萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

フェラ

妹と姫初め

今日は元旦。
昨日から今日にかけて、7歳下の23歳の妹とやってしまった。まあ勢いというか。
まずいとは思いながらも。
でもこれからも妹とやっちゃいそうな感じかな。

で、昨日の大みそか。初詣に行こうか!ってことになった。
親父、おふくろは眠いから、二人で行って来いということで。
紅白歌合戦の途中だったけど、除夜の鐘も聞いて、ついでに江の島で初日の出も見ようってことで俺の車で出発。
今日(元旦)の昼ごろ帰るからってことで。
「おい、ノリ(紀子)眠かったら、寝てていいぞ。お寺着いたら起こしてやっから。」
「お兄ちゃん悪いねえ。じゃあちょっと寝るね。」
妹は着付け習ってたから、正月だってことで和服着てた。
背もたれにクッションあてて帯がつぶれないようにさせて。

某お寺に到着して。
凄い混み方だったが、なんとかお参りできた。お守りも買って。
「お兄ちゃんお腹すかない?なんか食べようよ。」
「だな・・・腹減ったわ。」
人ごみかきわけて駐車場へ向かった。
「うひゃあ、凄い混み方だねぇ」
「ノリ、絶対手を離すなよ。話したら迷子になっちまうからな。」妹の手をしっかり握って、離れないように気を付けた。
なんせ妹は身長149㎝とちっこいから、あっという間に見えなくなってしまう。俺は反対に182㎝。一緒に歩くと子供連れてる感じになる。
まあ、身内褒めだが、顔は可愛いかな。ELTの持田○織(若いときの)っぽい顔。
ん?AV女優の佐○かおりにも似ているかな?

なんとか駐車場にたどりついて、車に乗って。
「ノリは何食べたい?」
「うーんとねぇ、お寿司!」
「グルグルでいい?」「うん!グルグルでいい」
グルグルって回転寿司のことだけどね。
24時間やってるお店に入って、二人でテーブルに座った。
「お兄ちゃん、私さ少しだけでいいんだけどお酒飲んでもいい?」
「ん?ああいいよ。俺は運転だから飲めんがね。」
「ごめん!寒くてさ・・・熱燗飲みたい。体暖めたいわぁ。」
で、熱燗頼んで、俺はノンアルコールのビール。
「アケオメ~!」「コトヨロ~!」と乾杯した。
まあ、飲んで食べてたんだけど、ちょっと飲むつもりが気付いたら妹は3合飲んでた。
グデングデンになってしまった。熱燗だから一気に酔いが回ったか?

「お兄ちゃん・・・酔ったぁ・・・」
妹を担いで店出て、車に乗せて。2時過ぎ・・・。このまま帰っても近所迷惑になっちまう。
「お兄ちゃん・・・眠い。少しだけ寝たいよぉ~」
「ったて、このまま帰ったら近所迷惑になっちまうし、親父、おふくろ起きちゃうぞ!怒られるのは俺だわ・・・。」
「ねえ・・・ホテル行ってぇ・・・」
「こんな時期にビジネスホテルなんて空いてねえよ。ラブホでもいいのか?」
「うん・・・寝れればどこでもいい・・」
ってことで、国道沿いのラブホテル街に直行。が、なかなか空いている部屋が無い。
6件目でなんとか空きがあったので潜り込んだ。妹担いで、部屋に入った。とりあえずベッドに妹を座らせて。

「お兄ちゃん・・・着物がぁ・・・」
「ノリ、自分で脱げよ。・・・無理か?」
「うん・・・脱がしてェ・・・帯が苦しい」
大事な着物が皺になったり、汚れたらまずいので、妹に教わりながら脱がした。
ピンクのブラとパンティの恰好になった妹を、ベッドに寝かせて布団をかけた。
「お兄ちゃ~ん・・・一緒に寝ようよぉ。ソファじゃ風邪ひくよぉ・・・」
「おまえ、そんな恰好なのに、一緒に寝れるかよぉ」
「へへへん・・・色っぽいっしょ?お兄ちゃんと寝たいのぉ」
「しゃあないなあ!寝るだけだぞ!」
「あったりまえぇ~。お兄ちゃんのエッチぃ~。」
パンツ一丁になって妹の隣に潜り込んだ。俺も眠かったしね。
妹が抱き着いてきた。
「お兄ちゃん・・温っかーい。おやすみぃ~」
「ほいほい、ノリ、おやすみぃ~」
そのまま妹を腕枕して、俺も寝た。

寝ていてなんだか股間に違和感を感じて、俺は目を開けた。
ウワッ!ボクサーパンツの上から、妹が息子握ってた。ビンビンになってんの!
妹を見ると、目を開けてた。
「えへへ、おっはよ!お兄ちゃん!」
「お!おまえ!おっはよじゃねえだろ!どこ握ってんの?」
「寝てるうちにお兄ちゃんの握ってたみたい・・・すごく大きいねえ!」
「ったく・・・あほ!カレシと違うだろうが!ノリさカレシはどうしたんだよ?」
「ええ~、それ聞くのぉ?うーん・・・この間のイブに別れたよ・・・」
「ごめん、そっか。悪いこと聞いたな。今何時だ?」
「うーん・・・4時ちょっと前だよぉ」と言って、いきなり妹は俺に抱き着いてきた。
そして泣いた。可哀想なこと聞いてしまったと反省。
「お兄ちゃん・・・寂しいよぉ・・・。エッグ!・・・グス!」
「ノリ・・・お前は可愛いから、すぐにカレシできるって!お前を振るような男なんて忘れちまえ。兄ちゃんがついててやっから、今日は泣いて忘れちゃいな。」
俺は妹の頭を撫でてた。妹はしばらく泣いてたけどね。
「お兄ちゃんが・・・カレシだったら、いいのにね?」と泣きベソ顔で言ってきた。
「はぁ?」
「だって優しくて、背高くて、たくましくって・・・ここも大きい!」
妹がまた勃起した息子を握ってきた。
「ちょ!ノリ!紀子!おまえ・・・」
妹がパンツの上から扱いてきた。
「お兄ちゃん・・・もしかして溜まってる?エッチしてないの?」
「まあね・・・俺も3か月前にわかれちゃったしね・・・って、それとこれとは関係ないだろ!こんなことすんなら、俺もノリをいじめてやるっ!」

妹の胸に手をやって、ブラの上からおっぱいを揉んでやった。
「きゃははぁ~!お兄ちゃんのエッチ!・・・アヒ~ン!」
「へえ、ノリって胸あるんだな?Dカップぐらいか?」
「うん、当たりぃ!Dカップ好き?」
「巨乳は苦手だけど、このくらいなら許容範囲だな。」
「お兄ちゃん揉んでいいよ。もっと揉んでくれる?なんか落ち着く・・・」
エッチな気持はなかった。いたずら気分はあったけど。
「よし!今日はお兄ちゃんがカレシと別れたのを慰めてやるからな!」
「うん!嬉しい!お兄ちゃんありがとう!ねえ揉んでェ。私も慰めてあげるからね。」
妹は俺の息子を握って扱いていた。妹の上に乗って、ゆっくりやんわりブラの上から左右のおっぱいを揉んだ。
妹は目を閉じて、俺に任せていた。
「はあ・・・はあ・・・お兄ちゃん気持ちいいよぉ・・・はあ」
だんだん息が荒くなってきた。妹はずっと息子をしごいていたけど、パンツの中に手を突っ込んで直接息子を握った。
「ノリ!おい!それはまずいって!」
「お兄ちゃん、出しちゃっていいから。溜まってるんでしょ?」
「おまえ。俺たち兄妹だぞ。まあ本番するわけじゃないけど・・・。」
「うん・・・お兄ちゃんブラ取ってくれる?」
「いいのか?じゃあ取るわ。ノリの裸見るのはおまえが中学1年の時以来かな?」
「そだね・・・一緒にお風呂入らなくなってからだもんね。どう?成長したでしょ?」
「ああ!色気たっぷりの女になったな。しかも可愛い。」
「へへへぇ、嬉しいなあ。お兄ちゃんに可愛いって言ってもらえた。ねえ、今日は本番無しで慰めてくれる?」
「それなら・・・問題ないっかな?失恋を慰める元旦ってことで。」
「あはは、そだね。じゃあ・・・おっぱい吸って?」
俺は、妹のおっぱいに顔を埋めて、乳首を吸って舐めた。
「あひ~ん!お兄ちゃん・・・気持ちいいよぉ。」

慰めてやるからな!今日は、兄ちゃんが相手だけどイッちゃっていいからなって気持ちだった。
徐々に妹の喘ぎ声が大きくなった。妹が俺の右手を掴んで下に持っていった。
指先がパンティに触れた。まだ下に持って行って股のところに手を置いた。そして、俺の手の上に手を重ねて、股を擦る動きをした。
俺はおっぱいを吸いながら、妹のマ○コを撫でてた。
クリの部分に指をあてて、念入りに触った。
「あ!いいよぉ・・お兄ちゃん・・・ああ!」妹が声を上げた。
「ここいいのか?こっちは?」割れ目に沿って指でさすった。
パンティに手を入れて、直接クリと割れ目、穴を指で触った。
「お兄ちゃん・・いいよぉ~・・アキャ!アン!」
「ノリ・・・感じるか?」
「うん、キャン!・・・アン!クリ・・・いい!」
俺はおっぱいから下へ舌を這わせて、妹の股間に顔を持って行った。
パンティにシミができていた・・・もう濡れていた。黙ってパンティに手をかけて下した。
妹が腰を上げて・・・。スルスルとパンティを脱がして、妹の太ももを抱えた。
「お兄ちゃん・・・お願い・・・もっと気持ちよくなりたいよぉ!」
「うん、わかったからな。」
そのまま妹のマ○コにキスして、クリに舌を持って行った。
「ウヒャァ~!キャン!・・アン!」妹が可愛い声で鳴いた。
一生懸命舐めて吸った。可愛い声が部屋に広がった。
クンニし始めて10分ぐらいか?
「アーン!アン!お兄ちゃん!おにい・・ちゃん!・・イッチャゥ、イクッ!ダメェェェェ!」
のけぞって妹はイッた。
「お兄ちゃん・・・ハアハアハア・・・イッちゃったよぅ・・・気持ちよかったぁ!」
「うん、良かったな。ノリはイクときは可愛い声だねぇ」
「エへヘン、はじゅかちいでちゅぅ~」
「バーカ。あはは。」
「今度は、お兄ちゃんのしてあげる。」

妹は起き上がると、俺をベッドに仰向けにして、パンツを脱がせた。
ギンギンに勃起した息子を両手で握った。
「お兄ちゃんの、ほんとに長くて太いね。大きさどのくらいあるのかなあ?」
寝ている俺の横に正座して両手でチ○コ扱きながら聞いてきた。
「え?19センチあるけど。ノリは大きいの見たことないのか?」
俺のが今まで見た中で最大だって言ってきた。そして扱きながらフェラしてくれた。
妹はフェラ上手だった。舌使い、吸い上げ・・・上手い。
俺の可愛い妹に、誰がこんなこと教えたんだよ!っと半分ムカッと来たけど。
「ノリ・・・はあ・・俺もお前のもう一度可愛がってあげるから上に乗って?シックス・ナインしよう」
「うん・・・しよう!」そう言って、俺の上に跨って顔にマ○コを近づけた。
そのまま可愛いお尻を掴んで、俺はマ○コに顔を埋めた。
「ヒャン!アン!」と鳴きだす。
妹は悶えながら、息子をしゃぶってた。

「お兄ちゃん・・・ハアハア・・ねえ、本番したいよぉ!これノリに入れたいの・・・」
「おまえ・・・まずいだろ?・・・でも今日だけってことならいいか?」
「うん!今日だけお願い、お兄ちゃん・・・これ欲しい。」
妹を上からどかして、仰向けに寝かせた。俺はスキンを息子にかぶせた。
妹が手を伸ばして、スキンをとった・・・。
「お兄ちゃんの・・そのまま入れて?スキンはイヤ。」
「でも、まずいだろ?ノリ、前回の生理っていつ終わった?」
「えーっと・・・19日前だね。だから今日は安全な日だよ。」
「たしかにね。じゃあこのままってことで。」
「ヤッタァ!うん!入れよ?これ入れよ?」と息子を握ってきた。
「はは、甘えん坊だなあ、ノリは。」

妹の両膝に手をおいて、足を広げさせた。フル勃起の息子の先端を妹の入口に当てた。
妹は目をつぶった。
「入れるぞ。」
コクッと妹が頷いて。グッと膣内に息子を押し込んだ。一気に半分入った。
「ウグッ!」妹がのけぞった。続けて奥まで息子を入れた。
ピッタリ奥まで入れた。
「アウッ!ウーーーッ!・・・大きいぃぃ!」
そのまま妹の両足を抱えて屈曲位にして、俺は妹の上に乗った。
「お兄ちゃん・・・ハア、ハア・・・大きすぎる・・お腹押さないで・・苦しいよぉ。」
「すまん。このくらいでどうだ?」
「ちょうどいい。」
妹の上にかぶさって、キスをした。身長差がありすぎるから妹の顔を上向きにさせてキスした。
「お兄ちゃん・・・私、嬉しいなあ。お兄ちゃんと一緒だもん」
「俺もノリが可愛い。ごめんな本番しちゃって。」
「いいよぉ。幸せだもん・・・ヒャン!」
軽く息子で妹の子宮口を突いた。可愛い声が出る。
「兄ちゃん・・・出してね。紀子の中に。」
「ああ、出させてもらうよ。ノリも気持ちよくなっていいからな」
コクッと頷いた。
俺は妹の悶える顔を見ながら、息子を抜き差しした。妹の中は締まる!ってか狭い。
おまけに奥がザラザラだ。
突きながら妹のおっぱいを揉んだ。
「アウ!アウ!・・ア!アン!・・・おにい・・ちゃん・・もっとォ!」
「ノリ!いいよ・・・ノリのマ○コ。」
ガシガシ突いて、妹のマ○コから突くたびに汁が溢れてきた。俺も妹も股間がビショビショになってた。
よがり声がだんだん泣く感じになってきた。
「ノリ・・・大丈夫か?」
「エグッ!・・・エーン、エーン!・・・おにいちゃん・・・エーン!」
「気持ちいいのか?」
妹は泣きながら何度も頷いていた。妹は快感が極まると泣くのがわかった。
思わず可愛くて抱きしめて、腰を振った。
「エ!・・―ン・・ア!-ン・・イグゥ・・・エーン!・・・イグゥゥゥ!」
「ノリ、いっていいからな」
妹をイカせてやりたくて、強く抜き差しして奥まで突き上げた。
俺の下でエビぞってイった。泣きじゃくりながら。
ゆっくり息子を動かした。
「ヒック!・・・エック!・・おにい・・じゃん・・・いっじゃったぁ・・・お兄ちゃん・・いったの?」
「いいや、まだだよ。気持ちよかったか?」妹の頭を撫でながら
ヒクヒク言いながらコクっと頷いた。
「お兄ちゃん・・・お願い出してよ。私だけなんてイヤッ。」
「じゃあ、今度は俺が出すね」
そのまま妹を抱きしめながら、腰を動かした。
また妹が喘ぎだして・・・泣き出した。今度は一緒な!
妹の泣く顔を見ながら、膣の中を往復した。
俺もだんだん行きたくなって、素早く息子を出し入れした。
「ノリ・・・おれも出そうだ」
大泣きしながら、妹は何度も頷いてた。妹が不意にのけ反った!
「イグゥゥゥ!イグッ!」膣内がギューと締まった。
「俺も!」そのまま妹の子宮口にぴたりと先端あてて発射した。
出したザーメンが逆流して、妹のマ○コから溢れてきた。
妹は泣きじゃくってはいたが、幸せそうな顔で微笑んでいた。
「ノリ・・・俺もいったよ。」
「うん・・・出たね?」
「ノリの可愛い顔見たらたくさん出たよ。」
「良かったぁ・・・」
もう一度妹にキスした。妹が舌を入れてきて、俺も舌を入れて絡めて・・・ディープキス。
唇を離してから
「ノリ、今年もよろしくな」
「お兄ちゃん!これからも・・・しよう?・・ねっ?」
「ははは・・・そうだな。今年はノリとのエッチ元年だな。泣き虫ノリのエッチに付き合うよ。」
「ひどーい!へへへ・・・ウヒャヒャヒャ!」俺が妹の脇腹をくすぐった。
時計見たら6時半だった。
そのまま、一緒に風呂に入って。お互いに洗って。
朝8時にチェックアウト。
初日の出は間に合わなかったが、江の島に行って江の島神社にお参りした。
江の島神社・・・そっか縁結びの神様だっけ?
俺と妹は、顔見合わせて爆笑してしまった。
妹が俺にもたれながら、一緒に片瀬海岸で海見て。
妹が眠い・・・ってことで、そのまま自宅に帰ってきた。

今年は、妹とどんな風になるのか・・・
カレシまたはカノジョができるまでの相手ってことで、一緒に楽しもうかと考えてる!

新車(処女)だと思っていたのに中古だった妻・改訂改訂版

私は35歳、妻の里香は34歳。子供が一人いて、10歳になります。 

私の顔は60点ぐらいでしょうか。男性器も13cm位の普通サイズです。 

どこにでもいるサラリーマンですが、仕事は真面目で課では一番早く係長になれました。
妻里香はとびきり美人というわけでなく、まあ70点というところです。
勤務先の別の課で妻と知り合い、結婚しました。
結婚して12年目。妻とは今まで何事も無く普通に生活して来ました。 

ところが先日、妻が3面鏡の引き出しに隠していた秘密のビデオテープを見つけたのです。
私はそれを見て怒りと妙な興奮が同時に込み上げてしまいました…

1.結婚するまでは処女でいたい

これは私と里香が結婚する前の話です。
当時の私は女性経験が一度も無く、セックスは本やビデオでの知識のみでした。
風俗は高くてとても行けませんでした。 
私は車が好きなんですが、中古車は買ったことがありません。
新車だけです。 
時代遅れかもしれませんが、結婚するなら新車…所謂処女の女性と決めていました。
処女じゃ無い女は中古車のような気がするんです。 

里香にその話をしたときに、里香も性に関しては真面目で男性経験がいちども無いと言ったので、私は処女と交際できることで有頂天になっていました。

私と里香はセックスは愛撫までで止めていました。里香がある占い師に私との相性を見て貰ったときに、「彼氏と幸せに成る為には結婚するまでは純潔を守る事が大切です。」と言われたらしいのです。
とはいうものの若かった私にそんな我慢ができるわけがありません。

私はどうしても里香の未開の膣に人生初のペニスを挿入したい衝動に駆られ、和歌山県の白浜アドベンチャーワールドに行き、一泊する計画をたてました。 
私もそれまで里香に嫌われたくない一心で挿入を我慢していました。
一泊旅行が決まっていよいよその日が来ました。私は旅行中里香の処女を奪う妄想で頭がいっぱいで、白浜アドベンチャーワールドの動物やアトラクションの事などは上の空でした。

宿でゆっくりした後、ふたつ並べられた布団の隣に寝る里香のはだけた浴衣からのぞく白い乳房のふくらみを見て興奮し、私のペニスはギンギンに硬くなっています。
私は里香のおとがいをつかみ、なかば強引に口の中に舌を入れました。
里香はキスで興奮したのか、自ら浴衣の襟を開き白い乳房をつかみ出します。
はじめての一泊旅行ということもあって、大胆になっていたそうです。
里香の乳輪は淡いピンクで、いかにも処女らしい初々しさがあります。
私は里香の乳輪の粒を数えられるぐらい時間をかけて舐めました。
里香の乳首が勃起して硬くなっています。たっぷり乳房を愛撫したあと私は全裸になってペニスを里香の顔の前に見せつけました。フェラは少しだけして貰いましたが凄く嫌がりました。 
私が里香の陰部を指で触ろうとすると汚いからと拒否されました。
「里香、どうして触らせてくれないの?」 
「おしっこ出る所だから汚いでしょ・・・」 
お前を愛してるから好きだから汚くなんかない。触ったり舐めたりしたいんだよ。と言うと
舐められるのは嫌だけど、指で触るんだったらと、指を挿入させてくれました。
その後も「里香好きだよ。愛してるよ。」と言いながら何とか挿入の承諾を得たのですが、緊張のせいか完全に勃起しません。 
「…痛い…痛い…無理なの…まだ婚約していないし我慢して…」
里香は凄く痛がり、私は焦りました… 
粘液でびっしょり濡れた里香の若い膣口に硬くなりきらない亀頭をあてがい、1cm程挿入しただけで私は射精してしまいました。
結局血も見ることなく里香の処女は貰えずに一泊旅行は終わってしまったのです。
帰りの新幹線の中でお互い気まずい空気が流れていたのを思い出します。 
そして占い師が言うように結婚するまでは愛撫で我慢すると里香に約束してしまったのです。

つづく・・・

アパート暮らしは楽しい!⑤

“ごめん出ちゃったよ・・・”


“いいんですよ。溜まってたんでしょう?それに私もすっごく良くてイっちゃった。”


私は御主人の上に乗ったまま舌を絡ませます。


“ごめんなさい…お尻の下が気持ち悪くないですか?”


“うん大丈夫。でも潮吹く女性なんて初めてでびっくりしてる。”


“誰とでも潮吹いちゃうわけじゃないんですよ。気持ちいいオチンポだけ。
凄く気持ちよくイった時だけ・・・”


これは半分嘘です。
Hしてイカないなんて事はないし、確かに潮を吹かない事はあるけど…。


“御主人様、お掃除しますね!”


そういうとオチンポを抜き取りオチンポをしゃぶります。


みるみる内に固くなるオチンポ…。


“ああ~ん…御主人様ぁ凄いですぅ…オチンポかちかちになっちゃいましたぁ・・・”


“君のフェラテクが凄いから…”


“いっぱい溜まってらしたんですね?どうします?このまま続けますか?”


私…実はオマンコが疼いてもっとしたくて…



“あの…この前の夜…ごめん、聞こえちゃったんだ。
アナルも出来るの?”


“大丈夫ですよ…ってかアナルに入れられるのも大好きです。”


“やっていいかな?あっ…確か…四つん這いになって尻を出せ!”



“分りましたぁ…準備しますから少しお待ちくださいね”


そう言って押入れからローションとバイブ、介護シーツとバスタオルを持って来ました。



“俺アナル経験ないし…どうしたらいい?”


“私四つん這いになりますから、アナルの中と入口にローションを沢山塗って下さい。
あとオチンポ入れるときは、始めはゆっくり…すべりが良くなったらお好きにして下さいね。”


私は四つん這いになると頭を下げ、両手でお尻の穴をむき出します。
すごい屈辱的で恥ずかしい恰好…。


御主人はローションを丁寧に塗り込むと“入れるよ”と。


彼氏曰くオマンコと違い、馴れてないと少し入れ難いらしいです。


御主人も違う場所にあてながらモゾモゾしています。


そこそこ…そこでゆっくり押して・・・。


つい声を掛けちゃいました。


お尻の穴をカリ先が通り過ぎる瞬間が堪りません。


アナルの内部って広くて、オマンコよる緩いらしいです。


“御主人様、カリ首をアナルの入り口で擦って下さい。”


抜くときに肛門の入り口内側を、入れるときに肛門の外側を…カリ首で。
それがアナルセックスの楽しみ方ですよ。


オマンコと違った被虐的な感覚…それを快感に変えれるかどうか…


御主人は初めてなので恐る恐る出し入れします。


そう、それでいいんです御主人様。私のアナル気持ちいいですか?
御主人様のチンポのカリで擦って下さい。


言いながら肛門を締め付けます。


“すっごい!締まる~!”


私はシーツの横に置いている極太バイブに手を伸ばします。


“御主人様、オマンコにバイブを入れていいですか?”


“好きなのかな?オマンコとアナルと同時が・・・”


“はいっ…二人から同時に犯されてるようで堪んないです…オマンコもアナルも気持ちいいんです・・・
もっと、もっとお尻を擦って下さい!いけない私にお仕置きをして下さい・・・もっといっぱい嬲って下さい・・・”


そう…嬲るって字は男が二人に女が一人…いったい誰がこんな字を考えたんでしょうね?


“あゝあああ・・・・っ、すんごいよぉ・・・・オマンコもお尻もいっぱいぃ・・・もっと擦って、お尻チンポで擦って下さい!”

“イっちゃっていいかな?”


“はい・・お尻に沢山出して下さい…チンポかちかちにして種汁一杯注いで下さい…あ、あ、あ…イキそぉ・・”


私はオマンコに突っ込んだバイブを激しく出し入れします。
御主人のオチンポにも伝わっているはずです。


“アッ、アッ、あっ・…イッちゃぅ・・・・・イッちゃぅ…オマンコもお尻もイクぅ・・・・・・・・・・・・!”


“うっ…出る!”


御主人も同時にイッちゃいました。


交互にシャワーを浴び、ベッドでいちゃいちゃしながら色んな話をしました。


奥さんの事を聞いたり、彼氏の事を聞かれたり…
裸で抱き合ってるとまた疼いてきます。

下腹部に固いものが当たって来ます。


私が彼氏とのSEXの話をしてると、御主人は興奮するのかオチンポを固くします。


結局その夜は御主人は私の部屋で泊まりました。
朝までに4回私の中に出されて…。


もう既に長く付き合ってる恋人みたいな感じ…


丁寧だった言葉も3回目からは変わっていました。


イイかな?これからも遊んでいいかな・・・。


私はもちろん!と答え、でもアパートの上下だし、奥さんにバレない様にしましょうね!と。



考えたら楽しいですよね?
新婚さん、しかもアパートの上下に住んでその御主人と不倫・・・


考えただけでオマンコが熱くなっていきます。

「あー、姉ちゃんやらせて」「うん、いいよ。」

 俺は中3です。お姉ちゃんは大学生で、この前俺からふざけて姉ちゃんの大きな胸(Dカップ)を後ろから揉んだら、姉ちゃんもセックスやる気になっちゃって、なりゆきでエッチしちゃいました。とにかくやりたかったので結構よかった。

 俺が姉ちゃんのノーブラの胸(いつもノーブラでいつか触りたいと思ってた)を冗談で後ろから揉むように触ったら、全然嫌がらずに「じかに揉みたい?」と聞いてきたので、「うん!」と言いました。姉ちゃんはワンピースを脱ぎ捨て、パンティ1枚になり、「あんたも脱ぎなよ。」と言いました。そしたら、姉ちゃんが俺のあそこをなめてくれて、それだけでもうイっちゃって、やっぱり年上はテクニシャンだと思った。

 俺が、「姉ちゃんの胸結構でかいね。」っていったら、「彼氏がもんで、大きくしてくれたの。DかEカップあるよ。でももっと大きくFカップしたいから、直樹もモンでくれる?」とかっていってきたからたくさん揉んであげた。柔らかくて気持ちよかった。後ろから揉んでいたら、姉ちゃんがうっとりしてきて、「したくなっちゃった。」なんていいました。そのまま、姉ちゃんもパンティも脱いでスッポンポンになって、どこかにあったコンドームを俺の勃起しているものにつけてやっちゃいました。姉ちゃんが上になって、わずか20分くらいで2回も「ドピュドピュ」しちゃいました。

 それから、姉ちゃんとすっぽんぽんのまま、今までのH経験の話とかして、結構盛り上がった。もう中3で経験済みで、相手は先輩だったらしい、それからは10人以上と経験済みで、俺は素直に童貞といったが、オナニーは中1からやっていたと告白し、小6から夢精が始まって、自分で「ドピュドピュ」していたことも言いました。姉ちゃんはそんなこともうすうすわかっていたと言いました
 実の姉ちゃんとこんな話をして、スッポンポンのままディープキスしたり、69やクンニまでするなんて思ってもなくてスゲーうれしかった。その日だけで何回も「ドピュドッピュ」しました。

 そのあといっしょにお互いの感じる所を言い合って、舐めあったり、触りあったりもした。姉ちゃんはクリトリスを舐められるのが好きとか言ってたら、思い切り舐めてあげたし、体位は正常位が好きと言っていた。俺はバックが好きだなと答えたし、姉ちゃんのフェラチオを「最高」と褒めてあげた。

 今思えば姉ちゃんのおかげでSexがうまくなったような気がする…。 長持ちするようになったし、外だしもできるようになり、生理前は生で楽しんでいます。3回目の射精からは中田氏もOKです。

  それから、俺がHしたいとき、姉ちゃんの部屋に行くといつでもやらせてくれるし、もうH大好きになっちゃった。
 俺はオナニーしなくなって、いっつもセックスで「ドピュドピュ」さしてくれるから最高。いつも俺が「あー、姉ちゃんやらせて。ドピュドピュしたい。」と言うと、姉ちゃんが「うん、いいよ。しよっか。」 と言って、スッポンポンになってくれます。ワンピースの下はノーブラノーパンで、両親がいないときは、たいてい姉ちゃんとハメハメドピュドピュしています。

 「姉ちゃんは彼女が見つかるまでの代用品さ。」と俺が言うと、「そんなこというなら、もうやらせてあげない。」なんて言います。俺は「うそだよ。」と言って、スッポンポンで思い切り勃起したアソコを姉ちゃんに見せ付けます。すると、「すごい固いね。毎日やって出しているのに、元気ね。」と言ってそのまま姉ちゃんと嵌めちゃいます。「直樹も上手になったから、私もいくようになったよ。最高。」っていってくれます。

 最近では、両親がいるときも我慢できないとかいって、ワンピースをめくって、バックでいれたり、M字開脚のアソコを舐めたりします。もちろん、姉ちゃんも僕のものをしゃぶってくれます。

 この前なんか、姉ちゃんも俺と毎日してるのに、オナニーしてる途中に部屋に入っちゃって、俺が、「俺の体でよければヤる?」って冗談で言ったら、すごく激しくヤってきた。もうお姉ちゃんっていうか、はっきりいってSexフレンドかいつでも入れられるオマンコみたいなもんになっちゃったし…。 姉ちゃんって「ヤリマン」・・・・

 最近両親がいないと、俺も姉ちゃんも家の中ではスッポンポンででもいつでもエッチするって感じです。

娘の引っ越しと妻

私50歳、妻46歳の熟年夫婦です。
 今年、娘が関東の大学を卒業し、神奈川に就職が決まり
アパートを探すことになりました。
 私は地方の役所に勤めており、この年度末は休みが
取れなく困っていました。
 それで、妻が娘の卒業式をかねてアパート探しと引っ越しの
手伝いに行くことになりましたが、妻もそのような経験がなく心配しておりました。
 そのとき、思い出したのが横浜にお住まいのAさん44歳です。
 色んな思いから、思い切ってAさんに相談してみることにしました。
 Aさんとは4年ほど前、ある掲示板で知り合い、お互いの
妻の画像を交換などしていていました。
 Aさんは、運送会社にお勤めで営業所を任されているとのことです。
 メールと画像の交換だけでしたが、とても誠実な方だと感じておりました。
 画像交換の方は、私たち夫婦の体力の衰えで新作画像も撮れなくなり、
私の方からの画像提供はできなくなりましたが、Aさん夫婦はカップル喫茶にいったとか、
スワッピングを始めたとか言って、その画像を送り、
スワッピングで倦怠期を脱したなどと言って私にも勧めていました。
 私も、妻にそれとなくスワッピングの話をしてみましたが、
スワッピング、不倫は別世界の出来事と全く相手にしてくれません。
 今回、Aさんに相談してみようと思ったのは、勿論子供の宿探しが一番ですが、
私の送った画像を見て、一度妻を抱いてみたいと言っていたAさんに
妻を口説いてみてもらえないかとの思惑もありました。
 まずは、Aさんに娘の宿を探してもらえないかメールで相談しました。
 早速、次の日にはAさんからメールが届き、Aさんの会社では
引っ越しの仕事もしているとのことで、心当たりが何軒かあること、
引っ越しも格安で提供するとの返信が届きました。
 お礼がてら、今回妻が引っ越し準備に上京することを伝えると、
Aさんから「あの素敵な奥様に目にかかれるんですね。
奥様とお会いしたら、きっとあの悩ましい躯を思い出して勃起してしまうかもしれません。」
などとのメールと共に、顔写真、携帯の電話番号が届きました。
 私も、「もし、Aさんのお気に召したら口説いてみてください。
上手く行ったら抱いても構いませんよ。」と・・・
 妻には、Aさんとはネットの以後で知り合ったとのことで説明し、
写真と電話番号をプリントアウトして持たせました。
 妻としては、ネットで知り合っただけの人とのことで心配しておりましたが、
私が説得し、5泊6日の予定で20日に上京しました。
 妻が出かけた夜、妻から電話がありました。
 Aさんが、とってもいい人で、会話も楽しく心配いらなかったこと。
 Aさんが仕事を休んでアパート探しに付き合ってくれ良いアパートが見つかったこと。
 Aさんに夕食までご馳走になったこと。
 等々
 Aさんからもメールが届きました。
 「思ったとおり素敵な奥様でした。引っ越しの方は任せてください。
奥様の方もがんばってみます。明日の、土曜日は娘さんが一日出かけなければならないと、
仰っていましたのでアパートを訪ねてみます。」
 たった、これだけのことでしたが、妻が既にAさんの網に掛かったような気がして

 22日午前10時、Aさんの携帯からメール。 「今、アパート前です。これから部屋で奥様と
二人っきりになります。頑張ります。」
 午後4時過ぎ
 「今でお手伝いしていました。ほとんど終わりました。
娘さんが遅くなるとのことで夕食に誘いました。
今、奥様はシャワー中です。外でタバコ吸っています。」
 また、一歩進んだような気がしました。
 一人家で待つ身は、辛いものです。
 ただ食事に行っただけなのに、テレビを見てもつまらないし、
時計は遅々として進まず、と言ってここで妻に電話するのは、水を差すことになりそうで。
 午後8時前、Aさんのメール。
 「今、食事が終わりました。お酒も少し。恵美子さんは化粧室です。
娘さんがまだ遅くなりそうなので、カラオケに誘いました。OKもらいました。」
 10時前のメールには、チークダンスまでは行ったと書いてあり、
カラオケ店内でしょう、二人寄り添った画像が添付されておりました。
 よく見えませんが、Aさんの左腕は妻の腰に回されているようです。
 これだけで、恥ずかしながら勃起してしまいました。
 その後、妻から電話があり、Aさんに手伝ってもらい
食事を又ご馳走になったことは言いましたが、カラオケのことは言いませんでした。
  23日に、新しいアパートに引っ越しです。
 Aさんのお手伝いもあり、昼過ぎには終わり、
その後も、Aさんの車で買い物に行ったりして大層お世話になったみたいです。
 三人で食事をして、この日は終わりました。
 Aさんからのメールには、「Aさんと妻が夫婦みたいだと娘が言い、
妻も笑っていたと。」と書かれておりました。
 Aさんは、妻の滞在期間も残り二日となり、時間もないことから
妻を夜景に誘ったそうですが、娘が居るとのことで断られたそうです。
 なかなか上手く行かないものです。
 夜、妻からの電話でAさんに大層お世話になったとの報告がありましたが、
その言葉にはAさんへの信頼が深まったことも読み取れました。
 翌24日の昼休み、Aさんは新しいアパートを訪れました。
 娘は大学に行っているとのことで、妻は一人で片付けをしておりました。
 Aさんは、娘も就職してしばらくは大変だから、
もう少し残ってやるように進めたそうです。
 夜、「娘が大変そうなのであと一週間ほど残ってみようかと思う。」
妻からの電話です。
 私は、こっちは大丈夫だからと言って、是非そうするように勧めました。
 Aさんに電話しました。
 こんなお願いしているのに、Aさんの声を聞いたのはこれが初めてです。
 とても丁寧な言葉で話されるAさんに私の信頼も益々深まりました。
 半ば諦めかけていたAさんですので、妻がしばらく残ることを聞いて
大層喜んでくれました。
 娘は25日の卒業式後、夜飲み会があるとのことで、
Aさんはその日に賭けてみるとのことでした。
 私としては、最後のチャンスを祈るのみです。

25日、娘の卒業式。役所の昼休み、娘から無事卒業の報告と、お世話になりましたと感謝の電話があり、
子供と思っていた娘の成長が伺える電話に、ついホロリとなってしまいました。
と言いつつ、娘から今夜は友達とのお別れパーティーと聞いた瞬間
妻とAさんのことが気になってきました。
娘からの電話が終わるとすぐに、Aさんからのメール。
「今恵美子さんに電話して、今夜のデートの約束をしました。ご期待ください。」
ドキドキです。
すぐに返信
「よろしくお願いします。」
周りの同僚たちに、見られるはずもないメールの内容が
覗かれてしまうような気がして、ごく短い返信となりました。
今夜のことが気になってたまりません。
妻に電話してみました。
「まだ、小さな片付けが残っていて大変。やっぱり帰宅を延期して良かったかな。」
等との会話はありましたが、Aさんのことは言いません。
「Aさんには大分お世話になったみたいだから、そっちで適当にお礼は頼むよ。」
と、Aさんの話題を出してみました。
「分かりました。」
との返事はありましたが、今夜のAさんとのデートのことなど全く言いません。
この後の時計の動きはとっても遅く感じられましたが、
年度末とあって書類の決済等に追われ、いつしか6時になっておりました。
又、この日は人事異動の内示があったため、夜は転出の内示があった職員の
プレ送別会が行われました。
みんなで、賑やかに飲んでいた9時前Aさんからのメール。
その瞬間、酔いも覚めてしまいました。
「キス成功。今、恵美子さんはシャワーです。今良かったら携帯繋ぎますけど?」
「よろしくお願いします。」
返信後、私は気分が悪くなったと言って飲み会を抜け出し、代行で帰るつもりで近くに
駐車していた車に急ぎました。
車に向かう途中、Aさんからの電話が繋がり、すぐにでも始まりそうな予感に、
つい車まで走ってしまいました。
シートに座り、走ったことと今から始まるであろう事への興奮で高鳴る気持ちを
抑えるためタバコに火をつけたとき、会話が聞こえてきました。
しかし、残念なことに何を話しているのか殆ど分かりません。
Aさんは妻に気づかれないところに携帯を置いており、
二人から離れているのかも知れません。
暫く会話や笑いの様子が伝わってきましたが、
急に話し声が聞こえなくなりました。
静かな時間が続き、時折人が動くような音と、ベッドカバーが
捲られる様な音が聞こえました。
今、どんな状況なのか?
Aさんとシャワーを浴びた妻がホテルの一室にいる。
かすかな物音はするけど状況は全く分からない。
この状況は私にとてつもない嫉妬と興奮を与えました。
その時「いやっ」
と妻の声。
けっして強く拒否している口調ではありません。
寧ろ甘えるような口調に、私の嫉妬心と興奮は益々高まります。

私は、駐車場内で最も静かと思われる場所に車を移動します。はっきりと聞こえないホテル内の状況に、携帯電話を痛くなるほど耳に
押しつけ、一つの物音も聞き逃さないように集中します。
知らず知らず、右手はズボンの上からこれまでになく硬くなった股間を
掴んでいます。
暫く静かな時間が過ぎた後、息遣いのような音が聞こえてきました。
その音は徐々に大きさを増し、明らかに妻の興奮した息遣いであることが
分かるようになりました。
その時、大きな音が入りびっくりしましたが、妻の息遣いは
より大きく聞こえるようになりました。
Aさんが気を利かし、携帯を近くに移動してくれたのだと思います。
「ああっ~」
私との営みの時聞く妻の声です。
でも、私との時よりも甘い声に聞こえ嫉妬心は益々増長します。
そして、「チュッ」との音の後に
「ああっ」
きっと、私の自慢である、少し張りを失ったとは言え釣鐘状をした
Cカップの乳房についた少し大きめの乳首でも吸われたのでしょう。
妻は会って1週間も経っていないAさんの前に全身をさらけ出し、
妻の肌には残すところなくAさんの手が這い回り、
妻は、感じる表情、声でAさんを喜ばせているのです。
「ああっ、あああ~」
一段と大きな妻の声。
「あっ、あ~~~~」
歓喜の声が連続します。
Aさんの指は妻のアソコを往来しているのかも知れません。
既に、指が挿入されているのかも知れません。
「いやあぁっっ」
さらに大きな声。
そして啜るような音。
Aさんはとうとう妻のアソコを舐めだしたのです。
「あっ、あっ、あっ、いい~~~」
「チュチュッ」と啜るような音。
間違いなく妻はAさんにクンニされています。
妻は良く濡れる方です。
今、妻は私や娘の事などすっかり忘れ、Aさんの愛撫に
この上なく淫汁を溢れ出し本質をさらけ出しているのです。
スワッピングや不倫を別世界の事と言い、堅物と思っていた妻が、
会って間もない男に、いとも簡単にその裸体をさらけ出し、その男の
愛撫に、歓喜の表情と声で答えているのです。

また、携帯に大きな音が入りました。
そして、「ピチャピチャ」との音と歓喜の声。
Aさんが妻の股間近くに携帯を移動させたのでしょう。
もう妻にはAさんの愛撫以外の事は全く目に入らない状況かも知れません。
「チュチュッ」
「ピチャピチャ」
「ああつっ、駄目」
「うううっ、いいいっ~ああ~」
「ねえっ、ねえっ」
「チュチュッ」
「いいいいいいい~~~~逝っちゃう、逝く~」
とうとう妻は、逝かされてしまいました。

「恵美子さんどう、良かった。」
「恥ずかしい。」
気怠そうな声。
「今度は僕のを。」
シーツの擦れる音。
妻はAさんの逸物を今咥えようとしているのです。
「ああ、こんなに素敵な恵美子さんに咥えてもらって
僕はこれ以上なく硬くなっている。とっても気持ちいいです。」
「どう、これって何本目なの」
「ああっ、私主人しか。」
フェラをしている様な音が聞こえます。
「ご主人と比べてどう?」
「ご主人の方が大きい?」
「Aさんのが大きくて硬いみたい。」
ショックです。
私も学生時代比べっこをしたことが有りますが、みんなからお前のは
大きいと言われていました。
妻は今Aさんの逸物に懸命に奉仕しているのでしょう。
フェラの音が大きくなっています。
「恵美子さんって、とっても上品な感じだと思ったけど
あんなに濡らして結構セックス好きなんだね。」
「いやっ、恥ずかしい。」
「ご主人ともこんなに濡れるの?」
「主人とは最近してないから。」
暫くフェラの音が続き、ベッドの軋む様な音の後
妻の歓喜の声が聞こえ出します。
又Aさんが妻のアソコを刺激しているのでしょう。
「あっ、あっ、Aさん。」
「ああ~Aさん。ねぇ~」
「恵美子、なに?」
「ああああ~~~、もう私」
「どうしたの?恵美子}
「ねっ、Aさん」
「これが欲しく成ったのかい?」
「どうしてほしい?」
「あああっっ」
「恵美子、して下さいって言ってごらん」
「あああああ~~」
「して欲しいなら、して下さいって言わないと入れてあげないよ」
「・・・・」
「大きな声で言わないと聞こえないよ、恵美子」
「あああ~~Aさんして~~」
「いや~~~いいいい~~~」
「恵美子気持ちいい?して下さいってもう一度言ってごらん」
「して、して、もっと、もっとAさんすてき~」
Aさんは私にサービスのつもりでしょう。
妻の押し隠された淫乱さを引き出していきます。
「あっ、あっ、あっ」
ひっきりなしに続く妻の歓喜の声。
「あああ~~~Aさん私、もう、もう」
「恵美子、逝きそうなの?俺も気持ちいいよ」
「あっ、逝きそう、もう駄目」
「恵美子、どこに出す。このまま中でいい?」
「いやっ中は止めて~。もう逝くっ~」
なんと、妻は生でAさんを受け入れているのです。
しかし、最後になっても少しは理性が残っていたようです。
「うっ」
と言うAさんの声。
Aさんも終わったようです。
私は、このシーンを電話で聞きながら、気付いたとき
パンツの中に射精しておりました。

私は、代行を呼び帰路につきました。
結構飲んでいたつもりでしたが、頭の中は冴え渡りアルコールの後さえ感じません。
射精の後が気持ち悪く、シャワーを浴びます。
さっき射精したばかりの私の逸物は、20代にタイムトラベルしたかの様に
カチカチの状況です。
シャワーを終え今で缶ビールを飲んでいる所にAさんから電話が入りました。
「如何でしたか、聞こえていました?」
「ええ、とっても興奮しました。今もカチカチ状況です」
「私も素敵な奥様でとっても素敵な夜を過ごすことができました。」
「直接奥様の裸を見て、今まで頂いた画像以上に素敵なのに驚きました。」
「そう言って頂くとうれしいです。」
私のAさんに応える声は少しですが震えていたと思います。
その声にAさんが気付いたのでしょう。
「後悔しているのではないですか?奥様が他人抱かれて逝く声を聞いて」
確かに私の中にでは興奮と嫉妬心が戦っていました。
しかし、嫉妬心が興奮をさらに増長させ更なる興奮を味わえることも感じておりました。
「いえ、この際妻の押し隠された淫乱さをもっと引き出してみたくなりました」
本心であり、強がりでもありました。
「分かりました。もう暫くご滞在とのことですから頑張ってみます。」
「お願いします」
「ところで、これだけは止めて欲しいと言った様なことがありますか?」
「はい、他人に知られることだけが心配です。
神奈川に知っている人はいないので大丈夫だとは思いますが」
「はい、状況は随時報告しますので、その辺は安心して任せて下さい。」
12時、妻に電話してみました。
「もしもし、どうしたの?こんな遅くに」
普段と変わらないこの声は、つい先ほどまでAさんの逸物を
咥えた唇からこぼれたものです。
「ああ、起きていたんだね。今職場の飲み会から帰ったので、
何か変わったことはなかったかと思って。」
「今日は、卒業式に出席した後部屋の掃除とかしていたから」
「そうなんだ。ところでAさんへのお礼はしてくれた?」
「そっ、そうね。忘れていたわ。Aさんも仕事でお忙しいでしょうから
帰る前にでも何かしておくわ」
私からAさんの名前が出て少し取り乱したようです。
この日はなかなか寝付かれず、ほんと何年振りかに自分でしてしまいました。
翌26日、仕事には行ったものの頭の中は昨夜のことが
思い出され仕事になりませんでした。
昼休みも終わった1時過ぎAさんからメールが入りました。
「奥様に電話したところ、娘さんは出かけているとのことでしたので、
昼休みにお訪ねして抱かせて頂きました」
メールには笑顔の妻の写真が添付されておりました。
妻は、何時でもAさんに躯を開く女になってしまったのです。
娘は27日から就職先の研修が始まると行っておりました。
娘のアパートで一人の妻、これからどうなるのでしょう。

私は興奮と悶々とした気分の中、年度末の書類に追われて過ごしました27日の昼過ぎにもAさんからのメールが届きました。
今日も昼休み、娘のアパートを訪ね妻を抱いたとのこと。
予め電話で連絡し訪問すると、妻は既に濡れており愛撫の必要もなく
簡単に受け入れ、短時間で逝ってしまった等と書かれておりました。
妻がこのままAのものとなってしまい永遠に帰ってこなくなるのではないか?
等との心配も出てきましたが、Aさんから送られてくるメールへの
魅力がそれを上回っておりました。
ただ、その心配は今も残っております。
自分で仕掛けておいて、我ながら恥ずかしくて笑えない話です。
でも、全く妻の気持ちが分からないわけではありません。
私にしても、新しいセックスフレンドが出来ると、暫くは2~30歳若くなったように成りますし、
まして相手の女性が人妻場合、
不倫の味に没頭してしまうことを何度か経験しておりますから。
夜11時、テレビを見ているとAさんからの電話。
「今日は、色んな事をしました。電話だけではよく伝わらないと思いますので、
文章にしてパソコンの方へ送ります。」

これからは、Aさんから頂いた長文メールを元に書かせていただきます。
今夜、Aさんは妻を山下公園に連れて行きました。
Aさんは昼休みアパートを訪ねた際、真っ赤のブラジャーとショーツ、
黒のガーターベルトとストッキングを渡し、この上にスカートとシャツを着け
コートを羽織って今夜のデート来るように妻に頼んでおきました。
ブラジャーはレースのトップレス、ショーツはお揃いのTバックだったようです。
食事後、山下公園のベンチに座り海を眺めながら妻にキスをしました。
薄暗い中とはいえ、時折ベンチの前を行き交うアベック達を気にして妻はキスを拒みました。
しかしAさんの執拗な要求に何時しか妻も折れ、Aさんのキスを受け入れました。
Aさんの手はコートを捲りシャツの上から胸を揉みます。
妻の息遣いを見て手はスカートの中に。
この頃になると妻の躯からは力が抜けてしまいAさんのなすがまま状況だったそうです。
妻の脚が左右に開かれていきます。
妻の淫汁はTバックのショーツまでも十分に濡らしています。
Aさんは、ズボンのジッパーを下ろし妻の頭をそこに押しつけました。
妻は一瞬躊躇したようですが、Aさんの力が緩むこともなく
Aさんの逸物を咥えフェラを始めたそうです。
Aさんはベンチの前を人が通ると、
「恵美子、今通った人が覗いていたよ」
と囁きます。
その言葉で妻は興奮するのか、Aさんを咥える口に力が入り
Aさんも興奮してしまったと言っていました。
Aさんは、妻のシャツのボタンを一個ずつ外します。
妻はAさんの為すがままにフェラをしています。
Aさんはボタンを外してしまうと、コートで隠しながらシャツを脱がせてしまいました。
さらにスカートまで。
とうとう卑猥な下着の上にコートだけの格好になってしまいました。
コートは着けていますが、その合わせ目はAさんの意図により少し開かれており
ある角度から見れば、コートの下は下着しか着けていないことは無論
トップレスの下ブラであることさえもがが分かってしまう状況です。
そこでAさんは携帯を持ち出し撮影しました。
カメラの閃光に驚いた妻が写真は撮らないようにとAさんに頼みましたが、
顔は写さないとのことで更にコートを開き撮影しました。
妻は顔を隠すようにAさんの股間に顔を押しつけフェラを続けます。
そしてAさんは、妻にこちら向きで自分を跨ぐ様指示し、人も行き交う公園で
挿入までしてしまいました。
初め恥ずかしそうに腰を使っていた妻が、快感を貪るように大きく腰を使い出したとき
6、7人の男性グループがベンチの方に向かって歩いてくるのが見えた為、
仕方なく行為はそこで中断し引き上げたそうです。
いったん二人は、車に帰りましたが、興奮は冷めません。
車に乗り込むなり妻の方からAさんの股間に貪りついて行ったそうです。
Aさんは又携帯で撮影します。
この頃になると妻のフェラ顔がはっきり写されていることさえ
妻は気にならない状況にあったようです。
妻には元々人に見られることで感じると言った素養が有ったのかも知れません。

パソコンへのメールには、公園で妻が下着姿でコートを広げAさんの股間に
顔を埋めている画像、Aさんを跨いだ画像、車の中でフェラする画像
が添付されておりました。
車の中のフェラ顔は、顔もはっきり写されており、妻を知るものなら
誰でも妻と分かるもので、その口に含まれたAさんの逸物は
確かに大きいものでした。
妻をAさんに取られてしまうのではないかとの心配もよそに
この画像を見ながら又自分でしてしまいました。
Aさんとしてもこのような体験は初めてだったとのことで大層興奮されたようです。そして、これがマゾと言うものではないかと。
Aさんは更に妻を虐めてみたくなり、又スカートとシャツを着けさせました。
今度はコートを羽織らせず、シャツのボタンは上から三つほど外させます。
白いシャツからは真っ赤のトップレスブラが透けて見えるどころか、
先ほどまでAさんに弄られ興奮した乳首はこれ以上なく隆起し
シャツを押し上げ、その形、色までも分かるような格好です。
Aさんは、若い男性店員が居るコンビニを探すとタバコの箱を見せ
妻にこれと同じタバコを買ってくるようにと指示しました。
私はタバコを吸いませんので、妻がタバコを買うのは初めてだったと思います。
Aさんが外から眺めていると、妻はカウンタに行きタバコを探しますが、
似たものが多く迷ってしまい、どれを買ったらいいのか決めかねています。
偶々他に客が無く、もう一人の店員も近づいてきました。
一人の店員が幾つかのタバコをカウンターに出し妻に選ばせます。
その間もう一人の店員は妻の胸を凝視していました。
妻は恥ずかしくなったのか、カウンターに置かれたタバコの一つを選ぶと
慌てて支払いを済ませAの元へ。
タバコはAさんの物と似ていましたが少し違っていました。
Aさんは換えてくるように指示し、妻は又コンビニの中へ。
今度は、二人の男性が初めから妻の胸を凝視しております。
コンビニからでた妻は、Aさんにビル陰に連れ込まれ
激しくキスと共に強く乳首を摘まれました。
妻は異様な興奮に自分で立っておられなくなりAさんにしだれ掛かるのがやっとでした。
車に帰り、股間に手をやると妻のアソコから溢れ出た淫汁は太股を伝って流れるほどでした。
今の妻は、どこに触れても感じる状況で、髪に触れただけでも
歓喜の声を漏らすような状況だったそうです。
この日は、時間も遅くなり帰りの道路際の空き地でカーセックスをし
妻は、娘のアパートに送ってもらうまで運転するAさんのペニスを
咥えていたそうです。

28日、Aさんは今日の昼には下着を着けずに待っているよう指示しました。
Aさんがアパートに行くと妻はワンピース姿ででAさんを迎え入れました。
キッチンに立つ後ろ姿に興奮したAさんがいきなり股間に手を入れると、
Aさんが指示したとおりショーツはなく、ソコは既に濡れており、
そのまま妻を押し倒し指でアソコをかき回しました。
妻の感度は日々めざましい発達を続けているようで、
全身を振るわせてAさんの刺激を待ち受ける妻の躯、これ以上なく勃起した乳首
妻の肌からにじみ出る汗。
Aさんは、妻を快感という鞭で虐めます。
妻の苦痛の様にさえ見える歓喜の表情は更にAさんを奮い立たせます。
「恵美子は俺の女なんだ。今日は虐めぬいてやる」
「どうだ俺に虐められてうれしいか?返事をしてみろ」
「ううっ、ああっ、もう逝ってしまいそう」
更に続く指の刺激。
「ああああ~~~~~~~~~~」
「もっとして下さいは?」
「あっ、ああああ~~~~もっと」
「もっと、なに?」
「ああああ~~~~~~もっとして下さい」
「そうか、これならどうだ」
Aさんは、指を2本挿入し強く掻き回しました。
「ああっ、だめ~」
Aさんは指の出し入れを早くします。
「あああ~~~~もっ、もっ~~~~ああ~逝くっ~~~~~」
なんと、妻はAさんの指による刺激で全身を振るわせながら
絶頂を迎えると共に、初めて潮を吹いてしまったのです。
妻は強い刺激に状況も分からない状態でしたが慌てたのはAさんです。
妻が咥えていたタオルを取り上げると、潮の飛び散った畳を拭きます。
又タオルを洗っては何度も畳を拭かれたそうです。
Aさんが畳を拭き終わった頃ようやく起きあがった妻はAさんのペニスを咥えます。
妻は恥ずかしさを隠すためか執拗にAさんのペニスを咥えました。
Aさんも興奮し思わず逝きそうになり
「恵美子、すごくいい、俺も逝ってしまいそうだ」
その言葉を聞いた妻は更に刺激を強め
とうとうAさんは妻に咥えられたまま射精してしまいました。
そして、妻はそれを一滴残さず飲み込んだそうです。
私のさえ飲んだことがなかったのに。
この日の事を記したメールには、裸で顔を隠すこともなく
カメラ目線でほほえむ妻の画像が添付されておりました。
妻は、裸で顔を隠すこともない写真を撮ることをAさんに許可したのです。
これはただの不倫などではなく
Aさんに全てを任せても良いという気持の表れのようで
妻が完全にAさんの女になってしまったような気がして
進んで出かけさせたはずが、一人取り残されたような気がしました。

夜、娘に電話してみました。
今、妻は入浴中とのこと。
会社の研修も順調にいっているようで明るい声です。
それとなくAさんの事を聞いてみると、とっても親切で良い人と言うだけで
妻との関係については気付いていないようです。
最後に娘は、
「明日からの土日、友達と伊豆に行く。」
と言っていました。
その後風呂から上がった妻から電話がありましたが、
その声はいつもの聞き慣れた声で、私の食事や着替えとかを心配し
何は何処何処に有るとか、野菜を食べるようにとかいつもの良妻の声でした。
しかし、期待した今度の土日に帰るといったような話はありませんでした。
女は怖い。
露出プレイから潮吹きまでしていながら。
今、どんな下着を着けているのでしょう?
また、自分でしてしまいました。
連日連夜のオナーニー、何年振りなんでしょう。
29日は朝からAさんよりの電話。
「奥様が此方にいらっしゃるのももう暫くでしょうから、この土日娘さんも
出かけられるとの事なので、もう少し奥様をお借りしたいのですが?」
いつもの丁寧な言葉遣いです。
ただ、私の中の嫉妬心から、Aさんの言葉が勝ち誇った男の
自信に満ちた声に聞こえました。
「もういいです。ありがとうございました」
そう言おうと思いながら、私の口から出た言葉は
「ええ、よろしくお願いします。妻が帰ったきたときの変わり様が
楽しみです。思い存分お願いします。」
でした。
「実は、今奥様の所へ向かっている途中なのですがが、今夜奥様をカップル喫茶に
お連れしてみたいと考えております、
私は妻とも何度か行ったことのあるお店で安心できますから、宜しいでしょうか?」
「ほう、カップル喫茶ですか?」
強がりで、見栄っ張りな私が居ます。
「はい、奥様は見られることで大層感じられるようです。それに少しですがマゾ気も。
他の人からの軽いタッチ等は有るかもしてませんが、抱かせるようなことはしませんので。」
「妻はどうなんでしょう」
「まだ言っていませんけど、頑張って口説きたいと思います。ご心配ですか?」
思っていた以上の進展に戸惑ってしまいましたが、
断り切れずに
「いえ、是非お願いします」
と言ってしまいました。
多くの他人に見られながらのセックス。
しかも不倫相手とのセックスを披露する妻。
妻の肌をはう幾つもの手。
又、嫉妬と興奮の戦いが始まります。
Aさんはアパートの向かっている途中と言っていました。
妻はどんな格好で出迎えるのでしょう。
私は折り返し妻に電話しました。
「もしもし」
妻の声は明らかに動揺しておりました。
Aさんが、もうすぐ訪ねてくるところへの私からの電話。
「どうしたの、何かあったの?」
早口です。
早く用件を済ませたいのでしょう。
「いや、ちょっと暇だったので」
ゆっくりした口調で話します。
「私、今から出かけるから」
「何処へ?」
「ちょっと買い物があって」
「後でもいいじゃないか?」
「近所の○○さん所が×××なんだって」
どうでも良い話をしながら時間を稼ぎます。
ピンポーン
Aさんがインターホーンを鳴らしたようです。
「あっ、誰か来たみたい」
「どうせ、新聞の勧誘か何かだよ。ほっとけよ」
「引っ越して来たのを知って新聞の勧誘に来たのなら
ドアは開けない方がいいよ」
ピンポーン
又、インターホーンの音
「じゃ、今夜又電話するから」
そう言って妻は電話を切りました。
今夜電話する?出来る訳がありません。
妻のあの動揺振り、きっと何時でも抱かれられる格好で、アソコを濡らして
Aさんの来訪を待っていたのでしょう。

この一日、一日千秋の思いとはこのようなことだと知りました。携帯を肌身離さず、パソコンのメールは随時チェック。
結局この日は、Aさんからも妻からも連絡は有りませんでした。
Aさんから連絡があったのは、翌30日の昼前でした。
とっても素敵な思いをさせてもらって感謝している。
前日は色んな事があったので、パソコンのメールでお知らせするとのことでした。

また、Aさんからのメールを元に書かせてもらいます。
Aさんは妻をドライブに誘いました。
妻は元々5泊6日のつもりで出かけていましたので、
服装もそれほど持って行っておりませんでした。
妻が、服が買いたいと言い、Aさんはデパートに案内しました。
デパートではまるで夫婦のように妻の服を選びます。
Aさんは妻がどちらかと言うと地味な服ばかりを選ぶので
思い切って派手目の服を選ぶように勧めました。
妻は、46歳ですが、元々童顔で目が大きいものですから
今でも30代に見られることもしばしばです。
結局、妻はAさんの勧めもあって、少し丈の短い派手目のワンピース、
スカート、シャツを購入しました。
妻はAさんに言われ先日頂いた真っ赤の下着とガーターベルトを持参しており
更衣室でこの下着を着け、購入したシャツとスカート着ました。
更に妻はこの服装に合う靴も購入しました。
日頃節約屋の妻にしては珍しいことです。
Aさんに気に入って貰いたいの一心だったのでしょう。
その後、Aさんは妻を化粧品売り場に連れて行き
妻に派手目のメイクをほどこして貰いました。
余談ですが、ここで購入した化粧品はAさんがプレゼントして下さったそうです。
このときの格好は、メールに添付されておりましたが
妻がびっくりするほど、大人の色香漂う洗練された女性に見えました。
デパートで昼食を摂り、ドライブです。
ドライブ先では二人仲良く夫婦のように腕を組みながら歩きました。
私たちの田舎では、これだけでもなかなか出来ないことです。
ドライブからの帰りAさんは高速道路を使います。
高速道路に入るとAさんの手は妻を運転席側に引き寄せます
妻は、Aさんの左腕に頭を預け、甘えます。
暫くすると、Aさんの手がシャツの上から胸を這います。
Aさんの軽いタッチに、デートの仕上げのような甘味な快感が妻を包みます。
しかし、Aさんの目的は違います。
シャツのボタンが外されていきます。
妻は、その行為を恥ずかしそうに見ていましたが、
シャツから乳首が飛び出ていないことを確認すると静かに目を閉じます。
開かれたシャツの中に指が入り乳房を軽く揉みます。
夕方とは言えまだライトを灯さない車もいるような状況でしたが、
走行車線を走っており、妻もその行為に任せます。
妻の息遣いが大きくなった頃、Aさんはボタンを又外し出しました。
乳首がシャツから飛び出したことを感じた妻は、シャツを閉じようとしたため
Aさんはダッシュボードからサングラスを出し着けさせ
目を閉じているように言います。
このサングラスの効果が良かったそうです。
少し安心した妻にシートを少し倒させるとシャツを広げ乳首を刺激します。
指先で転がすような愛撫に妻の乳首は大きく勃起し、
息遣いは先ほどにもまして大きくなります。
それを確認したAさんは一気に車のスピードを上げ
追い越し車線に入り、大型トラックに追いつくと並走させました。
左手は相変わらずシャツから飛び出した乳首を揉んでいます。
「恵美子、目を開けてごらん。」
「・・・・いやっ」
トラックのドライバーと顔が会った妻は慌ててシャツを閉じます。
Aさんはクラクションを鳴らし、トラックを追い越していきます。
トラックがそれに応えるかのように二度クラクションを鳴らしました。
「恵美子、聞いたかい。お礼のクラクションだよ」
「Aさん止めてください。」
「いいじゃないか、今日の恵美子は普段と化粧も違っているし
サングラスも着けているから知り合いでも見違えてしますよ。
妻はルームミラーを使って今の自分の顔を確認します。
少し安心したようで、又シートに背を着けます。
それから、Aさんは何度か大型トラックと並走しては妻の乳首を
晒し続けました。

高速を下りレストランへ。
妻には少しワインを勧めます。
妻は高速道路での行為で蓄積し爆発しそうな欲望と、ワインで目も虚ろな状況に
成ってきていました。
食事を終えると車をホテルに乗り入れます。
ホテルのエレベーターでは妻の方からAさんの唇を求め
ドアが開きアベックとすれ違ってもAさんを離そうとはしなかったそうです。
部屋にはいると妻はAさんをベッドに押し倒し
ファスナーを下ろすとAさんの逸物を激しく咥えます。
執拗なフェラだったようです。
しかしAさんは只フェラを楽しむだけで手を出しません。
暫くしてAさんは風呂に入るように指示します。
Aさんは、妻が洗い終わった頃を見計らって浴室へ
待っていたような顔をする妻を無視し手にボディーソープを
取ると泡立てそれを妻の股間に押し当てました。
そして妻をバスタブの縁に腰掛けさせ脚を広げさせると
備え付けのカミソリを取り出し、アンダーヘアーを剃り出しました。
「えっ」
「Tバックからはみ出る部分を整理してやるよ。これで恵美子の魅力も増すし、
俺の舐めやすくなるからね」
恥骨部分の処理が終わったカミソリはアソコの周りに進みます。
Aさんの指がアソコに触れると
「あっ」
妻から声が漏れます。
あそこが今日一日待っていたAさんの指です。
Aさんは構わずカミソリを動かします。
妻のアソコからは淫汁が溢れ出し非常に剃りにくかったそうです。
剃り終えたAさんは妻の期待を裏切るかのようにシャワーを使うと
浴室を出て行きました。
浴室を出、デパートで施されたような化粧をした妻は
ベッドに横たわりテレビを見ながらタバコを吸うAさんにしなだれ掛かります。
「きれいだ。とっても素敵だよ」
恵美子の髪を撫でます。
恵美子の手はあたかも当然の様にAさんの股間に伸びます。
タバコを消したAさんの唇を妻の唇が塞ぎます。
Aさんの股間が力を漲らせてきているにもかかわらず
髪を撫でるだけの行為にいらだつ妻はフェラを始めます。
暫くすると、Aさんは脚を持ち顔を妻の股間に持って行きました。
妻が上になった69です。
妻は懸命にフェラを続けますが、Aさんの唇は一向に
妻の股間を舐めようとはしません。
妻の腰を高くさせアソコを両手で開いては凝視しているだけです。
妻の淫汁がクリ・・スを伝ってAさんの顔にに落ちます。
「うっ」
「うっ」
逸物を咥えた妻の口からため息のような声が漏れます。
時には逸物から口を離し、腰を振りながら
「ああっ~」
と言っては、Aさんの顔にアソコを擦りつけようとしますが
Aさんがそれを許しません。
妻は極限状態です。
いきなり妻を下ろしたAさんは、妻に出かけると言い、下着を着けずに
ワンピースを着るように言いました。
このときの妻の期待を裏切られた落胆振りはとても可愛く
つい押し倒したくなるほど淫靡だったそうです。

ホテルを出たAさんは妻を大人のおもちゃ屋さんに連れて行きました。
店には、二人のお客がいました。
Aさんと妻が店に入ると妻に視線が集中します。
主はず顔を背ける妻。
Aさんは妻の腰に手を回しながら店舗内を一回りすると
店主に説明を求めます。
ローションの所では、
「恵美子にこれは必要ないね。濡れすぎるくらいだから」
バイブを手にしては、
「どの形が売れているの?」
中指と人差し指を出しては
「恵美子はこの二本で潮を吹いちゃうんだけど、どの大きさがいいかな~」
「結構狭い方なんですね。この辺の物なんか如何ですか?」
「恵美子、でどう?」
バイブを取り妻の顔先に突き出します。
妻は顔を赤くして下を向くだけだったそうです。
Aさんは、とことん妻のマゾ気を引き出してみたいと思ったそうです。
「恵美子が好きなのを買うんだから選んでよ」
店主の視線、時々突き刺さるように妻を見る二人の客の視線
妻は恥ずかしくてなかなか選ぶことが出来ません。
「もう、これを試したくて濡らしているんじゃない?」
そう言いながら、下着を着けていないワンピースの裾を持ち上げます。
妻は思わずそこに座り込んでしまいましたが、
それが返って、お尻をさらけ出すこととなり
お客達にも下着を着けていないのが見えてしましました。
妻は仕方なく、一本のバイブを手にします。
選んだと言うより、恥ずかしくて手に付いた一本を取ったという状況だったそうです。
「ほう、一番長そうなのを選んだね。じゃあこれを」
結局Aさんは黒いレースの下着セットと、同じく黒のガーターベルト、ストッキング
バイブレターを購入し、下着を付けていない妻に更衣室で今買った下着を着けさせました。
店を出たAさんは妻をタクシーに乗せ移動します。
タクシーが止まったのは小さなビルの前でした。
エレベーターで上がり受付を済ませ店員の案内でボックスに向かいます。
ボックスには二人には十分すぎるソファーがありました。
妻は、ちょっと違った飲み屋さんだと思っていたようです。
Aさんも上手く妻をカップル喫茶に連れ込めるものか心配されていたようで
ボックス席に座ったときには無表情ながら万歳したとのことです。
Aさんは手を妻の腰に回し雑談を続けます。
時折店内には女性のあのときの息遣いが聞こえます。
「Aさんここはどう言うお店ですか?」
妻も何となくおかしい店内の様子に気付いたようです。
そのうち隣のボックスに30歳を過ぎたくらいの男女が案内されました。
隣のボックスとの間はレースのカーテンが下げられており
店内は薄暗い状況ですが、目が慣れた今
ハッキリと隣の人の顔まで確認することが出来ます。
店内では女性の物であろう女性の吐息が幾つか聞こえるようになりました。
暫くすると隣の二人はキスを始めました。
男性の手は女性の胸を揉んでいます。
「恵美子、隣を見てごらん」
Aさんが耳元で囁きます。
隣を見た妻は恥ずかしくなり身を屈め目を反らそうとします。
Aさんお手がそれを許しません。
Aは隣に顔を向け震えているだけです。
Aさんは妻のワンピースのファスナーを下ろします。
妻はそれに気付くどころではありません。
ファスナーを腰まで下ろしきったAさんは
ワンピースを一気に下ろします。
「きゃっ」
驚いた妻の声はAさんの手に塞がれ大きな声には成りませんでした。

妻はAさんに抱きつき胸を隠そうとします。
Aさんはそんな妻にキスをしながら背中を撫で妻の緊張をほぐしました。
暫くするとブラジャーのホックを外します。
一瞬緊張した妻の顔を隣のボックスに向けさせます。
隣では女性が既にショーツ一枚になり乳首を咥えられており
その手はズボンから出された男性の逸物を扱いていました。
時折女性の大きな吐息が聞こえます。
Aさんは妻を自分の方に向かせると乳首を含みました。
「あっ」
朝から焦らされて満たされることが無く
妻の体内に蓄積された欲望が一気に点火しました。
Aさんの手は妻の背中から臀部に下がりTバックの上からアソコをさすります。
「ああっ」
もう隣の女性の声に負けていません。
Aさんはズボンを下ろしフェラをさせます。
Aさんはフェラをさせながらも、その手は全身を這い回ります。
ソファーの上に屈みフェラする妻のアソコはTバック一枚に守られながらも
隣のボックスに向いているのです。
隣の男女が休んで此方を覗いています。
Aさんと隣の男性が目配せし、男性の手が妻の尻に伸びます。
徐々にAさんの手が妻から離れ、隣の男性の手が妻の躯を這い回ります。
男性の手がTバック越しのアソコにに届いたとき
「あっ」
その時やっと妻は気付いたようです。
逃げようとする妻でしたが、Aさんにより股間に頭を押さえつけられた妻は
男性の指から逃げることは出来なかったそうです。
見知らぬ男性にアソコを触られながらフェラをする妻。
私が最も見てみたいシチュエーションですが、さすがに店内での
撮影は出来ないようになっているそうです。
執拗にTバックをなぞる男性の指、のどを突き上げるAさんの逸物、
乳首はAさんの手で強く揉まれます。
「あああっ」
「ああっ~~~~~ああ逝く~~~」
とうとう妻は二人の男性によって逝かされてしまったそうです。
異様な雰囲気で妻が振り向くと、もう一組のカップルが
ボックスの入り口から覗いていました。
しかし、妻はもう肌を隠す気力もありませんでした。
Aさんに促されシャワーを使った妻とAさんがボックスに帰ると
「あちらに行ってみませんか?」
と、隣の男性から誘われました。
隣のカップルに案内されるように狭い通路を通って行くと
そこには広い部屋があり既に2組のカップルがおり
お互いを貪りあっていました。
Aさんは妻が初めて見るシーンに慄 いていたため部屋の隅に陣取りました。
妻は今まで私しか知りませんでした。
それがAさんとこうなったばかりか、
今、セックスしている男女を目の辺りにしているのです。
きっと大きな驚きだったでしょう。
「あっ、あっ、あっ」
女性からは断片的で切なそうな歓喜の声が。
Aさんは妻の巻いていたバスタオルをはぎ取ると
乳首を摘みます。
「あっ」
妻からも声が漏れます。
「ああああ~逝く~」
中央の女性が1回目のアクメを迎えたようです。
Aさんの手は妻の股間へ。
シャワーを使ったばかりというのに妻のアソコはこれ以上なく濡れておりました。
Aさんは妻を一組の近くまで連れて行きます。
その男性が、繋がったあの部分を妻達に見せるような体位を取ってくれます。
女性に出入りする男性、それに纏わり付く白濁した淫汁、
そして淫汁がもたらす卑猥な音
「恵美子見てごらん。僕たちもあんなにして繋がるんだよ」
そう声を掛けながらアソコを触ると止まることを知らないように淫汁がわき出てき
妻の躯は震えが止まらない状態だったそうです。
Aさんが男性と目を合わせ、Aさんがその女性の乳房を愛撫し出しました。
「ああああ~~~~~~逝くっ」
隣の女性が逝きました。
するとAさんは妻を上にして挿入します。
繋がったアソコは隣のカップルからはハッキリ見えています。
「恵美子、僕たちが繋がっているのを見られているよ」
妻はAさんにしがみついているだけでしたが、
Aさんが腰を動かすのを止めても妻が腰を揺すっていました。
今度は隣の男性が、手を出して良いのかAさんの表情を伺います。
男性達は妻の胸をを触り始めたそうです。
妻の声が大きくなります。
「ほら、恵美子は僕とセックスしながら、知らない男性にオッパイ揉まれてるね」
「ああ~~~、私もう」
もう状況が確認できない状態だったのではないでしょうか。
Aさんの腰使いがスピードを増します。
「ああっ、うううっ~~~~逝くぅ~~~」
こうやって、妻のカップル喫茶体験は終わったそうです。

主人の友人

主人の友人Tさんと私がそんな関係になったのは、出張中の主人に代わって知り合いのお通夜に私が参列したのがきっかけでした。

参列後、知人数名で食事をする事になり、その席でTさんと一緒になりました。

Tさんは主人の友人だという事もあって、私はTさんの隣に座り、Tさんから主人との昔話を色々と聞いていました。

Tさんからビールをお酌された私は、あまり飲めないからと断りながらも、上手にTさんに勧められ、何杯かのビールを飲みほろ酔い気分になっていました。

Tさんも飲んでるものだと思っていたら、Tさんの飲んでいたのはノンアルコールビールで、帰り車で送ってくれると私に言いました。

いくら主人の友人といっても、お酒も飲んでるしそれは不味いと思い、タクシーで帰るからと何度も断りましたが、Tさんはどうせ帰り道なんだから遠慮しないでと言って、半ば強引に私を車に乗せ、結局私はTさんの車で送ってもらう事になりました。

Tさんのお洒落な車に乗せてもらった私は、スピーカーから流れていた大好きな曲に思わず口ずさんでいました。

Tさん『この歌好き?』

私『うん、大好き』

Tさん『僕もこの曲大好きなんですよ』

私『うん、メロディがいいですよね、何か聞いてて心地よくなっちゃう』

Tさん『じゃあこれは?』

そう言って別のアルバムのジャケットを見せたTさんに、

私『わぁ、それも大好き、何か趣味合いますね』

Tさん『聴きます?』

私『わぁ聴きたい、でも聴いてる時間あんまりないね』

家までもう数分という所で、Tさんは
じゃあちょっと遠回りしちゃいますか?と車を帰路から外しました。

私『いやそんないいですいいです、Tさん帰り遅くなっちゃう』

Tさん『ちょっと位大丈夫ですよ、この曲聞く間だけドライブしましょう』

そう言うとTさんは勝手に帰路とは大きく外れた湾岸線に車を乗せて車を走らせました。

Tさん『ドライブなんて久しぶりです』

私『私も』

Tさん『S(主人)とはたまにドライブしたりしないの?』

私『しないよ、だって忙しいし…』

Tさん『そうだね、結婚したらしないよね、うちも嫁とドライブなんかしないなぁ』

私『うん、しない』

Tさん『でもタマにはいいんじゃない、何かドキドキ感があって』

私『うん、でも奥さんに悪いわ』

Tさん『俺もSに悪いことしてるのかなぁ?
でもちょっとだけならいいよね』

私を乗せたTさんの車は、湾岸線を海に向けて走り続け、私は引き返すきっかけを自分から作れずにいました。

ほろ酔い気分で聴く心地よい音楽に、私は心からリラックスしていました。

ドライブなんて何年振りかしら…

というか、夫の友人とふたりで夜のドライブなんかしてていいの?

そんな思いが沸きあがると、私は急にドキドキしだし、Tさんに引き返してもらう言葉を探していました。

急に無口になった私に気づいたTさんが、

『何かドキドキするね』

と言い、そう言いながら突然私の手を握ってきました。

私はその手を払い

『ダメですよ』

と言いました。

『もうそろそろ引き返しましょう』

私がそう言うとTさんは、

『もう着きます、ほら』

Tさんがそう言うと、目の前に海が見えました。

私『わぁキレイ』

ライトアップされた海岸線に思わず私はそう言い、その景色をしばらく見つめました。

Tさん『タマにはこんなドキドキも必要じゃないですか?』

海岸線に停めた車の中で、Tさんが再び私の手を握ってきました。

私『ホントにダメですよ』

Tさん『ドキドキします?』

私『そりゃしますよダメです、ここまでです』

そう言って何度も手を払おうとしますが、Tさんは離してくれません。

仕方なく諦め、Tさんに手を握らせていると、Tさんは指と指を絡めた恋人握りをし、

『やっぱりドキドキしますねぇ、でもいいじゃないですか人生で一度位こんなドキドキがあっても』

私『ドキドキさせ過ぎですよ、心臓に悪いからもうこの辺で』

私のそんな言葉を無視するかの様にTさんは私の手を引き、私の体を引き寄せました。

私『あっ、ダメですって、ホントにもう…』

Tさんは私の肩を抱き、いきなり私の唇を奪いにきました。

寸前の所で何とか身を交わした私でしたが、強く抱きしめられると、ふと気が緩み、その瞬間Tさんの唇が私の唇に重なりました。

ふと気が緩んだのは、夫から強く抱きしめられるという事がなくなり、私の中にそれを求める秘めたるものがあったからかもしれません。

Tさんは私を力一杯に抱きしめ、キスをしてきました。

最初は激しく拒んでいた私も、強く抱きしめられキスをされると一気に気が緩んで、自然にTさんのキスに応えていました。

唇を割って差し込まれたTさんの舌を受け入れ、私は激しいディープキスをTさんとしていました。

海岸線に停めた車の中、私とTさんは激しいディープキスを延々としていました。

これ以上は絶対にダメ…

私は自分にそう言い聞かせながら、Tさんとキスをし、Tさんのキスに酔っていました。

結婚してから夫以外との初めてのキス

その興奮は言葉で言い表せないほど、激しいものでした。

キスをしながらTさんの手が私の胸に伸び、乳房に触れても私はそれを止める事が出来ず、私はされるがままでした。

車の中で私は乳房を露にし、その乳房にTさんがしゃぶりつき、舌で乳首を舐められると、私はその感度で大きく身を仰け反らせていました。

Tさんの手が下半身に伸びた頃には、私は恥ずかしい位に下着を濡らしてしまっていました。

Tさんはそれを確認すると、私の顔を見て薄笑いを浮かべ、

『凄い濡れてるよ』

と意地悪な言葉を私に投げかけました。

Tさんは私を辱しめる様に、ピチャピチャ音を立てて下半身を責めて、私の愛液がTさんの車のシートを濡らしました。

Tさんは私を全裸にすると、両足を抱き上げた恥ずかしい格好で私の陰部を舐め続けました。

私はTさんのその舌で何度も逝き続け、私のその感度にTさんは驚いていました。
Tさん以上に私自身が自分の感度に驚き、自分がこんなに濡れるんだという事を知りました。

Tさんは私を何度も逝かせた後、自分のペニスを私に握らせました。

Tさんのペニスは夫よりもかなり大きく、こんなに差があるものなのかと私は驚きました。

というより、Tさんのペニスが人並み以上に大きいというのを後で知りました。
(20センチ)

私はTさんのペニスをしばらく手でしごいた後、自分から口でしてあげました。

顎が外れそうになる位の大きなペニスを 、私は必死で舐めて大きくすると、Tさんは私の両足を抱え上げ、そのペニスで私を貫きました。

激しく腰を使うTさんに、私はその最中にも逝き続けていました。

Tさんは私の胸に射精をすると、逝った直後のペニスを私に舐めさせました。

普通なら絶対に嫌なはずの行為ですが、その時は不思議に嫌じゃなく、むしろ自分からそうしてあげたいと思いました。

全ての行為を終え、気持ちが覚めた時、私は急に恥ずかしくなって、慌て下着を履き、着衣を直しました。

私のそんな様子にTさんは可愛いと笑いました。

最後にまた長いディープキスをして、Tさんは家路に向けて車を走らせました。

家路に向けた車の中、私の体はその余韻で火照ったままでした。

Tさんは車を運転しながら私の足を摩り、

『キレイな脚だね』

とお世辞を言い、そのままスカートの中に手を入れてきました。

余韻が残る部分にTさんの手が伸び、イヤらしく触り始めると私は敏感に反応し、シートに身を仰け反らせました。

Tさんは私の両足をシートに上げて、両足をM字に開くと、その中心をイヤらしく指で摩りました。

『あっ…ダメっ…』

Tさんの指で、私は下着をまた濡らしました。

Tさんは私に下着を取る様にと言いました。

私はTさんに言われるまま、走る車の中、パンストとパンティを一緒に脱ぎました。

Tさんは、下着を取った私を改めてM字開脚させると、運転しながらまた私の下半身を責め始めました。

下半身丸出しの恥ずかし過ぎるポーズに、私は羞恥心を掻き立てられながら、Tさんの愛撫を受けていました。

対向車や隣の車線の車が気になり、足を閉じる私の足を、Tさんはその都度またイヤらしく開かせました。

運転しながらTさんは、ズボンのベルトを外しファスナーを下ろして、ペニスを出し、私に舐める様に言いました。

私はTさんの股間に顔を埋めて、ペニスをくわえフェラを始めると、私の口の中でそのペニスは硬く大きなモノになりました。

Tさん『どう?気持ち良かった?このオチンチン良かった?』

私『うん…』

Tさん『このオチンチン良かったの?じゃあ、もっと喉の奥までくわえて気持ちよくしてよ』

私『うん…ハァハァ…』

Tさん『また入れて欲しい?』

私『うん…でも怖いよ』

Tさん『何が怖いの?』

私『バレたら…』

Tさん『バレない様にすればいいじゃん』

私『いつかバレるよやっぱり怖い…』

Tさん『じゃあ、もうしないの?』

私『…。』

Tさん『俺はもっといっぱい色んなことしたいな、これもっといっぱいこの穴に入れたい』

私『ああっあっ…』

Tさん『ほらもっとイヤらしく舐めて、逝かせよ口で』

私『うっうっグっ』

Tさん『旦那のもやってあげてるんだろこの口で?』

私『あまりしない』

Tさん『どうしてしないの?』

私『あまり好きじゃないから…』

Tさん『でもこのオチンチンは好き?』

私『うん…』

Tさん『旦那のオチンチンとこのオチンチンどっち好き?』

私『うん…こっち』

Tさん『そうだろ、この体もう俺のモノだな

男の子とトイレで

ある日某スーパーで万引きをしている男の子がいました。
その子はそのままトイレに行って個室に入っていきました。
それで出てきたところで「万引きしたよね」って言ったら
「ごめんなさい親には言わないでください」って言うので
「じゃあ俺の言う事聞く?」と言ってそのまま一緒に個室に入りました。
そしてチンコを出して「舐めて」と言って舐めさせました。
そのまま気持ちよくなったので男の子のチンコを舐めてみたら勃起したので
「オナニーって知ってる?」と聞くと「知りません」と言うので
「オシッコ以外になんか出たことは?」と聞くと
きょとんとした顔で「無いです」と言ったので初を貰おうと激しくフェラ
すると「何か出そう」と言うとピュッと精子が出てきました。
それをみせてあげて精子のことなど教えてあげました。
「今度は君がやって」と再びフェラをさせました。
そしておもいっきり精子を出し無理やり飲ませました。

媚薬で取引先の女の子に中出し!

会社の取引先の女の子と話した。ちょくちょく会うんだけどまともに話すらしたことなくて、ちなみに気にも止めてなかったんだけど・・・。
ちょうどその時会社内で結婚適齢期の話になった。

「結婚は早くした方がいいよー。だってさ、年取って子供育てるのって大変ジャン」
「そうですよね、私も早くしたいんですけどね。奥さんいくつなんですか?」
「26歳。今2人目生まれたばっかだよ」
「ええー。じゃあ、私の年でもう出産してたんですか!」
「あれ?何歳なの?」
「今25です」
「嫁さんの1個したかぁー」
そんな会話をしているうちに彼氏いないの?なんていう会話になっていった。
「一応はいるんですけど遠距離だし、出身も学校も他所だから友達もいなくて・・・」
「じゃあ、男でも女でも友達紹介してあげるよ」
それがきっかけで会う度に会話するようになった。
話しているうちに結構いい女かもと思っていった。背は150くらいで顔もかわいい。
こんな子誰かに紹介してヤらせるのももったいないなぁ。と思った結果、
その前に味見してみようと計画を立ててみた。

まず、どんな子か分からないと紹介もしにくいから、1回一緒に飲みにでも行こうよと誘ってみた。
その子(ゆかり)は何の疑いもなく、ひとつ返事で誘いに乗った。
おれはネットで液体の媚薬を購入。Xデーのために準備をした。


Xデー当日、午後7時待ち合わせをしてごくごく普通のバーで飲みながら彼氏との様子愚痴などや仕事の話など、いかにもふつうな会話をした。

「彼氏は大学院に進み、司法試験のため勉強中。遠距離だから年に数回しか会えない」
「連絡もあまりしないし、付き合っている感覚はあまりない」そんな話を聞き、
(最近してないんだ。ムラムラしてるんだね)と心の中で返事しながら「そっかー」なんて答えてた。

カクテルは飲みやすいものを中心に教えたり、おれのオリジナルカクテルなんかも飲ませてみたり極力酔いやすく、飲みやすく仕向けた。

そろそろほろ酔いになったかな?という頃、ゆかりがトイレに立った時、最終の媚薬攻撃をしかけた。

この媚薬は無色透明の液体。飲み物に混ぜれば絶対気づかない。
それを一本入れてゆかりの帰りを待った。
しっかり飲み干すのを見守ってから、その後甘いカクテルを飲ませその店を出た。

薬を飲んでからはゆかりの様子がおかしかった。
飲んで10分した頃なんだかそわそわし出して、落ち着きがなくなった。
でも、おれはくだらない話を長々と続けた。

「なんかすっごく酔ってきたみたい」
ゆかりのその言葉で、「おれもだwじゃあ出ようか?」と切り出したのだが、ここからが本番。

おれはタクシーをつかまえ、ゆかりの家まで送った。酔ったふりしてゆかりにもたれかかったり太ももに手を乗せたり、いかにも誘っている風に演じた。
当然ゆかりはモジモジするが嫌がらない。

家に着き、タクシーから降りるともうまともに立っていられなくなっていた。
「そんなに酔ったの?しょうがないなぁ部屋まで送るよ」そう言ってゆかりの部屋に入り、ベッドまで連れて行った。
「はあー」とゆかりはため息をついて横になる。

おれはキッチンへ行って水を持ってくる。媚薬をもう一本入れた水。
それをゆかりに飲ませると、「じゃあね、帰るから。またゆっくり話そうね」
そう言って部屋を後にした。

外で待つこと30分。おれはそっとゆかりの部屋に戻り、
「ごめん、もう寝てる??忘れ物しちゃった」と入っていった。

そこにあったゆかりの姿は・・・・下着を脱ぎ捨て自らの手で股間を慰めている予想通りの姿だった。

ゆかりは「えっ?!」というと布団の中にもぐりこむ。
「あ。ごめんね。財布をベッドの下に忘れたみたいで・・・」

気まずそうなふりをしてベッドの下を探す。ゆかりは当然、身動きすらできない。

静かな部屋の中ではゆかりの息遣いだけが聞こえる。
「ねぇ・・・見たよね?」ゆかりの問いに
「うん・・・見ちゃった。でも・・・きれいだったよ」
「えっ・・・」
「もう、おれ我慢できない。いいよね?」
そう言うとゆかりの返事も待たずにベッドの下から潜り込んだ。

「え、え。」
そんな言葉だけの抵抗はあったものの、目の前にある足を触っただけでHな声に変わっていった。

足から太ももを伝い、へそへ行き服を徐々に脱がせながら胸へと責めあがる。
布団の中は汗と愛液で甘酸っぱい香りが充満していた。
ゆかりはただただそれに耐えるだけ。服を脱がせ、ブラだけにさせるとおれは布団から顔を出し
「ゆかりちゃんが、Hだったから我慢できなくなっちゃった。今日だけいい?」
「でも、奥さんが・・・」
「今日だけ」そう言って首筋に吸い付いてやった。

風呂に入っていない。歯も磨いていない。そんな状況でのH。行き当たりばったりのふりしたH。

媚薬でHしたいばっかりになっているゆかりには、おれを受け入れるしかなかった。

首筋やうなじを攻めながら、胸に手をやりブラの上から刺激する。体の割には胸は大きい。

ゆかりはそれだけで今にも逝きそうな反応をする。2回の媚薬ですでに体は出来上がっているだろう。

しかも、自分でもしていた。前戯なんて必要なかった。
ブラを取りながら「いつもしてるの?遠距離だからさみしいの?」といじめてみる。

「ちが・・。今日はおかしかったの・・・してないよ。信じて・・・」

おれはふくれあがった胸の先端を指ではじく。

「ああぁん」

布団を剥ぎ取り、全裸になったゆかりをまじまじと見つめた。

「かわいいよ」

「やだ・・・はずかしい」

おれは服とズボンを脱ぎ捨ててゆかりに抱きつく。
肌のぬくもりとその感触だけでゆかりは声を出す。

胸を執拗に攻めるおれ。舌と指とで両方を愛撫する。少し攻めただけで、ゆかりは逝ってしまった。
声も大きいwきっと隣に丸聞こえだろうなと思いながら、次に下を攻めることにした。

もうそこは大洪水だった。シーツまで濡れてた。ぬるぬるしてて穴がどこか分からないくらいだった。

クリに触れただけで、「はうぅ」という。

「もう。おねがい。欲しいの」

もう、最初の媚薬投入から4時間が経っている。これだけムラムラし続けたらおかしくもなるな。

でも、「だめwまだ、おれのに挨拶してないじゃん」
我慢汁でしみだらけになった最後のパンツを脱ぎ、ゆかりの目の前に持っていく。

ゆかりはそれを両手で受けると、何も言っていないのにパクッと咥えた。

「おおー、かわいい顔してよくわかってんじゃん」ゆかりのフェラは上手だった。

口いっぱいにほおばって、舌が中でまとわりつく。嫁よりも上級技だ。
恋人でもないかわいい女にフェラさせる満足感に浸ると、
「じゃあ、入れてあげる」

おれは仰向けになったゆかりの両足を抱き上げると、あふれた愛液に覆われている入り口にあてがった。

しかし、まだ入れない。入り口の周りを先っぽでこする。

「ああん。じらさないでおねがい」

「だってさ、おれ奥さんも子供もいるんだよ?入れたらまずくない?
ゆかりちゃんがどうしてもって言うなら、しょうがないけどさ・・・」

「ええー。おねがい。お願いだから欲しいの・・・入れてください」

「しょうがないなぁ・・・じゃあ、入れるよ?」

「うん」

おれは、照準を合わせると勢いよく・・・抜いてクリめがけて滑らせた。

「ああああーーん。」

不意をつかれてクリに刺激がいったゆかりはまたまた逝ってしまった。

「はぁはぁ。もーー。お願いだから入れて?」

「ホントに欲しいの?じゃあさ、自分で入れなよ。おれが横になるから。」

そう言って場所を替わる。上を向いたおれのチンコにゆかりはまたがり、右手に持って自分のマンコにあてがった。

そして、自ら照準を合わせ腰を下ろした瞬間、
おれは腰を大きく上に上げてゆかりのマンコに迎え撃った。

両方からの力が加わり、勢いよくそしてゆかりの奥深くに突き刺さった。

「ああああああ」

普通に入れても逝ったであろう状況なのに、不意をつかれて突き上げられたゆかりは身動きすらできずおれの胸に倒れこんだ。

ちいさいゆかりにとって子宮口もそんなに奥には存在しない。
深く突き立てれば、ゆかりの膣に余裕はないはずだ。

「あーあ、入れちゃった。もう、戻れないよ?」

そう言って腰を振るおれ。倒れたゆかりの腰を持って上下前後に振り動かす。
「あああ。あああ」 あ しか言えないゆかり。
ゆかりは小さい女だったから当然軽かった。
腰に乗せたまま、起き上がると駅弁スタイルになれた。
おれの首に手を回しぶら下がったゆかり。全体重は結合部分にのしかかる。
おれが動くたびにゆかりの奥深くを刺激する。

「あふぅ。いくーいくー」と叫ぶことしかできず、
淫乱になってしまったゆかりは手にも力が入らない。すぐに手を離し、そのままベッドに倒れこんだ。

結合したまま、仰向けのゆかりをうつ伏せに回転させると
バックスタイルの体勢でゆっくりねっとり攻め立てた。
ゆかりはすでに何度も逝って意識朦朧としている。

「あ」とか「う」しか口にしていなかった。話しかけても会話にならない。
おれはゆかりのマンコから出て、べっとりとまとわりついている
白い本気汁を指に取るとゆかりの肛門に塗りつけた。

さらにもう一回指にとり、肛門に人差し指を押し入れる。
ゆっくりゆっくり奥まで入れると、薄皮越しにおれのチンコの感触がわかる。
チンコを抜くと指を奥に。指を抜くとチンコを奥に。
交互のピストン運動にゆかりは獣のような声を上げる。常に逝きっぱなしの状態のようだ。

「生理いつごろ?」
「え・・・?」
「生理」
おれはいよいよ来るであろう排泄場所の確認をした。

「生理は・・・そろそろ・・・くる頃だと思う・・・よ」
ぼーっとしながらもゆかりはやっと答える。

「じゃあいいね。一緒に気持ちよくなれるよ」
そう言うと一旦マンコから抜き体勢を変える。

ベッドの中心にゆかりを横向きに寝かせると、片足を持ち上げ側位の姿勢で再挿入した。
側位はおれが一番得意な体位。自由が利くし、奥深くまで侵入できる。

その姿勢でゆかりの奥を衝き立てる。チンコの先が奥の子宮口に当たっている。
またすでにゆかりの意識はない。首を振りながらはげしい息遣いでおれの攻めを受けている。

マンコから完全に抜き、そして一気に行き止まりまで押し進む。
時には半分まで、時には入り口までしかいかない。
じらしながら攻めると、子宮口に届く度にゆかりは逝っている。

「あーいぐー。あーあー。いぐー」

もうすでにいつものゆかりではない。
理性のない本能だけのオンナ。おれは完全に堕としたことに満足した。

「じゃあ、そろそろ本気になるね」
そう言って、体勢を整える。

充分逝かせたおれは、後は自分がイクためだけのSEXをする。
何度も逝ったオンナは必ずこの最後の攻めで本当の自分を知る。

おれはゆかりの片足を片腕に抱くと、ゆっくりそして次第にスピードを上げ、今までにない速さと勢いで子宮を突き、ゆかりを悶絶に導く。

「ひあ、ひーん。あぐ、ぐうぅー、ひふ、ぅーう」

ゆかりの声と、体がぶつかる音、ベッドがきしむ音が同じタイミングで部屋中に響く。

「あー。いきそ。いくよ?中で出すからね」
「ひぃっ、ひふぅ、う、んっ」
その返事にさらに勢いが増す。

「ひっ。ひっ。ひ、ひ、ひ」
「いくぞーっ!」
「ひーーーーーぅ」

ゆかりの奥で放出するため腰が自然と前に突き出される。
と同時に、今まで以上に子宮口が強く押され、ゆかりは叫びながら意識を失った。
全ての精液がゆかりの膣に搾り出されるとおれはそのまま倒れこんだ。

その後ゆかりは遠距離の彼氏と別れ、友達紹介の企画は流れた。
おれとのSEXが気に入ったらしく、密かな不倫関係が始まった。
ヴァージン催淫水:

隣のうちのお姉さん

僕の家の隣には高校生のお姉さんとその両親が暮らしている
夜自分の部屋から隣のお姉さんお部屋が見えていた
いつもはカーテンと窓が閉まってるお姉さんお部屋は可愛かった
しばらく見ているお姉さんが見えた
お姉さんはタオルを体に巻いただけの裸だった
そのタオルも取り体を拭きだした
僕にはお姉さんおすべてが目に入った
僕はそれに見入ってしまいしばらく見てるとお姉さんがこっちを見た
お姉さんは顔を赤くしカーテンと窓を閉めた


後日学校の帰りにお姉さんとばったり出くわした
「あっ こんにちは」
「ねぇ君私の裸見たでしょ」
「あ、あれはたまたまですいません」
「別に怒ってはないけど」
「それなら良いですけど」
「ちょっと暇ならうちに来てくれる?」
「はい」
僕はお姉さんについていきリビングに案内された
「ジュースでいいわよね」
「はい 別にお構いなしで」
「それで僕に何の用で?」
「あのね私の裸見たのにと思ってね」
「・・・・・・」
「私の君のやつも見せてよ」
「え~~~~~~~~」
僕はつい大きい声を出してしまった
「私の見たんだからそれで許してあげる」
お姉さんは満面の笑顔だったがそれが逆に怖い
「わかりました」
僕はそういい立ち上がりズボンとパンツを同時に下した
「わぁ~~小さい」
とお姉さんは面白がって触ってきた
「ちょっと何するんですか?」
「もう大人しくしてなさい」
お姉さんはそういい僕のアソコをつかむと口に咥えた
「お姉さんやめてください」
そう叫んでもお姉さんのなすがままにされた
「私のも見たいでしょ」
と自分から服とブラをめくりおっぱいを出した
僕の手をつかみ自分の胸に誘導して揉ませてきたりした
そうこうしてる間に僕の限界はきた
「お姉さんもう僕でそうだよ」
そう聞くとますますお姉さんのフェラのスピードが上がった
「私の口の中に出していいわよ」と言った
ぼくはそのままお姉さんの口に射精した
「いっぱい出たわね」
「うん」
「久しぶりに楽しかったありがとう」

後で聞くとお姉さんは彼氏さんとこの頃やってなかったらしく
溜まっていたのを僕にぶつけたらしい

クリスマス前連休3

昨夜は「AV男優を5分でイかせた。」と豪語する騎乗位の腰使いに自信満々なヤリマンとお手合わせをした。中学生の時から美人の姉に騎乗され強烈なグラインドを耐えてきたので彼女の腰使いに興味が有った。彼女は手料理も自慢なので高級洋菓子店のケーキとブランド物のスカーフを持って彼女の部屋を訪れ「少し早いけどメリークリスマス。」と言って渡すと喜んでくれた。夕ご飯は筑前煮を中心とした和食だったが実に美味しかった。彼女は高校を卒業して就職後数年と言う感じの若い娘だったが男性経験は豊富そうだった。
食事を褒めると「うふふ、あのね。もっと美味しい物をご馳走してあげる。」と言ってすっと立ち上がりミニスカートの下からショーツだけを抜き取り抱きついてきた。着衣のまま騎乗位になるとズボンの前を空け陰茎を取り出した。彼女はキスをしながらてこきで陰茎を勃起させた。慌ててコンドームを装着して彼女の膣に飲み込まれた。彼女は素早く腰を振った。切れの良い動きで快感が亀頭に集まった。しかし姉のグラインドに比べれば大したことはなかった。
彼女は5分ほど腰を使うと疲れたようすだったので今度は両手で腰を押さえ下から陰茎で彼女の膣を突き上げ始めた。同時に愛撫をしながら彼女を脱がせて行った。すぐに彼女は甘い声を上げ始めた。下から突き上げる勢いを緩めず頑張ってピストンした。彼女はなかなか頂点に達しなかったがやっとの思いで同時にイけた。かなり消耗してしまった。フェラチオで失地挽回を狙う彼女を制して2回目は彼女を全裸に剥いて正常位に組み敷き全身の性感帯の愛撫から前戯を始めて彼女のウィークポイントを探った。
彼女は男性経験数の割に性感が未開発だった。彼女の体を通り過ぎて行った男達は彼女の騎乗とフェラチオに奉仕させるだけで彼女の性感を考えていなかった様子だった。まるで女子高生を相手にしている感じで初歩的な陰核を中心とした女性器三つ所攻めで感じてもらった。潤んだ膣に陰茎を挿入して急所と思しき所を亀頭で擦っては「ここは感じる?」「愛しているよ」などとささやいた。結局はっきりしないので標準ストロークのピストンをかけてみた。愛情をこめて15分ほど頑張ると彼女はイってくれた。その後もう3発ピストンラッシュをお見舞いして射精させてもらった。
性交後彼女に腕まくらをしていると「あのね、私援交していたの。あるおじさんに腰使いを習ったの。セックスは楽しいというより男が情けなく果てる姿を見下ろすのが気分良かったの。でもね今夜あなたが一生懸命に私の快感を探してくれて嬉しかったの。あなたが忘れられなくなったわ。」といって抱きついてきた。仕方がないのでフィアンセにしかしない優しい後始末と後戯を楽しんでもらった。事後彼女と抱き合って寝た。今朝彼女の部屋を出ようとすると「どこに行くの?別の女の所?私じゃ駄目?」と泣き出してしまった。
逃げるに逃げられなくなったので「明日は出勤日だ。用意をしなければなたない。1度家に帰って今晩またお邪魔するよ。」と約束してやっと解放されて家に帰りこれを書いている。今夜はまた彼女の部屋に泊まりに行かなければならない。ジワジワ精液が溜まってくると彼女の性開発をどうしようかとあれこれ悩みが出てくる。処女を奪った直後の娘の様に扱わなければならないが性病が怖くてクンニとディープキスが出来ない。愛情も危険だし打つ手に困ってしまう。
彼女からはハートマークが一杯付いた「早く来て。愛しているわ。」メールがどんどん届く。「今お風呂から上がったの。お布団も敷きなおしたの。」とも言って来た。ついに「私性病なんか持ってないし今日は安全日だからコンドームなんて他人行儀はやめてね。」とまで言ってきた。彼女はまだ若く美少女の面影が残る可愛い感じの娘だが特定のヤリマンと深い関係になっては結婚の障害になるので彼女とどうやって手を切ろうかと考えている。今夜お相手を予定していた別のヤリマンには丁寧なお詫びのメールを入れた。26日あたりに穴埋めをしようと思う。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード