萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

コスプレ

私は中古妻

結婚10年、43歳の主婦です。夫は36歳です。
私は幼少の頃より、可愛い可愛いと言われて、中2で初体験してから30歳で夫と出会うまで、11人の男性とお付き合いしました。11人全員、行きずりではなく恋人として付き合ったつもりです。最短で半年、長い人は3年でした。夫と出会った時も彼氏はいました。
私は小柄で細身の童顔なので、出会った時に夫は私を同年代だと勘違いしていました。彼氏と一緒のところを見られ、
「何であんなオジサンと付き合ってるの?」
と言われました。当時の彼氏は4歳年上の34歳ですから年齢的には不思議ではありませんので、その時に私の年齢を聞いて、夫は腰を抜かしていました。
私の歴代の彼氏はロリコンさんが多かったのです。特に20代半ばまでは普通に中学生や高校生に見えて、居酒屋などで年齢確認を要求されていました。セックスも、昔の制服を着たコスプレをお願いされることが多々ありました。
夫の前の彼氏とは結婚も考えていましたが、見た目より実年齢の若い女性に取られてしまいました。
失意の私を慰めてくれたのは7歳年下の夫でした。年下の男性は頼りなくて包容力がなくてお金もなくて、恋愛対象外でしたが、夫は物知りで頭の回転が速く、論理的で判断力があって魅力的でした。唯一ムードに欠けていましたけれど、次第に惹かれていきました。聞けば夫は付き合うとすれば初めての理系の男性でした。
夫からのストレートなアプローチを何度儲けましたが、7歳年下がどうしても引っかかって踏み出せませんでした。でも、見た目はどうあれ気が付けば三十路、迷っていた時、別れた前彼がヨリを戻した異と言ってきました。何の事はなく、彼女に振られたのです。明らかな体目当てにカチンときて、夫を新しい彼氏だと紹介してしまいました。前彼は、
「そいつ幼顔だけど30歳だぞ。俺が初めてやった時でもアヘアヘしてたからとんでもない中古女だぞ。何人もの男に股ぐら開いてチンポ入れられて精液まみれにされた女だぞ。」
と夫に言いましたが、夫は、
「あんたはその女に未練があって復縁を迫ったんでしょ。しかもそれだけ見下した女に振られたんでしょ。」
見事でした。相対的な論理に言い返せない前彼は引き下がるしかありませんでした。

夫は私の過去など聞こうともしませんでした。セックスは少し雑で激しすぎる傾向がありましたが、セーラー服やブルマーを着せたりする事はありませんでした。11人の男性に使われてちょっとばかり変色してしまった私のアソコを丁寧に舐めてくれるし、男性器が長めな上に若いだけあって硬いんです。私、男性器そのものに夢中になったのは夫が初めてでした。
夫は一人っ子なので、緊張しながら結婚の挨拶に夫の実家へ行きました。夫の母親は私の年齢を聞くと、
「あら、それじゃ早く孫を作ってもらわなくちゃね。」
と言うだけで、普通に歓迎してくれましたし、夫の父親は、
「可愛いなあ。本当に33歳なの?23歳じゃないの?まいったなあ。ファンクラブ作っちゃおうかなあ。」
と言って笑っていました。

私はずっと、自分は可愛くてモテたと思っていました。でも、幼い見た目が好まれただけでした。それは、幼く見える私のカラダが目当てだったのです。でも夫は違います。私の事を愛してくれます。中古なのに一途に愛してくれます。結婚以来、生理や出産など止むを得ない事情があるとき以外は、毎晩私を抱いてくれます。10年間、あの大好きな夫の男性器に愛された私のアソコは、夫と出会った頃とは比較にならないくらいに真っ黒に変色して、桃色だった中身まで変色してしまいました。それでも夫は私のアソコを舐めてくれます。
8年前に第一子が生まれてからは仕事を辞めて夫の実家に入りました。年齢からも明らかな中古嫁なのに、お姫様待遇されています。当然家事はキチンとこなしていますが、自由な時間と個室を与えられています。
気兼ねなく性生活を楽しめるように、2階をリフォームして夫婦の寝室から直接音が廊下に漏れない間取りにしてくれましたので、毎晩はしたない声を上げて夫に抱かれています。夫は変色してしまっても私のアソコが大好きで、いつまでも舐めているので途中で逝ってしまうこともしばしばあります。早く入れて欲しくて腰が動いてとても恥ずかしい思いをします。そうして夫の男性器を入れられると、全身が痺れるように快感が走り、膣の上を擦りながら奥に到達する運動に完全に平静を保てなくなり記憶が曖昧になっていくのです。43歳になって毎晩逝かされる充実した性生活を送れる私はとても幸せだと思います。

私は中古女と揶揄されても構いませんが、中古女を嫁にしたと夫が言われるのは我慢できません。
年に何回か、夫の親戚が集まる機会があると、
「靖子さんはいくつになっても可愛いねえ。姉さん女房には見えないよねえ。本当に可愛いねえ。」
と言われて嬉しいですが、それが気に入らない方もいるので控えて欲しい発言でもあります。いつも私の体を舐めるように見る私と同じ年の夫の従兄はまだ独身で、早く結婚しろと親戚中にいわれて、
「新品じゃないとだめなんだよね~。誰かの使い古しは遊び道具だもんね。」
と言います。ムカッときます。新品の女性があなたを相手にするとでもっ?って言いたくなります。あんまり頭にくるから、その従兄の目の前で、夫にゴロニャ~ンと可愛く甘えてベタベタしちゃいます。夫の二の腕に胸をくっつけて、少しスカートをはだけてみせます。お前にはこんなことできる相手がいないだろーって見せ付けちゃいます。

最後の巡り会い

中学1年生の時に隣の席になった由依、長い黒髪がセーラー服の襟足にかかる清純な女の子。
まだランドセルを下ろしたばかりで、無邪気に仲良くしていた由依。
中学2年の時も同じクラスで、とても仲がいい女の子の親友になっていた由依。
中学3年でも同じクラスで、二人で受験勉強をしていた由依。
俺は公立の男子校、由依は私立短大付属高校へ進学が決まり、卒業直後、別れ際に思いを打ち明け、相思相愛の初体験・・・
由依の初々しい女陰、綺麗な女穴、可愛いクリ豆・・・恥じらう仕草で股を開き、俺の男根を受け入れた由依。
「痛い・・・ヤッちゃん・・・好き・・・」

高校1年が終わる頃には、俺に股を広げて自分で女陰を剥き広げ、俺にクリ豆弄りをおねだりしていた由依。
「ヤッちゃん、気持ちイイよ。アァッ・・・もう入れてぇ・・・」
と恥ずかしがりながらも快感を求め始めた。

高校2年が終わる頃には、俺に跨って長い黒髪を振り乱して腰をクイクイさせて、
「アアン、アアン、ヤッちゃんのチンチン気持ちいいよ~」
と女の悦びにドップリ浸っていた由依。

高校3年が終わる頃、俺は東京の大学に進学を決め、由依はそのままエスカレーター式に短大へ進学が決まっていた。
「3年間、楽しかったね。」
「由依、お前可愛いな・・・」
「ヤッちゃん、ありがとう。一度お別れになるけど、もし、もう一度で会えて、その時お互いに1人だったら・・・」
「ああ、もう一度、由依と付き合うよ。」
「じゃあね。元気でね。」
「ああ・・・由依もな・・・」

汽車の窓から手をにぎり
送ってくれた人よりも
ホームの陰で泣いていた
可愛いあの娘が忘らりょか・・・

次男坊の俺は、大学を出ても故郷へ帰らず、楽しい東京に根差した。
社会に出た昭和末期、プラザ合意の後に空前の好景気が始まって、俺はNTT株で大儲け、夜な夜なナンパした女子大生や短大生を連れ込んで、コスプレエッチやSM遊び、大学時代の悪友たちと3P4Pのご乱行の日々だった。

俺が25歳の時、3歳年上の兄貴が結婚するからとの一方で帰郷、式に出た。
新婦側の親戚に、由依を見つけた。
「ヤッちゃん・・・新婦は私の従姉なの・・・」
由依の左薬指には、銀色の指輪が光っていた。
「由依・・・結婚したんだ・・・」
「ゴメン・・・再会したとき一人じゃなくて・・・」
「由依、幸せになれよ・・・」
「ありがとう・・・」

エロ遊びに興じていた短大生の真由子がやたらに美形で、エッチの時の淫らさと普段の清楚さのギャップに萌えて別れられず、俺28歳、真由子23歳で結婚した。
子供が二人生まれて、幸せな一家だった。
バブルが弾けても、慎ましく暮らせていた。
子供が大学生、高校生になると家計を助けるために妻の真由子がパートに出た。
パートに出て3年の頃から、真由子は夫婦の営みを拒むようになった。
月に1回がやっとの状態が続き、ついに完全なレスになった。
そして4年前、下の子が短大生になった時、
「あなた、ごめんなさい。私と、別れてくれませんか・・・」
そう言って裸になった当時45歳の真由子の乳首には、シルバーのリングがぶら下がり、クリ豆と女唇にも同じようなリングが通されていた。
「真由子、お前、それ・・・」
「私の体は、ご主人さまに捧げたの。もう、あなたの真由子じゃないの。ごめんなさい。」
俺は、真由子と離婚した。
真由子は、ご主人さまとやらの5番目の性奴になったらしく、そのご主人さまとやらから、1、000万円の慰謝料が振り込まれた。

離婚してから、兄貴か経営している会社の経理を手伝って欲しいと言われていたので、一昨年、二人の子供たちが社会人になったのを機に、俺は仕事を辞めて故郷へ帰った。
「保史、お前一人で経理を担当するのは大変だろう。アシスタントを雇っておいたから。」
「よろしくお願いします・・・」
「由依・・・由依なのか?・・・」
「ヤッちゃん・・・私・・・」
「彼女、女房の従妹なんだ。14年前に離婚してね・・・」

昨年、俺と由依は53歳同士で再婚した。
お互い、35年前と比べたらくたびれた体を慈しみ合い、25年前と比べたら黒ずんだ男根と女陰を合わせて、毎晩愛し合っている。
もう、受精することのない女穴に俺の精液を流し込み、熱い精液を子宮に湛えて逝きまくる由依を抱きしめている。
由依の黒ずんだ女唇は、元夫以外の男根も受け入れたかもしれない。
そんなしみったれた嫉妬を抱きながら、それでも初めて受け入れた男根は、俺の男根だと言い聞かせて由依を愛している。

先日、上の子が結婚したいと言い出して、上京した。
その時、由依との性生活に刺激になるようなものはないかとアダルトショップに立ち寄った。
そうしたら、そこに、
「退職記念出版!某大学教授の5人の性奴の記録。」
というDVD付きの雑誌が目に入り、「5人」と「性奴」というキーワードに思わず手に取った。
表紙に写る5人の女達には目線が入っていたが、その中の一人は明らかに真由子だった。
3200円もするそのDVD付きの雑誌を買って帰った。
由依に隠れて雑誌とDVDを見たが、凄惨な内容だった。
真由子と4人の女達は、惨めな格好に縛られて、クリ豆の皮を切除されたり吸引器で吸われたり、肛門から入れられた電極とクリ豆に挟まれた電極に通電されたり、ヨダレと鼻水を垂れ流しながら発狂する様子が掲載されていた。
俺は、すぐにその雑誌を処分して、真由子は死んだ、この世にはもういないんだと自分に言い聞かせた。
そして、俺の妻は由依ただ一人だと決めた。

婚約者を御曹司に肉体改造された完

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。

でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。


??僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。

「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」
僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。
僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。

胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。
一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。

そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。

『ほら、死ねっ! オカマの変態は死んじゃえ!』
さとみさんは、そんな口汚いことを叫びながら、腰を振る。さとみさんは、すっかりと男役が上手になった。力強く、それでいて的確に僕の前立腺を削る。
「ンおぉぉっ! ダメぇっ! のぞみイクぅっ! イッちゃぅっ! ンハァァッ!!」
僕は、耐えきれずに叫びながら射精した。小さな僕のおちんちんから、白い液体が飛び散る。でも、睾丸を摘出された影響か、色がうすい気がする。

自分のお腹や胸に精液をまき散らしながら、僕は狂いそうな程の快感に、恐怖していた。
さとみさんは、僕のお腹や胸の精液を指で集めると、それを僕の口の中に押し込んできた。自分の精液の、生臭い味と臭いが口の中いっぱいに広がるが、それに興奮する僕がいる。

『ほら、どうしたいの? もっと欲しいんでしょ?』
さとみさんが、小馬鹿にするように言う。さとみさんは、いわゆる黒ギャルの見た目だ。元々は、黒髪で白い肌、野暮ったい顔の眼鏡女子だった。彼氏の僕の目から見ても、美人とは言えないルックスだった。
それが今は、誰が見ても美女と言われるくらいのルックスだ。ほとんど金髪の髪、スッと通った鼻筋に、大きく開いた目頭、そして、ブルーの瞳。
僕は初めて見たとき、カラーコンタクトだと思っていた。でもそれは、いわゆるタトゥーだった。白目にタトゥーなんて、信じられなかった。でも、アメリカではすでに流行りつつあるそうだ。

そんなブルーの目で見つめられながら、もっと欲しいんでしょ? と言われると、ゾクゾクする。そして、もっとして欲しくてたまらなくなる。まるで、催眠術にでもかかったみたいになる。

「欲しいです……もっとして下さい」
僕は、肉の快感に負けっぱなしだ。

それにしても、結婚まで考えていた相手を寝取られ、改造され、僕は絶望的な状況にいると思う。そのうえ、その大切な愛する彼女に、僕は女として責められている。
そんな異常な状況なのに、気持ち良すぎて、止めようとは少しも思わない……。

『変態w もうすぐ結婚式なんだから、シャキッとしてよw』
さとみさんは、馬鹿にした口調で言いながら、腰を振り始める。イッたばかりの僕なのに、すぐにスイッチが入ってしまう。その極太のペニスバンドが、僕の前立腺をゴリンゴリンと削るたびに、幸せに包まれてしまう。どう見ても不幸の絶頂にいるはずの僕が、多幸感で顔がにやけている姿は、端から見ると気が狂ったとしか見えないと思う。

そしてさとみさんは、結婚式のことを引き合いに出した。僕とさとみさんは、こんな状態なのに、来週結婚する。と言っても、僕もさとみさんも、もう家族には会えない姿なので、二人だけでの式だ。すべて、中須さんが段取ってくれている。

僕は正直に言って、さとみさんが僕と結婚してくれるのが信じられなかった。もう、僕のことなんて、変態女装男としか見ていないと思っていた。僕の酷い過去を雅治君から聞いて、軽蔑していると思っていた。
それなのに、僕と結婚してくれるさとみさん。思わず、なぜと聞いてしまった。
”変態でも、愛してるから? のぞみちゃん、一生可愛がってあげるからねw”
と、その時少し照れたように言ってくれた。

見た目も言葉づかいも、性格すら変わってしまったように思えたさとみさんだったが、僕への気持ちは残っていたようで、本当に嬉しかった。

一瞬そんな事を思いだしたが、おかまいなく腰を振るさとみさん。あえぎ、叫ぶ続ける僕。頭が真っ白になっていく。整形手術で、女性により近づいたことで、本当に女性みたいに感じることが出来るようになったみたいだ。

もう、射精とか関係なく、オルガズムを感じる一歩手前で、
「やってるねw」
と、中須さんの声がした。さとみさんは、腰を振るのを止めて、
『遅いですよぉ~! 仕方なく、のぞみちゃんとしてましたw』
と、中須さんに媚びるさとみさん。
「ゴメン。ちょっとオペ長引いちゃってね」
中須さんはそんな事を言いながらさとみさんの横まで来て、いきなりキスをした。僕の目の前で、濃厚にキスをする二人。

自分の目の前で、僕と結婚するさとみさんが他の男とキスをしている……僕は、激しく嫉妬をしていた。でもそれは、中須さんに対してではなく、さとみさんに対してだ。
中須さんにキスされているさとみさん。僕は、羨ましいと思っていた。中須さんにキスしてもらいたいと思っていた。

自分のフィアンセが他の男とキスするのを見て、そんな風に思ってしまう僕は、もうダメなのかもしれない。


中須さんはさとみさんとキスしながら、下だけ裸になる。相変わらずの惚れ惚れする男根だ。僕は、さとみさんに中須さんのそれよりも太いモノを突っ込まれているのに、中須さんのそれを入れてもらいたくてたまらない。
やっぱり、どんなに太くても偽物は偽物だ。本物の熱さや、外は柔らかいのに中はカチカチで固いところなど、本物には勝てないと思う。その上中須さんのペニスは、魔改造がしてあり、カリも大きいし、茎に埋め込まれたリングもえげつないことになっている。

『のぞみちゃん、ピンピンになってるw』
さとみさんにからかうように言われた。確かに僕のおちんちんは、小さいながらも完全に勃起している。ツルツルにへアを剃られた僕の下腹部には、情けないほど小さなペニスがビクンビクンと脈打っている。

ペニスバンドで突かれているときは、気持ち良すぎて死にそうなのに、ペニスはフニャフニャになる。
でも今は、中須さんのペニスを見てフル勃起している。
「のぞみちゃん、入れて欲しいの?」
中須さんが、優しい口調で言う。僕は、さとみさんに見られているのに”入れて欲しいです”と叫んだ。

すると、中須さんは後ろからさとみさんに挿入した。さとみさんのペニスバンド用のショーツは、後ろから入れられるように、後ろ側はヒモだけだ。
『ンホオォッンッ! チンポイグぅっ!』
さとみさんは、入れられただけであっさりとイッた。僕とのセックスで、多少興奮していたと思うけど、たった一突きでイカされてしまったさとみさん。僕には、逆立ちしても真似出来ないことだ。
さとみさんは、僕とのセックスでは絶対に見せることのないとろけた顔で、口の端からはよだれまで流している。
そして、中須さんがさとみさんにバックで入れたことで、さとみさんのペニスバンドが僕の腸内深くに押し込まれた。
前立腺も気持ち良いけど、精?とかS字結腸を抜かれたりすると、身体が痙攣するほどの快感が走る。

僕は、多分さとみさんと同じくらいにとろけた顔をして、同じようにあえいでいると思う。

中須さんは、そんな僕らを見て満足そうに笑うと、腰を振り始めた。
『んン゛っ! ンオォオッ! チンポ気持ちいいぃっ! あぁぁああっ! んあぁおあぁおっ? もっと、もっとしてくださいぃっ!』
さとみさんは、夢中で叫ぶ。そして僕も、中須さんの動きに押し出されるさとみさんのペニスバンドで、狂ったようにあえいでいた。

さとみさんの膣は、僕の拳が簡単に入ってしまうほど拡張されている。もう、僕のおちんちんじゃ、入れてもまったく感じてくれない。そして僕も、入れても少しも気持ち良くなれない。さとみさんの緩んだ膣では、僕の小さすぎるおちんちんはまったく刺激されない……。
結婚する相手の膣が、他の男の手で拡張されてしまい、セックスもまともに出来なくされてしまったのに、その男に惚れてしまった僕……もう、自分でもよくわからなくなってきた。

「よし、出すよ」
中須さんが、少しだけ苦しげに言う。
『イッでぇぇッ! 中にっ! 赤ちゃん欲しいぃっ! うぅああぁぁあぁっ! 中須さんので孕ませてぇっ!!』
さとみさんが、顔を中須さんに向けながら、そんな事を叫ぶ。
中須さんは、イクためのスパートをかけたので、それにつられてペニスバンドがガンガン僕の精?を押し込んできて、オルガズムを感じそうだった。

「イクっ」
短くうめく中須さん。
『イイィイ゛グゥッ!! あぁぁあーっっ!!』
中須さんに中出しを受けて、絶叫しながら果てたさとみさん。力なく、僕に倒れ込んでくる。
すると、ペニスバンドが抜けそうになる。S字結腸をいきなり抜けたペニスバンド。僕は、頭が真っ白になった。イッた……僕は初めて、女の子のイキ方でイケた。それは、信じられないくらいの快感だった。死……それを連想するほどの快感。

すると、抜けていくペニスバンドが、前立腺を刺激した。イッている状態で前立腺をゴリンと削られ、僕は真っ白になっている頭の中で、何かがスパークしたのを感じた。

「アアァあああ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁっ!」
僕は、ただただ叫び続けていた。オルガズムが収まらずに、すぐ次のが来る。しかも、少し大きくなって襲ってくる。イッている状態ですぐにより大きなオルガズムが来る。これが、止まらない状態になった。

僕は、もう言葉も出せずにのたうっていた。こんなに連続でイッているのに、ペニスからはなにも出てこない。今までは、アナルでイカされると、トコロテンのように射精もしていた。
今は、射精もなく、いわゆるドライ状態で大きな波が間断なく襲ってくる状態だ。
僕は、死ぬと叫んだと思う。正直、記憶がない。電気のスイッチを切ったように、ブチッと意識がなくなったからだ。

ドライオーガズムは、聞いたことはあったが、信じていなかった。でも、実際に体験すると、それは凄まじいモノだった。覚せい剤とかを使ったキメセクは、一度経験すると脳が忘れられなくなると聞く。その後の一生は、キメセク出来ない我慢との戦いになると聞く。
僕は、そんな扉を開いてしまったことを実感した。

目が覚めた僕は、女子高生の格好をしていた。僕は、中須さんの趣味でよくコスプレをする。そして、コスプレをしていると、それだけで僕の中の牝がうずいてたまらなくなる。
コミケなどで、大勢の前でコスプレしている女の子達は、絶対に発情状態だと思う。

僕は、ボーッとしたまま中須さんと目があった。
「すごかったね。大丈夫? 泡吹いてたよw」
中須さんが、優しい笑みで言う。
「はい……大丈夫です」
僕は、なんとかそう答えた。でも、身体が重くて動かない感じがする。精根尽き果てたという感じだ。

「さとみさんは?」
僕は、ボーッとしたまま聞いた。
「そこで寝てるよw」
中須さんが、イタズラっぽく言う。多分、僕が失神したあと、中須さんに失神するまで責められたのだと思う。
僕は、自分のフィアンセがそんな事になっているのに、羨ましいとしか思えなかった。僕も……いや、私も中須さんに失神するまで責められたい……そう思った。
もう私は、さとみさんなんてどうでもいいと思っていた。と言うか、今はライバルだと思っていた。

私は、チャンスだと思い、中須さんに抱きついた。そして、強引にキスをした。中須さんは、すぐに舌を絡ませてくれて、情熱的なキスをしてくれた。女の子としてキスされると、本当に腰が砕けそうに気持ち良くなってしまう。

「いいの? 奥さん失神してるのにw」
中須さんは、キスしたあとそんな事を言った。奥さんと言われて、違和感しかなかった。私は、中須さんと結婚したい……そんな事を言いそうだった。

「もう我慢出来ないです……入れて下さい……」
私は、制服のスカートをまくり上げて、そんな風におねだりをした。スカートをまくり上げて、自分のおちんちんを見て、少し驚いた。私のおちんちんは、ピンクの可愛らしいリボンで飾り付けされていて、ショタ系のエロマンガみたいになっていた。

すると、中須さんが僕のおちんちんをくわえた。そして、舌で責め始めた。僕はもう、腰が抜けたように気持ち良くて、座り込んでしまった。

「ペニクリ、カチカチだね。気持ち良い?」
中須さんは、私のおちんちんを舐めながら言う。
「気持ち良いです! もうダメ……入れて下さい……中須さんの大っきくて、素敵なおチンポ入れて下さい……」
私は、自分でケツマンコを広げながら、おねだりをした。
「自分で入れてごらん」
中須さんはそう言うと、ソファに座った。私は、そのあまりにも立派なペニスを見て、それだけで軽くイキそうだった。そしてすぐにまたがると、そのままケツマンコに導き、一気に挿入した。

さとみさんとのエッチで、私のケツマンコの中はローションとワセリンでヌルヌルになっていて、一気に根元まで挿入された。
その瞬間、私は一気にドライオーガズムが始まってしまった。
「お゛お゛お゛お゛お゛ぉぉうぅう゛う゛う゛っっ!!」
言葉にならないうめきを上げながら、私は痙攣を始めてしまった。
そんな私に、キスをする中須さん。
舌が口の中に入ってきて、心底驚いた。私の舌も、性感帯になったみたいに気持ち良く、舌が絡みつくだけでイッてしまった。

「のぞみ、可愛いよ。愛してる」
中須さんは、真面目にそう言ってくれた。私は、その言葉を聞いた瞬間、また電気が消えたように失神してしまった。


そして、結婚式の日、私は胸にきつくさらしを巻かれた。そして肩よりも長い髪は、オールバックにして縛り、タキシードを着た。鏡に映る私は、宝塚の男役みたいな感じで、少し違和感があったが、男には見えると思う。
そして、私のケツマンコには、直径6cmを越える極太のアナルプラグがハメられている。歩くだけで……いや、少し身体をひねるだけで、プラグが前立腺を削り、イキそうになってしまう。
これは、すべて中須さんの指示だ。

さとみさんは、新婦の控え室でメイクなどをしている。私は、本当のことを言うと、ウェディングドレスを着たかった。メイクをされて、ウエディングドレスを着て、花嫁になりたかった。
さとみさんと結婚するのは、嬉しい。でも、私はもう男として、夫としての役目を果たせない。子供も、作ることが出来ない。
でも、さとみさんのことは間違いなく愛している。同性愛のような感じかもしれないが、それは間違いない。

そんな気持ちに揺れながら、新婦の控え室に向かった。ドアをノックすると、
『は、はぁ~い!』
と、さとみさんの返事がした。でも、声が変だ。僕は、ドアを開けてその理由を知った。

さとみさんは、純白のウエディングドレス姿のまま、バックでハメられていた。もちろん、ハメているのは中須さんだ。

続き 

高校教師している彼女の教ええ

最悪な修羅場が起こった。
同い年の彼女は高校教師をしており進路指導と生徒指導を兼任していて残業が多い。
忙しくて中々会えない彼女がいるのにデリヘルを呼んでしまった。

風俗ってどんなものなんだろう。
興味本位で一度だけと思い風俗のサイトを覗いた。
容姿端麗で巨乳の子が顔写真付きで載っていて逆に顔出ししていない子の方が多いのに驚いた。

俺はスレンダーな子が好きだから一番背の高い18歳の若い女の子を指名することにした。
まだ体験入店らしい。顔出しNGだが教師目指すクールな女の子と書かれていたのも魅力的だった。

ワクワクしながら待機してるとインターホンが鳴る。胸をバクバクさせながら待つと意外と地味な服装の女が現れた。
身長は170とプロフィールに書かれていた。胸は小ぶりだが膨らんでいる。
Cカップくらいだろうか?
水色のストライプシャツに紺のAラインスカート。教師を目指しているとあったが本当に先生のように見えた。

「こんにちは。華です。」
切れ長でキツい目はモロ好みだったが18に見えないので念のため年齢を聞いた。

「いくつ?」
「ホームページに書いてあるんですけど見てないの?」
「あー、いや大人っぽいから。」
「本当に18。この間まで制服着てたけどコスプレ扱いされてた。」
「えー、うそ。」
「私の学校、体育祭では先生チームが制服着て走るのが恒例なんですよ。制服姿の担任と写メ撮ったら先生の方が生徒みたいって笑われて。」

そういえば体育祭でコスプレすると彼女が言っていたなと思ったが嬢が高校名を教えてくれるはずはない。仮に彼女の学校だとしても4クラスしか授業を持っていないと言っていたから大丈夫だと思った。
そういえば俺の学校でも文化祭で先生が学ランを着て踊っていた。

「でも大人っぽい。ドキドキしちゃう。」
「こういうことする彼女いないの?」
「いるよ。」
「えー、今から来たりしないよねー。」
「怖いこと言うなよ。」
「あはは、じゃあ先シャワー浴びていいですか?それか一緒に入ります?」
「別々で。後で裸、ゆっくり堪能したいから。」
「じゃ、お先に。」

ブルーのブラジャーとパンティ姿になった彼女はスレンダーで腰がありえないくらいくびれていた。
胸を触ると「あぁぁ…。」と喘ぎ出すが明らかに演技くさかった。
「今、演技してるでしょ?」
「え、分かる?」
「彼女胸触っただけじゃ逝かないから。経験ないの?」
「一人だけ。AVで女優さん首筋舐められただけで喘いでたから。演技やめるからお兄さんイカしてよ。」
「おけ。」

ピンク色の乳首を吸うと、「あぁぁ…」と今度は本物の喘ぎ声が出てくる。「痛い、痛い!」と正直な感想が出てきて弱める。
「彼女さん胸大きい?」
「大きいよ。」
「え、じゃあ風俗いらないじゃないですかー。」
「彼女とは仕事が忙しくてレス気味だからね。」
「あー、男の人溜め込んだらヤバいらしいもんね。」

下半身を見るがマ○コはピンクで経験ないのが分かった。
風俗=セックスと思っていたが挿入行為は出来ないらしい。
「ごめんね。」と言いながらフェラをしてくれた。
経験少ないと思えないくらいうまかった。
「良いの?先生がこんなことして。」
「まだ、一回生だもん。」
「何の先生なるの?」
「小学校。」
「どうして?」
「高校の先生が良い人だったの。でも全教科教えてみたかったから小学校にした。」
「へえ、良い先生に巡り会えて良かったね。」
「うん、てかお兄さん大きい。彼女大満足じゃん!」
「痛いって言うんだよね。俺が初めてじゃないのに。」
「そりゃこの大きさじゃ怖いよ。挿入できる店だったら絶対断ってた。」

彼女の口が俺の精液を吸っている。
この仕事は嫌々なのか、たまに嫌そうな顔を見せるが愛想笑いで誤魔化しているので何か事情あるんだろうなと思った。

「顔にかけていい?」
「いいよ。記念にパシャしちゃう?」
「怖いからいい…。」

ピンポーン。
「○○、いるんやろ?」
「ごめん、風呂上がりで服着てないんだ。着てからでいいか?」
「え、ホンマ?ごめん。」
「彼女家に上げるの?」
「靴持ってクローゼット隠れてくれないか?」
「分かったけど20分で上がるよ。お兄さん最後の客だからね。それより長引いたらお金とるよ。」
「分かった。いくらでも払うから。」

「〇〇、まだ?」
「あ、いいよ。入って。」
「Hもした仲なのに裸恥ずかしい?」
「うん、やっぱな。」
「もう、どうしたん?顔色おかしいよ。浮気でもしてたー?」
「な訳あるかよ。」
「あれ、クローゼット光漏れてへん?何か入ってる?」
「あ、そこは!」

最悪の結果だった。
「何してんの?あんた18歳相手に浮気してたの?」
「なんで、知ってるの?」
「先生違うの、これは…。」
「何が違うっていうん?」
「ごめんなさい。でも…。」
バシッと平手打ちをする彼女。
華の頬から赤い血が流れる。

「私は風俗嬢です。だから知らなかったんです!」
「ホンマ?」
「その怒ると思うけど…。親が独立させてくれないから。この人私の本名知らない。」
「女性として一番最低な仕事やんか。なんで自分大事にせえへんの?」
「風俗やめます。ごめんなさい。」
「分かった。でも○○は店出禁にしてくれる?」
「うーん、無理やり本番迫ったことにしていい?そしたら系列の店も使えなくなるから。」
「いいよ。じゃあ真面目に大学行くんやで。あと、これ治療費。」
「いらない。さよなら。先生。」

結果として俺は次やったら別れるということになった。
彼女と華は隣のクラスで教科担任だったという。
卒アルをこっそり見ると一際大人びた華の顔があった。
華の本名は古風で昌子みたいな名前だった。卒アルには今までありがとうと書いた寄せ書きも挟んであり罪悪感に苛まれた。
しばらくして家に菓子折りと謝罪文が届いたのち華は失踪した。友達や親にも知らせず、大学は辞めたという。
ある意味俺の責任かなと思う。

強制レズプレイされる地味な年上彼女

以前、「二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた」を投稿した男です。
簡単に言うと俺は18にもならない彩未(貧乳ギャル)と浮気したことがきっかけで6つ年上の地味な彼女、映子(痩せのFカップ)が脅迫されレズ奴隷にされてしまったという話。投稿したの1月だし覚えてる人少ないかな?

後日談として映子と婚約した。
同棲も始めたが時々、彩未が映子を犯しに来るので落ち着かない。
彩未は大学生になりセフレ(男)が二人ほど出来た。彼氏や彼女を作らないところが彩未らしいのかもしれないが…。
切れ長の大きい目をしてモデル級の美人なのに変態なのが勿体無い。
恐らく映子がいなければ俺の浮気相手になってくれる相手ではなかった。今にして思えば。
映子も「なんであんな美人が私とヤりたいの?モテるでしょうに。」なんて言ってるし。
ダークな茶髪に染め直し、ギャルからナチュラルな雰囲気に戻しても目力のせいか性格が悪そうに見える。

家に帰ると寝室やソファで裸か着衣の乱れたコスプレ姿がスーツ姿の映子が身体中を弄ばれ喘ぎ声を上げている。
コスプレは彩未の着ていた制服で映子が着ると胸の部分がピチピチすぎておかしな姿になる。おまけに身長は彩未より12センチも低い160センチだから胸以外は大きすぎる。
だいたい今年で29の映子に制服は無理があるが彩未は嫌そうに恥ずかしがる姿を見て楽しんでるらしい。

「映子、今日のブラは?」
「紺っぽい紫のシースルー。」
「え、エロい!下は?」
「Tバックよ。」
「やった、エロい!じゃ、大人しくしててね!」
彩未は嬉しそうにブラウスのボタンを全部開けてブラジャーを上にズラす。
「うわ、すごい!すごい!柔らかい!乳首見えた!」
彩未は映子の乳首をツンツンする。
「あぁん…。」
それを見て興奮した彩未は後ろに回って両手で揉みしだき、飽きると強制ディープキス。
普段は抵抗しない映子も明らかに気持ち悪そうな顔をみせる。
その映子の顔を見て満足そうにニヤッと笑うと無理やり舌を入れる。
だいたい30分は入れ続ける。長い舌で唾液を吸い付き口移しで飴玉を映子の口に入れてから、また自分の口に戻し再び映子の口に入れるということもしている。
映子が生理の時は女性器をいじれない分、2時間くらいキスをして離さない時もある。
映子の柔らかい唇は俺だけのものだったのに嫉妬心に駆られる。
映子は自分の意思とは無関係にヤられているのに。

他にも彩未は胸谷間に指を挟んでみたり乳首を吸い付いたり…。
乳首も強く吸い込みすぎて映子が嫌がってる。その顔を見てもニヤニヤするから信じられない。

元彼とセックスしないうちに別れた映子は俺しか体を知らなかったのに10歳も年下の女に好き放題されている。

彩未が卒業した時は「私の卒業記念!」と言いながらホイップクリームを持参して映子の胸に掛けて舐めていた。
俺とのセックスの時は眼鏡を外すのに彩未は外したらキレる。
彩未は自分が気に入らないことがあると映子の細い二の腕に噛み付くから映子は仕方なく眼鏡を掛けたまま。

胸だけでなく脚や尻も触る。
映子にスカートを履かせてその上から尻を撫でたり座らせて脚を組ませて、それに吸い付いたり。
さすがに俺でも脚は吸ったことがないからかなりショックだった。

最初の方こそ貝合わせとかしていたものの最近は自分は服を一枚も脱がずクンニして映子を感じさせるスタイルに移行した。
「男とヤりまくって使い古された映子さんのグロいの美味しい?。」
「あぁぁぁぁん…あぁ?ん!!いやぁぁぁ!痛い痛い!あぁ!逝く!あぁ、いゃ!やめてぇ!いやぁ!」
映子は嫌がって声を上げるも「濡れてるぅ!恥ずかしいでしょ?」と言いながらさらに舐めてくる。

映子に聞くと演技ではなく本当に感じているらしい。同時に気持ち悪いと思っているとも。無理やり抱きついてくるし俺との弱みや女性器の写真も持っていることから本当にどうしようもできない。
映子には、二人で地方に逃げようと提案しても、仕事辞めたくないからと拒否された。

俺とのセックスは今週1。
胸も巨乳が嬉しくて(というか、ほぼそれに惚れて告白した)テレビ見ながら両手で揉んだり乳首つまんでたのに今はセックスの最中に優しく揉ませるだけ。美味しいところは彩未にヤられてしまった。

大学生になり変態度が増した彩未は俺にレズプレイの鑑賞を命令する。
逆に彩未が俺たちのセックスを鑑賞してる時もある。
彩未は3Pを提案したが自分はヤられても俺がヤられるのが嫌らしく断固拒否した。それを素直に聞く女ではないので案の定交換条件が出された。
映子が1日履いたパンティーを譲ること。映子は渋々、嫌そうに差し出していた。
彩未は次の日学校に履いていったという(多分洗わずに)

そんな生活が今も続いてるが男とのセックスも楽しいらしく間隔は高校よりも空いている。
映子には、とても言えないが不細工な変態男に犯されるようにマシと思う自分もいる。女なら子供作れないし。
それに二人のレズプレイとたまに送られる映子のエロ写真に勃起しているから本当に最低だ。

映子は何もなかったように俺と一緒に家事をして仕事に行き、夜は同じベットで眠る。
俺より6つも年上なのに俺に抱きついて甘えてくる。
彩未の変態ぶりを見せつけられたのも大きいが、少しでも俺が離れると不安そうな顔をする映子が愛しくて浮気なんかできそうにない。

子供ができたら辞めてくれるという彩未の言葉は信じていいのか怪しいが(最後に映子の母乳直接吸ってから辞めるとか言ってるし)映子はあのガキを気にせず幸せになろうと言ってくれる。

画面で悶える別れた元妻

離婚歴のある方は、離婚がどれだけ体力を使うかお分かりだと思います。
私が結婚したのは25歳、元妻は22歳と若すぎた結婚で、1年はラブラブでしたが、元々他人が一緒に暮らすわけなので次第に相手への不満が募り、このまま子供を作って一生添い遂げるか、別れて他の道を歩むか、話し合いました。
私は、客観的に見ても美人の元妻を手放すのが惜しい気持ちと、もっと気立てのいい娘さんを見つけたら幸せだろうなと思う気持ちが交錯していました。
美しい元妻はスタイルも良く、その女体はヨダレが出るほど妖艶で、87㎝ある乳房は揉み応えもあって、イチモツに吸い付くような秘穴もいい具合で、ヨガり声も色っぽくて女としては上玉でした。
しかし、いろいろ話し合った結果、私28歳、元妻25歳と若かったこともあり、お互いが前に進むために離婚しました。
どちらが悪いというわけではなく、お互いの幸せを祈りながら別れました。

別れて暫くは、元妻が恋しくて、喪失感に苛まれていました。
でもそれは、元妻の女体が恋しいのだと感じて、新しい恋をしようと努力しました。
連れ子が無いせいかバツイチ男なのに意外とモテて、離婚から1年で可愛い彼女ができました。
アラレちゃんみたいなメガネをかけた小柄な彼女は6歳年下の当時23歳でしたが、下手をすると中学生のように幼い外見でした。
でも、初めて私に抱かれた時には既に処女ではありませんでしたが、まだ純情な秘部をしていました。
クンニに身を捩り、結婚歴のあるイチモツの意地悪な焦らしの腰使いに息も絶え絶えになって、
「やっぱり結婚していた人は、セックスが上手ですね・・・」
という上目づかいの彼女が身震いするほど可愛くて、私30歳、彼女24歳で再婚しました。

お色気たっぷりの美人妻から一転、小柄なロリ妻との暮らしはとても楽しくて、セックスもコスプレなどしながら明るく楽しみました。
自分で秘部を拡げて中身を見せたり、結婚したら恥じらいが無くなって思い切りスケベなロリ妻になりました。
「私のオマンコイジメてぇ~~」
無邪気に性を楽しむ妻がとても可愛くて、毎日セックスしていました。

女の子が2人生まれて4人家族となり、家を建てて6年、私41歳の時に出向命令が出て止むを得ず単身赴任した時のことです。
そう遠くない赴任先なので、毎週末家に帰って妻を抱けましたが、それだけでは足りずに久しぶりにAVのお世話になりました。
レンタル屋さんのカーテンの奥のアダルトコーナーで、35歳になってもロリロリな妻と対照的な色っぽい人妻熟女のAVを選んでいたら、私好みの色っぽい美人女優のAVを見つけました。
~清楚な35歳の美人妻がまさかのAVデビュー!~
迷わずそれを借りて、早速DVDプレーヤーで再生してみました。
画面に現れた美しい女性・・・惜しげもなく素肌を晒し、素晴らしいスタイルと乳房を露わにして・・・ん?あれ?・・・これは・・・別れた元妻に間違いありませんでした。
離婚して13年、38歳の元妻がいつ撮影したのか知りませんが、35歳が本当なら3年前・・・
そんなことを思いながら、懐かしい元妻の裸を見ていました。
男優に秘部を舐められて悶える元妻、男優のイチモツをフェラする元妻、モザイク越しにズッポリ挿入されている様子が窺えて、とても嫉妬心が湧いてきました。
「アアーン、アアーン、アンアン・・・・・」
色気を放ちながら仰け反る元妻を見ながら、イチモツを扱き射精した後、物凄い虚しさに襲われました。

AVを返却したあと、何気なく元妻のAVがあった辺りを探すと、何と、妻のAV引退記念で全作品のセックス部分を集めたオムニバスを見つけて、思わず借りてしまいました。
~私、普通の美人奥さんに戻ります・・・~
デビュー作、人妻教師の教え子筆おろし、夫の上司と不倫、元彼との不倫、再婚した夫と連れ子との3P、義父の緊縛調教、そしてラストは、借金奥さんのSM調教でした。
最後の作品は、足をV字にベッドに括られて、電マ、電気ドリルにつけられたディルドなど、様々なモノを入れられて、半狂乱の逝き地獄で、元妻はその美しい顔をアホ面にしてみっともない姿を晒していました。
「ウゥゥ~~壊れる壊れるゥ~~・・・だめだめだめ、死んじゃう死んじゃうゥ~~・・・」
ガックンガックン痙攣しながら、ブシュブシュ潮を噴き散らし、あの、AVになんて出るとは信じられない美しい人妻だった元妻が、あられもない淫乱を曝け出していました。
私は、そのあまりの壮絶さにイチモツが萎えてしまいました。
元妻でなければ興奮してフル勃起だったであろうイチモツでしたが、遠い昔、愛し合って暮らした元妻の凄惨な痴態に、性的興奮よりも心が引き裂かれる思いでした。
私は、別れたとはいえ昔夫婦だった元妻が心配になって、週末、赴任先から妻の待つ家に帰る途中、元妻の実家を訪れてみました。
しかし、その家には元妻の旧姓とは異なる表札がかかっていました。
元妻は、いや、元義父母さえも完全に消息がわからなくなりました。

私の出向は3年で終わり、今年4月に妻の元に戻ってきました。
今でも3年前に見た美しい元妻のAVが頭から離れません。
特に、別れたことを悔やませるほど美しい元妻のSM、人格さえ無視された無慈悲な秘部への拷問に飛沫をあげて悶絶した元妻の画像は忘れたくても忘れられません。
お互いの幸せを祈りながら16年前に別れた元妻は現在41歳、いったい、どこで何をしているのか・・・

異国少女

もう、30年近く前の昭和末期の事だ。
マルコス政権が倒れ、アキノ政権になったフィリピンに赴任したのは25歳の10月だった。

マニラに程近いモンテルンパという旧日本軍が囚われた場所に宿舎があった。
身の回りの世話は2人のメイドがしてくれたが、驚いた事に、キャスと名乗る子は13歳、ジョアは11歳だった。

とても可愛い彼女たちは、たどたどしかったが日本語が話せた。
掃除、洗濯、食事など、甲斐甲斐しく働く彼女達にチップを渡そうとすると、
「普通の仕事でお金を貰うと叱られるから・・・」
と言った。
「普通の仕事?普通じゃない仕事ならお金貰ってもいいの?」

学校に行けてるのかもわからない働く可愛い彼女達に何かしてあげたくてきいてみると、キャスが、
「じゃあ、今夜、私がお兄さんと一緒に寝るから、お小遣い下さい。」
と言ったので、もしかして少女売春か?と思った。
キャスは9時頃私の部屋にやってきて、案の定裸になってM字に脚を拡げて肉穴を見せた。

既に茶色に形成された肉ビラに囲まれたキャスの肉穴は、肉棒の味は知ってるから遠慮しないでと俺に訴えていた。
俺は裸になって、今後も膨らみ続けるだろう乳房を揉めば、キャスは俺の肉棒をやさしく撫で始めた。

クンニをしたキャスの肉穴は既にトロトロに濡れていたが、クリを転がした時の声が13歳とは思えない色っぽさだったので
ずっと舐めていたら、
「お兄さん、もう、スティックが欲しい・・・」
と言われて、そこでコンドームの持ち合わせが無い事をキャスに話すと、
「中で出さなければ、O.K.よ。」
と言ったので、遠慮なく生で入れた。

13歳、日本人なら中学1年生の少女の膣は、狭くきつかったが、愛液を溢れさせて肉棒の快感にウットリと目を閉じる
キャスは、さっきまでの可愛い少女の顔ではなかった。

「ハアン、ハアン、オウ、オウ、オ、オ、オ、オ・・・・」
キャスの腰は俺の腰の動きにシンクロしていて、完全に快感を求めている事がわかった。
13歳の少女の淫らな痴態に興奮して、10分で果ててしまった。

吐き出された精液をかき集めるようにして、ティッシュで始末したキャスに手を引かれ、シャワー室に入った。
キャスは、俺の体を丁寧に洗ってくれた。
特に肉棒は念入りに洗ってくれたので、再びムクムク頭をもたげた。

ニッコリ微笑むキャスが、2回戦を求めている事が理解できた。
その夜、13歳の少女と2度目の交わりを果たし、共に眠りについた。
翌日、キャスが要求したお小遣いは、日本円にしてたった千円だったと記憶している。

週に3、4回キャスを抱くこと約1ヶ月、キャスは、
「ボーナスくれたら、もっと素晴らしいことが経験できます。いかがですか?」
と言ってきた。
「ボーナスは一晩でいつもの5倍です。」
「素晴らしい事って何?」
「ジョアの11歳のヴァージンをいただく事です。」

その夜、ジョアがやってきた。
白いシャツに紺のスカートという、日本の小学生風のコスプレで登場してきた。
まるで純真無垢な可愛い小学生だった。

シャワーを浴びたばかりなのだろう、ほんのりと石鹸のにおいがした。
スカートをまくり上げ、白いパンツを脱がせると、無毛の股間に一筋のワレメが現れた。

両膝を持って脚を左右に拡げると、ほんの少しワレメが拡がり、ピンクの柔肉が覗いた。
中指と人差し指で更に拡げると、うっすらと濡れて光っていた。

舌を近づけて、ゆっくりと舐め上げると、甘酸っぱい少女の香りがした。
幼いながらも硬くなってきたクリを転がせば、ジョアは身を捩りハアハアと息が荒くなった。

ジョアは感じて、幼い蜜を流し始め、体をビクビクさせて準備完了を告げた。
肉棒の先端をピンクの柔肉の窪みに押し当て、ゆっくりとめり込ませた。

「ア、アア・・・ンン・・・」
押し戻されそうな反力に対抗してグイッとジョアを引き寄せた。
「エイクッ!アイヤア・・・」
ズリュリュン!と根元まで一気に入った
「グハッ・・・」
ギチギチの締め付けだが強引に、でもゆっくりと前後に動かせば、肉棒がワレメの肉を引きずった。
「ギハァ、ヒハァ・・・」

日本人なら小学5年生の児童の切なそうな顔に興奮して、ドックン!ドクドクドク~っと幼壷に射精してしまった。
11歳の女の子の無毛の肉穴から、イチゴミルクが流れ落ちた。

それからというもの、キャスを週2回、ジョアを週3回抱くようになり、毎週5千円が飛んでいった。
やがてジョアの幼膣がほぐれ、快楽に溺れるようになっていった。

ジョアは、覚えたての快楽に、可愛いあどけなさと裏腹に性の疼きを癒したくなり、俺に刻み込まれた快楽に
幼い身体が堕ちていった。

やがて2年の任期を終え、モンテルンパを去るときがきた。
キャスは15歳、素敵なレディ、体はすっかり大人になり、逝く事を覚えた。

ジョアは13歳、出会った頃のキャスの年齢になり、完全に生を開発された体は少女っぽさの中に
ほのかな色気を滲ませていた。

キャスはにこやかに笑って見送ってくれた。
ジョアは・・・ポロポロ大粒の涙を流して、俺との別れを惜しんでくれた。

俺も、ジョアの涙に負けて、ジョアを抱きしめて、泣いた・・・
戻った日本は平成に年号が変わり、バブルに湧いてはいたものの、昭和天皇崩御に煌びやかな行事が自粛ムードになっていた。

俺は、尻軽な女子大生達と割り切った関係を楽しんでいたが、あの、幼くして肉棒の味を覚えたジョアの純粋な
喘ぎを思い出し、可愛いジョアの幸せな行く末を願っていた。

バブルがかげりを見せた頃、俺も結婚した。
妻は美人ではないが、幼顔で純情、面影はジョアに似ていた。

下の子供も成人し、親の役割の大半を終えた今、ふと41歳になったキャスと39歳になったジョアを想った。
もう一度会うことは難しいから、せめて二人の天使との思い出を活字にしてウェブ上に残しておこうと思った。

53歳のオヤジの遠い思い出として・・・・・

ランドセルとシガレット

 俺は28歳、妻は26歳。

 ある日俺のスマホに覚えのないアドレスのメールが届いた。
 「知っておいていただきたい事があります。」との文面に、動画が添えられていた。
 念のためにセキュリティを通してみたが、ウィルスは含まれてないようなので、動画を再生してみた。

 妻が写っていた。どこかの喫茶店らしい。カメラが傾いているから隠し撮りしたようだ。
 妻はタバコに火をつけた。童顔で髪の長い妻には、不似合いなタバコだ。そしてさかんに煙を鼻からも放ちながら、コーヒーとケーキを口に運んでいた。
 音声は入っていなかった。画像は2分ほどで途切れた。

 (これだけのことか……)俺は苦笑した。
 メールの送信者が隠し撮りしたのだろう。そして妻がこっそりタバコを吸っているぞ、という事を俺に密告したつもりでいるんだろう。
 だが俺は妻の喫煙を禁じているわけじゃない。
 ただ自分がタバコを吸わないものだから、家の中では吸うなとか、口や指先に臭いがしみつくまで吸うなとか言ってるところはある。
 そして妻も、タバコはそんなに吸うほうじゃないから、と俺の言う事に納得している。
 だからメールの送信者が思ってるほど、この動画は俺たち夫婦に何の亀裂などを生みはしないものだった。
 (それにしても……)俺は動画をあらためて見て思った。(こいつ、まるで中学生みたいなクセして、ずいぶんエロくタバコを吸うんだな。ヘタしたら補導されちまうぞ。)

 俺はいちおう、そのメールに返信はしておいた。
 「画像は拝見いたしました。」

  ┗━┓

 そのひと月後、あのアドレスからまた動画が届いた。
 「知っておいていただきたい事があります。」という文面に動画が添えられていた。
 動画は正常なもののようだ。今度は何だろうかと、再生してみた。
 
 どこかの小学校の中だった。
 廊下を赤いランドセルを背負った女の子が歩いている。
 チェック柄のスカートとみつ編みの髪が揺れている。
 女の子はドアを開けて教室に入った。
 教室の中に、背中を見せるように座ってリコーダーを吹く女の子がいた。
 とは言え、またも音声は入っていない。カメラはしだいに女の子の前に回っていった。

 「ええっ!!」

 俺は声をあげた。ランドセルを背負ってリコーダーを吹く みつ編みの女の子は妻だったのだ。
 (何のコスプレだよ。こいつ……)
 と苦笑しつつも、(小学生の扮装もなかなかサマになってるなぁ~)と思って見ていたその時だった。

 画面の端から手がのびてきた。
 妻はリコーダーを置くと、それを受け取った。
 それはタバコだった。妻がそれをくわえると、画面の端の手は肩が見えるほどまで伸びて、タバコの先に火をともした。

 妻はタバコの煙を口から鼻から放ちながら、教室の中でくつろいでいる。
 みつ編みやチェック柄のスカート、そしてランドセルが違和感ない妻に、タバコが一番似合わなかった。そしてその似合わないタバコが、俺のズボンの奥のチンポをくすぐったく刺激してきたんだ。

 画面のむこうに動きがあった。
 椅子に座ってタバコを吸う妻の前に、全裸の男の後ろ姿が現れた。
 下っ腹の突き出た男の下半身には、小さなチンポがチカラいっぱい勃起している。
 男はタバコを吸う「女子小学生」にそれを見せつけるようにシゴきはじめた。
 妻はタバコをくわえながら、ニヤニヤした表情でそんな男を見つめている。
 妻が何かを言った。すると男は腕を組んで、妻の前に少し歩み寄った。
 
 妻は口からタバコをはなすと、男の下半身めがけて煙を勢いよく吹きつけた。
 すると、勃起したチンポの先から白い液が曲線を描いて噴きあがった。
 その白い液は、妻のはくスカートまで飛んでいくつもの白い痕跡となった。
 
  ┗━┓

 その動画を見た夜、俺は妻を抱いた。
 「いきなり、どうしたの?」
 「理由なんかないよ。夫婦だろ。」
 俺はそう言ったが、理由はちゃんとあった。
 この次、動画が送られてくる時、妻は裸になるに違いない。それに備えて、妻の肉体を確かめておきたかったんだ。

 「どう?」
 ベッドに寝そべる妻に、俺はタバコを差し出した。
 「え~っ、お家で吸うのダメって言ってるでしょ……」
 「俺がいいって言ってるんだから、遠慮なんかするなよ。」

 妻はためらいながらも、タバコに火をつけた。
 ベッドの上で、タバコをくゆらす全裸の妻。
 (この愛らしくて淫らな姿を、俺の知らない奴に見られてたまるか。)

 俺は妻に「命令」を放つタイミングを待ちかまえていた。
 「これからは、俺の見ている前でだけタバコを吸ってほしいんだ。」

 
 

 
 
 
 

やっと出来た清楚な彼女は、男達の肉便器だった完

やっと出来た彼女の由梨が、目の前で男達に廻されるのを見ていただけの俺。勃起しても小さいペニスをバカにされ、思わず由梨に覆いかぶさって挿入した。

初めて経験した女性の膣に、思わずうめき声を漏らした俺に、
『あれ? 入ったの?』
と、由梨が言った……。

「マジでヒデぇわw 入ってるってw」
「由梨がガバマンなだけだろw」
男達は、爆笑しながら言う。俺は、入れたのに”入ったの?”と聞かれて、顔どころか耳まで真っ赤にして恥を感じていた。


俺は、泣きそうな気持ちのまま男達の方を見た。すると、男達はすでに回復して勃起していた。こうやって比べてみると、確かに俺のモノは子供サイズみたいに感じる。

『ごめんなさい。達也さん、本当に愛してます。こんな私でも、受け止めてくれますか?』
俺に正常位で入れられて、下からそんな事を言う由梨。俺は、もちろんだと答えた。
『嬉しい……。達也さん、して下さい。達也さんの色に染めて下さい?』
由梨は嬉しそうにそう言った。男達は、そんな俺達のやりとりを、驚くほど静かに聞いていた。

俺は、思い切って腰を動かし始めた。二人の男が見ているので、やりづらいという気持ちは強いが、由梨を俺色に染めたい一心で腰を振り始めた。すると、軟らかい肉にこすられて、鳥肌が立つほど気持ちいい。俺は、夢中で腰を振った。
「由梨、愛してるよ」
俺は、心の底からそう思いながら言った。どれだけ汚されようと、由梨は由梨だ。心までは汚されていない……。そう思って、俺は由梨にキスをした。

由梨は嬉しそうに俺に抱きつき、舌を絡めてきてくれる。それは、生き物のようだった。由梨の舌は、生き物のように俺の舌を絡め取り、吸い込んでいく。由梨といつもしていたキスは、なんだったのだろう? そう思うほどの違いだった。由梨は、今まではずっと抑えていたのだと思う。おとなしいキスしか出来ない女の子を演じてきたのだと思う。

『私も、愛してます。達也さん、私平気だから……。遠慮せずに、もっと強くしてください……』
由梨は、戸惑ったような感じで言う。俺は、遠慮をしているわけではなく、始めてのセックスなので上手く腰が振れないだけだ。それでも俺は、うなずいて腰をもっと早く振り始めた。なかなか上手く振れないが、由梨のことを俺色に染めたいという気持ちから、必死で頑張った。

『達也さん、気持ちいいです……』
由梨は、そんな風に言ってくれる。俺は、嬉しくなってさらに張り切って腰を振る。
『達也さん、もっと奥まで……』
由梨は、俺のことを少し不思議そうに見ながら言う。でも、俺は一番奥まで入れているつもりだ。

「由梨、オマエって、ナチュラルにヒデぇなw」
「それがたっちゃんのMAXだってw」
黙って見ていた男達が、また爆笑しながら言ってきた。

『えっ? ご、ごめんなさい……』
男達に言われて、慌てて俺に謝る由梨。
「下手くそでゴメン……」
俺は、屈辱で泣きそうな気持ちのまま謝っていた。
『そ、そんなことないよ! 私が上になるね!』
由梨はそんな風に言ってくれるが、どう見ても戸惑っている感じだ。そして、由梨は俺を寝かせると、上になって乗っかってきた。すぐに熱い肉に締め付けられて、俺は思わず声が漏れた。

正常位で繋がるよりも、さらにきつく締まる感じがした。でも、この体位だと由梨のビラビラにつけられたピアスも、恥丘に掘られた肉奴隷という入れ墨もはっきりと見えてしまう。
由梨は、レースクィーンのエロいコスプレのまま、俺の上で腰を振り続ける。
そして、それをニヤニヤ笑いながら、黙って見ている二人の男。俺は、こんな状況なのにもの凄く気持ち良いと思っていた。生まれて初めて経験するセックスで、その上、由梨はエロいコスプレをしている。興奮が凄いのだと思う。

俺は泣きそうな気持ちのまま、快感に声を漏らしていた。
『気持ちいい? 達也さん、気持ちいいですか?』
由梨は腰を動かしながら聞いてくる。由梨の腰の動きは、俺のピストンなんかは問題にならないほどスムーズで早かった。上下や前後、左右に回すような動きまで入り、初体験の俺でも、由梨のこの動きが熟練のそれなんだとわかる。

結婚もしたいと思っていた彼女が、異常なほど騎乗位が上手い……。それは、ついさっきまで童貞だった俺にとっては、ショックでしかない。

由梨は俺が気持ち良いとうめくと、嬉しそうな顔をして身体を折り曲げ、俺の乳首まで舐めてきた。まだ経験のない俺は、正直乳首を舐められてもそれほど気持ちいいとは思えなかった。でも、エロいコスプレ姿で上に乗っかり、ガンガン腰を振りながら乳首まで舐めてくる由梨に、かなり引いてしまった。

由梨は乳首舐めを続けながら、腰をぐいぐい押し付けてくる。少しでも奥に入れようとしている感じだった。しばらく乳首を舐め続けていた由梨だったが、急に顔を上げて俺を見た。由梨はなんともいえない寂しそうな目で俺を見つめながら、
『私、気持ち良くない? 緩い?』
と、聞いてきた。
「そんなことないよ! めちゃくちゃ気持ち良いよ! 何でそんなこと聞くの?」
俺は、由梨が何でそんなことを聞いてくるのか、全く理解できなかった。

「だから、それがたっちゃんのMAXなんだってw それ以上、長くならねーよw」
男の一人が、笑いながら言う。その言葉を聞いた由梨は、一瞬不満そうな顔になった気がした……。

すると、長いチンポの方の男がベッドに乗ってきた。すると、由梨の動きが止まった。
「なに準備してんだよw 欲しいのか?w」
男がからかうような口調で言う。由梨は、泣きそうな顔で俺を見つめる。なにも言わずに俺を見つめる由梨。息が詰まりそうだった。

すると、由梨は生唾を飲み込んだ後、
『達也さん、ごめんなさい』
と言った後、俺に倒れ込んできた。俺の胸の上に由梨の大きな胸が押し当てられ、抱き合うような格好になる。

『お願いします! 由梨の淫乱ケツマンコに、長くて素敵なおチンポ、入れて下さいぃ!』
由梨はそんなことを叫んだ後、自分のお尻を左右にクパァと広げた。唖然とする俺に構わず、男は由梨のアナルにペニスを押し当ててきた。そして、何の躊躇もなく押し込んでいった。
『ンオォッ!』
その瞬間、由梨が獣みたいな声を上げた。

そして、男のペニスが由梨のアナルに押し入っていくと、すでに膣に入っていた俺のペニスに、肉壁越しにゴリゴリと当たってきた。それは、固くて大きいということが、肉壁越しでもよくわかってしまった。

今まで生きてきた中で、味わったことのないような圧倒的敗北感を感じながら、俺は由梨の顔を見つめていた。でも、由梨は俺の視線など気づきもしないように、口を半開きにして白目でも剥きそうな顔をしている。

『ンオォ……。届いてるよぉ、ケツマンコ越しに子宮に当たってるよぉ?』
由梨は、幸福で顔がほころんでいるような表情で、そんな言葉を吐いた……。
「やっぱり無理だろw お前は巨根好きなんだよw おら、どうする? 抜くか? 続けるか?」
由梨を二本刺しにしたまま、男が聞く。
『続けるぅ! してぇっ! ケツマンコ、ゴンゴンしてえっ!』
由梨は、とろけた顔のまま叫ぶ。すると、男が腰を振り始めた。
『ンホォおぉ? 奥潰れるぅッ! もっとぉッ! そう、あぁぁっ? ンぎもぢいいぃっ!!』
由梨はアナルを激しく犯されて、痛がる様子はまったくなく、さっき男達に生ハメ中出しをされたときよりも、激しくあえいでしまっている。
そう言えば、俺と繋がっているとき、由梨はまったくあえぎ声を出さなかった。この差はなんだろう……。やっぱり、サイズの違い? 俺は、悔しいとすら感じなくなってしまった。

そして俺も、男のチンポが出入りする度に、ゴリゴリと削られるような感じになり、イキそうな感じになってしまっている。まるで、男に無理矢理イカされているような感じで、より屈辱を感じてしまう。

「たっちゃんの、ゴリゴリ当たるねぇw 気持ちいい?」
男は、俺にそんな事を聞いてくる。俺はすっかり萎縮してしまい、何も言えなかった。

すると、いきなり由梨が腰を持ち上げて、俺のペニスを抜いてしまった。
『カズさん、お願いします! おまんこに入れて下さいぃっ! 太チンポで二本刺しにしてぇ!』
由梨は、俺のことを見ることもなく、もう一人の太チンポの方におねだりをする。

ポルノ映画館で犯された女装した僕

高校の頃から女装しているので、女装歴はかれこれ6年になる。そろそろ就活なので、どこかで区切りをつけようと思っていた。

僕の女装は可愛いと評判だ。女装コンテストでも何度も優勝しているし、女装イベントにも引っ張りだこのアイドルだ。

こんな僕だけど恋愛対象は女の子だ。女装は単なる趣味、コスプレに過ぎない。世間では女装してると、ホモだと思われるがそれは違う。

女装して男を求めるのはオカマだ。ケツを掘られて喜ぶ変態のクズだと思ってる。オカマが集まる成人映画館に入ったことがあるが、まるっきり男な奴とか、皺くちゃのババアばかりだった。

そんな汚女装オカマでも女に相手にされない連中の、性のはけ口にはなるようで、館内の各所で小汚い男たちが、汚いオカマに群がって、しごいたり、しゃぶったりしていた。

僕は映画館を飛び出して吐いた。

僕の女装ライフはそんな地獄絵図の対極にある。女の子にしか見えない完璧なメイク、センスの良い服、しぐさや歩き方にもこだわっているのだ。

その姿でお茶をしていると、必ず一人や二人は声をかけてくる。先日もIT企業の社長に食事に誘われた。すごく気にいってくれて、一緒に食事をするだけで、結構な金額のバイト料をくれた。また、連れて行かれたクラブで、医者や弁護士、官僚などのリッチなお友達にも紹介された。

超高級クラブでリッチな紳士たちに囲まれながら、僕はモテモテだった。セミロングの髪、黒いタートルネック、グレーのミニスカート、黒タイツにパンプスという僕を囲み、可愛いね、女の子にしか見えないよ、彼女にしたいと賛辞をくれた。月30万くれるなら愛人になりますよ、などと調子に乗った僕は場を湧かせたが、高そうな酒を振舞われ、すっかり酔ってしまった。

異様な臭いの中、僕は目を覚ました。酔って眠っていたらしい。帰らなきゃと身を起こすと、さっきまでいたクラブでは無い。ここはどこだ?薄暗い照明を通しても、周囲が汚いのがわかる。そして耐えられない悪臭。以前、来た事のある成人映画館だと気づいた頃は、周りに小汚い男たちが群がっていた。

汚れた男たちは僕に迫ってきた。汗と汚物の臭い。逃げ出そうとしたが、男に足を掴まれソファに押し倒された。悲鳴を上げる僕の口に、汚い靴下が押し込まれた。吐きそうな臭い。男たちは目をギラギラさせながら、無言で僕のカラダを弄っている。

男たちはスカートの中に手を入れ、タイツ越しに僕のチンポを触りはじめた。意に反して勃起してしまう僕。男たちはニヤニヤしている。何人かは僕を見ながらオナニーを始めた。臭いチンポを僕の顔に近づけ、咥えさせようとする輩もいる。アタマがおかしくなりそうだった。悪夢なら覚めてくれと願った。

タイツとパンティーをずらされた僕のチンポを慰みものにする男たち。しごかれ、しゃぶられドロドロになるチンポ。嫌悪感を通り越して怒りすら覚えたが、僕の勃起は止まらなかった。靴下が取り除かれ、汚いチンポが口に押し込まれた。僕の頭を押さえつけて腰を振る男はすぐに射精した。口の中に溢れる精液を吐き出す間もなく、次のチンポが口の中に。そうやって10人ほどの強制フェラをさせられた頃、僕の思考は停止していた。

男たちは僕を全裸にすると、客席に連れ込んだ。中ではさらに多くの男たちが僕を待ち構えていた。壁に手をついて立たされ、アナルを弄られた。手に唾を垂らし僕のアナルに指を入れる男たち。間違い無く性病に感染しそうだ。僕のカラダを舐め回す連中もいる。

ズブリとアナルにチンポが入ってきた。物凄い異物感に耐えていると、ここでも男たちは腰を振り、射精したら次のチンポに犯された。アナルの中に溢れる男たちの精液が、太ももを伝って床に垂れる。

アナルを犯されている間も、僕の両手は他のチンポを扱かされた。カラダ中が男たちの精液、唾液や、なんだか分からない体液で汚れていく。悪臭に麻痺した頃、僕は感じ始めた。アナルが気持ちいい。初めてドライオーガズムを経験した。男たちのチンポで何度もいかされ、僕は女のように呻いた。

ふたたびソファに戻され、脚を開いてチンポを受け入れる僕。臭い息の男たちが次々にのしかかってくるが、もはや臭いは気にならない。入れられながら僕はチンポをしゃぶられ、何度も射精した。男の快感と女の快感を一度に体験した僕の中で何かが弾けた。

顔中に精液をかけられ、ドロドロにされた僕の綺麗な顔は、見るも無残な汚いオカマになり下がっていた。でもそんな事はどうでもよかった。僕は薄汚い映画館で、底辺の男たちの性のはけ口として、犯され続けた。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード