萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

不倫

ネットで遠距離女をやった

ネットで知り合ったものの遠距離で会えないって事ありませんか?

オレの体験では相手がヤリマンだとセクロス出来るんだってのを語ります
暇つぶしにでも覗いてみてください。

ネット知り合っていろいろ話してるうちに仲良くなった離婚したばっかの千葉のバツ1看護士
寂しいからって暇つぶしに話し相手になってたら住所や電話番号簡単に教えてくれた。

ネット知り合って仲良くなり、おなじソフトバンクだったので
何時間も電話で話したり約二年間頻繁に直メールや電話でやり取りしていた。

こっちは東北の田舎、向こうは千葉の茂原。
そもそも会う事もないと期待してなかったから、こっちは暇つぶし程度に考えて軽い気持ちだった。
でも向こうに、かなりの好意はあったようで、おれにそんな事まで話していいのかよって話も何でも
してた、実際会ってみたかったし、なによりやりたかったのは事実。

向こうも会いたいってかなり思っていたようだが、既婚のおれを気遣い会いたい気持ちを抑えてたと
言ってた。
そうなるとやれるチャンスと思って少し押したら「一度だけ会ったら後は会わないで忘れる」と言う
提言を向こうがしてきて実際会う事になった。

一度だけってのは、実質セクロスだけするって意味は、向こうだって判ってたんだから、正直会うって
事になった時は、相当性欲が溜まってたんだなと思う

じゃなかったら、いくらメールや電話してても、会った事ない男と初めてあってセクロスしないだろ
正直、これがもし彼女だったら、そんな尻の軽いやりまんは付き合いたくないし嫁なら不倫と判って
セクロスしにくるなんてもっての他。

彼女としてならいらないけど、やるだけの肉便器なら大歓迎なので嬉しかった。

ここからは当日の日記風に..。
逢う当日(1月9日)京子ちゃんは、在来線で東京駅まで行き新幹線に乗り換えて那須塩原駅に
午前9時40分ぐらいに到着。
途中メールで「いま小山だよ」とか「東京の人は歩くの速い」と言ってた。

わざわざ茂原からおれの快楽のためだけに新幹線使ってくるなんて、なんて便利な肉便器かと
当日は凄く嬉しかったのを覚えてる。
こっちは一銭も出してないし、もちろん援交でもないから、タダでやらせる為に来る女なんて
この世にいるなんて正直驚いたし、おれにそんなにしてまで抱かれたいのかと狂喜した。

そもそもおれが既婚だから忘れるって事なら、会うなんてしたら逆効果だし、まして
セクロスなんてしたら、ますます忘れられなくなるのは、誰が考えても判る事なんで、
忘れるって言いながら、実は向こうも身体を使って忘れられなくしようとしたんじゃないかと
後から思ったら、納得した。

初めて会うので目印は?と聞いたら「モコモコが付いたブーツ」と京子ちゃん。
わざわざお土産に落花生持って来た。身体だけじゃなくお土産まで、よっぽどおれに
好かれたいのかと優越感に浸ったのは事実。

改札抜けてから?オレ「実物の京子ちゃんっていい女だよね」
京子ちゃん「当たり前じゃない」とかの会話でごく自然な振る舞いだった。

なんか俺に気遣いしてくれたり「献身的な女性だなぁ」と言うイメージでますます嬉しくなった。
京子ちゃんにオレが「優しくていい瞳だよね」って言っら嬉しそうにうつむいたのが可愛かった。

合流後、駅前でレンタカーレンタカー、フィットを借りる?ホテル那須物語へ
「最初にホテル行くけどいい?」聞いたら「はい」と恥ずかしながら答えてくれた。
向こうも初めからヤルのが目的だったと改めて確認できて安心したのと、ホントにヤルだけで
新幹線乗ってくる肉便器がいるんだと驚きを覚えた。

ホテルでは、確か四時間ぐらい居た。
子供の話し京子ちゃんの両親の話し友達の人たちと色んな会話で盛り上がった。

仕事の話しで、病院は動物園みたいだとか患者達は一生薬飲み続けてもこのままで、
可哀想な気もするとか....そんな話しをベットでいちゃいちゃしながらしてた。
ベットに数回ダイブして子供みたいにはしゃいでくつろいだりもした。

一緒にお風呂に入ろうってなって、初めて裸を見たけど初めて会うおれに別に隠す様子もなく、
実はこうゆう事に慣れているのかと思った。
見るだけでも恥ずかしいのにお互いの身体を洗いっこしたり、やっぱり初めての男相手でも
慣れてると確信したんで、だったら肉便器扱いで当然と改めて思った。

ベットインしてお互いの身体触りながら、胸やあそこを念入りに舐めた。
もう舐める前からかなりぐしょぐしょで、「京子ちゃんはえっちだなぁ」って言ったが
内心は「よっぽどヤリたかったのかよ、この性欲女」って思って興奮した。

少し休憩して2回戦目
今度はスムーズに入ったし、少し長く持ったので京子ちゃんもかなり感じて満足した様子だった。

ホテル出てから京子ちゃんの帰りの新幹線の時間までレンタカーで那須のお土産物屋に行き
チーズ入りのお菓子買って食べたり、那須?那須塩原市?西那須塩とドライブした。
この時点でオレは凄く楽しかったなぁ♪ 

わざわざ新幹線でオレに抱かれるためだけに来る女なんて、なかなか居ないよな。

結局、会っていた時間は午前10時くらいから午後6時くらいまで、出張デリヘル頼んでも
こんなに長くはお金かかるけど、中出しまでしてタダで出来る女なんてホントに貴重。

帰りにまた会おうって言ったら「ごめんなさい、もう会えない」って
でもその後、連絡したら結局終わりにはしないで、そのまま連絡を続ける関係に戻った、

そんなにヤリたいのかって正直思ったけど、タダでやれるし献身的にしてくれるから正直
美味しいので続行。

もう一つ続けたかった理由に、中で出したので妊娠してないか心配だったと言うのもあって
こっちは嫁がいる身だし、「責任とって!」って言われたら困るのが大きかった。

その後、向こうに彼氏が出来たりしたけど、オレとの連絡は続いていて彼氏よりオレが
いいのかと内心嬉しかった。
彼氏にしてみたら、自分以外にやった男と密かに連絡取り合ってる女なんて気持ち悪いだろうが
オレからしたら、彼氏がいてもオレと繋がっていたいなんてホントに肉便器だなぁと思った。

逆にそんな肉便器と付き合う彼氏に同情する。

男性の生殖器への魅力

この前、主婦友達から相談を受けたんです。
その相談内容は、旦那以外の男性と関係を持ちたいとのことだったんです。
私が、そんなことしたらダメ、もし浮気をしてバレでもしたときどうするのか
と聞くと彼女はこう答えました。

『浮気は一回だけ、セックスレスの状態はもううんざり、私だって久しぶりにエッチがしたい』

と何の恥じらいも無く、いいました、でも彼女の気持ちは分かるんです。
正直結婚して、そういったことをしなくなってしまうもので、
とても日人肌恋しいと思うときはあります、だから彼女のその素直な気持ちを理解は
できるのですが、なかなか、真っ向から旦那さんを知っているだけにできなかったんですが
その友達からこんなことを言われたんですね

友達『旦那さん、あなたの携帯とかチェックする??』
私『いやされたことは無いけどなんで?』
友達『私の旦那はしてくるのよ』
私『うわーなんかいやだね、エッチの相手もしてくれないくせに』合わせた
友達『ねーお願いがあるんだけど』

嫌な予感がしたけど一応聞いてみた

私『何のお願い?』
友達『私の変わりに連絡をとってほしい人がいるの』

やっぱりそっち系だ、そこからどんどん話は大きくなった。
彼女が私にお願いしてきた事は、私の変わりに見ず知らずの男性と
連絡を取ってほしい、そして、友達と、その女性が会えるようにセッティングをしてほしい
とのことだったんです。

本格的に浮気計画を立ててると思い、最初はそんなことには協力できないと
いっていた私ですが、彼女の本気のお願い最終的には、納得してしまい
私は一回だけとの約束でセッティングをすることにしました。

そして驚いたことに相手の男性はまだいないとのこと
彼女が言うには、『艶妻の本音』というサイトなら、人妻ってだけで
そういった目的の男性がいっぱいいるから、結構良さげな男性を捕まえてほしいとの依頼

かなり、わがまますぎるお願いに、少し我慢の限界を感じましたが
一度、依頼を受けるといった以上は、断りづらく、彼女の言われるがままにその掲示板に登録

それから、彼女は、セッティングをお願いするだけお願いしてその日は帰りました。
そして、私は夜は旦那がいるので、夜に携帯を扱うことは無く、その日は登録だけを済ませ
終わりました。

そして次の日のことです。
その友達からの着信がすごいことに・・・かなり欲求不満なんだなと感じました
そして、友達の着信以外に何件かメールが届いていました。
それは、昨日登録したサイトを利用している男性からのメールで、さっそく会いたいなどの内容の文章でした。
私はこのセッティングの依頼を早く終わらせたかったので、すぐにその人たちに返信を返し、
エッチができるなら会えるよと、単刀直入に、返信をしていると、
ものすごく、興奮したような勢いで、返信が来ます、すごいなこの掲示板と思いながらも、
この調子なら、すぐにセッティングは終わると思っていました。

そして、一番くいつきがよく返信しやすい、年下の男性がいたので、
その人と多くメールのやり取りをしていました、しかし友達の要望は良い感じの男性
つまり不細工過ぎない男性ということでしたので、文句を言われるのは嫌だったので
一応その人の写メをもらうことにしました。

そしたらすぐに返ってきた返信メールに添付された画像をみてびっくり
思っていたよりもかっこいい感じの男性が写っていて、硬くなった男性の生殖器をむきだしにしている
裸体の写メ

びっくりしたけど、なんだかその写メに見入っている自分がいたんです
久しぶりに見る男性の生殖器、なんだか興奮までしたのを覚えています。

そして私はいけないことをしてしまいました。
この男性の人は、私とメールをしているし、今この人から、メールが届いたことは
友達は知らない、そう思うと、今目の前に移っている生殖器を、久しぶりに、私に入れてほしくなってきて
今日限りなら今すぐ会えるよと返信してしましました。

それからどんどん話は進んでいき、気づいたころには待ち合わせに友達をおセッティングするはずなのに
私自信が向かっていたんです。

そして写メと同じ男性が来て、すぐにラブホテルに行きました。
写メで見るよりも生生しくて、大きな生殖器にかなり興奮したのを覚えています。

私の友達の性欲を少し馬鹿にしていたのに、今その生殖器に夢中になっている自分を恥じましたけど
ほしくてたまりません。

私はそのまま、友達のセッティングを忘れて、その人と一回限りの不倫体験をしました。

そしてその後、私は、友達のセッティングを無事にできることに成功したんですが
私が、別で、セッティング前に、ほかの男性とホテルへ行ったことは友達はしりませんし、
私はいまでもその掲示板で、一回だけの浮気のできる男性と会ったりしています。

と友達のお願いがきかっけで、その掲示板にはまってしまった私は、
今、は旦那とのセックスレスはもう関係なしで、楽しく毎回違った人と不倫しています。

夫が不倫してHIV感染

旦那が不倫相手からHIVうつされてた事が判明しました。

浮気判明してから性病が心配になって、検査しようと旦那を説得。
先日2人で検査に行ったら、旦那のみ陽性。

まだ旦那の事を愛してるし、再構築したいけど、
これからの事がとても不安です。

HIVに感染したらSEX出来ないね。
確か、傷害罪とかになるんじゃなかったっけ。

128です。
HIV判明してからの旦那は、
「俺とは別れたほうが幸せになれる。俺は最低な人間なのでこのまま死んだ方がいい」
と毎日言っています。

猛反省していた旦那を信じて再構築する決意を固めていただけに、
気持ちは複雑です。

別れるのはいつでも出来るし
気持ちが落ち着いて考えがまとまるまでゆっくり悩めばいいんじゃない?
日常生活ではうつらないんだし。
HIV感染って事は風俗とか行ってる可能性が高いですね。

子供いるのに生で浮気して自分だけでなく家族の人生狂わせるような迂闊な人の
食事管理と服薬管理と通院のサポートとかできます?
発症しなくても免疫なくて体力落ちてきて表面上元気に見えても今までと同じ生活はできないし
仕事続けられない人も多いし、よそから感染症もらうことに神経質になったら
お子さんと一緒にプールや海も難しくなる

支えてくなかでふと辛くなったときに家族を苦しめている病気の原因が旦那が
自分たちを裏切って性欲にはしった結果だなんてことを考えるとしんどすぎるよ
今はかわいそう支えたいって思うかもしれないけどほんと冷静になってくださいね

まさに因果応報だね?
不倫相手はどうしてるんだろう?
もしかして感染してることすら知らないのかな?

知ってたなら訴えられそうだけど、風俗かもしれないよね。
前にすっごい美人の風俗嬢がHIV感染してるの店も承知で
雇ってたって聞いたことがある。腐ってるよね。

キャリアの人はSEXすると、傷害罪で逮捕じゃなかったっけ?

子供が苛められそう…エイズの子とか言われて

自分とか子供とかが感染する前に覚めてほしいな。
悲惨すぎるから。

婚約者の調教動画が見つかって7

優子を不倫のおもちゃにして調教していた男に対して、制裁を加えるために何とか手がかりをつかもうと、優子の部屋に隠してあったUSBメモリ内の動画を調べる作業を続けていた。

前回見た動画はあまりにも酷い物だったので、本当に男に対して殺意に似た怒りがわき上がっていた。
ただ、同時にそこまで汚されてしまった優子と、このまま予定通り結婚できるのか?・・・  そんな葛藤も持っていた。

しかし、優子と過ごすときはそんな事はおくびにも見せずに過ごしていた。結婚式に関して、具体的な話もするようになっていた。しかし、俺の心は迷いと疑惑と色々な感情でグチャグチャだった。

優子の部屋のパスワードがわからない方のUSBメモリも、いっそ持ち出して専門業者に出す事を検討していた。
しかし、1日で解析できない可能性が高いと言われていた事もあり、踏み出せなかった。

結局、動画を見る事で手がかりを得ようともがいていた。

その動画にまず映ったのは、どこかのマンションらしき部屋の一室で、股下0cmのピンク色のマイクロミニスカートをはいて、上はブラジャーだけ、しかもカップ部分の布がなく、ピンクのヒモで出来たようなブラを身につけた優子だった。

白くて小ぶりなおっぱいが丸出しになったビッチが着るような下着を身につけて、部屋の中を掃除している優子が映っている。

かがむとスカートの中が丸見えになり、下着をはいていないのが確認できた。相変わらず毛が無くツルツルしたあそこがチラッと映り、体育の時とか、自宅で風呂に入るときとか、どうしていたのだろう?と、意味も無く心配してしまった。

掃除をしているところを、無言で淡々と写していたが、ピンポーンとインターフォンの音がして優子はカメラを見た。
「本当に、このまま行くんですか?」
「ほら、待たせたらダメだろ?行けよ」
「・・・・・はい・・・」

そう言って、玄関の方に向かう優子。
映像はそこで一瞬途切れ、場面が変わって玄関が映るアングルになった。全くカメラが動かないところを見ると、固定してあるようだ。その玄関の様子から何か手がかりは無いかと必死で見ていると、エロい下着を着た優子が映り込んできた。
ドアの前に立ち、ノブに手を伸ばして固まる優子。そのままの姿でドアを開けるなんて出来るわけがないと思った。
するともう1度ピンポーンと鳴り、それに驚いたようにノブを回してしまう優子。

ドアがガチャリと開き、
「お待たせしました!」
と言う、元気な男の声がする。
ドアが完全に開くと、ピザを持った若い男が驚いた顔をしているのが映った。
優子は胸を隠す事もせずに、
「ありがとうございます。いくらですか?」
小声でそう聞いた。声は、震えているような響きだった。

若い男は、優子の胸に目線が合っていたが、慌ててそらしながら
「4,800円です」
と、うわずった声で言った。
そして優子は下駄箱の上の財布から、まず4,000円を渡し、細かいのを用意していたが、硬貨を落してしまった。

すると優子は若い男に背を向けて、足を伸ばしたまま腰から曲げて、床の上の硬貨を拾い出す・・・

時間をかけて硬貨を拾う優子。
若い男の目線は、優子のスカートの中にあっている。
当然、優子の丸見えのあそこが見えているはずだ・・・

そして硬貨を渡すと、両手にピザを持って優子に渡そうとする若い男のペニスを、ズボンの上から触る優子・・・
「このフランクフルトも、追加で食べてもいいですか?」
信じられない事を言う優子・・・

「えっ!? ちょっと! お客さん・・・ えっ!?」
驚きながら、全力で後ずさる男。一歩踏み込みながら、さらに股間を触る優子。
男はドアに背中が当たり、それ以上下がれない。両手もふさがっていて、腰を変な風にくねらせながら逃げようとする。

優子は、手慣れた風に見えるなめらかな動作で、男のベルトとジッパーを操作して、ズボンを膝まで下ろしてしまう・・・

トランクス丸出しになった若い男は、思いっきりテントを張っていたが
「お客さん! ダメです! 困ります!」
そう言って慌てふためいている。ピザを下駄箱に置けばいいだけのような気もするが、パニックになっているようだ。

優子はそのままトランクスも下ろして、
「いただきます」
そう小声で言って、男のペニスを口に含んだ・・・

もう、吐きそうだった。まだ高○生の優子に、こんな恐ろしい事をさせている男は、何を考えているのかわからなかった。愛しているなら、優子の事を愛しているのならば、なぜ他の男にこんな事をさせるのか?全く理解できないし、嫌悪感と怒りしかわかない。

動画の中では、口もきけなくなった若い男が、優子にフェラチオをされるがままになっている。
ピザ屋さんの制服で、両手にピザの大きな箱を抱えた若い男が、エロいブラにノーパンの高○生の優子にフェラチオをされている・・・
信じられないが、映像は残酷にその後の光景も映し出す。

しばらくフェラチオをしていたが、若い男が
「ダメです! 出てしまいます! お客さん!」
その声に合わせて、口からペニスを抜いて手でしごき始める優子。
「ごめんなさい!イきます!」
男がそう言うと、ペニスを自分の顔に向ける優子。

男が震えると、白い精子がペニスから勢いよく飛び出した。
それが、優子のあどけない可愛い顔を汚していく。鼻やまぶたや、前髪、頬などを白くドロドロにしながら、射精が続く。それを体を震わせながら受けている優子。

そして、出し切ると若い男はビザを玄関の床に置き、逃げるように飛び出していった。優子は玄関の鍵をかけると、フレームアウトしていった。
また場面が変わり、顔に精子を付けたままの優子がアップで映った。
男は優子の股間に手を突っ込むと、
「お前は本当にどうしようも無い淫乱ドMだなw」嘲笑するようにそう言うと、手を抜いてカメラの前に持ってくる。
右手の指先は、たっぷりと濡れているようだ。
「あぁぁっっ! いやぁぁ・・」

「ピザ屋の店員のくわえながら、何でこんなになってるんだ?」
「ゴメンなさいぃ・・  あんな変態なことしながら、興奮してましたぁ・・・  ハァ・・・ んっ」
「お前、イっただろ?顔射されてw」
「あぁぁ・・・ はい・・ イってしまいましたぁ・・・ 知らない男の人の臭い精子を顔に浴びながら、淫乱優子はイきましたぁっ! ゴメンなさぃぃ!」

「尻出せ」
男がそう言うと、優子は嬉しそうに
「はい!ご主人様!」
そう言って男に尻を向けて、さっきピザ屋の若い男にしたように、膝を伸ばしたまま腰から曲げて尻を突き出した。
そしてさらに、自分の両手であそこのビラビラを左右に広げた。クパァと、音がした気がするほど大きく広げている。
優子のピンク色の膣内が、怪しくうごめいているのがカメラでもわかるほどだった。

男は黙ってその大きすぎるペニスを一息に優子の中に挿入した。

「ぐはぁあっ! イくっ! イくっ! いくぅぅぅ・・・ あがぁぁ・・」
そう言って、背中が真っ二つになるのでは?と思うくらいのけぞりながら痙攣している。

男はそんな優子の状態など気にせずに、強くピストンをしている。
「もうダメ・・・ イったのにイっちゃう・・・  イっちゃうよぉ・・・  あがぁぁっ! ご主人さまぁぁ・・・ 愛してます!  愛してます!  世界一愛してます!  奥さんよりもご主人様の事愛してるよぉ・・・  あぁぁっ!  イくっ!」
そう言ってまたのけぞる優子。

やはり、不倫という事は間違いないとわかった。許せない・・・

「イくぞ」
男は短くそう言うと、優子の腰を両手で持ち、引きつけるようにしながら優子の一番奥深いところで射精した。

「あぁぁぁ・・・ 出てます・・・  幸せです・・・  ご主人さまぁ・・ もう奥さんとはしちゃダメだよぉ・・・」
「愛してるぞ・・・ お前が俺の願望を叶えてくれるなら、もうお前としかしない・・・」

優子の一途な恋愛感情を逆手に取り、奴隷のような扱いを受け入れさせているというのがわかった・・・

ただしかし、優子も男に奥さんがいるとわかっていながら不倫をしているというのがわかり、ショックだったし気持ちが大きく揺らいだ。

そう思っていたら、動画の中で
「もうすぐ離婚成立するんですよね?  信じていいんですよね?」
そんな事を優子が言っている。
「心配かけてすまないな。弁護士同士の話し合いが長引いてるから・・・  でも、もうすぐだと思う・・・  信じてくれ。俺が愛してるのは、優子だけだ。」

こんな良くあるウソに引っかかる優子が、不憫で仕方ない。バカな女だと言って、嫌いになれれば良いのだが、優子がいない生活など想像できないし、耐えられそうも無い・・・

とにかく男に制裁を加える事が出来れば、優子の事も消化できると信じていた。

そのために、萎えそうな気持ちを奮い立たせながら動画をさらに確認した・・・

婚約者の調教動画が見つかって5

優子が昔調教されていた動画が見つかり、ひたすら戸惑い動揺していたが、男が結婚していて不倫の相手として優子をおもちゃにしていたことが判明して、燃えるような怒りに包まれていた。

とは言っても全く手がかりはなく、優子に聞くわけにもいかず、優子の調教動画に手がかりを求めて膨大な数のファイルの確認をしていた。

怒りに支えられているとは言え、それは非常に気が重く優子への気持ちが揺らぐのに十分な衝撃的な内容ばかりだった。

男は、巧みに自分の顔が映らないようにしていたし、編集もしているようだ。また、優子にはご主人様としか呼ばせないなど、徹底して証拠が残らないように気配りをしていた。

早送りで飛ばしていきたいが、音声をすべて聞かないことには手がかりは得られないと思い、吐きそうになりながらすべて見ていった。

ハードな物が多い中、遊園地でデートをしている動画があり見ていると、優子にチケットを買いに行かせているところを写している。
何か小さなリモコンのスイッチを入れると、窓口でチケットを購入している優子がビクンと震えて、腰が引けるのが映る・・・
優子が戻りアップで映ると、薄手のブラウスの胸のところには、乳首がはっきりと浮き出ていた。

男は乳首をつまみながら
「なに堅くしてる?」と聞く。
「あぁっ! ごめんなさぃぃ・・・ リモコンが・・・ あっ・・・  いやぁ・・・」
小声でエロい声を上げながら、身をくねらす。
「優子は係の人と話ながら乳首をこんなにするのか?」
「ごめんなさいぃ・・ あぁぁ・・・  ダメです・・・  イきそう・・・」
まだあどけない顔の優子が、顔を真っ赤にしながらそう言う。
男は、リモコンのスイッチを切りながら
「勝手にイくな」
短くそう言う。
「いやぁぁ・・・  いじわるしないでください・・・」
泣きそうな顔でそう言う優子。こんな顔を、俺以外の誰かに見せてきたと思うと、泣きそうになる。

そして場面が変わり、園内のレストランで注文をする優子。明らかに顔が赤く息が荒い・・・
「ドリンクは、いつお持ちしますか?」
「・・・ンッ!  先で・・・  んんっ!  お願いします」
そう言いながら、ブルブル体を震わせる優子。店員さんは、怪訝な顔をしながら奥に引っ込む。
カメラを真っ直ぐに見つめながら、
「イきましたぁ・・・ ゴメンなさぃ   ご主人様以外の人と話ながらイってしまいましたぁ・・・」
そう言う優子の顔は、とろけたような顔で幸せそうであり、男への絶対的な信頼と愛があふれていてくじけそうだった。

その後は、観覧車の中で優子にフェラチオをさせている光景が映った。外向きに座った男の横に座り、喉奥までくわえている・・・

しばらくすると、優子が男の上に対面座位の反対の姿勢で腰を下ろしていく。
「ご主人さまぁ・・・  入れても良いですか? 入れさせて下さい」そういって、スカートをめくり上げると、パンティをはいていないのが見えた。

そのまま挿入すると、
「あぁぁっ!  だめぇぇ!  見られちゃう!  イっちゃう! ご主人さまぁぁ!  イっていいですか!?」入れてすぐにそこまで高まる優子・・・

「良いぞ、イけ」
短くそう言うと、優子は狂ったように腰を上下する。頂上付近とは言え、他から見られている気がする。
「ご主人様!イきます! あぁぁっ!  こんなところで、人に見られながらイきます! イくぅっ!」
そう叫びながらのけぞる優子。
男も、短く体を震わすと、優子の中に注ぎ込んだようだ・・・

「あぁぁぁ・・・・ ご主人様の出てます・・・・  ありがとうございます・・・  愛してます・・・・」
そう言う優子は、とろけきった顔で幸せの絶頂にいるようだ・・・

そして、優子の本気汁で真っ白に汚れたペニスを、愛おしそうに舐めてくわえて綺麗にすると、服を整えてゴンドラを出た・・・

その間もずっとビデオを回しているが、歩きながら優子の太ももを伝う白い液体が映っていた・・・

この動画も、全く手がかりがなく、ただただ凹んだだけだった・・・

この前の、屈辱的なロストバージンの動画といい、このまま見続けたら、男を殺してしまうのは間違いないと思った・・・

働く人妻は本当にやれる

この手の話は、いくら話しても童貞にはうまくできっこないし。
女慣れしてる奴には「誰にでも判ってるようなことを偉そうに言うな」とか言われて
しまうので需要が少ないのは判っているんだけどな。

それなりに女慣れはしてるんだけど職場の人妻を見てムラムラしてるんだけど
手が出せないでいるので背中押してほしい・・・
なんて奴が100人に1人くらいはいるかもしれないから書いてみるよ。

働く人妻の5人に1人は不倫経験があるという調査結果があるみたいだ。
経験的になんとなく当たらずといえども遠からずのような気がする。

職場に人妻がいるとして、「やれるならやりたい」ではなくて、積極的に
「やってみたいなあ」と思う人妻は5人に1人くらいではないだろうか。

もしそうだとすると狙われる働く人妻はほとんど100%ちかくやられてしまって
いるということかもしれない。

貴男がデブでもハゲでもなくて、仕事もそこそこできて、人妻を口説くのに
手間暇を惜しまないタイプであるなら成功率は5割を超えるような気がする。

結婚してからの年数にもよるが、ほとんどセックスレス状態の人妻は少なくない。
というより今でも週一回はセックスしているなんていう人妻は圧倒的に少数派だ。

だからといって、誘われればすぐに股を開く人妻なんていうのも実際にはほとんど
いない、いきなり口説けば十中八九は拒まれるだろう。
セックスレスの人妻といっても不倫に対する罪悪感は男性よりもずっと強いのがほとんどだ。

まずは日ごろから人妻に対して好意を表現するのが必ず通らなくてはならない第一歩だ。
人間は相手が自分に好意を持っていると感じれば、悪くは感じないものだ。

露骨ではなくて軽い好意の表現を繰り返し繰り返し行うのが、遠回りのようで一番の
人妻攻略の近道だ。
毎日笑顔で挨拶するとか、話す機会があれば「まあ○○さんみたいに素敵な人ならそうでしょうけど」
などと歯の浮いたようなお世辞でもなんでもいい。

あくまでも冗談っぽくが肝心で、間違っても情熱的に恋愛感情を押し出したりしてはいけない。
それなりに女性経験もあって、「女なんて脱がしてみれば誰もそんなに変わりはないな」という
のが判るところまできている男なら、ガツガツしないでさりげない好意くらいは示せるだろう。

旦那に「女」として扱われていない人妻は「女」として扱われることに飢えている。
だからといって不倫には罪悪感がある。

自分に好意はもってくれているみたいだけれど安全そうな男と飲みに行ったりというのは
擬似恋愛のようで人妻には楽しいものだ。

最初は複数で飲む機会を作って「○○さんもどうです」みたいな感じから、そのうちに
「美味い寿司屋があるんですけど今度行ってみません?」とかで二人で飲みに行く。

下心を隠して「あの店に行きたいけど一人じゃなあ・・、どうせなら○○さんみたいな
素敵な人とのほうが楽しいし・・」という感じで誘う。

焦らないでじっくりと構えて釣り上げれば、まず大丈夫。 

人妻は安全な相手だと思えば、「女」として扱われることを楽しみたいものだから。
酒を飲まない女? それは口説いたことないからわからないなあ。まああきらめろ。

3回か4回も飲みにいったころに、いよいよ情熱的に口説いてみよう。
まあまずは飲ませて少しでもいいから酔わせることが肝心なのはいうまでもない。

「ごめん、そういうタイプの人じゃないって判ってるんだけど本気で好きになっちゃった」
とかなんとか・・・

「実は私も・・」なんていうふうにはめったにならないが「え?、だめだよ?」とか満更でも
ないのがほとんどだと思う。「絶対ダメ」とか三角目でビシッと断られたら潔くあきらめよう。

但し断られてもビシッとじゃない場合は半分成功(性行?)したようなものだ。
今までとは違って一度口説きはじめてしまったからには、しつこく粘り強く強引にが重要だ。

「え?、まずいよ」とか言われても、「今日だけでいいから」「どうしてももっと○○さんを
もっとよく知りたいんだ」とか歯の浮くような口説き文句でもいい。
セックスしてしまう女の大半は「相手が強引だった」という理由で自分を正当化するものだ。

ちゃんと店からラブホまでの道は最短距離で行けよ、拒まれても暴力にならない程度に背中を押したり
手を握って引っ張ったり、「頼む」とか「今日だけ」とか、本当に土下座するくらいの気持ちで強引に行け。

まあやれるよ。 大抵はやれる。

何回か二人きりで飲みにいけるところまでいってれば7割くらいはいけるんじゃないかな。

罪悪感はあるんだけど、ちょっと酔ってたし、あんまりにも強引だから つい・・・
っていうのが、セツクスする人妻の典型的なパターンだ。

ベッドインしたら遠慮しないで徹底的にやれ、非日常っていうのが人妻にはいいんだ。
非日常っていう言い訳で旦那ともしていない変態プレイでもなんでも応じたりするものだ。

言葉責めは罪悪感をあおる時があるから、それよりプレイで激しくいくほうがいいような気がする。

手マンで潮くらいは吹かせよう。 目隠しとかソフトSMも悦ぶ女は多い。
俺はSなんで2回目からは縛っちゃうけどな、断られたことはないぞ。

まあな、最初の2、3回は楽しいんだけどな。

やっぱり飽きるよ、それに回数重ねると周りにもバレやすくなるしな。

どっちかっていうとセックスまで持ちこむより、さっさと後腐れなく別れるほうが
ずっと難しいと思う。 上手い放流の仕方? 俺が聞きたいね。

こっちは飽きてくるのに、向こうは前のめりになってきたりするしな。
うまく放流できなければいつかは修羅場になるわけだ。

その覚悟があるならやってみればいい。

働く人妻はやれるよ。
俺の実感だと8割はやれるって気がするけど、低めに見積もっても50%はいけると思う。

旦那バレしたらスリルの代償は高すぎるけどな、それでもやってみたい女っているもんだしな。

結婚9年で妻と別れた。

結婚9年で妻と別れた。
半年海外勤務して、戻って来たら離婚切り出された。
妻の元勤め先の上司と、前から続いてたんだって。びっくり。
で、その上司が奥さんと別れて、両方に慰謝料払ってでも一緒になりたいんだと。
子供もいなかったし、翌々日に離婚届にハンコ押した。

あれから4年経って、あの二人が今では子供二人つくって、
並んで歩いてるのを見掛けちゃったりすると、抑え難い感情が今も湧き上がる。

俺はといえば、ハッキリ言って嫁をとられちゃったわけで、
そんな俺に対する周囲の視線は結構ツライものがある。
再婚は多分しないし、出来ないと思っている。

不倫した妻にすぐに見切りをつけたのは間違いではないと思うが、
結果は人それぞれだと思う。

皆さん、レス有り難う。
再婚したら、と言ってくれる人もいるが、未だその気にはならない。

アホかと思われるかも知れないけど、
再婚してまた同じ目に遭ったら、もう耐えられんと思っている。
そんなこと滅多に無いと言われるだろうが、
似た経験した人は解ってくれると思う。

慰謝料なるものも受け取った。
精神的な苦痛などに対する補償とかなんとか。
3ナンバーの高級車が買えるくらい。
俺には、これが妻の値段なのかと思えた。
買い替えなんて出来ないけどね。

金額はともかく、相手にとっては結局カネで解決出来る問題だったということ。
カネは今も手付かずで銀行においてある。
何に使うにしても気分悪い。

こんなワケで離婚しました、なんて、
つまらないプライドが邪魔して、人にはとても言えない。

「嫁に逃げられた」っていうのより
「嫁に不倫されて」というのは数倍惨めでカッコ悪い。

・・・なんて考え方だからダメなんだろうけどね。
来週で俺43だよ・・・。

皆さん、レス有り難う。
このスレのおかげで、離婚した当時の苦しさが甦って来た。

でも時間が経ったこともあって、無理やり封じ込めた感情も知らぬ内に和らいだ感じで、
少し気持ちの整理が出来たような気もする。感謝。

あんまりキチンと考えて来なかったせいか、
4年前のことは未だ数週間前の出来事のような感覚がある。

普段は何気ない顔をしているけれど、未だに思い出すたび
「死ねばいいのに」「地獄に堕ちればいいのに」
なんて思っている自分がいたりする。

現実に仕返しとか復讐とかするつもりは無いが、
4年経って「もう関係ない」とカッコ良く言い切れないところが、我ながら情けない。

離婚の直後は確かに参った。
部屋に帰っても誰も居ないし、布団に入れば淫らな妄想が際限無く続いて眠れず、
鏡を見て自分の顔の変わりようにショックを受けるくらいだった。
かなりヤバイ時期だったと思う。

それが酒を飲みながら
こんな書き込みを出来るくらいになったのだから、
俺も変わったものだと思う。

明日は早く出掛けなければならないので、書きたいこと沢山有るけど余り多くは書けない。
思い出したことを一寸だけ。

離婚したとき、「子供がいたら、違っていたかも」と何人かに言われた。
妻の母親もそう言った。
9年間、子供が出来なかったのは、別につくらなかったのでも何でもなく、単に出来なかっただけ。

それが俺と別れて再婚したら、すぐに立て続けに二人生まれたんだから、
妻の実家ではどう思っているやら。

どんな形であれ、待望の孫が出来たことに違いないわけで、
妻の両親が嬉々として孫の手を引いて歩いているという話を聞いたりすると、
生まれた子供は免罪符みたいな存在らしい。

しかし、二人の子供が大きくなったとき、
自分たちの両親がどういう経緯で結婚したかなんて知ることがあるのだろうか。

もちろん子供に責任は無い。
わざわざ教えることもあるまい。
でも、もし似たような過ちを子供が犯したら、何と言うのか、二人とも精々考えておくべきだろう。
そういうことは繰り返すかも知れないしね。

皆さん、レス有り難う。

自分の気持ちは充分吐き出しているつもりだけど、
何か奥歯に挟まったような感じだったかも知れない。

でも、酔っ払って書いているし、
その勢いで書くべきでないことまで書いてしまったり(名前とか)
するとイケナイので、抑えつつ書くようにしようかと。

今夜は珍しく酔っていません。

潔くというのは、俺の場合は当たっていないと思う。
妻に「離婚して欲しい」と言われたのは、全く晴天の霹靂だった。

「オイオイ」と突っ込まれそうだが、結婚9年経っても妻は俺にとって、
アイツしかいない、最高の女だと思っていた。

半年の海外勤務が終わって、日本へ帰る飛行機の中で、
帰ったら妻とあんなこと、こんなこと、なんて考えて、
エコノミーのシートでウトウトしながら妻の顔を思い浮かべてた。

駅に迎えに来た妻に、クルマの中で離婚切り出されたとき、
俺の脳ミソは妻の言葉を理解出来ず、時差ボケもあって半ば麻痺状態。

アパートの前の駐車場に止めたクルマの中で、
妻の勤め先の元上司だった男と1年以上前から不倫していたことを告白された。

相手は奥さんと離婚が決まり、慰謝料の目途がついて、
それで自分もそいつの許に行きたいんだと。

余りに唐突な話で、もう呆然、頭の中は真っ白。
「なんで?」としか言葉が出て来なかった。

疲れていたけど、その日は殆ど眠れず、
出勤しても挨拶などして半日で帰った。

翌日の夕方、会社の近くで相手の男と、俺と妻と、待ち合わせて話をした。
二人とも「出来る限りの償いをする」と繰り返して取り付く島なし。
「償い」って何だ、カネ払うから文句言うなってことか。
ふざけるな・・・。

1時間以上、色々言った。
妻は泣くばかりだった。
2人の前で、俺が悪者になっていた。頭痛が酷かった。

妻はもう俺と一緒に家には帰らなかった。
そこで、全部諦めてしまった。

次の日の朝に市役所で離婚届の用紙をもらって記入、捺印。

妻の会社に行って、呼び出した妻に用紙を渡しサインさせて、
また市役所に行って提出。
受理されて、それで離婚成立。

次の日は土曜だったが、
妻には俺の居ない間に自分の荷物を持って行くよう言い置いて、俺は出勤。

帰ったら、置手紙があって、「身体に気をつけて」とかの文面を見て、
すぐに台所の流しで火を付けて燃やした。

覚悟も決意も何も無い。
手っ取り早く済ませてしまいたかった。
スッキリしたかった。これは生来の性格。

むしろ苦しかったのは妻が居なくなったあと。
此方の方が、思い出すのも辛い。

だいぶん経ってから二人が結婚したと、
妻の血縁者からメールで教えてもらった。
子供が生まれたのも聞いていたが、見たことは無かった。

今年の5月の連休に、
近くのショッピングセンターで買い物をしているとき、
二人の子供を連れた元妻が、母親と、そしてあの男と歩いていた。

実を言うと、何かビックリしてしまって、
俺は近くの柱の影に隠れてしまった。
向こうは多分気付かなかったと思う。

元妻は昔と変わっていなかった。
母親は少し老けた感じがした。
意外だったのは、あの男が“普通のお父さん”になっていた。

子供が居るんだから当たり前だが、全く普通の家族に見えた。
心は、その時は、あんまり動かなかった。

拍子抜けというわけではないけど、自分が憎んだ相手は、
もっと悪いオーラを感じさせる存在であって欲しいと思った。
勝手な話だけどね。

色んな感情が湧き上がったのは、家に帰ってから。

婚約者の友人から「彼女と本当に結婚するの?浮気してるよ、あれ」と言われた


昔、婚約してた彼女に浮気されて色々あって別れたんだけど
最近、その元彼女から連絡あってなんか、色々もやもやしてるので、
ここで吐き出しても良いかな?

もしスレチだったら、誘導してくれたら助かる

適当なスレが思い浮かばないので、ここでいいのでは

嫌な気分吹き飛ばしたくて、友達と飲んでたよ。
酔ってるから変なとこあるかもだけど、さくっと書くから暇な人はよんでくれ

俺 25歳(社会人) 彼女 22歳(大学生)

俺と彼女は大学の部活(吹奏楽部)で
知り合って(俺4年時、彼女1年時)
付き合い始めたんだけど(周りには犯罪ってよくいわれたなぁw)、
俺は留年とかもなく普通に卒業したから、
社会人と大学生って立場で付き合い続けてた。

で、色々ありつつも付き合いが2年半位になった時
俺が、プロポーズをして彼女が受けてくれて、
その後お互いの両親に報告した。

お互いの親が顔合わせして、何度か食事会をした。
(ちょこちょこ問題はでてきたけどなんとかなった)

で、彼女の大学卒業を待って結婚しようってことになって
結納も(略式だけど)やって、式場も日取りも決まって、
まわりも祝福してくれて、万事うまくいってるって思ってた。
今思うと、このときが俺の人生の幸せの最高だったなぁ

彼女の卒業を3ヵ月後に控えた冬の頃に
「彼女と本当に結婚するの?浮気してるよ、あれ」
って言われた。

そう言ってきた彼女の友人さんだったけど、全く信じなかった。
ぶっちゃけ、僻みか?ねたみか?とか
逆にその友人さんに対してダメなこと考えてた

結果は、真っ黒すぎてやばかった
浮気ってか、なんだろう。
なんか上手い日本語見つからないけど
とにかく浮気以上に、どす黒かった。
友人も3人ほど減った。というか、減らした。

ずぶずぶどろどろがあって、
結局全部が嫌になって会社辞めて、
地元から離れて、今は一人暮らし。
一度も、帰省してないし帰りたいとも今は思わない。

何の用か知らないけど今日電話があって声を聞いたせいで
嫌なこと全部思い出したんで、記念カキコ

てめーみたいな、ビッ○なんてしらねーんだよ!!!

具体的なところが何一つ書いていない。
真っ黒すぎてやばかった、から具体的に書いてくれ。

会社やめたって、アホやん・・・

今起きた、みんなおはよう
二日酔いで頭いてぇ

どうせだから全部はくわ。
でもまって、頭の中のものより先に、胃の中のものだしてくる

どうせなら全部吐き出しちゃえよ

今日、一日ずーっと飲んでた。
友達にも無理させちまったなぁ

えっと、フェイクありでできる限り詳しく書くわ


元婚約者(元婚)
共通の友人(男):A
共通の友人(男):B
元婚の友人(女):C
俺の友人(男):D
俺の友人(女):E

ABCDEは全員同じ部活、
AとCは元婚とタメ、BDEは俺と同い年

「浮気してるよ」って俺に言ったのは、Cじゃない別の人
俺は、この人の言葉を全く信じてなくて、
「こいつ何考えてんの?」的な感じで
もともと同じ部活ってだけでそこまで親しくなかったんだけど
さらに、距離置いて意図的に避けたりしてた。

今なら、自分に対してアホだな。とか突っ込めるけど、
当時は元婚のことを1%も疑ってなかった。

その発言を受けてから2週間したくらいかな
その日は元婚を迎えに久しぶりに大学に来てて、Cにあったんだよね
親しいわけじゃないけど、顔見知りではあるし
「久しぶり」って感じで俺から話しかけたんだけど、
完璧に無視された。

いやまじで、びっくりした。
同じ部活の後輩だったし、話したこともあったし
しっかり目と目もあったのにそのまま俺の目の前を素通り。
俺呆気にとられたよ。え?え?みたいな。

で、その後元婚が来たんだけど車で移動してるときに話したんだ

俺「さっき、Cを見かけて声かけたんだけど、無視されてさー。
  まじでびっくりした。Cってなにかあったの?」
元婚「え?私は特になにかあったって聞いてないなー。
   気づかなかっただけとかじゃない?」
俺「目の前だぜ?完璧に素通りされちゃったよ。俺がなんかしたのかな」
元婚「気にしすぎじゃない?次あったらまた声かけてみなよ」

って感じの会話だったと思う。

俺って実は後輩から嫌われてんのかな、
って思って地味にへこんだのは覚えてる。
で元婚とそのまま一緒に食事をしてその日は終わり。

問題はその後で、Cに無視されてたから何日かした後
知らない携帯から、電話があった。
確か休みの日だったから土日のどっちかだったな

俺「はい」
C「急に失礼します。俺さんの携帯でお間違いないでしょうか」
俺「そうですけど。すみません、そちらはどなたでしょうか」
C「失礼しました。先輩と同じ部活だったCです。」
俺「おー、久しぶり。知らない番号だからびっくりしたよ。」
C「急にすみません。どうしてもお話したいことがあって・・・・」

みたいな内容だったかな。
俺は、Cからって判った時点でちょっと緊張してた。
あんなこともあったし。
実は俺って周りから嫌われてんじゃね、って考えると怖くね。

?欲しいならあげる

上みたいに(俺「」・C「」)書いてくと長くなるから内容をまとめると、

Cは、最近までAと付き合っていた。
(俺は知らなかった、卒業してからは後輩とはたまーに会うくらい)
卒業が近くなってこれからのことをAと話し合っていたんだけど
Aが煮え切らない態度で最近イライラしていた。

ある日、Aに対して
「私と結婚したくないの?それともできない理由があるの?」
って問い詰めた
そうしたらその時のAの言動がちょっと変な感じだった。

最低だと思ったけど
その時の言動がどうしてもひっかかってAの携帯をのぞいた
そうしたら浮気メールとかそういうのはなかったんだけど、
気になるメールがきてた

Aが、(Aの)友人とエ○写メがどうのこうのっていうのがあった
(こないだの、俺にもくれよ的なメールだったらしい)
そこに元婚の名前が書いてあった。
(他にもいたらしいが、Cが知ってた名前は元婚だけだった)

その後Aを問い詰めたら、しらばっくれてたけど吐いた

以下、Aの証言。

昔付き合ったり遊んだ相手との行為を撮ったりしてた。
それを消さずにもっていて
(今でも)たまに友達にも見せたりして、楽しんでた。

でも、今はそういうことはしていない
(Cも撮りたいって言われたことはあるらしい)
元婚さんは、ただの同名で部活の先輩の元婚さんのことじゃない

上記みたいな内容のことを、Cの泣き言・愚痴入りつ電話で聞いた。

Cは、
「私は別れることにしました。ただどうしても、元婚さんのことが気になったので」
って感じで電話をしてきてくれたみたいだった。
(俺の携帯は、自分(C)と同じパートだった俺の同期から聞いたとのこと)

実物(写メ)をみた?って聞いたら、
「見てないし、見たくもない」
って言われたから俺は半信半疑だった。
ほんとに同名ってこともあるし(姓はかかれてなかった、○○ちゃんみたいな)

でも、同じ部活だったし、
「まさか?え?」って感じでちょい考えこんだ。

とりあえず、Cにはお礼をいって、
もしも元婚に関することでなにかあったら連絡して欲しい。
小さなことでも、できたらお願いするって話して電話は切った。

電話きった後は、かなり悩んだ。
Aと元婚は同じ部活だし、接点なんていくらでもある。
(大学の吹奏楽部なんて合宿・イベント盛りだくさんだし、飲みだって何だって色々)

今まで俺は馬鹿かもしれないけど、
浮気とか一切疑ったことはなかった。

人並みに嫉妬心はあるし、
元婚が自分以外の男性と二人っきりででかけるのは嫌だったから、
元婚とも話してそういうのはやめよう、
もしどうしてもならちゃんと話そうって決めてた
(十分嫉妬深いかw)

付き合いも長いし、
「まさか、あいつに限ってありえない」
的なテンプレ考えで悩んでた。

でも、もしかしたらってのが怖くて、DとEに相談することにした。

事前にCに電話して、
さっき聞いた話をDとEに話してもいいかって許可をもらって(すんなりOKだった)
DとEに電話して、今から会えないか?ってお願いした。

DとEはデート中だったらしいけど、
電話口でCから聞いた話を軽く話して相談をしたいって言ったら、
切り上げて家に来てくれることになった(俺は一人暮らし)

で、DとEと3人で色々話して
(このときの俺の内容はかなり煮え切らない態度だったらしい、「いや、でも・・・」みたいな)
結論として、Aに直接話しを聞かないとなんもわかんねーよってことで
DがAに電話した(DとAは交流があった)

Dは、電話口で聞くんじゃなくて今からおまえの家いってもいいか?って
Aはかなり渋ってたみたいだけど、Dが結構威圧的な感じで
いやー、もうおまえの家にむかってんだよね。わりーなー。とか言って押し切った。
(まじで嫌な先輩像そのまんまだった。)

で、俺とDとEでAの家に移動。
俺とEを見てAが玄関口ですげぇびびった顔してたのははっきり思い出せる

私怨

Aの家に着いてからは、完璧にDによるつるし上げだった。
俺たぶんほとんど何も話をしてない。

DがCからの話をAにまず言った
(今さらだけど、DとEに話す許可はとってたけど、
Aと直で話していいかCに聞いてなかった)

で、DがAに超高圧的に
「もっかい全部はなせや、ゴラァ」とか詰め寄ってた。

最初のAの言葉→その後のAの言葉

「知らないです、何いってんすか?」→「Cの話は本当です。そういうことしてました」
「そんな写真とかないですよ」→「今でも携帯に入ってます。」
「もう全部消しました」→「いまでも(ry 」
「浮気はしたことないです」→「してました」

いや、もうまじで最低だったな。
追い込まれてる時の人ってまじで醜いんだなって思った。

ただ、俺がいるせいか元婚のことに関しては、
完全否定で「絶対に違います」って言ってた。

そしたら、終始無言だったEが「携帯だせ」ってAに最後通告。

Aがそれだけは無理ですって、断固拒否
いいからだせやって詰め寄るEと、
何言われても拒否するAの間で言い合いになったが
かなりイライラしていたらしいDが、Aを思いっきり殴った

殴った後に蹴って、
髪つかんで立たせて殴って、殴って殴って・・・
ってあたりでEが止めた

EもAにイライラしてたらしいけど、
あまりにぼこぼこにするDを見てあわてて止めてた

「あれやばかったよねー、
一瞬頭の中空っぽになって、Aを助けるとかじゃなくてやばいって思った」

(と、後ほど語ってました。)

で、殴った後Dは無言でAの携帯を強奪

Aがやめてください!って叫ぶのに対して、
うるせぇだまれくずが!って怒鳴り返してた

そのまま、DがAの携帯奪ってメール・フォルダを見るも証拠なし。
EがAのPC立ち上げるもそれっぽいものはでてこなかった。

俺とDは、これはほんとに違うのか?とか思い始めてたんだけど
EがAに対して急に質問し始めた。

E「ねぇ、Aがとった写メとかほんとにないの?」
A「ないです」
E「全部消したの?」
A「消しました」
E「それは、Cちゃんのために?」
A「そうです」
E「本当に何にも残ってないのね?」
A「もうないです」

たぶん、こんな感じの内容だったと思う。

聞いてる俺には何も変な感じもなかったし、
Aがうそついてるって感じもしなかった。
けど、EはこのAとの問答で確信がでたらしく

「D、Aの引き出しとか全部開けて。USBとかメモリーカードとか探して。
絶対にどっかにある。こいつ絶対に持ってる。」

と、断言口調で命令。

Dが探し始めると、Aがプチ発狂しだした。
それも、EとDが押さえ込んでさらに家捜し続行
(完璧に犯罪。もうここまでの段階で犯罪確定だよなw)

?

家捜しの結果
(といっても、引き出しをいくつか開けたらすぐにUSBがいくつかみつかった)
見つかったUSBを一つずつ確認していくことになった。

どのUSBにもパスワードとかは設定されてなく、
中身を確認することができたんだけど
その中の2つに件のデータをついに発見。

結構な枚数があったと思う。
その段階でEが俺とDに対して、
「あんたらはちょっと離れて。私が確認するなら」
といわれて、俺とDはAの監視をしつつPC画面を見ないようにして待機。

この時の自分はすごい緊張してたわ。
何かもう心臓バクバクだったし、手に汗も握ってた。
あってほしいのかどうかもわからなかったな。
ただ緊張してるだけだった。

で、時々「うげ」とか「うっわ」とか声だしてたEだけど、
こっち向いて俺に手招きしてきた。
E「これ、確認して?前後数枚たぶんそうだと思う」

見た瞬間吐きそうになった。
てか、吐きたかった。
見間違いとか疑えるものじゃなかった。
まじで、色んな意味でモロだった。

すごいよな、何度も何度も見たことあるし(当たり前だけど)
自分だってした行為なのに
写真で他人としてるってだけで、ものすごい衝撃だった

もう、全部がぶっ壊れるくらいだったわ

その後は、
Aに対するより凶悪なつるし上げとデータの押収で終わった。

俺は何もしてなかったと思う。
Aにも何も言わなかったと思う。

DとEがAに色々話してて、
いくぞって無理やり引っ張られたことしか覚えてない。
(今でも、まじで思い出せない)

その後、自分の家に戻っても空っぽだったわ
もう、写真しか思い出せないのwwwwww
あういう時の人間ってやばいね、
自分がなって初めて知ったけどほんとにおかしくなりそうになるわ

とにかく、DとEがあれこれ話してくれて、
Dが今日は泊まってくれることになった

Eが帰って、Dと二人っきりになった夜に
生まれて初めてってくらいに真剣に自分の心情を吐き出したと思う。

Dは特に何も言わずに全部聞いててくれた。
で、そのまま明け方近くになって、
俺がDに「ケリつけたい」って言った。

そしたらDが
「判った。はやいほうがいいだろ、だらだらしたってどうにもなんねーよ」
俺も、それにうなずいた。

その時の俺はもう、全部をはっきりしたかった。
これ以上もやもやしたくないしわからないことがあるのも嫌だった。

Aと元婚をどうしたいってよりもはっきりしたかった。
たぶんこれだけだったと思う

次の日、Dが早朝にEに電話して呼び出してくれた。

まじで始発レベルの時間だったのにEは来てくれて、
EもDと同じように「判った」って言ってくれた。

その後、二人から昨日Aから聞きだした内容を教えてもらって
(肉体関係をもったのはいつか、何回か、どちらからか、とか。思いっきり浮気だった)
それで、二人と相談してその日に元婚を呼び出すことにした。(データもあるし)
俺が元婚に電話をして(手ふるえた、声もたぶん震えたwww)、

「いま、DとEが俺の家に遊びにきてるから元婚もおいでよ。
二人も会いたがってるし、久々に4人で話さない?」

って。

元婚すっげー喜んで、
「いくー!」
って言ってた。

で、元婚がいつもどおりの笑顔で俺の家に来た。
Aから連絡はいってなかったぽく、特に変なところもなかった。

で、元婚を部屋に入れて全員が座ってすぐに、
俺から切り出した。

俺「実はさ、今日元婚に聞きたいことがあって呼んだんだ」
元婚「?なに、どうしたの??」

しえん

俺「元婚さ、う、う、うううう・・・・」
元婚「???」 

(ここ今でも覚えてる、
浮気っていえなくてどもりまくった俺をまっすぐ見つめる目が忘れられん)

俺「浮気、してるだろ?」
元婚「え?」
俺「だから、浮気。してるんだろ?」
(これ、本当は「してた」って聞くべきなんだろうけど、Eから「してる」の方がいいって)

元婚「やだ、いきなりなにいってんの?急に変なこといわないでy」
俺「してないのか?本当にしてないって言い切れるか?」
元婚「ど、どうしたの?」
元婚「してないに決まってるじゃん。するわけないじゃんか!!」
俺「本当に?」
元婚「ほんとだよ!浮気なんてするわけないじゃん!
   なんでこんな時にそんなこというの?」
(結納すませて、結婚間近です。この時。あしからず。)

元婚「ねぇ、どうしたの?ほんとにいったいどうしちゃったの?何で?何で?」
俺「証拠ある。」
元婚「え・・・?」
俺「だから、証拠がある」
元婚「な、なに証拠って・・・」
俺「だから、あるんだよ!!!!
  お前が俺を裏切ってたって、
  俺と俺の周りの人を全部を裏切ってたって証拠があるんだよ!
  この目でみてんだよ、相手からの証言ももうしってんだよ!
  全部、おまえのしたこと全部しってんじゃよ!」

(誇張じゃなくて、「じゃよ」って言った。
舌かんで痛くて覚えてるw「じゃよ」って言ったよおれ・・・ってなった)

この後、俺が号泣してアウト。
元婚は呆然としてて、何も言わない。
俺はもう意味不明。

見かねたのかEが(DもEも静観しててくれた)、

E「だから、ね?元婚ちゃん」

E「私もDも、知ってるのよ。見たくなかったけど、私も見ちゃったしね。」
元婚「・・・な、なにを」
E「あなたと浮気相手の写真。正確には携帯でとったものだけど」
元婚「な、なにいって。そんなの二人でいるだけで証拠にもなんにも」
E「違う、違うよ。私と俺くんが見たのは、もっと直接なもの。
  わかる?もっと、はっきりとしたものを見たのよ。見たくなかったけどね」
E「ね、もうわかってんの。誤魔化しもできないし、うそも意味ないの。
  私も俺くんもDも知ってるの。」
元婚「・・・・」
E「何でこうやってあなたに聞いてるかわかる?
  あなたの口からちゃんと言って欲しいからよ。」
元婚「・・・・・・・・・・・・・」
E「いえない?いわない?あなたが言わなくても何もかわらないよ。
  あなたが何もしないなら、この証拠を持って俺くんが動くだけよ」
元婚「だめ!!!!!!!!!!!!!!!!!」
E「あなたができることは、私たちを止めることじゃない。
  ね、もう一度聞くよ?自分から、ちゃんと話してあげて。わかる、でしょ?」
元婚「・・・・・・・」

俺、もうただの地蔵。
この内容だって後からDとEから聞いたのを思い出してるだけで
元婚とEの会話なんて聞こえてもなかったと思う。
や く た だ ず wwwwww

元婚「・・・あ、あのね?俺くん」
元婚「あのね、あのね?」
俺「うん」
元婚「あのね、違うの。それは違ってね。浮気じゃなくて、その」
俺「うん」
元婚「だからね、だから・・・それはあのね?」

DとEいわく、
こんな内容をかなり繰り返してたらしいwwwwwwwwwwwwwwwwwww
俺も元婚も、てらあほすwwwwwwwwwwwwwwwwww

Dの感想「つっこみを入れたくて、変な意味でイラっときた」
Eの感想「ま、そんなもんじゃない?」

?

元婚「だからね!Bくんとは違うの!全然、全然ぜんぜん好きとかじゃなくて」

俺「?・・・・・・え?」
D「ん?」

元婚「だから、なんていうかその、ね?わかるでしょ?
   私は、ちゃんと俺くんが好きで」

その後も元婚は何かいってたとおもうけど、
俺もDもたぶんぽかんってしてたと思うw

B?Aじゃないの?なんでB?ん? みたいな感じ。

元婚「だから、ちがくて。えっと・・・」
俺「えっと、B?」
元婚「うん、そうなの、だからBくんとはね。違って。私は俺くんが好きで」
俺「B、なの?」
元婚「だから、違うの!」

場がカオスになった頃、Eが間に入ってくれて、
E「よくわかった、とにかくまた話は後で聞くから。もういいわ、かえって」

もちろん、元婚は拒否する。
そしてEを責める。
わけわからんが、とにかくEを責める。

そこで、EはさらっとDに命令。
「D、元婚を追い出して」 

D、本気でびっくりしてた。
でも、結局わめく元婚をDが無理やり追い出して、
部屋に3人になった(元婚外でわめいてるけど、無視)

わけわからん状態の俺とDに対して、Eはあっさりと、
「AだけじゃなくてBもだったんだね。他にもいるかもね。確認、しないとね」
って、言ってBに電話。そのまま、電話口でBに詰問。

Bは拒否してたし電話切ろうとしてたみたいだけど、
Eがあっさりと、

E「いま、俺とDと一緒に俺の家にいる。さっきまで元婚呼び出して話してた。
  元婚から、あんたの名前がでたんだけど、それでもにげんの?」
E「ここで逃げてももう遅いよ。知っちゃったから。
  もし電話切ったり、嘘ついたり逃げたらあんたの家にいって親御さんに話きくよ」

それでも、足掻くBに対して、

E「実は、あんただけじゃなくてAもしてたの。そっちも証拠あるの。
  わかる?もう証拠あるの。本当に親御さん巻き込んで話してほしいの?」

で、B陥落。
全部話してくれました。

B曰く・・・(Bのお話→俺の感想)

俺を裏切るつもりではなかった。→遅くね。いろんな意味で。
飲み会の後、元婚の相談受けたり相談してるうちに仲良くなった→定番おつwww
俺と元婚を見てていつもうらやましかった→しらんがな
一度酒の勢いもあって関係もってからはずるずると→何度もかよ
本当悪いと思ってる→10分くらい前の自分を思い出せ
結婚決まってからはしていない→だから色々おそy(ry

とりあえず、大体聞いた後にそのままEが

E「今のこと全部一切嘘なく、メールで送って。私の携帯に。
  元婚にも見せるから。もし嘘があったら、うちらの同期含め、全員にばらすから」

っていって、強制的に電話切った。

俺もう、頭の中空っぽだったよ。
なんもわかんねーの。
確かにはっきりしたいって思ったけど、なにこれって。

もう結納したんだぜ?
指輪してるんだぜ?
給料3ヶ月分もわたしてんだよ?

新婚旅行とか、披露宴とか二次会とか、招待状ももうだしてるよ?
祝福、みんなからされたじゃん。
二人で、照れつつもわらったじゃん。

頭おかしくなったと思ったわ、まじでw 
でも、Dが、

D「これで、色々ほんとにはっきりしたな。俺、はっきりしたろ。
  お前が何をしないといけないか、はっきりしたろ?」

って言われて、ほんとにはっとなった。

(´・ω・)つ?

ここから先は、それまでと比べて問題は大きくなったし
関わってくる人の人数も、手間も苦痛も大変だったけど、
「はっきりする」までに比べたら、俺にとっては一本道だった。

Bからのメールを待って、
BからのメールとAからの写真を俺も持って
まず、俺の両親に連絡した。

そしたらすぐに来いってことになったから
俺は実家に向かうことにした(車で1時間くらい)。

DとEも来てくれるっていってくれたんだけど、
マンション下に元婚がいたこともあってDとEは
俺の部屋で元婚と一緒にいることになった(プチ軟禁)

実家について、
親父が帰ってきてくれてるの確認して(親は資格がいる自営業)
全部話した。

さすがに、Aの写真はみせなかったけど
Bのメールは見せた。

結納してから、肉体関係があった証拠はないし、厳密には不倫じゃないし
金銭的にも社会的にも色んな面で迷惑をかけることになるけど
俺は、元婚とは結婚ができないってはっきり伝えた。

二人とも、話を聞いてびっくりしてたしやっぱりへこんでたけど
おまえのしたいようにしていいって言ってくれた。
相手のご両親との話し合いも問題ないって。

?

で、両親の許可ももらって自分の家に戻った。

そしたら、泣き崩れる元婚と、
鬼や般若の生まれ変わりみたいなオーラを発しながら、
椅子に座って胡坐かいて携帯いじってるEと(元婚の携帯だった)
そんな、自分の彼女の知らなかった姿に恐れおののいてるDがいた。

あほみたいだけど、Dの姿みてちょっとなごんだ。
本気の感想だけど、Eの姿みて二度と逆らわないと決めた。

俺が帰ってきたのを見て、
何かを俺に言おうとした元婚に対して
Eが「だまってろ!」って怒鳴った後に、
俺に対して「で?」と。

俺が、元婚つかほとんどEに対して両親に話したこと、
婚約破棄したいこと両親の賛同がとれたことを話した。

その瞬間、元婚がまじで叫んだすげぇ大声だった。
そして、すげぇ暴れだした。

俺は怖くてびびっただけだったけど
Eの「やれ」って命令により、
Dの決死の行動で押さえ込んでくれた。

そのまま、元婚を無視して
俺は自分の携帯から元婚のご両親に連絡をした。

当たり前だけど、何度も何度もあってる方々だし、
かけるとき緊張もした。
あと、やっぱり申し訳ないって思った。

電話口で、今までの経緯を大体説明して、
俺の婚約破棄の意思と俺の両親の意向と
元婚の現在の状況を話して、
元婚を迎えにきてもらうことになった。

その間に、Eが元婚の携帯から探しだした
浮気に関係ありそうなメールをかたっぱしから俺の携帯に転送した。
結構な数があって、この作業も地味に精神的につらかった。

2時間くらいして、元婚のご両親が俺の家にきて、
元婚をつれていった。(携帯は返した)

その時に俺に対してご両親はしっかり謝ってくれた。
俺は、謝られてすげぇ悲しかった。

詳しくは元婚からも話を聞く、
俺の意思もわかった、また後日話をする場がほしいといわれて
俺はもわかりましたって答えた。

その後、AとBを俺の家に呼び出した。

むかついたから、
Aに対しては俺の家から30分くらい離れてるけど、
15分でこれなかったら全部ばらすって言った。

Aは25分できた。
来て早々土下座して「勘弁してください」って言ってた。
全員で無視した。

で、さらに1時間くらいしてBが来た。
(今更だけど夜中になってた。電車なかっただろうし、Bはタクシーだったのかな)

AはBみてて驚いてたな。当たり前か。

つ?

AとBの前で、今までのことをさくっと話した。

AもBも土下座してた。
土下座はいいから、全部書けっていって
元婚との経緯・時期・期間・回数・最近連絡した内容 
を紙に書かせた。

婚約破棄するって言ったら、AもBも驚いてた。
結婚できるわけねーだろがって思った。

で、その流れで、

婚約破棄になるから招待状送った方には説明をすることになる。
全てをオープンにして話をするつもりは勿論ない。
(そんなことはできないし、したくもなかった)

今後についてはわからないが、
二人の証言と元婚の証言をあわせて対応は決める。

あと、Aについて言えばCには説明するかもしれないから
(詳しく話さなくてもばれるだろうけど、言うつもりはなかった)
あきらめろって言った。

A悔しそうな顔してた。
自業自得だろ、屑が。って言ったらだまった。

それで二人は帰した。
その後、Eも帰った。かえる時に、
「どんな証言でもするし協力もするからまた呼んで」
っていってくれた。
本当にありがとうって思った。

Dはまた泊まっていってくれた。
夜にDとぽつぽつと話した。
もっぱらEのことだったけどwwww

次の日は平日だったし、
俺もDも出勤しなきゃいけないから朝わかれた。

俺は会社にいって、
直属の上司に連絡して時間をもらって説明した。
当たり前だけど、会社の方もよんでいたし
上司にはスピーチもお願いしてた。

上司は、婚約破棄の理由は一切聞いてこなかった。
質問も一切なく、俺が支離滅裂ながら全部話したら
一言「わかった」って言ってくれた。

その後、上司が色々手をまわして1週間有給をとらせてくれた。
社内連絡では、有給じゃなくて支社への緊急出向って形にしてくれた。
(真意はわからないけど、俺にとってはすごくありがたかった。
個人的に上司は善意で俺を助けてくれたんだって思ってる)

その後、俺は実家に帰って両親としっかり話をした。
両親は一度も、俺の決定に反対を促したりしなかった。
今思うとすげぇ嬉しかった。

しえんちゃ

その次の日、改めて元婚のご両親に連絡をした。
それで、両家の家族を踏まえて6人で話をすることにした。
はやいほうがいいと言う事で(色々時間に余裕なかった)
明日俺の実家で話し合いをすることにした。

で、俺が中心となって6人での話し合い開始。
迷走するかと思ってたら案外すんなり進んだ。(俺の個人的感想では)

まず、婚約破棄の通告。
ここもめるかなって思ったけど、
相手のご両親はまず謝罪をした後に了承された。

婚約破棄の理由は、
きちんと俺の口から改めて説明させてもらった(元婚はずっと下向いてた)

それに伴い、
式場を含む全てのキャンセル・新居の解約(賃貸マンションの予定だった)
また、招待状を送った方への詫び状とかを決めていった。

この間、元婚は一度も口を開かなかったし、
俺もなるべく見ないようにしてた。

キャンセルに伴う金銭に関しては、
相手のご両親が全て私たちにさせてくださいって
すごく頭を下げてお願いしてきた。

俺と両親は、遺恨も残したくないし、
折半で問題ないって思ってたんだけど
相手が頑として、ここだけはどうしてもお願いいたしますって言われるから、
お願いすることにした。

変わりに、招待した中で目上の方・特にお世話になった方への
お詫びの品はうちがだすことにした。

結納に関する金銭も全部元に戻すことも決まって、
事務的金銭的なことは問題なく決まった。

全部終わって、これで何もかも白紙になったんだなーって気抜けてた。

もう無気力でなにもしたくねーだったんだけど、
最後に相手のご両親から元婚、婚約指輪を返しなさいって言われて、
そういやそんなもんもあったなーって思い出してた

で、ここで元婚が拒否。
すげぇヒステリックに拒否。

俺に対しても色々言ってきたし、実のご両親にも言ってた。
言われた内容は良くあるものだし
最終的には駄々っ子モードだったしで、
俺と俺の両親はちょっと放心。

元々、年下だし子供っぽいところはもちろんあった。

別にそれが嫌だなんて思ったことないし、
結婚についても社会人経験つんでからのほうがって意見も言われたけど、
そこらへんは一緒に生活していく中で経験つめるだろうなとか
みんなから見たら、甘ちゃんな考えだったのかもしれないけど
そういうのも含めて、幸せだと感じていたから、全然平気だった。

料理、すげぇ上手だったし。
半同棲のときとかご飯おいしくて家帰るのが楽しかった。

でも、「あばたもえくぼ」ってよく言うけど
好きだからあばたをえくぼに見ることができるけど、
気持ちがなくなって贔屓目がなくなれば
「あばたはあばた」「えくぼはえくぼ」ですよね。

この時、付き合ってきて初めて相手の「あばた」をしっかり見た気がした。

その後も、元婚は返却を拒否し続け、
ちょっとしゃれにならなくなってきた。相手のご両親の怒り具合も。

その指輪は確かに俺の労力で買ったものだけど
金額的に安いものじゃないってわかってても、
別にいらねぇってのが本音だった。
(海に投げ捨てる描写にすげぇ共感したの覚えてる。高価だろうが捨てたくなる)

なんで、

「別にいらないです。返されても困るし、
僕にとってはもうどうでもいいものなので。」

って、その場で言っちまった。
そしたら、俺の両親からものすげぇ怒られた。

で、俺の発言と俺に怒る両親を見て、
元婚がごめんなさいって言って指輪だした。

それで話は、全部終わった。

?

そのまま、別れてその後は何にもなかった。

DとEには、全部報告してお礼もかねて、
かなり高いいい所に3人でご飯にいった。

そしたら会計済ましていたのに二人からお金払われて(てか置いてかれて)
なんとなく悔しかったから、二人で旅行でも行けって旅行券渡した。

その後2週間くらいはほんとに何もなかった。

元婚からの携帯・メールは全部拒否してたし、
相手の親も連絡はさせないっていってたから
特に突撃もなく(かわりに同期とか先輩とか後輩とかからすげぇ連絡だった)、
俺は上司に報告とお礼とお礼の品とお詫びの品渡して
上司に「俺に貢いでどうすんだ?」って笑われて、
家に招待されて一緒に酒飲んだ。

上司の家族、すげぇ幸せそうだった。
子供っていいなって思った。
子供は永遠の宝だな、ほんとに。

で、俺はもうAとかBとかのことは半分以上忘れてて
気にしてなかったんだけど、また、Cから連絡が来た。

なんでも、Aが復縁したいってずっといってきてて
Aが言うには俺がだましてるって。
そんなことはないって喚いてて、
私だけじゃなくて周りにも言いふらしてるって
(俺は、Cには何もいってません。
お礼の電話を後でしたくらい。Cもつっこんできいてこなかった)

あほだなぁ、とか思って
Cには別にいいよっていって切ったんだけど
そのあと、元婚と割と仲良かった俺の同期の女子から電話があって
もっかい会ってやってくれない?って、要請がきた。

無理。やだ。てかやめて。
って言って切ったんだけど、
その次の日に別のやつからも連絡あっておなじようなことをいわれた。

俺はそれも断ったんだけど、
それがちょこちょこ続くようになっていい加減、嫌気がさしてきた。

4円

で、悪いとは思ったんだけど、DとEに再度相談をしたら、
「原因、変に隠すのやめたら?」って言われた。

でも、おおっぴらにすることじゃなくね?っていったら
「それであんたが損してたら意味なくない?あんたは損はしちゃだめでしょ」
って。

そんなもんかな、とか思って
でもやっぱばらしていいのか?って考えがあったので
まず、元婚のご両親に電話して
現在の状況を説明してやめさせてほしいってことをお願いした。

そしたら、
「娘に話しますが、原因についてはお話いただいても構いません。
 こちらの不義理が原因なのは間違いないことです」

って。
すげーなーって俺思った。
案外こんなにすっぱり言える人っていないんじゃね?って。

逆に、この人らに迷惑かけんのやだなっておもっちまって
まず、Cをよんで隠さずに説明した。

その後C同伴でAを呼び出してその場でAに話をつけた。
俺とCが一緒にいるのを見て、
かなりA切れてたけど超威圧的に話をしたら最後は折れてた。

それで終わったと思ったら、こりてないのか。
Aからの地味な嫌がらせ(悪評とか)

昔の浮気なんて許してやれよコールとかが
その後もたびたびあってもう限界だってなった。

元婚と終わってから2ヶ月くらいかな。
部活の同窓会みたいなのに参加したときもおなじことがあって
その時にぶちっときれちまった。

友人含め、知ってる人ばかりの会で、ほとんど洗いざらい大暴露。
静止の忠告も聞かずに、Aを罵りBを殴ってほんとにすき放題暴れた。
最後は、DとEに止められた。

俺はそのまま家に帰って、一人であびるように酒飲んで寝た。
次の日も同じように飲んで寝た。

その後、AはそれでもCとの復縁がしたいらしく
俺の悪評ばらまきは終わらず。
ただ、DとEに加えてCとあと、Bも俺の意見が正しいと周りに説明。

結果Aは部活内の友人・知人だけでなく
入社したばっかりの会社にもばれて厳重注意を受けたらしい
(詳しくはしらないけど、過去のことだし。解雇とかじゃないのは確か)
そして、完全なるボッチ君に。

Bは、何も言わず。
周囲からの視線はあったろうからその後の集まりには参加してない。
(E曰く、あいつを呼んだらこなくなるやつの方が多くなる)

元婚は行方知らず。
相手の両親も何も言わないし、
どっかに引越したんじゃないかって話。

ちなみに、元婚の携帯データとか漁ったらたぶん、
あと2人くらいは浮気したっぽいメールあった。

ただ、その二人は俺らとつながりがない人だし、
1年以上前だったりとかで、どうにも。

俺のぶちぎれ暴露大会は
周りの生暖かい理解もあって問題にはならなかったし
警察にお世話になることもなかったけど、やっぱり噂は広がるもので
(ド田舎ではないけれど、地域同士の繋がりがあるくらいの田舎ではある)
社内でも結構噂になったりして、
(部活関連の人からの)めんどくさいご忠告や
A悪評による被害、元婚許せ攻撃はなくなったけど
別の悪評みたいなのはたった。

あとは、地味な嫌がらせってか陰口とか。
今年度社内不幸君NO1とか。

俺も、たぶん気にしすぎになってたんだと思う。

イライラとかそんなに自分ではなかったつもりだけど
やっぱり周りの言葉が気になってはいたし、
「何でこうなんだよ、くそ」とか思って酒飲むことも増えた。

まわりからみたら、昔の俺と比べたら荒んでるし
何か無駄に怖いとか言われることもあって
引越しを本気で考えた。

生まれてからずっといる場所で愛着もあるし好きだけど、
全く知らないところで、
心機一転、何もかも新しくはじめたいって思うようになった。

結局、もう何度目だよって数えるのもあほらしいけど
Dに相談して(Dに相談した直後Eが先に家にきた。クソ怖かった。鬼だった)
二人から、それでいいじゃんって背中おしてもらえた。

Dは「さみしーなー。かえってこいよなー、また木管四重奏とかしようぜー」
とか言ってくれた

Eは「その決断がおせーんだよ。当分帰ってこなくていいから、うじうじ消してこい」
とか怒られた。

Eが的確すぎて、
まじでぐぅの音も出なかった。

E「右向け」 
俺+D「いえす、まむ!」
E「歯、くいしばれ」 
俺+D「いえす、まむ!」 

で、Dだけびんたとかw
って感じwwwww今思い出しても笑えるなw

で、引越すことを決めて
まず最初にお世話になった上司に報告して
ものすっげー会社で怒られて、
飲みでも怒られて、ぼろくそに言われて
規則として止めることはできんって退職届け受け取ってもらった。

で、次に両親に話して。
申し訳なかったけど、もう退職届けもだしたって事後報告した。
とめられそうだったから。

したら、何も言わず「そうか」とだけいって
それ以上何も言わなかった。

ただ、引越し費用とかについては貯金からだすっていったら
元婚両親が置いていった100万使えって言われた。

使いたくないっていったら一発頭はたかれて、
「金はただの金だ、使えるものは使うくらいの度量もて」
って言われた。

なんか、納得したから有難く引越し資金と新居資金にした。

で、会社は1ヶ月後にやめることになったから、
残ったわずかな有給とか休日使って新居探ししつつ、
職探しをした(中部住まいだったんだけど北海道いくことにした)。

会社行ったときに上司がどこいくんだ?って聞いてきて
「遠いところがいいんで、
北海道(もっと具体的な市をほんとはいってます)とか考えてます」
っていったら、その1週間後くらいに
「もし、職が見つからずどうにもならなかったらここに相談いけ」
って名詞をくれた。

うちと、取引があったりするところらしく上司がそれとなく話してみたら
とりあえずお話をしてみましょうかって感じの返事をくれたらしい。

「行かないなら行かないでいい。ただ連絡だけはくれ」
って、超涙でた。

自分で探すぜ、へへっ なんてことを考えていたわけでもないし、
お世話になった方の紹介だから
素直に、ありがとうございますって言って、その会社に訪問した。

そしたら、あっさり内定をだしてくれて職は決まった。
(自分で申し込んでたとこは、断りの電話いれた)

で、退職日に同僚とかが会を開いてくれて、
そこでは自分で思ったよりもあっさりと
婚約破棄に関することも話したりできた。(キレ気味とかじゃなく)

その次の日に友人が開いてくれたパーテーに参加して
そこでも、普通に楽しめた。
前に無責任なこといってごめんって謝ってくれる人も結構いて嬉しかった。

そこから3日くらいで引越し準備して、
最後の日に何にもなくなった俺の家でDとEと3人で飲んだ。
すっごいぽつぽつしゃべって笑った。

二人には、引越し手伝ってくれたお礼もあったし
高い日本酒とぐい飲みをプレゼントした。
この二人には、まじでお世話になりました。

で、無事引越しも終わって今に至る。

初めての雪国だし、
(地元はほとんど降らない、たまに大雪ふると交通ストップでやばい)
食べ物も、習慣も、言葉も色々ちがって苦労したけど
(一番苦労したのは歩き方。やばいって。
 最初の1年だけで一生分くらい転んだんじゃねってくらい滑った)
すみ始めて3年、今では大分慣れてきたかなって思える。

元婚からの電話に出た瞬間、
(知らない番号だったからとってしまった。携帯かえたのにな。)
声と名前で思わずぶちぎりしちまったwwww
一言もしゃべってないwww

それで、DとEのこととか友達とか家族を思い出したので記念カキコ。
今年は一度地元帰るかなぁ。

ちなみに、DとEは別れました。
当人よりも俺の方がしょんぼりした・・・

思い出しながら書いてたら、すげぇ長くなった。
ほんとにすげぇなげぇwwwwwwwwwwwwwwwww

こんなに消費してほんとにすみませんでした。

でも、吐き出してすっきりした。
スレチな感じがばりばりだけど、許してください。

誰か一人でも、くすっと笑ってくれれば嬉しいです。
ありがとうございました。

P.S. 雪、大嫌いになりました。北海道ありがとうorz

あ、ごめん。書き忘れ。

これ、元婚から電話があったってDに連絡した時に
二人で思い出しながら話した内容を元に書いてるから
たぶん、色々たりなかったりするけど、そこは脳内補完で。

AとBとCと元婚については、またそのうち書くよ。
俺知らなかったけど、近況きいたらちょっとわかったりもしたから。

じゃ、みんなお休み。朝日がまぶしい

おつ!

浮気は論外だけど、部活とか狭い中で
他人の女口説く馬鹿も股開く女もマジでキモいわ

その女は結婚しても他で不倫続けるだろうから切捨てて正解、
友人には感謝だな

でも電話が来たって事は、遊ぶ男には不自由してないけど、
結婚まで考えてくれる男性はいなかったって事だね。

若い時の貞操観念って大事だよね。
大事な場面で自分が苦しむ事になる。

出会い系にハマって浮気しまくってるのは私じゃない!

フェイクあり。

私 :25歳。社会人1年目。実家近くで一人暮らし
兄 :27歳。フツメン。公務員。結婚5年目。最近長男が生まれた。
兄嫁:29歳。兄の会社の元先輩。

ある日突然、見知らぬ男性(弁護士)から連絡が来る。
「●●さんとの件で」と言われ、●●さんって誰だっけ?と思いつつ
話を聞くと、「●●さんの奥さんが不倫の慰謝料を求めている」という内容だった。
全く身に覚えがなかった私は「……詐欺?」と思いつつ
・●●という男性に心当たりがないこと
・そもそも不倫に心当たりがないこと
を伝えたところ
かなり高圧的に「嘘を言っても無駄です。裁判になった際、不利になりますよ?」と言われた。
相手の態度にムカついて「ほんとに知りません。言いがかりはやめてください」と言って電話を切った。

そんでもって、物凄く柔らかく遠回しに「自主退職しろ」と言われた。
理由は「出会い系にハマってる上、不倫してる奴は置いておけない」ということを
これまた遠回しに遠回しに言われた。
意味が分からず、出会い系も不倫もしてない、身に覚えないと言っても聞き入れて貰えず
会社中に噂が周り、仕事を回してもらえなくなり、結局半月後に辞めることになった。

どうしてもその仕事に就きたくて、大学も大学院も奨学金とアルバイトで行って
ようやく就けた仕事だっただけに、私は相当荒れた。
しかも何故か近所にも私が出会い系&不倫をしていると広まっていた。
両親はめちゃくちゃ私を叱って絶縁宣言し、兄は汚物見るみたいな目で私を見てた。
私は精神科に通うようになった。
仕事を辞めて半月後、家に引きこもっていたら人が訪ねてきた。
見たこともない男性と女性(以降Aさん)だった。
Aさんが「××さん(私のこと)はいますか?」と言ったので、「××は私ですけど」と答えると
Aさんは物凄く驚いて「え、写真と違う……」と言った。
男性も驚いて、二人で何か話し始めた。
二人の会話を聞いて、目の前の男性がこの前電話をかけてきた弁護士だと気付いたけど
なんかもう怒りも湧いてこなくて、ただぼんやり二人を見てた。

しばらくしてAさんが私に写真を見せた。
そこには、私の家に入っていく兄嫁と知らない男(A旦那)が写っていた。
「私の兄の奥さんです」と答えると、Aさんと弁護士は他にも
・この家はあなたの家か
・兄嫁はこの家の合鍵を持っているか
・●月●日、あなたは家にいたか
など色んなことを聞いてきたので
・この家は私の家。兄嫁は近所の実家に住んでいる
・実家には合鍵が置いてあるので、兄嫁も使うことが出来る
・●月●日は出張に行っていた
などなど、出来る限り答えた。
質問が終わると、何故かAさんはその場で土下座した。
人違いでとんでもないことをしてしまった申し訳ない、許して欲しい、
このお詫びは必ずするというAさんの言葉を聞いて
ようやく私は「兄嫁が私を騙って出会い系やった上に不倫し、その巻き添えをくらった」ことを悟った。

とりあえず、兄嫁への怒りが湧いたよね。

それまでの無気力具合なんか吹っ飛んだ。
記憶にないんだけど、Aさんが言うには、しばらくめちゃくちゃに叫んでいたらしい。
その後はAさんの弁護士から「よければ自分が力になる」と言われたのでお願いして
Aさんと二人で兄嫁が私を騙っている証拠集めをして(費用はAさんが出してくれた)
証拠がそろったところで実家に突入。
私を人間のクズみたいに罵ってくれた両親&兄&兄嫁に
兄嫁が私を騙って出会い系&浮気していた証拠を突きつけ
ファビョる兄嫁の携帯を使って、A旦那をその場に召喚。
AさんがA旦那と兄嫁に、私が兄嫁とA旦那に慰謝料請求する旨を告げると
両親と兄は「言い値を払うから表沙汰にしないでくれ」と土下座。
「表沙汰にしないでくれ=公的には不倫したのは私で通してくれ」という意味。
ふざけんなと。マジでふざけるなと。
そりゃ兄の職業的に、嫁がやったことはまずいよ。たぶんクビにされるだろうよ。
だからって私に全部ひっかぶれって?
「どうせおまえはもうクビになってるんだから」?

あんまりにもムカついたので。
もちろん兄は仕事クビになったけど、知らない。
ついでに両親溺愛だった孫は兄の子じゃないと分かり、兄夫婦離婚したけど知らない。
ご近所に事の真相(兄や孫可愛さに全部私がやったことにしようとしたことも)が
広まったせいか両親と兄はどこかへ引っ越していきましたけど、知らない。
引っ越し前に両親からどうして近所にまで言いふらした!と怒りの電話を頂きましたが
「私は何も言ってない」と言ってガチャ切りしてやりました。
近所に知られたくなきゃ、家の前で兄嫁と大声で喧嘩すんなよ。絶対それが原因だろ。

裁判も終了して、一連の出来事の間ずっと私を信じて支えてくれた彼氏と結婚することが決まったので
厄落としカキコさせて頂きました。
以上です。
なんだか分かりづらい文章ですみません。

会社には戻れませんでした。

会社にチクったというか、「おたくの会社は社員の教育もできないのか?」と
抗議の電話をしたそうです。
Aさんには弁護士を雇う費用や兄嫁調べる費用を出してもらったし
何度も何度も謝ってくれたので、もういいかなと……。

あと、私がこの話を書き込むのは初めてです。
事の最中は2ちゃんしてる余裕なかったですし。

拙い話を聞いてくださって、ありがとうございました。

たぶん弁護士さんが高圧的だったのは
・兄嫁が私の保険証で勝手に病院受診していたため
 確実に兄嫁=私だと思っていた
(私は重度障害者(心臓に問題あり)で、証書を提示すると
 医療費は基本無料になるため、兄嫁が無断で使っていたらしい)
・出会い系サイトでの兄嫁の言動がまさにクズだった
この辺が関係しているのかな、と。

支援ありがとうございました。

ちゃんと社長と人事部長が謝りに来てくれましたよ。

何度もすみませんでした。

熟女のセフレができたんだが

なんとなく語りたくなったので語らせてくれ。
あと初めて書くから誤字、脱字等あってもかんべんしてくれ。
興味ないやつとかいるだろうから興味ないなら無視してくれ。

ちなみに俺のスペック
27歳 
ブサメン(タカアンドトシの二人を足して2でわった感じらしい)
チビ、ちょい筋肉質

相手のスペック
41歳
人妻
AV女優の加山なつこを太らせた感じ

まずは出会いから語らせてもらうわ。
熟女(ぽっちゃり系、デブ)好きな俺はいつものようにDVD(もちろん熟女もの)を借りるために近くのレンタルショップに出かけた。
しょっちゅう店に行くため、店員とも顔見知りになっていた。
いつものようにDVDを物色してDVDを借りようとすると店員が「俺さんは彼女とかいないんですか?」と聞いてきた。
「彼女がいたらDVDとか借りてないっすよ。彼女ほしいっすわ。」と言うと、店員が「それならこれさしあげますよ。」と言ってきた。

店員が渡してきたのが某有名出会い系サイトの無料お試し券。
正直「え?」と思った。
出会い系サイトといえば業者と病気の温床になっているイメージがある。

ただ無料券だし遊びにやってみるかと気軽にその無料券もらって出会い系サイトをやってみることにした。
案の定、予想している通りの内容がそこにはあった。
明らかに業者とかっぽい書き込みばかり。
もともとやる気がなかったが予想通りの展開に更にやる気がなくなり、もうやめようかと思ったら、ある一つの書き込みがあった。

「今までに年上と付き合ったことある人に相談です。今私は不倫しています。
ですが彼のことで少し悩んでいるので相談に乗ってくれませんか?」といった内容だった。
今までの書き込みと明らかに違ったのと、人妻の不倫話というのがおもしろそうだったのでメールしてみた。

その人は41歳人妻(今後Aさんとする)で旦那と息子がいるが、
偶然知り合った人(今後Bとする)と仲良くしているがなかなか進展がなく悩んでいるとのことだ。
業者にしては書き込みが独特すぎるということもあり、業者の可能性は低いと判断し、メールを繰り返すようになった。
といっても彼に関する恋愛相談だけですが。
「やはり不倫だといろいろ弊害があるから進展が難しいのでは?」などといろいろ真剣にアドバイスすること約1ヶ月…
AさんはBと気まずい展開になったようだ。

おれは若干責任を感じていたそんなとき、Aさんから「一回会って食事でもいかが。」とメールが来た。
ただ俺は業者の可能性が低いとはいえ、会うことに若干の抵抗があった俺は待ち合わせ場所などを
家から離れた場所(さらに警察署に近い場所)にし、財布の中にはカード類は一切いれず現金だけいれた。

そしてついに会うことになった。
待ち合わせ場所に少し化粧の濃いぽっちゃりした熟女がいた。
おもったよりもキレイで、熟女好きな俺にとってはドストライクだ。
さっそく車に乗って、音楽聴きながらAさんの恋愛話をし、飲食店を探していた。
飲食店に入る予定が、ついドライブが楽しくて1時間くらい車を走らせていた。

いろいろ話して、「いろんな意味で不倫相手Bと一回寝るのがいいんじゃない?」みたいな結論にいたった。
そんな話をしていると有名なラブホ街付近を走っていた。

するといきなりAさんが「ホテルいかない?」と言い出した。
正直俺はかなりびびった。「え?飯だけじゃないの?」と思った。
これは罠か?などといろいろ考えていた。
いろいろな危険もあったが、正直我が息子がシンクロ率400%を超える状態では断れなかった。

ただ相手のいうとおりに動くとホテルとかに罠がしかけてあるかも・・・と考えた俺は
あえてそのラブホ街から離れた有名なラブホに移動した。
さらに部屋も適当に相手の入りたいといった部屋とは別の部屋を選んだ。

ついに部屋にはいり、TVを見ながらコンビニで買った茶を飲みながら談笑した。
そしてお互い別々に風呂に入った。ちなみに俺から風呂に入った。
風呂に入っている間に金を取られてはと思い、携帯や財布をタオルにつつみ、風呂に入った。
異常なくらいまで体を洗った。我が息子も超洗った。
そして風呂からあがってAさんが風呂に入ることになった。

Aさんが風呂に入っている間、視点が定まらない俺。
そしてついにAさんが風呂からあがってきた。
ホテルにそなえつけのバスローブではなく、バスタオルを体にまいてやってきた。

そんなAさんをみてシンクロ率が∞になった私の息子をおさえつつ、ふたりでベッドに入った。

そして1は
美人局の餌食になっていくのであった

ナムナム

連続で書き込めないって知らなかった。
長文になるが言わせてくれ。

そしてついにAさんのバスタオルをオープンすることになった。
Aさんは胸もでかいが腹もけっこうでている。
ただ熟女(ぽっちゃり、デブ専)の俺から言わせれば究極生命体という感じだった。
とりあえず少し垂れてはいるが、大きなおっぱいにむしゃぶりついた。
乳首が若干でかく、しゃぶりやすかった。
右のおっぱいをむしゃぶり、左のおっぱいを左手でもみぐしていると、Aさんが俺の息子をしごいてきた。

俺も空いている右手でAさんのアソコをさわりまくった。
「あぁぁん。もっと」とよがりまくるAさん。
声はそこらへんの少女より可愛く、感じているAさんの顔は40代とは思えないくらい若々しく、可愛かった。
最初は人差し指一本でAさんのアソコをまさぐっていたが、二本、三本と指を増やしていくと彼女がありえないくらい「あぁぁぁん。もっとしてぇ!」とはぁはぁいいながもいってきた。

さすがに我慢できなくなった俺は「そろそろいい?」というとAさんは軽くうなずいた
ゴムをつけてついにパイルダーオン!した。
むちゃくちゃしまりがよく超暖かく、かなり早くいきそうになったがAさんが「まだいっちゃだめ!」というので腰の動きに気をつけながらふんばった。

そしてついに果てた俺…
終わったあと抱きしめあい、キスをしたり、いちゃいちゃしていた。

続きプリーズ。

だが俺の性欲は凄まじく、息子がすぐ起き上がってきた。
それを感じ取ったAさんは笑って「フェラしてほしい?」といってきた。
そこで俺は元気よく「よろしくおねがいします!」と答えた。

このフェラがすさまじくうまい。強すぎず弱すぎず、エロいチュパチィパという音を立てた。
ある程度フェラしているとAさんが「私もしたくなった。」といってきたので第二ラウンドに突入した。

基本的には第一ラウンドとかわらないが、お互いタガが外れたかのように声がむちゃくちゃでた。ついでに白い息子たちもたくさんでた。

そしてまた別々に風呂にはいり、お互い着替えてソファーにすわった。
するとAさんが「今後のことだけど…」といってきた。
俺がうん、とうなずくとAさんがつづけて言ってきた。
「最初は俺くんと寝たのはBくんへのあてつけの気持ちだった。
俺くんとのHはむちゃくちゃ気持ち良かったけど恋愛感情じゃないのはわかった。
だから俺くんとは今みたいにメールの関係を基本的に続けてきたい。」

まぁ俺としてはお試し無料ポイントでタダセクロスできただけでもよかったし、
AさんがBのこと好きなのを知っていたから別にそれでもいいと感じていたが、
さらにAさんが続けてこういった。

「ただ俺くん優しいし、今までの誰よりもよかったから、時間があれば体の関係を続けたい。
でも毎日会うのは旦那もいるし彼もいるから無理だから月に1回くらい会えないかな。」

「え?ようは今までのメル友状態+セクロスの相手ってことかな?」と俺がAさんにを聞くと、
うんとAさんはうなずいた。

そんなこんなでAさんと体の関係が続いている。
といっても仕事をしている人妻のAさんは忙しく、月に1回あるかないか。
ちなみにAさんとBとの関係はうまくいかなかったらしい。

以上終わり。
これはガチで本当だ。質問があればこたえる。



アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード