萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

ローター

精液便所記録

開店直後のデパートの最上階、15階男子トイレに駆け込んで、個室に立て篭もってオーガズムに達するまで、15分ぐらいローターを使ってオナニーをしてから誰かに見つかる前にトイレを出ました。でも…その日はいつもと違って…。平日の午前10時台だったし、客もまばらだったから…私は下着を全て外してバッグの中にしまい、アソコにローターを入れたままトイレを後にしました。誰かに見つかるとは思わなかったし、もっと強い刺激が欲しくなったから…。
空っぽのエレベーターに乗り込むとすぐ次の階、14階でエレベーターは止まって4人の男の人達が談笑しながらエレベーターに乗り込んできて、一番奥の壁に寄りかかりました。このエレベーターという密室の中で下着を身に着けずにアソコにローターを入れている事を悟られて輪姦されたら…。そんな事を考えているうちに私のアソコはどんどん愛液を溢れさせて、膝ががくがくと震え始めました。ローターのレベルは最弱に設定してあったから音は響かないけど、膝ががくがくと震え始めているのは私の後ろに立っていた男の人達にも判るようで私を対象にひそひそと話し始め、男の人の一人が私の肩を掴みました。その時です。突然大きな衝撃と共にエレベーターが止まって、私はその衝撃に耐えられるはずもなく短く叫んでその場に座り込んでしまいました。膣の、オーガズムの時の痙攣でローターは外に弾き出されて、座り込んだ私の膝の前に転がりました。私は慌ててそれを仕舞ったけど一足遅かったようで、ニヤニヤと笑った男の人達が座り込んだ私を取り囲みました。緊急放送が流れて、ケーブルの断裂で一時的に止まっている事が判ると男の人達は私を背後から羽交い絞めにして破かないように、けれど荒々しく服を脱がせました。服の下には下着を着けていなくてその上アソコは愛液を溢れさせていて…男の人達は露出狂の私を携帯のカメラで撮影しました。
暫くしてからやっとエレベーターが動いて、デパートからお詫び代わりの商品を受け取ると男の人達の車に乗り込まされました。ボックスカーで、座席を倒した後部で縛り上げられるとバッグが取り上げられ、手帳と財布から住所も氏名も電話番号も全てを調べられて…。一時間近く車を走らせて、人気がない川沿いの廃工場に連れ込まれました。もう誰も使っていないはずなのに廃工場の窓の無い地下室には大きなベッドが置かれていて…私は男の人達に突き倒されてベッドに横にさせられました。男の人達は私を取り囲んで…。着ていた服を、今度は乱暴にびりびりに破かれて、ベッドの上に縛り付けられながら私は泣き叫びました。
「いやっ!やめてっ!」
そうすると今度は男の人の一人が全裸にされた私の上に馬乗りになって…泣き叫ぶ私の顔を続けざまに平手打ちしました。
「痛いっ!!やっ、やめっ…!!」
予想外に強い力でビンタが繰り返されたから私は口の中を切り、口の中いっぱいに血の味が広がりました。
「下着を着けないでマンコにローターを入れて外を歩いているような変態の露出狂が、今更何を言っているんだよ」
私に馬乗りになった人が他の人に向かって、笑いながら言いました。
「この変態は、有罪か無罪か?」
他の人達は一斉に有罪と叫んで、罰として早くアソコにチンポを突っ込め、と囃し立てます。私の上に馬乗りになった人は愛液で十分に濡れたアソコに激しく指を出し入れして…。怖くて泣いているはずなのに私のアソコは男の人の指の動きに合わせて、溢れ出た愛液が濡れたいやらしい音を立てて…。
「これからチンポをぶち込まれるって判っているのに、こんなにマンコを濡らしやがって」「犯し甲斐のあるメス豚だな」
私のアソコに激しく指を出し入れしていた男の人は指を抜いて、私の愛液で汚れた指を今度は私の口に…。仄(ほの)かな抵抗として噛んでやろうかと思ったけど、気が付いたら舌を絡めていて…。気が付くと、他の男の人達はそれぞれにマイクやカメラを構えてベッドの周りを取り囲んでいました。
「今このマンコに本物のチンポの味を教えてやるからな」
男の人はアソコを指で開いて…生のチンポを一気に奥まで突き立てました。アソコの肉を切り裂く痛みと一緒に、私は泣き叫びました。
「あっ…ああああ!」
耳の奥で確かにアソコの肉が引き裂かれる音が聞こえて…。
「ああ…はぁああああ…痛い、いたぁい!!!いやああぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」
男の人は私が泣き叫ぶのを楽しそうに眺めて、腰を激しく動かしました。
「いいマンコだ、チンポに吸い付いてきやがる!!!!!」
「いたぁいっっっ!!いやっ、もういやぁっっっ!!!!!!!!!!」
途端に涙で濡れた顔を続けざまにビンタされて…。
「こんなにマン汁をだらだらたらして悦んでいるくせに、何を言ってやがる。この、メス豚!!!!!」
一人が終わると次、とベッドに縛り付けられたまま4人の男性に連続して犯されて、全員に中出しされて…。ここで全てが終わってくれればまだ諦めがついたでしょう。でも…。
「おい」
男の人の一人が乱暴に私の髪を掴んで頭を持ち上げ、2・3度強くビンタをしてから他の人に言いました。
「こいつを、俺達専用の精液便所にしようぜ」
と。他の人達は一斉に賛同して、私をベッドに縛り付けていたロープが解かれると私は髪を掴まれたままシャワー室に連れて行かれました。シャワー室といってもそこは一般家庭のようなものではなく、室内プールのシャワー室のような広いところでした。私はそこでタイル張りの床の上に仰向けに寝かされて、首から上と20本の指以外は絶対に動かせないようにロープと鎖で固定されて…。男の人の一人が部屋の隅からホースを持ってきました。
「まずは便所掃除からだな」
男の人はホースを折り曲げると蛇口を開いて、十数秒経ってからホースを私のアソコに突っ込んで、折り曲げて水の流れをせき止めていたホースをまっすぐにしました。当然のように冷たい水が勢いよくアソコに流し込まれて…。
「あああああああっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」
男の人は便所掃除と称してそれを何度も繰り返し、その間も他の男の人はカメラを回し続けました。
「痛いっ、いたあぁっい!!!!!!!!!!!!!!」
「ホラ、もっと泣き喚けよメス豚!客はメス豚が泣き喚くほど悦ぶからな!」
肉が引き裂かれて処女を奪われたばかりのアソコが冷たい水に何度も襲われて…私は泣き喚いて何度も許しを請いました。でも当然彼らが私を解放してくれる事は無くて…。アソコの中のザーメンカクテルも洗い流されて、私はタイル張りの床の上でただ泣くだけでした。男の人の一人が私の傍に屈み込んで、綺麗になったアソコに指を3本一気に突き立てました。
「見ろよこのメス豚、こんな扱いされてもこんなにマン汁を流してやがる!」
「こういうメス豚は精液便所以外に使い道は無いな」
次は何をされるんだろうと考えている暇もなく、今度はお尻の穴に細いチューブが突っ込まれました。
「ひうっ!」
「俺達の精液便所になると誓わせないとな」
その言葉が終わる前に何ℓもの浣腸液が私の直腸内に注ぎ込まれて…すぐにでも爆発して便を垂れ流してしまうかと思ったけど、チューブが抜かれるのと同時に大きなバイブが栓代わりに突っ込まれて、その上簡単には抜けないように鍵付きのハーネスが取り付けられて…。出したくても出せない苦痛から私は涙と一緒に脂汗を流しながら懇願しました。
「外して、こんなの外してぇっっ!!!」
私の腹部は妊娠中期の妊婦の腹のように、浣腸液でどろどろになった便で膨れ上がって…。時間を、秒を追うごとに腸が激しく動いて苦しさが増して…。
「俺達の性欲を処理するためだけの精液便所になると誓えばすぐに外してやるよ」
私は反射的に唇を噛み締めて、外して、と懇願するのを止めました。精液便所になる、と誓うのはプライドが邪魔をして…。一人が、苛立ったように少し強く私の腹を踏みつけました。必然的に腹部で便が暴れまわって…。
「ひっ、ひぎぃっ!」
「早く誓えよ。誓えばすぐに楽になれるぞ」
「嫌っ、それはいやっ!!」
「強情なメス豚だな。おい、誰かアレを持って来いよ」
「アレ、か」
「ああ、そうだ。どんなにプライドが高い高慢ちきのメス豚でも、簡単に精液便所に出来るアレだ」
一人が、手に見慣れた赤いビンを持って戻ってきました。
「コレが、なんだか判るか?ん?」
「ひっ…」
便所掃除と称して清められる前までザーメンカクテルが貯蔵されていたアソコの、クリトリスの皮が剥かれて赤いビンの中身…タバスコが剥きだしになったクリトリスに振り掛けられました。
「ぎゃあああぁぁぁっっっ!!!!!!!!!!!!!」
なりふり構わず叫んでシャワー室の壁が震え、男の人達はとても楽しそうに眺め、カメラのシャッターが盛んに下ろされました。火の付いたタバコが押し当てられたようにクリトリスが熱く燃えて、この世の物とは思えない激烈な痛みに私は泣き叫びました。
「痛いっ、いたいぃっ!!」
「精液便所になると誓ったら綺麗に、クリトリスもケツの穴も綺麗に洗い流してやるよ。誓うか?」
もう抵抗の余地なんてありませんでした。精液便所になると誓うしか、この苦痛から逃れる術(すべ)は無いと判ったから…。
「誓う、誓うぅっっっ!!!」
ハーネスと栓のバイブが外されて、耳を塞ぎたくなるような音と一緒にどろどろになった便が垂れ流されて…浴びせられた熱いシャワーでタバスコ付けになったクリトリスを洗って頂いて、それからまた何回も浣腸が繰り返されて、出てくるのが透明な浣腸液だけになるとやっと開放されて、体を綺麗に洗われてからまたベッドに連れて行かれました。でもベッドには寝かせられないで、硬いコンクリートの床の上に正座させられて、精液便所の誓いを読み上げさせられました。
「私は精液便所のメス豚です。私はただチンポをぶち込まれてよがり狂うだけしか存在価値の無い精液便所です」
誓うしかありませんでした。もし誓わなければ、1ℓのラー油をアソコとお尻の穴に流し込んで、24時間以上は確実の放置する、と脅されたから…。もし本当にそんな事をされたら私は死んでしまう、と恐怖に駆られました。
「よく言えました、メス豚」
ベッドの上げられ、四つん這いの体勢で両手を背中側で縛り上げられて、前戯も何も無くお尻の穴にチンポが突っ込まれました。
「ひぐぅっ!」
「マンコとケツマンコ両方の処女を同じ日に無くすなんて、なかなかいないぞ」
「ケツマンコを犯されて気持ちいいか、メス豚!?」
もうどんな抵抗も止めました。抵抗するだけ無駄だし、抵抗すればその分の罰が与えられると判ったから…。
「いいっ…気持ちいいっ!!!」
「メス豚が…っ!チンポで腸をぶち破ってやるぞ!」
「あぐぅっ!!」
一切の情も容赦も無くチンポが直腸の最奥まで突き立てられ、私は喉を詰まらせました。でも、精液便所になると誓った以上ただ黙ってそれを受け入れるしかありませんでした。
「嬉しいか?チンポでケツの穴が犯されて嬉しいか?このメス豚がっ!!!」
「いいっ、いいっ!!!!気持ちいいっ!!」
またお尻の穴を全員に犯されて…いえ…飼い主様方にチンポを突っ込んで頂いて…何度も精液便所の誓いを読み上げさせられた後でこのメス豚にエサを与えて頂きました。私はもう人間ではなく、ただチンポの突っ込まれるだけのメス豚になったので、人間様の食事は与えて頂けませんでした。犬用のエサ皿に砕いたカロリー○イトやバランス▲ップを入れて、その上から飼い主様方の精液と尿が注がれて…一滴残らず全てを胃に収めるまで頭を踏みつけられていました。

私が犯され、精液便所にして頂くまでを全て記録したビデオはまったくの無修正のまま裏ルートで販売されて、月に一回お得意様を招いての歓迎パーティーにメインディッシュとして出席させて頂きました。その時はアソコ…人間様のチンポを突っ込んで頂くためだけのマンコにゆで卵を入れて、ゆで卵のマン汁漬け製造機としてテーブルの上でゆで卵のマン汁漬けを提供させて頂きました。
私は今も精液便所として、飼い主様方にご奉仕させて頂いております。私の体は精液便所のメス豚としての刻印をいくつも頂きました。麻酔無しであけられたピアスが二つ乳首を飾り、この先一生毛が生えなくなったマンコの上の恥丘には『精液便所』と、その下に『↓』の焼印を頂きました。チンポをぶち込まれるだけの下等生物である私には、刺青などという上品なものは頂けるはず無いので、真っ赤に焼いた鉄で刻印を…。私は精液便所です。人間様の性欲を満たすためだけの存在で、マンコにチンポをぶち込まれる以外の価値は無いメス豚です。どうか、一杯チンポをぶち込んで精液まみれにして下さい。

アナル舐め

 昔の彼女にしたアナル責めが忘れられない。それがきっかけで振られたので、次の彼女、すなわち今の妻にはアナル責めができない。妻とつきあい始めた時は、前の彼女でアナルは経験したから、振られるとつらいのでアナル責めはしないと決めていた。だけど、結婚して10年、子供もできて、ついアナル責めしてみたくなる。
 中学生の頃、電車の中で拾ったエロ小説(家庭教師で初体験、兄嫁にいろいろ教えてもらう)の影響でアヌス性交に興味をもつ。
 前カノにした最初のアナル責めは、左手を身体の下にまわして左胸の乳首につまみながら、右胸を舌で舐め、右手を微動させながらクリ(親指)+前穴(人差し指)+アナル(中指)の5点責めだった。清楚系の元カノに、最初のセックスでこれをしたとき「ダメになる、ダメになる」と叫ばれた。終わった後、「参りました」と言われた。
 次のセックスからは、しつこいくらいアナルの皺をなめ、舌をとがらせて、アナルに差し込んだ。オレは、舌を長さ5cm程度の円筒状に膨らませて前に突き出せる。ミニペニスというか、短い触手状だ。そのまま、先端1cmくらいを自由自在に左右上下に動かせる。
 まず、前カノを四つん這いにしてケツを上げさせ、後ろからゆっくりワレメを舐めた。お互いに気分がのってきたら、元カノ身体の向きを逆にさせ、オレの上にのせ、シックスナインをする。元カノの声が大きくなってきたら、上下を入れ替え、おれが上になり、彼女のおまたを大きく広げて、舌を大きく動かして舐める。そして舌を尖らせて、膣に挿入する。顎の無精ヒゲがクリを刺激しながら舌を出し入れしてやると、前カノの口の動きがとまり、くぐもった声が出始め、快感に浸っている。尖らした舌を少しずつアナルの方に移動すると、顔を振って嫌がる。でもオレの両足の先ががっしり、元カノの顔を挟んでいる。最後には腰を振って逃げようとする。その腰の動きをオレの腕でがっしりつかんで固定する。そして、舌で前カノのアナルの入り口を刺激してやる。顎を回すようにしながら、舌先からツバをアナルに垂らす。元カノはこのとき、ものすごく抵抗していた。「静かにしろ」というと、動かなくなった。それからアナルの入り口をゆっくりと舌先でなめ回してやった。アナルが締まっていくのが見える。そして舌を膨らませて、ミニペニス状にして、アナルの穴にゆっくりと差し込んでやった。最初、ものすごくアナルを締めて、舌が入らないように抵抗した。そしてペニスを口から外すと「イヤ、イヤ、やめて」と言った。それを聞いてますます興奮したオレは、顔全体に力を入れて、舌をアナルに突っ込んだ。ある一点から力が抜けた。根元まで突っ込むとまた再び、アナルに力が入って、オレの舌を締め上げてくる。その締め上げを感じながら、アナルの中の腸壁をこそぐように、舌先を動かすと、元カノは「アー、もうダメ」と言いながら、ますますアナルを強く締めてきた。さんざんアナルを舐め、次に指を同じくアナルに入れて出し入れし、最後はペニスを膣に入れ射精して、その日のセックスは終わった。
 それからは、アナルを舐めたり、指を入れたりはまったく抵抗されなくなった。4,5回そんなセックスを繰り返した後、いよいよアナルにペニスを挿入してやろうと考えた。まず、いつもはアヌスに入れる指は人差し指1本なのだが、その日は、四つん這いになって腰を上げた元カノのアナルに、人差し指と中指を重ねて入れてみた。その瞬間、元カノは、「ヒーッ」と声を上げた。「痛いから止めて、ホント無理」と言われたのだが、こっちは止まらない。出し入れすると、アナルの肉が、中指の第2関節に引っかかって蛸の口状に持ち上がり、めくれるのにものすごく興奮した。元カノに「黙れ」と怖い声を出しておいてから、机の上に置いてあった彼女の化粧クリームからクリームをひとすくいとると、元カノのアヌスに塗った。元カノは何をされるのかなんとなく想像がついたのか、腰を下げると、足を伸ばしてアナルに力を込めて動かなくなった。こっちは腰を持ち上げ、元カノの足を無理矢理に曲げた。そしてクリームのついたアナルに舌を差し込み、アナルをほぐし始めた。こうすると、いつもならアナルの穴の周りの筋肉が緩んでくるのだが、今日はまったく緩まない。いらいらしたオレは、自分のペニスにツバをつけると、彼女のアナルにペニスをあてがい、親指でペニスを押すようにして、元カノのアナルに自分のペニスを押し込み始めた。彼女は「痛い、痛い、お願い止めて、もうやだ」と言いながら、振り返るようにしてこっちを見てくる。たぶんオレはこのとき、鬼のような面相だったと思う。あんまり抵抗するものだから、元カノの背中をパーンと平手ではってやった。元カノがビクっとした瞬間、アナルの力が抜けて、そのままペニスの頭がスルーっと入った。後は少しずつ腰に重みをかけるようにして、元カノのアヌスにペニスを入れていった。元カノは、ペニスが少しずつ入る度に「アゥ、アゥ」と言っていた。そして次にペニスが根元まで入った時の達成感といったら、人生で比べうるものがない。そこそこ可愛い、清楚系の女がケツの穴にペニスを挿入されて串刺しになっていると想像すると、ほんとに興奮した。ゆっくりとペニスを抜き始めると、アヌスの周りの皮膚がペニスに吸い付くように、ついてくる様子にまた興奮する。再び、根元まで挿入して、腰の動きを止めて閉め付きを味わう。後背位から後ろからの側位になり、元カノの腰を抱えるように、しがみつき、右手を前に回して元カノの股間に伸ばし、クリトリスを刺激してやる。彼女が甘い声を出し始める。ベット脇においた手提げ袋の中から、用意しておいたローターをとりだした。彼女は「そんな機械いやだ、もう止めて、嫌い」と言う。アナルをペニスで貫かれた状態でそんなことを言っても笑ってしまう。ローターのスイッチを入れて、クリトリスにあてると、アナルの締まること締まること。元カノは足を伸ばして、逝ってしまった。ぐったりとした彼女の様子にオレの興奮も収まり、とりあえずアヌスからペニスを抜きはじめた。抜くときの方が違和感が強かったらしく、元カノは獣のように低い音を喉奥から出していた。
 その後、ぐったりした彼女を眺めながら、右手でペニスを握って顔射した。彼女に舐めて掃除させようと口元に持って行くと、さすがに顔を背けて拒否する。ペニスをティシュで拭き、彼女の身体をひっくり返すと、アヌスがぽっくりと開いていた。この様子にまた興奮した。そしてこういうのは最初が肝心と、ローターをツバでべっとり濡らして、そのままアヌスに入れると、彼女が飛び起きた。「何するの!!」 でもそのまま抱きつくと、右手でローターのスイッチを入れて、最強にした。彼女の口を左手で押さえ、身体の重みをかけながら、ペニスを膣へ挿入した。皮一枚下から響くローターの存在をペニスの裏に感じながら、屈曲位にて腰を激しく動かすと、彼女は泣きながら、うめき声を出している。その様子にまた興奮してあっという間に中出しした。

 結局、この日はレイプするようにアナル性交、中出しと初めての経験をお互いにした。三日ほどして、元カノから「もうついていけない」とメールが来て、会ってもらえなくなった。

宗教団体のお仕置き

 私は主人と一緒にある宗教団体に加入しています。35歳の主婦です。
主人は熱心な信者ですが、私はつき合い程度で会合も年1?2回しょうがなくでるくらいでした。
ですから地区の周囲の人からは不熱心だと面と向かって言われたことがありました。

 1ヶ月前ほど主人と私が地区長さんに呼ばれました。
高級マンションの最上階で広いお宅でした。
奥様は不在で地区長さんと他に2人の男性がいました。
内容は当然私の不熱心さです。そして驚いたことに主人も一緒になって私をなじるのです。

地区長は「解りました。では奥さんが熱心に活動に励めるようにこれから懲罰と心入れをしましょう、ご主人いいですか」というと、主人はOKし部屋から出ていきました。
そして私は後ろから2人の内1人の若い男性から羽交い締めにされ、後ろ手に縛られソファに顔を埋めて身動きできなくされたのです。
そして高々とお尻を上げさせられ、誰だかわかりませんが尻をなでられ鷲掴みにされました。
必死に抵抗しても動けません。

 スカートをめくられパンティの上からアソコをいじられます。
一人は私の胸をもみしだき、乳首を探し当ててつまんだり擦ったりします。
「なるほどT(主人です)さんが自慢するだけあっていい体だ、これは懲罰して心を入れる甲斐がありそうですな」
といいながら、アソコを愛撫しているのは地区長のようでした。

そしてパンティがハサミで切られて、とうとう3人の男の目の前に恥ずかしいお尻とアソコが晒されました。
私は恥ずかしさでバタバタと動きますがダメです。
「地区長見て下さい。パンティの股の部分にオシッコの跡がついていますよ」
「さすがに人妻だけあってアソコは使い込んでありますね。T君もやり放題だッたんでしょ」
「マン毛はあまり濃くないですね。これは意外です。」
「お尻の穴はなかなかきれいですね。使ってはいないようです」
などと勝手なことをいいながら、さわりまくりクリトリスをつついたりして弄ばれました。

「さあそれでは気を入れましょう」といって、誰かが私のアソコに顔を埋め嘗めてきました私は気持ち悪さに叫びましたが、さらにオマンコの中に舌を入れたり、唾液を注ぐ行為をされました。
そして濡れてもいないアソコに固いペニスをこじいれられました。
痛くて叫びました。

「地区長、Tさんが安全日だからたっぷりと気を注いでくれと言っていましたよ」という声がし、どうやら最初に挿入したのは地区長のようでした。
地区長はゆっくりと出し入れしなかなか行ってくれません。
その間中、他の2人に胸を揉まれ続け私はいやいやながら感じさせられました。そして地区長がフィニッシュ。

 その後、放心状態の私を裸にして(でも戒めは解いてくれません)浴槽でオマンコを洗われ、その場で若い男に挿入されて犯されました。
また体を洗われて、今度はベットに大の字に縛られて、3人の男に全身を愛撫され、次々にフェラチォをさせられましたが、地区長と若い男以外の男は半立ちでインポのようでした。

まずもう一度若い男にセックスさせられ、最後は顔にザーメンをかけ
られました。そして地区長にも挿入されオマンコに注がれ、解放され
たのです。
放心状態の私を主人は抱きかかえるように家に連れてかえりました。
それから3日間は主人と口をききませんでした。

ところがそんなある日、地区長と今度は別の3人が主人の不在時に家に現れたのです。

 今度は家に突然加入している宗教団体の地区長と男3人が尋ねてきました。
男3人は屈強な若い人2人に中年の男性でした。
地区長は「ご主人からは全く改心していないという報告が来ています。どうやらもっと厳しい懲罰と気を入れないとあなたはわからないらしい」
といって、若い男たちに指示を出しました。
私は玄関先から2人の男に取り押さえられ、寝室に引きずりこまれました。
どんなに抵抗しても2人の力には適いませんでした。

 寝室のベットに大の字に縛り付けられました。
悔しくて大声で叫んだりしましたが、猿ぐつわをはめられて無駄になりました。
男たちはなんとビデオカメラやデジカメをセッティングし始め、これから起こることが飲み込めました。
この4人に輪姦されるのです。
別の中年男がナイフを手にベットに上がってきました。
「地区長の気入れでも改心しない強情な女ということで、私がわざわざ○○から来たんですよ」
といい、来ていたTシャツをナイフで切り下着姿にされ、スパッツも股のところに刃を立てて、ジワジワと切り裂きます。
「なるほどいい体だ。お揃いのブラとパンティも可愛い。中身が楽しみだ」
といいながら、ブラの紐を切り、パンティの股のところだけ穴をあけます。
私は体に傷がつかないかとヒヤヒヤしながら裸にされたのです。
4人の男が私の裸をなめ回すように眺め、カメラに収められています。

「さて、奥さん、これからはあなたの選択に任せます。あなたも子どもじゃないのだからこれから何が起こるかわかるでしょ。静かに言いなりになるか、懲罰として今日はむちと蝋燭を持ってきました。これで全身をみみず腫れになるほど気入れする、どちらがいいですか」と地区長がいいます。
答えはハッキリしています。前者を選択しました。

猿ぐつわをはずされ、地区長のペニスからなめさせられました。
別の1人には乳房を弄ばれ、中年の男がオマンコを嘗め始め、そしてピンクローターで愛撫し始めました。
3人の男が自分の体を弄び陵辱されるなんて、つい1週間前までは自分の人生では信じられなかった辱めです。
男たちは全身に愛撫を加え、次々にペニスを銜えさせ、ローターや舌で性器を嬲ります。

「奥さん、随分感じているようですね。オマンコから汁が垂れはじめましたよ」
「奥さん、豊満なオッパイの先の乳首がビンビンだ」
「ねっとりと舌を使ったフェラチオはご主人仕込みですか」
「オマンコがヒクヒクいって、真っ赤に爛れていますよ」
言葉で責められ、全身を愛撫され、形も大きさも違うペニスを口にほおばり私はこれまでにない刺激で感じ始めてしまっていました。

そして口にペニスを入れられたまま、地区長から挿入してきました。
地区長を受け入れたとき私はもう絶頂に達していました。
次には若い男のペニスを頬張ったまま中年男にバックから貫かれ、若い男は私の口の中に
精を吐き出しました。
そしてずっとカメラ撮影をしていた一番若い男がのしかかってきたとき、私はそのペニスの大きさと固さに性器が裂けるかと思えるほどの衝撃で失神してしまいました。

 それからは何度絶頂に達したのかもわからないほど、次々と犯されました。
オマンコは男たちが射精する度にご丁寧にもビデで彼らは洗ってから、次が挿入してきましたが、口の中、顔、胸、背中には何度もザーメンを浴びせられ口の中が固まって顔や髪の毛もバリバリになっていました。
特に若い2人の男は若いだけあって何度ものしかかってきた記憶があります。

 男たちが帰りました。私はベットの中で気を失っていたようです。
寝室は汗とザーメンのすえた臭いが充満し、体中が痛くオマンコはすり切れたような疼きがありました。

こうして私は男たちに蹂躙されたのです。
1週間に7人の男たちに為すすべもなく体を弄ばれ嬲られ、セックス玩具にされたのです。

夫に、犯されつづけて

 最近、夫がSMに目覚めてしまったみたいなんです。
 いつの間に買ったのかファーの付いた手錠を持ち出してきて私にはめようとしてきました。
 私は変態的なセックスに興味がないので絶対にいやと断り続けていました。

 でも先日、子供たちが出かけていない昼間に突然手錠をはめてきました。
 私はめちゃくちゃに抵抗したんですが夫の力にかなうわけもなく、背中でカチリと手錠を両手首にはめられてしまいました。
 そして服の上からおっぱいを揉まれたり、お尻を撫で回されたりしました。
 夫は私がいやがって暴れると余計に興奮するみたいです。

 しばらくして夫がスカートの中に手を入れてきて下着を荒々しく脱がして、私のあそこにむしゃぶりついてきました。
 ちょっと怒っていた私は甘い声がでないように必死に我慢したんですけど、手錠で拘束されてる状況と夫の舌技に負けて結局感じまくってしまいました。
 そしてついに我慢ができなくなってしまったので早く来てと言ったら、フェラしてくれなきゃ入れてあげないと夫が言い出しました。
 なにそれと思ったのですが、もう我慢の限界だった私はしぶしぶフェラすることにしました。

 そのフェラも普通のフェラじゃありませんでした。
 下半身を丸出しにしてソファーにふんぞり返って座っている夫の足元にひざまづき背中で手錠をされたままの状態でフェラをさせられました。
 ギンギンに勃起した夫のおちんちんで頬をはたかれたり、両手が不自由なまま頭を抑えられてのどの奥までくわえさせられた時はものすごい屈辱でした。
 でもフェラしてる最中も乳首をつままれたり爪先であそこをいたずらされたりしたため、さらにあそこが疼いて早く入れて欲しくてたまらなくなって一心不乱にフェラしてしまいました。

 たっぷりと私のフェラを堪能した夫は私の上半身をうつ伏せにソファーに預けさせ、お尻を突き出させる格好をさせました。
 もちろん手錠をしたままで。
 昼間の明るい居間でこんな格好をさせられてスカートを捲り上げられた時は消えてしまいたいほど恥ずかしくなりました。
 背後からしばらく私のあられもない姿を眺めていた夫も我慢ができなくなり私の腰を掴んできました。

 しかし、先端を私のあそこに擦りつけるだけですぐに入れてくれませんでした。
 早く入れてと焦れる私を弄びながら夫は私にさらに屈辱的なことを言うように強要してきました。
 約束どおりフェラをしたのにずるいと責める私にいやならいいんだよと余裕の夫が本当に憎たらしく思えました。
 私はしばらく耐えていたのですが、その間も夫が背後からおっぱいや乳首をいやらしく触ってきたり、あそこにおちんちんを擦りつけてきました。
 結局我慢ができずに私は屈辱の言葉を口にしました。
「私を犯してください。」

 しょうがないなあと夫がうれしそうに言いながらおちんちんが唐突に私を貫きました。
 その瞬間、あまりの気持ちよさに私は軽くいってしまいました。
 しかもその後夫に激しく突きまくられて何度もいってしまいました。
 もうだめ、許して、と夫に何度もお願いしたのですが夫がいくまで体位を変えて突き続けられ、最後はいきっぱなしの状態でした。

 この1件以来、たまに夫が私を突然襲ってくるようになりました。
 手錠のほかにも首輪や手枷、バイブなど道具もいろいろと増えてきて、されることもだんだんエスカレートしてきました。
 私はいまだに積極的にこういうことがしたいとは思えないため、毎回激しく抵抗するのでまるで夫にレイプされているみたいです。
 普段の日常生活では私がいつも夫にきついことを言ったりしてしまうことも多いため、たまにこういうことをさせてあげてもいいかなと思わないでもありませんがほどほどにして欲しいです。

 しばらくして、夫にまた無理やり犯されてしまいました。

 それは残業で深夜に帰宅した日の夜のことでした。
 寝室で着替えようとしていた私に夫がニヤニヤしながら襲い掛かってきました。
 私はベッドに押し倒しされて手枷と足枷をはめられてしまいました。
 その手枷と足枷はベッドの四隅にロープで繋げてありました。
 思いっきり抵抗したけど結局帰ってきたままの格好でベッドに大の字の格好で拘束されてしまいました。
 手足の拘束をはずそうともがいたのですがだめでした。
 こんなことしてどうするつもり!と声を荒げるとちょっと試させてもらおうと思ってさと夫は押入れの奥からいろいろ出してきました。
 なんとなく予想はしていたんですけど思ったとおりエッチなオモチャの数々でした。
 いつの間にそんなに買い揃えたのかと呆れてしまうほど。

 まずはこれからかなと夫はわざと私に見えるところに置いたオモチャの中からピンク色の卵型のものを選びました。
 ピンクローターでした。
 そういうものがあることは知っていましたけど、もちろん使ったこともないし実物を見るのも初めてでした。
 身動きのできない体にそんなものを使われることを考えたら嫌悪感や屈辱感が込み上げました。
 そんなもの使わないで!と怒る私を無視して夫はピンクローターのスイッチを入れて私の体中に這わせてきました。
 服の上からだったので少し振動が伝わるぐらいだったのですけど、逆にもどかしさでだんだんエッチな気分になってしまいました。
 ブーンと音を立てるピンクローターが胸のふくらみに押し当てられるたびに甘い声が出そうになりましたが、意地でも我慢して感じていないふりを続けました。
 それが夫は気に入らなかったらしく、今度はスカートの中にローターを滑り込ませてきました。

 ストッキングに包まれた太ももを徐々にローターが這い回りながらあそこを目指して上がってきました。
 そんなことされたら我慢できなくなっちゃうと思って私は必死に両足を閉じようとしたのですが足枷で閉じることはできませんでした。
 ローターをあそこに押し付けられた瞬間予想以上の快感に思わず喘ぎ声を漏らしてしまいました。
 私の反応に満足した夫はさらにブラウスのボタンをいくつかはずして襟元から手を入れてきました。
 指先で乳首を責められながらローターをあそこに押し当てられてしまって快感に耐えられなくなってしまいました。
 夫の目を喜ばせることになるとはわかっていてもくねくねと体を悶えさせながら喘がずにはいられませんでした。
 悔しいのですが手足をベッドに拘束されて体を弄ばれるという状況にものすごく興奮してしまいました。
(拘束されてるときにあごをつかまれて無理やり貪るようなキスをされるとさらに興奮してしまいます。)

 その後もピンクローターでさんざん体を弄ばれてしまい、気持ちよすぎてやっぱり我慢ができなくなってしまいました。
 私が早く欲しいとお願いしたら、しょうがないなあと足枷を外してくれてスカートと下着が脱がされました。
 すぐに入れてくれるのかと思っていたら次はバイブレーターを取り出してきました。
 スイッチを入れられてクネクネと動くバイブレーターがものすごくいやらしいものに思えました。
 さすがにバイブは抵抗があったのでそんなのいや!と言ったのですが無理やり入れようとしてきました。
 私が両足をしっかりと閉じて抵抗すると再び足枷をつけられてまた大の字に固定されてしまいました。
 そして夫は見るからにいやらしい表情を浮かべながら私の両足の間に座って振動するバイブの先端をあそこに触れさせながら上下になぞってきました。
 自分でもわかるぐらい溢れてしまっている淫蜜を塗りつけるようにバイブを押し当てられているうちに欲しくて欲しくてたまらなくなってしまいました。
 恥をしのんで夫におちんちんを入れてとお願いしてもバイブなら入れてあげるよと意地悪を言われ、バイブの先端が時々入り口に押し当てらたりされると気が変になりそうでした。
(夫が言うには、このとき私は手足の拘束をちぎりそうな程引張りながら背中を弓なりに反らせた格好でバイブの刺激を求めて腰を動かしていたそうです・・・。)

 散々焦らされてバイブでいいから入れてと悔しいけどお願いするとやっとバイブをあそこに入れてもらえました。
 意地悪な夫にバイブを入れてほしいだなんてあきは淫乱だなあとからかわれて居たたまれなくさせられました。
 でもゆっくりとバイブを突き入れられただけでたまらなく感じてしまいました。
 バイブが動かされるたびにクチュクチュといやらしい音がするのを夫に露骨に指摘されて恥ずかしくてたまりませんでしたけど。
 私のことを気遣ってくれたのか夫はバイブをあまり激しく動かしたりしなかったのですが、そのかわりもう少しでいけそうなのにいけない生殺しの状態にされてしまいました。
 焦らされるようにバイブで弄ばれてもうだめ許してと言ったらと夫も我慢の限界だったみたいでした。
 手足をベッドに拘束されたままの状態で一気に奥まで貫かれて、バイブのときとは打って変わって荒々しく犯されてしまいました。
 途中で手枷と足枷を外してくれたのですが、すぐに両手を背中に回させられて背中で手枷同士が繋ぎなおされてしまいました。
 なんで?と思ったらうつ伏せにさせられてお尻を高く持ち上げさせられる恥ずかしい格好にさせられてしまいました。
 普段は私が恥ずかしいから嫌がってバックからさせないものだから、私を抵抗できなくさせた時はこういう格好にさせたがるみたいです。
 腰をしっかりとつかまれて後ろから打ち付けるような夫の激しい腰使いに何度もいかされてしまいました。
 両手を拘束されてうつ伏せで後ろから犯されると本当にレイプされてるみたいでした。

 夫がいった後、やっと手足の拘束を解いてもらってとりあえず夫のほっぺをぎゅーっとつねりながら今度こんなことしたら承知しないからねと怒ったのですが夫は全然反省してない感じでした。
 お前だってすごく感じてたじゃないかと言われて返す言葉もなかったので。
 レイプっぽくされるのが本気で嫌というわけじゃないんですが、体の自由を奪われて夫の好きなように弄ばれるという状態はなんか悔しくてきらいです。

 でも今回使われなかったおもちゃがまだまだあるのでまたこんなことをされる日が来るわけですけど・・・。

隣人@

ある日曜日の午後、窓からは初冬の優しい陽が差し込んでいる。
あるアパートの一室に住む、彼女の名前は咲夜美麗。
22歳のOLだ。

(せっかくの休みだし買い物にでも行こうかな?)
そう思っていた矢先、玄関の方からチャイムの音がした。

(えっ、お客さん?こんな時間に誰?)
ドアを開けると、そこには美麗の隣の部屋に住む20歳の大学生、
麻生尊(アソウミコト)がいた。

「おはようございます!」
彼は朝から爽やかな笑顔で笑う。
美麗と彼はただの隣人で特に親しいわけではない。
怪訝に思った美麗は彼に尋ねてみた。

「あの……何か?」
「あ、突然こんな時間に来てすみません。あの、俺明日引っ越すことになったんで、
今まで世話になりましたしちょっとご挨拶を……。あ、これケーキです。どうぞ」

「えっ引っ越すんですか!?」
尊はなかなかカッコ良い男性だったので、美麗は少し残念な気がした。

「あっ、せっかくだしお茶でも飲んでいきません?」
美麗は自分でもわからないまま尊を引きとめた。

(私ってば彼とロクに話しもした事ないのに何でこんな事を)
「では、お言葉に甘えて」
尊は子供の様に無邪気な笑顔を返した。
美麗が尊を部屋の中に通してお茶を注ごうとした時、尊が口を開いた。

「あと、もう1つ瀧川さんにプレゼントがあるんですけど」
「え?何ですか?」
突然、尊は美麗の手を掴み自分の方に引き寄せた。

「キャッ!」
「これ、……何かわかる?」
そう言って尊は美麗の眼前に、あるものを突き出した。

「!」
美麗は一瞬目を疑った。
尊が手にしていたものはバイブだった。
「私こんなの要らないわ!」
「要るよ。俺だと思って使って」
言い終わると突然口を塞がれた。

「……!」
尊は舌を美麗の舌に絡ませてきた。

(き、気持ち悪いっ!)
美麗は尊の唇を噛んだ。
尊の口の端から一筋の血が流れる。

「痛ぇ……ま、これくらい抵抗された方が犯しがいがあるよな」
「何?アンタ何言ってんの!?」
「今からお前に忘れられないくらい俺を刻みつけてやるよ」
「嫌……どうして?」
「知ってるぜ。お前が毎日一人でオナってること」
美麗の顔が赤くなる。
「自分で慰めるなんて虚しいだろ?最後だし今日は俺が慰めてやるよ」
尊は美麗を軽がると抱き上げる。

「ちょっと、放してよっ!」
華奢に見えて尊はとても腕力があるようだ。
美麗が暴れてもビクともしない。
尊はそんな美麗の反応に好奇の眼差しを向けている。

(このままじゃ本当に犯されちゃう……っ!)
>尊は美麗をそのまま寝室に連れていき、ベッドにおろした。

(ダメ……もう逃げられない!)
「さ?て、美麗は激しいのと優しいのどっちが好きだっけ?
ま、一人でオナってる時の喘ぎ声が、隣人に聞こえるくらい声出してる淫乱な奴だから、激しいのだな」

「本当に聞こえてるの……?」
「こんなボロアパートじゃテレビの音まで筒抜けだぜ?」
美麗の視界が涙で遮られた。
恥ずかしさで死にそうだ。
これからこの男に凌辱される……。
そう思うと涙が溢れてきた。

「俺がこれからお前をもっと泣かせてやるよ」
尊は美麗の上に覆い被さった。
「お願い、やめてぇ!」
唇を再び奪われる。
チュパチュパ……美麗の口内が尊の舌でかき回される。

「ふぅん……!」
2つの唇が離れ、厭らしく唾液が糸を引いている。
さっき美麗が噛んだので少し血の味が混じっていた。
更に、嫌悪感が美麗を襲う。
涙が、とめどなく流れた。
ついに声を上げて泣いてしまうと、突然、尊は美麗の頬を叩いた。

パンッ!と乾いた音が室内に響き渡る。

「痛っ!」
「うるせぇから泣くな!泣いたって俺はお前を犯すからな」
脅されたとしても、美麗は体を許すわけにはいかない。
絶望的な状況とは十分わかっていたが、なおも抵抗を続けた。

「わかった。じゃ、賭をしようぜ。もし、お前が濡れてなかったら止めてやるよ」
美麗は愕然とした。
抵抗しながらも自分の女の部分は濡れていたからだ……。
尊は美麗の下着を脱がせ、大きく足を開かせた。
蜜の匂いが、辺りに広がる……。

「キスだけでこんなに濡らしてんじゃねぇか。やっぱ淫乱だな。
俺のモノ、挿れて欲しいと思ってるからこんなに濡らしてんだろ」
そして、問答無用とばかりに美麗のブラウスを脱がす。
プルンッと、美麗の豊満な胸が顕れた。

「や、やめてっ!」
「賭は俺が勝ったんだからおとなしくしてろよ」
そう言うと尊は美麗の両手を、ベッドの脚に紐で縛り固定した。
「オナるより感じさせてやるからな」
ニヤリと笑うとブラを外し乳首にしゃぶりついた。
乳首を甘く噛んだり舌で舐め回す。
「あふっ、はぁぁん……」
美麗の口から悦びの声が上がる。
心では抵抗していても体は正直だ。

乳首は痛いほどたっている。
尊は、そのまま舌を首筋に這わせる。
右手は敏感なクリトリスを捕らえた。

「はぁん……」
突然、尊は愛撫を止めた。
「あ、もっとして……」
「……何を?」
意地悪く笑う。

「もっと……クリトリス触ってぇ」
美麗は心身共に快楽に支配され、唯の雌とかそうとしていた。
貪欲に、快楽を貪る……。
「いつもオナってるからクリがデカイんだな、美麗」
愛液を指に塗り円を描くようにクリを捏ね回す。

「ふぁん!ああ……!あん、イイよぉ」
尊の左手は美麗の乳首をきつく摘み、舌は美麗の体中を這い回っている。
「ダメぇ!イク……ッ」
「もうイッたのか?淫乱女」
そう言われる度に美麗はますます濡れていくのを感じた。
尊は、美麗をまんぐり返しにして、クリからアナルまで舌を這わせた。

(こんな屈辱的なポーズ……)
それでも美麗は感じてしまう自分の体が恨めしかった。
愛液を啜り、クリを舌で噛む。
クリの皮を剥き、激しくつつく。
また、達しそうになった美麗に尊は再び愛撫を止めた。

「あ、イカせて……お願い」
「イキたいなら俺に奉仕するんだな。そうしたらバイブを挿れてやる」
美麗は必死に尊のモノを舐めた。
裏筋にも舌を這わせ玉にしゃぶりつく。
尊がバイブを挿れると一層美麗は口を窄めた。
クチュクチュ、チュプ……

「お前は本当に淫乱だな……」
尊はバイブの電源を入れ、クリにローターを当てた。
「あああ……!ひぁぁん」
美麗は感じまくっている。

「オイ、フェラ続けろ!電源切るぞ」
美麗は尊のモノにしゃぶりつき、頭を上下させる。
早く、太くて逞しい尊の肉棒で、壊れるほど突きまくって欲しかった。
バイブとローターの刺激も続いている。
「美麗……イクぞ!口に出すからな!全部飲めよ」
ドクドクドクドク……
尊の精液が美麗の口に放出された。
美麗は、精液を全て飲み尽くした。
同時に、尊はバイブを激しくピストンさせる。

「ああ!あっ?ん」
固定されながらも美麗は腰を振りまくった。
ローターとバイブの振動と愛液が飛び散る音が重なる。

「イク……またイッちゃう!いやぁ」
美麗は体を大きく震わせて、達した。
あまりの快感に潮を吹いたようだ。
「ハァ、ハァ……」
シーツは厭らしい液でビショビショだ。
尊は美麗の拘束を解き鏡台の前に立たせた。

「な、何を……」
尊は鏡を指さし、
「お前はコレで、俺に突かれまくって感じてる自分の淫乱な姿を見てろ」
と言いバックで突き始めた。
腰を激しく打ち付ける。

パン、パン、パァン!
肌がぶつかり合う音が響く。
同時に、美麗の胸を激しく上下に揉んだ。

「んぁぁ!あふぅっ!あっあっイイよぉ??!」
「ちゃんと鏡見ろ!」
美麗は自分の姿を初めて見た。
そこには、今まで見た事のない淫らな自分がいた。
頬は紅潮していて、上下の口からだらしなく液を垂れ流している……。
そんな美麗はこんな自分の姿を見てますます感じてしまう。
尊はそんな美麗を見透かしてか、次は鏡の前に椅子を持ってきて背面座位にした。

「ホラ、イキたかったら自分で動けよ!」
その上、尊は美麗の花弁を開いて中の肉芽を鏡に写した。

「あ、嫌……!」
美麗は恥ずかしくて目を逸らした。
鏡は大きく腫れたクリトリス、愛液で溢れた蜜壺を忠実に写し出す。
尊と、美麗の接合部分までが露になる……。

「ちゃんと見ろよ。お前はここをこうされると感じるんだろ?」
開いたまま、クリを指でゆっくりと捏ね回す。

「あ……はぁん」
クリの快感に耐えきれず、美麗は自ら腰を振り出した。
しかも、自分で胸を激しく揉みながら……。

「あん!ああ!イイ」
「お前は淫乱だな。自分から腰振りまくって」
「あはぁんっ!あなたのモノ、大きくて、んんっ!気持ち、イイよぉ?!
もっと私の淫乱なおま○こ、犯してぇ!」
尊はクリを捏ね回しながら、下から激しく突き上げた。

「美麗!中に出すぞ!」
「んふぅっ!はうっああんっ!イッパイ出してぇ?!」
尊のモノが美麗の中で大きくなり、一気に吐き出された。
その後もいろいろな体位で何度も何度も攻められ、美麗はあまりの快感に失神してしまった。

「んん……?」
気付いたら美麗はベッドの上で寝ていた。
尊はもうおらず、バイブが置いてあった。
明日、尊は引っ越していった。
美麗は最初に言われたとおり、尊無しでは生きられない体になった。
美麗は尊のバイブで自分を慰めながら、
新しく来た隣人に犯されるのを待って喘ぎ続けている……。

隣人
;

コスプレダンスパーティー(つ)

先日のクリスマスのイベントでの体験談です。
コスプレダンスパーティー。
略してダンパというのですが、それに行って来ました。
 
何度も連絡を取り合い、衣装を同カテゴリで合わせて用意。
女装娘3人で初音ミクの派生をする事になってます。
私はブラック★ロックシューター。
女装なのに上はビキニのブラだけで下はホットパンツなヘソ出しにコート。
なかなかチャレンジャーです。
1人はMAGNETのミクということで、
こちらもチャレンジャーな肩出し背中出しな衣装です。
最後の1人は龍ノ啼ク箱庭拠リなゴシックロリータな衣装です。
3人ともコートの下に衣装を着て来たので更衣室は使わず、まずトイレへ。
そこで私だけ靴を履き替えました。
 
そこで履いたのがプロフの写真7−8のバレエブーツ。
いわゆるマゾブーツですw
これを履いたら1人で歩くことも難しいです。
両脇を抱えるようにして立たせてもらい、さらに用意を進めます。
 
お尻を突き出すように立たされ、龍啼クの娘に150mlのプラスチックシリン
ジでローションをアナルに注入されます。
冷たいローションが入ってくる感触にゾクゾクします。
注入し終わったアナルを二人に指で弄られ、ほぐれた所でバイブ機能付のアナルビーズを一粒づつ数えながら入れられました。
スイッチを背中からホットパンツの後ろに付け、乳首にはクリップローターを付けて、これも同じ所にスイッチを隠します。
さらにオチンチンには亀頭ローターまで付けられてしまいました。
あとはスイッチを入れれば全自動で全部の性感帯を犯され続けます……
 
私の用意が終わると次はMAGNETの娘です。
乳首のクリップローターと亀頭ローターは同じですが、彼女には同じプラスチックシリンジで6回。私と龍啼クで交代でローションを注入します。
「苦しいよ……漏れちゃう!」
と泣き言を言う彼女を無視して合計で1リットル近いローションを入れた事になりますw
そして漏れないようにバイブ付のアナルバルーンで栓をしました。
龍啼クの娘はドSなので特に用意は無しなので準備完了です。
 
余裕の無いMAGNETに頼る事も出来ないので龍啼クに支えられながらトイレを出てホールへ。
薄暗いホールを壁伝いに移動して、踊らない人が休憩したりするロフトのような所へ行きます。
手すりに掴まって立っていても足がプルプルしてきます。
自然とアナルにも力が入ってしまってアナルビーズを意識させます。
そんな状態なのに手錠でベルトと手すりを繋がれてしまい座る事も出来ません。
「やっぱり無理……お願い、コレはずして」
「ダ〜メ!しばらく楽しみなさいv」
さらに両手を手すりに繋がれてしまいます。
「えっ!?ウソ!?」
と思ってる間にスイッチをON!乳首とオチンチンとアナルで同時に起きる振動に声が出そうになるのを必死に耐えます。
そして龍啼クはMAGNETを連れてホールの方へ移動してしまいました。
 
それから3曲ほど流れたので多分15分ぐらい放置状態が続きました。
1人で居る不安の中、否応なしに機械は責め立ててきます。
爪先立ちのせいで自らアナルビーズを貪るようになり、動くことも出来ず痴態を晒してしまう……
その羞恥が更に自分を追い詰めて、もうイキそう……!
 
「それブラック★ロックシューターですよね?いい出来ですね!」
快感に身を委ねそうになったその瞬間に声をかけられ、悲鳴を上げそうになりました。
見れば、そこにはミクの衣装を着た女の子が居ます。
マズイ!バレるバレるバレる!!
もうドキドキが止まりません。
うるさいぐらいの大音響の中なのにローターの音が聞こえるような気がして器が気じゃありません。
なんとか平静を装って返事をすると
「あれ、女装の人ですか!?」
声を作ってもバレバレです。
でもイイ機会なのでうまく追い払おうと
「気持ち悪いでしょ?イイよ正直に言って」
なんて冷たく言いますが、逆に目を輝かせて根掘り葉掘り聞いてきます。
うう、勘弁してよ……
 
バレる恐怖と羞恥の中、機械に責められながらイクにイケないままを過ごしていると、龍啼クたちが帰ってきます。
見ればMAGNETはもうフラフラです。
お腹の中に1リットル近いローションを詰めたまま激しく踊らされたらしいです……辛そう。
 
ミクの子は女装レイヤーが3人でミク派生合わせしてる事に感動したようで、しきりに龍啼クに質問を飛ばしてます。
「じゃあイイもの見せてあげるネ」
そして突然、私のコートを肌蹴けさせてスイッチを見せつけます。
「ちょ……ちょっと!!」
「この娘、こうやって1人で愉しんでる変態なんだよ」
もうパニックです!
なんてコトをしやがりますか!
流石に問題になったらシャレにならないので抗議しようとすると
「スイッチ動かしてみる?」
なんてミクの子を焚き付けます。
それは無いだろうと思っていると、ミクの子は恐る恐るスイッチを強にスライドさせてきました。
「――――!!」
その瞬間、緊張の糸が切れたようにイッてしまいました。
 
絶頂の余韻を楽しむ間もなく次々にスイッチを強にされ、絶え間なく快感が襲ってきます。
楽しそうなミクの子と龍啼クの話し声が遠くに聞こえますがそれどころじゃありません。
もう立ってられないぐらい足がガクガクしてきて力が抜けてしまいます。
けど、ベルトと手すりを繋がれているので座れません。
それどころかホットパンツが股に食い込んで、イク!またイッちゃう!!
たまらず射精までしてしまいました。
 
射精して敏感になったオチンチンを亀頭バイブが責め、ホットパンツがタマタマとアナルビーズを押し上げて、何度でもイっちゃう!
そんな状態を見ながらミクの子はMAGNETのアナルバルーンに追加の空気を入れて膨らませてます。
うう、この子まれに見るドSです……
子供が虫の足をもいで遊ぶように無邪気に残酷に弄ばれる。
その惨めさすら快感になってきたころ、やっと手錠が外されました。
けど、それは開放を意味してたワケではありませんでした。
 
ホールの薄暗闇にまぎれるように壁際に座り込んだ私を囲むように三人が立ってます。
囲まれていると言っても隙間はあるワケで、周りは人がたくさんいるので見られるかも知れないのに……
私はホットパンツからオチンチンを露出させMAGNETのオチンチンを頬張って、舐めまわして、イカせようとしています。
MAGNETは私のオチンチンを足コキでイカせようとして、つま先で擦って来ます。
先に相手をイカせた方が休憩させて貰えるから……
そうでなくてもバレる前に終わらせたい。そんな思いで必死にお互いを責める二人を龍啼クとミクの子が眺め、言葉で嬲ってきます。
「オトコなのにオトコのオチンチン舐めて嬉しいの?オトコに舐められて嬉しい?二人とも変態だぁw」
見ず知らずの女の子に見られ、変態といわれる羞恥。
足コキなんかじゃなくて、思いっきりイカせて欲しいよぅ……
「オチンチン美味しい?」
なんて聞かれたら、もう堪らない!
「美味しいです。オチンチン美味しい……精液飲みたいです……」
それが引き金になったのかMAGNETの精液が喉に流れこんできます。
同時にギュっと踏まれた痛みと射精された嬉しさで私も……
 
朦朧とする頭で二人に連れられ、ダンパ会場とは別フロアの身障者トイレに移動し、そこでミクの子に見られながら龍啼クにアナルを犯してもらいました。
床に四つん這いになり、お尻を突き出すとミクの子がビーズをゆっくり引き抜いてくれました。
「うわっ!出てくる!スゴ!!あ、まだ入ってる!お尻の穴が盛り上がって、ニュルンって出てくるよ」
実況されて恥ずかしさで死にそう……
出し入れされてトロトロになると「龍啼クのオチンチンぶちこんでアナル壊れるぐらい抉って下さい。直腸に精液中出しして精液便所にしてェ!」
なんて、おねだりさせられました。
ぐっちゅんぐっちゅん
すごくイヤラシイ音を立てながら犯されてる間にミクは龍啼クの言うとおり
MAGNETのバルーンから空気を抜いて私の前に連れてきました。
龍啼クは私の口でMAGNETのバルーンを抜いてあげるよう言います。
そんなコトをすればどうなるか解りきっているのに、快感が先に立って正常な判断が出来ません。たとえ出来ていたとしても私には逆らえなかったと思いますけど……
バルーンのホースを咥えて引き抜くと「ダメ!出ちゃう!出ちゃう!!」と
MAGNETの悲鳴。
私は慌てて零さない様にMAGNETのアナルに口を付けてローションを吸い取ります。
「吸われてる!吸われちゃってるぅ!!」
ローションをすべて吸いだすようにしながら舌で穴を刺激して、そのまま片手でMAGNETのオチンチンを扱きました。
 
龍啼クがイッた後はMAGNETに犯され、MAGNETがイッたら次は私がMAGNETの中に。
その頃には復活した龍啼クがMAGNETを犯す私の後ろから犯して……
それだけでは飽き足らず、
「ミクも混ざる?」
なんてミクの子に聞いたりしてやがります。
幾らなんでもソレは無いだろう。
そう思いながら期待半分。
不安半分で答えを待つと、
ミクの子は……………

…………と。
NAN-NETに掲載した時はここまででした。
ここからはT'sLOVE皆さんだけにお送りしますw

ミクの子は流石に遠慮しました。
だってトイレで個室にも入らず、というか人数が多いので入れない状態でHしちゃってるワケですから、誰か人がきちゃうと丸見えなんです。
でも、それで諦めるほど龍啼クは潔い性格じゃない。
「じゃあホテルに行く?」
なんて粘ります。
あまり粘着すると嫌われるのに、龍啼クもバカだなぁ……
少しだけ冷めた目で見てあげましょう。
じとー
BAT!しかし!
そのジト目は次の瞬間にまん丸になってしまいます。
「行く!行く!」
もう私は何が何だかで(゚Д゚)ハァ?です。
う〜ん。最近の若い子はわからんw
と、言うわけで一旦中断。
ダンパが終わってから4人でホテルへ行くコトになり、
とりあえずは衣装を整えてホールに戻りました。

恙無くダンパも終了し、ミクが更衣室かが出てくるのを待って移動します。
ホテルに着くと、フロントへ複数であることを伝えて室内へ。
4人だとパーティールームは割高なので<ちょっと大きめなだけの普通の部屋をチョイスしました。
私は屋外の方が好きな性質で、ちょっと気乗りが悪いので休憩。
来る途中で買ったヴィダーインゼリーでエネルギー補給です。

ミクも着替えなおす為にバスルームの方へ消えると、
その間に龍啼クとmagnetはイチャイチャし始めてしまいます。
初めはキスをしながら触りっこしたり、お互いの感じる部分を教えあったりしてましたが、だんだんエスカレート。
気がつけば69になって舐めあいっこしてます。

そうこうしてる間にミクの着替えも終わり戻って来ますが、すでに2人は始めてしまって、参加するタイミングが難しい……
じゃあ2×2でしようと思ったのか、ミクは私の横に座ります。
とりあえずソファーに2人掛けで少し話しをしました。
まあ、内容は他愛ないものです。
いつもこんなコトしてるのかとか……
いつからしてるかとか……
今まで何人ぐらいとHしたかとか……
その内話題は実際のオトコノ娘同士とBLの違いになり、感じる場所とか聞きてきます。
「胸を揉まれたり撫でられたりは?感じる?」
「気分かなぁ……?乳首は感じるけど、胸はあまり実感ないなぁ」
なんて会話すると、じゃあ確かめてみようと撫でたり揉んだりして来ます。
そんな感じであちこち触られてる内に、だんだん気分も乗ってきて
「おっきくなってるよw」

気分も乗ってきて、私の準備も出来ちゃったので龍啼クたちと4人でしよっか?
と誘ったんですが、ミク的にはまず私を徹底的に弄りたいようで続行。
ホットパンツから出したオチンチンをシゴかれながら舌で乳首を責められたり、アナルに指を入れられてオチンチンとどっちが感じるか試されたり……
そんなコトをされると私も我慢出来なくなってきます。
「イキたいよぅ」
「じゃあバイブでお尻犯してあげよっか?それともお口でオチンチン舐めて欲しい?」
「…………両方……じゃ、ダメ?」
ニンマリとチシャ猫みたいな笑みを浮かべてミクはバイブを取りに行きます。

私はソファーから腰を前へ突き出すように座って、ミクはソファーに向かい合うように床に座ります。
バイブにローションを塗ってアナルへあてがわれます。
が、なかなか上手く入れられないようです。
まあ、初めて他人のアナルへ挿入するとそんなものです。
私は両手を後ろに回し、そのままお尻を拡げて入れやすくしました。
「ここだよ……ここに挿入れて……」
今度こそズブズブとバイブが入ってきます。
初めての子らしい、加減の解かってない荒々しい挿入。
私じゃなかったら裂けてるよ?
しばらくお尻だけを弄られた後、オチンチン舐めて欲しいならおねだりしてと言われました。
得意でしょって。
じゃあ、思いっきりヤラシイ台詞言わないと、と私は少し考えてから口を開きました。
「女の子の前に恥ずかしげもなく突き出したお尻にバイブ突き刺されて悦ぶ変態チンチン、ミクちゃんのお口で気持ちよくしてください」

自分でオチンチンを持ってない女の子のフェラは容赦が無くて、
アナルのバイブも合わさって、すぐにイッてしまいました。
「オチンチンとお尻どっちが良かった?どっちでイッた?」
そんなコト聞かれても解かりません。
同時にされたら両方でイッちゃうものですし……
「じゃあ、もう一回」
更に続けてフェラされます。
「ちょ……イッたすぐはダメ……!」
避けようとしますが、逃げる前に咥えられ、思いっきりアナルの奥までバイブを突っ込まれてしまいます。
こうなると足がガクガクして逃げるコトも出来ません。
ミクの頭を押さえて止めさせようとしても力も入りません。
ダメダメダメダメダメダメ!
意識が飛びそうになるのを指を噛んで抑えました。
涙がポロポロでるほど感じて、足も腰もプルプルガクガク。
普通なら確実にイクような快感でもイケないまま、快感だけを与えられます。
それが一線を越えるとイクというより漏れるような射精をしてしまいます。
「今度はどっちでイッた?」
「わあ、わかん……ない」
「じゃあ、もう一回だね」
――――!!!

気がつけば龍啼クとmagnetも混ざって、いつの間にかコッチが本流。
ちょっと休まして……
「ひょっほ、ひゃすまひへ」になってたと思いますが懇願します。
でもミクは許してくれません。
龍啼クに「してもイイよね?」と聞いてから私にのしかかってきます。
まさか!?
ちょっ……龍啼クじゃなくて私に許可とって!
ぬるぬるになったミクのオ○ンコに私のオチンチンが埋まっていきます。
それだけで射精しそう……
ダメ。今度こそ意識が飛ぶ。飛んじゃう……
龍啼クとmagnetのどちらかがキスしながら乳首を責め、もう1人がアナルのバイブを動かしながらタマタマを舐めてきます。
ダメ!ダメ!
中に、ミクの膣に射精しちゃう!
「ゴムしてるから大丈夫。イッちゃいなさい!」
いつの間に、と一瞬の疑問も浮かびましたがもう止まりません。
腰がバラバラになるような射精を感じながら、今度こそ気を失ってしまいました。

私が覚えてるのはココまで。
後でmagnetに聞いた話しでは、その後はミクのオ○ンコを舐めて綺麗にしたあと龍啼クとミクの接合部を舐めたり、ミクに挿入したmagnetのお尻に挿入して龍啼クに挿入されたりしてたそうですが、全く記憶に御座いませんw
女の子と2人でゆっくりするのは好きだけど、乱交だとペース配分を考えてくれないから嫌いですw

性同一性障害の少女と

チャイムが鳴ったのでドアを開けると美由紀が立ってました。
美由紀は大家の孫娘でC3になる女の子です。
「遅かったね」と言ったら無愛想に「・・・塾」とだけ言いました。
一年以上もエッチしてるんだから、もう少し愛想良くしてくれても良いのにと思います。
美由紀とエッチするようになったのは去年の夏前でした。
空き室のハズの隣から物音がするので覗いてみると美由紀と同じアパートの子で美由紀の2コ下の綾香ちゃんが裸で抱き合ってました。
レズ?!って思ったけど話を聞いたら美由紀は自分を男だと思ってます。
性同一性障害ってヤツかもしれませんが男として綾香ちゃんが好きとの事。
もちろん口止めをお願いされましたが、まあ黙ってる代わりにってヤツです。
綾香ちゃんは見つかって泣いてたし美由紀が男らしく(?)俺の玩具になると名乗りを上げました。
今でもそうですが当時もC2としては発育の良いカラダで宮里藍が裸になったら、こんな感じかな?って思います。
心は男でもカラダは女なのでヨガって俺に逝かされると「ちくしょう」って言いながら泣いてました。
今でも愛する綾香ちゃんの為に俺の性欲処理のためにウチにやってきます。
殆ど無言で服を脱ぎだす美由紀。
とっとと終わらせて帰りたいのでしょう。
最近、またオッパイが膨らんだようでDカップのブラから溢れそうになってます。
ブラはしてますが下は男性用のボクサーパンツを穿いてるのが可愛くないです。
顔はMISONO似だと思います。
ウエストはくびれてて尻はデカイです。
俺の趣味で毛は剃らしてるのでパイパンです。
C学生としてはカナリのナイスバディです。
ほんとにもったいない。
「フェラ」って言うと一回舌打ちをして美由紀が近づいてきます。
「昨日、風呂入ってないから綺麗にしてね」と言ったら睨まれました。
それでもチャンとフェラはしてくれます。
しかも結構上手いのです。
経験はないけどホモのフェラは上手いって聞くので、その類なのかチンチンに憧れてるからなのかはわかりません。
長瀬愛とか堤さやかのAVなどを見せて研究させてるのでテクもあります。
でも、笑顔ではしてくれないし「コッチみて」と言うと睨むので俺も美由紀の頭を掴んで好き勝手に押し込みます。
ただ咽たり咳き込んだりして床を汚すのがムカつきますがまあ美由紀の家のアパートなので、まあイイかって感じもあります。
スピードアップして思いっきり美由紀の口の中に発射です。
吐き出すのは厳禁なので飲み干すしか出来ない美由紀に「イッパイ飲めばチンチン生えてくるかもよ」と言ったら凄い目で睨まれました。
ローターとバイブを取り出すと美由紀がまた嫌な顔をします。
自分の体が女だと思うってしまうからだそうです。
もちろん俺は善人ではないのでローターで先ずオナニーさせます。
「クリにあてろよー」とか「オッパイももみなよ」等と女性を自覚させます。
感じてくるとイイナリになるのも面白いです。
「オチンチンください」と何度も言わせてバイブを渡します。
「チンチン生えたね?良かったね」と言うと睨むけど快感には勝てない様です。
背中を仰け反らせて逝ったようでした。
ぐったりしてる美由紀の口にチンチンを寄せると咥えてきます。
これからハメられるのが解ったるのでチンチンに残ってる精液を吸いだすのです。
ハメる時にゴムをしないので妊娠しないように必死で吸う美由紀です。
ガマン汁の中にも精子があるのを美由紀は知らないようです。
美由紀とのエッチはバックが基本です。
なぜなら美由紀が言うには「一番、屈辱的なスタイル」だからです。
気持ちが男の美由紀には負けた気がしてるようです。
しかも四つんばいじゃなくて顔を床につけるスタイルです。
後ろからガンガン突かれると気持ち良いけど負けた気がするそうです。
美由紀の嫌がる事ばっかりするので最近はまた嫌われてきてるのです。
でも若いし筋肉質で締まりも良いのでバックは気持ち良いです。
ウエストも細くてケツがデカいのでバックで眺める景色も最高です。
「中でイイ?」「いいわけ無いだろ」「じゃあ何処がいいの?」「・・・」「言わなきゃ中に出すよ」「口って解ってるんだろ」と挑戦的です。
時間のあるときはアナルとかも楽しむのですが、後に予定があったので「ん?やっぱ中出しー」と中に出しましたが2回目なのでオジサンには大した量は出ませんでした。
「チクショウ」と悔しがる美由紀。
美由紀がイイナリなのは綾香のためです。
美由紀と綾香のレズシーンとか裸なども色々とネタとして持ってるのです。
また綾香の処女を守るために美由紀が男らしく(?)イイナリになってます。
でも、何度も綾香の前でエッチしてて感じまくってる美由紀を見てればチンチンって気持ち良いんだなって思うのは当然です。
綾香の為に必死の美由紀の気持ちとは別に、とっくに綾香は処女じゃないけど美由紀には言わないようにしようねって約束をしてます。

年下の幼馴染に襲われる話

「ただいまー」

「あ、おかえりお姉ちゃん!お風呂わいてるよ?それとも先にご飯食べる?」

バイトを終えて帰宅した午後9時、法事で母方の実家へ帰った両親の代わりに、近所に住む幼馴染の子が迎えてくれた。

両親も昔から私をお姉ちゃんと慕って仲の良かったこの子、和紗(かずさ)を信用していて、出かける際には合鍵を渡していたぐらいだ。

「じゃあ先にお風呂でー」

「冷めちゃうといけないからってまだ沸かしてないから15分ぐらい待ってね」

「はーい」

お風呂場に向かう和紗。
本当に良い子だなぁ……


……
………

お風呂から上がってリビングに行くと、エプロン姿の和紗が食器を並べていた。

「あ、ご飯できてるよ」

「この匂いはカレーだね?和紗のカレー楽しみだなー」

「普通のカレーだよ?そんなに期待するようなものじゃないんだけど……」

食卓に二人分のカレーやサラダが並ぶ。

「「いただきます」」

「どお?美味しい?」

「うん!これならいつでもお嫁に行けるよ」

「お、お嫁だなんて……お姉ちゃん、もらってくれる?」

あはは、可愛い。

「もちろん!おいでー!」

両腕を広げて待ってみる。

「あ、えぁ……」

和紗が真っ赤になってあたふたしてる。

「ちょっ、本気で照れないでよ……」

私のが恥ずかしくなるじゃん。

「ごちそうさま!洗い物してくるね!」

洗い物を口実にこの変な空気からから逃げ出そう。

「あ!冷蔵庫にお姉ちゃんの大好きなプリンあるから、それ食べてからにしようよ。今持ってくるね!」

「うん……そうだね。ありがと」

作戦失敗。

数分して、和紗がコーヒーとプリンを持ってきた。

「コーヒーもちゃんと飲んでね」

「ありがと」

コーヒーに口をつける。

一口、二口。

「ちょっと豆変えてみたの!どう?もっと味わってみて?」

「そうなの?言われてみれば確かにいつもと違うような……」

急かされてまた一口。

あれ?このコーヒーなんか変な味がする……それに、なんだか……

「ねぇ、これ何が入って……」

その言葉を最後まで口に出す事なく、私は意識を失った。

―――――――――――――――

目が覚めたら、私は四肢をベッドの支柱に縛られて動けなくなっていた。
それも服どころか下着さえ身につけない一糸纏わぬ姿で。

「おはよ、お姉ちゃん。よく眠れたでしょ」

「え……なにこれ?なんで私裸なの?」

「驚いた?えへへ、コーヒーによく眠れるお薬入れたんだよ」

まるで悪戯が成功した子供みたいに微笑む和紗。
どういうこと……?

「私ね、お姉ちゃんの事が女として大好きなの。」

ゆっくりにじり寄ってくる和紗はいつもと違う和紗のような気がした。

「でもね……私もお姉ちゃんも女の子だから、結婚は出来ないの。だからね、思ったんだ―――」

言葉を失ってる私に微笑みながら和紗は続ける。

「―――お姉ちゃんが、女同士でも良いって思ってくれるように……私じゃなきゃ駄目だって思ってくれるようにすればいいんだって」

悪寒が走ると同時に身の危険を感じた。絶対にこんなのおかしい。どうかしてる。

「やめてよ和紗……どうして……?」

「大丈夫だよ。お姉ちゃん……」

何が大丈夫だっていうんだろう。
今の和紗は正気じゃない。

「和紗!やめっ……ん……っ!」

唇が塞がれる。
それだけでなく和紗の舌が私の唇をこじ開けて入ってくる。

「んむ……んぅ、ふぁ……」

くちゅくちゅした水音が直接頭に響き渡る。
最初は不快なだけだった他人の舌の感覚も次第に甘い痺れに変わっていた。
口の中が和紗に蹂躙されている間、手は首からゆっくりと胸へと降りていく。

その手は、焦らすようにゆっくり私の胸を弄ぶ。

「……っ!」

驚きと刺激に吐息混じりの悲鳴が飛び出す。

「お姉ちゃん……表情、エッチで可愛い」

違う!

「うぁぁっ!」

そう言おうとしたのに。
和紗の唾液にまみれた私の唇からこぼれ落ちたのは短い悲鳴だけだった。

その間に和紗の手はさらに下へ降りる。
腰のラインを撫でられた単純なくすぐったさに身をよじる。

四肢はベッドのそれぞれの支柱に繋がれていて大の字になったままの私には、それ以上の抵抗は出来なかった。

ただ不愉快なだけのはずの内股に滑り込んだ手に何かを期待している自分いる。

その事実が私を混乱させる。

「もう、やだよ……やめてよ和紗ぁ……」

そんな自分と、尚も全身の愛撫を続ける和紗への恐怖。

「泣かないでよお姉ちゃん」

涙が伝った後の頬と、涙が溜まった目元を舐められる。

ぬるっとした感触と、舐められたという事実そのものに鳥肌が起つ。

「ねぇお姉ちゃん、いい……?」

顔を赤くして呼吸の荒い和紗が、どこからか長い棒状の何かを持ってくる。

そういうモノがある、というのは知っていた。
でも、実物を見たのは初めてだった。

和紗が持ってきたのはいわゆる双頭バイブだった。

「見える?これで私とお姉ちゃんは一緒になるんだよ」

「い、嫌……」

逃げ場なんて無い。

「あ……はぁっ……ねぇ、見て、お姉ちゃん……んんっ」

和紗は私の顔の上にまたがって、よく見えるように自分の秘部にバイブを挿し込んでいく。

血と愛液が交じり合った液体が太腿を伝って頬に落ちた。

和紗は破瓜の痛みなど無いかのように恍惚とした表情だけを浮かべている。

「いい?……いくね?」

いつのまにか腰にまたがって私の顔を覗き込む。

秘部に当たる無機的な硬い何か。

「嫌……やだぁ……っくぅぅぅぅうっ!」

身体全体をそのまま貫かれるような痛みと、異物感。
同時に、私の中で現実感が消え失せ始める。

「お姉ちゃっ……お姉ちゃん……入ってるの、わかる……?」

痛い。怖い。気持ち悪い。
何がなんだがわからなくなって戸惑う私と、今目の前で起こってる事実だけを冷
静に見つめてる私がいる。

「んっ……いまっ、お姉ちゃんとっ、つながってるよぉっ……」

その間も和紗は夢中になって腰を前後左右に動かしていた。
妙に冷静になっている私は何も出来ない状況を諦めるしかなかった。

「お姉ちゃん、私、もうイッちゃいそうっ!」

痛みと状況に翻弄される私を無視して一人で昇りつめる。

「んっ!んぁっ、いくぅ……んぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあっ」

ガクガクと大きく震えた後、小さく痙攣しながら私に覆いかぶさる和紗。

「えへ、お姉ちゃん……私だけ気持ちよくなっちゃってごめんね」

息も荒いまま双頭バイブを抜き取り、再び私の愛撫を始める。

「いっぱいイカせてあげるね……」

異物感の残る秘部を舐め上げられる。
ザラザラした舌の触感が気持ち悪い。

……本当に気持ち悪い?

「んむ……ちゅ……ちゅぅぅっ」

一番敏感な部分を吸い上げられて腰が浮いてくる。

……本当は気持ちいいんじゃないの?

私もこの空気におかしくなってしまったのだろう。
冷静な私との自問自答が、私の快感を自覚させた。

「……イキそう?」

「っ……」

思わず息を詰まらせつつ頷いてしまう。
嬉しそうな和紗の指と舌が加速した。

「うぁぁっ!」

無意識に声が漏れる。

クリトリスを舌が、膣内を指が這い回る。

絶頂に、導かれる。

「ぁ、ふぁあああああああっ!」

パチパチと何かが真っ白に弾けるような感覚と、ひたすら強い快感だけが頭に響いた。

「えへへ……お姉ちゃんが私の手でイッてるんだ……」

何も考えられない。
ふわふわした余韻に浸るだけ。

「……はぁ、はぁ」

「次は、これ」

和紗の手に収まるぐらい小さなスイッチと、そこからコードで繋がってる丸い何か。

もやのかかった私の頭ではそれが何かわからなかった。

『丸い何か』が絶頂を迎えたばかりのそこに押し当てられ、カチッと聞こえた瞬間に振動が始まった。

ヴヴヴヴ……

「ああああああああああっ!」

無理やり快感の渦に引き戻される。
クリトリスを円を描くように押し当てられるローターに、すぐに絶頂を迎える。


……
………

それから何時間経っただろう。
時間の感覚とか意識とか倫理観とか色んな物が曖昧になって、ひたすら和紗にイカされ続けた。

「んっ、くぅっ……ひっ……ぁ!」

「これで何回目かな?」

声をあげる体力もとっくに無くなった。
和紗の唾液と私の汗と愛液でべとべとになった身体も痙攣するだけで精一杯だ。

「お姉ちゃん……いいよね?」

訳もわからず頷く。

両足の拘束が解かれた。
そのまま和紗は私の左脚を立ててから抱え込むようにして、身体を密着させる。

いわゆる「貝合わせ」の状態だ。
秘部同士がくっついた瞬間、くちゅ、と愛液が音を立てた。

拘束が解けても動く体力も無い私はただ快感に身を任せ、浸った。

「お、ねえ、ちゃ……気持ちい……?」

「んっ……んぁっ!」

妖しく、跳ねるような動きに合わせて私も無意識に腰を動かしていた。
どこにそんな体力があったのか、快感を貪るように震える。

「んぅ、そろそろイッちゃうかも……お姉ちゃん、一緒に……」

頷く。
動きがラストスパートをかけるかのように早くなる。

「あ、あ……イッ……くうううううううううううっ!!」

「?????????っっ!!」

何かが漏れ出るような感覚と、生暖かい液体の感触が下腹部に広がった。

「はぁ……はぁ……」

まだ時折全身を震わせる和紗が私の上に折り重なる。

「お姉ちゃん……私と、一緒にいてくれる……?」

私は、また黙って頷くだけだった。

変態

世の中にはエッチな人もいるものですね。 僕もそのせいで少し変態的な生活をするようになってしまいました。

大学2年で止めて遊んだりバイトしたりしていたのですが、22歳の時に知合いの紹介で建材や不動産の商売をしている会社に入れてもらいました。
ただ特にこれといった仕事は無く、会社の雑用や社長の運転手をしたり、社長の家や奥さんの用事に駆りだされていました。 まあこれといった特技や能力も無いので、給料を貰えるだけで有難かったです。

社長は50歳くらいで、後妻の奥さんはびっくりするくらい若くて、30前だったと思います。 僕から見ればお姉さんみたいな年齢でした。 
社長はそんな若い後妻さんがいるのに、他にも女が何人かいました。 社長を女のマンションに迎えにいったり送ったりしたこともありました。

社長の奥さんは僕のことをショー君(翔太)呼んで可愛がってくれました。 病院に行くから送ってとか、買物にいくから送れとか、家の模様替えを手伝えとか、僕の仕事の3割くらいは奥さん関係の仕事になっていました。

奥さんは家ではすごいエロい格好をするんです。 谷間が見えるようなシャツを着たり、タイトなミニを穿いたり、明らかに僕を挑発していたと思います。
ショー君は彼女がいるの? 溜まっているんじゃない? とか色々下ネタな話もしてきます。
僕は女の経験はあったけど特定の彼女はいてなくて、奥さんのことを思って一人オナルような毎日でした。 でも社長の奥さんと変なことになれば、会社を首になるだけでなく社長から殺されかねないと、それだけは絶対するつもりはありませんでした。

ある時奥さんから、足首が痛いから揉んで欲しいと言われて揉んだのですが、もっと上もっと上と言われて結局脚の付根まで揉んだことがありました。 ああショー君気持いいと言われて、僕は興奮しながら困ってしまいました。

次の日に僕は社長に仕事を少し変えて欲しいとお願いしました。 色々訳を聞かれたけど本当のことは言えませんでした。 そうしたら社長から、あいつはお前が気にいってるんだ、我慢出来ないか。 最近欲求不満気味だから、お前が偶には慰めてやってくれないか、嫌か?と言われた。 嫌ですとは言えないし、少し嬉しい気もして、僕は肯いてしまいました。

次の日に奥さんに呼ばれて家に行ったら、そのまま寝室に連れていかれ始めて奥さんとセックスしました。 多分社長から話が伝わっていたのだと思います。
僕のセックスは下手だったと思いますが、奥さんはすごく喜んでくれて、それから奥さんへのセックス奉仕が始まりました。

会社に顔を出すのは1?2時間、後は奥さんの用事やセックスという感じでした。
社長からは、最近あいつの機嫌も良いしと感謝されるし、僕自身も奥さんのセックスを
堪能していました。

でも奥さんはだんだん僕をオモチャのように扱ったり虐めたりするようになりました。
色々あったのですが、例えば僕の大きくなったチンポの根元を輪ゴムで縛って遊ぶとか。
経験したことがある人もいると思いますが、チンポが腫上がったように大きくなって、しかもいつまでも小さくならない、感覚は無いし苦痛だけです。
それからお尻にも浣腸されたり、物を入れられたりしました。 ただお尻の方は慣れれば大したことはありませんでした。

奥さんに言われて、ローターやバイブ・ぺニバン・ムチなど色んな物を買いに行かされて、本当に変態的なセックスが始まりました。
僕は正直痛いことは好きでは無くて、仕事だと思って我慢していました。 でもぺニバンで突かれながら、喘ぎ声を出せと言われて従がっているとき本当に気持ちよくなることがありました。

それから奥さんは僕が外で恥かしい思いをすることに悦びを感じるようになりました。
ローターをお尻の中と前にも二つ、サポーターで固定して買物に行くのです。
スイッチは僕のポケットの中にあるのですが、腕を組む振りをしてスイッチを入れるのです。  その瞬間しゃがみこみたくなるのですが、ぐっと我慢して自分でスイッチを切ります。 暫くしてまたスイッチを入れたり切ったり、ずっと僕達を見ている人がいたら不審がったと思います。
それから僕が恥かしかったのは下着売り場に連れて行かれることでした。 女のお客さんや店員のいるところを連れまわし、僕にこれどう?とか見せるのです。 僕は恥かしくて真っ赤になってうつむくだけなのですが、それが楽しいなんて恩さんは変態以外ないと思いました。

それは更にエスカレートして、僕に女装させるようになりました。 僕は170cm体重50kg(セックス奉仕を始めて3kgくらい減った)と小柄です。 服は自分でも似合っていたと思いますが、化粧とかつらは苦痛でした。
奥さんは絶対バレないと自信を持って食事や買物に連れ出すのですが、こっちは恥かしくてバレないように仕草等にも神経を遣ってしまいます。
家の中でのどんな虐めプレーより女装で外に出る方がクタクタに疲れます、早く開放して欲しいとそれしか考えられなくなります。
家に戻ったりホテルに入ると僕はホッとしてすぐ横になるのですが、いつも奥さんはぺニバンで女装したままの僕を犯してきます。 それが気持ちよく感じられるようになって、僕は自分が変態になったと思いました。
でも僕はどんなプレーをしても、最後は奥さんの中に1?2回は男の証しを放って男として満足していました。 

少し話しが変わるけど、奥さんはずっとピルを服用していたのでずっと中出しでした。 
奥さんの感覚がよく分からないけど、僕の精液は僕の血と一緒だからといって排泄物とは違ってものすごく有難がって大切にしてくれました。 あそこから流れ出てもティッシュで拭いたりせず、手ですくい口に入れたり身体に塗ったりしていました。 やっぱり変態なのかな。

女装外出プレーが1?2週間に1回程度と安定してきたころ、社長から最近どうなんどと聞かれました。 奥さんから全て聞いているかも知れないし、僕は女装外出の話をしました。 社長は初耳だったようで僕をまじまじ見つめ、それは面白いことをしているなと興味深々という感じでした。

それから暫くして、女装外出のとき奥さんから今日はあの人と一緒に食事と言われました。
女装のとき知っている人と会うのは初めてで嫌でしたが社長なら仕方ありませんでした。
かなり高級なフレンチに行きましたが、女性としての食べ方や仕草にはもう慣れていたので問題はありませんでした。 社長は最初から、おまえ凄い、びっくりした、そんな素質があったのかと言っていましたが、普段の顔と違い女を見る目でした。

食事が終わって三人でホテルへ、社長は僕を求めてきました。 僕はどうしようも無く、為すがままで社長を受入れました。 男とは初体験でしたが、ぺニバンより大きくて動きも激しくつい声を出してしまいました。 最後に社長のあれが更に大ききなって僕の中に放出した時、僕の身体は逝ってしまったようです。 ショックと感動で僕は暫く動けませんでした。 そのあと社長から、いつものようにこいつを可愛がってやってくれと言われ、奥さんを抱きましたが、奥さんも普段と違う状況に興奮したのか乱れに乱れていました。

僕は冷静になって考えました、このままでは僕は社長と奥さんの変態玩具になってしまうのではないかと。
暫くして僕は社長に会社を辞めることを伝えました。 自分の人生を歩きたいという僕の意思を尊重して社長は許してくれました。 奥さんはショー君を心から愛していると泣きましたが、最後は僕のために諦めると言って、僕用の衣類などを大きなバッグに入れて渡してくれました。 あれだけ身体を求め合った奥さんと離れるのは僕も悲しくて涙が出たけど、僕は荷物を受け取って別れました。

これで僕が新しい仕事を見つけて、人生をやり直せば良いのですが、世の中は厳しかったです。  なかなか良い仕事は見付からず、まして彼女なんて全然でした。
半年ほどしてどうにも我慢出来なくなった僕は奥さんに連絡を取ったのです。 
奥さんには新しい運転手が与えられていたのですが、優しい奥さんはシュー君の好きなようにしたら良いよと受入れてくれました。 それからは週に1回くらいお世話になっています。
社長とは月に1回僕が女装で会います。 小遣い10万円と服をプレゼントされるのですが、生活費には足りません。 趣味じゃ無いけど衣類も沢山あって似合うし、最近NH関係のバイトも始めました。 このまま変態の人生を進んでいくのが少し怖いです。

とある夏の日の出来事

長文、駄文ですがお暇な方はお付き合いください。

こちらのスペックはアラサー高身長細身。
何気なく投稿してみたところ、募集日に1通メールをいただく。
しかし、電話だけして終了。
翌日、たまたま予定が空いたので続けて募集。1通メールをいただくも時間の都合で会えず。
がっかりしていたところ、更に翌日に1通のメール。しかも携帯の本アドで(笑)
「もう募集終わりましたか?」
確かに募集日は過ぎてたけど、さすがに本アドでいたずらもないだろうし、
こちらとしては大歓迎なので喜んでメールをさせていただく。
以下、メール&写メ交換でわかったこと。
・年齢は20代前半。
・背はあまり高くない。
・外国人とのハーフらしい。
・見た目は加藤ローサとか梨花的な感じ。実際写メ見るとそうだった。
・サイズは教えてもらえなかったが、胸はどうやら大きそう。
やりとりや電話をすること10日ほど、お互い都合がつき会えることに。

当日朝、都内某駅にて彼女とご対面。
花柄ワンピにレギンス。
顔ちっちゃ!目でかっ!脚細っ!胸でかっ!
というのが彼女の印象です。
パッと見はやっぱり外国人風で、整った顔立ち。写メよりかわいい。
うん、確かに加藤ローサぽい感じ(ということで、彼女は以下ローサで)
嫌がられてはいないみたいだったので、コンビニ寄ってホテルへ。
ソファでしばらく談笑。やっぱりすごいかわいい。
辛抱たまりませんって感じでキス。
最初はソフトな感じから次はべろちゅー。首筋とか耳とか舐めまくったらかなり感じてるようでした。
ローサもいろんなところを舐めてくれるのが気持ちいい。
結構長いことちゅっちゅっしてからベッドへ移動。
レギンスとワンピ脱がすと、すごい体が目の前に!本人に聞くと、胸はFカップでした。
今までいくつもおっぱい見てきましたが、その中でも最上位レベルの素晴らしい形をしたおっぱい。
で、こっちが下、ローサが四つん這いで上になってる状態で、キスしているところで、
ローサのお尻に手を伸ばし、焦らしつつパンツの隙間からアソコをまさぐる。
てかお尻の張りがすごい!これが外国人の血なのでしょうか。
アソコはすでにとろとろになっちゃってて、触るとかなり良い反応。
下着脱がして裸にさせ、こっちのモノを舐めてもらう。
あのかわいい顔で舐めてもらってると思うと、興奮も相まってめちゃくちゃ気持ちいい。
我慢できずに正常位で挿入。指で触ってるときから思ってたんだけど、
穴がきつきつで締まりがすごい良い。
締まり良すぎてすぐイきそうになるのをこらえつつ、騎乗位だったりバックだったりで突きまくり。
「イッてもいい?」という問いかけに「ダメ」とか「もっと突いて」って言うのには
かなり萌えって感じでした。最後は正常位でフィニッシュ。

一緒にお風呂に入ったあと、こっちがメールで「服着てするのが好き」って言ってたのを覚えてたらしく、
それ用に別のワンピ持ってきてくれてたので着替えてもう。
着てもらうと、おっぱいの谷間が強調される服でエロい…
ワンピ着せたまま、二回戦突入。気持ち良すぎてすぐにいってしまう自分が情けない。
いちゃいちゃ休憩を挟みつつ、三回戦はこちらが持参したローターを使用。
また下着着けてもらって、パンツの上からなぞる。ローサは初めてのローターだったらしく、
とまどいつつも感じているようでした。
パンツ脱がして直に当てると、より一層反応がよろしくなり何回かイッてたような…。
欲しがったので、三度目の挿入。
三度目のせいかかなり長持ちしましたが、すごい締めつけにより無事に三度目の発射となりました。
その後、シャワーを浴びてお開き。
平日フリータイムで朝から夕方までがっつりオフさせてもらい、少なくともこちらは大満足でした。

その後ですが、実は前の週末も会ってもらって、やっぱり三回戦しちゃいました。
個人的にはすごい相性合うって思っています。
お互いの都合が合わず、なかなか会えないのが辛いとこですが。
幸先の悪い募集の出だしでしたが、結果的にすごい当たりを引いたような感じで、
オフの神様には大感謝です。
以上、拙い文ではありますが長文読んでいただいてありがとうございました。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード