萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

ラブホ

続・若い他人棒

の続き

妻は2階寝室でぐっすり(=ぐったり)と眠っていたので、洗濯機からパンティーを持ち出して、リビングでクロッチ部分を凝視しながら数時間前までの激しい営みを思い出し、思わずオナってしまいました(苦笑)
今でも妻の膣(なか)に凛太郎の若い精子が残ってるかなぁ、とか、シャワーでおま○こ洗いながら思い出しオナニーしたかなぁとか想像しながら…。
凛太郎も寝ているだろうからと、夕方近くにメールを入れてから電話してみました。

凛太郎の話を要約すれば…。
◎妻は、黒っぽいスカートにハイソックス(タイツは好みません)、薄いセーター、ダウンジャケット姿。
(※スカートとということは、凛太郎の手が滑り込みましたね!)
◎最初のうちは、やっぱり悪いし、失敗して雰囲気がシラケたら怖いので告白する(口説く)のは止めるつもりだった。
◎でも、楽しく食べたり、飲んだりしているうちに、ご主人が折角OKしてるし、こんな素敵な女性ともしかしたら一晩…と段々エッチな気分になっていった。
◎年の差で全くの子ども扱いされないよう、どちらかと言えば、お姉さんと弟みたいな接し方をしてみた。
◎芸能人、歌手など世間の話題の他に、週末は筋トレやジョギングなどして体を鍛えていることや寝ないで深夜の道路工事のバイトをしたりと、話題を肉体のことや逞しさの方へと変えていった。
◎飲めとばかり勧め過ぎて断られてはいけないので、次はどのワインにする?と言って、断る隙を与えなかった。
◎貴女みたいな優しくて綾瀬はるか似の女性を彼女や奥さんにしたいと褒め尽くした。
◎バーで、部屋を予約していることを打ち明けて、「こんな無茶なことしちゃいましたぁ、無理っすよね?やっぱり(笑)」とバカを演じてみた。
◎奥さんは少し驚きつつ意味を理解した感じ。でもYESとは決して口に出さなかったが、反応と素振りでまんざらでもなさそうと感じた。
◎そして、奥さんは照れ隠しのためか、弾けたように声のトーンも上がり、飲むペースも上がった。
◎後は雰囲気の許すままバーを去り、部屋に入ってからはシャワーも浴びさせずに抱いた。
◎奥さんにわざと、スキンが無いので止める?と聞くと、今日は大丈夫だからちょうだい…と甘い声で言われた。
◎それからは、朝まで奥さんの身体を貪り尽くし、5?6回は中でたっぷりと出した。
◎美人奥さんのおま○こが自分の精液にまみれている様子を視る度に興奮して、また挿れたくなる…の繰り返しだった。
◎またチャンスがあればシテみたい(←こちらもそのつもり^^)
・・・等など聞いていて興奮ばかりでした。
凛太郎には、また違う設定をするからお楽しみに、それまでは今まで通り普通に接するようにと言って電話を切りました。

あれから約4カ月が経ちました。
その間、凛太郎と妻のメールのやりとりはOKしていました。
妻は、自分がそのことを知らないと思っています。
凛太郎にはわざとエッチなメールのやりとりはしないよう、そんなことをしたら2度と妻とさせないよ、とキツく言ってありました。
妻とヤリたくて必死な凛太郎は言いつけを守っていましたし(苦笑)、そんなやりとりを続けるといずれ妻が、もう止めましょう、と言い出し2回目が無くなるのは目に見えていましたから…。
かと言って、まったく疎遠になるのもなんですし。
夫婦して昨年の夏休みも、年末年始も時間が合わず旅行も何も出来なかったこともあり、2月の3連休に1日休みを追加して3泊4日で旅行を決行、同時進行で2回目に挑みました。
出張や買い物で貯まった某航空会社のマイレージが6万マイルほどあったのですが、3月末で2万マイル近くが期限切れになってしまうので、それは勿体無いということになり、そのこともあって旅行に出掛けることにしたのですが、行先は、夫婦で大好きな沖縄に即決でした。
沖縄といっても2月ですので、まだまだ全然寒いのですが、旅行の間はたまたまぽかぽか日和で汗が滲むこともありました。
「マイルを捨てるのも勿体無いし、折角だから、部屋だけは別で凛太郎も連れて行ってあげようか?」と妻に尋ねると、
「別にかまわないよ^^」との意外な返事でした。
会社の福利厚生で提携ホテルは安くなるので、1泊目をAホテル、2?3泊目をBホテルに。
2泊目の夜にチャレンジするつもりでしたので、3日目の朝にチェックアウトでバタバタするのを避けるためです。
今回の主役は凛太郎以外に、ネット通販で買った米国製の『RADIOAVRECEIVER』というもの(CMではありません、悪しからず^^;)。
これはマイクロカメラが撮影した映像と音声を受信器で受信し、AV機器に接続し、画像を見たり録画したり出来る優れものです。
四角い消しゴムほどの小さな送信機を凛太郎に隠し持たせて、自分は別室でポータブルDVDで鑑賞するのです^^

旅行直前に妻のアレも丁度終わり、安全日が3日間程ありますから、今回もギリギリ生でいけるかもと期待して出掛けました。
那覇空港に着くと早速レンタカーでホテルまでの道のりを観光。
初日の夜は美味しい食事、2日目の日中は楽しい観光と、有意義に過ごすことが出来ました。
そして初日は、部屋で妻を抱きながら、
「中でイッてもいいんだっけ?」
「大丈夫だよ、終わったばかりだから2、3日はいいよ。」なんてさりげない会話で安全なことを確認しておいたのです。
2日目の夜は、宜野湾の宿泊ホテルで館内にある沖縄料理店で、オリオンビール(ライトなので妻は大好き、ちなみに自分は物足りなさを感じますけど^^;)を何杯もおかわりしながら、21時近くまで3人で過ごしたのですが、妻に旅行前から断っておいたとおり、何年も会っていない旧友との約束(ウソ)で今からお迎えが来て出掛ける、飲んでそいつの家に泊まり、明日の朝8時頃に送ってきてもらうから、すまないけどスパに入ったり、館内のお土産店やリラクゼーションマッサージに行ったりして凛太郎と適当に遊んでて、と言ってお開きにしました。
もちろん、出掛けるのは全くの振りで、実は別階の凛太郎の部屋にお泊まりセット一式持って行ったのです。そう、控室兼観賞室ですネ(苦笑)。どうせ、凛太郎は私の部屋に泊まることになるんですから…。妻と2人で。
凛太郎が秘密兵器の「眼」をセットするまでは状況が解りませんので、妻の隙を窺ってのメールでの短いやりとりだけが唯一の情報でした。
食事のお開きの後、妻は館内のお風呂に行ったため、一度凛太郎が部屋に戻ってきました。
「これからどうするの?」と尋ねると、
「○○さん(妻)が、お風呂終わったらホテルの売店やら見てみようって言ってました。メールくれますよ。」との返事。
1時間ほどして、妻からのメールで出て行った凛太郎。
お土産店などのショップはほとんどが23時で閉店となり、その後は館内のゲームセンターでちょっと遊び、同じく館内の郷土居酒屋で軽く飲んだとの報告がきました。
そしてやっと、「○○さんにマッサージしてあげることになって、部屋に帰りますよ!」とのメール。
どういう経過でそうなったかは解りませんが、一度肉体関係を持った者同士、言い訳があれば何でも良かったのかも知れません。
自分は逸る気持ちを抑えられなくて、何度も何度も携帯やポータブルDVDの画面を覗きこみました。
画面は依然として何も映っておらず、無機質なままでした。
部屋に帰りますとのメールがあってから、約20分くらい・・・。
DVDの画面にザザーと乱れが入り、ブツブツッとノイズが聴こえました。
目まぐるしく画面が動いた後、やっと落ち着いて、それが部屋の中の様子だと解ったのです。
凛太郎のウエストポーチのファスナーから「眼」を覗かせるようにと指示しておいたのですが、どうやらウエストポーチを壁のフックに下げて、ベッドを斜め上から撮っている感じでした。
少し離れてはいるもののベッド全体が丁度収まるなかなかのアングルです。
昨年は声だけでも大興奮でしたが、今度は映像が加わり、しかも録画出来るのでとっても楽しみでした。
画面には、部屋の中を行ったり来たりする妻が映っていましたが、ほどなくして凛太郎に抱きすくめられたようです。
そして、後ろ姿の妻は、キスされたままベッドに倒されていったのです…。
全身を視られるようにと。

昨年起きた最初の激しい交わりは、2人にとって最高のものだったに違いありません。
しかし、すでに一線を越え、お互いの気持ちをゼロから探り合う必要の無い今夜の交わりは、期待以上のものでした。
ベッドの上でキスを交わしながら、想像以上に速いピッチで脱ぎあっていく2人。
お互い下着一枚になり、凛太郎は妻のパンティーに指を滑り込ませ弄るように濡れ具合を確かめ、妻は硬くなったイチモツの大きな形に沿ってトランクスの上から何度もさすり、まるでこれから結合する相手の愛おしい部分を待ちわびているようでした。
それからは、DVDの小さな画面一杯に映し出される、啜り尽くすような激しいクンニ、濃厚なフェラ、貪り合う69、バックから獣のように妻に襲いかかる凛太郎、凛太郎に跨り形の良いヒップを揺らす妻…等々を視ながら、ティッシュ片手に何度も放出してしまいました(汗)
でも、凛太郎がしてくれた最高のサービスアングルは、何と言っても、背面座位でソファーのリクライニングを少し倒し、自分の両足で妻の両足を大きく広げての合体でした。
「眼」から僅か数10cm先で、女性器と16才も若い男性器が生で妖しく交じり合う…。
2人が姿勢をちょっと崩した際に肉棒が勢い良く外れてしまい、凛太郎が再挿入に少々手こずっていると、妻自らが肉棒をあてがい導くシーンがありましたが、そのことは妻が凛太郎とのセックスに既に受け身ではないことがうかがえた瞬間でした。
硬くいきり立った、若く逞しい肉棒が真下から妻の秘唇を捲りながら深く浅く、そして拡張しながら犯していく…
やがて、もっと深い挿入のためか(それとも少し疲れたのか^^;)、凛太郎は足をソファーの両端から下ろし、妻の両ひざ裏を両手で抱えてM字開脚にし、また突き上げ続けました。
長く逞しく、反り返るような勃起力が無ければ、これだけしっかりと秘唇に食い込むことは出来ません。
すぐ目の前のガラステーブルの上に、あたかも無造作に置かれたような凛太郎の黒っぽいウエストポーチ。
そのファスナーの隙間から、ひとつの妖しい「眼」が2人の結合部と甘い囁きを鮮明に捉えているなんて、妻は全く気付いていません。
そう、乳房を後ろから揉みしだかれながら、極太肉棒に秘唇を大きく広げられ、膣奥まで激しく突かれている姿をリアルタイムで主人に視られているなんて…。

しばらくの間、微かな淫音を立てながら2つの性器は交合し続けていましたが、急に凛太郎が、
「ぐッ、いきそぅ…いく…かも、、、」と声を発しました。
妻がハッとして、
「…いくの?いっちゃうの…?」と反応すると、
「うん、いく、いくよぉ」と凛太郎。
「いいよッ、いっちゃって!このままいいよッ…」
…短いやりとりが一瞬で終わり、凛太郎はガシッと妻のウェストを掴み、自分の腰をひときわ高く浮かせ密着させるとそのまま静止…、その瞬間怒張さを増した(ように見えた)肉棒の先端部から若い種汁がドクドクッと子宮口へ注ぎ込まれるのが解りました(今度も中で受け入れたんだなぁ…とちょっとした驚きと興奮^^ AVでもなかなかこんなに間近では観れないものですね)。
2、3分じっとしていた凛太郎は、ビンビンのままの肉棒をおもむろに抜き出して、「眼」に良く映るようにしてくれました。
すぐに、白濁の濃厚スペルマがぽっかり開いた膣穴からゆっくりと大量に溢れ出て来ました。
「あぁ、また○○さんの中でいけちゃった!感激だよぉ…」
「あ?あ、また出されちゃった(照れ笑い)。いーけないんだぁ?」
そんな会話をしながら凛太郎の右手が恥丘を下り、クリトリスや秘唇を弄りまわしていました。
指でスペルマ塗れの秘唇を開いて見せたり、膣口に入れて淫猥な音を立ててみたりと、妻を征服した証しを見せつけるように。
妻は凛太郎の指技に興奮し、凛太郎は妻のその喘ぎ声に興奮の様子。
相乗的に再び高揚し始めた2人。
凛太郎はそのまま同じ体位で挿入、肉棒は愛液と精液でヌラヌラとテカり、結合部からはズップ…ヌププ…といやらしい音が洩れてきました。
ほどなく凛太郎は妻をベッドに横たえ、すかさずウエストポーチのポジションを変えてくれたようです(多分、テレビか棚の上へと)。
すぐにベッドに戻ると、妻を仰向けにし、妻の太ももに割り込んでから両手で妻の手首を万歳の格好に押さえつけてしまいました。
それからはじっくりと唇を奪い、うなじ、首筋、鎖骨、乳房、乳首と激しく音をたてながら啜り捲り…。
妻は、手首を押さえつけられて自由にならないながらも、上半身をよじらせながら悶えていましたが、その様はまるで強姦魔に犯されているようで、(もっと犯してやってくれ、もっと、もっと…)と思わず呟いていました。
そうしながら、凛太郎は逞しい男根を濡れそぼった妻の秘唇にズブリ…
「あぅぅ…んッ」
妻が思わず洩らしました。
妻を体全体で押さえ込みながら、腰を激しくリズミカルに律動させる凛太郎。
その動きに合わせて、揺れ動く妻の長くて綺麗な足。
両肘の内側と妻の両膝の内側を重ね合わせるように妻をまんぐりにし、腕立て伏せの姿勢で、バネのようにしなやかに腰をスイングさせる。
鍛えた筋力と若い体力が無いと到底無理なそのスイングの度に、股間の根元に生えた巨大な肉の凶器が垂直に突き下ろされ、妻の秘唇と膣奥を激しく襲い、そしてまた引き上げることで大きなカリが広がり膣壁を引っ掻き回す…。
まんぐりに折り曲げらた妻の体は、ベッドの緩衝も手伝って大きく上下し、肉の凶器の衝撃をモロに受けていました。
そのラーゲだけでも、凛太郎は3回も妻の子宮に大量の種汁を注ぎ込んでいましたから、バックで1回、背面座位で1回と数えると、24時の合体?午前2時の僅か2時間で5回も妻に注ぎ込んだことになります!
(あぁ、その場に行って妻のおま○こがどれほどグチュグチュになっているのか視てみたい…)
(シーツもビチョビチョになってるかな)
本当に超刺激的なセックスでした。

午前2時半。
予定の時刻になりました。
旧友の都合で旧友宅に泊まれなくなり、今ホテルに向かっているというサプライズメールを妻に入れる時間でした。
凛太郎とのセックス、若い肉体、逞しい肉棒の虜にされた妻にとって、メール着信はどうでも良かったみたいで携帯を見ようともしませんでした(汗)
凛太郎が気を利かし、メールみたいだけど見てみたら?と言って、やっと携帯を開く妻。
「えッ…!?ヤダ!!」と飛び起きる妻の姿が映りました。
「どうしたの?」
「もう帰ってくるんだって!!なんで、なんで、、、」
バタバタと身支度し妻にキスして部屋を去る凛太郎(盗撮はここでおしまい)。
すぐに凛太郎が帰って来ました。
「はい、これ、お返ししときますね。」と送信機を渡す凛太郎。
「後でじっくり感想聞くけど、よくあんなに出たねェ?」
「いやぁ、すみません。久し振りに○○さんとでついつい…でもまだまだしたかったですよ。ヤバいすねッ!」
二言、三言程度交わすと私は急いで自分たちの部屋へと。
妻に時間を与えないことがポイントでしたから(苦笑)
そしてノックすると、ロックが外れて、眠そうな(振りの)妻が迎えてくれました。
「おかえり…」
「急にごめんね。寝てたよね?」
「うん、寝てた…」
部屋の中は何だかムワッとした感じで、今さっきまでの激しい営みの余韻が漂ってました。
「オレ、シャワー浴びてから寝るわ。」
「あ、あたしも浴びたい。先にいい?」
「どうしたの?」
「何か汗かいちゃって…」
そう言う妻を、抱き寄せて、
「でもその前に…なんか、○○とまたしたくなっちゃったよ。」と囁きました。
「昨日したのに…遅いからもうダメ。ダメ。」
珍しく拒否モード。
「いいじゃん、しよう、しよう!」と無理やりベッドに倒しました。
「ええ?、するのぉ…眠たいよぉ」
「今シャワー浴びるって言ったばかりじゃんよ?」
私は、すかさずホテルの部屋着を捲り、パンティーに手を入れました。
ずりゅ…ずちゅ…
妻の秘裂に沿って軽くなぞるつもりで指を這わせただけが、人差し指と中指が簡単に入ってしまったのです。
(うわッ、すげッ、こんなに出されちゃってたの…)
(それにこんなに広げられちゃって…)
濡れてることに気付かれたと思った妻はとっさに、
「やっぱり濡れてる?わかる??ちょっとエッチなこと考えてたんだぁ…」とごまかしの苦しいセリフ。

妻と凛太郎との現場を押さえたり、事実を聴き出すのではなく、どれほどヤラレたのかを実際に確認するのが目的だったので、私は妻の言い訳を素直に聞いて騙されてあげました。
妻によれば、食事の時の生ビールで少し酔ってしまい、△△さん(私)と沖縄の白いビーチでエッチなことしたいな?っとかモヤモヤしてたら、興奮してきてついつい自分で慰めてしまい…そのまま寝てしまったとのこと。
だからたくさん濡れちゃった…のだそうです^^;
じゃあ、もう3時過ぎだし寝ようか…というと、妻は賛成し一緒にベッドに入りました。
腕枕をしてあげると、バレなかった安堵感と激しいセックスの疲れからか、妻はすぐにスヤスヤと深い眠りに…。
それから気付かれないように、そお?っとベッドを出て、エアコンの温度をマックスにし、シャワーを浴びにいきました。
15分程して浴室からあがると、予想通りでした^^
暑くなり、妻は無意識に掛け布団を剥いでいました(自分も風呂上がりで暑かったけど、ガマンです)。
すぐにデジカメを持ち出し、ベッドに近寄りました。
浴衣風のホテルの部屋着から太ももまではだけさせ、横向に眠る妻。
裾をさらにもう少し捲り、お尻を露出させました。
足元側の壁のライトの光量を少しずつ増やし、携帯電話のライトも加えて、太ももの間を覗き込むと…白いパンティーのクロッチ部分は、もうビッショリ。
愛液もあるでしょうけど、なんと言っても大量の若い種汁で薄布が滴るくらい…な感じでした。
履き替える時間もシャワーの時間も与えなくて正解でした!
はやる気持ちを抑えつつ、ゆ?っくり、ゆ?っくりとお尻からパンティーをズラしていくと…。
あぁ、スゴい!!
大陰唇や小陰唇の合わせ目、膣口周り、クリトリスの包皮、アナル…、あらゆる肉襞、皺、隙間は白濁した種汁に侵されていて、ヘアーは秘唇にべっとり張り付いていました…。
前回は壁越しに、今回は画面、そして指と目でしっかりと交尾の証しを視ることが叶ったのです。
16才も若い、ヤリたい盛りのビンビン肉棒に膣奥まで激しいピストン攻撃を受け、熱いザーメンで子宮まで犯し尽くされた37才妻。
私は、デジカメでその部分を撮りまくり、たまに視ながらヌイています。
そして…その後、新たな企てを実行することになります。

怪しい薬のその正体

大学の頃の話。
映画でアタッシュケースから
プシュとか音が鳴って開いて、中から猛毒のアンプルが
出てくるシーンをちょっと目にした瞬間「俺も作ろっ!」
と思ったw

大学の廃品の中から拾ってきては家でもくもくと製作。
出来上がったときは感動すら覚えた。が、使用用途が
まったくなく自己満足の世界だった。

薬局で小さいアンプル剤とカプセル型風邪薬を購入
中身を全部捨てるw
なんとなく色のついた薬品や小麦粉とか使い
つめなおして手のひらサイズのアタッシュケースの
アルミボディの中に収めた。しかし、雰囲気が出ない。映画と違う!

そこで内部に黒いスポンジを張り、透明アクリルで内部蓋を製作。
何故だ?何故映画のクオリティに追いつけないんだ?
そうだ!電子機器が足りないんだ!と思いついた俺は
秋葉原へGO!

暗証番号入れる極小キーパッドや極小液晶(電卓用)
内部の電気用にLEDや基盤一式を購入しまた部屋でしこしこ作る。
開けると内部が下から光、薬らしき偽物毒物を照らす。
右にある小さいキーパッドで暗証番号を入れるとカギがモーター駆動で
ガチャリと開く。う?んいい感じ。しかしまだ何か足りない・・・
007で使うみたいな雰囲気が無い。また秋葉原へGO!

バーメーターのようなグリーンからイエローそしてレッドと
変わるような奴や、かりにアンプルを1個取ると下の
LEDがグリーンからレッドに変化するといういろいろな
ギミックというか、仕掛けをして最後は取扱説明書等を
内側にかっこよく貼り付けようと考えた。

しかし、ここで問題が・・・飽きたのである。
こんな色水と小麦粉のセットに誰が褒めてくれるのかw
しかしこれにエロという要素を加えると情熱は再び燃え上がった。

これを国家機密級の媚薬にしてしまおう!
そして意中のあの子に騙してつかってみよう!と思ったのである。
それから媚薬研究が始まった。
アンプル剤の色水を抜きローションを入れる。
しかしこれではローションだとすぐばれる!
そこでローション+トウガラシエキスを入れてみた。

実験する。
オナヌー中に亀頭全体に偽媚薬をたらす。
尿道が火を噴いたのでトウガラシエキスの量を極微量に変更。
さらに、カプセルはこれもトウガラシで作り上げ
小麦粉と混ぜる。食紅を使い色分けする。
五種類の色でレッドが勿論最強なドウガラシ。
飲んで見る。胃が熱いw

取扱説明書は英語で「これ使用するのはやばいぜ!」
「自己責任でな!」「一応国家機密だからばれたら逮捕な!」
「敵の自白剤として使用する際は容量用法を守れよな!」
的なことを書き添え、アンプルの使用方法は塗れ!
カプセルは飲め!と描き、「あんまつかうと死んじゃうぜ!」
と英語で書いておいた。

すばらしい出来だ!
という事でお披露目会をしたくなったが
こんな馬鹿な物にわーわーいう奴等居ない。

時が過ぎ、家で飲もう!という会が開催された。
男4人の女5人。
大学の友達のまた友達とか訳わからない青春の思い出。
一通り飲み終え、帰宅する方多数。
だが、一人女が残った。ありえねーとは思った。
「終電ないしw」と笑いながらいうけど
何処で寝るんだ?と。だけれど意中の子だったんで
すんなり許したというか相手が強引だった。

わざとらしく机の上に小型ケースを置く。
俺はフロへ行くふりをした。
シャワーだけ出して、部屋の様子を伺うと
A子はそのケースに興味津々で開けようとしてる。

ケース上面には英語で偽の管理ナンバーとか
それらしく見えるように書いてあった。
心の中でガッツポーズしちんこを入念に洗った。
が、気がついた事があった。
ちょっと待て!もし気がついても興味を失ってたら?
さらに危険人物と見なされたら?
それが怖くで逃げ出したら?
反芻して勃起も収まってしまう。残念。

着替えてフロアに戻ると真っ先に聞いてきた。
「ねぇ!これなに!これなに!おしえてよ?」
酔ってちょっと赤い顔して可愛かった。
「あぁこれね、なんか親父から預かってるんだ」
と嘘つく。

「えぇ!俺君のお父さんって偉い人なの?」
「なんで?」
「だって、アメリカ合衆国情報管理統制部とか書いてあるし」
「よく読めたね」

実際そんな組織はない。それに親父は大工だ。
ちなみにお袋はサティのレジ打ちさんだ。

「あぁこれね、開けちゃダメなんだよ」
「えぇ!見たい!見たい!」
「う?ん、麻薬とかじゃないんだけどなんかいけない薬らしいんだよね」
「なんで俺君のお父さんが俺君に預けたの?」

「今出張中だから、家には置いておけないって」
「そんな大事なものなんだ!」
「うん、使ったらやばいらしいよ」
「どうやばいの?」

「飲み薬と塗り薬があって、なんていうの?そのさ・・・」
「なによ?w」
「エッチの時に使うらしいんだよねw本当かどうかはわからないけどさ」
「合法のドラッグってやつ?」

「まだ決まってないみたい」
「そうなんだ?」
そんな薬はない。

「じゃちょっとだけ見る?」
「うん、うん!」
プシュ。

キーパッドに適当に打ち込む。
ガチャ。
「うわぁ!開いた!開いた!」
「これ取扱説明書らしいよ」
もくもくと読むA子。

「なんか凄いね?」とは言うが興味津々。
「じゃ、寝よう!」
「う、うん。シャワー借りるね」
実際このまま行けばエチー出来る雰囲気なのだが・・・
チャレンジャー!大工の息子はここが違うぜ!という所を見せ付ける。

シャワーからあがりシャツとか貸してやる。
そのまま彼女はベッド、俺はソファ。
「ねぇ?おきてる?」
「おきてるよ」
「こっち来る?」
完全なセクロスフラグだった。

「俺行ったらエッチしちゃうぞww」
なんて笑いながら言ったら
「いいよ」と来た。

もにゅもにゅ楽しんでいる時に俺は
「親父にばれないように使ってみようか!」
と満面の笑みで伝える。
A子も「気になってたww」とビッチな発言。

アンプル剤と取り出しあそこに塗る。俺は塗らないw
カプセルを取り出し1個飲む。
「あんまり変わらないねw」
なんて笑っていたが・・・

「なんか・・・熱くなってきたよ」
「どこが?」
「あ、あそこも身体も」
なら見てみよう!とクチュクチュしていると
急にクリが硬くとがり始める
「あっ!なんか、なんか違う!すごい感じちゃう」
「いいじゃん」
「あっ!そんなしたらもう、もうイク!!」
弓なりにのけぞるA子。

それでもクチュクチュは止めない。
「だめ!だめ!またイク!」
連続でイクが、これは偽の薬の効果であって決して俺の指テクではない。

「もう、もう俺君の欲しいよぉ」
可愛くうつむく。
「まだだめだよ」
今挿入したら尿道が爆発する危険性が少なからずある。
「だって、A子のあそこ熱くなってるんだもん、俺君ので冷ましてよぉ」
このエロ台詞にやられズブリ。

「あっ!奥まできたよぉ俺君のおっきいよぉ」
大工の息子は大きいのである。と思いたい。
「A子、俺・・・前から好きだったんだぜ」
「私も!私も気になってたんだからぁ!」
ぎゅぅっと締まる。

「エッチな薬飲んで乱れてるA子かわいいよ」
「言わないでよぉ、もうだめぇ!また・・・」
「いいよ」
「あぁイク!ごめんまたイク!」
ちんこ根元までくわえ込んだままびくびく痙攣してる。

そんなA子のほのかに紅く染まった身体を見たら
俺も限界だった。
「A子!いっていい?」
「いいよ!俺君の出して!」
何処に出すか迷う。
微妙に尿道がひりひりする。

「ど、どこに?」
「好きなところ出して!」
「じゃ中でいい?」
「いいよ!俺君の好きなところでいいから!」

ラストスパートで抱き合ったまま
「俺君好き!好きなの!前から好きだったのぉ!」
「いくよA子!」
「出して、俺君の出して!」
「あぁぁ!A子!」
で人生初の中だし。
最高の快感と尿道の微妙なヒリヒリ感がたまらない。

ぐったり抱き合ったまましばらくすると
シャワーへ2人で入る。
「なんか・・・ひりひりするんだけど?」
「え?ww」
「あの薬なんかやばいの?」

ネタばらしして夜中にもう一回やって
そのままぐっすり寝た。

よくこんなの作れるね?と
感心されたのか、笑われたのか判らない。

大学を卒業して
しばらく付き合って面白おかしく青春の1ページを刻んだが
残念ながら遠距離恋愛になってからお互い連絡し合わない仲に
なってしまい別れ気味になってしまった。

だがその後。
メールで「あの薬どうやってるつくるの?」
と連絡が来たww
ネタはばらしたが、トウガラシエキスの他に
ある物が入っている事は教えていない。
違法でもなく台所には必ずあるものだがw

「手元にまだあるけど?」
と返信すると「取りに行くね」と来た。
結局ラブホで全部使い切ったが結局は欲求不満だったみたい。

「なにに使うんだよw」というと
あっけらかんと「おなにーw」と答えたA子。
彼女にとってはこの薬は俺とやりたいときの「言い訳」の道具。

効き目なんてあるわけ無い。
でもそれがないと燃えない。言い訳がましく
「も、もちろん俺君じゃなきゃイヤだけどねw」と言う。

そんな彼女。
地方暮らしが飽きたのか年度末には帰ってくる。
「都心って高いよね?」
「住む所なかなか無いよね?」
「入居するのに敷金礼金とか高いよね?」
と言いつつ、微妙に同居を迫ってくる。

はっきり「やり直そう」と言えば可愛いのにw

人妻肉奴隷

出会い系サイトでの体験談なのだが、出会い系で出会った女との話。

俺が何気なく登録した掲示板に来た女がメールのやり取りをしていると、家が近いことを知った。

それから直メをしだしてメールを交換していく中、写メまで交換する間柄になった。

年齢は俺の3才上の27歳の主婦。

見た目は悪くない、むしろ美人のママさん

最初の方は何度も断られたが、何回かの挑戦で、ついに会う事に。
駅で待ち合わせして、居酒屋に二人で入った。

メールを通じてお互いの事を知ってるため、意気投合も早い。
気を許した彼女は、芋焼酎をロックで飲みだし、ほどなくベロベロに。
「今日は何と言って出て来たの?」と聞くと、「高校の友達と○△※□」
と呂律が全然回っていない・・・。

日付が変わる時刻には、目が虚ろになり、視線も定まらなくなった。
「送って行こうか?」なんて声をかけても、返事もはいだかいいえだかわからない受け答え・・・。

「しっかりしないと、ホテルに連れ込んじゃうよ」って言うと、何故か体を寄せて来た。
ま、そっちがそう来るなら、遠慮なくって事で・・・

急いでタクシーを拾い、そのままラブホへ。

しかしラブホに着くと、彼女は既に意識不明。
服を全部脱がしても無反応で・・・。

まるで死体を担いでいるみたいな気分になってくる・・・。

これじゃ面白味がまったくない。
楽しみを先に延ばす事にし、大人しく寝かせた。もちろん自分も全裸になってだ。

朝7時に、彼女を起こす。
最初は寝ぼけてた彼女も、俺の顔と自分の状況を把握したらしく、慌ててベッドを出ようとした。

しかしそれは逃さない。

腕を掴み、ベッドに引き戻し、上に重なる。
顔を背け、小さな声で「ヤメテクダサイ・・・」と言う彼女。

それに益々興奮し、アゴを掴んで俺の方を向かせ、強引に唇を重ねる。
最初は必死で唇を閉じていたが、胸に手を持って行くと僅かに開いた。
そこに無理矢理舌をねじ込むと、彼女の力が抜けて行った。
乙です・・・。

キスしながら愛撫を続けていると、やがて彼女の体が硬直し、そして力が抜けて行った。
「逝った?」と聞くと、顔を背けた。
「じゃ、次は俺を逝かせてもらおうか」
と彼女の体を引き起こして、顔の前に仁王立ち。
最初は躊躇してたものの、「自分だけ気持ち良くなって、ずるくない?」なんて声をかけると、ゆっくりと咥えだした。

程なく射精感を迎え、躊躇なく彼女の口内へ発射。
彼女は口を離そうとしたが、髪を掴んで許さない。

やがて・・・
コクンと彼女の喉が鳴り、掴んだ髪を離すと、横を向いて暫く咳き込んだ。
咳が収まり、俺の顔を見て、「許して・・・」と言う彼女。
「一緒に風呂に入ってくれたら、このまま帰してあげるよ」と言うと、ほっとした表情に。
「でも、帰るまで全裸だからね」と言う言葉に、仕方なく頷いた。

風呂にお湯を張り、一緒に入浴。
スミズミまで手で洗わせ、「綺麗になった?」と聞くと、コクンと頷く彼女。
「じゃ、舐めてみなよ」と言うと、一気に驚いた表情に。
「綺麗になったんなら、舐めれるだろ」
俺は足を彼女の口の前に差し出した。
仕方なく、足に舌を這わす彼女。
「じゃ、次は太股だ」と言うと、言われるまま太股を舐める。
「お腹」「胸」「首」と舐めさせ、「タマ」「チンポ」と続いた。
そして最後には、ケツの穴まで舐めさせた。

「じゃ、今度は俺が洗ってやるよ」と言うと、「結構です・・・」と、力ない声。
だが無理矢理立たせ、両手で全身に泡を塗りまくる。
背後に回り、両手で胸をすくうように洗うと、「ああっ・・・」といい声を洩らし始めた。
オマンコに手を伸ばすと、石鹸とは違う成分でヌルヌルしているのが分かる。
クリを露出させ、摘むようにすると、「ああぁぁぁあ」と声が大きくなった。
「ダメっ・・・???」と絶叫した後、見事に潮吹き!!

「いやー見ないでー」としゃがもうとするが、羽交い絞めにして許さない。
大量の潮吹き見られて、とうとう泣き出してしまった。

濡れたままの体をベッドへ連れて行く。
半ば放心したような彼女は、何も抵抗しなかった。

これはいい機会だと時間が許す限りヤリまくり。
この日最低でも3回はヤッた気がする。

この日を境に彼女は、俺専用の性奴隷になっている。

夫婦で東京旅行中の人妻とセックス

Yahooメッセンジャーで知り合った人妻ぽちゃさんがいました。

複数の男性にWEBカメラでオナニーを見せてくれたり。

結構のりがいいぽちゃさんでしたがご主人とはすっかりレス
免許を持っていないし狭い土地で地元だと顔見知りに会いやすくてとても
浮気なんて出来ないといつもこぼしていました

そしてあるときいつものようにメッセで話しているとご主人と東京に来る事になったらしく
僕という知りあいもいる事だしどうにかして、エッチな体験をしてみたいという話でした。

でもこちらに来るとは言ってもご主人と一緒ですから無理かなと本人も諦め気味だったのですが
話を聞いてみると2泊するホテルも決まっているということだったので考えた末ある提案をしてみました。

それは、同じホテルに僕が部屋を取りご主人のスキをみて、こちらの部屋に来てエッチしようと言うものでした。
しかし、必ずしもチャンスがあるとは限らないので場合によってはホテル代だけ払って待ちぼうけの空振りという危険もありましたが・・・

そんな不安は、ご主人同伴で旅行中の人妻さんを抱けるかもしれないと思った瞬間に、僕のスケベパワーが不安を完全無視しました。

「もしもの時悪いし」という彼女に、それだけ抱きたいって事だよと言うと・・・「なんかうれしい」と悪巧みOKのお返事。

そして・・・
僕はと言えば、早速翌日には向こうの日程に会わせて休暇をとってホテル予約!(この辺スケベパワーのなせる技)
彼女が東京にやってくるのをワクワクしながら待ったのです。

そしてとうとう彼女が東京に来る日がやってきました

夕方着の人妻ぽちゃさん待ちで昼からホテルへINして待ちかまえていましたが・・・

予定の時間より早く15時頃ホテル入りのメールが有りました。

夫婦の部屋は6Fで僕の部屋は5Fです。
到着のメールが来てからはもうドキドキです
でも、さすがにすぐは来ないよねと思っているとメールから20分後なんと彼女こっそりご挨拶に来てくれました!!

いつもはWEBカメラごしに見て欲情していた体が目の前に・・・

ご主人との久しぶりの旅行に着てきた素敵なブラウスの胸元から覗く胸の谷間
スカートを押し上げるムッチリとしたお尻どれもがたまらなく僕を欲情させました。

部屋の扉が閉まるか閉まらないかのうちに彼女をハグして、首筋にキス・・・
それだけで甘い吐息をもらす彼女。
顔をこちらに向けた彼女にキスをすると唇が開きうごき出す甘くやわらかい舌の感触に下半身はガチガチに勃起していました。
たまらずに彼女の腰に回した腕を引き寄せて硬くなったペニスを彼女の下腹部に押し当て片手で彼女の尻肉を鷲づかみにしました。

興奮で体をふるわせながら体をずらし僕の下半身に指をはわせ「すごいねぇ」と押し当てられた物の硬さに陶然とする彼女・・・
時間あるの?と聞くと「今はあまりないの」という彼女を入り口近くのイスに座らせると彼女の目の前でズボンのチャックを降ろし勃起した物を取り出して見せました。
「すごい大きい」とつぶやくとまるで当たり前のように唇をよせ先端に舌をはわせ・・・
上目遣いに見上げながら男の欲情したペニスを口に含む彼女
・・・いやらしい

ほんの数分前までご主人と一緒にいた人妻さんがご主人と同じホテルの中で会ったばかりの男のペニスにしゃぶりついているんですからいやらしくないはずありません。

さっきまで、ご主人と一緒に仲良くしていた人妻さんが会ったばかりの男の欲情したチンポにしゃぶりつく姿を見てすぐに興奮で犯したくてたまらなくなった僕は
彼女を立ち上がらせスカートを焦りながらめくりあげストッキングをはいていない彼女の下着を引き降ろしベッドに手をつかせるとむき出しの陰部に指をはわせました。

「あ、や、はずかしい」と言う彼女
それもそのはず、アソコはもうグチュグチュに濡れまくり指で開いた瞬間あふれ出すような状態にまで濡れきっていました。

「いつから濡らしてたの」
「・・・あさからずっと」
「ご主人の横でおまんこ濡らしてたんだ?」
「うん、はぐ・・・」

話しながら、突き出された彼女の大きなムッチリと色っぽい色白の尻をなでながらペニスの先で濡れきったアソコをなでるようにして刺激します。

ぐっと腰を突き出すとすぐに先端が熱いぬめりに入り込みそうでした。

奥まで貫きたいのを必死で我慢しながら欲情したペニスの先端でヌルヌルのアソコを刺激してゆきます。

彼女は腰をモジモジと動かしながら自分から犯されようと尻を後に突き出してきます。

「うん?欲しいの?」
「うぅぅ、ずっと欲しくて はぁん」

まだ、会って10分も経っていない
実際には初対面の男に、ペニスで陰部を刺激され、セックスされたくてむき出しの下半身を突き出している人妻

あまりのいやらしさに、我慢が効かず。

彼女の望み通りに、欲情しきったペニスを押し入れていきました。

欲情しきったペニスが、熱く濡れた彼女の中にズブズブとはいっていきます。

「あぁぁぁぁ太いのぉ・・・あああぁぁあ!」

ペニスが奥までズッポリとはまりこんだ時にはすでに軽くいってしまった様でした。

でも、もちろん僕の方はこれからです。

ゆっくり押し込んだペニスを彼女の中を楽しむように、ゆっくり引き抜き、入り口付近で浅く細かく腰を使い、
抜けるぎりぎりまで引き出しておいて入り口から奥まで一気に突き入れ長いストロークのピストンでたっぷり中の感触を楽しんでから奥まではめ込んで置いて
細かく奥を突き上げて反応を楽しみます

「ダメまたいっちゃう!」

今度は、ビクビクと体をふるわせ背中を反らせながらいってしまいました。

さらに、そのまま腰を動かし続けようとすると

「ごめ、ちょっ・・・気持ちよすぎ」

これ以上、いきまくっちゃうと時間忘れそうだし、ご主人のところに戻って普通に出来ないからとのことでいったん中止orz

また来るから!と言いながら身支度を整えると部屋を出て行きました。

この間、わずか20数分w

まだ、下半身をカチカチに立たせたままの僕を残してドアの外に消える人妻ぽちゃさん。

念願の人妻ぽちゃさんにペニスをはめ込んだ満足感と、
しかしまだ上り詰めていないカチカチのままのペニスもてあましながらいつ来るかもわからない次のチャンスを待ったのでした。

最初の「ご挨拶」にきた人妻ぽちゃさんにおち○ちんをしっかり挿入した物の・・・
十分に楽しみきる前に脱出されてしまった僕はしかたなく再度の訪問を待つことにしました。

とはいっても、そうすぐにはこられないだろうからと・・・

まだ昼飯を食べていなかったので食事でもするかと思ったのですが
聞いてみるとルームサービスがない(・_・;)

留守中に来られてもこまるのでしかたなく外出の旨、人妻ぽちゃさんにメールして部屋を出ました。

そしてホテルのレストランで食事しているとなんと、ついさっき僕のチ○ポを入れられていたあの服のまま、ご主人と一緒にレストランに入ってくる人妻ぽちゃさん発見。

着替える理由がないからそのままなのは当たり前なのかもしれませんが・・・
なんか、すごくいやらしく感じました。

ぽっちゃり人妻さんとご主人・・・
仲の良さそうな夫婦がお茶をしている姿も
さっきの光景を思い浮かべながら眺めると興奮してきます。(変態?^^;)

人妻さんの方は、とっくに気づいていてこちらに時々ご主人の肩越しに視線をおくってはテーブルの下の膝をすりあわせるような仕草をします。

食事の終わった僕は・・・
彼女にアイコンタクトをしながら彼女のテーブル横を通って部屋に戻りました。
仲むつまじくしてる姿で興奮する自分に少々あきれながらも部屋で彼女を待ちました。

そして・・・それから約1時間後

彼女がまた部屋に現れました・・・
人妻ぽちゃさんが部屋に入るなり抱き寄せつつスカートを指先でたくし上げて下着へ・・・と指先をはわせると

はいてない!

それじゃ・・・とばかりにそのまま中心に指をはわすともうすっかり準備できていました・・・

耳元で「すごいね」というと「ずっとほしくて・・・」と
キスをしてくる彼女、キスしながらも堅くなったペ○スから手が離れません。

「あのね、あまり時間無いから・・・」

そういいながらチャックをおろす彼女

「うん?もう入れちゃっていいの?」

「・・・うん、お願い入れて」

初対面の時よりさらに挿入まで短時間ですw

かなり盛大に濡れてるのでスカートを汚さないようにたくし上げておいて
今度は正常位で彼女に被さって行きました・・・

そして、彼女のいやらしくぬれたあそこを、すっかり欲情しきったペ○スの先端でヌチヌチと刺激し、
クリを中心に刺激したあと、中心にあてがって小刻みに腰を振って入り口を、わざといやらしい音をたてて犯し
彼女の羞恥心を煽りながら・・・

耳元で

「おま○こ、すごく嫌らしくなってるよ」

「ご主人すぐ上の階で待ってるのにね?」

「おち○ちんほしがってこんなになってる」

ここでまた小刻みに入り口付近で出し入れ・・・

くちくちゅと嫌らしい音を、お○んこがたてます。

「いや?、言わないで」

「じゃ、おち○ちん入れるのやめとく?」

「あぁん、いじわるぅ」

と・・・もう少しじらしたいところですが

時間がないはず・・・とここで何の予告も無しに

ずぶっと奥まで挿入しいきなり激しく腰を使いました。

「あっ、あぁぁぁあ、ダメいくいっちゃう」

と早速いく彼女その後、立て続けにいきまくり・・・

体をビクビクと痙攣させてピンク色に

色づいた首筋がそそりますが・・・

時間無いんだよね?^^;

でも今度は彼女の方は完全に時間忘れて

エッチされちゃう状態になってる・・・

でも・・・さすがにこのまま好きに

やりまくったら、彼女の立場は確実に

悪くなる@@

そう思うと、頭はスーッと冷静にorz

「ほら!ほら!ほら!」

と奥までズンズンつきながら「時間無いんだよね?」

「さぁ、いまどんな風に犯されてるかさわってご覧」

とつながってるところを指で確認させます。

「あぁ、やらしいこんなおっきいの刺さってる」

「あぁ、○ックスされてる。●●セッ○スされちゃってるよぉ。」

(●●は、人妻ぽちゃさんの下の名前)

そんな状態のまま高速ピストンをして

人妻ぽちゃさんをいかせると

ココでまたいったん終了orz

この間も30分ほどでしたw

彼女は身なりを整えて・・・

次は、風呂の時間にくると言い

キスをして部屋を出て行きました・・・

え?もちろん僕の方は

・・・このときも

いってません^^;;;;

だって・・・冷静になっちゃったし

しかし、一番長くセック○できるのは

次のお風呂タイムか、彼女が夜中抜け出すか

のいずれかしかありません・・・

夜中抜け出せるかはわからないですから

正直ホテルが大浴場のあるホテルでたすかりました

無ければ部屋風呂だけだし・・・それだと

出てこれないですからね?^^;

じっと、風呂の時間を待ちながらTVを見てると

コンコンと扉をたたく音が・・・

メール来てないし?と思いながら出ると

なんと彼女でした。

部屋に入るとそのままキスする彼女

「あ、エッチなの見てたんだ?」と

にやつく彼女に、今一番エッチなの

届いたからもういらないけどね。

と言いながらスイッチオフ

さっそく服を脱がしながらベットへ

もうすっかり準備完了の彼女にあそこに

指を這わせて、淫らな音を響かせます。

彼女の手が勃起したペニスを上下にしごき

「すっごい・・・欲しいのぉ!いれて」

と後ろを向いてお尻を突き出します。

旅の恥は・・・とでもいうのでしょうか?w

なにかもう、すっかり淫乱なメスという

感じの奥さんに、じらす余裕もなく

ずっぽりと奥まではめ込みました。

「うぐぁああぁあぁ」

最初の一声は、あえぎ声というより

鳴き声でした^^;とはいえ

獣というわけではなく、もちろん

かわいらしい女性の鳴き声です。

後ろから、激しく突きたてて・・・

布団に痙攣しながら倒れこんだ

奥さんのからだを逃がさずに挿入・・・

さらに突きまくります。

いい反応をする体を、いやらしく

責め続けます・・・時々時計を見ながら

セックスしつづけて、タイムリミットに

考えていた1時間をすこし過ぎたところで

何度となくのぼりつめた奥さんの

お尻から背中にかけてびゅびゅっと発射

・・・荒い息でベットに横たわる

人妻ぽちゃさんの体にとびちった

精液を眺めながら

髪をなで、首筋にキスをして

一呼吸入れさせてから狭い部屋風呂に

一緒に入って体を洗って

普通にお風呂に入ったよりもピンク色の

肌になって人妻ぽちゃさんは

旦那さんの待つ部屋へ帰って行きました。

・・・しかし、10分もしないうちに

扉が再度ノック・・・

出てみると奥さんです。

なんでも、部屋に帰るとお風呂に入り

ビールを飲んだ旦那さんすでにベッドで

高いびきだったそうでw

お風呂もう一度行ってきますと

書置きをしてまた出てきたとのことw

遠慮なく再度ベッドに押し倒します。

それからほぼ、2時間ほど散々に

僕に体をむさぼられ、抱きしめられながら

30分ほど腕の中で眠って

寝ているところをもう一度襲われてw

シャワーを浴びて

腰に力入んない・・・と言いながら

今度こそお部屋に戻って行きました。

翌日の朝届いたメールには

もう、すごすぎ(*^_^*)

今夜も、いっていい?

とメールw

断る理由はありません!

大歓迎とメールを返して前日と

同じように、出かけた人妻ぽちゃさんの

帰りを待ち・・・翌日も3回の

奥さんの訪問に応えて

翌日の朝・・・二人のチェックアウト時に

そのすぐ隣でチェックアウトして帰りました。

地元に戻った奥さんはというと・・・

体にすっかり火がついてしまったらしく

とうとう地元で相手を見つけ

浮気しているようですが

ご主人との旅行中のあのセックスの

興奮を思い出しては、メールを

してきています。

いつかまた、ご主人と彼氏に内緒でw

また、あのいやらしい体を

犯しまくってやろうと考えています。

実現したら、今度はリアルタイムで

ご報告します。

痴漢遊戯で知人妻を性処理女に

以前人妻好きの男性を集めたSNSで
メンバーの一人の奥さんを
ご主人の同意のもと通勤の電車の中で
時間に都合のつくメンバーが集まって
囲んで痴漢したことがあります。

※もちろん奥さんはしりません

痴漢行為が行われたのは、奥さんが
会社に向かう朝の電車内でした。

ご主人である男性メンバーは
単身赴任で、静岡に行っていたのですが
初日、2日目と奥さんをメンバーに
教えるためと、自ら奥さんの反応を
見たいがために有給をとって
メンバーと同行していました。

ちなみにこの旦那さん
赴任先の静岡では他のメンバーの
セフレの人妻さんとの3Pを
楽しんだりもしたそうで、
その人妻さんの淫らさを見て
自分の女房ももっと淫らにできたら・・・
なんてことを考えたようです

ご主人にアレがそうと指さされた
女性はご主人が言っていたように
見た目も服装も地味な女性でしたが
体はなかなかよさそうでした

ご主人の指示のもと奥さんの後ろに
何食わぬ顔で並ぶメンバーは
初日は確か、私を含めて4人
だったと思います

電車がホームに到着すると
メンバーの中の実際に痴漢経験のある
男性を中心に、奥さんを押しこむようにして
電車に乗り込みました

痴漢経験の無かった私や他のメンバーは
最初手を出しかねていましたが
経験者が奥さんの下半身に手を伸ばし
触り始め、ご主人の申告どおり奥さんが
地味によけようとする程度で
身動きのとれぬまま触られているのを
みてつぎつぎと奥さんの体に手を
伸ばし始めました。

奥さんは、いやらしい
手が何本も伸びてきたのに気づき
驚いていたみたいでしたが・・・
身動きの取れない混み方の電車内で
声を上げることもできないまま
争うように体に触れようとしてくる
飢えた何本もの手にわずかな間に
スカートをまくりあげられ
ストッキングを足の付け根近くまで
ずりおろされ・・・

前後からパンティの中に侵入した
痴漢の手で陰部を刺激され
興奮したメンバーの勃起したものを
グリグリと前後左右から押しあてられ

下半身ブラウスのなかに侵入した手に
胸をもみあげられ・・・いやらしい
刺激で硬くなった乳首を探りあてられて
つまみあげられたりと

奥さんは体中を、すっかり調子に
乗ったメンバー達に、いま考えると
良くやれたなと思うほど大胆に
蹂躙されつづけました。

私も、たまたまいい位置にいたので
前からパンティの中に手を入れて
クリトリス付近を刺激しながら
硬くなったペニスを奥さんの太ももに
押しあてていました。
興奮しつつ指を入れてやろうと
さらに奥にと指をすすめると
後ろから触っている痴漢経験者
メンバーの指がすでにヌルヌル
の穴にリズミカルに出し入れ
されていました・・・

そんな風に初日から思い切りハードに
触られまくった奥さんは、乗り換えの
駅に着くころには肌を赤く上気させ
足をがくがくさせてていました。

事後、時間のあるメンバー2人と
ご主人で喫茶店へゆき感想を
言い合いましたが・・・
初日から目の前でここまでの
妻の痴態を見ることができるとは
思っていなかったらしいご主人は
ひどく興奮して饒舌に喋りまくって
いたのを覚えています。

満足できたのなら、今回で
終わりにしますか?という問いかけに
折角だから明日もお願いしますと
いうご主人の言葉で予定通り2日目も
実行されました。

奥さんは前日あれだけ触られたにも
かかわらず2日目も乗る場所も
変えずにいるうえに・・・
明らかに痴漢メンバーと認識してるだろう
メンバーを目視していながら、そのまま
電車に乗りました。

そしてわずか数分後には、朝の電車内で
奥さんはメンバーにいじりまわされながら
いってくれたうえ、調子に乗ったメンバーが
コートの陰で取りだした勃起チンポを
握らせると硬さと大きさを確かめるように
握ってきたそうです。

この日でご主人も単身赴任先へ帰るので
約束どおり奥さんに対する痴漢行為は
終了するはずだったのですが・・・

奥さんの反応の良さに味をしめた
私を含むメンバー3人は、翌日の朝
同じ時間に顔を合わせることになりました。
ルール違反を他のメンバーに見られたことで
若干ばつの悪い感じもしましたが・・・
皆同じ目的で集まってるだけに
苦笑いしながらも軽い会釈の後

獲物の周辺に陣取り
奥さんを電車に押し込み
ご主人抜きで痴漢行為を
繰り返したのです。

さらにご主人が一緒だった最初の2日は
乗り換え駅で終了していましたが、
抑える者のいない欲望のままの痴漢ですから
メンバー全員乗り換え後も奥さんに
触れないかと後をつけた結果・・・

奥さんの会社の最寄駅まで
後をつけてしまいました。

折角会社の最寄駅がわかったので
帰りの奥さんを待ち伏せして
痴漢することもできるようになりました。

もちろんこの辺のことは
ご主人は、まったく知りません
SNSではもうやめてるそぶりで・・・
チャンスがあったら奥さんを、
また触らせてくださいよ
などとやり取りしながら
実は、毎朝晩のように
奥さんの体をいじりまわしていたわけです。

そんな風に毎日朝に晩にと
痴漢行為を奥さんに
繰り返すようになって

1週間もしないうちにだったと思います
帰宅時の痴漢に来ていたメンバー
から報告がありました。

帰宅時の痴漢後
そのまま奥さんの後をつけ
降りる駅で奥さんに
声をかけたのだそうです

すると・・・なんと奥さん
ホテルまでついてきちゃった
そうなんですw

それを聞いたらもちろん
自分も!って思うわけで
聞いた翌日は私が・・・

その翌日はまた最初に声を
かけたメンバーがホテルや公園に
連れ込んでは奥さんにチンポを
ハメまくりました。

そうこうしてるうちに
もう一人も気づき

以降は会社帰りの痴漢の後
ご主人が帰った後も触りに来た
私を含むメンバー3人は
あっさりと穴兄弟になりw

交代でほぼ連日のように奥さんで
性欲処理させてもらうようになり。

3人の間のSNSのプライベートメッセージでは
「今日は俺オナホール妻借りるね」
などと奥さんを3人でオナホール扱いw

ご主人のプレーから2週間も
しないうちに複数の男に
性欲処理女として楽しまれる
ようになった奥さんは・・・

さらに1か月もしないうちに
2対1・3対1の複数プレーも経験し

平日の夜ばかりか土日も
呼び出されては私たちに
おまんこを使われています。

あれからもう2年以上になりますが
今はもう奥さんはすっかり
性欲処理大好きな淫乱人妻になってます

赴任先からご主人が
帰ってきてるときも会社帰りに
私に生ハメ中だしをされて
まんこから精液たらしながら
家に帰ったりしたり

何も知らない懲りないご主人
希望の奥さんを痴漢する
プレーの際などは・・・
奥さんが知っていることを
しらないご主人の前で結合部を
隠してご主人に気づかれないように
挿入したりもしました・・・

奥さんは本当に楽しそうに
ご主人に隠れての変態セックスを
楽しんでくれています。

でも奥さんをオナホールがわりに
使ってることは・・・もちろん
ご主人には内緒です

でも自分の女房も
もっと淫らにできたら・・・
っていうご主人の願望はしっかり
かなったわけですからw

ご主人には感謝してほしいものです

たかみなとJOY、えんじょーぃ??

朝になって優子は目が覚めた。
ウエンツは仕事のためもういなかった。
優子「はあ、あの後何回ヤッちゃったんだろう?ちょっとウエンツ君をなめてた。さ、帰ろ!」
服を着て部屋を出ようとしたそのとき
友美「優子!何してたの?」
優子「ともちん?」

優子「ともちん?どうしてここに?」
友美「昨日さ、ホテルにいて暇だったから外でぶらぶらしてたの。そしたら優子とウエンツ君がホテルに入っていくのをみちゃったんだ!」
優子「見られちゃってたのか!(あっちゃんじゃなくてよかった)」
友美「それでさ、何してたの?」
優子「え!?いや、それは、その」
友美「優子、服乱れてるよ!分かってるよ!エッチしてたんでしょ!」
優子「これは内緒ね」
友美「いいよ!でも手伝ってほしいことがあるの。」
優子「何?」
友美「じつはね。」

優子「それはあっちゃんに頼んだ方がいいよ。私ウエンツ君とは関わらないことにしたから。」
友美「(何であっちゃん?ま、いっか)わかった。」
そして友美は敦子に電話をした。
敦子「何?ともちん?」
友美「あのね。、、、」
敦子「う、うん健に頼んどく。」
友美「ありがとね!」
プツリ
友美「よかった!あとは時間を待つだけ!楽しみ!」
優子「疲れたから帰る。」

健「大丈夫!あっちゃんの頼みは何でも聞いてあげるよ!」
敦子「よかったら、週末にでも遊びに行かない?」
健「そうだね!それなら2人の後を付けない?」
敦子「面白い!やろ!」
プツリ
健「じゃ、連絡しますか。」
プルル
JOY「はいもしもし?」
健「JOY?健です。突然だけどAKBの板野ちゃんに何か頼みごとしてないかい?」
JOY「え?何で知ってるの!?」
健「ま、まあとりあえず日曜の午後8時に東京ドーム前で待っていな!高橋みなみちゃんが行くからさ!」
JOY「ほ、本当に!板野ちゃん何とかしてくれたんだ!健さん連絡ありがとうございます!」
健「お礼はいいから楽しみなよ!」

少し前
板野はモデルの仕事でJOYと一緒になった。そのときに
JOY「板野ちゃん。ちょっと頼みごとがあるんだけど」
友美「何でしょうか?」
JOY「何とかしてさ、高橋みなみちゃんに会えないかな?」
友美「(ちぇ、とものファンじゃないんだ。)仕方ないですねぇ!一回だけですよ!(面白そうだしね!)」
JOY「ありがとうございます!動きがあったら連絡下さい。」

そんなことがあった。

友美「なんとかたかみなをJOY君に会わせないといけないのか。ウーン…。そうだ!いいこと思いついた!」

数日後
某番組の収録があり友美とみなみは一緒だった。
収録が終わった。
友美「たかみな。ちょっといい?」
みなみ「え?いいけど」

みなみ「どうしたの?」
友美「あのね。とものモデル仲間にさ。たかみなのファンの人がいるの。その人が会いたいっていってるんだ。
お願い。少しでいいから会ってくれない?」
みなみ「う、うーん。急にいわれても。わ、わかった。会うくらいなら大丈夫。」
友美「ありがとう!たかみな好き!(これでOK!)」
みなみは友美が言っているファンというのがJOYだとは知らない。

当日
みなみは友美にいわれたがままで東京ドーム前に来た。
友美「じゃ、お願いね!」
みなみ「う、うん」
友美は人混みの中に紛れている敦子と健と合流した。
もちろんみなみは3人には気づいていない。
その頃みなみは改めて冷静に考えていた。
みなみ「えっと。モデルでともちんと友達で私を推しているということは、あーー、わかった。あの人とずっといないといけないんだ。最悪。」
みなみがぶつぶつ文句を言っているとやってきた。
JOY「やあ、みなみちゃん!こんばんは!」
みなみ「こ、こんばんは、」
JOY「あれ。元気ないなあ。いつものたかみなじゃないよ。どこか悪いの?」
みなみ「心配しなくても私は大丈夫です(そりゃ悪いわ。ともちんのせいでこんなつまらないことにつきあわないといけないんだもの)。」

2人はとりあえず買い物をした。
陰では
友美「何かたかみな機嫌悪そうだな。」
敦子「まあ、たかみなはJOY君を良く思ってないからね。」
健「へえ、そうなんだ。どうして?」
敦子「番組で共演したときにね。JOY君アピールしすぎて逆にたかみな気持ち悪いって言ってたから。」
健「僕はあっちゃんのことだけが好きだよ」
敦子「もーー!健ったら!」
友美「たかみなが心配になってきた。」
一方
JOY「みなみちゃん。ちょっといい?」
みなみ「いいですけど、明日も仕事あるんでこれで最後にして下さい。」
JOY「(見とけよ。めちゃくちゃにしてやるからな)来て」

友美は2人を探した。
敦子と健はのろけてホテルに行ってしまった。

その頃2人は目立たない倉庫にいた。みなみ「早く用を言って下さい。明日も仕事あるんです。」
JOY「率直に言うとみなみちゃんは僕に悪いことをしちゃったんだ」
みなみ「はい?私が何したっていうんですか」
JOY「何だ。分かってないんだ。そんなみなみちゃんには体で罪を償ってもらおうかな!!」
みなみ「え!?ちょ、ちょっと待って。やめてよ。何するのよ」
JOYはみなみを押し倒した。そしてみなみの服を脱がせ始めた。
みなみ「何すんのよ。変態。」
JOY「言ったな。そんなこと言ったってやめないから」
みなみは必死に抵抗する。しかしJOYの力が勝って段々下着姿にされていった。

友美「あっちゃんの話がJOY君に伝わってたらたかみなが危ない。」
友美はJOYが怒ると女子でも襲うことを知っていた。

みなみ「やめて。何か悪いことしたなら謝るからごめんなさい。」
みなみがいうとJOYは動きをとめた。
JOY「何で俺が怒ってるのかは話してやろう。前、番組で共演したあとお前は楽屋で俺の悪口を散々言ってたよな」
みなみ「…」

収録終了後AKB48楽屋
優子「あんなにJOY君にいいよられてたかみな、うらやましいな!」
みなみ「はあ?あの人のどこがいいの?近くによられたときの顔すげーキモかったんだよ。」
敦子「そんなこと言うたかみな初めて」
みなみ「私、ああいう人大嫌いなんだよね」
(この仕事に板野は参加していなかった)

JOY「その言葉を聞いてショックだった。俺はたかみなを一生懸命推してきた。なのにお前にあんな言われ方をされて。」
みなみ「…ともちんは知らないのね。」
JOY「あいつにはお前に会いたいっていったらすぐにこうやってしてくれたよ。」
みなみ「…わかった。私が悪かったよ。ごめんなさい。アイドルとして悪いことをしちゃったんですね。」
みなみは少し泣きながら謝った。
JOY「…本来だったら許してやりたい。でもお前はいくら謝っても許さねえ」
みなみ「そんな…」

その後、みなみは抵抗することなくJOYに全部脱がされてしまった。
JOY「ちっちゃいなあ。まあ、俺のテクニックにはかなわないね。すぐに気持ちよくさせてやるよ!」
みなみ「…」
JOYはみなみの小さい胸を愛撫しはじめた。
みなみはただ受け入れるしかなかった。
JOY「我慢してるだろ?気持ちいいくせに」
みなみ「…(う、うまい。もっとしてほしい!)」
みなみは自分に気づいていなかった。顔が火照っていることを。
JOY「顔が赤いぞ!興奮してんだろ!」
みなみ「(え!?)そ、そんなことありません」
JOY「…」
JOYは無言でやり続けた。
みなみ「(あー!出そう!!)」
それを感じたのかJOYは一旦止めた。
みなみ「(何で!?早く出させてよ)」
JOY「そんなに出したいのなら頼めばいい」
みなみ「(そんなの嫌だよ…。でも…私が悪いんだもん…。もうどうだっていい!)わ、私と一つになりましょう!」
JOY「(ふ…!)よーし。じゃ、横になれ」

みなみ「これでいい?」
JOY「ああ。たっぷりやってやるからな!」
そういうとJOYは自分の物をみなみの中に一気にいれた。
みなみ「!!」
JOY「(すげー濡れてるな!どんだけ我慢してたんだよ)」
JOYは腰をふりはじめた。
みなみ「アッ、アァ…」
JOY「もっと声出してもいいんだぜ!」
みなみ「ひ、久しぶりにやるんだから最初はい、痛いに決まってる。」
JOY「なんだ。処女じゃないのか。まあいい。」
JOYはいきなり振るスピードを速めた。
みなみ「アッ!!この感じ!たまんない!アァン!!」
JOY「いつものたかみなじゃないレアな姿だな!」
みなみ「アァ、ハァ、アン!もう離れられない!」
JOY「よし!そろそろ出すぞ!何をいわれても中に出してやるから」
みなみ「もう、いいです!どうぞ」
JOYが絶頂でみなみの中に出そうとしたそのとき、

ヒューー ズキッ!
JOY「痛ってぇ。誰だよ」
友美「JOY。本当に最低。もうちょっと女の子の気持ちわかってあげたらどうなのよ?」
みなみ「え!?ともちん!?何で」
JOY「おいおいともちん。さきに悪口いったのはこいつだぞ。何で俺がお前にいわれなきゃいけねえんだ?」
友美「自分の気持ちくらい自分で抑えられないの?こうやって仕返しするあんたなんかみんな嫌いよ。自己チュー」
JOY「…」
友美「早くこの場から消えて」
JOY「…」
JOYは何も言わずに服を着て倉庫から出ていった。
みなみは言葉を失った。
友美「たかみな、早く服着て」
みなみ「何で私の邪魔したの?せっかく楽しんでたのに」
服を着ながらみなみは尋ねた。
友美「違う。楽しめようとはしてない。あの後続けてたら動画撮られて脅されてたよ。あいつはそれぐらいのことしか頭にない子供なのよ。」
みなみ「…」
友美「ごめんね。たかみながあいつが嫌いってこと知らないで誘っちゃって。」
みなみ「私も悪口いったことを反省する。そしてもっとファンの人を感謝しながら頑張る!」
友美「うん!」

2人にはそれぞれ考えさせられた出来事だったろう。
その後は前よりも元気な友美とみなみの姿があった。

そんなことも知らす敦子と健はホテルで愛を育んでいた。

[迎夢]

置換冤罪



大阪でな。

現場に居合わせた人がいたら嫌だから
時期は伏せて淡々と書くから
おまいらも気をつけろよ。

出張中で泊ってるホテルが大阪、
梅田からのバスで行ったところだったのよ。
んでバス停でバスの到着を待って居た俺様。
前から3番目

先頭はデラックスピザ2番目は爺さんで次に俺様

先頭のデラックスピザが
バスを待ってる間にタバコ吸い始めたわけよ。
俺も当時はタバコ吸ってたけど、人が並んでるバス停で
灰皿も無いし普通吸わないよな。
でも心の中で「さすが大阪カコイイ」とか驚いたわけよ

したら豚女の吸ってるタバコの煙が全部後ろになびく。
爺さんや俺様の方に豚女の肺に入った
汚い汚染された吐息が流れてくるのよ

爺さんはたまらずに豚女の肩叩いて
「ここは禁煙だし煙が流れて来るから向こうで吸え!」と一喝
俺もヤンマが読みながら心の中で「死ねっ!」って100万回言ったね。

豚女は大人しくその場でタバコ消して吸うのやめたんだけど、
その後バスが来て大勢乗り込んだわけよ
さぁ出発と言う時に、豚女が絶叫
「この人に体触られましたぁああああああああああ
 ああああああああああああああああああああああ
 あああああああぎゅああああああああああああああ
 プギイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ言いいい」

あれはまさに絶叫。
マジで鼓膜が破れるかと思ったし読んでたヤンマガも表紙破けた。

すると爺さんは( ゚д゚)ポカーンとしてるし周りも(゚Д゚)ハァ?って顔
豚女は立ち上がり爺さんを指さして
「この人痴漢です!この人に体を後ろから触られたんですっ!!!」
確かに豚の言ってることは間違ってない。
すべてを目撃した俺は爺さんが後ろから肩叩いて
喫煙を注意した時のことを言ってるんだろう。
ただし痴漢じゃねーだろw
と心の中で突っ込んだ俺様は恥ずかしがり屋さん

とにかく運転手は指令所って言うの?そこに連絡して
警察呼ぶから少々お待ちをとかアナウンス始めたわけよ。
するとバスの出発が遅れたんで乗客のヤジが始まった。
「痴漢爺降りろよ!」「てめぇさっさと警察行けよ糞爺」
「あのおじいさんだって・・・」と聞くに堪えないヤジが始まったわけよ。
俺は爺さんが気の毒だし聞くに堪えなくて音楽聞いたね。大音量で。

大阪の人のヤジってほんと怖いのな。
結構本気で怖かったもの。

そして爺さんのターンですよ。
爺さんマジ切れすんだけどもうテンパッてて何言ってるか解らない。
俺は大音量で音楽聞いてるからもっと解らないけど、
爺さんへのヤジがキツクなってるのだけは解った。

そうこうしてるうちにパトカーや警官たちが到着。
曾根崎警察がすぐだからそっから来たんだろ
まず、運転手が降ろされて事情聴取。
その後怖い顔した警官4人がかりで爺さんバスから降ろされる。
豚女は優しそうな警官一人に自称聴取。
明らかに爺さんの扱い違うだろwwwwと言う状態

んで近くにパトカーが一台止まってて
なんか無線でやりとりしてるのが目に付いたのよ。
別に正義感なんか無いしあめぞうから2ちゃんに移った真性オタだし、
関わるの嫌だったんだけどこれはあまりにも爺さん可哀想だろと。

だって爺さん泣いてるんだぜ?
70前後の爺さんが泣きながら無実を訴えてるのに
警官たち爺さんのズボンの後ろ掴んで逃げられないようにしてんのよ。

バスの乗客はそれ見て笑ってるし豚女は勝ち誇った顔してるし。
俺にはまったく関係ない事だけど豚女と乗客が許せなかった。
なにより泣いてる爺さんが可哀想で。

俺はバス飛び降りてパトカーで無線やってる警官のもとに走っていった。
もちろん座席にヤンマが置いてここは俺の席ってアピールをしてから。

そんでバス停でバスを待ってる間に有った一部始終を
パトカーのところに居た警官にすべて説明。
警官の顔がみるみる変わるのを今でも覚えてるw
「あなたはそれを公の場でも証明出来ますか?」っと聞かれ
「これは私の名刺です。ご希望でしたら
 免許証のコピーを取って頂いても構いません(キリッ」
多分いままで生きてきた中で一番自信満々に名刺出したね。
仕事でもあんなに堂々と名刺出したこと無いわ。
あと今考えると免許のコピーって意味わかんねぇな。

パトカーのところにいた警官は
速攻で運転手に事情を聞いていた警官に耳打ち。
振り返ってこっちを見たから目が合ったので
なんとなく頷いたら、向こうも頷いてくれたw
なんかドラマみたいだって思った記憶があるw

パトカーにいた警官が爺さんの話を聞く役を変わり
取り囲んでた四人にもう一人が状況説明。
爺さんを囲んでた四人は今度そのまま豚女のところに。
豚女は得意げに何か話してたんだけど、警官の
「ちょっとお話に食い違いがあるようですが?」
てのを皮切りにドンドン追い詰められてた。
なんつううか自爆しまくりっていうか上手く言えないけども。

警官すげーのよ
ちょっと話聞いただけで状況解ってくれて豚女追い詰めてくの。
最後には俺がチクッたって解ったらしく俺を指差して
あいつは置換爺の仲間だって絶叫してたw
警官たちも爺さんにちゃんとごめんなさいしてたw俺のところにも
「まずは被害者の方のお話をお伺いしないといけないもので・・・」
とか言って言い訳しに来た。

その時に思わず聞いちゃったんだけど、
やっぱ俺が目撃者として名乗り出てなかったら
爺さんはそのまま拘留されていた可能性が大きかったらしい。
ああいう状況だと被害者の話が優先されるんだと。
ひどい話だよな。

んで豚女は前後左右を警官にガッチリ囲まれて警察署へ連衡。
逮捕ですか?って聞いたら「警察官に嘘つくと結構大変なんですよ(ニコッ」
って笑ってたのが怖かったw

実は俺はお金無いから宿泊先から電車じゃなくてバスで通ってたのよ。
だからバスのヤンマがで場所取っておいた席に戻ろうかと思ったら、
回りはすっげー人だかり。バスの乗客は見てるわ。周りの通行人は見てるわ。
俺も爺さん助けるのに夢中で気づかなかったw

爺さんは泣きながら
「ありがとうありがとう」って手を握ってくるし、
こっぱずかしくて死ぬかと思ったわw
一応、爺さんにも名詞渡して「もしもこのことで
まだ揉めるようでしたらいつでも連絡ください(キリッ」って立ち去った。
その場でタクシー止めてな。

たぶん今まで生きてきた中で一番イケメンだった瞬間だね。
お金無いから「ワンメーターで行けるところまで行って」ってお願いしたけど。
転職したばっかりでほんとに金がない時期だったんだよな。

これでおしまい。
これすべてほんとに合った話。
時期は伏せるけど、大阪駅大丸前のバス亭の「門真南行」な
女の基地外は最強だと思った。
おまいらも気をつけろー

「この人痴漢です」

って言うだけの簡単なお仕事です。
小遣い稼ぎ感覚怖い


故意の冤罪は死刑にしろ

よくやった!!
痴漢冤罪は女の言ったもんがちだからな
最近はみんなゲームや音楽で周りの人とコミュニケーションも取らないし、
味方作りにくいのが余計立場を不利にさせてると思うよ

胸糞悪い話かと思ったが道義が立った話で良かった

お前に置いていかれたヤンマガの気持ちを考えろ

あれなー
読み終わって無かったから翌日
泣く泣く大阪駅のガ?ド下の乞食から買ったんだよ。
すっげー悔しかったの覚えてる。

確かあのころはまだヨドバシも出来て無い頃じゃないかなぁ。

おまえグレーの背広?着てた?

まさかの目撃者登場?

スーツだったか私服だったかは覚えてないなぁ
チャコールグレーだったらありうる・・・
あれ?明るめのグレーも当時持ってたかもw
でもさすがに違うだろ?w

けっこう酔っ払って来ちゃったからマジ寝る
呼んでくれたやつは冤罪にあってる人見たら助けてやってくれよノシ

場所は違うだろ。いっこ手前やろ?
俺がみた奴はマジでイケメンだったなぁー

一個手前ってw
停留所誤魔化したのばれたかw
ごめんなさい。

マジで目撃者いたのかよw
もうそれ以上何も書かないでくださいお願いです・・・

なんだこいつ最高にカッコイイぞ

イケメンすぎ濡れたは

これは英雄

よくやった

  15歳金髪シャブ漬け娘。

USIです。やほー!いい年ですけど、若い娘好きでもう200人くらいは円光とかで
食ってきました。良い思いでもあるけど、苦い思いでもあり話のネタはつきません。
そんな中、一番強烈な娘さんの話。書きますね。
8年くらい前に、大手出会い系サイトで釣った娘で絶頂期のモー娘ゴマキ似のプー娘。
18歳で、ホ別5の強気円光募集だったnだけど、公開シャメの可愛さに応募。
可愛い過ぎるルックスと当時ホ別3が相場なのに、別5の募集で怪しさぷんぷん。
ぼったくりかもと警戒しながら、土曜のお昼12時ジャストにN市駅裏の噴水前に待ち合わせ。
物陰に隠れて、ゴマキ似の「美樹」を待つ。30分前について、業者が美人局か警戒しながら
待ったが、それらしい怪しい車等見当たらない。約束の時間に15分程遅れると美樹からメール。
しかし、20分過ぎても来ない。「冷やかしか。」諦めかけた時に、金髪のシャメ通りの
ゴマキ似美樹がキョロキョロとしながら現れた。165cmサラサラ金髪のスレンダーボディ。
彫りの深いかなりの美形少女。「まじか?釣りか?」と久々の超大物GETに
心踊りまくり!!「美樹さん?」「はい。遅れてごめんなさい。」顔も声もむちゃ可愛い!
タクシーに乗車。駅近くのE・ホテルを指定。車中、何度か後ろを見るがつけて来る車両は無し。
どうやら一般素人みたい。「よっしゃー。」と心でガッツポーズだが、美樹の様子がおかしい。
3月なのに、額から大粒の汗を流してモゾモゾとし何度も美脚をくみ直し具合が悪そう。
「大丈夫?調子悪いの?」「うん......。大丈夫だよ。」と潤んだ目と息がちょっとハァハァしてる。
「何だよ。調子わりーなら。サポすんなよ。」とちょっとガッカリしながら。
10分後、E・ホテルへ到着。ふらふらする美樹を半ば抱き抱えながら、ロビーへ
到着。土曜の午後なので、ほぼ満室だが1室のみ高額なSMルームが開いてる。
仕方なく入るが、「こりゃ、今日一日でかなりの出費だ。」やけくそ気味に、部屋へ。
書き忘れたが、ヒョウガラ・黒ミニスカ・網タイツ・ロングブーツでぷりケツ・Ccupのスペックな美樹。
部屋に入ると、美樹はベットへダウン。「大丈夫かい?調子悪いなら。次回にするかい?」
と声をかけた時にびびった。網タイツ越しに見える股間はパンツ履いてない。
それに、なんかうごめいてる。「えっ。ローター?」近寄ってみると、ガーターで
バイブが固定されてマンコでうよんよよよと美樹のマンコを攻めまくってる。
「まじ?H好きなの?」美樹は答えないが、もうこちらはチンポぴんぴん。
ミニスカを捲くりあげまくると、アナルへもミニバイブが挿入されて低い電動音がする。
「すげースケべだね。」これが、具合の悪い原因か。と、思ってたら。美樹からDEEPKISS
18歳と思えないくらい、歯までに舌を這わせてくる淫乱さ。これで、完全にスイッチが入り
急いでズボンを脱ぎ捨て勃起ペニスを差し出す。完全に蒸気し視点の合わない
虚ろな目つきの美樹がチンポをしゃくりだす。「スポ。ズポポ。ズッポズッポ。」と美味しそうに
喉の奥までDEEPスロートする、AV嬢かと思うくらいのフェラテク。
「やべ、むちゃ気持ちE。」が、俺は金髪ストレートのヘアーをわしづかみにし
、頭を持ちイマラチオ。「ンゴ。ズボボボ。ウー。ズボズボボ。」とやる。
嫌がるそぶりもなく、なすがままのやり放題。たっぷりとデカチンポで小顔で・
小さな口の美少女を犯した。よだれがたれ捲くり、ヒョウガラ服のCcup付近が汚れまくった。
共に息が荒い中俺は、全裸になり美樹をこのまま犯そうと思った処。美樹は自らミニスカを脱ぎ、
マンコバイブとアナルバイブ付きのガーターをカチャカチャと脱ごうとしていた。
よく観察すると、ネットとかSMショップで売ってそうな、しっかりとした皮作りの本格的な
M嬢を調教するマニアックな物だ。ピンときた。「誰かご主人様いるよね?自分で買ったんじゃないよね?」
「ハイ。50代のおじ様に飼われてます。」「今日は、ご主人様の命令で援交しに来ました。
ご奉仕しますから、美樹を犯して下さい。」興奮するが、「そのバイブはリモコンバイブ?」「ハイ。そうです。」
近くにご主人様いるな。「んー。こんなの初めてだけど。」どうしようかなと思ってたが、美樹が四つん這いで尻を突き出し誘う。
「ご主人様。美樹のオマンコかアナル好きな方におちんちん挿して下さい。」もうだめぽ。生でマンコに突き挿し捲くり。
「アン。アン。アン。アッ。アッ。」と可愛い声で泣く。バックから正常位、松葉くずし、
再びバックで美樹の美尻を叩きながら、デカチンポ抜き差しするとマン汁が沢山垂れ、
尻は赤く染めあがるが体を捩りながら喜び「アーーー。アッアッアーン。」と歓喜の声をあげる。
「スゲーな。この若さとルックスで悪いおじさんに捕まったな。」と思いつつ、騎乗位で「乗れ」と美樹に命令、書き忘れましたが
当然パイパンに剃られてるし、両乳首はリング付きのお飾りが........。Ccupを揉みもみしながら美樹が前後にグラインドでグリグリしてくる。
「すげー。快感だこりゃ。」こちらも負けずに下から突き上げる。「アーッ。アーッ。アアン。」と泣く。ゴマキ似の美樹は本当に可愛い。
激しく突き上げ、だまって中出ししようと思ってたら「ご主人様。アッアッ.....中に頂戴。美樹の中に..たっぷり射精して下さい。アッアッツ。」
遠慮なく、たっぷり中だし。引き抜くとドボドボと白いのが大量に逆流。美樹もハッハッとまだ息が荒く。「私も行きました。ご主人様。」
しばし、休息。ソファに座り、「すごいな?若くて美人なのに。どうして?」
だが、美樹は目の視点が合ってなくメンヘラみたくヘラヘラしてなかなか会話が噛み合わないが、
「援助はした事がなく、ご主人様ともっぱらプレーしてるとの事。」と右脚の太ももと両手首付近にはリスカの跡がある。
そして決定的なのは、腕の注射痕だ。「こりゃ、薬だね。シャブ中?」と聞くが、ヘラヘラしてる。しばらくすると、
美樹が何も言わずに風呂へシャワーを浴びに行ったので。すかさず、美樹のカバンをあさる。
出てきた保険書には、本名と年齢が15歳と判った。「えー。15か!!高1か?中3か?」
出てきた美樹に年齢を尋ねると「15。学校辞めた。」と告白。興奮して、もう一戦やろうとした処美樹が、カバンからDVDを取り出し
無言でデッキに入れようとするが、操作が分からずにいるので「又SEXするぜ。」と後ろから
抱きつき、おっぱいを揉み乳首リングをひっぱりながら再交尾のおねだりをしたんだが、「見ながらしよ。」
「なんでDVDを見ながら。」と不思議に思う。「まさか?裏とか?」と私がSETし再生。
そこには、驚愕の映像が.........。セーラー服の美樹がおっさん2人にメタくそに犯されてる、自分自身が
出演のオリジナルDVDだった。AVみたく、虚ろな目したメタクソ可愛いー、美樹が2本のオチンチンを丹念にしゃぶり
生挿入は当たり前の2本のオチンチンでマンコとアナル2本挿しのハードコア。
美樹はヘラヘラしながら、「しよ。ご主人様」とSEXを懇願。再度興奮した俺は、マンコ、アナルと夜までボロボロに3発
中だしで15歳美樹の体を蹂躙し犯しつくした。最高の円光だった。
5万を渡し、怖くなりホテル前で別れた。今頃どうしてるのか、知るよしもないが
あれほどの体験はほかには無い。美樹は今幸福だろか?落ちる処まで落ちたのか。..

【 15歳金髪シャブ漬け娘。】

寝とり:旦那以外の初めての男

旦那しか男を知らない人妻を犯す事に非常に興奮する。しかもだんなや子供に罪悪感を感じながら、徐々に快感に染まっていく女の気持ちをかんじとるのが非常に好きだ。たぶん、私と私の妻の両方が童貞、処女カップルだったから妻と他の人妻を重ね合わせているのかもしれない。俺はかなりの寝とられ好きだが、他の人妻を寝とりその気持の変化をみるのがたまらなく好きなんだ。もちろん、旦那しかしらなくてしかも初めて他の男としようっていう人妻を見つけるのは難しい。俺もこれまでに3人しか会ったことがないが、その中でも最も興奮した最初の人妻の話をしようと思う。

 その時会ったひとづまの名前は千秋、その頃36歳だった。ちなみに俺はその時40歳。千秋とであったのは、書道教室だった。俺は長年通っていたのだが、千秋は旦那の出張で引っ越してきたらしく、新しく通い始めたんだ。初めて千秋を見たとき衝撃が走ったのを覚えてる。実際顔はどこにでもいるような主婦なのだが、タレントの優香に少し似ており、背も150前半と低くかわいらしいかんじで、胸が異様ににでかいのだ。優香をふっくらさせた感じだ。初めて見たときの彼女の服装は書道教室にあった地味なジーパン、濃い青色の薄手のカットソーだったのだが、胸はぱんとカットソーを持ちあげており、ジーパンはぴちぴちと少し大きめの尻を強調していて何とも言えない30代の人妻の色気が満載だった。雰囲気はかなりおっとりとしたかんじで、いかにも読書や書道が好きそうな文学主婦?という感じだ。書道教室は生徒が少なく、同世代は数人しかいないという事もあって俺はあった初日に千秋に話しかけられた。はじめまして、とか、どれぐらい続けているんですか、とか他愛もない会話だったと思う。ただ、俺の意識は話よりも千秋の身体のエロさや人妻らしい色気に集中していた。

 書道教室の時間は土曜の午前中だった事もあり、同世代が私しかいなかった事もあり、千秋と一緒にたまに昼食をとったり、子供の話をするようになった。千秋はかなりおとなしくシャイで昼食程度でも二人きりだと人の目や旦那を気にし、尻ごみするようなそぶりを見せていた。ただ、千秋の自宅から書道教室は遠いのと(車で30分ぐらいかかる)、私の押しの強さに負けて書道教室の後、私が誘うとしぶしぶ?昼食をとるようになった。

 千秋と初めて会ってから3カ月ほどたった初夏に、書道の後に昼食を取りに行った。その時は居酒屋のランチタイムとかいうのに行ったのだが、そこは半個室の作りであり少し他の席とは隔離されたような感じが合った。少し照明が暗めであり結構いいムードの居酒屋だった。夏という事もあり千秋はTシャツを着ていたのだが、それが少し小さめであり、かなり胸が強調されていた。しかも、胸の大きい人にありがちだがブラのレースの形がTシャツ越しにくっきりと浮かび上がっていたのだ。その日はなぜか非常にムラムラしていたのを覚えている。ランチセットを食べながら千秋の胸ばかりに注目していた。また、かなり興奮していたのでその日は少しHな話をいやらしくない程度にしようと決心していた。私は千秋の男性歴を少しずつ聞いていった。恥ずかしがったりしてなかなか話してくれない事もあったが。千秋によると旦那とは大学一年生の頃に出会い、付き合い始めたそうだ。大学を出て2年たったときに結婚したと言っていた。そこで、ふと疑問がよぎった。旦那しか知らないんじゃないか、と。そこで千秋に「高校生の頃につきあったことは無かったの?」と聞いてみた。「旦那が初めての彼なんです。?略?5年付き合って結婚したんです」。私はこの言葉を聞いた時、何かどす黒い欲望が身体の中で沸き起こったような感覚を覚えた。もちろん、付き合っている時、結婚してから他の男とセックスをした可能性もある。だが、私は千秋の性格上そんなことは無いはずだと断定していた。旦那の身体、ペニス、テクニックしか知らない千秋をおかしてみたい。旦那のペニスしか入った事のない綺麗なヴァギナに私のペニス、精子をながしこんでみたい。何よりも旦那に染められた千秋の心を私色に染めてみたい・・・。そう言うよくぼうが私の中で渦巻き始めていた。そして決心していた。この女を犯そうと。
 

だが、どんなに考えても千秋を上手く犯す考えは浮かばなかった。無理やりするのは嫌だったからだ。しかたなく、直接的にアプローチをかける事を考えた。全てを正直に話し、お願いしようと。失敗したら書道教室をやめればいいのだ。長年通った書道教室をやめるのは少し気がひけたが、それだけ千秋を犯したかった。

実行の日、私はいつものように千秋を昼食に誘った。私の車で出かけ、その日はパスタを食べに行った。なぜかその日は千秋のテンションが高く戸惑ったが、その日彼女がきていた紫のTシャツの胸に目が行き、ムラムラを抑えきれなかった。その日までほとんど下ネタらしい下ネタは話した事がなかった。昼食の帰りに車を走らせて、ちょうど良い休憩所が合ったので車を止め千秋に思い切って聞いた。「旦那とは仲いいの」。「仲は良い方だと思いますよ」「そうなんだ・・・・・。千秋さんのところは夜はどれぐらいある?」思い切って聞いた。千秋はびっくりしたような顔をこちらに向け「えっ」と言ったが、ようやく私の言葉の意味を理解したらしく、はにかみながら「そんなこと聞かないで下さいよー」とほほ笑んでいた。たぶんこういった話は苦手なんだろう。露骨にいやな感情を表に出さないのが千秋らしく、こういったところが好きだ。私は続けた「正直な話、うちはもうほとんどなくて・・・」。千秋は笑いをやめうつむいている。私は千秋の手をつかみ早口で言った。初めて千秋を見たときから好きだった。心の底から君を愛していてどうしようもないぐらい苦しい。お互いパートナーがいるのは分かっている、でも気持が抑えきれない。君と一つになりたい、君が愛してくれなくてもいい、とにかく一つになりたい。君も旦那しか知らないなんてもったいないだろう、絶対にヒミツを守るから私の彼女になって欲しい。もし断られたら書道教室を辞める覚悟もある。と早口で千秋に告げた。千秋は非常にびっくりしたような顔で、私から離れるように身体をドア側にずらした。どんな事を考えているのかは分かりかねた。ただ、うつむいているだけだ。私は思い切って手をスカートをはいている下半身にずらし、太ももを触ろうとした。しばらく千秋は悲しそうな顔で触られていたが、やさしく私の手をどけた。しばらくして、彼女の車が置いてある書道教室の近くに行くと彼女は何も言わずに降りた。こちらを振り返ることなく降りていった。私は完全に振られたんだろうと思った。

彼女に振られた翌週、私は書道教室に顔を出した。千秋がいる。私はどんな顔をされるんだろうと少し緊張していた。だが・・・。千秋は私と眼が合うと、少し笑いかけてくれた。私は猛烈に感動した。また千秋と話ができる。それだけでも嬉しかった。ただ、私の心の中としては彼女を愛するというよりも彼女を犯したいという気持ちの方が強かったのは事実だ。

ナンセンスかもしれないが、書道教室が終わった後、私は千秋をまた食事に誘った。彼女はちょっと戸惑っていたが、了承してくれ私の車に乗り込んだ。だが車の中、行った店の中では全く会話は無かった。お互い緊張していたのもあるだろう。今日の彼女はなんだか、人妻の色気が一層強いように感じる。店から出た後、私は車を書道教室とは逆の方に走らせた。ラブホテルに向かうためだ。私の頭の中はそれしかなかった。千秋がどんな顔をしていたのかは知らない。ただ、彼女は何も言わなかった。ラブホテルの駐車場に着いて5分ほど車を止めていた。何をするでもなくお互い前を向いていた。私はおもむろに彼女の手に触れる。なにも反応がない。顔はいつものようにうつむいているだけだ。手をスカートの方にずらす。なにも反応がない。「良いってことだね」私は聞いた。彼女の反応は無い。私は車を降り、助手席のドアを開けた。千秋は少し戸惑っていたが、車を降り私についてホテルに入ったのだ。私は勝利を確信していた。ホテルに入るなり彼女の肩を抱く、尻を触る等のいたずらをするが、彼女はうつむいたまま恥ずかしそうな顔をするだけ。だがその顔が私を一層興奮させる。このうぶな女が私の身体を知るのだと・・・。一番高い部屋を取った。ベッドがシモンズ製とかいうかなりでかいやつらしい。彼女の尻を触りながらエレベータに乗った。エレベーターの中でおもむろに聞いてみた。どうしても聞いてみたかった事を。「旦那以外の人とHしたことあるの」。千秋は黙っていたが、しつこく聞くと顔を横に振った。私の考え通りである。その清楚で自分の体を守ってきた千秋に異常に興奮し、後ろから抱きしめてしまった。柔らかい体でるとこが出ているので気持ちいい。千秋は身体を小さくし、何かに耐えている。さぁ、部屋はもうすぐだ。

部屋に入ると少し高いブティックホテルらしく、あまりいやらしい雰囲気はない。黒と白で記帳された洗練された部屋だ。ただ、少し暗かったので私はベッドがら最も遠い窓のカーテンを開けた。まだ2時前という事もあり日差しが部屋全体を明るくする。私は冷蔵庫から有料のミネラルウォーターを出し、ベッドに腰掛け飲み始めた。シャツを脱ぎ、上はタンクトップになる。一方千秋は、部屋の入り口でハンドバックを前で下げたまま立ち尽くしている。うつむいている顔はなぜか悲しそうであり切なそうな様子を見せ、落ち着かないのか少し震えているようにも見える。このリアクションが最高なのだ。おそらく、罪悪感、恐怖心と戦っているんだろう。本当にこんなことをしていいのか、今やめてと言えばまだ引き返せるんじゃないか、と。それが私の心をよりくすぐる。私は千秋の後ろに回りかたをだいてベッドの方へといざなった。千秋はうつむいたまま何か言いたそうに口を動かそうとするが何も言えないようだ。千秋を私の横に座らせ、またミネラルウォーターを飲み始める。

ひどく緊張しているのか、千秋は私の横でうつむいたまま深刻そうな顔をしている。明らかに罪悪感を感じ後悔しているようだった、私と一緒にここに来た事を。せいこういをするための場所であるらぶほてるにきたことを。私に「やっぱり無理です」といいたいのが見え見えだった。まだ、千秋のどこかに後戻りできるという思いがあったのだろうか。だが私はそれを打ち崩す。「シャワー浴びてきたら?」と残酷に聞いた。うつむく角度が増し、千秋の後悔の念がさらに強くなったように思えた。私は彼女とは対照的に彼女の鎖骨や綺麗で柔らかそうな腕を見て興奮していた。後悔しながらこのきれいな千秋が私にだかれるのかと・・・。千秋は動か無いまま30秒ぐらいが過ぎた。

そして、何か言おうと口を開きかけたが私はすかさず彼女の首をだきキスをした。千秋はびっくりし、何か言おうとしたが私が口を使いそれを阻止した。舐めまわすようなだ。自分で自分を変態だとおもった。ファンデーションの味と匂いがする。その後、すかさず千秋の後ろに回り、右手を襟元からのカットソーの中に侵入させ、ブラのなかに直接手をいれた。温かく豊満な胸だ。てのひらに収まりきらず、あふれている。緊張のためか少し汗をかいているがつやつや、むにむにとした柔らかい感触が伝わってくる。左手は同時に千秋の背中這わせ、ブラのホックをはずした。支えを失った胸が少し下がったように感じた。両手で後ろから千秋の胸をゆっくりモミはじめる。千秋はうつむいたままされるがままだ。外側から徐々に内側に手を這わせ乳首に到達したときに、千秋の体が少しびくっと動いた。やはり感じているのだ・・・。もう顔は真っ赤で一生懸命に目をつむっている。そのあとちあきの横に周り乳首を音を立ててなめ始めた。2人の子供を育てた乳首、旦那と二人の子供しか舐めたことのない乳首を他人である私になめさせている。少し大きめの乳輪がひじょうにいやらしく、甘噛をすると身体をびくんと動かしている。これだから他の男を知らない女はいい。一生懸命、自分の中の理性と戦っているんだろうか。

 しばらくなめた後、私はちあきの前に立ち服を脱ぎ始めた。はっきり言って私の身体は美しくない。むしろ、醜い方だと思う。腹は出ているし、だらしない体である。ただ、自分的にはこんな醜い男におかされる女の気持ちを考える興奮するのである。パンツは黒のビキニをはいていて、ペニスはギンギンに勃起していた。千秋の目の前でパンツに手をかけ脱いだ。千秋は伏目がちで私のペニスは見ていない。私のペニスは大きさは普通だがカリが他の人よりも大きいと自覚している。「見てよ」と私は千秋に声をかけた。顔を上げ見たと思ったら顔をそむけるしぐさがまた可愛い。興奮状態が最高に達していたのでもちろん先っぽからはがまんじるがだらだら出ていた。きとうをこするとぐちゅぐちゅ音がする。そのあとちあきが思い切ったように声を出した「やっぱり、やめたらだめですか・・・」。うつむいて思いつめたような顔をしている。千秋を見るとまくりあげた胸が見える。いわゆるロケット型という形だ。私の唾液で濡れていて非常になまめかしい。

私はたまらなくなってちあきをおしたおし、どうじにカットソーを脱がした。いやっと声にならない叫び声をあげたが、ちあきの大きなむねが二つ並び重力でつぶれている。このとき気付いたのだが改めてみると非常に色が白い。ちあきは胸を右手で隠そうとするが完全に隠れていない。私はちあきのうえに馬乗りになりキスをした。いやらしい大人のキス、ちあきは恥ずかしがっていたが抵抗などはせず身体を固くしていただけだった。柔らかい唇に私の舌が触れ入り込もうとする。だが千秋はその侵入を許さない。私はちあきの身につけているスカートとパンツが邪魔になり、スカートに手をかけた。このときは本気で抵抗されたのを覚えている。ただ、私は男でちあきは女。この腕力の差はどうにもならず、私は敗れるような力で乱暴に下着をはぎ取ると仰向けになっている彼女のまたの間に顔をうずめた。明るい部屋なのであそこの形がよく見える。ちあきは片手で顔を覆い、右手で私の頭を押さえつけなめられないように抵抗している。子供を二人も生んでいて年も30後半なのに結構きれいなあそこ。陰毛はかなり薄くやわらかい毛があそこを守るように申し訳なさそうに生えているだけである。シャワーを浴びてないからかすこし汗と女の匂いがする。あそこはもう熱くドロドロに濡れていて、千秋が興奮しているのが分かる。初めての浮気、旦那以外の初めての男に触られて、みられて興奮しているんだろう。「とても濡れているね」。私がささやくと両手で顔を覆って固まってしまった。千秋の体勢は出産のときの格好だった。

 あそこに口をつけなめ始めるといやらしい女の味がした.また、千秋は感じ始めた。どうやら入口の横あたりが感じるらしく、そこをなめるとんっ、ふっと声にはならないが息遣いが変わる。おそらくクンにぐらいは旦那にもされているだろう。でも、旦那とは違う舌使い、攻め方に新鮮さを感じドキドキしているはずである。ときどき、「だめ」と声を出す。もう後戻りはできないと自分でもわかっているはずなのに・・・。

 クンニで十分なめた後、私はもうたまらなくなってペニスを入れようと思った。私が一番興奮するのは、旦那しか知らない人妻に自分の性器の味を知ってもらうことだから、たまらなく興奮していた。フェラやアナルなめ等もしたかったが、初めてでは無理だろうと思ったのもあった。ちあきの股の間にぐいと入り込むと、ちあきは何かを察したのか覆っていた両手をどけ、私の方を見た。おそらく、ちあきの目には私のギンギンになって先からだらだらと我慢汁が出ているペニスが写っただろう。千秋の表情は少しおびえており切なそうな顔であったが少し覚悟を決したような表情でもあったように思えた。旦那以外の初めてのペニス、旦那、子供を裏切り他人である私の肉体の一部を身体の中に受け入れるのだから生涯私の事を忘れられないだろう。私は右手でちあきの腰を持ち、左手でペニスを持ってちあきのあそこに導きそして、そっとあそこに接触させた。きとうとちあきのあそこを接触させるとお互いの粘膜でくちゅくちゅと音がでる。

「だめ、、、お願い、、、」ちあきが声を出した。だが、もう抵抗するようなそぶりはない。たぶん、旦那や子供に対する罪悪感で自然と出た言葉なんだろう。身体はもう完全に私のペニスを受け入れる状態になっている。なんて可愛いんだろう。少し腰を前に出すと、ちあきは腰を引く。「だめ。。」ともう一度言ったときに、ぐいと腰をつきちあきのあそこに私のペニスがわずかな抵抗で入っていった。ちあきはびくんと身体を揺らし、ふぅーと大きなため息をついた後、諦めたように力を抜いた。私のペニスがちあきの中に入った瞬間にちあきは他の男を知ってしまった。これは彼女が死ぬまで消えることがない事実なのだ。千秋はどんな気持ちだったんだろう。他の男の生殖器が自分の中に入ってくるのだ。旦那や子供とも仲が良いはずなのにそれを裏切って・・・。気づけばちあきの胸のあたりの色がピンク色に変化している気持が興奮し高揚しているのだろう。私は入れたまま動かずにべっとりと身体をちあきの上に預け、キスを求めた。だが、口を閉じて私の舌を受け入れてはくれない。

 私は腰をゆっくりと大きく動かし始める。感じる場所を探しながら・・・。どうやら入口の上の方が感じるらしい。大きな声は出さないが両手でシーツをつかみ我慢しているようにも見える。私は感じるポイントに重点を絞り、徐々に早く動き始めた。ちあきは泣きそうな顔で何かを我慢している・・・。私にはなぜかわからなかったが、感じないようにして旦那に少しでも誠意を示そうとしていたのだろうか。平日の昼下がりの木漏れ日にちあきの体はいやらしく映っている。

 「声を出しても良いよ、旦那とは違う感覚で気持ちいいでしょ」あえて旦那の事を思い出させるような事を言った。そのとたん、彼女がせきをきったように声を上げ始めたのだ。おそらく我慢してたんだろう、甲高いそそる声で感じ始めた。「旦那とは違うでしょ」意地悪にそう囁くと膣がしまる。罪悪感に興奮してるんだろう。30秒ぐらいだろうか、腰の動きを一定に保っているとちあきが顔を枕にうずめるように横を向き、身体を4度5度びくびくっとさせた。足もピンとそっている。膣も少し締まるような感覚だった。私もかなりびっくりしたのだがわずか1?2分でちあきは逝ってしまったのだ。私の中にものすごい優越感が生まれた。旦那以外の男にペニスを入れられて身体を思い通りに感じさせられているんだから、、、。ちあきの顔は赤く高揚している。私も興奮していたがまだまだ射精までには余裕があったので、より早く突きはじめた。ちあきはもう恥じらいもなく声をあげている。

  何度ちあきは逝っただろうか。私は少し疲れたというのもあり、またべったりとちあきの胸に身体を預け、キスを求めた。完全に私に支配されたちあきは私の舌をなんなくと受いれ長い長い大人のキスをした。キスを許すということは完全に私に心を奪われたということだろう。

 私は千秋を四つん這いにし、後ろから突きはじめた。私はこの体位が好きである。女を完全に支配している気になるからだ。動物本来の交尾の気がして、妊娠・・・受精する事を許した者のみとする交尾の感覚に陥る。たぶん千秋もそのような事を考えていたのだろう。後ろから突くと嘆かわしい声を出して鳴く。千秋は尻が少し大きいので肉の感触がたまらなく良かった。そのまま動いていると少し射精感が出てきたので、体位を正常位に戻した。本当は心の底から中出しをしたかったのだが、最初という事もあり、ちあきの大きな胸にかけた。その時の精子は濃くドロドロとしていたのを今でも覚えている。

 その後、2時間ぐらい寝て一緒に風呂に入り、お互い家に帰った。起きてシャワーの時は二人とも無言で、ちあきはちょっと思いつめたような顔をしていたよ。やってしまった、みたいな。それもまた興奮したんだけど。ただ、服を着ると元の清楚な千秋。でも私はいやらしい彼女を知っている。彼女の体の隅々を知り、私の性器で彼女を絶頂までのぼらセ、身体を支配した。どんな顔をして子供と会うんだろう、どんな気持ちで旦那に抱かれるんだろう、そんな事を想像するとぞくぞくしてたまらなかった。

 その後も彼女を俺色に染める為に千秋に何度もあった。またそれは需要があれば書こうと思う。

妻が他人棒に夢中になるまで(完結)

みなさんコメントありがとうごさいます。
楽しみにしていただいた方がこんなにいたとは驚きました。
ですが、すでに妻と所長の関係が終わっている事も公開してしまったし、横槍が入った時点で投稿を辞めようと決めていたので、今後物語として再開するつもりはありません。
気にかけていただいた方もおられるようなので、大まかな流れと、妻と私の心情だけ書き残して終わりたいと思います。
妻の心情に関しては[甘い拷問]で確認していますので嘘はないと思います。
まず一回目と二回目のセックスは妻は本当に夢中になり、激しく感じたそうです。
これから書く予定だった二回目のセックスは、欲情を抑えきれなかった妻はホテルに向かうタクシーの中で指でイカされてしまったそうです。
ホテルに着き所長はバイアグラを服用し、ホテルにいる間は数時間の睡眠以外はほとんど挿入されていたようです。
翌日の昼前に妻からホテルを出たとの連絡を受け私が駅まで迎えに行った時の妻の様子は目は潤み、口呼吸のため半開きの口、紅潮した顔で、立っているのが辛そうに壁にもたれかかっていました。
私が車を降り妻を迎えに行くと妻は膝に力が入らず私の腕にすがりつき、ごめんなさいを繰り返しました。
妻を車に乗せ、私は怒ってないことを何度も伝えました。
車を走らせ二人がセックスしたホテルに向かうと、同じ部屋が空いていたので入りました。
部屋に入った時に妻の匂いがした気がします。
私はたまらなく興奮していたのですが、妻の不安を消すため冷静を装いました。
服がシワになってしまうので脱がせ、下着姿にしてベッドで抱きしめました。
夜中まで抱かれ、失神したまま眠りにつき、目が覚めてからもう一度抱かれたそうです。
その後シャワーを浴び帰る支度をしてタクシーを呼んだのですが、朝の時間だったためタクシーが来るまで時間がかかるとフロントに言われ、タクシー到着の連絡があるまでストッキングとショーツだけ脱がされ挿入されていたそうです。
そのため私が迎えに行った時はまだセックスの途中のような感覚だったそうです。
二回目のセックスでは最初はコンドームを使ったそうですが、長時間ピストンされ秘部がヒリヒリしそうだったので二回目以降は膣外射精を条件に生挿入を許してしまったそうです。
もちろん部屋を出る直前も。
リアルな空間で私は妻の報告を聞きながら、途中で妻に何度も挿入を求められましたが報告が終わるまでは我慢してもらい、私は妻の手で何度も射精しました。
その後私は妻とセックスをしましたが、所長に高められた性感のため妻は何度も絶頂に達しました。
妻はホテルを出た後も何度もごめんなさいを繰り返しました。
この時私は妻の心を奪われてしまうのではないかと不安を覚えました。
ちなみに本編ではこの時点でピル服用を望んだと書きましたが、実際に妻がピル服用を望んだのはもっと後の話です。

その後ですが、所長との関係が終わってからの妻の報告だと二回目のセックスの二週間後ぐらいに一度だけ妻は私を裏切ったそうです。
私に内緒で昼間所長に抱かれたそうです。
この出来事が結果的に私達夫婦を救ってくれました。
事前に私の同意を得ず、隠し通すつもりで所長に抱かれた妻は、絶頂に達する事なく帰宅したそうです。
その時に、嫉妬と興奮に悶えながら待つ私がいて、帰ってから嫉妬に狂った私にお仕置きされるドキドキ感がないと自分は感じないんだと気付いたそうです。
それからの妻は私を嫉妬させ楽しみ、自分がお仕置きされるのを楽しむために、私に隠すことなく所長に抱かれようと決めたようです。
悪く言えば所長とのセックスは私とのセックスを楽しむためのスパイスです。
そう考えるようになってから再び所長とのセックスでも快楽を得られるようになったそうです。
私はつい最近それを知って驚きました。
妻が所長に抱かれるのは所長のペニスにに夢中になっているからだと思っていたのですから。
妻が何度も繰り返し言った「絶対にパパからは離れないから心配しないでね。」という言葉は、所長とのセックスそのものに感じてるわけではないという意味だったのです。
私がいないと気持ちよくならないと気付いたからなのか、春頃から妻と私は新婚時代のようになりました。
本編に書いた私の好みの服装や髪型に変えたのは実はこの頃です。
四月に迎えた妻の誕生日にヘルメットをねだられ、私が平日休みを取り妻を乗せてバイクで日帰りツーリングにでかけたりもしました。

その後妻は子供達を置いていくのは可哀想だと二輪免許を取り、どこに隠していたのかヘソクリで自分用のバイクを買い、子供達を乗せて二台でツーリングに出かけるようになりました。
おかげで妻を私の後ろに乗せて抱きつかれる機会は減ってしまいました(苦笑)
9月の私の誕生日にはデートもしました。
妻が暴走し、危険な時期なのに中出ししてしまい、妻がピル服用を望んだのはこの時です。
妻が初めて紐パンを穿いて、紐パンの紐をプレゼントのリボンに見立ててほどいたのもこの時です。
本編ではミニスカートにガーターベルトと書きましたが、実際はワインレッドのスリーインワンに同色の紐パン、スリーインワンのサスペンダーに網ストッキングを吊り、赤のサテンのブラウスと、フロントファスナーの黒のロングタイトスカート姿で、ファスナーを膝上まで上げ、座ると深いスリットからストッキングの上の太ももが見えてとてもセクシーでした。
所長には月に一度ぐらい抱かれに行き、私の寝取られ願望を満たしてくれて、妻のお仕置きされたい願望も満たしました。
それでも泊まりになることはなく、夕方から出掛けて夜中の12時前後には帰宅しました。
私の誕生日のあとの生理に合わせピル服用を始めましたが、所長とは二回目のセックスの時を最後にピル服用するようになってからもコンドーム使用のセックスをしていたそうです。
私のためだけにピル服用を始めたそうです。
でもこれにはドキドキさせられました。
所長に抱かれに行く前はいつも「今日はゴム無しで入れてもらって中でイッてもらうの。ドロドロのまま帰ってくるから楽しみにしててね。」と言うんですから。
帰ってきて調べるといつもゴム臭がし、精液のかけらもないのですが(笑)
最初だけゴム臭を付けるためにコンドームを使用して生挿入し、中出しされて洗い流したのではと疑惑は持ちましたが、そうではない事を例の[甘い拷問]で確認してあります。

そして所長との関係の終結です。
昨年の最後のデートの時に、1月8日に姫初めの約束をしたそうです。
妻は所長に抱かれる前に私に抱かれたいと挑発しましたが、私は拒み続けて所長が今年の最初の男になるよう仕向けました。
約束の日になり妻はとても不満そうに夕方出掛けていきました。
そして夜九時頃帰宅しました。
妻によると所長が私をバカにする様なことを言ったそうです。
所長と姫初めするよう仕向けられただでさえ不機嫌だったところに、勝ち誇った顔で私をバカにしたのが許せなくてホテルに入る前に別れを告げ帰宅したそうです。
帰った妻にしっかり犯されました(笑)
現在は約一年の所長とのセックスを多少(?)脚色し、嫉妬させてくれています。
「パパごめんね…本当は二回目のお泊まりの時に中に出されちゃってたの…所長の大きいおちんちんに夢中だったんだもん…あっダメ…縄なんかで縛らないで…」
これで大まかな流れと私達の心情の報告を終わります。
やはりうまくまとめられません(苦笑)
もしもまた妻に男ができたら今度はリアルタイムに書き込みに来ます。
みなさんお付き合いありがとうございました。


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード