萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

オナニー

久しぶりに妻とラブホテルに行ったら、妻が妙に慣れている感じがした完

妻は、ソファに座る男のモノを、熱心にフェラチオしている。リビングは照明がついたままなので、妻の動きや表情までもが見えてしまう。妻は、初めは無表情で事務的な感じのフェラチオを続けていた。でも、動きのスピード自体はとても早く、少しでも早くイカせようとしている感じだった。早く終わらせて、男に家から出て行ってもらいたい……。そんな意図がうかがえるような動きだった。

でも、男はまったくイク気配がない。時折、妻の頭を撫でたりしながら、リラックスした様子で座っている。角度的な問題で、異形のペニスははっきりと見えない。私は、妻が複数の男に廻されたり、黒人達のおもちゃにされる姿よりも、この異形のペニスで狂う姿を見てみたいと思っていた。我ながら狂っていると思うが、私の歪んだ性癖は、完全に発露してしまったみたいだ。

『ど、どうして柔らかくなっちゃうんですか?』
妻の焦った声が聞こえてくる。

「そんな格好じゃ、雰囲気出るはずないだろ?」
男は、落ち着いた口調で言う。確かに、男のペニスは角度が寝て行ってしまっている。妻にフェラチオされながらも、ペニスが柔らかくなっていく男。私は、妻のことを馬鹿にされたような気持になってしまった。そして、そんな気持ちになり、内心、自分で笑ってしまった。私は、妻にどれだけ馬鹿にされているんだろう? どれだけ裏切られているんだろう? それなのに、嫌いになることもなければ、正直怒りも湧いていない。それどころか、好きという気持は増した気がするし、私が不甲斐ないから、妻は不倫に走ってしまったのではないだろうかと、反省すらしている。

『わ、わかりました。ご主人様、淫乱な牝豚のストリップショーをご覧になってください』
妻は、そんな奴隷のような言葉を吐いた後、服を脱ぎ始めた。妻は、部屋着をスルッと脱ぐと、下着姿になった。それは、今まで見たこともないような、際どいものだった。ブラは、なんとか乳輪が隠れる程度の面積しかないし、ショーツはTバックでフロント部分も極小だ。とても、清楚な雰囲気の妻が着るような下着ではない。

そして妻は、ソファに座る男の前で、脚をがに股にして、自分の乳首を触り始めた。両手で左右の乳首をつまみながら、
『牝豚のはしたない姿をご覧下さい。もう、濡れすぎておつゆが垂れてきてます……』
妻は、がに股のまま乳首をまさぐり続ける。それは、ひどく滑稽でシュールな姿だった。
『ンッ、ふぅ……み、見てください……。いま垂れますぅ、うぅぁっ』
そう言って、がに股の度合いを強める妻。すると、股間の辺りから、ツゥーッと床に垂れていく透明の液体が見えた。私は、そこまで濡れるほど興奮しているんだなと、泣きそうな気持で思った。

「旦那がいるから格好つけてるのか? いつまでたっても、終わらんぞ」
冷たい口調の男。妻に、こんなはしたなくてみじめな格好をさせておきながら、まだ足りないというのだろうか?

『ごめんなさい。うぅ……。み、見てください……。牝豚の汚い肛門を、汚れていないか検査してください……』
妻はそう言うと、男に背を向ける。そして、前屈をするように身体を折り曲げると、男にお尻を突き出すような姿勢になった。そして、両手で左右に広げるようにして、アナルを広げる妻。最高に恥ずかしい姿をさらしている。

「どれ……。汚れてるぞ。汚いもの見せるなよ」
男が、あざけるように言う。
『イヤァ……。さっき、綺麗にしました。よ、汚れなんて……』
妻が、泣きそうな声で言う。でも、アナルは全力で広げたままだ。

「もっと広げてみろ。腸内まで見せろ」
男は、言葉少なに言う。
『うぅ……み、見てください。牝豚の汚いケツマンコの中、隅々まで見てくださいぃ!』
妻は、半分泣いているような声だ。私は、妻がこんな仕打ちを受けているのに、寝たフリを続けながら勃起をしている。最低で最悪な夫だと思う。でも、私の興奮は怖いくらいに高まっていく。

「よし、中もチェックしてやる」
男はそう言って、妻のアナルに指を突っ込んでしまった。人差し指と中指をまとめるようにして、無造作に妻のアナルに突っ込んだ男。
『うぅぁっ! ヒィ、ダメぇ、お、起きちゃいます、抜いて下さいぃ』
妻は、アナルに指を突っ込まれ、痛そうにするどころか、信じられない程声をとろけさせていた。
「ローション仕込んでおいて、よく言うな。この、ド淫乱が」
吐き捨てるように言う男。
『うぅ……ごめんなさい。でも、起きちゃいます……。許して下さい』
「お前が声を出せなければ良いだろ?」
『無理です……。声、我慢できないです……』
妻は、アナルに指を突っ込まれても、まだ両手で広げている。すると、男が腕を動かし始めた。無造作に、雑な感じの動きだが、
『うぅあぁっ! ご主人さまぁっ! ダメぇ、声出ちゃいますぅっ! うぅっ! うっ! ぅ、あっぁっ! あっ! アァッ♡』
と、妻はあっけなくとろけた声を上げた。

「相変わらずガバガバだな」
男は、腕ごと動かしながら、そんな言葉を吐く。妻は、アナルを広げたまま、あえぎ声を漏らし続ける。でも、私を起こさないように、必死で声を抑えているようだ。そんな風に、必死になってくれているのに、私は寝たフリを続ける。

『うぅ、ごめんなさい……。でも、ご主人様が……ぐぅあぁっ!!』
妻が何か言いかけているのに、かまわずにそのまま拳を押し込んでいく男。先に入っている指2本に続いて、握った部分も入ってしまっている。妻は、男にアナルに拳を埋め込まれているのに、叫び声はあげたが痛そうな顔ではない。それどころか、見たこともないくらいにとろけた顔になっている。
「本当にガバガバだな」
男は笑いながら言うと、腕を動かし始めた。まるで、拳で体内を連続的に殴っているような感じになっている。
『んおぉっ! ヒィグッ! ケツマンコ壊れるぅっ! ご主人さまっ! 赤ちゃんビックリしちゃいますぅっ!』
妻は、お尻を突き出したまま叫ぶ。お腹が大きいのに、あんな風に前屈状態を続けるのは、リスクが高い気がして心配になる。でも、妻はさらにお尻を突き出すようにして、アナルへのフィストファックを楽しんでいるような様子だ。

「これか、もうかなり大きくなってるな」
『うぅぁぁっ! に、握っちゃダメぇ、赤ちゃん死んじゃうぅ』
妻は、心配そうに叫ぶ。どうやら、腸壁越しに子宮を握られている感じだ。そんなことが出来るのかどうかは別として、妊娠してるのにあんなことをされて、流産してしまわないのだろうかと心配で仕方ない。

「誰の子かわからないんだろ?」
『わ、わかります……あ、あの人の……子です……うぅあっ! ダメぇ……ギィッ! あぁあ゛ぁっ!』
「あんな短小チンポで、妊娠するはずないだろ」
『そ、そんなこと、うぅあっ、ないぃ、グゥはぁぁッ!』
「息子だって、全然似てないだろ? 日に日に俺に似てくる」
男は、妻のアナルを拳でかき混ぜながら、そんなことを言う。

『そ、そんなことないぃ、ですぅ、うぅあアァッ! シュン君は、あの人の子ですぅ、んおぉおぉおっ!』
妻は、必死で叫ぶ。私は、足がガクガクと震えてきてしまった。シュンが、私の子ではない? そんなことは、考えたこともなかった。でも、考えてみれば、ルックスは私に少しも似ていない。ずっと、妻に似ているんだと思うようにしていたが、考えてみれば、あまりにも私の要素がない……。それに、たいして頭のよくない私と違い、シュンは成績優秀で、運動も得意だ。考えれば考えるほど、遺伝子の連なりがない気がしてくる。

「まぁ、どっちでもいいけどな。お前がそう思うなら、そうなんだろうな」
男は、たいして興味もなさそうに言う。そして、拳をすごい勢いで動かし始める。あんなに大きな拳が、出たり入ったりしながら、ゴチュン、ブチュンと信じられないような音を立てる。
『んぐぉっ! ヒィグゥッ! うぅああアァッ! ケツマンコ壊れるぅっ! ご主人さまぁっ! 壊れちゃうっ! 壊れちゃいますぅっ! んおおおぉおおおぉお゛お゛お゛お゛ぉっっ!!!』
妻は、足がガクガクと震わせながらも、必死で崩れ落ちないようにしている。男は、雑な動きのまま腕をガシガシと動かし続ける。
『イグぅっ!! イグッ! ケツマンゴイグぅっ!! オォオオッ♡ おっ♡ んおおぉおおぉーーっ♡ イグぅっ!!』
妻は、とろけきった声であえぎながら、ピンと背筋を伸ばすようにして果てた。同時に、ボタボタボタッと音をさせながら、床に潮をまき散らしていく。
「破水したんじゃないか?」
男は、笑いながらとんでもないことを言う。
『だ、大丈夫、ですぅ……。許可なくイッちゃいましたぁ……。ごめんなさい』
妻は、アナルから男の手を生やしたままそんなことを言う。すると、男はズボッと拳を抜いた。
『ひぃっ、ぎぃんっ♡』
妻は、アナルから抜かれた衝撃で、またイッたみたいだ……。そして、床にペンタンと女の子座りをする妻。大きなお腹に、ハレンチなブラ、そして、ショーツは完全にずれてしまっている。

私は、妻のアナルがどうなっているのか心配で仕方なかった。括約筋がバカになっているんじゃないか? でも、普段妻がオムツを着けている気配はない。意外と、括約筋は柔軟性が高く、ガバガバになることはないのだろうか?

すると、妻は男の拳を舐め始めた。まるで、お掃除フェラでもするように、自分の直腸の中に入っていた拳を、舌で舐めてきれいにする。私は、ここまで調教されきっているんだなと、ショックを受けていた。妻は、汚いと思うこともない様子で、夢中で舐めていく。準備をして綺麗にしているとは言え、あんなに奥深くまで拳を突っ込まれたら、それなりに汚れているはずだ。すると、妻が急に苦しげな声でうめきだした。
『ご、ご主人様、で、出ちゃいます。アナル刺激されたから、奥の宿便が……ト、トイレに行ってもいいですか?』
妻は、苦しそうに言う。でも、男は冷たく、
「待ってろ」
と言って、ソファから立ち上がる。そして、廊下に出て行った。妻は、お腹を押さえながら、小さくうめいている。たぶん、拳で広げられた直後なので、我慢が効かないのだと思う。

すると、男が洗面器を持って戻ってきた。私は、まさか! と思いながらも、すでに今までにも、何度もこんなことを繰り返してきたんだろうなと理解した。

「旦那の目の前で、全部出せよ」
男は冷たく言う。私は、慌てて目を閉じながら、バレた? と、焦っていた。でも、
「お前のは臭いから、旦那も起きるぞ」
と、男が言葉を続けたので、まだ気がつかれていないなと安心した。

『イヤぁぁ、おトイレに、お願いしますぅ、ここじゃ、イヤぁぁッ、お願いしますっ!』
「今さらなに言ってるんだよ。外でも平気で出すだろ? 出しながらイクくせに、今さら格好つけるなよ」
『で、でも、ここじゃイヤ……あの人も起きちゃいますっ!』
妻は、必死で叫ぶ。でも、私は信じられない程の興奮を感じていた。当然、妻の排泄など見たこともない。小さい方をするのすら、見たことがない。そんな、女性にとって一番恥ずかしい姿を、妻は何度この男にさらしたのだろう?

『ダメぇっ! ダメぇーっ! 出ちゃうっ! 出ちゃうのぉっ! イヤぁぁっ!! 見ないでぇっ!』
妻が叫ぶと同時に、空気が破裂する音とともに、臭いが充満していく。
「ハハ。凄い臭いだな。とうとう、自宅のリビングでもやっちまったな」
男は、楽しそうに笑いながら言う。でも、綺麗にしてあったからか、それはすぐに終わった。妻は、声を殺して泣き始めた。自宅でのこんな行為に、本当にショックを受けているのかも知れない。

「よし、綺麗にしようか? おいで」
男は急に優しい声で言うと、泣いている妻をいざない、浴室に向かった。私は、まだ臭いが充満するこの場所で、慌ててオナニーを始めてしまった。二人が戻る前に、急がないと……。そんな風に思いながらペニスを取りだし、こすり始めた瞬間、私は射精をしてしまった。ほんの、二こすり……三こすり半という言葉よりも早く、イッてしまった私……。私は、強烈な快感の中、歯を食いしばって声を我慢した。そして、慌てて立ち上がり、ティッシュで床の精液を拭き取り、丸めてゴミ箱に捨てた。音を立てないように気をつけながら、元の椅子に座って突っ伏した。しばらくして戻ってきた二人。男は、またソファに座る。でも、今度は全裸になっていた。そして妻も、さっきのハレンチな下着を脱ぎ、全裸になっている。

「ベッドじゃなくていいのか?」
『それだけは……許して下さい。寝室だけは……』
「お前も、本当に不思議な女だな。これだけ裏切ってるのに、まだそんなこと言うんだな」
『うぅ……。愛してますから……』
「セックスが全然ダメでもか?」
『はい……。セックスは、ご主人様がいますから……』
「はは。怖いな」
『もう、入れてもいいですか?』
「あれ? 旦那の前じゃ、イヤなんじゃなかったっけ?」
『そ、それは……。クスリ効いてますから……起きないですから……。それに、もう我慢できないです』
「好きにしろよ」
男は、ソファに座ったまま、妻に言う。すると、すぐに妻は男のものをフェラチオし始めた。それは、気持ち良くさせるためと言うよりは、少しでも早く勃起させるためのフェラチオみたいだ。
『あぁ、すごい……。ご主人様のおチンポ、ボコボコで素敵です♡』
妻は、異形のペニスをフェラしながら、うわずった声で言う。もう、欲しくてたまらない……そんな感じだ。妻は、必死でフェラチオしながら、自分の股間にも手を伸ばす。そして、クチョクチョと大きな音を立てながら、オナニーまで始めてしまった。

自分の妻が、他人のペニスをフェラチオしながらオナニーをする姿……。私は、さっきオナニーをしたばかりなのに、もう限界まで勃起をしていた。愛する妻……。素直で可愛い息子……。仕事も順調で、幸せそのものの日々……。それが、足元から崩れていく感覚に、私は胸に穴が開いたような気持だった。
いまだに、買い物に行くと手を繋いでくる妻……。セックスの後も、照れたように微笑みながら、”すっごく気持ち良かったよ♡ 声いっぱい出ちゃった……。ゴメンね、はしたなくて……”と言う妻。そんな妻が、狂ったようにフェラを続け、オナニーまでしている……。

『もう我慢できないです、おチンポ下さいっ! 入れてもいいですか? ご主人様のぶっといイボチン、牝豚のガバガバケツマンコに入れさせて下さいぃっ!』
妻は、信じられない程卑猥な言葉を吐いて、男に懇願した。
「だから、好きにしろって」
男は、冷たく言う。すると、妻はすぐに立ち上がり、男に対して対面座位の格好でまたがっていく。そして、その異形のペニスを膣ではなくアナルの方に導いていく。

男のペニスは、カリ首の下にグルッと一周のデコボコがある。シリコンボールのリングを入れているのだと思う。そんなものを入れなくても、充分に大きいペニスなのに、それがあることによって、まがまがしいまでの迫力を醸し出していた。

妻は、大きなお腹をものともせずに、躊躇もためらいもなく腰を降ろす。あっという間に、妻の腸内に根元まで入ってしまった。
『ングゥ♡ おチンポすごいぃっ♡ ゴリゴリ削れて、もうイッちゃいますぅ』
妻は、一気にとろけた声を出す。私の方からは、妻の横顔がはっきりと見えているが、本当に幸せそうな、そして気持ちよさそうな顔になっている。私とのセックスでは、けっして見せることのない顔……。でも、もう悔しいという感情も湧いてこない。

他人の種で妊娠させられ、黒人や童貞達のおもちゃになる妻。その上、私を愛していると言いながら、他の男をご主人様と呼び隷属している。ここまでされているのに、私は妻のことを揺るぎなく愛しているし、離れるつもりもない。

「起きちゃうんじゃなかったっけ? うるさすぎるぞ」
『へ、平気です。だって、クスリ効いてるから……。それに、このおチンポ相手に、我慢なんて出来るわけないです♡』
妻はそう言って、腰を上下に動かし始めた。見慣れたリビングのソファの上。よく、妻と並んでそこに座り、テレビを見たり映画を見たりする。結婚してすぐに買ったソファだ。私と妻との年月を、一緒に刻んできたソファだ。その上で、妻は顔をとろけさせてアナルセックスに没頭している。

「そんなに気持ちいいか?」
『気持いいぃっ! 気持ち良すぎて狂いそうです♡』
「拳よりも細いだろ?」
『で、でも、カリ首がすごくてぇ、リングもすごいんです♡ ゴリゴリ削るのぉ♡ 頭、バカになっちゃいますぅっ!』
妻はあえぎながら、ガンガン腰を振る。あれでは、大きくなったお腹が、男の腹にガンガン当たっているはずだ。息子の時も、同じことをしていたのだろうか? 妊娠中に、こんな不貞行為をしていたのだろうか? 今となっては知りようもないが、想像が果てしなく広がっていく。

「ほら、もっと気合い入れて締めろ。ガバガバだぞ」
男は、必死で動く妻に、そんなことを言う。
『ご、ごめんなさい、締めますっ! ユルユルのケツマンコ、一生懸命締めますっ!』
妻はそんなことを言いながら腰の動きを早くしていく。こんな、屈辱的な扱いも、妻にとっては快感に変わっているようだ。

「しかし、のんきに寝てるな。幸せな男だな」
男が、急に私のことを話題する。慌てて目を閉じながら、私は寝たフリを続ける。
『だ、だって、クスリ効いてるから』
「よし、じゃあ、愛する旦那の所に行くか」
男がそんなことを言う。私は驚いて薄目を開けた。すると、男は繋がったまま妻を持ち上げていた。
『キャっ、ダ、ダメです。怖い……』
駅弁ファックのように持ち上げられて、不安そうな声を漏らす妻。男は、軽々と妻を持ち上げている。そして、そのまま安定した足取りで近づいてくる。
『うぅ、あ、あぁ、これ、すごく深くまで来てますぅ、うぁうっ♡』
ハメられたまま歩いているので、ペニスが容赦なく奥へと入っているようだ。妻は、よりいっそう甘い声を上げながら、しがみつくようにして男に抱きついている。そして、そのまま私が突っ伏しているテーブルのところまで来てしまった。

さすがに、目を閉じた私。ドキドキして心臓の音が聞かれないかと不安になるほどだった。

すると、ドンと机に振動が伝わる。ごく薄い目で確認すると、妻がテーブルの上に座らせられていた。でも、二人はまだ繋がったままだ。テーブルに座らせながらの正常位のような格好。二人の顔と顔が近く、今にもキスをしてしまいそうだ。妻の他の男とキスをするのは、すでに何度も見ている。でも、この男とのキスだけは、やめて欲しいと思っていた。他の男とのキスは、ただのプレイの一環だとして、なんとか割り切れる。でも、この男とのキスは、感情も絡み合うようで、見たくないと思った。

気づいたら行動が変わった

自分が見られるのが好きなんだとわかった二十歳からは
少しずつ自分の行動が変わっていきました。

まずは服装。
元々、見られるのには抵抗がありませんでしたが
見られているという事を意識してなかったので、
割と今時の女の子というか。
カワイイなと思う以外の感情はありませんでした。
でも、あの同窓会からは少し色々な部分で変わってきました。

まず、服を選ぶとき。
これまでは着なかった超ミニの服だったり、
肩が出てるチューブトップの服だったり。
どれだけ視線を集めるかなと思うと、
それだけでドキドキしていくのがわかりました。

そうなると下着もカワイイものをってなってくるんですよね。
見られても相手をドキドキさせる事ができるものをというか。
とにかく男の人のいやらしい目線が欲しくてたまらない。

パンツスタイルが多かったのが、基本がワンピに変わりました。
ほとんどがミニワンピ。
お気に入りは白のチューブトップのフレアのミニワンピ。
カワイイ感じで男受けがいいものです。
それをノーブラで外に出かけます。

ノーブラってばれてないかな、とか思うだけでドキドキして楽しい。
男の人ってすれ違う時に、女の人の顔はもちろんですけど
胸とか足とかチラッて見るんですよね。
そんなに視線を意識した事はなかったので、
見られてる…っていうドキドキが楽しくなりました。

そうなると、外出が増えました。
これまでは結構家にいる事が多かったのですが…
車で1時間〜1時間半ぐらいのところに郊外型のショッピングモールがあります。
そこに一人で行く事が楽しみになりました。
もちろん普通にショッピングも楽しむのですが、
例えばわざとパンツが見えるように体育座りをして携帯を触ったり。
エスカレーターでヒールを気にするそぶりをして前かがみになったり。

見ているであろうで人の目を見ると大抵目が合います。
サッとそらす人もいれば、ニヤける人もいたり。
その反応にドキドキしてしまいます。

家でもわざと無防備な格好をする事が増えました。
例えばわざとピザを頼みます。
上はノーブラのキャミと下はパンツが丸見えの状態で
ドアを開ける前に、一度全身鏡で自分の格好をチェックします。
パンツは当然丸見えだし、少し前かがみになれば
男の人でしたら、胸元がはっきり見える。

ドアをあけると、しどろもどろしながらチラチラ見る方もいれば、
堂々とニヤニヤして凝視してくる方もいます。
私もあえて意識している感じでわざとちょっと恥ずかしそうにします。
ごめんなさい、こんな格好で…ってキャミの前を下にひっぱって
パンツを隠そうとしてみたり。
すると胸元があらわになって、男の人の視線が胸に。
そしたら、キャって胸に手をあててみたり。
普通に見せても面白くなくて、相手のその反応があるからドキドキが増します。

一度だけ、宅配の人が高校の先輩という事がありました。
着ているのはブラとパンツだけです。
そのときはただ単純に寝起きだっただけなのですが、
知っている人だったのですごくドキドキしました。
先輩も私の格好には触れないのですが、
堂々と見る為にワザと話を伸ばしてきます。
「ゆきちゃん、久しぶりだねー、最近どうしてるの?」
とか
「◯◯って今〜にいるらしいよー」
など。
先輩の視線は私の顔を見たり
胸やパンツを見たり忙しそうでした。
何となくアソコがふくらんでいるようにも見えました。
荷物を受け取り先輩が帰った後、
眠気も吹っ飛んでいつもよりドキドキしてたような気がします。
だって、ものすごくびちょびちょですぐにオナニーしちゃったぐらい。。

知ってる人に見られるのって余計にドキドキするのかな…
この頃から何をやるにもそういう事ばかり考えるようになりました。

続きはまた書きますね。

既婚者の女喰え過ぎww

今年の春でした、出会い系サイトで既婚者の美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。
彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。
最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、

しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。
メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。
「旦那は、相手にしてくれない」
「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」
「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」
この様なメールが出会い系サイトを通じて届くようになった。
僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。
毎回、彼女は、メールの最後に
「逢いたいとは言いません。だから、長くメル友でお付合いしたい」と言う。

そして、彼女のメールは、どんどんエスカレートする。
僕との妄想SEXの内容をこまめに書き下してくる。
彼女は、バーチャルSEXを楽しんでいるのか、はたまたリアルなセックスフレンドを僕に求めているのか?
ある日、僕は
「ランチでもしませんか?」と書いてみた。
すると、翌日の彼女のメールには、
「うれしいぃ♪」と書いてきた。
正直、淫らな主婦を見てみたかった、きっと、髪振り乱した、贅肉だらけのエロババアーに違いない。

数日後、僕は仕事の合間を利用して、山手線の、とある駅の改札口で待ち合わせをした。
僕は、即効で逃げられるように少し離れたキオスクの陰で改札口を見つめている。
それらしきエロババアーは見当たらない。
そして10分くらい過ぎた頃、僕のケイタイが鳴った、彼女からである。
彼女も僕を探しているらしい。
僕は、彼女の居場所を聞いた。
切符売場の前だそうだ。
目を切符売場に向けたら、そこにケイタイで電話をする一人の女性がいた。
彼女もキョロキョロ周りを見渡している。

「ラッキー!」僕は、胸の中で叫んだ。
「良いじゃないですかぁーー」
十朱幸代似のスタイルの良い女である。
46歳には到底見えない、33,4でも通用するいい女である。
僕は、美佐子と思われる彼女に近づき初対面の挨拶をした。
彼女は、恥じらいながら軽く僕に会釈をしてニコリと微笑んだ。
僕達は、駅ビルのイタリアンレストランに入り、ピザとビールで出会いを記念して乾杯した。だが彼女は、食事も喉を通らないようである。
彼女は、緊張から逃げるようにビールを飲み干した。
徐々に会話も弾み、お互いに打ち解けてきた。
メールでの淫らなやり取りをしている二人とは思えない安らいだ会話を楽しんだ。
1時間が過ぎた。
彼女が化粧室に立ちあがり席を離れた。
彼女は、化粧室で何を思っているんだろう?
僕をどう評価しているんだろう?その思いが僕の頭を駆け巡った。
一かバチかだ!
僕は会社に電話を入れ帰社を3時間遅らせた。
彼女が化粧室から戻ってきた、顔がほんのりとピンク色に染まっている。
この雰囲気に酔っているのか?
それともビールに酔ったのか?
僕は、彼女に冗談交じりに聞いてみた、彼女は、
「両方に酔っちゃった」
と言うではないか。
僕は、間髪入れずに彼女をホテルに誘った。
一瞬、驚いたようであるが、彼女は小さく頷いてこう言った。
「この前のメールでは食事するくらいの時間しかないと言ってから、半分諦めていたの。」
僕達は、バクバクと心臓を鳴らして店を後にした。

幸い、駅から歩いて2、3分の所にファッションホテルがあった。
僕は、彼女の手を握り、自動ドアをくぐった。
その間、僕は彼女の緊張を解すため、昼メロをパロッて、ジョークを飛ばす。
美佐子はクスッと笑い僕の手を強く握り返してきた。
フロントで落ち着いた部屋を選びルームキーを受け取り、部屋に入った。
「カチャ」っと鍵を閉めた直後、僕は美佐子を抱き寄せ柔らかいピンク色の唇を奪った。
手は、美佐子の背中を撫で回し、尻からスカートをたくし上げ、
パンストの上から、柔らかくて大きな尻を弄り、後ろから指で、クリトリスの部分をグリグリと刺激してやった。
ほんのりと、パンティ、パンストを濡らしスケベ汁が染み出してきた。
美佐子は、もう理性を押さえられない状態なのか、小さな吐息を漏らすと、熱い舌を僕の舌に絡めながら僕の硬く、はち切れそうな股間をズボンの上から弄ってきた。
この女は、淫らになりたがっていると僕は確信した。
その時を境に美佐子は、僕だけの性奴隷に落ちて行った。
僕は、息を荒げる美佐子を引き離し、ソファーに腰を下ろした。
美佐子は、僕の態度に不安そうな表情を浮かべた。
僕は、美佐子の理性を完全に捨てさせるために僕の気持ちを彼女に伝えた。
「僕は、美佐子と、こうなった事に感動している。でも、もしかしたら、この先二度と逢えないかもしれない。そのためにも美佐子を体で感じたい。今まで経験したことが無い淫らなSEXを美佐子としたい。」
と言い、僕は美佐子の見ている前で、全裸になった。
彼女よりも先に全裸になったのは、彼女の最後の理性を解放すためである。
美佐子は、呆然と僕の体を見つめ、いや、正確には僕のいきり起ったペニスを見つめている。
「私も、全てを忘れ淫らになりたい。あのメールよりも、もっと、もっと淫らになりたい。」
と言わせた。僕は、美佐子に命令した。
「ゆっくりと服を脱いで、いやらしくオナニーを見せて欲しい。
美佐子がいつもしている以上のオナニーを見せてくれ。」美佐子は、僕を見つめベッドの前で服を脱ぎ出した。

スカートを下ろし、ブラウスを脱いだ。
そして、パンストに手をやった時、僕は、ブラを先に取るように言った。
僕はきっとパンストフェチなのかも知れない。
美佐子は、言われるままブラのホックをはずしブラを取った。
乳房は結構大きい、しかも年齢とは正反対に均整のとれた乳房である。
既に乳首は硬く勃起している。

そして、ブラの跡が艶かしい。
美佐子は、ベッドに上がり、四つん這いになって、尻を高くもち上げ、僕を挑発するポーズをする。
自分の手を、股間から尻にまわし撫で上げたり下げたりして弄っている。
四つん這いのままパンストを尻からずり下げ、前を向きスルっと剥ぎ取った。
そしてまた四つん這いになり尻を高く突き出してパンティの上からアヌスとオマンコの間を細い指でなぞってオナニーを始めました。
クリトリスを刺激しているのか、美佐子の口から湿った声が溢れています。
あずき色のツルツルした布地のパンティに、美佐子のスケベ汁のシミが大きく広がっているみたいです。
美佐子はパンティ越しの刺激ではガマンできなくなったのか、尻からパンティを脱ぐと直接、クリトリスに指をあてがい擦りだしました。
「見て!見て!良介!良介に見て欲しいの!」
と、僕に哀願するような声を出します。
僕は、美佐子の側に行き、ま近で見つめました。
「美佐子。とてもやらしいよ。美佐子のすけべなオマンコがヒクヒクいってるよ。でも、とても綺麗なオマンコだよ。」
と、僕も淫らな言葉を美佐子に浴びせかけました。
美佐子は片方の手で乳房を揉み、勃起した乳首を指で摩擦しながら、もう片方の手の中指をオマンコの中に挿入し、ピストンしながら親指でクリトリスをこねています。
美佐子の尻が震え出して、部屋中に感じている声が響いています。
「もうだめぇーーオマンコ我慢できないの。入れて!・・・良介のおチンボ!入れてぇ・・・お願い!」
と、とうとうメスと化しました。
僕は、美佐子のストレスを楽しむように
「だめだよ。まだ、あげないよ。でも、今は、美佐子を目で犯しているんだから、安心しな。このままイッテもいいんだよ。」

と、言ってやりました。
美佐子は、苦しそうに息を荒げ、突然、息が止まり、痙攣するみたいにイッてしまいました。
美佐子は、ベッドに倒れ込み、肩で息をしています。
僕は、美佐子の脇に腰掛け、彼女の髪を撫でてあげます、サラサラの栗毛色の髪が柔らかい。
「私、オナニーでこんなに感じたの初めて。いつも、イクんだけど、意識が遠のくような感じだったの。」
と、僕の顔を見上げて言った。
「良介のおチンボって左にチョッピリ曲がってるのね。」
と言い、美佐子の顔の近くに腰掛ける僕のペニスを指で撫で始めた。
僕は、年上であるが美佐子を、可愛く、愛しく思った。
「ごめんな。チンボ入れて上げなくて。」
と、笑いながら言うと、
「いいのよ。焦らされるのって気持ちがより高ぶることが分かったから。きっと、良介のおチンボを入れてもらった時、爆発しちゃうかもよ。」
と彼女も小さく笑った。
美佐子は、僕のペニスを撫でながら、
「なかなか、小さくならないのね。先っぽから、エッチなお汁が出てきちゃったぁ。」
「綺麗にしてあげるね。」
と、美佐子は僕のペニスの先っぽに滲み出る、透明の汁を舌先でペロリとすくって舐めた。
「シャワー浴びていないから汚いぜ。」
と僕が言うと、
「いいの。良介の匂いもみんな好きだから、欲しいの・・・」
と、言って、僕の硬直したペニスを口に咥え込んだ。
ゆっくりと上下に唇を滑らせ、ペニスを絞り上げるように圧迫する。
ペニスの先が美佐子の喉の奥に当たるのが感じられる。
美佐子は身を起こし、僕の脚の間に体を横たえ官能のおもむくまま、僕のペニスを味わっている。
熱い舌で亀頭を舐めまわし、裏筋を舌先でクネクネ刺激する。
僕は、この快感にたまらなくなり、ベッドに大の字に横たわった。
彼女は「気持ちいい?」
と、僕に聞き、
「気持ちいいよ。」と僕は答える。
「そんな答えじゃ嫌!」と、美佐子はダダをこねる。
「私、良介と今日が初めてだけど、良介のおチンボを独り占めしたい。良介の奥様にも、触らせたり、舐めさせたり、オマンコにも入れてもらいたくない。」
と言うではありませんか!
男として最高のホメ言葉ですよね。

僕は、そんな彼女に対し
「凄い感じるよ!美佐子の口を犯したい気分だよ!そして、ドクドクしたザーメンを美佐子に飲ませたい!僕のチンボは美佐子だけのものだから。」
と言ってやった。
美佐子は、その言葉で、より興奮したのか、唾液と混ざり合った僕のガマン汁をジュルジュルと吸うようにフェラチオをしている。
僕の頭の中も真っ白になったようで、理性を脱ぎ捨てた。
「美佐子のオマンコを舐めたいよ。グチュグチュのオマンコをもっとグチュグチュにしてやるよ!」
と言い、彼女の股間に無理やり顔を近づけて、脚を開き太ももを舐め、脚の付け根を舌先で舐めてやった。
「汚いからダメ!」
と、甘えた声で言う美佐子。
「僕も、美佐子と一緒の気持ちだよ、美佐子の体だだから汚くなんてないよ。全てが欲しいんだよ!」
その言葉を待ってたかのように、美佐子は、抵抗しなくなった。
多分、最後まで抵抗するつもりでは無かったのであろう。
きっと、美佐子も汚いオマンコを舐めて欲しかったんだと思った。
「いっぱい。愛して!」
と、美佐子は言うと、尻を僕の顔の上に跨り69の体位を自分からとった。
その間、美佐子は、僕のペニスを咥えっぱなしである。
この女、よっぽど僕に飢えてるんだなと思った。ただ、僕も美佐子に飢えているのかもしれない。
普段、シャワーも浴びていない女のオマンコなんて舐めたことないし、舐めたくも無い。

でも、今は違う、舐めたいのである。きっと、二人の精神状態はめちゃくちゃピークに達しているのである。
僕は、美佐子の形の良い尻、小さなピンク色のアヌス、そしてヒキヒクした生き物のようなオマンコを見上げた。
オマンコからアヌスまで、ヌラヌラと溢れ出るスケベ汁で光っている。
そんなオマンコの先端に小さく勃起するクリトリスを舌でペロンと舐め上げ、口に含み舌先でバイブしてやった。
瞬間、美佐子の体に電気が走ったようにビクンと波打った。
美佐子の声が、僕のペニスで聞こえる。
僕は、自分自身の快感に加え、美佐子のメスの姿に感動し、無意識に美佐子のオマンコに口を埋めて、シャブリだした。
ネットリした舌で、クリトリスを舐めまわし、舌先を細くしてオマンコの中に埋没させスクリューのように回転させた。
チョッピリ酸っぱい味が舌に残ったが、過激な匂いは無かった。
僕は、どんどんエスカレートしていった。
オマンコとアヌスの間を優しく舐め上げ、アヌスに舌を這わせた。
美佐子の尻が左右に揺れる。
アヌスの中に舌を入れようと試みたが、さすがに入れて貰えなかった。
美佐子の声にならない声が、僕のペニスの隙間から聞こえてくる。
一瞬、ペニスを咥える動きが止まる。
きっと、僕の愛撫の快楽に、フェラチオを忘れてしまうのであろう。

そして、また、思い出したかのように、むしゃぶりついてペニスを舐めまわす。
実際、美佐子の唾液が、僕の睾丸を越え、アヌスまで垂れてくるのだから、凄まじいペニスへの愛撫である。
僕の愛撫も彼女の愛撫に比例するように激しくなっていった。
ジュルジュルと音を出して、クリトリスを吸いだし、舌先でブルンブルンとバイブしてやった。
たまに、舌をオマンコにぶち込んでやり、鼻先でアヌスを刺激してやった。
すると、彼女がいきなり、僕のペニスから顔を持ち上げ禁断の言葉を発した。
「いいのぉ・・気持ちいいよぉ・・・オマンコいっちゃうよーーもっと、もっと、良介だけのオマンコにしてぇーーー。お願いぃ!良介、ちょうだい。良介のカルピス欲しいぃーー一杯だしてぇーー」
と叫び出した。
僕は、美佐子のその言葉にテンション上がりまくりです。
美佐子はさっき以上に、口を強く上下に振ってペニスを飲み込んでいます。
僕も、ペニスの奥がムズムズしてきてザーメンの発射段階に入りました。
この気持ち良さを美佐子に伝えたいと、彼女のオマンコから口を離し、僕も禁断の言葉を美佐子にぶつけました。
「僕もいきそうだよ!美佐子のオマンコを口で犯しながらいくんだよーー!美佐子のオマンコは僕だけのものだよ!誰にも渡さない!だから、僕のチンボだけを愛してくれよ!!」
と叫んでしまった。
二人の69の姿は鬼畜そのものである。
お互いの性器を必死に舐め合い、唾液でヌルヌルになりながら快楽をむさぼり合う。
もう、僕も美佐子も我慢の限界を遥かに越えた状態だった。
美佐子のかすれた声で

「いっしょにイキたい・・・イッてぇ・・・」
と聞こえた瞬間、彼女の体がビクンとして痙攣し始めた。
実際にオマンコが本当にヒクヒクしてるんです。
僕も同時に我慢していたザーメンを爆発させたい気分になった。
「オーー!」
と言う声と一緒に美佐子の口の中に放出した。
それは、美佐子の喉奥にぶち当てたような感覚でした。
美佐子は、意識がもうろうとする中、一滴も垂らさず飲んでくれました。
もう出ないのに、チュウチュウと僕のペニスを吸っています。
「もう、出ないよ。」
と僕が言うと、彼女は
「もっと、欲しいよーー」
と甘えた目で言います
。とても可愛い女です。
僕は、彼女のクリトリスに軽くキスをしてあげました。
すると、彼女は、またビクンと体を硬直させ、
「あッ」と小さな声を上げます。
僕も彼女も、クスッっと小さく笑ってしまった。
僕は、体を起こし彼女と向き合い顔を近づけ、ディープキスをしました。
さっきまで、お互いの性器を舐め合った唇と舌を舐め合いました。
なんだか、ベタベタしてヤらしい行為の後を実感したのでした。
僕は美佐子の目を見つめ、
「もう少し待ってな。そしたら、今度は、美佐子のヤらしいオマンコにぶち込んでやるから。」
と言ってやった。
美佐子は、頷いて、
「こんなに感じたの初めて・・・それに私、男の人のカルピスを飲んだの初めてなの・・・一緒にイケて嬉しかった・・・」
と言い、またディープキスをせがんできました。

その後、二人でバスルームに向かい、ヌルヌルの体を洗い合い、ボディーソープを全身に付け、体を密着させて擦って遊んでいました。
その刺激で、僕のペニスが早くも目覚めたのには驚きです。
30代後半からこんなこと無かったのになと思いながら、自然と照れ笑いしてしまいました。
美佐子は、驚きと嬉しさでしょうか、僕の泡だらけのペニスを太ももに挟み、ツルツルと遊んでいます。
その間、僕の目を見つめています、彼女の目は既に、いっちゃってます。
僕達は急いで、石鹸を流しバスルームから出てきました。
バスルームのドアを閉めると、美佐子を抱きかかえ、ベッドに直行です。
「これから、また、たっぷり虐めてやるからな!」
と言い、ベッドに押し倒しました。美佐子は、
「きゃッ!」
と言う小さな悲鳴と裏腹に、興味深々の目で僕の顔を見上げます。
演技でしょうか、少し怯えた目をしています。。。。。。。。
僕は、過去の過激メール交換で美佐子の趣味を知っています。それは、SMチックにレイプされる事を願望していました。僕も満更ではありません。
早速、アダルト通販で購入した、超薄手の小さなTバックのパンティを美佐江に手渡し、身につけるように命令しました。彼女は、
「すごくイヤラシイ?パンティ・・・」
とひとこと言い、濡れた下半身に身につけました。
「す・凄くイヤラシイ姿だね。」
僕は、思わず美佐子に言葉を投げ捨てました。
小さな逆三角形のビキニで、陰毛の部分を隠す所に真っ赤な唇の刺繍があります。
そしてパンティの色は、白っぽいピンクです。
美佐子は、僕の次の行動に期待しているのでしょう。
目がうつろに僕を見つめています。
次に僕は、同じくアダルト通販で買ったビンデージテープを取り出すと、熟女を犯す獣と化し美佐子に襲い掛かった。美佐子は、
「いやぁ?!」
と言いながら後ずさりし、ベッドの隅に追いやった。
僕は、彼女をベッドの中央に引きずり戻し、馬乗りになり、左右の手首と足首をボンデージテープで固定した。
その格好は、M字開脚の状態になり、小さなTバックパンティが食い込んだ、美佐子の恥ずかしいあそこが丸見えである。
美佐子は、哀願するように叫んだ、
「いやぁーー!許してぇーー!」。
結構、美佐子の演技は芯に迫っている。ちょっと、うるさい叫び声である。

これが、ラブホテルでなければ、僕は逮捕されているこもしれない。
僕は、慌てて、ホテルのタオルで美佐子に猿轡をして黙らせた。
「うぐーーッ・・・ウウウーー」
声にならない呻き声が聞こえてきた。
美佐子の目は大きく見開き、僕を睨んでいる。迫真の演技である。
僕も負けてはいられない。
「奥さんよー、いつも旦那に抱かれてんだろう?俺と、一回くらいオマンコさせてもいいじゃねーかよーー」
「奥さんも、たまには違う男に可愛がられてみたいだろう?」
と、昔のポルノ男優のような二流の演技で美佐子に迫った。
美佐子は、叫ぶことも、身体を隠すこともできずに、顔を背けていた。
「奥さん・・イヤラシイ格好だぜ!こんな格好をいつも旦那に見せてるのかよぉ?」
と僕は、美佐子を罵り、形の良い乳房を掴み強く揉んだ。
美佐子は、タオルの奥で
「うぐッ!」と声を漏らし、目を硬く閉じていた。
「嫌だと言いながら、奥さんもスケベじゃねーかよ!乳首が硬くなってきたぜ。」
僕は、片手で乳房を揉みながら、乳首に吸いつき、舐めまわした。
その間、美佐子は声にならないうめき声を発した。
「もう、いい加減観念しろよ!奥さん・・」
それでも美佐子は、目を硬く閉じたままだ。
「それじゃ、もっと奥さんの感じる所を、舐めてやろうかなぁー」
と言い、食い込んだパンティに指を持っていった。
僕は、パンティのラインに指を軽く、這わせ食い込みを確認した。
美佐子は、下半身を震わせている。
それは、恐怖心なのか、それとも、今までの妄想が現実となる欲望の波が打ち寄せて来ているのか?
もう、そんな事はどうでも良い。
僕は、完全に今の状況に飲まれて理性も何も無くなった状態だった。
指を、パンティの食い込んだ割れ目に沿って上下した。
クリトリスの部分にを爪で軽く引っかき刺激した。

そして、徐々に中指を下にずらし、強くねじ入れた。
「うぐぐーッ」
と、こもった声と同時に腰が跳ね起き、身体が弓の字になった。
僕は、この時にSを感じた。女を虐める悦びが僕の下半身を伝わった。
僕は、美佐子のオマンコの中に中指をグリグリとねじ込んだ。
パンティの布が一緒に、肉びらに埋もれて行く状況がよく見えた。
段々、美佐子が履いているパンティの布が湿ってきた。
「奥さん・・気持ち良いんだねぇ?奥さんのオマンコからスケベ汁が溢れてきてるぜ。」
と言うと、一旦、指を抜いてみた。
そこはには、指だけが抜かれ、パンティの布はまだ、埋没している状態である。まるで、オマンコにできた小さなトンネルの様だ。

会社の巨乳同期3

4月に入って、彼女が異動してくると相変わらずのナイスバディと爆乳に目が行って仕方無かった(笑)
二人で仕事をする事もあって、彼女のブラウスのおっぱいの膨らみは堪らないものだった(笑)
パイズリをしてもらった事があるからこそ、なおさらだ。

早速、彼女の歓迎会が部署で執り行われ、二次会後に二人で三次会へ行って呑み直した。つのる話もあって終電を逃してしまったので、軽いノリでラブホに誘ってみました(笑)
すると彼女から「そうだね、もう電車無くなっちゃったもんね」っとラブホに行くことにw
ラブホに行くまでに彼女の胸の膨らみを見て軽く勃起し「今日は久しぶりにパイズリしてもらおう」っと決めたw
部屋を選ぶ時もエレベーターでも今すぐに彼女のおっぱいを揉みたい願望と葛藤し、部屋に入ってドアを閉め、鍵をした直後に彼女を後ろから抱き締めて、その爆乳を揉みまくりました(笑)
ブラウス、キャミ、ブラの上からでも相変わらずの大きさと柔らかさ。
彼女もこうなることはだいたい予想していたみたいです。普通にモミモミ出来ました(笑)
おっぱいを揉みながらベッドに移動wなおもモミモミして、ブラウスの下、ブラの下、そして直におっぱいを揉んだw
おっぱいの柔らかさは今も変わらずマショマロで「相変わらず大きいねw今もHカップなの?」っと聞いたら「そうだよ♪」っと彼女の爆乳は健在だったw

そーこーしているうちにモミモミだけでは我慢出来るわけが無く、ブラウス、キャミを捲ってブラを外し自然におっぱいを見せて貰ったw
デカくて柔らかいのに垂れていない奇跡のようなおっぱいに、当然しゃぶりついて、舐めまくったw
んで、このままパイズリしてもらおうと彼女を上半身裸にして、俺も下半身を裸になったw

我慢汁だらだらのチンチンを彼女に見せたら「凄い興奮してるー♪本当におっぱい好きだねっ」っと言っていたw

仁王立ちの状態で彼女のおっぱいの間にチンチンを当て「久しぶりにおっぱいで抜いて」っと言うと彼女は谷間を作り、チンチンを挟んでしごいてくれたw
自分でも腰を振って、彼女のおっぱいに押し込んだw

おっぱいにチンチンが覆われ、いくら押し込んでも谷間にチンチンが届かないw完全にチンチンがおっぱいに包まれて、オナホールのようだったw
あまりの気持ち良さに5分も経たないうちに彼女の谷間に「どぴゅっ、どぴゅっどぴゅっ」っと出してしまい、パイズリが好きなのと最近は嫁とエッチしていないのもあって溜まっていたから、かなり出たと確信していましたw

もう止まったというところで彼女の谷間からチンチンを抜くと、大量の精子が谷間に付いていて、溢れた分は床に垂れ落ちたw

彼女「相変わらずいっぱい出るね、気持ち良かった?」

っとティッシュで谷間や床に垂れ落ちた精子を拭いていました。

まだパイズリし足りなかったけど、二人ともシャワーを浴びて、寝る前に彼女の膝に尻を乗せて、パイズリして貰いましたw
彼女の素晴らしいおっぱいに包まれて、二回目の射精を迎えたw
一回出した後だったけど「ああああ、逝くっ」っとやっぱり勢いよく彼女の顔に飛んだw

翌朝も起きて彼女のその豊満なおっぱいをモミモミして、結局勃起してしまいパイズリをお願いして挟んで抜いて貰いましたw
チェックアウト前だから顔にはかけるなと言われて、おっぱいかけました!一晩したらまた、大量に出て全部おっぱいに出してラブホを後にしましたw

普段から二人だけの時はエッチな話(主におっぱい)をするんだけど、もうおっぱい星人なのはバレてるし、何度もパイズリして貰ってて、俺がパイズリが好きなのも彼女はよく分かってるwおかげで翌週にもお願いしてホテルでパイズリして貰ったw
また職場では残業で二人だけの時にモミモミからのパイズリしてもらったりもしたw

他にも、彼女にパイズリして貰うのは外だけでなく仕事終わりや呑みの後にパイズリをお願いすると「どこですよ?」っとなり彼女の家でする事になって、初めて彼女の家に行ってパイズリして貰ったw

いつもなんだけど、パイズリは一回では満足できる訳がなく、いつも二回以上抜いてもらっているw

五月に入り、GW明けに彼女と二人で出張に行きました。
当たり前だが部屋は別だったw
仕事が終わって夜は彼女の部屋で呑んでたんだけど、仕事の話や世間話をしていたものの、隠し切れない爆乳を前に我慢できずw
初めてのパイズリの時のように肩のマッサージをしてみた。そして彼女もこの展開には慣れているから自然な流れでいつものようにおっぱいをモミモミw何のためらいも無く直に触っているw
勃起したチンチンを背中に当てると『わざと硬いの当ててるでしょ?』っと指摘されたw

んで、彼女を上半身裸にして俺もチンチンを出してパイズリw
巨乳が好きな俺は何回パイズリやっても我慢汁出まくりフル勃起であるw

まずは、ベッドのふちに私が座って彼女が床に膝立ちしてのパイズリしてもらったw
いつもだけど彼女のおっぱいで気持ち良くしごかれ、程なくして射精wもはや鉄板なんだけど顔にもおっぱいにも大量にかけたw
そしてモミモミしていたりしてまたも勃起してしまい、今度は俺がベットに仰向けになり、正座した彼女の膝に尻を乗せて谷間にチンチンを挟んで貰って二度目のパイズリw
自分でも軽く腰を振って、チンチンが物凄い気持ち良さだったwそのため、5分くらいで出してしまったけど、2回目でもいつものオナニーよりは大量に出たと思うw

この時点でかなり興奮しまくって、大量に精子を出したにも関わらず全くといっていい程収まりつかず三度目も行こうと思っていましたw
すると彼女から思いがけない言葉が

彼女『ねぇ・・・挿れてぇ』

さすがの私も妻と子供の顔が頭を過ぎったけど、過ぎっただけだったw
彼女のトロンっとした目、もの欲しそうな顔、加えてHcupと巨乳w

これを前に我慢なんてできるものかとパステルカラーのパンティを脱がせて、挿れたw
パイズリ前にも、後にも彼女のおっぱいを揉んだり舐めたりと弄っていたから、グチョグチョで簡単に挿ったw
彼女とエッチするつもりは無かったため、ゴムは無く生w
凄い締りで気持ちよかった。(まあ、彼女の場合は、爆乳おっぱいの谷間の方が気持ちいいけどw)

んで、初エッチは正常位で、彼女のHcupを揺らしまくったw
そのおっぱいの激しい揺れを見て興奮しながら、猿のように突きまくったw
おっぱいデカい女子は、揺れるの見たさに激しく突かれるんじゃないかと思うw

射精する時は抜いて馬乗りで谷間にチンチンを挟んでフィニッシュしました。おっぱいに「どぴゅっ」っとパイ射しましたww
既に二回出した後だったけど、いつもの量は出たと思うw

おっぱいを揺らすのに夢中で激しく突いたからか、彼女からエッチの後に「気持ち良かったね」っと言われたw

これが彼女との初エッチである。
出張で開放的になり過ぎたのかもしれないが、後悔はしていない。こんなセクシーな女性とエッチができて後悔なんてする男はいないと思うw

ここまでくると察しは付くと思うが、仁王立ちパイズリとスタンダードパイズリで抜いてもらいました(笑)

この出来事をきっかけに、彼女との関係はより深くなった。
出張から帰って来た後は、定期的に週に3回はパイズリして貰う(主に彼女の部屋)ようになったw

それだけでなく、職場や営業先の相手が彼女の豊満な胸をチラ見していたり、ガン見していると興奮した。
他にも職場の同僚からは彼女のカップサイズを聞かれたw
部長に至っては彼女に直接カップサイズを聞いたり、胸の大きさを指摘するあからさまなセクハラをしているw

そういった話を彼女にすると、彼女は恥ずかしがるが俺は興奮して、結局パイズリをお願いしているw

六月になっても定期的にパイズリとたまにエッチしていたw
言わずもながらエッチで出す時はパイ射w
俺がモミモミしまくっていたからか、ブラがきついというのだw
いよいよIカップかと思ったが、彼女がいうにはまだそれには至らないらしい。十分今でも大きいが、Iカップにも挟まれたいのが本音w

どちらにしても、太った訳でもないのにおっぱいだけが成長しているなんて堪らなかったw

彼女と呑みに行ったときに、彼女のその爆乳の膨らみに我慢出来ずに個室だったからパイズリをお願いした(笑)
店員や周りの客の視線は無く、テーブルの下に潜って貰って、さすがに裸というわけにはいかないからおっぱいだけ出して貰ったw股の間に彼女を挟んで、彼女はおっぱいで俺のチンチンを挟んで、居酒屋でパイズリして貰ったw
ブラからおっぱいが露になる瞬間でも、いつも見ているおっぱいがよりエッチに見えたw

いつもと違うシチュエーションと誰かに見られるかもしれないスリルに刺激され、彼女のおっぱいにいつもフル勃起なチンチンは限界を越えていてw彼女もそれには気付いていたらしく「今日すごい固いね?興奮してるの?」っとエッチな言葉と気持ちいいパイズリで、最高に興奮しながら彼女のおっぱいでしごかれて5分くらいで気持ち良く射精しましたw

勢い良く大量に飛び出た精子は、彼女のおっぱい、顔、テーブル、それと服にもちょっと着いたw
精子をおしぼりで拭いたけど、興奮してたからすぐに勃起してしまい、二回目も同じようにパイズリで抜いて貰いましたw
大量に射精しちゃっておしぼりが精子まみれだったけど、居酒屋パイズリは興奮しまくりでとにかく気持ち良かったw
また、やりたいと思うw

他にも二人で営業に車で出かけた時には、シートベルトが彼女の谷間に食い込んでおっぱいを強調していたので興奮してモミモミしていたら我慢できなくなって、パイズリして欲しいと言うと「いいよ♪」っとパーキングの端に車を停めて後部座席でパイズリして貰ったw
具体的には俺が座って脚を開き、彼女が膝立ちで股の間に入っておっぱいを出して、チンチンを挟んで貰った。
いつもと違うパイズリに興奮して普段にも増してチンチンを膨らませていた俺に彼女は、営業の話なんてしてきたが業務中だし、気持ちよかったからよしとしようw

1回目のパイズリで気持ち良く逝かされ、案の定興奮していたから大量に、勢い良く発射w顔にもかかったけど、車の天井にまで飛んで行ったのは自分でも驚きだったw
んでテッシュで拭いたけど、その素晴らしいおっぱいをモミモミしていたら勃起w2回目もそのまま引き続きパイズリして貰ったw

興奮しすぎなのか、パイズリ好きすぎてなのか、はたまた彼女のパイズリが上手くなったのか、最近射精すると勢いが凄くて2回目も天井にw

それだけ彼女との相性、いや彼女のおっぱいとの相性がいいんだと思うw

彼女が異動してきて、巨乳好きな私の毎日は充実しているw

会社の巨乳同期2

念願の目標だった彼女のパイズリを達成して、何度も思い出してオナニーしていたw

たまに電話やラインでのエッチなやり取りも継続してオカズネタにしている。
まだ彼氏は出来ていないらしくて、何度か電話しながらオナニーで行くまで付き合って貰ったw
彼女も以前よりいやらしい事を言って手伝ってくれるようになったw

半年以上過ぎたけど、未だに彼女のパイズリ程精子が出た事は無いwそれだけ彼女のパイズリは最高だった。

去年の夏に彼女から俺のいる関東に出張でやってくると連絡があった。飲みに行く約束して、またパイズリして貰えるんじゃないかってバカな期待してたw

仕事終わりに合流して、飲みに行った。最初は仕事の話とかしてたんだけど、エッチな話になっておっぱいガン見してたwそうしたら彼女もどこ見てるのー?って感じだった。
『またおっぱい大きくなったー?w』って聞いたら変わってないって言ってました。
半年だから変わって無いのは当たり前だけど、見ているだけで半勃起だったw

んで店を出て、次はどこに行くかって話で、自然な流れで彼女の宿泊しているホテルの部屋で飲み直すかってなったw
おいおいって感じだけど、着いて行って彼女のホテルの部屋で飲み直した。

そこから、肩のマッサージを始めて『久しぶりにw』っておっぱいをモミモミしてみたら案の定行けたw服の上からだけど、柔らかさは健在でした。

やっぱり長く触れて服の中に手を入れてもモミモミwブラの下に手を入れてモミモミしても何も言われなかったw

久しぶりの生のおっぱいをモミモミして『相変わらず柔らかいねーwチンチン堅くなってきちゃったーw』って言って前みたいに当ててみたw彼女からは『本当に好きだね♪』って言われたw

既に彼女のパイズリをオカズにしているのは知ってるし、何度も電話でオナニーに付き合って貰っているから、俺の言いたいことは彼女も分かってくれていたようだったw

彼女『して欲しいんでしょ?』

俺『最近忙しくて…凄く貯まってるから』

彼女『いいよ、電話でもパイズリが忘れられないって言ってたもんね』

彼女を上半身裸にして久しぶりに生のおっぱいと再開wいわずもながらの俺好みの柔らかいのに垂れていない美巨乳で脱がす時にブラのサイズをみたらやっぱり『H65』と変わりはなかった。
俺も下半身裸になってチンチンを出したら、結婚目前の彼女とエッチする時よりもビンビンでめっちゃ我慢汁が出ていたw
彼女からは触られて『きゃー凄い出てるー、堅ーい』って言われたw
パイズリの前に、また滑りをよくするためと言って彼女のおっぱいに吸ったり、舐めたり、おっぱいをとにかく舐めました。
んで顔を谷間に埋めてとにかく彼女のおっぱいの柔らかさに興奮してたw
チンチンをおっぱいに刺したりもした。

ちょっとだけ舐めてって、チンチンを舐めて貰ったら今度は1分くらいフェラしてくれましたw
風呂入ってないけど…綺麗になったwそして再び

彼女『挟むよ?』
彼女が膝立ちで、俺が仁王立ちでチンチンを挟む。
久しぶりの柔らかい爆乳に包まれて、前回と違うのはチンチンの先がおっぱいから出ていることw
彼女がしごくと、やっぱり気持ちよくてすぐにいきそうになる!
いきそうになると止めて、しごいての繰り返し!!少しでも引き延ばしたくて違うこと考えようとしたけど彼女のおっぱいしか浮かんでこなくて、頑張ってみたけど駄目だったwいきそうって言ったら
彼女『いいよ、出して!』
俺『出る!イクゥ!』

俺はおもいっきり出した。
彼女の勢い良く顔にどぴゅっ

続けて彼女の顔(正確にはアゴ)にどぴゅっ

更に首まで飛んだw

その後も出てたけど、彼女のパイズリはとにかく良く出るw
挟んだままだから、おっぱいにも垂れ落ちていたw

収まったところで、彼女は『いっぱい出たね』ってティッシュで飛び散った精子を拭いて『気持ち良かったの?』って言ってたw
5分はもったと思う。

おっぱいをモミモミしてまた勃起したから、今度はまた彼女を押し倒して馬乗りでパイズリ。
前のとくと同じだけど、10分くらいもったw
やっぱりいつものオナニーと同じくらいの量だったw
また1回目のどぴゅで顔にかかってたw

最後は彼女が正座になって、それの上に俺の尻を乗せてって前回にもやったんですけどw
彼女から『もうこれで終わりだよ』って言われて、自分でも腰を振って気持ち良く射精した。

彼女『大丈夫?電車あるの?』

俺『あっ、無い』

彼女『泊まって行く?もう満足したでしょ?』

彼女のお言葉に甘えて泊まることにしたw
当然だが結婚目前だから罪悪感はあったけどw
そのあと彼女はすぐに寝たんだけど、俺は興奮して寝れなかったw
服着ないでそのまま寝たから、彼女のおっぱいをモミモミとかしてたw
起きなかったから彼女の柔らかいおっぱいを忘れられないくらい揉んだw
時間にして2時間くらいw
結局寝られなくて明るくなってから、彼女の生のおっぱいの写真とモミモミしてる動画を撮らせてもらった。
これは後で本人に見せたら『えーいつ?』って驚いていたけど、一生のオカズにするからと許して貰ったから、よしとしようw

エッチできたかもしれないけど、彼女とは恋愛感情は無いからしない。胸を張って言えることでは無いけど、私が好きなのは彼女のおっぱいですw

朝彼女と別れて仕事に行ったけど、眠くはなかった。
ちゃんとお礼を言って帰ったんだけど、2回目も最高だった。

そして、最近俺の結婚式で彼女も招待して来て貰った。
ドレスの谷間に目が行ってガン見したら見過ぎだと注意されたw

未だに彼女とはラインで連絡はたまーにするし、嫁さんがいない日は電話してます。
もうパイズリして貰う事もないだろうけど

会社の巨乳同期1

某メーカーで入社5年目です。
同期入社が30名いて、うち7名が女性でした。

その中でも一人明らかに巨乳の子が一人いました。
顔は清楚そうでかわいい感じ、髪はセミロング、なのにおっぱいの部分がかなり盛り上がっていて、ブラウスのボタンもはち切れそうなのが堪らなかった。その割には足はすごく細く綺麗で、身長も165cmぐらいでそこそこ高く、まさにナイスバディーって感じだった。

巨乳好きの俺としては入社前の内定式の時点で真っ先に目に付け、(というより女性を見るときはまずはどうしてもおっぱいを見てしまうので必然的に)俺は入社前にある目標を立てた。

「入社後半年間の研修が終わるまでに彼女にパイズリで抜いてもらうこと」

仕事しろよwって感じだけど、とりあえず研修は基本班行動なので、班分けされた時に偶然同じ班(5人1組)になれたのは追い風だった。しかもうちの班にはもう一人女性がいて、その子はおそらく同期で一番ルックスがよくスタイルもモデルみたいえ3よかった(ただし、貧乳なので俺はまったく興味なし)。同じ班の残り2人の男性はどっちかというとそっちに興味があったみたいで、巨乳ちゃんはほぼ俺が独占状態w徹底的に狙い、2ヶ月目(5月)ぐらいには定期的に二人で飲みに行くほど仲良くなりました。

その頃には彼女も警戒心が解けたのか、距離も近くなり、ちょっとしたこと(スマホの写真見せたり、資料を共有したり)するときに腕とか背中にその豊満なおっぱいを無意識に押し付けてくるようになりました。彼女のおっぱいは大きいだけではなく信じられないぐらい物凄く柔らかい!スーツのジャケット、ブラウス、キャミソール、ブラと4枚も重ね着してるのにその柔らかさが同じくスーツのジャケット、Yシャツ、アンダーシャツを着ている状態の俺の背中や腕から伝わってくるぐらい柔らかい!また、巨乳らしく肩こりがひどかったらしく、定期的にマッサージもしてあげた。彼女が座った状態で俺が立った状態で後ろから肩を揉んであげたんだけど、上から谷間が見放題wしかもガン見しても視線に気づかれない!いつも半勃起しながら肩揉んであげてたwいわずもがな、帰ったらオナニーのオカズにしてた。

3ヶ月目(6月)ぐらいに二人で飲んでる時にほんの少しライトだけどエッチな話題になったからその時思い切ってカップ数を聞いた。Gカップだった。あとから聞いたら高校?大学の時は今よりも太っていたけど、Iカップだったらしい。痩せてGカップになったとのこと。Iカップの頃も見たかった様な気がするけど、スタイル的には絶対に今の状態が一番いいと思うからよしとしようw

4ヶ月目(7月)にはかなりエッチな話題をするようになった。その頃には俺も巨乳好きというのをカミングアウトしてたし、今までのエッチな経験・体験もかなり聞いた。パイズリはやっぱりよく頼まれるらしいけど、一回もパイズリで抜いたことはないらしい。エッチの時はおっぱいをいじられてる時間はやっぱりかなり長いらしく、本人もかなり感じるらしい。ゴムつけてる時は中出し、生の時は外出しで大体おっぱいにかけられるとか色々エッチな話を聞けたw
また、一回だけ酔ってる時に谷間の写真を撮らせてくれたり、プール遊びにいった時にビキニの写真も送ってくれたりしたwこの2枚の写真と当時のメールやラインのログやエッチな話をしてる時に録音した音声データはいまだに5年経っても鉄板のズリネタである。当時はもちろん猿のようにこれらで抜きまくった。

5ヶ月目(8月)には2回ほどだが、飲む以外にも遊びに行くようになった。具体的には海とスポーツジム。両方ともおっぱい的においしい場所だw 海ではビキニ姿を堪能した。もうおっぱい星人をカミングアウトしたあとだったから遠慮なくガン見した。彼女には海パンが盛り上がってることを指摘されたwスポーツジムではボクササイズとかランニングで揺れまくるおっぱいや筋トレ中に押しつぶされるおっぱいを堪能した。トレーニングが終わったあとに帰りの車の中でいつもみたいに肩のマッサージをしてあげた。職場でしてた時は周りの目があったからできなかったけど、実はいつも肩のマッサージ中に軽いノリでおっぱい揉めないかなーって考えてた。その日ついにそれを実践した。ブラ越しだったが、やっぱり物凄く柔らかかった。彼女はちょっと驚いてたけど、結局帰ってきた言葉は『エッチィ!』だった。そのあと30秒ぐらい揉ませてもらって『調子に乗るな』って言われて揉むのをやめた。その日は彼女を家に送ってからガマンできず、彼女の家の前に停車した車の中でオナニーして人生で一番ってぐらい気持ちいいオナニーだった。

そして研修最後の6ヶ月目、研修後の配属発表があった。俺は関東、彼女は関西に配属になった。そして、遂に目標を達成できないまま研修は終わってしまった。入社して初めて味わった挫折かもしれない(笑)それはなぜか?彼女には彼氏がいたからである(笑)え?馬鹿なの?って思われる方もいるかもしれませんが、彼女はちょっとスキがあるタイプだったので、いけると踏んだ私の判断ミスでした(笑)

その後は、距離は離れて会ってはいないけれども研修中かなり仲良くなったということでちょくちょく連絡はとっていました。その際に彼女が彼氏と別れたって話も聞きましたが、あくまでも彼女とは恋愛がしたかったわけではなく、パイズリをしてほしかっただけなので、告白とかはありませんでした。

そーこーしてる内に俺も彼女ができ、最近はまったくというわけではありませんが、昔ほど連絡は取らなくなりました。

そして、今週、集合研修で約4年ぶりに彼女と会いました!研修施設みたいなところで1泊2日の泊まり込みの研修でした。同期は私と彼女しかいませんでした。一日目の研修終了後、特に他に知っている顔はお互いいなかったので、自然と彼女に誘われて彼女の部屋で二人で飲んでいました。

んで以前の流れで自然とまたエッチな話になりました。んでその流れで
『相変わらずおっぱい大きいねw今、何カップなのー?』って聞きました。そうしたら彼女は内緒♪というので、その時ちょっと酔っ払ってたこともあって、足元にあった彼女のスーツケースを開けてブラを取り出しましたwそのタグには『H65』って書いてあった。なんと太ったわけではないのに彼女のおっぱいはGからHカップに成長したみたいです!けしからん!!

そこからは上司にちょっとしたセクハラ被害にあってるとか、酔っ払って後輩の男性におっぱい触れれたとか相変わらずスキがある様な感じでしたwここでまたいけるかな?と思って、肩のマッサージからおっぱいモミモミをしてみましたwそうしたら案の定、今回も成功wしかも前よりも長く触らせてくれましたw3分ぐらい服の上から揉んだあとに今度は服の中ついにはブラを外しても触らせてくれましたw『おいおい、どこまでOKなんだ?』って思ってたら彼女から思いがけない言葉が…

『ねぇ、すごく硬いのが背中に当たってるんだけど・・・』

ここで俺も勝負に出ることにしました。今付き合ってる人はいないって言ってたしもしかしたらお願いしたらアレをしてくれるかも?

俺『凄い溜まってるし、超興奮してるのかも…スッキリしたいから手伝ってくれる?』
彼女『え?どうすればいいの?』
俺『おっぱいでしてくれないか?』

そして、今まで幾度となく彼女をズリネタにしてきたこと、未だに写真やエッチなやり取りを保存してそれを見ながらオナニーしてること、そしていつもオナニーしてる時はパイズリでフィニッシュするのを想像しながら抜いてたことを正直に話しました。

彼女は薄々気づいてたみたいですwそして恥ずかしながら電話しながらしごいてたのを音で分かったりとか、なんとなく想像はできてたみたいですw

そして、
『昔からパイズリの話をする時は興味津々だったしね、いいよ、してあげる』
となんとオッケーを貰いました。

4年越しの目標達成です!!
すぐに彼女を上半身裸にして私は下半身を脱ぎましたw当然その時点でビンビンでガマン汁も出まくりでした。彼女は『もうそんなに興奮してるのー?すごーい!』と驚いてましたwそして俺は滑りをよくするためという名目で彼女のおっぱいを吸ったり舐めたりしまくってました。顔に埋めても、舐めても、触ってもとにかくこのおっぱいの柔らかさと大きさ、そしてついでにいうと乳首もやや小さめそして薄ピンク、形も柔らかくて大きいのにまったく垂れてないという奇跡みたいでやばかったです!!

そして同じく滑りをよくするためにという名目でフェラをお願いしたら3秒ほどしてくれました。さすがに無理かとおもいましたwそして念願の…

彼女『じゃあ、挟むよ?』
と言って最初はベッドの上に寝転がって正座した彼女の膝の上に俺のお尻を乗っけてパイズリしてもらいました。挟まれた瞬間もうやばい!!決して小さめではない俺のチンチンを360度、超柔らかい巨乳、いた爆乳に覆われてる!!挟まれてるだけで正直いきそう!!少し動かしたらもうイキそうで止めてもらい、の繰り返し!そうしたら最初はおっぱいの谷間にスッポリ隠れてたチンチンが少しだけ頭が出てきた!挟んで貰う前の時点で既にフル勃起してたと思ってたけど、本当に興奮してる時って限界突破できるんだなっておもいました。でもついにガマンできなくなり多分時間にして5分ぐらいだと思う。
俺『もうやばい!出ちゃう!!』
彼女『また止める?』
俺『いや、多分もう止めても出ちゃう!思いっきりしごいて!!』
彼女『わかった♪思いっきり出して』
俺『ああああ・・・イク!!』

どぴゅ
最初に一撃は顔に勢いよく直撃した

どぴゅうううう
次の一撃は垂直に物凄い勢いで上に飛んでいった

どぴゅ
そしてもう一回顔に直撃

どぴゅどぴゅどぴゅ
そしてそれ以降はいつ止まるんだ?って思うぐらい脈打ちながらどぴゅと出てはおっぱいに付着したり深い谷間の中に落ちたりを繰り返した。

射精の方も限界突破したみたいで1分間ぐらい出て続けた様な気がするし、今までこんなに勢いよく大量に出したことがないからびっくりだった。
ちなみに後でみたら2回目の精子はなんと天井に着弾していた。信じられない飛距離である。

しばらく彼女も驚いていて言葉が出なかったが、ティッシュで色々なところを拭きながら『信じられないぐらいたくさん出たね、パイズリで出した人初めてだけど、そんなに気持ちよかった?』って言われました。そうこうしてるうちにまた勃起してしまい、ティッシュで拭いたばっかだが、今度は押し倒して、俺が馬乗りする形で彼女のおっぱいの間にチンチンを挟んで、腰を動かしはじめた。
『凄い、おっぱいでセックスしてるみたい』
『腰の動きが激しい』
『またいきたくなったらいってもいいよ』
とか彼女のエッチな声かけにも興奮し、また5分ぐらいであえなく発射。

今回はさすがに前ほどではなかったが、体勢的にかかりやすいのかもしれないが二回目も顔まで飛んで、いつもの一回目ほどの量は出た様な気がする。

それでも収まらなかった俺は最後は彼女が膝立ち状態で俺が仁王立ちして挟んでもらった。彼女に深い谷間を作ってもらってそこに俺のチンチンを突き刺す。どんなに腰を押し込んでも彼女の谷間の先までの俺のチンチンが届くことがないほど深い谷間だった。俺も腰を動かし、彼女もおっぱいを動かし、その微妙なハーモニーが気持ちよすぎて本日三回目の射精を谷間の中でした。射精が止まったと思われたら彼女がおっぱいをチンチンから離したら谷間の中にそれなりの量の精子があった。まだこんなに出たのかと自分でも呆れてしまった。

彼女『もうこれでさすがにスッキリしたでしょ?ってか凄いパイズリ好きだねwおっぱい星人なのは知ってたけどさすがにびっくりしたよw』

そして俺は御礼をいい、彼女の部屋を去った。
その日のことは一生忘れないと思った。

ちなみに当然だが、恋愛対象ではないから彼女と付き合うことはない。彼女の方からも恋愛関係に発展する様な発言はその後もなかった。

それどころか俺には婚約している彼女がいるのである。
自分でも客観的に最低なことしているという自覚はあった。
でも不思議と罪悪感はなかった。

なぜならその子にパイズリで抜いてもらうというのは入社後半年間の私のミッションであり、そして達成できなかったミッションを4年越しに達成できたからである。

いつかこんな悪いことをしたら自分に倍返しで帰ってくるかもしれない。その時はしょうがないと思うしかないと思う。ただ、それでも俺はあの晩の経験を後悔することはないと思う。

それほど衝撃的な快感だったから。

嫁には3人の恋人がいた3

ほんの些細なことがきっかけで知ってしまった、妻の浮気。しかも、相手が3人もいると知り、私は愕然とした。

優秀な探偵が撮影してくれた浮気の証拠動画は、想像の斜め上を行くものだった。息子の同級生を襲うように身体を交わす優香。それだけでも衝撃だったが、もう一人の浮気相手に、本気になってしまった優香が言った言葉は、聞きたくないものばかりだった……。

——優香は、天馬特製のパンを食べたあと、服を脱ぎ始めた。そして、私の前では見せたことのないセクシーな下着姿になった。
紫というか、ボルドーワインみたいな色のブラとショーツに、ガーターベルトまでしている。

そして、ベッドに乗り、天馬を誘う。天馬の部屋は、リビングとベッドルームが繋がっていて、かなり大きめなワンルームみたいな感じだ。でも、見たところキッチンが見えないので、少なくてももう一部屋は別にあると思う。この部屋の家賃も、優香が払っているのだろうか? 信じて、自由に使えるお金を与えていたのは、間違いだったのだろうか?

『ねぇ、早くぅ♡』
優香は、私には一度も見せたことがないような、甘えた可愛い声で天馬を誘う。
「うん、ちょと待って」
天馬はスマホをいじりながら、そんな返事をする。下半身裸の天馬は、射精したせいもあると思うが、まったく勃起していない。
『イジワルしないで。もうこんなになってる……』
優香はそう言うと、ベッドの上で自分の秘部を広げる。

「ゴメン、ちょっと待って、自分でしてていいからね」
と、天馬は優香を見もせずに言う。この温度差はなんだろう? 優香は、なぜ気がつかないんだろう。どう見ても、天馬の心は優香にない。優香も、気がつくはずだ。

『もう♡ 早く来てよ♡』
優香はこんな扱いをされているのに、素直に言う事を聞き、オナニーを始めた。
スマホをいじる天馬の向こうで、オナニーをする優香。
『ンッ! ンンッ♡ 天馬ぁ、早く欲しいよぉ……ンッ! あっ♡』
優香は、天馬を見つめながら、ひたすらオナニーに没頭する。

天馬は、ひたすらスマホをいじり続ける。多分、他にもいる”恋人”達とメールをしているのだと思う。
『早くぅっ! イッちゃうよぉっ! 天馬でイキたいっ! 愛してるぅッ!』
優香が、切羽詰まった声で叫ぶ。ここまで来て、やっと天馬が動いた。

服を脱ぎながらベッドに上がると、
「お待たせ。大きくしてくれる?」
と、優香に指示した。目の前で、優香がセクシーな姿でオナニーをしているのに、ピクりとも大きくなっていないペニス。

『は~い♡』
優香は可愛らしい乙女の声で返事をして、天馬のフニャフニャのペニスを口に含んだ。そして、愛情たっぷりのフェラを始めた。でも、なかなか大きくならないそのペニス。
「ゴメンねw また再生してもいいかな?」
天馬が悪びれもせず言う。

『もう! 私だけ見てよぉ~!』
すねたように言う優香。
「だって、優香だってまだ別れられないんだろ?」
『それは……ゴメンね、あと少し待って。愛してるのは天馬だけだから♡』
そう言って、天馬にキスをする優香。私は、足元に大きなヒビが入って、奈落に落ちていく感覚だった。でも、信じられないくらいに勃起し、興奮する私。優香に裏切られ、失うかもしれない現状で、こんなにも興奮してしまうのは、すでに私の精神が崩壊しているからなんだろうか?

「俺もだよw」
天馬は、あまり心がこもっていない感じで言う。それでも、優香は嬉しそうに笑う。

そして、天馬はテレビのスイッチを入れて、繋がっているパソコンを操作した。
すぐに画面いっぱいに、女性の裸体が映る。でもそれは、優香ではなかった。かなり若く、おそらくまだ10代に見える女の子が、裸でカメラに語りかけている感じだ。
”天馬ぁ~! 早く入れてよぉ~!”
女の子は、こんな事を言う。

『こんな子供じゃ、天馬もイヤでしょ? 早くぅ、私に入れて♡』
優香は、そんな事を言う。天馬に、他の女性がいるのを知っている感じだ。
「当たり前じゃん。優香が一番に決まってるよ。優香が早く結婚してくれれば、全部切るから」
天馬は、しれっとそんな事を言う。優香は、夢見る乙女の顔で天馬を見つめる。
『ふふw でも、可哀想。この子、自分がただのセフレって知ったら、自殺しちゃうかもねw 天馬の彼女は私だけなのに♡』
優香が、こんなにもお花畑とは思わなかった……。

そして、画面の中で少女が天馬の指示でオナニーを始める。それを見ながら、優香にフェラをさせる天馬。あっという間に勃起した。
『大っきくなった♡ じゃあ、入れちゃうね♡』
そう言って、天馬にまたがる優香。対面座位で繋がる二人。でも、天馬は画面を見たままだ。
この様子を見て、浮気している優香にではなく、天馬に対して怒りを持った。私の愛する自慢の嫁を、バカにされたような気持ちになったからだ。許せない……そんな怒りがメラメラと燃える。

でも、優香は浅ましく腰を振る。ショーツも穿いたまま、セクシーなランジェリー姿の優香は、私とのセックスでは一度もしたことがないような、複雑な動きで天馬を責め立てる。

『ンフゥッ! あっ! 天馬ぁ、気持ち良いよぉっ! 凄いぃっ! 天馬好きぃっ! 愛してるっ! 優香で気持ち良くなってぇっ!』
優香は、叫びながら必死で腰を振る。天馬は画面を見たまま、気が抜けたような声で、
「あぁ、気持ち良いよ。優香、愛してる」
と言う。ごり押しアイドルでも、もっとましな演技をすると思う。でも、そんな棒読みのセリフでも、優香は嬉しいようだ。

『天馬っ! 嬉しいぃっ! 早く一緒になりたいよぉっ! 誰よりも愛してるっ! 天馬の赤ちゃん欲しいぃっ!』
優香は、大きな声であえぎながらそんな事を言う。私は、さっき優香が、息子が成人になるまでは離婚しないと言った言葉を思いだした。
少なくても、息子への愛情は残っているんだ……そう思うと、少しは救われた気になる。

でも、私が捨てられるのは、もう確定路線のようだ。何とかして、この天馬を優香から引き離さないと……そんな思いでいっぱいだった。

天馬は、優香へ愛の言葉をささやいたくせに、視線は画面の少女に釘付けだ。画面の中では、幼気な少女が太いバイブを秘部に差し込み、オナニーをしている。この男は、本当に酷いヤツだと思う。こんな年端もいかない少女に、なにをさせているのだろう?

そして、腰を振り続ける優香が、
『天馬ぁっ! イクっ! イッちゃうぅっ! キスしてっ!』
と、叫ぶ。天馬は、かったるそうに優香にキスをする。優香は嬉しそうに天馬の背中に両腕を回し、きつく抱きしめながらキスをする。

キスしながら対面座位で腰を振り続ける優香。私は、喪失感で気を失いそうだった。でも、そんな気持ちとは裏腹に、イキそうなほど固くいきり立つ私のペニス。

必死の優香、それなのに、キスしている天馬は、相変わらず画面の少女を見続けている。
そして、しばらく優香がキスをしながら腰を振る。それだけではなく、指で天馬の乳首も責めている。もう、必死という感じで、哀れになってくる……。
本当に好きな相手や、いい女と思っている相手なら、こんな事をしてもらわなくても、あっという間にイクはずだ。実際、相手がもしも長澤まさみとかなら、入れてすぐにイッてしまうと思う。
優香が、こんな事をしてもイカない天馬……それは、天馬が優香に魅力を感じていないということだと思う……ただの金づる……と言うことだ。

「優香、イキそう。どこに欲しい?」
天馬が、だるそうに言う。
『中にぃッ! 天馬の子種、子宮に注いでぇッ 赤ちゃん頂戴ぃっ!』
優香は嬉しそうに、そう絶叫する。
「へ? ピル飲んでるだろ?」
少し慌てて天馬が言う。
『うん、でも、欲しいって思ったからぁっ! イクぅっ! イッちゃうぅ♡』
「なんだよ。脅かすなってw ほら、イクぞ!」
天馬は、ホッとしたように言う。
『来てぇっ! 愛してるっ! 世界で一番愛してるっ!』
そう言って、天馬に中出しを受けた優香。結局、天馬は一度も腰を振らなかった。

「旦那とはしてるの?」
天馬が、余韻に浸っている優香に聞く。
『してないよ。ふふw 気にしてくれてるの?』
「そりゃねw 優香が他の男とするなんて、耐えられないよ」
芝居がかった言い方をする天馬。でも、目は画面を見たままだ。

『嬉しい……ホントに、天馬に出会えて良かった……』
「俺もだよ。旦那とは、絶対にするなよ』
天馬は、本当はどうでもいいと思っているのが丸わかりな言い方をする。それでも、
『うん♡ 愛してる♡』
と、優香は夢見る乙女の声で言った。

そのあと、丁寧にお掃除フェラをする優香。そして、天馬がコーヒーゼリーを持ってきて、フタを開けて優香に渡す。優香は、コーヒーゼリーの上に、クリームではなく膣中の精液を垂らしていく。
中腰で、股間にコーヒーゼリーのカップを持つ優香は、どんな気持ちなんだろう? オモチャにされていると、気がつかないんだろうか?

『頂きます♡』
優香は、嬉しそうにスプーンで食べようとする。
「あ、待って、今撮るから」
天馬は、慌ててスマホを手に取る。
『もうw そんなの撮らなくても、呼んでくれればいつでもしに来るのにw』
優香は、そんな事を言う。さっき天馬が言った、優香と会えないときに優香の動画を見てオナニーをしているという言葉を、そのまま信じているようだ。でも、報告書には、天馬は動画をあるサイトに投稿して、金に換えていると書いてあった。
目にはモザイクを掛けているそうだが、あまりにも酷い話だ。

「ありがとw いいよ、食べて」
天馬は、優香の話なんてどうでもいい感じだ。そして、素直に食べ始める優香。
『美味しい♡』
天馬の精液をかき混ぜて、美味しそうに食べる優香。私は、気持ち悪くてもう見ていられなかった……。

そして私は、魂が抜けたように帰宅した。
『おかえりなさ~い!』
満面の笑みで私を出迎えてくれる優香。私は、泣きそうだった。でも、私は平静を装い、極力いつも通りに過ごした。
そして夜、ベッドに入っていると、もぞもぞと優香が私の横に来た。そして、いきなり私の下を脱がせると、口で始めた。
私が慌てて、どうしたのと聞くと、
『ダメ? 絶対に声出さないから、して欲しいです……』
と、可愛らしく言う優香。さっきの動画で、もう私とはするなと言われたのに、こんな事をしてくれる優香。やはり、私への気持ちも消えていないんだなと、すごく安心した。

そして、優香のフェラであっという間に勃起した私。そのまま優香に覆いかぶさった。でも、すぐに思いだして、
「コンドーム取ってくる」
と言った。自分で言いながら、そんなの必要ないのになと、自虐的に思った。
『今日は大丈夫……そのまま欲しいな♡』
優香が、最近見たことがないくらいの、可愛い言い方をしてくれた。まるで、動画の中で天馬に言っていたように……。

私は、嫉妬と喜びで、すぐに挿入した。熱くてうねって、うめくほど気持ち良かった。コンドームがないだけで、こんなに気持ち良かったっけ? と思うほどの快感だ。
『んっ!』
優香は少しうめくと、すぐに私にキスをした。キスしたまま、なるべく声も音も立てないように、必死で腰を振る私。この時間だと、息子はまだ起きているかもしれない。
そして、一瞬、離婚の可能性もあるのに、避妊なしでセックスしていいのだろうか? と思ったが、肉の快感に負けた。

そして、本当に情けないくらい早く、私は優香の中に射精した。
『あなた、すっごく、すっご~く、気持ち良かったです♡ 愛してる♡』
そう言って、キスをしてくれた。私は、そんな優香を可愛いと思いながらも、もし今、私がコーヒーゼリーにさっき出した精液を乗せて食べろと言ったら、食べてくれるのだろうか? と、そんなことを考えていた……。

そして、次の日、また探偵から連絡があった。

かいつまんで話すと、3人目が一番タチが悪いそうで、相当前から関係を持っているそうだ。まだ確証はないが、優香が中学の頃からの関係と思われると言うことだった……。
その、あまりにも過去からの関係に驚いたが、相手を知り、納得した。優香が中学の時の担任教師……それが、優香の長年にわたる相手だった。
それは、私も会ったことがある相手だった。写真を見るまでは、顔も忘れていたが、結婚式にも来てくれた人だった。
優香とセックスをしていたくせに、何食わぬ顔で結婚式に参加したということだ……私は、そもそも初めから優香に裏切られていたということを知った……。

二人は、なかなかガードが堅く、行為自体の動画は撮れなかったそうだ。でも、添付された資料には、動画も音声ファイルもあった。

資料は、まだ調べ切れていない部分が多かったが、二人の会話からの推測という但し書きつきで、”息子の本当の父親はこの男である可能性が高い”と書かれていた。私は、自分のいる場所だけを残して、世界がスゥーッと後退していくような感覚に陥った。信じられない……信じたくない……私は、叫びそうだった。すべての幸せが、砂上の楼閣だった……私は、この時に完全に壊れたのかもしれない。

すぐに動画ファイルを再生した私。
動画は、驚いたことに、この前の家族でのお出かけのシーンだった。
高速道路のサービスエリアに止まった車。そこにカメラのフォーカスがあっている。その車は、見間違えるはずもなく、私の車だ。そこから降りてくる私と妻と息子……楽しそうに笑いながら、サービスエリアに入る。そして、レストランで食事をしているシーンになり、優香が立ち上がった。

覚えている。この時優香は、食事のあとトイレに行った。

動画は、優香の後を追う。すると、途中で50がらみの男性と合流をした。松葉杖を突く男性に軽く手を振り近づく優香。会話らしい会話もなく、歩き始める。
優香は、つえを突く男性を介添えするように歩き、そのまま多目的トイレに入った。
そして動画は一旦終わり、出てくるところを撮していた。トイレに入って何分くらい経ったのかわからないが、編集したみたいだ。

出てくるときは、男性は一人でつえを突いて歩いていた。その後ろから、こそっと出てくる優香。そして、足早に歩き始める。カメラは、優香ではなく、男性を追う。男性は少し歩くと、ベンチに座った。そして、少ししてから立ち上がり、元気よく二本の足で歩き始めた……。
多目的トイレに二人ではいるために、悪くもない足で、小芝居をしていた……そんな事みたいだ。

添付の音声ファイルには、トイレの中での会話が収められていた。どうやって収録したかは、この際どうでもいい。どうせ裁判には使えないし、そもそも裁判するつもりもない……。

『先生、早く♡ もう、綺麗にしてあります』

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら4

嫁の希と、軽い気持ちで行ったカップル喫茶。でも、みっちゃん夫妻との出会いもあり、運命を変えるほどの衝撃的な体験をしてしまった。

何度目かの軽いプレイの後、とうとう僕の目の前で、みっちゃんの異形の極太ペニスを生で受け入れた希。
僕は、その姿を見て信じられないくらいの興奮を覚えていた。そして、希も見たことがないくらい乱れに乱れ、失神してしまった……。

そして今、目の前で失神している希。足がだらしなく開いていて、その付け根のアソコからは、白い精液があふれ出ていた。
そして希の顔は、満ち足りた感じで幸せそうで、みっちゃんとのセックスが本当に良かったというのを物語っているようだった。

希は、見た目はちょっとヤンキーっぽいし、言葉づかいとかも含めて、清楚とか上品という感じではない。
でも、過去はどうだったのかわからないが、今は僕に一途で、浮気なんかもしていないと思う。

カップル喫茶に始めて行くことになった時も、僕には何もしちゃダメとか、他の女性を見て興奮するのもダメだとか言っていた。そんな風に嫉妬する希が、たまらなく可愛いと思っていた。

アソコから他人の精液を流す愛妻を見て、そんな事を考えていた。でも、さっきからずっと聞こえてくる、京香さんの狂ったようなあえぎ声を聞き、僕はすっかり回復して興奮していた。

ふと気がつくと、希のすぐ近くまで5人の男の子達が近づいていた。中には、あられもない希の姿を見て、オナニーをしている子もいる。京香さんとみっちゃんのセックスを見ている子もいるが、やっぱり若い希の裸体は気になるようだ。

その中の一人が、僕を見ていた。迷子の子犬のような目で僕を見つめる男の子。
僕は、
「まだ出来る? 好きにしていいよ」
と、男の子達に言ってしまった。すると、僕を見つめていた男の子は、パァッと笑顔になり、すぐに希に覆いかぶさった。そして、失神している希にキスをした。希は、目が覚めないままに、ダッチワイフのような状態だ。それなのに、夢中でキスをする男の子。他の4人も、ワンテンポ遅れて希に群がる。

僕は、自分で言った言葉ながら、後悔していた。若い大学生くらいの男の子に、唇を奪われ、両胸を舐められ、精子が流れ出ているアソコですら舐められている。
それだけではなく、脇の下も舐められているし、足の指まで舐められている。

失神したまま、5人の男の子達にダッチワイフのように扱われている希。
僕は激しく後悔したが、それは一瞬だった。失神している希をオモチャにする男の子達を見て、激しい後悔が激しい興奮に変わっていった……。

すると、希のみっちゃんの精子だらけのアソコを舐めていた男の子が、ガマンの限界が来たようで、希に覆いかぶさった。自分でペニスを持ち、希のアソコに押し当てて挿入しようとする。でも、童貞なのか上手く入れることが出来ない。そうこうしているうちに、
「あぁっ!」
とうめき、射精してしまった。
勢いよく飛んでいく男の子の精液は、失神したままの希のお腹、胸、首筋と汚していき、希とキスをしていた男の子にまでかかってしまった。

「うわっ」
「マジか!」
「きたねーって」
男の子達の非難の声が響く。

でも、すぐに足の指を舐めていた男の子が希に覆いかぶさる。この男の子は、散々京香さんとセックスしていた。それもあってか、覆いかぶさるとすぐに希に挿入した。
「アァ、ヤバい……」
男の子は、気持ちよさそうに声をあげる。でも、希は全くのノーリアクションだ。

男の子はすぐに、腰を振り始める。ぎこちない動きだが、必死で腰を振る。でも、希は目を覚まさない。
それは、異様な光景だった。本当に、ダッチワイフとセックスをしているように見える。

頭に精子をかけられたまま希とキスを続ける男の子、胸を舐める男の子二人、そして必死で腰を振る男の子。もう一人は、それを見てオナニーを始めた。

でも、希はまったく目を覚まさない。よほどみっちゃんのセックスが凄まじかったということだと思う。

「あぁっ!」
腰を振っていた男の子が、情けない声をあげると体を震わせた。ここで、男の子が生で入れていたことに気がついた。

あまりの展開に、そこに気が回っていなかった。みっちゃんに中出しされて、今さらかもしれないが、若い元気な精液の方が、受精してしまう可能性が高いはずだ。

そして、今日は安全日ではない可能性が高い……でも、一瞬でそこまで考えたのに、僕は男の子達を止めることが出来なかった。
自分の愛する嫁が、ダッチワイフ代わりにされ、中にぶちまけられているのに、強い興奮で立っていられない程になる僕……。

「ほら、代われって!」
胸を舐めていた男の子が、中出しをした男の子に言う。そして、押しのけるようにどかすと、すぐに希に挿入した。
「うわ、キツい! すっごい締まる!」
男の子はそんな感想を言う。

『ごめんなさいね、緩くて!』
隣でみっちゃんとバックでつながっている京香さんが、そんな事を言う。

「ご、ごめんなさい! おばさんのもキツいです!」
こんな風に言ってしまう男の子。

「おばさんだってよw」
みっちゃんが、からかうように言う。
『あなたのが太すぎるから、緩くなるんですよ』
京香さんが、頬を膨らませて言う。妙に少女っぽいリアクションで、可愛らしいと思った。

男の子は、そんな二人のやりとりも耳に入らないほど、必死で腰を振っている。そして、キスしている男の子を押しのけて、希にキスをする。

ダッチワイフ状態の希は、キスされても当然リアクションがない。それでも、必死で舌を突っ込もうとする男の子。

もう、何とも言えない気持ちになる。大勢に、よってたかってオモチャにされている事への怒り、妊娠してしまうのではないかという焦り、そして、嫉妬……そういう要素が、すべて興奮に切り替わっていく。

これは、性癖と言えるのだろうか? すでに僕は、病気なのかもしれない。それも、進行性で、不治の……。

「あぁ、ヤバい……出そう……」
男の子は苦しそうに言う。僕は、また中出しされる……今度こそ受精してしまう……そんな恐怖に胸が潰されそうだった。

でも男の子は、勢いよく体を離して膝立ちになると、希の美しい顔にぶっかけた……。
ピュルーという感じで、勢いよく希の頬、鼻、まぶたにぶつかる白い塊。

若い男の子達に、中出し、顔射をされて、なおも目が覚めない希。
「アァ、出ちゃう、変わって!」
オナニーをしていた男の子が、情けない声をあげながら、希に顔謝した男の子を押しのける。そして、希に挿入すると同時に、
「うぅあっ!」
と叫び、果ててしまった……。

オナニーをして、イク時だけ希に挿入する……ますますオナホみたいになってきた……いや、オナホ以下かもしれない……。
希がそんな風に扱われて、怒りよりも興奮している僕は、もうダメなのかも知れない……。

そして、わんこそばみたいに、次の男の子にバトンタッチする。すでに3人に注ぎ込まれた希のアソコからは、グチョグチョと凄い音が響いてくる。

『う、うぁ、な、なんで? あ、アッ! アッ! ンアッ!』
すると、希が目を覚まし、少しパニックになっている。確かに、目が覚めたら男達に囲まれて、挿入されていたら驚くのも無理はないと思う。

腰を振っている男の子は、希が目を覚ますと、すぐにキスをした。さっきの顔射でドロドロになっている希に、かまわずキスをする男の子。

『ンッ! んンーっ!』
希は、ただただ驚いているような感じで、うめいたりしているが、大きく抵抗はしない。

「イクぞ、イクっ!」
隣から、みっちゃんの声が聞こえてきた。
『んンッヒィグゥッ!! おおっぉお゛お゛お゛ぉっ!! イ゛グぅっ!!』
京香さんは、みっちゃんに中出しされて獣の雄叫びのような声をあげてイッた。

みっちゃんは、グッタリと半分失神したような京香さんから体を離すと、
「ほら、空いたよ、おいで」
と、男の子達に声をかけた。すると、希に入れている子以外は、京香さんに群がった。
そして、さっきの希みたいに失神している京香さんに、すぐに挿入した。

僕の目の前では、精液でドロドロになった希が、正常位で若い男の子とつながり、キスをしている。もう、意識もはっきりしたようで、希の方からも舌を絡めている。
希はそのままの状態で、僕を見る。目が合うと、ホントにドキッとする。他の男に抱かれながら、視線だけが僕と絡み合う状態。
それは、今の僕には最高のシチュエーションだ。一番大切なモノを目の前で汚されている……本当に、興奮が信じられないくらい大きくなる。

希は、僕のその心を見透かすように、男の子と体勢を入れ替えた。
『ふふw 疲れちゃった? 代わってあげるねw』
希は、エッチなお姉さんという感じで男の子に言う。そして、騎乗位になると、僕を見ながら腰を振り始めた。さっきのみっちゃんとのセックスの時と違い、余裕たっぷりな感じで腰を振る。

『マー君、ごめんね、犯されちゃったw』
自分で腰を振ってるクセに、そんな事を言う希。僕はなんと言っていいかわからずに、アウアウするだけだった。
『ちゃんと見ててね。若い子種、搾り取っちゃうからw』
希は、そんな事を言って腰を振る。生で入れていることを、しっかりと理解していることがわかる。安全日かどうかもわからないのに、生で入れて子種を搾り取るとか言っている希。
妊娠したら、どうするつもりなんだろう? 本当に、心の底から不安になる。

でも、そんな希をどうしても止めることが出来ない……。

『ンッ! アッ! あっ! あぁんっ! すっごく固い……気持ち良いっ! マー君、気持ち良いよぉっ! 若いおちんちん、カチカチだよぉ!』
僕の目を見ながら、いつもは言わないようなエロいことを言いながらあえぐ希。僕を興奮させる為なのか、それとも本当に興奮してそんな事を言ってしまっているのか……。

希の後ろには、失神したままの京香さんが、ダッチワイフにされているのが見える。
こんなのは、想像もしていなかった。ハプニングバーとかカップル喫茶は、ネットで色々と調べて、ある程度はイメージが出来ていた。でも、こんなのは凄すぎると思う。

『大きくなってきたぁw ねぇ、マー君、イッちゃいそうだよ。この子、もうイキそう。どうして欲しい?』
希は、本当にどうかしてしまったようだ。理性とか、貞操観念が飛んでいる感じがする。それとも、これが希の本当の姿なんだろうか?

「……そのまま……イカせてあげて……」
僕はものすごく迷いながらも、自分の欲望に正直に従った。

『変態w ねぇ、中に出していいって。いっぱい出してねw』
希はそう言うと、男の子にキスをした。そのまま腰を振る希。騎乗位で他の男にまたがり、自分からキスをして腰を振る姿は、夫としては見たくない姿だと思う。でも僕は、早く中出しされろ! と、思ってしまっていた……。

「あぁ、イキそうです……もうイっちゃいます」
男の子が、弱々しい声で言う。
『いいよ、イって。人妻に中出しして。元気な赤ちゃん作ろーねw』
希は、いじめるようなことを言う。
「そ、そんな……止めて……下さい……アァ、ダメ、出ちゃうっ! とめてっ! 腰止めて下さいぃ!」
男の子は希にそんな事を言われて、急に怖くなったようにそんな事を言う。でも、希は一切腰の動きを緩めない。

『ほらほら、出してごらん。人妻に中出ししてごらん! 赤ちゃん作ろーね、パパw』
希は、こんな事を言いながら腰の振りを早めた。

「あぁっ! イクっ! ごめんなさいぃっ!」
男の子は、泣きそうな声で叫びながら、イッてしまった……。
『あぁ、熱いの出てるよぉ……マー君、ごめんね……受精したかもw』
他の男に中出しされながら、僕にそんな事を言った希。もう限界だった。

希に飛びかかるように抱きつくと、そのまま押し倒して挿入した。何度も中出しされた希の膣は、ドロドロになっていて、いつもよりも抵抗感なく僕のモノを飲み込んだ。

『あぁん! マー君、私が種付けされてるの見て、興奮してるの?』
下から、妖艶な目で僕を見る希。もう、狂ったように腰を振った。

『あっ、あっ! マー君、気持ち良いよぉ! もっと! 掻き出してぇっ! 他のせーし、全部掻き出してぇっ!』
こんな事を言いながら、さらに僕の乳首を触ってくる希。これが希の本当の姿なんだろうなと思った。多分、希は元ヤンだと思う。元ヤンで、しかも完璧と言ってもいいくらいのルックスの希……ヤリまくりだったのだと思う。3人しか経験がないと言っていたが、当然嘘だと思う。

可愛いヤンキーで、ヤリマンじゃない子なんていないはずだ。

でも、今の僕は、自分の嫁が昔ヤリマンだったと思うと、嫌悪感よりも興奮が大きくなるだけだ。
もしかしたら、寝取られ性癖というのは、器がデカいと言うことなのかもしれない。嫁や彼女の浮気を、興奮に変える能力。それは、能力者と呼ばれても差し支えがないのかもしれない。

一瞬、そんなわけのわからない現実逃避をしてしまったが、とにかく必死で腰を振った。他の男達の精液を掻き出すために、必死だった。今さら遅いとわかっていても、掻き出さずに入られない……。

『マー君、凄い……いつもよりカチカチだよ……もっと、もっと強くして! あ、アッ! あっンッ! ンッ! 気持ち良い! あぁんっ!』
希は、本当に気持ちよさそうに感じてくれる。他の男の精液でドロドロになった顔で、真っ直ぐに僕を見つめながら感じてくれる希。
僕は、思わずキスをした。他人の精液が僕の顔にもくっつくが、興奮が大きすぎて気にもならない。

「ラブラブだねぇw」
急に、すぐ横で声がして驚いた。慌てて横を見ると、みっちゃんが座っていた。

セックスの最中に声をかけられるのは、もの凄く気まずくて、一瞬動きが止まる。
「気にしないでw 続けて続けて!」
みっちゃんは笑顔で言うが、こんな間近で見られてると思うと、余計に体が動かなくなる。さっきの凄いセックスを見せられたあとなので、余計に恥ずかしいというか、コンプレックスのような気持ちを持ってしまい、動けない。

『ネェ、代わってあげるねw』
希は、そんな僕に同情したのか、体位を入れ替えてくれた。そして、騎乗位になると、ガシガシ腰を振り始めた。

『マー君、気持ち良い? もっと気持ち良くしてあげる!』
希はそんな事を言うと、僕の乳首を触り始めた。騎乗位で上になり、腰を振りながら乳首まで責めてくる希。今まで僕には、隠していた顔だ。

「凄いねw ノンちゃんは経験豊富なんだねw」
みっちゃんにそんな事を言われ、
『京香さんには負けちゃいますw』
なんて言う希。余裕がありすぎて、悲しくなる。さっきのみっちゃんとのセックスは、希は余裕がない状態だった。結局、失神するまで責められてしまった。

「俺のもいいかな?」
みっちゃんが、自分のペニスを手でもてあそびながら聞く。
『へへw 大っきくなってますねw マー君、いい?』
腰をなまめかしく振りながら、希が聞く。

「もちろん、いいに決まってるよ!」
僕は、ほとんど考えることもなく即答した。こういう時、僕は見栄を張るというか、虚勢を張ってしまう。本当は、もう勘弁して欲しいと思っている。寝取られ性癖を満足させるのは、あの男の子達で充分だと思っている。
希が、みっちゃんとこれ以上セックスをしてしまったら、戻ってこなくなる……本気でそう心配している。でも、あっさりと承諾してしまう僕……我ながら情けないと思う。

『いいってw じゃあお口で』
「嬉しいねw」
みっちゃんはそう言うと、希の横に立つ。本当に、間近で見ると迫力がありすぎるペニスだと思う。
希は嬉しそうな顔でそれを見ると、手で握り、口に運んだ。目一杯大きく口を開けて、そのボコボコのペニスを口に収める希。

「あぁ、気持ち良い……やっぱり上手いねw」
みっちゃんが感心して言う。

僕の上に、騎乗位で繋がっている希が、他の男のペニスを口でしている姿は、あまりにも衝撃が大きい。見上げる角度なので、その異様な長さや太さが際立つし、希の表情までしっかりと見える。
さっきまでの僕とのセックスの時とは違い、トロンとした目でフェラを続ける希。欲しい……入れたい……希の、そんな言葉が聞こえてきそうだ。

みっちゃんが、優しく希の髪を撫で始めた。それを見て、僕は強烈に嫉妬してしまった。
『あれ? もっとカチカチになったよ。イッちゃうの?』
希にそんな事を言われて、バカにされたような気持ちになる。でも、もう限界なのは確かだった。

嫁とカップル喫茶に見学に行ったら

嫁の希と結婚してまだ2年だけど、正直ちょっとセックスに飽き気味になってきた。結婚する前にも3年付き合って、5年もやり続けていたから仕方ないのかも知れない。

最近は、セックスよりもノートパソコンで色々なサイトを見ながら、自分で処理する方が多くなってきた。最初は動画系のサイト、エロマンガのサイトなどを使っていたが、もともと妄想好きな僕は、テキストだけのサイトに落ち着いた。
体験談とか、官能小説などのサイトの中で、NTR使える寝取られサイトという寝取られ体験談のサイトをよく見るようになっていた。
それがきっかけで、寝取られ系のサイトをよく見るようになり、実際のスワッピング相手募集のサイトまで見るようになった。

そこで、単独男性募集をする夫婦やカップルの書込みを見て、希が他の男とするとどうなるんだろう? と思うようになっていた。
それと同時に、夫婦でスワッピング相手を募集している人の書込みを見て、その奥さんの写真に凄く興奮してしまった。

目線が太めなので、顔はイマイチわからないが、黒髪の上品そうな奧さんだった。その奧さんが、両手にそれぞれの男のアレを握りながら、別の男にまたがっている写真が僕を異様に興奮させた。

そして、この奧さんとしてみたいと思ってしまった。この日から、希をどうやって説得しようかという事ばかり考えるようになっていた。希は、どちらかというとセックスは好きな方だ。最近では僕から誘うよりも、希からお誘いがかかる事が多い。

希は、僕と付き合う前に、男性経験は3人あると言っていた。詳しくは聞いてないが、それくらいなら今時のごく普通の女の子だと思う。

希は身長が150cmで、50kgもない体重なので、凄く小柄だ。小柄な子はエロいというのは、ある程度本当だと思う。
希は小柄で痩せ型なのに、胸は大きい。希もそれをよくわかっていて、胸を強調する衣装をよく着る。背が低いのにそんな服なので、谷間がえげつないくらい見えることが多い。

一緒に歩いていて、すれ違う男の視線が谷間に向けられる事は凄くよくある。
希は、見た目は少しギャル風だ。佐々木希が髪を黒くする前の感じによく似てる。顔も、たまに似てると言われる事がある。

可愛くて胸も大きくてセックスが好き……そう書くと、本当に言う事がないという感じだけど、性格がけっこうがさつで男っぽいのがちょっと残念だ。

『どうしたの? なんかボーッとしてるね? ちゃんと話聞いてた?』
希は、少しムッとした感じで言ってきた。夕食を食べながら色々と会話をしていたが、つい募集サイトのあの上品な奧さんのことを考えていて、さっき希がなんて言ったのか聞いてなかった……。
慌てて正直に聞いていなかったと言い、ゴメンと謝ると、
『もう! 人が恥ずかしいのに誘ったのに、酷くない!?』
と、少し頬を赤くしながら希が怒った。話の感じから、夜のお誘いをしてくれたようだ。

「ゴメン、ちょっと仕事のこと考えちゃってたよ。誘ってくれたの? じゃあ、すぐシャワー浴びようよ! もう我慢できないよ」
『もう! ホント、調子良いんだからw』
希はそうは言いながらも、”我慢できない”と言った僕のセリフが嬉しいようで、ニコニコしている。

「ゴメンw でも、本当に我慢できないよ。今すぐしようよ!」
僕はそう言うと、食事もまだ途中なのに希の手を引き寝室に向かった。実際は、そこまで気持ちは盛り上がっていないのだけど、これくらいしておかないと希は2?3日機嫌が悪くなる。

これくらいやれば、希はすぐに機嫌が直る。実際、僕に手を引かれながら、希は本当に嬉しそうに笑っている。
付き合い始めて5年、結婚して2年経つが、希は本当に僕のことを好きと言う気持ちを惜しげもなく出してくれる。可愛い女だと思う。
それなのに、少し飽きてしまうのは雄としての宿命なのかな? と、申し訳なく思う。

そして寝室に入ると、僕は気持ちを奮い立たせて、希に抱きつきキスをする。
希は、待ってましたという感じで、すぐに舌を差入れてきてくれる。身長差がけっこうあるのでキスは少ししづらいが、希は見上げながらするキスが大好きなようだ。

僕の首の後ろに両腕を巻付け、引き寄せるようにして濃厚なキスを続ける希。そして、キスをしながら僕の服の上から乳首を触ってきた。僕は乳首がかなり敏感で、下手したらフェラされるより、乳首を責めてもらう方が好きなくらいだ。

ここまでされて、やっと火がついた僕は、希の上着を脱がし始めた。希も待ちかねたようにバンザイをして、脱がしやすくしてくれる。ブラだけになると、本当にエロい体をしていると思った。胸の谷間が本当にえげつないくらいで、思わず顔をうずめてしまった。
『あんw ホントおっぱい大好きだねw 今ブラ外すね』
希はそう言いながら、自分でブラをはずそうとした。僕は慌ててそれを止めさせて、スカートを脱がし始めた。

希のおっぱいが垂れていたり、乳輪がデカかったりするわけではないが、全裸よりもランジェリー姿のままの方が興奮するw

スカートも脱がせると、Tバックのエロいショーツが姿を現す。

『へへw してあげる』
希はそう言うと、僕をベッドに押し倒しながら全裸に剥いたきた。そして全裸で寝そべる僕に覆いかぶさると、希は僕の乳首を舐め始めてくれた。ゾクゾクするくらいに気持ち良くて、思わずうめいてしまう。

『ふふw ホント乳首弱いねw 可愛い声w』
希はそう言いながら、エロい顔で舐め続けてくれる。舌で弾き、歯で軽く噛み、時にじらしたりしながら、乳首を責め続けてくれる。
思わずあえぎ声を漏らしながら、希の胸の谷間を凝視していた。こんな風に乳首を舐めてくれて、ビジュアルでも楽しませてくれる嫁。なかなかいないと思う。
でも、少しマンネリ感は否めない。

ついついネットで見た、スワッピング相手募集の人の奧さんを思い出してしまった。黒髪で上品そうな人なのに、両手にアレを握りながら、他の男にまたがる姿。
希が同じ事をしたら、僕はどう思うだろう? 興奮するのだろうか? 嫉妬で怒りだけしかわかないのだろうか? 答えが出ない。

『気持ち良い? 乳首カチカチだよw 女の子みたいw』
希はそんな事を言いながら、さらに責めてくれる。本当に気持ち良くて、たまらないと思いながらも、いきなり聞いてしまった。

「ねぇ、希は他の人としてみたいって思ったりしないの?」
ストレートすぎたかな? と、後で後悔したが、僕には思いつきをそのまま口にしてしまう悪いクセがある。

『え? 何を?』
眉間にしわを寄せて、意味がわからないという感じで聞いてくる希。こう言う顔をすると、妙に迫力がありビビってしまう。嫁は、佐々木希と同じで、実は元ヤンでは? と、常々思っているが、こういう時はより強くそう思う。

「い、いや、その、セックスとか……」
『ハァ? 浮気したいかって事? バカ?』
「いや、浮気とかじゃなくて、その、抱かれたい願望とか……ないかな?」
『何それ? アンタはあるの?』
希が僕のことをアンタと言うときは、かなりキレているときだ……。
「ないない! 思ったこともないです!」
ビビって敬語になる僕。ちょっと情けないと思う……。

『私もあるわけないでしょ? あなたで満足してるんだからw』
眉間のしわが消えて、ニコッとしてくれた。ホッとしながら僕は、
「いや、なんかさ、最近カップル喫茶とか、ハプニングバーっていうのが流行ってるって、深夜番組でやってたから……」
『そんなの見てるんだ。サイテー』
無表情で言う希。
あわてて必死で謝ると、
『行ってみたいんだ? そういうとこに』
「違う! 違います! ただテレビで見たから、その……」
しどろもどろで言う僕に、意外な言葉が待っていた。
『良いよw 行ってみようよ!』

えぇっ? と思いながら、”ホントに?”と聞くと、
『ちょっと興味あるw あっ! でも、アンタは見るだけだからね!』
「は、はい! え? じゃあ、希は見るだけじゃないの?」
『そ、それは、揚げ足とるなよ! しねっ!』
あからさまに動揺する希。

「ゴメン、でも、どうするの? ホントに希は何かするの?」
言い出しておいて、無性に不安になる僕。

『何かして欲しいんでしょ? バレバレだよw』
氷のような冷たい目で言った後、にっこり笑いながらバレバレだよと言った希。完全に見透かされていて、ドキドキする。
でも、見透かされているのが心地良いと思う僕もいるし、見透かされていることで、話が早いなと思う僕もいる。

「そんな事は……少し……あるかな?」
『はいはいw じゃあ、明日行こうか?』
「うん!!」
『無邪気な顔w じゃあ、調べといてね』
希はそう言うと、さっさとシャワーに向かってしまった。
「えっ? しないの?」
すでにセックスを始めていたのに、なぜ止めたのかわからずに驚いてそう聞く僕。
『だって、私は明日するからw 溜めとかないとw』
希が、可愛らしい顔で強烈なことを言う。溜めるって、男じゃないんだからと思いながら、かなり動揺してしまった。
希は、本気で何かするつもりなんだろうか? まずは、ただ見学と思っていたのに、希はいきなり何かするつもりなんだろうか?

そんな不安に包まれながら、希に言われた通りにネットでカップル喫茶などを調べ始めた。希がシャワーから出るまでには調べられると思っていたが、その件数の多さに驚いた。
そして、意外なほど近場にあることもわかり、その店のサイトを見たりしていた。そんな風に調べていたら、希がシャワーから出てきた。パジャマに着替えた希は、
『じゃあ、頑張って調べといてね?w』
と言いながら、さっさと寝室に行ってしまった。

その後は、2時間もかけて調べて、とりあえず候補を決めた。希に報告しようと思い寝室に行くと、すでに希は夢の中だった。
とりあえずシャワーを浴びて、ベッドに潜り込んだ。

朝になり、希に起こされて朝食を食べていると、
『どうだった? 昨日は熱心に調べてたみたいだけどw』
と、希がニヤけながら言ってきた。昨晩は、希はすぐに寝たんだと思っていたけど、様子をうかがっていたようだ。全然気がつかなかった……。

そして、候補を決めたことを話し、なるべく今日は早く帰ってくると告げた。
『じゃあ、色々用意しておくね。行ってらっしゃ?いw』
希は、相変わらずニヤけながら言った。
「用意って?」

『ん? 無駄毛処理とかw』
希にイジワルな感じで言われて、正直ゾクゾクしてしまった。冗談だと思うけど、本気で何かするつもりなのかも……そんな風に思った。

そして、会社に行って働き出したが、夜のことが気になってしかたなかった。ネットで色々と調べ、今日行く予定のカップル喫茶の掲示板を何度も見たり、とにかく落ち着かない時間を過ごした。

掲示板は、さすがに平日の今日は書込みも少なかったが、常連みたいな夫婦が遊びに来ると書き込まれていた。

それを見て、この前見た画像掲示板の単独男性募集の夫婦を思い出していた。あの、上品そうな奧さんが、3人の男達に囲まれている姿……たまらなくエロいと思った。
あんな人だと良いなぁと思いながら、その旦那さんに抱かれる希を想像した。希は、僕と知り合ったときに、処女だったわけでもないし、そもそも清純なイメージでもない。でも、少なくても僕との結婚後は浮気はないはずだ。

希は、過去の男性経験は絶対に話をしてくれない。聞いても、そんな事聞いてどうするの? バカじゃないの? などと言って、取り合ってくれない。
なので、他の男とセックスする希というのは、想像も出来ない。

僕とのセックスは、それなりに積極的で、どちらかというと責めるのが好きな感じだ。僕が責めても感じている様子だし、不満があるようには見えない。

AVのように、派手に潮を吹いたり、イクイクイクっ!! と、絶叫したりはしないが、しっかりとイケていると思う。そもそもAVのは、かなり大げさで現実にはあり得ない感じ方だと思っている。

そして仕事を早く片付け、ほぼ定時に会社を出た。こんなに早く帰宅するのは久しぶりだ。この後のことに、心臓がドキドキして破れそうだ。

そして帰宅すると、すっかりと出かける準備を終えた希がいた。
『お帰り。早かったねw 待ちきれない感じなんだw』
からかうように言う希。でも、微妙に声に緊張が混じるのがわかる。

ただいまと言いながら、慌てて着替え始めるが、希は本当に綺麗だった。もともと、ちょっとギャルっぽい感じとは言え、佐々木希似の嫁だ。しっかりとメイクをして、可愛い服を着ると、可愛くないわけがない。

いつもは面倒臭がって、ラフな格好でほぼノーメイクだが、今日は違う。希のやる気を感じてしまって、ビビり始めた。止めた方が良いのかも知れない……。
そんな僕の動揺を見透かすように、希が僕の手を引っ張って、
『ほら、行くよ! 今さら怖じ気づくなよw』
と言った。相変わらず口が悪いが、ギャル風の彼女には似合っていると思う。そして、出発した。

でも、口ではああ言っていた希だけど、妙に無口で緊張しているのがわかる。

「どうしたの? 緊張してるでしょw」
固い空気を破りたくてそう言ったが、
『そんなわけないでしょ! 楽しみで、仕方ないだけだよw』
と、希は強がる。目が少し泳いでいることからも、緊張しているのは間違いないと思う。

そして二人で歩き、電車に徒歩で目的のカップル喫茶に着いた。駅でも街中でも、希はすれ違う男達にけっこう見られていて、夫として鼻が高かったが、これからこう言ったすれ違う見ず知らずの男に、もしかしたら抱かれるかも知れないと思うと、胸がざわついた。
ネット体験談などでオナニーをしているときは、希が他の男に抱かれるのを想像して、けっこう興奮できたのだけど、いざ現実にそれが行われるかも知れないとなると、興奮どころではない感じだ。

そして、会社帰りに電話で聞いたマンションに到着した。会社帰りに電話したときは、男性の方が出た。オーナーさんなのか、バイトなのかはわからないが、人の良さそうな、ちょっとおネエっぽいしゃべり方をする男性だった。

そしてそのマンションは、本当に普通の居住用といった感じで、間違えたかな? と思うほどだった。恐る恐るオートロックのインターフォンを押すと、さっきの電話の声がした。

電話の時とは違って、その男性も口数少なく、ただオートロックを解除した。そして僕と希は、緊張しながらエレベーターに乗った。
『ホントに、普通のマンションなんだね。もしかして、うちのマンションにもカップル喫茶あるかもねw』
希はもう覚悟が決まったのか、いつもの調子に戻っていた。僕はと言うと、緊張したまま、
「ははw まさか」
と、乾いた笑いで答えた。

そして、ドアの前に立ち、ノックをした。すぐに扉が開き、人の良さそうな40代くらいの男性が出迎えてくれた。左耳のピアスもまぶしい、見るからにコテコテのおネエの方は、
「いらっしゃ?いw よく来てくれましたぁw どうぞどうぞ」
と、クネクネしながら招き入れてくれた。

よくわからないが、こういうお店は、おネエが多いのだろうか? でも、出迎えてくれたのが男性でも女性でもないことで、緊張が和らいだのは事実だ。

そして、希と顔を見合わせて、少し笑いながらついていくと、リビングに通された。廊下などは照明も暗くて怪しげな雰囲気だったが、リビングは比較的明るかった。そこには、バスローブをまとった男性と女性がいた。多分、お店の掲示板の書込みにあった常連のご夫婦だと思ったが、奧さんを見てドキッとした。

黒い髪に、上品そうな雰囲気。あの画像掲示板の、単独男性募集の奧さんに似ていると思った。掲示板の写真には太めの目線があったので、もしかしたら違うのかも知れないが、髪の感じも、全体的な雰囲気も、似ていると思った。
そして何よりも、目線のない目の前の奧さんは、凄く綺麗だった。沢口靖子とか鈴木京香みたいな系統の美人さんで、目が合うとニッコリと微笑みながら、挨拶してくれた。

緊張で固くなりながら挨拶を返したが、奧さんのバスローブ姿に、別の所も固くなりそうだった。
横にいる旦那さんは、凄くイケメンというわけでもなく、奧さんに対して釣り合いが取れていないというか、本当に普通の人だった。
だけど、感じは良い方で、優しげな笑顔で挨拶をしてくれた。

そこに、おネエの男性が割り込んできて、僕のことを美味しそうとか茶化して、和やかな雰囲気になった。
会話から、おネエはマスターで経営者、ご夫婦は、旦那がみっちゃん、奧さんは京香さんという風に呼ばれていた。こういうところなので、おそらく本名ではないと思う。

そして、自己紹介をしながらシステムの説明があり、夫婦だと5000円だが今日は初回で無料だと言われた。ご夫婦も自己紹介してくれて、僕らもとっさにあだ名みたいなモノを名乗った。希は、とりあえずノンちゃんと呼んでもらうことにして、僕はマサルなのでマー君と名乗った。

『マー君達は、こう言うところはよく来るんですか?』
丁寧な言葉で、京香さんが聞いてきた。多分、年齢は30代後半くらいだと思うが、本当に落ち着いて上品な感じだ。こういうところにいるのが、信じられない感じだ。

そして、今日は見学が目的ということと、仮に何かするにしても、僕は何も出来ないと話した。
「え? それはなんで?」
すぐに旦那のみっちゃんが聞いてきた。

「それは、ノンちゃんがダメだって言うからです」
僕が、チラチラ希を見ながら言うと、
『だってこの人、すぐに惚れちゃうからからw 見るだけです』
希は、緊張している感じもなく言う。こういう時、女の方が度胸があるなと思いながら、みっちゃんに抱かれる希を強く想像してしまった。

「そっかw 京香、残念だね。お前好みの男の子なのにw」
おどけながら言うみっちゃん。僕は童顔だから若く見られるが、男の子という歳でもない。でも、まだギリ20代なので、お二人から見たら子供みたいなモノなのかも知れない。

『ふふw 残念ですw でも、そのうちノンちゃんさんも気が変わるかもw』
上品な感じのまま、ドキッとすることも言う京香さん。もう、勃起がヤバかった。それを、なんとか太ももに挟み込んでごまかす僕に、みっちゃんが言った。

「じゃあ、とりあえず見ててごらんよ。京香、行くよ」
『はい……』
このやりとりで、一瞬で空気が変わった気がした。さっきまでの、ほのぼのとしたような感じから、一気に淫靡な空気になった気がした。

バスローブの二人が、リビング横の扉を開けて隣室に向かう。僕らも、後についていく。隣室は薄暗い洋室で、12畳くらいはあった。そして、真ん中にキングサイズのマットレスだけが敷いてあり、壁際には色々な種類の大人のオモチャや、ロープ、手錠、ローションなどが並べられていた。

部屋の隅の椅子に座る僕と希。部屋の感じにドキドキしたが、二人は慣れた感じでマットレスの上に乗り、ためらいもなくバスローブを脱いだ。

思わず目が釘付けになったが、京香さんは下着もなく全裸だった。さすがに若い希と比べると、所々たるみや垂れが見受けられるが、ほどよい大きさの胸はまだまだ形もよく、お腹が出ているわけでもないし、肉感的なエロい体に見えた。
痩せすぎで、胸だけ大きい希と違い、ほどよい太さで抱き心地が良さそうだ。

下はへアが剃り上げられているのか、パイパンのようで、とにかくエロ過ぎて鼻血が出そうだ。

ハッと気になり、横の希を見ると、やはり目が釘付けになっていた。だけど、見ているところが僕と違っていた。
その目線を追うと、みっちゃんの方を見ていた。みっちゃんは、中肉中背で、顔の印象と同じで、とにかく風通の体型だった。全ての雰囲気が、ミスター普通という感じのみっちゃんだが、希の目はある一点に釘付けた。

みっちゃんのアソコは、遠目にも異様だった。そこかしこがボコボコしていて、病気? とか思ったが、いわゆる真珠というか、シリコンボールが入っているんだと気がついた。
噂では聞いたことがあるが、本当にやっている人がいることに驚いた。それにしても、一見異様で気持ちが悪い。

『凄いね、あんなの初めて見た……』
ボソッとささやく希。本当に驚いているようだ。
僕は何か言おうとしたが、いきなりドアが開き、裸の男達が入ってきてので、そっちに驚いて固まってしまった。

男は3人いて、皆若い。大学生くらい? もっと若いかも? そんな風に見える3人だ。だけど若いだけで、イケメンでもなんでもなく、どちらかというと女性に縁がなさそうなタイプに見えた。

その3人は、僕らと反対側に回ると、壁際に背筋を伸ばして正座した。なんだコレは? 一瞬、混乱した。だけど、コレがいわゆる単独男性だと理解した。

他のカップル喫茶はどうなのかわからないが、正座して無言で座る3人を見て、単独男性は地位が低いのかな? と思った。
考えてみれば、自分が何か(彼女や奧さん)を提供するわけでもなく、ただ抱かせてもらう立場なので、総じて地位は低いのかも知れないが、正座して待機するのは異様に思える。

だけど、みっちゃん夫婦はそれが見えないように、いきなりキスをした。そして、濃厚に舌を絡め合いながら、抱きしめてベッドに倒れ込む。

こんな大勢に見られながら、キスをする二人。僕にはとても出来ないと思った。

みっちゃんがキスを止めて寝転がると、京香さんがその異様な形状のそそり立ったモノを口に含んだ。
形の異様さに気を取られていたが、京香さんの口の開け方を見て、みっちゃんのアレは、形も異様だけど、大きさも異様な大きさだと気がついた。

目一杯口を大きく開けて、やっと収まるくらいの太さで、京香さんが頭を前後に振るたびに、その埋め込まれたボール達が京香さんの唇をまくり上げ、美しい顔を台無しにする。

京香さんは、夢中でフェラを続けながら、自分でアソコをまさぐり始めた。僕は、生ツバを飲んでしまった。
あの上品そうな京香さんが、フェラをしながらオナニーをするなんて、興奮がヤバすぎる! そう思っていたら、壁際の男達も同じだったようで、自分たちのアソコをまさぐり始めていた。

自分の奧さんが、オナニーのおかずになっているのを間近で見て、みっちゃんはどういう心境なんだろう? 僕は、希が男達のオナペットになっているのを想像したら、興奮よりも怒りのような感情が浮かんだ。

『ンッ! ンンッ! ん?!』
静かな部屋の中で、京香さんのうめき声と、クチョクチョいう音だけが響く。クチョクチョいう音は、京香さんの上の口からだけではなく、下の口からも大きく響いてくる。

すると、いきなり横の希が僕のアレをズボンの上から掴んだ。
『やっぱり大っきくなってる。見ても良いけど、興奮しちゃダメなんだからね!』
少し頬を膨らませて、ムッとしたように言う希。スゲぇ可愛い!! 心の底からそう思った。希が嫉妬しているのがわかり、本当に嬉しかった。
普段の希はちょっと男っぽいというか、ツンデレで言ったらツンだけという感じだ。それが、こんな嫉妬じみたことを言ってくれて、心の底から嬉しかった。

すると、京香さんの声がした。
『もうダメです……。入れても良いですか? 我慢できません……』
発情した声で、とろけた顔で言う京香さん。上品な顔が、上気して頬が赤く染まっている。この表情だけで、オナニーできそうなくらいエロかった。

すると、ミスター普通だと思っていたみっちゃんが、とんでもないことを言い出した。
「ほら、入れてくれってよw」
壁際の男達にそう話しかけるみっちゃん。すると、男達は嬉しそうに立ち上がり、京香さんに群がる。京香さんはゾンビ映画で襲われるような感じで、男達に一気に取り囲まれると、少し悲しそうな顔でみっちゃんを見ていた。

男達は口々に失礼しますとか言いながら、一人が京香さんの胸に、もう一人がアソコに、最後の一人は足下に陣取った。
そしてみっちゃんが、
「どうぞどうぞw」
と、楽しそうに言うと、それぞれが舐め始めた。

乳首とアソコと、足の指を同時に舐められ始め、
『アァッッ! く、ッウゥッ!! ヒィィあぁ、』
と、けっこう大きな声であえぎ始めた。非イケメン達に囲まれ、舐められる奧さんを見て、みっちゃんは何とも言えない嬉しそうな笑顔を浮かべている。

そして、いきなり僕らを見た。慌てて視線をそらしたが、みっちゃんは僕らの横に来た。
「どう? 想像してたのと違う?」
にこやかに聞いてくるみっちゃん。僕は何も言えずにいたが、希が思いの外明るい声で言った。
『はい! 全然違いました。なんか、ちょっと怖い感じです』
「ははw でも、怖くないよ。見ててごらんよw」
この状況で、全裸の男性と話をする希。それだけで、激しく嫉妬してしまった。近くに来たみっちゃんのアレは、やはり造形と遠近感がおかしいことになっていて、ギーガーがデザインしたエイリアンとかのような形状だった。

『ンあっ! ヒィッ! ううっ! い、入れてっ! もう、入れてっ! 入れて下さい!』
上品な京香さんが、ハッキリとそうおねだりをした。そのとろけた顔はエロ過ぎて、もう見ているだけでイキそうだった。

男達は京香さんにそう言われても、すぐに行動できず、みっちゃんの顔色をうかがうばかりだった。
「そんな子犬のような顔で見るなってw 良いよ、入れてやれよw」
みっちゃんは、僕らに話しかけるのとはまったく違う、上から目線というか、支配する側の人間の言い方をした。

その言葉に、男達は嬉しそうに壁際のコンドームに手を伸ばし、ソレを大慌てで装着した。なぜそんなに慌てるのかな? と思ったが、理由はすぐにわかった。装着したのが早い人間が、一番に挿入できるということみたいだ。

全裸で寝そべり、とろけた顔の京香さんの足下に、コンドームを装着した3人が順番に正座をする姿。それは、正直吹き出しそうなくらい面白い姿だった。

『い1いわよ。来なさい』
京香さんも、さっきの奥ゆかしくて上品な感じとは違って、淫乱女教師みたいな口調で言った。

先頭の男が、慌てて京香さんに覆いかぶさると、アレを突き立てようとする。だけど、見た目と同じで女性経験が少ないのか、なかなか突き入れることが出来ずにいる。

「あの3人、童貞なんだよ。ネットで募集して呼んだんだw」
みっちゃんがキラキラした目で言う。妙に無邪気なその仕草に、釣られてちょっと笑みがこぼれてしまった。

童貞に、嫁を抱かせる。それは、僕がよく見るネット体験談では定番の話だ。でも目の前で、リアルでソレが行われようとしている。
ここで初めて、僕はゾクゾクしてきた。こんな風に希を童貞達に抱かせたら、どんな気分なんだろう? 嫉妬? 優越感? それとも、興奮?

すると、京香さんが仕方ないなぁと言う感じで、男のアレを握った。そして、童貞のアレを、自らに招き入れようとすると、
「アァッ! ご、ごめんなさいっ!!」
と、男が叫んだ。どうやら、握られてイッてしまったようだ……。
『ふふw 可愛いw』
京香さんは、本当に男の子が可愛いという感じで微笑みかけると、そのコンドームを外し始めた。
『いっぱい出たねw』
コンドームの中で、タプタプになっている白い液体を見て、そう笑う京香さん。
「す、すいません!」
必死で謝る男の子。僕は、すみませんだろ! と、心の中で思いながらそれを見ていた。

京香さんは、妖しく笑いながらソレの中身を口の中に垂らし始める。そして、全部口の中に入れると、みっちゃんに向かって口を開けた。口の中は、あふれんばかりの精液でいっぱいになっていた。

「いいよ。飲みなw」
短く言うみっちゃん。すぐに、コクンと喉を動かしながら飲み込む京香さん。そして、ふたたび口を開けると、空っぽだった。

旦那さんの前で、他の男の精子を飲み干す京香さん。上品な見た目の裏に、こんな淫蕩な顔を隠しているなんて、本当に人は見た目ではわからないと思う。

『ごちそうさまw はい♡ 次の人、来てぇ♡』
甘えた声で言う京香さん。すぐに次の男が覆いかぶさる。そして、自分のアレを握りながら、京香さんのアソコに押し当てる。今度は、しっかりと自分で握っていたので、あっさりと挿入が出来たようだ。

『ンッ! あっンッ♡ 卒業おめでと?w』
京香さんが、そんな風に男の子に笑いながら言う。
「あ、ありがとうございます。ヤバい、気持ち良すぎです!」
入れただけで、もう泣きそうなほど余裕がない感じの男の子。すると、下側なのに京香さんが腰を回すように動かし始めた。
『何がヤバいのぉ?? もう、おチンポパンパンだよw』
京香さんは、こんな事まで言う。あの上品な顔で、こんな淫靡なことを言う姿を見ると、ギャップでクラクラする。

「あぁっ! ダメですっ! 動いちゃ、あっ! で、出るッ! 出るっぅ!」
男の子は、京香さんが腰を回し始めて30秒も保たなかった。

『イッちゃったねw でも、卒業おめ?』
京香さんが言いかけた瞬間、正座していた最後の一人が、
「ウゥッ!! ううぅーっ!!」
とうめきながら射精した。アレに手も触れずに、正座したまま射精する男の子。笑いそうになってしまった。

『もうw ダメじゃんw 仕方ないなぁw いま見本見せるから、回復しててね♡』
男の子達にそう言うと、京香さんはみっちゃんのところに来て、引っ張っていった。

「仕方ないねw じゃあ、ちょっとだけなw」
みっちゃんはそう言うと、京香さんを四つん這いにして、後ろからいきなり異形のソレを突き立てた。
『ぅオォッグゥッ!! イグぅっイッグゥッ!! ンンヒィンッ!!』
一突きで、京香さんは背中を折れ曲がりそうなほど反り返らせ、絶叫して果てた。あの異形のペニスは、見た目どおりの破壊力なのかな? と、戦慄を覚えた。あんなモノで希が突かれたら、どうなってしまうのだろう?

ゴクッと生唾を飲み込みながら横の希を見ると、瞬き一つせずに、みっちゃんと京香さんを見つめていた。希の目は、好奇心でキラキラ光っているように見えた。そして、少しだけ……いや、かなり興奮しているのもわかってしまった……。
希も、アレで突かれる自分を想像しているのだろうか?

「オラ、サボんなよ」
普通の見た目からは想像もつかないほどの、サディスティックな顔を見せるみっちゃん。京香さんは、言われて慌てて腰を動かし始めた。
バックでつながっているのに、腰をガンガン動かすのは、みっちゃんではなく京香さんの仕事のようだ。

本当に、こんな風な亭主関白は、羨ましくて仕方ない。我が家では、どちらかというと……いや、かなり僕が尻に敷かれている。

腰をガンガン振りながら、大きな声であえぐ京香さん。
『オォおおっ! オごぉっぅっ!! め、めくれるぅッ!! おまんこぉめくれるぅッ!! ヒッヒィッ!! おおおオオオォオッ♡ あっアアあぁんっ!! イグッ! オマンゴイグゥっ!! ンぎイイィッ!! おぉお゛お゛お゛お゛お゛ぉっ!! イィグゥゥッ!! イグイグイグイグッッ!!!』
尻をみっちゃんにバンバンぶつけながら、イキまくる京香さん。
それを、あっけに取られて、少し怯えたような感じで見続ける男の子達。

みっちゃんのイボイボ生チンポが、京香さんのアソコを出入りするたびに、めくれ上がり巻き込まれるビラビラ。

上品な京香さんの顔は、トロトロにとろけきって、よだれも流れている有様だ。

『すごい……』
希が、思わずつぶやく。僕の耳には、”凄い、良いなぁ、入れて欲しいなぁ”と言ったように聞こえてしまう。

しばらくすると、みっちゃんがいきなり腰を振り始めた。それは、京香さんを感じさせると言うよりも、叩き込むという感じの容赦ない突きだった。
パンパンと言うよりは、ガスッ! ドスッ! と言うような、重い音を響かせながら、異形のペニスが高速ピストンする。

『ううぅウゥぅウゥぅうっっっ!!! ぅうぅーーーっっ!!! んんんっーーっっ!!!』
京香さんはあえぐと言うよりは、重いきり歯を食いしばり、何かに耐えているような感じだ。大きすぎる快感に、必死で正気を保とうとしているように見える。あえいで感じる姿よりも、ある意味この姿は衝撃的だった。

すると、唐突にビチャビチャという水音が響き始める。京香さんは、白くなるほど歯を食いしばりながら、潮? を吹き始めたようだ。
AVのような光景に、言葉も出てこなくなる僕。

すると、いきなりみっちゃんがアレを抜き、
「おっ! 復活したなw いいよ、代わりなよw」
と、男の子達に指示した。
みっちゃんがいきなりアレを引き抜いたとき、京香さんのアソコから、驚くほど遠くまで潮が飛んだ。潮吹きなんて、生で見るのは初めてだし、当然希に吹かせたことなどない。そもそも、AVとかのは全部フェイクだと思っていた。

胸をベッドに押しつけるようにグッタリした京香さん。でも四つん這いのままなので、お尻が高く上がっている感じになる。
角度的に、モロに京香さんのアソコが見えて、ドキドキして仕方ない。京香さんのアソコは、イボイボでハードに突かれたせいか、少し赤くなり、なおかつだらしなく開いた感じで、ビチャビチャに濡れていた。

そこに、我先に競うようにコンドームを付けた男達が群がる。そして、がむしゃらに腰を振り、すぐにイキ果てて入れ替わるという光景が繰り返される。

嫁が入っていたサークルは、乱交サークルだった

今日は、嫁が遠い親戚の法事で、実家に泊まりで行っているので、久しぶりの独身気分で浮かれていた。

俺は28歳で普通の会社員。嫁の里香は26歳で、結婚してまだ2年だ。
付き合い始めて半年ほどで結婚したので、まだまだラブラブだ。
里香は155cmで、50kgを切る体重なので、小柄で可愛らしい感じだ。美人とは言えないかもしれないが、リスみたいでなんか愛嬌がある。
いまだに学生に間違えられることも多い里香だが、胸だけは爆乳だ。
見た目の幼さと爆乳はギャップがあり、そこが俺の好きなところでもある。

まだ子供作りは始めていないが、そろそろ作りたいなと話しているこの頃だ。

とくに倦怠期でもなんでもないのだが、久々の一人はちょっとウキウキする。

とは言っても、会社もあるし、とくにしたいこともないのがホントのところだ。

なので、久しぶりにオナニー三昧で行こうと思い、会社終わりにエロDVD屋に行った。
そして、読者投稿系のDVD付きムックを4冊買い、オナホも買った。

嫁とは週に1回2回はセックスしているが、やはりオナニーはそれはそれで気持ち良い。
別物だと思う。

そして、浮かれながら家に到着し、さぁ!オナニーと思っていたら、家のドアを開けるところで声をかけられた。

お隣の奧さんだった。
奧さんと言っても、嫁と同じ歳なので、いつも三久ちゃんと呼んでいる。
『今日里香ちゃんいないんでしょ? ウチ来なよ! 旦那も、もういるし、一緒にご飯食べよ〜よ!』
それは、社交辞令とかで声をかけてきてくれたわけではなく、誘いと言うよりは強制だった。
三久ちゃんは、俺が答えるのを待たず、勝手に俺の手をグイグイ引っ張っていく。
「ちょ、ちょっと、荷物くらい置かせてよ!」
『なになに? その露骨に怪しい黒い袋w 里香ちゃんいないからって、変なことしちゃダメじゃんw』
三久ちゃんは、本当に馴れ馴れしいというか、社交的だ。
だけど、嫌いじゃない。

嫁も、三久ちゃんとはすごく仲がよい。隣だったのは偶然だが、三久ちゃんは嫁の昔の同級生だった。
なので、しょっちゅう一緒に飯を食べている。

三久ちゃんの旦那も、俺より少し年上だが、やたらとフレンドリーで良い人だ。
たまたま俺と同じ趣味があり、話もあうので俺も友達ノリで接している。

「違うって! 変なことなんかするわけないじゃん!」
『ふふw どーだかw 早く荷物おいて、おいでよ!!』
そう言って、三久ちゃんは手を離してくれた。

オナニーに心残りはあったけど、楽しい時間が待っていると思い、慌てて荷物を置いて、着替えてお隣に向かった。

三久ちゃんは、嫁とはまったく違って、彫りの深い南国美女という感じだ。
スポーツ好きだけあって、いつも日に焼けていて健康的だ。笑うと白い歯が眩しい。
どことなく、AV女優のRioに似てる。

いつものように、ノックもせずにドアを開けて勝手に上がり込む。
『やっと来た〜 遅いよぉ〜』
「お、まっすぐ帰ってきたんだw 偉いね〜 夜遊びするかと思ってたよw」
旦那の亮さんも、そんな事を言ってくる。

そうなんだ、、 この監視の目があるから、嫁がいないとはいえ、悪さも出来ない。
とは言っても、嫁のことが大好きだから、浮気的な悪さはまったくするつもりもない。

そして、三久ちゃんの手料理を楽しみながら、楽しい時間が過ぎていく。
三久ちゃんは、いつもの白のショートパンツに、Tシャツだ。
露出が高めとも言えるが、健康的な三久ちゃんなので、エロいという感じではない。

すると、インターフォンが鳴った。
「お、もう来たね。三久、よろしく〜」
『はぁ〜い、ちょと待っててね!』
三久ちゃんがそう言って、玄関に行った。

すぐに、ワイワイがやがやと、騒がしい声が響く。
そしてリビングに、三久ちゃんと女性2人が入って来た。
【お邪魔します〜!】
"あ、里香ちゃんの旦那さん今晩は”
などと言いながら入ってきた女性は、里香のママ友の二人だ。

里香のママ友と言うことは、三久ちゃんのママ友でもあるのだけど、厳密には4人とも子供がまだいないので、ママ友という言い方は正しくないのかも知れない。

一人は、まだ19歳の幼妻の遥ちゃんだ。彼女はとてもマインさんに似てる。ただ、ロリっぽいと言うかロリなのだけど、意外と毒舌と言うか、Sっぽい感じだ。
そしてもう一人は、眼鏡女子という感じの美穂さんだ。肩までの黒い髪がとても清楚な感じを強調している感じで、俺のお気に入りでもある。恐らく俺より年下かタメくらいだけど、その雰囲気から、美穂さんと呼んでいる。

美穂さんは、おとなしい感じで、いつもニコニコしているが、黙るとクールというか冷たい感じに思えてしまう。綺麗な整った顔だからだと思う。

俺も挨拶を返していると、
【今日は独身ですねw 悪さしないんですか?w】
遙ちゃんがそんな事を言う。やはり、ちょっと毒があるw

”里香ちゃんいなくても、結局ここに落ち着くんですね”
美穂さんは、優しい口調で言う。ホント、この感じがたまらなく良いと思う。

俺は、思いもしなかった展開に、結構驚いていた。
2人とも知っている顔だが、嫁なしで会うのは初めてだ。

女性が2人も増えて、急に華やかな感じになった。俺は、少し浮かれていたかも知れない。

そして、遥ちゃんはすごく短いミニスカートで、美穂さんは、いつものおとなしめの格好と違い、ちょっとギャルっぽいキャミ姿だ。

『どこ見てるのw 里香ちゃんにチクっちゃおっかなぁ〜w』
三久ちゃんに言われて、慌てて視線を外す俺。多分、美穂さんの胸元をガン見していたと思う。
いつもは、おとなしめのブラウスやワンピ姿が多い美穂さんなので、全然気がつかなかったが、結構な巨乳だ。薄いキャミだとすごく目立つ。
もしかしたら、嫁くらいあるのかも知れない。
清楚でおとなしい感じの美穂さんのギャップに、クラクラくる。

それにしても、こんな風によく集まっているのだろうか?
知らなかった。

「よく集まるんですか?」
俺が聞くと、
『今日は里香ちゃんいなくて、そらくん寂しいんじゃないかなぁって思って、声かけたんだよw』
【でも、美穂さんだけでよかったみたいだねw】
遥ちゃんが痛いところを突く。

「いや、そんな事ないって、遥ちゃんも来てくれてありがとう! 嬉しいよ!」
俺が慌てて言うと、
”そんな事ないんですね、、 寂しいなぁ、、”
と、美穂さんが揚げ足を取って大げさに寂しがりながら言う。
完全にいじられキャラになってしまった、、、

だけど、女性が3人もいて、3人ともかなりレベルが高いので、正直嬉しくて仕方ない。

そして、食事を切り上げて、飲み会が始まった。

リビングに移動して、思い思いに床やソファに座って飲み始めた。

俺は、女性陣に気を使って床に座って飲み始めたのだが、大正解だった。
ミニスカートの遥ちゃんはもちろん、美穂さんのパンツまで見えたからだ。
遥ちゃんのパンツは淡いピンク色で、美穂さんのは、おとなしくて清純だと思っていた彼女に似つかわしくない、真っ赤なヤツだった。美穂さんは、本当にギャップがすごい。俺はもう、完全に女として見てしまっていた、、、

チラチラパンツを見ながらビールを飲んでいると、欲情してきてしまった、、、

【そらくん、立ってるしw】
いきなり遥ちゃんに指摘された。
「そ、そんな事ないし!」
慌てて否定しながら、腰を引き気味にするが、俺のモノはちょっとサイズが大きいので、隠しきれない、、

『そうだよねぇw さっきから、ずっとパンツ見てたもんねぇ〜w』
三久ちゃんにもからかわれた。

だけど、美穂さんだけは、黙って優しげな笑みを受けベていた。そして、足を閉じながら
”ゴメンなさい。見えちゃってました?”
と、申し訳なさそうな顔で言う。

「そんな、謝らなくても! 見ちゃってゴメンなさい」

【やっぱり見てたんだぁ〜 里香ちゃんに言っちゃお!】
『床に座ったのは、計画的だったんだねぇ〜』
口々に言われたが、みんな楽しそうだ。
亮さんは、なにも言わずにニコニコしていたが、
「じゃあ、そろそろ見ようか?」
と、言った。

俺だけが意味がわからない感じだったが、女性陣は皆ニヤニヤして、口々に良いねとか見ようとか言っていた。

そして、三久ちゃんがテレビのスイッチを入れて、接続されているリンゴマーク付きのミニパソコンのスイッチを入れた。

そして、トラックパッドで操作して、動画を再生した。
映画でも見るのかな?と思っていたら、ランジェリー姿の女性が二人映った。
「え?これでいいんです?」
俺は、間違えて再生してしまったのかと思って声を上げたが、すぐに言葉を飲み込んだ、、、

画面の女性は、遥ちゃんと美穂さんだったからだ。
遥ちゃんはピンクのドット柄のブラとショーツで、ロリっぽく可愛らしい感じだ。19歳という年齢もあると思うが、ぺったんこの胸が、よりロリっぽく見せている。

そして美穂さんは、黒の透け感が強いセクシーなランジェリーで、ブラ&ショーツとおそろいのガーターベルトをしている。
太ももの途中までのストッキングは、網タイツのタイプだ。そして何よりもエロいのが、ショーツに連結されている感じの、マイクロミニ丈のレースのスカートだ。透けているので、ショーツは見えているのだけど、スカートがあることによって、パンチラの感じもあり、エロさが増している。

すべて見えるよりも、少し隠す方がエロい、、  そう思った。

俺は、本当に意味がわからずに唖然としていたと思う。

女性陣も亮さんも、なにも言わずに画面を見ている。

画面の中では、ランジェリー姿の二人が、近づき、見つめ合い、キスをした。
軽く唇を重ねて抱き合っていた二人だが、すぐに舌を絡め始めた。
年下の遥ちゃんが積極的に舌を絡めて、責めのキスをしている。

「こ、これって、、 遥ちゃんと美穂さんですよね?」
俺は、何かの見間違えか、ドッキリか何かかと思った。

『どうかなぁ〜? 似てるよねw』
三久ちゃんが、とぼけたような口調で言う。
遥ちゃんと美穂さんは、少し上気したような顔で、画面を見ている。

画面では、遥ちゃんが美穂さんの顔を両手でホールドしながら、舌を絡め続ける。
ロリ人妻の遥ちゃんが、大人っぽい美穂さんを責める姿は、攻守逆転しているようで違和感があるが、それがたまらなくエロいと思った。

だけど、これはなんだろう? まったく意味がわからない。
「亮さん、これって?」
亮さんに助けを求めるような感じで聞いたが、
「まぁ、見てればわかるよw」
と、笑顔で言うだけだった。

【すごく抜ける寝取られ体験談や萌えた体験談から転載】

画面の中では、遥ちゃんがキスをしながら美穂さんのセクシーなブラを下にズラした。
大きな胸が、ブルンと揺れながら剥き出しになる。
美穂さんは、清楚でおとなしい見た目とは違って爆乳だったが、いまブラが外れて剥き出しになると、乳輪が大きくて乳首もかなり大きかった。
清楚で美しい見た目とは違って、エロくて少しグロい乳首と乳輪だ。

そのギャップに猛烈に興奮した。
お気に入りの美穂さんのおっぱいが見られて、すごく嬉しくて興奮したが、見て良いのかという戸惑いもあった。

【やっぱり美穂さんの大っきいねw 羨やましいなぁ〜】
『ホントだよね。形も良いし、ズルイよねw』

”そうかな? でも、乳輪大きいし、恥ずかしいよ、、”

口々にこんな会話をする女性陣。

俺だけ置いてきぼりな感じだ。

画面では、遥ちゃんが美穂さんの乳首を舐め始めている。
音声は消しているのか聞こえてこないが、美穂さんは遥ちゃんの頭を両手でクシャクシャッとつかみながら、口を大きく開けている。
美穂さんの感じている顔、、 まさかの展開に、興奮しすぎて貧血になりそうだ。

俺は、画面から目を離すことが出来なかった。
遥ちゃんは、ロリっぽい顔に小悪魔のような笑みを浮かべながら、美穂さんの乳首を舐め続ける。そして、空いている方の手でも、乳首を触ったり、美穂さんの口の中に指を突っ込んだりしている。

遥ちゃんの指を愛おしそうに舐める美穂さんの顔を見て、欲情が振り切れそうだ。
まさか二人が、こういう関係なんて、夢にも思わなかった。
レズなんて、本当にいるんだ、、、  そんな気持ちも持った。

画面の中では、もつれ合うように二人がベッドに倒れていく。
そこで動きがあった。
カメラが、二人を追うようにアングルを変えたのだ。

ビックリした。てっきり、固定カメラかと思っていたのに、撮影者がいる、、、

そうか、三久ちゃんか、、、 そう思って、三久ちゃんの方を見て驚いた。
亮さんが、美穂さんとキスをしていたからだ、、、
えっ!? 三久ちゃんは? と思ったが、すぐ横で三久ちゃんと遥ちゃんがキスをしている、、、

「こ、これって、、えっ? どう言う?」
俺は、あまりのことに、 あぁ、これは夢だ、、 と思った。

だけど、違うようだ、、、

4人とも、俺の質問には答えずに、ただキスを続ける。
一瞬、美穂さんとキスして羨ましいと思ったが、奧さんの三久ちゃんの前で、何やってるんだ?とも思った。

すると、濃厚なキスを続ける亮さんと美穂さんに対して、遥ちゃんと三久ちゃんがキスを止めて動いた。
二人は、慣れた手つきで、良いコンビネーションを見せながら、美穂さんと亮さんを裸にしていく。

裸にされる間中、ほとんどキスしっぱなしの美穂さんと亮さん。

裸になると、美穂さんの眩しくエロい裸体と、立派にそそり立ったチンポを剥き出しにした、亮さんの裸体に、目のやり場に困った。

亮さんも、なかなか立派なモノを持っていて、俺のとほぼ同じくらいあるように見える。

すると、遥ちゃんが
【やっぱ凄いねw 何回見ても、たまらなくなっちゃうよぉw】
と言いながら、パクッと口にくわえた。
マインさんみたいな可愛い顔が、目一杯口を大きく広げてくわえている姿は、脳がとろけそうなほど興奮する。

そして、三久ちゃんは亮さんの乳首を舐め始める。

ソファに座る亮さんを、美穂さんがキス、三久ちゃんが乳首舐め、そして、遥ちゃんがフェラをしている。

凄いパラダイスというか、ハーレム状態だ。

亮さんはソファに寝転がると、美穂さんがキスを止めて、三久ちゃんと乳首舐めをシェアした。

二人に、それぞれの乳首を舐められて、遥ちゃんの小さなお口でフェラをされる亮さん。

凄く気持ちよさそうだ。

そして、乳首を舐めていた二人が、その流れで自然にキスをした。
美穂さんと三久ちゃんがキスをする。この組み合わせでも、美穂さんは責められ側だ。
三久ちゃんに舌を差し込まれて、かき混ぜられている。

そしてハッと気がつき、テレビを見ると、この状態と同じになっていた。
ベッドに寝転がる亮さん。乳首を舐める三久ちゃん遥ちゃん。そしてフェラをする美穂さん。
微妙に今日とは組み合わせが違うが、ハーレム状態は同じだ。

”あぁっ! うぅ、クッふぁっ!”
美穂さんの色っぽい声に、4人に視線を戻すと、美穂さんがさっきの亮さんの位置に座り、責められていた。

乳首を舐める亮さんと三久ちゃん。
そして、アソコを舐めている遥ちゃん。

エロ過ぎて、AVの撮影現場にでも迷い込んだ気持ちになる。

【美穂さん、濡れすぎだよぉ〜 いつもより興奮してるねw そらくんいるからでしょ〜w】
クリを舐めながら、遥ちゃんがからかうように言う。

”ンッ!あぁっ! アン♡ あぁん♡ ヒッ、、あぁぁ、、ンッ!!”
清楚で美しい美穂さんが、顔を歪めてあえいでいる。

3人に同時に責められるなんて、どんな気持ちなんだろう?

亮さん&三久ちゃんコンビは、夫婦の息の合ったプレイで美穂さんを責め立てる。
遥ちゃんは、ロリっぽい顔と、ぺったんこの少女体型からは想像も付かないほど巧みにクリを舐めている。
舌で転がす、、 唇で挟む、 甘噛みする、 そんな事を幼妻がするのは、息苦しくなるほど興奮する。

”ダメぇ、 もう交代、、 あっ! イ、イッちゃうから、、 ダメぇ、、 イヤァァ、、”
3人に責められて、すでに限界が近いような感じだ。

美穂さんがそんな風に叫んでも、3人は思い思いに舐め続け、
”ヒィあぁっ! ンッ!! ンンあっ!!! イ、イクっ!!イクっ!!”
と、美穂さんは果てた、、

必死で声を抑えながらだったようだが、とろけきった顔でガクガクッと体を震わせる美穂さんは、エロくて美しかった。

【あぁ〜あw もうイっちゃったw つまんないなぁ〜】
遥ちゃんが、オモチャを取り上げられた子供みたいな感じで言う。

すると、三久ちゃんが亮さんにまたがる。
三久ちゃんはいつの間にかホットパンツを脱いで、ショーツだけになっていた。
そして、一気に亮ちゃんの大きなチンポを膣内に収めた。
『おぉぁっっ!! お、ほぁぁっ! ク、ヒィ、、』
背中をのけ反らして、大きくあえぐ三久ちゃん。
三久ちゃんは、ショーツを穿いたままなのに、どうやって?と思ったが、三久ちゃんが腰を上下に動かし始めてすぐわかった。
三久ちゃんは、穴あきのショーツを穿いているようだ。

グッタリする美穂さんの横で、腰をガンガン振り始めた三久ちゃん。
【ずるい〜〜! 三久ちゃんはいつでも出来るのにぃッ!!】
頬をぷぅーっと膨らませながら、遥ちゃんがすねる。

三久ちゃんは、そんな声は聞こえませんとでも言うように、腰を振り続ける。
『おぉぁっ! 奥ッ! 凄いっ!! あっ! あんっ♡ あっんっ♡ ヒィぎぃぁっ!!』
スポーツ好きで活発な三久ちゃんらしく、腰の振りが半端ない。
バチンバチンと音を響かせながら、腰を振り続ける。

そして、グッタリしていた美穂さんが、亮さんにキスをする。
奧さんとセックスをしながら、目の前で他の女とキスをする亮さん。
唖然としていると、いきなりチンポをズボンの上から掴まれた。 

【へへw やっぱり、凄いねw 亮さんくらいありそうw】
遥ちゃんが、可愛らしい少女のような顔に、淫乱な笑みを浮かべて言う。

「だ、だめだって、、」
俺は、拒否りながらも強く抵抗出来ない。

可愛い小さな手が、俺のチンポをさする。

遥ちゃんは、ニコッと笑うと、俺のズボンを脱がせにかかった。
俺は、口ではダメと言いながら、腰を浮かせて脱ぎやすくしてしまった、、、

【うわぁ〜〜っ!! すっご〜〜イッ!! ねぇねぇっ!! そらくんの、里香ちゃんに聞いてたより凄いよっ!!】
遥ちゃんが、嬉しそうにハイテンションで言う。

『ホントだ! ねぇ、あなたのより大っきいんじゃないのぉ?』
三久ちゃんが、亮さんにからかうように言う。
「確かに、ヤバいねw」
三久ちゃんとつながったまま、亮さんも笑いながら言う。

”すごい、、、”
美穂さんが、控えめにつぶやく。

【ほらほら! 美穂さんもこっちおいでよ!!】
遥ちゃんが、俺のチンポを指で弄びながら言う。

美穂さんは、そっと俺に近づいてきた。美穂さんの目は、俺のチンポに釘付けだ。

それにしてもエロい、、
こぼれ落ちそうな大きな胸に、デカい乳輪とデカい乳首。
清楚でおとなしい美穂さんの体とは思えない。
少し野暮ったくも見える文学少女的な眼鏡の奥に、発情した目がキラキラ光っている。

【ほらほら、美穂さんお気に入りの、そらくんのおちんちんだよw】
遥ちゃんが少しイジワルっぽく言う。

”ちょっ、 恥ずかしいよぉ、、”
美穂さんが、耳を真っ赤にしながら恥ずかしがる。
え? 俺がお気に入り? ホントかな? でも、凄く嬉しくなった、、

【じゃあ、お先にいただきま〜すw】
遥ちゃんが、そう言いながら俺のチンポをくわえようとした。
"だめぇーー! わ、私が先にする!”
そう言って、美穂さんが俺のチンポをくわえてくれた。

この興奮は、今までで最高だったと思う。
美穂さんは、いきなりクライマックスで、頭を振り、舌で舐め、喉まで吸い込む、、、
気持ち良くてたまらない、、、

【ホント、そらくんのこと好きなんだねw】
遥ちゃんが言う。
ドキッとした。
確かに、嫁と一緒にいるときに、たまに美穂さんと会うと、やたらと目が合う気がしていた。

そんな事を思っていたら、いきなり遥ちゃんにキスをされた。
ビックリした。
今までキスした中で、一番上手だった。
可愛いロリっぽい姿の中に、淫乱な痴女がいる、、、

すると、
”だ、だめっ、、”
美穂さんが、遥ちゃんを押しのけてキスをしてきた。

さっき美穂さんがキスをしたのは何度も見た。でも、美穂さんは全部受け身だった。
しかし今は、美穂さんがでたらめに俺の口の中をかき回している、、、

情熱的に俺にキスをする美穂さん。俺も夢中で舌を絡める。
すると、いきなりヌルンと熱いものが俺のチンポを包む。
遥ちゃんが、ミニスカートのまま俺にまたがって挿入した、、、
遥ちゃんも、三久ちゃんと同じように穴あきショーツのようだ。
さっきチラチラとパンチラを見ていたが、穴あきとは気がつかなかった。

それにしても、ヤバい、、 キツくて熱くて、入れただけでイキそうだ、、、
【ン゛んっあ゛っ!! お、フゥ、、 だめ、、これ、、や、ばいぃ、、、 奥ッ! 奥ぅっ! お゛ぐぅ゛っ゛!!! あたってぇっぁっくぅあっ!!!】
遥ちゃんは、半分白目をむいた感じでガクガクッと痙攣する。

『あなたのより、凄いんじゃない?』
三久ちゃんの声がする。
見ると、三久ちゃんは亮さんの上で腰を振りながら、挑発的なことを言う。
「あぁ、負けたねw オマエもしてもらえよw」
『もちろんw 後でたっぷりねw』
夫婦でこんな会話をする二人。理解不能だ、、、

美穂さんにキスをされながら、遥ちゃんのロリキツマンを味わっている俺は、里香を裏切ったことなど忘れていたかもしれない、、、

【イギッ!! イぎぃんっ!! おぉおおおあオアおぉお゛お゛お゛お゛っっ!!! イ゛ぃぐぅっ゛!!! 】
遥ちゃんは、高速で腰を振りながら、絶叫して果てた、、、
かろうじて中出しは回避出来たが、相当ヤバかった、、、

幼い見た目とはいえ遥ちゃんは人妻だ。 危ないところだった、、、

”変わって、、下さい、、、”
美穂さんが、控えめに言いながら、遥ちゃんと入れ替わる。
遥ちゃんは、グッタリと床に倒れ込んだ。
すると、ミニスカートがまくれ上がり、穴あきショーツが丸見えになった。
そして、穴あきショーツからのぞくロリマンは、まったく毛がなくツルツルで、余計に未成年に見えて、犯罪臭がする、、

美穂さんは、恥ずかしそうな顔をしながら、俺にまたがってきた。
そして、遥ちゃんと同じように生で挿入してしまった、、、

俺は、お気に入りの美穂さんとつながることが出来て、テンションがMAXになった。
キツキツの遥ちゃんとは違って、絡みつくような感じがする。
”あっ、、 凄い、、 あぁ、、 んっ、、 ひぃあ、あ、”
美穂さんが、遥ちゃんとは違って控えめにあえぐ。
だけど、顔は相当ヤバい感じで、口なんかはだらしなく半開きになっている、、、

美穂さんのこんな顔を見ると、冷静さがかけらもなくなる、、、

すると、美穂さんが腰を振りながら、キスをしてきた。
遥ちゃんもそうだが、美穂さんもやたらと騎乗位が上手い、、、
いつも、こんな事をしているのだろうか?

腰をこすりつけるようにして動かす美穂さん。さっきからもうイキそうだったので、もう限界だ、、

「ダメ、美穂さん、出ちゃいます、、出ちゃいますって!!」
俺が切羽詰まった声で言っても、まったく無視で腰を振り続ける美穂さん。
それどころか、さらにキスをして舌を絡めてくる。

腰を振り続ける美穂さん。 いつの間にか俺の後ろに回った遥ちゃんが、後ろから俺の両乳首を触る。
もう、限界だった。

キスで口をふさがれて、声も出せない状況だったが、思い切り射精してしまった、、、
美穂さんの中に、たっぷりと中出しをしながら、ふと画面を見ると、4人で乱交みたいになっているのを、色々なアングルで角度を変えながら撮影している、、、

もう一人いる、、、 亮さん、三久ちゃん、美穂さん、遥ちゃんの他に、もう一人いる、、、

どう考えても、、、、  里香だよね、、、  イって少しだけ冷静になった俺が、恐ろしい事実に気がついてしまった、、、

『やっと気がついたみたいだよw いいよ、おいでぇ〜〜』
三久さんが、亮さんにつながったまま言う。

すると、ドアが開いて、里香が入って来た、、、

《ビックリした?》
里香が、ちょっと不安そうな顔で入って来た、、、
俺は、生で美穂さんにつながったままだし、遥ちゃんはまだ俺の乳首をまさぐってるしで、メチャメチャ焦った、、

「ど、どう、、な、、 ゴメン、、、」
もう、何を言っていいかわからない、、

《うぅん、、、 私こそ、、、  ねぇ、、 口で言うより、、、見てもらった方が良いから、、、 見てて、、》
思い詰めたような顔で里香が言う。

異常なシチュエーションと、自分の置かれている状況にテンパっていて気がつかなかったが、里香は透けたビスチェを着ているだけだ。
胸もうっすらと見えてるし、乳首のポチッとした突起もほぼ丸見えだ。
ショーツこそはいているものの、これからなにをするのかわかってしまうような格好だ。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード