萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

セフレ

俺氏うさんくさいサイトでセフレゲット

俺にセフレが出来た。それもこれもセフレっ娘のおかげだ。
最初はセフレというものをいろいろ調べては「こんなものできるわけがない」と呟きながらも、興味があり色んなセフレサイトや体験談、掲示板などを閲覧していた。

そんなことをしていると、なんだかセフレが羨ましくなってきた。体験談なんか見ていると自分にもできるんじゃないかというふうに思えてきた。

そこでたまたま見ていたセフレっ娘に登録無料だの出会えるだのヤれるだの書いていたので、そのランキングの一位のところで登録。そしてすぐさま使ってみた。

するとすぐに女の子と連絡をとりあうようになった。しかも数人と。

初めはどうせサクラだろとか思っていたんですが、何やら本物っぽい。そう思ったのは一週間たっても普通に連絡とり合っているし、テレビの内容やその日の出来事なんかもお互いに話していた。

これがサクラならここまで楽しく接してくれてありがとうと言いたいぐらい楽しかった。
結局知り合って半月ぐらいで会う約束をして実際に会ってみるとこれはもうとんでもないぐらいに普通の子。

それが逆にリアル。

やり取りの時点で下ネタの方もたまにしていたので、簡単に打ち解けた。食事を済ませ、アルコールを入れ、お互い何も約束はしていないがホテルに行くことに何のためらいもなかった。

ホテルに着くと俺は理性を失ったかのように彼女の体を求めた。彼女もそれを受け入れなんでもしてくれる。服を脱がすと服の上からでは想像もつかないくらいの豊満なパイオツ。

しっかりパイズリもしてもらいとりあえず顔にフィニッシュ。
そこから風呂場で第二回戦。

今度は彼女のしたいようにしてやることに。俺は優しい。
彼女もそこで二回ほど絶頂を迎えたみたいで満足そうな顔をしていた。

今度はベッドにて第三回戦のゴング。

そこからはお互いに攻守を切り替えながらお互いの性感帯を刺激し合った。
挿入してからはもう一心不乱。

俺も彼女も同じタイミングで逝くことが出来、体の相性は抜群に良かった。彼女の方もそう思ったのであろう。

帰り際にまたあって欲しいと懇願してきたので、それならと路上でフェラをさせ了承した。こんな俺にもセフレというものができるとはセフレっ娘は素晴らしい。

円希望のJDに中出しタダマン

セフレ掲示板で円希望のバカ女に中出しタダマンするのが俺の楽しみ。
俺のやり方はこうだ。まずは掲示板に以下のように書き込む。

『はじめまして。IT企業で役員してます。年収は1200万。たまに息抜きでこういうサイトで遊んじゃってます(笑)これから楽しんで遊べる女の子募集してます。もちろん高額謝礼しますよ』

これであとはU25セフレ掲示板に登録しているバカ女からのメールを待つだけ…。

援交希望のバカ女に金の威力は絶大で、1時間程で軽く10通はメールが来る。
わざわざ写メを添えてアピって来たJDの“サトミ”というバカ女をターゲットにすることに決定。

石原さとみに似てるんだと。

相手の希望はゴムありの5万(笑)
今どきこんな援交バカ女に5万も払う男などいるのか?

まぁ、ハナから1円たりとも払う気は無いので、俺は「2回戦OKなら5万OK」と返信。
速攻でOKの返事が来て交渉成立。

昨日の20時に待ち合わせ。
予定よりちょい早めに行くと壁にもたれてスマホいじってる写メの女を発見。

自称JDの“援交サトミ”だ。
バカ女のくせに早めに来るとは感心なやつだ。

俺から声を掛けて、爽やかな感じを装って笑顔で挨拶。
適当に会話しながら女を見ると、これが写メより実物が可愛いタイプで確かに石原さとみに似ている。

スレンダーで腰が細いのに胸が意外に大きいという美味そうな体…(笑)
俺はサトミに「あまり時間ないんだよね」と告げて、そのままラブホに直行。

部屋に入り、一緒にシャワーを浴びるため服を脱がせてやる。
予想通りの美巨乳が登場。Fカップだとのこと…。
肌もスベスベで気持ちいい。

バスルームで舌を絡ませながらのディープキス、前から後ろからおっぱいを揉みまくってやった。
その後、バスルームを出て、ベッドでクンニしてやったらあっけなくイってしまうバカ女。

勝手にイキやがったことに腹が立ったので、サトミをベッドの上に正座させると
俺はその顔の前に仁王立ちしてチンコをしゃぶるように命令。

う~ん、さすが援交バカ女。
チンコにむしゃぶりつく顔はヤリマン女そのもので、想像以上にフェラが上手くてニヤニヤしてしまう。

チンコがカチカチに勃起したところでサトミを押し倒し、
まずは正上位でチンコを捻じ込んでやろうとしたら
「いや!ゴムつけて!!」
と言ってきたので渋々ゴムを装着して挿入。

チンコを根本まで挿しこんでマンコの中をグリグリ掻き回してから自慢のカリで膣壁を擦ってやると
「あ、それダメ、ダメダメ…。すごい入ってるぅ…っ…っ」
とすぐに悶え始め、そのままカリで引っ掛けながら出し入れしてると、
「あぁ、あ、あ…、ダメダメ…、またイッちゃう!うぅ!あ!」
と呆気なく先にイッてしまった。

こいつはイキやすい女だなぁと思いながら
「あ?もうイッちゃったのか?」
と俺はちょっと呆れて聞くと、
「だって…大きいし、形が合うのかなぁ?気持ちいいところにすごい当たるんだもん…」
と言われ、悪い気分はしなかったが、さすがに簡単過ぎるわ。

俺はまだまだぜんぜんイク気配はないので、チンコを思いっ切り奥まで入れて
中で上下に動かすようにしながら前後してGスポット周辺を擦ってやると、またまた
「あっ、あ、そこダメ…ダメ…、すごい擦れる…、あ、そこ…、ああ…イッちゃう…」
とまた自分だけ気持ちよくイキやがった。

援交しすぎて感度がよくなっちゃってるただのヤリマン女なのか、
それともエッチが気持ち良すぎてヤリマン女になって援交にはしったか、
どっちにせよバカ女に間違いないってことはわかったwww

ズブズブと奥までゆっくり入れたチンコを、いきなりズボッと引き抜くと
「くっ!いやぁ、ダメ!そんなふうに抜かないで…」
と懇願してくるので、今度は一気に根元までズンと突き刺してやる。
「はっ!はあぅぅぅぅ…」
と目を見開いて感じている。次は逆にゆーっくり引き抜こうとすると、
「ぁぁぁぁあ…」
とこれまた感じてやがるので、抜くと見せかけてまた奥までチンコを突き刺す。

こんなふうに緩急をつけて意地悪しながら何度も抜き差しをすると、
AVのようなよがり声をあげて感じるようになりやがった。
そこから両足を高く持ち上げて高速でパンパンパン激しくガン突きしてやると、
「ダメダメ!!またイク!またイッちゃぅぅぅ!!!」
イッたばかりでぐったりしてるサトミをひっくり返してうつ伏せの状態に。

そこから尻を引っり起こして突きだすような体勢にさせる。
この間にこっそりゴムを外してそのまま生チンコをバックからズドン。

「あぁぁぁ、すごい奥に…、奥に当たるぅぅぅ…」
と言ってまたサトミは快感に体を捩らせてやがる。

そのまましばらくバックから鬼のようなピストン。
壁面の鏡に口を半開きにして感じているサトミの表情が見て取れる。

俺はこの時の女の顔が好きだ。めっちゃエロいし可愛いと思ってしまう。
俺的に一番気持ち良い体位で激しく好きなようにピストンしてたので、俺もイキそうになってきた。

サトミに向かって「おい!俺もそろそろイクぞ!!」と告げて
さらに超高速ピストンでガンガンに突きまくってやると
「一緒に…一緒にイッて…あぁぁ、もうイクぅぅぅぅ一緒にイッってぇぇぇ…はやく…あっイクぅぅぅ!!!」
とサトミは叫ぶように感じている。

俺はサトミの尻の肉を爪が食い込むほどガッチリ掴んでラストスパート。
「おら、イクぞぉぉぉ!!」といちばん奥まで突っ込んでドクンドクンとそのまま中出し。

サトミのマンコの中で何度もチンコを脈打たせながら最後の一滴まで絞り出す。
ケツの筋肉を絞めて、尿道に残った精液もすべて注ぎ込む。

しばらく余韻を味わってからゆっくりとチンコを引き抜く。
サトミは失神したかのようにうつ伏せのままぐったりして、呼びかけにも反応なし。

なので俺は静かに自分だけ服を着ると、こっそり自動精算機で支払いを済ませ
そのままひとりでチェックアウト。

晴々とした気分で家路についた。
今朝スマホを見たらサトミから鬼のようにメールが来ているが気にしない。

出会い系サイトも普通に継続してて支障なしだ。
てゆーか、もう何人もこういうことしてるしなwww

U25セフレ掲示板に登録しているバカ女は気をつけろよ!
おれみたいなやつに当たるかもしれないからなwww

隠し子を使って部長に仕返し人妻

 昔、上司の部長と不倫してたが虚仮にされたので別れた。
 頭に来たので部長の隠し子の中学生を誘惑して童貞を頂く。
 隠し子のおちんちんはでかく固かったって、部長に話したら、真っ青になっていた。
 仕返しできて気分は爽快。
 その事を隠し子に教えたら笑って喜んでいた。
 現在は隠し子とセフレになりセックスを仕込んでいる。
 あのデカチンで貫かれて、膣内射精をされる快感はたまらない。

ロリ系の一見高校生風の少女

U25セフレ掲示板で、家出して泊る所が無いという娘を発見。

相手が年齢認証してないから、連絡先の交換にちょっと手間取ったが、無事アポをとることができた。

待ち合わせ場所に行くと、ロリ系の一見高校生風の少女が居た。

スタイルは悪くないし、顔も結構可愛い。

暗そうな雰囲気がなければ、クラスで人気の女子になりそうな感じなんだがな。

サイトでは18で登録してたが、聞けばK1だと。

どうりで幼いわけだと納得。

3日前に家出して、友達の家を渡り歩き、今夜はもう泊る所が無いんだと。

ということで俺の車に乗せ、サービスタイム中のラブホへ直行。

汗臭いので、風呂へ先に入りたいという。

風呂に入りながら、今まで着ていた服や下着を洗い出した。

洗濯物はハンガーにかけてエアコンの風が当たる所に干す。

と言う事は、少なくとも乾くまで出られない、このままでヤルということだ。

ホテルのガウンを脱がせて全裸にさせた。

ロリの身体は、胸がBカップ、陰毛も細薄毛、マンコはピンクの綺麗な色。

ロリが言う、処女ではないけど、今日は誰かに身体を任せるしかないと覚悟していた、だと。

「何でもします」ということでまずオナニーをさせることに。

涙目で開脚、自分で触らせる、徐々にヒートアップしていくところを鑑賞。

眼福。そのままロリの口元におれの息子を持っていきフェラさせる。

まんこをいじりながら、小さな口で懸命に尽くしてますって感じだった。

一生懸命咥えて、しゃぶってくれた。

俺の気分が高まってきたところで無許可ナマ挿入。

おーキツい、締まってるー。

「わはぁーん」と可愛い泣き声をあげられたがかまわず出し入れ。

時間はいくらでもあったから、泣かせながら、うーんと長くゆっくりと楽しんでやろうと思っていた。

ロリは「イッた事無いけど、気持ちいい」と「あん!あん!」と涙声で悶える。

20分くらい色々な体位でもてあそんでやった。

そろそろ射精したくなってきたので、ロリに生理はいつだったかを聞くと、今日明日には始まるかも、と言う。

よっしゃそれならと、思いっきり奥まで突いて1回目の中出し。

ロリは俺の精液を膣口から垂らしながら、家出したことと中出しされたことの後悔で大声で泣き出してしまった。

「大丈夫だよ」と優しいふりをしながら、尿道口から精液が垂れているチンポを再度そのままロリマンコに挿入。

涙をポロポロ流しながら、俺に振り回されるように犯されるがままのロリ。

そして2回目の中出し。

夕方、食事をフロントに注文し、食べて風呂に入って少し眠る。

すやすやと眠っている姿は、子供のようにあどけない。

まじでロリだ。

ここで、むくむくと悪趣味なことを思いついた。

「パイパンにして、着衣でエッチしてやろう」起きたロリを風呂場に連れて行き、かみそりで丁寧に剃りあげた。

初めから毛が無いみたいにツルツルになった。

乾いていた服を着せ、会った時の姿を再現。

パンツははかせていない。

スカートをめくって、立ちバックで犯した。

鏡に映して見せてやりながら、強めのピストン。

挿入部分がハッキリ見える。

鏡ごしに「中でイクぞ!」と宣言し、本日3回目の中出し。

そのままロリを全裸にして、もっと激しく犯す。

ガン突きピストンに、ロリの体が激しく揺さぶられる。

4回目、5回目の中出し。

疲れたのでベッドに横たわり、しばしピロートーク。

ロリは「こんなに中に出されてショックだった。もう家に帰りたい」と、打ち明けてくれた。

時計を見るとけっこうな遅い時間。

おやすみを言い合って眠りにつく。

朝起きて、隣でまだ眠っているロリの股間を舐めて、ちんぽにツバを塗って挿入。

途中でロリも目覚める。

うろたえるロリに構わず通算6回目の中出し。

これに懲りたら早く家に帰るんだよ!と説教じみたことを吐きながらピストン継続。

ラスト7回目の中出し。

ぐったりと横たわるロリの股間を眺めたら、生理が始まったらしく、精液と血が混ざって流れ出てきた。

おかげでベッドのシーツがえらいことになってしまった。

その後ホテルを出て、駅まで送ってやった。

ロリの所持金はゼロだったから、家まで帰る切符を買ってあげて改札で見送った。

「ありがとう。さようなら」とさわやかに明るい表情で手を振ってくれたのが印象的だった。

ま、U25セフレ掲示板で会った時点でLINE交換したし、動画や写真も撮ってたから、それをネタに呼び出して何度も生中出しさせてもらったんだけどね。

ロリータAV女優だった妻

再婚して5年の42歳、妻は39歳ですが、あまりにもあどけない童顔で20代にしか見えません。
その妻は、十数年前、20代半ばになるまでロリータAVモデルをしていました。
妻に借りて何本か見ましたが、そのあどけない可愛い顔からは、とても想像できないハードな内容もありました。
20代には見えないロリ顔とロリボディで、本物の中学生みたいにセーラー服やブレザー、最も幼く見える紺のワンピースだと小学生のようで、ロリロリなエッチをしていました。
中には、浣腸、スカトロなどという目を背けたくなる内容もありました。
SMは、あまりに華奢な体なので痛々しくて可哀相になるくらいでした。

私は、10年前にリストラが原因で離婚されてしまいました。
結婚3年で、まだ子供がいなかったから、さっさと捨てられてしまいました。
その後、アルバイトを含めて色んな事をしていましたが、7年前、片田舎の商工会で求人していたので応募、採用されました。
その時、同時に採用されたのが、三十路になってAVを完全引退した妻でした。
高校でたばかりくらいの可愛いお嬢さんだなぁ・・・と思っていましたが、歓迎会で32歳と知って衝撃を受けました。
彼女も私も余所者で新規採用同士、見た目はともかく実年齢が近いので何かと一緒に行動していたせいか、仲良くなりました。
もう、二度と結婚はしないと決めていた私でしたが、セックスはしたくなります。
働き出して4ヶ月くらいの梅雨が明けた頃、休日前の夕方、二人で飲みに出かけて、彼女の可愛さに思わず口説いてしまいました。
「こんなに可愛いのに、なんで独身なんだろうね?彼氏もいないの?勿体ないなあ・・・」
「彼氏がいたら、女ひとり、流れ着くようにここまできませんよ・・・」
こんな乾いた会話が続いたあと、
「もしかして、私を口説きにかかってます?私とエッチしたいとか?正体に気付いたとか?」
「正体?」
ここで彼女はロリータAV女優の過去を話しました。
20代半ば過ぎて実質引退した後も、可愛さやエロさでAV産業に関わっていたようですが、30歳を超えて完全引退、その後、片田舎の求人を見て応募、隠れるように暮らすつもりだったそうです。
「エッチ、してもいいけど、内緒にしてね。」

町はずれの私のアパートに彼女を連れ込み、シャワーを浴びて全裸で向き合いました。
スッピンだとさらに幼く見え、32歳とはどう見ても思えませんでした。
「ココは、しっかり使い古されてるでしょう・・・」
マンビラはひしゃげてドドメ色になりかけ、クリは剥けきって尖っていました。
「舐めてくれます?」
陰唇を広げて、クリを回すように舐めると、
「アア・・・アァア・・・」
湧き出るようにマン汁が溢れました。
「舐めてあげる・・・69ね・・・」
可愛い顔して舐める彼女が女子高生に見えて、興奮しました。
「そのまま入れてもいいけど、中に出さないでね。妊娠したら責任取ってもらいますよ。」
入れると、ブジュルチュパッと圧縮空気と共にマン汁が噴きたしました。
入れた途端、私の腰を両手でグイッと引き寄せ、
「こ、こ、ここ!ここを突いて・・・アア!アァアァ・・・」
可愛い顔がいきなりエロエロモードになって、腰をグネグネさせながら本気で快楽を貪っていました。
私も時折ズドンと強い突きを食らわしますが、彼女の貧乳はプルンと震えるだけで、まるで中学生になったばかりの女の子でした。
「今度、私のAV貸してあげる。何本か持ってるから・・・」
元はVHSだったものをDVDにダビングしたロリータAVを借りて、驚くほどリアルなJC,JKのセックスシーンを堪能しました。
撮影時、とっくに二十を超えていたなんて思えませんでした。

1年くらい、セフレ状態で付き合っていましたが、
「私、この先、どうなっちゃうんだろう・・・このまま一人で年取って死んじゃうのかなあ・・・」
激しいセックスを終えて、余韻から覚めた彼女が天井を見つめて寂しげに吐いたセリフ・・・その横顔に幼さは無く、三十路女のやつれた寂しさが漂っていました。
この時、この先の人生を彼女と歩くのも悪くないかな・・・と思いました。
「ねえ、俺と一緒に年取る気はない?」
「え?どういうう意味?」
「そうだな。中出しして責任取らせてもらうって事かな・・・」
「元AV女優と結婚するって事?」
「俺はバツイチ、結婚は一度失敗してるから、相手のことをとやかく言う資格は無いよ。」
「本気?」
「俺で良ければ・・・」

現在、私42歳、ロリ顔の妻39歳、そして4歳の娘の3人暮らしです。
妻は商工会を辞めて、今は私だけ勤めています。
貸家の庭に菜園を作って、片田舎で細々と暮らしています。
可愛い妻は、十数年前までロリータAV女優だったなんて誰も知りません。

レイプで彼女ゲットのはずがセフレにされた4

相手が気に入ればレイプもOKという大変な強者援交少女のセフレになった。ピルを飲んでいるので避妊の心配もない。彼女は高校を中退していた。また昼夜反転生活をして盛り場をうろつく不良だった。そんな彼女に大学に進学して一般会社に就職する将来像を提起して一緒に頑張ろうと約束したら、今度は「お兄ちゃん」にされて何でも言う事を聞いてくれる間柄になった。

まずお兄ちゃんの極太超カリ高ペニスがうむ強烈な膣内快楽をえさに昼夜反転の生活を朝7時に起きる普通の生活に直した。夜は12時ごろに自動的に眠くなって寝てしまうそうだ。また盛り場徘徊と喫煙と飲酒を取り上げた。そして女らしいしつけも少しして言葉づかいも直した。彼女の実家は驚いた。でもニートの彼女にお兄ちゃんとの同棲生活を認めた。彼女の親御さんは生活費の一部と家庭教師代を出して「娘の教育を宜しく。」と挨拶にまで来た。

大学受験のためには、まず高卒認定学力試験に合格しなければならない。この試験は普通の高校を卒業するよりも合格ラインが厳しい。しかし家庭教師をして受験テクニックと言うのか暗記物の知識とパズルを解いて点をとる技術を教えると、賢い彼女はどんどん覚えて参考書の練習問題などを段々楽に解けるようになってきた。この分では来年度の試験に合格できそうだ。そこからシームレスに大学入試問題を演習させて大学合格を目指す予定だ。

最初はセックスの魅力につられて勉強していた彼女も自分で正解を出せるようになると勉強が面白くなってきたようだ。色々質問される事も内容がレベルアップしてきてお兄ちゃんも嬉しい。問題に正解して勝ち取るセックスは彼女にとって一段と美味しいようだ。最近女性誌に載っていた膣の締まりをよくする体操を毎日続けていたせいか、彼女の膣道は細くなってきた。極太超カリ高ペニスが膣挿入時に強い抵抗を受けるようになってきた。

彼女の強みは自分で考えを色々巡らせようとすることと暗記物を文句も言わず次々と覚えてしまう点だ。今日は予定より先まで勉強を進めたので天気が良くて気温が高いので彼女の大好きな青姦を御馳走しようかとこれから公園散策に向かう予定だ。屋外でたっぷり精子を注込んでやろう。タフな彼女と毎日セックスしていたら精子の生産量が増えてきた気がする。

レイプで彼女ゲットのはずがセフレにされた3

レイプも相手によっては受け付けるという、とんでもない強者の援助交際少女のセフレになったかと思ったら、今度はお兄ちゃんにされて何でも言う事を聞いてくれる間柄になってしまった。彼女は昼夜反転して登校拒否が続いて夜の生活をするようになったので高校中退していい加減な生活をするようになっていたので、まずそこから普通に戻そうと思った。

太陽の光を全身に浴びてコーヒー飲んで頑張れと言ったら夕方5時まで寝ていたのが昨日は11時前。今日は9時過ぎに何とか起き上がってきた。朝方ねていたのも2時ごろ寝る様になった。12時に寝て7時に起きる習慣を付けようと思った。まずは午前10時までを1里塚に設定して10時までに起きない日はセックスしてやらない取り決めにした。

お兄ちゃんの極太超カリ高ペニスは激しい大量生射精と共に彼女を虜にしていた。男にゆるく改造されたヴァギナはこのペニスでかき回されると彼女がそれまで経験したことのない快楽を生み出すのだ。特にカリでGスポット体をピストンに合わせてかいてやるとたまらないらしい。今日も9:20頃「お兄ちゃん起きました。いつでも呼んで下さい。」と連絡があった。

悪に強いものは善にも強いと言われる。高校をドロップアウトしてしまう子には頭は良いのだが受験偏差値をとるテクニックが無い場合が多い。昨日2人で「高等学校卒業程度認定試験」受験参考書を読んでいたが彼女はどうやってここから点数を引き出すかまるで分っていないだけだと解った。そんな事はお兄ちゃんが家庭教師になって叩き込んでやると思った。

今日は彼女から10:30にホテルに来てと緊急要請があった。どうせご褒美のセックスだろうと思って指定された部屋に入った。すると彼女の他に4人の少女が来ていた。彼女が「これが私のお兄ちゃまです。」と紹介すると「うっそー」「まじイケメン」などの声が上がった。彼女達も自己紹介してくれた。どうも親しい援助交際仲間らしい。彼女が男を理由に抜けるというでその男が見たかったらしい。

「お兄ちゃま。今日のご褒美をして。」とベッドに全裸で座った。「シャワーは浴びていいるから大丈夫。お兄ちゃまは清潔だからそのままして。ギャラリーは気にしないで」というので裸になってそそり立つ極太ペニスを披露した。ギャラリーから「あんなのあり?」などの声を受けご褒美を始めた。ペニスをメリメりと入れると「おお」という声が上がった。

「今日のあたしはご機嫌なんだ。みんな見てるだけじゃつまらないから味見させてあげるよ。」という声を合図に4人の少女にもみくちゃにされた。順番に犯していった。やはり援助交際を続けているとヴァギナはゆるくなるなと思った。カリで全員のGスポットをこすってイカせた。他愛もないと思った。しかし最近の女子高生の爆乳はどうなっているのだろうと思った。

4人の少女と別れて彼女とも別れてやっと家に帰りついた。明日から彼女の受験勉強が始まる。自分の勉強も厳しい。頑張りたいと思った。

レイプで彼女ゲットのはずがセフレにされた・続

このサイトにはレイプで女性を手に入れ彼女や結婚したりするハッピーなお話が多い。真似をして女子高生を襲ったら、これが実に修羅場慣れした援助交際常習犯というのかレイプなんか余裕よという強者だった。

それでセフレにされてしまたのだが、渋谷のクラブまで迎えに来い。とかいきなり、したくなった。とか夜中の2時だろうと連絡が来る。ちょっと容姿には自信はあるが、とにかく真面目なのが売りなので彼女の希望は叶えていた。

彼女はホテルは好きではなくて、人気のない所でカーセックスするのがお気に入りだ。でも昨夜というか今朝早く3回セックスして腕枕して見つめ合ったら彼女の方から「なんで彼氏を作らないかわかる?」ときいてきた。

わからんしわかりたいとも思わないよ。と答えると彼女は独り言のように話し始めた。「高1の時に彼が出来たの。これが変態で、調教と称して体に色々したの。で、やっと逃げ出したと思ったら、どうなったと思う。」

「次の彼が一晩限りで消えたの。ボクじゃ君を満たせない。と言い残して。次の彼も、その次もおんなじ。そこで初めての彼の調教は私を相当ゆるい女にしたんだって気が付いたの。で彼をやめて援助交際を始めたわけ。」

「あなたは何度セックスしても、ゆるいって態度をとらないじゃない。気に入ったわ。あのね私、昼間家から出られなくなって高校を中退したの。この制服は援助交際の仕事着なの。」「僕のペニスは相当太くてカリ高過ぎて女性に嫌がられていたんだ。君のヴァギナはぴったりかもしれない。」

「まず夜型の生活を昼型に直さなければ。毎朝、強い太陽光背を浴びるんだ。付いていくからカウンセリングに行こう。家庭教師になるから高卒認定を受けて大学に行こう。」と明るい未来を示すと「彼氏というより私のお兄ちゃんになって。」と言って甘えてきた。セフレはお兄ちゃんに格上げされた。

彼女はこれに加えて援助交際をやめ「膣を絞める」体操を始めたそうだそうだ。今日は高卒認定試験を目指して第一回の家庭教師の日だ。彼女が来るのを待っている。彼女がサポをやめたのは「おやじ共にヤラれるより、お兄ちゃんと愛し合いたい。」からだそうだ。


追記:彼女は12時半に来て認定試験の本を2人で読んで概要を把握した。勉強後、彼女に上手なキスを習った。お礼にクンニをごち応したら彼女はヴァギナでカリ高極太ペニスに乗ってきて腰を振った。性病を怖がると毎月婦人科でチェックされているそうだ。ピルも飲んでいるので安心して。と言われた。彼女のヴァギナにカリを擦られるのは気持ちが良い。

レイプで彼女ゲットのはずがセフレにされた

このサイトの投稿にレイプするなら夏より日が早く沈む冬場だと書いて有ったので、今さっき女子高生も通る裏道に車を止めライトを消して獲物が通るのを待った。

すると15分もしないうちに男好きのするボディーラインの獲物が現れたので、素早く車ををおりこのサイトに書かれていたように彼女を捕獲した。

テープで口を封じ制服の下に着ているセーターの袖を引っ張って縛って手の自由を奪い、荷物も落とさない様に車の中に引き込んだ。車を人が来ない新幹線沿いの小道に移動した。

この寒いのにミニスカート生足だったので車中で派手なショーツを奪って数回ターンさせ足首に履かせて両足の自由を奪った。真っ先に膣口を狙えと書いてあたので、膣に指入れしてみるとゆるゆるで少し濡れていたのでクンニ技を色々お見舞いしたら大人しくなって愛液を流した。

「ずいぶん遊んだなぁ。」と笑うと睨まれた。「安心しろ。コンドームをするから。」というとわずかに残っていた抵抗も止まった。足首のショーツを抜いて後背位で足をひらかせてペニスをゆっくり膣口から差し込んだ。

ピストンをかけ始めると彼女の上半身がガクッと崩れた。緩やかなピストンを浅く深くかけた。15分ほどで彼女は細かく痙攣し始めたのでイッたと見てピストンを止めペニスをぐっと深刺しして射精し素早くペニスを抜いた。

このサイトには事後女性を優しく扱えと書いて有った。彼女の女性器を綺麗に拭いて後戯としてこのサイトに解説のあった女性器三つ所攻めを静かに右手でかけて左手に彼女を抱いて過行く新幹線の光を眺めてロマンティックに愛を語った。

彼女は全く抵抗しないのですべての束縛を解いて下着類を整えキスをした。恐る恐る口を近づけたら彼女の方からディープキスをしてくれた。そのまま抱き合って色々なお話をした。

彼女は援助交際をしていてサポは諭吉1~2枚が相場だそうだ。「可愛い子にはお金がかかるものね。僕もお小遣いを出そう。」というと彼女は財布を取り出す手を止めた。「私、彼は欲しくないけれど、あんたの様なイケメンのセフレは募集中。」

「今度、暖かい伊豆か南房総にドライブに行こうか。」「私はわがままな女よ。覚悟ある?」「僕で良ければ。さて遅くなっちゃった。家まで送るよ。さっきは力ずくで乗車して貰って御免。落としてきた物や壊れた物はないかい?」「大丈夫みたい。」

「それにしてもレイプされたのに落ち着いているね。」「援助交際していて友達と2人でホテルに呼ばれて行ったら男6人に縛られて回され、逃げられた事も有ったからね。あんたみたいな人のよさそうなイケメンならヤラしてセフレにしようと思ったのさ。」

彼女とスマホのメアドを交換して彼女を家に送り届けた。早速メールが来た。「今日はどうも。クンニ上手いね。本気になっちゃった。」とあった。セフレって意外と重たい関係かも知れないと思った。

レイプされた……

私が20歳の時(現在22歳

仕事帰りにレイプに合いました

私は、車で仕事通勤をしてました

仕事が終わり、駐車場に向かう途中に

誰かに後ろから目隠しされました

そこから近くの倉庫へ

倉庫へ入ると目隠しをとってくれました

私は恐怖のあまり、何も言えませんでした

男に胸を荒く揉まれました

私はそれなのにも関わらず、大きな声で感じてました

この状況で凄く興奮してしまったからです

自ら全裸になり、男のチンコをフェラしました

そして男の精液が口の中にだされ、飲みました

私のオマンコからは愛液でグチョグチョでした

そこからあと1人の共犯者がやって来ました

もう1人の男のチンコをフェラしました

私の下では男がバイブを挿れてました

ローションも何もつけてないのにすんなり入りました

中ではバイブがグネグネ動き、クリトリスをクンニされ、イッてしまいました

そして最初から居た男が挿入してきました

男の物はバイブより長くとても形の綺麗な物でカチカチでした

子宮口くらいにガンガン当たって、痛気持ちい感じでした

その日は危険日で外に出してほしいと頼みました

ですが男はそんなのお構い無しに中へ出しました

男の物がビクッビクッと脈だち、中が一気に暖かくなりました

そしてすぐにもう1人の男が挿入してきました

騎乗位での中出しされました

私も気持ち良すぎてどうでも良くなり、全て受け入れてしまいました

そして朝がやって来るまでしてました

全て中出しでした

中からはドロドロと精液が出てきました

一週間くらい精液が止まりませんでした

もちろん妊娠しました

おろしました

現在はセフレを作り、毎日中出し、やりまくりです

ピルを服用してます

セックスライフを楽しんでます



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード