萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

オナニー

バイト中に集団で

先日、バイト先で痴漢されてしまいました。
バイトはスーパーや酒屋などで試飲を勧めたり宣伝する仕事です。

 その日はお酒のディスカウントストアで試飲を勧めていました。
お昼の人が少なくなったときに野球のユニホームを着た人たちが
最初5人くらいお店に入ってきました。私の方に来たので
「良かったら、どうぞ」と勧めました。

最初は感想を聞いたりしていましたがだんだん「彼女かわいいねー」
「これから一緒に飲まない?」とか言ってきて、気がつくとその人たち
に囲まれる感じになっていました。
少し怖かったのですが仕事なので愛想良く調子を合わせていました。

そのとき一人が「おっぱい大きいねー」と言いました。
全員の視線が私の胸に集まり「おっ、ホントだ」「揉みてー」
「なにカップ?」など興奮気味に近づいて手や、顔を胸に近づけ
て来ました。

私は飲み物の入ったお盆を持っているのであまり動けないでいると、
ついに近づいた手が私の胸の乳首のあたりをそっと撫でました。
その時、逃げ出していれば良かったのですが、もともと私はMっ気
があって男の人に囲まれた時からに少し変な気持ちなのもあって
つい「あんっ」といやらしい反応をしてしまいました。
その反応を見て一斉に手が私の体を触り始めました。

お店の人はお昼休憩に出ていてレジに一人いるだけで、棚の陰になる
こちらの様子はわからないようでした。私も派遣のバイトなので
お店で問題が起きるのは嫌だったので小さな声で「やめて下さい」
と言いましたが興奮した男たちは止めてくれずじっと我慢するしか
ありませんでした。
私が動けないのをいいことに男たちは容赦なく胸やおしり、おまんこを触り
「柔らけー」「気持ちいいー」「乳首見つけた」
などいやらしい言葉をかけられ、私はだんだん感じてしまい飲み物を
こぼさない様にモジモジしていました。

そのとき後ろの一人がしゃがんでおしりに顔をうずめてきて、
「はぁぁんっ」と声が出てしまいました。その反応に彼らはまた興奮
したようで、さらにエスカレートしブラウスのボタンを外し直接、胸を
触りだし、乳首をつまんだり、引っ張ったりたりされながら
「彼女スケベだねー」「感じてるの?」と言われ、怖いのにすごく
興奮し濡れてくるのがわかりました。

そしてついにしゃがんでいた人がズボンのボタンを外し、
ズボンとパンツをゆっくりと下げはじめました。
その間も私の敏感なところを刺激するたくさんの手に感じて
しまいもう抵抗がすることができませんでした。
ゆっくりとズボンとパンツが下げられて、少し出たおなか、大きな
おしり、黒々と生えた陰毛、男たちの視線に晒されていきます。
きっと、おまんこからはいやらしい汁が糸を引いていたのを見られた
と思います。

私はいつの間にかお盆も持ってなくて彼らに支えられて、
ズボンとパンツは足首までさげられ、シャツとブラも胸の上まで
ずらされてほとんど裸の状態にされてしまいました。そして
「おまんこ見てー」の声で片足からズボンとパンツを外され、
片足を抱えられ大きく広げられ、濡れたおまんこを見られてしまいました。
「すっげー、クリ勃ってる」
「びちゃびちゃだね」
「ケツの穴まで見えてるよ」
と私の体をすべて見られながら愛撫する手にともう声が止められなく
なってしまいました。一人にキスで口を塞がれて二人で片方づつ乳首を舐め
られ、クリを擦られながらおまんことおしりの穴まで指を入れられ、
こんなに一度に感じさせられたことは初めてだったので私はあっと
いう間に逝かされてしまいました。

気がつくと後から来たのか、同じユニホームの人たちが回りにいて
かわるがわる手をのばしたり、いやらしいお汁を垂らして感じている
私を携帯で撮っていました。
そのとき休憩の終わったお店のひとが帰ってきたので彼らは慌てて私の服を戻し
「ごめんね」
「ありがとね」
「またね?」
と口々に言いながら、商品を買って帰って行きました。彼らはたくさん買って
行ったようでお店にの人に「接客が上手だね」とても喜ばれました。

最後まではされなくて良かったと思いますが、あの日の快感が忘れられず
バイトの日にはノーブラで行き、乳首が擦れるたびに密かに興奮しています。
とくに男の人たちに接客するときは、あのままおちんちん咥えさせられたり、
おまんこやおしりに入れられ精子をかけられる想像をしてしまいます。

あと、あの写真でいつか脅されると考えると仕事中でもオナニーを
我慢できないくらし濡らしてしまいます。

長々とすいませんでした。

千裕先輩 2

まず、人物の紹介をします。
俺はやすゆき。大学2年生。
陽子:俺の彼女。同い年。同じ高校で高3のときに付き合った。短大生。
裕樹:俺と同じ高校でめちゃ仲が良くて、しょっちゅう一緒に遊んでいる。
   現在は大学生で俺とは別の大学に通う。
千裕先輩:1つ上で俺と同じ大学に通う。いつも千裕さんと呼んでいる。
     同じ高校で、同じ剣道部に所属していて特別かわいい訳ではないが
     部活のヒロインで憧れていた。裕樹の彼女。

沖縄から帰った次の日、俺は千裕さんの家に呼ばれた。
裕樹や陽子には内緒だという。
俺は千裕さんが警察に言うのでは?という不安な気持ちと、千裕さんが俺と
付き合ってくれるのかな?という気持ちが交じり合って、千裕さんの家に向かう足取りも
微妙な重さだった。

千裕さんの裸を見たことや、俺のチンポを千裕さんの性器に挿入してからは、ずっと
千裕さんのことしか頭になく、付き合ってくれるのならすぐにでも陽子と別れる
覚悟はできていた。

そして、千裕さんの家に着くと、ものすごく深刻そうな暗い表情の千裕さんが待っていた。
部屋に案内され、座布団に腰を下ろした。家には誰もいないようだ。
腰掛けてからチラチラと初めて見る千裕さんの部屋を見回した。
うん、女の子らしく、綺麗に整理された部屋だった。

千裕さんは俺の正面に座ったが、無言のまま俯いている。
今にも泣きそうな顔をしている。

あまりにも無言の時間が長く、とても話しにくそうだったので、俺から問いかけてみた。

「呼び出したりしてどうしたの?」
「・・・・・」

とても話しにくそうだ。

そのまま無言の時間が続く。。。。

10分くらい無言状態が続いたであろうか。ついに千裕さんの口が開いた。

「あの・・・・」
「ん?」
「その・・・・」
「どうしたの?言いにくそうだけど、せっかく呼んでくれたのだから
言いたいこと話していいよ」

「うん・・その・・・・・・・が痛いの・・・」
肝心なところが聞き取れず
「え?」
と聞き返した。
「その・・・あそこが痛いの・・・」
「え?あそこってもしかして?」
「うん・・・
 病院に行こうと思ったんだけど、そこで乱暴されたってことがわかると嫌だし、
 警察に通報されても嫌だし・・・親にも言えるわけなく・・もちろん裕樹にも・・」
少し間を開けて
「こんなこと相談できるの・・・やすゆき君だけだから・・・」

それはそうであろう。乱暴されたことを知られるのが嫌なら相談できるのは
俺だけであろう。ま、俺も乱暴した一人なんだろうけど・・・

「痛むってどんな痛みなの?」
「う?ん・・・なんか切れたような痛みかな・・鏡で見たんだけど・・よく見えなくて・・」

「そっか?・・。で、俺はどうすればいい?」
何をすればいいのかわからないので聞いてみると、とんでもない答えが返ってきた。

「その・・・見てほしいの・・・・」
・・・!!!まじかよ!!!!!・・・・
相談に来てるのだが、再び千裕さんの性器を見れるのかと思うと俺のチンポがどんどん
固くなってきた。
でも紳士っぽく振舞わないといけない。ものすごいチャンスだ。

「うん、それはいいよ。怪我してたら大変だしね」
「本当にこんなことで呼び出してごめん。でもやすゆき君しか・・・」
千裕さんの目からは涙が流れていた。

千裕さんは憧れの人だから大事にしてあげたいけど、どうせ俺と付き合って
くれないなら・・・という気持ちが強く出てきて、悪魔のように変化してきた。

「じゃ、そこ座って?」
と千裕さんをベッドに座らせた。
そして俺は千裕さんの正面の床に座った。
ちょうど目の前の高さが千裕さんの腰の位置だった。

千裕さんは恥ずかしそうにゆっくりとロングスカートを捲った。
そして露わになった千裕さんの純白パンツ。
千裕さんのパンツを見るだけでも物凄く満足だった。

そして千裕さんは「恥ずかしい・・」と呟きながらパンツの股間の部分を横にずらした。
うん、こんなんじゃ何も見えない。

「見えないから膝立てて」
と、千裕さんの両脚を掴んでM字開脚させた。
「恥ずかしい・・」
そういって俯いて恥ずかしさに耐える。
物凄くエロい格好だ。

「見えないからもうちょっと捲るよ?」
そう言って千裕さんのパンツをグイッと横に引っ張った。

露わになった千裕さんの性器。
・・・すご・・・千裕さんの性器だ・・・・
完全に閉じきった縦スジだけであったが物凄く興奮した。
このままオナニーして射精したい気分だった。

「どう・?」
そう聞かれ、ひたすら千裕さんの性器に釘付けだった俺は
「う??ん・・・ちょっと見難いなぁ?・・・。パンツ下ろすね?」
そう言って千裕さんのパンツの腰の部分に手をかけた。

「え??・・・下ろさないと・・駄目?・・・」
「うん、ちょっと見難いから、恥ずかしいかもしんないけど我慢して」
そう言って千裕さんのパンツをススーっと下ろした。
そして脚から抜き取った。

・・・すごい!!!千裕さんのパンツを脱がした!!・・・
興奮度は最高潮に達した。
このまま千裕さんを犯したかった。
それでも我慢して紳士を気取った。

再び千裕さんの性器に釘付けになった。
ひたすら見続けた。
でも、千裕さんが俺を見てるのでは?となかなか集中できないので
「見難いから横になってくれる?」
そう言って千裕さんをゆっくり寝かせた。
そして90度回転させ、ベッドに寝かせた。
俺もベッドの足元に上がり、
「ちょっと広げるね」
そう言って閉じ合わさった脚を再び手で押し開いた。
これでもかというくらい押し開いた。

さすがに恥ずかしく、千裕さんは自分の手で顔を隠した。
・・・よし、これで視線を感じることなく・・・・

俺は千裕さんの性器に顔を近づけた。
目の前20cmくらいのところに千裕さんの性器が・・・
心の中では「千裕さんの性器を間近で見てるぞ!裕樹ざまあみろ!」なんて
今までになかった気持ちも出てきた。
ひたすら千裕さんの性器に酔いしれる。

・・・最高だ。千裕さんの性器がこんなに近く・・・

「ちょっと触るよ?」
俺は千裕さんの性器に手を近づけ、指で触れてみる。
ピクッと千裕さんが動いたが尚も恥ずかしさに耐えている。

傷を見てる素振りで千裕さんの性器を触りまくる。
時折ピクンと動くが気にせずに触る。

恥ずかしさに耐え切れなくなった千裕さんは
「・・どう?何かなってる?」
と聞いてくる。
「う??ん・・・わかんないなぁ?・・・中かな??」
と言って割れ目をグイッと指で押し開く。
小さな声で「ィャッ・・」と言って顔を隠す千裕さん。

・・・すげぇ・・千裕さんのおまんこ・・・・
もう、感激だった。
すぐにでも挿入したい気分だった。
俺のチンポは爆発寸前で、もし入れたとしても5分としてもつ自信がなかった。

指でグニグニして弄っていると赤くなってる部分を発見した。
・・・これか!赤くなってて少し炎症おこしてるだけじゃん・・・
たいしたことないことがわかると安心して弄ることができた。
原因がわかるともう終わる気がしたので、まだわからないフリをして弄り続けた。
そして・・
「ここちょっと赤いかな?ここ痛む?」
とクリトリスをグイッと押した。
その瞬間激しくビクンッとした。
「ん・・ううん平気」と快感を押し殺したような声で返事してきた。

「そっかぁ?・・・ここちょっと赤いんだけどなぁ・・・何ともないんだよねぇ・・」
そう言いながら指でクリトリスを撫で続ける。

時折クゥッ・・・とかアッ・・とか声が漏れる。
これは感じてるのかな?と思いながら顔の方を見ると、さっきまで手で顔を隠してた
のが、シャツの袖を思いっきり噛んで声を殺してるではないか。
・・・やっぱりここ気持ちいいんだ・・・
そして少しスピードを早くしてクリトリスを指で弄る。

「アァンッ!!」と声が漏れる。
「も、もういいでしょ?」と聞かれ
「ん??、ちょっと待って。まだわかんないから。ここ赤いんだけどなぁ?」
そう言いながらクリトリスを弄り続ける。
そしてクリトリスを弄りながらもう片方の手の指で千裕さんの性器を押し開く。

「やぁあああぁぁぁぁ!!!だめぇええぇぇぇ!!!!」

大きな声を出して自分の手で思いっきり顔を隠した。
突然の声にびっくりしたが、再び千裕さんの性器に目を戻すと・・・
指で押し開いた性器から愛液がダラ?ンと垂れてきた。

・・・千裕さん・・・感じてるんだ・・・

俺は猛烈に興奮して、チンポに触らなくても射精してしまうのでは?という感じだった。

「ご・・ごめん・・・せっかく見てもらってるのに・・」
謝ってくるちひろさん。可愛いすぎる。。。。。

「ん?いいよ?  ここ赤くなってるかな?」
と、まだ傷を探してるフリをして、割れ目の入り口の辺りを弄る。

「クッ・・・ンッ・・・・」と声がだいぶ漏れてくる。

・・・もう何をしても拒否されないのでは?・・・・
そう思った俺は千裕さんの愛液をローション代わりにたっぷりと指に付け、
割れ目の入り口をなぞった。
何回も何回も上下になぞった。
もうこれは愛撫だろという触り方になっていた。

そしてもう片方の手の指にもたっぷりと愛液を付け、クリトリスを弄り始めた。

ビクンッ・・ビクンッ・・といながら「ンンーッ・・・アンッ・・」と声が漏れる。
そして愛液がドンドン溢れてくる。

クリトリスを弄りながら割れ目を弄ってると

「や・・やすゆき・・くん・・・も・・もういいから・・・」

そう言って辞めさせようとしてきた。

・・・ここで終わりたくない・・・

そう思った俺は
「ここんとこが赤くなってる」
赤くなってる部分をなぞりながら言うと
「病院行ったほうがいいかな・・・」
「ううん。平気だって!こんなの舐めておけば治るよ!」
そういって千裕さんの性器に口を付けた。

そのとたん両脚が閉じて俺の頭を挟んで、手で俺の頭を引き離そうとしてきた。
「だ、だめだってば・・・」

「大丈夫だって!舐めとけば治るって!俺を信じて!病院なんか嫌でしょ?」
そういって再び両脚を押し開く。
千裕さんは再び顔を隠して
「わ・・わかった・・。おねがい・・・」

・・・・キターーーーー!!!!・・・・

俺を信じてくれてる千裕さんには悪いが、もうここまでくると鬼畜心しかなかった。
ゆっくりと顔を近づけて・・・
ペロリ・・・
下から上に向かって一舐めした。

「アアンッ!!」

完全に感じてるのがわかった。
それでも声を出さないように袖を噛み締めている。

そして更に一舐め、二舐めと千裕さんの性器を舐め始めた。
俺の舌は千裕さんの愛液でべっとりだった。
そして5分くらい舐め続けた俺はクリトリスへと照準を合わせた。

クリトリスを一舐めすると
「んんッ!!」という声と同時に体がビクン!となった。
そして更にクリトリスを舐め続けると千裕さんの両脚が閉じて俺の顔を締め付けてきた。
その脚を再び押し開いて、押し開いたままクリトリスを舐め続けた。
千裕さんは「はぁ・・はぁ・・」とかなり息が荒くなってきている。

完全に感じてるなと思った俺は、左腕の肘で千裕さんの右脚を。そして左腕の手で
千裕さんの左脚を開いたまま固定し、右手の指で割れ目の入り口を弄った。

そしてクリトリスを舐めながら指を千裕さんの膣の中へ入れていった。

「アァァンッ!!」
隠し様のない喘ぎ声だった。

そして俺はクリトリスを舐めながら指を出し入れした。
出し入れする度にジュプッ、ジュプッと音がする。
千裕さんの息がどんどん荒くなってきたので、指の出し入れの速度も速めた。

舌先でクリトリスをチロチロっと舐めながら、時には唇で含んで吸い込みながら
クリトリスを舌先で愛撫する。
そして指は千裕さんの膣に出し入れとずっと続けてると
千裕さんが突然両手で俺の頭を掴んで

「だ・・だめ・・・。や・・やすゆききん・・。」
と言ってきたので、俺は舐めながら
「ん?」
と返事をすると
「・・だめ・・・イッチャいそう・・・」

・・・!!!!!!!!!・・・・
もう何とも言えないくらい興奮して

「うん。イッていいよ」
そう言って、更に激しく責めたてた。

「ああ??。  だめ!・・・・・・イクッ・・・・・・・・」

大きく身体をのけ反らせてビクンッ!ビクンッ!と痙攣した。

・・・俺の愛撫で千裕さんが絶頂に達した!・・・
物凄く感動的だった。
あの憧れだった千裕さんをイカせた。
俺の舌と指で絶頂に達したんだ。

そしてその感動とは裏腹に
・・・裕樹、ざまあみろ!お前の彼女をイカせたぞ!!・・・
と悪の心が浮かんでくる。

千裕さんはイッた後で「ハァハァ」と息をしながら放心状態だ。
そしてイッた後の千裕さんの性器を見ていると、もう我慢できなくなって、
もうどうなってもいいや!という気持ちになって俺はズボンとパンツを脱いだ。

そして、チンポの先を割れ目に当てがった。
ちらっと千裕さんを見るが、千裕さんは顔を隠したままだ。
この状況を気づいてないはずがない。
ズボンとパンツを脱いだことも音でわかるはずだし、何よりも割れ目に俺のチンポの
先が当たってるんだぞ?
裕樹ではなく、俺のチンポが今にも入ろうとしてるんだぞ?
それでも拒否しないということは入れても良いってことなのか?
全く抵抗する気もないようなので、俺は先っぽを少し入れてみた。
うん。拒否しない。
俺はゆっくりと奥まで挿入した。
「アアンッ!」
千裕さんの喘ぎ声。
俺は嬉しくなって腰を前後に振り始めた。
突く度に
「アンッ。アンッ。」と声が漏れる。

まだ入れてから1分もしないうちにイキそうになり、俺は一旦腰を止めた。
そして千裕さんの性器を見ながらゆっくりとチンポを出し入れする。
千裕さんの性器に俺のチンポが入っていくところと、千裕さんの性器から俺の
チンポが出てくるところ見ているとたちまち射精感が上がってきた。

・・・駄目だ・・もう我慢できない・・・

そこで俺の口から出た言葉は

「千裕さん・・今日って・・生理前?・・・」
そうボソッと言うと無言で
コクン・・と頷く千裕さん。
それを聞いた俺は猛スピードで腰を前後に振り始めた。
思いっきりガンッガンッと突く度に「アンッ!アンッ!」と声を出す千裕さん。
そして1分も経たないうちに
「もう駄目!千裕さん!出る!出る??!!ああっ!!」
腰を突き出した状態で千裕さんの膣内にドクン、ドクンと射精した。

わずか3日で2回も千裕さんの膣内に射精したのだ。

射精後の余韻に浸ってると、心の裏では
・・・裕樹!見たか!お前の女の膣内に俺のザーメンを放出したぞ!!・・・
悪魔の心が出てきた。

そして俺のチンポをゆっくり抜き取ると、千裕さんの性器から俺の精液が
ダラ????と大量に垂れ流れてきた。
感動だった。

結局病院へ行くことはなかった。
それ以来、俺は千裕さんのことが離れなくなり、陽子ともうまくいかず、
俺と陽子は夏休みが終わる頃別れた。
もう千裕さんしか見えなかった。
しかし、千裕さんは裕樹と別れることはなく、夏休みが終わってもまだ付き合ってる
ようだ。
運のいいことに俺と千裕さんは同じ大学で、裕樹は別の大学。
そして俺は陽子と別れて恐いものはなくなった。

その状況が俺を鬼畜へと変えることとなった。

たくさんの続編希望ありがとうございました。
そしてここまで読んで頂いた方、ありがとうございました。

中二の時の変わった四人組の話


中二の時の話。中間試験が迫る中、学校で女子三人と話していた。
四人ともペットにハムスターを飼っており、共通の話題だった。

さゆり「新しくサファイアブルーの子が来たんだ」
ゆかり「ねぇ、今度さゆりんちに見に行ってもいい?」
かおり「いいね、四人で集まろうよ!」

試験最終日の前日、午前中に試験が終わるので、
帰りにさゆりの家に寄ることになった。
当日、試験の出来の話をしつつさゆりの家に向かった。

人物紹介
さゆり:140cm強、太くもなく細くもなく。吹奏楽部。
    落ち着いていて、恥ずかしがり屋。
ゆかり:160cm弱、出るとこ出てきて、女性らしい体形に。バスケ部。
    活発で明るく、積極的。
かおり:150cm弱、胸が大きく、体操服姿は悶絶もの。バスケ部。
    中学卒業後はいわゆるギャルに。
俺(佐藤):150cm弱、いたって普通、特筆事項なし。生徒会。

さゆりの家に向かう道、傍から見れば変わった四人組だったろう。
ゆかりとかおりはバスケ部つながりだが、
タイプの違う女子の組み合わせ、男も混ざっており、
一緒に帰っている姿など、何つながりか同級生からは想像できなかったのでは。

さゆりの家に着くと真っ先にハムスターを見に行った。
10匹近く飼っていたんじゃないだろうか。
昼ということもあり、ハム達は寝ていた。
人の気配に気づき、のそのそと動くハムもいたが、
少し遊ぶとすぐに引っこんでしまった。

ハムのストレスになるので、仕方なしにさゆりの部屋に移動した。
はじめはハムの話をしていたが、そのうち試験の話になった。
全員、成績は悪くなく、さゆりや俺は学校の試験程度は、
大した勉強などしなくともいい成績をおさめていた。
翌日の試験最終日の科目は数学と保健体育だった。

数学の勉強をある程度した頃、ゆかりが言った。
ゆかり「明日、保体もあるじゃん、そっちもやんないと」
保健の試験範囲は、性。
数学に問題を感じなかったのと、保健を勉強していないのとで、
俺も保健の勉強をすることにした。
といっても、教科書をひたすら読むくらいしかない。
このとき、かおりが放った一言が良くなかった。
いや、俺としては良かったような。

かおり「ぼっき?」

不意に聞こえたそんな単語に、なぜか股間が反応した。
急にみんなが口を開き、何言ってんのw、みたいなことに。
わけもわからず盛り上がっていると、勃起していた。
その時は考えないようにしていたのか覚えていないが、
今考えれば、女の子の部屋で、制服を着た女子と、
保健の勉強をするなど、興奮材料は揃いに揃っていた。

部屋には女の子の匂い、
暑さで上着は脱いでおり、ブラが透けて、
スカートからは太ももがのぞき、
体勢によってはパンツまで見えそうなスカート丈。
今まで反応していなかったほうが不思議だ。

かおりが言う、佐藤も勃起するんでしょ?
//---休憩

俺「は!?そらぁ、する時もあるよ」
かおり「まぢでやっぱそーなんだ」
ゆかり「佐藤も男じゃんねーw」
俺「うっさいなー、しかたないだろ」
かおり「すぐたつの?」
俺「しらねーよ、時間なんかわかるかよ」
かおり「そんな一瞬なんだw」
俺「ちげーよw」
かおり「いつでもたつの?」
俺「さぁ、そんなんわかんねぇ」
かおり「え、じゃあ今やってみてよ!w」
俺「え?」

すでに勃起状態の俺にその提案はよくない。

俺「やだよ、なんで見せるんだよw」
かおり「教科書より視覚的に覚えられるじゃんw」
ゆかり「やだー、なに言ってんのw」
ちょっと前かがみになり、顔を近づけながら、
かおり「ねぇ、みせてよ!」
視界に飛び込むかおりの谷間が強烈。
俺「じゃーかおりも見せんのか?w」
ゆかり「佐藤えろい!」
俺「お前たちもやってることは一緒だろw」
かおり「ねー、もうたってるんじゃないの?w」
俺「何言ってんだよw」

かおりが、俺が股間を隠すために置いていた教科書を取り上げる。

かおり「え、これ…たってるの?」
俺「ふざけんなよ!わかったよ、もうたってるよ」
かおり「ねー、ほら、さゆりもみなよ!w」
さゆりは、顔を真っ赤にしてうつむいている。
さゆり「やだ、恥ずかしい!」
ゆかり「ねぇ、私も見ていい?」
かおり「ほらー、佐藤みせてよ!w」
俺「俺は見せないからな!」
かおり「じゃー私がみせるよ!したら佐藤もだからね!」

え、見せてくれるの?

かおりは上のボタンをはずし、ブラに隠された胸を出す。
おっきいでしょー、などと言いながら胸をゆする。
そんな光景を見せられたら、オナニー覚えたての俺は、
すぐにでもシコり始めたいと思い始める。
さらにかおりはスカートをまくりあげ、パンツを見せてきた。
そしてそのまま躊躇することなく、俺の前でパンツを脱ぎ、
毛の生えそろった秘部を見せてきた。
教科書の絵からは考えられない実物、
俺は食い入るように見ようとするが、
かおり「はい見せたー!佐藤も脱ぐ!」
俺「待って、胸もみせてよ」

興奮していて咄嗟に胸も見せろと要求した。

かおり、ゆかり「やだー、えっちーw」
ここまでしておいて、えっちも何もないと思ったが、
かおりも言葉とは裏腹にブラをとった。
お椀ほどもある胸が開いたシャツから飛び出している。

初めて見る女性の胸と陰部に衝撃を受けながら、俺は自発的に服を脱ぎ始めた。
隆起したトランクス一枚になる。
かおりとゆかりがまじまじと見ている。
それだけでなく、さゆりも手で顔を隠しながら、見ている。
脱ぐよ、と一声かけトランクスを下ろした。
まだ毛がちょぼちょぼとしか生えていない股間から、
さほど大きくない陰茎が天井を向いていた。

かおり「うっわ、すごい」
ゆかり「こんなおっきいの?」
さゆり「・・・」

俺「いや、小さいほうだと思うよ」
事実、成長を遂げた今も、誇れるほどのサイズはない。
ぎりぎり標準くらいではないだろうか。
先端からはガマン汁が垂れ始めている。

かおり「毛はまだあんま生えてないんだ」
ゆかり「え、これってあれ?」
俺「なに?どれがなに?」
ゆかり「その、…精子?」
俺「いや、これは精子じゃなくて、なんだろう」

クラスの女子三人に見つめられながら、
心音に合わせてチンコがピクピクと脈打つ。

かおり「なんか動いてるwうけんだけどww」
俺「ゆかりとかも見せてよ」
ゆかり「えー、まぁ佐藤の見ちゃったしなー」

そう言いながら、ゆかりは制服も下着も脱ぎ、
胸や下を隠しながらも裸になった。
かおりよりは少し胸が小さかったが、
毛がしっかり生えており、白い肌が印象に残った。

ゆかり「ちょっと見すぎ!」

さゆりはというと、目を丸くしながら体育座りしている。
さゆりも脱ぎなよ、と言われるも激しく拒み続けた。
なんとなく、さゆりには俺の局部を直視させていなかったが、
わざとらしく見せて、俺も見せたんだから、と言うと脱ぎ始めた。
シャツを脱ぎ、スカートを下ろすと、下着姿になったさゆりが…

そう、下着姿かと思ったのだが、下にはブルマをはいていた。
ブラはまだ必要ないんじゃないか?と思わせる大きさの胸で、
隣にいる二人とは明らかに成長の度合が違った。
皆がじっと見ているので、さゆりはしぶしぶ下着を脱いだ。
胸はやや膨らんでいる程度で、ブルマと一緒に脱いだ下着の下からは、
毛のまったく生えていない割れ目が見えた。

かおり「まだ生えてないんだ」
ゆかり「女の子にしては珍しい?」
俺「へー」

へー、と言いながら目の前の裸の女性三人をガン見する。

さゆり「恥ずかしい…」

俺の息子はよだれを垂らしながらピクピクと動いている。
もう我慢できない。
右手でチンコを握り、少し動かす。
ゆかりがそれに気づき、目線をそらしながら

ゆかり「何やってんのー!」
かおり「うわ、チョーえろいじゃんw」
さゆり「え?え、え?」
俺「このまんまじゃ帰れないし」

などとわけのわからないような理由で手を動かした。
さゆりは何をしているのか分かっていないようで、
教科書を指し、自慰だよ、というと聞いてきた。

さゆり「…射精するの?」
俺「しないとすっきりしないんだよ」
かおり「え、見てていいの?ってか見せて」
俺「ティッシュある?」

さゆりが枕もとからティッシュを一枚とる。

俺「二三枚あったほうがいいかな」
さゆり「…はい」

と言いながら、ティッシュを手渡しつつ、目線は自慰に。
裸の女子三人に見られながら、手を動かす。
三人の顔や体、下着、目線などを見ながらシコる。

俺「出そうかも」

普段と同じようにティッシュを広げ、掌に乗せる。
大体の着地予想の位置に手を持ってきて、

俺「出る」
かおり「ひゃっ!!」

三人とも間近で見ていたのが良かったのか、良くなかったのか。
我慢していたせいか、普段より興奮していたせいか、
いつもよりはるかに大量に、はるかに飛んだ。
俺の用意していたティッシュを越えて、
目の前で見ていたかおりの顔から胸にかけて射精してしまった。
あわててティッシュでチンコを押さえるもあとのまつり。
かおりの顔にべったりと精子がかかっている。

かおり「ちょっと!やだ!何すんのよ!!」
俺「ごめん!!こんなに飛ぶと思わなかった!」
さゆり「かおりちゃん大丈夫!?」
ゆかり「…すっごい」

かおりとさゆりがかおりの体の精子をふき取り、
かおりは服を全部脱いで、二人でお風呂に行った。

ゆかり「こんな風なんだ」
俺「う、うん。いつもはこんなに飛ばないんだけど」
ゆかり「まだ出るの?」
俺「たぶんまだ出ると思う」

あんな大射精をしたにも関わらず、
チンコは半勃起でムクムクと大きくなり始めていた。

ゆかり「触ってもいい?」
俺「ゆかりがしてくれんの?」
ゆかり「やってみたいかも」

と、手をのばして俺の息子に触れる。
初めてほかの人に、女の子に触れられて、チンコはあっと今に全快。

ゆかり「なんかすごいね」

ゆかりは正面から触っていたが、
俺がやっていたようにはシコることができなかった。
俺も人にしてもらうのは初めてなので、教えられなかった。

ゆかり「後ろに回ったらできるんじゃない?」

そう言って俺の背後に回り、俺を抱きかかえるようにして、
チンコを握り、同じようにシコシコと動かし始めた。

俺「あぁー、やべぇ、気持ちいい」
ゆかり「そうなの?こうでいいの?」

ゆかりの胸が俺の背中に密着し、尻のあたりには
ふわふわとしたゆかりの陰毛が触れる。
俺の顔の左から顔をのぞかせながら、ただシコる。

俺「もうイキそう」
ゆかり「さっきより全然早いよ」
俺「我慢できない」

あっという間。
射精の瞬間、ゆかりが俺のチンコの前に左手を出した。
その甲斐あって、さゆりの部屋を汚さずに済んだ。

ゆかり「わっわ、どうしよ!」

ゆかりは陰茎を握ったまま、ドクドクと左手に出し続けられる
精子に困惑しながら話しかけてきた。

俺「え、何、すげー気持ちいい」
ゆかり「そーじゃないよ!これどうしたらいいの?」

指の隙間から精液が今にもこぼれそう。
右手も添えるようにして、こぼさないようにしている、
俺を抱きかかえたまま。

俺「腕の間から抜けて、ティッシュ取ってくる」

と言ったとき、風呂から二人が戻ってきた。

かおり「やだ、なにしてんの!?w」
ゆかり「ち、ちがうの!」
俺「ティ、ティッシュ…」
さゆりがまたティッシュを数枚取り、ゆかりの手の下に置いた。
かおり「二人でえっちなことしてたんだー」
さゆり「ちがう、佐藤がまだ出るって言うから」
俺「俺かw」

その後ゆかりは風呂に行き、手を洗った。
俺もそのあと風呂を借りて、体を洗った。
俺がさゆりの部屋に戻ると、三人とも制服を着ていた。

かおり「もー終わり!」

しっかり保健の勉強をしたということで、その日はそれで解散した。
翌日の試験は数学保体の両科目、四人とも文句なしの好成績だった。
//---end

読みにくかったらすみません。
読んでくれた人、支援してくれた人、ありがとう。
この後の出来事はまた時間とやる気次第で書きます。
それでは悶々とした夜をお過ごしください。

自分で決めた道?知り合って間もない男性と

私は、知人経由で知り合ったとある男性とHをしてみることにしました。
あわよくば処女を捧げる、とうのは怖くてとても不安でしたが、
度重なる自慰で開発されてしまっていたあそこの疼きは、
私の初めての冒険に歯止めを掛けることができませんでした。

男性は36歳という年齢よりは若く見えます。
ハンサムで背も私よりは高くて、会ったときは清潔そうな服装だったので少し安心しました。
ちなみに私は21です。

彼の車のそばまで行くと、彼は優しい声で、しかしいやらしい目付きで囁きました。
「かわいい子だな。タイプだよ」
私は嬉しいのと、ちょっと気持ち悪いなあという気持ちの間で戸惑いました。
私は全然かわいくなんかないんですから。
「俺じゃ、いやかな? 優しくするよ」
そう言われてもまだ不安は消えませんでした。生まれて初めて男に犯されようとしているのですから。
これは人生の大きな分岐点のような気がしました。
「大丈夫だから。さあ、乗って」
彼はなるべく優しく促してきました。その物腰だけは柔らかかったのですが、
「乗って」と言ったときにギュっと私の尻を掴んだ手だけが乱暴でした。
私はびっくりして、でもなぜか嬉しくなってしまって、「はい」と言ってしまいました。
そしてそのまま彼の車でホテルに連れていかれました。

今から、いよいよ自分はこの男性に犯されるのだ、この人のモノが私に……
と思うと鼓動が速くなりました。私はもしかして期待しているのか? 
この人と合体することを望んでいるのか? この止まらないドキドキはYESの答えに他なりませんでした。

ホテルに着いて、シャワーを浴びて来いと言われてからも、緊張は収まりません。
丹念に体を洗っている間、なぜ私はこんなに入念に洗ってるんだろう、誰のために洗ってるんだろう、
と思って、なぜか体の中が熱くなりました。
切ない、甘いような熱が体を支配して、彼のことしか考えられなくなりました。
ためしにあそこに手を伸ばしてみると、その穴は待ってましたと言わんばかりにヒクつきました。
私は気づきました。ああ、私の体はちゃんと、もう彼のアソコを欲しているんだな、と。
結構レベルの高いラブホだったので、バスローブがありました。それを着てベッドで待っていると、
彼がお風呂から戻ってきました。彼はずんずんこっちへ歩いてきて、ベッドに乗ってきました。

彼が私に密着して、肩に手を回してきました。私は緊張で体をこわばらせていると、彼は
「緊張しないで。優しくするから。絶対に気持ちいいから」
と言いました。あまりのかっこよさに、私は彼に全てを許してしまいそうになりました。

彼は私の首にキスしました。そしてそのままバスローブの間から手を入れて、私の上半身をまさぐりました。
「あっ」
と声が出てしまって、私は恥ずかしくなりました。顔が紅潮していくのがわかりました。
彼は両手をいやらしく動かして、私の体じゅうを愛撫されてしまいました。
尻や太ももを触られると、気持ちよさと気持ち悪さの両方で、甘い声が出てしまいました。
「気持ちいいでしょ? 素直になったほうがもっといいよ」
彼には自信があるようでした。慣れている人だと割り切ろうと努力しました。
彼の指が、ついにあそこに伸びました。穴の周りのしわを、彼はつんつんとつつくように撫でました。
「あっ、あっ」
と喜びの声が漏れてしまいましたが、不安のあまり彼の手を制してしまいました。
「○○ちゃん、手が邪魔だよ? ここ、触ってほしいんでしょ?」
そうは言われても、知り合って間もない男性にあそこを触られるというのが怖かったのです。
「しょうがないね。じゃあ、その悪い手を縛んなきゃね」
彼は鞄から手錠を出してきて、私を後ろ手で拘束しました。四つんばいの恰好にされ、
膝と肩で体を支えることになりました。
「本当に怖くなったら、言うんだよ?」
これでもう、私は抵抗する手段を失いました。

動物のような恥ずかしい姿勢にしたまま、彼は私のあそこを執拗にいじりました。
こねくり回したり、舌でつついたり、指を差し込んだり……。私はそのたびに
「あっ、ああんっ」
と声を漏らしました。
「かわいい声を出すね、とってもいとおしいよ。」
愛液を塗りつけてあそこの中を愛撫され始めると、ますます私は喘ぎ声が
大きくなっていきました。
「あん! あはんっ!」
「いつもココで遊んでるんでしょ? 柔らかくなってる。なにか道具を入れてるの?」
「はい。。。」
会話の間も指の腹で撫でられます。
「ああ! すごいっ! いやっ! すごぃ……」
「すごいよ、○○ちゃんの穴、いい感じになってきた。チンポ入れたら気持ちよさそうだよ」
「ああん、そんなぁ……」
「中で感じるんだな。もうとろとろだよ。」
ひどいことを言われているのに、私は嬉しくてたまりませんでした。
いいように嬲られているというのに、幸せでいっぱいでした。

彼はあそこへの愛撫をやめると、手錠もはずしました。そして私の上体を起こさせ、ベッドに立ち上がりました。
「さあ、欲しかったチンポだよ。しゃぶってみな」
ローブをはだけさせた彼が私の前に仁王立ちになりました。天を向いた彼の
チンポを目の前に、私の脳は沸騰しました。
夢にまで見た本物のチンポ――それが今目の前にある。
長い間切望していたものが手の届くところにある。嬉しさで目がトロンとしていたはずです。
愛用の「愛の二重層」と同じくらいのサイズで、ああこれくらいなら受け入れられると
恥ずかしい算段もしてしまいました。
無機質でカラフルなアダルトグッズとは違い、血の通って暖かい、使い古されて黒ずんだそれは
私の性的対象の全てでした。
「ほら、口に入れてみな」
恐る恐る、口に含みました。アイスキャンディーを吸うように、唇を亀頭に沿って滑らせ、カリ首の所まで進みました。
パンパンに張った亀頭から男を感じさせていました。私に向けられた欲望がそこに詰まっていると思えて、
脳みそが麻痺したように幸福感に包まれました。
「いいぞ。いいぞ」
「んっ、んふっ、ふんっ」
「もっと奥まで銜えろ」
フェラがこんなに気持ちいいものだとは思いませんでした。自分の口が性器になって男に犯されているんですから、
本来ならば究極に最悪で屈辱的なことですが、この時の私にとっては快感としか思えません。
自分は本当に淫乱で変態だなあと再確認しました。
口の中には、意図せずして唾液が溢れていました。
その唾液を使って、尚更じゅっぽじゅっぽと彼のモノを刺激しました。
私のフェラで彼が感じてくれていると思うと嬉しくてたまりません。
そして窓に映った自分の姿を見たときに、衝撃が走りました。
裸になった自分が、男の舌に跪いてオチンチンをしゃぶっているんですから、それは惨めでした。
惨めで醜くて、卑しいものに映りました。しかし私は今興奮の真っ只中にいます。
このギャップはなんなのでしょうか。汚らわしい行為を悦んでしている自分――
あまりの情けなさと、本物をフェラしているという幸福感で、嬉しく嬉しくて、必死にしゃぶりまくりました。
「じゅぷっ・・・ぬぷっ、ぬぷっ、じゅぷっ・・・、ぐぽっぬぽっ・・・」
「いやらしいフェラだな。そんなに好きなのか?」
「んん! んっ!」
「男のモノしゃぶりながらこんなに濡らして興奮して、本当にスケベな子だ」

いつの間には私のあそこは、ありえないくらい濡れていました。フェラをしながら興奮してしまう自分が、
恥ずかしくてなりませんでした。こんなに醜い行為で興奮しているという事実を見て、
自分が何か人間でないものになったように思いました。
口をすぼめ、唾液を舌でたっぷり絡めながら気持ちを込めて彼のアソコを舐めました。
「んっ!じゅぽっ、じゅぽっ、んふっ・・!んっんっ!ぬっ、ぐぽっ、にゅぷっ・・・」
「ああ!イきそうだ!このまま口の中に出すよ!全部飲むんだよ、いいね?」
「んっ、んむっ!」
「おおっ、うっ!」
「んんんっ!!!」
口の中で彼のアソコが脈打ち、1発、2発と熱い精液がいっせいに私の口の中に広がります。
その時、思わずビックリして口からモノを離してしまいました。
3発目と4発目の精液が私の口のまわりに飛び散りました。
「ほら、駄目だろ、ちゃんと全部口の中に入れて」
彼は再び私の口にモノを押し込み、口の周りについた精液も指で強引に私の口に押し込みました。
「んっ!ふっ!」
私はそのまま亀頭から湧き出る残りの精液を一生懸命しゃぶっていました。
そしてそのまま口の中に溜まった精液をゴクリと飲み干しました。
なんともいえない精液の淫靡な匂いに私はそれだけでイってしまいそうになりました。
しばらく余韻に浸るようにお掃除フェラを続けていると、彼は私の口からモノを離しました。
私はまだフェラに未練があるかのようにオチンチンを追いかけ、彼の亀頭の先を咥えてチロチロ舌で舐めました。
彼のオチンチンはいまだ固いままでした。彼のオチンチンがいとおしくて仕方有りませんでした。

「フェラうまいね。○○ちゃんに入れたくなったよ」
ぷはぁっと彼のオチンチンを口から出すと、はあはあといつまでも呼吸が落ち着きませんでした。
息が上がるほどオチンチンばかりに集中していたのでした。
「はい、私も入れてほしいです」
「じゃあ、ほら、寝て」
「はい」
私は仰向けになって、股を大きく開きました。こんな格好をしているなんて
死ぬほど情けないのに、私は興奮が収まりませんでした。
いよいよ、一線を踏み越えてしまう時が来たのだなあと覚悟しました。

ずぶっ、ずぶっと音がして、彼のオチンチンが私のアソコを押し広げました。
固くなったカリにしわが伸ばされて、私は幸せを感じました。
ああ早くこの大きなモノが私のアソコの奥まで入ってきてほしい! と本能が叫んでいました。
「いいか、入れるぞ?」
「……はい」
ぬぷぬぷ、とモノが進入してきました。わたしは
「はああぁっ……、ああぁっ」
と声が漏れて、感動を噛み締めました。
本当は引き裂かれるような痛みを感じていたのですが、
痛みよりも感動が上回っていたのです。ついに本物が入ってきてくれたという感動。
あれほど恋焦がれた本物のオチンチンが私を犯しているんです。
私は気が狂いそうになって身をよじりました。
「気持ちよさそうだな」
「あんっ、はひっ、気持ちいいですぅ、、あっ!あっ!」
「○○も凄くいいぞ。おいしそうにチンポくわえてくる」
彼のアソコが私のスポットに届いたらしく、私は肉体的な痛みと精神的な快感の狭間でよがりました。
快感のうねりが全身を駆け回って、自分の意志を無視して体がのけぞりました。
「ここが気持ちいいんだろ、あ? どうだ?」
彼はそのスポットを目がけてコンコンと腰を動かし、私の感じる部分を狙って突いてきました。
私はうれしさのあまり
「ああん、いいっ! すごいっ! あああっ!」
と叫びました。
私は男に犯されているという精神的な屈辱感に満たされていました。
彼の女になったんだ。そう思いました。そう思った瞬間、私はこの上ない幸福感に包まれて、
思いのよらなかった自分の感情に気づかされました。
「あんっ!あんっ!ああああっ!!」
犯されながら私は喘いでいました。彼のオチンチンが、彼のすべてが好きになってしまってたまりませんでした。
「そうか、チンポが好きってか。とんでもねえ淫乱だな」
彼はいろいろに体位を変え、さまざまなやり方で私のあそこを犯し続けました。
「淫乱のようにヨガりやがって、マゾメスが!」
彼の言葉を聞くたびに、私は惨めで穢れた存在に堕ちていきました。
私は汚くて嫌悪すべき性行為に、至上の悦楽を感じていたのです。
「女になった気分はどうだ?」
「……あんっ、嬉しいです! 女になれて嬉しいです!」
「よし、こんどは四つんばいになるんだ」
彼が一度私から抜き去ると、私の体を抱き起こして四つんばいにさせます。
私はすでに彼のなすがままにされていました。
再び彼のオチンチンが私の穴に侵入してきて、そのままバックで犯されました。
彼が私の腰を鷲づかみにして、ぱんぱんと股間を叩きつけてくる感覚は、
女にされたという自覚が尚更強まって、私をさらに快楽の深みに陥れました。
私のあそこをオナホールのように扱われる感じが、なんだか彼の性欲処理のための道具にされたかのごとく感じられ、
私はついに道具にまで成り下がったのだと思って、ますます笑みがこぼれました。
私の存在意義は、男の人のオチンチンを入れるための穴なのだなあと実感しました。
「犯されてるのに感じやがって。どんだけ変態なんだ。
もう淫乱なメス犬だな。俺のメス犬になれ」
そう言って彼はなお、バシンバシンと腰を打ち付けながら犯しました。
私の体はもはや、彼の性欲の対象でしかなくなったのです。
彼のオチンチンが私の中で行き来するという恥ずかしい快感が募りすぎて、私の頭は沸騰しそうでした。
全身を巨大なオチンチンで貫かれるような暴力的な興奮と、人間としての尊厳を崩されながら、
女として認められているのだという充足感が私の中でいっぱいになって溢れました。
行き場のない快感は私の体や体力を凌駕し、私はついにイきそうになります。

「メスブタのくせにイクのか? 恥ずかしい格好で掘られてイクのか? マゾの変態が!!」
「ああっ! いきますぅぅ! いっちゃいますううう!!!」
私は恥ずかしげもなく叫びました。
「ああ、でそうだ!中に出すぞ!」
「ああっ!くださいっ、中に出してくださいぃぃぃ!!」
「おおぅ!いくっ!」
という彼の声と共に、彼は私の中に大量の精液をぶちまけました。
びくっびくっと彼のオチンチンが私の中で脈打ち、精液が中に充満していくことを感じると、
私はあっという間に頂点に達します。
「ああ! イッくっ! イッちゃいますううううう!
……んはっ!イくぅぅぅぅ!ああああああああああああああああああ!!!!!」
イキながら、とうとう私の中の人格が変わってしまいました。
もう自分がこれまでの自分とは思えず、彼の女であり、彼の性的な玩具であるとわかりました。
私の居場所がついにわかった気がしました。精液が私の粘膜に染み込んでいくのが、
たまらなく嬉しくて、「ありがとう、ありがとう」と言ってしまっていました。
「○○、いやらしい女になったようだな」
「はい・・・」
「またヤらせてくれよな」
「はい・・・」
帰り道、とんでもない不潔な情交をしてしまったという罪悪感と、最高に気持ちいい
ことをしたのだという満足感で、私の鼓動はいつまでも速いままでした。

中学校から短大までずっと女子校、遊び友達も厳選された女性の方だけできれいに育てられ
俗世間のことを知らないまま生きてきた私ですが
やっと「お嬢様」なんてくだらない殻を破ることができたと思います。
今はもう、自分の生まれた屋敷には帰っていません。私は私の本当の道を歩んでいこうと思います。

帰りの新幹線でサラリーマンの男性3人に見られながら座席でオナニーしました。

win様へ

和美です。
3日目、木曜日の報告です。

今日はお昼から仕事なので朝はゆっくりしていました。
朝風呂に入ろうと旅館の下の露天風呂を見ると地元のおじさんが3人入っていました。
和美も入りに行きました。
脱衣所で素っ裸になり、前も隠さずお風呂に入りました。
おじさんたちがニヤニヤ見ています。
おじさんたちは最近の若い子は大胆だと言うような話をしていました。
和美は知らん顔して入っていました。

すると2人組の女の子が来ました。
浴衣を着たままお風呂場を覗きおじさん達がいるのでどうしようか相談していましたが、
和美がいたのがきっかけになったのか2人とも素っ裸で入ってきました。
これには和美も驚きました。
和美は露出狂なので当たり前ですが、旅の恥はかきすてなのか、
今の若い子が大胆なのか。
おじさん達はもう喜んでいると言うよりおおはしゃぎです。

2人の女の子が和美の方へやってきました。
「1人なんですか?」
「うん、仕事で来てるの。今日はお昼から仕事なので」
そんな会話をしていました。
2人は高校生で福岡から来ているとのことでした。
そのうちおじさんたちはオチンコを両手で隠してあがっていきました。
2人の子はお湯をかけあったりして騒いでいました。
その内2人でおっぱいの話をしながら触りあいっこを始めました。
和美はなんだか変な気分になってきました。
それを見ながらついお湯の中でおめこをさわり始めオナニーを初めてしまいました。
多分うつろな目で少し声が出ていたと思います。
2人の女の子は和美に背を向けて入っていたのですが
振り返って見て変な顔をしています。
和美は興奮してきてこの子達に見てもらおうと岩に腰掛けました。
女の子達は和美に背を向けています。
和美は片足を岩にあげおめこを開き触り始めました。
まだ女の子達は気付いていません。
和美は女の子の前でオナニーしているんだ。見て欲しい。そんな思いにかられました。
和美は声を出し始めました。
2人が振り返りました。
和美は「おめこが、おめこが気持ちいいの。和美のおめこ見てちょーだい。
ここ、ここを見て。」
和美は女の子に向かってそう言い、おめこをかきむしるかのように触り始めました。
2人は「頭おかしいんじゃないの。キチガイ!気持悪いわ。いきましょう」
そう言って出ていこうとしました。
和美は
「待ってください。和美のおめこを見て下さい。
和美のオナニー見てちょ?だい!」
そう叫びました。
2人は「バーカ」そう言って出ていきました。
和美はその罵倒がまた興奮を呼び朝の8時から露天風呂で
回りの旅館から丸見えのところで大声を出しながらオナニーをしてしまいました。

お昼からの仕事を終え、夕方博多から新幹線に乗りました。
自由席で窓際に座りました。2人がけの席でとなりはおじさんでした。
和美はお弁当を食べてから寝た振りをしました。
すこしスカートがずり上がるようにしました。
和美の目からでもショーツが見えています。
薄目でおじさんを見ると新聞を読む振りをしながら和美のショーツを必死で見ています。新聞を開いているので向こうの座席からは見てないと思います。
おじさんが見えないようにしていたのかもしれません。
和美は寝た振りをしていたつもりが本当に寝てしまっていました。

気が付くと隣のおじさんはいません。
向こうの3人がけの席に若い男の人が座っていました。
和美の方を見てズボンのチャックからおちんこを出しさすっています。
和美が起きたのに気付きおちんこをさっと隠し知らん顔しています。
和美もさっとスカートを直し座り直しました。
和美はメモを書きました。内容はこうです。
「今寝ている私のショーツを見てオナニーしていましたね。
もっと見せてあげましょうか?でもその席からは動かないでください。
もし近寄ってきたりしたら声を出します。私を見てオナニーしてもかまいません。」
和美は席を立ち、メモをその人に渡していったんトイレに行きました。
ブラジャーとショーツ、パンストを脱ぎました。そして席へ戻りました。
もうずいぶん人も減り、和美の席の前後には5列くらい人がいません。
和美はスーツの上着を脱ぎました。
スケスケのブラウスからはオッパイが丸見えです。
和美はその人によく見えるように、そっちの方へ向き、座席に足を上げました。
その人は和美のおっぱいに気付きました。
ズボンの前をはだけ、パンツの横からおちんこを出しこすり始めました。
和美は勃起したおちんこを見て頭がボーとしてきました。
和美は足を広げるためスカートをたくし上げました。
スカートの中はおめこが丸見えです。
男の人はビックリしたように目を見開きました。
和美はブラウスのボタンを外し前をはだけオッパイを出し両手で揉み始めました。
そして片手をおめこに持っていき触り始めました。
ますます感じてきた和美はスカートを腰まで捲り上げ、
後ろ向きに四つん這いになりおめこをまさぐりました。
「ハァー、ハァー、気持いい。」必死で声を殺しました。
また前を向きなおし大きく両足を広げおめこをさわりオナニーを続けました。
もう我慢できなくなり「イクッ!」と一瞬だけ大声を出しいってしまいました。
和美は放心状態でその格好のままでしばらくいました。
男の人もティッシュをおちんこをかぶせ、いきました。
和美はそのティッシュをちょーだいというそぶりをして投げてもらい、
ティッシュを広げて男の人の目を挑発するように見つめながら
スペルマを舐めました。男の人はびっくりしていました。
まもなく新大阪の放送が入り和美は身支度を整え、
降りしなに「ありがとうございました」と声をかけて降りていきました。
男の人は新大阪では降りずにそのまま乗っていきました。

報告は以上です。

夏の海はキケンがいっぱい 目隠しモノ当てゲーム

「ねえ!○○ッ。
 頼みががあるんだけど…」
3歳年上の姉からの頼みごとを受けた。
姉は今年商社へ入社したピチピチのOLだ。
愛くるしい顔立ちと、スレンダーなボディで
社内でも結構評判だ。
その会社で夏季研修があり、
今年は千葉の海へ行くらしい。
その研修の最終日に余興の催しがあり
毎年変わったゲームが行われるそうだ。

「それでサ、頼みって言うのはネ
 ○○にそのゲームに協力してもらおうと思って…」
「何なんだよ。俺だってヒマじゃないんだし」
「でね、○○。
 そのゲームに優勝したらさ、
 豪華商品を貰えるんだって。何だと思う?」
「知らないヨ。そんなこと。
 俺、夏はバイトで忙しいんだから…」
「まず、優勝賞金が5万円、それと副賞でプレイステーション3なんだって。
 もし優勝したら、副賞は○○にあげるよ」

「ま、マジかよっ!
 よし、姉貴、俺協力するぜ。
 で、ゲームって何やるの?」
「んーっとね、えぇと、これこれ。
 <夏の海はキケンがいっぱい、目隠しモノ当てゲーム
  …白い砂浜・蒼い海、その美しさとは裏腹に
   海には危険な生物がいっぱいです。
   例え目隠ししていても、それが何であるか
   解るように普段から心がけておきましょう。
   ただし、ゲームですので、登場するのは
   安全な海の食物のみですのでご安心ください。 >
 こんなんだって。」

「ふぅーん。何か変わってるなぁ。
 じゃあ、この特訓をするってワケだな、
 よしよし…、えーっとナニナニ…」
俺はイベントパンフの注意事項を更に読んでみる…
<参加者は女性のみ。各々、自慢の水着姿で臨むこと。
 なお、その容姿ポイントも加算される。>
「なぁ、姉貴。これ考えた奴って、相当なセクハラ野郎だなぁ」
「まあ、いいんじゃない。
 それより○○、始めようよ。」
「う、うん。
 で、姉貴…。その、何ていうか…」
「何?言いたいコトははっきり言ってよ」

「その、ゲームの規定通りにやってみて欲しいんだけど」
「わかってるわよ。目隠しして、出されたモノを当てるんでしょ?」
「それはそうなんだけど、やっぱり本番と同じように、水着を着て…」
「ウフフッ、○○ったら。そんなに私の水着姿見たいの?」
「そ、そんなワケじゃなくて。その、やっぱり…」
「イイわよ! 丁度今年の夏用に買ったビキニがあるから
 ○○の前で見せてアゲルッ。
 じゃぁ私、着替えてくるから、○○は用意よろしくね。
 冷蔵庫にあるモノ使っていいから」

俺は有頂天になって準備をしていた。
(あぁ。もうすぐ姉ちゃんのビキニが見れる…
 去年の夏は見れなかったからなぁ。)
俺は姉の姿態を思いだし、期待でワクワクした。
中学時代にオナニーを覚えて以来、
もっぱら俺のオナペットは姉が中心だ。
最後に姉の水着姿を拝んでから2年。
姉はいったいどれほどセクシーになっているんだろうか?

トントントン…
姉が2階の部屋から降りてくる音がした。
「どう?○○。進んでる?」
「う、うん。もうちょっとで…」
俺は振り向きざま答えて、絶句した!
(ね、姉ちゃんっ!
 な、何て素敵なんだ!)
ブルーのビキニに身を包んだ姉はセクシー過ぎた!
胸に当てられたちっぽけな布切れから
姉の豊満なバストがあふれんばかりに揺れている。
そこから下に目をやると、腰のくびれがくっきりし
挑発的なまでに左右に張り出したヒップがある。

あぁ。
俺は早くもクラクラしてきた。
ぼぉーっとしていると、いきなり姉の声がした。
「おい!○○。 いつまで見とれてるんだ?
 早く始めようよ!」
俺は慌てて、冷蔵庫の中から取り出した食材を
姉には見られないようにタッパに入れた。
「さぁ、○○。早く、こっち来て。
 まずは姉さんをこれで目隠しして…」
俺は思わず唾を飲み込んだ。
大好きな姉を目隠しするっ!
しかもビキニ姿の姉をっ!

「じゃあ、姉貴。目隠しするよ」
「ウン」
姉の背後回って布を姉の目の前に回す。
姉の髪の匂いが俺の鼻腔に充満する。
(あぁ、何て良い匂いなんだ…)
「ちょっとキツク縛るよ。
 痛かったら言ってね。」
姉の髪の毛が俺の手に触れる。
サワサワとして、とても気持ちいい。
「で、できたよ。姉貴…」
「あぁん。何かちょっと怖い感じィ。
 ○○、私が何も見えないからって
 ヘンな事、考えないでよっ」
(む、無理だっ。
 目隠しの、ビキニ姿の、姉を目の前にして
 平常心でいられるワケないッッ)

「○○、準備は出来たんだよね。
 始めよっか?」
「う、うん。
 じゃあ、お皿の上にモノを置いてくから
 当ててみて」
「あ?そう言えば、何かもうひとつ注意事項が
 あったような気がするけど・・・」
「そうだっけ?じゃ、読んでみる」
 <?各得点は難易度順に5点10点15点とする
 ?手を使って当てた場合、ポイントはそのまま。
  匂いを嗅いだり口に咥えるなどして、手を使わずに
  当てた場合、ポイントは倍とする。〉
 ってことだってよ。
 じゃあ、姉貴、まず一問目いくよ」

俺はわかめを皿の上に出した。
姉はそれをクンクンと匂いを嗅いでいる。
「んん?っ?
 何か、磯臭いのは解るんだけど。
 っていうか、みんな海のモノなんだよね…」
姉は匂いを嗅いでいたが、中々口に咥えようとはしなかった。
さすがに弟が出したものとは言え
何だか解らないモノを口に咥えるのには抵抗があるようだ。
「えーっと。じゃぁいきます。
 これは、コンニャクですっ!」
「ブッブブー。
 姉貴、こんにゃくは海のモノじゃないゼ。
 畑で取れるモノなの」
「そ、そうか。
 で、でもさ、海藻入りコンニャクとかあったじゃん?」

「あ、姉貴。今のちょっと近いかも…」
「え?海藻ってコト?
 うーん。じゃあねぇ、ひじきっ!」
「ブッブブー。
 姉貴さぁ、ちょっと勇気だして
 咥えてみたら解ると思うぜ、
 ここまでヒントあげたんだから…」
姉は恐る恐る、皿の上のモノを口に咥えた。
目隠しをした姉が何かを咥えるその様子に
俺は何故か、グッときてしまった。
(あ、なんかイイ、これ)

「あ、もしかしたら解ったかも。
 わ、か、め。 かな?」
「ピンポーン! 正解です。」
「あぁ、良かった。やっと当たった…」
「でもさぁ、姉貴ぃ、ずいぶん間違えたから
 本番だとポイントは無しだぜ」
「そうだよねえ、頑張んなくっちゃ!」
「じゃ、次いくぜ。 いいかい?」
俺は第2問目の食材を皿の上に置いた。
姉は皿の上のモノの匂いを嗅いでいる。
「んん?んん??」
やっぱり匂いだけでは難しいのだろう。
こちらは答えが解っているから面白おかしいのだが…。

姉は意を決して、皿の上のモノを咥えた。
姉は口を軽く広げてそのモノに近づけた…
ヒンヤリとした触感が姉の唇に伝わり
思わずギョッとしたようだ。
「キャッ。何?コレッ?」
「さあ、何でしょう」
問題なのだから答えるワケにはいかない。
「もうちょっと咥えてみると解るかもよ」
「そ、そう?
 怖いけどそうしてみる…」
(はむっ…)
目隠しで顔は遮られているとは言うものの
姉の困惑した様子は手に取るように解る。
その困った感じが何ともセクシーなのだ。

「あ、これって、タラコかな?」
「ピンポーン!
 姉貴!すごい!今度は一発じゃん」
「へへっ。やるだろ?私も」
姉の得意そうな顔を見て、俺も嬉しかった。
だが、そんな姉を見てもっと困らせてやりたかったのも事実だ。
困った姉の顔が何ともセクシーだからだ。
そのセクシーな表情や姉のビキニ姿で
俺はさっきから悩殺されっぱなしだ。
ズボンの中で俺の息子はもうはちきれんばかりになっている。
(あぁ、姉ちゃん。姉ちゃんがセクシーだから
 こんなになっちゃったよ…)
あまりにも窮屈だったので、俺は息子を
一時的に開放してやろうと思った。
どうせ姉貴は目隠ししてるんだし…。

「ねぇ。○○。
 次の問題はぁ?」
俺がチンコを解放してた時にふいに姉から
声がかかり俺はビックリした。
「い、いや。ちょっと次のは、
 準備が必要なんだ。」
次の食材には茹でタコを用意しようと思っていた。
これは冷蔵庫に入ったままだったのだ。
俺はチンコを剥き出しにしたまま冷蔵庫に向かった。
タコを手にした俺に悪魔が囁いた。
【なぁ、○○。おまえのそのいきり立ったチンポを、
 姉ちゃんに咥えさせてみるってのはどうだ?】

悪魔の囁きに俺の愚息は猛烈に反応した。
身体中の血液がそこに集まったかのように、硬直度を増していた。
(お、俺のチンポを姉ちゃんのおクチに…)
そう考えただけで、腰が抜けそうになった。
【このチャンスを逃して
 姉にフェラチオさせることなんてできないぞ。
 やるなら、今だ!】
「ねえ?○○?
 まだなのぉ?」
「い、今行くから。ちょっと待ってて」
俺のどす黒い欲望も知らず、
姉は無邪気に俺のことを待っている。
(待ってろよ、姉さん。
 今、最高のご馳走を食わせてやるから)

「ま、待たせたな。姉貴ぃ…」
俺は興奮で胸がいっぱいになりながら姉の前に立った。
俺は今、全裸で姉の目の前に居るのだ!
「もう!待たせ過ぎダゾ。
 早くぅ。次のモ・ン・ダ・イ 」
姉はそのかわいい口元でそんなことを言う。
(わかった!わかったよ!
 今、そのお口に、次のモンダイを持ってくからね!)
「姉貴、次のモノは皿の上に乗っからないから
 ここに俺が差し出して、姉貴の顔の前に持ってくから
 それの匂いが嗅ぐなり、咥えるなりしてイイよ」
「ウン。わかったわ。
 前置きはいいから早く頂戴ッ!」

「こっ、これが次の問題ですッッッ!!!」
俺は勇気を振り絞って、姉の顔の前に俺のチンポを差し出した!
疑うこともなく姉の顔が近づいてくる!
やや上を見る感じで姉の鼻が動き出した。
「クンッ、クンッ。クンッ」
(あぁ、姉ちゃんが俺のチンポの匂いを嗅いでるッ!
 俺のチンポ、臭くないかい?
 童貞の仮性包茎のチンポだけど、
 そんなに、匂い嗅いじゃっていいのかよ!)
「んんっー。な、何かコレ、
 ちょっと臭いネ。何て言うんだろう?
 そう、イカ臭い感じ…。
 ってことはイカの干物かなあ?
 どう?○○?」

「ブッブブー。残念です。
 イカの干物ではありません」
(姉ちゃん、それは俺の腐れチンポだよ。
 だからそんなに臭いんだよ。)
姉はちょっとガックシしてうなだれた。
その時姉の髪がサラサラッと俺のチンポに触れた。
(あぁ。姉ちゃんの髪ッ。俺のチンポに!)
そのまま姉の髪の毛をチンポに巻きつけたくなった衝動を
ようやくの所で俺は抑えた。
俺のチンポの鈴口から、とろりとカウパー液が染み出た…

「そっかー。イカの干物でないとしたら
 この臭さは一体?」
姉はもう一度、クンクンと俺のチンポの匂いを確認し始めた。
(っていうか俺のチンポってそんなに臭いのかよ?)
「いくら臭いって言っても
 クサヤじゃないよねー。
 あれはもっと違う匂いらしいし…」
「あ、姉貴さぁ。 
 解かんないなら、咥えてみないと…」
「うーん。そうなんだけど…。
 さすがにココまで臭いとちょっと心配なんだよね。
 ○○。なんか姉さんに変なモノ咥えさせようとしてない?」

「そ、そんなことないよっ!
 ちゃんとした食べ物だってば…」
(ヤ、ヤバイ。姉貴、ちょっと疑い始めてる。
 でも、こうなったらやるっきゃないんだ)
「本当にィ? 
 じゃあ、イイけどさ。
 ちょっとアレに似た匂いかな?
 なんて思っただけ…
 イイの。○○が大丈夫っていうんだから、
 ○○がちゃんとした食べ物だっていうんだったら
 姉さん、喜んで食べるよ!
 イイ?」
(いよいよだっ!
 いよいよ姉さんのお口にッ!)

「はうむっ」
姉の口が俺の亀頭を咥え込んだ!
あまりの衝撃に俺はめまいがした。
(あぁ、これが姉さんのフェラチオッ!)
まだ亀頭を咥えただけの行為。
それだけで俺のチンポは感動にうち震えた。
「あ、姉貴ィ。
 これって何だか解る?」
「ふぁむぅっく…
 ふぁにふぁのおぉ?」
俺のチンポを咥えたまま答えるので
何を言っているかさっぱり解らない。
ふいに姉の目隠しを取ってやりたくなる。
(今、姉さんが咥えているのは
 弟のチンポなんだよ…)

(あぁ、気持ち良過ぎる!
 多分、先走り液がドクドク出てるはずだ。
 ばれちゃうよう。お姉ちゃんに俺のチンポだってことが…)
意識が半ば朦朧としてくる中で俺は
いつ姉にばれるんじゃないか、そればかり気にしていた。
と、姉の口がチンポから離れた。
「んぅっくふ。
 もう…。ホントに… 
 ちょっと、これくらいじゃ良く解らないわ。
 もう少し調べさせてもらうわ」
そう言うと姉の顔が思い切り近づき
俺のサオを一気に咥え込んだのだ。

先ほどまでの亀頭愛撫とは桁が違う快感が
電流となって俺の脊髄を貫いた。
(あぁぁっ、うぁうあんぅ!)
俺は思わず悲鳴ともつかない声をあげそうになった。
それほどまでに、姉のフェラチオは怒涛の快感だったのだ。
姉の舌が激しく俺のサオを攻め立てる。
その間姉の頭は前後に動いている。
亀頭に与えられる快感で俺は昇天しそうである。
姉の顔がグっと近づくと亀頭は姉の喉奥深くまで達し
引き抜かれるや否や猛然とした勢いで
またも亀頭にしゃぶりついてくる。
まるでフェラチオマシーンのようだ。
これが本当にいつもは清楚で優しい姉と同一人物なのか。

(こ、こんなに激しいだなんて!
 ね、姉ちゃんっ。
 姉ちゃんのフェラチオ気持ち良すぎるよっ!)
あまりの気持ちよさに気が動転していたが
姉はもう気づいているのかもしれない。
いや気づいているとしか思えない。
そうじゃなけりゃ、こんな激しく舐め回すものか。
姉は弟のチンポって解っていてしゃぶっているんだ。
(あぁ、ありがとう。
 姉ちゃん。俺のチンポしゃぶってくれて。
 あんなに臭いって言ったのにフェラチオしてくれて。)
 だとしたら、姉ちゃん…
 姉ちゃんは許してくれるかい?
 こんな変態行為をしたことを。
 このまま口の中でイッっちゃったとしても
 許してくれるかい?
 変態弟のザーメン飲んでくれるかい?
 だって!
 だって、もう我慢できないんだよ!

姉はもう、問題に答えることなど忘れ
一心不乱にフェラチオを続けている。
俺はもう我慢できず、声を漏らしてしまった。
「あぁ。姉貴ぃ。き、気持ちイィ…」
俺は声を漏らした瞬間、姉の頭を握り締めていた。
そして姉の頭の動きに合わせて腰を思い切り前後させた。
激しいピストンは俺に最後の瞬間を迎えさせていた。
「だ、駄目だぁ!
 あ、姉貴ィ。
 い、イクぅッ。イクよおおおぅっ!」
生涯初めて感じる、この射精感!
何千回行ったオナニーとは次元が違うッ!

その時、姉の両手が俺の腰に回った!
そして俺にかぶりついてくる!
(ま、また来るッ!)
 精嚢に溜まった全ての精子が放出されんばかりの勢いで
 第二派のように、ザーメンが流し出された。
こんなことは、初めてだった。
俺は腰がくだけ、その場にへたり込んだ。
最後の射精の瞬間、姉の喉がゴクッゴクッと動くのが解った。
(姉貴、飲んでくれたんだね、俺のザーメン)

ビキニ姿の姉も汗ばんでいた。
俺は目隠し越しに姉にそっとキスをした。
姉のほうから舌をからませてきた。
俺も舌をからませ、ディープキスは5分にも及んだ。

… … … … … … … … … … … … 

「そ、そう言えばさぁ、○○ゥ
 最後の問題って、まだ答え言ってなかったよねぇ」
「あ?うん。そうだっけ?」
「何か、難しくて私には解らなかったわ。
 それでサ、○○ゥ
 また、明日、特訓しようか?」

 
さあ、明日も姉貴と特訓だ!

ソープに堕ちたわけ

はじめまして、恵子です。28歳のOLです。

 今年のお正月の休みに同僚の由理子と由理子の彼と3人で那須高原の温泉に3泊4日で行って来ました。
 年内は大変忙しかったので、何もしないでのんびりリフレッシュのつもりで。

 由理子から誘われたのでしたが、由理子の彼が一緒だと聞き、気が引け、一度は断ったのですが、強引に由理子に誘われ、つい一緒にイってしまいました。

 初日の夜、沢山お酒を飲んだ私達は9時くらいに布団に入って寝ました。

 夜中の11時頃、襖を隔てた隣の部屋の妖しい雰囲気に気付き目が覚めました。
 由理子は小さい声で「恵子に聞かれる止めて」と荒い息遣い。彼も「忙しくて1ヶ月も由理子としてないんだ。我慢できないよ」と。浴衣が擦れあう音に混じって由理子の息遣いが聞こえてきました。
 浴衣や下着が脱がされる音。
 ピチャピチャとした舌使いの音。由理子の喘ぎ声。
 体の位置を変える音がした後、暫くお互いのアソコを舐めあう音が聞こえていました。そのうち「あーん」と言う色っぽい由理子の声と同時に、一定のリズムで布団が擦れる音が聞こえてきました。

 私は我慢ができず、自分の指をクリトリスや濡れているアソコへもって行き、オナニーの開始です。
 ふと襖に目をやると、少し襖が開いていて、うっとりした由理子の顔が彼の動きにあわせて上下にゆれているのが見えました。由理子達と一緒にオナニーをしていた私はイキました。

 次の日はお正月と言う事で朝からずっとお酒の飲みっぱなし。酔いつぶれて3人とも畳の上で寝てしまいました。

 ふと目を覚ますと、直ぐ隣で由理子達は激しいセックスの真っ最中でした。
 由理子は後ろから激しく突きせめられていました。私は起き上がり夢中で見てました。
 由理子の彼は「恵子さん、昨夜の様にオナニーして見せて」と言いながら由理子をせめ続けています。
 私は気付いていたのかと一瞬恥ずかしくなりましたが、酔いが残っていたのと、激しいセックスに興奮して息遣いも荒くなっていました。そしてただ呆然と眺めていました。

 由理子達がイッタ後、彼は由理子のラブジュースと彼の精液で光って輝いている大きく硬くなったチンチンを私の口元に近づけてきて、「舐めて」と言いました。
 私が拒むと彼は汚れたチンチンを私の顔に押し付けて来ました。
 顔を背けて由理子を見ると、恍惚とした表情で私を見つめて頷きました。私は2ヶ月前に別れた彼のチンチンの臭いを思い出し、由理子の彼のチンチンをしゃぶりました。

 彼も興奮して来て、私を押し倒し、パンティを破り取り、すごく濡れている私のアソコに入れてきました。
 ゆっくり腰を動かしながら私の浴衣を剥ぎ取り、私のオッパイを優しく愛撫し始めました。私が気持ち良くなり始め、「あーん、はーん」と声が出始めると、彼はチンチンを私から抜き、キスをしながら、指で私のアソコを優しく愛撫し始めました。彼の唇が首筋から胸へと移りにつれ、私は彼が由理子の彼と言う事を忘れ、夢中で彼に体を任せていました。

 正常位から騎乗位へ。私も彼の上で腰を動かしています。
 そのうち彼も状態を起こし、座った格好で私を下から突き上げる様に腰を使い、再び正常位に戻り、彼と私はイキました。
 その後、温泉に滞在中、由理子も交えて3Pをしたり、2人でしたり、色々としました。

 後で由理子に聞いた話。
 彼は由理子の正式な彼では無く、淡白な彼に飽きた由理子のセックスフレンドだと聞き、罪悪感がなくなりました。
 その後、彼と由理子と3人で良くラブホに行き3Pをしています。
 ホテルの人は変な顔をしますが、割増料金で中に入れてくれます。その彼は川×の某ソープランドの店員だと分かり、ラブホの中で色々とソープのテクニックも教わりました。

 今、私と由理子は川×の某ソープランドで土日アルバイトをしています。
 アルバイト中、殆どは演技で感じているふりをしていますが、本当にイカせてくれる人には中にはいます。そんな時は嬉しくなって、その人の携帯番号を聞き、平日の会社で頭に来る事があった時など、その人を呼び、ラブホでイカせてもらい、リフレッシュしています。もちろん、そんな時はこちらから120分で4万円くらい彼にお金を払います。(逆売春?)

 因みにソープでの私の名前は、後××衣、由理子は×××です。
 結構2人とも綺麗だよ。

 ソープに遊びに来た時、私かなと思ったら、ベットで私をせめている時、耳元で優しく「X衣のオマンコ暖かくて気持ち良い」と言ってください。返事に「×衣のオマンコとても濡れてる。あなたので私をイカせて。」と言ながらアソコを少し力を入れて絞めて、一機に射精までもっていけたら、ご喝采。
 私のアソコはとても気持ちが良いと沢山の人に言われています。本当ですよ。

禁欲+小悪魔

俺が23歳の時バイクで事故って入院した時の事。
右手母子靱帯一部断裂により右手ギプス左肘骨折こちらもギプス。
両手ギプスの状態で入院生活を送っていました。
当然その状況は、強制禁欲生活・・・orz
2日目位までは痛みで特に気にならなかったが、3?4日目にもなると、だいぶ両手の痛みも治まってきて、ってか、朝立ちが凄かったね。もーそこまで来ると痛いのなんの・・。
その病院にはかなりかわいいナース(21)がいて、そいつがまた、わざとなのか、なんなのか、俺の股間を絶妙に刺激する行動をするんだわ。
ちなみにナース服はピンクでそのコはちょっとだけスカート短くしてる感じ。
身長は155cmくらいで推定Bカップ。顔はかわいい系。
名前はMさんって事で。
ついでに、わかりづらくなりそうなんで俺はの名前はTで。

Rさんはいつも点滴を取り換えに来てくれるんだけど、カゴの中の点滴袋を取る時に、凄い前屈みになるのさ。こっちにお尻を突き出す様な格好で
「え?っとTさんのは・・・あったあった」
とか言ってちょっと短いスカートからは見えそうで見えないギリギリのライン。ってかストッキング履いてないから、パンツの線見えてるんですけど・・なんか小さくね?覗きたい・・・けど振りかえられたら・・・葛藤の中へたれな俺は覗けず・・・orz
ってか、もう俺のパンツの中凄い事になってます・・・。我慢汁でヌルヌルです。布団に擦り付けてイキたいくらいです。
「はい^^交換終わり」
そうですか・・はぁ・・。
その間、「大変ですね?」「バイク好きなんですね?」とかたわいもない会話もあったが、長くなるので省略。

で、その日はなんとか眠りにつきました。
ってか夢精するんじゃないかと思ったけどしなかったね。した事ないけど。

禁欲4日目
今日はRさんいないかと思ったら夜勤だったらしく、夜来ました。
で、また点滴。
「Tさ?ん。点滴ですよ?」
「え?っとTさんのは・・・」
今日は下の段にあったらしくしゃがみこんだ。
「私からだ硬いんですよね?」とかいいながら。
「へぇ?そーなんだー」って言いながらMさん見たら・・・!!、右足だけ立ててしゃがんでるRさんのパンツがモロに見えてしまった。かわいい顔に似合わず、黒の大人っぽい、なんか刺繍の入ったパンツが。
もーそれ見た瞬間、発射しちまうんじゃないかと思ったね。で、動揺してたらMさんが、その体制のまま
「ん?どーかした?」
とか聞いてくるんだ。もーギンギンでえらい事になってる俺は何も言えず・・
「いや・・あの・・なんでも」
しか言えず・・・ってか、お前絶対わざとだろ・・・とか思いながら。
「ふ?ん・・。じゃ?点滴付けますね?」
その時はそれで終わった。

その日の夜
前置き長くなってスマン。やっとエロくなるw

さっきのパンツが焼き付いてギンギンで眠れない。ギプスさえ取れれば。もーこの際布団で、いや、この状況でどーやって処理・・・
もー立ちっぱなしですよ。触らなくでも我慢汁だけはダラダラ出てくるし。
そんな中Rさんが見回りに来た。
「Tさ?ん。どこか痛い所はないですか??」
思い切ってチンコが・・・とか言ってみようかと思ったwがへたれな俺が言えるはずも無くもごもごしてたら、耳元でRさんが小声で
「さっき私のパンツ見てたでしょ?」
と言ってきた。
もー、心臓止まるかと・・・ビックリしてビクンッとかなっちゃったし。
続けて
「かわいいなぁw両手使えないから大変だよね?w」
とか言われた。
もー期待しまくりですよ!さすがにヘタレな俺でもここまで言われれば、そりゃー期待もチンコもふくらみまくりっすよ!ってかあのMさんにそんな事言われると夢にも思わなかったんでもー心臓もバクバクで、ついに勢いで
「あんな体制なら誰でも見るって!ってかもーさっきからずっとアソコが凄い事になってるんですけどw」
・・一瞬Mさんフリーズ・・・
え?なに?俺やっちまった?は?気まずい・・なにこの空気(5秒)
R「ふふふwちょっと引いたふりしてみたwびっくりした?」
T「もー心臓止まるかと思った」
R「あははwちょっとからかってみた。Tさんかわいいから」
そんな状況でもあいかわらずビンビンな俺w
そこでいきなりRさんが布団をめくりあげた・・
R「すご?い!超おっきくなってるw」
T「あんな事言われれば当たり前じゃん!ってかもー苦しいんですけどw」
R「なーに?どーにかしてほしいの?ww」
手でズボン(パジャマ)の上から布だけ触る様にさわさわしてくる。
T(ヤバイこのコめっちゃエロい・・w・・・ヤレル・・)
T「わかってるでしょ!抜いて欲しいです!」
R「え?どーしよっかなぁ?」(触るの止める)
ぇ・・・なにこの展開
R「Tさんもー4日もしてないんだよね??ほっといてもそろそろ出ちゃうんじゃないの??」
T「そんな事無いって、俺、夢精した事無いし!」
もー俺必死
R「ぇー!そーなの?男の人ってみんなするもんだと思ってた」
R「両手使えないTさんにサービスしてあげたつもりだったのにw」
T「は?なに?サービスって?」
また耳元で小声で
R「さっきパンツ見せてあげたじゃんwあれワザトだよw」
・・・小悪魔だ。
R「あの時も超立ってたよねw気付いてたケドwTさんかわいいから黙っててあげたのw」
・・・悪魔だ。
ってか、ちょっとMな俺はその展開にもう我慢汁全開。
T「ってかもー我慢出来ない!手コキでいいから抜いて!」
R「え?、でも彼氏に怒られちゃうしなぁ」
彼氏いたんだ・・・ちょい凹み。でも今はそんな事どーでもいい!
T「お願い。ってか俺もRの事好きだし!」
今思い出してもわけのわからない言葉wってか半分本気だったケド・・凹
R「あははwかわいいwじゃ?特別に口でしてあげる♪」
T「え!!!?いいの!?!?」
もーその言葉だけで暴発寸前だった。
そう言うとMはまたズボンの上から俺のガチガチのチンコを触り始めた。正直、触られた瞬間に出ちまうかと思ったが、不思議と触られたら逆に落ち着いてきた。まぁ、さすがに童貞じゃないし。とか思ってたら
R「言い忘れたケド1分間イカなかったら口ね♪」
・・・やっぱ悪魔だ
Mな俺はその言葉に萌えたwでも俺の頭の中は既にフェラw意地でも耐えようと思ったら一気にパンツまでずらされた、俺のチンコが勢いよく飛び出した。
R「すごーいwってかなんかいっぱい出てるwなーにコレ?w」
俺の我慢汁を亀頭にこすりつけながら
R「これじゃ1分持たないかもね♪」
T「んぁ・・ヤバイ・・出る」
R「えーまだダメ♪」
そのまま放置
T「え?」
R「なーに?出したいの?口じゃなくていいのwwそんなにイキたいんだぁw」
T「もぉ・・出させて下さい」
負けた・・・苦渋の選択だった・・・後何秒かすればフェラだったのに自分から言ってしまうなんて・・・。
R「あははwそんな我慢できないんだ?w」
R「でもダメ♪」
T「・・・・・・・・・・・!?!?!?」
にこにこしながら俺をみてるM俺は発狂しそうなまま約束の1分が経った
T「1分経ったよ・・・」
R「うん♪じゃ?口でしてあげる^^」
R「けどチョット待ってて。私もさっきから我慢できないの。でもTさん手がそんなだし」
M字開脚になるRさっき見た黒いパンツ・・本気でイきたくて狂いそうだった。そのパンツの上をRの指が這いずり回る・・
R「ん・・・あ・・・」
パンツの中に指が入る・・クチュクチュと音が聞こえてくる・・・目の前に信じられない光景がある。
あのRさんが、俺の目の前でオナニーしてる・・・もう俺・・無理・・イク・・。
でもフェラの為に必至で耐える。
T「俺もして欲しいんだけど」
R「ん・・・あぁ・・待ってて・・ん・・」
Rはパンツも脱いで、指を出し入れし始めたグチュグチュ凄い音が鳴ってる・・・
R「ん・・・Tさん挿れたい?動ければTさんとHしたのに・・あぁ」
T「入れたい!」
R「残念だったね・・ごめんね・・あぁ・・もぉ・・」
指の動きが激しくなって、さらに俺に見せつける様に
R「んぁ・・ごめん・・Tさん・・イク・・・ん・・・イクッ!!」
ビクンッとしてしばらく痙攣してたw
R「イっちゃったwお先にww」
T「ってか凄いエロいんだけど」「どーしてくれんのコレ?w」
R「すごーいwおへその下、水溜りみたいになってるw」
先っぽツンツン突いてくる。
T「ヤバイ・・イク・・ッ」
Rが手を離して間一髪セーフ
R「あぶなーいw口でしょ??よく我慢できたね?w」
R「じゃ?口でしてあげる♪」
チュッ・・・キスしてきたwかわいい♪
R「終・わ・り・♪」
T「は?」
R「ん?だから、口でしたよね?♪」
R「私、フェラなんて言ってないよ♪」
T(は・・?確かにRはフェラなんて言ってないけど照れ隠しなんじゃ?またからかって・・・その手には・・)
R「バイバイ♪気持ちよかったよ♪」
T「何言ってんの?」
本気だったら殴りたい・・けど手が・・・
Rがまた耳元で・・・
R「今日が初めての夢精かなぁ?♪」
T「ちょ・・ま・・」
R「またね♪」
・・・
・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
ホントに行きやがった・・
その日はなんだかすっかり萎えて寝ました。

次の日

Rがにこにこしながら点滴打ちに来た。
すぐに目を反らす。ってかムカツク・・・。
「え?っとTさんのは・・・」
またしゃがんでる・・・ムカツクが視線はRの股間・・・男のサガ・・orz
は!?!?!?
ノーパンっすか!?どんだけー?ってか・・昨日の事を鮮明に思い出す。
にやにやしてるRと目が合うと俺の耳元に来て
R「夢精した?」
しました・・・orz

               終わり

そんな訳で両手ギプスの禁欲生活は終わりました。
Rとはこの後もいろいろありましたがここから先は皆さんの妄想力におまかせします。
長文駄文失礼しました。

不倫相手を寝取られて?通算??

人間というものは、当たり前だが相手が年をとると当然自分も年とるので、年月が経っても相手の見た目があまり変わらなく見える場合があるとよく言われるが、確かにそういうことは一理あるかも知れない。

ただそんなことを超越して、久々に会った美沙子は年を重ねて、少しふっくらしたのは事実だが、本当に昔と変わらない容姿に見えた。ある意味では肉感的で余計に色気のある体つきに見えたし、もちろん脚の形は昔と変わらずに完璧な脚線美を誇っていた。

探偵会社に大金を使って探してもらい、ついに見つけた田嶋氏は現在輸入関係会社の会社役員で海外、特にアメリカ本土などを行き来し活躍しているとのこと。
また景気が余りよくないせか合法的に人を騙して売りつけるアクドイ事も少しやっていて会社経営はまあまあとの報告だった

さてどうやって美沙子と田嶋を再会させて昔の様に萌える、燃える世界にのめり込めるか本当にバカなふざけた事をしているのかと自分でも思われるのだが・・・人間年をとっていくと過去に執着することが多くなってしまう。しかも今の俺は暇を持て余していてどうしても行動を抑えられなくなっていたんだ。
信じられないだろうが、宿敵いや仇ともいえる田嶋氏と一杯飲んでみたいとか今までなら考えてもみないことを実行したくなったり・・何故だろうね

美沙子は田嶋氏との過去をどう処理しているかを知ることが急務だと思い、食事をしている際に、激怒されることも想定しながら、田嶋の話をしてみることにした。
 俺「田嶋氏とはもう会いたくないよね?」  美沙子「・・・・もう今となっては懐かしい人だね、急に道端で会っても別に普通に挨拶してそれだけだろうし、須田達二人だったら無視だけどさハハハ」  俺「そうだよね、つき逢っていたのは短い期間だったもんね」  美沙子「そうよね、でもあなたには結構正直に話してけど短いなりにあの時は私は女だった気がするのよね、男としてだけなら、私の中では結構上位よね」 俺「今奴が会いたいって言ってきたらどうする?」  美沙子「馬鹿ねこんなオバサン誰が相手にしますか」  俺「でも俺は今でも美沙子さんは凄く綺麗だし、スタイルは抜群だし、奴が見たら絶対あなたを欲しがると思うな?」  美沙子「そんなに煽てても何にもでないわよ」以上の会話などから美沙子にその気があることはハッキリと確信した。何しろ自分の肉体を女として絶頂に導いてくれた初めての男なのだから言うまでも無いだろう。

いよいよ田嶋との再会作戦を土曜日夕方に決行することになったが、美沙子はもちろん何も知らないのでジーパンで上半身もラフな格好で待ち合わせに来た。
そして田嶋氏の常連のショットバーに向かっていた。特に土曜日の夜は毎週のように顔をだすとのことで、先に入って奴を迎えたほうが偶然をよそえると思いオープン間もなく店に入りビールで乾杯をはじめていた。

その瞬間は呆気なくやってきた!  田嶋「あれ!美沙子じゃないか」  美沙子「・・・え!どうして・・」  田嶋「奇遇だね?本当にビ ックリだ」  美沙子「お久しぶり」  田嶋「よう!元気でしたか?美沙子さん?」 美沙子「なんとかね・・・・政夫出ようか?」  俺「まあいいじゃないの折角だもん軽く飲もうよ」 田嶋「同席してもいいのかい?」しばらく沈黙の時間が流れた。美沙子は決して見線をあわせないようにしていたが、田嶋はチラチラと美沙子の容姿、特に体全体を舐めるようにチェックしているように見えた。

田嶋「久しぶりだよな美沙子、元気だったか?」  美沙子「白々しいよね、あなたね?私はあの二人に騙されたのよ、あなたもグルだとずっと思っていたけどそうなんじゃないの?」  田嶋「それは誤解だよ!あの二人が君に何をしたかは知らんけど奴らとは仕事の付きあいだっただけなんよ。今はもちろん音信不通だし、奴らがどこで何をやって生きているかも知らないし・・」

しばらくすると田嶋氏は今の会社の話とか世間話を俺中心に話し始めた。最初のうちは完全無視だった美沙子もその話術巧みな会話に少しずつ輪に加わることになっていった。
それはこんなにもこの男冗舌だったかと思わせるぐらいいつの間にか二人とも奴の話にはまっていったのである。

美沙子は酒の量もかなり入り酔ってきていて、本音では今日田嶋に抱いてほしいと思う気持ちが俺には伝わっていたのが手に取るように感じられた。さすがにいい年の女だから怖いものなど無くなっていて、俺から見ればどうお淑やかにふるまい田嶋が自分に興味を持ってもらおうかという振る舞いをしていたように見えた。いわゆるカマトトのように・・。

案の定田嶋はついに「美沙子さんは今も最高に美しいですが、もちろんご結婚してるんでしょう」  美沙子「前も言ったかも知れませんが、私は結婚なんてしない主義なのよ、言っておくけど私は誘惑されてももうその気にはならないわよ」  田嶋「そんな言い方ないだろ?しかもそれは自惚れてるのかな?」
美沙子「政夫も知ってることだけど、あの時はあなたとの関係で確かに私は感じた。でもそれは昔の話なのよ、今私はあの時のような女盛りでもないし、今日はこうやってあなたに会ってもなんとも感じないし、女は駄目な時は駄目なのよ・・本当なの」  田嶋「おいおい俺が誘っているみたいな言い方よしてくれよ」

美沙子の田嶋を突き放す態度は俺から見れば、逆に田嶋氏の闘志を徐々にかきたてる事になったと判断した。そしてその後いろいろとちょっとエッチな話の展開になっていってついに田嶋から

田嶋「女は所詮は口で拒否しているくらいならウエルカムの時が多いもの、美沙子も今体と気持ちのバランスがずれているだけで、いざとなれば女はみんな好き者なんだよ」美沙子「・・・美沙子なんて勝手に呼びつけにしないでくれるかな、あなたに名前で呼ばれる筋合いはないはずよ!今更なんでいやらしい話ばかりするの?貴方そんなに自分に自信があるの?いい気なモンね」
田嶋「俺もやきがまわったかなハハハ、まあ少しの間だけ君と二人っきりの時間をくれれば答えは白黒出ることになるけどお二人さんどうする?」 美沙子「それってどういう事?」

そして田嶋はきりだした
「10分間彼女を好きなようにさせてくれれば、心底その気にさせてあげられるってことよ」
するとその言葉を待っていたかのように美沙子は
「残念ながら基本的に女は嫌と思ったら駄目なのよ、私も更年期が始まってきていて、今日の私はまったくその気がなく特に駄目だから諦めてね」
自分の中では想定内の展開のはずなのに急なこの話の流れに生まれて初めて心臓がバクバク二人にもわかるくらい音をたてて興奮していた
俺「貴方の話はよくわかった、ただその10分の間俺はどこで待って美沙子さんのイエス、ノーの意思はどうやって聞けばいいの?」俺もふってみた。
しばらく田嶋は業とらしく考えるそぶりをしているようにしていたが、  田嶋「よしこうしよう!10分後に直接彼女に聞いて決めてもらえばいい、その気にならない場合はホテル代ももちろん俺が払い、君達の前には二度と姿は現さない。それでどうた?」

しばらく沈黙が続いた後
田嶋「美沙子はどうする?」  美沙子「10分間で今の私をその気にさせられるって言ったわね、やって見れば、でも私もう酔っちゃったから寝ちゃうわよハハハ」田嶋の表情が変わった!俄然やる気になっていて美沙子が玩具にされるのはもう間違いないことと思われた。そしてすぐに店を出て田嶋の常連の旅館風な連れ込みに三人で入っていくこととなった。

先頭を歩いている田嶋の5メートルほど後ろを美沙子と並んで歩いていたのだが、ちらりと見た美沙子の表情は、昔の借りを返して見せるぐらいの強い決意を秘めたように見えてちょっと安心した

部屋に入ると  田嶋「これからは表情とか見られると恥ずかしいだろうからデンキはつけないぜ、まあ外からの明るさでも充分だろう。布団は隣の部屋に敷いてあるから君は出来る限り服を脱いで待ってなさい」と美沙子を1人となりの部屋へ行くよう命令した。  美沙子「服を自分で脱いでるの?」  田嶋「やだったら脱がんでいいぞ、裸から10分じゃその気になっちゃうもんな」  美沙子「なによその言い方」とちょっとムッとしながら1人隣の部屋に消えていった。

歩いている時とは違って「なによ」と言って隣部屋に行った彼女の表情はこの上もない背徳な表情に変わっていた。そして田嶋は冷蔵庫からウイスキーを取り出しストレートで一口飲むと部屋の時計のタイムを10分後にあわせ始めた

田嶋「おまえも飲むか?そうかそんな気分じゃないよな、でももうすぐ飲まなきゃいられなくなるぞ」「そうそう今日こういうことになったのは俺には責任はないからな、それと10分後美沙子がその気になったからといって激怒して最中を襲うなよ!まあそれでもしょうがないか」と田嶋は急にドスがきいた攻撃的な言動に変わっていた。

俺は渾身の気持ちで言葉を返し 俺「安心してくれどっちにころんでも見守るし、後で出て行けと言われれば時間もつぶすつもりだ」
田嶋「ちょっと隣にスタンバイOKか見てきてくれよ」隣と言ってもこの二部屋は狭くふすま一枚しかないので耳をすませば小さな声でも聞こえてくるレベルなのにと思いつつ襖を開けてとなりの部屋に見に入るとナント美沙子はすでにブラとパンティだけになっていてのである。美沙子がその気になるか、ならないかは別に少なくても10分間彼女は田嶋の容赦ない愛撫を自分から体を開き、目一杯受け入れようとしているのがわかった

よし始めよう!と田嶋は機敏に時計のスイッチをスタートさせ隣部屋に消えた。

3分ほど経ったのだがほとんど無音で男女が二人でその行為を始めているとは思えず、また時間がもの凄く長く感じていてもたってもいられずに隣を覗いてしまおうと決めた。

立って背伸びをすればとなりの部屋を覗くことができたので俺はそっと気がつかれないようにとなりの部屋を上から覗いて見ると彼女はパンティ一枚で正座をしており、その余り大きくない彼女の胸に吸い付いている田嶋が見えた。
とても印象的だったのは彼女は自分の両手をどうしたら、どこに置いたらいいのかまったく意味不明な動きをしていたのだが、表情は田嶋を見ずに横を向いて「こんなの何よと」と言いたそうにも見えたのだが、美沙子を知っている俺からみれば一見気が強く拒否している様に見えているのだが、すでにその大半の牙城は崩されたと判断した
そう前に電話で田嶋との初体験話を聞いていた時に彼女の話では

征服?より?
片方ずつだけど丹念に時に荒々しく乳房を吸われていくうちに、自然と気が入ってきてしまい、ツーンツーンと体の性感帯もうずき始め、乳房だけではこんなに感じない筈なのにと思いながら、時間が長く感じられて私の一番大事な所も、まだ触られてもいないうちにズキンズキンと快感の鼓動を打ち始めてきて、今までの男とのセックスで最後に感じられる感覚が乳房を吸われているだけでやってきたのです。左右を交互に小さくいかされて、その間隔も少しずつ短くなってきて、20回?30回ハッキリと数はわかりませんが、胸だけで私はただの淫雌にさせられてしまってもう彼を拒む気持ちは微塵も消失していました。

そう昔の話だが彼女は胸を吸われるだけで田嶋の術中にはまってしまっていたのだった

彼女が田嶋氏に攻められている姿を初めて目の当たりにしたため俺は異常に興奮してしまい、無我夢中でトイレに入り、自分の息子を慰めた。そう一瞬のうちの射精だったけどズキンズキンとその後の余韻は中年の俺にしては十数年ぶりの感触だった。

一分前に部屋に戻ってきた俺はとなりの部屋の様子をふすまに耳をあてて聞いてみたのだけど、さっきと同じでほとんど無音状態だった。逆にそのことが変にこの場の淫靡な雰囲気を感じられ、すでに勝負はついているような予感がした。

そしてついに時計が鳴った・・・でも10分ではなく12分が経過していたのである。
すかさずふすまを揺らし、二人に時間終了の合図をしたのだけども、時計の音は二人にも聞こえているはずで早速ふすまを開けて見てみた。

もちろんある程度予想はしていたものの、美沙子は左脚に自分のパンティが引っかかっているだけの全裸状態で、二本の長く美しい脚は大きく割れ、開かれていてその間の一番彼女の大事な部分に田嶋の顔がしっかり埋まっていた。
美沙子は相変わらず無関心なように横を向いて田嶋の愛撫を一見無視するかにも見えたのだが、その表情は12分の間に受けた愛撫で完全に田嶋に支配されていることは一目瞭然だった。
この後彼女に残された今日の運命は、この男の優れた巨根を心身共に受け入れ、その体液をもう妊娠こそしない膣内で敗北者として一滴残さずキッチリ受け留めることだけが宿命と思われた。
ただその代償として女として最高の絶頂感を味わうことが出来るのである。

「時間だな」田嶋は一言私に言葉を投げかけたが、彼女に聞くまでも無く答えは出ていた!田嶋が大事な部分から口を離しても彼女の両脚はすぐに自ら閉じようとしなかったからである
前からいろいろな二人の交尾の話を聞かされていたのだが、いざ目の前に美沙子の裸体を見たら点と線がつながって、最高にエロチックさを味わうことになった。

田嶋は俺の耳元で「今日はかなり長くなるから一時間ぐらい時間つぶして来いよ。さっきの店にボトルも入ってるから飲んでてもいいぜ。それから終わったら連絡する」

俺は自慰してしまったこともあるのかもしれないが、結構平常心で部屋を出て1人飲んで待つことにした。

朝の目覚めは姉のフェラチオ!?

(まだ起きてこないのかしら?○○…)
今年3回目の受験を失敗し、また浪人生活を始めた弟。
きっと昨日も遅くまで勉強していたに違いない。
ゆっくり寝かしてあげようかナ?
でも朝ゴハンの用意しちゃったし、
起こしに行ってこよ。
「○○、もう朝だよ。
 イイかげん起きたら?」
弟の部屋を開けると、
むぅーんっとしたオトコの匂いが充満していた。

「ほらっ、朝ゴハンできてるよっ」
弟の寝息はまだ続いている。
その時、弟の腰に掛けられているタオルケットの
一部分が突起しているのに気がついてしまった。
(あ、ヤダ。このコ、朝勃ちしてるワ…)
もとカレと別れて3ヶ月。
日照りが続き、実は昨晩も自分を慰めてしまった。
(あぁっん、ナンか久し振りにオトコのモノ、見ちゃった)
もうちょっと見ちゃおうかな。
見るだけ、だから…

タオルケットをはだけると、
そこに弟の勃起が目の前にあった!
トランクスは穿いているというものの、
はちきれんばかりの勢いで天を突いている。
(結構、大きいじゃない…)
弟のモノに顔を近づけてみる。
(クッサイ?っ。
 きっとこのコ、昨日オナニーしたのよね。
 だから、こんなにイカ臭いんだワ…)
で、でも嫌いじゃない…
この匂い、私好きなの…

弟の寝息からすると
まだ起きそうにない。
(もう少し…
 ジカに見たい。)
弟のトランクスに手をやり下にずらす。
若い勃起が邪魔をして下ろしずらい。
ビクンッと音を立てるようにして
弟のモノが宙に躍り出た。
(あぁっ、これ、これよっ!)
まさしく求めていたモノだった。
この大きさ、この角度、この匂い…
もう、私どうかなっちゃう…

そっと下半身の女芯に手をやった。
ヤダ。私、こんなに濡れてる…
ぴちゃあぁっ。
感じすぎるっ!
弟の部屋で弟のチムポを目の前にして
自分を慰めている姉!
背徳的な気分が更に私の快感を高めた。
(見てるだけじゃ、ガマンできない…)
はじめは見るだけのつもりだった。
だけど、どうしろって言うの?
(お願い、ちょっとだけでいいから
 舐めたいの…。いいでしょ?)

返事をするわけもない弟に
すがるように話しかける。もちろん弟は何も答えない。
(いいよネ、お姉ちゃんに
 ちょっとだけ○○のモノ貸してくれる?)
そっと弟のモノに手をやる。
(ア、アツィッ! そして硬いワ…)
このコの、大きいだけじゃなくて、こんなにスゴイだなんて…
わたしはもう我慢できずに、弟のモノをいきなり咥え込んだ。
(むぅぐぅっ。くふぅぅん、もごっ…)

私は弟のモノを喉奥深く、咥え込んだ。
(あぁ。すごい。
 ○○のチムポ、すごいのよ。
 お姉ちゃんのおクチの中で、あぁん…)
ゆっくりと顔を前後させ、
弟のモノをたっぷり楽しむ。
亀頭を重点的に攻めたり、サオをハーモニカの様に吸い上げたり。
弟のモノをしゃぶりながら、私の右手は
私自身をいじくっていた。
(あぁん、私、弟のチムポをフェラチオしながら
 自分でオナニーしてるの…。あぁ!こんな姉っているかしら?)

自分へ向けて淫靡な言葉をつぶやくと
興奮は否応が無く高まっていった。
(んっ、んむぅうんっ!
 あ、だめェッ!ク、クリトリスが感じるっう。)
私、もうイッちゃうわ…
(ねえ、○○ッ。○○もイッていいのよ!)
私一人で絶頂を迎えるのは忍びなかった。
弟も射精させてやる!
私のバキューム、凄いんだから!
一段と激しく、弟のチムポを吸い上げた。
一瞬、弟の声が聞こえたような気もした。
でも頂点に達しようとしていた私にはかすかにした聞こえなかった。

「アァッ。イクゥッ。イイィ、イクゥウッ!」
思わず声が出てしまっていた。
イッた瞬間、弟のモノから口が外れてしまったが
あわててもう一度弟のチムポを頬張る。
(ちゅうぱあぁっ!しゅぽぉおうっ!)
私はあらん限りの力でバキュームした!
(き、来たッ!)
私の口の中で、弟のモノが脈動を始めた…
次の瞬間、ノドの奥にアツイものが突き刺さった。
ドクッ。ドクッ…。ドクッ…。
何度も何度も弟の射精は続いた。
(こ、こんなに出るものなの?)
その間も私は吸い続けた。

ようやく弟の射精が終わった。
私は弟のモノを咥えたまま、
喉の奥に残っていた弟のザーメンを余すところなく飲み干した。
弟のチムポに残っていたザーメンも吸い尽くすと
私は名残惜しかった弟のチムポから口をはずす。
私のよだれが糸をひいている。
(はぁうん。良かったよ。○○)
心の中でつぶやき、弟の顔を見つめる。
(このコ、ホントに目が覚めてないのかしら?)
ちょっと不安にもなったが、そのまま部屋を出た。

朝食を終え、予備校に出かける弟。
玄関まで見送ると、弟は私に向かってそっと呟いた。
「姉ちゃんさぁ。
 オレって朝、全然起きれないから
 これから毎日、起こしに来てくれないかなぁ。
 頼むよ…」
そう言うと、弟は(ニタァーッ)と笑って出かけて行った!!!


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード