萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

チンコ

淫乱人妻の他人棒ブログ 2

昼間の浮気えっちよかったなぁ

お外で後ろからされたときもよかったけど

ホテルに入ってからもすごかったし@@

おもいだすと、つい・・・いじっちゃう

シャワーが終わって

帰る準備し終わったあとで

もう一回彼のおちんちん激しく出し入れされたのが

すごく余韻残ってて、記事書いてる時も

思い出すとあそこがジンジンしてたの

なんか、余韻消したくなくて家についても

改めてシャワーは浴びなかったんだけど

下着だけは着ておいてよかったw

かえってきた主人とご飯食べて

一緒にテレビ見てたら。

発情をかぎ取られたのか^^;襲われちゃった

リビングで後ろから抱きついてきて

下着の中に手を入れてきて

さっきまでお兄さんの硬くて大きいのが

ズブズブしてた、まだ余韻でジンジンしてる

愛子のあそこを主人が手マン・・・

お兄さんの太くて硬いのをしごきながら

お兄さんに激しく手マンされて

主人の租末なチンチンじゃ

感じない体にしてくださいって

言わせられながら明後日も抱かれる

約束させられたの思い出して

私ってすごくやらしいって思ったら

アソコがジュワって・・・

主人それに興奮して

すぐ入れてきたんだけど

・・・3時間前まで

初めて会った男性の大きな物で

たっぷり犯されてたあそこに

主人が小さいおちんちんを一生懸命

ツプツプ出し入れしながら愛してるよ

なんて言ってるの聞きながら

こころのなかで・・・

・・・愛子さっきまで

しらないお兄さんの硬くて大きいので

いっぱいズブズブされてたの

主人のよりお兄さんのチンポが

何倍も気持ちいいですとか

エッチなこと何度も言わされながら

いっぱいいっちゃったのぉ・・・

あなたごめんなさぃ

とか思ってたら珍しく主人との

エッチでいっちゃったw

私がいつもより感じてたから主人

すごいドヤ顔してニヤニヤしながら

愛子はスケベだななんて言いながら

腰をフリフリw

そのあとすぐ、いくぞ!って言いながら

昼間の彼のおちんちんよりも

全然ちいさなおちんちんを私の中で

ぴくぴくさせながら暖かいのを

なかに注ぎ込んできました

私は、あ?これが彼の精液だったら

興奮しちゃうだろうなぁなんて考えながら

貴方すごぉい♪とか言ってましたw

出会い系で出会った人が娘のの先生

「いけないH体験」を告白をします。

男も40を過ぎると精力も性欲もぐっと減退するものばかりかと思っていましたが、いざその年代に自分がなってみるとさにあらず、回数こそは減ったものの好奇心も性欲も旺盛でその上、それなりの体験・経験も豊富となり「いまが盛り」のげんです。

この度の告白は「禁断の誘惑」とでも申しましょうか…。

小学生の末娘がスイミングスクールへ放課後通っており、帰りは暗くなるので妻が迎えをしおりました。この春務める会社の事情で妻は3ヶ月ほど帰宅が遅くなるということで、その間私が娘を迎えに行くことになりました。

プールサイドはガラス張りになっており、父兄が子供たちのレッスン内容を見学できるようになっていました。終了時間より早めに着いた日にはそこで見学しながら本を読んでおりました。

娘の担当の若い女性の先生は、ひと際私にとって目をみはる存在でした。若々しい身のこなし、白い肌、絞まったウエスト、柔らかそうなバスト、魅力的なヒップ。そんな肢体が濡れた競泳用水着に包まれ、想像をかき立てました。特に水着の下の股間の盛り上がりなど想像しようものならペニスが勃起してしまい、まわりの父兄に悟られないようにしたものでした。

まったく「中年おやじ」そのものです。

妻とお約束のようなセックスをする時、あの先生を思い出しながらしたものです。いつかは抱いてみたいという願望が日に日に強くなりました…が、そこは分別のある大人ですからぐっと堪えていたものです。でも娘から先生の名前を聞いたり、時々そのガラス越しに挨拶をしてみたり、娘のスイミングスクールへの迎えは楽しみなものになっていました。

とある日、思い余って出会い系に登録しました。
そこで先生と同じ年子頃の方に出会い、偶然にも住んでいる所が近所で意気投合し、
会うことになりました。
駅ビルのCDショップで。私がCDを買いながらその彼女を待っていると、突然若い女性に挨拶をされました。どこかで見かけたような気がしましたがわかりませんでした。

けげんな顔をする私に「スイミングスクールの…」

「あっ!」憧れの真理先生でした。まさか私がメールを交わしていたのが真理先生だなんて…
水着ではない真理先生は20そこそこの松浦亜弥似のとてもかわいらしい女性でした。もう年がいもなく舞い上がってしまったものです。

またレジでは、選んだCDがキャンペーン対象品でくじを引くとなんと某グループのペアコンサートチケットが当選してしまいました。

「今日はあたり日だ!」

思わず真理先生に「チケットを差し上げますので彼氏と行きませんか?」なんてかっこをつけてしまいました。

「え?、いいんですか?、うれしぃ?」なんて喜んでもらい…。

〔でも本当はね、違うんだよ〕、〔やっぱり彼氏がいるんだな〕なんて思いながら今日は顔合わせだったのでそのまま寂しく帰宅しました。

数週間後、いつものように娘をスイミングへ迎えに行った時のこと、レッスンが終り娘と帰ろうとした時、後ろからジャージ姿の真理先生に呼び止められました。

「あの…お話が…」

「えっ?」

人目を避けるように「明日、コンサートご一緒して頂けませんか?」

心の中で「ラッキー!」でした。

「仕事がありますので即答できませんが、よろしかったら携帯番号を教えて頂けませんか?」こうなりゃ仕事は後回しなのですが、中年の悪智恵ですね。携帯番号も聞き出してしまいました。

夜、もちろんOK電話を入れ、会場前で待ち合わせをすることになりました。ちょっと年代が違うグループではありますが「まぁ、我慢、我慢」とコンサート会場へ彼女と二人で入りました。

会場の盛り上がりには最後までついてはいけませんでしたが、彼女はそれなりに満喫していたようです。

9時頃会場を出てダメ元で食事に誘いましたら、あっさりOKサインでした。

それなりのホテルの高層階のレストランにて眼下の夜景を眺めながらとりとめもない会話が弾みました。

アルコールはダメだという彼女でしたが雰囲気につられてかワインをそこそこ飲みました。顔色がポッと赤くなりほろ酔いの様子です。目も少し虚ろになってきたような…。

「チャンス!こうなりゃノリも大切だ!」だなんて考え、彼女がトイレに席を立った隙にマネージャーに部屋を予約してもらいました。

やや経ってレジで会計を済ませました。その時ルームキーを受け取ったのは言うまでもありません。

彼女に「大丈夫?少しやすんでから帰ったほうがいいんじゃない」などと言葉巧みに部屋へ入りました。

「夜景がきれいだね」などと言いながら彼女をそっと抱きしめくちづけをしました。

抵抗を覚悟をしていましたがすんなりと舌が絡んできました。

すっと力の抜けた彼女の体を支えるようにベットへ寝かせました。

身体を重ねながら胸をまさぐりました。想像以上にふくよかで柔らかそうな感じがしました。スカートの中に手を差し入れパンティの上から熱がこもった丘をやさしく撫でました。

その中に手を入れると初めて「ダメ!」と脚を固く閉じたのです。

「真理先生、ずっとあなたを見つめていました。いつかこうなることはわかっていました」

彼女は「先生はやめて。やさしくして…」そう言って瞳を閉じました。

そっと脚を開き茂みに奥のクレパスに指を添わすと、既に熱い蜜が溢れ始めていました。

指の動きに合わせて彼女が「あっ。あっ。」短かな吐息をもらしました。クレパスから蜜壺に指を滑らすと熱い肉ひだの感触が伝わってきます。

パンティを下ろすと、薄めの毛が柔らかそうです。おもわず唇を寄せました。クリトリスをやさしく指で剥きながらキスをすると彼女の身体が大きく反り返りました。

「気持ちいいの?」

答えはありません。

「ダメ…ダメ…」かなり感じている様子。

クレパスの花弁やアナルまでを隅々と舌と唇で愛撫しました。もう耐えきれないように声を上げ始めました。先ほどまで固く閉ざした脚も大きく開き、すべてが丸見えです。指もスムーズに膣の中への滑り込ませることができます。

彼女を生まれたままの姿にしました。ペニスはすでにいきり立ち、収めるべき蜜壺に突入せんばかりです。でも焦らず彼女の体のここかしこもしばらく愛撫し続けました。

そしていよいよ蜜壺にペニスの先を合わせました。

先端が少し蜜壺に入ってゆきます。少しきつめの挿入感です。

ゆっくり腰を沈めてゆくと彼女が上ずってゆきます。その小さな肩を押さえ、根本まで押し入れました。

眉間にしわを寄せながら「あ??」と声を漏らしました。

白いシーツを握りしめた彼女の身体に熱い肉根をぶち込んだ達成感に包まれました。

彼女がそう経験が多くないことはわかりました。ゆっくりと腰を動かすと彼女に愛液に浸ったペニスが光を帯びながら出入りします。そのまわりを肉ひだがまとわりつき、なんとも刺激的な光景を楽しみながら突き続けました。

彼女も慣れてきたのか力が抜け抱きついてきました。

やがて「ダメ!いっちゃう、いっちゃう、いく?」と身体が一瞬硬直し、果てました。

おもむろのにうつ伏せにし腰を上げさせ四つん這いにしました。

股間の毛はすっかり濡れ、ピンク色の肉ひだが口を開けています。ペニスをあてがい後ろから挿入しました。今度は抵抗もなくスルリと奥まで届きました。

クリトリスを指で擦りながら浅く深くペニスを出し入れしました。

もう彼女はセックスに浸っており「腰を使ってごらん」というと自ら腰を振りました。

スイミングでレッスンをする水着姿の彼女が重なりました。

こちらもだんだん我慢できなくなり、奥深く突き入れた後、さっとペニスを抜き彼女の白い尻から背中に精液を飛ばしました。

髪にも白いものが飛びました。その夜は2時間ばかりで3回も射精をしてしまいました。彼女は何回果てたのかわかりません。

その後彼女との交際は月1?2回のペースで続いています。

もちろん若い彼氏とのつき合いは続いてはいますが、今ではフェラチオも上手になり、騎上位で感じることもできるようになりました。

今はアヌスを開発中で、もうすぐペニスを入れられるようになりそうです。

スイミングへ娘を迎えに行くことは少なくなりましたが、真理先生は私の精液まみれのレッスンを楽しみにしているようです。

妻との冒険2

の続き

私達夫婦のその後を書かせていただきたいと思います。

私の中では今でも前回のことは忘れることは出来ていません。妻もいい思い出としてかはわかりませんが、あのときのことは残っているでしょう。
妻との夜の生活は妻からあのときの事を聞きながらの行為が続き、いつのまにか私は妻の口から発せられる言葉攻め??みたいな感じで興奮させられていました。
しかし私の性癖はあのとき以上のモノを求めてしまうのも事実で、たびたび色んな妄想を一人抱いて過ごす毎日でした。
妻を信用していない訳ではないのですが、自分自身が以前よりも寛大な気持ちで妻を見守ることができるのか自信がなかったのも事実です。
妻自身あれ以来、私でさへ見違える程に以前に増して色っぽく、そして今まで地味だった服装も少し派手なモノを身に着けるようになりました。
妻と買い物へ出かけると以前はそんな事さへ無かったのに時々同年代の男性が妻をジロジロと舐めるように見ることも有るほどの妻の変わり様には私自身がビックリするほどでした。
そんな頃休みの日に私は家でのんびりとテレビを見ていると娘と一緒に買い物に出かけた妻と娘が戻って来て、部屋に入るなり娘が私に
「パパ!ママがねミニのワンピ買ったんだよ?それも超ミニ!」
私は
「はぁ???ミニのワンピってミニスカートってことか?」と尋ねると娘は
「そうだよ!それがさぁ?ママ試着したんだけど凄く似合ってるの。私もビックリするくらい」
娘がそう私に言っているときに妻を見ると二人で買ってきた何個かの袋をテーブルに置きながら少し照れたように私の顔を見て舌をペロっと出して苦笑いしていました。
「ママ?いったいどうしたんだ?」
妻にそう聞くと妻は
「えへへ 私もねミニ履けるのも人生で今しかないかなっておもっちゃって。そうだ!今着て見るからパパ見てくれる?もしパパが似合わないって言うんだったら辞めておくから」
妻はそう言って袋から黒のワンピースを取り出し私の見ている前でジーンズを脱いで上に着ているモノも脱ぎ、以前では決して身に着けなかったであろう黒いレースで包まれた下着姿になり、ワンピースに着替えだしました。
妻は着替え終えると私と娘の前でまるでモデルにでもなったかのようにポーズを決めて「どう?パパ」と小悪魔が微笑むかのように私に尋ねて来ました。
確かに未だ脚も太くもなく身長もあることから違和感は全く無く、それより少し屈むだけでパンティが見えてしまうのではないかと思うくらいの本当に超ミニなワンピースでした。
「へへ?ん見直したでしょ?おまけにジャンジャジャァ?ン♪!!ロングブーツも買っちゃいました」とまるで娘と同年代と思えるほどはしゃぐ妻でした。
「パパ!折角ミニ買ったからさぁ?今晩お出かけしようよ!」と妻が私に言いだし、娘も賛成してくたのでその夜妻と二人で食事に出かけることにしました。
子供達の夕飯の支度を終えて、妻は黒のワンピースに着替えて私とタクシーに乗り込み繁華街にある時々行くイタリアンレストランへと向いました。
二人で久しぶりにゆっくりと美味しい食事を終えて少し歩いているとやはり妻をチラチラ見る男性も結構いたのも事実です。
妻が私に
「凄いものだねぇ?」
「ん??何が凄いの?」
「だってさぁ?ミニなだけでこれほどジロジロ見られるんだもん」
「確かにそうだな」
「パパもやっぱりミニの女の人いると見ちゃう?」
「男だからねこれでも(笑)」
「ふ?ん。そうなんだ」
「ママは恥ずかしくないのか?」
「結構恥ずかしいよぉ? だって下から舐めるように見て行く人いるもん」
確かに妻の言うとおり夜の繁華街ってこともあってか妻をジロジロいやらしい目で見る男性が多く、私もなぜかあそこがムズムズとしているのでした。
妻を見られることによって少し興奮を覚えていたのも事実であって、もっと見せてみたいと思う自分もそこには居ました。
「ママは見られて恥ずかしいだけ?」
「え? 恥ずかしい以外って?」
「例えばドキドキするとか」
「ドキドキかぁ?。 う?ん どうだろ?」
「俺はドキドキするかな(笑)」
「え???そうなんだ(笑)」
「悪いか?」
「ううん悪くないよ。私も少しドキドキしちゃうかな(笑)」
「そっか!じゃぁ見せちゃえ!」
「え??何それ?」
「今からさぁ?駅の階段に行こうよ」
「マジで言ってるの?」
「はい」
そう言って私は妻の手をひっぱり近くの駅へと向いました。
駅に向かう途中の階段で妻はバックをお尻の後ろに持ち、まるで女子高生のように階段を登りました。
「ダメだってそんなことしちゃ」
「え?なんで?」
「見せちゃうんだろ?バックをそのまま手に持って階段を登って一番上で少し立ち止まってみてよ」
「もぉ? 恥ずかしいって」
そんなときでしたふと後ろを見ると私達と同年代くらいの男性が階段を登ってくるのが見え、何気なくチラッと見ると男性は妻をしっかりと見ていました。
「ママ見られてるよ」と妻の耳元で小さな声で言うと妻は
「ホントに?」と言って顔が赤くなるのが解り、そのまま二人で階段を登り一番上で二人で立ち止まりました。
階段を登って来た男性は後ろ向きになっている妻の横を通り過ぎてから振り返り妻の顔を確認するかのように見て行きました。
妻はその男性と目があったのかすぐに下を向いてしまい。私の手をひっぱり「お願い。ここから移動して」と私に恥ずかしそうに焦っているようでした。
その妻を見て私の頭の中には、あの時以来にある計画がムクムクと浮かび上がって来ました。

その夜妻を求めた私は妻を愛撫し、いつものように妻の口から以前のことを聞かなくても私の愚息は固く元気になって妻にもそれを気付かれる程でした。
「パパもう大きくなってるよ。どうしたの?」
「ママを見られて興奮したのかも」
「私が見られるとパパは興奮するんだ」
「あぁ ジロジロいやらしい目で見られたりすると興奮したよ」
「そうなんだ・・・ひょっとしてパパ変な事考えてないでしょうね?」
「考えてるよ」
「えーーー!!何考えてるのよぉ?」
「秘密(笑)」
「変なことはしないからね」
「あのさぁ?」
「何?」
「俺ママが変になるところ見てみたいんだ」
「え?変にって?」
「ママが嫌じゃなかったら今度はママがエッチして変になってるところ見てみたいんだよ」
「パパは私が目の前で変になっても大丈夫なの?」
「多分大丈夫だと思う。確かに今でもママが○○君に抱かれたって思うと胸が締め付けられるほど辛くなるよ」
「・・・・ごめんね」
「いや俺が悪かったんだから・・・でもそれと同じ程興奮している自分もいる」
「私はパパと一緒の方がいいかな・・・パパに見られてみたいって思うかな・・・」
「一緒ならいいのか?」
「パパがいつも嫉妬して抱いてくれるの好きだもん。愛されてるって感じるよ」
「そっか・・・けどもし俺がまたママを信用出来なくなったり怒ったりしたときは・・・」
「大丈夫だよ。私はパパが一番なんだから」
その夜不思議とあれ以来胸の奥にあった何かが私の中で変わったような気がしました。
私は先に寝てしまった妻を残してパソコンの電源をオンにし、このサイトで一人の男性を見つけチャットでいろんな話題で盛り上がり、頃合を見て妻と電話で話してもらえないかと切り出しました。
相手の男性は勿論OKしてくれ次の日の夜にまたこのサイトで待ち合わせをすることを約束しました。
昼過ぎに起きた私は妻に昨夜の男性と盛り上がった内容を話して、妻にその男性と電話で話をしてくれないかと頼んだところ妻はいきなり電話するのは嫌なんで妻自身も一度チャットをさせて欲しいとのことでした。
その夜知り合った男性Kさんにそのことを伝えて妻とチャットを代わり、パソコンのある寝室件書斎の部屋を出てリビングで一人テレビを見る事にしました。
Kさんには妻のり次第で電話でエッチな会話に持ち込んで欲しいと頼み、妻にはエッチな気分になれば好きなようにすればいいよと伝えておきました。
1時間ほどして妻が私の所へやってきて
「パパ?結構楽しい人だね。どうしても私の声を聞きたいんだって。どうしようか?」と私にそう言って来ました。
「ママは話してもいいって思ったんだろ?」
「別にいいかなって思った」
「じゃぁ非通知でこちらから掛けてみれば?」
「いいの?パパまた疑ったりしない?」
「しないって(笑)」
「じゃぁ電話番号聞いてかけてみるね。けどもしパパが私が楽しそうに話しているのを聞いて気分害したら直ぐに切るから言ってね」
「うん。たぶんもうそんな事はないよ」
「うん。絶対だよ」
妻はそう言って寝室へと戻って行きました。
10分程して寝室の前で妻の声を聞き耳を立てて聞いてみると笑い声が聞こえて来るので、まだ楽しそうに話しているだけかと少し残念な気分でしたが、この妻がいったいいつKさんの誘いでエッチな気分になるのかが私の中で興味深々でした。
子供達がすでに寝静まっているのをそれぞれの部屋へ確認しに行くと二人共すっかり眠っているようでした。
寝室の前に戻って見ると先ほどまで妻の楽しそうに話す声は聞こえて来ませんでした。
私は静かに寝室のドアを開けて見ると妻がビックリしたような顔で私を見て手で向こうに行って欲しいような合図をしますが、私はダメだと声を出さずに妻に伝えました。
私はベットで寝ながら話す妻の会話を聞き少しずつエッチな会話に変わってきていることに満足して一度寝室を出て、しばらくしてからこっそり覗けるようにと寝室のドアを少し開けて部屋を出ました。
リビングに戻り飲み残した缶ビールを一気に飲み乾し私はゆっくりと寝室の前へと戻りドアの隙間から部屋の中の様子を伺いました。
「ううんしないよ・・・ホントに?・・・うん・・・今日は紺色・・・」
妻だけの会話ではどんな内容なのか解りにくいところはありましたが、大体想像出来るものでした。
「・・・わかんない・・・やだ・・主人がいつ来るかわかんないから・・・うん・・・うん・・」
「持ってないよ・・・したことないもん・・・やだ・・・言えないそんなこと・・・やだ・・・」
「・・・濡れてない・・・え??・・・そうなの?・・・うん・・・聞こえる・・・ハァ?・・」
妻から始めて少し悩ましい声が・・・
「凄い・・・パンパンって・・・そんなに・・・してるの?・・・」
「・・・やめて・・・言えない・・・恥ずかしいもん・・・ダメ・・・」
「濡れてない・・・やだ・・・ハァ??・・・凄いね・・・そんなに?」
「ハァ?・・・見たいかも・・・エッチじゃないよ・・・やだ・・・」
「うん・・・開いてる・・・ハァ?・・・ダメそんなこと・・・いわないで・・・ハァ?」
「お願い・・・アァ??ン・・・凄い・・・エッチな音・・・ダメ・・・」
私はドアをゆっくりともう少し開けましたが、妻は電話に夢中なのか気付きませんでした。
もう少しドアを開けて床に這うようにして部屋へと入り、私の目に飛び込んで来た妻の姿はベットに寝転んで目を瞑っている妻は脚を開き左手で携帯を持ち、右手は紺のパンティの上から自分の敏感な部分に指を這わせていました。
「ハァ? 触ってる・・・うん・・・うん・・・わかんない・・・」
「恥ずかしい・・・アァ?ン・・・濡れてるかも・・・うん・・・ハァ?」
「濡れてる・・・うん・・・触ってるよ・・・大きくなってる・・・アァ??ン・・ダメ??」
妻の押し殺すような声が私の耳へと入ってき、目には紺のパンティの中でモゾモゾ動く妻の右手がありました。
「アァ??ン・・・イヤァ??ン・・・うん・・・凄く濡れてる・・・聞こえるかな?・・・」
そう言って妻は携帯を自分の恥ずかしい部分に持って行き、クチュクチュと厭らしい音を発ててKさんに自分の音を聞かせていました。
「聞こえた?・・・恥ずかしい・・・アァ??ン・・・ダメ??そんなこと言わないで・・・」
「アァ??気持ちいぃ??・・・舐めて・・・うん・・・イヤン・・・・ヤダ・・・」
「言えない・・・そんなこと・・・あそこ・・・ヤダ・・・」
私は妻に私の存在を知らせました。
妻はビックリしていましたが、エッチモードになっているのか反対に私を挑発するようにな目をして続けました。
「指入れてる・・・奥まで・・・固くなってるの?・・・凄い・・・欲しいの・・・」
「アァ?ン・・・凄い・・・ビチャビチャいってる・・・ダメ・・・逝きそう・・・」
「ハァ?・・・凄いの・・・こんなに厭らしくなってる・・・アァ?ン・・逝っちゃうよ」
「お願い・・・一緒に来て・・・アァン・・逝きそう・・・」
妻はそう言って脚をつっぱりながら1回目の絶頂を迎えました。
私はそのまま濡れて光っている部分にキスをしながら丁寧に舐めてやりました。
「アァ??ン気持ちいいの!・・お願いいっぱい出して!!・・・私にかけて!」
妻のあそこはヒクヒクと動いて今ににもまた逝きそうな気配でした。
「アァ??凄いぃ?? 厭らしい声・・・そんな声出して・・・逝くの?」
「アァ??ン ダメ???また来ちゃう・・・」
妻の携帯から始めて相手の吐き捨てるようなハーハーいう声が大きく聞こえて来ました。
「凄いいやらしいよぉ?・・・アン?? 私も逝っちゃう???アァ?????ン」
私の顔に妻から勢い欲噴出した淫液が飛び散って思わず顔を背けてしまいました。
直ぐに妻は電話を切り「パパ??早く入れてぇ??」と叫びながら私に催促し、私の固くなったモノをくわえ込んだ瞬間にブユーっと淫液を飛び散らせながら果てました。
そんな妻から私の固くなったものを抜き去り、妻を抱き起こしてヨロヨロする妻を冷え切って凍りつきそうな車の中へ乗り込ませて私も乗り込み、夜中の街へと車を出しました。

夜の街へと興奮冷め遣れぬ妻を車に乗せ、しばらく走ったところで妻に問いかけました。
「TELエッチ初体験はどうだった?」
「うん。恥ずかしかった・・・」
「恥ずかしいだけ?」
「・・・・・」
「興奮した?」
「・・・・うん」
妻は俯き加減で恥ずかしそうに私にそう答えました。
「感想は?」
「うん・・・あまり好きではないかな・・・」
「好きではない?どうして?」
「よくわかんないけど、恥ずかしさもあるし・・・あと・・・」
「あと?」
「うん。どうもお互い演技してるみたいで・・・」
「そうなんだ。じゃぁママはやっぱりリアルがいいんだね?」
「そんなことないけど・・・パパはその方がいい?」
「俺は今ならリアルだともっと興奮するかも」
「パパは心配にならない?前みたいに」
「どうだろなぁ?心配にならないって言えば嘘になるかもだけど、今はママを信用しようと努力はできるかな」
「そっか・・・パパはどうしてそんな普通じゃないことで興奮するの?」
「普通じゃない?」
「うん。だって普通の男の人は絶対他の人とって無理じゃない?」
「う?ん どうしてなんだろなぁ? ただの変態かも(笑)」
妻は私がそう言うとニッコリ微笑み車の窓から流れ去る町並みを見つめ、そっと私の手を握ってしばらくは何も話しませんでした。
私はいつのまにか以前に妻を一人でカウンターに座らせスーパーの社長さんと知り合わせた店の近くまで車で来ていました。
妻もその事がわかったのか私に
「この辺りって前に行ったお店の近くだよね?」と尋ねてきました。
「そうだね。あの頃の俺達とは少し変わったけどね」
「うん確かに変わったね」
「まぁあの頃よりはママは綺麗になったよ」
「そんかことないよ」
「いやぁ?綺麗になったと思うよ。今ならもっと声をかけられるかも」
「そんなこと絶対ありえませんよぉ?だ」
「じゃぁ試してみる?」
「え??試すってひょっとして?」
「そう!また一人でカウンターに座って声を掛けられるかどうか試してみるんだよ」
「・・・本当に?・・・」
「あははは 冗談だよ」
「なぁ?んだ冗談か・・・」
妻は少し声のトーンを下げて不満げにそう言いました。
「え?ママは試してみたいの?」
「ううん」
「なぁ?んだ一瞬期待したのに」
「違うんだって・・・私を試すんじゃなくって、私はパパを試してみれるかなって・・・」
「俺を試すって?」
「本当にパパは私を信用してくれるかどうかを」
「ほぉ? じゃぁこうしようよ。今度はママ一人で見せに行って俺はこのまま家に帰るよ」
「え??帰っちゃうの?後から来てくれないの?」
「行った方がいい?」
「だって不安だもん」
「今度はママが一人でママの気持ちのまま行動すればいいよ。俺の目を気にしないで済むから」
「何かあればどうするのよ?」
「あぶない事があれば電話してくれればいいよ。もしもの時の為に近くのネットカフェにでもいるから」
妻はしばらく考えて私に車を止めるよう言いました。
「パパ?何かあれば電話かメールするね。けどこんなおばさんに誰も声を掛けてこないと思うけどね」
「わからないよ。ママ綺麗になったから」
「ありがとう。少し呑んでマスターとお話してから帰るよ。電話するから迎えに来てね」
妻はそう言って車を降りて店の方へと歩いて行きました。
妻は本当に私を試したかったのだと思います。だから店へと向かったのでしょう。
私は期待する気持ちより妻の私を試したい気持ちの方がとても愛しく思えました。
以前の頃よりは数段余裕もあり、妻の帰りを単純に1,2時間待てばよいと軽い気持ちでした。
私はコインパーキングに車を止めて、近くのネットカフェへと一人歩き出しました。
そのときでした。私の携帯に妻からメールが来ました。
(只今私の左隣にはサラリーマン風の若い男性2名、そして右隣には誰もいません^^;)
そんなメールに私は思わず噴出しそうになり、妻へメールを返信しました。
(残念ですね。そのご誰かいい男性が来られるのを期待します)
直ぐに返事がありました。
(わざわざご心配していただきありがとうございます★)
妻の返信メールを見てネットカフェに入りしばらく妻を待つことにしました。
30分したころに妻から
(サラリーマン風の2名のうちの一人をゲット!)と絵文字入りで嬉しそうにメールが来ました。
(おめでとうございます。久しぶりの現実逃避第2弾ですか?)と妻にメールを送りました。
1時間後妻からまたメールが届きました。
(ただいまカラオケしております。変な人でもないので先に家に帰ってください。タクシーででも帰ります)
そのメールを目にしたとたん、私の中には期待と興奮が沸き起こり、妻にはメールの返事をせずにそのままネットカフェを後にして家路へと向いました。
帰りの車を運転しているときも私の頭の中は妻がカラオケボックスで先ほど知り合ったばかりの男に唇を奪われ・・・そんな妄想が頭を駆け巡り興奮でいっぱいでした。
家に着き一人で布団に入り妄想で興奮し、私の愚息はギンギンに硬直して鈴口からは我慢汁が溢れ、今にも爆発しそうでした。
興奮と嫉妬で寝ることも出来ないまま妻の帰りを待っていると私の携帯が鳴りました。
妻からの電話でした。
「もしもし?」
「パパ?寝てた?」
「いや。寝れるわけないよ」
「そっか。今から帰るね」
「うん。それよりどうだった?」
「帰ってから話すね」
妻は私の質問には即答しないで電話を切り、私は妻の帰りをただ待つしかありませんでした。
しばらくすると玄関の鍵を開けて妻が
「ただいまぁ?」と小さな声で部屋へと入って来ました。
妻からは酒の匂いがプンプンとして、顔は真っ赤でかなり酔っているようでした。
そんな妻に直ぐに
「だから?どうだったの?」と聞くと妻は
「聞きたい?」と薄ら笑いを浮かべて本当に小悪魔のように私に向かってそう言いました。
「聞きたいさ」
「ふ??ん聞きたいんだ?じゃぁ自分で確認してみれば?」
妻はソファーに座る私を見下げてそう言って私の前に立ちました。
妻のスカートを一気にめくり上げた瞬間私は驚きました。そこにはいつもなら履いている下着が無かったのです。
スカートをめくり上げながら下から妻を見上げて
「パンツどうして履いてないの?」
「うふふ。あげちゃったのぉ?」
「はぁ???あげちゃったって?」
「はい。欲しいと言われたものであげちゃいました」
「なんだそれ?ってことはエッチしたってこと?」
「だから自分で確認しなさぁ?い!」
私は子供達が起きてきても困るので、妻をそのまま寝室へと連れて行き鍵を閉めて妻の着ているモノを全て脱がせました。
妻の身体を見てもキスマークはありませんでした。問題の妻の大事な部分を見るため妻をベットに寝かせて脚を開かせました。
「パパ?そんなに見ないで恥ずかしいから」
妻は電気が光々と付く中で私に自分の大事な部分を見られることに恥じらいを感じて自分の顔を手で覆ってそう言っていましたが、そこはキラっと光る程濡れていて、私の指をも抵抗も無くすんなりと飲み込んでしまうほどでした。
匂いを嗅いで見ましたが、精液の匂いは無くゴム臭も無い妻のいつもの厭らしい雌の匂いだけでした。
「しなかったのか?」
「ピンポーン!」
妻ははしゃいだ子供のようにそう答えました。
「じゃぁどうしてパンツが無いの?」
「うんと。カラオケで勝負したの」
「勝負?」
「うん。カラオケの得点で競ったのね。そして私が負けたの」
「負けてパンツあげたの?」
「うん。私が勝てばラーメンとタクシー代で彼が勝つと私のパンツって」
「はぁ?なんだそれ??」
「それで盛り上がってカラオケ行ったのよぉ?ん」
「それでママが負けてパンツ脱いであげたんだ」
「そう!けどトイレに行って脱いできたけどね」
妻は上機嫌で楽しそうにそう私に話してくれました。
「そうなんだ。じゃぁエッチなことは無しだったんだ?」
「エッチなことあったじゃない?パンツあげたんだよ?」
「まぁそうだけど」
そう話していたときに妻の携帯が鳴り妻が携帯を開いて
「うわぁ?ホントに送ってきた」とそう言いながらビックリしているようでした。
「何が送られて来たの?」
「パパ見たい???」
「見せて欲しいよ」
「じゃぁ見せてあげる」
そうして私は妻から携帯を受け取り携帯を見てみるとそこには3枚の写メが送られて来ていました。
その写メには妻の下着をマスク代わりのようにして顔にかぶっているモノと大きくなった自分のモノに巻き付けているモノ、そして妻の陰部のあたる部分に射精をしているモノでした。
妻はいったいどうしてこんな写メを送ってもらったのか?それと写メを送ってきたということは妻はその男にメルアドを教えたってことであって・・・・
そのことは妻自身がとった行動には間違いの無いことでした・・・・
私が妻の携帯をマジマジと見ていると、妻は私の手から自分の携帯を奪い
「はぁ?いお終い。こんなのはさっさと削除!」と言いながら写メを削除してしまいました。
「えぇ?削除しちゃったの?」と私が言うと妻は
「だってこんなモノいつまでも置いておけないよよ。けど・・・こんなことするんだ男の人って」と少し引き気味にそう言いました。
「普通はするんじゃないかな?」
「そうなんだ。なんか気持ち悪いぃ?」
「あげたのはママでしょ?」
「そうだけど・・・ついつい酔って悪乗りし過ぎたかな」と少し焦っても見える妻でした。
「その男はどんな感じの奴だったんだ?」と私が聞くと妻が言うには、良くもなく悪くも無く、普通とのことで、明るいスポーツマンタイプの男とのことでした。
あの店で仕事帰りに友人と二人で呑んでいたそうですが、もう一人の男性に電話があり、急用で一人が帰ってから隣で一人で呑んでいる妻に声を掛けてきたそうです。
最初はぎこちなく話していた男性も急に酒を呑むペースが速くなり酔いも回ってくると妻に話す機会を与えないほどに一人でしゃべり続けるような状態で、いつの間にかカラオケに付き合って欲しいと頼まれ、妻自身も久しぶりにカラオケに行きたかったもので一緒にいったようです。
カラオケで得点が出たそうで最初は1曲、1曲で競いあっていたそうなのですが、最終妻も酔っ払って履いている下着を賭けたようなのですが、私にすればトイレで脱いで来ても脱いだ後は、その男に手渡しもしているでしょうし、その後妻はノーパンだったのは間違いの無いことですから、尚更興奮しました。
「なぜママのパンツになった訳?」
「う?ん。パンツ好きなんだって(笑)」
「好きって言われても普通生脱ぎしてあげないだろ?」
「そうだね。けど少し可愛そうになっちゃったてね」
「彼が?」
「うん。だって恥ずかしそうに自分は生身の女性よりパンツに興奮しますって言うんだもん」
「はぁ???なんだそれ??ただの変態じゃないかよぉ?」
「パパだって十分に変態じゃない(笑)」
その夜はそんな話をして寝たと思います。

しばらくして妻からその彼からメールが頻繁に来るようになったと言われました。
その内容は口説くとかの内容ではなく、変態チックなものでもなく、笑えるような内容でさらっと下着を見せて欲しいと書き加えるような内容でした。
「そんなに見たいなら見せてやれば?」と妻に言うと妻は
「えぇ?自分でそんな写真撮るの?」と私の予想していた妻の反応は絶対嫌だと言うと思っていたのですが、送ることには嫌ではないのだと思いました。
「俺が撮ってやろうか?それとも鏡に自分を映して撮れば?」と私が言うと「そっか鏡に映して撮ればいいんだ」とすでに撮る気満々のようでした。
「送るのはいいけど顔は映らないようにしないとネットに出されても困るからね。あ!それと、もし送るであればそのときに俺にも一緒にその写メ送ってくれること忘れないでね」と妻に言いました。
次の日の昼休みに私の携帯に妻かメールがあり、それを見てみると茶色の上下の下着を身に付けた首から下の妻の下着姿の画像が添付されていました。
私の知っている妻がこんな写真を自分で撮るなんて今までは考えることはできませんでしたが、私に公認され好きなようにその男性とメールでき、まるで独身の女性のような気分の妻であれば送ることも出来たのでしょう。
そんな妻に帰って尋ねました。
「ママもあんな写真よく送ったね」
「結構綺麗に撮れてたでしょ?」
「まぁ?綺麗には撮れてたけど・・・送って彼はどうだった?」
「凄く喜んで、営業してるみたいなんだけど車の中で撮った彼のエッチなの送って来た」
「エッチなのって?見せてくれよ」
「あぁ?もう消しちゃったよ。だってそんなの残しておいて誰かに、もし見られると困るから」
「そうなんだ。ママはそれ見てどうだったの?」
「う?ん。正直に言うとなんだか嬉しかったかな」
「嬉しかった?」
「うん。こんなおばさんの写真で興奮してくれるんだから」
「え? それは下着だけ見て興奮してるんじゃないの?」
「え???そうなのかな・・・・」
妻は少ししょんぼりした顔で
「やっぱりそうなのかなあ・・・」と。
しかし妻は今までは母親として、そして私の妻として少し自分の女性としての自身みたいなものを失いかけていたのでしょう。
それが私以外の男性を意識するようになり、一人の女性としての自身が彼女を少しづつ綺麗にしてきたのかも知れません。
そして妻に以前のように気持ちまで感情移入しないことをしっかりと話し、妻自身から私の性癖を彼に話し、どこかで3人で逢うことはできないかと話して見ました。
妻は少し困った表情をしていましたが、
「わかったよ。その方がパパと私にとってはいいものね」とOKをしてくれました。
妻は早速彼にメールをしました。
数分して彼は驚いたような内容の返事が来ましたが、妻は彼に今回の経緯を詳しくメールで返信すると直ぐに彼から、詳しいことは良くわからないが、食事くらいなら私を含めて大丈夫とのメールが来たようです。
早速、3人で会うことになりました。

約束した店に妻と行くと彼らしき人物は来ていませんでした。
しばらくして妻の携帯に彼から店に着いたけど何処にいるのかとメールがあり、妻は入り口の方へと彼を迎えに行きました。
個室の居酒屋でしたので、妻と彼とが戸を開けて入ってきたのですが私はあまりに若く見えたのでびっくりしました。
確かに可でもなく不可でもないと妻が言ったようにイケメンではないけれど清潔感溢れた好青年って感じの男性でした。
妻が
「ノリ君です。そして主人です」と少し照れながら彼と私にお互いを紹介しました。
「始めまして○○といいます」と彼がしっかりとした口調で私に挨拶してくれました。
「こちらこそ始めまして○○○の主人の△△です。妻が楽しいメールをさせてもらっているようで、ありがとうございます」と私が言うと彼は顔を赤くして苦笑いををしていました。
3人で酒を呑みながらお互いのことなどを話しているときに私が彼に
「妻から聞くとノリさんは下着フェチだと聞いたのですが?」と言うと彼はそんなことまで話したの?っと言わんばかりで妻を見て私に
「結構好きですね」と照れながらそう言いました。
「妻の下着はまだ持っているの?」
「え??それまでご存知だったのですか。ビックリですよ」
「ええ。私達夫婦は色々ありまして、隠し事をしないで何でも話すようにしているものでね」
「そうなんですか」
「ええ。それで妻がノリさんにプレゼントした下着はまだ大事にお持ちでしょうか?」
「ええ。未だにお世話になっています」
彼は恥ずかしそうに妻と私を交互に見ながらそう答えました。
妻が
「えぇ?まだ持ってるの?汚いから捨てなさぁ?い!」と彼に照れ隠しにそう笑いながら言いました。
私は続けて彼に言いました。
「ノリさんさへよければ、今日妻の生下着姿でも見ていただければと思っているのですが?」
「え?ホントですか?」
「ええ勿論妻がOKしてくれればの話ですがね(笑)」
妻は
「そんなの無理に決まってるでしょ!」と私を少し睨むようにそう言うと私と彼は声を上げて笑いました。
「まぁそれは後々のお楽しみとして、ノリさんがよければ妻と楽しく遊んでやってくださいよ。時々は下着姿の写メくらい送ってくれるでしょうし(笑)」
「いえいえ。ご主人がおられるのにそんな・・・」
しばらくそんな内容の話をしていたのですが、妻が少し酔ってきたのかトイレに立とうとしたときに少しヨロっとなりその場に座り込んでしまいました。
妻は当然のようにミニスカートだったもので今まではスカートの前にハンカチを置いて座っていて、見えなかったスカートの中がよろめいて座り込んだおかげでスカートが競りあがりピンクのパンティが露になりました。
彼はその姿を目を丸くしてマジマジと見ていました。
「ノリさんどうですか?妻のピンクの下着は?」と私が彼に問いかけると彼は今までとは別人のように目を輝かせて
「最高ですよ!」と私に向かってそう言いました。
私は店員の足音がしないのを確認して、少し抵抗する妻のミニスカートをたくし上げました。
ベージュのミニスカートを腰までめくり上げ、妻が身に着けているピンクのTバックが全て彼に見えるように妻の脚を開けて、私は彼に見せました。
彼は血走るような目つきで妻の閉じようと必死に動く脚と時々見え隠れする妻のピンクの下着で覆われている少し盛り上がったその部分を少し身体を乗り出して見つめているのでした。
「やめて・・・」妻の声は弱々しく聞こえましたが、それは妻が少し感じ始めた証拠のようにも聞こえました。
少し恥ずかしそうに私を見ながら言った妻はどことなく私以外の男性に見られる事に感じているのかも知れません。
いくら自分の下着をプレゼントした男性であっても今、目の前でマジマジと見られることは妻には予想以上の恥じらいによる興奮が増していたのでしょう。
先ほどまで私が脚を開かせようとすると抵抗をしていた妻でしたが、脚を拡げたまま閉じようとはしなくなりました。
「ノリさんどうですか?妻の生パンツは?」
「え・・・興奮します」
そう言う彼の言葉を妻は聞いて覚悟を決めたのか、時折彼の目をチラチラと見ていました。
「ノリさんここではなんですので、少し場所を変えませんか?」
私の誘いに彼は妻を見ながらいいました。「いいのですか?本当に・・・」
私は妻に
「ノリさんが聞いてるよ?」と問いかけます。
「私に決めろといわれても・・・・」
「嫌とは言わなかったので場所を変えましょう」私は直ぐに行動に移しました。
3人でタクシーをひらい、繁華街から少し離れたラブホテルがある近くまで行きました。
タクシーから降りて少し3人で歩き、最初にあったラブホテルへと入り3人で使用可能かと聞くと別料金は発生するがOKとの事でしたので、一番広い部屋を選び入りました。
タクシーに乗ってから部屋に入るまでの間、妻も彼も一言もしゃべることはありませんでした。
部屋に入り、どことなく緊張する私を含めた3人は何を話せばいいのか解らない状態で私はベットに寝転び妻はソファーに座り、彼は部屋に置いてあったマッサージチェアーに座っていました。
沈黙を破ったのは妻でした。
「二人共何か話してよ・・・」弱々しい声で妻がそう言うと彼は
「すみません」と一言妻を見ながらそう言って軽く頭を下げました。
「悪いのはパパだよ!」と頭を下げる彼を見て妻は私の方を睨んでそう言いました。
「え??俺?」私のその言葉で妻と彼は噴出し笑いました。
テレビを付けて3人でビールを呑みながら少し雰囲気が和んで来たところで冗談半分に彼に言いました。
「ノリさん。もし今妻がノリさんの前で下着を脱いでノリさんに手渡せば、いつも前に妻にもらったモノでしているように妻の目の前でしてくれる?」
彼は少し驚いたようでしたが覚悟を決めたのか
「いいですよ」と笑顔でそう言いました。
「ママ。見たくない?いつもノリさんがどんなことをしているのか」
「ええ? そんなの見れないよ・・・」
「想像はしていたんだろ?ノリさんがどんな風にしているのか」
「・・・・してないよ」
「ノリさん 見せてやってもらえますか?もし見せてやってもらえるなら妻はきっとノリさんの前で自分から下着を脱いで手渡しますよ」
私がそう言うと彼は
「ホントですか?見てみたいです」
「ママ?見たいんだってノリさんは。ママも見たいんだろ?」
「見たくないって・・・」
妻は恥ずかしそうにそう言って黙ってしまいました。
そんな妻を私は手を引きベットの上にと連れて行き、先ほどのように嫌がる妻の脚を開かせました。
「ノリさんどうですか?妻のムンムンした下着が見えますか?妻は恥ずかしがってはいますがきっとこの下着の中はヌレヌレになっていますよ。ノリさんが妻を見ながらオナニーしてくれるときっと妻は喜びますよ。そしてきっと下着を脱いでノリさんに差し出すと思いますがね」
私のその言葉を聞いて彼はベルトを緩め、そしてズボンを脱ぎトランクス1枚になると彼の肉棒は大きくなっているのがわかるほどでした。
「ほらママ見てごらん。ノリさんはママを見てもう大きくなってるよ」妻の耳元でそう囁くと妻は閉じていた目を少し開け
「やだ・・・恥ずかしい・・・」
妻が自分の大きくなっている部分に目をやり恥ずかしがって、目を閉じたのを見た彼はトランクスをずり下げると狭苦しい中から開放された肉棒は固く張り詰めそして彼のお腹にくっつきそうなくらいにビンビンでした。
太さはそれほどでもないのですが、長さは私より数段長くカリの部分が本当にマツタケのようにポコっとしている肉棒でした。
彼はその肉棒に手を差し伸べ、妻の開かれた脚の中央部分に目をやりながらゆっくりと扱き始めました。
「ママ?見てごらんよ。ノリさん扱いてるよ」
妻はイヤイヤと目を閉じたまま首を左右に振り、顔を背けました。
私はそんな妻を見て、妻自身私がいることに少し気を使っているかと思いました。
当然彼も私がいるよりもいない方がもっと大胆な行動に出るのではと思い、二人に自分は風呂に入るので、遠慮なく見せ合えばいいよといいバスルームへと向いました。
当然湯船に湯も溜まっているわけでもないので、自分でバスルームへ行き蛇口を開け湯を張りました。
バスルームへ行き、湯が溜まるまでシャワーを浴びて身体を温めて部屋の二人をこっそりと覗いてみると既に妻は目を開けて彼の扱くモノを見ていました。
彼は先程よりも妻に近づき、長い肉棒を大胆に扱いていました。
何やら会話をしているのですが、お湯を張る音で聞き取ることは出来ませんでした。
湯船に湯が溜まり湯を止めて湯船に入るとドアの向こうから二人の会話が聞こえて来ました。
「エッチでしょ?」
「うん。いつもそんな風にしているの?」
「ええ。いつもは○○○さんの下着を巻き付けたりしてるけど・・・」
「そうなんだ・・・私に脱いで欲しい?」
「勿論ですよ。そのパンツ脱いで僕にくれませんか?」
「変なことしない?」
「しませんよ」
その会話を聞いて二人の様子を見たくなり、そっと湯船を出てドアの隙間から二人の様子を見てみると妻は彼に背を向けてスカートをたくし上げ下着を脱ごうとしているところでした。
その光景は私のあまり元気のないモノを熱く固くし始めさせました。
自分でもその部分に血が集まるのを感じるくらいに・・・
妻は下着を脚から抜き取りスカートを元通りに戻して彼の方を向いて小さく自分の脱いだ下着を丸く丸めて彼に手渡しました。
妻から差し出された下着を今まで自分のモノを扱いていた右手で受け取り両手に持って拡げ妻の大事な部分があたっていた部分に彼は目をやりこういいました。
「○○○さん濡れてますよ」
「見ないで・・・」
妻がそう言うと彼は両手で拡げた妻の下着をそのまま鼻に押し付け大きく息を吸い込むように匂いを嗅いでいました。
「やめて・・・そんなこと」
「いい匂いしてますね。この間のものよりずっといい匂いがしてますよ」
「恥ずかしいから・・・お願いやめて・・・」
彼は左手に妻の下着を鼻に押し付け右手で、いかにも妻に見せ付けるように自分のモノを激しく扱きました。
「あ??いい匂いだ・・・○○○さん凄くエッチな匂いしてますよ」
「・・・・・・」
「濡れてるんでしょ?」
「・・・・・」
彼は今度は妻の下着を自分の亀頭部分に巻き付けて扱き始めました。
「ここに○○○さんのモノが当たっていたんですよね?あぁ??興奮する」
妻は恥ずかしそうですが、興奮しているのは確実のようです。
「○○○さんのモノ見せてくださいよ。僕だけ見せてたんじゃ・・・・」
ベットに座っている妻はゆっくりとゆっくりと脚を拡げて行きました。
妻が私の目の前で自分から私以外の男性に脚を拡げる姿を見ると私の興奮は表現できないほどでした。
今までは自分の頭の中で創造するだけのことでしたが、現実にそんな妻を見ると自分の良く知る妻だけに信じられないほどでした。
それだけでも興奮している私に追い討ちを掛けるかのように妻は大きく脚を拡げて彼を見ながら
「見えてる?わたしの恥ずかしいところ・・・」
妻のその言葉を聞いて、以前妻が自分の意思で抱かれた時も私が知っている妻とはまた別のいやらしい姿を見せていたと思うと興奮と嫉妬で私は一気に興奮の絶頂を迎えてしまいました。
私が妻の姿を見て絶頂し達した少し後に彼もまた妻の開かれた脚の中心部分に目をやり、妻の下着を擦りつけ妻に見せ付けるように厭らしい声をあげながらドクドクと白い淫液を放出しました。
「うわぁ?凄い・・・」
彼の射精を見て妻はそういいました。
確かに彼の射精は妻が見慣れている私の射精とは違い長く続きながら鈴口から大量の淫液を放出していました。
「お????」とうめくような声で最後の放出を終える彼でした。
妻を見ると本当に目を丸くした表情でそれを直視しているほどでした。
「どうでしたか?」彼は放出した後なのに未だピンと上を向いた自分の肉棒をかるく扱きながらそう言いました。
「凄いんだねノリ君は」
「そうですか?一人だともっと変なことしてるかも・・・」
「そうなんだ・・・」
「あ!すみません・・・パンツ僕ので汚しちゃいました」
「いいのよ。仕方ないわ」
私は彼の射精を見届け二人がそんな会話をしている頃に二人の居るところへと戻りました。
「すでに終わったみたいだね?」
私がそう言うと妻は慌てて開いていた脚を閉じました。
「ママどうだったの?」と私が聞いても妻は照れ笑いをするだけでした。
「今度はママの番だよ?」私がそう言うと妻は
「え??嫌だよぉ?そんなの」
しかし私と彼はそれを許さないといわんばかりに妻を厭らしい目つきでじっと見ていました。
妻は観念したかのように座っていた状態から後ろへと倒れこみ目を閉じてしっと脚を閉じたまま自分の陰部へと指を這わせて行きました。
ゆっくりとクリトリスを指で弾くように触ったり、時々指で摘まんだりと・・・・
彼を見てみると先ほど射精したばかりの長いモノをゆっくりと妻を見ながら扱いていました。
「ママ。脚を開いて思いっきりオナニーしていいんだよ?」
私がそう言うと妻は少しだけ脚を拡げ自分の指を自分の秘穴へと入れて行きました。
「あっ・・・・」
妻の我慢している声が少しもれました。
私と彼とが見ている前で自分で自分自身を慰め感じている妻の姿は私だけでなく彼をも興奮させていました。
妻が指を入れ少し動かすだけでクチュックチュクチュと音がするほど妻のそこは濡れそぼっていました。
目を閉じて眉間にシワをよせながら自分の快楽を我慢する妻の顔は一段と淫らに見えました。
私は我慢できずに妻にキスをしました。
そして上に着ているモノを逃がせブラジャーを剥ぎ取り彼の方へと投げました。
彼はそれを手に取りマジマジと見つめて、ブラジャーのカップの部分に亀頭を擦りつけ彼もまた、眉間にシワを寄せて快楽の真っ只中のようでした。
目の前で感じる妻の脚を大きく拡げて私の指で妻のその部分を広げて彼にいいました。
「これが妻の○○○○です。ビラビラも小さいでしょ?」
そういって妻にもう一度キスをしながら彼を近くに呼びました。
彼は妻の足元に近づき、私に言われるまま妻の脚を開いてその間に自分の頭を埋めていき、舌先を小さくしたようにして妻にクンニをし始めました。
妻の舌先が軽く触れただけで妻はビクンっと身体をのけぞらすようにしていました。
私は妻の口元へ自分の小さく元気のないモノを持って行きました・
私以外に大事な部分を目の前に晒して、そして感じている妻は、やはりどこかいつもの妻ではないような気がしました。
私では本当に感じていないのであって、今の妻の表情、感じ方が本当に感じて厭らしくなった妻なのかも知れません。
私の少し大きくなった愚息を口に咥えながら私の目の前で大きく脚を拡げ自分の一番恥ずかしい部分に舌を這わされる妻の表情は、私が今まで見たことのない淫様な表情でした。
先ほどまであれほど興奮していた私でしたが、目の前の妻を見ていると興奮はしているもののどこか冷静な部分がありました。
厭らしい音を立てながら私の妻を舐める彼は、まるでエサを与えた動物のように必死に貪りついているようでした。
妻はというと私のモノを咥えるのを辞めて眉間にシワを寄せ苦痛に耐えるともいえるほど必死に何かを我慢しているように見えました。
「気持ちいいのか?」との私の問いかけにただ声も出さずに頷くだけの妻でした。
私は妻と彼の二人をベットに残したままその場を離れソファーに一人腰掛けながら二人の行為を見つめていると、どんどん冷静になっていく自分が解りました。
現実に私の目の前で他人と情事を交わす妻を見て、自分ではもっともっと興奮すると思っていたのですが、まるでAVを見ているかのように目の前で繰り広げられる行為はそれほど私を興奮さすものではありませんでした。
妻が身体を大きく仰け反らせて始めての絶頂を迎えました。私のモノは大きくはなっていませんが鈴口からは透明の淫汁が流れ出ていました。
最初の絶頂を迎えた妻は、私の方を見ることもなく起き上がり彼の大きくなったモノへと手を伸ばし彼の顔を見ながらゆっくりと扱きだし彼に向かってこう言いました。
「大きくなってるね」
そう言う妻の表情はとても嬉しそうでした。
自分で興奮してくれる女の喜びみたいなモノを感じているように見えました。
彼は妻がそう言うと少し照れたような仕草を見せて妻の濡れた部分へと自分の手を持って行き「○○○さんもこんなに濡れてますよ」と妻を見つめそう言いました。
妻は少し顔を赤らめ照れたような仕草で彼を見つめていました。
二人はお互いのモノを触りながらしばらく見つめ合ってまるで恋人同士のように顔と顔が近づき、お互いの唇を貪りあうようにキスを交わしだしました。
今まで冷静に二人を見ていた私でしたが、激しく唇を重ねる二人を見て心臓は高鳴り身体の奥底からメラメラと嫉妬と興奮が私を襲いだし、今まで大きくなることの無かった愚息が頭を持ち上げ始めました。
そんな私を無視するかのように二人はお互いの熱くなった部分を触りながら長い長いキスを交わしながら、そして抱き合いそのままベットに倒れ込み、彼は妻の首筋から胸へかけて激しくキスを。
妻は大きな声をあげるほどではありませんが、息遣いも荒くなり耐え切れなくなったのか彼の頭を両手で抱きかかえるように持ち上げ自分の方へと向かせて見つめあい、そして二人はまたキスを交わすのでした。
妻はまるで子供を見るような優しい眼差しで彼を見ながら彼を押し倒しビンビンになって張り裂けそうになった彼のモノを手で持ちそっと口に含みました。
その時でした二人を見ている私を妻は彼のモノを咥えながら目を見開き私を挑発するかのような目で見つめました。
妻の目をじっと見つめる私に妻は目でこれが欲しいのと訴えるようでした。
私は何も言わずに首を縦に振ると、妻は彼のモノを咥えるのを辞めて彼にそっとキスをして自分から彼の上に跨り自分の淫穴へと導きました。
妻のその部分が大きく開かれながら淫唇が彼のモノに巻き付くようにして彼のモノを飲み込んで行きました。
全てが収まったとき妻の口から
「はぁ???ん」と声が漏れ、ゆっくりと自分で腰を使いながら彼のモノを出し入れする妻の姿はやはり私が知っている妻とは違うように見えました。
なぜか私はまた興奮が冷め冷静になって行くのでした。
彼の上で激しく自分から腰を動かし妻の中から出入りする彼のモノには妻から流れ出る白い淫液が流れ落ちだしています。
「あぁ?ん気持ちいい? あぁ?」と何度も何度も歓喜の声を上げ、
「ノリ君!逝っちゃうよ」と言うと今まで上下に動いていた妻の淫穴が彼のモノを奥深くまで飲み込んだまま今度は自分の腰を前後に激しく振りました。
「ダメ!逝っちゃう!!」妻は大きな声でそう叫び絶頂を迎え、そのまま彼のモノを抜いて後ろに倒れて自分から脚を開き
「ノリ君!付いて!」と彼に言いました。
彼は起き上がり自分のモノを掴み妻の中に入れ、激しく妻を突きました。
「あん!凄く気持ちいい?? 凄い??」以前社長さんに抱かれたときに電話から聞いた妻の声のようでした。
「凄い!もっと!もっと! お願いいっぱい付いて!」そう言う妻に彼は今まで以上に激しく妻を攻め最後の瞬間を迎え
「僕も逝きそうです」といった瞬間妻の中から自分のモノを引き抜き、慌てたように妻のお腹を跨ぎ、妻の胸の上で妻の淫液で真っ白になった自分のモノを扱き、妻の顔を見ながら
「おぉ????出るぅ??」とうめきながら彼のモノから白いモノが放たれました。
妻の胸から首筋まで彼のモノから勢い良く発射された白い精液が何本も何本も描かれていきました。
妻も同じように絶頂を迎えて妻のそこからは透明の淫液が迸っていて、そして彼の袋からも妻から放出された淫液がポタポタと流れ落ちているのが見えました。
私との行為であれば妻はすぐにティッシュで自分の身体を拭きだすのですが、そのときの妻は彼に抱きつきキスを交わすのです。
私には妻が彼に抱かれる行為よりも、彼と抱き合いまるで愛し合っているようなキスを交わす行為の方が、言葉では言い表せない程の興奮と嫉妬が襲いました。
当然私との行為と私以外の男性との行為がどこか違うように見えるのは仕方のないことなのでしょうが、私が見慣れている妻の仕草や表情が違う妻に興奮と嫉妬を感じました。
その後二人は別々に風呂に入り少し話をしてホテルを後にしました。
家に戻って私の知る普段の姿に戻った妻を見ていた時、さっきまでの彼との行為が私の頭の中に浮かび上がった瞬間、私の中に今までに感じたことの無いほどの興奮が私を襲うのでした。
この妻が・・・・さっきまで・・・と思えば思うほど嫉妬と興奮でいっぱいになる私でした。
その後、子供達が寝ているのにもかかわらずに妻を押し倒しそのまま妻の中に挿入し
「ママ感じたのか?」と私が聞くと妻が
「気持ちよかった・・・」と私に少し罪悪感でもあるかの様に答える妻に愛しさと少しの腹立たしさを覚え、一気に私は果ててしまいました。
「パパ興奮してくれたんだね・・・よかった・・・」
その一言がそのときの妻の本音だったのでしょう。
「え?興奮してくれってって?」
「うん・・・またパパが誤解や変に思っていたらどうしようかって少し不安になったから」
「そっか。今回は自分なりに少しは成長したと思っているから大丈夫だよ」
「私はパパが喜んでくれるならそれでいいの」
「喜んでいるけどさぁ? ママは結構興奮してたんじゃない?」
「え???そう?? パパが見てるって思うと・・・」
「そうかなぁ??いつものママより凄かった気がしたけど」
「演技、演技(笑)」
妻は少し照れくさそうに私にはそう言いましたが、妻の中で何かが変わったように私は感じたのです。
妻は確かに私との性生活で不満を持っているようには思えませんが、彼との交わりで妻は間違いなく私との違いを感じたと思います。

次の日に私は妻に彼と二人で出かけてくればと妻に話を持ちかけると妻はどことなく嬉しそうにしていました。
「ママはノリ君は嫌なタイプなの?」
「ううん。嫌でもないし良いでもないよ」
「嫌じゃなければ今度は二人だけでゆっくりしてくれば?」
「二人っきりで?」
「うん。その方がノリ君も気を使わないでいいんじゃないかな?」
「パパはいいの?」
「俺は大丈夫さ。ママの帰りをムンムンしながら待ってるよ。興奮しすぎて鼻血でたりして」
「何よそのムンムンって(笑)」
「ムラムラを通り越してって感じ(笑)」
「変態!!」
「はい。十分変態ですが?何か?(笑)」
「ハイ。ハイ解りました変態さん。パパがそうして欲しいならそうします(笑)」
「お願いします。それより今からノリ君に写メール送ろうよ」
「えぇ?また変なの送るの?」
妻はそう言いましたが膳は急げで私は妻を寝室に連れていき早速携帯で撮影することにしました。
「ママ。そこにもたれて少し脚を開いてよ」
「えぇ? 恥ずかしいよ」
「いいからいいから」
妻は寝室の壁にもたれ膝を立て体育座りのような形から少しづつ脚を開いて行きました。
「もう少し! うん。OK」
妻の薄紫のスカートが少しめくり上がり妻の脚の間からブルーの下着が見えているのを確認して携帯で撮りました。
「もういいでしょ?」
「もう1枚だけお願い」
「もう!これで終わりだからね」
「うん。じゃぁ今度はM字開脚して」
「バカ!!そんなの恥ずかしくって出来るわけないでしょ!」
「それ以上のことしたでしょ?それくらいサービスサービス」
妻にそう言うと妻はそのまま脚を開き顔を照れ隠しかのように俯いたまま
「パパ?早く撮ってって・・・」
そう恥ずかしそうに言いました。
私は携帯では物足りなく思いデジカメを慌てて準備してその1枚を撮りました。
「あのぉ?もしよろしければパンツも脱いでいただければ光栄なのですが?」
「本気?」
「はい。本気でございます。そのためにデジカメ用意させていただきました」
「嫌っていっても許してくれないよね?」
「勿論です」
「パパの変態!!もうしらないからね!」
妻はそう言って観念したかのように立ち上がり後ろを向きながらスカート少しめくり上げ屈むようにして脚口から自分の下着を抜き去りそっと畳んで横に置き、自分から床に座り脚を拡げました。
「パパ恥ずかしいからマジマジと見ないでって・・・」
そう言う妻を無視するように私は慌ててシャッターを切りました。
妻のそこは確かに光って見えました。恥ずかしさからか興奮しているに間違いはありませんでした。
デジカメを置いてそっと妻に近づきキスをして光るその部分に指で触れるとそこは抵抗もなくすんなり私の指を飲み込みました。
「あん・・・だめだって・・・」
「ママ・・・こんなになってるのはどうして?」そっと耳元で囁くと
「わかんない・・・」
「写真に撮られることに興奮したの?それともノリ君に見せる事に興奮したの?」
「いやん・・・パパ許して・・・」
妻はそう言うと私の指だけで逝ってしまいました。
「ママもう逝っちゃったの?」
「・・・うん」
「興奮してるんだね?」
「わかんない・・・勝手に・・・」
「ママはエッチだね・・・」
「パパそんなこといわないで・・・」
「さぁ?このエッチなママの姿ノリ君に見せてあげなよ」
「・・・やだ・・・恥ずかしい・・・」
「恥ずかしいから興奮するんだろ?」
「・・・・・・・」
妻は何も答えないので、私はデジカメの写真ではなく携帯で撮った写メを妻の携帯に送り、ノリ君に送るよう言いました。
妻は何やらブツブツと言いながら私に言われるままメールを送りました。
「ママ?怒っているの?」
「怒ってないけどパパは私を虐めて喜んでいるでしょ?」
「そんなことないって。ただ楽しんでいるかも(笑)」
「それを喜んでいるって言うの!!ホントパパは意地悪なんだから」
妻とそんな会話をしていると早速ノリ君から返信がありました。
ノリ君からのメールでは二人だと私に悪いので、また3人ならOKとの内容でした。
妻と相談してその週の金曜の夜に3人で会うことにしました。

金曜は朝から私も妻もどことなくワクワクドキドキしているのは間違いありませんでした。
「おはよう」と私が妻に声をかけると妻は
「おはようパパ??」と何やら意味深にも思えるような笑みを浮かべていました。
私はドキドキしながら家を出て昼休みに妻に
{今日の下着はセクシーなものにすれば?}と妻にメールをするとしばらくして妻からの返信は
{そんなの持ってません!}でした。
{じゃぁ今から買いに行ってくれば?}と送ると直ぐに
{どんなのがいいのかな?}と戻ってきたので
{ママがいいと思うのを買ってくればいいさ}とメールを送り仕事へと戻りました。
私は仕事を終えて妻と待ち合わせをしている場所まで急いで向かいました。
駅の改札を出たところで妻を見つけたとき一瞬ドキっとするほどでした。
黒のニットっぽい超ミニスカートにロングブーツを履いてファーの付いたダウンを着て私を見つけて手を振っていました。
私がいったいどうしたのと言わんばかりの表情で近寄っていくと妻は照れたように
「どう?変身したでしょ?」と上目使いに私を見て言う妻の化粧もいつもの薄めの化粧ではなく少しどこか違って見えました。
「いったいどうしたの?」
「パパがあんなメールをお昼にしてくるから○○○(娘)の服借りちゃった(照笑)」
「えぇ??そこまでしちゃう???」
「変かな?」
「ううん。結構いいかも(笑)」
「パパが良いって言ってくれるのならそれでいいよ」
「下着は?」
「買いました」
「着けてるの?」
「うん」
「どんなの買ったの?」
「ひ・み・つ(笑)」
妻はそう言って私に腕を組みノリ君と待ち合わせをしている店へと案内してくれました。
店へ到着するとノリ君は既に店に来ていました。
「こんばんは」と私達が言うと
「こんばんは。今日はすみません」と少し緊張しながら私達に挨拶してくれました。
「二人だけで会えばよかったのに」私がそう言うと
「いえいえ。ご主人を差し置いてそんなことはできませんよ。この間のことでも申し訳なく思っているのに」とノリ君が一気にビールを飲み乾しながらそう言いました。
「遠慮することはないよ。妻も私も楽しんでいるんだから」
「それなら安心ですけど」
「今日の妻は凄いだろ?」
「ええ。一段と綺麗に見えますよ」
「コラ!ノリ君!!そんなことおばさんに言うのは失礼だよ!」
「いえいえ凄く目だってますよ」
「いやぁ?ただのケバイおばちゃんだろ?(笑)」
私がそう言ってノリ君と笑うと妻は口をとがらせ頬を膨らませムッとした表情で私達を睨んで
「どうせおばさんですよぉ?いいもん。」とすねた子供のようでした。
「今日は息子は友達の家に泊まりに行って、娘は息子がいないので家に友達を泊めるみたいなんですよ。だから私達二人はゆっくりできるので」と私が言うとノリ君は
「私はいつでも自由です」と言って私達を和ませてくれました。
食事を済ませ3人で色々とコンビニで買い物をしてホテルへと向いました。
その後ホテルで私は容姿だけ変わった妻ではなく、熟女の悩ましさと性への大胆さに目覚めた妻を目の当たりにすることになるのでした。

ホテルに着いた私達は、途中で買ってきたビールで再び乾杯しお互いの緊張を解しました。
一番落ち着いていなかったのは、やはりノリ君でした。
「ノリ君緊張しているのかな?」
「え?そんなことはないと思うのですが・・・・」
「いやぁ?さっきから口数が少ないように思うよ?」
「さすがにホテルに来ると何か変な気持ちになってしまうもので・・・」
「あはは。変な気持ちってエッチな気持ち?」
「え・・・それは・・・」
ノリ君は妻の方をチラッと見て恥ずかしそうにそう答えました。
妻の方は私とノリ君をにこやかな表情で見ているだけで特にソワソワしたり緊張したりしているようには思えませんでした。
「そうだ!ノリ君の緊張を解すのに二人で一緒に風呂でもどうだ?」
私は妻とノリ君にそう言いました。
二人は一瞬、え??って表情で私を見ましたが、妻がノリ君を見て「ノリ君はこんなおばさんと一緒にお風呂なんて嫌だよね??」と少し脅しのように言いました。
「いえいえそんなことはないですよ。嫌っていうより大歓迎ですが(笑)」
「じゃぁ二人で入っておいでよ。けど二人に注文があるんだ」
私がそう言うと妻は
「どうせ変な注文でしょ?」と私に目で変な事は言わないでと訴えるようにそう言ってノリ君の隣に座りました。
「私の前で先にノリ君が素っ裸になって、そして妻を脱がせてから風呂へ行って欲しいんだ」
「マジ??そんなの恥ずかしいよね?ノリ君?」妻はノリ君の顔を覗き込むように見てそう言うと
「わかりました。ご主人の言うとおりにします」
妻はそういうノリ君に少し驚いていましたが、妻の横で早速上着を脱ぎジーンズを脱いでトランクスまで脱ぎ出すノリ君をマジマジと見て、時々私の方をチラチラと見るのがわかりました。
ノリ君が素っ裸になって妻の前に向き
「さぁ?今度は○○○さんの番ですよ」といい妻の手を取り立たせて上着のボタンをはずし出しました。
「えぇ?恥ずかしいよぉ?自分で脱ぐからさぁ?やめてお願い!」と身体をクネクネとさす妻に
「ダメですよ!ご主人の命令ですから!」そう言って今度は嫌がる妻のスカートのホックをはずそうとします。
妻のスカートのホックをはずし、ファスナーを下ろすと妻の足元へニットのミニスカートが落ちました。
黒のパンスト越しに黒いレースで覆われ白い刺繍の花が施された下着が現れた瞬間、今までだらんと垂れ下がっていたノリ君のモノが頭を持ち上げ出しました。
「おお!!ノリ君立ってきたな!」と私が言うと妻は今までノリ君の変化した部分をチラチラ見ていたのに、目をそらすように天井を見つめました。
「おいおいママ。今まで見ていたのにどうして目をそらすんだよ?(笑)」
「え?何のこと?」
「ママは白々しいなぁ?ノリ君の大きくなってきたじゃないか?見てたよね?」
「もぉ?変なこといわないでよ」
そんな妻をノリ君はなにもしゃべらずに黙々と妻を脱がせて行きます。
妻の着ていた黒のキャミソールを脱がすと下とお揃いの黒のレース地に白い花の刺繍の施されたブラジャーを少し眺めてからホックをはずし妻の両腕からブラジャーを抜き去りました。
それほど大きくない、歳の割にはまだ形のいい妻の乳房がノリ君に目の前に晒されました。
そして今度はとても恥ずかしがる妻を無理やり押さえ込んで黒のパンストを脚から抜き去り、Tバックだった下着も妻の脚から抜き去りました。
妻は恥ずかしそうに右腕で胸を隠し、左手で少し手入れした陰毛部分を隔してしまいました。
「ノリ君?妻を脱がせてどうかな?」ノリ君は私がそう言うと私の方へと振り返り
「○○○さんとても素敵ですね」そう言ってまた妻の方へ向き直り妻を見つめました。
「ノリ君 妻は今君が脱がせた下着を君のために買って身に着けてきたんだよ?」
「え?そうなんですか?嬉しいな。とてもエッチぽくっていいですよ。○○○さんに良く似合ってます」
ソファーに置かれた妻の下着に目をやるノリ君に
「手にとって好きにしていいんだよ?いや、好きにして妻に見せてやって欲しいんだ」
「わかりました」
そう言ってノリ君は妻のソファーに置かれた妻のTバックを手にして妻の目の前で厭らしい愛液が付着しているであろう部分をマジマジと見つめてまら目を閉じて自分の鼻へと。
「やめて!ノリ君・・・汚いから・・・」
妻はノリ君の手から自分の下着を奪おうとしますが、ノリ君はそれを拒みそして左手で今度は妻のブラジャーを手に取り自分の固くなったモノに巻き付けるのでした。
妻は以前にも見た光景でしたが、今度は以前とは違ってその場に崩れ落ちノリ君を見ていました。
ノリ君は今度はブラジャーを鼻に持っていき、黒のTバックを自分のモノに巻き付けて擦りはじめました。
「○○○さんのいい匂いがしますよ」
「いや・・・やめて・・・そんなこと・・・」
「ママノリ君の物を自分の履いていたTバックで扱いてあげなさい」
私がそう言うと妻はまるでノリ君のモノに引き寄せられるように自分で自分のTバックを持ちノリ君のモノを扱き始めました。
「気持ちいい?」
ノリ君を見ながらそう言う妻に
「はい・・・気持ちいいです・・・」とノリ君妻を見てそう言った後に私の方も見ました。
妻が興奮しているのも私にはよくわかりました。そんな妻に
「ママ?ママは濡れてるんだろ?」
私の問いかけに素直に自分の指で確かめる妻に私は少しビックリしました。
「パパ・・・濡れてるかも・・・」
「そうなんだ。ママはノリ君のを見て興奮してるんだろ?」
「そんなこと・・・聞かないで・・・パパ・・・」
「じゃぁ俺はお風呂を貯めてくるからしばらくノリ君のを扱いてあげて」
私はそう言って風呂場へお湯を張りにいきました。
風呂の栓をして蛇口をひねり熱い湯を勢い良く出して二人のいるところへ戻ると私は驚きました。
妻はノリ君のモノを愛しそうに自分の口に含み、そして袋を手で優しく撫でるように愛撫していました。
ノリ君は気持ち良さそうな表情をして目を閉じています。
何も言わずにそのまま二人の近くに私は腰を降ろしてその光景を見つめました。
妻は私の存在など無視するかのようにノリ君の手を取り、まだ湯も溜まっていない風呂場へと向いました。
二人が風呂場へと向かって直ぐに妻の悩ましい声が響いて私の耳に飛び込んで来ました。
「ノリ君すごぉ?く硬い・・・」
「あぁ?ん これ気持ちよさそぉ?」
「ダメですよ・・・ご主人に怒られちゃいますよ」
二人の会話を聞いて私は二人のいる風呂場へと自分も服を脱ぎ行きました。
ドアを開けると激しく厭らしいン音をたてながらノリ君のモノをしゃぶる妻の姿は、私が今まで見た中でも一番かと思うほど悩ましい妻でした。
「ご主人すみません・・・」
「いいんだよ。ママ!興奮してるのか!」
「パパ??!これ欲しいのぉ?」
「これってなんだ?」
「ノリ君のお○ん○ん??」
妻は叫ぶように私を見てそう言いました。
「お○ん○んじゃないだろ?」
「いやぁ?そんなこといえない・・・」
「じゃぁ入れるのはダメだ!ノリ君!妻に言わせてやってくれ!」
「わかりました。○○○さん?僕の何が欲しいの?」
「お○ん○ん・・・・」
「違うでしょ?」
「これ・・・」
「これって?何?」
「言えない・・・許して・・・」
「じゃぁ上げない」
「やだ・・・欲しい・・・」
「じゃぁ言ってごらん?」
「・・・チ○ポ・・・」
「チ○ポ?」
「うん。ノリ君のチ○ポ・・・」
「どんなチ○ポ?」
「硬くって・・・」
「硬くって?」
「硬くって厭らしい・・・チ○ポ・・・」
「厭らしいの?」
「うん・・・厭らしいの・・・硬くなって可愛そうな程、先っぽから出てる厭らしい・・・チ○ポ・・・」
「何が出てるの?」
「・・・我慢汁・・・」
「ノリ君入れてやってくれないか?」
私がそう言うとノリ君は妻を立たせて後ろを向かせ、そのまま一気に挿入しました。
ノリ君のモノが妻を押し広げくわえ込んだ瞬間に
「あぁ??凄い??気持ちいぃ? パパ??気持ちいい・・・」
私は妻の前に行き自分のモノを妻の顔へと持って行きました。
「ママ これとノリ君のとどっちが気持ちいいんだ?」
「あぁ??ん そんなこといえない・・・」
ノリ君は私と妻との会話を聞き妻をより一層激しく突き上げます。
「あぁ???こわれちゃうぅ??パパ???気持ちいいのぉ??」
「これは欲しくないのか?」
私は自分の硬くなったモノを妻の前にもって行きました。
「どっちも欲しいのぉ?? あぁ??許して!! ダメ??逝っちゃう??」
「どっちが気持ちいいんだ!!」
私は激しい嫉妬と興奮のあまり、妻の髪の毛を鷲づかみにして荒々しく聞きました。
「あぁ??ん ゆるしてぇ?? パパ?? 言えない??」
「言うんだ!!」
「あぁ??いくぅ??? パパ??だめぇ??!!」
「どっちなんだ!!!」
ノリ君が凄い勢いで妻を攻めます。
「あぁ?? パパ??ごめんなさい?? ノリ君の!! ノリ君のがいいぃ??!!! あぁ???いくぅ???!!!」
妻がそう叫んだ瞬間にノリ君のモノを自分の中から押し出し、そして同時にビュッっと大きな音とともに風呂場のタイルに勢い良く飛び散る潮を噴かせて上り詰めました。
ノリ君は抜けた自分のモノをもう一度妻の中に入れピストン運動を始めます。
「やめてぇ?変になっちゃう?? また頭が真っ白になるのぉ???」
そんな叫ぶように言う妻を見て、私の興奮は極限へと達しその場で射精してしまいました。
「あぁ??ん? パパ??!! パパは私を見て逝ってくれたのぉ?? もっと見て??私のエッチな姿??」
妻はまるで別人のような目をして私にそう言うのでした。
「見てるよママ 凄く厭らしいね。そんなにいいのか?」
「う??ん いいのぉ??? 凄くいいのぉ?? あぁ???変になっちゃう??」
ノリ君はまた妻を激しく攻めます。
「あぁ??またきちゃうぅ??? ウグゥ??ダメ???」
いつもなら射精した瞬間に興奮が一気に冷める私でしたが、妻のその姿を目にしてまたもや興奮が襲って来ました。
自分でもビックリするほどに元気のなかった愚息がまたもや大きくなり始めました。
そして歓喜の声を叫ぶように上げながら何度も何度も逝く妻の姿は今まで見たこともなかった姿でした。
それは淫らであっても綺麗で、とても愛しく思える妻の姿ではありましたが、妻の身体はドンドンと変化していくのでした。
妻が何度目かの絶頂を迎えようとしているとき妻の口から
「ノリ君お願い・・・逝って・・・お願い・・もうダメ・・・」
妻は荒々しく息をしながらノリ君にそう言いました。
「逝ってもいいですか?」
「うん・・・あぁ??一緒に来てぇ??お願いぃ??もぉダメ???」
ノリ君が最後の力を振り絞るかのように激しく妻を突き上げ、そして目を白黒させるかのように声も上げなくなった妻を見ながらノリ君の口から
「逝くーーー!!」と叫ぶような声が発せられました。
それと同時に何度も何度も痙攣する妻を見て、私は自分の知る妻ではないような気がするほどでした。
ノリ君はそのまま妻の上に倒れ込むようになり妻の唇に自分の唇を重ねました。
私がいるのに妻とノリ君はそのまま抱き合い、ゴムをはめてはいるものの妻の中に挿入したまま何度も何度も音を立てながらの激しいキスでした。
キスをしながらも妻の口からは、悩ましい声が漏れていました。
私ですら今までそのようなキスを交わしたこともないような妻の求めるようなキスに、私は妻を疑うと言う気持ちより自分自身が情けない気持ちに襲われ、そして興奮が冷めて行きました。
寛大な気持ちと妻を信じる気持ちがないと、このような遊びはしてはいけないものと前回のことで解ってはいるものの、目の前の二人の激しいキスは、私にとってはどうしようもない気持ちにされました。
ようやく妻とノリ君が二人の世界から私に気が付いた頃には私の愚息は小さくなって、情けないモノになっていました。
「パパ?どうしたの?」
妻が私の異変に気が付き声を掛けてきました。
「ううん。大丈夫だよ あまりに二人のキスが激しかったから・・・」
妻は私に近づき
「パパごめんね。辛かった?」そう言って私を抱きしめてキスをし、そっと私の小さくなったモノへと優しくそっと手を伸ばし袋から竿へと撫でるような愛撫をしてくれました。
それを見たノリ君は気を使ったのか私達に風呂へ行くと告げ風呂場へと行来ました。
「パパ?いじけてたでしょ?」
私の顔を覗き込みながら優しく私のモノを撫でるよう愛撫しながら妻がそう言いました。
「いじけてないよ。ただあんなキスをママとしたことないなぁ?って思ってた」
「そうだね・・・自分でも不思議なくらいだった・・・」
「そっかぁ? けど俺は大丈夫だよ」
「うん。パパごめんね。ノリ君がパパより好きとかじゃないからね絶対に」
「わかってるよ」
妻にそうは言ったものの私の中ではひょっとすると私では妻を感じさせてやることが無理なのではと思ってしまう私でした。
自分のモノに自身がないのではなく、私とのセックスは今まで何だったのか・・・そんな思いでした。
ノリ君が風呂から出て来ると妻が今度は風呂へと向いました。
「妻はどうだった?」
「よかったです。○○○さん凄く敏感ですよね?」
「いやぁ?あんな妻を見たのは始めてだよ」
「そうなんですか?いつもあんなに激しいのかと思ってました」
「いつもはあんなに乱れないよ・・・」
「奥さんが出てこられる前に此処から退散しましょうか?お二人だけで過ごされた方がいいのでは?」
「申し訳ないがそうしてくれるかな?ノリ君がよければ」
「ええ私は全然かまいません。ただお二人の関係がこのことによってギクシャクしては申し訳ないので」
「それは大丈夫さ。気にしないでいいよ」
「そうですか。では○○○さんによろしくです」
「すまないね。また連絡させますよ」
ノリ君は私達に気を使ってホテルを後にしました。
「あれ?ノリ君は?」
バスタオルを巻いて出てきた妻はノリ君を探すように私にそう言いました。
「あぁ先に帰ったよ。俺達に気を使ってくれて」
「そうなんだ・・・きっとパパが少し変だったからだよ」
「そうかな?」
「そうだって。パパ本当に変だったもの」
「だってさぁ?二人共終わったのに激しいキスしてるからさぁ?」
「パパ?ヤキモチやいてるの?(笑)」
「やいてない!」
「やいてる!」
二人でそんな会話をしながら残っていた缶ビールを開け呑みました。
「ママは何か変わった?」
「う??ん。どうかな?前よりはエッチになったかも(笑)」
「確かにエッチだな。感じ方も凄いし・・・」
「そうかなぁ??パパの方が気持ちいいよ」
「いや!それは違う!」
「違わないって!!」
「じゃぁ試すか?」
「うん。パパ抱いて」
私は妻を押し倒し身体に巻き付けているバスタオルをはずし、妻の乳首をしゃぶりながら陰部へと手を伸ばしました。
そこは未だヌルッとした感触を残しているほど潤い私の指をすんなりと向かい入れるほどでした。
妻も私の反応しだした愚息へと手を伸ばし激しく扱き出しまし、
「パパ・・・これちょうだい」そういって私を求めて来ました。
私は、先ほどのノリ君と妻との行為を思い出しながらするセックスは最高のモノでした。
「ノリ君のお○ん○んが・・・私の中でピクピク・・・してた・・・」
妻のその言葉を聞いて私は一気に射精感に襲われ妻のお腹から胸へとかけて白い淫液を飛び散らせました。
しかしそのときの妻は何度か逝ったものの、ノリ君との時のようには激しく乱れることありませんでした。

それから2日ほどして会社から家に帰った私に妻が
「明日ノリ君と逢ってもいいかな?」と突然妻から聞かれました。
「どうしてそんなに急に?」
「ノリ君と今日電話でお話したの」
「そうなんだ。で?なんて?」
「ううん。特になんでもない話だったよ。パパにも連絡あったでしょ?」
「あぁ あったよ。この間はどうもって」
「パパに電話したって言ってたから」
「ノリ君が遭おうって?」
「ううん。私が誘ったの」
「はぁ??なんで?」
「ノリ君としたくなっちゃった(笑)」
「え???したくなっちゃったって???」
「うふふ・・・セックスはスポーツです!ってよく言うでしょ(笑)」
「ママ・・・・マジで言ってるの?」
「えへへ パパビックリしてる?」
「ビックリってより・・・」
「あはは 冗談!冗談!」
「冗談なのか?」
「さぁ??どうでしょ? うふふ どっちにしてもノリ君と逢ってもいいかな?ダメ?」
「う・・・ん いいけど・・・」
「じゃぁ決定ね!!」
「けどさぁ?ママがノリ君に逢いたい理由って・・・エッチがしたいから?」
「パパったらぁ?どうしてそうなるのかなぁ???パパは心配なの?」
「いやそうじゃなくって・・・ママがどんどん変わっていくような気がして・・・」
「パパはそれが望みじゃないの?心配しなくっても私はパパが一番だよ」
妻はそうは言ってくれましたが、私の中には妻が何処かへ行ってしまうような気がしました。

ノリ君と逢う約束をした前の日の夜に妻と少し話をしました。
「ママ?もしさぁ?俺が明日行くの辞めて欲しいって言えば辞めてくれる?」
「勿論だよ。パパが嫌なら行かないよ パパは嫌なの?」
「嫌って言うより・・・ママが何処かに行ってしまうような気がして・・・」
「パパ!!それは絶対ないってば 私はパパが一番好きだよ」
「それは解ってるけど・・・」
「ノリ君としたくなったって言ったのはさぁ?その後、パパが嫉妬して無茶苦茶に抱いてくれるのが好きなの。だからだよ?」
「わかった。けどもしも本当にノリ君とのセックスだけが目的になったときは必ず言ってくれよな」
「うん。わかったよ。それはたぶんないけどね(笑)」
次の日の夕方、仕事を片付けて帰宅しようかとしている頃に妻からメールがありました。
{パパ??行ってきまぁ??す^^v}
私は会社を後にし、家路へと向かう道中にノリ君に電話をしました。
「もしもし○○です。今日は妻がお世話になるみたいで」
「いえいえこちらこそ申し訳ありません」
「まだ妻とは逢ってないですよね?」
「ええ。今待ち合わせ場所へと向かう途中ですが何か?」
「少しお願いがあるのですがいいですかね?」
「ええ。いいですよ」
「妻とのエッチの時に携帯で写真を撮って私の携帯に送ってもらいたいのですが」
「え??いいのですか?」
「ええ 妻に撮らせて欲しいと言ってもらい妻がOKすればですが」
「○○○さんが嫌だと言えば撮らなくてもいいんですね?」
「ええ勿論です。けどなんとか説得して撮ってもらいたいのですが。たとえば挿入前に撮らせてくれなければ入れてあげないなんて言って」
「解りました・・・それより○○さんいいのですか?本当にこんな関係を続けさせていただいても」
「自分でもよくわかんないんですよ。けど嫌ならきっちりとお断りします」
「わかりました。必ず言ってくださいね。では」
私は家に帰り妻の用意してくれた夕飯をあてにビールを呑んでいるときに携帯にメールの着信音が鳴りました。
携帯を手に取り確認するとそれは妻からのメールでした。
{今ノリ君と食事してます。パパが嫌なら食事だけで帰るよ?}
私は慣れない手つきで妻にメールを送り返しました。
{ママが食事だけでもいいのなら帰ってくればいいよ。無理にしてこなくってもすでにパパは興奮気味です}
そうメールを送り返しても妻からの返事は待てども待てどもありませんでした。
なぜ返事が帰ってこないのか・・・やはり妻はノリ君としたいのか・・・それともメールの返事がないのは食事だけで帰って来るということなのか・・・
私は落ち着くことはできませんでした。
どこかで「ただいまぁ?」と帰ってくる妻に期待しながら待ちました。
しかし期待とは裏腹に12時を過ぎても妻が帰って来ることはありませんでした。
やはり今日はノリ君としてくるんだなと確信したとき私の中でムラムラといつもの嫉妬と興奮が襲ってきました。
先ほどまでの不安な気持ちが何処かへ飛んでいってしまったかのように。
子供達が自分の部屋へと行ってから私はおもむろに自分の愚息に手を伸ばし以前にノリ君に抱かれたときの妻をダブらせて今の妻の様子を一人想像してしまうのでした。
妻の帰りを待ちながら今ごろ妻は・・・と想像するこのときが私にとって一番の興奮のときなのかもしれません。
妻はノリ君の肉棒で突き上げられ、何度も何度も歓喜の声をあげながら・・・と想像するたびに私の愚息はビンビンになっていき若い頃のように先からは我慢汁がドンドンとあふれ出して来るのでした。
そんなときに私の携帯にメールの着信音が・・・・
妻からの帰るメールかと思い携帯を見るとそれはノリ君からのメールでした。
{○○○さんに送っていくと言ったのですが一人で大丈夫といわれたもので・・・しばらくするとお帰りになられると思います。例の件ですがうまく行きました。直ぐに送りましょうか?}
私は直ぐに返事をしました。
{そうでしたか・・・妻は了承したのですね・・・よければ送っていただけますか?}
5分ほどしてノリ君からメールが届き{全部で5枚とりました。とりあえず送ります}と書かれてあり添付された写真をダウンロードしました。
その間何秒かのことでしたが、私の心臓は張り裂けそうなくらいの鼓動を打っていました。
ゆっくりとダウンロードされた写真を携帯で上から順番にスクロールしていくと1枚目は妻が全裸で恥ずかしそうに照れ笑いしながら、恥毛部分を手で押さえている写真でした。
2枚目は上半身が写っていて妻が歓喜の声を上げているのが感じ取れるほど悩ましい顔の妻の表情の写真でした。
3枚目はノリ君の肉棒が白く妻の淫液で汚れながら妻の淫穴へと挿入されている写真でした。
4枚目は妻がノリ君の上に乗って腰を振りまくっているのか下からのアングルで長い髪を振り乱し、ノリ君の左手で胸を揉まれ、携帯を見つめ眉間にシワを寄せ感じる仕草の妻の姿でした。
そして5枚目はノリ君の肉棒を口に咥えながら愛しそうな眼差しで見つめる妻の口元にはノリ君から放出された白い淫汁が漏れ、妻の首筋や髪の毛にもそれが飛んでいるのがわかる写真でした。
私は5枚目の写真を見た瞬間、私の愚息からも夥しい程の白い淫汁が何度も何度も脈を打ちながら放出され、いつもより長い射精感が私を襲いました。
ソファーにもたれて子供達がいつ降りてくるかも知れない状況なのに、私はそのままの姿で方針状態になり、ただ天井を見つめるだけでした。
どれほどの時間が経ったのかわかりませんでしたが
「ただいま・・・」と妻が小さな声で言いながら玄関のドアを開け帰って来ました。
射精したままの姿でボォ?ッとしている私を見て妻が
「パパ・・ただいま・・・ごめんね」
そういって私のおでこにキスをしてくれました。
妻は何も言わずにタオルを濡らしてきて、私のそこらに飛び散った白い淫汁を綺麗に拭いてくれ、私の傍から離れませんでした。
そんな妻のスカートの中に手を入れるとあるはずの下着がありませんでした。
「ノリ君にパンツあげたのか?」と私が聞くと妻は何も答えずに私の頭を強く抱きしめ、そして激しく私の唇にキスをしてくるのでした。
私にキスをする妻をそっと見てみると、その目からは涙が頬に一滴こぼれ落ちて行くのが私の目に映し出されていました。
「ママどうしたの?何かあった?」
「ううん何もないよ・・・」
「じゃぁどうして泣くの?」
「・・・・・・」
妻は俯いたまま、しばらく何も言わずに唇をかみ締めるように大粒の涙を流し俯いた顔を上げ私に言いました。
「私にもよくわかんないんだけど・・・帰って来てパパを見ていると涙が出てきちゃったの・・・」
「だからどうして?俺の情けない姿見たからか?」
「ううん・・・違う・・・もしもね私とパパが逆の立場なら私はパパと同じように待っていれたかなって考えると涙が出てきたの」
「ママは逆の立場ならどうだった?」
「私はきっと耐えられない・・・今でもパパと他の人がって考えると嫌だもん」
「俺は単に変な性癖があるだけだよ」
「変なの?私はパパがどんな気持ちで私のことを待っててくれたかって思うと・・・それなのに私は・・・」
「いいじゃないか俺がそうして欲しいんだから」
「私ねパパにセックスはスポーツですって言ったでしょ?」
「あぁ ママからそんな言葉が出るなんて思いもしなかったからビックリしたよ」
「けどね私にはやっぱりスポーツには思えない・・・ノリ君のことを愛してるとかじゃないよ。けどね私はその時はノリ君を好きになってるの・・・」
「また好きになったのか?」
「ううんそんなのじゃない・・・ノリ君に会ってるときにパパのこと忘れてる・・・そして抱いて欲しいって思ってしまうの・・・」
その言葉を聞いて私は妻を抱きしめ、妻の頭の天辺から脚の指先まで妻の全てを自分の手と唇を使いこれは俺のものだと何度も何度も自分に言い聞かせるように愛撫しました。
妻はそんな私に何度も何度も
「パパ・・・ごめんね・・・」
その言葉だけを繰り返しました。

妻の唇にキスしては
「ここにキスされたのか?」と尋ね、胸を揉みそして乳首を舌先で転がししゃぶりつくようにしながら
「ここもこんな風にされたのか?」と。
そして陰部に指を挿入して
「ここに俺以外のモノを入れたのか?」と全ての部分に愛撫しながらそう聞く私に妻はそっと目を閉じたまま頷くのでした。
妻が頷くたびに私の興奮と嫉妬は叫びたくなるほどのなんとも例え様の無いモノでした。
そんな私に妻は
「パパお願い入れて・・・」と私に催促するように言いますが私が
「ノリ君にもそんな風に言ったのか?」と聞くと
「パパお願い入れて!」と先程より荒らしく息をしながらそう言います。
「言ったのか?」
「わかんない・・・」
「言ったんだろ?どうなんだ?」
「言ったよ・・・」
私はこれ以上動けない程腰を振り妻の陰部目掛けて自分の愚息を出し入れします。
「パパ許して!お願い・・・」
「もっと激しく突かれたのか?どうなんだ!!」
「わかんないよ・・・あぁ?んパパ許して」
「どっちが激しいんだ?」
「わかんない!!! パパ!!!逝っちゃうよぉ???」
妻のその言葉を聞いて私は妻の陰部から自分の愚息を抜きました。
「いやぁ???ん パパ抜いちゃいやぁ??」
「どうなんだ?俺より激しいのか?」
「お願い頂戴!!パパ??お願い!!」
妻は叫ぶように私の目を見てそう言いました。
「どっちなんだ?俺のより良かったのか?正直に言わないと入れないぞ!」
「パパお願いここに入れてぇ??言うから入れてお願い!!!!!」
「入れてやるから言うんだぞ!!」
「言うから???入れてぇ???パパの入れてぇ???」
私はゆっくりと先だけを妻の陰部へとあてがい奥へとは入れませんでした。
妻は自分で腰をクネクネさせながら私の愚息を自分で入れようとします。
「ママ?どっちがいいんだ?言わないとこれ以上は」
「あぁ??ん パパ???ごめんなさい???ノリ君のがいいの!!!」
私は一気に自分の愚息を妻の子宮目掛けて腰を突き上げました。
「いくぅぅぅぅぅ????」
妻は必死に声を押し殺しながら私の愚息を押し出すように全身に力を入れ脚をつっぱりながら一気に登り詰めました。
私はそれでも妻を突き続け
「何回も逝ったのか?今みたいにいったのか?」と聞くと
「うん あぁ??ん 何回もノリ君に逝かされた????」
「逝くって言いながら逝ったのか?」
「うん 何度も言ったそしていっぱい逝っちゃった!!!」
妻の口から発せられる言葉に興奮し、そして自分の目の前に居る妻の姿を見て一番身近に感じる妻が私以外の男に同じ姿を晒したのかと思うと私にも絶頂が訪れました。
「ママ逝くぞ!!」
私はそう言い妻の中で果てました。
その絶頂は今まで経験したことの無いくらいの激しい射精でした。
妻の中で私は今までに経験したことの無いほどの長い射精感の余韻にひたりながら妻を抱きしめていました。
「ママは俺以外に抱かれると感じるんだね」
「どうなんだろ・・・よくわかんないよ」
「俺とするとき以上に興奮してるんだろ?」
「う?ん・・・興奮するってより恥ずかしいかな」
「恥ずかしいだけ?」
「・・・ドキドキはするかも」
「ドキドキか・・・」
「うん。ドキドキはするよ」
「ノリ君とまた逢いたい?」
「パパが嫌なら逢わないよ?」
「逢いたいとは思うんだ?」
「逢いたいくないとは思わない・・・」
「好きなのか?」
「嫌いじゃないよ。けどパパを好きなのとは違うかな」
「わかるような・・・よくわからないような・・・」
「好意はもってるよ。けど愛してはいないってことなの!わかりなさい!!(笑)」
妻とそんな会話をして私自身には妻の心の中を理解できるようなできないような複雑な気持ちでした。
ただ妻はセックスの快楽を求めるだけにノリ君と逢っているのではないってことだけは理解していました。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが、以前のように私が妻を信じなくなれば、またお互いの間に溝が出来ることは間違いのないことはわかっていました。

それからの妻は特に変わった様子もなくいつもと変わらない妻でした。
「ノリ君とは連絡はしてないのか?」と妻に尋ねると
「メールは時々してるよ」
「そうなんだ。怪しいメールか?(笑)」
「気になるの?(笑)」
「そりゃ気になるさ」
「時々ね ノリ君から今日はどんな下着ですか?ってメールが来る(笑)」
「え??そうなの?それでまさか写真でも送ってるのか?」
「あははは パパったらぁ?そんなことしてないよ。せいぜい今日は黒ですよって返事するくらいだよ(笑)」
「そっか(笑)まぁ写真撮って送っても別に構わないんだけど」
「送りません(笑)」
「それよりさぁ?ママがノリ君にあげたママのパンツどうしてるんだろ?」
「さぁ?どうしてるんだろね?捨ててるんじゃない?」
「今度聞いてみようかな」
次の日私はそのことが気になりノリ君に電話を入れてみました。
ノリ君から聞いてみると未だに部屋にあって妻のことを思い出しながらおかずにしているとのことでした。
妻が毎日どんな下着を身に着けているのかが気になるようで毎日想像をしている完全な下着フェチだと本人が言っていました。
妻にそのことを話してみると嫌がるかと思っていたのですが、以外と妻の反応は嫌がるどころか反対にドキドキしているように思えました。
しばらくして私の携帯にノリ君から連絡がありました。
「突然の電話すみません。この間電話をいただいてからずっとお願いしたいと思ってまして」
「どんなことなんだい?」
「ええ こんなことお願いするのはどうかと思うのですが○○さんならお願いできるかと思いまして」
「俺ならって?妻としたくなったのかな?」
「○○○さんとはいつでもしたいって思ってますよ(笑)そうじゃなくって・・・」
「ん?そうじゃなくってというと?」
「一度○○○さんのお宅にお伺いしたくって・・・」
「うちに?どうして?」
「ええ ○○○さんの生活しているところが・・・」
「生活してるところ?妻の普段が気になるの?」
「・・・○○○さんの下着が入っているところを見たくって・・・」
「はぁ????」
「すみません・・・どうしても見たくって・・・」
「妻に頼めばいいんじゃない?」
「そんなこと変態みたいで頼めないですよ・・・」
「いやぁ?十分今までも変態だよ(笑)」
「ええ確かにそうなんですが・・・」
「わかったよ一度考えてみるよ」
「そうですか!よろしくお願いします」
私にはそれほどまで妻の下着に執着するノリ君の気持ちは理解できませんでしたが、何か面白そうな気がして子供達がいない日を選びノリ君を我が家に呼ぶことにしました。
当然妻もいない方が楽しめるのではと・・・・
土日は殆ど子供達は午前中には出かけて夕方か夜までは家には帰って来ないもので、妻の方は買い物に出かけるくらいのものでした。
私は直ぐにノリ君に電話を入れ、私の計画をノリ君に伝えました。
ノリ君の方は少し不安がってはいましたが、私の計画に協力してくれることを約束してくれました。

当日いつものように子供達は朝から出かけて行きました。
妻の方もいつものようにジーンズ姿で洗濯と掃除で忙しく一人のんびりテレビを見る私の前をバタバタと忙しそうに行ったりきたりしていました。
「ママ?今日は買いもには出かけるの?」
「え?どうして?何かいるものでもあるの?」
「あぁ もし行くんだったら最近歳なのかどうも仕事してても寒くってさぁ?」
「パパも歳だねぇ?(笑)スーツの下に着るものでいいの?」
「パッチじゃなくってさぁ?」
「あぁヒートテックみたいな奴ね?」
「そうそう会社の奴ら結構履いているんだよ」
「わかったわ昼から見てきてあげるよ」
「頼むよ あ!それから俺も今日昼から久しぶりにパチンコでも行ってくるからゆっくり買い物へ行ってくればいいよ」
「えぇ?パチンコ行くの?お小遣い無くなってもしらないからね(笑)」
「わかりました!」
妻はいつも以上に掃除を丁寧にしていたので、ノリ君に1時と伝えていたのですが時間を2時くらいにして欲しいと妻には煙草を買いに行くと伝え外でノリ君に連絡を入れました。
家へ戻ってくると妻は昼食の用意をしていました。
二人で昼食を摂り、妻が後片付けをすましいつものように出かける前にシャワーを浴びて化粧をして出かけて行きました。
ノリ君から連絡があったのは2時を少し過ぎた頃でした。
私は近くまでノリ君を迎えに行き近くのコインパーキングまで案内して、そこにノリ君の車を止めて私の家へと案内しました。
我が家へ来たノリ君はさすがに緊張気味でした。
「ノリ君緊張してるなぁ?(笑)」私がそう言うと
「ええ・・・この後のこともあるので少しドキドキしちゃってます」
「あははは そうなんだ?うまくいくといいんだがね(笑)」
「大丈夫ですかね?」
「ノリ君だから大丈夫だろ(笑)」
「もぉ?頼みますよ??」
「それより寝室に妻のタンスがあるから見てみるか?」
「いいんですか?」
「見たいんだろ?」
「ええ(照)」
「それより見てもいいけどおかずにするのはもう少し我慢してくれよ」
「はい解ってます」
私は緊張気味のノリ君を妻の寝室へと案内しました。
部屋に入るなり妻の穂のかないい香りが立ち込めて窓から冬には珍しい温かそうな日差しが差し込む中ベットには妻の着ていたジーンズとフリースが綺麗にたたんでありました。
それを見たノリ君は今から私が計画したことを想像するかのように目を押し開き、一瞬のど元をゴクリとさせたように思えました。
私自身も妻がどんな反応を示すか、またどんな行動をとるのかと想像してしまうのでした。

綺麗好きの妻らしくきっちりと整理された寝室は妻の日常を感じさせるかのようにノリ君の目に飛び込んできたでしょう。
ベットには薄紫色のベットカバーが敷かれ、その上には綺麗にたたまれた妻が脱いだであろうジーンズとフリースが置かれ、窓の横にはいつも妻が化粧をするドレッサーがあり、その横には妻のクローゼットがありました。
「あそこが妻のクローゼットだよドアを開けると小さなタンスがあるから、その中に妻の下着が入っているよ」
ノリ君にそう言うとノリ君は寝室の全てを見るかのように部屋を見渡し、私が教えたクローゼットのドアを見つめながら何度も頷きました。
「妻は2時間くらいは帰ってこないと思うよ。しばらく我慢して妻が戻って来る頃に楽しんでくれればいいよ」
「わかりました。○○○さんはいつもここで寝てるんですよね・・・いい香りがしますよ」
「興奮するのはもう少ししてからにしてくれよ(笑)妻は必ず外出したあと着替えにこの部屋にくるから。妻がどんな反応するか楽しみだよ」
「大丈夫ですかね?本当に・・・」
「どうだろね。それはノリ君次第さ(笑)じゃぁその前に少しだけノリ君のご希望の妻の下着を見てみるか?」
私はクローゼットの扉を開け、その中の小さなタンスの一番上の引き出しを空けました。
そこには妻が身に着けている色とりどりの下着にパンストなどが綺麗に整頓され置かれていました。
「どうだ?これが妻の下着全てさ」
私がノリ君にそう言うとノリ君は
「凄い・・・」その一言だけを言って妻の下着をマジマジと目を押し開け見つめてこういいました。
「やはり綺麗な下着ばかりですね・・・僕がもらったモノも綺麗でしたが」
「以前はそうでもなかったんだけどね。最近はいつも綺麗な下着しか身に着けなくなったよ」
「そうなんですか。最近というと?」
「あぁ俺以外の男性とするようになってから変わったよ」
「なるほどそうだったんですね。以前はそうでもなかったんですか?」
「さすがにババくさいものとかはなかったけどね。薄い色のモノばかりだったよ」
「今はとっても綺麗な色のモノばかりですよね・・・興奮してきましたよ・・・」
「あははは ノリ君は本当に下着フェチなんだね」
「はい・・・すみません」
頭をかきながら少し照れたように俯きながらそう言うノリ君でしたが、私がタンスの中から黒いレースに薄い紫の花柄の付いたパンティを手に取りノリ君に手渡すと目の輝きが変わったようでした。
「こんな下着を身に着けてるんだ・・・いやらしい・・・○○○さん・・・」
独り言のようにそう言うノリ君でしたがパンティを両手に持ち、マジマジと全体を見ていたかと思うと今度は裏返したりと色々としながら見つめていました。
「もう大きくなってるんじゃないだろな?」
「え??・・・・すみません・・・なってます」
「本当に好きなんだなぁ?(笑)」
「ええ・・・好きです・・・」
「あははは もう少し時間があるからビールでも呑むか!」
「いいですねぇ?」
妻が戻ってくるまで少しの時間があるのでリビングに戻りノリ君と二人で今からの計画の打ち合わせを兼ねてビールを呑みました。
二人でお互い求めるものは違いましたが二人共今から起こることを想像しながら興奮し妻の話題で盛り上がりました。
私は計画を確実なモノにしたい為に携帯を取り妻の携帯へと連絡を入れると何度もコールはするもののなかなか妻は電話に出ませんでした。
切ろうとしたときに妻が電話に出ました。
「はぁ?いパパ 何?」
「もぉ?なかなか電話にでないんだから。出れないような悪いことでもしてたのか?」
「バカ??!!そんなことするわけないでしょ!バックに入れてると携帯の音が聞こえにくいのよ。それより何か用?」
「あ!そうそう今からパチンコに行くけど家の鍵持って出てる?」
「ちょっと待って・・・うん。持ってるよ」
「そっか じゃぁ鍵掛けて出かけるから」
「わかった。あまりお金使うんじゃないよ。負けそうなら直ぐに帰っておいでよ?」
「わかったよ。ママはもう帰って来る?」
「パパのモノも買ったし あと食品を買ったらもう帰るよ」
「了解。少し打って当たらなかったら帰って来るよ」
「頑張ってねぇ? じゃぁねぇ?」
妻は上機嫌で電話を切りました。
「さてと妻は1時間くらいで帰ってくるよ。残りのビールを呑んで俺たちも計画を実行するか!」
私が妻に釣られて機嫌良く言うとノリ君は笑いながら
「仲の良いご夫婦ですね」と私をからかうような仕草を見せました。
30分ほどして二人で計画した通り玄関の鍵を中から掛けて、ノリ君の靴と私の靴を下駄箱の上の収納庫に隠し、ノリ君と二人で寝室へと向いました。
寝室に入った私は
「じゃぁノリ君は妻の下着で好きに楽しんでくれればいいよ。俺は妻の車の音がすると何処かに隠れるから」
「わかりました・・・本当に大丈夫ですかね?」
「大丈夫だよ。ノリ君だから・・・もし妻が騒ぎだせば俺が出ていくから」
「お願いします・・・」
「じゃぁ思いっきり楽しんでくれればいいよ。俺に遠慮せずにね」
私はノリ君を寝室に残し一度リビングに戻り妻が帰って来るのを待ちました。

それから30分もしないころに我が家のガレージに車を入れる音がしたので私はそのまま寝室の隣の娘の部屋へと隠れ少し入り口のドアを開けたままにして妻の物音に聞き耳をたてました。
バタンと玄関のドアが閉まる音がしてガサガサと買い物袋が擦れるような音がして、妻が廊下を歩く足音が聞こえてきました。
あまり娘の部屋に入ることはなかったもので、娘の部屋のドアを少し開けただけでこれほどまでに1階の物音がよく聞こえるとは思いませんでした。
普段もし娘が起きていてドアを開けていればリビングでの私と妻の会話や、私の部屋で子供達が寝静まってからの夫婦の営みの音までよく聞こえていたと思います。
一瞬恥ずかしさと同様が襲いましたが、今はそんなことよりいつ妻がノリ君のいる寝室へと来るのかとドキドキして妻の様子を伺いました。
時々ガサガサと音がし、冷蔵庫のドアがバタンと閉まる音が何度がすると、しばらくして妻が階段を登って来る足音がしました。
念のために私は娘の部屋のベットの奥へと身を伏せ物音に耳を済ませました。
妻が寝室のドアを開ける音がした瞬間
「キャー!!! 何してるの!!!」
私は娘のベットの奥から立ち上がり入り口付近に移動し隣の寝室から聞こえて来る妻の声を耳を大きくして聞きました。
妻の大きな声がし、ビックリして寝室を飛び出した音が聞こえて来ました。
「ノリ君じゃないの!!!どうしてここにいるのよ!!」
妻は驚きを隠せないように大きな声で叫んでいます。
ノリ君がボソボソと何かを言っているようですが、私の所からはよく聞こえません。
「ノリ君どうしてそんなことをしているの?・・・辞めてよ・・・」
少し妻の声が小さくなり
「主人に連れてこられたの?」
「お願いだから・・・ノリ君辞めて・・・お願い・・・」
私からはノリ君の姿も妻の姿も見ることは出来ませんが、ノリ君が妻の下着を手にして下半身は露出し、きっとそれを妻の下着を使って弄っているのが想像出来ました。
またそれを目のやり場に困りながらもチラチラと見ながらノリ君と話す妻の姿が浮かびました。
「それで主人は?どこに行ったの?」
「・・・・・・」
ノリ君の声は聞こえません。
「出かけたの!!いったい何を考えているのよ!!主人ったら!!!」
妻がまた大きな声で怒ったように言うのが私に聞こえて来ました。
「○○○さん・・・すみません・・・」
微かにノリ君のそう言った言葉が聞こえました。
「誤るなら・・・もう辞めて・・・」
妻の声のトーンが弱々しくなります。
「○○○さん・・・見てください・・・」
「辞めて・・・お願いだから・・・ね?」
「・・・・・」
ノリ君が何かを言っていますが上手く聞き取れない程小さな声でした。
「こんなことダメだって・・・」
「・・・・・・・・」
ノリ君がボソボソと何か言った後
「・・・・わかったよ・・・」
妻はそう言いました。
バタン!!寝室のドアが閉まる音がしました。

妻が廊下からノリ君が自分の下着に埋もれて下半身を露にしているその中に自分の意思で入って行きました。
一気に心臓の鼓動が聞こえて来るほど激しくなり、そして喉がカラカラに成る程興奮が私を襲い、そして私の愚息に流れる血液もドンドンとそのモノを硬くするかのように流れ、私は娘の部屋をそっと出て寝室の前に立ちドアに耳をあて中の物音を聞きました。
「どうして・・・・え?・・・・辞めな・・・・」
「こんな・・・下着・・・いつも・・・・・興奮し・・・・」
「・・・ダメ!!お願い!」
「○○○さん!・・・」
「嫌!!辞めて!!主人が帰って・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・」
「ダメだって・・・・辞めて・・・・」
「我慢できない・・・今はどんな下着・・・・」
「ノリ君!ダメだって・・・・イヤン」
時々大きくなる声しか私の耳には入って来ることはありませんでしたが、目の前で妻とノリ君がどんなことをしているのかをその声だけでドアの向こうの二人を想像する興奮は堪らないモノでした。
「・・・あぁ??ん 辞めて・・・」
妻の悩ましい声が私の耳に飛び込んで来た瞬間、私が予想した通り妻はノリ君を拒むことはせずに私に聞かれているとも知らずに快楽の渦に飲み込まれて行くのでした。
「ノリ君嫌!!辞めてったら!」
妻の本当に怒っているような大きな声が私の耳に飛び込んで来ました。
「どうしてそんなに怒るんですか?コレが欲しいんでしょ?」ドアに耳をあてて聞く私にいつものノリ君とは違った声でそう聞こえきたかと思うと
「どうしてこんな事をするのよ!ノリ君ったら・・・」
妻の方も様子が少し変わったように思える声でした。
「○○○さん 僕がいつもこんな事しているのを想像してたんでしょ?だからこの間もパンティくれたんですよね?興奮するんでしょ?僕があなたの下着でオナニーしてるってことが」
ノリ君のその問いかけに妻がどう答えたのかは私には聞こえませんでした。
少しの間二人の声が聞こえなくなり、中の様子が気になって仕方のない私に次に聞こえてきたのは妻の声でした。
「辞めて・・・お願いだから・・・・」
ノリ君はいったい妻にどんなことをしているのか・・・・また妻にどんな言葉を投げかけているのか・・・
私は嫉妬よりも同様を感じ始め、二人に盗み聞きをしているのを悟られても仕方ないと思いどうしても中の様子を知りたくなり思い切って寝室のドアノブをゆっくりと下げ少しだけドアを開けました。
ほんの隙間が出来ましたが、中の様子を伺える程の隙間ではありませんでした。
「こんなに濡れてるじゃないですか。僕がオナニーするの想像していつも興奮してたんでしょ?」
「嫌・・・そんなこと言わないで・・・」
「パンティまで濡れてるじゃないですか・・・いつも○○○さんが想像していたような事を今、目の前で見せてあげましょうか?」
「・・・・・・・・」
「見たいんでしょ?どうなんですか?」
「・・・・・・・・」
「見たくないとは言わないんですね?」
「見たく・・・ない・・・」
二人の声と時々ノリ君が妻の陰部を愛撫しているのかクチュクチュピチャピチャといやらしい音が聞こえ、私の興奮はどんどんと大きくなっていき、手は自然と自分の愚息をジーパンの上から擦っていました。
「ホラ○○○さん見て いつもこんな風にあなたにもらったパンティで・・・こんな風に」
「ノリ君・・・辞めて・・・」
「見てくださいよ。○○○さんのあそこがあたる所にこうして・・・」
「お願い・・・辞めて・・・」
「あぁ??いやらしいパンティだ・・・」
「ノリ君・・・これ以上は辞めて・・・」
「ご主人は戻って来ませんよ。僕が連絡するまでね・・・だから○○○さんも僕を見ながらオナニーしていいんですよ」
「・・・・・・」
妻はいったい今どんな格好にされ、そしてどんな表情でノリ君のことを見ているか・・・
「ホラ・・・凄いでしょ・・・こんなに先っぽから・・・見て○○○さん」
「嫌・・・・」
「見て!こうしてあそこのあたる所に僕のをこうして・・・」
「・・・・・・・」
「○○○さん・・・あぁ?気持ちいい・・・」
「辞めて・・・・」
「その今履いているの脱いで僕に下さいよ・・・あぁ??ホラこんなに汁が・・・」
「ノリ君・・・・そんなに・・・・」
「ねぇ?脱いで僕に渡して もっといやらしくオナニーするから・・・見たいでしょ?」
妻はノリ君が言うように自分の下着でオナニーされることに興奮していたのだろうか・・・
私が思っている以上に妻自身も少し違った性癖を持っているのか・・・
私は嫉妬ではない違った意味での興奮を覚えていました。
頼む!脱いでノリ君に渡してくれ!!そんな思いさへありました。
「○○○さん・・・僕もこうして恥ずかしい姿見せているんですから・・・さぁ脱いで」
ガサガサ・・・布が擦れるような音がしました。
妻が・・・ついに脱ぐんだ!!! 強烈なな興奮が沸き起こり、今にも発射しそうな程の快感が私の下半身を襲います。
「さぁ?こっちへ持って来て ホラ!早く!」
「・・・・・・・・」
妻は何も答えませんでしたが、脱いだパンティをノリ君渡そうとしているのでしょう。
「おぉ??こんなにシミになってるじゃないですか・・・あぁ?いい匂いが・・・」
「・・・やめて・・・恥ずかしい・・・・」
「おおおお・・・・この匂い・・・最高だ・・・」
「いやん・・・ノリ君・・・やめて・・・」
「ホラ・・・○○○さんもグチョグチョになったところを・・・」
「やだぁ・・・・そんなこと・・・」
「気持ちいいですよ・・・恥ずかしがらないで・・・今は二人なんですから・・・」
「・・・あん・・・・やだ・・・・」
「そう・・・もっといつも自分でしているように・・・ホラしてみて」
「あん・・・・恥ずかしい・・・・」
妻が私も見たことの無い自分でオナニーする姿を、それも私以外の男に晒すなんて・・・
「あん・・・・ふぅ・・・・」
「いやらしい・・・・○○○さん・・・そんなことするんだ・・・」
「見ないで・・・・」
「凄いよ・・・あぁ??僕もいつもこうして○○○さんのその姿を想像して・・・」
「あぁ???ん 言わないで・・・そんな・・・こと」
「ご主人が居ないときにそうやってしてるんでしょ?」
「・・・いやん・・・お願い・・・そんなこと・・・」
「してるんでしょ?ホラ見て!! 僕もこうして・・・」
「・・・あ??ん してる・・・・」
「凄いね・・・そんな風にいつも・・・」
「いやぁ??見ないでぇ??」
妻とノリ君の声が段々大きくなってきました。
「あぁ????○○○さん 最後は○○○さんのパンティにいっぱい出すんだよ・・・」
「あぁ??ん・・・だめぇ??そんなこと」
「ホラ!! おぉ???こうして・・・・うぅ???逝きそうだよ」
「だめぇ???やめて???そんな所に・・・・」
「おぉ???逝くよぉ???あぁ????いくぅぅぅ???」
「あ?????そんなことして出すんだ???!!!あぁ??私も逝っちゃうぅ???」
「あ!あ!あ!あぁ???いくぅ???」
二人の叫ぶような声がし、そしてその後二人の荒らしい呼吸が聞こえて来ました。
妻はきっと自分で脚を拡げ恥ずかしい部分を丸見えにし、そして自分の恥ずかしい姿をノリ君の前で晒したのでしょう。
妻が他人と交わったとき以上の興奮で私は脳天を打たれたかのようなショックと興奮で理性を失いそうでした。
「いっぱい出たよ。ホラ○○○さんのシミの付いたいやらしいところに僕の白いのが・・・」
「あ?ん 凄い・・・ノリ君いつもこんなこと・・・」
「○○○さんもこんなことしてたんですね?」
「・・・うん・・・」
「もっと続けて まだまだ逝けるでしょ?」
「あぁ??ん 言わないで・・・そんなこと」
「ご主人が○○○さんが僕のオナニーする姿を想像していつもこんなことしてたんだって知るとどうなるでしょうね?」
「あぁぁぁぁぁん ダメそんなこと・・・言わないで・・・」
「そんなに指入れちゃって・・・エッチですよ」
「興奮する?私のこんな姿見て?」
「興奮しますよ・・・あぁ?そんなに激しくしちゃうんっですね・・・」
「そうよ・・・・あぁ??ん また逝きそう・・・」
「ご主人にその姿見せてあげたいくらいですよ」
「いわないで・・・そんなこと・・・」
「ホラ!逝って見せてくださいよ。もっと近くで見てあげますから」
「ノリ君も???私のでしてぇ??いつものようにもっともっと!!!」
「これいいですよね・・・このパンティ・・・履き古した感があるパンティ・・・」
「あぁ???想像してたの?いつも私のこと・・・」
「してましたよ・・・そしていつもこうして巻き付けたりして・・・」
「いやん・・・そんなことしてたんだ・・・」
「自分でオナニーしながら僕の咥えて大きくしてくださいよ。ホラ」
「うぐぅぅぅ・・・・」
妻がオナニーしながらノリ君のモノをしゃぶるのが解りました。
「2本も指入れて・・・いやらしい・・・・奥さんですよ」
「奥さんなんて・・・言わないで・・・」
「ホラ僕の指も入れて上げましょうか?」
チュパチュパ・・・・妻の私にしてくれるときと同じような妻の口元から発せられる音が聞こえてきます。
「あん・・・ダメ・・・・」
「あ??入っちゃいましたね」
「いやぁ???ん」
「○○○さんの指中でこんな風に動いているんだ」
「モゴモゴ・・・・チュパチュパ・・・あぁ?辞めて・・・」
目の前で起こっていることが私の目の中に入ってくるのではなく、耳から音だけが入ってくるこの状況は、私にとって想像がどんどん膨らむ例え様のない興奮でした。
妻の私が今まで知り得なかった男のオナニー姿を想像して自分で慰めていた妻を想像するのも、また違った興奮を覚えるのでした。

少しだけ開いたドアの隙間から聞こえてくる妻とノリ君の会話は聞いている私を二人でわざと興奮させるかのようなものでした。
妻はノリ君のオナニーをいつも想像して子供達も私も居ない昼間に一人で本当に自分を慰めていたのでしょう。
二人の会話でその事実が明らかになり、自分の妻でありながらノリ君と同じようにそのときの妻の姿を見たくなってしまいました。
あの妻が自分で自分を・・・そう思っただけでも身近な妻だけにより一層興奮してしまう私でした。
そんな私の興奮を一層強くさすかのようにドアの向こうの二人は乱れていくのでした。
「あぁ?ノリ君凄い・・・また大きくなってきた・・・」
「○○○さんもビチャビチャですよ。こんなに」
「やめて・・・恥ずかしいから・・・」
ドアの隙間からそんな会話が聞こえてきます。
どうしても今の二人の姿が見たい願望を止めることはできませんでした。
私は少し開いたドアを開けてしまい、二人の前に出てしまったのです。
そんな私を直ぐに気が付いたのは妻でした。
「あ!パパ・・・」
妻はノリ君の大きく反り返るモノを私が妻の目に入った瞬間に口から抜き驚いたように私にそう言いました。
「ノリ君続けてくれればいいよ」
私は妻を無視するかのようにノリ君にそう言いました。
ノリ君は自分から慌てて離れた妻の腕を引き、少し乱暴に妻の髪の毛を鷲づかみにし妻の口へと半ば無理やりに自分の肉棒を押し込みました。
妻はチラチラと私を見ながらもノリ君に無理やり入れられた肉棒を出し入れされ少し苦しそうな表情をしています。
「ママ ノリ君がオナニーするところを見て興奮したのか?」
私が妻に向かってそう言っても妻は私の目を見ることはありませんでした。
「ママは変態なんだね」
私のその言葉には妻は強く反応しノリ君に肉棒を出し入れされながらも首を横に何度も大きく振りました。
「嘘付くなよ ノリ君に自分のパンツやってどうされたかって想像して興奮してたんだろ?俺にはそんなこと一言も言ってなかったのに」
妻は必死で弁解しようとノリ君のモノを口から出そうとしますが、ノリ君に頭まで持たれ口から出すことはできないようでした。
「ノリ君のモノも大きくなったからもう一度扱いてもらって見せてまらえばどうだ?」
ノリ君は妻の口から自分のモノを出し
「○○○さん 見たいですか?」
ノリ君のモノから開放された妻は
「パパ・・・そんなこと思ってないよ・・・私は変態なんかじゃない・・・」
「そうなのか?ノリ君のオナニーしている姿想像しなかったのか?」
「・・・してない・・・・」
「嘘付け!してただろ!!」
私は声を大きくして妻にそう言いました。
「ノリ君妻のそのパンツでもう一度妻の目の前で扱けるかい?」
「ええ こんなにシミの付いた○○○さんの下着なら何発でも」
「そうか じゃぁ妻に見せてやってくれ」
今度は私が妻の背後に回り妻を後ろから抱きしめ拘束し「ママ見てごらんよ ママのエッチなパンツでノリ君があんなことしてるよ」と妻の耳元で囁きました。
妻は目を閉じて下を向いたまま見ようとはしませんでした。
「ママ見るんだよ! 目を開けて! さっきまでは見てたんだろ?」
「・・・見てないよ・・・・」
「見てただろ!!そして見ながら何をしていたんだ?」
「・・・・何も・・・・」
「何も?嘘だろ?さっきまであんなに厭らしい声出して何してたんだよ?」
「・・・聞いていたの?」
「あぁ聞いていたよ」
「パパごめんなさい・・・」
「誤ることなんてないさ」
私と妻がそう話している間もノリ君は私もビックリするほど妻のパンティだけに執着し、自分のモノを激しく扱いていました。
「ママ ノリ君エッチだな ママのパンツであんなに興奮してるよ」
「あぁ?パパそんなこと言わないで・・・」
「感じてきたのか?」
私は妻の閉じていた脚を少し拡げ指で妻の陰部を確認してみました。
そこは驚くほどヌルッとした感触で、まるでローションを大量に使ったようなほどでした。
「ママこんなに濡れてるなんて凄いよ」
妻の淫液はお尻の割れ目全てを濡らすほど流れ出ていました。
「自分で触って」
私のその言葉で妻は少し恥ずかしそうにはしていましたが、そっと自分の手を敏感になっているクリへと持って行きました。
私は妻には触れずに耳元で妻に
「もっといつも自分でしているようにしてみてよ」
そう言うと妻は脚を少し開いて自分の指でクリを擦りはじめました。
「いつもこんなことしてたんだね」
「パパ・・・言わないで・・・」
「してたんだろ?」
「・・・うん」
「もっともっといつも通りにしてごらん」
妻はクリを弄っていた指を今度は淫穴へと中指と人差し指を全部入れ中で指を激しく動かしだしました。
「あぁ??ん」
妻の口から悩ましい吐息が発せられました。
妻のパンティを鼻に押し付け自分のモノを扱いていたノリ君が妻と私の方に近寄ってきました。
「コレエッチでしょ?ビンビンですよ」
ノリ君がそう言って妻の目の前に自分のモノを持って行きました。
「ノリ君妻の目の前でもっと扱いてやってくれよ」
私がそう言うとノリ君は妻のパンティを巻きつけた自分のモノをこれ以上扱けないってほど激しく上下に扱きました。
妻を見て見ると眉間にシワを寄せとても悩ましい表情でノリ君のモノを見つめ自分もこれ以上開かないほどに長い脚をM字にし自分に中で動かせていました。
そしていきなり妻が
「ノリ君入れて!!もう我慢できないの」と私が驚くほど予想外の言葉を発し、自分からノリ君のモノを扱き始めました。
「入れていいですか?」と私を見てノリ君が言うと私は
「いいよ。妻を感じさせてやってくれ」
そう言いました。

ノリ君は妻をベットに押し倒し一気に妻の淫穴目掛けて突き刺しました。
「あぁぁぁぁぁぁ?????いいぃぃ????」
今までの妻からは信じられない声でした。
二人は以前のように私がいるのにも関わらず激しく抱き合い、そして激しくキスまで仕出しました。
勿論ノリ君はその間妻の淫穴へと激しく自分のモノを出し入れし突き上げました。
私はノリ君のモノが出入りするときに妻のビラビラがノリ君のモノを包み込み、そして妻の淫穴からアナルにかけて流れ出る少し白くなった淫液をマジマジと見ていました。
妻のアナルがキュッと閉まったかと思うと脚の指先までピンと固まったようになり、簡単にノリに逝かされてしまいました。
妻のうっすらと汗がにじみ出た顔は悩ましいものでした。
ドンドン厭らしくされていくわたしの妻でした。

二人のセックスは私を無視するかのように長い時間続きました。
何度も何度もノリ君の囁きにより自分の理性を失った妻はまるで別人のようでした。
私の性癖から妻に他人とのセックスを強要し、身体だけではなく心まで奪われそうになり二人の間に亀裂が入りかけましたが、なんとか元の鞘に納まり、また始め出した遊びは私の想像を遥かに超えるほど妻を淫らにして行きました。
目の前の妻はノリ君が果てた後もその性欲を収めきれずに私に迫って来ました。
「パパ?お願い・・・入れて・・・」
そう言う妻の目は私が見ても驚くような淫乱な目をして、唇を半開きにし、私を手招きするのでした。
「ママ?エッチなんだね?」と私が聞くと妻は「うん・・・私変なの・・・欲しくって欲しくって・・・」
そう言いながらソファーにもたれかかる私のジーパンを脱がせ我慢汁でヌルヌルになった今にも爆発しそうな私の愚息を手で引っ張り出し、自分からその上に乗りかかって来ました。
妻の濡れ切った部分に私の先端が触れたかと思った瞬間ヌルっとした感触が襲い私の愚息は今までノリ君のモノを飲み込んでいた部分と同じ場所に収められてしまいました。
「あぁ???ん パパ???固いよぉ??」
妻は叫ぶようにそう言うと私の顔の前に自分からビンビンに固くなった少し大きめの乳首を押し当てました。
「パパ??シャブって・・・」
妻が今まで自分からそんなことを言うことはあまりありませんでした。
私の頭を抱きかかへ激しく自分の胸へと押し当てます。
「もっと!もっとパパ!!シャブって!!!」
それほど大きくない妻の乳房ですが妻に押し当てられ息もできないほどの状態でした。
「ママ?どうしたんだよ?そんなにエッチになって」
私の問いかけにも答えずに長い薄茶色の髪を振り乱しながら私の腹へもぶつかるほど激しく腰を振り続ける妻でした。
「あぁ???ん パパ???逝っちゃう??」
バンバンと音がするほど私の腹に妻の下腹部があたり妻がそう叫んだ瞬間私の愚息の根元辺りから袋にかけて暖かいモノを感じました。
「パパ??まだ逝っちゃうの???」
そう言いながらまたすぐに妻は上り詰めた瞬間私も我慢しきれずに妻の中で大きく固くなった私の愚息は痙攣を始め、大量の淫液を妻の体内へと放出していました。
妻はそそまま後ろに倒れ込むように崩れて行きました。
「○○○さん凄いですね・・・失神したんじゃないですか?」
倒れた妻を上から覗き込むように心配そうにそう言うノリ君でした。
「こんな妻は初めて見たよ・・・・」
「すみません。僕のせいで・・・」
「いや いいんだよ妻はノリ君のおかげで殻を破ったのかもしれないよ」
ノリ君とそんな話をしていると妻が動き出し、私達を見ると慌てたようにそばにあった自分の服で身体を隠すようにして恥ずかしそうに私達言いました。
「ごめんね・・・二人共・・・」
「どうしてママが誤るんだよ。ママ綺麗だったよ」
私のその言葉で照れた妻はベットに素早く移動して布団の中に頭まで隔すようにもぐりこんでしまいました。
そんな妻に
「ママ?ベットの下にママ履いていたパンツがまだ落ちているよ。ノリ君にまたしてもらおうか?」
私が言うと妻は布団から目の辺りまでだけ出し
「ベーだ!もうダメ!!!」
そういって下をベロっとだして微笑みました。
その妻はいつもの私の妻でした。先ほどまでの別人のような淫様な仕草や姿はどこにもありませんでした。
ノリ君も微笑みながら私と妻にお礼を言って帰り支度をして布団の中から手を振る妻にニコリと微笑み部屋を出て行きました。
私一人でノリ君を玄関まで見送りに行き
「ノリ君 また妻を刺激的な世界へ連れて行ってもらっていいかな?」と言うとノリ君は
「いえいえこちらこそ、楽しませていただいていますよから」と笑顔で会釈をして玄関のドアを開け出て行きました。
妻はノリ君が自分の下着で自慰行為をすることに新たな自分の興奮を覚え、それを目の前で見せられ今まで以上に淫らな姿を私とノリ君に晒してしまったことに妻はどう感じているのか気になり妻のいる寝室に戻りました。
寝室に戻ると妻は私の大き目のパーカーを着てノリ君が散らかした自分の下着を集め整理をしていました。
「あ!パパ」と私が入ってきたことに驚いたようにそういい私と目が合った瞬間ポッと顔が赤くなり、手に持っていた自分の下着数枚を後ろに隔すようにしました。
「ママ隠すことないだろ?」
「え??だって・・・・」
「だって?どうしたんだよ?」
「だって・・・汚れてるんだもん・・・」
「汚れてる?どうして?」
「パパ!! どうしてそんな意地悪するのよ!!」
「あははは ごめん ごめん しかしさっきのママ凄かったなぁ?」
「もぉ?パパ そんなこと今言わないの!! もう知らない!!」
妻はそう言ってノリ君の我慢汁やノリ君が発射した精液のついた自分の下着を持って部屋を出て行きました。
妻が出て行きしばらくしてから妻の後を追うように寝室から出て妻を見に行きました。
妻は洗濯機に自分の下着を放り込み少しボォ?っとしていたかと思うと私のパーカーを脱ぎ捨て風呂場へと入って行きました。
私も直ぐに着ていたモノを脱ぎ風呂場へと入りました。
シャワーを頭から浴びていた妻を後ろから抱きしめ妻の耳元で
「興奮したのか?」と優しく言うとコクリとたた頷くだけの妻でした。
妻の首筋にキスをしながら
「ノリ君のオナニー見たのか?」の問いかけにもコクリと頷くだけの妻。
「ママはノリ君がオナニーしているところ想像して自分で・・」と言う私の口を塞ぐように妻は激しくキスをして来ました。
そして
「パパ言わないで・・・恥ずかしいから・・・」
私の目を見ながらそう言うと妻は目を閉じてもう一度私の唇に激しくキスして来ました。
私の元気のない愚息を優しく手で振れ、そして優しく上下にゆっくりと扱き始めました。
「ノリ君のオナニー凄かったのか?」
「あぁ・・・・言わないで・・・」
「思い出してごらん?」
「パパ・・・思い出すと・・・またエッチになっちゃう・・」
「いいさエッチになれば」
妻の陰部にそっと手を這わすと先ほど私が妻の中に放出した残りがドロっと妻の陰部からあふれ出し、先ほどと変わらないくらいにそこはビショビショに濡れていました。
「ノリ君にどんなこと言われてたんだ?」
「あぁぁぁ?お願い言わないで・・・」
「教えてくれよ・・・あぁママ ビンビンになってきたよ」
「パパ?凄い・・・またこんなに大きくして・・・」
「ママがエッチだから・・・」
「パパは興奮する?私がエッチだと」
「するさ さっき出したばかりなのにこんなになってるから」
「ノリ君・・・私の匂い好きなんだって・・・」
「そんなこと言ってたのか?」
「うん・・・ずっと匂い嗅いでいたいって・・・」
「あぁ・・・ママ・・・」
「私の下着の中にいっぱい出したよ・・・パパの私の下着で・・・」
「うぅ・・・・ママ入れるよ」
「うん。入れて・・・ノリ君もねいつも私の中に入れたいって思って自分でしてるんだって・・・」
「あぁ・・・ママ」
私は妻の私の性癖を沸きたてるような言葉に嫉妬し、そして興奮し妻を激しく突きました。
「パパ??ノリ君はもっともっと凄いの」
「ホラ 今パパの入っているところに・・・あぁ??ん逝きそう」
私はノリ君に負けじと妻を激しく後ろから突き上げます。
「あぁ???パパ???ノリ君 私が自分でしてるところ見せてって・・・」
「見せてたよな あぁ??ママ 見せたんだよな!!」
「うん 見せたぁ?? ノリ君ったら私見ながら あぁ???扱くのぉ??アァ??パパ???いくぅ???」
妻の逝くのと同時に私も妻の中に熱い淫液を撒き散らせました。
これを機会に妻は今以上に私の想像以上に淫らな女になっていくのでした。

孕ませたい

妹と2人で犬の散歩逝く事になり、犬のくさりを外そうとしてたら、なかなか取れなくて妹がしゃがみこんだ。
スカートだったからピンクのパンツのぷっくり盛り上がったアソコの部分が丸見え。
さら?に!Tシャツのワキの部分からワキ&胸チラ・・・。じっくり観察するために教えませんでした。
そして散歩中、神社で一休み。お返しにと思い、俺はわざと半パンの横から金玉と竿をベロローンと出してしゃがんで妹としばらく話してました(w。
「バカ兄!グロいの出てるよ!w」とか、妹はいつもの調子でツッこんでくるかなと思いきや、なんだかその日に限ってキョロキョロキョドッてるんです。
俺は「ヤベ、はずした」と思い、「玉出てるのつっこめよオイ!」と自分でつっこみ…(なさけない)
妹が笑ってくれるのを期待したら、あ、うん・・・ごめん・・ふふふ」と顔真っ赤にしてモジモジしてた。もちろん帰りは気まずい雰囲気で帰宅しました。
メシ食って風呂入って、なんとな?く気まずい雰囲気を打破すべく、妹の部屋に貸したCD返してもらいに部屋にはいると、妹がベッドの中でモゾモゾ動いてるんです・・・。
妹は「ギャー!」とか「勝手に入るな!」とかは叫ばず、相当焦っていたらしく「こないでぇ?・・・」と一言。
状況をよく把握出来てない俺はそんな妹の言葉を無視して、「おい!おめぇ、はよCD返せや!」と、布団を一気にはぐってしまったのです・・。
下半身スッポンポンでした。ずばりオナニー中でした。
俺は「あ、失礼?」とニヤニヤしながら自分の部屋へBダッシュ。
しばらくすると案の定、妹がドタドタと部屋に入ってきました。絶対攻撃されるち思い、俺も防御態勢に。
しかし妹は顔を真っ赤っかにして「勝手にはいらないでよー!」と一言。
意外な拍子抜けに、俺はここぞとばかりにイジワル攻撃。
俺「ネタ何?ネタ何?(笑)」
妹「スケベ!スケベ!」(←スケベはおまえだろw)
そしてプロレス状態。堅めに入った俺は思いきって妹のパジャマの中に手を突っ込んだのであります!!!
妹「ギャアアアアァァァ!・・・」
必死に抵抗する妹の手もむなしく、俺の手は妹の陰部へ。
ヌ ル ヌ ル で し た 。 
妹「やめてって!やめてって!」
さすがの妹もマジギレ&猛攻撃。(かなり怒ってたw)
俺のペニスを握ってきた。
そううち見つめあい、いつしかキスへ。
俺は妹のぷっくり盛り上がったアソコが忘れられず、
パジャマのズボンを脱がし、パンツの上から盛り上がったアソコを口に含んだ。
軽く甘噛みをし、柔らかさを堪能した。
俺のペニスはフル勃起し、我慢汁があふれ出ていた。
俺は我慢できなくなり、パンツの上からペニスを妹の膣口にあて、
押し込んだ。
その行為は、今からこの中に挿入する意思表示を妹に伝えるためだった。
妹も観念し、パンツを自ら脱いだ。
割れ目に沿って我慢汁をぬりたくり、妹の膣口から漏れ出した愛液とを混ぜ合わした。
準備はととのった。
ペニスを割れ目に沿ってなぞっていると、
下のほうにきた時にはまる個所があった。
そこに亀頭をあわせ、ゆっくり押し込んだ。
亀頭が徐々に妹の膣内に入っていく。
妹は時折顔が苦痛にゆがんだが、かまわず押し込んだ。
亀頭が全部入ったところで、いったん止めた。
今、俺と妹が繋がっている。一つになっている。とても感動した。
またゆっくりと挿入し、ついに全部埋まった。
妹の膣内は暖かく、ペニスを膣全体で締め付けてきた。
妹を起こし、対面座位に。
側にあった手鏡をとり、二人が繋がっていることを妹に見せた。
妹は、自分の膣にペニスが突き刺さっているのを見て、涙目になっていた。
俺はもっと気持ちよくなりたくなり、再び正上位にして腰を動かした。
奥へ奥へ、ひたすら奥へと突き刺した。
膣奥深くに射精したい!
俺の頭の中はしだいに子孫をのこしたい!孕ませたいになり、
奥へ突いた。
そして脳天を貫く快感がおしよせ、
数億の精子を妹の膣奥へ放出した。
何度も何度も放出した。
その後もペニスを抜かずに、5回射精した。
精子もでなくなり、膣からペニスを抜いた。
俺は妹のへその下の下腹部に顔をうずめ、
「今俺の精子が妹の卵子に向かってる。受精してほしい!着床してほしいと、
心から願った。
その後残念ながら妹に生理がきてしまい、孕まなかった。

精液便所記録

開店直後のデパートの最上階、15階男子トイレに駆け込んで、個室に立て篭もってオーガズムに達するまで、15分ぐらいローターを使ってオナニーをしてから誰かに見つかる前にトイレを出ました。でも…その日はいつもと違って…。平日の午前10時台だったし、客もまばらだったから…私は下着を全て外してバッグの中にしまい、アソコにローターを入れたままトイレを後にしました。誰かに見つかるとは思わなかったし、もっと強い刺激が欲しくなったから…。
空っぽのエレベーターに乗り込むとすぐ次の階、14階でエレベーターは止まって4人の男の人達が談笑しながらエレベーターに乗り込んできて、一番奥の壁に寄りかかりました。このエレベーターという密室の中で下着を身に着けずにアソコにローターを入れている事を悟られて輪姦されたら…。そんな事を考えているうちに私のアソコはどんどん愛液を溢れさせて、膝ががくがくと震え始めました。ローターのレベルは最弱に設定してあったから音は響かないけど、膝ががくがくと震え始めているのは私の後ろに立っていた男の人達にも判るようで私を対象にひそひそと話し始め、男の人の一人が私の肩を掴みました。その時です。突然大きな衝撃と共にエレベーターが止まって、私はその衝撃に耐えられるはずもなく短く叫んでその場に座り込んでしまいました。膣の、オーガズムの時の痙攣でローターは外に弾き出されて、座り込んだ私の膝の前に転がりました。私は慌ててそれを仕舞ったけど一足遅かったようで、ニヤニヤと笑った男の人達が座り込んだ私を取り囲みました。緊急放送が流れて、ケーブルの断裂で一時的に止まっている事が判ると男の人達は私を背後から羽交い絞めにして破かないように、けれど荒々しく服を脱がせました。服の下には下着を着けていなくてその上アソコは愛液を溢れさせていて…男の人達は露出狂の私を携帯のカメラで撮影しました。
暫くしてからやっとエレベーターが動いて、デパートからお詫び代わりの商品を受け取ると男の人達の車に乗り込まされました。ボックスカーで、座席を倒した後部で縛り上げられるとバッグが取り上げられ、手帳と財布から住所も氏名も電話番号も全てを調べられて…。一時間近く車を走らせて、人気がない川沿いの廃工場に連れ込まれました。もう誰も使っていないはずなのに廃工場の窓の無い地下室には大きなベッドが置かれていて…私は男の人達に突き倒されてベッドに横にさせられました。男の人達は私を取り囲んで…。着ていた服を、今度は乱暴にびりびりに破かれて、ベッドの上に縛り付けられながら私は泣き叫びました。
「いやっ!やめてっ!」
そうすると今度は男の人の一人が全裸にされた私の上に馬乗りになって…泣き叫ぶ私の顔を続けざまに平手打ちしました。
「痛いっ!!やっ、やめっ…!!」
予想外に強い力でビンタが繰り返されたから私は口の中を切り、口の中いっぱいに血の味が広がりました。
「下着を着けないでマンコにローターを入れて外を歩いているような変態の露出狂が、今更何を言っているんだよ」
私に馬乗りになった人が他の人に向かって、笑いながら言いました。
「この変態は、有罪か無罪か?」
他の人達は一斉に有罪と叫んで、罰として早くアソコにチンポを突っ込め、と囃し立てます。私の上に馬乗りになった人は愛液で十分に濡れたアソコに激しく指を出し入れして…。怖くて泣いているはずなのに私のアソコは男の人の指の動きに合わせて、溢れ出た愛液が濡れたいやらしい音を立てて…。
「これからチンポをぶち込まれるって判っているのに、こんなにマンコを濡らしやがって」「犯し甲斐のあるメス豚だな」
私のアソコに激しく指を出し入れしていた男の人は指を抜いて、私の愛液で汚れた指を今度は私の口に…。仄(ほの)かな抵抗として噛んでやろうかと思ったけど、気が付いたら舌を絡めていて…。気が付くと、他の男の人達はそれぞれにマイクやカメラを構えてベッドの周りを取り囲んでいました。
「今このマンコに本物のチンポの味を教えてやるからな」
男の人はアソコを指で開いて…生のチンポを一気に奥まで突き立てました。アソコの肉を切り裂く痛みと一緒に、私は泣き叫びました。
「あっ…ああああ!」
耳の奥で確かにアソコの肉が引き裂かれる音が聞こえて…。
「ああ…はぁああああ…痛い、いたぁい!!!いやああぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」
男の人は私が泣き叫ぶのを楽しそうに眺めて、腰を激しく動かしました。
「いいマンコだ、チンポに吸い付いてきやがる!!!!!」
「いたぁいっっっ!!いやっ、もういやぁっっっ!!!!!!!!!!」
途端に涙で濡れた顔を続けざまにビンタされて…。
「こんなにマン汁をだらだらたらして悦んでいるくせに、何を言ってやがる。この、メス豚!!!!!」
一人が終わると次、とベッドに縛り付けられたまま4人の男性に連続して犯されて、全員に中出しされて…。ここで全てが終わってくれればまだ諦めがついたでしょう。でも…。
「おい」
男の人の一人が乱暴に私の髪を掴んで頭を持ち上げ、2・3度強くビンタをしてから他の人に言いました。
「こいつを、俺達専用の精液便所にしようぜ」
と。他の人達は一斉に賛同して、私をベッドに縛り付けていたロープが解かれると私は髪を掴まれたままシャワー室に連れて行かれました。シャワー室といってもそこは一般家庭のようなものではなく、室内プールのシャワー室のような広いところでした。私はそこでタイル張りの床の上に仰向けに寝かされて、首から上と20本の指以外は絶対に動かせないようにロープと鎖で固定されて…。男の人の一人が部屋の隅からホースを持ってきました。
「まずは便所掃除からだな」
男の人はホースを折り曲げると蛇口を開いて、十数秒経ってからホースを私のアソコに突っ込んで、折り曲げて水の流れをせき止めていたホースをまっすぐにしました。当然のように冷たい水が勢いよくアソコに流し込まれて…。
「あああああああっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」
男の人は便所掃除と称してそれを何度も繰り返し、その間も他の男の人はカメラを回し続けました。
「痛いっ、いたあぁっい!!!!!!!!!!!!!!」
「ホラ、もっと泣き喚けよメス豚!客はメス豚が泣き喚くほど悦ぶからな!」
肉が引き裂かれて処女を奪われたばかりのアソコが冷たい水に何度も襲われて…私は泣き喚いて何度も許しを請いました。でも当然彼らが私を解放してくれる事は無くて…。アソコの中のザーメンカクテルも洗い流されて、私はタイル張りの床の上でただ泣くだけでした。男の人の一人が私の傍に屈み込んで、綺麗になったアソコに指を3本一気に突き立てました。
「見ろよこのメス豚、こんな扱いされてもこんなにマン汁を流してやがる!」
「こういうメス豚は精液便所以外に使い道は無いな」
次は何をされるんだろうと考えている暇もなく、今度はお尻の穴に細いチューブが突っ込まれました。
「ひうっ!」
「俺達の精液便所になると誓わせないとな」
その言葉が終わる前に何ℓもの浣腸液が私の直腸内に注ぎ込まれて…すぐにでも爆発して便を垂れ流してしまうかと思ったけど、チューブが抜かれるのと同時に大きなバイブが栓代わりに突っ込まれて、その上簡単には抜けないように鍵付きのハーネスが取り付けられて…。出したくても出せない苦痛から私は涙と一緒に脂汗を流しながら懇願しました。
「外して、こんなの外してぇっっ!!!」
私の腹部は妊娠中期の妊婦の腹のように、浣腸液でどろどろになった便で膨れ上がって…。時間を、秒を追うごとに腸が激しく動いて苦しさが増して…。
「俺達の性欲を処理するためだけの精液便所になると誓えばすぐに外してやるよ」
私は反射的に唇を噛み締めて、外して、と懇願するのを止めました。精液便所になる、と誓うのはプライドが邪魔をして…。一人が、苛立ったように少し強く私の腹を踏みつけました。必然的に腹部で便が暴れまわって…。
「ひっ、ひぎぃっ!」
「早く誓えよ。誓えばすぐに楽になれるぞ」
「嫌っ、それはいやっ!!」
「強情なメス豚だな。おい、誰かアレを持って来いよ」
「アレ、か」
「ああ、そうだ。どんなにプライドが高い高慢ちきのメス豚でも、簡単に精液便所に出来るアレだ」
一人が、手に見慣れた赤いビンを持って戻ってきました。
「コレが、なんだか判るか?ん?」
「ひっ…」
便所掃除と称して清められる前までザーメンカクテルが貯蔵されていたアソコの、クリトリスの皮が剥かれて赤いビンの中身…タバスコが剥きだしになったクリトリスに振り掛けられました。
「ぎゃあああぁぁぁっっっ!!!!!!!!!!!!!」
なりふり構わず叫んでシャワー室の壁が震え、男の人達はとても楽しそうに眺め、カメラのシャッターが盛んに下ろされました。火の付いたタバコが押し当てられたようにクリトリスが熱く燃えて、この世の物とは思えない激烈な痛みに私は泣き叫びました。
「痛いっ、いたいぃっ!!」
「精液便所になると誓ったら綺麗に、クリトリスもケツの穴も綺麗に洗い流してやるよ。誓うか?」
もう抵抗の余地なんてありませんでした。精液便所になると誓うしか、この苦痛から逃れる術(すべ)は無いと判ったから…。
「誓う、誓うぅっっっ!!!」
ハーネスと栓のバイブが外されて、耳を塞ぎたくなるような音と一緒にどろどろになった便が垂れ流されて…浴びせられた熱いシャワーでタバスコ付けになったクリトリスを洗って頂いて、それからまた何回も浣腸が繰り返されて、出てくるのが透明な浣腸液だけになるとやっと開放されて、体を綺麗に洗われてからまたベッドに連れて行かれました。でもベッドには寝かせられないで、硬いコンクリートの床の上に正座させられて、精液便所の誓いを読み上げさせられました。
「私は精液便所のメス豚です。私はただチンポをぶち込まれてよがり狂うだけしか存在価値の無い精液便所です」
誓うしかありませんでした。もし誓わなければ、1ℓのラー油をアソコとお尻の穴に流し込んで、24時間以上は確実の放置する、と脅されたから…。もし本当にそんな事をされたら私は死んでしまう、と恐怖に駆られました。
「よく言えました、メス豚」
ベッドの上げられ、四つん這いの体勢で両手を背中側で縛り上げられて、前戯も何も無くお尻の穴にチンポが突っ込まれました。
「ひぐぅっ!」
「マンコとケツマンコ両方の処女を同じ日に無くすなんて、なかなかいないぞ」
「ケツマンコを犯されて気持ちいいか、メス豚!?」
もうどんな抵抗も止めました。抵抗するだけ無駄だし、抵抗すればその分の罰が与えられると判ったから…。
「いいっ…気持ちいいっ!!!」
「メス豚が…っ!チンポで腸をぶち破ってやるぞ!」
「あぐぅっ!!」
一切の情も容赦も無くチンポが直腸の最奥まで突き立てられ、私は喉を詰まらせました。でも、精液便所になると誓った以上ただ黙ってそれを受け入れるしかありませんでした。
「嬉しいか?チンポでケツの穴が犯されて嬉しいか?このメス豚がっ!!!」
「いいっ、いいっ!!!!気持ちいいっ!!」
またお尻の穴を全員に犯されて…いえ…飼い主様方にチンポを突っ込んで頂いて…何度も精液便所の誓いを読み上げさせられた後でこのメス豚にエサを与えて頂きました。私はもう人間ではなく、ただチンポの突っ込まれるだけのメス豚になったので、人間様の食事は与えて頂けませんでした。犬用のエサ皿に砕いたカロリー○イトやバランス▲ップを入れて、その上から飼い主様方の精液と尿が注がれて…一滴残らず全てを胃に収めるまで頭を踏みつけられていました。

私が犯され、精液便所にして頂くまでを全て記録したビデオはまったくの無修正のまま裏ルートで販売されて、月に一回お得意様を招いての歓迎パーティーにメインディッシュとして出席させて頂きました。その時はアソコ…人間様のチンポを突っ込んで頂くためだけのマンコにゆで卵を入れて、ゆで卵のマン汁漬け製造機としてテーブルの上でゆで卵のマン汁漬けを提供させて頂きました。
私は今も精液便所として、飼い主様方にご奉仕させて頂いております。私の体は精液便所のメス豚としての刻印をいくつも頂きました。麻酔無しであけられたピアスが二つ乳首を飾り、この先一生毛が生えなくなったマンコの上の恥丘には『精液便所』と、その下に『↓』の焼印を頂きました。チンポをぶち込まれるだけの下等生物である私には、刺青などという上品なものは頂けるはず無いので、真っ赤に焼いた鉄で刻印を…。私は精液便所です。人間様の性欲を満たすためだけの存在で、マンコにチンポをぶち込まれる以外の価値は無いメス豚です。どうか、一杯チンポをぶち込んで精液まみれにして下さい。

ビデオ屋の女の子4

普#ABABJU※

ついに仕上げの段階だ。

俺は彼女を家に呼ぶ。

「なんとか来週の月曜日に入荷します。」「そうか。ちょうどいい。休みだし。取りに来るよ。」
て言うか、そのDVD。来週の月曜日が発売だし。

「この映画。見たかったんですよ。公開した時、見に行かれなくて。」
知ってる。藤野さんが食いつくと思って買うんだし。
「普通の映画なんですね?」「どう言う意味?」「変な内容じゃないんだと・・。」
「あのねえ。仕事なんだよ。俺の。世間から見れば程度の低い作品かも知れない。作る側は必死なんだ。」
いつもは穏やかに話していたが、少し語気を強める。
全て計算。

「ごめんなさい。・・怒っちゃいますよね。」
ほらほら。こう言う感じになる。
「ごめん。大きな声を出してしまった。・・入荷したら携帯に電話くれる?」
「うん。わかりました。」
あとは・・彼女が俺の部屋に訪ねて来る必然性を作る。

「映画のDVD。入荷しました。もし。もおし。」
携帯の留守番に彼女の声。
とりあえず出ない。想定の行動。

あとは部屋を片付ける。
彼女の月曜日の予定は知っている。一緒にマンションを借りている女の子のカレシが部屋に来る。
彼女は部屋に居づらいから一人で買い物。
彼女は月曜の夜は憂鬱な夜。

「ごめん。ちょっと体調が悪くて・・映画、楽しみにしてたんだけど。ちょっと無理かも。来週の月曜まで見れないや。」
母性をくすぐってみる。

「持って行きましょうか?もうすぐ上がれるし。」
知ってる。だから16時45分に電話した。
あんまり早く電話すると「やっぱり行きたくない。」「男の人の部屋は危険かも。」とか余計なことを考えるかも知れない。

彼女が来た。
「ありがとう。」「大丈夫ですか?」「まいったよ。ほとんど・・両手が動かなくて。」
「ゴハンとかはどうしてるんですか?」「いつもは基本、自炊なんだけど、今夜はピザを頼んだ。着替えも出来ないし。しばらく掃除もしてない。」
「でもきれいにしてますよね?」
さっき全てを押し入れに投げ込んだ。
「きれい好きなんですね?」「イヤ汚いのが嫌いなだけだよ。」
歯が浮いちゃうよ。

そして計画通りに俺はテーブルの上の水をこぼす。
「あっ。ごめん。あれっ。ティッシュが・・悪いトイレの棚にあるから・・。5コパックのまま持って来て。」
何かの本で読んだ。「トイレに所用以外で入ると、かなりの確率で尿意を催す。」
「ありがとう。」
テーブルをティッシュで拭く彼女。
俺のちんちんも拭いてもらいたい。
「トイレ。きれいにしてるんですね。」
ほら始まった。
「おしっこしたいけど。言い出しにくいなあ。」ってことだ。
「あっ。いいよ。使って。ついでに残りの4コ戻してくれるかなあ。」
トイレに再度行く必然性を作るために「5コパック」のまま持ってきてもらったのだ。

「あっ。じゃあ、貸して下さい。」
俺のシナリオ通り。

彼女はトイレに入る。
カギの掛かる音。
素早くビデオカメラを取り出す。
和式便所。実は後方に小窓がある。カメラを差し入れる。
タイミングよく彼女のお尻が登場。
白くやわらかそうなお尻。
対象的にお尻の穴に近づくにつれて色は茶色味を増す。そしてお尻の穴。茶褐色のつぼみ。
ビデオ屋で初めて見た時。俺は感動した。
かわいい。清楚。絶対に手が届かないと思っていた彼女。
彼女は今、俺の目の前でお尻の穴をさらけ出している。
そして「プウッ。」と狭い便所の中に響くオナラの音。予想外だった。
そして予想外だったのは彼女も同じ。お尻全体が恥ずかし気に揺れる。
放屁の瞬間。彼女のお尻の穴はほんの僅かな瞬間だけ、花開いた。
蕾が開花したのだ。
彼女は今「オナラの音、聞かれたんじゃないかな?」不安な気持ちでいる。
そしてお決まりの水を流す行為。
「おしっこの音、聞かれるの恥ずかしいよ。」って行動。
あの・・悪いけど。見てますから。録画してますから。フルハイビジョンですから。
そして・・放尿。
至福の時。
どんだけ出るんだよ。

勢いがおさまる。水滴になる。水滴が陰毛をつたわり落ちる。
たまらない・・。
今度はトイレットペーパーで拭われる水滴たち。
俺のちんちんは幸せ者。

素早く部屋に戻る。

まず一つの目標は達成した。

こんなこともあるんだ

俺はいつもネットスーパーだとかでミネラルウォーターを3ケースくらいまとめ買いしてるんだよね。
で今回間違ってカブって注文しちまって、3月11日の午前中に合計6ケースが届いちまったんだ。

まあどうせ飲むからいいけど6ケースはちょっと邪魔だなぁなんて思っていたら午後に例の地震があった。
そのあと放射能騒ぎもあったりで都内じゃミネラルウォーターを買うのが困難になってきたから逆にラッキーだったなと思っていた。

で金町浄水場で放射能が検出されたとニュースでやってたその日、仕事から帰りマンションのエレベーターに乗ると後から子供連れの主婦が荷物を抱えて乗り込んできた。
この主婦は俺の部屋の2軒隣の人で、親しくは無かったけどまあ会ったら会釈する程度の間柄だったんだが、子供を抱えた上に重そうな荷物を持っていたのでその荷物を持ってあげることにした。
この荷物がペットボトルのお茶が6本、子供のミルクを作るのに本当はミネラルウォーターが欲しかったんだがどこにも売って無かったのでとりあえずお茶を買ってきたとのことだった。

「お子さんがいると大変ですねぇ?」なんて言いながら部屋の前で別れた。
で部屋でくつろぎながらも、ちょっとその子供のことが気になって、とりあえずミネラルウォーターを6本ビニール袋に入れてさっきの主婦の部屋のベルを押した。

すぐ出てきてくれたんで「お子さんのためにこれ使ってください。ウチにはまだストックがあるんで気にしなくていいですよ」そう告げて6本手渡してきた。
すごいお礼を言われて照れくさくなったんでとっとと帰った。

なんか良いことしたなぁ・・・と部屋で自己満足に浸っていると呼び鈴が鳴った。
出てみるとさっきの奥さん・・・「大切なお水をわけていただいてありがとうございます。あの?せめてお代を払わせて頂きたいんですけど・・・」そういう手には1万円札が握られていた。
「いやいや6本で千円もしないですよ。それに喜んでもらえてこっちもうれしいですよ。困った時はお互い様ですから気にしないでください」
そう言ってお金は受け取らずに帰ってもらった。

それから風呂入ったりTV見たりしてまったりしていたら再び呼び鈴が鳴る。
出てみると再び奥さん。
「あの?ケーキ焼いたんで良かったら食べてもらえませんか?」
そう言う手にはアルミホイルに包まれたシフォンケーキっていうのか?があった。
「ああ?それはありがとうございます。ただ男の一人暮らしですから、ケーキそんなには食べられないかもしれないなぁ・・・」
聞けば子供は今寝付いたばかり、旦那さんは仕事で終電近くに帰ってくるとのことだったので、「良かったらコーヒー落しますから一緒に食べませんか?」特に下心とか無いままサラっとそんなことを言っちまった。

サラっと言ったのが警戒心を生まなかったのか、「じゃあ」ってことで奥さん俺の部屋に上がりこんできた。
ちょうど昨日彼女が来ていて掃除とかもしていってくれたので、結構片付いていたのはラッキー。
コーヒーを落としている間にソファーに座ってもらうと、奥さんからちょうど部屋の隅に置いてあった山積みになったミネラルウォーターが目に入ったようだった。
俺は間違ってダブって注文しちまったのが逆にラッキーだったなんて話をしていたら突然「あの?・・・出来ましたらなんとか1ケース譲って頂けないでしょうか?なんでもしますからお願いします」と言って頭を下げられた。

何でもしますなんて突然言われると逆にテンパっちまう。
「そんな言われ方するといやらしい意味に取っちゃいますよ?」と照れ隠し気味に言うと「そういうことを望まれるんでしたら・・・(照)」そう俯き気味に返されはじけてしまった。

そっと奥さんの髪をかき上げながら「じゃあ脱いで」というと無言で服を脱ぎ始める。
「えっ!?こんな簡単に!」ついさっきまでただの顔見知りだった人妻がたかが水を譲るってだけでこんなことするのか・・・そう戸惑いながらも俺も服を脱ぎ始めた。

奥さんは一気に下着まで脱ぎ全裸となる・・・子供を生んだとはいえスタイルは全然崩れていない、ちょっと乳首が黒いくらいでキレイな裸にフル勃起していた。
奥さんはすぐに跪き仁王立ちフェラを始めた。
ネットリとまとわりつくようなフェラは異常に気持ち良く、非日常的な雰囲気に一瞬にして射精感を感じたが、これで終わるのはもったいなさすぎるので奥さんをベッドに寝かし俺が責めることにした。

首筋から鎖骨に舌を這わし、乳輪をなぞるとピンっと乳首が硬くなる。
少し焦らしながら乳首を舐めると「はぁ?」と甘い吐息が漏れる。
背中・腰・尻と舐めまわし、太ももにたどり着いた時には股間からおびただしい量の愛液が滴っていた。
散々焦らした後にクリに触れると一瞬にして「あう?・・・」と言いながら果ててしまったようだ。
さらにクリ責めを続けると「あ・あ・・・ダメ・・・また・・・」と言って痙攣し始めた。
こんだけ敏感な女性は初めてだ。
調子に乗ってさらに責めようとするが奥さんは俺のチンコをしごきだし「お願い・・・もう来て・・・」と言うからゴムを装着して正常位でゆっくりと抜き差しした。
この雰囲気に再び射精感に襲われ、バックに向きを変えて激しく突きまくった。
奥さんの押し殺した喘ぎ声を聞きながらあっさり発射・・・しばらく余韻を楽しんだが、ミネラルウォーターを1ケース渡すと大喜びで帰って行った。

「無くなった頃に、まだ品不足が続いているようでしたらまた譲りますよ」
というと「その時はまたお礼させてくださいねw」と明るく言われた。

水1ケースで2000円もしないのにずいぶん安上がりだよな。

家庭教師先の女の子?

もう10年近く昔のことですが、受験のシーズンになると思い出す話です。
当時バイトで家庭教師をやってたんですが、中学3年生の女子を受け持つことになりました。別に家庭教師会社に登録とかはしてなく、知り合いから頼まれる子を教えに行くような感じでやってて、その子も別のバイトで知り合った方から「娘が全く勉強しなくて困ってる。もうワンランク上の高校に行かせたいから頼む!」みたいな感じで依頼されて、引き受けたと思います。
女子を教えるのは初めてだったけど、彼女もいたし、ロリコンではない(はず)ので、別に意識することもなかったですね。その子を奈緒とします。奈緒は身長160cmくらでかなり細身のすらっとした体形でした。胸はあんまり大きくなかったけど、とにかくスタイルは抜群で、陸上部ということもあり、ほどよく日焼けした元気の良い女の子です。紙はおろすと肩ぐらいまでありましたが、後ろにひとつ結び?にしてました。
最初の日はまあご挨拶と得意な教科、苦手な教科の確認みたいな感じで、むこうも緊張してるような雰囲気でした。こちらが「数学はどこまで進んでる?」と微笑んで聞いても「えっと・・・数学は18Pの・・・」と下を向いてもじもじした答え・・・。ですが、3?4回目になるとだいぶ打ち解けてきて、「先生、どんな音楽聞くんですか?」というような雑談から「え??英語はやりたくなぁい!」みたいな生意気な口までくようになってました(笑)基本的にはすごく元気で明るい子でした。
ちなみに家庭教師の時の服装ですが、基本的には学校の体操服と短パンという体育の授業そのままのような格好か、もしくは学校の制服でした。(セーラー服ね)中学生には興味ないと言いつつも、短パンであぐらをかいて座るもんだから、隙間から微妙に下着が見えたり、薄い体操服からは下着が透けて見えたりと、ちょびっとずつ女性として意識していったのを覚えてます。とはいえ別に色っぽい訳ではないから、「あ?あ、また見えてるよ」と目のやり場に困る感じでした。
しかし、衝撃的だったのは初めて「私服」で家庭教師をした時です。それが超ミニスカートだったんです・・・。しかもスタイルが超いいので、短いスカートから長い足がスラリと伸びて、大学の友人にもあんなにミニスカートが似合う子はいなかったですね
。その後も私服の頻度はだんだんと増えていき、ほぼ毎回ミニスカートで登場するようになっていました。その時はその理由がわからず、「部屋が1階だから、階段の上り下りがなくて油断してるのかな?」とか「こいつおれを異性として意識してるな?」とか思ってましたね。床に置いたテーブルで家庭教師をするんですが、奈緒が高い棚の上の物を取る時なんて、パンツがいつも丸見えでした。目のやり場に困ると思うだけで、ガン見です。中学生にしては肌触りの良さそうな下着で、座って家庭教師をして立ち上がるので、いつも下着がお尻に食い込んでましたね(笑)
この時期とほぼ時を同じくして、奈緒が家庭教師中にすごく携帯電話を気にしだすようになったので、「これは男ができたな」とは気づいたのですが、なぜ家庭教師中にセクシーなミニスカート姿をするようになったかは不明でした。こちらとしては、まあ楽しめるので、悪い気はしなかったですけど。
その後3?4ヶ月そんな状況で家庭教師を続けているうちに、奈緒とも本当に仲が良くなり、かなりいろいろな話をするようになっていました。奈緒も彼氏がいることを自分から話してきましたし、私も自分の彼女の話をするようになっていました。もちろんお決まりの下ネタも。奈緒は年上の人と付き合っており、どうやら処女ではないようでした。また、彼氏とうまくいっていないとも・・・。そしてある転機が訪れます。
ある日、使っていた問題集がどうも奈緒に合ってないと感じたので、奈緒に「終わったら本屋さんに行って新しいテキスト買おうか?」という提案をしました。お母さん、お父さんも奈緒を連れ出すことを何の問題もなくOKしてくれたので、奈緒も「うん♪お出かけだね!」と喜んで応じてきました。おれは「お出かけじゃないよ!教材を買いにいくだけ!」と言うと「え??。せっかくだからお菓子買ってもらおうと思ったのに」といつものように生意気な口をきいてきました(笑)
通常よりも少し早めに家庭教師を終え、車で近くのショッピングセンターの本屋で出掛け、テキストを数冊購入、そして奈緒のおねだりに負け、お菓子やらかわいい文房具やら・・・いろいろ購入です(涙)奈緒は何だかとっても楽しそうで、私も途中からデートみたいだな・・・と思い、いつものようにミニスカートをはいた奈緒がすごくかわいく見えました。
その帰りの車の中、奈緒が何だか暗い表情で「先生、今日すごく楽しかった・・・。いつも彼女さんともこんな感じでお出かけしたり、買い物したりするの?」と聞いてきました。「もちろん!彼女にはもっとサービスして楽しませるよ?!」とおれが答えると、奈緒はますます暗い顔をして「いいな・・・。私もこんな楽しいデートしたいよ・・・。」と。前も彼氏とうまくいってないと言ってたので、これは何かあるなと感じた私は思い切って「彼氏ってどんな人?奈緒を楽しませてくれないの?」と切り出しました。言ってしまった後、失敗したかな?と思いましたが、じっと黙り込む奈緒の表情を観察していると、奈緒はうつむき、泣き始めました。私はたまらなくなり、気づいたら奈緒の手を握ってました・・・。奈緒は何も言おうとしないので、私は奈緒の手をもっと強く握り、そして手を離すと、不安そうに顔を上げた奈緒を安心させるように、奈緒を抱きしめました。
何だか不思議な空間でしたが、その後何もなく奈緒を家に送り届け、おれも帰宅しましたが、その日を境に奈緒はおれにすごく甘えてくるようになりました。家庭教師中もずっとおれに寄り添ったままだし、いつの間にかキスしたり、一緒に横になったりもするようになりました。何だか変な感触でしたね、おれも彼女がいたので浮気ですし、奈緒も彼氏と別れたとは言わなかったので。
男女がそうなると後は早かったです。おれも本当にまずいとは思っていましたが、奈緒とセックスしてしまう日がきます。お父さん、お母さんが仕事で遅くなると分かってる日に、もう我慢できずに、奈緒を押し倒しました。奈緒も分かっていたようで、全く抵抗しません。舌を絡ませあう激しいキスをした後奈緒の下着の中に手を入れると、もうそこはぐちょぐちょでした。「・・・気持ちいいよぉ・・・」奈緒が中学生とは思えない声でつぶやき、私の理性は完全に吹っ飛びます。その日はいつものミニスカートに上着はなぜか学校の体操服という格好でしたので、体操服をまくり上げ、ブラジャーをずらすと胸に吸い付き、そのままスカートの中では手を動かしました。するとちょっと衝撃的だったのですが、奈緒が自らおれのチンコをズボンの上から握り、しごきはじめました。奈緒は目をつむりセクシーな表情で喘いでいましたが、手はしっかりチンコを捉えて離しません。まあ処女ではないと聞いてましたし、少し驚きはしましたが、そのまま気に止めずに続行です。一旦奈緒に手を離させズボンを脱ぎ、今度は直に奈緒をチンコをつかませました。さすがにフェラは申し訳ないので、そのまま手コキしてもらいながらキスを楽しみ、そして正上位で挿入。当然ゴムなんてない(笑)ので生で入れて、思いきり奈緒のお腹の上に出しました。奈緒はイッたふうではありませんでしたが、うっとりとした表情をしており、ますます奈緒がいとしくなり、また激しいキスをしました。おれも当時は学生で女性をイカせるとか良く分からなかったので、とにかく猿のように奈緒の体をむさぼりました。確かあと2回ヤッたと思います。いつも家庭教師で使うテーブルではなく、勉強机に手をつかせて、バックからやりまくるのには超興奮し、かなり激しく腰を打ちつけ、奈緒もかなり大きな声で「ああっ!ああっ!先生、超気持ちいいよっ?」と喘ぎます。「先生」でもう完全に興奮は頂点。思い切り中出ししました・・・。
この後のことは・・・また次回書きます。

ノーパンでデート

数年前のオレが結婚直前の29歳の時の話。
結納を終えてあと3ヶ月で挙式というところ。

法事があって、親戚一同がオレの実家に集まった。
みんな下ネタが好きで何年に一度、集まって酒飲んでは盛り上がった。

嫁さん(婚約者)はまだ身内ではないので
その場にはいなかった。これが事件の始まり。

10歳年下の留美というイトコがいて、その子はオレに会う度毎に
盛んにスキスキ光線を出して来る。

この時もそうで、オレの隣に座って嫁さん(婚約者)がいないのをいいことに
体にベタベタ触って来る。オレも悪い気はしないので好きなようにさせてやってた。

酒も進んで、その場にいる女性陣にノーブラで出かけたことあるか?みたいな
話で盛り上がっていた時に横に座ってた留美がオレに耳打ちして来た。

「Kお兄ちゃん、結婚前に私を一回だけどっか連れてってよ。」

オレも酔っていてその時の話題も重なって、
「おう、いいよ。じゃあ、ノーブラで来いな。」
と言ってしまった。

留美は顔を真っ赤にして
「やだー、K兄ちゃんのスケベー。」
と、はしゃいでいた。

その辺から記憶が...あんまり...無い...

翌日、携帯のメール音で目がさめた。
オレは自分の部屋のベッドで寝ていた。
飲み過ぎて二日酔いでズキズキ頭が痛くて気分が悪かった。

メールを見ると留美からだった。
「K兄ちゃん、夕べはけっこう飲んでたね。二日酔い大丈夫?
約束おぼえてる?私楽しみにしてるから。」

どっか連れてけの約束はおぼえてたので、
「おぼえてるよ。日にち決めてくれ。」と返信した。

しかし、約束はそれだけではなかった。
約束当日、オレは車で留美と決めた待ち合わせ場所に向かった。

「K兄ちゃーん、こっちこっち。」
留美は満面の笑顔でオレを出迎えた。

さっそく冗談で
「ノーブラで来たか?」
と聞いてみた。

「やだー兄ちゃん、そんなわけないじゃん。」
と明るく切り返す留美。
そりゃそうだよなと納得しかけたその時だった。

「でも、もう1個の約束は守って来たよ。」
と言い出した。

もう1個の約束...?
おぼえてない...何か約束したっけ?

オレが首をかしげてると、留美がオレに背中を向けて
「これこれ」
とスカートをピラっとめくった。白いお尻がチラっと見えた。

???

オレが唖然としていると
「やだー兄ちゃん忘れちゃったの?やっぱりなー、かなり酔ってたもんね。」
留美が言う。

「そんな約束したのか?オレ。」
「そうだよー。スカートでノーパンで来いって言ってたじゃん。私、それは守ったんだよ。」

「!!!」
思い出した!

そんなこと言ってた記憶が蘇った。でもまさかホントに留美が実践するとは思わなかった。
オレの股間がちょっと大きくなりかけてきた。

「今、パンツは持ってないのか?」
「ううん、一応バッグの中には入ってるけど、今日は履かないつもり。」

とりあえず留美を助手席に乗せて走り出した。
隣に座っている留美がノーパンだと思うと気が気じゃない。
嫁さんとの間でもやったことないデート。ものすごいドキドキして来た。

婚約者は同い年の29歳、隣に座ってるのは19歳のピチピチした可愛い留美。
しかもスカートでノーパン。どう比較しても股間が元気になってしまう。

運転してても留美の太もものあたりに目が行ってしまう。
この奥は何も着けてないと思うと喉が渇いてきた。

「なあ留美、何でノーパンの約束は守ったんだ?」と聞くと
「うん、K兄ちゃんの希望だから...それに兄ちゃん独身最後だし。」

もしかすると 「いただけるかもしれない」 と期待を持ちながら
車で30分くらいの屋内遊園地に向かった。
屋内だから風でスカートがめくれる心配もないし、我ながら良い選択だと思った。

遊園地に着いて、乗り物の待ち時間の間、留美に聞いてみた。
「なあ留美、スカートでノーパンってどんな気分なんだ?」
「うん...何か変な感じ。」
スカートをおさえながら明るく笑って答える留美。カワイイなあと思った。

もうちょっと突っ込んだ質問もしたかったが、次の機会にした。
高速な移動を伴う乗り物では、留美がしきりにスカートの裾をおさえてる。
オレの目線はそっちばっかりに行ってしまう。

次のアトラクションの待ち時間で留美が
「ねえ兄ちゃん、さっき私のスカートのあたりばっかり見てたでしょ。」
と、耳打ちして来た。

「だって、気になるじゃんよ。」
と言い返すと、留美が真っ赤になって喜んだ。

次に乗った乗り物では周りから見えないのをいいことに
留美の太ももを指先でくすぐってみた。

「いやん。」
と言いながら赤くなってスカートの裾を懸命に引っ張りながらモジモジしている。
オレはスキがあれば留美の太ももを触ってやった。

そろそろいいだろうと思い、思い切って突っ込んだことを聞いてみた。
「なあ留美、お前ちょっと濡れてんだろ?」

と聞くと、
「え?...うん...多分...ちょっとだけ...」
と、うつむいて赤くなって答えた。

「今夜は行ける」 とオレは確信した。
それからは、まわりに見えない乗り物で留美の太ももを触ったり、スカートの奥まで
手を伸ばしたり、やりたい放題だった。

完全に密室になる乗り物では思い切ってマンコに触ってみた。
触られるのを期待してたのか、ものすごい濡れててビックリした。
その時は留美もオレのチンポを少しだけ触ってきた。

オレは留美のマンコが無性に見たくなった。
障害者用のトイレを探して2人で入った。

留美の腕を壁につかせて、尻を突き出す姿勢にさせ、
少し足を開かせスカートをめくってみた。

濡れ濡れのマンコが見えた。留美の息が荒くなっている。
オレのチンポもカチカチ。

はっきり言ってスジマン。
大陰唇に発毛なし。ワレメの上にちょっと生えてるだけ。
ちょっとピンクに色づいたキレイなマンコ。

嫁さんのはビラビラがはみ出ていて大陰唇にもびっしりと発毛している。
そう思うと留美のは極上品だ。

いや、ここは障害者のトイレ...
オレは我に返った。

すぐにでもチンポをぶち込みたいのをこらえ、スカートを戻し外に出た。
留美の目がトロンとなっている。
とても夜までガマンする自信はなかった。

ひと通りのアトラクションを終え、オレ達はホテルに向かった。
留美にオレの性欲の全てをぶつけるつもりだった。

適当に見つけたホテルに入り、2人でシャワーを浴びて
思いっきりセックスした。
留美は思ったよりおっぱいも大きくて色白で全てにおいて完璧。

正常位でやったあと、バックで思い切り突いてやった。
留美はヨダレをたらしてもだえまくる。

お互いにあっと言う間にイッたのだがまだ何かおさまらない。
いろいろな体位で突きまくり、留美も4、5回イッたようだ。

オレはまだ何か物足りない。
もっと留美に恥かしい思いをさせたい。
そこで剃毛させてとお願いしてみた。

最初はイヤがっていた留美だが、最後はオレの頼みということで承諾してくれた。
オレはT字の剃刀とボディーソープで作業を進めた。

生えてる面積も少なく、量も少しだったのであっという間にツルツルになってしまった。
元々ワレメの周りには毛がなくスジマンだったので子供のようなマンコができあがった。

留美は恐る恐るワレメの上のあたりをまさぐった。
「いやーん、ない。ないよー。大事な毛が。」

上付きなので、正面から見るとワレメがモロに見える。
ホントに子供のようなマンコだ。

「なあ留美、これでノーパンデートしようぜ。」
「え?これでノーパンなの?毛がないから恥ずかしいよ。」

「あっても恥かしいだろ。」
「うん、それはそうだけど、毛がないと思うと...」

「ないと思うと?」
「何かあったらワレメがモロに見えちゃうじゃん。」

「毛があればワレメは見えないと思ってたのか?」
「うん、もしスカートめくれても毛があるから...まだ...」

毛がある時でも、ワレメの上だけちょっと隠れる程度だからそんなに変わらない。

「毛があってもなくてもたいして変わらんような気もするがなあ。」
「ううん、全然違うよ。」

「気分的なもんだろ?」
「ううん、そうかもしれないけど、何か違う。」

オレたちは支払いを済ませ外に出た。もうすっかり夜になっていた。
留美はしきりにスカートの裾をおさえている。

「どうした?」
「な、何かすごく恥かしい。」

「そうか?」
「だって、最後に防御するものがないんだもん。」
留美はずっとモジモジしている。

オレはビルの陰に留美を連れ込み、スカートの中に手を入れた。
雫がしたたり落ちるのではないかと思うほど濡れている。

「留美、お前...」
「だってえ、すごく恥かしいんだもん。」
留美の顔は真っ赤になっている。

駐車場に戻り、車の中でシートを倒して留美のスカートを脱がせた。
ツルツルマンコにオレのチンポをぶち込んだ。
思いっきり濡れていたのでツルっと入ってしまった。

もう、今日一日で留美は何回イッたかわからない。
俺も3回射精した。そのうち1回は中出し。

その後、嫁と結婚し幸せな日々を過ごしている。
でもこのまま畳の上で死ねるとは思ってない。
何か天罰が下るような気がしてならない。

愛する私の妻、人妻の処女喪失

愛する私の妻、人妻の処女喪失…。そのビデオがここにある…。?「処女喪失」
妻・理恵との出会いは妻がまだ短大生の時でした。
二十歳前の妻は幼顔の美少女で憧れる男性は多かったようだが、おとなしく控えめな性格で男性と会話するときは恥ずかしくて目線を落としてしまうような娘でした。
私と知合ったときも、はにかみ、目線を泳がせながらも一生懸命しゃべる彼女の愛らしさに心を引きずり込まれるような魅力を感じました。
妻が同級生に無理やり参加させられているコンパが私たちの出会いでした。
私は高卒で安月給のサラリーマンだったのですが、医者になった高校時代の友人から人数が足りないので顔を出すだけで良いから来いと言われ強引に連れて行かれたのです。
どうせ自分は偏差値の高いお嬢様学校の女子大生になんか相手にされるわけがありません。
ただ黙って座っているだけのつもりでいたのですが、真っ赤な顔をしながらうまく会話に加わることもできず健気に酒を注ぎまわっている童顔のマドンナに一目ぼれしてしまったのです。
私も臆病な性格でぽつりぽつりとした話し方しかできなかったのですが、それがかえって妻を安心させたようで心を許したまぶしい笑顔を私にだけ見せてくれたのです。
6つも年上のさえない私と清純を絵に描いたような妻とのつきあいが始まりました。
しかし彼女の家は地元の名家であり父親は大企業の社長で、一人娘の妻は会社の後継ぎになる優秀な男と結婚することを期待される身でした。
彼女の父親は彼女が短大を卒業するとすぐに見合い話を持ちかけてきました。
彼女の父はとても傲慢な男で、当然私のような男とのつきあいは認めず無理やり自分の選んだ男と結婚させようとやっきになっていましたが、妻は私との結婚を望み、暴君のような父親に生まれて初めての激しい抵抗を見せました。
しかし私には大企業の次期社長としての器は当然ありません。
根負けした妻の父は私と妻の結婚に一つの条件を出してしぶしぶ承諾しました。
それは、必ず男の子を生み英才教育を施し、次期社長となるべく立派に育てること。
それまでは自分が何としても現役を退かずに待ち続けると言うのです。
自分一人ですべての責任を背負いまっとうする覚悟をしてまで娘の幸せを認めた彼女の父親に私は男として尊敬し、心から感謝しました。こうして妻21歳、私が27歳のときに私たちは永遠の誓いと養父との約束を胸についに結婚したのです。
しかし私たちには3年たっても子供は授かりませんでした。
なんとしても子供を作らなければならない妻と私は不妊治療を決意して病院に行ったところで悲劇が発覚しましたなんと私は子供を作れない体だったのです。
私たちはあせりました。
養父からは顔を合わせるたびに子供のことでなじられ続け、
「おまえの体が欠陥品なんじゃないのか?もうおまえたち離婚しろ!理恵にはおれが立派な男と結婚させる」
とまで言われていたのです。
妻と私は心から愛し合っています。離婚なんて考えられません。
しかしこのままでは本当に無理やり二人は別れさせられてしまいます。
人工授精も考えました。
しかし実験動物のように大きく股を開いて固定された妻の体に医者の冷たい手から誰の物ともわからない精子を注入される…
考えるだけで私には耐えられないことでした。
それならいっそ…
そのときの私はどうかしていたのかもしれません。
あの、医者になった高校時代の友人、Kの顔が浮かんだのです。
Kは高校時代から体格が良くてラグビー部のキャプテンをしていました。
それでいて医大に現役合格をするほど頭の良い男です。
彼の子供なら丈夫で頭脳明晰に違いありません。
妻にこの恐ろしい考えを話したとき、私以外の男を知らない妻は泣きじゃくりました。
そんなことは嫌だと私にしがみつき許しを請うてきましたがしかし二人には子供を授かる以外に夫婦を続ける道はないのです。
三日三晩泣いたあと、ついに妻は泣きはらした顔をこくりとたてに振ったのでした。
こうして私たちは、彼に妻の種付けを依頼することにしたのです。
翌日Kを喫茶店に呼び出しました。
妻は恥ずかしがって話し合いには参加したがらず、すべて私にまかせるとのことなので、
Kと私は二人だけでテーブルをはさみ、コーヒーを飲みながら話し合いました。
この話をKにしたとき、最初は非常に驚いていましたが、二つ返事で喜んで引き受けてくれました。
それはそうですね。
清純貞淑な人妻を夫公認で中出しできるのですから…
そしてその場で詳しい約束事を取り決めました。
・妻は毎週土曜日の夜から翌朝まで彼のマンションに泊まりこみ種付けを行うこと。
・種付け期間は妻が男児を妊娠するまでとする。
・妻の体には一切傷をつけないこと。
・口・アナル等での射精は不可。必ず妻の膣内にて中出し射精を行うこと。
・報酬としてKの性欲処理を兼ねるので、Kの種付け行為の内容に対して口出しは一切   
 しないこと。
などが主な約束として決められました。
舞いあがる気持ちを押さえるようにKは神妙な顔つきを作っていましたが、私は話の最中、胸の中に湧きあがるどす黒い興奮を覚え、指先が小刻みに震えているのを悟られないように必死でした。
妻が夫ではないこの男に毎週種付け射精を受ける…
妻の膣内に出された子種が発芽するその日まで…
そう思うとしゃべることも苦しいほどの興奮でした。
その様子を見てKは察したのか、もう一つ取り決めを付け加えました。
種付け行為の記録を毎週夫に提出すること。
Kと妻の初めての種付け日のことを私は一生忘れません。
土曜の夜、入浴して身を清め、念入りに化粧をした妻は、Kの指示で買っておいた黒いブラと細い紐が食い込む小さな黒いパンティを身につけました。
普段は普通の白い下着しか使ったことのない妻は、しきりに恥ずかしがり、食い込むパンティの感触に顔を赤らめて太ももをよじらせていました。
丸いヒップはほとんど露出していています。
私は強い興奮に襲われ抱きついてキスをしようとしましたが化粧がはげるからと拒否されてしまいました。
そして妻は黙ってストッキングとミニスカートをはき白いブラウスをはおるとうつむいて小さな声で、
「じゃ、あなた…頑張って…妊娠して…きますから…」と告げました。
その声が少し涙声になっていたのはまだ抗う気持ちが残っていたからでしょうか。
すぐには出て行こうとせず、立ったまま私の返事を待っています。
私は目を合わせず、妻を突き放すように
「ああ、行ってらっしゃい」といいました。
妻はそれを聞くとうつむいたまま黙って出て行きました。
私は一人部屋で身悶えるしかなかった。
他に手がなかったとはいえ、妻を他の男に差し出す…
妻に対する済まない気持ちと、小さくなり怯えながらも出掛けて行った妻がこれから為す行為に対しての激しい嫉妬と興奮。
明日妻はどのような顔をして戻ってくるのか、種付け記録の報告内容はどのようなものなのか、そして自分がどれほどの興奮の底へと落ちて行くのかという期待に、
まるで全身が激しく勃起した性器になったような感覚になり自分を持て余していた。
このままでは明日まで自分の精神が保てない…
私は通らぬ喉に大量の酒を流しこみベッドに潜りこむことで無理やり眠りについた。
童顔に真っ赤な口紅を引いた妻が黒い下着で迫ってくる夢を見た。
全身を汗で光らせ艶かしく挑発的なポーズを取っているのだが、なぜか私は妻に触れることができない。
口元に笑みを浮かべ、妖しい目つきで、悶え苦しんでいる私をじっと見つめている…
ガチャリと玄関の扉を開ける音がして夢うつつから現実に引き戻されたときにはすでに翌日の昼前になっていた。
パジャマのズボンがびしょびしょに濡れている。
射精はしていないようだがシーツにまで染みこむほどに分泌したものを片づける間もなく妻が寝室に入って来た.。
両膝をそろえてイスに腰掛けるとうつむいたまま小さな声で
「ただいま戻りました…。り、理恵の子宮に…種付け…してもらって来ました…」
とつぶやくように言った。
あとで聞いた話だが、この露骨なあいさつはKに命じられたものらしい。
髪にブラシは入っているようだが化粧はしていない…
風呂上がりのような姿の妻はストッキングを履いていなかった。
非常に疲れ切った様子だが怒られた子供のように背筋を伸ばしてうなだれたままイスに座
っている。
ふとハンドバッグに手を伸ばすと中から一本のビデオテープを取り出した。
バッグの中に丸められたストッキングが見えた。
「これ…Kさんがあなたにって…約束の物…」
ビデオを受け取った私は居間にあるビデオデッキの方へ行こうとしたところ
「待って、やめて!あたしのいるところで見ないで…お願い…お願いだから…」
とすがりついてきた。
妻のいないときというと来週の種付けの日しかない。
しかたなく私はベッドに座り直すと、まっすぐに見つめながら妻に話しかけた。
その姿は蛇が小さな雨蛙を追い詰めて命乞いを強要しているようだったかもしれない。
「どうだった?」
「…Kさんは大きくて…とても…いたかった…」
「何回仕込んでもらった?」
「…わからない…いつかビデオで…見て…」
「気持ち良かったか…」
それには妻は答えず、きゅっと体を強張らせた。
太ももを締めつけている。体が感触を思い出しているのだろう。
「イッたか?」
妻は全身を真っ赤にしながら消え入るような声で答えた
「………………はい…」
たまらず私は妻の手を引きベッドに引きこみました。
すると妻は
「あなたやめて、あたし今日はもう無理…もういっぱいなの…お願い…」と抗います。
しかしびしょびしょになったシーツと私のパジャマのズボンに気づくとハッして、
「…手で…してあげるから…」
というと私を寝かせ覆い被さり、キスをしながら濡れたパンツの中に手を入れてきました。
普段は決して妻のほうから積極的にふるまうことはなかったので興奮した私はおとなしくなされるがままにしました。
妻は顔を右に左にと傾けながらキスをしてきます。
妻の温かい吐息を味わいながら私はまもなく大量に放出してしまいました。
唇を離すと妻はバスタオルを取りに行きましたが、部屋を出るときにちらりと私を見た妻は、夢の中で見た妖艶な表情を浮かべていた…

愛する私の妻、人妻の処女喪失…。そのビデオがここにある…。?「処女喪失」
結局、妻とセックスできたのは水曜の夜だった。
それまでも毎晩求めていたのだが、妻に拒まれその度に手で抜いてもらっていた。
私たちのセックスは、私が淡白なのと妻が恥ずかしがり屋のためとても静かなものだ。
いつも正常位で行い、妻は声をまったく出さない。
絶頂の瞬間に声が漏れる程度である。
その日は私が興奮していたこともあって二度もしてしまったのだが、妻は一度もイクことができなかった。
まだ妻の体が完全に回復していないのかと思い悪いことをしたと思ったが、
「あなた、愛してるわ」
とキスをされると安心して私はそのまま寝入ってしまった。
しかし夜中にふと目を覚ますと、隣の妻の様子がおかしい。
体をまっすぐに伸ばしたままうつぶせになり、顔を枕にうずめたまま細かく体を揺すっているのである。
「はあ…はあ…」妻の息遣いが聞こえる。
布団の中からかすかにくちゅくちゅと音がする。
「あ…あぁっっはあっ!」
聞き覚えのある妻の絶頂の声と共に静かになり、しばらくすると妻はバスルームに消えて行った。
妻のオナニーを見たのは初めてだった。
次の土曜日がやってきた。
妻は先週と同じように身繕いを済ませると、
「これからKさんに…種付けして…もらいに行ってきます…」
とあいさつし、家を出て行った。
私は急いで居間のビデオデッキにテープを挿入すると、食い入るように画面を見つめた。
左手の薬指に光る結婚指輪以外、何一つ身にまとっていない妻の姿が映し出された。
妻は私が最初の男であり、私以外の男とは直接裸を見たことも見せたこともありません。
だから私のすることや私の体が当たり前だと思い込んでいたのですが、このビデオには、
それがまったくの間違いであり、すべてにおいて新しい経験をさせられる妻が記録されていました。
部屋の中央にマットレスが敷いてありライトが照らしています。
そしてカメラは部屋の角に据え付けてあるようです。
そしてなんと、反対側、対角線上の角にもう一台のカメラがマットレスを狙っています。Kはビデオを2本撮影し、1本を私に渡すために、もう一本を自分のために残すようです。
ダビングする時間を省くためだけにもう一台カメラを用意し、それどころか撮影用ライトまで購入するとは、気の入れようが伺えます。
これほど明るいところでセックスをするのは妻も初めてですがKの性欲を満たすための行為に口出しをしない約束なので大目に見るしかありません。
マットレスの真中に全裸の妻が正座しています。
そしてカメラに向かって、おそらくKに吹きこまれたあいさつをしました。
「…き、今日からKさんに…理恵の子宮に…た、種付けをしてもらいます。一日も早く妊娠できるよう…一生懸命…がんばります…」
すると妻は反対側を向き、向こう側のカメラに向かってもあいさつしました。
「今日からKさんの…せ、性欲処理を…お世話いたします…。Kさんの…ペ…ニスを…喜ばせるために…一生懸命がんばります。よろしくお願いします」
言い終わると向こう側のカメラに向かって三つ指ついてふかぶかと頭を下げました。
すると扉が開き、トランクス一枚のKが入ってきました。
おそらくドアの隙間から覗いてタイミングをはかっていたのでしょう。
Kが部屋に入ってくると、妻の体は緊張のあまり硬直していますが、目線はKの体に釘付けになっていました。Kの体は見事ですがっしりした筋肉質で180cmある身長がノッポに見えません。腹も引き締まっており、医者の不養生を軽蔑するといつも言っていましたが、口だけでなくしっかりと自己管理をしているようです。
男から見るとほれぼれするようなたくましい肉体も、153センチしかない妻にとっては恐竜に迫られるような恐怖を感じさせているようでした。
怯えて固まっている妻を、Kはやさしく抱きしめました。
耳元で、内容までは聞こえませんが、とてもやさしい口調で何かを囁きながら妻の髪や肩に軽く触っています。
妻の緊張が徐々に解けていくと、キスを交わし、胸や太ももを愛撫し始めました。
しかし、Kが妻の右手を自分の股間に導いたとき、妻はひっと叫んで手を引っ込めると、
両手で顔を覆って泣き出してしまいました。
すでに大きくなっていたKのペニスはトランクスの上から頭を突き出しています。
標準より小さ目の私のペニスを普通だと思っていた妻には、いきなり2倍近いものに遭遇してまた恐ろしくなったしまったのです。
「こわい…こわい?…」
怯えて涙をぽろぽろと流して固まってしまった妻をKはまたやさしく抱きしめました。
そして片手でトランクスを脱ぎ始めました。
ますます怯える妻をKはまるで始めからやりなおすように髪をなで耳元で何かを囁きながら徐々に愛撫を強めていきます。
やがて妻の緊張も取れてきて、妻の股間をKの指がまさぐる頃にはすっかり興奮し、はあはあと息を荒げながら体をくねらせるまでになりました。
しばらくして、いよいよKが妻の両足を大きく広げさせのしかかってきました。
妻は興奮し上気して真っ赤になった顔をカメラに向けました。涙目の妻がカメラを見つめています。
そして唇の動きが
「あなた…ごめんなさい…」と告げました。
妻からのこのメッセージをカメラ越しに受け取った時、私の中に衝撃が走りました。
今行われている行為は私たち二人が共に暮らして行くためであり、私が提案して妻に半ば強引に承諾させたことです。
なのに妻は私に対して不貞を働いているという気持ちを拭い切れない…
精神的にも肉体的にもすべての負担を妻が背負っているそれは妻が女に生まれたためだ。
女であるために、妻は品格や清廉な心を汚され見たくもない新しい世界に無理やり放りこまれている。
男の私はといえばただ悶々としているだけだ。
(理恵、本当にすまない…)
私は暴れ出したいほどの気持ちに襲われた。
しかし同時に、その強い感情が瞬時にどす黒い性的興奮へと変わっていくのを感じた。
そう、妻の心が、体が、汚される…そのことに。
そして何もできない自分自身に。
禁断の快楽、背徳の興奮…ずっと胸に渦巻いていたもの、強い嫉妬による興奮、その快楽に自分は既にはまり込んでいることをそのとき自覚してしまったのです。
しかも今現在この瞬間もこのビデオと同じことがKのマンションで行われている。
そう思うと脳が沸騰するような感覚に襲われ、眼でテレビを飲み込もうとするように画面にかじりつきました。
画面では、Kがゆっくりと腰を進めています。
が、次の瞬間妻が悲鳴をあげました。
「うっ…ぐっ…ああっいたいっ!…駄目ぇ、ああ駄目、いたいっ!…ああ、ちょっとやめて、お願いお願い?!」
Kのペニスは大きすぎて妻の膣内に挿入できず亀頭が入り口で止まってしまうようです。
あまりに妻が痛がるのでKは一旦離れると
「これが一番痛くない形だよ。理恵さんのペースでゆっくりと入れられるからね」
と言って自分が下になり妻の体を乗せ上げました。
妻はこの体位は生まれて初めてで、戸惑いと恥ずかしさでおどおどしていましたが、やがて息を止めて目をつぶると、ペニスに手を添えて真上を向けさせるとゆっくりと体重をかけ始めました。
ゆっくり、少しずつ。時々Kが軽く突き出したりして協力します。
痛みのあまり「ひゃっ」
と小さく悲鳴を上げて腰を持ち上げてしまっては、またペニスの先に座りこむ努力をしていき…
それでも亀頭が埋まったあたりまででどうしても止まってしまいます。
ずいぶん時間をかけましたがとうとうあるときKの突き上げと妻の意を決した座り込みの
タイミングが一致していきなりズズズッとKのペニスが半分近くまで入り込みました。
「っあああっっ!!」
一瞬鋭い声で悲鳴をあげると妻は、目を見開き、大きく開いた口ではあはあ息をしながら
Kの胸に両手をついてゆっくりと前傾姿勢になりました
次にKが下からまた腰を送り込むと、今度はどんどん入って行きます。
妻は「あはっ!…あはっ!…」
とその都度苦しそうな悲鳴をあげますが痛くはなさそうでした。そして2・3度の突きで
Kの大きなペニスはすべて妻の中に収まってしまいました。
Kは妻を抱き寄せて上半身も密着させると、大仕事をした子供をほめてあげるように両手で頭や背中を撫で回しながら、額や頬や耳元に
「チュッチュッチュッ」と短い音を立ててキスを始めました。
二人は体をゆらゆらと揺らして、股間の密着を馴染ませています。
しばらくすると妻の興奮がだんだん大きくなっていってたまらなくなったように自分から
Kの唇に激しいキスをし始めました。
激しく呼吸を乱しながら、乱暴に舌をKの口の中に押し込もうとしています。
私は妻がこれほど自分から積極的に振舞うのを初めて見たので興奮しました。
ディープキスは、したことはあってもされたことは一度もありません。
これから起こることに対する期待がますます膨らんできて、心臓が破裂しそうなほどに強い鼓動が体の中から聞こえ続けていました。
やがてKが妻の上半身を持ち上げ、
「理恵さん、さあ」
と言うと腰を振るようにうながしましたが、
妻は「はあぁ…」
と溜息とも悲鳴ともつかない声をあげるとまたKの体の上に突っ伏してしまいました。
Kの耳元に小声で何かささやいています。
おそらく、自分は男性の上に乗るのが初めてでどうすれば良いのかわからないことを告白しているのでしょう。
Kは「うん…うん…わかった…」
とうなずきまた妻の上半身を起こさせると、両手で妻の腰を掴み、妻の体を動かし始めました。
しばらく上下に動かすと手を離し、妻が自分の意志で動くようにさせます。
動きが悪いとまた手を貸して動きを教え、また妻にやらせます。
「理恵さん、いいよ…すごく気持ちいいよ…」と声をかけながら。
大体妻がうまく動くようになると、次に腰をグラインドさせます。
右周りも左周りも大回り小回りまでマスターさせ、次に体をのけぞらせて股間を突き出しながら腰を使うやり方や両足の裏を下につけるやり方や肩膝をついたやり方、ペニスを収めたまま後ろ向きになる方法など様々な体位を、それぞれに挿入の深さやスピードのバリエーションもつけさせるように教え込んでいきました。
興奮しきっている妻はKのいいなりになり必死に取り組んでいました。
妻が私以外の男に性技を仕込まれている…
Kの性欲処理のためには必要なことだし、覚悟はしていましたが、その光景を目の当たりにすると、見る見るうちに技を覚えさせられ成長させられていく妻はまるで遠くの存在に感じ、激しい嫉妬と興奮を感じました。
最後にKが「理恵さんの一番気持ち良い動き方を探してごらん」
というと、ある程度慣れてきた妻はいろんな動きを自分の体に試し、最終的には少し前傾になりクリトリスのあたりを前後に小さくぐりぐりとKの陰毛にこすりつけるような動きをして
「ああ…ああ…」とあえぎ声をあげました。
そしてKが
「いいよ。それじゃあ理恵さん。俺を思いっきり感じさせてよ。いろんな動きで俺を犯してよ。ほら」
と言うと、妻は髪を振り乱しながら覚えたての色々な技を披露し始めました。
それはまるで踊り狂う夢遊病者のようで、声も出さずに静かに抱かれる妻しか知らない私は圧倒されてしまいました。
様々な動きを駆使し、懸命に妻はKを犯しています。
だいぶ経った頃、妻は私とのセックスではまず聞かれない喘ぎ声をあげ始めました。
「ああ…は?…あっああ、…ああ…うっ、はあ?…あああん…」
「理恵さん、可愛いよ。…すごく可愛い声だよ。…もっともっと可愛い声を…もっと聞かせてよ、…感じちゃうよ」
Kの言葉を聞くとますます妻の声が大きくなり、徐々に腰振りダンスのスピードが上がってきました。
「イクんだね?もうイキたいんだね?」とKが聞くとうんうんと首を縦に振ります。
「理恵!イッてごらん!ホラ理恵!一番気持ち良いやり方で!理恵の一番可愛い声を聞かせて!」
呼び捨てで命じられると、妻は体位を変えてKの胸に両手をつき、股間を前後に擦りつける動きに切り替えました。
さっきと違うのは、倍のスピードで腰を振っていることです。
「あっあっあっあっあっ…」
自らの腰の動きに合わせて細かい喘ぎ声を響かせます。
Kの性欲処理の世話をする…膣内に精液を採集する…
もはやこのセックス本来の目的を忘れ、妻は自らの快楽を極めるためだけに、もう戻れない道を全力疾走していました。
「あっあっあっ……っあーーっ!、あーーっあああーーーっ!」
妻が顔を天井に向けて背中を反らせました。
イキ始めた妻にまたKが声をかけます。
「理恵!イクんだ!理恵!イキますと言って、思いきりイクんだ!」
「あああーーーっ!……ああ、…イキます!…り、理恵、イキます!…イキ…ますぅ…」
声を絞り出し体をのけぞらせて遂に妻は激しく絶頂を極める姿を晒してしまいました。
艶めかしく胸を突き出すように背を反らしたまま全身を硬直させ、妻はこちらのカメラを見つめていました。
濡れ乱れて頬にかかる髪、血が噴き出さんばかりに真っ赤な顔に汗だくの壮絶な表情、その瞳はうつろで、涙を一杯に湛えて輝いていました。
私の人生で見てきたあらゆるものの中で、この時の妻の姿ほど圧倒的に美しいものを見たことがありません。
まもなく弛緩した妻がKの上半身に倒れこみました。
大きく呼吸をしながらも動けなくなってしまい、Kが腰を揺すりたててもビクビクッと痙攣するだけです。
妻のあまりの激しい絶頂に小休止を入れることにしたKは大きく勃起しているペニスをずるりと引き抜くと、妻の体をやさしく横たえ、ティッシュで妻の股間を拭ってあげました。
すると急に驚いた声で、「あれ?血がついてる!理恵さん、大丈夫?」
なんとティッシュが赤色に、いえ、妻の分泌した大量の愛液と混ざりあってピンク色に染まっていたのです。
差し出された物をぼんやりとした目で見た妻は
「…いやだぁ、もう……いやぁん…」と言うとうつぶせになって顔を隠してしまいました。

愛する私の妻、人妻の処女喪失…。そのビデオがここにある…。?「処女喪失」
そのとき私は初めて妻を抱いたときのことを思い出しました。
妻はロストバージンのときに出血がなかったのです。
まれに処女膜が柔らかい体質の人がいて、膜が伸びることで破れずに男根を受け入れてしまい出血しない場合があるそうです。
妻がそういう体質だったということですが、それが今、Kの巨大ペニスによって破られたということでしょうか?
そういえばペニスの入り方も、入り口付近からなかなか進まなかったものが急に何かふさいでいたものがはずれたように、いきなりKのペニスが半分近くまで突き刺さったし…。
ちなみに私との初体験は、ペニスの先から根元まで粘土にすりこぎでも埋め込むように
ゆっくり圧力に抵抗しながらの挿入でした。
しかし3年近くも夫婦生活をしていて、処女膜が残っているなどということはありえるのでしょうか?
激しいセックスで膣内のどこかが擦れて出血しただけかもしれません。
しかし私はこのとき妻はKに女にされてしまったのだと信じることにしました。
愛する私の妻、理恵…、人妻、理恵の処女喪失…。
そのビデオがここにある…。
そう考えると興奮がますます激しく高ぶったからです。
私は夢中でビデオテープを妻の処女喪失場面まで巻き戻し、その瞬間…日付、時間、秒数まで…を脳裏に刻み込みました。
二度目の妻の交尾が始まりました。
今度こそは本格的な種付けが行われるはずです。
Kは大きく開かせた股の間にひざまずき、妻の股間を舐めまわしていました。
私はクンニリングスはほとんどさせてもらえないので、妻はこれほどしつこくそこを口で愛撫されるのは初めてです。
汗を噴き出し体をくねらせて逃げるような動きをしますが、Kが腰を両腕で抑えつけて唇を離そうとしません。
再度カメラが回りだすかなり前から舐め続けていたようで、すでに妻の息遣いはかなり激しいものになっていました。
Kは口をはずすと四つんばいになるよう命じました。
妻は後ろからされたことも一度もないため非常に恥ずかしがって一瞬中躊しましたが、一切の拒否する権利を持たない妻はおずおずと後ろを向いてKに大きな尻を向けました。
しかし、両の掌をマットについて脚を閉じ背中を丸めた格好です。
Kは妻の背中を抑えて反らさせると肘を付かせて股も大きく開かせました。
ライトが照りつける中で肛門を丸出しにされてしまった妻はあっと叫んであわてて右手を伸ばすと肛門をふさぐようにして隠してしまいました。
Kは後ろから妻の股間に片手をくぐらせるとゆるゆると愛撫を始めました。
妻は「くぅ…くぅ…」
と屈辱の悲鳴のような喘ぎ声をあげましたが、そのうち片腕の肘で体を支えることが辛くなったのか胸をマットにべたりとつけてしまいました。
それでも右手は肛門を押さえています。
よく見るとその右手の指にはわずかに力が入り、自らの肛門をそろえた指の腹で軽く揉み込んでいるように見えました。
Kはそのまま後ろからぐぐっと妻に挿入しました。
マットに体を突っ伏し尻だけを掲げた妻の上に覆い被さるように根元までねじ入れると、股間をぐるぐると碾き臼のように回して性器をよく馴染ませます。
Kの腹の下に埋もれた妻の右手は、それでも必死に肛門を守っていました。
Kがいろいろと動きを変えながら攻めていくと、妻の性感は更にどんどん高まり、汗みどろになって
「ああっ…ああっ…ああっ…」と声をあげるようになっていきます。
ドスドスと連続したピストン運動に切り替える頃に妻は
「あああっっ!理恵、イキます!」
と叫んで全身を硬直させながら再びイカされてしまいました。
そして妻の体から力が抜けるのを確認するとKは再び激しいピストン攻めを続行します。
Kはこのまま種付けまで持っていくつもりのようです。
連続した激しいピストン攻めに妻は「ああ…ああぅ…あっはぁ…」
と喘ぎ声をあげるだけで、もはや右手は尻の上に力なく置かれているだけになり、その手をKがそっとはずすとついに妻の肛門が丸出しにされました。
妻の、その見事に美しいピンク色の肛門を見たのは私も初めてです。Kが左手で妻の尻肉を鷲掴みにし、右手を伸ばして妻のクリトリスを擦りだすと、妻は狂ったように悶え、
なんとはずされた右手を自分の鼻先に持っていき、指に残る自らの肛門の匂いを嗅ぎ始めました。
そして更に激しく喘ぎます。
「あああっ…すー…ふっはあぁ、…あっあー…ああーん、すっすー…はーっ…ああ…」
その姿は、清楚で上品で恥ずかしがり屋な妻が、今、自分が人であることを忘れ去り、本能にすべてを支配されている証拠でした。
そしてまもなくまた「理恵っ…イキます!……ううぅっ…」
イク瞬間を宣言することは妻の本能に完全に刻み込まれたようです。
とうとうそのときが到来しました。
Kが「理恵、イクぞ」と宣告しますが、狂ったように喘ぎ続ける妻の耳には届いてないようです。
しかし私にとってその宣告は、いつしか呆然とビデオを見ていた私をいきなり現実に引き戻すものでした。
あまりに激しい興奮にすっかり我を忘れて引き込まれ、まるで妻が主演している極上の裏ビデオでも鑑賞しているような感覚に陥っていた私はそのひとことで魂が戻ってきたように感じました。
それは「ドクンッ」と心臓を激しく鳴らしたと思うと血液と共に全身に強く苦しいショックが行き渡って行く感覚でした。
しかし二度目からの心臓の鼓動は激しい性的快感に変わり、心臓が止まるほどの苦しみは心臓が止まる。
ほどの恍惚に化学変化していきました。
初めての妻の種付けへの期待に全身の血が沸き立ちます。
Kはうめき声をあげると妻の膣内への射精を始めましたびくんっびくんっと痙攣するように腰を突き上げます。
妻の胎内にある子宮は、生まれて初めて精子による受精をすべく激しい侵入を受けています。
後ろから体を跳ね上げられる度に妻は「ああっ!…ああっ!…」
と声をあげていますが、自分の体に何が行われているのかもはや理解できていないでし
ょう。
帰宅したときに何度Kに精液を仕込まれたのか覚えていないと言っていましたから。
9度、妻の体を突き上げて初の種付けを完了したKは、ペニスを抜き去らずにそのまま妻の片足を持ち上げて再び激しいピストン運動に入りました。
その後もさまざまに体位を変えながらKは2度妻の体内に子種を仕込み、その間に妻は5回も絶頂を宣言しました。
ぐったりとしてびくびくと痙攣する妻を最後にその場面は終わりました。
すかさず始まった次の場面は翌朝のようです。
正常位で、前日の夜に比べるとおとなしいものでしたが妻は腰を振りながら艶声をあげて
2度昇天させられました。
私とのセックスに比べれば一晩でずいぶん大胆に変わっています。
セックスが終わると妻は、もっと感度を上げるために日曜日から水曜日までの間によくオナニーをして、最低15回は絶頂を味わうようにと命じられていました。
木曜・金曜を抜いてあるのは土曜日の種付けセックスで食傷しないようにとの配慮でしょう。
両腕で胸を隠し顔を赤らめて、
小声で「はい、わかりました」と小さくうなずく妻は元の恥ずかしがり屋の私の妻に戻っていました。
ビデオを見終えると私はベッドに入りました。
例によってパジャマのズボンは先走り液でどろどろになっていますが射精はしていません
何故なら、新婚の頃に妻とこんなことがあったからです。
それは結婚してまもなく、夫婦の交わりを終えたばかりのベッドでのことでした。
妻:「ねぇ、男の人って結婚しても風俗とか行ったりするものなのかしら?」
私:「そういう人もいるかもしれないけど、僕は絶対行かないよ。君がいるからね。約束  
  するよ。」
妻:「うん、絶対そんなとこ行っちゃ嫌よ。」
  「…ところで、男の人ってよく我慢できなくなって自分でしたりするんでしょう?…
  あなたもしてるの?」
私:「う、うん、…それは、まあ…」
妻:「…これからは私がずっとそばにいるんだから、自分でなんて絶対しないで。したく
  なったらいつでも私がいるんだから。絶対にしないって約束して。お願い。約束よ」
私:「うん。わかったよ」
オナニーにすら嫉妬する妻が可愛いくてつい受け入れてしまいましたが、つまり私は妻の手によらない射精を一切禁止されているのです。
ズキンズキンと脈打つ股間がうるさくて眠ることもできず、ベッドの中で悶々と妻の帰りを待つしかありません。
体を抱え込みながら、先週、妻のオナニーを見たのは一度だけだが私のいない昼間に何度もしているのだろうとか先週の私との営みは水曜と木曜の2度だったがいずれもビデオのように乱れることなくいつも通りに静かな妻だったしかも1度もイクことはなかったな、
などということを考えていました。

愛する私の妻、人妻の処女喪失…。そのビデオがここにある…。?「処女喪失」
やがて朝になり妻が帰って来ました。
私はベッドの中で妻が部屋に来るのを待っていました。
妻は部屋のドアを開けて私の顔を見るとすべてを悟って、無言のまま優しい表情で近づいて来ると、ふとんをめくり私の股間の状況を確認してにっこり微笑み、先週と同じように私に覆い被さり手で擦り出しました。
しかしその日は、キスはたまにする程度でほとんど私の表情を見つめて反応をじっと観察しています。
そして天国へ誘う妻の指使い…先週までと違い様々な動きでいろんな部分を撫でまわし、
私のポイントを探るような…以前はただ掴んで上下に動かすだけだったのに。
明らかにKに何か仕込まれてきたことを体感しながら、やがて妻の手により射精させられました。
その週の夫婦の営みは火曜と木曜、やはり妻は一度もイクことなく静かに私を受け入れるだけでした。
変わったことは、妻に手で愛されることが2度あったのです。
私の方からではなく、妻が自分から仕掛けてくるようになったことです。
その週のビデオでは案の定、手と口による愛戯をKに手ほどきされていました。
寝転んだ姿勢の男性を手で高める方法を学んだ後、イスに座ったKを口で導く練習をしていました。膝立ちになり顔を左右に傾け、大胆に舌を出して舐め回し、大きなペニスを飲み込む…
それを妻は手を使わずに口だけで行います。
右手は自らの乳房に左手は自らの股間に当てられてそれぞれを揉み込んでいました。
妻は全身を汗で光らせ体をくねらせながら必死に口唇愛撫を続けます。
股間からときどきキラリと光る結婚指輪が私の興奮をますます高めました。
やがてKが絶頂を迎えると妻はくるりと四つんばいになって尻を突き出し、Kは急いで妻に後ろからつながると膣内へ射精しました。
これは、射精は必ず妻の膣内にて行うこと…という最初の約束に従ってのものです。
アダルトビデオで顔射や口内射精がありますが、これは逆の要領で口でイカせて膣内射精。
妻のオナニーはそのために自らを潤しているのでした。
このプレイはその後二人の定番になっていきます。
それというのもやがて、妻とKの絶頂のタイミングを合わせようとする欲が二人に出てきたからです。
妻が自らの体をオナニーで絶頂寸前まで高めておいてKの射精と同時にイク…
しかしこれは、妻が自分を九分九輪まで高めた状態を保ち続けたままでKの発射を待たねばなりません。
「あああっ!…ごめんなさい……」
と、いきなり叫んで妻が先に暴発してしまうことが多く、これは二人の挑戦課題として毎回のように行われるようになりました。
一度も妻が暴発することなくタイミングを一致させることができた時、二人で満足そうな笑みを浮かべて見つめあうシーンは私の嫉妬をかき立ててたまりません。
しかし不思議なもので最初の頃に何度か繰り返されたパターンというのはリズムとして定着していくものなのでしょうか。
日曜の朝に帰って来た妻はまず最初に寝室に入り、前夜のビデオ鑑賞で興奮しきっている私を手で慰めるというのがお決まりのパターンになりました。
そうなると私も、妻は土曜の夜にどんなに激しいことをしていても必ず朝になれば帰って来て温もりのある手で私を慰めてくれるという安心感のようなものが生まれます。
そして、私とのセックスでの妻は今まで通りの恥ずかしがり屋で、決して自分から積極的に動くことは一切ありませんが、たとえ淫らな姿を全て知られていても、いや、それだからこそ、私の前では品性を守りたい、恥じらいを忘れない清楚な女でありたいという妻なりのいじらしさがとても愛しくて、むしろ妻のそういった部分を守り通してあげたいと思うようになりました。
2ヶ月を過ぎたとき、Kからある申し出がありました。
木曜日から土曜日にかけて、私に妻との性交渉を持たないで欲しいというのです。
これは別にKが私を苦しめたいわけではなく、Kは学生時代から潔癖症で、ラグビー部のキャプテンなのにやかんの水を回し飲みすることすらできなくて仲間から笑われていた男です。
自分が妻と種付けするときに膣内に私の精液が残っているかもしれないと思うと気になるというのです。
学生時代からのKの性癖をよく知っている私はこれを承諾しました。
妻はKのマンションから帰った日とその翌日は疲れていてセックスをしたがりません。
これで私が妻を抱くチャンスは火曜日と水曜日の二日だけになってしまいました。
しかしこの頃、妻は性交渉よりも手で私を攻めることに喜びを見出していました。
私とのセックスではイクことができない体になってしまったということもあるかもしれませんが、それよりも、この行為にセックス以上の歓びと快楽を得ているようなのです。
こちらから持ちかけようとベッドの中で妻の下着の中に手を入れても、妻はすっと体勢を入れ替えて私のペニスを触り始めます。
私をじらす楽しみも覚えました。
優しい微笑みを浮かべながら私を擦っているかと思うとイク寸前で動きを緩めて、喘ぎ悶える私を見て
「うふふふ…」と笑っています。
すっかり私の弱点を把握されてしまい、生かすも殺すも妻の思うがまま。
妻との本格的な夫婦の営みは月に2・3度程度になっていきました。
やがてだんだんと妻の考えていることが読めるようになってきました。
妻はお嬢様学校を卒業してすぐに年の離れた私と結婚してしまい、私は決して亭主関白タイプではないのですが、世間知らずで何もわからない上に元々男性に対して控えめな性格の妻は、何事においても私の決定に従うようにしていたのです。
勢い自然と目に見えない力関係のようなものができあがってしまっていたのですが、普段は完全に支配されている者を指先一つで完全に支配している…
そんな喜びを妻は味わっているようです。
そして完全に手のうちにある弱いものに対する深い愛情…これは女性が子犬を可愛がる心理、はては母親が我が子を慈しむような気持ち。
妻の私に対する愛情が以前よりも更に強くなっていることは肌で感じます。
私もまた、観音様のように温かい笑みを浮かべながらも瞳の奥に隠微で妖しい光を宿して私の体を玩ぶ妻、そして妻にキスをしながら、あるいは妻の指を口にくわえながら、あるいは柔らかい胸元に顔をうずめながら、与えられる絶頂は何物にも代えられない幸福と歓びです。
たまらなく切なくなって必死に甘えかかる私に対して妻は激しい愛しさを感じているようで、ベッドの中で私を慰めている最中に感極まったように
「あなた!本当にかわいいわ!」
と叫んでいきなりぎゅっと抱きしめられキスの雨が降り注ぐこと度々です。
そんなときに聞こえる妻の胸の鼓動と吐息は間違いなく性的興奮に酔っているときのもので、妻は私への一方的な愛撫で精神的絶頂感を味わっていることがよくわかります。
妻はKとの交わりとオナニーで体の欲求を満たし、私との奇妙な性生活で心の性欲を満たしているのです。
そうして私に対しての心の余裕を得た妻は、実生活でもやはり何かと私の考えに従うのは同じですが、どこか微妙に雰囲気が変わりました。
以前のように力関係から選択の余地なく従うというのではなくどんな結果になろうとも私の考えを認めるというような妻の意志がまずあり、その上で夫である私を立てているというような。
もちろん妻はそのようなことを口に出すはずもありませんが私は温かく包まれる安心感を感じ取ることができます。
私にとって妻は内面的にもまぶしいほどに優しく魅力的になり、私にとってますます大切な存在になりました。
そして数ヶ月もすると妻はときどき私にいじわるをして楽しむようになりました。
私がイク寸前に急にすっと手を引っ込め、プイと後ろを向いて寝てしまうのです。
たまらなくなっている私は妻の背中に抱きつき、中途半端に放られてぎちぎちになったままの股間を妻の柔らかい尻に押し当てていると、妻は背を向けたまま
「くすくすくす…」とかわいらしい声で笑っています。
でも決して私を最後まで連れて行ってくれません。
身悶える私を背中に貼りつけたまま2枚の重なったスプーンのようになって眠るのが妻のお気に入りになってしまいました。
ある3夜連続でいじめられた翌朝、私は激しいオルガスムスと共に目覚めました。
目を開けると妻がいたずらっぽい目で微笑んでいます。
仰向けに眠ったまま激しく勃起している私を発見した妻が、指先ですうっと一撫でしたら
激しくイッてしまったというのです。
本当に指先一つだけで妻に玩ばれる自分…
しかし自分の痴態を妻だけに知られていることはとても心地よい絆を感じます。
「かわいい。」と言われると、たまらず妻にすがりついて強く抱きしめてしまいます。
日曜日、種付けから帰ったばかりの妻にいじわるされると大変です。
種付けビデオを観て興奮の極致に置かれている上でのいじわるなので、狂わんばかりの切なさを抱えさせられたままの私は一日中妻の後を追い掛け回し隙あらば妻の背後から抱きついたりキスをしてしまいます。
そんなときに逆に妻からぎゅっと強く抱きしめられるとそのまま腰が抜けてぺたりと座りこんでしまうほどの幸福感が全身を走り抜けて行きます。
しかし、これほどまでに胸焼けるほどもどかしく、妻に恋焦がれるたまらない心地良さは
恋愛時代を遥かに凌ぐもので、いじわるされることは私にとって妻との夫婦生活における
新しい喜びでもありました。

愛する私の妻、人妻の処女喪失…。そのビデオがここにある…。?「処女喪失」
半年もすると妻の体つきが変わってきました。
度重なる激しい絶頂の連続で全身の筋肉を強張らせ続け、常に体内中を女性ホルモンで満たしているからでしょうか、ふうわりとした風情だった体が、太腿と腰はたくましく引き締まり、バストとヒップが女らしく充実し、女体とは雄を惹きつけるようにできていることを思い知らされる肢体です。
若くしなやかな健康美と艶めかしい成熟した女の色気が同居して、通りすがりの男性の誰もが一瞬で魅了され思わず振りかえるほどです。
そして相変わらずの清純で愛くるしい童顔に穏やかな微笑み。
温かく包み込むような優しさ。
私にとって天使のようだった妻が女神に変わりました。
しかもこの女神さまはときどき小悪魔になって私を甘く悩ませるのです。
しかしその女神さまも、Kに最初に命じられた自らを改造する課題を律儀にこなし続けていた成果か、秘密の部分もすっかり出来あがって女の盛りを迎えてしまったようです。
実質、月曜から水曜のたった3日間で15回以上オナニーで絶頂を極め続けています。
だんだん木曜からの禁欲が辛くなって来たらしく、金曜日の深夜あたり、開花して甘い蜜を吐き出す。
女性自身を持て余し、私が寝静まったのをみはからった頃に押し殺した荒い吐息とわずかなベッドスプリングのきしみが枕を通して聞こえてくることが多くなりました。
私には清らかな面しか見せたがらない妻に恥をかかせないよう私も気づかないフリをしてあげていますがあるとき薄目を開けてそっと様子をうかがってみたら、私の顔をじっと見つめながらオナニーしていました。
自分の寝顔をおかずにされていることほど嬉しいことはありません。
木曜日以降の絶頂を禁じられている妻は2・3度自らの体に寸止めを与えると疲れて眠ってしまいますが翌朝になり私が抱きしめると、
「あら、なあにあなた?うふふふ」
と何も知らずにとてもうれしそうな声をあげて抱きしめ返してきます。
その頃から私たちは抱きしめ合うことがとても多くなりました。
ぎゅうっと抱きしめ合ってお互いの匂いと感触を味わっていると、私たちは心まで一つになれたような幸福感に浸ることができるのです。
そして一年後、ついに子宝が授かりました。
私たちは抱き合って歓喜に浸り、さっそく養父とKに連絡しました。
とある休日、妻が病院に出かけたすきに、私は逆算して妻の子宮に種が宿った日のビデオを見直しました。
四つんばいの妻をバックから責めているKが、妻の両手首を後ろに引っ張ったまま立ちあがって完全な仁王立ちになります。体が小さい妻の両足は完全に宙に浮いてしまってぶらぶらと揺れています。
その体勢のまま激しいピストンが繰り返されました。
宙に浮いた妻の両足は、つま先を伸ばしたり縮めたり、股を締めたかと思うと力が抜けてだらりと開いたりします。
上げていた顔が疲れてがくりと下を向き、突き上げられて背を反らすとまた激しいよがり顔を正面に向けます。
カメラに顔を向けさせられた妻はうつろな目でこちらを見つめていました。
そして妻は宙に浮いたまま3度絶頂を極めさせられました。
Kが射精するころには、妻の両足のつま先から溢れ出した愛液がぽたぽたとマットレスにしたたり落ちています。
このときに宿った子なのでしょうか?
どさりと降ろされた妻は、仁王立ちのままのKにすがりつくと半立ちの勃起を口に咥えました。
イスのある場所まで後ろ歩きするKに、妻は口にペニスを収めたままずるずると膝立ち歩きでついていきます。
あるいはこのあとのフェラチオプレイで宿った子なのかもしれません…。
その興奮はこれまでとはどこか違うものでした。
次の土曜日の晩は、感謝を込めてKを我が家にご招待です。
妊娠は妻の膣とKのペニスの別れを意味しますが、そんなことは一切構わずくったくのない笑顔でKは祝福してくれました。
妻はサービスでKの大好きな黒のタイトミニに白いブラウスを着て真っ赤な口紅を引いています。
そんな姿で家庭的に料理を作り清らかな笑顔で明るくしゃべられると私の方がもぞもぞしてしまいます。
種付けなどの野暮な話題は一切なく、なごやかに楽しく時間は過ぎて行きました。
ただ一度だけ、妻が飲み物を取ろうと席を立つ瞬間にKが強い声で「理恵!」と妻に声をかけると、立ちあがりかけていた妻は中腰のまま腰砕けのようになり股をぎゅっと閉じると「あっ…」と小さく声をあげました。
Kが妻を呼び捨てにするのは妻がイクときだけです。
妻の体が条件反射で反応して、濡れてしまったかもしれません。
Kが「とてもおいしいよ、この料理」
ととぼけて言葉を続けると、妻はにこりとして台所に行き、飲み物を取ってくるとそのままさりげなく寝室にこもってしまいました。
(しかし、妻はあれでさりげないつもりだったのでしょうか。)
Kと私は顔を見合わせてにやりとしました。
おそらく部屋の中で妻は大急ぎで自分を慰めているのでしょう。
5分もしないうちに何気ない表情で戻ってきた妻の頬の紅潮が予想を裏切らない妻の秘め事を物語っていました。
「どうしたの?真っ赤な顔して?」
とにやにやしながら耳元で囁くと、バレてしまったことに気づいて下を向いた妻に、太股をぎゅうっとつねられてしまいました。
酔いも手伝ってつい妻をからかってしまったわけですが、その晩から、お仕置きの10回以上寸止めの末の放置いじわるを4夜連続で食らったことは言うまでもありません。
5日目の晩に私がとうとう泣いてしまってやっと許してもらえましたが。
3ヶ月を過ぎると胸もふくよかになり、妻の体が母親になる準備を始めていました。
お腹の子供に良くないから…
ということでセックスはまったくさせてもらえなくなりましたが相変わらず妻は手で私を翻弄しながら慰めてくれます。
妻はKがいなくなっても自らの指で充分な満足を得ているようです真夜中の、秘密の一人遊びの音も頻繁になりました。
これも相変わらず私は気づかないフリをしてあげていましたが。
しかし5ヶ月に入る頃、悲劇が起こりました。
養父が病気で入院してしまったのです。
下手をすると命に関わる大病で、すっかり気弱になった養父は生まれてくる子供が男の子であるようにと、そのことばかり気にするようになり、妻のかかっている医師が養父の懇意にしていた人物であったため、とうとうお腹の子供の性別を無理やり聞き出してしまったのです。
子供は女の子でした。
そして錯乱していた養父は、私たちに堕胎を命じました。
養父の口から我が子が女であることを告げられ、堕胎を命じられた私たちは大変なショックを受けました。
もちろん生まれてくる子供が男であれ女であれ私たちの愛情に変わりはありません。
考え直すようにお願いしましたが、完全に自分を見失っている養父は断固中絶するようにと言って聞き入れてもらえません。
とにかく考えさせてくれ、返事を保留にしてくれと、なんとかその場しのぎでごまかしましたが、どうすることもできず頭を抱えながら日々だけが過ぎて行きました。
そんなある日、仕事中に私の携帯が鳴りました。
自宅からの着信ですが、12度鳴るとすぐに切れてしまいました。
すぐにかけなおしても誰も出ません。
胸騒ぎを覚えた私は仕事を放り出して自宅に向かいました。
誰もいない部屋のテーブルに書き置きがあります。
男の字で、病院に行っているので心配しないように、と。
私は急いで病院に向かいました。
病院に着くと、待合室で三人の背広の男に囲まれた妻がべそをかいています。
男たちを無視して妻のそばに行くと、無理やり中絶手術を受けさせるために連れて来られたと言うではありませんか。
私は病院と男達に自分は夫であり妻に堕胎をさせるつもりはないことを怒鳴りつけるように告げると強引に妻を連れて帰宅しました。
あやういところで強制堕胎を免れた妻は家に着くなり私の胸の中で大声をあげて泣きじゃくりました。
怒りに震える私は妻の手を引いてタクシーに乗り込むと養父の入院している病院へと急ぎました。
病室に入ると、怒り狂って怒鳴り込む私よりも、嗚咽をあげて泣きじゃくる妻を見て養父はショックを受けたようです。
どうやら強制堕胎は養父の部下たちの勝手な行動だということが見舞に来ていた会社の者の調べですぐにわかりました。
病ですっかり気弱になった養父がうわごとでまで男の子でなくては認められないと言い続けているのをみかねての行動だそうです。
そのまま流産してしまうのではないかというほどの嗚咽をあげる妻の姿に、養父はいきなり自分の腕から点滴を引きぬくと、妻と私の足元に土下座しました。
そして泣きながらわびました。
思えば、養父も女の子一人しか子供を授からず、過去に相当辛い思いをしてきたに違いありません。
そして私たちの結婚および結婚生活に一族からの非難の類がまったく届いて来ないのは、
きっと養父が影で必死に守ってくれていたのでしょう。
そんな辛い思いの連続が、錯乱した養父の心の隙に黒い影を入り込ませてしまったのでし
ょうか。
傲慢で誇り高い男が涙を流して土下座をしている…。
私は自分こそわびたいほどの気持ちで養父を許すしかありませんでした。
その後の経過も順調そのものでした。
7ヶ月に入ると母乳が出るようになったとうれしそうに報告してくれました。
それがきっかけか、それから妻はお腹の子のことを考えてオナニーを禁止したようです。
すがるような目で見つめられることが多くなったのですぐにわかりました。
私が大きく膨らんだお腹をさすっていると妻は気持ち良さそうに目をつぶっていますが、
あまり長い時間そうしていると妻がもじもじしだしてだんだん心拍数が上がってきてしまいます。
発情させてしまうとかえって可愛いそうなので「チュッ」と軽いキスをするとほどほどのところで切り上げて我慢してもらいますが。
毎日朝晩に「お腹の子にあいさつして」
と言ってさすってもらおうとするのは妻の精一杯のおねだりだったのでしょうか。
私も愛する妻と我が子を同時に愛撫できるのがとても幸せで一日も欠かさずに優しく妻のお腹をさすり、頬擦りを繰り返しました。
休日の立場は逆転し、家の中でも私の後を追いかけまわして来て隙あらばと抱きついてキスしてきます。
私がトイレに行きたいというのにすがりついてきてしょうがないので、邪魔だとばかりに抱きしめて、うっとりしてる隙にトイレに駆込んだりもしました。
トイレから出てきても恥ずかしそうにとろりとした上目使いでその体勢のままちゃんと待
っていたりします。
自分がうずいていることを言えない性格の妻はあくまでただの愛情表現の装いをしているつもりのようですが私にはまる分かりです。
もちろん妻もえっちなことばかり考えているわけではなく、雑誌を買ってきてはうれしそうに書いてあることを話してくれたり、ぼんやりとお腹に手を当ててはにこにこしていたりして、赤ちゃんが生まれてくるのをとても楽しみにしています。
「あなた、私しあわせ…。しあわせすぎてとろけそう…」
私もこんなにかわいい妊婦がいていいのかと思うほどに妻がかわいくて、生まれてくる子が楽しみで、ただ二人でとろけている毎日でした。
そして妻は元気な女の子を産みました。
予定より2週間ほど早かったのは、妻がこっそりオナニーして破水してしまったというのは私のえっちな想像です。
もちろんそんなこと妻に確認できませんし。
元気になった養父も大喜びで娘を抱き上げ、
「女の子でも何でもいいから早く次の子供を作れ。孫は多ければ多いほどいい」
などと言っています。
しかし、私たち夫婦は何としても男の子を産む決意をしていました。
半年後、妻への種付けが再開されました。
Kはお腹の子が女の子だとわかった時点で覚悟を決め、1年あまりもの間、彼女も作らずに待ち続けてくれていたのです。
新しいプレイが加わりました。
豊満になった妻の胸からあふれ出る母乳プレイです。
妻はKを胸に抱いて母乳を与えます。
フェラチオのときはKのペニスに母乳をかけてまぶします。
騎乗位のときにはもちろん、妻は両の乳を揉みしだき、Kの体に母乳を振りかけまくりながら腰を振って昇天します。
そんなビデオを私は娘が眠っているのを確認しながらこっそり見ています。
そして帰って来た妻と私はまた強く抱きしめ合います。
すべては永遠に夫婦でいるために、始められたことでした。
そして私たちは、強く抱きしめることで愛情を確かめ合うようになりました。
すべては永遠に夫婦でいるために、何もかも乗り越えてきました。
そして私たちは、世界中の誰よりも深く、互いを愛する夫婦になりました。
すべては永遠に夫婦でいるために、これからも何もかも乗り越えて行けるでしょう。
そして強く抱きしめ合うことで魂と魂が強く結びついた私たちは、たとえ肉体が滅んでも、永遠に夫婦でいることでしょう。今は強く、そう信じています。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード