萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

おっぱい

兄嫁は僕のもの

僕は隆35歳独身。兄は剛43歳。実は兄とは母親が違います。だから年が若干離れています。いまだよそよそしい関係です。そして、兄嫁美和子37歳。2年前に兄と結婚するまでOLをしていて、見た目はすごく若く見えます。しかも兄夫婦にはまだ子供はいません。そして、僕たちの両親の5人で一緒し暮らしています。
美和子さんは学生時代に、バレー部だったらしく、身長175センチ、バスト94センチのHカップ、ヒップも90センチと結構ムチムチ系で、僕のドストライクです。高校のときにすでに今のスタイルだったらしく、美和子さんがスパイクを打つたびに、会場の男子高生がどよめいていたそうです。
さて、この兄夫婦。結婚した年齢が年齢だけに(うちの両親が気にしすぎ)孫を毎日のように見たいとアピールされ、新婚早々から、機械的な行為となっていったらしく、兄は最近僕に、「美和子には悪いが、気持ちがはいらないんだよな」と僕に愚痴ってきます。
そんなある日、兄が2週間も出張に当たってしまいました。うちの両親は、冗談といいながら、「なんなら、隆が代わりに美和子さんと子作りしちゃう?」みたいなこといって、主張前の兄も困惑していました。なのし、食事の後、兄から意外な以来が僕にありました。
「隆、子作りまではダメだけど、2週間美和子の相手をしてやってくれないか?」
僕は1度は断ったものの、兄貴に寄り切られ、受け入れることにしました。美和子さんにも、兄から、話していると聞いたので、僕も割り切ることにしました。
そして、その瞬間は翌日、早速訪れました。僕は休みで家にいましたが、両親が法事があるといって、タイミングよく2日も家を空けるといいます。
朝から、僕と美和子さんは微妙な感じで、一緒にいました。僕は休みなので、Tシャツ1枚に、デニムのハーフパンツ。若干タイトなため、前の部分のもっこリが、よくわかります。
美和子さんも、Tシャツにホットパンツ。Tシャツから今にも大きな胸がこぼれそうです。お尻もすでに、パンツのすそから、はみ出ています。
「僕、昨日兄から頼まれて、美和子さんの世話をするように言われたんだけど、聞いてる?」こういうことは僕から切り出さないと.....。
「うん、聞いてるから、こんな格好してみたんだけど隆さんどう?」
「そうなんだ、さっきから、僕美和子さんに釘付けだよ、だって、ほら、僕のここを見てくれたら、うそじゃないってわかると思う。」僕はそういって、立ち上がり、僕の下半身を突き出して見せた。
「やっぱりそうなんだ。剛さんがいってたとおり、隆は絶対巨乳好きだっていってたから」
「だったら話が早い、2階の美和子さんたちの寝室にいこうよ。僕兄の代わりだから」
「うん。わかったわ。」
2人は、2階の寝室へ向かった。寝室の扉が開き、2人が部屋に入った瞬間、僕は、美和子さんを強く抱き寄せ、唇を強引に奪った。
「ウッ、ハァーッ、アーンッ。隆さん...。その強引な感じ好き。もっときて。」
僕は舌を早速絡めながら、右手で、Tシャツを巻くり上げ、美和子さんの巨乳をさらけ出した。さらにホットパンツも、手際よく、チャックに手を掛け、あっさりと床に下ろしていきました。と、同時に僕もTシャツ、パンツを脱ぎ捨て、硬く勃起した、チンポをパンツの上から、美和子さんのクリに、擦り付けていきます。当然曝け出したおっぱいに同時に吸い付いてることもいうまでもありません。
「隆さん、すごい硬ーぃ。もう、早く見せて。パンツなんか脱いでよぉ、もう...。」
美和子さんは僕のパンツに手を掛け、チンポをもろ出しにしました。と同時に、しゃがみこみ、一気にフェラを始めました。
「ウグッ、ジュパッ、アーン、...。剛さんとぜんぜん違うすごいの。」
「兄と何が違うの?ちゃんといってごらん?」
「もう、意地悪ぅ。チンポよ、チンポの硬さも太さもぜんぜん違うのーぉ」
「美和子さんはこのチンポどうしたいんだっけ?自分でお願いしなきゃだめだよ!」
「美和子のグジュグジュのマンコに入れてほしいの。早くお願い!この硬くて、太いチンポでいっぱいかき混ぜてほしいの!隆さん早くぅきてぇ。」
「そんなにお願いされたら、仕方ないな、兄から聞いてたよりかなりスケベなんだね」
「剛さんにこんなこと言えないわ。隆さんだから、こんなになってるのよ、わかる?」
僕は美和子さんの両足を思い切り左右に開き、おく深くまで一気に挿入しました。
2人は、体位を何度も変えながら、絶頂を迎えました。
もちろんこの日は、誰も帰ってきません。二人は何度もエッチを繰り返し、気がつけば日にちが代わっていました。
その後兄の出張中の2週間、チャンスがあれば、何度もエッチを繰り返し、美和子さんは僕のものになっていきました。兄が出張から帰ってからも...。
ほんとにいつ、孫ができるか、ひょっとしたら、時間の問題です。

兄嫁との出来事

僕は3ヶ月前に、転勤になり、たまたま兄夫婦の近くに赴任したので、一緒に住むことをお願いした。僕は、44歳独身。兄は47歳。兄嫁は38歳。兄夫婦には結婚して10年たつが、子供はいません。兄は医者をしており、生活は裕福ですが、夫婦の夜の行為はまったくといっていいほど皆無のようでした。僕もちょうど1年前に彼女と別れ、誰かいい相手がいないか探していたところでした。ただ、もちろん最初から、兄嫁とこうなるとは思っていませんでした。
その日も、兄は仕事で夜遅くなると連絡が入りました。連絡が入るときはいつも12時を超えるときのようです。僕は、夕食をもらい、風呂も終わり、部屋でくつろいでいました。もちろんまさか兄嫁がこの後部屋に来るとは考えていなかった僕は、下半身をモロ出しし、右手で触りながら、エロ雑誌を見ていました。するとなぜか、兄嫁が僕の部屋の前に来る気配がしたのです。そしてそのまま、何のためらいもなく部屋に入ってきました。
「浩二さん、私、あゆみです。部屋に入りますね」
僕はすでに興奮状態になっており、あわてて隠す余裕もなく、兄嫁が入って着ました。
「エーっ、浩二さん何してるの、それしまってください」
僕は一瞬で、兄嫁は本当は見たがっていると察知しました。
「あゆみさん、本当はじっくり見たいんでしょ、兄貴とも全くやってないんでしょ?、男性の性器見るの何日ぶりなの?それとも何ヶ月ぶり?、ほら、いっぱい見ていいんだよ}
あゆみさんは、部屋着とはいえ、いつもセクシーな服装なのです。今日も、キャミソールの上にブラウスを着ていますが、胸元は大きく開いており、Fカップのおっぱいはこぼれそうです。スカートもひざ上10センチのミニ、しかもタイトで結構お知りの形がはっきりわかります。あゆみさんは言葉とは裏腹に一歩づつ僕に近づいてきました。そして僕の前でしゃがみこみ、僕の勃起した下半身を目の前にし、凝視しています。
「あゆみさんどう?兄貴のよりは太くて固いと思うんだけど、ちゃんとよくみてよ。よく見てどっちが大きいか言ってからでないと、触ったらだめだよ」
あゆみさんは、僕の言葉に何の迷いもなく即としました。
「浩二さんの下半身のほうが、太くて大きいです。主人のより、すごく大きいです。浩二さん、私、男の下半身見るの、半年振りなの、浩二さんがうちに着てから、ずっとチャンスをうかがっていたし、部屋で浩二さんがオナニーしていたのも知ってたの。でも、部屋に入る勇気がなくて、、、。でも、私もう我慢できなくて、、。浩二さんの下半身をあゆみのお口で気持ちよくしてあげたいです。お願い、、。咥えてもいいでしょ?」
「もちろんだよあゆみさん。たっぷり口で咥えて気持ちよくしてよ」
あゆみさんは僕の言葉を最後まで聞くことなく、口の中へと堅い下半身をくわえ込んでいきます。
たくさんの唾をたらし、のどの奥まで何度も咥え込み、黙々と僕に奉仕を続けていきました。
「あゆみさん、足をいっぱいに開いてよ。僕がいっぱい気持ちよくしてあげるから。もうわかるでしょ」
あゆみさんは、ショーツを脱ぎ去り、タイとスカートをはいたまま、足を左右に開脚し、もうおまんこぐちゅぐちゅ状態で、いつでも挿入できる状況です。僕は一気に上に乗りかかり、勃起した下半身を鮎さんのやらしいおまんこへと挿入していきました。
二人とも久々の感触に、何度も何度も絶頂を向かえイキまくりました。
その日はその1回で、兄貴の帰宅時間が近づき、終了したものの、その日を境にすきあれば何度も僕とあゆみさんは交尾を繰り返していきました。
そしてついに、2週間ほど前のことですが、2人はもっと興奮することを求めて、夜中に兄貴がぐっすり寝静まったことを確認し、あゆみさんを1つ部屋空けてさらに隣の僕の部屋に呼び寄せ、交尾をしてしまいました。兄貴が途中に声に反応して起きてこないか不安になりながらも、今までにない興奮を覚え二人は朝方まで身体を重ねあいました。
これからもシチュエーションを変えて僕とあゆみさんの行為は続いていくと思います。

近所の清楚なお姉さん

小学生の頃、隣に22才のカヨさんが引っ越してきた。地方からきて初めての独り暮らしのようだった。カヨさんはとても優しく穏やかな女性で、小学生ながらカヨさんが好きだった。カヨさんも、隣で初めて出来た友達の様でかつ、弟の様に可愛がってくれた。俺は丁度女性の裸に興味が出てきた時でカヨさんの裸を何としても見たいと、思っていた。特に、毛に興味がありカヨさんの陰毛を見たかった。しかし、カヨさんは遊んでいてもパンチラすらせず、ガードがとても固かった。ある日、カヨさんは夏休みにプールに連れて行ってくれた。更衣室から出てきたカヨさんは黄色のワンピースの水着でカヨさんの初水着姿に興奮した。遊びながら、この水着の下を想像したりした。時折、水着の股間部分を見て、はみ毛や透け毛がないか確認したが、全く無かった。そして、帰りにカヨさんの家に寄り、風呂に入って帰ったのだが、その時も、バスタオルでしっかり身体を巻き、俺の背中を洗ってくれたのだが、俺はバスタオルの隙間から毛が見えないか、探ってみたが、今回も見れず、ますますカヨさんの裸体を見たくなった。そんなある日、町内会のイベントで保護者同伴のハイキングをメインのお泊まり会があり、俺の親が所用で行けない為、カヨさんが引率してくれたのだが、その晩のお風呂が小さい子どももいるため大人が一人一緒に入る事になり、なんとカヨさんが入る事になった。ついにカヨさんのヌードが見れるのか?その時をワクワクしながら待った俺。そそくさと脱いで待った俺。そして、カヨさんがやってきた。ドキドキしながらカヨさんの脱衣を眺めた。シャツを脱ぐと薄いピンクのブラジャーが現れ、ジーパンを下ろすと、これも薄いピンクのパンティが!まさか、あのカヨさんが俺の目の前でついに脱ぐのか?すると、ブラジャーを外したが、後ろ姿の為まだ見えない。そして、パンティをゆっくり脱いでいった。憧れのカヨさんのお尻が全開になった。カヨさんのお尻は肉付きが良くムッチリしていた。そして、ロングヘアーを後ろ手に束ねながら、正面を向いた。少し小振りのオッパイが露になり形が良く綺麗なカヨさんのオッパイだった。そして、目線を股の付け根に移すと、見たくて見たくてしょうがなかったカヨさんのマン毛が丸出しだった。カヨさんのマン毛は毛足が長く縦気味に生い茂ったモジャモジャした黒々マン毛だった。カヨさんの浴場ヘアヌードだ。片時も目を離さずマン毛を見つめ続けた。他の子ども達の前でマン毛を晒し、浴槽に浸かる度に足を跨いだ瞬間に見えた割れ目。背中越しに屈んだ時に見えた、肛門とマンコ。全てが興奮した思い出だ。それから数週間ぐらいした時に知らない男と手を繋いで歩いていたカヨさん、今思えば既にあの時には、カヨさんの中にあの男性のチンチンが入っていたのだろう。カヨさんは既に処女じゃなかったのだろう。

近所に住んでいる人妻は、代行屋のオヤジ達にレイプされた。

俺は、田舎にある学校の住み込みの独身40代の用務員をしています。

趣味といえば、覗きに盗撮に痴漢です。

覗きは、主に学校の近くにあるヨットハーバーがある港にカーセックスしているのを

覗きに行きます。

盗撮は、カーセックス最中をビデオカメラで録画したり、パンチラで主に顔つき逆さ撮り

が俺の主流で、痴漢に関しては、仕事で外出する時と夜に飲みに出た時に好みのエロそうな

女がいれば尾行して痴漢してチャンスがあればレイプしてます。

今回は、ヨットハーバーがある港で代行運転やオヤジ達に近所の人妻であるめぐみが

レイプされるのを盗撮した話をします。

その日は、火曜日の事でした。

いつもなら、金曜日とか土曜日に覗きに出るのですが、ほかの曜日はどんな感じかなと

思いたってビデオカメラを持ってヨットハーバーがある港に向かいました。

カーセックスする場所は、大体は陸上げされているヨットとヨットの間に車を止めて

大半で、いつも通りヨットの陰でタバコを吸ってボーとしていたら車の代行屋の車が

入って来て止まりました。

俺は、休憩かサボリで車を止めたのかと思ってヨットの陰に隠れて様子を伺っていたら

50代くらいのオヤジAが携帯を片手に話をしながら出てきました。

「 おい、まだか、早く来いよ、チンポが想像しただけで立ってしまって待ちきれねー  

  ど、倉庫とヨットの前で待っているからな。」

俺は、マジか、後から女が来るんだ、どんな女が来るのかワクワクしました。

しばらくすると、オレンジ色の車が入って来て街灯の当たって明るい倉庫の前に

止まりました。

ベストポジションに車を止めてくれた、俺はワクワクドキドキしてきましたが、

オレンジ色の車に見覚えがありましたが、運転席から降りてきたのは、50代ぐらいの

オヤジBでした。

「 ごめん、遅くなった、俺も女を見ていたらチンポが立って興奮してるよ 」

「 お前、手を出してないだろうな! 」

「あー ごめん、信号で止まった時に、おっぱいを揉んでしまった。」

「おい、女が起きたらどうするんや(# ゚Д゚) 」

「悪いな、でも大丈夫、酔っ払ってるから起きなかったから、お前が先に入れていいから

 ゆるしてよ。」

「 まぁ、先に入れていいなら許す。」

「その代わり上の口は、俺が先やで、それからマンコの中に出すなよ。」

「 あぁ、了解。」

俺は、思いました。

多分、オヤジ達は、客の酔っ払っている女をレイプするんだなと、ただ、どんな女

だろうか? あの見覚えのあるオレンジ色の車は、近所の人妻のめぐみの車に

じゃないか? ここまで代行屋を使うって事は、めぐみの可能性があるのだ。

めぐみは、この近所に住んでいる人妻で去年まで子供が、俺が用務員している学校に

通っていて、学校行事なんかに、めぐみをよく見かけていてチャンスがあった時に

逆さ撮りして何十枚も盗撮している。

多分、30代くらいのに、俺が逆さ撮りした何十枚の盗撮写真は、ほとんどがTバックで

エロい尻に食い込んでいてたまんない写真です。

もし、めぐみなら最高なんだけどと思いつつ、なんか悔しい気持ちが交差して、オレンジ色

の車の助手席を見ると、確かにシートが倒されて、誰かが寝ているのが分かる。

オヤジAが、倉庫の前にあるブールシートを見つけると、オヤジBと広げると

助手席から女を出して、ブルーシートの上に寝かせました。

俺は、その女を見て唾を飲み込みました。

間違いありません。

めぐみです。近所に住んでいる人妻のめぐみで間違いありません。

俺は、手が震えながらビデオカメラをまわしました。

オヤジ達は、寝ているめぐみに近寄るとオヤジAがスカートをめくって、赤いパンティと

ストッキングを一気に脱がして、足を広げるとマンコに顔を近づけて荒く舐め始めました。

オヤジBは、ブラウスのボタンを外すとブラジャー上げるとおっぱいに荒々しく吸い付いて

います。

さすがに、めぐみも目が覚めたみたいで、抵抗を始めましたが、オヤジ二人には力で

負けて、めぐみは抵抗むなしくオヤジAにバックからチンポを入れられて犯されて、

オヤジBからは、フェラを強制されてチンポを咥えています。

俺は、興奮しながらビデオカメラをまわしました。

めぐみの抵抗は、初めの内だけで自ら腰を振って、オヤジ達のチンポを上の口と舌の口を

受け入れて感じているのが分かります。

一時間ほどでレイプされためぐみは、解放されました。

オヤジ達は、満足して去って行った後に、俺は、めぐみの前に立つとびっくりした感じで

めぐみは、怯えていました。

俺は、優しく言いました。

「大丈夫ですか? ビデオに録画しましたから安心してください。誰にも言いませんので

 二人だけの秘密にしましょう。 今日は、早く帰って体を洗わないとマンコに中出し

 されているから子供が出来るかも、でも、奥さんもスケベですね、美味しそうにチンポを

 しゃぶって腰振って、旦那以外のチンポを受け入れて淫乱ですね。」

「違います。これは、無理やり・・・ 」

「奥さん、早く帰りや、後日話しましょ。」

    続き

強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた

33歳になって、係長になったことで部下が出来た。その中の一人の悠斗とは、同じ大学の同じゼミ出身と言うこともあり、すぐに仲良くなった。悠斗は、人なつっこい性格で、明るく調子が良い性格なので、仕事を任せるには少し不安な部分もあるが、一緒に飲んだりするにはとても楽しい男だ。

そして、悠斗も私に妙になついていて、今ではウチに食事に来て飲んだりするまでになっていた。
『ホント、美里さんの料理って、ファミレスよりも美味いっす!』
悠斗は、あまり褒め言葉に聞こえないような褒め言葉を言う。

『はいはい。ファミレスね。ありがとう』
美里は、クールにお礼を言う。ニコリともしないが、夫の私には、美里がそこそこ上機嫌なのがわかる。
「それ、あまり褒め言葉になってないぞ」
私がそれとなく諭すが、
「何でですか? ファミレスバカにしてませんか? 自分の中じゃ、ファミレスが最高峰っす」
と、大まじめな顔で言う。お世辞にも育ちが良いとは言えない悠斗にとっては、ファミレスが一番というのは本気なのかも知れない。確かに、今のファミレスは手が込んでいて、美味しいと言えるかもしれないが、褒め言葉にそれを使うのはなんか違うと思う。

『まぁ、なんでも良いけど、それだけバクバク食べてくれると、気分は良いわよ』
美里は、クールな顔で言う。
「ホントですか! じゃあ、おかわりお願いします!」
まだギリギリ20代の悠斗だけど、本当に子供というか、学生ノリのままだ。そこが面白いと思うけど、彼の将来が少し心配になる。

「それにしても、今日も暑かったっすよね。美里さんも、なんかセクシーな格好してますもんね」
悠斗は、上司の妻に対する言葉とは思えないことを言う。でも、確かに今日の美里はタンクトップ姿で、色っぽいと言えば色っぽい。そして、さっきから凄く気になっていたが、たぶんノーブラだ。ブラのヒモが見えないし、胸の位置も少し低い感じがする。

美里は、巨乳ではないがCカップ程度はある。でも、陥没乳首っぽい感じなので、ノーブラでもさほど乳首が生地にひびかない。そんな事もあってか、美里はノーブラで過ごすことが凄く多い。
最近はとくに暑いし、それも仕方ないかなと思うが、後輩が遊びに来ているときくらいは、やめて欲しいと思う。

『そう? 別に普通でしょ?』
美里は、クールというか、無関心な感じで言う。
「いやいや、さっきから、スッゲぇ胸チラしてますもん。目のやり場に困るっす」
悠斗が脳天気に言う。
『こんなババァのおっぱい見ても、嬉しくもなんとないでしょ?』
ビールを飲みながら、関心なさそうに言う美里。そんな仕草が、男前だなと思ってしまう。

「そんな事ないっす! 胸チラ見えて、メチャクチャ嬉しいですもん」
悠斗は、私がいるのにそんなことを言う。でも、彼が言うと、エロい下ネタと言うよりは、明るく楽しい会話という感じがする。彼のキャラクターのせいだろうなと思う。

すると、美里がいきなりタンクトップをまくり上げた。白くて形の良いおっぱいが、丸見えになる。陥没気味の乳首まではっきりと見えてしまっている。
『ほら。垂れてるし、そんないいもんじゃないだろ?』
美里が、口悪く言う。たまに男言葉が混じるのは、長年体育会系の部活(バスケットボール)をしていた影響もあるのだと思う。

「うわっ! スッゲぇっ! メチャクチャ良いカタチしてるっす!」
悠斗は、目をそらすこともなく、逆にガン見しながら叫ぶ。
「ちょ、ちょっと! ダメだって! なにしてんの!」
私が、慌ててそんなことを言うと、
『別に減るもんじゃないからいいだろ?』
と、おっさんみたいなことを言う美里。でも、素直にタンクトップを戻してくれた。

私は、変な感情が生まれてしまっていた。他の男に愛する妻の胸を見られてしまった……。それなのに、私はたぶん興奮してしまっている。見られてしまった焦りや悔しさよりも、なぜか興奮してしまっていた。

「あぁ、戻しちゃうんだ」
悠斗は、残念そうに言う。本当に、残念そうだ。
『なんだよ。アンタの彼女の方が、ピチピチで良いおっぱいしてるだろ?』
美里は、ビールを飲みながらチーズを食べている。おっぱいを見せたことに、なんの動揺もないみたいだ。本気で”減るもんじゃないし”と思っていそうで怖い。

「いや、今いませんもん。彼女、募集中です」
悠斗は、ニヤニヤしながら言う。
『へぇ、アンタ、モテそうなのに』
美里はそんなことを言う。確かに、普段から美里は、悠斗はモテそうだと言っている。言葉のチョイスは別として、凄く女性を褒めるし、ちょっとした変化にもよく気がつくと評価している。
確かに、会社の中でも女子人気は一番かもしれない。でも、彼女がいないというのは意外だった。

「全然ダメっすね。美里さんみたいな女の人、どこかにいませんかね?」
悠斗は、たたみかけるように言う。すると、美里が吹き出すように笑った。今日、初めて声を出して笑った気がする。
『ホント、アンタは面白いな。ほら、もっと飲め』
そう言って、日本酒を注ぐ美里。悠斗は、もう結構酔っている感じだが、注がれた酒をグビグビと飲む。
「美味いっす」
『良い飲みっぷりだねぇ』
二人とも、楽しそうに飲んでいる。私は、それほどアルコールに強くないので、ちびちびと飲む程度だ。二人とも、もう結構な量を飲んでいると思う。

『アンタと飲んでると、若返るよ。もう、私なんてすっかりババァだからな』
美里は、酔うとさらに言葉が汚くなる。でも、ショートカットで男前な感じの美里には、男言葉もよく似合っている感じがする。

美里は、メイクもほとんどしないし、眉も整えないので結構太めだ。でも、それでも充分見られるというか、綺麗だと思う。美人と言うよりは、イケメン系の美しさがある。宝塚なんかにいたら、人気が出るんじゃないかな? と思うようなルックスだ。

「いやいや、美里さん、充分若いですって。20代って言っても通用しますって!」
悠斗が、やたらと持ち上げる。たぶん、美里のおっぱいを見て興奮しているのかも知れない。
『褒めすぎるとウソっぽくなるぞ』
美里は無表情にそんなことを言うが、微妙に頬がほころんでいる感じだ。

「美里ちゃん、そんなに褒めてもらったんだから、ご褒美あげたら?」
私は、自分でもなんでそんなことを言ったのかわからない。でも、ほとんど無意識でそう言っていた。
『ん? ご褒美? なにが欲しい?』
美里は、無表情に悠斗に聞く。
「お、おっぱい! もう一回見せて下さい!!」
悠斗は、大慌てで言う。その慌てっぷりに、私はつい笑ってしまった。すると、美里はまたタンクトップをベロンとめくりあげてしまった。

『ほれ。こんなの、ご褒美になるのか?』
美里は、不思議そうに聞く。本気でそう思っているみたいだ。自分の裸に、さほど価値がないと思っているのかも知れない。
「スッゲぇ……。最高っす!」
悠斗は、遠慮なく美里の胸を見続ける。私は、自分の妻のおっぱいを見られてしまっているという異常事態なのに、それを止めることもなく、ただ興奮していた。

『なんでアンタが興奮してるんだよ。もう、私のおっぱいなんて飽きてるだろ?』
美里が、私の股間を見ながら言う。私は、勃起しているのを見つけられてしまって、慌ててチンポジチェンジをした。
「いや、そりゃ勃起しますって! 俺もヤバいっすもん」
そう言って、もっこりした股間を指さす悠斗。確かに、悠斗のズボンの股間部分は、思いきり盛り上がっていた。シティハンターのもっこりみたいな、マンガみたいな盛り上がり方をしている。

『えっ? なにそれ?』
クールだった美里が、驚いた顔で言う。
「なにって、マイサンのことですか?」
『いや、そうじゃなくって、パンツの中になにか入れてるのか?』
美里は、不思議そうな顔で聞く。どうやら、悠斗のペニスがもっこりしすぎていて、何か仕込んでいるのかと思っているらしい。

「んなわけないじゃないっすか! 100パー俺のっす」
悠斗は、少しドヤ顔で言う。それなりに、自信を持っているみたいだ。私は、標準より小さなペニスなので、ちょっと悔しいなと思っていた。別に、ペニスの大きさなんかで人の価値は決まらないと思うが、それでも負けた気持ちになってしまう。

『ウソばっかり。そんなサイズあり得ないでしょ』
美里は、小馬鹿にしたように言う。本気で、悠斗がふざけて何か入れているのだと思っているみたいだ。
「いや、あり得ますって! リアルガチっす!」
『じゃあ、見せてみろよ』
美里は、目が据わっている。かなり酔っているようだ。おっぱいを丸出しにしたまま凄む美里。いつもなら、凄まれると怖いと思ってしまうが、おっぱい丸出しなので、妙にコミカルだ。でも、あまりにも羞恥心がなさ過ぎるとも思う。

「え? いいんすか? 出しちゃっても、いいんです?」
『いいから出してみろって。どうせ、なんか入れてるだけだろ?』
煽るように言う美里。すると、悠斗がスッと立ち上がり、躊躇もなくズボンとパンツを一気に降ろした。すると、ブルンっ! と言う感じで悠斗の勃起したペニスが上下に揺れる。それは、確かに本物だった。デカすぎる本物だった。

『マジなんだ……。そんなサイズあり得るんだ。ていうか、デカすぎてキモいね』
悠斗のペニスを見ても、冷静なまま言う美里。でも、私は冷静ではなかった。美里は、胸は丸出しだし、他人のペニスまで見ている。今まで、3人で飲んでいて、下ネタになることは多少あったが、基本、エロい要素はほとんどない宅飲みばかりだった。それが今、下ネタどころか、妻の貞操の危機すら感じるような状況になっている。

「またまたぁ?。本当は、触ってみたいんじゃないっすか?」
誇らしげにペニスを誇示したまま美里に言う悠斗。
『別に』
冷たく吐き捨てる美里。
「エリカ様じゃないんだから。ほら、いいんすよ。触ってもいいんすよ」
悠斗は、ノリノリで美里に近づいていく。私は、言葉も出せずにただの置物になっていた。

すると、美里は無造作に悠斗のペニスを掴んだ。鷲づかみという感じだ。
「おぉ……イ、イタタタたっ! 美里さん、強いっ! 強すぎるッす!」
最初、一瞬気持ちよさそうな声をあげた悠斗は、すぐに悲鳴を上げた。美里は、前腕に筋肉の筋が見えるほど強く悠斗のペニスを握り込んでいる。
『デカいけど、柔らかいんだ』
美里は、小馬鹿にしたような感じで言う。私は、美里が他の男のペニスを握っているという異常事態に、完全にフリーズしてしまっていた。

「ま、まだフルじゃないっすから、ギ、ギブ! ギブアップですぅ……」
悠斗は、泣きそうな顔でお願いをする。
『情けない。フル勃起させて、私の握力なんて跳ね返せって』
美里は、クールに言う。まるで、ゴミ虫でも見るような目で悠斗のペニスを見つめる。

「す、すいません……。でも、もう少し優しく握ってくれたら、すぐにフルになるっす!」
めげない悠斗は、そんなリクエストまでする。もう、私は悪夢でも見ているような気持ちだった。いつも食事をする食卓で、美里がタンクトップをまくり上げ、おっぱいを剥き出しにしている。その上、そのままの格好で、美里は悠斗のペニスをガッシリと握っている。

『へぇ、この状況でそんな事言えるんだ。潰してやろうか?』
私まで、ビビって背筋を伸ばしてしまうような美里の冷たい言葉に、悠斗は全力で謝り始めた。

『ふん』
謝る悠斗を見て、鼻で笑って手を離した美里。自分の嫁ながら、恐ろしいと思ってしまった。

『結局、ババァのおっぱいじゃ、勃起もしないってことだろ?』
ビールを飲みながら、冷たい目で言う美里。私は、ドキドキしすぎて酔いが一気に醒めてしまった。
「そんな事ないっす! さっき、トイレで抜いたからっす!」
悠斗は、真顔で言う。
『ハァ? なんで?』
「その……。胸チラ見せてもらったんで」
『私をおかずにしたってこと? キモっ』
美里は、キモいと言いながらも、目が笑っている。嬉しいと感じているみたいだ。

「ごめんなさい。美里さん、スゲぇ俺のタイプなんで……」
悠斗は、申し訳なさそうな顔で言う。いつも笑っている彼がこんな顔をすると、凄く反省しているみたいに見える。
『こんなババァの身体でも興奮してくれるなら、見せよっかね? アンタも、ちゃんと100パーの見せろよ』
嫁はそう言うと、タンクトップをサクッと脱いで、ショートパンツまで脱いでしまった。しかも、パンツごと……。いきなりフルヌードになった美里……。私は、鯉みたいに口をパクパクさせるだけで、言葉が出てこない。ショック……でも、興奮もしている。

「マジで最高っすね……。こんなエロいカラダ、見たときないっす」
悠斗は、熱っぽい目で美里の裸を見続ける。本当に、感動している様子だ。

京子②

さすがに、他の社員が寝ている横で本番まではできなかったので、俺は次の機会を狙った。
帰りのバスの席は狙ったように最後尾の京子の隣に行き。窓際に京子を追いやり俺は座った。
京子は膝上20センチくらいのフレアのスカート。
バスが動き出す前から、俺はスカートの中に手を差し込み、京子の太ももを愛撫した。
京子は予想していたかのような生足で、早速俺はじわじわと手を進めて愛撫を始めた。
10分ほどすると、前振れもなくいきなり京子が「ん」と小さい声を上げて逝った。
俺は帰りのバスの中でできるだけ逝かせようと決心し、しばらく休ませてまた、愛撫を始めた。
バスは会社の前まで送っていくので2時間はかかる。途中休憩はあるが、たっぷり時間がある。
およそ一時間経過した時に京子は5回は達したようだ。陰部からはあふれるような愛液が太ももに垂れ
むっとする匂いも漂ってきた。そして、バスがPAに入った時「おい、トイレに行ってパンティとブラ、取ってこい」
と命令した。頬が紅潮した顔で京子はうなづいた。
降りていく京子の後ろ姿を見ると、ピンクのフレアスカートのお尻のあたりがうっすら湿ったような跡があった。
戻ってきて、すぐバスは動き始めると俺はまた愛撫に取り掛かった。
京子のバストは88位だったので隠すようにカーディガンを羽織っているが、
カーディガンの下のブラウスのボタンを外し、ゆっくり手を入れて柔らかいおっぱいをもんだ。
乳首をいじると、は~あと小さなため息をついて体を預けてくる。そのうちにぴくっと硬直して
絶頂を迎えた。声を出すのを堪えているので、顔はますます赤みが差し、色白の頬が薄くピンクに染まっていた。
「もうだあめ」と甘えた声で京子はギブアップ。じゃあ、俺はやめるけど、その代り、帰ったら、晩御飯付き合ってね。
と約束し、帰社後に、レストランへ。ホテルのすぐ近くのレストランで食事をしたときもブラウスのボタンを外させて
露出をさせたり、スカートをミニに変えたりして刺激を与え、そのままホテルへなだれ込み、夜10時まできっちり
仕込んだ。ホテルでも何回も絶頂を迎えた京子に、帰ったら旦那と必ずセックスする事、そして明日報告する事と約束して返した。

続く

巨乳の幼馴染と。

高校のときに同じクラスだった萌(めぐみ)と久しぶりに同窓会で会った。

高校のときから、俺は萌のおっぱいばっかりに興味があった。

萌は話をしていると、彼氏がいるけど全然かまってくれなく挙げ句の果てには浮気をされているみたいなことを言っていた。

そんな萌と同窓会で再会したあとに、2人でラブホに行ったときの話です。

何気なく一次会、二次会と終わり、次のお店に行かず俺は帰ることにした。

萌『◯◯くん?私も一緒に帰ろうかなって思うんだけどいい?』

俺『あっ、いいよ!萌、行かなくていいのか?』

萌『明日仕事休みだけどいいや』

俺『そっか、俺も明日は久しぶりの休みだな』

萌『じゃさ、みんなに黙って2人だけで飲みに行かない?』

俺『ナイスアイデア!』

とりあえず同窓会の輪を抜け、俺たちは帰るということにして、違うお店へと向かうことにした。

萌『なんちゃって?実は私もう飲めないんだ…笑』

俺『だろうと思ったよ、じゃどうする?』

萌『ちょっと待ってて、彼氏に連絡してくるから』

俺『あっうん』

同棲をしているらしく、今日は帰らないと言って出てきたらしい。

俺『萌俺について来て』

萌『あっうんいいよ』

俺は萌に彼氏がいるのに関わらず、近くのホテル街へと向かった。

萌『◯◯くんココはさすがに?』

俺『俺昔から萌の事好きで』

萌『え?そうだったんだ』

俺『でもさすがにまずいよね』

萌『うーん……』

萌は考え始めたがすぐ返事が来た。

萌『◯◯くんのお願いだし、今日どうせ帰らないって言ったからいいよ』

俺『え?いいの?』

萌『いいよ、私で良ければ』

俺『俺は萌が好きだから抱きたいな』

萌『じゃ行こう』

俺は萌と一緒にラブホへ入った。

俺『宿泊でいいよね?』

萌『◯◯くんと朝まで一緒か…ちょっと緊張してきた』

俺『俺もちょっと緊張してきた、そうだ萌好きな部屋選んで』

萌『ココにしてみよっ』

宿泊でも10000弱くらいの部屋が空いていてそこにした。

萌『◯◯くん、部屋行こう』

俺『あっうん』

萌『緊張緊張…笑』

エレベーターに乗り、部屋に向かった。

そのエレベーターの中で俺は萌のおっぱいをわざと触った。

萌『ちょっと…笑』

俺『萌でかいよな』

萌『そんなことないよ…』

俺『何カップ?』

萌『Fだよ』

俺『大きいじゃん』

そんな話をしながら部屋に入った。

仮精算を済ませた。

俺『先シャワー浴びてくる?』

萌『そうだね、暑いし汗ビショビショだから入ろうかな』

俺『一緒に入る?』

萌『え?◯◯くん我慢できなくなるよ?』

俺『俺もう我慢できないけどね』

エレベーターの中でおっぱいを触り軽く勃起していた。

俺『じゃ俺も一緒に入るかな』

萌『しょうがないな』

俺『萌のおっぱい見たいし』

萌『バカ!笑』

そして服を脱ぎ、どこも隠さずお互いに風呂場へ向かった。

やはり萌のおっぱいは想像以上に大きかった。

萌『◯◯くん、もうこんなにしちゃったの?』

俺『萌のおっぱい見たら、こんなになっちゃった』

萌『彼氏より大きくて太くて立派』

俺『萌好きなの?』

萌『…好きだけど…』

俺『俺もおっぱい好きだよ』

風呂場でいちゃつき始め、キスをしたり、再びおっぱいを触った。

萌『◯◯くんダメだよ…あっ…』

俺『ダメって言いながら感じてる』

萌『触り方いやらしいんだもん』

俺『じゃ乳首も触ってあげる』

萌『ダメ…あっ…あん…』

俺『萌スゲェびんびんになってる』

萌『乳首弱いの…あん…』

萌のおっぱいをとにかく揉んだり、乳首触り舐めたり、俺は萌を責めた。

俺『萌俺のもしてくれよ』

萌『◯◯くんのデカすぎ…こんなの入らないよ』

俺『舐めたり挟んでよ』

萌『ほら、◯◯くんの大きいから私の口じゃ咥えきれないよ』

萌はフェラや手コキさらにはパイズリをしてくれた。

俺『萌…パイズリされたら、俺出ちゃう』

萌『今日時間あるからいっぱい私にザーメンちょうだい』

俺『あっ…イク…』

俺は萌のおっぱいに出した。

萌『すごいいっぱいそれに濃いザーメン』

俺『気持ちよかったよ』

萌『今度は萌のココに入れてね』

そしてシャワーを浴び、ベッドへと向かった。

俺『萌…』

萌『う…あん…』

俺は萌のマンコをクンニし始めた。

萌『ダメ…そんなに舐められたら出ちゃう出ちゃう』

俺『いいんだよ、いっぱい出しな』

萌『あっ…あー!』

萌は潮吹きをしてしまった。

俺『もう俺のギンギンだから入れてあげる』

萌『そんな大きいの入らない…』

俺『萌のマンコを壊してあげる』

萌『来て…』

正常位で俺は入れてあげた。

萌『◯◯くんの大きくて奥まで当たってる』

俺『萌そんなに締めつけたらすぐ出しちゃうって』

萌『だって大きくて気持ちいいんだもん』

俺『萌…気持ちいいよ…』

萌『好きなとこに出していいからね』

俺『中出しも?』

萌『今日だけだよ』

俺『じゃ二発目中出ししよっかな』

萌『中にちょうだい…』

そして俺は本当に中に出した。

萌『◯◯くん好きだよ』

俺『萌と一緒にいたいな』

萌『◯◯くん彼氏よりいいかも』

俺『萌どうする?』

萌『考えておく』

そしてその後朝まで俺は萌と一緒に4回もエッチした。

再会して1ヶ月後、萌は彼氏と別れ、俺の元に来た。

萌も今は、二児の母、あの日にエッチをしたときの話をすると、思い出して2人でいつも毎晩している。

巨乳の後輩・美香

2月の事です。大卒2年目24歳の
美香が商談を成功させたので
教育係の私・30歳と飲みに行きました。美香は巨乳で可愛くて社内の男からエロい目で見られていました。私もその一人ですが教育係の立場上クールに接していました。その反動で家に
帰ると美香で何度もオナニーを
していました。
美香は契約が余程嬉しかったのかアルコールのピッチが速く
楽しそうでした。
「契約は宮田さんのおかげです。それに宮田さんと飲めて
楽しいです。笑」
「お世辞でも嬉しいよ。」
「お世辞じゃないです!だって他の男の社員の人と飲みに行くと必ず私の胸が話題になるから
・・宮田さんはそんな人じゃ
ないから。笑」
いい人を演じてて良かった!!
お酒も進み帰る頃には美香は
フラフラでした。
「宮田さんだから安心して
飲み過ぎちゃった。笑」
「おいおい・・俺だって男だよ
このままホテルに行きたいとか
少しは考えてるよ。笑」
「えっ!?・・・宮田さんなら
・・いいですよ・・」
「うそ!?いいの!?」
30分後に私と美香はホテルの
一室にいました。ベッドに二人で腰を掛けていました。
美香を抱ける!私は早くも
勃起です。私のディープキスを
受け入れてくれました。
「シャワーを・・」
「ダメだよ!美香の匂いを知りたい!」
私は首筋に愛撫をかまし
スーツを脱がしました。
「あん・・」
ブラウスを脱がすと話題の巨乳を隠している白いブラジャーが
現れました。
凄い!ブラ越しに巨乳と分かる
大きさです。胸の谷間に私は
完全勃起でした。タイトスカートを脱がすと白いパンティが
ベージュのストッキング越しに
見えました。美香の下着姿!!
たまらない!!お楽しみは
取って置いて下着姿の美香を
愛撫です。首筋→わき→おなか→背中→脇腹と上半身を攻めました。舌で美香の柔肌を堪能しました。
「ああ・・ん・・ああ」
初めて聞く美香のあえぎ声・・
ストッキング越しの美香の足の感触を楽しみました。
つま先を口に含むとヒールの
中で蒸れた匂いがほんの少し
しました。
「ああ・・宮田さん・・つま先はダメ!洗ってないから・・」
「美香の足の匂いステキ
だったよ・・」
「うそよ!うそ・・」
美香の恥じらいに私は興奮です。そしてブラジャーに手を
掛けました。少しずつ美香の
巨乳があらわになって来ました。乳輪まで1センチか!?
会社の男連中が拝みたいと願う美香の巨乳!何度も想像した
美香の巨乳!もう少しだ!!
どんな乳首をしてるんだ!?
さすがに緊張しました。
ブラジャーをずらすと
巨乳の割りには小さめの乳輪と
可愛い乳首が現れました!
薄い茶系の色でした。
これが美香の巨乳・・
こんな乳首してたんだ・・
会社の男で俺だけが知った美香の巨乳の全容!!夢中で揉みまくり何度も何度も乳首に吸い付きました。
「ああ・・」
美香もカンじていました。
「美香のおっぱいやっと見れたよ・・」
「恥ずかしい・・」
「こんなおっぱいだったんだ
・・乳首の色も可愛いよ・・」
「恥ずかしいよ・・」
「会社の男は美香のおっぱいを見たいと思ってるよ!」
「あ・・あん・・」
「みんな美香のおっぱいを想像してるよ・・」
「いや・・」
「みんなに教えてあげようかな・・美香のおっぱいがどーなってるか。乳首の色も!」
「イヤ!言わないで!みんなに知られたら恥ずかしくて会社
行けない・・」
「あはは・・うそだよ。」
「意地悪・・」
美香の乳首を吸いながら
ストッキング越しの白い
パンティの中に手を入れると
既にダム決壊でした。
「美香、凄い濡れてるよ・・」
「うそ!そんなことないもん」
やがてストッキングとパンティも脱がし全裸の美香を堪能しました。二回放出してしまいました。会社の先輩後輩以上恋人
未満の関係を継続中です。

久しぶりの中出しにマジ興奮

Iカップの人妻と人妻密会サークルで会ってセックスしました
俺はとくに巨乳好きというわけじゃないんだけど
Iカップとなるとやはりすごく興奮する。これは男の性なのか。
人妻密会サークルで知り合ってメールをするようになった

電話番号を交換してからしばらくして、急に「今から会えない?」と連絡が。
会わないわけがない!と約束の場所へ。

その人は、Aさん。37歳。バストがIカップというのに惹かれて、さらにくいついたのですがまじかで見てみるとすごい弾力のあるおっぱい。

顔は年相応だけど、笑顔はなかなか可愛い。

A「これからどうする?」
俺「どうしようね?急だからね」
A「何の目的で会おうと思ったの?お茶とか、Hとか・・」
俺「今日、Hもいいの?」

いきなり、ってことはないと思ってただけに、このチャンスを逃しては・・と思って、ホテルに行くことにしました。

ホテルに入って、エレベーターへ。
Aさんと軽いキス。Aさんが俺の口についた口紅を指でさっと拭きとる。
その仕草に興奮して・・服の上からおっぱいを。

俺「やわらかいね・・・会ったときに、やった!って思ったんだよ。」
A「ふふふ・・・・」

部屋に入り、しばしソファでいちゃいちゃしながら、お話。聞くと、7年ほどSEXレス。しかも、仮面夫婦らしい。
彼氏がいたけど最近、別れたとのこと。

俺「今日、会っていきなりHしてよかった?」
A「だって、いい感じの人だから。ふだんは、そんなに喋らないんだよ。なんだかすごい落ちつく・・」と、

俺の手やふとももを触っている。
Aさんは、こうしたスキンシップが大好きだという。
俺も好きだから、この時間はたまらない。
すでに、あそこも勃起している。

A「そろそろシャワーしようか?」
俺「そうだね・・」照明を暗くして、シャワータイム。バスでお互いに抱き合う。

大きな胸に甘え、乳首を吸いまくる。
彼女は、それだけでヒートアップ。
そして、バスでまともな前戯なしで挿入。
もちろん、生。彼女は腰をくねらせる。
その間も、熱いキスやおっぱいへの愛撫をしながら。

A「のぼせちゃうから、続きをベットで・・」
俺「そうだね」バスから上がり、お互いにタオルで体を拭きあう。

いよいよ、ベットへ・・。熱いキスから、今度は、じっくり全身を愛撫。確かに熟した体だった。
でも、肌はすべすべしてて、おっぱいは、柔らかい。クリちゃんを舐める。たくさん感じる彼女。全身をよじらせる。
そして・・

A「もうだめ。入れて」

それでも、しばらくは、クリちゃん攻撃を続ける。指を入れると、もう濡れ濡れ。
OKっぽい。

A「入れて。ほしい・・」

ついに、挿入。正常位で、最初はゆっくり。そのうち、彼女がだんだん感じる。
ピストンを早くする。

A「気持ちいい・・いっちゃいそう・・・」

その後・・
A「中に出していいからね・・」
俺「いいの?大丈夫?」
A「ピル飲んでるから・・」

なんと、中出しOKのお言葉。ヒートアップしちゃいました。
なんとしても彼女をいかせたくなった。

ピストンを早くする。

A「もうだめ・・いく・・」

1回目の昇天。今度は、騎上位で。彼女のおっぱいが揺れるのを堪能して腰を振る。
なかなか射精しそうにないので、もう一度正常位へ。
そして・・・何分かピストン運動していると・・やっと射精しそうになる。

A「また、いっちゃいそう・・」
俺「あ、出そうだよ・・」
A「きて!」

一緒に昇天しました。
もちろん、彼女の中に射精しました。
女性の中に射精するのは、久しぶり。
金津園で遊んで以来。素人の女性相手に射精したのは、妻以外では初めて。
彼女の体にタオルをかけて、しばしお話。

俺「こんなにがんばったの、久しぶり・・」
A「気持ちよかった。頭がボーとしてるよ・・」
俺「ここで、ゆっくりしようね」

手をつないで、お互いのSEX観を話した。
素敵なパートナーにめぐり合えた気がした。
それは、中出しができたからではなくて、SEXの相性が合うから。
もちろん、連絡先はお互いに交換したから、また会えるとは思う・・。

俺「また、合おうね。今度は、デートしよう」

完璧にとりこにされました。
中だしを許したのも、SEXしたかったのではなくて、自分にいい印象を持ってくれたからだって、言い残して、この日は別れた。

人妻密会サークルで久しぶりの中出しにマジ興奮しちゃいましたw
次会う時はもっと卑猥なプレーでもしてやろうww

義妹のワレメの虜に。

僕は32歳の男です。嫁が28歳。
1か月半ほど前からの話です。
結婚して3年目で嫁が妊娠。そして出産ということで出産日の2か月前に入院することになった。
一度流産したので、安全のために入院ということになったのです。2人目も5か月目の時に危険な状態になったのです。
で、その間俺一人で生活となった。
いかんせん一人暮らししたことないので、洗濯、食事など身の回りのことを面倒見るってことで義妹の奈緒が家に来た。
とんでもないことだが、嫁がいないので、奈緒と毎晩エッチしてます。
嫁が入院する2日前に奈緒が来た。
「お姉ちゃん、正行さんの面倒は私が見るから安心してね。」
「奈緒、お願いね。ほんとにこの人一人じゃ何もできないから。」
「あはは!子供みたいだね。お義兄さん。」
奈緒は23歳。ハッキリ言って嫁の沙菜よりかわいい。
芸能人に例えれば広瀬すずっぽい。髪型もそっくり。おかっぱというかボブというか。顔だちもそっくり。童顔だ。広瀬すずに似てるって言われることが多いって言ってたけど。たしかに似てる。
嫁はほしのあきっぽい感じだ。
奈緒は、以前から月に1、2回遊びに来てたから、慣れたもんだ。
嫁が入院した土曜日の夜。
夕飯は奈緒が作ってくれた。野菜が少ない俺の生活を考えて野菜多めの料理でした。
「奈緒ちゃん、うまいんだけど。肉も食べたいなあ。」
「だーめ。お兄さんあまり野菜取らないでしょ?健康に良くないから。」
一緒に食べながらお酒を飲んだ。
奈緒と二人なんて初めてだから、新しい嫁さんみたいに思ったりもしてしまったが。
嫁の沙菜とは違う楽しさがあったんです。
何もなく10日ほどした時でした。
週末の金曜日だった。一緒にワインを飲んだが、奈緒が飲み過ぎてしまった。
「お兄さん、酔っ払ったぁ~。シャワー浴びて先に寝るね。」
「奈緒ちゃん大丈夫?そのまま寝たほうがいいよ。風呂場で転んで怪我したら大変だから。」
「汗でベタベタだもん。着替えたいし。」
シャワー浴びに行って。そのまま2階に上がっていった。
僕はTV見てワインの残りを飲んだ。
奈緒が部屋に行って、1時間ぐらいしてたかな。
僕も軽くシャワーで体、頭洗って、2階の寝室に行った。
客用の寝室からうめき声が小さく聞こえた。奈緒が泊まってる部屋だ。
気持悪いのか?もしかして吐いてる?ワインかなり飲んでましたから心配になってそっとドアを開けてみた。
もうぶったまげた!なんと奈緒が布団の上で素っ裸でオナニー中でした。
うつぶせというか、膝立ちで足開いて、アソコにバイブを入れてた。
こっちにお尻向けてたので顔は見えませんでしたが、僕は唖然として見入ってしまってました。
片手でバイブ掴んで抜き差ししながら喘ぎ声を小さく出してました。
その時の僕の行動が大問題だが。
僕はまったく何も考えずにパジャマのズボン、パンツを降ろした。
もう、痛いくらいに勃起してるチンコを握った。
そのまま音を立てずに部屋に入って、奈緒のバイブを強引に抜いた。
喘ぎ声出してた奈緒が、瞬間振り返った。
「あ!」奈緒が声を出してそのまま固まった。
お尻を抱えて、僕のチンコを奈緒の割れ目に当てて、一気に根本まで串刺しにしてしまったんです。
「クッ!」奈緒が目を閉じて呻いた。
かまわず奈緒の細い腰を両手でつかむとピストンしてました。
「お!お義兄さん!!クッ!クッ!や・・・やめて!やめて!・・・お姉ちゃん・・・クッ、クッ!・・怒られるって!・・・イヤーー!・・だめ!だめ!」
かまわずに突き上げました。
溜まりに溜まってたので、後先考えずに強引に奈緒をレイプしてしまった。
奈緒に好意を持ってたのもあります。
奈緒の両腕を後ろから掴んだ。奈緒は動けずに突かれまくってました。
もう、わけわからずにパンパン音を立てて奈緒のワレメを突きまくって、そのまま膣内に大量に射精してしまったんです。
「イヤーーー!中はイヤーー!お義兄さん!お義兄さん!」
お尻を掴むとピッタリ僕のチンコを割れ目に押し当てて中に放出し続けてしまった。
快感!いえ、最高の快感でした。嫁の沙菜とは違い狭かった。
奈緒がぐったりしてうつぶせに伸びたので、そのまま奈緒のお尻に乗る感じで僕も一緒に奈緒の背中に倒れた。
まだ中に入ったまま・・・。
「お義兄さん・・・」そのまま奈緒が泣いてしまった。
射精しおわって、冷静になった瞬間、とんでもないことをした!と我にかえりましたが、やってしまったことはどうしようもない。
「奈緒ちゃん、良かったよ。助かったぁ・・・」
わけわからないこと言ってしまった。
うつぶせで泣きながら顔を振ってイヤイヤをしてた。その姿にキュンとしてしまった。
うつぶせのまま、奈緒の膣内をまた突きました。
再度勃起したから。
「・・・お兄さん・・・やめて、やめ・・・なんでぇ!」
「奈緒ちゃん、奈緒ちゃん・・・好きだ」
僕はうつぶせ背面のまま根本まで突き入れ続けました。
2分ほどで2度目の射精。膣奥にまた大量に発射してしまった。
奈緒は泣いたままうめいてました。
そのまま両手を奈緒の胸に潜らせておっぱいを掴んで揉んでしまった。
Bカップの小さいおっぱいでしたが、乳首が固く勃起してた。
グスグス泣きながら「子供できたらどうするの?」
「好きだ。好きだから。」
「お、お姉ちゃんのことは?お義兄さん・・・どうするの?」
「そんなこと関係ないよ。今は奈緒ちゃんとのことが大事だ。」
僕はそう言って、奈緒を抱きしめながら起こして背面座位にした。抱きしめたままおっぱいを揉んだ。振り返った奈緒に強引にキス。ベロを中に入れて奈緒のベロに絡ませて吸い続けました。
片手で奈緒の顔を押さえて、夢中で舌を吸った。
また奈緒の中でチンコが大きく固くなってしまった。股間がヌルヌルしてきた。僕が出したザーメンがあふれてきてしまったんですね。
ベロチューのまま抱きしめてたら、驚くことが起きた。奈緒が自分で腰を動かし始めたんです。
前後に腰を動かし、僕のチンコを刺激してきた。
ベロチューのままお互いに鼻息荒くして、時間を忘れて抱き合ってました。
このときになって初めて奈緒の膣の感触を知りました。狭いだけじゃなくてミミズ千匹の膣なのに気が付いた。
嫁の沙菜とは全然違う。チンコを包むような膣の動きと断続的に締めてくる動きにはまってしまった。
沙菜はどっちかというと緩いんです。あまり締まらない。
キスをやめて奈緒を見つめました。奈緒も僕を見つめながら腰を動かした。
「奈緒ちゃん。いいよ。」
「お義兄さん・・・大きい」
ハアハアと息を荒げながら腰動かして、僕は小さいおっぱいを包んで揉みあげた。
そして3度目の発射。
奈緒の腰に腕を回して下に押し付けるようにして、僕は突き上げた。
奥に当たりました。亀頭が。子宮に当たってしまった。
そして、3度目を膣内に放った。
「ああ!!」奈緒がのけ反った。射精中の膣のうねりというか締まりながらうねる動きで3度目なのに大量に何度もドクドクと放出してしまった。
二人とも汗だく。
「お義兄さんの凄い。」
「奈緒ちゃんこそ。」
30分ほど抱き合ったまま、何度も何度もベロチューしてました。
そして、奈緒がワレメを手で覆うようにしてゆっくり立ち上がった。
目の前に綺麗なツンとしたお尻。
「トイレ行ってくるね。」
奈緒は階段下りてトイレに行った。僕が大量に出した精液を捨てるため。
中出し3発したことが信じられなかったですが、僕も1階に行きトイレから出てくる奈緒を待った。
トイレから出てきた奈緒は僕を見て真っ赤になった。
「お義兄さん、溜まってたの?」
「え?まあ・・・」
「お姉ちゃんとずっとしてなかったの?我慢してたの?」
「うん。」
「そっかぁ。・・・・私でいいの?」
「うん。」
奈緒もこっくり頷いて、にっこり笑った。むちゃくちゃ可愛くなってしまって、そのまま廊下で抱きしめてしまった。
「お義兄さん・・・まだしたい?」
「いや、今日はいい。それより、これからも奈緒ちゃんと寝たい。」
コックリ頷いて僕の胸に顔をくっつけてました。

これが義妹の奈緒との始まりです。
この日から毎晩、僕と奈緒はエッチしてます。まるで新婚夫婦みたいに。
ただ、妊娠させたら大変なので、スキンを着けてます。
奈緒は感じやすい体で、毎晩2回はイクのです。
僕も2回か3回は発射。
休みの日は、時々昼間もリビングでエッチもしたし。
奈緒のフェラも最高です。喜んで口内射精させてくれます。時々ゴックンもする。
もちろん僕もクンニをしてあげますが。
嫁の沙菜の出産は間もなくです。たぶんあと1週間ぐらい。
奈緒との関係は、当然ばれてません。
沙菜が出産して、退院してきたらどうするか?
わかりませんが、奈緒との関係は自然消滅するかもしれません。
もしかすると、奈緒とは時々なのかもしれない。

奈緒が1回だけ言ったこと。
「お義兄さん、お姉ちゃんに飽きたら私と遊んで。私もお義兄さんともっと遊びたいの。お義兄さんのコレにはまっちゃった。」と言って、僕のチンコを握ってました。
義妹または義姉とかといけない関係にはまった人って結構いるのでしょうかね?
奈緒のオ○ンコは手放したくないと言う気持ちですが、やっぱりやめないとまずでしょうね。
奈緒とできなくなったら・・・それを思うとため息がでてしまいます。
下手な告白文を読んでいただきありがとうございました。
コクって少し気持ちが整理できた気がします。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード