萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

その他

アイドル候補生の秘密のレッスン

アイドル候補の女の子には、必ず通っていただくレッスンがある。
昨夜も19歳の奈々が週1回のレッスンにやってきた。
グラビアもこなさなければならない以上、可愛い中にも艶っぽさを感じなければ、男の目には留まらないのだ。

奈々はここで縛られて体を弄ばれ、アクメを迎えるのだが、その様子は密かに撮影される。
十字架の棒に手足を拡げて縛られた奈々・・・初めは泣き叫んで、目隠しされて押さえつけられ、裸に剥かれて縛り上げられて、マンコを蹂躙されてイキまくった。
クリを剥かれて撫でられ続け、過去の性体験などを訊問され、洗いざらい白状させられた奈々の映像も撮影された。

だが、今ではすっかり従順にハリツケになっている。
奈々の足を開かせて左右の足首を足枷に括った。
これで奈々は体の自由を奪われ、足を閉じることができない。
そして正面は鏡になっており、その後ろにはビデオカメラが、斜め上から俯瞰気味、正面、斜め下からあおり気味、と3台仕掛けられていた。
そこに大の字にハリツケにされた奈々が映る。

大の字に縛られた19歳のアイドルは可愛かった。
少しずつ青年誌のグラビアに登場してきたアイドルの清純が牝に変身する。
私は奈々の背後から巨乳を鷲掴みにして揉みほぐす。もう片手で股間をまさぐる。
「うぅ~~うぅん・・・」

虚ろな目をした奈々の股間の亀裂に中指を添えて、前後に動かしていくと滲む牝汁で次第に指がめり込んでゆく。
指先に感じる窪みからはトロトロと牝汁が流れ、それをクリトリスの皮に塗って揉みほぐす。
クリトリスが固くなるほどに奈々は悶え始める。
「あうぅ~うあぁ、ああん・・・」
赤い透明な細いサック・・・そう、クリキャップだ。
これを摘まんで奈々のクリトリスに押し当て、放す・・・キュッと吸い付き、クリを吸引する。

赤いクリキャップを股間から突き出した惨めな格好を、奈々はチラリとみやり、目を伏せる。
そして、イボイボのついたバイブレーターを奈々のマン穴に埋め込みはじめる。
クリを刺激する突起をクリキャップに当てないように捻りながら、15㎝ほど埋め込み、スイッチを入れた。
「あうう~あう~~あぅ~ああ~~~~」
溢れる牝汁がバイブレーターの振動で飛沫になる。
感じて腰が動くとクリキャップもユラユラした。

ついにクリキャップの吸引力が奈々の腰の動きに負けて外れて飛んだ。
外れてもなお、クリトリスは吸われ続けて皮から飛び出て膨らんだままだ。
バイブを回転させ、クリトリスを振動させる突起を当てた。
「うひぃ~~うひうひぃ~~あぅうぁあ~ああ~~」
そのバイブを革バンドで固定して、落ちないように奈々の腰にベルトのように結んだ。
奈々の股間でバイブレーターがマン穴と剥きあげクリトリスを震わせて固定された。
     
大の字に縛られた奈々の恥ずかしい穴に埋め込まれたバイブレーター・・・その快感に身悶えするあられもない姿が鏡に映されて、奈々自身、縛られ姿に見入りながら、更に腰を震わせた。
「うぃうぃぐう~~~おあおあおあ~あぅあぅ~~~」
素っ裸で大の字にハリツケにされた奈々の肌が上気して桃色になり、めくるめくエクスタシーの世界で悶え啼くアイドル候補生の奈々・・・
「うううう~あぐうううううう・・・・ひぐう~ひぃんぐう~ひぃううう~」

奈々の体は、恥ずかしい責めに悦ぶようになっていた。
「ぅうう~ぐう~ぐ^うう~ふぅうう~」
奈々はカメラに記録されているとも知らず、大の字のまま、惨めで淫らな格好でエクスタシーの境地を彷徨っていた。
「ひぃぐう~ひぃうう~ひぃぐぅ~ひぃぐうぅ~ひぃぐうひぅう~あうっあうっあうっ」
奈々の身体が痙攣しだして、悶えて喘ぐ奈々はついに、ガクッと気を失った。

奈々をハリツケから解放し、鏡の前にベッドを移動しそこで奈々を抱く。
19歳のアイドルが中年男のペニスを受け入れ、淫らに喘ぎ、悶えた。
奈々は、狂酔した快楽を駆け巡る境地で意識ではなく、本能だけが反応しているエクスタシーなのだ。

そして翌日から、可愛さの中に艶気を滲ませるアイドル候補生として、細かな仕事に精を出すのだ。
これで奈々が売れれば、後に撮りためた卑猥な画像も高額で売れるのだ。
あの清純アイドルも、あの清楚な女優にまでなったアイドルも、ここでの淫情滴る映像は、高額で売れた。

ああああああああ

わたしは京都に住む40歳と32歳の夫婦です。
子供もようやく手を離れ、妻と最近はよく食事や散歩へとよく出歩きます。
今までは妻も私もSEXには淡白な方だと思ってました。
現に月に2~3回くらいがせきのやまでした。
先週の日曜日、大阪の日本橋と言うところに妻とテレビを買いに行った時
の話です。
地下鉄のホームで電車のスポーツ新聞を見ていたら、いろいろHな記事が
ズラリ並んでいました。
妻と人目を気にしながら読んでいたら、カップル喫茶の欄があり妻がこれ
なあにと私に聞いてきました。
私も実際行った事なかったんですが大体の想像はついていましたので知り
える範囲で妻に説明しました。
妻は相当の衝撃があったらしくしばらく無言だった。
その顔を見ると完全に想像だけで興奮しているのが私にはわかりました。
実際のところ私も興味がないわけもなく妻に今日行ってみようかと切だし
ました。
へたすりゃ、しばらく口を聞いてもらえないかも知れないかと内心はひや
ひやでしたが、妻もあたまっから拒否せず知ってるひとがいたらどうする
のとかこの年で行ったら笑われるわよとかまんざらでもない返事です。
ようし今日は社会勉強のつもりで行ってみようよ、変な雰囲気ならすぐに
出れば良いじゃないかとすんなり決行と相成りました。
おそるおそる門をたたいたのは上本町にあるカップル喫茶です。
入り口は地下へ降りる階段のおくで何やら怪しげなムードです、勇気を出
していざ突入すると暗い廊下があり突き当たりに受け付けが見えました。
しり込みする妻に行ってみようよとあちこち見まわしながら進むと、廊下
からみえるボックスで上半身裸の女性が男性の股間にまたがってオッパイ
を愛撫されてるではありませんか。
私たち夫婦は目が点になりながらも見て見ぬ振りでとりあえず受付まで、
足を運びました。
おどおどした様子で分かったのか店員さんが、はじめてのご来店ですかと
尋ねました。
はいと答えるといろいろ説明をしてくれましたが、妻も私も先ほどの刺激
で気もそぞろで料金を払った以外何も覚えてませんでした。
言われるままにBOXへ案内されドリンクを頂きしばらくは二人して、固
まっていました。
妻がすごい所ねと言った顔は今までに見たことのないような表現できない
陶酔した顔でした。
私が上を見てごらんと言いました、なんと天井がガラス張りで全体が覗け
る仕組みになってます。
すでに妻は感じてました触っても良いかと聞くとお願いと言う返事が返り
さすがに服は脱げませんでしたがまくり上げたスカートからすでに濡れた
パンティを下ろしさっき見たカップルのごとくすんなり合体してしまいま
した。
いつもは義務のようにしかしなかったSEXがこんなにドキドキの中で、
興奮しまくりの行為など私たち夫婦には信じられない事です。
あっさり果ててしまった私のジュニアを妻はフェラしてくれました。
これも私たち夫婦始まって以来の事です。
そして20分くらい余韻に浸ってカップル喫茶を跡にしましたがあの興奮が
今でも忘れられません。
私も妻も癖になりそうな気がします。
以上はじめての経験でした。

Tokyo!

Chu→2のBoyです。Tokyo!に修学旅行に行きました。
男女の班行動で、男子は女子達と離れたりしてナイショでパンツ撮ってました。
俺達も自撮り棒に付けたスマホ、デジカメを逆さに持って撮ったり、袋に入れた
ビデオカメラで撮りました。Tokyo!の中学生、高校生、大学生、若い人、どこかの修学旅行生とか
撮りましたが、そばに同じ班の女子がいるのでこっちも撮りました。別の班の女子も撮りました。
電車乗ってるときとか同じ班の女子は結構撮りました。たまに女子がアトラクション
待ってるとき、人を待ってるときとか俺達のそば、足元でしゃがんでるときがあって、まわりの人から
パンツ見えそうなときはしゃがんだ前に荷物を置くんですが、壁なんかがあったら、壁のほうに向いて
しゃがんで、まわりからパンツが見えないときはしゃがんだ前に荷物を置かないときがありました。
そういうときはバレないように自撮り棒を使って女子の前から撮りました。
電車乗ったとき、女子1人が座席に座って、そばのドアのところで女子2人がドアのほうを
向いてしゃがんで、その隣に俺が立ってて、しゃがんだ女子の後ろにも男子が立ってました。
しゃがんだ女子2人は、疲れたのか顔を下に向けて寝てしまいました。俺は、自撮り棒で
前から2人のパンツ撮りました。そういえば、ディズニーランドは、自撮り棒禁止ですが、
俺達バンバン自撮り棒使ってみんなの写真撮ったり、パンツ撮ってました。
しゃがんでる女子を前から撮ったり、ショップで買い物してる女とか撮りました。ビデオカメラでも
バンバン撮りました。原宿、渋谷行ったとき、女子が買い物してて俺達ヒマになったとき、店員さんの
パンツを撮りました。有名なブランドの店員さんは、白、ブルー、ピンクでもシルク生地のパンツで
おっしゃれ~なパンツの店員さんがいましたが、白の綿生地、白にピンクの花柄、ピンクにいちご柄の
パンツのおこちゃまパンツの店員さんがいました。ちなみに、しゃがんでた女子は、白の綿生地、白とピンクの
しましま、白とグレーのしましま、ピンクでプリキュアのフロントプリントとか撮れました。だいたいスカートの
中に体育のハーフパンツをはいてるんですが、体育が無いからか?修学旅行だからか?パンツでした。
しゃがんでるので大股開いてM字で、なんかおまんこのとこがぷっくりしてパンツ丸見えで、
電車でしゃがんで寝てた女子は、電車が揺れるたびさらに大股になってきてさらに丸見えになってました。
そういえば、こんなことがありました。渋谷で買い物して別の班と合流するのでみんなで別の班の人が
来るのを待ってたんですが、女子の一人がコンタクトしててコンタクトを落としてしまいました。
みんなで探すことになって女子達は並んでしゃがんで探して、男子達は女子達のまわりを探しました。
なんか前を歩いてる人達が、クスクス笑って歩いていきます。俺は女子達の前に行くと、女子3人しゃがんで
パンツ丸見えでコンタクトを探してました。白に赤の王冠の柄、白、白のパンツが並んでました。
イケメンもきれいな女性も笑って通り過ぎて行きます。ほかの男子もみんなパンツに気が付いて、
男子みんなでアイコンタクトしてパンツ見ながらコンタクトを探しました。写メ撮ってるイケメン、
何度も前を通ってパンツ見てたイケメンが何人もいました。「あっ!パンチラ!」、「パンツ見えてる!」、「パンツ」
とか言ってるのが聞こえました。信号待ちしてる車に乗ってる人達も窓開けて「パンツ見えるよ」とか言って
大爆笑してて、スマホ出して「修学旅行生!渋谷の記念にハイ!パンツ!」って言って写メ撮って笑って車は
行ってしまいました。そしてやっとコンタクトが見つかりました。そして別の班の人達が来ました。
時間にして何分かわかりませんが長時間探してたので長時間パンツ見えてました。まず、俺達が長時間
パンツ見れたのですから。女子はたくさんのTokyo!の人達にパンツ見られ、撮られました。俺達、もちろん
このパンツもコンタクト探しながらスマホ持って撮りました。前を歩いて笑いながらパンツ見てた人、前で写メ
撮ってた人、さっきの車の人なんかも撮れててたくさんの人に見られて撮られた女子に大興奮でした。
たくさんパンツ撮れて超楽しい修学旅行でした。またTokyo!にパンツ撮りに行きます!I love Tokyo!

2人以上だとキャァキャア言いながらもあっさり口説いて入浴出来た

      
中学年くらいとお風呂は、一人だと恥ずかしがって中々口説くのは難しいけど、2人以上になるとキャァキャア言いながらもわりとあっさり入浴出来たものだ。
複数だと若干開放的になるのかちん○に興味を持って女児から触ってくるコもいるくらい。
ましてや男兄弟のいないコなんて勃起の存在に疎いから、いくらでも触らせる事が出来たし触る事も普通に出来たもんだ。
中途半端に触りっこ程度に終わらせると他言される可能性もあったが徹底して気持ちよくさせてあげたり射精まで見せつけたら女児も本能的にいけない事と感じてキツく口止めしたら結構内密にしてくれてまたしようねって言ってくれたり。
女児でも一旦箍が外れると性欲むき出しに迫ってきてホントにちん○が乾く間もないくらいで楽しかったわ。
女児の惚けた顔はたまらんかった。
   
   
私は約15年前になりますが近所の女児11歳10歳8歳と3人で入ったことがあります。
個々だと嫌悪感丸出しなのに3人だと入ってきましたからね。
湯船淵に腰掛けて勃起ブツを見せてやりましたし触らせてもみましたし。
勿論順番に3人とも見せてもらいましたよ、Wちゃん。
それぞれの形と色と。
個々に自らクパァさせながら自分で捌いて抜きましたょ。
3人の女児の見てる前で放出する瞬間の背徳感は失神しそうになる位だったのを、15年の時を経て今でも鮮明に記憶しています。
一番ませてた10歳の子が一番なついてくれてて他の2人に内緒で遊びに来てくれては
真っパで抱き合ったり… 挿入以外のことは全てやってました。
難を言えばFしてくれても精飲は無理だった事くらい。
回顧するならばもうチョイ強引に突き立てれば挿入可能だったかも…
ローション使ってみたけど無理かなぁって感じだった。
今でも当時を思い出しては良きオカズとして使ってるほど。
ホント女児(子供)の性欲って凄いですもんね。
男の生理を知らないからもう一回もう一回って懇願されて難儀したものです。
懐かしい思い出です。
     

2ヶ月ほど前の事です。

2ヶ月ほど前の事です。
妻は32歳で真面目な性格のスレンダーな体型をしています。
書き込みに数人の方からレスがあり、その中の一人の方とやり取りしました。
その方は50代の既婚男性でカメラ店を経営されていました。
歳はかなり離れていたのですが偶然にも同じ市の方だったのでその方に決めたのです。
その方と色々とメールで話し合い、実際に合ってみました。
お酒を飲みながら色々と計画を練りました。
その結果、その方の店に妻がパートに行くように仕向けてみようと言う事になりました。
妻も子育てが一段落したのでパートを探していた事も有りますが。
妻の探している時間などの条件は聞いて知っていたので、条件に合うような求人のビラを作って貰い自宅マンションの全てのポストに入れておいてもらいました。
結果、妻はその求人広告に引っ掛かりました、他にも2人の奥さんの反応があったらしいのですが、当然相手の男性は妻を採用しました。
相手の男性は慎重な性格の方で妻が慣れてくるまで普通に接していたようです。
妻が働き初めて半月ほどしてから、相手の男性が妻を始めて食事に誘いました、
しかし相手の男性はその時は何もそんな素振りも見せないようにしたそうです。
私はもどかしかったのですが、お任せしていたので状況を見守りました。
その後、相手の男性は何度も妻を食事に連れて行きました、妻もかなり年上であまり警戒心はなかったようでした。
最初は一緒に昼食にいく程度だったようですが一月後には、店を閉める時間に妻と約束して夕食に出かける位になっていました、
妻もご馳走して貰える事に魅力があったのか、それとも雇い主の誘いを断れなかったのかは分りませんが、子供を祖母に預けて出かけてました。
私は何時も残業で帰宅は深夜だった事も後押ししていたのかも知れません。
そして先週の木曜日に突然相手の男性から私の携帯に連絡が入りました、午後9時過ぎでした。
(今、奥さんと食事しているんだけど・・・)と連絡がありました。
その内容は、相手の男性が妻と食事をしながら妻をモデルに写真を撮らせてほしいと妻に言ったそうです、妻の反応も悪くなかったので相手の男性は
(出来れば、少しエッチな撮影もしたいんだけど・・)
と言ったそうです、妻は暫く考えて
(変な目的じゃなければ、下着姿までなら・・・)
と承諾したと言う事で、私に確認するために電話したとの事でした。
これからは、後日に写真を見せて貰いながら聞いた話です。
その日、相手の男性は食事の後、妻を連れて店に戻りカメラを持ち出し、河川敷や公園でまず妻の普通の写真などを撮りその後、妻を連れてホテルに入ったそうです。
その頃には妻も緊張していた雰囲気だったらしいです。
妻も大人の女です、当然ある程度の事は理解してたようでした。
部屋に入り、着衣姿の撮影から始まり徐々に脱がして撮影したらしく写真を私に見せながら説明してくれました。
そして下着姿の妻の写真のあとブラをとり乳房を隠すような仕草の写真へと続きました。
胸が高鳴りました。
結局、妻は全裸にされて撮影されていました。
全裸と言っても服を着ていないだけでそれ程卑猥では有りませんでしたが私は興奮しました、
その後シャワーを浴びる妻の写真はなりました。
この時点で私は当日何があったか聞いていませんでしたが相手の男性は別の袋から続きの写真を見せてくれました。
その写真は1枚目から驚くような写真でした。
ベットの上で妻が股を少し開いて伏し目でカメラを見つめていました。
そのポーズの写真が何枚か続いたあと、妻の横にパンツ一枚の姿の相手が写っていました。
この後は最後に相手の男性が妻がシャワーを浴びている最中に妻には秘密でセットしたと言う隠し撮りのビデオも貰ったのでその事を書いておきます、
ベットの上で色々と注文されてポーズを取る妻の撮影していた彼はカメラを三脚にセットして、妻の横に寝転びました。
妻もその後の流れは覚悟していたようであまり驚く様子もありませんでした。
彼は、時折リモコンで撮影しながら妻の乳房から愛撫し始めました。
彼に乳房を舌先で愛撫され、指で陰部を愛撫されていた妻は次第に喘ぎ始めました。
暫くすると妻は自ら彼のパンツに手を伸ばしペニスを擦り始めたのです。
この行動には正直驚きました。
そして彼がパンツを脱ぐと、妻はゆっくりと姿勢を変えて彼のペニスを握り締め、舌先を這わせ始めたのです。
ここまで行けば、当然のように行為は進んでいきました。
暫く妻にフェラさせていた彼は妻をベットに再び寝かせ妻の上に覆い被さるように体勢を変えると、妻も自ら脚を開きました。
彼は勃起したペニスをそのまま妻にゆっくりと挿入しました、
彼の動きに合わせ妻も喘いでいました。
体位を変え、バックで激しくピストンされた妻の姿は非常に卑猥でした、
その後また正上位に変り相手の男性は激しく腰を動かして妻からペニスを抜くと、妻の乳房に射精したのです。
暫くすると妻も恥ずかしくなってきた様で照れながら彼と会話していました。
ビデオはここまででしたが、彼の話ではその後、今週になって2度ほど昼間のお客さんの殆ど来ない時間帯に店を閉めて店の奥の部屋で妻と交わったとのことでした。
実際にその写真も見せてもらいました。
上半身は服を着たまま彼にフェラしている写真やバックで妻に彼のペニスが挿入されている写真、そして最後には口を開き口内に精液を溜めながら恥ずかしそうな笑顔でカメラを見つめる妻が写っていました。

25歳妻の男遊びを認めています。

25歳妻の男遊びを認めています。

経験は3Pを2年ほど、SWは経験なしです。

最近、とあるサイトで知り合ったカップルさん主催の輪姦プレイに見学として3回ほど参加しました。


今日の夕方から、男と会う約束をしているみたいで、今出かけています。

妻が出かける前にこそっと携帯を覗いたら、相手の男にびっくりしました。

先日輪姦プレイに見学として参加したのですが、

なんとその主催者の男性でした。


その男性はこれまでに何人もの女性を輪姦調教しているベテランです。



妻は最初は輪姦に拒否反応を示していました。

でも、実際に輪姦の現場を見たことで、妻の輪姦に対する拒否反応がかなり少なくなったようです。

そして今、その男性が妻を説得してくれるのを祈っています。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

15歳の姪っ子と 2

「こんばんは・・」

先に挨拶したのは、真奈美の横に立っていた男の子でした。
横にいた真奈美がそれに続きます。
「こんばんは。お父さんからここに行けって言われて・・・本当にすいません。」

そんなことよりこの男の子は誰なんだ・・・
私が固まってたのを察してか、真奈美が言います。
「あ、この子は私の彼氏で・・・さっきまでこの子の家にいたんですけど、オジサンちに行くっていったら心配して送ってくれたんです」

この子って真奈美はいうけど、どうみても中学生には見えない。

「小学生の時の同級生って聞いてるけど?」
「あ、ううん、ごめんなさい。お父さんを心配させたくなくて・・・彼はもう高校3年生なんです。だからお父さんには内緒にしてもらえますか?」

「あ、そうなの?うんまあいいけど・・・まあ、とにかく上がりなよ。あ、彼氏くん、見送りありがとね。帰りは気をつけて。」
「あ!あの、僕も泊めてもらえませんか?家が遠くて・・・」
「オジさん、私からもお願いします。今夜だけでいいんで。」
「えっ!でも聞いてなかったから布団も3人分無いしねえ・・・(かといって未成年を夜遅く放り出せないか・・・)」

(仕方ない、やっぱり俺は今夜はホテル探すかな・・・)

「わかった、まあとりあえず二人共上がりなよ」
「ありがとうございます!」

すっかり男の子に気を取られていた私ですが、玄関に入って部屋の明かりに照らされた真奈美の姿に圧倒されました。
真奈美の着ている薄い生地のポロシャツの胸は、はちきれんばかりの巨乳でした。
身長は小さく小柄、おそらく150センチちょっと。
しかし胸は控えめに見てもD、いやおそらくFカップくらいはあろうかというものでした。
それでいて、地球の重力など太刀打ち出来ないといわんばかりに、真横にボンと張り出しています。

(顔はまだ小学生みたいな顔してるのに・・・この彼氏とセックスもしてるのだろうか?)

私は一瞬にして、自分だけホテルに泊まるという案を却下しました。
私の頭のなかは、真奈美のオッパイでイッパイになっていました。

★★高校の女子のパンチラならおまかせ!  俺達!パンチラ撮ってる男子!  PANTY!ぱんてぃー!おパンティー!

俺!★★高校2年生!みんなでパンチラ撮ってます!スマホ、ビデオカメラ
両方使ってます!学校、行き帰りの電車、本屋とかで撮ってます!
うちの高校は小学校、中学校、大学があるのでそっちに遠征して撮ったりもします!
よく物を落としてしゃがませて拾ってもらってパンチラ狙ったりしますが、俺達も
お金とか落として拾ってもらってパンチラ撮ります!クラスの女子は、話してて後ろから
撮ったり、大音量の音楽を聞かせて後ろから撮ったり、撮れそうだったらあらゆる
手段使って撮ってます!もちろんほかの学校の女子も撮ります!

↓の奴

おっさん、きもいからやめろ
まじきもいわー
くそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそくそ



じゃ。

『スカートめくりカレンダー』

            
 『スカートめくりカレンダー』は、コネタで初めて紹介して大きな反響を呼び、山田涼介主演のドラマ『金田一少年の事件簿N』で金田一一(はじめ)が使用しているロッカールームの小道具としても使用された。  
 待望の2015年バージョンが発売される、スカートをめくると、翌月のカレンダーが出てくる。  
 12月をめくると何が出てくるかはお楽しみに。 ( ←画像検索 )   
           



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード