萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

ビキニ

その男、昏睡中につき2

「え?え、英子???」
「・・・」
いったいいまさら英子が俺に何の用だろうか?
この時ふと思ったのが、別荘でなかだしした時にヴィトンのバッグを買う約束して事だった。
まさか、今更、バッグを買ってくれというわけでもなかろう・・・

今、俺は村上ととてもうまくいっていた。
だからはっきり言って英子からの電話は迷惑この上なかった。
そういえば、村上に言われて英子の番号もメモリーから消していたのだった。
「なに?」
俺はかなり不機嫌にそう言った。
俺自身の気持ちはともあれ少なくとも英子にはそう聞こえただろう。

「・・・」英子は電話口で黙ったままだった。
「俺、今忙しいんだよ、悪いけど、切るよ」
俺はそう言うと電話を切った。
「今更、なんなんだよ」俺はひとりごちた。
すっかりオナニーする気持ちも失せてしまった。

「あぁ、まったく」俺はもやもやした気分でベッドに横になった。
「美香に電話でもしてみるかな」俺は再び携帯に手をのばした。

すると、携帯が再び鳴り出した。うん?画面には再び携帯の番号が表示されていた。

「ちっ、またかよ・・・」
俺はうんざりしながら携帯に出た。
「なんだよ」

「・・・」今度はなにか聞こえた。
くぐもったような、なにかすするような声だった・・・
「こっこいつ・・・」やってやがる。
やりながら電話してきやがった・・・
相手は山本・・・

「おい、いいかげんにしろよ!」俺は切れていた。
「お前ら、俺のことをからかうつもりなのかよ!」
怒った時点で俺は相手のペースに乗せられていることは十分承知していた。
しかし、怒らずにはいられなかった・・・
「おい、何考えてんだよ!」
電話口の向こうで英子の巨乳を揉みし抱きながらにやつく山本の顔が脳裏に浮かんだ。
俺は顔がまっかになって頭に血が上るのが分かった。
この時に、真剣に山本と英子にたいして憎しみを抱いた。

「お、怒らないで・・・」
英子は突然大きな声で訴えた。
元彼女の喘ぎ声を電話で聞かされて怒らない奴がこの世にいるだろうか?
怒るなというほうが無理である。
「ふざけんな!」
俺は再び怒鳴った。
おそらく電話の向こうでは英子の乳首にむしゃぶりつきながら英子のまんこに
ちんぽを突き刺しているにやけ顔の奴がいると思うと我慢できなかった。

「違うの!・・・」
電話からは鼻をすする英子の声が聞こえた。
こいつマン汁だけでなく鼻水までたらしてやがルのかよ・・・
俺は絶句した・・・

「なんで怒っているの?・・・」
なんだか様子が変だった。
今度はグスンという声がした。
「ヒッ」と息を吸い込む時にする声もした。
「・・・」
「泣いているのか?」

「うぅ、グスン」かすれたような喘ぎ声に聞こえたのは英子は泣いていたからだった。
はぁはぁしているように聞こえたのは涙をこらえているからだったのだ。
「どうしたんだよ」
さすがに別れた女とはいえ女の涙には弱かった。

「違うの・・・」英子は泣きながらそうつぶやいた。
「何が違うんだよ」俺には全く理解できなかった。
英子が山本といないということが分かると少しホッとしたようななんともいえない
妙な気分だった。
「私たち・・・違うの・・・」
「私たちって、英子と誰のことだよ?」

「グスン、私と・・・」
英子は途切れ途切れにぼそぼそと話していた。

「私と秀樹のことなの・・・」
「えっ?」
いよいよ俺は理解できなくなった。
「何言ってんだよ!俺、頭おかしくなったのかな?」
俺は本当に混乱してきていた。

「何言ってんだか訳わかんねぇよ!」
「それに、なんでないてんだよ」
「俺と英子の事ってなんのことだよ」
俺は矢継ぎ早に質問をした。
こうして英子と話していると俺はいつしかあの夏のころの俺たちの関係に戻っているような
感覚に陥っていた。

そう言えば英子と口をきいたのもあの事件以来だった。
事件後、俺は英子を説得するために電話も何度もしたし部屋も何度も訪ねた。
しかし、携帯は着信拒否にされていたし、部屋の合鍵も使えなくなっていた。
夏休みが終わるまでの1ヶ月以上、俺は英子に話すことさえも拒否されていた。
学校が始まれば話を聞いてもらえる。そう思っていたが俺はいつしか村上との
関係が深みにはまっていった。

そんなある時、ゼミで山本と一緒になった時に山本に英子との関係を取り持たせようと
ずうずうしくも考えた俺は山本にもとの友情を取り戻そうと説得した。
その時に奴の口から出た言葉は「英子と付き合っている」・・・
その言葉は俺にとっては衝撃的だった。
山本は確かにいい奴だったが英子とはつりあいが取れないといったらいいのか、とにかく
奴は「いけていない」男の典型的な例と言ってよかった。

何か腹の底でたくらんでいるような陰湿な目つきをしていた。
もともと親は年を取ってからできた子供だったために奴は甘やかされて育ったところがあった。
周りの奴らは気味悪がって付き合いたがらなかったが、俺はそんな奴を友達の一人として向かえてやった。
それどころか、ゼミ生の中では一番の友人になっていた。
しかし、それは今考えてみると奴が便利な男だったからだ。
奴は2年間浪人していたから俺よりも2つ年上だったこともありゼミ生たちは少々敬遠していた。
そんな中で俺は奴と口をきいているうちに、一緒にゼミ合宿に行こうという事になる。
その車中に村上もいた。

ふと、その時、村上の事があたまに浮かんだ。
俺は、頭を振って思考を現在に戻した。
今、俺は村上と幸せにやっている。もう、英子とのことは過去のことだ。

「ごめん、野暮な事言ったかな」
「ところで、佐伯さん、用は何かな?」
俺はもう、二度と英子と呼ぶことはあるまい。心にそう誓い、冷たく言った。

「お願い、そんな、昔みたいに英子って呼んで・・・」
英子はまた涙声でそう訴えた。
「俺たちは、もう、とっくの昔に終わっているじゃないか」
「今は山本と付き合っているんだろ」
俺はまた熱くなって口調も乱暴になっていた。

「違う・・・」
英子はそう叫ぶと、今度は、はばかることなく泣き声をあげた。
「ど、どうしたんだ・・・」
俺は、激しく嗚咽する英子に戸惑った。
あんなに気の強い女だった英子が嗚咽するだなんて・・・

「おい、泣くなよ・・・」
「いったい、何があったんだよ」
俺は戸惑うばかりだった。先ほどの決心もいつのまにか忘れていた。
「おい、英子、しっかりしろよ。どうしたんだよ」
「泣いていちゃ分かんないだろ」
泣くばかりで質問に答えない英子に痺れをきたした俺はついに言った。

「今どこにいるんだよ・・・」
「英子の部屋か?」
それでも英子は泣いているだけで答えることができなかった。
「話にならないよ、何か言いたい事があって電話してきたんだろ?」
俺は時計をちらりと見た。今の時刻は午後9時10分・・・
今から出れば英子の部屋まではオヤジのサニーで飛ばせば1時間程度で行けるだろう。

「今、部屋にいるのか?」
「俺に電話してきたのは俺と話をしたからなのか?」
「なにがあったんだよ」
俺が聞いても英子はただ泣いているだけだった。
「今から、英子の部屋に行くぞ」俺はそう言った。
「いいんだな?」
英子がかすかにうなずいているのが分かった。
俺は訳がわからないままに自分の部屋をあとにした。

10時30分過ぎ・・・
予定よりも30分ほど遅れてしまったが仕方がない。
俺は英子の部屋を見上げてみた。電気はついている。人影は見えない。
携帯の着信履歴から英子の携帯の番号を呼び出す。
カタカタカタと番号を呼び出す音がする、そして呼び出し音、一度、二度
「もしもし」
二度目がなるか否かで英子は受話器を取った。

「今、英子の部屋の下まで来たんだけど・・・」
「ごめんなさい、電話でもよかったのだけど・・・」
「泣いていて話にならなかったから、普通じゃないと思って・・・」
「ありがとう、直ぐに部屋まで来て・・・」
「分かった」
「鍵は開けておきます」
「うん」

俺は英子の部屋にいた。
俺の目の前には英子がいる。
いつのまにか、少々やつれた雰囲気だ。
頬もこけて、体も一回り小さくなったような気がした。
それは尾羽打ち枯らした英子の雰囲気がそう感じさせているだけかもしれなかった。
健康的なイメージだった英子がなんだか不健康そうな女に変わっていたので驚いた。

しかし、豊かな英子の胸は健在だった。
やはり、英子の胸は目立つ。服越しではあったが英子のおっぱいは郷愁を感じさせた。
いつしか、俺の気持ちはあの頃へと飛んでいた。あの別荘へと・・・

「なぁ、落ち着けよ、ちょっと待ってくれよ」
俺は血が出ている鼻を右手で押さえながら山本と英子の前に立ちふさがった。
山本は何も言わずに俺のことを突き飛ばした。
「た、頼むよ、おい」
俺は今度は後ろから山本の肩を掴んだ。
しかし、山本はその手を振り解きそのまま車へと向かっていった。
「行こう」山本は英子に向かって一言だけ口にした。
英子も黙ってその言葉に従った。

「え、英子、待ってくれよ、違うんだよ」
俺は今度は英子にすがりついた。
すると、後から山本が俺のことを英子から引き離した。
「しつけぇよ!」
「山本、頼む、聞いてくれ、違うんだ!」
俺は山本にもすがりついた。

「気持ち悪いんだよ!」
そう言って奴は俺のことを蹴飛ばした。
「こ、こんなところにおいてかないでくれよ!」
「車がないとどうしょうもないだろ!」
俺はしつこく奴に懇願した。
「いいかげんにしろ!ホントにずうずうしい奴だ!」
奴はそう言うと今度は俺の右足を蹴飛ばした。

「うっ」俺は思わずへたり込んでしまった。
「お前はいつもそうなんだ、自分勝手なんだよ」
奴はそう言うと自分のパルサーに荷物を積んだ。
「英子ちゃんの荷物もここに積んでおくよ」
奴は運転席の後ろの席に英子の荷物も放り込んでいた。
「頼む、聞いてくれ・・・」
「山本君、お願い、私は寝ている間に無理やりやられたの・・・」
今度は村上も山本にすがりつくように言った。

山本は黙って車に乗り込みエンジンをかけた。
「英子ちゃん、乗りなよ」
「・・・うん・・・」英子は俺たちのことをちらりと見たが、やはり怒りはとけてないらしく
すぐに山本の車に乗り込んだ。
俺は、運転席のドアに手をついて、山本に訴えた。
「お、おい、頼むよ、話を聞いてくれ!」
しかし、山本は俺のことを見ようともしない。

ギアをバックに入れると助手席に手を回して後方に顔を回して物凄い勢いでバックしていった。
「頼む、話だけでも聞いてくれ!」
俺は、パルサーを追いかけながら叫んだ。
しかし、山本はアクセルを緩める事もなく、別荘地の区画を出ると、直ぐに方向転換して
国道へ出る道を登っていった・・・

「ねぇ、英子ちゃん、このあとどこか行こうか?」
山本はハンドルを握りながら言った。
「いいよ、そんな気分じゃない」
英子はショックのあまりそれどころではなかった。
まさか、秀樹が・・・村上さんの事は鶏がらとか言って嫌っていたのに・・・

「あいつの別荘なんて周りに何にもないとこだったけど大洗海岸にでも行ってみない?」
「あそこは海水浴場だから人もいっぱいいるしいろいろあるから面白いよ」
「メロンとかすきじゃない?メロン狩りとかあるよ、ぶどう狩りもできるけどまだじきじゃないかな」
「水戸にでも行こうか?偕楽園とかもあるし、徳川の博物館とか、それに買い物もできるよ」
「県北に行く?温泉とかもあるよ、英子ちゃんと一緒に温泉に入れたら幸せだな、ははは」
山本はしつこくいろいろと英子を誘ってきた。
英子は土地鑑もなく山本が言っている全てのものにも興味はわかなかった。
英子はただ自分の部屋に帰りたいだけだった。

「帰りたい・・・」英子はつぶやいた。
山本は何も言わずにドライブを続けた。
英子はこのまま山本が自宅まで送ってくれるものと思い込んでいた。
始めてきた土地のため方向も碌に分からない。山本がどこに向かっているのかも分からない。
「何か音楽でも聴く?ドリカムとか好きでしょ?行きのときそう言っていたよね」
「それともグレイとか聞く?リクエストがあったら言ってよ」
「英子ちゃん、カセット何か持ってないの?ごめんね、古い車だからCDとかMDとか聞けなくてね」
山本はいろいろと英子の気を惹こうとしているようだったが今の英子の耳には全く入らなかった。

その後、山本は英子の事をいろいろと連れまわした。
「ここが水戸市だよ、で、ここが有名な偕楽園、春は梅で有名なところなんだ」
「水戸黄門って知ってる?あの人はね、本当にいたんだよ。でも全国を漫遊した
ってのは作り話なんだけどもね」
「どうする?メロン食べたくない?メロンの試食ができるところがあるから行こうか?」
その後も、山本は英子のことを連れまわした。
「ねぇ、お腹減らない?ファミレスにでも行こうか?」
「何食べたい?ガストとか好き?あそこはドリンクバーがあっていいよね」
「僕は、ディニーズとか好きなんだよね。パスタがおいしいよね」

山本は英子の気を惹くためかいろいろと英子を連れまわしたが英子の印象には何も残っていなかった。
ただ時間がいたずらに過ぎ去るのみであった。
「ねぇ、自分の彼女と親友が寝ていたのになんで平気なの!」
ついに英子は切れて怒鳴った。
「えぇ・・・ぜ、全然平気じゃないよ・・・すげーむかつくよ・・・」
「だから、秀樹の奴ぶん殴ってやったよ」
「いい気味だったよな。いつも人のこと利用しやがって、いい気味だ」
「抵抗しないから何発もぶん殴ってやったよ、鼻血だしてたよね」

「あいつ、ろくな奴じゃないよ、いつも人のこと利用してさ、自己中だよね」
「それに、僕の彼女を寝取るなんてとんでもない奴だ。しかも、なかだしだなんて、
絶対に許せないよね」
「そうだ、あいつ、英子ちゃんの事も酷いこといってたよ」
「えっ?」はじめて英子は山本の言葉に反応を示した。

「私の事酷く言っていたの?」
「えっ・・・あっ、ああ、うん、酷く言っていたよ」
「なんて言っていたの?」英子の顔は青ざめていた。
酔っ払ってやってしまったことは腹ただしいけれどもまだ許せるかもしれない。
自分の中で整理がついたらもう一度秀樹との事を考え直そう。秀樹も反省しているかもしれない。
そう考え始めた矢先のことだったため我が耳を疑った。

「ひ、秀樹、私のことなんて言ったの?!」
英子の口調は強くなっていた。
「あっ?うん、悪く言っていたよ・・・」
「何て言ったの?」
「うん、とにかく酷い内容だった」
「聞かせてよ、何て言ったの?」
山本がじれったかったため英子の怒りは次第に大きくなっていった。
秀樹に対する怒りなのか、山本に対する怒りなのか英子の中ではごちゃごちゃになっていた。

「何で、黙っているの?村上さん取られちゃったんでしょ!もう友達でも何でもないんでしょ」
「何でかばっているのよ!」英子はハンドルを握る山本の腕を引っ張った。
「あっ、危ないよ・・・運転中だよ」
「山本君が秀樹の事かばうからでしょ!」
「あっ、危ないって・・・」
英子は山本の腕を放さなかった。

「話すよ、話すから、腕、放して」
山本はふらつく車を立て直しつつ言った。
「分かった」英子は腕を放した。
「何て言っていたの?」
「うん、あー、その、なんだ・・・」
山本はしどろもどろになっていた。
「そんなに言いにくい事なの?」英子は悲しげに言った。
「う、うん、とにかく酷かった・・・うん」
「たくさん言っていたの?」
「うん、そ、そうだよ。たくさん言っていた」山本は手の甲で仕切り無しに額の汗を拭っていた。
「一つだけでもいいから聞かせて・・・」英子は次第にうつむき加減になっていった。

「えー、あの、そのね、うん、酷かった」
「なんで、そんなあいまいな事しか言ってくれないの?」
もともと山本は優柔不断な奴だったが、この時は特にそうだった。
山本は予想外の事に出くわすとパニックに陥る傾向があった。
この時もそうであった。

次第に英子の怒りは激しくなっていった。
「なんなのよー」
英子は突然怒鳴った。
「えっ、あ・・・」
山本は何もいえなかった。
「言いなさいよ」今度は山本の腕だけでなく意髪の毛にも手をかけた。
「あっ、危ないよ、やめてよ」
「なんなのよー、皆で私の事をばかにして」
突然、対向車のヘッドライトが車内を照らす。激しいクラクション。
英子が運転中の山本の腕や髪を引っ張るので対抗車線にはみだしてしまったのだ。
「危ない!!!」
山本は慌ててハンドルを切った。

車は走行車線に戻りかろうじて対向車をよける事ができた。
「やめてよ、危ないよ」山本は青ざめた顔で言った。
「いいのよ、もうどうなっても、ぶつかればよかったんだ」
英子は無茶苦茶になっていた。
「山本君も秀樹も死んじゃえばいいんだ」
この時、英子の怒りは優柔不断な山本に向けられるべきものであったが
全て俺に向けられていた。

「話すよ、話すから、運転の邪魔しないでよ」
いつしか周囲は暗くなってヘッドライトをつけなければあたりは見渡す事もできなくなっていた。
この日、英子と山本は朝早く別荘を出ていたから12時間以上は経っていた。
そんなにもの長い時間、山本は英子の事を連れまわしていたのだ。
英子は地方から上京して大学に通っていたため、都内以外は全くといっていいほど
土地鑑がなかった。だから、山本が連れまわすままにこの時間まで来てしまった。
こんな時間になるまで気がつかなかったのも、俺と村上が寝ていたことに対するショックもあっただろう。

「運転しながら話すような事柄じゃないよ」
山本はハンドルを握りながら答えた。
「なんていうか、落ち着いたとこでないと話せないよ」
再び山本はおどおどしたようなしぐさを見せ始める。
「俺も運転疲れているし」
「じゃ、どこかファミレスとかないの?」
「それもなんだかな、そんなとこで話すような内容じゃないでしょ」
山本は再び手の甲で額の汗を拭い始めた。

「もう、いいわよ」
「えっ、いいって何が・・・」
「もういい!」
「ダメだよ、きちんとしておかないと」
再び山本はしどろもどろに答えた。
「何をきちんとするというのよ」
「だから、秀樹が英子を悪く言っていた事を」
「もういい」

「何も聞きたくない」英子は両手で耳をふさいでしまった。
「ダメだよ」
「あいつ、このままほっとくわけにはいかないよ」
山本は必至に英子の気持ちをつなぎとめようとした。
「もーーーーいい!」英子は大声で叫んだ。

山本は慌てて車を道路わきに寄せて停めた。
「落ち着いて、あいつのこときちんと話すから」
山本は慌てて言った。
「もういい」
英子は同じ言葉を繰り返すのみだった。

「もういい」は英子の口癖みたいなものだった。
俺とケンカした時もよく口にしていた。
また、プレゼントをおねだりしているときにこちらがはぐらかしていたりすると
怒って口にすることもあった。
英子の「もういい」は俺にとっては「もう仲直りしよう」のサインでもあった。
しかし、この時の英子の心境はなんであったのだろうか?

「もう、帰りたい」英子は涙声になりながら言った。
「えっ、あ、うん」山本はそういったが車を走らせようとはしなかった。
「もう帰りたいよ」英子は完全に泣いていた。
「えっ、泣いてるの?泣かないでよ」
「帰りたいよ」

「喉かわいていない?ここにお茶があるから飲まない?」
山本は後ろの自分のかばんから500mlのペットボトルのお茶を出した。
英子は黙って首を振った。
「いいから、飲みなよ、落ち着くからさ」
山本はペットボトルの口を自分であけて英子に手渡そうとした。

再び英子は黙って首を振った。
「飲みなよ、落ち着くからさ、さ、さ、早く飲みなよ」
山本は英子の口元にペットボトルを寄せた。
「いらない!」英子は怒鳴った。
「早く、帰りたい!」

車は人通りのない道路の脇に寄せて停めていた。
時折車が通り過ぎていくだけの寂しいとおりだった。
道の両脇は林のようなところだった。どうやらゴルフコースのようにも見えた。
「飲み物もいらない、もう帰りたいよ」
英子は泣きながら答えた。

英子が泣きつづけるので山本は仕方がなくという感じで車を発進させた。
しかし、山本の目つきはいつしか陰湿になっていた。
「あー、のどが渇いたらいつでもこのお茶飲んでいいから」
そう言うと山本はペットボトルをクーラーの吹き出し口にぶら下げたドリンクホルダーに置いた。

「なんかすっかりおそくなっちゃったね」
山本はにやけながら言った。
「俺もずーと運転していたから疲れちゃったよ」
英子はそんな山本のことを全く無視して助手席から見える景色を眺めていた。
そこには真っ暗な森が続いているのみで何も見えなかった。
景色を見ているというよりは泣きはらした自分の顔を眺めていたのかもしれない。

山本は再び車を道路わきに停めた。
「ど、どうしたの?」不安になった英子は山本に聞いた。
あまり山本とも口をききたくなくなっていたが、こんなところで車を停められたら
不安で仕方がなかったからだ。
「あ、うん、ちょっとね」
山本はそう言うとシートベルトをはずして後の自分のかばんをなにやらあさりだした。
山本は道路地図ともう1本のペットボトルを出した。

「どうしたの?道に迷ったの?」
英子は不安そうに山本に聞いた。
「大丈夫だよ、心配ないから」
山本はそう言って地図を開いた。山本は何か考え込むように地図をにらんでいた。
「ねぇ、ここはどこなの?」
「あっ、うん。大丈夫だよ」山本はそう言うとペットボトルの口を開いた。
プシュッという音がした。そして山本はそのまま飲み始めた。
英子は山本のしぐさを黙ってみていた。
「ぬるくなったコーラは不味いな」
山本はそう言うと再びキャップを閉めた。

「だったらお茶を飲みなよ、ぬるくてもコーラよりはましかもよ」
英子は自分の側についてるホルダーからお茶を取ると山本に差し出した。
「いいよ、俺はあまりお茶好きじゃないんだよ」
「じゃ、何で買ったの?」
「あっ、うん、女の子は皆コーラとかよりお茶のほうが好きでしょ」
「うん、そうだね」
「だから、うん、買ってあったんだよ」

「ふーん、そうなんだ。だから山本君は気がきくねって皆言うんだね」
「そんなことないよ。ホント、それ飲んでいいからね」
「うん」
英子はそう言うとお茶をホルダーに戻した。
「欲しくなったらもらうね」

山本は横目で英子のしぐさを見ながらこころなしかチッと舌打ちした。
「ん?どうしたの?」
「な、何でもないよ、うん」
「えっ?もしかしたら変なところに迷い込んじゃったの?」
「えっ?いや違うよ、大丈夫」

山本はしばらく考え事しながら地図を眺めていた。
「ねぇ、ここ暗いしなんか恐いからもっと人気のあるところに行こうよ」
山本はしばらく考え込んでいた。
「ねぇ、とにかく車出してよ」
「あっ、あぁ、ちょっと待っててね」
「恐いよ、なんかもっと明るいところに行こうよ」
「うん、分かったよ・・・」
山本はしぶしぶ地図をダッシュボードに放り投げると車をゆっくりと発進させた。

「ねぇ、もう時間も遅いし、私帰りたいよ」
「うん、分かってるよ、だから今考えていたんじゃないか」
山本はだんだんと不機嫌になっていった。
「私、早く帰りたいって言っていたのに山本君がいろいろと連れまわしたんじゃないの」
英子もだんだんと腹が立ってきたのが山本に口答えするようになっていた。
「連れまわしたとかは酷いんじゃないのか、落ち込んでいるから気晴らしさせようとしたんじゃないか」
山本の口調も激しくなりだした。
「それに、お前の彼氏が俺の女に手を出さなければこんなことにならなかっただろ」
「・・・」
英子はまたあの時の光景が頭に浮かんだ。

英子はだんだんと頭に血が上っていた。
俺に対する怒りと山本に対する怒りが折り重なり激しく増殖されその矛先を
どこに向けたらいいのか分からなかった。
このまま山本が何か言ったらその怒りは山本に向けられていただろう。
しかし、この時、偶然にも山本は黙り込んで何かを思案していた。

車内の雰囲気は重苦しいものに変わっていた。
英子は手持ち無沙汰であった。
「息苦しい・・・」英子はこの雰囲気に押しつぶされそうになっていた。
ふとクーラーの吹き出し口のカップホルダーに気がついた。
そこにはお茶があった。
「息苦しい・・・」のどもカラカラになっていた。

英子はカップホルダーに手をのばした。
「あっ!危ない!!!」
山本は叫ぶといきなり急ハンドルを切った。
「イヤ!!!」
英子は激しく体を揺さぶられた。
「な、なに!どうしたの?」
「なんか、動物が横切った・・・イタチか猫か?」
「びっくりした・・・」
「ご、ごめん、驚かせちゃったね・・・」

「ごめんね、もっと早く帰ればよかったね」
山本はこの機会を利用してこの重苦しい雰囲気を和らげようとした。
「ううん、いいの、山本君私の事気遣ってくれたのにね。
私の方こそ酷い事言ってごめんなさい」
「いいんだよ、英子ちゃんが元気出してくれれば嬉しいよ」
「ありがとう、元気だすね」英子は微笑んだ。

「ねぇ、猫・・・轢いちゃったの?」恐る恐る英子は聞いた。
「大丈夫だよ、きちんとよけたから。でも、危ないよな」
「真っ暗だから気がつくのが遅れたら轢いちゃうところだったよ」
「私、猫好きだから轢かなくてよかった」
車内の雰囲気は先ほどとはうってかわって和やかなものになっていた。

「ねぇ、今どの辺を走っているの?」
「今、うん、茨城だよ」
「えっ!まだ茨城なの?」
「ごめん、いろいろまわったから・・・」
「もう10時過ぎてるし、早く帰りたいよ」
「あっ、うん、大丈夫、大丈夫だよ」

「さっきからどんどん人気のないところに向かっていない?」
「あっ、こっちのほうが近道なんだよ」
「近道なのはいいけれどもさっきからすれ違う車もいないしなんだか恐いよ」
「大丈夫、俺、道知っているから」
「さっき迷ったとか言っていなかった?」
「大丈夫、ちょっと自身がなかったから地図を見ただけ」

山本はさらに車を進めた。英子もこうなったら山本を信用するしかなかった。
山本は片手でハンドルを握りながらコーラを手にとった。
「あっ、ふた開けようか?」
「うん、お願いするよ」
山本はそう言って英子に手渡した。
キャップを回転させるとプシューという音を立た。
「まだ気が抜けてないみたいだね。よかった」
英子はそう言って山本に渡した。

「私も喉かわいちゃった」
英子はそう言うとお茶のペットボトルを手に取った。
時計の時刻は10時30分を示していた。
「ねぇ、山本君、今日中に私の部屋に着くのかな?」
英子はキャップを回転させながら山本に言った。
「うーーーん、もう10時半だからね・・・12時までというのは難しいかな」
「えーーー、ここそんなに遠いいの?」
「うん、ごめんね」

「さっき泣いたから喉かわいちゃった」
「うん、お茶、飲みなよ。遠慮はいらないから」
「ありがとう、いただくね」
英子はキャップを取り外した。
山本は英子の動作を横目で観察していた。
英子の動きは非常にゆったりとしたものだった。

英子は取り外したキャップをダッシュボードの上に置いた。
「ねぇ、ちょっと冷房がぬるくない?」
「えっ、あっ、あぁ、うん、そ、そうかもしれないね」
しどろもどろになりながら山本は答えた。
「お、温度下げようか?」
「うん、これさぁ、ホルダーがクーラーのところについているでしょ」
「あっ、うん、そうだね」
「ここにしばらく置いておいたら冷たくなるかな?」

「えっ!変わらないよ、そんなことしてもあんま効果ないよ」
「そうかなー少しは冷たくなるよ多分」
「変わんないよ、無駄だよ・・・」
「そう?試してみようかな」
そう言うと英子はキャップをはめて再びホルダーに戻した。

「・・・」
山本は再び黙りこくってしまった。
英子も山本と話をしていたも面白くないので黙っていた。
車内の雰囲気は再び重苦しいものになっていった。

車外は暗闇だった。英子の心を表しているかのようだった。
なんで秀樹は村上さんなんかと・・・英子は考えてみた。
いくら考えても理解できなかった。
秀樹は私の事を愛していてくれた。いつも私の事を好きだと言ってくれていた。
それが一体何故・・・
いくら酔ったからとはいえ酷すぎる。

前日は酔って私の知らない間に私の中に射精した・・・
今までそんなことした事一度もなかったのに。
確かに、外で出すから生でやらせて欲しいと何度かお願いされた事はある。
英子は妊娠するのが恐かったからそのお願いを何度も断った。
秀樹は私が嫌がることを無理やりやるような人じゃない。
なまでやることでさえ拒否していた私に秀樹がなかだしするなんて・・・

それに、秀樹は何度も何度も眠っている私の事を犯しつづけた。
中に出しただけではなくほぼ全身に射精されたあとが残っていた。
顔、胸、お腹、そしてアソコにも・・・少なくても四度は犯されたのかもしれない。
いくら付き合っているとはいえ、眠っている間に私が一番嫌がっていたことをするなんて。
レイプ、そう、レイプと変わらない・・・

いつのまにか、英子の頬を涙が伝っていた。
車窓に映る自分の顔が涙でグシャグシャに見えた。
もう、死にたい・・・英子はそう思った。
信じていた彼氏に寝ている間にレイプされた。
その彼氏は翌日は親友の彼女をレイプした。
あんな人だとは思わなかった・・・
英子の頬を伝う涙は止まらなかった。

「どうしよう、ガソリンがなくなってきた」
山本は突然、口を開いた。
「えっ、えっ」
英子は泣いていた事を覚られまいとして慌てて顔をそむけたまま声を出した。
「秀樹を迎えに行く前に満タンにしておいたけど走り回ったからな・・・」
「途中で給油するつもりだったけど、頭に来ていたし英子ちゃんを励まそうとか
思っているうちに忘れていたんだ・・・」
英子はバックからハンカチを取り出して涙を拭きながら答えた
「えっ、どこかガソリン入れるところはないの?」
「えっ?あっ、あぁ、俺のバイト先が近くにあるけれども・・・」

「えーと、時間は・・・やべ、もう11時だ・・・」
「えっ?だめなの?」
「ごめん、11時で終わりなんだよね。この辺のスタンド閉まるのが早いんだ」
「それでも、僕のバイト先は遅くまでやっているほうなんだよ」
「でも、11時で終わりだから・・・」
「今からとばせば間に合わないの?」
「ごめん、近いといっても30分くらいかかるかな?」

「じゃ、もう送らなくていいから近くの駅まで連れて行って」
「駅?、あぁ、電車ね」
「もう遅いし、電車で帰る」
「いいけど、駅も遠いよ。うん、駅に着く頃には終電終わっているよ」
「なんで?だってどんなに遠くても12時前にはつくでしょ?」
「ここは田舎だから下りの電車は割と遅くまであるけど上りはもうないよ」
「それに12時にもなったら下りだって終わってるよ・・・」
「・・・」英子は再び黙り込んでしまった。

山本は再び車を道路の脇に停めた。
「ごめん、僕、家に電話しておかないと親が心配するから」
「今日帰るって言ってあるからね」
「・・・」
「ホントにごめん」
そう言って山本は車を降りると携帯で自宅に電話をした。

英子は非常に不安になっていた。
今までに茨城になど一度も来た事がない。それにたとえ来た事があったとしても
こんな林の中の寂れた道ではここが一体どこなのか想像もつかない。
頼りになるのは山本だけだった。

車外に目をやると山本は電話で何か説明をしているようだった。
秀樹から聞いたことがあるけれども、山本君は両親が年を取ってからの子供だって言っていた。
だから、多分とても心配されているんだろうな・・・
ふとカップホルダーに入ったお茶に眼が止まった。
英子は何も考えずに手にとってみた。
山本君はクーラーのところにあっても冷たくなるわけがない無駄だと言っていたが
そんなことはなかった。手に取ると心持冷たくなっていた。

「ふふふ、私の思ったとおりだ」
英子は自分の考えたとおりになったことが嬉しかった。
「少し飲んでみようかな?」
中身も冷えているかもしれない。
英子はキャップに手をかけた・・・

「ごめん、ごめん、親に説明するのに時間がかかっちゃった」
山本がドアを開いて中に入ってきた。
お茶のキャップをはずしている英子に気がつくと、
「ごめん、じゃましちゃった?いいよ、お茶でも飲んでゆっくりしてて」
「えっ、ううん、これ、冷えたよ」
「ん?何のこと?」
「クーラーで冷えるわけないって山本君いったでしょ?」
「えっ?そんなこと言ったっけ?」

「もーとぼけちゃって、これ、ほら、触ってみて、冷えているでしょ?」
「あっ、あぁ、ホントだ冷えてるね」
「私の言っていたとおりでしょ」
「うん、そ、そうだね、うん、せっかく冷えたから飲んじゃいなよ」
「うん」

「そうだ、山本君飲みなよ、疲れているでしょ、はい」
英子は山本に手渡そうとした。
「い、いらないよ、ぼ、僕、お茶嫌いだから」
「嫌いなの?珍しいよね、お茶嫌いな人って」
「えっ、う、うんまぁ嫌いというか、あまり好きじゃないんだよ」
「そうなの」英子はそう言うと再びお茶をホルダーに戻した。

「もう少し、冷やしてから飲もうっと」
「・・・」
山本は黙りこくった。
「ん?どうしたの?」
「あっ、な、なんでもないよ」
山本は慌てていった。
「お母さん、心配していたの?」

「あっ、そんなことないよ、大丈夫だよ」
「でも、もう帰らないと心配するでしょ?」
「いいや、バイトに行ってバイトの連中と飲むから今夜は帰らないって言っておいた」
「えっ?帰らない???」
「うん、飲んだら運転できないからよくバイトの連中の所に泊まったりするんだよ」
山本は嘘をついていた。英子に言った内容は確かに母親に言った事である。
しかし、山本はバイト先でも変人扱いされて飲みに誘われたことなど一度もなかった。

「ねぇ、ところで私、どうしたらいいの?」
「ガソリンがないなら私の事送れないでしょ?」
「電車もないんでしょ?」
英子は心配になって山本に聞いた。

「うん、なんとかするよ」
「・・・」
再び車内には重い沈黙が流れた。
沈黙が続くと英子はだんだんと腹が立ってきた。
なんで私はここにいるの?
自分で自分に問い掛けていた。

こうなったのも全て秀樹のせいであった。
あんなに楽しみにしていた海水浴、別荘でのひと時、そして愛し合うふたり・・・
その計画は大無しにされた。それどころか、寝ている間に一番されたくないことをされて
あげくには親友の彼女と寝ていた・・・
考えただけで頭がどうにかなりそうだった。

「うーーーん、どうしようかな?」
何も考えのない山本に対しても怒りが湧いてきた。
「じゃ、山本君の家に泊めてよ!私の寝る位のスペースはあるでしょ!」
「えっ・・・、こ、困るよ・・・だって、親がいるし」
「別に一緒に寝てなんかするわけじゃないから平気でしょ」
「だっ、だってお母さんにバイトの連中と飲みに行くって言っちゃったし」
「私がお母さんに説明するわよ」
「だ、ダメだよ、お母さんに嘘ついたことがばれちゃうよ」

はっきりしない山本に対しても英子の怒りは爆発寸前だった。
「じゃ、ホテルに連れて行ってよ、ビジネスホテルとかあるでしょ!」
「えっ、ここは田舎だから、そんなものないよ・・・」
「駅の側まで行けばあるでしょ!」
「あっ、えっ・・・な、ないよ、それに駅までガソリンがもたないよ」
山本の答えはしどろもどろを通り過ぎて支離滅裂になっていった。

「じゃ、私にどうしろというのよ!!!」
「えっ、このへんじゃ、うーーーーん」
山本は考え込んだ。言っていいのか悪いのか・・・最高に悩んだ。
山本は今まで女をホテルに誘った事はなかった。
山本が素人童貞を卒業した相手の村上とホテルに行った時は
車中で「居眠り」していた村上が偶然目を覚ました時にトイレに行きたくて
「ホテルに行ってもいいよ」と言ってくれたからである。
自分からラブホテルに行こうだなんて言い出すことができなかった。

「そ、そんなに怒らないでよ、お茶でも飲んで落ち着いてよ」
「なんなのよ!このまま車で過ごさなければならないの?」
英子は怒って怒鳴った。
山本は慌ててホルダーからお茶を取り出してキャップを取り外して英子に手渡そうとした。
「もういい!」
英子は山本の差し出すペットボトルを払いのけた。

山本の準備していたペットボトルのお茶は後部座席にまで吹っ飛んでしまった。
それは後部座席の山本のかばんに当たってそのまま座席にひっくり返った。
「・・・」後部座席に目をやる山本の顔は青ざめていた・・・
山本の表情を見た英子も後部座席を振り返った。
お茶は後部座席に流れ出し、座席はおろか山本のかばんと英子のかばんも濡らしているようだった。
「ご、ごめんなさい・・・」

山本の顔が異常に青ざめているのをみて英子はとても悪い事をしたと思った。
英子は急いで後部座席に転がるペットボトルを拾い上げるとハンドバックから
ハンカチを取り出して座席を拭こうとした。
その間も山本は黙って身動き一つできずにいた・・・
山本は額から汗を流し、顔は青ざめ、表情は強張っていた。
英子は急いで座席を拭ったが、ハンカチ一枚では足りなかった。
「ご、ごめんなさい、ティッシュある?」
取り付くように英子は言った。

「ねぇ、山本君!大丈夫?なんか変だよ・・・」
あまりにも呆然とする山本を気遣って英子は山本の肩に手をかけた。
「ねぇ、しっかりして・・・」
「どうしたの?」
英子は汗ばむ山本の額の汗をバックから取り出したポケットティッシュの
1枚で拭ってあげた。
「本当にごめんなさい。せっかく山本君が用意してくれたのに、ほとんどこぼしちゃった」
「シートもよごしちゃって・・・」

「・・・」
山本は何も言えずに黙っていた。
「ねぇ、山本君。ホントにこの辺は泊まる所何もないの?」
英子は山本の肩をさせえるようにして言った。
「お茶、こぼしたのはごめんなさい」
「でも、私の方はもっと死活問題なのよ」
「まさか、女の子に車の中で野宿しろとでも言うの?」

「えっ、あぁ・・・」
ようやく山本は言葉を発する事ができた。
「よかった、山本君、どうにかなっちゃったのかと思った」
「あー、うん、あぁ」
山本は気のない返事だかなんだかわからない言葉にならない単なる声を発するだけだった。

「山本君、この辺はあのホテルもないの?」
英子は恥ずかしそうにいった。
「えっ?あっ、な、なに?」山本はようやくわれに帰ったように返事をした。
「ほら、例えば・・・ラブホとか・・・」
英子はうつむきぎみにいった。
「あっ、あぁ、う、うん」
山本は慌て気味に返事をした。
「あっ、あるよ、うん、そういえば、近くにあったな」

ようやく山本は言葉を発する事ができた。
「あー、あそこなら、ぼ、僕のバイト先の近くだし、うん、大丈夫」
「朝になったらガソリンも入れられるよ」
山本は急に饒舌になった。
「そうだよね、英子ちゃん車の中で過ごすわけにも行かないよね」
「うん、疲れているだろうし、うん、シャワーでも浴びてゆっくりと休んだ方がいいよ」
「そうだ、そうだ、多分、あそこならゆっくりできるよ、大丈夫」

「山本君、変なこと想像しちゃダメだよ」
「えっ、な、何」
「ホントにただ休むだけだからね」
「あっ、あっうん、わ、分かっているって」
「別々に寝るんだよ」
「えっ?あー、うん、うん。分かっているよ」

そう言うと山本は車を急発進させた・・・

山本はラブホの部屋の写真の着いたパネルを一目見て何も考えずにある部屋のボタンを押した。
値段はどの部屋も同じような設定だった。ただ、都内のホテルに比べると割安な感じはした。
英子は自分の荷物とハンドバッグを山本は自分のスポーツバッグをかかえて受付で鍵を受け取ると
足早にエレベータへと急いだ。英子は特に慌てる様子もなく山本に従った。

「やだー、この部屋、お風呂丸見えじゃない・・・」
山本の選んだ部屋は風呂場がガラス張りで中身が丸見えの部屋だった。
「こんなんじゃやだよー、他の部屋に変えてもらおうよ」
「だ、だめだよ、ここはみんなこんな部屋だよ、おんなじだよ」
山本はしどろもどろに言った。
「だ、大丈夫だよ、見ないようにあっち向いてるから、平気だよ」

「やだよ、そんなこと言って絶対見るんだから」
「ホント、平気だってば、見ないよ」
「えー、お風呂はいるのやめようかな・・・」
「えっ?疲れているからお風呂はいりたいっていっていたじゃない、入りなよ、見ないから」
「でも・・・やっぱり丸見えなのはイヤだわ」

「お風呂にゆっくりつかってごらんよ、リラックスできるよ」
「うん・・・・そうかもしれないけどな・・・」
英子は悩むように考え込んだ。
「そうだよ、お湯につかってゆっくりすれば嫌な事も忘れられるし」
「そうそう、ほら、ここ、バスフォームがあってさ、泡風呂になるよ」
「ほらほら、大丈夫だって、絶対に見ないって」
山本は説得するのに必死だった。
「うーーーーん・・・」英子は悩んでいた。

「そうだね、リラックスできるかもね・・・」
「じゃ、遠慮なくはいっちゃおう、でも、絶対見ちゃダメだよ」
「も、も、もちろん、だ、だだ大丈夫だよ、へーきへーき」
山本は顔を真っ赤にさせながらそんなことを言った。
「じゃ、お風呂いれてこよ?と」
英子はそう言うと、バスタブにバスフォームを入れてお湯を勢いよく注ぎ始めた。

英子が風呂の準備をしている間に山本はなにやらかばんの中をあさっていた。
山本のかばんはたった二泊の男のかばんにしてはなにやら大きいものだった。
たしか、服はTシャツとジーパンくらいなもので、おそらく二日間とも同じジーパンだったろう。
夜も短パンにTシャツ程度のものだった。
「んー?山本君、何してるの?」
風呂場から戻った英子は聞いた。
「えっ!い、いや、別に。昨日の残りのスコッチあるから飲もうかなと思って・・・」
そんなことを言いながら山本はボトルを取り出した。そこには琥珀色の液体が
4分の1くらい残っていた。

「ふーん」英子は気のない返事をした。
「え、英子ちゃんも飲む?」
「うーん、今はいらない、これからお風呂はいるもん」
「じゃ、じゃ、お風呂から出たら飲みなよ」
「んー、あんまり飲みたくないな・・・」
「飲んでぐっすりと休んだらいいよ」
「いいよ」
英子はバッグの中身をあさりながら気のない返事をした。

英子はバッグの中から巾着袋を取り出すとトイレの中に入っていった。
英子は特に気にもとめていなかったが、山本はなにやら嬉々として飲み物を作っていた。

しばらくして英子が体にバスタオルを巻いてトイレから出てきた。
「あっ、え、英子ちゃん」山本はびっくりしたような顔をしていた。
「これからお風呂はいるけれども絶対に見ないでよね」
「あ、あぁ、うん、だだいじょうぶ、見ない、見ないよ」
「それじゃ」英子はそれだけ言うと風呂場へと向かった・・・

英子は山本の様子をうかがってみた、どうやら向こうを見ているようだが
何気に顔を傾けてこちらをちらりちらりと見ているような様子だった。
やっぱりな・・・英子は心の中で思った。
見ないとか言っても気になるのは仕方がない。
こっそり盗み見ようとしているのがよく分かる。
やっぱり山本君も男だからね・・・
英子はそう思いながらもバスタオルをはらりとはずした・・・

「あっ!」
思わず山本は声をあげてしまった。
「えっ?どうしたの?」英子は風呂場から山本に声をかけた。
「なっ、なんでもないよ・・・」
「ふーん・・・」
英子はそう言うとシャワーを浴び始めた。

英子のバスタオルの下は別荘で着ていた水着だった。
淡いピンク色と白色の生地を織り込んだビキニだった。
英子は見ないと言っている山本を信用しないわけではなかったが
水着を着て入浴する事にしたのだった。
英子はシャワーを浴びると泡立った浴槽につかった。
「ん・・・気持ちいい・・・」

ふと山本のほうを見てみると明らかに肩を落としてがっくりとしているようだった。
やっぱりな、水着を着ておいてよかった。
山本君には悪いけれどもやはり裸を見られるのはイヤだった。

しゅわしゅわと音を立てる泡・・・ほのかなバラの香り・・・
英子は眼をつぶって泡の感触と香りを楽しんだ。
しかし、気持ちはそれらとは裏腹に沈みこんでいった。
お風呂は英子をリラックスさせるどころかさらに悲しくさせた。
無性に孤独感を強めるだけだった。
英子の頬を涙がつたう・・・ダメだ・・・
あの時の光景がまたも脳裏に浮かぶ・・・

しだいに英子の涙の量は増えていく。
それに伴い喉もなりはじめる。
息遣いも荒くなる。
悲しい、つらい、くやしい・・・
「うっ、うっ、うっ」
英子の口から嗚咽が漏れる・・・

浴室は音がよく響く。
英子の嗚咽も反響をしていた。
「どうしたの?大丈夫?」
心配そうに山本が声をかけてきた。
「うっうっうっ・・・」
英子はそれには答えず泣くのをこらえているようだった。

「ホントに大丈夫なの?」
山本はしつこく聞いてきた。
英子は無視するように黙って涙をこらえていた。
「え、英子ちゃん、水着着ているから俺も一緒に入ってもいいでしょ?」
山本は調子に乗ってそんな事を言ってきた。
「ダメだよ!」英子はようやくのことで声を出した。

「お願いだから独りにさせて・・・」英子は泣きながら答えた。
英子の涙はもう止まらなかった。なりふりかまわず泣き叫びたかった。
たとえ浮気をするにしても、現場を見せ付けられるだなんて・・・
とても人のすることではないと思った。
鬼だ、悪魔だと・・・

いつしか、英子は落ち着きを取り戻していた。
入浴の効果が多少はあったのかもしれない。
また、思い切り泣く事により冷静さを取り戻す事ができたのかもしれない。

今、英子はラブホテルの浴槽につかっている。
そしてそこには、秀樹の親友だった山本がいる。
英子は特に山本と関係をもつつもりは全くない。

しかし、秀樹はその親友である山本の彼女である村上と寝たのである。
しかも英子はその現場を目撃してしまった。
おそらく、山本も英子と同じ心境のはずである。
その山本が私の事を気遣ってくれている。
山本君も傷ついているはずなのに・・・

山本君はいい人だし、今日くらいは・・・
英子の心の中でまるで悪魔がささやいているようだった。
秀樹に踏みにじられたからだ。
秀樹に傷つけられたこころ。
もう、秀樹なんてどうでもいい。死んでしまえばいいんだ!
英子は心の中でそう叫んでいた。
死んじゃえ!もう、秀樹なんか知らない。どうにでもなってしまえばいいんだ・・・

秀樹に復讐してやりたい・・・
英子の脳裏には「復讐」の二文字が浮かんだ。
どうやって復讐したらいいのだろうか?
まさか本当に命を奪うわけにはいかない。
殺したい、それくらい憎しみを抱いてはみたものの
英子には殺人などとても無理な話だった。

なら、秀樹にも同じ苦しみを味あわせてやればいいのだ!
そう、秀樹も苦しめばいいんだ!

秀樹が嫌がることをしてやればいいんだ。
そのためにはどうしたらいいのだろうか?
秀樹の携帯も自宅の電話も念の為公衆電話も着信拒否にはしておいた。

そうだ、秀樹は私の部屋の合鍵を持っている。
いつでも自由に出入りができてしまう。
管理人さんに事情を説明して部屋の鍵を取り替えてもらおう。
理由などはいくらでも説明できるだろう。
他にどんな事ができるだろうか・・・

ぬるめのお湯にしたとはいえ、あまりにも長くつかりすぎたため頭もふらふらしてきた。
このままではいけない・・・考えもまとまらない。
英子は泡も半分以上消えてしまった湯船から上半身を起した。
水着の上からとはいえ豊満な英子の胸にまとわりつく泡は非常にいやらしく見えた。

英子は上体を起こし右足から静かにあがった。
左足も湯船から抜く・・・泡にまみれた英子のからだからお湯がしたたりおちた。
水着を着ているためにかえっていやらしかった。
ビキニのボトムからしたたるお湯はまるで愛液が溢れているかのようだった。

山本がちらちらと見ているが水着を着ているのであまり気にしなかった。
からだにまとわりつく泡を流すためにシャワーを浴びた。
すこし湯あたりしてしまったためにぬるめというよりほとんど冷水といっていい
位の温度に設定してみた。
つ、つめたい・・・気持ちいい。
冷たいシャワーは熱くほてったからだを冷やしてくれた。
また、血が上った頭も冷やしてくれていた。

英子はほてったからだを冷やして、髪とからだをバスタオルで拭きながら浴室から出てきた。
「お風呂入って思い切り泣いたらなんだか落ち着いちゃった」
「山本君もお風呂入ったら?お湯、抜いておいたよ」
英子は魅力的なからだをしていた。
いくら水着を着ているとはいえ、はちきれんばかりの巨乳と滑らかなラインを描く
腰の肉付きは隠しようがなかった。
山本の視線は英子のからだに釘付けになっていた。

「やだー、山本君、目つきがH!」
「ダメだよ、そんな目で見ちゃ、恐いよ」
英子はバスタオルでからだを隠して言った。
「ご、ごめん、え、英子ちゃん、あまりにも魅力的だから・・・」
山本は慌てて視線をそらせて言った。
「美香とは大違いだよ。英子ちゃん、とても色っぽい・・・」
「ダメだよ、私たちはそんなんじゃないんだから」
「だっ、だって本当の事なんだよ、美香なんて細くて色黒だし」
「ダメだよ、自分の彼女の事そんなこと言っちゃー」

「あ、あんな奴、彼女じゃないよ!」
山本は珍しく強くいった。
「ご、ごめん・・・あんなことがあったあとだもんね」
英子はさびしげに言った。
「山本君もつらいんだよね・・・」

「じゃ、僕もシャワー浴びてくるよ」
そう言って山本はタオルと備え付けのガウンを持って浴室に入っていった。
「覗いてもいいよ」山本はおどけてそういいながら扉を閉めた。
「ばかー、山本君の変態!」
英子もおどけてそう言った。
もちろん、英子は山本の入浴シーンなど見たくないから後ろ向きでいた。

英子は有線放送のパネルをいじくり、お気に入りのジャンルを探してみた。
「うん、これにしよう」
お気に入りのヒップホップのチャンネルにした。
英子は洋楽のブラックミュージックが好きだった。

そう言えば秀樹とは音楽の趣味もあっていた・・・
お互いにかぶるCDが何枚もあっておかしかった。
ただ、私は輸入版が好きだったけれども秀樹は日本製を買っていた。
輸入版は歌詞カードがついていないのが多いから、あと和訳があったほうがいいよ。
そんな風に言っていた。しかも、日本製はテキスト処理されていてオーディオによっては
曲名が表示されたりしていた。それがいいんだと・・・

英子が有線に気を取られているうちにいつのまにか山本はシャワーを終えていた。
この時の英子の格好はまだ、からだにバスタオルを巻いていたが、タオルの下は
水着のままだった。
ベッドにうつぶせになり枕もとのパネルを操作していた英子には背後に山本が立って
いることには気がつかなかった。
その間、山本は舐めるような視線で英子の事を視姦していたにちがいない。
ふと、背後に人の気配を感じた英子が振り返るとそこに、下半身にタオルを巻いただ
けの山本が立っていた。

「やだーーー!びっくりするじゃない・・・終わったなら声かけてよ」
英子はびっくりして言った。
「へへへ、ごめん、ごめん」
「英子ちゃんがあまりにもかわいいからつい見とれちゃったんだよ」
山本はにやけながら英子のバスタオルからはみ出た太ももを凝視しながら言った。
「やだー、山本君、変なとこ見ないでよ、恥ずかしいでしょ」
英子はそう言うと、ベッドから上体を起こし、自分のかばんを置いてあるソファー
へと向かった。
「山本君も、そんな格好してないで早く着替えてね」
「えっ、もう着替えちゃうの?」
「そうだよ、恥ずかしいよ。だってお肉ぶよぶよだもん」

「そそ、そんなことないよ!英子ちゃん、魅力的だって」
「またまた、だって山本君は細い子すきなんじゃない?」
「そんなことないよ、英子ちゃんみたいな子好きだよ」
「えー、だって私村上さんとぜんぜんタイプ違うよ」
「だから、村上とはそんなんじゃないよ」
「無理しなくていいよ」
「だから、違うって・・・秀樹の奴はそんなこと言ってたけどな」
山本は不気味ににやりと口元をゆがめながら言った。
「えっ?秀樹が???なっなんて言っていたの?」
英子はあきらかに不快感を顔に表していた。

「さっき、車の中で言いかけたけれども、秀樹は英子ちゃんの事ミソカスに言ってたよ」
そう言うと山本は不敵な笑みを再び口元に浮かべた。しかし、英子は、目の前が真っ暗に
霞んでいくために山本の表情の変化に気がつかなかった。
「なっ、なんて言っていたの?」英子の声は震えていた・・・
「えっ、本当に聞きたいの?かなり凄い事言っていたけど・・・」
「もう、あんな奴の事どうでもいいよ!だから本当の事知りたい」
「そうか、じゃ、覚悟はいいんだね・・・」
「うん・・・」

「これはあくまでも秀樹が言ったことで僕の言葉じゃないからね」
「うん、分かってる」英子は静かにうなずいた。
「そうだね、俺も、こんな事言いにくいし、ちょっと飲んでもいいかな?」
「えっ、あっ、うん」
山本は英子があいまいにうなずくのをあまり聞きもせずに備え付けのグラスに
作ってあった水割りを手にした。
「さっき、僕がシャワーを浴びる前に作っておいたんだ、丁度いいくらいに
氷も溶けておいしそうだ、英子ちゃんも飲みなよ」
そう言って、山本は英子に水割りを手渡した。

「あっ、ありがとう・・・」
「さっ、早く飲みなよ・・・」
「うん・・・」そう言って英子はグラスに唇をつけた。
山本は静かにその動作を見守っていた。見守るというより直視していた。
英子は静かにグラスを傾け、唇を琥珀色の液体につけた。
「さっ、ぐっといきなよ」
英子は唇を少し湿らすくらいだった。
「ありがとう、おいしいね、これ・・・」
「ぐっといきなよ・・・」
「うん、でもなんだか水割りって気分じゃないな・・・ビール飲んでもいいかな?」
「えっ?あっ、あぁ、う、うん、いいよ・・・」

英子は山本の返事もろくに聞かずに冷蔵庫を開けた。
「うーーーん、ビールけっこう高いね・・・でも、いいかっ」
英子はボタンを押して缶ビールを取り出した。
「山本君は水割りでいいのね?」
「あっ、あ、ああ、いいよ・・・」
英子は山本の返事を聞くと、缶ビールを空けてそのまま一口飲んだ。
「あーーー、お風呂上りのビールはおいしいや」
つぶやくように言った。

「それで、秀樹はなんて言っていたの・・・」
「あっ、うん、その話だったよね・・・」
山本は少しうつむいて、自分の手にした水割りをニ、三口飲み込んだ。
「多分、英子ちゃんが聞いたら、卒倒しちゃうような事だよ・・・」
「・・・」

「あいつ、英子ちゃんの事バカ呼ばわりにしていたよ・・・」
「何て言っていたの?」英子はむっとして言った。
「そうだね、英子ちゃんは胸に栄養が行き過ぎて脳みそは腐っているとか」
「英子ちゃんはデブで肉がぶよぶよしている、俺はもっとスリムな子が好きだとか」
「最近腹が膨らんできたのは俺以外の男とやってはらんだに違いないとか」
「物覚えが悪くてセックスがへたくそなのは頭が悪いからだとか・・・」

男同士の友人だとわりと彼女との性生活の事や彼女に対する不満を愚痴ったりすることがある。
俺も、山本のことを親友だと思っていたので、英子に対する不満を飲んだ勢いで愚痴ったこと
があった、奴はそれを悪用してあることないことを英子に吹き込んだ。
奴は1いったことを100言ったように大袈裟に膨らまして挙句にはありもしないでまかせを
英子に吹き込んだのだった。

「ひっ、ひどい、そんなこと言っていたの・・・」英子の声は震えていた。
「こんな事も言っていたな・・・英子ちゃんとのセックスは最悪だから
ソープに行ってきたとか、英子もソープに沈めて勉強させるしかないなとか」
「・・・」英子の目には涙が浮かんでいた。
「あいつ、もしかしたら酔った振りして美香のこと襲ったのかもしれない」
「えっ?」英子は思わず山本の言葉に耳を疑った。
「あいつ、前日に英子ちゃんを襲ってなかだししたり顔に精液かけたりしたでしょ?」
「う、うん・・・」
「それは、あいつのたくらみで、英子ちゃんがなまでやらせてくれないから最後に
嫌われるために無理やり酔わせて寝ているうちにやったんだよ」

「それで、英子ちゃんと別れるために酔いつぶれた美香のことやったんだ!」
山本はだんだんと感情を高ぶらせ最後には叫んでいた。
「全部、あいつのたくらみだったんだよ!」
「そっ、そんな・・・」
この時、既に英子はショックと極度の疲労感に襲われてかなり落ち込んでいた。
「そんな、秀樹が、私の事、酷い事、言っていただなんて・・・」
「それに、酔ってたんじゃなくてレイプしただなんて・・・」
「そうだよ、あいつそういう奴だよ!俺のこともいつもいつも利用して」
「俺のこと小間使いとか奴隷くらいにしか思ってなかったんだよ!」
山本は矢継ぎ早に俺の悪口をあることないことまくし立てた。

英子はもう、うんざりしていた。
この二日間、いろいろなことがありすぎた・・・
一日目、秀樹に寝ている間にレイプされる・・・しかもなかだしされた・・・
しかも、あそこのなかだけではなく、顔や胸、お腹の上にも射精された・・・
二日目、秀樹が酔いつぶれた村上の事をレイプする。しかも、なかだしした・・・
そして、山本にはいろいろ連れまわされたあげく部屋に帰ることができなくなり
ラブホに泊まる事になった。そこで聞かされた秀樹の言った私の悪口・・・
最後には、秀樹は酔ったのではなく計画的に私と村上さんをレイプした・・・

「大丈夫?英子ちゃん」
山本は少々うつろになった英子の肩に手を置いた。
「えっ、うん、もう、凄くイヤだ」
英子は涙ぐんでいた。
さっきたくさん泣いてもうすっきりしたと思ったのに再び涙が溢れてきた。
「もういい・・・」

「えっ?」山本は間の抜けた返事をした。
「もういい・・・」英子は同じ事をつぶやいた。
「もういいって?・・・」
「いいよ、もういいよ、好きにしていいよ・・・」
英子は全てがイヤになっていた。大好きだった秀樹に裏切られるだなんて、
私の始めてをささげた愛しい人が私の事を裏切るだなんて・・・
しかも計画的にレイプをするだなんて、そんな人だっただなんて・・・

「えっ英子ちゃん・・・いいの?」
「・・・」英子はだまって何も答えなかった。
山本は英子が黙って返事をしないので英子の事をベッドにそっと寝かせた。
「・・・」英子はもう一言も言葉を発しなかった。
「はぁはぁ・・・」山本の息遣いは荒くなっていた。
「もういい・・・」英子の心の中ではこの言葉が何度も何度も繰り返されていた。

俺は英子の部屋にいた。
俺の目の前には英子がいる。
いつのまにか、少々やつれた雰囲気だ。
頬もこけて、体も一回り小さくなったような気がした。
それは尾羽打ち枯らした英子の雰囲気がそう感じさせているだけかもしれなかった。
健康的なイメージだった英子がなんだか不健康そうな女に変わっていたので驚いた。

しかし、豊かな英子の胸は健在だった。
やはり、英子の胸は目立つ。服越しではあったが英子のおっぱいは郷愁を感じさせた。
いつしか、俺の気持ちはあの頃へと飛んでいた。あの別荘へと・・・

「え、英子、どうしたんだよ、そんなにやつれてしまって・・・」
俺は嫌な予感がした、夏休み明けの山本の話では奴と英子が付き合っているとか言っていた。
英子は山本の奴に酷い仕打ちを受けたのだろうか?
英子の事を裏切った俺が言うのもなんだが、許せないと思った。
それほどまでにあの健康的で可憐だった英子がボロ雑巾のような姿になっていた。
俺には信じられなかった。

「何があったんだよ、しっかりしろよ・・・」
英子は俺の問いかけには何も答えずただうつむいているだけだった。
時折聞こえる鼻すすりから泣いているというのが聞いて取れる。
「英子・・・」
俺は英子の肩をそっと抱いた。

「秀樹!!!」
俺が方を抱くや否や英子は激しく俺にしがみついた。そして声をあげて泣き出した。
「ど、どうしたんだ?」
「何があったんだよ・・・」
英子は激しく慟哭するのみで俺の問いかけには一切答えなかった。
俺はどうしていいのか分からなかったので、英子が落ち着くまで抱きしめていることにした。
「英子・・・」
久しぶりに英子の体温を肌で感じる事ができた。
柔らかい、暖かい、俺の英子・・・

「いや、違うんだ・・・今はもう俺の英子ではない」
俺は先ほど頭に浮かんだ言葉を打ち消した。
今の俺には美香がいる。村上美香・・・これが俺の彼女だ。
今、目の前にいる女は昔は彼女ではあったが、今では山本の彼女になってしまった。
そして、俺が今愛しているのは美香だ。
今ここにいる英子ではない。

しかし、一度は愛し合った仲だ、泣いている英子をほおったからしにはできない。
一体何があったのだろうか?少なくとも俺に電話をしてきたということは、俺に聞いて欲しい
ことがあるからに違いない。
英子が落ち着きを取り戻したら聞きだしてみよう。
それまでは、俺の胸を貸してやる。泣きたければいくらでも泣けばいい。
別れた女とはいえ、俺にもそれくらいの度量はある・・・
俺は自分にそういい聞かした。

どれくらい英子は泣いていただろうか・・・
10分?20分?いや、1時間くらいだろうか・・・
この時の俺たちふたりの間には時間の流れなど関係がなかった。
まるで、あの愛し合っていた時期のようにふたりは固く抱き合っていた。
しかし、あの時と違うとしたらもうそこに心がなかったことだろう。
俺の心の中には美香がいる。

いつしか、英子も落ち着きを取り戻していた。
さきほどまでは肩で息をしていたが呼吸ももとに戻り、涙もでていないようだった。
「もう、落ち着いたか?」
「・・・」英子は声には出さなかったが、かすかにうなずいた。
「いったい、何があったの?」
俺は英子に聞いてみた。
英子は何も言わず、再び俺のことを固く固く抱きしめた。
俺は戸惑いだした・・・英子の方から俺とのコンタクトを完全に打ち切ったのだ。
それが今更こんな、いったい何事なんだろうか???そう思わずにはいられなかった。

そこからしばらく、俺たちは抱き合った。
英子が頬を俺の胸にこすりつけてきた。
昔、よく英子が俺に甘える時にしてきたしぐさだ・・・
あの当時は、そんな英子を俺は猫のようにかわいがった。
そして、当然のように愛し合った・・・

俺は、軽く頭を振って現実へと戻った。
「もういいだろう?なんで俺に電話してきたんだ?」
「違うの・・・」
「えっ?」
「違うの・・・」
英子はただそうつぶやくだけだった。
「何が違うんだ?」俺にはさっぱり分からなかった。

「秀樹は悪くなかったの、何もしていなかったのよ・・・」
「えっ?何言っているのかさっぱり分からないよ」
「違うの、私たち騙されていたの・・・」
英子はそう言うとまた涙が溢れてきた。
「おい、いったいなに言ってるのかさっぱり分からないよ」
「もう、泣くのはやめてくれよ、頭がおかしくなりそうだよ」
俺はなかばあきれてなかば切れかけてそういった。

「一体、何の話をしてるの?」
「あの時の、あの別荘の時のこと・・・」
英子は途切れ途切れに答えた。
「えっ?別荘の事・・・」
俺にとっては悪夢の出来事だったあの別荘での事件。
それを今更なにを言っているのだろうか?

「私たち、だまされていたのよ!」
英子は力かぎりの声で叫んだ。
「えっ?」
俺は全く理解できなかった。
「だ、だまされていた?」
「なっ、なにを言っているんだよ・・・」
俺は、気が遠くなりそうだった・・・

騙されていた、だまされていた、ダマサレテイタ・・・
俺の頭の中ではこの言葉が堂堂巡りをしていた。
騙されていた・・・
一体誰が何のために俺たちを騙していたというのだろうか?

「どういうことなんだ?」
「だますって、一体誰が・・・」
俺は、頭のてっぺんから血の気が引いていく気がした・・・

「え、英子、頼む、泣いてないでまじめに聞かせてくれ・・・」
「だって、だって・・・」
英子は再び泣きじゃくりだした。
ヒックヒックと喉を詰まらせながら涙をこらえようとしているようだが無理だった。
「おい、いったいどういうことなんだよ」
俺は、英子の言う騙されていたという言葉が非常に気になった。

あの場にいたのは俺と英子と山本と村上の4人だ。
この中で騙されたのはどうやら俺と英子のようだ。
それ以上の情報は泣きじゃくる英子からは入ってこない。
今考えうる事は、山本が単独で俺と英子を騙した説。
山本と村上が共謀して俺と英子を騙した説。
そしてもう一つの説は、村上が単独で俺と英子と山本を騙した説・・・

俺はこの時、血の気が引く思いをした・・・
あの山本の怒り様は本気のようだった。
ということは、山本もだまされていたのか?
すると村上が単独で俺たち3人を騙したのか?
俺も山本も英子も村上に踊らされていたのか?

俺は泣きじゃくる英子を抱きしめながら頭を働かせた。
村上は山本との関係に飽きていた。
山本の友人である俺に興味を抱いた。
しかし、俺は村上の事を嫌っていた。
俺と英子は人目がうらやむくらいに愛し合っていた。
俺と英子の仲たがいにさせるために俺を酔わせた。
俺は村上の思惑どうりに酔って英子に無茶苦茶した。

そして、雰囲気のきまづくなった俺と英子。
翌日の晩も俺を酔わせて今度は俺と村上が寝るようにしむける。
そして、気がついた山本が俺のことをぼこり、怒った英子は俺を捨てて帰る。
残された村上は俺にレイプされたと騒ぎ立てる。
警察沙汰を恐れた俺から金品を巻き上げた上に今後彼氏として付き合うように脅迫する。
そして、今にいたる・・・

そ、そんなバカな・・・
考えてみると筋道が通っているような気がする。
あの時、レイプされた警察に訴えるといいつづけていた村上がバッグを買うことと
責任を取って付き合うことを俺に強要した。
いったいどこにレイプした相手に付き合えと強要する女がいるのだろうか?
俺は、背筋に冷たいものが走った・・・

なんてことだ。
今では俺は村上にすっかり夢中になっている。
その村上が俺のことを騙すだなんて。
嘘だ、嘘だと言ってくれ・・・
俺の頭は混乱してきた。

「え、英子、俺は美香に、む、村上に、だ、騙されたのか?」
俺はやっとのことで声に出すことができた。
「うっ、うっ、村上さんはどうなのか分からない・・・うっうぅぅ」
英子もやっとのことで答えた。
「えっ?」
俺は声にならない声を出していた。
「村上さんは分からないってどういうこと?」

「私たちを、私たちを騙していたのは、山本よ!!!」
えっ?俺には全く理解できなかった。
山本が俺たちを騙していた?
一体何故・・・
あんなに怒って俺に殴りかかってきたあいつが俺たちを騙した?
あんなに仲のよかった俺のことを騙すだなんて・・・
いつもいろいろと気をつかってくれる山本が俺たちをだますだなんて。
ありえない。あいつは、人を騙すようなやつではない。

「なっ、何かの間違いだろ・・・あいつがそんなことするわけないじゃやないか」
「そ、それに、あいつにそんな人を騙すような度胸ないだろ・・・」
「何か勘違いしてるんじゃないか?」
いくら考えても俺には山本が人を騙すようなことをする奴でもないしまた、
そんなことができる奴ではない、そうとしか考えられなかった。
「あんなにいい奴いないじゃないか・・・それが、俺たちを騙すだなんて」
俺はなぜか山本のことを必死にかばっていた。
それは、俺があいつの彼女を寝取ってしまったからなのかもしれない。

「なんで、秀樹はあんな奴の事をかばうの!!!」
英子は逆切れしたかのように俺のことを突き飛ばして叫んだ。
「なんで、あんな奴の事をかばうの!!!」
英子は涙でぐしょぐしょになった顔を赤らめて怒って叫んでいた。
「お、おい、どうしたんだよ、だいたいなにを根拠にそんなこと言っているんだよ!」
俺もヒステリーを起した英子に半ばイライラしながら怒鳴り返した。

「私、見たのよ!」
英子は半狂乱になりながら叫んだ。
「見たって何をだよ」俺はむっとしながら聞いた。
「写真をよ!」
「えっ?」
「写真を見たのよ。」

「お前の言ってる事支離滅裂でさっぱり把からねぇよ」
俺もぶちぎれる寸前だった。
「頭どうかしちまったんじゃないか?」
俺は言ってはならないことを言い放ってしまった。
「キーーーー」
まさにそんな感じで英子は俺に飛び掛ってきた。
まさに、半狂乱、乱心を起したとしか言えなかった。
「ど、どうしたんだよ!おい、いいかげんにしろよ!」
俺は英子を振りほどいて突き飛ばした。

「いいかげんにしろよ!ヨタ話を聞かせるために俺のこと呼び出したんなら俺はもう帰るぞ!」
いいかげんに、ヒステリックな女を相手にするのに疲れた俺は最終手段に出た。
暴力を振るうのは嫌いだが、相手がかかってくるのではどうしょうもない。
今まで、一度も英子にも他の女にも暴力を振るったことはなかったが止むを得なかった。
「帰るからな!」俺はそういい捨てるなり英子の部屋を出た。

「待って!」
英子は出て行く俺にしがみついて止めた。
「放せよ!」
俺は英子を振りほどいた。
「ヒステリーを起す女は大っ嫌いなんだよ!」
俺は最大限の侮辱を込めて言い放った。
「ごめんなさい、もう二度とあんなことしません」
英子は土下座せんばかりに謝った。
「お願い、お願いだから話を聞いて・・・」

だいぶ落ち着きを取り戻したのか、さきほどの英子とは様子が変わっていた。
この状態なら話ができると思った俺は、とりあえず、英子の話を聞くことにした。
やはり、英子の言っていた騙されていたという言葉が気になったのも確かだが。

「じゃ、落ち着いて話して欲しい。頼むから、もう泣いたり叫んだりはやめて欲しい」

「うん、分かった」英子はそう言った。

再び回想シーン
「えっ英子ちゃん・・・いいの?」
「・・・」英子はだまって何も答えなかった。
山本は英子が黙って返事をしないので英子の事をベッドにそっと寝かせた。
「・・・」英子はもう一言も言葉を発しなかった。
「はぁはぁ・・・」山本の息遣いは荒くなっていた。
「もういい・・・」英子の心の中ではこの言葉が何度も何度も繰り返されていた。

山本は英子の耳元で息を荒げながら英子の髪をなでていた。
「はぁはぁ」
山本の下腹部は既に勃起していて英子の下半身に触れていた。
英子は「気持ち悪い」そう思っていたが眼を思い切りつぶって耐えていた。
「はぁはぁ」
山本は汚らしい舌を英子の耳に這わせ出した。
英子の耳たぶから耳の穴へと舌を進めた。
「やだ、気持ち悪い・・・」
英子は心の中でつぶやいた。

「え、英子ちゃん、タオルとってもいいよね」
「・・・」
英子は山本の問いかけには何も答えなかった。
頭の中は回転していた。ビールのよいがまわってきたのだろうか?
精神的な疲れがそのように感じさせたのだろうか?
山本の気持ちの悪い息遣いと舌触りが英子の神経を過敏にさせていた。

山本は英子のバスタオルをゆっくりとはがした。
英子はタオルの下には水着を着ていた。
「え、英子ちゃん、水着とってもいいよね、はぁはぁ」
「い、いや」英子は蚊の泣くような声で答えた。
「ダメ」
英子は明確に拒否した。
しかし、山本は手を止めなかった。

山本は英子の乳房を弄ぶように揉みしだきながら息をますます荒げていった。
「や、いや・・・」
英子は拒否しつづけた。しかし、山本のねちっこい変質的な愛撫はとまらなかった。
山本は英子の耳の穴を舐めながら乳房を握るように揉んだ。
英子の乳房は大きくて柔らかかった。仰向けに寝ると両側に流れるくらい英子の乳房は
柔らかく垂れている。握ってもあまり手ごたえはない。まるで空気か液体を揉んでいる
ような気がすることもある。

山本はその英子の柔らかい乳房を揉みし抱きつづけた。
「や、いや、やっぱりできない・・・」
英子の悲痛な声も無視して山本は耳の穴に下を這わせつづけた。
それどころか、英子の水着をずらし、乳首をあらわにした。
「やっやめてよ!」
英子のピンク色で大きな乳首があらわになった。
英子の乳首は処女だった割には乳首も乳輪も大きかった。
ただ、色白だったからか乳首はピンク色だった。
巨大な乳房に巨大な乳輪に大きな乳首が乗っている。
それだけでも興奮させるには十分だった。

「ヒヒヒ」
山本は不気味な声を発すると英子の乳首にむしゃぶりついた。
「やだー、お願い、やめて、やめてー!」
英子は抵抗したが、疲れていたことと気力が失せていたため
山本を跳ね飛ばす事ができなかった。
山本は変質的に英子の乳首を口に含んだり舌で転がしたり歯を立てたりした。

「おねがい、お願いだからもうやめて・・・」
英子は泣きべそをかきはじめた。
山本は悲痛な英子の訴えに耳をかさず、乳首を舐めるのをやめなかった。
「ヒヒヒ、そんなこと言って、乳首がこんなに立っているじゃないか」
山本は片手で右の乳首をつまみ、左の乳首を唇ではさみながらそんなことを言った。
英子は感じているのではなく、気色が悪くて鳥肌立っていたのだった。
山本はそれを感じていると勘違いしていた。

「違うよ、もうやめてよ」
「ひひひ、はぁはぁ」
山本は今度はビキニのボトムに手をのばした。
「はぁはぁ、英子ちゃんのお尻はへっへっ柔らかくて、き、気持ちいいよ」
山本は自分のタオルを取り払ってなまチンを英子の太もものあたりになすりつけだした。
「やだ、やだ、まじ、やめてよ」
英子は真剣に拒み始めた。

「頼むよ、英子ちゃん、口で、口でしてよ」
そう言って山本は英子の口元に自分のモノを突き出した。
「いやーーーーーやめてよ!」
英子は山本を払いのけようとするが、山本は英子の胸の上に馬乗りになって
右手で頭を押さえつけて左手で自分のモノを握り締めて英子の唇に押し付けていた。
「いやぁいやぁいやぁぁぁ」英子が叫ぶと山本は英子の口にモノを突っ込もうとする。
しかし、英子の歯にあたり口の中には入らなかった。
「いっ!いてぇ!英子ちゃん、歯があたると痛いよ」
山本は自分のモノを握っていた左手を離すと英子のあごを下から掴んでそう言った。

「頼むから、フェラしてよ」
山本は英子のあごを掴んだまま、今度は右手で自分のモノを掴み英子の口に押し込もうとした。
しかし、英子は必死に首を振って抵抗した。
「お願い、やめてよ、苦しいよ、やめてよ」
英子は抵抗を続けた。
「ちっ」
山本は抵抗する英子にフェラを強要するのは無理と悟り、どうやら諦めたようだ。

山本は苦しがる英子の胸の上からしりを持ち上げた。
「はっはっはっ」
英子は呼吸が楽になったため思い切り息を吸い込むことができた。
「はっはっ、お、お願いだからもう、やめて・・・はっはっ」
英子は息も絶え絶えになりながら言った。
「じゃ、僕も、諦めるよ」
山本は不気味に舐めるように英子の裸体を眺めながら言った。

英子は右腕で豊満な胸を隠して上体を起して深呼吸をするように息をしていた。
ビキニのトップは胸の下にずり下げられヌードグラビアというかアイドルの
セミヌードのようなポーズになっていた。
「やっぱり、できないよ、今はそんな気分じゃないの」
「分かってるよ」
山本は勃起した自分のモノを自分でこすりながら言った。
「じゃ、フェラは諦めるよ」
そう言うと山本は今度は英子の足首を掴んで引っ張った。

「あっ!」
英子は短く叫ぶとベッドに仰向けに倒れた。
その瞬間、腕は自然にからだを支えようとして豊満な乳房はぶるるんとゆれてあらわになった。
「いやー何するのよ!」
英子は両足をばたつかせながら身を捩って抵抗した。
「はぁはぁはぁ」山本の息遣いは再び荒くなっていた。

英子が身を捩ったために今度は山本の目の前に形がよくて肉付きもいい英子の
ヒップが現れた。
山本は両足で英子のふくらはぎあたりを挟み込み両手で英子の腰を掴むと顔を
英子のヒップにうずめた。
「ひっひっひ、えっ英子ちゃんのケツだ、すげー柔らかくて気持ちいいよ」
山本は英子のヒップに顔をうずめながら叫んだ。
「やめて!」英子はうつぶせに倒れながら下半身を押さえ込まれているので
両手をばたつかせながら抵抗した。

英子は腰を振ってなんとか山本の顔を弾き飛ばそうとしたがその動きはかえって山本を
興奮させるだけだった。
「お願いだから、やめてよ!」
英子は腰を振って何とか山本から逃れようとするが、腰の動きと山本の顔の動きで
ビキニのボトムがずれてヒップに食い込み始めた。
「ひぇひぇひぇ、え、英子ちゃん、ケツがはみ出てきたよ、すげーよ」
英子の抵抗は虚しく何の効果を見せないどころかかえって水着が食い込み
山本を興奮させるだけだった。
「はーーー、英子ちゃんの肌は白くてきれいだ。おしりにできものも何もないよ」
山本はそう言うと、はみ出た英子のヒップにむしゃぶりついた。

そして、山本は腰をくねらせて抵抗する英子の両足をがっちりと自分の足で挟み込み
左手で英子のヒップを抱え込み、右手でビキニの食い込んでいる部分を右側にずらした。
そこには、英子のアナルとおまんこあった。英子の一番見られたくない部分が山本の
目に晒されてしまったのだった。
「やだーーーーーー!やめて、放して、やだやだやだ!!!」
英子は大声を張り上げてまた手足をばたつかせて体中の力を振り絞って抵抗を試みた。
しかし、山本の力は強く、びくともしなかった。
山本は暴れる英子をよそに、白くて丸い英子のヒップをいやらしく眺めていた。
「ひっひっひっ、英子ちゃん、意外と毛深いんだね。ほら、こんなところまで毛が生えているよ」
山本はいやらしく言いながら、アナルの周りまでびっしりと生えそろった英子のアンダーヘアーを
じりじりと引っ張った。

「おっ、お願い、やめて、やめて、やめて、やめて!!!」
英子は悲痛な叫びをあげていた・
「ひひひ、さっき、好きにしていいって言ったでしょ」
「はぁはぁ、今更ダメだって言ったってもう遅いよ、へへへ」
山本はついに英子のアナルに舌を這わせ出した。
山本の執拗なねちっこい責めに英子は全く感じる事がなかった。
かえって気色が悪く吐きけがするくらいだった。
「おねがい、お願いだからやめて、いやだ、やだ、やだ!!!」

いつしか英子の叫びには涙も混じっていた。
今はもう、ただ、山本の魔の手から逃れる事だけを考えていた。
「お願い!!!やめて!!!」英子にはもうこう叫ぶしかなかった。
しかし、山本は手も舌も休ませずに執拗に英子のアナルに舌を這わせつづけた。
山本の唾液が英子のアナルからおまんこへとだらだらと垂れていた。
そして、山本はついに、ビキニのボトムを剥ぎ取りにかかった。
「いやーーーーーーーー」英子は叫んだ。

山本は自分のからだをずらすと、一気にビキニを膝元まで引きおろした。
水着は下着と違って簡単に脱がす事ができた。
それは英子のビキニが伸びる素材でできていたのもあったかもしれない。
山本がからだを放した所で英子は最後の反撃を試みた。
膝にひっかかかる水着も気にせずに足をばたつかせて山本の事を蹴り飛ばそうとした。
しかし、山本はするりとからだを入れ替えて今度は自分の下半身を英子の顔の方に向けて
左手で両足を抱え込み、右手で一気にビキニを剥ぎ取った。

「いやーーーー!!!」
英子の目の前で山本のちんちんと金玉がぶらついていた。
今なら、山本の急所を攻撃できる。
英子はとっさにそう考えた。
どう攻撃したらいいのだろうか?
とにかく、たたけばいいのだろうか?
英子は短時間のうちに考えをまとめなければならなかった。

しかし、格闘技などが嫌いな英子に金玉の攻撃方法など思いつきもしなかった。
ただ、そこにぶらさがり小刻みにゆれる金玉を見つめる事しかできなかった・・・

ついに、英子の下半身があらわにされてしまった。
誰にも見られたくない、秀樹にも見せるのをためらっていたわたしのアソコが・・・
こんな形で、こんな奴に・・・
英子は涙が止まらなかった・・・

「へへへ、英子ちゃん、物凄くいやらしい体つきだ」
山本はねちっこく蛇のような視線で英子の事を視姦した。
「・・・・・・・ヤメテ・・・・・・・」
もう英子には抵抗する力も声を出す力も残っていなかった。
涙も既に枯れ果ててしまったようだ。
何故?何故私だけがこんな酷い目に会わなければならないの?
英子は屈辱に打ちのめされていた。
信じていた彼氏には裏切られて彼氏の親友からもレイプされるだなんて・・・

「へへへ、英子ちゃんのおまんここんなにぐちょぐちょに濡れているよ!」
山本は自分の唾液でべとべとになった英子のひだひだを掻き分けて中身をのぞきこんでいた。
「ひひひ、なんだかんだ言って感じているんじゃない」
山本は蛇のような舌を再び英子の股間に這わせ出した。
山本はねちっこく英子のおまんこを舐めまわした。
ひだひだからクリトリス、膣口のいたるところを舐めまわした。

「すごいよ、すごいよ英子ちゃん。ひひひ、英子ちゃんのおまんこすごく濡れてる」
「英子ちゃん、物凄く毛深いね。おまんこ真っ黒な毛で覆われているよ」
「はぁはぁ、アナルの周りも毛がびっしり生えてるよ。ものすごくいやらしいよ」
「口の中まで毛が入り込んでくるよ。秀樹とやりまくってこんなになっちまったの?」
山本は英子が今まで聞いたこともないようないやらしい単語を連発しながら英子に
屈辱を浴びせつづけた・・・

山本は自分のモノに唾液をなすりつけ出した。
唾液でねとねとになった山本のモノは無気味に光っていた。
「・・・イヤ・・・」
山本のモノが私の中にはいるなんて・・・許せない・・・
イヤだ、イヤだ、イヤだ・・・・
英子は頭の中で必死に抵抗した。
しかし、英子のからだにはもう山本に抵抗する体力は残っていなかった。
「イヤだ・・・」

山本はまず、英子のバギナの中に指を挿入した。
そしてその指を静かにこねくり回した。
山本はバギナに指を挿入する前にたっぷりと唾液をつけていた。
自分の指をくわえて唾液でねとねとにしていた。
白い糸を引きながら唾液が滴っていた。
その指が今、英子の中に挿入されてこねくり回しているのだった。
「気持ち悪い・・・」英子は吐き気がした。

山本の指が自分の中でうごめいている感触が気持ち悪かった。
胃の底から熱いものがこみ上げてきそうだった。
「助けて・・・」心の中で誰にというわけでもなく助けを求めていた。
「イヤだ、イヤだよう」
もう、声も涙もでない、指一本動かす体力も残っていない・・・
いつしか、膣の中も山本の唾液でねとねとにされていた。

山本は膣から指を引き抜くとまたそれを口に含んだ。
「はぁはぁ、英子ちゃんのおまんこ、おいしいよ、ひひひ」
そういって、何度も何度も指を舐めまわした。
そして、今度はそのゆびから手のひらにかけて白く濁った唾液をだらりと垂らした。
それを再び自分のちんちんになすりつけた。
山本のちんちんはべとべとで気色悪く光っていた。

「はぁはぁはぁ・・・」
山本は再び自分の指に白濁の唾液を垂らした。
そして再び英子のおまんこになすりつけてきた。
もう、英子は声も発する事もできない、足を動かす事も股を閉じる事もできない。
山本はねとねととした自分の唾液を再び英子のおまんこのなかになすりつけた。
もう、山本の指が何本だろうと抵抗なく英子の中を出入りした。

英子はほとんど意識を失いかけていた。
抵抗にも疲れ、もてる全ての体力を使い果たしてしまった英子に残された道は
後は意識を失い、嫌な事が終わり去るまで時が経つのを待つしかなかった。
英子の目は虚ろになりやがて意識が遠のいていった。

しかし、山本は英子が意識を失うのを許さなかった。
山本は自分のモノを英子の膣口にあてがいながら、英子の乳房を強く噛んだ。
「いっいたい・・・」激痛で英子は再び意識を取り戻した。
この時、英子は山本が変質的なことを直感で感じ取った。
この人は普通じゃない・・・
「あっ・・・・・」
ついに山本は英子の中に自分のモノを沈めた。

「英子ちゃん、英子ちゃんの中ぬるぬるになっていて気持ちいいよ、英子ちゃんも感じているんでしょ」
山本は変質的な言葉を仕切り無しに口にした。
「英子ちゃん、いやらしいよ、英子ちゃんのおまんこねちょねちょしてる」
「あぁ、英子ちゃん、英子ちゃんのおっぱい柔らかいよ」
「英子ちゃん、英子ちゃん、いいよ、感じてるでしょ」
山本はねちねちと英子の耳元でささやき続けた。

この時の山本は上半身を英子のからだに密着させて両腕は脇から背中に回して
しがみつくようなスタイルで抱きしめていた。英子の大きなおっぱいは山本の
胸で押しつぶされるような形をしていた。
そして、山本は英子の右頬に自分の右頬を擦り付けながら英子の耳元でねちねち
といやらしいことをささやき続けた。
そして、下半身は英子の両足をM字型に広げて自分の恥骨を英子のヘアーに擦り
つけるように回転運動を続けていた。

英子の意識が遠のき始めると山本は英子の耳たぶをかんだり首筋をかんだり
乳房に噛み付いたりして英子を覚醒させた。
山本は英子にありとあらゆる陵辱のかぎりをつくすつもりだったのだろう。
山本の言葉と行動による恥辱により英子は既に自我を失っていたのかもしれない。
それくらい、山本のとる行動は変質的だった。

山本は自分の恥骨を英子のクリトリスに擦り付けるように腰を回転させながら
「英子ちゃん、英子ちゃんのおまんこから熱い知るが垂れているよ」
と耳元でささやいた。
「英子ちゃん、気持ちよかったら声を出してもいいんだよ」
「英子ちゃん、もっと僕のことを抱きしめて欲しいよ」
「英子ちゃん、英子ちゃん、英子ちゃん」
山本は自分の腰の運動を早めながら英子の耳たぶや耳の穴を舐めまわしながら言った。
「はぁはぁはぁ、英子ちゃん、いいよ、いいよ」

山本は腰を回転から前後の動きに変えて激しく英子の事を突き続けた。
「はぁははぁはぁ」山本の口数が減り呼吸の音だけが部屋に響いていた。
「はぁっはぁううう」
「あぁぁぁぁ、英子ちゃん!」
そう言うと山本は英子の中で果てた。
山本は英子のからだの感触を味わうかのように上半身を英子に密着するように強く
抱きしめて腰も英子の股全体になすり付けるように押し付けていた。
そして山本の顔は自分の頬を英子の頬に密着させて耳元で「はぁはぁはぁ」と
息を整えていた。

この日山本は英子の中で5回果てた。
そのすべてが全くといっていいほど同じ体勢で同じような言葉をささやきながら
まるでリプレイを見ているかのように・・・

英子は全く眠る事ができなかった。
明け方になるとさすがに山本も疲れたらしく軽く寝息を立てていた。
英子は吐き気を我慢できずにバスルームに駆け込むと便器を抱え込むようにして
胃液を残らず吐き出していた。
吐きながら涙が溢れてきてとまらなかった。不思議と声も出なかった。

まるで夢遊病患者かのように熱めのシャワーで体中の汚れを流し去りたかった。
シャワーをあてると乳房は山本の唾液でねとねとしていた。
おまんこの中は山本の精液でぐちょぐちょになっていた。
英子は股間に力を入れて息むとおまんこの中からどろりと山本の精液が流れ出てきた。
やや黄みがかった汚らしい精液が自分のおまんこの中から流れ出てくる事が信じ
られなかったがこれは紛れもない事実だった。

いくら熱いシャワーを浴びても山本に汚されたからだは綺麗にならない気がした。
英子は、バスタブに熱い湯をはった。普通の人なら熱くて入れないくらいだった。
湯につかると、再び止めどなく涙が溢れてきた。
どれ位の量の涙を流したのだろうか?
体中の水分を全て出し尽くしてしまったような気がした。

この日、山本は起きると英子を部屋まで送ろうとしたが、英子は最寄の駅まで送らせて
その後は電車で部屋まで帰った。
部屋に帰ると、すぐに管理人に連絡し、自費で鍵の交換をすると荷物をまとめて実家に帰ってしまった。

そして夏休みの間中ずっと実家で過ごしていた。

だから、俺がいくら連絡を取ろうとしても英子と全くコンタクトが取れなかったのだ。

英子にこのような悲劇が起きていたとは知る由もなく俺は村上との仲を深めていたのだ。

しかし、英子の悲劇はこれだけでは終わらなかった。
英子も精神的につらかったため、レイプ救済センターへ電話相談した。
しかし、無常にもセンターの回答では、
英子がラブホテルに行く事に同意した事
英子が山本に好きにしてもいいよと言ってしまった事
英子の恋人であった俺が親友の彼女と浮気をしたことに対するあてつけととられる事
等の理由から和姦と判断される可能性が高い事を告げられた。
また、レイプの裁判をおこすとなるとかなりの体力が必要とされる事などの理由から
訴える事は諦めた方がいいと言われた。
心の傷のケアなどはしてくれるとのことだったが、英子にとってはそれではなんの
役にも立たなかった。

英子は親しい友人に相談する事もできず、また本来なら頼みの綱であるはずの俺は
村上と浮気をしたため相談しようがなかった。
あれだけ明るかった英子もだんだんと沈みがちな日々を送ることにより表情にも
かげりが現れていた。
もう、忘れよう。
レイプされた翌日、直ぐに産婦人科に行き処置をしてもらったこともあり幸い妊娠も
しなかった。レイプで山本を訴えるのも無駄だと分かった。
もう、嫌な事は忘れるのが一番だと・・・
いつしか英子は思うようになっていた。

新学期も始まり英子も徐々に普通の生活を取り戻していった。

学校では、俺や村上、山本と接触する事はなかった。
学科が違うため共通の履修もなかったことと4年の後期にもなるとほとんど
授業がなくなっていたからだ。

しかし、偶然にも、俺と村上と山本がゼミで一緒になった時、
そして俺が山本に友情を取り戻そうと訴えた時、
俺と村上がどこからどうみても仲のいいカップルにしか見えないように
駅前でいちゃついていた時、その時英子もサークルの集まりがあって出てきていた。
そして、駅前でいちゃつく俺と村上を偶然見かけてしまったのだった。

サークルの連中は俺と英子が付き合っていることはみんな知っていたし、
英子と俺が仲たがいした事も知らない。当然、英子に悲劇が起きていたこともしらない。

そんななかで俺たちを目撃したサークル仲間は口々に俺のことを罵った。
俺は4年になって就職活動で忙しくなって以来ほとんどサークルに顔を出してなかった
ことも不評をかった原因だっただろう。

サークル仲間からさんざん俺の悪口を聞かされた英子は俺に対する不信感をますます募らせた。

そして、この日、英子はサークルの中でも仲のよかった3人の女友達と飲みに行ってかなり
酔ってしまったらしい。
それでも、英子は終電前の時間帯に自分の部屋に向かっていた。

飲んでいる間、携帯をチェックしなかった英子だが、電車の中でメールをチェックしていた。
そのなかに、見慣れないメールがきていた。それには、画像が添付されていた。
そのメールは山本からのものだった。
英子は山本からのメールなど読む気がしなかった。

しかし、友達からさんざん俺の悪口を聞かされて疲れていたし、
手持ち無沙汰だったたことと添付されている画像が気になって
つい、山本のメールに目をとおしてしまった。

そのメールには今日、俺が山本にゼミで会った時に友情を再び
取り戻したいと訴えてきたと、そして、どうしても村上と付き
合いたいから許可が欲しいと頼み込まれたと。そして、村上と
付き合う交換条件に英子を差し出すと俺が言ったとメールには
書いてあった。

最後にはだから英子に会いたい話がしたいと書いてあった。
そして気になった添付画像はおっぱいとおまんこのアップ画像だった・・・
顔は写っていなかったが、それは紛れもなく英子のものだった。
いつ、そんな画像を撮ったのだろうか?ラブホテルでレイプされた時だろうか?
それは局部アップの画像なため場所も特定する事はできなかった。

卑怯だ・・・
英子は思った。
こんな写真を撮るだなんて・・・
山本にレイプされている間ずっと、意識はあったはずである。
なら、こんな写真を撮るチャンスは他にはないはずである。

しかし、山本がこんな写真を撮っていたとなると、他の画像もあるはずである。
当然、顔も写った写真もあるはず。
こんな画像を添付してくるだなんて、これはもう脅迫といっていいのではないだろうか。

英子はこんな画像を送りつけられては冷静ではいられなくなった。
とにかく、早く帰ろう、部屋に戻ってから考えよう。
英子はこんな時、地下鉄は不便だと思った。
車窓からは景色も見えない、トンネルの中は圧迫感もある。
はやく、自宅のある駅に着いて欲しい・・・
英子は頭を抱えて時が経つのを待った。

卑怯だ!物凄く巧妙な手口だと英子は思った。
おそらく、山本はこの写真を利用して英子のからだを要求してくるに違いない。
今は、インターネットを利用すれば、このような画像を簡単に公開する事ができる。
局部アップ写真ならたとえ公開されたとしても諦めようはあるが、顔もわかる画像を
後悔されてしまったら・・・

英子の焦燥感とは逆に地下鉄はゆっくりと進んでいるようだ。
はやく、早く帰りたい・・・
英子は気がはやるばかりで冷静さを完全に失っていた。
いやだ、いやだ・・・
もう、二度とあんな思いもしたくない。
どうしたらいいの・・・

誰かに相談したい・・・
でも、頼りになる人はいない。
友人・・・こんなこと友達に相談できるはずがない。
たとえ口止めしても、誰かに言いふらされたりするかもしれない、
こんなこと誰にも知られたくない。
こんな時に、秀樹がいてくれたら・・・
ふと、英子の脳裏に俺が浮かんだ。
しかし、夕方見かけた秀樹は村上ととても楽しそうにしていた。
秀樹が村上に乗り換えるために私を山本に売り渡しただなんて・・・

その後、英子にたびたび山本からメールが届いたが英子は無視をしていた。
ときには、やはり本人には誰と分かる局部写真が添付されて送られてきていた。
しかし、それらメールも全て、秀樹が山本と英子の仲を祝福すると言ったとか、
僕達は愛し合っているとか、山本の独りよがりな内容ばかりだった。

添付画像を見るたびに英子は吐き気をもよおした。
一体、山本はいつ、この画像を撮ったのだろうか?
特に、その画像を公開するとか誰かに見せるというような脅迫はしてはこなかった。
山本は何を考えているのか理解できなくなった。

あの事件以来英子は不眠が続いていた。
実家に非難していた時は暖かい家族や地元の友人たちと過ごし、
嫌な事も忘れつつあったが、東京に戻り秀樹と村上がいちゃつく姿を
見かけてしまったり、この山本からのメール攻撃に精神的に不安定な
状態になっていた。
別荘での出来事と山本にレイプされたことはもう忘れようとしている
さなかでの山本からのメールは英子の心を不安定にさせるには十分だった。

英子はこのままでは体が持たないと判断し、医師の治療を受けようと思った。
いろいろと調べてみたが、近所に精神科などはあったが、かかるには不安があった。
自宅近くでは見つからなかったが、隣の区に心療内科で睡眠障害の治療をする
クリニックがあり、そこに通うことになった。

はじめて医師の診察を受ける時はやはり、かなりの抵抗があった。
しかし、決心していざ、医師の診察を受けてみたら、以外にも思っていたような
雰囲気ではなく、普通の病院や普通の医者とあまり変わらなかった。
患者のプライバシーを守るために、完全予約制となっていて、病院のスタッフ以外の
患者などとは顔をあわす事もなかった。

最初の診察の時に、医師から睡眠障害を引き起こすようになった原因に心当たりは
あるかと訊ねられた。
英子は、真実を話すのが恥ずかしくて心当たりはないと答えてしまったが、
医師は、心配しなくても、医者と患者の間には守秘義務があり、医者が患者の事を
他人に話すことは絶対にない、医者と患者の間に信頼関係が築けないと治療も効果
がない等とやさしく諭されて事実を話す事にした。

細かい内容については医師も聞かなかったので事実関係を簡潔に話した。
彼氏と彼氏の友人、その彼女の4人で旅行に行ったが、そこで彼氏が親友の彼女と
浮気をしてしまった事、ショックを受けた英子とその親友は二人きりで帰ったこと。
その帰り、彼氏の友人にラブホテルに行く事を許してしまい、そこで無理やり
やられてしまった事、その後、実家に帰っていたが、夏休みも終わり再び上京
してきたが、彼氏と友人の彼女が付き合っていることを知りショックを受けた事。
そして、彼氏の友人がその後しつこく何度もメールを送ってきて付き合って欲しいと
付きまとっていることなどを打ち明けた。

医師は非常に親身に相談に乗ってくれた。
レイプ救済センターに相談したがお話しにならなかったことも打ち明けた。
ああいうところは、担当者によって対応が極端に違う場合があるという事も知った。
たまたま英子にあたってしまった担当者の配慮が足りなかったのだろう。

山本の件についても医師は英子が山本に明確にNO!と言わないから付きまとっているのだろうと判断した。
その場合も相手は直接姿をあらわしているわけでもないので断りのメールをいれてみることに
したほうがいいと。
それでも相手がメールを止めなかったり行動がエスカレートした場合は大学に相談するか警察に相談するように
したほうがいいとアドバイスしてくれた。

一度目の診察でほとんど全てを語ることができた英子は久しぶりに
肩の荷が下りたような気がした。
こんなことならもっと早く医師の診察を受ければよかったと。
全てを話して気が楽になったのか英子は涙が自然とこぼれだした。
この時も、医師は慌てる事もなく、かといって過剰に反応するわけ
でもなく対応してくれた。

そして、医師は、睡眠障害を治療するためには軽いものの場合は原因を
取り除く事により解決するが、睡眠薬を用いた治療法もあることを説明した。
英子は迷わず、睡眠薬による治療を希望した。
医師の説明によると、はじめは軽いものを処方するので1週間試して欲しいと。
そして、1週間後、処方された薬を用法を守り服用したか、
治療の効果はあったかを確認すると。
ただし、効果があったからと途中で服用をやめることはしない事、
眠れるようになったかどうかは患者の話を聞いて医師が判断するとの事等の注意事項を
聞かされて診察は終わった。

英子は診察後、窓口で処方箋を受け取ると薬局に行って、この処方箋を渡して
薬を受け取るように指示された。
薬局は同じ建物の中にあるのでそこで買ってもいいし、処方をしている薬局なら
どこでも薬を受け取る事ができると説明された。
薬については、薬剤師から再度、説明を受けて必ず用法を守るようにと念を押された。

睡眠薬か・・・
医師は用法をきちんと守れば常習性はないと言っていたが、副作用がない薬はない、
とも言っていた。
副作用が激しい場合は1週間後とは言わず直ぐにでも相談して欲しいと言っていた。
まさか、自分が睡眠薬の世話になるとは思ってもいなかった・・・

英子は同じビルにある薬局に行き、睡眠薬を処方してもらい、薬剤師から
薬の効果と予想される副作用などを聞かされ、再び用法を聞かされきちんと
服用をするようにと言われた。
「睡眠薬ってこんなに厳しく管理されているものなんだな」
英子は説明を聞きながらそう思った。
「これだけうるさくされるなら、ドラマなどで睡眠薬を悪用するというのは
やはり、物語の世界だけなんだろうな・・・」ふとそう思ったりした。

英子は部屋に帰ると山本との決着のつけ方を再度思案したみた。
医師には局部アップの写真がメールに添付されていることなどはさすがに話せなかった。
しかし、このまま山本からのメールを受けつづけるのもごめんだった。
メールアドレスを変えるか・・・それとも携帯を変えるか・・・
しかし、これらは相手が分かっていない場合は効果があるかもしれないが、
山本の場合は違う、その気になればいくらでも接触する手段はある・・・
それに、やはり画像の事が気になった。

山本にメールで付きまとうのはやめて欲しいと伝えよう。
そして、画像も全て破棄してもらうように伝えよう・・・
しかし、あの変質的な山本が素直に画像を破棄して付きまとうのを止めるだろうか?
やはり、警察に相談するのがベストだろうか・・・
テレビのニュースなどでは警察に相談しても何もしてもらえなかったこともありストーカーに
殺害された被害者の事を報じていたこともあった。
果たして警察が動いてくれるのだろうか・・・

英子は考えがまとまらなかったため、この日は医師の処方した薬を服用して
睡眠にはいった。
睡眠薬を飲んだからといって、ドラマのように突然意識が遠のくというような
事はなく、いつもとあまり状態は変わらなかった。
はじめは様子見だと医師も言っていたし、不眠の根本的な原因の山本の件が
全く解決していないしな・・・
一体どうしたらいいのだろうか?

薬が効いてくれないかな・・・
いろいろな事を考えていくうちに時は過ぎていくのみだった。
結局眠れないのだわ・・・
意識するとかえってよくないとも医者は言っていた。
嫌な事も考えずにリラックスして横になるのがいいと。
眠れなくても、規則ただしく同じ時間に布団に入り
起床時間も同じにする必要がある。

時はいたずらに過ぎていった。
とりあえず、明日は新しい携帯電話でも見に行こう。
それからその後の対策を考えよう。
携帯を変えるのもよし、メアドを変えるのもよし、選択肢はいくらでもある。
そんなことを考えているうちにいつのまにかうつらうつらとしてきた。
あー、効いているかも・・・

医師の処方は確実に効果があった。
診察を受けて原因に対応しなければならないことが分かっただけでも気持ちが
楽になったのかもしれない。
英子の睡眠障害は日々よくなっていった。
眠れるようになってからは頭も働くようになった。

ヤンキーにヤラれた巨乳の先輩2

とりあえず、用具室に入ってたのを確認して、しばらく二人でウロウロしてたけど、ガヤガヤ話声が聞こえるだけで、状況も分からない為、
たかしも、下手に見つかるとヤバイ言うので、二人で離れた場所に停めてたチャリにて、たかしん家向かった。

たかしん家に着いてから、録画と逃げるのに夢中過ぎて忘れてたが、考えたらバッテリーの持ち、テープ共に120分…(前にも書いたがポンコツビデオカメラの為、バッテリーが切れると、ガチャンと大きな音がする)
ヤンキー達が二時間内に用具室を出るか心配と言うか、ハッ!として心臓飛び出しそうになったな。あん時は…

心配になり、たかしに聞いたが、朝までいる可能性の方が高いとか言ってるし…
あん時はガグブルだったね。

もうひとつはオレがちゃんと録画ボタン押したか、イマイチ自信なかった。
結局、心配しても仕方ないという事で、とりあえず寝て、朝ビデオカメラを回収しようと言う事で寝た。疲れすぎで爆睡だったね。

翌朝、目が覚めると晴れていい天気だった。たかしと相談し、ヤンキー達はもう旧中学校には、いないと思うが、念のためお昼過ぎに出発する様にした。
旧中学校着いた時は二人で、バレてヤンキー達が隠れてオレらを捕まえ様としているのではないか?心配になり、裏道や通路を徹底的に二人で探した。
奴らはいなかったが、隠したビデオカメラが見つかって持って帰ってないか心配だった。
たかしを見張りに立て、用具室に入りビデオカメラ確認!同時にテープが終了してるのを確認(録画が成功したと思われる)!!!
たかし『どうよ??』
オレ『多分大丈夫!行こう行こう!ここは早く逃げよう!』
メッチャ興奮したね
マッハでチャリこいで今度はオレん家に向かった。
二階に上がり、ビデオカメラの電源をACコンセントに付け替え、とりあえず液晶起動、巻き戻し開始!二人共もう興奮しまくってたと思う

ポンコツビデオカメラは巻き戻しが、メッチャ遅い、とりあえず少しだけ巻き戻して再生した瞬間!
二人で『うおーー!!よっしゃ!!!!!!!』
てか感じだったと思う。
ちょっと遠いが、裸のメグミ先輩に絡んでる裸の男が再生されてた!!
たかし『マジ?マジ?うひょー』
オレは暴発寸前だったが、どうしても最初から見たい為、たかしをなだめて、
苦痛な巻き戻しを開始。
かなり待ったね。あん時ほど時間を長く感じた事はなかったと思う。

再生内容は以下な感じでした。
最初の一時間近くは酒飲んだり、タバコふかしたりして、ました。
いた人間
メグミ先輩(最初は緊張してる様だが、楽しそいに対応してる…ビールも少し飲ませられてたし…かなり凹んだ)
ヤンキー達は最初に犯した3人、定時制の高校の奴は、オヤジのビデオカメラを必至になんかいじってた。
他のヤンキー二人はビールをかなり飲んでたな。
画像は、広角にセットした為、ちょっと遠い+いくら昔とは言え、ポンコツビデオカメラは測光範囲がせまく、画質は暗め、ピントも所々甘かった…
中々始まらないのでたかしに、うながされ早送りした。

再生早送り中、定時制の奴が、立ち上がりビデオカメラを構える。
ストップ!たかしが、叫ぶ
再生にする。

面倒くさいので以下の通りにします。

ヤンキーA…22?3才をヒゲ
ヤンキーB…22?3才をパンチ
ヤンキーC…定時制の高校生を金髪

として書くね。
一時間ちょっと過ぎてから、金髪がパンチに指示され、ビデオカメラで撮影開始。パンチがメグミ先輩にキスして、同時に服の上から胸をもみだした(オレ…鬱勃起)
メグミ先輩は、馬鹿ヤンキー共には敬語で話してた。
この時も『え?え?わたしを録るんですか?え?ヤダ』
とか言っていた。

たかしと共に固唾を飲んで最後まで見た。
ヒゲが、メグミ先輩の手を押さえて、パンチが、ソファーベッドを倒しベッド状態に。
ヒゲと撮影してる金髪がカメラに被りかなりイライラして見てた。
メグミ先輩は『イヤ』と力なく言ってた。
体で抵抗する事はなく、パンチが寝てるメグミ先輩の首スジ辺りをなめだした。
表情は分からないが、メグミ先輩のいやらしい声が聞こえ始める。
ヒゲに指示され、金髪は撮影に夢中な感じだった。
やがて抵抗しなくなったメグミ先輩はスカート、パンツを脱がされて、パンチが指まん?(金髪が邪魔で見えない)
開始。
ヒゲは多分酒を飲みながら画面の外で、冷やしたり、相変わらず金髪に撮影の指示を出してた。

パンチがニタニタしながら、メグミ先輩のサマーセーター?みたいなのをまくり上げて、ブラジャーがみえた…ブラジャーも上に捲り上げ、
念願だったおっぱい登場!!
デカイ寝てる状態でもわかる位のデカさだった。
たかしは『マジ?マジ?』と興奮して何度も同じ事ばっか言ってたな。
パンチはすかさず、両手でぎゅうって感じでおっぱいを寄せてベロンベロン舐め出した。
もうオレはギンギンでオナニーしたくなってたまらなかった。
かなり長い時間パンチはメグミ先輩のおっぱい責めをしてた。

パンチは両手でずっと、おっぱいを下から持ち上げ寄せた感じで、舐め回してた。酔っ払ってるのか『メグのおっぱいはデカイから乳首両方、同時に舐められるんだぜっ』などとほざいてた。
言葉通り同時に舐めてる様だった。
印象的だったのは、メグミ先輩は、おっぱいを舐められてる間、『イヤ』とか時々言いながらも、ハァハァ言ってるのがわかった。
強烈だったのは、パンチが、舌を伸ばし、乳首をチロチロ舐めると、メグミ先輩は首をクッと持ち上げ自分の舐められててるおっぱいを見て『あぁ?』と言ってグタッとなり、またチロチロ舐めが始まるとクッと首を持ち上げ…の繰り返しの場面だった。
かなりスケベだなと思うと同時に、奴らにヤラレなれてるなと思った

おっぱい責めが終わる頃に、金髪が、カメラを止めて『頭と足を逆にしないと暗いです』
とか言い出した。照明の関係で、頭と足の位置を代えたかったらしい。
パンチが『おお』と言って立ち上がり、メグミ先輩にも位置を代わる様に促した。
この時既に全裸のメグミ先輩の唯一正面立ち姿をカメラはとらえた。(カメラはベッドに対して横でセットしてきた)
憧れてたオレには、マジ一番の抜き所かも知れない。
おっぱいは、まあるく巨大、予想とは違い黒くてかなり大きな乳輪、ホントに小さな乳首。奴らと言ったであろう海でのビキニの日焼け跡。
今でもビデオを見るとここで抜きたくなる位だ。

後から一番近いおっぱいだな。と思ったのは昔いたアイドル?の武田久美子のヌードのヤツのおっぱいだったな。

おっぱい舐めに夢中になってたパンチがカメラ撮影を意識したのか?寝た状態のメグミ先輩の足をグワっと広げ
金髪に録る様に命令した。
メグミ先輩は、このビデオの中で一番の激しい抵抗をした。
『ダメ!ダメ!それはイヤ!ホントにイヤ!』とか叫んでた。
画面から消えてたヒゲが登場し、『メグッ!!いいから大人しくしろや!!キモチ良くせさてもらってんだろが!!』とか理不尽な恫喝をし、右足をパンチ、左足をヒゲが足をひざから『く』の字に曲げ思いきり開脚した。
ひざが、メグミ先輩の顔に付く位に…

顔を押さえるメグミ先輩の手を払いのけ、金髪に『クリもアップで撮れ』や『顔も一緒に撮れ』などと言っいた。
ガグブルで見てたが、メグミ先輩が『ひっぃ!』と声を上げた。良く見ると、パンチはクリの辺りをこねくり回してる様だった
(遠い上に手前のヒゲが、邪魔になり良く分からなかった)

パンチも調子に乗り『まんこ舐める前から、ビッチャビッチャ!』とかわざとメグミ先輩が、恥ずかくなる様な事を言っていた。
まんこ撮影が終わり。メグミ先輩は、床に正座の様な状態で座らされた。(カメラから見ると背中を向けた状態…orz…やっぱ水着の日焼け跡がいやらしいなとか思った。)
パンチがベッドに座りメグミ先輩の正面に来る。

………フェラの開始だった。

余談だが、パンチは前に書いたが、部活後にメグミ先輩と一対一で話してたヤツね。
コイツは5年位前に結構な量の麻薬密輸入事件に絡んでて逮捕され、全国ニュースで名前も出て地元じゃ結構な騒ぎになった。
続き
パンチはニタニタして、自らのズボンとパンツを脱いだ。
(マジで悪党面してるなと思ったね)
パンチが『ほら口でやって』と冷たく言うと、メグミ先輩は、抵抗なく右手を添えてフェラを開始した。(つうか、俺ら二人は頭が動いてるが、背中見えない!と叫んでた。)
どうでもいいバカパンチのキモチ良さげな顔が余計に俺らをイライラさせた。

×背中見えない→○メグミ先輩の背中しか見えない。
金髪は横から、また下からフェラしてるメグミ先輩の顔や、パンチのチンポに舌を絡ませてる所を撮ってた。
そのうちパンチが『舌ベローンて出してそのままにして』と言った。
オレは??と思ったが、メグミ先輩は、両手を床に着き、顔をパンチの方に上げ舌だけベローンと出してる様だった。
パンチが、金髪に『これ顔入れてアップで撮れや』とか言った。
金髪がカメラの角度を変えた時、パンチ自らチンポを持ち、命令通りベローンと舌を長くしてるであろうメグミ先輩に、チンポを舌の奥から舌先になぞるような
感じで何度も繰り返してた。

しごくと言うよりは、ギンギンであろうチンポをメグミ先輩に舌を長く出させてその舌のざらざらしたとこをなぞる様
に楽しんでた感じだったと思う。
時折『ほらっもっと舌だせや。舌動かすな!』とかほざいてた。
画面から、まんこ撮影よりまた画面消えてた、ヒゲが登場し、その状態を金髪の反対側から見てた。
ヒゲ『おおぉいいねぇ メグ!お前はホント舌なげえよなぁ(コイツは一番酔っ払ってた)』
パンチ『おっぱいデカイと舌もなげーのかオイ! 爆笑』
みたいな抵能全開な会話にもオレは、メグミ先輩の見えない舌に激しく勃起状態になった。
パンチ『しゃぶって』
の言葉に反応し、メグミ先輩がまた右手を添えてフェラが再開した。

朝までには終わらないと思いますm(__)m先に書きますが、この数週間後にこの用具室でのメグミ先輩の件でヤンキー同士先輩後輩トラブルになり(取り合い)、安岡力也みたいなボスキャラが、登場し、とんでもない事になります。
そこからオレのビデオ撮影パート2が始まります(こちらはかなり強烈というか、かなりグレーな話です。この話が本編と言ってもいい位です)
よって中々終わりません。
当時を思い出し、出来るだけ忠実に書いてので長くなります。

フェラを再開し、金髪が夢中で撮影してる中パンチは、益々調子に乗って、
『もっとグチュグチュ音立てろや』
など言いたい放題だった。そこには部活後紳士的?に接してた姿はなかった。
やっぱバカヤンキーは所詮バカヤンキーなのだ。
しかし、メグミ先輩も心底嫌な風に見えなかった。
シーンとした画面の中、命令通りメグミ先輩はグチュグチュ音を立て頭を前後に降っていた。
キレイなストレートの髪の毛が揺れてるのが、いやらしい感じでもあった。
その時、たかしが『もうダメだ!トイレ!一回抜いてくる』と叫んでトイレに向かった
(オイオイ人ん家で勘弁しろよと思った)
因みにたかしは、童貞ではない。

話しは、昭和とか……平成以降だし、書かれてるほど古くない。
話し自体は忠実に書書こうと思いながらやって、所々フェイクはある。
正直ビデオカメラは、ポンコツは事実だったが、ド田舎ではまだ珍しいって事でちょっと誇張して書きすぎたかも知れない。それなりに都市部では、一家に一台あったと思う。
パンチ、ニグロパーマ(笑)は、恥ずかしながらド田舎ヤンキーで気合い(爆)の入っヤツらはいまだに健在ですよ。
最近の全国版のヤンキー雑誌を見ても、バカヤンキーやってる奴らはあんな感じのヤツ結構いるよね

今日は久しぶりに一人ですが、仕事しながらなんであんまり書けないかもです。
書きモレ、記憶違いもあるかもなんで、実際に撮った用具室のテープ(もちろん焼き直し済みDVD)を今から見ます。m(__)m

かいつまんでこの後の場面をテープ見た。とりあえず、書きなぐり。
キモチ良さげな顔してパンチが、偉そうにメグミ先輩にベッドに寝るように促す。
カメラポジション的には、ちょい斜め後ろからだが、チンポがギンギンなのがわかる。
メグミ先輩のアソコにチンポをグリグリし出す。
(パンチの顔が、時折見える…まさに得意満面てのは、こんな顔を言うんだろうね…)
メグミ先輩の『あっあっ』ていやらしい声が聞こえ出す。
(記憶だとこの辺りでたかしトイレより帰還)
パンチ『メグ!どうだぁ?どうだぁ?』
とかほざいてる。

撮影係の金髪が、カメラの前で行ったり、来たり、立ったり座ったりで、かなり邪魔でイラつく!
その間にも、パンチは、メグミ先輩のアソコにチンポグリグリ攻撃を続けてた。
ここで、ヒゲが、ナイスな一言『金髪!見えねーから、ウロウロしねえで、ベッドの向こう側から撮れ!』(画面外にいるヒゲはおそらく酔っ払って、椅子?に座ったてる模様)
おかげで、対面上に金髪移動して、撮影してる為、パンチ、メグミ先輩が丸見え!
メグミ先輩の力ない『あぁぁ、はぁ…ぃゃ』の声が聞こえる。
パンチが金髪に『突っ込ぞ』と言うと
メグミ先輩の左足のひざを持ち上げ、右手でチンポを持ち挿入…

グッとパンチの腰が入る
メグミ先輩『ああっ!!(結構でかい声)』
パンチがメグミ先輩のおっぱいをまた、ギュッーて感じで左右から寄せて両方の乳首舐めながら、腰をゆっくり動かしてた。(手で寄せて上げてるから余計にメグミ先輩の胸がデカく見えて、マジ興奮した…)

両方の乳首を同時に舐めてるのが、ハッキリわかる。
メグミ先輩の『んあぁぁあ…』感じてる声が余計にそそられる。
パンチも興奮してきたのか、メグミ先輩の両足を自分の肩に持ち上げ、更にぐっと腰を入れる。
パンチが『いいかメグ!今から○○○だからな!!!(○は聞き取れず)』
と言うと同時にすごいストロークで腰を振り出した!
メグミ先輩は『いやあ!いやっ!いやぁ…ダメ…いやぁ…ぁぁ』と言いながら左右に顔を降ってる
顔が紅潮してるのもハッキリわかる。
あれが、まさにガン突きってやつなんかと今見ると思う。

調子こいたパンチは『うらぁ!うりゃぁ!!』と叫びに近い声を出して、つか声に合わせて力強くピストンしてた。

パンチの声に合わせる様に『あぁうぅあっあっ』のメグミ先輩の声が聞こえる。
しばらく、この体位の後ヒゲが『パンチ○○した○○がいいべや』(○は早口で、音声聞き取れず)
パンチがハァハァ言いながら、うなずきメグミ先輩をくるっと裏返す様にしてバックの体勢にした。
こちらのカメラ位置は真横。
パンチが、手を添えてメグミ先輩に挿入…メグミ先輩のケツを、両手でグワッて感じで、わしづかみしてぐっと持ち上げる様にしてピストン開始…
同時にメグミ先輩はケツをぐっと上げると同時にベッドに顔が押し当てられて両手は、前にだらんって感じだった。

パンチのギンギンのチンポが確実にメグミ先輩に出し入れしてるのが、見える。
オレが、一番興奮したのは、日焼けしたメグミ先輩のビキニの水着の跡だった。
バックになり日焼け跡がかなり目立たってた。
特にケツの部分は、下の水着の跡がクッキリ!!水着の部分は、真っ白!ビキニラインの下からボリュームある太ももから足爪先に至るまで、真っ黒だった。
エロさ倍増だ…
たかしも、トイレから戻ってからは、一言もしゃべらなかった記憶がある。
二人で画面(書き忘れたが、当たり前だが、家ではテレビに繋いで見てた。)を食い入る様に見てた。

挿入部分や、メグミ先輩の身体全体を撮影してた金髪が、パンチに何やら指示され、メグミ先輩の顔の正面に回り撮影しだした。
パンチが、『まだまだキモチ良くさせんぞ!メグ!両手立てろやっ!!』
偉そうに威圧的に命令したメグミ先輩は言われたまま両手を、ベッドにつける。
この時、重力でボロンっ感じで、おっぱいが垂れ下がってた
パンチが、両手でグワッとケツをわしづかみにして持ち上げてるので、メグミ先輩はかなり窮屈そうだった。
パンチが深いストロークで、本格的に出し入れを開始した。
金髪をメグミ先輩の顔側に行かせたのは、間違いなくヤラレてるメグミ先輩の顔を撮影する為と思われる。

夢中になってたパンチが、余裕が出てきたのか、カメラを意識しだす。
バックでガンガン突きながら、メグミ先輩に『キモチいいか?あ?キモチいいって言っみろ!!!』
何度も同じ事を命令つか恫喝する様に繰り返す。
メグミ先輩は『ハァハァ…いゃぁ…あっあぁ…いっや…ああぁ』ちょっと泣き崩れる様な、でも間違いなくキモチ良さそうな声を上げてた。
金髪は、正面からメグミ先輩の顔を撮ってる(ここからだと垂れ下がった、おっぱいもキレイに撮れてたろうね…)

当然ガンガン突かれるたびに、メグミ先輩は顔を下に向ける。
すると、金髪が『顔あげろ!』と怒鳴る!更に見てるヒゲも、『顔下げんなやっ!上げろ!』キレ気味に怒鳴る!!
メグミ先輩『ハァハァ…は…はぃ』
ニタニタしてるパンチが、ケツわしづかみでガン突き!
メグミ先輩耐え切れずまた顔下に向ける。
金髪『かっ…!顔上げろつってんだろ!』
ヒゲ『うらぁ!顔上げろっつってんのわかんねーんかぁっ!』
メグミ先輩『は…はぃ…ごめんなさい』
以下リピートがSMぽくたまらなかった。
同時にクソヤンキー共はテレビの中にいるにも関わらず、目の前にいる様に錯覚しビビるオレだったな。

余裕が出てきたパンチは『メグッ!キモチイイ言えや!チンポ気持ちいいっ言え!』
メグミ先輩は『は………ぃ…キ…モチいいです。』
金髪『こっち見て言え!』
以下ガンガン突き上げストローク継続中
メグミ先輩『は…ぃ…キモチぃい…で…すっ…ハァ…ハァ…アッアッ』みたいな感じで。
パンチ『チンポは?オイ!!メグッ!チンポ気持ちいいは?おっきい声で言えや!』
メグミ先輩『は…ぁぃっ…ぉ…ちん…ちん…気持ち…ぃ…ぃです…』
パンチ『ダメだ!!だ!デカイ声で言えっつってんだろがっ!!言わねーといつまでもやんぞ!うらぁ!』(うらぁ!と同時にマッハピストンし出す)
メグミ先輩『ハァハァ…いっいやぁぁぁぁぁーーき、気持ちいいです!!おちんちん気持ちいいですっ!(大きな声で)』
金髪とヒゲが、メグミ先輩を冷やかしながら大爆笑してた。
しかし、ヒゲがまたもダメ出ししてた。
『メグゥ おちんちんじゃねーぞ。チンポだよ!チ・ン・ポ』
またも金髪 大爆笑

腰の動きを緩めてたパンチも調子にのり『チンポだったわ。メグ!キモチくしてほしくてわざとか?』メグミ先輩『ハァハァ…ち…ち…がぃ…ます。』
パンチメグミ先輩の話など聞く訳なくグッとケツを掴み直して、再び深い超高速ストローク開始…
メグミ先輩『ひやぁぁあ(結構なデカイ叫びに近い声)』
パンチ『うらぁ!うらぁ!ハァ…ハァ…チンポ気持ちいい!デカイ声でだぞ!』
耐えれなかったのかメグミ先輩『チンポ気持ちいいですっ!!チ…チンポ気持ちいいです!…もぅダメ…あっあっ』
更にヒゲの嫌がらせが続く
『どういうチンポや?あ??どういうチンポが?オメーを気持ち良くさせてんのや?あ?』
ヒゲは画面には写ってないが、マジで怖かった。
メグミ先輩も限界だったんだろう。今度は誘導される事なく(この前から言わされてた可能性もかなりあるが…)
メグミ先輩『は…ハァ…は…ぃ(メグミ先輩ガン突かれながらも健気に大きく空気をすって大きな声で…つか叫びに近い)太いです!!ふっ…ふっといチンポがキモチいいですっ!!(再び耐えれずかすり声で)ハァ…ぁぁぁぁ…うゎ?ぁん…』

実際のテープは流れで、どんどん進んで行くのに文字にして細かく拾って書いてくと長くなるわ。
当時の感情や、たかしの事も書いておかないと、流れが分からないしな

今思うと、バカヤンキー共AVの見すぎだったんじゃねーかと思うわ。

ヒゲの下品な『わっひゃひゃっひゃ(笑)』の声だけが響く。
金髪は、瞬間をのがさない様、真剣?にメグミ先輩を正面から、撮影してた。
ヒゲは、余程気にいったか『おぅメグッもーいっかいだ!もう一回!!』
パンチも疲れたか、でも今度は味わう様に、ゆっくりとしかし、深く出し入れしながらメグミ先輩の顔を覗きこむ。
バカヤンキー三人の空気を読んで(てかもうメグミ先輩も限界だったんだろうと思う…)
メグミ先輩『(ハッキリ大きな声で)ふ…ふっとい…んぁ…ぁっ…ふっとい!ち!ん!ぽっ!ハッハァ…気持ち…気持ちいぃんですっ!!!』
(この部分のメグミ先輩の言葉は、リアルに昨日みたテープから再現したつもり。なんか文字にすると言葉のトーンや、声の強弱の表現て難しいね。まぁ他も大々実際やりとり、会話は、合ってんだけどね。アエギ声は、文字では分かりづらいね…)

パンチが、撮影の金髪に、なにか小声で指示『…で…出す〇○からな!』
バックで突いてたメグミ先輩をクルって、感じで、ひっくり返す→正常位で挿入→両ひざを両手で押さえて、ぐっとっ腰を入れ高速ピストン開始→メグミ先輩のデカイおっぱいが、上下に嫌らしくタプンタプン揺れるのがハッキリわかる…
(どうでもいいけど、スロー再生して、この時の胸のユサユサで一番揺れて、胸が上に来てる所
を一時停止して見ると、体位と、メグミ先輩がクッション?みたいなのを枕にしてるせいか、メグミ先輩の顔…あごの
辺りにおっぱいが当たっている…一時停止で、いびつな形になってる おっぱいも含め、ものすごく嫌らしぃ)

パンチメグミ先輩の両肩辺りに手を添えて、キスしなが覆い被さる→タプンタプン揺れてる胸を両手でギュッて感じで、
絞りあげながら、ピストン継続→パンチは、時折手を緩めて、両手人差し指で緩めてるおっぱい…てか乳首をクリクリ動かす→その攻撃のたびメグミ先輩は、『…いゃ…い…や』言いながら、体をくねくねしてた。
→再び、パンチはおっぱいを両手でギュッと持ち上げて、苦しいそうな顔を見せてる→『い…いきそうだ!いくからな!』
→ラストスパートで胸をわしづかみしながら、高速ピストン…5?6回
メグミ先輩顔を左右に振りながら『ぁ??あっ?はぁ…んぁぁ』みたいな声を出す。

ズボッて音が聞こえるんじゃないかッて感じで、チンポを引き抜くと、素早くメグミ先輩の顔の所にチンポを、寝てるメグミ先輩の顔の所に
持っていき、左手でメグミ先輩頭をぐっと、持ち上げる。
パンチが金髪『撮れ!近くでっ!』あせりながら命令する。
金髪が、移動しアップで撮影(そのせいでこちらからは、メグミ先輩の顔が少し見えづらくなる…)
右手でしこりながらパンチが『いくっ!!メグッ!舌使えっ!舌動かせっ!』
と、怒鳴る様に言う。メグミ先輩は頭を押さえながら、口を動かさせてる
『うっ!』…パンチがイった…
パンチの腰がピクピクしてる。
パンチがまた、金髪に何やら小声で指示。
イったはずのパンチが(撮影用の為か?)口に含ませたままでメグミ先輩の頭を持ちながら、先輩にしゃぶる様に指示。
グチュッ…グチュッて4?5回フェラさせて、やっとチンポを抜く。

ハァハァ言いながら、パンチ画面から消える。
メグミ先輩は金髪に、ペタンとベッドの上に三角座りの様に座らされる。
一時停止してるのか、金髪が右手のカメラを下ろして、左手で、メグミ先輩のおっぱいをモミモミ、親指で乳首をグリグリしたり、押したりしてた。
そのたびにメグミ先輩は、ピクッて感じで、恥ずかそうに、顔を下に向けた。
再び金髪がカメラを構えメグミ先輩に『口あーんしろ!大きく開けて顔上げろ!』と命令
大量精子は口に含んだままだった…orz

金髪は、メグミ先輩の顔のアップ、あーんしてる口のアップを撮っていた。
『見えねーよ!』
や『舌の上に(ザーメンを)見せろ』
等色々言ってた。
そして最後に『ゆっくり飲め!ごっくんて感じな…顔そらすなよ!』
偉そうに言って少しカメラを構えながら、後ろにさがった。
メグミ先輩は口を閉じ顔を少し下げ、金髪のカメラをみる。
音こそ聞こえなかいが、指示通り、カメラ見ながらゆっくりゴックンした。
しかし本能的か、精子がまずかったのか飲み干すと、顔を左下に向け『ケホッ』て感じで咳き込んだ。
金髪に怒鳴られ、完全に飲んだか確認され、再び、お口あーんを命令されてた。
最後に『舌ベローんて出してカメラに見せろ』と言われ、『…はぃ』と答え舌ベローンで、とりあえず撮影は終了(あくまでパンチが犯った分)

ヤンキーにヤラれた巨乳の先輩1

流れ豚キリもう昔の事だけど先輩が犯された話なんだけど、需要ある?

あれま。
中学生入ると部活紹介があった。なんとなくバスケ部に惹かれて入部。
男子は6人位の入部しかなかったが、女子には人気があったらしく、20人位入ったかな。
バスケは一人の先生しかいなくて、男女を両方を指導してた。メチャスパルタ鬼怖かった。
ひとつ上にメグミと言うあり得ない位の爆乳先輩がいて、色々興味があった当事オレはもちろんオカズにしてた…

学校はいわゆる地方の田舎の学校。ただ今の時代と違って7クラスもあり一学年で300人以上いて、ヤンキーもそれなりにいた。
とにかくメグミ先輩はユニフォームでも胸がユサユサ揺れていて、練習試合で市内に行くと、まず他校生男子の注目の的だった。

この間まで小学生だったオレから見ると2年3年の女子の先輩はホントに大人に見えた。
やがて3年生が引退して1、2年だけの練習の時期になり、毎日毎日朝練に始まり暗くなるまで厳しい練習が続いた。
そんなある時クラスの悪い奴(ヤンキーだが、なんか仲良かった)
が身体測定のリスト?みたいのを持ってきて、見せてくれた。
なんとメグミ先輩のクラスのものだった。
もちろんメグミ先輩のリストをソッコーチェックした。そこに書いてあった数字にビックリしたのを覚えてる
胸囲93センチ
今じゃ珍しくないんだろうけど、メチャクチャ興奮してその日からメグミ先輩を見るたびに『あーこのおっぱい93センチあるんだよな』と一人で興奮してた。

学校はかなり校則が厳しく、どの部活も練習中のTシャツは、ほぼ無地の白と決められていた。
秋?冬になると、練習中に1年男子対2年女子の時間を短くした試合をする事が、たまにあった。
俺はディフェンスはマンツーマンの時は、もちろん迷わずメグミ先輩についた。が…しかし当然胸に目がいく俺に気づいたのだろう。
試合中にも関わらずメグミ先輩は軽蔑した顔で一言『スケベ』と思いきり言い放った。
かなり凹むと同時に、考えて見ればイケメンでもなんでもない俺とは別に顔がいい1.2年男子にはニコニコして話してるメグミ先輩に対して怒りの様な感情も出てきた。

春になり学年がひとつ上がる頃になると良くヤンキーの3年やヤンキーOBが練習を見に…と言うか品定めする様に来てた。
最初に書いたが、顧問はメチャ怖い先生なので、先生が来ると足早に消えていったが、学校の近くの病院の駐車場にはヤンキー車やバイクが毎日の様に停っていた。

今更ながらスペックだが、当時のオレ→160ちょいの冴えない厨房、電気屋の息子。
メグミ先輩→160位、普通体型、爆乳、顔は、一番似てるのはAVの長瀬愛に似ていた。続きはまた後で書くよ

印象的なのは胸はもちろんだが、髪の毛が凄くキレイなストレートで地毛が、茶色で目立たってた。校則が厳しくて先輩は、地毛証明書みたいなのを持たされていた。
ただ憧れと同時に前にも書いたが、オレら不細工には極めて冷たく、バスケ部の同級生でもかわいい顔の奴やイケメンにはわりと気軽にニコニコして話してるのに苛ついてた。
何が出来る訳でもなくオカズにしてコノヤローと思うのが関の山だった。

春が過ぎ暖かくなってきて、いよいよ3年生の先輩達も最後の大会が近づいてきた頃、鬼恐い顧問がちょっとだけ入院する事になった(肺炎か何か)
しかし練習は、それまでの指導の賜物か先輩や自分で手を抜く事なく、ハードメニューをこなしていた。
時々OBがきて指導したりしてみんな大会に向けモチベーションが上がっいった。しかし、鬼顧問がいないのを良い事に3年のヤンキーやOBヤンキーがタムロして練習を見に来る回数が多くなってきた。
別に練習を邪魔するわけでもなく、体育館の二階から見てたり、ジュースを飲んだりしてダベってる感じだった。

ヤンキー(特にOB達)は、中2のガキのオレから見るとマジ大人で怖かった。
サングラスをかけニグロパーマ(パンチパーマの短いやつ?)をかけDQN丸出しだった。ヤンキー軍団と何度か水飲み場で鉢合わせになったが、睨み付けられる位で別に絡む事もなく、相手にされてない感じだった。
そのヤンキーの中には前に身体測定のリストをパクってきた同級生の(面倒くさいので、たかしとする)たかしもいた。たかしは、ニコニコしてオレに話しかけてくるので他のヤンキー達の目が気になりオレはビビりまくってた。

何度か遭遇した時のヤンキー達の会話
『あれはマジスゲー』
『たまんねえわ』
『ですよね。やっぱスゴイっすよね』
『○○さんなら余裕っすよ』
等誰の話をしているのかは一目瞭然だった。
ヤンキー達は多い時は10人以上いた気がする

その頃になると練習が終わり暗くなる頃にもう一度ヤンキー達が体育館の外にタムロする様になってきた。
意外にも俺らビビりまくる下級生とは別に3年男子の先輩(みんな真面目)はビビる事なく、挨拶や話しをしてる先輩もいた。(後で聞いたが狭い町なので、誰々の兄貴と同級生だったとか、遠い親戚だったとか言う話し)
3年の女子先輩達は、『ヤバイよ』『嫌だなあ』等言っていたのを記憶してる。
もちろんその中には、メグミ先輩もいた。

そんなこんなが続いたある日、そろそろ鬼顧問が退院するちょっと前位から、練習後に、ヤンキー達とメグミ先輩達が体育館の外で笑顔で会話してる事を見かける様になった。
内容はメグミ先輩達をおだててる様な内容だった。
会話だけ聞いてると接し方は極めて紳士的で、オレでさえもあれっ?見た目で人は判断出来ないのかなっ?と思う位だった。
先輩にまだ憧れていた俺は、ヤンキー達の歯の浮く様なお世話に先輩が乗るわけないだろう。やっぱりヤンキー共は馬鹿だ自分で鏡見てみろよ!先輩も怖いから社交辞令で話してるんだよ。イケメン好きな先輩がお前等の様なクズ相手にするわけないだろ!とその頃は思っていた。

間もなく鬼顧問が退院し、いよいよ最後の大会に向け練習も過酷を極めた。
ヤンキー達も来るには来るが、一時期より回数、人数とも減り、あーやっぱメグミ先輩が相手にせず、諦めたのかぁやっぱそうだよなぁと一人納得してた。
何より練習が厳しくそれどころではなかった。

ある日練習が、終わるとニグロパーマの奴一人とメグミ先輩が話してるのを見た。今まではメグミ先輩達何人かとヤンキー達何人かと話してる感じだったのに、一対一で話してたので、印象に残ってる

いよいよ大会になり、男女共にソコソコまで進んだが、遂に終わってしまった。
自分達は後一年あるが、ブラジャースケスケでユサユサ揺れるTシャツ姿のメグミ先輩を見れなくなると思うとマジ凹んだ。しかし、三年生が引退し自分等の代になり、俺は益々バスケに夢中になっていった。

夏休みも合宿で練習、練習の毎日やがてあまりメグミ先輩の事も思い出さなくなっていった。
(但し去年のバスケ部の合宿の集合写真で、メグミ先輩が写ってる写真をオカズにする事は忘れてなかった)

夏休みが明けて間もなくクラスのヤンキーたかし(身体測定リストをパクった奴)に呼ばれてとんでもない事を聞かさた。
たかし『3年のメグミっていたじゃん。あれやられたよ。』
俺『へ?やられた?』
たかし『だ・か・ら(限りなく笑顔で)セックスだよ!』
俺頭まっしろ

頭真っ白な俺をシカトして、たかしが続ける。
たかし『マジあのおっぱいはスゲー(笑)Gカップだってさ』
俺は93センチは把握してたが、カップ数までは知らなかった。てかGカップてなんだよ…
たかし『しかも処女じゃなかったみたい。』
何もかも信じられなかったし、信じたくなかったがGカップと言う言葉だけで俺はビンビンになってた(-_-#)

んーでも一番似てたのが、やっぱ長瀬愛を若くした感じなんだよね。

頭真っ白、下半身勃起のオレからやっと出た言葉
『嘘じゃん。しんじられねーな』
がやっとだった。
たかし『(ちょっとキレ気味で)イヤマジだから』
オレ『え?見たの?』みたいな事を聞いた気がする。
たかし『見たも何も…つか後で』
たかしは昼休み過ぎに登校してきた為、午後の授業が始まるとこだった。
たかし『今日部活休めや。帰り一緒に帰る時話すわ』と言った所で先生が来た為、話しは終わった。
オレは授業どころじゃなく、嘘だ。ヤンキーの先輩が見栄張ってるだけだ…でもGカップとか、処女じゃないとか作り話には聞こえない…とかもうパニックだった。

ちょっと脱線するが、たかしはこの3年後バイクで事故り他界する。
まあDQNだったが愛嬌があり、憎めない奴だった。
6人兄弟(全て男!)で兄弟はみなヤンキーと言う家庭だった。
こいつがいなければ、この話しもなかったし何よりお宝を頂く事が出来なかった。
続けます。

今まで休んだ事のない部活を体調がわるく病院に行くと嘘をつきに鬼顧問の所にいった時はマジ冷や汗が出た。
顧問が、オレの目をじっと見て『そうかわかった』と言った時は、どっと疲れが出てダルくなったのを覚えてる。
部活をサボったのをバレたらシャレにならない為、いつもと違う山道近くの郵便局でたかしと待ち合わせした。
郵便局近くまで走ってくとたかしは建物の後ろからタバコを吸いながら遅いよ!と怒っていた。

面倒くさいので事の顛末はこうだった。
以前から校内ヤンキーの間でメグミ先輩は有名だった。
ヤンキー同士の飲み会の席(たかしも同席)で、スゲーおっぱいの奴がいると話題になる。

20才前後の先輩ヤンキー達が興味を示す

2?3回目の飲み会でじゃあ学校に見に行くかとなる

マジかわいいじゃん。でも鬼顧問が邪魔

運よく顧問入院、アプローチしたら満更でもなさそう。

あーあの爆乳ヤリテー鬼顧問退院復活。とりあえず大会終わるまでは、大人しくしてっか

と言う流れ

たかしは、ヤンキー兄弟の末っ子で兄貴達がいて顔が効く為(兄貴達は服役してたり、東京で暮らしてたりで今回の件には絡んでない。)全てを聞かされたらしい。で、ヤンキー達は足りない頭を使って、作戦を立てたらしい

一人のパシリ先輩が、ドライブに誘う→ドライブ先の人気ない所で、顔の割れてないヤンキー達が襲って、パシリ先輩ボコボコにされる。→メグミ先輩ついに犯られる(隣町のヤンキーで都会から帰ってきたヤンキーが2人だったらしい)→メグミ先輩目隠しされる→

いよいよ元々狙ってた地元ヤンキー(22?3才2人と、定時制の高校生1人)登場、やりまくったらしい。
なんとバカヤンキー(定時制の奴)は戦利品として、ブラジャーを持ち帰ってきた。
その次の飲み会の席(たかし同席)で、披露Gカップブラジャーをネタに盛り上がったと事…マジ今度は目の前真っ暗になった。

もうここまで話しが具体的だと否定する事が出来なかった。
しかし当時童貞厨房な俺は自分の考えられる矛盾点について質問してみた。
*警察には捕まらないのか?メグミ先輩が親に言ったりしてないのか?
*犯したとか言ってるけど、その後どうやって帰ってきたのか?
*メグミ先輩は精神的に参って自殺でもしたらどうするんだ等々
たかしに質問をぶつけてみた。

たかしは高笑いをして一蹴してしまった。
たかし『ありえねー(爆笑)』
俺『え?』
たかし『だからあり得ねーよ。』
たかしの説明はこうだった。
まず帰りは犯った後はとりあえず皆退散。パシリ先輩がメグミ先輩に謝る。流石ショックで泣いていたが、家につく頃には話せる状態になってた。

ちなみに犯った場所は車で2時間半以上かかるキャンプ場近くだそうだ。
たかし『警察とか自殺(笑)ないから』
俺『いや…でもさ』
たかし『遊んでっから 今も』
俺『へ?』
たかし『だから皆とメグミ遊びに行ってから(笑)』
俺は意味分からず言葉に詰まった。
たかし『俺も遊びに行ったし(笑)、海とか(笑)仕方ねーなホラッ』
頭がパニクってる俺をよそにたかしは財布から一枚写真を出してきた。

写真を見てもうなんだか分からない感情になってきた。
海の家をバックにガラの悪いパンチパーマやリーゼントのハタチ位の男3人と、たかし、それに目つり上がったブスな水商売風の女二人
そして右端にはなんとメグミ先輩の姿が…今でも脚がガタガタ震えたのを覚えてる

不釣り合いな人間が一人混ざってるのは誰の目にも明らかだった。
何より一番ショックであり一番勃起したのが、メグミ先輩のビキニ姿だった。
当然胸は収まり切らず(ワイヤー入りの両肩ひもタイプビキニ)柄は中学生が選ぶとは思えない、黒地にハイビスカスの模様だった。
顔もスタイルも他の年上ブス二人など足元にも及ばなかった。
何より笑顔で写真に写ってるメグミ先輩が信じられなかった

その時の正直なキモチはこの写真が欲しい!だった。もちろんズリネタとして…
今ではどこにでもあるカラーコピー機だが、当時はあまりなかった真面目にどこかでコピー出来ないか考えたくらいメグミ先輩のビキニ姿はエロチックだった。
そんな事を知ってか知らずかたかしは写真をしまいながら、言った
『マジこの話しも写真も先輩にバレたらヤバイから絶対言うなよ!お前にしか話してないんだからな。もし噂が出たらお前しかないから。オレも庇いきれねーから』と言った目は本気だった。

力なく『あぁ』と言うのを他所にたかしは話し続けた。
*犯された後で、白々しくも、やった本人の地元ヤンキー達が、ヤンキー仲間から話を聞いた。オレ達が相手を見つけて絞めてやった。
もし噂を流す奴がいたらオレ等が絞めてやる。
その後ちょくちょく連絡を取り仲良くなり今では、ヤンキー3人とセックスしていると…

んなバカなと思いながらも呆然と話しを聞いていた。
メグミ先輩は市内の私立高校がほぼ決まり、受験勉強が必要ない事、親は比較的甘く友達に口裏合わせて外泊も出来る事
更に犯された時もあえぎ声を上げてキモチ良さそうになってた事
初めての相手は野球部の先輩だった事
生理の時はフェラで口に出されて飲んだ事…
2年以上厳しい部活を共にしたオレが知らなかったメグミ先輩だった。まさに鬱勃起と怒りの繰り返しながら家路についた。

家に着くと飯もくわず部屋でさっき見たメグミ先輩のビキニ姿を想像してオナニーしまくった。
しかし、終わった後は激しい鬱状態になっていた。
次の日学校へ行くとどうしてもメグミ先輩を見たくなり、メグミ先輩の教室へ向かった。
3年のクラスは違う階にあり下級生が行く事はまずなかった。
そこで俺は同じくクラスで副部長のやつを誘いメグミ先輩のクラスにいる元部長に部活の練習の相談に行く様に持ちかけた。

クラスメートの副部長もえ?て感じだったが、実際練習と言うより下級生との人間関係で悩みもあり、承諾してくれて昼休み尋ねる事にした
昼休みメグミ先輩のクラスで元部長を見つけて話しはじめたが甘かった。当たり前だが廊下で話す事になった。
話しそっちのけで、メグミ先輩を探したが見つからない。
運よく二人で部活について話してる時後ろから女子の集団が来て教室に入るよとこだった。

メグミ先輩だった。足が震えた。
思わず目が合い会釈したが、ちょっと怪訝な顔して仕方なく会釈してきた。
その数秒後また友達とはしゃぎながら教室に入っていった。
教室に来た事を後悔し、裏じゃバカヤンキーとやりまくってるくせに!気取ってんじゃねーと怒りでいっぱいになった。

してません。この後現場を見る事になります。

もう自分から見に行こうなどとバカな事は考えずに、毎日オナニーでヤンキーにやりまくってるメグミ先輩を想像してオナニー三昧な毎日を過ごしてました。

その年は記録的な猛暑で秋に入っても30℃近い日が多々あった。
そんなある日の夜に珍しくたかしから電話がかかってきた。

オレ『あれどうしたの?』
たかし『わりい頼みあんだけど、ビデオカメラお前んちあるよな?』
オレ『あるにはあるけど、売り物とオヤジのヤツあるだけかな』
たかし『わりぃ貸してくんね?』
オレ『は?イヤ無理じゃね。高いし』
最初に書いたがオレは電気屋の息子。電器屋ではない。
いわゆる町の小さな電気工事をメインにしてる店。
小さな町だけどお客さん需要は少しあるから、電気傘や電池、売れ筋のテレビ、ビデオカメラ位は一台ずつ位はあった。

今の時代と違い小型デジタルビデオカメラ一家に一台とはいかない時代で、まだまだビデオカメラは高級品だった。
もちろん記録媒体もテープである。
たかし『いやそこをなんとか』
オレ『いやいやオヤジは絶対貸さねーよ。てか何に使うの?』
たかし『いやぁハハ…』
バカヤンキー達がまた調子こいてバーベキューでも録るかと思ってた鈍いオレでもハッとした。
メグミ先輩の関係で使うのではないか?と直感で思った。

親が電話が長いとかなんとか階下で騒ぎだしたので、長く話せなかった。
たかしに思いきってメグミ先輩の関係か尋ねると言葉を濁された。
あんまり学校に来てなかった たかしだが明日午後に来ると言う。
不安と変な期待感を感じてその日は寝た。

次の日午後になってもたかしは来なかった。なんだよ来ねーじゃんとか思ってたら、最後の授業の時後ろの席からメモが回ってきた。
たかしからで『今日部活休め』と書いてあった。
後ろを見ると教室の後ろ窓に隠れてるたかしを見つけた。
部活もう休めないし、どうしようかと迷った挙句授業中(確か国語)だったが具合悪いので保険室に行く事にした。
鬼顧問に部活を休む事に比べたらマシだったが、それでも勇気がいった。

なんとか退室して、たかしと合流使ってない、授業がなくたまたま空いてた校舎外れの実験室で話す事にした。
オレはもう部活は休めないと言うと、たかしはビデオカメラの件について話し出した。

要約すると、三人のヤンキー達が、好き勝手にメグミ先輩をやりまくってるが、メグミ先輩が高校行ってもこの関係を続けたい。
今は大人しくやらせてくれるが、市内の学校に通うようになったらどう状況がかわるか分からない。
今のうち脅しネタでビデオでも回すかとなったらしい。

マジやっぱバカヤンキーはクズだと思った。

で、ビデオカメラを持ってるヤツを探したがいない。
あそこの電気屋の息子たかし同級生じゃね?たかし借りてくれや…となったらしい。
勃起しながらも、オレはやっぱりオヤジには借りれないと思うと話した。
あとタダで貸してメリットないとも言った。
たかしはちょっとイラッっときながら『わかってるわ!』と言って意外な提案をしてきた。

その後のだいたいの会話は、こんなだったと思う。
たかし『ビデオカメラ二台ない?』
オレ『いやだから一台でも借りれるのは無理なのになんで二台??昨日も話したけど、売り物一台とオヤジ用の一台しかねーよ。』
たかし『…そうか。やっぱやばいしな』
オレ『何がヤバイのや?』
たかし『…うーん』

授業時間も残り少なかったし、オレも授業終わったら部活直行しなければ、いけないので焦ってたかしを問いただした。
たかしの話は、たかしも正直メグミ先輩とエッチしたいが、都合良くパシリになっていて、頭にきてる。ビデオカメラを用意したら、一台を隠して録画して、自分も欲しい。
もちろんお前に渡して俺のはダビングしたコピーで良いと言う内容だった。

時間がなくなり、結局その日の夜にまた電話で話す事になった。
その電話の内容でまた新しい事実がわかりビックリした。
ヤンキー共がヤリ部屋にしてたのは、隣町にある廃校になった旧中学校の用具入れの部屋との事だった。
何故ビックリしたかと言うと、うちの部活が、体育館を使えない時、この旧中学校の体育館を使用して平日火曜日と水曜日使用してたからだ
学校の体育館は当然他の部活と共通だった為、使えない日が火曜日と水曜日は使えなかった。鬼顧問が室内練習場を強引に手配して、使ってたからだ。
まさか自分らが良く行く旧中学校がヤリ部屋の舞台になってると思うと驚き二倍だった。

オレはどうしてもヤンキー共と、メグミ先輩がエッチしてるのを見たくなりとりあえずオッケーした。
しかし、たかしは自分から言っておきながら『バレたらヤバイ』とか弱気な事をほざいてたので、オレもビビると同時にちょっとたかしにムカいた。
犯るのは、いつか分からないからまた連絡すると言って電話を切った気がする。
さて問題はオヤジがビデオカメラを貸してくれるかどうかだった。まして二台とかどうすれば…頭が痛かった。

さんざん考えた挙句、バスケの練習のビデオを録画し、参考にしたいと話す事にした。
オヤジの返事はやはり芳しくなかった。
かなり粘ると店から古いビデオカメラを持ってきた。
オヤジ『この前下取りしたやつだが、巻き戻しがちょっと調子悪いが、まだ使える。これなら貸してやる』と…
ん?下取り?…え?てか後一台オヤジのヤツ借りれたら、二台になるじゃん。
オレの中でなにかがメラメラと燃えてきた気がする。
今考えても、あの時ほど親に必死にお願いした事はなかったと思う。

エッチパワーってスゴイよな。オレとっさに嘘つけたからな。
二台で同時に別角度から取らないと効果がないとか、力説した気がする。
でも、オヤジが大事にしてるビデオカメラは、貸してくれると言わない所か、『壊されたら困るし、そこまで言うならお父さんが撮影協力する』とか言い出した。
マジで、やぶ蛇だと思った。

絶対壊さないまず、明日の朝だけでいいからとりあえず貸してくれとお願いし、オヤジはわかったが、条件がある明日朝練はオレが行ってセッティングすると言い出したが、断る事は出来なかった。
ちなみに朝練は顧問は来ない(市内住みの為、通勤に一時間かかる。来るのは稀だった。)
しかし、寝る時もし顧問が来たらどうしよう?とか、いきなりオヤジが朝練に来てビデオカメラ二台で撮影しだす事に関して部活の仲間がどういう反応するだろう?不安で不安で仕方なかった。

翌早朝、オヤジとビデオカメラ二台と三脚二台を車に乗せて学校へ向かった。
正直足取り重かった。
学校では既に下級生を中心に半分位来ていて、オヤジとオレの姿を見て皆一瞬え?てな感じになった。
とりあえず皆と挨拶をしてビデオカメラ、三脚を下ろすと男女共に興味津々な感じだった。

とりあえずオレは顧問が来てないのを確認して、ホッとした。すぐに男女の部長にバスケのフォームや流れをビデオカメラで撮影し、練習後の参考にしたい旨話した。
結果は心配してた様な答えはまったくなく、逆に『さすが電気屋の息子』『いやそれはいいかも知れない』と好評だった。
で撮影、普通のドリブルシュート、スクリーンやクリスクロス等次々いつもの練習が始まった。
皆もビデオカメラを意識してかいつもより張り切ってる様に見えた。
オヤジも三脚を二台並べて撮影に夢中だった。
時々オレを呼びカメラの操作や特徴を教えてくれた。

練習が終わり、ビデオカメラの液晶モニターを再生すると、皆がこぞって見に来た。
皆自分プレイを動画で見るのが、初めてで『オレってこんなん』とか『リバウンド飛んでない』とか大盛り上がり。
オヤジも上機嫌でその日の朝練は終了した。
学校から帰るとオヤジも、昨日までの態度とは変わって上機嫌で練習やビデオカメラの性能ついて話してきた。
正直オレはどうでも良かった。
今日教えてもらったからもう操作は分かる。絶対壊さないから今度は自分だけで撮影したいと話した。
オヤジはいっしょに撮影したかったらしいが、みんな緊張するし、毎回来てもらっては困る。
説明書とビデオカメラ二台とりあえず貸して欲しい。部屋で勉強するからと説得した。オヤジは渋々了承した。

部屋に戻ってビデオカメラをいじってると問題がある事に気がついた。
下取りしたビデオカメラのバッテリーがフル充電しても30分持たないのだ。
今日の朝練ではAC(コンセント)から電源取れたが、旧中学校の用具室にコンセントなんかあるのか?
またテープが撮影終わるとガチャンと結構な音がする事も判明。
オヤジのビデオカメラを隠し撮りに使い、もちろん下取りのポンコツをヤンキー達に貸せば良いとオレは思ったが、

散々気合い入れて犯るであろうヤンキー達が、このポンコツビデオカメラをわざわざACで繋いで撮影し、また撮影したら再生するであろうが、さっき書いた通り、巻き戻しがメッチャ遅い。
バカヤンキー達がキレるのを恐れて、ビビりな俺にポンコツ下取りのビデオカメラの方をヤンキーに貸すと言う選択肢はなかった…

翌々日水曜日位に、たかしから電話がきて、今週末の土日のどちらかにメグミ先輩を呼び出して犯るらしいとの事、明日夜にビデオカメラを借りに行きたいと聞いた。

隠しカメラの場所と電源を確認したいので旧中学校へ一緒に行ってほしい事を伝えてた。

オヤジのビデオカメラを奴らが壊さないで使うか心配した。

翌日夜に、と言うか深夜に、たかしと待ち合わせしをして、旧中学校へチャリで向かった。(俺の家から旧中学校までは、山道をチャリで30分以上掛かる。三脚やビデオカメラなど持っての道のりは、マジきつかった)
とりあえず、旧中学校に近くまで来た時たかしの様子がおかしくなり、『多分先輩らいないと思うけど…』とか、とんでも発言した。
オレ『え!いるの?』
たかし『いや、多分大丈夫だと思うけどたまり場だから…大々週末しかいないはず』
はず…じゃねーよと思いながら、なんとか旧中学校へ到着。
それらしき車やバイクはなく、マジ安心した。

着いてから気がついたが、用具室はどうやってはいるのかと思ったが、何故かたかしは、鍵を持っていた。たかしは慣れた手つきで鍵を開けて、ブレーカーの場所も知っていた。
用具室の入り口は、机やマットなどでバリケードの様になっていて、ひと一人やっと入れる位のスペースしかなかった。
中は意外と広く、窓には段ボールで目張りされていて、ソファーベッドや、机、冷蔵庫まであるのには驚いた。
タバコの匂いがきつかったのを覚えてる

結果やはり、コンセントは遠すぎて使えなかった。
冷蔵庫でコンセントを使用してるし、突然別のコードが刺さってて不審に思われるのも嫌だった。
用具室の照明が割りと明るいのと、使用されてないカーテンやマット類などで、隠し撮り用のビデオカメラを設置する場所(候補)が何ヵ所か見つかったのが救いだった。
たかしに、ビデオカメラを渡して取り扱い説明をし、くれぐれも壊さない様に話しをして二人で帰路についた。(因みに三脚はいらないと言われた。)

家に帰りコンセントの件散々悩んだ挙句次の日学校休みましたよ。えぇ…
休んで何したか?だけど、自分ちにも、町内にもないポンコツ下取りビデオカメラの長時間バッテリーを市内の電器店に
買いに行きましたよ…orz一件目で見つかったが、確か一万円位した様な気する
当時のオレには、かなりの賭けであり、痛い出費だったな。

次の日の夜に、たかしから電話あり、ヤツの情報だと夜9時?10時位に、旧中学校にヤツらが集まる。
ただ時間は、良く分からないとの事orz
バッテリーの問題は解決したが、今はあるのか知らないが、タイマー録画などない…

あ、書き忘れた。
土曜日の夜ね。
ただ、メグミ先輩をホントに連れてくるかもこの段階ではわからなかった。
なにより、テープは二時間、あらかじめ
ビデオカメラをセットし、録画常態にして、立ち去らなければならない。
タイミング間違えたら、シャレにならない…
(前にも書いたが、テープが終わる又は電池が切れるとガチャンとデカイ音がでる)絶対ヤンキー達にバレる変な汗いっぱい出たねマジで

最初は、土曜日の場合、部活の時間とかぶってしまったら、行けなくなるとか心配してたが、今はそんなレベルの問題ではなくなってきた…
中々寝つけず、オレホントにやるのか?
犯罪になって捕まったりしないか?
イヤなイメージしか湧かずバレてヤンキー達に殺されないかなど本気で悩んで、気がついたらもう朝になっていた。(因みに後から聞いたが、たかしも、この週は全然寝れなかったらしい)

学校も部活も手が付かず、フワフワした感じで、まさに地に足が付いてない感じで時間が過ぎ、とうとう土曜日になってしまった。
前回同様に、たかしと待ち合わせし、夕方早めに旧中学校へ向かった。
すぐに用具室で構図のいい場所にカメラをセット。
多分ソファーベッドの辺りになるだろから、広角にセットし、たかしをモデルにして録画テストした。
しかし、またまた問題発生…

ビデオカメラなら当たり前の事だが、録画常態にすると、レンズの横の赤ランプが点くマジで目立つ、ヤンキー達にもろバレ必至。
イヤマジで時間ないし、焦ったね。ど田舎だしコンビニなんてない!近くの金物屋までチャリ飛ばしてガムテープないか?聞いたがない。
かなり切羽詰まった顔したオレに、店の婆さんが、自宅用のガムテープ恵んでくれましたよ。

ガムテープを小さく切って、何重かにして貼り付けなんとかランプは目立たなくなってホッした。
バッテリーを外し充電しながら、たかしと作戦の最終会議。
たかしの話では多分来るのは間違いない。時間はハッキリ分からない。ヤンキーの人数は多くても5人位。車で来るのは間違いない。
情報はこんなもんだった。
ラッキーなのは、車は用具室から少し離れた空き地しか停める場所がない為、来たら分かるし、ビデオカメラを録画常態にしてからも充分逃げられる事がわかった事だ。

たかしも今更『バレたらシャレにならん。バレたらオレは、もうハブられんだろな』とか言い出してオレはビビりまくった。
オレ『お前がハブられる位なら、オレはどうなんだよ?』
たかし『多分半殺し』
オイオイ…もう話すのやめようかて感じで無口になってしまった。
お互いに交代で、用具室の隣の部屋の窓から車が来ないか見張りをして、一人は用具室でいつでも録画ボタンを押せる様にスタンバっていた。

ここまで準備しながら、待ってる間来なければいいな。とか色々頭が混乱してた。
待てど暮らせど、全然くる気配がなかった。時計を確認すると23時近かった。
と…その時
たかし『来た!来た!マジで早くしろ』
オレ『マジで?うわぁ』
て感じで録画ボタンを押して、ソッコー二人で校舎の影に隠れた。足がガタガタと同時にホントに録画ボタン押して来たか?不安になる。
車は一台、その後で原付が一台空き地に停まった。
(メグミ先輩ホントにいるのかな?これまた不安だった。)
車のドアを明け閉めする音、何人か人が出てくる声や足音が聞こえる。
(この場所からは、暗くてほとんど見えない)
男の声はガヤガヤと何人も聞こえるが、女の声は聞こえない…
とその時小さいが女の声!間違いなくメグミ先輩の声だった。ヤッタと思うと同時に変な絶望感みたいな感情が出て来た

泣き寝入りしたセクハラ

高校に入って初めての夏休みのことです。
絶対バイトやるぞと考えていて、ショッピングセンター
のキャンペーンのバイトを見つけました。
時給がすごくいいのでやりたいな?って思ったけど、
高校生不可・・・。
一応問い合わせてみたら、大丈夫と言われました!
(18歳ってことで・・・)
仕事内容は、かわいい衣装を着て、ニコニコして立っていれば
いいですよ?と軽い感じで説明されました。

衣装はお店が海の近くだから、海らしいパレオ付きの
水着のようなコスチュームでした。
思ったより肌の露出も多くて、恥ずかしかったけど
すぐ慣れました。

仕事が終わって、お世話をしてくれた女性の従業員の高木さんと
「ずっと立ちっぱなしで脚がむくんでるんです」って話をしてたら
副店長がマッサージ師の資格持ってるから、頼んでみようか?と
言われて、なんか結構です、とも言いづらくて、お願いします
と言ってしまいました・・・

私はコスチュームのまま事務所に連れて行かれました。
副店長に体をまじまじと見られ「マッサージして欲しいって?」
とニヤニヤしながら言われて、すごく気持ち悪かったですが、
今更嫌です!なんて言えず「お願いします!」と
言うしかありませんでした。
副店長は数年で定年らしく、退職したらマッサージ師を
やる予定で、練習させてくれてうれしいだって・・・

高木さんが一緒だから変なことはされないだろうと思って
3人で事務所の奥にある畳の休憩室に入りました。
高木さんに「パレオ邪魔になるから外そうか」
と言われてとられちゃいました・・・

パレオの下は15歳が着るにはセクシー過ぎる
ビキニだったので、パレオはスカート代わりで必須でした。
普段履いていた下着より面積が小さいわけで・・・
パレオがなければ人前は無理だなって思ってたのに、
副店長のいやらしい視線にさらされることに・・・
前から後ろから見て「君、きわどいね?」だって・・・
高木さんには「ほんとスタイルいいですよね?」と
私の気持ちわかってくれてないし。

マッサージする前に、目で見て悪いところとチェックしたいと
副店長が私の脚に顔を近づけてきて観察してきました。
こんなに恥ずかしい目にあうなんて・・・
「傷とか虫さされとかあざとか全然ないんじゃない?
高木さんも見てよ、すっごい綺麗な脚だよ。」
高木さんも顔を近づけて観察してきました。
「すっご?い、ほんときれい!」
結局悪いところは見つからなかったようです。

タオルが用意されていたので、タオルの上から
マッサージするんだなと思っていたら、
副店長は素手で私の脚に触れようとしました・・・
え?こんなの痴漢じゃない!
私は素早く身を引いて「えっ?タオル使わないんですか?」
と聞きました。
「もちろん素手だよ。こんなおじさんだから嫌?」
高木さんは「嫌なら遠慮なく言ってね!こんなおじさん
嫌でしょ?」
と言ってくれましたが、嫌なんて言えない雰囲気・・・
「ぜ、全然素手で大丈夫ですよ・・・」

中3の時から付き合ってる彼氏がいましたが、
公園でデートして手をつなぐ程度。
まだ素肌に触れることを許していませんでした。
それをついさっき知り合ったばかりで、名前も知らない
おじさんに許してしまいました・・・

そしてマッサージが始まりました。
副店長の手が私の太ももを、内側と外側から両手で
包み込むように掴み、揉みほぐしてきました。
副店長の手はかなり汗ばんでいるのがわかりました。
汗が脚に刷り込まれてる感じ・・・
「君の脚はほんっとツルツルしてて肌触りがいい。
でも結構むくんでる。」
足の指から足首、ふくらはぎ、膝、太もも、腰をうつ伏せに
なったり体勢を変えながらマッサージを受けました。
私は目を閉じて彼氏にマッサージされてるんだ!と
思い込むようにして耐えました。

資格を持っているだけあって、かなり本格的。
正直気持ちよかったし、脚のむくみもとれました。
ただ初めて男性に素肌をここまで触られたわけで、
わざとじゃないと思いますが、マッサージ中に
お尻や大事なところも触られてしまって、
変な気持ちになってしまったのも事実・・・

この体験が元でマッサージされるとすごく感るので、
旦那とエッチする前はいつもマッサージしてもらいます。

秘境の混浴で筋金入りのビッチと出会った

この前、男2人で旅行に行ったんだ。
とりあえず、可愛い子でもいたらいいなというノリで
混浴がある山奥に行く事にした

何個の山を超えて、温泉地の近くにある川沿い
(というか川の隣)にある混浴露天風呂についた。
俺たちの期待はそれはそれはアゲポヨになっていった

その露天風呂は無料で脱衣所だけがあった

俺たちが車を駐車場に止めた時
その風呂から若い女の子が3人上がってきた。
俺たちはほくそ笑みながら温泉に向けて歩き始めた

とにかく汚い脱衣所で服を脱いだ、その脱衣所には、
混浴風呂の心得なるものが貼ってあった。記憶を辿ると

1、原則タオルを湯船に入れないようにしてください
2、水着での入浴はご遠慮ください。
  先に裸で入られている方に対して大変失礼な行為です
3、異性の方が入ってきたら、目は背けましょう。これは混浴の最低限の
  ルールです。またお互いに積極的に近づくことはやめましょう。
4、混浴は長湯禁止です。長湯しているとワニになってしまいますよ。

4以外は俺得すぎる説明に、既に期待は臨界点を突破しそうだった

入ってみると案外暖かく長湯するにてきした暖かさだった。
とりあえずは俺達の貸切だったので泳いだり、
全裸で道路に向けて叫んだりしていた。

その後地元の人のようなハゲ散らかしたおっさんが入ってきた。
同性であっても混浴とあの開放的な露天風呂に
俺は少し恥ずかしくなった

禿げたおっさんとは色々な話しをした。
案外この露天風呂には若いねぇちゃんがくること。
たまに猿が入ってること。夜中にカプールがあんなことしてること。

そんな話しをしていると。また一組誰かがやってきた

その一組は俺達には気付いてはいなかったのだが、
間違えない、雌の声だ。
おじさんが俺達と話すのをやめて、静かになった

女の子2人組の姿が見えた。
正直な所気まずいと思っていたいたのだが、
こんにちはと言ってくれた。

ちなみに女の子は20代前半くらいで、
顔は、香里奈似の子とピザ子だった。

女の子は脱衣所で着替え中、
おっさんと友人は何故か脱衣所の近くに陣取った、
童貞チキンの俺は恥ずかしくてかなり遠くに陣取った。

俺の頭の中はかなり動揺していた。
むしろお母様しか裸の女性なんて見たことないのに。
もちろん俺の息子は爆発寸前だった

ついに女の子が現れた。
俺は教えに従い川のほうを見ていた

とりあえず川を見ているしかできなかったから、その時は
彼女達がどのような乳房であったとかはわからなかった。
おっさんは慣れた口調で足元きーつけやとか言っていた

ポチャンという音がした。入ってきたーーー。俺の心は高揚した。
話し声はしなかったから、どちらかが先に入ったのだと思う。

おっさんと女の子の話し声が聞こえた。
とりあえず俺も伸びをする感じで振り返る事にした。

水着を来たピザ子と目があった

ビキニのピザ子は、はち切れんばかりの
花柄の水着をアピールするかの如く立ち上がり
香里奈ちゃん遅いよといいながら脱衣所に戻っていった。

音3人は目を合わせながら苦笑した。

そしてついに香里奈ちゃんが来ました。
何故かマスクをつけながら。

香里奈ちゃんとピザ子が風呂に入ると同時に、
いい香りがしたのを覚えています。
おっさんと友はとりあえずたわいもない話しをしていました。

特筆することではないのですが、香里奈はタオルを外して入りました。

俺はあいかわらず川を見ていた。
ときよりピザ子の「いいとこねぇホントに」とか
「ぷひょょょ」とかいう謎の笑い声に腹立たしさを覚えていた。

もっと香里奈の姿を見たかったんだが、
やはり紳士として、タオルを取る瞬間から川を見ていた。
おっさんと友は、どっから来たのとかので盛り上がっていた。糞野郎

突然水面を切る音がしたから、後ろを振り返った。
「ふーんこうなってるんだ、川じゃん」
香里奈の裸の後ろ姿が目の前にあった

俺の目は香里奈の後ろ姿に釘付けになった。色は白かった
こっちみんなとおもいつつも、当然のように目があった。
どうもといいながら、俺の隣に座ってきた。

どみょと一応冷静を保ちながら挨拶を返した。

以後会話(記憶を辿る)

俺「どみょ」
香里奈「いいとこですね、ここ」
俺「ソッスネ」
香里奈「なんか日頃のストレスとか馬鹿らしくなっちゃう
俺「ソッスネ」
香里奈「どうやって来たんですか」
俺「ソッスネくるゅまッス」
香里奈「そうなんだ同じですね。ご旅行ですよね」
香里奈「本当は私も一人で来たかったんですよこういう場所」
俺「ソッスネ」

どうやら香里奈は俺を一人できた奴と思っていた。

香里奈「どちらからいらしたんですか」
俺「トキョッス」
香里奈「じゃ一緒だね、大学生かな?
俺「あい」
香里奈「ふーん、そうなんだ、私たちも去年まで
     大学生だったんだよ。今社会人なんだー。君は2年生くらいかな」
俺「イヤっす4ッス4ッス」
香里奈「なんだーじゃー同じくらいなんだー。一人でよく旅するの」
俺「ソッスネ」

考えてもみてくれ、裸の香里奈に質問攻めされて、
平静を保つやつがどれほどいるか

香里奈「ふーん、そうなんだ。もう少し川の方にいってみない」
俺「んソッスネ、ん、ん、裸でいくすか」

正直どうしていいかわからなかった。
今までの会話で多分2、3分くらいだとおもう
おっさんと友は、ピザ子と話してはいたが、目はこっちに釘付けだった。

香里奈「大丈夫よ。こんな所誰も見てないから、しかも裸とか興奮しない。」
岩場に立った香里奈はすかさずタオルを巻いた。俺もそれに習った
香里奈「ピザ子ー、すこし川のほういくね」
友「俺くんも行くの」
俺「おう

友も行きたそうだったが、空気を読んでくれた。
おっさんは脱衣所に行ったみたいだった

香里奈「俺くんっていうんだ。というか一人じゃなかったんだね」
俺「ソッスネ、サーセン」
香里奈「ピザ子はね、仕事の同僚なんだ。あの2人楽しそうだね」
俺「ソッスネ」
香里奈「早く降りようよ」
俺「足滑るっからき、き、気をつけてッス」

川に降りた。とりあえずかなり冷たかったと思う。
温泉と川は1.5メートルくらい高低差があった。

香里奈「うわ、冷たい」
俺「ソッスネ」
香里奈「本当に川なんだね、
     なんかあったかいんじゃないかって錯覚しそうだね」
俺「ソッス、ああ、ぁああああ

川遊びをした奴は分かると思うが、
川の中はかなり滑る、藻かなんかでかなり滑るんだ
つまり転んだ。その拍子にタオル流れた

落ちたと言っても俺が流されるような、
川の流れではなく尻もちをついた程度だった
だがタオルがない俺は立ち上がることもできなかった

俺「ダオル、ダオル、あでぃばずが?ダオルが流されまじだ」
香里奈「あー、タオル流れちゃったね。私もこれしかないよ。寒くない」
俺「寒いッス、連れを呼んでぎでぐればすか?」

俺は必死に息子を手で隠していた。
すこし膨張していたが、一気に萎れた

香里奈「とりあえずさ、風邪引くから上がりなよ。というかこの壁
     上がれないから脱衣所の方から回らないと行けないよ」
俺「ダオルがないど、いげばせん」

思い出すのも恥ずかいのだが、俺は子供みたいに駄々をこねていたと思う。
というよりむしろ恥ずかしすぎてそれどころではなかった

香里奈は転んだ俺を起こしてくれた。
そして、タオルをくれた、巻いていた

タオルを巻いた俺の先には裸の天使いや、香里奈がいた

俺「いや、まじさ、さ、サーセン、」
香里奈「別にいいよ」少し顔が赤らんでいた
俺「はやはやはやくうえにあがりましょう、
  おんせんにつかりましょうかぜひいちゃあ、ええええ

突然香里奈が抱きついてきた

今思い出しただけで息子が反応してきた
最近寝る前に思い出すのは香里奈だけ。

香里奈「もう少しこうしていたいんだけど」
俺「はい、はい、はい、え、え、え、は、は、いや、かまいませんけど、いや、え」
香里奈「興奮しないこの状況だってさww」
香里奈笑い出す

香里奈「俺くんと会ったのさっきなのに、裸で出会って抱き合ってんだよ」
俺「そ、そ、ソッスネ、へんすよねハハハ

香里奈「俺くんの大きくなってるよ」
俺「・・・」
香里奈「どうせ混浴にくる子目当てできたんでしょ。
     見え見えだよそんなの。俺君クールぶって川の方見てたでしょ
俺「・・・」
香里奈「今なら何やってもばれないよ」
俺「・・・」
香里奈「俺君って男の子だよね、こんなチャンスもうないんだよ」
俺「・・・」

俺はまじでぶっ倒れたらしい。

ぶっ倒れというか、記憶を無くしたのかはわからないが
気がついたら、俺は脱衣所にいた。友が運んでくれたらしい。

俺達は混浴を後にして、すぐに温泉宿に行った。

そこは、その地域では、一番立派だった、
キャプも多いいらしく平日にしては結構な人数がいた。

正直運転の疲れもあり、
友と共に温泉に入るとかはせずにすぐお昼寝をした。
チェックインしたのは、16時頃だったと思う。
夕飯は18時からという事で、俺達は寝たのだと思う。

疲れていた俺達は、飯の時まで昼寝をしていた。
起きたのは飯時18時であった。

ここの宿はみんなで一つの食堂で食べるタイプの宿だった

ご飯の席は指定されていたので、
中居の支持のもとに席に案内された。
隣にには目は合わせなかったが、女2人組だった

さぁ、早速飯を
ん・・・

「この宿ホントにいいとこねぇ」「ぷひょょょょ」

ぴ、ぴ、ピザ子ーーだとぉぉぉぉぉ

友は興奮したように俺に目線を送ってきたが、
チキン、いや紳士な俺達は話しかけることはしなかった。

あっちは、気付いてないようだった。

俺は香里奈をチラ見しつつも、食事を続けた。
香里奈達は結構大きめな声で、

香里奈「もう酔っぱらっちゃったー
ピザ「香里奈がこんなに酔うなんて珍しいね」

とかなんとか、言っていた

俺達も地酒の日本酒を結構嗜めたため、いい具合になっていた。
友とは香里奈達に話しかけるか、いや、やめとこうという会話ばっかりしていた

そんなこんなで、俺達にデサートが出た時に香里奈達は席を立っていた。
俺達には気付いている様子はなかった。

香里奈達も無き後に友とは、
やっぱり話しかければよかったなと後悔していた。
そんな中で隣にのテーブルを片付けはじめた中居が、何かを見つけた

部屋の鍵

友「すいません、それ連れの鍵ッス。渡しておきます」

友「お前渡しにいけよ」
俺「なんでだよ、やだよ」
以下ry
友「なんかあったら、部屋にいるから報告しろな」

俺は香里奈達の部屋の前に立った

ドンドン
香里奈が出た。一回温泉入ったのかいい匂いがした

香里奈「遅いよ」
俺「え、え、遅いって、え」
香里奈「隣にいるって知ってたんだからね。わざと鍵置いてきたんよ」
俺「は、は、はい?え、え、ソッスネ」

俺はなにがおこっているのか、理解に苦しんだらのだが。
要するに俺達のどちらかが部屋にくると、香里奈達は見越していたようだ

香里奈「けど俺君がきてくれて、よかった。私俺君の友達の顔無理」
俺「ソッスネ、ムリすか、いいやつす、
  あれ、もう一人のオダチ、お友達は、ドコス」
香里奈「ピザ子はまた温泉に行ったよ、あの子本当に温泉すきなんだ。
     それより、少し中に入って。鍵のお礼もしたいしね」
俺「しつーしむふーー、」

既に、ご飯の後だからか、布団がひいてあった。
そして間接照明がより一層雰囲気を引き立ててくれたのは間違いない。

香里奈「昼間の事覚えてる」
俺「あい」
香里奈「俺くんさ、あれはないよ本当に、
     私が俺くんの彼女だったら、別れてるよ」
俺「ソッスネ、サーセン」
俺「でも、ホント、き、き、きんちょして、はだ、裸で、その、ソッスネ」

香里奈「今ピザ子はいないよ、何が言いたいかわかる」
俺「ソッスネ、わか、わか、わかランス」
香里奈「私に恥欠かすの、既にプライドズタズタだよ」
俺「・・・」
香里奈「ねぇ、私じゃ不満なの、そういう事に興味ないの?」
俺「・・・」
香里奈「なんで黙ってるの、また倒れるの」

香里奈ビッチすぎワロリンww

俺「そ、そ、いや、いやじゃないすが、
  よく、わからな、ん、んえ、えはい、ソッスネ」

この時心臓バグバク

俺「香里奈さんはかわいいひ、もう、なにより、
  いやまじかわひぁああああ、ええええええええ」

香里奈に倒されて、キスされた

香里奈「もう、ここまできたらやるとこまでやるしかないよね、
     どうせ会うのなんて、今回だけだよ。
     正直俺君かっこいあけど、全然私のタイプじょないよ」
香里奈「今ピザ子が貸し切り風呂用意しているから
     友君さそって4人で入って楽しいことしようよ」

香里奈急に立ち上がり
香里奈「先に行ってるからね」

部屋に戻って

友「どうだった」
俺「ん、ん、いやんーー、貸し切り風呂行こう。あの香里奈さん達と
友「え、まじで言ってんの」
友「俺達に気付いてたの」
俺「光明の罠だったおw」
友「一応聞くけどワンちゃんありそうか
俺「多分香里奈となら、いけるとry」

すぐに部屋を出た

俺は、正直戸惑っていた。
ここで童貞を捨てられるかもしれない。
でも本当にそれでいいのか、
友の息子は成長していた。俺も然り

答えは出た

貸し切り風呂の鍵は空いていた。
脱衣所に入ると、浴衣が2枚置いてあった。

意を決して入った。
香里奈とピザ子がいた。
昼間ピザ子は水着だったが、今までのは裸で、
思いのほかピザで巨乳だった

香里奈「友君こんばんは」
友「おう」
香里奈「ごめんね、無理やり誘って」
友「いいよ、いいよ、」
ピザ「私俺くんの隣に、ん、やっぱ友くんの隣に」

ここからは、かなり鮮明に覚えている。

香里奈「俺君、とりあえず舐めていい」

俺「あ、あ、た、お、おか、ぬおへそjmtnd@sytij517かてふこらソッスネ」

友くんとピザ子はとりあえず、洗い場で抱き合っていた。オエー

香里奈「気持ちいい」

俺「・・・」

香里奈「チパチパ、チュンーーー、チパチュチパチュ」

俺「・・・」

友「香里奈さん、そいつ童貞だからww」

香里奈「えー、俺君童貞なの。
     まじで、えーーー、流石に童貞君の初めては奪えないよ」

俺は走って脱衣所に行き、部屋に帰り、日本酒を飲み

泣いた、

泣いた

翌日起きた時には友はいなかったが、
香里奈達と、一緒に朝食会場に来た。
バツが悪そうな顔をしていた。

その後、車中でその話題になることはなかった。

ロリ顔若妻とエチした話

人妻とホテルHした話を。

過程は省くがある日、面識の無い人妻とメル友になった。
当時俺23歳(社会人)
人妻26歳(今井ひろの似、以下ひろの)
ひろのは旦那アリ子アリで特にエロいメールをやりとりする事もなく、子供の誕生日ケーキの写メを送ってくれたり、
ひろのが毎日ジョギングしてるとか他愛のないやりとり。
ある日お互いの写メを交換する事になったが、この時俺は勝負仕様の奇跡写メをひろのに送った。
『すご?い!カッコイイね俺君!モテるんじゃない!?』
今考えればひろのが上手く誘導していたんだが完全にウカレた。
俺も『ひろのさんもカワイイ。よくナンパされちゃうでしょ?』とジャブを返す。
実際に可愛かった。そして、お互いに相手を気に入った後は、エロいやりとりになるまで時間はかからなかった。

ひ『変わった場所?カラオケボックスの中でしたことあるよ★』
ひ『あたしフェラチオうまいよ?ペロペロ?って。』

そんなメールをやりとりするようになったある日、俺もかなり際どいメールを送った。

俺『ひろのさんエロすぎ。我慢できなくてひろのさんの事考えながら1人Hしちゃった。』

後から考えれば、どうやらこの1人Hメールでひろのにスイッチが入ったらしい。
ひ『…俺君ずるい。そんな事言われたら眠れなくなっちゃう。』
俺『じゃあひろのさんも俺の事考えながら1人でして?』
ひ『ダメだよ、隣の部屋に旦那いるもん』
俺『じゃあ、いつかひろのさんの1人H手伝ってあげたいな』
ひ『ばか?!よけい眠れなくなるでしょ!』
この時点でヤレる確信を得た。そして確信が現実になる日は唐突に訪れた。

その数日後の昼過ぎ。
ひ『今まで車の掃除してたよ♪これから○○まで水着買いに行くけど付き合ってくれる?』
まさか向こうから誘ってくるとは思ってもみなかった。
もちろん断る理由はない。
俺『じゃあ△時に○○駅で』
ひ『うん、じゃあ水着買ったあとカラオケしてごはん食べようね♪』
天にも昇る気持ちとはまさにこの事。

そしてその日の昼過ぎ、待ち合わせて無事にひろのと会えた。
実際に会うひろのは写メ以上にかわいく、スレンダーな体。
気取らずによく笑い、愛嬌がある。モテるタイプだろうな、と思った。
俺の方が年下ながら、ロリ顔で正直ストライクゾーンど真ん中。
まあ俺の方は奇跡写メを送っていたので「アレ?なんか違くない?」みたいなリアクションされたが。
だが、歩く間に俺から手を握ったら向こうも握り返してくれた。今日はイケる気がする。心の中でガッツポーズの俺。
水着を買いにデパートに向かう間に色々と聞いた。
旦那さんは不動産屋で仕事が忙しく、あまり構ってくれない事。
就職してすぐに結婚したのでOLしながら遊んでる友達が羨ましかった事など。
そんな遊び足りない人妻と出会えて本当にラッキー!初めて神に感謝した。

そしてデパートに到着し水着売場に直行、水着を選ぶ。カップルが多いとはいえやっぱり落ち着かない。
そもそも女物の水着売場なんて来た事ないし、一緒に選ぶって言ってもひろのの好みなんかわからない。
結局ひろのは俺のアドバイスを聞くことなく、ビキニの水着を持ち試着室に入った。俺は少し離れて待つ事に。
(試着ブースが並んだエリアの入口にもカーテンがあり、店員が一人づつ♂を呼び出して
試着エリアのカーテン内に連れて入るシステム。着替えが♂に見えないように。)
少し待つとギャル風の店員が呼びに来た。少し言いにくそうに発する。

「……俺さん?」

「…あ!」

よく考えればお互いにフルネームを教えてなかった。
店員にしてみれば彼氏を呼ぶのにファーストネームしか教えないイタい女に見えた?
まさか今日が初対面の不倫デートだとは思わないはずだけど。
ともかく水着に着替えたひろのはエロかった。ビキニが似合うスレンダー美人ってだけでなく、
さっき直接会ったばかりの人妻が目の前で肌を晒している、そのシチュエーションに興奮した。
「か…わいい!最高!」
本心からの言葉だけど照れ臭くてどことなくぎこちない。
ひろのも恥ずかしそうに笑い返してくれた。
その後ひろのがカードで支払い、サインを済ませる間もサイン名が目に入らないよう離れる。
お互い必要以上に相手の事を知るつもりの無い不倫デートならでは気遣いだが、
このせいでまたもギャル店員の訝し気な視線を浴びつつ水着売場を出ることになったが。

この後はカラオケしてご飯食べに行くはずだった。
だがひろのは旦那が帰って来るまでに家に戻らなければならない。
それに初対面で水着姿を見せつけ、積極的に手を繋いでくる相手に細かい段階を踏むのは馬鹿らしく思えた。
手を繋いだままデパートを出て服屋やカフェの前を通り、しばらく歩き路地裏に入る。
そして当たり前のようにひろのの手を引き、ラブホテルの扉をくぐる。
オサレな外観と内装が人気なホテルだが運良く空室があった。
エレベーターに乗り部屋に入るまでひろのは抵抗しなかった……
が、ベッドに腰掛けると信じられない言葉を吐いた、いや、吐きやがった。
「…え?何ココ…?レストランかと思ったのに…」
いやいやいや、ちょっと待てや!誰とも顔を合わせず部屋が選べるレストランてナニよ!?
あくまで「強引にラブホに連れ込まれた」なんて都合のいい言い訳が欲しいのか…
まさか本当に部屋に入るまでラブホと気付かなかったのか…
どちらにしろ俺の中でここからの展開は決まっていた。

ベッドに腰掛け、手持ち無沙汰に部屋のカラオケ本をめくるひろのを引き寄せて強引に唇を奪う。
合わせた唇の下でひろのの腕が俺を突き放そうと動く。もちろんそれに構わずひろのの唇を貪る。
「ぁん…いや…ダメだって…」
俺に抱きしめられキスされながらも嫌がるポーズは崩さない。それでも腰に手を回して逃げられないようにしてキスを続ける。
抱きしめたまま10分もキスすると俺を押しのけようとする力も弱くなってきた。
その変化を感じとると
「今度はひろのちゃんがキスして」と耳元で囁く。
ひろのは唇を離し、今度は自分からゆっくり押し当ててきた。丹念に上と下の唇を舐め、口の中にまで舌を侵入させる。
ひ「どう?」
俺「すっごい気持ちいい…」
満足そうな表情を浮かべると俺のほっぺたにもキスをした。そこから首筋にも。
「ん…」思わず声が漏れたのを聞き逃さず今度は首筋を舐める。
二度、三度首筋に舌を這わせるとまたディープキスをしてそのまま顎、喉仏のラインを舌で愛撫する。
「う…あ…」
声が漏れるのを必死でこらえる俺を、ひろのがベッドに押し倒す。
押し倒されるままベッドに横たわると俺の上にひろのが覆いかぶさりディープキスを繰り返す。
俺に舌を突き出させ、口に唾液を送り込んだかと思うとまたも首筋を愛撫する。
段々と股間に血が集まるのがわかる。
「ねぇ俺君?わたしの事考えながら1人Hしたの?」
驚きと恥ずかしさで、無言で頷く俺にひろのが「ちゃんと言葉で言って」と告げる。
「…ひろのちゃんの事考えながら、1人H…したよ」
この時、完全にひろのに弄ばれるのを愉しんでいた。
「ふ?ん?」
満足そうに呟くとひろのが俺の服を脱がせにかかる。
服を脱がされる度に触れる細い指が気持ちいい。裸にされた上半身をひろのが唇で愛撫する。
乳首、鎖骨、両腕、首筋とひろのの唇と舌が這い回る。気持ち良さに声が漏れ、思わずひろのにしがみつく。
「ここも触って欲しい?」
言葉と同時にひろのがズボン越しにペニスを掴んでいる。
ひろのはそのまま数回、固くなったペニスを撫でズボンとボクサーブリーフを脱がせた。
全裸でペニスを屹立させている様を女の子にじっくり見下ろされているのはさすがに恥ずかしい。
その俺の様子を見たひろのが
「俺君女の子みたい、かわいいね♪」と言葉で責める。
さすがに自分だけ裸になっている状況に恥ずかしさを感じ、ひろのも脱がせようとデニムに手を掛ける。
「ちょっと…なに?脱がせたいの?」
抵抗するひろのの手を押しのけて細身のデニムを脱がせると黒のTバックに包まれたヒップが顔を出した。
「いや、パンツのラインが浮かないようにしただけだし…」恥ずかしそうに言う。
??……『そんな勝負下着履いてヤル気だったんじゃん』って言われないように先打ちの言い訳…なのか?
別に何も言ってないし、そもそもデニムで下着のライン浮きが無いぐらいは男でもわかる。
ラブホ入る時も脱がせる時もズレた言い訳をするけど、もしかしたらあんまり遊び慣れてないのかも?
そう思うとひろのがかわいく思えてきた。
続いて胸元の大きく開いた服を脱がせ、下着だけの姿にする。
そのままブラも脱がそうと正面から背中に手を廻すと、またもひろのが首筋を舐めてきた。
「んっ…」思わず体が反応する。
「やっぱり首よわいね?」
ひろのが悪戯っぽく微笑み、俺を再び仰向けに寝かせペニスの上に馬乗りになる。
そして顔を近づけて囁く。
「俺君…クビとチクビどっち舐めて欲しいか教えて?」
「……」
恥ずかしくて言えるわけがない。困った顔でいるとひろのの手がペニスに伸びてきた。
「もしかしておちんちんがいいの?」
ペニスの裏筋を指先でなぞったかと思うと手の平で袋を包み込む。
やさしく袋をマッサージし、舌先を左右に細かく動かしながら裏筋を舐める。
自分の彼女とは異なる舌の動きが気持ちいい。
さっき会ったばかりの人妻に舐められている事を思うと快感が倍増した。
ふと、ひろのが顔を寄せる。
「おちんちんきもちいい?」
無言で頷くと少し不満げにひろのが囁く。
「俺君の声で聞きたいな??『おちんちんなめて』ってお願いして?」
どうしても俺に言わせたいらしい。俺が無言でいると勃起したペニスを指で弾き始めた。
「早く??言ってくれなきゃ帰っちゃうよ?」頬を膨らませて拗ねた表情を作る。

「お…」「ん?」

「…おちんちん、なめて…」

俺の言葉を聞いたひろのは嬉しそうにペニスに顔を近づける。
「俺君ホントにかわいいね」

言うが早いかペニスをくわえる。柔らかい唇の感触が気持ちいい。
口の中でひろのの舌が亀頭に絡みつき思わず声が漏れる。
10分か、20分か?

時間の感覚もなくすほど丁寧にフェラで愛撫され、意識が飛びそうなほど気持ちいい。
すでにひろのも全裸になりシックスナインの態勢で互いの秘所を貪り合っている。
ひろのも夫以外の男の愛撫が新鮮なのか、俺にクリトリスを責められ二度ほど絶頂を迎えていた。

「…ね、ひろのちゃん、挿れていい?」
「…ぅん」
俺のをくわえたまま頷く。
ベッドサイドのコンドームを手に取り装着すると、仰向けのひろのの足を開き正常位の態勢で挿入する。
「あ…あぁ…っ!」
潤みきったひろのの膣内は暖かく、数回ゆっくり動かしただけでペニスが馴染んだ。
興奮が抑えられず膣奥を目掛けて腰を打ちつけると、ひろのが声をあげて反応する。
「あ…!あ…!」
腰の動きに合わせて上下に胸が揺れ、ひろのが苦悶の表情を浮かべる。
抱き合ったまま腰を動かしているとひろのが恥ずかしそうに
「ね…バックで挿れて…」と囁いてきた。
人にはあんなに恥ずかしい事を言わせておいて自分はそれだけで恥ずかしがるのか、と可笑しくなり頬が緩んだ。
その表情を焦らされていると勘違いしたのか
「ねぇ…お願い、うしろから俺君のおちんちん挿れて…」と繰り返す。
さっきの仕返しとばかりそのままひろのを四つん這いにさせ、
「じゃあ挿れてあげるから自分で拡げて」と命令する。
ひろのは恥ずかしそうな顔をしつつ、両手で膣口を拡げてみせる。
こんなにかわいい人妻が四つん這いで自ら拡げておねだりしている。
最高の気分だった。そのままペニスの先を膣口に押し当てる。
が、奥までは入れず先だけを抜き差しして焦らす。
我慢できなくなったひろのが「おねがい、ちゃんと奥まで…」と言ってもまだ挿れてやらない。
焦らされ、泣きそうなひろのに自己紹介をするよう命令する。
その内容に驚いた顔をするがチンポ欲しさに真っ赤な顔で従う。

「わたしは………おちんちんが大好きです。男の人の感じる顔が大好きなエッチな女です。」
「うん、それで?」
「…バックからおちんちん入れられるのが好きです。……ねえ、早く…早くいれて…」

ひろのの自己紹介に満足すると早速バックからペニスを差し込む。
奥までペニスが届く度にひろのが「あ…あぁっ!」と嬉しそうな声をあげ、それに応えるようにペニスの動きを深く早く加速させた。

腰に当たるヒップの感触が気持ちいい。
薄暗い部屋の中でペニスが膣に飲み込まれる様子と、ひろののアナルが丸見えになっている。
後ろから腰を打ち付け、時折手でひろのの乳首や背筋、アナルを刺激すると体を震わせ反応する。
「あっ!ああっ!」
一際ひろのの喘ぎ声が高くなり息が荒くなる。絶頂が近いようだ。
「ひろのちゃん…イキそう?」
「あ…うぁん!あ…ああぁ!」
まともな言葉が返ってこない。
ひろのの腰を両手で掴み自分の腰一層早く打ち付けると
「あ…あ、あ、あ、あああぁん!」叫び声に近い喘ぎ声をあげながらひろのが絶頂に達した。

その後ひろのとは何回か会ってHとデートしました。
最後は「旦那にばれそうだからもう会えない」って言われあっさり終了。
お互い後腐れなく付き合えて感謝しています。

クンニ好きの男友達にちょっとだけ舐めさせてって言われて

仕事の愚痴を聞いてもらいながら飲んでたんだけど、話は下ネタに移行。

結構イケメンなのに3年ぐらい彼女が居なかったので、あんたセックスどうしてんの?wって聞いたら、オナしてる?wとのこと。
そこからオナ話で盛り上がり、セックステクの話になって、クンニ・フェラが重要で挿入はオマケ!!とゆう同意見で更に盛り上がった。
特に友達はMの気質がある(普段もMぽいけど性的にも)ので、Sの気質がある私と仲が良かった。
実はお前をオナネタにしたことあるwとかゆう暴露から、ちょっとピンクな雰囲気になったw

舐めるだけでいいから舐めさせてwって言われて、最初はバカか?wとか言ってたんだけど、ヘタクソだったらすぐ止めるから頼むwって言われて、私も彼氏と別れて1年ぐらいでセックスなんてご無沙汰だったし、生理前でムラムラしてたのもあって、ノリ気に…w
ソファーに座らされて、友達が膝まずいて、チュウからスタート。
ホッペ、首筋、鎖骨、とチュウが下がっていって、トレーナーをめくりあげて、後ろのブラホックを片手でアッサリ外して、ブラをめくりあげて乳首にチュウ。
片手でもう片方の乳首をクニクニ摘まんだり、指先で転がしたり。
舐めている方の乳首も吸いながら転がしたりされて、かなり気持ち良かった。
優しく撫でるように手が下がっていって、スカートに手を入れられて、内腿を撫で撫で。

片方の乳首を舐められながら、下半身は下着のビキニラインってゆうのかな?そこを指で何度もなぞられて、くすぐったいような、もどかしいような感覚にモゾモゾしていたら、いきなりツーっとアソコの縦筋を下着の上からなぞられて、ビクンっと体が仰け反った。
熱くなってる?w感じてくれてるんだ?って友達が乳首から口を話して聞いてきて、顔を反らして、気持ちいいよ…って言ったら、そっか。って言って、また乳首を口に含んで、下着の上から何度も縦筋をなぞって、クリを指で探り当て、爪で引っ掻いてきた。
早く下も舐めてほしい…って思ってたら、それが伝わったように唇が乳首から離れて、脇腹からどんどん下に下がっていった。
私はソファーでM字とゆうか大股開きw友達はその大股開きの前で正座。とゆう妙な図で、ビキニラインをレロ?って舐められて、腰を浮かせてたと思う。

下着は脱がさず、横にズラシテ、舌を滑り込ませてきて、アソコにクチュクチュと舌を入れられた。
熱くて柔らかい舌で、ディープキスするみたいにアソコの中を舐められて、思わず『ちょ…気持ち良すぎ…おかしくなりそ…』って言ってしまったら、それに火がついたみたいで下着を脱がされ、両手でビラビラを開いて中をほじるみたいにアソコを舐められた。
散々舐めたあと、クリをレロってされて、しばらく慣れた刺激とは違う刺激を与えられて、また体がビクっとなった。
両手を私の上半身に伸ばして乳首を指先で転がし、口でクリ攻め。
乳首への愛撫みたいに、吸いながら舌先で小刻みにレロレロされて、あまりの気持ち良さに腰がカクカクしてたw
『やっ…マジで気持ちいい…あんた上手すぎ…バカぁ…』とか何とか意味わからないことを言いながら、下半身に神経を集中させてたw

指入れて大丈夫?って聞かれて、今まで指入れって痛い経験しかなかったから不安だったけど、ゆっくり入れて…って言ったら、1本すんなり入った。
お前入り口狭いし中もキツいな…かなり濡れてないとチンポ入れる時痛いだろ?って言われて、そんなことにもまともに答えられないぐらい悶えてて、指入れしながらクリ攻めされて、イカされてしまった。
指入れこんな気持ちいいの初めてだった。

あ、最終的に指入れが気持ち良かったみたいになってるけど、クンニも気持ち良かったよwとゆうかクンニでイッタの初めてだった。
自分不感症かと思ってたけど、今までの相手がヘタピーだったのかな…。

続きとゆうか、その後は結局エッチまでしちゃいました。
私も友達も酒が強いので、『酔ってたから覚えてない』は互いに通用せず、お互いに『ありがとうございましたw』と開き直りw
その後はしてないけど、2人で飲んではお互いのエチテクを褒め合ってるwどちらかが言い出せばまたエチしそうだけど、なんか暗黙の了解的なものがあって、どちらも言い出さない感じ。

私を見せたがる夫

結婚してまだ1年の26の主婦です。夫の変な趣味に困っています。私を他人へ見せたがるんです。
最初は軽いものでした。今年の夏に二人でサッカーの試合を見に行った時です。
まだはじまる前で空席が多かったけれど、私たちは少し上のほうに座りました。
そして夫がドリンクを買ってきてくれたとき、すごい顔をして怒るんです。
で、耳元で「丸見えじゃないか」と言いました。
私ははっと足を閉じました。その日は学生に戻ったような気分でちょっと短めのをはいて行きました。
前の席の上に足を置いていたからか、見えていたみたいなんです。
私はなんだかわからないけど夫がしつこく怒るので「ごめん」とあやまりました。 
それからしばらく口もきいてくれませんでした。私が「キゲンなおしてよ?」と言うと、
夫が「じゃあ俺にも見せろ」と言うのです。
私が「いいよ?」と言うと夫がまた下まで降りていってこちらを見ています。
すると夫から「足を席の上に上げて開いて」とメールが来ました。
私はまさかここで見せるとは思っていなかったので、じっとしていると、
またメールがきて「早くしないと帰る」というのです。
わたくしはさっきとおなじように前の席の上に足をあげて、少しだけ足を開きました。
さっきとは違って、今度はわかっているから恥ずかしいのに、夫はずっとこっちを見ています。
するとまたメールがきて「もっと思い切り足を開け」と書いてあります。
夫は一回言うと意見を曲げない性格なので、しょうがなく足を開きました。これってまわりの人からみたらかなり変です。
私はどうしようもないので片方の足の上に顔をおいて、寝たふりをしました。
けどそれが逆効果だったのか、薄目で下を見ると何人かの人がこちらを見ています。
しばらくすると夫が戻ってきたので私は足を戻しました。夫は耳元で「みんな見てたぞ。写真をとってるのもいた」
とか「双眼鏡で見られてた」とか言います。私は恥ずかしくて顔が真っ赤になりました。
けっきょく試合中もそのことばっかり気になって、あまり楽しくなかったのですが、
今度は帰りの電車の中で(試合後で満員)、夫がスカートの中に手を入れてくるんです。
身動きがとれないほどいっぱいだったので、他の人には気付かれなかったと思うのですが、
下着がたくさん濡れているのを夫に知られることになりました。
家に帰るとすぐに夫は私に「他の男に見られてるのにビチョビチョじゃん」とまた怒りました。
そして私を押し倒して下着を脱がせると見せて、「ほら、こんなだぞ」と言います。
下着は自分でもびっくりするくらい濡れていました。
私はまたなぜか「ごめんなさい」と言いました。他に言葉が見つからなかったので。。
そしてそのまま夫は私を抱きました。寝室にも行かずに。そしてエッチの最中、夫が「濡れてるのも見られたぞ」とか言うので、
私はまた恥ずかしくなって、いつもより激しく何度もいってしまいました。それがはじまりで、次の外出からはいろんな事がありました。
最初のときのエッチで私が変になってしまったためか、夫の要求はだんだんエスカレートしています。
次は週末に二人で○○駅前のデパートに、水着を買いにでかけたときのことです。
デパートの中のそのお店は人がたくさんいて、店員さんも呼べないような感じでした。
私が水着を見ていると、夫が白いビキニを持ってきて「これも着てみて」と言いました。
「ちょっとハデすぎない?」と思いましたが、自分でえらんだものといっしょに持って女用の試着室に行こうとすると、人がたくさんならんでいました。 
すると夫が「こっちでいいじゃん」と、男用の試着室のほうに私をつれていきました。
男用はならぶぶほど人はいなかったけれど、普通の試着室と同じように下が大きくあいているんです。
私がちょっといやそうにすると夫が「前に立ってるからだいじょうぶ」というので、そこで試着することにしました。
ところが自分で持って入った水着に着替えて、すき間から少しのぞいてみると夫がいません。
そして顔をだしてまわりを見ると、彼女の試着を待っている男の人が何人かこちらを見ています。
するとようやく夫が来て「さっきの白いのを着てみて」というのです。
「ちゃんと前にいてね」と言うと、夫はうなずいてくれたので、言うとおりに白いビキニに着替えました。
そしてまた顔をだしてみると、また夫がいません。それどころかさっきよりまわりの男の人がふえていて、じろじろこっちを見ています。
しばらくこまって中で立っているとようやく夫がやってきたのか、ドアを少しあけて水着をみて「これがいい。これにしよう」と言いました。
それから洋服に着替えて出ると、また夫はいませんでした。そしてレジのところで戻ってくると耳元で「着替え見られてたよ」というのです。
そこでようやく気がつきました。夫は私の着替えを他の男の人に見せようとしていたのです。
大き目にあいた下から、知らない人に着替えを見られてたと思うと恥ずかしくてたまりません。
レジで支払いが終わったら、夫が「○○は見られるのが好きなんだな」と言いました。私は「違う。。」と言いましたが、恥ずかしくて胸が苦しくなりました。
またあの時と同じように、濡れているのが夫には解るようでした。
あれ以来夫は私が出かけるときに、必ずミニのものを履かせます。それはスカートでもパンツでも同じです。
私は背が高く(167センチ)、短いのをはくととても短く見えます。
夫はデニム地のミニを買ってきては、自分でハサミで切ったりしてもっと短くするんです。
「こんなのはけないよ」と言うと夫の機嫌がわるくなるので、しかたなくそれをはいて外に行きます。
この間のはちょっとやばくて、普通に立っていても下着が見えそうなデニムのミニスカでした。
それに夫は通販で買ったTバックの下着を私に渡してそれを履くように言いました。
けどこれだと見えちゃうんです。アソコの毛が。夫に言うと「見えないから大丈夫」と言うのでしかたなくそれで出かけました。
その日はまだ暑いときだったのですが、さすがにすれ違う人がみんな見てるような気がします。
私は持っていたかばんをうしろにまわして両手でもって、見えないように歩いていました。
すると駅のエスカレーターのところで夫が「階段で行こう」といって、私のカバンを取り上げました。
私は手で隠すのもヘンなので、またしかたなくそのまま歩いてのぼりました。
駅は休日だったので人はいっぱいで、後にもたくさんの人がいます。もう完全に見えちゃってるんです。
私はもう下着はあきらめたのですが、「毛が見えないかな」ということばかりが気になっていました。
するとまたヘンな気持ちになって、恥ずかしくて胸が苦しくなってきました。
それを見ていた夫が私の後ろにまわって、しばらくして戻ってくると「見えてるよ。毛も濡れてるのも」と言うのです。
私は思わず手で後をかくして走って階段をあがりました。
もう恥ずかしくてしゃがみこみそうになりながらも何とか電車に乗ると、いくつか席が空いていました。
電車は立っている人がいなくて、夫は私を座らせると自分は少し離れて座りました。
すると夫からメールがきて「少し足を開いて」と書いてあります。そんなことができるわけないのに。
前の席には何人か男の人が座っていて、チラチラ見ています。するとまた夫からメールがきて「早く」と書いてあります。
私は夫が機嫌がわるくなるのは嫌なので、両手を足の間において、見えないように少しだけ足を開きました。
もうこの状態でもかなり恥ずかしくて、自分のいすの下が濡れていないかとかが気になりました。
おそらく真っ赤な顔をしていたと思います。
家に帰るとまた夫がすぐ下着を脱がせました。もうヤバイくらい濡れていて、夫はそれを見ると
「やっぱり見られるのが好きなんだな」と不機嫌そうにいいました。
するとそのまま急に私の手をひくと外に連れ出して、今度は車に乗せてコンビニの駐車場でとまって
「ビールを買ってきて」と言いました。私はノーパンです。
けれども今度は階段もなかったので、絶対にみえないようにしてビールを買ってきました。
すると夫は今度は車の中でスカートを脱がせました。そしてそのまま家に帰ると私の足を持って開いて
「こんなに濡れてるじゃないか。やっぱり見られたいんだろ」と言いました。
その日はまたその場でセックスしました。その後私を見せたがるのはどんどんエスカレートしました。

プールで後輩と

私は結婚後もプールで働いているのですが、この間入ってきた
新人の男の子に不覚にも抱かれてしまいました。
旦那は疲れて帰ってくるのでエッチはあまりしません。子供が欲しかった
のですが、それもかなわず2年近く経ってしまいました。

そんなある日、新人の男の子と一緒に遅番をすることになり、仕事を教えながら
片づけをしていました。競泳水着でシャワー室の前を掃除していたら、男の子が
後からじっと私のお尻をみていました。視線を感じたので振り向くと向こうを向いて
しまいましたが、明らかに見られていました。

でも、次の瞬間にいきなり後から抱きつかれて水着の上から揉んできました。
ハアハア言いながら・・真面目な子だと思っていたのでびっくりしました。
そのままブースの中まで押されてカーテンを閉められました。

結婚しているからやめて・・と言ったのですが、やめてくれませんでした。
そのままあそこに手をまわされ、競泳水着の上からさすってきて・・・
久しぶりだったので、気持ちよくなってきました。
抵抗していた手も弱まると、彼の手の動きが激しくなり、自分からお尻を
突き出すようなしぐさをしてしまいました。

声を出すわけにもいかないと必死でこらえてましたが、耐えきれません。
すぐに快感に支配され、腰をビクビクさせてイきました。
その時、すぐに後から包み込んでくれて、やさしかったです。
そのためキスも許してしまいました。
その後、彼は私の競泳水着を脱がしにかかり、ビキニのような状態まで
脱がされた後に、一気に下まで脱がされ、恥ずかしかったです。
あわてて隠してしまいました。

こっちを向いてって言われたので、振り向くと彼はブーメランパンツを
もっこりさせていて、脱がされた競泳水着を片手にもってました。
そして「思ったより小さいんだね。これで隠せる?」って聞いてきました。
見ると水着のあそこの部分が濡れてました。彼のあそこも少し濡れてました。
それを見て、私は体がほてってしまい、この人にはかなわないと・・抱かれる
しかないと思ってしまいました。

彼は競泳パンツを自分で脱ぎ捨て、再びバックの姿勢から私を抱いてくれました。
旦那よりもやさしくて、それから30分くらい思いっきり抱いてくれて、
更衣室に戻ってからも、二人とも裸で69とかしました。

彼も2回くらいイキ、私もそれ以上にイッてしまいました。
もしかしたらできたかもしれません。でも彼の子なら・・・ほしい。

昨日、職場から服の下に競泳水着を着たまま帰ってきて、風呂場で脱ごうと
していたら、前に男の子とエッチしたことを思い出してしまいました。
職場でも会ってきたのですが、急にあのときのことが頭をよぎって、
エッチな気分になって、競泳水着の上からあそこをさすって一人Hしてました。

そしたらタオルをもってきた旦那に見られてしまい、強引に寝室まで引っ張って
連れて行かれて、ベッドに倒され、上から乗られてセックスを強要されました。
半分レイプに近いものでしたが、水着姿に興奮していたみたいでした。

旦那はバックが好きなので、その体勢にもっていかれ、後からされました。
後から、途中に脱がされた競泳水着を見てみると、ぐちょぐちょに濡れてて
そうとう感じていたのがバレてしまいました。でも職場の彼の方がやさしいです。

<寝取らせ>カラオケ店員の彼女5

次の日の夜。彼女の家でいつも通り彼女と寝ることに。
その日は生でしていて射精する少し前に彼女に「中に出してもいい?」と聞くと彼女の返事は「いいよ・・」
この日の彼女は一突きする度にいつも以上の反応を示しとてもエッチでした。そして初めて彼女に中出しを。
でも木村より後だったと言う思いはどこかにありました。
僕はしてから妊娠のことが気になり「大丈夫なの?」と尋ねると「・・うん」
この時ひょっとして僕か木村の子供か分からなくする為に中出しOKしたんじゃないのかって思いが巡ってきました。
怒りにも似た感情が湧き起こってきたんですが、そこは押さえ前日木村から俺にもくれと言って貰った避妊薬を
カバンから取り出し彼女に渡しました。
「これどうしたの?!」
「木村から貰った」
しばらく沈黙が続き彼女は「・・意味ないよ」と。
彼女の話しでは即効性のあるアフターピルっていう体に負担のかかる物とそうでない物の二つがあって
これは後者だと言われました。

じゃあ木村の話し通り中出しされたならちゃんと避妊出来てたのか?
等々色んな疑問が湧いてきてきっと僕は難しい顔をしていたんだと思います。
彼女の方から「・・これ・・木村くんに貰ったんだよね?」
「そう。貰った」
「他に何か言ってた?」
「いや、別に・・どうかした?」
「・・ううん。なんでもない」
次の日、木村に聞いてみるとあの日麻衣に渡したのは即効性のあるタイプで
彼女は念の為にって違うタイプも木村から貰いそれを毎日飲んでいたようです。
その後も彼女とした話を一度聞かされたある日、木村からみんなで海に行きませんか?と誘われました。
バイトみんなで遊びに行くのはご法度になっていて、第一そんなみんなの休みが合う日はないだろうと言うと、
木村はシフト表を持ってきて説明を始めました。
夏の平日、一日だけ麻衣と僕の休みが重なっている日があってその日木村は遅番になっている日がありました。
そこを指差し「この日だったら大丈夫でしょ?俺遅番だから帰って来てからバイト十分間に合いますし」

「誰が行くんだ?」
「俺と藤木さん、麻衣さん、鈴木と」後は他のバイトの男2人と女の子2人の計8人でした。
女の子2人は休みで男1人と鈴木は木村と一緒の遅番でした。
「俺と鈴木が車出しますから余裕ですよw」
「お前の車中古の軽じゃなかったっけ?」
「大丈夫ですってw鈴木の車は親父のミニバンですしwそれだけで8人乗ろうと思えば乗れますしねw」
結局話しはとんとん拍子に進み当日を迎えました。
海と行ってもそんなに遠くなく車で1時間ちょっとあれば十分で電車でも片道1000円かからず時間も同じぐらいです。
当日はちょっと格好つけたかったこともあって僕は車に乗らず、実家から持ってきた400の中型バイクに乗って行きました。
海に着くと更衣室を使わず、鈴木の車で男女順番で着替えようとなりそれぞれ水着に着替えました。
僕は普通の体型で木村は身長が180ぐらいありますがちょっと痩せているタイプ。
空手をやっていたと言う事もあってガリガリではなく良く引き締まった体です。

鈴木ですが身長は木村と同じぐらいですが高校を1年で中退しそれからずっとガテン系の仕事をしていることもあって
日に焼けて浅黒く何より凄くマッチョな体型でした。
鈴木も割りと真面目な部分があって一度ニッカポッカ姿のまま走ってバイトに来たことがあって、どうも現場が長引いて
バイトが遅刻しそうだったのでそのままの格好で走ってきたと言ってました。
店長に一回風呂入ってから来いと怒られてましたが、覚えは良いみたいで言うことは素直に聞くし可愛がられていて
そんなこともあって僕も麻衣も鈴木に対して悪い印象はなかったです。
女性陣が着替え終わるのをしばらく車の傍で待っていると出てきました。
やっぱり一番目を引いたのは彼女、麻衣でした。
前日彼女の家で明日来て行く水着をどれにするかプチファッションショーをしたのですが、
その時に選んだ水着を着て出てきたんです。
オレンジを主体としたビキニで、腰にはパレオが付いていてそれが超ミニスカートっぽく見え、歩くたびにチラチラっと
パレオの隙間から白い肉付きのいい太股が見え隠れする優れものでそして何より胸の谷間が凄かったです。

初めて見る彼女の水着姿に他の男達はみんな興奮気味のようでした。
砂浜で遊んでいてもジュースを飲んでいてもみんな彼女の胸の谷間をチラ見していたようで、彼女もそれを知ってか知らずか
強調されるようにさり気なく屈んで見せたりしているように感じました。
鈴木の姿が見えなくなり、どこに行ったんだろ?と思っていたら「ジェットスキーを借りてきました!」
ジェットスキーの免許を持っていたのは鈴木だけで僕らは順番に女の子を乗せている姿を横目で見ながら男同士で戯れていました。
そして最後に彼女を乗せ海の向こうへ・・・
気のせいか他の女の子より時間が長かったように感じました。
実際、鈴木と彼女の顔が日に焼けたのか紅く染まっているようにも感じ、内心なにがあったんだろう?ってドキドキ。
楽しい?時間も過ぎ帰ろうとなった時、ちょっとした問題が起き、それはダメだと言ったんですが鈴木がお酒を飲んでしまい
車を運転出来ない状態になったんです。
鈴木は休みになっていた男1人に遅番を変わってもらい、赤い顔をしながら何度も頭を下げていました。

木村は男二人を乗せバイトがあるので一足先に帰り、女の子二人も電車で帰ることになり、
彼女と僕とで寝てる鈴木の酔いが冷めるまで待つことに。
この時、数日前に木村から聞いた話を思い出していました。
どうも木村は麻衣との出来事を鈴木に話したっぽくて鈴木が羨ましがっているような内容でした。
また以前聞いたのは鈴木は僕とかバイト仲間に対しては礼儀もわきまえ良い奴なんですが、こと女関係になると遊び人らしく
ことあるごとに「風俗に行ってフェラでイッたことはない」「女より先にイッたことはない」
「風俗のおねーちゃんも最後はエッチしたくなってやらせてくれる」と言っていたことです。
この発言は僕も彼女も何度かバイト終わりのお疲れドリンクの時に聞いたことがありました。
・・このまま二人っきりにしたらどうなるんだろう?って考えが頭を過り、しばらく考えた末・・・
僕は麻衣に「俺見たいテレビあるから先に帰るぞ」そう言ってその場を一回バイクに乗って離れました。
彼女は「なにそれ?」と少し怒っていたようですがそれ以上は何も言いませんでした。
この時まだ彼女も鈴木も水着姿のまま。

少し離れた所にバイクを置いて歩いて車の方へ。
辺りも暗くなってきてゆっくりと近付き、帰ると告げた際に少し開けておいた車内のカーテンの隙間から
中を覗き込むと彼女は天井の照明を点けて雑誌を見ているようでした。
ここでずっと待ってるのも怪しいと思い、一旦また離れ所在無く一周してまた戻り中を。
すると鈴木は起きていて彼女と笑いながら何か話しているようでした。
声までは聞こえませんでしたが後で鈴木に聞いた話を総合するとこんな感じだと思います。
天井の照明の光で目を覚ました鈴木はしばらく寝たフリのまま彼女の姿を見ていたそうです。
体育座りをしながら雑誌を読む彼女の太股とかチラっと見える水着に包まれた彼女のアソコを。
彼女もそれに気付いたのか一瞬目が合ったそうですが慌てて目を閉じそして目を開けると彼女はお尻を鈴木の方へ向け
四つん這いになって自分のカバンの中を探っているような格好をしていたようです。
パレオが少し捲れ上がり丸く大きなお尻が左右に小さく揺れるのを鈴木はずっと見ていました。

そして四つん這いの格好のまま鈴木に近付き、ビキニの胸を顔の上に持ってきて頭の先に置いてあったジュースのペットボトル
を手に取ったそうです。
その時、鈴木の目の前には彼女の大きなおっぱいがあって思わず下半身が反応したと言っていました。
そして彼女が「鈴木くん、起きてるでしょ?」と言われ鈴木は迷わず起き上がるフリをしながら彼女の胸に顔をムニュっと
押し付けました。
彼女は「もう・・やらしいなぁ」と笑いながら座り直したのが、僕が見た場面だったようです。
鈴木が「さっきなに探してたの?」と聞くと「保湿ローション」と彼女は言い、また四つん這いになってお尻を鈴木に向けながら
カバンの中を探りそれを手に取り鈴木に見せました。
彼女は肌が白く、日焼け止めを塗った後もいつも保湿ローションを塗っていたんです。
彼女が手にローションを取り自分の腕に塗り始めると、彼女は淫靡な表情で鈴木を見つめ
「いつも日に焼けてるけどちゃんとケアしてる?鈴木くんも塗った方がいいよ」と鈴木に近付きました。

鈴木の肩を押して寝かせると腕を持って塗り始める麻衣。
伸ばされた鈴木の腕が彼女の巨乳に触れ、柔らかいおっぱいが下から持ち上げられるように形が変わっていました。
反対側の腕を持とうと身体を四つん這い気味にし腕を取ってまた塗ります。
鈴木の指先が彼女の胸に押し付けられると指を動かしたのか彼女の身体が一瞬ピクンとなると「こら」と腕をパチンと叩きました。
そして両手で鈴木の厚い胸板に保湿ローションを塗り、手が下がっていき割れた腹筋へ。
さらに太股からふくらはぎへと。
これで終わりかと思ったらまた彼女の手が登っていき鈴木の勃起した股間へ。
彼女は水着の上からそれを軽く握ると「これ、なに?なんで大きくしてるの?」と妖しげな眼差しで鈴木に尋ねました。
「だって麻衣さんが」
「私のせいなんだ」
彼女はそう言うと鈴木から離れ背中を向けました。
そして「塗ってあげたんだから鈴木くんも塗って・・・」
鈴木は保湿ローションを手に取り麻衣の背中へ手を伸ばしました。
鈴木の手が彼女の背中から両腕へ。
そしてそのまま手を伸ばして彼女のお腹へ。

その手が上がっていき彼女の乳房へと。
ビキニから見えている乳房の上の部分を塗り終わると、鈴木はそのまま右手をビキニの間に入れ左乳房を揉みだしました。
「だから・・ダメだってぇ」
「なんで?木村は良くて俺はダメなのか?」
「・・・木村くんに聞いたんだ」
彼女は一瞬真顔になり、鈴木を見つめました。
鈴木もバイト中に見せるような表情の彼女にビビッたのか彼女から離れ、しまった!といった表情でした。
「木村くんになにを聞いたの?
「色々と・・麻衣さん彼氏いるのにやるなぁってw」
「・・・そうだよ。私、本当は凄い淫乱なの・・・」
麻衣は近付いて自分の方へ抱き寄せるとキスするぐらいの距離で
「・・・私のこと軽蔑したでしょ?」
「そんなことないってw俺、そんな女大好きだしw・・・おっ」
見ると彼女は鈴木の勃起したアレを水着の上から摩っていました。
彼女は鈴木を押し倒し、大きな乳房を胸板に押し付けお互いの股間を擦り合わせるようにお尻を左右に振りながら
唇と唇がギリギリ触れ合う距離でこう言いました。

「ねぇ鈴木くん。なんで大きくしてるの?私とエッチなことしたい?」
「し、したい」
「ねぇお口でイったことないって本当?」
彼女の身体の動きがいやらしさを増し、お尻だけじゃなく身体全体を鈴木の身体の上でクネクネさせながら
「もし・・私がお口でしてそれでイかなかったら・・・鈴木くんの固くなってるの挿れていいよ・・」
「マ、マジで?!」
「・・それで・・私が先にイっちゃったら・・・・」
麻衣は鈴木へ濃厚なキスをし鈴木の手がお尻や背中を這いずり回り、そして・・
「・・鈴木くんの好きにしていいから・・・・好きな所に出させてあげる・・」
彼女は再度濃厚なキスをした後、身体を下へずらし鈴木の勃起した股間へ。
水着の上から勃起した部分へ何度もキスし舌を這わせた後、水着を脱がせ始めました。
勢い良く飛び出した鈴木の立派なアレを握り締め数回上下に動かし肉棒へ優しくキスを。
そして舌でチロチロと亀頭を舐めるとそのまま肉棒の裏筋へ何度も舌を這わせます。
亀頭部分を咥えしばらく口の中で舐めた後、一気に深く咥え始め頭を上下に。
鈴木は状態を起こして彼女の乳房を触ろうとしていました。

彼女はそれに気付いて一旦口を離すと両手でビキニのカップを下へずらし勢いよくポヨンと大きな乳房を放り出しました。
そして肉棒を握り亀頭の先っちょをおっぱいに押し付け挟むと上下に。
しばらくそれをした後またフェラを始めました。
鈴木の肉棒を口いっぱいに頬張る彼女の表情は紅く染まりその眼差し雰囲気は妖艶で僕のアレもガチガチに。
どれぐらいの時間が経ったでしょう。
彼女は口を離すと剥き出しになった乳房を鈴木の身体にピッタリとくっ付け、勃起した肉棒、お腹、胸板へと乳房を這わせ
再び舌と舌を絡ませる濃厚なキスを。
何度かお互いの唾液の交換をした後、鈴木の身体を跨いで立ち上がりました。
ビキニのブラを外し、そしてパレオを外し・・・下の水着も脱いで・・・
「麻衣さん濡れてるでしょ?w」「・・・うん」
彼女は座ると小さく足を開きました。
鈴木が開かれた足の間に顔を近付けると彼女の口から甘い喘ぎ声が・・・「あぁっ・・・」
鈴木の口での愛撫が終わると「約束だからねw」
「・・うん・・・挿れていいよ・・・」
「足、もっといやらしく大きく開いて」
「・・こう?」

「マジ超エロいってw」
「ああっ・・・」
鈴木はそそり立った肉棒の先端を麻衣の中へ挿入すると一気に貫かず、そこで止め数回軽く先っちょだけ動かすと
「ほら、腰動かして自分で奥まで挿れなきゃw」
「ぁぁん・・・こう?」
彼女は寝たまま腰を前後左右に揺らし、身体を鈴木の方へ近付けると勃起した肉棒を自ら奥深くへと。
「んんっ・・・入ってる・・鈴木くんのが・・あんっ・・奥まで入ってる・・・」
鈴木は彼女の膝の裏を持つと足を大きく広げさせると本格的に出し入れを始め、その動きが早くなると彼女の口から漏れる
喘ぎもいっそう甘いものへと変わっていきました。
そうするかと思うと根元までピッタリと埋めるとお互いの性器を擦り合わせながら円を描くように動かし
「麻衣さん、ここ弱いんだw」
彼女のある一点を一気に激しく突き始めました。
「ダメ・・そこ・・ダメ・・・」
汗で光る互いの身体をピタリとくっ付け、乳房を舐め回せられながら突き入れられ、等々麻衣は背中を大きく仰け反らせると
「あぁんっ・・・いや・・んっ」

・・・彼女がイった後、しばらく動きを止めていた鈴木は再び腰を動かすと再び彼女は2回目の絶頂へと。
今度は鈴木は止まることなく突き続け切羽詰った様子で「俺も・・イッていい?」
「イッて・・・私でイッて・・・」
腰の動きが更に早くなり彼女の喘ぎが一際高くなってきた時、鈴木の身体が一瞬止まり身体がピクピクと痙攣を始め
『本当に麻衣の中に出してる・・・』
そう思った時、
「・・鈴木くんのが・・・出てる・・・ぁぁんっ・・またイっちゃう・・・・」
彼女の身体も数回仰け反らせながら跳ねると二人は折り重なるように倒れました。
僕はそれを見ながら鈴木の親父さんの車に結構な量の精液をぶちまけていました。
鈴木は凄くて、その後少ししてから復活すると彼女を今度は後ろから突き始めそしてまた彼女の中で果てました。
よほど良かったのか、麻衣は薄っすらと涙を流しながら何度もイッていたようです。
2回目が終わった後、二人は身支度を始めそして車が出ていきました。
僕は後を付けようと慌ててバイクのある場所へ戻りましたがすでに見失っていて後を付けることは出来ませんでした。

中途半端な時間に起きてしまいました。
彼女は芸能人で言うと有名人では思い付きませんが、顔とか雰囲気、胸や身体のラインが一番近いのは
知っているか分かりませんが石神陽子って人に良く似ています。
最初テレビで見た時はちょっとビックリしました。
それ以外の人は今思い付かないです。


鈴木に後から聞いた話の続きで、彼女と車の中でした後どうしたのかと尋ねたら
あの後市内のラブホ街に立ち寄ってお泊りをしたと言っていました。
やった内容までは詳しくは話してくれませんでしたが「久しぶりに燃えましたよw」
「一週間分の精液を出し尽くしましたw」「もう俺の虜だと思いますw」と。
寝起きなので文章がぐちゃぐちゃかもしれませんがすいません。
とりあえず寝ようと思います。
お休みなさい。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード