萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

アナル

3P体験

その男とは今日が初めて。
夫婦生活に不満はなかったが、新しい刺激を求め3Pに興味を持ち、ついに実行する事となった。
男とは事前に電話で打ち合わせをしていて、あくまでも私たち夫婦のサポート的な役割をお願いしていた。
車中で軽い話の中、とうとうホテルへ到着。
ドアを開けて室内へ。
その時、男が急変した。
男「奥さんイイ女だよね」と妻に抱き着き、いきなり唇を奪った。
唖然として私は何も出来なかった。
男は私の事など気にせず、そのまま妻を後ろ向きにして壁に手をつかせてお尻を突き出させた。
男「いいケツしてるよ・・たまんないね」
そう言って妻のお尻をまさぐりスカートの裾をまくりあげた。
普段からTバックしか履かない妻のお尻は男の恰好の餌食。
男は舐めまわすようにお尻をまさぐる。
そして男の指が妻の秘部へと・・・。
妻「あ・・・・」
妻の声が漏れる。
男はTバックを横にずらし、秘部を指で触り始めた。
クリトリスを刺激しながら、男はついに秘部に口づけを・・・。
事前の話でも言っていた様に、男は舐めるのが好きとの事。
妻の秘部に舌を這わせ、ジュルジュルと音を立てて舐め始めたのだ。
「ああ・・・あ・・」
次第に激しくなってい男の舌使いに、妻も感じ始めたのか声が出ている。
男「どう?気持ち良い!?」
妻「・・・気持ち・・良いです」
男「もっと舐めて欲しい?」
妻「はい・・・」
ジュルジュル
男は一層激しく舐め始めました。
妻は腰をくねらせ、男の舌使いを味わっています。
そして男は妻の耳元まで上がって行き、
男「欲しくなったか?」と妻の状態を把握したかのように聞いた。
妻「欲しい・・・」
とうとう妻も男に屈服してしまったようだ。
私は止めたいと思いながらも、男の圧倒的性欲に動けなくなって、堕ちていく妻の姿を見ているだけだった。
男「何が欲しいかちゃんと言えよ」
妻「おちんちんが欲しいです・・・」
その言葉を確信していたかの様に、男は後ろからズブリ!と妻の中へと挿入した。
妻「あん・・・すごい・・」
私よりも太くたくましい男性器は、妻の奥深くまで侵入し、一気に妻を快楽の底へと連れ去った。
男「気持ち良いか?このチンポ気持ち良いか??」
妻「チンポ気持ち良い・・・」
もう妻は男の肉奴隷だ!!
男「旦那と比べてどう!?」
妻「こっちの方がいい・・・」
興奮したのか男はさらに激しく腰を動かした。
一層高くなる妻の喘ぎ声。
私は嫉妬と屈辱にまみれ、不覚にも勃起してしまっていた。
男「おい、旦那勃ってるよ!!??」
男は妻に伝えた。
妻は深く挿入された男性器に侵され、そんなの事は耳に届いていない。
男は男性器を妻から抜いた。
妻「あ・・・」
まるでもっと挿れてと言いたいかのような声だ。
男はやっとベッドの方へ行き、妻と私を呼び寄せた。
男「旦那、ズボン脱いでよ」
私は言われるがままズボンを脱いだ。
男は私の横に並び、互いにいきり立った男性器を並べた。
妻の目の前に2本の男性器、1本は私・・つまり旦那である。
男「おい、どっちが大きい?」
明らかに私よりも大きい男性器を前に妻の答えは決まっている。
妻「こっち(男)です」
男はニヤリと笑い。
男「どっちがしゃぶりたい?」
妻「こっち(男)です」
男「じゃぁしゃぶらせてやるから、まさしのおちんちん舐めさせて下さいって言ってみろよ」
妻「まさしのおちんちん・・・舐めさせて・・・下さい」
まるで愛しいモノを見る様に、妻の目は男の男性器に釘付けだ。
男は妻の頭を引き寄せ。
男「舐めろ、普段旦那にやってるより丁寧に舐めろ」
妻はもう男の奴隷だ。
男の言うとおりに普段は舐めない袋のあたりから舌を這わせ、竿の根本も丁寧に舌で奉仕している。
手で亀頭を刺激しながら、唇と舌を使い竿を横から舐めている。
私はいきりたったモノを出したままその光景を見ているのだ。
ひとしきり舌を這わせた後、妻は男の性器を口に含ませた。
男「おぉ・・巧いじゃん」
満足げに妻に奉仕させる男。
妻もこの後この性器によって齎される快楽を先ほど味わっているからか、
本当に私にしたこともないようなフェラだ。
男「そろそろ挿れてほしいか!!」
妻「はい・・挿れて下さい・・・」
男は妻を後ろ向きにし、私に抱き着くように命令した。
私に被さる様に抱き着いた妻の後ろから、男は性器を挿入した。
妻「あぁ・・・気持ち良い・・・」
男は私の顔を見ながら妻に言った。
男「今、まさしのおちんちんを挿れてもらってますって言えよ」
屈辱だ・・これ以上ない屈辱である。
妻「今・・・まさしのおちんちんを挿れてもらってます・・・」
男の言うがままになる妻。
私に抱き着きながら男に突かれる妻。
男「あなたより気持ち良いって言ってやれ」
妻「あなたより気持ち良い・・・」
男「このちんぽが気持ち良いですって言え」
妻「このちんぽが気持ち良いです・・・」
もう妻は男のいう事に逆らえない身体にされていました。
男「もうお前邪魔だからどいてろよ」
そういうと私をベッドから降ろし、妻を上向きに変え、正常位での挿入に変わっていきます。
男は妻を抱きしめ腰を振り続けます。
妻ももう従順な男の奴隷。
腕を男の背中に回し、強く抱き着いて腰を使っています。
男は私に聞こえる様に。
男「舌だせ」
妻は言うとおりに舌を出します。
その舌に男は吸い付きながらさらに激しく腰を振ります。
今度は男が舌を出して。
男「吸い付け」
もうためらいもなく妻は男の舌に吸い付きました。
次第に激しくなるグラインド。
男は疲れたのか私を呼び。
男「少しだけやらせてやるよ」
私の妻なのに男の許可で挿入させてもらう・・・
その屈辱感の中・・私は妻に挿入しました。
男「どうだ?俺のより感じるか??」
妻「・・・まさしの方が全然気持ちいいです」
男はさらに勝ち誇ったかのように言います。
男「じゃぁまさしじゃないと感じないから変わってって旦那に頼めよ」
どこまでも私に屈辱を与えます。
妻「・・まさしじゃないと感じない・・変わって・・、早くベッドから降りて!!」
妻は私をベッドから降ろし、男が再度妻の秘部へ深く挿入するのです。
妻「ああぁ・・・気持ちいい・・」
妻の反応もすでに男を受け入れています。
男「お前は誰の女だ?」
妻「まさしの女です」
男「お前のマンコは誰のもんだ?」
妻「まさしのモノです」
激しく腰を打ち付け、何度も妻をイカせ、いよいよ男も射精したくなったのでしょう!!
男「どこに出して欲しい!?」
妻「好きな所に・・好きなだけ出して・・・・」
男「口に出してやるから全部飲めよ?飲みたいだろ?」
妻「飲みたいです・・」
もう妻の淫欲は止まりません・・
男「まさしの精子飲ませてって言ってよ」
妻「まさしの精子飲ませて下さい・・口に・・口に一杯出して・・」
男は最後の力で腰を振り、寸前で性器を妻から抜き取り妻の唇へ性器を運びました。
男「イクぞ!」
口をあけ舌を出した妻の口へ、男の精子はドクドクと流れていきます。
男「まだ飲むなよ?」
妻は男の精子を口に含んだまま待ちます。
男は私を呼び寄せ妻を見るように言います。
男「口の中旦那に見せてやれよ、俺の精子で一杯の口の中をな」
妻は言う通りに口を開け、ドロッとした液体のある口の中を見せました。
男「飲め」
妻は少し眉間に皺を寄せ、その液体を喉の奥飲み込みました。
男「目の前で初めて会う男の精子飲んだよ、お前の奥さん淫乱だな」
そういうと男は妻の頭を引き寄せ、今まで妻の中に沈めていた性器を掃除するよに促しました。
妻も抵抗もなく性器を口に含むと、丁寧に自らの愛液のついた性器を舐め始めました。
そのまま男は横になり、妻に腕枕をし、妻も男の胸へと顔を埋めました。
男は時折妻を抱き寄せ、恋人かのように唇を重ねます。
私は行き場のない嫉妬と屈辱にまみれ、2人を眺めるしかありませんでした・・・


寝取り・寝取られ・貸出し・調教・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2人の妹と乱交

2人の妹の家庭教師をしながらセックスもしつつ自分の勉強もするのは非常に忙しい。

本学医学部のカリキュラムも甘く見える。ヤリコンで女性経験を積んでいて助かった。

今は勉強を頑張った妹達にご褒美のセックスをしている。古いディスコナンバーを

かけて低音のビートにあわせて腰を振って気持ちの良いピストンを楽しんでいる。

ダンス&ハウスのオムニバスアルバムはセックスと相性が実に良いと思う。

今は2にんが女同士で白百合セックスしているのでこの投稿文を書いている。

刺激的な光景でいやはやだ。ペニスが硬くなったので1人と性交中だ。


一発射精したので次の妹のためフェラチオでペニスを固くしてもらっている。

このペースで精液を2人にドクドク吸い出されている。俺は死にそうだ。

今日の理解度テストで2人が満点をとったので乱交を許したらこのざまだ。

2人の進路も気にはなる所だが今はセックスに集中したい。1度に1つずつ考えよう。

2人は元不良で男性経験もあったがヤッタ数が少なくて女性器が実に綺麗で可愛い。

もう彼女らと交わった数は俺が一番多い。俺のセックスの癖が付き始めている。

面白いのは1人の男に2人の女が付くと性器やテクニックがお互いに似てくる点だ。

性感帯や感じる愛撫法まで似るのである意味2人いても1パターンの進行ですむ。


しかしセックスしながらパソコン操作すると作業が進まない。また射精してしまった。

すぐペニスを引き抜いてフェラチオが襲ってくる。俺も弱くなったなと情けなくなる。

しかし2人は昼間制服姿を見ると将来美人になる可愛い可憐で真面目な女子高生だ。

通学電車の中でもスマホで遊ばず英単語を覚えたり俺の文学蔵書を読んでいる。

フェラチオは裏筋攻めやアナルなめ玉吸いまでされてやっとペニスが勃起した。

次回をオーラスにして貰おうと思う。自分の勉強もレポートが溜まってヤバイ状況だ。

2人の妹と眠られぬ夜

昨夜は3時を過ぎても寝付けなかった。妹達は自分の左右ですやすやと寝ていた。

暫く彼女達を眺めていたらレイプした時よりバストが確実に大きくなっていた。

また顔立ちも子供の殻を脱いで着実に美人の大人になって来たなと思った。

毎日見ていると気が付きにくいがこうしてじっくり見ると色っぽくなっている。

彼女達を見ていると股間のペニスに劣情が集まってきて固く勃起してしまった。

妹達はうちではショーツをはかない。右に横向けに寝ている先発の妹の背後に回った。

気が付かれない様にネグリジェの裾をあげて、お尻の女性器を丸出しにした。

陰裂をそっと開いてクリトリスと膣口を舐めて良く唾液を塗り付け挿入しやすくした。

驚いたことに熟睡しているはずの妹の膣口はポロポロと少量の愛液を流した。

ペニスが出した先汁を亀頭に良く広げ右手に持ち左手で女性器を開いてあてがった、

気が付かれない様に静かに腰を突き出して膣口に亀頭を沈めて行った。エロい光景だ。

そのまま側位でペニスを深刺ししてピストンをせず膣を楽しみ5分で射精して離れた。

左に横向きに寝ている後発の妹にも同じようにこっそりとセックスと射精をした。

今朝の6時半に妹達に膣内から精液が膣口に逆流してこっそり犯したのがばれた。

「お兄ちゃん。して下さるなら起こして下さい。」とクレームが来て騎乗位でそのまま

折檻された。上手になった腰振りとフェラチオで2発ずつ交わって非情に疲れた。

先程遅い朝食を食べた。2人のご機嫌は騎乗位セックスですっかりと治った。

洗面などを済ませたら今日もまた勉強を頑張ろうと思う。

2人の妹と朝立ち

うーん、今朝も朝立ちをしてしまった。早寝した2人の妹に見つけられてしまった。

「お兄ちゃん、今朝も立ってる」「ほんとだ、ねえ抜いてあげましょう。」「そうね」

という事でパジャマのズボンを下げられペニスを露出させられると妹がショーツだけ

脱いで俺の腰をまたぎおずおずとお尻を下げてきた。カチカチのペニスを片手にもって

自分の膣口に当てて、ずぶりと先端を飲むと根元まで腰を動かして結合角度を調節し

ペニスを入れてしまった。本当にズブリと言う感触で温かく柔らかい膣に包まれた。

妹は自分のクリトリスを俺の腹にこすりつける様にして腰を動かした。気持ち良い。

一発射精したが、まだ立っているのでもう1人の妹も同様に騎乗してきた。

同じ女子高生で似ている所の多い2人だが膣は味が全く違うのには驚いた。

しかし女子高生が自分の腰をまたいでペニスの上にしゃがみ込むのはエロい光景だ。

妹に結合部位を見せて欲しいというと膣にペニスが食い込んでいる所を見せてくれた。

気持ち良くなって我慢せず射精すると朝立ちは収まった。本当にピルで中出しは良い。

「お兄ちゃん、朝欲しくなったら言ってね」「私達ならいつでもOKよ」と言われた。

女子高生に犯して貰うのはエロくて本当に気持ち良いなと痛感した。

2人の自宅は埼玉県にある。学校まで1時間以上ラッシュと痴漢に耐えて通学だ。

俺の部屋は都心にある。学校まで20分。7時に出れば楽に座って通学できる。

そんなところも彼女達が俺の部屋に住み着いている理由の1つだ。

彼女達はスマホも持っているが言いつけ通り単語集を電車の中では覚えているらしい。

渡した単語例文集はかなり痛んでいて細いポストイットがいっぱいついている。

さて今日も妹達にセックスして貰って気分が良いので俺も一緒に早く通学しよう。

早朝の大学で自習しないと勉強が足りなくなる。うちの大学は学生に良く勉強させる。

2人の妹と古文の勉強

俺はボジョレーヌーヴォーをもって児童公園にたむろしていた不良女子高生に近づき

6人を酔わせて全員を青姦でレイプした。今日の様な少し暖かい日には思い出す。

そのレイプで手に入れた2人の女子高生と同棲して彼女達の勉強と躾を見ている。

彼女達は家出してしまう位の不良少女だが頭は良い。勉強法が間違っているだけだ。

文語文法と古語語彙をみっちり仕込んだら自分達で古典文学大系を読んでいる。

今朝は2人で源氏物語と格闘している。でも読解は正しいし何より読むのが早い。

源氏物語も第四十帖「幻」まで読み進めた。それで主人公の光源氏の女癖に怒った。

「光源氏って良い女と見ると見境ないわね」「お兄ちゃんでも私達だけなのに」

「まあ感想はともかく時代背景もあるのでその辺は研究が必要だ」と答えた。

11時になってセックスタイムになったので2人はそそくさと制服に着替えた。

ミニスカートの下からショーツだけ奪うと膣口を舐めて唾液で潤しペニスをさした。

後背位でお尻を捕まえて犯した。ピルが有るので生射精した。生は男女共気持ち良い。

「ああお兄ちゃんになってもらった日の快感を思い出すの。レイプされて良かった」

とうっとりした声で先発の子は言いディープキスを求めてきたのでこたえた。

今度は後発の妹のお尻を捕まえた。「早くショーツをとって」と言われて奪うと

愛液ですっかり女性器はベちゃりと潤んでいた。やはり後背位からペニスをさした。

2人とも全然愛撫もしていないのに大量の愛液を滴らせるとはと不思議に思った。

彼女達が言う様にあの時のレイプは俺の一方的な快楽ではなかったのかもしれない。

レイプした時の後背位が2人ともすっかりお気に入りになった。ペニスの挿入が

自然と深くなるので彼女達はGスポットよりもポルチオの方が先に開発されてきた。

今朝は後背位で2回ずつセックスして満足をして貰った。俺はどさくさ紛れに制服の

上から乳房の柔らかい感触が楽しめてなお良かった。2人とも真ん丸で大きな美乳だ。

2人の妹のバックからペニスで突いてよがり狂わせ白濁の子種を注込むのは最高だ。

ところで先日処女を奪った少女がとうとう「うずくようにお兄ちゃんが欲しい」と

メールを打ってきた。処女を奪った責任上、男として性感開発してやる義務がある。

「今夜は彼女を呼ぶよ」と言うと2人の妹は俺の気持ちを察してくれたようだ。

「でもみんな2回ずつしてね」とだけ言った。精液が厳しいが何とか頑張りたい。

今夜は彼女を呼んでまた2回だけ挿入してペニスの味を感じて貰おうと思った。

男の味を処女に教え込むセックス漬けには愛情と体力とテクニックが必要だ。

2人の妹とこれから・2

ワインの酔いを利用しレイプしたら2人の少女が家出し俺と同棲をして2週間になる。

学校も親も何もしないのが不気味だ。2週間必死で勉強して苦手教科を潰した。

規則正しく登校してくる彼女ら。成績が急伸した事を学校側は歓迎しているようだ。

通学定期券も「うちから最寄り駅ー学校」に変更したが学校側は完全に黙認している。

何だか成績が全ての偏差値至上主義に学校の教育体制が毒されている気がする。

彼女らの夢は高校卒業後専門学校に通って一流ホテルに就職し修行をして独立。

自分たち2人の洋菓子店を持つことだ。でもこれからも伸びるであろう成績を考えると

大学進学させてやりたい。そう思って菓子職人にルートのある大学を探しているが

これが無いのだ。自分たちの夢のために学歴無視の彼女らを尊重したい気分が半分。

大学で自由に学び青春時代に学問の哲学を身につけさせたい気持ちが半分。

その話を彼女らにすると「お兄ちゃんの進める進路にする。」と言い出した。

彼女達の高校は結構偏差値が高い。そこの教材をご褒美のセックスにつられこなす。

全教科の受験問題集で90点以上のA評価をとって2回の性交を楽しむ彼女ら。

このままあと1年成績が延びれ続ければ俺の大学の文1も射程に入ってくる。

世界大学ランキング30位とは言え国文学が好きな彼女らには最適といえよう。

不思議な事に彼女達の家はピル代の他に生活費に家庭教師代を出してくれる。

自分の娘がお尻を捕まえられ後背位からペニスを差し込まれ犯されても何も言わない。

もっとも最近は騎乗位の腰ふり習得に2人とも熱心だ。本当に彼女達はセンスが良い。

最近はロングストロークのテンポ良い逆ピストンの快楽に俺がイカされている。

「セックスが上手になってお兄ちゃんが私達から逃げられない様にするの。」と

恐ろしい事を言う。彼女らはピルを飲んでいるので膣内で精液の噴水をあげている。

「君達が楽しいセックスをしなさい」と言っても俺を他の女に取られないよう頑張る。

うっかり朝立ちも出来ない。それにしても彼女らの進路。これからの関係。子供など。

難しい問題が山積みだ。彼女らは頭とセンスが良い。これだけな無駄にでいない。

さて今夜もレベルの高い練習問題でAをとったので2回ずつセックスしてやろう。

彼女らのセックステクニックもレベルアップして女子大のヤリコンがかすんで見える。

2人はいつまで俺を「おにいちゃん」と呼んで付いて来てくれるのだろうか。

2人の妹

学校帰りに俺の部屋によると今朝言ったボジョレヌーヴォーの妹は夕方に来てくれた。

2人ともしょげていたので理由を聞くと進路指導室に呼ばれてお説教されたそうだ。

俺は「いやな事はすぐ忘れる。さあLet'sセックス。俺が忘れさせてやるぜ。」と

いうと2人は裸になった。ディープキスも安全なので舌を絡めて足の指からアナルまで

舐めて喜ばせた。で、必殺の女殺しクンニをたっぷり味わってもらった。

愛液まみれになった。でビデオカメラを取り出して1人に私簡単に使い方を教えると

もう1人とのセックスをいやらしく撮影するように言った。正常位でペニスを突っ込み

緩やかで淡々としたピストンをして彼女をハイにして、後背位に切替え理敏なペニスで

Gスポ、Pスポを探り当ててつつきイって貰った。彼女は全身を震わせて訳分らん事を

いうのでペニスをぐっと一段深くいれてドピューと射精した。

彼女が正気に戻ったところでポジションを変わり必死に撮影してくれた娘にも

必殺のクンニをテクニックに惜しむ所なくお見舞いして同様に犯し撮影して貰った。

クリトリスに舌を這わせると水道工事のように大量の愛液が出たので音を立て飲んだ。

また大量の精液がドピュと膣内に出た。朝セックスしても夕方には勢力回復できるのが

俺の売りだ。それから2人を色々な体位で犯しまくりドクドク精液を注込み続けた。

大人の体位やテクニックを教え込むと2人は「お兄ちゃま。」と猛烈に甘えてきた。

「大好き。もう離れない。」「今夜は泊めて。」と言って来たので近所の中華料理店に

行って夕食を食ってセックスしまくった。彼女たちは俺のスローセックスというか

遅漏気味セックスのペースがすっかり板についてしまった。

今はパソコンデスクについて1人と対抗座位セックスしながらこれを書いている。

ピストン出来ないので快楽は少ないが彼女はペニスを深く感じられ気に入ったようだ。

しかし女を随分犯してハメ撮りビデオを撮りまくったが1人とセックスしているのを

もう1人が裏ビデオ風に撮影してくれた3Pは初めてだ。彼女たちは仲が凄く良い。

俺を2人でシェアして妹に収まるつもりだ。しかしさすがに今夜は種切れだな。

そろそろ2人の性器を後始末してピロトークに移りたい。対抗座位セックス中の子に

射精したらおつもりにしよう。女子高生の美味しい膣と生セックスしながら

書き物すると文が滅茶苦茶になる。うお、もう出る。投稿できるか。

2人の姉ちゃんのパンツ

俺の姉ちゃん達のパンツを俺は毎日履いてます。
姉ちゃん達と3人暮らしなので、姉ちゃん以外の女はいないし。
もちろん両親は実家(青森県)にいます。埼玉で3LDKに3人姉弟で住んでます。
上の姉ちゃん28歳(名前はあけみ)。下の姉ちゃん24歳(名前はゆきみ)。俺21歳の大学生。
どっちの姉ちゃんもまあまあ美人かな?
不思議なもんで2人の姉ちゃんは身長も同じ。スタイルも同じ。
だから、お互いに洋服を貸し借りしてる。
で、俺は姉ちゃん達のパンツ(ショーツ)を借りてる。姉ちゃん達のパンツは俺の下着でもあるんだ。
姉ちゃん達公認だよ。
さすがに家の中だけでしか履かないけどね。
やっぱショーツって最高だ!肌触りいいし、ボクサーパンツみたいにゴワゴワ固くないし。
スルッと履けて、俺の物体もちゃんと収まる。
刀がが鞘にちゃんと入る感じみたいに落ち着くんだな。これが。
俺がショーツ履き始めたのは12歳の時。小6だ。
まだ青森の実家にいた。
間違って洗濯物の山積みから引っ張り出して履いてしまったのが最初。白い木綿のパンツだったし慌ててたから気が付かなかった。
俺当時はブリーフだったんだ。
「私のパンツがないよぉ!!どこいった?」ゆきみ姉ちゃんが洗濯物の山の中を探しまくってた。当時15歳の中3ね。
「あけみ姉さん、私の履いてるでしょ?」
「あんたの子供のパンツなんかはかないわよぉ。」あけみ姉ちゃん19歳。短大生。
「無いよぉ・・・どこいったんだろ?」
「下着ドロに盗まれたんじゃないの?」
「ええーー!いやーだ。でもなんであけみ姉さんの盗まれてないんだろ?」
「さあ・・わかんない。案外、子供のパンツフェチかもよ。盗ったやつ。」
まさか自分が履いてるなんて思わないし。俺も下着ドロに頭に来てた。姉ちゃん達の盗むなんて!!
しかし、寝るときにパジャマに着替えていて、ぎょっとした。俺が姉ちゃんのパンツ履いてた。
「ゆき姉~。ごめん!間違って僕が姉ちゃんのパンツ履いてた~。」部屋から大声で言ったんだわ。
2人の姉ちゃんが部屋に来て、俺の姿見て爆笑した。
あけみ「あはは!なにやってんのよぉ。ブリーフと間違えたんでしょ?」
俺「う、うん」
ゆきみ「いやーだ。変態。きもいわ。そのパンツ履けなくなっちゃったじゃない!」
あけみ「まあ、怒らないの。間違いは誰にでもあるって。」
俺「ごめんよ・・・僕のパンツあげるよ。」
ゆきみ「ばーか。あんたのパンツ貰ってもどうしようもないでしょ。」
あけみ「まあまあ。卓也、今度からは気を付けるのよ?」

で、まあその日は終わった。
姉ちゃん達にはこの事件はけっこうインパクトあったみたい。
そして数年たって、3人とも東京へとなって埼玉に住んだんだ。あけみ、ゆきみ、俺の順に東京へ。
で、3人暮らし始めた。
まさか、ここでショーツ履く生活が来るなんて思いもしなかった。
事の発端はあけみ姉ちゃんが酔っ払って帰って来た時のことだった。
あけみ姉ちゃんが酔ってけっつまづいて、リビングに入った瞬間大でんぐり返しをやってしまった。
スカートまくれ上がって、Tバック黒ショーツ丸見えになった。
「姉ちゃん・・・パンツ丸見え~ケツも丸見え~!Tバック~!!」俺爆笑。
ゆきみ「お姉ちゃん!何やってんのよ!丸見えよ!」
あけみ「へへへ・・・いいじゃない。兄妹なんだし。ほらっ!まるみーえ~」
いきなりあけみ姉ちゃんがスカート脱いだ!下半身丸出し。
ゆきみ「ちょっと!あけみ姉ちゃん!」
俺「ひえー!!・・・ああ!!あけみ姉ちゃん・・・マン筋丸見えやんか!!」
あけみ「え?・・・だめー!みちゃだめーーー!」
あけみ姉ちゃんはリビングの隣の自分の部屋に駆け込んでしまった。
俺「ゆき姉・・・あけみ姉ちゃん大丈夫か?」
ゆきみ「はぁ~(ため息)。卓也、あんたラッキーって思ったでしょ?」
俺「え?・・・えへへ・・・まあね。」
ゆきみ「あんたさぁ、お姉ちゃんの見て嬉しいの?変態!!」
俺「だって・・あそこは姉ちゃんでも女だろ?そりゃあ、見えたら嬉しくもなるって。」
ゆきみ「ふーん。あっそ。あんた、昔私のパンツ履いたもんね。」
俺「その話・・・またかよぉ。悪かったって。」
ゆきみ「どーだかね。まさか、あの後も履いたりしてんじゃないの?」
俺「あほ!そんな趣味無いぞ!」
振り返ったらあけみ姉ちゃんが下半身丸出し(黒Tバック姿)で立ってた。
ニヤリと笑って俺を見た。
何かを手に持ってた・・・ショーツを数枚。
何?なんだ?なんだ?
ゆき姉も目をパチパチさせて驚いてた。
いきなりだった。
あけみ「卓也、ズボンとパンツ脱ぎな。」
俺「え?え?」
あけみ「早くぅ。脱ぎなさい!」
なんだか命令口調で、やばいと思った。しぶしぶ脱いだ。
あけみ「ほらあ、パンツも!!」
ゆきみ「お姉ちゃん?なに?なにすんの?」
あけみ「いいから見てて。面白いもの見せてあげる。」
俺パンツも脱いだ。あけみ姉ちゃんが俺にショーツを1枚握らせた。
あけみ「履いてみ。ショーツ。」
ゆきみ「えええ~!!なんで!!」
俺「・・・・・どした?」
あけみ「卓也、笑った罰よ。姉ちゃんの大事なとこ見たし。早く!履いてみなって!!」
もう、有無言わせない雰囲気で怖くなった。しかたなくショーツ履いた。
ピンクのフリフリショーツだったのを覚えてる。股間が膨らんじゃって・・・
あけみ「ぎゃははは!履いたねぇ~。似合うじゃないの!」
ゆきみ「ひゃあーーー!!ウソッ!!・・・た、卓也・・・あんた、プッ!ププ!ぎゃははは!」
2人の姉が大爆笑。俺は、ショーツ履いた股間を見おろして情けなくなった。
ゆきみ「卓也ったらぁ・・・。でも案外似合うじゃない。面白――い。」
あけみ「卓也さ、これからはショーツ履いて家で過ごしなさい。きまり!!」
俺「っざけんな!!履けるわけないだろ!」
ゆきみ「いいじゃん。あんた昔履いたことあるし。あれが始まりだったんだわね。」
あけみ「怒らないの。別にいいじゃない。パンツなんだから。はい。今度これ履いてみな。」
青いTバック・・・
履けるかよぉ・・・
でも、観念して履いた。ちょっとケツに食い込んでたが。
あけみ「ふふふ・・・えろーい!!すてきーーー!!卓也君!!」
ゆきみ姉ちゃんは涙流して大爆笑。

で、結局姉ちゃん達のショーツを毎日履くことになってしまった。
履きなれると履き心地の良さにはまった。
俺から姉ちゃんに貸してっていくことが増えた。
あけみ「卓也、ショーツ好きなの?」
俺「こんなに履き心地いいパンツなんて男物にはないよ。」
ゆきみ「ふーん、そうなんだね。」

変な話ですが、姉たちとこんな生活してます。
ショーツは女だけの物じゃないって言えますね。男にもあってもいい物だと思ってます。
きっかけは変ですが、お尻も包んでくれるし、タマタマもサオもしっかり入るし。
蒸れない、暑くない。夏なんか涼しい感じで、タマタマを冷やしてくれる感じです。
もう、やめられなくなりました。
いけないことですが・・・。

22歳OL。新規営業中に野〇ソ。

昨年初夏の話です。
大学を卒業し就職した先は営業職。
厳しかった研修期間を終え、初めての一人営業。
営業といっても、アポイント先で契約を遂行してくるだけの仕事。
とは言っても初営業。
緊張感を持ち、事前に契約場所の下見もすましていました。
最寄駅から徒歩25分。
万全の態勢で出発したはずでしたが、思わぬ計算違いが…。

物心ついたころから便秘症の私。
そもそもの排便が3日に1度程度。
月に1度程度5日目に突入してしまう日があり、その日は市販の便秘薬を服用。
すると、翌朝かなり厳しい腹痛に見舞われ、20分程かけて5日分の便を出し切ります。
量もかなりの量になるため、途中で2度ほど水洗。
これをし忘れ、トイレを詰まらせたことが何度か。

初営業日の2日前、まさに便秘5日目。
当然のようにいつもの市販薬を寝る前に服用。
翌朝、トイレに腰掛けるも全くもよおす気配なし。
仕方なくそのまま出勤するも、結局夜まで排便は見られず。
こんな事、初めての事態でしたが、翌日に控える初営業のことを考え、追加で薬を飲むのは控えました。

で、営業当日。
結局朝も出るものが出ず、途中でもよおした事を想いかなり早めに家を出る。
営業先の最寄り駅についたのは約束時間の1時間前。
とりあえずトイレに腰かけ、最後の挑戦をするも10分経っても気配がなくあきらめる。

駅を出て歩き出して10分後、嫌な気配がお腹を襲う。
その1~2分後には確信に変わり、出さざるを得ない状況に。
営業先でトイレを借りることも考えましたが、初営業でトイレに20分籠るのもどんな印象を与えるかわからないと心配になり、どこかにトイレが借りれるような場所はなかったかと頭を巡らせる。
駅まで戻るには時間が足りない。
考えているうちに、この先に公園があったことを思い出し、公衆トイレで用を足そうとやや速足で公園へ。

公園へつき、冷汗が脂汗に代わりました。
トイレがない。
もう出す気満々で歩いてきていたため、まったく我慢できない状況。
私の視線は公園内の死角へ。
少しでも周りから見えなさそうな木に囲まれた一角を見つけると、そこまで一直線に歩きました。
ポイントについた時には、少し便が出てきているのを感じており、ひざ丈のスカートを捲り上げると、ストッキングとショーツを纏めておろし中腰になった瞬間、大きな排泄音とともに大量の便が出てきました。
すぐにでも終わらせたいところですが、ここはいつも通り激しい腹痛とともにとめどない排便が続きます。
トイレと違い穴のない場所への排便のため、そのままの場所で排泄を続けると便が臀部にあたってしまうため少しずつ前方に歩きながらの排泄です。
パンプスを汚さないように気を付けているため、かなり大股でお尻を浮かし前方に歩いている状況。
今思い出しても辛すぎます。

結局終わるまでにいつも通りの20分を要し、さらにショーツとストッキングにも便が付着していたため、その場に脱ぎ捨てていきました。

何とか営業にも間に合い、契約も頂きましたが、私にとって一生忘れることのないであろう1日になりました。

19歳ロシア少女との5日間(その3)

その1、その2の続きです。
海外出張していたためアップが遅くなりました。

ダニカとの残り2日間。燃え尽きるようなセックスをしました
目が覚めるとダニカが僕に抱き着くようにして熟睡中。朝7時。
ダニカの体は温かい。お互いにパンツ、ショーツ1枚だが部屋も暖かいからぐっすり寝れた。
可愛い寝顔見てたら幸せでした。ダニカの髪を撫でながらキスして。
「フーーン」ダニカが寝返り。「ダニカ、ドーヴラエ・ウートラ(おはよう)」そっと耳にささやいた。
ダニカがモゾモゾしてゆっくり目を開けた。「ノリオ」抱き着いてきてキスして「ドーヴラエ・ウートラ」僕の顔を撫でてきた
ダニカが甘えて僕の上に乗って何度もキスしてきた。
ダニカが右手で僕のパンツの上に手を置いて朝立ちのペニスを握ってきた。
「今日も元気ね?」どうする?って目で見つめてきた。
「ダニカ今日はいいよ。起きないと。出かけよう?ダニカとデートしたい。」
ダニカはちらっと時計見て「まだ7時過ぎよ?もう少しベッドにいたいの。」
「ダニカは甘えん坊だな?」
「ノリオだって。」
ダニカが僕の勃起したペニスの竿に自分の股間にあててゆっくり擦ってきた。
ダニカが両手で僕のパンツをずり降ろしてペニスを出した。亀頭を触って。
ベッドサイドの小さいテーブルに置いてあるコンドームを取ると僕を見つめてクスッと笑ってモゾモゾ布団に潜り込んでペニスに装着。
しかも口にコンドームを咥えて被せてくれた。
舌で亀頭を抑えつけて空気を抜きながら根本まで被せてくれた。
布団から顔をだして自分のショーツも脱ぎ捨てて僕の上に被さって、ダニカが自分でペニスを膣口にあててゆっくり中に入れてくれた。
ダニカの膣内へ飲みこまれて、柔らかい肉に包まれるのを感じながらダニカを見つめた。
根本まで入り込み、亀頭が奥の壁に当たる。
「ハァ~、ノリオ、いいわあ。ゆっくり動いていいでしょ?感じたいのノリオの固いのを。」
僕は黙って頷いてダニカの背中に腕を回して抱きしめた。ダニカは僕の胸に顔を乗せてゆっくり腰を動かしてた。
さすがに朝から激しくはならないなあ。目が覚めたばかりだから、体も目が覚めてないし。
じゃれるみたいな大人しいセックスもゆったりした気持ちになります。
ダニカはもう一度根本まで深く入れるとため息みたいに息を履いてそのまま止まった。
ダニカの髪を撫でながらダニカの中の動きを感じて。
「ノリオ、私、ノリオだけよ。他に恋人作らないでね?」「できないよ。ダニカだけだもん。」
動かずにじっとしてた。
ダニカの中がうねる。断続的にペニスを締めてきた。ダニカは小さく呼吸を繰り返して腰をグラインドさせてきた。ダニカにまかせるように僕はじっとしてた。
そのまましばらくして射精感がでてきた。僕の股間が濡れてる。そう、ダニカのジュース。きっとかなり漏れ出てる。
ダニカが小さく喘ぎ声をだして腰がゆっくりグラインドし始めて、中も動きだしてうねるようにペニスを締めてきた。
僕も動いてしまった。
「ノリオ、ストーイ・・・ストーイ」小さくささいた。動かないで・・・。
ストーイは英語のストップ。止まってってこと。
ダニカにまかせて僕はじっとしてました。
徐々に締りがきつくなってきた。ダニカの呼吸も荒くなって。
僕のほうが我慢できない。玉がキュッと上に上がる。竿がダニカの中でピクン、ピクン動いて射精寸前。
「ノリオ、出して。出して。たくさん頂戴」
ダニカが腰を前後に動かした。
「ウッ!」僕はうめいて、射精した。ドクン!と射精しているとダニカの膣が絞るように閉まって「クッ!」ダニカが僕の上で硬直して震えながら昇天。
膣がギュウギュウ締めてきて射精の勢いが増した。ダニカを抱きしめながら射精の快感を楽しんだ。僕の脈打つ動きに合わせるように膣が締まった。
ダニカが自分でやっているのではなく僕のペニスに反応して膣内が勝手に動いているって言ってたけど。
ダニカの髪を撫でながら余韻にひたってた。
「ノリオ、止まらなかったね?すごいわあ。」
「朝からたくさんだね。ダニカ、君の体は不思議だよ。僕とぴったり合うんだもん。」
「私も思ってた。ノリオと私ってぴったりって。」
抱きしめあってキスして。
「ダニカそろそろ起きようか。もう8時になるよ。」
「うん。じゃあ抜くわね?」ゆっくりダニカが腰を上げてペニスを抜いた。
コンドームの中には大量の白い液体が。ダニカは感心しながら取ってティッシュで拭いてくれた。
「ノリオってもしかして精力の塊かしら?何回でもできそうな感じ。」
「あはは。いくらなんでも無理だよ。昨日だって3回が限界だったんだから。」
「でも朝には復活してるじゃない?」
「まあね。ダニカはそういう男は嫌いかな?」
「え?ううん、好き。だって、たくさん愛してくれそうだもん。」
「わかった。たくさん愛してあげる。これからも。」
そんなこと話してシャワーでお互いを綺麗に洗った。服着て出かける準備して。
ダニカは会社に連絡して休暇を貰った。
これで、今日も明日もダニカと一緒だ。
パソコン借りてネットでプーシキン美術館を検索。モスクワにある展示品世界第2位の巨大な美術館です。
が、月曜日は休館日だった。
「ノリオ、ねえ映画観に行かない?」
「そうだな。じゃあモスクワまで行って映画見ようか。」
「うん。ポドリスクじゃ誰かに会いそうだし。会社休んでるのに。」
「そうだな。」
ダニカ手作りの朝食を食べて。支度して出かけた。
ポドリスクからモスクワまで車で1時間弱。ダニカに運転を任せた。ダニカの運転は安全運転だ。スピード出し過ぎないし、むちゃなことはしない。
「ノリオ運転してみる?」
「国際免許もってるからいいけど。ダニカの車に傷つけたらまずからな。」
「大丈夫よ。帰りはノリオ運転して?私助手席でノリオを見ていたいわ。」
そして、クリスマスの話になった。
もうじきクリスマス。と言っても12月24日、25日ではない。
1月7日なのです。グレゴリオ暦とユリウス暦の違いでこうなった。ロシアはユリウス暦なので。
クリスマスよりも新年が一大行事!!モスクワ市内もイルミネーションとか盛大に飾り付けして祝う。
今日は12月15日。
ダニカにクリスマスはどうするか聞いた。年越しは実家にいくとのこと。
「ノリオも一緒に来ない?パパ、ママに紹介するわ。」
「え!でも日本人が行って大丈夫?」
「大丈夫よ。日本人大歓迎だから。」と言って笑った。
「なんで?日本人歓迎なの?なんか理由あるのかな?」
聞いたら父親の勤める会社で日本人が何人もいて勤勉、まじめなところが気に入ったらしく、日本人びいきになったそうな。
まあ、そういうことなら問題なさそうだ。ダニカの言葉に甘えて実家に行くことにした。
12月30日~1月8日までの10日間はロシアでは年末年始の休暇として休みになります。
10日間ね。日本みたいに年末年始も仕事なんてことはまず無い。絶対に休みになるから。
こういうところは日本はだめだなと思います。休暇を楽しむのがへたくそ。
映画館について。何見ようか?
「ノリオ。私、ホビット観たい。」
「ロード・オブ・ザ・リングのホビットだよね?」
「そう!私もロード・オブ・ザ・リングロードを全部観たの。ホビット族大好きになっちゃった。ねえ、オーランド・ブルームもホビットに出演してるわよ。」
「オーランドが好きなの?」
「うん。大ファンよ!オーランドかっこいい!」もうダニカは少女のように目をキラキラさせてオーランド・ブルームのことを話してた。
可愛いと言うか子供みたいだった。
ロシアでハリウッド映画? まあ、ロシア語字幕です。英語も堪能なロシア人は多いのでどっちでも問題なく見れます。
僕も英語、ロシア語はOKなので。ダニカも英語は問題なしって言ってました。
イントーネーションはロシアっぽいけど英語もペラペラ。
そして、映画を観終わって。お昼すぎてたので近くのレストランで昼食。
寒いと言っても日中帯は防寒してればそれほどでもないですよ。
ご飯食べて、デパートへ。エブロベイスキーという名前のデパートです。日本でもロシア通の人知ってるかな?
グム百貨店のほうが観光客が多いですよ。たいがい日本人観光客はこっちに行きます。
ダニカとウインドウショッピング。デパート内は日本のデパートとさして変わりません。
デコレーションは日本より凝ってますよ。
「ダニカ、何か君にプレゼントしたいな。何か欲しいものある?」
「え!嬉しい!でもいいの?」
「うん。ダニカと出会えた記念だ。」
ダニカはブランド物を選ぶかと思いきや。全然違った。
結局買ったのはシャツ(ブラウス)1枚。そんなのでいいのか疑問だったけど。
「ねえ、ダニカ。アクセサリーとかでもいいんだよ?」
「ううん。私着るものが欲しいから。」
「でも。こんな安物でいいのかい?」
「値段じゃないの。似合うどうかだし。」
「あ!ピアスは?ここの。」僕はダニカのへそに手を置いた。
「え?それはイヤ。だって、ピアスは自分で探すから。ノリオがプレゼントしてくれるものは普段も使えるものがいいの。洋服なら着たらノリオと一緒にいられる気がするもん。」
そんなこともあり、会社に着ていく服が欲しいってことでシャツに決定。
ダニカは凄く喜んでくれた。
3時を少しまわってた。そろそろ帰ろうかとなり駐車場へ。
「ノリオ運転してみて?ノリオの運転見て見たい。」
「さっきの約束どおりだね。じゃあカーナビまかせで行くかな?」
僕もどちらかというと安全運転だから。
帰りはダニカが助手席でのんびりしてた。膝の上にプレゼントのシャツが入った紙袋を大切そうに置いて。僕の膝に手を置いたり、僕の顔を撫でてきたり。
そして、股間に手を置いて
「家に着いたら、ノリオのこれ欲しいの。いいでしょ?」
「いいけど。昼間から?」
「だって、明日ノリオは帰っちゃうから。」
「明日は夜戻ればいいから大丈夫。ダニカと2日間たっぷり過ごせるよ。」
「わあ!!嬉しい!でも帰ったら1回だけ頂戴?いいでしょ?いいでしょ?」
子供みたいにねだってきた。僕のペニスを握ったり擦ったりしながら。もちろんGパンの上からだけど。
「ダニカ、危ないから手をどかしてくれる?」
「ニェット(嫌)・・・置いておくだけならいいでしょ?」
「ははは、けっこうスティエルヴァかな?ダニカは。あははは!」
「まあ!!ひどい!私そんなんじゃないわ。ただ、ノリオに触れていたいからなのに。」
スティエルヴァ=雌犬、淫乱な女性という意味です。まああまり良い意味ではありません。冗談っぽく笑って言わないと喧嘩になります。
それに気心知れてからじゃないと完全にプッツンされますよ。ひっぱたかれても文句言えない。英語のビッチに近い感じかな。
アパートに到着。寒いから急いで部屋に飛び込んだ。
部屋はポカポカ。セントラルヒーティングのおかげとはいえ日本とえらい違いだ。日本の冬のほうが正直寒い。
ラフな格好でソファに座った。ダニカはシャワーを浴びに行った。
そういえば帰宅したら1回やるんだっけ?
僕もシャワー浴びないとまずいかな?ダニカが出たら軽く流して、あ!息子はきちんと洗わないとね。
「ダニカ、僕もシャワー浴びたいから出たら教えてね。」「ダー!わかったわ。」
ダー=イエス。
ダニカがバスタオル巻いて出てきた。
「ノリオ、いいわよ。」「スパシーヴァ。(ありがとう)」
僕も服を脱いでシャワー。汗かいているわけじゃないが顔、体、息子とざっと洗った。
10分ぐらい。バスタオル腰に巻いて。僕もパンツを履きかえてTシャツ、Gパン。
Gパンを履こうとしたらダニカが後ろから抱き着いてパンツの上からペニスと玉を包むように握って「Gパンは履かなくていいでしょ?邪魔だもん。」
そのまま後ろから抱き着きながらパンツの上から揉んできた。ダニカは白いブラとショーツ姿だった。早くも臨戦態勢。
「ノリオのまだ柔らかい。ノリオのボールって大きいわ。だからたくさん出るのね?」
「あはは。いつも固かったら大変だよ。射精量が玉の大きさに比例するかはわからないなあ。」
「じゃあ、今は固くしないとね?大きく固く元気になってね?」
「ねえダニカ、お願いがあるんだ。ダニカの中にコンドーム無しで入りたい。そしてダニカの中に僕の愛を直接注ぎたい。だめかな?」
ダニカが一瞬きょとんとした。
「それって、中で射精したいってことよね?えーと、いいけど。生理終わったのは・・・あ、大丈夫だわ。」
「ほんとに?いいんだね?」
「うん。でも、なんかドキドキしちゃうわ。ノリオのペニスがそのまま入ってくるなんて。それに私の中で射精しちゃうなんて。ねえ、赤ちゃんできないよね?ノリオは性病ないでしょ?」
「うん。病気なんかないよ。ダニカ、安全日なんでしょ大丈夫だよ?それに妊娠ってそう簡単にできないから。」
「たしかにね。学校で性教育の授業で散々教わったし。ノリオ、いいわ。来て?その代り3回してね?」
ダニカがだきついたまま玉揉みしていたが僕はダニカを引きずるようにソファに向かった。
「そっちじゃないわ。こっちよ。」ダニカがペニスを右側に引っ張った。「いてて!!」
ペニスを向けた先は・・・当然寝室だ。
「ダニカ、痛いよ。ひっぱらないで。」
「だってぇ。ノリオわかってくれないんだもの。」
ダニカに玉揉みされながら寝室に向かった。寝室の入口でクルリと振り向いてダニカを抱きしめ、そのまま抱きかかえて、ダニカのショーツを引きづり下した。
「ニーェット?!ニェット!!離して。降ろして。」笑いながら足をバタバタさせたが、ダニカのショーツを膝まで降ろした。
ニェットはダメ、イヤってこと。
ベッドについてダニカを降ろした。ダニカがゴロンとベッドにひっくり返って勢い余ってマングリ返しスタイルになった。
すかさず僕はダニカの股間に顔を入れてクンニした。
「オオオーウ!ノリオ!いきなり?」
「早く入りたいんだ。ダニカのここにね。ジュルジュル・・・ジュル」
「オーウ!オーウ!そんな・・・待って。」
「頼む。コンドーム無しで1回させてくれ。」
ダニカは猛烈なクンニに抵抗できずにすぐに悶え始めた。ショーツを取って両足を掴んで大開脚させて僕はヴァギナを口いっぱいに頬張った。
舌を動かしまくって、膣口を吸ってジュースを飲んだ。
あっという間にダニカのヴァギナはウエルカム状態。
ダニカをマングリ返しのまま片手で抑えて、僕もパンツを脱いだ。そのままダニカに被さるようにして、亀頭が膣口に当たってるのを確認してから一気にダニカの中に沈めた。
「オーーーーーウ!固い!固いのーーー!」
「いいだろ?好きだろ?ダニカの中に僕のがそのまま入ってるよ。」
「オウ!いいわあ!素敵よー!オウ!アーン!アーン!アン!アン!アン!」
ダニカの中を生で感じた。感じながら腰を振り続けた。
ダニカの中が締まる。亀頭にダニカの肉ひだやツブツブ感や突起など直に擦れてたまらなかった。
入れてわずか数分だったと思う。
「ダニカ、だめだ!」ダニカを抱きしめてペニスを根本まで突き入れて一気に射精した。
「オオオーウ!熱い!熱いわ!ア!アアアーー!」だダニカがエビぞると昇天。
膣が締まって亀頭を包み込んだ。ブシュ!ブシュ!っと精液が膣内に飛び出してるのを感じた。
ダニカとのセックスの中で最高に気持ち良かった時でした。生でお互いのものを感じあえた喜びでした。ダニカの中でまだ小さくドクンと動いて残りの精液を送り出しながら話した。
「ダニカ、すまない。我慢できなかった。」
「はあ、はあ、私も。お腹が温かいの。まだ出てるの?」
ダニカは精液の温かさを感じてニッコリ微笑んでた。
「お願いノリオ。今日はコンドーム無しでたくさん愛して。」
「そうだね。ダニカの中に全部出してあげる。来週末までダニカに会えないもんな。」
「一週間が待ち遠しいわ。ノリオに愛されたい。たくさん。」
「ちょっと待ってね。1回抜くね?」
「トイレ行ってきてもいい?」
僕はダニカからペニスを抜いた。ダニカは手のひらで股間を塞ぐとトイレに行って。
僕もベタベタになったペニスをティッシュでふいた。パンツ履かずにベッドに仰向けにひっくり返って幸せな余韻に浸った。
目をつぶって深呼吸した。ダニカが戻ってきた。僕は目をつぶったままでいた。
「ノリオ、寝ちゃったの?起こしちゃうから」と笑い声が聞こえて、いきなりペニスを咥えた。
思わず目を開けた。ダニカが小さくなったペニスを根本まで咥えながら僕を見上げてた。
「ダニカ、ちょっと休憩したい。寝ていたんじゃないよ。」
「ほんとう?なら許してあげる。」ダニカが僕の上を滑るように上がってきて首に腕を回して抱き着いた。
「ノリオとずっとこうしていたいわ。ノリオとくっついていたい。」
ダニカの背中を撫でながら、しゃべるダニカを見つめた。
とっくに日が暮れてて時計みたら7時過ぎてた。
「ダニカお腹空かない?もう7時だ。」
「あら本当だわ。お腹すくはずよね?じゃあ、食事作るわ。」ダニカが起き上がって僕の腕をつかむと起こしてくれた。
そのまま二人とも素っ裸でリビングへ。ダニカは裸のままエプロンつけて。
「ねえ、下着だけでも着ようよ。」
「そうね。」
さすがに裸のままはね。
そして、夕食作って、一緒に食べて。最後の夜を楽しんだ。
TVでドラマが始まった。10時になってしまった。
「ねえノリオ。そろそろいいでしょ?」ダニカがパンツの上からペニスをやさしく撫でてねだってきた。
「じゃあシャワー浴びようか?」「うん。ちょっと片付けちゃうわね。」
ダニカが食器を洗って片付けた。
終わってダニカがソファに座っている僕に抱き着いて「シャワーいこう?」
バスルームに入ってお互いに抱きしめあいながらシャワーを浴びた。もちろんボディーシャンプーで洗いっこして。
お互いの体を念入りに洗った。僕のペニスを5分ぐらいかけて綺麗にしてくれた。
シャワーでソープを流して。バスタオルでお互いに拭きあって。
新しいパンツに履き替えて寝室に行くと、ダニカが下着を選んでいるところだった。
「オウ!ノリオ。まだ来ないで。リビングで待ってて。」
「ダニカ、我慢できないよ。」
「お願い。待ってて。」
リビングでダニカが来るのを待った。
10分ほどでダニカが挑発的なストロベリーピンクのブラ・ショーツで来た。
「これ、どう?」と言いながら僕の前でクルリと回った。ショーツはTバック。
僕はわざと興味無いようにダニカを見ないでいた。
「ニェット!ノリオ見て。」ちょっとムッとした顔だった。
笑ってしまった。「わざと見ないふりしたんだよ。セクシーすぎるから。」
「ほんとう?セクシー?ノリオは好き?」
「ダニカのセクシーな姿は大好きだよ。こっちおいで。」
ソファに座っている僕の前に立った。僕はダニカのおへそにキスして引き寄せた。
「ノリオ、今晩はたくさん愛してね。」
立ち上がってダニカを抱きしめて寝室へ移動。僕がベッドに仰向けでゴロリとした。
ダニカは僕を跨いで僕の下腹部に座って。お互いのパンツ越しだがダニカはペニスに自分の股間をこすり付けてきた。腰をグラインドさせて誘ってきた。すでにダニカの呼吸は少し荒かった。はあ、はあ言ってた。
ダニカの腰を掴んで僕の上に被さるようにした。お互い密着。
そのままディープキス。ねっとり、じっくりお互いの唾液を送り合って飲んで舌を絡めて吸い続けた。
呼吸困難になるくらいキスした。
ダニカの腰がゆっくりくねり始めて、キスだけでかなり感じてるのがわかった。
唇を離して「ノリオ、いやらしい・・・でも好き。もっといやらしくして?私を何度もいかせて欲しいの。」潤んだ目で話した。
ダニカを起こして対面座位にした。
ブラの上からおっぱいに吸い付いて、揉みまくった。
ブラは僕のよだれでグショグショ。でも構わなかった。ダニカを思い切り乱して、みだらにしてやりたくてむちゃくちゃむしゃぶりついてしまった。
「ニェット!ニェット!ノリオ乱暴すぎる・・・痛い、痛いの。」
力を緩めてブラ紐を肩からずらしておっぱいを丸出しにして乳首を美でつまんで・・すでに勃起してコリコリとなった乳首。おっぱい全体を揉みながら吸いついて舐めた。
ダニカが奇声を上げてのけぞる。
軽く乳首を甘噛み。「アウ。アーウ!ニェット!ニェット!噛まないでぇ!お願い、優しくして・・怖い、ノリオ怖い!」
拒絶反応で我に返った。
「ダニカ、ごめん。無茶苦茶にしたくて」
「乱暴はやめて。ノリオ。どうしたの?」ダニカは僕の股間に自分の股間を擦り付けながら抱きついて言った。
「ダニカと離れたくない。1週間会えないと思ったら僕のものだけにもっとしたくなった。」
「うん。大丈夫よ。ノリオ。私はここにいるわ。いつでもノリオに会えるわ。」
「ダニカ、他の男のところにいかないでくれ。お願いだ。」
「ノリオも約束よ。」
もう一度ダニカのおっぱいにしゃぶりついた。今度は優しく。でも時には強く。
ダニカの背中に手を回して背中を撫でまくった。スベスベの素肌。
「ダニカ、入れさせてくれ。我慢でいきない。」
「うん。じゃあ、どうする?」
「バックから。ダニカの中深く入りたい。」
「わかったわ。」そう言うとダニカは僕にお尻を向けて四つん這いになった。
ストロベリーピンクのショーツのお尻を見た瞬間、ダニカのお尻を抱えてヴァギナに吸い付いた。ショーツの上から吸ったり舐めたり匂い嗅いだり。
「ノリオったら・・・。いいわ。舐めて。愛して。」
結構な時間しゃぶりついていた。ダニカの股間は唾液とダニカのジュースでグショグショグショに濡れてしまった。ショーツを引きずりおろすように脱がして、ダニカのヴァギナを左右に開いて中を食い入るように見つめた。膣口からはジュースが滲み湧き出してた。
ヒクヒクと動くたびにジワリジワリとジュースがたれていた。
「ダニカ入れるよ?」
「うん。来て。」
パンツを脱いで完全勃起のペニスを膣口に当てる。
ダニカのお尻を両手で抱えると腰を前に突き出した。ズッポリ根本まで挿入。
「オーーーーウ!」ダニカが四つん這いでのけぞった。表情は見えないが歓喜の声だ。
ズッポリ入っていたが、僕は下腹部をさらに押し付けて密着させた。
ダニカの子宮口に亀頭先端が少し潜り込むのがわかった。
スキンなしの生挿入だ。
ダニカの肩を掴んで起こした。背面座位。ダニカが僕の腿の上に座る。
後ろからダニカのおっぱいを両手で揉んだ。
ダニカが振り返って「ノリオ・・すごいわ。奥まで入って子宮に刺さってるの感じる。」
「痛いかい?」
「ちょっとね。ノリオ動かないでね。きっともっと痛いから。」
そのまま背面から抱きしめてダニカとむさぼるようにディープキスしながらおっぱいを揉みまくる。
ダニカの腰がゆっくりグラインドし始めた。円を描いて動く。
ダニカが感じてる証拠。
「ハア、ムムーム、ハア、ハアーン、アン、いいの。ノリオのいいわ。」
悶えるダニカが腰を前後にゆっくり動かして、もっと感じたいという動きになった。
僕はじっとしてダニカにまかせた。
ダニカの背中を舐めて。ふと見るとダニカは自分クリトリスを触ってた。
「気持ちいいんだろ?僕がしてあげる。」ダニカの股間にある手をどかして、僕が背面からクリを撫でた。
「ハアーーーーン!ハンハン!」のけぞって喜ぶダニカ。そのまま刺激を与え続けた。
合体して15分ほど。ダニカの腰の動きが激しくなった。
前後左右にクネクネ動く。子宮口が亀頭先端を包み込んで締めるよう吸いこむような動きに変わってきた。
僕も刺激にガマンできなくなってきた。
「オウ!オウ!アン!アン!アン!アーウ!アン!・・・ノリオ、アン!アン!出して!アン!ノリオの頂戴!」
ダニカの動きが早くなる。ダニカの腰に腕を回して抱きしめて離れないようにした。
最後に僕は下から突き上げてダニカの中に一気に射精!
「オーーーーーー!」ダニカが声を上げてイッた。
締めつけられながら体内に射精を続けた。きっと全部子宮内に放出していると思いながら出し続けた。
ダニカがキスを求めてきたのでそのままディープキス。
「ノリオ・・・凄いの。全部中に出たのわかるわ。お腹が熱いもの。」
「はあはあ。ダニカ、最高だった。もっともっと出したい。」
背面座位のまま抱き合って休憩。僕のペニスが小さくなったがダニカの中に入ったままだ。
ダニカがゆっくり腰を上下に動かす。僕のが抜けないようにして刺激を与えてきた。
「ダニカ、抜かないで。」
「うん。私も入れたままにしたいの。ノリオをたくさん感じたいから。」
少ししてペニスが元気に再勃起。ダニカの子宮口に亀頭が当たった。
「ダニカ、そのまま前に倒れてうつぶせになって。」
ゆっくり抜けないように体位を変えた。うつぶせのダニカの上に僕が乗ってゆっくりピストンした。
ダニカの口からため息が漏れた。
そして、ダニカを横向きに寝かせて即位で。僕は起きるとダニカの片方の腿の上に軽く座って、片方の足をまげて抱えた。
そのままゆっくり前後に腰を動かした。
膣内のペニスのあたる場所が変わって、亀頭にザラザラ感を感じた。ダニカの膣壁の側面を擦る感じだったから。
気持ち良くて、早くも射精感がジワジワ出てきてしまった。
「ダニカ、またでちゃいそうだ。」
「ハアー、ハア、もう?早いわね?」
「ダニカのここ・・ック。気持ち良すぎる。」こすり付けながら感じたことを言った。
「ノリオ止まって。まだいかないで。私も一緒、一緒よ。」
「うん。」
そのまま止まってダニカの中を感じた。膣壁がうねるように動いてた。波が動くような感じで僕のペニスを包み込む。
「ダニカ凄いよ、中が。うねってる。クッ!ほんとに凄い。」
「私もなんか変。今までと違うの。ノリオの固さが凄くわかる。固いわ。ほんとに。」
二人ともそのままの体制でしばらくいた。
僕は何度か射精感がこみあげたが、何とか我慢した、ダニカの腰の動きを見ながらおっぱいを揉んで必死に耐えた。
ダニカの喘ぎ声が大きくなる。横向きでのけぞる。のけぞるたびに中でペニスが擦れる。
膣内が反る感じになる。動かなくても十分気持ちが良かった。
我慢に我慢して、4回射精感をこらえました。逝きたくなかったから。ダニカの中にずっといたかったから。
ダニカが喘ぎながら腰を器用にグラインドさせてきた。
我慢の限界!
「ダニカ!だめだ!」呻くように言うと根本まで入れなおしてダニカの股間に下っ腹を押し付けて奥深くに発射。
子宮口ではなかったが、子宮の壁に亀頭を押し付けて発射した。
さすがに即位だと子宮口には当たらなかった。
「オウ!ノリオ!出てる!出てるわ!」ダニカが息絶え絶えに言った。
僕はダニカにも昇天してほしくて、そのまま射精しながら突き入れた。亀頭で子宮の壁を押し上げて。
ピストンすること5~6回目でダニカ昇天!
即位のまま、両手を頭のほうに伸ばしてエビぞってイッた!
「オーーーー!ニェーーーーット!!」口からよだれ流して昇天した。
昇天しても僕は突き上げを止めなかった。まだトロトロと精液が出ているのがわかった。
ダニカが連続昇天した!今までには無い締め付け!凄い力だった。ダニカの全身がブルブル震えてまるで痙攣しているみたいで心配になった。
「ダニカ!大丈夫かい?ダニカ?ダニカ!ダニカ!」
僕はダニカのほっぺを軽く叩いた。だって、ダニカが失神してたから。
呼吸はしていたが、目は白目剥いて完全にあっちにいってた。
揺すって、ほぺったを強く叩いた。「ダニカ!」
何度目かで「フゥーーー」とダニカが息を吐いた。
ボーッとした表情で目線も定まっていない。
「ノリオ?」
「ダニカ、いいよ。黙ってていいから。そのまましばらく休んで。」
黙ってコックリ頷いてダニカは目を閉じて深く息を吸った。
このままは良くないと思い、そっとダニカから離れようとした。
瞬間ダニカが僕の腕を握って止めた。
「ノリオ・・・このままでいて。お願い抜かないで。」
「でも、ダニカのことが心配だよ。」
「大丈夫よ。スパシーヴァ。こんなこと初めてなの。」
「そう・・・びっくりしたよ。ごめんね、ダニカの体をいたわってあげなくて。」
「ううん、嬉しいの。こんなにまでノリオに愛されてるのがわかったから。」
「しゃべらなくていいよ。このまま静かに休んで。」
僕はダニカの上に被さった。ダニカは上半身をひねって仰向けになってくれた下半身は測位のままだけど。ペニスがダニカのヴァギナに潜ったまま抱き合ってキスした。
ダニカの髪を撫でながら見詰め合っていろんな話をした。
ダニカの将来の夢。僕の夢。
途中ダニカは測位が辛いって言うので、ゆっくり動かして正常位になった。
ずーーーっとペニスを入れていたい衝動にかられる。
ダニカの中に僕の精子をいつまでも注ぎたい。出なくなるまで注ぎたいって思ってしまった。
それくらい僕とダニカの相性がいいと言うこと。
「ノリオのお嫁さんになったら、私日本に行けるのかなぁ。」
「ん?まあ、そうだね。こっちにいつまでも僕はいられないし。」
「ねえ、日本てとても人が多くて、経済が発展していて、安全な場所でしょ?いいなあ。夢の国見たい。」
「いや、ロシアと変わらないって、悪いやつだっている。犯罪もある。経済だって・・・まだまだ生活が苦しい人がたくさんいる。」
「うん。でも行ってみたいわ。トウキョウもだけど、キョウト、ナラ、フジヤマ、キュウシュウ、シコクとか。」
「よく知ってるね?感心したよ。」
「だって実家に日本人のお客様が結構くるの。そんなとき日本のこと教えていただいたの。」
「日本語勉強したい?」
「したい!日本語を知りたい!そして、日本に行ってみたい!ノリオ、日本に連れてって。
お嫁さんじゃなくていいの。恋人として。」
「うん。いいよ。じゃあ来週から教えてあげる。」
裸でかさなったまま、僕はダニカを撫でながら話した。
僕のペニスはダニカの中でまた固く大きくなっていた。
「日本語って難しいの?」
「いや、ロシア語より簡単。ただ、最後まで聞かないとYESかNOがはっきりしない。」
「ふーん。あら?またノリオ元気になってる。ふふふ、嬉しいわ。」
「ダニカとならいつでも、どこでも元気になれるよ。」
「どこでも?私のお父さんの前でも?」
「あ!こいつ!」
「アハハハ!」
僕はダニカと会話しながらも腰を動かして、ダニカの中を往復した。
「アン!ノリオ。始まったのね。」
「ダニカの中が動いてたから。きっと欲しいのかなって思った。」
「欲しいわ。オリオのが。」
そして、二人とも黙って見詰め合ったまま僕はダニカの上で動いた。ダニカは両足を僕の腰に巻きつけてた。
離れたくないという意思表示だと思った。
ダニカが少しずつ喘ぎだした。でも僕をじっと薄目で見つめてた。
僕もダニカを見つめながら突き入れた。
そうして数分、ダニカが眉間に皺を寄せて腰がうねって仰け反った。
僕はダニカにキスをしながら奥へ突き入れて子宮を突きあげた。
「ムグ」キスされたままのダニカはうめくと昇天した。同時に僕も3度目の射精。
さほど精液が出ている感じはしなかったが、快感は最高だ。
お互いに腰を動かしながら余韻を楽しんでキスしたままだきあってた。
僕はダニカの上にぐったりして重なった。ダニカがきつく両腕で抱きしめてくれる。
「ダニカ、僕はもうだめだ。」
「ノリオ、もう無理なのね?無理しないで。抱き合ってるだけでも満足よ。」
「なんとか、あともう1度だけダニカを愛したい。君の中にずっといたい。」
「うん、抜かないでこのまま中にいて。ずーっと一緒よ。でも無理しないで。私は幸せだもん。」
僕はダニカの胸の谷間に顔をくっつけてダニカの匂いを嗅いだ。
ダニカは黙って僕を抱きしめていた。
そのまま、お互いに眠ってしまった。
そして、翌朝は最終日。ダニカと片時も離れずに愛し合いました。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード