萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

コンドーム

お尻愛の智恵美さん

15年前、集団検診で引っかかってしまった。大腸がん検診をしに検査機関へやってきた。お尻に穴の開いた紙っぽいパンツを穿かせられた。
「そこに寝てください。」
「はい。」
女性だった。私と同じ年か2、3才くらい下に見える。綺麗な人だったので恥ずかしかった。磔状態にされた。お尻の穴に何か挿された。空気が入っていく。腹が張る。お尻からバリウムが入れられた。この頃、内視鏡ではなかった。
「これから撮影します。回転しますからびっくりしないでください。」
男性の声だ。オペレーターは男だった。磔のまま回転した。ちょっと怖かった。
やっと終わってさっきの女性が入ってきた。
「今外しますね。」
お尻から管を外した。何かこぼれたらしい。
「あっ、すみません。」
そう言って、パンツの上から私の竿をつかみ、後ろのパンツの穴から手が入ってきて、タマを拭いている。
「微妙なところにこぼしてしまいました。ごめんなさい。」
彼女は少し赤い顔になっていた。
「あの、少し刺激が…」
私の竿は完全に反応して起立。先月彼女に振られたばかりなもんで。
「す、すみません。」
真っ赤です。彼女の胸のIDに名前が「石坂智恵美」
「お世話になりました。智恵美さん。」
検査室を出るとき、わざと名前を言ってみた。智恵美さん真っ赤っか。

二週間後、職場の飲み会があったが、私は内視鏡でポリープを取ることになっていたので金曜日にもかかわらず一次会で切り上げた。駅で切符を買おうと財布を覗きながら歩いていたら誰かとぶつかった。
「こめんなさい。あっ。確か智恵美さん。」
「ああ、○○さん。」
「よく名前覚えてましたね。」
「印象的な出来事がありましたから。」
また真っ赤になって。外で見ても綺麗な方。指輪をしていないことを確認し、
「お帰りですか?」
「はい。」
「せっかく再会したから、一軒行きませんか?」
あっさりとついて来た。年は以外にも私の2才上で27才。今彼氏無し。美人!ここは積極的に、
「智恵美さん、明日暇ですか?」
「えっ?はあ…まあ、特に何も…」
「ドライブ行きませんか?俺、彼女に振られたばかりで暇なんです。」
上手いこと誘い出せた。

智恵美さんを乗せて海へ…車内でお話。智恵美さん彼無し歴4年。嫌いなタイプならドライブに応じることは無いだろう。海辺を歩きながらタイミングをみて、
「年下ダメですか?よかったら付き合いませんか?」
「え?いきなりですか?」
「俺、惚れちゃいました。」
「そんな急に…」
「刺激されたからって、誰にでもああなるわけじゃないんです。」
「まあ…ちょっとやらしいけど、嬉しいかも。」
お、これはイケるか。畳み掛けてみるか。
「智恵美さんになら直接触れて欲しいなあ。」
「いい…です…よ。でも、随分とそういうことしてないから…」
「ホ、ホントですか!」
やった。やった。ウソみたい。こんな美女。叫びたいほど嬉しい。

気が変わらないうちに海辺のモーテルに入った。
抱き寄せてキス。いい匂い。俺が先にシャワーを浴びる。そして智恵美さん。スレンダーな色白美人。いい身体!年上に見えない。アソコも綺麗。陰唇のめくれも僅か。この顔でこのアソコは詐欺だ!違反だ!犯罪だ!これだけの美人で20代後半ならアソコが真っ黒ってのが相場。もう、クンニ!クンニ!クンニ!
智恵美さんはトロンとした目で、
「はあー。気持ちよかった。お返しします。」
フェラしながら俺をまんぐり気味にして、次にお尻の穴を舐め始めた。
「おー。新感覚。これ気持ちいいですねえ。」
そしてまたフェラしながらコンドームを取り出した。装着してくれるのかと思いきや、コンドームに指を入れ、私のお尻の穴に入れ始めた。
「うわあ。ナニナニ?なにしてるんですか?」
「私、お尻フェチなんです。オナニーも前と後ろ両方するんです。彼氏が出来てもこれで引かれて別れちゃうんです。私ももう30近いし、時間が無いんです。だからいきなりしてみました。引かれるんなら早い方がいいし。」
「智恵美さん。惹かれました。草冠に右書いて心と書きます。惹かれました。」
私は、智恵美さんに尻穴を悪戯され感じまくった。
「本当?これ気持ちいいでしょう?後で私にもしてくれます?」
「癖になりそうですよ、智恵美さん。」
私は、智恵美さんにも同じことをして差し上げた。そしてゴムしてSEX。
「あん、あん、あん、」
いい声で啼く。SEXするときアニメ声で可愛い。普段は美人、SEXのとき可愛いなんてタマリマセン。
「智恵美さん、もしかして、お尻に入れて欲しいとかありますか?」
「気が利きますね。私たち、相性いいかも…これをしてくれる男性、探していたんです。私、アナルヴァージンなんです。」
私も初めてのアナルセックス。一つ尋ねてみた。
「アナルヴァージン喪失記念に、アナル生中出ししてもいいですか?」
「ええ!ホント!汚いって思わないですか?うれしい!」
私はゴムをはずし、ローションまみれの智恵美さんのアナルへゆっくり挿入。はじめての感覚。根本が締まること締まること。
「うん、うん、うん、あうー」
「智恵美さん、出そうです。」
「お尻に出して!あああー……感激のロストアナルヴァージンだったわ…」

あれから15年。
「ただいまー。」
「お帰りなさい。今日、生理始まっちゃったからアナルだけね。もちろん、あなたにもしてあげるわよ。」
「智恵美、子供達が寝てからだぞ。」
「早く寝かせよーっと。」

あれからすぐ結婚しちゃった。今、結婚14年目。アナルグッズも買い揃えて、見た目は年上に見えない姉さん美人女房とずっとラブラブ。浮気一切無し!

お嫁さんで童貞卒業した僕

僕は勉強ばっかりしていて女の子と遊んだ事がありませんでした。結構名の知れた大学に進んだけれど、女の子とお友達にはなれても親密にはなれませんでした。早くセックスを体験したいと思いつつ、なかなか叶わず気付けば4年生になっていました。

長男の僕は、地元企業では一番有名な会社にUターン就職しました。
入社1年目は、仕事の合間に度々研修があり、新人の僕に付いた職場での指導員が、利恵さんという入社4年目の25歳の綺麗な女性でした。小悪魔的な可愛さを持ち合わせていながらも優しそうな美人で、一見細身に見えたけれど、夏になるとセクシーなプロポーションだと言う事がわかって、僕にそっと寄り添って指導してくれる時に匂う女の匂いとチラチラ覗ける3歳年上のお姉さんOLの胸元に女を感じてしまいました。
利恵さんを想いながら右手を忙しくさせる日々も終わりを迎え、利恵さんが指導員を解任される日が来ました。内心しょんぼりしていた僕を、利恵さんが飲みに誘ってくれました。
「今日までよく頑張りました。今日はご馳走してあげるね。」
理恵さんは美味しい居酒屋で奢ってくれました。酔った利恵さんに引きずられるように、午前2時まで飲みました。フラフラの利恵さんを抱えてタクシーに乗って、利恵さんのアパートにたどり着いたのが午前2時半でした。利恵さんをベッドに寝かせて帰ろうとしたけれど、玄関を施錠した後に鍵をどうしたものかと考えあぐねていたら、
「佳生ちゃん、始発が動くまでここにいらっしゃい・・・」
利恵さんが起きて来ました。そして、冷蔵庫から缶ビールを2本出してきて、1本を渡されました。
「まだ飲むんですか?」
「佳生ちゃん、お酒強いね。それとも私が弱いのかな・・・すぐ覚めるんだけどね・・・」
そういいながら、僕が入社する直前に結婚まで考えてた彼氏に裏切られて別れたこと、ウブそうな僕の指導員を買って出たこと、夏の薄着の時期にわざと胸元を覗けるようにして過剰に触れ合ったことなんか話して、男に対する復讐心があって僕を色仕掛けで惑わした事を謝っていました。
「ごめんね。イジワルして悪いお姉さんね。指導員失格ね。」
「こんなに綺麗な利恵さんを振るなんて、もったいないですね。僕なら・・・」
利恵さんに抱き付かれて仰向けに倒れました。利恵さんの柔らかい唇を重ねられたかと思ったら、舌が入ってきました。僕も利恵さんの舌を舐めるように動かしました。僕のファーストキスでした。理恵さんは、
「お詫びってわけじゃないけど、佳生ちゃんとしてみたくなっちゃった。」
そう言ってバスルームに入っていきました。やがて、バスタオルを巻いた利恵さんが、髪の毛をアップに束ねて出てきました。ハッとしました。いつも髪で隠れている利恵さんの耳やうなじが露になると、理恵さんは女子大生みたいに若くて可愛い印象に変わったのです。
「タオル、用意しておいたからシャワー浴びてきて・・・」
特に念入りに陰茎を洗いました。興奮しているのに緊張で陰茎が半起ち以上に元気になりませんでした。・・・理恵さんはそっと僕のバスタオルを外すと、淫嚢をくすぐるように擦りながら半起ちの陰茎をパクッと咥えました。フェラチオなんて初めての経験の僕の陰茎は、たちまちそそり起ちました。
「ングッ・・・プハッ、え?、デカッ!・・・やだあ、意外とおっきいじゃない・・・さては・・・大人しそうな顔して、女の子泣かせてきたなあ・・・」
理恵さんは、僕の陰茎を凝視しながら扱きました。綺麗な女性にフェラチオされて扱かれたら童貞はたまりません。
「う、うわあ、利恵さんダメです!」
ビュビュビューーっと精液が噴出してしまいました。
「ちょ、ちょっと、ええっ?もう出ちゃったの?」
「す、すみません・・・あの、ボク、まだ童貞なんです・・・」
「えー!ウソでしょ!私、凄いもの拾った感じ・・・」

僕は、利恵さんの手解きで童貞を卒業しました。利恵さんのバスタオルを肌蹴た全裸を見たとき、そのあまりに見事なプロポーションにすぐに復活しました。豊かな胸、くびれたウエスト、白い肌に美しく可愛い顔理恵さんはあの後もう一度シャワーを浴びて、陰茎にコンドームを装着して利恵さんに騎乗位で奪われたのです。
「うわー、おっきいー。スゴイ、メリメリ刺さるぅ・・・奥まで届いてるぅ・・・」
利恵さんの豊かな胸が波打ち、切なそうに喘ぎ乱れる利恵さんのアップにした髪が解けて、可愛い顔が色っぽい美人に変わりました。
「アア、もうダメ、ハアア・・・」
利恵さんは僕にしなだれかかって倒れてしまいました。
利恵さんを仰向けにして股間をじっくり見ました。初めて見た女性器は灰色がかった陰唇に囲まれていました。僕はそのやや下にポッカリと開いた穴に陰茎を恐る恐る入れてみました。
「アウウン・・・ハアウ・・・」
利恵さんは僕の腰に手を伸ばして、腰を振り始めました。僕の腰をグッと引き寄せながら激しく腰を動かし、僕はそれに合わせるように腰を前後に動かしました。淫嚢が利恵さんの股間を叩き、パンパンと音がしました。利恵さんは虚ろな目で半開きの顔で唸りなが仰け反って動かなくなりました。
僕は一度射精してるだけでなく、コンドーム越しであまり強い刺激を受けていないので、2度目の射精には到達しませんでした。暫くして利恵さんが起き上がって、
「ねえ、もしよかったらなんだけど、私と付き合わない?年上はダメかな?」
「ボク、利恵さんのこと好きです。ずっと、利恵さんのこと想ってオナニーしていました。嬉しいです。」
「こんな逸材、誰にも使われずに眠ってたなんて軌跡だわ。まだ2回目出てないでしょ。出していいわよ。」
利恵さんは股をガバッと開いて僕を招きました。僕は利恵さんに挿入してガンガン腰を振って、射精しようとしましたが、利恵さんが悶えて喘いで僕の腰を掴んで自分好みに腰を使うので僕はなかなか射精出来ませんでした。そうこうしているうちにまた利恵さんが逝ってしまいましたが、同時に僕も我慢できなくてコンドームの中に射精しました。

利恵さんと僕は、会社に知られないようにコソコソ付き合っていました。美人の利恵さんは社内でもモテモテでした。利恵さんは、夜の指導員になって、僕を利恵さん好みのセックスマシーンに仕立てていきました。我慢できずに早めに写生してしまうと、古新聞を縛る紙製の茶色の紐で陰茎の根元と淫嚢を縛られて血流と精液を遮断され、血管が浮き出るほどに起ちっぱなしにさせられた陰茎で利恵さんが満足するまでセックスさせられていました。満足するまで逝きまくった後、縛られて射精出来ない陰茎を扱かれて、切ない僕は、
「利恵さん、この次は利恵さんが逝くまで射精を我慢します。約束します。だから、お願いですから紐を解いて逝かせてください。」
と懇願します。利恵さんは小悪魔的な薄ら笑いを浮かべて紐を解いてくれます。そうすると、2回目とは思えない大量の精液がビュビュッと宙を舞うのです。もう、心も体も利恵さんの虜になっていました。

僕は、指導員だった利恵さんと一緒にいても不自然だと思われませんでした。僕よりも利恵さんが、
「利恵ちゃん、初めて育てた社員が可愛いのはわかるけど、いつまでも佳生君離れしないと、佳生君に彼女できないぞ。で、利恵ちゃん今夜どう?飲みに行かない?」
と誘われていました。利恵さんは、
「みんなで行くならいいわよ。佳生ちゃんも行こうよ。」
大抵こうして4、5人で飲みに行って、帰りは利恵さんと一緒に利恵さんのアパートでセックスして帰るのが定番になっていました。ところがある日、セックスしたさに、あからさまに二次会を断り僕と利恵さんが帰ったために怪しまれて後をつけられてしまいました。2時間くらい利恵さんと淫乱で濃厚なセックスを楽しんだ後、利恵さんの部屋を出ると、
「ねーねー、2人だけでどんな二次会やってたの?利恵さんのアンアンって声が聞こえる二次会ってどんなかなー?」
同僚数人の男女がニヤニヤしながら利恵さんのアパートの前に立って缶ビールを飲んでいました。何事かと出てきた利恵さんは、
「あはー、バレちゃったかぁ。ハイ、私、利恵は指導した後輩社員に手を出しました。」
そういいながら、僕を後ろから抱きしめて、
「佳生ちゃん、大人しそうに見えるけど最高なんだ。私、離したくないんだ。」

僕は24歳で27歳の利恵さんと結婚しました。
両親は、3歳年上の先輩OLに誑かされたとあまりいい顔をしませんでしたが、利恵さんを紹介したら、あまりの美しさに絶句してしまいました。父は、
「でかした!こりゃあベッピンさんだ。いやあ、参ったなあ。」
と言って、親戚中に嫁を見せびらかす計画を立て始めて母に叱られていました。

今、結婚して3年経って、子供も生まれたので僕の実家をリフォームして同居する予定です。利恵さんは今年30歳を迎えますが、美しさに大人の色気が加わって実家の町内では、凄い美人の姉さん女房がやってくると評判になっています。
凄い美人の姉さん女房は、凄いスケベの淫乱女房でもあるのです。今でも月に1、2回、先に精液を漏らしてしまい、紐で陰茎と淫嚢を縛られてお仕置きされています。それでも利恵さんの美しい顔と色っぽい体の虜の僕は、毎日一生懸命腰を振っています。

お屋敷のお嬢様と避妊

僕は同じ茶道の師範についたお屋敷の御令嬢の処女を奪いセックスを続けている悪い虫です。甘い唾液と愛液をチューチュー吸ってペニスという毒針を突き立て精液を注入しています。最近、実は彼女がセックスが大好きであることが分かって、また僕に心底惚れてくれている事がはっきりして喜んでいます。

彼女と大学卒業後に良い会社に就職して結婚したいと思っています。そこで恐ろしいのが婚前交渉中の妊娠です。彼女の安全日にはコンドームをして膣内で射精をしていますが、危険日はコンドームごと膣からペニスを引き抜いて外で射精をしています。ピルのようなもっと安全で膣内射精できる避妊法は使えないかと検討中です。

しかしコンドームも進化し続けています。大体価格面を除けば2つの機能面に改良が進んでいるようです。1つはグラマラスバタフライに代表される様な付属のジェルの改良でもう一つは樹脂素材の強化とごわごわ感の改良をしているうすピタに代表される薄手のコンドームです。

僕は彼女の体臭や淫臭が好きなので彼女のロケット型超巨乳や綺麗な女性器を吸うのが大好きです。彼女は愛液が多いです。なのでセックス時の彼女の膣はジェルを必要としません。むしろ僕のペニスの太いカリが感じられる薄型コンドームを彼女は好みます。最近はネットでコンドームを買えるようになって嬉しいです。

本当は休日に彼女と甘いデートをしたいのですが彼女の家は勝手な男女交際を全面禁止していて、門限も厳しいです。将来的には彼女の家に認められるような男になって結婚したいなと強く思います。頑張って男を磨こうと思います。今日は彼女がセックスしに来てくれました。セックス中は彼女との約束通り乳首を吸い続けました。彼女の膣内でコンドームに大量の精液を吐き出しました。嬉しかったです。

オレの初体験

オレの初体験は、ソープだった。
 もう40年も前、当時の安いソープ(昔はトルコと言っていた)では、本番はないところが多いと聞いていた。
金のないオレの行くところも、もちろん本番はなくお姉さんの手コキでシングル、ダブル、逆さダブルの3種類でそれぞれ金額が
違っていた。
シングルとは、お姉さんがただ横に座って手でしてくれる。これが5、000円。ダブルはお姉さんが一緒に添い寝をしながら手でしてくれる。これが6、000円。逆さダブルはいわゆるシックスナインの形になって手でしてくれる。これが7、000円。どのコースもローション使用だ。
オレは、このソープにもう何回か通っているがそのたびに指名はせず、相手を変えてやってきた。コースは必ず逆さダブルだった。
当時10代後半だったオレからは、もちろんみんな歳上なのだが、比較的年齢が高かったように思えた。
ある時、待合室で順番を待っていると、黒髪を束ねいわゆる日本美人の女性が入口に顔をだし、「富士子です、お待たせしました」と別な客を呼びにきた。年は30歳ぐらいだろうか。オレは一目で気にいって「富士子」という名前を覚えておいた。
普通はマネージャーのような人が呼びに来て、廊下で女の子と面通しと言うのが一般的だが、ここは女の子が直接呼びに来る。
次にそのソープへ来た時に、迷わずその「富士子」を指名した。
待合室で待っていると、黒髪の美しい女性が「富士子です。お待たせしました」と言って顔を出した。
オレは後について、部屋に行った。部屋に入ると「君、前に私のところ来たことあった?」と富士子さんが聞いてきた。
オレは「ないよ。初めて」と言うと「じゃあ誰かに聞いたの?」と言うので「違うよ。待合室で別な客を呼びに来た時、黒髪がステキで
一目ぼれした」と歯の浮くようなことを言うと、ちょっと恥ずかしそうに「そう、じゃあ日本的な女性がタイプなのね」と言った。
その後、オレは服を脱いで洗い場の方に入って行った。ここの女性は服を脱がない。服と言っても色っぽくも何でもない白いユニホームのようなものを着ていた。
私はいわゆる“すけべイス”に腰掛け身体を洗ってもらった。ちんちんを洗う時になると、「ちょっと、立って」と言われ、その場で立ちあがった。
富士子さんは後ろから股の下に手を入れ、石鹸の付いた手でタマからさおの方へ移動しながら優しく洗ってくれた。初めての体験に身震いし、さおはピンピンになった。
洗い終わるとベッドへ移動し、コースを聞かれ迷わず逆さダブルを告げる。富士子さんは履いていた短パンのようなものを脱ぐと洗い場でアソコを洗っている。オレは裸のままベッドに寝て待っていた。富士子さんが胸を開けてオッパイを見せながら戻ってきた。
形の良いおわん型のオッパイだった。乳首もピンクよりは白っぽかった。
ローションを用意。自分の手にとって僕のちんちんに塗りながら、「失礼」と言いながらオレの顔をまたいでシックスナインの体制になった。
目の前に富士子さんの性器が現れた。身体の色が白いせいか、性器も黒くなくきれいなピンク色だった。
陰毛も多すぎず少なすぎずで良く見ると、性器の周りをわずかに覆っていた。お尻の穴も奇麗で周りのシワがはっきり見えていた。
富士子さんはローションをたっぷりつけた手をやさしく上下に動かしている。オレは気持ち良くなり、夢中で性器を舐めた。
富士子さんは軽く声を上げたが、感じているふりをしているような声だった。
そのうちオレの方が昇り詰めて、あっけなくイッてしまった。
それからは必ず富士子さんを指名した。
次に行った時、初めて富士子さんのオッパイに触った。乳房全体が硬めだった。
また、行く度に自分の体験談などを聞かせてくれた。
興味を持ったのは、レズの女性に誘惑された話し。
ある女の人と二人でお酒を飲んでいて、何か目つきがおかしいと思ったらやっぱりレズだった。
誘われるままにホテルに行ってしまった。女性とのSEXは初めてだった。
自分がネコで、道具は使わずに指と舌で、もう何度イッたかわからないくらい長い間攻められた。
女同士、どこが気持ち良いかわかっているから男性とやるよりも満足感があった。
結局その女性とは1回だけのSEXだったとのこと。
オナニーもこの仕事をする前はほぼ毎日していた。もう何がなんだかわからなくなるくらい気持ち良くなる。
19歳のとき妊娠して降ろした話もしていた。
オレはまだ童貞であることを告げていた。「早く捨てたくて本番の出来る所へ行こうと思って探しているんだ。隣町にそういうソープがあるらしいんだけど知らない?」と聞いてみた。富士子さんは、オレがそっちに流れていっては困ると思ったのか、「知らないと」言い、「じゃあ、今度来た時にしてあげようか」と言ってくれた。
「えっ、でも本番ダメなんでしょう?」と聞くと「そうだけど、見つからないようにすれば大丈夫よ。他でもやっているみたいだし。ただし、お金は1、000円アップするわよ」と言った。
1、000円アップっていったって8、000円だ。
オレは翌日また、ソープを訪れた。
富士子さんはオレの顔を見るとあきれたような顔をして部屋に案内した。
「ごめん、でも我慢できなくて」というと優しく笑ってくれた。
いつもと同じように身体を洗ってもらい、ベッドに横になっていると、富士子さんはパンツを脱いでアソコを洗うとベッドに腰をおろして、ローションを付けずに手でペニスをしごき始めた。
オレのモノはそれだけで、大きくなっていた。
富士子さんは自分のバックからコンドームを出し、袋から出すとペニスに被せた。
オレは女性との初体験に心臓がバクバクだった。
富士子さんは胸の前をはだけて、ペニスを握りながら僕の下半身をまたいできた。
自分の性器にペニスを擦りつけながら静かに腰を落とした。すうーっと中に入って行く感触が伝わった。
その瞬間「この感触、前にも味わったことがあるような気がする」なぜかそんなことを思った。
そして、富士子さんの熱くなった膣の中がペニスに伝わり、「女性の中はこんなに熱いのか」と思った。
富士子さんはゆっくり腰を上下に動かしている。廊下を誰かが通ると、はっ、としてペニスを抜く。そして様子をうかがってまた入れる。すると富士子さんの息遣いがだんだん荒くなって、いつもの演技の声ではなく、本気で感じているような低い声で呻いている。「富士子さんが本気で興奮している」オレはそれだけで興奮した。
だが、若いとはいえ昨日も来て抜いてもらっている。いつまでたってもイカない。富士子さんはペニスを抜くと、「やっぱり昨日の今日じゃ無理よ、手でするね」といってコンドームを取ると、いつものようにローションをつけて手でしてくれた。
それからは、行くたびに本番をさせてくれたが手でイキ慣れているので、富士子さんの中ではなかなかイカず、いつもフィニッシュはローション付きの手だった。
富士子さんはなぜかフェラチオをしてくれなかった。
「私はやらないの」と言っていたが、僕がせがんだので、シックスナインになった時に、ペニスの先を舌でぺろぺろだけしてくれた。
富士子さんも段々大胆になって、人が廊下を通ってもそのまま続けるようになっていた。
ある時、いつもは全裸になった事がないのに、いきなり上に来ているものも全部脱ぐと、ペニスを持って背中を向け生のまま自分の中にいれてしまった。オレからは富士子さんの白くて大きなお尻の間に、自分のペニスがずぶずぶと入って行くのが見えた。
オレはいつもとは違う生の感触を、富士子さんの膣の中で感じていた。
富士子さんは「これが生で入れた感じよ」と言いながら、腰を動かしている。しばらくするとまた富士子さんの低いうめき声が聞こえた。ぼくは初めの生挿入で気持ちが良くなり、たまらず「なんかすごく気持ち良くて出ちゃいそうだよ」と言った。
富士子さんはあわてて腰を浮かせて、ペニスを抜いた。そしていつものようにコンドームをつけてまた、自分の中に入れた。
そしてそのまま富士子さんの中で初めてイッた。
いつも騎上位の形だけだったが、だんだん大胆になり体位も色々変えてみた。自分が上になって正常位でやってみたり、バックからしてみたりした。
ある時、シックスナインで富士子さんの性器を舐めていると突然「ねぇ、早く入れて」と言って身体を起こして仰向けに寝た。
オレは「バックでしたい」と言うと、そわそわしながら「後でさせるわよ」と言いながらオレの腕を引き、ペニスを握ると生のまま挿入してしまった。
オレは驚いたが、そのまま大きく腰を動かした。
いつもより中がヌルヌルして熱かったように感じた。すぐに富士子さんは今まで聞いたことがないような大きな声をあげた。これが富士子さんの本性か。それを聞いたオレも興奮しイキそうになったので腰を引いて外に出そうとすると、富士子さんが僕の腰を押さえると呻きながら「いいからそのまま中に出して」と大きな声で言った。
僕はビックリしたがいわれるまま、富士子さんに中出ししてしまった。初めての中出しだった。
ペニスが富士子さんの中でぴくっ、ぴくっと動いている。
富士子さんも目をしっかりつむったまま大きな口を開けて呻きながら身体を痙攣させた。
オレは富士子さんのオッパイをわしづかみしながら、静かにペニスを抜いた。
ペニスは白い愛液に包まれてドロドロになっている。
「私が大きな声をあげたから、つられてイッちゃったんでしょ」と富士子さんが言った。
オレが「うん」と言うと「だって久しぶりだったのよ」と言った。
そして「中に指を入れてごごらん、まだ熱いから」と言うので僕は富士子さんの膣に指を入れてみた。
本当に中はまだ熱くてぬるぬるしている。
富士子さんは「自分の精子をかき出してみて」といったので、指でかき出すような真似をした。
すると指に自分の精液が絡みついて、膣口から精液が流れ出た。
オレは初めての中出しに戸惑いながらも、余韻を楽しんでいた。
・・・・・そして、それが最後だった。
次に行った時、富士子さんを指名すると「富士子さんは辞めました」・・・・とのこと。
オレはこの人にすべてを教えてもらったような気がする。

おとこの娘

ひとりエッチ好きです。
そんなぼくがアナルに目覚めたのは中学の時ですが、大学の時に独り暮らししてから女の子のかっこに目覚めました。それから女子みたいに後ろから突き刺されたい願望が高まって、パンティーをつけてウィッグをつけて外を歩くようになり、そのかっこで、部屋でディルドーオナニーをするようになりました。最初は痛かったですけど、自分の女の子の姿を鏡越しに見るだけで興奮して、犯したくなります。ディルドーを抜き差しして、お尻に突き刺したまま前後にゆするとぐちょぐちょってイヤラシイ音と粘液が分泌されるのがわかります。ネットチャットで命令されるままにローションを入れて、ディルドーをグチョグチョしてたら、ドライでいきました。イクってこういうことなんだなーって考えてたらまた。結局、10回以上いけるようになりました。最後は疲れちゃって寝ちゃいますけど。最近はディルドーを見るだけでお尻がむずむずして粘液が出てきます。涎みたいなのかなって。男性経験ないです。カナジョとかの掲示板にエッチなしでって書き込んだらたくさんの人が来てくださって痴漢されました。公園だったから、覗かれてました。それも好きなんですけど。あとあと、痴漢さんとサヨナラしたあと、結構な割合で、さっき、いいことしてたよねーって覗きの人に話しかけられます。でも、10人に1人くらいの割合で、ひどい人がいて、無理やりキスしてきたりしてきますが、まだ純潔は守ってます。ほんとは、病気が怖くなければ、やさしい人とホテルに行って上にまたがってお尻に入れてもらって、それからギュギュってしたいです。サッキュバスみたいに。コンドームつけてれば大丈夫なのかなー?今度実行したら報告します!

エリの野菜料理

今日もエリはご飯を作るためとセックスのために学校帰りに寄ってくれた。良い妻だ。

今日はスーパーが良いナスの特売をしたので豚肉と味噌味炒めを主にするそうだ。

エリの作る野菜料理は本当に家庭の味で大根、かぼちゃを始めどれでも美味しい。

昨日のピルに変える話は早速お母様が婦人科にエリを連れて処方して貰ったそうだ。

昨日から服用を始めたのであと10日でコンドームは不要になり中出しOKとのこと。

恐ろしい名器を誇るエリの膣を生ペニスで味わって精液注込み放題は夢のようだ。

エリにしてもこの世で最も愛おしい人に欲望の体液を注入されるのは楽しみらしい。

コトコト野菜を煮る間にエリが乳房と女性器を十分吸わせてセックスしてくれた。

例によって女子高の制服からショーツだけ抜いての興奮するセックスに持ち込まれた。

俺はエリのクンニと淫臭が好きだ。エリはまた騎乗して腰を振った。非常に上手い。

ペニスに膣口を当て俺の長めのペニスをするりと飲みこむ。名器に3分と持たない。

それにしてもどこで騎乗位を練習しているのか不思議に思ってエリに聞いてみた。

お母様のカードで通信販売を利用しアダルトグッズ店からディドルを買ったそうだ。

それを練習台にしているそうだ。俺で練習しろというと「うふっ」と淫靡な笑顔になり

「そんな事をしたらあなたの体から全ての精液をカラカラになるまで吸い尽くすわよ」

といった。ご飯が出来たので夫婦水入らずで食べた。エリは良いナスを買ってくる。

食後に床の上で対抗座位でセックスをした。制服の胸だけをはだけて乳首に甘えた。

エリの強い淫臭を放つ愛液がペニスを伝って落ちてきた。突然エリが腰を振った。

恐ろしい快楽に射精してしまった。彼女はディープキスをすると台所を片付けた。

「また1晩泊まってタップリ可愛がっていただきますからね。」と言い残して彼女は

帰宅した。彼女が残してくれた愛液の淫臭を嗅いで寂しさを紛らわせている。

そうだ期限が近いレポートがあったとあわててワープロと参考書に向かった。

エリの野菜料理

今日もエリはご飯を作るためとセックスのために学校帰りに寄ってくれた。良い妻だ。

今日はスーパーが良いナスの特売をしたので豚肉と味噌味炒めを主にするそうだ。

エリの作る野菜料理は本当に家庭の味で大根、かぼちゃを始めどれでも美味しい。

昨日のピルに変える話は早速お母様が婦人科にエリを連れて処方して貰ったそうだ。

昨日から服用を始めたのであと10日でコンドームは不要になり中出しOKとのこと。

恐ろしい名器を誇るエリの膣を生ペニスで味わって精液注込み放題は夢のようだ。

エリにしてもこの世で最も愛おしい人に欲望の体液を注入されるのは楽しみらしい。

コトコト野菜を煮る間にエリが乳房と女性器を十分吸わせてセックスしてくれた。

例によって女子高の制服からショーツだけ抜いての興奮するセックスに持ち込まれた。

俺はエリのクンニと淫臭が好きだ。エリはまた騎乗して腰を振った。非常に上手い。

ペニスに膣口を当て俺の長めのペニスをするりと飲みこむ。名器に3分と持たない。

それにしてもどこで騎乗位を練習しているのか不思議に思ってエリに聞いてみた。

お母様のカードで通信販売を利用しアダルトグッズ店からディドルを買ったそうだ。

それを練習台にしているそうだ。俺で練習しろというと「うふっ」と淫靡な笑顔になり

「そんな事をしたらあなたの体から全ての精液をカラカラになるまで吸い尽くすわよ」

といった。ご飯が出来たので夫婦水入らずで食べた。エリは良いナスを買ってくる。

食後に床の上で対抗座位でセックスをした。制服の胸だけをはだけて乳首に甘えた。

エリの強い淫臭を放つ愛液がペニスを伝って落ちてきた。突然エリが腰を振った。

恐ろしい快楽に射精してしまった。彼女はディープキスをすると台所を片付けた。

「また1晩泊まってタップリ可愛がっていただきますからね。」と言い残して彼女は

帰宅した。彼女が残してくれた愛液の淫臭を嗅いで寂しさを紛らわせている。

そうだ期限が近いレポートがあったとあわててワープロと参考書に向かった。

エリの中から投稿

俺は美人女子高生エリをお説教テープをえさに部屋に引き込んで処女レイプした者だ。

今日は珍しくエリの方から「今夜泊まりに行くから覚悟してね。」と連絡があった。

先程俺の部屋についてサンドイッチを作って昼ご飯を食べさせてくれた。美味かった。

「なぜ泊まるの?」「母はまだ36歳です。シングルとは言え恋人位できます。」

「エリは賢いな。お母様の恋の邪魔にならないように自宅デートさせるわけか。」

食後早速、俺たちはセックスを始めた。エリは陰毛が少ない上付きだが淫臭が強い。

でも悪い匂いではない。オスの本能に訴えかけてくる。部屋に淫臭が満ちると幸福だ。

このサイトの投稿にPCデスクで対抗座位で女の膣の中から書いている物が有った。

俺もエリの中から投稿したくなった。彼女を四つん這いにし背中にノートパソコンを

乗せ後背位でセックスしながらこれを書いている。静かにピストンしないとだめだ。

射精が近づくと陰嚢の中を睾丸がせりあがってくる。なんとも言えない快感だ。

今日はコンドームをしている。それにしても色んな女と交わったがエリの膣は絶品だ。

これを処女で手に入れたのはラッキー以外の何物でもない。結婚して大事にしたい。

エリと俺は同時に卒業し就職の予定だ。すぐ結婚したい。エリの気持ちは俺より強い。

エリの俺に対する独占欲はすさまじい。エロ本から写真集まで処分してしまった。

エリのくれる快感は凄まじい。射精前に投稿できるかという状態を今体験している。

ううう、俺ももう噴き出る。ダメだ

エリの中から2

俺は美人女子高生エリをお説教テープをえさに部屋に引き込んで処女レイプした者だ。

俺のセックステクニックでエリを開発して必殺のクンニで逃げられない様に縛る予定が

名器の膣の物凄い快感から逃げられなくなった。見事な返り討ちにあってしまった。

噛めば噛むほど味が出るというのかペニスを入れれば入れるだけおいしくなる膣だ。

もうエリ以外の女はどうでも良くなった。早く就職してエリと結婚して暮らしたい。

エリは外見も物凄い美少女だ。プロポーションもバストが大きくお尻が締まっている。

エリを連れて渋谷を歩くと視線を集める。俺がいるのにナンパするバカまでいる。

今朝買って来たコンドームは8枚目を使用中だ。そうまたエリの中から投稿している。

ノートパソコンを乗せたちゃぶ台を床に載せエリにそれに背を付けて座ってもらい

対抗座位で俺がペニスを刺している状態だ。しかし絶倫でもない俺からすでに7発の

射精を引き出せるエリの膣は本当に名器だ。今日も12枚のスキンを使い切りそうだ。

今日は7~8時ごろエリが帰ってしまう。寂しくなる。良い女を持った宿命だろう。

エリは明日も学校帰りにセックスしに来てくれるだろうか。俺は完全にエリ中毒だ。

エリのおかげで美人の写真を見てもなんとも思わなくなった。前戯である性感帯を

こうなめていたのをエリがああなめて欲しいというと舐め方を即座に変更している。

エリが喜ぶ前戯と後戯と丁寧な後始末をしている。セックス後のショーツも履かせる。

エリへの愛撫は「女性器の愛し方」と言う本をベースにしている。うう射精が近い。

投稿できるか。それでは失礼します。

エリの恐ろしさ

俺はちょっと芸能界にもいないほどの超美少女の女子高生のエリをレイプした。

こんな宝物を自分の物にしたと思ったら彼女は恐ろしいミミズ千匹の膣を持っていた。

一度エリにペニスを突っ込んだら、もう逃げられる男は絶対にいないだろう。

今ではエリとセックスしないと眠れない程エリに夢中だ。将来は絶対に妻にしたい。

シングルマザーのお母様には申し入れたし、俺はエリに愛されているので幸いだ。

お母様は「結婚前に妊娠しないように。」とだけ言ってセックスは容認して下さる。

なにせ高級コンドームを買い与えて箱ごとを常に携行させているくらいだ。

今日は日曜日。大学の勉強もしなければならないがエリとのセックスがしたい。

エリの御宅は朝早いのでなるべく早く来てほしいとメールを打ったら9時前に現れた。

女は想像するだけで濡らせるそうだ。俺はエリを床に引きずり込むと全裸に剥いた。

「愛していいるよ」のディープキスのあとは彼女の体を貪り女性器にたどり着いた。

彼女は陰毛が少なくきれいな大陰唇が外性器を保護している。見かけは清楚で普通だ。

だがその中には俺の体から精液を吸い尽くそうと恐ろしい名器が潜んでいるのだ。

彼女にはもう1つ武器がある。男の欲望をそそる強い淫臭。俺は泥沼に引き込まれる。

女性器をひらいて女殺しのクンニをかけると愛液をたっぷり膣口から滴らせる。

十分潤うとエリは俺にコンドームを付けてくれる。これが実にエロティックで快感だ。

エリにペニスを入れると高速ピストンをするのではなく静かに名器を味わっている。

エリは「セックスは俺に対するおもてなし」だという。名器で快感を十分与えるのだ。

俺の大学サークルは女子大サークルから将来の夫を得るためヤリコンを誘われる。

女好きの俺はヤリコンに積極参加していたがエリが出来てから1度も出たことが無い。

もう女子大生には興味がなくなった。エリがいてくれれば他に望みはない。

今1発目を放ってエリにコンドームを変えて貰いながらこれを書いている。

静かなエリの膣内にペニスを入れて今日は勉強とセックスをしようかなと思う。

床の上に正座し対面座位で2発目をしようとペニスをたてたらエリがまたがって来た。

対面座位はペニスでエリを堪能しながら教科書を読もうという考えだ。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード