萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

クンニ

驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

"

僕はさらにカメラを覗き込み息を潜みながら、この異様な光景をとりつづけました。
女性に抱きついている姦亀達ちは、皆まるで獲物の味わうかのごとく、抱きついている女性の顔といわず腹、脚にいたるまで
体全身に長い舌を這わせ、ペロペロと舐め上げていました。

それは人間の男がするような、愛撫そのものでした。
学者が言うには、姦亀達にとっても雄が雌の体を嘗め回すことは、”求愛行動”に他ならないとのことです。
おまけに発情中の姦亀の雄の唾液には、強力な催淫効果があり、その効果は人間の女性にも大きく影響してしまうとのことでした。

事実、姦亀達に体を舐められている女性達は誰一人、抵抗することなく、逆に皆うっとりしたような表情で悩ましい声を出しながら行為を受け入れていました。
中には、「もっと舐めて。。。」と言うかの如く自ら乳房などの感じやすい箇所を露出し、挑発するように姦亀の口に押し当てる行為をする者もいました。
姦亀達も女性達のその挑発行為を理解しているのか、「あ゛~~あ゛~~」とより興奮しながら、女性達の差し出されている部位を積極的に舐め始めます。。。
亀の行為を受けている女性達は、より舌の感触を味わいたいのか、皆いつの間に来ていた水着を脱ぎ捨て裸の状態になっていました。

ビーチ中に、女性達の脱ぎ捨てた水着が散漫していました。。。

ただやはり姦亀が最終的に一番夢中になるのは、例にもれず”女性器”でした。
女性ホルモンに敏感に反応する姦亀にとっては、濃厚な”雌”の匂いのするそれが一番の目的といえるでしょう。。
我慢できなくなった女性が両脚を広げるやいなや、姦亀はすぐに自らの顔をその間に突っ込み、ベロベロと女性器を丹念に舐め上始めたり、
女性が四つんばいになり、挑発するように姦亀に向かって自らお尻を向け、女性器を広げるとと、「あ゛~!!~あ゛~~!!」と嬉しそうに甲高い鳴き声を上げ
まるで貪るかのように女性のお尻の谷間に顔を入れ、ジュルジュルと女性器を舐め上げていました。
それは人間の男が女にするクンニリングスそのものでした。

おまけに姦亀の唾液には催淫効果があるため、クンニリングスを受けている女性達は相当感じてしまっているのでしょう。。
野外にもかかわらず皆一様に甲高い悲鳴のような喘ぎ声をあげ、姦亀の舌の動きに合わせていやらしく腰を動かしたり
中には何度もオーガズムに達しているのか、髪を振り乱してビクンビクンと反応してしまっている女性もいました、
ビーチ中にそうした女性達の喘ぎ声と、「あ゛~!!~あ゛~~!!」という姦亀達の興奮したような声が響きわたり始めました。
僕はその異様なBGMを聞きながら徐所に興奮してきてしまいました。

女性達にクンニリングスを施している姦亀達を見ると、もうすでに甲羅の中からピンク色の物体がニョキニョキと伸びてきているのが分かりました。
まぎれもなくそれがAさんの話にあった姦亀達の”ペニス”なのでしょう。。
その物体は、ブニョブニョして、”先走り”液にまみれているのか、テカテカ光っており、話に聞くようにそれは一つの軟体生物のようなグロテスクなものでした。

そのようにペニスを勃起させ、もう我慢できなくなった姦亀達は、随時自分の相手の女性達に覆いかぶさっていきました。
女性達の体を包み込むように覆いかぶさった姦亀達は「あ゛~~あ゛~~」と大きな声で興奮しながら、グイグイと腰を動かし始めました。
姦亀に覆いかぶされている女性達は、皆すぐにその腰の動きに合わせて「あっ?・・あっ?・・あ?っ・・」と悩ましい声を上げ始ました。
その様子からすでに姦亀が女性にペニスを挿入し、交尾が始まっているいるようでした。

見ると、いつの間にか同じように興奮した姦亀達が次々と女性達に覆いかぶさり始め、あちこちで”亀と人間の女の交尾”という異様な行為がビーチ中に繰り広げ始めました。

その姦亀と女達の交尾を見ると、姦亀が仰向けに横たわった女に覆いかぶっている状態。。いわゆる”正上位”と
四つんばいになった女の後ろから姦亀が覆いかぶさっているような”後背位”の形の2つに別れました。

正上位では、女性の体は姦亀に完全に覆いかぶされている為、あまり行為中の女性の表情を伺えませんでしたが、
姦亀の下で悩ましい女性の肢体が、亀の腰の動きに合わせてビクンビクンと反応しているのが非常にエロチックでした。
中には「もっと突いて!!」というかのごとく、長い両脚を自ら姦亀の腰に巻きつけ、ぎゅっと亀に抱きついている女性もいました。。。

後背位でしている”カップル”は、行為中の女性の様子も、また女性と姦亀との”合体部分”もしっかりと見ることができました。
先ほど見たグロテスクな軟体生物のような姦亀のペニスは女性の女性器にしっかりと挿入されており、亀の腰の動きに合わせて
なにやら上下左右にグネグネと女性の膣内で動き回っているようでした。それはなんとなく”大人のおもちゃ”を思わせました。
その動きがよほど感じるのか、。。後背位で犯されている女性達は皆人間の男にされているように、淫らな表情を浮かべ
喘ぎ声を上げていました。
いや正確にはより人間の男を相手にしているよりも”獣っぽい”といったほうが正しいでしょうか?

よほど姦亀のペニスが気持ちいいのか、犯されてる女性達の喘ぎ声は、「あぁ~あはぁぁあ~?!!!」というようなまるで鳴いているているかのように甲高い声で、ビーチ中に響きわたり
より快楽を貪ろうと姦亀の腰の動きに合わせて、お尻を振る様はまさに”雌”そのものでした。

姦亀達もそんな”雌”達の反応に、より興奮したように「あ゛う゛~!!~あう゛~~!!」と甲高い鳴き声をあげ、腰の動きを早めています。
また行為中も舌を伸ばし、相手の女性の体をベロベロと舐め上げ始めます。
女性は側も姦亀の舌が顔近くにくると、自らの舌を伸ばし、姦亀と”キス”をしようとする女性達もいました。
それはまさに種を超えた雄と雌の交わりのように見えました。

そうした裸の人間の女性達と亀が絡みあって乱交している光景は異常で、僕もそれを見ながらこれまでにないほど興奮してしまっているのを感じました。
ビーチ中のいたるところで繰り広げられている姦亀と女性達の交尾のうち、とりあえず比較的僕の撮影している場所の近くにいる1組のカップルに注目しました。
そのカップルは正常位で相当”激しく”交わりあっており、、まさに姦亀のほうが今にも”発射”する寸前のようです。
姦亀は、女性の脚の間に腰を入れ、盛んに打ち付けていました。
その腰の動きが徐々に早まってきているようです。
姦亀に突かれている女性のほうも真っ赤な顔で首の仰け反らせながら

「あっ・・あっ・・あっ・・あぁ・・ン?!激しい!!!」

と姦亀の腰の動きにあわせ、悩ましげな喘ぎ声を上げ、その肢体を積極的に姦亀の体に絡ませていました。
姦亀は自分が犯している”雌”のそんなエロチックな様子を見て、相当興奮してしまっているのかのように「”クフュー””クフュー”」と荒々しい息をつきながら
より腰の動きを早めていきます。
それは”亀ってあんなに腰が動くのかというくらいのスピードでした。
その後、姦亀が「グっあハァっ!!!」というまるで怪獣のような鳴き声を上げ首を仰け反らせました。

「あっっ・・ンっ!!!あはぁぁあああっ・・・?!!!」

それにあわせるかのように女性のほうも甲高い声をあげ、ビクンビクンと肢体が反応していました。
どうもお互いに”絶頂”を迎えたようでした。。

姦亀と女性はお互いに激しく息をつきながら、しばらく抱き合っていましたが、ようやく落ち着いたのか
姦亀のほうが女性から身を離しました。
”ブジュル”とこちらにも聞こえるかのような鈍い音がして、姦亀のベトベトのペニスが引き抜かれた瞬間、女性の腰辺りに大量の牛乳のような液体は広がっていきました。
おそらくそれは姦亀の発射した”精液”なのでしょう。。
その量はとても女性の膣内に入りきらず、溢れてしまっているようでした。

「あぁ・・・ン?・・・すごい量・・」

女性のほうは自分の腰周りにベットリ突いているその精液をすくいあげ。。うっとりしたような表情を浮かべていました。
すると不意に「あっン!!!」とその女性の体がビクンと反応しました。
見ると、先ほどの姦亀がまるで交尾後の後戯であるかのごとく、精液まみれの女性器を丹念に舐め上げていました。

「うっ・・ん ・・気持ちいいぃ・・一杯舐めて?」

女性は姦亀が舐めやすいように自ら両脚を広げました。
姦亀は自分の”相手”をした”雌”を愛しむかのように丹念に女性の体中に舐め上げた後、満足したようにノソノシと海に帰っていきました。
しかしその姦亀が去ると、また別の興奮した姦亀がその女性の抱きついていきました。

「あっ・・・ンっ?!今度はこっちでしてっ!!」

しかし女性のほうはは嫌がる素振りも見せずにそう言うと、自ら四つんばいになり挑発するかのようにその姦亀にお尻を向けました。

「あ゛う゛~う゛~!!!」

それを見た姦亀は激しく興奮しながら唸り声をあげ、女性に覆いかぶさり、バックから犯し始めました。

見るとこの女性に限らず、ビーチにいる他の女性達も大体は一匹では満足できないのか、次々と2匹目、3匹目と姦亀達の""相手""をしていきました。
どうも女性達もこの姦亀から分泌される催淫効果の影響からか、通常よりも相当淫らになってしまっているような印象を受けました。

女性達と交尾中以外の姦亀達。。。いわゆる”順番待ち”の姦亀達は皆、「”クフュー””クフュー”」と興奮しながらその交尾を見つめているようでした。
中には、次に女性との交尾をめぐって喧嘩を始める姦亀達や、もう我慢できなくなったのか交尾中の姦亀から強引に女性を奪い取ろうとする不貞の姦亀もいました。

僕はもう一つ興味深い光景を見ました。
それは一際大きな姦亀でした。おそらく群れの”ボス”でしょうか?そのボス亀はその大きな巨体を生かし、実に2人の女性の体に
覆いかぶさっており正上位で同時に犯していました。亀の癖に女性2人相手に3p行為をしているようでした。

「!!あっはぁ・・・・あっ・あっ・ああっおっきい・・?」
「ああン・・すっ・・すごい・・こっちもしてぇ・・あっンっ・・あっ・・あっ・・あはぁああっ!!!」

ボス亀に覆いかぶされている女性達は2人共、肢体を悩ましく動かし、色っぽい喘ぎ声を上げていました。
その様子からこのボス亀・・・器用なことに2人の女性に交互にぺニスを挿入しているようです。
AV男優も真っ青の技です。
ボス亀は、自らのペニスで淫らに喘いでいる2人の人間の女性を見下ろし、満足気に「”グフュー”グフュー”」と低い呻き声を挙げていました。

そんな亀達と女性達の乱交はしばらく続きましたが、夜ももう耽るころ。。
さすがに疲れたのか帰ろうとする女性達もちらほら現れ始めました。

姦亀達は基本的には臆病なのか、交尾中でも女性が少しでも抵抗する素振りを見せると、すぐに諦めて身を離すそうでです。
その為女性達は容易にこの行為を切り上げることができるようでした。

行為後、女性達は脱いでいた水着を着て、姦亀の涎と精液まみれの体を海で洗い落とした後
それぞれ車のほうに帰って行きました。

「ねっ!どうだった?すごい気持ちよかったでしょ!!」
「うん・・・本当めっちゃ感じちゃった。。信じられないよ亀相手に~www」

帰ろうとする2人組の女性の会話を盗み聞くと、とてもそんな異常な行為をした後とは思えない軽い感じで
そう笑いあっていました。

夜明け前までには、ビーチにいた女性達は一通りそれぞれ帰っていきました。
姦亀達も、”雌”である女性達がいなくなったのが分かったのか、皆一斉に海に帰っていきました。
中には”ヤリ”そびれたのか、ペニスを勃起させたまま悲しそうにとぼとぼと海に帰っていく姦亀がいたのは
思わずぷっとも笑えってしまいました。

僕は一通り撮影した後、無人となったビーチに降りました。
ビーチの砂浜には先ほどの行為の名残のようにそこら中に、姦亀達がぶちまけた牛乳のような
白色の精液が生々しくこびりついていました。。。

"

恐怖の親子丼・その2

僕は恋人と激しく交わっている所を彼女のお母様に見つかってしまった今度大学1年になる学生です。お母様は何と自分も僕と交わりたいとベッドに入ってきました。そしてセックスのコーチをして貰ううちにその3Pが当たり前になって今ではお父様が御出勤されると彼女達2人に呼ばれて夫婦の寝室の大きなベッドで乱交しています。今朝も早くから呼ばれました。

お母様は37歳なのですが美魔女と言うのか非常に顔立ちや体つきが若いです。高校卒業後すぐにお父様に嫁いだせいでしょうか。20歳代後半にしか見えません。大人の怪しい魅力をたたえた凄いテクニシャンです。でも美しく優しそうな外見に反して自分の娘の彼氏まで性の毒牙にかける肉食系女子です。避妊しているので生で中に出しても平気です。

お父様は女子高の先生です。弓道部の顧問をしていて春休みも大会のため朝から晩まで若い女学生たちと学校で過ごしています。女子高の男子教員は歳がいっていても渋いダンディーならもてます。このため複数の卒業生と不倫関係にはまって精力を若い彼女らに吸い尽くされています。日曜日も容赦が有りません。従って自分の奥様とは十分に交われないのが困った現状のようです。このため欲求不満気味のお母様まで不倫に走ってしまいました。

若い僕はやってもきりのない精力が溢れている年頃なので2人を相手にしても全然苦になりません。今日も彼女を犯し始めるとキスからいきなり乳首に行こうとするとお母様に「手で髪の毛を愛撫しながら耳たぶ、うなじ、首筋の順にゆっくりなめて。」とアドバイスを受けました。やってみると彼女は顕著に反応しました。それからクンニとアナルの複合的愛撫法を習いました。これには彼女が身をよじり大きな喜びの声をあげました。その後コンドームをして交わりました。

次いでお母様の番です。彼女は上手なフェラチオをかけるとペニスを再び元気にしてくれました。固く立った乳首を吸うと「息が漏れないように柔らかく吸って。」とまたアドバイスを受けました。母娘なので女性器はそっくりでした。先ほど習った通りにクンニをすると「そこは最初優しく、後で強く舐めて。」などと色々アドバイスを受けてテクニックがかなり向上した感じがしました。「もう入って。」と言われたので交じわりましたが腰の振り方つまりペニスワークの仕方も色々習いました。

再度彼女と交わった3回目はお母様のアドバイスを全面的に取り入れてみました。彼女は今までにない大量の愛液を流し、快楽に激しく乱れてくれました。終わって平静に戻った彼女から印象を聞くと「素晴らしかった。あなたとジェットコースターに乗っているような気がした。」とほめてくれました。お母様も満足気でした。更にお母様にテクニックを教えて貰っては彼女で練習して身に付けることを合計5回繰り返して2人と10回交わりました。

気が付くとペニスの膣内での持続時間も5分から20分弱に伸びて余裕をもって彼女達の膣内の急所を突くことが出来る様になり満足して貰えました。お母様は膣の最深部が彼女は恥骨のうらあたりの膣の浅い所がペニスを最も感じるようでした。「膣内で一番強烈な快感が来るのは膣底のポルチオなの。でも相当開発しないと感じられないわ。娘には当分無理ね。」とお母様が言いました。今日は弓道場の内装工事とかでお父様は午前中だけの出勤なので僕はもう帰ってきました。

巨乳の幼馴染と。

高校のときに同じクラスだった萌(めぐみ)と久しぶりに同窓会で会った。

高校のときから、俺は萌のおっぱいばっかりに興味があった。

萌は話をしていると、彼氏がいるけど全然かまってくれなく挙げ句の果てには浮気をされているみたいなことを言っていた。

そんな萌と同窓会で再会したあとに、2人でラブホに行ったときの話です。

何気なく一次会、二次会と終わり、次のお店に行かず俺は帰ることにした。

萌『◯◯くん?私も一緒に帰ろうかなって思うんだけどいい?』

俺『あっ、いいよ!萌、行かなくていいのか?』

萌『明日仕事休みだけどいいや』

俺『そっか、俺も明日は久しぶりの休みだな』

萌『じゃさ、みんなに黙って2人だけで飲みに行かない?』

俺『ナイスアイデア!』

とりあえず同窓会の輪を抜け、俺たちは帰るということにして、違うお店へと向かうことにした。

萌『なんちゃって?実は私もう飲めないんだ…笑』

俺『だろうと思ったよ、じゃどうする?』

萌『ちょっと待ってて、彼氏に連絡してくるから』

俺『あっうん』

同棲をしているらしく、今日は帰らないと言って出てきたらしい。

俺『萌俺について来て』

萌『あっうんいいよ』

俺は萌に彼氏がいるのに関わらず、近くのホテル街へと向かった。

萌『◯◯くんココはさすがに?』

俺『俺昔から萌の事好きで』

萌『え?そうだったんだ』

俺『でもさすがにまずいよね』

萌『うーん……』

萌は考え始めたがすぐ返事が来た。

萌『◯◯くんのお願いだし、今日どうせ帰らないって言ったからいいよ』

俺『え?いいの?』

萌『いいよ、私で良ければ』

俺『俺は萌が好きだから抱きたいな』

萌『じゃ行こう』

俺は萌と一緒にラブホへ入った。

俺『宿泊でいいよね?』

萌『◯◯くんと朝まで一緒か…ちょっと緊張してきた』

俺『俺もちょっと緊張してきた、そうだ萌好きな部屋選んで』

萌『ココにしてみよっ』

宿泊でも10000弱くらいの部屋が空いていてそこにした。

萌『◯◯くん、部屋行こう』

俺『あっうん』

萌『緊張緊張…笑』

エレベーターに乗り、部屋に向かった。

そのエレベーターの中で俺は萌のおっぱいをわざと触った。

萌『ちょっと…笑』

俺『萌でかいよな』

萌『そんなことないよ…』

俺『何カップ?』

萌『Fだよ』

俺『大きいじゃん』

そんな話をしながら部屋に入った。

仮精算を済ませた。

俺『先シャワー浴びてくる?』

萌『そうだね、暑いし汗ビショビショだから入ろうかな』

俺『一緒に入る?』

萌『え?◯◯くん我慢できなくなるよ?』

俺『俺もう我慢できないけどね』

エレベーターの中でおっぱいを触り軽く勃起していた。

俺『じゃ俺も一緒に入るかな』

萌『しょうがないな』

俺『萌のおっぱい見たいし』

萌『バカ!笑』

そして服を脱ぎ、どこも隠さずお互いに風呂場へ向かった。

やはり萌のおっぱいは想像以上に大きかった。

萌『◯◯くん、もうこんなにしちゃったの?』

俺『萌のおっぱい見たら、こんなになっちゃった』

萌『彼氏より大きくて太くて立派』

俺『萌好きなの?』

萌『…好きだけど…』

俺『俺もおっぱい好きだよ』

風呂場でいちゃつき始め、キスをしたり、再びおっぱいを触った。

萌『◯◯くんダメだよ…あっ…』

俺『ダメって言いながら感じてる』

萌『触り方いやらしいんだもん』

俺『じゃ乳首も触ってあげる』

萌『ダメ…あっ…あん…』

俺『萌スゲェびんびんになってる』

萌『乳首弱いの…あん…』

萌のおっぱいをとにかく揉んだり、乳首触り舐めたり、俺は萌を責めた。

俺『萌俺のもしてくれよ』

萌『◯◯くんのデカすぎ…こんなの入らないよ』

俺『舐めたり挟んでよ』

萌『ほら、◯◯くんの大きいから私の口じゃ咥えきれないよ』

萌はフェラや手コキさらにはパイズリをしてくれた。

俺『萌…パイズリされたら、俺出ちゃう』

萌『今日時間あるからいっぱい私にザーメンちょうだい』

俺『あっ…イク…』

俺は萌のおっぱいに出した。

萌『すごいいっぱいそれに濃いザーメン』

俺『気持ちよかったよ』

萌『今度は萌のココに入れてね』

そしてシャワーを浴び、ベッドへと向かった。

俺『萌…』

萌『う…あん…』

俺は萌のマンコをクンニし始めた。

萌『ダメ…そんなに舐められたら出ちゃう出ちゃう』

俺『いいんだよ、いっぱい出しな』

萌『あっ…あー!』

萌は潮吹きをしてしまった。

俺『もう俺のギンギンだから入れてあげる』

萌『そんな大きいの入らない…』

俺『萌のマンコを壊してあげる』

萌『来て…』

正常位で俺は入れてあげた。

萌『◯◯くんの大きくて奥まで当たってる』

俺『萌そんなに締めつけたらすぐ出しちゃうって』

萌『だって大きくて気持ちいいんだもん』

俺『萌…気持ちいいよ…』

萌『好きなとこに出していいからね』

俺『中出しも?』

萌『今日だけだよ』

俺『じゃ二発目中出ししよっかな』

萌『中にちょうだい…』

そして俺は本当に中に出した。

萌『◯◯くん好きだよ』

俺『萌と一緒にいたいな』

萌『◯◯くん彼氏よりいいかも』

俺『萌どうする?』

萌『考えておく』

そしてその後朝まで俺は萌と一緒に4回もエッチした。

再会して1ヶ月後、萌は彼氏と別れ、俺の元に来た。

萌も今は、二児の母、あの日にエッチをしたときの話をすると、思い出して2人でいつも毎晩している。

気になる愛する妻の過去

愛する妻の過去は気になるもの…
私の妻も四十を過ぎたがまだまだ可愛い顔をしている。
私は、妻にとことん愛されていて、とても尽くしてくれるからすごく愛情を感じている。
妻は、愛した男には心底捧げるようで、性生活では何を要求しても拒まなかった。
出産時、恐る恐るアナルセックスを求めたら、私のためならと肛門を差し出してくれた。
それ以来、生理中の定番セックスになった。

つまり妻は、過去に愛した男にだって全てを捧げたに違いないのだ。
私が妻を初めて抱いたとき、妻は25歳だった。
純朴顔が可愛くてもっと若く見えたが、私の2歳年下だった。
妻をクンニしたときに私は気付かない素振をしていたが、妻の淫核は歪んでいるように見えたし、淫核と陰唇には小さな穴らしき痕があった。
妻は、そこに何かを通していたのだと思った。
多分、性器ピアス…
女性器にそのようなものを装着していたとすれば、妻はその穴を開けた男の独特な性癖を受け入れていたことになる。
純朴な娘さんだったであろう若き妻の性を陵辱した男…
性の翻弄を誓う装飾を性器に受け入れ、男が与えた歪んだ快楽に淫乱を披露して男を喜ばせたのだ。
純情な娘さんが性器ピアスを弾かれ淫らに喘ぐ…
それが愛する男を喜ばせるなら妻は喜んで受け入れたのであろう。
純朴お嬢さんだった妻がどんな恥辱を受け入れていたのだろう。

もう、妻の性器は、私との性生活による変形が著しく穴の痕形はすっかり無くなったが、いくつになっても可愛い妻の昔を時々妄想して憂う時、私の陰茎は四十路とは思えぬほど猛々しくそそり勃つ。
一途に男を愛した妻が施された恥辱、突き刺された男の陰茎、光る装飾物…妻は今でもその男を覚えているだろう。
そしてその恥辱も…
妻が愛した男は他にもいて、妻が膣に迎え入れた陰茎は1本や2本ではないかもしれない。
それは間違いない事実として存在した愛する可愛い妻の過去…

四十路になって愛しき妻の遠い過去の性に惑う…

甘い誘惑に騙された

一人で出張すると困るのは夕食である。地場の美味しいモノを食べたいのでチェーン店ではない居酒屋へ行くのだがアタリハズレが大きいのが困るのだ。

昨年末、某市へ2泊3日で出張した時のことである。昼間のスケジュールをこなし夕方にホテルにチェックイン。カバンを置いてシャワーを浴び夕食へ出かけた。

小さな街だったので選択肢は少なかった。東京じゃ滅多に一人で寿司屋なんか入らないが、出張ということでチャレンジしてみたのだった。

正直、個人経営の寿司屋だったので値段が気になるのは小市民なところである。しかし、寿司屋のマスターはピールを飲みながら寿司を握るような店であり本格的な寿司屋ではなかったが。。。

ビールと刺身を頂きながら廻りの方の会話を聞いていた。殆どの方が近所にお住まいの常連さんのようである。その中に突然訳の分からない客(私)が入って来たので廻りは興味があるようだった。

隣の客から声を掛けられた。

客『ココ初めてですよね どちらからですか?』
私『出張で来てます ○○ホテルから近かったから入ってみました』
客『そうなんですか 大変ですね』

なんて普通の会話をしていたが、次第に廻りの客からの質問攻めになった。場末の寿司屋に飛び込みで来た客なので珍しいのだろうか?

長居はしたくなかったが、意外と居心地よく3時間も居てしまった。
午後10時を廻った頃お勘定して帰った。

お店を出てホテル方向に歩いていると、後ろから『○○さん(私の名前)』と声を掛けられた。その声は寿司屋の客にいた女性であった。

確かバツ1でナースって言っていた女である。(30代前半と思われる)セーターから張り出した胸が印象的だった。

女『出張ご苦労です』
私『あっ 先程はどうも 楽しいお店でよかったです』
女『ホテルに帰るのですか?』
私『朝ゴハンをコンビニで買ってから帰ろうと。。。』
女『まだ飲めますよね もう一軒行きませんか?』
私『イヤ、明日早いから寝ますよ』

女『じゃあ、○○ホテル(私の宿泊しているホテル)のラウンジはどうですか?』
私『じゃあ 一杯くらいは。。。』

って訳で、女とホテルのラウンジで乾杯となった。
私はバーボンを2杯、女性はジンライムからスクリュードライバーへとお代わりしていた。

女は2杯目を空ける頃には目がトロンとして色気MAXの状態であったのだ。

女『少し部屋で休ませて!』
私『ハイ』

部屋に入ると眠気が覚めたように唇を重ねてきたのだった。
断る理由もなくコチラかも攻撃をかけると

女『シャワーを浴びさせて』とバスルームへ向かっていった。

私も急いでバスルームへ突入し、洗いっこをしながら更に熱い接吻が続いた。
当然、愚息も元気になってくる。バスルームで仁王立ちでフェラして貰い、バスタオルを巻いた状態でベッドへ移動した。

私から唇~胸~太もも~Vゾーンへと愛撫をタップリやってあげた。

私はクンニが大好きである。
クンニされて感じている顔を見ているのは大好きなのだ。20分くらいクンニを続けただけで秘部から蜜が溢れだしたのだ。枕を腰にあて蜜を吸いながら更にクンニを続けたのだった。
女も久しぶりとのことで顔を赤らめて感じているようである。

そろそろ挿入であるが、急なことなのでゴムなんて用意していないので生で挿入した。

正常位⇒騎乗位⇒背後位と行い正常位でフィニッシュを向えた。最後は外に放出したが。。。
ここまで部屋に入ってから1時間は経っていないと思う。

私は一人でシャワーへ向かった。
その後、女もシャワーを浴び着替えて部屋を出て行ったのだった。
その時は、いい拾いモノをしたな と思い就寝した。

翌朝、コンビニのパンを食いながら出かける準備をしていると財布が軽いのに気が付いた。
出張だったので普段より多めに現金を持っていたが、寿司屋で払った金額を引いても50、000円は残っていたと思う。
(ホテルのラウンジはカードで決済したが、との時はそれなりの重さがあった)
現金が抜かれているのだった。

財布を使ったのはラウンジでクレジットカードを出す時が最後で、その後はスーツの内ポケットに入れたままである。

想像ではあるが得体の知れない女にヤラレタのだろうが。。。
甘い言葉にはトゲがあることを今更ながら勉強したのだった。


先月、同じ寿司屋へ行ってみた。

財布を抜かれたことを言うべきか悩んだが、別の角度から問いかけてみた。

私『胸の大きなナースさんは良く来るんでるか?』
寿司屋のマスター『もう来ないね 酒飲むと悪態つくから 客に迷惑かけるので来ないで欲しい』

他の店で暴れて警察沙汰になったらしいとのことだった。

懐かしい街で

私は1月10日と11日、出張で20年振りに出身大学のある街を出張で訪ねました。
折角なので、11日の夜も宿泊して懐かしい街を歩きました。

恋人とデートした小路、恋人に振られた公園、自棄で付き合った好きでもない女の子が住んでたアパート
・・・みんな古くなっただけで、そのままでした。

毎週土曜日の夕方になると店を手伝ってた小さな女の子が、やたらに可愛くて土曜日だけ通っていた定食屋に入ってみました。
金曜日の午後5時、まだガラガラでした。

「いらっしゃーい・・・」
目が合った女性に見覚えがありました。
あのお手伝いの女の子でした。
私は、昔好んで座っていたカウンターの端っこに座りました。

「お決まりですか?お久しぶりですね。」
なんと彼女は覚えていてくれました。試しに、
「じゃあ、いつもの、なーんてね。」
と笑ったら、

「もつ焼きにチューハイでしたよね。」
参りました。彼女はこの店のオヤジの娘で、名前を恵美子さんと言いました。
懐かしくてずっとしゃべっていました。
6時を過ぎて、店が込みだしたので私は宿に帰りました。
別れ際渡されたレシートの裏に、携帯電話の番号があり、夜11時過ぎにお願いしますと書いてありました。

恵美子さんと連絡を取り、翌12日の午後2時に待ち合わせました。
「20年過ぎて、やっと君の名前を知ったよ。」
「20年過ぎて、やっと初恋の人とデートできた。もう36歳だけどね。」

43歳と36歳、最後に合ったのは22歳と15歳のときでした。
卒業して故郷へ戻る最後の夕食をあの店で食べました。
土曜日ではありませんでしたが、恵美子さんがいたのを覚えています。

「いいのかなあ。ご主人、居るでしょう?」
恵美子さんは何も答えずシャワーを浴びていました。
20年前に密かに憧れていた美少女は、今、私の前で裸身を晒しています。
今でも可愛い女性ですが、かなり使い込まれたアソコはアワビのようでした。
クンニのお礼の上手なフェラのあと、生挿入しました。

「アアーン、アン、アン、アアアアーン、アアン・・・・・」
36歳にしては可愛い喘ぎ声でした。
「ウウウン、ウグ、ウグ・・・グスン・・・・・」

喘ぎ声がすすり泣きになり、震えるように逝きました。
我慢していた引き金を引いて、恵美子さんの胸に放ちました。
「・・・中でも良かったんですよ・・・」

「まさか・・・冗談を・・・」
「あのね・・・私、初めてあなたを見た中学1年の秋、もう処女じゃなかったのよ。私、小6でセックスしちゃって、
中1ではもう逝くことも覚えてた・・・だから、あなたに告白できなかったんだ。」

「そうか・・・相手は?なんて野暮なことはきかないよ・・・」

新幹線の時間が迫っていたので、慌しくホテルを後にしました。
恵美子さんも5時からお店です。
途中の交差点で別れました。

「スッゴクいい思い出が出来ました。ありがとうございました。」
「こちらこそありがとう。憧れの看板娘といい思い出が出来たよ。」

「またいつか、もつ焼き食べに寄って下さいね。」
「ああ、そうさせてもらうよ。それじゃあ、元気でね。」
「さようなら。」

恵美子さんは、少し寂しそうな目をして微笑みながら手を振りました。私も手を振り返しました。
新幹線の中で、私は恵美子さんの面影が懐かしさだけでないことに気付いて、もう、二度とあの店には
行くまいと思いました。

「お帰りなさーい。」

妻が玄関に小走りで迎えてくれました。
お土産を奪い合う子供らを横目に妻とキスをしました。
妻は、どことなく恵美子さんと似ています。
私は、可愛い恵美子さんをずっと好きなまま卒業し、恵美子さんに似た可愛い妻に惚れたのです。
25歳と20歳、早すぎると反対されましたが結婚しました。

私は初めて浮気をしました。心が痛みました。
この夜、私は頑張って妻を抱きました。
恵美子さんより綺麗な妻のアソコをいつまでも舐めていました。

「ア、アア・・・お願い、もう入れて・・・」
私は、ごめんよ、ごめんよ、と腰を動かし、妻を狂わせてあげました。
そして、大好きな妻を二度と裏切らないと誓いました。

画面で悶える別れた元妻

離婚歴のある方は、離婚がどれだけ体力を使うかお分かりだと思います。
私が結婚したのは25歳、元妻は22歳と若すぎた結婚で、1年はラブラブでしたが、元々他人が一緒に暮らすわけなので次第に相手への不満が募り、このまま子供を作って一生添い遂げるか、別れて他の道を歩むか、話し合いました。
私は、客観的に見ても美人の元妻を手放すのが惜しい気持ちと、もっと気立てのいい娘さんを見つけたら幸せだろうなと思う気持ちが交錯していました。
美しい元妻はスタイルも良く、その女体はヨダレが出るほど妖艶で、87㎝ある乳房は揉み応えもあって、イチモツに吸い付くような秘穴もいい具合で、ヨガり声も色っぽくて女としては上玉でした。
しかし、いろいろ話し合った結果、私28歳、元妻25歳と若かったこともあり、お互いが前に進むために離婚しました。
どちらが悪いというわけではなく、お互いの幸せを祈りながら別れました。

別れて暫くは、元妻が恋しくて、喪失感に苛まれていました。
でもそれは、元妻の女体が恋しいのだと感じて、新しい恋をしようと努力しました。
連れ子が無いせいかバツイチ男なのに意外とモテて、離婚から1年で可愛い彼女ができました。
アラレちゃんみたいなメガネをかけた小柄な彼女は6歳年下の当時23歳でしたが、下手をすると中学生のように幼い外見でした。
でも、初めて私に抱かれた時には既に処女ではありませんでしたが、まだ純情な秘部をしていました。
クンニに身を捩り、結婚歴のあるイチモツの意地悪な焦らしの腰使いに息も絶え絶えになって、
「やっぱり結婚していた人は、セックスが上手ですね・・・」
という上目づかいの彼女が身震いするほど可愛くて、私30歳、彼女24歳で再婚しました。

お色気たっぷりの美人妻から一転、小柄なロリ妻との暮らしはとても楽しくて、セックスもコスプレなどしながら明るく楽しみました。
自分で秘部を拡げて中身を見せたり、結婚したら恥じらいが無くなって思い切りスケベなロリ妻になりました。
「私のオマンコイジメてぇ~~」
無邪気に性を楽しむ妻がとても可愛くて、毎日セックスしていました。

女の子が2人生まれて4人家族となり、家を建てて6年、私41歳の時に出向命令が出て止むを得ず単身赴任した時のことです。
そう遠くない赴任先なので、毎週末家に帰って妻を抱けましたが、それだけでは足りずに久しぶりにAVのお世話になりました。
レンタル屋さんのカーテンの奥のアダルトコーナーで、35歳になってもロリロリな妻と対照的な色っぽい人妻熟女のAVを選んでいたら、私好みの色っぽい美人女優のAVを見つけました。
~清楚な35歳の美人妻がまさかのAVデビュー!~
迷わずそれを借りて、早速DVDプレーヤーで再生してみました。
画面に現れた美しい女性・・・惜しげもなく素肌を晒し、素晴らしいスタイルと乳房を露わにして・・・ん?あれ?・・・これは・・・別れた元妻に間違いありませんでした。
離婚して13年、38歳の元妻がいつ撮影したのか知りませんが、35歳が本当なら3年前・・・
そんなことを思いながら、懐かしい元妻の裸を見ていました。
男優に秘部を舐められて悶える元妻、男優のイチモツをフェラする元妻、モザイク越しにズッポリ挿入されている様子が窺えて、とても嫉妬心が湧いてきました。
「アアーン、アアーン、アンアン・・・・・」
色気を放ちながら仰け反る元妻を見ながら、イチモツを扱き射精した後、物凄い虚しさに襲われました。

AVを返却したあと、何気なく元妻のAVがあった辺りを探すと、何と、妻のAV引退記念で全作品のセックス部分を集めたオムニバスを見つけて、思わず借りてしまいました。
~私、普通の美人奥さんに戻ります・・・~
デビュー作、人妻教師の教え子筆おろし、夫の上司と不倫、元彼との不倫、再婚した夫と連れ子との3P、義父の緊縛調教、そしてラストは、借金奥さんのSM調教でした。
最後の作品は、足をV字にベッドに括られて、電マ、電気ドリルにつけられたディルドなど、様々なモノを入れられて、半狂乱の逝き地獄で、元妻はその美しい顔をアホ面にしてみっともない姿を晒していました。
「ウゥゥ~~壊れる壊れるゥ~~・・・だめだめだめ、死んじゃう死んじゃうゥ~~・・・」
ガックンガックン痙攣しながら、ブシュブシュ潮を噴き散らし、あの、AVになんて出るとは信じられない美しい人妻だった元妻が、あられもない淫乱を曝け出していました。
私は、そのあまりの壮絶さにイチモツが萎えてしまいました。
元妻でなければ興奮してフル勃起だったであろうイチモツでしたが、遠い昔、愛し合って暮らした元妻の凄惨な痴態に、性的興奮よりも心が引き裂かれる思いでした。
私は、別れたとはいえ昔夫婦だった元妻が心配になって、週末、赴任先から妻の待つ家に帰る途中、元妻の実家を訪れてみました。
しかし、その家には元妻の旧姓とは異なる表札がかかっていました。
元妻は、いや、元義父母さえも完全に消息がわからなくなりました。

私の出向は3年で終わり、今年4月に妻の元に戻ってきました。
今でも3年前に見た美しい元妻のAVが頭から離れません。
特に、別れたことを悔やませるほど美しい元妻のSM、人格さえ無視された無慈悲な秘部への拷問に飛沫をあげて悶絶した元妻の画像は忘れたくても忘れられません。
お互いの幸せを祈りながら16年前に別れた元妻は現在41歳、いったい、どこで何をしているのか・・・

嫁という特別な女

結婚して20年、48歳になる会社員だが、最近、45歳の嫁が愛しく思えている。
俺は26歳の時に23歳の嫁と知り合った。
嫁は大学を出て半年の社会人1年生で、和久井映見に似た清純そうな美人だった。
誠心誠意口説いて、清純派美人を抱いたが、大卒美人は御多分に漏れず非処女だった。
恥じらう仕草で美しい顔を赤らめていたが、クンニに身悶えして、上手なフェラを繰り出したということは、それなりの経験を物語る。
マンコは変形も変色もしていなかったからヤリマンではなさそうだったが、チンポの挿入に痛がらず、喘いでいたからには、少なくても性の開発は終えているということだ。

俺28歳、嫁25歳で結婚したときは、清純派美人との結婚を羨む輩がたくさんいて、俺も自慢の嫁だった。
結婚してからの嫁は、夫婦になった安心感からかセックスで乱れるようになった。
普段は清純派の嫁が俺に抱かれて喘ぎ乱れる様子を見て、女子大生だった嫁とセックスした男がいる事を感じて、辛い思いをしていた。

清純派美人の嫁は何歳の時に処女を失ったのだろう?
清純派美人の嫁は何人の男に抱かれたことがあるのだろう?

俺より前に嫁を抱いた見知らぬ男達に対する負い目を感じていた。
俺が出会ったときよりも若かった嫁とセックスした男達に負い目を感じていた。
その男達と嫁がしたセックスを妄想して、心が張り裂けそうになっていた。
俺のチンポがめり込む嫁のマンコを見て、俺以外のチンポが突き刺さった嫁のマンコが重なり、俺のチンポで喘ぎ乱れる嫁を見て、俺以外のチンポで喘ぎ乱れた嫁が重なった。

子供が生まれ、毎日していたセックスが週4になり、週3になり、やがて週2になった。
そして、嫁の元彼セックスの妄想など忘れてしまっていた。
高校生と中学生の母親となった今でも、和久井映見に似て美人な奥さんと言われているし、正直、20年も一緒にいる美人なのに飽きない。
そんなある安全日、すっかりドドメ色のマンコをしゃぶってチンポで掻き回して、乱れる嫁の美しくも淫らな表情を楽しんで、嫁のマンコの中に射精した。
ウットリした表情の嫁が、
「あなた・・・よく飽きないで20年間も私を抱き続けるわね・・・もう、レスになってるご夫婦も多いのに・・・嬉しい・・・」
と言った。

俺は、何故今でも嫁を抱き続けているのか考えた。
もちろん愛しているからなのだが、もう一つ、身近に自分の自由にできる生身の女がいるからでもある。
胸を揉んだりお尻を触ったり、ましてパンツ脱がせてマンコ広げたりしようものなら、女はキャーと叫んでひっぱたかれるか、掛けられるかだろう。
それが、俺に胸を揉まれたりお尻を触られたり、パンツ脱がせてマンコ広げられると悦ぶ女がいるのだ。
見られるのも嫌がるそのマンコを広げるだけでなく、舐められて悦ぶ女がいるのだ。
生チンポをマンコに捻じ込まれるということは、マンコの中で射精されれば妊娠する可能性があるということで、それさえ悦んで、パックリとマンコを広げてチンポを受け入れてくれるい女がいるのだ。
そんな女が身近にいれば、抱きたくなるのが普通だと思う。

非処女なのだから、嫁は確実に元彼とセックスをしたのだ。最近では、嫁とセックスするときも、俺以外の男に馬乗りになって激しく腰を振る嫁の姿を妄想すると、俺のチンポが脈を打つ。
若かりし嫁の元彼セックスの妄想で切なくならずに勃起力が増すようになった。

下宿先の奥さん

私は大学時代、下宿していました。
家主のじじばば、その息子と奥さんその息子で広大な敷地の農家とその敷地内のこじんまりとした母屋に
つながる6部屋ほどの下宿で、じじばばは農業、だんなさんは単身赴任。
で北海道、主に下宿人の世話は若奥さん。
といっても32、3歳だったかな?若作りなので、20代に見えました。
毎日見ていても飽きない、清楚で明るくて、やさしい感じでスタイルはやせ気味、胸はほとんど中学生レベル。


 そしてちょっとアンバランスな大き目のお尻。
 パンティも透けて見えたりすると、大興奮。
 サークルで遅くなり一人で食堂で冷や飯を食べていると、ノーブラパジャマにカーデガンといういでたちで、
 またそれを楽しみに遅く帰ったものです。

 胸が小さいので安心していたのか、結構つけていなく、興奮させられ、そんなときはダッシュで
部屋に帰りおなったものです。
 そんなこんなで3年になったある日、思いっきり酒勢いを借り告白、もちろん好きだと伝えただけで、
かなり言うってしまったことを後悔しましたが意外や意外
 「私もすきよ、遅く帰ってきてもお茶出してあげるのSくんだけなんだから、」意外な返事に舞い上がりました。

 ちょうどそのときは夏休み、じじばばは沖縄に旅行。
 息子は北海道のだんなのところ、私が帰省しなかったこともあって、ひとりだけ残っていてくれたようで、
 どきどきしながら2人で母屋の居間でTVを見ていました。

 もちろん私は童貞、興奮の絶頂、二人でビールを7・8本開けたところでおくさんが
 「じゃ先に寝るからテレビだけ消してね・・お話楽しかったわ」と言い残し台所へ、数分後お風呂に入る音が・・

 おそるおそる風呂場に近づくと、脱衣所に鍵もかけないで入浴中思わず私も服を脱いで
 「一緒にいいですか?」
 「こらこら、いいわけないでしょ、」
 「でも脱いじゃいました。ほら」
 「恥ずかしいからだめ、すぐあがるから・・」

 でも我慢できるはずもなく突入。
 しっかりタオルで胸を隠していましたが、待っていた雰囲気
 「あらあら・・」かなり奥さんも酔っています。
 結局電気を消す条件で一緒に入浴、コチコチになった物を
「立派だね~使ったことあるのかな?」 と握ってくれた。
「ないです」
「あら、初めての相手が私みたいなおばさんでいいの」
「ぜんぜんOKっす。お願いします。」

 その時点で理性ぶっ飛び、無我夢中で抱きつきキス。
 小さい胸をもんだり吸ったりとやりたいことをしちゃいました。
 さらに、クンニまで。
 そのまま浴槽の中で合体しようともがく私
「こらこら、あわてない。」といいながらあしらう奥さん、
 結局お風呂を上がって、裸で奥さん夫婦のベットで。

 あせりまくってなかなか入らないあそこにやさしく手を添えてもらって合体。
 こんにゃくや、手なって比べ物にならないくらい気持ちよく、発射。
 それからも一晩寝ないで4回、正常位で1発、バックで1発、奥さんが上で1発、ラストは
正常位でもう一発でした。
 奥さんはいけなかったようですが「今度はしっかりいかせてね・・」結局約半年、人目を
しのんで楽しみました。
 奥さんも結構好きものだったようで2人っきりのときなら求めてもいつでもOKだった。
 しかも全部生でなかだしだった。
 妊娠してもいいやと思っていたけど、奥さん子どもできないように処理してたみたい。ピルかな?

 旦那さんと別れて俺となんてまじめに告白もしてみましたが、もっとふさわしい人出てくるから
あせらないで・・などと
 あしらわれ学校と奥さんを卒業いい思い出でした。

奥様の男性遍歴

妻として貞操を守る・・・それは大切な事・・・
でも、夫と出会う前の恋愛は・・・今更変える事のできない過去・・・

35歳の夫と結婚して7年、32歳の主婦です。
私は結婚以来、夫以外の男性に抱かれたことはありません。
夫に求められれば、いつでも足を広げてアソコを差し出します。
夫になら、どんなに恥ずかしいことを要求されても拒んだことはありません。
むしろ、愛する夫に恥ずかしい事をされると感じてしまいます。

最近、夫が私の過去を気にするのです。
「お前、俺に初めて抱かれたときから、感じて善がってたよね。俺と付き合う前、何人と寝たの?」
私を抱きながら何度もきかれて、セックスに集中できなくて面倒なのでつい、
「二人よ・・・」
とウソを言ってしまいました。
「そうか、どんなやつに抱かれてたのかなあ・・・」
もう、それ以上は答えませんでした。

夫に初めて抱かれたのは23歳、当然、既に男を知っていました。
私の初体験は高1の夏、好きだった中学時代の先生に15歳の処女をあげました。
先生は当時30歳、それ以降、週1回、先生のアパートで愛されていました。
フェラを仕込まれ、クンニで逝くことを覚え、2年生の夏には先生のペニスで逝くようになりました。
私が高2を終える時、先生は遠くの町に赴任してお別れしました。

短大に入ってすぐ、バイト先の店長に口説かれて、二人目の男性を知りました。
「キミ、真面目に見えるけど、もう、男知っていたんだ。」
非処女で、フェラも上手にこなし、性の快感を知る私を見て驚いていましたが、その店長に奥さんがいて妊娠中だったことを知り、私はバイトを止めて店長との関係を切りました。
店長とのお付き合いは半年でしたが、後半、店長は私をロープで縛り、淫らな器具で私のアソコを玩びました。
恥辱が、クセになりそうな快感に変わることぉ知りました。
一度だけ、お尻の穴にバイブレーターを入れられたことがありましたが、痛いだけで気持ちよくは無かったので、止めてもらいました。

短大1年の秋の学園祭で知り合った大学3年生に、短大1年の終わり頃に告白されて、三人目にして初めて同年代の彼氏が出来ました。
「清純そうに見えたけど、段性経験あったんだね。」
店長と同じような事を言われました。
感じてアンアン喘ぐと、彼は、
「見た目と違って、意外と淫乱なんだね。」
と言われて、とても哀しい思いをしました。
彼が大学を卒業して地元に帰ってお別れしました。

私も短大を卒業して就職、そこで同期入社の男性と恋に落ちました。
四人目の彼は大卒なので2歳年上、私が処女じゃないことなんか全く気にすることないし、感じて乱れ姿を見せても、
「俺のセックスでそんなに感じてくれると、男冥利に尽きるよ。」
なんて言ってくれました。
1年以上付き合って、素敵な時間を過ごして、この人と結婚するのかな・・・と思っていたら、彼、私とのセックスを小型ビデオカメラで隠し撮りしているのを見つけて大喧嘩の末、お別れしました。
その時にカメラに入っていたデジタルビデオテープを抜いて持ち帰りましたが、もっと以前から撮られていたとすれば、まだ残っているかもしれませんね。
知り合いからデジタルビデオカメラを借りて再生してみましたが、バッグの中から足元の方から少し見下ろすように撮られていて、彼のペニスが私のアソコに出入りする様子が映っていました。
私の淫らな喘ぎ声が響き、時折、彼の背中越しに感じて喘ぐ私の顔や乳房がチラッと見えていました。

その後、短大時代の友人の結婚式で出会ったのが夫です。
二次会で隣の席になり、二人とも同じ時期に失恋していたことで意気投合しました。
私より夫のほうが元カノを引きずっていて、
「元カノさんだけが女じゃないですよ。そんなんじゃ新しい恋に進めないですよ。いっそ、私と付き合っちゃいます?」
酔った勢いでそんな事言って、連絡先を交換、翌週、デートのお誘いメールが来て週末初デートしました。
誠実で優しい人柄にドンドン惹かれて、5日目のデートで抱かれたくなって、ちょっと色仕掛けをして口説かせました。
・・・お前、俺に初めて抱かれたときから、感じて善がってたよね・・・
これには訳があります。
夫のペニスがひときわ大きいわけじゃなく、私の一番の快感ポイントにジャストミートするペニスだったのです。
夫が少し動かすだけでもうダメでした。
私のアソコとの相性があまりにも良すぎるペニスと出会ってしまいました。

私が派手に乱れるのは夫のペニスが良すぎるからなのですが、夫は、私の過去の男性遍歴に淫乱の原因があると疑っています。
夫の前に4人の男性に抱かれたなんて言ったら、夫は私を淫乱女だと本気で思うかもしれません。
だから、夫と出会う前に失恋した彼1人、短大時代に初体験した彼1人、計2人だと、無難なストーリーをでっち上げたのです。
世の男性達は、奥様の過去を気になさるようですが、たとえ奥様がご自分の過去をお話になったとしても、それはきっと、過少申告ですよ・・・



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード