萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

スカート

大嫌いな磯部君

ちょっと長いかも・・・。

会社の同期で、磯部君っていう男がいたんだ。私も彼も25歳ね。
同期と言っても仲は最悪で、会議ではいつも意見が合わず言い争いばっか。
周りには「犬猿の仲」とまで言われてた。
磯部君は掴みどころのない性格で、いつも何を考えてるか分からなかった。
でも頭はキレるし、見た目も結構良かったから女の子にも結構モテてたよう。

そんなある日、私はいつものように一人で残業していると磯部君が上のフロアから降りてきた。
指が切れちゃった、絆創膏ちょーだい、と。
少しイラっとしたけど、絆創膏を貼ってあげた。
それからしばらく世間話をしていた。
が、和やかムードもつかの間。やはりひょんな事から言い合いになった。
そしていつものように悪態をつく私に磯部君は
「お前、本当にかわいくないな、そんなんだと彼氏に逃げられるぞ」と冗談っぽく言う。

実は私、長年付き合ってた彼氏と別れたばかりだったんですorz
だから正直、このタイムリーなツッコミは本当に痛かった・・・。
いつもなら「うるさいな?」で返すのに、思わず泣いてしまった。
しかも大嫌いな磯部君の前で。
磯部君はまさか私が泣くなんて思っていなかったらしく、かなり驚いていた。
屈辱的な気分が襲ってくるも、涙がなかなかとまならくってヒックヒック言ってた。

多分2、3分くらいグスグスしてたと思う。
すると磯部君は何を思ったのか、急に近付いてキスしてきた。
そしてすぐに離れて「じゃーな」って言って帰ってた。
ポカーンとする私・・・。帰りの電車の中で思い出し動揺して、テンパってしまった。

次の日からは磯部君を意識しまくりだった。
こっちに来るたび、ドキドキしてた。でも顔には出すまいと必死に平静装ってたよ。
大嫌いな磯部君を意識するなんてありえないし!!と思ってたから。
今思うとこの時完全にハマってたんだなぁ・・・自分。

しかし、1週間たっても2週間たっても何の変わりもない。
磯部君は特に何も言ってこないし、いつもと同じ。
私はあれ?と思い始める。
あの日の出来事は・・・夢?蜃気楼?勘違い?と、少しダウン気味になる。
そしてキスしてから1ヶ月たったある日事件?は起こった。

あの日と同じように、磯部君が上から降りてきた。
勿論フロアは2人きり。
口からしんぞーが出そうな位ドキドキしてたけど、何とかがんばった。
磯部君はいつもと同じ口調で「よう」とか言ってる。
私も「よ、よう」と言ってみたものの声がうわずってた(つд-。)
続けて「何?」と聞いた。正直、この時かなり期待してたと思う。
しかし磯部君が言った言葉は・・・。

「今から○○さん(新人でカワイイと評判の女の子)と二人でご飯行くけど行く?」
私「は?(゚Д゚)」
磯部君「だからご飯・・・行く?」
私「・・・・」
磯部君「聞いてるんの?おなか空いてない?」
私「行く分けないじゃん!!仕事あるし。だいたいそこに私がいる意味あんの??」
磯部君「・・・。あぁそっか。まぁいいや、ごめんな。おつかれさんー」
颯爽と帰って行った。
「ふざけんなっっっ!!」武者ぶるいしたのはこの時が始めてだったと思う。
と同時にまじで好きになったんだなぁと実感。

その夜はすごく泣いたよ。自分でもビックリするくらい。
でもよく考えたら全部自分の勘違いだったんだよね。結局は。
何舞い上がってたんだろう。キスくらいで。そう思ったら凄く恥ずかしくなってきてね。
だから「あいつは外人!!あいつは外人!!」って呪文のように唱えた。

でもやっぱり気持ちがついていかなくって、
磯部君が近くにいるとぎこちない態度になちゃったりしてた。
そんでまた1ヶ月くらいたって、磯部君が下に下りて来た。
磯部君の話は、他愛も無い話ばっかりだった。
仕事がどーとか。会社がどーとか。
いい加減イライラしてきて、結構冷たく「仕事あるからもういい?」って言っちゃったんだ。
したら「何か怒ってんのか?最近そんな態度ばっかりだな。感じ悪い。」って言うのよ。
何を言うか!!と思うも、嫉妬してました何て言えず「別になんでもないよ!!」としか言えない。
素直になれない自分がいた。

で、また言い争いに発展。そして
磯部君「もしかしてお前、俺の事好きになった?」
私「・・・。なってない!!あんたなんか嫌いっ」
磯部君「じゃーなんで最近ずっと俺の事見てたの?」
私「見てない」
磯部君「本当の事言えよ」
私「うるさいきらいきらい!!大嫌い!!」
連呼してたら磯部君がキレちゃいました・・・。

おぉ、リアルたいむ!

私の腕を凄い力で掴んで、奥の資料室へひっぱり込む。
いつもの磯部君と違う、真剣な顔。
私の目の前に立って、上から見下してる。かなり怖い。
言い過ぎた?もしかして殴られる・・・?と震える私。
「なに・・・?」と言った瞬間ブラウスのボタンひきちぎられた。

私「!!ちょっと!!!!何するの!!これいくらだとおもってんの!!5000えん!!」
ブラウスの下にシャツは着てたけど、恥ずかしかったからすぐに背中を向けた。
磯部君「あのさぁ、俺はお前の事、ずっと好きだったよ。
今までは彼氏が居て幸せそうだったから黙ってただけ。
で、お前はどうなの?本当に俺が嫌いなの?
本当にそうなら今から何されても絶対に感じるなよ」
そう言いながら、彼は後ろから抱き着いてきた。

私「何言ってるの?どうしたの・・・」
言い終える前に磯部君の手が私の服の中にゆっくり入って来た。
立った状態でうしろから揉まれてる。同時に彼の唇が首筋に這ってる。
「ダメ、ダメこんなところで・・・やめて・・・お願い」と懇願しても聞いてくれない。
それどころか行為はどんどんエスカレートしてきた。
私を前に向かせ、壁にもたれ掛からせて、ブラウスを剥ぎと取ってシャツとブラを捲り上げた。
胸が露になる。「やだっ!!」すぐに手で隠したけど、私の両手は磯部君の片手で簡単に封じ込められた。
彼はしばらく胸を見つめた後、ゆっくり谷間に顔をうずめた。部屋中に愛撫する音が響いた。
私はもう、足がガクガクして来て立っているのが精一杯だった。
「どうしたの?お前、大嫌いなやつにこんな事されて感じてる?」と、意地悪を言ってきた。ドSだ。
凄く恥ずかしくなってしゃがみこんでしまった。
するとすぐに「立てよ」と言って腕を引っ張られた。
フラフラしながら立ち上がると「机に座って」と言われた。
言われた通り机に座ると、強引に足をガバっと開かれスカートを捲くられた。
そしてすぐにストッキングとパンツも下ろされた。

「すげードロドロ。お前、エロいな。」床に跪いて、私のあそこを目の前で彼は笑いながら言った。
そしてすぐにむしゃぶりついてきた。
「やっ・・・・あ、あぁんっ」
声出すのをずっと我慢してたけどついに耐え切れなくなった。
会社で、しかも最近まで大嫌いだった男にこんな事されて・・・。
しかし彼の執拗な責めで、とろける様な感覚に陥った。
特にクリを舐められながらGスポットを責められるのが堪らなかった。
ぐちゅぐちゅ、ぴちゃぴちゃと言う音が響く。私は、あっと言う間にイッってしまった。

ぐったりして倒れてる私の体を起こして、抱きかかえながらキスをしてきた。
二度目のキス。前とは全然違う濃厚なキス。舌を絡めあって、何度もお互いを味わった。
そして磯部君は一度唇を離すとしばらく私の目をじっと見て、再び激しく唇を求めてきた。
私は何だか涙が出てきた。そしてその時"愛しい"と言う気持ちが初めて沸いた。
でもまだ「好き」と言う気持ちを言葉にする事は出来なかった。

そして磯部君は「うしろ向いて。そこに手掛けておしり突き出して」と言った。
正直、私ももう我慢出来なかったからすぐに言うとおりにした。
カチャカチャとベルトをはずす音と、ズボンを下ろす音がした。
入れる直前、磯部君は「欲しい?」と聞いて来た。
私「・・・・・」
磯部君「言えよ」
私「・・・いや・・・」
磯部君「言えって」
私「・・・・」
もうここらへんで恥ずかしさのあまり涙が出てきた。顔から火がでるかと。
私は泣きながら振り向いて「本当はすき・・・だからもうあんまりイジメないでよぉ・・・」と言った。
ようやく好きって言えた。
次の瞬間私の中に磯部君が入って来た。もの凄い勢いで突いてくる。
「あっ・・・磯部君っ・・・きもちいぃよ・・・ああんっ」
元々バックが弱い私はおかしくなったみたいに喘いでた。
更に会社でセックスしてる・・・って事が余計に興奮させる。
部屋にはお互いの肉体がぶつかり合う音が激しく響いてた。

15分くらいずっと彼に責められてた。
本当に気持ちよくって、頭がおかしくなりそうだった。
磯部君「○○、好きだよ、ずっとこうしたかった。」
私「あっ・・・あたしも・・・すき・・・あんっ」
磯部君「そろそろ出る・・・」
私「中に出して・・・いいよ・・・。」
磯部君「えっ?」
私「ピル・・・」
そう言うとさっきより出し入れが激しくなった。
私「あぁっあっもぉ・・・だめ・・・磯部君、あたしも・・・あっあぁ!!」
思わず叫んでた・・・。
そして磯部君も中で果てた。ビクビクしてた・・・。
二人とも机の上でぐったり。しばらく放心してた。
そしてしばらくして私を抱き起こして
「やっと素直になったな。さっきのお前めちゃくちゃ可愛かった」って言ってくれた。
また涙が出てきて磯部君の腕の中で泣いた。素直になれてよかった

かれこれ2年くらい前の話。
長くてごめんね

ツンデレ(・∀・)イイヨー

長いが、だんだん落ちてくのがいいね

よくできた官能小説だなw

萌えた

韓国人の成美

韓国人との情事でも。

俺が28才当時、その時勤めていた会社が韓国に進出する事になった。
んで、立ち上げメンバーとして選ばれて赴任したのが俺含む日本の社員6人。
支社立ち上げに伴って、30名程の現地採用を行った。
日本語が話せる条件で募集したんだけど、結構すぐに集まった。
韓国の3ヶ所に支社をバラけさせて、本社3人の支社3人の日本人を置き、現地採用者もそれぞれ振り分ける事になった。
そん中で、俺が任せられた支社の振り分けメンバーにいたのが、成美(ソンミ)だった。(勿論仮名)
正直、あの国での仕事は想像を絶する過酷さだった。
特に人が。

必要以上の自己主張と、誤ったベクトルでの負けん気。
これがほとんどの社員に、ほぼ例外なく備わっている。
自らの保身や利益の為に、他の社員を貶めるなんてしょっちゅうだった。
成美も例外ではなかった。
成美は当時26才。
18才から4年日本に留学し、その後2年間日本企業での勤務経験があったので、日本語能力は完璧だった。
見た目の悪くなかった。
小雪をもう少しかわいい系にした感じ。
けど、あの国のよく知れた整形事情で、成美も整形美人だった。
成美の高校生くらいの時の、身分証明書をチラ見したら別人だったよww
それはいいとして、成美は他の社員よりも頭ひとつ出て優秀且つ自己主張が激しかった。

「彼女をここまで育てたのは私だ」
「私はほかの社員の何倍も仕事が出来る」
「私はもっと高い地位に行くべきだ」

まぁ優秀は優秀なんだが、日本人のバリキャリを腐る程見てきた俺からすれば、せいぜい中の下。
ある時、それを思い切り叩きつけてこてんぱんにしてやった。

俺は出向社員だけど、現地では結構な役職に就いていた。
だから、向こうからしたらかなり上の役職に叩きつけられて、相当意気消沈したみたいだった。
少し言い過ぎたかな?と思って、

「君は見込みがあるからここまで言うんだ」

てな感じのフォローを入れた。
したら一瞬で復活しやがって、更にどうやら俺に惚れてしまったようだった。
その日から、陰で俺に対しての猛アタックが始まった。
これもお国柄かな、思い込んだら脇目も振らない。

ちなみに、自己主張や他の社員に対する態度は、全く変わってなかった。
社宅もバレてるもんだから、休日には押しかけるわ熱出して寝てると看病しにくるわで、怒涛の攻めだった。

その内、セックスアピールもし始めて、あらゆるセクハラを受けた。
それに対して俺もかなり拒否したんだが、全く聞く耳を持たず、

「けど私があなたを好きだから」

とか言う理由で継続された。
韓国は儒教の国だから、女性からのアピールははしたないからしないなんて聞いてたからビックリしたよ。

あと、これが最もヤバかったんだが、なにせ俺は当時独身で異国の地に一人暮らし。
15分40万ウォン(4、000円前後)で本番行為が出来る、韓国の風俗は好きになれなかったので、女日照り真っ最中。
加えて整形で性格悪しとは言え、美人で168cmくらいのスレンダー推定Cカップの女がアタックしてくるもんだから、さすがに陥落間近だった。

で、俺が遂に陥落する日がきた。
支社のメンバー12名程で飲み会を催した。
これは、普段から飲みに行くとそうなんだけど、あいつら酒入ると日本批判始めるんだよね。
日中の仕事中は、役職者の俺に対してはある程度尊重して言う事聞く。
けど、酒が入って自制が効かなくなるとそうなる。
この日もそうだった。

小泉が靖国参拝するのはおかしいとか、遡って秀吉の朝鮮出兵まで持ち出しやがって。
俺も酔っ払ってたし、腹立って無茶苦茶論破して怒鳴りつけてやった大人しくなった。
けどまだイライラしてた俺は酒を飲みまくって、かなり泥酔状態になった。
場がお開きになって、俺は社宅に帰ろうと一人千鳥足で歩いてたら、後ろから成美が追いかけてきた。

「大丈夫ですか?全くあの人達は仕事と関係ない事で支社長(俺ね)に絡んで・・」
とか何とかまたもや他の社員を貶めてきたな。

「私が癒してあげます」

と言いながら、強引にキスしてきた。
その瞬間、俺の理性が飛んで、更に先程までのイライラがまだ残ってたのでプッツンしてしまった。

俺が住んでた辺りって、無人のビルが結構あって、しかも出入り自由なんだよね。
だから、成美の手を強引に引っ張って無人ビルの階段を上がって行った。
ちょうど良くトイレを発見したんで、そこに連れ込み今度はこっちから強引なディープキスをかました。

もうネチョネチョなやつ。
成美はOLぽいスカートとストッキングを履いてたんで、強引に下ろして手マン。
成美はすんなり応じてた、ってか息遣い荒くてかなり興奮してるみたいだった。
事実、マ○コは大洪水だったし、目は血走ってるしで少し怖かった。

「おおううううううう」

とかって変わったあえぎ声出してたな。
ひとしきり手マンしたあと、洋式トイレに座らせて俺は息子を取り出して目の前に持ってく。

「しゃぶってくれ」

って言ったんだけど

「した事ないから分からないです・・」

なんて言うもんだから
とりあえず口に突っ込んでイマラチオ。

先程のイライラと、普段の成美に対するムカツキが性欲と絡まって、かなりサディスティックな気分になってたように思う。
イマラチオしてるうちに、何か理解したみたいで、自発的に口で出し入れしてくれた。
今度は俺が便座に座って、成美を跨がせて挿入。
もう凄かった。

何が凄いって、ヌルヌルなのはそうだけど、マ○コの中が熱いんだ。
すんごい熱かった。
中坊の頃、温めたコンニャクでオナニーした事あるんだけど、それより熱かった。
相当興奮しているのだろう、でっかい声で喘ぎながら自分から上下に出し入れ。
狭くて真っ暗なトイレ内は成美の喘ぎ声と、グッチョグッチョ淫猥な音が響いてた。
喘ぎながら何か韓国語で叫んでたけど、何言ってるか分からなかった。
次に一旦抜いて、立ちバック。
もうガツガツン突きまくってお尻の臀部を両手で鷲づかみ。

強引に開いてビタンビタンしてたら、成美の足ががくがくし始めた。
俺も限界が来て、お尻の上に発射。

成美は肩で息しながら便座にへたりこんでた。
射精して冷静になった俺は、成美を介抱してやり、何事もなかったようにその場は別れた。

この後、より一層俺に執着するようになった成美とのセックスライフが始まる事となった。
成美とのセックスは、ぶっちゃけ楽しかった。
これも気質なのか、一度ハマると成美はどんどん俺とのセックスにハマって行くようになり、色んな事に応じてくれるようになった。

でも、俺の帰国が決まった時のすったもんだもあり、良い面だけではなかったなあ。

塾の生徒に…。

昔の格好悪い体験談を書かせてもらいます。

僕:大学3年生(21歳)、塾講師のバイト

彼女:高校2年生(17歳)、塾の教え子、小柄・ロリかわいい系

彼女からの告白をきっかけに付き合うことになって3ヶ月が経った頃。当時、キスは終えてましたが、それ以降は(一応塾の先生ということもあり)自重していました。

そんなある日の夜、塾終わり(22時過ぎ頃)にいつもの公園で待ち合わせをし、ベンチに座って何気なく話をしてました。

数十分話した後、キスをし、制服の上から胸を揉み…としているうちに、(1週間ほど禁欲していたせいか)徐々に理性が飛んできてしまい、そのまま制服のスカートの中に手を入れてしまいました。

あまり人通りがない場所ではあるものの、夜にスーツ姿の男が制服姿の子の身体を弄ってるのは公序良俗に反する行為…。

頭の片隅ではそう思ってはいるものの、本能には勝てず…塾内ではまず聞けない彼女のエロい声に興奮を覚えながら下半身を弄っていると、突如下半身に彼女の手が触れる感触がしました。

当然といえば当然かもしれませんが、それまで彼女の方から何かをしてくるということ
がなかったので、その行動に意外性を感じつつも、塾の生徒に下半身を擦られているという状況に興奮してしまってる変態気味な自分もいました…。

その後、しばらくキスをしながらお互いの下半身を攻め合う…という状況が続き、気づけば彼女の手で完全に勃たされていました…。

年下高校生にフル勃起状態にさせられてるのは気恥ずかしく感じましたが、ややぎこちない触り方で上下に擦ってくる彼女にかわいさを感じてました。

それが数分続いた頃、それまではただ手の平で上下に擦ってた状態から、勃ってる僕のものを軽く掴むようにして上下に擦るようになりました…。

スーツの上からとはいえ、ゆっくり確実に上下に扱かれる状態になり、それなりに気持ち良さを感じていました。

そんな最中、「気持ち良ぃ…?」と様子を伺われ、「うん、気持ち良いよ。もうちょっと速くしたらもっと気持ちいいけど…(笑)」と半分冗談半分リクエストな感じで言うと、「こう…?」と言うや、忠実に扱くスピードを速めてきました…。

といっても、ぎこちないリズムだったのでたいして気持ちよくなる訳ではなく、「かわいい奴だな」位の感じでいました。

しかし、ずっと扱かれているうちに「アレ、結構気持ち良いかも…」と感じるようになり、少しイキそうな予感がしてきました…。

そんなことを知る由もない彼女は無心で?僕のものを上下に扱き続けており、僕自身も「スーツ&トランクスの上からだし、さすがにイクには至らないだろう…」と甘く考えていました…。

しかし、彼女の手は断続的に動き続け、それに伴い気持ちよさも徐々に上がり、確実にイク方向にもっていかれてました…。

そして、「このままだとイッてしまうかも…」と感じ始めた頃、我慢汁がちょうど良い具合にヌメリ感を出すようになり、完全に劣勢状態に…。

といっても、「イキそうだからちょっと待って!」などと言えるはずもなく…、「気持ちよさは感じていたいけど、パンツの中でイク訳にもいかず…」という葛藤をしているうちにもどんどんイキそうな感覚に襲われるようになり、「そろそろヤバイ…止めないと…でも気持ち良い…もう少しだけ…」などと思ってるうちに出してしまいました…。

彼女は、知ってか知らずか、イッた後も手の動きを止めようとはせず、完全に絞り出された後もなお扱き続けていました…。

そして、こそばゆくなってきた頃、彼女の身体を弄るのを止めると、それと同時に彼女の手も離れました。

その後は気まずさを覚えながらも何もなかった風を装い、「イッたの気づいただろうか…?」「あのまま扱き続けようとしてたしバレてないか…」などとあれこれ考えてました…。

その当時は「人生最大の汚点だ…」と思ってましたが、今思えば気恥ずかしくも、良い思い出に思えるから不思議なものです…。

拙い体験談をお読み頂きありがとうございましたm(__)m

キスもしたことのない女の子の口で…

 十月初旬の、まだまだ強い陽射し下で、スコップを使うこと一時間。下着まで汗みずくに
なりながらも、睦月亮佑はついに目当てのものを掘り当てた。
「お、今刃先に何か当たったぞ」
「本当?……あ、これこれ! 私達のタイムカプセル!」
 ボロボロに赤錆びた、クッキーの空き缶。当時の頑丈そうな見てくれとは、随分と変わり
果ててしまったけれども、それは間違いなく亮祐達が埋めたものだった。

「ふぃー……」 大きく息を吐きながら、亮祐はへたり込むようにしてその場に座った。すると
自然に、くつくつとした理由の無い笑いがこみあげてくる。
「はっは、何だ何だ。本当に出てきちまったよ」
「すごいわ。信じられない。絶対見つからない思っていたのに」
「おいおい、掘ってる時は応援しといてそりゃないぜ。……しっかし、酷いなこりゃ。こことか、
内側まで穴開いてるんじゃないか? 中身は大丈夫かね?」
「まあ、仕方ないわよ」 亮祐の傍にしゃがみ込んで、娘は言う。 「十年っていうのは、
それだけの時間だもの。……お疲れ様」
 それから、彼女はハンドバックから若草色のハンカチを取り出すと、亮祐の頬を伝う汗を
拭った。その様があまりに自然だったので、彼は少し驚いた。だが、視界の端に陽の光を
反射してきらきらと光る湖面を認めると、亮祐は「そうだな」と頷いた。
 十年は、変わり果てるのに十分な時間だ。人も、物も、土地さえも。

 彼につられるようにして、娘も顔を上げた。二人の視線の先には、彼らの故郷を腹に沈めた、
巨大なダム湖が広がっている。

 *

 西佐久村大字分校。それが、睦月亮祐が四年まで通っていた小学校の名前である。
廃校が決まった十年前の時点で、全校生徒は十三人。亮祐の学年は五人だった。
女が三人で男が二人、その全員の名前を、彼は今でも暗唱できる。
 みんな仲良し、だったかどうかは評価の分かれるところだが、付き合いの深さだけは
本物だった。何しろ、日帰りで行ける範囲で、同世代の子供はこの五人しかいなかった
のだ。遊ぶにしろ、喧嘩するにしろ、全てはその中の出来事だった。
 そんな彼らは、ここが廃校になって、いずれダムの底に沈むと決まった時、全員で一つの
約束をした。水没を免れることになった高台の祠の脇に、タイムカプセルを埋める。それを、
きっかり十年後の今日に、皆で必ず開けに来よう。

 分校最後の終業式で、机をくっつけて話し合った日、その約束は、絶対に果たされる
ものと思われた。だが、年を経るごとに連絡は疎遠になっていき、中学を卒業する頃には、
お互い年賀状のやり取りだけになっていた。高校卒業後は、それすらも途絶えた。

 だから先月、亮祐が思い切って旧友五人に同窓会の葉書を出すには、相当の勇気が
必要だった。そして結果は、予想通りあまり芳しいものでは無かった。女子への二通が
『あて所に尋ねあたりません』と戻ってきた。もう一人は、出産直後で出席出来ないと、
丁寧な文面で断りの返事をくれた。唯一の男の級友だった克俊からは、母親の名前で
封書が届いた──二年前、家業の出前を手伝っている際に、交通事後で死んだ旨が、
鉛筆書きでしたためてあった。

 少なからず落胆した亮祐だったが、しかしかえってカプセルを掘りだそうという決意は
固まった。少ないながらも、旧友の現状を知れた事が、より望郷の念を強めたのだ。
加えて、克俊の母親からの手紙もある──息子の遺品は、是非お友達が持っていて
あげて下さいと、消し痕の後の残る便箋に記してあった。

 そんなわけで、亮祐は今日、スコップと代わりに埋める自分の連絡先を入れた筒を
持って、はるばる東京から四時間半かけてやってきた。そして、十年ぶりに訪れた
祠の横を、記憶を頼りに一生懸命掘り返している時、後ろから突然
「あの、睦月……君?」
 と、呼び止められたのである。

 初め、その娘が岩瀬由香里だと、亮祐は全く気付かなかった。薄い水玉のブラウスに
黒いフレアー丈のスカート姿で、日よけに白い帽子を被った様は、いかにもいい所の
大人しいお嬢様然としていた。しかし、亮祐の記憶にある『ゆっこ』は、彼の襟首を掴んだ
まま、石垣の上から自分もろともダイブして、一週間も接骨院送りにした猛者である。
とても、労いの言葉と共にさっとハンカチを出して、亮祐の額の汗を拭くことが出来るような
娘では無かった。
 全く以って、鬼も十八番茶も出花……と、亮祐は声に出して言わなかったけれども、
しかし例え口に出したとて、「そうね」と小さく笑って済ませる様な雰囲気が、今の彼女
にはある。

 亮祐が葉書の件を口にすると、由香里は少し驚いたような表情を見せてから、
ごめんなさいと頭を下げた。
「実はね、中学を卒業した後、母が再婚したの。だから本当は岩瀬じゃなくて、西野由香里
なのよ。でも、当時は私自身、少し複雑な時期だったものあって、どうしても新しい苗字で
手紙を出す気になれなくて」
「ああ、それで……。宛先不明で戻されたのは、転送期間が終わったせいか」
「そう。早く新しい連絡先を伝えるべきだったのだけれど、ついつい先送りにしてしまって。
本当に、ごめんなさい」
「いや、いいっていいって。そういうことなら仕方ないだろ」 姿勢正しく頭を下げられ、亮祐は
うろたえて言った。「いやしかし、じゃあどう呼んだらいいのかな。西野、じゃかえってアレだし、
その……」

 すると、その狼狽ぶりが余程可笑しかったのか。若干昔の面影のある笑みを浮かべて、
由香里は少し意地悪く言った。
「別に、岩瀬でも由香里でもいいわよ。もちろん、昔通りに『ゆっこ』って呼んでくれても、
一向に構わないけれど」
「ぐっ。自分は睦月君つっといて、そりゃちょいと卑怯じゃないか?」
「確かにそうね、亮ちゃん。 ……ふふ、これでいい?」
「……参りました。俺の負けだよ、ゆっこ」

 呼び名が元に戻ってからは、自然と二人とも話が弾んだ。亮祐は葉書を出して知った旧友達の
現況を詳しく伝え、そして持ってきていた克俊の母親の手紙を彼女に見せた。旧友の訃報には、
流石に驚いた表情を見せた由香里だったが、大きく取り乱すことはしなかった。何度も何度も
手紙の文面を読み直して、最後には自分を納得させたようだった。

 旧友たちの話題が一段落すると、次はお互いの番になった。
「亮ちゃんは本当に変わったわね。吃驚するぐらい大人になった」
「いやまあ、十歳の頃とおんなしだったら、それはそれで色々と問題だけどな。でも化けたって
言うなら、俺より断然ゆっこの方だろう。本気で一瞬、誰だか分らなかったぞ?」
「私なんて外見だけよ。中身はてんで子供のまま。今日だって、昔の約束に縋ってふらふらと、
手ぶらでここへやってきただけだもの。貴方みたいに、皆に呼びかけることも出来たのに」
「おいおい。呼びかけるも何も、俺は葉書を四通出しただけだぜ。おまけに収穫はゼロだった」
「でも、それって中々出来ないことよ。うまく返事が貰えるかどうか、誰だって怖いもの。それに、
収穫……って言っていいのか解らないけれど、」そこで由香里は手元の便箋を示し、「おかげで
私は、洋子も、かっちゃんのことも知ることが出来た。逆に洋子も、それからかっちゃんの……
お母さんも、すごく喜んでいると思う」

 真正面から褒められて、亮祐は思わず視線を外した。それから誤魔化す様に、少しおどけて
言葉を繋げる。
「ま、俺の場合いい加減成長しとかないとな。でないと、この場でお前のスカートの一つも
捲らなきゃならん」
「ふふ、そうだったね」亮祐が膝元に手を伸ばす振りをしたので、これには由香里も声を出して
笑った。「下ネタ大好きっ子だったものねぇ。まあ、昔馴染みのよしみで、一回くらいは許して
あげるわよ?」
「ほほう。じゃあ二回目は?」
「そうね。そしたら私も昔みたいに、校舎の砂場辺りへ沈めちゃおうかな」
「水深いくつあると思ってるんだ」
 実際には気易く手を取るのも憚れるようになった娘と、そんな軽口を叩き合いつつ、
亮祐は理不尽な優越感と、それから一抹の寂しさを感じた。

 *

 話の種は尽きなかったが、いい加減時間が押してきた所で亮祐は穴掘りを再開し、話は
冒頭に差し戻る。
 発掘作業は予想外に手間取ったものの、無事掘り起こせたタイムカプセルを、二人は早速
開けることにした。

 中身はこの手ものにありふれた、ごくごく普通のものだ。集合写真、寄せ書きの色紙、
そして『宝物』の数々──牛乳瓶の蓋で作ったメンコや、ビーズを繋いだ髪止めなど。
中には劣化して殆ど原型をとどめないものもあったが、それでも彼らは、元が何かを簡単に
当てることが出来た。

 懐かしい品々を一つ一つ取り出して、最後に箱の底から出てきたのは、これまた定番の
手紙だった。但し、中身はお決まりの「未来への自分宛」では無い。そこに書かれている
のは、十年後の今日の予定だ。
 これには、ちょっとした理由がある。十年前、彼らの間で喧嘩の種はいくらでもあったが、
その中で最も多く、且つ子供心にも不毛に思えたものが、
「何して遊ぶ?」
 をめぐる争いだった。わざわざ仲良くも全員一緒に遊ぼうとして、その結果盛大に仲違い
し始めるのだから、これほど空しいものは無い。十年後、折角集まった挙句そんなことに
なっては敵わないと、本気で危惧した当時十歳の亮祐達は、子供なりに一計を案じたのだ。
 ビニール袋で厳重に封印された封筒の中には、五枚の紙が入っている。そこに、彼らは
十年後の今日、自分がやりたいと思う事を一つずつ書いた。当日は、全員そろって書かれた
事をこなすのに、誰も文句を言わないという約束で。

「あったわねえ、こんなの」
 ビニール袋を丁寧に開きながら、懐かしそうに由香里は言った。
「あの頃は、二十歳になれば何をしても怒られないって思っていたから、何を書こうか
かなりわくわくしたのを憶えてるわ」
「うーむむ」
「ん? どうしたの、亮ちゃん」
 しかし彼女とは対照的に、亮祐はやや気まずそうな苦笑いを浮かべて言った。
「いや…な。そう言えば、物凄く馬鹿なことを書いたなあと」
「何言ってるの、みんなそうよ。十歳だもの。でもだから、面白いんじゃない?」
「いや、そういう意味じゃないっていうか……ま、十のガキのことだしな、笑って許してくれ」
「いいわ」それから唇の端を上げて、由香里は付け足した。「ああでも、約束は約束だから。
出来る限り、ちゃんと実行していきましょう」
「そうくると思ったよ。だからこそなんだが……」
 
 もごもごと続ける亮祐を尻目に、彼女は早速封筒の中身を取り出した。
 一枚目は洋子だった。書かれていたのは、
   “清水屋のうなぎたべる”
「わはは、何じゃこりゃ」これには、亮祐も声を出して笑った。「あいつ、これ絶対その場で
食べたかったものを、ただ何となく書いただけだろ」
「ね、だから言ったでしょう」 由香里もくすくすと肩を震わせながら言う。「みんなこんなもんよ」
「あっはっは。いやしかし、そいつが一番に親になってるからな。世の中分からん」
「弘子の事があるから分らないけど。でも多分、あの子が一番のりね。そうだなあ、意外と
言えば意外だけれど、どこか納得できる部分もあるのよね」
「ぽやーんとしてるところが、割合オヤジ受けするのかもしれん。なんたって、入社三か月で
一回りも上の常務を釣り上げたらしいからな」
「あら、今でも昔みたいにのほほんとしてるかは分からないわよ。あの子結構、しっかり者な
ところもあったし。……でもとりあえず、今夜のお夕飯は決まったわね」

 それから二人は順々に手紙を開けて行った。結果、克俊は「ダム湖で水切り」、もう一人の、
連絡の付かなかった女子の弘子は「おとまり会」。そして由香里は、「枕投げ」だった。

「廃校記念で、この前日に全校生徒のお泊会があったでしょう。あれで、亮ちゃん達に枕投げ
で負けたのが悔しくてね。色々考えてたんだけど、結局はそれに決めたの」
「いやまあ、分かっちゃいるが、何とも豪気な事だなあ」
 大分話して、このおしとやかな娘が"ゆっこ"である事に違和感を感じ無くなってきた彼では
あるが、やはりその口から直接昔の武勇伝を聞かされると、苦笑いをせずにはいられなかった。

 そして、しまいに亮祐の番となった。顔をへっちょこへ向けた彼を横目に、由香里が含み笑いを
しながら手紙を開く。書かれていたのは、
  “超すごいエロ(はたち版)”
「……あら、困ったわ。これは私、貞操の危機かしら」
「…………頼むから、今の見目形でその冗談を言うのはやめてくれ。変な汗出る」
 そう言って、亮祐はスコップを拾うと、俯いて掘り起こした地面を埋め始めた。

 *

 二人が祠を離れたのは、陽も大分傾きかけてからだった。昔の姿を留める唯一の場所が
名残惜しかったこともあるが、そもそもこの辺りはバスの本数が極端に少なく、夕方になる
まで帰りの便が無かったのである。
 その間に、彼らは克俊と弘子の私物を分け合った。弘子の分については、どちらか片方が
まとめて持っていた方が、渡す際に埒がいいとも思ったけれど、克俊のこともあるしと、
万が一に備えて分けて保管する事にした。洋子の分については、亮祐が後で郵送する
ということで、既に話がついていた。
 そして、これも万が一、弘子が後にここを掘りに来た時の為に、亮祐と由香里の連絡先を
書いた筒を、タイムカプセルの代わりに埋めておいた。それでも余った時間は、水辺に下りて、
約束通り水切りをした。

 そんなこんなで、ダム湖の対岸にある温泉街についた時には、既に薄暗くなっていた。
秋の行楽シーズンだったし、宿が取れるか心配だったが、救いの手は思わぬところから
差し伸べられた。苦労して見つけた鰻屋の主人が、偶然にも清水屋の元板前だったのだ。

 ダム建設による立ち退きの後、つてを頼って名古屋や大阪の店を転々とした彼は、結局
三年前にここへ戻ってきたのだという。そんな主人は、亮祐達の話を聞きつけて、いそいそ
と客席にやってきた。二人が洋子の手紙を見せると、彼は泣き笑いのような表情を見せた。
 そんな主人は、亮祐達の今日の宿がまだ決まっていないと知るや、さっと裏の黒電話を
回して、近くの温泉宿のキャンセル空きを一つ、もぎ取ってしまったのである。
 いくらなんでも悪いからと、二人とも初めは断ろうとした。だが、由香里が少し席を立った
隙に、主人は亮祐に顔を寄せて言った。
「気にするこたない。あそこは忙しい時にうちが内緒で料理回したり、色々と貸しを作って
あるんだ。それに……連れのお嬢さん、まさか野宿させるわけにもいかんだろう、なあ?」
 その言葉よりも、孫に小遣いをやるような表情に負けて、結局彼は申し出を受けた。

 宿は結構な大きさだった。風呂は、男女二つの大浴場に、貸し切りの露天が一つ。
どちらかと言えば年配向けの場所で、亮祐のような学生連れは他にはいないようだった。
 だがフロントで名前を告げると、ちゃんと女将が出迎えてくれた。色々と都合して頂いた
ようでどうもと、亮祐が頭を下げると、彼女は少し苦笑いなって、客室へと案内してくれた。
 
 部屋に通されるとすぐに、二人は風呂を勧められた。宿で食事をとらなかったから、その
間に寝床の用意を、ということだろう。しかし、そこで女将が下がり際、
「申し訳ありませんが、暫くは露天の方の予約が混み合っておりまして。今日は御年配の
方が多くていらっしゃいますから、少し遅めの時間ですと、入り易いかと思います」
 暗に早い時間は自重してくれと釘を刺して、「ではごゆっくり」と襖を締めた。

 一瞬、ポカンと顔を見合わせた後、亮祐と由香里は二人揃って吹き出した。
「そっか、そりゃそうだよな。若い男女が二人っきりで泊りにくれば」
「そうね。ああ、でも、亮ちゃんはこれから"超すごいエロ"をする約束なんだから、あながち
的外れな忠告でもないのかな?」
「いい加減そのネタは勘弁してくれ」

 その後、二人はちゃんと男湯女湯に別れて風呂に浸かった。内風呂とはいえ、岩やら
檜やらで雰囲気を出した立派な作りで、亮祐はついつい長湯をした。が、それでも流石に、
由香里よりは早かったようで、フロントに預けた鍵を受け取ると、約束通り先に部屋に戻る。

 すると、予想通り、座卓は寄せて灯りはスタンドだけになっており、そしてこれまた予想通り、
二組の布団がぴっちりと寄せて敷いてあった。
「ふむー……、ん」
 何とも言えない溜息をついて、亮祐は部屋の明かりをつけ直すと、二つの布団をほんの少し
離した。それから、窓際の安楽椅子に座って、暇つぶしに持ってきた文庫本の頁を繰っている
と、間もなく襖がごとごとと鳴る。
「開いてるよ」
 そう言って、一つ深呼吸をして、彼は部屋の入口の方を向いた。

「遅くなってごめんなさい。でもいいお湯だったわ」
 分かっていたのに、亮祐はやはりじっと見ずにはいられなかった。髪を上げ、浴衣に着替えて
寛いだ姿は、洋服の時のようなお嬢様然とした近寄りがたさを消していた。長い髪が纏められて
いるせいか、どことなく昔の面影もある。だがそれだけに、隙の無い今までの雰囲気と違って、
若い娘の艶やかな魅力が亮祐にはストレート感じられた。

 やがて、彼の視線に気づいた由香里が言う。
「……ん? どうしたの?」
「湯上りの娘に全ての男がやる儀式だよ」
「え……あっ!ああ……。えと、その。あ、ありがとう?」
「いえいえ、こちらこそ。眼福にござりました」
 誤魔化しても仕方ないので亮祐が素直に答えると、思ったより彼女は動揺した。それで逆に、
亮祐の方は心に余裕が生まれてきた。
 案外、直接攻められると弱い性質なのかもしれないな。そんな事を思って、椅子を立つ。

「さてと、それじゃあ女将さんに怒られずに枕投げする方法を考えなくちゃな。周りは襖に
障子、床の間には掛け軸に壺と来ている。さあどうすんだ?」
「あらら。急にやる気になったのね」
「おうよ。んでもって、勝ったら混浴にて"超すごいエロ"の成人版な」
「えっ」
 再び言葉に詰まった由香里は、吃驚したように亮祐の方を振り返り、そして冗談と分かって
ぷくりと頬を膨らませた。
 その仕草が昔にそっくりで、亮祐はさらに笑いながら布団の上に腰を下ろす。
「やられてばっかりは性に合わないんでね。思い出したか?」
「ええ、もう」 頷きながら、由香里も自分の布団にペタリと座った。「それによく考えたら、
亮ちゃんのすごエロは前もっての約束なんだから、枕投げの勝敗は関係ないものね」
「またそうやって。大体、一緒に泊まること自体どれだけ危険か解ってるのか?」
「約束のお泊会だから仕方ないわ。それに、昔を知ってるあなたが、私になんか……」
「それはどうかな」

 言って、亮祐はにじり寄った。布団に突かれた由香里の手の甲を自分の掌で包みこみ、
反対の手で彼女の顎先を持ち上げる。瞳に挑戦的な色が残っているのを確認して、さらに
一歩踏み込んだ。すると、湯上りで薄桃色に上気した肌から、えも言われぬ娘の匂いが
漂ってきて、彼は思わず面を下げた。視線の先には、ブラウスのように型の無い浴衣の
生地が、その存外に豊かな膨らみの形を、よりはっきりと浮かびあがらせて──

 そこまでだ、と頭の中で誰かが言った。その後に、彼は自分が娘の手を掴む掌に力を
込めるのを感じた。上体が微かに前進し、彼女の不規則な吐息が己の首筋にかかっている。
 もう少し、あと少しだけ。
 なにを、少し?

 はっとなって、亮祐は慌てて身体を戻した。だが、少しばかり遅かった。
「すまん」
「何が?」
「俺が悪かった。そう怒るな」
「怒ってなんかいないわ。どうしてそういうの?」
 由香里は明らかに怒っていた。亮祐に失望を見せた自分に対して、彼女は酷く憤っていた。
 そして、亮祐もまた自分に腹を立てていた。彼は、十年ぶりの幼馴染との水入らずの夜を、
あと一歩で情欲の手段に変えかけた。

「十年たって、もう二十歳だもの。男の人と一緒に泊ってどうなるかぐらい、想像が付かない
歳じゃないわ」
「だが俺は男の人じゃなくて、亮祐だろう」
「亮ちゃんは亮ちゃんだけど、十年よ。もう十歳じゃない。みんな変わってて当然なのよ」
「いいや。…やっぱりお前は変わっていないな。そうやって嘘を吐く時、足の親指を曲げる癖
なんか昔のまんまだ」
「違うのっ!」

 喉を絞るように言って、由香里はきつく敷布団のシーツを握りしめた。だがそのまま俯くと、
もうそれ以上何か言おうとはしなかった。声を震わせずに喋れないのか、或いは喋るべき
言葉も浮かばないのか。亮祐は、そんな彼女の傍で、やはり同じ姿勢のまま黙っていた。

 そうして、十分も経った頃。ポツリと、亮祐は言った。
「なあ、お前はどうして、今日の約束に来ようとしたんだ?」
「…………」
「俺は、殆ど思いつきで葉書を出して、そしたら洋子やかっちゃんの御袋さんの手紙を貰って、
それで引っ込みが付かなくなったせいだ。誰からも返事がなけりゃ、正直来なかっただろうと
思ってる。勢いで葉書を出してなきゃ……やっぱり、来なかっただろうな。もう十年も昔の
事で、しかも埋めたのはクッキーの空き缶、場所も深さも適当だ。
 だけど、ゆっこは一人でも来ただろう。そりゃ自分から音信を断った以上、呼びかけにくい
ってのはあったかもしれないが、それなら余計に来辛いところを、女の一人旅でやってきた。
どうしてなんだ?」

 由香里はすぐに返事をしなかったが、亮祐もここに来て引くつもりは無かった。そのまま、
さらに五分ほどして、彼もいい加減今の姿勢が辛くなってきた頃、由香里は小さく口を開けた。
「亮ちゃん、今日初めに会った時、私が化けたっていったよね?」
「ああ」
「人を化かすようになる前の私は、どんなやつだったのかなって、思って」

「今の私が他人から見てどう映ってるか、自分でも大体分かってるつもり。ねえ睦月君、
素直に答えてほしいのだけれど、今日一日、私がどこぞのお嬢様の振りをしていると
思った?」
「いや。そんなぶってる素振りなんぞ微塵も感じなかったよ。本当に俺と同じ生まれだった
かと疑ってるところだ」
「ふふ、ありがとう。でも安心して、本当はただの猿真似だから」
 そう、自虐的に笑って、由香里は小さく身じろぎした。それから、何か言おうにも言葉に
迷う亮祐を上目遣いに制止すると、続けるね、と言葉を繋ぐ。

「きっかけは、本当にどうでもいいことなの。中学くらいかな、丁度再婚関係で家の中が
ゴタゴタしてて、ついでに私は反抗期の真っ盛りでね。周りの大人に文句言われるのが
凄く嫌で、当て付けみたいにお行儀良くしてたわ。全く子供じみた発想だけど、前が前
だっただけにそれなりの効果もあった。少なくとも、十四五の娘が、意趣返し出来たと
自己満足出来るくらいにはね。
 でも、何時の間にかそうしてるのが普通になった。気付いたら、元がどうだったかなんて
分からなくなってたわ。…いいえ、どうすれば元に戻るのかが分からなくなった、かな。
下らない、ただの演技だったはずなのに」

 一旦、由香里は言葉を切った。自然と声が大きくなっていたのに気付いたらしい。
そしてやはり、自嘲的に首を振ると、声のトーンを落として続ける。
「本当の私、なんてものに拘泥するほどナイーブでは無いつもりだったけれど、でもそうね。
……実は、今一つ、お見合いの話が来ているの」
「おおっと」

 冗談半分、本気半分に慌ててみせて、亮祐は押さえたままだった由香里の手を離した。
だがそれは幸い、彼が意図したよりも軽い意味で受け取られた。
「気にしないで、そんなんじゃないから。父も母も少し早過ぎるって意見で一致しているし、
でも成人もしたからとりあえず一つ、てところなの。練習会みたいなものね」
「じゃあ、お前はどう思ってるんだ?」
「悪くない話だとは思う。条件はいいし、何より相手の方に、その、私をと強く望んで戴いて
いるようだし。それに、大学の方もね、私はほら、下に弟が二人いるでしょう。弘樹さ……
父は、」恥じるように訂正して、彼女は続けた。「問題無いっていつでも言ってくれるけれど、
でも結局のところ、私に四大を出てまで特別修めたいものがあるわけではないの」

 由香里が意図的に答えをずらした事は分かっていたが、亮祐は敢えて黙っていた。
本質的に、彼が関わる問題では無いし、それに彼女も先を続けたがっていたからだ。

「仮にこのまま決めたとして、その後、私はずっと今の自分を続けるでしょう。相手の方は、
"淑やかな由香里"を──何だか、自分で言ってこれ程莫迦らしい言葉も無いけれど──
とにかく、それを望んで下さっている。そして、私自身、今の猿真似を続けるのでいいなら、
それが一番気楽なの。
 でも、このまま嫁入りして、母親になって、お婆さんになって。それじゃあ、西佐久での
私の十年は、一体何だったんだろうなって」

 今度は、亮祐も口を挟もうとした。だが、彼女が続ける方が早かった。
「ごめんなさい、分かってるの、これが一番子供染みた考えだって。でも、私のおうちは
水の底で、村の人はみんなバラバラ、それで育った子供まで変わってしまったら、
西佐久はさあっ、お父さんはさぁ……っ!」

 そのお父さんが誰なのかは、亮祐には聞くまでもなく分かった。彼自身よく覚えている。
由香里たちと何度も一緒に遊んでもらい、そして何度も一緒に怒られた相手だ。

 由香里の実父は、田舎の男にしては線の細い人だった。それが持病のせいだったと
亮祐が知ったのは、彼の葬式に出た後のことだ。
 その三か月前、彼は娘の運動会に、父兄として参加していた。この年はたまたま雨で
開催日が流れて、平日の月曜に行われていた。男親で参加したのは岩瀬の家だけだった
から、亮祐は何の気に無しに、その事で由香里をからかった。
 彼の骨にひびが入って接骨院に送られたのは、その日の午後のことになる。

 気が付くと、由香里の手の周り布団に、はたはたと水痕が出来ていた。彼女はもう喋ろうとは
していない。元の様に俯いて、小さく肩を震わせている。

 猥談が得意というわけでもないのに、由香里が無理に亮祐の昔話を振った理由が、今の
彼には良く分かった。彼女は彼に、昔通りの無邪気なエロガキでいて欲しかったのだろう。
 全く、幼稚で稚拙な話だが、けれど割に本気で由香里はそれを望んでいた。旧友達が、
昔通りの姿で自分の前に立ち現れる事を、彼女は無意識に願っていたのだ。そうすれば、
きっと自分も昔のように戻れると信じていた。
 だが、現実はそれとはかけ離れていた。一人は死に、一人は行方不明、もう一人はさっさと
結婚して子供までいた。残った一人は、無邪気な悪戯心の代わりに、在り来りな男の反応、
それもきっと彼女がうんざりするほど見せつけられてきた類のものを、返して寄越した。
 それゆえ、由香里は失望した。

 何とも、稚拙で拙い話だ。西野由香里が望んだものは、故郷が水に沈まずとも、手に入れ
られるようなものでは無い。手に入れたいと望むべきものでもない。確かに、彼女の思春期
は些か込み入ったものであったようだけれど、それでも由香里の発想は、本人の言う通り
あまりに子供染たものだと言える。亮祐はそう思った。

 それでも、彼は同情した。
 同郷の人間として、幼馴染として、同情せずにはいられなかった。

 それに、彼女は、一つ大きな勘違いをしている。

「ゆっこ、枕投げをしよう」 全く出しぬけに、亮祐は言った。
「……ぅえ?」
「ここの枕は、と……うわ、これ地味にいい奴だな。やっぱり破くと不味いから座布団投げに
しよう。そんで、俺が勝ったら真夜中の露天風呂にて大人版凄エロな。まあ負けるつもりは
さらさら無いが、もしゆっこが勝ったなら……」
「ちょ、ちょと待って、亮ちゃん」
 いきなりの展開について行けず、目を真っ赤に腫らしたままおたおたとしている由香里を、
亮祐は座布団を押し付けて、黙らせる。
「お前のその馬鹿げた悩みを一発で解決する助言をやろう。但し、同郷のよしみで俺が手を
抜くと思うなよ。エロがかかった時の亮チャンマンの本気は憶えてるだろう?ま、嫁入り前の
お嬢様の貞操は、美味しく頂かせてもらいましたということで」
「な、何言って、はぶっ!」
「よし、試合前の紳士的な拳合わせ完了。いくぞ、いっせーのせっ」

 十年ぶりの本気で、亮祐は枕投げを開始した。投げつけるだけの間合いが無いので、
実際は座布団でバタバタと叩いているだけだが、それでも年頃の娘にするには間違いなく
憚れる苛烈さで、彼は容赦なく由香里を攻めた。
 まず上からバンバンと振り下ろして、相手を守勢に追い込ませる。そして座布団を盾に
防御態勢を取ったところを、今度は正面から勢いよくぶつけて、彼女を仰向けに押し倒す。
その上に馬乗りになる格好で──実際は、膝立ちに相手の体を挟んだ形で──亮祐は
彼女のマウントを取った。

 由香里の座布団を力任せに引き剥がす。すると、突然の狼藉に対する、困惑と苛立ちの
混じった表情が、娘の顔に浮かんでいた。どこか憶えのあるその顔色に、亮祐は内心
ほくそ笑む。
 こんなことで、簡単に剥がれかける化けの皮を、何故誰も破いてやろうとしなかったのか。

 ──いや、むしろ当然か。こいつを剥がしてやれるのは、この世に三人、あの世を合わせても
四人しかいない。

 敗者を蔑むべく、亮祐は見下ろして言った。
「おめぇ、おっせぇーなぁ」
 十一年前、運動会の日、石垣の上で由香里に言ったのと同じ言葉。父兄混合のバトンリレー
で、最下位だった由香里の組を、亮祐は得意げにからかった。
 その後にはこう続く。「父ちゃんが出たのお前んとこだけのくせに、その父ちゃんが一番
おせぇじゃないか」 
 この直後に、二人は二メートル弱の高さからダイブした。以来、その言葉は、二人の間で
絶対の禁句になっている。

 それを再び口にするべく、亮祐の唇が「と」の形に開く。だが、肺の空気が彼の声帯を震わせる
直前、由香里の右腕が座布団へ伸びた。
「ごふっ!」
 そして直後、強烈な一撃が亮祐を見舞った。由香里は座布団を掴んだ右手でもって、完璧な
ストレートを顔面に決めた。座布団で叩いたと言うより、まさに座布団をグローブ代わりにした
パンチといった感じだった。
 膝立ちで不安定な姿勢だった亮祐は、もんどり打って後ろに倒れた。そこはちょうど良く
布団が途切れていて、彼はしたたかに後頭部を畳へと打ちつけた。だが、その頭の中で、
亮祐はガッツポーズを決めていた。

 火花が飛び散る瞼の内側に、直前の光景はしっかりと焼き付いている。茶色い布地に全ての
視界が奪われる瞬間、彼はとても懐かしいものを見つめていた。
 日頃のストレス、長旅の疲れ、そして腹の奥を吐き出させられたことによる心の痛み。それらが、
最後の絶対冒してはならない一言によって圧縮され、ついに発火した瞬間の表情を、亮祐は
この目でしかと見た。
 ゆっこが、「悔しい」と吠える瞬間を。

 彼女は、ずっとそう叫ぶべきだったのだ。母親の再婚にせよ、自身の見合いにせよ、悔しい
のならそう認めるべきだった。
 思えば、由香里がお嬢になったのは当然の帰結だった。両親を敬い、邦を尊び、約束を遵ずる。
そんな娘が、大人の作法と、自分を抑える事さえ覚えれば、日本的令嬢が出来上がるのは
当たり前のことだったのだ。
 彼女は、何も変わっていない。西佐久村大字の岩瀬家の娘は、ただ立派な大人に成長して、
そしてひょんなことから少しだけ自分を抑える仕方を間違えただけのことだ。

 それが証拠に、昔仲間がちょっとタガを外してやれば、彼女は元通りの苛烈さを見せる。

 若干ふらつく頭を腹筋のバネで無理やり起こして、亮祐は布団の上に座り直した。由香里は、
少し呆けたような表情でこちらを見ている。だが起き上がりざま、亮祐が放った横からの一撃を
彼女はしっかりとガードした。

 枕投げはまだ終わってはいない。十年前、由香里が約した「枕投げ」は、相手が降参するか、
はたまた物を壊して怒られるかするまで終わらない、本気の勝負だった。それに今回は
"亮ちゃん"がいかにも好みそうな景品まで付いている。だから、亮祐は絶対に勝ちを諦めない。
 そして、由香里も諦めてはいなかった。正面からの振りおろしを片手でつかむと、彼女は
鮮やかな胴を鳩尾に決めた。少し本気でほがる亮祐に対して、彼女の唇が愉快げに歪む。
 彼を見惚れさせるのでは無く、奮い立たせるような、どこか猟奇的な笑み。それは同時に
この上なく煽情的で、亮祐は心臓が飛び跳ねるのを感じた。

 それから二人は、小学生もかくやと言うようなはしゃぎ方をした。由香里は、シーツを使った
目くらまし、フェイント技、何でも使ってガムシャラに勝ちを取りにきた。対する亮祐も手加減せず、
ただ顔にだけは絶対に当てないようにして、ほとんど力任せに座布団を振りまわした。

 その結果、最後は亮祐の勝ちとなった。二人が本気を出した故の、当然の結末だ。
 再びマウントを取った亮祐は、由香里の座布団を手の届かない所へ吹き飛ばし、言った。
「はあっ、はっ……俺の勝ちだな、ゆっこ」
「ふはっ、ふ?……。そうね、私の負け。

      ───ふふ、あーもう、本当に悔しいわ」

 そう言う彼女の顔は、決して満面の笑みでは無い。少しだけ歯を食いしばり、本物の
悔しさが滲む歪んだ笑顔だ。
 けれど、その表情は、間違いなく今日一日で一番、ひょっとしたらこの十年で一番、
生き生きとしたものだった。

 *

 夜半過ぎ、ロビーが無人な事を確認するように覗きこんでから、亮祐はそっと渡り廊下へ
踏み出した。その様を見て、三歩遅れてついて行く由香里がころころと笑う。

「女将さんに見つかったって、別に怒られたりしないわよ」
「いや、そうじゃなくてだな、う……畜生。余裕ぶってんのは今のうちだけだぞ」
「そうね、全く仰せのとおり。だからこそ、今のうちに優位に立っておかなくちゃ」
 露天風呂へと続く簀子の上をトテトテと渡りながら、二人は小声で軽口を言い合った。何だ
かんだ言って、両者とも酷く緊張しているのだ。

 十年越しの枕投げ再戦が再び亮祐の勝ちで終わった後。約束通り、彼らは一緒に露天へ
入ることにした。
 勿論、亮祐はそのつもりで勝った。その覚悟で勝った、と言うべきか。ともかくも、彼女の
長い独白を聞いて、その決定的な勘違いを己が解いてやると決意した瞬間、こうなる事は
本気だった。

 けれど、その興奮が、いざ手に手を取って気後れするほどの二十歳の娘と一緒に脱衣場へと
向かう瞬間、同い年の相方に残っているとは限らない。自分が言い出しっぺなら尚更だ。
無論、別の意味での興奮はあるのだが、そいつはいざと言う時まで、かえって男の緊張を倍加
させる困りものである。
 対する由香里は、形だけとはいえ、亮祐に言われて従うという立場の分、少しだけ気楽な
ようだった。少なくとも、こうして二人で風呂へ向かっている間に限っては。

 露天風呂に着くと、ちゃんと女将の予想通り空いていた。入口の脇に提げてある予約表を
見ると、もう一時間半近く誰も入っていないようである。今なら、飛び入りの彼らが暫く使わせて
もらったとて、宿側も文句なかろうという事で、亮祐はさっと一時間分の名前を書くと、由香里と
ともに暖簾をくぐった。

 内風呂と違って、露天の脱衣場は酷く狭かった。せいぜい家族単位での入浴しか想定して
いないので当たり前なのだが、するていとお互いすぐ真横で浴衣の帯を解かなければならない。
これから、同じ湯に浸かろうと言うのに何をという問題ではあるのだが、それはそれ、最初の
一歩と言うものは常に踏み出しにくいものである。

 帯に手をかけつつ、そっと横目で亮祐が窺うと、由香里はわざとらしく温泉の成分表などを
読んでいた。勿論、それは女湯に貼ってあるものと一字一句変わらない。そして後ろ手に
組まれた両手の親指が、もぞもぞと気忙しそうに動いている。
「あー、ゆっこ?」
「は……。はい」
 返した声が少しだけ掠れてしまって、由香里は決まり悪そうに言い直した。しかし先刻と
同じく、それでかえって亮祐にはほんの少しの余裕が生まれた。

 さっと帯を解いて、浴衣の袖を肩から抜きつつ、彼は言った。
「夜中とはいえ、あんまり長々と占有するのは気が引けるしな。そろそろ入ろう」
「うん。そうね」
 しかし、そう言って帯紐を解きかけた彼女は、亮祐が下着に手をかけたところで、「あの」
と小さく声を上げた。
「少しだけ……失礼なことを聞いていい?」
「何なりどうぞ」
「その……あなたは、こう言う経験が、ある方なの?」
「いや……こういうのは、ないな」

 高校の頃、亮祐にも少しの間交際をした娘がいた。何度か映画などに出かけ、その度に
口吸いなどもしたりしたが、結局それだけだった。お互い、男女の交際がどんなものか分かる
と、それで興味は尽きてしまい、卒業と同時に何となく別れた。一番接近したのは、埃っぽい
体育館の舞台裏で、彼女の胸に触れた時ぐらいだろう。

 だが、そんな事情を、彼の言葉の濁し具合からあっさり感じ取った由香里は、「そう」と小さく
呟いてから、
「でも、私よりは頼れそうだし。その、色々任せてしまっていいかしら」
「ああいいぜ。全く、男冥利に尽きるところだ」
「それはよかったわ。それで、あの、早速尋ねたいのだけれど」
「うん?」
「私は、その、この場で一緒に脱ぐのかな。それとも、後から遅れて入ればいいの?」

 酷く真剣な顔で尋ねられて、亮祐は思わず吹き出した。それに少し怒ったような顔を見せた
由香里だったが、しかし自分が馬鹿な事を聞いているという自覚があるのか、抗議の言葉は
口にしない。そんな彼女に、亮祐は少し悪戯心が湧いてきた。
「そうだな、俺が脱がすという手もあるか」
「えっ……ふぇええ!?」

 亮祐が帯に手をかけると、由香里は素っ頓狂な声を出した。だが、実際に彼が浴衣を剥ぎ
取りだすと、その身体は金縛りにあったように固まった。そんな彼女を面白がるように脱がして
いった亮祐だったが、その素肌が露わになると、こちらも同じく固まらずにはいられなかった。
「そんなに、もう。昔、全部裸の所だって見てるでしょう」
「馬鹿言え」
 下着姿を凝視されて、娘が堪らず漏らした言葉に、彼の返した声は掠れていた。が、こちらは
彼女の心に余裕を与えるというわけにもいかないようだ。

 亮祐の指が背中のホックに掛ったところで、由香里は少し非難がましい目で彼を見上げた。
自分が履いたまま、人を脱がすのはどうなのか、と言う意味らしい。
「分かった分かった」
 そう言って、亮祐は思い切りよく下着を脱いだ。だがその隙に、彼女も同じく素早く上下の
下着を取り外して、身体の全面にさっと手ぬぐいを当ててしまった。その薄く頼りない布地は、
意外とメリハリの利いた由香里の身体をおよそ隠し切れてはいなかったが、それでも、
他人の手で脱がされるよりはマシ、ということだろう。

 亮祐に、少しだけ残念に思う気持ちが無いわけでは無い。しかし、細い両腕とささやかな
布きれでもって、真っ赤になりながら自分の身体を押さえている由香里を見て、余り望み
過ぎるのも罰が当たると、苦笑した。

 風呂はやはり石造りで、こじんまりとしつつも、決して貧相な感じはしなかった。風呂の向こう
はダム湖になっていて、明るい時間なら結構な眺望が楽しめるのだろう。残念ながら、今は
漆黒の闇の中だが、ちょうど上り始めた下弦の月が、ゆらゆらと湖面に反射していて、これは
これで風情がある光景と言えなくも無い。

 もっとも、そんな景色を楽しむ余裕など、若い二人にある訳が無かった。
「よいしょ、と。そこの石滑るぞ、気を付けろよ」
「う、うん」
 簡単に掛け湯だけして、亮祐は由香里の手を取り、早速湯船に足を浸けた。お湯は内風呂と
比べて随分とぬるい。ゆっくり景色を楽しんでもらうと、のぼせないような温度設定になっている
のだろう。およそ眺望など楽しむ状況にない彼らだったが、この配慮は別の意味で有り難い。

 手ぬぐいを脇に置いて、中ほどまでざぶざぶと入る。それから彼が振り向くと、由香里は
予想通り、湯船の端で手ぬぐいを取れずに立っていた。
「浴槽に浸けるの禁止」
「分かってっ……て、あ…」
 有無を言わせず、さっと手ぬぐいを取りあげる。脱衣所から漏れる黄色い灯りと、東の空
に上る青白い月が、娘の真っ白な裸を照らし出した。

 染み一つ無い、硬質な陶器を思わせるような肌に、亮祐は思わずじっと見入った。脱衣所で
そのほとんどを見ているとはいえ、こうして何一つ隔てるもの無く直視した彼は、やはり溜息を
吐かざるを得なかった。胸に宿る豊かな膨らみから、全く無駄の無い腰回り、そして水面へと
沈むすらりとした両脚が作る曲線美は、こちらが気後れするほどの完璧さを誇っている。
 だがそれで、亮祐が由香里に臆するようなことは無かった。薄暗い月明かりの下でも分かる
ほど、真っ赤になって目を泳がせているその表情は、間違いなくゆっこのものだからだ。

 彼と目を合わせると、由香里はさすがに堪らないといった感じで、お湯の中へ身体を下ろした。
とはいえ、ここの泉質はサラサラとした無色透明が売りだから、それで完全に男の視線から
逃げ切れるわけでも無い。
 くすくすと笑って自分も半身を湯に浸けると、亮祐はすかさず娘へとにじり寄る。そう大きくも
無い岩風呂には逃げ場も無く、端っこで固まっている彼女を、彼はひょいと横抱きにすると、
自分の膝の上に乗せた。

 興奮した男のものが尻に当たって、由香里が小さく悲鳴を上げる。だが亮祐がその顔色を
窺うと、彼女は何でも無いというように、プイと視線をよそへやった。
 黙認を得て、彼は早速娘の体へと手を伸ばす。初めは臍の辺りを、安心させるように何度か
ぐるぐると擦ってやる。それから、由香里が他人の手に慣れた頃合いを見計らって、亮祐は
娘の乳房を掌でそっと持ち上げた。

「……んっ」
 小さく力を加えると、指の間から僅かに零れる。決して小さくない彼の手に、丁度すっぽり
収まる程度のそれは、今までで一番柔らかな場所だった。亮祐がほんの少し力を込める
だけで、美しい双丘は彼の意のままに形を変える。だが内側に指を沈めようとすれば、
それらは慎み深い力でもって押し返す。
 やがて人差し指が薄桃色の頂きを捉えた。指の腹に天辺を乗せて、そっと内側へ押し潰す。
それから、淵で円を描くようにすると、娘の呼吸が変わってきた。

 けれど、その吐息に声が乗るには至らない。こういう事に自信があるわけでもない亮祐は、
再び娘の顔色を窺った。すると、赤い顔のまま酷く真剣な表情で、じっとこちらを見つめる
由香里と目が合った。

「……ゆっこ?」
「あっ、その、ごめんなさい。……続けてくれて、いいよ?」
「いや、正直俺も自信があるわけじゃないしな。マズッたんなら、言ってくれた方が、」
「違う違う、そんなんじゃないの」
 亮祐の言葉を遮って、彼女はぱたぱたと首を振った。それでも彼が止まったままでいるので、
由香里はやや言葉を選ぶようにしてから、言った。

「えと、亮ちゃんの表情がね。なんと言うか、とても昔に似ていたものだから」
「…………は?」
「こう言う時の男の人って、もっとその、いやらしい顔をしているって思っていたんだけれど。
今の亮ちゃんは、そうね、昔内緒で学校のレコード機を分解しちゃった時に、ちょっと似てるわ」
「そ、そうか」

 かなり意外な事を言われて、思わずどもる亮祐をよそに、彼女はうんうんと一人で頷いた。
「そうなの。私もそう。あの後、針だけ取り出して、皆で石引っ掻いて硬い硬いって大騒ぎした
時の気分。すごく恥ずかしいけど、緊張して、でもドキドキしてて。……ふふ、何だかちょっと
懐かしいね」
 もちろん亮祐も憶えている。その後、担任に見つかって優に半日は怒られた。そして今の
由香里の瞳は、確かにその頃の感じできらきらしている。
 だが今現在、一人で盛り上がっていたと分かった亮祐は、何ともやる方のない気分だ。

「そうかい」
「うん。だから、もっと好き勝手にしてくれていいよ」
 直前の会話が無ければこの上なく嬉しい台詞だが、今となってはそうもいかない。しばし
投げやりに揉んで──それでもちゃんと興奮する自分に軽く自己嫌悪しながら──亮祐は
ええい、と立ち上がった。

「さてじゃあお嬢さん、そろそろ『超凄いエロ・成人指定』のお時間ですよ」
「ふふ、分かったわ。今までのは亮ちゃん的に、まだまだ子供向けなのね」
「そうとも。ここから先は、いかにゆっこでもドン引きするぐらいの酷いヤツだから」
「でも、亮ちゃんとかっちゃんがいきなりレコード壊し出した時、私最初は普通に引いたよ?」
「……もうええ。お前ちょっと口閉じてこっちゃ来い」

 そう言って自分が口を閉じると、亮祐は由香里の手を引き、湯船の端へと連れて行く。
そして、足湯をするために座り易くなっている岩へ自分がストンと腰を下ろすと、露わに
なった一物から顔だけ背けている彼女に言った。

「お前、フェラチオって知ってるか」
「ふぇらちお?」
「いや、知る訳ないよな。男でも知ってるのビデオ持ってる奴くらいだし」
「あら、うちにもあるわ。ベータマックス」
「そっちじゃダメなんだ。って、んな事は今はどうでもいい」

 ごほん、と一つ咳払いをして、亮祐は由香里の手を自分のものへと誘導する。そして、
さすがに慌てた表情になる彼女へ、出来るだけ平調で彼は言った。
「こいつを、お前の口で扱いて欲しい。……言っている意味、分かるか?」

 ポカンと口を開けたまま、由香里は優に十秒は固まった。徐々に居た堪れなくなってきた
彼は、もう一度、彼女の手を取り、これを、そこへ、と指し示す。そこでようやく頷いた彼女は、
特大の溜息をついて、言った。
「分かったわ。 ……………………何と言うか、さすがは亮ちゃんね」
「最高の賛辞、ありがとう。で、やめとくか?」
「いいえ、やるわ。約束ですから」
 そう言って、由香里は在りし日のように、思い切り不敵な笑みを浮かべてみせた。

 亮祐の腰元へやってくると、由香里はそこで立て膝を突いた。それからおずおずと、屹立した
一物へ指をからめて、幹のところを握っていく。両手で挟みこむようにすると、彼女は一旦顔を
上げた。
「その……」
「まず、舌を出す」
「ん」
 ペロ、と由香里は素直に舌先を伸ばす。続いて、『次は?』と上目遣いに指示を仰いだ。その
様に、どこか子犬的な可愛らしさを感じて、亮祐は彼女の頭へと手を伸ばす。
「よしよし。そのまま頭を下げる」
「……ん」
 今度は一拍、返事が遅れた。しかし、頭に掛けられた男の手に従って、由香里はゆっくりと
彼の一物に舌先を寄せて行く。
 触れる直前、彼女は一旦動きを止めて、目を閉じた。それから小さく息を吸い込み、はずみを
付けて思い切りよく頭を下ろす。

「んあっ……!」
 柔らかな舌先が、傘の天辺を叩いた瞬間、娘はピクリと身体を震わせた。だが、それでも頭を
戻すような事はせず、味蕾を裏筋に押し付けたまま、じっと状況を受け入れる。

 彼女が落ち着くのを見計らって、亮祐は言った。
「とりあえず、先っぽをぺろぺろと頼む。飴玉でも…棒付きのやつな。舐める感じで」
 こくりと首だけで返事して、由香里はチロチロと舌を動かした。最初は舌の腹を使って、エラの
部分を押し上げる感じ。それに段々と慣れてくると、今度は舌先を細く窄めて、先端をくるくると
舐め回す。
「れる…れろん……んちゅ」
「……く」
 舌の動きが活発になると、亮祐の口から早速耐えるような吐息が漏れた。先端からは、既に
先走りのものが漏れ始めている。
 全てが素人の娘の愛撫は、男のツボを突いたそれでは無い。だがそれだけに、この何物にも
侵されたことの無い淡紅色の舌先を、自分が最初に穢しているのだとういう実感が、亮祐の
官能を深く煽り立てていた。
 
 両足の付け根が熱くなり始めたのを感じて、亮祐は言った。
「んっと。先っぽはとりあえずいいから、今度は幹の方を舐めてくれ」
「れむ。……はい」
 握りしめていた両手を開いて、付け根の部分へと舌を伸ばす。そこで先ほどと同じように、
ペロペロと舌を使う由香里だったが、これに亮祐は注文をつけた。
「そこは、さっきと同じじゃなくてだな。なんつーかこう、ハーモニカというか、」
「ハ、ハーモニカ!?」
「いやすまん、分かる訳ないよな……。なあ、ちょっと頭、掴んでいいか」
「うん、任せるわ。……その、ごめんなさいね?」
 上目遣いに謝辞を言われて、亮祐は「いいーんだよ」と強引にその頭を押し下げた。ここまで
来て、そんな仕草に一々恥ずかしがるのもどうかと思うが、しかしツボに来てしまった際は
どうしようもない。

「首曲げて……そう。で、唇に挟んで、吸ってみてくれ」
「んぶっ……んちゅ、ちゅるれる」
 頭を剛直に対して直角に寝かせて、その根元当たりを横の方から銜えさせる。しっかり吸い
ついたの確認して、彼は娘の頭を上下させた。
「ちゅううぅ……はむ、んあ……れる」
 二三度、亮祐がリードしてやると、後は手放しでもスムーズになった。柔らかな口の粘膜が、
左右から交互に優しく扱き上げる。上体を押し付ける様にして動いているため、彼女が剛直を
舐め上げる度に、彼の太股で二つの乳房が柔らかく潰れた。

「じゅぷ……れむ…んぁ……あ、んちゅっ!?」
 と、由香里が突然、口先を鋭く窄めるようにして、傘の裏側をきつく吸った。ふいに鋭い快感が
走って、亮祐は少々情けない呻きをあげる。しかし、幸いな事に由香里が気付いた様子は
無かった。彼女は彼女で、別の事に焦っている様子である。
「どうした?」
「ご、ごめんなさい。涎が垂れてしまいそうになって」
 そう言って、由香里は少し気まずげに口元を拭おうとした。

「ああなんだ。いや、寧ろいっぱい、べとべとに垂らしてくれて構わんぞ」
「ええっ、そうなの? それって何か、汚くないかな?」
 剛直に口を寄せたままで、目を丸くしてそう言う娘に、亮祐は思わず吹き出した。ここまで
来て、汚いもへったくれもあるはずが無い。だが、その一見頓馬な発想は、いかにも無垢な
由香里らしくて、彼の笑いと官能のツボをくすぐった。

「大丈夫、汚くない汚くない。まあでも、気になるんなら、こぼさないよう様に飲んでもいいぞ」
「わかった、そうする。涎を垂らしっぱなしにするのは恥ずかしもの」
 そう言って、由香里は今までもよりもしっかりと唇を窄め、敏感な傘に吸いついた。そして、
先端から滲み出す先走りのものを、唾液ごとコクンと飲み下していく。

「れるれる……んっちゅる…ぢゅちゅぅ……はむ」
「……くっ」
 吸引の力が強まって、亮祐はいよいよ我慢が効かなくなってきた。腰から背中にかけてが、
温泉の熱とは別のものでじっとりと汗ばんでいる。両脚の付け根の辺りでは、先ほどから
不随意な脈動を始まっていた。
「ゆっこ、もう一度頭、掴むぞ」
「ぢゅぷ、はひ…………んあぶっっ」
「舌止めないで、絡めて」
 位置を正して、一気に中程まで銜えさせる。吃驚して止まりかけた由香里だったが、彼の
低い声を聞いてすぐに愛撫を再開させた。先端から、付け根、裏側と、味覚器官の全てを
使って、男の剛直に奉仕する。経験が無い彼女にも、彼が余裕の無い状態であることが、
段々と分かってきた。

 娘の口が動き出すと、亮祐も抽送を開始した。
「んぶ……ちゅるぅ…あぶっ……はむぅ」
 奥まで突き込んで、咥内の熱と肉圧をモノ全体で味わう。また傘の辺りまで引き抜けば、
唾液を零すまいとする由香里の必死な吸引が、敏感なエラ筋を刺激した。素人としては
出来すぎともいえる奉仕に、彼の体は一気に高みへと走り出す。

「ぢゅぶっ…あむ……はうっ……あぐぅ」
 抽送に少し角度をつけて、男は由香里の口を隅々まで蹂躙した。纏わりつく舌に敢えて逆らい
頬を突き、口蓋を撫で、歯茎を擦る。それから、喉奥ギリギリまで挿しこんで、彼女の熱心な
舌使いを満喫する。口の中が唾液で一杯になって来ると、由香里が唇を窄める様にするので、
そこにエラを引っ掛けてじゅぶじゅぶと扱いた。

「じゅる……あむ……はぐっ!…んあっ…ふぁむっ」
 抽送のペースが小刻みになる。頭を押さえる腕の力は、今や彼女が鈍い痛みを覚える程に
なってきた。
 逆らいようの無い男の力。直接被害を受けたわけではないが、加減を知らない男の子たちに、
少しだけ怖い思いをしたことが由香里にもある。だが、確実に恐怖の対象だったはずのそれが、
今は微塵も怖く無かった。
 突然人が変わったようになる男は怖い。でも、亮祐のこれはそうでは無い。夢中になるとすぐ
我を忘れて、人様に散々迷惑をかけた、昔のあの子そのものだ。

 ──実際は、そのものではないかもしれない。けれど、あの頃の亮ちゃんと同じものが、今の
彼にも残っている。それだけは確かだ。

「じゅぽっ…あぐっ!…けほっ、んぐぐ」
「ゆっこっ……くっそ」
 膨らんだ先端が娘の喉輪を捕えた時、亮祐の全身がきゅっと引き攣った。一瞬、全ての動きが
停止して、その直後。
「はく……んぶぅっ!!」
 娘の口の深い所で、男の剛直が傘を開いた。激しい奔流が鈴口に当てられた舌で口中に
飛び散り、内側を真っ白に染めて行く。吐き出された精は、すぐに咥内いっぱいに溜まって、
彼女の味蕾に男の精の味と舌触りを教え込む。

 だがこのままでは溢れてしまう。そう思った時、彼女はごく自然に、喉を開いて亮祐のものを
飲み下し始めた。
「んん゛ぅ……んんっ…。んく。んっく」
 一気に喉を通そうとして、思ったより粘性が強くて引っかかる。そこで由香里は、舌を動かして
唾液と絡め、何度かに分けて飲み込んだ。口の中でぐちゅぐちゅとやっていると、その刺激で
再び白濁が漏れ出して来る。

「んんぅ…ごく…ん…く……」
 都合、十回近く噴き上げたところで、亮祐は一先ず収まった。その間、零さないようぴっちりと
唇を締めていた由香里は、同じ数だけ喉を鳴らして、一滴残らず飲み下していった。
「んくぅ……。っぷは」
 大きく息を吐いて、彼女の頭がようやく男の腰元から離れる。娘の唇と剛直の間に、一瞬白い
橋が掛かって、やがてぷつりと自重で落ちた。
 そうして、彼女が頭をもたげたところで、二人の視線がぱったりと合う。

「……お疲れさん」
「……お粗末さま」
 そんなことをポツリと言い合い、二人は揃って吹き出した。直前までの淫猥な行為が嘘の
ような、懐かしい無邪気な笑い方で。

 それから、亮祐は由香里の身体を膝上に抱いて、ゆっくりと長風呂を楽しんだ。懐に抱く
柔らかな肌を存分に味わいつつも、先程までは見る余裕の無かった外の風景──月明りに
うっすらと浮かぶ故郷の山々やダム湖の様子などを、彼は二人で飽きるまで眺めていた。

 背中をすっかり亮祐に預けて、湖面の月を見ながら由香里が言う。
「こうしてさ、全部が暗くてぼんやりしちゃうと、余り変わって無いって気もするね」
「ああ」
「昼間は、どうしても変わった所ばかりに目が行ってしまったけれど。今は、やっぱりここは
西佐久なんだなあって、思うわ」
「そうだな。ダムで沈もうが何だろうが、土地に足が生えて逃げ出す訳じゃないもんな」
 亮祐がそう答えると、由香里は胸に当てられた彼の手を抱き込むようにして、言った。

「莫迦ね、私。変わる変わるって一人で騒いで。人も土地も、年はとるけどそれで別物になんか
成るはずが無い。亮ちゃんだって、西佐久随一の問題児が、すごく立派な男の人に成長した、
ただそれだけのことなのにね」
「おいおい」
 図らずも、先ほど自分が思ったのと同じ言葉を掛けられて、亮祐は思わず苦笑する。だが、
苦し紛れに放った戯れ言は、思わぬ角度で返ってきた。

「全く、ついさっき、野獣に変身した男に襲われた娘の言葉とは思えませんな」
「そう? でも、ふぇー…ナントカをしてた時の亮ちゃんが、一番昔の面影があると私は思うな」

 そう言って、くすりと笑う二十歳の娘に、敵わないなと首を振り。降参したと両手を上げる
代わりに、亮祐は再び掌の膨らみを弄び始めた。

 *

 翌日、午前十時過ぎ。宿を引き払った亮祐達は、国鉄の無人駅を目指して、朝の温泉街を
歩いていた。お互いの手には旅行鞄が一つずつ、亮祐の隣を半歩遅れて、由香里が後から
ついて行く。
 話の尽きなかった昨日と比べて、今日は朝から二人とも言葉少なげだった。だがそれは、
決して気不味さのある重い沈黙では無い。彼らは自ら進んで、何もせずただ一緒にいる
時間を楽しんでいた。
 一緒に何かして楽しむ時間は、もう昨日の内に十分堪能してしまったからだ。

 昨晩、続きの風呂で、また部屋に戻ってからも、亮祐はずっと由香里を離さなかった。
離した布団を元に戻して、枕を寄せ合い、スタンドを残して、二人は一晩中とりとめのない
お喋りに興じていた。十年と一日前、今は水の底にある平屋建ての学び舎で、五人で
したのと同じように。
 途中、若い湯上りの娘に、亮祐の男が反応したが、それは問題にはならなかった。彼は
盛る度に形の良い膨らみを揉みしだき、口を寄せ、腰奥の翳りにまで手を伸ばした。そして
最後は、遠慮なく娘の口へと己を放った。恥も外聞も無く、亮祐は十の少年と同じ素直さで
欲望を口にし、由香里はそれを受け入れたのだ。秘園を漁られ、思わず漏らした自らの嬌声
に顔を真っ赤に染めながらも、その横暴さは懐かしいと彼女は言った。

 そこまで身体を許しておいて尚、二人の夜は同郷を偲ぶものだったのだ。互いの身体を
散々に弄りながら、彼らが交わすのは睦み言では無く昔話だった。一つ枕に頭を並べて、
彼らは目を閉じ口吸いをする代りに、互いの瞳に映る十年ぶりの自分を見つめていた。
 無論、亮祐に前者を望む気持ちが無かったわけでは無い。事実、彼は今でも、隣の娘の
手を取って肩を抱き、道の端に寄せて唇を奪いたいという思いを抱いている。心のどこかに、
それが自然だろうと主張する部分が存在している。
 けれど同時に、そ'ん'な'こ'と'のために今の一時を浪費するのは、とても勿体無いことだとも
思ったのだ。

 土産物屋などを冷やかしながら、小一時間ほど歩いて、亮祐の背中が軽く汗ばんできた頃。
彼らは、とうとう目的の無人駅に到着した。ここから先、二人の帰り道は真反対に別れている。
時刻表によれば、まもなく由香里の汽車が到着し、その半時間後に亮祐の番となっていた。

 古い木製の待合小屋には、地元の学生らしい少年達が、椅子を車座に並べて談笑していた。
そこへ彼が近づいて行くと、何人かがそれとはなしに、後ろの娘を目で追った。
 由香里に気付かれぬよう、影こっそりニヤリとしてから、亮祐は彼女を振り返る。

 秋山の高い日差しも何のその。つばの広い帽子の下で涼しげにたたずむ由香里の姿は、
昨日あれほど大騒ぎした彼の目にも、やはりどこぞの令嬢かの様に映っていた。
 しかし、半歩近づいて庇の下の表情を窺えば、その印象は一日前とは真逆になる。

 昨日、亮祐をドキリとさせた、どこか近寄りがたく、それでいて庇護欲を煽るような危うさが、
今はすっかり薄まっていた。代わりに、その二つの瞳には、こちらの背筋を伸ばさせる様な、
凛とした力が宿っている。

 決して、十年前の彼女に戻ったという訳では無い。西佐久の十年が簡単に消えないのと
同様に、そこから今日に至る十年も、立派な彼女の歴史なのだ。だから、たとえ昨日、
十年ぶりに会った由香里が、今の彼女だったとしても、彼は同じだけ驚いただろう。

 だが、少なくとも。睦月亮祐個人には、今の方が由香里に似合っていると感じられた。

 つと、亮祐は自分が、彼女をじっと見据えていた事に気が付いた。そして同時に、由香里の
方も、彼の方を何も言わずにじっと見ていた。
 彼女の目には、昨日と今日の自分がどのように映っているのだろう。そんな事を思った時、
近くの枕木がコトコトと音を立て始めた。
「おう、来たな」
「そうね」
 そう言って由香里が後ろを向くと、微風がさらりと後ろ髪を揺らした。昨日一晩かけて、
ようやく少しだけ嗅ぎ慣れた匂いが、亮祐の鼻腔をこそばゆくくすぐる。

「次はどうする。また十年後か?」 亮祐は言った。
「ふふ、それもいいね」 大きくなる列車の音に負けないように、由香里が少し声量を上げる。
「今度はみんな三十かあ。それまでには、私も結婚しておきたいわ」
「おいおい、お前がそこまで売れ残ってるわけ……」
 言いかけて、亮祐ははっと気が付き口をつぐんだ。すると、由香里は少し恥ずかしげに目を
伏せて、言う。

「まだ、断ると決めたわけでは無いの。でもいい機会だし、じっくり父と話をしようと思う。
お見合いのことだけでは無くて、今までのことも、これからのことも」
「そうか。……頑張れよ」
「うん」 それから、由香里は帽子を取ると、しっかりと見上げて亮祐に言った。
「貴方のおかげ。ありがとう、睦月君」

 そこで丁度、一両編成の汽車がホームに滑り込んできた。彼女はそのまま身を翻すと、
少年たちに続いてドアへと向かった。最後の乗客が扉を閉めて、車両が少し動き始めた
ところで、窓際に現れた由香里が小さくこちらに手を振ってくる。
 その時ようやく、亮祐は何とか彼女に手を振り返すことが出来た。

 列車が見えなくなるまで、彼はその姿勢で固まっていた。それからやおら、「くっく」と
肩を震わせて笑い始める。
「……ちっくしょう。ゆっこ、やっぱりお前は、変わったよ」

 貴方のおかげ──その台詞を、由香里は隙の無い、完璧な笑みでのたまった。裏を読み
ようの無い、逆に言えばどうとでもとれる表情で、亮祐が自分の都合のいいように解釈しても
“仕方がない”ように彼女は言った。彼に下駄を預ける形で、しかしそれが男の負担には
ならないように。
 二十歳になった岩瀬家の長女は、最後の最後でそんな表情を亮祐に見せて、西野の家へと
帰っていった。

 六時間後。無事東京に戻った亮祐は、帰りがけに閉店間際の文具屋に滑り込むと、
店仕舞いに忙しい主人を呼び止めて言った。

「便箋と封筒をください。一番、上等なやつを頼む」

高校の元同級生の裸を見る。

俺は高校の元同級生のなら直接見たことがある、衝撃的だった

先週末、1人暮らしをしている友人の家に遊びに行き、2人で飲んでいた、
話も尽き、友人はブックオフで買ってきたマンガを読み
俺は友人のPCを借り、エロサイトを見ていた
「お気に入り」の中に「デリヘル情報関西版」ってのがあったので
それを何気なく眺めていた

写真入りで、結構可愛い子が何人か居て
「本当にこんな可愛い子が来るんだろうか?」と思って見ていた
「今週のイチオシ!」って所をクリックすると、どこかで見た女性が写っていた
・・ ・ ・高校の時の同級生によく似ていた
舞衣(マイ)という名で出ていて、髪型はギャルっぽくなっていたけど
顔は高校の同級生の倉木さんにそっくりだった
確か下の名前は愛(アイ)さん だったけど・ ・ ・
写真をクリックすると、プロフィールと共に全身が写った写真や
下着姿の写真が出てきた、どう見ても倉木さんによく似ていた

倉木さんと俺は高校の同級生で、3年の時は同じクラスだった
色白で背も高く、確か俺より少し背が高かった
俺も何度か彼女としゃべった事があり、内容は忘れたけど
ごく普通のクラスメイトの1人だった、バスケ部に入っていて、普段はおとなしいけど 
部活になると別人のように積極的に声を出して張り切っていたのを覚えている

長身の彼女は女子グループの中にいても目立っていて、男子にも結構人気で
倉木さんが好きだと言う仲間もいた
確か高校を卒業後、短大かどっかへ進学したと聞いていた・ ・ ・

友人に「この子、俺が高校のときの同級生にそっくりだ」と言うと
写真を見た友人が「へえ、結構可愛いじゃん、呼んでみろよ」と言った
俺はデリヘルなんて使った事が無かったが、
友人はデリヘルを何度か使った事があり、この部屋にも呼んだ事が有ると言っていた
「何ならこの部屋貸してやるから、呼んでみろよ」とも言われたが断った
友人が「でも、マジで同級生だったら、面白いやん!」と言った
そして写真をクリックしながら「なんなら俺が呼ぼうか」と言った

「この店、自宅出張OKだから 前にも別の子だけど、この部屋に呼んだ事があるんだよ、
ほら、この(サチ)って子、可愛かったよ」
と言いながら「女の子紹介ページ」のトップに載っている紗智(サチ)
という名の子の写真を見せてくれた、確かに可愛かった、おっぱいも大きかった

友人は「・ ・ ・よし、俺が呼ぶ!」と言い、携帯電話を取り出し 店に電話を掛けた

「・ ・ ・もしもし、舞衣さんをお願いしたいんですが・ ・ ・ はあ、そうですか」
と言いながら電話を切った「今日はもう予約で一杯なんだって、
たまにあるんだよな、写真だけのっけて、実在しないって娘、サクラとか」と言って
友人は またマンガを読み始めた

俺は若干 腑に落ちなかった、この娘は本当に倉木さんなんだろうか?
写真だけ勝手に使われているのか、それとも全くの別人で、よく似ているだけなのか
それとも・・・・

友人がトイレに立った、すると友人の携帯が鳴り、俺が「お?い、電話だぞ」と言うと
「お前が代わりに出てくれ?」と言うので電話に出た
友人の名を名乗り電話に出ると「先程、お電話頂いた方でしょうか?」と言われた
?と思いながらも「はい?」と言うと「実はマイちゃんに急にキャンセルが出て、
1時間コースで良ければ直ぐにお伺いしますが・・・」との電話だった!

俺が小声で、トイレにいる友人に相談すると「いい!呼べ」との事だったので
「じゃあお願いします」と言い、マンション名と部屋番号を言って電話を切った
トイレから出てきた友人が「よっしゃ?やるかー!!」と言いながら
「お前も部屋片付けるの手伝え!」と言った、俺が
「まずいよ、直ぐに来るって言ってたから、俺もう帰るよ」と言うと
「何?お前もう帰る気?せっかく良い物を見せてやろうと思ったのに」と言った
「お前がそこの押入れに隠れとけば バレないから、隙間から見とけばいいじゃん
 このマイちゃんってのがお前の同級生かどうか」
俺が「バレたらヤバイって」と言ったが「大丈夫、こうやって押入れの中に隠れてさ、
この隙間から見るんだよ」と言って実際に押入れの中に隠れて見せた。

確かにコレならバレないと思った、隙間は部屋から見ると影になっていて
ほとんど見えず、ごく自然に見えた こうなると俺は(マイちゃんが倉木さんか、
それとも別人なのか)を確かめたくなった

俺も男だから、人のHを覗いてみたいという興味もあったので決断した
急いで友人と部屋を片付け、玄関にあった俺の靴を隠し、押入れに入った
隙間から部屋の中を覗くと、友人がこっちを見てニヤニヤしていた
程なくしてドアをノックする音が聞こえ、友人が玄関に立った

ドアを開ける音がして「失礼しまぁ?す」と言う声が聞こえた ・ ・

まず友人が部屋に戻って いつもの場所に座るのが見えた
続いて女性の姿が見え、さっきまで俺が座っていた場所に腰を下ろした
黒デニムのミニスカートに、黒と白のタンクトップを重ね着していた
ストッキングは履いておらず、生足だった

俺の位置からは横顔しか見えなかったが、見れば見るほど倉木さんにそっくりだった
そして一瞬、こっちを見た 瞬間、確定した!この人 倉木さんだ!
倉木さんは横を向く時、少し首を下げる癖がある そんな事は今の今まで忘れていたが、
顔を見た瞬間、思い出した この人は同級生だった倉木愛さんだ!

2年前の卒業式以来、顔を見たことが無かったが、髪型以外はその時のままだった
なんでデリヘルなんてやってるんだろう?そんな子じゃ無かったハズなのに・ ・ ・

倉木さんは俺の友人に「時間が無くって、1時間しかないですけどいいですか?」
と聞き、大きな鞄から携帯から取り出し、電話を掛けた
友人からすこし顔を背ける様にしながら、つまり俺の方を向きながら
「・ ・ ・ マイです、60分で、」と言って電話を切った
友人が「マイちゃん可愛いね?いつから働いてるの?」と聞くと
「一ヶ月前、でもあんまし出勤しないから、まだあんまし慣れてなくって」
と言った、そして「時間が無いから お風呂行きましょうか、」
と言って立ち上がった、友人も立ち上がりTシャツを脱いだ
立っている倉木さんを見て友人は「マイちゃん背高いね?何かやってたの?」
と聞くと倉木さんはタンクトップを脱ぎながら「バスケとか やってました」と答えた
友人はさも普通そうに倉木さんと喋っていた

これから同級生が俺の目の前で服を脱ぐ、 何なんだこれは!
久しぶりに同級生に会い(会ってないけど)数分で服を脱ぎだすと、
それを目の前で見ることが出来ると、こんな事があっていいのか ・ ・ ・

倉木さんは友人に背を向け、押入れの方を向きながら2枚目のタンクトップを脱いだ、
ブラも黒だった、続いて腰に巻いていた派手目なベルトを外し
黒デニムのミニスカートを脱いだ、ショーツは白だった、少し安心した
ここで倉木さんはしゃがみこんで、鞄の中から何かが入った容器をいくつか取り出し
机の上に置いた いよいよ全裸になる時がきた

又、押入れの方を向いて つまり俺の方に向ってブラを脱ぎ始めた

すっ と、ブラが取れ 胸が見えた、服の上から見た時より小さく感じたが
形はきれいだった 乳首も小さかったが形はきれいで うすい小麦色だった
外したブラを2つ折に畳んで鞄に入れ、続いてショーツに両手をかけた
そして一気にひざまで下ろした、そして片方ずつ足を上げてショーツを外した
倉木さんのヘアが見えた 結構短い毛だった、一部逆立っていた毛を手で直して
ショーツも畳んで鞄に閉まった

友人は既に全裸になり、倉木さんが着替えるのを見ていた、もう勃起していた
それを見て倉木さんは笑いながら「恥ずかしいので あまり見ないで下さい」と言った
そして鞄からバスタオルを取り出し、机の上に置いた容器を手に取り
友人と倉木さんはバスルームに入って行った
俺は今 目の前で見たものを思い返していた、同級生の全裸姿を見て想像以上に興奮した

シャワーの音が消え、まず友人がバスルームから出てきた、続いて倉木さんも、
倉木さんはバスタオルを巻いて出てきた。
今度は2人ともベットの上に座った、友人はニヤニヤしていた
倉木さんも笑顔で友人の肩に寄り添っていった「優しくしてくださいね?」とか言って
キスが始まった、キスをしながら倉木さんは体に巻いていたバスタオルを外した
再び倉木さんは全裸になった 俺は興奮しながらそれを見て

「倉木さんが全裸でキスしてる!、うわぁ倉木さんが全裸でキスしてる、
倉木さんが全裸でキスしてるう、倉木さんが全裸でキスしてるぅ」
って考えていた

キスが終ると友人はベットに横たわった、倉木さんは友人に覆い被さるようになって
再び口にキスをした、 首筋を舐め 胸を舐めて友人の乳首にキスをした
友人は倉木さんのおっぱいを触っていた
倉木さんはだんだんと へその方を舐めていってその下の、内太ももを舐めた

そして 友人の勃起したモノの先端にキスをしてから、舌で舐めた
友人の「うう、気持ちいい」と言う声に倉木さんは笑いながら
大きく口を開けて、モノを咥えた、そして口を上下に動かし始めた

俺は童貞ではなかったし、風俗店には1度だけ行った事はあったし、
フェラもされた事があるが 人のフェラを見たのは初めてだった、
なんといういやらしさなのか、しかも女性の方は同級生の倉木さんだし・ ・ ・
倉木さんはチロチロと舌で舐めたり、咥えたりしながらフェラを続けた

途中、シックスナインの体勢に変わった、倉木さんが上になり
友人の顔にあそこを乗せ、太ももで友人の顔を挟んだ、すごくいやらしい体勢だった
その状態のまま再びフェラを始めた、さっきより口を動かすのが早くなった
時折、倉木さんの口から「うっ!、あっ・・はっ!」て声が聞こえた
・・・倉木さん、今感じてるんだあ 気持ちいいんだぁ倉木さん、今興奮してるんだ・・・

演技かもしれないけど、モノを咥えた倉木さんの口から いやらしい声がする
友人が何か技を繰り出しているようだった、太ももに隠れて見えないが、
大きく頭を動かして倉木さんのあそこを舐めていた

そのうちツボを発見したのか、一部を集中的に舐めていた、倉木さんの声が大きくなった
「ううっ!あぁっ・ ・ ・ あっ!」とか言いながらも、
倉木さんはしっかりと友人のモノを咥えて離さなかった
友人はその体勢のまま手を伸ばし、倉木さんの胸を触っていた。

シックスナインが終わり、倉木さんが友人の顔から、あそこを離す為に 足を上げた瞬間、
倉木さんのあそこが見えた、一瞬だったけど 黒い毛に覆われたあそこが見えた
友人は又、ベットに寝たまま されるがままにモノや玉を舐められていた
舐めるスピードが更に速くなり、だんだんと加速していった
友人は体を起こしてフェラをしている倉木さんの顔を見ながら
「もう少し・ ・ ・ああいい・ ・ ・」と言いながら倉木さんの肩のに両手を置いた
手が邪魔で俺の位置からフェラが見えずらくなった・ ・ ・

「!出そうだ、出る」と言った数秒後、友人は小さくピクピクと動いた後、果てた
倉木さんはゆっくりと口を動かし、しばらく刺激を加えていたが、
ゆ?っくりと口を離した、そしてティッシュを数枚取ると、顔を俺の方に向け
口の中の精液を出した
もう一度ティッシュを取るとまたこっちに顔を向けて舌を拭うようにして口を拭いた

果てていた友人が起き上がり「気持ちよかったよ」と言った
倉木さんが「ありがと よかった!」と言いながら友人のモノを拭いた
後もう少しで倉木さんの全裸姿が見れなくなってしまうので
俺はじっくりと倉木さんの体、おしり、胸を見ていた
2人がシャワーを浴びる為に再びバスルームに向った
ベットから降りる時に、倉木さんの乱れたヘアの隙間から、あそこが少しだけ見えた

シャワーの音が聞こえてきた・ ・ ・
俺は押入れの隙間から目を離して、ちょっと休憩しようと思った

!突然に!携帯の着信音が何かの警告音かの様に鳴り響いた、俺はびっくりした!
倉木さんの携帯が俺の隠れている押入れの、すぐ近くで鳴っていた

倉木さんはあわててバスルームから出て体を拭き
電話を取る為にしゃがみこんだ
電話に出て「マイです・ ・ ・ ・はい」
とだけ答えて電話を切った

その時、俺は押入れの中から床に這いつくばって!頬っぺたを床に擦り付けながら
押入れから至近距離でしゃがみこんでいる倉木さんのあそこを見た
シャワーで濡れたヘアとあそこを間近ではっきりと見ることが出来た
突然電話が鳴ってびっくりしたドキドキと、倉木さんのあそこを至近距離から見る興奮で
驚くほど程に興奮が高まった!
こんなに興奮したのは初体験の時以上だった!

・ ・ ・友人もシャワールームから出てきて服を着始めた
倉木さんも下着を付け、タンクトップとスカートを履いた

着替え終わると同時に2回目の電話が鳴り、倉木さんは「はい」と言って電話を切った
少しせわしない手つきで容器やタオルを鞄に入れると、小さなポーチから名刺を出し
「またよろしく!」といって友人に渡した

そして立ち上がり、少し部屋を見回した後、友人と一緒に玄関に向った
小さく「ありがと、じゃあ!ばいばい」と聞こえ、「バタン」とドアを閉める音がした
倉木さんは帰っていった。

部屋の中が無音になった

しばらくすると、いきなり押入れの襖が開いた、
そこには満面の笑みをした友人が立っていた
「どうだった?知ってる奴だったか?」と俺に聞いた
俺が「うん、同級生たっだ、倉木さん」と答えると
「マジかよ同級生!?どんな気持ちだ?興奮した」と聞いてきたので 俺は

「もう興奮なんて次元じゃねーよ!もう感動!死ぬかと思った!マジびっくり!
 心臓止まるかと思った!同級生の全裸見ちゃったよ俺、マジ感動!
 しかもお前とキスしたり、あそこ舐めたり舐められたり、おっぱい揉まれたり
 しかも至近距離からも見えたし、向こう気付いて無いし
 うお?!俺見たよ!倉木さんのおっぱい見たよ、あそこも、もう大興奮!」

・ ・ ・ ・興奮する俺に 友人は「俺より興奮してどうすんだ!」と言っていた
俺が「いや?良かったな?興奮したな?」と余韻を楽しんでいると
「お前も呼べばいいじゃん、倉木さんを お前にコレやるよ」
と言って友人が倉木さんから貰った「舞衣(マイ)」と書かれた名刺を俺にくれた
裏にデリヘル業者の電話番号が書いてあった
一応名刺を受け取り、俺は「それよりどうだった?プレイした方の感想は」
と聞くと「滅茶苦茶気持ちよかったよ!、でもあれがもし俺の元同級生だったりしたら
感動モンだったろうな!」と言った、 確かに俺もそう思う・ ・ ・ ・

友人宅から帰り、名刺に書かれている店の電話番号を自分の携帯に登録した
名前欄はとりあえず 芸能人の方の「倉木麻衣」にしといた
・ ・ ・ ・しかし倉木さんは何でデリヘル嬢に? ・ ・ ・

     久しぶりに卒業アルバムを開いた

                           おわり

JS5の時の事

以前体験談を書くと言った♀です。
長い上に駄文ですがとりあえず投稿してみます。
あぼん用にコテハン。

JS5の時の事です。
私は塾に通っていて、その日は土曜日で午後から授業でした。
生理だった私はお腹が痛かったので、行ってすぐに事務室で休み、すぐ早退しました。
なんか恥ずかしくて生理とは言えなくて、ただお腹が痛いと言って…
母親との電話内容聞くとバレてたぽいけど。

ぼーっとしつつ駅から自宅まで歩いてると、住宅街の道に男の人が立っていて「ねぇちょっとー」と声を掛けてきました。
え、と思って返事せずに顔だけ見ると「ちょっと車、手伝って欲しいんだけど」と…

車とか子供に手伝えるの?誘拐じゃ…と思ったけど様子を見ようと思い、少し距離を取って歩きました。
そこは砂利の広い駐車場を家が囲むようになってる場所で、入口通路は塀に挟まれてて軽く死角になってました。
すぐ隣の家の人が気付けば別ですけどね。

その入口のとこで男の人が急に振り返ったので軽く警戒して立ち止まると、
「キスさせてくんない?」と言ってきました。
私は予想外の展開に頭真っ白になって立ち尽くしました。
すると更に「ね、お小遣いあげるからさ。キスさせてよ。お願い。キスだけでいいから。ね?お小遣い欲しいでしょ?」と
両手を合わせて言ってきました。

まだキスした事ないのにお小遣い貰ったって嫌!と思ったけど、
なんか固まっちゃって声が出なくて首を横に振るしか出来ませんでした。
今もだけど何かの時咄嗟に動く事が出来なくて、多分その時もすぐ逃げれば追い掛けてまで来なかったと思う。
でも私は立ち尽くしてしまって、男の人が寄って来て初めて逃げようとしました。
腕掴まれて、逃げようと後ろ向いたら後ろから抱きすくめられ、
男は耳元で「ねーいいじゃんキスくらいーさせてよー」とハァハァ言いながらアソコを擦り付けてきました。
振り解こうとしてもJS5の力で敵うはずも無く、小さい声で「やめてください…」と言うのが精一杯でした。

男の人は片方の腕で私の両腕をホールドし、
もう片方の手で無理矢理顔を掴んで振り向かせ、唇を合わせようとしてきました。
初めてなのに嫌だ!と思ったけど首の力では全然抵抗できなくて、
咄嗟に口をリップクリームをんぱってやる時みたいに閉じました。
その上からちゅーしてきたけど、口を閉じてるせいか口の周りをベロベロ舐められました…
気持ち悪くてぎゅっと目をつむって耐えてると口を離したので、ほっと軽く脱力。
すると今度は服の上から胸を鷲掴みするように揉んできました。
ハァハァしながら「かわいいおっぱいだね」などと言ってきました。

私は軽く抵抗しながらも、キスだけって言ったのにとか、こんな小さい胸揉んで楽しいのかなとか考えてました…
軽く諦めてて多分ほぼ無反応。
少しの間胸を揉み、それが終わるとスカートをめくってパンツの中に手を入れようとしました。
それだけは嫌!と思ったので、思い切り抵抗したつもりでしたがダメでした。
パンツの中に手を入れられて指で触られました。
けっこう強く触って来て、触られた瞬間「痛っ…」と声が出たんですが、お構いなしにグリグリされました。
まだ指を中に入れられなかっただけマシかも。

すると男が「あれ?なんか濡れてるよ?」と言ってきました。
私はその時「濡れる」の意味が全然分かんなかったので、その字の通りに受け止め、
男が本当に何か分からないけど濡れてる?という疑問を口にしたんだと思いましたw
なので、真剣にあれ?なんでだろ?と考えて、今日生理だった事を思い出し、
生理の血だ!と気付いて「生理中なんですっ…」と声を搾り出しました…
男の人は無言で解放してくれました。
ほっとしたら男の人が財布からお金を出そうとしてたので、小さく「要りません…」と言いました。
お金を出そうとした男の人の指に血が付いてたのをよく覚えてます。

抱きすくめられた時に落とした鞄を拾って、頭がぼーっとしたまま家に帰りました。
家に帰って口を洗ったけど、男の人の唾液完璧に舐めちゃってますね…
ショックでボー然としてたけど、具合が悪くて早退してきたので母親はさほど不審に思わず。
自分は恥ずかしいので黙ったまま。
しばらく思い出してはショボーンを繰り返し、今でも恥ずかしいので直接誰かに話した事はないです。
今思えば生理じゃなかったらもっとひどい事されてたかも?

妻の仕事仲間 5

約束の日、俺は朝からずっと優子ちゃんのことで頭がいっぱいだった。
とにかく優子ちゃんとやりたくて仕方なかった。
仕事中も優子ちゃんとやることばかり考えてしまって、チンポも勃起しっぱなしだった。
早く仕事が終わらないかな。今日の夜は・・。

そんなことを考えながら仕事をして定時で退勤するつもりだったが
少し遅れて優子ちゃんの家に着いたのは8時過ぎだった。
10時にここを出れば妻である千裕に怪しまれずにすみそうだなと考えながら
チャイムを押した。

「ピンポーーン!」

そして優子ちゃんがドアを開けて

「おかえりなさぁ??い^^」

おかえりなさい?と思ったら

「ふふ。 一度言ってみたかったんだ^^」

・・・ものすごくかわいい・・・

しかも性欲でムラムラしている俺を更に煽るような短いヒラヒラのスカート。
もうこの場でやりたいくらいだった。
そして家に入り、テーブルに座った。

「もうちょっとでできるから待っててね^^」
そう言って夕食を作っている。

俺の前には後ろを向いて料理する優子ちゃん。
そしてその後ろ姿を見ていると更にムラムラしてきた。
優子ちゃんの脚に見とれて脚を見続ける。
ちょっとしゃがめばパンツが見えそうだ。
そんなことを考えるともう堪らなくなり、気づけば自分のチンポを
ズボンの上から扱いていた。
ここまでの性欲は初めてのような気がする。

優子ちゃんの脚を見ながら扱いているとスカートの奥が見たくなってきた。
料理に集中しているから大丈夫だろう。
俺はチンポを扱きながらゆっくりと屈んで顔を下にずらしていった。
そしてかなり下まで行くと優子ちゃんのパンツがチラっと見えた!

そのときであった。

「できたよ??^^」
優子ちゃんの声と振り向くのが同時だった。

俺は慌てて体勢を立て直し、チンポから手を離した。

優子ちゃんはビックリした顔をした後、状況がわかったようでニヤリとしながら
こっちに向かって歩いてきた。

「何してたのかなぁ??」
と俺の目の前に顔を持って来て問い詰めてきた。
きっとバレてる。バレないはずがない。

それでも俺は優子ちゃんのパンツを覗き込みながらチンポを扱いてたなんて
言える訳もなく
「別に・・」と流そうとした。

「何か変な事してたでしょ??」

「何にもしてないって!」

俺が言葉を濁しているといきなり俺のチンポを握ってきた。

「ああっ!」
突然チンポを握られた快感で思わず声が出てしまった。

「これは何なのぉ?? なんで固くなってるのぉ??」
と聞いてくる。

もう弁解しても無駄だとわかり
「ごめんなさい・・」
と誤ってしまった。

優子ちゃんはニコッとして
「今日の広幸さん変だよ?」
そう言いながらズボンのホックを外してファスナーを下ろしてきた。
そしてパンツの中に手を入れて俺のチンポを取り出した。

俺のチンポを握りながら口にキスをしてきた。
キスしているとチンポを握っている優子ちゃんの手が上下に動き出した。

「んんんっ!!!」
快感の声が漏れた。

・・・気持ちいい・・・

朝からずっとムラムラしていたこともあって物凄く敏感になっていた。
1回・・2回・・と上下に扱く。
もう気がおかしくなりそうだった。
俺は右手で優子ちゃんの太股を触り、スカートの中へと手を滑らせていった。
そして優子ちゃんのパンツに触った。
もうこのままやるしかないと思ってパンツに手をかけた。

すると優子ちゃんが
「はい、おしまい^^  ちょっとはスッキリしたかな?
 ご飯冷めちゃうから食べよ^^  はい、しまって!」
と亀頭の先をチョンチョンッと叩いて手を洗いに行った。

スッキリしたかな?って・・・逆にものすごくムラムラしてきた・・・
一緒にご飯を食べるも頭の中は優子ちゃんとやることだけ考えていた。

「おいしい?」
そう聞かれても味なんかわからない。ただやりたいだけでまともな返事が
できなかった。

「もぉ??!!何か変なこと考えてるでしょ??!!」
と脹れている。
それから話をしながら食事するが会話の内容は頭に入らない。

突然「カタン」と音がした。

「あ?、お箸落としちゃった?。拾ってくれる?」
と言ってきた。

俺は箸を拾う為、机の下に潜り込んだ。

・・・あれ?・・この光景って・・・

そう、最初に一緒に居酒屋に行ったときと同じだ。
予想通りの光景だった。
優子ちゃんの脚と脚の間から白いパンツが見えている。

ゴクリ・・・と唾を飲み込む。
しばらく見ていると優子ちゃんの脚が開いた!

・・・おお!! 優子ちゃんのパンツ・・・

脚は肩幅以上に開いている。
パンツが丸見えどころの騒ぎではなかった。

・・・この布切れの向こうは・・・

優子ちゃんのおまんこを想像しながら見続けた。

・・・早くこの中に入れたい・・・

ずっと見ていると突然優子ちゃんの顔が机の下に現れて目が合った。
「もういいでしょ??」
と言ってきた。
そう、優子ちゃんはわざと見せ付けていたのだ!!
「恥ずかしいんだから?」と優子ちゃん。

何て答えていいのかわからなかった。
優子ちゃんの手の中で転がされているようだった。

さっきの少しの手コキと今の優子ちゃんのパンツで俺は更にムラムラして
発狂しそうな感じだった。

ご飯を食べ終わると9時を過ぎていた。
10時には出ないとまずい。

優子ちゃんは食器の洗い物を始めた。
再び優子ちゃんの脚に見とれる。

・・・もう駄目だ。時間が無い。それ以上に性欲を抑えれない・・・

俺は洗いものをしている優子ちゃんに近づいて
「優子ちゃん・・」と言いながら後ろから抱きついた。
左手は優子ちゃんの胸を掴み、右手は太股を触った。

「ちょっ、ちょっと広幸さん!」

優子ちゃんはびっくりして俺を振り払おうとしたが、洗い物で手がふさがっていて
抵抗できない。

「優子ちゃん、もう我慢できない・・」
そう言いながら左手で優子ちゃんの胸を揉みながら右手で優子ちゃんのあそこを
パンツの上がら弄った。

「ちょっと待って!!」
そう言って体をくねらせて抵抗するが俺は構わずにパンツの上からあそこを弄った。
そしてパンツを太股の辺りまでずり下げて、直で優子ちゃんのおまんこを触った。

「ひ、ひろゆきさん、駄目ってば!!」
優子ちゃんは笑いながら抵抗をする。
そして手で防御する為に手を洗って洗剤を洗い流している。
そんなことは構わずに優子ちゃんの割れ目に中指を這わせて前後に弄りだす。

「あっ、ちょっ・・・ああっ・・・」
抵抗しようとするが快感で力が入らないようだ。
そしてすぐに濡れてきた。

・・・優子ちゃん感じてる・・・

俺はそのまま割れ目を弄り続けた。

台所のシンクに手をついて
「あんっ・・ああんっ・・だめぇ・・・」

快感を堪えることができずに声が大きくなってくる。
そして優子ちゃんのあそこに指を入れようとしたとき
優子ちゃんがくるりとこっちを向いたて俺の手を掴んだ。

「駄目だってば、広幸さん変だよ?」と息を荒くして言う。

「とりあえず片付けしなきゃ・・」と言ってパンツを上げようとした。
俺はその手を掴んで抱きつき
「はぁはぁ・・・優子ちゃん、俺もう我慢できない」
そう言って隣の部屋のベッドまで連れて行った。

そしてベッドに押し倒す。

「ちょっと、駄目だってば!」
そう言って手で押し返してきた。いつもよりも力が入っていて結構本気っぽかった。
俺は我慢できなく、優子ちゃんの両手を掴むと頭の上に持っていき、左手で固定した。

「広幸さん!」
「ごめん、もう我慢できない!」
そう言うと口で優子ちゃんの口を塞いだ。
そして優子ちゃんの太股までずり下がっているパンツを更に下ろし、足で抜き取った。

すかさず優子ちゃんの両脚の間に俺の足を入れ、優子ちゃんの脚を開かせた。
そして優子ちゃんの割れ目に指を這わせ上下に擦りあげた。

「んんんっ!!!」

抵抗するが快感を押し殺せないような声だった。
更に割れ目を擦り続けるとどんどん濡れてきた。

そして優子ちゃんのクリトリスに指を這わせ、素早く擦りあげた。

「んんんんっーーー!!!!!」

優子ちゃんが感じているのを知ると更に激しく擦りあげる。
そして優子ちゃんのあそこに中指を沈めていく。

・・・ああ・・優子ちゃんのおまんこだ・・・

ゆっくりと指を出し入れする。
優子ちゃんも「んーー!」と声を出すが完全に感じている。

そして一旦指を抜くと中指と人差し指の2本同時におまんこに沈めていった。
優子ちゃんは「んんーーー!!」と言ってのけ反る。
そして指を出し入れし、徐々にスピードを上げていった。

優子ちゃんの口から口を離すと
「広幸さん、駄目っ・・あっ!ああんっ!!」
と喘ぎ声を隠せない様子だ。

指を抜くと俺の指は優子ちゃんの愛液でヌルヌルとしていた。
そして再びクリトリスを摘み、グリグリした後、激しく擦りあげた。

「だめ・・広幸さん・・」

かなり息が荒くなっている。
中指で小刻みにクリトリスを擦り続けていると優子ちゃんの体に段々力が
入ってきた。
そして声も大きくなってきた。
優子ちゃんがイキそうになってるのがわかった。
このままイカせてやろうと更に素早くクリトリスを擦りあげる。

「ひ・・広幸さん・・だめぇ??・・」

そして俺は
「イッていいよ」と言った。

このとき優子ちゃんが睨んできた。
いつも優子ちゃんが主導権を持っていたのに俺のこの言葉を言われたのが
くやしかったのだろう。
それにも構わず激しくクリトリスを擦りあげ、優子ちゃんの顔を見ていると

「やっ・・やっ・・だめぇ???・・見るなぁ?!」

そう言って顔を背けて目を瞑り、歯を食いしばった。
今だ!とばかりに更にスピードを上げてクリトリスを擦りあげた。

「んんんーーーーーーーー!!!!!」

大きな声が出たかと思うと優子ちゃんの体が硬直してビクンッ!ビクンッ!と
痙攣が始まった。

・・・優子ちゃんイッちゃった・・・

優子ちゃんは時折体を痙攣させてハァハァと呼吸を整えている。
そんな姿を見て優越感にひたっていた。
しかし、それどころじゃなかった。
俺のチンポは爆発寸前だったのだ。

優子ちゃんの手を離し、ズボンを脱ぎかけた。
そのとき
「お願い。シャワー浴びさせて」
と言ってきた。

「えっ?シャワーなんていいよ」
そう言ってズボンを下ろすと
「やぁ?だ。浴びてくる。じゃなきゃ入れさせない。」
そんなことを言ってきた。

俺は早く入れたい一身で
「わかったよ。早くしてよ」
そういって優子ちゃんから離れた。

「ありがと。広幸さん大好き^^」

優子ちゃんは脱がされたパンツを持って風呂場へ入っていった。
しかし俺のチンポはこれ以上待つ気は無く、いつ射精してもおかしくない状態だった。
もうすぐ優子ちゃんのおまんこに入れれるとこだったのに!!
そう思うと気が狂いそうだった。

そして我慢できない俺は優子ちゃんのタンスを順番に空けていった。
そう、狙いは一つ。
順番に開けていくとついに見つけた。

優子ちゃんのパンツ。

俺は一つ手に取るとおまんこに当たる部分を鼻に付けて匂いを嗅いだ。
もちろん洗濯してあることは知っていたが十分に興奮できた。
そしてもう一つ手に取ると俺はチンポを取り出し、おまんこに当たる部分を
チンポの先端に当てがってパンツの上からチンポを握った。
そして優子ちゃんのパンツの匂いを嗅ぎながら、優子ちゃんのパンツの上から
握った他手でチンポを扱き始めた。

・・・ああ・・優子ちゃん・・・

優子ちゃんとやってる気がしてすぐにイキそうになった。
そして一旦手を止め、射精感が治まってから再び扱きだした。

しかし限界を超えているのですぐにイキそうになる。

・・・だめだ・・もう我慢できない・・・

いっそこのまま射精しようかと思ったが何とか踏みとどまった。
そのとき時計が目に入った。

・・・やべぇ・・もう10時だ・・・

そう、10時にはここを出ないといつも帰る時間に間に合わない。
でも今のこの状態じゃ帰れるわけがない。
しかし、時間を考えると優子ちゃんに挿入しても1分ともたないだろう。
事が済んで車で飛ばせばちょっと遅れるくらいで済むか。
そう考えながら優子ちゃんを待つが一向に出てこない。

そしてまだかまだかと待っていると10時15分くらいに風呂場から出てきた。
その格好はいつもの格好で、上は太股までのシャツに下はパンツだけという
さらに性欲を煽るものだった。

もう優子ちゃんを見ながら扱きたくなった。
優子ちゃんに近寄ると優子ちゃんがキスをしてきた・・・かと思うと俺の耳元で

「広幸さんもシャワー浴びてきて」と言った。

「ええ??・・」
不服そうな顔をすると
「女性がシャワー浴びたら男の人もシャワー浴びるのがエチケットでしょ^^」

そう言われたらそれはそれで仕方ないか・・と思ってしぶしぶ風呂場に行った。
服を脱いでいると脱衣カゴが目に入った。
そこには優子ちゃんがさっきまで着ていた服があった。
ということは・・・

俺はゆっくりと静かに脱衣カゴをあさった。
すると1番下に・・・優子ちゃんのパンツを見つけた。

・・・さっきまで履いてたパンツだ・・・

俺は静かに手に取るとゆっくりと広げた。
ちょうど割れ目に当たる部分にシミがついていた。
そしてゆっくりと顔に近づけていき、割れ目に当たる部分の匂いを嗅いだ。

・・・ああ・・優子ちゃんのあそこの匂い・・・

そして割れ目に当たる部分をチンポの先に付けて、パンツの上からチンポを握り
上下に扱き出した。

・・・ああ・・気持ちいい・・・

でも4?5回扱いただけですぐにイキそうになって手を止めた。

・・・駄目だ・・もう我慢できない・・・

俺はシャワーを浴び、即効で風呂から出た。
もちろん匂いが残るので石鹸やシャンプーは使わなかった。

上は裸で下はバスタオルだけという格好で風呂から出た。
優子ちゃんは洗い物の続きをしていた。

「あれぇ??もう出たの??」

あまりの早さに驚いているようだった。
俺は一目散に優子ちゃんに向かって歩き、後ろから抱き締めた。
そして右手で太股を2?3回擦り、パンツの上から優子ちゃんのあそこに手を当てた。

「あん!広幸さん、今日変だよ?」

と言うがさっきとは違って一切抵抗しなかった。
俺はパンツの上から割れ目をなぞった。
すると優子ちゃんは体をこっちに向けた。
抵抗されるのかな?と思いきや、優子ちゃんは俺の目を見てゆっくり目を瞑った。

俺は優子ちゃんにキスをしながらパンツの上から割れ目をなぞり続けた。

そしてパンツに手をかけ、太股までずり下げ、直接優子ちゃんの割れ目に指を当て、
割れ目に沿って前後に弄り続ける。
優子ちゃんも感じているようですぐに濡れてきた。

優子ちゃんはキスをしながら俺のバスタオルを取ると、勃起したチンポを握ってきた。
そしてゆっくりと上下に扱き始めた。
思わず口を離して「ああっ!」と快感の声を漏らしてしまった。

優子ちゃんの割れ目を弄りながら優子ちゃんに扱かれてる。

優子ちゃんの扱く手がだんだん速くなってきた。
俺はすぐにイキそうになって優子ちゃんの手を掴んだ。

もう我慢できずに優子ちゃんを抱えてベッドまで運び、優子ちゃんを寝かせて
シャツを脱がせた。

優子ちゃんの乳首が露わになった。

俺は片方の乳首を口に含んで、吸いながら舌で愛撫した。
そして右手でもう片方の乳首を摘んで弄りだした。

「あんっ!  ああんっ!!」

優子ちゃんは喘ぎ声を漏らしながら感じていた。
5分くらい乳首を責めた後、優子ちゃんのパンツを脱がして足から抜き取った。
お互い一糸まとわない姿で抱き合った。
そして優子ちゃんの足元に移動して優子ちゃんの両膝に手をかけた。

ゆっくりと左右に広げていく。

「だめぇ・・恥ずかしい・・・」

優子ちゃんは両手で自分のあそこに手を当てがって見られないように隠した。

しかし、俺は優子ちゃんの両手を掴んで
「見せて」
そう言って手を離させた。
優子ちゃんは恥ずかしそうに顔を背けた。

大きく脚を開いた中心部にパックリ開いた優子ちゃんのおまんこが見えた。

・・・優子ちゃんのおまんこ・・・

そして両手で割れ目を更に広げると口を近づけて吸い付いた。

「あああんっ!!!!」

優子ちゃんの激しく感じる声が聞こえた。
俺は激しくジュバジュバと音を立てて吸い続けた。
そして指をおまんこに入れて、クリトリスを激しく舐めた。

優子ちゃんは大きく体を揺らしながら感じているようだ。
もう俺のチンポは手を触れなくても射精してしまいそうだった。
おそらく入れても10秒ともたないだろう。
しかし朝からずっと優子ちゃんとやることしか考えていなかったので、
たとえ10秒でも入れたい!それしか考えれなかった。

そして俺は膝立ちになって優子ちゃんのおまんこにチンポを近づけていった。

すると優子ちゃんが俺の手を引いて抱き寄せてきた。
俺は優子ちゃんに覆いかぶさる形となる。

「私が気持ちよくしてあげる」

こう言うと俺を寝かせて優子ちゃんが上になった。

上位になった優子ちゃんはゆっくりとキスをしてきて、舌を入れてきた。
俺はそれに答えて激しいキスを始めた。

すると、俺の胸に当てていた手をスルスル・・と下半身に向けて滑らせてきた。
そして俺のチンポを握るとゆっくりと上下に扱き始めた。
4?5回ゆっくりと扱くとすかさず高速で扱いてきた。

「あああっ!!!!」と声が出てしまう。

そして我慢の限界を超えていた俺は、7?8回扱かれただけでイキそうになった。

慌ててキスを止めて

「あっ、ちょっと待って!!」

優子ちゃんに呼びかけるが

「ふふふ^^」

とニヤリと微笑んで高速で扱き続ける。
シュコシュコシュコシュコ・・・

「あっ、まって!出ちゃう!!」

俺は慌てて優子ちゃんの手を掴んだ。

優子ちゃんは勝ち誇った顔で
「広幸さん?手を使っちゃ駄目って言ったでしょぉ??」
完全に優子ちゃんの主導権になっていた。

俺が手を離すと再び高速で扱きだしてきた。
まだ射精感が治まっておらず、4?5回扱かれただけでイキそうになり

「あっ、まって! 出るっ!!」
俺は慌てて優子ちゃんの手を掴んだ。

「言うこと聞かない手ね?・・はい、貸して^^」

とにこやかな顔をしながら俺の右手を取ると優子ちゃんの女座りしている
左太股とふくらはぎで挟んで抵抗できないように固定した。

そして俺の右手は優子ちゃんの左手としっかりと握手をしている形となった。
俺が裸に寝ていて、俺のお腹の横で女座りをしている状態である。

「ひろゆきさん、こういうの好きでしょぉ?!手が使えなくなっちゃったね^^」

勝ち誇った顔で言うと、ゆっくりと右手で俺のチンポを上下に扱きだしてきた。

「ああ・・」と快感の声を漏らすと

「気持ちいい?」と聞いてきた。

「うん・・」それしか言えなかった。

「よかった^^ もっと気持ちよくしてあげる^^」

言い終わると同時に高速で扱きだしてきた。

「ああ???!!!」
あまりの快感に気が変になりそうだった。
そして高速で扱かれて3秒くらいでイキそうになり

「ゆ・・優子ちゃんストップストップ!!!」

手を止めてもらうよう言ったが優子ちゃんは高速で扱き続けた。
もう我慢の限界だった。
勢いよく精液が上がってくるのがわかった。

「あぁ??!!!だめっ・・あっ!あっ! もう無理!!!出るっ!!!」

・・・あぁ・・もう無理・・・

手も使うことができず、我慢もできないので諦めて射精に向けて構えたが・・・

・・・え?・・・あれ????・・・

射精寸前で手が離れたのだ。

「そ・・そんな・・・」

「ふふ^^ かわいい^^」

そう言うとすかさず高速で扱き始めた。
俺の我慢汁で扱くだびにクチュクチュと音がする。
射精感はまったく治まってない状態で扱かれたので上下に扱きだした瞬間

「あっ!!ちょっ!!! あっ、出るっ!!!」

再び射精に向けて構えていたがまたもや手が離れた。

「優子ちゃん・・お願い・・気が狂いそう・・・」

頭がクラクラして全身が痺れていた。

「狂っちゃって^^」

すかさず高速でクチュクチュと音をたてながらチンポを扱き始めた。
射精寸前の状態だったので2?3回扱いた時点で精液が外に放出しようと
上がってくるのがわかった。

「ああーーーっ!!!もう無理っ!!!!」

再び手を離され「はぁはぁ・・」と息を整えているとすかさず
クチュクチュと音を立てて高速で扱き出す。

扱かれた瞬間イキそうになる。
そして2?3回扱いては離し、1?2秒離したかと思うと再び2?3回扱くのを
繰り返してきた。
俺はその度に射精しそうになり、「ああっ!!」と声を漏らしてしまった。
その行為を5回くらい繰り返されて手を止めた。
俺は気が狂いそうで、しかも全身痺れていて訳がわからなくなっていた。

ふと時計が目に入り、11時を過ぎていたのは確認したが家に帰ることなど忘れていた。

「優子ちゃん・・もう駄目・・お願い・・・」

「お願いってなぁに?  手でイカせてあげよっか?^^」

そして今度はゆっくりと上下に扱き始めた。

「ああっ!!」

「お願い・・優子ちゃんに入れたい・・・もう我慢できない・・・」

俺は甘えた声で優子ちゃんにお願いした。

優子ちゃんは顔を近づけて

「入れたらすぐイッちゃうくせにぃ?」

とニヤニヤしながら言って尚もゆっくりと扱き続ける。
この扱くスピードがすごかった。
もう射精寸前の状態だがイクにイケないスピードだった。
あと少し扱くスピードを上げればその瞬間射精してしまう状態だった。

「ねぇ??!!もう本当に無理! もう駄目、お願い!!」

俺は泣きそうになりながら頼み込んだ。
その間もゆっくりと扱き続けている。

優子ちゃんは顔を近づけてきて、俺のチンポをゆっくり扱きながら

「広幸さん、今日泊まっていかない?」
そう言ってきた。

「ええ・・・?」

俺はそれはやばいだろと思った。すでに千裕は心配している頃だし、
さすがに泊まるのは・・・

でもチンポをゆっくりと扱かれて射精寸前の状態を維持されているので
すぐに「それは無理」と言えなかった。

そして
「泊まって行ってよぉ?。いっぱい気持ちいいことしよ^^」

そのセリフが俺の迷いを打ち消した。
優子ちゃんといっぱい気持ちいいことができる。俺の頭の中は一晩中やりまくれる!
どんどん妄想だけが進行してきた。
この後一晩中優子ちゃんとエッチできるなら迷うことはないと思い

「家に電話しなきゃ・・」

このセリフを聞いて優子ちゃんはものすごくうれしそうな顔になり

「やった^^ はい、電話」

横に置いてあった俺の携帯を渡してきた。
俺はすぐに千裕に電話した。

コールが鳴るか鳴らないかというときに俺のチンポが温かいものに包まれ、
とてつもない快感を感じた。

「あああああっ!!!!」

自分の下半身に目を向けると優子ちゃんが俺のチンポを咥えていた。
そして俺と目が合うとニコっとしながら俺の目を見ながら
チンポを咥えたまま顔をゆっくりと上下に動かしてきた。

・・・気持ちよすぎる・・・

そのとき電話の向こうで千裕の声がした。
俺は声が出てしまうのを恐れ、外泊することを伝えるとすぐに電話を切った。

電話を切るのを確認すると優子ちゃんは

「奥さんと電話中にこんなことしてるなんて悪い人^^」

そう言うと激しく上下に顔を動かしてきた。
ジュパジュパと音をたてて吸いたててくる。
すぐにイキそうになり

「ああっ!!まって!!出るっ!!!!」

それでも尚もジュパジュパと音をたててしゃぶっていた。
もうこれ以上の我慢は無理だった。
どうせ一晩中一緒にいるなら1回出しても大丈夫だろう。
それよりも我慢すること自体が無理だった。

精液がググッと外に向かって上がってきた。

「あっ!優子ちゃんごめんっ!出るっ!!!」

射精に向けて腰が浮いていた。
そして・・・またもや優子ちゃんは射精寸前に口を離した。

・・えええ!そんな・・・

優子ちゃんは俺の両膝の上に腰を下ろすと手でチンポを握って上下に
扱いてきた。
射精寸前の状態だったので扱かれた瞬間イキそうになり

「あっ! 駄目! 本当に出るっ!!!」
俺は優子ちゃんの手を掴んだ。

「もう駄目!動かしたら出るっ!!!」
徐々に精液が上がってきてるのだ。

「本当にぃ??」
と手を動かしたそうだが、俺はガッチリと掴んで動かさないようにしていた。

「はい、手は邪魔?」

そう言って俺の両手を取ると優子ちゃんの膝の下で固定した。
またあの寸止め地獄が始まるかと思うと気が遠くなってきて

「ちょっ、優子ちゃん、お願い!!本当に無理だってば!おかしくなる!!」
俺は許しを請う。

優子ちゃんはニヤっとしながらゆっくりと俺のチンポを握った。

「ああっ!!!!」

そして上下にゆっくりと扱きだす。
それだけで射精感が込み上げてきた。

「優子ちゃん、駄目!出る出る出る!!!」

優子ちゃんはそれでも動きを止めず、いきなり高速で扱いてきた。
我慢できるはずがなかった。

「あっ!もう無理!!  出るっ!!!!」

ところが、またもや射精直前で手を離した。

すると今度は俺に覆いかぶさってきて抱きついてきた。

「広幸さんかわいい。大好き^^」
と言ってチュッとキスをすると

「いいよ^^」と言ってきた。
どういう意味なのかはすぐにわかった。

俺は息を荒くしたまますぐに優子ちゃんを寝かせ、
両脚を開かせてその間に入り込んだ。
そしてチンポを優子ちゃんの割れ目に当てがった。

俺のチンポと優子ちゃんの割れ目が触れただけでものすごい興奮状態になり、
それだけでも射精感が込み上げてきた。

後は腰をちょっと前に動かせば優子ちゃんの中に入る。

だが俺は今、射精寸前でまさに入れた瞬間射精してしまう気がした。
そんなことになったらあまりにもかっこ悪すぎる。
でも我慢できない。

俺は腰を前に突き出し、チンポを割れ目に沈めていった。
ニュルっという感覚ともに優子ちゃんの割れ目の中に入り、優子ちゃんの
肉壁の粘膜が締め付けてきた。
俺は一気に奥まで挿入した。

そのとき、我慢の限界を超えていた俺のチンポに射精感が込み上げ、精液がグググっと
外に向かって上がってくるのがわかった。

「あっ!駄目!!」

俺は硬直して全身に力を入れて堪えた。
しかし、精液はゆっくりと外に向かって上がってきている。

「どうしたの?^^」と優子ちゃん。

どういう状態なのか全てわかっているようだった。
もう隠しても無駄なので腰を突き出したまま硬直している状態で

「ゆ、優子ちゃん、ごめん・・動いたら出る・・」

優子ちゃんは満足気にニコっとしている。

それからちょっと射精感が治まったと思って俺はゆっくりと腰を引いて
再びゆっくりと突き出す。
ヌルヌルの粘膜が締め付けてきて、この世のものとは思えない快感が伝わってきた。

・・・まだいけるかな・・・

俺は再びゆっくりと腰を引いて、前に突き出す。
奥まで入れた瞬間、グググっと一気に精液が上がってきた。

「あっ!!駄目だ!!」

俺は腰を引こうとしたが優子ちゃんが両脚で俺の腰を抱え込んで抜けないようにした。

「あっ!ちょっと!!」

俺は深く突き刺した状態で動けなくなった。

「優子ちゃん、待って!離して!!」

そう言ったが優子ちゃんはきつく締め付ける。
動いてなくても限界を超えた俺のチンポは精液がグググっと上がってくる。」

「ああっ!!お願い!出ちゃう出ちゃう!!ああ??????」

とそのとき優子ちゃんが脚を開いたので、すかさずチンポを抜いた。

はぁはぁ・・・

チンポの先からは数滴精液が漏れていた。

「広幸さん?私が上になってあげる^^ ちょっとはもつかもよ?^^」

そう言うと俺を寝かせて優子ちゃんが上になり、俺の膝の上に腰を下ろした。
優子ちゃんを信じるしかなかった。

すると優子ちゃんは俺のチンポを握るとシュッシュッと素早く扱いてきた。

「えっ?ちょっと!!出ちゃうって!!」

更に扱き続けるので

「待って!あっ!あっ!  無理、出ちゃう!!!」

再び射精寸前で手を止める。

「広幸さん、すごい?。もうパンパンだよ?」
俺の爆発寸前のチンポを見て言う。

そしてゆっくりと扱き始める。
ゆっくりでも射精感が込み上げてくる。

「ああ???、優子ちゃんもう駄目???」

優子ちゃんはゆっくりと扱きながら膝立ちになって俺のチンポを割れ目に当てがった。

そしてゆっくりと腰を沈めてきた。
優子ちゃんのヌルヌルの粘膜がチンポを締め付けてくる。

「ああ????!!!!!」

ものすごい快感が伝わってきた。
でも同時に射精に向けて精液が上がってきた。

「あっ!ちょっと待って!!!」

俺は優子ちゃんの腰をガッチリ掴んで動かせないようにした。

「待って!動いたら出る!」

射精寸前の状態でなんとか射精感が治まらないかと願う。

優子ちゃんは俺の両手を取ってベッドに押さえつけた。
そしてゆっくりと腰を動かしてきた。

あと少し動きを速めれば射精してしまうスピードだった。
それでも1回、2回と腰を上下にさしたところで射精感が込み上げてきた。

「優子ちゃんストップ!出ちゃう!待って!!」

そういうが優子ちゃんはゆっくりと腰を上下させている。
というかもう我慢できないし出したい!
しかもここまできたら中に思いっきり出したい!
俺は我慢することよりも中に出すことしか考えることができず

「優子ちゃん・・このまま中で出していい?」
そう聞いてみた。

すると優子ちゃんはピタッと動きを止めた。

そして

「広幸さん・・大事な話があるって言ったけど・・・・」

少し間をおいて

「私ね?・・・赤ちゃんできちゃった^^」

と万遍の笑みで言ってきた。

「だからね?・・・中で出していいよ」

俺には「中で出していいよ」しか理解できなかった。
そして再び優子ちゃんの腰が上下に動き始める。
射精寸前だった俺は2回程腰を上下させたところでイキそうになった。

「あっ!!駄目!優子ちゃん、出るっ!!」

更に2?3回腰を上下させたところで

「あああっ!!!駄目っ!!!いくっ!!!!」

体を硬直させて

ドクン・・ドクン・・ドクン・・・

今までにないぐらいの大量の精液を優子ちゃんの中に放出した。

もう死んでもいいとさえ思うくらいの快感だった。
優子ちゃんは挿入したまま俺に体を預けてきて

「気持ちよかった?」

「うん・・こんなの初めて・・」

「よかった^^」

その体制のまま熱いキスをした。
そしてしばらくその体制のまま抱き合っていた。

しばらくして優子ちゃんはトイレに行った。
俺の股間の辺りは優子ちゃんのあそこから垂れ流れてきた俺の精液がベットリ
付いていた。
トイレから戻るとティッシュで俺の体に付いている精液をふき取ってくれた。
そして俺の腕を枕にして横になった。

そこでさっきの「赤ちゃんができた」という言葉が脳裏に蘇ってきた。
もしかすると聞き間違いかも知れない。
聞き違いであることを祈りながら優子ちゃんに尋ねてみる。

「優子ちゃん・・・さっきの赤ちゃんって・・・?」

おそるおそる聞いてみた。

これが聞き間違いなら何の問題もなかった。
しかし、優子ちゃんの口から出た言葉は

「うん^^  広幸さんの子だよ^^」

そう言って枕元から何やら取り出して俺に渡してきた。

母子手帳だった。

優子ちゃんはうれしそうに喋り始めた。

「性別わかったら一緒に名前考えようね^^」

「そしたら一緒に赤ちゃんデパートで服見に行こっか^^」

あんなうれしそうな顔で言われたら相槌をうつことしかできなかった。
ましてやこんな状況でおろしてほしい等言えるわけがなかった。

しかし俺には妻の千裕がいる。
最悪なことになった。

そんなことを考えているといつしか眠りに入っていった。

新人まきちゃん

先週末にお持ち帰り?したけど需要あるかな?
すまそ。残業してた
ちょろちょろ書くね
四月から入って来た新人(まきちゃんとする)を一人受け持つ事になって教えてるんだけど、覚えは悪くないが鈍くさい
初めて女の子を指導する事になったから、女の子はこんなもんかと思いながらやってたんだけど他の女の子を受け持つやつに聞くと、どうやら人一倍どんくさいみたい
金曜日も仕事が終わりきらなくて、残業だったんだけど、最後は俺とまきちゃん二人になって連休は実家に戻る予定だったから早く帰りたくて、少しきつく当たったんだ

「すいません、迷惑掛けて」と何度も謝ってくるまきちゃん
俺反省、仕事終わったらご飯でもおごってご機嫌を伺おうと考えた
「これ終わったら飯ご馳走するから、パパパッと終わらせよう!」と俺
よく考えたら予定有るかも知れないけど、何も考えていないのが幸いしてか
「本当デスか?それじゃパパパッってやらなきゃ」って笑顔が見えて少し安堵
何とか仕事終わらせて帰り支度をしてると
「お酒呑んでも大丈夫デスか?」と更衣室から声が
最近余り呑んで無いから俺が潰れたらどうしようかと考えてたが、女の子に負けはしないと考え了承
よくいく焼き鳥屋に連れて行った

適当に注文して先に来た酒を飲む。
仕事の話や、酒が進み出すとお互いの印象などを話し合った
「話すと印象すごく変わりますね」と言われ
「それは良い意味なのかな?」と問うと笑顔でこっちを見つめてた
そこまでは意識して無かったというか、意識しないように意識してた?
仕事場だしこれからも顔を合わせるんだから、毎回ちんこ反応させてたらしんどいし
結構呑んで久々にってのもあったから見事に千鳥足な俺
まきちゃんも足元が覚束無いし視点が何処かにいってる。
帰りの路線も一緒だったんで駅まで俺の腕にしがみついてた
たまーに当たるおぱーいの感触が俺の性欲を掻き立てが我慢
俺は終点の駅まで、まきちゃんは4つ前の駅まで
電車の心地よい揺れに負けてウトウト
まきちゃんの降りる駅に着いたので寝てたまきちゃんを起こして、またねと声を掛けて眠りに着く
暫くして終点、俺の降りる駅に着く
眠いと思いながら立ち上がると何故か横にまきちゃんが座って寝てる
あれ?デジャヴ?と思いながら声を掛ける
電車を降りるとふらふらしながら
「降りようとしたらドアしまっちゃいました」と、少し気持ち悪そうに笑ってた
と、まあ正確にはお持ち帰りじゃない気がするんですが続き書いても大丈夫でつか?

支援ありです
続きいきます
駅を出てすぐのコンビニで水などを買う、まきちゃんに手渡すと美味しそうに飲んでるのを見て発情してしまった
腕にしがみついてふらふら歩くまきちゃんを連れて部屋に
玄関を開けると廊下に転がりこむまきちゃんの靴を脱がせて部屋まで引っ張って連れていく
まだ少し気持ちが悪そうなのでベッドを背もたれにした状態でコンビニ袋から水を取り出し飲ませる
コキュコキュと音はするものの少し口からこぼれてしまう
それを見て衝動にかられて唇を奪ってしまった
南アル〇ス天然水の味がしたかどうかさだかではないが、少し澄んだ味がした
口から水が滴った跡を舌でなぞる
唇からアゴそして首

少し驚いた顔を見せ、薄目に俺の行動を観察してるようだった
首にキスをすると鈍く体をのけぞらせる
耳の側まで移動すると
「あっ」と小さな声がしたが構わず舌を使って耳で遊ぶ
更にのけぞるので左手で抱き寄せてキス
舌を入れてみるとまきちゃんも小さく動く。
まきちゃんの唇から離れると糸をひいてた
それを見て少し激しく舌を掻きまわす、チュプチュロと音がする
右手でまきちゃんの上着のボタンを外し白のシャツも上から外していく
白地に黒ラインとリボンがついてるブラ、胸はC位だと推測。
凄く白くてゆ○みだいふくみたいだ、ブラの隙間に右手をいれると乳首が硬く反応してる
左手を後ろに回してホックを外してからシャツを脱がせる

ブラは付けているが肩紐部分がのっかってるだけの?状態
ブラをしたから掬い上げるようにして下乳をなめる。下乳好きなので半分が見える位の位置にブラは持ち上げ右手はスカートの中に
するとスカートので中が熱帯雨林。パンツに触れるだけで濡れているのがわかった
少し驚いてまきちゃんの顔を見ると「呑むとしたくなるんです」と照れ笑い
俺は「じゃあ今日呑んだのはしたかったから?」と聞くと、「内緒」とまきちゃんは答える
少しキュンとなってしまったので首すじに激しくキスをすると「アフッァ」と声が漏れる
下着の上から濡れている近辺をや太ももをなぞると少しもぞもぞと動く
スカートを脱がせてベッドの上に移動、その時にブラは何処かに放り投げて胸があらわに
控え目な乳首がピンと自己主張をしているのでツマンデミルと「アッ」と声が
「私ってエッチですか?」と、まきちゃんが少し息を弾ませながら聞いてくるのでパンツの間から指を一気に入れる
「アアハァ」と張り詰めた吐息と溜め息が混ざる
指を少し、スプーンでCoffeeのミルクを混ぜるように動かす
「アハフ、私はエッチですね」と嬉しそうに自分の問いに答えた

そしてまきちゃんの後ろに体育座りみたいにして座り足の間にまきちゃんが座るまきちゃんの頭が俺の肩か胸辺りに
「まきちゃんはカワイイね、エッチな女の子だけどね」と俺が言うと、振り返るように「それは誉めてるんですか?」と聞くので「そうだよ」と抱きしめる
抱きしめている腕にまきちゃんの手がキュッとくっついたと同時にまきちゃんの顔を振り返らせキスを
激しく舌を絡ませ左手はカワイイ乳房を右手はクリを中心にまんべんなく
クリに触れる度にピクッと体が反応する、直ぐ様指を中に入れると、呼吸が苦しそうに反応シテイル
激しめに出し入れを繰り返すと舌の動きが止まる
「舌が止まってるよ」とクリをいじると「ハァダメヤメテアッァアッ」と体がピクッピクッピクッと反応
「ずるいです、私ばっかりやられてるじゃないですか」と、まきちゃんが右手を俺のチンコを
「硬くなってますよ?」
「もう入れる準備出来てるじゃないですか!」と勢いよくまさぐる

ズボンのチャッくを開けてテントの頂点を外に晒すと同時にベルトを外そうとゴソゴソするが暗くて見えにくいのか手こずってるとパンツの隙間からチンコを無理矢理引っ張りだしてくわえ込む
ズボン脱がすのは諦めたのか仕方なく自分で脱ぐ
その間貪りつくようにちんこをくわえるまきちゃん
ズボンを脱ぐのでベッドで仁王立ちの俺
ジュバジャパと少し強引なフェラだったが完全にMaxに
それを確認したまきちゃんは俺のパンツをずりさげ座るように催促した
「ゴムつけるね」と俺が言うと「生理がきつい?からピル飲んでるから大丈夫だよ、はやく」とまきちゃんは急かしてくる

まきちゃんは体育座りみたいな格好で腰を上げてまっている(何て対位だっけ?正面座位?)
ゆっくりとチンコをあてがい挿入
ヌフヌプとチンコが入っていく
奥までゆっくりと入れるとまきちゃんは吐息を漏らす
そして少し勢いよく突いて遣ると「アッアッアッ駄目アッユックリアッ」と懇願するので更にスピードを上げる
「アアン駄目ンンアダメアハアアダメ」
と力のない声を出すので次はユックリと奥に当たる感触を確かめつつ腰をスライド
カワイイおっぱいを両手で掴み乳首で遊ぶ
そしてまきちゃんの唇を塞ぎ奥に当たるようにピストンを繰り返す
舌を動かす力も弱くなって息も荒いので正常位にして少し息を整わせる
まきちゃんは遠慮して声を出さないように頑張っていたが、それを見ると余計に声を出させたくなるよね
暫く正常位でまきちゃんの反応を楽しんでからまきちゃんを部屋の窓際に連れていく
カーテンを少しめくりレースの部分だけにしてまきちゃんを窓に押し付ける
「みえちゃうよー恥ずかしいよー」と言うのを無視し腰を掴みそのまま後ろから挿入

立ちバックの体制でまきちゃんの右胸をもみくちゃにしながら左手でクリをいじる「あ、あぁあ駄目、一緒にやるのはぁ駄目ぇ」と左手をクリから引き離そうと邪魔シテクルノデ
「駄目だよまきちゃん」とピストンを加速しクリにも更に刺激を与える
「駄目だよ、ア、アッあ、」と抵抗は言葉だけのものになりそのまま激しめに突き上げる
「あっ、あ、いっても、あっアッアッ、あっ、ああっ」とまきちゃんが痙攣のようにピクッとすると力無くガラスに張り付いてる
「膝がやばくて動けないよ」と泣いているかのような声を聞き一旦ベッドに移して上げる

少し汗だくになったのでタオルで拭いてあげて互いに水分補給
腹這いになってベッドに横たわるまきちゃんのお尻を見たら我慢できなくて、腹這いの状態から少しお尻を上げて挿入
「ぁあ、アッ、アッ、アッ」とリズム良く、「もう無理です無理です」と繰り返すまきちゃんを無視してリズムを刻むぜ!(ってなんかの漫画のセリフ無かったっけ?)
一度ピークを迎えたためかまきちゃんの喘ぎ声のトーンが低く聞こえる

呼吸の音が声と逆転してすごくエロかった
「ハァーン、フーゥン」字だと表せないが呼吸のツイデに声がでる感じ?
「ハァーハァーハァーン」とまきちゃんはそれ以外の言葉は発しなくなる
疲れているみたいだが緩急には反応する
「そろそろいくかも」とまきちゃんに告げると、「もう、無理だからお願いしますね」と言われた
なんだか悔しいのでまきちゃんの体を起こして右手で抱くように左胸を揉むというより掴み左手でクリを苛める
「ああ、あー、あー」ともう抵抗はせずに感じてた

そのまま激しくピストンしてまきちゃんは息を荒げながら
「あっ無理、あー、ア、アッあ、」と必死に呼吸していた
「何処に出せばいいの?」と聞くと、まきちゃんは「何処でも中に出してぇ」と少し犯しな日本語だった
そのままちんこがMax敏感モードになり社製
行ったあと少しの間ピストンと楽しんでまきちゃんの反応を見ていた
そしてぐったりとしたまきちゃんはティッシュをまんこにセットして暫く呼吸正常化に専念
「いじわるなんですね、〇〇さん(俺)て」
「ごめんね、カワイイから少し意地悪したかな?」
とまきちゃんに言うと
まきちゃんは
「また呑みに連れて行ってくださいね」
涙でパンダになった顔で言うから南ア○プス天然水噴き出した

以上です!沢山の支援ありがとうです

妻の仕事仲間 4

前回からかなり時間が経ちますが、3/22に掲載しました「妻の仕事仲間3」の続編になります。

俺は優子ちゃんと付き合うことになったのだが、次の日からは後悔しっ放しだった。
俺には千裕という妻がいるのもかかわらず、千裕の友達である優子ちゃんと肉体関係を結んでしまった。しかも中出しという最低な行動を取ってしまった。

もし子供ができたらどうしよう・・・そんなことを考える不安な毎日とは裏腹に優子ちゃんはとてもうれしそうで毎日メールが届くようになった。

1週間も経てば1日に15通前後来るようになった。

会いたいという内容もあったが、俺はこれ以上深みにはまると取り返しのつかない結果になってしまいそうで、会うことはやめようと、何とか仕事を理由に断り続けていた。

しかし、さすがに3週間も会わずにいると優子ちゃんも我慢の限界だったのか、来週も会えなかったら泊まりに来ると言い出した。

これはやばいことになった。優子ちゃんが泊まりに来ると夜中に千裕が寝ている家の中でセックスを求めてくるに違いない。
今はバレていないかも知れないが絶対にいつかバレるに決まってる。
そんな危険は冒したくないので金曜日に外で会うことにした。

金曜日、優子ちゃんは仕事が休みだったので俺の仕事が終わってからこの前会った居酒屋で待ち合わせとなった。

7時過ぎに待ち合わせの場所に着いた。この前と同じ奥の目立たない場所に車を置いて優子ちゃんを待った。

10分後優子ちゃんは歩いて現れ、ドアを開けると
「こんばんは? 久しぶりだね^^」
と挨拶してきた。

化粧が変わったのか、久しぶりに見たからか、物凄く綺麗で可愛くなっていた。

しかもまた生足丸出しの膝上のタイトスカートで思わず生唾を飲み込んでしまった。

・・・優子ちゃん・・かわいい・・・

女は恋をすると綺麗になると言うがこういうことなのだろうか。

居酒屋に入ると俺と優子ちゃんは一番奥の個室に案内された。4人掛けでソファーのテーブルだった。俺が座ると優子ちゃんは正面ではなく、隣に座ってきた。

優子ちゃんからは化粧水交じりの女のいい匂いがしてきた。

そして色々注文して食事をしていたのだが、優子ちゃんは久しぶりに会ってうれしいのか常に体を密着させていた。そして時折胸も俺の腕に当たっていた。

優子ちゃんの胸の感触を楽しんでいると優子ちゃんとセックスしたときの事を思い出して何かムラムラしてきてしまった。

俺は我慢できなくて何気なく優子ちゃんの太股に手を置いた。
優子ちゃんは特に気にすることなく俺に体を寄せておしゃべりしたり、食事を楽しんでいる。
俺は優子ちゃんの太股を上下に摩り、その感触を楽しんでいた。

もう完全にムラムラしてしまってズボンの中のチンポは完全に勃起していた。

俺は我慢できずにスカートの奥へと手を忍び込ませていった。
拒否されると思ったが、何の抵抗もなく優子ちゃんのパンツの上からあそこ触ることができた。

そして割れ目の辺りを上下に弄る。

ちらっと優子ちゃんを見ると照れたような、恥ずかしいような顔で少し俯いて
「エッチ・・」と呟いた。
その仕草が可愛くて堪らなかった。

俺はパンツの上から優子ちゃんの割れ目を何度もなぞった。
そしてずっと割れ目をなぞり続けていると

「広幸さん・・駄目・・濡れてきちゃう・・」

更に興奮させるような言葉を言ってきた。

もう我慢できず、パンツの中に手を入れようとした。
しかしさすがにそれは阻止された。俺の手を掴んで
「だ?め! どこだと思ってるの?」と言ってきた。

俺の手を払いのけると
「あんまりそういうことすると広幸さん興奮しちゃうでしょ?」と言ったかと
思うと、ズボンの上から俺のチンポを握ってきた。

「あっ!」

「あっ!」

俺の快感の声と優子ちゃんの驚く声が同時に出た。

優子ちゃんは酔っているせいもあって大胆になっていた。

「広幸さん・・固くなってる・・・」
そう言うとズボンの上から俺のチンポを扱いてきた。

「ああっ!」
思わず快感の声が洩れてしまった。

優子ちゃんは俺の耳元で
「気持ちいい?」と聞きながらズボン越しにチンポを扱いてくる。

俺はもう我慢できなくて
「ね、優子ちゃんの家行こうよ」と誘った。

すぐにokの返事が来ると思ったが
「家に行って何するのぉ??」
と聞きながらチンポを扱いてくる。

とにかくもうムラムラして我慢できなくなって

「お願い、もう我慢できない。」
そう言った。

「フフフ。泣きそうな顔になってる。かわいい^^」
そう言いながらチンポを扱き続ける。
そして不覚にも早漏の俺は徐々に射精感が込み上げてきた。

「ね、お願い!もう我慢できない!家に行こうよ!」
そう言って頼み込むと

「ふふ、すぐイッちゃうくせにぃ?^^」
と言いながら俺のチンポを扱き続ける。

俺は見栄を張って
「そんなことないってば!」と言った。

そう言えば家に行ってやれると思ったからだ。
しかし優子ちゃんの行動は違った。

「本当にぃ??」
と言いながらズボンのファスナーを下ろしてきた。

そしてそこから優子ちゃんの右手が入ってきて俺のチンポを握ってきた。
パンツ1枚越しに握られるとさっきのズボン越しよりも数倍の快感が伝わってきた。

そしてパンツ越しに俺のチンポを上下に扱いてきた。

「ああっ!」
思わず声が出てしまう。

そして結構早いスピードでカリの部分を中心にシュコシュコ・・と扱いてきた。

さすがに薄いパンツ越しに扱かれるとすぐにイキそうになってしまって

「ちょっ、優子ちゃん待って!」
そう言って優子ちゃんの手を掴んだ。

「あれれぇ??どうしたのかなぁ??^^」と優子ちゃん。
俺は射精寸前だったのでハァハァと息を荒くしたまま優子ちゃんの手を掴んでいた。

「広幸さん? 手を離して!^^」と手をどかすよう要求してきた。

射精感も治まったのでゆっくりと手を離した。
するとすかさずパンツの上から俺のチンポを握っている手がカリの部分を中心に
シュコシュコシュコシュコ・・と高速で上下に扱きだしてきた。

「あぁ??・・あ??・・・」と声を出して快感に耐えるがすぐに射精感が込み上げてきた。

「あっ、ちょっと待って!」

そう言って優子ちゃんの手を掴んだ。
すると優子ちゃんは

「ひ・ろ・ゆ・き・さん、 手をどかして^^」
と言ってきた。

もう射精寸前だったので

「ごめん、無理・・出ちゃう」

そう言って優子ちゃんの手を掴んだままでいたのだが

「広幸さん?私の言うことが聞けないのかなぁ??」

「そうじゃなくて・・」

次の言葉を言いかけたときに

「へぇ?・・私の言うことが聞けないんだぁ??」
と言われ

「ごめんなさい」となぜか誤って手を退かした。

「ふふ^^おりこうちゃん^^」
とまるで子供をなだめるような口調で言うと再びチンポを扱き始めた。

「あっ、ちょっ・・」
まだ射精感が治まってない俺はすぐにイキそうになって優子ちゃんの手を掴んだ。

「こぉ?ら!手をどけなさい^^」

「ごめん、無理、もう出そう・・」

「私の言うことがきけないの??ほらっ、手をどけて!」
そう言われ手を退けた。

「そうそう、広幸さんは私の言うことを聞いてればいいの^^
次手を使ったら許さないからね!」

そう言うと再びカリの部分を中心に高速で扱き出した。
シュコシュコシュコシュコ・・・

まだ射精感が治まってない俺はすぐさま射精感が込み上げてきて

「あっ!ちょっと待って!」

優子ちゃんの手を掴もうとしたら

「ほらっ!手は駄目よ?」
そう言われ手を引っ込めたが
シュコシュコシュコシュコ・・と高速で扱き続けられ、
射精寸前だった俺はもう精液が上がってくるのがわかった。

「優子ちゃん・・だ・駄目・・あっ!・・・出ちゃう!」

優子ちゃんに手を使うなと言われていたので諦めてソファーに手を着けて射精に向けて構えた。

パンツを履いたまま射精するとどうなるかなど考える余地もなかった。

シュコシュコシュコシュコ・・・

「あっ!出るっ・・!!」

もうどうなってもいいやと思って射精に向けて構えていたが

・・・・えっ??あれっ???・・・

そう、まさしく射精する直前に優子ちゃんが手を離したのだ。

・・え???そんな・・・
まさしく射精するというときに・・・

何で?という感じで優子ちゃんの方を見ると

「ふふふ^^  広幸さんかわいい^^  今日はもう遅いから帰ろっか^^」
と言って立ち上がった。

「今日はおごるね?」
そう言って伝票を持ってレジに向かった。

・・そんな・・・

俺は呆然としてズボンのファスナーを上げて優子ちゃんを追った。

会計を済ませて外に出ると
「今日は楽しかった^^  またね^^」
と家の方向に向かって歩き出した。

「そんな・・ちょっと待ってよ」
俺は優子ちゃんの手を引いた。

「ちょっとだけ寄って行っていい?」と催促したが
「ん??・・今日は遅いし帰る^^」
「じゃあ車でちょっとだけお話ししようよ!」
俺は引き止めた。

「本当にお話しぃ??変なこと考えてるんでしょぉ??」

「考えてないって!ちょっとだけだってば!」

俺はこのムラムラした性欲を解消したくて半ば強引に車に連れて行こうとした。

「じゃあさ?、私金曜日休みが多いから毎週金曜日会ってくれる?」
そう聞かれたが俺は考える余地等なく
「わかったから車行こ!」
と車に手を引いて行った。

「本当に??約束だよ?」

念を押されたが
「わかったから!」
そう答えて車まで連れてきて後部座席の扉を開けた。

俺の車は黒のワゴン車でベンチシートが売りの車だ。後部座席は軽くスモークが貼ってあるので夜だと中が見えない。

「なんで後部座席なのぉ??」
そう聞かれたが
「後ろのほうが広いから」
適当に理由を述べて車の中に押し込んだ。

そして車に入るとドアを閉めて優子ちゃんの方へ寄っていった。

「広幸さんこわいってばぁ?」

笑いながら言うが俺はすぐさま優子ちゃんに抱きつきキスをした。
そして舌を優子ちゃんの口に潜り込ませた。
抵抗は無く、すんなり受け入れてくれた。
すぐさま優子ちゃんのパンツに手をかけ、ずり下ろしていった。
スルスルと下ろし、優子ちゃんの左足から片方だけ抜き取った。
そして優子ちゃんの脚が閉じていたので左足を抱えて俺の右足に引っ掛けて
脚を開かせた。

「ちょっと!広幸さんってば?」

そう言ってきたがすぐさまキスで口を塞いで左手で優子ちゃんのあそこを触った。
割れ目を指先でなぞると既に濡れているのがわかった。
もう俺のチンポは爆発寸前だった。

俺の中指を優子ちゃんの愛液で濡らすとあそこに入れた。

・・・優子ちゃんの中だ・・早くここに入れたい・・・

そんなことを考えながら激しく指を出し入れする。
車の中はクチャクチャとあそこをかき回す音がこだましていた。

「んんっ!」

愛撫とかそんなものはどうでもよかった。とにかく優子ちゃんとやることしか考えることができなかった。

俺は指をゆっくりと抜いてズボンとパンツを脱いだ。
そしてシートを倒して優子ちゃんを寝かせようとした。
すぐに挿入する気だったが優子ちゃんが

「広幸さん、私が気持ちよくしてあげる^^」

そう言って逆に俺を寝かして優子ちゃんが上になった。

俺の目を見ながら

「広幸さん大好き」
そう言うと俺にキスしてきた。

そして優子ちゃんが舌を入れてくる。

激しくキスをしていると優子ちゃんの右手が俺の勃起したチンポを握ってきた。

「んんっ」

俺が快感の声を漏らすとゆっくりと2?3回ゆっくりと上下に扱いてきた。

「んんんっ」

口はキスで塞がれてるので言葉にならないあえぎ声を出した。

一旦口を離すと
「気持ちいい?」と聞いてきた。

「うん・・」
それしか答えがなかった。

「よかった^^」

そう言うと再び激しくキスをしてきた。
更に2?3回ゆっくりと上下に扱くといきなり高速でカリの部分を中心に
激しく上下に扱いてきた。

シュコシュコシュコシュコ・・・
いきなり激しく扱かれて

「んんんんんーーー!!!」
と声が出てしまった。
そして何度も寸止めをくらっていたのですぐさま射精感が込み上げてきた。

・・・やばい!!・・・

手を止めてもらおうとしたが口が塞がれているので

「んんんんんーーー!!!」
としか言えなかった。

その間も高速で扱いているので射精しそうになり、精液が上がってくるのがわかった。
せっかく優子ちゃんのあそこに入れるとこなのにこんなとこで射精してしまうのはくやしい。
俺は全力で首を振ってキスを外し

「優子ちゃんストップ!!!出ちゃうっ!!!あっ!駄目!!!」
慌てて優子ちゃんに言った

すると優子ちゃんは

「出しちゃえ^^」
そう言って再び口で口を塞いできた。

・・えっ・・・

俺はきっとさっきみたいに射精する寸前で止めてくれるものと思っていた。
だから手で抵抗することすらしなかった。
その間もシュコシュコと高速で扱かれ続け、キスをして間もなく

「んんんーー!!!!」

ドピュッ・・ピュッ・・ピュッ・・・・・・

あっけなく射精してしまった。
しかし最高に気持ちよかった。
優子ちゃんは射精が終わるまでゆっくりと扱いてくれた。
そして全て出し終わると丁寧に拭き取ってくれた。

「気持ち良かった?」

「うん。」

そして少し喋って来週の金曜日のデートを約束して家に帰った。

次の金曜日も、その次の金曜日も、そしてその次の金曜日も・・
俺は毎回車の中で寸止めを繰り返した挙句手でイカされた。
俺にはM願望は無かったが優子ちゃんが俺の隠れていたM的願望を引き出してきた。
そのうち俺達の関係は優子ちゃんが主導権を取っていた。
そして俺は優子ちゃんに逆らえなくなってしまっていたのだった。

そんな関係にどんどんはまり込んで俺の頭の中はいつも優子ちゃんがいた。
優子ちゃんが毎週金曜日に俺の性欲を満たしてくれて、そして次の金曜日が楽しみに
なり、千裕とのセックスは無くなっていった。

その後もいつも手でイカされていたが、何か物足りない気がしていた。
そう、いつも手でしてもらうが、付き合ったとき以来優子ちゃんとセックスをしていないのだ。
そう考えると優子ちゃんのおまんこにチンポを入れることばかり考えるようになっていた。
そして俺は優子ちゃんにメールした。

「今週は優子ちゃんの家に行きたいな。」

返ってきた答えは

「いいよ?、私も大事な話があるから^^」

そして約束の金曜日がきた。

Y美との個人授業

これは「18歳の女の子です」の番外編です。

18歳の女の子です


インターネットで知り合ったY美とS子。オフ会がきっかけで二人にそれぞれパソコンの個人授業を行うことになりました。

今回はY美編です。

俺はある専門学校に勤める25歳。パソコンはWindowsの発売により急速に普及したとはいうもののそれを使いこなせる人間はごくわずかであった。

中学生のころからエロゲーとは言え、パソコンを自在に操っていた俺は何をするにもパソコンを使うことで手抜きをしていた。(中学生のころ計算するのが面倒でポケットコンピュータにプログラムを打ち込んで数学の宿題をやっていたといえばどれだけ手抜きをしていたかわかるだろう。事実、プログラムを組んだ方が圧倒的に早かったし正確であった)

学校内では手書きに計算機、「優・良・可」のスタンプを地道に押して・・・などという俺には考えられない原始的な方法で成績が管理されていた。

こういった数値を扱うのは得意な俺は早々に成績管理システムなるものを作ることに決めた。

あくまでも独学レベルでしかないのだがネットで知り合ったY美には仕事でいろいろアドバイスをしてあげていたこともありメールでよりも直接教えて欲しいということになっていた。

Y美は某省庁に臨時職員として勤める23歳のOL。実家で両親と3人で暮らしていた。

ある日曜日、Y美の実家を訪れ教えることになった。正直、実家とは思っておらず両親がいるのか・・・と戸惑ったのだが幸い、両親は朝から二人で外出しており1日帰らないとのことであった。

ちょっと待っていてね・・・と玄関で待たされる俺。パタパタと階段を駆け上がるY美。

Y美の部屋は2階だったのだが古いY美の家はとても急な階段だった。

「あっ」という声に何気に視線を階段のほうに向けると俺の目に飛び込んで来たのは階段の途中でかがみこんだY美のスカートの中であった。

短いというほどのミニスカではなかったのだが、それでもひざ上5cmくらいのスカートでは急な階段でかがみこめば中が丸見えになるのは当たり前だった。

階段の途中に何か落としたらしくそれを拾っていたのだがなかなか拾えないようだ。

ちょっと暗かったせいもあってはっきり色まで確認できなかったのが残念だ。

ドキドキしながらも俺はその光景を目に焼き付けたのは言うまでもない。

しばらくしてY美が2階から俺に声をかけた。

思いもせずにY美のパンティを目撃した俺は股間を膨らませながらカバンでさりげなく隠しながら部屋に入った。

6畳の部屋はきれいに片付けてあった。女の子らしいというよりも小説やパソコン関係のテキストが整然と並んでおりまじめなY美の印象そのものであった。

ベッドの上にはパジャマがきれいにたたんで置いてあった。その横にはキャミソールとその下は・・・下着??

さっきのパンティといいベッドのパジャマに下着といいまさかの展開に視線が定まらない俺・・・。

目のやり場に困っていた俺に気がついたY美は笑いながら俺に話しかけた。

Y美「あっ、ごめんね。あたしこういうの気にしないんだよね」と言いながらパジャマと下着を手に取るとポンっと俺から遠ざけるようにベッドの隅に放り投げた。

まじめだけど意外と性格がオープンなY美はこういうこと気にしないということはメールでのやりとりでなんとなく気がついていた。

そうでなければ自分の部屋にオトコを連れ込むなんてこともしないだろう。

Y美「じゃあ、さっそく教えてもらおうかな」

そういってノートを開くY美。

この日はものすごいいい天気でY美は白いTシャツにスカートという格好。

Y美の背後からあれこれと説明をする俺の目前にはTシャツに透ける淡いピンクと思われるブラジャー。

初めからY美とエッチなことをしようなんて気はなかったのだが俺のムスコはそれとは関係なく大きくなっていく。

ブラとパンティはセットかな・・・それならさっき見えたパンティもピンクか・・・などという想像に俺の股間は収まる気配を見せない。

Y美「うーん、これのやり方わからないんだよね、ちょっとやってみて」

そういってマウスを離したY美は一度イスから立ち上がった。

イスに座った俺はY美の温もりを感じるイスとマウスに興奮度は上がるばかりだ。

俺「ここをこうして、ああして・・・で、こう」と説明する。

Y美「あっ、なるほどねぇ。ちょっとやらせて」

と俺の背後からマウスを手に取りパソコンを操作するY美。

Y美の指は長くしなやかでキレイだった。

Y美の家に来てからのできごとに悶々としていた俺はその指をみながら「この指で触られたら・・・」などとついつい余計なことを考えてしまう。

「そうだね」興奮する気持ちを抑えなんとかY美に返事をする俺。

1階に降りていったY美が下から声をかける

Y美「ごめん、お茶もコーヒーも切らしていたよ、コンビニすぐ近くだから買ってくる。15分くらいで戻ってくるね」

そういって俺を残して買い物にでかけてしまった。

・・・これはチャンスじゃないのか。

イケナイとは思いつつまずはベッドの上のパジャマと下着を手に取った。

キャミソールにベージュのブラとパンティ。今日のピンクとは違って大人っぽい。

キャミ姿のY美を想像する・・・かなりイケてる。

戻ってくるまであまり時間がない・・・タンスとか物色するとバレそうだから他に何かないかな・・・と探すが目ぼしいものはなかった。

ふと、目の前のパソコン。

ハードディスクの中にイケナイ写真とかあるんじゃないか・・・そう思うと俺はハードディスクの中をチェックし始めた。

CドライブとDドライブしかないパソコンのDドライブにデータが入っているのは容易に想像ができた。

「写真」というフォルダがある。さらに「旅行」や「友達」などのフォルダ。

さらに「個人」なるフォルダが目に付いた・・・あやしい。

自分しか使わないパソコンに「個人」というのは秘密の写真の可能性が高い。

さっそく開くと日付順に分けられている中にさらに1つ「新しいフォルダ」というフォルダ。

こういうのも怪しい。そこをあけると「自分」と「T史」というフォルダ。

ドキドキしながら「自分」フォルダを開くと顔はカットされているが下着姿の女性の写真が数枚。

どう考えてもY美としか思えない。さらにフォルダを開くと今度はブラを外したおっぱいの写真。

Y美が戻るまであと10分ある。ここで写真を見るよりフォルダごといただいてしまえ・・・。

そう思った俺はカバンに入れておいたCD?Rを取り出して焼き始める。

時間にして3分程度だったと思う。しかしこの3分はとてつもなく長く感じた。

Y美が帰ってきてこの状況を見られるのはヤバイ。早く終われ・・・と思っていると焼きあがったCD?Rが出てきた。

さっとパソコンの状態を元に戻す。ベッドの上のパジャマも下着も戻した・・・バレるはずがない。

それから5分程度でY美は帰ってきた。

Y美「お待たせ?、ごめんね」

そういってY美はコーヒーを差し出した。

走ってきたのかちょっと汗をかいていたY美もまたかわいい。

その後、1時間程度パソコンを教えて終了となった。

Y美「お礼は何にしようか」という問いにまさか「Y美が欲しい」といえるハズもなく近くのファミレスで昼飯をおごってもらうことになった。

汗をかいた服を着替えると言って隣の部屋に行ったT美はジーンズに履き替えて出てきた。

その後、時間もあったのでY美とボウリングに出かけた。実は俺はあまりうまくないのだがボウリングにハマっていた時期があり、家にはマイボール&マイシューズを持っていた。

そんなこともY美に話していたこともあり、Y美は会社でよくボウリングに行くから教えて欲しいと頼まれた。

プロのレッスンを受けていた俺はそれを思い出しつつY美に指導。

手取り足取りとまではいかないがさりげなくボディタッチできるのは指導の特権だ。

「腕はこう、カラダはこうまっすぐ」などといいながらY美のカラダを触る俺。しかし俺のアドバイスにウソのようにスコアが伸びたY美は嫌な顔1つしない。

こうして楽しい1日が終わっていった。

いや、楽しみがまだ残っていた。例のCD?Rだ。

自宅に帰るとすぐにCD?Rを開いた。

「自分」フォルダにはY美の恥ずかしい写真が30枚程度収められていた。

さすがにアソコのアップなどはあるはずもなく、下着姿とブラを外した姿の写真。

それでも下着は数種類が写っておりベッドの上にあったベージュの下着も写っていた。

写真に写る背景は間違いなくあの部屋だった。

そうして彼氏と思われる「T史」フォルダを開く。

そこにはラブホテルだと思われる場所で撮られたY美が写っていた。

何のためらいもなく笑顔でカメラに向かうY美。下着になりブラを外しパンティを脱ぐ・・・着衣を脱いでいく様子が収められている。

全裸のT美はとてもきれいだった。ちょっと濃い目のアンダーヘアー。乳首はやや茶色っぽい色が汚い色ではない。

乳輪の大きさは普通だろう・・・大きくも小さくもない。推定Cカップと思われる乳房は上向きで形がいい。

さらにそこに作られたフォルダ・・・当然、この後及んだ行為が記録されているだろう・・・俺の期待は膨らんでいく。

そのフォルダを開くと予想通り、Y美のフェラやハメ撮りの画像が保存されていた。

日付を見ると今から1年以上も前のことだった。知り合ったのもそれくらいだしそれよりも前に付き合っていた彼だろうか。

オトコ関係にはオープンだがどちらかというと普段はエロ的要素をまったく感じさせず、オトコも友達なら扱いはオンナと一緒・・・的な考えの彼女だ。

だから知り合ってから今までY美を見ていると「俺のこと誘っているのか?」と思うこともあったがそんわはずはなかった。

もちろんあわよくば彼女に・・・と思うことはあったがそんな彼女に対してエロい目線でみることはなかったしオトコをオトコと思わない彼女は「セックスなんてしません」みたいな人物である。

しかし今日、彼女の家に来て彼女の「スカートの中」や「下着」などの「女らしい部分」を見てしてしまった俺。

そして今、彼女の秘密の写真を見てしまった。

彼女もやっぱり女だったんだな・・・と実感した俺。

その半年後、契約社員として働いていた彼女は契約期間を終えて新たな職場に移った。

転職をきっかけに彼女は一人暮らしを始め、まもなく俺に電話をかけてきた。

Y美「新しいパソコン買ったんだけどネットの接続がうまくできないのよね」

ワンルームマンションに引っ越したY美の部屋はまだ引越しの片付けも終わっていなく雑然としていた。

Y美「ごめんね、こんなところで」

とりあえずパソコンを使える状態にして部屋の片づけを手伝った。

俺「そういえばあのパソコンどうしたの??」

Y美「うん、ハードディスクが壊れちゃったみたいで起動しなくなっちゃったの」

俺「直してみる?」

Y美「えっ、出来るの?古いパソコンはお母さんにあげようと思っていたからそれだと助かるな」

俺「じゃあ、パソコンとリカバリーソフト一式借りていくよ」

Y美「急いでいないからヒマなときでいいからね」

俺「たぶん古いハードディスクが壊れたのだと思うけど中身のデータは大丈夫?」

Y美「うん、バックアップは定期に取っていたからね、別にデータは消えても大丈夫だし、お母さんにあげるのに古い情報残っているとイヤだからね」

・・・そうだな、さすがに自分のハメ撮りを見せるわけにはいかないだろう。

思いもよらぬ展開でY美のパソコンを手に入れた俺。

今日はこの前のような股間を熱くする展開は期待できないな・・・と思っていたのだが、昼食を食べにいこうということで出かける前にトイレに入ったY美。

まもなく部屋の中に響き渡る「ジョボジョボジョボ」という放尿音。

聞いてはいけない音を聞いてしまったかのように動揺する俺。外に聞こえているのを知っているのか知らないのか・・・。

「カラカラカラ」とティッシュを手にする音・・・ジャーという水を流す音とともにY美が出てきた。

どうやらY美は音が外に漏れることに気がついていないようだ。

Y美「M君はトイレいいの?」

自分の入ったあとに俺をトイレに行かせていいのか・・・すぐに入れば便座にはY美のぬくもりが、そしてトイレの中はY美のニオイで満たされているのか・・・などと思いつつも外に音が漏れることを知っている俺は「大丈夫」と答えるのに精一杯であった。

その日は俺の車でドライブをした。某山中にあるダムを目指す。夕方近くになり薄暗いダムを歩く二人は他人から見れば恋人に見えただろう。。

ダムの機械室への入り口は当然、鍵で閉ざされていたがダム全体が「秘密基地」のような感じでそんな雰囲気にY美はとても楽しそうだった。

その夜、帰り道にある和食レストランで夕飯を食べた。

入り口で靴を脱いで座敷に上がる。ちょっと高級志向のお店だ。

ボーナスの直後ということもあり、贅沢な食事をした俺たち。

Y美「今日は楽しかったなぁ。でもそろそろ帰らなきゃ」

そういって店の入り口に向かう。

下駄箱から靴を出して靴を履こうとしたそのとき、俺の目の前にY美の真っ白なブラジャーが飛び込んできた。

前の大きく開いた感じの服を着ていたY美の胸元が前かがみになったことで下着とともに胸の谷間までばっちり見えてしまったのだ。

何となく俺の視線に気がついたのだろう「急いで立ち上がろうとしたY美はバランスを崩して俺の方に倒れこんだ」

倒れるY美を受け止めた俺も倒れそうになりバランスを保とうとギュッと力を入れて踏ん張った。

必然的にY美を抱きしめるような体制になってしまう。Y美のカラダは細くて華奢だった。

「ごめ?ん」と照れくさそうに言いながら俺から離れたY美はこう言った。

Y美「今、見たでしょ、あたしの胸」

俺「うん、だって見えちゃったもん」

Y美「エッチ」

俺「いや、別に見たくないし・・・」

Y美「あはは、そうだね」

そんな冗談を交わしながら1時間程度でY美のマンションに着いた。

Y美「お茶でもしていく?」

俺「んー、今日は帰るよ」

今日1日俺はY美とまるで恋人同士だったかのような時間を過ごした。

部屋に入れば間違いなく本能のままにY美に襲い掛かってしまいそうな自分が怖かった。

Y美の性格を考えれば俺のことをオトコとして見ているわけがない。

俺の一方的な思い込みでY美との関係が崩れるより今日のようにたまに恋人気分を楽しむ方がいいと思っていた。

(もっとも今になって考えてみるともったいないことをしたのかも・・・という後悔もある)

今日はまだ楽しみがあった。

自宅に帰るとすぐにY美の古いパソコンからハードディスクを外して自分のハードディスクに接続する。

思ったとおりWindowsのシステムだけが壊れたようだ。

例のDドライブはそのまま中身が見られるしメールの保存されているフォルダも壊れていない。

いけないとは思いつつもY美のメールに目を通す俺。

しかしそこには俺以外とメールをしている記録がほとんどなかった。

T史というフォルダに振り分けられたメールも数えるほどでそのメールの内容は「別れ」に関することだった。

その別れのメールと前後するかのように俺とのメールがスタートしていた。しかし他にメル友はいないようだ。

他のメールは削除したのだろうか、しかし俺だけ残っているというのは・・・。

これが意味することは何か・・・自宅に俺を呼び寄せたり片付いてもいない新しいマンションに呼んだり・・・。

俺のことをひょっとして・・・と思いつつもなかなか真意を確かめることもできないまま3ヶ月が過ぎようとしていた。

Y美が「M君だけにしか相談できない悩みなんだけど・・・」

とメールをしてきた。聞くと彼氏の悩みらしい。

俺はY美に彼氏が出来たのか・・・とショックを受けつつもY美に妙な期待を寄せる日々が終わることにホッとしていた。

聞けば2歳年下でまだ学生という。卒業まであとわずかで就職も決まっているという。

俺なりのアドバイスを伝えるとY美は付き合うことを決心したようだ。

いつしか季節は春になりY美とメールをすることもなくなっていたある日、1通の手紙が届いた。

Y美とは年賀状のやりとりをしていたので住所を教えあっていたのだがそこには「結婚しました」の文字。

彼氏が卒業するのを待って入籍したようだった。

その手紙の隅に「M君への思いを断ち切ってくれたこの人と一緒になることにしたの」と書いてあった。

そうか、やっぱりY美は俺のこと・・・。

久しぶりにメールを送ると2日ほどで返事が来た。

「あの日、M君があたしの誘いを受けたら告白しようと思っていたの」

「M君、鈍感だねぇ、まあそんなM君だから好きになったんだけど」

確かに俺は中学の頃から「女の気持ちに気がつかないヤツ」として有名だった。

「今もあのときM君に抱きしめられたことを忘れていないよ」

人妻になったY美からは次々と俺を困惑させる内容が綴られていた。

「今のダンナは若いのにしっかりしていてね、あたしの過去の恋愛を気にすることもないし、過去にいい恋をしてきたからこそ今のあたしがあるって言ってくれるの」

「M君に対するあたしの気持ちを知った上でその想いを無理に捨てることはないって言うの」

付き合ってはいるものの俺に対する気持ちも捨てきれなかったY美の気持ちを尊重し、気持ちが吹っ切れるまで待ってくれたというのだ。

そういえば俺も昔の彼女に同じこと言ったことあったな・・・。

前に付き合った彼女、実は知り合ったときに2年ほど付き合った彼氏がいたのだが俺が強引に奪い去ったのだ。

俺も今回のY美と同じように彼女がきちんと納得して別れられるまで待つから・・・と言っていた。

俺と付き合っているけど元彼のことを捨てたということに自らを責めていた彼女は元彼が納得してくれるまで1年の期間を要していた。この間、彼女と元彼との間にどんなことがあったのかは知る由もない。

年下の彼に見守られていると感じたY美は自分が結ばれるのはこの人だ・・・と感じ結婚を決意したという。

あれから7?8年近くが過ぎただろうか・・・いまだにY美とは年賀状や夏の挨拶を交わしている。

もちろん、俺の奥さんもY美と俺の関係を知っているのだが。

おしまい。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード