萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

クンニ

「あー、姉ちゃんやらせて」「うん、いいよ。」

 俺は中3です。お姉ちゃんは大学生で、この前俺からふざけて姉ちゃんの大きな胸(Dカップ)を後ろから揉んだら、姉ちゃんもセックスやる気になっちゃって、なりゆきでエッチしちゃいました。とにかくやりたかったので結構よかった。

 俺が姉ちゃんのノーブラの胸(いつもノーブラでいつか触りたいと思ってた)を冗談で後ろから揉むように触ったら、全然嫌がらずに「じかに揉みたい?」と聞いてきたので、「うん!」と言いました。姉ちゃんはワンピースを脱ぎ捨て、パンティ1枚になり、「あんたも脱ぎなよ。」と言いました。そしたら、姉ちゃんが俺のあそこをなめてくれて、それだけでもうイっちゃって、やっぱり年上はテクニシャンだと思った。

 俺が、「姉ちゃんの胸結構でかいね。」っていったら、「彼氏がもんで、大きくしてくれたの。DかEカップあるよ。でももっと大きくFカップしたいから、直樹もモンでくれる?」とかっていってきたからたくさん揉んであげた。柔らかくて気持ちよかった。後ろから揉んでいたら、姉ちゃんがうっとりしてきて、「したくなっちゃった。」なんていいました。そのまま、姉ちゃんもパンティも脱いでスッポンポンになって、どこかにあったコンドームを俺の勃起しているものにつけてやっちゃいました。姉ちゃんが上になって、わずか20分くらいで2回も「ドピュドピュ」しちゃいました。

 それから、姉ちゃんとすっぽんぽんのまま、今までのH経験の話とかして、結構盛り上がった。もう中3で経験済みで、相手は先輩だったらしい、それからは10人以上と経験済みで、俺は素直に童貞といったが、オナニーは中1からやっていたと告白し、小6から夢精が始まって、自分で「ドピュドピュ」していたことも言いました。姉ちゃんはそんなこともうすうすわかっていたと言いました
 実の姉ちゃんとこんな話をして、スッポンポンのままディープキスしたり、69やクンニまでするなんて思ってもなくてスゲーうれしかった。その日だけで何回も「ドピュドッピュ」しました。

 そのあといっしょにお互いの感じる所を言い合って、舐めあったり、触りあったりもした。姉ちゃんはクリトリスを舐められるのが好きとか言ってたら、思い切り舐めてあげたし、体位は正常位が好きと言っていた。俺はバックが好きだなと答えたし、姉ちゃんのフェラチオを「最高」と褒めてあげた。

 今思えば姉ちゃんのおかげでSexがうまくなったような気がする…。 長持ちするようになったし、外だしもできるようになり、生理前は生で楽しんでいます。3回目の射精からは中田氏もOKです。

  それから、俺がHしたいとき、姉ちゃんの部屋に行くといつでもやらせてくれるし、もうH大好きになっちゃった。
 俺はオナニーしなくなって、いっつもセックスで「ドピュドピュ」さしてくれるから最高。いつも俺が「あー、姉ちゃんやらせて。ドピュドピュしたい。」と言うと、姉ちゃんが「うん、いいよ。しよっか。」 と言って、スッポンポンになってくれます。ワンピースの下はノーブラノーパンで、両親がいないときは、たいてい姉ちゃんとハメハメドピュドピュしています。

 「姉ちゃんは彼女が見つかるまでの代用品さ。」と俺が言うと、「そんなこというなら、もうやらせてあげない。」なんて言います。俺は「うそだよ。」と言って、スッポンポンで思い切り勃起したアソコを姉ちゃんに見せ付けます。すると、「すごい固いね。毎日やって出しているのに、元気ね。」と言ってそのまま姉ちゃんと嵌めちゃいます。「直樹も上手になったから、私もいくようになったよ。最高。」っていってくれます。

 最近では、両親がいるときも我慢できないとかいって、ワンピースをめくって、バックでいれたり、M字開脚のアソコを舐めたりします。もちろん、姉ちゃんも僕のものをしゃぶってくれます。

 この前なんか、姉ちゃんも俺と毎日してるのに、オナニーしてる途中に部屋に入っちゃって、俺が、「俺の体でよければヤる?」って冗談で言ったら、すごく激しくヤってきた。もうお姉ちゃんっていうか、はっきりいってSexフレンドかいつでも入れられるオマンコみたいなもんになっちゃったし…。 姉ちゃんって「ヤリマン」・・・・

 最近両親がいないと、俺も姉ちゃんも家の中ではスッポンポンででもいつでもエッチするって感じです。

年末年始休暇2

昨夜は騎乗位の腰使い自慢のヤリマンのところに連泊した。彼女の部屋につくなり「お兄ちゃん」と抱きつかれてしまった。体臭が実に甘いなと思った。可愛いので抱きあってキスをしたり手を繋いで見つめあったりした。また夕食に彼女の手料理をご馳走になった。メニューは白菜なべだ。実に美味しかった。食後の片づけが終わると彼女は頬を赤らめて「お風呂に入りましょ。」と言ってきた。一緒に入浴して彼女の体を洗ってやった。美巨乳と女性器は素手で洗った。手ごたえがたまらなかった。彼女は「お兄ちゃん。」と甘え声を出した。入浴後すぐに彼女の布団に入った。
騎乗しようとする彼女を制して寝かせ全身の性感帯を反応を聞きながらたっぷり嘗めた。クンニが出来ないので女性器三つ所攻めで前戯を仕上げた。陰核は相当高感度になっているようだった。彼女の潤んだ膣から愛液をかき出して指に絡めてソフトに責めた。気がつくと美巨乳からはちきれんばかりに乳首が飛び出していたのでむしゃぶりついた。陰茎挿入前から彼女は甘い嬌声をあげた。準備が整ったのでコンドームをかぶせた陰茎に性感ローションをたっぷりと塗ってゆっくり彼女の膣に正常位から挿入した。恥骨の裏のマウンド状の盛り上がりを亀頭で丁寧に擦った。
両手を繋いで「愛しているよ。」と言うと「お兄ちゃん。」と彼女はこたえた。ピストンの進行と共に彼女は上気し段々と登りつめてきた。陰茎を深ざしして膣奥も探ってみたが感度が良いのは恥骨の裏側だけだった。じらすようにゆっくり動くと彼女はイく一歩手前まで来てあえぐのでしばらく生殺しを楽しんだ。もう十分と思ったのでピストンにスパートをかけて彼女をイかせた。その後もう少し亀頭で彼女の膣内を擦ってドペっとコンドームの中に精液を吐き捨てた。結局彼女の性感重視の性交を8回繰り返した。インターバルには舌と指で乳首や女性器にご奉仕をした。
一番最初の性交時に比べて性感は格段に進歩した。彼女は性交の本当の楽しみ女の悦びに目覚めてきたようだった。全精液を使い切ったので優しい後始末と後戯をして彼女に腕まくらをしてやった。肩を抱いて唇や乳首にキスをした。彼女は「お兄ちゃんが誰と結婚しても私はいいの。私もお兄ちゃんの子供を産んで母乳で育てるの。だからもう絶対に離れない。」と言い出した。予想外のやばい展開に困ってしまった。「お兄ちゃんは私を愛してくれているのでしょ?」と見つめられて否定できなかった。また抱き合って寝た。今朝大量の精液が詰まった8つのコンドームを見て彼女は「お兄ちゃん。こんなにいっぱい。もう中に出しちゃってかまわないのに。」と言った。可愛い彼女を相手にすると射精量が増える気がした。
今日は朝早く起きたので1度家に帰り午後はデートすることを約束させられた。「デートの最後はちゃんとホテルに連れ込んでね。」とも念押しされた。これを書いたらぼちぼち出かけなければならない。若くて凄く可愛いそしてバストの大きな彼女を連れて歩くと目立ってしまうな。知り合いの目に付かなければ良いなと思った。どういうわけかSNSにいるヤリマンには美人が多い。

近所にいるエロガキ 8.

その10歳にも満たない子供は私達夫婦の寝室に入るやいなや、私をベッドに押し倒し、
キスをしながら、私の服を強引に脱がしていきました。。。
「はぁはぁはぁ 美紀ぃ。。。”ふりん”しようよぉ。。 ”だんな”さんに隠れて僕と”ふりん”しようよぉ!!」
その子は私達夫婦の寝室にいるということで、いつも以上に興奮しているようでした。。。
服を脱がしながらも私のおっぱいを揉み、唇を近づけ、首といわず、頬といわず、舐め始めました。。。
「いゃぁ。。。いや。。」
私は事前に抵抗するなと脅迫されており、その子のなすがままにされるしかありませんでした。

その子は私の服をすべて剥ぎ取り、全裸になった私を見下ろしてニヤニヤしてながら
「ねぇ。。。どんな気分?。。いつも”だんな”さんと寝ているベッドの上で別の”おとこ”に裸を見られている気分は??
 ”ふりん”してるみたいで興奮するぅ。。?」
と言ってきました。
「やめて。。。そんなことあるわけないでしょ!」
私はその子に睨みながら言いましたが。。。
「えぇ~??興奮してるんじゃないのぉぉ??」
と私の脚をガバッと広げ、”アソコ”を覗いてきました。。
「アレェ???そう言っているわりには”アソコ”は結構濡れ濡れみたいだよぉ??? よーしもっと興奮させてあげるね!」
その子は私が「いや!!!」と抵抗する間もなく、私の股間に強引に頭を入れ、私の”アソコ”に吸い付きました。
「あぁ!!!!」
と私はその子の頭をつかみ、仰け反りました。。。


”チュルチュル!!! チュッチュッ ジュルジュル。。”
私達夫婦の寝室のベッドの上で、その子供が私の”アソコ”にクンニを施していました。
その子は、舌で私のクリトリスを巧みに転がしながらも、むさぼるように吸い付き、私に声を上げさせていました。。。
おそらくもう何人かの主婦を相手にしたのでしょう。。、私が最初にされた時のクンニより確実に上達していました。
私はいつの間にか、その子の舌の動きにあわせ身をもじるように腰を動かし、クンニしている頭をつかみ、太ももでも挟み込みながら
「ああんっあっ・あっ・あぁ。。。」
とあえぎ声を漏らしてしまっていました。。。

その子はおもむろに私の”アソコ”から顔を離しました。その顔は私の愛液でテカテカと光っていました。。。
「えへへぇぇ。。美紀ぃ。。。凄い濡れ濡れだぞぉ。。いつも以上に興奮してない??
 僕の”くんに”どうだった??? ”だんな”さんよりも上手かったぁ???」
夫のことを言われ、私はその子を睨みましたが。。言葉が出てきませんでした。。

「えへへぇ、、否定しないってことは僕のほうが上手かったってことだよねぇぇ?だってほら!」
その子は私の”アソコ”に指をつっこみかき混まぜました。
「あっ!ああぁ!!」
「こーんなにぐちゃぐちゃだもんっ。。。えへへへっもう僕と”ふりん”する準備は万全ってことだよねぇ。。。」 
と指を抜き、私に見せ付けました。。その指は私の愛液でテカテカと濡れていました。。

「ねぇもうしたい。。??」
その子は一転して甘えるような声で私に覆いかぶさってきて、私のおっぱいや頬にチュチュッ”と口付けしながら、
「ねぇ。。。もう僕と”えっち”したくなってきちゃったぁ? 普段”だんな”さんと寝てるこのベッドの上で。。。僕と”ふりん”したくなっちゃったのぉ??」
私はイヤイヤをするように首を振っていました。しかし自分でも分かるほど顔が真っ赤に上気していたと思います。。。
その子は私を抱きしめながら、ペニスを”アソコ”に擦り付けていました。。。。
「ねえ。。美紀の”アソコ”はもう僕の”おちんちん”が欲しくてたまらないって感じだよぉ。。。」
「そんなこと。。。ないっ。。。んっ!・・」
その子は私の唇に唇を重ねていき、強引に舌をからめてきました。。。
首を振っていやがる私を強引に自分のほうに向け舌に吸い付いてきました。。。その間もペニスを”アソコ”に擦り付つづけ、手で体中を愛撫してきました。。。
「「んっ・・ん・・・う・・」」
私はもう何も考えれなくなり、いつの間にかキスをしているその子の首に手を回し、ペニスを受け入れるように自ら股を広げていました。。
その子は顔を離し、顔を上気させている私の顔を見て
 「これはもうしてほしいってことだよねぇ。。」と私の頬にキスをしてつぶやきました。。。
私は無意識のうちに小さく頷いてしまい
ました。。。。
それを受けてその子は
「よぉし、、、しよぉ。。”だんな”さんに隠れて僕と気持ちいいいことしよぉ。。」
と再度私を抱きしめ、自分のペニスを私の”アソコ”に入れていきました。
私は「あぁ。。。あなた。。ごめんなさい。。。」とその場にいない夫に謝罪しました。。。


ギシギシギシと部屋中にベッドがきしむ音が聞こえていました。
その子は私に覆いかぶさっておりお互い抱き合う形の正常位でsexしていました。
それは私がよく夫とのsexでするものでした。
しかし違うのは夫が私を愛しむようなものに対して、その子はまさに獣のように”ぱぁん””ぱぁん””ぱぁん”と激しく腰を私に打ち付けていました。。。
「あぁ!!あっあっ!あっ!!あっ!!!」
私は悲鳴とも取れるような喘ぎ声をあげながら、その子にしがみつき、さらに両足でその子の腰をギュッと挟み込んでしました。
その子は時節顔を上げて 快感で目を閉じ、震えている私をニヤニヤしながら見つめ
「えへへへへぇ。。。どうだ美紀ぃ。。。気持ちいいいぃ???僕の”ちんちん”気持ちいぃい??? ”だんな”さんとどっちが気持ちいいぃ??」
と聞いてきました。。。私は快感に支配されながらも
「夫に。。。決まってるでしょ。。。アンタみたいな。。子供と比べないで。。。」
とその子を睨んで、、声を絞るような感じで言いました。。。
その子は
「えぇ~???本当にぃ。。。。???」
とおもむろに私を抱き上げました。
「きゃっ!!!」
と私が叫ぶまもなく、対面座位のような形になり、下から私を突いててきました。
「あぁ~!!いやぁ!!!」
私は思わずその子の前で快感に酔っている自分の顔を見られないように手で隠しました。。。
「げへへへっ。手で顔隠しちゃって。。。可愛いなぁ。。。 僕のほうが本当はいいんでしょぉ???だってこんなになってるんだもん。。。」
と縦に揺れている私のオッパイに吸い付きながら、さらに腰使いをはげしくしていきました。。。
「あぁん!!やぁ!!!あっ!あっ!あぁっ!あん!」
私はもう手で顔も隠すこともできず、その子の目の前で自分の痴態をさらしていましまっていました。。。
「えへへへっ美紀ぃ。。。僕の”ちんちん”で突かれて、今すごく”えっち”な顔をしてるよぉ。。。 体中汗でテカテカだし。。。乳首もツンツンだしぃ??
 げへへ僕のほうがいいんだぁ!!!美紀にとってはもう僕の”おちんちん”のほうが”だんな”さんよりもはるかにいいんだぁぁ!!!!」
とさらに私に覆いかぶさっていき、後ろから抱きしめ、バックから私を犯しはじめました。。。

ぱぁん!!!ぱぁん!!ぱぁあん
とその子は私のお尻に腰をうちつけていました。。。
私はのけぞりながら「あぁ!あはぁんっ!!あっあっ!」とその腰使いあわせるように声を上げ続けていました。。。
その子は自分が犯している私を舌なめずりして見ながら

「美紀はいけないママだなぁ。。”だんな”さんと息子に隠れて。。僕みたいな子供を家に引っ張り込んでこんなことしちゃってるんだもん。。。」
と蔑むように言ってきました。。。
「誰っ。。が。。。そんなっ。。こと。。。あっ!あぁ・・・!!!」
私は必死で反論しようといましたが、バックの激しい腰使いによりほとんど声になりませんでした。。。。

「ねぇ。。あそこ見なよぉ。。。”だんな”さんと息子が僕達の”えっち”を見ているよぉ???」
と指差しました。
「あぁいやぁ!!!」
それは私の寝室化粧台に飾ってある私と夫と息子が笑顔で写っている写真でした。。。

「ねえ。。。”だんな”さんと息子に見られながら、”えっち”する気分はどう?? しかも僕みたいな息子とそんなに年も変わらない子供と。。
美紀は”だんな”さんは元より息子のほうも裏切っちゃってるよねぇ。。」

「いゃぁ。。。もう言わないでぇ。。やめてぇ。。。」
私はもう懇願するかのようにその子に言いました。
その子は
「えへへへぇ。。だぁめだよぉ!!!」
と大声を上げたかと思うと、さらに激しく腰を動かし始めました。
その子の激しい腰使いに
「あっあぁあ!!!!あぁあああああ!!!!」と悲鳴のような声を上げ始めてしまいました。
「そらどうだぁ!!!えへへぇ!そらどうなんだょおお!!気持ちいいかぁ!!!”だんな”さんと息子さんの前で”えっち”されて気持ちいいいんだよねぇ!!!!」
その子はまるで畳み掛けるように私を激しく責め始めました。。。
私はもうなにも言えず、、、ただあえぎ声を上げ続けるのみでした。。。
そして
「はぁはぁはぁ 出してやる。。。”だんな”さんと息子の前で僕の”えっちなおっしこ”をお前の”あそこ”に注ぎこんでやるぅ。。。”だんな”さんとお前の息子に美紀はもう僕の”せーどれい”ということを見せつけてやるぅ。。。」」 
と大声を上げ、ずぱぁん!!!ずぱぁん!!ずぱぁあん!!!とさらに大きな音を立てて来ました。
私の膣内はもうその子の我慢汁であふれ、射精間近なのが見て取れました。。。

犯されている私の目の前には私と夫と息子の幸せそうな笑顔の写真ありました。。。。
その時、その写真が真っ白に色あせていくような錯覚が見えました。。


「あんっああぁん!!!!あっあっあっあっあぁやめてぇ!!出さないでぇ!!!」と私は叫びました。
「いくぞぉおお!!!うぁぁあああああああ!!!」とその子は強烈な一突きをしたかと思うと、大量の精子を私の中に吐き出しました。。。


それからどのくらいの時間がたったのでしょうか。。その後もその子は私を何度も犯し続けました。
私と夫が使用しているベッドはもう。。私とその子の汗と愛液と精液でベタベタとなっていました。。。
今その子はまだ「はぁはぁはぁ」と荒く息をはいて横たわる私の体を撫でる等の後戯を施しながら
「ねぇ。。。どうだった?ぼくとの”ふりん”は?最初はイヤそうだったけど、次第にはものすごく感じちゃってたみたいだよぉ?? 実はこういうのしたかったんじゃないのぉ。。。」
と言ってきました。。。

「そんなこと。。。ない。。。。」と私は弱々しく反論しましたが。。。
「違うねぇ。。。したかったんだよぉ。。。だって最後なんかとうとう自分から”だんな”さんより僕の”おちんちん”のほうが気持ちいい!!て叫んでたんだもんねぇ。。。」
私は顔が真っ赤になり、その子から顔をそらしました。。。
その子は
 「えへへへへぇ。。。美紀は可愛いなぁ。。。よーし、”だんな”さんに美紀はもう僕の物!っていう証拠を見せつける為に体中に”キスまーく”をつけちゃおぉ!!」」
と横たわる私に覆いかぶさり体中に”チュッチュ”とキスをし始めました。。
 「やぁ。。。やめてぇ。。。」
私は弱々しく抵抗してました。


すると玄関のほうから
「ママぁ~ただいまぁ~」と息子の正の声が聞こえてきました。
私はその瞬間、真っ青になり「正っ!!!そんな。。嘘っ。。。!」と叫びました。。

その子は「なんだょ。。。息子かよぉ。。。ちぇっ!いいとことだったののにぃ。。」と悔しがっていました。。
「あれぇ??ママぁどこぉ~???」
正は私を探し回っているようでした。

私はまだ自分に抱きついているその子を押しのけて
「いやっ。。はっ早くっ。。。早くっ服を着て帰って!!!」
と叫びましたが。。。その子は
「無理だよぉ。。もうそこまで来ちゃってるよぉ。。。」
とニヤニヤしながら言いました。
そして寝室の扉がゆっくりと開いていきました。。私は思わず毛布で自分の裸体を隠しました。。。


「あっ!!!ママぁ!こんなところにいたぁ???ベッドの上で何してるのぉ? あれぇっ!?このお兄ちゃん誰ぇ??」
寝室に入ってきた息子の正は、ベッドの上の私とその子を交互に見て言いました。
「あ!ああっ!!この子は。。。この子はね。。。」
私はなるべく作り笑顔を正に向けて、必死に言葉を考えました。。。。
「この子は同じマンションの子で、、この子のママから。。。ちょっとお買い物に行きたいから少しの間預かってくれって頼まれたのよ。。。」
と息子の正に嘘を言いました。。。しかし正は。。

「な~んだぁそっかぁ!!!あれっ!? でもなんでママ達、裸でベッドにいるのぉ???」
と私は聞いてきました。。。。
「それは。。。それはね。。。。。」
私は必死で言い訳を考えていましたが。。何も出てきませんでした。。。

その子はそんな私の様子をニヤニヤして見て、おもむろにベッドから降り、自分の服を着ながら正に言いました。
「”プロレスごっこ”だ。。お前のママと”プロレスごっこ”して遊んでたんだよぉ。。ベッドの上だと技をかけたとき安全だし、、なによりプロレスは裸でするもんだからねぇ??なぁ?」
と私に向かって言いました。。。私は思わず。。
「そっ!!そうなのよ。。。。正。。」と同調しました。

正は
「あ~!!!”プロレスごっこ”かぁ? 楽しかったぁ??ママとお兄ちゃんどっちが勝ったぁ??」
とその子に聞きました。
「えへへへへぇ。。とっても楽しかったよ。。 それに勝ったのは僕に決まってるだろぉ???ほら見てみろよぉ。。お前のママぁ。。もう体中汗だらけでぐったりしちゃってるだろぉ??」
と私を指差しながら、正に言いました。。。。
「本当だぁ。。。。ねぇ。。ママぁ。。大丈夫???」
 正が心配そうな声で私にたずねてきました。。。

私達の様子を見ていたその子は「ぎゃはははは!!!」と高笑いしながら。
「えへへへへっこれは楽しいやぁ。。。よーし。。香織や他の”せーどれい”達にも今度やってやるぅ!! げへへへぇ。。やってやるぞぉぉ!!!」
といやらしい顔を浮かべて大声を上げました。
正はその声を聞き
「お兄ちゃん。。香織お姉ちゃんのこと知ってるのぉ?他の”せーどれい”で何のこと?」
とその子にたずねました。。。

「あぁ。。よ~く知ってるよ。。。香織お姉ちゃんの体の隅々までなぁ?? ”せーどれい”っていうのはこのマンションに住む若くてきれいなママ達のことさぁ。。 お前のママや香織お姉ちゃんもそうだよぉ!
 ああ。。もしかしたらお前の友達のママとかも何人か入ってるかもしれないなぁ??」

と私のほうを見てニヤニヤしながら言いました。私はその子と正のやり取りを青い顔をしながら見ていました。。
正は 
「そうなんだぁ~ そのママ達と”プロレスごっこ”をこれからするのぉ?」
とその子にたずねました。。
 その子は「ぎゃははは!!」とまた高笑いした後。。
「そうだよぉ~。。僕は若くてきれいなママ達と”プロレスごっこ”をするのが大好きなんだぁ~!! ”えっち”な”プロレスごっこ”をねぇぇ!!!」
と舌なめずりをし、後輩位のsexを連想されるような腰ふりをその子に見せ付けてきました。。
私は思わず「やめて!!」とその子に叫びました。。。
正のほうは。。よく分からないという風でキョトンとしていましたが、何か思い出したようで
「あっ!そういえば僕 ”マー君”と遊ぶ約束していたんだぁ!!!早く行かなきゃ。。ママぁ一!!行ってきまぁす!!!」
とバタバタと出て行きました。。。


その子は私のほうをニヤニヤしながら向いて
「さっきあいつが言っていた友達の”マー君”のママも僕の”せーどれい”の1人だよぉ? 24歳で結構可愛くて僕気に入ってるんだぁ。。ほら美紀も見てただろ?
 前に外で僕が可愛がってやってた2人。。。あのうちの1人がそうだよぉ?」
と自慢げに言いました。。私はその子を睨みました。。。

「げへへへへ」とその子は笑ってから
「そんなに睨むなよぉ。。。心配しなくとも家族がいるうちはお前達には手は出さないよ。。その代わり、いないときはしっかり言うこと聞いてもらうからね?」
 と自分の服を着ながら言いました。
そして寝室から出て行く際
「今日は楽しかったよ。。そうだ。。今度の休み明けの月曜日、”だんな”さんとと息子を送り出した後。。僕の部屋に来るんだ。。。そこで面白いことをしてあげるよぉ??」
その子はそういい残して出て行きました。


その子は本当に家族がいる週末の土日は私達に手を出すことはありませんでした。。。
私も久々に平穏な日常が戻り、あの子とのことは夢だったんじゃないかと思い始めました。。
この週末の夜 私は夫に自分から求めました。。。あの子との行為を忘れたかったんだと思います。。。
いつも以上に激しく夫を求めてしまっていました。。。


そして平穏な週末が明け、また悪夢のような平日が来ました。。。
私は夫と息子を送り出した後も、あの子の部屋に行くのをためらっていましたが。。。
「美紀ぃ。。。!!!何をやってるんだよぉ!!はやく来いよぉ!!」
とあの子から促す連絡を受け、重い足取りであの子のマンションの部屋に行きました。。。


その子のマンションの部屋に行く道中、香織に会いました。おそらく私と同じくその子に呼ばれたのでしょう。。。
私と香織は顔を合わせても、会話もなく。。2人とも重い足取りであの子のマンションに向かいました。。

私達はその子のマンションの前に行き、インターフォンを鳴らしました。
「げへへへぇ。来たかぁ。。おお香織も一緒かぁ?? 今開けるけるから、2人ともはやく僕の子供部屋にくるんだぁ!!」
と機嫌のいい声で言った後、、”カチッ”と自動で玄関のロックが外れました。。。


私と香織はその子のマンションの部屋に入りました。。
母親はまた長期で外出しているようで。。。リビングやキッチンなどはその子が食べ残していた物などが前見た以上に乱雑に散らかっていました。
するとひそかに”声”が聞こえてきました。。。その声は防音になっているはずのあの子の子供部屋からでした。。。


私と香織はその子の子供部屋に重い足取りで向かいました。。。その”声”は近づくにつれ大きくなってきました。。。
その子の部屋は扉が開け放たれており、、、部屋の内部の声がここまで漏れていました。。


その”声”は。。。まるで合唱しているかのような複数の女性達の大きなあえぎ声でした。。。。
しかも明らかに2人や3人程度のものではありませんでした。。。
そして時節
「ぎゃはははははは!!」とまるでその女性達と遊んでるかのような その子の笑い声も聞こえてきました。。。。
さらに中からは”ギシ!ギシ!ギシ!ギシ!”と激しくベッドが揺れている音までも外まで聞こえてきました。。。


その子がその女性達に何をしているか。。容易に想像がつきました。。。。
私と香織は思わず立ち止まってしまっていました。。。
しかし私と香織の気配に気づいたのでしょう。。。部屋の中から
「美紀ぃ。。。香織ぃ。。。。そこにいるんだろぉ。。???お前達も早くこいよぉ!!!」とその子の呼ぶ声が聞こえてました。。

私と香織はためらいながらも、その子の部屋に入りました。。。

小学校の頃(確か小3) 同級生と

私の性の芽生えは幼稚園のころです。今でも覚えています。机のしたに潜ったときあそこが床に当たった感覚がなんともいえなくて幼いながらに無心でその机のしたで床におまんこを擦り付けていました(笑)
横に友達もいたきがしますが、まだひとのめも気にできるとしでもなかったので無心でこすりました。
そっから家でも座布団の角や、ぬいぐるみをぱんつの中にいれてこすっていました。それがオナニーだとも知らずただきもちがいいことをしている。とゆうだけのことでした。
今思えばそれが逆にリアルすぎてエロいなと思いますし、人間の本能ってすごいなぁと思います。
そこから小学校にあがって、なにがきっかけか忘れましたが、同級生の男の子二人とそうゆうことをすることになりました。それを「えっちごっこ」と呼んでいました。
なにをするのかというと、まずタイミングを見計らってトイレの一番奥にある少し広いトイレに入ります。そこからキスをしたり舐めたりと知識もないままに本能のままにしていました。
基本的に私がされることが多くて、乳首やまんこを二人に舐められていました。それが3Pだとゆうことも知らないまま、、。
いつもは責めてもらっていましたが、あるとき「おれのも」と一人の男の子がズボンを脱ぎ出しました。その場所は確か体育館の近くの倉庫と倉庫の間だったとおもいます。小さなおちんちんを目の前にした私は舌まで出しましたが、なにか嫌悪感で結局舐めることができませんでした。ここからおしっこが出ているんだ。とゆう先入観からか、できなかったんだとおもいます。

あそこで舐めていたら、小3にして初フェラチオデビュー 今や男泣かせだったでしょうに。今のわたしのレベルはまぁまぁです。
あとは公衆トイレの車椅子の方用のトイレであかちゃんのおむつがえシートの上に仰向けに寝て、一人とキスをし、一人にクンニしてもらっていました。
自分で自分がおそろしいです。

その二人は途中で別々に転校してしまったのでそれ以来あっていません。もしあのときのことを、二人が覚えていたらと思うと、今度小学校の同窓会があるのですが、来るのかな?恥ずかしいな、また三人でしたいな なんて淡い期待も抱いています。

性ってほんと人間の本能なのですね。

近所にいるエロガキ 4.

「あん!だめっ。。。あぁんっあぁっ!!」
「いやぁ!!いやんっ!!あんっあぁんっあぁ!!」
部屋には、私と香織のあえぎ声が響きわたっていました。


私達はベッドの上で共に裸で、股間を開けた卑猥なポーズで
体をくねらせながら遠慮することもなく。。大きなあえぎ声を上げ続けていました。。

私達に声を上げさせている張本人は今、私の股間に頭をつっこんでクンニをし、
片手は香織の”アソコ”に手をいれ激しく動かしながら
「ちゅる。。ちゅる。。ちゅる」、「くちゅくちゅくちゅ」と部屋中に私達の”アソコ”を愛撫する音を響かせていました。。。

その張本人は時々顔を上げて、あえいでいる私達を好色な笑みを浮かべて見つめ
「えへへへ。。。どっちを先に”イかせて”あげようかなぁ。。」と言ってきました。

そうやって今ベッドの上で裸の女性2人を弄んでいるのは、まだ小学4年生の”子供”でした。

その子は、最初のほうこそ私達の”アソコ”をまじまじ見て
「はあはあはあ。。”アソコだぁ”大人の女の”アソコ”だぁ」と言いながら、探るように触ってくるのみでした。
しかし、”クリトリス”を触ったときに私達が「あっ」と声を上げ、体が”ビクン”と反応するのを見て

「えへへへっ。。。ここがお姉ちゃん達の弱点なんだぁあ!」と言い、そこを重点的に触ってきました。
私達は始めは声だけは出さないようになんとか我慢していましたが
しかし、どこで覚えたのでしょうか。。徐々にテクニックを加えていくその子の愛撫によって、敏感に体が反応し始め、、、
子供の前でいつの間にか2人とも卑猥なあえぎ声を漏らしてはじめまました。。

その子は声を上げ始めた私達を見て、「えへへへぇ!!」と高笑いして
「生の”あえぎ声”だぁぁ 大人の女が僕の”てくにっく”で”あえぎ声”を出してるぅぅ。。。すげぇ”えっち”な声だぁぁ。。たまんないよぉぉおお! 」
と叫び、「もっと”あえぎ声”を出させてあげるからね。。」とさらに激しく私達を責め立て始めました。。。


今もその子は私の”アソコ”に舌をいれ”クリトリスを転がしていました。
私はその子の頭をぎゅっと抑えないながら 「いゃぁぁん!あっあっ」と叫び声にも似たあえぎ声をあげつづけていました。
その子は私の愛液にまみれた顔を上げ「えへへへ、うまいよぉお。。 よーし!まずはお姉ちゃんから”イかせて”あげるからね。。。」
とさらに激しくクリトリスを責めてきました。
私はあまりの快楽の波から逃れようと、手でその子の頭を引き剥がそうとしたり、脚を閉じようと暴れましたが
「えへへそんなに暴れてもだーめだよ!!」と さらに”ぐいっ”と脚を広げられ、むさぼるように”アソコ”に吸い付いてきました。
私はもう快感の波に身をまかせるまま「だめ!・・だめ~~~!・・・はぁぁぁぁん・・・」
とその子の頭を両足の太ももでぎゅっと閉めつけ、そのまま”イかされ”てしまいました。。。

「えへへへへ。。。”イッちゃったね”。。。どう僕の”舌つかい”は? 気持ちよかったんだよね。。だってすごい”みだれっっぷり”だったよ、、」
その子はニタニタ笑いながら、まだ”イッた”余韻でピクピクしている私の体を見下ろして言いました。。

私は快楽の余韻からかしばらくそのまま放心状態のような感じで横たわっていました。。。
しばらくすると「あはん、、、あんっ!あんっ!ああぁぁ!!」と隣から香織の激しいあえぎ声が聞こえてきました。。。

おもむろに声のするほうを見ると、香織はベッドに座って大きく脚を広げたM字開脚の姿勢をしており、
そしてその股間には、その子が頭を突っ込で、「ちゅばちゅばちゅばぁあ」といやらしい音を立てながら、私の時と同じように香織の”アソコ”に激しいクンニを施していました。。

ただ私と違い香織のほうは、あえぎ声をあげながらもどこか恍惚の表情を浮かべており、舌なめずりをしたり、自ら手でおっぱいを揉んだりとしながら、まるでその子に与えられている快感を逆に楽しんでいるかのように見えました。。

事実香織は「もっとして。。。」とその子に”おねだり”しているかのごとくその子の舌の動きに合わせて、腰をくねらせ、
クンニをしているその子の頭をなでつつ。。ぎゅっと両足の太ももで締め付けているようでした。。
その子も挑発しているかのような香織の振る舞いにとても興奮しているようで。。私の時以上に激しいクンニを施していました。。

私はその光景を見て、また”アソコ”がジュンジュンと濡れてくるのを感じていました。。
やがて香織は「あっあっあっだめ!! いやっ!! イっちゃう。。イっちゃううう!!!」と大きな叫び声を上げたかと思うと
前のめりになりながら激しくクンニをしているその子の頭を抱きしめ、太ももでさらに締め上げるようにしたかと思うと
ビクンビクンとした後、ベッドの上に倒れこんで「はぁはぁはぁ」と激しい息使いをしていました。


その子は自分がイかせ、余韻でぴくぴくしながら横たわっている私達の体を満足そうに見下ろし、
おもむろに自分をペニスを片手で握り、私達に見せるようにして言いました。

「へっへへへ、お姉ちゃん達見なよ。。。お姉ちゃん達があんまりエロいから、こんなに”ちんこ”が大きくなっちゃたよぉ。。。
 僕もう我慢できなくなっちゃた。。。早くお姉ちゃん達にこの”ちんこ”を入れたいよぉ。。。 ”えっち”したいょぉお!!」

そう言って、「はぁはぁ」言いながら、完全に勃起し、ガチガチになっているペニスをしこり始めました。
私と香織はその子のペニスに釘付けとなっていました。
その子のペニスは子供ながらも一般的な大人の男性よりも大きく、おなかの辺りまでそりかえっていました。
また先ほど見た時には まだ若干かぶっていた皮はいつの間にか完全にむけており、亀頭がむき出しになっていまいした。
ただ亀頭は一般の子供と同じくきれいなピンク色で先走りの汁でぬらぬらと光っており、私にはひどくエロチックなものに見えていました。。。。

私達のその視線に気づいたその子は「へへへっへ」と笑いながら

「今お姉ちゃん達、ものすごく”えっち”な顔をしているよ。。。お姉ちゃん達も もう”えっち”したくなったんだよね。。。
 僕のこの”ちんこ”を入れたくなっちゃたんだ!! 欲しいいんでしょぉぉ。。 欲しいなら今から2人とも四つんばいになってお尻を振りながら”えっちして!!”って僕に”おねだり”しなよぉ。。。」」
私はその子の言葉を聴き、今まで快感の為、朦朧としていた頭が急にクリアになりました。
まだ子供相手に大人である自分がそのようなことをするのは本当に自分の尊厳がズタズタにされるようで思わず
「絶対に嫌っ!!!」と叫びました。

私のその叫び声を聴き、香織のほうも我に返ったようで
「何言ってるの!!あんたみたいなクソガキにそんな事するわけないでしょ!!20年早いんだよっ!! とっととその汚いものをしまいなさい!!」と叫びました。

その子は急に我に返った私達に一瞬怯みましたが、すぐにまた いつものニタニタした顔をして、
「お姉ちゃん達。。”ツンでれ”だねぇぇ。。本当は欲しいくせに。。。 よーしじゃあ僕が言わせてあげるよ。。。
僕の「”おちんちん”入れて。。」ってね。。」

その子は舌なめずりをしながら、また私達に近づいてきました。。
私と香織は襲い掛かってきても、抵抗しようと身構えました。
しかし先ほどイッた余韻がまだ残っているでしょうか。。体にまるで力が入りませんでした。。。
その子は事前に「抵抗すると”ようじぎゃくたい”で訴えるからね。。」と言ってから、また私達に襲い掛かりました。。

「いやっ!!!やだっ!!やめて!!」、「やめなさい!こらっ、やめろ!!」と私達は叫び暴れましたが
力の入らない体は子供1人跳ね返せず、逆にそのままその子にベッドに押し倒されてました。。。

そしてその子は私達に再び激しい愛撫を加えはじめました。
その愛撫は激しいながらも、巧みにテクニックを使っており、さらに今までの事で、私達がどうすれば感じるのかをすでに分かっているようでした。。
私と香織はすぐに先ほどと同じく快感の波に飲まれ
「だめ!! あんっあはぁん!!あっっああぁ!!」、「いやぁん。。あんっ!!あっあっあっっ!!」と屈服するかのようなあえぎ声をあげ始めました。
その子は私達を責め立てながら、
「そらっどうだ!!そらっ どうなんだぉお。。。。。。2人とももう”アソコ”がぐっちゃぐっちゃじゃない。。 気持ちいいんでしょぉぉ。。気持ちいいんだよねぇぇ。。。!!」
と言い、さらには自らのペニスを私達の体にすりつけてきて。。
「ほら。。。”これ”が欲しいんでしょょぉ、、僕の”ちんこ”を”アソコ”に入れたくなってきたんでしょぉぉお!! だったら言いなよ。。。2人揃って僕の「”おちんちん”を入れて!!」って”おねだり”しなよぉぉ・・・!!」
と叫びながら私達をさらに激しく責め立ててきました。
私はその子の愛撫によって与えられている快感で思わず言ってしまいそうになる”その言葉”を手で口をふさぎながら必死に拒み続けました。

しかし隣で同じように抵抗していた香織がとうとう。。
「あっあっあっあぁっ だめっ。。。もうっ我慢っできない。。。。。」と声を上げるのが聞こえました。。
その子はその声を聞き、ぎらついた目をして一方的に香織のほうををさらに激しく責めめ立てはじめ
 「何???へへへへ、何を我慢できないの。。。???」と言い、香織の”アソコ”に自らのペニスを擦り付けはじめました。。
香織はもうすでにトロンとした恍惚の表情を浮かべて「入れて。。。」とその子に言いました。
「何を入れて欲しいの。。。はっきり言いなよ。。」とその子は、香織のアソコをさらに責めました。。。「ああ!!!」と香織はのけぞった後
「あなたの”おちんちん”っを。。私にっ。。。入れてっ!!!」と叫びました。。。

私は唖然とするように香織を見つめました。。
その子はその言葉を聞き、「はあはあ」と息をつく香織を見下ろし 「げへへへへっ!!!」と高笑いをした後、おもむろに私のほうを向き「次はお姉ちゃんだよ。。。」と言い、私のほうに襲い掛かりました。

しかしその子は私に対しては先ほどのような激しい愛撫ではなく、一転してソフトな愛撫で私を責め立ててきました。
私の”アソコ”をくちゅくちゅとしながら
「ねぇ。。お姉ちゃんも素直になりなよ。。こんなに”アソコ”がびちゃびちゃじゃない??  友達のほうはもう”おちんちん”入れてって言ったんだからさぁ。。 お姉ちゃんも素直になって僕に”おねだり”しなよ。。」
とおもむろに私にディープキスをしてきました。
「んっん。。。ん。。。ちゅ・。。ちゅる。。」
その子は巧みな舌使いで私の舌を絡めながら。。片手で私の体中を愛撫し、さらに香織にしたように私にも”アソコ”にペニスを擦り付けてきました。。。
「んっっん。。。やぁ。。。」」
私はディープキスをされながらもいやいやと首を振りましたが、その子がさらに指をクリトリスのほうに持っていき優しく揺さぶってくると
「くっ・・・んっ。。ああ~~~っ!」
と思わずのけぞりました、私は今までに経験にないほど”アソコ”が濡れているのが自分でも分かりました。。。。

また知らず知らずうちに、その子の首に手を回して抱きつきながら、股を大きく開き、ペニスを擦り付けてくる動きにあわせ腰をくねらせていました。。。
その子は、私の唇から、口を離し。。。
「欲しいんでしょ。。。?」といいながら、のけ反っている私の顎から頬までちゅちゅっとキスしながら聞いてきました。
「んっんっんん やっ。。!!」
「欲しかったら、ちゃんと僕に”おねだりしないと、あげないよ。。。」
私はもう何も考えられないまま、無意識の内に”その言葉”を口走りました。。。
「もう。。。して。。。」
その子は、その言葉を聞きて、目を輝かせ、舌なめずりをしながら、うれしそうに私に聞いてきました。。。
「何を??何をしてほしいの??僕子供だから具体的にいってくれないないと分からないよ。。。」
とさらに私に激しくペニスを擦り付けて聞きました。。。私は「ああ。。。」とのけぞりながら
「”えっち”っ。。。。” ”えっち”っっ。。してっ。。”」
「へへへっ、、、もっとだよ。。もっと具体的に。。。」
私は喉をゴクンと飲み込んだ後、
「おちんちん。。 あなたの”おちんちん”を、私の”アソコ”に。。入れて。。。!!!」
と叫んでしまいました。。。
 
 
その言葉を聴いた、その子は「えへへへっげへえへへ!!!」、これまでにないような高笑いをしました。

そして「はあはあはあ」と犬のような激しい息遣いをし、ぎらぎらした目で私達に対して
「いいよ。。。入れてあげる。。。”えっち”して完全に僕の物にしてやる!! 2人とも四つんばいになれっ!!  」
と命令しました。

人妻・理香との秘密

私・田原と近藤、理香は現在31才の同期入社です。3人は仲が良く飲みや遊びに繰り出していました。私は理香の可愛いらしさと推定90センチの巨乳に恋心を抱いていましたが、やがて近藤と理香が付き合い出し結婚しました。その後、近藤は横浜に異動となり私と理香は本店です。理香の制服の上からでも一目で分かる巨乳は私のズリネタであり、男達の飲みの席では、あのおっぱいを拝みたい!揉みたい!と話題になっていました。2人が結婚して4年目の30才の時、理香に飲みに誘われました。近藤も合流すると思っていましたが2人だけで理香の悩みを聞く形となりました。なかなか子供が出来ず、近藤の親のプレッシャーから赴任治療を受け始めたそうですが近藤が非協力的でこの1年ケンカが絶えず疲れたと言って来ました。食後、酔い冷ましで公園のベンチに座った時、刹那い理香の表情が堪らずキスをしました。驚いた理香に入社してずっと好きだったと告白しました。「気持ちは嬉しいけど、私は結婚してるし・・」と当然の答えが帰って来ました。気まずい空気で駅に向かう途中、私はダメ元で勝負に出ました。「理香ちゃん、ずっと君を好きだった俺に今夜だけ夢を見させてくれないか」
理香は返答に困っていました。私は強引に理香の手を握り路地裏のラブホに連れ込みました。迷う時間を与えない様に、部屋に入って直ぐにキス攻撃です。先程のキスは唇が触れる程度でしたが今度はディープです。私の舌の侵入を拒んでましたがやがて受け入れました。理香の舌の感触を楽しみながらベッドに理香を押し倒しました。理香の香りを堪能しながら耳たぶと首筋に唇を這わせました。
「あ・・あん・・」
初めて聞く理香のカンじた声で股間はフル勃起です。ズボンを脱いで、理香のブラウスのボタンを外して行きました。やがて可愛いデザインの純白のブラが現れました。推定90センチの巨乳は胸の谷間をしっかり作り上乳部分は露出されていました。このブラの中に何度も妄想し、ズリネタにした理香のおっぱいが隠れている!早く見たい!ブラの肩ヒモに手が掛かった瞬間
「やっぱりダメよ!ダンナを裏切れないわ・・」と言い起き上がりました。私は事の重大さに気ずき立ち尽くしました。
「ゴメン・・理香ちゃん結婚してるし・・夫は同期で親友の近藤だし、マズイよね・・」
理香の視線は一瞬、私の膨らんだトランクスに行ってました。
「ははは・・収まりつかないからAVでも借りようかな」と照れ隠しの自虐的ギャグを言うと
「期待させた私も悪いから・・その・・田原君が良かったら・・私が手でしてあげても・・」と予想外の言葉が帰って来ました。断る理由がない私はお願いしました。理香はトランクスを脱いでそそりたった私のチンコに目を背けながら
握りしめ上下に動かし始めした。20秒で出てしまいました。
「理香ちゃんが俺のチンコをみて、さわる何て信じられないよ」
「恥ずかしい事言わないで、これが田原君にしてあげられる精一杯の事よ」
こんな感じでラブホの夜が終わりました。その後、理香と月に1回から2回のペースでデートを重ねました。私は理香と過ごせる。理香はギクシャクした近藤との事を一瞬忘れる時間でした。デートの場所はほとんど
私のマンションでした。理香の手料理とお酒でお腹を満たした後、テレヒやDVD を見ながらイチャイチャするパターンでした。キスOK、スカートから伸びた足のおさわりOK 、スカートの中への手の侵入NG、胸のタッチNG 、ハダカはもちろんNG 、こんなルールが出来ていました。
何度もキスを交わし、ストッキングに包まれた足、太ももの感触を堪能し、チラチラ見えるストッキング越しのパンティを楽しみ、最後は理香がブラウスのボタンを外してブラと胸の膨らみを見せながら私のチンコをシゴいてくれるのがお決まりのコースでした。こんなデートが10回程続来ました。いつものように、ブラを見せてシゴいてくれてる時、もう許してくれると思いブラを外そうとすると、「ダメよ!ルール違反よ!」と怒られました。理香としては近藤にやましい気持ちがあるけど、ハダカは見せてない、最後の一線は超えてないと自分に言い聞かせていると思われました。私としては憧れの理香の巨乳がブラに包まれて目の前にあるんです。どんなおっぱいなんだ!?乳首と乳輪はどんな色と形をしてるんだ!?私は強引に理香のブラを外していきました。「え??田原君、ダメよ!
ダメ!!」
私は構わす剥ぎ取りました。
巨乳を両手で隠している理香は「これ以上の事すると、もう2人で会えないわ!」と涙目でした。しかし力任せに理香の手を持ち上げました。その時は来ました!8年間想像し続けた理香の巨乳の全容が明かになりました。張りのあるメロンでした。乳首と乳輪はピンクと薄い茶色の中間色でした。
「こんなおっぱいしてたんだ・・」
「イヤ!ダメよ!田原君、見ないで!」
社内で理香の巨乳を想像してオナってるのは俺だけじゃないはずです。可愛い乳首にむしゃぶりつきました。徐々に理香の抵抗が弱って来ました。一気にパンストとパンティを脱がし股間に顔を埋めました。
「お願い!田原君、恥ずかしい。やめて・・見ないで」
これが理香のアソコか・・色、形、匂いをしっかり記憶に留めてクンニ、そしてチンコを挿入しました。理香は抵抗を止め、諦めの表情で身を任せてました。中出しでフィニッシュでした。理香は無言で服を着て、帰り際
「田原君と会っている時間は癒される大切な時間だったのに・・もう2人で会わない」
と、言い去って行きました。不妊と近藤との関係に悩む理香の心のスキに入り込み最後はレイプに近い形で性欲を満たした俺は最低男だ!自己嫌悪でヘコみました。会社でも理香とは挨拶程度で、楽しく話をする事はありませんでした。それから10カ月後、近藤から理香の妊娠の報告を受けました。近藤は、理香としばらくギクシャクしてたけど、子供が産まれるし、仲良くやっていくよ!と喜んでいました。近藤は俺と同じB型です。計算的に俺の子供?理香はどう思ってる?そんな時、偶然エレベーターで理香と2人になりました。
「あの・・近藤から聞いたけど・・子供・・」
理香は無言でしたが、ドアが開く時
「あの事は・・残念だったけど・・贈り物ありがとう」と言い私の目を見つめて出ていきました。その目は・・あなたの子供の可能性がある。でも、あなたは誰にも言わないと信じてると語っていました。理香の幸せを祈る今日この頃です。

妻からの贈り物。

私は45歳で普通のサラリーマンをしています。
家族構成は妻の友美(41歳)、娘(16歳)です。
娘はクラブの練習の都合で高校の近くに住む妻の両親の元から通っているため二人だけで暮らしです。
私が40歳の時、寝取られ系サイトを目にしたのをきっかけに妻にも経験させてみたいと思うようになったのです。
半年間は妻に言い出せずにサイトを見るだけで我慢しておりましたが思い切って妻に切り出しました。
結果は予想どうり『NO』でした。
私は粘り強く妻を説得し続け、妻を他人に抱かせる夫の心情がよく分かる読み物などを読ませて、妻を洗脳していったのです。
妻の反応も『NO』から『男性ってそんな風に考えているのね。』に変わり、『倦怠期を迎えた夫婦にはいいのかも・・・』と言うようになってきたのです。
ここまでくれば妻を押し切るには時間はかかりませんでした。
でも、いきなり3Pやスワップはできないと言います。
私と一緒に男性と会って『最後までできなくてもいいなら』と条件付で認めてくれました。
早速、私はサイトで事情を理解してくれる男性を募集しました。
十数人の方から応募があり、数人の方に絞ってメールでやり取りして一人の男性に決めました。
男性は佐藤さん(42歳)というかたで奥さん(34歳)と結婚以前から複数プレイやスワップを実践してるそうです。
現在、奥さんは妊娠中なのでプレイはお休みされているそうです。
土曜日のお昼にファミレスで会う約束をしました。
私達は車を駐車場にいれてファミレスに入りました。
事前にメールで写真を交換していたので佐藤さんは簡単に見つけられました。
立ち上がって私たちを迎えてくれた佐藤さんは写真どうりの誠実そうな男性でした。
お互い、自己紹介を済ませた佐藤さんは奥さんの写真も見せてくれました。
奥さんは可愛い感じのかたで初めての妊娠らしいです。
佐藤さんの経験話しを聞かせていただいたのですが、土曜のファミレスは家族連れやカップルで満員なので『ここでは話しずらいですね・・・場所を替えませんか?妻のHな写真やDVDも持ってきてますので観ながら話でも・・・』と提案されました。
私たちも佐藤さんの話しの続きを聞きたかったので了承したのでした。
私たち夫婦と佐藤さんを乗せた私の車は佐藤さんの指示するラブホテルの駐車場に乗り付けました。
佐藤さんの話しによると『多人数で入れるラブホは少ない』そうです。
部屋に入った私達はテレビの前のソファーに妻を真ん中に妻を挟んで私と佐藤さんが座りました。
妻と佐藤さんはビール、私は運転があるのでウーロン茶で乾杯です。
佐藤さんは鞄からアルバムを私達に渡してDVDをセットされました。
アルバムの写真は奥さんが3Pやスワップされている時の写真でした。
大きなテレビには奥さんが男性二人との3Pが映し出されました。
佐藤さんは初めて奥さんに他の男性を経験させた時の話しを面白おかしく私達に話します。
佐藤さんの奥さんの喘ぎ声と佐藤さんの声だけが聞こえる部屋で妻の異変に私は気付きました。
呼吸が激しく、何度も座り直しているのです。
「友美・・・大丈夫?」
「・・・うん・・・」
妻は私の肩に頭を乗せると私を見つめます。
妻は興奮しているようです。
そんな妻に私は唇を重ね、舌を差し込んでみました。
妻は私の舌を待っていたように激しく吸ってきました。
妻との激しいキスをしていた私に佐藤さんは目で合図をしました。
私が頷くと佐藤さんは妻のスカートの上から太股に手をおきました。
「・・・んっ・・・」
妻が軽く反応します。
太股の付け根から膝まで擦っていた佐藤さんの手がスカートの中に入りました。
「・・・うぅぅぅ・・・うぅぅぅぅl・・・」
キスをしながら妻は声にならない喘ぎ声をあげます。
「クチャ・・・クチャ・・・」
スカートの中に進入した佐藤さんの手はショーツの中にまで入っているようです。
「・・・ダメ・・・逝ちゃう・・・イクッ・・・イクッ・・・あぁぁぁぁ~」
佐藤さんは妻の手を引いてベットに連れていきました。
ベットに妻を寝かせると唇を重ねました。
妻も佐藤さんの唇を求め舌を絡ませるような激しいキスになります。
佐藤さんは起用にキスをしながら妻を全裸にし、佐藤さんも全裸になりました。
全裸の妻の局部に顔を埋めクンニで妻を責めます。
「・・・あぁぁぁぁ・・・また・・・逝ちゃう~ああっ・・・イクッ・・・イクッ・・・あぁぁぁぁ~・・・・」
痙攣している妻の口に佐藤さんの肉棒が突きつけられました。
佐藤さんの肉棒の大きさに私は驚きましたが、あんな大きな肉棒を必死に飲み込もうとしている妻に驚きました。
「奥さん・・・入れていいですか?」
妻はコクリと頷きました。
佐藤さんは妻の両足をM字に開き妻の膣口に肉棒を擦らせます。
狙いを定めて腰を落としていきました。
「・・・ああっ・・・」
妻は仰け反るようにして肉棒を受け止めました。
佐藤さんはユックリと妻の肉壷を楽しむように腰を振ります。
「あん・・・あん・・・あん・・・」
佐藤さんの動きに合わせるように妻が喘ぎ声をあげています。
私の方に妻の顔を向け四つん這いになった妻をバックから佐藤さんは挿入しています。
「奥さん・・・御主人が見ていますよ。」
「いやぁ・・・あなた・・・見ないで・・・」
腰を振るのを早めて佐藤さんは言葉で妻を責めます。
「ご主人に逝くところを見せてあげましょう。」
「・・・あぁぁぁぁ~ダメ~イクッ・・・イクッ・・・あなた・・・ごめんなさい・・・イクッ~あぁぁぁぁぁ・・・」
「奥さん・・・イキますよ・・・わぁぁぁぁぁぁ~」
佐藤さんは妻から肉棒を抜くと背中に精子をぶちまけました。

何年もたった今でも、あの興奮は忘れません。
男達に抱かれ、いろいろなプレイを妻にさせてもあの興奮は感じられません。
これを読んでいただいたあなた・・・
あなたの奥さんが始めて他の男とセックスした時が人生最大の興奮を感じる時でしょう。

高校の同級 2

初めてのモーテル ミッコの後に続き入る、部屋に入りシャワーも浴びずミッコに抱かれキスを
乳を揉まれ気持ちよくなって来た頃、冬で寒い時だったが体は熱くなり立ってられなくなった時
ミッコに頭を押され目の前にチンコが、二人目だが最初は強引にされたので分からなかったが
ミッコのチンコ大きいと思った、昨夜から風呂にも入ってなく少し臭うが気にならづ、ミッコに言われたように口に 大きく全部入らないが吸ったりしゃぶったりと一生懸命頑張っていたら、ベットへ
キスから乳を揉まれ乳首も痛くない程度に噛んでくれ、気持ちよくオメコが濡れてくるのが分かる
揉まれながら片方の手がオメコにクリを優しく触ったり摘まんだり、今まで経験の無い快感が
走る、ウットリしている中、ミッコが股間に顔を近づけた時まさかと思ったが昨夜から洗ってない
オメコを舐めだした、汚いからと拒んだがノンのオメコだから汚くないと初めてのクンニ、吸われたり
舐められたりクリも舐めてくれ快感が何回も押し寄せてくる、(入れるよ)と大きいチンコがオメコに
少し痛いが優しくユックリと少しづつ入れてくれた、全部入ったのだろうか動きを止めてくれた、痛み
も無くなり気持ち良くなってきた、(動くよ)と少しづつ動き始める気持ちいいオメコがシビレルような
なんとも言えない快感が、初めて逝く喜びを知った、ミッコがチンコを抜き横になった、終わったのか
と思っていたら(チンコをシャブレ)と言われ、私のオメコの汁で濡れていたがしゃぶりついた、気持
良くなってもらおうと頑張った、しゃぶってる時も乳を揉んだり乳首をつまんだりしてくれ、オメコから
太腿に汁が落ちてくるんが分かる、(上に乗って)ミッコを跨ぐ自分でチンコに手を添えオメコへ少し
づつ入れるゆっくり腰を動かす、気持ちよすぎ動きを止めるとミッコが下から突きあげる快感に体が
倒れるとキスを、舌を入れられ吸われ私もミッコの舌を吸ったり入れたり、横になり自分からチンコ
舐めていると、ミッコが立ち上がり私を四つん這いにし後ろからチンコを入れて来た、突かれると
何回も快感が頭が宙に浮いたような気持ちよさ、何回逝ったんだろうか、ミッコが離れ今度は足を
広げられ大きいチンコが入ってきた、動くたびに快感にどうかなりそう、初めの痛みは嘘のように、
オメコがこんな気持ちよいのをミッコに教えてもらう、ミッコが(逝くよ)と一緒に逝く、何時着けたのか
ゴムを除け二人で抱き合い横になった、ミッコが優しくビチョビチョになっているオメコを紙でふいてくれた、私は初めての快感のお礼にとミッコの精子で濡れているチンコを、愛おしく思いしゃぶり
きれいにしていたら大きくなってき、(も一回するか)と言われたが今度してと、服を着てモーテルを
出た外は少し暗くなっていた。   続く

嫁が自宅に高校生(巨根)を連れ込んでいた2

嫁の紀子と結婚して9年、出来ちゃった婚で当初は苦労もあったけど、今では私も会社でそれなりのポジションになってきたし、子供も小学2年になり、幸せそのものの楽しい毎日を送っていた。

紀子は30歳にもかかわらず、いまだに未成年に間違われることもある。
童顔で黒髪だからだと思うが、それだけでなく肌の張りも若々しい。
そして、ロリぽい感じからは違和感を感じるくらい胸が大きく、ギャップがエロい。

子供も可愛くて、嫁も可愛い上にエロい。
最高の生活だったのに、嫁の浮気に気がついてしまった、、、

確かに嫁とは、妊娠出産を機にセックスが激減した。
仲が悪いわけではないが、男女という感じではなく、父親、母親という感じになってしまったのだと思う。

見覚えのないスマホ、見たことのないエロい下着、そして大人のオモチャ、、、
こんなものを見つけなければ、浮気のことも知らずにすんだと思う。

前回のユウキ君とのセックスを録画したデータで、証拠はすでに十分だと思う。
だけど、さらに動画を収集したいと思う私がいる。

そして、そんな気持ちを持ったまま、ユウキ君に対しても嫁に対しても、何もアクションを起こさずに、毎日こつこつと録画し続けた、、、


基本的に嫁はメールを見るだけで、返信はほとんどしない。
チラッと見て削除して終わりという感じで、浮気現場の動画を押さえたいという私の希望は、なかなか叶えられなかった。


そして1週間が過ぎ、あの浮気は幻だったのかな?と、思い始めた頃にやっと動きがあった。

いつものように、掃除洗濯をしていた嫁。
そして、いつもと同じように隠してあるスマホを確認する。
いつもなら、チラッと見てメールを削除してしまうのだが、しばらくそのまま画面を見つめて、画面を消したりつけたりしていた。


そして、決心したようにスマホに耳を当てた。

『うん、、 暇だったからねw 今何しているの?』


『そうなんだ、、、  来る?』


『うっさいw 声でかすぎw』


『わかったわかった、、 ホント、調子良いよねw』


『別に急がなくて良いから。』


『ハイハイ、気をつけてw』
そう言って通話を終了した。

切った後も、しばらくスマホを見続ける嫁。

『あぁーー、、、  かけちゃったよ、、、 ハァ、、』
後悔しているような口調で言い、ため息をつく嫁。


だけど、一瞬で切り替えたように動き始める。

タンスの奥の隠してある場所から下着を引っ張り出すと、思い切り良くその場で全裸になった。

そして、ヒモみたいな下着を身につけていく。
ブラは、乳輪がやっと隠れるくらいの極小ブラで、下はそもそも布の部分がなく、ヒモだけで構成されている。
ほぼ全裸で、身につける意味がないように思えるが、全裸よりも明らかにエロい。


そして嫁は移動して玄関に行く。
玄関にある姿見に、自分の姿を写す。
『これは、、、 ちょっと、、、 いくら何でも、、、』
後ろを写したり、横を写したりしながら全身を確認する嫁。
こんな格好で、玄関にいる嫁。
見慣れた自分の家が、AVの撮影現場のように見える。


『やっぱり、、、着替えるか、、、』
そうつぶやいて、たんすの部屋に戻ろうとしたとき、いきなりガチャッとドアが開いた。
嫁は、悲鳴も出せないくらい驚いたようで、顔だけが凄いことになっていた。

「うわっ! エロっ!」
ユウキ君の軽い口調が響く。

『ホント、心臓止まると思った、、 ビックリさせないでよっ!』
「ごめんなさい、、  でも、紀子さん凄い格好ですね。 俺のためですよね?嬉しいなぁw」
『はいはいw バッカじゃないの? 暑いから薄着しているだけだって!』

「ふっw 紀子さんって、面白いですねw ていうか、はみ出てますよw」
そう言って、ユウキ君が無造作に嫁のブラを触った。
そして、少しずらす。
ずれて乳輪がはみ出ていたのを直したのだが、そんな極小下着なので、当然指が乳首に触れる。
『ヤンッ! ダメっ!』
慌てて嫁が言うが、
「何がです?  カチカチですけどw」
ユウキ君はそのまま指を外さずに、極小ブラの上からコリコリと乳首を触っている。
『ダメだって、こんな場所じゃ、、』
嫁が、顔を真っ赤にして止めようとしている。


下着のチェック中に、急にユウキ君が入って来て、着替えようと思っていた恥ずかしすぎる下着を見られて、動揺しているのが伝わってくる、、、


「これ、ランジェリーって言うよりは、ただのヒモですよねw」
ユウキ君は、そう言いながらもう片方の乳首もコリコリし始めた。
『ダメ、、ダメだって、、、ここじゃダメ、、、』
「こんな下着まで買って、俺を喜ばせようとしてくれるなんて、マジ嬉しいですw」
『ばーーかw 買ってないってw 商店街の福引きで当ったんだよw』
「うはっw 福引きってw ホント紀ちゃんって面白いですねw」

人の嫁を馴れ馴れしく呼ぶ高校生、、、
あまりにも現実感がない。
だけど、往々にして現実は小説よりも奇なりなのだろう、、、


『イイから、場所替えよ? ここはマズいって、、』
そんな事を言いながらも、モジモジし始めている。
顔も、とろけてきているのは気のせいだろうか?

すると、急にユウキ君が指に力を入れた。
ビデオで見てもわかるくらいに、指からはみ出す嫁の乳首が細くなっている。
『んっ!ギィ、、、 ダ、メェ、、』
嫁の口調が、一気にとろけた。

「なにが?w ダメじゃないでしょw」
『だ、だからぁ、、ここじゃ、、あぁ、、』

ユウキ君は、嫁の言葉など無視してコリコリ続ける。
『んんっ、、 あ、あぁっ、、 それ、ダメぇ、、 ンヒィ、、』
玄関で、ドアにカギもかけずにお隣の息子と、こんな裸よりも恥ずかしい格好で乳繰り合う二人、、、


ユウキ君が、顔を嫁に近づけていく。
この前の動画でも、キスをするところは見せつけられた、、、
もの凄くショックで、泣きそうだった。
止めてくれ、、、

そう思ってみていると、嫁が顔を背ける。
『だから、そういうのはいらないってw いたしませんw』
「米倉じゃないんだからw」
『勘違いしないのよ。お互いに、ただの性欲処理のパートナーなんだから。キスとか、そう言う感情的なのは不要でしょ?』
「そんなぁ、、 俺、マジなのに、、、」
『だったら、もうおしまいだよ。そういうのは、煩わしいし、家庭壊したくないしね。どうするの?帰る?』
「わかりました、、、」
そう言って、がっかりするのかと思ったら、いきなり嫁を玄関ドアに押しつけるようにして、後ろから襲いかかった。


『ちょっ! だから、ここじゃダメだって!』
嫁が抵抗して抗議するが、ユウキ君はいつの間にか下半身丸出しになっていた。
早業でペニスを取り出すと、下着の役目を果たしていない嫁のヒモだけショーツに押し当てていく。

『ダメだって!まだ準備も出来てないし、いきなりダメ!』
「準備って、太ももまで垂れてますよw アソコが準備OKって言ってますw」
『そ、それは、ダ、ダメぇ、、 あっ! んんっっ!!! ダメェェ、、 声、、出ちゃうからぁ、、、』

あっさりと、ユウキ君の巨大なものが飲み込まれてしまった。
嫁の浮気を見るのは二度目だが、シチュエーションもあるのか、前回よりも衝撃的だ、、、


カギのかかっていない玄関ドアにもたれかかるようにして、立ちバックで貫かれている嫁。
アングル的に表情までは見えない。

だが、必死で声を抑えようとする姿勢は見える。


「スゲぇ、熱い、、、 それに、超締まってますよw ほら、聞こえる?グチョグチョ言ってるのw」
ゆっくりと抜き差しをしながら、嫁の耳元でささやくユウキ君。

『ち、違う、、  シャワー浴びてたから、、  それで濡れてるだけだから、、、 ン、あぁ、、』
「そういうことにしておきますw」
ユウキ君は、からかうようなニュアンスで言うと、嫁の腰を両手でがっしりとホールドした。
そして、嫁が浮き上がるのでは?と思うくらいの感じでピストンを始めた。

『ン、ヒィッ! ヒ、あぁっ! あ、あぁっ! ダメぇぇぇ、、  ここじゃダメェェ、、、 ホントに、、 あ、あぁっ! 声、、、ああぁ、、』
嫁はドアに両手をつきながら、必死で声のボリュームを抑えようとしている。

ガンガン腰を動かし始めたユウキ君。
嫁は、のけ反り、うつむき、こみ上げてくる快感に全身で反応し始めている。
そして、自分の手を噛みながら、必死で声を抑えている、、、

「スゲぇ、締まってきた、、、 ウネウネ動いて、、  紀ちゃん、イキそうでしょ? 超わかりやすいw」
『そんなこと、、、、ないぃ、、、 もう、、ストップ、、、ストップぅぅ、、、 ヒィィアァッ!!!』
「イッちゃえ! ガキのチンポでイケっ!」
『ぐぅぅぅんっっ!!!! ヒィ、あっっっ!!!』


嫁は、そう言ってけっこう大きめな声であえぎながら、ガクガクッと震えて、腰が落ちていった、、、


玄関にへたり込む嫁、、、
立ったままのユウキ君のペニスが、誇らしげにそそり立っている。
その太さ、長さ、造形美に目が奪われるが、白く染まっているのにハッとする。
アレが噂に聞く本気汁というヤツなのだろうか?
私とのセックスで、そんな風になったことなどない。


強い敗北感と、嫉妬で胸が苦しくなる。
だけど、興奮している私もいる、、、

「もうイっちゃったねw」
ユウキ君が、楽しくてしょうがないという口調で言う。
『イッてないってw なに勘違いしてるの? 疲れただけw』
嫁はそんな憎まれ口を叩きながらも、すぐ目の前にある、湯気が立ちそうなペニスに顔を近づけて、くわえた。
そして、丁寧に口で清めていく。


お掃除フェラなど、私でさえしてもらったことがないのに、まだ高校生のユウキ君がしてもらっているのを見て、素直に羨ましかった。

「あぁ、ヤバい、、気持ち良い、、 マジ上手すぎw」
ユウキ君があえぐ。
嫁は、無心で頭を振りながら、お口での奉仕を続ける。


エロい下着姿で、人妻が高校生にこんな事をしている、、、
エロマンガかよ、、と思いながら、どんどん勃起が酷くなる私、、
正直、ガマン汁で濡れているのが気持ち悪い、、、


「ヤバいっす、イキそうです、、」
ユウキ君が、気持ちよさそうにうめく。

嫁は、どんどん頭の振りを早めて行く。
「あぁ、イク、、イキます、、」
ユウキ君が、天井を見上げながら目を閉じてうめく。

すると、ピタッと動きを止める嫁。
「えぇぇ? なんで?」
ユウキ君が不満そうな声を上げる。
『勝手にイカないのw ほら、移動するよ!」
嫁は、すっかりと余裕を取り戻して、姉さん風を吹かせて歩み去る。
ユウキ君は、下半身だけ丸出しのまま、慌ててズボンや下着を拾って、ドアにカギをかけて後を追った。


ドアにカギをかけるなんて、よほどユウキ君の方がしっかりしているなぁと思った。


そして、寝室の動画に二人が映る。


ユウキ君をベッドに寝かせると、いきなりその顔の上に腰を降ろしていく嫁、、、
ユウキ君は、イヤな顔一つせず、すすんで受け入れているようだ。


そして、顔面騎乗が始まる。
アソコを顔面に押しつけられながら、喜んで舐め続けるユウキ君。
『あぁ、、そう、、そこ、、、ちゃんと剥いて、、、 あっ! ァァあっ!』
貪欲に指示をしながら快楽をむさぼる嫁。


私が働いている間に、自宅に若い男を連れ込んで、こんな事をする嫁。
そんな嫁ではなかったはずだ。


だけど、動画は残酷に現実を映し続ける。
『そう、、、上手よ、、、 あ、あぁっ、、ん、、 軽く、、そう、、噛んでぇ、、 あっ! ヒィあぁ、、、ン、、』
嫁は、自分でも微妙に腰を動かして、舌が気持ち良いところに当たるようにコントロールしている。


泣きそうになりながら、見続けるしかない私。
なのに、勃起しっぱなしだ、、、


嫁に顔面にまたがられながら、ビンビンにペニスを硬くしているユウキ君。
若くして、こんなセックスを体験して、今後の人生に悪い影響がなければ良いと思ってしまう。
間男に対して心配する余裕などないのだが、あまりに現実離れした光景に、感覚が麻痺しているのかも知れない。


そして、下から手を伸ばして嫁の胸を揉むユウキ君。
かろうじて極小ブラが隠していた乳首も、あらわになる。
大きすぎる胸を、ユウキ君が下からこね回す。
面白いぐらいに変形して、形を変える嫁の胸。


ユウキ君の指が、次第に乳首に近づく。
そして、顔面騎乗で強制クンニをさせられながら、両手で両乳首も責めるユウキ君。

『ヒィん、、あぁっ! 凄い、、コレ、、あぁ、、ヤバいぃ、、 んっくぁっ! ひっ! あヒィん!』
嫁が、あまりの快感に天井を仰ぎ見る。
カメラに、嫁のとろけた淫蕩な顔がバッチリと写る。


おそらく、コレを証拠に離婚をすれば、親権も慰謝料も取れるレベルだと思う。
だけど、私は離婚するつもりは全くない。
嫁が許せるかと聞かれれば、許せるとは言いづらい。
だが、嫁を失うのは耐えられない。
何とかして、この浮気だけを止めさせたい。
幸い、嫁も恋愛感情はないようだ。

ただの欲求不満解消、、、
男の風俗通いのようなものと割り切るしかないと思う。


動画ですらわかるほど、硬くしこっている乳首をこねられながら、ひたすらクンニをしてもらう嫁。

もう、かれこれ20分くらい舐められていると思う。
『んんっーーっっ!! ヒッ、ぐぅぅ、、、 あっ!あぁぁっっっ!!! あぁぁーーーーっっ!!!』
と、一際大きくあえぐと、のけ反りながら痙攣した。


「またイッたw 今のは大きかったねw」
ユウキ君が面白そうに言う。長い時間舐めさせられているが、全然イヤじゃないようだ。


『だから、、、 イクわけないでしょ? ほら、しゃべってないで、ちゃんと舐めなさいよ!』

そう言って、さらにアソコを押しつける嫁。
こんなキャラだっけ?
長い時間一緒に暮らしても、知らない顔がある、、、
急に不安が増してくる。
私が知っている紀子は、本当の紀子なんだろうか?


ユウキ君は、押しつけられても文句一つなく、舐め続ける。
嫁は、のけ反ったり、天を仰いだり、ユウキ君のクンニを楽しみ続ける。

『ひぁ、、ヒィん、、 ヒッ! ヒィィッ! あっ、ふぅあ、あ、、
ダ、、メ、、、もう、、、  いいわ、、、 止めて、、、あ、あぁ、、』
嫁が、イキすぎて限界になったのか、腰を浮かして逃げようとする。
すると、下からユウキ君が、嫁の太ももをホールドしてさらに強く早く舐め始めた。

『ダメっ!ダメって言ってるでしょっ!あ、あぁぁ、、、ダ、、メ、、、 くぅ、ヒィンッ! あ、あっ、あっぁっ! ダ、、メ、、、あぁぁぁっっっ!!!』
嫁が、ガクガクガクッと痙攣しながらのけ反る。

そして、ユウキ君の顔に潮を拭き散らかすのが見えた。
顔面に潮を吹かれながらも、まだ舐め続ける。
それどころか、口をアソコに密着させて、ゴクゴクと飲み始めた。
『ダメぇぇっっ!! あぁっ、、そんな、、、 ダメ、、飲んじゃダメぇ、、、 あぁ、、、ゴメンなさいぃ、、、 止まらないぃぃ、、、』
嫁は、絶叫しながら謝る。

ユウキ君は、がっしりと太ももをホールドしたまま、嫁のアソコに口を密着させている。


『く、、あぁ、、、ひ、、 あ、、』
嫁が、力なく横に倒れ込んでいく。

「ごちそうさまw 美味しかったよw」
口を腕でぬぐいながら、ユウキ君が言う。

『バカ、、、変態、、、』
嫁が、力なく言う。


ユウキ君は、嫁を仰向けにすると、正常位で繋がった。
『あぁあっ! まだ、、ぁぁ、、、 イッたばかりなのにぃ、、 ダ、めぇ、、 奥、、当たってぇ、、、 オふぅぅ、、』
「イッたばかり?イッてくれたんだw」

『違う、、 イッてない、、、』
「マジ、可愛いw じゃあ、僕は紀ちゃんがイクまで腰を振るのを止めないぃぃっ!!」
ふざけながらジョジョっぽく言うユウキ君。


実際に、腰をガンガン振り始めた。
『オ、おおぉぉん、、 ンヒィッ! ヒィッぐぅアァッ!! 凄い、、コレ、、、あぁっ、、こんなのダメ、、ダメ、、、ダメぇ、、、  おかしくなる、、、 あ、ひぃあぁ、、』
「おかしくなってよw もっと、俺の形にするからw ほら、、、、ほらw」

『お、おおおっ! お、フゥあぁああぁああぁっっ!!! ダメっ! これ以上、ユウキ君の形にしないでぇッ!! あっ! もう来ちゃうっ! うヒィンッ! くっ! イクっ!イクぅぅんっっ!!!』
両腕をユウキ君に巻き付けながら、絶叫する嫁。

すると、ユウキ君がキスをした。
嫁は、抵抗することもなく、キスされたままガクガク痙攣している。

ユウキ君は、キスで嫁の口をふさいだまま、激しく腰を動かす。
杭を打ちつけるように、ガンガンと腰を振ると、
『んんんーーーーっ!!!』
と、口をふさがれたまま、うめき、のけ反り、ユウキ君の背中に爪を立てる、、、


そして、一際腰の動きが速くなったと思ったら、ユウキ君が震えた、、、
当たり前のように嫁に中出しをしたユウキ君、、、
それを、全くの無抵抗で受け入れた嫁、、、

しばらくキスしたまま重なっていた二人、、、


と、嫁がユウキ君をはね飛ばして横にどかす。
『重いってw 終わったら、さっさとどいてよね。 キスは止めてって言ったのに、、、』
「だって、紀ちゃん声デカいからw ふさがないとw」
『うるさい。 それに、また中出し、、、 出来たらどうする気?』
「責任取るってw 結婚しようよ。」
『死ねw まぁ、今日は大丈夫だと思うけど、、、』
「そうなの? じゃあ、もう一回!」


『ちょっと休憩! ホント、猿かw』
「そりゃ、紀ちゃんみたいないい女とだったら、誰でも猿になるって!」
『そう? でも、、旦那はね、、、 あんまり、、、』
「えっ?そうなの?しないの?」

『うーーん、、、月に一回くらいかな?』
「もったいない、、、 俺なら毎日するのに!」
『まぁ、結婚するとね、、、そんなもんよw』
「紀ちゃんからは誘わないの?」
『それとなくね、、、  でも、気がついてもらえないw』
「そうなんだ、、  でも、イッたことないって言ってましたよね?」


『そんな事言ったっけ?w 記憶にございませんw』
「政治家かw でも、イケないと欲求不満でしょ?」
『ホント、あんたとしなければね、、、 気がつかなかったのに、、』
「じゃあ、俺としてると思ってみたら? 目つぶってさw」
『バカか、、 セックスだけが全てじゃないしね。 愛し合ってるから、イクイカないなんて小さな事だよ!』
「そんなもんかなぁ?  まぁ、騙されたと思って、一回やってみてよw 明日にでもさw」


『してもいいの? イヤじゃないの?』
「えっ!? そりゃ、、、イヤだけど、、、  仕方ないし、、、」
急にしどろもどろになるユウキ君に、いきなり嫁がキスをした。

そして、積極的に舌を絡める嫁。
それに応えて、ユウキ君も舌を絡めているようだ、、、

たっぷりと、5分以上はキスをしただろうか?
『そう言う時は、ウソでも、俺以外の男とするなっ!って、言わないとw』
「はい、、、ごめんなさい、、、」
『まぁ、あんたがそんな事言っても殴るけどねw』
「えぇーー?なんだそりゃw」
『ほら、時間ないよ?もう一回するんでしょ?』
嫁が、そう言いながら、ベッドの上で四つん這いになる。
ヒモだけの下着がエロさを増加させている。


そして、自分でアソコをクパァと広げて、
『い・れ・て・』
と、楽しそうに言った、、、
アソコからは、真っ白な精子が流れ出ていることだろう、、、
「マジ、最高、、、」

 
うわごとのように言いながら、ユウキ君が嫁に覆いかぶさる。
そして、イッたばかりだけど、大きいままのペニスを嫁に突き入れていく、、、


『ホント、、ヤバい、、、 入れただけで、、、 あぁっ! もう、、 ひぃあぁ、、』
背中がのけ反っている。
ユウキ君は、パンパンと音を立てながら腰を打ちつけている。
「マジ、、、気持ち良すぎッす、、、あぁ、、 紀ちゃん、、、好きです、、
『う、あぁっ! ひグゥッ! おグッ! おぉおおぉぉおおお゛お゛お゛お゛お゛ぉん、、、っっ!!! 好きぃ、、、  このおちんちん好きぃ、、、』
獣のようにうめきながら、淫語をしゃべり出す嫁、、、


「チンポだけ?好きなのはチンポだけ?」
切なそうに聞くユウキ君。
『チンポだけぇ、、  好きぃ、、 あぁっ!くヒィッ!!!』
すると、ユウキ君が腰を止める。

『ダメぇ、、イジワルしないでぇ、、』
「好き?」
『うぅ、、、好き、、、  ねぇ、、動いてぇ、、、』
「何が好き?」
『、、、、キ君、、、』
「きこえない、、」

#エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

うつろいゆくもの…

10年ほど前の話…。

私には年上の銀行員の彼氏がいました。でも仕事は夜遅くまでかかったり出張で会えなかったりで悶々とした日々を送っていました。

ある日、小遣い稼ぎでやっていたスーパー銭湯の清掃のパートに出かけると新しいバイトの男の子で2コ下の(秀雄)5コ下の(裕平)を部長に紹介されました。
外廻りと内廻りに別れ、初めは秀雄と東駐車場へ見廻りに行きました。普段はやる気がない秀雄は草むらでエロ本を見つけると途端にテンションがあがり、先輩の私にもタメ口で話し、しかも100kgを超えそうな弛んだ体で生理的に嫌いなタイプです…。
そして次の日は裕平と内廻りの日、まだ17の裕平は年の割に落ち着いていて、でも時折みせる無邪気さに私はすっかり虜になってしまいました。話を聞くと裕平は最近母親と死別し、それが理由で落ち込んでおり(落ち着いていて見えたのはこれが原因だったのでしょうか)年上の自分としてはなんとかしてあげたくなりました。

そんな新人の二人が入ってきて三ヶ月が経ったころ、ある事件が起こりました。

東駐車場のトイレが何者かに小便などの汚物でまき散らされるという迷惑行為です。
それは週に二、三回ありしかも私が清掃担当の日に限って…。

その夜、近くの公園で裕平とキスをしながらベンチに座っていると…。
…そう、私と裕平は共に心の隙間を埋めるかけがえのない存在になっていたのです。しかも裕平からすごい事を告げられました。自分は先輩(私)を愛しているが秀雄もまた先輩に好意をよせていると…!
理由を聞くと秀雄は今まで女性と付き合ったことがなく、ずっと自分に話を会わせてくれていた私をだんだんと好きになったみたいなのです(心の中では嫌悪していましたが…)
その日は、フェラチオだけでしたが17才のチンポを彼氏持ちの私がくわえていると考えるだけで頭がクラクラしてニヤニヤも止まりませんでした…。

次の日、秀雄と東駐車場をペアで歩いていた時です。秀雄は私以外誰にも聞こえない声で言いました。
『誰にも言わないでくださいよ?俺、童貞なんすよ…』
知らなかったフリをする私「へぇ〜そうなんだ。」
『俺、こんな太ってるし顔も気持ち悪いし女にも嫌われてたから女性不信で。だから今まで…。』
「そんなことないよぉ…」
かわいそうな秀雄…何か自分にできる事…すると自分の口からとんでもない言葉が発せられました。

付き合うとかはできひんけど…。おっぱい…触る?
自分の胸はどちらかといえば貧乳でしたがないよりはマシだと、何か自分にできる事を模索した結果がこれでした。
『は…!はい…!』
すぐに私の胸を揉みしだく秀雄…この久しぶりの感覚は女としての喜びを蘇らせました。
「す…吸っても…いいからぁ…」『じゅぱ…じゅぱ…!!じゅるるぅ!!じゅるぅ…!!』
静かな男子和式トイレの中で響く乳首をむしゃぶられる卑猥な音、秀雄のせいで中の充満した熱気はサウナかと思うほどにたちこめ、私がかいた大量の汗は秀雄に舐めとられ彼の栄養になっていくのでしょう…。
すると秀雄は私の股間に手をのばし、まさぐりだしました。
「だめ!これ以上は…私と秀くんは付き合ってないから…。」

秀雄は舌打ちをし、むすっとした表情で信じられない事を言いました…。
『んじゃつかの事聞きますけど、先輩って裕平と付き合ってるんですか?』と…!!

「え?どうして?」
(見られていた!?)冷静を保ちつつも私の唇は震えが止まりませんでした…。
『いや昨日◯◯公園で先輩と裕平がキスしてるの見たんですよ…』
不適な笑みで話す秀雄…。
『しゃぶってもいましたよね??』

!!!
私は頭が真っ白になり膝から崩れ落ち、秀雄に震えた声で言いました。
「絶対…!言わないで…!」
『それは先輩次第すよ…(笑)』
「最低…!」
そう言いつつも、私はさっき乳首を弄ばれた時に疼いていた股間を刺激したくてたまりませんでした…。
清掃の制服を脱ぎ、パンツを脱ぐと秀雄は鼻息荒くそれを奪い取りました。
その恍惚とした表情を見ていると私はこの男に何をされるんだろうと想像し、頭がボーっとしてきたのを強く記憶しています…。
床にペタンと座ると生で見るのは初めてであろう女性器を秀雄に見せつけオナニーをしました。
おもむろにクンニをしてこようとした彼に向かって「秀ちゃん次第よ…?」と言うと彼は火照ったチンコをとりだしました。オナニーしやすいように私は唾をチンコに吹きかけヒクついたねっとりマンコをこすっていると…。
気づけばいつのまにか彼氏にしか使わない性欲のムードを高めるニャンニャン言葉を話していました。

「…ぁん…秀ちゃんは汗臭いデブで…気持ち悪いニャン〜…でもそんな臭い口で舐められるとイキ顔見られるニャ…」

飛びかかる秀雄
(じゅぅる…!!じゅるぅる!!ぴちゃぴちゃぴちゃ…!!)

「やぁんッ…!!ヤだ…やだヤダヤダやだ!!ンぅぅぅぅん!!!
 イク…!!!!!!イクイクッッ!!!」

(ピクッ…ピクピク…!!)
私は久しぶりに味わった感覚に息を吸うのも忘れ…。
「あっ…あっ…あぁぁぁん…」
秀雄のクンニは平凡なものでしたがいつもおとなしめでお嬢様ぶっている自分が卑猥な声を発し、それを聞くだけで気分が高まっていました。

いつのまにか私は自分の評判の為ではなく秀雄に自信をつけさせてあげようという母性が増していました。
(私は悪くない…私にかまってくれない彼氏…彼氏を束縛する仕事が悪い…!)
そう正当化すると楽になり、もっと過激なプレイ、秀雄と裕平の二人を一人前の男にしようと決意しました…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

…というのが俺がバイトで出会った女の話です。俺と裕平はどうすればこの女とヤれるか裏で情報を提供し合い、計画を練ったらこういう結果になりました。俺の童貞の話や裕平の親の話は全くの噓、ただヤりたい盛りの俺らがどうやってこいつとSEXできるかってだけで。最初はゲーム感覚だったんですよw俺の小便を掃除してるこいつの顔とかゾクゾクしたw

P.S. こいつは去年、銀行員の彼氏と結婚しました。でもその傍ら、風俗で金を貯めて絵描きを目指している裕平に乗り換えようとしているらしいですw



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード