萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

オナニー

【テレコミ16】18歳・フリーター・初めてのバイブ・初めての絶頂

1996年5月6日の記録です。
16時55分 18(プー、高校は卒業してる)二子玉川から。渋谷においでよ
といい携帯教える。

17時15分 *6×2 カラオケでもどう、と聞かれ一応アポ。Sさんと共
同出撃のありかと思い打診すると、難色を示す。怪しい。一応行く。一人は
ちょっと子ギャル入ったテレ上。もう一人はテレ中。Sさんに「すっぽん
しようかなーと思うんですけど」と相談。しかし、良識派のSさんに諭さ
れ、「二人じゃだめ?」と交渉。即決裂。ばいばい。

17時25分 ガチャ切り

17時35分 1分でガチャ切り

17時45分 和久井に似ているという20。アポ場所が私にはよくわからず、変
更しようと模索するもガチャ。

17時55分 1時間だけの暇つぶしコール。保留。

18時00分 24。車で来ていて、洋画がみたいと言う。あまり興味がなかっ
たので、ドライブは? と聞くとOK。プライム前でアポ。すっぽん。この
子には「今日は買いに来たの?」なんて露骨に聞かれた(笑)ので、日頃か
ら申し上げている「哲学」を語ったところ、妙に関心される(笑)そういえ
ば、「ねえねえ、いっしょにプリント倶楽部で写真とらない?」ってアドリ
ブで言ったら異様に受けていた(笑)

18時35分 *6×2 カラオケ&飯。保留。

18時40分 33。けだるそうに話するのでむかつく。最後は「駄目だね、あ
なたじゃ」だって。こっちから願い下げ(笑)

18時45分 21。自宅から。でも、渋谷に出てもいいと言う。携帯教える。

19時15分 18。即アポ。

19時20分 タイムアップ。

で、即アポの女の子にあってきました。テレ中。あんまり胸がなさそう。ボ
ーイッシュな感じ。趣味でゲーム系キャラのコスプレをしているという。現
在はフリーター。
居酒屋で話を聞く。1か月前に彼と別れたばかりでけっこうひきずっている
という。しかも二股だったらしい。話し方はちょっと世間を斜めに視ている
ような感じ。18にしてはひねている。でも、プラネタリウムを見てきたとか
で、私の得意分野の話題をふってきたので、会話も弾む。もちろん、アニメ
系もばっちり(笑)

「今、プラネタリウムって何してるの? 春の大曲線とか?」
「そうそう。なんだっけ、星の名前……」
「獅子座のレグレス、うしかい座のアルクトゥルス、あれ? もういっこ忘
れた」
「デネブじゃない?乙女座の」
「あ、デネブは白鳥座。乙女座はスピカだよ」
「詳しいんですねー」
という感じからH系の話にふっていく。初体験は*7。一応やることはすべ
てやったという。いったい何を(笑)彼女は酒が好きでぐいぐい勝手に飲ん
でいく。長女で上がいないらしい。
「お兄ちゃんみたいな人に甘えたかったんじゃない?」
「え、わかりますか……」
私の経験上、90%の確率で「きみ、甘えん坊でしょ?」と聞くと「うん、実
は……」と言ってくる。
居酒屋を出て、「二人きりになれる場所、行こうか」と言いながら、肩を抱
くと、コクンとうなづいた。

部屋に入るとものすごく緊張している。
「大丈夫だよ、緊張しなくても」といいながら、頭をなでてあげる。する
と、彼女から抱きついてきた。キスする。積極的に舌をからめてきた。から
かうようにキスしながら、服を脱がしていく。うう、新鮮だな。最近は風呂
に入ってからだったから、服を脱がすこともなかったし(笑)。ミニスカー
トに手を突っ込んで、おまんこをさわるともうぐちょぐちょ。クリトリスを
触るとかすかな声をあげはじめた。
「もう、こんなにぐちょぐちょになってるよ、そんなに欲しかったのかい
?」
「ああ、うん、そうなの……」
「HしたかったからTCに電話したんでしょ」
「うん…ああっ」
としばらく弄ぶ。
「もう、おしまい。続きは後で」といい、風呂に入る。

お風呂にはすでに湯を張ってあったので、ざぶんざぶんと入る。ジャグジー
を使うと楽しそうだ。なんだかんだしながら、キス。胸はまったくないわけ
ではなかった。Bカップくらいか。肥っているというのではなく、ガタイが
大きいのだ。体を洗ってあげる。洗われたのは初めてだと言っていた。つい
でに頭も洗ってあげる。頭を洗ったのは私も初めてだ。いいパパになれるか
もしれない(笑)

私はせっけんの匂いを漂わせて帰宅できないので、ちんちんのみを洗う。風
呂に使ったときにはもう勃起していたので、忍の手を取り、「触ってごら
ん」と促すと素直に握った。体を洗ったときも、バストは当然のこと、おま
んこも私の指でなであげるようにあらってあげる。それだけでぬるぬるにな
っていく。目を閉じて快感を押さえているようにも見える。ちんちんを洗っ
たので、フェラさせる。素直に口にくわえた。

「うぉぉぉぉ」おもわず声が出てしまった。ものすごいバキューム・フェラ
なのだ。ほんとうに処女失って半年の女なんだろうかと思うくらいすごかっ
た。口でンゴンゴするだけではなくて、ちゃんと裏すじもちろちろ舐める。
「うまいね。どこで教わったの」と聞くと、
「つきあってた人に……」トロンとした目つきになっている。

ベッドに行く前にカバンからローターを取り出した。彼女に見せると「え?
?」と言いながら、目が期待に輝いているのがわかる。わかったので、胸を
舐めながら、クリにローターをあてる。
「うああああああっ」
「どう、気持ちいい?」
「うんっ、すごい、すごいの」
当然おまんこはびしょびしょだ。ローターの強さを中くらいにして、10分ほ
どいじめていたが、忍はどうもおまんこのほうが感じるらしい。ローターを
挿入する。
「うわぁんっ、ああんっ、き、気持ちいいっ、あああっ」
「中のほうがいいの?」
「うんっ、気持ちいいのっ」
「オナニー、してるでしょ」
「うん、毎日してるっ」

ローターの振動を最強にする。腹に手をあてると振動が伝わってくるぐらい
だ。忍は自分で足を広げ、腰をひくつかせ、内股をぴくぴく痙攣させてい
る。いいながめだ。
そうしながら、またフェラさせる。やはり、すごい。こちらも内股が熱くな
ってきそうなフェラだ。思わず乱暴に胸をまさぐった。
「いやんっ、あああんっ」明らかに今までとは違う反応。試しに強姦するか
のように乱暴に胸を揉んでみる。

「あああああんっ、だめえっ、あああああっ」
「忍は乱暴にされると感じるんだろ。おまんこぐしょぐしょになるんだろ
?」
「そう……そうです、ううっ」
忍はMだったのだ。人間、見た目で判断してはいけない。生意気な子娘だと
思っていたが、こんなにM素養のある女だったとは。

「バイブとちんちんとどっちがいいんだ?」
「ちんちんがいい」
「嘘つけ、バイブでこんなにおまんこぐしょぐしょになってるくせに」
「でも、ちんちんがいいの、お願いっ」
「お願い、なんだ?」
「……ちんちん入れて」
「ちゃんと言いなさい。誰のどこに、誰の何を入れてほしいのか」
「あーっ、いじわるぅっ」
「入れてやんないぞ」
「言いますっ、……忍のおまんこに、あなたのおちんちんを入れてください」
帽子をつけてずりゅっと突入する。締まりは可もなく不可もなく。ただし、
まんこはぐしょぐしょだった。指でアナルを触ってみる。
「ああ、そこはだめ!」違う感じで拒否する。
「したこと、あるのか?」
「うん……すごいいたかったから。それは許して」
さらに聞くと処女のときにやられたらしい。最後まではいやと拒否していた
ら、こちらに入れられたと言っていた。
忍は言葉責めにかなり敏感に反応した。今まで書いたこととほとんどオナジな
ことばかり言ってるので、割愛するが、忍のオナニーの妄想には「お兄ちゃ
んに強姦される」というのがあったらしい。私のことを「お兄ちゃん」と呼
ばせることにする(笑)

「忍はお兄ちゃんのセックス奴隷です」
「忍のおまんこ、いつでも入れてください」
「忍を外で犯してください」
「忍の顔にお兄ちゃんの液をかけて」
「忍はいじめられると感じる変態です」
「忍はお兄ちゃんのペットになります。してください」
「お兄ちゃんの目の前でおしっこします、見てください」
「忍を飼ってください」
「今度は写真撮ってもいいです」
「ビデオも撮ってください」
「お兄ちゃんがイクまでフェラします」

忍が告白した言葉の一部だ。15分ほどハードピストンをかましてから、足を
あげさせて、奥につきたてる。
「うわぁんっ、すごいっ、奥まで、奥までお兄ちゃんの入ってるぅ」
そう言いながら忍は挿入されているところを見ようと、顔を傾けたり、手を
入っている部分を確認したりしていた。そして、私はいってしまった。忍は
いけなかったようだ。

第2回戦は相互オナニーのようなものだった。まだじんじんしているおまん
このなかにバイブを入れて、耳元でいやらしい言葉を囁き続ける。忍はかす
かな声でいやらしいことをつぶやきながら、身体中をふるわせた。
「ああっっ!」
それは女の子が初めていった瞬間だった。そのあと私の液を口に含んだ。
「頭が白くなっちゃった……」後でそう言っていた。

彼女は300円ほどしか持っていないらしい。案の定、少しほしいと言ってき
た。
「2Kくらい、ほしいんだけど」
2Kなんて交通費のようなものだ。もちろんあげる。これは援助には当たら
ない。
最後までベル番聞こうかどうか迷っていたが、結局やめた。素養はいいが、
ルックス的にはキープするほどのものでもないと思ったからだ。
彼女は池袋のゲーセンによく遊びにいくという。池袋のテレクラで会えるか
もしれない。

【テレコミ14】22歳・Cカップ女子大生・あやり

 いつものように衝動的に、Dのオープンにメッセージ。
内容は年齢、住んでいる所(ま、世田谷としか入れませんが)、身長、特徴(私はやせてるので)、希望の女の子(そのときは確か、大学生までの女の子と入れたはず)などです。 
初レス14件ぐらい、すべてに一応絨毯レス。2レスはうち6件。他は桜とみて排除。
それでなんだかんだと4回ほど返した女の子がいました。
名前は純子、大学4年(22年)。しかし、桜くさかったので、期待はしておりませんでしたが、直電入れたところ、2日後の夜、かかってきました。(その日は家にいる、時間帯まで指定していました)
 電話で話し始めると……
「ごめんなさい!」
「?」
「じつは私……サクラなの」
「やっぱり?(苦笑) そうじゃないかと思ってた」
 しかし、直電きたということは一縷の望みはあると思い、
「でも、こうして話してるからには、桜とか関係ないよ、気にしなくても」と慰める。 なんやかやで、アポ取り付け成功! PB教えてもらう。 
好みの服装を聞かれてので、女子大生っぽいのを所望すると、
「じゃ、一番気に入ってるピンクのスーツを着ていく」とのこと。 
本当のなまえは、あやりという。年齢は本当だったが、大学は夜学だった。(市ヶ谷にある東京六大学の一つ)、住んでいるのは日野市。

 土曜の午後3時、SEED館前。しかし、3人ほど待っていたので、すぐ前にある公衆電話からPB鳴らす。お、かばんをごそごそ取り出した女の子がいた! あやり、22歳。

ルックスは中の中。大学生というよりは、OLといった感じ。昼はレンタカー会社で働いており、ドライブが趣味。髪はショートの黒。すこしポッチャリしているが、外見は中肉中背といったところ。ピンクのスーツの中に押し込まれたバストはなかなかのものと見た。(電話でCカップだとは聞いていたけど)
身長160センチ 88-60-88(推定)

 紅茶道楽の趣味がある彼女についていって、東急本店のサテンでお茶。(この時点で、目的地に接近していることに注意)
 さあ、どうしようか、ということになり、「行こうか?」「どこへ?」
 無言であやりの肩を抱き、H街へ。
「え、本当に行くの?」なんて言うので、笑いながらも強い口調で、「行くの!」と言う。抵抗せずについてくる。

 。彼女は2か月前に処女を捨てた。それまでは「結婚するまで処女でいる」という犯罪思想(笑)の持ち主だったが、急に「どうして私だけがこんなに堅苦しいことにこだわらなきゃいけないの?」と開眼し、その2か月で10人とやった、と言っていた。私が強引に連れ込んだのは、電話で「いやとは言えない性格なの」とボロを出していたからだ。

 部屋に入ってAVをつける。彼女はその時まで、AV見たことがなかったそうだ。いやに激しい声を出すそのAV女優について私が、「これ、やらせだな」とコメントすると、「え? なんで?」と聞く。
「普通、こんな大きな声出さないよ、いくらなんでも」と応えておくが、この彼女の質問が後で大きな意味を持っていることに誰が気づくだろうか。

 彼女の横に座り、肩を抱き、胸をブラウスの上から触る。いや、さわるより揉み上げるに近い。冬場で着込んでいると思ってそうした。
 あやりは「いやん」とからだをよじって抵抗した。その仕種が感動的だったのだ。これまで、部屋までくると、ほとんど抵抗しなかったのだが、彼女にはまだ、そういう素人くささがあった。私のS感覚に触れてしまった彼女を、さらに強引に抱きよせ、キスをする。

舌と舌がからまりあい、ピチャピチャという音をたてながらみだらに吸いあう。そうしながら、ブラのボタンを外していく。むちむちした胸だ。全開したブラウスの間から、手を差し入れて、ブラの上からバストをもみしだく。下から上でバストアップの体操のように柔らかくするかと思えば、急にギュと強く。そして今度は乳首周辺をさわさわなでたり、つまんだり。キスしながらだと、女の子の息使いがよくわかる。案の定、彼女の息が乱れてきた。思わず唇をはずす。

「あん、……そんなにしたら感じすぎるぅ」
「もっと感じさせてあげるよ」 
ベッドに押し倒し、ブラウスとスカートを脱がせた。あやりはブラとパンティだけで無防備な肢体をさらけ出した。覆いかぶさり、キスをしながら、いつものように乳首周辺をちくちく責める。
「あん、ああ……」
「あやりは、おっぱい、気持ちいい?」
「う、うん。とても……」
「吸われたい?」
「……うん」
 顔を赤くして、あやりが告げる。
 ブラを片手で外す。むっちりと張ったCカップが眼前に現れた。
「やさしくしてほしい? それとも激しく?」
「え……激しく」
 照れながらあやりが言うので、当然バイオレンス・モードに切り換えた。
 大きな乳房を揉み上げ、こねくりまわし、乳首をつまみ、ねじり、ころがし、吸い、かりかりとかじる。
「あぁ……そんなにそんなにされるの初めてぇ」
「そんなにって、どんなに、だ?」
「え、あぁぁ……いっぱい、いっぱい苛めるのぉ」
 あやりの声は大きい。まだ乳房しか触っていないのに、普通の女だと挿入したときぐらいの声を出す。演技じゃないか、と勘繰ったが、まだそんなに体験のないあやりにはそんな知恵はないだろうし、だいたい僕は彼氏でもないのに演技する必要がない。確認する方法は一つ。
 パンティの中に強引に手をねじいれる。
「あ、そこはぁ……」
 大洪水である。パンティの上からオマンコの形が透けてみえるほどだ。
「ここがいちばん、いいんだろう」
 クリをちょん、と触る。

「あああああっっっっ!」

 大音響が部屋を包んだ。
 クリを苛めてやる。指の腹でさわさわと優しくなでたかと思えば、こすりつけるように。クリの回りを指でこすったかと思えば、中心を直撃したり。
「いや、こんなの、遊ばないで、あやりで遊ばないでぇっ」
 そんなこと言ってもビショビショだ。しかし、私はここで挿入したくなってしまった。「どの体位が好きなんだ?」
「ふつうのぉ」
 あやりを組み伏せ、股を広げさせる。
「よーく、みえるよ、あやりのあそこが。びしょびしょだねぇ、いつも、こんなに濡らしているの、あやりは」
「いやいや、見ちゃいや」
「じーっと見てあげるからね。ほら、あやり、横を見てごらん」
 ベッドの横には横長の鏡があり、あやりの淫乱の姿が映っている。
「いやーっ、恥ずかしいぃっ。見ないで」
「生で入れていいかい?」
「うん、生で、生で入れてぇ」
「生が好きなの?」
「うん、あったかいの、好きっ」
 リクエストに応えて、
「あやり、じゃあ、今から入れるからね、よく見ておくんだよ」
 そう言い残して、腰を前に進めた。
 狭い。二十歳を超えているとはいえ、7人とやっているとはいえ、回数はこなしていないはずだ。ぐりぐりとペニスを進めながら、あやりのオマンコを味わう。腰をぐりぐり回すと、すごい反応だ。
「ああああ、ね、ねぇ、もっと、もっとぉ」
 ピストンしても、回しても感じるあやりは、理性がふっとんだように叫んだ。足を抱え上げで奥まで機関銃のように突きまくる。バストが揺れる。
「ああああっ、あんあんあん、あああああっ」
「ああああっ」はピストンの時、
「あんあんあん」は腰を回している時だ。
 ちょっといじめてやろうと思い、すっと入口近くまで武器を撤退させる。
「あーん、えっ? えっ?」
「もう、終わり。入口だけにするよ」
「え、どうして、お願い、あやり、奥が、奥が感じるのぉ」
 その言葉を聞き届けるか届けないかのうちにグサッと、突きたてる。
「あうっ、あん、いい、あなたの、いいっ」
「おれの、なに? 言ってみ」
「いや、言えない、言えないのぉ」
「じゃ、おしまい」
 すっと撤退。
「あーん、言います、だから、奥、奥ぅ」
 グサリ。
ついで機関銃ピストン。
「ああああああっ、あなたのっ、ああっ、オチンチン、いいのぉーっ」
 あやりは絶叫しながら、私の顔を見る。
「あやりは、どこに出されるのが好き?」
「くちーっ」
 これにはさすがに驚いたが、興奮度120パーセント、エネルギー充填完了である。
 すっと機関銃を引き抜くと、あやりのほうから体を起こし、口を開く。そこに再挿入すると同時にどくどくと放出した。あやりは一息で呑み込み、ペニスをなめ回し、そうじする。そのあと、引き続きフェラチオ・タイムとなった。
 そんなにテクはないが、常に舌がペニスに絡みに、念入りに舐めてくれる。

 第2回戦は、
「あやりのきらいな体位は?」
「……バック」から始まった。
 もちろん、犬のかっこうにさせてバック挿入である。
 結論から言うとあやりは大嘘つきだった。正常位の何倍もの声であえぐ。
 ここでも同じように遊んやって、お尻に噴射した。

 年が開けて1994年。1月初旬に再び渋谷であやりと会う。
お茶もせずホテルへ連れ込む。あやりも黙ってついてきた。
 一緒にシャワーを浴びたあと、ベッドへるあいかわらず反応は素晴らしい。一回戦はバックから。
 ゆっくり挿入すると、オマンコはぐしょぐしょ。
「奥まで入れてっ」 
それでもじっくり入れると、あやりのほうから腰を動かしてくる。(こいつメッ) 
そう思い、「自分勝手なやつは、こういう目に逢うんだっ」といいざま、機関銃掃射開始。
「あああああっ、死んじゃうっ、そんなにしたら、あああっ、あやり、死んじゃうっ」
「もう、自分勝手なことしないか?」
「しません、お願い、助けてっ」
「だめだ、あやりには、たっぷりおしおきしないとな」
「ああ、許してぇ」
「あやりは本当にマゾだな」
「そんなっ、違いますぅ」
「嘘言ったな。お仕置きだ」
 あやりの腰を、がしっとつかみぐるぐると回す。あやりの膣壁のすべてにペニスがぐりぐりと、えぐるようにこすれあうのがわかる。
「あああっ、死んじゃうっ、言います、あやり、あやりは、マゾですっ」
「よーし、ご褒美だ」
 今度は機関銃である。
「ああああっ、ひどいっ、ああ」
「言ってみろ、『あやりはオマンコ大好きです』って」
「そ、そんな、言えませんっ、それだけは」
「これでもか?」
 機関銃プラス乳首集中攻撃である。あやりのオマンコに機関銃をぶちこみながら、乳首を舌で舐めたくり、ころがし、吸い、ねぶる。
「あああっ、そんなっ、壊れるっ、こわれちゃうっ」
「どこがだ? 言えっ」
「ああっ、ああああ、オ、オマンコォォォォー」

 あやりはついに恥ずかしい言葉を叫び、イッてしまった。
 正常位で突き刺す。
「あうっ」 
一度イクと感じなくなるタイプのようだ。私も十分充填したので、前のように聞く。
「どこがいい?」
「お、お腹ぁぁ」
 あやりのムチムチした肢体のうえに白濁の液が舞った。

 フェラチオ・タイムだ。あやりのフェラは前に書いたとおり、テクはないが真心がこもっている。だから感じてしまう。僕はバイブを取り出した。あやりにオナニーさせるためだ。ブーンという音が響く。パールローターというバイブなので、拒否反応は少ないだろうと思い、持ってきたのだ。
「あやり、俺のを舐めながら、これでオナニーしてごらん」
 あやりに手渡すと、あやりは抵抗もせず、バイブをクリに近づける。

「ああああっ」
 イッた時から時間が経っていたので、あやりのセンサーも復活したようだ。
 あやりはその豊満な腰をうごめかす。腰を浮かし、バイブにこすりつける。舌はもちろん、ペニスを捕らえて、しゃぶり続けている。あやりの声が高まっていく。私のペニスもそろそろ装弾したようだ。

「あやり、一滴残らず飲むんだぞっ」
 あやりはくわえながら、コクコク頷く。頷きながらもクリを刺激しつづけている。
「うっうううううう」
 くわえながらも大きな声を出そうとするので、声の震える振動がペニスに響く。あやりが絶頂を迎えそうだと思った瞬間、発射した。あやりは前と同じようにゴクッと喉をならして飲み込んだ。そして、念入りに掃除させる。
「あん……酸欠で……死ぬかと思ったぁ……」
 あやりはかわいいやつだ。

 その後ベルをならしたが、あやりは町田駅でナンパされた男と同棲をはじめたということで、アポはとれなくなった。半年に1度、PB鳴らして世間話をする程度だ。

エロい写メから始まる体験談


喪友達の妹がちっこくて大人しくて無茶苦茶可愛くてベタ惚れ(俺の一方的な片思いだが)だった時期があるんだ。

で、喪友達とは喪板の妹スレのノリで
「じゃあお前の妹くれよ」
「やるよ、あんなの」
みたいなお決まりのやりとりをメールするのがお約束化してたんだが、
その日は深夜に
「そろそろオナニーして寝るから○○さんのぱんつ盗撮してきてくれ」
ってメール送ったら
「よし、少し待ってろ」って返信が来て、十数分。
ああ、こりゃ無視されたな、と思ったが、いつものことなのでさて寝るか、と布団に潜ろうとしたら
「寝てたみたいだからバッチリだ」
という返信とともに、ベッドの上で太ももとぱんつ晒して眠ってるそいつの妹の写真が。
速攻で抜いて「サンキュー。抜いた。むしろ既に3回抜いた」って返信して、
そいつからの返信はなかったのでその日はそのまま寝た。

翌日、そいつに直で
「昨日はサンキュな」
って言ったら
「何が?」
と言う返事。
「いや、夜中にメールさ……」
と返すも
「昨晩は俺、バイトで携帯は家に忘れてたんだが」
という。
そいつの携帯には送信履歴も残ってないと言うし、
ああ、俺の夢か、と思ったが俺の携帯にはしっかりと着信と写メールが残っている。
その場は俺の勘違いということで済ませたが、
後日、恐ろしいほどのsneg展開が待っていたのだ。

で、そんなことがあってから一ヶ月位して、
喪友達と酒を飲む機会があったんだが、7時から飲み始めて
何故だか知らんがハイペースで、そいつ10時前には酔い潰れてた。
仕方ないんで俺の部屋に運んで寝かしてたんだが、10分位して
俺に携帯を寄越して「家に連絡してくれ。今日は泊まるって」だと。
律儀なヤツだ、と思いつつも公認で携帯を渡され、しかも本人は意識朦朧としている現状。
俺はここぞとばかりに携帯の送信履歴をチェック。
しかし件のメールはなし。写メールも残っていない。
これはどういうことだろう? なんて思いながらも言伝通り、ソイツの家に連絡してやることにした。
電話に出たのはソイツの妹だった。
まぁ、こんなコトした直後の電話に本人が出て、動顛してたし、俺も酔ってたこともあったんだろうけど
「××が酔い潰れちゃって、今日、俺のうちに泊まるんで連絡を――」
なんてシドロモドロに言伝して、不意に
「○○さんだよね? 『この間はどうも』」
なんて言っちゃったワケですよ。
そしたらもう、受話器の向こうで空気が凍りつくのを感じたね。
「あ……あ、あれは、兄が携帯忘れて、それでもなんかずっと着信してるから
 その、イタズラのつもりで――」
なんて判り易く狼狽して言い訳する○○さん。
よくよく考えてみればあの写真、妙に自撮っぽかったし、ああ、やっぱりそういうことか、とか納得。
で、
「きょッ! きょきょきょ……きょ今日もお願いしていいかな、でへへ?」
なんてキモさ爆発に頼み込んでみたりしてみたわけよ。
どうせあとで酔ってたから、って言い訳すればいいや、的な軽いキモチでさ。
どうせ拒否されるだろうし――とか思ってたら
「アドレス教えてください。あとで、その、送りますから」

で、それからと言うもの、数週間に何度か、
俺が要求するとエロい写真を送ってくれる珍妙なメル友みたいな関係に発展した。

ある日、今度は俺も喪友飲みすぎて、
俺は終電逃してそいつの家に泊まることになったんだ。
日付も変わった夜遅く、出迎えてくれたのは喪友の妹で、
「両親は明け方にならないと帰ってこないから、兄の部屋で勝手に寝てください」
とのお言葉。
いつもメールで見ているのと同じ、ナイトスリーパー姿で「もう寝ます」といった風情なのか
少し機嫌悪目と言うか、つれない態度なのは気のせいだろうか?
そんなことを考えつつ、喪友の部屋に行って喪友はベッドに放り投げて、
俺は床の上に座布団敷いて寝ることにした。
もともと他人の部屋、というか他人の家で寝るというのはどうも勝手が違うので
寝付けないし、喪友のいびきのせいで目が冴えたりで1時間位した頃だったか。
不意にメールの着信。見れば相手は喪友の妹で
「起きてますか?」
なんて内容。俺は「俺は起きてるけど、××はもう寝てるぞ」と返信。
数分して、再度着信。
「じゃあ、一人で出てきてくれませんか?
 兄を起さないようにして」
俺は、数十秒迷った挙げ句、喪友を起さないように部屋を出た。

部屋から廊下に出て、ちょっと視線をずらすと
スリーパーパジャマの裾を押さえながら、なにやら落ち着かない様子の○○さんが居て、
俺を手招きして自分の部屋へと誘ってくれた。
部屋に入ると、そこは事実○○さんの部屋なのだろう、片付いている、というよりは
物が少なくて整然としている、だけど女の子らしい部屋だった。
○○さんはベッドに腰掛けて、自分の隣のスペースをぽんぽんと叩いて
「こっち、どうぞ」と勧めてくれたけど、俺はなんか怖気づいて
「いや、ここでいいや」なんて腰抜け同然の返事で入り口近くに突っ立ったまま、そこを定位置にした。
なんか意味もわからず怖くて喋れないでいると、○○さんのほうから、
「……今、携帯持ってます?」
なんて訊ねてきた。俺は「持ってますけど」なんて敬語で受け答えして
「ちょっと貸してくれません?」
と言われるがままに、だけど出来るだけ近寄らないように精一杯腕を伸ばして○○さんに携帯をパス。
もうなんでか知らないけど危機感で一杯だった。
「見ていいですか?」との質問にも無条件首肯。
どうせ見られて困るようなやり取りは最早知られてしまっていることだし。
「……私ね、送った写真もメールもすぐに消しちゃうんですよ。
 ホラ、見られると困るし」
なんて、ホントに困った顔で笑いながら、俺の携帯をいじくる○○さん。
「だから、ちょっとだけ確認したくなったんですよ」と前置きして
「あれ、こんなの送ったっけ?」とか「うわ、我ながら……」とか独り言交えながら携帯に見入る○○さん。
俺はもう逃げたくて逃げたくて、これなんて拷問? な気分だった。
一通り見終えたのか、○○さんは俺の携帯をパチンパチンと開いたり閉じたりしながら、
「あの……この写真、他に保存してたりします? パソコンとかに」
とか訊いて来る。
当時PCもってなかった俺は当然携帯内以外にそのデータを保存する手段がなかったので
素直に首を振って否定。すると
「よかった。じゃあ、ネットに流したりとかもしてないですよね?」
って再度質問。俺は再度「してません」の意思表示。
「……私、こういうことしてますけど、そういうのじゃないですよ?」
とかワケのわからないこと言われたけど、言いたいことはなんとなくわかる。
つまりこういうプレイは望むところじゃない、とか痴女ではない、と言う意味だろう。
わかったから、俺を解放してくれ、と切に願った。
「こういう写真も喪男さん以外には送ったことないし」
とか
「でも、興味が無いわけじゃなかったんですよ」
とか
「イタズラとか、そういう感じで、少し度が過ぎただけで」
とか、そういうのはどうでもいいから、さっさと本題に入って、俺を糾弾するならしてくれ。
そして罵るだけ罵って解放してくれ。誤る準備は出来てる。と、そう思った。
「……で、その――喪男さんは、その……」
と歯切れの悪いセリフのあと、○○さんは、小さく
「私の……写真で、その……してるんですよね?」
なんてとんでもないことを呟いてきた。
俺は聞こえなかったフリをした。

暫し沈黙が流れた。
ベッドに腰掛けたまま、上目遣いで俺を見る○○さんの視線が微妙に怖い。
でも俺は知らないフリをした。
少しして○○さんが手招いて俺を呼ぶ。
怖かったけど近寄る。○○さんの前で屈むように指示されてそれに従い、
何をされるのやら、とオドオドしてたら
「ていっ!」
と小突かれた。
どうにも本気で怒っているご様子。
「で、どうなんです?」
という問いに、また聞こえないフリをする度胸を俺は持ち合わせていなかった。
俺は「これなんて羞恥プレイ?」とか思いつつ、消え入りそうな声で
「……はい、してます」
なんて情けない告白をした。泣きたかった。というか殺して欲しかった。
この先、彼女にとって俺は「自分でオナニーしてる変態」という認識をされるのだ。
たとえ、すでにメールでそれを覗わせるやり取りがあったとは言え、
本人の目の前でその本人をネタにオナニーしてます宣言をさせられたのだ。
情けないったらありゃしない。
あの日、いつものノリで喪友にヘンなメールさえ送らなければ。
そんな先に立たない後悔の念が押し寄せてくる。
どうせこの後、
『へー。私でしてるんだ。ならやって見せてよ。いつもしてるやり方で、私が見てる前でさ』
なんて台詞が飛び出すに違いないのだ。
エロ漫画の読みすぎだが、この時点での俺は本気でそう思ってた。
そしてそれだけは断固として拒否したいシチュエーションだった。
俺の性癖は割とノーマルだったのだ。
そんなバカなことを考えていると
「……じゃあ、してみませんか?」
なんて言葉が聞こえた。
考えるまでもなく○○さんの台詞だった。
ホラな、来たぜ羞恥プレイのお誘いがよ!
俺は必死でそれを阻止しようと考えを巡らせた。
すぐ近く部屋には喪友が寝ている。
そしてそいつの妹が見てる前でオナニー。
しかも他人の家だ。
これは末代までの恥。しかし一人っ子の我が家系は言うまでもなく俺で末代が決定しているのだが。
そんな俺のクールな思考とは裏腹に、俺が捻り出した言葉は
「いや、そういうのは一人のときでないと集中できないから」
なんてバカ丸出しのいい訳だった。
論理性も説得力もない、キモさだけが際立つ最低の答えだった。
そんな俺の答えに、○○さんは頬を赤らめ、照れたように目を背けた後、
「……あ、の。そうじゃ、なくて」
と小さく、
「……私と、あの……その――して、みませんか?」
そして更に小さく、そんな提案をしてきた。
「それって……」
なんて聞き返してしまった俺は、もう聞こえなかったフリをすることなど出来なかった。

○○さんは俺を真っ直ぐに見据えたまま何も言わない。
ああ、もうダメだ。ダメダメだ。経験値が足りない。圧倒的に足りていない。
女の子のほうから誘われて、
「うわーい、やるやるー」
とか言うのはアリなのか?
ここで再度確認したりするのは野暮なのか?
そもそも本心なのか?
罠じゃないのか?
あんまり迷うと恥をかかせることにならないか?
というか拒否する理由はないのだが、どうやってコトに及べばいいんだ?
なんて言って近寄ればいいんだ?
脱がすのが先か? 触るのが先か? 何か言ってからか? 何も言わずにか?
ああ、キスが先か? でもどのタイミングで?
というか俺から脱ぐべきなの? そういうのってなんかすごくマヌケでない?
なんかカッコいいセリフを言うべき? 「嬉しい」とか、「初めてなんだ」とか。
いや、それ女のセリフだろ。カッコ良くないし。
俺はチラリズムを探求するが故の変態染みた性欲を呪った。
そういうAVしか観たことがないから手順がまったくわからない。
マンガもエロゲもまったく役に立たない。
このマニュアル人間め。死ね、俺。
一瞬の間にそんなことを考えて、だけどその間にも○○さんの瞳は微かに潤み始めているし、
唇はなんか微妙に艶っぽくなってるし、スリーパーから伸びたナマ脚は白くてツヤツヤだし、
今までは一杯一杯で気を回すことが出来なかったけど、スリーパーって布が薄いらしくて
○○さんの薄い胸ですら自己主張できてしまうくらいに、なんだろう? 乳首透けてる? もしかして?
なコトに気付いてしまったりで、凄く扇情的な境遇に置かれていることを理解した。
むしろ理解できなかった。
何分そうしていたのかわからない。
心臓はバクバクだし、顔面はイヤな汗で一杯だったし、身体中の筋肉は硬直して身動き取れなかったし、
頭は『脳みそ茹だるんじゃねーか?』ってくらいに熱かったし、目眩がするくらいに自律神経をヤラれていた。
それでもゆっくりと彼女に近寄ってはいたらしい。
気がつくと俺は手を伸ばせば彼女に触れられるくらいの位置にいた。
さぞキモかったことだろう。恐るべし、本能。
しかし覚悟はまだ出来ていなかった。
なにか言おうとして、でも喉がひり付いて、渇いて
「……う、あ」
なんて言葉でもない音を漏らして、今一歩を踏み切れないでいた。
彼女の視線はそれでも俺を真っ直ぐに見ていて。
それが余計に緊張させた。
「もう……あんまり、焦らさないで下さい」
不意に、彼女がそんなセリフを口にして、その両手を真っ直ぐ俺に伸ばしてきた。
そのまま、俺の首は彼女の細い腕に抱き寄せるように絡め取られた。
ゆっくりと彼女の顔が近付いてくる。いや、俺の顔が近付いているのか。
首の後、彼女の手の中で開かれたままだった俺の携帯電話が、パチン、と閉じられる音を聞いた。
その音が、合図だった。

そう、合図だった。
こういう場合、目を閉じるのが礼儀だろうか?
それとも為すがままにされるべきなのだろうか?
そんなことを考えている間にも、徐々に迫る○○さんの顔。というか唇。
ついうっかり気を許してしまえば、自分からしゃぶり付いてしまいそうなくらい、
扇情的で官能的で淫靡な雰囲気だったが――――その、携帯の閉じる音が合図だったのだ。
俺は頭を下げるようにして、俺の首を固定する○○さんの腕から抜け出し、再び距離をとる。
「……え?」
という呟きは俺と○○さんから同時に零れ落ちた。
なにやってんだ、俺? それは俺自身にもわからない。
一方○○さんは目を丸くして思考停止している。
なので俺も思考を停止することにした。
場が白ける、とはこういうことを言うのだろう。
空気読めよ、当時の俺。なんて今更言ってもしょうがない。
だって今でも読めないし、空気。
しかしその点、○○さんは空気を読み、場の雰囲気を取り繕う技術に長けていたようだ。
俺より歳下なのに。
「……私とじゃ、イヤなんですか?」
少し泣きそうに、哀しそうに眉尻を下げた表情。
そんな顔がどうしようもなく俺の胸を締め付けた。
泣かせたくないと思った。
だけど、そんなものは彼女の部屋に入る以前から一貫して抱き続けた感情なのだ。
だからこそ、俺が彼女と関係することに、こんなにも頑なな拒否を示しているのだ、と。
ようやく自身の不自然な行動理由を悟った。

○○さんは、こんなクズでダメな喪男と一緒になっちゃいけない。
一時の感情に流されて、取り返しのつかないコトをしちゃいけない。

それが、俺の出したかった答えなんだ、と気がついた。
だから俺は初めて俺のほうから言葉を紡ぐことにした。
「○○さんは、俺でいいの?」
と。
そう問われた彼女は、少しだけ驚いたような貌を見せた後、迷って、迷って、迷って……
「だって、喪男さんは――私の、その……いろんなトコ、もう知ってるじゃないですか」
と答えた。
ああ、やっぱり。そういうことなのだ。そう確信した。
初めての相手に俺を選んだわけではない。
初めての体験に保険のある存在が俺だけだった、ということなのだ。
そういうのはダメだ。
こういうのはもっと好き合った同士が幸せで幸せで幸せの絶頂の時、
互いがどちらからともなく互いを求め合って、そして初めて成立する神聖な行為であるべきなのだ。
だから、俺は再度問い掛けた。
「じゃあさ、○○さんは、俺のこと好きなの?」
「嫌いな人とこんなこと出来るわけないじゃないですか!」
即答だった。その答えは心地の良いものだったけど、
やはり違和感を覚える答えだった。
「嫌いな人じゃない、ってことはわかったけど……好きなの、俺のこと?」
三度、問う。もう彼女に逃げ道はない。
真実を答えるか、あるいは沈黙するか。
選択肢はそれしか残されておらず、どちらを選んでも答えは一緒だ。
結果、○○さんは沈黙を選び、俺は自身が「○○さんにとって嫌いじゃないけど好きでもない人」であることを悟った。

○○さんは、叱られた子供のように俯き、或いは涙を堪えていたのだろう。
結果として泣かせてしまうことになりそうだった。
だけど、これは最悪の結果ではないと信じていた。
ここで彼女が泣いたとしても、それは彼女自身が悔しくて流す涙なのだ。
それは彼女自身が、自身の行いを悔いて流す涙とは根本的に違うのだから。
そんな彼女に自分の言葉が慰めになるとは思っていなかった。
でも何かを言わずにはいられなくて、
「こういうのはさ、いつか本当に好きな人が出来たときのために取っておくべきなんだよ」
なんて歯の浮くセリフを口にした。
でもそのときは間違いなく「決まった」とか思ってた。死ね過去の俺。
そんな俺の言葉に感動してくれたのだろうか? ○○さんはゆっくりと顔を上げ、
「……ばか」
と呟いた。
その誹りには、だが確かに好意が混じっていたはずだ。
だけど俺は俺の思想に従い、その好意を受け止めることは出来なかった。
その時点で俺に出来たことは、黙って彼女を見守るだけ。
だから「バカ」という誹りも甘んじて受け入れるつもりだった。

俺が見守る中、彼女は、ゆっくり、
「ていッ!」
ぺきり、と俺の携帯をヘシ折った。
「――――って、なにしてんだーッ!」
違ぇだろ、バカ。ここは目尻に浮いた涙を拭って、
てへへ、とか笑いながら、
『参ったな……ホントに好きになったのに、いまさらだよね』
とか告白するシーンだろうが! 空気読めよ、○○さん! てかエロ漫画の読みすぎか、俺!
「なにしてるもなにもないですよ! これじゃ私、見せ損じゃないですか!」
「だからって携帯折ることねーだろ!」
「いいじゃないですか! 生身無視して私の写真とっとく意味なんかないじゃないですか!」
「メモリがあるだろ!」
「5件じゃないですか! 私の含めて!」
そんなトコまで見てんじゃねーよ。プライバシーの侵害だ!
「じゃあやるよ! 今からやろう!」
「イヤですよ! もうシラけました! 喪男さんには今後一切なにもしないしさせませんし応じません!」
「畜生、この売女が!」
「な――っ! 売女とか言わないで下さいよ。処女ですよ、この童貞!」
「どっ……」
童貞ちゃうわ!とは言えなかった。事実童貞だった(現在進行形)から。
「だいたい、好きあった同士が互いに望んで――とか思ってるから、その歳で童貞なんですよ」
「な……ッ」
図星過ぎて何も言えなかった。
「もうあっち行け、ばーか」
その誹りには微塵の好意も含まれていなかった。
泣きそうになった。しかし本当に泣きそうなのは彼女のほうだっただろうか?
「ばーか! ばぁぁぁぁぁぁか!」
と、罵られ、携帯(折れてる)を投げつけられ、枕を投げつけられ、
それでもベッドの上から動かず、パタパタと脚をバタつかせる彼女。
そのスリーパーが脚の付け根まで捲れ上がり、ぱんつがチラリと覗くのを見て、
心底惜しいことをした――と思いながら、トボトボ部屋を後にする。

喪友の部屋に帰る。
喪友はあんな騒ぎがあったのに大鼾かいて寝てるし。
なんとなく腹が立った俺は、喪友の顔に水性ペンで落書きをした。
そしてそのペンで机の上に『帰る』とだけ書置きを残し喪友と○○さんの家を後にした。
玄関を出て、二階を見上げる。
○○さんの部屋にはまだ明かりが点いていた。
ホントは強がって俺を追い出しただけではないだろうか?
ホントはホントに俺が好きだったのではないだろうか?
そんな甘い妄想をしつつ、帰路に着いた。徒歩で3時間かかる自分のアパートを目指した。

途中、荒川に投げ捨てた壊れた携帯電話には、
思い出とかエロい写真とか5件だけのメモリーとか、色々なものが詰まっていた気がする。
でもやっぱりたいしたものは入っていなかった気もする。
○○さんも今では大学生。
俺は未だに童貞。
携帯のアドレスも番号も昔のままだけど、○○さんからの着信はあれから一度もない。

【テレコミ09】カナコとの出来事

カナコとの出来事

第一章 カナコ・・・出会い

 8月の始め、暑い日差しが照り付ける毎日。あれは、まだ僕が初めて伝言ダ
イヤルに電話をかけるようになって間もない頃であった。ここ何日か恒例のよ
うに昼休みにオープン伝言に録音していたが、返って来る返事は何度もはじめ
ましてって入れてくるサクラと援助目当ての女子高生ばかりだった。やっぱり
伝言なんてこんなもんかなぁと半ばあきらめかけていた。

ある水曜日の夕方、いつものように伝言の返事をチェックするとレスは3件。
1件めはいつものサクラ。2件めはぼそぼそ言っていて良く聞き取れない。
また今日も駄目だったかぁ。と思いつつ3件めのレスを聞く。しかしそのレス
はいままでと違う雰囲気を感じた。レスの内容はこんな感じだった・・・

「こんにちは。私、こういうところに初めて電話するので何を話してよいのか
わからないのですが、あなたのメッセージを聞いてとてもやさしそうでゆっく
りと落ち着いた感じがしたのでお返事してみました。私は新小岩に住んでいて
あなたと同じように結婚しています。年齢は25才です。ちょっと住んでいる
ところが離れているようですが、もしよろしければまたメッセージ頂ければ嬉
しいです。それでは失礼します」

とてもかわいいらしく、それでいてしっかりとした口調で話ていたのが印象的
だった。すぐにメッセージを返した。内容はこんな感じだった・・・

「お返事ありがとうございます。とてもかわいらしい声をされているのが印象
的でした。横浜と新小岩だったらそれ程遠くもないですよ。私は東京へ仕事で
行く事も多いですしね。もしよければ一度電話で直接話できたらなぁと思いま
す。もしよろしければPHSの番号をお伝えしますがいかがでしょうか・・」

その週に3回ほどメッセージのやり取りを繰り返し、翌月曜日にPHSに電話
をくれることになった。

月曜日、その晩は前の会社の連中と飲みに行く約束が入っていた。店に入りP
HSの電波状況を確かめた。アンテナは1本か2本。場所によっては入らない。
これはまずいなぁ。でも今更店を出るのもなんだし・・・。そう思いながらも
飲み会が盛り上がってしまい、22時頃お開きとなった。念の為PHSの留守
電を聞いてみたがなにも入っていなかった。やっぱり電話なんかくれる気はな
かったのか?それとも電話してくれたが繋がらなかったのか?でも何度かメッ
セージのやり取りをしていて、少なくともサクラではないと感じていた。

一応、彼女のBOX番号にメッセージを入れておくことにした。
「今日は、友達と飲み会でした。PHSが届かない店に入ってしまったので、
もしかして電話くれても繋がらなかったのではないかなと思ってメッセージ入
れておきます・・・」

しかし、その週に結局返事はこなかった。やっぱり伝言なんてこんなものか。

翌週、僕は珍しく朝にオープンの録音をしようと電話をかけた。すると新しい
メッセージが入っていた。録音日時は金曜日の夜11:30。その声を聞いて
僕は飛び上がるほど嬉しくなった。彼女からの返事だった。

「お返事が遅くなってごめんなさい。月曜日に電話したのですが繋がりません
でした。そのあとは子供が風邪ひいたりして忙しくて今になってしまいました。
またPHSに電話してみます。本当にすいませんでした」

よかった、ポアされたわけではなかったんだ。取り敢えずレスを返しておく。

「時間があったらでかまいませんので今日の夕方6時頃にPHSに連絡頂けま
すでしょうか?。よろしくお願いします」

そして夕方6:10、PHSに着信。
  浜「はい」
カナコ「はじめまして。大石と申しますけど、浜さんですか?」
  浜「あ?、はいはい。分かります。電話ありがとうございます」
カナコ「今電話してて大丈夫ですか?」
  浜「ええ、大丈夫です。お待ちしておりました」

最初はお互い緊張気味に話し始めた。彼女は3才の男の子がいて昼間は保育園
に預けてお菓子屋さんでアルバイトしているそうだ。5分ほど軽く話をしてい
ると緊張も解けてきた。話も結構合いそうである。

  浜「ところで、もし時間があったら一度お会いして食事でもしませんか?」
カナコ「ええ、そうですね。どうしたらよろしいでしょうか」
  浜「カナコさんの都合のいい日はありますか?私の方は今週だったら水曜
    と木曜以外なら時間取れます」
カナコ「急なんですけど明日の火曜日はいかがでしょうか?主人が休みで、子
    供の心配しなくてもいいものですから」
  浜「わかりました。結構ですよ。では明日の火曜日、夜7時に銀座マリオ
    ンの○○銀行の前でお待ちしています。背格好とか服装とか目印にな
    るようなものを教えて頂けますか?」
カナコ「では薄い青のワンピースを着ていきます。背は155Cmくらいで、
    髪は肩くらいまでのストレートです」
  浜「僕はダウンタウンの浜ちゃんに似てるんですぐ分かると思いますよ」

翌日、果たして彼女は本当に来るのであろうか。

翌日、火曜日。僕は車を西銀座の地下駐車場へ入れた。時間は夕方6:30。
ちょっと早かったか。伝言ではじめて会うこともあって緊張してきた。どんな
女性が来るのだろうか?声はかわいかったがとんでもないバケモノが来たらど
うしよう。もしそうだったら逃げようか。でもPHS番号は押さえられている。
食事くらいはして追い返すか?でも結構かわいいかもしれない。頭の中をいろ
いろな想像が駆け巡る。

6:50、PHSが鳴った。
  浜「はい」
カナコ「大石ですけど、すいません。ちょっと遅くなってしまいます。7時半
    くらいになってしまうと思いますけど。本当にごめんなさい」
  浜「ああ、いいですよ。適当に時間つぶしてますから、あせらないでいい
    ですよ。走って怪我しないようにゆっくり来て下さいね」
カナコ「ありがとうございます」

この電話でとても気分が落ち着いた。これでドタキャンはなさそうだし、どん
な女性にしろ性格がとてもよさそうではないか。

7:20、またPHSが鳴った。
  浜「はい」
カナコ「今、有楽町に着きました」
  浜「分かりました。○○銀行に前にいますから」

さあ、いよいよご対面の時が来る。心臓がドキドキしてきた。え?っと確か青
いワンピースって言っていたなぁ。駅から歩いてくる人波に視線を向ける。

そして、やがて青いワンピースを来た女性がこちらへ歩いてきた。彼女か?す
っごいカワイイ娘だぞ?彼女だったらテレはいらない特上だぞ?違うかな?
でも歩きながら視線が泳いでいるぞ。誰か探しているみたいだ。きっとそうだ
声をかけてみよう。

  浜「あの。大石さんですか?浜ですけど」
カナコ「あっ、はいそうです」

彼女はちょっとうつむきながら答えた。かなり緊張しているみたいだった。

  浜「はじめまして。すごくカワイイ方なんでビックリしましたよ。私はこ
    んな感じなんですけどどうですか?」
カナコ「カワイイだなんてそんなことないですよ。浜さん29才っておっしゃ
    ってましたけど若く見えますね」
  浜「取り敢えず、お食事でも行きますか?なにか希望はありますか?」
カナコ「希望は特にないですけど、今日は仕事忙しくてお昼食べてないのでも
    うお腹ぺこぺこです」

すこし笑顔が出てきた。

  浜「じゃぁ、イタリア料理でいいですか?」
カナコ「あっ、私パスタ大好きなんです。うれしいなぁ」

食事をしながらいろいろと話をした。初対面なのに何かと話が合った。食事の
好みや服装の趣味、他愛もないことだが好みが合うということだけでとても親
近感が沸いた。カナコは結婚前に某企業の受付け嬢をしていたそうだ。受付嬢
にふさわしい雰囲気をまだ持っていた。しゃべり方やしぐさもとても好感が持
てた。僕の名刺を受け取る時なんてもう「では頂戴致します」なんて言いな
がら受付嬢そのままという感じだった。ワインの酔いも手伝って話題は途切れ
ることなく続いた。気が付くと時間は10時になっていた。

  浜「まだ時間大丈夫?もう10時だけどダンナさん心配するんじゃない?」
カナコ「ええそうですね。浜さんも奥さん心配してるんじゃないですか?」
  浜「取り敢えず外出ましょう」

会計をしていると後でカナコが財布からお金を出していた。

  浜「ここは、いいですよ。僕が払いますから」
カナコ「でも私今日遅刻しちゃったし」
  浜「じゃあこの次機会があったらお願いします」
カナコ「はい。今日はごちそうさまでした」

外に出て歩き始める。カナコはちょっとほろ酔い気分のようだ。ちょっと足元
がふらついていた。

  浜「カナコさん大丈夫?」
カナコ「はい。ちょっと酔ってしまったみたいですね。つかまって歩いてもいい
    ですか?」
  浜「もちろんですとも」

僕の右腕につかまりながら暫く歩いて行った。腕にカナコの胸が軽くあたる。
服の上からはよくわからなかったがかなり大きそうだ。DかEカップくらいかも
しれない。このままどこかへ行ってしまおうか。でも今日はもう時間が遅い。

  浜「カナコさん、何時頃まで大丈夫ですか?」
カナコ「やっぱり11時頃までには帰らないと・・・。浜さんは?」
  浜「僕は何時でも大丈夫だけど。でも今日は帰りましょう。ダンナさんと
    お子さんが待ってますよ。でもまた会って頂けます?」
カナコ「はい。また時間作ってお会いしましょう。今日は本当に楽しかったで
    す。ありがとうございました」

駐車場に行って車に乗る。助手席のドアを開けてカナコを乗せ、そしてドアを
閉める。普段はやらない行動だがこういう時はなぜか自然にやってしまう。

カナコを送り届ける間もいろいろ話をした。
カナコが昔、憧れていたけど結局告白せずに終ってしまった男性の声に僕の声
がすごく似ているそうだ。最初伝言のメッセージ聞いた時にハッと思って思わ
ず返事を返してしまったらしい。その時はまさか実際に会うとは思っていなか
ったそうだ。

カナコの家からちょっと離れたところに車を止める。

  浜「今日は本当に楽しかったです。今度はもうちょっと時間があるといい
    ですね」
カナコ「こちらこそありがとうございました。また連絡します」

こうしてカナコとの最初の出会いは無事?何事もなく終った。

--------------------------------------------------------------------------------
第二章 カナコ・・・お台場で

 カナコとの初デートの後、何度か伝言でメッセージのやり取りをしていた。
僕は2週間後の9月の始め頃の幕張で行われるイベントの時に昼間会おうとい
う事でカナコとアポを取っていた。今度は昼間から会えるので時間もたっぷり
ある。とても楽しみにしていた。

8月最終週の月曜日、仕事が終って帰りかけた時にPHSが鳴った。
  浜「はい」
カナコ「大石と申しますけど、今大丈夫ですか?」
  浜「ええ。大丈夫ですよ」
カナコ「突然すいませんがあのぉ、メッセージ聞かれました?さっき夕方5時
    頃入れたんですけど」
  浜「あっ、ごめんまだ聞いてない。どうしたの?」
カナコ「やっぱり聞かれてないですよね。実は今日、子供を実家に預けて、時
    間が空いたものですから、もし浜さんのご都合がよろしければお会い
    できないかと思いまして」
  浜「うわ?、嬉しいなぁ。今丁度仕事終って帰ろうとしていたところなん
    ですよ」
カナコ「あ?良かった。じゃあこれからお会いできますね」
  浜「じゃあ、7時半頃でいいですか?場所は東京駅の八重洲口の・・・」
カナコ「はい。わかりました。では後程」

今日のカナコの服装は真っ白いツーピースのスーツ。スカートはかなりのミニ
であった。なかなか男心をそそる服装であった。

  浜「さて今日はどこ行きましょうか?お腹の空き具合は?」
カナコ「じゃあお食事しましょう。この間の分、今日は私が払いますから」
  浜「どこにしようかなぁ。そうだ、お台場行ってみましょうか」
カナコ「えっ!お台場ですか?私行ってみたかったんですよ。嬉しいなぁ。
    すごく奇麗なんですってね」
  浜「僕も今日初めて行くんだ。テレビでしか見たことないけど、お店とか
    できて奇麗らしいね」

お台場はこれがまたビックリするほど奇麗だった。いつのまにこんなに開発さ
れてしまったのだろう。正直行って度肝を抜かれた。お台場ではまたイタリア
料理の店に入った。僕もパスタは好きだがカナコも相当パスタ好きのようだ。
結局またいろいろ話込んでしまい、時間も10時を過ぎてしまった。

  浜「そろそろ出ようか」
カナコ「はい。今日は私が払いますからね」
  浜「はい、じゃあお願いします。ごちそうさまでした」

外に出て、お台場海浜公園を散歩する。途中ベンチが3つ並んだ一角があり、
二つは既にカップルが座っていたが、端の一つが空いていてそこに座った。
目の前にはレインボーブリッジがそびえたっていた。とてもロマンチックな
雰囲気だった。

  浜「カナコさんと一緒にいると本当にとても楽しいんだよね。時間もあ
    っという間に経っちゃて、もっと時間があるといいんだけどね」
カナコ「私もとても楽しいですよ。もっと時間があればいいですね」
  浜「本当なら、このままどこか二人っきりになれるところに行きたいん
    だけど、でもお互い家庭もあるしやっぱり無理しちゃいけないって
    思うんだ。カナコさんとはできれば長くお付き合いしていきたいっ
    て思っているしね。だから今日も11時までには帰ろうね」
カナコ「そうですよね。浜さんのそういうやさしいところが気に入ってこう
    して一緒にいるんですよ。やっぱり家庭を第一に考えて、時々息が
    詰まるようなことがあってもこうしてお話してすっきりできればい
    いなって思います」

ふと気が付くと隣のカップルは熱い抱擁を初めていた。僕はカナコの肩に手
を回した。カナコは自然と僕にもたれかかってきた。隣のカップルはダッコ
ちゃんスタイルでベロンベロン、キスしていた。

  浜「カナコ。キスしてもいい?」

カナコは一瞬うつむきかけたが、すぐに顔を上げた。僕はカナコの唇に僕の
唇を近づけ、そして触れた。柔らかく暖かい唇だった。そのときカナコの首
すじからとてもほのかに香水に匂いがした。とてもいい匂いだった。
唇を開いて舌で軽くカナコの唇を舐める。カナコも軽く唇を開いて応えてく
れる。カナコの舌と僕の舌が絡みあう。僕は左手をカナコの胸に持って行っ
た。思った通りかなり大きいようだ。ブラジャーがあるので形まではわから
ないがDカップ以上あるのは間違いなさそうだった。カナコは抵抗しなかっ
た。カナコの口から吐息が漏れる。ときどきピクッっと反応する。

長いキスだった。5分以上はキスしていた。唇を離すとカナコは僕の耳にキ
スしてきた。耳の穴に舌を入れて舐めてくれた。耳を舐められたには初めて
だった。今のダンナに教わったのだろうか?
僕はカナコのフトモモに手を置いた。ゆっくりとカナコのフトモモを撫でる。
閉じていた足がだんだん開いてきた。フトモモの内側を撫でているとときど
きピクッとしながら吐息がだんだん荒くなってきた。パンティの上から指を
割れ目の辺りに沿えると軽く「ああっ」という声を出した。

でももう時間切れだ。帰らなくてはいけない。家庭を持っている者同士、無
理してはいけない。

  浜「今日は残念だけど、もう帰らなくちゃね。また来週のゆっくり時間
    取りましょうね」
カナコ「はい。また来週楽しみにしています」

カナコを送っていく車の中でカナコはずっと僕の左手につかまってもたれか
かっていた。ここだけの話だが、僕の車は右ハンドルだけど輸入車だ。だか
らウインカーが左側に付いている。カナコを送っていく間、右手でウインカ
ーを操作せねばならずとても不自由な思いをしたのであった。

--------------------------------------------------------------------------------

第三章 カナコ・・・幕張で

9月の第一週。その日は幕張でとある展示会に行くということで一日時間を
開けておいた。そして午前中に幕張本郷駅でカナコと待ち合わせた。5日前
の電話では今風邪ひいてしまい熱が39度もあるとのこと。でもなんとか直
して行きますと言っていた。僕は無理だったらキャンセルしてもいいからね
と言っておいた。

その日、カナコは結局来た。でも風邪は完全には直っていない。熱も微熱が
あるようだ。

  浜「大丈夫?無理しないほうがいいよ」
カナコ「大丈夫です。薬でちょっとボーっとしてるかもしれませんけど」
  浜「じゃあ、とりあえずどこか喫茶店でも行こうか」

幕張プリンスの「トップオブマクハリ」へ行った。ミルクティを飲みながら
暫く話をする。でもやっぱり体調はすぐれないようだ。

  浜「やっぱり今日はゆっくり休んだほうがいいんじゃない?」
カナコ「でもせっかく会えたんですから、ドライブくらいなら全然平気です」

車に戻り、ちょっとドライブする。調子悪そうなのでどうしようか迷ういなが
らも言ってみる。

  浜「じゃあどこかゆっくりできるところ行こうか?」

一瞬、沈黙が流れる。

  浜「それどころじゃないよね。あははは」
カナコ「いえ、そうじゃないんですけど・・・・」
  浜「いやぁ僕はカナコさんと一緒にいられるだけで十分楽しいんだよ。そ
    りゃ男だからそれなりの欲望もあるけど、カナコさんとはそれだけの
    付き合いにしたくないから・・・」
カナコ「今日は風邪だけじゃなくて・・・。あれになっちゃたんです」
  浜「ああ、そうか生理のせいで調子悪いんだ。じゃあ尚更無理しちゃだめ
    だね。でも僕は生理でもぜんぜん構わないと思う方だけどね」

しばらく関係ない話が続いたが、また沈黙が流れた。

カナコ「もし、浜さんが気にしないんだったら私構いませんけど・・・」
  浜「本当?無理しなくてもいいんだからね」
カナコ「いえ。別に無理してません」
  浜「よし、じゃあどこかホテル行ってみますか。行ってみてやっぱり無理
    だったらそれでも構わないからね」

さっき幕張本郷駅近くにホテル街があったのを覚えていたので、そちらに向か
う。そしてとあるホテルに車を滑りこませた。

部屋を案内するボードには2部屋しか空き部屋がなかった。こんな真っ昼間か
らなんでこんなに混んでるんだ・・・。

エレベータに乗り5階へ上がる。部屋は結構広い作りであった。カナコは緊張
しているようであった。

  浜「なんか緊張しちゃうね。シャワーどうする?一緒に入る?それもと風
    邪ひいてるからシャワー辞める?」
カナコ「一緒は恥ずかしいですから、先にどうぞ」

僕はシャワーを終えて部屋に戻った。

  浜「シャワーどうぞ」
カナコ「はい」

ちょっとぎこちない笑顔でカナコは答えた。

僕はテレビを見ながら待った。カナコがシャワールームから出てくるまでの数
分間がとても長く感じられた。

カナコは白いバスローブをまとい、シャワールームから出てきてソファーに座
った。僕は冷蔵庫を開けた。

  浜「カナコさん、なんか飲みます?ビール、ジュース、烏龍茶。あっワイ
    ンクーラーがいいかな?」
カナコ「はい。それでいいです」

グラスを二つとワインクーラーのビンを持ってカナコの隣に座る。2つのグラ
スにワインクーラーを注いだ。カナコは喉が渇いていたのかグラス半分くらい
を一気に飲んだ。

カナコ「あ?、おいしい。さっきまでちょっと緊張してたんだすけどシャワー
    浴びていたら落ちついたみたいで、すごく喉渇いちゃった」
  浜「そうそう。リラックスしてせっかくなんだから楽しまなくちゃね」

僕はカナコの肩を抱いて、ほっぺたにキスをした。次にグラスを手にとり一口、
口に含みカナコにキスをした。カナコは軽く唇を開け、僕はゆっくりとカナコ
の唇に液体を注ぎ込んだ。カナコは喉をごくっごくっと鳴らしながらその液体
を飲み込んだ。

カナコ「すごくおいしい・・・。もっとください・・・」

再度、僕はカナコに口移しで飲ませた。

  浜「カナコ、僕にも飲ませて」

カナコの唇がゆっくりと開き、冷たい液体が僕の口の中に注ぎ込まれた。軽い
炭酸の刺激が口の中に広がる。舌の上で転がしながら、カナコの唇に舌をはわ
す。カナコの舌と僕の舌が絡み合いながらその液体の味を堪能する。唇の端か
ら漏れた液体がカナコの首すじへ流れ落ちた。

流れ落ちた液体にそって僕は唇を動かしていった。カナコの首からこの前嗅い
だ香水の匂いが感じられた。なんとも言えないいい匂いだった。よくありがち
な香水とはちがいフルーティというか甘い感じの匂いだった。

首から胸元へ唇を進めた。バスローブの上からバストに手を添えるともう乳首
が固く隆起しているのが感じられた。胸元に舌を這わせながらバスローブをめ
くっていく。そしてカナコのバストが露わになった。僕の手のひらに余るほど
の乳房であった。子供を生んだためだろうが乳輪はちょっと大き目だけど悪く
はない。乳首を口に含んで転がすとカナコはピクッピクッと反応する。乳首が
コリコリに固くなってくる。カナコは「あん、あん」とかわいらしく声を上げ
はじめた。

手をフトモモに沿わせ、だんだんとカナコの秘部へと近づける。カナコの秘部
はすでにグショグショに潤っていた。僕はクンニしようと顔を秘部に近づけよ
うとすると

カナコ「あっだめ。きたないから。血がついちゃう・・・」
  浜「大丈夫。きたなくないよ。心配しないで。もうこんなに濡れてるよ」
カナコ「やだ。恥ずかしい・・・」

カナコの秘部からは白っぽい液体が流れだしていた。見た目には血は出ていな
かった。カナコのクリトリスを舐める。ちょっとしょっぱい味がした。クリト
リスはもう十分固くなっていた。

  浜「ねぇ、カナコはクリトリスと中どっちが感じるの?」
カナコ「わかんない。あんまりしたことないから」
  浜「でも、結婚してるし、子供もいるんでしょ?」
カナコ「主人と結婚してすぐ子供できてそれからしていないの。主人も求めて
    こないし」
  浜「じゃあ今はSEXレス状態なんだ。不満はないの?」
カナコ「不満ってことはないわ。私も主人のことを家族って考えるとあまり
    SEXの対象って思えなくなっていたし、それに最近までは子供を育
    てるのに夢中であまり気にならなかったの」
  浜「結婚する前は、他に付き合ったことあるんでしょ?」
カナコ「2人くらいあったけど、でもあまり遊んでなかったから・・・」
  浜「じゃあ、ちょっと遊び足りないって感じだったのかな?子供もある程
    度大きくなって手が離れたからちょっと遊びたくなったんでしょ」
カナコ「それもあるかもしれない」  
  浜「SEXではあまりイッたことないの?」
カナコ「そうね。イクって感じがあまりわからない」
  浜「オナニーとかではイッたことないの?」
カナコ「いや、恥ずかしい・・・。でもあまりしないけど、多分これがイッた
    のかなって感じはある」
  浜「よしじゃあ、今日は思いっきりカナコにいってイッて貰おう」

膣の中に舌を差し込むと鉄の味がした。カナコは腰をもぞもぞとくねらせて
「あん、あん、あ?ん」とかわいい声でもだえだした。クリトリスを舐めてい
た時より膣の中を舐めている方が感じるようであった。中指をゆっくりとカナ
コの中へ挿入する。「あ、あ??ん」思わず声がでる。中は結構ザラザラして
いる。子供を生んでいる割には結構締まっていそうだった。

クリトリスを舐めながら指をゆっくり出し入れする。カナコの腰がくねくねと
動き始める。指を2本挿入し、ピストン運動をだんだん早めていった。カナコ
の腰はそれにあわせて動きが早く大きくなってきた。指に絡み付く粘液は薄い
ピンク色になっていた。

  浜「カナコ。腰がこんなに動いているよ。すごくエッチだね」
カナコ「あ?ん、なんか勝手に動いちゃうの?。あ??ん。すごい」
  浜「気持ちよくなってきた?」
カナコ「すごく気持ちいい?。あ?おかしくなりそう。ねぇ浜さんもう来てぇ」
  浜「入れてほしいの?」
カナコ「うん。あ?。はやく入れてぇ。お願い」

僕はすばやくコンドームを付けた。

  浜「カナコ、入れるよ」
カナコ「う?ん、いいわぁ。早く来てぇ」

ペニスをカナコの中へ挿入する。

カナコ「あ?ん、いいわぁ。ねえ、こんなの初めてなのぉ?。あああ?ん」
  浜「カナコ。気持ちいいよ。ほらカナコの中に入っているよ。カナコ触っ
    てごらん」

カナコの右手を結合部へと導く。カナコは最初は恐る恐る触っていたがだんだ
んしっかりとその感触を確かめるように触りはじめた。

カナコ「ホント・・・。入ってる。私の中に入ってるのね。あ?んすごい」
  浜「カナコの中、熱いよ。さぁ今度はカナコが上になって」

結合したまま、カナコの背中を持ち上げ騎乗位にする。

カナコ「あ???っ、奥まで届いてるぅ?。もうすごい。ああああ」
  浜「ほらカナコ、動いてごらん。もっともっと腰を動かして」

カナコは腰を動かしはじめた。SEXはあまりしていないって言っていたが
結構、前後によく動いていた。僕のペースにとても合っていた。

  浜「カナコ、すごいよ。腰の動かし方がうまいよ。気持ちいいよ」
カナコ「ああああ。なんだか勝手に腰が動いちゃうのぉ。あああ。気持ちいい
    頭おかしくなりそうよぉぉぉ」
  浜「もっと、もっと動いてごらん。そして声ももっとだしていいんだよ。
    他に誰も聞いてないから恥ずかしがらずに思いっきり声だして」
カナコ「う、うん。そうね。あああああああ。うああああ。ああああ?ん」

カナコは叫ぶように声を上げはじめた。

カナコ「うああああ、気持ちいいのぉぉぉ。すごい。とけちゃうよぉぉぉ。
    もっと、もっといっぱい。いっぱいしてぇぇぇぇ。ああああああ。
    後ろから・・・、後ろからしてぇぇぇぇ。ああああ。お願いぃ」

カナコを四つんばいにして後ろからペニスを一気に突き刺す。

カナコ「うううわあああああああああ。もうだめぇぇ。おかしくなっちゃう。
    イきそう。いきそうよぉぉぉ。もうイッっちゃうぅぅぅわあああ」
  浜「カナコぉぉ。気持ちいいかい?僕もイきそうだよ。一緒にイこう。
    イッっていいよぉ。うわああああ」
カナコ「ああああ。イク、イク、イッちゃうぅぅぅぅぅぅ・・・」

カナコは全身をピクピクと痙攣させながら、絶頂感にひたっていた。僕はカナ
コとほぼ同時に大量の精液を噴射していた。

しばらくの間、ベッドの中で腕枕しながら話をしていた。

カナコ「私ね。こんなに気持ち良かったのはじめて。結婚する前にもっと早く
    出会ってればよかったのに・・・」
  浜「SEXも相性があるからね。僕もこんなに充実したSEXは久しぶり
    だったよ。ダンナのカナコをほっておくなんてもったいないことする
    よなぁ」

カナコはもぞもぞと手を伸ばし、僕のペニスを触りだした。それに僕のペニス
は反応してきた。
 
  浜「カナコ、そんなことするからまた大きくなっちゃったじゃないか」
カナコ「ちょっと悪戯しちゃお」

カナコは布団をめくり、僕のペニスへ顔を近づけ、そして咥えた。チュパチュ
パと音を立てて吸い付くように舐めた。なかなかうまいではないか。SEXあ
まりしたことないなんて思えないくらいだった。

  浜「カナコ。フェラチオうまいね。すごく気持ちいいよ」
カナコ「うふふふ。そうですか」

カナコは一生懸命ペニスをいと惜しむようになめる。僕のペニスは破裂せんば
かりに大きくなっていた。フェラの速度がだんだん早くなってきた。

  浜「ねえ、カナコ。このままイッてもいいの?」
カナコ「うん」

カリの部分を咥えながら根元を手で上下にこする。すごく気持ち良かった。
だんだん我慢できなくなってきた。

  浜「あああ。カナコ。イッちゃうよ。カナコの口の中に出しちゃうよ」

体の底から快感がこみあげ、僕はカナコの口中へ発射した。

  浜「あああ。カナコ気持ち良かったよ」

僕は枕元にあったティッシュをカナコに渡そうとした。

  浜「カナコ。さあこれに出していいよ」
カナコ「ん?別にいいの」
  浜「あれ?飲んじゃったの?うわ?ありがとう」

僕は思わずカナコを抱きしめた。

カナコ「浜さんのためだったら私何でもできるわ」
  浜「でも本当にフェラチオ上手だね。誰に教わったの?」
カナコ「そうかなぁ。でも昔付き合ってた彼がフェラチオ好きでよくさせら
    れてた。でも彼は自分がイければそれでいいって感じの人だった。
    私もそれで満足していたし。でもね、飲んだのは初めて」
  浜「どんな味だった?喉につまったりしなかった?でも蛋白質だから栄養
    にはなるのかな」
カナコ「あははは。変な事言わないでよ。ドロっとしてて飲みにくかった。ち
    ょっと生臭いっていうか苦い感じかな。でも平気だった」

その後いっしょに風呂にはいった。バスタブにつかっているとまたまた欲情し
てしまい、風呂場でもう一回SEXしてしまった。

--------------------------------------------------------------------------------

第四章 カナコ・・・誕生日

 9月も終わりに近づいていた。近くのそば屋で昼めしを食べていると携帯が
鳴った。電話はカナコからだった。

カナコ「あの、突然でごめんなさい。今日なんですけど夜時間ありますか?」
  浜「えっ?あ、うん大丈夫だけど。どうしたの?」
カナコ「いえ、ちょっと遅くなってしまったんですけど浜さんこの間お誕生日
    だったでしょう?だからお祝いしたいと思って」
  浜「ええっ?本当?ありがとう。うれしいな」
カナコ「今日は私が出しますからおいしいもの食べにいきましょう」

そういう訳で急遽デートとなった。東京駅で待ち合わせてお台場の日航ホテル
へ向かった。途中車の中でカナコはバッグの中から箱を取り出した。

カナコ「あのぉ。これ大したものじゃないんですけど一応プレゼントです」
  浜「うわ?。ありがとう。なんだろう。あとで開けてみよう」

日航ホテルの駐車場へ車を入れ、ロビーへ向かう。レストランが何個所かあっ
たのでフロント聞いてみる。フランス料理の店は今日はもう予約でいっぱいだ
そうだ。そこでバイキング形式の店に行くことにした。一人6000円も取る
だけあってなかなか豪華な料理が並んでいた。席もみんな窓側を向いていてレ
インボーブリッジがよく見え、夜景がキレイだった。

ワインを軽く飲みながら2時間ほど食事をした。いままでもそうだったが何か
話をするたびにお互いの趣味や好みが一致していることに気が付き、驚くこと
多かった。例えばパスタのソースはトマトが一番好きとか、食べ物は好きなも
のを最後に食べるとか、肉より魚が好きとか、洋服でベストを良く着るとか、
車は小さくてキビキビ走るのがいいとか、書いて見ると他愛もないことだが、
ちょっとしたことでも意見が合うという事は気分がいいものである。

  浜「さっきのプレゼント開けてもいい?」
カナコ「ええ、どうぞ。でもほんと大したものじゃないんですよ」

プレゼントはネクタイピンだった。シルバーに緑のアクセントが入っている。

  浜「ありがとう。いい色だね。僕は緑色が好きなんだよ。それに身につける
    物はゴールドよりシルバーが好きだし。うれしいな」
カナコ「あっそうだったんですか。私も緑好きで、それにアクセサリーはシルバ
    ーがいいって思っていたからこれにしたんですけど、ほんとにいろいろ
    と意見が合いますね。不思議なくらい」

食事も終わりちょっと酔い覚ましにお台場の公園を散歩する。ここへくるのは
2回目だった。なんか二人にとって思い出の場所になってしまった気がする。

またこの間のベンチが空いていたのでそこに座った。

  浜「今日はありがとう。今度はカナコの誕生日やらなくちゃね。来月だっ
    たよね。次回会う時はカナコの誕生会だよ」
カナコ「ありがとうございます。実は、もうひとつ話しておかなくちゃいけな
    いことがあるんです。多分近いうちに北海道へ引っ越すかもしれませ
    ん。主人が転勤するかもしれないので」
  浜「えっ?本当?そうかせっかく知り合ったのに残念だね。でもいつ頃引
    っ越す予定なの?」
カナコ「まだはっきり決まってないんですけど、多分10月の終わりか11月
    初め頃になるみたいです」
  浜「じゃああと一ヶ月くらいだね。短い間だけれどいろいろ思い出作って
    おきたいなぁ。そうか・・・残念だね」
カナコ「私もようやく慣れてきたし、毎日に張り合いが出てきたっていうか
    新鮮な気分で毎日が送れるようになったところなんですけど・・・。
    でも仕方ないですよね」
  浜「そうそう。もう二度と会えないって訳じゃないでしょ。住んでいる所
    は離れていても、なんかの機会に会えるかもしれないし、電話で話す
    こともできるし、カナコの新しい生活、応援するよ。北海道には知り
    合い居るの?」
カナコ「主人の実家が北海道なんです。でも私の知り合いは全然いません。
    だからちょっとだけ不安です」
  浜「大丈夫だよ。カナコの明るい性格だったらどこでもうまくやって行け
    るよ。でも引っ越す前にまた会おうね」
カナコ「はい、わかりました」

いつかは終ってしまう日がくることは分かっていた。だけれども正直言ってち
ょっとショックだった。でも仕方がないことだ。結婚していない立場だったら
「ちょっと待ってくれ」とかって言ってしまったかもしれない。でもお互い既
婚者同士だ、お互いの家庭を第一に大切にすることが大原則である。
結局、この日はキスだけして帰った。

9月終わりの「引越し」宣言のあと、は結局時間がなくてなかなか会う時間が
なかったが、ようやく10月の終わりになって会うことができた。

いままで会う時はいつも東京方面だったが今回は横浜にきてもらうことになっ
た。夜19:00に横浜駅で待ち合わせ、車で繁華街から離れた料亭へ連れて
行くことにしていた。そこは離れがあってとても雰囲気がいい店であった。

  浜「今日は、カナコの誕生会だよ。ずいぶん遅くなっちゃったけどね」
カナコ「うれしいなぁ。どこに連れていってくださるんですか?」
  浜「それは着いてのお楽しみ」

店に着き、仲居さんに案内されて離れに行くとカナコはとても喜んでいた。
住宅街の中にあってとても静かな場所だった。離れの窓からは奇麗に手入れ
された庭が照明で照らされている。

カナコ「うわ?。すごくキレイですね。値段もすごく高いんじゃないですか?
    でもうれしい」
  浜「まぁそんなことはいいから、ゆっくり食事しよう」

料理もコースの順序に従って、仲居さんがひとつひとつ運んでくる。でも二人
の邪魔をしない配慮なのだろう、運び終わるとすぐに引っ込んでしまう。
以前来た時は一品一品、丁寧に料理の説明をしてくれたが、今日はそんなこと
はしない。なかなか気が利いている。

一通り食事も終わり、会計を済ませて外に出た。その料亭の敷地内にはアンテ
ィーク雑貨の店が併設されていた。カナコはアンティークに興味があった。
雑貨の店の中を一通りみてまわった。そこで僕は陶磁器製の足つきグラスで気
にいったものを見つけた。その時に僕は何も言わなかったのだが、カナコもそれ
が気に入ったらしく、

カナコ「このグラスいいと思いません?買っていこうかしら。そうだ二つ買っ
    て、それぞれ持って帰りませんか?思い出になるし」
  浜「そうだね。それいい考えだね。実は僕もそのグラスいいなぁって思っ
    てたんだ」
カナコ「じゃあ、私が買いますから今日のお礼です」

買い物を終え、車に乗る。さてこの後はどうしようか。

  浜「この後はどうします。時間は何時頃までいいのかな?」
カナコ「今夜中に帰れればいいです」

車を運転しているとカナコが僕の左手を握ってきた。そして信号で止まってい
るとその手をカナコの胸元へと動かした。カナコは潤んだ瞳をしていた。

  浜「カナコ。今日はHな目をしているね。なんかSEXしたくてしょうが
    ないって感じだよ」

そういいながらカナコの胸を揉んだ。

カナコ「一ヶ月会えない間、なんかとっても寂しかったの。初めてなの。こん
    なに自分からしたいって思ったの」
  浜「そうか。じゃあ僕のこと考えながらオナニーした?」
カナコ「うん。しちゃった。結婚してからしてなかったのに」
  浜「じゃあ、今日はカナコのオナニーを僕に見せてくれる?」
カナコ「いやよ。そんなの恥ずかしいじゃない」

カナコは僕の股間に手を伸ばした。

カナコ「あっ。固くなってる」
  浜「そうさ。僕もカナコとしたくてたまらなかったよ。今夜は時間が許す
    限りいっぱいしようね」

カナコの乳首は服の上から分かるほど固くなっていた。スカートをめくりもも
の内側へ手を差し込むとカナコは軽く足を開いた。僕の指がストッキングの上
からカナコのクリトリスの辺りを撫でるとカナコは大きくため息をついた。

20分後、近くのラブホテルにチェックインしていた。部屋に入るなり、僕は
カナコを抱きしめキスをした。舌を絡め合いキスをした。キスをしながらカナ
コの服を脱がせる。カナコも自分から服を脱ぎはじめた。カナコのシャツのボ
タンをはずし、ブラジャーのカップをずらすとカナコの固く勃起した乳首が現
れた。乳首を舐めながらスカートをめくりストッキングとパンティを下ろす。

立ったまま軽く足を広げさせ、カナコの秘部に指を差し入れる。そこはもう既
にぐっしょりと濡れていた。ふとももを伝って愛液が流れている。

  浜「カナコ。もうこんなにぐしょぐしょじゃないか。ほらふとももまで滴
    れてきてるよ」
カナコ「だって・・・」
  浜「ほら、自分でさわってごらん」

カナコの手を取り秘部へとさそう。

カナコ「恥ずかしい・・・」
  浜「大丈夫だよ。何も恥ずかしくないよ。僕はHなカナコが好きだ。ほら
    自分でオナニーするように触ってみて」

カナコはゆっくりと自分の秘部へ指を這わせた。そしてクリトリスを指で刺激
しはじめた。

  浜「そうだよ。カナコ。自分でクリトリス愛撫しているんだね。すごくH
    だよ。もっと見えるように足を開いて」
カナコ「あああん。恥ずかしいけど、なんか変な気分」

カナコは両手を使って、クリトリスと小陰唇の辺りを愛撫していた。

カナコ「ああ。もうだめ立ってられない」
  浜「じゃあ、ソファーに座って」

ソファーに座らせ、足を大きく広げさせる。

  浜「カナコのHなオマンコが良く見えるよ。カナコのオマンコから、いっ
    ぱい愛液が滴れてるよ。ソファーまで滴れてるよ」
カナコ「あああ?ん。ああああ。いや?ん。恥ずかしい」
  浜「指入れてごらん」

カナコをゆっくりと人差し指を挿入した。

カナコ「うう??ん。あああ」
  浜「カナコのオマンコに指が入ってるよ。僕の指も入れてみるよ」

カナコの中に僕の指も挿入する。カナコの中で僕の指とカナコの指が絡み合う。

カナコ「浜さん、お願い許して。もうだめおかしくなっちゃう。ねえ、きて。
    ほしいの。はやくきて」
  浜「まだまだ」

カナコのオマンコに指を入れながら、クリトリスを舐める。カナコは自分から
軽く腰を振ってきた。

  浜「カナコ。気持ち良くなってきたの?腰が動いてるよ」
カナコ「あああああ。気持ちいいのぉ。ああもういや?ん。気持ちいい」

カナコのアナルを舐める。カナコは嫌がらなかった。

  浜「カナコはアナル使ったことある?」
カナコ「ああああん。ああう。そんなのないわよぉぉぉ。ああああああ」
  浜「ちょっと試していいかな」
カナコ「いやぁ。だめよぉ。そんなのきたないじゃないぃぃ。ああああ」

アナルに愛液をたっぷ塗り、指で軽く突いてみた。カナコはお尻を固く締めて
しまった。

  浜「カナコ、もっとお尻の力抜いて」
カナコ「いやぁぁぁ。だめよぉぉ。できないぃぃ。ああああん。あああ」

仕方が無いので今回は断念した。

カナコ「それよりもぉぉぉ。早くきて。お願いぃぃぃ。あああ。ううう」
  浜「どうしてほしいの。言ってごらん」
カナコ「もういじわるぅぅ。あああ。オチンチンを入れてください」
  浜「どこに入れて欲しいの?」
カナコ「・・・・」
  浜「はっきり言ってごらん。すっきりするから」
カナコ「うううああああ。浜さんのオチンチンを私のオマンコに入れてくださ
    いぃぃぃ。ああああん。あ???ぁぁぁ。早くぅ」

僕はコンドームを付けてカナコのオマンコにいっきにペニスを突き刺した。

カナコ「うううわああああ。すごいぃぃぃ。はん。ああん。気持ちいいぃぃ」

僕もかなり興奮していたせいだろう、ものの数分でイきそうになってきた。
ちょっとペースを落としながら気を紛らわせていた。

カナコ「後ろからしてぇぇ。あああ。お願いぃぃぃ」
  浜「カナコは後ろが好きなの?」
カナコ「はあはあ。そうなのぉ。後ろがいいのぉぉぉ。うううああああ」

カナコを一度立たせて、ソファーに手を付かせる。そして後ろからカナコの
オマンコにペニスを挿入した。

カナコ「はっうわあああ。いい。いいわ。すごいいいのぉぉぉ。うううあああ
    もう壊れちゃうぅぅ。もうイきそう。イきそうなのぉぉ。もっともっ
    と強く突いてぇぇ。はうぅぅ。うううわああああ」

僕は思いっきりカナコを突いた。激しく強く。僕ももうそろそろ限界が近づい
ていた。

  浜「カナコぉ。僕も行きそうだよぉぉぉ。うううわあああ」

そう言った途端、射精が始まってしまった。カナコはまだイッていない。
僕は射精が終ってからもしばらく動いていた。ペニスの硬度はまだ落ちていな
い。もう少しがんばれそうだ。

カナコ「ううううわあああああああああああ。もうだめぇぇぇ。いくいくいっ
    ちゃうぅぅぅ。はあああああああああああああああぅぅぅ」

カナコは背中をのけぞらしながらイッた。そしてそのままうずくまるようにし
ゃがんでしまった。床にしゃがみながらピクピクと軽い痙攣を起こしていた。

この後にもベッドでもう一回戦してこの日は12時過ぎに帰った。

--------------------------------------------------------------------------------

第五章 カナコ・・・長いお別れ

 11月になり、朝晩はめっきり冷え込むようになった。カナコはもうすぐ
東京を離れ、遠い場所へ行ってしまう。最後にもう一度会っておきたい。
短い時間だけでもいい。一目会ってお別れを言いたい。
そう思い、僕はカナコの家に電話してみることにした。初めて彼女の家に電話
することになる。とても緊張した。
カナコは「昼間だったら大丈夫だから」と言っていたが、もしダンナさんが出
たら・・・と思うと彼女の自宅に電話するのはやはり勇気がいる。もし男の人
の声だったら間違い電話のふりをして切ってしまおう。そんな風に考えながら
電話のボタンをプッシュする。

プルルルル、プルルルル、プルルル、カチャ。「はい。大石です」
カナコの声だった。ちょっと安心した。でも近くにダンナがいるかもしれない。
僕は慎重に話しはじめた。

  浜「もしもし。あのぉ浜ですけど。今、大丈夫ですか?」
カナコ「ああ!浜さん?電話してくださったの初めてですね。ええ大丈夫です
    よ。ちょっと○○ちゃん、あっちで遊んでてね」

受話器の向こうでは子供の声がしている。ちょっとだけ彼女の家庭を覗き見し
しまった気がした。

  浜「ごめんね。突然電話しちゃって。どうしようか迷ったんだけど」
カナコ「いいえ、とても嬉しいですよ。私も電話しようかなって思っていたん
    です」
  浜「もうすぐ引っ越しちゃうでしょ。だからその前に会えないかなって思
    ったんだけど」
カナコ「多分、11日に引っ越すんですけど、その前にお逢いしたいですね。
    土日とかでも大丈夫ですか?」
  浜「もちろん。カナコさんに合わせて時間作りますよ」
カナコ「多分今度の土曜日だったら大丈夫だと思うんですけど、ちゃんと予定
    が決まったらまた連絡します」
  浜「うん、わかった。じゃあ、大丈夫そうだったら連絡ください」

そして11月7日の夜、カナコから電話がきた。明日8日の金曜日から9日の
土曜日まで一緒にいられるということであった。僕も金曜日は仕事を午前中だ
けで片づけられるだろう。

僕はせっかく時間があるからどこか小旅行みたいなことができないかと思った。
金曜の朝、会社に行く前にホテルを探した。あまり遠くだと移動に時間がかか
ってしまう。いろいろ考えた末に、鎌倉に行くことにした。ホテルは鎌倉プリ
ンスなら空いてるだろう。鎌倉プリンスに電話をして部屋はキープできた。
ルームチャージで35k。多分、カナコとは最初で最後の旅行になるはずだ。
これぐらいの贅沢もいいだろう。

午後、会社を出て東京駅へ向かう。14:00の約束で30分ほど前に僕は八
重洲の駐車場に着いた。本屋に寄り鎌倉のガイドブックを立ち読みする。

約束の時間通りにカナコはやってきた。トランク型のバスケットと可愛らしい
帽子をかぶってまるでピクニックにでも行くような雰囲気であった。

  浜「なんかピクニックにでも行くような格好だね。その帽子かわいいよ」
カナコ「ふふふ。そうですか?ありがとうございます」
  浜「今日はね。鎌倉に行こうと思うんだけど。いいかな?」
カナコ「うわぁ?。鎌倉行きたいって思ってたんですよ。高校の頃に一回行っ
    ただけなんですよ。嬉しいなぁ」

車で鎌倉に向かう。天気は雨。雨はだんだんとその雨足を強めて行った。
夕方、鎌倉に着く頃には雨はドシャブリになっていた。まるで僕とカナコの別
れを悲しむかのように激しい雨が降っていた。

一旦、ホテルにチェックインしてから、鎌倉の街に出る。雨は少し弱くなって
きた。僕とカナコは、傘を一本だけさして腕を組んで歩く。まるで付き合い始
めたばかりの恋人同士といった感じで、新鮮な気持ちで小町通を歩いていく。
雑貨屋さんやガラス細工の店を覗いたりした。どこからともなくカレーのいい
匂いが漂ってくるのに気が付いた。そう言えばお腹も空いてきた。このカレー
の匂いはどこから来ているのだろう。僕とカナコはカレーの匂いに釣られて路
地を曲がった。そこには小さなカレー専門店があった。あまりにもいい匂いな
ので晩御飯はここで食べる事にする。
僕がチーズチキンカレー、彼女はビーフカレーを頼んだ。なかなかおいしいカ
レーでボリュームもあった。安い夕食だったが、大満足であった。

ホテルに戻り、テレビを見たりしながら話をした。子供の頃の話とかしている
と本当に普通の恋人同士のような感覚になってしまう。不思議なものだ。伝言
で知り合ったとは言え、これほど気が合う人と知り合いになれることもあるの
だ。もし、お互い結婚する前だったら確実に結婚を前提とする付き合いに発展
していったことであろう。
しかし、お互いに結婚している身である。割り切った付き合いと分かっていて
も、あまり気が合いすぎるのも恐い感じがする。それぞれの家庭を壊すような
ことはしたくない。そういう意味からすると、彼女が遠くへ引っ越してしまう
ということはいい機会だったのかもしれない。

そんなことを話していると、カナコがこう言った。
カナコ「もし、私達がおじいちゃん、おばあちゃんになって、それぞれのパー
    トナーと別れてしまうようなことがあったら、その時は一緒になりた
    いですね」
  浜「そうだね。それはいいかもしれないね。今の家庭は大切にしていかな
    くちゃいけないよね。でも遠い将来、離婚とか死別とか理由はいろい
    ろあるだろうけど、一人になっちゃうようなことがあったら、その時
    に新しい人生をカナコを歩んで行けたら最高だね。まあもちろん無理
    にそう考えるもないだろうけど。自然にそうなればいいね」
カナコ「そう、自然にっていう考えはいいですよね。もし神様がいて、運命っ
    ていうものが決まっているのなら、それに従って自然とそうなるもの
    だと思うんですよ。今のダンナと結婚したのも運命だし、将来どうな
    るかも運命なんだろうなって思うんですよね」
  浜「もし、遠い将来、一緒になれたら旅行行きたいね。客船に乗って海外
    クルーズなんていいかもね」
カナコ「じゃ、おばあちゃんになってしわくちゃになって嫌われないようにお
    手入れしておかなくちゃ」

その夜、僕とカナコは別れを惜しむかのようにはげしく求めあった。カナコは
いままでにもまして、激しく動いた。積極的に自分から攻めてくる。
ソファーでフェラから騎乗位で1回。バスルームで立ちマンからバックで1回。
そしてベットで3回目を終った時だった。最中には気付かなかったがシーツに
真っ赤な染みが付いていた。

  浜「あれ?血が出てる」
カナコ「あ?ん、はじまっちゃったのかも。そろそろ来そうだなって思っては
    いたんだけど」
  浜「カナコ、生理前だったから激しかったのかな?」
カナコ「え?そんなに激しかった?」

僕はシーツをベットから剥ぎ取りバスルームへ持っていった。シャワーから全
開で水を出してシーツに当てると赤い染みがみるみる落ちていった。
  浜「血はすぐに落とせば簡単に落ちるんだよね」
カナコ「へえ、すご?い。浜さん、他にも経験あるんでしょ」
  浜「ノーコメント」
そんなことをしていたら時間は明け方の4時になっていた。もう一度、シャワ
ーを浴びて、僕らは眠りに着いた。

目が覚めると、少し開いたカーテンの隙間から明るい光が差し込んでいた。
ベットを抜け出してカーテンを開けると、雲一つ無い快晴だった。

まだベッドで寝ていたカナコも目を覚ました。
カナコ「あっ、おはようございます」
  浜「おはよう。今日はいい天気だよ。デート日和だね」

時間はまだ8時半くらいだった。このホテルはチェックアウトタイムが正午な
のでまだゆっくりできる。

  浜「まだ寝ていていいよ。眠いでしょう」
カナコ「じゃ、浜さんも一緒に寝ましょう」

僕はまたベットに戻った。カナコと添い寝しながらうだうだと気だるい朝の時
間を楽しんでいた。キスしたりカナコの胸に顔を埋めたりしていると、カナコ
の手が僕の下半身に伸びてきてやがてパンツの上からペニスを触りはじめた。
カナコが僕のペニスを触っているとだんだんと固くなってきた。カナコはパン
ツの中に手を入れて直接ペニスを握った。

カナコ「ねぇ、もうこんなに大きくなってるよ。それにすごく熱い」
  浜「カナコがそうしたんでしょ」
カナコ「ふふふ。悪戯しちゃおう」

そう言うとカナコは布団の中に潜りこんだ。布団の中で僕のパンツを脱がし、
固くなったペニスを優しく口に咥えた。最初はゆっくりとペニス全体を舐める
ように動かす。やがて舌で尿道口を舐めたり、締め付けるように吸ったりと濃
厚なフェラが展開される。

僕は布団を剥ぎ取り、カナコがフェラチオしている姿をじっと見る。ときどき
カナコが顔を上げでこちらを見る。

カナコ「ねぇ、浜さん気持ちいい?」
  浜「ああ、気持ちいいよ。すごくいい」
カナコ「イッてもいいのよ。お願い、出して。浜さんのが飲みたいの」
  浜「カナコの口でイきたいよ。いっぱい出したいんだ」

カナコのフェラのペースがだんだん早くなってくる。カナコは手でペニスの
根元をしごき、亀頭を舌で包むように刺激してくる。でもなかなかイきそう
にない。僕は一旦、ベットから立ち上がった。

  浜「カナコ。ベッドの上に座って」
カナコ「こう?」

カナコはベットの縁に腰掛けた。僕は自分のペニスを握りしごき始める。

  浜「僕のオナニーを見せてあげる。カナコも自分で触ってみて」

カナコはペニスをしごく僕の姿をじっと見つめている。そして右手で自分の
バストを触りはじめた。僕とカナコはお互いに見つめ合いながら、自分自身
を愛撫する。その光景に僕は異様な興奮を覚えた。カナコも多分そうだった
に違いない。カナコは足を広げ、パンティの上からクリトリスの辺りを触っ
ている。左手はTシャツの中に手をいれ、乳首を触っているようだった。

カナコはTシャツを脱ぎ、バストが露わになった。固く尖った乳首を愛撫し
ながら、右手がパンティの中に入っていった。パンティに中には生理用のナ
プキンを付けているはずだが、パンティの中で右手が動く度にくちゅくちゅ
と音がする。カナコは虚ろな目をしている。
僕はもう異様な興奮に包まれていた。ペニスをしごく手の動きがどんどん早
くなる。

  浜「あああ、カナコ。もうイきそうだよ。口を開いて」
カナコ「あん、早く。早く来て」

カナコは亀頭を咥える。僕は更に早くペニスをしごいた。

  浜「うううわぁ。もうイく。イくよぉぉ」

大量の精液はカナコの口に注がれた。さっき3回も出したとは思えないほど
大量であった。射精の瞬間にはビュッと音が出るほどであった。
カナコはそのままペニスを咥えて舐めていた。大量の精液をゴクっと喉を鳴
らして飲み込んだ。半分放心状態のカナコの前にひざまづき、カナコの秘部
を愛撫しようとした。

カナコ「あっ、だめよ。きたないから・・・。血が出てるし・・・」
  浜「じゃあバスルームに行こう」

バスルームに入り、シャワーでカナコの秘部を流していると、流れ落ちるお
湯が真っ赤だった。バスタブの底をカナコの血が筋をひいて流れて行く。
僕は手でカナコのバストを揉みながらキスとした。

シャワーを置き、カナコの秘部に手をやるとそこは血と愛液が混じってヌル
ヌルしていた。生理初日でかなり出血が多いのであろう。カナコのフトモモ
を伝って血が流れ落ちていく。
クリトリスを愛撫しているとカナコの膝がガクガクしてきた。僕のペニスは
また固くなり始めていた。
カナコをバスタブの縁に手をかけさせて尻を突き出させる。そして僕はカナ
コの血だらけのオマンコにペニスを挿入した。

カナコ「あああああん。すごいぃぃ。気持ちいいのぉぉ」

カナコの腰を掴みながら、激しくペニスを突き入れる。血があふれ出てきて
僕のペニスやフトモモの辺りも真っ赤になる。

カナコ「ああああああああ。もうイっちゃうぅぅぅ。うううわああああ」

カナコは絶頂に達するとバスタブに座りこんでしまった。バスタブには飛び
散った血があちらこちらに付いている。ふと我に返ったような感じがして
冷静になってくると、あまりの多量の血に頭がくらくらしてきた。

ペニスも萎んでしまった。さっきまでの異様な興奮状態はなんだったのだろ
う。ちょっと倒錯した世界を垣間見た気がした。
でも冷静さを装いつつカナコに声を掛ける。

  浜「カナコ。気持ちよかったかい?すごい血だね」
カナコ「はい。すごくよかった。頭の中が真っ白になっちゃった」

シャワーでバスタブについた血を流し、それぞれのカラダを洗い流した。

身支度を整えて11時半頃にチェックアウトした。海岸沿いのイタリア料理店
で食事をした。サラダとパスタと生牡蠣を頼んだ。とてもおいしかった。

そのあと、江ノ島を散策したり楽しい時間を過ごした。午後3時過ぎにそろそ
ろ、東京へ戻ることにした。

車の中でもいろいろな話をした。でももうすぐお別れしなければならない。
ふとレイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」という小説を思い出した。
この小説は探偵マーロウとある事件に巻き込まれた男とのちょっと不思議な友
情の話である。
直接小説とは関係ないが、僕達の関係も単なる不倫とは違う、ちょっと不思議
な付き合い方というか運命的な出会いと別れというものを感じていた。

  浜「『長いお別れ』っていう小説知ってる?」
カナコ「題名は聞いたことあるような・・・」
  浜「レイモンド・チャンドラーっていう人が書いた小説なんだけどね」
カナコ「へえ。それがどうかしたの?」
  浜「主人公の探偵がとあるパーティで偶然出会った男が、その後ある殺人
    事件に巻き込まれて数奇な運命を辿っていくんだけど、その探偵はち
    ゃんと依頼された事件じゃないにも関わらず、その事件に関わってい
    くんだ。そのうちになぜかその男を探偵の間に奇妙な友情が生まれる
    ていくんだ。お互い、実際に会って話をしたことはあまり無いのにな
    ぜか、固い友情が生まれていくんだよね。これってなんか運命的なも
    のっていうか、理屈では片づけられないようなことなんだろうね」
カナコ「面白そうね」
  浜「それでね。僕達の関係もなんか不思議っていうか、知り合って3ヵ月
    くらいでしょ。一緒に居た時間も短いのに、でもなんだかすごく長く
    付き合ってるような、相手の事をなんでも知ってるような感じがする
    んだ」
カナコ「そうね。確かにそんな感じはする・・・。私、伝言なんかで人と会っ
    たの初めてで、実際に会うまではドキドキして緊張しちゃってどうし
    ようって思ってだけど、浜さんと最初に会った時になんだかその不安
    が無くなっていくのが分かった」
  浜「昨日も言ったけど、二人の出会いはもしかしたら運命的なものなのか
    もしれない。だから、これからまた再会できるかもしれないし、もし
    かしたら一緒になれることもあるかも知れない。だけど逆にもう会う
    ことはない運命なのかもしれない」
カナコ「運命ね。そうかもしれない。運命は自分で造って行くなんて言う人も
    いるけど、実際には自分で造っていける部分ていうのはとても小さい
    ものなんじゃないかなって考えたりする」
  浜「僕もそう思っているんだよ。人生なんて偶然が幾つも重なって作られ
    ていくもんなんだろうなぁって。自分が努力した結果、こうなったっ
    て考える人もいるけど、もしかしたらそれは自己満足の世界の話で運
    命的にはそうなるように決まっていたって考えることもできるんじゃ
    ないかなって思う。人間のやっていることなんて宇宙単位でみたら目
    に見るないくらいちっぽけなことなんじゃないのかなぁって」
カナコ「そうね。自分で考えて、自分の力で未来を切り開いていくなんて考え
    ているのは、人間の勝手で、大きな自然や宇宙の中の出来事としては
    すごくちっぽけなことなのかもしれないわね」
  浜「だから、今日、僕はカナコに『さよなら』は言わないよ。長いお別れ
    になるかもしれない。でも『さよなら』じゃないんだ。近い将来また
    会えるかもしれない。輪廻転生というのが本当にあるのならば来世、
    来々世に会えるかもしれない。今の宇宙に終りがあったとしたら、次
    の宇宙の世界で会えるかも知れない。そう考えてこれから生きて行こ
    うかなって思ってる。いや、心に留めておく必要は無いのかもしれな
    い。運命ならば自然にそうなるはずだから」

カナコは何も応えなかった。黙って車の窓から外を眺めていた。よくは解らな
かったが、もしかしたら泣いていたのかもしれない。

夜19時過ぎ、彼女の家の近くまでやってきた。いつもカナコを下ろす場所に
車を止めた。軽くキスをした。

  浜「それじゃ、また」
カナコ「はい。それじゃ、また」

そして僕は、帰りの高速へと車を走らせた。

                               完

------------------------------------------------------------------------------

Webmasterから
著者の浜氏は、本当にダウンタウンの浜ちゃんにそっくりです(笑)
で、このお話しに出てくるカナコさんのJPEGを見せてもらいました。
(すいません、みなさん。浜氏は面識がある私を信頼して見せてくれたものなので
公開はできません)
めちゃめちゃかわいいです。こんな女性が子持ちの人妻なんて……!!と思うほど
です。カナコさんが北海道に越したあとも、浜氏との連絡は続いているそうです。
しかし、うらやましい。私にその幸運をくれぇぇ(涙)

  

DQNな修羅場

1/10
投下失礼します。
なるべく読みやすいよう、頑張りますが、お目汚ししたら済みません。
彼も私も相当DQNです。不快な気分になりましたら、どうかスルー願います。
あ、修羅場の開始は、6からになります。
私(28)OL→私子
彼(29)フリーター→彼也
新彼女(19)専門学生→新美

7年前の話です。
彼とは結婚を前提に付き合って10年。しかし、彼に定職が見つからない事もあり、ずるずると交際期間だけが長引いていました。
当時、彼は一人暮らし。
家は友人達(遊びのサークルを通じて知り合った男子。多数)の溜り場で、いつ行っても誰かしら男友達がいます。
私達は土日の昼、彼らを数時間追い出して性生活を行なうのが、週課となっていました。

私が彼の様子が変だなと、思い始めたのは2000年1月の中旬頃のこと。
Hが好きで、Hの邪魔をされたくないばかりに、誰とも同居しなかった彼が、
「友達が行くあてが無いって言うから…」
という理由で、家に住むのを許可してしまったのです。
私は「じゃ、仕方ないよね」と答え、バレンタインに向けて、今年はどう凝ろうか…なんて、のんきに考えていました。

2/10
バレンタイン当日、チョコのアイスケーキを作りました。
しかし、大の甘い物好きの彼が、風邪を理由に口を付けません。
パジャマ姿でゲームし、3ヵ月前に買った携帯に夢中になり、友人達と談笑してましたが、食欲は無いとのこと。
私は、甘い物って食欲無いと入らないもんね?と、溶けていくアイスを横目に、また作ればいいやと考えていました。
友人達が、落ち着き無く、いたたまれない様子にも気付かずに。

3月に入り、会っても会話する時間が減り、H無しの日も続いて、少々苛立ってきた頃。
彼がとんでもない事を言いだしました。
「オレ、就職は諦めて、専門学校に入る」
「が、学校!? お金は!?何年通うの!?」
「2年間。パソコンの資格取りたいんだ…学費は親に援助してもらう」
最低でも一年間、彼が職場に勤めてから、というのが私の親の出した結婚条件だったので…それはそのまま結婚延期を意味しました。
しかし私は彼と一生付き合うつもりだったので、
(この先、50年あるのだから、3年位なら)と考え、承諾してしまったのです。

しかし、この時期から彼は私の前でも、誰かと電話やメールを繰り返すようになっていました。

3/10
5月の日曜。私が彼の浮気を知る日がきました。
話は逸れますが、当時PSソフト「どこでもいっしょ」が発売され、爆発的ヒットしていました。
私も例に漏れず相当にハマリ、ソフトを彼の家に置き、彼や友達にもプレイさせては、データをやりとりして遊んでいたのです。
その日、彼の許可を得て、彼のトロを見せて貰っていました。
トロが言葉を教えて、と言うので、私は気まぐれに自分の名前「私子」を入力しました。すると──
『トロしってるニャ!わたこは、かれやのともだちなのニャ!』
(……友達?)
『かれやは、すきでも、きらいでもないのニャ!』
「……どういうこと?」
彼は画面を見たまま、固まっています。私は黙って、次の言葉を入力しました。
彼や彼の友達の会話に、よく出るようになっていた女性の名前、「新美」と。
『トロしってるニャ!にいみは、かれやのかのじょなのニャ!』
『かれやはにいみのことが、だいすきなのニャ?』

テレビを消し、私は押し黙りました。彼も一言も発しません。
友人達は空気を察し、次々と帰っていきました。

4/10
私は、覚悟を決めて言いました。
「別れよっか…」
「嫌だ、別れない!」
返事は速答でした。
「……好きでも嫌いでもないのに?」
「好きだよ!…あれは、俺が入れたんじゃない。誰かが勝手に入れたんだ!置きっぱなしにしてたし…きっと悪戯してさ!」
証拠も無いし、そう力説されては、強くは問えません。
「本当に?私でいいんだね?」
「私子がいいんだよ」
服の中へ潜り込む、彼の指に感じてしまいながら“また、嘘つくんだ…”と、哀しい気持ちになりました。
働く、と言って働かない。就職する、と言って就職しない。お金は返す、と言って返さない……そんな人でしたから。
その夜、私は所有の証のつもりで、彼の体に沢山のキスマークを残して帰りました。

数日後。私は親に嘘をつき、彼の家に泊りました。
以前と全く変わり無い彼に、少しホッとして…けれど、不安は拭いきれずにいました。
その夜、丁寧で優しいけれど、激しいHを終え、私は淘然として彼を見ていました。
その時です。暗やみに慣れた目が、彼の肩口の赤い線を捉えました。

5/10
その線は、彼の体のあちこちに、何本も見えました。明らかに爪跡です。
「……新美さんと会った?」
「なんで?来てないよ」
「…………そう」
嘘です。私は彼を痛がらせないようにと、爪を立てたことも無かったんですから。
彼の体には、まだハッキリと残っています。
彼も嘘つきですが、新美という女も、私という「彼女」がいると知った上での行動…宣戦布告だと思いました。

それからは、平日もほぼ毎日、彼の家へ泊まりました。
だるそうな彼を、その気にさせ、体を重ねます。手で、口で、腰で…知る限りの手段を使い、彼が満足するよう努めました。
友人がいても、カーテンで仕切ったり、お風呂場で及んだり。
少なくても二度、時間をかけて三、四度と彼が達してようやく安堵し、仕事に向かうことが出来ました。
しかし、そんな事をすれば、体調を崩すのは目に見えています。
職場で不調になり、家人に怒られ…それでも翌々日には、彼の家へ行きました。
(例え、2番目でも…体だけの関係になっても…抱いてくれるなら、一緒にいてくれるなら……)

土曜の早朝。家の鍵は開いており、私は玄関から彼の名を呼びながら、毛布の塊へ近付きました。
「彼也、ねぇ彼也……」

6/10
毛布からは、長い黒髪が見えました。
その頭髪の持ち主と、抱き合うようにして、彼は眠っていました。

その直後のことは、よく覚えていません。
気付いた時、彼に頬と頭を叩かれ、腕を捻られ、痛さで悲鳴をあげながら床に伏していました。
「痛てぇんだよ、ちくしょう!」
という彼の声、散乱した食器と転がった卓袱台から、私が彼を害したのだと判りました。
そのまま、畳の上に投げ出され、手足と腹部に痛みが走りました。
顔をあげ彼を見ると、出血は無いようでした。
ホッとすると同時に、怒りが湧いてきて、無人の布団(新美は部屋の隅に逃げていた)からシーツを剥がし、
「したんだ!したんだ!…ねぇホラ、してたんでしょ!?」
と、濡れた部分を突き付けながら泣き喚く私。事実、濡れていて匂いも男女の体液です。
彼はシーツをひったくり、激しく怒鳴り返してきました。
「うるさい!何しに来た!?俺の行動に口出すな!」
「そんな…おかしいよ!」
「おかしいのは、こんな朝から来る、お前だろ!?」
置き時計を、床に叩きつける彼。
「お前、本当に常識無いよな。我儘や勝手ばかり言わずに、少しは気を使えよ。俺にも友達にもさ」
「……ごめんなさい、でも…」
震えて、声もろくに出ない私。

7/10
「頭冷やして、よく考えてから行動して欲しい。俺が言いたいのは、それだけだ」
しかし、納得出来ようはずもなく、視線をさ迷わせていると、新美の姿が目に止まりました。
毛布に身を包み、こちらを凝視する彼女に、私は愕然としました。
彼女が、すごい美人だったからです。(モデルをしてるのだと、後に知りました)
かたや、自分は年増のデブス。もはや一言も言い返せません。
その時、外に車が止まった音がして、玄関のチャイムが鳴りました。
来たのは彼の親友でした。どうやら彼が電話で呼んだようでした。
「悪い。早く連れてって」
彼はさっさと、私のバッグを持って、親友に渡してしまいました。
「嫌…お願い…帰りたくな……」
「お前がいたら、新美が可哀想なんだよ」
彼は私を、なかば引きずりながら玄関へ連れていきました。
そして、新美と親友に聞かれない位置で、小声で言いました。
「あんなに抱いてやって、まだ足りないのか?淫乱」

その日からは、めちゃくちゃです。
起きてる間じゅう泣き、胃痛と嘔吐で寝込みました。
現実逃避に自慰を続け、彼の言葉を思い出しては、自己嫌悪する一週間でした。

8/10
八日目。日曜日の朝、家のほうに、彼の友人から電話がかかってきました。
内容は『新美に、彼也と別れるよう説得して欲しい』というものです。
彼也抜きで話し合いすると聞き、私は行くと即答した後、間に合うよう家を出ました。
移動中、久々に開いた携帯には、彼からの着信履歴とメールが大量に来ていました。
「ごめん、俺どうかしてた。あんなこと言うつもりは無かった」
「謝りたい、電話に出てくれ」
「やっぱ俺、私子とやりなおしたいよ」
……そんな文面でした。

約束していたファミレスに着くと、彼の友人の7?8人が待っていました。
そして中央には件の女性、新美の姿も。
悔しいけれど、新美はとても綺麗な女性で、何故彼也と付き合っているか不思議に思うほどでした。
話し合いは、彼也がいかに嘘つきであるかを、証明する事に終始しました。
嘘:23才。会社員。この町に来て半年。変な女(私のこと)がいて困ってる。
本当:29才。フリーターだったが、ここ3年間無職。生まれも育ちも、この町。生活費、私持ち。私に借金200万。彼女アリ。

私の指摘と、それを裏付ける友人達の証言。
次々明るみに出る嘘に、友人達は苦笑いし、新美は青ざめていきました。

9/10
「…というわけです。私は別れましたけど、新美さんはどうしますか?」
「あたしも…彼也さんと別れます」
当然と言えば、当然の結論に、友人達もその決断を褒めました。
送りたそうな男性陣をやんわり断り、新美は場を後にしました。
さぁ、私も帰ろうかな…と、立ち上がった時。彼也の親友が告げました。
「私子さんも、彼也と別れるんだよね?」
「ええー?何でそんな事聞くの?」
「駄目だよ、私子さん。別れなきゃ」
親友は笑って、続けます。
「彼也をあんなにしたのは私子さん、貴女なんだからね」
友人達を見渡しました。誰一人笑っていません。
「なんだ。…知ってたんだね」

私も、最初から分かってやってた訳じゃなかったんです。
落ち込んだ時、彼を励ましたくて言っていただけです。
「彼也には、すごい○○(才能、能力、素質、実力etc)があるよ。皆、まだ判ってないだけ!」
「皆、彼也が本物だと感じてるよ。口には出さないけど、君の事を信じてる!」
「彼也は自分を過小評価してる!…私に彼也は勿体ないぐらい、素晴らしい人なんだよ。自分を信じて」
「不運なのは、今だけ。彼也が力を発揮すれば、誰もかなわないんだから」
こんなたぐいの言葉を、ほぼ毎日、彼の耳に吹き込み続けました。

10/10
当初は、くすぐったそうに聞いていた彼也も、次第にそう思い込み、自信をつけていきました。
それに合わせるように、仕事を辞めるたびにお金を貸し、生活には困らないようしました。
「心配しなくていいのよ。運が向いてくれば、アッと言う間に稼げるようになるんだから」
途中から、意図的に彼也を依存症へと導きました。(稚拙なやりかたですが)

彼也をヒモにしてしまえば、捨てられる事は無い──これが、私の策でした。
デブスで、何の能力も無い私は、彼也を逃したら一生独りになってしまう。
彼也は年をおうごとに嘘をつき、プライドは高く、けして他者に頭を下げないようになりましたが、最後まで一緒に生きるつもりでした。
女がいなくなり、お金が尽きれば……身体と金が自由になる私のところへ、きっと戻ってくる──。

しかし、彼は戻る事はありませんでした。
誰かから私の目論みを聞いたのでしょう。
お金は消費者金融から借りて、生活。数か月後、返済出来ず失踪。
一年後、高校時代の友人から通帳と印鑑を盗んだと噂で聞きましたが、それを最後に消息は不明です。
私は現在も独り。恋人も友人もなく、7年間無為に過ごしています。
電番・メアドは変えていませんが、連絡が来ることは無いでしょうね。

携帯から失礼しました。
こんなくだらない話を最後までお読み頂き、本当に有難うございました。

説明不足ですみません。補足します。
友人と一括りにしましたが、彼は長いこと趣味サークルのリーダーをしていたので、友人数は30人くらいいました。
いつも知らない人がたむろし、年令も高校生から30代まで様々。
ファミレスでは、彼と付き合いの長い人ばかりが揃い、立ち直らせようと相談したようです。

混乱を招いてしまい、すみませんでした。

親友と・・・

女子○2年生のマユです。
2年で同じクラスになったユカが大好きなんだけど、彼女がその気があるの
か分かんないんで
ヤキモキするばかりでした。

長くて綺麗な髪に普段から涙目のウルウルした瞳。
しゃべれば明るいんだけど、黙ってればどっかのお嬢さんみたい。
あたしにレズっ気があるのがばれないように、ちょっとずつ慎重に距離を縮
めてきたの。

最初は「ユカの髪、綺麗だね」とか言って髪を触ったりして、仲良くなると
「きゃー」とか
言って抱きついたり・・・。
ちょっとずつ免疫ができてきたのか、ユカも気にしなくなっちゃった。(^O^)

で、先週の土曜日に、うちの両親が法事で田舎に帰っちゃったから、もう一
人の仲良しの
ナンちゃんとユカをお泊りに呼んだの。
ほんとはユカだけ呼びたかったけど、あたし一人でユカとそういうことに発
展する自信がなかった
から・・・。ナンちゃんは絶対にその気がある!って思ってたし・・・。
だって、体育で着替える時とか、あたしのことじっと見てること多いもん。
あたしのおっぱい揉んできたりするし。
ナンちゃんも可愛いし、他にも可愛い娘いっぱいいるけど、なんでかあたし
はユカにしか興味ない
の・・・。変かな?

3人で晩御飯作って食べて。楽しかった?。
ご飯の後にリビングでパパの書斎からウィスキーもってきて水割り作っちゃ
った。
3人とも飲んだことないんだけど、その場のノリね!
ちょっと赤くなったユカって、とっても綺麗!(ナンちゃんもね)

女子○生が3人集まったら、あとはお決まり! (笑)
キスの経験とかHの経験とか・・・。
ほんとかどうか分かんないけど(少なくても私はほんと)3人とも経験なし
だけど興味はありあり!
そしたらナンちゃんがいきなり
「マユ・・・なんでもない!」
って言うから、
「なによ?、気になるじゃん!言ってよ?」
って聞くと、
「え?、だって恥ずかしいもん・・・」
「余計に気になるじゃん!あっ、さてはナンちゃん、もうHの経験あん
の?」
「ないよ?、そんな人いないし・・・。」
「じゃあ、なによ?」
ユカも気になるのか「言っちゃえ言っちゃえ!」って。

そんな他愛もないこと5分くらいしたら、やっとナンちゃんったら
「あのね・・・、う?ん恥ずかしいなぁ・・・」
「もう!ここまできて!早く言っちゃいなよ!」 って言うと、
「じゃ、絶対に質問に答えてくれる?」  って言うから
あたしもユカも「いいよ。なんでも答えたげる」って言ったの。そしたら
「あのさぁ・・・オ・・・オナニーってしたことある?」 
って聞くの。ちっちゃい声で・・・。

あたしとユカ、固まっちゃった。
いくら今までその系統の話してたからって、花の女子○生の口からオナニー
なんて言葉が
でるなんて! (赤面)
「もう!だから嫌って言ったのに!約束だからね!答えてよ!」
ナンちゃんったら、恥ずかしさから吹っ切れちゃって、あたしとユカに迫る
の。

ほんとは、あたしはちょっとはあるんだけど言えないよね?そんなこと。
なんかこっちまで恥ずかしくなって「え?っ」とか言って逃げてると、ユカ
がポツンと
「あたし・・・あるけど・・・、ナンちゃんは?」 だって!
うそ?!? こんな大人しそうで清純そうなユカがオナニー!?
好きなユカの口からそんな言葉が出て、興奮っていうか混乱っていうか、し
ばらく呆然・・・。

そんなあたしは蚊帳の外で、
「あたしもやってみたけど、全然気持ちよくならないの」
「だよねぇ!やり方分かんないよねぇ!」
って盛り上がってる。

あたし置いてけぼり・・・。一気に遅れを取り戻そうと思って
「あたし知ってるよ!気持ち良くなるやり方!」
って言っちゃった。ほんとは、気持ちいいけどイクっていうの経験したこと
ないんだけどね。
「うそ?!どうやんの?」
2人が身を乗り出して聞いてくるの。なんか偉くなった気分。

けど、ほんとはさっきも言ったとおりオナニー初心者なんで、適当に本で読
んだこととかを
話したんだけど、それでも2人は興味津々で聞いてた。
お酒も入ってたし(水割り1杯だけだけどね)、そういう雰囲気満々だった
から、思い切って
「ねぇ・・・、ちょっとやったげよっか?」ってユカに聞いたの。
そしたら「え?っ!いいよ私は。恥ずかしいから!」 だって・・・。撃
沈・・・。

でも、この場を逃したら、もう2度とチャンスはない!って言うか、ユカと
そうなりたい気持ちを
抑えられなくなっちゃって、
「ダメダメ!実践練習しないと分かんないんだから!ナンちゃん、手伝っ
て!」
ってユカの背中に回って脇の下から手を前に廻したの。
ノリのいいナンちゃんもユカの足を封じ込め作戦に。
「ちょっと?、やだったら、恥ずかしいよ?」
ユカはそう言うけど、それほど強い力で抵抗しないの。これはいける!って
思った。(^_^)

Tシャツの上からユカのおっぱいをモミモミすると、キャッキャ言ってたけ
ど、そのうちあたしが
本気モードになっちゃって、ユカの首とか耳を舌で舐めながら優しくモミモ
ミしたの。
しばらくしてユカったら
「ん・・・んふ・・・もう!駄目だってぇ・・・」
特に耳に舌を入れたら喘ぎ声出すの発見したから、そっちを重点的にしなが
らおっぱいも
優し?くモミモミ。
乳首が立ってきたのが分かる。なんか凄い感激!

あたし、足を広げてユカの体の両側に投げ出してたから、あそこにユカの腰
が擦れちゃって
ジンジンしてきたの。
もう我慢できなくなって、ユカのTシャツの下から手を入れて、ブラを持ち
上げて直接触っちゃった。
「ユカ?、乳首立ってんじゃん」って聞くと、
「やだ?、ふん・・・ん・・・、マユがそんなことするからじゃん!」
「感じてるんでしょ?白状しないとこうよ!」
って乳首を指で摘んでクニュクニュしてあげたら
「あ?ん、駄目だって・・・あっ・・・恥ずかしいよ?、んくっ・・・」
って悶えてる。

ナンちゃんは足を押さえたままで、真っ赤な顔して見入ってる。
目配せで、ナンちゃんにユカのズボン脱がせるように指示すると、ナンちゃ
んったらニコって笑って
ゆっくりとユカのズボンのベルトを外しだしたの。
ユカは仰け反ってて気付かないみたい。
でも、ボタンを外してチャックを下ろす頃になって気付いて
「ちょっと?!ナンちゃん駄目!それは駄目?!」
だって。(笑)

もうあたしもナンちゃんも制御不能よ!
チャックを下ろされるのを手で防ごうとするから、あたしがおっぱい抱えた
ままで後ろに仰け反って
妨害!(笑)
ユカの手がバタバタ空中をさ迷ってるのを肩越しに見ながら、おっぱいモミ
モミを再開したの。
ユカの腰がバタバタ動いてあたしのあそこに擦れるし、ユカの背中があたし
のおっぱいに擦れるしで、
あたしも結構大変だったんだから。感じちゃって・・・。

あたしが腰を上にせり上げてユカの腰を上げると、あっさりとズボンの抜き
取りに成功。
ナンちゃんったら、ズボンを完全に脱がさないで、ふくらはぎのチョイ下で
ユカの足をグルグル巻きに
してるの。あったまいい?。これでユカは足をバタバタすることができなく
なったわ。
ユカったら、ここまで来たのに相変わらず
「いや?ん、はんっ・・・恥ずかしいってぇ?、んふっ・・・あん
っ・・・」
な?んて言って身悶えしてる。
ふふん、あたしが恥ずかしさなんて忘れさせてあげるわ!

な?んにも言わないのに、ナンちゃんはユカの足の指をペロペロ始めちゃっ
た。
どこで覚えたんだろ?
オナニーでそんなことしないけど、そんなことされたら?って想像するだけ
で感じちゃった。(汗)
ほんとは、もっと時間をかけて、ユカだけじゃなくって自分も焦らしてユカ
の大事なところを可愛がって
上げたかったんだけど、ナンちゃんに先を越されそうな気がしたし、いよい
よ興奮して我慢できなく
なっちゃったから、とうとう右手を下に下ろしていったの。

薄いピンクでリボン付きにショーツまで届くと、一気にそん中に手を入れた
いのを必死で我慢して
クロッチのとこを上から触ってみたの。
予想とおりと言うか、日ごろのユカの清純さに似合わないって言う
か・・・、とにかくビチョビチョ!
「いや?ん!はんっ・・・そこ駄目!・・・ひっく・・・そこは駄目ぇぇ
ぇ!」
中指を立ててショーツの上から割れ目に沿って動かすと、びっくりするよう
な大声。
無理もないか・・・。逆の立場だったらあたしも大声出すわ。恥ずかしいも
ん。

でも左手でおっぱいを愛撫して、耳やうなじをペロペロして、右手で割れ目
ちゃんをクチュクチュ、
ナンちゃんはナンちゃんで、わき腹とかを両手で擦りながら太ももをペロペ
ロ。
どう考えたって耐えられるわけないよね?
「い・・・いやっ・・・あんっ・・・あんっ・・・はず・・・恥ずかしいっ
てぇ・・・うんっ・・・」
まだ恥ずかしいって言ってる・・・。感じ足りてないのかな?

両足をユカの太ももに絡めて大きく開けさしてから、いよいよショーツの上
から手を進入させたの。
ユカの足はふくらはぎの辺がズボンが絡まったままだから、なんかカエルみ
たいな格好。(笑)
サワサワって、柔らかい毛の感触。ユカに似合ってる。
肩から覗き込みたい衝動を抑えるのに必死。お楽しみをちょっとずつ、ちょ
っとずつ。

もうちょっと下まで手を進めると、いきなりクチュって感じで水浸し状態。
オナニーしてもこんなに濡れたことないから、ちょっとびっくり。
「ユカぁ?、ビチョビチョだよ。いっつもこんなに濡れんの?」
って聞くと、
「はんっ・・・もうやだ?・・・あっ、あんっ・・・濡れないよ?・・・あ
んっ・・・」
「ふ?ん、じゃあオナニーより感じてくれてんだ?」
「あっ・・・あんっ・・・だってぇ・・・ふた・・・二人でするから
ぁ・・・はんっ・・・あんっ・・・」

日頃のユカから想像もできない乱れ方!
人のあそこ触ったの、もちろん初めてだけど、なんか凄く熱くて柔らかく
て、ヌルヌルしてた。
割れ目のところなんか指で愛撫するとクニュクニュって動くの。あたしのよ
りも柔らかいみたい。

あたしに黙って、あたしのユカのショーツをナンちゃんが勝手に脱がしだし
てる!
けど、ユカのおっぱいもあそこも触ったのあたしが先だし、文句言えないあ
たし・・・。
はぁー、初めてユカのあそこ見るのはナンちゃんに譲るか・・・
ところが、ナンちゃん!脱がしたと思ったら、いきなりユカのあそこを舐め
だしたの!
ずる?い!あたしのユカなのにぃ!(勝手に所有物にしてる)

悔しさを助長させるようにユカが
「はっ・・・かっ・・・あ?んっ・・・あん!あん!あん!く?っ・・・ひ
っ・・・」
って感じまくりだしたの。
ナンちゃんを止めるわけにもいかず、呆然としてると、舐めだしてたったの
1分くらいで
「は?っ!あんっ!来る!・・・来る?!もう駄目?!!!!!」
ってユカったら腰を浮かしてナンちゃんの顔にあそこを押し付けるようにし
てイッちゃったの。
「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」
その後も肩で息しちゃって。

ナンちゃんとユカの両方に嫉妬。
ユカを初めてイカせた人になったナンちゃんと、ナンちゃんの舐め舐めでイ
ッちゃったユカに・・・。
無理だと分かってるけど、イクのを我慢して欲しかった・・・。

この後のことはまた今度。
書いてるうちに思い出して腹が立ってきたから・・・。 プンプン!

【テレコミ01】5/14(火)渋谷にて

夕暮れの渋谷駅。午後7時。
K子からの携帯が鳴る。
「今どこにいるの?」
「ハチ公前の公衆電話」
「わかった。すぐに行くよ」
そこにいたのは、肩までのセミロングが美しい、目元パッチリの女の子
だった。
私のレベルで70点。合格ラインの子だ。
内心ほくそ笑みながら、軽く居酒屋へ腹ごしらえへ。

酒を飲みながらHな話題を切り出すも、K子はケラケラ笑って受け流す。
「俺ね、実はHな小説を書くのが趣味なんだ」
「へぇー、どんなの?」
「こんなの」
A4にワープロで印刷した5枚ほどの自作短編小説を手渡す。
「うわっ、面白ーい。いつも持ち歩いてるの?」
「女の子と会う時はね。ま、読んでみてよ」
私はビールをあけながら、食い入るように読みふけるK子を見つめてい
た。すると2枚めにすすんだところで表情が変わってきた。
「うわー、すごーい」と顔はニコニコしているのだが、瞳が心なしか潤っ
てきているのだ。
小説は2枚めから本格的な前戯とバイブ責めが始まるのを作者の私は当
然ながら知っている。
そして3枚めを読むあたりから顔が火照りだしたのか、片手を頬に当て
るようになった。照れ隠しの笑顔さえ、もはやどこかに置き忘れてしまっ
ている。
(あの辺は、男が女に卑猥な言葉を要求しながら挿入をじらしている部分
だ)
横目で様子をうかがっていると、K子の足元が少しもじもじしているの
に気づいた。
作戦は決まった。

そうこうしているうちに全て読み終えたK子は
「ふぅー、ありがとう。面白かった」と小説を手渡してきた。
「刺激が強かったかな?」
「うん、ちょっと……」
「出ようか」
「……はい」
居酒屋から外へ出てすぐにK子の手を握って歩きだす。
二人の足取りは自然に道玄坂へ。
「どう?小説読んで感じた?」
「うーん、わかんない。でも変な気持ちになっちゃった……」
「Hしたくなったんでしょ?」
「そうかもしんない……」

やがて、やや大きめのラブホにイン。
部屋に入った玄関先でK子を抱きしめる。
「あっ」
蚊の鳴くような声を発した可憐な朱唇をすかさず塞ぐ。
舌を差し入れると弱々しく吸ってくる。
K子の歯茎部に舌先を這わせると、あん、ふうんと鼻息がもれる。
もう完全にこっちのペースだ。
ブラウスをたくしあげて、ややこぶりの乳房をブラの上から円を描くよ
うにして捏ねてやる。手の大きな私には遊び部分が大きかったが、それよ
りも○9才の弾力ある揉み心地に私は酔った。
ディープなキスを交わしながら、左手をスカートの中へと忍び込ませる。
敏感なクロッチ部分を中指の腹で前後にぐいぐい往復させる。
パンストとパンティを通しても、そこの熱っぽさと湿り具合ははっきり
と感知できた。
「もう濡れてるんじゃないの?ん?」
耳たぶを甘噛みしながら私はつぶやいた。
「わかんない……」
K子はすっかり興奮したらしく、ハアハアとますます息を荒ぶらせる。
私はその時、ソファーの上に大きな窓があるのに気づいた。
「あっちのソファーに行こう」
私は一旦K子から離れて、部屋の中ほどにあるソファーに移動した。
開き戸と大きな窓を開けると外のホテル街が丸見えだ。
「ちょっとこっちへ来てごらん」
K子はキョトンとした顔つきでソファーに近づき、上がってきた。
ちょうど子供が電車の窓から外を見る時に膝を立てて座席に上がってく
るように……。
「ほうら、あちこちのホテルが見えるよ。みんなHしまくってるんだね」
「本当だあ、なんだか恥ずかしくなっちゃう」
窓の外の気を取られているK子のバストを後ろからつかみとる。
「あっ、いやだぁ……」
「いやらしいK子の姿をみんなに見てもらおうね」
ブラウスもブラジャーもアゴの下までたぐり上げておいて、ピンク色に
輝くほどよい大きさの乳首をくりくりと指弄してやる。
「あんっ、恥ずかしい……見られちゃう、誰かに見られちゃう……」
K子は目を閉じている。自らを快感の淵に追い立てるように……。
「あそこのビルから浮浪者がこっちを見ているよ」
全くの作り話なのだが、K子には関係ない。
「いやだ、恥ずかしい。恥ずかしいよお」
「浮浪者がK子のおっぱいを見てオナニーを始めたよ。ほうら、もっと見
せてあげるんだ」
「そ、そんな……やだあ」
とまどうK子の乳房を片手で揉みあげながら、もう一方の手でスカートを
脱がせにかかる。ベージュのパンストにピンクのショーツが目に眩しい。
「おじさんが大きくて太いおちんちんをせっせとしごいているよ、K子のい
やらしいコリコリした乳首を見て……。ほら、もっと見せてあげなよ」
再びK子の股間に手を当てて、下着の上からクレバスをなでさすってやる
と、ビクンビクンと全身を震わせる。
「ああ……」
ここは一発決めといてやろうと思った私は、パンストとショーツをぐいっ
とずり下げる。
白いかたちのいい臀部が飛び出す。
お尻の方から手を忍び込ませていくと、すぐにぬかるみに当たった。
指を割れ目に沿って動かしてやるクチュクチュと音がたった。
「もうぐちょぐちょに濡れてるよ、K子のいやらしいところ」
「ああ、恥ずかしい……」
「いつからこんなに濡れてるの?」
「さっき、小説読んだ時から……」
「K子も小説のようにされたいと思ったんだろ?」
「うん……そう思ってたらじんじんきちゃって……あっ」
私の指が狭隘な肉洞に入り込み、Gスポットを探り当てた。刺激するとK
子の声のボリュームがひときわ大きくなる。
「ここ、いいの?」
「う、うん……感じる……」
「ここは?」
「あんんんっ」
最深部に指先を進めていくと、コリコリしたところに出くわした。
「このコリコリしたところ、感じる?」
コクコクッと頷きを繰り返すK子。
「子宮口が降りてきたようだよ。Hが本当に好きなんだね」
K子の締まり具合はまあまあだ。ミミズ千匹のようにはいかないが、適度
に緊張と緩和を与えてくる。
「ああ、ああーー」
子宮口をさらに責め立てていると、胸を反らすようにして声をあげた。

窓べりに両手をついて大きく背中を反らせる○9才の色っぽさは、私の征
服欲をかきたてた。唇で奉仕させたくなってきたのだ。
「フェラは知ってるよね?」
「う、うん……」
「しゃぶりたくなってきただろう?」
「……はい」
スラックスを素早く脱ぎ捨て、下着の合わせ目から自分のモノを引き出し
た私は、ソファーの背もたれに片足を上げてK子の口元にせせり出した。
「ちゃんとおねだりするんだよ、K子はおちんちんが大好きです、しゃぶら
せて下さいってね」
「えっ、でも……」
「でもじゃないよ。Hって流れが大切なんだから、君も俺に合わせてくれな
くっちゃ……」
「……わかりました」
「じゃあ、復習しよう。K子はこのおちんちんをどうしたい?」
「……しゃぶりたいです。おちんちんをしゃぶらせて下さい」
「よし、いい子だ。おちんちんの先っぽは、どうなってる?」
「濡れてます、透明の液で……」
「舌ですくいとってくれるかな」
「はい」
唇を半開きにして舌を出すK子。鈴口のような切れ込みに舌を差し込んで
くる。
「ああ、気持ちいいよ。その調子だ」
チロチロと舌を蠢かしてカウパー液を舐め取るK子は淫乱そのものだ。
やがて舌先はカリの周辺部や、裏筋の敏感なところにまでのびてきた。
静脈が浮き出たペニスは、すでに唾液とカウパー液でヌルヌルだ。
「あのー、くわえていいですか?」
「ああ、たっぷりしゃぶっていいよ」
K子が口を開けようとした時に腰を進めてやる。
ぐぶっという音がして、飲み込まれてゆく。
K子はゆっくりとストロークを開始する。
「そうそう、渋谷の人達にHなK子を見てもらおうね」
窓の外には人気はないのだが、明るい部屋の窓際でHなことをしているだ
けで妙に興奮してくるものだ。こんなことは初めての経験であろうK子も、
必死で奉仕にふけっている。
「おいしいか?」
「……はい」
5分ほどたっぷりフェラってもらっているうちに、夜風が冷たくなってき
たので、窓際遊びは打ち切ることにする。

「シャワー浴びよう」
「先にどうぞ……」
「一緒に入ろうよ」
「いいです。それは別で……」
無理に誘うのも酷なので先に入る。
バスタオルを巻いて出てきた時には、部屋はほの暗くなっており、彼女も
バスタオル一枚だった。
「お先に」
「はい、私も浴びてきまーす」
K子は普段の○9才に戻ったように、バスルームに入っていく。
私は彼女がシャワーを使っているうちにまた元のように明るくしていた。
出てきた彼女は
「もう、Hなんだからぁ」と軽くすねてみせた。
「いいじゃん、君の全てが見たいんだ」となだめる私。
K子はクスクス笑いながら、ベッドで横たわる私の横に、掛け具で自分の
身体を隠しながら恥ずかしそうにすべり込んできた。

結局、思惑どおり室内灯をMAXにしてコトを開始した。
掛け具の中でそっとK子のバスタオルを取り、唇を重ねる。
しばらく互いの舌をからめるようにして吸引し合う。
ほのかな石鹸の匂いが鼻孔をくすぐってくる。
額や瞼、頬、顎先まで次々とキスの雨を注ぐ。
「ん、んん」
キスだけで身をよじるようにして反応するK子。なかなか感度良好だ。
掛け具をまくりあげていよいよ蛍光燈の元に裸体を明らかにする。
○9才の身体はミルクを練ったように白い光沢をとき放っている。
乳房はやや小ぶりだが、ウエストのあたりはキュッと絞り込まれていて、
ヒップにかけてのまろやかなラインがなんともセクシーだ。
「きれいだよ、K子」
「あん、恥ずかしい……」
私は舌を、耳から首筋、肩、脇腹へと移動させ、小高い乳丘を手で愛撫し
つつ、その頂きにあるグミのような突起を口に含んだ。
丁寧に舌先で転がしたり、チュパッチュパッと、わざと音をたてて吸って
みる。
「あっ、あっ、あーーーん」
K子は更にやるせない喘ぎ声を放つ。
左右の乳首を交互に吸い尽くした私は、肋骨に沿って下べりに進む。
ヘソの穴をひと舐めし、少なめの陰毛をゆっくりと味わう。
○9才の瑞々しい味覚が口いっぱいに広がった。
その間も両手で乳房を揉みしだくことを忘れてはいない。

さていよいよ女性の局部とご対面だ。
仰向けに横たわっているK子の両膝を曲げさせて、上に持ち上げる。
「自分で膝を抱えてごらん」
「こうですかぁ」
「もっと脚を広げて」
目を閉じたK子は、しずしずと脚を90度ほど開く。
うっすらと茂った陰毛の下方に、淫らな亀裂が姿を現した。
中がよく見えるように両手で左右に押し広げてやる。
「K子は今どこを見られてる?」
「あ、あそこ……です」
「はっきり教えてよ。君の田舎の福島ではなんていうの?ここ」
「えーー、一緒ですよぉ……」
「関東四文字なんだね?」
「はい」
「じゃあ言ってみて、その四文字を」
「言うのですかぁ、そんなー」
「言わなくちゃ、こうしちゃうよ」私は突然亀裂の上端にある、ぷりぷりに芽吹いているクリトリスに吸いつ
いた。螺旋状に舌を動かしたり、軽く歯を立ててやったりもした。
「あああーーーん、言います、言いますから……」
「このK子のいやらしいところ、ベロベロされているところ、何て言うの?」
「お、オマン……コ、です」
「気持ちいい?」
「はい、気持ちいいです」
「じゃあ、K子のオマンコ気持ちいいって言ってごらん」
「K子のオマンコ、気持ちいい……」
私は舌でぐりぐり責めながら、指を浅くぬかるみにつけこんだ。
入り口付近は水飴を塗ったようにどろどろだ。
左右のピンク色のビラビラが、なまめかしく光っている。
「ほら、あとからあとからHなおつゆが溢れてくるよ。なんていやらしいオ
マンコなんだ。こんな淫乱なオマンコは見たことないぞ」
「あ、あああーーー」
「こんなスケベなオマンコには、こうしてやろう」
私は煙草を持つ二本の指を深々と挿入した。
「の」の字を書くように攪拌し、さらにピストン運動も加えてやる。
クリトリスは相変わらず、口と舌によって蹂躪されている。
「ああー、そんなこと、されちゃうと、K子変になっちゃう……」
「変になっていいんだよ、ここは君と僕の二人だけの世界だからね。思いっ
きり乱れてごらん」
クリトリス担当を右手の中指に変え、左手で激しくピストンを繰り返すと
K子は膝を持つことさえ困難になったようで、脚をM字に曲げ、両手を左右
に投げ出した。腰をもいつの間にか持ち上げて、うねり出している。
「あん、あん、あん、いっちゃうよーー」
「これが好きなんだね、オマンコ二点責めが」
「うん、うん」
K子は黒い髪を打ち振りながら頷く。
「あっ、いっちゃう、だめえ、やだあ、こんなのーーー」
「オマンコいく、って言うんだよ。いいね」
右手のバイブレーションが最高調に達した時、
「ああーー、いくっ、いくっ、オマンコ、いくううううーーー」
シーツをわし掴みにし、胸を大きく後ろに反らせて、K子は絶頂した。
全身がピーンと緊張し、サクランボのような唇だけが、ぴくぴくと震えて
いる。
私は少しぐったりとしているK子に再びキスりながらつぶやいた。
「気持ちよかった?」
「うん、とっても。こんなの初めて……」
「ものすごく濡れてたよ、見てごらんこの指」
私はさんざん膣内を捏ねた左手の二指をK子の目の前につきつけた。
指を広げると、ヌチョーと糸をひいた。
「やだあ、もう、XXさんたらあ」(XXとは私の本名です)
「自分の愛液がたっぷりついたこの指、ちょっと舐めてごらん」
「えっ?」
少し驚いた様子のK子の口に、指をこじいれる。
「指をおちんちんだと思ってフェラってみて」
K子は返事かわりに、いとおしそうに指を舐め始めた。
伸ばしてきた舌先を指で挟んだり、弄んだりするうちに、本当にフェラっ
てもらっているような感覚に陥るから不思議だ。
指をしゃぶらせているうちに、愚息が鎌首をもたげてきたので、本格的に
フェラってもらうことにした。
K子の胸のあたりに馬乗りになり、大きく膨らんだ亀頭を口元に突き出す。
ベッドのヘッドボードに手をついて腰を進める私。
「食べたい?」
「はい、食べたいです」
「お口に欲しいと言って」
「おちんちん、お口に欲しい……」
K子は肉棒の根元を両手でしっかりと押さえて、自分からすすんで口に含
んできた。
カリ全体を唇で覆って乳児のようにチュパチュパと吸う。
数回吸ってから舌をレロレロという感じで先端部を刺激してくる。
チュパチュパレロレロ、チュパチュパレロレロの繰り返しに、いやおうな
しに海綿体に血が集まってくる。
「うまいね、どこで覚えたの?」
「前の彼氏にいろいろ教えてもらったの」
「ふーん、じゃあ、彼氏に教わったこと、すべてやってみてよ」
「はい」
K子はペニスをやや持ち上げ、裏側の縫い目のように連なって浮き出てい
る筋に舌を這わせだした。やはりレロレロレロという高速回転モードで。
カリから根元にかけてのシャフト部分を女の舌が何度も往復すると、こち
らの快感もぐっと増す。
「いいよそれ。男はそこが感じるんだよ」
「じゃあ、これは?」
K子の唾液まみれの唇が次に襲い掛かったのは、ふぐりだった。
私はこれに弱い。
舌先がヌメヌメと這うだけならまだいいのだが、袋の中の小球を片方ずつ
口に含まれて吸われた時には、思わず声を発してしまう。
そんな私を見透かしたように、K子はそれをやり始めた。
「どう?感じる?」
「実はそれに弱いんだ……おおおっ、もっと吸って……」
左右のタマタマを交互に口に吸い込まれ、舌でレロレロされるともうたま
らない。しかし反撃の体勢も整えておかないといけないと思った私は、片手
を後ろにまわして、K子の陰毛をなでさすり、クリをいじった。
K子も負けじと、ふぐりを開放して、砲身全体をおもむろに口に含みこん
できた。驚くことに根元まですっぽりと咥えてしまった。
「苦しくないの?」
「少し……でも平気」
オエッとなってしまうのではないかと心配するほど、のど深く吸い込むのだ。
また、口に含む時は、あーん、カポッという感じで咥え込み、引き抜く時
は頬をすぼめて吸うようにゆっくりと後退させる。
入れ込む時の快感よりも、引き抜く時の快感の方が強いことをこの子は知
っている。たまに前歯で亀頭をコリコリ噛んでくるのもファインだ。
「上手だよ、K子。いい感じだ」
「ありがとう。今度は頬の内側のところと、奥歯を使ってみるね」
少し横を向いたK子は、ペニスの先端が頬の内側に当たるようにして顔を
振り始めた。腰を前に突き出すたびに、K子の頬がぷっくらと膨らむのが刺
激的だ。その時、
「おおう」
私はまたもや声を出してしまった。
K子の奥歯が亀頭を噛むようにして締め付けてきたからだ。
前歯のコリコリもいいが、奥歯のゴリゴリがこんなにいいものとは……。
「それいいよ、うん。たいしたものだ」
その時私は思った。過去いろんなタイプのフェラを経験してきたが、間違
いなくトップ3に入るであろうな、と。
10分くらい奉仕させていたが、K子がびんびんになった私のモノに我慢
できなくなったらしく、小さな声で
「ねえ、欲しい……」と訴えてきた。
私が一番好きな瞬間(とき)がやってきたようだ。
ニヤリとした私は、馬乗りを解き、K子の両脚を割るようにして腰をこじ
入れた。ペニスを片手に握り、クリ周辺に押しつけて上下する。
そこは、少し油断したら、ずりゅっと入ってしまいそうなほどジュクジュ
クに濡れそぼっていた。
「何が欲しいの?」
「XXさんが、今こすりつけているモノ……」
耳まで熱くして、K子は言う。
「何をどうして欲しいか、ちゃんと言ってよ」
「おちんちんを、入れて下さい……」
ヌルヌルの亀裂を上下にこすりながら挿入を焦らすのは、小説にもあった
シーンだ。K子もおそらく思い出しているに違いない。
「そんなんじゃだめだめ。いい?俺の言う通りに復唱して」
K子は蛇の生殺しを全身で感じながら、私が耳元でささやくセリフを次々
と口にした。
「………て言って」
「XXさんの太くて大きいおちんちん、おいしかったです」
「次は………と言うんだよ」
「K子のグショ濡れマンコをいじめて下さい。XXさんのおちんちんでかき
回して下さい」
「それから…………も」
「いやらしい言葉もいっぱい言って下さい、K子はそれが好きなんです」
「最後は………って言って」
「入れてもらったら、イクまで腰を使わせて下さい。イク時はオマンコ、イ
クーと言います」
ひととおり言わせた直後、私は腰を沈め正常位で合体した。
「うっ」
胸を反らせて目を閉じるK子。悩ましさが倍加する。
K子の内部はどろどろにとけきっていて、まるで火口のような熱さだ。
適度な狭さも、くくっとくる締め付けもちょうどいいのだ。
「ほうら、入ったぞ。どうだ、気持ちいいか?K子の大好きなおちんちん
だぞ」
そう言いながら、いきなり小刻みピストンをおみまいしてやる。
白い裸体が腰の動きに合わせて波うつ。
「あああああん、気持ちいいぃぃぃぃぃ」
「どこが?どこが気持ちいいんだ?」
「オ、オマンコが、気持ちいいぃぃぃぃぃ」
「このいやらしいオマンコがか?ならこうしてあげよう」
私はK子の両足首を抱えて高く持ち上げた。つま先が天井を差すように。
そして結合部分を鑑賞しながら、ズンズンとバズーカ砲ピストンに切りか
える。速度はゆっくりだが、深々と貫くことができるので私は好きだ。
また相手の反応を見ながら言葉を繰り出せるのもこの体位のメリットだ。
「それっ、オマンコめっ、このグチュグチュオマンコめっ」
ズーン、ズーンという感じで、腰を打ちつける。
「あん、XXさんっ、いいっ、それ、いいっ」
「K子は今何してる?誰と何してる?」
「ファック、XXさんとファックしているの……」
「オメコしていると言ってごらん。僕が生まれた大阪ではそういうんだ」
「オ、オメコしています……」
「K子のオメコってとってもいやらしいよ、この小陰唇も左右にまくれてる
し、内部の微妙なヒダもまといついてくる……」
「あん、もっと」
「ん?もっと何?」
「もっと、Hな言葉言って下さい……」
「Hな言葉が好きなんだな」
「はい……」
「こうやって腰を進めるとおちんちんがズブズブと入っていくよ、K子のオ
メコに……」
「ああ」
「腰を後ろに引く時はオメコに花が咲いたようになるよ。蜜もタラタラ溢れ
てくるし……本当にスケベだなあ」
言葉をかけながらも、腰はと一定の動きを続けている。豊潤なジュースが
とめどなく溢れてきて、結合部からピチャンピチャンとぬかるんだ音が放た
れる。
「彼氏とは週に何回くらいHしてるんだ?正直に言ってごらん」
「前は週に3回くらいしてたけど、今は別れちゃってしてません」
「オナニーはしてるんだろう?」
「はい、たまに……あんんっ」
私はK子の片脚を持ったまま、クリトリスを中指の腹で転がしてやった。
一度指でいかせたから、コツみたいなものがわかってくる。
指でクリクリ、お股にズーン。このパターンでいかせることができると思った。
「こうやって自分でオメコをいじくっているんだろう?」
「はい……」
「オナニーは気持ちいい?」
「気持ちいいです」
「じゃあ、動くのやめて今から一人でオナニーしてみる?」
「ああ、そんな……XXさんにいかせてほしい」
「いきたいの?」
「XXさんと一緒にいきたい……です」
「先にK子だけいかせてあげよう、俺は後でいいから……ね」
私は自分のモノを挿入したまま、腰の律動を停止した。よがり狂わせて頭
を真っ白にさせてからハードピストンしてみようと思ったのだ。
抽送を止めるとその分、指に神経を集中させることができる。
必殺の人間バイブを施してやった。
「ああーーーー、そんなに激しくしたら、いっちゃうーーー」
「どこが気持ちよくていきそうになるの?」
「オ、オマンコ、オメコが気持ちいいのーーー」
「K子のオメコ、もっといじってあげるね。ほうら、そうら」
手首のスナップを利かせてバイブしてやると、ほとんどの女がよがり泣く。
これで今までいかなかった女はいない。
「ぐうううう」
声にならない音を口からもらして、K子の白い肌が赤く染まっていく。
すっかり皮を剥かれたクリに最後のひとひねりを加えてやった。
「あぐぐぐうううーー、いくうっ、K子いっちゃうううーーー」
K子の手が私の腕を掴んで、ギュッと握り締めてきたかと思うと、胸を反
らして全身を再び硬直させた。ペニスにもキューッと膣圧が伝わる。
私はこの感触がたまらなく好きだ。なんともいえない甘美な快感が有頂天
にしてくれる。
私はK子の持ち上がった背中がシーツにゆっくりと着地してから、指と腰
の動きを再開した。
「あああああ、やだあ、もう、あううううーー」
「もっともっと気持ちよくしてあげるからね」
私はギンギンに固くなったペニスでズンズンと子宮口を抉ってやった。
「ほら、また子宮が降りてきているよ。俺のおちんちんを歓迎してくれるよ
うに……」
「うっ、うっ、うううーーー」
深みを突きあげるたびに、K子は短い叫び声をあげる。もう少しだ。
「どうしたの?ちゃんと話せないの?」
「だって、もう訳わかんないんだもの……」
「そんなに感じてるの?」
「うん、うん」
K子は横を向いて首を大きく振る。大きな瞳は閉じたままだ。
「どんな感じ?」
「頭の中がポーッとしちゃって、何も考えられない感じ……」
「それはね、頭の中が真っ白になるっていうんだよ」
私はピッチの速度をあげた。
「あんっ、いいっ、こんなの、初めてっ」
K子はとうとう黒髪を左右に振り出した。唇はなまめかしく半開き状態だ。
クリをつまみあげながら、股間への抽送を激しくしてやると、K子はもう
夢遊病者のような表情を呈していた。
「いく時は、頭が真っ白になるーと大きな声で叫んでごらん」
「あああ、あたまが……真っ白になりそう」
「そうそう、その調子」
私は膝を抱えていた手を離して、尻の下側にまわした。
菊門もジュースでヌルヌルなので、第二関節まで指を入れるのも、たわい
のないことだった。地獄の三点責めでズボズボ状態だ。

「あああーーー、XXさんっ、またいっちゃうよーー」
「真っ白になるって言うんだよ」
「言うから、お願いぃぃーーー、一緒に、一緒にいってえぇぇぇーー」
「よーし、いい子だ」
私はグラインドの振幅を最大にした。結合部はパンパンと肉と肉がはじけ
る音に変わった。
「うぐぐぐ、XXさんっ、いっちゃう、頭が真っ白になるううううう」
三度めの絶頂を訴えたK子。しかし彼女を見下ろしつつ、私の動きは勢い
を増すばかりだ。
「またこうして俺とセックスするか?」
手の甲を口に当ててコクコク頷くK子。
「その時まで今夜のことを思い出してオナニーするんだぞ」
K子は更に首を激しく上下させた。
「どこに出してほしい」
K子は、ハアハアとあえぐだけで答えなかった。
「口に出すぞ、いいな」
コクッと小さく頷いた。
「出したものは全部飲むんだぞ」
私は両手をクリと菊門から離してK子の両膝を持ち、そのまま体重を支え
た。いよいよフィニッシュの体勢に入ったのだ。
私の方も下腹部が熱くなって、前立腺がふくらんできていた。
男なら誰もがそうするように、腰の速度をMAXにした。
しばらく動かすと、やがて我慢の限界点に達した。
「いくぞ、口を開けて」
私は最後の一突きのあと、素早くK子の胸元に馬乗りになった。
たっぷりと濡れたペニスがK子の口元に運ばれる。
K子は何も言わずに咥え込んだ。
頬を数回ズボズボと犯してやる。
「ほら、いくぞ、飲んで、全部飲んで」
目もくらむような激感が脊髄を通って脳天を突きぬけて行った。
ドピュッ、ピュッ、ピュッ、ドロリ、ドロッ……。
快感の度合いで発射したザーメンの量もわかる。
きょうはやや多めだ。ペニスが上下に脈打つ回数も多い。
「ん、ぐううう」
K子は頬をすぼめて吸い上げてきた。
私は前立腺からの最後の供給を注ぎ込んでやる。
「おおっ、いいよ。もっと吸って。俺がいいと言うまで離さないで」
ベッドの縁を持ったままで、K子の口元をずっと見ていると、口角から、
一筋の白い線がタラーッとしたたってきた。
ごく、ごくっ……。K子の白いノドが嚥下を繰り返した……。

私のモノを吸い尽くしたK子は、満足そうにトロンとした表情になった。
「K子の身体、とってもよかったよ。しびれるくらい……」
私はK子の上にかぶさるようにして、キスの雨を降らせた。
「どう?おいしかった?」
「うん、とっても」
「今まで、飲んだことはあるの?」
「前の彼氏に必ず飲まされてたから。私も嫌いじゃないし……」
「ザーメンってみんな同じ味なの?」
「人によって違うし、同じ人でもその日によって違うみたい。量が多いと、
ノドが痛くなっちゃうけど……」
「きょうの俺の、多かったんじゃない?」
「うん、けっこう出たみたい。少しノドが痛いもん……」
リーン、リーン。その時、ホテルの電話が……。
「はい」
私が出た。
「お客様、2時間の休憩時間はあと10分で終わります。延長しますか?」
時計を見れば、なんと1時間半以上続けてずっとHしてたことになる。
しかしラブホテルの受付けから電話で聞かれたのは、初めてだ。
「いいえ、もう出ます」
最近は量より質を選ぶ私は、濃い一発で満足していた。
あわててK子と私は身支度を整えた。

「またK子のオマンコにおちんちん入れていい?」
「やだあ、XXさんたらあ、Hなんだからあ」
「でもズボズボしてほしいんでしょ?」
「そんなの、恥ずかしいです……」
「次はオモチャ持ってきていい?」
「え?持ってるんですかあ?」
K子は興味津々のようだった。
「うん、持ってるよ。バイブでズコズコされたい?」
「もう、やだあ」
くすくす笑うK子。私は両手で顔をはさむようにしてキスした。
私にとって帰り際のキスはひとつの儀式だ。

ホテルを出て、とぼとぼ駅に向かって歩く。
次は6月の初旬に会うことにして、渋谷駅で別れた。
本当は、家まで送りたいところなのだが、寄り道する時間はなかった。
私は携帯電話を取り出して自宅のボタンを押した。
「あ、俺だけど、今から帰るよ……」

(完)
---------------------------------------------------------------------------

10年ほど前にあったテレコミ系メガサイト「CafeGentleman」に掲載されていたものです。このサイトはテレコミで遊んでた方からの成功談・失敗談の投稿がとても多くて
いろいろ使わせてもらってました。

補習授業

私は月曜日に補習に行ったら、理科の先生に単位が足りないからこのままじゃ留年。と言われ私は『お願いします単位下さい』と頼みました。すると先生は私の制服のリボンを外しリボンで手首を縛り犯されました。私を机に座らせオッパイをわしずかみにし、恥ずかしいことブラ外され乳首を吸われ感じてしまいました。『気持ちいいか?こっちは?』と言うとスカート中に顔を入れパンツの上から吸い付いてきます。『いい匂いだ。』とパンツを脱がしてクリトリスを吸い『オマンコすごい濡れてるぞ!あぁ美味しい』と言い吸い付いて来ました。『あぁっん?先生ヤメテ!』と言うと『今日は運動部しか部活はないし補習のヤツももぅ帰っただろうから誰も助けに来ないぞ』と言うとまた乳首を吸われ指でクリをいじられ‥クリトリスと乳首を交互に吸われ私は初めていってしまいました。すると先生は硬くて大きくなったオチンチンをオマンコに押しあてて来ました。『嫌ゴム付けて』と言っても『生のが気持ちいいんだ』と言っていっきにオマンコに入れてきました。今までで一番大きいオチンチンでオマンコが裂けるかと思うくらい。べちょべちょに濡れてるのに痛くて『痛いヤメテ‥‥』と叫んでいたのにいつのまにか『あぁ、ああっん』と喘ぎ先生に合わせて自分から腰を振りまた、イッテしまいました。すると先生は私を後ろに向かせバックから激しく突き上げ『イクッ!』と一言言って中に出されました。先生は先に帰り私は何も考えることができず、そのまま家に帰りました。昨日も補習があり、その後も先生に呼び出され、先生に連れられ理科室に行くと先生はテレビを付け、『見ろ!これ誰かわかるか?』とニヤニヤ笑いながらいいました。映っていたのは先生にオマンコを舐められ気持ちよさそうに喘いでいる私でした。『あの時ビデオ撮っておいたんだ。これをばらまかれたくなかったら言うことを聞け』と言われました。うまく編集したのか先生はほとんど映っていなくて私が喘いでいるところや出し入れしているところだけです。先生が映っていれば反撃できたのに‥先生はカーテンと鍵をしめると『服を脱げ!』っと言いためらっていると『言うことが聞けないのか?ばらまいていいんだな?』と脅してきます。あきらめて制服を脱ぎ全裸になると、『机の上で足を開いて座れ』と命令され言われたとうりにすると『オナニーをしろ!』と言ってきました。目の前にはビデオを置き『早くやれよ!現役女子高生が学校でオナニーするとこちゃんと撮ってやる』と私を見て笑っています。あきらめて左手で胸をいじり右手をオマンコいじり中指でクリトリス刺激すると『はぁっ!あっ‥』と声が出てしまいます。自分でもびっくりするほど濡れてきてお尻に垂れ流れてくるのがわかります。『変態だな脅されてそんなにマンコからいやらしい汁垂れ流して!』と責められ余計興奮してきてクリトリスをイジル中指がだんだん早く動きクチュクチュいやらしい音が響いてきます。『変態女です。犯してくださいって言え』と言われ私は『私は変態です。先生の好きにしてください。犯してください。』と汗だくになり泣きそうになりながらお願いすると、『俺に何してほしい?』と聞かれ『私のべちょべちょのオマンコをこの前みたいに舐めてください。』とお願いし自分から両手でオマンコを拡げクリを剥き出しにしました。先生は私にディープキスをし顔中を舐め回しまた私の口に吸い付いてきます。私に上を向かせ『俺の唾液飲み込んだら好きなだけ舐めやる』と唾液を垂らします。私は夢中で先生の口にちかずき飲み込みました。すると私の頭を撫でてしゃがみこむと鼻先でクリを突き息を吹き掛け足の付けねを舐めて剥き出しにしているクリを口に含み舐めてくれました。気持ち良くてオマンコ拡げてた手を放してしまい先生の頭を足で挟み顔を手で押しつけ狂ったように喘いでいると先生は急に舐めるのをやめてしまいました。『やめないでください。』と言うと先生は『俺が舐めてるのをちゃんと見てるなら続けてやる』『見てます。だから‥』と先生を見下ろすとまた続けてくれました。また足できつく挟みオマンコに先生の顔を押し付けると先生は私を見ながらクリを吸い続けます。『先生っ先にイッテもいいですか?』と聞くとそれに答えるようにさっきより早く舌を動かしクリを軽く噛み付き‥それを繰り返します。足がガクガクしてきて『イクッ、いっちゃう?、あぁ』と叫びいってしまいました。 『まだ終わってないぞ』といって先生は大きなオチンチンで私の顔をぺちぺちしてきました。『クリだけでいいのか?』と聞かれオマンコに指すら入れてないことに気付きました。今まで彼氏としてもイッタ事はなくてクリより穴が自分は感じると思ってたのに‥私は先生のモノを舐めくわえようとしたんですが口にはいりません一生懸命舐めていると指をオマンコにいれ激しくかき回しもう片方の手でオッパイを強く揉み『ここはどうしてほしい?指一本じゃ物足りないだろ?こんなにも濡らして!』と言い次は二本入れ激しくかき回します。始めは二本いっきに入れたのできつくて痛かったけどすぐクチュクチュ、ぐちゅぐちゅと音が鳴り『おかしくなっちゃう先生っダメっ、いや?っオシッコ漏れちゃうっ。ああっ?』私は潮を吹き気を失ってしまいました。気が付くと先生は私の乳首を吸っていました。私が気が付いた事に先生は気付いていなくて美味しいそうにチュウチュウ音をたて吸い付いたり反対の乳首を飴の様に転がし舐めています。その姿を見て興奮し乳首を責められ気持ち良くてオマンコはまた洪水して来て腰をクネクネ振っていると『気が付いたか?』と言いオチンチンをクリトリスに押しつけてきます。『いやらしいオマンコに先生のオチンチン入れてください。』と言うと先生は横になり『自分でいれろ』と言われ私は先生にまたがりオマンコに押しあてゆっくり奥までいれました。『どうだ?俺のチンコは?』と聞いてきました。『硬くて大きくて今までで一番大きいです。先生のオチンチン、すごく熱くてオマンコおかしくなりそぅ‥』『そうか。お前の体は綺麗だぞまだオマンコ綺麗だしおっぱいも大きいのに垂れてないからな』と言って下からオッパイをわしずかみにして、下から突き上げてきました。子宮にあたって痛気持ち良くてお腹を押さえると先生のオチンチンの動きが伝わります。先生はオッパイから手を放し綺麗だよと下からビデオを撮っていました。『ヤメテ!撮らないで』『何で?スケベなとこいっぱい撮って一緒に見よう』と言い片手でビデオを持ちもぅ片方は腰を抑えつけさっきより激しく突き上げてきます。オッパイが揺れて苦しいから自分で抑えつけてたんですけどビデオに撮られてると思うと興奮し乳首を引っ張ったり揉んだり喘いでいると先生は起き上がり乳首を吸ってくれました。私は先生の頭を抱えもう片方は先生が吸い付いてないほうの乳首を引っ張ったり揉んだり夢中で腰を振りまた一人でイッテしまうと先生は私を持ち上げオチンチンを抜き私を四つんばいにさせるとオマンコを拡げビデオを撮り続けます。四つんばいから私は胸と顔を床に付け手を後ろに回し自分のオマンコ拡げ『私のオマンコ気持ち良くないですか?先生ののオチンチンさぁの、オマンコじゃダメですか?さぁばっか気持ちいいです』と言うと『気持ちいいよ。』と私が拡げたオマンコを舐め穴に舌を入れ出し入れしいっきにオチンチン入れ腰を振ります。私は自分から『先生のいっぱい中に出して奥にっ』と言うと『ああっ!イクゾ!出る』と言って二人して横になっていました。気が付くと、もぅ夜7時をすぎていてすると先生は『明日は休みだしうちに泊まるか?月曜日まで気持ちよくしてやる』と言われ私は先生の家についていきました。

フェラ初体験 

萌えたコピペ <部室で後輩が手コキ>


年下に筆おろし初体験までの道のりですが、
前回の手コキ?体験から発展し、性欲の強い自分は会う度に彼女を求めました。
嘘のような話ですが、彼女はまだ処女でした。
前回スペックを軽く晒しましたが、
身長は148cm 体重は38?41? 
胸は小ぶりで下着はいつも大人し目のモノをつけていました。
「何で体重まで知ってんの?脳内キャラ乙」と思うかもしれないですけど。
重度の変態である自分は、彼女に身長やら体重やら胸のサイズやら聞きまくったからです。
エスカレートして、「オナニーとかするの?」とかタブーに触れたこともありますが。
お気楽天然キャラだった彼女は、「あんまりしないけど?」と普通に答えてました。

今回は筆おろしまでの道のり第二部 フェラ初体験を書きます。
前回の手コキ事件から段々と彼女も開発され、そうゆー行為に恥じらいを無くして行きました。
彼女に軽く甘えられただけで簡単に起立してしまう粗末な息子。
軽く抱き合っただけでギンギンにいきり立つソレに気づき、
「また元気になってるね(笑) でも今日は時間ないからだ?め!」と、
いつものように茶化された日のことでした。
普段なら渋々我慢して下校するのですが。
その日は結構たまってて性欲全開モードでした。

毎日のようにオナニーに耽るド変態の自分は、
たまたま忙しく3?4日くらい自慰をしていませんでした。
なので興奮いつもより凄く・・・苦笑いする彼女の胸をただひたすらに揉みしだき…。
「こ?ら!ダメだってば」とちょっと不機嫌になる彼女をよそに、
硬く勃起したアレを彼女の太もも付近にあてがい、軽く腰を動かして自らを刺激しました。
自慰にも似た変態的行為に興奮を覚え、彼女の内腿の柔らかさに酔いました。
「もう・・・しゅけべ!(笑)」と赤ちゃん言葉?で半笑いする彼女。
彼女・・・まゆみ(仮名)は上機嫌の時と、ちょっとエッチィモードに入ると若干赤ちゃん言葉が混ざります。
ちょっと冗談ぽい口調で言うので、結構可愛いんです。
かなりロリコン入ってる自分は、ソレが興奮をより高みへと導き、腰の動きを加速させました。
「はぁはぁ・・・」と鼻息を荒くし、いきり立つ欲望の塊を彼女の内腿に擦り付け、
少し恥ずかしそうに上目遣いでキスをしてくる彼女、そのまま両手を俺の肩に置き、
「今日はえっちぃね、気持ちいいの?(笑)」
と俺がギンギンになったモノを、こすり付けている左足を少し前にずらしました。
上手く説明できないですけど・・・足と足の間に太ももを滑り込ませて来たのです。
「んっ・・・」と強くなった快感に声を漏らし、腰を少しおとして彼女の太ももを堪能しました。

彼女はそのままちょっと満足そうな表情をして足を動かします。
気持ちよさと彼女の行動に興奮しすぎて、夢中になっていたため、状況を余り覚えてないんですが。
彼女は背後の壁によりかかり、少し体を傾けて足を曲げたり伸ばしたりして、太ももで刺激してきます。
彼女の甘えたような上目遣いと、小悪魔のような笑顔に興奮しまくりで、
まゆみの太ももの動きに合わせて腰を動かし、快楽の渦に飲まれていきます。
シュッシュッ とリズミカルに動く彼女の太ももの刺激で射精感を催してしまい、
情けないことにイク寸前まで追い込まれてしまいました・・・。

でも今回は、着衣したままイクわけにはいきません!
なので一か八かのお願いにでます。
「ごめん、もうイっちゃいそう・・・このままだとヤバイから直接して?」
と是非を聞く前にジッパーを下げて、ギンギンに勃起したイチモツを取り出しました。
「っ!?」とかなりびっくりした表情で俺を見る彼女・・・。
(あ?・・・やばい。さすがに行き成り見せるのは不味かったんだろうか・・・)
と激しく後悔するも、己の欲望には勝てず、
「ダメかな?」とおねだりしてみます。すると彼女は楽しそうな表情で、
「すご?い・・・こんなにおっきくなるんだ・・・?すごいえっちぃね・・・」とマジマジと見つめ
「どうすればいいの?」と興味津々のご様子。
これは俺の時代が来たんじゃないか!?と調子に乗ってみます。

「舐めて貰うとすごい気持ちいいんだって!ウチのクラスに○○いんじゃん?」
「あいつが詳しくてさ、色々教えてもらったんだよ」とアリもしない嘘で追い討ちをかけ、
「そうなの?○○先輩モテそうだもんね(笑)」と騙される彼女。
まゆみのお母様、このコを天然に生んでくれてありがとう!!
心の中でガッツポーズをして更に催促。
「そうなんだよ、どんな感じか知ってみたいんだよね?」と催促催促。
「そんなことしたことないから、どうすればいいかわからないよ」とちょっと怪訝な顔をする彼女に、
「大丈夫だって?、俺もされたことないし。まゆみになら、されても恥ずかしくないから」
とビッグバンアタック。すると彼女は、ちょっとうれしそうな顔で、
「じゃあちょっとだけやってみるね」と舌でペロペロ始めました。

「っ!!!!!!」信じられないくらいの快感に、一瞬で射精フラグが乱立。
「変な感じ(笑)」と苦笑いしながらペロペロする彼女。
「そのまま咥えたりできる?」と更に高みを目指すと、
「こう?」と亀頭をかぷっと噛む彼女。
「いっ!?」歯が当たるってこうゆーことか・・・と激痛に悶えました。
「歯が当たってるみたい・・・ミラクルな痛さなんだけど・・・」と痛みを訴えると、
「え!?ごめん・・・大丈夫?」と口を離し亀頭を撫でる彼女。
「んーやっぱ難しいのかな?・・・歯が当たらないようにできる?」と処女に無茶な注文をする馬鹿な俺。
「難しいかも・・・でもこのままだと悔しいから・・・やってみるね!」
そう、彼女は小柄で小動物みたいで可愛いキャラだけど、信じられないくらい負けず嫌いなんです。
その負けず嫌いがここで発動してくれるとは。
「アイスなめるみたいな感じでやるといいんじゃない?」
とエロ漫画から得たしょうもない知識を教え込みます。

にゅるっ と唇が亀頭を包み、果てしない快感が襲ってきます。
「あっ・・・すごい・・・。まゆみ上手いんじゃない?」と機嫌を取ってみる。 
すると彼女は舌を動かし咥えたままペロペロしだしました。
亀頭だけを舐める単調な舌使いだけど…、
初体験の自分には恐ろしい程の快感で、すぐに果てそうになります。
「あっ!!ごめん・・・もう無理出そう!」と言うと彼女は口を放し、
「ふふふっ♪また私の勝ちかな??(笑)」と不適な笑みを浮かべます。
どうやらスイッチが入ってしまったみたいです。
そのまま亀頭を咥え、今度は亀頭周辺を舐めまわしてきます。
「ちょっと!不味いって・・・もういいから、やめていいから!」と静止を促すも、
「ちゅぅ・・・ちゅる・・・ちゅぴ」と今度は吸い付いて来るじゃないですか。
「あっ・・・すご・・・」もう無理です、出す寸前です。
軽く唇を離して彼女は言います。
「出ちゃったらどうすればいいんだろ?出す前にやめた方がうれしいの?」と。

おいおい、初フェラで口内射精させる気ですか、この人は。
俺  「え・・・? あ?・・・ん?・・・出す前に止めて最後は手でするんじゃないのかな?」
まゆみ「そうなんだ?手のが気持ちいいの?」
俺  「いや俺は口のが好きだけど・・・口の中に出されるって凄い嫌なんじゃない?」
女友達から聞いた話でも口に出させることは稀らしい。
よほど好きな彼氏なら頑張るけど、口に出されるのはかなりキツイ。とそう言ってた。
何人かそうゆー話をする間柄の友達がいたけど、大半は手で終わらすそうだ。
飲み込むなんてもっての他、と言うことだろう。
まゆみ「そうなんだ?不思議だね?」と微笑しながら俺の息子とにらめっこしている。
俺  「相手のこと凄い好きじゃなきゃ、口でなんか出させないでしょ?」と笑い飛ばしてみるが、
まゆみ「何か面白いね?、口に出されちゃったらどうするの?」
俺  「吐き出すか、飲むか・・・しか無いんじゃないかな・・・。」
まゆみ「飲めるの!?体に悪くないのかな・・・?」

何か興味津々に目を輝かせる彼女。
俺  「え?・・・どうなんだろな・・・タンパク質だから平気なんじゃない?」
俺  「まぁ俺もよくわからないけど・・・大抵の人は吐き出すらしいよ」
まゆみ「吐き出してもいいんだ?それなら・・・」と物凄く食いついてくる彼女。
そして何かを決意している様子。
後で気づくんだけど、かなり性に対しての興味が強く、えっちぃコだったんです。
まぁちょっと会話を挟んだことで興奮も覚めてきたので、
「今日はもういいよ?。すごかったよ、ありがとね」と終了を告げますが。
まゆみ「だ?め!今日も私が勝つんだから♪」と有無を言わさず作業続行。
突然の刺激に体が跳ね、さっきよりも激しく舐められて射精感が戻ります。

ちゅぅ・・・ちゅ・・・じゅぷ  
こいつ本当はフェラしたことあるんじゃないか?ってくらいの上手さで、
丹念に亀頭周辺を舐めまわし、唇を窄めて吸い付きます。
「あっ・・・ちょっと頭動かして唇でしごいてみて」と
またもや無茶な注文をしても、
じゅぷ じゅぷ じゅぷ と完璧に答えてくれる彼女。
「それ・・・すごい・・・ダメ!気持ちよすぎてヤバイ!」
と思わず射精しそうになったので、彼女を止めますが、
完全スイッチオンの彼女は動きをとめません。
ちゅぷ じゅぷ ちゅ ちゅぅ 
俺が悶えてる姿が気に入ったのか更に激しく動き、刺激を強めました。
「ぅぁ!・・・ダメだって・・・ほんとやばいから!このままだと出るって!」
てゆーかもうちょっぴり出かけてました・・・本当にイク5秒前くらいだったんです。
さすがに彼女も動きをとめてくれました。
そして少し上目遣いで俺を見て ニヤッと不適な笑みを浮かべました
―――――まさかっ!?

すぅー と舌が亀頭をなぞります。
そしてもう一度俺を見上げるとニヤニヤッと小悪魔スマイルでピースサインしています。
「は?・・・」 
そしてそのまま腕を俺の腰に回し、中腰になってた姿勢を無理やりなおされ・・・
次の瞬間にはものすごい勢いで舌を動かし、ちゅーーっと唇を窄めました
「んんっ!!!」信じられないくらいの刺激に快感は限界を突破しました。
そのまま彼女は頭を動かし、唇でモノをしごき始めます
「ちゅぷ じゅぷ じゅぽ ちゅぷ」 
「あぁっ・・・やばっ・・・はぁっ」
堪えていた欲望はびゅくびゅくと彼女の口の中にすべて吐き出され、
最後の一滴まで全て彼女の口に出し切ってしまいました。

「ぁぁ・・・ごめん!!ティッシュとってくるからちょっとまっ―――」そう言って鞄を漁る俺に
「んんっ!!」と手をクロスさせ、ストップサイン?みたいなのを出します。
そしてまた小悪魔スマイルで微笑んだ後に、
「んんんん?」とナニかを言いました。
恐らく「みててね?」ってことだと思いましたが、
んぐっ・・・と口の中の精液を全て飲み込んだのです。
そしてちょっと俯き「む・・・」と呟いた後、
鞄からタオルにくるまれたペットボトルお茶を出してゴクゴクと飲み
「今回も私の完全しょーりだね(笑)」とそう言いました
処女で初フェラでごっくんとか、この人は何者なんだ・・・。といまさらながらに思います。

今回もダラダラと長くなってしまって申し訳ないです・・・
早いとこ本番の描写に行きたいんですけど、
思い出しながら書いてたら懐かしくて何かスゲー楽しいです。
稚拙な文ながら支援を下さった神様方、
ありがとうございましたw
今日はもう寝ないと不味いので、明日時間が出来たら第三部書かせて下さい

さっきの続きをお願します

オフィスで机をならべている奈津美と最近、深い関係になりました。
奈津美はいわゆる総合職で、27歳。
旦那さんは弁護士、子供なしという典型的なDINKSです。
私は34歳。妻は都市銀行勤務の総合職。子供なし。

二人は似たような境遇で、
「夫婦で過ごす時間が少ない」とこぼし合っていました。
ある夜、二人きりで残業をしている時のこと。
奈津美は疲れていたのか机のパソコンの上に頭を乗せ、
居眠りをし始めました。
こんなことは時々あることなので、私は気にせず黙々と自分の仕事を
片づけて行きます。

1時間たっても奈津美は起きません。
疲れてるんだな、と横を見ると、
椅子に腰掛けた奈津美のお尻の重量感と、
スカートから伸びた太めの腿が目に眩しく映りました。
そっと、ブラウスの上から背中に手を置いてみました。
奈津美は気づきません。
手は背中をそっと下って、お尻に。
スカート越しに体温が伝わってくるようで、
私は甘い興奮を抑え切れなくなりました。
手の平に力を込め、奈津美のお尻の弾力を感じ、
かすかに浮き出るパンティーラインを指でなぞります。
あいている方の手はひざをなで、内腿をつうっとなでながら
スカートの中に。

ふわっとした温かさと湿り気が誘うように刺激します。
足を少し開かせて、股間の軟らかな部分を人差し指で押すと、
奈津美は「うっ‥うぅーん」と反応しました。
起きてしまったのか、と緊張しましたが
どうやらまだ寝ぼけているようです。
私はすぐに手を引っ込め、再びパソコンに向かいました。
奈津美も起きて仕事を始めました。

30分後。
「先輩、メールを送ったので読んでください」と奈津美。
隣にいるのだから声をかければよいのに、といぶかしみながら、
画面を開くと、こんなメールが。
「先輩。さっきの続きをどこか静かな場所でして下さい」
「いいの?奈津美‥」
奈津美はパソコンの画面に目を落としたまま
こくりとうなずきました。

ホテルに行くと、二人は服をきたままベッドに倒れ込むように
横になりました。お互いに相手の着ているものをはぐように
脱がして行きます。
私が奈津美のブラウスを脱がせると、
奈津美は私のワイシャツを脱がせる。
奈津美のタイトスカートをおろすと、
私のズボンがおろさせる。
ブラジャーをはずすと、小振りだけれどもつんと格好良く上を向いた
おっぱいがあらわになりました。
乳首は茶色がかったピンク。
それをゆっくりと口に含み、舌の上でころがすようにすると
びくっと奈津美のからだが反応します。
おっぱいをもみながら、舌はおへそを経て、股間に。
パンティーの上からクリトリスのあたりをつんつんと刺激すると、
奈津美は重量感のある腿で私の頭をはさむように包み込みます。
それを苦労してふりほどくき、足を思い切り上げさせて
パンティーを脱がせました。ヘアはやわらかな細めでした。
奈津美を四つんばいにさせて、
後ろから女性器全体をほおばるようになめ上げました。
両手でわしづかみにした奈津美のお尻が小刻みに震えていました。
なめながら下半身を奈津美の顔のあたりに近づけると、
奈津美は私のおちんちんをひったくるように咥えます。
顔を激しく前後にゆすったり、
ハーモニカを吹くように横からなめ上げたり、
唾液で濡れた亀頭指で刺激しながら袋の裏筋をちろちろとしたり。
私も奈津美の陰唇をかるく噛みひっぱるようにしたり、
クリトリスに熱い息を吹きかけたり、
舌先をとがらせて膣に挿入して中を掻き回すようにしたり。
「ふーっ。ふーっ。ふーっ。ふーっ。ふーっ。ふーっ」
奈津美はおちんちんを咥えたままよがり声を上げます。
いったん身体を離し、私はあぐらをかいた格好をして
奈津美を前から抱き寄せました。

奈津美は私の足をまたいでゆっくりとおちんちんの上に腰を沈めます。
おちんちんはゆっくりと奈津美の中に入って行きました。
根元まで入った時、奈津美は「あぁっ」と短い声を上げました。
奈津美の小柄なからだを抱きしめ、ひざの上で跳ね上げるようにすると
おちんちんは奈津美の膣の中を突きます。
「‥‥先輩。とってもいい。あぁぁぁぁぁ」
奈津美は想像以上に感じやすい女性でした。
「あっ。いい。当たってる、奥に当たる‥」
「先輩‥もっと、もっと、もっと」
「あっ。あっ。あっ。あっ。あっ。あっ。あっ。あっ」
私の首に手を固く巻きつけた奈津美は
自分でも腰を前後や上下に動かし始めました。
そのくねくねした姿態はとても刺激的で、
私も一層激しく奈津美を突きます。
おっぱいは激しくゆれ、その感触が私の胸板にも伝わります。
腕を振り解き、
奈津美のおっぱいをちゅーっと吸うと、
「噛んで下さい。先輩、噛んでください」
とねだるので、そのとおりにしてあげました。
「奈津美ちゃん。出してもいい‥。奈津美ちゃんの中に」
「出してください‥。出して。たくさん‥」
「出すよ。奈津美の中にたくさん出すよ」
「あぁっ。先輩。あぁっ。先輩。あぁっ。あぁっ‥先輩」
「奈津美、奈津美、奈津美、奈津美、奈津美」
お互いを呼び合いながら、二人は絶頂に達しました。

******

それ以来、私と奈津美は週一回ほど会社帰りの深夜にセックスをする
関係になりました。
奈津美のご主人は出張でよく家をあけ、
私の妻は銀行の激務で疲れ果て私が帰宅するといつも寝ている。
お互いに満たされないからだの欲求を割り切って解消しています。
最近ではかなり変態めいたこともしています。
お互いのオナニーを見せ合ったり、
ロープを使ったり。
昼間はビジネススーツを颯爽と着こなしている奈津美が
こんなに乱れるのかと驚くほど、奈津美はセックスに貪欲です。
「先輩のペニスの色がとってもいい」と奈津美は言います。
私も「奈津美のお尻はとっても可愛いよ」と言ってあげます。
二人の関係に気づいている人は会社にはいません。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード