萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

不倫

美熟女ナースが性奴隷に成り下がるまで

出会い系でナースをゲットしたw
でも既婚者の人妻で年は42歳の熟女w

子供も二人いて、年の割りにスレンダーで身長も高く
めちゃくちゃ美人な看護婦さん。
どうやら旦那さんが無職ニートになってしまい
そんな夫に嫌気がさして本気で不倫相手を探していたらしい。

旦那とは離婚したいけど子供の事を考えると離婚は踏み留まっているらしい。

相手は警戒心が強く、下ネタはダメ。
“本気で恋愛したいアピール”が凄くてちょっと辟易したけど
半年近く気長にメールでやり取りして信頼を勝ち取りやっと初デート。

熟妻新生活で写メ交換していたから顔は知っていたけど
実際に会ってみたらえらい美人でびっくりした。

初デートで「付き合おう」って話になったけど、俺は身体目的。
もちろんそのことは隠していたけど。

初デートが終わった後、今日はありがとうメールを送った。
ついでに、『次会う時はエッチしたい』って言ったらあっさりOK。
あれだけガードが固かったのに。

そしてエッチすると約束した当日。

相手に子供がいる関係であまり時間がとれないので駅で合流後ラブホへ直行。

ラブホへ行く途中で相手が本当にやるの?」
って何度も聞いてきてイラッてきたけど俺はそれを隠して
「A子が嫌ならしなくて良いよ」って言う。

そしたらA子は「別に嫌じゃないけど」と言ったのでセーフ。
なんか不倫は初めてらしいし慣れていない様子。

ラブホについた後、雑談しているとA子が

「このまま何もせずに終わりそう」
と言ったので
「ちゃんとするよ?。こっちおいで」
と俺の座っているベッドをポンポンと叩く。

するとA子はソファーから移動して俺の隣に腰掛けた。
俺の方を見つめる目が潤んでいる。
そのまま押し倒してキスしながら手マン。
感度は普通ぐらい。

一段落した後、服を脱がせていたらA子が俯きながら
「生理終わったばかりだから生でしていいよ」って言った。

何となくしか聞き取れなかったので
「何?」って聞くと
「なんでもない」とA子。

せっかく生でいいって言ったのにしっかり聞き取らなかった俺の馬鹿!
でも何となく聞き取っていたので「生でいいの?」って言うとA子は頷いた。

服を脱がせた後、クンニしようとすると
A子は恥ずかしがって股を閉じながら手でマンコを隠し
「いや?」と大きめな声で嫌がる。

若い子ならいいんだけど42歳の熟女がやるとカマトトぶってるようにしか見えない。
ぶりっこしてるんじゃねえぞババア!ってちょっとSな部分が芽生えそうw

俺が股を無理やり開かせるとA子は素直に従い受け入れてアンアン喘いでいた。

その後「フェラできる?」って聞くと
「うん」と言ってA子は俺のを咥える。

なんかこちらが要求すると必要以上に素早く反応するから面白かった。
「フェラできる?」って聞いてから2秒後には俺のを咥えてたしw

片方の頬っぺたの内側に亀頭を擦りつけるようなフェラまあまあな腕前。
15年前ぐらい昔A子が結婚する前に付き合っていた相手に性奴隷にされていたようだ。

本人は隠してるけど、話を聞いてるとなんとなくそんな感じ。
なのでA子は色々仕込まれていて、実は床上手だと俺は予想していた。

「こうやってみて」と色々注文するとその通りにフェラしてくれてテクニックも凄かった。

そろそろ挿入したくなったので
「入れていい?」って聞くと
「入れていいよ」とA子。

正常位で挿入するとA子のマンコが凄かった。
2人子供産んでるのに緩くないし、ザラザラというかイボイボというか
いわゆる数の子天井の名器だった。

正常位である程度満足すると挿入したまま騎乗位になった。
A子に腰を動かすようにお願いすると
「私あまり上やったことないからこれでいい?」
と言いながらぎこちなく腰を前後に動かす。

動きが遅すぎて全然気持ち良くないのでA子を抱き込んで
「腰を少し浮かせて」とお願い。

A子が腰を浮かせると下からガンガン突いた。
せっかくの名器なのに俺の調子が悪くなかなかイク気配がない。

初めてエッチする相手だとたまになる。
あまり長いと女は嫌がる人もいるけど、どうせ身体目的だから気にしない。

バックで突き始めるとA子の反応が明らかに変わった。

「ああー!」とまさに絶叫。

マンコも締まってかなり気持ち良い。
この時点で挿入してからおよそ40分。

やっと俺も調子が良くなって射精できそうになってきた。
正常位に変えながら、イッていい?」と聞くとA子は遠くを見つめながら頷くだけ。

俺は正常位でスパートをかけるけど射精まではなぜか後一歩といった感じでなかなかイケない。
でもA子の感じ方が尋常なないぐらいになってて
喘ぎと言うより絶叫&悲鳴になってた。

う?ん、色気が欲しい。

しばらくすると股間がなんだか水っぽい感じがしたので手を撫でて確認すると潮吹いてたw

潮噴きながら痙攣してマンコも締め付けてくる。
この時A子は人生で初めて潮を吹いたらしい。

ちなみに初めてイッたのは、さっき俺が後ろから突いた時。
今までのエッチでは演技でイッたふりをしていたらしい。
なんか嘘っぽいけど。

A子が締め付けてくれたおかげで、俺もやっと射精出来た。
許可も得ずに勝手に中に出しちゃったけど、A子は何も言わず。
A子は放心状態だったけど少ししたら復活して二人でいちゃいちゃしてた。

俺は2回戦がやりたくて右足の大腿部でA子のマンコをグリグリしたけど
A子はニコニコするだけで反応なし。

何回か繰り返すとやっとA子は意味を理解したのか同じように俺のアソコをグリグリ。
意味を理解した瞬間にハッとした表情になったA子になんか萌えた。

そのまま2回戦に突入。
シャワーを浴びた後フェラでイカせてもらって、その後3回戦目。
4回戦目と5回戦目は面倒で挿入だけで終わり。

朝の11時にラブホに入って出たのは夜の11時。
子供がいるから夕方には帰るって言ってたのに
「帰らなくて大丈夫?」って言っても黙っているだけ。

母親と寝ておいて俺が言えた義理じゃないけど、お子さんには悪いことしたな。

変に堅くて昔性奴隷にされていた経験からかエッチに否定的だけど、
性格、容姿、スタイル全部良いし、テクニックもそれなりで
熟妻新生活の中でもハイレベルな美熟女のA子。

今は呼べばすぐに駆け付けてくれてやらせてくれます。
んで、ピル飲ませて中出しOKの俺の性奴隷になっているw

独身アラフォーどうしで濃厚SEX

今から数年前、38歳のとき。
趣味の飲み会があり以前から顔見知りの女と隣席になりました。

相手はタメ年で小さいながらも会社経営、多忙なせいか独身というのは知っていた。
酒が入るとノリがいいというか、酒乱の一歩手前ってレベル。

顔はそんな美人て訳じゃないが細身で身なりはパンツスーツ、ショートカットと俺的ストライクな感じ。

飲み会も終わりに近づき徐々に人が減り始めても、彼女(裕子としておきます)はまだしゃべり足りない模様。
この日は俺が初めから相手していたこともあり、じゃ後は頼むって雰囲気で流れ解散に。

「終電なくなるから帰ろうよ」
「だめ!もっと付き合ってよ」
「もう閉店だからひとまず出よう」
「うー・・・仕方ないなぁ」

と外に連れ出すことに成功しました。
この時点で俺は抱く気満々、ひとり暮らしって聞いたし。
すぐにタクシーを拾って裕子の家に向かいました。

前々から裕子が俺に好意があったことは漠然と察していたし、まぁヤレるならヤッてみたい相手ではある。
たぶんエロいだろうなとは酔ったときの会話で想像していた。

タクシーの中ではガッチリ手を繋ぎ、時おり潤んだ目で俺を見る。
俺も酔ってたしチンポはビンビン、今夜は絶対にヤッてやる!

裕子の家に着いてヒーターのスイッチを入れる。
「寒くてゴメンね、すぐ温まるから」
コートを着たままヒーターの前に寄り添って座る。

「家まで来ちゃったよ、彼氏にバレないの?」
「彼氏ね?、一応は別れたことになってるから平気。しかもアイツ週末は奥さんとこにいるし」

ああ不倫ですか。
聞いたら10年以上のズブズブ関係。
なおさら後腐れなくヤレそうだ。

「でもいい加減イヤになっちゃって。◯◯さん私と付き合ってくれる?」
「もちろんオッケーだよ。俺も彼女いないし」

そう言った途端に目を閉じて俺のほうを見る。
で、思いっきりディープキス。
お互い40手前だし酔ってるし、舌をベロベロに絡めて唇を貪り合う。

徐々に部屋が暖かくなってきたのでコートを脱ぐ。
すぐにスーツの上からオッパイをまさぐると、より強く舌を吸ってくれた。

「脱がせていい?」
「胸小さいけどイヤじゃない……?」
「巨乳は興味ないから気にしなくていいよ」
これは本当。

スーツを脱がせシャツのボタンを外す。
黒のレースのブラジャーが見えた、なかなかエロい。
ブラの上の隙間から指を入れて乳首にタッチ。
もう勃ってるし身体がビクッと反応した。

俺もスイッチが入りカーペットに裕子を押し倒し、ブラをめくり上げて乳首とご対面。
40間近なのでピンクって訳じゃないが、子供を産んでいないので形は上々。
少し黒ずんだ小さな乳首、めちゃめちゃ興奮する!

そのまま乳首を吸いまくり、裕子も上々にヒートアップ。

「ベッドに行こう」
と誘われて隣の部屋に。

キスしながらベッドに倒れこみ、パンツスーツの上から股間をまさぐる。
裕子は身体をくねらせながら少し嫌がる素振り。
今さら何言ってんだこいつは。

「とりあえず脱ごうよ、寝れないでしょ?」
そう言いくるめてズボンを脱がすと、ブラとお揃いの黒レースのパンティ。
続けてパンティに手をかけると割とマジに抵抗する。

「ダメなの?」
「今日は待って……次に会うときいっぱい犯して……」

この「犯して」はいま思い出しても興奮するセリフ。
バリバリのキャリアウーマンが切ない表情と声で懇願するんだぜ、なぜ次なら犯していいのかは分からんが。

しかし俺だって勃起しまくり、止まるはずがない。
いったん裕子を後ろから抱く形で横たわり、乳首を刺激し続ける。
チンポをパンティに押し付け、徐々に手を下半身へ。
避けようとする裕子の手を掴み、丸出しにしたチンポを触らせる。

「俺もこんなだよ。我慢できない」
「◯◯さんもこんなになるんだぁ……」

俺を何だと思ってたんだコイツは。

そのままマンコをパンティの上から触り続けると、明らかに息が荒くなり濡れてきた。

「濡れてるよ……脱がせていいよね?」
「ダメ……次に会ったらいっぱい犯して下さい……」

こんな押し問答を数回繰り返す。
ラチがあかないので作戦を変更。

俺だけ布団を出て裕子の頭のほうへ。
チンポを目の前に差し出し、
「もう我慢できない。口でして」

嫌われるのは覚悟のうえ。
どうせ1回ヤレれば気は済む。

裕子は少し怯えた表情を見せたが、観念したように亀頭を舐め始めた。

「もっと」
と頭を押さえて喉の奥にチンポを突き刺す。
最初は受け身だったが諦めたのか舌を使い始めた。

めっちゃ気持ちいい、つーかフェラ上手い。
歳も歳だし不倫相手と変態プレイしまくってたんだろうなーと、乳首を弄りながらフェラさせ続けた。

10分くらい舐めさせたら枕が唾液と我慢汁だらけ。
裕子も積極的にしゃぶってるので最後に一押し。

「もう挿れたいんじゃないの?」
「……うん」
「じゃお願いして」
「…………犯して下さい…………」

よっしゃ勝った。
すぐにチンポを裕子の口から引き抜き、パンティに手をかけ一気に脱がせる。
マン毛はちゃんと整えられててちょっと感動。

待たされた憂さ晴らしに足を思いっきり開き、マンコに顔を押し付けて舐めまくる。
シャワーを浴びてないから臭いっちゃ臭いが、気にせずジュルジュル音を立てて舐めた。

しばらくクンニしてから裕子を四つん這いに。
「今どこを見てるか分かる?」
「…お尻」
「見るだけじゃないよ」

と宣告してからアナルをドリル舐め。
裕子はアンアン喘いでいる。

筋肉質で締まったケツを両手で広げ、アナルに尖らせた舌をほじくるように突き刺す。

やっぱアナル舐めは俺にとってマストだわ。
10分くらいケツ穴を舐め続けてから攻守交代。

「俺のも気持ちよくして」
と言い放ち仰向けになった裕子の顔にケツを押し付ける。
最初はビックリしたようだがすぐチロチロ舐め始めた。

それから5分くらいシックスナイン。

さてそろそろ挿れるか。
まずは正常位で生チンポをマンコにあてがい、「犯すよ?」と言っていきなり根元までぶち込んだ。
歳の割にはキツいほうかな。

正直言って挿入してからはあまり覚えてない。
犯すまでのプロセスで興奮しすぎ、騎乗位?座位?バック?正常位とごく普通のローテーション。

そろそろ出そうになったから、
「イキそう……」
「そのままは嫌……」
でも本気で嫌がってる風じゃない。

「ダメ。いっぱい犯すんだから中で出すよ!」
「ああ!そんな……」

結局そのまま大量に中出し。
しばらく繋がったまま動かず、抜いてから精子が出てくるところまでしっかり確認。

イッたら2人とも急に眠くなってきた。
シャワーも浴びず爆睡し、寝起きにまた中出し。
素面になったら余計に抵抗したけど、夜中の一発は覚えているようで、フェラさせてるうちに淫乱モードになってきました。

以上で終わりです。

裕子とは結局付き合うはずもなく。
半年に1回くらい飲んでヤる関係が続いてます。

素面だと礼儀正しいしカッチリしたキャリアウーマンなのに、酔うとエロくなりいざヤろうとすると少しだけ素に戻り、でも流れに逆らえず身体を使わせてくれるギャップがたまらない。

まぁ結婚はできないだろうね。
不倫相手とも切れてはいないみたいだし。

そのうちそいつと3Pなんてできないかな。

酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした2

俺は、ゆっくりとお義母さんの膣中にペニスを入れていった。俺のペニスの長さをアピールするように、ゆっくりとズブズブと埋め込んでいくと、
『う、うぅ、まだ入るの? こんなに長いなんて……。うぅあっ、当ってるわ……。奥に……。雄一さん、素敵よ』
正常位で入れられながら、俺のことをとろけた顔で見上げるお義母さん。この角度から見ると、嫁そっくりだ。土屋太鳳のような菩薩系の優しい顔。それが、イメージが狂うくらい淫らにとろけている。

俺は、そのままペニスを全部埋め込んだ。奥に強く押し当る感覚と、ギュゥっと締め付けてくる強烈な膣の締めつけ……。俺は、やっぱり嫁よりも締まりがいいなと、つい比較するようなことを考えてしまった。

クラシックなセーラー服を着て、穴の空いたイヤらしい下着を身にまとっているお義母さん。本当にエロい姿だ。若く見えるお義母さんだけど、さすがにセーラー服は無理がある。でも、そんなギャップが余計にエロさを増しているように感じる。

「お義母さん、こんなに締まるの初めてです。これじゃ、すぐイッちゃいます」
俺は、少しおどけた口調で言ってみた。あまりにもヤバいことをしているという罪悪感を、少しでも軽くしたいという気持ちからだと思う。
『まだ全然締めてないわよ。ほら、どう?』
そう言って、あそこをキュゥっと締めてきたお義母さん。確かに、イタタタと声が出そうなほどの強烈な締めつけだった。
「凄いです。これ、男の人はすぐイッちゃうんじゃないですか?」
『そうね。あの人も3分も持たないわね。みんな、私が締めるとそんな感じよ。雄一さんはどうかしら?』
少し得意げに言うお義母さん。普段の優しくて上品なイメージのお義母さんからは、信じられないような発言だ。

「不倫とかしてるんですか?」
俺は、ストレートに聞いてみた。
『え? ふふ。少しはね。ナイショよ』
お義母さんは、色っぽい目で言う。少しもそんなことをするタイプと思っていなかったので、心底驚いてしまった。

「でも、さっきご無沙汰だって言ってませんでしたっけ?」
『あの人とはね。ツバメちゃんとは会うたびにしてるわよ』
お義母さんは、そんな風にカミングアウトしながら、あそこを締めたり緩めたり、ウネウネと動かしたりする。
「こ、こんな風に動かせるんですか?」
『そうよ。何事もトレーニングよ』
「ミクにも伝授して下さいよ」
『そうね。でも、ミクが同じこと出来るようになったら、もう私とエッチしなくなるでしょ?』
「そ、それは……。これからも、俺としてくれるって事ですか?」
『だって、こんなに大っきいおちんちん、初めてなんだもの』
お義母さんは、妖艶に笑いながら言う。そして、正常位なのに、腰を動かしてきた。上体はほとんど動かさず、腰だけ動かすような感じで責めてくるお義母さん。ベリーダンスの人みたいな動きだ。

『うぅ、あぁっ、当るぅ、気持ち良いぃっ! 雄一さん、気持ちいいところにゴリゴリ来てるわ♡』
お義母さんは、そんな風に言いながら、腰をスムーズに動かし続ける。普段の不倫で、色々と鍛えているのだと思う。

お義母さんは、俺の顔を見つめながら腰を動かし続ける。見上げる角度だと、やっぱりミクに似ている。俺は、許されないことをしてしまったなと思いながらも、お義母さんにキスをした。すぐにお義母さんの舌が絡みついてきて、ねちっこく俺の舌を責めてくる。シチュエーションもあるのだと思うが、本当に興奮してしまう。

お義母さんのキスは、愛し合う恋人や夫婦同士でするという感じのものではなく、牝が雄を奮い立たせるためのキスという感じだ。

『雄一さんは、キスが好きなのね。もっと固くなったわよ』
顔を上気させて、うわずった声で言うお義母さん。もう、我慢しきれずに、俺は腰を振り始めた。
『あぁっ! あっ、あっ! すごいぃっ! 深いのぉッ! んっ! あっ! あっ♡ んおっ、おっ! オッ♡ ひぃぐぅ、うぅあぁっ!』
お義母さんは、顔を快感に歪ませながら、どんどんあえぎ声が大きくなっていく。

俺は、お義母さんのあまりにも獣じみたあえぎ声に、子供が起きないかと不安になった。でも、理性が飛んでいる俺は、さらにガンガンと腰を振り続けていた。

『おぉぉぉっ、すごいぃっ! 気持ち良いぃっ! おチンポ良いっ! おチンポ気持ちいいっ! イッちゃう、雄一さん、イッちゃう!』
お義母さんは、俺にしがみつきながら叫ぶように言う。そして、膣もギュンギュン締まってくる。気を抜いたらすぐにイッてしまいそうだと思いながらも、まだなんとかコントロールできていた。

『イクっ! イクぅっ! イッグゥゥッ!!』
お義母さんは、腰回りをガクガクッと震わせながら、イッてしまった。俺は、一旦身体の動きを止めて、お義母さんを見つめた。すると、
『どうして止めるの? ダメよ、もっと!』
と、怒られてしまった。俺は、慌てて腰を振り始めた。

『そう、うぅっ! もっとぉっ! んおおぉオオッ! おチンポ凄いぃっ! おチンポ凄いのぉっ!』
と、お義母さんは激しくあえぎながら、腰を動かしてくる。俺が正常位で腰を振るのに合わせて、下から腰をぶつけるようにしてくるお義母さん。あまりの貪欲さに、若干引きながらも、普段のお義母さんとのギャップにクラクラするくらいに興奮もしていた。

すると、お義母さんは自分の股間に手を滑り込ませ、クリトリスをまさぐり始めた。

『もっとっ! 奥に押し込んでぇッ! うぅっ! あぁっ! あーーっ! 雄一さん、イクっ! イグぅーっ!』
お義母さんは、はしたなくクリトリスをまさぐりながら、立て続けにオルガズムに達していく。でも、俺はそのまま腰を振り続ける。もう、イッてしまいそうなのを必死で堪えながら、もっとお義母さんを狂わせたいという一心で、無我夢中で腰を振った。

『んおおぉおおぉお゛お゛お゛っ! イグッ! イグぅぅーっ! おまんこイグッ! おまんこ壊れるぅッ! もっと! もっとぉッ!』
お義母さんは、はしたない言葉を叫びながら、俺にしがみついてくる。両腕、両脚を絡みつかせてくるお義母さん。まるで、女郎蜘蛛に絡め取られてしまったような気持ちになった。

「お、お義母さん、イキます。出ちゃいます」
俺は、もう限界だった。お義母さんのあまりの締まりの良さに、もうイクのを堪えるのは不可能だった。
『イッてぇっ! 中に! おまんこに出してっ! 子宮に注ぎこんでぇっ! おまんこヤケドさせてぇっ!』
お義母さんは、そんな下品な言葉を叫ぶと、さらにきつく脚を絡めてきた。まるで、逃さないわよと言っているような感じで……。

「イクっ! イクっ!」
俺は、うめくように言いながら、お義母さんの膣中深く射精した。さっきよりも酔いが醒めていたせいか、快感も強かった。今までしたどの射精よりも、気持ち良かったと思う。

『んん゛ん゛ん゛ん゛っっ!! ひぃ、ぐぅ……熱い……出てる……幸せ……』
お義母さんはクリトリスをまさぐる指の動きを止めて、グッタリとした感じでうめいた。

そして、俺はお義母さんの瞳を見つめた。お義母さんは、幸せそうな顔で微笑んでいる。
『こんなの、初めて♡ 雄一さん、好きになちゃったわ……。女としてね……』
頬を赤くして、照れたように言った後、照れ隠しでもするような感じでキスをしてきたお義母さん。俺は、胸を撃ち抜かれたような感じがした。惚れて結婚したミクとそっくりの顔をしているので、当然、お義母さんは俺の好みだ。ヤバいと思いながらも、急速にお義母さんに惹かれていく。

舌を絡め、濃厚なキスをする。むさぼるような感じだ。こんな激しいキスは、たぶんミクともないはずだ。

『まだ固いわ……。雄一さんって、ホント野獣みたいね。意外だったわ』
お義母さんは、嬉しそうに言う。
「だって、お義母さんのが締め付けてくるから、柔らかくなれないんですよ」
俺は、おどけて言う。
『こんなに長持ちしたのは、雄一さんが初めてよ。本当に素敵♡』
少女のような顔で言うお義母さん。俺は、イッたばかりなのに、猛烈に欲情してしまった。そして、腰を動かし始めると、
『アン♡ ホント、凄いのね……。でも、ちょっと待ってて』
そう言うと、お義母さんはスルリと俺の下から抜け出す。そして、立ち上がり、ドアに向かう。
『垂れてきちゃった』
でも、すぐにそう言って立ち止まる。お義母さんの内ももには、俺の精液が垂れ流れていて、膝の辺りまで濡らしていた。お義母さんはそれを指ですくい取ると、匂いをかいだ。
『ふふ。すっごく雄臭いわ。匂いだけで排卵しちゃいそうよ』
お義母さんはそんなことを言う。俺は、セーラー服姿でそんなことをするお義母さんを見て、もう入れたくてしかたないほど興奮していた。

お義母さんは、指ですくい取った俺の精液を、舌で舐め取るようにして口の中に吸い取った。そして、俺に見えるように口を開けて、口の中が精液でいっぱいになっているのを見せてきた。AVではよく見る光景だが、プライベートでこんな事をする女性は初めて見た。

お義母さんは、俺が興奮しているのを確認した後、コクンと喉を動かして飲み干してくれた。こんな事までしてもらえるなんて、男としては本当に嬉しかった。ミクはフェラチオが嫌いなので、そもそも口に出したこともない。親子でもこんなに違うんだなと思った。

『ごちそうさま。濃くて、美味しかったわ♡』
お義母さんはそう言うと、部屋を出ていった。俺は、お義母さんがどこに行ったのか不思議に思ったが、そのままグッタリとしていた。あまりにも強烈な体験で、力が抜けてしまった感じだ。

寝室の方のドアが開く音がして、すぐにまた閉る音がした。すると、廊下を歩く音が聞こえた。たぶん、息子の様子を見に行ってくれたのだと思う。そして、浴室の方で音がしたので、シャワーを浴びているんだなと思った。
俺は、まだヤリ足りないと思っていたのに、もう終わりなんだなと思い、ちょっとムラムラしてしまった。でも、浴室にまで行って、さらにしようとまでは思わなかった。

そして、パジャマを着ようか迷っているうちに、お義母さんが戻ってきた。お義母さんは、セーラー服を脱いでランジェリー姿になっていた。さっきも着ていたランジェリーだが、さっきはセーラー服で上は見えなかった。
今は、上下そろいのランジェリーを身にまとっている。胸のところに穴が空いていて、ブラをしていても乳輪と乳首が丸見えだ。さすがに、ミクと比べると少々色が沈着気味だが、まだまだ張りもある胸は、充分すぎるほど美しいともう。そして、下の方も穴が空いているショーツなので、ヘアもビラビラも見えてしまっている。

ミクとは違い、綺麗に剃って整えられたヘアは、エアロビをしているからだろうか? 俺は、思わず見とれてしまっていた。

『恥ずかしいわ。こんな明るいところで、ジロジロ見ないで』
お義母さんは、頬を赤くしながら言う。でも、恥ずかしいと言いながらも、こんなランジェリーを穿いてくる位なので、実際は恥ずかしいと思っていないのだと思う。

「あれ? シャワー浴びたんじゃないんですか?」
『え? 違うわよ。準備してきただけよ』
お義母さんはそう言って、ベッドの上に上がってきた。そして、意味がわからずにポカンとしている俺の目の前で、四つん這いになった。すると、お義母さんのあそこもお尻も丸見えになった。

お義母さんのアナル周りは、濡れて光っているような感じだ。するとお義母さんは、自分のアナルを左右に広げ始めた。すると、少し開いたアナルの中までもが、濡れたように光っている。
『準備出来てるわ。一気に押し込んで♡』
と、耳まで真っ赤にして言う。恥ずかしがっている割には、凄いことをしているなと思う。
「え? お尻で出来るんですか?」
俺は、耳を疑ってそう聞いた。
『ふふ。こっちの方が感じるの♡ それに、こっちの方が締まるわよ』
お義母さんは、興奮しきった顔になっている。俺は、アナルセックスなんてしたことはない。ドキドキしながら、いきり立ったペニスをお義母さんのアナルに押しつけた。すると、濡れているように見えたのは、ローションのようで、思いのほかスムーズに入っていった。
『んふぅ♡ やっぱり、太いわね……。うぅ……ゆ、ゆっくり……』
お義母さんは、少し怯んだ感じだ。でも、痛そうではない。俺は、そのまま押し込んでいった。確かに、膣とは違う強烈な締めつけがある。

『う、うぅ……、凄い……。拡がってるわ……。あぁ、こすれて、うぅあぁ♡』
お義母さんは、半分ほどペニスを入れると、もう気持ちよさそうな顔に変わっていた。
「お義母さん、ローションなんて持ち歩いてるんですか?」
『ふふ。いつ何があるかわからないでしょ?』
お義母さんは、意味ありげな感じで言う。
「お義母さんって、ド淫乱なんですね」
『雄一さんだって、野獣じゃない』
笑いながら言うお義母さん。俺は、一気に奥まで押し込んでみた。
『んぉおぉんっ! 凄いぃ、奥まで来てるぅ』
お義母さんは、とろけた顔で言う。俺は、ペニスの先が奥に突き当たる感じに驚いた。膣と違って、突き当たりなんてないと思っていたので、どこに当ったのだろう? と、 少し不安になった。でも、お義母さんのとろけた顔を見て、平気なんだなと思い腰を振り始めた。

『そこぉ、もっとっ! うぅぁぁっ! こんな、うぅ、知らない……初めて……あぁっ! すごいぃっ! 気持ち良くておかしくなりそう!』
お義母さんは、俺が腰を振ると、すぐに頭を左右に振るようにしてあえぐ。まるで、イヤイヤをしているような感じだが、本当に気持ちいいみたいだ。

俺は、膣と同じで奥が気持ち良いのだなと思い、奥にゴンゴン当てる感じで腰を振り続けた。さっきの膣よりも強烈な締まりはあるが、亀頭の辺りは意外と刺激が少なく、根元の締め付けと差が大きいのだと思った。これならば、さっきよりも長持ちできそうだなと思った。

「お義母さん、娘婿とアナルセックスなんて、許されるんですか?」
俺は、少し余裕が出来たので、言葉責めもしてみた。お義母さんに終始リードされているような感じだったので、悔しいという気持ちもあったのだと思う。
『ダメよ、そんなこと言っちゃ……。うぅ、あぁ……』
「あれ? アナル締め付けてきますよ。ミクのこと言われて、興奮してるんですか?」
『うぅ……いじわる……言わないで……』
お義母さんは、とろけた顔のまま恨めしそうに言う。さすがに罪悪感を感じるようだ。

「じゃあ、お義父さんには悪いって思わないんですか?」
そう聞いた途端、アナルがキュゥーッと強烈に締まってきた。

人妻釣ったwしかも看護婦w

出会い系にて、人妻36歳、看護婦、2人の子持ち、身長171cm、スレンダー、めちゃくちゃ美人。
無職の旦那に嫌気がさして本気で不倫相手を探していたらしい。
旦那とは離婚したいけど子供がいるから無理らしい。

相手は警戒心が強く、下ネタはダメ、本気で恋愛したいんだアピールが凄くてちょっと疲弊したけど、
半年近く気長にメールでやり取りして信頼を勝ち取りやっと初デート。
写真は貰っていたから顔は知っていたけど、実際に会ってみたらえらい美人でびっくりした。
初デートで付き合おうって話になったけど、俺は身体目的。
もちろんそのことは隠していたけど。

初デートが終わった後、今日はありがとうメールを送ったついでに次会う時はエッチしたいって
言ったらあっさりOK
・・・・・・あれだけガードが固かったのに。

そしてエッチすると約束した当日
相手に子供がいる関係であまり時間がとれないので駅で合流後ラブホへ直行
ラブホへ行く途中相手が「本当にやるの?」って何度も聞いてきてイラッてきたけど、
俺はそれを隠して「A子が嫌ならしなくて良いよ。」って言う。
そしたらA子は「別に嫌じゃないけど。」と言ったのでセーフ
なんか不倫は始めてらしいし、慣れていない様子

ラブホについた後、雑談しているとA子が「このまま何もせずに終わりそう。」と言ったので
「ちゃんとするよ~。こっちおいで。」と俺の座っているベッドをポンポンと叩く。
するとA子はソファーから移動して俺の隣に腰掛けた。

俺の方を見つめていて目が潤んでいる。
そのまま押し倒してキスしながら手マン。
感度は普通ぐらい。

一段落した後服を脱がせていたらA子が俯きながら
「生理終わったばかりだから生でして良いよ。」って言った。
何となくしか聞き取れなかったので
「何?」って聞くと「なんでもない。」とA子
せっかく生で良いって言ったのにしっかり聞き取らなかった俺の馬鹿!
でも何となく聞き取っていたので
「生で良いの?」
って言うとA子は頷いた。
服を脱がせた後、クンニしようとするとA子は恥ずかしがって股を閉じながら手でマ○コを隠し
「いや~」
と大きめな声で嫌がる。
若い子なら良いんだけど、36歳がやるとカマトトぶってるようにしか見えない。
俺が股を無理矢理開かせるとA子は素直に従い受け入れてアンアン喘いでいた。

その後「フェラできる?」って聞くと「うん」と言ってA子は俺のをくわえる。
なんかこちらが要求すると必要以上に素早く反応するから面白かった。
「フェラできる?」って聞いてから2秒後には俺のを加えてたしw
片方の頬っぺたの内側にキトウを擦りつけるようなフェラ
まあまあな腕前。
10年前ぐらい昔、A子が結婚する前に付き合っていた相手に性奴隷にされていたようだ。
本人は隠してるけど、話聞いてるとなんとなくそんな感じ。
それなので、A子は色々仕込まれていて実は床上手だと俺は予想していた。
「こうやってみて」
と色々注文するとその通りにフェラしてくれてテクニックも凄かった。

そろそろ挿入したくなったので
「入れていい?」って聞くと
「入れて良いよ」とA子。
正常位で挿入するとA子のマ○コが凄かった。
2人子供産んでるのに、緩くないし、ザラザラというかイボイボというか、
いわゆる数の子(?)の正常位である程度満足すると挿入したまま騎乗位になった。

結構宣伝されてるから、女釣りたいなら今だなw
A子に腰を動かすようにお願いすると、
「私あまり上やったことないから・・・・・・これで良い?」
といいながらぎこちなく腰を前後に動かす。
動きが遅すぎて全然気持ち良くないのでA子を抱き込んで、
「腰を少し浮かせて」
とお願い。
A子が腰を浮かせると下からガンガンついた。
せっかくの良マンなのに俺は調子が悪くなかなかいく気配がない。
始めてエッチする相手だとたまになる。
あまり長いと女は嫌がる人もいるけど、どうせ身体目的だから気にしない。

バックで突き始めるとA子の反応が明らかに変わった。
「ああああぁぁぁ???!!!」
とまさに絶叫。
マ○コも閉まってかなり気持ち良い。
この時点で挿入してからおよそ40分。
やっと俺も調子が良くなって射精できそうになってきた。

正常位に変えながら
「逝って良い?」と聞くとA子は遠くを見つめながら頷くだけ。
俺は正常位でスパートをかけるけど射精までは何故か後一歩といった感じでなかなかいけない。
でもA子の感じ方が尋常なないぐらいになってて、喘ぎと言うより悲鳴になってた。
う~ん、色気が欲しいw

しばらくすると俺のまたに水っぽい感じがしたので手を撫でて確認するとA子が潮噴いてたw

潮噴きながら痙攣してマ○コも締め付けてくる。

この時A子は人生で初めて潮を噴いたらしい。
ちなみに初めて逝ったのはさっき俺が後ろから突いた時。
今までのエッチでは演技で逝ったふりをしていたらしい。
なんか嘘っぽいけど。

A子が締め付けてくれたおかげで、俺もやっと射精出来た。
許可も得ずに中に出しちゃったけど、A子は何も言わず。

A子は放心状態だったけど少ししたら復活して二人でいちゃいちゃしてた。

俺は2回戦がやりたくて右足の大腿部でA子のマ○コをグリグリしたけど
A子はニコニコするだけで反応なし。
何回か繰り返すとやっとA子は意味を理解したのか同じように俺のアソコをグリグリ
意味を理解した瞬間に、ハッとした表情になったA子になんか萌えた。

そのまま2回戦に突入。
シャワーを浴びた後、フェラで逝かせてもらって、その後3回戦目。
4回戦目と5回戦目は面倒で挿入だけで終わり。
朝の11時にラブホに入って出たのは夜の11時。

子供いるから夕方には帰るって言ってたのに、
「帰らなくて大丈夫?」って言っても黙っているだけ。
母親と寝ておいて俺が言えた義理じゃないけど、お子さんには悪いことしたな。

変に固くて、昔性奴隷にされていた経験からかエッチに否定的だけど、
性格、容姿、スタイル全部良いしテクニックもそれなりでかなり良い女なA子。
今は呼べばすぐに駆け付けてくれてやらせてくれます。
ピル飲ませて中だしさせてもらってるので当分手放せないw。

人妻ナースがエロ過ぎてヤバかったw

出会い系にて、人妻38歳、看護婦、2人の子持ち、身長171cm、スレンダー、めちゃくちゃ美人。

無職の旦那に嫌気がさして本気で不倫相手を探していたらしい。

旦那とは離婚したいけど子供がいるから無理らしい。

相手は警戒心が強く、下ネタはダメ、本気で恋愛したいんだアピールが凄くてちょっと疲弊したけど、

半年近く気長にメールでやり取りして信頼を勝ち取りやっと初デート。

写真は貰っていたから顔は知っていたけど、実際に会ってみたらえらい美人でびっくりした。

初デートで付き合おうって話になったけど、俺は身体目的。

もちろんそのことは隠していたけど。

初デートが終わった後、今日はありがとうメールを送ったついでに次会う時はエッチしたいって言ったらあっさりOK

・・・・・・あれだけガードが固かったのに。

そしてエッチすると約束した当日

相手に子供がいる関係であまり時間がとれないので駅で合流後ラブホへ直行

ラブホへ行く途中相手が「本当にやるの?」って何度も聞いてきてイラッてきたけど、

俺はそれを隠して「A子が嫌ならしなくて良いよ。」って言う。

そしたらA子は「別に嫌じゃないけど。」と言ったのでセーフ

なんか不倫は始めてらしいし、慣れていない様子

ラブホについた後、雑談しているとA子が「このまま何もせずに終わりそう。」

と言ったので「ちゃんとするよ?。こっちおいで。」と俺の座っているベッドをポンポンと叩く。

するとA子はソファーから移動して俺の隣に腰掛けた。

俺の方を見つめていて目が潤んでいる。

そのまま押し倒してキスしながら手マン。

感度は普通ぐらい。

一段落した後服を脱がせていたらA子が俯きながら

「生理終わったばかりだから生でして良いよ。」って言った。

何となくしか聞き取れなかったので

「何?」って聞くと「なんでもない。」とA子

せっかく生で良いって言ったのにしっかり聞き取らなかった俺の馬鹿!

でも何となく聞き取っていたので

「生で良いの?」

って言うとA子は頷いた。

服を脱がせた後、クンニしようとするとA子は恥ずかしがって股を閉じながら手でマンコを隠し

「いや?」

と大きめな声で嫌がる。

若い子なら良いんだけど、38歳がやるとカマトトぶってるようにしか見えない。

俺が股を無理矢理開かせるとA子は素直に従い受け入れてアンアン喘いでいた。

その後「フェラできる?」って聞くと「うん」と言ってA子は俺のをくわえる。

なんかこちらが要求すると必要以上に素早く反応するから面白かった。

「フェラできる?」って聞いてから2秒後には俺のを加えてたしw

片方の頬っぺたの内側にキトウを擦りつけるようなフェラ

まあまあな腕前。

15年前ぐらい昔、A子が結婚する前に付き合っていた相手に性奴隷にされていたようだ。

本人は隠してるけど、話聞いてるとなんとなくそんな感じ。

それなので、A子は色々仕込まれていて実は床上手だと俺は予想していた。

「こうやってみて」

と色々注文するとその通りにフェラしてくれてテクニックも凄かった。

そろそろ挿入したくなったので

「入れていい?」って聞くと

「入れて良いよ」とA子。

正常位で挿入するとA子のマンコが凄かった。

2人子供産んでるのに、緩くないし、

ザラザラというかイボイボというか、いわゆる数の子(?)の良マンだった。

正常位である程度満足すると挿入したまま騎乗位になった。

A子に腰を動かすようにお願いすると、

「私あまり上やったことないから・・・・・・これで良い?」

といいながらぎこちなく腰を前後に動かす。

動きが遅すぎて全然気持ち良くないのでA子を抱き込んで、

「腰を少し浮かせて」

とお願い。

A子が腰を浮かせると下からガンガンついた。

せっかくの良マンなのに俺は調子が悪くなかなかいく気配がない。

始めてエッチする相手だとたまになる。

あまり長いと女は嫌がる人もいるけど、どうせ身体目的だから気にしない。

バックで突き始めるとA子の反応が明らかに変わった。

「ああああぁぁぁ???!!!」

とまさに絶叫。

マンコも閉まってかなり気持ち良い。

この時点で挿入してからおよそ40分。

やっと俺も調子が良くなって射精できそうになってきた。

正常位に変えながら

「逝って良い?」と聞くとA子は遠くを見つめながら頷くだけ。

俺は正常位でスパートをかけるけど射精までは何故か後一歩といった感じでなかなかいけない。

でもA子の感じ方が尋常なないぐらいになってて、喘ぎと言うより悲鳴になってた。

う?ん、色気が欲しいw

しばらくすると俺のまたに水っぽい感じがしたので手を撫でて確認するとA子が潮噴いてたw

潮噴きながら痙攣してマンコも締め付けてくる。

この時A子は人生で初めて潮を噴いたらしい。

ちなみに初めて逝ったのはさっき俺が後ろから突いた時。

今までのエッチでは演技で逝ったふりをしていたらしい。

なんか嘘っぽいけど。

A子が締め付けてくれたおかげで、俺もやっと射精出来た。

許可も得ずに中に出しちゃったけど、A子は何も言わず。

A子は放心状態だったけど少ししたら復活して二人でいちゃいちゃしてた。

俺は2回戦がやりたくて右足の大腿部でA子のマンコをグリグリしたけどA子はニコニコするだけで反応なし。

何回か繰り返すとやっとA子は意味を理解したのか同じように俺のアソコをグリグリ

意味を理解した瞬間に、ハッとした表情になったA子になんか萌えた。

そのまま2回戦に突入。

シャワーを浴びた後、フェラで逝かせてもらって、その後3回戦目。

4回戦目と5回戦目は面倒で挿入だけで終わり。

朝の11時にラブホに入って出たのは夜の11時。

子供いるから夕方には帰るって言ってたのに、

「帰らなくて大丈夫?」って言っても黙っているだけ。

母親と寝ておいて俺が言えた義理じゃないけど、お子さんには悪いことしたな。

変に固くて、昔性奴隷にされていた経験からかエッチに否定的だけど、

性格、容姿、スタイル全部良いしテクニックもそれなりでかなり良い女なA子。

今は呼べばすぐに駆け付けてくれてやらせてくれます。

ピル飲ませて中だしさせてもらってるので当分手放せないw

人妻 香苗 4

27

恭子 「香苗さ?ん!」

香苗 「ぇ……?あ、恭子さん。」

それはある日の朝の事だった。

香苗がゴミ出しに行くところで、後ろから来た恭子が声を掛けてきた。

恭子 「おはようございます。」

香苗 「おはよう、恭子さんは今から出勤?」

恭子 「はい、なんだかお隣なのに、お顔合わせるのは久しぶりですよね。」

香苗 「ホント……恭子さん近頃は一段と忙しそうね、帰りもいつも遅いんでしょ?」

以前は恭子を部屋に呼んで晩御飯を共に食べたりしていたが、最近はそういう事もめっきり減ってしまっていた。

最近の恭子は今まで以上に朝の出勤が早く、帰りも夜遅い。

休日に何度か恭子を食事に誘おうかと考えていた香苗だったが、きっと疲れているだろうと思って遠慮していた。

恭子 「毎年この時期は忙しいんですよ。祐二さんも最近は忙しいんじゃないですか?」

香苗 「うん、やっぱり今はどこの会社も忙しいのね。恭子さんも大変でしょ?疲れとか溜まってるんじゃない?」

恭子 「ん?多少はありますけど、私今の仕事好きだから、結構楽しんじゃってます。それに今の時代、仕事がないより忙しい方が恵まれてると思いますし。」

香苗 「そ、そっかぁ…。」

そう仕事の話をする恭子の表情は明るかった。

毎日仕事を長時間して、部屋には寝るためだけに帰ってきているような忙しい生活をしているというのに、恭子の表情からは疲れは感じられない。

……やっぱり恭子さんは凄いわ……

そんな恭子に対して、同年代の女性として香苗が尊敬心を抱くのは当然かもしれない。

自分とは違う人生の道を歩んでる女性が近くにいる。

自分も結婚せずに仕事を続けていたらどんな人生になっていたのだろう。

でも少なからず、恭子のように社会に揉まれ、忙しさに追われる毎日を送る事に、自分が耐えれる自信は無かった。

そういう事を考えるといつも同じような結論に至る。祐二と結婚してよかったと。

楽な道を選べて良かったという意味ではない。

この先子供ができたりすれば、子育てと家事で今の数倍忙しくなるだろうし、専業主婦も楽ではないのだから。

しかし家事が得意な香苗にとっては、やはり女性としてこちらの道がきっと正解だったのだ。

恭子 「そういえば……香苗さん、最近英治が昼間にご迷惑掛けてたりしませんか?」 

香苗 「……え?」

英治……それは恭子の恋人であるあの中嶋の事だ。

香苗は急に恭子が中嶋の話をふってきた事に動揺していた。

香苗 「あ……え…えっと中嶋さん?ど、どうして?」

恭子 「最近英治、私の部屋にずっといるんですよ。」

香苗 「そ、そうなんだ……。」

恭子 「え?香苗さん知りませんでした?私の部屋にずっと英治がいた事。」

香苗 「ぇ…あ…そ、そういえばエレベーターで1回いっしょになったっけ……そっかぁずっと居たんだね、それは知らなかったぁ……」

この時の香苗は明らかに動揺と嘘が顔に出ていて不自然だった。

そう、香苗が言っている事は嘘である。

恭子の部屋に中嶋が居座っていた事は知っていたし、それどころか香苗は、恭子の部屋で昼間中嶋が毎日何をしているのかまでよく知っているのだから。

恭子 「彼の仕事って基本的にどこでできますから。」

香苗 「そ、そういえばそうだったね……。」

恭子 「だから昼間とか香苗さんに迷惑とか掛けてないか心配で、あの人変わってるとこあるから。」

香苗 「べ、別に……そんな事は無かったけど……会ってないしね……」

恭子 「そうですか、それなら良かった。何か英治がご迷惑掛けるような事があったら直ぐに私に言ってくださいね、叱っておきますから。」

そう冗談っぽく笑いながら言われ、香苗もそれに合わせるようにして笑顔を作っていた。

恭子の電車の時間もあるので、マンションの前で早々に別れた2人。

恭子に手を振り終わった香苗は、思わずその場でため息をついた。

香苗 「……はぁ……」

恭子の元気で幸せそうな顔を見ていたら、なんだか香苗は気が重くなるような気分になった。

中嶋が昼間にしている事、それを知った最初の頃は恭子にその事を伝えるべきか迷っていた香苗。

別の女性を部屋へ連れ込んでいる中嶋に、1人の女として嫌悪感や憤りを感じていた香苗。

しかし今、毎日自分がしている事を考えたら、決して恭子にその事は言えない。

ゴミを出し終わり部屋へと戻る途中、ふと恭子の部屋のドアの前で立ち止まった香苗。

……今、この部屋に中嶋さんがいるんだわ……

毎日毎日、あんな事をしているいい加減な男。

普通に考えたら嫌悪感しか感じない男。

しかしそんな男に香苗は今、密かに振り回されている。

欲求に負けてしまったあの日から、香苗の昼間の生活は一変してしまった。

家事の仕事も、近頃手抜きになってしまっている。

こんな事ではいけないと思いながらも毎日してしまうあの行為。やめられないあの行為。

香苗 「……。」

恭子の部屋のドアをじーっと見つめる香苗。

このドアの向こうにその原因を作っている張本人がいるのだと思うと、なんだか身体がまた熱くなってくるようだった。

香苗 「……。」

と、香苗がそんな事を考えながらボーっと恭子の部屋の前で立ち尽くしていたその時だった。

ガチャ……

香苗 「……えっ……!?」

香苗は一瞬、心臓が止まるのではないかというくらいに驚き、そして焦った。

突然その恭子の部屋のドアが開いたのだ。

香苗 「……ぁ……」

突然の事にその場で固まってしまう香苗。

そしてその部屋から出てきたのは当然、あの男だった。

28

全身が強張って、身体が動かない。

ここ最近の香苗にとって、ずっと声と妄想の世界だけに登場していた男が、今目の前に現れたのだ。

自分の妄想の中で膨らみ続けていたその男のオーラに、香苗は一瞬にして包み込まれ、固まってしまった。

緊張とは違う、何か心臓をガシッと掴まれてしまったかのような気持ち。

香苗 「……」

中嶋 「……ん?」

恭子の部屋から出てきた中嶋は、開けたドアのすぐ目の前に人がいるのに気付き、一瞬少し驚いたような表情を見せた。

しかしそれが隣に住む香苗だと分かると、中島の表情はすぐにあのニヤっとした笑みに変わる。

中嶋 「あれぇ?奥さん、どうしたんですか?そんな所に突っ立って。」

香苗 「ぇ……ぁ……」

中嶋の声だ。

いつも壁越しにこっそり聞いていた中嶋の低い声が、胸の奥まで響いて身体の中にまで入ってくる。

その瞬間、香苗は自分の身体が急激に熱くなっていくのを感じた。

ドクドクドクドクドク……と、身体の芯から血液が沸騰していくかのように一気に熱くなっていく。

中嶋のオーラと低い声に自分の身体が侵食されていく、そんな感覚だった。

香苗 「…ぁ……あ、あの……えっと……」

パニック状態。

中嶋に今何を聞かれたのか、自分が今何を答えればいいのか分からない。
それどころか、どうやって声を出せばいいのか、どうやって呼吸をすればいいのかさえ香苗には分からなくなっていた。

それぐらいに動揺していたのだ。

中嶋 「ん?どうしたんですか?顔が真っ赤ですよ奥さん。」

香苗 「い……いえ……あの……」

額から汗がジワァっと噴き出してくる。

物凄くアルコール度数の高い酒を飲んだときのように、香苗の身体はある種の反応を示していた。

そう、頭で感じて起きる反応ではなく、つま先から脳髄までの全身が、香苗の意思とは関係なく大きな反応を示している。

そしてそれはもちろんアルコールのせいでなく、明らかに目の前にいる男、中嶋に対して香苗の全身が反応を示しているのだ。

……ハァ……ハァ……ハッ…ハァ……ハァ……ハァ……

香苗は中嶋の顔を見る事ができない。香苗は顔を下に向け、その視線は中嶋の手をジッと見つめていた。

中嶋のゴツゴツとした男らしい大きな手、太い指。

中嶋 「……だ、大丈夫ですか?」

……ああ……何これ……熱い……身体が熱い……

なんだか身体が熱くなると同時に聴覚が急激に狭くなっていくようだった。

外の街の音などは全く聞えなくなり、香苗の身体を熱くさせる中島の声だけがダイレクトに身体に入ってくる。

香苗 「……ぁ…あの……ハァ……」

一気に火照っていく身体の中で、香苗は下腹部でいつも感じていた、あのモヤモヤムラムラとした感覚が身体の中から一気に溢れ出て決壊してしまうような怖さを感じた。

そしてジンジンと身体の熱がその下腹部へと集まってくる。

……ハァ……ハァ……ハァ……

香苗のアソコが、ヴァギナが、尋常じゃない程に疼いている。

……イヤ……どうなってるの……私の身体……ああ……もうダメ……

中嶋 「体調でも悪いんですか?」

そう言って中嶋が香苗に一歩近づいた瞬間、香苗はハッと何かに気付いたようにして口を開いた。

香苗 「ぇ……ぁ……ご…ごめんなさいッ!」

そう声を発すると、香苗は慌てた様子で自分の部屋まで駆けて、そそくさとドアを開いて中へと入っていってしまった。

香苗が居なくなった場所で呆然と立っている中嶋。

中嶋 「……なんなんだ?今の……。」

中嶋は香苗の自分に対する振る舞いに、不思議そうな顔をしていた。

ごめんなさいとは、何を謝ったつもりだったのか。

中嶋 「なんであんなに慌ててたんだ?」

先程の香苗の様子を見れば当然浮かんでくるような疑問だ。

香苗の様子は明らかに不自然であり、変だった。

火照った顔、潤んだ瞳、少し開いた口。

今考えて見るとあれは明らかに体調が悪いといった表情ではない。

まるであれは……女のあの時の表情……

中嶋 「……。」

少しその場で考え込むように腕を組む中嶋。

頭の中で先程の香苗の表情を思い出す。

そして中嶋はその香苗の表情から、すぐにある事を察した。

それが分かった瞬間、中嶋の顔はニヤっとなんともイヤらしい、そして不気味な笑みを浮かべた。

中嶋 「……フッ……ハハッ、もしかしてあの奥さん……へへ…いいねぇ、久しぶりに楽しめそうだな……。」

29

香苗 「ハァ……ハァ……」

胸の高鳴りがまだ止まらない。

玄関で閉めたドアに凭れながら、香苗は目を閉じて今しがたの出来事を頭の中で再生していた。

香苗 「……私ってバカ……絶対変に思われてる……」

中嶋の事を過剰に意識してしまっている。
もしかして今の自分の態度でその事を中嶋に勘付かれてしまったのではないかと、香苗は心配になっていた。

香苗 「……」

しかしそんな心配よりも、今香苗の頭の中で大半を占めているのは、先程見た中嶋の姿だった。

広い肩幅、太い腕、大きな手、長い指、まさに?男?を感じる体格と風貌。

……中嶋さんってあんなにも逞しい身体してたっけ……

香苗はどちらかというと、ああいった見るからに?男?を強調している容姿の男性の事はタイプではなかった。

しかしなぜだろう、今はなんとなく違うような感じがする。

女として、むしろ中嶋のような軽そうな男は苦手であったはずなのに。

いや、苦手なのには今も変わりはない。香苗が愛しているのは今も夫・祐二であって、中嶋に対する感情はそれとは違う。

でも、先程中嶋の姿を見た時、中嶋の声を聞いた時、中嶋の逞しい腕を見た時、あの中嶋の手が自分の股の間に侵入してくるのを想像してしまった。

中嶋は女性の相手をする時、あの長い指をどのように動かすのだろうか。

香苗 「……ハァ……」

香苗が中嶋に対してそんな事ばかり考えてしまうのも無理はない。

香苗はここ数週間、毎日のように中嶋を性の対象としてオカズにしてきたのだから。

……ハァ……ハァ……ハァ……

身体の火照りが一向に治まらない。

香苗は玄関からそのまま寝室へと向かった。

そして寝室にあるクローゼットを開け、その奥からガサゴソとある物を取り出そうとする。

中嶋と見知らぬ女性との行為は1週間の内、平日の5日間で行われていた。

それを香苗も毎日聞いて、自慰行為を続けていた。

オナニーでの軽い絶頂も覚えた香苗は、その甘い快楽にどっぷりとハマってしまっていたのである。

身体の中に溜まったムラムラ感を解消したいという欲望に、いつもどうしても負けてしまう。

いけないと思っていても、やめられなかった。

自分自身がある種のスパイラルに入ってしまっているのだという自覚があるにも関わらず、香苗は自我の欲望を抑える事ができないでいたのだ。

そんな香苗の今の身体は、依存性の中毒に掛かってしまっていると言ってもいい。

それが特に分かるのが、土日だ。

土日は祐二も家にいる事が多いのでそれをできないし、隣から中嶋達の声が聞こえてくる事もなかった。

だから毎日のように溜まってしまうあのムラムラ感を、土日は解消する事のできないのだ。

本来なら愛する夫と過ごせる嬉しい休日であったはずの土日が、今の香苗には苦痛になってしまっていた。

溜まり過ぎたムラムラ感は苛立ちに変わり、実は少し前に祐二とちょっとした事で口喧嘩をしてしまった香苗。香苗にしては珍しい事だ。
もちろんすぐに香苗が『ごめんなさい、変だよね、私…』と言って謝った事でそれは治まったが、これはもう、中毒症状が出ていると言っていい。

オナニーによって性欲を解消しなければ、今の香苗は普通でいられないのだ。

だから週末なるといつも月曜日が待ち遠しく感じてしまう。

溜まりに溜まった性欲を解消する月曜日のオナニーは、その分快感も大きかった。

ガサゴソ…

クローゼットの奥に隠すように置いてあったそれを、香苗は手に持ってベッドの側に移動した。

手に持ったそのピンク色のオモチャのような物をじっと見つめる香苗。

香苗 「……」

中嶋が先程部屋から出て行ったのは、また女性を連れてくるためだろう。

そしていつも中嶋達が行為を始めるのは昼頃からだ。

今はまだ朝の9時。

しかし、今の香苗はもう時計の針が回るのを待っていられなかった。

……ハァ……ダメ……我慢できない……

眩しいほどの日光が差し込む寝室のカーテンをしっかりと閉めた香苗は、ベッドの前で服を脱ぎ始める。

裸になりたかった。服も下着も、身体を締め付ける全ての物が息苦しい。

生まれたままの姿で、全てを曝け出したい。

中嶋と会った余韻が残っている内に、それに溺れたい。

あっという間に裸になった香苗は、ベッドの上に座り、先程取り出したオモチャを再び手にした。

もっと快感を感じたい、そんな気持ちからエスカレートしていった毎日の行為。

中嶋の声が聞こえない午前中には、パソコンでアダルトサイトを見る事もあった。

人妻が夫とは別の男と激しく不倫SEXをする、そんなジャンルばかりを見て、自分をそれに重ねていた。

そんな中で目に留まった、大人のオモチャの販売サイト。

散々迷ったあげく、香苗はそれを購入してしまった。

今となってはそのピンクローター無しの生活は香苗には考えられない。

香苗は自分の指だけでは感じられない快感を知ってしまったのである。

香苗 「ハァ……ハァ……」

寝室にヴーーーーンという震動音が鳴り響く。

ゆっくりとそれを自分の股間に持っていく香苗。

目を閉じて、夫ではない男、先程会ってしまったあの男の姿をを思い浮かべる。

そしてそのオモチャが敏感な部分に当たった瞬間、香苗はベッドの上で快感を感じると同時に思わずこう口から漏らした。

香苗 「……ァアアア……中島さん……ンハァァ……」

30

香苗 「……え?出張?」

祐二 「あぁ、突然なんだけど、来週からな。」

相変わらず仕事で忙しい日々を送っていた祐二。

毎日帰りが遅いのはもう当たり前にになっていたが、今度はそれに加え出張だという。

香苗 「来週から?何日くらいの出張なの?」

祐二 「たぶん1週間くらいかなぁ。地方の工場で色々とやらないといけない仕事があってさ。」

香苗 「1週間も……。」

香苗は思わずそう小さく声を漏らした。

祐二 「ごめんな、最近。構ってやれなくて。」

香苗 「えっ?ご、ごめん、そんなつもりで言ったわけじゃないけど……祐二は一生懸命お仕事頑張ってるんだもん。でも、あんまり無理しないでね。」

祐二 「うん。……そうだ、この忙しさが一段落したら、久しぶりにどこか旅行にでも行くか。年休でもとってさ。」

香苗 「え?いいの?でも休みなんて取れるの?今会社色々と大変でしょ?」

祐二 「まぁたぶん大丈夫だと思う。香苗が行きたい所に連れて行ってやるよ。」

香苗 「祐二……ありがとう。」

香苗は祐二の心遣いが嬉しかった。

いつも祐二の優しさを感じた時、この人と結婚してよかったと思う。

香苗 「……。」

しかし最近の香苗は、そんな幸せを感じた後、どうしても心を押し潰されるような辛い感情を抱いてしまう。

自己嫌悪。

今の自分の普通ではない精神状態に、香苗は大きな不安を覚えていた。

……絶対おかしい……こんなの私じゃない……私……正気じゃなくなってるんだわ……

香苗がこんなにも苦しむのは、祐二が1週間出張すると聞いた時、一瞬心がスーっと楽になるような気持ちを抱いた自分が居たからだ。

1週間、祐二は家に帰って来ない。晩御飯の仕度や家事に、時間を縛られる事はない。
だからその1週間は思う存分にあの世界に浸れるのではないか。

あの世界から帰ってきて、毎晩祐二の顔を見る度に辛い思いをしないで済むのだ。

そんな事を心の片隅で香苗は思ってしまっていたのだ。

香苗 「祐二、忘れ物無い?」

祐二 「あぁ、ちゃんとチェックしたから大丈夫だよ。」

祐二が出張に行く当日の朝。

結婚してから今まで、祐二が出張に出掛ける事は何回かあったが、1週間も家を離れるのは初めてだった。

香苗 「食事はちゃんと栄養のあるもの食べてね、カップラーメンで済ませちゃダメよ。」

祐二 「ハハッ、なんか母さんみたいだな。そんな事まで心配しなくても大丈夫だよ、ちゃんと食べるから。」

香苗 「だって祐二の独身時代の食生活って酷かったもの、インスタントばっかりで……。」

祐二 「まぁなぁ、でもお陰様で毎日香苗の手作り料理食べてるから舌は肥えちゃってるよ。インスタントじゃなくて、ちゃんと店で栄養ある物食べるよ。」

香苗 「ホントは外食ばっかりも良くないんだけどねぇ。」

祐二 「じゃあ香苗も付いてくるか?俺専属の栄養士として。」

香苗 「フフッ、ホントに付いて行っちゃうよ?」

祐二 「そんな事したら同僚にすっげぇ冷やかされそうだな。」

香苗 「フフッ……祐二、帰ってくる日はご馳走作って待ってるね。」

祐二 「うん。よし、じゃあ行って来るわ。」

香苗 「気をつけてね……あ、下まで荷物運ぶの手伝うよ。」

大きなバックをそれぞれが持って、仲良さげに部屋から出る2人。

祐二 「大丈夫だって、1人で持てるからぁ。」

香苗 「いいのぉ!私に持たせてっ。」

祐二と香苗が部屋から出た所でそんなやり取りをしている時だった。

ガチャっという音が聞こえ、隣の恭子の部屋のドアが開いた。

香苗 「……っ!?」

その瞬間、香苗は一瞬ドキっとして動きを止める。

恭子 「あっ……香苗さん、祐二さん。おはようございます。」

香苗 「……。」

部屋から出てきたのが恭子だと分かると、香苗はホッと胸を撫で下ろした。

香苗 「お、おはよう恭子さん。」

祐二 「おぉ、恭子さん久しぶり!……あれ?もしかして恭子さんも出張とか?」

祐二の言葉で香苗も恭子が大きなバックを持っている事に気付いた。

恭子 「そうなんですよ、って事は祐二さんも出張ですか?」

祐二 「えぇ、一週間程ね。お互い忙しい時期みたいだね。」

3人はそのまま共にマンションを降りていく。

話によると、恭子も1週間程の出張らしい。

祐二と恭子が「大変だねぇ」などと話している間、香苗は何やら考え込んでしまっているような表情をしていた。

香苗 「……。」

祐二 「そっかぁ、じゃあ香苗はしばらく1人ぼっちだな?」

香苗 「う、うん……。」

恭子 「そうですよねぇ、祐二さん居ないと寂しいですよね、香苗さん。」

香苗 「え?ま、まぁ別にそんな……私は私で1人の時間を楽しもうかなぁ、なんてね。」

香苗はそう強がって見せる。しかしもちろん、香苗の不安は1人で寂しいからという事ではない。

もっと別の事を、この時の香苗は想像してしまっていたのだ。

……祐二も、恭子さんも居ない……1週間……

1週間。

まさかこの1週間で、香苗の人生が大きく狂わされてしまう事になるなんて、この時の香苗はそんな事思いもしていなかった。

31

祐二と恭子を見送り終え、部屋へと戻ってきた香苗。

香苗 「……。」

1人になって静まり返った部屋で、今日から1週間、どう過ごそうかと考える。

何にも縛られる事のない、自由気ままな時間。

特にこれといった趣味のようなものはない香苗。あえて言えば、祐二のために毎日料理を作る事、それをしている時が香苗にとっては一番好きな時間であったと言えるかもしれない。

しかしその祐二は1週間居ないのだから、今は特に積極的にやりたい事などないのだ。

香苗 「……。」

香苗はリビングに立ち、そこから恭子の部屋がある方の壁をじっと見つめた。

……今日も、隣にいるのかな……

数分その壁を見つめた後、香苗はいつも通りに部屋の掃除を始めた。

ポカポカとした温かな日差しが窓から差し込むリビング。一通りの掃除を終えた香苗は、ソファの上で眼鏡を掛けて本を読んでいた。

久しぶりの読書。

元々本を読むのは好きだった香苗。しかし最近はゆっくりと読書を楽しむ事もなかったため、随分と前に買って棚に並べたまま読んでいなかった本がいくつもあった。この1週間でそれらを一気に読んでしまうのも悪くない。

香苗 「……。」

窓から心地良い風が入ってくる。

ゆっくりと流れる時間の中で、活字から生まれる物語の世界に浸る香苗。

しかしそんなゆったりとした時間は長くは続かなかった。

本を読んでいても内容が全く頭に入ってこなくて、なんだか落ち着かない。

正午を過ぎた頃だろうか、読書に集中できなくなってしまった香苗はついには本を閉じてしまった。

香苗 「……はぁ……」

香苗は思わずため息をつく。それはあの事を頭からどうしても外せない自分自身に対してのため息。

そろそろいつもの時間だ。

やはりあの非日常的な世界が、今日も香苗を誘惑してくる。

中嶋の声に身体の奥を掻き回され、熱くさせられるあの感覚が。

カチ……カチ……カチ……

普段は聞えない、リビングに掛けられた時計の針の音が、静まり返った部屋では少し五月蝿く(うるさく)感じる。

しかし時間は刻々と過ぎていったが、その日の昼、隣からいつものような声はなかなか聞こえてこなかった。

香苗 「……今日は、いないのかな……どうして……?恭子さんが出張だから……?」

そんな事を考えながらソファに座ったまま、本を開いたり閉じたりしていたら、気付いた時には3時を過ぎていた。

なんだか少し、肩透かしを食らったかのような気分。

そう思ってしまうのは、やはりあの刺激的な盗み聞き行為をしたいと思っている自分がいるから。

香苗 「……はぁ……。」

またため息。

もう今頃、祐二は出張先でバリバリ働いているだろう。

なのに自分は結局、いけない誘惑に惑わされ何も手に付かないまま時間を潰してしまった。

もうじきに夕方になってしまう。いつもなら、そろそろ晩御飯の買出し仕度と忙しくなるのだが。

香苗 「あれ……もしかして買い物行かないと駄目かしら……。」

香苗がキッチンへ行き冷蔵庫の中を確認すると、思っていたよりも食材が殆どなかった。

自分1人の分ならどうにかなるだろうと思っていたが、肉類や魚類も無いし、野菜も少ない。これでは買出しに行かないと、いくら1人でも質素過ぎる。

香苗 「よし、買い物行こうかな。」

どうせやる事が無いのだから少し料理に手を掛けて美味しいものを作ろうかと、香苗は思い立った。

それに買出しついでに少し洋服などのウィンドウショッピングでもしてこれば良い気分転換になる。

香苗はそう気持ちを切り替えると、昼間の悶々とした気分から勢い良く脱するかのように服を着替え、早々に買い物へと出掛けた。

香苗 「ん?……あ、これいいなぁ。」

楽しそうに色々な商品を見てまわる香苗。

1人で買い物はいつもの事だが、今日のように時間を気にせずゆっくりと自分の好きな物だけを見れるのは久しぶりだ。

服、靴、時計や普段あまりしないアクセサリー、インテリア雑貨。

祐二が居ない時に買うのは気が引けたので止めたが、女性である香苗にとっては、やはりこういった物は見ているだけでも楽しい。

なんだか悶々としていた気分がスーっと晴れていくようだった。

他にもこうやって女性としての喜びや楽しみを感じる瞬間はやはりあるのだ。

このところ、中嶋の事が原因であまりに非現実的な世界に浸りすぎていた香苗は、今日のこの女性らしい良い気分転換で現実の世界にしっかりと戻れたような気がしていた。

やっぱり性的な事へのめり込んでしまうなんて自分らしくない。

香苗は今までの人生を、それなりに女性らしく清楚であるようにと暮らしてきたつもりだ。

そしてこれからも、祐二の妻としてなるべく女性として清らかでいたいと今この瞬間、香苗は思えたのだ。

それに気付いた時、香苗は昼間の、心のどこかでいけない事を想像していた自分が馬鹿らしくなった。

……あんな変な欲に負けてたらダメだわ……

香苗は自分で大切な事に気付き、あの世界から抜け出せたのだと、思わず微笑んだ。

香苗 「フフッ、今日の料理はちょっとだけ贅沢しちゃおっかなぁ。たまには1人でワイン飲むのもいいよね。……あっ映画とかレンタルして見ようかなぁ。」

一通り見たいものを見て満足した香苗は、食料品売り場で食材を買い、別の店で映画をレンタルすると、晴れやかな気分で自宅へと戻って行った。

32

夕陽の光でオレンジ色に染まる街。

道は仕事から帰宅する車で少しずつ混み始めていて、歩道には部活終わりの中学生や高校生が楽しそうに話をしながら歩いている。

そんな当たり前のようで貴重である、平和な光景を眺めながら、香苗は車を走らせていた。

夕方というのは皆が安心したい時間帯だ。

疲れる仕事や学校を終え、あとは家に帰れば家族との寛ぎの時間が待っている。

?今日の晩御飯はなんだろうな?だとか、ある家を通り過ぎたときにスパイシーな香りを感じると?あ、ここの家は今日カレーかぁ?などと思いながら帰り道を歩くのが、平凡だけど幸せなのかもしれない。

香苗は流れ歩く人々を見て、ボンヤリとそんな事を考えながら車を走らせていた。

地下駐車場に車を止めバタンとドアを閉めて、マンションのエレベーターへと向かう香苗。

夜ご飯を食べた後はゆっくりと映画を見よう。

しかしそんな風にささやかな贅沢を想像しながら、降りてくるエレベーターを待っていたその時、香苗は一瞬、後ろに人の気配を感じた。

香苗 「……?」

そういえば前にも同じような事があった気がする。

何か嫌な予感を感じながら香苗は、ゆっくりとその気配のする後ろに振り向いた。

香苗 「……ぁ……」

中嶋 「あれ?また会いましたねぇ奥さん。」

その姿を見た瞬間、その声を聞いた瞬間、香苗は身体の芯がゾクゾクと震えるのを感じた。

先程までのホンノリとした幸せの気分が、一気に別のものに切り替わる。

香苗 「な、中嶋さん……。」

中嶋 「ハハッ、またそんな驚いた顔して。僕の顔に何か付いてます?」

香苗 「い、いえ……そうじゃないですけど、突然だったのでビックリして。」

中嶋 「そうでしたかぁ、いやぁすみませんでした、突然背後から誰かが近づいてきたらそりゃ驚きますよねぇ。」

香苗 「……。」

しかし最初は驚きはしたものの、中嶋という男を目の前にしても、香苗は以前よりは冷静さを保てていた。

前は中嶋と会話をしているだけで、不思議と身体が熱くなっていくのを感じたが、今はなんとか抑えることができる。

……何も……何も意識する事なんてないんだから……

中嶋 「……恭子がね、出張でしばらく居ないんですよ。」

香苗 「ぇ……?えぇ、そうみたいですね。」

エレベーターのデジタル数字が切り替わっていくのじっと見つめながら、香苗は中嶋との会話に応えていた。

中嶋 「旦那さんも、出張なんでしょ?」

香苗 「えっ!?」

中嶋の言葉に香苗は思わず驚きの声を上げた。

……どうしてこの人がその事を知ってるの……?

中嶋 「恭子がさっきメールで知らせてくれたんですよ、今朝会ったんですよね?」

香苗 「あ……はい……。」

当然、恭子と中嶋は恋人なのだから、そういう事を会話の中で連絡し合っていても不思議ではない。だから祐二が出張している事を中嶋が知っていても別に驚く事ではないのだが。

中嶋 「じゃあ奥さんはしばらくお1人なんですね?」

香苗 「ぇ……えぇ…まぁ……。」

相変わらず中嶋のネットリとした話し方と言葉を聞くと、変な気分になる。
不快ではないのだけれど、自分の女としての本能が何か警戒を呼びかけきていた。

中嶋 「女性1人じゃ色々と不安でしょう?何か困った事があったら俺に言って下さいね。隣に居ますから。」

香苗 「あ、ありがとうございます……。」

中嶋 「恭子に言われたんですよ、奥さん1人だからもし何かあった時はってね。」

香苗 「そうでしたかぁ……。」

あの優しい恭子なら言いそうな事だ。

だがしかし、未だにこの中嶋があの恭子の恋人だなんて信じられない。
あんな毎日のように別の女性と関係を持っているこの男が。

恭子はあの事を本当に知らないのだろうか。

香苗 「……。」

でも、あの優しい恭子の事だからもしかして中嶋がそういった男だという事を全て承知の上で付き合っているのかもしれない。

普通に考えて、毎日毎日人が入れ替わるようにして自分の部屋に入っていて気付かないのはおかしい。

だとしたら、恭子はこの中嶋の何に惹かれているのだろうか。

多くの浮気を許せてしまう程の何かが、この中嶋にはあるのだろうか。

香苗はふとそんな事を考えながら、中嶋と共に降りてきたエレベーターの中へと入っていった。

33

中嶋 「今夜も手作り料理ですか?」

中嶋は香苗が手に持っている買い物用のバッグを見ながら言った。

香苗 「ぇ……えぇ……。」

対する中嶋は手にコンビニのビニール袋を持っている。

中嶋 「いいですねぇ、お1人でもやっぱりちゃんと作るんですね。俺なんかこれですよ。」

そう言って中嶋はコンビニの袋の中身を香苗に見えるように広げる。

香苗がそれをそっと覗くように見ると、中にはいくつものカップーラーメンが入っているのが見えた。

香苗 「……晩御飯……これなんですか?」

中嶋 「ハハッ、まぁ俺はいつもこれですから、結構美味しいんですよ。奥さんに1つあげましょうか?」

コンビニの袋からカップラーメンを1つ取り出し、香苗に差し出す中嶋。

香苗 「い、いえ……私は……。」

香苗は少し困ったような表情でやんわりとそれを断った。

中嶋 「ハハッ、冗談ですよ。奥さんみたいな人はこんなの食べませんよね。でもまぁ俺は料理しないし、恭子も料理はあんまり得意ではないんでね。これで済ませてしまう日も多いんですよ。」

香苗 「そうですか……。」

香苗は中嶋の話を聞いて、ふと昔の事を思い出した。

まだ結婚する前、祐二と付き合って間もない大学時代、インスタント食品ばかりを食べていた祐二に栄養のある物を食べさせてあげようと祐二の部屋へ料理を作りによく通っていた事。

スーパーで買い物をしてから祐二が住んでいたアパートに行くのが凄く楽しかった。

確か初めて祐二の部屋に行った時も、料理を食べさせてあげるという理由で行ったのだっけ。

そんな事を思い出している間に、エレベーターが香苗達の部屋の階に到着し、ドアが開いた。

エレベーターから降りれば、部屋はすぐそこである。

中嶋 「じゃあ奥さん、何かあったらいつでも言って下さいね。お隣同士の仲だし、気軽に言って下さいよ。」

香苗 「あ、ありがとうございます。」

そう言って2人は別れ、それぞれの部屋へと入っていった。

香苗 「……はぁ……。」

玄関のドアを閉めた香苗はその場で1つため息を付いた。

前程じゃないにしても、やはり中嶋と2人で話していると変に気疲れしてしまう。

しかし少しの間だったが、中嶋の話を聞いていて、中嶋という人間を自分は少し勘違いしているのかもしれないと香苗は思った。

自分はもしかして中嶋に対して警戒心を持ちすぎているのではないかと。

確かに女性達との関係が特殊である事は間違いなく、その価値観は香苗には全く理解できないものだ。

だけど、それ以外の部分はいたって普通なのかもしれない。

?何か困った事があったら言ってくださいね?というような心遣いをされたからなのか、香苗は素直にその事については良心なのだと受け止めていた。

毎日隣の部屋で中嶋と関係を結んでいた女性達は、その雰囲気から中嶋に好意を持っている女性達であったように思える。

決して無理やり中嶋が女性に何かをしているような感じではなかったし、女性は中嶋に何をされても嫌がっている様子はなかった。

中嶋は独特な雰囲気を持っている男性だが、自分が何か警戒しないといけないような相手ではないのかもしれないと香苗は思い始めていた。

香苗 「……。」

強引に女性に対して何かをしてしまうような、そんな人ではないような気がする。

女性に好意を抱かれやすく、そして恋愛感が香苗や祐二とは違う人。ただそれだけの事なのかもしれない。

そもそもあんな盗み聞きのような事を自分がしなければ、中嶋を変に意識するような事もなかったのだ。

恭子は香苗にとって大事な友人であり、中嶋はその恭子の恋人だ。

今度恭子に恋愛観の話など、さりげなく聞いてみれば良いのかもしれない。

人の価値観は人それぞれ。

打ち解けてそういった話もしてみれば、中嶋との関係性も少しは理解できるのかもしれない。

グツグツという鍋の中からする美味しそうな音、そしてスパイシーな香りがキッチンから漂う。

エプロン姿の香苗が、小さな鼻歌交じりで料理をしている。

香苗 「うん、結構いい感じかな。」

香苗が作っているのはカレー。

本当はもっと手の込んだビストロ風のフランス料理を作る予定だったが、急遽変更したのだ。

なぜそんな事をしたのか、その理由は鍋の中のカレーの量を見れば理解できる。

コトコトと美味しそうに煮込まれているカレーは、どう見ても1人分の量ではない。

香苗 「……やっぱりカレーが一番無難よね。」

味見をしながら香苗はそう呟いた。

なんとなくメニューを変更し、なんとなく多く作ってしまったカレー。

なぜこんなにもカレーを作ってしまったのか、自分でもよく分からない。

いや、よく分からなくても良いのかもしれない。

ただただ純粋な良心でカレーを沢山作ったのだと、香苗は自分に言い聞かせる。

香苗 「……。」

しかし作ってしまったものの、香苗はまだ迷っていた。

このカレーを、あの人物の所に持って行くかどうかを。

34

香苗 「……ふぅ……。」

1つ深呼吸をしてから香苗はインターホンのボタンを押した。

中に中嶋が居る部屋のドアの前で香苗は返答を待っている。

手にはカレーが入っているタッパとサラダとフルーツが入ったタッパを持って。

最後まで迷いながらボタンを押した香苗の胸は、若干の緊張で高鳴っていた。

もしかして余計な事だったのかもしれない。
でもカレーは大量に作ってしまったわけだし、1人ではとても食べきれない。

どうしてこんな事をしているのか自分でもよく分からないが、香苗の中で、カップラーメンばかり食べていると言う中嶋が、なんだか昔の祐二と少し重なっている様な感じがして、ほっとけなくなったのかもしれない。

とにかく香苗は世話好きというか、そういう性分なのだろう。

香苗 「……。」

しかしインターホンで呼んでから少し経つが、部屋の中からの反応が無い。

……どうしたんだろう……もしかして出掛けちゃったのかなぁ……

2分程経過してから、もう一度ボタンを押してみたがやはり反応は無い。

香苗 「……ふぅ……留守かぁ……。」

そう呟き諦め、香苗が自分の部屋に戻ろうとしたその時だった。

中嶋 『は?い、どちらさん……あっ!奥さん!』

小さなスピーカーから中嶋の声が聞こえた。

インターホンに付いているカメラで香苗の顔を確認した中嶋が、威勢のいい声で部屋に戻ろうとした香苗を呼び止める。

香苗 「ぁ……あの……吉井です……あの……」

中嶋 『ちょ?っと待っててくださいね、今出ますから。』

香苗 「は、はい……。」

一度居ないと思って、せっかく料理を作ったのに残念だったという気持ちと、緊張が切れて少しだけホッとしたような気持ちが芽生えていただけに、中嶋が居たのだと分かるとまた妙に緊張感が増してくる。

香苗 「……。」

ドアを開けて中嶋が出てくる姿を思わず想像してしまう。

中嶋は自分が持っているものを見て、どんな反応をするのだろう。喜んでくれるだろうか。

それとも、またあの持ち前のネットリとした視線で身体をジロジロと見てくるのだろうか。

しかしこれまでの事を考えると、恐らく中嶋の女性を見る目というのはいつもああいった感じなのだろうから気にする事はない。

友人である恭子の恋人が隣の部屋に1人で居て、カップラーメンしか食べる物がないと聞いたから、自分はごく自然な善意でその人に料理を持ってきただけなのだ。

今まで恭子にだってそうしてあげた事はあるし、以前隣に住んでいた人にもよく料理を持って行く事があったのだから。

いつものように笑顔で料理を渡し、さっさと部屋に戻ればいいだけの話。何も緊張する事なんてない。

香苗はそう自分に言い聞かせて中嶋が出てくるのを待っていた。

香苗 「……。」

ドタドタとして少し慌てているような足音が近づいてくる。

……来る……

そしてそのドアはガチャっという音と共に勢いよく開いた。

中嶋 「いやぁお待たせしてすみません!ちょっと風呂に入ってたもんですから。」

香苗 「……えっ!?キャァッ!!!」

しかし部屋から出てきた中嶋の姿を見た瞬間香苗は、思わず悲鳴に似た声を上げてしまった。

そして身体ごと顔を横に向け、視線を中嶋から逸らす。

中嶋は香苗にとってあまりに衝撃的な姿で現れたのだ。

中嶋 「あ?すみません、慌ててできたもので、へへっ……。」

自分の姿を見てすぐに拒否反応を示した香苗に軽い感じで謝りながら中嶋は笑っていた。

香苗 「あ……あの……困ります……そんな格好で……。」

顔を真っ赤にする香苗。しかしそれは仕方の無い事かもしれない。
なんと中嶋は腰にバスタオルを巻いただけの、ほぼ裸に近い格好で香苗の前に出てきたのだから。

中嶋 「ハハッ、そんな奥さん、今時上半身裸の男の姿なんて珍しくもないでしょう。結構純情なんですねぇ。」

香苗 「そ、そんなの……普通服着るじゃないですか……。」

香苗は依然赤い顔のまま目を逸らして、そう言い返した。

中嶋 「そうですかねぇ、俺っていつも部屋の中じゃあんまり服着てないですから。いやでも、驚かせてしまってすみません。」

香苗 「……」

言葉では謝っていてもなんら反省の色がない様子の中嶋に、香苗は言葉を失っていた。

中嶋 「で?どうしたんです?何か用があったんじゃないですか?」

香苗 「……ぇ……あっ……あの……これ……。」

中嶋の問いに、香苗は顔を背けたまま手に持っているものを中嶋の方へと差し出した。

中嶋 「ん?これは……?」

中嶋は不思議そうな顔をしながら香苗の手から料理の入ったタッパを受け取る。

香苗 「あの……お口に合うか分かりませんけど……。」

香苗の言葉を聞いて中嶋はタッパを開けて中を確認した。その瞬間、中嶋の顔は一段と嬉しそうな笑顔に変わった。

中嶋 「おお!カレーじゃないっすか!これ奥さんが作ってくれたんですか?俺のために?」

香苗 「……ハイ……あ、じゃなくて……ちょっと作り過ぎちゃって……それで……」

中嶋 「マジっすかぁ、うわぁ美味そうだなぁ、ありがとうございます。」

香苗 「……ハ、ハイ……ぁ……」

中嶋の声があまりに嬉しそうにしているから、思わずもう一度中嶋の方を見てしまった香苗だったが、再度その上半身裸の姿を見て慌てて目を逸らす。

中嶋 「へぇ、こっちはサラダかぁ美味そうだなぁ、こんなまともな食事は久しぶりですよ。」

香苗 「あの、お口に合わなかったら捨ててもらっても結構ですので……。」

中嶋 「ハハッ何言ってるんですか、こんな美味しそうなものを俺は残しませんよ、絶対に。しかも奥さんがせっかく作ってくれたものなんですから。」

香苗 「そ、そうですか……それなら良かったです……じゃあ私はこれで……。」

香苗は顔を背けたままそう言うと、突然そそくさと自分の部屋へと戻って行ってしまった。

中嶋 「えっ?あ、ちょ……」

中嶋が何か言う前にドアを開けて部屋に入って行ってしまった香苗。

中嶋 「……。」

中嶋からしてみれば、その香苗の様子は明らかに不自然なものであった。

しかし慌てた様子で部屋へと戻って行くその香苗の姿を見て、中嶋の口元はニマァっとイヤらしい笑みを浮かべるのであった。

中嶋 「へへ……やっぱりあの奥さん、いいねぇ……そろそろ仕掛けてみるかぁ……フフッ…。」

35

香苗 「もう何なのよあの人、あんな格好で……。」

自室に戻った香苗は動揺覚めやらぬ状態でそう呟いた。

一瞬で目を背けたものの、香苗の頭の中にはバスタオル一枚だけの中嶋の姿が焼きついてしまっている。

小麦色に焼けた肌、太い腕、厚みのある胸板、割れた腹筋。

中嶋の身体は、同じ男性であるにも関わらず、夫である祐二の身体とは全く違うものであった。だから香苗は余計に驚いてしまったのかもしれない。

まさに男らしい身体というのはああいった身体の事を言うのだろうか。

香苗 「……はぁ……」

変に高ぶってしまっている気持ちを落ち着かせようとキッチンでミネラルウォーターをコップに注ぎ、口に運ぶ。

身体の中に入ってくる水の冷たさが心地良く感じる。

その冷たさを体内で感じた時、香苗はようやく気が付いた。自分の身体が異様に火照っている事に。

まるであの盗み聞きをしていた時のように。

香苗 「……イヤ……あんなの見ちゃったから……」

香苗は自分の身体が性的なものに反応し、興奮をし始めている事を自覚せざるを得なかった。

ドク……ドク……と身体の中心から体温が上昇していく。

中嶋の前から離れ自室に戻ってきても、それは全く下降へと向かおうとはしていない。

寧ろ興奮はさらに高ぶっていってしまう。

そして香苗はどうしても想像してしまう。

あの筋肉質で太い腕、あの大きな手に自分の細い腕を掴まれたらきっと逃げられない。

そのまま引っ張られれば、糸も簡単に部屋の中に連れ込まれてしまっていただろう。

そして……

香苗 「……ハァ……。」

熱い吐息が漏れる。

実際の中嶋は香苗にそんな素振りは全く見せなかった。

しかし今の香苗の頭の中は?いけない?妄想だけで埋まってしまっていたのだ。

中嶋のような男性。祐二とは全くタイプの違う男性。

あんな逞しい身体を持った男性に抱かれたら……どうなってしまうのだろう……

ジンジンとした疼きを下腹部に感じながら香苗は頭を横に振る。

香苗 「もうイヤ……カレーなんて持って行かなきゃよかった……。」

香苗は自分で分かっている。

もうこうなってしまっては自分は自慰行為を我慢する事はできないだろう。

頭では自分自身に憤りを覚える程後悔しているにも関わらず、身体はそれを明らかに喜んでいる。

中嶋の裸を見た瞬間から入れられてしまったあのスイッチ。そう、あの発情のスイッチ。

あんな事で簡単に自分の中のスイッチを押されてしまうなんて。

香苗 「……ハァ……」

いくら我慢しようとしても我慢できない事は分かっている。

だから香苗はあえて我慢する事をすぐに止めた。

この興奮を発散しなければ、妄想の中の中嶋は頭の中から出て行ってくれない。

ミネラルウォーターをゴクゴクと飲んだ後、香苗はそのまま寝室へと向かった。

香苗 「ァァ……ハァ………ン…ァ……」

夫が出張で居ないからなのか、今日の香苗の喘ぎ声は少し大きめだった。

クチュクチュクチュ……!!

ベッドの上で一糸纏わぬ姿になっている人妻は手を股間で激しく動かしている。

発情したメスの激しいオナニー。それはこのメスが激しい性行為を望んでいる事の証である。

香苗 「ハァ……ンァ…ああ……ンッ…ァ……」

たった5分だ。

中嶋に会ってから、たったの5分後に、香苗は寝室で自慰行為を始めたのだ。

昼間はあれ程はっきりと我欲からの決別を決心していた香苗が、今は異常なまでの性欲にドップリと浸って溺れている。

身体の中で発生したドロドロしたものはあっという間に全身を支配してしまう。
昼間はそんなもの、全く気配すら無かったのに。

暴走し爆発してしまった性欲は、もう自分では止められない。

……本当のあなたは違うでしょ?

……本当は凄くエッチなんでしょ?

……エッチな事をしたくてしたくて仕方ないのでしょ?

そんな言葉を、心の中に居るもう1人の自分が問いかけてくる。

そしてそのもう1人の自分は決定的な一言を香苗に言ってくる。

……もうね、あなたの身体は祐二じゃ満足できないのよ、本当は分かっているのでしょ?

……一生祐二とのSEXだけで我慢できるの?

若い大学生との快楽に溺れてしまった4P体験談

女性誌などでも読者のSEX体験談が綴ってありますよね。 

今まで私は、それをただ読んで楽しむだけだったんです。だって私みたいな平凡な主婦には、まるで別の世界のお話のようなんですもの。 
一体、どうすれば、こんな体験できるのかしら…。なんて日々悶々としていたんです。

ところが…。類は友を呼ぶ、って本当ですね。

偶然にもよくうちに遊びに来る近所の奥様も、私と同じことを思っていたんです。 

これをチャンスとばかりに一度だけのつもりで、癒し妻新空間で相手を募集しちゃいました。

結構、返事って来るもんなんですね。 へぇー、とかオー、とか歓声をあげながらチェックしていったんですけど、なかなか二人の意見がまとまりませんでした。 

やっぱり現実は厳しいのね、なんて半ば諦めかけていた時です。 

一通だけ大学生の若い男のコたちからのメールがあったんです。それも顔写真付きで。

名前は、秀幸君と毅君。

特別カッコイイというわけではありませんでしたが、誠実そうで、可愛い雰囲気がする男のコたちでした。

彼らに決めることにしました。 

でも問題が一つだけあったんです。それは彼らが4Pを希望していたことでした。 

不倫さえしたことのない私たちが…。 

なんて不安に思っていたのですが、「別にバージンじゃあるまいし、女は度胸よ!」 

と言い切った北沢さんに背中を押されるような形で、会う約束を取り付けました。 

当日、ホテルに入ると、男のコたちの間で、いつの間にか、それは決まっていたのでしょうか。

迷うことなく毅君は北沢さんを抱きしめ、秀幸君は背中から私の肩を揉むような手つきで、肩から腕、胸の辺りまでを満遍なく触れてきたんです。

それだけで私の体は恥ずかしさで火を噴きそうでした。

長いこと主人だけだったんです。みんなに聞こえてしまいそうなくらい、私の胸は高鳴っていました。 

背中のファスナーが外され、私の身を包んでいたものが一枚一枚、床に落とされていきます。 

ふと北沢さんたちの方に目をやりました。

北沢さんたら、真珠のネックレスとイアリング、そして結婚指輪以外は全部脱ぎ捨て、ベッドで両足を開いた姿勢で座っていました。

下の方で毅君がぺちゃぺちゃと、いやらしい音を立てながらクンニしています。

「あっ…」 

時折口から漏れる北沢さんの声が、とてもセクシーで、私までゾクゾクとしてしまいました。

「あんな風に、してほしい?」 

いつの間にか全裸になった秀幸君が、私の首筋にキスをしながら囁きました。

そして耳朶を唇で挟み、軽く歯を立てるのです。私は彼のくれた刺激に、思わず肩をすくめてしまいました。元々、耳は私の性感帯なのです。

「して…。私のこと、メチャクチャにして」 

『了解!』とばかりに、にっこり微笑んだ秀幸君、ベッドの上に仰向けになり、私に来るように言うのです。

一瞬、どうすればいいのかわかりませんでした。

すると秀幸君は、隣のベッドを指差しました。さっきまでちょっと腰をかけているだけの二人だったのに、いつの間にかシックスナインをしているではありませんか。

私はギョッとしましたが、北沢さんがあんなに頑張っているのだから負けてはいられない、という対抗心が芽生えてきたのです。 

私はわずかに濡れたそこが、秀幸君の顔の辺りに来るように、彼の体にかぶさりました。

最近では夫相手にフェラチオをすることもなくなりましたが、結婚前はよくしたものです。

主人と出会う前に付き合っていた人の中にフェラチオフェチな男がいて、彼を喜ばせるために研究もしました。

ですからフェラチオには、少しばかり自信があるんです。 

股間に顔を埋めて秀幸君のペニスを銜えました。顔を前後させて、唇と舌を使ってしごくのです。

時々、先端の割れ目の辺りを歯で軽く刺激してあげると、若いペニスは大きく脈打ちながら、堅くなっていきました。 

その可愛い顔に似合わず秀幸君も、遊び慣れているようで、クンニが上手いんです。

すぐに私のアソコは愛液でグショグショになってしまうのです。

私がたまらなくなって、ペニスを支える指が震えたり、

「あんっ」 

と声を上げて仰け反ったりするのを楽しみながら、秀幸君も息を荒立てている様子。

私は対抗心を北沢さんではなく、今度は秀幸君に燃やし始めました。 

亀頭の輪郭をなぞるように、ペニスに舌を絡めます。何度も強く吸い付いて、チュッパチュッパと全体にキスをするのです。

最初に根を上げたのは、秀幸君の方でした。

「もうダメ。こんなことされたら、すぐにイッちゃうよ」 

彼はガパッと起き上がって、後ろからのし掛かってきました。

ずっしりとした重量感と一緒に、ペニスが肉の襞を引き裂きながら、侵入してきました。

力強い動きで突き上げられ、狂おしいほどの快感が押し寄せてきました。 

ピストンテクも素晴らしく、私は秀幸君がイク前に、二回も上りつめてしまいました。 

第二ラウンドは、相手を替えて…。 

そして第三ラウンドは、四人で一つのベッドを使って、快楽を貪ったのです。 

そしてそこで北沢さんは、ダウンしてしまいました。 

もちろん、私もクタクタだったのですが、秀幸君と剛君の二人が奉仕してくれたので、またその気になってしまいました。 

アナル経験はありましたが、二本同時は、これが初体験。私の粘膜を二つのペニスに破かれてしまいそうにぶつかり合う感覚が何とも言えないのです。

三人で一つに結ばれた時の快感は、何ものにも代え難いものがありました。 

人生で一度きりの冒険。そう決めて癒し妻新空間を使ったのに、この遊びにハマッてしまいそうです。

質問者も質問者ならベストアンサーに選ばれた回答者も回答者

姉の夫と駆け落ち婚して19年になります。アラフォー主婦です。両親とはし...

姉の夫と駆け落ち婚して19年になります。
アラフォー主婦です。

両親とはしばらく音信不通でしたが、10年過ぎた頃からたまに会ってます。
姉とは一切絶縁状態です。
連絡は来ませんし、こちらからもしません。

来月、いとこの結婚式に一家で招待されてます。
姉も出席します。
出席しても問題ないと思いますか?
両親はYESともNOとも言いません。

いとこや親族は、私が駆け落ち婚したことは知っていますが、相手が姉の夫だったことは知りません。

未だに姉は恨んでると思いますか?

補足
19年経っても当時のままの心境ってことはないような気がします。
友人とか仕事とか楽しいことの積み重ねで、そんなこともあったなぁくらいの思い出になってるのでは?と思えるのですが・・

お祝いの席なので修羅場は避けたいです。
もうそんな気すらないような気がするのですが・・
いい大人なので大人の対応ができるのでは?と思い、出席を検討してみました。

ベストアンサーに選ばれた回答

19年でしょう??

さすがにもう、どうでもいいって感じなんじゃないですか?

自分に置き換えて考えてみて、19年も同じ人を恨みながら生きていけるかって考えたら無理ですよ。
それに、もう時効ですよ。
殺人事件だって時効があったような?
お姉さんの心を傷つけたとしても19年もたっていれば時効でしょう。
たとえ恨まれているとわかっても、当時から進歩しないんだ、かわいそうと大きな心で受け止めてあげればいいんじゃないですか?
必要以上にズルズル引きずるのはその人の勝手ですから、そこまで気にする必要ないと思います。

お姉さんも気づいたんじゃないでしょうか。
自分が選んだ旦那は妹を選んだ。それならもう仕方ないなって。
いくら結婚してたって気持ちが動いちゃうこともあるだろうし
その時に旦那が戻ってこなかったのは妻として何かが足りなかったんだろうって。
気づいたから音信不通なのでは?
そうじゃなかったら、いろいろ言ってきそうじゃないですか?

結婚19年でアラフォーなら、お姉さんたちの結婚生活はすごく短かかったですよね?
質問者さんとの結婚生活が長く続いてるのは、お姉さんより相性がいいのかも知れないし、遠回りしたけど一緒になる運命だったとか!

案外、こちらが気にしてるほど相手は気にしてないってこともあるし。
彼氏がいたり、結婚して子供がいるかも知れないし。
お姉さんが幸せなら修羅場にならないと思います。
ていうか、40過ぎのおばさんの修羅場は痛すぎます。笑
さすがに挙式披露宴で暴れるようなことは恥ずかしくてしないと思いますよ。
行ってみて怒ってるようなら、披露宴が終わって猛ダッシュで帰るとか。

ちなみに不倫された人って、6年くらいは覚えてるみたいです。
私は独身の時、ちょろっと上司と不倫してたんですが、未だに奥さんから、まだ続いてるんですか!みたいなラインくるから。笑
不倫される人ってしつこいのかもね。

●●●●●●●●●●

結婚式のご祝儀について質問です。夫婦+子ども3人で出席する場合、ご祝儀は...

結婚式のご祝儀について質問です。

夫婦+子ども3人で出席する場合、ご祝儀はいくら包むのですか?
子どもといっても大きい子で、高校生2人と大学生1人です。

大学生の子(19歳)は、親に含めず1人で包む方がいいのでしょうか?

補足
ご回答ありがとうございます。

親族で、私のいとこの挙式披露宴になります。
歳が近く、幼いころからの仲良しで、ぜひ家族みんなでと招待されました。

また大学生の子は一人暮らしなのですが、親と同世帯(未婚なので)という認識で良いのでしょうか?

15万・・・
喜ばしいことですが、痛い出費です・・・

妻は月に一度だけ、他の男の恋人になる3

私は、妻がカズ君とラブホテルに入ったと聞かされ、ショックを受けながらもホッとしていた。ラブホテルに入ったことを隠されるよりはマシ……。そんな気持ちだった。でも、妻はカズ君に対して、手でしただけで最後まではしなかったと言った。

私は、お互いに好きだと思っている同士がホテルに入り、最後までしないなどという事があるのだろうか? と、疑念を持ってしまった。

でも、私が妻に疑念を持ってしまったのとは逆に、妻の私への態度はさらに献身的で愛情深いものになっていった。そしてなによりも、私の気持ちをつなぎ止めようとでもするように、ほとんど毎晩セックスを求めてくるようになっていた。

私は、嫉妬や疑念で胸がいっぱいになりながらも、毎晩狂ったように妻を抱いた。

『ねぇ、赤ちゃん出来たかな?』
妻は、ベッドの上で私に抱きつきながら言う。全裸のまま、甘えた顔でそんな事を言う妻。そのまなざしに、私への深い愛情を感じる。
私は、妻の私への気持ちに疑いは持っていない。妻は、私のことを愛してくれていると思うし、私も同じだ。

でも、妻の心の中には、私の他にもう一人いる……。私には、それがいまだに信じられない。そして、ラブホテルで最後まではしなかったという言葉には、疑念を持っている。

「そうだね。出来てるといいね。純子は、何人欲しいの?」
『二人は欲しいです。男の子と女の子がいいなぁ』
と、私に抱きつきながら甘えた仕草で言う妻。本当に、子供が欲しくて仕方ないようだ。

でも、私の心はモヤモヤしっぱなしだった。こんなにも幸せそうなのに、どうして? そんな怒りにも似た感情がもたげてくる。

「そう言えば、そろそろ1か月だよね。次はいつなの?」
私は、震えるような声で聞く。
『……明後日です。今度は、泊まってきてもいいですか?』
妻は、幸せそうな顔から一転、思い詰めたような顔で聞いてきた。
「そ、そう……。いいよ。楽しんでおいでよ」
私は、心の中の声とはまったく逆の言葉を吐いていた。
『ありがとう……。本当に、ごめんなさい……』
妻は、本当に申し訳なさそうに言った。

そして、金曜日までの二日間、私は悪い想像しか出来なくなっていき、その結果、思い余ってレシーバーを購入してしまった。ボイスレコーダーや、隠しカメラも考えたが、妻に見つからずにそれを忍ばせるのは難しいと判断したからだ。

そして、妻が入浴中、彼女のカバンにそのレシーバーを隠すように忍ばせた。一見、スマホなどの予備バッテリーにしか見えないそれは、小型でせいぜい数十メーターしか音声を飛ばせない。でも、私は彼女が泊まるホテルに同じように泊まるつもりだ。きっと、音声は問題なく拾えるはずだ……。

『あなた、行ってきます。わがままを許してくれて、本当にありがとう……』
妻は、泣きそうな顔で私を見ながらそんな事を言う。でも、妻はお出かけ用の可愛らしい服を着ていたし、メイクも髪型も、いつも以上に決まっているように見えた。
私への罪悪感を感じながらも、カズ君との泊まりのデートに胸を躍らせる妻……。矛盾していると思う。でも、私に内緒でコソコソ不倫をされるよりは、よっぽどマシなのかもな……と、思った。

「そんな顔しちゃダメだよ。純子に笑って欲しいから、こんなこと許してるんだよ」
私は、そんな事を言いながらも、この後のことに気持ちがいっていた。妻を盗聴する……。そんな事は、許されることではないと思う。でも、私はもう確かめずにはいられない気持ちになっていた。

『あなた、愛してます……』
妻はそう言って、私に抱きついてきた。その瞬間、良い匂いに包まれた。私は、妻の態度とは裏腹の、妻のやる気が見えてツラかった……。

そして、家を出て行った彼女。私は、感傷に浸る間もなく、すぐに動いた。この前と同じように、下手くそな変装をした後、すぐに家を出た。

妻と十分に間隔を開けて尾行を開始した私。罪悪感と同時に、多少胸が躍るような感覚を持ってしまう。探偵ごっこ……男は、いくつになってもそんな子供みたいな気持ちが消えないのかも知れない。

妻は、前回とまったく同じルートをたどる。そして、同じようにカズ君に合流をする。周りを気にしてか、控えめに手を振り、少し間隔を開けて歩き始める。まるっきり、人目をはばかる不倫カップルだ。でも、時折見える妻の笑顔は、本当に嬉しそうで無邪気なものだった。

そして、前回は余裕がなくて気がつかなかったが、カズ君も同じように心から嬉しそうに、そして無邪気な笑みを浮かべている。
私は、いっそ、遊び人の大学生にセフレ扱いをされている方がマシだと思った。二人は、真剣にお互いのことを想っている……。そんな風に見える。
カズ君は、それほど女性経験が豊富そうには見えないし、モテるタイプにも見えない。でも、本当に邪気のない笑顔をしている。悪い人間ではないと思う。自分の妻を寝取られるような状況なのに、相手のことを悪く思えないのは、とてもツラいことに気がついた。

そして、電車に乗る二人。この前のように、人混みに押されるように密着していき、照れたように微笑みあっている。まわりなど目に入っていない感じで、二人の世界に入り込んでしまっているようだ。でも、そのおかげで、私は安心して尾行が出来る。

渋谷に降りると、二人は手を繋いだ。この前と同様に、恋人つなぎだ。ここまで来たら、人目は気にならないようだ。
妻も、弾けたような笑みを見せている。そのまま二人は、デートを開始した。すっかり日も落ち、薄暗くなった街を歩く二人。どこから見ても、大学生くらいのカップルだ。
私とではまず行かないような、若者向けのバールのような店に入った。私は、店の外から二人をうかがう。人通りの多い公園通りなので、さほど目立つこともなく監視を続けることが出来た。

二人は、パスタやピザを食べ始めたようだ。すると、妻の方がカズ君に、フォークでパスタを食べさせようとする。カズ君は、照れたようにそれを拒否したが、妻がしつこくして、結局食べさせてもらった。カズ君は、すぐに嬉しそうな顔になった。
妻の方が積極的に楽しんでいる……。そんな風に見えてしまう。

その後、妻も食べさせてもらったり、また食べさせたりした後、店を出てきた。二人は、まわりなどまったく見ることもなく歩き始める。二人の世界を満喫しているようだ。月に一度しか会えないからこそ、一分一秒も大切にしたい……。そんな気持ちなのだと思う。

そのまま、ホテルに向かうと思ったが、二人はまだ街を歩き、一緒にショップに入って服を選び合ったりする。そして、妻がシャツのようなものをカズ君にプレゼントしているのを見てしまった。
小さな事を言うつもりはないが、私の稼いだお金が貢がれているようで、モヤモヤがさらに大きくなった。

そして、二人はやっとホテルに入った。私は、そのホテルが一人でも入れることは事前に確認していた。デリバーリーヘルスなんかとも提携しているようで、一人で入るのは特に問題ではなかったみたいだ。ただ、タイミングが難しいと思った。すぐに入ってしまっては、妻に見られてしまうかも知れない。
そう思い、5分ほど経ってからロビーに入った。

すると、ロビーには二人はもういなかった。でも、エレベーターの表示が5階になっていたので、たぶん5階に行ったんだなと判断した。あまり部屋が離れていると、音声が受信できないかも知れないと思っていた私は、少しホッとした。

そして、同じ5階の部屋を選び、エレベーターに乗った。一人で入るラブホテルは、変な感じだった。愛を交わす二人の空間。そこに、疑心暗鬼になった男が、盗聴するために乗り込む……。我ながら、みじめだと思う。

そして、部屋に入った私は、ソファに座るとカバンからノートパソコンを取り出した。そして、受信機をUSB接続すると、専用ソフトを立ち上げた。

すると、すぐに音声が流れてきた。

『私もだよ。ねぇ、今日はずっと一緒だよ』
「本当に良いの? なんて言って出てきたの?」
カズ君の心配そうな声。
『友達と温泉に行くって行ってあるから』
「そうなんだ……。純ちゃん、嬉しいよ。本当に嬉しいよ」
そんな会話が、ほとんど雑音もなく流れてきた。私は、慌ててイヤフォンを繋いだ。

妻は、うわずったような声でしゃべり続ける。さすがに、私が公認していることは言っていないようで、そんなウソをついた彼女。私は、複雑な気持ちになった。

『カズ君、会いたかった。毎日、カズ君のことばっかり想ってた……』
「僕も同じだよ。毎日純ちゃんのこと考えてたよ。起きてる間、純ちゃんのこと考えてない時間なんて、一秒もないよ」
『私は、寝てるときもだよ』
二人は、無邪気な声でそんな事を言う。心の底から楽しそうだ。

「キ、キスしてもいい?」
カズ君が、緊張した声で聞く。
『そんなの聞かないの。いいに決まってるよ。今日は、カズ君のものだよ』
「純ちゃん、好きだ……」
『私も好き……』
そう言って、声が消えた。私は、あまりにも鮮明に聞こえてくる声に、罪悪感を覚えていた。公認して、楽しんでこいと言いながら、こんな卑劣なことをしている私。許されるものではないと思う。

『カズ君、ドキドキしてるよ……。ほら』
「ホントだ。でも、僕ももっとドキドキしてるよ」
『ホントだね。ふふ。ここもドキドキしてるよ』
「ゴ、ゴメン! 純ちゃんの舌がすごいから……」
『興奮しちゃったの?』
「う、うん。しちゃった」
『へへ。私もだよ。見てみる?』
「うん。でも、見るって?」
不思議そうに聞くカズ君。

『待っててね。脱ぐから……』
「うん……」
『恥ずかしいな……。ちょっと暗くするね』
「ダメだよ。純ちゃんのちゃんと見たい」
『もう……エッチなんだから』
「ゴメン」
『はい! 垂れちゃってるから恥ずかしいけど……』
私は、妻が服を脱いで自慢の美巨乳を晒しているんだなと思った。痩せているのに胸は大きい妻。垂れていると言っているが、もうじき30歳なのに、垂れる気配もない。

「全然垂れてないよ。本当に綺麗だ……」
『ほら、ここ触ってみて。カズ君のと同じで、固くなってるんだよ』
「うん……。本当だ。すごく固くなってる……」
『ンッふぅ♡ カズ君、どうしよう……。触られただけなのに、気持ち良くておかしくなっちゃいそうだよ』
「純ちゃん、もっと気持ち良くなって」
『うぅあぁ、ダメぇ、シャワー浴びてないよぉ、うぅっ、舐めちゃダメぇ、あぁっふぅ♡』
「もっと固くなってきた。純ちゃん、もっと感じて!」
『ダメぇ、舐めちゃ、うぅあっ、あっ♡ あっ♡ カズ君、凄いぃ……』
私は、身動きどころか、呼吸すら忘れてしまいそうだった。それくらい、ショックだった。妻の甘い声……。聞き慣れた声だ。でも、他の男の舌によってその声が出ていると思うと、嫉妬で息が詰まりそうだ。

「純ちゃん、凄いよ、カチカチだよ。もっと気持ち良くなって!」
カズ君の興奮した声も聞こえてくる。私は、聞くのを止めようかと思った。でも、耳からイヤフォンを外すことが出来ない。イヤフォンからは、妻の甘い声が響き続ける。

「あっ、純ちゃん!」
ビックリしたような声を上げるカズ君。
『カズ君だって、カチカチだよ。ねぇ、脱がせるね』
「いいよ! 自分で脱ぐから!」
『はいはい、恥ずかしがらないの。……わっ、凄いね。凄く大きくなってるよ!』
「う、うん……」
積極的な妻に対して、恥ずかしがっているようなカズ君。想像していたのとは、まったく逆の感じだ。てっきり、妻は恥ずかしがり、カズ君ががっついているような感じだと思っていた。私は、普段の私に対する控えめで貞淑な態度ではなく、こんなエッチなお姉さんみたいな態度に、イメージを覆された気持ちになった。

『ねぇ、あれから一人でした? 私のことおかずにして一人でした?』
妻は、心配そうな声で聞いている。
「はい。いっぱいしました……」
恥ずかしそうに答えるカズ君。
『ふふ。嬉しいな……。私もね……何回もしちゃったよ♡』
妻は、そんな事をまで言い出した。私は、妻のオナニーなんて知らないし想像も出来なかった。そんな事をするタイプの女性ではないと思っていた。

「本当ですか? 僕のこと想ってしてくれたんですか?」
『そうだよ。カズ君のこと想いながらしたんだよ……』
妻は、うわずったような声で言っている。
「あっ、純ちゃん、き、気持ち良いです」
『ホント? 痛かったら言ってね』
「あぁ、気持ち良い……。もう少し強く握ってもらえますか?」
『痛くないの? これくらいかな……。平気?』
「あぁ、凄いです。純ちゃんも気持ち良くなってよ」
カズ君は、敬語とため口が入り混じる感じだ。二人の関係がまだ浅いのが伝わってくる。

『ダメっ! そ、そこはダメだよ。うぅっ、ダ、ダメぇ……イヤぁ……』
「で、でも、凄く湿ってますよ。パンツ、凄く濡れてる」
『だ、だってぇ、ずっと会いたかったから……。ダメぇ、シャワー浴びよ? 恥ずかしいよぉ』
「ダメだよ。僕だけ出してるなんて、ズルいよ!」
『わ、わかったから! 自分で脱ぐから!』
妻の慌てた声。
「う、うん。……凄い……。濡れてる……」
『そんなにじっと見ないでよぉ!』
「ご、ごめんなさい。でも、凄く綺麗です……」
『もう……。エッチなんだから』
私は、二人の姿が見えないので、余計に想像力を刺激されてしまっている。たぶん、妻はアソコを見られてしまっているのだと思う。

「……触っても良いですか?」
『う、うん。優しくしてね……』
「はいっ!」
『ンッ、うぅ……あっ、フゥ……』
「凄く柔らかいです……。それに、こんなに溢れてきて……」
『ばかっ! そんな事言わないの!』
「ごめんなさいっ!」
そんな、初々しいようなやりとりをする二人。私は、嫉妬しながらも、なぜか激しく興奮してしまった。

『あっ、あぁん……ぅ、ンッ、フゥ……ダメ、そこ、ああっ、ダメなの……』
妻は、声を我慢できなくなってきているような感じだ。
「も、もう我慢できないです! 入れてもいいですか!?」
切羽詰まった声で言うカズ君。まだ、ホテルに入って20分も経っていないと思う。
『ダメだよ、約束……したでしょ……うぅあぁ、くぅ……ダメぇ……』
妻は、甘い声を漏らしながらも、そんな事を言ってくれる。私は、ホッとしながらも、このまま若い男が引き下がるはずもないなと、あきらめに似た感情を持っていた。

「……今日は、僕のものなんですよね? 僕、本気です。本当に、純ちゃんのこと愛してます」
『ダッ、ダメっ! こんなのイヤッ、あぁっ! ぬ、抜いてっ! 抜いてぇっ!!』
妻は、ほとんど絶叫している。私は、妻がやられてしまったんだなと理解した。

国際線の客室乗務員と

28歳の頃の話。今から半年ほど前の出来事かな。
飛行機の中でナンパした巨乳なCAさんを自慢の巨根で虜にさせた話ですw

都内でサラリーマンをしているが海外出張が多い俺(ハヤト)は、機内のCAによくナンパをしていた。
席にきた時に連絡先を書いた紙を渡したり、トイレの前で直接口説いたりもしていた。
もちろん、無視されることもあるし、時間が合わなかったりすることもあるが、何度かはおいしい思いをさせてもらった。

今回もそういう話。

俺は出張で香港に行く用があり、某航空会社(これはさすがに言えないかなw)の飛行機に乗った。
その時は、運良くビジネスクラスに乗れた。
会社の都合で、時期によってエコノミーだったりビジネスだったりするのだが、ビジネスの方が格段に勝率が上がるw

意気揚々と機内に乗り込み、CAを観察していった。
仕事しに行ってるんだけどねw
こういう時が一番楽しいw

機内で最初に飲み物を頼んだ時に来たのが、マユコだった。
まさに、キタコレって感じだった!

顔は某女子アナ似で、身長は165センチぐらいだったと思う。
すらっとした脚にくびれが最高にエロい雰囲気を出していた。

色白で目が大きくて、他のCAよりもひときわ目立って可愛かった。

俺は躊躇するまでもなく、機内食を運んできた時に連絡先(LINEID)を添えたメモを渡しておいたw

「予定が合えば夕飯でもどうですか?よかったらLINEしてください」

マユコは見事なビジネススマイルでそれを受け取ったw
ダメもとだが、運に任せるしかないw

飛行機を降りたあと、淡い期待を膨らませながら滞在予定のホテルへと向かった。
ホテルに着いたのは昼の2時頃。

今日は香港の支社に顔を出して、少し仕事をするだけという軽めのスケジュールだった。
早々に仕事を切り上げると、なんとマユコから連絡がきていた!

さっそく返信して、今日の晩に飲みに行くことになった。
場所は利便性を優先して、泊まってるホテルのラウンジだ。

ロビーで待っているとマユコがやって来た。
私服姿もかわいい!
暑い国なので、紺のシックなワンピースを着ていたが、体のラインが出ていて妙にエロい。
主張しすぎない上品な胸がまたそそるw

マユコ「こんばんは、お誘いありがとうございました。もしかして、ここに泊まってるんですか?」
俺「そうだよ、マユコさんは?」
マユコ「近くにある(航空会社の)系列のホテルに泊まってます。ここ、すごくいいホテルですね!前から来てみたかったんですよ」
俺「そうなんだ!何度か泊まったことあるけど、ラウンジも素敵でいいところだよ」

俺たちはラウンジで飲み始めた。
マユコとは仕事のことを主に話した。
マユコは25歳でCAになって3年目。
やはり不規則な仕事で、ストレスも多い職場だ。
俺は、なるべく聞き役にまわった。

やはり、可愛い!
見つめられる度にドキっとしてしまうのが恥ずかしかった。

俺みたいに誘ってくる奴は多いらしく。
そのときの気まぐれで、飲みに行ったり行かなかったりするそうだ。

今日はたまたま空いていたから誘いに応じたという。

彼氏はかれこれ1年ぐらいいないという。
不規則な生活なため、なかなか男を探すのも難しいというわけだ。

俺は、ずっと聞き役にまわり、マユコを少しずつ酔わせていった。

午後9時をまわったところで、俺たちは店を出ることに。
マユコは久しぶりに飲んだらしく、けっこう酔っていたようだ。

マユコ「酔っちゃったかも。。明日はオフなんで大丈夫なんですけどね」

俺はこれをOKのサインととった!

俺「よかったら、部屋で酔いさます?水あるし」
マユコ「じゃあちょっとお邪魔しようかな」

そう言うと、俺はマユコの腰に手をあて、部屋へ向かうエレベーターへと向かった。

誰もいないエレベーターのなかで俺はマユコにキスした。
マユコの胸があたる、、、俺は勃起しそうなのをなんとか堪えていた(というか半立ちぐらいにはなってたw)

俺は舌を入れながら激しくキスをすると、マユコもそれに応じてくれた。
エレベーターが俺の階に着くまでキスしていた。

俺はマユコを部屋へと案内した。

マユコ「すごい!広いね〜夜景もキレイ」
俺「水あるけど飲むよね?」

マユコはソファに掛けて水を飲んでいた。
俺は我慢できなくなり、マユコが水を飲み終わるや否や、マユコを抱きしめてキスした。
マユコもそれに応え、激しくキスをする。

俺「なんでここまで来てくれたの?」
マユコ「だってかっこよかったし、ちょっと酔っちゃったし、いいかなって」
俺「エッチするのいつぶり?」
マユコ「えーw言うの恥ずかしいよw」
俺「なんでなんで?彼氏と別れてから誰かとしたの?」
マユコ「実は、、、同じ会社のパイロットの人とw」
俺「もしかして、、不倫?」
マユコ「まあ、そういうことになるのかな〜」

衝撃だったw
実はマユコはパイロット(機長)と半年ぐらい不倫関係にあって、同じ便に乗ることも多いため、何度も関係を持っているそうだ。

俺「機長にワルいねw」
マユコ「いいの、不倫もワルいことだしw」

そう言いながら、俺たちはお互いの体をまさぐりあった。

マユコ「すごいいいカラダしてるねw鍛えてるの?筋肉すごいかも」
俺「鍛えてるよー!見てみる?w」
マユコ「やだwじゃあ私も脱がして欲しいな」

お互いに脱がしあいっこした。
俺は上半身裸に、マユコは下着姿に。
マユコの紺のワンピースを脱がすと、透き通った白い肌があらわになった。
そして、、、ワンピースの上からはわからなかったが、マユコの胸が窮屈そうにブラのなかに収まっていた。

俺「胸、でかくね?」
マユコ「わたしワンピースでも着やせするみたい、大きいでしょ?Fカップあるんだよ〜」

お酒のせいもあってかノリノリのマユコ。
おれはブラに手をかけ、その巨乳をあらわにした。
プルンッ、と音がしそうな具合に、マユコのおっぱいがブラからこぼれた。

張りのある肌に、可愛らしい乳首、そして全く垂れていなかった。
まさに完璧なおっぱいw

俺はマユコの乳首のまわりや、背中や首筋などを丹念にさわっていった。
かなり焦らしていたと思うw
体のあちこちを舐めたが、肝心の乳首には触れなかった。

マユコ「はぁ、はぁ、、、あぁ」

30分ぐらいは焦らしてたと思う。
俺は、マユコの両足の間に、自分の膝を滑り込ませ、パンツの上から膝でマンコを刺激した。

マユコ「はぁあん!あぁ、はぁ、、それ、すごいいい!はぁ」

膝で触れただけでもわかる、マユコのあそこはもう濡れまくっていたw
膝でマンコを刺激しながら、舌で乳首の周りを舐めた。

俺「マユコ、そろそろ乳首舐めて欲しいでしょ?」
マユコ「うん、はやく、、舐めてほしい、、、」
俺「じゃあ舐めるからこっち見て、舐めるとこみててよ」
マユコ「え、恥ずかしい、はぁはぁあ」

俺はマユコと目が合ったのを確認すると、思いっきりマユコの乳首を口に含み、舐めまくった。

マユコ「はぁあんん!!あん!はぁん!!ああ!」

俺はさらに膝の動きを速め、マンコへの刺激を強めた。

マユコ「それ!はぁ!ああ!それ、ヤバいよ!はぁはぁ、、もうやばい、、気持ちよすぎ」
俺「ほら、ここでしょ?」
マユコ「はぁあ!!んん!あぁ!すごいよ!ハヤトさんすごいいいい!」

俺は膝の位置を上手く変えながらマユコに刺激を与え続けた。

マユコ「はああ!すごい、、もうイっちゃいそうかも。。。はあ!あああん!イ、イク、、!」

マユコはそう言うと、腕で俺の体を強く握り、ビクビクと体を痙攣させてイッた。

マユコ「すごい、上手だね、、膝でイクなんて初めて」
俺「マユコすごい感じやすいね、めっちゃ濡れてるw」
マユコ「やだ、恥ずかしいよ、、ねえもっとして?指でもしてほしい、、」
俺「ノリノリだなw」
マユコ「今日ちょっと変かも、、酔ってるし、疲れてたからかな。。」
俺「じゃあ、ご要望どおり、クチュッ、、」
マユコ「はああ!いい、いいよおお!はあん!」

マユコはさっきよりも大きな声で感じていた。
俺は、さらに指で2回マユコをイカせた。

マユコ「はあ、はぁ、、ハヤトくん、上手いよ、、普段こんなにイカないのに。。。」
俺「機長よりも上手い?w」
マユコ「機長のも好きだけど、、ハヤトくんうますぎw ねえ、欲しくなっちゃった、、」

俺はまだズボンをはいたままだったんだが、マユコはズボンの上からギンギンになった俺のチンコを触り始めた。

マユコ「え、、、、えええ!?なんか、、でっかくない??」
俺「うん、おれのデカいよw見てみる?」

俺は立ち上がって、ズボンとパンツを一気に下ろした。
バチンッ!とチンコが腹にあたって音を立てる。

俺のチンコは実は相当でかい。
MAXで長さ20センチにもなる巨根だ。
これで今までにいい思いをしてきたことは言うまでもないw

マユコ「すごい、、やばいよ、こんなの見たことない」
俺「本当に?」
マユコ「ありえないでしょ、、すごすぎなんだけど、絶対こんなの入らないよ」
俺「そんなことないよ、意外とみんな入るからw」
マユコ「すごい遊んでそうw けど、これ見ちゃったら皆ハマるのかもねw入ったらやばそうw」

マユコは俺のチンコを手で握った。

マユコ「すごーい!指まわらない!こんなの初めてだよwしかもめっちゃ堅いw ねえ、舐めていい?」
俺「いいよwまちくたびれちゃったw」

マユコは玉の方から舐め始めた。
下から上へと舐め上げ、亀頭のさきっちょを丹念に舐めてくれた。

マユコ「んふ、なんか出てるよ〜wおいしい、チュルッ」

マユコの舌がまとわりつき、めっちゃ気持ちいい。
男の気持ちいい場所をよく知っているようだったw
カリの一番気持ちいいところを入念に、唾液をいっぱい出しながら舐めてくれた。

そして、マユコは俺の亀頭を口に頬張った。

マユコ「ジュプ、ジュプ、、、んーーー!ぷはあ!やば、大きすぎて先っちょしか口に入らない。。」
俺「無理しなくていいよ?十分気持ちいいから」
マユコ「えー、、もうちょっと頑張らせて。ジュプ、ジュプ、、ヌプ、」

マユコは苦しそうだったが、フェラは極上だった。
唇と舌がカリを刺激して、めちゃ気持ちいい!

マユコ「機長のなら全部口に入るのに、、ハヤトくんおおきすぎw ねえ、もう我慢できない、入れて欲しいよ、、」

俺はマユコを寝かせると、マンコに亀頭をあてがった。
亀頭でくちゅくちゅと音を立てながら焦らすw

マユコ「ねえ、はやくきてよ、、あ、でもゴムしなきゃ」
俺「今日は持ってないし、ナマでいいだろ?」
マユコ「ええ、、危なくない?外で出してくれる?」
俺「大丈夫、外で出すよ。じゃあそろそろ、入れるよ?」
マユコ「きて、ゆっくり、、、はあ!はぁあ!あん、あ!やばい、おっきい!」
俺「まだ先っちょしか入ってないよ?」
マユコ「うそ、、、すごい、きもちいいよ、、はあ!はぁはぁ!」

マユコは肩で息をしながら答えていた。
それにしても本当に綺麗なカラダだった。
白い肌に、健康的ですらっとした脚、くびれは細く、Fカップのおっぱいはマユコの乱れた息とともに動いていた。

マユコ「はぁ、はぁ、、あぁ!ゆっくり、ゆっくりきて、、あぁ!すごいいい!」


アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード