萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

アイドル

処女をあげたのは夫なんですが・・・

 私が中3のときの塾講師だった大学生に一目惚れして、高校になってから告白してお付き合いしました。その彼が後の夫です。高1の夏、処女を捧げました。痛くて泣いた私を、夫は優しく抱きしめてくれました。でも、夫は、2年付き合った後、大学を卒業して他の街にいってしまいました。

 私は隣の県の大学に進学し、1年の夏休みにバイト先の44歳の単身赴任のおじさんと不倫していました。おじさんは、大学生だった夫とは比べ物にならない快感を私にくれました。イクまで止めないクンニや、挿入後はイキかけると焦らされ、何度も「お願いですイかせて下さい。」と叫んでいました。おじさんに抱かれた後はいつもぐったりしていました。そのおじさんは、大学2年の終わりに転勤していってしまいました。

 私はおじさんの快感が忘れられず、夜の街でおじさん相手に今で言う援助交際をしていました。大学3年の11月までに、30人近いおじさんに抱かれていましたが、十分な快感を与えてくれたおじさんはいませんでした。でも、53歳のおじさんに会ってから援助交際を止めました。父より年上のそのおじさんは、ダンディで優しく、言葉巧みに私から肯定の言葉を引き出し、いつの間にかロープで縛られていました。私は、大学3年のクリスマスイブに、サンタの格好をした53歳のおじさんに、朝まで性器を弄られ、色んなモノを挿入され、最後にはおじさんのオチンチンも入れられましたが、朝方にはアナルバージンを奪われて、アナルに中出しされてしまいました。朝まで何度イかされたか分かりません。
 私は、大学卒業までの1年3ヶ月、そのおじさんに淫牝調教され、写真を撮られて雑誌に投稿されていました。当然目線は入っていました。当時、まだデジカメやインターネットは普及していませんでしたから、デジタルデータでネット流出はありませんでした。

 卒業して地元に戻り、社会人となったので努めて淑やかに振舞っていました。職場では、「清楚な新人」と言われて、同期の短大卒の可愛い「アイドル新人」と区別されていました。私も「アイドル新人」に負けずモテ出し、何人かに言い寄られましたが断っていたら、身持ちが堅いと言われて処女説まで噂されました。

 そんな時、夫と再会したのです。忘れられない愛しい男性との再会に、私は当然アプローチしました。清楚を前面に押し出し、健気な態度で夫に気持ちを伝えました。「やっと会えた。離したくない。」と言いました。夫は、自分が処女を奪った相手が今でも想っていてくれた事に感激して私を受け入れてくれました。
 さすがに離れていた6年の間に私が誰ともお付き合いしなかったとはウソ臭いので、大学時代に2人とお付き合いしたと言いました。「再会することが分かっていたら、付き合わなかった。ゴメンナサイ」と言って夫にしがみついて泣きました。夫は、自分だってお付き合いした女性がいたからお互い様だと言ってくれました。
 再会して5日、告白した翌日に6年ぶりに夫に抱かれました。夫は至ってノーマルなセックスをしますが、私が色々な性体験を経て再会したら、夫のオチンチンは長くて上に反っていて、決して太くはないのですが亀頭がいいところに当たって最高でした。私は、昔と違ってオンナの悦びをかなり知っていましたから、夫に抱かれていきなり乱れるわけにもいかず、必死で我慢しました。私は、相変わらず優しく私の心を掴んで離さない夫に嫌われたくなくて、淫乱な過去を隠し通しました。学生時代の所業を反省し、とにかく健気に夫に尽くしました。
 
 2年付き合って私25歳、夫30歳で結婚しました。あれから9年、私は二人目の出産を機に4年前退職して今は34歳の専業主婦です。今でも清楚を意識して慎み深い奥さんになるよう努めていますが、夫に抱かれた時は、今は遠慮なくオンナの悦びを全身で表現しています。「あなたのオチンチンに開発されて、すっかりエッチにされちゃった。」と夫に言っていますので、「その責任を取らなくてはいけないな。」と、今でも週4、5回抱いてくれています。凄く満足しています。毎回必ず「ああ、私の愛しいあなたのオチンチン」と言いながら、夫を見つめながら丁寧にフェラするので、夫もいっぱいクンニしてくれます。
 
 夫を騙しているようで心苦しいですが、学生時代におじさんに性開発され、30人近くとワンナイトラブして、父より年上のおじさんに性調教されて、お尻の穴まで奪われたなんて夫が知ったら、間違いなく離婚でしょうね。
 中年男性との姦交に酔いしれ、膣穴や直腸を蹂躙されて悶絶した過去を隠す私を幸せにしてくれた夫に、私は一生尽くすつもりです。

私のカレはアイドル☆♪ 1

「ねぇねぇ、河合さん!」
「何?」
「河合さんのご近所さんって、あのアイドルグループ『cool sexy 5boys』の松井奏くんなんでしょ?」
「あ、うん…。そうみたい」
「ええ~っ、いいなぁ」
「朝学校来るときとか、会ったりするの?」
「うん。たまに会うかな」
「わぁ~!ずる~い」
 ふふ。これが私の自慢。
 私、河合花音(かわいかのん)。平凡な高校2年生。
 1ヶ月前、この町、初音町に引っ越してきたんだ。
 でも、なんと、私の住む一軒家の2軒先に、人気アイドルグループ『cool sexy 5boys』のメンバー・松井奏(まついかなで)が住んでるんだ!
 『cool sexy 5boys』は、最近、人気急上昇中の5人組のバンド。ボーカルでリーダーでもある松田音貴(まつだおとき)、ギターの大島響介(おおしまきょうすけ)、ベースの音踏光(おとふみひかる)、キーボードの松井奏、そしてドラムの音出川龍(おとでかわりゅう)。皆イケメンで、ドキドキしちゃうぐらいにカッコいいの。
 ま、私はそのファンの中の1人かな。

※この物語はフィクションです。登場人物等は実際と全く関係ありません。

僕には、年の2つ離れた姉がいます。この話は、僕が15歳、姉が17歳のときの話です。

僕の姉は、正直並のアイドルよりも断然かわいいです。AKBにいてもおかしくないです。総選挙で1位になったO島やS原なんかより美人というよりかわいい系で、顔は皆藤愛子似です。

 背は151cmと小さく、おっとりした性格です。

 童顔のくせにスタイルはバツグンで、かなりエロいくびれを持っていて、それでいてバスト84のEカップでした(当時)

姉とは仲がよく、色々話をしている感じだと、クラスでもそうとうモテたようで、告白、ナンパはしょっちゅうだったそうです。

しかし、当時まだ彼氏は作ったことがなく、間違いなく処女でした。

僕は姉が好きでした。女として、顔も体も性格もすべて理想でした。僕は14歳くらいから性に目覚め、姉の脱いだ未洗濯のブラやパンティの匂いをかいだり舐めたりしながらオナニーすることを覚えていました。

夏のある日、天気はどしゃぶりの雨。自転車通学の姉は傘を持っていなかったようで、びしょぬれになった姉が帰宅してきました。アイドル級の17歳の女が、髪を濡らし、制服越しにピンクのブラを透けさせ、「ただいまぁ」と言いました。

濡れたシャツが身体にぴったりとへばりつき、Eカップが際立ちます。僕は、勃起してしましました。

「風邪ひくぞ。風呂入んなよ」といい、「うん、そうする」と姉は返事をして風呂場へ向かいました。僕は勃起したものを抑えようと、冷静になろうとしましたが、感情は高ぶるばかりです。

姉はシャワーを浴びています。両親は今日は親戚の家に行っていて帰ってこない日でした。ふと、姉の持って帰ってきた部活用のバッグに目が行きました、姉はバスケ部です。

バッグを開くと、湿ったユニフォームが出てきました。

雨によるものではなく、夏場の練習で汗によって濡れた湿りです。そのユニフォームの匂いを嗅ぎ、僕のモノは痛いくらい大きくなっています。ふとバッグの中をのぞくと、部活中着用していた汗まみれのブラが入っていました。

徐に取り出し、深いカップを鼻と口に当て、姉の身体と汗のいい匂いを嗅いでいると、姉がシャワーを終えた音がしました。

急いでバッグを元通りにし、出てきた姉のいい香りとパジャマ姿に興奮しつつも、普通に会話したり食事したりしました。

PM11時。姉が眠たそうに、「もう寝るね。タク(僕の名)はまだ寝ないの?」「もうちょっとしたら寝るよ」「そう、おやすみ」という会話をし、姉は二階の自分の部屋に行きました。

僕は、「今日は姉ちゃんを触ろう」という目論みを企てていました。

夜1時を回ったころ、僕はゆっくりと姉の部屋のドアを開け、新入しました。音量小さく音楽をかけ、電気スタンドのもとにうっすら見える姉は、熟睡しています。

姉の枕もとに忍び寄り、「姉ちゃん」と声をかけます。

反応はありません。

姉の肩をゆすっても、反応はありません。


耳元で、「かわいいよ」と声をかけ、ゆっくりとキスしました。最高に柔らかい唇に興奮し、ゆっくり布団を剥ぎます。

大きく盛り上がった胸が露になりました。呼吸で、上下に動いています。刺激を与えないよう、優しく姉の胸を撫でます。初めての感触に感動し、徐々に撫でる行為から揉む行為へ移ります。ブラはつけていますが、それでも最高に柔らかいです。


たまらなくなった僕は、姉のパジャマのボタンを、首元から徐々に外していきました。全て外し、ゆっくりパジャマを開くと、純白のかわいいブラに包まれたEカップが露になりました。


まず、生乳をつつきます。パジャマの上からとは比べ物にならない柔らかさに興奮し、両方のおっぱいをつかみ、下から大きく揉みあげました。

天にも昇る幸せな時間でした、が、次の瞬間……。

「……タク?」と、姉の声が。


とっさに手を引っ込めましたが、時すでに遅し。両手で胸元を隠した姉の「何してるの……?」の問いに、答えられずに動揺し、発した言葉は「ゴメン……」の一言でした。


すると姉は、「あたしの胸触ったの?」

「うん」

「なんで?」

「……触りたかった」

「どうして?」

「……姉ちゃんが好きだから」


こんな返しをするのが精いっぱいでした。すると姉は、「好きなの?あたしのこと?」

「……好き」

「本気?」

「……うん」

「……触っていいよ」

「……!?」


姉の一言に衝撃を受けました。更に姉は、「……触ってよ。触って欲しい」

「……なんで?」

「……知りたい……」


僕は呆然とし、姉は僕を見つめてこう続けました。

「……タクのこと好き。兄弟とか関係ない」

「……いいの?」

「……タクだったらいい」と言い、僕の手を引きます。


抵抗などする気力も必要もなく、僕は姉のベッドに入り、姉の上に馬乗りする形になりました。

「優しくね」

「うん……」

ゆっくりと姉の胸を揉むと、姉は恥ずかしそうに眼をそらし、だんだんと呼吸を荒げて目を瞑ります。


「気持ちいいの?」と聞くと、「……ん……なんか……気持ちいい……」と返してきます。

「タク」

「ん?」

「ブラはずしていいよ」

「えっ!?」

「直接触って……欲しい……」


僕はブラを外し、大きな白い生おっぱいと、始めて見るピンクの乳首に大興奮し、まじまじと見つめていると、「そんな見ないでよ……はずかしいな……」

「あ……ごめん」

「……触って……」

僕はまず、ゆっくりと大きく胸を揉みます。姉はかなり感じているようで、自分の指を噛みながら、「……ん……ぁ……」のような吐息を漏らしています。

僕は徐々に手を動かし、乳首を指でつつきました。

「あ!……あぁっ!……」と姉は声を出し、「気持ちいい?」と聞くと、小さく頷きました。


「ねぇ……」

「ん?」

「……もっといっぱい揉んで……」

要望通り、少し激しく揉むと、姉が大きく身をよじらせて感じています。


「姉ちゃん……おっぱいでかいな……」

「やだ……言わないで……」

中2の時点でDカップあり、大きくて目立つ胸に昔からコンプレックスを感じていた姉は、胸が大きいことを指摘されると恥ずかしがるのですが、それがたまらなくかわいく、もっといじめたくなりました。


「姉ちゃん身体エロすぎるよ」

「みんなきっと姉ちゃんのおっぱいをジロジロ見てるよ」

「こんなに巨乳だと痴漢にあっちゃうね」

などと、いろいろ問いかける度に恥ずかしそうに「イヤ……」「ちがう……」「やめてぇ……」と返す姉に興奮し、僕はおもむろに乳首にしゃぶりつきました。


「あ!あぁぁぁっ!!!……はぁっ……っっっ!!!」という姉の喘ぎ声が僕を一層興奮させ、ひたすら姉の乳首をベロベロ舐め回し、キレイな姉の身体をよだれまみれにしました。


「タク!タクぅ?!!!気持ちイイよぉぉ!!……」

僕はもう姉を犯す勢いでした。


強引に唇を重ねると、姉の方から舌を入れてきました。5分くらい舌を絡めあい、唇を離して姉を見つめると、「タク……」

「なに?」

「エッチしたい……」

「俺でいいの?」


「タクがいいの……」と言い、僕の服を脱がしました。

そして、「お返し」と言って僕の乳首をペロペロ舐めてきました。

あまりの気持ちよさに思わず声を漏らすと、「男のひとも気持ちいいの?」と聞くので、「うん……気持ちいいみたい……」と返すと、ニコッと笑って「タクかわいい」と言ってきました。


その姉の笑顔が天使の様で、興奮が一気にピークになりました。

姉を押し倒し、パジャマを全て脱がします。

「タク!?急にどうしたの?」の声も聞き入れず、一気にパンティも脱がしました。

「ちょっ……恥ずかしい……」


僕は、姉の乳首を舐めながら右手で股間をまさぐります。

「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

姉の甲高い喘ぎ声と、びしょびしょのアソコに興奮し、僕はギンギンのモノを取り出し、「姉ちゃん!入れる!」

「えぇ!?入れるって……」


姉の話を聞く耳を持たず、僕は挿入しました。

「いっっっ……!!」

姉は処女だったので多少痛がりましたが、血もほとんど出ず、さほど激痛ではなかったようです。


次第に快感に変わったのか、かわいらしい喘ぎ声を上げ、「タク!気持ちいい!!気持ちいいよぉぉぉ……!!」と言って快楽に浸っていました。

突くたびに大きく揺れるおっぱいが最高でした。約10分、二人は快楽に浸っていました。


最終的には僕が外に出し、終わりました。

しばらく姉のベッドで休憩していると、姉が「……またしよう?」と言ってくれました。もちろんOKしました。その日は二人裸で抱き合って寝ました。


翌日の朝、ベッドの上で「おはよう」と言い合い、どちらからともなく舌を絡めて濃厚なキス。姉が「舐めて」というので、乳首を舐めてあげました。

その日は学校だったので、それ以上はしませんでしたが、今では親の目を盗んで2日に1回は姉とやっています。最近は69にハマッています。姉のマンコは最高においしいです。

歓迎会で泥酔した他人の嫁を・・(修正版)

私は某社M市支店で総務課長をしていたB(46歳)です。
2年前に同じ部署のY子(当時27歳)の歓迎会で、A君(35歳)
と共に、彼女に不適切な性行為をしたために会社を辞めさせられ、
妻とも離婚になってしまいました。その時の失敗談をここで
つまびらかにしたいと思います。
 
 あれは2014年の10月17日の金曜日のことでした。

その日は約1年前に寿退社したY子が、事務職のX子
が産休に入ったのをきっかけに、契約社員として
再雇用になったので、私と〇山A君(ともに既婚、
子持ち)が主催して、歓迎会を催した日でした。
後で知った話では、Y子の夫K(34歳)は彼女の酒癖の悪さ
を心配して、歓迎会では飲酒を控えるようにY子
に強く求めていたようです。もともとY子は総務課
のアイドル的存在で、高校時代には野球部のマネージャーを
していたという彼女は、男性社員のセクハラ発言や、
ボディータッチにも寛大な態度で接していました。
例えば、
「今日のパンツ何色?」と男性社員が聞くと、
「ピンク!」とY子は答え、
「今晩いいことあるの?」と男性社員が言うと
「ええ、だから今日は残業なしで帰っちゃいますね。」
と返すような開放的な女性だったのです。
とりわけY子を気に入っていたのは体育会系出身の〇山君で、彼女
が寿退社したときは、悲しくてうつ病になっちゃうと公言
していたほどです。
 
 あの夜の出来事は結局〇山が計画していたのだと思います。
10人ほどが参加した歓迎会の1次会が終わると、〇山
は総務課長の私が是非2次会に連れて行きたい店がある
といって( 私はそんなこと一言も言ってません )、Y子
と( ついでに )私をカラオケスナックに連れて行きました。
そのとき、もう一人同僚のC子がいっしょに来ていたのですが、
2次会の場所で旦那から電話があって、帰ってしまいました。
女性がY子一人になると、〇山はY子の仕事ぶりや容姿の良さを
おだて上げながら、次々にY子に酒を勧めていました。
もともと、Y子も○山に好意を持っていたようでした。
10時過ぎにはY子は相当に酔っていました。Y子が
「酔っぱらっちゃった。旦那に電話しなくっちゃ。」
とスマホを取り出すと、
「ちょっと何言ってんの、これからじゃないの。」
と○山がY子のスマホを取り上げて電源を切ってしまいました。
そのあとしばらくして、泥酔したY子は店のソファーで眠ってしまいました。
〇山はY子が泥酔したのを確認すると、
「Y子ちゃん、だめだよ、ここで眠っちゃ。じゃあ次のところで酔いをさまそうね。」
そう彼女に言い聞かせて、私と〇山で両脇からY子を支え店を出ました。
もちろん何メートルか先のラブホテルに入るためです。千鳥足のY子は、私たちに
体重を預け、うつむいたまま抵抗もせずにホテルに入りました。
部屋に入るとY子はベッドに倒れ、眠りはじめました。〇山がすぐに
行動を開始しました。Y子の衣類を次々に脱がして全裸にしたのです。
Y子は目を閉じたままで、最初少しだけ手で拒もうとしましたが、
眉間に皺を寄せた表情で、されるがままの状態でした。
〇山と私も裸になり、彼女を挟むように横に寝ると、胸を触ったり、キスをしたり、
彼女の秘部を刺激したりしました。そしてスマホでその様子を
写真やビデオで撮影しました。それは、後で見て愉しむためと、
彼女の酔いが醒めた時にトラブルにさせないためでした。

私たち二人は結婚式に呼ばれませんでしたが、1年ほど前に彼女は
銀行員のエリート社員と結婚していたのを聞いていました。
悪いことですが、その夜を我々3人だけの秘密にして愉しもうと思ったのでした。

〇山がY子の秘部を舐めあげたあと、生の正常位で挿入しようとすると、
その時はY子が抵抗し、ゴムを付けてというので、ホテルの部屋にあったゴムを付けました。
〇山が挿入するとY子は低く呻きました。数分ほどピストン運動をすると、
Y子を騎乗位にしました。倒れそうになるY子のからだを、下から〇山が
横から私が支えて、〇山が腰を突き上げていました。私が勃起したペニスを
Y子の口に近づけましたが彼女は口を開けず、目を閉じたまま眉間に皺を寄せて
いました。しかたなく、私は彼女の頬に自分の亀頭を押し当てていました。
下になった〇山が激しくY子を突き上げると、Y子は堪らなく
なったのか、口を開けて呻きました。すかさず私は彼女の口に
ペニスを挿入しました。私は彼女の後頭部を手で押さえながら
腰を前後させ喉の奥で射精をすると、Y子は苦しげにウグググッと喉を鳴らし、
精液の混ざった多量の唾液を口から流し、私のからだを両手で押し戻してペニスを吐き出しました。
咳き込みながら唾液を〇山の体の上に落としていました。
その直後、低い唸り声を吐きながら腰を突きあげ続けていた〇山が、
ゴムの中で一回目の射精をしました。
ゴムを取ると〇山は
「見てY子ちゃん、こんなに出たよ」
そう言いながら彼女の目の前で精液の溜まったゴムをブラブラ
させていました。驚いたことに〇山の一物はまだ硬くなったままでした。
すぐに丸山はY子を四つ這いにさせると、バックから挿入しました。
今度はゴムを付けず生でした。そのころになると、Y子もすこし感じて
きたのか、低い声で声で喘いでいました。〇山は激しくY子のヒップを突きながら
「俺と旦那とどっちのチンポがいい?」
と定番のセリフをY子に投げかけていました。Y子はそれには答えませんでしたが、
喘ぎ声が一段大きくなったようでした。やがて〇山が一物を引き抜き、Y子の背中に
二度目の射精を果たし、彼女にお掃除フェラをさせました。
次に私が背面座位で、生でY子と繋がると胸やクリを触りながら
腰を動かしました。彼女もそれに合わせて動いてくれましたので、
すごく気持ち良くなって、4~5分間くらいで射精してしまいました。
直前で抜いたので、Y子の中には出していないと思います。
その後、足を延ばして座った私のペニスをY子にお掃除フェラ
をさせました。〇山がY子の両足首を手でもって開脚させ、私が
Y子の頭の側からそれを受け取ると、いわゆるマングリ返し
の姿勢に彼女をしました。中腰になった〇山が、片手でY子のクリを刺激しながら、
上から高速のピストン運動でY子を突きました。〇山もY子も汗ばんで、からだが光って
見えました。低く喘ぐY子の目はトロンとして、首まわりと両耳が紅潮していました。
〇山は気持ちよさそうに
「Y子、Y子、Y子、いくよー、いくよー」
と叫びながら、最後は一物を引き抜いてY子の腹から胸にかけて
精液を飛ばして果てたのでした。放心状態のY子はしばらく細かくからだを痙攣させ、
小さなうめき声を繰り返していました。
「Y子ちゃん、最高、凄く気持ちよかった。」

しばらく休んでいましたが、夜の1時を過ぎているのに気付いた私が
「そろそろ帰らないと、旦那に疑われちゃうな。」
と言うと、慌てるように三人とも着衣してホテルを出ました。
短く感じましたがホテルに入って2時間近くが経過していました。
そのころにはY子もだいぶ酔いが醒めていたようでした。
私がタクシーを呼び止めて彼女を乗せました。
「また遊ぼうねー」
と〇山がY子に声を掛けましたが、不機嫌そうな表情で
Y子は答えませんでした。
 
 その後、〇山と私は居酒屋に入りました。
私、「Y子ちゃん、大丈夫かなあ、かなり不機嫌そうだったけど。
  まずいことにならないかなあ。」
〇山、「まさか3Pをされましたって旦那には言えないでしょう。
 ま、一応釘を刺しときますけどね。」
そう言って〇山はスマホをいじって撮影した映像をY子に
送信していました。私にも送信した動画を見せてくれましたが、
合意の上の行為にしか見えない部分だけをカットして送っていた
のでした。
私、「Y子ちゃん、いいからだしてるよねー。」
〇山、「締まってましたね。」
私、「うん、締まってた。話してたら何か、またしたくなってきちゃったなー(笑)」
〇山、「近いうちに、また彼女さそってみましょうか。」
私、「たのむよ(笑)」

しかし、その後大変な事態になってしまいました。
Y子に送った動画をその夜に旦那に見られてしまったのです。

Y子は離婚、〇山と私も離婚、会社も辞めることに・・・

最近、私が連絡を取って、〇山と飲みに行く事がありました。

なぜ、あんなに早く旦那に見つかってしまったのだろう、と
私が言うと、〇山は、
「Y子のスマホにはロックがかけてなかったことを、
彼女のスマホを取り上げて電源を切るときに気付くべきだった。」
と言っていました。Y子のスマホは普段から容易に旦那がチェック
できる状態だったのです。
 

 事件の後、精神的に病んでしまったY子は自暴自棄になって、
〇山と一時期交際(同棲)していたそうですが、結局〇山とはしっくりいかず、
今は両親と一緒に元旦那に復縁を懇願しているとのことでした。


元旦那のことは私は良く知りませんが、私や〇山と違い真面目な人だったようで、
大変悪いことをしてしまったと思います。〇山も私もY子の家庭を
壊すつもりはなかったのですが、結果的に皆を不幸にしてしまいました。
〇山が動画などメールで送らなければ良かったと思います。

私から見ても元夫との復縁は無理だと思いますが、唯、Y子には責任はないと思います。

今後は、私は彼女に訴えられないようにひっそりと生きていくつもりです。

〇山君は都会に出て再出発すると言っていました。

ロリコン(修正版)

"

今から40年位前の中学生だった頃のこと。自宅付近に幼稚園の子供達がたくさん遊んでいました。
勿論、男の子もいれば、女の子もいます。
その中にアイドルぽく可愛らしい絹代と言う女の子がいました。
実は、その絹代ちゃんのことが大好きで大好きで毎日のように一緒に遊んで、いました。
ある日の事、いつもの様に遊びながら、何気に抱っこしたら目の前に彼女の顔が。。。。
おもむろに家の中に連れ込んで思わずほっぺにチュッ!
途端に止まらなくなってしまい、おもむろにマウスtoマウスでチュッチュッ、チュッ、チュッ!
絹代「何すんの!バカア!」
自分「女の子はそんな事言っちゃダメエ!ちんちんあるんじゃないの?」
絹代「ないよ」
「見せてごらん」と言いつつ、彼女のパンツを下し下半身を出した状態でまたチュッ!
「本当だ、今度はちょっとお尻を見せて」
と言いながら後を向かせる。
お尻を観ながら、生唾ゴックン!
「お尻にチュウして良い?」
聞くと軽く頷く絹代ちゃん。
お尻の丘の部分やお尻の穴(菊門)をもうベロベロしまくり、少しずつ前を向かせ、おマンコをベロベロ。ヒダヒダの部分を舐めまわし、再び後を向かせ今度は自分もズボンを下しパンツを脱いで、大きく硬くなった自分の分身を彼女のお尻へ!
ツンツンしながら、
「お尻つついてるの何だか分かる?」
絹代「分からない」
「こっち見てご覧」
""と言いつつ、如意棒やお尻を見せてやりました。この時は、すでに羞恥心は無く、お互い気持ち良い事してる位にしか感じていませんでした。
初めて女の子のお尻やおマンコと言う事もあり、この時は彼女のお尻に射精をする発想はありませんでした。
翌日になって、今度は別の礼子ちゃんと言う園児と一緒に三人でキスしたり、お尻やおマンコのヒダヒダを舐めまわしたり、全裸にして、膨らみも何も無い乳首やおへそやお腹周りを舐めまわしたり、自分のおチンチンを二人に見せたり、お尻に付けたりしていました。
さすがに、三回目となるとキスやおチンチンをお尻に付けるだけでは物足りず手こきでシコシコしながらお尻に射精をしたり、おマンコにもおチンチンを接触させ射精する様になっていったのです。
勿論、女の子はこの二人だけではなく数人いたので、物陰に隠れて彼女達の前でオナニーしたこともあります。射精の直前に絹代ちゃんにパンツを下させ、彼女のお尻に掛けまくりました。
彼女達は何をしているのだろうと不思議そうな顔をしていました。 彼女は三人兄弟の一番上であり下に弟が二人いました。その弟達二人の前でした事もあります。とにかく彼女の全身が、成熟前のレモンの様だった

"

ロリコン(再修正版)

"

今から40年位前の中学生だった頃のこと。自宅付近に幼稚園の子供達がたくさん遊んでいました。
勿論、男の子もいれば、女の子もいます。
その中にアイドルぽく可愛らしい絹代と言う女の子がいました。
実は、その絹代ちゃんのことが大好きで大好きで毎日のように一緒に遊んで、いました。
ある日の事、いつもの様に遊びながら、何気に抱っこしたら目の前に彼女の顔が。。。。
おもむろに家の中に連れ込んで思わずほっぺにチュッ!
途端に止まらなくなってしまい、おもむろにマウスtoマウスでチュッチュッ、チュッ、チュッ!
絹代「何すんの!バカア!」
自分「女の子はそんな事言っちゃダメエ!ちんちんあるんじゃないの?」
絹代「ないよ」
「見せてごらん」と言いつつ、彼女のパンツを下し下半身を出した状態でまたチュッ!
「本当だ、今度はちょっとお尻を見せて」
と言いながら後を向かせる。
お尻を観ながら、生唾ゴックン!
「お尻にチュウして良い?」
聞くと軽く頷く絹代ちゃん。
""お尻の丘の部分やお尻の穴(菊門)をもうベロベロしまくり、腰回りにキスをしながら少しずつ前を向かせ、おマンコのヒダヒダの部分やクリトリスを舐めまわし、特にここは陰毛が生えていなかったからストレートに美味しかった。
 ヒダヒダは初物で変色も無く他の肌の部分と同じ色艶をしていて、クリトリスは桃色に輝き綺麗でした。膣口は白い幕で塞がれていてあまりアンモニア臭も無く香しい本当に女の子らしい肌の匂いでした。
 再び後を向かせ今度は自分もズボンを下しパンツを脱いで、大きく硬くなった自分の分身を彼女のお尻へ!ツンツンしながら、""
「お尻つついてるの何だか分かる?」
絹代「分からない」
「こっち見てご覧」
""と言いつつ、如意棒やお尻を見せてやりました。この時は、すでに羞恥心は無く、お互い気持ち良い事してる位にしか感じていませんでした。
初めて女の子のお尻やおマンコと言う事もあり、この時は彼女のお尻に射精をする発想はありませんでした。""
翌日になって、今度は別の礼子ちゃんと言う園児と一緒に三人でキスしたり、お尻やおマンコのヒダヒダを舐めまわしたり、全裸にして頬からちょっと上を向かせて喉、喉から膨らみも何も無い薄いピンク色の乳首、おへそやお腹周りを舐めまわしたり、自分のおチンチンを二人に見せたり、お尻に付けたりしていました。
絹代ちゃんのおマンコを舐めている時は礼子ちゃんがみていて、礼子ちゃんにキスしたり、お尻やおマンコのヒダヒダを舐めまわしたりしている時には、絹代ちゃんが見ていると言うように換わり番こにしていました。
 さすがに、この後となるとキスやおチンチンをお尻に付けるだけでは物足りず手こきでシコシコしながらお尻に射精をしたり、おマンコにもおチンチンを接触させ射精する様になっていったのです。
勿論、女の子はこの二人だけではなく数人いたので、物陰に隠れて彼女達の前でオナニーしたこともあります。射精の直前に絹代ちゃんにパンツを下させ、彼女のお尻に掛けまくりました。
彼女達は何をしているのだろうと不思議そうな顔をしていました。""   彼女は三人姉弟の一番上であり下に弟が二人いました。その弟達二人の前でした事もあります。弟達のチンチンも可愛らしかった記憶があります。とにかく彼女の全身が、成熟前のレモンの様だった。そのうち自分も高校受験の時期になり終りになって行きました。

"

ロリコン

今から40年位前の中学生だった頃のこと。自宅付近に幼稚園の子供達がたくさん遊んでいました。
勿論、男の子もいれば、女の子もいます。
その中にアイドルぽく可愛らしい絹代と言う女の子がいました。
実は、その絹代ちゃんのことが大好きで大好きで毎日のように一緒に遊んで、いました。
ある日の事、いつもの様に遊びながら、何気に抱っこしたら目の前に彼女の顔が。。。。
おもむろに家の中に連れ込んで思わずほっぺにチュッ!
途端に止まらなくなってしまい、おもむろにマウスtoマウスでチュッチュッ、チュッ、チュッ!
絹代「何すんの!バカア!」
自分「女の子はそんな事言っちゃダメエ!ちんちんあるんじゃないの?」
絹代「ないよ」
「見せてごらん」と言いつつ、彼女のパンツを下し下半身を出した状態でまたチュッ!
「本当だ、今度はちょっとお尻を見せて」
と言いながら後を向かせる。
お尻を観ながら、生唾ゴックン!
「お尻にチュウして良い?」
聞くと軽く頷く絹代ちゃん。
お尻の丘の部分やお尻の穴(菊門)をもうベロベロしまくり、少しずつ前を向かせ、おマンコをベロベロ。ヒダヒダの部分を
舐めまわし、再び後を向かせ今度は自分もズボンを下しパンツを脱いで、大きく硬くなった自分の分身を彼女のお尻へ!
ツンツンしながら、
「お尻つついてるの何だか分かる?」
絹代「分からない」
「こっち見てご覧」
と言いつつ、如意棒やお尻を見せてやる。
今度は、手こきでシコシコしながら彼女のお尻に射精をし、飽き足りずにおマンコにも掛け捲り、その日は終わりました。
でも、一回で満足するわけではなく、彼女の弟の前でしたり、別の礼子ちゃんと言う園児と一緒に三人でしたり、全裸に
して、膨らみも何も無い乳首やおへそやお腹周りを舐めまわしたり、とにかく彼女の全身が、成熟前のレモンの様だった

ポルノ映画館で犯された女装した僕

高校の頃から女装しているので、女装歴はかれこれ6年になる。そろそろ就活なので、どこかで区切りをつけようと思っていた。

僕の女装は可愛いと評判だ。女装コンテストでも何度も優勝しているし、女装イベントにも引っ張りだこのアイドルだ。

こんな僕だけど恋愛対象は女の子だ。女装は単なる趣味、コスプレに過ぎない。世間では女装してると、ホモだと思われるがそれは違う。

女装して男を求めるのはオカマだ。ケツを掘られて喜ぶ変態のクズだと思ってる。オカマが集まる成人映画館に入ったことがあるが、まるっきり男な奴とか、皺くちゃのババアばかりだった。

そんな汚女装オカマでも女に相手にされない連中の、性のはけ口にはなるようで、館内の各所で小汚い男たちが、汚いオカマに群がって、しごいたり、しゃぶったりしていた。

僕は映画館を飛び出して吐いた。

僕の女装ライフはそんな地獄絵図の対極にある。女の子にしか見えない完璧なメイク、センスの良い服、しぐさや歩き方にもこだわっているのだ。

その姿でお茶をしていると、必ず一人や二人は声をかけてくる。先日もIT企業の社長に食事に誘われた。すごく気にいってくれて、一緒に食事をするだけで、結構な金額のバイト料をくれた。また、連れて行かれたクラブで、医者や弁護士、官僚などのリッチなお友達にも紹介された。

超高級クラブでリッチな紳士たちに囲まれながら、僕はモテモテだった。セミロングの髪、黒いタートルネック、グレーのミニスカート、黒タイツにパンプスという僕を囲み、可愛いね、女の子にしか見えないよ、彼女にしたいと賛辞をくれた。月30万くれるなら愛人になりますよ、などと調子に乗った僕は場を湧かせたが、高そうな酒を振舞われ、すっかり酔ってしまった。

異様な臭いの中、僕は目を覚ました。酔って眠っていたらしい。帰らなきゃと身を起こすと、さっきまでいたクラブでは無い。ここはどこだ?薄暗い照明を通しても、周囲が汚いのがわかる。そして耐えられない悪臭。以前、来た事のある成人映画館だと気づいた頃は、周りに小汚い男たちが群がっていた。

汚れた男たちは僕に迫ってきた。汗と汚物の臭い。逃げ出そうとしたが、男に足を掴まれソファに押し倒された。悲鳴を上げる僕の口に、汚い靴下が押し込まれた。吐きそうな臭い。男たちは目をギラギラさせながら、無言で僕のカラダを弄っている。

男たちはスカートの中に手を入れ、タイツ越しに僕のチンポを触りはじめた。意に反して勃起してしまう僕。男たちはニヤニヤしている。何人かは僕を見ながらオナニーを始めた。臭いチンポを僕の顔に近づけ、咥えさせようとする輩もいる。アタマがおかしくなりそうだった。悪夢なら覚めてくれと願った。

タイツとパンティーをずらされた僕のチンポを慰みものにする男たち。しごかれ、しゃぶられドロドロになるチンポ。嫌悪感を通り越して怒りすら覚えたが、僕の勃起は止まらなかった。靴下が取り除かれ、汚いチンポが口に押し込まれた。僕の頭を押さえつけて腰を振る男はすぐに射精した。口の中に溢れる精液を吐き出す間もなく、次のチンポが口の中に。そうやって10人ほどの強制フェラをさせられた頃、僕の思考は停止していた。

男たちは僕を全裸にすると、客席に連れ込んだ。中ではさらに多くの男たちが僕を待ち構えていた。壁に手をついて立たされ、アナルを弄られた。手に唾を垂らし僕のアナルに指を入れる男たち。間違い無く性病に感染しそうだ。僕のカラダを舐め回す連中もいる。

ズブリとアナルにチンポが入ってきた。物凄い異物感に耐えていると、ここでも男たちは腰を振り、射精したら次のチンポに犯された。アナルの中に溢れる男たちの精液が、太ももを伝って床に垂れる。

アナルを犯されている間も、僕の両手は他のチンポを扱かされた。カラダ中が男たちの精液、唾液や、なんだか分からない体液で汚れていく。悪臭に麻痺した頃、僕は感じ始めた。アナルが気持ちいい。初めてドライオーガズムを経験した。男たちのチンポで何度もいかされ、僕は女のように呻いた。

ふたたびソファに戻され、脚を開いてチンポを受け入れる僕。臭い息の男たちが次々にのしかかってくるが、もはや臭いは気にならない。入れられながら僕はチンポをしゃぶられ、何度も射精した。男の快感と女の快感を一度に体験した僕の中で何かが弾けた。

顔中に精液をかけられ、ドロドロにされた僕の綺麗な顔は、見るも無残な汚いオカマになり下がっていた。でもそんな事はどうでもよかった。僕は薄汚い映画館で、底辺の男たちの性のはけ口として、犯され続けた。

ホームパーティーが大好きなピー♂ーさん

  
「高輪会」と呼ばれるピー♂ーさん主催のパーティーには毎回、多くの著名人が訪れる超豪華パーティーです
熱愛が報じられた中島♀嘉と男子バレーボール日本代表の清♂邦広はこの『高輪会』がきっかけで出会ったそうです
ピー♂ーとサシ飲みするほど仲の良い柴♀コウと熱愛の報じられた中田♂寿を引き合わせたのも、同じくこの会だったというのです
ピー♂ーの別荘では男女関係なく混浴なのよ~!
別荘内には露天風呂があり、「男女構わずみんなで入る」という「家訓」を作っているため、大物俳優や人気アイドルが一緒に入浴を楽しむことでも有名
15分くらいしたら、ピー♂ーさんも入ってきたんだよ
ピー♂ーさんが、胸と股間を隠しながら入ってくるわけ
それで10分くらいしたら、今度は阿川さんも入ってきたの
バスタオル巻きながら、『どうも~』って言いながら
かつてこの混浴風呂に入った渡部♂郎とRI♀ACOは離婚し、牧瀬♀穂と東♂紀之は破局したことから、“破局風呂”の異名も取っている
  

ヘッポコオヤジの呟き

私は、最初の妻を逆恨みの轢殺で亡くしております。
犯人は、亡き妻の姉の元夫、つまり元義兄で、復縁を迫った義兄に亡き妻が姉に近寄るなと再三警告し、警察沙汰にした恨みだったようで、盗難車で轢殺されました。

亡き妻とは大恋愛の末、私25歳、亡き妻22歳で結婚、前年に姉夫婦が結婚して姉が妊娠中の披露宴で迷惑をかけたことや、2年続けて娘が嫁ぎ、義父母は一気に寂しくなったようで申し訳なかったことを思い出します。
結婚して3年後、男の子が生まれた直後姉夫婦が離婚、その3年後、第2子妊娠時に妻が轢殺されました。

妻が亡くなり、娘を抱えて苦労していた私に、先に独り身になっていた義姉との再婚話が持ち上がりました。
実は、義姉と私は同い年で、同じクラスにはなったことはありませんでしたが同じ中学でした。
亡き前妻もそうでしたが、義姉も可愛い女の子だったのでその存在は私も知っていました。
再婚話があった頃から、何となく二人で会うようになり、男女の関係になっていました。
可愛いかつての同級生との再婚も悪くないと、34歳同士で再婚しました。
妻の連れ子の9歳の娘と、私の連れ子の6歳の息子は元々従弟ですから仲良しで、とても幸せな家族が出来ました。

子供達のためにやむを得ず再婚した形でしたが、亡き前妻に負けず劣らずのロリ可愛い女性で、亡き前妻よりもお淑やかな妻に次第に惹かれていきました。
再婚して6年が過ぎ、お互い40歳になりましたが、夫婦仲は良好で、営みも週に4,5回はいたします。

妻は細身ですがCカップあり、乳房を揉まれて乳首を吸われて悶えます。
陰部は連日の営みで擦れた陰唇はすっかりドドメ色で、吸われ続けた陰核は飛び出て赤くなりました。
そんな妻は、M字に足を開いて指で陰唇を広げるはしたなさで私を誘い、クンニをねだります。
そんな妻は、私の陰茎を美味そうに咥え、吸うようにしゃぶり、亀頭に絡める舌使いは絶妙で、生理の時にはそのまま射精させて精液を飲みます。
そんな妻は、騎乗位でとびきりいやらしく腰をクイクイさせて乱れまくり、自ら乳房を揉みながら淫らに喘ぎます。
そんな妻の性の仕草や所作は、亡き前妻には無かった淫らな動きです。
亡き前妻は私に処女をくれて、私が性を開いて愛の交合を教え、そして私しか知らずにこの世を去りました。
その姉である今の妻はバツイチですが、元夫が初めてではないそうです。

妻と再婚する前、同級生だったこともあって酔っ払って昔のことを話したことがあります。
妻の初体験は高校2年だそうです。
同級生の私はまだ童貞でしたが、妻は処女をあげた中学時代の先生に上手に性を開発されて、先生に跨ってセーラー服をなびかせていたそうです。
高校時代の妻は、きっとかなりのロリータアイドル的可愛さだったでしょう。
妻の処女を奪って淫乱を仕込んだ先生が恨めしく感じました。

妻が高校を出たと同時に先生は遠方の中学へ赴任、妻は20歳の時に就職先で知り合った男に告白され、交際したそうです。
既に女の悦びを知る妻は、快感に喘ぎ、悶え、セックスを楽しんだそうです。
ある日、あまりに淫らに性を楽しむ妻に、男が、
「君はまるで女子高生のように幼く、アイドルのように可愛く、とても清純に見えた。でも、僕と出会ったときには既にセックスの快感を知り尽くしていた。それが、耐えられないんだ。」
と言われて破局したそうです。

そして22歳で知り合った元夫と交際2年で結婚、長女出産の折に職場のバイト娘に手を出して、その後も密会を続けて妊娠させて、結婚4年で離婚しました。
妊娠させた浮気相手と再婚しましたが、浮気相手が産んだ子供はどう見ても白人とのハーフ、騙された元夫は再び離婚して妻との復縁を願いましたが拒絶されストーカー化し、亡き前妻が警察に相談、それを逆恨みして前妻を殺害したのです。

妻は、元夫の上に乗ってクイクイ腰を振りながらヨガっていたのです。
元夫の生陰茎を、お尻を鷲掴みにされて、バックから貫かれて喘いでいたのです。
元夫の陰茎で子宮口を突き上げられ、元夫の精液を子宮にドクドクと流し込まれたのです。
元夫の熱い精液を浴びて、絶頂に達して痙攣していたのです。
妻の中には、元夫の陰茎と戯れた淫らな思い出が残り、膣は元夫の陰茎の感覚が残り、子宮には元夫の精液の染みが残っているのです。

そのことを思うと、亡き妻への愛しさが湧いてくるのです。
私しか知らない亡き妻、そして、セックスの快感に恥ずかしそうにしながらも押し流されてあ喘ぐ亡き妻の初々しい体は、私しか見たことが無いのです。
今の妻も、私に抱かれてとても淫らに喘ぎますが、その喘ぎの向こう側に、過去の男達の影がちらつくのです。
40歳になってもセックス三昧の再婚夫婦はとても仲が良くて、年に数回、コンディションが良ければ朝晩1日2回の時もあるくらいです。
セックスが好きな仲良し夫婦でも、内心は、嫉妬の嵐と、亡き前妻への思いが渦巻いているのです。
それでも妻の可愛いロリ顔と細身のCカップは、とても魅力的で飽きないのです。
これがヘッポコオヤジの呟きでした。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード