萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

アイドル

ヤリサーの実態を暴露する

昔、大学のヤリサーに所属していた頃の話を書こうと思う。

そのヤリサーは表向きはイベントやら球技やら(主にテニス)をやるインカレサークルで、男子はうちの大学からのみですが、女子は付近の女子大から来ている子がほとんどだった。
サークルの人数は男女合わせて30人程度と、あまり大きなサークルではない。
というのも、男子には入会制限があり、女子は紹介じゃないと入れない。これでかなり可愛い子を厳選しているわけだ。
特に女子はかなり可愛くて、ミスコンに出た子やグラビアアイドルやってる子もいたぐらいw

入会制限というのは、要は、男子は大学の中でも頭のいい学部(要は医学部ですねw)や家が金持ちのやつ、またはイケメンしか入れないということだ。
モテるやつだけをサークルに入れて、可愛い女の子を引き寄せようという魂胆だったわけ。
俺(テツ)はこのサークルに3年の春から入ったんだけど、俺は頭よくもないし、金持ちでもイケメンでもないw
ただ友達の紹介で入れてもらったんだけど、昔からなぜかよくモテるのでそれが決め手だったらしいw

今回は、このヤリサーの新歓合宿について書こうと思う。

新歓合宿は5月のGWの時期にある。
合宿と言っても飲んで騒ぐだけだけどなw
一応スポーツ系のサークルなのでテニスやったりもするが。

まず、4月中に何度か飲み会があるが、この時点では、勧誘している子たちはヤリサーであることを知らない。
もちろん中には薄々勘づいている子もいるが、ほとんどの子にはバレていないようだ。
4月の飲み会では至って普通のサークルであることをアピールして、なるべく多くの女の子を合宿に誘う。

ちなみに、当たり前だが男子はヤリサーであることを知ってるw
だからこの合宿は新入生男子には楽しみでならないそうだw
今回の合宿の参加者は、新入生女子10人、男子5人だった。

驚いたのが、女子10人が10人とも可愛いw
紹介じゃないと入れないだけあってレベルは高い。
みんなハイスペ男子やイケメンに憧れて入ってくるんだろうなw
ちなみに男子5人(俺含む)だが、皆金持ちだったな...
俺は普通なんだけどね。

合宿は2泊3日で大学から2時間程離れたところにある合宿所で行われる。
当然だが着いてすぐ大広間で飲み会w
合宿には新入生含む男女30人ぐらいが参加してて、なかなかの盛り上がりだ。
新入生の男子はしこたま飲まされてるw

俺は新入りだけど3年生なんで、ほどほどに飲まされてたw
1時間ほど飲み、盛り上がったところで新入生の自己紹介が始まる。
合宿以前に何度か飲み会はあったが、この合宿で初めてあう人も少なくないからだ。
15人の男女が皆の前に整列させられた。
4年生の女の先輩(ミキさん)が司会だ。

ミキさんは近くの女子大の4年生で、ミスコンに出たり、読者モデルをしている先輩だ。
身長は160センチぐらいでスラッとした脚がエロい。
合宿なのでホットパンツにパーカーというラフな格好をしていた。
明るくて元気な先輩だが、サークルの男子ほぼ全員とヤッてるらしいw

1人ずつ自己紹介が始まる。

〇〇「医学部1年の〇〇です!よろしくお願いします!」
ミキさん「〇〇はこのサークルでなにがしたいの?」
〇〇「可愛い子といっぱい仲良くなりたいっすねw」
ミキさん「正直でいいね!仲良くなってどうしたいの?正直に言いなよ!」
〇〇「ぶっちゃけ、可愛い子とエッチしたいっすっwww」

会場からは笑が起こったが、新入生の女の子には顔が引きつってる子もいるwそりゃそうかww

ミキさん「よーし!じゃあ、恒例のアレ、行ってみるかー!○○、服全部脱げー!ww」

見ている先輩たちは男女とも大盛り上がりだ。
毎年やってる恒例行事なのだ。ちなみにこれをやることは、あらかじめ新入生の男子には伝えられている。
そして、〇〇は上着を脱ぎ始めた。

新入生女子にはこの空気についていけず、不安そうな顔をしている子もいるが、興味深げにみている子も数人いる。
〇〇がパンツを脱ぐ瞬間、会場からは歓声がおこったw

女の子はキャーキャー言ってるが、しっかり〇〇のチンコを見ているようだったw
男子4人の自己紹介が終わり、4人とも全裸になった。
大広間は熱気でいっぱいだった。
次は俺の番だった。

俺「〇〇学部3年のテツって言います!よろしくお願いします!」

そして一気にズボンとパンツを下ろしたw

ミキさん「テツすごーい!デカくない?5人のなかで一番だねw」

そうなんです、俺、アソコには自信あって通常時でもかなりデカい。
勃起すると20センチぐらいになります。

俺「あざーす!このチンコで色んな子とエッチしたいです!」
ミキさん「いいじゃん〜!私も試してみたいかもw」

次は、女の子達の自己紹介。
最初はミキさんと同じ女子大に通うユウカ、この子も可愛くてなにより巨乳なのが特徴だw

ユウカ「〇〇女子大のユウカです。よろしくお願いします」
ミキさん「じゃあ、男子は全裸になってくれたし、女の子は下着までぬいじゃうか!」
ユウカ「えええ!そんなの恥かしくてできないですよ...」

しかし、先輩達は大盛り上がりで、「脱げ脱げ」コールが起こっているw
ユウカはこのプレッシャーに泣き出しそうな顔をしていたが、

ミキさん「下着は絶対脱がなくても大丈夫だよ」

この一言で意を決したらしい。
女の子にとっては、金持ちやイケメンの大学生とコネを作れるチャンスなのだ。
ユウカが服を脱ぎ始めると、会場は今までで最高潮の盛り上がりに達しようとしていたw
意味も無くイッキする先輩までいて、かなりカオスw
そして下着姿のユウカをみた男たちは大興奮だった!

「うわー!おっぱいでけー!なにカップあるの?」

そんな声があちこちから飛び交っていた。
たしかに、ユウカはFカップはありそうな胸をしていて、細身でくびれがあって、めちゃくちゃスタイルがよかった。
全裸の新入生5人は勃起し始めていたw
俺もだけどっw

そして女子の新入生たちはみんな下着姿になっていった。
といっても、何人かは途中で泣き出し、大広間から出て行ってしまった。
この状況に耐え切れず、翌日には帰ってしまったようだ。
結局残ったのは6人だった。
このときには俺のチンコは完全に勃起w

ミキさん「すごーい!デカすぎでしょw20センチぐらいあるんじゃない?」

周りの女の子も俺のデカチンに注目していたようだったw
すごい優越感www

俺「こんな可愛い子達の下着姿みちゃったらそれ勃起するよーw」
ユウカ「テツさんマジやばーい!いやらしすぎるw」
ミキさん「じゃあ恒例のアレいきますかー!」

ここからがついに本番。
新入生女子が新入生男子をフェラで抜くというイベントw

まじ作り話みたいだけど、これがヤリサーの実態。
女の子たちの顔はすげーこわばってるけど、ここまでくると場の雰囲気でやらざるを得ない。
お酒も入ってるしねw

女の子は6人、新入生の男は5人だったので、1人足らない分は先輩が入ることになった。
2人1組で、全員がみんなの前に並んでいる。
女の子たちはまだ緊張しているというか、本当にやるの?みたいな雰囲気だったが、15分以内に抜けなかった組はその場でセックスという罰ゲームがあったw

俺の相手はユウカだった。

ユウカ「えー、、本当にするんですか?恥ずかしすぎるんだけどw」

ユウカは苦笑いしながらもだんだん乗り気になってきていたようだった。
他の5人の女の子たちも、既に下着になっていることもあって、それほど抵抗はないようで、すでにフェラを始めている子もいたw

ユウカ「てか、、テツさん大きすぎでしょwこんなに大きいの見たことないですよー!」
俺「まじで?今までで一番?」
ユウカ「ダントツですよ、、形がいやらしすぎるーw」

ユウカは俺のチンコを握りながらまじまじと見つめていた。
そしてついに、舌を出して舐め始めた。

ユウカ「ジュプッ、、チュル、やば、これ大きすぎ、、さきっぽしか口に入らないよ、、」
俺「無理しなくていいよー 俺がイカなきゃこの場でエッチだけどw」
ユウカ「それは恥ずかしすぎるー!けど、こんなおっきいの、ちょっと興味あるかもw」

やっぱヤリサーに入る子って、ビッチなのかなw
ユウカは思いっきり俺のチンコをしゃぶり始めました。

ユウカ「ジュポ、ジュポ、、ヌプ、、ジュプッ、、はあ、はあ」
俺「やべ、超きもちいい、、、ユウカちゃん上手いねw誰に教わったの?」
ユウカ「ふふっ、ないしょーw」

ユウカのフェラは18歳とは思えないほどのテクでしたw
唾液をたっぷり出し、唇と舌でカリを刺激するフェラはまじで絶品。
まじでイキそうになってきたw

俺「やべえよ、もうイキそうw」
ユウカ「ジュポ、ヌプ、、ジュプッ、もうイクの?イッてもいいよw」

ユウカは小悪魔敵的な笑顔を浮かべながら、俺の方を見てきた。
そして、スピードを上げて俺をイカせにかかった。

ユウカ「ジュプ、ジュプジュプ、ヌプ、ジュプ!」
俺「うわーやべえ、出そう!ユウカもう出る!」
ユウカ「ジュプジュプ!ジュプ!んん!!!!ぷはっ!チュル、、」
俺「はあ、やべっ口にだしちゃったw」
ユウカ「チュルッ、チュッ、、んんんん、ごくん。すごwいっぱいでたよw」
俺「ユウカのフェラ気持ちよすぎwてか飲んだの?」
ユウカ「フフッ飲んじゃったw気持ちよかったでしょ?ユウカすごいでしょ?」
俺「まじやべーよ!俺普段フェラでイカないのにw」

周りを見ると他の男もほとんど出し終わったみたい。
さすがにこの状況なら誰でもイクかw
非日常な状況で、普段フェラでイカない俺も10分ぐらいで限界きちゃったw

そういうわけで、罰ゲームのエッチはなしw
なぜか新入生男子6人は、イッた罰としてその場でビールイッキさせられたww

飲み会はそのまま続いた。
俺たち男は全裸だったが、さすがに恥ずかしくなってパンツだけ履いた。
下着姿の女子たちはそのままの格好で先輩たちに酒を飲まされてた。

他の女子の先輩たちも脱いでて、そのまま大広間でおっぱじめる人たちもいたw
これぞまさにヤリサーwwwww

とりあえず今回はここまで。
続きはまた書きます。

ファンを選ぶ撮影会モデルという生業

姫乃たまの耳の痛い話 第20回.

少数の客から狭く太く収益を巻き上げる……確信的にファンを選んだ撮影会モデルの幸せ

2015.02.01.

――地下アイドルの“深海”で隙間産業を営む姫乃たまが、ちょっと“耳の痛〜い”業界事情をレポートします。
150201_himeno.jpeg今回はアイドルとして、緊張を覚えたお話です。

 地下アイドルとしてプライドもポリシーも持ち合わせていない私ですが、唯一「ファンの人に、ゆるく、長く推してもらう」ということだけは、なんとなく決め事にしていました。身内自慢をすることのみっともなさから目を背けて言うと、私はファンの方々にとても恵まれています。

 しかし、関係者の方から「あれだけ恵まれてるのは、ファンを選んでいるからとしか思えない。選ばなければもっと売れたかもしれないけど、長続きしなかった可能性もあるよね」と言われました。私が掲げてきた目標は“ゆるい”ものですが、ファンに態度を強いていることに変わりはありません。そういう意味では、たしかに私はファンを選んできたのかもしれないと思いました。

 今回は私のそんな淡い反省を打ち砕く、パワフルで、確信的にファン選びをしているアイドルさんに会いました。

 撮影会モデルの彼女は、少数の客から狭く太く収益を巻き上げることで生計を立てています。モデル登録は簡単で、仕事を始めるまでは容易かったのですが、心無い客も多く、露骨に過激なポーズを指定してきたり、体の一部だけを接写されたり、辟易することも多かったと言います。しかし、「会話の流れで準備体操させて、水着が食い込んだ部分を接写する最悪な客」などと接しているうちに、彼女は臆することなく「ちょっとうまく扱えば、小金持ちくらいにはなれるな」と確信したのです。

 それからの彼女はひたすら、過激な撮影をする客に耐え続けました。「そういう客ほど都合がいい」からです。そうして半年ほどで“都合のいい客”に目星をつけた彼女は、徐々に少ない客から狭く太く収益を巻き上げる方法にシフトしていきました。インターネットでの告知を減らし、SNSのメッセージ機能を使って直接営業することで「下品で金払いのよさそうな客」ばかりを相手するようになったのです。

 次にAmazonの「ほしい物リスト」を客に公開して、プレゼントされた物品を二次収入にしつつ、撮影会の際に持ち込んだ衣装を客に売って稼ぐようになりました。衣装の売買を持ちかけるのは「焦って判断しちゃう撮影終了10分前くらいにやるのがコツ」だそうで、撮影会本体のギャラよりも高いんだとか。

 どうして彼女はこのような道を歩むことになったのか。きっかけはたったひとつ、貧乏な家庭に生まれたことです。

4人兄弟の末っ子に生まれた彼女は、すでに3人の子どもを育てた両親にとって「新鮮味がなく」、兄と姉のお下がりばかり着て、仕事に行く両親の姿を見送りながら育ちました。女子高生になった彼女の夢は、お金持ち。「小学生みたいな夢」と、過去の自分を笑います。貧乏な家庭を恨み、「大企業に就職するため」、祖父母に頭を下げて借りたお金で大学へと入学しました。

 大学の同級生はお洒落で垢抜けており、お下がりばかりで、意識的に身なりを気にしないようにしていた彼女は、少し恥ずかしいような気持ちになりました。まずはファッション誌でも読んでみるかと立ち寄ったコンビニの雑誌売り場で、青年誌の巻頭グラビアを国民的アイドルグループがほぼ独占していることに気がつきました。そして、彼女は思ったのです。「あれ? もしかして、いまって万人受けする美人じゃなくてもこういう仕事できるのかな」と。

 すぐに大学のパソコンでグラビアアイドルの仕事を調べた彼女は、アイドルに仕事の枠を奪われた女の子達が、撮影会やチャットなどで生計を立てていることを知りました。グラビアアイドルの過酷な現実を目の当たりにした彼女は、意外にも、「これくらいの細々とした仕事なら、私にも需要があるのではないか」という考えに至ったのです。

「グラビアでもAVでも私の容姿じゃ稼げない。こういう微妙な立ち位置の仕事があるのはありがたいですよね」と、彼女は私に強い笑顔を向けました。

「これってどうなのかな……」と思ったのが私の正直な気持ちです。ただ、外部から見るとかなり濁ったグレーゾーンにいる彼女が、ようやく欲しかった自分の服を着て笑っているのを見ていると、「とりあえずは誰も不幸になっていないのだから」と自分を納得させ、同じ隙間産業に生きるアイドルとしては、やはり反省に似た緊張がとまらないのでした。

●姫乃たま
1993年2月12日、下北沢生まれ。エロ本育ち。地下アイドル/ライター。アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。16才よりフリーランスで開始した地下アイドルの活動を経て、ライター業も開始。アイドルとアダルトを中心に、幅広い分野を手掛ける。以降、地下アイドルとしてライブを中心に、文章を書きながら、モデル、DJ、司会などを30点くらいでこなす。アイドルファンよりも、生きるのが苦手な人へ向けて活動している、地下アイドル界の隙間産業。

パンツ売り希望の23歳人妻

別にパンツをスーハーする趣味はないんだが、
女を買う行為に興奮するのだ。
風俗嬢じゃなくて素人。
素人女を金で買うことに興奮を覚え、
ついにはパンツ売りの女性も・・。

人妻クローバーでアポをっとったのだが会ってビックリ。
普通はギャルっぽい女か、ありえないくらい地味な女が来るもんだが、
やってきたのは清楚系人妻。
石田ゆり子っぽかったかな?
23歳にしてはちょっと落ち着いた雰囲気だったなー。

約束内容はパンツ生脱ぎ。
ただそれだけだったが、
待ち合わせ場所に30分も遅れてきた人妻から、
「サービスします。」とメールが。
金額をサービスって意味だったのかもしれないが、
「じゃあ、いっぱい染みつけてね。」とメールを送った。

会ってあまりにイイ女なのでビックリしつつ駐車場に移動し、
あらかじめフルフラットにしてある後部座席へ。
早速デジカメを取り出すと、人妻は「写真撮るんですか?」と
驚いた様子だったが、「うん」と当然のような顔で言うと
「顔は写さないでください」と渋々了解した。

とりあえずスカートをめくらせ、パシャパシャ写真を撮る。
パンツを食い込ませTバックにしたり、
ひもパンだったので、ひもをほどかせたりもしたが何も言わない。

これだけ素直だと調子にのるもので、
さも当たり前かのように「今度は胸出して」と言ってみた。
ちょっととまどうような感じではあったが素直にシャツのボタンをはずしブラを出した。
数枚撮り、ブラも脱がせる。

ここでまたびっくりしたんだが、きれいな乳首だった。
ピンク色だし、形もすばらしかった。
よく見てみるときめ細かい肌だし、スタイルは絶品で、
被写体(そんなカッコイイ撮影じゃないけど)としては最高級の女だと思う。
普通はおしりにちょっと汗疹があったり、
下っ腹が出ていたり、何かしら欠点があるものだが、
この人妻にはそれが無かった。
強いて言うなら、美乳ではあるが、BかCくらいの胸だろう。
もう少し大きいほうが人妻らしくていい。
でも、下手なグラビアアイドルなんて目じゃないほどのスタイルと
肌の美しさが十分すぎるほどカバーしていた。

胸の撮影後はマンぐり返しやM字開脚で大事な部分もバッチリ撮影し、
いよいよ本題のパンツに染みをつける行為だ。

俺としては人妻オナニーを撮影するつもりだったのだが、
「じゃあ、染みつけましょうか。」と言うと、
「どうすればいいんですか?」と聞くので、
「自分でするか、僕がして染みをつければいいんですよ。しましょうか?」と言ってみた。

すると以外にも「はい」とうなずいたので、
予想外のペッティングに突入。
胸を揉み、クリをいじり、指を挿入してかき回す。
人妻は顔を背け声を出さないように我慢している。

ある程度グチョグチョになったところで
おもむろにズボンを脱ぎ、ちんぽを出す。
「撮影だけだから」と断りをいれ、ちんぽを人妻のマンコにあてがい写真を撮る。
何枚か写真を撮った後人妻に握らせる。
何も言わずに素直に握る人妻。
またもや数枚の写真を撮り、「今度は咥えてる写真を撮ります」と平然と言う俺。

さすがに顔が写るからと頑なに拒否されたが、
絶対わからないように撮る事を条件にチンポを咥えさせた。
もちろんそんな気サラサラ無いので、バッチリ顔も撮影したが。
あと、内緒で動画も。
撮影だけなんだから動く必要は無いのだが、
「臨場感が欲しい」等ともっともらしいことを言い、
数分間人妻のフェラチオを堪能し、
我慢汁をダラダラ出しながら、正上位の体勢に。

「撮影だけだから」と念を押し、人妻のあそこを広げチンポを押し付ける。
数枚写真を撮り、さらにチンポを押し付ける。
亀頭が半分ほどめり込んだところで、
人妻が「入れるのはやめて」と腰を逃がした。

「大丈夫。入れないよ。撮影だけだからね」とまたもや言い、
チンポを抜いた。
亀頭を半分入れ、チンポを抜く。それを繰り返し、
少しずつチンポを奥まで入れる。
先っぽだけだが出し入れを繰り返しながら動画も撮る。
すーっとレンズを人妻の顔に向けては戻す。

動画なので完全に顔も写っているが、フラッシュが光らないので
人妻は気付いていない。
これで撮影はほとんど満足いく内容だったので、もう人妻の顔色を伺う必要は無い。

亀頭が完全にヌルヌルになったところで一気に腰を前に出す。
人妻が「あっ」と腰を逃がそうとしたがもう遅い。
完全にチンポが奥まで突き刺さった。
「あっ、ごめんね」と言いながら、チンポの出し入れを繰り返す。
「やだ、やめてください!」と腰を逃がそうとし続ける人妻に、
「ごめん。入っちゃった。」と言いながらさらに激しく出し入れする。
既にチンポ全体にマン汁がまとわりつき、
スムーズに出し入れしているにもかかわらず、
人妻は「やめて、抜いて」と繰り返す。

ここまでくれば大丈夫だと思っていたのが甘かったかもしれない。
意外なほどの人妻の抵抗に根負けし、
「じゃあ、最後は口で終わります?」と言うと
「するから、口でするから抜いてください」と人妻の懇願が。

今思うとゴムつければそこまでの抵抗は無かったのかもしれないけど、
そのときは全然ゴムの事が思い浮かばなかったので、
フェラであっさり妥協した。

マン汁でベチャベチャのちんぽをそのまま咥えさせ、
人妻の頭を押さえる。
ちょっと激しめにしゃぶるように人妻の頭を上下に揺する。
喉の奥にたまに当たるのか人妻がむせる。
構わずに人妻に顔を上下させ、自分の腰も微妙に動かす。

射精感が近づいてきた。
「そろそろいくけどすぐ飲まないでね、撮影するから」と、
いかにも飲むのが当たり前かのように言ってみると、
人妻もあきらめているのか、しゃぶりながらコクンと頷いた。

人妻の口内に大量の精液を出し、
少しの間余韻に浸る。
その間人妻は律儀に精液を口に含んだまま待っている。
カメラを取り、「口あけて」と言いながら
人妻の屈辱的な表情と口の中に大量に溜まった精液を撮る。

動画モードにし、精液を人妻に飲ませる。
ゴクッと飲み込む喉の動きまでわかるように撮り、
口を拭う暇も与えずに「きれいにして」とお掃除フェラをさせる。

行為が終わり服を着る人妻に「良かったよ。またお願いね」と言いながら1マソを渡すと、
「・・・ありがとうございます。」と屈辱的な表情をしながら受け取った。

もう会ってくれるわけないのはわかっているので、
「しゃぶってる時のいやらしい表情とか、マンコにチンポ入れた時の表情とか
最高だったよ。きれいに撮ったから安心してね。」と言うと、
一瞬顔を強張らせたが、あきらめたのか無言で車を降りていった。

1時間後くらいに人妻クローバーからメールを送ろうと試みたが、やはり退会していた。
いい女だったので、挿入していきたかったが仕方ない。
そういえばキスも拒否ってたな。
無理矢理キスしても絶対に口開かなかった。
もったいなかった・・。

なつき先生の性教育

小学6年の時、地元に青少年センターという、体験学習の場ができたのですが、
ある友達と連れ立って、そこでの催しに参加することになりました。
「小川の生き物探索」とかいうタイトルだったと思いますが、
内容は、近くの川でのザリガニ獲りやメダカ採集などです。
当日、同じクラスの雄一君とセンターに集合。
一応川に入るので、参加者は水着持参という決まりでした。
参加者は、別の小学校から来た女子が5人に対し、男子は自分と雄一君の2人だけ。
海パンに着替えた2人は、やはりスクール水着に着替えた女子たちと集合場所で待機。
そこへ、リーダー格の、指導役の先生を務める一人の女性がやってきました。
自己紹介の時聞いた先生の苗字はもう覚えてませんが、
下の名前は、漢字で書くと奈月だか夏希だか分かりませんが、なつき先生。
近くの大学の教育学部からボランティアで来ていた人でした。
日に焼けたショートカットの、明るく健康的な女性です。
その姿を見た自分と雄一君は、ちょっと当時人気の某アイドルに似てるなあとかコソコソ噂しました。
なつき先生は、一応上にはTシャツを着ていましたが、その下にはあらかじめ水着を身に着けてるのが分かりました。
Tシャツの下から、紺色の水着がチラチラ見える度に、ちょっとしたお色気というかやらしさを感じました。
自分も年齢的に、そういうのに目覚めてきてたようです。

目的地の川に移動したメンバーは、なつき先生のアドバイスの下、さっそくザリガニ獲りを開始。
女子のほうはやや腰が引け気味でしたが、男子でこういうのが得意な雄一君は次々と捕まえ、
なつき先生に向かって、ほら、また獲ったよ!と自慢げに見せ付けます。
傍目には、どことなく先生の事が気になってしょうがない雄一君が、
その気を引くために一生懸命になってるようにも映りました。
そして、何匹目かのザリガニを獲って、掴んだザリガニを先生に向かって高々と持ち上げた時、
はずみで水しぶきがなつき先生に掛かってしまいました。
これがきっかけでお返しとばかり、今度は先生が雄一君めがけてパシャパシャと水しぶきの洗礼。
雄一君のほうもやり返し、結局先生は濡れたTシャツを脱ぎました。
なつき先生が着ていたのは、紺色丸首のワンピースで、スクール水着の大人版みたいな水着でした。
脱いだ途端に巨乳なのが、水着の上からでもはっきりと分かりました。
それが水に濡れて、体のラインが明らかになると、子供なりにもエロスを感じたものです。

ザリガニ獲りが終わると、次はメダカの採集。
なつき先生と仲良さそうに戯れていた雄一君も、今度は真剣な様子でメダカ採りに励んでいます。
作業は中腰の姿勢で、膝から上は水面から離れてました。
ところが、その時、自分はある異変に気付きました。
雄一君の海パンの前がパンパンに膨らんでいたのです。
その時点ではまだ誰にも打ち明けていませんでしたが、自分はちょうど同じ頃に自己流でオナニーを覚えました。
ですから、雄一君の海パンの中が、今どんな状況なのか、ひと目見ただけでピンときました。
これはちょっと見つかったらヤバいんじゃねーのと心の中で思いました。
ただ、どうも雄一君自身が股間の異常事態に気付いてない様子なのです。
海パンは当時みんな穿いてた濃紺ボックス型のもの。
ですから、薄くて小さな競泳水着なんかと比べるとそれほど股間も目立ちません。
自分には彼の勃起が分かりましたが、一方の女子は無関心で、別にそれを見てキャーと反応する子もいません。
当時は性教育の時間も少なく、特に異性の性に関しては小学生で教える段階にはなく、
チンチンが変化するのを知らない子も多かったと思われます。

なつき先生は、メダカが順調に採れているか、参加者一人一人を順番に回ってましたが、
やがて雄一君の所にやってきました。
「雄一君、どう?たくさん採れてる?先生にも見せて」
自慢げに、メダカの入ったバケツを見せる雄一君。
「雄一君すごいね、みんなの中で一番多いよ」
そんなやり取りが続いた次の瞬間。
自分は、なつき先生の表情が固まったのを見逃しませんでした。
どことなく困惑の表情を浮かべるなつき先生。
直感で、なつき先生が雄一君の勃起に気付いたのだと確信しました。
その後、一度は目を逸らしましたが、少し間を置くと再び視線を下の方に向けるなつき先生。
隣にいた自分は、先生の視線が雄一君の股間に向けられてるのを見抜きました。
仲良さげにやり取りしていた2人の間にしばらく無言の状況が続きました。
先生は女性とはいえ、教育学部の学生ですから、
成長期を迎えた男子が勃起することは、間違いなく知識として知っていたはずです。
でも、今は性教育の授業じゃないし、同じ場所には女子もいる。
何か一言アドバイスでもしたい、でもここじゃ絶対できない。
しばらく経った後、
「じゃあまた来るね!」と努めて明るい表情で言うと、次の子の所へと向かって行きました。
一方、雄一君の勃起はしばらく経つと元に治まりました。

催しが終わり、服に着替えた2人がセンターの玄関を出た時です。
先に私服に着替えていたなつき先生とバッタリ出会いました。
「2人ともお疲れ様。今日は楽しかった?」
「はい、楽しかったです」
小学生らしい模範解答の後、先生がこう切り出してきました。
「ところで、せっかく仲良くなったんだし、今度の日曜日、一緒にドライブ行かない?」
突然の提案に、自分はちょっと悩みました。
なぜなら、日頃から学校では「見知らぬ人から親しげに誘われても決して付いて行かないこと」と、
教えられていたからです。
もっとも、この場合、なつき先生は全く見知らぬ人ではないものの、真面目な自分は躊躇しました。
ところが雄一君の方が即決で行く!と宣言してしまったため、結局自分も一緒に行くことになりました。

当日、実家のものと思われる4ドア車を運転してきたなつき先生。
車の中では、学校のこと、勉強のこと、そして好きな子いるの?とか色々聞いてきましたが、
帰り道に突然、こんな提案をしてきました。
「汗かいちゃったし、最後、みんなでお風呂に入ってさっぱりして帰らない?」
「お風呂って、でも男女別だよね?」
「いいえ、3人一緒に入るんだよ!」
お風呂に入るということは、当然、裸にならなければなりません。
いくら親しくなったとは言え、家族でもないんだし、自分には、ちょっと驚きでした。
銭湯でもさすがにこの年齢になると、母親と一緒に女湯に入ろうとしても、
もう一人で男湯に入れと番台に言われるはずです。
なつき先生の裸を見れるのは嬉しい反面、成長期を迎えた自分は、
チンチンを女性の前で公開することに、どこか抵抗を感じるようになっていました。
雄一君のほうも、自分と同じ気持ちだったのではないかと思われます。
しかし結局は、先生に押し切られる形で混浴することになりました。

山あいの温泉施設に着いた3人。
「あのぉ、家族風呂を予約していた者なんですが…」と、先生が受付の人に言うのを聞きました。
えっ?なつき先生、家族風呂予約してたの?最初から一緒に風呂に入るつもりだったんだ…
その用意周到さに驚いた自分は、何か裏でもあるんじゃないのかと、警戒心を抱きました。
そして先生は家族風呂のドアを閉めると、中からガチャっと鍵を掛けてしまいました。
もう後戻りできません。
安心したなつき先生はいきなり服を脱ぎ始めました。
瞬く間に下着姿になると、そのまま一気にブラジャーとパンツまで脱いでしまいました。
想像通りの大きなおっぱい、そして下の毛も見事な密林で、迫力満点の体つきでした。
その体をタオルで隠そうともせずに2人の前に立つと、もう後は自分たちが脱ぎ終えるのを待つだけ。
態度から、先生も裸になったんだし、キミたちも早く脱ぎなさいよ!と、無言で迫っているように思えました。
でも、なんだか逆にこっちのほうが意識してしまいました。
なんとかパンツを残して脱ぎましたが、さすがに最後の砦のパンツを脱ぐのには度胸が入りました。
2人は無言で顔を見合わせた後、息を合わせるように同じタイミングでパンツを脱ぎました。
片手でチンチンを包み隠しながら…。

それを見たなつき先生は、微笑みながら語りかけました。
「3人だけなんだから、別に隠さなくていいんだってば。先生だって裸なんだよ」
しかし、多感な時期を迎えた少年にとっては、子供扱いはされたくないし、複雑な心理状態でした。
「もぉ、恥ずかしがり屋さんなんだからぁ……」
そう言うと、なつき先生はいきなり雄一君の手をどけようとしてきました。
微妙な年頃でもあった雄一君は両手で股間を押さえながら懸命のガードで対抗します。
「手をどけなさいっ!」
なつき先生も意地になってきて、やがて本気でどけようとしてるのが伝わってきました。
雄一君と先生のバトルはしばらく続きましたが、所詮まだ毛も生えてない子供と大人の勝負です。
結局、なつき先生が雄一君の手を強引に持ち上げた時、雄一君のチンチンが露わにされてしまいました。
その時、雄一君のチンチンは勃起していました。
自尊心の傷ついた雄一君は、涙を懸命にこらえている様子に見えましたが、
ここでなつき先生がすかさずフォローを入れます。

「雄一君、おめでとう、もう立派な大人の仲間入りだよね。
成長期になれば男の子はみんなおチンチンが大きくなるの。恥ずかしくなんかないんだよ」
優しく諭すように語りかけたので救われたのでしょうか。
雄一君も少しずつ感情の高ぶりが治まってきた様子でした。
「ところで、雄一君は一体いつ頃からおチンチンが大きくなるようになったの?」
なつき先生が尋ねてきました。
「ごめんなさい。ちょっと、俺、分からないんです。なんか急に大きくなってて」
「白いネバネバした液がおチンチンから出たことって、ある?」
「何それ?全く分からないよ」
2人のやり取りを隣で見ていた僕は、雄一君が勃起こそ出来るようになっていたものの、
精液はまだで、つまりオナニーも未体験だろうことを知りました。

「これから雄一君に大切な事教えてあげる」
なつき先生はそう言うと、雄一君の手を引いて洗い場まで移動しました。
すかさず自分も2人の後を追いかけます。
洗い場の椅子に腰かけると、なつき先生はいきなり雄一君のチンチンにタッチしてきました。
驚いた雄一君の腰が一瞬引けたように見えましたが、先生が優しく接するので、
どうやら雄一君の方も、これから起こる全てを受け入れる覚悟ができたようでした。
なつき先生は、優しく雄一君のチンチンを擦り始めました。
すると、通常サイズに戻っていた雄一君のチンチンが敏感に反応し、エレクトして勃ち上がりました。
一方、これを見たなつき先生がシゴく手のスピードも速くなりました。
やがてフル勃起した雄一君のチンチンの先からピンクに染まった亀頭が飛び出すと、
なつき先生の手の動きに合わせて飛び出す引っ込むを繰り返しました。

最初のうちはなつき先生は雄一君の横に付く形でしたが、その体勢ではシゴき難かったのか、
途中で椅子を下りて、雄一君と正面で向かい合う形になりました。
自分は雄一君の斜め後ろで様子を窺っていたのですが、先生がこちら向きになったので、
その恩恵で自分にもなつき先生の大きな胸と、見事に生い茂ったアンダーヘアが丸見え。
思春期を迎えた自分にとってはまたとない機会、生きた教材でした。
なつき先生が雄一君に一生懸命なのを尻目に、自分の視線はなつき先生の胸、そして下の毛へと
じっくり舐めるように鑑賞させて貰いました。
まだこの時点で自分は生えてなかったし、大人、しかも若い女性の陰毛なんて、
中々生で見れる機会はありませんから、自分にとっては格好の興味の対象でした。

女性らしく、初めは股は閉じていたなつき先生でしたが、やがて途中からは大股開きに変わりました。
先生は相変わらず雄一君に付きっきりで、自分の存在など全く意識してない様子でした。
そんな訳で、こっちは引き続き先生の陰毛を鑑賞していた訳ですが、股を広げた姿勢だったものですから、
自分の視線の先には、同時になつき先生のアンダーヘアの下、すなわち先生の女性器までもが見えていた訳です。
しかしこの女性器、初めて目撃した印象は、正直言ってあまり気持ちの良い物体ではありませんでした。
なんかグロテスクなアワビみたいで、子供心にも何か見てはいけないものを見てしまったみたいな感じで、
見た後はちょっと罪悪感のようなものが残りました。
ちょうど同じ頃、なつき先生にシゴかれ続けていた雄一君の下腹部が痙攣して、
チンチンの先から勢いよく白い精液がドピュっと飛び出ました。
精液は先生の胸やお腹を直撃したと思いますが、なつき先生は全くそれを嫌がる仕草も見せずに、
「おめでとう。出たよ。やったね雄一君、男になったんだよ!」と、まるで自分の事のように喜んでいました。
さすがに先生を名乗っている立場上、そこから先、フェラチオとか本番行為まで飛躍することはありませんでしたが、
小学生の自分にとっては、それだけでも十分な性教育でした。

さやか。

支配人「山本?山本?」
山本「どっちのですか?」
支配人「アゴの方に決まってるだろ?」
山本「・・・・・」
支配人「今日からチーフマネージャーが付くのは聞いているな?」
山本「はい」
支配人「OGの山田菜々のことがあってから、チーフ職は消していたんだが、お前の希望がかなったぞ」
山本「やった?」
横田「よろしくお願いします。横田です」

山本彩との出会いはサブかった(笑)

山本「なぁなぁ??」
横田「何ですか?」
山本「あたしみたいな女どうなん」
横田「良いんじゃないですか?」
山本「プニプニのお腹がええなあ?」

100kgの巨大なお腹にすり寄るEカップアイドル。

渡辺「食べちゃえば」
山本「何言うてんねん。」
大野「美優紀、行くぞ」
渡辺「後でアレやからね?」
大野「分かってる」
山本「ナニがあんねん」
大野「耳貸して」

コソコソコソコソコソコソ

山本「えぇ???」
渡辺「声デカいわ!コッチとコッチはもう太一クンの」
大野「ハイハイ」
渡辺「挟んじゃうぞ?!」

渡辺に襲われたという大野(笑)をよそに山本の仕事に立ち会い、車で自宅に送る。

山本「美優紀」
大野「襲われちゃいまして」
渡辺「ナマ中出しやで」

山本宅に集まる渡辺美優紀

渡辺「アゴはまだアレやったんだっけ?」
山本「アゴ言うな!処女やけど」
渡辺「あたしはもう太一クンにあげたもん!カチカチやったわ?」
大野「美優紀の口マンコスゴいよ」
渡辺「美味いで!大きいし硬いねんから」
山本「・・・黒の下着やんか」
大野「美優紀」
渡辺「甘えん坊やな?入れてや」

ソファーベットで渡辺美優紀はセックスを始める。

山本「あたしのパイズリどうなん」
横田「柔らかくて気持ちいいよ」
山本「あたしのオマンコ吸われて気持ちええ」
横田「パイズリしながらオマンコ吸われてる」
山本「彩の処女マンコ貰うて」

足をベッド上で開いて待ち構える。

横田「入れるね?彩」
山本「我慢出来ひん」

ズブズブと突き進み、処女膜を破り捨てる

山本「これであたしもオンナやな」
横田「彩」
山本「たっくん」

女は禁断のかにばさみ

横田「スゴいよ」
山本「たっくん」
横田「潮吹きすぎだって」
山本「アンッアンッ」
横田「彩」

山本と交わした愛の口づけが濃厚さを増す。

山本「アンッアンッ。処女マンコに中出ししてや」
横田「ヤバいよ!」
山本「アンッアンッ」

男の声を聞かない女は我慢出来ひんとかにばさみで膣内射精を導いた。耐えきれずに膣内射精

山本「たっくんのエッチな精子やで」
渡辺「スゴいわ?」
横田「初日に処女セックスした上に中出しなんて」
山本「ハードな男や」
渡辺「お掃除フェラせな」
横田「また襲いたくなるだろ」
山本「襲ってもええよ」

夜通し愛を確かめ合うように性行為を行っていく

オタクにおきた奇跡!社内のアイドルがトイレでありえない醜態をさらす!

こんにちは、僕は都内でOA機器販売の営業をしている35才の男です。

会社は都内の中心地にオフィスがあって、社員数は100人ちょっとです。

男女の割合が6対4位で、比較的女の人が多い企業だと思います。

それだけ女性がいると、当然可愛い娘が何人かいるんですが、中でもアイドルみたいに可愛い娘は5人ほどいます。

社内の仕事の出来る男連中は、堂々とアプローチしている奴もいる位です。

僕は正直、営業成績があまり良くなくて、自分でもブサイクでオタク系だと思っているので、彼女達とは話もした事が有りませんでした。

ちなみにオタク系と言っても、アイドル系では無くて、警官のコスプレマニアです!

そんな中、昨年の夏休み前に品川の倉庫の整理をやらされる事になりました。

中古のOA機器の動作チェックと在庫数の管理です。

最初は、僕とその年入社した新人の男の子とやる予定だったんですけど、直前で新人が辞めてしまい、取り敢えず代役が見つかるまで一人でやる事になりました。

ただの倉庫整理とはいえ、相当な物量があるので、一人でやったら1月はかかります。

でも、文句も言えずに真夏の倉庫で黙々と機器チェックをしていました。

倉庫整理をはじめて1週間目に、会社から連絡があって、「空いてる新人をそっちに突っ込むから早く終わらせろよ!明日の9時に直行させるから!」と言っていました。

僕はちょっとホッとして次の日を待ちました。

そして次の日、僕は8時から倉庫で作業をしていると、倉庫の扉がノックされたあと、開いたと思ったら、今まで見た事の無い、アイドルみたいな女の子が入って来ました。

とんでもない可愛さで、タレントの「北○景子」ちゃんそっくりです。

ちょっと天然系の声で「すいませーん!今日からここで手伝えって言われて来ました宮内です!」と言って、こっちに近寄って来ました。

僕は素人でこんな可愛い娘と話すのは初めてだったので、緊張して言葉が出て来なかったです。

何とか平静を装って、自己紹介をして、仕事の説明をはじめました。

そして仕事をはじめたんですが、やっぱり緊張して何も喋る事が出来なくて、しばらくは気まずい空気が流れていました。

でも、新人の宮内さんは凄く明るい元気な人だったので、向こうからドンドン話し掛けてくれて、何とか和やかムードで仕事が出来ました。

作業開始から3日目になると、彼女のキャラクターのせいもあって、「美和ちゃん!」なんて、下の名前で呼ぶ事も出来るようになりました。

それどころか、余裕が出て来たおかげで、真夏の汗ばむ倉庫の中、薄着の彼女の胸元が気になってくるようになりました。

美和ちゃんは、顔は可愛いですが、胸は小さいようでした。

でも、前屈みになった時の胸元は、ブラジャーの奥の乳首ギリギリまでを見せてくれた事もあってかなり興奮しました。

内心は『こんな娘に自由にエッチな事したいなー』と思いながら、自分には絶対にチャンスが無い事も分かっていました。

実は僕は素人童貞って奴で、今まで彼女はいませんでした。

でも、ソープには毎週行ってるので、経験した数は数え切れません。

僕にとって、美和ちゃんと一緒の作業は凄い楽しいものでした。

出来ればずっとこの仕事をしていたいと思ってしまう程でした。

美和ちゃんは当然のようにイケメンの彼氏がいましたが、そんなのは全然気にしませんでした。

キャバクラに来ているような感じでしょうか?

美和ちゃんのプライベートを聞けば聞く程、純粋な女の子だな!って思いました。

お酒も煙草もギャンブルも、クラブ遊びすらしない箱入り娘みたいな感じでした。

そんな楽しい毎日が過ぎたある日、倉庫に僕宛の荷物が届きました。

それは僕の趣味の物を、通販で購入して、家で受け取れないので、倉庫に送ってもらった物です。

中身は「手錠」です。

最初にも言った通り、僕は警官のコスプレマニアなので、色々なグッズを沢山買ってしまいます。

もちろん美和ちゃんには言えないので、袋ごとトイレに持ち込んで、大便をするついでに、中身を確認して眺めていました。

予想以上に気に入ったので、その日は気分が凄く良かったです。

でも、そんな「手錠」のせいで、後々大変な事が起きました!

倉庫にあるトイレは、一つだけで、しかも今どき和式の便所です。

そして、水洗の水タンクが正面左側に付いているんですが、そのタンクにつながる水道管が正面の

壁の中心から出ているので、トイレにしゃがみ込んだ時に、目の前に水道管が見える状態です。

僕は太っているので、和式の便所だとお腹が出過ぎて、後ろに倒れそうになってしまうので、目の

前にある水道管を掴んで、大便をしていました。

そして、お尻を拭く時に、手に持っていた手錠のチェーンを、水道管に引っ掛けるように置きました。

その後、僕は手錠の存在を忘れてしまい、そのまま倉庫に戻って仕事をしていました。

2時間位して、美和ちゃんが「おトイレ行って来ます!」と言って、席を外しました。

美和ちゃんが居なくなって、僕は急にトイレの手錠を思い出しました!

慌てて追い掛けたが、トイレに入ってしまった後だったので、ブルーな気持ちで待つしかありませんでした。

内心『美和ちゃんに変な人って思われるな・・・気まずいな・・・』と思いながら、仕事をして待っていました。

でも、美和ちゃんは一向に出てくる気配がありません。

心配になって見に行くのですが、物音一つしないですし、鍵も閉まっています。

中にいるのは間違い無いので、心配しながら待っていました。

そして、1時間程待っても出て来ないので、本気で心配になって、もう一度トイレに行って、中にいるはずの美和ちゃんに話し掛けました。

「美和ちゃん大丈夫?」と聞くと、慌てた感じの声で「あっ、はいっ、えー、大丈夫です・・・」とさっきまでの元気が全然無い。

僕はそれ以上聞く事が出来なくて、「あっ、ごめんね、じゃあ作業してるから、無理しないでね」と言って戻りました。

更に時間が過ぎて、お昼の時間になっても出て来ないので、いよいよおかしいと思って、もう一度トイレにいきました。

僕 :「美和ちゃん?どうしたの?救急車でも呼んだ方がいい?」

美和:「・・・すいません・・・あのー、先輩・・・恥ずかしいんですけど・・・動けなくなっちゃったんです・・・。」

僕 :「えっ、具合が悪いの?」

美和:「・・・違うんです、あの、トイレに、手錠があったんです・・・」

僕は手錠と聞いた時に「ドキッ」としましたが、「えっ、それで?・・・」と更に聞きました。

美和:「間違って・・・手錠がハマっちゃって・・・出れないんです・・・」

僕 :「えっ?」

美和:「先輩・・・一人じゃ出れなくて、助けて欲しいんですけど、ドアを外から開けて欲しいんです。でも、ドア開けたら、目を閉じて下さい、お願いします。」

僕 :「あっ、うん、じゃあ、何とか外から開けるけど、いいの?」

美和:「・・・はい、でも約束して下さい、絶対中を見ないで、目を閉じて入って来て下さい。」

僕は状況が飲み込めなかったんですが、どうやら間違って手錠をハメてしまい、内鍵を開ける事すら出来ない状況らしい。

取り敢えずドアを開けたら、目を閉じる約束だけして、開ける方法を探しました。

とにかく美和ちゃんは慌てていて、全然冷静じゃなくて、意味が分かりませんでした。

僕はドアを開ける方法を探しましたが、意外に早く分かりました。

扉のノブの所に、コインをハメて回すような感じの金具が付いていたので、十円を入れて回したら鍵の表示が、赤色から青色に変わって、開いたようでした。

僕は「じゃあ開けるよ?」と言って、開けようとすると、美和ちゃんが焦った声で「本当に目閉じて下さいね、お願いします!」と必死で叫んでいたんで、目を閉じて扉を開けました。

そして、目を閉じて中に入ろうとしたら、頭を何処かにぶつけてしまって、その瞬間に目を開けてしまいました。

そしたら、とんでもない物が目に飛び込んで来ました!!!!!

信じられませんでした・・・

あの、アイドルみたいに可愛い美和ちゃんが、パンツを下ろした状態で、お尻丸出しで便器に股がっていました!!!

そして、更にビックリした事に、便器には、美和ちゃんの出したう○ちが、そのままになっていました。

僕は一気に興奮してしまい、一瞬目を閉じたんですが、奇跡に近いこの状態が勿体なくて、マジマジと見てしまいました。

美和ちゃんも真っ赤な顔でこっちを見ていて、「ひどい!見ないでって言ったじゃ無いですか!」と無きそうな声で訴えていた。

Gカップの女子大生レースクイーンを巨根でハメて中出しセックス【前編】

Gカップの女子大生レースクイーンを巨根でハメて中出しセックス【前編】
もうかなり昔の話になるんだけど、忘れられない体験だったので書いてみます。
当時俺は24歳で社会人2年目。
とある金融系の会社に勤めていて、仕事は忙しかったが合コン三昧、遊びまくりな日々を送っていた。
2年でも外資系だと給料もいいし、合コンに来る女の子もレベルが高い。

あるとき、女子大生と合コンすることがあって、その時に来ていたのがマリナだった。
マリナは21歳で、女子大生でありながらそこそこ売れてるレースクイーンだった。

この合コンは特にレベル高くて、後の2人はグラビアアイドル(の卵)だった。

マリナは身長164センチでGカップの巨乳。
脚がほそく、スタイル最高だった。

合コンでは3人全員と連絡先を交換し、俺は特に気になったマリナと連絡をとりあい、2人で飲みに行く約束を取り付けた。

場所は六本木のレストラン。
マリナは実は結構いい大学に行っていて頭がいい(そして実はお嬢様だったりするw)。
そのため、会話が弾みいい雰囲気になっていった。

1軒目のレストランを出たあと、別の場所で飲みなおそうかとも思ったが、ちょっと強引に俺の部屋に誘ってみることにした。

俺「うちに美味しいワインあるんだけど、どう?」
マリナ「え・・・けど・・・」
俺「大丈夫、ちょっと飲んですぐ帰すから」

ちょっとグダっていたが、難なく部屋に連れ込めることに。

部屋に入ってからは、言ったとおりワインを飲みつつ、徐々に下ネタトークへ。

マリナはまだ21歳だったが、レースクイーンやグラビアの仕事をしていて、社会人と接する機会が多い。
そのため、最近付き合っていた人も雑誌関係の37歳の男だったw

付き合っていたというか・・不倫w

マリナ「なんか不倫っていう背徳感に憧れちゃったっていうかw」
俺「うわーw悪い女だね」
マリナ「けど1年ぐらいで別れちゃいました。なんか飽きちゃって、ドキドキしなくなったんですよね」

その後3ヶ月ぐらい彼氏はいないそうだ。

俺「じゃあ男遊びしまくりなんでしょ??w」
マリナ「そんなことないですよ?!まあ合コンにはよく行きますけどw」

最近は合コン三昧らしく、聞くと医者や経営者などエリートとばかり合コンしていた。

俺「マリナ玉の輿狙い?w」
マリナ「そういうわけじゃないですけど、お金持ってる人のほうが話し面白いなって思います」

なかなか頭のよさそうな発言w
二人ともだいぶ酔ってきたので・・・

俺「ねえマリナ、最近いつエッチしたの?」
マリナ「ちょっとーwブッこみすぎですよwえーっと1ヶ月前ぐらいですかね」
俺「お?!誰と?」
マリナ「うーん、IT関係の経営者さん・・・」

1ヶ月ほど前、マリナと同じく合コンに来ていたグラビアやってる友達はとあるIT社長のホームパーティに呼ばれたらしい。
パーティは少人数でおこなわれていて、最後まで残ったマリナと友達はその社長と3Pしてしまったというのだ・・・

俺は開いた口がふさがらなかったw

その友達も相当可愛かったしスタイルもよかった。
こんな若くて可愛い子と3Pできるなんてー!

そして・・・マリナ、ビッチすぎだろw

マリナ「なんかその場のノリでそうなっちゃったんですよね笑」
俺「3Pはすごいね・・・どうだったの?w」
マリナ「えぇ・・なんか興奮しちゃいましたw」
俺「そうなんだw」
マリナ「ユイ(グラビアの友達)が感じてるのとか見ちゃうと私も興奮しちゃって笑 それにその社長さんすごい上手だったから笑」
俺「そうなんだ、どう上手だったの?」
マリナ「うーん・・・なんていうか、おっきかったw」
俺「まじかwどのぐらい?」

『AKBと×× パロディストーリー』?NMBversion

LaZoo
舞台が照らされ、伴奏が流れる。
スタッフは電池式の器具と自分の端末から音楽を流していた。
伴奏の三味線の音が響く。彼らを時代を超えたステージへ誘うように。
曲が始まった。

NMB48『絶滅黒髪少女』(20117/20)

ケンコバ『おぉ!』

君はどこの誰なのハッとする清純
みんなの視線集めて海の家まで歩く
シュワシュワ石鹸の
泡みたい白いさざ波
砂浜けがれを知らないまま
サビ
絶滅の危機黒髪少女よ
Oh!守りたい
絶滅の危機黒髪少女よ
Oh!保護したい
やっと出会った(やっと出会った)
黒髪少女よ

一同は時代を超えたLIVEに聞き入っていた。
橋健『これじゃ、我が見たものとは。』

僕は君に夢中さずっと追いかけたよ
写真を撮っていいかなちょっと感動してる
ピュアピュア誰だって
生まれたその瞬間も
いつしか大人になって変わる
サビ
天然記念物清楚な少女よ
Oh!保護したい
天然記念物すっぴん少女よ
Oh!珍しい
茶髪全盛(茶髪全盛)
奇跡の少女よ

間奏

再びステージは暗転。
ケンコバ『何が起こるのじゃ?』

再びライトアップ。
あのTMレボリューションのような黒のセクシーな感じの衣装になっていた。
ケンコバ『うおぉ!!』

サビ
絶滅の危機黒髪少女よ
Oh!守りたい
絶滅の危機黒髪少女よ
Oh!保護したい
やっと出会った(やっと出会った)
黒髪少女よ

中々いないよ黒髪少女よ
Oh!滅びゆく
絶滅の危機黒髪少女よ
Oh!日本の美
守ってくれよ(守ってくれよ)
黒髪少女よ

最後はみんな頭を下げる。
一同拍手。
ケンコバ『見事じゃ、天晴れ!』
彩姉『こんなとこで出来るなんて、ホンマ夢みたいや。』
橋健『ここで会えたも何かの縁じゃ、時を超えたんじゃ。』
時代を超えたLIVEを披露した後なので、メンバーも夢心地だった。
メンバー一同はケンコバ達に別れを告げ、タイムスリップした時と同じ場所に向かった。
そして、来た時と同じようにダイブした。

平成大阪難波
時間の流れは1日が経つ程ではなかったが、時刻は深夜0:00を廻った。
彩姉『ぷはぁ!』
岸に上がって、何人か引っ張り上げた。
菜々『ハァハァ、って夜やん!』
深夜0:00なので終電逃した。
スタッフ『みんなおるか?』
点呼で確認し、全員無事に帰って来れた。
りぽぽ『ホンマにあったんやな…。』
りかにゃん『今何時?』
りいちゃん『オヤジ。』
スタッフ『0:20や。終電終わった。』
帰りの足が無い。
現実に気づいた一同、当時(2011)はメンバーの大半は学生なので学校に影響する事態。
幸い、次の日は日曜日。
スタッフ『明日は日曜日やし、今日は俺ん家泊まれ。』
一同とスタッフは帰路に着いた。
その頃
ケンコバ『良い出会いじゃったな。』
橋健『はい。』
戦国と平成、侍とアイドルこの時代を超えた数奇な夢物語
素敵な出会いがありましたとさ。
めでたしめでたし。

『AKBと××パロディストーリー』?NMBversion

女子大生に2回タダマンする方法2

あー、えっと、GWも終わったので続きを書こうと思って来てみたら

「イクナイ」の方が多かったので、詳細な手法の公表は控えさせていただくわ。

前回の投稿から今日までの戦果は、面接3人のうち、成功は2人。

せっかくだし報告はさせてもらうな。

てことで成功の1人目。
某出会い系サイトで釣れた女子大生

19歳。

高校時代はご当地アイドルグループに所属してて、
ローカル放送局のTV番組にも何度か出演経験ありとのこと。

喫茶店で面接したんだが、可愛すぎて日本の将来が心配になった。

清楚系ビッチという都市伝説が実在することを身を以て知ることになるとは…

とてもハキハキとしゃべる良い子で、座った姿勢も背筋がピンと伸びてて、
とても金で股を開くような女には見えない。

そんな子がね、

「生でも大丈夫です」

とか

「写真ですか?ネットにアップしないと約束してくれるなら構いません」

とか言っちゃうの。まっすぐおれの目を見てね。
毎度だけど、このやりとりがたまらんよ。

面接にかこつけて、プライベートな質問もしまくり。楽しすぎる。

そしてこの後にするある質問の組み合わせがタダマンの布石になるのだが、
そこで断られることももちろんある。
その場合、深追いはしない。

だが彼女、そこもクリア。
はいタダマン確定。

んで、その後は、近くのホテルに場所を移して若い体を満喫。

写真もいっぱい撮らせてもらったよ。

中出しは安全日ではないからと断られたけど、生はOKしてくれてたので
イクとき、最初の「ドピュ」だけは膣のいちばん奥で射精して、
その後をおなかの上へ放出し外出しを演出。
無論彼女は気付かない。

その後、時間をおいてもう一回戦。
可愛い女だと勃ちが違うわ。

同じように射精の最初だけは膣奥へ出してやった。
あー、妊娠してほしーわ。
彼氏が居るとのことだから、妊娠したら彼氏のせいにして産んでくんねーかな。

次に会う日を決めて解散。ここもポイント。
はい2回目のタダマン確定。

帰宅して撮影データをみたら、マジでアイドル級だった。
被写体が良いと、ウデがヘボくても良い写真になるもんだ。
次はビデオカメラと三脚も準備して行こうっと。

次に2人目
これは出会い系サイトではなく、とある掲示板から。
なんと国立の医学部に通う女子大生だった。

20歳。

美人だが、少し派手というかゴージャスさがあり大人っぽく見える。
メイクばっちりで、長い髪の毛はしっかり内巻きでつやつや。

服装にもお金がかかってて、金に困っているようには全然見えない。

聞けば、医学部に通う同級生は金持ちの家の子ばかりだが、
自分の家は普通なのがコンプレックスなのだそうだ。

要は友達付き合いに金が必要なんだと。

典型的なバカ女だと思った。
学費や仕送りは親がしっかり払ってくれてるのに、
遊ぶ金欲しさにパパを募集してやがる。

これはこらしめてやらねばと思ったぜ。

世間知らずな女だということは会話ですぐわかった。
勉強は多少できるかもしれないがな。

あっさりおれのタダマントークにひっかかってくれたよ。

大学デビューして、背伸びしたいお年頃なのかね。
いままででいちばん簡単だったわ。

聞けば高校では恋愛もせず勉強ばかりだったそうだ。
大学に入って、はじめての彼氏ができたんだと。

どうやら彼氏と付き合うのにお金がかかるらしいな。

で、自分と同じ普通家庭の出身なのに金回りの良い同級生(女)から
パパを募集するやり方を教わったというわけ。

おれが月に30万出すよと言ったら、(出すつもり無いけどwww)

「ピルを服用するので膣内射精も大丈夫です」

「何でも言ってください。痛いことでなければ大概はOKします」

だって。

場所を移してホテルへ、と思ったけど、
この日は時間が無かったので、近くの大型電気店の身障者トイレに連れ込んだった。

身ぎれいな女がトイレでケツ丸出しにしてる光景はシュールだったわ。

彼女、だいぶ戸惑ってたけど、もはやおれの言いなり。
さっき「何でも」って言っちゃったからな。

ストッキングとパンツを脱がせてスカートをまくりあげ、バックから合体。
意外にも濡れてたのかすんなり挿入できた。
その前にフェラさせて、女の唾でおれのチンコをヌラヌラにさせてたしな。

鏡ごしに彼女の顔を見ながらガン突き。

ときおり髪をかき上げる仕草がエロい。

挿入しながら胸をはだけさせ、ナマ乳をぐいぐい揉んでやる。
Cカップって言ってたっけな。手に収まるちょうど良い大きさ。

挿入したまま女の上体を起こし、顔をこちらに向けさせてベロチュー。
「飲んで」と言ってから唾液を大量に流し込んでやった。

ゆっくり楽しみたかったが時間が無かったし、
トイレを待ってる人もいるかもなので、本気ピストンから一気に中出しへ。

本気ピストン中の女の喘ぎ声が大きくて、口を塞がざるをえなかったわ。
てか、バンバンという腰を打ちつける音が結構響いてたから、外に誰かいたら完全に異常事態www

おれが射精する瞬間、女のアソコがキュッと締まった。
射精のドクドクという動きに合わせるかのように、グニグニとマンコが動いてものすごい快感。

まさに絞りとられるような動きだった。

お互い「ハァハァ」と息をつくばかり。

しばらくして女が

「中で出したんですね…」

って言ってたが、軽く無視しておいた。

チンコを抜いて、便座に座って一休み。

女がどうするかぼーっと見てたら、
トイレットペーパーを折りたたんだものを股に挟むようにしてその上からパンツ履いてた。

その後は、おれが先にトイレを出て、時間差で女も外へ。

当然次回のアポを取ってから解散。

タダマン、最高だわ。

この方法、会うまでに多少時間はかかるけど、会ってからの成功率は結構高いと思う。

平均して、週一以上はタダマンできてるからな。

1回できた女は2回目も確定だし、うまくすればそれ以上もヤレる。

新しい女も週一で面接できてるし、我ながら素晴らしい方法を編み出したと思うわ。

てか、こういう報告も不要かなぁ。
いらないなら「イクナイ」にでも入れといてー

パンツ売り希望の23歳人妻

パンツ売り希望の23歳人妻に会った。

別にパンツをスーハーする趣味はないんだが、
女を買う行為に興奮するのだ。
風俗嬢じゃなくて素人。
素人女を金で買うことに興奮を覚え、
ついにはパンツ売りの女性も・・。

会ってビックリした。
普通はギャルっぽい女か、ありえないくらい地味な女が来るもんだが、
やってきたのは清楚系人妻。
石田ゆり子っぽかったかな?
23歳にしてはちょっと落ち着いた雰囲気だったなー。

約束内容はパンツ生脱ぎ。
ただそれだけだったが、
待ち合わせ場所に30分も遅れてきた人妻から、
「サービスします。」とメールが。
金額をサービスって意味だったのかもしれないが、
「じゃあ、いっぱい染みつけてね。」とメールを送った。

会ってあまりにイイ女なのでビックリしつつ駐車場に移動し、
あらかじめフルフラットにしてある1BOX車の後部座席へ。
早速デジカメを取り出すと、人妻は「写真撮るんですか?」と
驚いた様子だったが、「うん」と当然のような顔で言うと
「顔は写さないでください」と渋々了解した。

とりあえずスカートをめくらせ、パシャパシャ写真を撮る。
パンツを食い込ませTバックにしたり、
ひもパンだったので、ひもをほどかせたりもしたが何も言わない。

これだけ素直だと調子にのるもので、
さも当たり前かのように「今度は胸出して」と言ってみた。
ちょっととまどうような感じではあったが素直にシャツのボタンをはずしブラを出した。
数枚撮り、ブラも脱がせる。

ここでまたびっくりしたんだが、きれいな乳首だった。
ピンク色だし、形もすばらしかった。
よく見てみるときめ細かい肌だし、スタイルは絶品で、
被写体(そんなカッコイイ撮影じゃないけど)としては最高級の女だと思う。
普通はおしりにちょっと汗疹があったり、
下っ腹が出ていたり、何かしら欠点があるものだが、
この人妻にはそれが無かった。
強いて言うなら、美乳ではあるが、BかCくらいの胸だろう。
もう少し大きいほうが人妻らしくていい。
でも、下手なグラビアアイドルなんて目じゃないほどのスタイルと
肌の美しさが十分すぎるほどカバーしていた。

胸の撮影後はマンぐり返しやM字開脚で大事な部分もバッチリ撮影し、
いよいよ本題のパンツに染みをつける行為だ。

俺としては人妻オナニーを撮影するつもりだったのだが、
「じゃあ、染みつけましょうか。」と言うと、
「どうすればいいんですか?」と聞くので、
「自分でするか、僕がして染みをつければいいんですよ。しましょうか?」と言ってみた。

すると以外にも「はい」とうなずいたので、
予想外のペッティングに突入。
胸を揉み、クリをいじり、指を挿入してかき回す。
人妻は顔を背け声を出さないように我慢している。

ある程度グチョグチョになったところで
おもむろにズボンを脱ぎ、ちんぽを出す。
「撮影だけだから」と断りをいれ、ちんぽを人妻のマンコにあてがい写真を撮る。
何枚か写真を撮った後人妻に握らせる。
何も言わずに素直に握る人妻。
またもや数枚の写真を撮り、「今度は咥えてる写真を撮ります」と平然と言う俺。

さすがに顔が写るからと頑なに拒否されたが、
絶対わからないように撮る事を条件にチンポを咥えさせた。
もちろんそんな気サラサラ無いので、バッチリ顔も撮影したが。
あと、内緒で動画も。
撮影だけなんだから動く必要は無いのだが、
「臨場感が欲しい」等ともっともらしいことを言い、
数分間人妻のフェラチオを堪能し、
我慢汁をダラダラ出しながら、正上位の体勢に。

「撮影だけだから」と念を押し、人妻のあそこを広げチンポを押し付ける。
数枚写真を撮り、さらにチンポを押し付ける。
亀頭が半分ほどめり込んだところで、
人妻が「入れるのはやめて」と腰を逃がした。

「大丈夫。入れないよ。撮影だけだからね」とまたもや言い、
チンポを抜いた。
亀頭を半分入れ、チンポを抜く。それを繰り返し、
少しずつチンポを奥まで入れる。
先っぽだけだが出し入れを繰り返しながら動画も撮る。
すーっとレンズを人妻の顔に向けては戻す。

動画なので完全に顔も写っているが、フラッシュが光らないので
人妻は気付いていない。
これで撮影はほとんど満足いく内容だったので、もう人妻の顔色を伺う必要は無い。

亀頭が完全にヌルヌルになったところで一気に腰を前に出す。
人妻が「あっ」と腰を逃がそうとしたがもう遅い。
完全にチンポが奥まで突き刺さった。
「あっ、ごめんね」と言いながら、チンポの出し入れを繰り返す。
「やだ、やめてください!」と腰を逃がそうとし続ける人妻に、
「ごめん。入っちゃった。」と言いながらさらに激しく出し入れする。
既にチンポ全体にマン汁がまとわりつき、
スムーズに出し入れしているにもかかわらず、
人妻は「やめて、抜いて」と繰り返す。

ここまでくれば大丈夫だと思っていたのが甘かったかもしれない。
意外なほどの人妻の抵抗に根負けし、
「じゃあ、最後は口で終わります?」と言うと
「するから、口でするから抜いてください」と人妻の懇願が。

今思うとゴムつければそこまでの抵抗は無かったのかもしれないけど、
そのときは全然ゴムの事が思い浮かばなかったので、
フェラであっさり妥協した。

マン汁でベチャベチャのちんぽをそのまま咥えさせ、
人妻の頭を押さえる。
ちょっと激しめにしゃぶるように人妻の頭を上下に揺する。
喉の奥にたまに当たるのか人妻がむせる。
構わずに人妻に顔を上下させ、自分の腰も微妙に動かす。

射精感が近づいてきた。
「そろそろいくけどすぐ飲まないでね、撮影するから」と、
いかにも飲むのが当たり前かのように言ってみると、
人妻もあきらめているのか、しゃぶりながらコクンと頷いた。

人妻の口内に大量の精液を出し、
少しの間余韻に浸る。
その間人妻は律儀に精液を口に含んだまま待っている。
カメラを取り、「口あけて」と言いながら
人妻の屈辱的な表情と口の中に大量に溜まった精液を撮る。

動画モードにし、精液を人妻に飲ませる。
ゴクッと飲み込む喉の動きまでわかるように撮り、
口を拭う暇も与えずに「きれいにして」とお掃除フェラをさせる。

行為が終わり服を着る人妻に「良かったよ。またお願いね」と言いながら1マソを渡すと、
「・・・ありがとうございます。」と屈辱的な表情をしながら受け取った。

もう会ってくれるわけないのはわかっているので、
「しゃぶってる時のいやらしい表情とか、マンコにチンポ入れた時の表情とか
最高だったよ。きれいに撮ったから安心してね。」と言うと、
一瞬顔を強張らせたが、あきらめたのか無言で車を降りていった。

1時間後くらいにメールを送ってみたが、やはりアドレスを変えていた。
いい女だったので、挿入していきたかったが仕方ない。
そういえばキスも拒否ってたな。
無理矢理キスしても絶対に口開かなかった。
もったいなかった・・。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード