萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

上司

落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系

若い娘もいいけど、もっと落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系サイト。
近距離で会えそうな子をサーチしながら見つけたのが、カオリさん。

29歳のOLだそうで、プロフィールの写真はワイルドな感じの美女。
かなり興奮度アップしながらメールしてみました。

「同い年ぐらいの女性を探しています。メル友からでも良いので仲良くなりませんか」

と控えめにメール(ホントはもっと長い)をしたところ、なんと返信メールが来ました。

「メールありがとう。なおとサンは○○に住んでいるんですね。結構近距離です。メル友でも良いですけど、仕事が終わった後に会いませんか」

なんとストレートな誘い!
さすが百戦錬磨のOLですね。

興奮を隠せない僕は、冷静さを保ちながらカオリさんの気が変わらないうちに待ち合わせの場所を決める事にしました。

「お仕事はどこなんですか職場に近すぎてもまずいかな」
「そうですね。渋谷あたりはどうかしら」
「明日の6時は都合どうですか」
「そうですね。ハチ公前あたりにしますか」
「そうしましょう。じゃあ明日。」

ただのお見合いデートでもまあいいか、と思いながらも希望は捨てず、待ち合わせの場所に行くと、カオリさんがちょうど向こうのほうから歩いてくるのが見えました。

ツーピースに登録したプロフィールの写真でみるよりもはるかに美人。
水川あさみににたワイルド系美女といったところでしょうか。
ワイルドな美女に良く似合うブラックのスーツ姿で現れたカオリさんは、男性がじっくり眺めていたいダイナバイトボディ。
僕が彼女の上司だったらきっと
「仕事なんてしなくていいから、僕の前をウロウロしていればいい」って言っちゃいそうなほどです。

しかも、なんと巨乳では在りませんか!!
オッパイ星人の僕としては、たまりませんね?。
ぜひ触れてみたい、頭の中はすっかりオッパイのことで一杯になってしまいました。

「はじめまして。カオリです。なおとさんですよね」
「どーも。はじめまして。ずいぶんお綺麗なんでビックリしちゃいました。」
「よろしくお願いします」
「こちらこそ」

なんて会話を交わしながら、予めチェックしておいた居酒屋風レストランに連れて行きました。

最初はあまり話をしなかったカオリさんでしたが、ワインを2杯ぐらい飲むと酔い始めたのか、可愛い声でいろいろな話をし始めました。

結構、話し上手なんですよね、カオリさん。

「近くでちょっと休んでいく」

と僕が聞くと

「そうね」

とアッサリOK。さすがに大人の女は理解度が違う。
カオリさんの可愛い声を聞きながらラブホへ行きました。

まずはやっぱりシャワーでしょう。一日中仕事をしていたカオリさんがまず最初にシャワーに入り、その後で僕がシャワーに入りました。
シャワーから出るとカオリさんはすでにベッドの中にいて、僕を待っててくれました。
部屋の明かりはすでに消えていて、準備万端!!

キスをしながら舌を絡めると、カオリさんもしっかり応戦。
唇が柔らかくて気持ちいいんですよね。キスだけでは満足できる僕ではないので、もちろんオッパイ星人はオッパイを狙います。

「気持ちいい・・・」

とカオリさんが囁くと、その声で僕はもっと大興奮。カオリさんがあまりにも感じてくれるので、僕は結構長い時間、オッパイを攻めていたような気がします。

アソコへ移動すると、もうすでにビッショリ。カオリさんは恥ずかしそうに
「だって気持ちよすぎるんだもん」と言いました。

アソコもしっかり舐めてあげると、カオリさんは
「アッ、アッ」
と結構抑えたような声を出し始めました。

体も小刻みに震えているようです。
そのまま、カオリさんは「ああん、ダメェ!」と言ってイッてしまったようです。

その後、カオリさんは僕にフェラをしてくれて
「さっきイカせてくれたから」
と僕をお口でイかせてくれました。

テクニックも凄かったので、結構早かったかな(苦笑)。

その後は正常位とバックでしっかりカオリさんを満足させてあげました。
時間も遅かったし疲れたので「泊まって行く」と聞くと
「明日も仕事があるから、それは無理かな」というので、一緒にホテルを出ました。

シリーズ日本の自然

「日本の自然」のレポーターに抜擢された加納未央は、22歳になったばかりの新人だ。
もともとニュースキャスターに憧れて、この業界に飛び込んだ未央だったので
その夢までの道筋が見えたことに満足をしていたが、自分の同期社員の殆どが
まだ雑用の仕事しか与えられていない事に対しての優越感があった。

8月某日早朝、未央は男性スタッフ三人と一緒に現地に向かった。
高速自動車道を降りて長い時間走ったのち車はやがて山道を奥へと進んで行った。
「ここから先は、車では進めないな」カメラマンの菊池がつぶやいた。
「そうですね。それではここから歩きですね」助手の山本は後ろの座席に向かって言った。
「それじゃぁ用意しますか。未央ちゃんも準備はじめてくれる?」黒田は未央に語った。
「……はい。」未央はブスッとした顔で答えた。
スタッフの三人は、車中での未央の態度に少し頭が来ていた。
その無愛想な表情といかにも、自分たちと一緒にいるのがつまらないといった態度に腹がたっていたのだ。

(少しぐらい、可愛い顔をしているからって、天狗になるなよな。)
お互い言葉には出さなくても三人ともがそう感じていた。
未央は自分のハンドバックを手に取るとこの風景には
似合わないピンクのスーツとヒールのついた白いパンプスで車から降りた。
『自分がいつかTVの画面に登場するときに』と買っておいたお気に入りの服装だった。
「おいおい未央ちゃん。本当にその格好で行くのかい?」菊池は未央に尋ねた。
「ええ。これがお気に入りなんです。ここでスニーカーに履き替えてパンプスは頂上まで持っていきます。何かご迷惑でしょうか?」未央は菊池を見下すように答えた。

「ご迷惑って…別に……」菊池は口篭もって下を向いた。
「もういいよ、菊池さん!!本人がこれでいいって言ってんだからさ」
山本は重い機材を肩に掛けるとそう言い放って菊池の肩をたたくと山道を登りだした。
「全くしょうがねぇ女だなぁ…あとで泣きべそかくなよ」
黒田は小さな声でつぶやくと前の二人を追いかけるように登りだした。
一人残された未央は山道の泥に足を取られながら後をついていった。
(まったく…余計なお世話よ!!…私はあなたたちとはちがうの……!!)
未央は前を歩く三人を眺めながらそう思っていた…。

山道は奥に行けば行くほど、険しくなり、道幅も細くなってくる。
「おぉぉぉい、ここでトイレ休憩だ。」先頭にたっていた黒田が後ろの二人に言った。
「ここから頂上までトイレはないからな」
「そうしよう」三人で道端に座り込むと煙草に火を点け、水筒の蓋を開けた。
「あの女まだこねえな」
「知ったこっちゃないよ」
「自分を何様と思っているんだ」菊池たちは未央がいない事いいことに今までの不満をぶちまけていた。
「だいたいあんな格好で山に登るなんて…なめてるよな。」
「それにあのバックは会社にでも行くようなやつだろ」
「馬鹿だから化粧品ぐらいしか、入れてないんじゃない」
「よく、うちの会社に入れたな…」
「あの顔とあの体を使って入ったんじゃないか」
「今年の入社面接は課長がやったらしいじゃないか」
「あいつは女好きで有名だからなぁ」
「どんな面接をしたかわからんぞ」
「課長にしゃぶりついて合格したんじゃないか」
「そんな面接、俺もしたいねぇ」
「そりゃ、確かだ。」
「はははははっ」三人は声をあげて笑った
「おい、来たぞ…」三人は表情を固くして未央が近づくのを待った。

未央のピンクのスーツはところどころ泥で汚れていた。
紅潮した頬からは汗が流れ落ち、首筋にへばりついた髪が色気を漂わせている。
「お、お水いただけますか」未央は黒田の水筒を指さしていった。
「ほらよ!!」黒田は未央の目の前に水筒を投げた。
未央は黒田の横柄な態度を気にする余裕もなく、水筒の蓋を開けると一気にのどに流し込んだ。

「ゴクッゴクッ」かなり喉が渇いていたのか未央は長い間飲んでいた。
「それぐらいにしとかないと後でたいへんだよ」黒田は手を伸ばして未央から水筒を取り上げようとした。
「もう少し・・・。」黒田の手を払い未央は飲みつづけた。
「あーあっ、全部飲んじゃった。未央ちゃんトイレは大丈夫?」飲み終わった水筒を手にして黒田は言った。
半分ドアが開いた木造のトイレは蜘蛛の巣があり、和式の便器が見える。
未央は今までのイライラがピークに達し、自分の親ぐらいの歳をした先輩スタッフに暴言を吐いた。

「大丈夫です。だいたい、私を置いて行くとはどういう事なんですか。
もっと私をカバーしていただけると思っていました。」
「なんだとっ!!」立ちあがりかけた山本を制して菊池は言った
「じゃあ、私たちはあなたの歩くペースにあわせますので先に行って下さい」
「よろしくお願いします、さあ行きましょう。」未央は先頭を切って急な坂を登り始めた。

「な…なんで止めるんだよぅ菊池さん?」山本は歩きながら菊池に尋ねた
「あいつは正社員だから後々面倒なんだよ」
「だからって、あそこまで言われて」
「分かっているって、ちゃんと考えているから」
「考え?」
「まぁもうじきあいつが泣きべそをかくから。待っていな…なっ黒田」
うんうんと頷きながら菊池と黒田は含み笑いをした。
奥に続く山道は次第に細くなり時折腰ぐらいの高さの段差が道のあちこちに存在していた。

段差を越えて行くのに、かなり歩幅を広げなければならず、タイトスカートを穿いて来た未央は腰までずりあがってしまうスカートを、手で押さえながら登らなくてはならなかった。
「こんなにスカートが捲くれたら、下の親父達にパンツが丸見えだわ」
「ほら、山本みてごらん。未央お嬢様の可愛らしいパンティが丸見えだ!!」山本は視線を未央の方へ向けた。
「あははっ!!本当だ。丸見えっ」山本は後ろを振り向くとニヤリとしている黒田と目が合いお互いに笑った。
菊池はこの段差のある斜面がある事を知っていてわざとスカートを穿いた未央に先頭に立たせたのだ。

菊池は予備のハンディカメラを回し始める。
未央のスカートは腰まで捲りあがり白い足が剥きだしになっていた。
小さめの白いパンティが周りの風景から浮き上がりよく目立っていた。
「恥ずかしいけど仕事のため。私はレポーターなのよ」
未央は自分にそう言い聞かせながらいつ終わるともしれない段差を登って行った。

登り続けて小一時間もたったころ未央は困惑していた。
時折、辺りをキョロキョロと伺い深く溜息をつくと段差に手を掛けて登っていた。
(あぁっ…おしっこがしたい……)未央は猛烈な尿意に襲われていた。
登って涼しくなってきた道からは、樹木の間隔が広く、人が隠れるスペースは無かった。
(あぁ…漏れそう…さっきあんなに水を飲んだから……)

菊池たちは、先程から続いている未央のパンティお披露目ショーに目が慣れ、段々物足らなさを感じてきており、
登りながら話す内容も若い未央の秘められた女の部分に集中した。
「もう、あそこは汗でグチュグチュになっているだろう。」
「染みつきパンティって事か。カメラは回しているよ。」
「なんか蒸れていて臭そうだな…はははっ」
「でも、俺はずいぶんとあれぐらいの歳の女のお〇んこ見ていねぇな…」
「そうだな…」
「俺も…」
「何とかして、見れないかな?」
「でも、強引にやるとクビになるな…」
「見てぇな…」
「おぉ、見て、嗅いで、触って、しゃぶって、そして突っ込みたい…」
三人はそれぞれ、未央の若い形状、感触、を想像しながら登っていく。
カメラの液晶は、左右に揺れながら目の前を行く小さい尻を包んでいる白いパンティを映し出していた。

しばらくしてから、未央の行動の異常さに気がついた山本が口を開いた。
「おい!!なんか、あいつ様子が変じゃないか?」
「おぉ、俺もそう思っていた。」
「さっきから何か探しているみたいだな…」
「なんだろ?…」菊池と山本は疑問に思いながら、段差に手を掛けていた。
「やっと来たな。」後ろから、黒田が声を掛けた。
二人は振り向いた。
「あの女は小便がしたいのさ…。それで、小便する場所を探しているのさ!!」黒田はニヤッとして答えた。

「小便…」菊池はさっき未央が大量の水分を補給している姿を思い出した。
「なるほどぅ、さすが黒田!!山での人の行動に詳しい」
機材の入ったバックからレンズやマイクを取り出しすばやく準備をすると、
登るスピードをあげて、未央のすぐ後ろにまで接近していった。

未央は猛烈に湧いてくる尿意を我慢していた。(あぁぁぁ、もうだめ………。漏れるぅぅぅ。)
しかし未央は、すぐ後ろにまで接近してきた男たちの気配を感じていた。
(もう近寄らないで…お願い。)
「未央ちゃん。具合でも悪いの?」親切そうに菊池が声を掛けた。
「えっ、だ、大丈夫です。」未央は平静を装って答えた。
(くぅぅぅぅぅぅぅぅ…我慢しなきゃ。)
「そう、それじゃ少し休まない?…結構登ったし……」
「そ…そうですね。……少し休んでくれますか。」
話をするのがつらいほど、切羽詰っていた未央であったが、感づかれないように必死だった。
「未央ちゃん。!はいお水……喉が渇いたでしょう」菊池は笑顔で自分の水筒を未央に差し出した。

黒田と山本は思わず笑いが噴出しそうになっていた。
「い…今は要らないです。あ…ありがとうございます」
「未央ちゃん、遠慮しないで飲んでよ。」
大きめのカップに水を縁まで注ぐと未央の手に持たせた。
菊池の繰り出す未央に対する陰湿ないじめを眺めながら、山本と黒田は満悦していた。
「水分補給は山登りには大切なことだから…」
「一杯だけでも飲んだら…?」山本も黒田も未央に飲むようけしかけた。
「あ…ありがとうございます…それじゃぁいただきます」
(あぁ、こんなに飲んだら……もう我慢できなくなる…)
しかし未央は皆が自分のコップに注目しているのを感じ、
自分はなんともないという事を証明するために一気に飲み干した。
「お…美味しかったです。ご馳走さま」未央は引きつった笑顔で、菊池にお礼を言った。
しばらくした後、黒田が立ちあがって言った。
「そろそろ、行くか。未央ちゃん!!先頭頼むよ。」
「…………。」未央は青白い顔をしたままうつむいていた。

未央のなかに涌きあがった尿意はすでに限界を超えて一歩も動く事が出来なかった。
「未央ちゃん!?」黒田はもう一度未央の名前を呼んだ。
「……あ…はい…えぇと…先に行っていただけますか」
未央は意識を必死に閉じている尿口に集中させながら答えた
「えっ、どうして」黒田は聞き返した。
「………ち…ちょっと…用があって。」
「用?…用って…?」黒田はさらに聞き返した。
未央はついに我慢できずに告白した。
「……トイレ……トイレにいきたいんです。」
「そうか、そうかオシッコしたいのかぁ」
「……は…い……。」恥ずかしさで顔を赤くして未央は答えた
「じゃぁ、その岩陰でしてきなよ。俺達待っているからさぁ」
「…あの…もう動けない…ので…黒田さん達が……離れてくれませんか?」
振り絞るような声で未央はささやいた。

「そんなに?なんだ分かった。先に行って待ってるよ、じゃぁみんな行こう」
黒田は未央に見えない様に機材の入ったカバンを小さな岩陰に隠すと、菊池たちに目で合図をした。
「……あ……ありがとう……ございます……。すぐに行きますから」
三人は未央を残して、次の段差に手を掛けて登り未央からわからないよう岩陰に隠れた
未央は黒田達の姿が見えなくなって、あたりを見回すと、
その場にしゃがみこんでパンティに手を掛け一気に足首まで下ろした。

「いよいよ始まるぞ」黒田たちは岩の反対側から息を殺して未央の痴態を覗いていた。
何も目隠しになるものがないところで未央は白い臀部を露わにしてしゃがみこんだ。
薄い繁みが未央の開かれた股のあいだからはっきりと見え、
ピンク色の裂け目が正午を廻った陽の光に照らされていた。
「す…すげぇ」
「あんな若い女が…丸出し」黒田達は固唾を飲んで見守っていた。
やがて、まくり上げたパンティの下のピンクの割れ目から黄金色した液体が勢い良くほとばしった。

「ジョッ…ジョロッ…ジョォォォォォ」
未央の放尿する音が、静かな森に大きく響いていった。
(ふぅぅぅぅぅ。)未央は我慢していたものから解き放たれた解放感を感じていた。
しかしどこからともなく聞こえてくる人の話声が聞こえ身を固くした。
「おぉぉい、見つかったか?」
「いや、無い。」
「バッテリが無くなったら、撮影できないぞ」
「おかしいなぁ、もう少し降りてみるか」
「おぅ、そうだな。さっきの休憩場所かもしれないぞ」
未央は、すぐ近くで声のする方を見た。
そこには、黒田達の姿があった

「ジョォォォォォォッ、ジョォォッ」
我慢に我慢を重ねていた未央の小水はなかなか止まらない。
「こ、来ないでぇぇっ」未央は哀願するような声で叫んだ。
やがて、黒田たちは放尿し続けている未央を囲うようにして目の前にしゃがんだ。
「いやぁ、おしっこしているところすいません…未央ちゃん。山本の野郎が機材をどこかに忘れてしまったみたいで」
黒田は、困ったような顔で、未央に言った。
「向こうに行っていてください。お願いです」
「ジョロッジョロッ、ジョォォォォォォォォォォォォッ」
「おぉぉ、良く出るねぇ。」
「さすが若いだけあってしょんべんの勢いがいい!!」
「未央ちゃん、いつもこんな格好でしょんべんしているの」
「大事なところが丸見えだよ…」
「結構あそこの毛は薄いんだね…」男たちは未央に羞恥を与える言葉を次々に浴びせた。
「未央ちゃん知らないかなぁ……黒い小さなカバン…?」
しゃがみこんで、あごを両手で支えながら黒田は平然と放尿している未央に聞いた。

「シャァァァァァァァァァァァァァァッ、シャァァァァァ」
未央は自分の意思では止められない液体を、男たちの目の前でさらけ出した割れ目からほとばせていた。
「カバンなんて知りません。」放出し続ける小水を止められないまま未央は答えた。
山本がわざとらしく叫んだ。
「あった!!あったぞ!!バッテリ」
「よし、さっそくテストだ。」
「分かった…これで…よしっ」
菊池はハンディカメラをしまうと放送局のカメラを構えた。
「おぉぉぉい、何を写すぅぅ」
「……そうだなぁ、とりあえず、レポーターをとるか?
「しょんべんしてるけど、記念すべき初出演のテストだから、しょうがないだろぅ」
男たちが台詞でもかわすかのように、矢継ぎ早に言葉を交わした。
「すいません…未央さん。カメラテストをはじめます…。」
「さぁ!!笑って、笑って…」菊池はカメラのレンズをしゃがんで放尿している未央に向けた。

「ちょ…ちょっと何してるんですか?…やめて!!やめてください!!」未央は絶叫した。
未央は手を伸ばしてカメラのレンズを遮ろうとしたが、自分の意思と関係無く股間から吹き出ている
黄金色の小水がとまらないためしゃがんでいる態勢では抵抗できなかった。
「いいねぇ…未央ちゃん。初めての映像がしょんべんしている姿とは……」
「やっぱり、そこらのレポーターとは違って未央ちゃんの映像は印象に残るねぇぇ」
「いやぁぁぁぁぁぁ!!撮らないでぇぇぇぇ」未央は男たちに懇願した。
「ジョォォォォォォォォォォ」すでに放尿し始めてから1分位たっていた。
出始めの頃よりは段々と放出する勢いはなくなっていたが
未央の恥部から流れている黄金水はまだ止まらずにいた。
「未央ちゃんの可愛いアソコをズームアップするか…はははっ」
自分の恥ずかしい姿を撮られてしまって、未央は極度の羞恥に襲われ失神しそうだった。
未央は男たちの視線とカメラのレンズが自分のどこに向いているか知っていた。

未央に気づかれない様に背後に周った黒田が突然叫んだ!!
「いけない…未央ちゃん!!スカートが濡れちゃう!!」
黒田はそう言うと幼児が小便するかのように、未央の両足を後ろから抱え持ち上げた。
未央は背中から聞こえた大声に吃驚して体をビクッとさせたが、突然後ろから抱え上げられ両足をさらに開かれ
自分の秘壷がパックリと裂かれ男たちの眼前に晒されている格好になったしまったことに
何が起こったのか分からず驚愕した。
「何をするの!!や…やめて下さい!!…離してっ」
未央は抵抗したが、軽々と持ち上げられてしまった。
冷たいレンズと男たちのぎらぎらとした目は
黄金色の液体を噴出し続けるピンクに裂け卑猥な形状をした肉裂の具合を捕らえていた。
「ほうら…これならスカートを汚さないよ。安心してお出し……未央ちゃんシー、シー」
黒田は抱えあげた未央に対して幼児をあやすように放尿を促した。
「いやぁ…未央ちゃんのオシッコ…本当によく出ますね…良い音が録れますよ…」
山本は高感度の音声マイクの先端を未央の股間に近づけた。

「シャァァァァァァァァッ、ジョォォォォォォォォォォォォッ」
「も…もうやめて…やめてください」
「だめダメ。もっと手を離さないと濡れちゃうよ。」
菊池はレンズに指を這わせながら、未央に言った。
「やめてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ、見ないでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ」
「おっ!!しょんべん出し終わりそうだな…。ずいぶん長かったなぁ…」
菊池は覗いていたレンズから目を離すとニヤッと笑って言い放った。
「ジョォォォォォォォッ…ジョロッ…チョロッ…チョロチョロチョロ……」
パックリと割れた未央の秘裂の中央にある尿道口から名残の滴が何滴か垂れた。
黒田の腕力で動くことができない未央は言葉での抵抗をする気も失って
放尿が終わるとぐったりして恥部を曝け出したままの態勢で動かなくなった。
未央の秘壷は飛び散った小水でヌラヌラと濡れていた.
両足を広げられた為陰唇はパックリと裂かれ、
弾力があり柔らかそうな若い女の秘めた肉塊がサーモンピンク色をして震えていた。

「と、撮らないで……」消え入りそうな声で未央は呟いた。
「こんな可愛い顔をした娘のおまんこがしょんべんまみれじゃかわいそうだ…」
山本は、手にしたマイクを地べたに置くとポケットからティシュを取り出し未央の秘裂についている水滴を拭き取った。
山本はティシュ越しの未央の柔らかい肉襞の感触を楽しんだ。
細くて艶の有る未央の陰毛が指に触れた。

「これで綺麗になった。良かったね…未央ちゃん…黒田さん俺も手伝うよ」
山本は黒田の右横にいき左手で未央の片方の足を抱えてさらに股を広げさせた。
「じゃあ、いよいよクライマックスだな…」菊池は呟いた。
黒田は空いた右手を未央の淫裂にもっていき、肉襞に沿って指を当てた。
「それでは、皆さん…これが22歳の若いおまんこです…どうぞご覧下さい…。」
黒田は指をVの字に開き、若い女の性器を裂いて露出させた
「あぁぁぁっ…やめて…ください…」未央は小さく呟いた。
山本は残った手で未央の淫裂を優しく愛撫しはじめた。
黒田も未央の敏感な突起を指でなぞり、未央を快感の淵へ追いやることにした。
二人の指は柔らかく微妙なタッチで曝け出した未央の敏感な部分を丹念に刺激し弄んだ
「あぁぁぁっ…やめて…やめてぇぇ…」若い未央の体は熟年の男の指技に反応していった。
「おいおい…もう厭らしい汁が垂れて濡れちゃっているぞ…未央ちゃん。」
「あぁぁぁぁぁっ……やめてぇぇぇぇぇぇ」未央はこれ以上の屈辱を味わいたくなかった。

しかし、体は無情にも与えられている刺激に反応しだし未央の陰唇は充血しめくれあがり
愛液が垂れ始めていた。
「あぁぁぁぁっ……はぁぁぁぁぁぁっ…」
「あぁぁっ………うぅぅっ……」未央は込み上げてくる快感に屈服しそうになっていた。

男たちの指の動きは徐々に激しさを増し未央の膣穴に滑りこませると掻き出すように出し入れを始めた。
さらに包皮に隠れていた未央のクリトリスを剥き弄りまわした。
「あっ…だめっ………いやっ……あっ…あっ…」
「あぁぁぁっ…うっ…あぁぁっ……はああっ…いいっ」未央はついに快感に屈服した。
「あっ…いいっ…いいっ…いいのっ…イク!!」
未央の腰が更に強い刺激を求めて前後に動きだしていた。
「あっ…あっ…あっ…あっ……あっ……あっ……あっ…」
「いいっ…いいっ…いいっ…いいっ……ああああああっ」
「すごいな…未央ちゃん…。いつもそんなに激しいの?」
黒田は愛液を蜜肉からどろどろと溢れさせながら、膣口に太い指を咥えこみ、
包皮から顔を出した小さな陰核を真っ赤に充血させて腰を振っている未央の姿を見て興奮した。

「あっ……あっ……あっ…ああああっ……あああっ」
「いっ……いっちゃう……いっちゃう……いっちゃうよ……」
黒田たちはその言葉を聞いて、未央の動かす腰のスピードにあわせて激しく愛撫した。
未央の膣口は山本の2本の指を咥え、Gスポットに刺激がいくたび未央の唇から甘い歓喜の声が漏れた。
硬く尖ったクリトリスは未央の絶頂が近いことを知らせていた。
「あああああああっ……もう……だめっ……お願い撮らないで」
未央の花弁の奥に入り込んだ山本の指が更に速度をあげ掻き出していた。
「そっ……そんなに……つよくすると…あぁっ……もうだめっ」
「だっ…だめっ…いくっ…いっちゃう…あああああああああああっ」未央は絶頂に達した。

それから、未央は三人の男たちにかわるがわる犯され、それは全てカメラに録画された。
未央の初出演作品は自らの痴態をカメラの前で曝け出すことだった。
翌日、上司に機材の故障が原因でレポートできなかった事を伝えた未央は、ひっそりと会社をやめた。

もっと落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系サイト

若い娘もいいけど、もっと落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系サイト。
近距離で会えそうな子をサーチしながら見つけたのが、カオリさん。

29歳のOLだそうで、プロフィールの写真はワイルドな感じの美女。
かなり興奮度アップしながらメールしてみました。

「同い年ぐらいの女性を探しています。メル友からでも良いので仲良くなりませんか」

と控えめにメール(ホントはもっと長い)をしたところ、なんと返信メールが来ました。

「メールありがとう。なおとサンは○○に住んでいるんですね。結構近距離です。メル友でも良いですけど、仕事が終わった後に会いませんか」

なんとストレートな誘い!
さすが百戦錬磨のOLですね。

興奮を隠せない僕は、冷静さを保ちながらカオリさんの気が変わらないうちに待ち合わせの場所を決める事にしました。

「お仕事はどこなんですか職場に近すぎてもまずいかな」
「そうですね。渋谷あたりはどうかしら」
「明日の6時は都合どうですか」
「そうですね。ハチ公前あたりにしますか」
「そうしましょう。じゃあ明日。」

ただのお見合いデートでもまあいいか、と思いながらも希望は捨てず、待ち合わせの場所に行くと、カオリさんがちょうど向こうのほうから歩いてくるのが見えました。

???に登録したプロフィールの写真でみるよりもはるかに美人。
水川あさみににたワイルド系美女といったところでしょうか。
ワイルドな美女に良く似合うブラックのスーツ姿で現れたカオリさんは、男性がじっくり眺めていたいダイナバイトボディ。
僕が彼女の上司だったらきっと
「仕事なんてしなくていいから、僕の前をウロウロしていればいい」って言っちゃいそうなほどです。

しかも、なんと巨乳では在りませんか!!
オッパイ星人の僕としては、たまりませんね?。
ぜひ触れてみたい、頭の中はすっかりオッパイのことで一杯になってしまいました。

「はじめまして。カオリです。なおとさんですよね」
「どーも。はじめまして。ずいぶんお綺麗なんでビックリしちゃいました。」
「よろしくお願いします」
「こちらこそ」

なんて会話を交わしながら、予めチェックしておいた居酒屋風レストランに連れて行きました。

最初はあまり話をしなかったカオリさんでしたが、ワインを2杯ぐらい飲むと酔い始めたのか、可愛い声でいろいろな話をし始めました。

結構、話し上手なんですよね、カオリさん。

「近くでちょっと休んでいく」

と僕が聞くと

「そうね」

とアッサリOK。さすがに大人の女は理解度が違う。
カオリさんの可愛い声を聞きながらラブホへ行きました。

まずはやっぱりシャワーでしょう。一日中仕事をしていたカオリさんがまず最初にシャワーに入り、その後で僕がシャワーに入りました。
シャワーから出るとカオリさんはすでにベッドの中にいて、僕を待っててくれました。
部屋の明かりはすでに消えていて、準備万端!!

キスをしながら舌を絡めると、カオリさんもしっかり応戦。
唇が柔らかくて気持ちいいんですよね。キスだけでは満足できる僕ではないので、もちろんオッパイ星人はオッパイを狙います。

「気持ちいい・・・」

とカオリさんが囁くと、その声で僕はもっと大興奮。カオリさんがあまりにも感じてくれるので、僕は結構長い時間、オッパイを攻めていたような気がします。

アソコへ移動すると、もうすでにビッショリ。カオリさんは恥ずかしそうに
「だって気持ちよすぎるんだもん」と言いました。

アソコもしっかり舐めてあげると、カオリさんは
「アッ、アッ」
と結構抑えたような声を出し始めました。

体も小刻みに震えているようです。
そのまま、カオリさんは「ああん、ダメェ!」と言ってイッてしまったようです。

その後、カオリさんは僕にフェラをしてくれて
「さっきイカせてくれたから」
と僕をお口でイかせてくれました。

テクニックも凄かったので、結構早かったかな(苦笑)。

その後は正常位とバックでしっかりカオリさんを満足させてあげました。
時間も遅かったし疲れたので「泊まって行く」と聞くと
「明日も仕事があるから、それは無理かな」というので、一緒にホテルを出ました。

気弱な夫のために

私は東京の農機具会社に勤務している33歳の会社員です。
妻は今年で28歳になり会社の受付をしていましたが2年前に社内結婚し退職しました。
自分で言うのもなんですが妻は中々の美人で、口数も少なく清楚という雰囲気の私の自慢の妻です。
これまでは何とか一番出世でエリートとして認められてきましたが、ある失敗をきっかけに北海道の営業支店に転勤となり、今はトラクターやそのほかの機械を買ってもらうために毎日農家に通う毎日です。
ここでがんばらないと、東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、何としても実績を残す必要がありました。
しかし、優等生で育ってきた私には、粗暴な言葉遣いの若い農家の人たちが怖く、なかなか馴染めず、また買ってほしいばかりに卑屈になるため、ほとんど舐められまくりの毎日です。
年下の農家の人たちに、呼び捨てにされて、ほとんど小間使いのように農業の手伝いまでさせられている始末です。
また会社の中でも、現場を知らないという気後れと、みんなとうまくやらなければならないとの思いから必要以上に気を使い、結局は高卒の若い社員にまであごで使われるようになってしまいました。

そんな中、会社が企画した農家のお客様たちを招いての焼肉パーティーが開催されることになりました。その接待パーティーの接待に会社の女子社員だけでは満足してもらえない(女子社員は19歳と20歳のコギャルみたいのと45から50歳くらいの太ったおばさんが3人)と考えた支店長が、営業マンの妻を応援に出せといってきたのです。私は会社での惨めな姿を妻に見られたくないという思いから、なんとか許してもらおうと支店長に頼みましたが、支店長に睨まれると東京の本社に戻れなくなる恐れがあるため、結局は承諾せざるを得ませんでした。

私は妻に恵美に会社の行事なので出席をたのみました。
素直な性格の妻は「会社の行事なら私もがんばらなきゃね。」と承諾してくれましたが、不安そうな顔をしていました。そしてその不安そうな顔は私をも不安にし、その不安が私たちの予想をはるかに超えて的中してしまうということを、私たちはまだ知りませんでした。

当日は快晴で、夜6時からの焼肉パーティーのため4時くらいから、準備をはじめました。
場所は会社の駐車場を特設会場にした、野外パーティーです。
先輩社員などは仕事が忙しく、あまり顧客をもっていない私と、元ヤンキーっぽい若い高卒の社員たちで準備を進めました。
若い社員にとっては、今回の焼肉パーティーも面倒な行事の一つでしかなく、「まったく支店長もなに余計なこと考えてんだよ。」「ほんと毎日残業なのに何でこんなことまでやらされなけりゃーならねーんだよ!」と全員が文句たらたらの状態でした。
そのうち矛先は私に向けられ、「こんなの営業の仕事なんだからオメーが準備しろよ!」と私一人に準備を押し付け、彼らはタバコを吸いながらサボっていました。

定刻近くになると、お客様である農家の方々や会社の上層部の皆さんも会場にこられ、そして営業マンの妻たちも会場に詰め掛けました。
そして私の愛する妻も膝丈くらいのクリーム色のワンピースにカーディガンを羽織った服装で会社に到着し、私は妻を連れて会社の上層部に挨拶をして回りました。
会社の上層部や同僚たちも、私の妻が美人であることにびっくりし見とれているようで、私は妻のおかげでひさしぶりに優越感に浸ることができました。
しかしその優越感は木っ端微塵に打ち砕かれるのでした・・・・

支店長の挨拶で宴は始まりました。
基本的には各営業マンのテーブルに自分の顧客を案内することになっており、それぞれのテーブルに会社の上層部が張り付きます。
私の顧客はまだ当社との取引が少ない人ばかりで、特に若い農家が多い状況です。
私のテーブル担当の上層部は総務部の山崎という部長でした。
私は、汗だくになり肉や野菜を炭火で焼き、妻も皆さんにビールや焼酎を注いで回りました。
山崎部長といえば、普段顧客と接していないせいか対応がわからないらしく、卑屈な笑顔で挨拶をしてまわり、私に対して「オイ、肉が足りないぞ!もっとジャンジャンやかなきゃだめだろ!」と上司をPRしていました。
ほかのテーブルを見回すと、古くからの当社の顧客が多く、年配の方も若い方も紳士的な感じでそれぞれが楽しんでいました。
最初は私の妻に緊張したせいか、みんなおとなしかったのですが、「いやあ、石川さんにこんな綺麗な奥さんがいたとはな」「オメーもなかなかやるな」だんだん打ち解けてきました。
妻は少し照れながら、「そんなことありません、今後ともよろしくお願いいたします」といいながら酒を注いでまわりました。そのうち「奥さんも飲めるんだろ?」「オラ、飲めよ!」などと言われ、少しびっくりして私の顔をみましたが私がうなずいたため、勧められるままに酒を飲んでいました。
宴は進み酒もかなり入り、私のテーブルは私が恐れていた状況になりつつありました。「アンタの旦那、ホント使えねーんだよな。機械一の事あんまりわかんねーし、壊れても直せない」「おうおう、買ってくださいしか言えねーんじゃない、ギャハハ」・・・お客さんたちはこぞって妻に私の無能ぶりを自慢するかのように話し出しました。
妻も愛想笑いを浮かべながら、「そうなんですか、すみません。主人をよろしくお願いします」などといいながらも、皆さんの話を必死にきいていました。
私はいたたまれなくなって、席をしばらくはずし、会場のみなさんにお酒をついで回ったりしていました。
2時間ほどたち、副支店長の挨拶で宴は終了しました。
私は自分のテーブルに戻ると、12人いたメンバーのうちの5人が私と妻を入れてカラオケスナックに2次会に行くことになっていました。
私は後片付けもあるので、許してほしいといいましたが、「お前がいないから、奥さんと約束したんだ。お前は片付けが終わってから来い!」といわれました。妻は少し不安そうな顔をしながら、「お願い、早く着てね。」と言い残し、彼らと消えていきました。

一時間ほどで片付けを終えて、指定されたカラオケボックスに行ってみると、そこには私の顧客である農家のお客様が5人と、焼肉パーティーの準備を私一人に押し付けた当社の若い社員が3名おり、妻を合わせて9名で奥のボックス席で盛り上がっていました。
そして、奥の席では妻が着ていたはずのカーディガンを脱ぎ、細い肩紐だけのワンピース姿で肩を抱かれ、もう一人にはスカートを少し上げられ足を触られているところでした。
私は何故かこの場に出て行くのはマズイと思い。咄嗟に隠れてカウンターの端っこの席にしわりました。すると、50?60歳くらいのたっぷりと化粧をした醜悪な顔のママらしき女の人に「一人?水割りでいいの?」と聞かれ、「はい」と答えてしまい、ここから離れらなくなってしまいました。
少しすると、カラオケがかかり顧客の一人と妻がデュエットを始めました。顧客は20代の中盤で佐々木さんという大農家の息子さんです。曲は私のしらないものでしたが、妻は必死に歌っており、佐々木さんは妻をホステス同様の扱いで、肩を抱いたり、腰を抱いたり、そしてお尻を触ったりとセクハラ三昧です。
妻は顔をしかめながらも、愛想笑いを絶やさず、必死にがんばっているようでした。
曲が終わり席に戻ると、妻は皆さんのお酒を作ってまわり、グラスを置こうと体を伸ばすたびに顧客や会社の社員にお尻を触られたり、スカートをめくられたりと見た目にはセクハラOKのホステスにしか見えませんでした。そのうち今度は違う顧客に型を抱かれ、指で首筋や耳に愛撫を受けているらしく、嫌がっているような感じているような表情をしていました。

すると、ママさんらしき人が近づいてきて、「あの娘、ますいねー。断ることをしらないんだから。どんな関係かしらないけど、あいつらの言いなりになってたら、娼婦に落とされてしまうよ。」などというのです。
「そうなんですか」と聞くと、私の顧客たちはみんなお金持ちの農家で(それは私もしっていた)毎夜毎夜飲み歩き、女の扱いにも慣れており、これまでも娼婦に落とされたホステスもいたとのことであった。
「今回は素人の女だねえ。でも、あの女綺麗な顔してマゾの気があるね。くっくっく。」と不気味な笑いをされるのでした。

何人かの方とデュエットを歌わされ、妻は席に戻りました。
席に戻ると妻は皆さんに酒を作るように言いつけられ、遠くの席にグラスを置こうとするたびにふざけてお尻を触られたりスカートをめくられている姿は、ホステス同然でした。ただし妻の美形がこの場末のスナックには場違いな雰囲気であることを除いては。
お酒を作ったあとは、隣の顧客に方を抱かれながら指で首筋や耳に愛撫を受けいているらしく、苦痛のような感じているような表情になっていました。
妻もかなりの量のお酒を飲まされ、隙ができているような感じがしたそのとき、王様ゲームがはじまりました。
男性8人に対して女性は妻1人の王様ゲームです。それを聞いた私は不覚にも勃起してしまい、更に小さくなってカウンターの影に隠れ、どうしようか困っている間に「王様だーれだ!」「俺ー!」とゲームは始まってしまいました。
最初に王様になった酒井さんがてっきり妻にいやらしいことをするのかと思ったら、「俺の目を見ながら心を込めて「酒井さん好きです愛しています」と10回言え」と命令しました。
妻もそうかもしれませんが、私も一瞬安心しました。しかし2度、3度言わされているうちに、なんともいえない嫉妬心と妻を取り上げられたような錯覚に陥っていきました。
そして命令は次々に出され、その内容もエスカレートしていったのです。
「中村さん素敵ですキスしてください」「恵美は主人のような軟弱な男性ではなく佐々木さんのような逞しい方が好きです。」「堀川さん愛しています、恵美を抱いてください」「みなさん、恵美を愛人にしてください」「恵美は皆さんのような逞しい男性に抱かれたいのです。恵美の体をご自由にお使いください」「主人とは別れます。恵美を皆さんの奴隷にしてください」・・・

ゲームで強要されているとはいえ、そんなことを口にする妻が信じられませんでした。そしてもう爆発寸前になっている自分も信じられませんでした。
そしてママさんが私に言いました。「もういいなりだね。目がトローンとしてるよ。あいつらの玩具になるしかないね、あの女」

堕ちたエリート女史

いい年をして恥ずかしい話だが、俺には長年思い続けている女がいた。
その女は俺が思いを打ち明けられないうちに、他人の女になり、他人の妻になった。
俺は、そんな女をいつまでも思い続けていた、とんだ純情物語だ。

その女、中澤麻里子に出会ったのは入社式だった。もう8年も前になるだろうか。
初めて中澤を目にした時、清楚な美しさが神々しくさえ感じて、思わず見惚れてしまった。
すれ違う度に、長い黒髪から漂うシャンプーの香りにドキドキさせられた。
気が付いた時には、惚れていた。中澤以外の世界中の女が全て陳腐に思えるほど惚れていた。

社内外を通じて中澤の人気は凄まじかった。上司にも人気があったので、出世も早かった。
2年目にして、会社から表彰され金一封を貰っていた。
8年目の現在は、同期の俺はまだ主任なのに、中澤は既に課長補佐だった。
「美人ってだけで出世しやがって」と、同期の間で影口を言う者もいた。俺も酒が入るとよく同調していたものだ。

そんな嫉妬や羨望を受けながらも、毅然と、そして颯爽と仕事をしていた中澤だったが、
先日から、妙な噂を耳にするようになっていた。
その噂というは3つ下の後輩で、うちの部署のお荷物とまで言われている田中悟史と不倫をしているというものだった。
中澤は、結婚後、社内の飲み会にも全く参加しない程の真面目さだったので、信用する者は少なかった。
しかし、決定的な写真を田中から見せられたと言う奴まで現れ出して、噂の信憑性も徐々に高まり始めていた。
ただ、田中は素行があまり良くなく、品もなく教養もなければ仕事もできない。取引先のドラ息子でコネ入社だったので、
よりによって田中は、ないだろ・・というのが皆の感想だった。

ところが、昨日、衝撃的なことが起こった。いや起こってしまった。
仕事を終えて、TUTAYAをぶらぶらしていると、田中から携帯にメールが着信した。
『良かったら、今から俺のマンションに来ませんか?どうせ暇なんでしょ?』
俺はカチンときた『忙しいよ、ばーか。』と返した。
『そうですか。残念ですね?。自宅でAV見るよりも、良いものが見れるのにな?』
俺は『は?』と返信した。
『マーケの中澤麻里子って○○さんの同期っすよね?』
俺は中澤の名前を出されて、噂のことなども気になって、速攻で行くことにした。

田中のマンションに行くと、俺と同じように本社にいる同期や、マーケティング部の者など
6人ほどが来ていた。
そして、だだっ広いリビングを見回すと、中澤も・・・居た!
昼間の恰好のまま黒のスーツがよく似合っていた。会社から直接、田中のマンションに来たのだろう。
目が合ったので、軽く会釈をしたが、無視され、下を向かれてしまった。

顔見知りの同期に「どういうこと?」と聞くと、突然、田中が立ち上がった。
「○○さん、ビール適当に取って飲んでくださいね。」
「さて、僕が直接お世話になっている○○さんも、ようやく来ましたので、始めましょうか?」

全員が中澤の方を見たので、俺も中澤の方に顔を向けた。
中澤は両手を胸の前で交差させて、自分を抱きしめるようにしていたが、
皆の視線を感じたのか、ビクッと震えた。

「中澤さん、やっぱ無理でしょ?やめましょうよ、あの約束は無しになりますけど。」

田中の言葉を聞いて、中澤は首を「嫌々」と左右に振ってから
「いいから、やるから・・・やるから・・お願い・・」と小さく囁いた。

「まじか・・」
「本当に脱ぐんだ。」
周囲にいる男どもから独り言が聞こえた。
俺は、田中のメールや場の雰囲気、来ているメンツから薄々感じていたので『やっぱりそうか』と思った。
『でもなんで?』と疑問に思った。しかし、そんな疑問も
中澤が観念したように立ちあがって、ジャケットのボタンを外すと何処かへ吹き飛んでしまった。
今から、あの中澤がストリップをしようというのだ。
仕事場から、そのまま来たという格好が、妙に生々しく感じられた。

中澤は素早くジャケットを脱いで、白いブラウスのボタンに手を掛けていた。
誰かが止めるのかとも思ったが、誰も止める気配がない。
俺は田中に向かって「お、おい、ど、どういうことだよ。セクハラだぞ?脅迫とかしてるのか?」と大声で問いただしてみた。
口の中が乾いていて、最初、噛んだのは、まあ、許してくれ。

「違いますよ?ビジネスですよ?。てか、中澤さんが望んだことだし?。中澤さ?ん、止めましょうか?」
中澤は「やります!」とはっきりした声で答えながら、ブラウスのボタンを慌てて外した。
そして、下着と白い素肌を剥き出しにさせて、俺を軽く睨んだ。目が放っておいてと言っているようだった。

「そういうことなんで、○○さんも、遠慮せずに、ご鑑賞ください」田中は半笑いで俺に答えた。

中澤は、ブラウス、スカート、ストッキングと次々に脱いでいった。
部屋の中は、男たちの荒井息づかいと、服を脱ぐ衣擦れの音だけが、異様にはっきりと聞こえた。
俺たちは、誰も言葉を発せず、ただ黙って、会社随一の美女が、同期の出世頭が、あるいは憧れの先輩が、頼れる上司が、、
職場の恰好のまま、徐々に剥かれていく姿を息を飲むように鑑賞していた。

下着姿までは、スムーズだった中澤も、ブラとパンツを脱ぐことには抵抗があったようだ。
どちらかというとキリっとして凛々しい顔を、赤く染めて中澤は動きを止めてしまった。
田中が何か言うかと思ったが何も言わなかった。下着姿で恥じらいの表情浮かべる中澤を存分に鑑賞するのも悪くなかったが、
中澤は意を決して、両手を背中に回した。
ブラジャーを外して、すぐにパンツに手を掛けて、屈んだ。
思っていたより小ぶりの胸が垂れ下がったところで、誰かの「おおぉ!」という歓声が聞こえた。
それが切欠になって、静まり返っていた部屋に喧騒が戻った。
「まじ、すげーよ」「中澤さんの、おっぱいが拝めるとは!最高!」「ヒュー、ヒュー」
「思っていた通りの貧乳だ」「肌、白いと思ってたけど、ほんと、まっちろだー」

中澤は皆のヤジに負けずに、最後の一枚も脱ぎ捨てて直立した。

屈辱の仁王立ちだった。

職場の同僚、競っていた同期や、指導していた後輩にまで、
30歳になる裸体を晒して、
中澤は恥ずかしさと悔しさで目に涙を貯めていた。

そんな中澤の姿を目にしても、田中は、何も感じていないようだった。
「え?それだけですか?それだけじゃ、100マンでも高いかな?」

「どうすれば良いの・・・言ってよ」

「う?ん。約束したように、きちんと全部見せなきゃダメじゃないっすか?」

「どうしたら良いの・・・」中澤は困ったように佇んでいた。

「しょうがないですね?、とりあえず、そこに寝て、足を全開にしてみては??」

俺は、あまりの展開に心の中で「まじ?」っと喜んだ。
しかし、同期の一人は違う感想を持ったようだ。
「寝てしまうと顔がよく見えないのが残念なんだよな。」その発言に同調する奴が多くいた。

無残・・・
  
性的な興奮よりも、まず先に、この言葉が頭に浮かんできた。
本当に無残だった。
中澤はソファに浅く腰掛け、そして細い美脚はソファの上に乗せられ大きく開かれていた。
あの聡明で真面目な中澤に、同僚達の鼻先でM字開脚をさせたのだ。
女の部分を完全に晒して・・羞恥で真っ赤に染まった顔を隠すことも許されずに・・・

M字開脚をさせた後から、マーケティング部の奴ら、つまり中澤の部下にあたる者達の緊張が取れたのだと思う。
調子に乗って、色々と中澤にリクエストし始めた。

同僚達の目の前で四つん這いになって尻を振る中澤の瞳には涙が浮かんでいた。
それでも、逆らうことのできない中澤は、言われるままに痴態を演じ、体の隅から隅までを晒した。

「○○さん、やりたいですか?」
他の皆が中澤に群がっている時、少し離れていた俺に、田中がそっと耳打ちしてきた。

「○○さんには、お世話になっているので、やっちゃっても大丈夫ですよ」
俺は、この機会に、ずっと疑問に思っていたことを尋ねてみた。

中澤のご主人は、証券会社で働いていたということだったが、退職して投資顧問会社をやっていたそうだ。
しかし、地震や欧州ショックなどで、大きな損害を出してしまった。
中澤自身も、FXをやっていたことは聞いていたが、それもこの度のユーロの暴落で、取り返しのつかない損失を出してしまった。
部署の違う中澤と田中がどのように知り合ったのかは、聞かなかったが、切羽詰まった中澤は、当面の資金を資産家の田中から援助してもらっていた。
そして、今回、決死の思いで中澤は再融資を頼んできた。しかし、返すあてがないことは、田中にも分かりきっていた。
だから、田中は断るために職場の同僚の前で、ストリップしたら貸すと条件を付けた。
まさか、あの清楚で、いつも聡明な中澤が受けるとは思わなかったようだが、
よほど困っているのだろう。中澤はその条件を飲んだ。

いざ始めてみると、男どもの必死さや、中澤の恥じらう姿を見て、田中も面白くなってしまって、
そっと中澤に耳打ちしたそうだ。
「一晩奴隷になって、全員が喜んだら500万融資じゃなくて、差し上げても良いですよ」
田中にとってはどうせ為替でボロ儲けしたあぶく銭
しかし、中澤にとっては・・・・

幼馴染の女の子との淡く切ない恋

俺の名前は浩二。ぶっちゃけ本名だ。漢字は違うけど。
本当は偽名使ったほうが良いんだろうけど、ちょっと名前が重要な話なんで変えれなかった。
俺には幼馴染の女の子が居た。というか居る。
親同士が仲良くて物心が着いた時から一緒に居た。
記憶には無いけど一緒にお風呂にも入ってたらしい。
小さい頃のアルバムは殆ど彼女と一緒に写ってる。
家が隣で朝起こしにくる。なんてことは無かったけど、それでも家はほぼ真向かい。

正直可愛い方ではない。
ただ決して不細工でも無いとは思う。
100人に聞いたら、90人くらいは「まぁ……普通」って言う感じ。
うっすらそばかすもあるし、眉毛も太い眼鏡で野暮ったい地味な女の子だった。
その所為で実は奥二重なぱっちりした瞳の存在はイマイチ知られていなかった。

彼女の名前は別にどうでも良いや。恵子にしておく。
恵子は昔から俺に「こーちゃんこーちゃん」と言っては、まとわりついてくる奴だった。
幼稚園くらいまでは妹みたいで、それなりに可愛がってた記憶がある。
でも小学校の低学年ころから、まぁ定番の展開。
「女子と遊んでる?」と馬鹿にされるのが嫌で、小学校時代はそれ以降少しづつ疎遠になってった。
一緒に帰ろうと誘ってくる恵子に、邪険な態度を取る俺。
肩を突き飛ばして「あっち行け!」とか。
その度恵子は「何で?何で?」と言い泣きじゃくってた。
それでも毎日「こーちゃん帰ろ?」と懲りずに誘ってきたが。

流石に小学校高学年になるころには、人前では寄ってこなくなった。
週末なんかは必ずお互いの部屋を行き来して、二人で遊んだりもしてたけど、この頃にはもう無かった気がする。
それでも互いの家族同士で旅行に行ってたりはしてたけど。

そんな感じになっても、恵子は毎年俺の誕生日、クリスマス、そしてバレンタインには、必ず手作りで何かくれてた。
マフラーやチョコ。
いつも不器用で下手糞の出来だったけど、毎年少しづつ上手くなっていくのが手に取るようにわかったし、そして何より技術の拙さを手紙や包装なんかの懲りようでカバーしようと、一生懸命作ってる恵子の姿がありありとわかるものばかりだった。
俺は親に言われて仕方なく、小遣いを渡されて適当に買って渡してた。
高学年になると、買って渡したと嘘をついて、その小遣いを自分のにするようになった。

それでも恵子は何も口にはしなかったけど、誕生日なんかはちらちらと寂しそうにこっちを見る視線は感じてた。

小学5年くらいだったか。
バレンタインのチョコをいつもどおり、放課後、家の前で貰った。
恥ずかしいから絶対学校でそういうの渡すなよって言ってあったから。
恵子は俺のそういう勝手な言い分も、寂しそうな笑顔で了承してくれてた、
それでその時は、偶然クラスメイトが遠くの曲がり角に見えた。
別にこっちを見ていた確証は無かったけど、俺は咄嗟に手を突き出し「いらない」とだけ言って帰ろうとした。
恵子は「え?なんで?」と悲しそうに目を潤わしたけど、俺は逃げるように家に帰っていった。
部屋に戻って外を見ると、まだ元の場所に突っ立ったまま、泣いている恵子がいた。

次の日当然女子達につるし上げにされた。
恵子はずっと俺をかばってくれてたが、とある女子の一言
「恵子ちゃんは浩二君と結婚したいって言ってたんだよ!」
勿論小学生の戯言だけど、幼稚園のころは、恵子からそういう事を直接よく言われたことを覚えてる。

でももう小学5年生で、そんなことを休み時間に教室で言われて男友達から冷やかされていた俺は逆上した。
「うっせーブス」と恵子に向かって悪態をつくと、恵子は膝から崩れ落ちてむせび泣いた。
当然それから疎遠になった。
恵子の親も、それを聞いたんだろう。
その年から家族同士の付き合いもなくなった。
別に親同士の仲が悪くなったわけじゃないし、俺が恵子の親から嫌われたわけでもないが。

中学の3年間は、一度も口を利かなかった。
毎朝登校時、必ずといっていいほど家の前で顔を合わせたが、気まずそうにお互い視線を逸らしていた。

高校も一緒になった。
しかも一年の時一緒のクラスになり、そこで漸く数年ぶりに言葉を交わした。
掃除の班が一緒になり、たまたま二人でゴミを出しにいかなければならなくなった。
気まずい雰囲気の中、俺はずんずんと歩いていった。
後ろからは恵子がとてとてと一生懸命ついてくる足音が聞こえていた。

ゴミ捨て場について、ゴミ捨てて、そんでさっさと帰ろうと踵を返すと、「ごめんね」と後ろから声がかかった。

俺は首だけ振り返って、でも視線は合わさず
「は?何が?」
と答えた。
「こーちゃんがここ受けるって知らなかったから……」
「別に俺の許可要らないだろ」
「……本当?じゃあまた話しかけたりしてもいい?」
「別に」
そんな会話の後、恵子は泣いていた。
その時だけちっちゃかった頃に戻った感じ。
頭撫でて、鼻水拭いてやった。
俺もずっと罪悪感が残っていた。
なんて幼稚だったんだろうと。
でも仲直りのきっかけがずっと掴めなかった。
嫌われてると思ってたから。
俺から話しかけて、無視されるのがずっと怖かった。
でも恵子は、そんな俺のしょうもない虚勢を張った冷たい対応にも、泣いて喜んでくれた。

それからの俺と恵子の高校生活は、周りの友人から
「付き合ってるんでしょ?」
といつも言われるようなものだった。
といってもお互いの都合が合えば、ときどき一緒に登下校する程度だったけど、それでも誕生日やクリスマスのプレゼント交換も復活した。
テスト前には互いの部屋で一緒に勉強する。
そんな程度。

恵子の見た目は相変わらず野暮ったかったけど、それとなく指摘すると、徐々に変化していった。
それも眉毛を整えたり、白の無地の靴下から紺のハイソックスに変えたりとかその程度だけど。

それでもやはり素材は決して悪くはなかったんだろう。
2年になるころには結構男子とかに話しかけられるようになって、さらにはバイト先では他校の男子に生まれて初めて告白されたと俺に相談してきた。
一人で街にいるとナンパもされるようになったと、いちいち俺に報告してきた。
そういうのを聞くたびに、俺は興味無い感じで
「ふーん。良かったじゃん」
と流していたが、本当は内心危機感でいっぱいだった。
その頃には、俺は恵子が好きになりかけていた。
それは昔の行いによる罪悪感も手伝ったのかもしれない。
それでも俺は、いつの間にかその地味で野暮ったい女の子が、本当に少しづつだったけど、女性になる様子を一番間近で見ていき、そして幼馴染を異性として意識していった。
出来れば恵子のことをそう思いたくなかった。
妹同然の存在だったから。
クラスメートの男子から
「恵子ちゃんって彼氏いんの?」
と聞かれる度に焦燥感が湧き上がり、やがて俺は恵子が好きなんだと自覚した。

でも俺はそれを恵子に伝えることが出来ずにいた。
今更…という気持ちと、今の関係を壊したくないと打算があったから。
でも自惚れとかではなくて、恵子も俺の事をそういう風に見てくれてたと思う。
告白なんかは全部断っていたし、恵子の友人なんかからも、
「早く付き合ってあげなよ」
みたいな事をよく言われた。
一度恵子からも
「こーちゃんは好きな人とかいないの?」
と聞かれた。
恵子の部屋で、恵子が作ってくれたお菓子を食べてたと思う。
恵子は見てて気の毒なくらい顔が真っ赤だった。
俺はどうにも照れてしまい
「そんなん興味ないから」
と硬派ぶってしまった。
恵子はどちらかというとほっと安心したように
「そっか」
と笑っていた。
しつこいくらい
「こーちゃんはモテるからいつでも彼女できるよ」
とも言ってきた。
実際これっぽっちもモテてなどなかったが。
一応補足しておくと、会話は照れてぶっきらぼうだったけど、恵子のことをちゃんと大切にしていた。
初めてのバイトの給料は、恵子に高いオルゴールをプレゼントした。
渡した時ずっとぽろぽろ泣いてたのを今でもはっきり憶えてる。

なまじっかそんな感じだったもんだから、俺は特に焦らずその内自然に付き合えるようになるだろうと、タカを括っていた。

大学も一緒のとこに進学した。
どちらからともなく進路を相談しあい、ごくごく自然に一緒のところに行こう、と約束して実際そうなった。

大学でも一緒のサークルに入った。
同級生は勿論、先輩達にも
「付き合ってるんじゃないの?」
と冷やかされた。
俺が「旦那」で、恵子が「嫁」とあだ名をつけられた。
あくまで付き合ってはいなかったけど。

入学して半年ほど経ったころだろうか、サークルで飲み会があった。
俺と恵子がいたサークルは珍しく(?)他人に酒を無理強いする雰囲気が一切ない飲み会をするサークルだった。
俺と恵子はそれまで酒なんて飲んだ事が無かったので助かっていた。
流石に二十歳まで飲むのは控えよう、なんて考えていたわけじゃない。
ただ二人とも好奇心が旺盛があまりない、保守的な性格だったってだけ。
ただその日は、少しくらい飲んでみようか、と二人で話していた。
別に理由は無い。なんとなく。
誤算だった。
初めてだったって事もあったと思う。
俺と恵子は、ものすごく酒に弱かった。
いや一口飲めば卒倒するくらいの弱さなら、逆に良かったんだろう。
怖がりながらチビチビ飲んで、少し気が大きくなってっていうのを繰り返し、限界がわからずチビチビチビチビ飲み続けていた。

俺は気がついたら先輩の家で寝ていた。
見事に潰れていたらしい。
恵子はどうなったかを聞くと、別の先輩が介抱してたとのこと。
携帯を見ると、恵子の家から何度も留守電が入っており、家に帰ってこないと心配する声だった。
俺はその旨を伝えようと電話すると、すでに帰ってきたとの事。
後日、恵子はすごい怒られたと言っていた。
女の先輩の家に泊められたと言っていた。
俺はその言葉を何も疑わず日常に戻っていた。

ある日、その女の先輩にふとお礼を言った。
「そういえばあの時恵子を泊めてくれてありがとうございます」
って。
でも先輩は不思議そうに
「え?あたし知らないよ?」
と言った。

その時一緒にいた別の先輩が、その先輩を肘でつつき気まずそうに視線を送っていた。
先輩は慌てて
「あ、ああそうね。うんそんなのあったね。全然大丈夫だよ」
と言った。
その雰囲気の意味は、その少し後にわかった。

それから数日後、サークルの先輩(イケメン)に話があると言われ呼び出された。
会うなり
「お前って恵子ちゃんと付き合ってるわけじゃないんだよな?」
と尋ねられ、それは何度もしつこく繰り返し念を押された。
俺はその問いを肯定すると、先輩ははぁ?っと息を吐くと
「あ?本当にそうだったんだ。いや良かったよ。実は前に恵子ちゃん酔いつぶれただろ?俺も酔ってたからさ。部屋に連れ込んでやっちゃったんだよな。いやでもそれなら良かったよ。なんかあの子初めてだったしさ。結構可愛いのにビックリしたよ。」

ひゅっ、と心臓が縮まるのを感じた。
俺はその言葉を現実として捉えられなかった。
逃げ出したいのに、先輩から目が離せなかった。
俺は無意識に
「あ、そうなんですか?」
とだけ呟いた。
勝手に言葉が口から出た。
それ以外は何も出来なかったけど。
先輩は俺と恵子が付き合ってるわけではないと知って、だいぶリラックスした様子で話をつづけた。
「お?おお。でも本当意外だったなぁ。彼氏とか居なかったのかよ?まぁ俺が最初っていうか、濡らしてバイブ突っ込んだら血が出たからびびったんだけどな(笑)」
とだけ言った。それだけ覚えてる。
気付いたらトイレに篭っていた。
絶え間ない吐き気に襲われたけど、吐けなかった。
ずっと学校のトイレに立てこもってむせび泣いてた。

それからも恵子はいつもと同じように振舞っていた。
学校でも俺を見かけると、とてとてと走りよってきて、
「こーちゃん」
と呼びながらにこにこしてた。
でもその笑顔は、やはりどことなく陰があるというか、明らかに無理をしている笑顔だった。

俺はこの件をむし返すのはやめた。
恵子のこの態度も、全て無かったことにしたいという事なんだろうと解釈した。
正直もう話は聞きたくなかったけど、イケメンの先輩にも本当に無理矢理では無かったかだけを確認した。

先輩の話では、なんとか自分一人で歩ける程度には意識はあったけど、呂律が回らない等の酔いは残っていて、服を脱がしたり愛撫されてるときも、
「駄目ですよ?」
とは言うものの、身体に力は入っておらず、どこか半分夢見心地な感じだったらしい。
出血はしてたものの、やってる時もそれほど痛がっていた様子は無く、キスをすると最初は嫌がって首を振っていたけど、そのうち自分から首に手を回してきて、舌も受け入れたとのこと。
当然キスも初めてだったはず。

やがて酒が抜けるとオロオロとしだし、それでも照れ笑いを浮かべて恵子の方から
「無かったことにしましょう?」
と提案してきたそうだ。
先輩はその態度からもう一度いけると判断したらしく、押し倒そうとしたら、頑なに拒否されたので止めた。
そして家まで車で送っていったら、その車中でぼろぼろと泣き出してしまい、ずっと俺に謝っていたらしい。
「ごめんねこーちゃん」
ってずっと繰り返してたらしい。
それで先輩が恵子に俺の事が好きかと尋ねると、しゃくり上げながら何度も頷いてたので、普段の様子もあって、それで俺達が付き合ってると思い、俺に謝罪をしてきたとの事。
その日から、謝罪した日までは一ヶ月くらい間があったけど、ずっと悩んでいたと言っていた。

後から知ったことなんだが、恵子はイケメン先輩との一件以来、サークルの部長に相談をしていたらしい。
部長は堀江貴文にそっくりだが、内面は穏やかで気さくな、リーダーシップもある頼れる部長キャラだったから、あまり男慣れしていない恵子も、入学当時からわりと親しくしていた。

恵子はずっと俺が好きで、でも他の男とそうなってしまったことで、一人で抱えきれない罪悪感を背負ってしまったとのこと。
酒が入っていたとはいえ、きちんと拒みきれなかった自分にも責任があると、深く自己嫌悪してしまったらしい。
しかし当然俺に対して相談など出来ず、その捌け口は部長にだけ向けていた。
「こーちゃんが好きだけど、あたしに付き合う資格があるのか」
といったことを毎日のように涙ながらに相談されていたらしい。
でも俺と会うときは、そんな顔など一切しないように努めて。

部長はある日俺を飲みに誘い(当然俺はもう飲まなかった)そう相談されていると教えてくれた。
俺が神妙にそれを聞いている間、部長の酒は進んでいた。
やがて顔を真っ赤にした部長は、突然俺に頭を下げて
「俺のことを殴ってくれ」
と言った。
部長の告白は続いた。
入学当時から恵子のことをずっと好きだったこと。
恵子のそんな心の隙間をついて、何度か和姦気味に押し倒した。
そして身体を重ねながら、何度も愛を伝えた。
俺が恵子に告白してから2週間後くらいのことだった。

最初は結構強引だったと言っていた。
恵子は
「それだと同じことの繰り返しになる」
と必死に拒んでいたらしい。
でも必死に自分の気持ちを伝えながら、何度も迫ったらやがて受け入れてくれるようになったと。
恵子が感じてるであろう自分への恩情を利用するような事もした、
と部長は自分で言っていた。
ただし最初の頃は、受け入れながらも、時折涙を流していたとのこと。
「これで最後にしてくださいね」
と恵子はいつも言っていたとのこと。
でもどうしても恵子が好きで、諦めずに何度も誘っては押し倒し、多少強引にでも肌を重ねて、気持ちを伝え続けていたと。

勿論今でも本気だから、と謝罪と同時に宣戦布告された。
俺はそれを聞いて、怒りよりもまず自分に失望した。
ああ、これは俺がしなきゃいけなかった事なんだな、と。
何をかっこつけていたのだろうと。
部長を責める気は一切無かった。
別に卑劣とも何とも思わなかった。
どれほど強引だったかはわからないが、少なくとも力づくで、ということではないということだったから。
ちなみにイケメン先輩は自分からサークルを辞めた

俺は恵子にもう一度気持ちを伝えた。
恵子は前回と同様の返答をした。
俺は全て知っていると伝えた。
イケメン先輩の事も、部長の事も。
それを聞いた恵子はショックを受けた様子だったけど、俺は
「それでも関係ない。お前が好きなんだ」
と何度も繰り返した。
恵子は黙ったままだった。
俺はもうなりふりかまってなどいられず、恵子を抱きしめた。
大きくなってから初めて抱きしめた恵子は、暖かくて、柔らかくて、そして何より頭がクラクラするような甘い匂いがした。

俺の腕の中で、恵子は少し身を捻る素振りをみせたが、俺は構わず抱きしめ続けた。
恵子は
「…こーちゃん…お願い…離して」
と呟いた。
女が男を拒絶する「駄目!」とか「いや!」といった感じではなく、それは静かな、まるで母親が子供をを諭すような口調だった。
俺は心が痛くてたまらず離してしまった。
しばらくずっと無言だった。
やがて恵子から口を開いた。
「これでさ、こーちゃんの事まで受け入れちゃったらさ、あたしさ、どうしようもない馬鹿な女の子になっちゃうよね……」
「ごめんねこーちゃん」
「部長さんとちゃんと付き合うね」

それからも、俺は諦めず恵子に気持ちを伝え続けた。
最初は俺の前だと、部長と話もしなかった恵子は、そんな俺に業を煮やして、俺の前で部長と楽しげに喋ったり、見せ付けるように手を繋いで歩いたりした。
それらの行動は恵子から提案されて、あえてやっていると部長本人から聞かされた。
俺に諦めてほしいからだと。
恵子はそんな事をする度に、後ですごく落ち込んでいたらしい。
それを見かねた部長から、
「もうこれ以上苦しませないでやってくれ」
と頼まれた。
俺はようやくそこで、完全に失恋したんだとわかった。

それでも俺はサークルを辞めることは無かった。
そうすると余計恵子を傷つけると思ったから。
だから普通の幼馴染として、接していけるように努力した。
恵子と部長が付き合い始めて半年ほどが経つと、部長はサークルを引退した。
俺はそれに正直安堵した。
サークルは定期的に昼休みに部会のようなものがあったのだが、付き合って半年も経つと、二人同時にそれに不参加したりしてそれを周りが
「あいつら今頃やってんじゃねえの?今日まだ学校来てないよな?」
などと冷やかすと、それを
「でも実際昨日恵子ちゃん泊ったんでしょ?」
と返す声があったりした。
それで午後から二人で手を繋いで来たりとかがあったから。
そんな二人の姿を見るたびに、俺は二人から目を逸らしていた。

一年経つと、恵子は俺のことを浩二君、と名前で呼ぶようになった。
「なんか子供みたいで恥ずかしいから」
との事だった。
それと同時期、合宿があったのだが、そこには元部長も来ていた。
夜は当然盛大な飲み会になったのだが、途中で元部長が恵子を連れて宴会場から出て行くのが見えた。
誰からが「ゴム持ってんのか?」と野次を飛ばした。
元部長はそれに対して親指をぐっと上げて答えていた。
恵子は顔を真っ赤にして、元部長の肩を叩いていた。

その頃には俺も流石に失恋を引きずっていたわけではないがどうにもいたたまれなくなって旅館から出て外を散歩していた。
帰ってくると、玄関先から、裏の方になにか人が集まっているのが見えた。
サークルの男子達だった。
先輩の一人が、無言で俺に手招きして呼び寄せた。
俺がその集団のもとへ行くと、俺に手招きした先輩がニヤニヤしながらカーテンが閉まっている一つの窓を親指で指した。
俺は言われるがままに近づくと、窓がほんの少し数cmだけ開いていた。
振り向くと、「俺がやったんだぜ」とでも言わんばかりに一人の先輩が自分を親指で指していた。

中からうっすらと喘ぎ声が聞こえてきた。
それだけじゃない。
「こーちゃん……こーちゃん……」
と切なそうに懐かしいあだ名を呼んでいた。
元部長の名前は孝一だった。
これも後から聞いた話だけど、俺がいないところでは、恵子は彼氏をそう呼んでいたらしい。
俺には先輩とか部長と言っていた。
そもそもは、彼氏がそう呼ぶようお願いして、でも恵子はそれを頑なに拒否していたらしいのだが、いつのまにか、俺の前ではそう呼ばない、という約束でそう呼ぶようになっていたらしい。

中からは断続的に「あ…あ…あん…」と甘い喘ぎ声が聞こえてきて、
その合間にも「こーちゃん……好き……」と、愛の言葉が聞こえてきた。
やがてその覗きは、他の女子に見つかり解散させられたが、その後は誰かの部屋に集まり、それぞれがどんな事を聞いたかを酒の肴にゲラゲラと笑っていた。
元部長の声は「フェラして」「乗って」とあとはふんふんと鼻息の音しか聞こえなかったとのころ。
恵子は「ゴムは……?」としきりに繰り返して口にしていて、その後元部長の鼻息が止まると「もう……」と怒るような声が聞こえたとの事だった。
俺が聞いたのは、2回戦だったらしい。

その1時間くらい後、廊下で浴衣姿の恵子とすれ違った。
「浩二君もこれからお風呂?」とにこにこしていた。
特に変わった様子が無いのが逆にショックだった。

それからは大学を卒業するまでは、もう幼馴染というよりかは、普通の友達といった感じになっていった。
俺達が卒業するころには、もう恵子は彼氏のことを、俺の前でも「こーちゃん」と呼ぶようになっていた。
俺に彼女が出来たというのもあるんだろう。
元部長とイケメン先輩のイザコザとかあったけど、最早俺は完全に蚊帳の外だったので割愛。

とにかく、卒業後は俺が遠方に就職したってこともあって、疎遠になったのだが、ついこの間、同窓会があって、そこで久しぶりに見た恵子は、相変わらずどことなく地味だったがもう立派に洗練された一人の女性だった。
綺麗だ、と思った。
大学卒業まで一緒にいた俺でさえ、少し溜息をついてしまうのに、高校時代しかしらない同級生たちは元々の印象からの衝撃ゆえか、次々と恵子の元へ寄っていってた。

恵子は俺をひと目確認すると、とてとて走りよってきて、
「こーちゃん久しぶり」
とにこーっと笑った。
それから卒業後の話を少しすると、まだ元部長と続いているらしく、俺は
「こーちゃんって言うと嫉妬するんじゃない?」
と冗談めかして言うと
「んー?大丈夫じゃない?今は『パパ』って呼んでるしね」
と言うと、左手で自分のお腹を撫でながら、
「えへへ」
といった感じで笑い、
「3ヶ月」
とだけ言うと右手でピースした。
「もちろん式は出てくれるよね?」
と昔を思い出させる笑顔で尋ねてきた。
手作りのプレゼントを渡してきた時の笑顔だった。
俺にも結婚の話がある彼女がいるが、それでも何故か、少しだけ胸が痛んだ。

チャリ乗り

俺が高校の時、自転車部っていうのがあった。
地元には速い選手がいたり(競輪ではないです)、ヒルクライムのレースなんかも催されていた。
その有名な選手の弟が消防時代からの友人だったNで、家はスポーツ系の自転車屋をやっていた。
Nとの付き合いもあり自転車が嫌いじゃなかった俺は、Nと一緒に自転車部に入部した。

同期の部員は、俺とNの他に男が2人。女の子がS美とR香の2人。
先輩は男が多かったけど、女の先輩も数人いて、ふだんはちょっとしたツーリングをしたり、
部室で自転車いじったり漕いだりしていた。(リアタイヤを持ち上げるキャリアがあって部屋の中でも漕げます)
俺たちが2年になった頃、後輩が何人か入部してきたんだが、その中にY子という女の子がいた。
小柄で中学生にしか見えず、あまり自転車とは縁のなさそうな大人しい女の子だったんだけど、
どうやらNを慕って入部したようだった。(実際、Nはクラスでもそこそこ人気があった)

ほどなくNと後輩のY子はつき合うことになる。 ちょっと普通じゃない交際なんだけど。。。

同期の男2人はいつのまにか幽霊部員になっていたし、3年生は夏に受験で引退すると
部長になったN、副部長の俺、そしてS美とR香を加えた2年生の4人が部の中心になっていった。
ツーリングの計画や大会へのエントリーなど全て4人で決めて後輩に落とす。
活動は男女は関係なく一緒だったから、男の後輩でも女の先輩には挨拶を徹底する体育会系のノリもあった。

定期テストの1週間前になり部活動の自粛が始まると、俺たち4人はNの家でダベりながら部活の話をしていた。
テストや部活の真面目な話からワイ談じみたくだらない話まで。

ある時、NとY子の交際について話が盛り上がった。
休日はどんな事をするだとか、どこまで進んでいるのかなど、S美もR香も恥らうそぶりも見せず、
かなりキワドイ言葉まで平気で使う女だった。俺もそういう明るさは嫌いじゃなかったけど。

Nもあっけらかんと俺たちに話をしてくれた。当然童貞どころかキスの経験もなかった俺には衝撃的だった。

「もう最後までしちゃったよ。 最初はこれでも我慢してたんだけどさ。
けど、パンツの上からでもアソコ触っちゃうと、もう止まれんわ。 Y子も可愛い声出すし。」
「やっぱ痛がってた? どうだった?」S美は質問を重ねる。R香も俺も一緒に聞き入っていた。
「もうキツくてさ。それでも少し濡れていたから入ったけど。俺のチンコもでかいしなぁw」
「あははー、ウソこけよw どうせ入れる場所わかんなかったんだろー」S美とNの会話だけで俺はもう興奮していた。

「最初はやっぱ生?」S美が続ける。
「そりゃあやっぱ最初はな。けど怖がってそれからはちゃんとゴム着けてるよ。つうか今も痛がってフェラが多いけど。
だんだん広がっていくんだろ? ゆるくなるのも困るけど。」
「へぇー、ねぇねぇゴム見せてよ。ちょっとだけ。」R香も会話に混じっていった。俺は興奮しながら聞き役w
Nは机の引き出しから箱のまま持ってくると、1個づつ取り出しS美とR香に渡した。

「ねえ、中身を開けていい?一つだけちょうだい」S美が頼み込むと、Nは「仕方ないなー」と言いながら
もう一つS美に手渡した。
「一つ開けてみな。もう1個もやるよ。そのかわり使ったら教えろよw」
S美が封を開けてみた。中から薄いピンクのゴムが出てくる。
「うわっ!濡れてるんだ・・・へぇー」「どれどれ、私にも」R香も興味深かそうに手に取ると、俺にもまわしてきた。
もちろん実物を見たのは俺も初めてだったけど、ゴムそのものよりもS美やR香が手に取る様子のほうに興奮していた。

「これからどうやって着けるの? 伸びてくの?」S美は俺からゴムを受け取ると、さらにNに質問を続けた。
「いや、チンコに当てて、あとはクルクルって・・・」
「ねぇ!ちょっとやってみてよ!」S美が無茶を言う。
「馬鹿言うなよ! それに誰が俺のチンコをボッキさせんだよ!」
「え?ボッキしてないと着けらんないの?  ・・・じゃあ○○(俺の事ね)着けてよ。 R香が手伝うって。」

Nに対してはY子への罪悪感があるらしい。俺が狙われた。
「ちょっとS美!無理無理!」 R香は必死に拒否。
「俺も無理だって。 チンコ見せんの嫌だよ」俺も衆人環視はさすがに・・・。 消防以来、女にチンコ見せてねーし。
「だってゴムするから平気でしょ! 少しは隠れるじゃん」 あいかわらずS美はバカだ。

「じゃあY子呼ぼうか?」 切り出したのはNだった。
「Y子にさせりゃボッキするし。 そのかわりお前らそこに隠れてろよ。」 Nは押入れを指差した。
「いいの? 覗いてて良いわけ? 本当に? どこまでやっちゃう?」 S美とR香もうれしそうに賛成した。
「とりあえずフェラは大丈夫。 最後までは流れでいくかもしれんけど・・・ けど、ゴム着けるのが見たいんだよな。
フェラまでだとダメじゃん」
「もうこの際どっちでもいいよ。 呼んじゃいな。 絶対に音立てないからさ」
3人は盛り上がってるが、いいのか? ひょっとしたら俺はY子の裸を見ることになるんだぜ? 本当にいいのか?
俺は疑問半分 興奮半分だった。

けど、この計画は早くも頓挫する。 肝心のY子の予定が悪く、来れなかったからだ。
「仕方ないなぁ・・・来れないのか・・・ それにY子の裸も○○に見られちゃうしね」 ・・・なんだS美は気付いていたのか。
「ん? まぁそれはいいんだけどな。 それに新たな興奮に目覚めたりしてw 見られてると燃えるかもなw」
(!!) そう 俺はこの時にNとY子のおかしな所に気付いたんだ。
「やっぱ見られてると分かると興奮する? 今度、経験しときなってw」 S美とR香は気付いてない様子だった。

俺の疑問をよそに、3人はまだ盛り上がっていた。
S美も、取り出したゴムをいじっては、あきらめきれない様子だった。
「みんなの前が恥ずかしいなら一人ずつは? トイレかどこかでさ、○○をボッキさせて1人ずつ見るの。
それならいい? 私がやっていい?」
S美がトイレで俺にゴムを着けるらしい。 S美は俺とR香と両方に了解を求めた。

「それなら俺も見せてやるよ。 俺はじゃあR香に着けてもらう」 Nものってきた。
「え? それならじゃあ逆にしよ。 R香は○○のほうがいいでしょw  けどいいの? Y子に悪いよ?w」
「Y子の事なら別に関係ねーよ。 実はあんまりさあ・・・ けどR香は○○が好きなの?」
NとS美の会話はそれぞれショックだった。
モヤモヤしていた疑問、NがY子を事を遊び半分っぽく考えていたこと。
そしてR香がどうやら俺を好意的に見てくれてるということ。

「ちょっと違うってば! やめてよS美! 誤解しないでよ、そういうんじゃないんだって!
Nと比べたら○○のほうがいいのかも ってレベルだよ! ちょっとヤダもう!」 R香は顔を赤くして弁解した。

正直、俺は嬉しかった。 少なからず好意を寄せられているのが分かって嫌な気分な訳がない。
だけどそれまで全く意識していなかったR香をどんなふうに思えばいいのかちょっと混乱もしてした。
Y子の事も気になっていた。S美よりR香よりY子のほうが気になる存在だったからだ。
けどY子はNが好きで、その上つきあっていたから、恋愛感情の一歩手前の状態だった。

「まぁそういう事にしとこうかw じゃあお互いOKになったらこっちで大きさの比べっこだねw」 なんかエスカレート
してるんですが・・・
俺もR香もS美に半分追い出されトイレに向かった。

「じゃあ・・・」俺はバクバク興奮しながらベルトをゆるめ始める。 当然すでに100%にボッキしていた
「え? え? そうすればいい?」 R香はさっきと同様に顔を赤くしながらズボンの方を見ている。
顔は合わせられないらしい。
普段のワイ談の時に見せる態度とは全く別だった。
「いや、実はもうけっこう気合が入っててさ」
自分でもおかしかった。 すでにボッキしてる恥ずかしさを隠そうと”気合が入ってる”なんて、初めて使ったわw
ベルトを外しジッパーまでおろすとテントを張ってる状態が丸判りだった。
「えっと・・・じゃあこっちをとりあえず開けていい?」 R香はそう言うと俺の返事も待たずゴムを袋から取り出した。

「・・・」R香は次の指示を待っているようだった。
「じゃあ、じゃがんで」 R香は素直に俺のパンツ正面のところまでしゃがみこんだ。
広くはないトイレの中で2人は何をやってるんだろ・・・
袋から取り出したゴムを持ってR香は俺を見上げた。 相変わらず赤い顔をしていた。
「出す?」 俺は自分でパンツを下ろすつもりでそう聞いたんだけど、R香は逆にとったようだった。
俺のパンツのゴム部分に両手をかけてきた。
お腹に触れた指の感触にますます興奮して、気が遠くなりそうだった。

「いい?」R香はぎこちない手つきでパンツを引き、ちょうどタマ袋が出る膝の上のあたりまでパンツを下ろした。
俺は少し上のほうを見ていた。 パンツが下ろされ、チンコが外気に触れた涼しさを感じる。
(見られてる・・・)
R香の方を見ると、ちょっと顔をずらしてはいたけど大きくなっているチンコから視線をそらしてはいなかった。
「でかい?」(何と比べて? 誰と比べて?) バカな事を聞いていると自分でも分かっていた。
R香は一生懸命笑顔を作って「初めて見たw」と俺を見上げた。ようやく目が合った。

さすがに触らせるとすぐに爆発しそうな状態だったんで、ゴムを着けるのは自分で。
俺も初めてだったからなかなかうまくいかず、少し下げてはゴムが巻き込み、必死の思いで着けた。
R香はその間もじゃがんだままじっと見ている。
「これ着けんの俺も初めて。」 ゴムがうまく装着できずあせったけど、恥ずかしさはなかったのが不思議。

そのまま部屋に戻るのもアレだったんで、とりあえずパンツとズボンを元に戻してから部屋に向かう。
R香は俺の後をうつむきながら付いてきていた。 赤い顔を見られるのも恥ずかしいんだろう。
ドアをノックすると、中からS美の声がした。 「ちょうどいいよ。 入って。」

!! 部屋に入って驚いた。
S美が、胸は隠れていたもののYシャツのボタンを全部外して、さらにはブラも外した状態だったからだ。
俺(と、おそらくR香も)の驚いた顔に気付くと、
「だって、胸ぐらい触らせろって言うからさ」 S美は淡々と説明した。 「で、フェラまでしたんだよ」
!! 俺とR香がトイレでもたついている間(といっても5分程度だ)にすごい事になっていたらしい。

「そっちは?」
「え? こっちはすぐにOKだったよ」R香が答えた。
「ふうん、手でやっただけか ○○も初めてで興奮したでしょw」 俺もR香も手コキを否定しなかった。
Nはゴムを着けたチンコを出したままイスに座っていた。 ズボンやパンツは全部下ろしてはいない。
「じゃあ並んで」 嬉しそうにS美がそういうと、座るS美の前にN、同じくR香の前に俺が立った。

この状態だとS美のふくらみが良く見えていた。 シャツのボタンをとめることもなく乳首の状態まで透けている。
俺はそれに興奮しながらズボンとパンツを少し下ろしてゴムの着いたチンコを出した。
出し渋るのも恥ずかしいと思い、できる限り平気な顔を装っていた。

俺もNも完全にフルボッキが続いている。
大きさは(ひいき目にみなくてもw)同じくらいだった。(体格も同じぐらいだったし)
それはS美とR香も同様だったようで、「二人とも頑張ってるねぇw」で勝負は引き分けだった。
「どうする? 出るとこ見たくない?」S美はR香に同意を求める。
さすがに射精は見せたくない、ましてやおそらく先に出ちまうだろうし。 けど、さっきの手コキやフェラの話もあって
そっちに期待している自分もいた。

「うーん、そこまでは・・・ 私きっと下手だし」 R香は少しためらっている。
「けどせっかくだから見たいじゃん。 じゃあNだけでもいいからさ」
Nだけ? 助かった・・・のか?
Nも、また胸触らせてくれるんだったらとの条件でOKした。
ゴムを着けたままの状態でという条件でS美もフェラで協力することに。

「ちょっと俺、これ外してくるぞ」俺はトイレでゴムを外すことにした。
着けるのに大変だったから、外すのにまた四苦八苦するのも恥ずかしいしね。
実際はそんなに苦労もせず(毛も巻き込まずw)外すとすぐに部屋に戻った。
ゴムは丸めたままポケットに。

部屋では長イスに座ったNにS美が斜め正面から手コキをしていた。少し余裕げなN。
俺とR香はベッドに腰掛けてそれを見ていた。
となりにいるR香を見ることもできないでいる。NがS美の胸をいじり始めたのか、
「んっ、んっ」というS美の声が漏れ始めた。
やっぱNは上手いんだな・・・
経験のない俺にはNの行為が全てお手本のように見えた。

S美は後ろ向きに近い状態のためどんなふうに胸を触っているのかわからない。
けど時折聞こえる小さなS美の声に、俺は激しく後悔していた。

すぐに爆発してもいい。恥をかいてもいい。
R香の胸を見る機会と触る機会と手コキの機会をいっぺんに無くしたのか?
ズボンの中のコレをどうすることも出来ない!
チンコが痛いくらいになっていた。どこかに擦りつけただけで簡単に爆発しそうだった。

その時NがS美のYシャツを完全に脱がそうとした。
「ちょっと!」と言いながらもS美はあまり抵抗せずに腕を抜く。
その時、Nが体をひねって体勢をかえ、2人の位置がずれ、S美の胸が見えた!
巨乳というわけではなかったけど柔らかそうなおっぱいと、ピンクに少し茶色を混ぜたような薄い色の乳首。
乳首は立っていて、さっきからきこえる声とあわせてもS美が興奮してるのが容易に想像できた。
「もう!」そう言いながらもS美は一生懸命に手を動かしている。
手の動きに合わせ胸が少し揺れる。

俺の胸への視線を感じたのか、チラっとS美は横を向いて俺と目が合った。
「我慢していないで、そっちも出しちゃいなよ」
俺に対してだったのか、それとも隣のR香に対してだったのか?
お願いする度胸もなく俺は無言のままだったけど、R香はこっちをむいて「えっと・・・」と口を開いた。

それが合図みたいなものだった。
「じゃあ・・・」と言うと俺はベッドの上でR香の方に向きズボンとパンツを一緒に下ろす。
もうパンツの一部はカウパーでベトベトだった。
「恥ずかしいから胸はナシね」 そう言うとR香は恐る恐る俺のチンコを握ってきた。
さっきのお腹に触れらた時と同じ感触がチンコにも・・・!
R香はS美のそれをチラチラと見ながら俺にも同じ事をした。
チンコから出てる透明な液はにちゃにちゃと音を立ててR香の指にも絡まる。
2、3分もなかっただろう。 恥ずかしながらあっという間だった。

一応、周りの事を考えてティッシュで覆う程度の冷静さは失ってなく、
懸命に上下させるR香の手を片手で抑えると、もう片方の手でティッシュをかぶせた。
R香もそのまま手は離さず、俺に手首を抑えられたままドクンドクンと波打つチンコを握ってくれている。
大量に出たのが自分でも判った。 ティッシュの枚数が足りなかったのか最初のティッシュで拭き取っても
まだ少しチンコに白いものが・・・

R香がようやく手を離してくれたと思ったら、わざとその汚れてる部分を指で触れる。
俺はすぐにR香のその指と残りの精液を次のティッシュで拭き取った。

「ねえ 見れた?」 R香にS美が尋ねる。 「うん すごい。 けど少しつらそうだった。」
俺の息が荒くなったんで射精時はつらいと思ったんだろうか? そんなことないのに。
R香は自分でオナニーとかしないのかな? そんな事まで考えてしまうw
それに出る瞬間にティッシュを被せたから、出るところは見れなかったばず。
まだまだ元気な状態のチンコをしまうと俺はR香に手洗いを促した。

S美の方はまだ続いている。 (・・・俺が早過ぎ?)
こちらはゴム着きのままの手コキ。 だけどNの右手もS美の胸に伸び、全体を揉んだり
ときどき薄色の乳首をいじってはS美から小さな息が漏れている。

R香が手洗いから帰ってくる直前にNの方も射精した。
「お もうイキそう」 ゴムの先に溜まる白い液体。
「へぇー、こんな出るんだ」
S美は満足そうに液だまりをさわっている。 「怖ーいw これでニンシンしちゃうんだねー」

Nは慣れた手つきでゴムを外し、くるっと縛る。 そこにR香も帰ってきた。
「あれ? 捨てちゃうんだ? カワイソー」 とS美。 ブラとシャツを着て身支度を整えている。
「じゃあどうしろってw 手コキだったしゴム外せば良かったよ それともお前にこのまま飲ませようか?」
わざとらしくS美の顔の方へ、精液の溜まったゴムを近づける。
「あははー バーカ!」 S美は笑いながら、けどしっかりとガード。
「ここまでしてあげたんだから、必ずお返ししてよね! 約束どおりY子とのH見せてよ。」
S美はしっかり念を押して、俺たちはNの家を後にした。

とりあえず、人生初手コキの話はここまでです。

期待させてしまうのも申し訳ないんでここでバラしておきますが、
残念ながら S美とR香とは これ以降エロい行為は一切ありませんでした。
(最後にS美が約束した、NとY子のHを覗くというのも俺が知ってる限りは無かったと思います)

もうちょっとエロい話というのは、NとY子に俺が関係しちゃう話なんですが
手コキの話以上に長くなってしまってるんで、もう少しどうにかしてからカキコみます

キモオタが初恋した顛末

僕は伊藤隆○、自他共に認めるキモオタです。
そんな僕もプログラミング能力だけは人並み以上だったため
専門学校を卒業後すぐに小さなWEB制作会社に就職することができました。

入社してすぐに入ったプロジェクトは、俗に言うデスマ状態で、毎日、帰宅するのは深夜でした。
ちょうど新入社員としての緊張も和らぎ、会社と家との往復だけの生活に嫌気がさしてきた頃でした。
風呂上りに、なんとなくテレビをつけたのですが、深夜の2時過ぎでしたので、まともな番組はやってません。
すぐに消そうとしてリモコンを構えました。
次の瞬間、僕はリモコンを持ったままフリーズしてしまいました。
心をギュッと鷲掴みにされるっていうのでしょうか?
テレビ画面の女性に釘づけになりました。
表現力の乏しい僕にはうまく伝えることは難しいですが、とにかく、とても美しい女性でした。
整った容姿に知性と品の良さが加味されて、絶妙な美貌に仕上がっており
、服のセンスや話し方、物腰も全てが最高に思えました。
その番組が終わるまで、僕は心臓をバクバクさせながら食い入るようにテレビ画面を見続け、
終わった時には、体中から汗が噴き出て、喉がカラカラになっていました。

それが
キモオタと呼ばれ続けた僕の人生の中で
虹ではない生身の女性に対する初めての恋でした。

すぐに番組を調べあげると、
ショッピングチャネルなので毎日放送されていることが分かりました。
僕は毎日見れるんだぁと喜びながら、即座に番組予約を入れました。
ところが、その後、3週間ほど毎回テレビの前で待っていましたが
あの女性が画面に映ることはありませんでした。

番組のホームページで女性出演者の名前を片っ端からググってみたり
インターネットを使って必死に調べまくりましたが、
どうやってもあの女性に関する情報を見つけることはできませんでした。
しかし、気力が萎え、もう番組を見るのはやめようと決めた最後の夜、
再びあの女性が僕の目の前に現れました。何かの運命を感じましたよ。

この時は番組を最初から見ていたので、色々と分かりました。
あの女性は、若葉さんという名前で
なんと!番組のプロデューサーだったのです。
前回も商品を紹介するゲストの代役で出演していたということでした。
つまり、僕がたまたま見たのは、相当レアなケースだったわけで、僕は本当に運命を感じました。

それからも、ほぼ毎日、番組を見続けました。
若葉さんの作った番組なら、若葉さんが出てなくても構いません。
もちろん、若葉さんが出ないかな?という淡い期待はありましたが。

僕はどう贔屓目に見ても不細工です。
ニキビの跡がかなり顔に残ってますし、アトピーで出っ歯で薄毛です。
19歳の終わり頃に焦って風俗で童貞だけは捨てましたが、
その当時も、今現在も、彼女というものは一度も出来たことがありません。

なので、僕は何年も若葉さんだけを思って過ごしてきたことになります。

神様って本当に居るのですね。
テレビの若葉さんに恋してから数年間
録画した彼女を見ながら、毎日毎日自慰に耽っていた僕の一途さを哀れに思ったのか、
突然、神様から大きなプレゼントを頂きました。
なんと!、この僕が若葉さんの会社のプロジェクトに、アサインされることになったのです。

プロジェクトが決まってからは毎日がドキドキでした。
もしかしたら、憧れの若葉さんに会えるかもしれない。
僕はキックオフの1週間も前から何を着て行こうか迷いに迷って
結局、奮発してハイドロゲンの格好良いジャケットを買いました。

プロジェクトの初日は買ったばかりのジャケットを羽織って、自分なりにキメて行きました。
一応、出入り業者なので早めに会議室に入り、待機していたのですが、
配られたプロジェクト体制図を見て、思わず声を漏らしてしまいました。
なんと!、若葉さんの名前が書かれていたのです。
改めて運命を感じました。
若葉さんの参加を知ってからは、それまで以上に胸が高鳴なり、息をするのも苦しくなる程でした。
異様に緊張しながら待つこと数分、
会議室の扉が開かれた、その瞬間、思わず目を見張りました。

実物はテレビよりも数倍美しくて、
その神がかった美貌は、僕にはまるで天使が舞い降りたかのように思えました。
視線が合ったわけでもないのに、心を鷲掴みにされたかのように彼女から視線を逸らす事ができませんでした。
ミーティングが始まると、お偉いさんが2人挨拶した後、
若葉さんがゆっくり立ち上がりました。3番目が若葉さんの順番だったようです。

「この度、オブザーバーとして、参加します・・・・・」

背筋を真っ直ぐ伸ばして堂々と挨拶する姿は、眩暈を覚える程の美貌でした。
その美しい瞳は力強い生気が溢れ、口元に添えられた微笑みは、自信に満ちていました。
その生気と自信が、よりいっそう若葉さんの魅力を高めているように感じました。

マルチベンダの殺伐としたプロジェクトにおいて、美しい女性の存在ほど心が癒されるものはありません。
会議室内の全員が息をのむように若葉さんを見つめているのが僕にはよく分かりました。
情けないことに、そのすぐ後に挨拶した当社の内田社長は若葉さんの美貌に完全に気圧されてしまったのか
背中を丸めて声を上ずらせながら惨めな挨拶をしていました。

一通り挨拶と紹介が済んで和みかけていたところに、
突然、若葉さんが立ち上がりました。何事かと思っていると
え?!
若葉さんの美しい眼差しが僕の前で止まったのです。
憧れの美女に真っ直ぐ見つめられて、僕は自分の顔が赤くなってくるのが分かりました。

「その服装は何ですか?」

え?

戸惑う僕を無視して、若葉さんは冷ややかな視線を、今度は僕の隣に向けました。

「そんな服装で、初めての客先に挨拶に来るのは、ちょっと常識がないのではないでしょうか?」

若葉さんは更に隣に視線を向けました。
美しい瞳に睨まれて、皆、たじたじでした。
僕のジャケットにはドクロの刺繍があり、同僚の達也や長門達もジャージみたいな服やピンクのツナギなどを着ていました。

「大変、申し訳ありません。」
すぐに、当社の内田社長が立ち上がって頭を下げました。

しかし、若葉さんは社長には全く目もくれずに、情シスの清水部長を睨みながら
「本当に、こんな人達で大丈夫なの?」
と言いました。
清水部長もたじたじで、「いえ、はい。いえ、はい」みたいな意味をなさない返事をするだけでした。

とりあえず、僕達の腕を見てみようということで、その場は収まりましたが、
僕の心は何処かに落っこちてしまったかのように、暗く沈みました。
憧れの若葉さんに会えたというのに、良いところを見せるどころか、呆れられてしまったのだから当然です。

さらに、追い打ちを掛けるように
会議が終わった後、自社に戻ってからも社長に延々と説教されました。
なんだかんだで、会社を出たのは21時を過ぎていました。
本当はそのまま直帰の予定だったので、
達也も長門も合コンの予定を入れていたのがキャンセルすることになったらしく
やることもないのでと、行きつけの居酒屋へ行こうということになりました。

当然のようにキックオフミーティングのことが話題になりました。

達也「プロデューサーだっけ?ムカつく女だったよな、偉そうに」
長門「服装と技術力は関係ないっつうの!」

僕は若葉さんの悪口を聞くことに耐えられなくなり、なんとか話題を変えたくて
ずっと若葉さんに憧れていたことを二人に告白しました。

達也「え?そうなの?けっこう年齢いってそうだったけど、お前、あんなのがタイプなんだぁ? 」

達也のバカにしたような言い方に少しムッとしました。
しかし、すぐに長門がフォローしてくれました。

長門「まあ、たしかに、かなりの美人だったわな。見た目だけなら、俺も良いと思ったよ。」

達也「俺は、ああいう気の強そうなのはタイプじゃないなぁ。女はお淑やかで何でも言うことを聞くのが良い」

長門「ヤリチンのお前の意見なんか、どうでもいい。純朴青年の伊藤の悩みだろ、今大切なのは」

僕「いや、僕も実際会ってみて、ちょっと怖い人だなとは思ったよ」

達也「まあ、だけど、あの威張りくさった女が裸にされて股広げられたら、どんな顔するかは、ちょっと見てみたいなぁ」

「ほお、お前らにしちゃあ、女の趣味が良いじゃないか」

僕達「しゃ、社長!」「せ、専務も!」「そちらにいらしたんですか?」

専務「お前ら話に夢中で、社長と俺が入ってきたことに気付かないんだもんw」
社長「面白そうな話してたから、邪魔しないでやったんだよ」

僕達「す、すいません」「お疲れ様です!」「お疲れさまです」

社長「プロジェクトが始まる前にも、何度か打ち合わせしたんだけどさ、あのオッパイが気になって、身が入らないんだわw」
専務「いつもぴっちりした細身のスーツ着てるのは、”狙い”なんですかね?w」

達也「私も綺麗だとは思いますが、かなり気が強そうじゃないですか?」
長門「何が”綺麗”だよ。調子いいな、お前。なあ、伊藤、達也の奴さっきと言ってること違うよな」

社長「若いなあ、達也は。あの気の強さが良いんじゃないか。まあ、ムカつくこともあるけどな」
専務「あのツンと澄ましたところが良いって、社長いつも言ってますもんね」
社長「バーカw 俺はツンと上向いたオッパイが良いって言ってんだよw」」

僕は若葉さんの冷ややかな美貌を思い浮かべました。
いつも冷めた眼差しで男を寄せ付けないオーラの様なものを持っていて。
たしかに、そこが魅力的でした。
僕のオナネタも毎回そうでした。
気の強い若葉さんに無理やり服を脱がせ、
あの冷めた目で睨みつけられながら嫌々僕のチンコをくわえさせる。
想像しただけで、すぐに勃起しました。

長門「そうなんですか??伊藤も惚れてるらしいですよw 社長とライバルですね?」
社長「そうなの?w じゃあ伊藤君に特別ミッションだ。若葉さんを落としなさい」
専務「お、いいですね。もう”何でも言うこと聞きます!”状態に落とすんだ、伊藤」

社長「おーい!伊藤、聞いてるかあ?」
専務「何、ぼうっとしてんの」

伊藤「え?、あ、す、すみません。つい色々考えてて・・・」
社長「お前、まさか若葉さんのヌードでも妄想してたんかw」
伊藤「ち、違います!違いますよ!」
社長「むきになって、怪しいなw」

専務「でもまあ実際のところ、あれだけの女ですし、ヒルズ族とかテレビ関係者とか、それなりの彼氏がいるでしょうね」
伊藤「そ、そうですよ!きっと、そうですよ・・・」

社長「ああ?あ、なんとかして玩具にしてえなぁ」

皆「社長!w」「なんてことをw」

居酒屋でそんな話をしてから、数か月ほどで、僕達は無事に成果物をあげて
プロジェクトは大成功で終わりました。

達也が若葉さんと飲みに行ったという話を聞いたのは、
打ち上げを行った翌日でした。

達也「ホテルのBarで、顔を寄せ合って話したんだけど、たしかに、お前の言うとおり、顔はかなり美形だなぁ。」
僕「だろ!だろ!」
自分が若葉さんと親しくなったわけでもないのに、なぜか僕のテンションも上がっていました。

達也「あくまで勘だけど、話した感じだと、男慣れしてなさそうな印象だったな」

長門「ヤリチンの勘かぁ。当てになりそうだなw 俺的には派手なイメージ持ってたけどな。男を手玉に取ってそうなw」

達也「業界的に俺もそんなイメージ持ってたんだけど、話すとぜんぜん違うのよ」

僕「そうなんだ・・・」

達也「少し頑張ってみっかな。」

僕「え、何を?」

達也「だから、あの女だよ」

僕「え?」
長門「達也、おまえ・・・」

達也「いや、だって、あの女と伊藤にはもう接点もないだろ?
   俺は1回やってみたいだけだから、やった後、うまく行けば、伊藤にも回せ・・」

僕「ば、ばかなこと言うな!!」
僕は達也の話を最後まで聞かずに大きな声をあげてしまいました。

長門「まあまあ、伊藤、落ち着け、達也も悪気があって言ってるわけじゃないだろ、実際、お前に若葉さんをどうこうできるのか?」

その通りでした。実際、僕は若葉さんとまともに話すことさえできなかったのです。

僕「か、仮に若葉さんが達也とどうこうなったとしても、あれほどの女性が達也の言いなりになるとは、とても思えない」

長門「まあな。さすがに、その辺の馬鹿女とは違うだろうね」

達也「ほほう。二人とも俺を見くびってるなw じゃあ、うまく行ったらどうしてくれるよ?」

長門「そうだなあ。1年間、朝当番代わってあげよう!」
僕「僕は一生、達也”さん”って敬語で話してあげるよ」

達也「お!朝当番は嬉しいね、敬語の方は勘弁だなw」

そう言って不敵に微笑む達也は、男でも惚れぼれするようなイケメンでした。
僕には縁のない世界なので、知りませんでしたが、
達也は過去にも楽○や資○堂など大企業の女性をうまく言いくるめて
長門など会社の仲間と乱交したことがあったそうです。

それから、たいして日も経たずして、
達也から若葉さんを落としたと報告がありました。

達也「あの年で処女だって言うんですよw 超ビビりましたよw」
僕 「え?それ、ほ、本当?」
社長「ウソだろ、それはw」
専務「ありえんって!」
達也「本当ですよ。すっげぇ恥ずかしそうに打ち明けられましたよw」
僕 「まじかあ・・・」
達也「あまり見ないで!とか言って顔赤らめてるんすよ。意外と可愛かったので
   電気消して部屋暗くしてやったら、涙浮かべて、ギュッとしてくるんですよ」
僕 「・・・」
社長「ほう。あの若葉さんがね・・・。意外と可愛いんだな」

達也「結構、年行ってると思ってたんすけど、ほとんど劣化してなかったですよ。
   肌なんかも真っ白スベスベで、グッドボディでした。

社長「まあ、俺クラスいなれば、そんなのは見りゃあ分かるけどなw」

達也「俺、伊藤の女を見る目を見直したよw」

長門「お前、調子いいな。伊藤のこと小馬鹿にしてたのにぃ。
   俺らも少しくらい美味しい思いできないと、許さないよ。なあ伊藤!」

僕「・・・」

達也「それは任せろ」

社長「おいおいw そんなこと言っちゃっていいのか?」

達也「はい。本当なんも知らない女なので、今までより簡単そうですよ。
   たぶん近いうちに、みんなにマワせると思いますよw」

笑いながら話す達也が腹立たしくて堪りませんでした。。

「たまたまだろ!たまたま経験少ない人だったから、うまく行っただけじゃん!」

僕は思わず怒鳴っていました。

達也「たしかに、そうだな。 男にコンプレックスがあったみたいだし。
   今まで、男との付き合いを露骨に避けてきたんだろうね。
   恋愛年齢でいうと中学生以下だろうな、下手すると最近の小学生より下かもなw」

長門「まあ、でも、それって俺達には超ラッキーだったってことだろ。伊藤は違うの?」

急に黙ってしまった僕に代わり、社長が答えてくれました。

社長「力づくや暴力は良くないが、達也の言うように、本人が合意してくれるなら、それほど良いことはないだろ
   伊藤君もヤリたくない訳じゃないんだろ?」

「は、はい」

社長「だったら、思いっきり楽しんだらいい」

専務「そうそう。若いうちは色々遊んだ方がいいって。
   それにしても、あの若葉さんが、そんなウブなんて、信じられないな。
   顔赤らめて、あまり見ないで!だっけ?ありえん!」

達也「専務ー。そこへ戻りますかw 本当ですって。恥ずかしがって大変なんですからw
   ああそうだ。左胸に少しだけ手術の跡があるんですよ。それも嫌なのかも」

社長「なるほど。そういうことなら、皆でじっくりと丸裸を見てあげようじゃないかw」

皆「社長!それ、酷い!」

それから日を置かずして
達也が言いました。
「今日、一緒にあいつの家に行く?
 あの女、もう何でもするようになったから、お前らにも股開くだろ。
 この間なんか、夜の公園で素っ裸だぜw
 脱げって言えば、いつでも脱ぐし、しゃぶれって言えば、何処ででもしゃぶるよw」

それを聞いて、長門は飛び上がって喜び、達也の手を固く握りしめました。
しかし僕は、どうしても乗り気になれず、体調が良くないと言って一人で帰りました。

翌日、結果を聞くのが怖いような、でも聞きたいような複雑な気持で会社へ行くと
達也も長門も機嫌が悪かったので、なかなか聞き出せずに
結局、昼休みになって、やっと聞くことができました。
その結果は、、、」
なんと、僕の予想に反して、若葉さんが拒んだというのです。
話を聞いて、嬉しいような、がっかりのような、聞く前と同様に不思議な気持ちになりました。

若葉さんを皆で抱く計画のことは誰も話さなくなり
僕ももう無理なのかなと半ば諦めていた頃
達也が嬉しそうに近か寄ってきました。

「今度こそ、大丈夫だから」
「ほ、本当に?」「まじで?」
「なんでもするって言ってるよ、今度は、きちんとお前らのことも話してあるから」
「え?僕のことも言ったの?」
「ああ、伊藤のことも、ちゃんと了承を得てるから」

「凄い、それ・・・」「いよいよかぁ。感無量だねぇ。」
「長門、それ使い方違うから」
「長門には、この間の埋め合わせもあるし、たっぷり楽しんでいいからなw」

「とりあえず、リアルで見てみたいね、あの若葉さんのオマンコ全開w」

長門の言葉を聞いて、僕は思わず想像してしまいました。
若葉さんが自らの手で股間の割れ目を開いて、その中身を僕達に見せてる姿を。

「いいね、それ!たまらなくいい!」
予想外に大きな声が出てしまって、僕は慌てて口を押さえました。

「おおぉ!今回は伊藤も乗り気だw」

「いつも真面目な伊藤ちゃんが乗り気じゃあ、しゃーないな。
 特別にじっくり見せて貰おうじゃないか、それはもう存分に。」

「いいねえ。プロジェクトで若葉さんに怒鳴られたのが、つい昨日のことのようだよ。
 まさか、あの頃は俺らに素っ裸晒すことになるとは思ってなかっただろうね」

「感慨深いねぇ。」
「長門!、それは、、、一応、使い方あってるかw」

そして
僕達は期待を胸に若葉さんのお宅へ伺いました。

軽蔑されているのではないかと不安でしたが、
若葉さんは僕達を普通に出迎えてくれました。

奇麗でした。
久しぶりに見る若葉さんは、神々しくさえ思えました。
仕事の時よりも念入りにメイクされており、整った顔が更に美しく、
服装も優美な曲線を強調するかのような細身のスーツがとても良く似合っていました。
案内された部屋も若葉さんらしく清潔感があり、
質素でありながらも、どこか温かくとても素敵で、
4人掛けのダイニングテーブルの上には、すごく美味しそうな料理まで用意してありました。

しかし僕達が最も気になったのは、、、
部屋でも料理でも、きちんとメイクされた若葉さんの美しい顔でもありませんでした。

気づかれないようにドキドキしながら、今まで何度となく盗み見た二つの膨らみ。
細身のスーツを上品に盛り上げている丸みを帯びた二つの膨らみに僕たちは釘付けでした。

僕達の気持を察した達也がすぐに動きました。
達也は若葉さんの背後にそっと忍び寄ると、もろに鷲掴みにしました。
そして、突然のことに驚く若葉さんの耳元で、そっと何かを囁きました。
それを聞くと、若葉さんは、ぱっと顔をあげた後で、ゆっくり頷きました。

『いいってよ』
達也が目で合図すると、僕は引き寄せられるように、若葉さんの胸に手を伸ばした。
嫌がるそぶりは全くありませんでした。
「ずっと前から好きだったんです!」
思わず叫んでいました。
そして、驚きを顔に浮かべる若葉さんを見つめながら、そっと乳房に触れました。
ずっと憧れていた人に触れている喜びで感動して泣きそうになりました。

恐る恐る若葉さんに触れていると、長門と目が合いました。
意思の疎通はばっちしです。
僕は若葉さんのジャケットのボタンに手を掛けました。
ボタンを素早く外して、前を広げると、すかさず
長門が背後から両方の乳房をぎゅっと掴みました。

達也「けっこうあるだろ?」

長門は重量を確認するかのように乳房を揺すって

長門「うん。いいね、このボリューム感」

そう答えながら、もう揉みまくりでした。
乳房の上から下から正面から両手を忙しく動かして揉みまくりでした。

達也「長門いい揉みっぷりだなぁw 若葉さん、どうよ?気持ち良い?」

達也に揶揄されると
若葉さんは恥ずかしげに顔を背けました。

オッパイを揉みまくってる長門の顔を見て、
僕にはまだ回ってこなそうだなと思いました。
だから、おっぱいの次に触ってみたいと思っていた、太ももに手を伸ばしました。

ストッキングの上からでしたが、張りのある弾力と滑らかな肌触りが堪りません。
触りながら、若葉さんの悩ましげな表情を見ると、脳が痺れてきて
長門がキャミソールを捲りあげた瞬間、白い素肌があまりにも眩しくて、僕はとうとう理性を失いました。

僕達は競い合うように、我を忘れて手を動かし、若葉さんを触りまくりました。
ジャケットは脱がされ、キャミソールは胸の上で丸められ、その役割を果たしていません。
むせ返るような若葉さんの甘い香りに吸い寄せられるように丸出しのブラジャーの上から胸に顔を埋めました。
柔らかい感触と香りを楽しみながら、指先が無意識にブラジャーのホックを摘まみました。

「お願い、電気を消して・・・」

それまで無抵抗だった若葉さんが身を強張らせたのです。
僕は顔を上げて、若葉さんの顔を覗きこみました。
その恥ずかしげな表情は、、僕にとって燃料にしかなりませんでした。

「そんな勿体ない」

僕は一瞬の躊躇いさえもなく、素早くホックを外し、ブラジャーを思い切り捲りあげました。

「おおぉぉぉ!」

明るみの下、ついに憧れの乳房が完全に晒されました。
手術の傷跡には若干化粧を施しているようでしたが、その部分を除けば
若葉さんの肌は透き通るように白く、きめ細やかで内からほんのりと光が射しているかのような
美しい乳房でした。

美しい裸体に感動しながら若葉さんの顔を見ると
乳房を凝視されて恥ずかしいのか、伏し目がちに顔を赤らめていました。
その表情がさらに僕に火をつけました。
僕はもっと若葉さんを辱めてやろうとスカートに手を掛けました。
長門にも僕の気持が通じたのか、僕がスカートのホックに手間取っている間に
長門はスカートを捲りあげて、ストッキングとパンツを一緒に降ろしにいきました。
これには若葉さんも身を捩って抵抗するそぶりを見せました。
しかし、無事にスカートのホックを外すことに成功した僕によって若葉さんの抵抗力は完全に奪われました。
その隙を逃す長門ではありません。
長門はストッキングとパンツのゴムを掴んで、一気に降ろしていきました。
柔らかそうな黒い茂みが顔を出すと観念したのか、若葉さんは大人しくなり
長門は労せずして、パンツとストッキングを膝まで下げました。
そこで一呼吸おいて
長門は感慨深そうに若葉さんの顔と下の毛を見比べてから
僕に目で合図しました。

僕達は、既に立っているのが辛そうな若葉さんをソファに押し倒してから
ゆっくりストッキングとパンツを脱がしていきました。
そして、憧れの人を丸裸にさせた感動に耽る間もなく、
間髪いれずに二人がかりで若葉さんの脚を掴かみました。
脚を開かせて全てを晒させようというのです。
しかし、ここまできて若葉さんは身を縮めて嫌がりました。
当然、乱暴なことはできないし、したくもなかったから、男二人がかりでも、どうにもできません。

どうしようかとイライラしていると
突然、達也が若葉さんの手首を掴み、耳元で何かを囁いてから、いきなり唇を奪いました。
こちらが目を離せなくなるほど、激しく唇を貪ってから達也は
「じゃあ、あとはよろしく」と言ってダイニングに戻っていきました。

不思議なことに見るからに若葉さんの身体から力が抜けているのが分かりました。
「達也、今、何を言ったの?」
僕は思わず問いかけてしまいましたが
いいかげん焦れていた長門の「よし!じゃあ、思いっきり行くぞ!」という言葉に打ち消されました。

長門は言葉と同時に若葉さんの脚を両手で掴みました。
慌てて僕も手を貸し、二人で思い切り若葉さんの脚を広げました。
今までが嘘のように、あっさりと若葉さんの脚は大きく広げられ、
股間の割れ目が完全に露わになりました。

少し開き気味の縦て筋を見て、長門は目を輝かせながら
若葉さんの開ききった足を更に押しこむようにして膝を立てさせました。
これによって股間の割れ目だけじゃなく、お尻の穴までもが完全に僕達の目の前に晒されました。

「すげぇ?w」

こんなにまじまじと女性器を見るのは初めてでした。

それは文字通りの観賞であり、完勝でもありました。
僕達は若葉さんの屈辱に歪む顔をまじまじと見ながら、
おマンコのひだひだやお尻を広げて、穴の奥までを存分に覗きこみました。

途中、若葉さんは顔を手で覆って泣き出してしまいました。
それでも僕達は止まりませんでした。
僕達は当初、打ち合わせた通りに、
好きなように彼女の身体をひっくり返し、あるいは広げさせて
色々な角度からオマンコやアナルを観賞し、
彼女の隅から隅までを存分に弄り回したのです。

それは、若葉さんが見られることを極度に嫌うと知っていての、
いわば報復のようなものでした。

プロジェクトの初日、大勢の前で怒鳴られてから、ちょうど4カ月でした。
汚らわしい者でも見るような若葉さんの冷たい眼差しが思い出されました。

あの時の上品な気高い美しさを誇っていた女性に、その肉体の全てを
何もかも、完全に晒させたのです。

ダンディーな部長と不倫した

私は26歳のOLです。
関連会社の整理で、半年間子会社に出向していました。
その時の不倫していた体験談です。

会社が統合されたら戻る条件で、子会社に出向しました。
その子会社はいずれ統合されて無くなる、本当に小さな会社でした。
社長とは名ばかりで、9名の社員がいました。
  
初日に挨拶をして、夜は歓迎会をしてもらいました。
バイトの女の子もいたので、初めは楽しい歓迎会でした。
ですが次第にお酒がすすむにつれ、本社への不満を私にぶつけてくる状態になってしまって。
気持は分かるんです。
だって半年後には無職になる可能性があるのですから。

そんな中、唯一私をかばってくれたのが本田部長でした。
部長は48歳で舘ひろしさんぽくダンディーな人でした。

「まぁまぁ、山崎さんが悪いんじゃないんだから」

「でも部長?!本社の人間は・・・」

「分かってる。分かってるけど、それは関係無いんだから」

部下からの信頼もあるらしく、部長さんがまるく収めてくれました。
そして私だけ先にタクシーに乗せられ、無事初日を乗り切れたんです。
次の日に会社へ行くと、昨晩絡んできた男性社員は全員謝りにきました。
だから実は皆さん良い人なんだなって思っていたんです。

仕事はというと、本社への引き継ぎの話がほとんどでした。
ですからそのまま夜の接待へと出掛けるパターンも多々ありました。
私が女だという事で部長も同席して、いつも最後はクラブでシメ。
週に3回は午前様という有様でした。
でもいつも部長が気遣ってくれていました。
それで私も少し心を許していたんだと思います。

毎日毎日、出先で小言を言われ疲れ果てていました。
そんなある日、最悪な仕事先の方とお会いしたんです。
その会社は母体がある大きな法人でした。
その仕事をゼロにするわけにはいかないと、本社からも通達が出ていました。
高級レストランで接待が始まり、そこでシャンパンを何杯も飲まされました。
次に行ったクラブでも、ワインとシャンパンの一気。
お酒は弱い方ではありませんが、さすがに酔いました。

2軒目のクラブで、言われました。
「このシャンパンを飲んだら、引き続きお願いしますよ」
これで帰れると思い、死に物狂いで一気しました。
そしてお得意様をお見送りして、緊張がほぐれたのか立てなくなってしまいました。

部長とタクシーに乗り、私はそのまま寝てしまったようです。
「着いたから歩けるかい?」
言われて外に出てみると、そこはホテルの玄関でした。
困ります、帰ります、と言ったのですが、呂律すら回っていません。
記憶はありますが、体が言う事を効かない状態だったんです。

そして肩を担がれて、そのままホテルの部屋へ連れて行かれました。
ダンディーな部長に好意を感じていた私は、心の中では期待してしまっていたのかもしれません。
いつもなら絶対あり得ない事なのですが。

部屋に入り服を着たままベッドに寝ました。
フワフワで心地よくて、知らぬ間に寝ていました。
どのくらい寝たのか分かりませんが、何とも言えない感覚で目が覚めました。
胃からは猛烈な吐き気、膀胱からは強烈な尿意、アソコからシビれるような快感。
私はやっとの思いで目を開けて起き上がりました。

見てみると私は全裸でした。
そして部長が私のアソコに顔を埋めていたんです。
えっ?何?と思った瞬間、込み上げる吐き気が襲ってきました。
私は急いでトイレがあるであろう方向へ向かいました。

トイレで私は思いっ切り吐きました。
下を向くと自然に出てくるぐらい、大量に吐きました。
トイレにしがみつく様に何度も何度も吐いていると、後ろに人の気配を感じました。
でも振り向くより私は吐く事だけに専念していたんです。

「大丈夫か?」
背中をさすってくれました。
返事ができる状態ではありません。
うんうん、と頷くだけで精いっぱいでした。
そしたら後ろから腰を持ち上げられたんです。
「楽になる姿勢なのかな」って苦痛の中思いました。

でも違いました。
ちょうど四つん這いのような姿勢になった時、後ろから突然アレを入れられたんです。
入れられて「えっ??」と思い、また吐く。
いくら何でもそんなにすんなりと入るわけありません。
ローションとか何かを塗られていたんだと思います。
あてがわれた瞬間、ズブズブッとすんなり入ってきましたから。
そして後から問答無用で突き上げられました。

部長のアレは太くて長くて、バックだと子宮にもろに当たるんです。
子宮がグワァーッて燃えるように快楽に包まれ始めました。
でも下を向くとお酒が口から溢れてきます。
何度も吐きました。バックで突かれるたびに吐きました。

次第に吐く物も無くなり、私は便器にしがみついていました。
部長は休むことなく、大きく突いたり小刻みに突いたり、中をコネクリ回すように突いたりしていました。
恥ずかしいのですが、今まで経験したエッチの中で1番の気持ち良さでした。

子宮をアレの先がプルンプルン刺激するんです。
とうとう私は後ろから犯されたままエクスタシーに達して、意識を失いました。
便器を強く抱きしめていた力が、だんだん抜けていって、床に倒れる瞬間までの記憶で途切れました。

暖かくて心地よくて目が覚めました。
私はお風呂に入っていました。
ハッ!と思って振り向くと、部長に後ろから抱き締められた姿勢で。

「だいぶ良くなったかい?」

「あ・・はい・・・」

「まだ吐きそうかい?」

「いえ・・・今は・・・大丈夫だと思います」

「そうか、じゃゆっくり浸かりなさい」

部長はそう言ってお風呂から出て行きました。
吐きながら後ろから犯されてたのは夢じゃなかった。
まだ酔っ払っていましたが、私はいろいろ思い出そうとしました。
いきなり入れられて、失神するほど気持ち良かった事。
あの時「イクーッ!」と叫んでしまっていた事。
思い出すほどに恥ずかしくなり、お風呂から出たら帰ろうと決心しました。
まだ元の生活に戻れると思って。

フラつきながらも急いで体を拭いて、バスローブを着て部屋に戻りました。
部長はタバコを吸いながら、バスローブ姿で携帯をいじっています。

「長かったね、具合はどうかな?」

「あ・・はい、大丈夫です。あの・・私帰りますので」

急いで洋服を見つけて、全部をかき集めて部屋を出ました。
お風呂に戻り、急いで洋服を着ました。
黒い網タイを穿いていたのですが、穿いてみるとアソコの辺りに大きな穴が開いていました。
部長に開けられたんだと思いながらも、早く帰りたくて着替えました。
多分あの時はパニックになっていたと思います。

着替え終わって部屋に戻ると、まだ部長は携帯をいじっていました。
バックを素早く取り、「それじゃ失礼します・・」と言って出ようとしたんです。

「あ?山崎君、これ見てくれるかな?」

「なんですか?」扉に手をかけながら答えました。

「これこれ、よく写ってるだろ」ニヤニヤしながら部長は歩き寄ってきました。

そして眼の前に携帯をかざされたとき、衝撃で倒れるかと思いました。
そこには全裸で横たわる私の写メが写っていたんです。

「なっ・・・なんですか!これは!ヤメて下さい!」

「いやいや、こっちなんかは傑作なんだが」

違う写メを見て、泣きそうになりました。
私が横になって足をM字に開き、アソコにはバイブが挿入されていたんです。
ちょうどバイブから胸、顔が映る角度で撮影されていました。

「ヤメ下さい!警察に行きますよ!」

「う?ん・・どうしようか、私達はあと少しで退職だからね・・」

「そんなの関係ありません!警察に行きます!」

「そっかぁ?じゃ君は本社にも戻れないね。裁判沙汰になれば・・ね」

「なっ・・何を・・・」

「さぁ?行くなら行きなさい、さっきの動画もあるんだが・・」

そういって携帯を操作した瞬間、パンパンと肉体と肉体が当たる音が聞こえました。
そしてさっき思い出した私のエクスタシーに達した声も。

「これを全部社内のみんなに送るとするかな・・」

「やめてっ!やめて下さい!」

「警察に行くんだろ?さっさと行けばいい。私は送るだけだから」

「行きませんから消して下さい!」

「消すわけないだろ、こんな傑作を。泥酔しながらメス豚のように喘いでた傑作を」

「あぁ・・・もう・・勘弁して下さい。消して下さい!お願いですから」

「そこまで言うなら仕方がないな。何をしてくれる?」

「何もできません!お願いですから消して下さい」

酔いも完全に吹き飛んで、私はパニックになっていました。
あんな写メや動画を公開されたら、人生が終わってしまうと。
私は促されるままベッドに腰掛けました。
部長はタバコに火を付けて、ゆっくり目の前にやってきました。

「消してあげるから、とりあえずしゃぶってもらおうかな」

口調は優しいのですが、完全に命令系でした。
私は消して欲しい一心で、部長のバスローブをめくりました。
そこには黒くて太くてグロテスクなアレが、ブランと下を向いていました。
右手で握りしめ、一心不乱にしゃぶりつきました。

「あぁ?・・そんな荒々しいフェラチオじゃ?消せないな」

「頑張りますからお願いします」

「口でイカせる事ができたら1枚消してあげよう」

私は頑張りました。
もともとフェラチオは好きな方でしたし、今までの彼氏を口だけでイカせてきた自信もあります。
彼氏なんだと思い込み、必死で舐めました。

「なんだなんだ、上手いじゃないか、誰に教わったんだ?」

部長は片手でタバコを吸い、もう片方で私の頭を撫でていました。
太くて大きな部長のアレは、すぐに大きくなって、口に半分ぐらいしか入りません。
それでも根元は手で上下に擦り、先の方を口で刺激しました。

頑張っても頑張っても、部長はイク気配がありません。
アレはギンギンに硬くなっているのに、元彼たちだったらもう終わってる頃なのに。
口の周りが痺れてくるぐらい必死で舐め続けました。
その時「パシャッ!」というシャッター音が聞こえたんです。

「ちょっ!ヤメて下さい!」

「イカせる事ができないから仕方がないだろ」

「そんな話聞いてません!」

「このままやってても無理そうだ。次はどうするかな?」

「もう勘弁して下さい、お願いです。」

「それじゃ1回だけ私に付き合うかな?」

「1回で全部消してくれるんですか?」

「それは君次第だよ、マグロだったら私も楽しくないからね」

「分かりました。頑張りますからお願いします」

そのまま優しくベッドに押し倒されました。
そしてキス。
部長の舌が口の中に入ってきました。
その動きが今まで経験してきた動きとは違い、凄く優しいんです。
我に変えるまでウットリとしてしまうぐらい、濃厚で優しくてキスだけで動けなくなってしまいました。
ずっとキスをされながら、上着を脱がされ、ワイシャツのボタンを外され、あっという間に上半身の前は全て肌蹴ていました。
キスが首筋へいき、そして胸元へ。
信じられないぐらいゾクゾクしてしまいました。

ブラをずらされて乳首や乳輪に舌先が当たる頃には、演技ではなく本気で喘いでいました。
元彼たちは、キスから胸へいく時間がほとんどが数分程度。
なのに部長はキスが始まってから数十分は掛けています。
全裸にされて部長の指がアソコに触る頃には、信じられないほど濡れて感じていました。
クリトリスに指が触れた瞬間、脳天にまで痺れが走るほど。

そして私は指で簡単にイカされてしまいました。
耳元で「イク時はイクと言いなさい」といわれ、つい本気で「イクッ!」と叫んでいました。
1度イってぐったりしていても、部長の攻めは止まりません。
クンニが始まり、クリトリスを中心に味わった事の無い舌の動きで舐められました。
命令されたわけでもなく、私は本気で喘ぎ本気でイキました。
腰が浮いてしまい、恥ずかしほどクンニされながら小刻みに腰を動かしていました。
自分でも分かっていたんです。でも止められませんでした。

何度もエクスタシーを味わい放心状態になった頃、目の前に部長の黒くて大きなアレを差し出されました。
私はむしゃぶりつくように、今まで隠していた本能を曝け出すようにしゃぶりつきました。
舐め始めると部長のアレはみるみる内に大きくなっていいきました。
フェラをしている間も、部長は指でアソコを弄びました。
それが気持ち良くて、舐めてさえいられないほどです。

「入れて欲しいかい?」

「はい・・・入れて下さい」

信じられないほど素直に懇願してしまいました。

「よしよし、良い子だ」

部長は私の足を開かせ、アレの先でアソコを擦りました。
自分でも良く分かるほど濡れていましたので、クリトリスに当たる度腰がヒクヒクします。
思わず言ってしまいました。

「早く入れて下さい・・」

やはり部長のアレは大きくて、2/3ほどで子宮に到達してしまいました。
出し入れをするわけでもなく、ただアレの先で子宮を刺激してきます。
トイレで失神した時と同じ動きです。
何度もイカされていたはずなのに、スグにエクスタシーに達してしまいそうです。

「だめっ!いっちゃう!いっちゃう!」

叫びました。
すると部長は動きを止めるんです。
イキそうになって動きが止まる。これが何回も続きました。
ハッキリいって頭は真っ白になり、もうどうでも良くなっていました。
そして部長に抱き付き、自ら唇に吸い付き、激しく舌を絡ませてしまいました。
それを待っていたのか、今度は部長の腰の動きは止まらず、やっとイカせてくれました。

イッた後にもまだ腰は止まらず、今度は子宮を突くような出し入れが始まりました。
頭がおかしくなってしまうぐらい気持ち良くて、大好きな彼氏にでもするように抱き付きキスをしていました。
奥を突かれてまだエクスタシーに達した後、部長は目隠しを要求してきました。

何も考えられず言われるがまま目隠しをして、私は騎乗位で腰を振っていました。
そうなんです。本当に私は馬鹿なんです。
騎乗位で腰を振っている姿を動画で撮られ、まったく気が付いていませんでした。
自分の喘ぎ声で、携帯音が聞こえていなかったんです。

しかもその後バックで入れられている時に、耳元で命令されるがまま言ってしまいました。
「部長のオチンチンが気持ちイイ!オチンチン大好き!部長のオチンチン大好き!」
これが音声で録音されていたんです。
私の頭の中は異様な快楽だけに犯されていました。

何度イッたでしょう。
何度も気が遠のきました。
部長が1回イクまでに、死ぬほどの快楽を味わいました。
部長はイク寸前にアレを抜き、胸に出しました。
私は我を忘れていたので、自ら下がって行き、ドクドクと出ているアレを咥えました。
そして自然と口に出てくる精子を飲み干していました。

朝ホテルを出る時、部長は言いました。

「昨日の君は素晴らしかったから、あの動画は消してあげるよ」

「でもね、まだ10個以上の写真と動画があるんだよ」

「昨日みたいな君だったら1つ1つ消してあげる」

朝腰が立たないほどのエッチは生れて初めての経験でした。
だからどうでも良くなり、部長との交換条件をのむことにしたんです。
その日の仕事中に録音された「部長のオチンチン・・・」を聞いた時、もうダメだって思いました。

部長は結婚していてお子さんもいるので、いつも金曜に抱かれました。
会うたびに消すと言いながら、新しい写メを撮ったりもしていました。
私は部長のエッチの虜になっていたので、写メなんてどうでもよくなっていました。
子会社が統合されて、私は本社に戻りました。
部長はというと、長野にある子会社に移りました。

何度も部長に抱かれたい衝動に駆られましたが、それ以来会っていません。
部長も引っ越して以来、連絡をしてきません。
もしまた連絡があったら・・・
我慢できるか自分でも分かりません。
こんな私はおかしいでしょうか。

ちなみに、今私には新しい彼氏がいます。
でも部長とのエッチのような快楽は得られません。
愛しているのですが、やはり物足りなさを感じてしまう自分がいます。
本当に自分が自分で信じられません。

エクストリーム韓流レイプ

韓国でレ○プ→殺す→遺体をレ○プ→バラして人肉を一部持ち帰りタンスに隠して保管する事件が発生

去る7月の京畿龍仁で発生した猟奇殺人事件の被疑者シム(19)が当初
知られているのとは異なり、被害者を殺害した後、遺体に性的暴行をしたことが分かった。

20日、裁判所と検察によると、シムは、7月8日午後9時頃、龍仁市のモーテルで、
知り合いのキム(17)さんの首を締めて殺害した後、遺体を毀損した疑いで先月9日に
拘束起訴された。

シムは、毀損した遺体の一部をトイレに流していくつかは、家に持ちかえりタンスに
隠して保管していたがキムさんの両親の行方不明通報を受けて捜査に乗り出した警察に捕まった。

シムは、当初警察で「レイプしようとしたがキムさんが強く抵抗したため殺害した」と述べたが、
その後の調査の過程で「レイプ後、警察に通報されることを恐れて殺害した」と言葉を変えた。

これについて警察は、殺人・レイプ・死体遺棄・死体損壊など4つの罪を適用し、シムを
拘束した。しかし、体の特異点が発見され、追及すると最終的にシムが遺体に性的暴行を
した疑いを認めたことによって死体汚辱罪が追加されたことが確認された。
体を汚したり、汚している"死体汚辱"犯罪は発生が非常に少ない。

2011年清州のアパートから身を投げて亡くなった60代女性を高校生がレイプした事件が
発生し、大きな波紋を生んだ。

事情を考慮してシムの弁護人は23日に予定された事件初公判期日を控えて裁判所に
"非公開裁判"の申請書を出した。

弁護人は、非公開の裁判の申請理由として
▲事件の重大性と深刻性
▲公開裁判の場合、被告人の家族が受ける精神的苦痛
▲裁判所組織法第57条第1項などを聞いた。

裁判所組織法57条1項は、国の安全保障・秩序または善良な風俗を害する
おそれがあるときに裁判を公開しないように規定されている。

水原地裁刑事11部(部長判事ユン・ガンヨル)は、事件記録を確認した後、
裁判非公開の可否を決める方針だ。

エクストリーム韓流レイプ

SSS:高校生が投身自殺した60代女性の遺体をナイフで刺し、性暴行してから警察に通報
SS:強姦されて産んだ娘、強姦した男の息子から強姦被害
SS:集団強姦された女子中学生、後遺症で精神病院に入院⇒病院で入院患者に強姦されて妊娠
SS:「性暴行後に薬局でセクハラ」の被害女子高生、その後も強姦されたあと強姦される
S:日本の♀イルカが韓国の水族館に行ったら、レイプされまくって2ヶ月で死亡 韓国「水槽が全部悪い」
S:南アで23歳まで純潔を守り通してきた白人女性が赴任先の韓国でレイプされる
S:女児(8歳)を公園のトイレでレイプ、証拠隠滅のため大腸を引っ張り出して洗う(ナヨンイ事件)
S:韓国人留学生がホームステイ先の白人家庭で6歳の女児と4歳の男児をレイプ
A:「韓国でレイプされた!」 米国人船員男性(50)がアメリカで5千万ドルの訴訟を起こす
A:【韓国】女性の住宅に侵入して性暴行した男、「私が気に行ったら連絡しなさい」とメモを残す→御用
A:70代女性を性暴行した後、ヌード写真をバラ撒くと脅迫
A:小学生男子が女子児童を集団レイプ 被加害児童50?100人-大邱市

ーーーーー日常の壁ーーーーー

【韓国】90歳のお婆さんに性暴行
【韓国】85歳の老婆に性暴行?「家を間違えた」
【韓国】実の母(60)を性暴行した37歳男、警察に捕まる
【韓国】60代が60代を6ヶ月間性暴行
【韓国】金品を盗んで70代女性を性暴行未遂の30代に逮捕状(高敞)
【韓国】70代老女を性暴行しようとした30代障害者を立件(釜山)
【韓国】同じ村に住む巫俗の老婆(79歳)を性暴行・殺害した30代を検挙(群山)
【韓国】70代のお婆さん5人を連続強盗強姦、20代を逮捕(済州市)
【韓国】「人面獣心」わが子のように面倒を見てくれたお婆さん(76)を性暴行(高揚)
【韓国】妻が病院に入院中…一人暮らしのお婆さんを性暴行(光州市)
【韓国】60代のお婆さんを性暴行、40代を手配(沃川)
【韓国】老女・老人に対する性的被害「老女の性暴行被害が急増」?女児よりも多い
【韓国】お婆さんばかり狙ってレイプ 20代男に逮捕礼状
【韓国】お金を貸してくれない→遠縁の老婆(72)を性暴行(聞慶市)
【韓国】「力のない」お婆さん・障害女性だけ選んで性暴行



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード