁ、頼みあるんだけど…」
「なんですかぁ?」
「コスプレしてほしいんだ」
「え?いいんですけど…お店から渡されてないんですけど…お店に頼みました?」
「いや、頼んでないんだぁ」
「え?じゃあ自前ですか?店から自前はオプションになるって言われてるんだけど…」

なにぃぃぃ????
それは知らなかった
どうやら店のサイトにも出ていたらしいが見落としていたらしい…
半ば諦めかけ、この際いっかぁなんて思っていたらAが問いかけてきた

「コスプレの衣装って何用意してたんですかぁ?」
「某航空会社のCAの制服…」
「え?本物ですかぁ?」
「うん…でもだめなんでしょー?」
「えーでもすごい本物って見た事しか無いから気になるぅー」

なんと言う食いつき方!
諦めていたところにAの方から釣られてきた
この時はいけると確信したのだが少しAを苛めたくもなり…

「えーでも規則破らせるわけにいかないもんなぁ」
「えーでも何で持ってるのぉ?」
「彼女がCAでさぁ、それで…」
「えーすごーい、着れるなら着てみたいよぉー」
「え?そう?」
「うん、だめ?」
「どうしよっかなぁー」
「えー着たい着たーい」

この時、私は一つの風俗スキルを身につけてしまった
押してだめなら引いてみて相手に食いつかせる事を…

風呂から出てAにその制服を出した
「うわぁーすごーい、本物だぁー」
「着てみる?」
「え?いいんですかぁ?でも…彼女さんに悪い気も…」
「あ、いいよいいよ、気にしなくって、制服何着かあるみたいだしさ」
「えーホントにいいんですかぁ?」
「いいよいいよ」
「わーい、うれしいー、ありがとー」

おれは先に寝室に向かいAが着替えて出てくるのを待った
この時のおれの頭の中では制服姿のAを浮かべあらゆるコトを妄想し再度フルボッキしていた
そうこうしていると
「お待たせ?」

ガツンときた
似合う…恐らく彼女よりも似合っているのではないだろうかと思う程だった
しかしそこでがっつく事はせず何故か紳士的に振る舞い

「似合ってるよ、かわいい、かわいい」
「ホントですかぁ?なんかすごい夢みたーい、店のスッチーのコスプレと全然ちがーう」
当たり前だろと突っ込みたかった
「こっちおいで」
「うん」

さぁ大変お待たせしました、ここからエロ満載で行きます

Aを後ろから抱く感じにベッドに入り後ろから制服のブレザーの上からオッパイを揉みまくった
髪をアップにしてきたのでうなじを舐めながら耳を舐めた

「あーん、A耳弱いの…あっ、あー」
「すごい感じやすいんだね、CAさんがこんなにエロイ声だしちゃっていいの?」
すっかりおれは妄想して待っていたということもありコスプレモード突入していた
Aも制服をきてからはすっかりCAになりきり…

「他のお客様に聞こえちゃいます…」
いいぞ、いいぞー
これだよこれなんだよ
おれが求めていたのはこれなんだよっ
痒い所に手が届くとはこういう事なんだよ
今のAは時の総理大臣よりも民衆の思ってる事してもらいたい事を実現してくれるコなのではと錯覚するほどだ

「こうやってお客にオッパイ揉まれて…いやらしい」
「だってぇ…おれさんが気持ちよくさせてるんじゃないですかぁ」
「もっと揉んでほしいんでしょ?」
「は、はい…」
「ブレザーの上からでいいの?」
「…もっと、中に手を入れてほしいです…」

Aを後ろから抱っこする形から対面座位の形にくるりと変え
舌を舐め合いながらおれは制服のブラウスのボタンを外した…

ん?
あれ?
ブラ付けたの?

「はい…ノーブラより現実っぽいかなって思って…」

Aよ…君は神か?
おれの願望をすべてみたしてくれる神か?
君の気配りは満点を超えたよ

制服のブラウスがはだけ白と薄いピンクのツートンのブラが出てきた
これはこれでかなりの興奮アイテムだ

ブラの上からオッパイを揉み、乳房の柔らかい部分を軽く舐めまわした
「あっ、あっ、だめ、なんかすごい…それだけで感じちゃう…」
「まだ、谷間のとこにキスしてるだけだよ…これだけでいいのー?」
「えー、おれさん…いじわる…」
「だって他のお客様に色んな音とか声とか…聞こえちゃうよ?」
「それは…困ります…でも…舐めてほしいです…」
「どこを?」
「…え?………ち、くび……」
「じゃあ自分でブラずらしてごらん…」
「…はぃ…」

Aは自分でブラの右カップをずらしおれの顔の前におっぱいの大きさの割には小ぶりなキレイなピンクの乳首を差し出して…
「舐めて…ください…」
すぐには舐めずまずは指で触れるか触れないかくらいの強さで乳首を撫でた

「あっ、あーん、だめ、ガマンできません」
「そうなの?他のお客様にもこうやってされてるんでしょ?」
「え?されていませんよぉ…おれさんだけです…」
「そっかぁ、じゃあこうしてやるよ、よく見てて」
Aの顔は完全にエロイ表情をしておれが乳首を舐める様を見ていた

「あ、あーーすごいえっちぃー」
「え?じゃあやめる?」
「やめないでーもっと舐めてください」

すっかりとえっちモードに入りおれは制服のスカートをまくった
黒ストッキング履かせておけば完璧だったのだがおれはそれほどストッキングには萌えないのでむしろ生足がその丈の少し長いスカートから出てくる様が異様に興奮した

スカートをまくっていくとブラとお揃いのパンティが現れた
Aよブラもパンティもきちんと履くなんて…もはや神の領域を超えてきてるではないか

おっぱいとは反面、Aのアソコは少し荒々しくいじった
「ここはもうクチャクチャになってるんじゃないのか?」
「え?…恥ずかしい…」
「どうされたいの?」
「いっぱい、触ってもらいたいです…」
「こうか?」
荒々しくパンティの上からマンスジに合わせ指をなぞった
栗の部分に当たるとひときわ大きい声でよがる

「なんでこの一部分だけ声が大きくなるんだ?」
「だって…そこ…一番気持ちいいんですもん」
「ここってどこ?」
「え?言えません…恥ずかしい…」
「言ったら直接いじってあげるのに…」
「ええーいじわるぅー、……く、り、ですぅ…」
「え?聞こえないなぁ、ちゃんと言って」
「……くり、とりすぅ……」

はい、さらにエロスイッチオン、覚醒モード突入しました
おれのゆびはパンティの中に侵入
Aのアソコはパンティが冷たくなるほどにグチョグチョ…

「おいおい、いいのかよ、こんなに濡らしちゃって…音聞こえちゃうよ?」
「だってぇ…おれさんすごいエッチなんだもん…こんなにいつも濡れないのに…」
お、これは社交辞令なのか?それとも本気か?
それは後々わかってくるのだが…

おれは手を動かす事をやめず、Aを攻め続けた
Aは制服をはだけながら喘ぎまくっている

「あ、あ、あ、おれさんの珍宝触ってもいいですか?」
「だめ」
ここは軽くジャブ
「え、触らせてください…」
「AはエロイCAだね、お客様の珍宝触りたいだなんて…いつもそんな事考えてるなんて…お仕置きだね」
そういいながらおれのゆびは激しく栗をこすった

Aはさらに喘ぎ声をあげ、ガマンできずにおれのナニを握ってきた
おれも負けじと指をずらしあそこに入れた
Aは声にならない喘ぎ声をあげながら
「あーん、もうだめ、イッちゃうかも…あ、あ、ホントにだめぇー」
「だめだよ、まだいっちゃ」
「だってぇー、もうガマンできないっ…」
「どうしてほしいの?」
「ほしい…」
「なにが?」

「…これ…」
「これって?」
「………おちん、ちん………」
「どこに?」
「Aの……あそ、こ…」
「どこ?」
「………お、、、まん、、、、、こぉ…」

はい、きましたぁ?
もはや覚醒モード続きっぱなし
「なら、自分で上に乗っかって入れてごらん」
「はいっ」
Aはスカートをまくりおれのうえに跨り、おれの珍宝を握ると
Aのあそこにあてがいそのまま乗りかかった
Aの顔は更に歪み、喘ぎ声もひときわ大きくなった

「動かしてもいいですか?」
「だめだよ」
出ました、恒例のだめ(笑)
しかしAの腰は前後に動いてしまい喘ぎ声が出るのをガマンしていた
顔はこっちを見ながら歪み、必死にガマンしている感じ

「腰動かしていいって言ったっけ?」
「だってぇ…ガマンできないもん…」
「声も出ちゃってるよ?」
「お願い…、、もっと動かしてもいいですか?」
「だめだって?」
「あーん、もうガマンむりー」
そう言いながらAは呪縛が解けたように腰を激しく動かしてきた
や、や、やばい…おれもガマンできなくなってきた

上に乗っかてる状態からそのまま俺が起きAを倒して
激しく突いた
「あーーーー、あぁーーーん、あっ、あーーー」
制服をはだけブラからずれたおっぱいが突く度にいやらしく揺れる
その揺れるおっぱいを掴み乳首を咥えながら更に突く…
「あーーー、すごーぃ、気持ちいいよぉーー気持ちいいよぉーーーーー」
「じゃあこれもしてあげるね」
入れたままAの体を回転させ今度はバックから…
どうやらAはバックが一番好きらしい…
もう声にならないと言う感じで
「うっ、あっ、、、あーーーん、、、、だめぇーーーーー」

スカートをまくり後ろから見る制服姿は飛行機に乗る度に見ていた後姿…
さらに興奮度が増しおれのピストンも更にはげしくなる
「あっ、ううーーー、あ、あ、あ、いく、いくいくいくーーーー」
そういいながらAは腰がカクカクとしうつ伏せに倒れこんだ

「いっちゃった?」
Aはうなずくのが精一杯
「生でえっちしちゃったね」
おれも興奮しすぎてすっかり忘れてしまった
それほど興奮してしまい我を忘れるセクロスは経験した事なかったように思う

その後Aが復活し、おれの珍宝を舐めながら
「この珍宝、すごく一人占めしたくなるぅ…」
制服姿でしゃぶる姿もエロすぎる
座席に座って周りの客に気づかれないようにしゃぶられる…
あり得ないシチュエーションなのだが…
おれはAの口に果てた…

Aはそれをゴクリとし、
「わたし、飲んじゃった…」
「なんで?」
「わかんない…」

この時二人とも風俗嬢と客と言うのを忘れてしまっていたのかもしれない

最後にAは
「わたし、仕事でエッチしちゃったの初めてなんだぁ」
それを信じるかはおれ次第なのだが…
どうやら本当みたいだ

この時の興奮が今でも忘れられず、そしてどうやら相性も最高らしい…セクロスの事だが
お互いに余韻を腕枕しながら楽しみ連絡先を交換
今では月に2、3回ウチで情事を楽しむ関係だ
Aは夢があるから風俗でお金を貯めていた
今は風俗も辞め普通に働いている
しかしおれたちのCAごっこは更に度を増していくのだが…

とまぁ、そんなこんなでセフレになったわけであります
彼女には申し訳ないんだけどね
おれ、まだ結婚してないし不倫にはならないもんね
でも結婚したらAとの関係は解消…されるなぁ

おっぱぶで本番した

1軒目のセクキャバで挿入
2軒目のメンズエステで挿入

非風俗での挿入が1日で2回ってのは帰って酔いが醒めてから興奮した

セクキャバでの挿入をサラッと説明すると
何度か行ったことのある店で初めて付いた嬢が結構なM体質でよく濡れていた。

最後にHしたのはいつ?誰と?どんな風に?
などと色々と聞きながら下を触っていたら濡れ濡れで

「半年前で元彼と会った時にしたのが最後」とのことだった。
「若いんだし可愛いんだからHしないのはもったいないなー」

なんて話ながら下を触っていたらさらに濡れ濡れ。

「他の客にさわられても濡れ濡れなの?入れたくならないの?」と聞くと
「濡れる・・・でも入れたいと思ったことあるけど入れようとしてきた客はいなかった」

と言うので

「じゃあ次に俺が来るまでに、いいと思った客に濡らされたら客のズボンから引っ張り出して上に乗っちゃえ」と言うと
「やってみる・・・」と完全にその気に。

翌週にその後の話を楽しみにお店に行って指名してみた。

「どうだった?やれた?」と聞くと「いい人いなかったしできなかった・・・」と。

先週と同じようにさわると濡れ濡れだし、お互いそこそこ飲んだ頃に
「こうやってやればいいんだよ」とチンコ出して

嬢のお尻を持ち上げあそこに当てたら
自分から位置を調整しながら入れてきた。

「ね、その気になればできるでしょ?」などと言い座位でお互いにちょっと動いたが
精子の処理が面倒なので途中で抜いて、イかずにおわり。

それから2週間後くらいに時間ができたので再度お店へ行った。ゴムを持って。
その後に他のお客とやれたか確認したが、

「やっぱりできなかった」と答えるので
嬢が濡れて、俺のが大きくなった所で今回は早い段階で挿入に持ち込んだ。

前回と同じく生で挿入し、しばらく中の感触を楽しんだところでゴムを出した。
嬢が「えーやる気満々じゃん」などとちょっと焦っていたけど、ゴムを付けて再度挿入。

他のお客やボーイにばれないようにお互い動き発射までいけた。
その日は、その嬢に他のお客の予約が入っていたのでそそくさと片付けて店を出た。

その後、ちょっと時間もあるし一度抜いてるので
風俗じゃなくていいけどもう少し遊びたいなと思い
アロマエステへ寄って帰ることにした。

以前にも付いたことのある嬢を指名し、施術室へ
「オイルべたべた塗らなくていいから肩と首だけ揉んで。残った時間はおしゃべりだけでいいから」

と伝えると「マジで?ラッキー♪」と言いながら肩と首をマッサージしてくれた。

肩と首だけなので5分くらいで終わり、施術台に座って話しをしていたら
嬢が俺の脚を枕にし施術台に横になった。

膝枕の状態でさらに話していたら少しHな会話になった。
「さわってくる客いるの?さわってきたらどうするの?」なんて聞いていたら

「いるよー多少のおさわりくらいなら許すことも多いけど、嫌な相手だったらめっちゃ拒否る」

「そっかーまぁ嫌な客も来るから大変だなー」なんて言いながら胸に手をやると
「だーめー」と可愛く言ってきた。

ちなみに嬢の格好はブラとパンツがほぼ丸見えな格好だったので
胸のブラからはみ出た部分をツンツンしてみたら

「それくらいならいいよー」と言われた。

前のセクキャバでまあまあお酒飲んでたのでほろ酔いだったこともあり
胸をツンツンツンツンツンツンしながらちょっとずつブラの隙間から乳首を狙った。

「乳首はダーメー」と言うのでブラの上から鷲掴みにしてみたら
「乳首さわらなきゃいいよ。生理前で乳首痛いの」と言うので
乳首以外の胸をどんどんさわった。

胸を触っていたら、俺のちんこもでかくなってきて膝枕している嬢もそれに気づいた。
施術時用の紙パンツの上からツンツンしてきて

「大きくなってるねー」などと言ってくるので
「仕方ないじゃん。でもなんか悔しいから・・・」と言いながら

嬢のパンツの上からあそこを触ってみた。

「あれ?濡れてんじゃね?何濡らしてんの?」と言うと
「濡れてませーん」なんて言うもんだから
「じゃあ確認させろ」とパンツの中に手を入れた

すでにめっちゃ濡れていて、ゆっくり指を入れてみたら
声を殺しながらもHな声が出始めた。

そのままクチュクチュしていると、「パンツ汚れちゃう・・・」と自らパンツを脱いだ。

他の部屋に声が聞かれるとまずいので声を出さないように
必死に我慢している嬢を見てちょっと興奮した。

その後もクチュクチュを続けて、紙パンツ越しにチンコを当ててみた。
「それはダメだよー」と言いながらも拒否はしないので

紙パンツ越しにちょっと入れてみた。
「入ってないよね?入ってないよね?」

などと言いながらも感じてる感じが丸わかりだったので
紙パンツを下ろして、生で当ててみた。

「当たってる。当たってる」と言うのを無視して、先っちょを入れてみた。
「入れちゃだめだよ。それ以上はダメだよ」と言いながらも拒否する様子がないのでさらに入れてみた。

「先っちょしか入れてないからな。先っちょだけだぞ」と言いながら奥まで入れると
「入ってるーーーー」と小さな声で言いながらも、嫌がる様子がない。

そのまま出し入れを繰り返したところで
「私、上がいい・・・」と言うので上に乗せたら自ら腰を動かしてきた。声は押し殺して。
上に乗られたあたりで気持ちよくてイキそうだったので、あわてて抜いて外に発射。

と、こんな感じで帰ってから思いだして興奮しました。

今日童貞捨てたんだがちょっと話を聞いてくれ

短期のアルバイトをして金を貯めた俺は昔からの念願であったセックスをしてみたかった
フリーターみたいな生活をしていて暇があればXvideoを見てるような飢えた童貞だった
とにかくセックスを味わいたくて風俗に行く前に色んな事を試していた
オナホを買っては刺激に耐えられるよう訓練したり布団に固定して腰を振る練習をしていた
ビビリな性格のためなかなか予約の電話をかけることができずに日々を過ごしていたが
衝動を抑えきれなくなり店を吟味して嬢を決めた
80分28kの店で26歳の長身巨乳な嬢に決め、昨夜電話で予約した

念願のセックスをついに出来るということで、その日に備えて色んなことをした
オナホを買っては布団に固定して腰を振る練習をしたし、亜鉛やエビオスがいいと聞いて
数日前から飲んだりしたし、当日用の栄養ドリンクを準備しておいたりした
とある風俗指南スレで、風俗に行く前にオナ禁したり寸止めしたりして溜めてから行く
というのを目にしたので真似をして、オナホで寸止め3時間亀頭責めも含めて訓練した
その結果、玉が痛くなってアイスノンで冷やしたりもしたが翌日には痛みは治まっていた

そして当日の朝起床後ニンニクの力を飲み
店に行くのに一時間かかるから運転しながらマカの力を飲み
現地について時間が余ったから散歩しつつ30分前にはマカの力をもう一本飲み
気合を十分に入れて店に足を運んだ
それらしい通りに出て向こう側から巨乳のお姉さんが歩いてきたのでビビったが、
これからそんなお姉さんとあんなことこんなことするんだろうがと思い店に到着した

ボーイの人に誘導されて待合室で少し待ってる間、
ずっと心臓がバクバクしていたので
テレビを見たり携帯に入れてたエロ画像を見たり
デッドボールのことを思い出し笑いしたりしながら
呼吸を落ちつけていた。

そして呼ばれたので移動
初体験の相手となる嬢とご対面した
プロフには26とあったが多分もうちょい上かもしれない
しかし童貞で女とろくに接した事もない俺ではその判定はできなかった
とりあえず巨乳で美人で身長も高いし細かい事は気にせずに個室へ入った

初めに挨拶をすませ、マミ仮名)さんからお茶を受け取り雑談をする
緊張しすぎと突っ込まれ、童貞と言う事を告げてひとまず風呂へ
歯磨きとうがいをした後に軽くマットプレイみたいなことをすることに

マミさんに言われるがままにマットの上にうつ伏せに寝る
ヌルヌル感に感心していると、足から背中にかけて肉の感触が
ローションとソープとマミさんの体でゆっくり洗われて
背中におっぱいが当たる感触で軽く勃起してた
緊張はしてたが勃起できてよかったとその時思った

そして仰向けにされ、全身でゴシゴシされていく
チンコにおっぱいの柔らかい感触が当たって一人感動していた
「ホントはもっとねちっこくするんだけどねー」と言いながら
マミさんはシャワーでマットと俺の体を洗い流し、再び風呂へ
AVなら風呂に入りながらイチャイチャするんだろうけれど
そこは安定の童貞、何もできずベッドに誘導された

マットの時にパイズリをお願いしとけばよかったと今後悔中

ベッドに寝かされてマミさんが覆いかぶさりキス
ちなみにこれが俺の初めてだった。唇柔らかすぎてよく分からん感じ
顔や首筋、耳の穴や胸などをリップされ、乳首を舐められながら手コキをされた

しかしされるがままというのも良かったがせっかく風俗に来たんだし、と思い
攻守交代で今度はマミさんが下になり俺は見下ろす形になった
横になるとおっぱいって広がるんだなぁと思いながらも胸を揉み始めた
初めてのおっぱいの感触、それは確かに柔らかかった

しかし俺は医学をかじってた事もあり、胸を揉みながら
「ここに脂肪が…」「ここに胸腺が…」「正中線に分器官が…」等と考えてしまって
今いち盛り上がれなかった

胸を掴むように揉んだり乳首をコリコリしたり吸ったり舐めたり
とりあえずその時思いつく事を試していた
この時上に乗っかかってパイズリしてもらおうかと思ったが
息子も元気になり始めてたのでマ○コをいじることにした

無修正で見ていたそれはそのものずばり
クリトリスをいじって穴の位置を教わってそこに指を入れてみたりした
人差し指より中指の方が少し長いなと思いだし、中指で
ゆっくり出し入れした。中はあったかくてぬるぬるで
「うわっオナホみたいじゃん」と思ったがオナホの方が似せてるんだよなと
思い直し、中の感触をじっくり指で堪能した

指の曲げる事で当たる腹側の部分を押し上げるようにこするといいよと
マミさんに言われそうすると、時々喘いでいるのが聞こえた
一瞬「うぉっ喘いでる!」と思ったが、なぜかその時「でも演技なんだよな」と
思ってしまう自分がいた。
2chの見過ぎだとその時自分が嫌になった

ムードもへったくれもなくマ○コをいじっていたので
まるで実験台だとマミさんから言われた
うん、そうなんだよねと思いつつそろそろ突っ込みたくなったな
と思った所でマミさんがゴムを取り出し、
口でゴムをつけてくれた。いわゆるゴムフェラだ
ゴム越しとは言え初めてフェラをされて感動したが
その時大して気持ちよくないと思ってしまった
まさかオナホのせいか…?

AVみたいにジュボッと音を立ててチンコを吸う姿を見て
ああ、いよいよだなと感覚的に理解した
そしてマミさんが横になり、正常位でいざ挿入することに

ゆっくりマ○コに入ったことに感動を覚えたのもつかの間
やはりあまり気持ちよくない。俺の息子が小さいんだろうか
いやでも日本人平均サイズはあるしなぁと思いつつも
腰を振り始める。オナホと布団相手の練習の成果が出たのか、
ちゃんとなんとか腰が振れてることを鏡で確認しながらピストンする

しかしやはり気持ちよくない。ここで完全に理解した。
どうみてもオナホオナニーのしすぎです。本当にあry

ああこれ失敗フラグだわと思いつつも正常位で腰を振る。
マミさんを抱きしめるような感じでチンコを出し入れしているのは嬉しい
でもやっぱり気持ちよくない…
ということで体位をバックに変えることにした
俺に向けられる尻がなんともいやらしい
穴の位置を確認しながらゆっくり挿入し
腰を掴んでピストンし始めた。

正常位よりもしやすいし気持ちいいからこれはいけるか…?
そう思いつつも後ろから突き続ける
AVみたいにパンパン音鳴らすの無理だろこれ、と
思いながらもし続ける、がやはり駄目だ

バックが駄目ならどうしよう…
そうだ寝バックをしよう!ということで
マミさんに寝てもらう事にした
しかし寝た状態で挿入は難しい
結局バックの体勢で入れてそのまま寝てもらい
突き始めてみた。

ああこれいいわーと思いつつもやはり射精感が
こみあげてこない。時間も減ってきてるしどうしようかと
思ったところでマミさんが騎乗位でと提案してきた
揺れるおっぱいを見たかったので俺が横になり
マミさんが上から覆いかぶさりながらチンコが包み込まれた

下から突けるかこれと思う間もなくマミさんが上下する
そして体を倒して腰だけをグラインドさせて精子を絞り取ろうとしていた
でもやっぱり駄目だ、駄目チンコすぎる

結局イク寸前まで手コキを受けてそこから騎乗位で、という事に
手コキ気持ちいいけど日ごろからオナニーばっかしてるからだよな…
と思いつつもついに射精感がこみあげてくる

よかったイケる、という所でマミさんが再び騎乗位で入れた
しかし時すでに遅く、挿入一歩手前で果ててしまったマジで駄目チンコ
挿入された時にはもうすでにイったことが感触でわかったらしく、
マミさんとのセックス一回戦はあえなく終わってしまった

店に行く前にあんだけドリンク飲んだんだから勃つだろ!と思っていたが
しかしなんということでしょう、オナ禁をしていた反動なのか
いままでに体験したことがないような大賢者タイムに入ってしまった

いつもの俺の性欲なら2回戦に、となるはずの性欲がどこに行ってしまったのか
そんなこんなで復活する気配がなかったので諦めて二人で風呂へ
全然射精できなくて最後先走った駄目チンコ、セックス中ほぼ無言だったコミュ障の俺
なんかもうすげぇ申し訳ない気分でぽつぽつと喋った、というか
マミさんに慰められてもらい、どう返せばいいのかも分からず
気まずい雰囲気の中体を拭いて服を着て終了した

当然のことながら名刺も貰えず、こうして俺の童貞は文字通り捨ててしまった
帰りに近くのコンビニでCCレモンを買い、セックスを振り返りながら賢者のまま帰宅した

どこかで誰かが言っていた
愛のないセックスはオナニー以下だと
それを今日身を持って実感した
何も考えず、快楽に身を任せることができればそれがよかった
でも、今自分がしていることは偽りの行為だと感じてしまった

ここを見ている童貞に言いたいことは三つ
・オナホには手を出すな
・きもちいい行為なんだから気負い過ぎるな
・体だけじゃなく心も裸になれ

俺は童貞を捨てたが心は裸になれなかった

コミュニケーションをとる事が
セックスにおいても大事だと言うことを痛感した
今日の経験を今後の糧にしていつかまた
マミさんを相手にリベンジしたいと思ってる
だから次はデリヘルに挑戦してみようと考えてる
セックスに慣れてちゃんと気持ちよくなってみたい

人生初デりヘル大成功したったwwwww

初めて呼んだったwwwww

とりあえずスペック

俺25歳
彼女なし童貞
身長173cm
体重80kg
フリーター

デリ嬢自称20歳見た目18くらい
身長155cmくらい
ムチムチ巨乳
ギャル系
性格超明るいやや天然?

昨日は九時で仕事終えて
そのあと職場の先輩二人と俺の三人で仙台の町に飲みに出た。
先輩が気になると言ってたキャバクラで飲んで、次におっパブ、
シメにデリヘルと、フルコースの遊びをしようという話になった。

仙台についたのがなんだかんだで10時過ぎ、
キャバクラで女の子にちょっかいだしたりして楽しんでた。

キャバクラでちょっと飲んで、12時近く。ほろ酔い気分で
先輩に連れられるまま、おっパブに連れていかれた。

もちろん童貞だった俺はその時点で
期待と興奮でチンコはギンギンだったwwwww

サービスタイムで女の子がおっぱい丸出しで俺の膝に跨ると、
俺のマグナムが女の子の股間に当たった。やべぇ、と思ってたら
女の子が気づいたらしく、パンツ越しにマ◯コを当ててきたwwwww

俺はすでにイキそうになっていたが、
夢中でおっぱいにむしゃぶりついて事なきを得た

なんとかイクのを我慢しておっパブを出たのが1時ちょい過ぎ。
さぁ次は呼ぶぞ、と男三人にわかにテンションをあげて
立町というホテル街へ向かった。

ホテル街の端のほうにある連れ込み宿のような小汚いホテルに入り、
部屋番号を告げると、鍵を渡され料金を支払う。
階段したのピーチパイ(風俗情報誌)を手にとり、部屋へ急いだ。

荷物を置いて、鍵をかけたら先輩の部屋へ集合。
三人の作戦会議が始まった。

先1「どれにするwwwww」
俺「どれがいいんすかねwwwww」
先2「どれでもいいわwwwww」

俺たちのテンションと俺の息子は最高潮だった。

先1「俺はデリヘル初めてだよなwwwww
じゃあここいいぞwwみんなかわいいからww」

先輩が進めてきたのは60分15000円の
雑誌に乗ってる中では高級な方に入る店。
あとで調べてわかったんだが、
ランキングでも常に上位に入る優良店だった。

俺「マジすかwwwwwこの子やべっすねwwwww」

23歳でDカップ。俺はその子が気に入った。

先2「ちょっと待て。」

先輩2は俺から雑誌を取るとその女の子を眺めた。

先2「これはやめた方がいい。この子全体的に
お腹隠してるポーズが多いだろう?多分デブだと思う。」

たしかにその子の写真は3枚中3枚ともが腕でお腹を隠していた。

先2「それから顎のラインが微妙にゆがんでるだろ?
背景のところもゆがんでるし。多分修正しまくり。」

これもよく見るとそうだった。右のエラのあたりがゆがんでいた。

先輩は獲物を狙うスナイパーになっていた。

先2「この子とか多分修正少ないよ」

先輩が指した子は目線が入った子で、顔がわからなかった。

俺「この子すかwwwwwたしかにおっぱいでけぇwwwww」

俺の性欲はピークに達していたので、
すぐにその子に決定、先輩に電話をかけてもらった。

先1「あ、3人大丈夫ですか?
はい、えーと、あきちゃん、ひとみちゃん、ゆみちゃんで。
はい、はい、20分後位にお願いしていいですか?
はーい、お願いしまーす。あ、島田です。はーい。」

俺「誰っすか島田ってwwwww」

先1「今名前聞かれるんだよwwwww
さ、20分後に来るから準備しろwwwww解散wwwww」

俺のチンコは爆発寸前だった。

自分の部屋に戻ると急いでシャワーを浴びる俺。
すでに流れは先輩から車の中でレクチャー済みだ。

シャワーから上がって残り10分ちょい。
AVやパチンコの攻略番組をかけながらwktkして待ってた。

wktkしすぎてゲロはきそうになりつつも
ビンビンの息子は最高潮を維持していた。

どんな子が来るのか?どんな事してくれるのか?
女の子のアソコみれるのか?そんなあっさり脱いでくれるの?
そんな煩悩が駆け巡ってると

トントン!

来たあああああああああ!!!!

焦る気持ちとゲロを抑えながら、
できるだけ紳士的に返事をした。

俺「は↑い↑↑」

鍵を開け、ドアを引くと、天使が立っていた。

あき「こんばんわー!」

金髪ギャル系のムチムチDカップが立っていた。
俺の息子も立っていた。

俺「ど↑うぞ↓?」

紳士的に、あくまで紳士的に。
スリッパを揃えて上げてドアを抑え、中に招き入れた。

あき「おじゃましま?す!外暑かった?!涼しい?!」

すべすべの生足をあらわに俺の隣に座るあきちゃん。
大きくあいた胸元から溢れそうなおっぱいが見えていた。

俺「身長小さいね!何センチ?」

あき「155だよ?!」

俺「小さっ!俺173だよ!」

俺の目は乳に注がれていた。

あき「うふふ?おっぱい気になるの??」

俺の熱い視線に気づいたらしく胸を寄せて見せつけて来た。
俺の血流が一点に集中するのを感じながら、俺は指で突ついていた。

あき「はいおしま?い!最初説明しちゃうね?」

あきちゃんは持参したカバンの中から
小さなパウチを取り出し、コースの説明を始める。
60分コース15000円を選ぶと、あきちゃんは何処かに電話をかける。

あき「もしも?し、あきで?す。60分コースいただきました?。は?い。」

電話をおくと、俺の腕に絡みついて来るあきちゃん。
ちょっと仕事モードなんだなと思ったら萎えた。

あき「じゃ、シャワー浴びよっか」

そういうと、あきちゃんは立ち上がり、スルスルと服を脱ぎ始めた。
ヒラヒラの服、ショーパン、タンクトップ、ブラ、パンツ。
こんなにあっさり裸になるのかと驚きつつ、俺も脱いだ。

あきちゃんの身体はmisonoみたいな
ムチムチ巨乳で、凄く興奮した。

あき「ビンビンwwwww」

俺の息子をみて軽くシコシコしごきながらシャワールームへ。
俺はすでにイキそうだったwwwww

あきちゃんは慣れた手つきで
シャワーの温度を調整して俺に確認を取る。

あき「熱くない?大丈夫?」
俺「大丈夫、熱くない。」

あきちゃんはにっこり笑うと備え付けのボディシャンプーは使わず、
持参のボディシャンプーで俺の身体を洗ってくれた。

胸、腹、肩、腕、手、足。特に足はひざまずいて、丁寧に洗ってくれた。

次に背中、尻、股の間をくぐってチンコ。

チンコ、尻は念入りにシコシコ刺激しながら洗ってくれた。
おかげで何度もイキそうになるので我慢するのが大変だった。

一通り洗い終わると、小さなコップを
取り出すとイソジンでうがいしてと言われた。
二口目はあきちゃんが口移しでうがいさせてくれた。
うがいが終わると、またコップにイソジンを入れ、口に含むと

あき「ひょうどくふるへ(消毒するね)」

そう言ってひざまずくと、俺の息子を口に含んで、フェラし始めた。

あぁ、これが人生初フェラかぁ

案外あっけなかった。

イソジンで消毒して意味あるのかなと思いつつ、
シャワーが終わり身体を拭きベッドに待機。
あきちゃんが身体を洗ってく、バスタオルを身体に巻いて出てきた。
この時点で残り45分位になっていた。

二人でベッドに入るとあきちゃんが照明を暗くしてくっついてきた。

あき「ねぇ、こういう所初めて?」

俺「う、うん。今日初めて。先輩に連れてきてもらったんだw」

あき「だと思ったw慣れてないもんw攻めたい?攻められたい?」

攻め方もわからなかったので、攻めてもらう事にしました。

俺の息子を軽くしごきながらベロチュー。
唾液を吸われて入れられて、興奮した。
口の周りから首筋、耳の裏まで舐められ、緊張した。

あき「気持ちいい?ちんちん硬いよw」

嬉しそうに笑いながら俺の身体に舌を這わせるあきちゃん。
乳首を舐められた時、不意に身体がビクンと反応した。

あき「乳首気持ちいい?w」

レロレロと舐めたり吸ったり、乳首を刺激しながら
チンコも刺激され、気分は最高だった。

そのまま、へそ周辺、太もも、ふくらはぎを舐められた後、
あきちゃんは俺の足も舐めてくれた。足の甲から
指の間に舌を入れて、指も一本一本口に含んでくれた。

両足終わってうつ伏せになるようにいわれた。

肩、背中、腰、と来てアナルまで舐められた。
腰が浮いた隙にあきちゃんの足を入れられて、
四つん這いの態勢にさせられると、
むき出しになったアナルをペロペロ舐め始めた。

あき「ここ気持ちいいでしょ!ヒクヒクしてるww」

アナルを舐められながらの手コキは
予想以上に快感で、腰がビクンビクン動きまくった。

俺「やばい…気持ちいいー!」

あきちゃんは俺の反応を楽しみながらシコシコし続けた。

次に仰向けになってあきちゃんが俺の上にまたがってきた。
あきちゃんのアソコはすでに濡れていて、
童貞の俺でも簡単に指を入れられた。

あき「んふっ!やばい、気持ちいいーww」

そのまま俺の上に着座。これが顔面騎乗位か、と感動した。
マンコは無臭だった。そのままベロベロ舐めると
腰をくねらせながら喘いでいた。
あきちゃんは相当濡れるとのことで、
現に座っていた所にも少しシミができていた。

あき「そろそろイク?」

チンコを握りながらスマタのたいせいに入るあきちゃん。
マンコの割れ目にチンコを当てると、
グッチョグッチョいやらしい音を立てて前後を動き始めた。

その度にあきちゃんは「んっ、んっ」と声を上げていた。

俺「やべえ気持ちいいー入れたいわww」

先輩に言われたとおりさりげなく、入れたいアピールをする俺。

あき「だーめwんっ、あんっ、」

でもあきちゃんは言葉とは裏腹に
俺のチンコで気持ちよくなってた…と思う。
クリトリスに亀頭を当てていた。

ぶっちゃけオナニーより気持ち良くない。

慣れてきた。

俺「えー、でもあきちゃんも濡れてるじゃん?wwwww」

あき「えー、気持ちいいもん、んっ、」

これはイケる、童貞はそう思った。

俺「ゴムつければ大丈夫じゃない?」

あき「えー、んー、でも」

俺「俺病気持ってないしー、あきちゃんもないでしょ?」

俺は人生で一番女の子に対して押していた。

あき「病気はないよ。一昨日検査してきて
大丈夫だったし。じゃー誰にも言わないでね?」

俺「いうわけないじゃんwwwww」

ベットの上からゴムを取ると
あきちゃんは慣れた手つきで装備させてくれた。

あき「んっ…はぁっ」

ゆっくり俺の上に腰を下ろし、挿入。
あぁ、これで俺も童貞卒業や…感動で涙が出てきそうになった。

そのまま騎乗位で性交をし、
あきちゃんは何回かマンコをキューっと締めていた。

が、あまり気持ち良くない。

俺「やべ、いけなそう。ゴムあるからかな。」

動いて息遣いのあらくなったあきちゃん。

あき「はぁはぁ…えー、どうする?ゴム取っちゃう?」

あきちゃんからの申し出におれは飛び乗った。

俺「うん、多分ゴム付きはイケない。」

なんという童貞か。そのままあきちゃんにゴムを取らせ、生で再度挿入。
あきちゃんの体温が直に感じられ、凄く興奮した。

ゴムなしは凄い。超気持ちいい。

あきちゃんがまた足を閉じてマンコをぎゅっと閉じた瞬間

俺「あ、やべえイク」

最高に気持ちよかった。急いであきちゃんは抜いて
手でイカせたが、本当はちょっと中でイッてました。すいません。

へそ当たりまで精子が飛んで、あきちゃんは全部舐めとってくれました。

あき「いっぱい出たねwwあたしも気持ちよかったwwwww」

エッチしたのにあっけらかんと話す
あきちゃんに絶望しながら、俺は眠くなっていた。
時計で時間を確認するとすでに2時30分近くになっていた。

その時

ぴぴぴぴ…

あき「あ、あと10分だ。シャワー浴びよっか!」

シャワーを浴びながらあきちゃんに
手マンをすると俺の子種がくっついてきた。

先にあきちゃんはホテルを出るというので、最後にチューをした。

あき「今日のは二人の秘密だからね。またしようね。はい、名刺。
裏に出勤日書いてるから!今日はありがとうこざいました!またね!」

そういうと元気にあきちゃんはホテルをあとにして行った。

先輩たちにメールをするともう終わってるとの事。
外に出るとタバコ吸って待ってました。

先1「今出てきた金髪の子ってお前の子?」

俺「そうっすよwwwww」

先2「マジかよ…当たりだなー」

先1「俺の超ひでーよー」

先輩がたは大外れのようでした。ガチャピンのような
女の子に昔の猫娘みたいなおかっぱの子だったそうです。

ソ一プ行ったら姉がとか漫画みたいなシチュまじで有った

久しぶりにソープと言うものに行った、
飲んだ帰りに繁華街よって2件目さがしてたんだけど、
ピンキーな店が目に止まっちゃって入ってしまった

受付のダンディー阪野似のおっさんにメニュー表を見せられて
オプションやら好みの嬢を決めて30分待った、呼ばれた

カーテン越しの薄暗い廊下に案内され個室に、
すぐ嬢は来ると言い残し阪野似のおっさんは消えた、
タバコに火を付けそわそわと待ってたら
無造作にドアが空き赤いドレスの旬婦が俺を睨みつけ腕組みしてた

俺は最初タバコ吸っちゃまずかったかなとか、
何かやっちゃったかなとか5?6静止して考えた、
咄嗟に嬢が「なに?いつから知ってたの?」と
怒り抑えた口調で聞いて来た、そこで気付いてしまった。

普段薄化粧で地味なスウェットでコンビニ行くような姉が
ドレスきてケバケバの盛りメイク装備のいやらしい姉だったんだ

俺は焦った、なんか踏み込んじゃいけないライン考えろよ
って言葉あるじゃん、これがそのラインかと確信したね、
ドアの前で仁王立ちする姉、酒のんでソープに来てる弟、恥ずかしくなった

姉「なに?ネット?」
弟「いや、知らない、知らなかったんだっす」(喉詰)
姉「はぁ、じゃあ変えるよオナゴ?あんたとなんか出来ない」
弟「なんか今日帰るわ、出来るのかな途中でキャンセル」
姉「無理」
弟「俺、今日無理だ頭混乱して動けない」
姉「じゃあどうすんの?」
弟「何もしないで一時間待つ・・・・」
姉「もったいなくない?チェンジ出来るよ?」
弟「姉、一人にしてくれないか」
姉「いや無理だろ」
弟「・・・・」

姉カチャ「あーもしもし、今空いてる子だれ居ます?」
姉「あーそうですか・・・・わかりました、あ、いやいやそういうんじゃなくて、はい」ガチャ

弟「・・・」
姉「ふぅ、チェンジするなら1時間待って」
弟「しないよ、こう言うのノルマあるんでしょ?」
姉「まぁ」
弟「俺は何も聞かないし言わないから」
姉「・・・・」
弟「なんか恥ずかしい、無理帰りたい」
姉「お金払って帰る?、おねぇちゃん半分奢るよ」
弟「いいよ、ココで1時間寝る」

俺はベッドに横になってiPodtouchで遊んでた、
姉は一応「やった感」を出すためローションを桶で作りながら
おっぱい揺らしてた、グチュグチュ、ぐちゅぐちゅ

姉は美人なんだが、姉に性的感情は全く持った事無い、
むしろ逆で嫌悪感の方が強い
パイチラなんか見た日は吐き気した

それがなんかローションこねくり回しながら
おっぱい揺らしてると殺意まで湧いてきた

姉「お風呂入ったら?気持ちいよ?」

俺はそこで何か切れたような感じがした

弟「じゃあ一緒にはいる」
姉「へ?いやいや、何?」
弟「こう言うの一緒にはいるんでしょ普通」
姉「・・・その気になったの?女の子変えようか?1時間待っちゃうけど」
弟「いい、別に一緒にはいるくらいいいかなーって」
姉「あ、そう・・・まぁ小学生まで一緒に入ってたしね・・・」

赤いドレスを恥ずかしげに脱ぎ捨て隣に入り込んできた。

おっぱいが綺麗だった、姉は狭い浴槽でゴメンねと誤ってきて
彼氏に貢いでる事とか実家に帰ってないとか申し訳なさそうに話してきた、
最後にテヘペロ!とかやってきた、正直可愛らしいと思ってしまった

その可愛らしい姉のおっぱいが目の前にあると思うと興奮してきた、
必至で隠そうと脚を閉じ平静を装っていた

姉「あらおっか?身体」
弟「い、いいよ、恥ずかしいし」
姉「おねぇちゃんなんておっぱい丸出しじゃん!別に良くない?」
弟「いや、今はちょっと無理」
姉「・・・勃ってんの?」
弟「いや、別に」
姉「あんたの「別に」はYesなんだよね」
弟「・・・」
姉「じゃあ、おさまったら言って?(笑)」

俺は必至で収めようと裏技を使った、
中学の水泳の時間に編み出した技なのだが
男根の根元を指でギュウっと締め付けてると意気消沈するのだ

おさまったアレを悠々自適に振りかざし姉に報告した、
スケベ椅子に腰掛け姉が作った泡を手に乗せ俺の肌に直接滑り込めた

そう、スポンジやらタオルがないのだ、それが当たり前だから、
ゆっくり愛撫するように撫で回す姉、わざとやってんなと勘ぐる弟、
怒り勃つジョナサンを見てほくそ笑む旬婦

胸に泡を塗りたくり俺の腕に絡ませてくる、
姉は咄嗟に拒否した俺をからかうように笑う、
背中に回り後ろから秘技おっぱい洗浄を繰り出す姉、
俺は拒否していなかった

柔らかい乳房に硬くなった乳首が背中をゆっくり這い回る、
姉は正面に戻ってきて俺の腕を自分の乳房に寄せた

石鹸で滑る柔らかい乳房は心地よかった

姉「あー、また勃った(笑)」
弟「あ、あたりまえじゃんこんなの」
姉「こっちも洗うね」

姉は熱く大きくなった肉棒を握り、ゆっくり上下に洗い出した、
カリをキツくキュッキュっと締め付け、
玉をさするように揉みしだく、もう寸前だった

弟「うっく!でちゃう」
姉「いいじゃん、出しなよ?」

お腹の奥がキュッっと鳴り尿道を精液が勢いよく出てしまう、
姉は微笑み射精したばかりの敏感なジョナサンをマッサージしていた、
ビクンビクンと肉棒が余韻を楽しむ一方
姉は上目遣いでいやらしい事を求めていた

初めてデりへル呼んだったwwwwwww

スペック

174cm 80kg
昔、スポーツ(柔道)やってたので、太ってはいない
フツメン


160cm
Gカップ(サイトではそう書いてあったけど、お腹がHPの写真よりでてた)
芸能人詳しくないから森三中の黒沢を若干可愛くした感じってことで

90分22000円です

今日、俺は仕事中にあんまりにもムラムラきてしまい、
どうしても自分の手では収まりがつきそうになかった

明日は休みだけど、社会人になって2年目で
知らない土地に1人暮らしなので、暇も潰しづらい
なので、人生で初めてデリヘルを呼ぶことにした

携帯で色んなデリヘルを見て、
ホテル借りるお金ももったいないので、自宅呼べる前提で探した
まず、目に付いたのはA店のマミさん(仮名)
早速ドキドキしながら電話するが、あいにくマミさんは予約でいっぱいだった

仕方なく、次点で気になっていた
Gカップのデリヘル嬢の黒沢を呼ぶことにした
予約も空いてなく、9時半には来れるというので、
食事を済ました後に普段飲まないレッドブルを飲み、
亜鉛のカプセルを2つも飲んだwwwww

ロ○ハーを見ながら、約束の時間を越えて
10分くらいして、ドアのノックを叩く音が聞こえた
ドアを空けると、先述の通り、黒沢をちょっとかわいくした嬢が入ってきた

黒沢「どうも?、はじめまして!!」
俺「どうもはじめまして、俺と申します、よろしくお願いします」
俺は自分が風俗初めてであることを正直に言って、部屋の中に入れた

友達から借りたメタリカのCDを見て「こわ?い」って言われたり、
飾ってたライダーのマスクコレクションに興味をもたれたりした

そして「じゃあシャワー浴びましょうね?」
というと、部屋で服を脱ぎ始める嬢
・・・背中にタトゥー彫ってあった・・・ドラゴンみたいな・・・
思わずアイシールド21の阿含を思い出した・・・
そして、HPで見たグラマラスボディではなく、樽のような体系だった

正直、ここで少し萎えたが「せっかく22000円も払ったんだし、
物凄いクリーチャーではないのだから、楽しもう!!!」と思い、風呂に入った

風呂では乳首をイジられたり、手コキされたり、フェラされたりした、
プロの技は初めてだったので、ずっとビクンビクンしてた

そして、ベッドの方に行くと、
黒沢は俺に馬乗りになって、ローション手コキを始めた

黒沢「気持ちいい?」
俺「はい、気持ちいいです、黒沢さん・・・」
そうすると、黒沢は俺の乳首を舐めてきて、
俺はかなり感じて「あっあ・・・あああ・・・気持ちいい??・・・」
とか言ったり、「こ、こんなの始めてぇ・・・」とか
同人誌みたいなセリフを吐きまくった

黒沢は魔性の笑みを浮かべて
(部屋は間接照明だけだったので、肌がキレイに映り、かわいく見えた)
じゃあこんなのも気持ちいい?っていいながら、
ローションのついた指で蟻の巣渡り(っていうの?」
とか、イジリ始めた

俺はあんまりにも気持ちよくって、
喘ぎ声をあげながら、何度も体をくねらせた

そして黒沢がローション手コキを続けながら、
耳とかなめてくるので、俺のMスイッチに火がついた

俺「へ、変態って言ってください・・・」

黒沢は最初は「え?」みたいな表情を浮かべるも、
その後すぐに微笑みながら、
「変態って呼ばれると気持ちいいんだ???www」
といいながら、手コキを強めた
俺は「あぁ、僕は変態です!!もっと変態って言ってください!!」
というと、黒沢は「変態!!変態!!へんた??い!!」
と言いながら、激しくローション手コキを行った

かなりテンションが高くなり、もだえながらも俺はさらにリクエスト
俺「こ、こんな変態だから、彼女もできないんだよって言ってください・・・」
というと、黒沢は少し吹き出して「そんな変態だから彼女もできたいんだよ!!」
と強めの口調で言った

そこから黒沢もテンションが激しくなってきたのか、
乳首を強めに噛んできて、俺が「あぁ!!」と言うと、
黒沢は「ホントに変態なんだね???www」と言ってきた

調子に乗った俺はさらにリクエストで・・・
俺「あ、赤ちゃん言葉でイジめてください・・・」というと、
黒沢は「え?(ポカーン)」みたいな顔をしてからすぐに
「これが気持ちいいんでちゅか???? 
変態でちゅね????wwwww」と言ってきた

ローション手コキも激しくなってきて、
気持ちよかったんだが、ある異変に気づいた

90分コースでもう60分は経とうというのに、イク気配がない・・・

自分も思わず「気持ちいいけど、イケない・・・」
と素のテンションで言うと、
黒沢は「・・・じゃあ、挿入てみる?」と言い始めた
俺は「え!?デリヘルって本番ないんでしょ!?」みたいなこと言うと、
黒沢は「内緒ね」と言い、俺の形だけはバッキバキになった
息子を手に取り、コンドームをつけ始めた

ここで、先ほど書いたが、黒沢のマムコから
ちょっとチン○スみたいな臭いがして、少し萎えそうになった

そして、騎乗位で挿入・・・
感想は「重い」だった

ゴム越しだからか、
あまり感触が伝わってこず、あまり気持ちよくなかった
正常位に変えてもらって突いてみるも、少し気持ちよくなったものの、
イクには程遠かった

そして結局、延長もせず、終了

シャワー浴びてるときはもう素のテンションで
「もっとイジめてください!!変態って呼んでください!!」
なんて言ってたのが嘘のような、イってもいないのに賢者タイムだった

そして、俺は黒沢を見送ると、
22000円という決して安くはない料金への喪失感に追われた・・・

SMクラブで調教された話を淡々と書いていく

嵌りそうで怖い

20才になり初風俗を体験したいと思いネットで探してたら都内の某SMクラブに興味を持った
元々M気質があったのでボンテージ等の衣装に興奮する訳よ

電話予約で済まして料金はMコース120分で38000円+指名料2000円+入会金2000円+ホテル代4500円の計46500円

学生の自分にとっては結構な出費だ、けど指名した女の子は店内ランキング2位の写真では24才身長155cmの可愛いロリ系の彩乃ちゃん

当日は自分が先にホテルに入って女の子を待つ形ね
もうこの待ってる時間がもの過ごいワクワクして緊張するのよ、しかも初風俗だから色々妄想しちゃう訳

そしてついにドアをノックする音がして俺の心臓はバクバク

ドアを開けたらそこには身長155と小柄な今風の大学生っぽい女の子が立っていた
彩乃「始めましてよろしくね?」
可愛い過ぎる!こんな子がSM嬢とか想像もつかない。。
俺「は、はい!よろしくお願いします」
とりあえず部屋の中に入りプレイ内容等を確認する

彩乃「君若いね?こんな所来ちゃ駄目だよ、ここは普通のプレイに飽きたお金持ってるおじさんが来る場所なんだよ?」
俺「そうなんですか?でも自分ドMなんで多分平気ですよw」
なんでも客層は40、50代が1番多いら
しい
彩乃「そう、じゃあ手加減しないからね?笑」
俺「了解っす!」
正直舐めてた、こんなヒョロイしかも女の子に服従する訳ないだろうと思ってた

彩乃「じゃあシャワー浴びて来てね、その間に私も着替えるから?^^」
俺「うっす、了解」
もうシャワー浴びてる時はウキウキ気分で息子もオッキして来た
そして部屋に戻るとそこには白のボンテージに身を包んだ可愛い彩乃ちゃんがいた、、、ボンテージ越しなので胸の膨らみも強調されてもう興奮状態www

彩乃「じゃあまず女王様への挨拶からだね」
挨拶??そうか風俗ではプレイする前にするんだなと思い
俺「とりあえず彩乃ちゃん今日はよろしくお願いします!」

バシンッ!!!

思いっきり平手打ちを食らった。。。

俺「えっえっえっ、、、」

彩乃「お前舐めてるの?普通は裸で土下座してお願いするものじゃないの?そうだよね??分かるよね??」

顔は笑ってるけど目がマジだった

もう俺の中でのさっきの可愛いらしい彩乃ちゃんではないんだと認識してすぐさま土下座した。
俺「あ、あ彩乃様今回はよろしくお願いします、、」
彩乃「まあ許してあげるよ、さっさとベットで四つん這いになりなさい!」

何で俺がこんな格好しなきゃいけないんだ、普通はDキスとかで始まるんじゃないのかよと心の中で何回も思った・・・

俺「な、何をするんですか、、、」
四つん這いなんて生まれて始めてしかもこんなチビな女の前で恥ずかしくて泣きそうだったわ、、

彩乃「ふふ、気になる?最初はコレだよ^^」
取り出したのは鞭だった
絶対痛いだろwww

彩乃「さあ行くわよ?分かってると思うけどその体制を崩したらお仕置きだからね??もっと尻を突き出しなさい!」
俺「はいっ!!」
彩乃「まずは10発耐えてみせなさい」
ピシッ!ピシッ!ピシッ!

俺「ひゃあっ!ひゃあッ!痛いッ!や、やめて下さいー」

彩乃「やめないわよ、あなたは私の専属M奴隷でしょ?」

もう完全にスイッチが入ってた
そして何とか10発を俺は耐えた、、、

彩乃「まあ、君始めてなのに10発耐えれたじゃない根性あるのね?」

俺「は、、、はい、」

彩乃「じゃあ次の5発を耐えたらご褒美をあげるわよ、けど耐えれなかったら分かってるわよね?^^」

俺「はいっ!彩乃様の為に頑張ります!」
いよっしゃー!!次が終わればフェラとかして貰えると勝手に想像していた。。

けど彩乃様が取り出したのはさっきの鞭とは違う物だった

そう一本鞭である

彩乃「ふふ、、行くわよ耐えてみせなさい」

ヴァチイイイイイイイイン!!!

俺「いたあああああああああ!!!」

ヴァチイイイイイイイイン!!!

俺「いやああああああ!!!いたいいい!!!!」
もうね、この痛みが半端ない痛さで意識失う位で失神するかと思った、、、けど彩乃様は楽しんでるのよ

彩乃「あははははwwwwww無様ねえ?惨めねぇ?www女の子の前でお尻突き出して恥ずかしくないの??でも奴隷なんだから私を楽しませてちょうだい^^」

ヴァチイイイイイイイイン!!!

俺「いやああああやめて下さい!!やめてえええ!!!もうむるいいいいいいいいい!」

俺は3発で耐えれなくなり体制を崩して倒れ込んだ

俺「はあ、はあ、あああ彩乃様やめてくださいいい」

もう完全に彩乃様への恐怖心に飲まれかけてた

彩乃「やっと素直になってきたわね?けど残念^^耐えれなかったからお仕置きだね♪♪」

何でそんなに嬉しそうなんだよおおおおおおお

彩乃「仰向けになりなさい!」

俺「はっはい!」

すぐさま彩乃様の足元で仰向けになる、俺はこれからどうなるのか期待と恐怖心でいっぱいだった

彩乃「ふふ、さあそのお口を塞いであげるわ♪」

そうボンテージ越しでの顔面騎乗位だ

俺「んーんーふっふっ!」

うおおおお!ボンテージの生地が擦れる音と彩乃様の匂いが感じれてむしろご褒美じゃねえかwwwと安心しきって息子もフルボッキしていた

彩乃「あははwww体は正直だよね。。。でも君勘違いしてない?今からお仕置きするんだよ?」

俺「んひ?(はい?)」

彩乃「ふふ、このニクボウの周りに生えてる物はいらないわね、今から私が綺麗にしてあげる♪」

カチッ!

息子の周りで感じる熱気そうライターで炙られてるのだ

ジュウ、、、チリチリ、、、

焦げ臭い匂いが部屋に充満する

俺「んひっー!むめめっー!まめーっ!!」
俺の悲痛な叫びも彩乃様のお尻で全て揉み消された

彩乃「あははwww無様よねこんな事されてwww
でもお前が悪いのよあの鞭に耐えてればご褒美が貰えたかもしれないのに自分でお仕置きの方を選択したんでしょ??
お前は一生私のM奴隷として飼ってあげるわ♪」

もう抵抗するのは無意味と感じて身を彩乃様に委ねた

そして炙る事5分俺はパイパンになってしまった

俺「あ、あああ僕のチンコがあああ。。。」

彩乃「よしよし、頑張ったね。。今回のお仕置きには耐えれたからご褒美をあげる♪」
彩乃様が抱きついて頭を撫でなでしてくれて心が落ち着いた瞬間でもある

やった、ついにご褒美が貰えるんだ俺の苦労が実ったんだ、、、

彩乃「口を開けなさい、そうそう良い子ね?ペッ!ペッ!」

唾を吐きかけられただけである

彩乃「味わって飲み込むのよ?」

ゴクン
俺「お、美味しいです」

彩乃「当たり前でしょ、私の体液なんだから!ご褒美は終わりよ次にいきましょうね?」

嘘だろ・・・あんだけ耐えてこれだけとか、普通はフェラとかしてくれるだろうと思ったけどとても言えなかった

俺は彩乃様に手を引かれる姿でベットに連れて行かれた、そして仰向けに寝かされた

彩乃「さあ、足を開いてお尻の穴をみせなさい♪」

俺「は、はい、、」
逆らったら一本鞭が飛んで来るのでもう服従するしかなかった

彩乃「ああ、可愛いア・ナ・ル。。。私を誘ってるのね、悪い子ねえ♪」

そしてローションと手袋を取り出して準備にかかる彩乃様

彩乃「うふふ、今何されてるか分かる??」

指先で俺のアナルを撫でているのだ

俺「ああ?ん、、気持ちいい。。。」

彩乃「これからもっと気持ち良くなるからね?^^」

ヌポッ!

指がアナルに入れられた

俺「んあああ?ん!お尻の中がああああ、駄目え何かでちゃううう」

彩乃「ほらほら、なかで凄い締め付けてるよ??これが良いんでしょ?もっと喘ぎ声を聞かせて^^」

俺「いやああああ、あっあっ、、、」
しかし俺の叫びなど無視して彩乃様は指先をバイブのように振動させる

彩乃「ふふふ、やっとほぐれて来たわね、じゃあ入れましょうか♪」

彩乃様が取り出したのは漆黒のペニスバンドそれを腰に装着して俺のアナルに狙いを定めている

俺「そんなの入らないよおおぉぉ」
抵抗しつつもそのペニバンで突かれたらどんな感覚になるのか期待していた

彩乃「またそんな事言って私をその気にさせちゃうのね、、うふふ見てなさいすぐにアンアン喘ぐ雌豚のようになるわ。。。」

ヌポッ!

彩乃「ああ、入っちゃった。。」


つづき



食卓を囲んで
緊張した表情の長門や伊藤とは対照的に
達也一人だけが上機嫌でワイングラスを傾けていた。

「若葉さーん、俺、少し妬いちゃったなー。すっごい乱れ方だったよねw」

言われた瞬間、かぁーっと血が上っていった。
顔が真っ赤になっていたに違いない。

「ば、ばかなこと言わないの!」

自分がさせたくせに何を言ってるの!
思い切り達也を睨みつけてやった。

「あらら・・ご機嫌斜めでちゅか?」
言いながら達也は隣に座る私にそっと手を伸ばした。
達也の長い指先が私の髪を梳くようにして、優しく撫でる。
途端にトロンとしてしまい、怒りなどすぐに忘れてしまった。

髪を撫でられながら良い気持ちに浸っていると、達也の指先は
ブラウスのボタンに伸びた。

「ちょ、ちょっと達也・・・」

「こういうシャツは会社っぽくて、なかなか良いよね」

私の静止など無視して、胸元のボタンが外されていった。

「ちょ、ちょっと待って!!」

「え?ダメなの?長門や伊藤もさっきからオッパイ気になってるみたいだし、今更恥ずかしがっても仕方ないでしょ?」

前を見ると、長門と伊藤が身を乗り出すようにして、私の胸元を凝視していた。

「もう!いいかげんにして!」

私は達也を振り払いながら勢いよく立ち上がった。
この時、運悪く私の肘が達也の顔を強打してしまった。
そんなつもりは全くなかったのに・・・

「いってー・・・」

顔面を押さえて痛がる達也。
痛がりながらも時々私の方を見据える目。
『もうお前とは終わりだな』と言った時のあの目だった。
達也に無視され続けた時の不安と恐怖が蘇った。
恐ろしくて謝罪の言葉すら出てこず、びくびくしていると
急に達也が立ち上がった。

「ごめんなさい。本当にごめんなさい。」
自分でも驚くくらい素早く体が勝手に動いた。
まるで条件反射のように私は立ち上がった達也の足元に縋るようにして謝った。
初めてではなかった。
それまでも達也が機嫌を損ねた時、私は同じようにした。
心の中で『捨てないで!お願い!捨てないでよ!』と叫びながら謝罪した。
いつも必死だった。
自分の情けなさは十分に理解していた。
私は年下の恋人に捨てられないように必死になってる惨めな女だ。
達也のためなら、プライドも何もかも捨てることができた。
そんな風に思える男に出会ったのは初めてだった。
どんなに惨めでも、達也さえ傍に居てくれるなら、それで良いと思った。

4人で料理を食べお酒を飲みながら談笑した。
美味しいワインのはずなのに、味は全く分からなかった。
それでも、どんどん飲み続けて早く酔ってしまいたかった。

顔と胸に痛いほどの視線を感じた。
ワインを口に運ぶ度にグラスを持つ手が羞恥で震えた。
当然のことだ
私一人だけ裸になって、乳房を露出したまま食卓に着いていたのだから。

達也の機嫌を直すために、脱ぐしかなかった。
3人の男が見守る中、服を一枚づつ脱いでいった。
一度は全員に晒している裸だったが、
エッチな気分でもない正常な状態での脱衣は、非常に辛かった。

気死する程の思いで全裸になっても達也の顔に笑みは戻らなかった。
いつもは機嫌を損ねても、脱いで言われたとおりにすれば、すぐに許してくれた。
私は素っ裸で仁王立ちしながら達也の言葉を待った。
達也は黙ったままだったが、代わりに伊藤が立ち上がった。

「ほんと、いい身体してますよね?」

「い、伊藤君、ちょ、ちょっと、やめてよ・・」

伊藤は私の肩を掴んで自分の方へ抱き寄せた。
もう片方の空いてる手がお腹を撫で、乳房の膨らみをまさぐる。
横目で達也を覗き見ると、達也は無表情で黙ったままだった。
私はどうしたら良いのか分からず気が狂いそうだった。

「若葉さん、鳥肌立ってて寒そう」
「なあ、達也、シャツは羽織っていいんじゃないかな?」
「うん。そうだね」

シャツ一枚羽織ったところでなんの慰めにもならないと思ったが
達也が反応してくれたことが嬉しかった。
私は伊藤に差し出されたブラウスに素直に腕を通した。
前のボタンは止めずに、文字通り羽織っただけだった。
当然のようにブラウスの前は大きくはだけられ、丸出しにされた乳房は伊藤の玩具だった。

「い、伊藤君・・」

たまらず伊藤の手首を掴んで離そうと藻掻くと
突然、別の方向から太腿を撫でられた。
「た、達也・・・」
達也だった。達也の長い指先が私の太腿を優しく撫でていた。
ゆ、許してくれたの?目を合わせると
達也は黙って頷いた。
安心して涙が出そうになった。
抵抗などできるはずもなかった。
私はすぐに掴んでいた伊藤の手首を放した。
そして、両手を上げて頭の後ろで組んだ。
達也に教え込まれた好きにして!のポーズだ。

「うそ、まじ?」
伊藤は上ずった声を漏らしながら、剥き出しになった腋の下を指先でなぞった。
たまらず顔を背けると長門と目が合った。
「いいですね?そのポーズ色っぽいね?」
長門の声に反応するかのように、達也が太腿の内側をポンポンと軽く叩いた。
これはもっと開けという合図だ。
肩幅を超えるくらい足を開くと股の間に手が差し入れられた。
それを見て伊藤は満面の笑みを浮かべながら顔を寄せてきた。
私は黙って目を閉じた。

「おおおw始まったか?」
声と同時に長門が寄ってくる気配を感じた。
6本の手が身体中を這い回った。

「若葉さんさー、これからは勿体つけないで、もっとオープンになろうよ」
達也の声だった。低い冷たい声だった。
達也は毛並みを整えるように私のアンダーヘアを撫でながら何度か耳元で囁いた。
「俺の立場も考えてよ。何のために今日、みんなに来てもらってるの?」

「わ、分かったわ・・」そう答えるしかなかった。

「じゃあ、座って、飲み直しましょう! 」
「お前らも、とりあえず席に戻れ。若葉さんがお酌してくれるってさ」

私は狂っていた。ただただ達也の機嫌が悪いのが不安で堪らなかった。
自分だけ裸になって、年下の男達に素肌を晒しながらの宴会・・・
言葉に言い表せない程の屈辱だったが、
とにかく達也に捨てられたくなくて、機嫌をとりたかった。

酒の肴・・・酒を飲む際に添えて共に楽しむ対象を言う。必ずしも食品とは限らない。

酒を飲みながら最初は眺めているだけだった伊藤と長門も
達也が何度か私の乳房をまさぐるのを見ると調子に乗り始めた。

「若葉さん、そんな色っぽい格好見せつけられて、僕は、もうこんなですよw」

伊藤が股間の膨らみを見せつけるように立ち上がってみせた。
これを切欠として、私は宴会に参加している"メンバー"ではなく、"肴"になった。

「おまえwそろそろ若葉さんの唇が恋しくなったんだろ??」
「まあね!」
「若葉さん、大きめのハンカチか、バンダナみたいなものない?」

「あると思うけど・・」

「おーし!じゃあ決まりだ!」
「チンポ当てクイズの開始だーーー!」
「おおおお!」「ま、まじ?やった?!」

「え?それって・・・」

「ルールは簡単ですよ
 若葉さんには目隠ししてフェラしてもらって、3人のうち誰か、当ててもらいます。」

な、何を言ってるの?
恥ずかしい思いをするだけじゃなく、男達の暇つぶし、余興にされるなんて、あまりにも屈辱的だった。

「ば、馬鹿な・・」文句を言いかけたところで達也に遮られた。

「見事正解の場合は、俺たちが若葉さんの言うことは何でも聞きますよ。だから頑張って下さいね
 さっき伊藤のは散々しゃぶってたし、俺のも知り尽くしてるでしょw 簡単なんじゃないかな?」

何でも?達也が何でも言うことを聞いてくれるの?

「どうしました?今更、恥ずかしくないですよね? さっき散々咥えてたんだしw」

たしかにそうだった。先ほど達也の前で、あれほど乱れたのだ・・今更・・

「本当に何でも言うことを聞いてくれるのよね?」

「はい、ああもちろん犯罪とか死ねとかそういうのは無しですよ。出来ることは何でもです。」

「達也だけじゃなくて、伊藤君と長門君も3人が何でも言うことを聞いてくれるのよね?」

「はい♪」「もちろんですよ?」

目の前に椅子が一脚置かれた。
その椅子のすぐ前で、私は目隠しをされ、手を使うのも禁止ということで後ろ手に両手を縛られた。
真っ暗闇で何も見えない上に、手を縛られ不安定な体勢で辛かった。

「若葉さんの美しい眼が見えないのは寂しいな?」
「だね。目を合わせながらフェラさせるのが最高なんだよな」
「まあでも、裸の美女が後ろ手縛りで目隠しされている図は、なかなか良いぞw」
「じゃあ、そろそろ始めよう!」
「俺たちは誰だか分からないように若葉さんの前のイスに座って若葉さんを誘導するから、誘導されたチンポを咥えてください」
「一応制限時間は無し、誰だか分かったら名前を言ってください。外れたらもう一度です。」
「ああそうだ!ギブアップするときは言ってください。ただし、ギブアップにはペナルティがありますよ」
え?
「当たったら僕たちが何でも言うこと聞くんですから、ギブアップのペナルティは分かりますよね?w」
え?そんな、聞いてない・・
「じゃあ始めます!」

3人のうちの誰かが黙ってズボンとパンツを下ろす音がした。
そして、私の後頭部を掴んで、その部分へ導いて行った。
鼻先に異臭を感じたところで、その手は離された。

やるしかなかった。
不自由な体勢だった。
私は口を開けて、カリの部分からゆっくり口に含んだ。
陰毛が鼻にチクチク当たり、奥まで含むと、うっときそうになった。
それでも我慢して唇をすぼめて、舌先で先端を舐めた。
伊藤のものとは違うような気がした。じゃあ、達也?
達也の整った横顔が思い出されて、少し気分が出てきたので
袋まで舌を這わせてみた。玉袋を舐め吸いながら冷静になると達也とは違うような気がした。
もう一度カリの部分から口に含んで口腔内全体で大きさを確認する。
玉袋を舐めたせいか、さっきより大きくなった気がした。
これは達也より大きい。
長門だ!ブサイクなニキビ面が頭を過ぎり、吐き気がした。
私はペニスを吐き出すようにして、「長門君でしょ?」と答えた。

「は?ずれ!残念です!」達也の声だった。
嘘!達也より大きかったはず・・・

「じゃあ、仕切り直し?」

再びズボンとパンツを下ろす音がして
後頭部を掴まれた。
男のアソコ特有の匂いがツーンとすると、頭を離された。
前回と同じように口に含んだ。
さっきとは違うモノだ。
これは伊藤だ。そう告げたが、これもハズレだった。

私は何度も何度も頬をすぼめ、舌をくねらせてフェラチオした
それでも、正解しなかった。
その間に、何度か射精されて、口や顔を汚していった。

もしかしたら、正解していても目隠ししていて分からない私を騙しているのではないか?
そう思うようになった。
何度目かの精子を顔に浴びた時、私は耐えられなくなって、思わず口答えしてしまった。
「これって正解してるのに、ハズレだと言って、私を騙してるんじゃないの?」

「えーー!酷いですねー違いますよー」
「じゃあさ、目隠し取るんで、自分で確認してくださいよ」
「若葉さん、さっき伊藤だと言いましたよね?」

目隠しが外された。
久しぶりの光が眩しくて目をうっすらとしか開けられなかった。
それでも、見間違えるはずはなかった。
「た、達也・・」

目の前の椅子に座っていたのは達也だった。

「ひでえよな、疑ったりして」
「若葉さんらしくないです。負けを認めないなんて」
「だよね?俺たちはともかく、恋人の達也のことも信じられないなんてね?」
「俺、超ショックだわ」

「ごめんなさい・・・」

「これってギブアップと同じじゃね?」
「うん。そうだよね。」

「分かったわ・・分かったから・・」

「分かったって?何が?」

「ペナルティでしょ?何でも言うことを聞けばいいんでしょ?だから、もう許して。」

「ふうん。何でも言うことを聞く奴隷になるんですね」

ど、奴隷?

「若葉さんが、そういうなら許してやるか?」
「うん。そうだね。」
「まあ、とりあえず、顔洗って口すすいできたら?」
「ああそうだ!またスーツがいいな。シャワー浴びて、スーツ着てきてください」
「そうか?俺は清楚なワンピースみたいなのがいいな??若葉さん白のワンピとか似合いそう」
「お色直しかよw」
「お前らも好きだなぁw じゃあ、若葉さんワンピかなんか他所行きの服着てきてよ。」
「ブラ外すのめんどいからノーブラがいいですね?」

まだ何か言っている彼らに背を向けてバスルームへ急いだ。
途中、時計を見ると22時近くだった。
自然とため息が漏れた。私は3時間も遊ばれているのか・・・

『何でも言うことを聞く奴隷になるんですね』

これからのことを思うと、ため息が止まらなかった。
全身くまなく洗ってから、もう一度
ソープを手にとって乳房と股間を良く泡立てて念入りに洗った。
彼らの前に晒らすことになるのは、もはや必然だった。

友達のカーチャンとセクロスしたったwww

友達のカーチャンちなみに義母で90年代ころの森高千里みたいな感じwww
そして俺ははじめてwww

俺ー高2、童貞だった
バレー部、ショタ顔

友達の義母(30代)
過去の森高千里似
胸はそこそこデカかった

友達ー高2

まず簡単に俺と友達はいわゆる幼馴染な関係で2歳の頃から仲良かった、それで小4の頃に友達の本当の母親がどこのかわからんけど癌になって死んでしまった。
それで小6の頃に友達の父親が今の母親(以下千里www)
とりあえず友達の母親が千里になるまでの話はこんなもん

それで中学生になってから友達は少しヲタクになって、俺はバレーを始めた
まぁそんなんは関係なく仲良くて俺は毎日クラブ終わってから毎日遊びに行って、友達ほとんどゲームとかしてて俺は義母千里とリビングで話してたりしてた

それでこの頃から千里キレーだなーとか千里でオナニーするようになっていった、ちなみに父親は夜遅くまで働いてた。
中学生の時はこんな感じだった。

それで高校生になって(友達とは同じ高校)俺は緩いバレー部に友達は謎に製菓部に入った。
それでも対して変わらず放課後は基本友達の家で遊んだりしていた。
この頃から俺は本格的に千里を口説こうと思ってきていた。

それである日俺は千里と話していて思いきってお食事に誘うことにした。
「えーwww俺ちゃんと2人www」みたいな感じだったけどまぁ食事と言ってもお茶に行くことになった。

住んでるとこそんな都会じゃないから移動は基本車で千里の車でカフェに行った(スタバの次に多い、多分)。
そんで適当に話して帰り、車に乗り込んだところで俺は「今しかない!!」と思って

それで、思いっきり手を握って「千里さんのこと好きになったんですけど…」みたいな感じで告白した。
一瞬戸惑ってたけど「俺ちゃんのことは嫌いじゃないけど私にも子供がいるし」みたいになった。

それで俺が「なら、最後に1回だけキスしてください」って言ってキスした。
ディープキスで1分くらいしてたら千里が離してきて「長い長い」みたいになってその日はひとまず帰った。

あ、このとき高2で今年の10月くらいの話。
それでも俺は諦められなくて先月学校のある日に学校サボって友達の家に行った。ちなみに千里は無職な
それで「俺ちゃん?学校はー?www」みたいになったけど入れてもらった。

それで千里が台所へ茶を入れに行ったところで俺が後ろから抱きしめた。
千里は「え?」みたいになってたけど、俺が「ごめんなさい、けど我慢出来なくて」みたいに謝ると、俺が寝室へ誘導した。

それで俺が抱きしめながら5分くらいキスしていた。
そして俺から服を脱がせて上半身下着姿にして胸に頭を押し付けたり舐めたりしていた。

それでまず下半身も下着姿にするか迷ったけど、我慢出来なくてブラを外した。
乳首が立っていて淡い肌色でそこそこの大きさでまず揉んだり乳首くりくりしていた。

俺自身、胸>尻>まんこという思想で10分くらい胸触っていたりしていて顔うずくめたりするのはヤバかった。
それでその後は舐めたり再びキスしたり、ワキペロペロしたりした。
ワキは汚くはないけどワキだなぁって感じで我慢汁ヤバかった。

それで、俺は胸で遊んでいたりして途中で千里の手を俺のパンツの中に突っ込んだ。
千里は俺の意図を察してくれたようでコネコネ始めてきた。
手が少し冷えてたけどそれが逆に興奮した。

そろそろ胸も飽きてきたなぁってなって下半身に移ることにした。
ショーパン?ホットパンツ?にタイツという格好で非常にそそった。
まずタイツ履いたままの太ももをすりすりしたりした。

んで股間もすりすりしてこの時から少し千里のが興奮してきた。
流石にタイツ破るのはあれだと思ったので、タイツを脱ぐように促した。
とりあえずタイツ脱いだ足を舐めたりした。

それでまずホットパンツを脱がせた。
上下おそろいの薄いピンク色の下着でパンツの上から股間ペロペロして。
この時「恥ずかしい」って声を出したのは興奮した。

パンツ脱がそうとしたら「俺ちゃんも脱いで」みたいになって俺も脱いだ。
それでまず、俺裸千里パンツのみ状態で抱き合って再びキスした。
それで千里に馬乗りになってもらって体を舐めてもらった。

それで、俺が我慢出来なくなってきて手で抜いて貰うことにした。
千里が俺のチソコをシュッシュしているのを見ると数分で逝ってしまった。

次はフェラだよなぁと考えてフェラをしてもらうことにした。
初めてのフェラということもあって、そしてその相手が千里ということでこれまた数分で出そうになった。
千里の口の中はものすごく暖かかった。
そして出すとき俺は口から出して顔に出した。

それで俺は俺のチソコを千里の顔に押し付けたりした。
パイズリは流石にキツそうだったので(千里の胸の大きさ的に)乳首に押し付けたりした。
そろそろパンツを脱がそうと思い脱がせた。

パンツを脱がすとあまり毛の処理のされていない千里のマソコがあらわになった。
千里は左手でマソコを隠して右手で顔を隠して可愛かった可愛かった。

とりあえずクリちゃんをいじるのが定番なんだろなーって思ったけど、俺は場所がわからなかったので聞いてみた。
「く、クリトリスってどこ?」
千里は笑いながら教えてくれて可愛かった。

それで教えてもらった場所をいじりにいじった。
喘ぎ声がヤバくて我慢汁が噴出してきた。
それでイジるの疲れたから舐めることにした。
思ったより匂いはキツくなかった。

それでしばらく舐め続けててわりと濡れてきた。
俺は69というものをしてみたくなってすることになった。
俺が下になる形でしたけど少し体制が辛かった。

で、そういえばアナルが残ってた!!と思い、尻を開こうとしたら「え!?」みたいになってたけどキスして何喋ってるのかわからないようにした。
で、黙るのを待って再び尻を開くとそこには見事に渦を巻いてる?アナルがいて尻に顔押し付けながら舐めた。

それで俺が寝転がって顔に尻を押し付けてもらうようにお願いした。
自分から押し付けるのとは違う感じでよかった。
それで次は俺が尻を押し付けて舐めてもらった。
ヒクヒクしてうんこが出そうになったけと流石にこれは我慢した。

この時うんこで閃いて俺は千里に小便をしてもらうようにお願いした。
千里は「ここ寝室だよー」って言うから無理矢理風呂に移動した。
風呂に移動すると仕切り直しということでリンスとかボデイーソープとかつけてソープ?みたいにした。

そしてさっき言って通りオシッコをしてもらうことにした。
千里がバスタブのふち?に乗ってM字開脚してその前に俺の顔という形。
千里が「いくよー?」というとチョロチョロ出てきた。
意外と量は多く数秒して俺は顔を押し付けてオシッコをすするような形を取った。

一瞬「ヒクッ」ってなって可愛かった。
そろそろすることもなくなり入れる流れになったけどバスタブはせまく正常位が出来ないので体拭いて寝室に戻った。
中に出してもいいという流れだったのでそのことは気にしない事にした。

それで千里が開脚して俺が入れたマソコの中は生暖かくて数分と持たず逝ってしまった。
そろそろチソコが痛くなってきて順番にシャワー浴びて終わった。
この時点ではまだ昼にもなってなかったので2人でベッドで裸で抱き合ったりしていて、昼過ぎに帰った。

とりあえず1回目のセクロスはこんな感じで今日までに週1くらいでしてる。

せめておっぱいのぬくもりを感じて欲しい

初セクキャバから1年後
俺は大阪難波にいた

前回記事
一人でイブを過ごしてるお前らのためにセクキャバに行った話する


初セクキャバを体験してからいろいろな風俗を試して1年が過ぎた
友達と飲んでる最中の会話は風俗の話である

「久しぶりにセクキャバに行くか!」
そうして3人は風俗案内所に向かった
今は風俗案内所は違反行為として捕まってしまうのでなくなってしまった

「お兄さん達抜き?飲み?」
黒服の兄ちゃんに声をかけられる

黒服はうっとおしいが便りになる存在でもある
「セクキャバ探してるんやけど」
「だったらいいお店あるで、電話したるわ」

少しずつテンションが上がってくる

黒服にお店を案内される

どうやら学生プレイの店らしい
待合室で少々待たされる
この時が一番ドキドキする
このドキドキが無くなったら風俗いくの止める

「お次の三名様ご準備が出来ましたのでお席までご案内します」
店内に通される
やっぱりこの店も店内は薄暗く爆音で音楽が鳴っている

飲み物を聞かれたので烏龍茶にする
爆音が鳴る中、烏龍茶をすすっているといよいよ女の子が入って来た!!

高校生や!高校生が来た!!
てかめちゃくちゃ可愛いやないか!!
いつもの一人目100点あと5点パターンかとその時は思った

「こんばんわ?」
そう言いながら俺のすぐとなりに座った

「何飲んでるん?」
俺が答える前に俺の飲みかけの烏龍茶を飲み出す女子高生

風俗嬢の色目使いは本当にエロい
口にお茶を含んだままニヤっと俺の方を見て笑う

そして女子高生は俺の頭を両手で持って口に入ったお茶を
俺の口の中へ落としだした

普通会話も全くせずこんな事は出来ないが
俺から溢れ出るM臭を察知したのかもしれない
初セクキャバで唾液交換フェチになっていた俺のペニーはギンギンになっていた

俺の口の中に唾液を落とした女子高生はそのまま俺の唇にキスをしてきた
俺の顔に手を当てたままのディープキス
女子高生の舌はとても暖かくゾクゾクした
どうやらこの女子高生はなかなかのSらしい

性格がキツイとかじゃなくて男の子を責めて喜ぶ
そしてニヤニヤと俺の顔を見てくる

ディープキスで舌をクチュクチュ絡ませながら俺の乳首を摘む
思わず声が出る
それを聞いてとても嬉しそうに喜ぶ女子高生
完全にされるがままでどうにも対抗出来なかった

ディープキスが終わったので攻守交代かと思っていたらそうではなかった
耳元で「乳首気持ちいいの?」そう言いながら乳首をあまづまみしてくる
うねうね動く俺を見て嬉しそうにする女子高生

そしてそのまま俺の耳をゆっくりと舐めだす女子高生
気持ち良すぎる!

耳を舐められながら乳首をコリコリされる
もうなんかおっぱいとかどうでもいいやという気分になった

耳を舐められるとジュボジュボ音がしてとてもエロい
俺の耳を舐めながら女子高生は俺のTシャツをマクり上げだした

???何するんだ?
と思ってると俺の乳首をゆっくりと舐めだした
しかも片手はズボンの上から俺のペニーをもみもみする

とてもエロい顔をしてやがる!
まさかセクキャバで乳首舐められるとは思ってなかったのでこれもしかして抜きあるんじゃないのかと思ってしまったがもちろん無かった

乳首を舐められることに集中していたけどすぐ近くに女子高生の耳があるので
嫌がるかなと思いながら耳を舐めてみた

ビクっ
舐めるのを止める

俺は女の子が一瞬こっちを見た
その表情に何か感じる物があった

この子は攻めるのが好きとかじゃなくて
エロいことをするのが好きなんじゃないか?

そう思った俺は耳を舐めながら女の子のおっぱいを揉んだ

小さめのおっぱいはやっぱり柔らかくてふわふわしていた
女の子はさっきまでとは違って触られている事に神経を集中しているようだった

45分5000円、15分×3人
女の子に入るお金ってそんな対した額じゃないと思う
よく風俗嬢は感じてるフリをしながら裏で客の悪口を言っていると聞くがそれは本当だと思う
しかしここまで過剰にサービスをする必要があるかというと無いと思うし
俺は本気で女の子は楽しんでいたと思いたい

女の子は俺の手を掴んで俺の目を見た
やめてほしいのかと思って耳を舐めるのを止めた
でもどうやら違ったらしい
女の子は俺の耳元で
「直接触って…」
そういいながら制服の下へ俺の手を持って行った

この子は本気でエロいと思ったので直接乳首をつまんでみた
女の子の表情が微妙に歪む
どうやら感じているらしい!!
意味がわからん!!なぜにしらん男に乳首触られて感じてるんだ?
とか思いながら興奮した
別に俺が要求しなければおっぱいを直接触らせる必要は無いのに
自分から過剰なサービスを要求してきた
それに興奮した
きっとこの子は体を触られて興奮している、そう言う目的でこの仕事をしている淫乱女だと
しかも可愛いと!

これは行くしかない!いけるはず!
そう思って俺は意を決してお願いした
「下触ってもいい?」

女の子は返事をせずに俺にディープキスをした

拒否されていない=おk!だよ言わせんなって事だと思った俺は意を決してスカートの中に手をいれた

パンツが見えているのをボーイに見られてると怒られるかもしれなかったので
スカートはおろしたまま手をいれた

ん?なんかぬるっとする物がある

女の子はどうやら本気で感じていたらしく
パンツは上から触ってもわかるぐらいヌルヌルになっていた
バチバチに興奮する
だってこれ本気のプレイやないか!これ風俗超えとるじゃないか!
俺はしばらくヌルヌルしたパンツの上からくりちゃんがあるであろう場所を触っていたが
ここまで来たら一緒だと思って横からパンツの中へ手をいれた

口はディープキス
左手は女の子を支えるようにしながら乳首を刺激し
右手は直接くりちゃんを刺激すると
もはやキスができないくらいに感じてしまっている

ここで慌ただしくアナウンスが流れる
どうやら時間が来てしまったようで女の子は延長して欲しいと言った
いつものように断った
なんとなく延長すると次のもっといい子に会えないような気がするから
そして女の子は甘い香水の匂いとともに席を離れていってしまった

切ないが仕方ない、まだ15分しかたってないんだもの

烏龍茶を飲みながら待っていると
次の子が来た

「こんばんわ、?ですよろしくお願いします?」
さっきの子と違ってよくしゃべる女の子でどこから来たかとか
たわいもない会話をした

しかし俺の目的はセクキャバでありボディランゲージである
そんな会話は不要だと思ったので直で「おっぱい触ってもいい?」と聞いた
さっき下を触っていいか聞いた事に比べれば話を中段するぐらい余裕だと思った

さっきの子に比べると反応が薄かったのは仕方ない
この子とはディープキスとおっぱい舐めで終わった
時間が来たので延長は断って次の子を待った

そしてついに3番目になったが
なかなか俺のところに女の子が来ない

まわりを見渡すとなにやらうろうろしてる女の子がいる

?あの子か?なんでや?と思ってたら
ボーイの兄さんが女の子をこっちの席に誘導してきた

「はじめまして、えー?です」
「どうもはじめまして」
ってまたしてもめちゃくちゃ可愛い子が来た!

今までの子よりも小さくてロリ顔でなぜか乳がでかい!

ってかなんでこんな可愛い清純そうな子がこんな店で働いてるんだ?
俺が父親なら悲しすぎるとおもっていたら

「キスしていいですか?」と聞いてきたのでとりあえずキス
何とも悪いことをしているようで興奮した
そこからディープキス、舌がぐちゃぐちゃと音を立てる
キスをしながら服の上からおっぱいを揉む
そして乳首を刺激する

「あんっ!」急に大きな声を出しておっぱいを隠す
「おっぱい感じやすいんです」と涙目で俺に訴え掛ける
ってあんたセクキャバでおっぱい感じやすいって仕事にならへんじゃないか
どうやら結構ガチの入りたてだったみたい

ひょっとしてこれはこっちが主導権とれるんじゃね?
そう考えた俺はとりあえずスカートの下に手をいれた
恥ずかしそうにする女の子
それもそのはず、パンツはびっちょり濡れてました

「ここ何で濡れてるん?」そう言いながらパンツの上からくりちゃんをいじる
どうやら感じやすいらしくセクキャバなのに本気で恥じらっていた
「もっと触って欲しい?」と聞くとうんと頷いた
まるでAVじゃないか

「じゃあスカートめくってパンツ見せて」
小さく頷いて女の子は恥ずかしそうにスカートをめくった
涙目になっていてとても可愛い
履いてたパンツは顔に似合わずとてもエロそうなパンツだった

めちゃくちゃ興奮した
あのAVでよくある奴をまさか自分がお願いするとは思っていなかった

女の子にスカートをめくらせたままパンティの上からくりちゃんをいじる
ハァハァと女の子の息が荒くなっていく
手で下を触りながら女の子にディープキスをした
そして「パンティ脱いで欲しい直接舐めていい?」と聞いた
セクキャバのサービスから言えばおそらくありえない事をお願いしている

が、女の子は嫌々ながら恥ずかしそうにパンティを脱いだ
おそらくこの子はおかしくなっているのだろう

すぐ横にノーパンの女の子がいる
女の子にM字になってもらって無理な体勢だがクンニをした
女の子が俺の体を強く掴んだが止めなかった
姿勢がきつくなったので指をおまんの中に入れた
おまんはグチョグチョに濡れていてぬるっと中へ入った
女の子に手マンをしながらディープキスをする

もう俺のペニーには感覚が無い、ちょっとこすれば行ってしまいそうになっていた
女の子はディープキスが出来ないぐらいに顔を歪めてイクのを我慢していたが
涙目で「止めてイキそう」って俺に言ったがもうこっちも本気モードに入ってたので止めれず
イったのか行かなかったのかわからなかったけど、女の子はぐったりした

そしてしばらく上と下でクチュクチュしてると時間が来た
延長を断ったのでそのまま退店するんだけど
女の子が出口まで案内してくれる
「また来てくださいね」と言って俺にお別れのキスをして手を振って俺を見送ってくれた

また絶対来る
そしてもっとエロいことに挑戦しようと思っていたら
数ヵ月後にお店は摘発されてしまいました


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード