萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

いたずら

とめられない気持ち?


(続きです)

気づいたら、ホテルの自分の部屋の前まで来ていました。
(オナニーしたい)
したくてしたくて、たまりません。
キーでドアを開けた私は・・・
ベッドに倒れこんでいました。
(ああん、恥ずかしい)
タレ目さんのニヤニヤ顔が、脳裏に浮かびます。
(恥ずかしい)
(恥ずかしいよ)
Tシャツをたくしあげている私がいました。
中のパンツごと、ジーンズを下ろしてしまいます。

(ああん、最高。。。)

あそこに指先を伸ばすと・・・
もう、びちゃびちゃになっていました。

興奮が冷めやらず、オナニーしたい自分を抑えられません。
でも・・・
(どうせなら)
(どうせならあのプールで)
いまにも快感の頂点を呼び起こしたい気持ちを必死に我慢します。

(屋上のプールに行けば)
(どうせ今なら誰もいない)

買ってきた白の水着からタグを外しました。
一生懸命に頭を働かせて・・・
必要な荷物を、トートバッグに詰めます。
デジカメも忘れずに入れました。
ただのコンパクトなデジカメですが、それでもかまいません。

一昨日から考えていたのです。
(無人のプールで写真を撮りたい)
(真っ裸でポーズする自分を撮ってみたい)
そんなことしたって、何かがあるわけじゃありません。
(でも)
真っ青な空の下・・・
照り付ける陽射しの下で、セルフタイマーのカメラに向き合う私・・・
ひとけのない無人のプールで、たったひとりの私・・・
その場面を想像するだけで興奮できました。

(できる)
いまの私なら・・・
(自分自身に酔いながら、写真を撮れる)
うぬぼれてポーズをとる恥ずかしい自分を・・・
(かたちに残して興奮できる)

タレ目さんのおかげで、気持ちに火がついています。
部屋を出た私は、最上階にあがりました。
エレベーターの扉が開くと、左右に廊下が伸びています。
左に行くと、エステ・・・
右に進めば目的の屋上プールです。

つきあたりで男女別の更衣室に分かれます。
女性側に入って、そのまま中を通り抜けました。
(たぶん、誰もいない)
ほとんどの人は、ビーチ沿いのメインプールに行くはずです。
こちらは、ホテルの設備としていちおうまだ残っているだけという感じの・・・
古くて面白味のない、まるで忘れられた存在(?)みたいなプールでした。
しかも、
(この時間なら)
わざわざここに上がってくる人なんて、誰もいなくて当然です。

更衣室の奥の出口を抜ければ、そこが屋上のプールでした。
様子を見ようと顔を出しかけて・・・
(あ。。。)
(人がいる。。。)

ドアの隙間から、そっと様子を窺いました。
(3人・・・)
白人の男性が3人、プールの中でばしゃばしゃ遊んでいます。
(うーん)
(これはだめだ)
ちょっと途方にくれました。
人がいる以上、写真は諦めるしかありません。
それにしても、
(なんでこんな時間から)
ついてないとしか言いようがありませんでした。

(どうしようか)
とりあえず、買ったばかりの白の水着に着替えます。
サイズは問題ありませんでした。
裏地は、やっぱりゴワゴワします。
(カメラは諦めるにしても、また人前で恥ずかしいことする?)

オナニーしそこねたことで、気持ちは昂ぶっていました。
私はひとりです。
周りに邪魔する人はいませんでした。
そういうことをするのに、チャンスなのは間違いありません。
でも、頭は冷静でした。
さすがに3人相手ではリスクが高すぎます。
(しかも外国人)
相手がどんな人間なのか、見当もつきません。
私の性格では、関わることすら『ぜったいに無理』でした。
とりあえず彼らのことはスルーです。
考えるまでもなく結論が出ていました。
たとえ、なにかをやるにしても・・・
時間をおいて、次の巡り合わせを待つしかありません。

水着姿になった私は、荷物をすべて持って屋上に出ました。

3人が、いっせいに私を見ます。
が・・・、それも一瞬のことでした。
自分たち以外にも人が来た、というだけのことにすぎません。

ここのプールは、ひとつだけです。
ひょうたん型と言うか、落花生の殻のような形のプールが真ん中にありました。
その中央には、水面ぎりぎりの高さでゆるいアーチ状の架け橋通路がかかっています。
幅は1mぐらいでしょうか。
プールの外周をまわりこまなくても、そこを渡れば反対側へと渡れるようになっていました。
周辺には、3か所にパラソルが立っています。

(まさか先客がいるとはね)

とりあえず、この人たちがいなくなるのを待つしかありません。
どうせ部屋に戻ったって、ひとりでやることもないのです。
持久戦(?)の覚悟でした。
1日じゅう、ここでチャンスを待ったってかまいません。

一番近いパラソルの下に入りました。
ビーチチェアに腰かけます。
トートバッグからドリンクを出しました。
水分を補給しながら、彼らを観察します。

そして・・・
意外と、彼らが若いことに驚きました。
こうして近くで見てみると、22?23歳ぐらいに見える男性ひとりと・・・
17?18歳ぐらいに見える男の子ふたりです。

話している言葉は英語ではありませんでした。
(スペイン語?)
(ポルトガル語?)
正直なところ、よくわかりません。

年長の男の子は、すごく顔が整っていました。
日本に来ればそのままモデルにでもなれるんじゃないかと思うような顔立ちで、
(かっこいいな)
思わず目を惹かれてしまいます。
ブラウンの瞳に、長いまつ毛が印象的でした。

若い子のほうのひとりは・・・
ソバカスいっぱいで愛嬌のある顔をしています。
もうひとりは、顔がしゅっと長くて涼しい目をしている子でした。

『ソバカスくん』と『面長くん』が、ふたりではしゃいでいて・・・
『ブラウン君』が、静かで落ち着いている感じといったところでしょうか。
3人とも、遊びながらときどきチラチラ私のほうを見ています。
もの珍しそうなものを見ているときのような視線を感じました。
ここにひとりでいる自分が場違いな気がして、すごく気後れしてしまいます。

その場にいることに引け目を感じながらも、のんびりすごしているふりをします。
(けっこう暑いな)
水面に反射する陽射しの光を見ながら、しばらく時間をつぶしていました。
ぼーっとプールを眺めていると・・・
どうしても、ブラウン君の顔ばかりに目が行ってしまいます。
(整った顔だなあ)
(どうしても見ちゃう)
でも、もし目が合ったら気まずいし・・・
(サングラスを持って来ればよかったな)
ひとりでビーチチェアにいる私・・・
彼も、ときどきこっちをチラチラ見ています。
水着の私に対する『視線』を、それとなく感じていました。

ソバカスくんと面長くんは、
「※※※※!」
「※※※※※!!」
ふたりで架け橋通路の中央に立って、プールへの落とし合いをしています。
まるで子どもでした。
笑顔を弾けさせながら、楽しくてしょうがないという感じです。

しばらく経って・・・
はしゃぐふたりをよそに、ブラウン君だけが水からあがりました。
こちらのほうへと歩いてきます。

彼と目が合いました。
どんどん近づいてきます。
(どきどき)
内心、ちょっと緊張しました。

「Hello」
「Hi」

「CanIsithere?」
「Sure」

カタカナ英語の私なんかより、はるかに流暢です。
ブラウン君が、私の隣のビーチチェアに腰かけました。

(どうしよう)
相手のほうがはるかに若いとわかっているのに、どんどん固くなってしまいます。
(しゃべれない)
私はすごく緊張していました。

「Doyounotswim?」

「Idon’t」

「Why?」

本当は泳げるのに、思わず嘘をついてしまいます。
「Iキャンナット、swim」
恥ずかしそうに答えてみせました。
うわずった自分の声に、ますます緊張してしまいます。

彼は、私と話したそうでした。
目の前の東洋人の女に、興味津々という感じです。
「Where※※※※※・・?」
けっこう早口で、最後まで聞き取れません。
でも、聞きたがっていることはわかります。

「IcamefromJapan」

(いきなり歳を聞いたら失礼かな)
でも・・・私も尋ね返してみます。
「WouldyoumindifIaskyourage?」

「15」

(え?)

いまこの子は『fifteen』と言いました。
(え?・・・・15歳なの!?)
私の中で、ちょっとした衝撃でした。
欧米人は大人っぽく、日本人は幼く見えるとはいいますが・・・
(この子が15歳だなんて)
日本でいえば、まだ中学生です。

あとのふたりのことも聞いてみます。

「They’re13」

(うそでしょう)
顔にこそ出しませんが、内心では驚きを隠せませんでした。
(まだ子供じゃない)

「andyou?」

ブラウン君がニコニコ尋ねてきます。

正直に言うべきか一瞬考えて、
「Youguess」
にっこり微笑んでみせました。
彼が、私の顔をみつめながら考えています。
その澄んだ瞳に、意識を吸い込まれそうな気がしました。
(この子が15歳。。。)

「twenty?」

(え!?)
また、心地よく衝撃を受けていました。
(20?)
この男の子の目には、私が20歳に見えているのです。
くすぐったいような気持ちになりながら、
「Bingo!…awesome!!」
一発で当てられたかのようなふりをして、目を丸くしてみせました。

お互いに顔を見合わせて、
「Huhuhu」
楽しげに笑い合います。
なんとなく、目に見えない壁がなくなったような気がした瞬間でした。

朝よりも、さらに気温が上昇してきています。
時間がゆっくり流れるような、南国に独特の空気感がありました。
外国の男の子とみつめ合いながら、なんだかとても幸せな気分です。

ふたりでおしゃべりしながら、ビーチチェアに座っていました。
(相手は少年)
頭ではそうわかっていながらも、
「Youlookverybeautiful」
(もしかして、ナンパしてる?)
「Areyouseeinganyone?」
(私のことを口説こうとしてるの?)
一生懸命にこっちの気を引こうとする男の子に、自尊心をくすぐられます。

そして・・・
ちゃんと気づいていました。
彼は、私のビキニ姿をけっこう意識しているのがわかります。
目線の動きにそれが現れていました。
からだは細くてグラマーとは言えませんが・・・
それでも、日本人なりに顔には多少の自信がある私です。
「Youdon’tgooutwithyounger?」
この子には悪いけど・・・
(いい気分。。。)
嘘をつきとおすことに決めました。
15歳の彼は、私のことを20歳のおねえさんだと信じているのです。

(それにしても)
(ほんとうに整ったきれいな顔・・・)

こんなことを言ったら申し訳ないけど、さっきのタレ目さんとは大違いです。

(どきどきどき)

胸の中で、ふつふつと衝動がわきあがっていました。

(私のことが気になる?)
(おねえさんのこと、好き?)

トートバッグの中から、デジカメを取り出します。
少し唐突かもしれないと思いましたが、
「picturewithme?」
にっこり微笑みかけました。

「Surething」

手招きして、ブラウン君を自分の横に座らせます。
カメラを持った右腕を前に伸ばして・・・
彼の肩を、抱くように引き寄せました。
顔と顔を寄せ合って、
「one…two…three…」
シャッターを押します。
「ピピッ」
手元でカメラを引っくり返しました。
ふたりで液晶画面を見ます。

「onemoretime?」

「ok」

カメラを自分たちのほうに向け直して、また腕を前に伸ばしました。
思い切って、今度は彼のほっぺたに自分の頬をくっつけてしまいます。
「ピピッ」
いちど離したほっぺたをまたくっつけて、
「ピピッ」
「ピピッ」
何回かシャッターを押していました。

「Thankyou」

にっこり微笑んでみつめると、
「that’sok」
ブラウン君の顔が、ふわっと赤らんでいます。
「どうしたの?」
意地悪して、その顔を覗き込んであげました。
さっきまであんなに積極的に話しかけてきていたくせに、
「・・・・。」
すっかり照れて、まともに私と目を合わせられなくなっています。

彼のシャイぶりが、ちょっと意外でした。
少年とはいえ、外国人です。
こういうスキンシップには慣れているのかと思ったのですが・・・

(かわいい)
こんな子の前で恥をかいたら・・・
(最高に興奮しちゃう)

「※※※※※・・・」
私たちの様子を見ていたのでしょうか。
いつのまにか、
「※※※※・・・」
「※※※※※・・・」
13歳コンビのふたりも近づいてきています。

私のことを見ながら、
「※※※※・・」
「※※※※※※・・!」
すっかりテンションの高い口調でした。

「※※※※※」

3人とも楽しそうな笑顔があふれています。

「※※※※※・・・」

ソバカスくんが、私に話しかけてきました。
「※※※※※※※・・・」
何を言っているのかわかりません。
「※※※※!」
私の手を取って立たせようとしてきました。
面長くんも、きらきらと瞳を輝かせています。

「※※※※」
「※※※※※!」

彼らの表情から感じ取っていました。
いっしょに遊ぼうぜ!と、誘われているのです。
(本当に?)
私としては、願ってもないようなチャンスでした。
(すごい)
心の中で、躊躇う気持ちなど消し飛んでしまいます。
(だいじょうぶ)
(この子たちなら、だいじょうぶ)
やろう・・・

「なあに?・・あっち?」

ビーチチェアから腰をあげました。
彼らの後について、プールサイドを歩いていきます。
架け橋通路をみんなで渡って行くと・・・
途中でソバカスくんとブラウン君の、プールへの落とし合いが始まりました。

(よしっ、いい展開)

「※※※※!!」
力比べのように、ふたりがお互いに腕をつかみあっています。
「※※※!」
もつれあうようにして、
「ざっぱ!」
ふたりともいっしょにプールに落ちていました。
それを見ていた面長くんが、私のほうを振り返ります。
(来るっ)
にこにこ顔で、私に組みついてきました。

「きゃっ!」
力でかなうはずがありません。
「ちょっとお!」
その場にうずくまって抵抗する私・・・
「きゃあ!」

あっという間に、
「じゃっば!」
プールに落とされていました。
「ぷは」
水から顔を出した私を見て、
「※※※※※!」
「※※※!」
先に落ちたふたりが楽しそうに笑っています。

通路の上にひとり残って、
「※※※※!」
勝ち誇ったように、はしゃぐ面長くん・・・
「Hahahaha…」
「Ahahaha…」
プールに落ちた私たち3人も、顔を見合わせて笑いました。

見た目は大人びていて日本人の感覚と違っても・・・
彼らは、やっぱり『子ども』です。
楽しそうなその表情は、日本の小中学生と変わりません。

(見てる)
ブラウン君が、笑顔の私を見ています。
目の前の『おねえさん』をみつめるこの子の表情・・・
完全に、私のことを意識しているのがわかります。
(最高)
こんな子の前で水着が取れちゃったら・・・
(恥ずかしすぎて)
(わたし、死んじゃう)

心の中の密かなたくらみは、決して表に出したりしません。
私は、この子たちと仲良く遊ぶエキゾチックな『おねえさん』です。
楽しくてしょうがないという顔で、
「あの子も落とせー」
架け橋通路に立つ面長くんを指さしました。

テンションの高いソバカスくんが、
「※※※※!」
大きくうなずいて、私に同調します。
水を掻き分けるようにして、目の前を行こうとする彼の背中・・・
(ようし)
「わー、おんぶー」
私は、ふざけて飛び乗るふりをしました。
「ざば!!」

「※※※※※!!」
黄色い悲鳴をあげながら・・・
でも、おねえさんをおんぶしたソバカスくん・・・
女の人にしがみつかれて、
「※※※※※!」
彼も、まんざらではなさそうです。

(落として)
もう私の計算は始まっていました。
彼らに、この『おねえさん』のかわいさをアピールするのです。
(よし、いいかんじ)

わざと振り落とされたふりをして、
「ざぱ!」
頭まで水の中に入れました。
そして、
「ぷっは」
水にぬれた顔を、子どものように手で払ってみせる私に・・・
「Ahahahaha…」
彼ら3人とも、大笑いしています。

「あー、笑ったなぁ?」

拗ねたように口を尖らせて・・・
次の瞬間には、また笑顔を振りまいてみせました。
ぽおっと私をみつめるブラウン君の視線を受け流して、
「ゆるさないぞー」
ソバカスくんへのいたずらの手をゆるめません。

水中で勢いをつけて、一気に通路の上に這い上がろうとするソバカスくん・・・
彼の上半身が通路に乗り出したところで、
「えいっ」
その水着のトランクスを引っ張りました。

「※※※!!!」
やめろーと言っているのでしょう。
きゃあきゃあ叫びながら、必死に這い上がろうとします。
本当はお尻まる出しにずり下げようと狙ったのですが、
(固い)
ウエストにひもが通っているのか、できませんでした。
「ざば、ざば・・・」
ブラウン君も、すぐ後ろまでついて来ています。

(よし)
ようやく這い上がったソバカスくんを追うように、
(いまだ)
私も通路の上に手を置きました。
水の中で、ぴょん、ぴょん、と勢いをつけて、
「ざっば」
思い切って通路に上半身を乗り出します。
・・・が、自力では這い上がれませんでした。
面長くんとソバカスくんに、引っ張り上げてもらう私・・・
ブラウン君が後ろから見ています。

すでに興奮していました。
ビキニの水着姿で、じたばた這い上がろうとします。
ようやく架け橋通路に立った私は、
「えいっ」
面長くんをプールに落とそうと、彼の腕をつかみました。
「※※※※・・!」
慌てた面長くんと、私に加勢してきたソバカスくん・・・
(いましかない!)

きゃあきゃあ言いながら、もつれ合う3人・・・
どさくさまぎれに、私は自分の腰の横ひもを引いていました。
そして、
「きゃあっ!」
ほどけた水着を股に挟むような格好で、その場にしゃがみこみます。
外れないように手で押さえながら、ひざまずいた私・・・

真っ先に反応したのはソバカスくんでした。
「※※※※※!」
すべて私の計算通りです。
さっきの仕返しとばかりに、
「※※※!※※※!!」
外れかけたボトムをつかんで引っ張られます。

「あん、だめ!」

必死で、股のところで水着を押さえるふりをする私・・・
すでにお尻がまる出しでした。
(ああん見て)
架け橋通路の高さは、水面よりほんの少し高いだけです。
真後ろに、まだプールの中のブラウン君がいることを計算済みでした。

「こらあ、離してよ!」
私はニコニコ笑いながら、ソバカスくんに抵抗していました。
間違っても怒った顔を見せたりはしません。
男の子たちの悪ふざけに応じている年上のおねえさんになりきりました。
ブラウン君にむき出しのお尻を向けたまま、
「※※※!※※※※!」
嬌声をあげて水着を引っ張るソバカスくんと戦います。
「だめだってば、とれちゃうよお」
引っ張り合いに負けそうなふりをして、
(ヤああん、見て)
ひざをついたまま、前のめりにうずくまってみせました。

「※※※※※!」
強引に抜き取ろうとするソバカスくんの手・・・
「だめだってばあ」
陽気に悲鳴をあげながら、
「見えちゃうよお」
通路のはしで両足を踏ん張る私・・・
お尻を後ろに突き出して、必死に耐えてみせます。

(ひいぃい)
(恥ずかしい)

自分の下半身をお披露目しているようなものでした。
あのかっこいい男の子の顔が、すぐ真後ろにあるのです。
(ああんだめ)
彼に、私の『縦の割れ目』がまる見えでした。
顔が『かーっ』と熱くなります。
(どうせ日本語は通じない。。。)

「見ないでえ」

ソバカスくんと水着の引っ張り合いをしながら、

「(私の本名)の恥ずかしいとこ、みないでぇ」

こんなかっこいい子の前で、とんでもない赤っ恥です。

(泣いちゃう)

開ききったお尻を突き出して、『きゅうっ』と鼻の奥に涙がこみ上げてきます。
(もうだめ)
引っ張り合いに負けるふりをしました。
(泣きそう)
押さえていた水着から手を離して、わざと力を抜きます。

「きゃっ!」

そのまま、
「じゃぼん」
プールの中に落ちてみせました。
「ぷっは!」

ソバカスくんが、通路の上で私から取った水着を振り回しています。

「もおおおお」

泣き笑いの微笑みを3人に向けながら、さりげなくプールの入口に目をやります。
(まだ大丈夫)
相変わらず、他の人が現れる気配はありません。

「こらー、返せぇー」

水を掻き分けて、通路に近づいていきます。
ブラウン君と目が合いました。
(ああ、馬鹿。。。)
あんなにシャイだったはずの、彼の口もとがニヤけて見えます。
気づかないふりをして、
(来て、こっちに来て)
通路の上に手を置きました。
水の中で、ぴょんぴょん・・・
そして、勢いよく上半身から這い上がろうとします。

「んーっ」
両ひじまでは上がれるのですが、やはりひとりでは無理です。
(早く来て)
そう思うまでもなく、
「ざば、ざば、ざば」
ブラウン君が助けに来てくれました。
(見る気でしょ?)
私には、ぜんぶお見通しです。
後ろから抱えるようにして私を持ち上げてくれる彼・・・
上半身まで乗った私をさらに押し上げようと、
(ああん、やっぱり)
今度は、手がお尻に来ています。

鷲づかみにしたお尻を、思いっきり開かれながら・・・
(ああん)
半ば強引に押し上げられていました。
(イヤぁあ)
痛いぐらいに全開になる私のお尻・・・
肛門まで剥き出しになっているのが自分でもわかります。

私は、脚を開いていました。
恥部をまる出しにして、大股を開きます。
なんとか片足の先を通路のふちに引っ掛けたところで、
(ヤぁあん)
また彼がお尻を押し上げてくれました。
恥ずかしいところを思いっきり開かれながら、
(ひぃいぃ)
なんとか通路に這い上がります。

(ああん)
もう羞恥心を抑えきれません。
プールで顔が濡れていなかったら、あふれ出た涙に気づかれてしまうところでした。
でも・・・
ニコニコ顔をつくって振り返ります。
「Thankyou」

次の瞬間には、
「こらあ」
「私のパンツ返せえ!」
勢いよく立ち上がって、目の前のソバカスくんにつかみかかっていました。

「※※※※!」
嬉しそうに悲鳴をあげながら、彼が水着を渡してくれます。
その場でしゃがみこんで、手早く横ひもを結びました。

「もうー」
「あっかんべーだ」

限界でした。
すぐそこにいるブラウン君・・・
彼にすべてを見られてしまった恥ずかしさに、
(あああん)
本当は今にもこの場で泣き崩れそうです。
そんな気持ちをごまかすために、必死に演技していました。

「あっかんべー」

何度も指で目尻を下げて、舌を出してみせます。

「Hahahaha」

最後まで陽気なふりをして、その場をあとにしました。

ビーチチェアに戻ってトートを持ちます。
振り返ると、彼らがこっちを見ていました。
満面の笑みで、
「ばいばーい」
手を振ってあげます。

男の子たちに背を向けて歩きだす私・・・
もう振り返れませんでした。
涙があふれて止まらなくなったからです。

逃げるように駆け出したくなる気持ちを抑えて、
(させて。。。オナニーさせて。。。)
落ち着いた歩調で歩いていきます。
更衣室のドアを開けて中に入った私は、シャワースペースに飛び込んでいました。
声を出さないように唇を噛みしめて、思いっきり股をいじります。
(ああん)
ブラウン君にお尻を広げられた感触を思い出しながら、
(見ないでぇ)
(そんなとこ、見ないでぇ)
指先でクリの先端をこすっていました。

きれいな顔のブラウン君が、口もとをニヤつかせて・・・
その表情が、何度も脳裏を横切ります。

(あ・・・あ・・あ・・)
気持ちいい・・・
あまりの快感に、ずっと涙がとまりませんでした。
クリを弄る指先の動きを加速させます。

(あ・・ああああ・・)
あっという間でした。
頭からシャワーを浴びたまま、絶頂を迎えます。

はあ、はあ、はあ、はあ・・・

頂点に達した私は、しばらく動けずにいました。
しゃがみこんだままで、全身のびくびくが収まるのを待ちます。
からだが重くて動かなくて・・・
でも、
(立たなきゃ)
ようやく戻ってきた理性が、頭の中でそう言っていました。
こんな状態のときに、誰かが来たら困ったことになってしまいます。

きちんとシャワーを浴びました。
快感の余韻にひたりながら、満足感でいっぱいです。
ブラウン君、ソバカスくん、面長くん・・・
あの子たちに出会えたという偶然の巡り合わせに感謝していました。

きちんと服を身に着けたところで、後ろ髪を引かれるような思いにかられます。
(まだいるかな)
せめて最後に・・・
(ひとめだけでも)
ドアの隙間から、そっと彼らの姿を覗きました。

遊び疲れたのか、3人ともビーチチェアに寝転んでいるのが見えます。
それぞれの顔を目に焼きつけました。
(さようなら)
二度と会うことはありません。
(ありがとう)
静かにドアを閉じました。

(PS)
ほんの半月ほど前のことなのに・・・
年末年始の休みを、ずっと昔のことのように感じてしまいます。
あっというまにもう1月も後半かぁ・・・
時間が経つのは早いですね。。。

タキシード仮面

地元にある大規模野外遊具のある公園におれはいる。
この公園。巨大なローラー滑り台があるのだが、上の方には大人はなかなか来ない。
上がってきたとしても、俺が身を潜めている奥まったこの場所に来るのは、鬼ごっこをしているキッズくらいだろう。
まさに、そのキッズが狙い目で狭い通路ですれ違い様に
おっぱいに軽く手を押し付けても何も問題ない。
それどころか、稀にいる発育のよいおっぱいを掴んだりしても、嫌な顔ひとつされないのだ。
更に、ここには蜘蛛の巣といわれる通路にロープが張り巡らされているところがある。
この場所は、絶好のおっぱいチラスポットで乳首まで拝めることも少なくない。
先日、この蜘蛛の巣で巨乳の女の子がなかなか抜け出せずにいました。
悪戯できるかもと思い、手伝ってあげると声をかけました。
かわいい顔をしていますが、どこか間抜けずら面な印象を受けました。いわゆる、触れる子であろうと思いました。
まず、胸元に引っ掛かっているロープから助けるような感じでおっぱいを鷲掴みしてみました。
でかい。見た目よりも大きくDはあるのでは?と思えるくらいでした。
季節は夏、薄手のワンピースからの横乳を眺めながら蜘蛛の巣を抜ける手助けをしているとき
悪魔が囁いてきました。
直接、おっぱいを揉んでも大丈夫ではないか?
蜘蛛の巣を抜ける間際に、少女に声をかけました。
後ろから、抱えて一気に抜けよう。
そういうと、脇の間から手を服の中に入れ
おっぱいを鷲掴みしつつ、蜘蛛の巣から脱出させました。
極上の柔らかさと背徳感に酔いしれます。
ありがとう。と無邪気に笑う少女。
小学5年生ののりこちゃんというそうです。
のりこちゃんは、何を思ったか蜘蛛の巣を逆走し始めました。
そして、案の定身動きがとれなくなります。
幸運な事に、かれこれ10分は誰も来ていません。
まだ、誰も来ないかな?
また、悪魔が囁いてきました。
この子なら、ヤれるのでは?
のりこちゃんは、大股を拡げて立ち往生しています。
また、引っ掛かっているよ。
そう声をかけ、のりこちゃんのマンコが見えるようにパンツをずらしました。
何してるの?のりこちゃんは問いかけてきます。
いまから、股の所を濡らして滑りを良くするから
そしたら、抜けやすくなるからねと声をかけました。
謎理論ですが、のりこちゃんは納得したみたい。
マンコを舐めまくり、濡れ濡れにしてチンコを押し当てる。
いまから、後ろから押してみるね。
そう声をかけ、ゆっくりのりこちゃんのマンコの中にチンコを埋めていく。
痛い痛い。のりこちゃんは叫びますが止まりません。
何とか押し込みましたが、まだ半分ほどしか挿入できていませんで
した。
ゆっくりですが、前後に動きつつ深く深く押し込んでいきました。
処女を失った事による血と、愛液の影響か滑りが段々よくなってきました。
ラストスパートだ。思考回路はショート寸前。
おっぱいを鷲掴みしながら、のりこちゃんの奥深く
子宮口目掛けて大量に精液を発射しました。
チンコを抜くと、ピンク色の体液がゴポっていう音と共に
のりこちゃんから、滴り落ちていました。
蜘蛛の巣から強引に助け出し、恐怖に顔を歪めているのりこちゃんと正常位で合体。
巨乳を存分に揉みし抱き、乳首をこれでもかと舐め回し吸い付くしました。
のりこちゃんに、生理始まってるよね?
のりこちゃんの中に精子を出すから、妊娠するからね。
元喜な赤ちゃん生んでね。
そう声をかけ、嫌がるのりこちゃんの奥深くに大量の精液を送りました。
あまりにも気持ちよかったので、抜かずの二発をし
のりこちゃんから溢れでる精液を動画に納め
遠い目をしてるのりこちゃんの巨乳と少し戯れ
ムラムラしてしまったので、4度目の中出しを決め
そそくさと、その場を後にしました。
もちろん、溢れでる精液はそのままに身支度を整えてあげました。
のりこちゃんはきっと、妊娠してくれているでしょう。
だって、目の前にいるのりこちゃんのお腹は膨らんでいるのですから。

こっそり中出しはゾクゾクするのでやめられませんw

たった今、今年卒業式という1○歳の女の子に中出ししてきました。

即アポ小悪魔で割りというとでしたが会って今風の子

顔もOKぞーんで本人申告では154センチの胸はDとのこと。
スタイル良好、肉つきの良い太もも、色白ですぐにでも挿入したい気持ちを我慢して車でホテルに向かいました。

ホテルの着くなりあまり会話もなく彼女に
『シャワー室へ一緒に入ろう?』
と言うと軽く断られました。

いたずら心で風呂場を覗くと恥ずかしそうに裸を隠す仕草を見せ、

徐々にお互い和んでくる感じがしてきました。

風呂場では何ごともなくその後ベットへ。

彼女のタオルをそっとはがすときれいな色白の肌がたわわに、

やらしく触れると若いだけあってすべすべで

さすが10代という感じで胸など揉み応えがすごくあり、

乳首を舐めるとやらしい声でよがっていました。

体中を舐めまわしていると彼女の方から
『早く入れて』
と・・・

あそこはぐちゅぐちゅに濡れていました。

『ゴムはどうする?』
と聞くと
『生でもいいよ』
とのこと、でも中には出さないでねと念を押されました。

性病が少し頭をよぎりましたが性欲に負けてしまいそのまま生で挿入。

これがなかなかの締りのよいアソコで奥まで入れ込むと

彼女はアンと声があげ、正常位で1発目はすることに決定。

愛液にやらしい音があそこに出し入れする度にネチョネチョと音がベットに上で響きました。

やっばり10代のまんこは最高ですね^^

キュッキュッと締め付けてくれる感じです。

彼女も気持ちよさそうによがっていました。

さすがに5分くらい出し入れをしてると我慢できなくなり

『外に出してね・・・』
と彼女のさっきの言葉を覚えていましたが、こんないいまんこはめったに巡り会えないと思い、

これは中に出さないともったいないと勝手に解釈して

射精の瞬間も自分自身声を出さずに普通に腰を振り続け一瞬止めて

おもっいっきり奥に濃い精子を注ぎ込みました。

ドクン・ドクン・ドクンと今でも思い出すと勃起する気持ち良さでした。

ばれるとまずいと思い、射精後も腰を振り続け、少し萎えて来た頃に一旦、

チンコを抜いて腰が痛くなったと嘘を言って中断、

ばれると思いきやぜんぜんいばれいません???・・・でした。

しばし小休憩と思い、持ち込んだお茶で一服、彼女は中出しされたことに

きずく様子もなく逆に僕の腰を気づかってくれました。

その間、ばれないようにドキドキしながら2回目の準備、

勃起の回復に時間稼ぎをして形の良い胸を触ったり、

まんこに指を入れて彼女の体をもてあそんでいました。

20分後くらいにやっと2回目OKに・・・

こんどはバックから、彼女の綺麗なピンクのまんこをまずはパックリ開き勃起は完全復活^^

生で再挿入、バックもまた締り最高でパンパンで存分に突きまくりました。

1回目すっきりしてるので2発目はけっこう長く楽しめ、

これが10代のまんこかと関心しながら強弱をつけながら

思う存分に突きまくりこんどはばれると思い半分中に出して残りを背中に射精、

彼女いわく、生ぬるいのがでたね?・・・だって。

別れと間際で諭吉1枚に交渉、しぶしぶOKしてもらいました。

割り切り・・・若い女性・・・1枚で見知らぬ中年男に中出しされ

妊娠の恐れもあるのにリスクありすぎですね?

なにはともあれ良い体験できました。

即アポ小悪魔で安定の生・中だし・・・最高ですね

これからも即アポ小悪魔使ってる割り切り女への中出しは当分続きそうです。

おしくらまんじゅうで同級生が・・・射・・・



冬だった。
30年以上前、外遊びが主流の時代だから、休み時間や放課後は、みんな校庭に出ていろんな遊びをやった。

おしくらまんじゅうとは、子供が何人かでひとかたまりになり、「おしくらまんじゅう、押されて泣くな」などとはやしながら、互いに身体をくっ付け合って押しあう遊びだ。
寒い冬、身体をあっためるのにはちょうどいい。
相撲みたいに取っ組み合うわけではなく、ほぼ抱きしめるような格好で押すわけだから、互いの体温で寒さがふっとぶ。

いつもは男子だけでやる。
女子と身体をくっつけ合うのはさすがにまずいと、小3でもわかっている。
小3っていったら、もう十分性欲というものを分かっている年頃だ。
エロいことを考えたらチンチンが硬くなる。
これは小3男子にもなればほぼ全員が経験してきているだろう。

ところが、その日は特別な日だった。
東京からの教育視察団が、俺の通う小学校を参観していたのだ。

俺が通っていたのはごく普通の市立小学校だが、県内ではちょっと有名だった。
ある名物教師がいて、その教育方法がたびたびマスコミに取り上げられていたからだ。
視察団が訪れたのもそういう理由があってのことじゃないかと思う。

東京からやってきたその視察団、合計15人くらいで、構成としては男女比2:8くらいで、女性が多かったと記憶している。
少数派の男性教育者たちはおっさんというか、初老に入ったような人ばかりだったが、女性教育者たちは皆若い。
女性の年は分かりにくいが、それでも30歳を超えた女性はいないように思った。
中には10代としか思われないような女性もいたから、教育者を目指す女子大生とかそんな人たちだったのかもしれない。

最初、俺たちのクラスで理科の実験の授業があり、その様子を父兄参観のように教室の後ろで見守っていた視察団、授業が半ばに差し掛かるとなぜかゾロゾロと生徒の近くへ移動してきた。
たぶん教師と視察団との間で打ち合わせがあったんだろうが、俺たちガキどもは面食らった。

アルコールランプかなんかの実験だったはずだ。
数名がグループになり、理科室の実験用テーブルに何グループかに分かれ、授業を受けていた。
女性軍団、2名づつくらいにわかれ、各実験テーブルのそばにやってくると、空いている椅子に腰かけた。
ニコニコしながら俺たちを見ている。

俺たちの実験テーブルへやってきた2人は、椅子に腰掛けるなり挨拶した。

「おじゃまします。榎本です。」
「斉藤です。おじゃましてごめんね。」
「・・・。あ、ああ、はい、うん。」
若い女性と接した経験があまりない俺は、隣にいる榎本さんにそんな意味不明な返答をした。
たぶん真っ赤になってたはずだ。

そんな俺たちの様子を見ていた2人、クスクス笑いながら肘をつつき合っている。
「やーん。かわいいー。」
そんなことを小声で言いつつ、リスか子猫でも見るようなうるうるした眼差しで俺たちを見つめている。
いや正確には、Kを、か。
子供ころのKは女みたいだった。
小4くらいまではよく女の子に間違えられていた。
色が白く、背も低い。
目がくりっとした二重で、カールした睫毛はバサバサ音をたてそうなほど長い。
クラスの女子にもモテモテだったと記憶している。

授業は滞りなく進行し、やがて終了のチャイムが鳴った。
今から10分間、休憩時間だ。
各実験テーブルを参観していた女性たち、および男性教育者たちは、チャイムと同時に教室を出て行った。
「またね。バイバイ!」
って手を振って、榎本さんと斉藤さんも出て行く。
彼女たちはまた他のクラス、他の学年も参観するのだろう。

緊張から開放された俺たち、校庭に駆け出した。

が、さぶ!

寒い。
寒すぎた。

6人くらいでなんとなく固まっていた俺たち、だれともなく、おしくらまんじゅう状態へと移行していった。
「おい、A、おまえ何、榎本ばっか見とんねん。おっぱい大きいからか?」
俺に組み付いてきた男子、頭に来ることを言う。
「うるさい。おまえだって、斉藤見とったやろ。あの人も胸おおきいぞ。」
「うるせえんだよ。ボインボインボイーン」
「あほか。」

そんなガサツな集団のもとへ、先ほどの視察団がまたやってきた。
榎本さんと斉藤さんもいる。

ん?
いっしょに遊びたいのか?

「なにやってんの?君たち。おしくらまんじゅう?」
「え?あ、ああたぶん、そう・・・」
俺たちも今やってる遊びだかじゃれ合いだかなんだかよく分からないものを「これがおしくらまんじゅうという遊戯である」とは断言できないが、まあたぶんそれだろうということで、俺が代表して返事した。
質問した榎本さん、すかさず返す。

「ねえ、私たちも入れてくれる?どうやるの?」
「え?どうやるのって、決まったやり方なんてあるか・・・おい、博士、知ってるか?」
「んんー・・・あるようなないような・・・でも『おしくらまんじゅう、押されて泣くな』って言うんじゃなかったっけ?」
博士ってあだ名を持つB君、自信なさげに答えた。

おしくらまんじゅうは、いかに30年前と言えど、すでにマイナーな遊びになっている。
しかし、まったくやらなかったわけでもない。
とくに田舎の方ではまだ、なんとなく子供がワーッと集まってぐいぐい押し合いへしあいするのは普通にあったと思う。

視察団の榎本さんと斉藤さん、それにあと3人の若い女性が、俺たち6人のガキに加わった。

「それ!いくよ!」
榎本さんが号令をかけ、合計11人のおしくらまんじゅうが始まった。
たぶん、教育視察の一環として、子供の遊びを一緒にやるっていう方針だったんだろう。
まあ、俺たちも所詮は小3、まだまだガキだ。
うまく乗せられた。

「おしくらまんじゅう!押されて泣くな!」
榎本さん、目敏くKを見つけだし、がっつりと彼を抱き締め?ながらぐいぐい押し出した。
てか、みんなが団子状態になっている中、Kの四方はすべて女性陣である。
正面から抱きついているのが榎本さん、右方向から斉藤さん、そして左方向からと背面から抱きついているのも女性だ。
他の男子と残る女性1名は、そのKたちを取り囲むようにぐいぐい押している。

つまりは、Kが中心となった円形おしくらまんじゅうに、いつの間にか移行していた。

「うふふ。もっと押さないと倒れるよ!ほらもっと!」
榎本さん、もはやKと密着したまま離れる気配がない。
Kの顔は、ちょうど榎本さんの胸のあたりだ。
豊満な胸に顔を挟まれ、窒息するんじゃないかと人ごとながら心配する。
Kもまた、無我夢中で榎本さんの背中に手をまわし、押し返している。
Kの後頭部は、これまたおっぱいをギュウギュウ押し当てられ、押されている。
左右の耳もおっぱいに挟まれている。

Kは四方からのおっぱい攻撃に、マジで窒息しそうになったようだ。

「ちょ、ちょっと、タイムだよ!息できん!」
「そうよ、えのもっちゃん、やり過ぎだって。」
横から斉藤さんがたしなめている。
「だって。かわいすぎるもん・・・」
榎本さん、ちょっと緩めた腕の中のKを見つめながら、それでも密着を解除しようとはしない。

「まあ確かにこの子、かわいいわ。東京にもちょっといないね。こんなかわいい子。」
「・・・」
褒められているのは分かっているが、「勇ましい男の子」を目指していた当時のKにはそれを素直に受け止められない様子だ。

「休憩終わるまでまだちょっとあるね。まだやるよ!そら!」
榎本さん、言うや否や再び攻撃を開始した。
攻撃はKの下半身にも及んでいる。
女性陣の隙間から見ている俺には、Kの腰から下にかけてがぶるぶる震えているように見えた。
どうやら、抱き締めながら、さらに膝も押し付けているのか。
彼女の膝は、ちょうどKの股間部分を押し付ける格好になっているようだ。

榎本さんに抱き締められ、四方からおっぱいを押し付けられ、さらには股間を膝攻めにされ・・・・。

成人したKいわく、「ほんと怖かった」らしい。

もちろん気持ちいいんだが、得体のしれない恐怖みたいなのがあったと。

やばい・・・。
なんだかフワフワして、オシッコがもれそうだ。
でも、なんで?
なんでこんな時にオシッコ漏れるの?
授業終わってすぐトイレは済ませたのに・・・

ああ、どうしよう。
なんか来る!
でも、こんなとこで・・・
みんなに笑われるよ!

ああ、ほんとどうしたら・・・
(以上、飲み会でのK自演回想シーン)

「ほら、もっと押して!」
榎本さんがKの顔に極限まで近づき、囁いた。
てか、引っ付いていた。
彼を抱き締めたままちょっと屈み、唇をKのおでこに引っ付けている。

つまり、それは「キス」と言われる行為であった。

「ちょっと、えのもん!あんただけズルい!あたしも!」
斉藤さんまでキス。
左にいた女性まで左側のほっぺにキスしてきた。
後ろからKを抱えている女性、彼の柔らかな頭髪に顔を埋め、くんくん匂いを嗅いでいる。
「やーん、なんかこのままずっと嗅いでいたい・・・」
「ばか、あんた相変わらず変態なんだから」
「ふふふ・・・」

その時、Kの腰が激しく震えた。

Kいわく、彼の記憶はここから3分間ほど「消滅した」。

Kにかわって、俺が見たままを書こう。

「あ、あっ、あーっ」
甲高い声で叫びながら、四人の女性に囲まれたKが腰をぶるぶる震わせ始めた。
Kの顔にキスの雨を降らせていた榎本さん、さすがにギョッとした様子で身体を離す。
榎本さんの腕の中、Kは彼女にしなだれかかり、ぴくぴく震えている。
顔が真っ赤で、病気になったんじゃないかと思った。

「ちょ、ちょっと、えのもん!」
「え、えーと・・・やっちゃった感じ・・・かな?」
「え?この子出しちゃったの?濡れてんだけど、ズボン・・・」
後ろから抱き付いていた女性、Kが履いている制服の半ズボンの前に手を這わすなり、そう言った。

「・・・、射精・・・、するの?え?でも小3だよ?」
「でも、オシッコもらすのになんであんな声でんの?」
「・・・、だよねえ。やっちったなあ。」

腕の中のK、頬をほんのりピンクに染めて榎本さんに身を預けている。

「・・・、やっぱ・・・かわいいー!!!」

榎本さん、自分がしたことを忘れ、再びキス攻撃を始めた。
その攻撃が、彼の開き気味の小さな唇に及んだ。

ぶちゅ。

俺たちはあっけにとられてその光景を眺めている。
寒さは、もう感じなかった。

ただ、Kに対する圧倒的敗北感だけは、しみじみと感じていた。

唇にキスされたK、ようやく我に返ったようだ。

「・・・、あ、今なんか、ヌルッてしたの入ってきた。」
「んふふ。ばれたか。」
榎本さん、いたずらっぽく腕の中のKに笑いかける。
「ちょっと、えのもん、舌入れてんじゃねーよ!」
「はいはい、ごめん。でもちょっとだけだし。」
「わ、わたしも・・・したい。」
後ろからKを支えている女性、おずおずと言う。
「はいだめー。もう終わり。この件は、これでおしまい。」
「えのもん、あんたって女は、ほんとどうしようもないね。やばくない?これ、淫行ってやつなんじゃないの?」
「だいじょうぶよ、あの子達、ぜんぜん分かってないから。」

榎本さん、言うなり俺たちを見回した。

俺が代表しておずおずと切り出す。
「あの、K、どうなったの?なんかしたの?」
「ちがうの、どうもしないの。心配ないのよ。ちょっと彼、熱気に煽られただけで。ちょっとトイレに連れて行くね。顔洗ってもらうから。」
「う、うん・・・」

俺たちを残し、女性陣はKをトイレへ引っ張って行った。

「で、ズボンとられてチンポ見られたよ。」
「マジ?」
「マジ。ヌルヌルのちんこハンカチで拭かれた。」
「おいおい。また勃ったんじゃねえの?」
「勃った。」
「で?それから?」
「で、パックリ。」
「パックリ?マジかよ。ほんとにパックリいかれたのか?」
「いかれたねえ。ありゃびっくりしたわ。何がおこったのかわからんし。」
「そ、それでどうなったんだ?」
「んなもん決まってるだろ。またイッちまったよ。ドピュドピュイッた。」
「お、おまえってやつは・・・なんて、うらやましい・・・」
「うん。今でもオナネタはそればっかだな。あん時の記憶だけで1000回はオナったね。」
「何秒持った?」
「30秒くらいかな?」
「気持ちよかったのか?」
「当たり前だ。」
「どんな風に気持ち良かったんだ?」
「そうだなあ。あえて言うなら、今まで行った風俗は全部カス、ってくらい気持ちよかった。」
「・・・。それって、幸せなのか?その気持ちよさを超えられないんだろ?」
「いいんだよ。あの気持ちよさ。あのドクドク感。大人になっちまったら、もう無理なんだよ。」
「あーあ。俺もなんかいいことないかねえ。」
「まあ、がんばれ。」
「うん。」

俺も真面目に人生を生き抜いて、来世はイケメンとして生まれることを希望するよ。

激しく、な。

エロいたずらがバレて家族会議

例のエロコピペの改変
だけど実話

中学に入ったあたりからエロに歯止めが利かなくなって、
隣の部屋で寝てたJk姉のまんまん舐めながらオナニーしてたらばれて家族会議。

部屋を強制調査されて幼女系、近親相姦系の漫画コレクションが見つかって更に説教されたり、
姉の陰毛コレクション(年齢別取得場所別に何年にも渡ってファイリングしてた)見つかったり、
オナニーに使用後洗濯して乾かし中だった姉パンツやJS妹パンツ見つかったりで散々だった。
(いつも使用後にきちんと洗濯して乾かしてからきれいに畳んでタンスに戻してた)

「妹や、よそのお嬢さんにこんなことしてないでしょうね?」ってぶん殴られたが、
「そんなことしない!」って断固抗議した。(近所に住む従姉妹に悪戯しまくってたけど)
結局、姉に対しては、挿入さえしなければ、舐めるだけなら良いけど、
妹や他所の人には迷惑かけるなってことになった。
(この処分は、当事者の自分としても親が頭おかしいと思う)
姉は泣きわめいてしばらく引き籠ったが、妹かわいさに渋々承知させられてた。

姉は風呂から上がると部屋のドアを開けて「今日はどうするのよ!」って聞いてくる。
だいたいいつもベッドでM字で横になってもらい舐めながらオナニー、
または机に手をついてもらって尻と突き出してもらい舐めながらオナニーしてた。
生理の時はマンマン禁止で胸を触るのを許された。
しかし姉の部屋でするのは拒否されていた。

姉は始める前に「オメー絶対入れんじゃねーぞ」って言いながら自分でパンツを脱ぐ
この瞬間が実は一番興奮する。
最初のうちこそ自分でも引くほどガッついてたが、
そのうち全裸姉を見るだけで一切手を触れずに自分だけオナニーしたり、
ケツ穴だけ舐めたり、化粧筆で性器周辺を撫でまわすだけで反応を楽しんだりとか、
とにかくチンポはもちろん指挿入も禁止だったのでバリエーション考えるのに必死だった。
まぁ、今考えればもちろん天国だったんだけど。

あと、姉は事後にまたシャワ―浴びに行くのが常だったが、
めんどくさくなったのとオレを萎えさせようとして風呂入らずに来たこともあったが、
かえってオレが興奮していつも以上に執拗に舐めまわしたので、
以来、必ず風呂に入ってからオレの部屋に来るようになった

やがて姉に彼氏ができ、姉に泣きながら懇願されたので、
いつでもオレが言ったときに手コキをするという条件で姉に触れるのは勘弁してあげた。

実はその直前に妹にバレて「お兄ちゃんとおねぇちゃん何やってるの?」って聞くから、
「お前はまだ子供だから教えないww」ってあおったらめちゃくちゃ怒るので、
「みんなに内緒にできるならお前にも教えてやるよ」って約束させて全身舐めまくってた。
妹は楽しんでるようだったし、オレも当時バイト始めて小金持ってたので
たまに妹にお小遣いあげてたので、妹とは今も超仲良い。
俺も新しいおもちゃが手に入ったのでウハウハだった。
ただ、姉同様に挿入だけはしないことにしてた。
まぁ、なんていうか男のけじめってやつ?

やがて姉は短大進学を機に家を出てそのまま就職したのでめったに会わなくなったが、
今年の正月に帰ってきて酒飲んでた時、「たまってる?また手でやってやろうか?」
とこっそり耳打ちしてきた。
正直妹で充分満足していたが、せっかくなのでひさしぶりにやってもらった。
頼んでもいないのに濃厚なフェラしてくれた。
思いがけずメチャクチャ出た。

終わってから「やっぱ、あんたのって大きいよね」と嬉しい事を言ってくれる。
どうもこれまでの彼氏はみんな短小でおまけに早漏らしい。
今の彼氏もえらい淡泊らしく、結婚する気はないと言ってた。
「欲求不満でよそ様に迷惑かけたら大変だからオレが相手してやろうか?」って言ったら、
「そうきたかwwww考えとくわwそん時はよろしくねwww」と言ってた。

その姉が今週末にまた帰ってくる。
今度こそやれるんじゃないかと期待してカキコ。

あっという間に

ある日、会社の飲み会のあと、なんか二人きりになった。「どっか次
の店行くか」と聞いたら、「ウチで飲みませんか?」と言う。冗談か本気かわ
からなかったんだが、酔ってた勢いもあり途中のコンビニで酒買って、その娘
のアパートへ。その娘はあんまり飲めないんで、ほとんど俺だけ飲んでた。
一次会の続きみたいな感じで研究室の話なんかしながら飲んでいた(俺だけ)。
そのうちその娘が「ちょっと着替えてきます。覗いちゃだめですよ!」とか言
いながら隣の部屋に行った。よっぽど覗いてやろうか、とも思ったんだが、ガ
マン。数分後、現われた真奈美は、上はTシャツ、下はピンク色の短パンって姿
だった。

その娘が数ヶ月前に彼氏と別れたことは知ってたんだが、あまりに妹的だった
んで特にどうのこうのしようとは、その時まで思っていなかった。まあ女には
見えなかった、というところか。しかし、その着替えてきた姿を見て、自分の
中で、なんかパシって音が聞こえた。「こいつのからだ、こんなにエロかったっ
け」普段はあんまり体の線の出る服なんか着てなかったし、なにより大学にい
る時はほとんど白衣だ。おれは真奈美の、白い脚に見とれていた。
そして、そのTシャツ短パンの姿で俺の隣に座って、烏龍茶を飲み始めた。俺
は「警戒しとらんのか」と鬱になりかけた。ちょっと気を抜くと、真奈美の真っ
白な脚を凝視してしまう。それに気付くと「何見てんですか!」と冗談めかし
て怒られた。おまえ、理系童貞の前にその姿で現われておいて「見るな」はな
いだろう。

その後、30分ぐらい飲んだだろうか。頭の中は、「肩を抱きたい」「キスした
い」「ついでに脚に触りたい」wという妄想で一杯だった。しかし理系童貞の
悲しさ、どうすれば自然に肩を抱けるか、なんてわからない。悶々とする中、
妄想が口から溢れ出てしまった。「なあ」「なんですか」「肩抱いていいか?」
真奈美が吹き出した。それでもズリズリ俺の方に近寄って来た。おれは肩に手を
回した。髪の毛からいいにおいがした。
キスをしようと顔を近づける。また真奈美が吹き出した。「なんで笑うんだよ」
「だって○○さんのそんな顔初めて見たから」"初めて"ということばに童貞は
敏感なんだよ!おれは「うるせえ」と言いながら、もう一回顔を近付けた。彼
女が目を閉じた。唇を重ねた。ヒンヤリとした唇だった。ヤル前に別れた前カ
ノ以来、3年ぶりぐらいのキスだった。二三回キスを繰り返しただろうか。そ
れでも溢れ出る妄想は止まらない。「なあ、脚触っていいか?」これはマジで
怒られた。

妄想が完遂できずにガックシきたが、それでも真奈美が俺の腕の中にいることに
はかわりない。何度かキスを繰り返しつつ、真奈美が目を閉じているスキに
そぉーっと脚に手を伸ばしてみる。ヒザの辺りに手が触れた。その瞬間、真奈美
が手で払いのける。脚触られるの、そんなにイヤなのか。俺は諦め、しかたな
くw胸を触ってみた。なぜかこれはOKのよう。よくわからんやつだ。Tシャツの
中に手を潜りこませても何も言わん。

奇跡的な手際の良さで、Tシャツの中でブラジャーのホックを外す。そして、
乳房にじかに触った。真奈美の口から声が漏れるようになってきた。いつも大学
で一緒にいる"妹"が見せる"女"の反応のギャップ。俺は何度も何度もしつこく
乳首を触り、その度に真奈美が漏らす"女"の声に聞きいっていた。「○○さん、
エッチだよ」真奈美が言う。俺はTシャツを捲り、乳首にムシャブリついた。そ
して、そおぉっと脚に手を伸ばした。今度は拒否られなかった。Mission
Complete!スベスベした脚だった。やっぱりしつこく何度も何度もなぜた。

「○○さん、エッチだよぉ」
妄想を完遂して少し冷静になったおれは、流れを切らないように、との童貞な
りの状況判断で、真奈美の乳首を咥えたままの姿勢でズボンを脱いだ。真奈美はそ
れに気付くと、手を伸ばしてトランクスの上から触ってくれた。俺は心臓麻痺
起すかと思うほどドキドキしながら、真奈美のピンク色の短パンの紐をほどき、
中に手を入れた。われながらがっついてんなとは思ったがもう止まらん。我が
右手はパンツのゴムを中をくぐり、真奈美の陰毛に辿りついた。
これが陰毛か。。。初めて触る女の子の陰毛。しみじみと感慨に耽っていると、
真奈美も俺のトランクスの中に手を入れてきた。そして、低体温な手で俺様のを
握ってくれた。握ってくれるだけならまだしも、上下に扱きはじめた。何する
んだ、出てしまうやんけ!いたずらに感慨に耽っている時間は無さそうだ。俺
は真奈美のピンクの短パンを両手で下した。そしてそのまま水色のパンティーも
下す。真奈美の白い肌の上に三角形に生えた、黒い陰毛が目の前に現われた。
もうこのあたりからは、エロビ等で仕入れた机上の知識総動員だ。まず陰毛部
分にキスをした。真奈美は「キャッ」っと小さい声を上げて脚を閉じた。「エッ
チ」。ありゃ、脚閉じられたら次に進めんよ。しょうがないので、唇と乳首に
交互にキスしながら陰毛を触り続けた。「○○さん、エッチだよぉ」そのうち
すこしづつ真奈美の脚が開いた。ヌルっとした感触。
夢中でそのヌルヌルをいじった。真奈美も俺の首に手を回して夢中で唇を吸って
いる。ヌルっと指が入った。やわらけえ。あったけえ。ここに入れるのか。ど
んだけ気持いいんだろ。中で指を乱暴に動かすと、真奈美は今迄で一番大きい声
を出した。すらりとした長くて白い脚をM字に開いていた。
俺は起き上って真奈美の両膝に手をかけた。真奈美は目をつぶって横を向いていた。
真奈美の白い脚の間にはさっきまで指を入れていたところが、赤く、ヌラヌラと
光っていた。おれは脚の間に体を入れた。心臓が口から出そうになるとはこの
ことか、と思った。真奈美にキスをしながら右手で自分のを持って、おおよその
見当をつけながら、入れようとした。ここか?ちがうな、ここか?
あれ?場所がわからない。ここか?体を離して狙いを定めるのもカッコ悪いし
なあ。体中から汗が吹き出してきた。そして、あろうことかチンコも少ししお
れてきてしまった!俺の異様な雰囲気に気付いた真奈美が「どうしたんですか?」
と聞いてきた。「いや、ちょっと、あのな。緊張してな」答にならん。察した
のか、真奈美は柔くなった俺のを握ってしごいてくれた。もう片方の手を俺の背
中に回し、キスをしながら何度もしごいてくれた。俺のは再び固くなった。
そして、真奈美は固くなった俺のを握ったまま、的へと導いてくれた。さきっちょ
に例のヌルっとした感触があった。いよいよ入る、と思った瞬間、また柔くなっ
てしまった。なんでだよ。涙が出そうだった。「ごめん、なんかダメだ」「ど
うしたんですか?あたしがいけないんですか?」真奈美も泣きそうな顔をしてた。
「そんなことはないよ。俺、なんか緊張しすぎだ。初めてなんだ」
真奈美はちょっと驚いたようだった。おれは真奈美の脚の間から出て、真奈美の隣り
にねっころがった。「ごめんな」真奈美は「初めてでうまくいかないのなんて普
通ですよ。私は時間かかってもいいですよ?」と言ってくれた。もう一回キス
をしながら手でしごいてくれた。固くなった。でもたぶん真奈美にあてがえばま
た同じことだろう。情けなかった。「ほんとにごめんな。たぶん今日はできな
いよ」「そうですか。でも○○さんの、こんなにおっきいですよ」
「じゃああたしが手で出してあげますね」真奈美はそういうと、しごくスピード
を上げた。時々乳首を口に含んでくれるのが気持いい。鬱状態だった俺にもす
ぐに絶頂がやってきた。「出そうだ」と告げると真奈美が頷いた。真奈美と舌を絡
めながら、真奈美の手の中で、俺は大量の精液を放出した。「いっぱい出ました
ね。よかった。」

チンコの周りを真奈美がティッシュで綺麗にしてくれた。その後、自分の手につ
いた俺の精液を拭き取ってる真奈美を眺めていた。俺の視線に気付いた真奈美は
「どうしたんですかぁ?」なんていいながら笑ってる。「今日はホントにごめ
んな」「いいから気にしないで下さいって。それ以上謝ると怒りますよ!」彼
女はおれの隣にねころがった。真奈美が押入から出した一つのタオルケットにく
るまった。はだかのまま、おれらはねむりこけた。
翌日(日曜日)、昼頃目が覚めた。おれはちょうど子供があやされるような体勢
で、真奈美の腕の中で寝ていた。目の前に真奈美の小振りな乳房があった。ほどな
く真奈美も目を覚ました。「おふぁようございまぁーす」すっぱだかで男と寝て
るというのに、呑気な声だ。「こんな姿勢で、寝にくくなかったか?」「全然
大丈夫でぇーす」なんか、こいつがいままで以上にいとおしく思えてきた。お
れは寝惚けている真奈美にキスをした。そして、乳房を触った。「○○さん、朝
から元気ですねえ」「なあ」「なんですかあ」「もう一回、試してみていいか」
「いいですけどぉ、無理しないで下さいね」「うん」おれは真奈美にキスをしな
がら、右手を下に持っていった。真奈美の脚が開く。寝起きだからなのか、なか
なか昨夜のようにヌルヌルにはならなかった。それでも乳首を吸ったりしてい
るうちに反応しはじめた。タオルケットをはいだ。カーテンをしていても昼の
部屋はけっこう明るかった。「なんか、明るくて恥ずかしいな」と真奈美が言っ
た。真奈美の陰毛が、髪の毛と同じく少し茶色がかっていることに初めて気付い
た。おれは真奈美の膝に手を掛けて両足を開き、体を進めた。「今度は大丈夫だ」
という確信が、なぜかあった。
真奈美にあてがうと、あっけないぐらいにスルっと入っていった。「入った」彼
女は俺の背中に手を回してキスしてくれた。やわらけえーっ!俺は再びエロビ
仕込みの机上の知識総動員で、無我夢中で腰を振った。そして童貞の悲しさ、
ものの1分ぐらいで果ててしまったのであった。「良かったですね。」疲れは
ててがっくりと覆い被さった俺に真奈美は明るい声でそう言った。
その後、二人でシャワーを浴びた。「ちょっと目をつぶって下さい」「何で?」
「中を洗うんです!」などというようなやりとりがあったり、真奈美が俺のを洗っ
てくれたり、真奈美に後ろから抱きついたりとしてるうちに、お約束どおりその
まま二発め。「今度は中には出さないで下さいね」とのことなので、タイルの
上に。

そして、その翌週の土曜日、俺は真奈美のアパートにころがりこんで同棲を初め
た。なにかと内省的な俺は、天真爛漫なこいつがいないと生きていけない、と
思ったからだ。おれらは研究室の連中にばれないように付き合い続けた。卒業、
就職といろいろなと危機はあったが、なんとか付き合い続けることができた。
あの夜から10年以上経つ。あの夜の真奈美は、今、隣で寝息をたてている。俺達
は結婚した。今年、二人目の子供も産まれた。
今でも妻とセックスするとあの夜のことを思い出す。あの時、うまく入れられ
なかった俺に、もし妻が優しい、明るい言葉を掛けてくれなかったら、きっと
鬱がちな俺は一生セックスできないようになっていたかもしれない。おれを救っ
てくれた妻を大事にし続けようと思う。

【寝取られ】20センチ巨根を入れられ、俺のチンポを入れる瞬間の10倍以上の声で叫ぶ彼女

巨乳の彼女は俺の短小チンポ(13cm)に満足していなかった。
友人Tの20cmぐらいある太チンをものほしそうにフェラする彼女。
友人Tが挿入した瞬間、俺とセックスする時よりも大きな声で喘ぎ、聞きたくないその後の言葉が「ああ?、大きい!」だった・・・

あれは俺が24才の頃、当時付き合っていた彼女で起こった事をここに書きます。

その頃、俺のマンションに幼馴染のTが、居候していた。
Tの実家は農家でその上、その町の地主さんでもありかなり裕福な家庭であった。
大学を卒業後、定職に付かずアルバイトをしては、溜まったお金で海外旅行へいくのがTの趣味だった。
俺の彼女とも何度も面識もあり幼馴染のTがまさか、俺の彼女に手を出すとは思ってもいなかった。

あれは、夏の夜の事です。
給料が入った最初の金曜日の夜に俺のおごりで三人で夜の街に繰り出し、二軒ハシゴをした後、俺の家でまだ飲む事になった。

コンビニで酒とつまみを買い狭いテーブルの上に広げワイワイガヤガヤ飲んでいた。
外で飲んでいた時は平常を保てていた俺だったがあまり酒に強くなく、家に帰った安心感からか、酔いと眠気が一気に襲いかかり眠くて仕方なく奥の部屋のベッドに転がりこんでいた。

遅くなったが俺の彼女は結構可愛いし俺的には美人だと当時は思っていた。
芸能人で言うと最近はテレビで見なくなったが山本梓に似ていたと今は思う。

付き合っていた彼女は当時22才、スタイルも良く、身長160センチ、胸はEカップの95cmの巨乳、揉み甲斐があって巨乳フェチの俺にはたまらない女だった。
巨乳だが、太っているわけでもなく、ウエストのくびれが、裸にすると際立ちエロい雰囲気を醸し出していて何度も抱ける女だった。

好奇心が強く、色んな趣味や免許を持っていた彼女だった。
俺の前にも数人の男と経験はあったようだが、大学卒業前のコンパで知り合ってから、2年とちょっと付き合いが続いていた。

俺が奥の部屋に入ってベッドに寝転んだときも、甲斐甲斐しく「大丈夫、お水持って来ようか?」と優しい言葉かけてくれていたが、俺が次に目覚めた時には、彼女の異常な喘ぎ声に『しまった!』と思った。
まだ頭はフラフラしていたが、気配をけしながら、襖に近づき気付かれない様に静かに開け隣を覗いた。

俺と彼女が座っていた二人掛けのソファーにTが彼女に覆いかぶさりキスをしていた。
彼女は胸を生で揉まれているところだった。
言葉では嫌がっている素振りをしている彼女だが、本気の抵抗には見えず、俺が悪戯して胸を揉んだ時と変わらない抵抗だった。

この時「なにやってるんだ!」と止めに入れば良かったのかもしれないが、なぜか、この後はどうなるのか!?
隣で俺が寝ているのに、まさか、最後までするのか?確かめたくて、息を殺して覗き見していた。

あろう事かこの先を想像して俺のチンポは痛い程勃起していた。
Tはキスをしていた口を彼女の服を捲り上げ、ブラジャーのホック外しこぼれ落た乳房が俺の目に飛び込んで来た。
Tは躊躇無く乳首に口を付け舌先で転がりしたり舐めはじめた。
「あっ、ダメよ、あっ、ダメ、ダメ、ダメだって!?」と、彼女は言うが、抵抗どころかTが乳首を愛撫するところを眺めているだけだ。
「あっ、あ?」彼女は、乳首を交互に吸われ、優しく両方の乳房を揉まれて感じていた。

なぜ感じていると解るかと言えば、彼女は、胸を愛撫され感じると、内側の太ももをすり合わせる仕草をするのだ。
今Tに愛撫の受け、脚がその動きをしている。
Tの動きが止まり、彼女のTシャツとブラジャーが取られ、彼女は上半身は、裸だ。
恥じらう様に腕で大きな胸を隠そうとするが、優しく両腕を開けられ乳首にまた口を付けるT、
愛撫を続けながら彼女のジーパンのボタンに手を掛け外そうとしていた。

「ダメ、ダメ、これ以上、ダメだって!」
言葉では抵抗しているが、ボタンは外されチャックが全開に開けられた。
だがピチピチのジーパンなので、Tが脱がそうとするが、そう簡単にはいかなかった。

Tが「好きなんだ、お願い、一度でいいから」と彼女の手を取り自分のはち切れそうな股間に押し当て「もう、我慢できない、一度でいいから」といった後、「嘘、なに?」
彼女の驚いた声が部屋に響き、Tが俺が覗いている部屋に目を向けた。

Tも焦ったのか「ちかちゃん、声が大きいよ」と小声で注意した。
「だってこれ」と、しっかりTのチンポを握りしめビックリした表情をしている。
「好きなんだ、お願い、一度だけでいいからさ?」
甘える様にTが手を合わせてまた言うと、信じられない言葉が、彼女から飛び出した。

彼女がズボンの上からチンポを握りしめながら「これ…見せて」といったのだ。

俺は『え?!』て、心で叫び、酔いも吹っ飛び、ショックでその場にへたり込んだ。
Tも一瞬、困惑の表情で「え!・・・ うん、いいよ」
ズボンを脱ぎ捨てゆっくりと脱ぎだした。

ズボンを脱ぎ捨て、異様に前の盛り上がっているボクサーブリーフをゆっくりと脱いだ。
ちかの目の前にTのチンポが、さらけ出された。

ちかの第一声の「凄い大きい!」と言う言葉に誇らしげに自分のチンポを見せつけているTに苛立ちを感じたが、その大きさは余りにも俺の物とかけ離れていた。
腹に付きそうなほど、勃起し、なだらかに反り上がった陰茎、太い血管を浮き上がらせた太い陰茎の先には、亀頭のカリが立派に張り出していた。

長さはたぶん20センチぐらいあるだろう、それも凄いがそれよりも、太さが際立って凄すぎる。
ちかの目は、それを物欲しそうに見つめていた。

「彼のは私の親指ぐらいかなw」Tinderで知り合ったEカップ25歳の某日系航空会社CAと会ったその日にセックス

Tinderっていうアメリカ発の出会い系アプリで出会った女の子との話です。
このアプリは気楽に女の子と出会えてオススメ。
ヤリ目じゃないけど、すぐエッチできる女の子が多い気がする。
まずは、スペックから。

俺:トシ 26歳 会社員 身長180センチで細マッチョ
顔はたぶんイケメンの部類に入るのか昔からそこそこモテた。彼女はいないが経験人数は30人ぐらい。
いつもはクラブでナンパしてお持ち帰りすることが多い。

相手:マユコ 25歳 某日系航空会社の客室乗務員(CA)
顔は童顔で岸明日香みたいな感じ。

7月の末頃、Tinderで物色していたらマユコとマッチした。
マユコはTinderに顔写真と簡単なプロフィールを載せていた。
童顔で可愛い顔とCAという肩書きを見て、即メッセージしてみることにw

最初は他愛ない挨拶から始まったが、節々にノリの良さが垣間見える。
なんでTinderを始めたのか聞いてみると、

・彼氏と遠距離でもう3か月も会っていないので別れようと思っていること
・職場では出会いは皆無
・合コンにたまに行くけれど良い人がいない

などのことを聞き出したw
てか彼氏いるのに合コン行く時点で、ちょっとだらしない女なのか?と思い期待が膨らむw
結構男慣れしてそうで、さすがCAだなあという感じだった。

俺は次の週末にマユコとアポをとりつけた。
俺の家から近いこともあり、六本木で飲むことになった。

待ち合わせ場所に来たマユコを見た瞬間、アタリだと思った!

まず、CAというだけあって顔が普通にかわいいw
そして当たり前だがスタイルがいい!
背は170センチぐらいと高めで、濃紺のタイトスカートからいやらしい腰つきがうかがえたw
胸も程よい大きさがありそう。

俺とマユコは、六本木にある居酒屋に入りカウンター席で飲み始めた。
最初は2人とも緊張していたが、俺もマユコも遊び慣れているせいか、打ち解けるのに時間はかからなかった。

当たり障りのない会話をしていたところから、徐々に恋愛の話へとシフト。
Tinderのメッセージで聞いていた、実は彼氏がいる件について掘り下げてみることに。

マユコ「実は遠距離って言っても彼氏神奈川に住んでるんだよねwけど私の仕事が不規則だからなかなか会えないんだ〜」

マユコは国際線のCAなのでかなり多忙。
月の半分しか東京にいないそうだ。

マユコ「ぶっちゃけ上手くいってないし、、もう付きあって1年ぐらいだけど、そろそろ別れよっかなって」
俺「そうなんだ、仕事が忙しくて上手くいかなくなったの?」
マユコ「どうなんだろ笑 付き合い始めたときから仕事は忙しかったしね〜」
俺「じゃあそもそも性格あわなかったの?w」
マユコ「う〜ん、、性格はあうんだけどね、、、性格以外にも大事なことってあるじゃん?w」
俺「なになに?もしかして下ネタ?w」

まさかの、エッチの相性がよくない発言!?

マユコ「う〜ん、、まあそんな感じかなw 相性ってあるじゃん?てか、こんな話聞きたくないよね?」
俺「ううん、興味津々ww カラダの相性あわないんだ?」
マユコ「まあね〜難しいよねw 相性っていうか彼のポテンシャルの問題かな?」
俺「ポテンシャル?どういうこと?」
マユコ「えー恥ずかしくて言えないw わかるでしょ?」
俺「わかんないよw(ちょっと意地悪してみた)」
マユコ「ん〜、、、あのね、彼のアレが、、ちっちゃいのw」

まさかの居酒屋で彼氏のチンコが小さい発言w
オープンなマユコの性格に驚きつつも、話を続けました。

俺「そうなんだw そういうのって気になるんだね」
マユコ「まあ、やっぱ大事じゃん?それが全てではないけどねw」
俺「どれぐらいの大きさなのー?」
マユコ「うーん、、恥ずかしいw 彼のは私の親指ぐらいかなw」
俺「たしかにそれは小さいねw それが不満で合コンとか行ってるの?」
マユコ「ちょっとやだw 合コンは真面目に出会いを求めに行ってるよー!職場じゃまじで出会い無いから」
俺「本当に!?お持ち帰りとかされてそうだけどなーw」
マユコ「いい人がいたらそういうこともあるけど、あんまりしないよ」

合コンで普通にお持ち帰りされているというマユコ。
意外と今日のセックスのハードルは低いかも!?

マユコ「そう言うトシ君こそ遊んでそ〜w Tinderで食いまくってるんでしょw」
俺「まあ遊んでないと言えば嘘だけどなw」
マユコ「うわー!ヤリチン発言w けどモテそうだもんね、かっこいいし」
俺「そう?じゃあこの後お持ち帰りしちゃおっかなw」
マユコ「うわwやらしいな〜 トシ君おもしろいねw」

こんな感じで和みつつ、エロ話しつつ1次会は終了。
2人ともけっこう飲んだので、その後の流れはスムーズでしたw

俺はちょっと飲み直そうと言って、マユコを家に誘い、2人でタクシーに乗りました。
タクシーでマユコの手を握ると、いたずらっぽく笑いながら俺の方を見てきましたw
この女、慣れてそうだな〜w

俺は家に入るなりマユコを抱きしめ、キスした。
華奢ながらも出るところは出てて抱き心地がいいw

マユコ「ん、ちょっと、、んあ、いきなり、、」

くびれた腰をつかみ、お尻をなでまわすとマユコは早くも息をあらくしていた。

マユコ「はあ、ん、チュ、ちょっとお、、ん、やらしい、、んちゅ」

俺はマユコの唇から耳の方へと舌を這わせた。
手は腰から胸の方へと這わせていった。
マユコは着やせするタイプのようで、マユコの胸は俺の手にあまるほどの大きさだった。

マユコ「ん、やん!耳だめえ、耳弱いの、、ん、はぁ、、ん、あぁん、あん」
俺「マユコすげえエロいカラダしてるね、、やらしいな〜、おっぱいおっきいね、、」
マユコ「はぁ、ちょっと、、いきなりすぎだよ、、ぁぁあ!耳ダメだって、、ねえ、先シャワー浴びない?汗かいたし、、」

俺はマユコを放し、バスタオルを渡してシャワーへ行かせた。
そのままエッチしちゃっても良かったのだが、シャワーを浴びてからの方が思いっきり楽しめそうだと思ったw

俺はビールを飲みながらマユコを待っていた。
マユコは10分ぐらいしてシャワーから出て来た。

もちろん、バスタオルを体に巻いて…

俺「マユコ、超スタイルいいね!」
マユコ「そう?ありがとう〜恥ずかしいね てかトシ君手が早すぎだよw」
俺「ごめんごめんw じゃあ俺もシャワー浴びるね」

俺はさっとシャワーを浴び、体を拭くと、マユコを驚かせようと思い全裸のまま部屋へ戻ったw

マユコ「えwちょっと、なんで何も着てないの笑」
俺「だって俺の部屋だしwいいでしょ?」
マユコ「ちょっ、ウケるw てか、なんか、、トシ君の、、、」
俺「ん?なに?」
マユコ「いや、なんか、、、すごいね笑 まだ起ってないよね?」
俺「うん、まだフニャチンだけどw」
マユコ「うん、なんかでっかくない?w」
俺「デカいかもね笑 起ったらもっと大きくなるけど」

そうなんです。
俺のチンコは正直かなりデカい。
通常時でも15センチぐらいでカリデカ、キノコ型のデカチンですw

俺「マユコ、おっきくしてよ」
マユコ「うわ、、なんか、すごいやらしい、、、てか起ってないのにこれって、、デカすぎじゃない?」

中出しOKな豊満系爆乳OLマリエと真っ昼間のリビングで

前回 

俺が下半身丸出しで座るソファーの前で下着姿になったマリエ。その爆乳を包むのは白いレースのブラ、そして同じく白のレースのパンツ、肉感的だけど透き通るように色白で青く血管が走るのが見えるきれいな肌に、白のレースはとてもマッチした。金曜日は着衣でのセックスだったので、身体のラインをしっかり見るのはこれが初めてだ。
全体的に水樹たまを思わせるぷにぷに系だけどやっぱりその胸の重量感は圧巻だ。正常位で突かれ全身を激しく震わせて感じるマリエの姿を想像するだけで今出したばかりのティン◯も元気を取り戻しつつある。
「あんまり見ないでください。こんな明るいところで恥ずかしいです」ほんのちょっと上気した表情でマリエは言う。
「俺だって下半身丸出しだよwそれにマリエの身体すっごいエロい、白くてキレイだよ」
「もう少し痩せなきゃって思うんですけど、社会人になってからまた太っちゃいました」マエリは中々カワイイ顔立ちをしているけど、キャラ的にも痩せてしまったら魅力半減だ、言うまでもなく俺の性的目線でだけど。
「んなことないよ。今で十分魅力的だよ、ほら、出したばっかなのにまだ全然堅いまま」
そう言って目線を阿呆のように丸出しの股間で未だ屹立している俺のそこに目線を落とすと釣られてマリエも窺い見て、さらにそっと手で触れる。
「ホントだ、まだ全然硬い…」ひとりごとみたいに呟いてふただびマリエの目にエロい色が宿る。
ゆっくりと棹を上下にシゴキ始めたマリエの背中に手を回してブラのホックを外す。
本当に大きく迫ってくるような迫力を持つマリエの乳房は明るい室内で白く透き通るようにキレイだ。
「マリエちゃん、そのまま挟める?」
もう一度俺の目を見て軽く頷くと、亀頭の先に唾液を垂らし、右手でそれをまんべんなく棹に拡げた。そこから手を離すと、マリエは自分の重たそうな乳房を下から持ち上げて谷間を開き、膝でずり足しながらソファーに近づくとゆっくりと俺のティン◯を挟んだ。

完全にティンコが見えなくなる圧倒的なパイズリ。さっきたっぷり垂らしてくれたマリエの唾液がヌルヌルと気持ちよくクチャプチャとエロい音を出している。
大きさと圧力はマリエが圧倒しているが弾力がより強かった分気持ちよさは菜摘のほうが強かった気がする。とは言えさんざんやりまくった上で今も出した直後、公正なジャッジとは言い難い。どちらかと言うとSっ気をだして悪戯っぽい笑みを俺に見せていた菜摘に対してマリエはどM系、時折艶やかな声を出しながらトロンとした表情で時に口を上手に使いながら奉仕に徹している。
「すごいきもちいいよ、さっき出したばっかりなのにカチカチになっちゃった、ねぇ、マリエちゃんのはどうなってるの?」
そう聞くとマリエはビクンと肩を震わす、その言葉だけで感じてしまっているようだ。
「ほら、一旦手を止めて。マリエちゃんのどうなってるか見せてよ」
そう言って俺のモノを挟み込むために自らの大きな乳房をつかんでいたマリエの手をとり、ソファーに座るように促した。
マリエは赤味のました顔で瞳を羞恥に潤ませて俺を見たが、拒むような事はせずおとなしく俺の隣に腰掛けた。
「ほら、足、ソファーの上にあげて、そう、そのまま膝も開いて」
まだパンツを履いたままだが顔を紅潮させてソファーの上でM字開脚の体制をとらせる。クロッチの部分にすでにシミが出来るほど濡れているのがよくわかる。
「じゃあ見ててあげるからその部分、自分でずらして見せてよ」
そう言うとさらにビクンと肩を震わせて右手を結んだまま口にあて、ゆっくりと左手をパンツのそこを覆う部分にもっていく。逡巡するマリエ、そっと俺の目を盗み見るように伺う。その目は羞恥に潤み何かを訴えるようだけどそのまま俺は続ける。

「ほら、マリエちゃん、そこめくってくれないと見えないよ」あくまで優しい口調に命令の色を含ませる。
少し強めに目を瞑るマリエ。意を決したように一瞬の間を置いてじっとりと湿ったパンツのその部分の横にずらした。
明るい室内。血液が巡ってキレイなピンク色に腫れ上がったそこに、ぬらぬらとした粘膜がまとわりついていやらしくひかり、キラキラとした糸を引いている。
マリエはその顔を羞恥の色に染めて目を瞑ったまま俯いている。
手を伸ばして唇を左右に広げる。マリエの身体がビクンと震え、マリエは眼を開く。
マリエのそこには粘液が溢れ、上部では怒張しきったクリが皮からはみ出してパンパンに存在感を示していた。

そっと中指を入り口に這わすとクチュクチュと音がなってすぐに新しい粘液が湧き出て俺の指に絡みつく。
マリエの呼吸が乱れて呼気に喘ぎ声が混じり始めた。
俺は人差し指で膣口をなぞりながら時折親指でクリを刺激する。
「はぁあっ!ああんっ」
動きに合わせてマリエは敏感に反応を声に出して答えてくれる。
人差し指と中指を濡れそぼった膣にゆっくりと挿れる。
体温より高く感じる愛液がべっとりとまとわりつき、ゆびがふやけそうなくらいだ。
指を軽く曲げて膣の上壁をこすり上げるように刺激を与える。
「あぁああ!いやぁっ だめぇっええ!」
マリエの腰が上下に動く、おそらく抑えが効かない、勝手に動いてしまっているんだろう。
グジョッグジョッと次々と溢れる大量の体液、俺はさらに指の動きを早くする。
「ねっ、ダメぇ、あぁああっ、いやっ!だめ、でちゃうぅう!」
ソファーの上で大きく身体を反り返らせながビクン、ビクン、と二度身体を大きく痙攣させてマリエは大量の潮をまき散らせた。顔や身体への直撃は避ける事ができたけど俺の右腕はぐっしょりとマリエが吹き出した潮で濡れてしまった。
フローリングにも水たまりができている。
「マリエちゃん、すごいね、ぐしょぐしょだよw,どう、気持よかった?」
「はあぁ、はい、…すごい、よかった」
マリエは肩で息をしてうつろな目をこちらに向けて頷きながら深呼吸するように言葉を発した。。
おれはまりが座るソファーの前にすっと立ち上がる。
マリエを行かせることに集中して俺のそこは半立状態にまで落ち着いてしまっていた。
左膝だけソファーに突いて股間をマリエの顔の前に持って行く。
まるで反射のようにグッタリとしているはずのマリエは右手を持ち上げて俺のティン◯を掴み口に含んだ。
温かく唾液でヌメるマリエの口の中に納められすぐに硬さを取り戻す。
ゆっくりとしたマリエのストロークは徐々に熱を帯びて激しさを増す。
ジュパ、ジュパッと唾液の音を立てて深く飲み込むマリエ、俺は十分に高められた。
「マリエちゃん、ありがとう。もういれていい?」
「はい、入れてください」
ティン◯を口から離すとマリエは頷きながら、半ば哀願するように言った。

真っ白くてすべすべしたマリエの背中に手を回してそっとソファーに横たえる。
肉感的なマリエの身体がリビングに射しこむ陽の光の中で白くひかる。
両足からぐっしょりと湿ってしまったパンツを抜き取ると、濃い目の陰毛が溢れた粘液に濡らされて股間にべっとりと張り付いているのが見えた。たまらなくエロいマン◯だ。
俺はソファーに手をつき、ゆっくりとマリエの上に身体を重ねてキスをする。唇を会わせるやいなや、突っ込むようにしてマリエは舌を絡めてくる。
マリエの積極的なキスに応えつつ、見たこともないような大きな乳房のこの上なく柔らかい感触を胸に感じながら少しずつ体重をかける。
少し汗で湿ったマリエの肌は、しっとりと吸い付くように俺の身体を捉える。
マエリには悪いが腰回りで少しダブつく肉が俺的にはどストライク、身体を密着させてそのやわらかな感触を楽しんだ。
まずはマリエの豊満な身体を楽しむと俺は一旦身体を持ち上げてささやいた。
「マリエちゃん、自分の脚抱えて」
そう言うとマリエはソファーの上で自身のムッチリとした脚を抱え込み、股を開く。音こそ聞こえなかったが、ヌッチャリと陰唇が開いて、俺が入り込むのをまちかまえているようだ。

しっかりと硬度を保ったティン◯に手を添えて、ぐっしょりと湿った膣口に亀頭の先端をあてがう。
マリエの体温が敏感な先端に伝わり、少し押し付けるだけで溢れる粘液ですぐにテラテラとヌメリをまとった。
「あぁ、はああぁ、隆さんの入ってきたぁ」
豊かな湿潤の中に先端を埋めていくとマリエから待ちわびたというような声が漏れた。
半ばまで入ったところで再び体重をかけてマリエの身体の感触をたしかめ、首筋から鎖骨、そしてやわらかな乳房、ピンと張った乳首に唇と舌を這わせて存分にあじわう。
マリエの膣の中は、ヌルヌルとしているが、程よい圧迫でなにより高い体温が俺の快感を高めてくれる。
上半身を持ち上げ、強めにマリエを突く。全身の肉がストロークに合わせて波打つように大きく揺れ、大きな胸はまるで柔らかな水風船のようにタユンタユンとワンテンポ遅れて激しく上下に動く。
騎乗位で下から突き上げてみたいけど少しこのソファーだと窮屈だ、俺はバックから突くことにした。
一旦マリエから引き抜く、ベッタリと白濁した粘液が俺の陰毛にまで絡みついている。
「あん、抜いちゃうんですか?」
マリエは物足りなそうな表情で俺に催促するように言った。
「背もたれに手をついて、お尻俺に向けてつきだしてよ」
それを聞くとマリエはまた恥ずかしさに瞳をトロンとさせながらゆっくりと身体を起こし、背もたれれに手を掛けてソファーに膝をつくと、背中を反らしてその大きくムッチリとした白い尻を俺に向けた。
「マリエちゃん、ホントキレイなおしりだね、ほら、指で開いて見せてよ」
尻を撫でながらそういうと、マリエは右手を腹の下から股間に伸ばし、中指と人差し指で濡れそぼった陰唇を開いてみせた。
「隆さん、ねぇ、早く入れてください…」少し震える声は、恥ずかしさより興奮のせいだろう、マリエの息が荒い。
明るいリビングに拡がるエロい光景を十分に目に焼き付けて、再びズンッとマリエを後ろから力強く突いた。
「あぁあ!奥にあたるぅぅ。はぁあ、はぁ、あっ、もっとくださいぃ!」
しっかりとした構造のマンションだけどさすがに上近隣の部屋が気になるくらい大きな声でマリエは喘ぐ。
快感に理性がぶっ飛んでしまったように腰をくねくね動かしながら、さっきまで陰唇を左右に開いていた指で自らのクリを激しくこすり上げている。
マリエの大きな尻を眺めながらぬらぬらと光ったティン◯が膣の入り口を出たり入ったりする姿がエロくて俺の興奮をさらに高める。
角度を変えながらストロークを続けて、マリエのポイントを探し当てる。一番奥の壁の少し手前が一際反応がいい。
小刻みにポイントを刺激したのち、わざとポイントずらして浅いストロークを繰り返し、一気にそこを突く
「はぁ、だめ、あっ、そこイッちゃうんですぅ、ねぇ、あ、ねぇもっと、あぁ、あぁあ! あぁああっつ!」
すると先ほどの勢いとは異なる、滴るような潮をだらしなく垂らし、肩を震わせてマリエは再びイッてしまった。

「はぁあん、たかし、さんごめんなさい、私また…」
ソファーの上でアナルとマン◯を晒して四つん這いになったままマリエは朦朧と肩で息をして何とか言葉を出しているようだ。
「大丈夫だよ。マリエちゃん、俺もそろそろいいかな?」
そう言ってソファーの雫を脱ぎ捨てたシャツで拭うと再びマリエを仰向けに横たえ、その上に覆いかぶさる。
ジュプっとティンコを挿入し、イッたばかりの敏感な身体をビクンビクンと震わすマリエの豊満な肉体をまるで布団にするように体重を預け、今度は自分が気持ちよくイクためだけの野獣じみた身勝手なストロークを繰り返す。
奥の壁も周りの壁も俺の先端をしっかりと捉えて刺激を与えてくれる。

菜摘のGカップ乳で戯れる土曜日のブランチ

前々回 
前回  

寝起きに一戦交えたあと、シャワーを浴びると完全に目が覚めてしまったので朝食の準備にとりかかる。
菜摘は全身俺の服を着てソファーでテレビをつけながら雑誌を読んでいる。Gカップだという菜摘が着るには多少タイトなVネックのTシャツの胸元には深すぎる谷間が出来上がり、ランニング用のハーフパンツは、豊かに張り出した腰骨とその丸く柔らかな尻で窮屈そうだ。そのホットパンツ的に履かれたハーフパンツからは青白い血管の本数まで数えられそうなほど白く、毛穴すら視認できないようななめらかな肌を持つムッチリとした太ももがリビングに差し込む休日の朝の陽光に照らしだされている。
眉毛だけ描き足されたほぼすっぴんの菜摘の顔はその長いまつげが音を立てるのが聞こえてくるほどのパチリ、パチリとしたまばたきをする以外、まるで作り物のように整っていて、「ソファーで待ってなさい」という俺の言いつけ守って微動だにもせずに「宣伝会議」と題された雑誌を熱心に読みふけっていた。
カフェマシーンからコーヒーのいい香りが漂ってくると同時にパンが焼けた事をトースターのベルが知らせる。タイミングよく出来上がったベーコンエッグとトマトとレタスを切って市販のドレッシングをかけただけのサラダをダイニングテーブルに運ぶとようやく菜摘がこちらに顔を向けた。
「おいしそー女子力高いーw」
「切ってかけただけだし、女子じゃないし!w コーヒー、砂糖とミルクは?」
「ミルクだけお願いします。昨日散々飲んだのに早起き出し朝からサラダだし、私も見習わないと」
「普段の土曜は昼近くまで寝てるわwご飯はちゃんと食べるけど朝昼兼用だよねw」
「あぁ、なんか朝っぱらから電話ならしちゃってすみません。」
「どっちかって言うと目がさめたのはその後したせいだけどw」
「寝起きなのに激しかったですもんねw、ってご飯前の話としてはどうなんでしょうw」
「よろしくないねw食べよっか」

フツーのカップルのような光景、笑顔を見せながらテーブルの向こう側でパンを頬張る菜摘は、そのエロい格好とは裏腹に無邪気にかわいく、不覚にもほのぼのとした幸せすら感じてしまうほどだ。だが、実際には二人は昨日の夜出会ったばかりなだけじゃなく、菜摘には彼氏もいるのだ。
この辺りで罪悪感よりも嫉妬や少しばかりの優越感しか感じないところが俺の人としてダメなとこなんだろう。

朝食を食べ終わるとソファーでTVを見ながらまったりする二人。菜摘は握った右手を口に当ててあくびを噛み殺すような仕草を見せた。土曜日の10時とはいえ目を覚ましたのは8時位、そもそも昨日だって3時近くまで起きてたはずだ。
「お腹いっぱいになったら眠くなった?」
「ちょっと、眠くなっちゃいましたw」
「昨日遅かったのに今朝は早かったもんね」そう言いながら菜摘の方に手を回して軽く抱き寄せると、頭を俺の肩にもたれさせてくる。
「居心地良すぎてこのまままた寝ちゃいそうですw」再びあくびを押さえながら目尻に涙を浮かべながら言う。長い睫毛がせわしなく上下にぱちぱちと動く。
「俺もちょい眠い、ベッドでもソファでも寝たいときに寝ればいいよ」抱き寄せた菜摘のすっとした顎越しにTシャツをきつそうに押し上げる大きな胸と、その間に作られた深い谷間に目が行く。先端は明確に乳首のカタチが浮き上がっている。いたずらごころにそっと手を伸ばして先端をさすってみる。
「あっ、もう、人のおっぱいで遊ばないでくださいw」
「そんなに大きいからさ、つい気になっちゃってw」言われても乳首をなぞったりその重さを計るように掌で持ち上げたり、文字通りおもちゃにして遊んでみる。それにしても男はなんでこんなにおっぱいが好きなんだろう、一日中でも遊んでられそうだ。
「ちょっ、あんっw」時折菜摘の甘い声が交じる。
「敏感だねw,ほら、ちょっと乳首立ってきたw」完全なじゃれあいでも体は結構反応するものだ、菜摘にそうは言ったが、甘い声と無邪気にじゃれる笑顔に含まれたエロさと、その無防備な格好に若干俺のモノもふっくらし始める。
「隆さん、ホントおっぱい好きなんですねw」なんて言いながら両腕で胸を挟み込んで谷間を強調し悪戯っぽく左右に振って見せる菜摘。頭のなかで「だっちゅ?の」とつぶやいてみるけど声にしたところで菜摘には何のことだかわからない可能性のほうが高いだろう。
「深い谷まだねー、俺完全に落っこちちゃったよw」
「嘘ばっかりー、あちこちのいろんな谷間に落ちまくってるんじゃないですか?w」いやいや、落っこちるほど深い谷間を作れる女の子なんてそうザラに居るもんでもない。
「あっちこっちの谷間を観光できるほどモテないっすよwそれにしても菜摘ちゃんみたいな子を独占してる彼氏さん、羨ましすぎるよ」
「でも昨日で独占じゃなくなっちゃいましたけどねw」
「じゃあこれからもちょくちょく会ってくれるの?」
「逆に隆さん一日遊んだら私のことなんて飽きてもう会ってくれないんじゃないですか?」
「まさかー、菜摘ちゃんが会いたいって言ってくれたらいつでも時間作るよ!逆にほら、俺からは誘いずらいしさ」
俺は菜摘のその魅力的なプロポーションを含むルックスはもちろん、何気ない仕草や細かな性格まで少しずつはまりつつあった。「彼氏に悪いからもう逢えない」なんて言われたら軽くどころではなく、失恋の痛みを感じたことだろう。なんて言いつつ明日もマリエとデートなのだが。
「メールとかLineとかならいつでも声かけてもらって大丈夫ですよ、隆さんから誘ってもらえたら嬉しいですよ」
なんて話をしつつも俺の手は相変わらず菜摘の胸やら脚やらを触っているし菜摘もそれに応じて楽しそうに胸を寄せたりいたずらっぽい笑みを浮かべたりしている。
ふと、目に入ったテレビのリモコンを手に取り、Vネックの胸元を押し下げて胸にあてがってみる。菜摘は意図を察してリモコンを挟み込んだ。
「凄いね、これ結構大きいリモコンなのに見えないくらいすっぽりw」
「これ、彼氏にもカラオケのマイクでやられましたw」
「男ってしょーもないねw」
「ノッちゃった私もたいがいですけどねw」
「でも昨日、ホントにすぐイかされそうだったよ」
リモコンを抜き取りながら昨日の夜、バスルームでフェラ抜きしてもらった後、連続でパイズリでイかされそうになったことに触れる。
「ホントに!あとちょっとだったのに隆さん止めちゃうんだもんw」ちっとも悔しく無さそうな挑発的な笑みを唇に浮かべて俺の顔を覗き込む。
「でもアソコでしちゃってたら…、いやアソコで出しちゃってもちゃんとベッドでまた大きくなった気がする」
「結局その後2回しましたもんねw起きてすぐもしたし」
「菜摘ちゃんと一緒にいたら際限ないわw、ほら、今もちょこっとだけ」
菜摘の手をとってスウェット地のナイトウェアの上から半立になったそこに持っていく。
「ホントだwでも隆さんにしたらこんなのまだ赤ちゃんみたいなもんじゃないですか」
指先でモミモミと刺激与えられる。少し柔らかいのが感触として面白いといった雰囲気だ。
「ちょ、あんまやったらまた完全体になるよw」実際やばそうだった。
「まって、だめ、まだ大きくしないで」菜摘は軽く無茶なことを言うと手を離しておもむろにソファーの上に星座になるとくるりと膝をこちらに向けた。
「はい、ちょっと腰あげてください」そう言いながら俺の下着の腰の部分に指をかける。
ドキっとするの隠しつつ、仕方ないなぁ、的な諦め笑顔を作って言われた通り腰を浮かすとスルリとパンツごと太ももまで下げた。俺のそこはまだ重力に従ってだらりと脚の間に乗っかっている。
「まだ大きくなってないですねー、あ柔らかいのにピクピク動いてるwでもこの時点で彼氏のよりかなり大きいですよ」
どうやら菜摘の昨日までの唯一の相手である彼氏さんは粗チンらしい、しかも早漏とのことなので、いままでずいぶんこのエロい身体と溢れるような欲求を菜摘は持て余してきたんだろう。
「失礼しまーす」そう言うと菜摘は手にとった不完全なそれをアイスキャンディーを食べる子どものようにくわえ込んだ。
「柔らかからってかじらないでねw」すぐにでもフル状態になりそうなモノを抑える努力も兼ねて努めて悪戯っぽく言う。
菜摘は咥えるというよりまだ残る柔らかさを楽しみながらしゃぶるような微妙な力加減で少しずつ大きくなっていく様を口の中で観察するように口中でねぶりまわす。でもそれは次第に硬度と大きさを増しそろそろフルボッキの状態になってしまう。
音を立てながら口を離し、唾液で濡れるそこを手でいじりながら話す。
「もう早大きくなっちゃいましたねwせっかくだから昨日の続きにしましょっか」
そう言うと、菜摘はソファーから立ち上がり、唾液で濡れていない左手を器用に使ってTシャツを脱ぎ捨てた。張りのある乳房がリビングに差し込む陽光の中で白く浮き立つ。昨日の夜とも今朝ともまた違った光景につい見とれてしまう。
「そんなにジット見ないでくださいwそろそろ見飽きちゃった頃じゃないですか?なんかお邪魔してから脱いでた時間のほうが長い気がしますw」
確かに眠るときも全裸だったためトータルの時間ではその体が晒されえいた時間ほうが長いだろう、ただし、当然飽きるようなものではない。
菜摘は昨夜のバスルームのように太ももまでパンツを下げてフルボッキのそこを晒したままソファーに座るマヌケな格好の俺の脚から、ナイトウエアとパンツを一緒に引き抜くと前の床に膝をついて上半身を俺の下半身に覆い被せ、天井を向いたままの俺のモノを喉の奥まで咥え込んで唾液をぬらぬらとたっぷり絡ませた。
チュパっとエロい音を立てながら唇を離すと俺の先端と菜摘の口の間に唾液が糸をひく。脇腹を使ってグイグイと俺の太ももの間に割って入ると両方の乳房を掌で包み込み、その深い谷間に俺のモノを沈めた。
「やっぱり、昨日した時と全然変わんない硬さですよ、どれだけ元気なんですか?」
攻めるときの菜摘は心底楽しそうな笑顔を見せる。それが俺のMな部分を多分に刺激してくれる。
完全に密着した両乳房の間から少しずつ顔をだす亀頭は菜摘の唾液でヌラリと光り、それ自身が出すカウパーが糸を引いてエロさを倍増させる光景だ。菜摘の胸が下がって俺のモノが姿をあらわすと菜摘はキスをしたりチロチロと舌先を使って舐めたり思いくわえ込んだり、ゆっくりとしたストロークの度に異なる刺激を与えてくれる。
潤滑が足りなくなった時にすすぅーと糸をひくように亀頭に向けて唾液を垂らす姿が何よりもそそる。
最初、上半身全体を使っていたストロークも十分な潤滑を得ると両手で胸だけを細かに揺すったり、左右互い違いに上下させたり、時に俺の先端を乳首にあてがって刺激を与えるなど技のバリエーションも豊かだ。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード