萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

おもちゃ

下請け業者のオヤジに調教された妻

きっかけは、下請け業者のオヤジと飲んでいて
スケベな話になったときに「妻のゆうこを貸しましょうか」って冗談で・・
だんだんと話が進んでしまって、本当に抱かせることに・・
というか、調教してもらうことに。
これまでに10人以上調教した経験があるそうだ。
妻を週1日のペースで3ヶ月間ほど貸し出して、
従順で淫乱なM女に調教してもらう約束をした。
中だしできるようピルを飲ませていることは伝えた。
「3ヶ月で最高のソープ嬢に仕上げて見せますよ。」
テクニックもプロ級のものを身につけさせると言われた。

ゆうこはもともと少しMの気があるが、最初は泣いて嫌がった。
どうしてもがまんできなければ、すぐに帰ってきていいと
とりあえず、オヤジとの待ち合わせに向かわせた。
しかし、結局その日は夜まで帰って来なかった。
自分で計画しておいて、ちょっと嫉妬してしまった。
ちなみに妻25才、細身だけど胸はDカップ。けっこう美形。
どんなプレイをしてるのかは、聞かない約束だった。
調教期間はセックスをやめておいた。妻は特に変わった様子はなかった。
貸し出して2ヶ月半、オヤジが調教の一部始終を撮影したビデオをくれた。
妻を先に寝かせてひとりで見た。目を疑った。

普段の妻からは想像もできないような姿が映っていた。
結婚して1年半、嫌がるのでごくノーマルなセックスしかしてこなかった。
美人でちやほやされてきたのでしょうがないと思い、大切にあつかってきた妻が中年のオヤジにここまでひどい扱いをされ汚されて、それなのに喜んで奉仕している姿はかなりこたえた。

ビデオには、今週の様子が収められている。
始まりは雨の降る公園のベンチが並んだ屋根付きの休憩所だった。
妻はカメラの方を向いてはにかむようなうれしそうな表情をしている。
「まずは、御挨拶からだ。」「ビデオに撮るのですか。」
「ゆうこの本当の姿を残しておくんだ。」
「・・・・」妻の表情が少しこわばる。躊躇してると
「淫乱の変態女がいい子ぶるなよ。まんこ使って欲しかったらさっさと御挨拶しろよ。」
「はい。」妻は背中を向けてショーツを膝まで下げると脚を少し開いて
尻を突き出してスカートをめくった。
限界まで尻を突き出しているのでケツの穴からまんこまでまる見えだ。
そして両手でケツを持って左右にひろげた。まんこが奥まで見える。
すでに濡れて光っていた。
娼婦でもしないような恥ずかしい格好のままで妻は
「ゆうこのおまんこを使ってください。」といった。
「そうかそれならおねだりしてみせろ。」
妻は両手でまんこをくり返し開いたり閉じたりして見せながら
「おちんちんが欲しくてゆうこのおまんこはぱくぱくしています。」
オヤジは笑いながら
「ちんぽ欲しさにここまでするとは、あきれた変態の奥さんだな。
旦那がこれを見たらなんと思うだろうね。
毎週こうやって他人のちんぽをおねだりしてるってね。」
そう言われても妻はますます濡れたまんこで「ぱくぱく」を繰り返している。
ショックを受けたが、これはまだ序の口だった。
オヤジはカバンからクリームの瓶をとりだすと、たっぷりすくって妻のまんこに塗り込んだ。
媚薬のようだ。まんこに指が触れるたび妻が「あん」と艶かしい声をだす。
人さし指と中指で穴の中にも塗りたくられてゆく。尻が震える。指で感じているようだ。
「今日はこっちにも塗ってやろう。」そういうと、アナルにも塗りはじめた。
指がアナルに突っ込まれる。尻をいやらしくふりはじめる。
「今日はこっちにもチンポの味を教えてやろうな。」
「・・・・はい。」
「アナル処女をもらってやろうっていってるんだぞ。」
「はい、うれしいです。」
「そうか。じゃあ尻の穴でもおねだりしてみろ。」
妻は両手で今度はアナルを開いたり閉じたりしながら
「おちんちんを入れて欲しくてゆうこのお尻はぱくぱくしています。」
「いい眺めだ。しばらくそうしてろ。」
オヤジはそう言うと、ベンチに座ってビールを飲み始めた。
妻はずっとアナルを開いたり閉じたりをくり返してる。
「今度はまんこだ。」オヤジのひと声で、妻はまんこをぱくぱくし始めた。
「また尻だ。」尻を突き出して、オヤジの命令どおりに妻は痴態を晒し続ける。
「いや~、○○さんの奥さんが、こんな変態だとは思いもしなかったよ。」
妻の股間は、もう垂れるほどにびちゃびちゃに濡れてしまっている。
「ションベンしたくなった。トイレにゆくぞ。」ビデオの場面が変わった。

ビデオの場面が変わって公衆便所の小便器が写っている。
オヤジは片手でズボンのジッパーを下げて汚らしいチンポをとりだし皮を剥いて勢いよくションベンを始めた。
洗ってないのかカリの周辺に白く垢が溜まっている。
「終わったぞ」といいながら振り向くと妻がしゃがんで待っていた。
妻はかわいく唇を突き出してオヤジのチンポの先にキスをした。
よく見ると残ったションベンのしずくを吸い取っているようだ。
オヤジのチンポがだんだんと固く反り返ってきた。私のよりデカイと思う。
石鹸で洗った直後じゃないとフェラしてくれなかった妻がションベンの後始末を口でしてる・・・さらにオヤジは信じられない事を言った。
「よし、じゃあ次はチンカスの掃除だ。」
妻は当たり前のように口を開き舌をのばしてオヤジのチンポの垢を舐め取ってゆく。
「チンポの掃除をさせるのはやっぱり美人に限る。ゆうこの旦那さんには感謝しなきゃな。」
「調教が終わった後も、チンポ掃除にだけは、来てもらおうかな。」
ひととおり垢の始末が終わると、妻は今度は舌を突き出して根本から先まで何度も何度も舐め上げた。
見たことないエロティックな表情の妻。
「どうだ、チンポしゃぶりたいか?」
「はい。」
「じゃあ3分ほどしゃぶらせてやる。」
「ありがとうございます。」
妻はうれしそうにオヤジのチンポにむしゃびりついた。
そして時々上目遣いにオヤジの方を見ながらも夢中でフェラを続けている。
ノドに届くほど深くくわえ込んでる。
「随分うまくなったよな。褒美にマンコ代わりに使ってやるとするか。」
オヤジは妻の頭を片手で押さえると、腰を前後に振りはじめた。
「口をおまんこのように使われてうれしいか?」
妻はその体勢のまま首を縦にふる。
「というわけなんで○○さん、奥さんの口まんこ、遠慮なく使わせてもらうよ。」
オヤジの動きが一段と激しくなり、止まった。そしてゆっくりとチンポを抜いた。
「見せてみろ。」妻が口を開くと白い液体が見えた。「飲め。」
妻がうれしそうに飲み込む。「よし、きれいにしろ。」
妻はまた舌でオヤジのチンポの掃除を始めた。
掃除が終わると妻はオヤジのチンポをパンツにしまいファスナーを上げた。
「裸になれ」
妻はブラウスを脱ぐと当たり前のようにフロントホックのブラジャーをとり、スカートを脱いだ。ショーツはもう着けてなかった。
白くて柔らかいDカップの乳房と華奢な身体に不釣り合いな濃い陰毛が現れた。
ひどい雨なので他に人は来ないだろうが 真っ昼間に公園の男子便所で自分の妻がこんな姿を晒しているとは信じられない気分。
「ジャンプしてみろ」妻はその場でぴょんぴょんジャンプする。
乳房が上下に大きく揺れる。オヤジはアップで妻の全身を撮りながら
「ゆうこと出会った男はみんなゆうこの裸を想像しただろうな。
見ることができたのは旦那さんと俺だけ。
そしておもちゃにできたのは今のところ俺だけ。そうだな。」
「はい、そうです。」
「よしこっちへ来い。」オヤジはバッグから黒くて太い首輪を取り出す。
ビデオの画像が揺れる。また画面に妻が映ると首輪を着けていた。
オヤジはビデオを見ている私に話しかけてくる。
「○○さん。奥さんのオッパイ最高ですね。いつもこんな風におもちゃにさせてもらってますよ。」
そう言うと両端にクリップの付いた30センチくらいのチェーンを取り出して首にかけて、片方ずつ乳首を挟んでゆく。
妻が甘い声を漏らす。
チェーンに吊り上げられて、乳房が上向きに歪んだ。
「真っ昼間から恥ずかしい格好だな。おもちゃにされてうれしいか?」
「はい。うれしいです。もっとゆうこをおもちゃにしてください。」
妻は顔を真っ赤にして、少しうつむきながらも、はっきりと答えた。
「わかった。さっきの休憩所に戻るぞ、先に歩け。」
「このままですか?」「そうだ、誰も来ないよ。来たら見てもらうだけだ。」
「ゆうこは、もっと男のおもちゃにされたいんだろ?」「はい。」
雨の中、妻はその格好でカサをさして歩いてゆく。
オヤジは少し後からついてゆく。
「男を誘惑するように、もっと尻を振って歩け。」
妻は尻を突き出して左右に振りながら歩き始めた。
休憩所に戻ると妻は最初に見せたおねだりのポーズで
まんこをぱくぱくさせてオヤジを待っていた。
「おまんこ使ってほしいのか?」「はい。お願いします。」
「じゃあテーブルの上に上がってストリップのポーズだ。」
妻は木のテーブルに乗って、こちらに向かって大きくM字に脚をひろげて
身体をのけぞらせ、指で逆Vをつくり、まんこをひろげてみせる。
口も大きく開けて舌をイヤらしく動かしている。
淫乱で変態の風俗嬢がそこにいた。
「○○さん、こんな変態の奥さんを持つと大変ですね。
今度○○のストリップ劇場で素人大会があるから出演させませんか。」
妻のまんこがアップになる。汁が垂れるほど濡れている。
「ストリップで大勢の客の前にでたら、
奥さんはもっとまんこ濡らすんでしょうね。
○○さん、こんな変態女の相手はバイブで十分ですよ。」
おやじは極太の黒いバイブをとりだすと
妻のまんこの前に持ってきてスイッチを入れた。
「ゆうこ、こんな玩具でもまんこに入れて欲しいか?
欲しかったら、その格好のまま自分ではめな。」
妻はその格好のまま前進してバイブをくわえこもうと腰をくねらす。
先だけがまんこに入ったかと思うとおやじがバイブを後退させる。
妻は必死にくわえこもうと前進する。とうとうテーブルの端まできた。
腰を突き出すとまんこに刺さる位置にバイブを持ってきて
うれしそうな声で「さあ、入れたければ腰を前後に振るんだ。」
妻はいわれるままに腰を振ってバイブをまんこに出し入れする。
本当に妻がこんなことをしているのか信じられなくて、何度も目を凝らして見る。
しかし「アンアン」いいながら自ら腰を振ってバイブを出し入れしているのはまぎれもなく妻のゆうこだ。
「どうだ?」「おまんこが気持ちよくておかしくなりそうです。」
「真っ昼間の公園で、バイブ欲しさにここまでやるとは、あきれるな。
○○さん、これをストリップでやったらいい出し物になりますよ(笑)」
「もういきそうです。いかせてください。」
妻は腰を前後に動かしながらあえぎ声まじりに懇願する。
「どうしょうもない淫乱だな。続きは自分でしろ。
カメラに向かって旦那に変態ぶりをよく見てもらえ。」
おやじからバイブを渡された妻は脚をさらに広げると
自分でまんこに突き刺して激しくかき回し始めた。
口を大きくあけて舌をだして
ヤリマンのいかれた淫乱女といった表情だ。
1分もしないうちに「オマンコ気持ちいい!いきます。あーん」
と脚を激しく振るわせていってしまった。
まんこがアップになる。
おやじがバイブを引き抜くと白濁したまんこ汁がだらりと流れだした。
オヤジは指ですくうと、妻の乳首に塗りつけた。


場面が変わった。後でわかるのだが、SMホテルの廊下。
妻がさっきと同じ格好で「ご挨拶」のポーズをしている。
限界まで尻を突き出して両手でケツを持ってアナルを左右にひろげている。
「キャ、え、なに?」と他の女の声。
「すみません、この女、他人にこうして見てもらわないと、濡れない変態なもんで」
オヤジが説明する。
「ちょっと、お兄さん、ケツ見てやってくださいよ。何もしないから大丈夫。」
「へえ~」っと若い男の声。
「ゆうこ、今日はこれから何するんだ?」
「はい、おまんこを使っていただいて、
それからアナルに初めておちんちんを入れてもらいます。」
妻は、ぱくぱくさせながら、言った。
「いこうよ~」と女の声がして、カップルはどうやら自分たちの部屋に移動していったようだ。
ビデオがいったん止められたようで、画面が揺れ、 次には、同じ場所で妻は同じ格好なのだが、別の男の手が、妻の尻を撫でていた。
40代後半くらいの日に焼けた腕だ。
「きれいなケツだね。」「まんこも触っていい?」
おもわずビデオに向かって、ちょっと待てよと叫んでしまった。
「いいよ。よかったな、ゆうこ、ちゃんとお願いしなさい。」
「はい、どうぞ、ゆうこのおまんこをじっくり触ってください。」
その日焼け男は大笑いした。
「こういうのを本当のマゾっていうんだぞ。」
どうやら連れの女に話しているようだ。オヤジが言った。
「ゆうこ、まんこ触ってもらうなら、顔をよく見てもらった方がいい。
ストリップのポーズで触ってもらいなさい。」
妻は、躊躇することなく、仰向けに横になって脚をM字に広げた。
「おお、すごいべっぴんさんじゃないか。まんこも綺麗だ。」
「もっとよく見てもらいなさい。」「はい。」
太ももの下から手をだして、おまんこを広げてみせる。
「それにしてもよく仕込みましたね。」
「根っからの淫乱女ですよ。これでもれっきとした人妻ですよ。
旦那の知らないところで、こうして玩具にされて、まんこから汁たらして。
そうだよな、○○ゆうこさん。」
本名で呼ばれて、少し動揺しているようだ。
「知らない人にこんな姿みてもらって、まんこ濡らして、本当に変態だな。」
「すごい、びちゃびちゃだな。まんこ触ってほしいか?」
妻は、少し視線をそらしながらも「はい、触ってください。」と言った。
日焼け男の人差し指が、妻のクリトリスに触れる。妻は少し身をよじらせた。
「おお、感じやすそうだな。」
日焼け男は親指と人差し指でクリをつまむように撫でまわし始めた。
「ああん。」妻の口から甘い声がもれる。
こんな男におまんこを触らせて感じている妻の姿は、正視できないものだった。
「ああ気持ちいいです。もっと触ってください。」
命令されたわけでもないのに、そんな言葉を口にした。
少し身体を仰け反らして、もう腰が動いている。
はあはあと息が荒くなってゆく妻。信じられない姿。
「ゆうこのおまんこに・・指を入れてください。お願いします。」


このビデオを見てから
ションベンのたびに妻に後始末させてます。
まんこチェックすると必ず濡らしてます。
H系なら、なんでも言うことをきくメイド状態です。

従姉妹にやられました

小学4年の時、近所の伯母の家に届け物をしに行きました。
家には、小学6年の従姉妹のミキしかいませんでした。
すぐに帰るつもりでしたが、ミキがちょっと上がってと言うのでお邪魔しました。

ミキの部屋に上がった時、ミキは機嫌が悪そうでした。
ミキは僕の短めのショート半ズボンから出た脚を見ながら
「半ズボンがむかつくよね、男のくせに細すぎ、毛もないし、私より綺麗なのがむかつく」というのです。
「ひがむなよ、デブ」と僕はミキをからかいました。
ミキは自分の脚にコンプレックスがあり、普段は脚を出す事はありません。
その日も長ズボンを履いていましたが、その長ズボンは、はちきれそうで僕よりかなり太い事は確かでした。
ミキは怒って
「自慢な訳、私をからかいたくて半ズボン
はいてんの、男が脚が綺麗でうれしい、それより体、貧弱なんじゃないのそんな脚してるし」
と言ってきました。
「確かに僕細いけど貧弱まではいかないよ」と返したら
「自覚した方がいいよ、させてあげる、私に腕相撲で負けたら貧弱クンだよ」と言われ勝負する事になりました。
ミキと僕の身長は同じくらいだったので、男の僕が負けることはないと思っていました。
案の定、勝負したら僕のほうが少しずつ押し気味でした。
もう少しで勝てる位の所で、お互いの腕は止まり膠着状態になりました。
なかなか勝負がつきません、僕は疲れてしまい力が入らなくなりました。
ミキの顔を見ると、余裕の表情でした。
「貧弱所じゃないよ、信じらんない、弱すぎ」と言ってじわじわとミキは腕を返して来ました。
僕はなすすべなくミキにねじ伏せられてしまいました。
それだけでは、済まさずもう片方でも勝負させられ、戦意を失くした僕はミキに弄ばれて、体力を消耗させられるだけでした。
完全に虫の息の僕に、余裕のミキは、
「両手使ってみる」と言い出しました。
結局両手でも、負かされてしまい、自分の貧弱を思い知らされました。

僕の腕に力が残っていないことをいいことに、ミキは僕をおもちゃにし始めました。
そのまま、押し倒されて、押さえつけられ、半ズボンらの裾に手を入れられて、僕のチンコやタマをいじりはじめました。
ミキは怖い声で
「おまえなんか、女にこんな事されても抵抗できないくらい弱いんだよ、ほら、気持ちいいだろ、ガチガチじゃん」
僕のチンコは完全に勃起していました。
僕に出来る事は、ただ泣きながら哀願するだけでした。
「ああん、やめてよ、やめてよ」
ミキは泣き叫ぶ僕の声を聞いてとても満足そうでした。
「あたしを馬鹿にしたんだよ、許さないよ、がまんしないで出しちゃえば」
結局、そのまま射精してしまい、パンツと半ズボンは精子でグチョグチョになってしまいました。
「いっぱい、出たね、洗濯して乾燥機にかけてあげるから、それまで下半身丸出しでいな」
と言われ、しばらくミキの部屋で下半身裸でいさせられした。

夫に相手にされなくて8

夫に相手にされなくなっていたのに
今では私をおもちゃのように扱い
だんだんエスカレートしてきて
(相変わらず夫のおちんちんは固くならなくて寂しいけど…)
先日はまた新入社員の○○君を
家に連れて来て
私に股関部分が穴の開いた
レギンスを穿かせ
アイマスクをして
後ろ手に手錠をかけ
○○君が見ている前で
レッグマジックに乗せられ
開脚運動をさせられ
脚を開くたびに
○○君が《○○さん奥さんのあそこが丸見えじゃないですか》
『興奮するだろよく見てやってくれ喜ぶから』
「いやっ恥ずかしいわ」
『黙ってやるんだ○○君によく見てもらいなさい』
(見られてるのが見えないからよけいに感じちゃう)
(もう濡れてきちゃったみたい)
(おまたを閉じるたびピチヤピチヤ聞こえる…)
《奥さん濡れてきてますか》
《ピチヤピチヤ聞こえますよ》
『そうよく見て声かけてあげて』
《奥さん凄い濡れてきてます》
《もものあたりまで垂れてきてますよ》
《閉じた時の割れ目がきれいで凄く興奮します》
(いやっんそんなこと言われるとますます感じちゃう)
『○○君そろそろ勃起してるじゃないか』
《はっはいもうぱんぱんです》
『妻の後ろに回って尻を突き出させてごらん』
(いやっん後ろから見るの)
《こんなかんじですか》
『ズボン下ろして入れてみなさい』
《奥さん入れますよ》
「あっああ」
『運動続けなさい』
「だめです感じちゃって出来ません」
『じゃあ○○君抜いて』
「あっだめ抜かないで」
『欲しいならやりなさい』
「わっわかりましたやります」
《じゃあ奥さんまた入れますね》
「あっああ」
《奥さん凄いです閉じると凄く締めつけられます》
《ぼくも動かしていいですか》
「ああ感じちゃう」
《あっ奥さん凄く感じます》
《もうイキそうです》
「だめまだやめないでお願い」
《だめですもう我慢できません》
《奥さんごめんなさいああ》
「いやっんだめああ」
(もっとしてほしかったのに…)

初めて母の性器を見たとき

もう40年以上も前のこと。
初めて、母親の性器を見た。
そして更にもっと衝撃的な姿での母親の性器を見ることになった。
私は小学生のころから、女性が前屈みになった時にお尻の間から見える女性の性器に興奮していた。
最初に見たのは、祖母の性器だった。
私の家は、商売をやってたこともあって、小学生の頃、母親とではなく祖母と一緒にお風呂に入ることが多かった。
祖母が髪を洗うときに膝をついて前屈みになり、お尻を持ち上げるとすかさず、お尻に中を覗きこんで性器とお尻の穴を見ていた。
母親とも入ってはいるが、なぜかそれには全く気付かずにいた。
当時母はまだ30代後半ぐらいだった。息子から見ても綺麗で優しくて物静かな、まさに日本のおかあさん、といった感じだった。
ある日、夏の夕方だったと思うが、夜出かけるためにまだ明るいうちから母と、妹と3人で風呂に入った時のこと。
母が私と妹の二人を洗って、先に妹を風呂からあがらせようとしていた。
妹の身体を拭いてあげている母。私は湯船につかりながらそれを見ていた。
すると母が妹の足を拭こうと、前屈みになった。
私の方にお尻を向けているので、お尻の間から母の陰毛と性器が見えた。
祖母は肌の色が白く、ぽっちゃりしているので、性器も肌色っぽく大きく見えた。
それに比べ母はレバーのような少し赤黒い色をしていた。
初めて母のモノをみて、祖母との違いに驚いた。
それからというもの、母と一緒にお風呂に入る時にも又楽しみが出来た。
やはり、髪を洗うときは祖母と同じように膝をついてお尻を持ち上げて洗うことが分かった。
当時はシャワーなどまだほとんどの家にはなかった。
母は洗面器にお湯を入れその中にシャンプーを溶かしてヒザをつき頭を洗面器に入れる。
私はすぐに立ちあがって、お尻の内を覗き込む。
しかし、母は祖母ほど大胆にお尻を上げないのでわずかにレバー色が見える程度だった。
ある日、母が一人で風呂に入っていて、髪を洗っている様子が、外から硝子戸を通してわかった。
当時の風呂の扉は木の引き戸だった。2/3が曇りガラスで下がベニヤになっていた。
母はその引き戸にお尻を向けて髪を洗っている。
私は、そうっと引き戸を開けて覗き込んだ。音はしない。
目の前に母の片方の足の裏とお尻の半分が見えた。
更に引き戸を開けていくと、いきなり真っ黒なものが目に飛び込んできた。
陰毛に覆われた母の性器だった。
いままで、わずかに見えたものがしっかりとした形になって目に飛び込んできた。
私はドキドキしてそれを見ていたが、母に気づかれるのではないかと思い、すぐに引き戸を閉めた。
すぐにトイレに入って、オナニーをした。
そしていよいよ、優しく物静かな母らしからぬ姿のそれを見ることになる。
ある日、私と妹を母が風呂に入れた時のこと。
私が先に洗ってもらい湯船に入っていた。湯船の反対側の壁には鏡がついていて、その鏡の下の方に棚があり、シャンプや妹のおもちゃなどがそこに置いてあった。
母は妹の身体も洗いながら、自分の身体も一緒にさっと洗い、自分の髪を洗おうと洗面器にシャンプを入れて準備をしていた。
しかしまだ妹がスノコ(当時は木でできていて湯船と平行においてある)の上で遊んでいて、いつものように洗うことができなかった。
私は妹をこっちに呼ぼうとしたその時、突然母が立ち上がり湯船の反対側の鏡にお尻を向け(湯船にいる私の方を向いて)そのまま大股を開いて前かがみになり、頭を洗面器に突っ込んだ。
あの物静かな母の大股を開いた大胆な姿にものすごく興奮した。
今、鏡には母の性器からお尻の穴まで映し出されているはずだ。
私は湯船から立ちあがって必死に鏡を覗き込んだ。しかし少し曇っているのと、鏡が少し高い位置にあったのでほとんど何も見えなかった。
しかし鏡ではなく直接母を見ていると、母の背中からその上に左右に開いたお尻があり、その開いた真ん中に陰毛に覆われたアヌスが少しだけ見えた。
一旦屈みこんでお湯を取り換えて、再び同じようにお尻を持ち上げた。
すると、奇跡が起こった。その立役者は妹だった。
妹は鏡の前のおもちゃを取りに行ったが、母のお尻が邪魔で取れないようだった。
目をしっかりつむってはいたが、その様子を理解した母は、そのままの格好で身体を移動しはじめた。
少しずつ向きを変え、大股を開いた母のお尻がだんだん私のいる湯船の方に向いてきた。
そしてついに私の目の前に、大きく開いた股の間が目に飛び込んできた。
母の性器とお尻の穴までがはっきりと見えた。
母はかなり毛深いのか、おへその下から生えている陰毛が性器の周りから、お尻の穴の周りまでびっしりと生えていた。
その股の間からは、しっかりと目をつむった母の顔が見えている。
あの優しい母の大胆な恰好に、私の興奮はピークに達していた。
しかし、更に私を興奮させるものが目に入った。
当時小学生の私には、もちろん女性性器がどのようになっているかなど知らなかったが、母の性器をよく見ると後ろに回ってきている縦のワレメ(ヒダヒダ)が薄ら開いて中から鮮やかなピンク色が覗いていた。この時初めて、ワレメの中がピンク色をしていることを知った。
少しすると母は、自分がお尻を向けている位置に気が付いたのか、あわててしゃがみ込んだ。そして、濡れた髪のまま私の方を見た。
私も急いで湯船にしゃがんで何も見なかったような顔をした。
私は勃起状態のため、出るに出られずにしばらくそのままでいた。
やっとのことで、風呂から上がるとすぐにトイレに入ってオナニーをした。
今でもその光景が目に焼き付いている。

女性センターの悪夢③

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。

 「はい、あ~んしてごらん」
 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。
 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。

 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。
 何度も。

 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・

 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」
 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。

 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。
 「ほら、口開けて」
 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。

 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。
 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。

 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。
 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」
 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。

 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」
 女子高生の奈津子さんが言いました。

 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」
 若い母親の一人が言いました。

 「麻酔なしで、ちょきん!!」
 指ではさみの形を作って、言います。

 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」
 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」
 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」
 「べつに、座れば出来るんじゃないの」
 「女になればいいのよ」
 「チンチンじゃなくて、タマを取ったほうがいいんじゃないの?性欲がなくなるんでしょ」
 「サカリのついた雄猫みたいに」
 「そりゃ辛いわね」
 「いや、性欲が残ってて、ちんちんがない方がツライ」
 「なるほど・・・」


 「あんた、チンチンを切られるのと、タマタマを抜かれるの、どっちがいい?」
 「いっそのこと、両方ばっさり行くっていう手もあるわね」
 「知り合いの女医さんにお願いすれば、やってくれるかも」
 「麻酔なしでね」
 「痴漢には、麻酔なしで強制去勢の刑!」
 あらわになった僕の下半身を見ながら、女性たちが言いあいます。

 (そ、それだけはやめて下さい~・・・・)

 「泣いてるわよ。かわいそうなんじゃない?」

 (おお・・・!)

 「ここまでやっておいて、今さら可哀想もなにもないわ」
 そう言って、涼子さんが僕の股間に手をのばしました。

 (や、やめて・・・・・・)

 「フフフ、今の話で、すっかり脅えちゃってるわけね」
 涼子さんが、僕の先っちょをつまんで、ギュッと引っ張りました。
 「あはは、完全に皮かぶっちゃった。かわいい」

 「ホーケイって言うんでしょ?キタナイわよ」
 若いママが言いました。

 「包茎だと、おしっこが皮に引っかかったりして、不潔なのよ」
 女教師が、女子生徒たちに教えるように言いました。

 「あんた、おふろ入るときに、ちゃんと洗ってんの?」
 僕のお腹の上で、沙耶さんが言います。
 二人の娘も、目を輝かせて、僕の顔と、下半身を何度も見比べています。

 (は、恥ずかしい・・・・ありえない・・・・・・)

 「ちいさいわねぇ。これじゃ、子供のおちんちんみたい」
 今度は奈津子さんが、指で僕の先っちょをギュ~ッとつまみました。

 (あ痛たたたたた。・・・・今まで、平均的なサイズだと思っていたのに、女子高生に否定されてしまいました・・・・)

 「ほら、見て。小学生並み」

 「ほんと、こんなだから、女性の下着を盗んだりするのよ」
 若いママが軽蔑的な目で僕を見下ろしました。
 「この、短小!!」

 「包茎!!」

 「粗チン!!」

 女性たちが口々に言います。


 「ちょっと、わたしにやらせて」
 また別のママが言いました。あれ、このひと、さっき「かわいそう」って言った人じゃないのか。

 「こんなに皮かぶってたら、一生誰ともつき合えないわよ」
 そう言って、彼女は指で僕の先っちょをピシッと弾きました。
 「あはは、ちょっと、むけてきた」

 「輪ゴムでとめちゃえば」

 「あ、それいい」

 「こうやって、皮かぶせたまま、くっつけちゃえばいいんじゃない?接着剤で」

 「あははははは。完全にホーケイにしてやれ」
 女性たちはなんか楽しそうです。
 僕は、もう涙でまわりの景色が見えません。

 「シェーバー、持って来てたっけ?」
 ママの一人が言いました。

 「あるわよ」
 女子高生の奈津子さんが、紙袋の中からシェービング・クリームのスプレー缶と、安全カミソリをいくつも取り出します。

 ま、まさか・・・・・・。

 「えい!!こうなったら、完全に子供のオチンチンにしてやる!!」
 そう言って、若いママの一人が、僕のへそ下に、大量の白いクリームをぶちまけました。
 
 「あはは!面白い。わたしもやる!!」
 女性たち、四本の安全カミソリを奪い合いです。

 (ふ、ふごー!!!やめろ!!!)
 叫ぼうとしても無駄です。猿ぐつわのせいで、声になりません。

 「いいじゃない。どうせホーケイなんだし、ずっーと彼女いないんでしょ?」
 「あんたヒドイこと言うわねえ・・。でも、ま、本当のことか」
 「ほらッ、動くと、大事なところまで切れちゃうわよ!」
 僕の下半身は、ものの数分で、丸坊主にされてしまいました。

 「・・下着泥棒なんて、しなければよかったのにねえ」
 今瀬梨律子が、少し離れた場所で、タバコをふかしながら言いました。

 涼子さんが、ウエットティシュで僕の下半身をぬぐいだしました。
 恐怖と屈辱のあまり萎縮したオチンチンを、丁寧にふきとります。
 みんなが見ている前で皮をむいて・・・・・・露出させられた亀頭を、手のひらで転がすようにします。
 (・・・・く、くすぐったい・・・・・・いや、気持ちいい・・・・かな?)

 「◎◎君、幸せねえ」
 沙耶さんが、言います。
 「涼子さんみたいなきれいな女性にオチンチンふいてもらって」
 ・・・・・・まったく、この人のカンの良さは一級品です。

 涼子さんは、片方の手で僕の先っちょをつまみ(とうぜん、皮を完全にかぶった状態にして)持ち上げました。
 もう片方の手で、睾丸をふきます。
 睾丸をふき終わると、涼子さんは、僕のホースを天井に向けて引っぱりました。
 見せしめのように、女性たちの目の前で、限界まで伸ばして見せます。  (痛い、痛い痛い痛い!!ちぎれる!!)

 「女子が見ている前で、万が一、勃起なんてしたら、許さないわよ」
 涼子さんが、僕の耳元に顔を近づけて言いました。


 「・・・・こんな姿になっちゃって。ほんと、いい気味だわね」
 そう言って、女教師の一人、音楽の小菅美帆が近づいてきました。
 彼女は、「◎◎君、お久しぶり」と、僕のことを苗字で呼びかけ、
 「わたしのこと覚えてるでしょ?」
 と、メガネの奥で、ギラリと目を光らせました。

 僕は、あまりの怖さに、分からないふりをすることに決めました。

 「フーンそう?覚えてないんだ。じゃ、思い出させてあげる」
 そう言って、彼女は僕の睾丸を指ではじきました。

 (ぐはあ・・・・!!)
 睾丸を指で叩かれるだけでも、かなりの苦痛です。
 ましてや、僕の場合は金蹴りを二発もやられた後なので、 合わさって地獄の苦しみが待っています。

 「まだ思い出さない?じゃ、しょうがないわねえ」
 もう一度、彼女は指で睾丸をはたきました。

 (ぐほふぅ!!)
 僕は泣きながら、先生の顔を目で追いかけます。分かりました。分かりましたから・・・。

 「思い出さないの?授業中に、あたしの胸揉んでくれたっけねえ。みんなの前で、スカートをめくってくれたっけねえ」
 そう言って、彼女は僕の性器全体を、ギュウギュウつねりました。

 「◎◎君、そんなことしてたんだ」
 涼子さんがタバコをふかしながら、小菅美帆がやるのを見守っています。
 「それじゃ、先生にお仕置きされても文句言えないわね」

 お仕置きというよりも、拷問です。
 とっくに忘れかけていた思春期のころの悪さが、こんな形で返って来るとは夢にも思いませんでした。

 小菅美帆は、ショルダーバッグの中から、洗濯ばさみをいくつも取り出しました。
 ま、まさか・・・・。

 彼女は、容赦なく洗濯ばさみを、僕の先っちょに噛ませました。
 それだけでなく、洗濯ばさみをぎゅーっとつかんで、僕の余った包皮を伸ばします。

 (ほんぎゃらふぎゃあ!!!)

 「ほらッ!もっと苦しめ!!」
 小菅美帆は、なかば笑い、なかば怒りながら、洗濯ばさみを僕の睾丸に次々に噛ませていきます。
 それだけでも苦しいのに、さらに、洗濯ばさみがぎっしり付いた僕の性器を、指で弾きます。

 (ぐほぉ!!!あおぁぉ!あぉあぉあぉあおおお・・・)
 僕は、涙と、アブラ汗でぐちゃぐちゃです。
 沙耶さんが乱暴にタオルで拭いました。
 きっと、見苦しいからだと思います・・・・。

 「わたしたちにもやらせて」
 マジメそうな中学生の女子二人が、名乗りを上げました。

 「あんたたち、たまに電車で痴漢にあうって言ってたでしょ。今日は、たっぷりと怨みを晴らしてやりな」
 女性教師らしく、小菅美帆が言いました。

 (そ、そんな~・・僕は関係ないのに・・)

 二人組みの女子は、小菅美帆から洗濯ばさみを受け取ると、こわごわと、僕の乳首に噛ませました。
 最初はたいしたことのない痛みですが、後からじんわりと効いてきます。

 (ち、ちぎれる・・・・)

 小菅美帆が、もう、なさけ容赦なく、僕の乳首を両手でぎゅーっと鷲づかみます。
 勢いで、洗濯ばさみが二つとも、はじけ飛びました。

 小菅美帆は、さらにおもちゃの中にあった細長い鞭を手にしました。
 ためし振りすると、ヒュン!ヒュン!と いい音がします。

 (や、やめて)

 僕は、涼子さんを探し、必死の目で訴えました。
 あんなのが直撃したら、死んでしまいます。
 涼子さんは、明らかにアイ・コンタクトできたはずなのに、無視して、
 「ロープ、もっと引っ張れるでしょ?脚がだんだん閉じてきてるから、もう一度よく開かせた方がいいわ」
 と、言いました。
 ・・・・鬼です。

 次の瞬間、鞭の先端の平べったい部分が、僕の股間に命中しました。

 (ふんぎゃあっ※☆!!!)
 僕は目をむいて、かろうじて自由になる首をばたばたさせて、もがき苦しみました。

 そこへ沙耶さんが、「暴れるな!」と叫んで、思いっきりビンタをしました。
 ひ、ひどい、酷すぎる・・・・・・。

 沙耶さんはずっと僕のお腹にまたがっているわけですが、彼女がほんの少し、前に出て、僕の 胸を圧迫すると、たちまち呼吸ができなくなります。彼女は、体重のかけ方をちょっと変えるだけで、 僕を苦しめたり、緩めたりと自由自在です。

 僕の意識が沙耶さんの方に向いている隙に、音楽教師が、鞭をふり下ろしました。

 ぎゃっ!!!

 さらに、もう一撃。
 これは、性器に直撃することはなく、太ももの辺りをかすりましたが、また別の痛みがあります。

 小菅美帆は、「ちっ」と言うと、鞭を大きく振りかぶって・・・・・・・・・・・・

 びゅっ!!

 風を切る音につづいて、ばちんという、真正面からの直撃音が響きます。

 ぎゃーっ!!!

 パンツを食べさせられた猿ぐつわの奥から、僕の悲鳴がもれるたび、女性たちは歓声をあげ、拍手をしています。
 ・・・・・・こういうのは、集団心理というんでしょうか。
 ふだんは、ふつうの真面目なお母さんと娘たちだと思うんですけど、だれも疑問に思わないみたいです。

 「さ、次はだれがやる?」
 音楽教師が言うと、小中学生のほぼすべての女子が手を上げました。
 「よし、じゃあ、下の子から順番に、ムチを持って・・・・」

 (たたた、助けて・・・)

 「こんなに大勢にやられたら、確実につぶれるわね」
 涼子さんが、顔を近づけて言いました。
 彼女は僕の耳に息を吹きかけるように、
 「べつに・・・・去勢して女の子になると思えば、つぶれてもいいか」

 (よ、よくありません~・・・)
 僕は、哀願の目をしました。

 涼子さんが笑って言います。
 「やめてほしい?」

 (も、もちろん!)
 必死で首を動かします。

 「じゃ、やめてあげる」

 (おお・・・・!)

 「そのかわり、言うこと聞くのよ。逆らったら、許さないわよ」

 (・・・・・・・・・・・)

 「お返事は?」

 (はい・・・・・・)
 僕が目でうなずくと、おなかに乗っていた沙耶さんが、パッと飛び降りました。
 ふ~~、楽になった。それにしても、涼子さんと沙耶さんの息がぴったりすぎです。

 女子高生の奈津子さんが、手錠と足かせを外しました。
 血流が途絶えていたせいで、僕の手足は完全に痺れてしまっています。
 涼子さんが、ガムテープをはがし、口の中のパンツを取り出しました。
 げほ、げほ、げほ。
 パンツ返して、と言おうとしましたが、涼子さんが許してはくれません。

 ひどい苛めはこれで終わり・・・・・・のはずもなく、女性たちのイジメ(というよりも、ここまで来ると過酷な集団リンチ)は、ますますエスカレートして行くのでした。

AV鑑賞で実践しちゃった

俺が21歳の時、よく遊びに行っていた友達の12歳の妹が結構発育良くって目のやり場に困る程でした。
妹はみなこ小6、オッパイでかいくせに全く羞恥心を持っていない様で
「ブラするときつくていやなんだ」
って、ノーブラでタンクトップ1枚。
前かがみになるとプルンプルン隙間からまる見えでした。
「あ~今胸見てた~スケベ~」
なんて言ってる割りに風呂上がりに、バスタオル1枚でブラブラする様な娘でした。
友達とAV鑑賞する事になって、酒やらつまみを買い込んで部屋でスタンバッっていると
何か怪しい雰囲気に興味深々でみなこがやって来た。
「ガキは早く寝ろよ~!」
友達がそう言いながら妹を部屋から追い出す。
必死の抵抗も空しく簡単に締め出されてしまうみなこ。
この日はやけに飲むピッチが速い友達。
案の定、あっという間に酔い潰れて寝てしまった。
なんとなく一人でAVを見てると、コンコンとガラスをたたく音が。
見るとみなこが手を振っている。
鍵を開け部屋の中に入れると、
「やっと入れたあ~蚊に刺されちゃった~見て~」
みなこはパンツ1枚にタンクトップ姿だった。
太ももの内側をさらけ出して
「ここ~ほら赤くなってる~」
「それよりなんで、ココに来たんだ?」
「・・・Hなビデオ見るんでしょ?わたしもみたい~い」
「別に見たいなら見ても良いけど、誰にも言うなよ~」
早速再生すると、正に合体中、肉棒が激しく出入りしている場面が映し出された。
「えっ、あんなおっきいの?チンチンて」
「うん・・まあ、ちょっと大きいくらいだね」
「・・・・・・」
「・・・・・・もう、あきただろ」
「・・ううん、もっと見る」
「きもち悪くないのか?」
「・・・なんか・・おまんこ・・・・・・ジンジンして来ちゃった・・・」
えっ、と思ってみなこを見るとしっかりオナニーし始めてる。
パンツの横から指を滑り込ませ激しく蠢いていた。
「・・・アッ・・・・・・ンンンンッ・・・」
身体をビクつかせるみなこに俺は我慢が出来なくなっていた。
「俺だったらもっと気持よくしてやるぞ、どうする?」
「・・・もっと~?気持良くなっちゃう~?」
次の瞬間俺は、みなこのパンツをはぎ取っておまんこをベロベロ舐めまわしていた。
「アッ・・・気持イイ・・・もっと舐めて・・・アッ・・・」
10分位舐め続け遂にガクガク身体を震わせみなこは逝った。
「・・・・気持よかった…おにいちゃんも逝きたい?」
「そりゃあ逝きたいにきまってあっ、何する気だ、よせって」
みなこは俺のパンツをずり下げ、ビンビンのチンポを握りしめた。
「なんか出てる~~~ヌルヌルしてる~~」
「そりゃあ、Hの前にはヌルヌル出ないとうまく入らないからな」
「・・・みな、やってみてイイ?イイでしょ?」
AVの画面で映し出される様なポーズで、騎上位の体勢になると
自ら侵入を試みる。
「う~んうまく入んな~い」
そこ、ってい言う場所で俺が下から突き上げると
「い、イッタ~い・・・アッ、少しは入ったかも?」
腰を掴み下から突き上げると徐々に熱い蜜壺に入って行く感じがした。
「ね~~これって入ってるよね!SEXしてるよね」
痛みよりSEX出来てる感動が勝っているようだ。
若い締め付けに中出ししそうになるのを必死に堪え、5分間耐え続け
遂に限界に、みなこのおまんこからチンポを引き抜いた瞬間ドピュドピュっ
大量に発射。
それを目の当たりにしたみなこは大興奮だ。
「うわ~いっぱい出ちゃったね、もっと出る?」
大量放出したばかりのチンポをおもちゃの様にいじり回す。
「なんか、またおっきくなって来たよ~また出来る?」
こちらの了解もお構いなしに、また自らおまんこに導き入れる。
「ねえ、こんどはさあ、あんな風にしてみようよ」
AVの中で繰り広げられる体位を次々試し始める。
それから2回戦してもまだ物足りない様子のみなこ。
そこで俺にちょっとした疑問が、初めてでなぜこんなに?血が出ないし
なれてる様な、本当に初めて?
「みなこってSEX初めて?」
「・・・ううん、初めては兄き!その後がSおにいちゃんで、おにいちゃん3番目」
「じゃあ兄貴の時は血出ちゃった?」
「ううん。出ないよ。あのねえ・・最初はサラミソーセージなの、4年生の時に
試したら入っちゃって・・・あせってたら兄貴に見つかって兄貴と・・・」
「もしかして今日のこれって・・・」
「うん。そうだよ兄貴にお願いしてたんだよ」
振り向くと友達がグーにした手の人差し指と中指の間から親指を突き出していた。
まったく、はめられたぜ。

あたしの出会い系つれづれ

なおぼんとセフレのけんちゃんとのある日のことです。

あたしは、先にバスルームから出て、バスタオルを二人分用意し、彼(けんちゃん)がすぐ使えるように洗面台の上に出しておいた。
「ここにバスタオル、置いておくよ」
「はぁい」
体を拭うと、ベッドサイドに向かった。
今日は、どんなエッチができるだろう?
そんな期待で楽しみだった。
今まで会ってきた男性は、若い子は二十代のおばさんフェチというかマザコンで、とにかく早くしたがって、自分だけ満足すればいいという男の子だったし、年配の人は役立たずで、これまた自分の価値観を押し付けるような頑固者だったりした。
自分が役に立たないもんだから、おもちゃを持参してきて、それを無理やりあたしに押し込もうとしたり、御免被りたい人だった。

たとえば、こんなだった・・・
「ローターがいい?バイブかな」

その五十絡みの男は、にやにやしてあたしに聞くの。
バイブは、直径が4センチはあったかしら、見るからに太くて、恐ろしい大きさだったわ。
「あの、ローターで・・・」
そうお願いするしかなかった。
男のペニスはだらりと下を向いたままだったわ。
しばらく、ローターの振動であたしは遊ばれた。
じーん、じーん、中に入れられると音が消えてしまうけれど、あたしの内部が振動するんで気持ちのいいものでもない。
ただ、クリに当てられると声が出てしまう。


「あ、あっ」
「ここが、やっぱりいいんだね。ひひひ」
クリの皮を剥かれ、唾で濡らされ、ローターが当てられる。
「あん、あん」
声が自然にでてしまった。
「濡れてきたね。お尻の穴まで垂れてきてるよ」
いやらしい声で、男が言うの。
「おれ、立って来たよ」
見ると、赤黒いペニスが頭をもたげている。
「入れるよ」
「うん」
ローターよりずっと良かった。やっぱり、本物のペニスは擦(こす)れ方が違うのよね。
あの、いく本もの筋が束になって一本になっているようなペニス独特の感触。
銃身でえぐられるような、なんて言ったらいいんだろう?
「あふっ、よく締まるね、なおちゃん」
「あくっ、いいっ」
あたしも応えた。腰が浮き上がって、男の突きに抗う。


そんな昔のことを考えていたら、けんちゃんがお風呂から上がってきた。
「待った?」
「ううん、髪を乾かしてたから」と嘘をついた。
けんちゃんのセックスは優しい、でも後半は激しくなる。
それがとってもあたしにはいい。
生活のリズムっていうのかしら、セックスにも緩急のリズムがあるの。
あたしも中年になって、激しさだけのセックスは体がついてこない。
けんちゃんのはそういう配慮が感じられて、心ゆくまで楽しませてくれる。


あたしは、ベッドに横になって、布団をかぶって彼の訪れを待った。
ほどなくして、けんちゃんは布団の端をめくって、自分も中に入ってきた。
そして肌をくっつける。
「なおぼん・・・」
「けんちゃん」
彼は、口をまず吸ってきた。
ひとしきり、熱いキスを交わし、彼の手があたしの蜜壷を探るように這う。
「舐めようか」けんちゃんはいつもそう聞く。
「うん」
あたしは舐められるのが好きだった。
でも男の方は積極的に舐めてはくれない。
べつにあたしのあそこが臭いとかじゃないと思うんだけど、あまり好まない。
夫もそういう人だった。


けんちゃんは違った。
懇切丁寧に舐め上げてくれる。
舐めるだけじゃなく、周囲を甘く噛んだり、焦らすのが上手なの。
まず、クリが攻められる。
そして陰唇が唇で挟まれて伸ばされる。
舌先が膣口に挿入される。
会陰がなぞられる。
アヌスが突っつかれる。
陰毛が引っ張られ、鼠径部が、内ももが、と広範囲に火の手が上がる。
「ああ、もう、だめ。入れてぇ」
そう、あたしはおねだりしてしまうの。
こんなこと、夫を含めてほかの男性にもしたことがないわ。
「じゃあ、入れるよ」
ゴムなしで、けんちゃんはあたしの股の間に入って正常位ではめてくれた。
ゆっくりと・・・
ぐわっと、けんちゃんのドリルで押し広げられるあたしのトンネル。
中程まで入って、そこからはズドンと押し込まれたの。
「あうっ」
「はいっちゃったよ。全部」
「ああ、熱いわ」
「ひくひくしてる」
「はずかしい・・・」
「もう、とろとろに液が漏れてるよ。なおぼん」
「言わないで」
ぐっちょ、ぐっちょと彼の腰の動きに合わせて、音が響いたわ。
そのたびに、じゅぶっとなにかがあたしから溢れ出すの。
おつゆが多いのよね。


けんちゃんの顎から汗が滴り落ちて、あたしの胸に流れる。
「すごい、汗」
「うん、なおぼんに夢中だから」
「たくましいなぁ」
「そ、そうかな。なんの運動もしてないから、体もゆるゆるだし・・・」
「ううん、けんちゃんの一生懸命なセックス、好き」
実際、あたしはこんなに気を入れてもらうセックスは経験がなかった。
子宮がしびれると言ったらいいのか、体が応えるという感じなの。
お尻が抱えられ、枕を腰に入れられ、さらに深い侵入が試みられたの。
「ああ、すご・・い。深いーっ」
あたしは思わず叫んでしまった。
けんちゃんのペニスが奥まで届いて、怖いくらいだった。
でも浮き上がるような快感が腰の辺りから広がったわ。
「バックからいい?」
「ふう。バックね。いいよ」
あたしは、ひっくり返って、お尻を彼に差し出した。


滑るように、彼の刀が鞘に収まった。
「うはっ」
あたしも声が出るくらい、きつい一発だった。
「締まるよ。すごく」
「ああん、すごい深い」
「届いてる?」
「うん、うん」
ガツンと腰が入り、正常位では感じられない密着感であたしはのけぞった。
緩急を使った、挿入が何度か続けられたわ
あたしは、気が遠くなってきていた。
彼の手がクリに回り、剥かれたわ。
もう一方の手が乳首をこね回す。
バラバラになりそうだった。


しばらく単調なピストン運動があったけれど、指先でクリがトントンと叩かれるので、それで一度逝ってしまった。
「あうっ。いくっ」
「逝くの?なおぼん」
「いく、いくぅ!」
ピストンが激しくなり、彼もいっしょに逝こうとしているようだった。
「だめ、外に・・・」
そういうのが精一杯だったけど、彼には通じなかったみたい。
「ぼく・・も、いくっ」
びくびくと彼が痙攣し、あたしに刺さったままでたっぷり熱い液体を注ぎ込まれた。
「あ~ん、ダメっていったのに・・・」
「ごめんね、なおぼん」
そういって重なり合って、ベッドに突っ伏したの。


でもあたしは満足だった。
この歳で妊娠はありえないし・・・
本気の中出しの快感は、何ものにも代え難いものだったから。
女の体ってそういうふうにできているのよ。

おしまい♡

おじ様との河川敷ウォーキング2

私はまた、おじ様に会いたくて、いつものように車を走らせ河川敷へ向かいました。今回はおじ様のために新しい白のスポーツレギンスとピンクのスカートを穿いて行きました。もちろん直穿きなので、濡れると割れ目が透けるように食い込みは自然のままで、ちょっとだけ割れ目にそってくぼむ程度にして、外に出て周りを見渡すと今日は割とウォーキングしている人が多く、すぐにはおじ様の姿が見つけられなかったので、少し準備運動をして歩き始めました。すれ違う男性はおじ様ではないんですが、みんな若い女がウォーキングしているのが珍しいのか、ジロジロと胸や下半身を見てくるので、だんだん感じてきてしまい、私もサービスとばかりに、股間が見えるくらいスカートを上げてみると、さっき準備運動したせいか、くっきりと割れ目が出来ていて、少し濡れ始めていました、次にすれ違う男性も、もちろん今度は割れ目を凝視してきて、すれ違いざまに振り返っていたのでお尻も見られていたと思うと、さらに、割れ目が濡れ、はっきりと形が分かるくらい透けてきてしまいました。見られれば見られるほど、興奮し、おじ様探しも忘れて、たくさんの男性に視姦されることで、割れ目からたくさんの蜜が溢れだし、白のレギンスの股間はもはや、半透明の状態になってしまいました。そうなると、もはや男性達の餌食になるのも時間の問題か、とドキドキしていると、案の定、次にきた男性から、お姉ちゃんずいぶんセクシーなタイツ穿いてるなぁ近くで見せてもらえるかなぁ、と言いながら、私の前に立ちふさがり中腰で股間を凝視し、透けて割れ目がよく見えるよ、しかもお姉ちゃんパイパンだね、といい、触ってもいいかな?というので、やめて下さい、と言って逃げ出すと、お尻もいいねぇと言っていました、私も口では、やめてといいながらも、確実に男性の目と言葉で、さっきよりも感じてしまい、股間もさらに、濡れてしまいました。このままでは大勢の男性におもちゃにされてしまうと思い、スカートを下げ、一旦車に戻る事にしました。それにしてもおじ様の姿は見当たらず、来てないみたいなので、悶々としながら家に帰り、
おじ様を思い出しながら、オナニーしてしまいました。

おじ様との河川敷ウォーキング

おじ様が忘れられなくなり、またいつもの河川敷へ車を走らせていました、駐車場に着くと、この日もあまりひとけがなく、あのおじ様がいるかどうかわからないまま、この時はグレーのスポーツレギンスとスカートでもちろん直穿きで割れ目にそって食い込ませ、車を降りおじ様の姿を探すように、歩き始めました。しばらく歩くと、見覚えのある姿を遠くに見つけると、急にドキドキし始め、だんだん近づいて来ると間違えなく、あの時のおじ様でした、おじ様も私の姿に気づいて、ニヤニヤしながら近づいてきました、すると今日は真面目にウォーキングなのか?と話かけて来たので、ドキドキしながら思い切って、ご一緒してもいいですか?というと、いいのかい?こんなおじさんと一緒で、といいながらも視線は私の割れた股間に向けられていて、ニヤリとしていました。あまりひとけがないのをいいことに、早速おじ様は私のお尻をタッチして、若い子のお尻は張りがあっていいねぇ、といったかと思ったら、すかさず前に手をまわし、こんなに食い込ませてまたおじさんを誘惑してるのかい?といいながら割れ目にそってなぞられると、体中に電気が走り、じわっと濡れてきてしまい、おじ様は、おやっ、もう染みが出来てるみたいだよ、というのでさらに興奮して、みるみる染みが大きくなってしまい、こんなに染みが出来てたら、みんなに見られちゃうんじゃないかな、とおじ様はちゃかしながらも、さらに割れ目をなぞるので、レギンスは太ももあたりまで濡れてきてしまいました。今度は歩きながらおじ様のペニスをジャージの中で直に握らされ、しごくように言われしごいていると、みるみる固く大きくなってきてジャージから飛び出しそうになると、おじ様も私のレギンスに手を入れてきて、直にパイパンの割れ目をなぞり、おまんこに指を入れぐちゅぐちゅと音を立てながらかき回されると、おじ様のペニスをぎゅっと握り締め、歩きながらいかされてしまいました。すると今度は後ろから、レギンスを脱がし、お尻を広げペニスをおまんこに入れピストンをされると、立っていられなくなり、地面に両手をついてしまい、四つん這いのままバックから激しくお腹に響くほどピストンされると、またいかさてしまいました。抱きかかえられ、また歩きながら私はペニスをしごき、おじ様は割れ目をなぞりながら、車まで戻ると、中に乗り後部座席で大きく脚を開かされ、おもいっきり、おまんこにペニスを挿入し激しくピストンをされると、何度も何度もいかされてしまいました。おじ様は今回も私だけをいかせ、気持ち良かったよ、と言って去って行きました。私は完全におじ様の虜になってしまいました。おじ様にとって、私は若いおまんこのついたおもちゃかも?

小1のとき体罰で裸にされた

小1のとき、友人と数人で女子の身体測定を覗きに行こうという話しに
なり、保健室の外で隙間から覗こうとしたが、担任の女教師に見つかり
みんな逃げたが自分だけ転んで捕まってしまった。
その後理科準備室へ連れて行かれ、ビンタされながらこっぴどく叱られ
「女の子の裸を見たんだからあんたも裸になるのは当然」と言って
服を全部脱ぐよう命じられた。
実際には保健室の中は見えなかったので、裸は見てません、と言ったら
何でそんなウソを平気で言うの、と言ってさらに往復ビンタを食らった。
命令には逆らえず、服を全部脱いだが、恥ずかしいので前を隠していると
「何隠してるの、女の子が裸を見られるとどのくらい恥ずかしいか
分かってるの?男の子はオチンチン見せたってまだ足りないのよ」
と言ってまた怒った。
そして、「そうそう、いいものがあるわ」と言って奥から何かを
持ってきた。それは、以前クラスの友達が学校にもってきて
取り上げられたおもちゃの手錠だった。
「あんたは覗きをした犯罪者なのよ。だから手錠をかけられるのは
当然よ」と言って後ろ手に手錠をかけられてしまった。
両手を後ろ手に拘束され、前を隠すことができず恥ずかしがると
ニヤニヤしながら「ほーら、もう隠せないわよ、それじゃこれから
覗きをしたことを謝りに行くのよ」と言って腕をつかんで廊下へ連れ出した
恥ずかしくて嫌がったが、「いちいちうるさい子ね」と言って口にも
ガムテープを貼られ、素っ裸のまま廊下を歩かされ教室まで連れて行かれた
教室で全員の前で、「この子はあなたたち女子全員の裸を見たのよ。
だからあなたたちもこの子のオチンチンを見なさい」と言って机の間を
何周もさせられた。その上、「オチンチンだけじゃなくてお尻の穴も
見なさい」と言って女の子の目前で尻肉を開いてお尻の穴まで見せられた
恥ずかしさと情けなさで涙がこぼれた。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード